株式会社アイティフォー 四半期報告書 第60期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第60期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社アイティフォー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年2月12日

    【四半期会計期間】               第60期第3四半期(自            2018年10月1日         至   2018年12月31日)

    【会社名】               株式会社アイティフォー

    【英訳名】               ITFOR   Inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長            東川    清

    【本店の所在の場所】               東京都千代田区一番町21番地

    【電話番号】               (03)5275-7902

    【事務連絡者氏名】               取締役執行役員         管理本部長       中山 かつお

    【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区一番町21番地

    【電話番号】               (03)5275-7902

    【事務連絡者氏名】               取締役執行役員         管理本部長       中山    かつお

    【縦覧に供する場所】               株式会社アイティフォー             西日本事業所

                    (大阪府大阪市北区梅田三丁目4番5号(毎日インテシオ))

                    株式会社アイティフォー             中部事業所

                    (愛知県名古屋市中村区名駅四丁目10番25号(名駅IMAIビル))

                    株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第59期           第60期

             回次             第3四半期連結           第3四半期連結             第59期
                            累計期間           累計期間
                          自   2017年4月1日         自   2018年4月1日         自   2017年4月1日
            会計期間
                          至   2017年12月31日         至   2018年12月31日         至   2018年3月31日
     売上高                (千円)         7,393,550           7,828,623          11,831,182
     経常利益                (千円)           693,167           807,508          1,605,104

     親会社株主に帰属する
                     (千円)           419,306           537,812          1,124,013
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           712,461            66,169         1,246,745
     純資産額                (千円)         12,339,655           11,596,325           12,213,977

     総資産額                (千円)         14,711,773           14,128,060           15,259,328

     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)           14.77           19.54           39.77
     金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)           14.76           19.38           39.73
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            83.8           81.8           79.9
                             第59期           第60期

             回次             第3四半期連結           第3四半期連結
                            会計期間           会計期間
                          自   2017年10月1日         自   2018年10月1日
            会計期間
                          至   2017年12月31日         至   2018年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)            6.17           8.59
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
      変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
      また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものです。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

     ①経営成績
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、良好な雇用所得環境を背景として実質所得が拡大し個人消費
      が持ち直しており、企業収益の回復と人手不足を背景とした合理化・省力化へのニーズから設備投資も増加傾向が
      続いております。当面はこれらの状況による堅調な状況が持続していくものと思われます。また、海外経済も財政
      出動や減税を背景として好調な米国を牽引役として拡大基調が続いております。しかしながら、米中通商摩擦の激
      化もあり中国経済が減速傾向にあることや、2019年3月に予定されている英国のEU離脱に不透明感があることな
      どがリスク要因として存在しております。
       当社グループの属する情報サービス業界におきましては、金融や流通分野での制度対応としてのシステム更新の
      ほか、戦略投資としてのIT投資案件が増加しており、AIやIoT技術を利用した新しいビジネスの伸展、
      RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用した「働き方改革」に寄与する業務効率化、フィン
      テックによる新たなサービスの提供などへのニーズの高まりを背景に、市場環境は引き続き良好な状態が続くもの
      と思われます。
       このような環境下、当社グループでは、2018年度から2020年度の3カ年で売上高140億円を目指す中期経営計画
      「Challenge      to  2020」を策定し、強い事業領域での競争力維持、戦略商品の販売拡大、新しい市場の開拓、新技術
      の獲得・展開などに取り組んでおります。主力商品である金融機関向けプロダクトは、金融機関の収益環境が人口
      減やマイナス金利により厳しい状況となる中、収益源の多様化や業務の効率化を進めていくためのソリューション
      として積極的に営業活動を行ってきました。小売業向けプロダクトでは、基幹システムやECサイト構築システム
      に加え、キャッシュレス化社会に対応するための決済クラウド「iRITSpay(アイリッツペイ)」とマルチ
      決済端末「iRITSpay決済ターミナル」の拡大に取り組んでおります。また、公共分野においては、地方自
      治体でのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)業務や滞納管理等システム案件の受注獲得を進めてお
      ります。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は7,828百万円(前年同期比105.9%)、営業利益は734百万円
      (前年同期比118.7%)、経常利益は807百万円(前年同期比116.5%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は537百
      万円(前年同期比128.3%)となりました。
       なお、当社グループでは、顧客への出荷や納期が9月および3月に集中する傾向があります。
       当社グループは、システムインテグレーターとして顧客の業態やニーズに応じたソフトウェアを開発し、システ
      ム機器や関連商品と併せて提供するほか、情報通信ネットワークの構築・運用管理や保守サービスに至るITソ
      リューション・サービスを行うとともにBPOなどを行っております。
       当第3四半期連結累計期間の受注高は10,150百万円(前年同期比124.6%)、受注残は10,702百万円(前年同期比
      132.0%)となりました。また、セグメント別の経営成績は次のとおりです。
                                  3/19





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
      (システムソリューション)
       システムソリューションでは、フィナンシャルシステムにつきましては、地方銀行より新たにiRITSpay
      の受注を獲得しました。金融機関向け個人ローン業務支援システム「SCOPE」の販売は引き続き順調に推移
      し、当初の販売計画を既に達成しております。コールセンター向けソリューションにつきましては、ロボティック
      コールにおいて好調に新規顧客の獲得が進んでおり、録音システムも大手金融グループのセンター統合案件を獲得
      しております。RPAについてもスモールスタートが多いものの、新規導入が進んでおります。小売業向けでは、
      都内大手百貨店で基幹システム、iRITSpayなどの一括大型受注を獲得しました。iRITSpayは大手
      チェーンストアでの受注を獲得しております。ECサイト構築システムにつきましては新たに専門店からの受注を
      獲得しております。
       その結果、受注高は6,341百万円(前年同期比125.6%)、売上高は4,352百万円(前年同期比119.3%)、セグメン
      ト利益は1,080百万円(前年同期比120.3%)となりました。
      (サービスソリューション)

       サービスソリューションでは、安定収益源である保守サービスや公共分野向けビジネスを中心に活動しておりま
      す。公共分野向けビジネスは、一部大型BPO案件終了の影響を受けております。
       その結果、受注高は2,198百万円(前年同期比129.8%)、売上高は2,097百万円(前年同期比86.9%)、セグメント
      利益は267百万円(前年同期比91.6%)となりました。
      (基盤ソリューション)

       基盤ソリューションでは、システム機器販売、クラウドを含む基盤インフラ設計・構築・納入・設置、ネット
      ワークシステムの提供を事業展開しております。
       その結果、受注高は1,609百万円(前年同期比115.0%)、売上高は1,378百万円(前年同期比103.5%)、セグメン
      ト利益は248百万円(前年同期比100.8%)となりました。
     ②財政状態

        当第3四半期連結会計期間末の総資産は14,128百万円となり、前連結会計年度末に比べて1,131百万円減少いた
      しました。流動資産は10,614百万円となり、536百万円減少いたしました。主な原因は、たな卸資産が769百万円、
      有価証券が200百万円増加しましたが、受取手形及び売掛金が949百万円、現金及び預金が582百万円減少したことな
      どです。固定資産は3,513百万円となり、595百万円減少いたしました。主な原因は、投資有価証券が時価評価など
      により599百万円、無形固定資産のその他が191百万円減少しましたが、投資その他の資産のその他が227百万円増加
      したことなどです。
       当第3四半期連結会計期間末の負債合計は2,531百万円となり、前連結会計年度末に比べて513百万円減少いたし
      ました。流動負債は2,265百万円となり、512百万円減少いたしました。主な原因は、未払法人税等が367百万円、賞
      与引当金が152百万円減少したことなどです。固定負債は266百万円となり、1百万円減少いたしました。
       当第3四半期連結会計期間末の純資産は11,596百万円となり、前連結会計年度末に比べて617百万円減少いたしま
      した。主な原因は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により537百万円増加しましたが、剰余金の配当の支
      払により524百万円、その他有価証券評価差額金の減少により480百万円減少したことなどです。
       この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の79.9%から81.8%となりました。
                                  4/19






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題
      当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      当社は株式会社の支配に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)に

     ついては次のとおりであります。
      ①   基本方針の内容の概要

        当社はシステムインテグレーターとして、セキュアなシステムを希望するお客様から長期的かつ安定した信頼
       を得てシステムの納入を行ってきており、またこのような開発・販売を支えるのは、優秀な技術者である社員で
       あります。一時盛んに行われた、新たな法制度の整備や企業構造・文化の変化等を背景として対象となる会社の
       構造や特色に留意せず、経営陣と十分な協議や合意を得ることなく、突然大量の株式買付を強行するといった動
       きは一見沈静化しているように見えますが、時折、顕在化しております。もちろん大量の株式買付行為そのもの
       を全て否定するものではなく、会社の企業価値・株主共同の利益を向上させる行為であれば、その判断は最終的
       には株主の皆様の全体の意思に基づいて決められるものであると考えております。
        しかし、大量の買付行為の中には、その目的等からして企業価値・株主共同の利益に明白な侵害を与えるもの
       や株主の皆様に売却を事実上強要するもの、当社の取締役会が代替案を提案するための十分な時間や情報を提供
       しないもの、株主の皆様に十分な検討を行うに足りる時間や情報を提供しないもの、当社が買付者の提示した条
       件よりも有利な条件をもたらすために買付者との交渉を必要とするものなど、当社の企業価値・株主共同の利益
       に資さないものも少なくありません。
        このような当社に対する濫用的な買収によって当社の企業価値が毀損されることがあれば、当社の強みである
       優秀な技術者の流出が懸念されるのみならず、当社のシステムを採用していただいているお客様からの信頼を失
       い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益が大きく損なわれるおそれがあります。
        こうした事情に鑑み、濫用的な買収者が現れた場合、上述したような不適切な大量買付行為を未然に防止する
       ため、株主の皆様が判断するための必要な情報や時間を確保したり、株主の皆様のために交渉すること等により
       当社の企業価値ひいては株主共同の利益に反する買付行為を抑止するための枠組みが必要不可欠と判断いたしま
       した。そして、2006年6月23日開催の第47回定時株主総会におきまして、当社の企業価値及び株主共同の利益を
       確保するために、「当社株式の大規模買付行為への対応策(以下「本プラン」といいます。)」の導入を決議し、
       2007年以降、定時株主総会後に開催される取締役会で、本プランの継続を決議いたしております。
        なお、当社取締役会の恣意的判断を排除するため、当該買付行為が長期的視点から当社の企業価値を毀損する
       ものであるかどうかの検討は、中立的な第三者委員会に依頼するものとしております。
      ②   本プランの内容

        当社は、当社の企業価値及び株主共同の利益を確保・向上させ、濫用的買収を防止することを目的として、当
       社株式に対する買付が行われる場合に、買付者または買付提案者(以下併せて「買付者等」といいます。)に対し
       て当社取締役会が事前に当該買付に関する所定の情報の提供を求めるなどの予め遵守すべき手続を示し、第三者
       委員会が当該買付についての情報収集、検討等を行う期間を確保し、必要があれば当社代表取締役等を通じて買
       付者等との交渉を行うなどの手続を実施いたします。
        また、当社取締役会は、敵対的性質を有する者からの濫用的買収を防止するための事前の防衛策として、停止
       条件付一部取得条項付差別的行使条件付新株予約権無償割当て(以下「対抗措置」といいます。)を決議いたしま
       す。
        買付者等が本プランにおいて定められた手続に従うことなく買付を行う場合や、買付者等による買付またはそ
       の提案が当社の企業価値・株主共同の利益を毀損するおそれがあると認められる場合には、当社は、当該買付者
       等による権利行使は認められないとの行使条件が付された新株予約権(以下「本新株予約権」といいます。)を、
       その時点の当社を除く全ての株主の皆様に対して会社法第277条に基づき無償で割当てます。
        なお、本新株予約権無償割当ては、停止条件が成就することによりその効力が生ずることになっております
       が、その停止条件を成就させるか否か等の判断は当社取締役会が行います。
        当社は、当社取締役会の恣意的判断を排除するために、当社経営陣から独立した者のみから構成される第三者
       委員会を設置しており、判断にあたっては第三者委員会の勧告を最大限尊重いたします。
                                  5/19



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
      ③   本プランの合理性
        本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向
       上のための買収防衛策に関する指針」に定める三原則、すなわち、ⅰ)企業価値・株主共同の利益の確保・向上の
       原則、ⅱ)事前開示・株主意思の原則、ⅲ)必要性・相当性確保の原則を完全に充足しており、上記基本方針に沿
       う ものです。
        また、本プランにおいて対抗措置をとるか否かは中立的な第三者委員会の判断を最大限尊重して行われますの
       で、株主の共同利益を損なうものではなく、また取締役(監査等委員である取締役を含む。)の地位の維持を目
       的とするものではありません。
      ④   株主の皆様への影響

       イ   本プランの導入時に株主の皆様に与える影響
         本プランの導入時点においては、本新株予約権無償割当て自体は行われておりませんので、株主及び投資家
        の皆様の権利・利益に直接的な影響は生じておりません。
       ロ   本新株予約権無償割当て実施により株主の皆様に与える影響
         当社取締役会が本新株予約権無償割当てに際して別途設定する割当期日における株主の皆様に対し、その保
        有する株式1株につき2個の割合で、本新株予約権が無償で割当てられますので、株式の希釈化は生じませ
        ん。
         当社は、買付者等以外の株主の皆様の本新株予約権を取得する手続を取り、その旨該当する株主の皆様に通
        知いたします。株主の皆様は、金銭等を払い込むことなく、当社による本新株予約権の取得の対価として当社
        普通株式を受領されることになります。
      ⑤   本プランの有効期限と継続について

        現在の本プランの有効期限は、2019年6月の定時株主総会終結後に開催される取締役会の終了時までとされて
       おり、2019年度以降につきましては、毎年の定時株主総会で新たに選任された取締役(監査等委員である取締役
       を含む。)による取締役会においてその後1年間の継続の可否を決議し、同決議内容を株主の皆様へ情報開示す
       るとともに当該事業年度の定時株主総会(毎年6月開催予定)において、報告をすることとなっております。な
       お、当社の取締役の任期は監査等委員である取締役が2年、それ以外の取締役は1年となっており、本プランは
       取締役会の決議において廃止することが可能でありますので、本プランの廃止を希望される株主の皆様は、取締
       役の選任議案を通じて意思を表明していただきたく存じます。
      ⑥   その他

        本プランの詳細につきましては、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照ください。
        (買収防衛策に関するアドレス                http://www.itfor.co.jp/ir/ir-governance.html)
     (3)  研究開発活動

      当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費の総額は、22百万円であります。
      なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/19






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                                               110,000,000           

                普通株式
                                               110,000,000           

                 計
      ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間                         上場金融商品取引所

                           提出日現在発行数(株)
        種類        末現在発行数(株)                        名又は登録認可金融              内容
                            (2019年2月12日)
                (2018年12月31日)                         商品取引業協会名
                                         東京証券取引所           単元株式数
                   29,430,000               29,430,000   
       普通株式
                                          市場第一部            100株
                   29,430,000               29,430,000   
        計                                    ―          ―
     (注)   「提出日現在発行数」欄には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (千株)       (千株)                      (千円)       (千円)
     2018年10月1日~
                      ―     29,430          ―   1,124,669           ―   1,221,189
     2018年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/19






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                                 2018年12月31日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式     1,979,500           ―              ―

     完全議決権株式(その他)                普通株式     27,446,300             274,463             ―

     単元未満株式                普通株式       4,200         ―              ―

     発行済株式総数                     29,430,000           ―              ―

     総株主の議決権                     ―             274,463             ―

      ②  【自己株式等】

                                                 2018年12月31日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名
                                                     総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                     所有株式数
         又は名称
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都千代田区一番町21番
                                 1,979,500           ―   1,979,500          6.73
                  地
     (株)アイティフォー
          計              ―         1,979,500           ―   1,979,500          6.73
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      役職の異動

        新役名及び職名                旧役名及び職名                氏名          異動年月日
       取締役    常務執行役員            取締役    常務執行役員
                                       坂田   幸司
                                                  2018年8月8日
       公共システム事業部長                  技術開発本部長
        取締役    執行役員            取締役    執行役員
                                       大枝   博隆
                                                  2018年12月11日
      CTI・通信システム事業部長                CTI・基盤システム事業部長
                                  8/19







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      なお、新日本有限責任監査法人は、名称変更により、2018年7月1日をもって、EY新日本有限責任監査法人となり
     ました。
                                  9/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               2,998,287              2,415,544
        受取手形及び売掛金                               2,564,296              1,614,926
        有価証券                               5,299,844              5,499,950
        たな卸資産                                158,208              927,358
        その他                                130,312              157,079
                                         △ 92             △ 66
        貸倒引当金
        流動資産合計                              11,150,857              10,614,793
      固定資産
        有形固定資産                                584,052              574,350
        無形固定資産
         のれん                              185,938              163,625
                                        581,887              390,554
         その他
         無形固定資産合計                              767,825              554,180
        投資その他の資産
         投資有価証券                             2,216,494              1,617,061
                                        540,098              767,674
         その他
         投資その他の資産合計                             2,756,592              2,384,735
        固定資産合計                               4,108,470              3,513,266
      資産合計                                15,259,328              14,128,060
                                 10/19












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                942,509             1,036,671
        未払法人税等                                375,577               7,829
        賞与引当金                                351,294              198,524
                                       1,107,901              1,022,070
        その他
        流動負債合計                               2,777,281              2,265,095
      固定負債
        役員退職慰労引当金                                20,886              22,561
        退職給付に係る負債                                211,396              208,291
                                        35,786              35,786
        その他
        固定負債合計                                268,069              266,638
      負債合計                                3,045,351              2,531,734
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,124,669              1,124,669
        資本剰余金                               1,337,635              1,337,635
        利益剰余金                              10,091,411              10,104,199
                                      △ 1,143,585             △ 1,313,631
        自己株式
        株主資本合計                              11,410,130              11,252,871
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                794,256              314,134
        繰延ヘッジ損益                                 △ 375              169
                                        △ 8,213             △ 6,901
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                785,667              307,402
      新株予約権
                                         9,112              20,362
                                         9,066              15,688
      非支配株主持分
      純資産合計                                12,213,977              11,596,325
     負債純資産合計                                 15,259,328              14,128,060
                                 11/19










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     売上高                                  7,393,550              7,828,623
                                       4,553,675              4,914,481
     売上原価
     売上総利益                                  2,839,874              2,914,141
     販売費及び一般管理費                                  2,220,839              2,179,392
     営業利益                                   619,035              734,749
     営業外収益
      受取利息                                  1,704              2,931
      受取配当金                                  49,948              52,784
      持分法による投資利益                                  4,174              6,640
                                        21,230              15,652
      その他
      営業外収益合計                                  77,057              78,008
     営業外費用
      支払手数料                                  2,825              3,698
                                          100             1,550
      その他
      営業外費用合計                                  2,925              5,249
     経常利益                                   693,167              807,508
     特別利益
                                         1,580                -
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                  1,580                -
     特別損失
      減損損失                                  35,699                -
                                        27,916                -
      事業整理損
      特別損失合計                                  63,615                -
     税金等調整前四半期純利益                                   631,132              807,508
     法人税等                                   208,847              263,074
     四半期純利益                                   422,285              544,434
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                    2,978              6,621
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   419,306              537,812
                                 12/19









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                   422,285              544,434
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 288,667             △ 480,111
      繰延ヘッジ損益                                   198              545
      退職給付に係る調整額                                  1,294              1,311
                                          16             △ 10
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 290,176             △ 478,264
     四半期包括利益                                   712,461               66,169
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 709,482               59,547
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  2,978              6,621
                                 13/19















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
       (税金費用の計算)
        税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
       用後の実効税率を合理的に見積もり、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
      (追加情報)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分
      に表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

      コミットメントライン(特定融資枠契約)
       運転資金の効率的な調達を行うため、主要取引銀行とコミットメントライン(特定融資枠契約)を締結しておりま
      す。この契約に基づく借入未実行残高は次のとおりです。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
        コミットメントラインの総額                          1,500,000千円                 1,500,000千円
        借入実行残高                              -                  -
               -差額                    1,500,000                  1,500,000
      (四半期連結損益計算書関係)

       前第3四半期連結累計期間(自                 2017年4月1日          至   2017年12月31日)および当第3四半期連結累計期間(自 
      2018年4月1日         至   2018年12月31日)
       当社グループでは、出荷やお客様からの検収が9月および3月に集中することから、第2・第4四半期の売上高
      および営業利益の割合が高くなる傾向があり、業績に季節的変動があります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
      連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとお
      りです。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                             至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        減価償却費                            410,341千円                 338,428千円
        のれんの償却額                             22,312                 22,312
      (株主資本等関係)

     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
       配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2017年5月2日
              普通株式        481,985         17.0   2017年3月31日         2017年6月22日         利益剰余金
     取締役会
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

       配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2018年5月2日
                       524,733
              普通株式                 19.0    2018年3月31日         2018年6月21日         利益剰余金
     取締役会
                                 14/19


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
      役会が、経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
       当社グループは、製品・サービスのビジネス特性を基礎としたセグメントから構成されており、「システムソ
      リューション」、「サービスソリューション」、「基盤ソリューション」の3つを報告セグメントとしておりま
      す。 
       各報告セグメントの内容は以下のとおりです。 
         セグメント名称                             内容
                    パッケージソフトウェアに関する設計・開発から保守までの一貫したサービスの
     システムソリューション
                    提供
     サービスソリューション               カスタマーサービス、電話・訪問催告や窓口支援を行うBPOサービスの提供
                    システム機器販売、基盤インフラ設計・構築・納入・設置、ネットワークシステ
     基盤ソリューション
                    ム、クラウド関連ソリューションの提供
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失の金額に関する情報

      前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
                                                   (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                    四半期連結損
                                               調整額
                     システム      サービス       基盤
                                                    益計算書計上
                                               (注)1
                                          計
                    ソリューショ      ソリューショ      ソリューショ
                                                     額(注)2
                       ン      ン      ン
     売上高
       外部顧客への売上高                3,647,631      2,413,881      1,332,036      7,393,550          -   7,393,550
       セグメント間の内部売上高
                       4,597        -     7,422      12,019     △ 12,019        -
       又は振替高
            計         3,652,228      2,413,881      1,339,459      7,405,570       △ 12,019     7,393,550
     セグメント利益                 898,436      292,053      246,319     1,436,810      △ 817,775      619,035
     (注)   1.調整額の内容は以下のとおりです。
          セグメント利益の調整額△817,775千円は、セグメント間取引消去△621千円、報告セグメントに帰属しない
         一般管理費△817,153千円であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

                                                   (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                    四半期連結損
                                               調整額
                     システム      サービス       基盤
                                                    益計算書計上
                                               (注)1
                                          計
                    ソリューショ      ソリューショ      ソリューショ
                                                     額(注)2
                       ン      ン      ン
     売上高
       外部顧客への売上高                4,352,567      2,097,197      1,378,858      7,828,623          -   7,828,623
       セグメント間の内部売上高
                       10,854        -     1,058      11,913     △ 11,913        -
       又は振替高
            計         4,363,422      2,097,197      1,379,916      7,840,537       △ 11,913     7,828,623
     セグメント利益                1,080,748       267,420      248,261     1,596,431      △ 861,682      734,749
     (注)   1.調整額の内容は以下のとおりです。
          セグメント利益の調整額△861,682千円は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 15/19



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報
      前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
       「サービスソリューション」において、減損損失を35,699千円計上しております。
      当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

       該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
      は、以下のとおりです。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                 至   2017年12月31日)           至   2018年12月31日)
      (1)   1株当たり四半期純利益金額
                                        14円77銭             19円54銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)

                                         419,306              537,812
       普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         419,306              537,812
       四半期純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                                27,523
                                         28,383
      (2)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        14円76銭             19円38銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

                                            ―             ―
       普通株式増加数(千株)

                                           23             224
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                            該当事項はありません。             該当事項はありません。
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 16/19








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 17/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社アイティフォー(E02909)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成31年2月12日

    株式会社アイティフォー
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       竹  野  俊  成            印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員
                                   公認会計士       松  浦  俊  行            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アイ

    ティフォーの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日
    から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連
    結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について
    四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アイティフォー及び連結子会社の平成30年12月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。