株式会社タカトリ 四半期報告書 第63期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第63期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社タカトリ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第63期第1四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社タカトリ
      【英訳名】                    Takatori     Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  増田 誠
      【本店の所在の場所】                    奈良県橿原市新堂町313番地の1
      【電話番号】                    0744(24)8580
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長兼経営管理部長 岡島 史幸
      【最寄りの連絡場所】                    奈良県橿原市新堂町313番地の1
      【電話番号】                    0744(24)8580
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長兼経営管理部長 岡島 史幸
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     (注)当第1四半期連結会計期間より、日付表示を和暦から西暦に変更しております。
                                  1/27













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                第62期           第63期
                回次               第1四半期           第1四半期            第62期
                              連結累計期間           連結累計期間
                             自2017年10月1日           自2018年10月1日           自2017年10月1日

               会計期間
                             至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年9月30日
                       (千円)           916,267           853,881          7,263,062
       売上高
       経常利益又は経常損失(△)                (千円)          △ 149,402          △ 226,453           470,014

       親会社株主に帰属する当期純利益
       又は親会社株主に帰属する四半期                (千円)          △ 168,018          △ 252,632           393,352
       純損失(△)
                       (千円)          △ 159,162          △ 271,925           383,713
       四半期包括利益又は包括利益
                       (千円)          4,783,886           4,989,312           5,326,762

       純資産額
                       (千円)          7,769,744           8,683,639           8,685,245

       総資産額
       1株当たり当期純利益金額又は1
                        (円)           △ 30.77          △ 46.27           72.04
       株当たり四半期純損失金額(△)
       潜在株式調整後1株当たり四半期
                        (円)              -           -           -
       (当期)純利益金額
                        (%)            61.6           57.5           61.3
       自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、第62期は潜在株式が存在しないため記
           載しておりません。また、第62期第1四半期連結累計期間及び第63期第1四半期連結累計期間は1株当た
           り四半期純損失金額であり、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半
           期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比
           較を行っております。
      2【事業の内容】


        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び関連会社)が営む事業の内容について、重要な変更
       はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/27







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前連結会計年度の有価証券報告書に
       記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってお
       ります。
        また、「第4       経理の状況      1四半期連結財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載のとおり、当第1四半期連結会
       計期間より表示方法の変更を行っており、経営成績については当該表示方法の変更を反映した組替え後の前第1四半
       期連結累計期間の四半期連結財務諸表の数値を用いて比較しております。
      (1)経営成績の状況

         当第1四半期連結累計期間における世界経済は、米中貿易摩擦、中国デレバレッジ、中東の地政学リスク等によ
        り下振れする可能性も潜んでおりますが、米国では、金融政策などにより緩やかな成長が持続しております。欧州
        では、過去の金融危機や政治不安などから先送りされていた設備投資需要の顕在化などで、内需の回復力は徐々に
        強まりつつあります。中国では、貿易摩擦と政府のデレバレッジ政策を背景に減速傾向にありますが、金融緩和な
        どにより小幅な減速にコントロールされる見通しとなっております。
         一方、国内経済においては、自然災害による輸出や個人消費の減速により成長率の低下がみられるものの、景気
        は拡大基調を維持する見通しであります。
         このような経済環境の中、当社グループが関わる電子部品業界は、世界的なスマートフォン需要の一服などから
        増勢が鈍化しており、資本財は世界的な設備投資需要の回復傾向にありますが投資タイミングのズレ込み等によ
        り、低調に推移しております。
         このような状況の中、電子機器事業は全体的に低調に推移いたしました。また、繊維機器事業も低調に推移いた
        しました。
         損益面につきましては、製造コストの低減及び諸経費の圧縮に努めてまいりましたが、競争激化に伴う採算の悪
        化及び受注機会の逸失等により十分な売上高を確保することができず、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属す
        る四半期純利益ともに損失を計上することとなりました。
         その結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は、                         853百万円(前年同四半期比6.8%減)、                   営業損失は     232百万
        円 (前年同四半期は営業損失157百万円)、経常損失は                        226百万円     (前年同四半期は経常損失149百万円)、親会社
        株主に帰属する四半期純損失は              252百万円     (前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純損失168百万円)となり
        ました。
         セグメントの経営成績は、次のとおりであります。
       (電子機器事業)
         ディスプレイ製造機器では、スマートフォン・タブレット向け液晶パネルメーカー、EMSメーカー(受託生産
        企業)が設備飽和状態のため、投資を先送りしたこと及び有機ELパネルの市場投入が遅れており、有機ELパネ
        ル向け装置の投資が先送りになったことにより、中小型パネル用偏光板貼付装置及びその周辺機器の需要が低調に
        推移いたしました。このような状況の中、販売額は減少いたしました。
         半導体製造機器では、車載関係・パワー半導体・ディスクリート向け量産装置が大幅に伸び、また、スマート
        フォン向けを中心に電子部品向け及びLSI向け量産装置も好調に推移いたしました。このような状況の中、装置
        全般に受注が増加したことから、販売額は大幅に増加いたしました。
         新素材加工機器では、パワーデバイス関連市場からの受注・売上を見込んでいましたが、各メーカーの投資タイ
        ミングのズレ込み等により伸び悩みました。また、その他材料向け装置の販売も伸び悩み、全体的に低調に推移い
        たしました。このような状況の中、販売額は大幅に減少いたしました。
         その結果、売上高は         784百万円     (同8.7%減)、セグメント損失               180百万円     (前年同四半期はセグメント損失95百
        万円)となりました。
                                  3/27




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        (繊維機器事業)
         アパレル業界では、一部の好調なメーカーで設備の更新・増設がおこなわれ始め、自動化設備が必要とされる
        メーカーは、政府のものづくり補助金の積極的な獲得への動きが見られました。また、航空機用炭素繊維用裁断機
        の販売では、民間航空機向けは低調であったものの、公的機関向け設備等の更新・増設の動きが出てきており、改
        善の兆しが見えてまいりました。このような状況の中、販売額は微増となりました。
         その結果、売上高は         65百万円    (同15.8%増)、セグメント損失                21百万円    (前年同四半期はセグメント損失33百
        万円)となりました。
        (医療機器事業)
         医療機器事業では、2018年3月20日に厚生労働省より製造販売承認を取得した「胸腹水濾過濃縮装置M-CAR
        T」は、販売先を限定し、            市販後臨床調査を行っております。                 また、国内の医療機器メーカーに向けては、製造工
        程の自動化・省力化に資する医療機器製造装置の販売、医療機器の試作機開発を受託販売いたしました。
         その結果、売上高は3百万円、セグメント損失                      30百万円    (前年同四半期はセグメント損失27百万円)となりま
        した。
      (2)財政状態に関する状況

        ① 資産、負債及び純資産の状況
        (資産)
         当第1四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて1百万円減少し、                                         8,683百万円      (前連結会
        計年度末は8,685百万円)となりました。
         流動資産は、前連結会計年度末に比べて17百万円減少し、                            5,887百万円      (前連結会計年度末は5,904百万円)とな
        りました。これは、主にたな卸資産が432百万円の増加、現金及び預金が247百万円の減少、受取手形及び売掛金が
        281百万円の減少等によるものであります。
         固定資産は、前連結会計年度末に比べて15百万円増加し、                            2,795百万円      (前連結会計年度末は2,780百万円)とな
        りました。これは、主に投資その他の資産が36百万円の増加等によるものであります。
        (負債)
         当第1四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べて335百万円増加し、                                         3,694百万円      (前連結会計
        年度末は3,358百万円)となりました。
         流動負債は、前連結会計年度末に比べて20百万円減少し、                            3,210百万円      (前連結会計年度末は3,230百万円)とな
        りました。これは、主に短期借入金が500百万円の増加、1年内返済予定の長期借入金が115百万円の増加、買掛金
        が78百万円の減少、電子記録債務が466百万円の減少、未払法人税等が50百万円の減少等によるものであります。
         固定負債は、前連結会計年度末に比べて356百万円増加し、                            483百万円     (前連結会計年度末は127百万円)となり
        ました。これは、主に長期借入金が356百万円増加したこと等によるものであります。
        (純資産)
         当第1四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べて337百万円減少し、                                          4,989百万円      (前連結会
        計年度末は5,326百万円)となりました。これは、主に親会社株主に帰属する四半期純損失252百万円を計上したこ
        と等によるものであります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針を決定する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法施
        行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       Ⅰ.当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
         当社は、当社株式等に対する大規模買付行為を受け入れるか否かのご判断は、最終的には、株主の皆様によって
        なされるべきものと考えており、当社は当社株式等に対する大規模買付行為につきまして、これを一概に否定する
        ものではありません。
         ただし、突然の大規模買付行為が発生した場合には、株主の皆様に当社の株式価値の妥当性を短期間でご判断し
        ていただくこととなりかねません。また、株式等の大規模買付提案の中には、当社の企業価値ひいては株主共同の
        利益を損なうおそれのあるものや、株主の皆様が最終的な決定をされるために必要な情報が十分に提供されないも
        のもありえます。
         当社は、株主の皆様が大規模買付行為を受け入れるか否かのご判断を適切に行うためには、大規模買付者から一
        方的に提供される情報のみならず、当社取締役会から提供される情報及び評価・意見等も含めた十分な情報が提供
        され、大規模買付行為に応ずるべきか否かのご判断のための期間が確保されることが必要であると考えておりま
        す。
                                  4/27



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
       Ⅱ.基本方針の実現に資する特別な取組み
        1.企業価値向上への取組み
          当社は、昭和31年10月に創業し、繊維機械の製造・販売を開始しましたが、その後の経営環境の変化に対応す
         べく、当社独自の研究・開発力を生かして、繊維機器事業に加えて、電子機器事業(ディスプレイ機器・半導体
         機器・新素材加工機器)に展開を図り、新たに医療機器事業へ進出し、現在に至っております。
          当社は、企業価値をより一層高め確固たる企業基盤を築き、当社のビジョンである「信頼されるタカトリ」の
         構築を目指すべく、中長期的な経営戦略の基礎固めを行い、成長してまいります。また、当社社是及び企業理念
         を前提として、各方針(経営ビジョン、経営方針、スローガン、コンプライアンス基本方針、環境基本方針、品
         質方針等)に従って、企業としての社会的責任を認識したうえで、ステークホルダー(株主、従業員、取引先、
         債権者、地域社会)との信頼関係をより一層高めるよう努めてまいります。
         《当社の社是》
         「創造と開拓」
         《当社の企業理念》
         「世界に誇れる独自技術を製販一体となって構築し、最良の製品とサービスを提供し、人々の暮らしを豊かに
          する」
          ①企業は『社会の公器』であることをまず認識し、社会と全ての協力者との相互繁栄を期そう
          ②物事の判断・実行は、お客様とタカトリのメリット・デメリットを十分検討したうえで進めよう
          ③自分の意見は、会社組織の上下関係にとらわれずはっきり発言すると共に、何でも話し合える輪を作ろう
         《経営ビジョン》
         「信頼されるタカトリ」
         《経営方針》
          ①顧客の立場に立って、新規事業開拓、オリジナル製品開発、周辺機器ラインナップを行う
          ②オリジナル製品の開発をリードする営業活動を行い、営業を支えるサービス体制の構築と事業化を行う
          ③組立、調整、サービスに力点を置いたものづくりを行う
          また当社は、上記経営方針の実現に努めるため、以下の取り組みを行っております。
         ●  コア技術の更なる強化
          当社の戦略的コア技術である「7つのコア技術」(貼付、剥離、制御・情報処理、クリーン、カッティン
         グ、搬送・駆動、真空)の各技術を更に強化し、スローガン                            「The   Power   of  “T”   Technology      Trust
         Teamwork    」 のもと、「製品の独自性」や「製品の強さを極める」ことに注力し、現状事業の付加価値を高める
         とともに、「7つのコア技術」をベースに                    ①有望事業機会を目指した技術力の強化                   ②強い技術の他製品への
         水平展開     ③他社との技術提携及び協業化による新製品の開発                        ④既存製品の進化などに積極的に取り組んでま
         いります。
         ●  目標とする経営指標
          ROE(自己資本当期純利益率)10%以上、売上高総利益率の向上を掲げ、安定した収益体質の確立を目指
         しております。
        2.コーポレート・ガバナンスの強化
          当社は、コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方として、法令を遵守し、経営の透明性を高め、取
         締役会で活発な議論を行い、意思決定のスピードアップを図り、株主の利益が最大になるように統治しなければ
         ならないと考えております。なお、社外監査役2名を含めた監査役3名全員が取締役会に出席することにより、
         取締役の業務執行や意思決定事項を客観的に監査・監視できる体制をとるなど、経営監査機能の客観性の観点か
         ら十分機能する体制が整っていると考えております。
       Ⅲ.基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取
        組み
        1.本プランの目的
          本プランは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させることを目的として、上記Ⅰに記載の
         基本方針に沿うものであり、当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者が遵守すべきルールを明確にし、株
         主の皆様が適切な判断をするために必要かつ十分な情報及び時間、並びに大規模買付行為を行おうとする者との
         交渉の機会を確保することを目的としています。
                                  5/27




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        2.本プランの内容
          本プランは、以下のとおり、当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者が遵守すべきルールを策定すると
         ともに、一定の場合には当社が対抗措置をとることによって大規模買付行為を行おうとする者に損害が発生する
         可能性があることを明らかにし、これらを適切に開示することにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益
         に資さない当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者に対して、警告を行うものです。
          また、本プランでは、対抗措置の発動等にあたって、当社取締役会の恣意的判断を排除し、取締役会の判断及
         び対応の客観性、合理性を確保するための機関として特別委員会を設置し、発動の是非等について当社取締役会
         への勧告を行う仕組みとしています。特別委員会は、特別委員会規則(概要については下記「(特別委員会規則
         の概要)」をご参照ください。)に従い、当社社外取締役、社外監査役、または社外の有識者(実績のある会社
         経営者、官庁出身者、弁護士、公認会計士もしくは学識経験者またはこれらに準じる者)で、当社の業務執行を
         行う経営陣から独立した者のみから構成されるものとします。
          当社は現時点において当社株式等の大規模買付行為に係る提案を受けているわけではありません。
         (1)本プランに係る手続き
          ①  対象となる大規模買付行為
            本プランは以下の(ⅰ)または(ⅱ)に該当する当社株式等の買付けまたはこれに類似する行為(ただし、当
           社取締役会が承認したものを除きます。当該行為を、以下、「大規模買付行為」といいます。)がなされる
           場合を適用対象とします。大規模買付行為を行い、または行おうとする者(以下、「大規模買付者」といい
           ます。)は、予め本プランに定められる手続きに従わなければならないものとします。
          (ⅰ)当社が発行者である株式等(注1)について、保有者(注2)の株式等保有割合(注3)が20%以上とな
              る買付け
          (ⅱ)当社が発行者である株式等(注4)について、公開買付け(注5)に係る株式等の株式等所有割合(注
              6)及びその特別関係者(注7)の株式等所有割合の合計が20%以上となる公開買付け
         (注1)    金融商品取引法第27条の23第1項に規定される「株券等」を意味するものとします。以下別段の定めが
            ない限り同じとします。なお、本プランにおいて引用される法令等に改正(法令名の変更や旧法令等を継
            承する新法令等の制定を含みます。)があった場合には、本プランにおいて引用される法令等の各条項
            は、当社取締役会が別途定める場合を除き、当該改正後においてこれらの法令等の各条項を実質的に継承
            する法令等の各条項に読み替えられるものとします。
         (注2)    金融商品取引法第27条の23第1項に規定される保有者をいい、同条第3項に基づき保有者に含まれる者
             を含みます。以下同じとします。
         (注3)    金融商品取引法第27条の23第4項に規定される「株券等保有割合」を意味するものとします。以下同じ
             とします。
         (注4)    金融商品取引法第27条の2第1項に規定される「株券等」を意味するものとします。以下(ⅱ)において
             同じとします。
         (注5)    金融商品取引法第27条の2第6項に定義されます。以下同じとします。
         (注6)    金融商品取引法第27条の2第8項に規定される「株券等所有割合」を意味するものとします。以下同じ
             とします。
         (注7)    金融商品取引法第27条の2第7項に定義される特別関係者をいいます。ただし、同項第1号に掲げる者
             については、発行者以外の者による株券等の公開買付けの開示に関する内閣府令第3条第2項で定める
             者を除きます。以下同じとします。
          ②  意向表明書の当社への事前提出
            大規模買付者におきましては、大規模買付行為の実行に先立ち、当社取締役会に対して、当該大規模買付
           者が大規模買付行為に際して本プランに定める手続きを遵守する旨の誓約文言等を記載した書面(以下、
           「意向表明書」といいます。)を当社の定める書式により日本語で提出していただきます。
            具体的には、意向表明書には、以下の事項を記載していただきます。
           (ⅰ)大規模買付者の概要
            (イ)氏名または名称及び住所または所在地
            (ロ)代表者の役職及び氏名
            (ハ)会社等の目的及び事業の内容
            (ニ)大株主または大口出資者(所有株式または出資割合上位10名)の概要
            (ホ)国内連絡先
            (ヘ)設立準拠法
           (ⅱ)大規模買付者が現に保有する当社の株式等の数、及び、意向表明書提出前60日間における大規模買付
              者の当社の株式等の取引状況
                                  6/27



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
           (ⅲ)大規模買付者が提案する大規模買付行為の概要(大規模買付者が大規模買付行為により取得を予定す
              る当社の株式等の種類及び数、並びに大規模買付行為の目的(支配権取得もしくは経営参加、純投資
              もしくは政策投資、大規模買付行為の後の当社の株式等の第三者への譲渡等、または重要提案行為等
              (注8)その他の目的がある場合には、その旨及び内容。なお、目的が複数ある場合にはそのすべてを
              記載していただきます。)を含みます。)
         (注8)    金融商品取引法第27条の26第1項、金融商品取引法施行令第14条の8の2第1項、及び株券等の大量保
             有の状況の開示に関する内閣府令第16条に規定される重要提案行為等をいいます。
          ③  本必要情報の提供
            上記②の意向表明書をご提出いただいた場合には、大規模買付者におきましては、以下の手順に従い、当
           社に対して、大規模買付行為に対する株主及び投資家の皆様のご判断並びに当社取締役会の評価・検討等の
           ために必要かつ十分な情報(以下、「本必要情報」といいます。)を日本語で提供していただきます。
            まず、当社は、大規模買付者に対して、意向表明書を提出していただいた日から10営業日(注9)(初日
           不算入)以内に、当初提出していただくべき情報を記載した情報リストを上記②(ⅰ)(ホ)の国内連絡先に発
           送いたしますので、大規模買付者には、情報リストに従って十分な情報を当社に提出していただきます。
            また、情報リストに従い大規模買付者から提供された情報では、大規模買付行為の内容及び態様等に照ら
           して、株主及び投資家の皆様のご判断及び当社取締役会の評価・検討等のために不十分であると当社取締役
           会及び特別委員会が合理的に判断する場合には、当社取締役会が別途請求する追加の情報を大規模買付者か
           ら提供していただきます。
            なお、大規模買付行為の内容及び態様等にかかわらず、以下の各項目に関する情報は、原則として情報リ
           ストの一部に含まれるものとします。
           (ⅰ)大規模買付者及びそのグループ(共同保有者(注10)、特別関係者及びファンドの場合は各組合員そ
              の他の構成員を含みます。)の詳細(沿革、具体的名称、資本構成、事業内容、財務内容、役員の氏
              名及び職歴等を含みます。)
           (ⅱ)大規模買付行為の目的(意向表明書において開示していただいた目的の詳細)、方法及び内容(経営
              参画の意思の有無、大規模買付行為の対価の種類及び金額、大規模買付行為の時期、関連する取引の
              仕組み、買付予定の株式等の数及び買付け等を行った後における株式等所有割合、大規模買付行為の
              方法の適法性を含みます。)
           (ⅲ)大規模買付行為の対価の算定根拠(算定の前提事実、算定方法、算定に用いた数値情報及び大規模買
              付行為に係る一連の取引により生じることが予想されるシナジーの内容、算定の際に第三者の意見を
              聴取した場合における当該第三者の名称、意見の概要及び当該意見を踏まえて金額を決定するに至っ
              た経緯を含みます。)
           (ⅳ)大規模買付行為の資金の裏付け(資金の提供者(実質的提供者を含みます。)の具体的名称、調達方
              法及び関連する取引の内容を含みます。)
           (ⅴ)大規模買付行為に際しての第三者との間における意思連絡の有無及び意思連絡がある場合はその内容
              及び当該第三者の概要
           (ⅵ)大規模買付者が既に保有する当社の株式等に関する貸借契約、担保契約、売戻契約、売買の予約その
              他の重要な契約または取決め(以下、「担保契約等」といいます。)がある場合には、その契約の種
              類、契約の相手方及び契約の対象となっている株式等の数量等の当該担保契約等の具体的内容
           (ⅶ)大規模買付者が大規模買付行為において取得を予定する当社の株式等に関し担保契約等の締結その他
              第三者との間の合意の予定がある場合には、予定している合意の種類、契約の相手方及び契約の対象
              となっている株式等の数量等の当該合意の具体的内容
           (ⅷ)大規模買付行為の後における当社及び当社グループの経営方針、事業計画、資本政策及び配当政策
           (ⅸ)大規模買付行為の後における当社の従業員、取引先、顧客及び地域社会その他の当社に係る利害関係
              者の処遇等の方針
           (ⅹ)当社の他の株主との利益相反を回避するための具体的方策
            なお、当社取締役会は、大規模買付者から大規模買付行為の提案がなされた事実については適切に開示
           し、提案の概要及び本必要情報の概要その他の情報のうち株主及び投資家の皆様のご判断に必要であると認
           められる情報がある場合には、速やかに開示いたします。
            また、当社取締役会及び特別委員会が大規模買付者による本必要情報の提供が十分になされたと認めた場
           合には、当社取締役会はその旨を大規模買付者に通知(以下、「情報提供完了通知」といいます。)すると
           ともに、速やかにその旨を開示いたします。
         (注9)    営業日とは、行政機関の休日に関する法律第1条第1項各号に掲げる日以外の日をいいます。以下同じ
             とします。
         (注10)金融商品取引法第27条の23第5項に定義される共同保有者をいい、同条第6項に基づき共同保有者とみ
             なされると当社取締役会が認めた者を含みます。以下同じとします。
          ④  取締役会評価期間の設定等
                                  7/27


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
            当社取締役会は、情報提供完了通知を行った後、その翌日を起算日として、大規模買付行為の評価の難易
           度等に応じて、以下の(ⅰ)または(ⅱ)の期間を、当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び代替
           案 立案のための期間(以下、「取締役会評価期間」といいます。)として設定し、速やかに開示いたしま
           す。
           (ⅰ)対価を現金(円価)のみとする当社全株式等を対象とした公開買付けの場合には最大60日間
           (ⅱ)その他の大規模買付行為の場合には最大90日間
            上記(ⅰ)(ⅱ)いずれにおいても、取締役会評価期間は、評価・検討のために不十分であると取締役会及び
           特別委員会が合理的に認める場合に限り、延長できるものとしますが、延長の期間は最大30日間とします。
           その場合は、具体的延長期間及び当該延長期間が必要とされる具体的理由を買付者等に通知すると共に株主
           及び投資家の皆様に開示いたします。
            当社取締役会は、取締役会評価期間内において、必要に応じて適宜外部専門家等の助言を得ながら、大規
           模買付者から提供された本必要情報を十分に評価・検討し、当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上
           の観点から、大規模買付者による大規模買付行為の内容の検討等を行うものとします。当社取締役会は、こ
           れらの検討等を通じて、大規模買付行為に関する当社取締役会としての意見を慎重にとりまとめ、大規模買
           付者に通知するとともに、適時かつ適切に株主及び投資家の皆様に開示いたします。
            また、必要に応じて、大規模買付者との間で大規模買付行為に関する条件・方法について交渉し、更に、
           当社取締役会として、株主及び投資家の皆様に代替案を提示することもあります。
          ⑤  対抗措置の発動に関する特別委員会の勧告
            特別委員会は、取締役会評価期間内に、上記④の当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び代
           替案立案と並行して、以下の手続きに従い、当社取締役会に対して対抗措置の発動の是非に関する勧告を行
           うものとします。その際、特別委員会の判断が当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上に資するよう
           になされることを確保するために、特別委員会は、当社の費用で、当社の業務執行を行う経営陣から独立し
           た外部専門家(投資銀行、証券会社、フィナンシャル・アドバイザー、公認会計士、弁護士、コンサルタン
           トその他の専門家を含みます。)の助言を得ることができるものとします。なお、特別委員会が当社取締役
           会に対して以下の(ⅰ)または(ⅱ)に定める勧告をした場合には、当社取締役会は、当該勧告の事実とその概
           要その他当社取締役会が適切と判断する事項について、速やかに情報開示いたします。
           (ⅰ)大規模買付者が本プランに規定する手続きを遵守しない場合
              特別委員会は、大規模買付者が本プランに規定する手続きを遵守しない場合、当社取締役会に対し
             て、対抗措置の発動を勧告する場合があります。
           (ⅱ)大規模買付者が本プランに規定する手続きを遵守した場合
              特別委員会は、大規模買付者が本プランに規定する手続きを遵守した場合には、原則として、当社取
             締役会に対して対抗措置の不発動を勧告します。
              ただし、本プランに規定する手続きが遵守されている場合であっても、例えば以下(イ)~(ト)に掲げ
             る事由により、当該買付行為が当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうものであると認めら
             れ、かつ対抗措置の発動を相当と判断する場合には、本対応の例外的措置として、対抗措置の発動を勧
             告する場合があります。
            (イ)大規模買付者が真に会社経営に参加する意思がないにもかかわらず、ただ株価をつり上げて高値で
               当社の株式等を当社または当社関係者に引取らせる目的で当社の株式等の取得を行っているまたは
               行おうとしている者(いわゆるグリーンメイラー)であると判断される場合
            (ロ)当社の会社経営を一時的に支配して当社または当社グループ会社の事業経営上必要な知的財産権、
               ノウハウ、企業秘密情報、主要取引先または顧客等の当社または当社グループ会社の資産を当該大
               規模買付者またはそのグループ会社等に移転する目的で当社の株式等の取得を行っていると判断さ
               れる場合
            (ハ)当社の会社経営を支配した後に、当社または当社グループ会社の資産を当該大規模買付者またはそ
               のグループ会社等の債務の担保や弁済原資として流用する目的で、当社の株式等の取得を行ってい
               ると判断される場合
            (ニ)当社の会社経営を一時的に支配して、当社または当社グループ会社の事業に当面関係していない不
               動産、有価証券等の高額資産等を売却等により処分させ、その処分利益をもって一時的に高配当を
               させるかあるいは一時的高配当による株価の急上昇の機会を狙って当社の株式等の高価売抜けをす
               る目的で当社の株式等の取得を行っていると判断される場合
                                  8/27




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
            (ホ)大規模買付者の提案する当社の株式等の買付方法が、いわゆる強圧的二段階買収(最初の買付けで
               当社の株式等の全部の買付けを勧誘することなく、二段階目の買付条件を不利に設定し、あるいは
               明確にしないで、公開買付け等の株式等の買付け等を行うことをいいます。)等の、株主の皆様の
               判断の機会または自由を制約し、事実上、株主の皆様に当社の株式等の売却を強要する虞があると
               判断される場合
            (ヘ)大規模買付者の提案する当社の株式等の買付条件(買付対価の種類及び金額、当該金額の算定根
               拠、その他の条件の具体的内容(当該取得の時期及び方法を含みます。)、違法性の有無並びに実
               現可能性等を含むがこれらに限られません。)が、当社の企業価値に照らして著しく不十分または
               不適切なものであると判断される場合
            (ト)大規模買付者による支配権の取得により、当社株主はもとより、企業価値の源泉である顧客、従業
               員その他の利害関係者との関係を破壊し、当社の企業価値・株主共同の利益の著しい毀損が予想さ
               れるなど、当社の企業価値・株主共同の利益の確保または向上を著しく妨げる虞があると判断され
               る場合
          ⑥  取締役会の決議、株主意思の確認
            当社取締役会は、⑤に定める特別委員会の勧告を最大限尊重するものとし、当該勧告を踏まえて当社の企
           業価値・株主共同の利益の確保・向上という観点から、速やかに対抗措置の発動または不発動の決議を行う
           ものとします。
            なお、特別委員会が対抗措置の発動を勧告するに際して、当該発動に関して事前に株主意思の確認を得る
           べき旨の留保を付した場合、当社取締役会は、実務上開催が著しく困難な場合を除き、実務上可能な限り最
           短の時間で株主意思確認のための株主総会(以下、「株主意思確認総会」といいます。)を招集し、対抗措
           置の発動に関する議案を付議します。株主意思確認総会は、定時株主総会又は臨時株主総会とあわせて開催
           する場合もあります。当社取締役会において株主意思確認総会の開催を決定した場合には、取締役会評価期
           間はその時点を以て終了するものとします。当該株主意思確認総会にて、対抗措置の発動に関する議案が可
           決された場合には、当社取締役会は株主意思確認総会における決定に従い、対抗措置の発動に関する決議を
           行い、必要な手続を行います。一方、当該株主意思確認総会において、対抗措置の発動に関する議案が否決
           された場合には、当社取締役会は、対抗措置の不実施に関する決議を行います。
            当社取締役会は、上記の決議を行った場合には、その内容が対抗措置の発動であるか不発動であるかを問
           わず、当該決議の概要その他当社取締役会及び特別委員会が適切と判断する事項について、また株主意思確
           認総会を実施した場合には、投票結果その他取締役会及び特別委員会が適切と判断する事項について、速や
           かに情報開示を行います。
          ⑦  対抗措置発動の停止
            当社取締役会が上記⑥の手続きに従い対抗措置の発動を決議した後または発動後においても、(ⅰ)大規模
           買付者が大規模買付行為を中止した場合または(ⅱ)対抗措置を発動するか否かの判断の前提となった事実関
           係等に変動が生じ、かつ、当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上という観点から対抗措置の発動が
           相当でないと考えられる状況に至った場合には、当社取締役会は、対抗措置発動の停止を行うものとしま
           す。
            当社取締役会は、上記決議を行った場合、速やかに、当該決議の概要その他当社取締役会及び特別委員会
           が適切と判断する事項について、情報開示を行います。
          ⑧  大規模買付行為の開始
            大規模買付者は、本プランに規定する手続きを遵守するものとし、取締役会において対抗措置の発動また
           は不発動の決議がなされるまでは大規模買付行為を開始することはできないものとします。
         (2)本プランにおける対抗措置の具体的内容
           当社取締役会が上記(1)⑥に記載の決議に基づき発動する対抗措置は、新株予約権(以下、「本新株予約
          権」といいます。)の無償割当てとします。
           本新株予約権の無償割当ての概要は、下記「(新株予約権無償割当ての概要)」に記載のとおりとします。
           当社取締役会は、対抗措置の発動を決議した後または発動後においても、上記(1)⑦に記載のとおり、対抗
          措置発動の停止を決定することがあります。例えば、対抗措置として当社取締役会が本新株予約権の無償割当
          てを決議した場合において、大規模買付者が大規模買付行為を中止し、当社取締役会が上記(1)⑦に記載の決
          議を行った場合には、本新株予約権の無償割当てについて設定した基準日に係る権利落ち日の前日までにおい
          ては本新株予約権の無償割当てを中止し、本新株予約権の無償割当ての効力発生日以後本新株予約権の行使期
          間の開始日の前日までにおいては当社が無償で本新株予約権を取得する等の方法で、対抗措置の発動を停止す
          ることができるものとします。
                                  9/27



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
         (3)本プランの有効期間、廃止及び変更
           本プランの有効期間は、当該承認決議の時から平成31年12月開催予定の定時株主総会終結の時までとしま
          す。
           ただし、当該有効期間の満了前であっても、当社の株主総会において本プランの変更または廃止の決議がな
          された場合には、本プランは当該決議に従い、その時点で変更または廃止されるものとします。また、当社の
          株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により本プランの廃止の決議がなされた場合には、本プラ
          ンはその時点で廃止されるものとします。
           なお、当社取締役会は、会社法、金融商品取引法、その他の法令もしくは金融商品取引所規則の変更または
          これらの解釈・運用の変更、または税制、裁判例等の変更に伴う形式的な変更が必要と判断した場合は、随
          時、特別委員会の承認を得た上で、本プランを修正し、または変更することができるものとします。他方、当
          社取締役会が、本プランの内容について当社株主の皆様に実質的な影響を与えるような変更を行う場合には、
          改めて直近で開催される株主総会に付議し株主の皆様のご承認をいただくことといたします。
           当社は、本プランが廃止されまたは本プランの内容について当社株主の皆様に実質的な影響を与えるような
          変更が行われた場合には、当該廃止または変更の事実及び(変更の場合には)変更内容その他当社取締役会及
          び特別委員会が適切と認める事項について、速やかに開示いたします。
        3.本プランの合理性
          本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保または
         向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前
         開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しており、かつ、企業価値研究会が平成20年6月30
         日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の内容を踏まえております。
         (1)企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則
           本プランは、上記1.に記載のとおり、当社株式等に対する大規模買付行為がなされた際に、当該大規模買
          付行為に応じるべきか否かを株主の皆様がご判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提示するために必要な
          情報や期間を確保し、株主の皆様のために大規模買付者と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の
          企業価値・株主共同の利益を確保し、向上させるという目的をもって導入しているものです。
         (2)事前開示・株主意思の原則
           本プランは、本定時株主総会において株主の皆様のご承認を得たうえで継続するものです。また、上記2.
          (3)に記載のとおり、定時株主総会においてご承認いただいた後も、その後の当社株主総会において本プラン
          の変更または廃止の決議がなされた場合には、本プランも当該決議に従い変更または廃止されることになりま
          す。従いまして、本プランの継続、変更及び廃止には、株主の皆様のご意思が十分反映される仕組みとなって
          います。
         (3)必要性・相当性確保の原則
          ①  独立性の高い社外者の判断の重視と情報開示の徹底
            当社は、上記2.に記載のとおり、本プランに基づく大規模買付行為への対抗措置の発動等に関する取締
           役会の恣意的判断を排し、取締役会の判断及び対応の客観性及び合理性を確保することを目的として特別委
           員会を設置し、当社取締役会は、対抗措置の発動または不発動の決議に際して特別委員会の勧告を最大限尊
           重いたします。
            また、当社は、特別委員会の判断の概要について株主及び投資家の皆様に情報開示を行うこととし、当社
           の企業価値・株主共同の利益に資するよう本プランの透明な運営が行われる仕組みを確保しています。
          ②  合理的・客観的発動要件の設定
            本プランは、上記2.(1)に記載のとおり、合理的かつ客観的な発動要件が充足されなければ発動されな
           いように設定されており、当社取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しています。
          ③  デッドハンド型もしくはスローハンド型買収防衛策ではないこと
            上記2.(3)に記載のとおり、本プランは、当社の株主総会で選任された取締役で構成される取締役会に
           より、いつでも廃止することができるものとされております。従って、本プランは、デッドハンド型買収防
           衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させても、なお発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。
            また、当社は期差任期制を採用していないため、本プランはスローハンド型買収防衛策(取締役会の構成
           員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありま
           せん。
                                 10/27




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        4.株主及び投資家の皆様への影響等
         (1)本プランの継続時に株主及び投資家の皆様に与える影響
           本プランの継続時には、本新株予約権の発行自体は行われません。従って、本プランがその継続時に株主の
          皆様の有する当社株式に係る法的権利及び経済的利益に対して直接具体的な影響を与えることはありません。
           なお、上記2.(1)に記載のとおり、大規模買付者が本プランを遵守するか否か等により当該買付行為に対
          する当社の対応方針が異なりますので、株主及び投資家の皆様におかれましては、大規模買付者の動向にご注
          意ください。
         (2)本新株予約権の無償割当て時に株主及び投資家の皆様に与える影響
           当社取締役会が対抗措置の発動を決定し、本新株予約権の無償割当てを行う場合には、別途定める割当て期
          日における株主名簿に記録された株主の皆様に対し、その保有する株式1株につき本新株予約権1個を上限と
          した割合で、本新株予約権が無償にて割当てられます。このような仕組み上、本新株予約権の無償割当て時に
          おいても、株主の皆様が保有する当社株式1株当たりの価値の希釈化は生じるものの保有する当社株式全体の
          経済的価値の希釈化は生じず、株主の皆様の有する当社株式に係る法的権利及び経済的利益に対して直接具体
          的な影響を与えることは想定しておりません。
           ただし、大規模買付者につきましては、この対抗措置の発動により、結果的に、法的権利または経済的利益
          に何らかの影響が生じる場合があります。
           なお、当社取締役会が、本新株予約権の無償割当ての決議をした場合であっても、上記2.(1)⑦に記載の
          手続き等に従い、当社取締役会が発動した対抗措置発動の停止を決定した場合には、当社株式の株価に相応の
          変動が生じる可能性があります。例えば、本新株予約権の無償割当てを受けるべき株主が確定した後におい
          て、当社が対抗措置の発動の停止を実施し本新株予約権を無償取得して新株を交付しない場合には、株主の皆
          様が保有する当社株式1株当たりの価値の希釈化は生じないことになるため、当社株式1株当たりの価値の希
          釈化が生じることを前提にして売買を行った株主及び投資家の皆様は、株価の変動により損害を被る可能性が
          ある点にご留意ください。
           また、本新株予約権の行使または取得に関して差別的条件を付す場合には、当該行使または取得に際して、
          大規模買付者の法的権利、経済的利益に影響が生じることが想定されますが、この場合であっても、大規模買
          付者以外の株主の皆様の有する当社株式に係る法的権利及び経済的利益に対して直接具体的な影響を与えるこ
          とは想定しておりません。
         (3)本新株予約権の無償割当てに伴う株主の皆様の手続き
           本新株予約権の割当て期日における最終の株主名簿に記録された株主の皆様は、当該新株予約権の無償割当
          ての効力発生日において当然に新株予約権者となるため、申込みの手続きは不要です。
           また、当社が取得条項を付した新株予約権取得の手続きをとる場合には、大規模買付者以外の株主の皆様に
          おかれましては、新株予約権の行使価格相当の金銭を払い込むことなく、当社による新株予約権取得の対価と
          して当社株式を受領することになるため、当該新株予約権に関する払込み等の手続きは不要となります。
           以上のほか、割当て方法、行使の方法及び当社による取得の方法、株式の交付方法等の詳細については、本
          新株予約権の無償割当てに関する当社取締役会の決議が行われた後、当社は、その手続きの詳細に関して、適
          用ある法令及び金融商品取引所規則に基づき、適時かつ適切に開示または通知を行いますので当該開示または
          通知の内容をご確認ください。
     (特別委員会規則の概要)

       1.特別委員会は、当社取締役会の決議により、大規模買付行為への対抗措置の発動等に関する取締役会の恣意的
         判断を排除し、当社取締役会の判断及び対応の客観性及び合理性を確保することを目的として、設置される。
       2.特別委員会委員は、3名以上とし、当社の業務執行を行う経営陣から独立した、(1)当社社外取締役、(2)当社
         社外監査役または(3)社外有識者(実績のある会社経営者、官庁出身者、弁護士、公認会計士、もしくは学識経
         験者またはこれらに準じる者)のいずれかに該当する者の中から、当社取締役会の決議に基づき選任される。
         なお、当社は、特別委員会委員との間で、善管注意義務及び秘密保持義務に関する規定を含む契約を締結す
         る。
       3.特別委員会の委員の任期は、選任の時から3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総
         会の終結の日または別途当該特別委員会委員と当社が合意した日までとする。ただし、当社取締役会の決議に
         より別段の定めをした場合はこの限りではない。
       4.特別委員会は、当社代表取締役または各特別委員会委員が招集する。
       5.特別委員会の議長は、各特別委員会委員の互選により選定される。
       6.特別委員会の決議は、原則として、特別委員会委員全員が出席し、その過半数をもってこれを行う。ただし、
         特別委員会委員のいずれかに事故がある時その他特段の事由がある時は、原則として、当該特別委員会委員を
         除く特別委員会委員全員が出席し、その過半数をもってこれを行う。
       7.特別委員会は、以下の各号に記載される事項について審議の上決議し、その決議内容を、理由を付して当社取
         締役会に対して勧告する。
        (1)本プランに係る対抗措置の発動の是非(発動に関して予め株主意思の確認を得ることの是非を含む)
                                 11/27

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        (2)本プランに係る対抗措置発動の停止
        (3)本プランの廃止及び変更
        (4)その他本プランに関連して当社取締役会が任意に特別委員会に諮問する事項
          各特別委員会委員は、特別委員会における審議及び決議においては、専ら当社の企業価値・株主共同の利益
          に資するか否かの観点からこれを行うことを要し、自己または当社の経営陣の個人的利益を図ることを目的
          としてはならない。
       8.特別委員会は、必要に応じて、当社の取締役、監査役または従業員その他必要と認める者を出席させ、特別委
         員会が求める事項に関する意見または説明を求めることができる。
       9.特別委員会は、その職務の遂行に当たり、当社の費用で、当社の業務執行を行う経営陣から独立した外部専門
         家(投資銀行、証券会社、フィナンシャル・アドバイザー、公認会計士、弁護士、コンサルタントその他の専
         門家を含む。)から助言を得ることができる。
     (新株予約権無償割当ての概要)

       1.本新株予約権の割当総数
         本新株予約権の割当総数は、本新株予約権の無償割当てに関する取締役会決議(以下、「本新株予約権無償割
        当て決議」といいます。)において当社取締役会が別途定める一定の日(以下、「割当て期日」といいます。)
        における当社の最終の発行済株式総数(ただし、同時点において当社の有する当社株式の数を除きます。)と同
        数を上限として、当社取締役会が本新株予約権無償割当て決議において別途定める数とします。
       2.割当対象株主
         割当て期日における最終の株主名簿に記録された株主に対し、その保有する当社普通株式(ただし、同時点に
        おいて、当社の有する当社株式を除きます。)1株につき1個を上限として、当社取締役会が本新株予約権無償
        割当て決議において別途定める割合で本新株予約権の無償割当てをします。
       3.本新株予約権の無償割当ての効力発生日
         本新株予約権無償割当て決議において当社取締役会が別途定める日とします。
       4.本新株予約権の目的である株式の種類及び数
         本新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、本新株予約権1個当たりの目的である株式の数
        (以下、「対象株式数」といいます。)は、1株を上限として当社取締役会が本新株予約権無償割当て決議にお
        いて別途定める数とします。ただし、当社が株式の分割または株式の併合等を行う場合は、所要の調整を行うも
        のとします。
       5.本新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及び価格
         本新株予約権の行使に際してする出資の目的は金銭とし、本新株予約権の行使に際して出資される財産の当社
        普通株式1株当たりの金額は1円以上で当社取締役会が本新株予約権無償割当て決議において別途定める額とし
        ます。
       6.本新株予約権の譲渡制限
         本新株予約権の譲渡については、当社取締役会の承認を要するものとします。
       7.本新株予約権の行使条件
         (1)特定大量保有者(注11)、(2)特定大量保有者の共同保有者、(3)特定大量買付者(注12)、(4)特定大量買
        付者の特別関係者、もしくは(5)これら(1)から(4)までの者から本新株予約権を当社取締役会の承認を得ることな
        く譲受けもしくは承継した者、または、(6)これら(1)から(5)までに該当する者の関連者(注13)(これらの者を
        総称して、以下、「非適格者」といいます。)は、本新株予約権を行使することができないものとします。な
        お、本新株予約権の行使条件の詳細については、本新株予約権無償割当て決議において別途定めるものとしま
        す。
         (注11)当社が発行者である株式等の保有者で、当該株式等に係る株式等保有割合が20%以上である者、また
             は、これに該当することとなると当社取締役会が認める者をいいます。ただし、その者が当社の株式等
             を取得・保有することが当社の企業価値・株主共同の利益に反しないと当社取締役会が認めた者その他
             本新株予約権無償割当て決議において当社取締役会が別途定める者は、これに該当しないこととしま
             す。
                                 12/27





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
         (注12)公開買付けによって当社が発行者である株式等(金融商品取引法第27条の2第1項に規定される株券等
             を意味するものとします。以下本注において同じとします。)の買付け等(金融商品取引法第27条の2
             第1項に定義される買付け等をいいます。以下本注において同じとします。)を行う旨の公告を行った
             者で、当該買付け等の後におけるその者の所有(これに準じるものとして金融商品取引法施行令第7条
             第1項に定めるものを含みます。)に係る株式等の株式等所有割合がその者の特別関係者の株式等所有
             割合と合計して20%以上となる者、または、これに該当することとなると当社取締役会が認める者をい
             います。ただし、その者が当社の株式等を取得・保有することが当社の企業価値・株主共同の利益に反
             しないと当社取締役会が認めた者その他本新株予約権無償割当て決議において当社取締役会が別途定め
             る者は、これに該当しないこととします。
         (注13)ある者の「関連者」とは、実質的にその者を支配し、その者に支配されもしくはその者と共同の支配下
             にある者(当社取締役会がこれらに該当すると認めた者を含みます。)、またはその者と協調して行動
             する者として当社取締役会が認めた者をいいます。なお「支配」とは、他の会社等の「財務及び事業の
             方針の決定を支配している場合」(会社法施行規則第3条第3項に定義される場合をいいます。)をい
             います。
       8.当社による本新株予約権の取得
         当社は、当社取締役会が別途定める日において、非適格者以外の者が保有する本新株予約権を取得し、これと
        引換えに本新株予約権1個につき対象株式数の当社普通株式を交付することができるものとします。なお、本新
        株予約権の取得条件の詳細については、本新株予約権無償割当て決議において別途定めるものとします。
       9.対抗措置発動の停止等の場合の無償取得
         当社取締役会が、対抗措置の発動を停止した場合その他本新株予約権無償割当て決議において当社取締役会が
        別途定める場合には、当社は、本新株予約権の全部を無償にて取得することができるものとします。
       10.本新株予約権の行使期間等
         本新株予約権の行使期間その他必要な事項については、当社取締役会が本新株予約権無償割当て決議において
        別途定めるものとします。
      (4)研究開発活動

          当第1四半期連結累計期間における研究開発費の総額は、29百万円であります。
          なお、当第1四半期連結累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (5)生産、受注及び販売の実績

          当第1四半期連結累計期間における生産、受注及び販売の実績に著しい変動はありません。
                                 13/27










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 14/27




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                    種類                      発行可能株式総数(株)
           普通株式                                          17,000,000

                     計                                17,000,000

        ②【発行済株式】

                 第1四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所
                              提出日現在発行数(株)
           種類      在発行数(株)                         名又は登録認可金融             内容
                               (2019年2月12日)
                  (2018年12月31日)                        商品取引業協会名
                                          東京証券取引所           単元株式数
         普通株式               5,491,490             5,491,490
                                          市場第二部           100株
            計           5,491,490             5,491,490           -         -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総        発行済株式                     資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高              資本準備金
           年月日        数増減数       総数残高                     増減額
                                 (千円)       (千円)             残高(千円)
                    (株)       (株)                    (千円)
        2018年10月1日~
                       -   5,491,490           -    963,230          -   1,352,321
        2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 15/27








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
                区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容

         無議決権株式                           -           -           -

         議決権制限株式(自己株式等)                           -           -           -

         議決権制限株式(その他)                           -           -           -

         完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式   31,000                     -           -

                           普通株式       5,458,300

         完全議決権株式(その他)                                    54,583              -
                           普通株式           2,190
         単元未満株式                                      -           -
         発行済株式総数                       5,491,490               -           -

         総株主の議決権                           -         54,583              -

        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                     発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
        所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                       (%)
                    奈良県橿原市新堂町
        ㈱タカトリ                         31,000          -     31,000         0.56
                    313-1
             計           -         31,000          -     31,000         0.56
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 16/27









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(2007年内閣府令
        第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年10月1日から
        2018年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、暁監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 17/27

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,728,679              1,481,633
         現金及び預金
                                      ※1 2,782,153             ※1 2,500,476
         受取手形及び売掛金
                                         17,677              60,983
         電子記録債権
                                         98,534              180,154
         製品
                                        872,044             1,182,615
         仕掛品
                                        372,141              412,023
         原材料及び貯蔵品
                                         33,434              69,754
         その他
                                       5,904,663              5,887,640
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             1,300,117              1,274,833
                                        781,479              781,479
          土地
                                        168,265              171,022
          その他(純額)
                                       2,249,862              2,227,335
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                52,672              54,463
         投資その他の資産
                                        127,913              103,288
          投資有価証券
                                        234,724              215,836
          繰延税金資産
                                        115,408              195,074
          その他
                                        478,046              514,199
          投資その他の資産合計
                                       2,780,582              2,795,998
         固定資産合計
                                       8,685,245              8,683,639
       資産合計
                                 18/27











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        581,941              503,515
         買掛金
                                       1,360,347               894,227
         電子記録債務
                                        600,000             1,100,000
         短期借入金
                                         89,988              204,988
         1年内返済予定の長期借入金
                                         53,600               3,593
         未払法人税等
                                        189,836               61,451
         賞与引当金
                                        355,140              442,798
         その他
                                       3,230,854              3,210,574
         流動負債合計
       固定負債
                                         65,044              421,297
         長期借入金
                                         30,787              30,944
         資産除去債務
                                         31,797              31,510
         その他
                                        127,628              483,751
         固定負債合計
                                       3,358,483              3,694,326
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        963,230              963,230
         資本金
                                       1,352,321              1,352,321
         資本剰余金
                                       2,998,938              2,680,780
         利益剰余金
                                        △ 17,342             △ 17,342
         自己株式
                                       5,297,147              4,978,990
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         26,572              10,369
         その他有価証券評価差額金
                                         3,043               △ 46
         為替換算調整勘定
                                         29,615              10,322
         その他の包括利益累計額合計
                                       5,326,762              4,989,312
       純資産合計
                                       8,685,245              8,683,639
      負債純資産合計
                                 19/27










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                        916,267              853,881
      売上高
                                        801,262              803,370
      売上原価
                                        115,004               50,511
      売上総利益
                                        272,049              282,733
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 157,044             △ 232,222
      営業外収益
                                           248               89
       受取利息
                                         2,494              1,822
       受取賃貸料
                                         2,719              1,973
       受取ロイヤリティー
                                         2,524              2,361
       売電収入
                                         5,582              4,624
       その他
                                         13,569              10,871
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           275              395
       支払利息
                                         1,804              1,595
       減価償却費
                                         3,371              2,454
       持分法による投資損失
                                           475              656
       その他
                                         5,927              5,102
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 149,402             △ 226,453
      特別利益
                                           -             3,241
       受取保険金
                                           -             3,241
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             3,323
       災害による損失
                                            0              -
       固定資産除却損
                                            0            3,323
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 149,402             △ 226,534
      法人税、住民税及び事業税                                     825              640
                                         17,789              25,457
      法人税等調整額
                                         18,615              26,097
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 168,018             △ 252,632
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                     -              -
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 168,018             △ 252,632
                                 20/27








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      四半期純損失(△)                                  △ 168,018             △ 252,632
      その他の包括利益
                                         2,004             △ 14,996
       その他有価証券評価差額金
                                         3,814             △ 3,090
       為替換算調整勘定
                                         3,036             △ 1,206
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         8,855             △ 19,292
       その他の包括利益合計
                                       △ 159,162             △ 271,925
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 159,162             △ 271,925
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 21/27















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         該当事項はありません。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期
         連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (表示方法の変更)

         (四半期連結貸借対照表)
          前連結会計年度において「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に含めていた「電子記録債権」は、金額的
         重要性が増したため、第1四半期連結会計期間より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映
         させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に表示して
         いた2,799,830千円は「受取手形及び売掛金」2,782,153千円、「電子記録債権」17,677千円として組み替えて
         おります。
         (四半期連結損益計算書)
          前第1四半期連結累計期間において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「売電収入」は、金額的重
         要性が増したため、当第1四半期連結累計期間より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映
         させるため、前第1四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表の組替を行っております。
          この結果、前第1四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表
         示していた8,106千円は、「売電収入」2,524千円、「その他」5,582千円として組み替えております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※1.四半期連結会計期間末日満期手形
            四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日で
           したが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当四半期連結会計期間末日満期手形の金額
           は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                               (2018年9月30日)                 (2018年12月31日)
           受取手形                           3,906千円                12,826千円
          2.保証債務

            次の奈良県ハイテク工場団地協同組合について、奈良県からの借入に対し債務保証を行っております。
                        前連結会計年度                      当第1四半期連結会計期間
                       (2018年9月30日)                         (2018年12月31日)
           奈良県ハイテク工場団地協同組合                   36,519千円      奈良県ハイテク工場団地協同組合                   27,392千円
          3.当座貸越契約

            当社及び連結子会社(高鳥(常熟)精密機械有限公司)においては、運転資金の効率的な調達を行うため
           取引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。この契約に基づく借入未実行残高は次のとおりでありま
           す。
                                前連結会計年度
                                              当第1四半期連結会計期間
                               (2018年9月30日)
                                                (2018年12月31日)
           当座貸越極度額                         1,800,000千円                 1,800,000千円
           借入実行残高                          600,000千円               1,100,000千円
           差引額                         1,200,000千円                  700,000千円
                                 22/27




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
           当第1四半期連結累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
          期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む)は、次のとおりでありま
          す。
                             前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                              (自    2017年10月1日             (自    2018年10月1日
                               至   2017年12月31日)              至   2018年12月31日)
           減価償却費                          33,671千円                 40,178千円
        (株主資本等関係)

        Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
         配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
      2017年12月22日
               普通株式         54,603        10.0    2017年9月30日         2017年12月25日         利益剰余金
       定時株主総会
        Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

         配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
      2018年12月21日
               普通株式         65,524        12.0    2018年9月30日         2018年12月25日         利益剰余金
       定時株主総会
                                 23/27













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自2017年10月1日 至2017年12月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                               報告セグメント

                                                      合計
                     電子機器事業          繊維機器事業          医療機器事業
           売上高

            外部顧客への
                         859,550           56,716            -        916,267
            売上高
            セグメント間
                           -          -          -          -
            の内部売上高
            又は振替高
                         859,550           56,716            -        916,267
              計
           セグメント損失
                        △ 95,915         △ 33,660         △ 27,468         △ 157,044
           (△)
          (注)セグメント損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自2018年10月1日 至2018年12月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                               報告セグメント

                                                      合計
                     電子機器事業          繊維機器事業          医療機器事業
           売上高

            外部顧客への
                         784,640           65,688           3,553         853,881
            売上高
            セグメント間
                           -          -          -          -
            の内部売上高
            又は振替高
                         784,640           65,688           3,553         853,881
              計
           セグメント損失
                        △ 180,534          △ 21,348         △ 30,339         △ 232,222
           (△)
          (注)セグメント損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
                                 24/27





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                   (自 2017年10月1日             (自 2018年10月1日
                                     至 2017年12月31日)             至 2018年12月31日)
         1株当たり四半期純損失金額(△)                                △30円77銭             △46円27銭
         (算定上の基礎)

          親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                         △168,018             △252,632
          (千円)
          普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -             -
          普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失
                                         △168,018             △252,632
          金額(△)(千円)
          普通株式の期中平均株式数(株)                               5,460,398             5,460,398
        (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失金額であり、潜在株式
           が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 25/27













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                 26/27




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社タカトリ(E01715)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     株式会社タカトリ
      取締役会 御中
                              暁監査法人

                                   代表社員

                                           公認会計士
                                                 中井  学  印
                                   業務執行社員
                                   代表社員

                                           公認会計士
                                                 織田 成人  印
                                   業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社タカト

     リの2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第1四半期                                  連結  会計期間(2018年10月1日から2018年12月
     31日まで)及び第1四半期            連結  累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期                               連結  財務諸表、すなわ
     ち、四半期     連結  貸借対照表、四半期         連結  損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期   連結  財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期                                 連結  財務諸表の作成基準に準拠して四半期                  連結  財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期                                                連結  財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期                                             連結  財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期                              連結  財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期      連結  財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社タカトリ及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第1四半期                 連結  累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

        1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 27/27





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。