伊藤忠エネクス株式会社 四半期報告書 第59期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第59期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:伊藤忠エネクス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】               四半期報告書

      【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】               関東財務局長
      【提出日】               2019年2月12日
                     第59期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】               伊藤忠エネクス株式会社
                     ITOCHU    ENEX   CO.,LTD.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  岡田 賢二
      【本店の所在の場所】               東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
                     03(6327)8010
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】               財務経理部長  日置 敬介
      【最寄りの連絡場所】               東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
                     03(6327)8010
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】               財務経理部長  日置 敬介
      【縦覧に供する場所】               伊藤忠エネクス株式会社生活・産業エネルギー部門中部支店
                     (名古屋市中区錦一丁目5番11号)
                     伊藤忠エネクス株式会社生活・産業エネルギー部門関西支店
                     (大阪市淀川区西宮原二丁目1番3号)
                     伊藤忠エネクス株式会社生活・産業エネルギー部門九州支店
                     (福岡市博多区綱場町4番1号)
                     株式会社東京証券取引所
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)1.上記の九州支店は、金融商品取引法に規定する縦覧場所ではありませんが、投資者の便宜を考慮して、縦覧

          に供する場所としております。
        2.2019年2月25日から本店は下記に移転する予定であります。
           東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
           03(4233)8008
                                  1/33









                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第58期           第59期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第58期
                              累計期間           累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              決算年月
                            至2017年12月31日           至2018年12月31日           至2018年3月31日
                                 544,109           750,618           744,767
     売上収益
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                           ( 191,714    )       ( 275,240    )
     税引前四半期利益又は税引前利
                     (百万円)             15,693           13,566           19,169
     益
     当社株主に帰属する四半期(当
                                  9,278           7,812           11,025
     期)純利益                (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 5,309   )        ( 2,365   )
     当社株主に帰属する四半期(当
                     (百万円)             10,119            7,651           11,460
     期)包括利益
                     (百万円)            114,800           118,809           116,104
     株主資本合計
                     (百万円)            375,531           375,809           382,621
     資産合計
     基本的1株当たり当社株主に帰
                                  82.15           69.21           97.63
     属する四半期(当期)純利益                 (円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 47.03   )        ( 20.96   )
     希薄化後1株当たり当社株主に
                      (円)              -           -           -
     帰属する四半期(当期)純利益
                      (%)            30.57           31.61           30.34
     株主資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             19,176            9,715           24,239
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 9,506          △ 3,490          △ 18,458
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 6,967          △ 7,522          △ 5,850
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             25,425           21,286           22,573
     (期末)残高
      (注)1.当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)は、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて
           連結財務諸表を作成しております。
         2.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         3.売上収益は消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ)抜きで表示しております。
         4.希薄化後1株当たり当社株主に帰属する四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。
         5.金額は、百万円未満を四捨五入して記載しております。
                                  2/33






                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。なお、
       第1四半期連結会計期間より以下のとおり組織改編を行っております。
       <生活・産業エネルギー事業>

        従来の「生活エネルギー・流通事業」と「産業エネルギー・流通事業」を統合し、「生活・産業エネルギー事業」
       へと改編しました。
       <モビリティライフ事業>
        「モビリティライフ事業」を新たに設置しました。
        また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。

      (主要な関係会社の異動)

       「ホームライフ事業」
        2018年4月に、当社の子会社であった株式会社東北タンク商会を、同子会社である伊藤忠エネクスホームライフ東
       北株式会社が吸収合併しました。
        2018年10月に、当社の子会社であった日商プロパン石油株式会社を、同子会社である伊藤忠エネクスホームライフ
       北海道株式会社が吸収合併しました。
        2018年12月に、当社の子会社である物産石油ホームライフ岩手株式会社は、有限会社小原喜太郎商店の株式を
       100%取得し、新たに子会社としました。
        2018年12月に、当社の子会社である物産石油ホームライフ岩手株式会社は、物産石油瓦斯岩手販売株式会社の株式
       を100%取得し、新たに子会社としました。
       「モビリティライフ事業」

        2018年12月に、当社の子会社であったNext                    Stage   Energy,    Inc.を、同子会社であるE-NEXT               Energy,    Inc.が吸収合
       併しました。
                                  3/33












                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        当社及び主な子会社並びに関係会社(持分法適用会社を含む)の事業系統図は次のとおりであります。
                                  4/33




















                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記
        載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
         当社グループは、第1四半期連結会計期間よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を適用しておりま
        す。IFRS第15号の適用による影響については、「第4 経理の状況 1 要約四半期連結財務諸表 要約四半期連
        結財務諸表注記 3.重要な会計方針」をご参照ください。
       (1)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末と比較して                                       68億1千2百万円減少           し、
        3,758億9百万       円となりました。これは主に営業債権の46億1千7百万円減少やその他の短期金融資産の41億9千
        3百万円減少等によるものです。また負債合計は、前連結会計年度末と比較して                                     103億9千6百万円減少           し、  2,351
        億5千9百万      円となりました。これは主に未払法人所得税の27億1千7百万円減少や前受金の25億3千万円減少等
        によるものです。資本合計は、当社株主に帰属する四半期純利益による78億1千2百万円増加及び配当金支払いに
        よる54億3千万円減少等により前連結会計年度末と比較して                            35億8千4百万円増加          の 1,406億5千万       円となりまし
        た。
       (2)経営成績の分析

         当第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日)における日本経済は、好調な企業収益等がけ
        ん引し、緩やかな回復基調で推移いたしました。一方で、米国の通商政策の動向が世界経済に与える影響や、海外
        経済の不確実性など、世界経済が減速していくリスクも抱えており、依然として先行き不透明な状況が続いており
        ます。
         このような環境のもと、当社グループは2017年4月に2ヵ年の中期経営計画『Moving2018                                          つなぐ    未来』を公表
        し、以下の基本方針に基づき、事業を推進しております。
          <1>     『未来の成長に、つなぐ』~収益基盤の再構築~

            ① 資産の最適化
            ② 収益力の向上
            ③ 顧客基盤の開拓
          <2>     『グループの人や機能を、つなぐ』~組織基盤の再整備~

            ① 組織力の強化
            ② 自律型人材育成
            ③ 働き方改革「ENEX           EARLY   BIRD」の推進
         当第3四半期連結累計期間の経営成績は以下のとおりとなりました。

         売上収益は     7,506億1千8百万         円(前年同期比       38.0%の増加      )となりました。これは主に国内石油製品価格の上
        昇に伴う価格影響等によるものです。
         営業活動に係る利益は          132億6千7百万        円(前年同期比       7.2%の減少      )となりました。これは主に生活・産業エネ
        ルギー事業の石油製品販売分野及び石油製品トレード分野が増益となった一方で、電力・ユーティリティ事業の電
        力販売分野が減益となったことに加え、固定資産に係る損益及びその他の損益が減益となったことによるもので
        す。
         当社株主に帰属する四半期純利益は                 78億1千2百万       円(前年同期比       15.8%の減少      )となりました。これは主に
        ホームライフ事業において、持分法適用会社からの取込利益の増加はあったものの、前年同期に認識した大阪ガス
        グループとの再編統合に係る利益の反動があったことによるものです。
         セグメント別の業績は、次のとおりであります。なお、2018年4月に行った組織改編に伴い、報告セグメントを

        変更しております。当該組織改編により、                    従来の「    生活エネルギー・流通事業            」と「   産業エネルギー・流通事業            」
        を「生活・産業エネルギー事業」に統合改編し、また、「モビリティライフ事業」を新たに設置しました。
         これに伴い、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を                               従来の「ホームライフ事業」、「電力・ユー
        ティリティ事業」、「生活エネルギー・流通事業」及び「産業エネルギー・流通事業」から「ホームライフ事
        業」、「生活・産業エネルギー事業」、「電力・ユーティリティ事業」及び「モビリティライフ事業」に変更して
        おります。
         このため、前年同期との比較は、変更後の報告セグメントに基づき組み替えて行っております。
                                  5/33

                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
       ①ホームライフ事業

         当第3四半期連結累計期間におけるホームライフ事業部門は、LPガス直売顧客軒数が約6,000軒増加し、約
        552,000軒となりました。災害や暖冬の影響により、販売数量は前年同期を下回った一方で、一定の利幅を確保し
        ました。
         家庭向け電力販売事業におきましては、LPガスとのセット販売を中心に顧客基盤の拡大を推進しており、顧客
        軒数は約22,000軒増加し、約76,000軒となりました。
         LPガス以外の周辺分野におきましては、工業ガス販売事業及び容器検査事業の受注好調により、収益は堅調に
        推移しております。
         海外事業におきましては、インドネシアにおける工業ガス販売事業(PT.ITC                                    ENEX   INDONESIA)、フィリピンに
        おけるLPガス販売事業(Isla               Petroleum     & Gas  Corporation)共に、当社が国内で培ってきたノウハウを生かし
        て今後も更なる事業拡大を目指してまいります。
         このような活動の結果、           当第3四半期連結累計期間の経営成績は以下のとおりとなりました。
         売上収益は     665億2千1百万        円(前年同期比       6.5%の減少      )となりました。これは主に2017年10月の大阪ガスグ
        ループとの再編統合により東名阪エリアの子会社3社が持分法適用会社へ移行したことによるものです。
         営業活動に係る利益は          20億5千万     円(前年同期比       36.0%の増加      )となりました。これは主に再編統合による影響
        はあったものの、一定の利幅を確保できたことによるものです。
         当社株主に帰属する四半期純利益は                12億6千8百万       円(前年同期比40.7%の減少)となりました。これは主に持
        分法適用会社からの取込利益の増加はあったものの、前年同期に認識した再編統合に係る利益の反動                                              があったこと
        によるものです。
       ②生活・産業エネルギー事業

         当第3四半期連結累計期間における生活・産業エネルギー事業部門は、石油需要の構造的な減退や元売2極化な
        どの業界再編が進む中、各事業、各エリアにおける販売基盤の維持と拡大に努め、前年同期を上回る収益となりま
        した。
         当部門は地域のくらしと産業に深く関わることを目的として、事業展開を行っており、それぞれの事業において
        機能の向上と価値の創出に努めております。
         地域の生活者に関わるCS             (※1)   事業におきましては、販売店及びグループ会社のCS店舗を通じて、エネル
        ギー供給はもとより地域の皆様に必要とされるサービスの提供を行い、地域の生活インフラを担う拠点創りを運営
        者の皆様と共に目指してまいります。なお、当第3四半期連結累計期間における当社グループCS数につきまして
        は、不採算CSの撤退等により、総数は1,768ヵ所(前期末より44ヵ所純減)となりました。また、グループで展開
        しております「カースタレンタカー」の導入店舗数は401店舗(前期末より31店舗純増)となっております。
         地域の産業に関わる事業におきましては、既存事業に加え、アドブルー                                 (※2)   や法人向け電力販売などの多様
        な商材を包括的に提案しております。
         環境関連事業への取組みといたしましては、船舶から回収した廃油をリサイクルし、再生油として販売するス
        ロップ・再生油事業や、当社の火力発電所から排出される石炭灰を再利用して販売するフライアッシュ事業などを
        中心に環境負荷低減に繋がる活動を進めております。
         このような活動の結果、           当第3四半期連結累計期間の経営成績は以下のとおりとなりました。
         売上収益は     5,356億7千1百万         円(前年同期比       54.1%の増加      )となりました。これは主に国内石油製品価格の上
        昇に伴う価格影響等によるものです。
         営業活動に係る利益は          69億2千万     円(前年同期比       16.8%の増加      )となりました。これは主に小売市況改善効果と
        前年同期に認識した一過性損失の反動によるものです。
         当社株主に帰属する四半期純利益は                47億5百万     円(前年同期比       18.7%の増加      )となりました。これは主に営業活
        動に係る利益の影響と同様によるものです。
        (※1)   CSとは、カーライフ・ステーションの略であり、当社が提案する複合サービス給油所です。
        (※2)アドブルー(AdBlue)とは、ディーゼル車の排気ガス中の窒素化合物(NOx)を無害化する「SCRシステム」に使われる高
           品位尿素水です。
       ③電力・ユーティリティ事業

         当第3四半期連結累計期間における電力・ユーティリティ事業部門は、電力事業の電力販売分野におきまして
        は、法人向け並びに家庭向け販売の伸長により、小売電力販売量は前年同期を上回りましたが、北海道エリア卸売
        市場価格の高騰及び価格競争の激化により損益面では前年同期を大きく下回りました。当該分野では、子会社の株
        式会社エネクスライフサービスを中心に、エリアに強い顧客基盤を持つ企業や異業種と提携し、家庭・小規模法人
        向けの電力販売を展開することで、価格競争の激化した販売領域である大規模法人向けの電力販売からシフトを行
        うと同時に、電力+αの新たな価値提案を検討してまいります。
         発電分野におきましては、2017年10月に新設した火力発電所の稼働により、総発電量は前年同期を上回りました
        が、燃料費の高騰等により損益面では前年同期を下回りました。当該分野では、老朽化の進んだ新潟県上越市の水
                                  6/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        力発電設備の大規模改修を行い設備の効率化を図るなど、電力の安定供給と環境負荷の低減を目指し、電源ポート
        フォリオの充実、再生可能エネルギー発電設備への投資を推進してまいります。
         また、熱供給事業        (※3)   におきましては、猛暑の影響により平均気温が上昇し、熱需要量、損益共に前年同期
        を上回りました。当該分野では多様化する顧客のニーズに応えられるよう、引き続き総合的なエネルギーサービス
        事業  (※4)   を推進してまいります。
         このような活動の結果、当第3四半期連結累計期間の経営成績は以下のとおりとなりました。
         売上収益は     677億8千5百万        円(前年同期比       30.7%の増加      )となりました。これは主に小売販売量の増加による
        ものです。
         営業活動に係る利益は          21億2百万     円(前年同期比       56.5%の減少      )となりました。これは主に             販売・需給領域にお
        ける利幅の減少と連系線運用益の減益等により電力事業が減益となったことによるものです。
         当社株主に帰属する四半期純利益は                10億  円(前年同期比       59.9%の減少      )となりました。        これは主に営業活動に係
        る利益の影響と同様によるものです。
        (※3)熱供給事業とは、熱源プラントから複数の建物、オフィスビル等に、冷房・暖房等に使用する冷水・温水を導管で供給する事業
           です。
        (※4)エネルギーサービス事業とは、エネルギーの利用に際しお客さまに代わり、電気・熱源設備等を所有し空調用冷温水や給湯用温
           水、蒸気等を供給する事業です。
       ④モビリティライフ事業

         当第3四半期連結累計期間におけるモビリティライフ事業部門は、自動車ディーラー事業が好調に推移いたしま
        した。
         自動車ディーラー事業におきましては、子会社の大阪カーライフグループ株式会社に台風被害が発生しました
        が、販売努力により新車販売台数はノート、セレナを中心に好調に推移いたしました。また、顧客基盤強化の一環
        として取り組みました『日産大阪               e-  でんき』の販売も順調に推移いたしました。
         米国バイオ事業におきましては、本格稼働に入り、現地プラントにて原料の前処理工程におけるオペレーション
        の改善が実施され、稼働率が安定し生産量も増加傾向にあります。
         このような活動の結果、当第3四半期連結累計期間の経営成績は以下のとおりとなりました。
         売上収益は     806億4千1百万        円(前年同期比       9.6%の増加      )となりました。これは主に自動車ディーラー事業の好
        調によるものです。
         営業活動に係る利益は          14億3千4百万       円(前年同期比       40.0%の増加      )となりました。これは主に高収益車種の販
        売が好調に推移し自動車ディーラー事業が増益となったことによるものです。
         当社株主に帰属する四半期純利益は                 3億1千5百万       円(前年同期比       435.1%の増加       )となりました。これは主に
        自動車ディーラー事業の増益によるものです。
       (3)キャッシュ・フローの分析

         当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末と比
        較して   12億8千7百万円減少          の 212億8千6百万        円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は               97億1千5百万       円となりました。主な要因は、税引前四半期利益135億6千6百
        万円、減価償却費等75億2千2百万円、棚卸資産の増加21億8千8百万円、法人所得税の支払いによる支出59億9
        千3百万円等によるものです。なお、獲得した資金は前年同期比94億6千1百万円減少しております。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動に使用した資金は            34億9千万     円となりました。主な要因は、電力・ユーティリティ事業を中心とする有
        形固定資産及び投資不動産等の取得による支出75億9千5百万円、預け金の減少50億円等によるものです                                                。なお、
        使用した資金は前年同期比60億1千6百万円減少しております。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動による資金は          75億2千2百万       円の支出となりました。主な要因は、有利子負債の減少による支出19億3
        千9百万円、配当金の支払いによる支出54億3千万円等によるものです。なお、使用した資金は前年同期比5億5
        千5百万円増加しております。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  7/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
       (6)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し
         最近の有価証券報告書における記載から重要な変更はありません。
       (7)経営者の問題認識と今後の方針について

         最近の有価証券報告書における記載から重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  8/33


















                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                      387,250,000

                 普通株式
                                                      387,250,000

                  計
        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末現
                                      上場金融商品取引所名又
                         提出日現在発行数(株)
             在発行数(株)
       種類                              は登録認可金融商品取引                内容
                          (2019年2月12日)
              (2018年12月31日)                         業協会名
                                        東京証券取引所
                                                   単元株式数は100株
                  116,881,106             116,881,106
     普通株式
                                        (市場第一部)
                                                   であります。
                  116,881,106             116,881,106            -            -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総                       資本準備金増
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                数増減数        数残高                       減額
        年月日
                               (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (千株)         (千株)                        (百万円)
     2018年10月1日~
                     -     116,881          -      19,878          -      5,000
     2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/33








                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                               -            -           -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -           -

     議決権制限株式(その他)                         -            -           -

                         普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                     -           -
                                3,892,900
                         普通株式
     完全議決権株式(その他)                                     1,129,284           -
                               112,928,400
                         普通株式
                                                1単元(100株)未満の
                                          -
     単元未満株式
                                  59,806
                                                株式
                               116,881,106           -           -
     発行済株式総数
                               -            1,129,284           -

     総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄の中には、役員向け株式交付信託に係る信託口が所有する当社株式109,300株
         (議決権1,093個)が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                     発行済株式総数
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                       (%)
                  東京都港区虎ノ門二丁
                                3,892,900        -       3,892,900           3.33
     伊藤忠エネクス株式会社
                  目10番1号
                       -         3,892,900        -       3,892,900           3.33
           計
      (注)1.上記の他、役員向け株式交付信託に係る信託口が所有する当社株式109,300株を要約四半期連結財務諸表
           上、自己株式として処理しております。
         2.当第3四半期会計期間末日現在の自己株式数は、3,893,000株であります。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      役職の異動

        新役名         新職名         旧役名         旧職名          氏名       異動年月日
                                  電力・ユーティリ
               電力・ユーティリ                   ティグループ長兼
        取締役兼       ティグループ長兼           取締役兼       電力・ユーティリ
                                             高坂 正彦        2018年10月1日
       専務執行役員        モビリティライフ          専務執行役員        ティ部門長兼モビ
                 事業部管掌                 リティライフ事業
                                    部管掌
                                 10/33




                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年
       内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから同第93条の規定によ
       り、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下「IAS第34号」という。)に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結
       財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/33

















                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度末           当第3四半期連結会計期間末
                              注記
                区分
                                   (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
                              番号
               (資産の部)

     流動資産

                                           22,573              21,286

      現金及び現金同等物
                                          119,541              114,924

      営業債権
                                           38,860              34,667

      その他の短期金融資産
                                           28,380              30,574

      棚卸資産
                                           1,690               277

      前渡金
                                           1,725              3,409
      その他の流動資産
                                          212,769              205,137

       流動資産合計
     非流動資産

                                           26,145              28,925

      持分法で会計処理されている投資
                                           3,406              3,391

      その他の投資
                                           11,400              10,589

      投資以外の長期金融資産
                                           85,326              85,873

      有形固定資産
                                           10,166              9,702

      投資不動産
                                            692              692

      のれん
                                           20,798              20,283

      無形資産
                                           10,502              9,675

      繰延税金資産
                                           1,417              1,542
      その他の非流動資産
       非流動資産合計                                   169,852              170,672

                                          382,621              375,809

      資産合計
                                 12/33








                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度末           当第3四半期連結会計期間末
                              注記
                区分
                                   (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
                              番号
            (負債及び資本の部)

     流動負債

      社債及び借入金(短期)                                     12,432              18,312

                                          127,445              126,987

      営業債務
                                           8,539              8,669

      その他の短期金融負債
                                           3,650               933

      未払法人所得税
                                           10,583              8,053

      前受金
                                           12,280              7,626
      その他の流動負債
                                          174,929              170,580

       流動負債合計
     非流動負債

      社債及び借入金(長期)                                     30,273              23,808

                                           23,335              23,032

      その他の長期金融負債
                                           9,820             10,086

      退職給付に係る負債
                                           2,185              2,831

      繰延税金負債
                                           4,757              4,659

      引当金
                                            256              163
      その他の非流動負債
                                           70,626              64,579

       非流動負債合計
                                          245,555              235,159

       負債合計
     資本

                                           19,878              19,878

      資本金
                                           18,892              18,917

      資本剰余金
                                           80,352              83,195

      利益剰余金
                                          △1,145              △1,308

      その他の資本の構成要素
                                          △1,873              △1,873
      自己株式
                                          116,104              118,809

       株主資本合計
      非支配持分                                     20,962              21,841

       資本合計                                   137,066              140,650

                                          382,621              375,809

      負債及び資本合計
                                 13/33





                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
                               5            544,109              750,618

     売上収益
                                         △478,958              △688,451
     売上原価
                                           65,151              62,167

     売上総利益
     その他の収益及び費用

                                          △51,972              △49,059

      販売費及び一般管理費
                                            △20             △331

      固定資産に係る損益
                                           1,140               490
      その他の損益
                                          △50,852              △48,900

       その他の収益及び費用合計
                                           14,299              13,267

     営業活動に係る利益
     金融収益及び金融費用

                                             31              43

      受取利息
                                            293              64

      受取配当金
                                           △688              △665

      支払利息
                                           △166              △46
      その他の金融損益
                                           △530              △604

       金融収益及び金融費用合計
                                           △402               903

      持分法による投資損益
                                           2,326               -
      事業再編等利益
                                           15,693              13,566

     税引前四半期利益
                                          △4,764              △4,166

      法人所得税費用
                                           10,929              9,400

     四半期純利益
     四半期純利益の帰属

                                           9,278              7,812

      当社株主に帰属する四半期純利益
                                           1,651              1,588
      非支配持分に帰属する四半期純利益
      計                                     10,929              9,400
                                 14/33






                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     その他の包括利益(税効果控除後)
     純損益に振替えられることのない項目

                                           1,121              △25

      FVTOCI金融資産
                                             23             △58

      持分法適用会社におけるその他の包括利益
     純損益に振替えられる可能性のある項目

                                            △18              △8

      在外営業活動体の換算差額
                                             40              15

      キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                           △326              △86
      持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                            840             △162

      その他の包括利益(税効果控除後)計
     四半期包括利益                                      11,769              9,238

     四半期包括利益の帰属

                                           10,119              7,651

      当社株主に帰属する四半期包括利益
                                           1,650              1,587
      非支配持分に帰属する四半期包括利益
      計                                     11,769              9,238

                                                      (単位:円)

     1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益

                               10             82.15              69.21
      基本的
                               10              -              -
      希薄化後
                                                    (単位:百万円)

                                          814,044              931,822
     売上高
      (注)売上高は、日本の会計慣行に基づいた金額であります。投資家の便宜を考慮し、当社が任意に開示する項目であ
         り、IFRSで求められているものではありません。
                                 15/33








                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)

                                  前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                              注記
                                   (自  2017年10月1日            (自  2018年10月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
                                          191,714              275,240

     売上収益
                                         △170,756              △254,406
     売上原価
                                           20,958              20,834

     売上総利益
     その他の収益及び費用

                                          △16,587              △16,535

      販売費及び一般管理費
                                             66            △145

      固定資産に係る損益
                                            441              229
      その他の損益
                                          △16,080              △16,451

       その他の収益及び費用合計
                                           4,878              4,383

     営業活動に係る利益
     金融収益及び金融費用

                                             8              1

      受取利息
                                             23              11

      受取配当金
                                           △216              △227

      支払利息
                                            △49              △41
      その他の金融損益
                                           △234              △256

       金融収益及び金融費用合計
                                            441              47

      持分法による投資損益
                                           2,326               -
      事業再編等利益
                                           7,411              4,174

     税引前四半期利益
                                          △1,662              △1,336

      法人所得税費用
                                           5,749              2,838

     四半期純利益
     四半期純利益の帰属

                                           5,309              2,365

      当社株主に帰属する四半期純利益
                                            440              473
      非支配持分に帰属する四半期純利益
                                           5,749              2,838

      計
                                 16/33






                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                              注記
                                   (自  2017年10月1日            (自  2018年10月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     その他の包括利益(税効果控除後)
     純損益に振替えられることのない項目

                                            544             △269

      FVTOCI金融資産
                                             22             △57

      持分法適用会社におけるその他の包括利益
     純損益に振替えられる可能性のある項目

                                            △3               3

      在外営業活動体の換算差額
                                             7            △49

      キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                            △46             △308
      持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                            524             △680

      その他の包括利益(税効果控除後)計
     四半期包括利益                                      6,273              2,158

     四半期包括利益の帰属

                                           5,834              1,686

      当社株主に帰属する四半期包括利益
                                            439              472
      非支配持分に帰属する四半期包括利益
      計                                     6,273              2,158

                                                      (単位:円)

     1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益

                               10             47.03              20.96
      基本的
                               10              -              -
      希薄化後
                                                    (単位:百万円)

                                          306,054              324,988
     売上高
      (注)売上高は、日本の会計慣行に基づいた金額であります。投資家の便宜を考慮し、当社が任意に開示する項目であ
         り、IFRSで求められているものではありません。
                                 17/33








                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     資本

      資本金

                                           19,878              19,878
       期首残高
                                           19,878              19,878

       期末残高
      資本剰余金

                                           18,740              18,892

       期首残高
                                            190              22

       子会社の取得による増減
                                             -              3
       株式に基づく報酬取引
                                           18,930              18,917

       期末残高
      利益剰余金

                                           73,300              80,352

       期首残高
                                           9,278              7,812

       当社株主に帰属する四半期純利益
                                           △111                2

       その他の資本の構成要素からの振替
                                          △3,898              △4,971
                               8
       当社株主への支払配当金
                                           78,569              83,195

       期末残高
      その他の資本の構成要素

                                          △1,655              △1,145

       期首残高
                                            840             △162

       当社株主に帰属するその他の包括利益
                                            111              △2
       利益剰余金への振替
                                           △704             △1,308

       期末残高
      自己株式

                                          △1,752              △1,873

       期首残高
                                           △121               △0
       自己株式の取得及び処分
       期末残高                                   △1,873              △1,873

                                          114,800              118,809

      株主資本合計
                                 18/33






                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     非支配持分

                                           18,966              20,962
       期首残高
                                           1,651              1,588

       非支配持分に帰属する四半期純利益
                                            △1              △1

       非支配持分に帰属するその他の包括利益
                                           △615              △459

       非支配持分への支払配当金
                                            186             △249
       子会社持分の追加取得及び売却による増減等
       期末残高                                   20,187              21,841

                                          134,987              140,650

      資本合計
                                 19/33















                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー

                                           15,693              13,566
      税引前四半期利益
                                           8,311              7,522
      減価償却費等
                                             20             331
      固定資産に係る損益
                                            530              604
      金融収益及び金融費用
                                            402             △903
      持分法による投資損益
                                          △2,326                 -
      事業再編等利益
                                          △24,096               4,790
      営業債権の増減
                                           1,531             △2,188
      棚卸資産の増減
                                           32,500              △477
      営業債務の増減
                                          △6,322              △7,386
      その他-純額
                                            642              405
      配当金の受取額
                                             11              40
      利息の受取額
                                           △619              △596
      利息の支払額
                                          △7,101              △5,993
      法人所得税の支払額
                                           19,176              9,715
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      持分法で会計処理されている投資の取得による
                                          △2,525              △2,359
      支出
                                           △246              △104
      投資の取得による支出
                                           5,411               46
      投資の売却による収入
      子会社の取得による支出(取得時の現金受入額
                                          △3,496                 -
      控除後)
                                             -              22
      子会社の取得による収入
                                           △598               -
      子会社の支配喪失による減少
                                           △291              △736
      貸付による支出
                                           5,429               478
      貸付金の回収による収入
                                          △10,016              △7,595
      有形固定資産及び投資不動産の取得による支出
                                           2,483               730
      有形固定資産及び投資不動産の売却による収入
                                          △2,118               △664
      無形資産の取得による支出
                                            100              54
      無形資産の売却による収入
                                          △4,000               5,000
      預け金の増減-純額
                                            361             1,638
      その他-純額
                                          △9,506              △3,490
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 20/33



                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                              注記
                                   (自  2017年4月1日            (自  2018年4月1日
                 区分
                              番号
                                   至   2017年12月31日)            至   2018年12月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                                          △7,668              △2,769
      社債及び借入金の返済額
                                           5,335               830
      短期借入金の増減-純額
                                             -              75
      非支配持分からの払込みによる収入
      非支配持分からの子会社持分追加取得による支
                                             -            △228
      払
                               8            △3,898              △4,971
      当社株主への配当金の支払額
                                           △615              △459
      非支配持分への配当金の支払額
                                           △121               △0
      自己株式の取得による支出
                                          △6,967              △7,522
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           2,703             △1,297
     現金及び現金同等物の増減額
                                           22,727              22,573
     現金及び現金同等物の期首残高
     為替相場の変動による現金及び現金同等物への影
                                            △5              10
     響額
                                           25,425              21,286
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 21/33












                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          伊藤忠エネクス株式会社(以下「当社」という。)は日本に所在する企業であります。その登記されている本
         社及び主要な事業所の住所はホームページ(URL                      https://www.itcenex.com)で開示しております。当社の要約四
         半期連結財務諸表は2018年12月31日を期末日とし、当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)、並びに
         当社グループの関連会社・共同支配企業に対する持分により構成されております。当社グループは主として国内
         外における石油製品、LPガスの販売やそれらに付随するサービスの提供、国内における電熱供給などを行って
         おります。
        2.要約四半期連結財務諸表の基礎

         IFRSに準拠している旨
          当社は「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2
         に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、当社の要約四半期連
         結財務諸表はIAS第34号に準拠して作成しております。従って、年次連結財務諸表で要求されている全ての情報
         が含まれていないため、前連結会計年度の当社グループの連結財務諸表とあわせて利用されるべきものでありま
         す。
          また、この要約四半期連結財務諸表は2019年2月12日の取締役会にて承認されております。
          当社の要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示しております。また、表示している全
         ての財務情報は百万円未満を四捨五入しております。
        3.重要な会計方針

          以下に記載する事項を除き、当社グループが要約四半期連結財務諸表において適用する会計方針は、前連結会
         計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方針と同一であります。
          当社グループは、第1四半期連結会計期間より、以下の基準書をそれぞれの経過措置に準拠して適用しており
         ます。
             基準書                   基準名                新設・改訂の概要

                                          金融資産に関する分類及び測定方法の

     IFRS第9号(2014年7月改訂)                   金融商品                   限定的な修正、及び予想損失減損モデ
                                          ルの導入
                                          顧客との契約から生じる収益に関する
     IFRS第15号                   顧客との契約から生じる収益
                                          基準の設定
         (IFRS第9号「金融商品」            (2014年7月改訂)         )

          当社グループは、第1四半期連結会計期間より、                       IFRS第9号「金融商品」           (2014年7月改訂)         を適用しており
         ます。本基準の適用による            当社グループの要約四半期連結財務諸表への影響は軽微であります。
         (IFRS第15号「       顧客との契約から生じる収益             」)

          当社グループは、第1四半期連結会計期間より、                       IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(2014年5月公
         表)及び「IFRS第15号の明確化」(2016年4月公表)(合わせて以下、「IFRS第15号」という。)を適用してお
         ります。なお、IFRS第15号の適用にあたっては、経過措置として認められている、本基準の適用による累積的影
         響を適用開始日に認識する方法を採用しております。
          IFRS第15号の適用に伴い、以下の5ステップアプローチに基づき収益を認識しております。
          ステップ1:顧客との契約を識別する
          ステップ2:契約における履行義務を識別する
          ステップ3:取引価格を算定する
          ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
          ステップ5:履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する
          当社グループは、LPガス、ガソリン、灯油、軽油、重油、アスファルト、電力及び自動車等の販売を行って

         おり、これらの商品販売については、契約条件に照らし合わせて顧客が当該商品に対する支配を獲得したと認め
         られる時点で履行義務が充足されると判断しており、具体的には、船積日、顧客に引き渡された時点、又は顧客
         の検収がなされた時点等で収益を認識しております。また、収益は顧客との契約において約束された対価から、
         値引き、リベート及び返品等を控除した金額で認識しております。
                                 22/33


                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
          履行義務の識別に際し、当社グループが当事者として取引を行っているか、代理人として取引を行っているか
         の判定にあたっては、顧客に対する商品又はサービスの提供についての主たる責任の有無、在庫リスクの負担の
         有 無、販売価格設定における裁量権の有無等を考慮しております。当社グループが当事者として取引を行ってい
         る場合には、収益を顧客から受け取る対価の総額で表示しており、当社グループが代理人として取引を行ってい
         る場合には、顧客から受け取る対価の総額から売上原価を控除した純額で収益を表示しております。
          IFRS第15号を適用した結果、これまで純額で収益を表示していた取引の一部が総額で表示されることとなった

         ため、従前の会計基準を適用した場合と比較して、当第3四半期連結累計期間の要約四半期連結包括利益計算書
         において、売上収益及び売上原価がそれぞれ128,435百万円増加しております。
          なお、上記のほか、本基準の適用による当社グループへの重要な影響はありません。
        4.見積り及び判断の利用

          要約四半期連結財務諸表の作成にあたり、経営者は見積り及び判断を利用しております。経営者による見積り
         及び判断は、要約四半期連結財務諸表の報告日の資産、負債の金額及び偶発負債の開示、並びに収益及び費用と
         して報告した金額に影響を与えております。
          会計上の見積りに利用した仮定は、過去の経験及び利用可能な情報を適切に収集して設定しており、そのため
         実績値と異なる可能性があります。なお、見積り及び仮定は経営者により継続して見直しております。これらの
         見積り及び仮定の見直しによる影響は、その見積り及び仮定を見直した期間及びそれ以降の期間において認識し
         ております。
          要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断は、前連結会計年度に係る連結
         財務諸表と同様であります。
        5.売上収益

           外部顧客との契約から認識した売上収益の分解は次のとおりであります。
        当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                       合計
                   ホームライフ         生活・産業        電力・ユーティ          モビリティ
                     事業      エネルギー事業          リティ事業         ライフ事業
                      65,186        530,206         67,775         62,247        725,414
     商品販売等に係る収益
                       1,335         5,465          10       18,394         25,204
     その他
                      66,521        535,671         67,785         80,641        750,618
     合計
         (注)   「生活・産業エネルギー事業」の「その他」には、デリバティブ取引に係る損益が含まれております。
                                 23/33









                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        6.セグメント情報
        前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                       生活・産業      電力・ユー
               ホームライフ                    モビリティ
                                                 調整額       連結
                       エネルギー      ティリティ               計
                 事業                  ライフ事業
                        事業      事業
     売上収益
                  71,109      347,542       51,880      73,578      544,109         -    544,109
     外部顧客からの収益
                    151     2,943      4,195        -     7,289     △7,289         -
     セグメント間収益
                  71,260      350,485       56,075      73,578      551,398      △7,289      544,109
      売上収益合計
                  18,371      26,418       7,870      12,492      65,151         -    65,151
     売上総利益
                   1,507      5,923      4,835      1,024      13,289       1,010      14,299
     営業活動に係る利益
                   3,506      5,904      4,618       739     14,767        926     15,693
     税引前四半期利益
     当社株主に帰属する
                   2,139      3,963      2,495        59     8,656       622     9,278
     四半期純利益
     その他の項目

     資産合計             66,151      150,167       76,669      53,802      346,789       28,742      375,531
                  74,462      614,793       54,541      70,248      814,044         -    814,044
     売上高
         (注)   セグメント間の取引は、市場価格を参考にして決定しております。
           当社株主に帰属する四半期純利益               の調整額    622  百万円は、報告セグメントに配分していない全社損益であり
           ます。
           資産合計の調整額        28,742   百万円は、報告セグメントに配分していない全社資産であります。
           売上高は当社が任意で開示する項目であり、日本の会計慣行における売上高を表示しております。
                                 24/33












                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                       生活・産業      電力・ユー
               ホームライフ                    モビリティ
                                                 調整額       連結
                       エネルギー      ティリティ               計
                 事業                  ライフ事業
                        事業      事業
     売上収益
     外部顧客からの収益             66,521      535,671       67,785      80,641      750,618         -    750,618
                    145     5,153      4,764        -    10,062     △10,062          -
     セグメント間収益
                  66,666      540,824       72,549      80,641      760,680      △10,062       750,618
      売上収益合計
                  16,010      27,377       5,584      13,196      62,167         -    62,167
     売上総利益
                   2,050      6,920      2,102      1,434      12,506        761     13,267
     営業活動に係る利益
                   2,575      6,921      2,108      1,281      12,885        681     13,566
     税引前四半期利益
     当社株主に帰属する
                   1,268      4,705      1,000       315     7,288       524     7,812
     四半期純利益
     その他の項目

     資産合計             64,365      148,383       81,700      52,808      347,256       28,553      375,809
                  74,413      710,596       70,439      76,374      931,822         -    931,822
     売上高
         (注)   セグメント間の取引は、市場価格を参考にして決定しております。
           当社株主に帰属する四半期純利益の調整額                    524  百万円は、報告セグメントに配分していない全社損益であり
           ます。
           資産合計の調整額        28,553   百万円は、報告セグメントに配分していない全社資産であります。
           売上高は当社が任意で開示する項目であり、日本の会計慣行における売上高を表示しております。
        前連結会計年度末(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                       生活・産業      電力・ユー
               ホームライフ                    モビリティ
                                                  調整額       連結
                       エネルギー      ティリティ               計
                  事業                  ライフ事業
                        事業      事業
                  66,843      145,108       80,189      63,896      356,036       26,585      382,621
     資産合計
         (注)   資産合計の調整額        26,585   百万円は、報告セグメントに配分していない全社資産であります。
                                 25/33









                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        前第3四半期連結会計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                       生活・産業      電力・ユー
               ホームライフ                    モビリティ
                                                 調整額       連結
                       エネルギー      ティリティ               計
                 事業                  ライフ事業
                        事業      事業
     売上収益
     外部顧客からの収益             29,191      121,079       19,554      21,890      191,714         -    191,714
                    116     1,362      1,283        -     2,761     △2,761         -
     セグメント間収益
                  29,307      122,441       20,837      21,890      194,475      △2,761      191,714
      売上収益合計
                   5,688      9,420      1,938      3,912      20,958         -    20,958
     売上総利益
                    683     2,531       959      306     4,479       399     4,878
     営業活動に係る利益
                   3,402      2,523       893      217     7,035       376     7,411
     税引前四半期利益
     当社株主に帰属する
     四半期純利益又は損              2,772      1,690       613      △36      5,039       270     5,309
     失(△)
     その他の項目

                  30,216      235,456       20,560      19,822      306,054         -    306,054
     売上高
         (注)   セグメント間の取引は、市場価格を参考にして決定しております。
           当社株主に帰属する四半期純利益               の調整額    270  百万円は、報告セグメントに配分していない全社損益であり
           ます。
           売上高は当社が任意で開示する項目であり、日本の会計慣行における売上高を表示しております。
         当第3四半期連結会計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                       生活・産業      電力・ユー
               ホームライフ                    モビリティ
                                                 調整額       連結
                       エネルギー      ティリティ               計
                 事業                  ライフ事業
                        事業      事業
     売上収益
                  26,273      199,963       21,348      27,656      275,240         -    275,240
     外部顧客からの収益
                    99     3,582      1,599        -     5,280     △5,280         -
     セグメント間収益
                  26,372      203,545       22,947      27,656      280,520      △5,280      275,240
      売上収益合計
                   5,636      9,982       727     4,489      20,834         -    20,834
     売上総利益
     営業活動に係る利益
                    899     2,888      △512       873     4,148       235     4,383
     又は損失(△)
     税引前四半期利益又
                    964     2,872      △670       795     3,961       213     4,174
     は損失(△)
     当社株主に帰属する
     四半期純利益又は損               489     1,936      △411       203     2,217       148     2,365
     失(△)
     その他の項目

                  29,454      248,628       22,177      24,729      324,988         -    324,988
     売上高
         (注)   セグメント間の取引は、市場価格を参考にして決定しております。
           当社株主に帰属する四半期純利益の調整額                    148  百万円は、報告セグメントに配分していない全社損益であり
           ます。
           売上高は当社が任意で開示する項目であり、日本の会計慣行における売上高を表示しております。
                                 26/33




                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        (報告セグメントの変更等に関する事項)
          第1四半期連結会計期間において、従来の「                     生活エネルギー・流通事業            」と「   産業エネルギー・流通事業            」を
         統合し「生活・産業エネルギー事業」に改編しました。また、「モビリティライフ事業」を新たに設置しており
         ます。
          これに伴い、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を                                従来の「ホームライフ事業」、「電力・
         ユーティリティ事業」、「生活エネルギー・流通事業」及び「産業エネルギー・流通事業」から「ホームライフ
         事業」、「生活・産業エネルギー事業」、「電力・ユーティリティ事業」及び「モビリティライフ事業」に変更
         しております。
          また、当社の子会社であった株式会社東北タンク商会を、同子会社である伊藤忠エネクスホームライフ東北株
         式会社が吸収合併したことに伴い、管理区分を見直し、従来「生活エネルギー・流通事業」(上記変更後の「生
         活・産業エネルギー事業」)に含まれていた株式会社東北タンク商会の事業を、「ホームライフ事業」に含めて
         記載する方法に変更しております。
          なお、このセグメント変更に伴い、前第3四半期連結累計期間、前連結会計年度末及び前第3四半期連結会計
         期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分により組み替えて表示しております。
          詳細につきましては、「第一部 企業情報 第1 企業の概況 2 事業の内容」をご参照ください。
        7.企業結合

          当第3四半期連結累計期間において、重要な企業結合はありません。
        8.配当

        前第3四半期連結累計期間(自               2017年4月1日        至  2017年12月31日)
        (1)配当金支払額

                       配当金の総額          1株当たり配当額
        (決議)
               株式の種類                              基準日       効力発生日
                        (百万円)            (円)
      2017年6月21日
                             2,090           18.5
                普通株式                           2017年3月31日         2017年6月22日
      定時株主総会
      2017年10月31日
                             1,808            16
                普通株式                           2017年9月30日         2017年12月4日
      取締役会
        (2)基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末

           後となるもの
           該当事項はありません。
        当第3四半期連結累計期間(自               2018年4月1日        至  2018年12月31日)

        (1)配当金支払額

                       配当金の総額          1株当たり配当額
        (決議)       株式の種類                              基準日       効力発生日
                        (百万円)            (円)
      2018年6月20日
                             2,712            24
                普通株式                           2018年3月31日         2018年6月21日
      定時株主総会
      2018年10月31日
                             2,260            20
                普通株式                           2018年9月30日         2018年12月4日
      取締役会
        (2)基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末

           後となるもの
           該当事項はありません。
                                 27/33




                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        9.金融商品の公正価値
        (1)    公正価値の測定方法
         主な金融資産及び金融負債の公正価値は、次のとおり決定しております。金融商品の公正価値の測定において、
        市場価格が入手できる場合は、市場価格を用いております。市場価格が入手できない金融商品の公正価値に関して
        は、将来キャッシュ・フローを割り引く方法、またはその他の適切な評価方法により測定しております。
         現金及び現金同等物

          満期までの期間が短期であるため、公正価値は帳簿価額とほぼ同額であります。
         営業債権、営業債務、その他の短期金融資産(預け金)

          短期間で決済されるため、公正価値は帳簿価額とほぼ同額であります。
         その他の短期金融資産(有価証券)、その他の投資

          市場性のある有価証券の公正価値は取引所の価格によっております。市場性のない株式は、主に修正純資産法
         (対象会社の保有する資産及び負債の公正価値を参照することにより、公正価値を算定する方法)により、公正
         価値を測定しております。
         投資以外の長期金融資産(長期貸付金)、その他の短期金融資産(1年内長期貸付金)

          長期の貸付金の公正価値については、同程度の信用格付を有する貸付先または顧客等に対して、同一の残存期
         間で同条件の貸付または信用供与を行う場合の金利を用いて、将来キャッシュ・フローを割り引く方法により測
         定しております。
         その他の短期金融資産(デリバティブ)、その他の短期金融負債(デリバティブ)、その他の長期金融負債(デ

         リバティブ)
          デリバティブの公正価値については、市場価格や取引先金融機関等から提示された価格等に基づき測定してお
         ります。
         社債及び借入金

          帳簿価額と公正価値がほぼ同額であるとみなされる場合を除き、社債及び借入金の公正価値については、同一
         の残存期間で同条件の借入を行う場合の金利を用いて、将来キャッシュ・フローを割り引く方法により測定して
         おります。
                                 28/33










                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        (2)    償却原価で測定される金融商品
         償却原価で測定される金融商品の公正価値は次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                前連結会計年度末             当第3四半期連結会計期間末
                                (2018年3月31日)               (2018年12月31日)
                              帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値

      償却原価で測定される金融資産:
       投資以外の長期金融資産(長期貸付金)及び
                                  408        413       1,298        1,300
       その他の短期金融資産(1年内長期貸付金)
      償却原価で測定される金融負債:
                                 42,705        43,733        42,120        42,820
       社債及び借入金
        (3)    要約四半期連結財政状態計算書において認識している公正価値測定のヒエラルキー

         IFRS第13号「公正価値測定」は、公正価値の測定に利用するインプットの重要性を反映させた公正価値の階層を
        用いて、公正価値の測定を分類することを要求しています。
         公正価値の階層は、以下のレベルとなっております。

        レベル1―活発な市場における同一資産・負債の市場価格
        レベル2―直接または間接的に観察可能な、公表価格以外の価格で構成されたインプット
        レベル3―観察不能な価格を含むインプット
         公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルは、公正価値の測定の重要なインプットのうち、最も低い
        レベルにより決定しております。
         なお、公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、振替を生じさせた事象又は状況の変化が生じた日に認識して
        おります。
         公正価値の階層ごとに分類された、要約四半期連結財政状態計算書に公正価値で認識している金融資産及び金融

        負債は次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)

                                       前連結会計年度末
                                       (2018年3月31日)
                             レベル1        レベル2        レベル3

                                                      合計
      資産:
      その他の投資
                                 -        -        289        289
       FVTPL金融資産
                                2,554          -        563       3,117
       FVTOCI金融資産
      その他の短期金融資産(デリバティブ)
                                 27       1,543          -       1,570
       ヘッジに指定されないデリバティブ
                                2,581        1,543         852       4,976
                合計
      負債:
      その他の短期金融負債(デリバティブ)
                                 203       1,244          -       1,447
       ヘッジに指定されないデリバティブ
      その他の長期金融負債(デリバティブ)
                                 -        671         -        671
       ヘッジに指定されたデリバティブ
                                 203       1,915          -       2,118
                合計
                                 29/33




                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                     当第3四半期連結会計期間末
                                       (2018年12月31日)
                             レベル1        レベル2        レベル3

                                                      合計
      資産:
      その他の投資
                                 -        -        244        244
       FVTPL金融資産
                                2,495          -        652       3,147
       FVTOCI金融資産
      その他の短期金融資産(デリバティブ)
                                 860       1,493          -       2,353
       ヘッジに指定されないデリバティブ
                                3,355        1,493         896       5,744
                合計
      負債:
      その他の短期金融負債(デリバティブ)
                                 208       1,560          -       1,768
       ヘッジに指定されないデリバティブ
      その他の長期金融負債(デリバティブ)
       ヘッジに指定されたデリバティブ                          -        649         -        649
                                 208       2,209          -       2,417
                合計
         なお、前連結会計年度及び当第3四半期連結会計期間において、レベル1,2及び3の間の振替は行っておりま

        せん。
         レベル3に区分される金融資産については、当第3四半期連結累計期間において重要な変動は生じておりませ

        ん。
        10.1株当たり利益

          前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間における、基本的1株当たり利益の計算は次のとお
         りであります。
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                  (自   2017年4月1日           (自   2018年4月1日
                                   至  2017年12月31日)            至  2018年12月31日)
                          (百万円)                9,278             7,812
       当社株主に帰属する四半期純利益
                           (千株)               112,934             112,879
       発行済普通株式の加重平均株式数
       基本的1株当たり当社株主に帰属する四
                           (円)               82.15             69.21
       半期純利益
       (注)希薄化後1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しない
          ため記載しておりません。
          前第3四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計期間における、基本的1株当たり利益の計算は次のとお

         りであります。
                                  前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                  (自   2017年10月1日           (自   2018年10月1日
                                   至  2017年12月31日)            至  2018年12月31日)
                          (百万円)                5,309             2,365
       当社株主に帰属する四半期純利益
                           (千株)               112,879             112,879
       発行済普通株式の加重平均株式数
       基本的1株当たり当社株主に帰属する四
                           (円)               47.03             20.96
       半期純利益
       (注)希薄化後1株当たり当社株主に帰属する四半期純利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しない
          ため記載しておりません。
                                 30/33



                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
        11.重要な後発事象
          該当事項はありません。
      2【その他】

        2018年10月31日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)中間配当による配当金の総額……………………2,260百万円
       (ロ)1株当たりの金額…………………………………20円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2018年12月4日
        (注)2018年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し支払いました。
                                 31/33

















                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 32/33




















                                                           EDINET提出書類
                                                     伊藤忠エネクス株式会社(E02643)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     伊藤忠エネクス株式会社
      取締役会 御中
                            有限責任監査法人 トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              五十嵐 勝 彦            印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              惣 田 一 弘            印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている伊藤忠エネクス

     株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
     年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸
     表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約
     四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、伊藤忠エネクス株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3
     四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況
     を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 33/33



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。