株式会社ファイズ 四半期報告書 第6期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第6期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ファイズ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成31年2月8日
      【四半期会計期間】                    第6期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社ファイズ
      【英訳名】                    PHYZ   inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  榎屋 幸生
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区梅田三丁目4番5号毎日インテシオ13階
      【電話番号】                    06-6453-0250(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  奥津 慎
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市北区梅田三丁目4番5号毎日インテシオ13階
      【電話番号】                    06-6453-0250(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  奥津 慎
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/13













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第5期           第6期
               回次                                       第5期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年3月31日
                      (千円)           5,527,776           6,433,145           7,428,333
     売上高
                      (千円)            381,937           159,130           468,912
     経常利益
                      (千円)            241,747            95,808           301,463
     四半期(当期)純利益
                      (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            321,937           326,418           321,937
     資本金
                      (株)          5,045,000           10,806,800            5,045,000
     発行済株式総数
                      (千円)           1,025,075           1,156,676           1,084,791
     純資産額
                      (千円)           2,133,198           2,596,502           2,054,089
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            23.96            8.99           29.88
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            22.23            8.83           27.74
     (当期)純利益金額
                      (円)              -           -           -
     1株当たり配当額
                      (%)            48.05           44.55           52.81
     自己資本比率
                               第5期           第6期

               回次
                           第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                           自平成29年10月1日           自平成30年10月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額又は
     1株当たり四半期純損失金額                 (円)            10.34
                                             △ 0.46
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
         4.  平成29年10月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割、平成30年10月1日付で普通株式1株につき2株
           の株式分割を行っておりますが、前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期
           (当期)純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益
           金額を算定しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会
       社における異動もありません。
                                  2/13




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した
       事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当第3四半期累計期間における我が国経済は、西日本豪雨や地震など相次ぐ自然災害に見舞われながらも、国内
        の人手不足を背景とする雇用・所得環境の改善を背景に、緩やかな回復基調が続いております。一方個人消費につ
        いては雇用・所得環境の改善により緩やかな回復基調が続いております。
         物流業界は、貨物の小口化、多頻度化等により輸配送ニーズが多様化し取扱量が急速に拡大する中、ドライバー
        や倉庫作業員などの人材不足が顕在化し、一部宅配業者が宅配総量規制を行うなど物流業界を取り巻く環境が大幅
        に変化しております         。また、    豪雨災害や台風の日本縦断による交通機関の麻痺についても物流業界全体に影響を与
        えました。     燃料の調達価格については継続して高止まりの状況が続いており厳しい経営環境が続いております。
         一方EC業界におきましては、宅配料金の値上げ等の不安もある中、個人消費者の購買状況は引き続き上昇傾向に
        あり、EC市場は2022年までには26兆円に達する見込みといわれております(出典:株式会社野村総合研究所調
        べ)。そのため、EC業界における物流の果たす役割は年々重要視され期待も高まっております。
         このような環境のもと当社は、オペレーションサービス、ロジスティクスサービス、デリバリーサービスの3つ
        の柱で、EC     (注)  におけるサードパーティーロジスティクス(                    荷主が第三者であるロジスティクス業者に対し、物流
        業務全般を長期間一括して委託すること                   )から小口配送までのワンストップサービスの提供を最重要戦略と位置付
        け、積極的な営業活動を推進してまいりました。
         ロジスティクスサービスについては、自社車両の運行に加え協力会社のネットワークの拡充を図るため、配車を
        最適化するためのシステム開発や配車センターの開設等にも積極的に取り組んでまいりました。
         また、将来の労働人口減少を見据えた人材確保を目的とした新卒採用のためのリクルート活動やサービス拡大に
        対応するための管理職の採用活動についても積極的に取り組んでまいりました。
         その他、企業認知度向上のための広報活動や社内エンゲージメント向上を目的とした従業員の福利厚生の充実お
        よび社内外の研修による社員教育についても積極的に取り組んでまいりました。
         以上の結果、当        第3四半期累計期間         における経営成績は、売上高             6,433,145千円       (前年同四半期比16.4%増)、営
        業利益   148,719千円      (前年同四半期比61.1%減)、経常利益                  159,130千円      (前年同四半期比58.3%減)、四半期純利益
        95,808千円     (前年同四半期比60.4%減)となりました。
        サービス別の業績は、次のとおりであります。なお、当社はECソリューションサービス事業の単一セグメントであ

       るため、サービス別に記載しております。
       ①   オペレーションサービス

         オペレーションサービスにおきましては、主要顧客の通販関係荷量が伸長したこと及び新規顧客へのサービスを
        開始した結果、       売上高は4     ,522,170    千円  (前年同四半期比11.8%増)            となりま    した。
       ②   ロジスティクスサービス

         ロジスティクスサービスにおきましては、主要顧客の通販関係荷量が伸長したこと及び新規顧客へのサービスを
        開始した結果、売上高は1,268,401                千円  (前年同四半期比29.3%増)            となりました。
       ③   デリバリーサービス

         デリバリーサービスにおきましては、過年度に受託した大型案件が継続して伸長したこと及び新たなエリアへの
        サービスを開始した結果、、売上高は642,573千円                       (前年同四半期比27.6%増)            となりました。
       (注)  ECとは、インターネットやコンピュータなど電子的な手段を介して行う商取引の総称。また、Webサイトなどを

       通じて企業が消費者に商品を販売するオンラインショップのこと
                                  3/13



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の状況
        (資産)
         当第3四半期会計期間末における資産合計は、前事業年度末に比べ542,412千円増加し、2,596,502千円となりま
        した。これは主に、現金及び預金が341,058千円減少する一方、売掛金が359,620千円、投資有価証券が452,214千
        円増加したことによるものであります。
        (負債)
         当第3四半期会計期間末における負債合計は、前事業年度末に比べ470,528千円増加し、1,439,826千円となりま
        した。これは主に、未払法人税等が51,748千円、未払消費税等が41,677千円減少する一方、買掛金が192,510千
        円、未払費用が177,550千円、短期借入金が200,000千円増加したことによるものであります。
        (純資産)
         当第3四半期会計期間末における純資産合計は、前事業年度末に比べ71,884千円増加し、1,156,676千円となり
        ました。これは主に、四半期純利益の計上に伴う利益剰余金の増加によるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
       (5)従業員数

         当第3四半期累計期間末における従業員数は242名(1,072名)と、前事業年度末に比べ36名(148名)増加して
        おりますが、その主な理由は、オペレーションサービス、ロジスティクスサービスの業務拡大における人員増加で
        あります。
         なお、従業員数は就業人数(アルバイト社員を除く)であります。従業員数の(外書)は、アルバイト社員の当
        第3四半期累計期間の1人1日8時間換算による平均人数を記載しております。アルバイト社員は、パートタイ
        マーを含み、派遣社員を除いております。
       (6)主要な設備

         前事業年度末において計画中でありました主要な設備の新設について、完了したものは次のとおりであります。
         基幹システム改修については平成30年12月に完了しております。
       (7)経営成績に重要な影響を与える要因

         当第3四半期累計期間において、当社の経営成績に重要な影響を与える要因に重要な変更及び新たに生じた課題
        はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/13








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  34,240,000
        普通株式
                                                  34,240,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成31年2月8日)
               (平成30年12月31日)                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                                   のない、当社におけ
                                         東京証券取引所
                    10,806,800            10,812,600
     普通株式                                             る標準となる株式で
                                          市場第一部
                                                   あり、単元株式数は
                                                   100株であります。
                    10,806,800            10,812,600           -           -
         計
     (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成31年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権(ストックオプ
         ション)の権利行使により発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数         発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数   (株)     数残高(株)         (千円)       (千円)      減額  (千円)     高(千円)
     平成30年10月1日
                   5,401,000       10,802,000            -    326,387          -    229,387
     (注)1
     平成30年10月1日~
                     4,800     10,806,800           31     326,418          31
     平成30年12月31日                                                   229,418
     (注)2
     (注)1.    平成30年8月10日開催の取締役会決議により、平成30年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割
        を行い、発行済株式総数は5,401,000株増加しております。
       2.  新株予約権(ストックオプション)の行使により、4,800株増加しております。
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/13




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
         記載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
         ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年12月31日現在
                           株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

     完全議決権株式(その他)                    普通株式         5,399,400             53,994          -

     単元未満株式                   普通株式               1,600         -            -

     発行済株式総数                         5,401,000           -            -

     総株主の議決権                        -               53,994          -

     (注)1.平成30年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記の表は株式分割前
        の 株式数及び議決権の数を記載しております。
       2.「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式23株が含まれております。
        ②【自己株式等】

           該当事項はありません。
      2【役員の状況】

         該当事項はありません。
                                  6/13











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成30年10月1日から平成30
       年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は、平成30年7月1日をもって、名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しており
       ます。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/13
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,014,032               672,973
         現金及び預金
                                        815,064             1,174,685
         売掛金
                                         3,413              6,741
         貯蔵品
                                         24,003              31,278
         その他
                                       1,856,513              1,885,677
         流動資産合計
       固定資産
                                         65,195              84,187
         有形固定資産
                                         87,262              106,520
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                            -           452,214
          投資有価証券
                                         45,117              67,903
          その他
                                         45,117              520,117
          投資その他の資産合計
                                        197,576              710,824
         固定資産合計
                                       2,054,089              2,596,502
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        266,373              458,883
         買掛金
                                            -           200,000
         短期借入金
                                        319,927              497,477
         未払費用
                                         78,419              26,671
         未払法人税等
                                            -            2,184
         賞与引当金
                                        279,437              236,885
         その他
                                        944,157             1,422,102
         流動負債合計
       固定負債
                                            -            4,463
         資産除去債務
                                         25,141              13,260
         その他
                                         25,141              17,724
         固定負債合計
                                        969,298             1,439,826
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                321,937              326,418
                                        224,937              229,418
         資本剰余金
                                        537,916              633,724
         利益剰余金
                                            -             △ 59
         自己株式
                                       1,084,791              1,189,502
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                            -           △ 32,825
         その他有価証券評価差額金
                                            -           △ 32,825
         評価・換算差額等合計
                                       1,084,791              1,156,676
       純資産合計
                                       2,054,089              2,596,502
      負債純資産合計
                                  8/13






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       5,527,776              6,433,145
      売上高
                                       4,947,281              5,946,354
      売上原価
                                        580,495              486,790
      売上総利益
                                        198,030              338,071
      販売費及び一般管理費
                                        382,465              148,719
      営業利益
      営業外収益
                                            3              3
       受取利息
                                           101               69
       受取配当金
                                           305             6,145
       固定資産売却益
                                            -            2,000
       投資有価証券売却益
                                           20             2,328
       助成金収入
                                           50              579
       その他
                                           480             11,126
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                   877              715
                                           130               -
       その他
                                         1,008               715
       営業外費用合計
                                        381,937              159,130
      経常利益
                                        381,937              159,130
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   125,574               64,353
                                         14,614              △ 1,031
      法人税等調整額
                                        140,189               63,321
      法人税等合計
                                        241,747               95,808
      四半期純利益
                                  9/13











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会
         計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期貸借対照表関係)

          当座貸越契約
          当社は    運転資金の効率的な調達を行うために取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。この契約に基
         づく当四半期会計期間末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                                             当第3四半期会計期間
                              前事業年度
                                             (平成30年12月31日)
                           (平成   30年3月31     日)
         当座貸越極度額の総額                        1,000,000千円                    1,000,000千円
         借入実行残高                            -                 200,000
               差引額                  1,000,000                     800,000
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
        間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                               前第3四半期累計期間                当第3四半期累計期間

                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至   平成29年12月31日)              至   平成30年12月31日)
         減価償却費                             15,658千円                 27,571千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
          該当事項はありません。
         Ⅱ 当第3四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

          該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社は、ECソリューションサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 10/13









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                  前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成29年12月31日)              至 平成30年12月31日)
        (1)1株当たり四半期純利益金額                               23円96銭              8円99銭
        (算定上の基礎)
         四半期純利益金額(千円)                               241,747               95,808

         普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -              -

         普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                               241,747               95,808

         普通株式の期中平均株式数(株)                             10,090,000              10,656,962

        (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                               22円23銭              8円83銭

        (算定上の基礎)
         四半期純利益調整額(千円)                                 -              -

         普通株式増加数(株)                               785,182              197,307

          (うち新株予約権(株))                              (785,182)              (197,307)

        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                             -              -
        当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
        在株式で、前事業年度末から重要な変動があった
        ものの概要
        (注)  当社は、平成29年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割、平成30年10月1日付で普通
             株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、前事業年度の期首に当該株式分割が行われ
             たと仮定して1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額を算出して
             おります。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

       該当事項はありません。
                                 11/13








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 12/13




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ファイズ(E32990)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月8日

     株式会社ファイズ
      取締役会 御中
                              EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                笹山 直孝  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                中尾 志都  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ファイ

     ズの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第6期事業年度の第3四半期会計期間(平成30年10月1日から平成30
     年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すな
     わち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ファイズの平成30年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了す
     る第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかっ
     た。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 13/13





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。