新明和工業株式会社 四半期報告書 第95期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第95期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:新明和工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                 四半期報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                 関東財務局長

    【提出日】                 2019年2月8日

    【四半期会計期間】                 第95期第3四半期(自            2018年10月1日         至   2018年12月31日)

    【会社名】                 新明和工業株式会社

    【英訳名】                 ShinMaywa     Industries,      Ltd.

    【代表者の役職氏名】                 取締役社長          五 十 川 龍 之

    【本店の所在の場所】                 兵庫県宝塚市新明和町1番1号

    【電話番号】                 0798―56―5000(代表)

    【事務連絡者氏名】                 執行役員財務部長             久   米   俊   樹

    【最寄りの連絡場所】                 兵庫県宝塚市新明和町1番1号

    【電話番号】                 0798―56―5000(代表)

    【事務連絡者氏名】                 執行役員財務部長             久   米   俊   樹

    【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18









                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第94期           第95期

               回次               第3四半期           第3四半期            第94期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自   2017年4月1日         自   2018年4月1日         自   2017年4月1日
              会計期間
                            至   2017年12月31日         至   2018年12月31日         至   2018年3月31日
     売上高                  (百万円)           145,780           154,598           207,335

     経常利益                  (百万円)            8,503           8,037          10,752

     親会社株主に帰属する
                       (百万円)            5,509           5,546           7,086
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)            6,783           4,625           7,991
     純資産額                  (百万円)           123,793           121,418           125,004

     総資産額                  (百万円)           187,662           191,544           190,001

     1株当たり四半期(当期)純利益                   (円)           57.71           58.91           74.23

     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                   (%)            65.9           63.3           65.7
                               第94期           第95期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自   2017年10月1日         自   2018年10月1日
              会計期間
                            至   2017年12月31日         至   2018年12月31日
     1株当たり四半期純利益                   (円)           18.52           24.90

     (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
          ない。
        2   売上高は消費税等を含んでいない。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
        4   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
          等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。 
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はない。ま
     た、主要な関係会社に異動はない。
                                  2/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はない。
      なお、重要事象等は存在していない。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものである。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当社グループは、新たな企業価値創出により更なる成長・拡大を志向した3カ年の中期経営計画「Change                                                  for
       Growing,     2020」を策定し、初年度の取り組みを推進している。
        当第3四半期連結累計期間の業績については、事業活動が堅調に推移したことなどから、受注高は169,791百万
       円(前年同期比3.1%増)、売上高は                154,598百万円       (同  6.0%増    )となった。
        一方損益面では、費用の増加に加え、航空機セグメントにおいて民需関連の収益が減少したことなどから、営業
       利益は   7,706百万円      (同  5.1%減    )、経常利益は       8,037百万円      (同  5.5%減    )となったが、親会社株主に帰属する四半期純
       利益は   5,546百万円      (同  0.7%増    )となった。
        当第3四半期末における総資産は、売上債権は減少したものの、たな卸資産の増加などにより前連結会計年度末
       に比べて1,542百万円増加し191,544百万円となった。負債は、短期借入金の増加などにより、前連結会計年度末に
       比べて5,128百万円増加し70,125百万円となった。純資産は、親会社株主に帰属する四半期純利益を計上したもの
       の、配当金の支払いや自己株式を取得したことなどにより前連結会計年度末に比べて3,585百万円減少し121,418百
       万円となった。これらの結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の65.7%から63.3%に低下した。
        セグメントごとの経営成績は次のとおりである。なお、各セグメントの受注高及び売上高には、セグメント間の

       内部受注高及び内部売上高を含んでいる。
       (航空機)

        防衛省向けは、受注は前年同期並みの水準となったものの、US-2型救難飛行艇の製造作業が進捗したことな
       どから、売上は増加した。
        一方、民需関連は、受注は減少し、売上は前年同期並みの水準となった。
        この結果、当セグメントの受注高は20,733百万円(前年同期比5.2%減)、売上高は                                      31,998百万円      (同  14.3%増    )と
       なったが、営業利益は          1,234百万円      (同  34.1%減    )となった。
       (特装車)

        車体等の製造販売は、国内需要が引き続き好調に推移したことなどから、受注は増加し、売上は前年同期並みの
       水準となった。
        また、保守・修理事業は、受注、売上ともに増加した。
        このほか、林業用機械等は、受注は増加し、売上は前年同期並みの水準となった。
        この結果、当セグメントの受注高は81,324百万円(前年同期比19.6%増)、売上高は                                       67,317百万円      (同  1.7%増    )と
       なったが、営業利益は          5,440百万円      (同  0.1%減    )となった。
                                  3/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
       (産機・環境システム)
        流体製品は、機器、システムともに需要が堅調に推移し、受注、売上いずれも増加した。
        また、メカトロニクス製品は、真空製品の受注、売上が増加したことなどから、分野全体では受注、売上ともに
       増加した。
        このほか、環境関連事業は、プラント事業の新設案件の寄与等により、受注、売上ともに大幅に増加した。
        この結果、当セグメントの受注高は31,283百万円(前年同期比24.5%増)、売上高は                                      21,409百万円      (同  16.5%増    )と
       なったが、営業利益は          310百万円     (同  30.3%減    )となった。
       (パーキングシステム)

        機械式駐車設備は、首都圏を中心に需要が堅調を維持したことなどから、受注は前年同期並みの水準となり、売
       上は増加した。
        また、航空旅客搭乗橋は、大口案件を受注した前年同期に比べ受注は大幅に減少したものの、売上は増加した。
        この結果、当セグメントの受注高は25,685百万円(前年同期比38.1%減)、売上高は                                       24,125百万円      (同  9.5%増    )と
       なり、営業利益は        1,806百万円      (同  42.8%増    )となった。
       (その他)

        建設事業において、受注は増加したものの、売上が減少したことなどから、当セグメントの受注高は12,631百万
       円(前年同期比4.5%増)、売上高は                 12,574百万円      (同  4.5%減    )となり、営業利益は          630百万円     (同  15.3%減    )となっ
       た。
      (2)  経営方針・経営戦略等

        当第3四半期連結累計期間において、経営方針・経営戦略等について重要な変更はない。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、対処すべき課題について重要な変更はない。
      (4)  研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、                                   1,800百万円      である。
      (5)  主要な設備

       当第3四半期連結累計期間において、新たに確定した主要な設備の新設の計画は、次のとおりである。
                                投資予定額

         会社名       セグメント                           資金調達
                      設備の内容                          着工年月      完成年月
        (所在地)         の名称                           方法
                              総額      既支払額
                             (百万円)       (百万円)
     Thai      ShinMaywa
                      特装車部品                    自己資金
     Co.,Ltd.
                特装車               1,672         ―         2018年10月      2020年3月
                      生産設備                    及び借入金
     (タイ国サムサコン
     県)
     Thai      ShinMaywa
                産機・環境                          自己資金
     Co.,Ltd.                 水中ポンプ
                                 600        ―         2019年4月      2020年3月
                      等生産設備
                システム                          及び借入金
     (タイ国サムサコン
     県)
     (注)    上記の金額には消費税等を含んでいない。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
                                  4/18




                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    300,000,000

                 計                                   300,000,000

      ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                         上場金融商品取引所

                           提出日現在発行数(株)
        種類         現在発行数(株)                        名又は登録認可金融             内容
                            (2019年2月8日)
                (2018年12月31日)                         商品取引業協会名
                                                   単元株式数
                                         東京証券取引所
       普通株式              96,391,800            96,391,800                  は  100株
                                         (市場第一部)
                                                   である。
        計            96,391,800            96,391,800            ―         ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項なし。

      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項なし。

     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。

     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2018年12月28日(注)            △3,608,200        96,391,800         ―       15,981       ―       15,737
     (注)自己株式の消却による減少である。
                                  5/18






                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はない。

     (6)  【議決権の状況】

       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容を確認できず、記載するこ

      とができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしている。
      ①  【発行済株式】

                                               2018年12月31日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―             ―
                     普通株式      6,537,700
                     普通株式      93,380,700
     完全議決権株式(その他)                                 933,807            ―
                     普通株式        81,600

     単元未満株式                                ―     1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     100,000,000           ―             ―

     総株主の議決権                      ―            933,807             ―

     (注)2018年12月28日付で自己株式3,608,200株を消却した。これに伴い、発行済株式総数は96,391,800株に
        減少した。
      ②  【自己株式等】

                                               2018年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             兵庫県宝塚市
                                6,537,700         ―     6,537,700          6.54
     新明和工業株式会社             新明和町1-1
          計              ―         6,537,700         ―     6,537,700          6.54
     (注)   1   2018年7月30日開催の取締役会決議に基づき、同年7月31日から同年12月20日までの期間中に自己株式
          3,608,200株を取得した。
        2 2018年12月28日付で自己株式3,608,200株を消却した。これに伴い、自己名義所有株式数は4,536,600株、
          発行済株式総数に対する所有株式数の割合は4.71%に減少した。
                                  6/18






                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    2  【役員の状況】
      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の役職の異動は、次のとおりである。

           新 役 職                  旧 役 職              氏  名         異動年月日
     取締役    副社長執行役員        経営企画本

                       取締役    専務執行役員
     部長
                       (技術・品質保証統括)(航空機事
                                           石  丸  寛  二    2018年8月1日
     (技術、品質保証、CSR統括)
                       業、パーキングシステム事業、技術
     (航空機事業、パーキングシステム
                       部担当)
     事業、経営企画本部、技術部担当)
                       取締役    専務執行役員

     取締役    専務執行役員
                       (財務、人事、CSR統括)(監査
                                           遠  藤  圭  介
                                                   2018年8月1日
     (財務、人事統括)(監査部、法務
                       室、企画室、社長室、資材調達部担
     部担当)
                       当)
                                  7/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成している。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
                                  8/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                18,750              16,327
                                      ※3  74,795            ※3  67,940
        受取手形及び売掛金
        商品及び製品                                 3,327              3,819
        仕掛品                                19,594              22,114
        原材料及び貯蔵品                                14,796              17,919
        その他                                 2,486              5,587
                                         △ 33             △ 28
        貸倒引当金
        流動資産合計                                133,717              133,680
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               12,798              13,130
                                        18,480              19,540
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               31,279              32,670
        無形固定資産                                 2,587              2,434
        投資その他の資産
         その他                               22,459              22,792
                                         △ 42             △ 33
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               22,417              22,759
        固定資産合計                                56,284              57,864
      資産合計                                 190,001              191,544
                                  9/18











                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※3  24,572
        支払手形及び買掛金                                               27,639
        短期借入金                                  90             7,000
        未払法人税等                                 2,313               387
        製品保証引当金                                   9              7
        工事損失引当金                                 4,481              3,667
                                        19,405              16,929
        その他
        流動負債合計                                50,871              55,631
      固定負債
        退職給付に係る負債                                11,734              12,201
                                         2,391              2,293
        その他
        固定負債合計                                14,125              14,494
      負債合計                                  64,997              70,125
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                15,981              15,981
        資本剰余金                                15,738              15,737
        利益剰余金                                94,861              93,541
                                        △ 3,252             △ 4,597
        自己株式
        株主資本合計                                123,328              120,663
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 3,019              1,956
        土地再評価差額金                                 △ 376             △ 376
        為替換算調整勘定                                  352              277
                                        △ 1,431             △ 1,255
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 1,564               602
      非支配株主持分                                   111              152
      純資産合計                                 125,004              121,418
     負債純資産合計                                   190,001              191,544
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     売上高                                   145,780              154,598
                                        121,789              130,924
     売上原価
     売上総利益                                   23,991              23,674
     販売費及び一般管理費                                   15,870              15,967
     営業利益                                    8,121              7,706
     営業外収益
      受取利息                                    12              12
      受取配当金                                   124              134
      持分法による投資利益                                   141              112
      保険配当金                                   193              200
      為替差益                                    -              80
                                          85              92
      その他
      営業外収益合計                                   556              633
     営業外費用
      支払利息                                    8              7
      為替差損                                    49              -
      休止固定資産費用                                    16              16
      債権流動化費用                                    61              169
                                          38              108
      その他
      営業外費用合計                                   174              302
     経常利益                                    8,503              8,037
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    23              695
                                          -              278
      退職給付制度移行益
      特別利益合計                                    23              974
     特別損失
      固定資産処分損                                   202              479
                                          -              242
      災害による損失
      特別損失合計                                   202              722
     税金等調整前四半期純利益                                    8,323              8,289
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,753              1,487
                                         1,047              1,216
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    2,801              2,703
     四半期純利益                                    5,522              5,585
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     12              39
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    5,509              5,546
                                 11/18






                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                    5,522              5,585
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  1,048             △ 1,063
      為替換算調整勘定                                    78             △ 23
      退職給付に係る調整額                                   121              176
                                          13             △ 50
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                  1,261              △ 960
     四半期包括利益                                    6,783              4,625
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  6,767              4,583
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    15              41
                                 12/18















                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項なし。
      (追加情報)

                         当第3四半期連結累計期間
                          (自    2018年4月1日
                          至   2018年12月31日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
     会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
     の区分に表示している。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1   保証債務
        履行保証保険契約に基づく債務に対する連帯保証
                前連結会計年度                      当第3四半期連結会計期間

                (2018年3月31日)                         (2018年12月31日)
        エコセンター湘南㈱                   29 百万円     エコセンター湘南㈱                   29 百万円
        のぎエコセンター㈱                   22      のぎエコセンター㈱                   22
        しもつけエコセンター㈱                   29      しもつけエコセンター㈱                   29
        計                   81 百万円     計                   81 百万円
     2   受取手形裏書譲渡高

                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
        受取手形裏書譲渡高                         25 百万円                22 百万円
     㯿ጀ   四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理している。な

      お、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形を満期
      日に決済が行われたものとして処理している。
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
        受取手形                       1,359   百万円               982  百万円
        支払手形                         27                 -
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     1   当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していない。
       なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりである。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                           至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        減価償却費                       3,661   百万円              3,699   百万円
                                 13/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
     1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2017年6月27日
               普通株式          668        7  2017年3月31日         2017年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     2017年10月31日
               普通株式          668        7  2017年9月30日         2017年12月1日         利益剰余金
     取締役会
     2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項なし。
     当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

     1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     2018年6月26日
               普通株式         1,527         16   2018年3月31日         2018年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年10月30日
               普通株式         1,682         18   2018年9月30日         2018年12月3日         利益剰余金
     取締役会
     2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項なし。
     3 株主資本の金額の著しい変動

      ①自己株式の取得
       当社は、2018年7月30日開催の取締役会決議に基づき、自己株式3,608千株の取得を行った。この結果、当第3四
      半期連結累計期間において自己株式が4,999百万円増加している。
       なお、2018年12月20日をもって、上記取締役会決議に基づく自己株式の取得を終了している。
      ②自己株式の消却
       当社は、2018年12月21日開催の取締役会決議に基づき、2018年12月28日に自己株式3,608千株の消却を行った。こ
      の結果、当第3四半期連結累計期間において資本剰余金が0百万円、利益剰余金が3,656百万円、自己株式が3,656
      百万円それぞれ減少した。
                                 14/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                       報告セグメント
                                                      損益計算書
                                        その他          調整額
                                             合計
                        産機・環境     パーキング
                                                       計上額
                                        (注1)          (注2)
               航空機     特装車                計
                         システム     システム
                                                       (注3)
     売上高
      外部顧客への
               28,006     66,191     18,375     22,014    134,587      11,193    145,780        -  145,780
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高又は            -     6     3     7    18   1,980     1,998    △ 1,998       -
      振替高
        計       28,006     66,198     18,378     22,022    134,605      13,174    147,779     △ 1,998    145,780
     セグメント利益           1,874     5,447      445    1,264     9,032      744    9,776    △ 1,654     8,121

     (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設事業、不動産事業、ソフト
         ウェア事業等を含んでいる。
       2   セグメント利益の調整額           △1,654百万円       には、セグメント間取引消去             △10百万円     、各報告セグメントに配分し
         ていない全社費用        △1,644百万円       が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費
         及び基礎的試験研究費である。
       3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
     2   報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項なし。 
     当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                       報告セグメント
                                                      損益計算書
                                        その他          調整額
                                             合計
                        産機・環境     パーキング
                                                       計上額
                                        (注1)          (注2)
               航空機     特装車                計
                         システム     システム
                                                       (注3)
     売上高
      外部顧客への
               31,998     67,314     21,401     24,090    144,805      9,793    154,598        -  154,598
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高又は            -     2     7    34     45   2,781     2,826    △ 2,826       -
      振替高
        計       31,998     67,317     21,409     24,125    144,850      12,574    157,425     △ 2,826    154,598
     セグメント利益           1,234     5,440      310    1,806     8,791      630    9,421    △ 1,715     7,706

     (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設事業、不動産事業、ソフト
         ウェア事業等を含んでいる。
       2   セグメント利益の調整額           △1,715百万円       には、セグメント間取引消去             △63百万円     、各報告セグメントに配分し
         ていない全社費用        △1,651百万円       が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費
         及び基礎的試験研究費である。
       3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
     2   報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項なし。 
                                 15/18




                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりである。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                                 至   2017年12月31日)           至   2018年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                   57円71銭             58円91銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                   5,509             5,546

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         5,509             5,546
      四半期純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 95,465,687             94,152,661
     (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
      (重要な後発事象)

      自己株式の取得
       当社は、2019年1月21日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法
      第156条第1項及び当社定款の規定に基づく自己株式の取得及びその具体的な取得方法として自己株式の公開買付け
      を行うことを決議した。
      1   自己株式の取得の目的

        中期経営計画におけるROEに係る目標を早期達成すべく、資本効率の向上に向けた取り組みを更に進めるた
       め。
      2 自己株式取得に関する取締役会決議の内容

       (1)取得する株式の種類                  当社普通株式
       (2)取得する株式の総数                  26,666,700株(上限)
       (3)取得価額の総額                  40,000,050,000円(上限)
       (4)取得する期間                  2019年1月22日から2019年3月29日まで
      3 自己株式の公開買付けの概要

       (1)買付予定数                  26,666,600株
       (2)買付け等の価格                  1株につき金、1,500円
       (3)買付け等の期間                  2019年1月22日から2019年2月19日まで
       (4)公開買付け開始公告日                  2019年1月22日
       (5)決済の開始日                  2019年3月13日
    2  【その他】

      2018年10月30日開催の取締役会において、第95期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)中間配当に関して次の
     とおり決議した。
      ①   中間配当による配当金の総額                                            1,682百万円
      ②   1株当たりの金額                                                           18円00銭
      ③   支払請求の効力発生日及び支払開始日                                2018年12月3日
     (注)    2018年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行う。
                                 16/18



                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項なし。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年2月7日

    新明和工業株式会社
     取締役会      御中
                        太陽有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                          高      木           勇
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          古      田      賢      司
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている新明和工業株式

    会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12
    月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、新明和工業株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政
    状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
    の重要な点において認められなかった。
    強調事項

     重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2019年1月21日開催の取締役会において、自己株式の取得及びその
    具体的な取得方法として自己株式の公開買付けを行うことを決議している。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管している。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。