名古屋鉄道株式会社 四半期報告書 第155期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第155期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:名古屋鉄道株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      四半期報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年2月12日

    【四半期会計期間】                      第155期第3四半期

                          (自    2018年10月1日         至   2018年12月31日)
    【会社名】                      名古屋鉄道株式会社

    【英訳名】                      Nagoya    Railroad     Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】                      取締役社長          安   藤   隆   司

    【本店の所在の場所】                      名古屋市中村区名駅一丁目2番4号

    【電話番号】                      052(588)0846番

    【事務連絡者氏名】                      財務部長         古 橋 幸 長

    【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区銀座四丁目3番6号 G4                   BRICKS       BLD.

                          名古屋鉄道株式会社           東京支社
    【電話番号】                      03(3563)1001番

    【事務連絡者氏名】                      東京支社長          久 米 健 司

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          株式会社名古屋証券取引所

                            (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

    (注)第1四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                         第154期             第155期

           回次             第3四半期             第3四半期             第154期
                        連結累計期間             連結累計期間
                      自   2017年4月1日           自   2018年4月1日           自   2017年4月1日
          会計期間
                      至   2017年12月31日           至   2018年12月31日           至   2018年3月31日
     営業収益            (百万円)             446,289             453,749             604,804
     経常利益            (百万円)             40,269             41,850             48,566

     親会社株主に帰属する
                (百万円)             25,578             26,488             28,691
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益
                (百万円)             40,001             24,169             38,997
     又は包括利益
     純資産額            (百万円)             381,220             410,535             389,555
     総資産額            (百万円)            1,115,459             1,125,104             1,120,622

     1株当たり四半期
                 (円)            139.02             138.48             155.04
     (当期)純利益
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期             (円)            121.46             125.85             136.31
     (当期)純利益
     自己資本比率             (%)             31.6             33.7             32.2

                         第154期             第155期

           回次             第3四半期             第3四半期
                        連結会計期間             連結会計期間
                      自   2017年10月1日           自   2018年10月1日
          会計期間
                      至   2017年12月31日           至   2018年12月31日
     1株当たり
                 (円)             47.21             54.78
     四半期純利益
    (注) 1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
       2 営業収益には、消費税等は含まれておりません。
       3 当社は2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、前連結会計年度の期
          首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四
          半期(当期)純利益を算定しております。
       4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
          等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
     な変更はありません。また、主要な関係会社の異動はありません。
      なお、第1四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状
     況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等の重要なリスクはありません。また、前事業年度の有
     価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)財政状態及び経営成績の状況

      <経営成績>
       当第3四半期連結累計期間の営業収益は、流通事業における増収や運送事業でのトラック運賃単価の上昇に加
      え、鉄軌道事業における輸送人員の増加により4,537億49百万円(前年同期比1.7%増)となりました。営業利益
      は、燃料費が増加したものの、増収により401億21百万円(前年同期比2.6%増)となりました。経常利益は、支払
      利息の減少などにより営業外損益が改善し418億50百万円(前年同期比3.9%増)となり、親会社株主に帰属する四
      半期純利益は、投資有価証券売却益の減少などにより特別損益が悪化したものの、経常増益により264億88百万円
      (前年同期比3.6%増)となりました。
       セグメント別の経営成績は、次のとおりであります。

       なお、第1四半期連結会計期間より、新たなグループ中期経営計画「BUILD                                      UP   2020」の策定に合わ
      せ、従来「その他の事業」に含まれていた事業のうち、今後の成長分野として注力していく「航空関連サービス事
      業」を新たな報告セグメントとして設けております。また、同計画の中で重点テーマにも掲げている「不動産マネ
      ジメント事業の強化」を一層進めていくため、「その他の事業」に含まれていた「ビル管理メンテナンス業」を
      「不動産事業」に含めております。
       以下の当第3四半期連結累計期間の比較・分析は、変更後の区分に基づいております。
      ①交通事業

       交通事業の営業収益は、鉄軌道事業における輸送人員の増加により1,267億92百万円(前年同期比0.2%増)とな
      り、営業利益は、燃料費が増加したものの、鉄軌道事業における増収や退職給付費用の減少により211億64百万円
      (前年同期比3.2%増)となりました。
      (業種別営業成績表)

                          営業収益                     営業利益
                  当第3四半期       前第3四半期        増減率     当第3四半期       前第3四半期        増減率

                     百万円       百万円         %     百万円       百万円         %
     鉄軌道事業                 72,518       71,261        1.8     16,384       14,889        10.0
     バス事業                 35,161       37,065       △5.1       3,431       4,171      △17.7
     タクシー事業                 21,965       22,719       △3.3       1,250       1,335       △6.3
          調整額           △2,854       △4,495          ―      98      117        ―
           計          126,792       126,551         0.2     21,164       20,513        3.2
      ②運送事業

       運送事業の営業収益は、トラック事業における運賃単価の上昇を主因に1,042億92百万円(前年同期比3.7%増)
      となり、営業利益は、燃料費や人件費が増加したものの、増収により57億49百万円(前年同期比8.3%増)となりま
      した。
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
      (業種別営業成績表)
                          営業収益                     営業利益
                  当第3四半期       前第3四半期        増減率     当第3四半期       前第3四半期        増減率

                     百万円       百万円         %     百万円       百万円         %
     トラック事業                120,219       116,188         3.5      4,314       4,079        5.7
     海運事業                 12,857       12,392        3.8      1,392       1,187       17.2
          調整額           △28,784       △28,010          ―      43       42       ―
           計          104,292       100,570         3.7      5,749       5,310        8.3
      ③不動産事業

       不動産事業の営業収益は、不動産賃貸業において、駐車場数の増加や新規賃貸物件の収益寄与があったものの、
      不動産分譲業における分譲マンションの販売引渡戸数の減少により全体では576億26百万円(前年同期比6.4%減)
      となり、営業利益は71億38百万円(前年同期比6.8%減)となりました。
      (業種別営業成績表)

                          営業収益                     営業利益
                  当第3四半期       前第3四半期        増減率     当第3四半期       前第3四半期        増減率

                     百万円       百万円         %     百万円       百万円         %
     不動産賃貸業                 34,894       32,998        5.7      7,146       6,939        3.0
     不動産分譲業                 17,079       22,929       △25.5       △352        291        ―
     不動産管理業                 10,922       10,583        3.2       421       470     △10.4
          調整額           △5,270       △4,942          ―     △76       △40        ―
           計           57,626       61,567       △6.4       7,138       7,660       △6.8
      ④レジャー・サービス事業

       レジャー・サービス事業の営業収益は、ホテル業において、名鉄インの新規出店や中部国際空港セントレアホテ
      ルの新棟開業などにより増収となったものの、観光施設事業におけるレンタカー事業の子会社譲渡に伴う減収など
      により、全体では401億70百万円(前年同期比2.7%減)となり、営業利益は、ホテル業での新規出店に伴う費用の
      増加などにより16億36百万円(前年同期比8.1%減)となりました。
      (業種別営業成績表)

                          営業収益                     営業利益
                  当第3四半期       前第3四半期        増減率     当第3四半期       前第3四半期        増減率

                     百万円       百万円         %     百万円       百万円         %
     ホテル業                 14,825       14,052        5.5      1,261       1,401      △10.0
     観光施設事業                 15,936       17,560       △9.2        778       728       6.8
     旅行業                 9,925      10,178       △2.5       △418       △365         ―
          調整額            △516       △498         ―      15       15       ―
           計           40,170       41,292       △2.7       1,636       1,780       △8.1
                                  4/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
      ⑤流通事業
       流通事業の営業収益は、建設資材取扱の増加や石油販売価格の上昇により1,069億35百万円(前年同期比8.1%
      増)となりました。営業利益は、百貨店業における収支改善などにより11億9百万円(前年同期比24.1%増)とな
      りました。
      (業種別営業成績表)

                          営業収益                     営業利益
                  当第3四半期       前第3四半期        増減率     当第3四半期       前第3四半期        増減率

                     百万円       百万円         %     百万円       百万円         %
     百貨店業                 48,998       48,700        0.6       214      △73        ―
     その他物品販売                 58,727       50,978        15.2       771       797      △3.2
          調整額            △791       △790         ―      122       169        ―
           計          106,935       98,888        8.1      1,109        894      24.1
      ⑥航空関連サービス事業

       航空関連サービス事業の営業収益は、航空整備事業や調査測量事業に加え、ケータリング事業での受注増加など
      により199億6百万円(前年同期比9.2%増)となり、営業利益は27億65百万円(前年同期比28.4%増)となりまし
      た。
      (業種別営業成績表)

                          営業収益                     営業利益
                  当第3四半期       前第3四半期        増減率     当第3四半期       前第3四半期        増減率

                     百万円       百万円         %     百万円       百万円         %
     航空関連サービス事業                 20,128       18,474        9.0      2,759       2,146       28.5
          調整額            △222       △245         ―       5       7       ―
           計           19,906       18,228        9.2      2,765       2,153       28.4
      ⑦その他の事業

       その他の事業の営業収益は、設備工事の受注増加などにより306億17百万円(前年同期比3.6%増)となりまし
      た。一方、営業利益は、新規事業拡大に伴う費用の増加などにより2億35百万円(前年同期比40.9%減)となりま
      した。
      (業種別営業成績表)

                          営業収益                     営業利益
                  当第3四半期       前第3四半期        増減率     当第3四半期       前第3四半期        増減率

                     百万円       百万円         %     百万円       百万円         %
     設備保守整備事業                 17,866       17,379        2.8       163       114      43.0
     その他事業                 13,134       12,661        3.7       96      279     △65.6
          調整額            △383       △496         ―     △23        5       ―
           計           30,617       29,543        3.6       235       399     △40.9
                                  5/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
     <財政状態>
       当第3四半期連結会計期間末における総資産は、分譲マンション建設等による分譲土地建物の増加や、設備投資
      等による有形固定資産の増加などにより、前連結会計年度末に比べ44億82百万円増加し1兆1,251億4百万円となり
      ました。
       負債は、有利子負債の減少や、工事代金の支払等による支払手形及び買掛金の減少などにより、前連結会計年度
      末に比べ164億97百万円減少し7,145億69百万円となりました。
       純資産は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上による利益剰余金の増加などにより、前連結会計年度末に
      比べ209億79百万円増加し4,105億35百万円となりました。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                    2018年2月16日)等を第1四半期連
      結会計期間の期首から適用したため、財政状態については遡及適用後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってお
      ります。
     (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について、重要な変更
      及び新たに生じた課題はありません。
       なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
      社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       当社グループは、公共交通機関としての鉄道事業を中心に、交通、運送、不動産、レジャー、流通、航空関連
      サービス等の各事業を通して、長年にわたり地域の生活基盤の一端を担ってきております。
       また、これらの事業活動を通して得られたお客様との信頼関係をさらに発展させるべく、2005年12月には当社グ
      ループの目指すべき将来像を明示した「名鉄グループ経営ビジョン」を策定しました。この中で当社グループの使
      命を「地域価値の向上に努め、永く社会に貢献する」と定め、「私たち名鉄グループは、豊かな生活を実現する事
      業を通じて、地域から愛される『信頼のトップブランド』をめざします」とする経営理念を掲げております。
       当社では、「名鉄グループ経営ビジョン」に沿った諸施策を着実に実施することが、当社グループの企業価値ひ
      いては株主共同の利益の確保・向上に資するものと考えておりますが、これを実現するためには、グループ各社が
      長期的視点に立って安定的な経営を維持し、かつ、一体となって相乗効果を発揮していくことが必要不可欠であり
      ます。
       以上の観点から、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、このような当社グループの使命及び経営理
      念をふまえ、グループ全体の企業価値ひいては株主共同の利益を持続的に確保・向上していくことに十分な理解を
      有することが必要であると考えております。
       近年、顕在化している株式の大量買付けに関しては、それが会社の企業価値の向上ひいては株主共同の利益に資
      するものであれば、一概に否定するものではありません。また、株式会社の支配権の移転を伴う買付け提案につい
      ての判断は、最終的には個々の株主の皆様のご意思に委ねられるべきものと考えております。
       しかしながら、株式の大量買付けの中には、株主の皆様に株式の売却を事実上強要するもの、株主の皆様や当社
      取締役会が株式の大量買付けの条件等について検討し、意見を形成するための十分な時間や情報を提供しないもの
      の存在も想定されます。また、短期の利益を優先し、当社グループの保有資産を切り売りするなど、当社グループ
      の経営基盤を破壊するもの、当社の公益事業者としての役割や鉄道事業の安全の確保に悪影響を及ぼすものなどの
      存在も否定できません。
       当社では、いわゆる「買収防衛策」を現時点で定めてはおりませんが、株主の皆様から負託を受けた経営者の責
      務として、このような当社の企業価値を毀損し、ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすおそれの
      ある株式の大量買付けに対しては、法令・定款に照らし適切な措置を講じてまいります。
       なお、買収防衛策の導入については、重要な経営課題の一つとして認識しており、今後も継続して検討を行って
      まいります。
     (3)研究開発活動

       特記すべき事項はありません。
                                  6/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行っておりません。
                                  7/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    360,000,000

                 計                                   360,000,000

      ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間             提出日現在        上場金融商品取引所名

        種類        末現在発行数(株)            発行数(株)        又は登録認可金融商品               内容
                (2018年12月31日)           (2019年2月12日)            取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                     市場第一部
                                               単元株式数は100株で
       普通株式            191,628,768           191,628,768
                                               あります。
                                     名古屋証券取引所
                                     市場第一部
         計          191,628,768           191,628,768            ―           ―
     (注)   提出日現在発行数には、2019年2月1日から四半期報告書提出日までの転換社債型新株予約権付社債の

        新株予約権の権利行使により発行された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式        発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額       資本金残高
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額       残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)        (株)                    (百万円)       (百万円)
      2018年10月1日~
                                          96,268              28,756
                      ―    191,628,768             ―             ―
      2018年12月31日
                                  8/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

        当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず記載することが
       できないため、直前の基準日である2018年9月30日の株主名簿により記載しております。
      ①  【発行済株式】

                                              2018年9月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
                     普通株式
                                   ―              ―
                          13,000
     完全議決権株式(自己株式等)
                     (相互保有株式)
                     普通株式
                                   ―              ―
                           4,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,907,894              ―
                        190,789,400
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                          822,368
     発行済株式総数                   191,628,768           ―              ―
     総株主の議決権                    ―          1,907,894               ―

     (注)   1   「完全議決権株式(その他)」欄及び「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式がそ

          れぞれ500株(議決権5個)及び38株含まれております。
        2   「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己保有株式及び相互保有株式が次のとおり含まれており
          ます。
          自己保有株式         名古屋鉄道株式会社              31株
          相互保有株式         鳩タクシー株式会社              60株
      ②  【自己株式等】

                                              2018年9月30日現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
    (自己保有株式)
                  名古屋市中村区名駅
                                 13,000         ―    13,000           0.00
                       一丁目2番4号
    名古屋鉄道株式会社
    (相互保有株式)
                  岐阜県高山市名田町
                                  4,000         ―     4,000          0.00
                       五丁目95番16号
    鳩タクシー株式会社
          計              ―          17,000         ―    17,000           0.00
                                  9/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    2  【役員の状況】
      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
     役職の異動

        新役名及び職名                旧役名及び職名                氏名          異動年月日

                         取締役副社長

         取締役副社長
                         (代表取締役)               柴田 浩          2018年7月1日
        (代表取締役)
                       (秘書室長兼広報部長)
                         取締役副社長

         取締役副社長
                         (代表取締役)               拝郷 寿夫          2018年7月1日
        (代表取締役)
                       (グループ統括本部長)
                          専務取締役

         専務取締役                              岩瀬 正明          2018年7月1日
                     (グループ統括本部長補佐)
          取締役                取締役

      (鉄道事業本部副本部長兼                (鉄道事業本部副本部長兼                 安達 宗德          2018年7月1日
        安全統括部長)                 土木部長)
          取締役                取締役

                                        籾山 貢          2018年7月1日
      (グループ事業推進部長)                  (事業推進部長)
                                 10/21













                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
     について、有限責任 あずさ監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 11/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                22,589              20,993
        受取手形及び売掛金                                57,808              61,222
        短期貸付金                                 4,345              4,091
        分譲土地建物                                57,210              63,043
        商品及び製品                                 8,697              10,318
        仕掛品                                  646             2,124
        原材料及び貯蔵品                                 4,092              4,183
        その他                                22,935              18,065
                                         △ 289             △ 268
        貸倒引当金
        流動資産合計                                178,036              183,773
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              295,178              287,502
         機械装置及び運搬具(純額)                               71,305              73,027
         土地                              362,632              364,981
         リース資産(純額)                               11,295              10,756
         建設仮勘定                               41,166              49,862
                                         7,724              7,420
         その他(純額)
         有形固定資産合計                              789,302              793,552
        無形固定資産
         施設利用権                               6,146              5,235
         のれん                               1,452              1,656
         リース資産                                231              186
                                          974              934
         その他
         無形固定資産合計                               8,804              8,012
        投資その他の資産
         投資有価証券                              116,061              111,241
         長期貸付金                                641              619
         繰延税金資産                               13,477              13,720
         その他                               16,124              15,985
         貸倒引当金                              △ 1,827             △ 1,800
         投資その他の資産合計                              144,478              139,766
        固定資産合計                                942,585              941,330
      資産合計                                1,120,622              1,125,104
                                 12/21







                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年3月31日)              (2018年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                69,163              59,772
        短期借入金                                55,797              52,823
        1年内償還予定の社債                                20,000              10,000
        リース債務                                 2,568              2,198
        未払法人税等                                 9,138              3,524
        従業員預り金                                19,198              19,752
        賞与引当金                                 5,724              1,723
        整理損失引当金                                  175              259
        商品券等引換引当金                                 1,844              1,862
                                        76,076              88,225
        その他
        流動負債合計                                259,686              240,141
      固定負債
        社債                                167,180              174,910
        長期借入金                                170,851              166,394
        リース債務                                 9,971              9,755
        繰延税金負債                                 3,792              3,897
        再評価に係る繰延税金負債                                56,752              56,833
        役員退職慰労引当金                                 1,323              1,258
        整理損失引当金                                11,224              10,832
        商品券等引換引当金                                  411              386
        退職給付に係る負債                                30,718              31,192
                                        19,154              18,966
        その他
        固定負債合計                                471,380              474,427
      負債合計                                 731,066              714,569
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                95,148              96,268
        資本剰余金                                29,269              30,428
        利益剰余金                                117,153              138,439
                                         △ 29             △ 37
        自己株式
        株主資本合計                                241,542              265,099
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                28,922              24,425
        繰延ヘッジ損益                                  120             △ 161
        土地再評価差額金                                88,697              88,538
        為替換算調整勘定                                 △ 17             △ 18
                                         1,073              1,151
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                118,796              113,936
      非支配株主持分                                  29,216              31,499
      純資産合計                                 389,555              410,535
     負債純資産合計                                  1,120,622              1,125,104
                                 13/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     営業収益                                   446,289              453,749
     営業費
      運輸業等営業費及び売上原価                                 368,780              373,652
                                        38,398              39,975
      販売費及び一般管理費
      営業費合計                                 407,178              413,628
     営業利益                                   39,110              40,121
     営業外収益
      受取利息                                    18              24
      受取配当金                                  1,534              1,607
      持分法による投資利益                                  1,833              2,008
                                         1,095              1,234
      雑収入
      営業外収益合計                                  4,482              4,875
     営業外費用
      支払利息                                  2,824              2,614
                                          498              531
      雑支出
      営業外費用合計                                  3,323              3,146
     経常利益                                   40,269              41,850
     特別利益
      固定資産売却益                                   775              739
      工事負担金等受入額                                    51              134
      投資有価証券売却益                                   376               14
                                          199              204
      その他
      特別利益合計                                  1,402              1,093
     特別損失
      固定資産売却損                                   221              169
      減損損失                                   721              254
      固定資産除却損                                    96              275
      整理損失引当金繰入額                                    -             560
      工事負担金等圧縮額                                    45              109
                                          378               89
      その他
      特別損失合計                                  1,463              1,458
     税金等調整前四半期純利益                                   40,207              41,485
     法人税、住民税及び事業税
                                        10,457              10,600
                                         1,573              1,742
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   12,031              12,343
     四半期純利益                                   28,175              29,142
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                    2,597              2,654
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   25,578              26,488
                                 14/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     四半期純利益                                   28,175              29,142
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  10,691              △ 4,305
      繰延ヘッジ損益                                   348             △ 291
      土地再評価差額金                                    -            △ 186
      為替換算調整勘定                                   △ 3             △ 0
      退職給付に係る調整額                                   651              130
                                          138             △ 319
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                  11,825              △ 4,973
     四半期包括利益                                   40,001              24,169
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  37,106              21,600
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  2,895              2,568
                                 15/21














                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会計
      期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
      表示しております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

    1
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
        鉄軌道事業固定資産の
        取得原価から直接減額                      176,592百万円                  176,482百万円
        された工事負担金等累計額
    2   保証債務

       連結会社以外の会社等の金融機関等からの借入等に対し、債務保証を行っております。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                            (2018年3月31日)                 (2018年12月31日)
        上飯田連絡線㈱                        332百万円                  480百万円
        中部国際空港連絡鉄道㈱                         224                  192
        ㈱武蔵開発                         36                  18
        合計                         593                  690
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
      のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                           (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                            至   2017年12月31日)               至   2018年12月31日)
        減価償却費                       28,668百万円                 29,632百万円
        のれんの償却額                         95                 237
                                 16/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
       配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     2017年6月28日
               普通株式      利益剰余金          4,596        5.00   2017年3月31日         2017年6月29日
     定時株主総会
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

       配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     2018年6月27日
               普通株式      利益剰余金          5,237        27.50    2018年3月31日         2018年6月28日
     定時株主総会
     (注)    当社は、2017年10月1日付で株式併合(普通株式5株を1株に併合)を実施しており、2018年3月31日を基準
        日とする1株当たり配当額は、当該株式併合の影響を考慮しております。なお、下段(2018年6月27日定時株
        主総会決議分)の1株当たり配当額には、特別配当2円50銭が含まれております。また、上段(2017年6月28
        日定時株主総会決議分)の1株当たり配当額については、当該株式併合前の実際の配当金の額を記載しており
        ます。
                                 17/21














                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2017年4月1日         至   2017年12月31日)
      報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期
                           レジャー              その他の              連結損益
                                    航空関連
                      不動産                            調整額
             交通事業     運送事業         ・サービ     流通事業     サービス      事業     合計         計算書
                       事業                           (注)2
                                     事業
                           ス事業              (注)1              計上額
                                                       (注)3
     営業収益

      外部顧客に対
             124,817     100,275     53,999     40,110     90,704     18,228     18,152    446,289        ―  446,289
      する営業収益
      セグメント間
      の内部営業収        1,733      294    7,568     1,182     8,183       ―  11,391     30,353    △ 30,353        ―
      益又は振替高
        計     126,551     100,570     61,567     41,292     98,888     18,228     29,543    476,642    △ 30,353     446,289
     セグメント利益         20,513     5,310     7,660     1,780      894    2,153      399   38,712       397    39,110

     (注)   1   「その他の事業」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、以下の事業セグメントを
          含んでおります。
           設備の保守・整備、情報処理業、保険代理店業等
        2   セグメント利益の調整額397百万円は、セグメント間取引消去額であります。
        3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2018年4月1日         至   2018年12月31日)

    1   報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期
                           レジャー              その他の              連結損益
                                    航空関連
                      不動産                            調整額
             交通事業     運送事業         ・サービ     流通事業          事業     合計         計算書
                                    サービス
                       事業                           (注)2
                                     事業
                           ス事業              (注)1              計上額
                                                       (注)3
     営業収益

      外部顧客に対
             125,053     103,988     49,733     39,055     96,887     19,906     19,125    453,749        ―  453,749
      する営業収益
      セグメント間
      の内部営業収        1,738      304    7,893     1,115    10,047       ―  11,491     32,591    △ 32,591        ―
      益又は振替高
        計     126,792     104,292     57,626     40,170    106,935     19,906     30,617    486,341    △ 32,591     453,749
     セグメント利益         21,164     5,749     7,138     1,636     1,109     2,765      235   39,801       320    40,121

     (注)   1   「その他の事業」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、以下の事業セグメントを
          含んでおります。
           設備の保守・整備、情報処理業、保険代理店業等
        2   セグメント利益の調整額320百万円は、セグメント間取引消去額であります。
        3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    2   報告セグメントの変更等に関する事項

      第1四半期連結会計期間より、新たなグループ中期経営計画「BUILD                                   UP   2020」の策定に合わせ、従来
     「その他の事業」に含まれていた「航空関連サービス事業」を新たな報告セグメントとして記載し、「その他の事
     業」に含まれていた「ビル管理メンテナンス業」を「不動産事業」に含めて記載する方法に変更しております。
      なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の報告セグメントの区分により作成したも
     のを記載しております。
                                 18/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎
       は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自    2017年4月1日           (自    2018年4月1日
                 項目
                                 至   2017年12月31日)           至   2018年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                        139.02円             138.48円
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)

                                         25,578              26,488
       普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                           ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         25,578              26,488
       四半期純利益(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                  183,996,442              191,282,958
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                        121.46円             125.85円
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)
                                           ―             ―
       (うち支払利息(税額相当額控除後))                                    (―)             (―)
       普通株式増加数(株)
                                       26,592,780              19,198,711
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                                         ―
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       ―
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
    (注)2017年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、前連結会計年度の期首に当該株式
       併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定しておりま
       す。
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 19/21









                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                      名古屋鉄道株式会社(E04101)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年2月7日

    名古屋鉄道株式会社
     取   締   役   会      御   中
                       有限責任     あずさ監査法人
                        指定有限責任社員
                                           沢      田      昌      之
                                   公認会計士                    ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                           岸      田      好      彦
                                   公認会計士                    ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       小  菅  丈  晴            ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている名古屋鉄道株式

    会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年
    12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、
    すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、名古屋鉄道株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政
    状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
    の重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。