株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート 四半期報告書 第20期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第20期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)
提出日
提出者 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成31年1月31日
      【四半期会計期間】                    第20期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
      【英訳名】                    NTT  DATA   INTRAMART     CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  中山 義人
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂四丁目15番1号
      【電話番号】                    (03)5549-2821
      【事務連絡者氏名】                    取締役 管理本部長 鈴木 誠
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂四丁目15番1号
      【電話番号】                    (03)5549-2821
      【事務連絡者氏名】                    取締役 管理本部長 鈴木 誠
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第19期           第20期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第19期
                              累計期間           累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               4月1日            4月1日            4月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成30年
                               12月31日            12月31日            3月31日
                      (千円)           3,635,917           4,522,420           5,322,445

     売上高
                      (千円)            295,515           400,882           622,910
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            206,642           262,670           429,217
     期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)            204,133           263,190           424,791
     純資産額                (千円)           3,372,234           3,771,357           3,592,892

     総資産額                (千円)           5,137,174           5,768,033           5,610,918

     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)            41.70           53.01           86.62

     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             65.6           65.4           64.0
     自己資本比率
                               第19期           第20期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自平成29年           自平成30年

                               10月1日            10月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年
                               12月31日            12月31日
                                   6.81           19.64

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標等
          については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社、当社の子会社2社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、第1四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、第4                                                経理の状況
       1  四半期連結財務諸表          注記事項(セグメント情報等)セグメント情報                      3.報告セグメントの変更等に関する事項
       をご参照ください。
                                  2/16



                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、輸出の足踏み状態が続くも企業業績が堅調に推移し、雇用や
        所得環境も改善傾向が持続しました。一方、世界経済は米中貿易戦争の長期化や中国経済の減速化の影響による、
        外需の景気けん引力は低下など、予断を許さない状況が続いております。
         当社グループが事業を展開する情報サービス産業におきましては、働き方改革や人手不足を背景にIoT、OCR、
        RPA、AIを活用したデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)による効率化や的確な分析など、DXが創出す
        るイノベーションへの期待の高まりからIT投資需要が堅調に推移しました。
         このような情勢のもと、当社グループは「①目指すべき新市場における新しい販売モデルの確立、②新市場にお
        いて競争力のあるソリューションへのレベルアップ、③サービス分野のレベルアップと持続的な成長基盤の確立、
        ④グループ経営のレベルアップと人材育成」を当期の重点方針として掲げ、業績の向上に努めてまいりました。
         具体的には「新市場において競争力のあるソリューションへのレベルアップ」として、業務改善プラットフォー
        ム「intra-mart        Accel   Platform」をはじめとしたAccelシリーズのアップデート版(2018Winter版)をリリースい
        たしました。平成31年1月にJDK8(Java8)の無償サポート終了に伴うJava11(OpenJDK11)への対応や、チームの
        生産性を最大化するビジネスコラボレーションハブ「Slack」との連携など、多くの機能追加を実施しました。こ
        れらの機能追加により、intra-mart内外を問わない柔軟なシステム連携が可能となり、お客様のさらなる業務生産
        性の向上に寄与いたします。
         「サービス分野のレベルアップと持続的な成長基盤の確立」として、業務プロセスの可視化、設計を手軽に実現
        できる「IM-BPMプロセスデザイナ(デスクトップ版)」の無償提供を開始いたしました。企業における働き方やお客
        様ニーズが多様化する昨今、業務プロセスのデジタル化・自動化による業務改善に取り組むお客様が急増していま
        す。「IM-BPMプロセスデザイナ(デスクトップ版)」を利用して、業務フローをお客様自身が手軽に記述すること
        で、無駄なプロセスや属人化したタスクが整理され、全体最適化した業務プロセスによる業務改善・生産性の効果
        を実感いただくことが可能になります。既にBPMツールを導入済みのお客様はもちろん、BPMツールに触れたことの
        ないお客様においても、自社業務プロセスのボトルネックなどの問題点が明らかになるだけではなく、本格導入前
        に効果のイメージをつかんでいただくことができます。どの業務領域から業務改善を進めると一番効果が高いのか
        を事前に把握したいというお客様に向けて、業務プロセスのデジタル化・自動化の実現効果を実際に体感いただく
        ことを目的に無償提供を開始いたしました。
         また、東京急行電鉄株式会社様(本社:東京都渋谷区、取締役社長:髙橋和夫)の電気設備保全システムの基盤
        に、当社の提供する業務改善プラットフォーム「intra-mart                            Accel   Platform」及びクラウドサービス「Accel-
        Mart」が採用されました。電気設備保全業務は、鉄軌道利用者の安全や安定輸送を確保するために日々実施されて
        いるものですが、手作業中心に行われているため、①単純作業に業務時間が割かれている②管理表の更新管理が人
        間の注意力に依存しているといった2つの課題が発生していました。intra-martのBPMや外部連携機能を活用する
        ことにより、現状の既存システムだけでなく、IoTやセンサーを活用した検査の自動化など、最新技術の取り込み
        が可能となる将来の拡張性、マスタ/DBの統一による単純作業の業務時間の削減と管理の属人性の排除、ユーザ要
        望を素早く反映可能となるアジャイル開発手法の3点を高く評価いただきました。導入後無理なく利活用できる運
        用の省力化を重視され、クラウドサービスの「Accel-Mart」が採用されました。
         この結果、当社グループの平成31年3月期第3四半期連結累計期間の経営成績につきましては、売上高
        4,522,420千円(前年同四半期比24.4%増)、営業利益384,373千円(前年同四半期比31.9%増)、経常利益
        400,882千円(前年同四半期比35.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益262,670千円(前年同四半期比
        27.1%増)となりました。
                                  3/16





                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
         セグメントの経営成績は、次のとおりです。
          なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。当第3四半期連結累計期間の
         分析は、変更後のセグメントに基づいています。詳細は、第4                             経理の状況      1  四半期連結財務諸表          注記事項
         (セグメント情報等)セグメント情報                  3.報告セグメントの変更等に関する事項をご参照ください。
        ① パッケージ事業
          「intra-mart」は、全国の特約店パートナを通じて販売しており、基盤製品及びアプリケーション分野につい
         て販売が伸長し、全般に好調に推移しました。
          この結果、売上高は2,622,558千円(前年同四半期比7.6%増)となりました。
        ② サービス事業
          「intra-mart」を利用したシステム開発や周辺サービス等は、大型SI案件の増加により、全般に好調に推移し
         ました。
          この結果、売上高は1,899,861千円(前年同四半期比                         58.4  %増)   となりました。
       (2)経営方針・経営戦略等
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動
         当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、80,706千円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動について重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、新たに決定又は締結した経営上の重要な契約等はありません。
                                  4/16













                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          11,200,000

                  計                                11,200,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間                         上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類       末現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                            (平成31年1月31日)
               (平成30年12月31日)                          取引業協会名
                                          東京証券取引所          単元株式数
     普通株式              4,955,000             4,955,000
                                         (マザーズ市場)           100株
         計           4,955,000             4,955,000             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金
                                                      資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日
                総数増減数        総数残高                       増減額
                                (千円)        (千円)
                                                      残高(千円)
                 (株)        (株)                      (千円)
     平成30年10月1日~
                    -    4,955,000           -     738,756          -     668,756
     平成30年12月31日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16








                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年12月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
      議決権制限株式(その他)                        -            -            -
      完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -
      完全議決権株式(その他)                     普通株式4,954,100                 49,541          -
      単元未満株式                     普通株式   900               -            -
      発行済株式総数                         4,955,000           -            -
      総株主の議決権                        -              49,541          -
     (注)「単元未満株式」欄の株式数「普通株式900株」には、当社所有の単元未満自己保有株式66株が含まれておりま
     す。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                所有者の住所                                   対する所有株式数
      又は名称                   株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                   の割合(%)
         -          -            -         -         -         -
         計          -            -         -         -         -
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16










                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から
       平成30年12月31日まで)及び当第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半
       期連結財務諸表について、有限責任                 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       3,293,134              3,157,535
         現金及び預金
                                        874,570              688,454
         売掛金
                                        ※ 39,384             ※ 178,254
         たな卸資産
                                        164,916              185,226
         その他
                                       4,372,005              4,209,470
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         96,422              176,918
          建物
                                        △ 37,054             △ 42,843
            減価償却累計額
            建物(純額)                             59,367              134,075
          工具、器具及び備品                              123,696              161,757
                                        △ 69,310             △ 75,713
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             54,386              86,044
                                        113,754              220,119
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        564,788              716,612
          ソフトウエア
                                        191,846              157,518
          ソフトウエア仮勘定
                                           72              72
          その他
                                        756,708              874,203
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         69,200              76,663
          投資有価証券
                                        120,205              197,907
          敷金及び保証金
                                        178,944              189,483
          繰延税金資産
                                           100              184
          その他
                                        368,449              464,239
          投資その他の資産合計
                                       1,238,912              1,558,562
         固定資産合計
                                       5,610,918              5,768,033
       資産合計
                                  8/16










                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        271,744              256,685
         買掛金
                                        155,380               48,009
         未払法人税等
                                        844,754              991,806
         前受金
                                        100,125               27,131
         賞与引当金
                                           -             3,546
         受注損失引当金
                                        257,209              197,102
         その他
                                       1,629,214              1,524,281
         流動負債合計
       固定負債
                                        354,799              392,544
         退職給付に係る負債
                                         34,011              79,849
         資産除去債務
                                        388,811              472,394
         固定負債合計
                                       2,018,025              1,996,676
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        738,756              738,756
         資本金
                                        668,756              668,756
         資本剰余金
                                       2,153,149              2,331,585
         利益剰余金
                                           -             △ 490
         自己株式
                                       3,560,662              3,738,607
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         32,230              32,750
         為替換算調整勘定
                                         32,230              32,750
         その他の包括利益累計額合計
                                       3,592,892              3,771,357
       純資産合計
                                       5,610,918              5,768,033
      負債純資産合計
                                  9/16











                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益及び包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                       3,635,917              4,522,420
      売上高
                                       1,895,951              2,572,349
      売上原価
                                       1,739,966              1,950,071
      売上総利益
                                       ※ 1,448,454              ※ 1,565,697
      販売費及び一般管理費
                                        291,511              384,373
      営業利益
      営業外収益
                                           53              39
       受取利息
                                            -             900
       受取配当金
                                            -            9,047
       受取和解金
                                            -            7,463
       持分法による投資利益
                                         5,300              6,450
       協賛金収入
                                           458              267
       その他
                                         5,812              24,167
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            0            1,031
       固定資産除却損
                                         1,808              6,627
       為替差損
       営業外費用合計                                  1,808              7,658
                                        295,515              400,882
      経常利益
                                        295,515              400,882
      税金等調整前四半期純利益
                                         88,872              138,212
      法人税等
                                        206,642              262,670
      四半期純利益
      (内訳)
                                        206,642              262,670
      親会社株主に帰属する四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 2,508               519
       為替換算調整勘定
                                        △ 2,508               519
       その他の包括利益合計
                                        204,133              263,190
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        204,133              263,190
      親会社株主に係る四半期包括利益
                                 10/16









                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         持分法適用の範囲の重要な変更
          第1四半期連結会計期間より、株式会社サザンクロスシステムズは、影響力が増したため、持分法の適用範囲
         に含めております。
          また、第2四半期連結会計期間より、協立システム開発株式会社は、影響力が増したため、持分法適用の範囲
         に含めております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ たな卸資産の内訳は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                  (平成30年12月31日)
     仕掛品                                36,256   千円              177,468    千円
     貯蔵品                                3,128                   785
        (四半期連結損益及び包括利益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                   当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至     平成29年12月31日)               至     平成30年12月31日)
     従業員給与手当                               513,498    千円              585,650    千円
                                     312,161                  308,285
     業務委託費
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年12月31日)               至   平成30年12月31日)
     減価償却費                               352,441千円                  317,084千円
        (株主資本等関係)

           Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      平成29年6月16日
                普通株式          56   11円50銭      平成29年3月31日          平成29年6月19日          利益剰余金
      定時株主総会
           Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      平成30年6月15日
                普通株式          84   17円00銭      平成30年3月31日          平成30年6月18日          利益剰余金
      定時株主総会
                                 11/16



                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                 パッケージ事業          サービス事業            合計
            売上高
                                    2,436,198         1,199,719          3,635,917
             外部顧客への売上高
                                      49,066         46,022          95,088
             セグメント間の内部売上高又は振替高
                                    2,485,264         1,245,741          3,731,006
                     計
            セグメント利益又は損失(△)                          706,027         △ 22,847         683,180
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益及び包括利益計算書計上額との差額及

             び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                        (単位:千円)
                    利益                  金額

            報告セグメント計                                683,180
            セグメント間取引消去                                 5,035
            全社費用(注)                               △396,704
            四半期連結損益及び包括利益計算書の営業
                                           291,511
            利益
            (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
                                 12/16











                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                 パッケージ事業          サービス事業            合計
            売上高
                                    2,622,558         1,899,861          4,522,420
             外部顧客への売上高
                                      45,917           -        45,917
             セグメント間の内部売上高又は振替高
                                    2,668,476         1,899,861          4,568,337
                     計
            セグメント利益又は損失(△)                          816,789          50,206         866,996
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益及び包括利益計算書計上額との差額及

             び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                        (単位:千円)
                    利益                  金額

            報告セグメント計                                866,996
            セグメント間取引消去                                 1,959
            全社費用(注)                               △484,581
            四半期連結損益及び包括利益計算書の営業
                                           384,373
            利益
            (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           3.報告セグメントの変更等に関する事項

             第1四半期連結会計期間より、「Accel-Mart(アクセル・マート)」の主たる事業がサービス事業か
            らパッケージ事業になったため、従来「サービス事業」に含めていた「Accel-Mart(アクセル・マー
            ト)」のセグメント区分を「パッケージ事業」に変更しております。
             なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の報告セグメントの区分に基づ
            き作成したものを開示しております。
           4.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
                                 13/16









                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
         当第3四半期連結会計期間(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
          該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
       1株当たり四半期純利益                                 41円70銭               53円01銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                206,642               262,670

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       206,642               262,670
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 4,955               4,954
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         当第3四半期連結会計期間(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
          該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16











                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                         株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(E05694)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年1月31日

     株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

      取締役会 御中

                              有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               桑 本 義 孝
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               東   大 夏
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エヌ・

     ティ・ティ・データ・イントラマートの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会
     計期間(平成30年10月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12
     月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益及び包括利益計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート及び連結子会社
     の平成30年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していな
     いと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                   含まれておりません。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク