株式会社パソナグループ 四半期報告書 第12期第2四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第12期第2四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社パソナグループ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 2019年1月11日

     【四半期会計期間】                 第12期第2四半期(自 2018年9月1日 至 2018年11月30日)

     【会社名】                 株式会社パソナグループ

     【英訳名】                 Pasona Group Inc.

     【代表者の役職氏名】                 代表取締役グループ代表兼社長 南部 靖之

     【本店の所在の場所】                 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号

     【電話番号】                 (03)6734-0200(代表)

     【事務連絡者氏名】                 専務執行役員       CFO 仲瀬 裕子

     【最寄りの連絡場所】                 東京都千代田区大手町二丁目6番2号

     【電話番号】                 (03)6734-0200(代表)

     【事務連絡者氏名】                 専務執行役員       CFO 仲瀬 裕子

     【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/25









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                                  第11期          第12期

                回次                第2四半期          第2四半期           第11期
                                連結累計期間          連結累計期間
                               自   2017年6月1日        自   2018年6月1日        自   2017年6月1日
               会計期間
                               至   2017年11月30日        至   2018年11月30日        至   2018年5月31日
     売上高                   (百万円)           150,619          164,692          311,410
     経常利益                   (百万円)            2,634          3,538          6,631

     親会社株主に帰属する
                         (百万円)             470          631         1,288
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                   (百万円)            1,173          1,677          3,249
     純資産                   (百万円)           27,886          37,529          33,889

     総資産                   (百万円)           100,788          114,914          112,477

     1株当たり四半期(当期)純利益                      (円)          12.78          16.14          34.94

     潜在株式調整後
                           (円)           -          -          -
     1株当たり四半期(当期)純利益
     自己資本比率                      (%)          18.9          23.5          21.0
     営業活動によるキャッシュ・フロー                   (百万円)             457         △ 41        9,505

     投資活動によるキャッシュ・フロー                   (百万円)           △ 7,915         △ 3,650        △ 11,977

     財務活動によるキャッシュ・フロー                   (百万円)            4,155          5,205          6,496

     現金及び現金同等物の四半期末
                         (百万円)           17,783          26,630          25,054
     (期末)残高
                                  第11期          第12期

                回次                第2四半期          第2四半期
                                連結会計期間          連結会計期間
                               自   2017年9月1日        自   2018年9月1日
               会計期間
                               至   2017年11月30日        至   2018年11月30日
     1株当たり四半期純利益又は
                           (円)         △ 1.70         16.34
     1株当たり四半期純損失(△)
      (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4 株主資本において自己株式として計上されている「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-
          ESOP)」に残存する自社の株式は、1株当たり四半期(当期)純利益又は1株当たり四半期純損失の算定
          上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
        5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容に重要な変更は
      ありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/25



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、本四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1) 経営成績の状況

      ①当第2四半期の経営成績
       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、通商問題の動向が世界経済に与える影響や金融資本市場の変動
      等に留意が必要な状況にあるものの、企業収益の好調や雇用情勢の改善が継続して、全体では緩やかな回復が続きま
      した。人材サービス市場においては長期的な人手不足により、多岐に亘る人材ニーズが寄せられています。また企業
      における働き方改革の推進や生産性の向上を目的としたBPOサービスへのニーズも拡大しています。
       このような環境の中、当社グループは働く人それぞれが自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる社会の実
      現を目指し、当期は「産業構造の変化に対応する事業基盤の確立」、「事業効率の推進と収益力強化」、「地方創生
      事業の更なる推進」を重点戦略に掲げています。構造的な人手不足に対応するシニア人材の就労支援や生産性の向上
      のほか、専門人材の育成やHRテック等の導入、地域での就労機会の確保など、日本が直面する課題の解決に注力
      し、持続的な成長に向けた事業活動に取り組んでいます。
       当四半期は、インソーシング事業を筆頭にキャリアソリューション事業などが伸長し、エキスパートサービス(人
      材派遣)事業での前期及び当期のM&Aや一部決算期変更もあり、売上高は                                    164,692    百万円(前年同期比         9.3%増    )と
      なりました。
       売上総利益は増収に加えてキャリアソリューション、アウトソーシング事業において効率化も進み粗利率が改善し
      たことから、      36,158   百万円(前年同期比         13.2%増    )となり、営業利益は          3,732   百万円(前年同期比         42.5%増    )と大幅に
      伸長しました。また第1四半期に子会社株式の一部売却に伴う支払手数料を営業外費用に計上したことから経常利益
      は 3,538   百万円(前年同期比         34.3%増    )、親会社株主に帰属する四半期純利益は                    631  百万円(前年同期比         34.2%増    )と
      増益となりました。
       ■連結業績

                    2018年5月期            2019年5月期
                                            増減率
                   第2四半期(累計)            第2四半期(累計)
        売上高              150,619    百万円        164,692    百万円         +9.3%
        営業利益               2,618   百万円         3,732   百万円         +42.5%
        経常利益               2,634   百万円         3,538   百万円         +34.3%
        親会社株主に帰属
                        470  百万円
                                    631  百万円         +34.2%
        する四半期純利益
                                  3/25






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      ②事業別の状況       (セグメント間取引消去前)
      HRソリューション
       エキスパートサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)他
                                     売上高     136,689    百万円 営業利益          2,801   百万円
       〔エキスパートサービス〕                売上高     83,827   百万円
         人材ニーズは引き続き堅調で、メーカーや商社など幅広い業種から多くの受注が寄せられました。派遣スタッ
        フのキャリアアップ支援やコンサルティングにも取り組んでおり                              、 専門職種へのキャリアチェンジも進行し                   、 IT
        や外国語、経理などの人材派遣が伸長した一方、労働契約法・派遣法の改正を受けて派遣スタッフの派遣先企業
        での直接雇用も推進しました。現在、受注数、新規の派遣登録者数ともに堅調であることから、引き続き成約率
        の向上と稼働者数の増加に注力していきます。あわせて料金改定や業務の効率化も推し進めており、収益率の改
        善にも努めていきます。
         当四半期は、前期のNTTグループの人材サービス会社と昨年4月の三菱重工業グループの長崎ダイヤモンド
        スタッフ株式会社のM&A寄与に加えて、NTTグループの2社については決算期変更により当第2四半期連結
        累計期間において8ヶ月分の業績を計上したこともあり、売上高は                               83,827   百万円(前年同期比         6.8%増    )となりま
        した。
       〔インソーシング〕             売上高     45,119   百万円

         BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)による業務の効率化やリスク管理、人材に関わる管理コス
        トの軽減等の企業ニーズを背景に、インソーシングは引き続き拡大しました。コンタクトセンター等を運営する
        ビーウィズ株式会社では、AI技術とオペレーションノウハウを活かし、既存・新規顧客の旺盛な需要に対応し
        て大きく業績を伸ばしました。また、特許・知財の分野では株式会社パソナナレッジパートナーが本格的な展開
        を始めています。その他各社においても、事業拡大とともに案件のノウハウが蓄積され、収益性の改善が進みま
        した。またパブリック分野では、行政事務代行など自治体案件が堅調に推移したほか、中央省庁からの大型案件
        により業績が伸長しました。これらの結果、売上高は                          45,119   百万円(前年同期比          15.1%増    )と増収となりまし
        た。
       〔HRコンサルティング、教育・研修、その他〕                           売上高     3,817   百万円

         ビジネススキルから語学や異文化コミュニケーションまで幅広い人材育成ノウハウを有するキャプラン株式会
        社では、取引先企業での社員採用増加等に伴う研修受注や新たに開発した人材育成プログラム、カルチャー分野
        のワイン講座に加え、グループシナジーを活かした大型の官公庁案件が売上に貢献し伸長しました。加えて労働
        関連の法改正に係る対応として派遣スタッフの派遣先企業への直接雇用による紹介手数料も増加し、売上高                                                  3,817
        百万円(前年同期比         17.9%増    )となりました。
       〔グローバルソーシング(海外人材サービス)〕                           売上高     3,923   百万円

         海外においては各地域での体制強化が進み、二桁の増収が続きました。ベトナムでは現地大学との産学連携で
        エンジニアを育成・派遣するプロジェクトをはじめ、インドネシアのPT.                                  Dutagriya     Sarana(デュータグリヤ            サ
        ラナ)でも営業力強化により派遣稼働者数を順調に伸ばしているほか、北米では好調な経済を背景に人材需要が
        拡大しました。為替影響が若干マイナスに働いたものの、多くの地域で業績を伸ばし、売上高は                                             3,923   百万円(前
        年同期比    11.9%増    )となりました。
        以上の事業から構成されるセグメントの売上高は                        136,689    百万円(前年同期比         9.9%増    )となりました。利益面で

       はインソーシング事業でのノウハウ蓄積による利益率の向上、派遣スタッフの派遣先企業への直接雇用による紹介
       手数料の増加等により、営業利益は                 2,801   百万円(前年同期比         20.2%増    )と増益となりました。
                                  4/25



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
       キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)                         売上高     9,209   百万円 営業利益          1,942   百万円
        構造的な人手不足を背景に活況を呈する転職市場において、当四半期は質の高いサービスの提供を継続し、特に
       管理部門職の成約が増加して人材紹介の業績は伸長を続けました。経験豊富な専門人材が顧問として企業で活躍す
       る「顧問ネットワーク」も着実に拡大しています。
        再就職支援においては、前期末からの大口案件の寄与があり、堅調に推移しています。前期に続いて全国に広が
       る拠点を人材紹介等の提案も行う総合営業窓口に転換することで、効率的経営や固定費の削減といった取組みを継
       続しつつ、改めて総合人材サービス会社としてのグループ連携を強化してまいります。
        これらの結果、当セグメントの売上高は                    9,209   百万円(前年同期比         13.0%増    )、営業利益は       1,942   百万円(前年同
       期比  30.5%増    )と大幅な増益となりました。
       アウトソーシング          売上高     16,763   百万円 営業利益          3,374   百万円

        当社子会社で福利厚生アウトソーシングサービスを手がける株式会社ベネフィット・ワンでは、人手不足の社会
       状況に加え、働き方改革や同一労働同一賃金、健康経営などの動きを追い風に、福利厚生事業とヘルスケア事業で
       取引が拡大し、業績を牽引しました。また、オペレーションのデジタル化を推進し、原価及び販管費の抑制に取り
       組みました。インセンティブ事業では、既存大手顧客でのポイント付与・交換が想定を下回りましたが、新規受注
       は増加し、顧客層は広がってきています。また個人会員向けに提携先の割引サービスメニューを提供するパーソナ
       ル事業では、新規会員獲得が遅れているものの、利用促進策の実施により既存会員の退会は想定よりも抑えられま
       した。
        これらの結果、売上高は            16,763   百万円(前年同期比         3.2%増    )、営業利益は       3,374   百万円(前年同期比         34.2%増    )と
       大きく増益となりました。
       ライフソリューション            売上高     2,743   百万円     営業利益 65      百万円

        介護分野の株式会社パソナライフケアでは、介護施設の運営に加えて、家事代行サービスや仕事と介護の両立支
       援に関するサービス等を伸ばし、保育分野の株式会社パソナフォスターでは保育園や学童等の子育て支援施設・案
       件の拡大により売上を伸ばしました。一方、利益面では、保育士の処遇向上、夏休み期間の学童施設での支援員の
       増員、一部の新規の保育施設での立ち上がりの遅れ等によりコストが膨らみました。これらの結果、売上高は                                                   2,743
       百万円(前年同期比          9.2%増    )と伸長したものの、営業利益は                65 百万円(前年同期比          41.2%減    )と減益となりまし
       た。
       パブリックソリューション              売上高     1,612   百万円     営業損失 685       百万円

        西日本最大級の道の駅を運営する株式会社丹後王国では、施設の運営に留まらず地域商社としての販路の拡大、
       商材のブランド化など様々な施策による売上拡大と運営コストの効率化を図り収益改善を着々と進めています。
        また淡路島では、兵庫県立淡路島公園で豊かな自然環境を活かした体験型エンターテインメント「ニジゲンノモ
       リ」を運営しており、6月には宿泊施設「グランシャリオ                            北斗七星135°」をオープンしました。また同じく淡路
       島内にはインバウンド観光客にも絶大な人気を誇るハローキティをモチーフにしたレストラン「HELLO                                                   KITTY
       SMILE」が本格稼動するなど、体験から飲食、宿泊までが一体となり、各施設を連動させた集客が可能になりまし
       た。当セグメントの売上高は             1,612   百万円(前年同期比         34.5%増    )と増収し、前期はニジゲンノモリ等の初期コスト
       が計上されていたこともありますが、当期は                     営業損失685      百万円(前年同期は         営業損失732      百万円)と赤字幅は縮小
       しています。
       消去又は全社         売上高     △2,325    百万円 営業利益          △3,765    百万円

        グループ間取引消去とグループシナジーの最大化のためのコストや新規事業のインキュベーションコスト、持ち
       株会社としての管理コストが含まれています。当四半期は前期に計上していた東京のグループ総合拠点への移転に
       伴う一時費用が減少した一方で、グループ全体の管理体制の強化や東京オリンピック・パラリンピックの協賛金及
       び新規事業開発にかかる初期コストが増加しました。 
                                  5/25



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      ■セグメント別業績
                                             2019年5月期

                                   2018年5月期
       売上高
                                                       増減率
                                  第2四半期(累計)
                                            第2四半期(累計)
       HRソリューション                             148,832    百万円      162,661    百万円     +9.3%
        エキスパートサービス(人材派遣)
                                    124,431    百万円      136,689    百万円      +9.9%
        インソーシング(委託・請負)他
         エキスパートサービス(人材派遣)                           78,491   百万円       83,827   百万円      +6.8%

         インソーシング(委託・請負)                           39,197   百万円       45,119   百万円     +15.1%
         HRコンサルティング、教育・研修、その他                            3,236   百万円       3,817   百万円     +17.9%
         グローバルソーシング(海外人材サービス)                            3,506   百万円       3,923   百万円     +11.9%
        キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)                             8,151   百万円       9,209   百万円     +13.0%
        アウトソーシング                            16,249   百万円       16,763   百万円      +3.2%
       ライフソリューション                              2,511   百万円       2,743   百万円      +9.2%
       パブリックソリューション                              1,198   百万円       1,612   百万円     +34.5%
       消去又は全社                             △1,923    百万円      △2,325    百万円         ―
       合計                             150,619    百万円      164,692    百万円      +9.3%
                                   2018年5月期          2019年5月期

       営業損益
                                                       増減率
                                  第2四半期(累計)          第2四半期(累計)
       HRソリューション                              6,334   百万円       8,118   百万円     +28.2%
        エキスパートサービス(人材派遣)
                                     2,330   百万円       2,801   百万円     +20.2%
        インソーシング(委託・請負)他
         エキスパートサービス(人材派遣)

         インソーシング(委託・請負)
                                     2,330   百万円       2,801   百万円     +20.2%
         HRコンサルティング、教育・研修、その他
         グローバルソーシング(海外人材サービス)
        キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)                             1,489   百万円       1,942   百万円     +30.5%
        アウトソーシング                             2,514   百万円       3,374   百万円     +34.2%
       ライフソリューション                               110  百万円         65 百万円     △41.2%
       パブリックソリューション                              △732   百万円       △685   百万円         ―
       消去又は全社                             △3,094    百万円      △3,765    百万円         ―
       合計                              2,618   百万円       3,732   百万円     +42.5%
                                  6/25






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (2) 財政状態の分析
       ①資産
        当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて                                 2,437百万円増加        ( 2.2%増    )し、   114,914
       百万円   となりました。これは主に、現金及び預金の                     増加1,736百万円        、受取手形及び売掛金の           減少603百万円       、有形
       固定資産の     増加892百万円       等によるものであります。
       ②負債

        当第2四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べて                               1,202百万円減少        ( 1.5%減    )し、   77,385百万
       円 となりました。これは主に、買掛金の                  減少2,261百万円        、長期借入金の       増加1,777百万円        、流動負債のその他に含
       まれる未払消費税の減少538百万円等によるものであります。
       ③純資産

        当第2四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べて                                 3,639百万円増加        ( 10.7%増    )し、   37,529
       百万円   となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益631百万円、子会社株式の一部売却による
       増加3,344百万円、配当金の支払514百万円等によるものであります。
        以上の結果、財務指標としては、自己資本比率が前連結会計年度末と比べて2.5ポイント改善し、23.5%となり

       ました。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
       期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行っ
       ております。
      (3) キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比し
       て1,576百万円増加し、           26,630百万円      となりました。
       ①営業活動によるキャッシュ・フロー

        営業活動の結果使用した資金は              41百万円    (前第2四半期連結累計期間             457百万円の増加        )となりました。
        資金増加の主な内訳は、税金等調整前四半期純利益                         3,508百万円      (同  3,053百万円      )、減価償却費        2,125百万円
       (同  1,737百万円      )、のれん償却額         511百万円     (同  495百万円     )、売上債権の減少          658百万円     (同  2,449百万円      の増
       加)等によるものであります。
        資金減少の主な内訳は、営業債務の減少                   2,733百万円      (同  1,720百万円      )、法人税等の支払額           2,016百万円      (同
       1,466百万円      )、その他に含まれる立替金の増加1,525百万円(同267百万円)等によるものであります。
       ②投資活動によるキャッシュ・フロー

        投資活動の結果使用した資金は              3,650百万円      (前第2四半期連結累計期間             7,915百万円の減少         )となりました。
        資金減少の主な内訳は、固定資産の取得による支出3,030百万円(同6,557百万円)、敷金及び保証金の差入によ
       る支出447百万円(同231百万円)等によるものであります。
       ③財務活動によるキャッシュ・フロー

        財務活動の結果得られた資金は              5,205百万円      (前第2四半期連結累計期間             4,155百万円の増加         )となりました。
        資金増加の主な内訳は、長期借入れによる収入5,328百万円(同7,150百万円)、連結の範囲の変更を伴わない子
       会社株式の売却による収入4,899百万円(前年同四半期は発生なし)等によるものであります。
        資金減少の主な内訳は、長期借入金の返済による支出                         3,073百万円      (前第2四半期連結累計期間             2,735百万円      )、
       配当金の支払額1,629百万円(同1,370百万円)等によるものであります。
                                  7/25




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (4) 事業上及び財務上の対処すべき課題
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
      (5) 研究開発活動

        該当事項はありません。
      (6) 主要な設備

        当第2四半期連結累計期間において、以下の設備の新設を決定しております。
                              投資予定額(百万円)
                                           資金調達             完了予定
                  セグメント
      会社名      所在地           設備の内容                         着手年月
                   の名称
                                            方法             年月
                                総額     既支払額
                  パブリック
     ㈱ニジゲン       兵庫県
                  ソリュー      商業用設備         1,400        49    自己資金       2018年9月       2019年4月
       ノモリ       淡路市
                   ション
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  8/25














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①   【株式の総数】
          種類     発行可能株式総数(株)

         普通株式           150,000,000
           計          150,000,000
       ②   【発行済株式】

                第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所名

          種類       現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融商品                内容
                 (2018年11月30日)           (2019年1月11日)             取引業協会名
                                                   単元株式数は
         普通株式            41,690,300          41,690,300      東京証券取引所市場第一部
                                                   100株であります
           計          41,690,300          41,690,300            -           -

      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①   【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
       ②   【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                    資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
           年月日       総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                    (株)       (株)                   (百万円)       (百万円)
        2018年9月1日~
                      ―  41,690,300           ―     5,000         ―    5,000
        2018年11月30日
                                  9/25








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                                2018年11月30日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式を
                                                所有株式数       除く。)の
            氏名又は名称                       住所
                                                 (株)    総数に対する
                                                      所有株式数
                                                      の割合(%)
     南部 靖之                    兵庫県神戸市                      14,763,200         37.29
     株式会社南部エンタープライズ                    東京都千代田区大手町二丁目6番2号                       3,737,800         9.44
                          225  LIBERTY    STREET,    NEW  YORK,   NEW  YORK
     BNYM   NON-TREATY      DTT
                          10286,    USA                   2,063,600         5.21
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)
                          (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     SOCIETE    GENERALE     PARIS/BT
                          17  COURS   VALMY   92987   PARIS-LA     DEFENSE
     REGISTRATION       MARC/OPT
                          CEDEX   FRANCE                    1,230,700         3.11
     (常任代理人 ソシエテ・ジェネラル証
                          (東京都千代田区丸の内一丁目1番1号)
     券株式会社)
                          51  NEW  NORTH   ROAD   EXETER    DEVON   EX4  4EP
     BRITISH    EMPIRE    TRUST   PLC
                          UNITED    KINGDOM
                                                 917,500        2.32
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                          (東京都港区港南二丁目15番1号 品川イン
     営業部)
                          ターシティA棟)
     CREDIT    SUISSE    AG  HONG   KONG   TRUST   A/C   LEVEL   88,  INTERNATIONAL       COMMERCE     CENTRE,
     CLIENT                    1 AUSTIN    ROAD   WEST,   KOWLOON,     HONG   KONG      690,800        1.74
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)                    (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     パソナグループ従業員持株会                    東京都千代田区大手町二丁目6番2号                        614,000        1.55
     株式会社グラティツード                    兵庫県神戸市中央区北野町三丁目15番16号                        596,600        1.51
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                          東京都港区浜松町二丁目11番3号                        503,600        1.27
     (信託口)
                          東京都中央区晴海一丁目8番12号 晴海アイ
     資産管理サービス信託銀行株式会社(信
                          ランド トリトンスクエア オフィスタワー                        477,600        1.21
     託E口)
                          Z棟
              計                      ―            25,595,400         64.65
     (注)   1 上記のほか、提出会社名義の自己株式2,098,780株がありますが、会社法第308条第2項の規定により議決権を

         有しておりません。
       2 当社は「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しており、資産管理サービス信託銀
         行株式会社(信託E口)(以下「信託E口」という)が当社株式477,600株を取得しております。信託E口が
         所有する当社株式については、自己株式に含めておりません。
       3 2018年6月14日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、Tempered                                               Investment
         Management      LTD.が2018年6月12日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として
         当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めて
         おりません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                保有株券等        株券等
            氏名又は名称                       住所
                                                の数(株)     保有割合(%)
                          1431   Bramwell     Road,    West   Vancouver,
     Tempered     Investment      Management      LTD.
                                                2,550,800         6.12
                          BC., Canada
                                 10/25





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                                 2018年11月30日現在
              区分              株式数(株)            議決権の数(個)             内容
        無議決権株式                              -         -      -
        議決権制限株式(自己株式等)                              -         -      -
        議決権制限株式(その他)                              -         -      -
                        (自己保有株式)
        完全議決権株式(自己株式等)                                       -      -
                        普通株式          2,098,700
        完全議決権株式(その他)                普通株式          39,578,600           395,786         -
        単元未満株式                普通株式            13,000           -      -
        発行済株式総数                          41,690,300             -      -
        総株主の議決権                              -       395,786         -
      (注)1     「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、「株式給付信託(BBT)」が保有する当社株式283,600株

          (議決権数2,836個)及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有する当社株式194,000株(議決権数1,940個)
          が含まれております。
         2  「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式80株が含まれております。
       ②【自己株式等】

                                                 2018年11月30日現在
                                                     発行済株式
                                  自己名義      他人名義      所有株式数
            所有者の氏名                                         総数に対する
                        所有者の住所         所有株式数      所有株式数       の合計
             又は名称                                        所有株式数
                                   (株)      (株)      (株)
                                                     の割合(%)
                      東京都千代田区丸の内
         株式会社パソナグループ
                                  2,098,700          -   2,098,700          5.03
          (自己保有株式)
                       一丁目5番1号
              計             -       2,098,700          -   2,098,700          5.03
      (注)1     「株式給付信託(BBT)」が保有する当社株式283,600株(0.68%)及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有

          する当社株式194,000株(0.47%)は、上記自己株式に含めておりません。
         2  上記自己株式には、当社保有の単元未満株式80株が含まれておりません。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 11/25








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年9月1日から2018年
      11月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年6月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 12/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年5月31日)              (2018年11月30日)
      資産の部
       流動資産
        現金及び預金                                25,378              27,114
        受取手形及び売掛金                                40,082              39,479
                                       ※1  1,938            ※1  2,154
        たな卸資産
        その他                                 6,645              7,377
                                          △ 58             △ 68
        貸倒引当金
        流動資産合計                                73,987              76,057
       固定資産
        有形固定資産                                15,391              16,283
        無形固定資産
          のれん                               3,900              3,439
                                         5,655              5,550
          その他
          無形固定資産合計                               9,555              8,989
        投資その他の資産
          その他                               13,638              13,680
                                          △ 95             △ 97
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                               13,543              13,583
        固定資産合計                                38,490              38,857
       資産合計                                 112,477              114,914
                                 13/25












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年5月31日)              (2018年11月30日)
      負債の部
       流動負債
        買掛金                                 6,545              4,284
        短期借入金                                 6,219              6,795
        未払費用                                16,583              16,151
        未払法人税等                                 2,210              2,530
        賞与引当金                                 3,811              3,906
        役員賞与引当金                                  48              23
        資産除去債務                                  42              34
                                         22,166              20,786
        その他
        流動負債合計                                57,629              54,511
       固定負債
        社債                                  344              316
        長期借入金                                14,116              15,893
        退職給付に係る負債                                 1,949              1,973
        役員株式給付引当金                                  170              180
        従業員株式給付引当金                                  141              154
        資産除去債務                                 1,482              1,660
                                         2,753              2,695
        その他
        固定負債合計                                20,958              22,874
       負債合計                                  78,587              77,385
      純資産の部
       株主資本
        資本金                                 5,000              5,000
        資本剰余金                                 6,967              10,310
        利益剰余金                                13,461              13,521
                                        △ 2,194             △ 2,187
        自己株式
        株主資本合計                                23,233              26,644
       その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  345              273
        為替換算調整勘定                                   9              37
                                           39              14
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                  394              325
       非支配株主持分                                  10,261              10,559
       純資産合計                                  33,889              37,529
      負債純資産合計                                   112,477              114,914
                                 14/25







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      売上高                                   150,619              164,692
                                        118,687              128,533
      売上原価
      売上総利益                                   31,931              36,158
                                      ※1  29,313            ※1  32,425
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                    2,618              3,732
      営業外収益
       受取利息                                    14              17
       補助金収入                                    24              21
       不動産賃貸料                                   263              372
                                          131              165
       その他
       営業外収益合計                                   433              577
      営業外費用
       支払利息                                    91              108
       コミットメントフィー                                    31              31
       持分法による投資損失                                    9              35
       不動産賃貸費用                                   241              298
       支払手数料                                    -              236
                                           42              61
       その他
       営業外費用合計                                   417              771
      経常利益                                    2,634              3,538
      特別利益
       固定資産売却益                                    -               8
                                          601               -
       負ののれん発生益
       特別利益合計                                   601               8
      特別損失
       固定資産除売却損                                   106               33
       投資有価証券評価損                                    67               5
                                           9              -
       関係会社株式評価損
       特別損失合計                                   182               38
      税金等調整前四半期純利益                                    3,053              3,508
      法人税、住民税及び事業税
                                         1,863              1,294
      法人税等調整額                                     29              404
      法人税等合計                                    1,893              1,698
      四半期純利益                                    1,160              1,809
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                     690             1,178
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                     470              631
                                 15/25






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      四半期純利益                                    1,160              1,809
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                    23             △ 131
       為替換算調整勘定                                    26              26
       退職給付に係る調整額                                   △ 37             △ 26
                                           0             △ 0
       持分法適用会社に対する持分相当額
       その他の包括利益合計                                    13             △ 131
      四半期包括利益                                    1,173              1,677
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                   464              562
       非支配株主に係る四半期包括利益                                   708             1,115
                                 16/25















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益                                  3,053              3,508
       減価償却費                                  1,737              2,125
       のれん償却額                                   495              511
       負ののれん発生益                                  △ 601               -
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    6              11
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   351               89
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 26
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    34              14
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 104              △ 44
       受取利息及び受取配当金                                   △ 30             △ 28
       支払利息                                    91              108
       補助金収入                                   △ 24             △ 21
       持分法による投資損益(△は益)                                    9              35
       固定資産除売却損益(△は益)                                   106               25
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 2,449               658
       営業債務の増減額(△は減少)                                 △ 1,720             △ 2,733
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  △ 197             △ 107
                                         1,175             △ 2,119
       その他
       小計                                  1,933              2,005
       利息及び配当金の受取額
                                           49              53
       利息の支払額                                   △ 83             △ 106
       補助金の受取額                                    24              21
                                        △ 1,466             △ 2,016
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                   457              △ 41
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 5,501             △ 2,220
       有形固定資産の売却による収入                                    14              69
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 1,056              △ 810
       投資有価証券の取得による支出                                   △ 36             △ 116
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                         △ 801               -
       る支出
       貸付けによる支出                                   △ 25             △ 14
       敷金及び保証金の差入による支出                                  △ 231             △ 447
       敷金及び保証金の回収による収入                                   428              146
       事業譲受による支出                                  △ 645              △ 14
                                          △ 60             △ 243
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 7,915             △ 3,650
                                 17/25






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 147               37
       長期借入れによる収入                                  7,150              5,328
       長期借入金の返済による支出                                 △ 2,735             △ 3,073
       セール・アンド・リースバックによる収入                                  1,593                87
       ファイナンス・リース債務の返済による支出                                  △ 355             △ 415
       社債の償還による支出                                    -             △ 28
       非支配株主からの払込みによる収入                                    19              -
       子会社の自己株式の処分による収入                                    0              -
       配当金の支払額                                  △ 446             △ 513
       非支配株主への配当金の支払額                                  △ 923            △ 1,116
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の売却
                                           -             4,899
       による収入
                                          △ 0              -
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                  4,155              5,205
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                     24              34
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 3,278              1,547
      現金及び現金同等物の期首残高                                   21,062              25,054
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                     -              28
                                      ※1  17,783            ※1  26,630
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 18/25













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (継続企業の前提に関する事項)
      該当事項はありません。
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

      1.連結の範囲の重要な変更
       第1四半期連結会計期間より、重要性が増した株式会社地方創生、REWARDZ                                   BENEFITS     SDN.   BHD.及びFLABULESS         FZ
      LLCを連結の範囲に含めております。
      2.持分法適用の範囲の重要な変更

       第1四半期連結会計期間より、重要性が増した株式会社VISIT東北、株式会社イーハトーブ東北ほか5社、新たに
      設立した1社を持分法の適用の範囲に含めております。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項の変更

       従来、決算日が3月31日の連結子会社については、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要
      な取引については連結上必要な調整を行っておりましたが、株式会社パソナヒューマンソリューションズについて
      は、第1四半期連結会計期間より、決算日を5月31日に変更しております。
       また、株式会社パソナジョブサポートについては完全子会社化に伴い連結納税制度へ加入したため、第1四半期連
      結会計期間より、決算日を5月31日に変更しております。
       この決算期変更に伴い、当第2四半期連結累計期間は、2018年4月1日から2018年11月30日までの8ヶ月間を連結
      しております。
     (追加情報)

      (表示方法の変更)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首より適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
       区分に表示しております。
        この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表についても組替えを行っており、流動資産の区分に表示していた繰
       延税金資産1,953百万円は投資その他の資産の区分に組み替え、流動負債の区分に表示していた繰延税金負債1百万
       円は固定負債の区分に組み替えております。
     (四半期連結貸借対照表関係)

      ※1  たな卸資産の内訳は、次のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年5月31日)              (2018年11月30日)
     商品                                    1,557              1,438
     貯蔵品                                     122              114
     仕掛品                                     192              529
     製品                                     18              22
     原材料                                     46              49
                                 19/25





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     (四半期連結損益計算書関係)
      ※1  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2017年6月1日            (自    2018年6月1日
                                至   2017年11月30日)            至   2018年11月30日)
     従業員給与及び賞与等                                   11,788              13,162
     賞与引当金繰入額                                    2,044              2,122
     役員賞与引当金繰入額                                     25              22
     退職給付費用                                     175              256
     役員株式給付引当金繰入額                                     17              20
     従業員株式給付引当金繰入額                                      7              12
     賃借料                                    2,496              2,354
     貸倒引当金繰入額                                     △ 0              15
     減価償却費                                    1,081              1,284
     のれん償却額                                     495              511
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      㯿  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとお
        りであります。
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2017年6月1日            (自    2018年6月1日
                                至   2017年11月30日)            至   2018年11月30日)
     現金及び預金勘定                                   18,416              27,114
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                    △632              △484
     現金及び現金同等物                                   17,783              26,630
     (株主資本等関係)

     前第2四半期連結累計期間(自 2017年6月1日 至 2017年11月30日)
     1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     2017年7月14日
               普通株式          447       12  2017年5月31日         2017年8月21日         利益剰余金
     取締役会
     (注)「配当金の総額」には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有する当社株式485,000
        株に対する配当金5百万円が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
                                 20/25







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     当第2四半期連結累計期間(自 2018年6月1日 至 2018年11月30日)
     1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     2018年7月13日
               普通株式          514       13  2018年5月31日         2018年8月20日         利益剰余金
     取締役会
     (注)「配当金の総額」には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」が基準日時点で保有してい
        た当社株式485,000株に対する配当金6百万円が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       当社は第1四半期連結会計期間において、連結子会社である株式会社ベネフィット・ワンの株式を一部売却したこ
       と等により、資本剰余金が3,343百万円増加しております。この結果、当第2四半期連結会計期間末において資本
       剰余金が10,310百万円となっております。
     (セグメント情報等)

     【セグメント情報】
     Ⅰ.前第2四半期連結累計期間(自                   2017年6月1日         至   2017年11月30日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                    HRソリューション

                                                       四半期
                 エキスパー
                                                       連結
                                                  調整額
                 トサービス
                                 ライフソ     パブリック       合計         損益計算書
                      キャリアソ
                                                  (注)2
                 (人材派
                                 リューショ      ソリュー                 計上額
                      リューショ
                 遣)、イン          アウトソー
                                   ン    ション                (注)3
                      ン(人材紹
                 ソーシング            シング
                      介、再就職
                 (委託・請
                       支援)
                  負)他
                  (注)1
     売上高
       外部顧客への売上高            123,484      8,125     15,851      2,462      695   150,619        -   150,619
       セグメント間の内部
                    947      26     397      48     502    1,923    △ 1,923       -
      売上高又は振替高
          計        124,431      8,151     16,249      2,511     1,198    152,542     △ 1,923    150,619
     セグメント利益又は
                   2,330     1,489     2,514      110    △ 732    5,713    △ 3,094     2,618
     損失(△)
      (注)   1 「エキスパートサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)他」には、エキスパートサービス
          (人材派遣)、インソーシング(委託・請負)、HRコンサルティング他、グローバルソーシング(海外人
          材サービス)の各事業を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額△3,094百万円には、セグメント間取引消去7百万円、各報告セグメントに配分し
          ていない全社費用3,102百万円が含まれております。全社費用は、主に当社におけるグループ管理に係る費
          用及び新規事業のインキュベーションコストであります。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 21/25




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ.当第2四半期連結累計期間(自                   2018年6月1日         至   2018年11月30日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                    HRソリューション

                                                       四半期
                 エキスパー
                                                       連結
                                                  調整額
                 トサービス
                                 ライフソ     パブリック       合計         損益計算書
                      キャリアソ
                                                  (注)2
                 (人材派
                      リューショ           リューショ      ソリュー                 計上額
                 遣)、イン          アウトソー
                                   ン    ション                (注)3
                      ン(人材紹
                 ソーシング            シング
                      介、再就職
                 (委託・請
                       支援)
                  負)他
                  (注)1
     売上高
       外部顧客への売上高            135,636      9,172     16,286      2,670      925   164,692        -   164,692
       セグメント間の内部
                   1,052       36     477      73     686    2,325    △ 2,325       -
      売上高又は振替高
          計        136,689      9,209     16,763      2,743     1,612    167,018     △ 2,325    164,692
     セグメント利益又は
                   2,801     1,942     3,374       65    △ 685    7,498    △ 3,765     3,732
     損失(△)
      (注)   1 「エキスパートサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)他」には、エキスパートサービス
          (人材派遣)、インソーシング(委託・請負)、HRコンサルティング他、グローバルソーシング(海外人
          材サービス)の各事業を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額△3,765百万円には、セグメント間取引消去29百万円、各報告セグメントに配分し
          ていない全社費用3,795百万円が含まれております。全社費用は、主に当社におけるグループ管理に係る費
          用及び新規事業のインキュベーションコストであります。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                項目                (自 2017年6月1日              (自 2018年6月1日
                                 至 2017年11月30日)               至 2018年11月30日)
     1株当たり四半期純利益                                  12円78銭              16円14銭
      (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益                      (百万円)

                                          470              631
     普通株主に帰属しない金額                              (百万円)

                                           -              -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する

                                          470              631
     四半期純利益                                          (百万円)
     普通株式の期中平均株式数        (株)                                 36,806,552               39,107,976

      (注)   1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

        2 株主資本において自己株式として計上されている「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」
          に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己
          株式に含めております。
          1株当たり四半期純利益の算定上、控除した自己株式のうち、「株式給付信託(BBT)」は前第2四半期連
          結累計期間は291,000株、当第2四半期連結累計期間は283,600株であり、「株式給付信託(J-ESOP)」は前
          第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間ともに194,000株であります。
                                 22/25




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     (重要な後発事象)
      該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 23/25



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 24/25



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年1月10日

     株  式  会  社  パ  ソ  ナ  グ  ル  ー  プ
          取 締 役 会  御 中
                          有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士        城 戸 和 弘
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士        大 橋 武 尚
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社パソナ

     グループの2018年6月1日から2019年5月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年9月1日から
     2018年11月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年6月1日から2018年11月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社パソナグループ及び連結子会社の2018年11月30日現在の
     財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
     していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 25/25



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。