株式会社ラピーヌ 四半期報告書 第71期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第71期第3四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ラピーヌ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成31年1月11日
      【四半期会計期間】                    第71期第3四半期(自 平成30年9月1日 至 平成30年11月30日)
      【会社名】                    株式会社ラピーヌ
      【英訳名】                    LAPINE       CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  青井 康弘
      【本店の所在の場所】                    大阪市中央区大手前一丁目7番31号
                         (平成30年12月25日から本店所在地 大阪市北区天満一丁目5番7号が上記
                          のように移転しております。)
                         (06)6946-3600(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    執行役員     経営統括本部副本部長           兼  経理部長  武田 三知矢
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区大手前一丁目7番31号
                         (平成30年12月25日から最寄りの連絡場所 大阪市北区天満一丁目5番7号
                          が上記のように移転しております。)
                         (06)6946-3600(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    執行役員     経営統括本部副本部長           兼  経理部長  武田 三知矢
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ラピーヌ 東京店
                         (東京都品川区西五反田七丁目22番17号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第70期           第71期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第70期
                              累計期間           累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               3月1日            3月1日            3月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成30年
                               11月30日            11月30日            2月28日
                      (千円)           7,623,585           7,162,571           9,894,929

     売上高
     経常損益(△は損失)                (千円)            441,769           △ 61,244           135,374
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            415,272           △ 87,301           132,984
     期)純損益(△は損失)
                      (千円)            416,288          △ 116,313            99,114
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           5,745,570           5,287,562           5,428,363
     純資産額
                      (千円)           9,752,644           9,607,223           9,093,519
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損益
                      (円)            178.58           △ 37.30           57.18
     金額(△は損失)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            176.08             -          56.38
     (当期)純利益金額
                      (%)             58.6           54.8           59.4
     自己資本比率
                               第70期           第71期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自平成29年           自平成30年

                               9月1日            9月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年
                               11月30日            11月30日
                                  161.08            71.12

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移は記載しておりま

           せん。
         2 売上高には消費税等は含まれておりません。
         3 第71期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在
           するものの1株当たり四半期純損失金額が計上されているため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社2社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
       継続企業の前提に関する重要事象等

        当社グループは、第68期及び第69期において2期連続の営業損失、営業活動によるキャッシュ・フローのマイナス
       を計上いたしましたが、前連結会計年度(第70期)においては営業利益を計上し、営業活動によるキャッシュ・フ
       ローもプラスとなりました。しかし、当第3四半期連結累計期間において、婦人衣料品の消費がミセス層において力
       強さを欠く中、市場ニーズを捉える魅力ある新商品の開発に取り組んでいるものの、相次ぐ自然災害の発生や、異常
       気象の影響もあり売上高が減少し、営業損失を計上するに至ったことから、継続企業の前提に関する重要な疑義を生
       じさせるような事象又は状況が存在しております。
        しかしながら、「第2 事業の状況 3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」に記載のと
       おり、当該事象又は状況を解消、早期の業績回復を実現するための対応策を策定し、収益力の回復に努めており、運
       転資金についても安定的に確保できていることから、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと
       判断しております。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  業績の概況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、景気の緩やかな回復基調が持続し、雇用・所得環境の改善
        や、設備投資が堅調に推移する一方で、米国の通商政策に端を発する貿易摩擦やEU諸国の政治動向などが国内景気
        に与えるリスクの高まりから、景気の先行きは不透明な状況が続いております                                    。
         当社グループが属するアパレル業界におきましては、一部の高額品や身の回り品にインバウンド効果がみられる
        ものの、全体としてファッション関連消費に対し、消費者の節約意識は強く、また、夏場の記録的な猛暑や集中豪
        雨、台風、地震などの自然災害が消費マインドにマイナス要因となるなど、総じて厳しい状況が続きました。
         このような状況のもと、当社グループは、中期経営計画「NL2020」に掲げる「ブランド力を磨く」と「ショップ
        ビジネスを伸ばす」を重点目標に、商品企画・製造・販売にわたり市場競争力強化に向けた各施策に取り組んでま
        いりました。
         しかしながら、当第3四半期連結累計期間の売上高は                         71億62   百万円(前年同期比6.0%減)となり、損益面にお
        きましては、営業損益は           66 百万円の損失(前年同期は4億18百万円の利益)、経常損益は                             61 百万円の損失(前年同
        期は4億41百万円の利益)となりました。また、親会社株主に帰属する四半期純損益は                                        87 百万円の損失(前年同期
        は4億15百万円の利益)となりました。
         セグメント別の業績の概要は次のとおりであります。

        < 卸売事業>
         消費者の価値観や購買行動の変化への対応を図るため、市場ニーズを捉える魅力ある新商品の開発、商品製造の
        適量適時コントロール、効果的な販売促進策実施など積極的な営業活動を展開してまいりましたが、不採算取引の
        整理に伴う販売高の減少に加え、相次ぐ自然災害の発生や暖冬傾向などから、ミセス層のファッション衣料消費マ
        インドの停滞感は予想を上回る結果となり、当事業の当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は48億63百万円
        (前年同期比11.1%減)となり、営業利益は10百万円(前年同期比97.4%減)となりました。
        <小売事業>
         店舗毎の立地や業態、顧客層に合致する商品品揃えや販売促進策の実行、接客技術のレベルアップなどに努める
        とともに、新規店舗開発、既存店舗の業績確保に取り組んでまいりました。
         当事業の当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は22億89百万円(前年同期比6.9%増)となりましたもの
        の、天候要因による消費マインド低迷から既存店舗の一部の売上に影響があったほか、新規店舗のイニシャルコス
        ト負担などにより、営業損益は49百万円の損失(前年同期は44百万円の利益)となりました                                          。
         直営店数につきましては、当第3四半期連結会計期間において、子会社の株式会社ベルラピカの直営小売店4店
        を出店、同1店を退店し、当第3四半期連結累計期間末の運営店舗数は当社グループ合計で58店となりました。
                                  3/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
       (2)  財政状態の分析
         当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べて5億13百万円増加し、                                              96億7   百万
        円となりました。これは主に、季節変動による商品及び製品の増加2億98百万円、受取手形及び売掛金の増加2億
        85百万円があったことによるものです。
         負債合計は、前連結会計年度末に比べて6億54百万円増加し、                             43億19   百万円となりました。これは主に、短期・
        長期借入金が前連結会計年度末に比べて4億39百万円増加したことによるものです。
         また、純資産合計は、前連結会計年度末に比べて1億40百万円減少し、                                 52億87   百万円となりました。これは主
        に、親会社株主に帰属する四半期純損失の計上により、利益剰余金が1億22百万円減少したことによるものです。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
       (5)  継続企業の前提に関する重要事象等について

         当社グループは、「第2 事業の状況 1 事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前提に関する重要な
        疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していることを認識しております。
         しかしながら、当該事象又は状況を解消、早期の業績回復を実現するため、製造・仕入圧縮、持ち越し在庫削
        減、不採算取引の中止など粗利益率改善及び固定費の圧縮による柔軟な損益構造への転換、中長期成長戦略として
        EC事業並びに小売事業の強化等の実行策を策定して取り組んでおり、今後も継続して推進してまいります。
         以上により、収益力の回復、経営基盤の強化に努め、また、運転資金についても安定的に確保できていることか
        ら、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。
                                  4/18














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                            7,980,000
                  計                                7,980,000
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成31年1月11日)
               (平成30年11月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所              単元株式数
     普通株式              2,767,064             2,767,064
                                        (市場第二部)               100株
         計           2,767,064             2,767,064             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                 (千株)       (千株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成30年9月1日~
                     -      2,767         -    4,354,021           -       -
     平成30年11月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成30年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年11月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                         -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

     議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                         (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                     -            -
                           普通株式        419,100
                           普通株式     2,328,800
     完全議決権株式(その他)                                        23,288         -
                           普通株式         19,164

     単元未満株式                                     -            -
     発行済株式総数                          2,767,064           -            -

     総株主の議決権                         -               23,288         -

      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式99株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に

                             自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               対する所有株式数
                             株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)            大阪市北区天満一丁目
                                419,100          -     419,100           15.14
     株式会社ラピーヌ            5番7号
          計            -         419,100          -     419,100           15.14
     (注)当社は、平成30年12月25日付で大阪市中央区大手前一丁目7番31号に移転しております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                  6/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年9月1日から平
       成30年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        851,998              759,323
         現金及び預金
                                       1,027,788              1,313,240
         受取手形及び売掛金
                                       1,674,166              1,972,556
         商品及び製品
                                        231,882              155,023
         仕掛品
                                         23,182              17,797
         原材料及び貯蔵品
                                        150,259              134,590
         その他
                                        △ 2,236             △ 2,720
         貸倒引当金
                                       3,957,041              4,349,810
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              960,306              953,766
          機械装置及び運搬具(純額)                               21,027              22,622
                                       3,180,332              3,180,332
          土地
                                         63,733              90,183
          その他(純額)
                                       4,225,399              4,246,904
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         21,811              24,274
          その他
                                         21,811              24,274
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        259,479              329,981
          投資有価証券
                                        583,795              628,658
          差入保証金
                                         82,579              33,344
          その他
                                        △ 36,587              △ 5,751
          貸倒引当金
                                        889,267              986,234
          投資その他の資産合計
                                       5,136,477              5,257,412
         固定資産合計
                                       9,093,519              9,607,223
       資産合計
                                  8/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        464,274              279,556
         支払手形及び買掛金
                                        238,599              443,304
         電子記録債務
                                     ※1 , ※2 580,000           ※1 , ※2 700,000
         短期借入金
                                       ※2 467,888             ※2 572,061
         1年内返済予定の長期借入金
                                        452,995              389,570
         未払金
                                         31,513              61,847
         未払費用
                                         46,490              34,224
         未払法人税等
                                         47,000              66,400
         返品調整引当金
                                         40,694              41,948
         ポイント引当金
                                         97,355              346,731
         その他
                                       2,466,811              2,935,643
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※2 950,650            ※2 1,166,396
         長期借入金
                                        144,204              110,893
         退職給付に係る負債
                                         60,921              65,105
         資産除去債務
                                         42,568              41,622
         その他
                                       1,198,344              1,384,017
         固定負債合計
                                       3,665,155              4,319,661
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       4,354,021              4,354,021
         資本金
                                       1,315,637              1,306,183
         資本剰余金
                                        139,868               17,671
         利益剰余金
                                       △ 536,707             △ 507,855
         自己株式
                                       5,272,820              5,170,021
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        110,502               82,694
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 40              -
         繰延ヘッジ損益
                                         16,777              15,532
         退職給付に係る調整累計額
                                        127,239               98,227
         その他の包括利益累計額合計
                                         28,303              19,314
       新株予約権
                                       5,428,363              5,287,562
       純資産合計
                                       9,093,519              9,607,223
      負債純資産合計
                                  9/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      売上高                                  7,623,585              7,162,571
                                       3,853,468              3,774,794
      売上原価
                                       3,770,117              3,387,776
      売上総利益
                                       3,351,432              3,454,122
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   418,684              △ 66,345
      営業外収益
                                           62              44
       受取利息
                                         2,734              3,023
       受取配当金
                                         2,267              1,460
       為替差益
                                         16,616              16,127
       助成金収入
       生命保険配当金                                  10,110               8,787
                                         12,841              11,015
       その他
                                         44,633              40,459
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  16,556              14,365
                                         4,314              15,330
       支払手数料
                                           677             5,662
       その他
                                         21,548              35,358
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   441,769              △ 61,244
      特別利益
                                         25,784                28
       固定資産売却益
                                         25,784                28
       特別利益合計
      特別損失
                                         4,323              2,227
       固定資産除売却損
                                         4,439              8,127
       減損損失
                                         1,206               617
       事業所閉鎖損失
                                         9,970              10,971
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        457,584              △ 72,187
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   40,136              14,622
                                         2,175               492
      法人税等調整額
                                         42,312              15,114
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   415,272              △ 87,301
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        415,272              △ 87,301
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   415,272              △ 87,301
      その他の包括利益
                                         6,642             △ 27,807
       その他有価証券評価差額金
                                           -              40
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 5,626             △ 1,244
       退職給付に係る調整額
                                         1,016             △ 29,012
       その他の包括利益合計
                                        416,288             △ 116,313
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        416,288             △ 116,313
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (固定資産の譲渡)
           当社は、平成30年3月19日に下記のとおり固定資産の譲渡を決定し、平成30年3月20日に不動産売買契約を
          締結いたしました。
           当該譲渡に伴い、第4四半期連結会計期間において固定資産売却益約400百万円を特別利益として計上する
          予定です。
          1.譲渡の理由
            当社グループは、社員の働き方や意識の改革を推進し、業務効率化や生産性の向上を図ることとし、併せ
            て経営資源の有効活用による有利子負債の圧縮を図るため、旧本社ビルの土地・建物を売却することとい
            たしました。
            (注)平成30年12月25日付で本社を大阪市中央区大手前一丁目7番31号(OMMビル)に移転しておりま
               す。
          2.譲渡資産の内容
            ①所在地                  大阪市北区天満一丁目5番7号
            ②土地面積                1,374.08㎡
            ③建物延床面積            4,922.58㎡
            ④譲渡益                  約400百万円
            ⑤現況                    事務所
            (注)譲渡価額、帳簿価額につきましては、譲渡先の強い要請により開示を控えさせていただきます。譲
               渡益は、譲渡価額より帳簿価額と譲渡に伴う諸費用の見積額を控除した概算金額です。
          3.譲渡先の概要
            譲渡先につきましては、国内法人1社でありますが、譲渡先の強い要請により開示は控えさせていただき
            ます。なお、譲渡先と当社との間には、資本関係、人的関係および取引関係はなく、また譲渡先は当社の
            関連当事者には該当いたしません。
          4.譲渡の日程
            平成31年1月下旬             物件引渡し(予定)
            (注)当初、物件引渡しを平成30年12月28日(予定)としておりましたが、当該物件の引渡し前に実施す
               べき設備の撤去等に時間を要すこととなったため、上記のとおり時期を変更いたしました。
                                 12/18











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
     ※1    コミットメントライン契約
      当社は、資金需要に対する機動性と安全性の確保及び資金効率向上を図ることを目的に、取引銀行とシンジケーション
     方式によるコミットメントライン契約を締結しており、                          この契約による当第3四半期連結会計期間末の借入未実行残高は
     次のとおりであります。
     トランシェA(シンジケーション方式によるコミットメントライン契約)

                                             当第3四半期連結会計期間
                             前連結会計年度
                            (平成30年2月28日)
                                               (平成30年11月30日)
     コミットメントラインの総額                           1,700,000千円                   1,700,000千円
                                  580,000                   700,000
     借入実行残高
                                 1,120,000                   1,000,000
     差引額
     ※2 財務制限条項

      借入金の一部について、以下の財務制限条項が付されております。これらの財務制限条項に抵触した場合には、多数貸
     付人の請求に基づき、期限の利益を喪失することになります。
      (1)上記1のコミットメントライン契約及び平成29年9月28日付でタームアウトを実行した長期借入金
         (当第3四半期連結会計期間末残高 短期借入金700,000千円 長期借入金750,000千円 1年内返済予定の長期
         借入金150,000千円)
         なお、当該タームアウトを実行した長期借入金については多数貸付人の決定により期中返済元本額が規定された
        金額の150%になる可能性があります。
        ①平成30年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金
         額が、当該決算期の直前の決算期の末日又は平成29年2月期末における単体の貸借対照表における純資産の部の
         金額のいずれか大きい方の75%の金額以上であること。
        ②平成30年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期に係る単体の損益計算書上の経常利益が、2期連続して損
         失とならないこと。
      (2)平成30年3月28日締結のシンジケートローン契約
         (当第3四半期連結会計期間末残高 長期借入金349,996千円 1年内返済予定の長期借入金233,336千円)
        ①平成30年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表における純資産の部の金
         額が、平成29年2月期末における連結の貸借対照表における純資産の部の金額の75%の金額以上であること。
        ②平成30年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期に係る連結の損益計算書上の当期純利益が、2期連続して
         損失とならないこと。
        ③平成30年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金
         額が、平成29年2月期末における単体の貸借対照表における純資産の部の金額の75%の金額以上であること。
        ④平成30年2月に終了する決算期以降の各年度の決算期に係る単体の損益計算書上の当期純利益が、2期連続して
         損失とならないこと。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年3月1日                 (自 平成30年3月1日
                             至 平成29年11月30日)                 至 平成30年11月30日)
          減価償却費                         84,047千円                 87,403千円
                                 13/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年11月30日)
           1.配当金支払額
              該当事項はありません。
           2.株主資本の金額の著しい変動

              当社は、    平成29年5月26日開催の第69回定時株主総会において、次のとおり資本準備金の額の減少及
             び剰余金の処分について承認可決され、平成29年7月10日に効力が発生しております。なお、本件は
             「純資産の部」の振替処分であり、当社グループの純資産合計に変動はありません。
             (1)  資本準備金の額の減少及び剰余金の処分を行う目的
                今後の資本政策の柔軟性の確保と早期復配体制の実現を目的として、資本準備金の全額を減少さ
               せ、その他資本剰余金に振り替え、振り替え後のその他資本剰余金の一部を繰越利益剰余金に振り
               替えることにより、欠損補填を行う。
             (2)  資本準備金の額の減少の要領
                会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金の全額を減少させ、その他資本剰余金に振り
               替える。
               ①減少する準備金の項目及びその額
                資本準備金     2,002,723千円のうち、2,002,723千円(全額)
               ②増加する剰余金の項目及びその額
                その他資本剰余金  2,002,723千円
             (3)  剰余金の処分の要領
                会社法第452条の規定に基づき、上記(2)による振り替え後のその他資本剰余金の一部を繰越利益
               剰余金に振り替えることにより、欠損補填に充当する。
               ①減少する剰余金の項目及びその額
                その他資本剰余金  702,519千円
               ②増加する剰余金の項目及びその額
                繰越利益剰余金   702,519千円
              上記の結果、当第3四半期連結累計期間において資本剰余金が702,519千円減少し、利益剰余金が
             702,519千円増加しております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年11月30日)

           1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      平成30年5月25日
                普通株式        34,895       15.00     平成30年2月28日          平成30年5月28日          利益剰余金
       定時株主総会
           2.株主資本の金額の著しい変動

              該当事項はありません。
                                 14/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年11月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                              報告セグメント
                                           その他           損益計算書
                                                 調整額
                                           (注)1            計上額
                          卸売事業      小売事業       計
                                                       (注)2
         売上高
           外部顧客への売上高               5,472,162      2,140,650      7,612,812       10,773        -   7,623,585
           セグメント間の内部売上高
                             -      -      -      -      -       -
           又は振替高
                         5,472,162      2,140,650      7,612,812       10,773        -   7,623,585
                計
         セグメント利益又は損失(△)                 401,478      44,834     446,312     △ 27,627        -    418,684
          (注)1 「その他」の区分は、「ラピーヌ夢ファーム株式会社」にかかる金額であります。
              2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年11月30日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                              報告セグメント
                                           その他           損益計算書
                                                 調整額
                                           (注)1            計上額
                          卸売事業      小売事業       計
                                                       (注)2
         売上高
                         4,863,477      2,289,293      7,152,771        9,800       -   7,162,571
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部売上高
                             -      -      -      -      -       -
           又は振替高
                         4,863,477      2,289,293      7,152,771        9,800       -   7,162,571
                計
         セグメント利益又は損失(△)                  10,290     △ 49,546     △ 39,255     △ 27,090        -    △ 66,345
          (注)1 「その他」の区分は、「ラピーヌ夢ファーム株式会社」にかかる金額であります。
              2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 15/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日               (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     (1)  1株当たり四半期純損益金額(△は損失)
                                      178円58銭               △37円30銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純損益金額
                                       415,272               △87,301
       (△は損失)(千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       415,272               △87,301
       損益金額(△は損失)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 2,325               2,339
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                      176円08銭                   -
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (千円)
       普通株式増加数(千株)                                  32               -
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
       (注) 当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失金額が計上されているため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ラピーヌ(E00605)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年1月10日

     株式会社ラピーヌ

      取締役会 御中

                              有限責任監査法人トーマツ

                              指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                               千﨑 育利         印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                               木戸脇    美紀  印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ラピー

     ヌの平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年9月1日から平成
     30年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ラピーヌ及び連結子会社の平成30年11月30日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.      XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。