五洋食品産業株式会社 四半期報告書 第44期第2四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第44期第2四半期(平成30年9月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:五洋食品産業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第2項

     【提出先】               福岡財務支局長

     【提出日】               平成31年1月11日

     【四半期会計期間】               第44期第2四半期(自            平成30年9月1日          至   平成30年11月30日)

     【会社名】               五洋食品産業株式会社

     【英訳名】               GOYO   foods   Industry     Co.,   Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  舛田 圭良

     【本店の所在の場所】               福岡県糸島市多久819番地2

     【電話番号】               (092)332-9610(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役管理部長  山北 俊明

     【最寄りの連絡場所】               福岡県糸島市多久819番地2

     【電話番号】               (092)332-9610(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役管理部長  山北 俊明

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/15








                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                                第43期           第44期

               回次                                      第43期
                             第2四半期累計期間           第2四半期累計期間
                            自   平成29年6月1日         自   平成30年6月1日         自   平成29年6月1日
              会計期間
                            至   平成29年11月30日         至   平成30年11月30日         至   平成30年5月31日
     売上高                    (千円)          951,494          1,004,018           2,054,369
     経常損失(△)                    (千円)         △ 41,543          △ 30,456          △ 17,279

     当期純利益又は四半期純損失(△)                    (千円)         △ 41,956          △ 26,850           6,744

     持分法を適用した場合の投資利益                    (千円)             ―           ―           ―

     資本金                    (千円)          100,000           100,000           100,000

     発行済株式総数                    (株)        1,807,172           1,807,172           1,807,172

     純資産額                    (千円)          393,635           415,437           442,291

     総資産額                    (千円)         2,555,632           2,633,784           2,531,331

     1株当たり当期純利益金額又は
                         (円)         △ 23.23          △ 14.86           3.73
     1株当たり四半期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                         (円)            ―           ―         3.71
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                    (円)            ―           ―           ―
     自己資本比率                    (%)           15.3           15.7           17.4

     営業活動によるキャッシュ・フロー                    (千円)         △ 46,890          △ 81,814           54,630

     投資活動によるキャッシュ・フロー                    (千円)         △ 156,168          △ 28,875         △ 208,804

     財務活動によるキャッシュ・フロー                    (千円)         △ 181,447           128,010          △ 241,988

     現金及び現金同等物の
                         (千円)          273,434           279,097           261,777
     四半期末(期末)残高
                                第43期           第44期

               回次
                             第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                            自   平成29年9月1日         自   平成30年9月1日
              会計期間
                            至   平成29年11月30日         至   平成30年11月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                         (円)          △ 7.23           4.13
     1株当たり四半期純損失金額(△)
      (注)   1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、四半期連結会計期間等に係る主要な経営指標等の
          推移については記載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
        4.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、第43期第2四半期累計期間及び第44期第2四半期
          累計期間は潜在株式が存在しているものの、1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
        5.1株当たり配当額は、配当を行っていないため記載しておりません。
        6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          会計期間の期首から適用しており、前第2四半期累計期間及び前事業年度に係る主要な経営指標等について
          は、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/15


                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第2四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  財政状態及び経営成績の状況
       ①  経営成績の状況
        当第2四半期累計期間(平成30年6月1日から平成30年11月30日まで)におけるわが国の経済は、緩やかな回復
       基調にある中、輸出や生産の持ち直しは持続しており、個人消費や設備投資など国内需要も持ち直しをみせていま
       す。また、相次ぐ自然災害を背景にした消費者マインドの悪化や、訪日観光客の減少によるインバウンド消費の減
       少も緩やかな回復基調となり持ち直しの兆しが見られます。
        洋菓子業界、とりわけ当社におきましては、需要の季節変動が大きく、夏場にあたる第1四半期会計期間に需要
       が最も落ち込み、クリスマス等のイベントがある12月を含む第3四半期会計期間に需要が最も高まる傾向にありま
       す。
        このような経営環境のなか当社は、4つの販売チャネルのそれぞれについて、新規の取引拡大に努めました。と
       りわけ「飲食店等(プロ)向け業務用スイーツ事業(業務用チャネル)」において、大手外食チェーンの売上拡大に
       積極的に取り組んだ結果、グランドメニューの受注が堅調に推移し、また、フェアメニューの獲得等により、全体
       の売上高拡大を牽引しました。また、「海外向けスイーツ事業(輸出チャネル)」においては、引き続き海外市場向
       け製品の開発や海外における販促活動に注力し、輸出による売上拡大を図ってまいります。
        この結果、当第2四半期累計期間の売上高は1,004,018千円(前年同期は951,494千円、52,523千円の増収(対前
       年同期比5.5%増))、営業損失は21,553千円(前年同期は営業損失30,152千円、8,599千円の改善)、経常損失は
       30,456千円(前年同期は経常損失41,543千円、11,086千円の改善)、四半期純損失は26,850千円(前年同期は四半
       期純損失41,956千円、15,106千円の改善)となりました。
        なお、当社が重要業績評価指標と位置付けているEBITDAについて、当第2四半期累計期間では39,340千円(前年
       同期は27,697千円、11,642千円の増加)、EBITDAマージンは3.9%(前年同期は2.9%、1.0ポイント上昇)となりま
       した。
        ※EBITDA=営業利益+減価償却費等の非現金支出費用
        ※EBITDAマージン=EBITDA÷売上高
        なお、当社は冷凍洋菓子事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       ②  財政状態

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計
       期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前事業年度末の数値で比較を行っております。
       (資産)
        資産合計は、前事業年度末に比べ102,453千円増加し2,633,784千円となりました。これは主に、売掛金が69,650
       千円増加、たな卸資産が45,857千円増加、建物が24,680千円減少したことによるものであります。
       (負債)
        負債合計は、前事業年度末に比べ129,307千円増加し2,218,346千円となりました。これは主に、短期借入金が
       100,000千円増加、長期借入金が54,010千円増加、社債が26,000千円減少したことによるものであります。
       (純資産)
        純資産合計は、前事業年度末に比べ26,854千円減少し415,437千円となりました。これは主に、当第2四半期累計
       期間に四半期純損失を26,850千円計上したことによるものであります。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ17,319千円
       増加し、279,097千円となりました。
                                  3/15


                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
        当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果使用した資金は81,814千円(前年同四半期は46,890千円の使用)となりました。これは主に、
        税引前四半期純損失29,956千円及び減価償却費60,850千円を計上したことのほか、売上債権の増加74,692千円、
        たな卸資産の増加45,857千円によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果使用した資金は28,875千円(前年同四半期は156,168千円の使用)となりました。これは主に、
        有形固定資産の取得による支出26,576千円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果獲得した資金は128,010千円(前年同四半期は181,447千円の使用)となりました。これは主
        に、短期借入金の純増加額100,000千円によるものであります。
      (3)  当社の資本の財源及び資金の流動性について

        当社の主な資金需要は、原材料費、労務費、販売費及び一般管理費等に係る運転資金と、製造設備の更新・改修
       等に係る設備投資資金となっており、資金調達については主に金融機関からの借入により行っております。短期運
       転資金については、主に金融機関からの短期借入金を基本とし、設備投資や長期運転資金については金融機関から
       の長期借入金を基本としております。
      (4)  経営方針・経営戦略等

        当第2四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等に重要な変更はありません。
      (5)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありません。
      (6)  研究開発活動

        当第2四半期累計期間の研究開発費の総額は10,962千円であります。
        なお、当第2四半期累計期間において当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3  【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/15









                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     3,440,000

                  計                                    3,440,000

       ② 【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成31年1月11日)
               (平成30年11月30日)                      商品取引業協会名
                                              権利内容に何ら限定のな
                                     東京証券取引所
                                              い当社における標準とな
       普通株式            1,807,172           1,807,172
                                    (TOKYO    PRO  Market)    る株式であり、単元株式
                                              数は100株であります。
         計           1,807,172           1,807,172          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額       資本金残高
          年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                 (千円)       (千円)
                    (株)       (株)                    (千円)       (千円)
      平成30年9月1日~
                       ―   1,807,172           ―    100,000          ―       ―
      平成30年11月30日
                                  5/15







                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                               平成30年11月30日現在
                                                      発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数        除く。)の
            氏名又は名称                      住所
                                               (株)      総数に対する
                                                      所有株式数
                                                      の割合(%)
     イノベーション・エンジン食品革新投資                    東京都港区芝2丁目3番12号 芝アビ
                                                657,900         36.41
     事業有限責任組合                    タシオンビル3F
     舛田    圭良
                         福岡県糸島市                       231,182         12.79
                         東京都千代田区丸の内2丁目2-1 岸
     FP成長支援A号投資事業有限責任組合                                           150,000         8.30
                         本ビルヂング2階
     FPステップアップ支援投資事業有限責                    東京都千代田区丸の内2丁目2-1 岸
                                                143,032         7.91
     任組合                    本ビルヂング2階
     NCB九州活性化投資事業有限責任組合                    福岡市博多区下川端町2-1                       90,000         4.98
     株式会社丸菱                    熊本県上益城郡益城町宮園788                       78,000         4.31

     エイチシー5号投資事業組合                    広島市中区銀山町3-1                       44,000         2.43

     舛田   タズ子

                         福岡県糟屋郡粕屋町                       27,500         1.52
     上木戸 一仁                    東京都港区                       24,951         1.38

     藤永 晋也                    東京都港区                       22,151         1.22

              計                    ―             1,468,716          81.30

      (6)  【議決権の状況】

       ① 【発行済株式】
                                                 平成30年11月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―              ―
                      普通株式        700
                      普通株式     1,804,800
     完全議決権株式(その他)                                  18,048            ―
                      普通株式       1,672
     単元未満株式                                ―              ―
     発行済株式総数                     1,807,172           ―              ―

     総株主の議決権                     ―            18,048            ―

       ② 【自己株式等】

                                               平成30年11月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             福岡県糸島市多久
                                    700        ―      700      0.03
     五洋食品産業株式会社             819番地2
           計              ―           700        ―      700      0.03
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/15


                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成30年9月1日から平成30年
      11月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成30年6月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期財務諸表につい
      て、如水監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                  7/15
















                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成30年5月31日)              (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
        現金及び預金                                261,777              279,097
        売掛金                                263,907              333,558
        電子記録債権                                11,434              16,476
                                       ※  239,939             ※  285,796
        たな卸資産
        その他                                10,772               3,547
                                         △ 182             △ 232
        貸倒引当金
        流動資産合計                                787,649              918,244
       固定資産
        有形固定資産
          建物(純額)                              951,890              927,209
          機械及び装置(純額)                              337,733              331,699
          土地                              314,213              314,213
                                        108,265              105,999
          その他(純額)
          有形固定資産合計                             1,712,102              1,679,121
        無形固定資産
                                         3,972              4,549
        投資その他の資産
          投資有価証券                                139              133
          破産更生債権等                                556              556
          投資不動産(純額)                               16,953              16,824
          その他                               9,680              14,235
                                         △ 515             △ 515
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                               26,814              31,234
        固定資産合計                               1,742,889              1,714,906
       繰延資産                                   792              633
       資産合計                                2,531,331              2,633,784
      負債の部
       流動負債
        買掛金                                161,585              172,503
        短期借入金                                200,000              300,000
        1年内償還予定の社債                                26,000                 -
        1年内返済予定の長期借入金                                91,980              97,937
        未払法人税等                                  413              413
        賞与引当金                                 4,440                -
                                        121,120              115,941
        その他
        流動負債合計                                605,540              686,794
       固定負債
        社債                                31,500              31,500
        転換社債型新株予約権付社債                                219,912              219,912
        長期借入金                               1,228,224              1,276,277
                                         3,862              3,862
        退職給付引当金
        固定負債合計                               1,483,498              1,531,551
       負債合計                                2,089,039              2,218,346
                                  8/15




                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成30年5月31日)              (平成30年11月30日)
      純資産の部
       株主資本
        資本金                                100,000              100,000
        資本剰余金                                176,310              176,310
        利益剰余金                                163,784              136,934
                                         △ 430             △ 430
        自己株式
        株主資本合計                                439,664              412,814
       評価・換算差額等
                                           43              39
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                  43              39
       新株予約権                                  2,584              2,584
       純資産合計                                 442,291              415,437
      負債純資産合計                                  2,531,331              2,633,784
                                  9/15















                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成29年6月1日              (自 平成30年6月1日
                                 至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                      ※2  951,494           ※2  1,004,018
      売上高
                                        713,611              740,738
      売上原価
      売上総利益                                   237,883              263,279
                                      ※1  268,035            ※1  284,833
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 30,152             △ 21,553
      営業外収益
       受取利息                                    0              5
       受取配当金                                    0              0
       受取家賃                                   414              319
       受取補償金                                   394              541
       物品売却益                                   289              255
       助成金収入                                  4,076              5,634
                                          446              119
       その他
       営業外収益合計                                  5,622              6,876
      営業外費用
       支払利息                                  16,589              15,238
                                          423              541
       その他
       営業外費用合計                                  17,012              15,780
      経常損失(△)                                  △ 41,543             △ 30,456
      特別利益
                                           -             500
       補助金収入
       特別利益合計                                    -             500
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 41,543             △ 29,956
      法人税、住民税及び事業税
                                          413              413
                                           -           △ 3,520
      法人税等調整額
      法人税等合計                                     413            △ 3,106
      四半期純損失(△)                                  △ 41,956             △ 26,850
                                 10/15









                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成29年6月1日              (自 平成30年6月1日
                                 至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前四半期純損失(△)                                 △ 41,543             △ 29,956
       減価償却費                                  57,302              60,850
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  △ 195               -
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   554               49
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 12,131              △ 4,440
       受取利息及び受取配当金                                   △ 1             △ 6
       支払利息                                  16,589              15,238
       社債発行費償却                                    84              84
       新株予約権発行費償却                                    75              75
       補助金収入                                    -            △ 500
       助成金収入                                 △ 4,076             △ 5,634
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 17,696             △ 74,692
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 107,481              △ 45,857
       その他の資産の増減額(△は増加)                                  20,381               3,255
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  55,586              10,917
       未払金の増減額(△は減少)                                  3,014              10,957
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  5,384             △ 18,823
                                        △ 1,190              2,047
       その他の負債の増減額(△は減少)
       小計                                 △ 25,343             △ 76,435
       利息及び配当金の受取額
                                           1              6
       利息の支払額                                 △ 16,475             △ 15,266
       法人税等の支払額                                 △ 9,149              △ 413
       法人税等の還付額                                    -            4,160
       助成金の受取額                                  4,076              5,634
                                           -             500
       補助金の受取額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 46,890             △ 81,814
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                △ 154,555              △ 26,576
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 1,893             △ 1,100
       長期貸付けによる支出                                    -           △ 1,400
       長期貸付金の回収による収入                                    -              84
                                          280              115
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 156,168              △ 28,875
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 250,000              100,000
       長期借入れによる収入                                 110,000              100,000
       長期借入金の返済による支出                                 △ 41,447             △ 45,990
                                           -           △ 26,000
       社債の償還による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 181,447              128,010
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 384,505               17,319
      現金及び現金同等物の期首残高                                   657,940              261,777
                                       ※  273,434             ※  279,097
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 11/15




                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会
        計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
        区分に表示しております。
       (四半期貸借対照表関係)

        ※   たな卸資産の内訳は、次のとおりであります。
                               前事業年度              当第2四半期会計期間

                            (平成30年5月31日)                 (平成30年11月30日)
         商品及び製品                       193,988    千円             230,572    千円
         仕掛品                        6,295    〃              8,191    〃
         原材料及び貯蔵品                        39,656    〃              47,032    〃
       (四半期損益計算書関係)

        ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                           (自    平成29年6月1日              (自    平成30年6月1日
                            至   平成29年11月30日)               至   平成30年11月30日)
         荷造運賃                        61,401   千円              66,856   千円
         給与及び手当                        44,186    〃              46,989    〃
         保管料                        24,459    〃              30,187    〃
         貸倒引当金繰入額                         554   〃                49  〃
        ※2 前第2四半期累計期間(自 平成29年6月1日 至 平成29年11月30日)

           当社の売上は、季節的変動が著しく、第3四半期会計期間に売上が集中する傾向にあります。
           当第2四半期累計期間(自 平成30年6月1日 至 平成30年11月30日)

           当社の売上は、季節的変動が著しく、第3四半期会計期間に売上が集中する傾向にあります。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        
          りであります。
                             前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間

                             (自    平成29年6月1日              (自    平成30年6月1日
                             至   平成29年11月30日)               至   平成30年11月30日)
         現金及び預金勘定                          273,434     千円            279,097     千円
         現金及び現金同等物                          273,434     千円            279,097     千円
       (株主資本等関係)

        前第2四半期累計期間(自              平成29年6月1日          至   平成29年11月30日)
         平成29年8月29日に開催の当社第42期定時株主総会にて、「資本金の額の減少の件」及び「資本準備金の額の
        減少の件」が承認可決され、平成29年10月1日にその効力が発生しております。
        ①目的
         今後の当社における成長戦略を実現するために財務戦略の一環として実施するものであり、機動的かつ柔軟な
        資本政策の実現と、中小企業を対象とした税制上のメリットを享受することを通じて企業価値の向上を図ること
        を目的とするものであります。
                                 12/15



                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
        ②資本金
         39,600千円をその他資本剰余金に振替えました。
        ③資本準備金
         39,600千円をその他資本剰余金に振替えました。
        上記の結果、当第2四半期累計期間において資本剰余金が39,600千円増加しております。

        当第2四半期累計期間(自              平成30年6月1日          至   平成30年11月30日)

        該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        前第2四半期累計期間(自              平成29年6月1日          至   平成29年11月30日)
        当社は、冷凍洋菓子事業の単一セグメントであるため、セグメント情報については記載を省略しております。
        当第2四半期累計期間(自              平成30年6月1日          至   平成30年11月30日)

        当社は、冷凍洋菓子事業の単一セグメントであるため、セグメント情報については記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間

                                 (自    平成29年6月1日            (自    平成30年6月1日
                                  至   平成29年11月30日)            至   平成30年11月30日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                   △23円23銭              △14円86銭
     (算定上の基礎)
      四半期純損失金額(△)(千円)                                  △41,956              △26,850
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―              ―
      普通株式に係る四半期純損失金額(△)(千円)                                  △41,956              △26,850
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  1,806,508              1,806,452
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―              ―
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損
         失であるため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 13/15






                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 14/15



















                                                           EDINET提出書類
                                                      五洋食品産業株式会社(E26570)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成31年1月11日

     五洋食品産業株式会社
      取締役会 御中
                              如水監査法人
                                指定社員

                                                 児玉   邦康
                                           公認会計士            ㊞
                                業務執行社員
                                指定社員

                                                 村上   知子
                                           公認会計士            ㊞
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている五洋食品産業株

     式会社の平成30年6月1日から平成31年5月31日までの第44期事業年度の第2四半期会計期間(平成30年9月1日から
     平成30年11月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成30年6月1日から平成30年11月30日まで)に係る四半期財務諸
     表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、五洋食品産業株式会社の平成30年11月30日現在の財政状態並びに同日を
     もって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事
     項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 15/15




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。