株式会社フォーシーズホールディングス 有価証券報告書 第16期(平成29年10月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第16期(平成29年10月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社フォーシーズホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      福岡財務支局長

     【提出日】                      平成30年12月27日

     【事業年度】                      第16期(自       平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

     【会社名】                      株式会社フォーシーズホールディングス

     【英訳名】                      4Cs  Holdings     Co.,   Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長            洲崎 智広

     【本店の所在の場所】                      福岡市中央区薬院一丁目1番1号

     【電話番号】                      092-720-5460

     【事務連絡者氏名】                      経営企画室 室長  内野 紗希

     【最寄りの連絡場所】                      福岡市中央区薬院一丁目1番1号

     【電話番号】                      092-720-5460

     【事務連絡者氏名】                      経営企画室 室長  内野 紗希

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1)連結経営指標等の推移

            回次           第12期        第13期        第14期        第15期        第16期
          決算年月           平成26年9月        平成27年9月        平成28年9月        平成29年9月        平成30年9月

     売上高            (千円)      1,273,344        2,373,397        4,311,816        2,668,408        2,248,324

     経常利益            (千円)        58,051        77,922       260,210        161,356        25,303

     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は
                 (千円)       296,362        31,621       122,398        200,597       △ 45,792
     親会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     包括利益            (千円)       296,362        31,621       122,398        200,597       △ 45,792
     純資産額            (千円)      1,031,658        1,162,953        1,282,190        1,478,076        1,434,825

     総資産額            (千円)      1,619,047        2,882,345        3,211,418        3,268,285        3,170,416

     1株当たり純資産額            (円)       155.99        167.76        185.56        214.75        208.04

     1株当たり当期純利益又
     は1株当たり当期純損失            (円)        49.50        4.79       17.82        29.21       △ 6.67
     (△)
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)          ―        ―        ―        ―        ―
     り当期純利益
     自己資本比率            (%)        63.1        40.0        39.7        45.1        45.1
     自己資本利益率            (%)        36.5        2.9       10.1        14.6       △ 3.2

     株価収益率            (倍)         4.6       53.4        19.5        15.6         ―

     営業活動による
                 (千円)       109,172       △ 144,921        244,814        240,434        93,462
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)       243,334       △ 591,141         3,227       44,444       166,989
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)       △ 26,313       623,174        133,222        196,689       △ 156,569
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (千円)       836,859        724,983       1,103,135        1,586,360        1,690,241
     期末残高
                          104        117        110        101        103
     従業員数
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)
                           ( 2 )       ( 6 )      ( 11 )       ( 1 )       ( ▶ )
      (注)   1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第12期から第15期は希薄化効果を有している潜在株式が
          存在しないため、第16期は潜在株式は存在するものの当期純損失を計上しているため記載しておりません。
        3.第16期の株価収益率については、1株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりません。
                                  2/78





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等の推移
            回次           第12期        第13期        第14期        第15期        第16期
          決算年月           平成26年9月        平成27年9月        平成28年9月        平成29年9月        平成30年9月

     売上高            (千円)        66,000       106,800        163,400        368,600        281,400

     経常利益又は経常損失
                 (千円)       △ 25,652       △ 12,803       △ 14,038       143,351         8,330
     (△)
     当期純利益又は
                 (千円)       196,350       △ 17,509       △ 12,366       143,991         8,104
     当期純損失(△)
     資本金            (千円)       882,788        882,788        882,788        882,788        882,788
     発行済株式総数            (株)      6,648,670        6,973,470        6,973,470        6,973,470        6,973,470

     純資産額            (千円)      1,060,133        1,142,297        1,126,768        1,266,048        1,276,695

     総資産額            (千円)      1,176,401        1,941,344        1,809,959        2,256,370        2,190,080

     1株当たり純資産額            (円)       160.34        164.75        162.93        183.88        185.01

     1株当たり配当額
                           ―        ―        ―        ―        ―
     (うち1株当たり            (円)
                          ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
     又は1株当たり当期純            (円)        32.80       △ 2.65       △ 1.80       20.97        1.18
     損失(△)
     潜在株式調整後1株当
                  (円)          ―        ―        ―        ―      1.18
     たり当期純利益
     自己資本比率            (%)        89.2        58.3        61.8        56.0        58.0
     自己資本利益率            (%)        22.1       △ 1.6       △ 1.1       12.1        0.6

     株価収益率            (倍)         7.0         ―        ―      21.8       500.0

     配当性向            (%)          ―        ―        ―        ―        ―

                           3        6        6        8        8
     従業員数
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)
                          ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( 1 )
      (注)   1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第13期及び第14期は潜在株式は存在するものの当期純損
          失を計上しているため、第12期及び第15期は希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載してお
          りません。
        3.第13期及び第14期の株価収益率については、1株当たり当期純損失を計上しているため記載しておりませ
          ん。
        4.第12期から第16期は、配当を行っていないため、配当性向の記載を省略しております。
                                  3/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
     <サイトデザイン株式会社>
        年月                            事項
             EC(電子商取引)に関わる先端的テクノロジー及びマーケティングの研究・開発事業を目的とし
      平成10年10月
             て、東京都千代田区平河町一丁目7番20号にサイトデザイン株式会社を資本金1億円をもって設立
      平成10年10月        株式会社リギーコーポレーション(現 株式会社オレンジハウス)を買収
      平成12年4月        本社を東京都千代田区隼町3番16号に移転
      平成12年12月        東京証券取引所(マザーズ)に株式を上場
      平成13年12月        子会社(株式会社オレンジハウス)の全株式を売却
      平成15年7月        本社を東京都文京区本郷三丁目22番5号に移転
      平成15年12月        株式移転により完全親会社(持株会社)株式会社SDホールディングスを設立
     <株式会社フォーシーズホールディングス>

     (旧会社名     株式会社SDホールディングス、株式会社フェヴリナ、株式会社フェヴリナホールディングス)
        年月                            事項
      平成15年12月        サイトデザイン株式会社との株式移転により、株式会社SDホールディングス設立

      平成15年12月        東京証券取引所(マザーズ)に上場
      平成16年1月        完全子会社としてアーツテクノロジー株式会社を設立
      平成16年3月        株式会社フェヴリナの全株式を取得し、完全子会社化
      平成17年8月        本社を東京都渋谷区恵比寿一丁目13番6号に移転
      平成17年11月        完全子会社としてユーロスポーツ株式会社を設立
      平成18年8月        子会社(アーツテクノロジー株式会社)の全株式を売却
      平成18年12月        子会社(ユーロスポーツ株式会社)の全株式を売却
      平成19年1月        本社を東京都渋谷区広尾五丁目25番2号に移転
      平成19年7月        株式会社フェヴリナとサイトデザイン株式会社を合併
             株式会社フェヴリナを吸収合併し、商号を株式会社フェヴリナへ変更、本社を福岡市中央区天神二
      平成20年8月
             丁目14番8号に移転
      平成22年2月        本社を福岡市中央区薬院一丁目1番1号に移転
             完全子会社として株式会社フェヴリナ販売を設立(平成24年7月1日付で株式会社フェヴリナへ商号
      平成24年4月
             変更)
             当社の事業を株式会社フェヴリナに会社分割の方法により分割し、持株会社体制に移行
      平成24年7月
             商号を株式会社フェヴリナホールディングスに変更
      平成24年10月        株式交換により株式会社ソフトエナジーホールディングスを完全子会社化
             完全子会社の株式会社ソフトエナジーホールディングスが第三者割当増資を実施し、当社持分比率
      平成25年4月
             の低下等により持分法適用関連会社へ異動
      平成26年3月        持分法適用関連会社(株式会社ソフトエナジーホールディングス)の全株式を売却
      平成26年6月        株式交換により株式会社サイエンスボーテを完全子会社化
             東京証券取引所マザーズ市場から同取引所市場第二部に市場変更
      平成27年2月
             商号を株式会社フォーシーズホールディングスに変更
      平成27年4月        完全子会社として株式会社Cureを設立
      平成27年7月        株式会社Cureにおいて事業譲受により事業を開始
             株式交換によりクレイトン・ダイナミクス株式会社を完全子会社化
      平成27年8月
             クレイトン・ダイナミクス株式会社が株式会社プランAの全株式を取得し完全子会社化
      平成29年6月        子会社(クレイトン・ダイナミクス株式会社)の全株式を売却
                                  4/78



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当社グループは、当社及び連結子会社3社により構成されており、コミュニケーション・セールス事業及び化粧品
      卸事業を営んでおります。
       当社グループの事業展開は以下のとおりであります。
       なお、当社は、特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準につい
      ては連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。
      「コミュニケーション・セールス事業」

       化粧品及び健康食品の通信販売を主な事業としております。
       (関係会社)株式会社フェヴリナ、株式会社サイエンスボーテ
      「化粧品卸事業」

       化粧品及び入浴剤の卸売りを主な事業としております。
       (関係会社)株式会社Cure
      事業系統図は次のとおりであります。

      (注)カラーコンタクトレンズ事業につきましては、前連結会計年度にクレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式





         を売却したことに伴い、当連結会計年度より当社グループから除外しております。
                                  5/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     4 【関係会社の状況】
                                            議決権の所有割合
                              資本金       主要な
            名称            住所                       又は        関係内容
                              (千円)      事業の内容
                                            被所有割合(%)
     (連結子会社)
     ㈱フェヴリナ
                                   コミュニケーショ           所有      経営指導
                     福岡市中央区          100,000
                                   ン・セールス事業             100.00    役員の兼務
     (注)1,2,3
                                                    経営指導
     ㈱サイエンスボーテ                              コミュニケーショ           所有
                     福岡市中央区           55,000                     資金の貸付
     (注)1,2,4                              ン・セールス事業             100.00
                                                    役員の兼務
                                                    経営指導
                                                    資金の貸付
     ㈱Cure                                         所有
                     東京都千代田区           50,000    化粧品卸事業                 債務保証
     (注)1,2,5                                           100.00
                                                    担保提供
                                                    役員の兼務
     (その他の関係会社)
                                   不動産賃貸業・投           被所有
     ㈱ウェルホールディングス               福岡市中央区           20,000                     役員の兼務
                                                18.12
                                   資業
      (注)   1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.特定子会社に該当しております。
        3.株式会社フェヴリナは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超
          えております。
          主要な損益情報等           (1)売上高               591,742千円
                      (2)経常利益               △2,390千円
                      (3)当期純利益               △7,703千円
                      (4)純資産額               411,890千円
                      (5)総資産額               556,987千円
        4.株式会社サイエンスボーテは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が
          10%を超えております。
          主要な損益情報等           (1)売上高               885,655千円
                      (2)経常利益                △462千円
                      (3)当期純利益               △5,037千円
                      (4)純資産額               47,025千円
                      (5)総資産額               334,564千円
        5.株式会社Cureは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超え
          ております。
          主要な損益情報等           (1)売上高               770,926千円
                      (2)経常利益               175,120千円
                      (3)当期純利益               114,138千円
                      (4)純資産額               240,711千円
                      (5)総資産額              1,021,569千円
                                  6/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     5 【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                 平成30年9月30日現在
               セグメントの名称                             従業員数(人)
     コミュニケーション・セールス事業                                                 85 (3)

     化粧品卸事業                                                 10 (―)

     全社(共通)                                                 8 (1)

                  合計                                    103  (4)

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近
           1年間の平均人員(1人1日8時間換算)を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員は、特定のセグメントに区分できない当社(純粋持株会社)に
           所属しているものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                 平成30年9月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             8(1)                 41.2               1.7             4,430

      (注)1.当社は純粋持株会社であり、特定のセグメントに属さない全社管理部門の従業員であります。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。 
         3.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、最近
           1年間の平均人員(1人1日8時間換算)を( )外数で記載しております。
      (3)労働組合の状況

         当社グループは、労使間の諸問題について、社内規程(労務規程)の改定時など必要に応じて労使協議会を設
        け、労使協議制を基本とした円滑な運営を図っております。
                                  7/78











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
         当社は、「はずむライフスタイルを提供し、人々を幸せにする」という経営理念のもと、当社グループが取り扱

       う商品やサービスを通して、お客様に「ドキドキ感、わくわく感」をお届けすることを目標に事業を行っておりま
       す。また、社名のフォーシーズ(4Cs)には「顧客(Customer)を創造(Creation)し、顧客を大切(Cherish)
       にすることで社会貢献(Contribution)する」という想いを込めております。
        これら基本方針のもとで、「東証一部上場」「時価総額100億円」「早期の復配」に向けて取り組んでまいり
       ます。
        当社グループは、化粧品及び健康食品の通信販売事業を行うコミュニケーション・セールス事業と化粧品及び入
       浴剤の卸販売を行う化粧品卸事業の2つの事業を展開しております。化粧品業界は、近時、異業種からの新規参
       入、商品の低価格化、販売チャネルの多様化等による競争の激化が続いており、当社グループを取り巻く環境は、
       厳しさを増しております。
        当社グループは、上記のうち、販売チャネルの多様化への対策が、急務かつ重要な経営課題であると認識してお
       り、自社ECサイトの再構築に集中的な取組みを行っている状況であります。また、化粧品卸事業におきましては、
       市場でも高い評価を受けているCureブランドを活かした新商品の販売にも注力してまいります。
        これらの課題に加え、企業の社会的責任を果たすべく、リスク管理やコンプライアンスを徹底し、市場の変化と
       顧客ニーズに対応した積極的な事業展開を図り、当社グループの更なる成長に向け、グループ会社の管理体制を強
       化してまいります。
                                  8/78













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
       以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しており
      ます。また、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項につきましても、投資家の投資判断上、重要であると考えら
      れる事項につきましては開示しております。当社グループはこれらのリスク発生の可能性を確認した上で、発生の回
      避及び発生した場合の対応に努める方針であります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)人材の確保・育成

       当社グループでは、事業の運営にあたり、人材の確保・育成が重要な課題であると捉えております。特にコミュニ
      ケーション・セールス事業の拡大には、既存の人材に加えて、お客様との信頼関係を築くことができるコミュニケー
      ション能力の高い人材の確保・育成が重要と認識しており、研修プログラムの充実等を図っております。
       しかしながら、事業の拡大に応じた人材の確保・育成ができない場合には、当社グループの事業拡大に制約を受け
      る可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)製品の製造委託

       当社グループは、既存の化粧品及び健康食品等の製造を外部に委託しております。また、当社グループは、製品の
      品質維持向上のために、製造委託先及び製造再委託先に対し、製品標準書や品質管理業務手順書等を定めて製造・品
      質管理を行っております。
       当社グループは、製造委託先、製造再委託先の管理には万全を期しておりますが、万が一、製品の製造委託先もし
      くは製造再委託先との急な契約の解消や天災等による生産設備への被害など不測の事態が生じた際には、製品の円滑
      な供給に支障をきたすことが考えられ、その場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)知的所有権

       当社グループは、製品に係る商標権等の知的所有権、その他業務遂行上取得したノウハウを保有しておりますが、
      その一部は、特定地域または特定分野では法的制限のため知的所有権による完全な保護が不可能、または限定的にし
      か保護されない状況にあります。
       また、逆に、特許を含む知的所有権に関する事前調査を行っていますが、特許または知的所有権侵害の可能性が無
      いとは言えません。特許を含む知的所有権侵害により第三者から製品の販売中止等の提訴をされ敗訴した場合、製品
      の販売中止や回収を命じられることもあり、また、業務遂行上必要な使用権許諾または他の権利が獲得できなかった
      場合も、上記と同様の措置を命じられることもありえます。
       さらに、当社グループの製品を販売開始後、当該製品が他社の知的所有権に抵触することが発覚した場合、ロイヤ
      リティの支払いが必要な使用権許諾を得なければなりません。
       かかる事態が生じた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)法的規制

       当社グループは、化粧品及び関連製品を販売しており、「医薬品医療機器等法」で医薬品、医薬部外品、化粧品、
      医療機器及び再生医療等製品の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及
      び拡大の防止のため必要な規制がされております。当社グループでは品質管理部門が統括管理を行い、本法に基づい
      た化粧品及び関連製品の販売を行っております。
       また、当社グループは、健康食品を販売しており、食品の規格、添加物、衛生監視及び営業許可について定めた
      「食品衛生法」、販売する食品について、栄養成分及び熱量を表示する場合の基準を規定した「健康増進法」、消費
      者が安心して食生活の状況に応じた食品の選択ができるようにするため、栄養補助食品のうち一定の要件を満たした
      食品を保健機能食品と称する「保健機能食品制度」等の規制を受けております。そして、通信販売などを公正に行い
      消費者の保護を目的とする「特定商取引に関する法律」及び不当な景品や表示による顧客の誘引防止について定めた
      「不当景品類及び不当表示防止法」等の規制を受けております。
       以上の法的規制の遵守を徹底しておりますが、万が一これらに抵触することがあった場合は、行政処分の対象とな
      ることがあり、その場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  9/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     (5)情報セキュリティ
       当社グループは、様々な経営及び事業に関する重要情報、主要な販売チャネルが通信販売及びインターネット販売
      であるため、多数の顧客の個人情報を保有しております。また、当社グループは、これらの個人情報の取扱いに関し
      て個人情報保護に関する法令及び社内規程を遵守するとともに、情報管理体制の強化と社員教育の徹底に取り組んで
      おります。
       しかしながら、不測の事態により、個人情報の漏洩が発生した場合、また、万が一これらの情報が誤って外部に漏
      洩した場合には、当社グループの事業に重大な影響を与えるとともに、当社グループの社会的信用を低下させる可能
      性があります。
     (6)固定資産の減損に係るリスク

       当社グループは、固定資産の減損に係る会計基準を適用しております。将来、当社グループが保有する固定資産に
      ついて、経営環境の著しい悪化等による収益性の低下や市場価格の下落等により、減損損失が発生し、当社グループ
      の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)特定の取引先への依存

       当社グループの中には、特定の取引先(販売先)に依存している会社があります。当該取引先に対する売上が何ら
      かの理由により減少した場合または取引関係に急激な変化が生じた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
      があります。
                                 10/78














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
       ① 財政状態及び経営成績の状況
        当連結会計年度における我が国経済は、企業収益や雇用環境の改善を背景に個人消費も緩やかな回復基調が続い
       ております。しかしながら、米国の保守主義政策による貿易摩擦など国際経済の不確実性も依然として懸念されて
       おり、不透明な状況が続いております。
        また、当社グループが属する化粧品業界は、近時、異業種からの新規参入、商品の低価格化、販売チャネルの多
       様化等による競争の激化が続いており、当社グループを取り巻く環境は厳しさを増しております。
        このような状況のもと、当社グループにおきましては、中長期的な更なる成長に向けて、各事業会社がそれぞれ
       の特性に合わせた積極的な施策を推進してまいりました。
        なお、前連結会計年度に、クレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式を譲渡したことにより、前連結会計年度
       に比べて売上高が424,220千円減少しております。
        以上の結果、当連結会計年度の業績は、売上高2,248,324千円(前年同期比15.7%減)、営業利益37,742千円

       (同66.1%減)、経常利益25,303千円(同84.3%減)、親会社株主に帰属する当期純損失45,792千円(前年同期は
       親会社株主に帰属する当期純利益200,597千円)となりました。
        セグメント別の業績は、次のとおりであります。

       (コミュニケーション・セールス事業)

        コミュニケーション・セールス事業におきましては、ラジオによる新規顧客の獲得及びリピート率向上を図るた
       めの施策に取り組むほか、ECサイトでの販売強化のため、積極的に広告宣伝費を投下してまいりました。
        今後につきましては、新たなメディアへの広告宣伝費投下に加え、リピート率向上のために従来の商品をリ
       ニューアルしていく予定であり、商品の開発にも力を入れてまいります。
        しかしながら、当連結会計年度におきましては、ラジオによる積極的な広告宣伝を行ってまいりましたが、新規
       顧客の獲得に苦戦しており、当初予定しておりましたセグメント利益を下回る結果となりました。これにより、売
       上高1,484,522千円(前年同期比7.7%減)、セグメント損失35,818千円(前年同期は11,098千円のセグメント利
       益)となりました。
       (化粧品卸事業)

        化粧品卸事業におきましては、当期より販売を開始しております新商品、酵素とオイルの力で汚れを落とす『エ
       クストラオイルクレンジング』並びに毛穴の汚れを酵素が分解し泥で吸着させる『スペシャルパウダーソープ』、
       肌のひきしめ効果と保湿成分にこだわった美容液化粧水『モイストセラムローション』につきまして、順調に販売
       店舗数を拡大しております。また、今後につきましては、本年9月に、市場でも高い評価を受けております、古く
       なった角質を除去する『ナチュラルアクアジェル』の新たな顧客層の開拓のため、パッケージリニューアルを行っ
       ており、順次店舗で販売開始しております。
        また、SNSを含めた積極的な広告宣伝活動を行うほか、新商品の開発にも引き続き力を入れてまいります。
        これにより、当連結会計年度におきましては、新商品の販売開始や『ナチュラルアクアジェル』のパッケージリ
       ニューアルに伴う販売促進費の増加等により、売上高770,998千円(前年同期比21.1%増)、セグメント利益
       184,969千円(同2.3%増)となりました。
                                 11/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (資産)
        当連結会計年度における資産の残高は3,170,416千円(前連結会計年度末3,268,285千円)、その内訳は流動資産
       2,554,276千円、固定資産616,139千円となり、前連結会計年度末に比べ97,868千円減少いたしました。
        これは主に、現金及び預金の増加104,312千円、短期貸付金の減少200,000千円、売掛金の増加35,097千円、商品
       及び製品の増加48,582千円、のれんの償却による減少46,516千円、顧客関連資産の償却による減少34,307千円等に
       よるものであります。
       (負債)

        当連結会計年度における負債の残高は1,735,590千円(前連結会計年度末1,790,208千円)、その内訳は流動負債
       889,779千円、固定負債845,811千円となり、前連結会計年度末に比べ54,618千円減少いたしました。
        これは主に、買掛金の増加9,926千円、未払法人税等の増加23,801千円、賞与引当金の減少5,653千円、長期借入
       金の減少142,948千円等によるものであります。
       (純資産)

        当連結会計年度における純資産の残高は1,434,825千円(前連結会計年度末1,478,076千円)となり、43,250千円
       減少いたしました。
        これは、親会社株主に帰属する当期純損失45,792千円を計上したこと等によるものであります。
       ② キャッシュ・フロー

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、1,690,241千円となり、前連結会計
       年度末と比べて103,880千円増加しております。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果得られた資金は、93,462千円(前年同期は240,434千円の獲得)となりました。
        これは主に、税金等調整前当期純利益25,303千円、減価償却費60,087千円、のれん償却額46,516千円、売上債権
       の増加35,097千円、仕入債務の増加9,926千円、たな卸資産の増加45,283千円、法人税等の還付額44,079千円、法人
       税等の支払額36,988千円等によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果得られた資金は、166,989千円(前年同期は44,444千円の獲得)となりました。
        これは主に、短期貸付の回収による収入200,000千円、有形固定資産の取得による支出5,034千円、無形固定資産
       の取得による支出27,097千円等によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果使用された資金は、156,569千円(前年同期は196,689千円の獲得)となりました。
        これは主に、長期借入金の返済による支出154,072千円等によるものであります。
                                 12/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ③ 生産、受注及び販売の実績
      a.生産実績及び受注状況
        当社グループの提供するサービスは生産・受注活動を伴わないため、記載を省略しております。
      b.仕入実績

        当連結会計年度における商品仕入実績は、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自    平成29年10月1日
              セグメントの名称                                    前年同期比(%)
                                   至   平成30年9月30日)
     コミュニケーション・セールス事業(千円)                                       338,540            △18.0
     化粧品卸事業(千円)                                       274,485             75.5
                合計(千円)                            613,026             7.6
      (注)   1.金額は、仕入価格によっております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3.前連結会計年度にクレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式を売却したことに伴い、当連結会計年度より
          「カラーコンタクトレンズ事業」を報告セグメントの区分より除外しております。
      c.販売実績

        当連結会計年度における販売実績は、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自    平成29年10月1日
              セグメントの名称                                    前年同期比(%)
                                   至   平成30年9月30日)
     コミュニケーション・セールス事業(千円)                                      1,484,522              △7.7
     化粧品卸事業(千円)                                       770,998             21.1
     調整額(千円)                                       △7,196               ―
                合計(千円)                           2,248,324               0.2
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.前連結会計年度にクレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式を売却したことに伴い、当連結会計年度より
          「カラーコンタクトレンズ事業」を報告セグメントの区分より除外しております。
        3.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                相手先
                         販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)
           株式会社井田両国堂                  469,005           17.6       546,466           24.3
           (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 13/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ① 重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成してお
        ります。重要な会計方針及び見積りにつきまして、詳細は「第5 経理の状況」に記述しております。なお、見
        積り及び評価については、過去の実績や状況に応じて合理的と考えられる要因等に基づき行っておりますが、見
        積り特有の不確実性があるため、実際の結果と異なる場合があります。
       ② 当連結会計年度末の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当連結会計年度における当社グループの経営成績は、売上高に関しまして連結範囲の変更があったことによ
        り、売上高が前連結会計年度に比べ424,220千円減少いたしました。利益面に関しまして、粗利率の高いコミュニ
        ケーションセールス事業において売上が前連結会計年度に比べ7.7%減少したこと、宣伝広告活動に積極的に投資
        していることなどにより、セグメント損失を計上しております。これらにより、当連結会計年度の業績は、売上
        高2,248,324千円(前年同期比15.7%減)、営業利益37,742千円(同66.1%減)、経常利益25,303千円(同84.3%
        減)、親会社株主に帰属する当期純損失45,792千円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純利益200,597千円)
        となりました。
         なお、セグメント別の分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①                                       財政状態及び経営成績の状
        況」に記載のとおりであります。
         経営成績に重要な影響を与える要因につきまして、当社グループは化粧品、健康食品の通信販売及び卸販売を
        主な事業としております。そのため、法的な規制や制限、その他個人情報の流出などがおこった場合は経営成績
        に重要な影響を与える可能性があります。 
         その他、経営成績に重要な影響を与える要因については、「2                             事業等のリスク」に記載のとおりであります。
         当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、主として営業活動によるキャッシュ・フロー及び金
        融機関からの借入を資金の源泉としております。また、設備投資並びに事業投資等の長期資金需要につきまして
        は、自己資金はもとより、金融機関からの借入等、金利コストの最小化を図れるような調達方法を検討しており
        ます。
     4  【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
     5  【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 14/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       該当事項はありません。
     2 【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                 平成30年9月30日現在
                                           帳簿価額
             事業所名       セグメント                                    従業員数
                                                ソフト
       会社名                      設備の内容
                                   建物        その他         合計
                                      リース資産
             (所在地)        の名称                                    (人)
                                                ウエア
                                       (千円)
                                   (千円)         (千円)         (千円)
                                                (千円)
     ㈱フォーシー
            本社
     ズホールディ                 ―     管理用資産        15,788       ―   972   1,087    17,847     7(1)
            (福岡市中央区)
     ングス
      (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は、「工具、器具及び備品」であります。
        2.金額には消費税等は含まれておりません。
        3.従業員数の(          )は、臨時雇用者数を外書しております。
        4.建物の一部を賃借しております。年間賃借料は10,336千円であります。
      (2)国内子会社

                                                 平成30年9月30日現在
                                           帳簿価額
             事業所名       セグメント                                    従業員数
                                                ソフト
       会社名                      設備の内容
                                   建物        その他         合計
                                      リース資産
             (所在地)        の名称                                    (人)
                                                ウエア
                                       (千円)
                                   (千円)         (千円)         (千円)
                                                (千円)
            本社
                   コミュニケーショ        管理用資産及び
     ㈱フェヴリナ                                ―    ―   257   21,934    22,192     47(―)
                   ン・セールス事業        情報関連機器
            (福岡市中央区)
            本社

     ㈱サイエンス              コミュニケーショ        管理用資産及び
                                    1,611    5,323    3,051    7,110    17,097     38(3)
     ボーテ              ン・セールス事業        情報関連機器
            (福岡市中央区)
      (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は、「工具、器具及び備品」であります。
        2.金額には消費税等は含まれておりません。
        3.従業員数の(          )は、臨時雇用者数を外書しております。
        4.建物の一部を賃借しております。年間賃借料は39,330千円であります。
     3 【設備の新設、除却等の計画】

      (1)重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
      (2)重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 15/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                                12,000,000

                  計                                    12,000,000

       ② 【発行済株式】

               事業年度末現在            提出日現在
                                    上場金融商品取引所名又は
        種類        発行数(株)           発行数(株)                           内容
                                   登録認可金融商品取引業協会名
              (平成30年9月30日)           (平成30年12月27日)
                                       東京証券取引所
                                                   単元株式数は100
       普通株式            6,973,470           6,973,470
                                        市場第二部           株であります。
        計           6,973,470           6,973,470             ―            ―
     (注)   「提出日現在発行数」欄には、平成30年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により
        発行された株式数は含まれておりません。
                                 16/78













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【新株予約権等の状況】
       ①  【ストックオプション制度の内容】
       第13回新株予約権
     決議年月日                   平成28年11月11日
     付与対象者の区分及び人数(名)                   当社取締役 7

     新株予約権の数(個) ※                   480 (注)1

     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 48,000          (注)1
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         389 (注)2
     (円)※
     新株予約権の行使期間 ※                   平成30年1月1日~平成35年12月31日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格  389
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 195
     額(円) ※
                          新株予約権者は、平成29年9月期から平成31年9月期の3事業年度のい
                         ずれかの事業年度において、連結営業利益が下記①から③に掲げる水準を
                         満たしている場合に限り、各新株予約権者に割り当てられた本新株予約権
                         のうち、当該各号に掲げる割合の個数を限度として、行使することができ
     新株予約権の行使の条件 ※
                         る。
                          ①   営業利益が4億円を超過した場合  行使可能割合:                         30%
                          ②   営業利益が6億円を超過した場合  行使可能割合:                         75%
                          ③   営業利益が8億円を超過した場合  行使可能割合:100%
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡、質入その他の一切の処分は認めない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                          ―
     付に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年9月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(平成30年
        11月30日)現在において、これらの事項に変更はありません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。

           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により目的とな
          る株式数を調整するものとする。
           調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
         2.払込金額は、当社が時価を下回る価額で新株を発行する場合、次の算式により行使価額を調整し、調整に
           よる1円未満の端数は切り上げる。
                               新規発行・処分株式数 × 1株当たりの発行・処分価額
                         既発行
                             +
                         株式数
                                        新規発行前の時価
            調整後       調整前
                =       ×
            行使価額       行使価額
                                既発行株式数 + 新規発行・処分株式数
          なお、払込金額は、株式分割もしくは株式併合の場合、時価を下回る払込価額で自己株式を処分する場合又
          は新株予約権もしくは新株予約権を付与された証券を発行する場合等にも適宜調整する。
                                 17/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       第14回新株予約権
     決議年月日                   平成28年12月22日
                         当社従業員  7

     付与対象者の区分及び人数(名)
                         子会社従業員 97
     新株予約権の数(個) ※                   395 (注)1

     新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 39,500          (注)1
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                         377 (注)2
     (円)※
     新株予約権の行使期間 ※                   平成31年1月1日~平成38年9月30日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                         発行価格  377
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                         資本組入額 189
     額(円) ※
                         ①  新株予約権者の相続人による、新株予約権の行使は認めない。
     新株予約権の行使の条件 ※                   ②  その他の条件については、当社と対象者との間で締結する新株予約権付
                         与契約に定めるところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権の譲渡、質入その他の一切の処分は認めない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                          ―
     付に関する事項 ※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年9月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(平成30年
         11月30日)現在において、これらの事項に変更はありません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。

           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合は、次の算式により目的とな
          る株式数を調整するものとする。
           調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
         2.払込金額は、当社が時価を下回る価額で新株を発行する場合、次の算式により行使価額を調整し、調整に
           よる1円未満の端数は切り上げる。
                               新規発行・処分株式数 × 1株当たりの発行・処分価額
                         既発行
                             +
                         株式数
                                        新規発行前の時価
            調整後       調整前
                =       ×
            行使価額       行使価額
                                既発行株式数 + 新規発行・処分株式数
          なお、払込金額は、株式分割もしくは株式併合の場合、時価を下回る払込価額で自己株式を処分する場合又
          は新株予約権もしくは新株予約権を付与された証券を発行する場合等にも適宜調整する。
                                 18/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ②  【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高        増減額        残高      増減額        残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成26年6月1日
                   840,000      6,648,670           ―    882,788       122,640       248,071
     (注)1
     平成27年8月1日
                   324,800      6,973,470           ―    882,788       100,038       348,109
     (注)2
      (注)   1.平成26年6月1日を効力発生日とする株式会社サイエンスボーテとの株式交換により、発行済株式総数が
          840,000株、資本準備金が122,640千円増加しております。
        2.平成27年8月1日を効力発生日とするクレイトン・ダイナミクス株式会社との株式交換により、発行済株式
          総数が324,800株、資本準備金が100,038千円増加しております。
      (5)  【所有者別状況】

                                                 平成30年9月30日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
                       金融商品     その他の                個人
            政府及び
                                                       (株)
                  金融機関                                計
           地方公共団体
                       取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
     株主数(人)           ―     1     11     73     11     35    20,363     20,494        ―

     所有株式数
                ―     14     343    18,328      268      68    49,952     68,973      76,170
     (単元)
     所有株式数
                ―    0.02     0.49     26.57      0.38     0.09     72.42     100.00        ―
     の割合(%)
      (注)   1.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ1単元
          及び50株含まれております。
        2.自己株式106,710株は、「個人その他」に1,067単元及び「単元未満株式の状況」に10株を含めております。
                                 19/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                 平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                      住所
                                               (株)      総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     井 康彦                  福岡県福岡市中央区                        1,339,280          19.50
     株式会社ウェルホールディングス                  福岡県福岡市中央区天神二丁目14番8号                        1,230,500          17.91

     ワイズコレクション株式会社                  東京都世田谷区宮坂1丁目37番20号                         560,000         8.15

     大坂 浩幸                  福岡県福岡市西区                         224,000         3.26

     鳥居 徹                  熊本県熊本市中央区                         100,090         1.45

     堀内 昭彦                  福岡県福岡市早良区                         54,000         0.78

     近藤 雅喜                  愛知県日進市                         50,000         0.72

     土田 雅彦                  福岡県福岡市中央区                         33,500         0.48

     片上 哲也                  大阪府大阪市中央区                         31,000         0.45

     梯 英雄                  福岡県福岡市西区                         31,000         0.45

             計                    -              3,653,370          53.20

      (注)    上記のほか、自己株式が106,710株あります。
                                 20/78












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                                 平成30年9月30日現在
            区分              株式数(株)              議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       ―               ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                       ―               ―            ―

     議決権制限株式(その他)                       ―               ―            ―

                        普通株式        106,700

     完全議決権株式(自己株式等)                                      ―            ―
                        普通株式       6,790,600

     完全議決権株式(その他)                                          67,906        ―
                        普通株式        76,170

     単元未満株式                                      ―            ―
     発行済株式総数                         6,973,470             ―            ―

     総株主の議決権                       ―                   67,906        ―

     (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式100株(議決権1個)が含まれております。
       2.「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式10株及び証券保管振替機構名義の株式50株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                                 平成30年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                       所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                            所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     ㈱フォーシーズホールディン               福岡市中央区薬院一丁目
                                    106,700          ―    106,700        1.53
     グス               1番1号
            計               ―         106,700          ―    106,700        1.53
                                 21/78











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
                  会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
        【株式の種類等】
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

                 区分                   株式数(株)             価額の総額(千円)
     株主総会(平成30年12月21日)での決議状況(上限)
                                          95,000              38,000
     (取得期間 平成30年12月21日~平成30年12月28日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       ―              ―
     当事業年度における取得自己株式                                       ―              ―

     残存授権株式の総数及び価額の総額(上限)                                     95,000              38,000

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     100.0              100.0

                                            ―

     当期間における取得自己株式                                                      ―
                                                         100.0

     提出日現在の未行使割合(%)                                      100.0
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                   株式数(株)              価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                      840             454,730

     当期間における取得自己株式                                      50             29,950

     (注)当期間における取得自己株式には、平成30年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式は含まれておりません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                   当期間
             区分
                                  処分価額の総額                  処分価額の総額
                          株式数(株)                  株式数(株)
                                    (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った
                                         ―         ―         ―
                                ―
     取得自己株式
                                ―         ―         ―         ―
     消却の処分を行った取得自己株式
     合併、株式交換、会社分割に係る
                                ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他
                                ―         ―                  ―
                                                  ―
     (単元未満株式の売渡請求による売渡)
     保有自己株式数                       106,710            ―      106,760            ―
     (注)1.当期間における処理自己株式数には、平成30年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の売渡による株式は含まれておりません。
        2.当期間における保有自己株式数には、平成30年12月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取及び売渡による株式は含まれておりません。
                                 22/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     3 【配当政策】
       当社は、企業価値の継続的向上を図るとともに、株主の皆様に対する業績に裏付けられた利益還元を経営の最重要
      課題のひとつと位置付けたうえで、財務体質の強化と積極的な事業展開に必要な内部留保の充実を勘案し、安定かつ
      継続した配当政策を実施することを基本方針としております。今後も中長期的な視点にたって、持続的な成長と企業
      価値の向上並びに株主価値の増大に努めてまいります。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これら剰余金の配当の決
      定機関は、取締役会であります。
       当事業年度の配当につきましては、業績拡大に必要な内部留保を確保したうえで、今後、業績に裏付けられた利益
      還元を安定的かつ継続的に行えるよう、無配とすることを決定しました。内部留保資金につきましては、今後の事業
      展開と予想される経営環境の変化に対応すべく、有効投資してまいりたいと考えております。
       なお、当社は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことがで
      きる。」旨定款に定めております。
     4 【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
         回次         第12期         第13期         第14期         第15期         第16期
       決算年月        平成26年9月         平成27年9月         平成28年9月         平成29年9月         平成30年9月

       最高(円)              497         425         448         521         676

       最低(円)              127         210         241         321         447

      (注)    最高・最低株価は、平成27年1月までは東京証券取引所(マザーズ)におけるものであり、平成27年2月より

         東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成30年4月          5月       6月       7月       8月       9月
       最高(円)            595       650       611       631       628       676

       最低(円)            494       563       565       584       590       590

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
                                 23/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     5 【役員の状況】
     男性7名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                       所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                             平成12年3月      ㈱ストックリサーチ設立
                                   代表取締役副社長
                             平成14年3月      ㈱アイ・コーリング設立
                                   代表取締役
                             平成15年6月      サイトデザイン㈱       監査役
                             平成15年6月      ボーステック㈱      取締役
                             平成15年12月      当社  監査役
                             平成17年7月      ㈱テクノブラッド       監査役(現任)
                             平成18年7月      ㈱アイ・コーリング        取締役(現任)
                             平成23年9月      比較.com㈱(現       手間いらず㈱)       取
     代表取締役
               洲崎    智広
             ―          昭和45年8月3日                              (注)3      4,530
      社長
                                   締役(現任)
                             平成24年6月      当社  取締役
                             平成26年6月      ㈱フェヴリナ販売(現          ㈱フェヴリ
                                   ナ)  取締役
                             平成27年12月      当社  代表取締役社長(現任)
                             平成28年12月      ㈱Cure     取締役
                             平成29年7月
                                   ㈱Cure代表取締役社長(現任)
                             平成30年12月
                                   ㈱フェヴリナ代表取締役社長(現任)
                             平成30年12月
                                   ㈱サイエンスボーテ代表取締役社長
                                   (現任)
                             昭和53年10月      ㈱学生援護会      入社
                             平成2年1月      ㈲エバーライフ(現         ㈱エバーライ
                                   フ)設立    代表取締役
                             平成14年8月      ㈱フェヴリナ      代表取締役
                             平成15年8月      ㈱ウェルホールディングス
                                   代表取締役(現任)
                             平成15年12月      当社  代表取締役会長
     取締役会長       ―    井 康彦     昭和33年5月26日                              (注)3     1,339,280
                             平成16年5月      ㈱フェヴリナ      取締役
                             平成17年6月      当社  取締役
                             平成23年6月      ㈱サイエンスボーテ        取締役
                             平成26年2月      クレイトン・ダイナミクス㈱            取締役
                             平成26年12月      当社  取締役会長(現任)
                             平成30年12月      ㈱フェヴリナ      取締役(現任)
                             平成30年12月      ㈱サイエンスボーテ        取締役(現任)
                             昭和59年4月      ㈱三菱銀行
                                   (現  ㈱三菱UFJ銀行)入行
                             平成12年9月      ビジョン・キャピタル         共同設立
                             平成15年1月      フットワークエクスプレス㈱
                                   代表取締役社長
                             平成21年4月      リッジウェイ・キャピタル・パート
                                   ナーズ㈱    入社
                             平成21年10月      同社  取締役
                             平成23年6月      ㈱エバーライフ      代表取締役
                             平成25年7月      ㈱ファーマフーズ       顧問
      取締役      ―   浅井 克仁      昭和35年5月4日                              (注)3        -
                             平成25年12月      ターボリナックスHD㈱
                                   (現  ㈱ジオネクスト)取締役
                             平成26年3月      同社  代表取締役社長
                             平成26年3月      コネクト㈱     取締役
                             平成26年3月      ターボリナックス㈱取締役
                             平成26年3月      ㈱東環   取締役
                             平成26年5月      ㈱遺伝子治療研究所
                                   代表取締役(現任)
                             平成26年7月      ㈱仙真堂    代表取締役
                             平成26年12月      当社  取締役(現任)
                                 24/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                             昭和57年10月      ㈱日本データネット(現          ソフトバン
                                   ク㈱)入社
                             平成3年11月      ㈱システムソフト       常務取締役
                             平成9年4月      同社  代表取締役社長
                             平成10年8月      社団法人マルチメディア・アライア
                                   ンス福岡    理事
      取締役      ―   佐藤 隆治      昭和33年4月15日                              (注)3        -
                             平成11年4月      社団法人コンピュータソフトウェア
                                   著作権協会     理事
                             平成17年8月      ㈲エスアンドカンパニー設立
                                   代表取締役(現任)
                             平成27年12月      当社  取締役(現任)
                             平成30年6月      東都水産㈱     取締役(現任)
                             昭和40年4月      熊本国税局     総務部総務課      入局
                             平成15年7月      八幡税務署長
               大木    一顯
     常勤監査役       ―         昭和21年6月14日        平成16年7月      小倉税務署長                (注)4      2,920
                             平成17年8月      大木一顯税理士事務所所長(現任)
                             平成24年6月      当社  常勤監査役(現任)
                             平成18年10月      萬年・山口法律事務所(現           萬年総合
                                   法律事務所)入所
                             平成22年4月      当社  一時監査役
                             平成22年6月      当社  監査役
                             平成24年4月      ㈱フェヴリナ販売(現          ㈱フェヴリ
      監査役      ―    鬼塚 恒     昭和49年7月25日                              (注)4      3,220
                                   ナ)監査役(現任)
                             平成26年3月      ㈱サイエンスボーテ        監査役(現任)
                             平成26年6月      当社  監査役(現任)
                             平成29年5月      新星法律事務所      入所
                             平成30年11月      金﨑・鬼塚法律事務所         共同代表(現
                                   任)
                             昭和52年11月      監査法人中央会計事務所          入所
                             昭和58年9月      日本合同ファイナンス㈱
                                   (現  ㈱ジャフコ)入社
                             昭和62年2月      太田昭和監査法人
                                   (現  EY新日本有限責任監査法人)入
                                   社
                             平成12年5月      同社  代表社員
                             平成17年9月      廣瀬公認会計士事務所         所長(現任)
                             平成17年10月      北九州ベンチャーキャピタル㈱             設立
      監査役      ―   廣瀬 隆明      昭和26年6月15日                              (注)4        -
                                   代表取締役(現任)
                             平成18年11月      日創プロニティ㈱       監査役(現任)
                             平成20年3月      ㈱TRUCK-ONE     取締役(現任)
                             平成24年6月      ㈱ナフコ    監査役
                             平成25年4月      北九州市    監査委員(現任)
                             平成25年9月      ㈱プラッツ     監査役
                             平成26年6月      当社  監査役(現任)
                             平成28年6月      ㈱ナフコ    取締役(現任)
                             平成30年9月      ㈱プラッツ     取締役(現任)
                             計                           1,349,950
      (注)   1.取締役浅井克仁及び佐藤隆治は、社外取締役であります。
        2.監査役3名は、社外監査役であります。
        3.平成30年12月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
        4.平成27年12月18日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
                                 25/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
       (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
        当社は、持株会社傘下の事業会社がそれぞれの領域で、日々業務に取り組むとともに、グループ全体が連携し
       て、当社グループに関わる全ての人に感動を提供し、多くの人を幸せにすることを基本理念と位置づけ、株主を筆
       頭とするステークホルダーに対し一層の経営の透明性を高めるため、リスク管理体制の強化、経営の効率性の改
       善、適時適切な情報開示等に取り組んでおります。
        なお、当社の各機関の内容及び内部統制システムの整備の状況は、次のとおりであります。
       ①  会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

       イ.会社の機関の基本説明
       (取締役会)
         取締役会は、4名の取締役で構成され、監査役出席のもと、定時取締役会を原則として毎月一回開催してお
        り、経営上の重要な事項を審議・決定するとともに、取締役の職務の執行を監督しています。
         また、取締役会に諮るべき事項及び重要な業務執行については、迅速かつ適切な対応を図るべく臨時の取締役
        会を適宜開催し、機動的な意思決定を行っております。
       (内部監査室)

         内部監査室は、内部監査規程・監査計画書に基づいた内部監査及び内部統制システムの整備と有効性の評価を
        行い、その結果は代表取締役社長、監査役に報告されております。また、監査役と内部監査室は、随時意見交換
        を行っております。 
       (監査役会)

         当社は、監査役会設置会社であり、監査役3名全員が社外監査役であります。常勤監査役大木一顯氏は税理
        士、監査役鬼塚恒氏は弁護士、監査役廣瀬隆明氏は公認会計士・税理士となる資格を有するものであり、専門的
        見地から監査を行っております。
         監査役会は原則として毎月一回開催しており、監査役会において定めた監査計画等に従い、取締役会をはじめ
        とする重要な会議への出席や、業務及び財産の状況調査を通して、取締役の職務遂行を監査しております。
         なお、監査役は、会計監査人と定期的に会合をもつなど、緊密な連携を保ち、意見及び情報交換を行うととも
        に、内部監査部門等からの報告を通じて適切な監査を実施しております。
       (会計監査人)

         当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結しており、独立監査人として金融商品取引法第193条の2
        第1項の規定に基づく監査を受けております。
         また、会計上の重要事項につきましては適宜アドバイスを受けております。
         なお、当社は平成30年12月21日付で会計監査業務の委託先を有限責任監査法人トーマツから三優監査法人へ変
        更いたしました。
       (コンプライアンス委員会)

         コンプライアンス委員会は、代表取締役社長を委員長とし、参与として取締役、業務執行部門長を加え、誠
        実・公正な企業活動の遂行に資することを目的として、社会規範、法令及び当社内規の遵守に係る諸問題につい
        て総合的な検討を行っております。
                                 26/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ロ.コーポレート・ガバナンス体制の概要
         監査役、内部監査室、会計監査人の三者は、必要に応じて協議を行い、連携して企業経営の健全性と透明性の






        確保に努めております。
       ハ.コーポレート・ガバナンスの充実に向けた取り組みの最近1年間における実施状況

        当社は、会社の経営方針その他重要事項を決定する取締役会を月一回以上開催するほか、個別案件については、
       適宜開催し、経営の意思決定を迅速に行っています。
       ニ.内部統制システムの整備の状況

        当社は、社内諸規程に基づく適切な権限管理により業務を遂行するとともに、職務権限規程に基づく承認体制を
       構築しております。また、内部統制システムの有効性を継続的に評価するために、各部門における重要業務につい
       て業務記述書を作成し、内部監査室により業務の有効性及び正確性を監査しております。
       ホ.内部監査及び監査役監査の状況

        当社は、内部監査室を設置し、業務の活動と制度を公正に評価・指摘・指導する内部監査を2名で実施してお
       り、監査結果を代表取締役社長及び監査役に報告するとともに、改善指示とその後の状況について調査することに
       より、内部監査の実効性を確保しております。
        監査役監査は、監査役3名にて実施しており、取締役会等に出席し、取締役の職務執行を不足なく監視できる体
       制を整えております。
       ヘ.会計監査の状況

        当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、野澤啓及び池田徹の二氏であり、有限責任監査法人トーマツに所
       属しております。また、当社の会計監査業務に係る補助者は公認会計士8名、その他7名であります。
                                 27/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ト.社外取締役・社外監査役との関係
       (社外取締役・社外監査役の機能・役割、選任状況についての考え方)
         当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
         当社において、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性について特段の定めはありませんが、専門
        的な知見に基づく客観的かつ適切な監督又は監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利益相反が生じ
        るおそれがないことを基本的な考え方として、選任しております。
       (社外監査役による監督・監査と内部監査・監査役監査・会計監査との相互連携や内部監査室との関係)

         社外監査役は、意思疎通を十分に図って連携し、内部監査室からの各種報告を受け、監査役会での十分な議論
        を踏まえて監査を行っております。また、当社は、監査役からその職務を補助すべき使用人を置くことを要請さ
        れた場合には、遅滞なく対応する体制を整備しております。
         なお、社外監査役、内部監査室、会計監査人の三者は、必要に応じて協議を行い、連携して企業経営の健全性
        と透明性の確保に努めております。
       (当社と当社の社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係の概要)

         当社と当社の社外取締役及び社外監査役の間には、特記すべき利害関係はありません。
         社外取締役浅井克仁氏は、株式会社遺伝子治療研究所代表取締役を兼務しておりますが、当該会社と当社との
        間には特別な利害関係はありません。
         社外取締役佐藤隆治氏は、有限会社エスアンドカンパニー代表取締役及び東都水産株式会社取締役を兼務して
        おりますが、当該会社と当社との間には特別な利害関係はありません。
         社外監査役大木一顯氏は、大木一顯税理士事務所所長を兼務しておりますが、同社と当社との間には特別な利
        害関係はありません。
         社外監査役鬼塚恒氏は、金﨑・鬼塚法律事務所共同代表を兼務しておりますが、同社と当社との間には特別な
        利害関係はありません。
         社外監査役廣瀬隆明氏は、廣瀬公認会計士事務所所長及び北九州ベンチャーキャピタル株式会社代表取締役並
        びに日創プロニティ株式会社監査役、株式会社TRUCK-ONE取締役、株式会社プラッツ取締役及び株式会社ナフコ取
        締役を兼務しておりますが、当該会社と当社との間には特別な利害関係はありません。
         なお、資本的関係としては、社外監査役大木一顯氏及び社外監査役鬼塚恒氏が当社の株式を所有しており、そ
        の保有株式数は、「5            役員の状況」の所有株式数の欄に記載のとおりであります。
                                 28/78










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ②  リスク管理体制の整備の状況
         リスク管理体制としては、重要な契約や適法性に関する事項、個人情報保護法の遵守などの管理は顧問弁護士
        等の指導を受け、経営企画室を主管として実施しております。また、会社の基本方針、行動指針を制定し、法令
        遵守と安全意識の徹底を推進しております。
       ③  役員報酬の内容

       イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                      報酬等の総額
          役員区分                                          役員の員数
                        (千円)
                                                      (名)
                                 基本報酬           賞与
     取締役
                           18,600          18,600            ―          2
     (社外取締役を除く)
     監査役
                             ―          ―          ―          ―
     (社外監査役を除く)
     社外役員                     10,800          10,800            ―          5
      (注)    役員の報酬限度額は、当社の設立が承認された平成15年10月27日開催の株主総会決議において、取締役報酬限
         度額は月額20,000千円以内、監査役報酬限度額は月額3,000千円以内と決議しております。なお、取締役個々の
         報酬は取締役会で決議し、監査役個々の報酬は監査役会の協議によって定めております。
       ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

         当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。
       ④  責任限定契約の内容の概要

        (社外取締役及び社外監査役との間で締結した責任限定契約の内容の概要)
        当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、会社法第423条第1項の損
       害賠償責任について、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、法令が定めた額を限度とする契約を
       締結しております。
        (会計監査人との間で締結した責任限定契約の内容の概要)

        当社は、会社法第427条第1項に基づき、会計監査人との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任につ
       いて、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、法令が定めた額を限度とする契約を締結しておりま
       す。
       ⑤  取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑥  取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
        席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
       ⑦  株主総会決議事項を取締役会で決議することとした事項

       イ.取締役及び監査役の責任免除
         当社は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できることを目的として、会社法第426条第1項の規
        定により、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の取締役及び監査役(取締役及び監査役であったものも
        含む。)の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めております。
       ロ.剰余金の配当

         当社は、株主への安定的な利益還元等を行うため、剰余金の配当等、会社法第459条第1項各号に掲げる事項を
        取締役会の決議により定める旨を定款に定めております。
       ⑧  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、定足数を緩和することにより株主総
        会の円滑な運営を行うことを目的として、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
        株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
                                 29/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ⑨  業務の適正性を確保するための体制等の整備に関する事項
         取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他会社の業務の適正性を確保す
        るための体制についての決定内容の概要は以下のとおりであります。
       イ.取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

         取締役会規程・監査役会規程の見直しを行い役員の倫理に関する不足事項があれば改定し、必要に応じ弁護士
        等を起用し、法令定款違反行為を未然に防止する。取締役が他の取締役の法令定款違反行為を発見した場合は直
        ちに監査役及び取締役会に報告するなどガバナンス体制を強化する。
       ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に対する体制

         取締役の職務執行に係る情報については、内部者情報管理規程に基づきその保存媒体に応じて適切かつ確実に
        検索性の高い状態で保存・管理することとし、必要に応じて10年間は閲覧可能な状態を維持することとする。
       ハ.リスク(損失の危険)の管理に関する規程その他の体制

        ⅰ.当社は、当社の業務執行のリスクとして、以下aからcのリスクを認識し、その把握と管理についての体制
          を整えることとする。
         a.事業を遂行する上でのリスク
         b.事業体制についてのリスク
         c.投融資等についてのリスク
        ⅱ.リスク管理体制の基礎として、リスク管理規程を定め、リスクについて管理責任者を設定し、同規程に従っ
          たリスク管理体制を構築する。不測の事態が発生した場合は、社長を本部長とする対策本部を設置し、情報
          連絡チーム及び弁護士等を含む外部アドバイザリーチームを編成し迅速な対応を行い、損害の拡大を防止し
          これを最小限に止める体制を整える。
       二.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        ⅰ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制を基礎として、取締役会を月一回定時に
          開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催するものとし、当社の経営方針及び経営戦略に関わる重要事項
          については事前に経営会議において議論を行い、その審議を経て執行決定を行うものとする。
        ⅱ.取締役会の決定に基づく業務執行については、取締役会規程において、それぞれの責任、執行手続きの詳細
          について定めることとする。
       ホ.使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

        ⅰ.コンプライアンス体制の基礎として、コンプライアンス基本理念を定め、内部統制システムの構築・維持・
          向上を推進するとともに、その組織として内部監査室を強化する。
        ⅱ.取締役は当社における重大な法令違反その他コンプライアンスに関する事実についての社内報告体制とし
          て、社内通報システムを整備し、社内通報規程に基づきその運用を行うこととする。
        ⅲ.監査役は当社の法令遵守体制及び内部者通報システムの運用に問題があると認めたときは、意見を述べると
          ともに、改善案の策定を求めることができるものとする。
       へ.会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

        ⅰ.当社は、関係会社管理規程に基づき、対象となる子会社の事業運営について、その自主性を尊重しつつ、当
          社における合議・承認事項及び当社に対する報告事項等を明確にし、その執行状況をモニタリングする。取
          締役は、子会社において、不正行為又は法令及び当該子会社の定款、社内規程等に違反する重大な事実、そ
          の他コンプライアンス上疑義のある事実を発見した場合、代表取締役社長及び取締役会並びに監査役に報告
          する。
        ⅱ.子会社は、当社による経営管理、経営指導において、不正行為又は法令及び定款、社内規程等に違反する重
          大な事実、その他コンプライアンス上疑義のある事実を発見した場合、当社コンプライアンス委員会又は内
          部監査室に報告するものとする。同委員会は、直ちに意見等を付して代表取締役社長及び取締役会並びに監
          査役にこれを報告する。監査役は、これにつき意見を述べるとともに、その改善を求めることができる。
                                 30/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ト.監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項と当該使用人の取締役からの独立性に関する事項

        ⅰ.監査役の職務を補助すべき使用人として、内部監査室員から監査役補助者を任命できることとする。監査役
          補助者の評価は監査役が行い、監査役補助者の任命、解任、人事異動、賃金等の改定については監査役会の
          同意を得た上で取締役会が決定することとし、取締役からの独立性を確保するものとする。
        ⅱ.監査役補助者に任命された者は業務の執行にかかる職務を兼務しないこととする。
       チ.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制

        ⅰ.内部監査規程を定めることとし、当該規程に基づき、取締役及び使用人は当社の業務又は業績に影響を与え
          る重要な事項について監査役にその都度報告するものとする。前記に関わらず、監査役はいつでも必要に応
          じて、取締役及び使用人に対して報告を求めることができることとする。
        ⅱ  社内通報規程の定めに従い、その適切な運用を維持することにより、法令違反その他のコンプライアンス上
          の問題について、監査役への適切な報告体制を確保するものとする。
       リ.監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

        当社は、監査役会設置会社として、監査役監査が実効的に行われることが可能となるよう次の取組みを行う。
        ⅰ.実効的な監査が行われるようにするため、監査役は、取締役会への出席に際し、事前に付議事項について報
          告を受けることとする。また、監査役は、当会社の重要会議に出席するほか、協議・決定された社長決裁(稟
          議)事項及び報告事項について書類を閲覧し、報告を受けることとする。
        ⅱ.当社は、「監査役監査基準」を制定し、監査役の職責と心構えを明らかにするとともに、監査体制のあり方
          並びに監査に当たっての基準及び行動の指針を定めるものとする。また、監査役会に関しては、「監査役会
          規程」を制定し、招集等の手続き、監査報告書の作成要領、決議・報告・協議を要する事項等、監査役会に
          関する事項について定め、その適正な運営及び審議の充実を図るものとする。
        ⅲ.監査役は、取締役との定期的な協議、内部統制事務局及び内部監査部門との意見交換等を通じて、執行部門
          との意思疎通を十分に図るものとする。
       ヌ.反社会的勢力排除のための体制

         当社は、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対して、会社組織として毅然とした姿勢で
        臨み、不当・不法な要求に応じないことはもちろん、一切の関係を遮断することとする。
         反社会的勢力及び団体に対しては毅然とした姿勢で臨むことを明らかにするため、「リスク管理規程」におい
        て、これを明確にリスクとして記載し対応担当部門を明らかにする。警察当局、関係団体などと十分に連携し、
        反社会的勢力及び団体に関する情報を積極的に収集するとともに組織的な対応が可能となるよう体制の整備を進
        める。
       ル.業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要

        当社は、上記に掲げた内部統制システムの基本方針に基づき、以下の具体的な取り組みを行っております。
        ⅰ.当社は、取締役会を毎月開催し、各子会社における職務の執行状況の報告を受け、取締役及び監査役との情
          報共有並びに当社グループ全体の経営管理を行っております。
        ⅱ.当社は、コンプライアンス委員会を四半期に1度開催し、コンプライアンス上のリスク等について情報の共
          有を行っております。
        ⅲ.財務報告の適正性と信頼性を確保するため、内部監査室が当社グループの内部監査を実施しております。
        ⅳ.内部監査室が内部監査計画に基づき、当社グループの内部監査を実施しております。
                                 31/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【監査報酬の内容等】
       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               30,000             ―        32,000             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計             30,000             ―        32,000             ―

       ② 【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては該当事項はありませんが、監査日数等を考
        慮して決定しております。
                                 32/78













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
       に基づいて作成しております。
     (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

       「財務諸表等規則」という)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年10月1日から平成30年9月30
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年10月1日から平成30年9月30日まで)の財務諸表について、有限責
      任監査法人トーマツによる監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、連結財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入
      し、監査法人等が主催する研修会への参加並びに会計専門書の定期購読を行っております。
                                 33/78













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ① 【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                     ※2  1,838,641            ※2  1,942,953
        現金及び預金
        売掛金                                143,632              178,729
        商品及び製品                                264,847              313,430
        原材料及び貯蔵品                                22,409              19,110
        繰延税金資産                                60,396              61,815
        短期貸付金                                200,000                 ―
        その他                                56,444              38,271
                                          △ 12             △ 34
        貸倒引当金
        流動資産合計                               2,586,358              2,554,276
       固定資産
        有形固定資産
          建物                               28,467              29,772
                                        △ 6,917             △ 8,903
           減価償却累計額
           建物(純額)                             21,550              20,869
          リース資産
                                         9,664              9,664
                                        △ 2,407             △ 4,340
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                              7,256              5,323
          その他
                                        101,563              105,609
                                        △ 97,021             △ 98,680
           減価償却累計額
           その他(純額)                              4,542              6,928
          有形固定資産合計                               33,349              33,121
        無形固定資産
          のれん                              164,732              118,216
          顧客関連資産                              368,807              334,500
                                         72,383              80,984
          その他
          無形固定資産合計                              605,922              533,700
        投資その他の資産
          繰延税金資産                                312               ―
                                       ※1  42,341            ※1  49,318
          その他
          投資その他の資産合計                               42,653              49,318
        固定資産合計                                681,926              616,139
       資産合計                                3,268,285              3,170,416
                                 34/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
        買掛金                                41,643              51,570
                                      ※2  450,000            ※2  450,000
        短期借入金
                                      ※2  154,072            ※2  142,948
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                 2,216              2,287
        未払法人税等                                 3,375              27,177
        賞与引当金                                14,653               9,000
        返品調整引当金                                  825             24,063
        株主優待引当金                                29,522              41,699
                                        135,822              141,033
        その他
        流動負債合計                                832,132              889,779
       固定負債
                                      ※2  870,810            ※2  727,862
        長期借入金
        リース債務                                 5,987              3,873
        繰延税金負債                                64,124              94,555
        資産除去債務                                17,153              17,202
                                           ―            2,317
        その他
        固定負債合計                                958,076              845,811
       負債合計                                1,790,208              1,735,590
      純資産の部
       株主資本
        資本金                                882,788              882,788
        資本剰余金                                348,117              348,117
        利益剰余金                                273,855              228,062
                                        △ 29,938             △ 30,392
        自己株式
        株主資本合計                               1,474,823              1,428,575
       新株予約権                                  3,253              6,249
       純資産合計                                1,478,076              1,434,825
      負債純資産合計                                  3,268,285              3,170,416
                                 35/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      売上高                                  2,668,408              2,248,324
                                      ※1  867,069            ※1  532,418
      売上原価
      売上総利益                                  1,801,338              1,715,906
      返品調整引当金戻入額
                                          994              825
                                          825             24,063
      返品調整引当金繰入額
      差引売上総利益                                  1,801,507              1,692,668
                                     ※2  1,690,323            ※2  1,654,925
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                   111,183               37,742
      営業外収益
       受取利息                                  6,588              2,983
       貸倒引当金戻入額                                  64,249                 ―
       受取賠償金                                   285              508
       受取手数料                                   264               ―
                                         3,965               974
       その他
       営業外収益合計                                  75,352               4,466
      営業外費用
       支払利息                                  18,686              15,459
       事務所移転費用                                  5,877                ―
                                          615             1,446
       その他
       営業外費用合計                                  25,179              16,905
      経常利益                                   161,356               25,303
      特別利益
       新株予約権戻入益                                  7,695                ―
                                        108,459                 ―
       子会社株式売却益
       特別利益合計                                 116,154                 ―
      税金等調整前当期純利益                                   277,510               25,303
      法人税、住民税及び事業税
                                         47,949              41,772
                                         28,963              29,323
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   76,913              71,096
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   200,597              △ 45,792
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        200,597              △ 45,792
      帰属する当期純損失(△)
                                 36/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        200,597              △ 45,792
      当期純利益又は当期純損失(△)
      包括利益                                   200,597              △ 45,792
      (内訳)
       親会社株主に係る包括利益                                 200,597              △ 45,792
       非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                 37/78

















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成28年10月1日 至           平成29年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                             株主資本
                                               新株予約権      純資産合計
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高             882,788      348,112       73,257     △ 29,663     1,274,495        7,695    1,282,190
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                              200,597            200,597            200,597
      当期純利益
      自己株式の取得                               △ 294     △ 294            △ 294
      自己株式の処分                     ▶            19      24            24
      株主資本以外の項目の
                                                 △ 4,441     △ 4,441
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               ―      ▶    200,597       △ 274    200,327      △ 4,441     195,885
     当期末残高             882,788      348,117      273,855      △ 29,938     1,474,823        3,253    1,478,076
      当連結会計年度(自         平成29年10月1日 至           平成30年9月30日)

                                                    (単位:千円)
                             株主資本
                                               新株予約権      純資産合計
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高             882,788      348,117      273,855      △ 29,938     1,474,823        3,253    1,478,076
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                              △ 45,792            △ 45,792            △ 45,792
      当期純損失(△)
      自己株式の取得                               △ 454     △ 454            △ 454
      自己株式の処分                                       ―            ―
      株主資本以外の項目の
                                                  2,996      2,996
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               ―      ―   △ 45,792       △ 454    △ 46,247       2,996     △ 43,250
     当期末残高             882,788      348,117      228,062      △ 30,392     1,428,575        6,249    1,434,825
                                 38/78










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益                                 277,510               25,303
       減価償却費                                  55,118              60,087
       のれん償却額                                  52,159              46,516
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 64,245                22
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 307            △ 5,653
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                  △ 168             23,237
       株主優待引当金の増減額(△は減少)                                  8,688              12,176
       受取利息及び受取配当金                                 △ 6,588             △ 2,983
       支払利息                                  18,686              15,459
       新株予約権戻入益                                 △ 7,695                ―
       子会社株式売却損益(△は益)                                △ 108,459                 ―
       売上債権の増減額(△は増加)                                 332,678              △ 35,097
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 135,552              △ 45,283
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 138,597               9,926
                                       △ 135,331              △ 5,497
       その他
       小計                                 425,091               98,212
       利息及び配当金の受取額
                                         7,278              4,002
       利息の支払額                                 △ 17,633             △ 15,843
       法人税等の還付額                                    ―            44,079
                                       △ 174,302              △ 36,988
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 240,434               93,462
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 8,378             △ 5,034
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 34,583             △ 27,097
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                     ※2  △  184,212               ※2   ―
       る支出
       敷金の差入による支出                                 △ 8,394              △ 846
       短期貸付金の回収による収入                                    ―           200,000
       長期貸付金の回収による収入                                 282,044                 ―
                                        △ 2,031               △ 31
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                  44,444              166,989
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 190,000                 ―
       長期借入れによる収入                                 230,000                 ―
       長期借入金の返済による支出                                △ 219,479             △ 154,072
       リース債務の返済による支出                                 △ 4,042             △ 2,043
                                          210             △ 454
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 196,689             △ 156,569
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                    1,657               △ 1
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   483,224              103,880
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,103,135              1,586,360
                                     ※1  1,586,360            ※1  1,690,241
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 39/78





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      ①   連結子会社の数         3 社
        連結子会社の名称 株式会社フェヴリナ
                  株式会社サイエンスボーテ
                  株式会社Cure
      ②   非連結子会社の名称等

        主要な非連結子会社はありません。
         (連結の範囲から除いた理由)
         非連結子会社は、清算手続きを開始しており、質的・量的な重要性の観点から、連結の範囲より除外しており
        ます。
     2.持分法の適用に関する事項

        該当事項はありません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
     4.会計方針に関する事項

      ①  重要な資産の評価基準及び評価方法
        たな卸資産
        イ.商品及び製品
          移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
        ロ.原材料及び貯蔵品
          最終仕入原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
      ②  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        イ.有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備については、定額法を
         採用しております。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物    3~15年
        ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
          顧客関連資産
          13年の定額法によっております。
        ハ  リース資産
          リース期間を耐用年数とする定額法を採用しております。
          残存価額については、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のもの
         は零としております。
                                 40/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      ③  重要な引当金の計上基準
        イ.貸倒引当金
          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
         ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ロ.賞与引当金
          従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき当連結会計年度負担額を計上しております。
        ハ.返品調整引当金
          連結会計年度末日後の返品による損失に備えるため、返品見込額に対する売上総利益相当額を計上しており
         ます。
        ニ.株主優待引当金
          株主優待制度に伴う支出に備えるため、発生すると見込まれる額を合理的に見積り計上しております。
      ④ 重要なヘッジ会計の方法
        イ.ヘッジ会計の方法
          特例処理の要件を満たしている金利スワップについて、特例処理によっております。
        ロ.ヘッジ手段とヘッジ対象
          ・ヘッジ手段  金利スワップ
          ・ヘッジ対象  借入金
        ハ.ヘッジ方針
          市場金利の変動リスクを回避することを目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。
        ニ.ヘッジの有効性評価の方法
          金利スワップは特例処理の要件を満たしているため、有効性の評価を省略しております。
      ⑤ のれんの償却方法及び償却期間
         のれんの償却については、5~13年間の定額法により償却を行っております。
      ⑥   連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      ⑦   その他連結財務諸表作成のための重要な事項
        消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 41/78










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委
       員会)
      (1)   概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいて
       はTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12
       月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する
       包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)   適用予定日

        平成34年9月期の期首から適用します。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
       ます。
                                 42/78












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1    非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         投資有価証券(株式)                          ―千円               6,000千円
     ※2    担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         定期預金                       250,280千円                 250,312千円
         担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         短期借入金                       139,094千円                 150,000千円
         長期借入金(1年内返済予定の
                                111,164                 100,051
         長期借入金を含む)
                計                250,258                 250,051
      3    保証債務

         連結会社以外の会社の金融機関からの借入金に対し、次のとおり債務保証を行っております。
                 前連結会計年度                         当連結会計年度
               (平成29年9月30日)                         (平成30年9月30日)
         クレイトン・ダイナミクス                         クレイトン・ダイナミクス
                           143,100千円                         126,540千円
         株式会社                         株式会社
       (連結損益計算書関係)

     
        ます。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                            至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
                                14,681   千円              5,298   千円
     ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                            至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
         広告宣伝費                       383,236    千円             336,253    千円
         給料手当                       313,538                 298,610
         賞与引当金繰入額                        14,653                 9,000
         株主優待引当金繰入額                        29,522                 41,699
         のれん償却額                        52,159                 46,516
                                 43/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
      前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

       該当事項はありません。
       (連結株主資本等変動計算書関係)

      前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                    期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式

                        6,973,470              ―          ―      6,973,470
           合計             6,973,470              ―          ―      6,973,470

     自己株式

      普通株式(注)1,2

                         105,170            770           70        105,870
           合計              105,170            770           70        105,870

     (注)1.普通株式の自己株式の増加は、単元未満株式の買取による増加770株によるものであります。
        2.普通株式の自己株式の減少は、単元未満株式の売却による減少70株によるものであります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                        新株予約権の                              当連結会計
       区分      新株予約権の内訳           目的となる                              年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                        株式の種類                               (千円)
                               年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプション
                           ―        ―      ―      ―      ―    3,253
            としての新株予約権
      (親会社)
             合計              ―        ―      ―      ―      ―    3,253

      3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
         該当事項はありません。
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         該当事項はありません。
                                 44/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                    期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式

                        6,973,470              ―          ―      6,973,470
           合計             6,973,470              ―          ―      6,973,470

     自己株式

      普通株式(注)1,2

                         105,870            840           ―       106,710
           合計              105,870            840           ―       106,710

     (注)普通株式の自己株式の増加は、単元未満株式の買取による増加840株によるものであります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                        新株予約権の                              当連結会計
       区分      新株予約権の内訳           目的となる                              年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                        株式の種類                               (千円)
                               年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプション
                           ―        ―      ―      ―      ―    6,249
            としての新株予約権
      (親会社)
             合計              ―        ―      ―      ―      ―    6,249

      3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
         該当事項はありません。
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         該当事項はありません。
                                 45/78










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                             至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
         現金及び預金勘定                        1,838,641千円                 1,942,953千円
         預入期間が3ヶ月を超える
                                △252,280                 △252,712
         定期預金
         現金及び現金同等物                        1,586,360                 1,690,241
      ※2 株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

        前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
         株式の売却によりクレイトン・ダイナミクス株式会社が連結子会社でなくなったことに伴う売却時の資産及
        び負債の内訳並びに株式の売却価額と売却による支出は次のとおりであります。
           流動資産                       856,912     千円
           固定資産                        22,269
           流動負債                      △644,882
           固定負債                      △250,965
           のれん                        25,535
           その他                       △15,828
                                  108,459
           株式売却益
           株式の売却価額
                                  101,500
           その他                        16,317
                                 △302,029
           現金及び現金同等物
           差引:子会社株式の売却による支出                      △184,212
        当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

         該当事項はありません。
                                 46/78











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (リース取引関係)
     1.ファイナンス・リース取引
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①  リース資産の内容
         有形固定資産
          「車両運搬具」及び「工具、器具及び備品」であります。
       ②  リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                       ②   重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
       (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、事業計画に照らして、必要な資金を銀行
       借入により調達しております。デリバティブは、借入金の金利変動リスクを回避するために利用しており、投機的
       な取引は行っておりません。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク
        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日であります。
        借入金は、事業計画に係る資金調達を目的としたものであり、返済完了日は最長で決算日後6年9ヶ月でありま
       す。変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されておりますが、長期の一部については、デリバティブ取引
       (金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッ
       ジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
       記載されている「4.会計方針に関する事項 ④                       重要なヘッジ会計の方法」をご参照ください。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制
       イ.信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         営業債権及び短期貸付金については、社内規程に従い、担当部署が取引先の入金状況を定期的にモニタリング
        し、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を
        図っております。連結子会社についても、当社の債権管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
         デリバティブ取引については、取引相手先を高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクはほとん
        どないと認識しております。
       ロ.市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用しております。
         デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従っております。
       ハ.資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
         各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持等に
        より流動性リスクを管理しております。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価額に基づく価額のほか、市場価額がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することがあります。
        また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取引に関する契約等については、その金額自体
       がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                 47/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前連結会計年度(平成29年9月30日)
                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
     (1)現金及び預金                        1,838,641            1,838,641                ―
     (2)売掛金                         143,632            143,632               ―

     (3)短期貸付金                         200,000            200,000               ―

            資産計                 2,182,273            2,182,273                ―

     (1)買掛金                         41,643            41,643               ―

     (2)短期借入金                         450,000            450,000               ―

     (3)長期借入金           ※

                             1,024,882            1,030,102              5,220
     (4)リース債務(流動)                          2,216            2,216              ―

     (5)リース債務(固定)                          5,987            4,974           △1,013

            負債計                 1,524,730            1,528,937              4,207

     ヘッジ会計が適用される
                                 ―            ―            ―
     デリバティブ取引
      ※ 1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めております。
       当連結会計年度(平成30年9月30日)

                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
     (1)現金及び預金                        1,942,953            1,942,953                ―
     (2)売掛金                         178,729            178,729               ―

     (3)短期貸付金                            ―            ―            ―

            資産計                 2,121,683            2,121,683                ―

     (1)買掛金                         51,570            51,570               ―

     (2)短期借入金                         450,000            450,000               ―

     (3)長期借入金           ※               870,810            873,854             3,044

     (4)リース債務(流動)                          2,287            2,287              ―

     (5)リース債務(固定)                          3,873            3,286            △586

            負債計                 1,378,541            1,380,998              2,457

     ヘッジ会計が適用される
                                 ―            ―            ―
     デリバティブ取引
      ※ 1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めております。
                                 48/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (注)   1.金融商品の時価の算定方法及びデリバティブ取引に関する事項
       資  産
       (1)現金及び預金、(2)売掛金及び(3)短期貸付金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
       負  債
       (1)買掛金、(2)短期借入金及び(4)リース債務(流動)
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
       (3)長期借入金及び(5)リース債務(固定)
         長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
        現在価値により算定しております。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされており、
        当該金利スワップと一体として処理された元金利の合計額を、同様の借入を行った場合に適用される合理的に見
        積もられる利率で割り引いて算定する方法によっております。
       ヘッジ会計が適用されるデリバティブ取引
         金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。(上記(3)参照)
        2.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(平成29年9月30日)
                                          1年超      5年超
                                    1年以内                   10年超
                                          5年以内      10年以内
                                    (千円)                   (千円)
                                          (千円)      (千円)
        現金及び預金                           1,838,641          ―      ―      ―
        売掛金                            143,632         ―      ―      ―
        短期貸付金                            200,000         ―      ―      ―
                    合計               2,182,273          ―      ―      ―
          当連結会計年度(平成30年9月30日)

                                          1年超      5年超
                                    1年以内                   10年超
                                          5年以内      10年以内
                                    (千円)                   (千円)
                                          (千円)      (千円)
        現金及び預金                           1,942,953          ―      ―      ―
        売掛金                            178,729         ―      ―      ―
        短期貸付金                               ―      ―      ―      ―
                    合計               2,121,683          ―      ―      ―
        3.長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成29年9月30日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                               5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                        (千円)                               (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        短期借入金                450,000         ―      ―      ―      ―      ―
        長期借入金                154,072      142,948      332,948      102,948       97,738      194,228
        リース債務                 2,216      2,114      2,181      1,691        ―      ―
              合計          606,288      145,062      335,129      104,639       97,738      194,228
          当連結会計年度(平成30年9月30日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                               5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                        (千円)                               (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        短期借入金                450,000         ―      ―      ―      ―      ―
        長期借入金                142,948      332,948      102,948       97,738      82,828      111,400
        リース債務                 2,287      2,181      1,691        ―      ―      ―
              合計          595,235      335,129      104,639       97,738      82,828      111,400
                                 49/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
     ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     金利関連
      前連結会計年度(平成29年9月30日)
                                               契約金額等
                                       契約金額等                 時価
       ヘッジ会計の方法              取引の種類         主なヘッジ対象
                                              のうち1年超
                                       (千円)               (千円)
                                               (千円)
                   金利スワップ取引
     金利スワップの特例処理                        長期借入金           310,000         270,000        (注)
                   受取変動・支払固定
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
        その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
      当連結会計年度(平成30年9月30日)

                                               契約金額等
                                       契約金額等                 時価
       ヘッジ会計の方法              取引の種類         主なヘッジ対象
                                              のうち1年超
                                       (千円)               (千円)
                                               (千円)
                   金利スワップ取引
     金利スワップの特例処理                        長期借入金           270,000         230,000        (注)
                   受取変動・支払固定
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
        その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       (退職給付関係)

        当社グループは、退職金制度を採用しておりませんので、該当事項はありません。
                                 50/78













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
                                                    (単位:千円)
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
                       (自 平成28年10月1日                    (自 平成29年10月1日
                       至 平成29年9月30日)                     至 平成30年9月30日)
     販売費及び一般管理費の
                                   2,773                    2,996
     株式報酬費用
     2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                                                    (単位:千円)
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
                       (自 平成28年10月1日                    (自 平成29年10月1日
                       至 平成29年9月30日)                     至 平成30年9月30日)
     新株予約権戻入益                              7,695                      ―
     3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)ストック・オプションの内容
                        第13回新株予約権                    第14回新株予約権
     決議年月日                   平成28年11月11日                    平成28年12月22日

                   当社取締役         5名            当社従業員          7名

     付与対象者の区分及び人数
                   当社社外取締役         2名            子会社従業員        97名
     株式の種類別のストック・

                   普通株式         48,000株              普通株式         52,000株
     オプションの数(注)
     付与日              平成28年12月28日                    平成28年12月28日
                   新株予約権者は、平成29年9月期から平
                   成31年9月期の3事業年度のいずれかの
                   事業年度において、連結営業利益が下記
                   ①から③に掲げる水準を満たしている場
                   合に限り、各新株予約権者に割り当てら
                   れた本新株予約権のうち、当該各号に掲
                                       付与日以降、権利確定日まで継続して勤
                   げる割合の個数を限度として、行使する
     権利確定条件                                 務していること。但し、特別な事情があ
                   ことができる。
                                       る場合と取締役会が認めた者は除く。
                   ①  営業利益が4億円を超過した場合 
                    行使可能割合:        30%
                   ②  営業利益が6億円を超過した場合 
                    行使可能割合:        75%
                   ③  営業利益が8億円を超過した場合 
                    行使可能割合:100%
     対象勤務期間              対象勤務期間の定めはありません。                    対象勤務期間の定めはありません。
                   自   平成30年1月1日                  自   平成31年1月1日

                   至   平成35年12月31日                  至   平成38年9月30日
     権利行使期間
                   但し、特別な事情がある場合と取締役会                    但し、特別な事情がある場合と取締役会
                   が認めた者以外は権利確定後退任した場                    が認めた者以外は権利確定後退職した場
                   合は行使できない。                    合は行使できない。
                                 51/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
        当連結会計年度(平成30年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
       数については、株式数に換算して記載しております。
       ①  ストック・オプションの数
                        第13回新株予約権                    第14回新株予約権
     権利確定前(株)

      前連結会計年度末                            48,000                    44,000

      付与                               ―                    ―

      失効                               ―                  4,500

      権利確定                               ―                    ―

      未確定残                            48,000                    39,500

     権利確定後(株)                                ―                    ―

      前連結会計年度末                               ―                    ―

      権利確定                               ―                    ―

      権利行使                               ―                    ―

      失効                               ―                    ―

      未行使残                               ―                    ―

       ②  単価情報

                        第13回新株予約権                    第14回新株予約権
     権利行使価格(円)                               389                    377

     行使時平均株価(円)                                ―                     ―

     付与日における公正な
                                    10                   167
     評価単価(円)
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

        基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用して
       おります。
                                 52/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成29年9月30日)                (平成30年9月30日)
         繰延税金資産
          税務上の繰越欠損金                          133,287    千円            156,816    千円
          資産調整勘定
                                   109,618                65,604
                                   30,882                41,602
          その他
         繰延税金資産小計
                                   273,788                264,022
                                  △145,770                △177,881
         評価性引当額
         繰延税金資産合計                          128,018                86,140
         繰延税金負債
          顧客関連資産
                                  △127,646                △115,703
                                   △3,788                △3,177
          建物造作物(資産除去債務)
         繰延税金負債合計                         △131,434                △118,881
         繰延税金資産(負債)の純額                          △3,416               △32,740
        (注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含ま
           れております。
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                               (平成29年9月30日)                (平成30年9月30日)
          流動資産-繰延税金資産
                                   60,396   千円             61,815   千円
          固定資産-繰延税金資産                            312                 ―
          固定負債-繰延税金負債                          △64,124                △94,555
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成29年9月30日)                (平成30年9月30日)
         法定実効税率
                                    30.7  %              30.7  %
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                     4.1               47.6
           均等割                            0.9                8.6
          のれん償却額                            5.8               56.4
           評価性引当額の増減                           △9.4                121.3
          子会社税率差異                           3.1               28.1
          子会社株式の売却による影響                          △6.6                  ―
          税額控除
                                      ―              △10.4
                                    △0.7                △1.3
           その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                            27.7               281.0
                                 53/78







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
     (1)報告セグメントの決定方法
        当社グループの事業セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
       役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、「コミュニケーション・セールス事業」及び「化粧品卸事業」の2つの報告セグメントとして
       おります。
     (2)各報告セグメントに属する製品及びサービス

       「コミュニケーション・セールス事業」では、化粧品及び健康食品の通信販売を主な事業としております。
       「化粧品卸事業」では、化粧品及び入浴剤の卸売りを主な事業としております。
     (3)報告セグメントの変更等に関する事項

        当社は、前第3四半期連結会計期間期首をみなし売却日として、クレイトン・ダイナミクス株式会社の全株式を
       譲渡し、連結の範囲から除外したことに伴い、第1四半期連結会計期間より「カラーコンタクトレンズ事業」を報
       告セグメントから除外しております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と同一であります。報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部売上
       高又は振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 54/78












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
       前連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                      連結財務諸表
                  コミュニケー
                                                 調整額
                           化粧品      カラーコンタク
                                                       計上額
                  ション・セー                         計
                           卸事業      トレンズ事業
                   ルス事業
     売上高
      外部顧客への売上高             1,607,959        636,228        424,220      2,668,408         -   2,668,408
      セグメント間の
                       -       195        -       195     △ 195       -
      内部売上高又は振替高
          計         1,607,959        636,424        424,220      2,668,604        △ 195    2,668,408
     セグメント利益又は損失
                     11,098       180,779       △ 70,073       121,805     △ 10,621      111,183
     (△)
     セグメント資産              1,040,272        923,862          -    1,964,134      1,304,150       3,268,285
     その他の項目
      減価償却費               10,485       41,766         807      53,059      2,059      55,118
      のれん償却額               37,257        9,258        5,643       52,159        -     52,159
      有形固定資産及び
                     44,473         510        -     44,984      8,541      53,525
      無形固定資産の増加額
      (注)第3四半期連結会計期間期首をみなし売却日とし、カラーコンタクトレンズ事業を展開していたクレイトン・
         ダイナミクス株式会社の全株式を譲渡したことにより、当該事業については、第2四半期連結累計期間までの
         業績を含めており、セグメント資産は含めておりません。
       当連結会計年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)

                                             (単位:千円)
                         報告セグメント
                                              連結財務諸表
                  コミュニケー
                                         調整額
                           化粧品
                                               計上額
                  ション・セー                 計
                           卸事業
                   ルス事業
     売上高
      外部顧客への売上高             1,477,398        770,926      2,248,324          ―   2,248,324
      セグメント間の
                      7,124         72      7,196     △ 7,196         ―
      内部売上高又は振替高
          計         1,484,522        770,998      2,255,521       △ 7,196     2,248,324
     セグメント利益又は損失
                    △ 35,818       184,969       149,150     △ 111,407       37,742
     (△)
     セグメント資産               917,710      1,021,569       1,939,280      1,231,136       3,170,416
     その他の項目
      減価償却費               16,034       41,915       57,950      2,137      60,087
      のれん償却額               37,257        9,258       46,516        ―    46,516
      有形固定資産及び
                     30,134         780      30,914      3,693      34,608
      無形固定資産の増加額
                                 55/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                 売上高                   前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   2,668,604              2,255,521
     セグメント間取引消去                                      △195             △7,196
     連結財務諸表の売上高                                   2,668,408              2,248,324
                                                     (単位:千円)

                 利益                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                     121,805              149,150
     全社収益(注)1                                     368,600              281,400
     全社費用(注)2                                   △229,983              △275,106
     その他の調整額                                   △149,238              △117,701
     連結財務諸表の営業利益                                     111,183              37,742
     (注)1.全社収益は、当社におけるグループ会社からの経営指導料及び配当金であります。
        2.全社費用は、当社における持株会社運営に係る費用であります。
                                                     (単位:千円)

                 資産                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   1,964,134              1,939,280
     全社資産(注)                                   2,256,370              2,190,080
     その他の調整額                                   △952,220              △958,944
     連結財務諸表の資産合計                                   3,268,285              3,170,416
     (注)全社資産は、報告セグメントに帰属しない持株会社の資産であります。
                                 56/78











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
      前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1)売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
     株式会社井田両国堂                                469,005     化粧品卸事業
      当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1)売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
     株式会社井田両国堂                                546,466     化粧品卸事業
                                 57/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
                           報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                                                 調整額
               コミュニケーショ           化粧品      カラーコンタク
                                                       計上額
                                           計
               ン・セールス事業           卸事業       トレンズ事業
      当期末残高              65,200        99,531          -     164,732        -    164,732
       (注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
       当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

                           報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                                                 調整額
                コミュニケーション・                化粧品
                                                       計上額
                                           計
                  セールス事業              卸事業
      当期末残高                 27,942             90,273       118,216        -    118,216
       (注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項はありません。
                                 58/78













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (1)連結財務諸表提出会社の関連会社等 
         該当事項はありません。
       (2)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等 

       前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
                                                    (単位:千円) 
                              議決権等の
          会社等の名称          資本金又    事業の内容          関連当事者
      種類          所在地              所有(被所          取引の内容      取引金額      科目    期末残高
           又は氏名          は出資金     又は職業          との関係
                              有)割合(%)
                         当社取締役
                        ㈱フェヴリナ                子会社銀行借
                              (被所
                         代表取締役               入に対する債
           大坂  浩幸
      役員            ―    ―        有) 直接     債務被保証            29,268      ―     ―
                        ㈱サイエンス                務被保証
                              3.30%
                        ボーテ代表取                (注)
                          締役
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)連結子会社である株式会社サイエンスボーテは、銀行借入に対して、同社代表取締役、当社の取締役及び株式会
        社フェヴリナの代表取締役である大坂浩幸氏より債務保証を受けております。なお、保証料等の支払は行ってお
        りません。
       当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

                                                    (単位:千円) 
                              議決権等の
          会社等の名称          資本金又    事業の内容          関連当事者
      種類          所在地              所有(被所          取引の内容      取引金額      科目    期末残高
           又は氏名          は出資金     又は職業          との関係
                              有)割合(%)
                         当社取締役
                        ㈱フェヴリナ                子会社銀行借
                              (被所
                         代表取締役               入に対する債
           大坂  浩幸
      役員            ―    ―        有) 直接     債務被保証            24,960      ―     ―
                        ㈱サイエンス                務被保証
                              3.29%
                        ボーテ代表取                (注)
                          締役
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)連結子会社である株式会社サイエンスボーテは、銀行借入に対して、同社代表取締役、当社の取締役及び株式会
        社フェヴリナの代表取締役である大坂浩幸氏より債務保証を受けております。なお、保証料等の支払は行ってお
        りません。
                                 59/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自    平成28年10月1日               (自    平成29年10月1日
                            至   平成29年9月30日)                至   平成30年9月30日)
     1株当たり純資産額                                214.75円                  208.04円
     1株当たり当期純利益又は1株当たり
                                     29.21円                 △6.67円
     当期純損失(△)
    (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、前連結会計年度におきましては希薄化効果を有している
         潜在株式がないため、当連結会計年度におきましては1株当たり当期純損失のため記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                              (自 平成28年10月1日                (自 平成29年10月1日
                               至 平成29年9月30日)                  至 平成30年9月30日)
     親会社株主に帰属する当期純利益又は
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千                                  200,597               △45,792
     円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -                -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利

     益又は普通株式に係る親会社株主に帰属する当                                  200,597               △45,792
     期純損失(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   6,868                6,867

                            新株予約権2種類(新株予約権の数87,500個)。なお、新株予約権

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算
                            の概要は「第4 提出会社の状況、1 株式等の状況、(2)新株
     定に含めなかった潜在株式の概要
                            予約権等の状況」に記載のとおりであります。
                                 60/78












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (重要な後発事象)
       (自己株式の取得)
        当社は、平成30年12月21日開催の第16回株主総会において、会社法第156条第1項及び同法第160条第1項の規定に
       基づき、特定の株主より自己株式を取得することを決議いたしました。
       (1)自己株式の取得を行う理由

        企業環境の変化に応じた機動的な経営を可能にすることを目的としております。
       (2)自己株式取得に関する取締役会の決議内容

          ①  取得する株式の種類
           当社普通株式
          ②  取得する株式の総数
           95,000株(上限)
           (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.38%)
          ③  株式の取得価額の総額
           38,000千円(上限)
          ④  株式1株を取得するのと引換に交付する金額の算定方法
           平成30年12月20日の東京証券取引所市場第二部における当社株式の最終価額
          ⑤  取得期間
           平成30年12月21日~平成30年12月28日
          ⑥  取得先
           大坂 浩幸
       (3)取得状況

        平成30年12月21日からこの有価証券報告書提出日までの間に、上記に基づき取得した自己株式はございません。
                                 61/78











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     450,000         450,000           0.7       ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     154,072         142,948           1.2       ―

     1年以内に返済予定のリース債務                      2,216         2,287           ―      ―

     長期借入金(1年以内に
                                                 平成33年6月~
                          870,810         727,862           1.2
                                                 平成37年6月
     返済予定のものを除く。)
     リース債務(1年以内に
                                                 平成32年12月~
                           5,987         3,873           ―
                                                 平成33年9月
     返済予定のものを除く。)
     その他有利子負債                        ―         ―         ―      ―
            合計             1,483,086         1,326,970             ―      ―

      (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結
          貸借対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
          のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金              332,948          102,948          97,738          82,828
           リース債務               2,181          1,691            ―          ―

         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 62/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【その他】
        当連結会計年度における四半期情報等
          (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高             (千円)         572,720         1,085,129          1,668,063          2,248,324

     税金等調整前四半期(当期)
                  (千円)         13,338          11,455          47,058          25,303
     純利益
     親会社株主に帰属する
                  (千円)         △7,640         △19,483          △2,938         △45,792
     四半期(当期)純損失(△)
     1株当たり四半期(当期)純
                   (円)         △1.11          △2.84          △0.43          △6.67
     損失(△)
           (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又
     は1株当たり四半期純損失              (円)         △1.11          △1.72           2.41         △6.24
     (△)
                                 63/78















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ① 【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                     ※1  1,030,966            ※1  1,147,563
        現金及び預金
        短期貸付金                                200,000                 ―
        1年内回収予定の関係会社長期貸付金                                53,439              54,114
                                       ※2  21,476            ※2  84,935
        その他
        流動資産合計                               1,305,882              1,286,612
       固定資産
        有形固定資産
          建物                               24,919              22,584
          その他                                455             1,297
          有形固定資産合計                               25,374              23,882
        無形固定資産
          その他                                 ―            1,087
          無形固定資産合計                                 ―            1,087
        投資その他の資産
          関係会社株式                              565,680              571,680
          関係会社長期貸付金                              320,797              266,683
                                         38,634              40,134
          その他
          投資その他の資産合計                              925,112              878,498
        固定資産合計                                950,487              903,467
       資産合計                                2,256,370              2,190,080
      負債の部
       流動負債
                                      ※1  350,000            ※1  350,000
        短期借入金
                                       ※1  80,040            ※1  80,040
        1年内返済予定の長期借入金
        賞与引当金                                 1,603              3,000
        株主優待引当金                                29,522              41,699
                                       ※2  28,263            ※2  18,356
        その他
        流動負債合計                                489,429              493,095
       固定負債
                                      ※1  479,950            ※1  399,910
        長期借入金
        繰延税金負債                                 3,788              3,177
                                         17,153              17,202
        資産除去債務
        固定負債合計                                500,892              420,289
       負債合計                                 990,322              913,385
                                 64/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
        資本金                                882,788              882,788
        資本剰余金
          資本準備金                              348,109              348,109
                                           7              7
          その他資本剰余金
          資本剰余金合計                              348,117              348,117
        利益剰余金
          利益準備金                                919              919
          その他利益剰余金
                                         60,907              69,012
           繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                               61,827              69,932
        自己株式                               △ 29,938             △ 30,392
        株主資本合計                               1,262,795              1,270,445
       新株予約権                                  3,253              6,249
       純資産合計                                1,266,048              1,276,695
      負債純資産合計                                  2,256,370              2,190,080
                                 65/78














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ② 【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                      ※1  368,600            ※1  281,400
      売上高
      売上総利益                                   368,600              281,400
                                      ※2  229,983            ※2  275,106
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                   138,616               6,293
      営業外収益
                                       ※1  15,911             ※1  8,721
       受取利息
                                          329              294
       その他
       営業外収益合計                                  16,240               9,015
      営業外費用
       支払利息                                  7,243              6,978
                                         4,263                ―
       事務所移転費用
       営業外費用合計                                  11,506               6,978
      経常利益                                   143,351               8,330
      特別利益
       新株予約権戻入益                                  7,695                ―
                                         6,791                ―
       子会社株式売却益
       特別利益合計                                  14,486                 ―
      税引前当期純利益                                   157,837               8,330
      法人税、住民税及び事業税
                                         12,839                836
                                         1,006              △ 611
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   13,845                225
      当期純利益                                   143,991               8,104
                                 66/78












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成28年10月1日 至           平成29年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                             資本剰余金                   利益剰余金
                                                その他
                 資本金
                                               利益剰余金
                              その他     資本剰余金                   利益剰余金
                       資本準備金                   利益準備金
                             資本剰余金       合計                   合計
                                                 繰越
                                               利益剰余金
     当期首残高             882,788      348,109         2    348,112        919    △ 83,083     △ 82,164
     当期変動額
      当期純利益                                           143,991      143,991
      自己株式の取得
      自己株式の処分                           ▶      ▶
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               ―      ―      ▶      ▶      ―    143,991      143,991
      当期末残高            882,788      348,109         7    348,117        919     60,907      61,827
                    株主資本

                                    純資産
                             新株予約権
                       株主資本
                                    合計
                 自己株式
                        合計
     当期首残高            △ 29,663     1,119,073        7,695    1,126,768

     当期変動額
      当期純利益                  143,991            143,991
      自己株式の取得             △ 294     △ 294            △ 294
      自己株式の処分              19      24            24
      株主資本以外の項目の
                              △ 4,441     △ 4,441
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              △ 274    143,721      △ 4,441     139,279
      当期末残高            △ 29,938     1,262,795        3,253    1,266,048
                                 67/78









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成29年10月1日 至           平成30年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                             資本剰余金                   利益剰余金
                                                その他
                 資本金
                                               利益剰余金
                              その他     資本剰余金                   利益剰余金
                       資本準備金                   利益準備金
                             資本剰余金       合計                   合計
                                                 繰越
                                               利益剰余金
     当期首残高             882,788      348,109         7    348,117        919     60,907      61,827
     当期変動額
      当期純利益                                            8,104      8,104
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               ―      ―      ―      ―      ―    8,104      8,104
      当期末残高            882,788      348,109         7    348,117        919     69,012      69,932
                    株主資本

                                    純資産
                             新株予約権
                       株主資本
                                    合計
                 自己株式
                        合計
     当期首残高            △ 29,938     1,262,795        3,253    1,266,048

     当期変動額
      当期純利益                   8,104            8,104
      自己株式の取得             △ 454     △ 454            △ 454
      自己株式の処分                     ―            ―
      株主資本以外の項目の
                               2,996      2,996
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              △ 454     7,650      2,996      10,646
      当期末残高            △ 30,392     1,270,445        6,249    1,276,695
                                 68/78










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法を採用しております。
     2.固定資産の減価償却の方法
       有形固定資産
        定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備については、定額法を採用
       しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物  4~15年
     3.引当金の計上基準
      ①  賞与引当金
        従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき当事業年度負担額を計上しております。
      ②  株主優待引当金
        株主優待制度に伴う支出に備えるため、発生すると見込まれる額を合理的に見積り計上しております。
     4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 69/78













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 担保に供している資産及び担保に係る債務
        担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         定期預金                       150,062千円                 150,073千円
        担保に係る債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         短期借入金                        50,000千円                 50,000千円
         長期借入金(1年内返済予定の長
                                50,040                 50,051
         期借入金を含む)
                計                100,040                 100,051
         上記担保に供している定期預金のうち50,000千円は、子会社である株式会社Cureの借入金270,000千円(前
        連結会計年度310,000千円)に対するものであります。
     ※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)

        関係会社に対する金銭債権及び金銭債務は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         短期金銭債権                        4,927千円                63,282千円
         短期金銭債務                        1,597                 1,142
      3 保証債務

        次の会社の金融機関からの借入金に対し、債務保証を行っております。
                  前事業年度                         当事業年度
               (平成29年9月30日)                         (平成30年9月30日)
         株式会社Cure(子会社)                  310,000千円       株式会社Cure(子会社)                  270,000千円
         クレイトン・ダイナミクス                         クレイトン・ダイナミクス
                           143,100                         126,540
         株式会社                         株式会社
       (損益計算書関係)

     ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度                 当事業年度

                            (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                             至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
         営業取引(売上高)                        368,600千円                 281,400千円
         営業取引以外の取引                         12,501                 5,770
     ※2 販売費及び一般管理費は、すべて一般管理費に属する費用であります。

        販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                             至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
         役員報酬                         30,900   千円              29,400   千円
         給料手当                         21,364                 28,756
         支払手数料                         20,468                 24,626
         支払報酬                         55,889                 57,295
         賞与引当金繰入額                         1,603                 3,000
         株主優待引当金繰入額                         29,522                 41,699
                                 70/78



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
       子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式571,680千円、前事業年度の貸借対照表
      計上額は子会社株式565,680千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記
      載しておりません。
       (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度               当事業年度
                                 (平成29年9月30日)               (平成30年9月30日)
         繰延税金資産
           税務上の繰越欠損金                            115,519    千円           136,581    千円
                                     19,895               22,706
           その他
         繰延税金資産小計
                                     135,415               159,287
                                    △135,415               △159,287
         評価性引当額
         繰延税金資産合計                               ―              ―
         繰延税金負債
                                     △3,788               △3,177
          建物造作物(資産除去債務)
         繰延税金負債合計                            △3,788               △3,177
         繰延税金負債の純額                            △3,788               △3,177
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                   前事業年度               当事業年度
                                 (平成29年9月30日)               (平成30年9月30日)
         法定実効税率
                                      30.7  %             30.7  %
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                       5.6              121.5
          受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △29.6              △442.1
           均等割                              0.7              17.5
          子会社株式の売却による影響                              8.2                ―
           評価性引当額の増減                             △6.7               280.0
                                      △0.1               △4.9
           その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                              8.8               2.7
       (重要な後発事象)

       (自己株式の取得)
        当社は、平成30年12月21日開催の第16回株主総会において、会社法第156条第1項及び同法第160条第1項の規定に
       基づき、特定の株主より自己株式を取得することを決議いたしました。
        詳細については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)                                 連結財務諸表 注記事項(重要な後発事
       象)」をご参照下さい。
                                 71/78






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:千円)
                                                       減価償却

        区分      資産の種類       当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高
                                                       累計額
              建物          24,919       1,305         ―    3,639      22,584       12,181

      有形固定資産        その他           455      1,157         ―      315      1,297        407
                計       25,374       2,462         ―    3,955      23,882       12,589
              ソフトウェア            ―    1,230         ―      143      1,087        143
      無形固定資産
                計          ―    1,230         ―      143      1,087        143
         【引当金明細表】
                                                    (単位:千円)
           科目          当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
      賞与引当金                   1,603          3,000          1,603          3,000

      株主優待引当金                  29,522          41,699          29,522          41,699

      (2) 【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 72/78












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             10月1日から9月30日まで

     定時株主総会             12月中

     基準日             9月30日

     剰余金の配当の基準日             3月31日、9月30日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                  みずほ信託銀行株式会社
         取扱場所
                  (特別口座以外)
                  証券会社等の口座管理機関
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号

         株主名簿管理人
                  みずほ信託銀行株式会社
         取次所              ―
         買取手数料             無料

                  当会社の公告方法は、電子公告といたします。ただし、電子公告を行うことができな
                  い事故その他やむを得ない事由が生じた場合は、日本経済新聞に掲載して公告いたし
                  ます。
                  なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおり
     公告掲載方法
                  であります。
                  〔公告掲載URL〕
                  http://www.4cs-holdings.co.jp/ir/
                  〔対象株主〕
                  9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し当社基準により、株主優
                  待品を進呈いたします。
     株主に対する特典
                  〔贈呈時期〕
                  毎年12月中に開催の当社定時株主総会終了後に発送いたします。
      (注)   当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができません。
        (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
        (4)単元未満株式の買増し請求をする権利
                                 73/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

        事業年度(第15期)(自            平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)平成29年12月25日福岡財務支局長に提出
     (2)内部統制報告書及びその添付書類

        平成29年12月25日福岡財務支局長に提出
     (3)四半期報告書及び確認書

        (第16期第1四半期)(自             平成29年10月1日          至   平成29年12月31日)平成30年2月13日福岡財務支局長に提出
        (第16期第2四半期)(自             平成30年1月1日          至   平成30年3月31日)平成30年5月14日福岡財務支局長に提出
        (第16期第3四半期)(自             平成30年4月1日          至   平成30年6月30日)平成30年8月10日福岡財務支局長に提出
     (4)臨時報告書

        平成30年1月9日福岡財務支局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
       時報告書であります。
                                 74/78












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 75/78



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                 平成30年12月26日

     株式会社フォーシーズホールディングス
      取締役会  御中
                        有限責任監査法人  トーマツ

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       野  澤     啓            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員
                                    公認会計士       池  田     徹            ㊞
                         業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら
     れている株式会社フォーシーズホールディングスの平成29年10月1日から平成30年9月30日までの連結会計年
     度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、
     連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表
     について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社フォーシーズホールディングス及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了
     する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認
     める。
                                 76/78




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社フォーシーズ
     ホールディングスの平成30年9月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社フォーシーズホールディングスが平成30年9月30日現在の財務報告に係る内部統制は有
     効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の
     評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示している
     ものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

         出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/78








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社フォーシーズホールディングス(E05395)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                 平成30年12月26日

     株式会社フォーシーズホールディングス
      取締役会  御中
                        有限責任監査法人  トーマツ

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       野  澤     啓            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員
                                    公認会計士       池  田     徹            ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら

     れている株式会社フォーシーズホールディングスの平成29年10月1日から平成30年9月30日までの第16期事
     業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び
     附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社フォーシーズホールディングスの平成30年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成
     績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

         出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。