株式会社ダイフク 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書 著しい影響 特別損失

提出日:

提出者:株式会社ダイフク

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                              臨時報告書
     【表紙】

     【提出書類】                       臨時報告書

     【提出先】                       関東財務局長

     【提出日】                       平成30年12月21日

     【会社名】                       株式会社ダイフク

     【英訳名】                       DAIFUKU    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 下 代  博

     【本店の所在の場所】                       大阪市西淀川区御幣島3丁目2番11号

     【電話番号】                       大阪(06)6472-1261(大代表)

     【事務連絡者氏名】                       財経本部長 齊 藤  司

     【最寄りの連絡場所】                       東京都港区海岸1丁目2番3号(汐留芝離宮ビルディング)

     【電話番号】                       東京(03)6721-3501(代表)

     【事務連絡者氏名】                       コーポレートコミュニケーション本部長 大 岩 明 彦

     【縦覧に供する場所】                       株式会社ダイフク 東京本社

                           (東京都港区海岸1丁目2番3号(汐留芝離宮ビルディング))
                           株式会社ダイフク 名古屋支店
                           (愛知県小牧市小牧原4丁目103番地)
                           株式会社ダイフク 藤沢支店
                           (神奈川県藤沢市菖蒲沢28)
                           株式会社東京証券取引所
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号
                                 1/2








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象が発生したため、金融商品取引法第24
       条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号の規定に基づき、本臨時報告書を提出す
       るものであります。
     2【報告内容】

       (1)  当該事象の発生年月日
         平成30年12月3日
       (2)  当該事象の内容

          当社の米国における連結子会社であるJervis                      B.  Webb   Company(当社の北米事業統括会社であるDaifuku
         North   America    Holding    Companyの100%子会社。以下「Webb社」)の確定給付年金制度の年金資産不足について
         は、米国の経済動向によりWebb社のみならずダイフクグループ全体にも会計上・財務上大きな影響を与えてきま
         したが、昨今の安定した米国の経済状況・堅調な株式市場・金利動向を背景として年金資産不足額が減少し、財
         政状況が改善してきたことを契機に、本件確定給付年金制度の一部バイアウト(注)を行い、将来の年金の運用
         リスク・財政悪化リスク等、会計・財務上の不確実性を大幅に削減することといたしました。 
         (注)年金バイアウトは確定給付年金制度の全部又は一部を、保険会社等に保険料の支払いと引き換えに移転

           することで、以後の年金運営を保険会社等に行って頂く仕組みです。
       (3)  当該事象の連結損益に与える影響額

          本件確定給付年金制度の一部バイアウトに伴い、平成31年3月期の連結財務諸表において約73億円の退職給付
         費用を特別損失として計上する為、親会社株主に帰属する当期純利益は約51億円減少する見込みであります。
                                 2/2













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。