浜松ホトニクス株式会社 有価証券報告書 第71期(平成29年10月1日-平成30年9月30日)

提出書類 有価証券報告書-第71期(平成29年10月1日-平成30年9月30日)
提出日
提出者 浜松ホトニクス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年12月20日
      【事業年度】                    第71期(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    浜松ホトニクス株式会社
      【英訳名】                    HAMAMATSU     PHOTONICS     K.K.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  晝馬 明
      【本店の所在の場所】                    静岡県浜松市東区市野町1126番地の1
                         (注)上記は登記上の本店所在地であり、実際の本社業務は「最寄りの連絡
                            場所」において行っております。
      【電話番号】                    053(434)3311(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  森 和彦
      【最寄りの連絡場所】                    静岡県浜松市中区砂山町325番地の6(日本生命浜松駅前ビル)
      【電話番号】                    053(452)2141(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  森 和彦
      【縦覧に供する場所】                    浜松ホトニクス株式会社東京支店
                         (東京都港区虎ノ門三丁目8番21号虎ノ門33森ビル)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/93












                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次             第67期       第68期       第69期       第70期       第71期
            決算年月            平成26年9月       平成27年9月       平成28年9月       平成29年9月       平成30年9月

                  (百万円)        112,092       120,691       121,852       130,495       144,338
     売上高
                  (百万円)         22,531       24,658       20,050       24,037       28,088
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                  (百万円)         15,155       16,598       14,419       17,777       21,222
     純利益
                  (百万円)         17,464       19,224        4,765       23,224       21,763
     包括利益
                  (百万円)        168,815       180,770       169,716       187,558       193,985
     純資産額
                  (百万円)        215,412       226,179       217,300       239,331       245,267
     総資産額
                   (円)       1,046.56       1,120.38       1,075.31       1,188.30       1,248.84
     1株当たり純資産額
                   (円)        94.26       103.23        90.23       113.00       136.50
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                   (%)         78.1       79.6       77.8       78.1       78.8
     自己資本比率
                   (%)         9.4       9.5       8.3       10.0       11.2
     自己資本利益率
                   (倍)         27.6       26.2       34.2       30.1       33.2
     株価収益率
     営業活動による
                  (百万円)         23,135       16,046       24,160       26,154       23,579
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (百万円)        △ 13,677      △ 17,057        4,186      △ 13,198       △ 8,880
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (百万円)        △ 4,139      △ 4,878      △ 15,413       △ 5,707      △ 16,323
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (百万円)         49,281       45,556       53,595       63,385       61,824
     残高
                   (名)        4,420       4,482       4,592       4,683       4,878
     従業員数
      (注)1 売上高には消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数については、就業人員数を記載しております。
         3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4 平成27年4月1日付で、1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため、第67期の期首に当該株
           式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次             第67期       第68期       第69期       第70期       第71期
            決算年月            平成26年9月       平成27年9月       平成28年9月       平成29年9月       平成30年9月

                  (百万円)         92,583       99,157       101,786       110,200       116,323
     売上高
                  (百万円)         18,340       17,883       15,854       20,048       21,323
     経常利益
                  (百万円)         12,851       12,182       11,922       16,044       16,792
     当期純利益
                  (百万円)         34,928       34,928       34,928       34,928       34,928
     資本金
                   (株)      83,764,984       167,529,968       167,529,968       167,529,968       165,011,568
     発行済株式総数
                  (百万円)        145,174       149,933       145,992       157,483       159,245
     純資産額
                  (百万円)        186,463       188,392       184,019       198,798       200,298
     総資産額
                   (円)        901.38       930.95       926.44       999.35      1,026.95
     1株当たり純資産額
                           55.00       49.00       34.00       34.00       37.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり
                           ( 25.00   )    ( 30.00   )    ( 17.00   )    ( 17.00   )    ( 17.00   )
     中間配当額)
                   (円)        79.79       75.64       74.48       101.81       107.82
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                   (%)         77.9       79.6       79.3       79.2       79.5
     自己資本比率
                   (%)         9.1       8.3       8.1       10.6       10.6
     自己資本利益率
                   (倍)         32.6       35.7       41.4       33.4       42.0
     株価収益率
                   (%)         34.5       44.9       45.6       33.4       34.3
     配当性向
                   (名)        3,147       3,197       3,270       3,357       3,470
     従業員数
      (注)1 売上高には消費税等は含まれておりません。
         2 従業員数については、就業人員数を記載しております。
         3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4 平成27年4月1日付で、1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため、第67期の期首に当該株
           式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         5 平成27年4月1日付で、1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第68期の1株当たり配当額は、株
           式分割前の中間配当額30円と株式分割後の期末配当額19円を合算した49円となっております。
                                  3/93








                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        昭和23年9月       堀内平八郎が、電子管の製造・販売を事業目的として、東海電子研究所を静岡県浜松市海老塚
                (現静岡県浜松市中区海老塚)に設立
        昭和28年9月       東海電子研究所の業容の拡大に対応するため、浜松テレビ株式会社(資本金50万円)を浜松市海
                老塚(現浜松市中区海老塚)に設立、東海電子研究所の業務をそのまま引継ぐ
        昭和36年12月       東京都港区に事務所を新設(現東京支店)
        昭和39年10月       浜松市市野町(現浜松市東区市野町)に工場新設(現本社工場)
        昭和41年7月       ニューヨーク市に駐在員事務所を新設(現ハママツ・コーポレーション 連結子会社)
        昭和42年12月       浜松市市野町(現浜松市東区市野町)へ本社を移転
        昭和48年7月       静岡県磐田郡豊岡村(現磐田市)に工場新設(現豊岡製作所)
                独国にハママツ・テレビジョン・ヨーロッパ・ゲー・エム・ベー・ハー設立(現ハママツ・ホト
                ニクス・ドイチュラント・ゲー・エム・ベー・ハー 連結子会社)
        昭和53年12月       事業目的に医療機器等の研究、試作、製造及び販売を追加
        昭和54年4月       大阪市東区(現中央区)に大阪営業所を新設
        昭和56年6月       浜松市天王町(現浜松市東区天王町)に工場新設(現天王製作所)
        昭和58年1月       浜松市常光町(現浜松市東区常光町)に工場新設(現常光製作所)
        昭和58年4月       浜松テレビ株式会社を浜松ホトニクス株式会社に社名変更
        昭和58年6月       米国にホトニクス・マネージメント・コーポ(現連結子会社)設立
        昭和59年8月       株式店頭登録(日本証券業協会)
        昭和60年1月       浜松市砂山町(現浜松市中区砂山町)に本社事務所新設
        昭和60年4月       茨城県つくば市に筑波研究所新設
        昭和60年7月       仏国にハママツ・ホトニクス・フランス・エス・ア・エール・エル(現連結子会社)設立
        昭和63年3月       英国にハママツ・ホトニクス・ユー・ケイ・リミテッド(現連結子会社)設立
        平成2年2月       静岡県浜北市(現浜松市浜北区)に中央研究所新設
        平成3年6月       コーア電子工業株式会社の営業全部を譲受ける
        平成6年7月       浜松市新都田(現浜松市北区新都田)に都田製作所新設
        平成8年7月       株式を東京証券取引所市場第二部に上場
        平成10年3月       東京証券取引所の市場第一部銘柄に指定
        平成20年10月       浜松市西区に産業開発研究所を開設
        平成23年8月       中国に浜松光子学商貿(中国)有限公司(現連結子会社)設立
                                  4/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、浜松ホトニクス株式会社(当社)、子会社19社及び関連会社3社で構成されており、光電子増倍
       管、イメージ機器及び光源、光半導体素子、画像処理・計測装置等の光関連製品の製造、販売を主な事業とし、か
       つ、これらに付帯する事業を営んでおります。
        当社グループの事業に係る位置づけは次のとおりであります。
        なお、電子管事業、光半導体事業、画像計測機器事業及びその他事業の各事業は、「第5 経理の状況 1 連結
       財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
       (1)電子管事業

          光電子増倍管、イメージ機器及び光源
          当社が製造販売するとともに、子会社のハママツ・コーポレーション、ハママツ・ホトニクス・ドイチュラン
         ト・ゲー・エム・ベー・ハー、ハママツ・ホトニクス・フランス・エス・ア・エール・エル、浜松光子学商貿
         (中国)有限公司他海外子会社を通じ販売しております。また、当社は、光電子増倍管につきましては、国内子
         会社の高丘電子㈱、浜松電子プレス㈱、海外子会社の北京浜松光子技術股份有限公司より加工部品を仕入れてお
         ります。光源につきましては、国内子会社の㈱光素より加工部品を仕入れており、海外子会社のエナジティッ
         ク・テクノロジー・インクにおいても製造販売をしております。
       (2)光半導体事業

          光半導体素子
          当社が製造販売するとともに、子会社のハママツ・コーポレーション、ハママツ・ホトニクス・ドイチュラン
         ト・ゲー・エム・ベー・ハー、ハママツ・ホトニクス・フランス・エス・ア・エール・エル、浜松光子学商貿
         (中国)有限公司他海外子会社を通じ販売しております。また、当社は、国内関連会社の浜松光電㈱より加工部
         品を仕入れております。
       (3)画像計測機器事業

          画像処理・計測装置
          当社が製造販売するとともに、子会社のハママツ・コーポレーション、ハママツ・ホトニクス・ドイチュラン
         ト・ゲー・エム・ベー・ハー、ハママツ・ホトニクス・フランス・エス・ア・エール・エル、浜松光子学商貿
         (中国)有限公司他海外子会社を通じ販売しております。
       (4)その他事業

          半導体レーザーに係る事業、子会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技術
         股份有限公司の独自製品に係る事業を含んでおります。
       以上に述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  5/93









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                                  6/93





















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                              議決権の
          名称           住所       資本金       主要な事業の内容                  関係内容
                                              所有割合
                                              (%)
     (連結子会社)
     ホトニクス・マネージメント・                                             当社に不動産を賃貸して
                  米国           千米ドル
     コーポ
                                  持株会社             100.0   おります。
                  ニュージャージー州            33,521
              (注1)
                                                  役員の兼任等…有
                                  光電子増倍管、イメージ機                 当社の製品を販売してお
     浜松光子学商貿(中国)有限公             中国           千中国元
                                  器及び光源、光半導体素
                                               100.0   ります。
                                  子、画像処理・計測装置の
     司             北京市            50,000
                                  販売                 役員の兼任等…有
     ハママツ・ホトニクス・ドイ
                                  光電子増倍管、イメージ機
                  独国           千ユーロ                     当社の製品を販売してお
     チュラント・ゲー・エム・
                                  器及び光源、光半導体素
                                               100.0
                                  子、画像処理・計測装置の
     ベー・ハー
                  ヘルシンク市                                ります。
                               2,000
                                  販売
          (注1)(注5)
                                  光電子増倍管、イメージ機
     ハママツ・ホトニクス・フラン             仏国           千ユーロ                     当社の製品を販売してお
                                  器及び光源、光半導体素
                                               100.0
                                  子、画像処理・計測装置の
     ス・エス・ア・エール・エル             マッシー市             1,136                    ります。
                                  販売
                                  光電子増倍管、イメージ機

     ハママツ・ホトニクス・イタリ             伊国           千ユーロ                     当社の製品を販売してお
                                  器及び光源、光半導体素
                                               100.0
                                  子、画像処理・計測装置の
     ア・エス・アール・エル             アレーゼ市             728                   ります。
                                  販売
                                  光電子増倍管、イメージ機                 当社の製品を販売してお
                             千台湾ドル
                  台湾
                                  器及び光源、光半導体素
     台湾浜松光子学有限公司                                          100.0   ります。
                                  子、画像処理・計測装置の
                  新竹市            30,000
                                  販売                 役員の兼任等…有
                  英国                光電子増倍管、イメージ機
     ハママツ・ホトニクス・ユー・                       千英ポンド                      当社の製品を販売してお
                                  器及び光源、光半導体素
                  ハートフォード
                                               100.0
                                  子、画像処理・計測装置の
     ケイ・リミテッド                          400                   ります。
                  シャー                販売
                                                  当社の製品を加工してお
                               千円
                  静岡県
     ㈱光素                             光源の製造             100.0   ります。
                  磐田市            85,000
                                                  役員の兼任等…有
                           千スウェーデン
                                  光電子増倍管、イメージ機
     ハママツ・ホトニクス・ノルデ             スウェーデン王国                                当社の製品を販売してお
                                  器及び光源、光半導体素
                             クローネ                  100.0
                                  子、画像処理・計測装置の
     ン・エイ・ビー             シスタ市                                ります。
                                  販売
                               2,700
     ハママツ・ホトニクス・ヨー
                  独国           千ユーロ
     ロッパ・ゲー・エム・ベー・                             欧州における販売促進
                                               100.0
                                                       ―
                  ヘルシンク市
                                200
     ハー
                                                  当社の製品を加工してお
                  中国           千中国元
     北京浜松光子技術股份有限公司                             光電子増倍管等の製造販売              94.0   ります。
                  北京市            200,000
                                                  役員の兼任等…有
                                                  当社の製品を加工してお
                  静岡県             千円
     高丘電子㈱                             光電子増倍管の製造              88.6   ります。
                  浜松市中区            98,000
                                                  役員の兼任等…有
                  静岡県             千円
                                                  当社の製品を加工してお
     浜松電子プレス㈱                             電子部品、金型の製造              72.1
                  磐田市            95,000                    ります。
                                                  当社は施設を利用してお
     ㈱磐田グランドホテル                          千円
                  静岡県
                                  ホテル事業              57.1   ります。
              (注6)    磐田市            100,000
                                                  役員の兼任等…有
     浜松光子医療科技(廊坊)有限             中国           千中国元                  100.0
                                  医療機器及び関連製品の製
                                                       ―
                                  造販売
     公司             河北省廊坊市            18,000                 (100.0)
                                  光電子増倍管、イメージ機                 当社の製品を販売してお

     浜松光子学科学儀器(北京)有             中国           千中国元                  100.0
                                  器及び光源、光半導体素
                                                  ります。
                                  子、画像処理・計測装置の
     限公司             北京市
                               5,000                (100.0)
                                  販売                 役員の兼任等…有
                                  光電子増倍管、イメージ機                 当社の製品を販売してお

     ハママツ・コーポレーション             米国           千米ドル                  100.0
                                  器及び光源、光半導体素
                                                  ります。
                                  子、画像処理・計測装置の
          (注1)(注5)        ニュージャージー州             426               (100.0)
                                  販売                 役員の兼任等…有
                                  7/93



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
          名称           住所       資本金       主要な事業の内容                  関係内容
                                              所有割合
                                              (%)
     エナジティック・テクノロ             米国            米ドル                 100.0

                                  光源の製造販売                 役員の兼任等…有
     ジー・インク             マサチューセッツ州
                                 1              (100.0)
     (持分法適用関連会社)

     ハママツ/クィーンズ・PET・             米国           千米ドル                  30.0
                                  PETを用いた医療診断及び 
                                                  役員の兼任等…有
                                  研究開発
     イメージング・センター             ハワイ州             8,001                 (30.0)
     浜松光電㈱             静岡県             千円                   当社の製品を加工してお
                                  光半導体素子の製造販売
                                                18.9
                  磐田市                                ります。
              (注4)                 79,500
                                                  当社に製品を販売してお
     長窯㈱             長野県             千円
                                  電子部品の製造販売              17.4   ります。
              (注4)    長野市            55,004
                                                  役員の兼任等…有
      (注)1 ホトニクス・マネージメント・コーポ、ハママツ・コーポレーション及びハママツ・ホトニクス・ドイチュ
           ラント・ゲー・エム・ベー・ハーは特定子会社に該当いたします。
         2 上記のうち、有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
         3 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で、内数であります。
         4 持分は100分の20未満でありますが、実質的な影響力を持っているため関連会社としたものであります。
         5 ハママツ・コーポレーション及びハママツ・ホトニクス・ドイチュラント・ゲー・エム・ベー・ハーにつき
           ましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えておりま
           す。
           ハママツ・コーポレーションの主要な損益情報等は次のとおりであります。
            (1)売上高            37,817   百万円
            (2)経常利益             3,154
            (3)当期純利益             2,286
            (4)純資産額            11,775
            (5)総資産額            17,793
           ハママツ・ホトニクス・ドイチュラント・ゲー・エム・ベー・ハーの主要な損益情報等は次のとおりであり
           ます。
            (1)売上高            19,104   百万円
            (2)経常利益             1,662
            (3)当期純利益             1,231
            (4)純資産額             6,373
            (5)総資産額             7,327
         6 ㈱磐田グランドホテルは、減資を実施した結果、資本金が減少しております。
                                  8/93









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                 (平成30年9月30日現在)
               セグメントの名称                            従業員数(名)

     電子管事業                                               1,944

     光半導体事業                                               1,401

     画像計測機器事業                                                531

     その他事業                                                362

     全社(共通)                                                640

                  合計                                   4,878

      (注)1 従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数については従業員の100分の10未満のため記載を省略しており
           ます。
         2 全社(共通)として、記載されている従業員は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属してい
           るものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                 (平成30年9月30日現在)
        従業員数(名)              平均年齢(才)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

               3,470              40.4              16.2           6,978,801

               セグメントの名称                            従業員数(名)

     電子管事業                                               1,104

     光半導体事業                                               1,187

     画像計測機器事業                                                412

     その他事業                                                156

     全社(共通)                                                611

                  合計                                   3,470

      (注)1 従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数については従業員の100分の10未満のため記載を省略しており
           ます。
         2 全社(共通)として、記載されている従業員は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属してい
           るものであります。
         3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社の労働組合は、浜松ホトニクス労働組合と称し昭和36年9月10日に結成され、平成30年9月30日現在組合員数
        は2,940名であります。所属上部団体として産業別労働組合JAMに属しており、労使関係は極めて良好であります。
                                  9/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針
         当社グループは、光センサ、光源及び画像技術等の基礎技術において、世界に通じるトップレベルの製品を造る
        ことで光子工学(ホトニクス)の応用技術の開発とその応用技術を用いた新しい光産業の創成を目指しておりま
        す。しかしながら、光と物質との相互作用は自然界における種々の現象の基礎ですが、そのほとんどの部分は学術
        的に未知未踏であるが故に、新規産業創成のための基礎技術を生み出す宝庫でもあります。このように無限の可能
        性のある光をキーテクノロジーとして、当社グループが長年にわたり培ってきた知識を基に新たな光技術を開発
        し、これを基礎として日本発の新産業を興すことで、産業・社会の発展に貢献することを基本理念としておりま
        す。
       (2)経営戦略等

         当社グループは、光についての新しい知識を創造し、光技術を発展させ、光産業を隆盛にし、以って全世界人類
        を真の健康にするため、バイオ、医療、情報、通信、エネルギー、物質、宇宙・天文、農業等の分野において、引
        続き基礎研究・応用研究を推進してまいります。21世紀は企業にとって、真の新しい知識は利益の源泉であるとの
        認識のもと、日本発の新たな光産業の創成により、大量生産を視野に入れた技術開発、市場開発を積極的に行うこ
        とで収益を拡大させるとともに、投下資本に対する収益性の向上に努めることで、企業価値の増大を達成してまい
        ります。
       (3)経営上の目標達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、持続的な成長に向けて、収益性の観点からは、事業別の売上高及び売上高営業利益率を重要視
        するとともに、効率性の観点からは、資本コストを適格に把握した上でROE(自己資本当期純利益率)を意識し
        た経営を行ってまいります。
       (4)経営環境

         当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益の改善を背景に設備投資が増加するなど緩やかな回復基調で推
        移いたしました。
         しかしながら、期末にかけて国際的な通商問題や政策動向の影響が懸念されるなど景気の先行きは不透明な状況
        にあると認識しております。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当社グループが追求する光技術の応用範囲は、世界規模で拡大し続けており、近年の医療機器の高度化や半導体
        電子部品の小型化・微細化等に伴い、当社が供給する製品の需要の裾野は広がりを見せており、様々な分野におけ
        る最先端テクノロジーの鍵を握る重要な                   要素技術(Key         Enabling         Technology)となってお
        ります。
         その一方で、光技術の分野においても、海外を中心として世界的な競争は年々激しさを増しております。当社グ
        ループといたしましては、厳しい競争を勝ち抜くため、グローバルなお客様のニーズに迅速かつ確実に応えるため
        の体制を強化してまいります。また、中長期的には、光技術を用いた新しい産業の創成、そして世界一のもの作り
        を目指すという理念のもと、当社グループ独自の光技術の優位性を保ち事業を拡大するための積極的な研究開発投
        資を進め、国際競争力のより一層の強化を図ってまいります。このように事業の根幹となる光センサなどのコア技
        術を確実に高める一方で、将来の新市場開拓を目指した投資や人材開発などを促進するための社内組織も強化して
        まいります。
         当社グループといたしましては、創業当時から培ってきた未知の世界に挑戦し続ける精神を忘れず、他社の追随
        を許さない高付加価値製品を市場投入することで業容を拡大し、持続的かつ安定的な高収益体制を構築すること
        で、産業・社会の発展に貢献してまいります。
                                 10/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの事業活動について、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある主要なリスクは以下のとおり
       であります。ただし、以下に記載された項目以外の事態が生じた場合においても、当社グループの業績及び財務状況
       に大きな影響を及ぼす可能性があります。
        なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成30年12月20日)現在入手し得る情報に基づいて当
       社グループが判断したものであります。
       (1)経済動向の変化について

         世界経済及び日本経済は、米国、欧州、中国など世界各国の経済情勢の好不況の波、戦争やテロといった国際政
        治などの要因に大きく影響を受けます。このような経営環境の変化が、当社グループの予想を超えた場合、当社グ
        ループの業績に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (2)電子管事業及び光半導体事業について

         当社グループの電子管事業及び光半導体事業は、世界の主要な医用、産業用、分析器用、輸送機用メーカーに対
        して、それらのキーデバイスとしての光電子部品を供給しており、当社グループの中核をなす事業であります。当
        社グループは、継続的な新製品の投入並びに生産能力の増強により、新市場、市場占有率及び収益性の拡大に努め
        ておりますが、競合他社との価格及び開発競争の激化などにより、電子管事業及び光半導体事業の収益率が著しく
        低下した場合には、当社グループの業績に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (3)新技術、新製品の開発について

         当社グループでは、光子工学について未知未踏の世界を拓くため、光に関する新技術及び新製品開発に必要な研
        究開発投資を継続的かつ積極的に行っており、売上高に占める研究開発費の割合は、比較的高い水準にあります。
        しかしながら、人類の光についての知識並びに技術は、まだ非常に小さく、他から学べるような問題ではなく、当
        社グループが解決していかなければならない課題であると認識しております。このような状況において、今後、当
        社グループが、光の本質に関する新たな知識を獲得できなかった、または、当社グループ以外によって、新たな光
        に関する技術的な発見があった場合には、当社グループは現在の市場さえも失う可能性とともに、当社グループの
        行っている研究開発投資は、必ずしも将来の売上高及び収益向上に結びつくとは限らず、将来の当社グループの業
        績及び成長見通しに大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (4)為替変動について

         当社グループの主力製品であります光電子増倍管は、金額ベースで世界シェア9割強を握っており、また、光半
        導体素子でも、海外向けを中心として、医療機器向けに売上げを伸ばしております。当社グループの連結売上高に
        占める海外売上高の比率は平成28年9月期70.2%、平成29年9月期70.6%、平成30年9月期71.0%と高くなっており
        ます。このような状況の中で当社は、輸出の大部分を円建てで行っておりますが、海外販売子会社において為替リ
        スクを負っております。海外子会社は顧客との交渉により円建てもしくは現地通貨建て等を取り決めております
        が、現地通貨建ての取引の場合は、急激な円高が起こった場合、または、円高傾向が長期にわたる場合には、顧客
        への価格転嫁等の交渉が必要になり、収益確保に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)地震等自然災害について

         当社グループは、当社の本社、生産及び研究開発拠点が静岡県内に集中しており、予想される東海地震が発生し
        た場合、製造ライン、研究開発施設及び情報システムの機能マヒにより、生産能力に重大な影響を与え、売上げの
        大幅な減少や施設の修復等に伴う多額の費用負担が発生することにより、当社グループの業績と財務状況に悪影響
        が及ぶ可能性があります。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

          当連結会計年度の業績につきましては、国内売上げ、海外売上げともに増加いたしました結果、売上高は
         144  ,338百万円と前年同期に比べ13,842百万円(10.6%)の増加となりました。一方、利益面につきましても同
         様に、営業利益は        27 ,263百万円と前年同期に比べ4,414百万円(19.3%)増加し、経常利益は28,088百万円と前
         年同期に比べ4,050百万円(16.8%)増加し、親会社株主に帰属する当期純利益につきましても21,222百万円と
         前年同期に比べ3,444百万円(19.4%)増加いたしました結果、売上高、利益とも過去最高となりました。
                                 11/93


                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

        [電子管事業]

          光電子増倍管は、血液分析などの検体検査装置向けが、国内外で売上げが増加したほか、計測分野においても
         油田探査装置向けの売上げが増加するなど、売上げは増加いたしました。
          イメージ機器及び光源は、産業分野におきまして、非破壊検査用のマイクロフォーカスX線源の売上げが、好
         調に推移するなど、売上げは増加いたしました。
          以上の結果、光電子増倍管、イメージ機器及び光源をあわせました電子管事業といたしましては、売上高は
         56,184百万円(前年同期比15.3%増)、営業利益は19,697百万円(前年同期比15.9%増)となりました。
        [光半導体事業]
          光半導体素子は、産業分野において、半導体製造・検査装置向けのイメージセンサ等の売上げが好調に推移す
         るなど、売上げは増加いたしました。
          この結果、光半導体事業といたしましては、売上高は66,569百万円(前年同期比9.9%増)、営業利益は
         21,320百万円(前年同期比17.4%増)となりました。
        [画像計測機器事業]
          画像処理・計測装置は、病理デジタルスライドスキャナが欧州を中心に売上げを伸ばしたものの、X線ライン
         センサカメラの売上げが減少するなど、売上げは減少いたしました。
          この結果、画像計測機器事業といたしましては、売上高は17,145百万円(前年同期比0.4%減)、営業利益は
         3,584百万円(前年同期比1.1%増)となりました。
        [その他事業]
          その他事業の売上高は4,439百万円(前年同期比12.5%増)、営業利益は69百万円(前年同期比75.3%減)となり
         ました。
         財政状態の状況は次のとおりであります。

        [流動資産]

          流動資産の主な変動は、受注の増加や翌期出荷分の先行生産などによりたな卸資産が2,732百万円、売上げの
         増加に伴い受取手形及び売掛金が2,305百万円それぞれ増加したものの、取締役会決議による自己株式の取得や
         半導体検査装置に組み込まれる光源を製造・販売する米国子会社(エナジティック・テクノロジー社)の買収な
         どにより、現金及び預金が9,443百万円減少したことなどから、流動資産は前連結会計年度末に比べ2,863百万円
         減少しております。
        [固定資産]
          固定資産の主な変動は、今後拡大が期待される赤外応用市場に向け、化合物半導体素子の生産能力を強化する
         ため都田製作所第3棟を新築したこと及び研究開発用設備などの取得額の増加により有形固定資産が3,438百万
         円、無形固定資産が米国子会社の買収に伴う顧客関連資産の増加などにより4,581百万円それぞれ増加したこと
         から、固定資産は前連結会計年度末に比べ8,798百万円増加しております。
        [流動負債]
          流動負債の主な変動は、賞与引当金が567百万円増加したものの、下請法の対応による仕入先に対する決済条
         件を4ヶ月の電子記録債務から翌月振込に変更したことなどにより電子記録債務が2,599百万円減少したことなど
         から、流動負債は前連結会計年度末に比べ1,959百万円減少しております。
                                 12/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        [固定負債]
          固定負債の主な変動は、米国子会社買収に伴う無形資産の識別に係る一時差異の発生により繰延税金負債が
         677百万円、厚生年金基金解散損失引当金が529百万円それぞれ増加したことなどから、固定負債は前連結会計年
         度末に比べ1,467百万円増加しております。
        [純資産]
          純資産の主な変動は、取締役会決議による自己株式の取得などにより4,735百万円減少したものの、親会社株
         主に帰属する当期純利益の計上により利益剰余金が10,642百万円増加したことなどから、当連結会計年度末の純
         資産は、前連結会計年度末に比べ6,427百万円増加し、193,985百万円となりました。
        ②キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末に比べ1,561
         百万円減少し、61,824百万円となりました。
          当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況を、前年同期と比較しますと次のとおりであります。
        [営業活動によるキャッシュ・フロー]
          営業活動によるキャッシュ・フローでは、前年同期に比べ2,574百万円少ない23,579百万円の資金を得ており
         ます。これは主として、税金等調整前当期純利益が4,006百万円増加したものの、法人税等の支払額が3,247百万
         円及びたな卸資産の増加額が2,186百万円それぞれ増加したことなどにより、収入減となっております。
        [投資活動によるキャッシュ・フロー]
          投資活動によるキャッシュ・フローでは、前年同期に比べ4,318百万円少ない8,880百万円の資金を支出してお
         ります。これは主として、米国子会社の株式取得3,916百万円の支出があったものの、非キャッシュである3ヶ月
         超の定期預金からの払戻しが7,286百万円増加したことなどにより、支出減となっております。
        [財務活動によるキャッシュ・フロー]
          財務活動によるキャッシュ・フローでは、前年同期に比べ10,616百万円多い16,323百万円の資金を支出してお
         ります。これは主として、自己株式の取得による支出が10,103百万円増加したことなどにより、支出増となって
         おります。
                                 13/93












                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ③生産、受注及び販売の実績
         a 生産実績
          当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                        当連結会計年度
                                      (自 平成29年10月1日
                                       至 平成30年9月30日)
            セグメントの名称
                                   金額(百万円)               前年同期比(%)
     電子管事業                                      54,893             13.7

     光半導体事業                                      66,190             10.1

     画像計測機器事業                                      16,382            △3.7

     その他事業                                      3,802            35.5

               合計                           141,268             10.2

      (注)1 セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2 金額は販売価格によっております。
         3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         b 受注実績

          当社グループは主に見込み生産を行っているため、該当事項はありません。
         c 販売実績

          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                        当連結会計年度
                                      (自 平成29年10月1日
            セグメントの名称                           至 平成30年9月30日)
                                   金額(百万円)               前年同期比(%)

     電子管事業                                      56,184             15.3

     光半導体事業                                      66,569             9.9

     画像計測機器事業                                      17,145            △0.4

     その他事業                                      4,439            12.5

               合計                           144,338             10.6

      (注)1 セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3 主要な販売先については、総販売実績に対する販売割合が10%以上の相手先はありません。
                                 14/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        ①重要な会計方針及び見積もり
          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
         おります。この連結財務諸表の作成にあたり、採用している重要な会計方針は「第5 経理の状況 1 連結財
         務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載されて
         いるとおりであります。
          当社グループの連結財務諸表の作成にあたり、連結会計年度末における資産、負債及び収益、費用の計上、偶
         発債務の開示に関連して、見積りや仮定を使用する必要があります。これらの見積りや仮定は、その時点で入手
         可能な情報に基づいた合理的と考えられるさまざまな要因を考慮したうえで行っておりますが、当社グループを
         取り巻く環境や状況の変化により、これらの見積りや仮定が実際の結果と異なる可能性がありますのでご留意下
         さい。
        ②当連結会計年度の経営成績等

          当連結会計年度の業績につきましては、国内売上げ、海外売上げともに増加いたしました結果、売上高は
         144  ,338百万円と前年同期に比べ13,842百万円(10.6%)の増加となりました。一方、利益面につきましても同
         様に、営業利益は        27 ,263百万円と前年同期に比べ4,414百万円(19.3%)増加し、経常利益は28,088百万円と前
         年同期に比べ4,050百万円(16.8%)増加し、親会社株主に帰属する当期純利益につきましても21,222百万円と
         前年同期に比べ3,444百万円(19.4%)増加いたしました結果、売上高、利益とも過去最高となりました。
          当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因として、為替相場があげられます。当連結会計年度におけ
         る為替感応度(1円の為替変動が年間営業利益に与える影響:円安+/円高△)は、米ドルで200百万円、ユーロ
         で100百万円、中国元で600百万円と試算しております。なお、当連結会計年度における営業利益に占める為替影
         響額は、1,199百万円であり、利益を増加させております。
          なお、セグメント別の業績の概要につきましては「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績
         の状況」に記載のとおりであります。
         a 売上高

          光電子増倍管は、医用分野におきまして、PETなどの核医学検査装置向けの売上げが減少いたしました。し
         かしながら、血液分析などの検体検査装置向けが、その高感度、低ノイズ、高速応答特性を評価されて国内外
         で売上げが増加いたしました。また、計測分野におきまして、油田開発投資の復調もあり、高温や衝撃、振動
         などへの耐性に優れた油田探査装置向けの売上げが増加いたしました結果、光電子増倍管の売上げは増加いた
         しました。
          イメージ機器及び光源は、産業分野におきまして、非破壊検査用のマイクロフォーカスX線源の売上げが、そ
         の高精細かつ高い信頼性・安定性を評価されて引続き好調に推移いたしました。また、医用分野におきまして、
         X線画像を可視像に変換するX線シンチレータの売上げが増加いたしました。さらに、半導体検査装置向けの光
         源の売上げが増加いたしました結果、イメージ機器及び光源の売上げは増加いたしました。
          以上の結果、光電子増倍管、イメージ機器及び光源をあわせました電子管事業といたしましては、売上高は
         56,184百万円(前年同期比15.3%増)となりました。
          光半導体素子は、産業分野におきまして、半導体製造・検査装置向けのイメージセンサ等の売上げが好調に推
         移いたしました。また、産業用ロボット等の制御などFA(ファクトリーオートメーション)分野におけるフォ
         ト IC、フォトダイオード及びLEDの売上げも増加したことに加え、手荷物検査用シリコンフォトダイオー
         ドも売上げを伸ばしました。さらに、医用分野における売上げも堅調に推移いたしました結果、光半導体素子の
         売上げは増加いたしました。
          この結果、光半導体事業といたしましては、売上高は66,569百万円(前年同期比9.9%増)となりました。
          画像処理・計測装置は、遠隔病理診断等で用いられる病理デジタルスライドスキャナが新製品の投入により
         欧州を中心に売上げを伸ばしました。また、半導体故障解析装置の売上げが下期に持ち直し、増加いたしまし
         た。しかしながら、X線ラインセンサカメラの売上げが、顧客の在庫調整の影響を受け減少いたしました結果、
         画像処理・計測装置の売上げは減少いたしました。
          この結果、画像計測機器事業といたしましては、売上高は17,145百万円(前年同期比0.4%減)となりまし
         た。
          その他事業の売上高は4,439百万円(前年同期比12.5%増)となりました。
                                 15/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         b 為替変動の影響
          売上高に係る為替変動の影響額は、主として海外連結子会社の財務諸表を円貨に換算する為替レートの差に
         より発生しております。当連結会計年度における対米ドルの期中平均レートは前年同期に比べ81銭の円高となり
         268百万円減収と試算しております。対ユーロの期中平均レートは前年同期に比べ8円51銭の円安となり1,713百
         万円増収と試算しております。また、対中国元の期中平均レートは前年同期に比べ94銭の円安となり759百万円
         増収と試算しております。
         c 売上原価、販売費及び一般管理費

          売上原価は、前年同期比4,715百万円(7.2%)増加し70,385百万円となり、売上総利益は前年同期比9,127百
         万円(14.1%)増加し73,952百万円となりました。また、売上総利益率につきましては、電子管事業が前年同期
         比0.9%、光半導体事業が前年同期比1.6%、画像計測機器事業が前年同期比2.1%上昇したことから、前年同期
         比1.6%上昇し51.2%となりました。
          販売費及び一般管理費は、前年同期比4,712百万円(11.2%)増加し46,688百万円となりました。これは人件
         費が前年同期比1,311百万円(8.2%)増加したこと及び減価償却費が前年同期比793百万円(51.3%)増加した
         ことなどによるものであります。なお、研究開発費につきましては、前年同期比1,054百万円(9.0%)増加し、
         売上高に対する比率は8.9%となりました。
         d 営業利益

          営業利益は、前年同期比4,414百万円(19.3%)増加し27,263百万円となりました。電子管事業は、光電子増
         倍管をはじめとして、売上げが増加したことに伴い、売上総利益が前年同期比4,753百万円増加したことによ
         り、営業利益は前年同期比2,704百万円(15.9%)増加し19,697百万円となりました。光半導体事業は、イメー
         ジセンサの売上げが増加したことなどに伴い、売上総利益が前年同期比3,863百万円増加したことにより、営業
         利益は前年同期比3,165百万円(17.4%)増加し21,320百万円となりました。画像計測機器事業は、病理デジタ
         ルスライドスキャナの売上げが増加したことに伴い、売上総利益が前年同期比325百万円増加したことにより、
         営業利益は前年同期比39百万円(1.1%)増加し3,584百万円となりました。その他事業は、売上高は増加したも
         のの、営業利益は前年同期比211百万円(75.3%)減少し69百万円となりました。
         e 営業外損益

          営業外損益は、前年同期比364百万円減少し、824百万円となりました。これは為替差益が430百万円減少した
         ことによるものであります。なお、支払利息の減少などにより金融収支は44百万円の支出減となりました。
         f 特別損益

          特別損失は、前年同期比404百万円増加し1,105百万円となりました。これは、固定資産除却損が431百万円減
         少したものの、厚生年金基金解散損失引当金繰入額が534百万円、災害による損失が194百万円それぞれ増加した
         ことによるものであります。なお、災害による損失につきましては、これに対応する受取保険金も266百万円増
         加しております。
         g 親会社株主に帰属する当期純利益

          以上のことから、税金等調整前当期純利益は前年同期比4,006百万円(17.0%)増加し27,577百万円となりま
         した。また、法人税等の負担率が、前年同期の24.30%と比較して、当連結会計年度は22.80%と1.50%低下して
         おります。この結果、          親会社株主に帰属する当期純利益                は前年同期比3,444百万円(19.4%)増加し21,222百万
         円となりました。
                                 16/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ③経営成績に重要な影響を与える要因
         当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2 事業等のリスク」に記載のとおりで
        あります。
        ④資本の財源及び資金の流動性

         当社グループの運転資金需要の主なものは、製品製造のための材料等の購入、製造費用、販売費及び一般管理
        費等の営業費用であります。投資資金需要の主なものは、生産能力の増強・効率化などの設備投資、光の本質に関
        する基礎研究並びに新製品開発のための研究開発に対する投資などであります。
         運転資金需要及び投資資金需要の財源につきましては、現在保有する現預金に加え、営業キャッシュ・フロー
        を源泉とした資金を充当することを基本としておりますが、光産業創成のための産業開発用投資資金について
        は、資本市場からの調達を行うことがあります。
         資金の流動性に関しましては、月次連結売上高の5ヶ月以上を維持するよう努めております。また、コミットメ
        ントライン契約により、自然災害等の緊急時も含め流動性を担保できるよう備えております。平成30年9月末現在
        の現預金残高は74,458百万円と月次連結売上高の6.2ヶ月相当の流動性を確保しております。
         資金の調達方法は、運転資金については、自己資金及び金融機関からの短期借入金による調達を基本とし、工
        場、製造設備及び研究開発用設備等の設備投資については主に内部留保からの調達といたします。光産業創成の
        ための産業開発用投資については、主に資本市場からの調達を基本として検討してまいります。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                 17/93













                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社グループの研究開発活動は、「光の本質に関する研究及びその応用」をメインテーマとし、主に当社の中央研
       究所、筑波研究所及び各事業部において行っております。
        光の世界は未だその本質すら解明されていないという、多くの可能性を秘めた分野であり、光の利用という観点か
       らみても、光の広い波長領域のうち、ごく限られた一部しか利用することができていないのが現状であります。こう
       した中、当社の中央研究所及び筑波研究所においては、光についての基礎研究と光の利用に関する応用研究を進めて
       おり、また、各事業部においては、製品とその応用製品及びそれらを支える要素技術、製造技術、加工技術に関する
       開発を行っております。
        当連結会計年度の研究開発費の総額は、12,830百万円であり、これを事業のセグメントでみますと、電子管事業
       2,740百万円、光半導体事業2,946百万円、画像計測機器事業757百万円、その他事業357百万円及び各事業区分に配賦
       できない基礎的研究6,027百万円であります。
        当連結会計年度における主要な研究開発の概要は次のとおりであります。
       <電子管事業>

         マトリックスフリーを実現したイオン化支援基板
         質量分析とは、試料にレーザ光や電子線等を照射することで試料の原子、分子をイオン化し質量を測定するこ
        とで、その種類や量、分子構造などを精密に分析する手法で、近年、環境、食品、生命科学等の幅広い分野で需
        要が高まっております。この質量分析におけるイオン化法の1つであるMALDI(注1) TOF-MS(注
        2)では、レーザ光によるイオン化効率を高める物質(マトリックス)を試料に混合するため、その前処理に時
        間がかかることや、低分子領域の測定ではマトリックスそのものがイオン化され、測定の妨げになるなどの問題
        がありました。この度開発したイオン化支援基板(注3)は、試料に乗せるだけで貫通孔の毛細管現象(注4)
        により試料の分子を基板表面に上昇させるため、マトリックスを使用せずに分子へのレーザ照射によるイオン化
        ができ、従来のMALDI TOF-MSに比べて前処理時間の大幅な短縮及び低分子領域での高精度な測定が
        可能となります。今後は、構造設計の改良によりイオン化効率を高め、幅広い用途に対応可能な製品を開発して
        まいります
       <光半導体事業>

         ハイパースペクトラルイメージングに用いられる近赤外イメージセンサ
         ハイパースペクトラルイメージング(HSI)とは、通常のカメラでは得ることのできない波長情報をもった
        画像を取得する技術です。対象物の反射光を波長毎に細分化し、その波長毎の光の強度を測定することで、含有
        成分等を特定することができます。HSIが可能な波長域は使用するイメージセンサ毎に異なりますが、近赤外
        領域ではInGaAs(インジウムガリウムヒ素)イメージセンサが有効です。当社製InGaAsイメージセ
        ンサは既にHSIで用いられておりますが、この度、当社で培ってまいりました化合物プロセス技術により、さ
        らなる長波長化、高感度化、低ノイズ化、高速読み出しを実現した新製品を開発いたしました。これにより、H
        SIにおける識別率の向上や高解像度化が可能となります。本製品はプラスチックの組成の特徴が表れやすい近
        赤外領域に高い感度をもつことから、ペットボトルのリサイクル等に用いられることで環境への貢献が期待され
        るほか、食品成分検査への応用も見込まれております。
       <画像計測機器事業>

         幅広い用途で使用可能なX線ラインセンサカメラ
         X線ラインセンサカメラは、ベルトコンベアなどで搬送される対象物の内部を撮影するカメラで、食品や電子
        部品等の非破壊検査で広く使用されております。特に、近年、対象物の多様化により幅広い用途で使用可能な製
        品が求められております。このような中、当社は、センサ構造の根本的な見直しにより低ノイズ化かつ高感度化
        を実現したことで、検出可能範囲を大幅に拡大したX線ラインセンサカメラを新たに開発いたしました。本製品
        により、微弱なX線を使用する薄く軽い対象物から多量のX線を使用する厚く密度が高い対象物まで、幅広い用
        途での検査が可能となります。さらに、従来製品に比べ、2倍のスキャン速度を実現したことで検査時間が短縮で
        き、小型化し、かつ防水・防塵機能を備えたことで様々な現場で使用可能です。今後も、市場ニーズに対応した
        製品開発を継続することで、高精度な非破壊検査に対応してまいります。
                                 18/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
       <各事業区分に配賦できない基礎的研究>
          医療の分野におきましては、ホウ素中性子捕捉療法への新たな観点からのアプローチを進めております。ホウ
        素中性子捕捉療法とは、体内に投与したホウ素化合物ががん細胞に集積した後に熱中性子を患部に照射すること
        で、ホウ素と熱中性子との核反応で発生する粒子によりがん細胞を破壊する治療法です。この粒子はがん細胞以
        外の正常細胞には全く影響を及ぼさないことから、従来の放射線治療と比べて患者の身体的な負担が軽い治療法
        です。しかしながら、従来のホウ素化合物ではがん細胞への集積が必ずしも十分ではなく、より集積性の高いホ
        ウ素化合物の開発が求められておりました。このような中、ホウ素化合物に含まれるアミノ酸をL体からD体に
        変換した薬剤を新たに開発し、ラットによる実験でPETによりがん細胞への集積性を確認したところ、従来の5
        倍の集積性があることが確認できました。本研究成果は、新たに開発した薬剤がPETによるがん診断にも有用
        であることを示しており、ホウ素中性子捕捉療法による効果的ながん治療の確立に貢献することが期待できま
        す。
          光情報処理の分野におきましては、波面制御を利用した生体イメージングの研究を進めております。近年、遺
        伝子改変技術や情報処理技術の進歩により、様々な分野で生体の三次元観察が重要視されております。その有効
        な手法として二光子励起蛍光顕微鏡(TPM)による観察(注5)が知られておりますが、生体深部では、試料
        そのものによって光学的なボケ(収差)が発生するため、鮮明な画像の取得が困難でした。このような中、当社
        で培ってまいりました波面制御技術をベースに、試料の表面形状などのパラメータから収差を補正する計算手法
        を新たに開発し、当社製空間光変調器を組み込んだTPMに適用して試料深部の鮮明な画像を取得することに成
        功いたしました(注6)。従来の計算手法では表面が平らな試料に限定されていた収差補正が、新しい方法では
        表面が湾曲した試料にも適用可能となりました。本成果は、生体深部観察への貢献のほか、脳科学や再生医療、
        次世代レーザ加工など、様々な分野での応用が期待されます。
          半導体レーザ分野におきましては、独自の結晶生成技術により、レーザの波長を近赤外から深紫外に高効率で
        変換可能なホウ酸セシウムリチウム(CLBO)素子の大型化に成功し、当社製大出力レーザと組み合わせるこ
        とで、世界で初めて、深紫外固体レーザによる1ジュール(注7)超のパルス出力を達成いたしました。このレー
        ザは高いエネルギーをもつため、特定の物質に照射することで、その照射部分の分子結合を分離する光分解加工
        の実現が期待できます。光分解加工は、自動車、航空機、建築、医療、産業用ロボット等あらゆる分野での応用
        が期待されている炭素繊維強化プラスチック等の新たな加工方法として注目されております。この度、さらなる
        大出力化・高効率化・高繰り返し化を目指し、ビームパターンの改善とビームの高密度化により波長変換効率を
        改善いたしました。今後も、CLBO素子の大型化・高品質化とともに波長変換効率の改善を推進することで、
        光分解加工の実現をはじめ、大出力レーザの産業応用等を目指してまいります。
         (注)1 Matrix Assisted Laser Desorption / Ionizatio

               n (マトリックス支援レーザ脱離イオン化法)の略称です。
            2 Time of Flight Mass Spectrometry                                      の略称です。イオンが検出
               器に到達するまでの空間に電位差を設けることでイオンを質量毎に分離し、検出器に到達する時間
               差を利用することで質量を測定することができます。
            3      本開発成果は、光産業創成大学院大学と共同で開発したものです。
            4      細い管の内側の液体が管の中を移動する現象です。
            5      蛍光分子に光子を2個同時に吸収させて励起し、蛍光を観察する手法です。生体透過性の高い近赤外
               光が使えるため、従来の蛍光顕微鏡に比べてより深い部分の観察が可能です。
            6 本研究成果は、浜松医科大学との共同研究によるものです。
            7 ジュールとはエネルギーの単位で、1ジュールは0.24カロリーの熱量に相当します。新開発の深紫外
               固体レーザでは、この熱量を1億分の1秒に集中し、繰り返し出力することが可能です。
                                 19/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度は、生産能力の拡大と開発力強化などを目的とした投資を中心に、14,221百万円の設備投資(有形
       固定資産受入ベース)を実施しております。これらの所要資金は、主として自己資金により充当しております。
        主なセグメントごとの設備投資の内容は次のとおりであります。
      (1)電子管事業

         主に当社において、光電子増倍管の生産能力拡大及び開発力強化を目的とした建物改修のための投資を行いまし
        た。また、光電子増倍管、イメージ機器及び光源の製造設備及び研究開発用設備の更新、拡充を中心に、電子管事
        業としては2,302百万円の設備投資となりました。
      (2)光半導体事業

         主に当社において、光半導体素子の生産能力拡大を目的とした建物新築のための投資を行いました。また、光半
        導体素子の製造設備及び研究開発用設備の更新、拡充を中心に、光半導体事業としては5,024百万円の設備投資と
        なりました。
      (3)画像計測機器事業

         主に当社において、画像処理・計測装置の製造設備及び研究開発用設備の更新、拡充を中心に、画像計測機器事
        業としては362百万円の設備投資となりました。
      (4)全社

         主に当社において、化合物半導体素子の研究開発用設備への投資を中心に、全社としては6,021百万円の設備投
        資となりました。
        なお、当連結会計年度において、重要な設備の除却、売却等はありません。

      2【主要な設備の状況】

      (1)提出会社
                                                    (平成30年9月30日)
                                         帳簿価額(百万円)
       事業所名       セグメント              土地面積                             従業員数
                     設備の内容
              の名称                        建物及び     機械装置
       (所在地)                      (㎡)                             (名)
                                  土地              その他     合計
                                      構築物    及び運搬具
     本社工場              光半導体素子の製造          (11,479)
              光半導体                     2,027     4,503     1,819      679    9,029     785
     (静岡県浜松市東区)              及び研究開発設備          57,003
     三家工場              光半導体素子の製造          (1,403)
              光半導体                     754     982     580     48    2,366     252
     (静岡県磐田市)              設備
                             24,885
     新貝工場              光半導体素子の製造
              光半導体               39,147     1,603     3,171      969     112    5,856     170
     (静岡県浜松市南区)              設備
                   光電子増倍管、イ
     豊岡製作所              メージ機器及び光源          (40,392)
              電子管                     1,184     9,663     3,362      748    14,958    1,074
     (静岡県磐田市)              の製造及び研究開発
                             91,857
                   設備
                   画像処理・計測装置
     常光製作所         画像計測機               (1,834)
                   の製造及び研究開発               1,690     1,147      66    707    3,611     433
     (静岡県浜松市東区)         器               25,753
                   設備
     都田製作所         その他、全     半導体レーザの製造
                             76,636     1,076     3,894     3,212      155    8,339     119
     (静岡県浜松市北区)         社     及び研究開発設備
     中央研究所
     (静岡県浜松市
              全社     研究開発用設備          166,236      4,402     2,661      226     267    7,559     338
      浜北区)
     産業開発研究所
              全社     研究開発用設備
                             174,584       572    1,836      286     201    2,896     28
     (静岡県浜松市西区)
      (注)1 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
         2 土地の面積欄の( )内は外書きで連結会社以外から賃借中のものであります。
         3 上記のほか、関係会社及び外注先などへの貸与設備があり、関係会社のうち、主な貸与先は高丘電子㈱及び
           ㈱光素であります。
                                 20/93


                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      (2)国内子会社
                                                    (平成30年9月30日)
                                        帳簿価額(百万円)
                 セグメント            土地面積                            従業員数
       会社名      所在地          設備の内容
                                      建物及び     機械装置
                 の名称            (㎡)                            (名)
                                  土地              その他     合計
                                      構築物    及び運搬具
            静岡県          光源の製造設       (4,793)
     ㈱光素           電子管                   176     535     12     2    727    96
            磐田市          備
                             11,072
            静岡県
                      光電子増倍管       (1,024)
            浜松市
     高丘電子㈱           電子管                   477     298     16     3    796    106
                      の製造設備
                              7,224
            中区
                      光電子増倍管
     浜松電子プレス       静岡県
                 電子管     用部品等の製        8,405      206     167     107     18    499    36
     ㈱       磐田市
                      造設備
     ㈱磐田グランド       静岡県                 (7,743)
                 その他     宿泊設備             551     125      3    20    700    47
     ホテル       磐田市
                             18,639
      (注)1 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
         2 土地の面積欄の( )内は外書きで連結会社以外から賃借中のものであります。
      (3)在外子会社

                                                    (平成30年9月30日)
                                          帳簿価額(百万円)
                               土地面積                         従業員数
                  セグメントの
        会社名      所在地          設備の内容
                                        建物及び     機械装置
                  名称             (㎡)                         (名)
                                    土地             その他    合計
                                        構築物    及び運搬具
     ホトニクス・マネージ
               米国   全社      事務所用建物他        34,036     152    713     -    29    895     6
     メント・コーポ
                  電子管、光半      光センサモ
     ハママツ・コーポレー
               米国   導体、画像計      ジュールの製造        17,758      67    852     29    239   1,188     247
     ション
                  測機器      設備
     ハママツ・ホトニク
                  電子管、光半
     ス・ドイチュラント・
               独国   導体、画像計      事務所用建物他        13,873     183    653      ▶   142    983    80
     ゲー・エム・ベー・
                  測機器
     ハー
     ハママツ・ホトニク             電子管、光半
     ス・フランス・エス・          仏国   導体、画像計      事務所用建物他        2,271     86    304     22    72    486    60
     ア・エール・エル             測機器
     ハママツ・ホトニク             電子管、光半
     ス・ユー・ケイ・リミ          英国   導体、画像計      事務所用建物他        2,150     102     62     18    30    214    43
     テッド             測機器
     北京浜松光子技術股份             電子管、その      光電子増倍管等
               中国                   -    -   1,117      598    464   2,179     505
     有限公司             他      の製造設備
      (注)1 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
         2 ホトニクス・マネージメント・コーポは、ハママツ・コーポレーションに対し、事務所用建物を賃貸してお
           ります。
                                 21/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
      (1)重要な設備の新設等
         有形固定資産の設備計画
                 平成30年9月末計画金額
      セグメントの名称                             設備の内容            着工年月      完了予定年月
                 予算金額       既支払額
                 (百万円)       (百万円)
                               電子管製品の研究開発及び事
                               務用建物、光電子増倍管、イ
     電子管事業             13,500         -                  平成30年10月       平成32年7月
                               メージ機器及び光源の製造用
                               設備
                               光半導体素子の製造用工場及
                           984
     光半導体事業              8,100                           平成30年10月       平成31年9月
                               び製造用設備
                               画像処理・計測装置の製造用
     画像計測機器事業               850        -                  平成30年10月       平成31年9月
                               設備
     その他事業               650        -   半導体レーザーの製造用設備               平成30年10月       平成31年9月

                               基礎研究開発用設備及び化合
     全社              3,200         -                  平成30年10月       平成31年9月
                               物半導体素子の製造用設備
         合計         26,300         984          -           -       -

      (注)上記設備計画に伴う今後の所要資金26,300百万円につきましては、主として自己資金により充当する予定であり
         ます。
      (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 22/93












                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
     普通株式                                            500,000,000

                  計                               500,000,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在            提出日現在
                                   上場金融商品取引所名
       種類                            又は登録認可金融商品                 内容
               発行数(株)           発行数(株)
                                   取引業協会名
             (平成30年9月30日)           (平成30年12月20日)
                                               権利内容に何ら限定のない当
                                   東京証券取引所
                                               社における標準となる株式で
     普通株式           165,011,568           165,011,568
                                               あり、単元株式数は100株で
                                   市場第一部
                                               あります。
        計         165,011,568           165,011,568            -             -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     平成30年4月26日

                    △2,518       165,011          -     34,928         -     34,636
     (注)
       (注)自己株式の消却による減少であります。

                                 23/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                (平成30年9月30日現在)
                          株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                        単元未満
        区分                             外国法人等
             政府及び                                          株式の状況
                        金融商品     その他の                 個人
             地方公共     金融機関                                  計
                                                        (株)
                        取引業者      法人               その他
              団体                    個人以外      個人
     株主数(人)           -     66     43     161     567      18   20,814      21,669       -

     所有株式数
                -   435,314      14,571     162,123     591,517      2,217    443,985    1,649,727       38,868
     (単元)
     所有株式数の
                -    26.39      0.88     9.83     35.86      0.13     26.91     100.00       -
     割合(%)
      (注)1 平成30年9月30日現在の自己株式は9,945,363株であり、このうち9,945,300株(99,453単元)は「個人その
           他」の欄に、63株は「単元未満株式の状況」の欄にそれぞれ表示してあります。
         2 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が4単元含まれております。
       (6)【大株主の状況】

                                                 (平成30年9月30日現在)
                                                        発行済株
                                                        式(自己
                                                        株式を除
                                                        く。)の
                                                  所有株式数
                                                        総数に対
         氏名又は名称                        住所
                                                  (千株)
                                                        する所有
                                                        株式数の
                                                        割合
                                                        (%)
     日本マスタートラスト信託銀行
                                                   10,690       6.89
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     株式会社(信託口)
                                                   8,400      5.42
     トヨタ自動車株式会社               愛知県豊田市トヨタ町1番地
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                               5,896      3.80
     銀行株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                               5,600      3.61
     銀行株式会社(信託口9)
     SSBTC CLIENT O
     MNIBUS ACCOUNT               ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA  02111
                                                   5,199      3.35
     (常任代理人 香港上海銀行東               (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     京支店 カストディ業務部)
     ジェーピー モルガン チェー
                     270  PARK   AVENUE,    NEW  YORK,   NY  10017,    UNITED    STATES    OF
     ス バンク 380055
                     AMERICA                               4,748      3.06
     (常任代理人 株式会社みずほ
                     (東京都港区港南2丁目15-1 品川インターシティA棟)
     銀行決済営業部)
                     静岡県浜松市中区砂山町325-6                               4,748      3.06
     浜松ホトニクス従業員持株会
     野村信託銀行株式会社(投信
                     東京都千代田区大手町2丁目2-2                               3,015      1.94
     口)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                               2,795      1.80
     銀行株式会社(信託口5)
                                                   2,400      1.55
     晝馬 明               静岡県浜松市西区
                                  -                 53,495      34.50
            計
                                 24/93



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      (注)1 ブラックロック・ジャパン株式会社及びその共同保有者6社から、平成30年6月6日付(報告義務発生日平成
          30年5月31日)の大量保有報告書(特例対象株券等)が提出され、平成30年5月31日現在で、それぞれ以下のと
          おり株式を保有している旨の報告を受けておりますが、当社として平成30年9月30日現在における実質所有株
          式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、大量保有報告書(                  特例対象株券等       )の内容は以下のとおりであります。
                                                  保有株券      株券等
                 氏名又は名称                      住所             等の数     保有割合
                                                  (千株)      (%)
            ブラックロック・ジャパン株式会社                  東京都千代田区丸の内一丁目8番3号                      2,310      1.40
            ブラックロック・ファンド・マネ                  英国 ロンドン市 スログモートン・アベ
                                                     172     0.10
            ジャーズ・リミテッド                  ニュー 12
            ブラックロック・ライフ・リミテッ                  英国 ロンドン市 スログモートン・アベ
                                                     190     0.12
            ド                  ニュー 12
                             アイルランド共和国 ダブリン インター
            ブラックロック・アセット・マネジ
                             ナショナル・ファイナンシャル・サービ                       709     0.43
            メント・アイルランド・リミテッド
                             ス・センター JPモルガン・ハウス
            ブラックロック・ファンド・アドバ                  米国 カリフォルニア州 サンフランシス
                                                    2,455      1.49
            イザーズ                  コ市 ハワード・ストリート 400
            ブラックロック・インスティテュー
                             米国 カリフォルニア州 サンフランシス
            ショナル・トラスト・カンパニー、                                        2,277      1.38
                             コ市 ハワード・ストリート 400
            エヌ.エイ.
            ブラックロック・インベストメン
                             英国 ロンドン市 スログモートン・アベ
            ト・マネジメント(ユーケー)リミ                                         443     0.27
                             ニュー 12
            テッド
         2 キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー及びその共同保有者4社から、平成30年8月13

          日付(報告義務発生日平成30年8月6日)の大量保有報告書(変更報告書)が提出され、平成30年8月6日現在
          で、それぞれ以下のとおり株式を保有している旨の報告を受けておりますが、当社として平成30年9月30日現
          在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                                  保有株券      株券等
                 氏名又は名称                      住所             等の数     保有割合
                                                  (千株)      (%)
                             アメリカ合衆国カリフォルニア州、ロスア
            キャピタル・リサーチ・アンド・マ
                                                    9,121      5.53
                             ンジェルス、サウスホープ・ストリート 
            ネージメント・カンパニー
                             333
                             アメリカ合衆国カリフォルニア州、ロスア
            キャピタル・ガーディアン・トラ
                                                    8,037      4.87
                             ンジェルス、サウスホープ・ストリート 
            スト・カンパニー
                             333
                             英国SW1X     7GG、ロンドン、グロスヴェ
            キャピタル・インターナショナル・
                                                     353     0.21
            リミテッド
                             ノー・プレイス40
                             アメリカ合衆国カリフォルニア州90025、ロ
            キャピタル・インターナショナル・
                                                     198     0.12
                             スアンジェルス、サンタ・モニカ通り
            インク
                             11100、15階
            キャピタル・インターナショナル株                  東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治
                                                    2,037      1.23
            式会社                  安田生命ビル14階
                                 25/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                 (平成30年9月30日現在)
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                                                 権利内容に何ら限定のな
                        (自己保有株式)
                                                 い当社における標準とな
     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                 -
                                                 る株式であり、単元株式
                              9,945,300
                                                 数は100株であります。
                        普通株式
     完全議決権株式(その他)                                     1,550,274           同上
                             155,027,400
                        普通株式
     単元未満株式                                    -            -
                                38,868
     発行済株式総数                        165,011,568            -            -
     総株主の議決権                        -             1,550,274           -

      (注)1 完全議決権株式(その他)欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含まれて
           おります。
         2 単元未満株式欄の普通株式には、当社所有の自己株式63株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                (平成30年9月30日現在)
                                                    発行済株式総数

                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    式数の割合(%)
     (自己保有株式)            静岡県浜松市東区市野町
                               9,945,300           -    9,945,300           6.03
     浜松ホトニクス株式会社            1126番地の1
           計            -        9,945,300           -    9,945,300           6.03
      2【自己株式の取得等の状況】

        【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の
                 取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)           価額の総額(百万円)
     取締役会(平成29年11月13日)での決議状況
                                        3,000,000               10,000
     (取得期間       平成29年11月14日~平成30年3月23日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       -             -
     当事業年度における取得自己株式                                   2,518,400               9,999
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                    481,600                 0
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     16.05              0.00
     当期間における取得自己株式                                       -             -
     提出日現在の未行使割合(%)                                     16.05              0.00
                                 26/93


                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
                  区分                   株式数(株)           価額の総額(百万円)
     当事業年度における取得自己株式                                        82              0
     当期間における取得自己株式                                        -             -

      (注)当期間における取得自己株式には、平成30年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
         よる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                    当期間
             区分
                                  処分価額の総額                   処分価額の総額
                         株式数(株)                   株式数(株)
                                   (百万円)                   (百万円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己
                               -         -         -         -
     株式
     消却の処分を行った取得自己株式                      2,518,400           5,264           -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る移転
                               -         -         -         -
     を行った取得自己株式
     その他(-)                         -         -         -         -
     保有自己株式数                      9,945,363             -         -         -

      (注)当期間における保有自己株式数には、平成30年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式は含まれておりません。
                                 27/93













                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主の皆様への利益還元策といたしましては、配当による成果の配分を第一に考えております。そのため
       当社は、長期的な展望に基づく企業収益力の充実・強化を図ることにより1株当たり利益の継続的な増加に努め、親
       会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向30%を目処に、配当の安定的な増加に努めることを配当政策の基本
       方針としております。
        一方で、光のリーディングカンパニーとして高い技術力による競争力を維持するため、長期的な企業価値の拡大に
       向けた研究開発及び光産業創成のための成長投資は必要不可欠であると考えております。そして、そのための研究開
       発投資や設備投資に備えた一定水準を自己資金で確保しておくことが重要であると認識しております。加えて、地震
       等の自然災害に備えた自己資金等も勘案して、当社は内部留保を高水準に維持しておりますが、これらの資金は将来
       の競争力の高い製品の開発のための事業投資により、さらなる企業価値の向上に寄与するものと認識しております。
        当事業年度の配当につきましては、期末配当金を1株当たり20円実施いたしました。これにより、当期の年間配当
       金は37円(うち中間配当金17円)となっております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
       決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        当社は、取締役会の決議によって、毎年3月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めて
       おります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
          決議年月日        配当金の総額(百万円)              1株当たり配当額(円)
          平成30年5月7日
                           2,636               17
         取締役会決議
         平成30年12月20日
                           3,101               20
        定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第67期         第68期         第69期         第70期         第71期
       決算年月         平成26年9月         平成27年9月         平成28年9月         平成29年9月         平成30年9月

                             7,440
       最高(円)             5,300                   3,495         3,615         5,070
                            □3,940
                             4,485
                                      2,467         2,768         3,435
       最低(円)             3,430
                            □2,571
      (注)1 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         2 □印は、株式分割(平成27年4月1日、1:2)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

                平成30年
        月別                5月        6月        7月        8月        9月
                 4月
       最高(円)           4,290        4,745        4,800        5,070        4,775        4,535

       最低(円)           3,940        4,210        4,525        4,620        4,160        4,065

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 28/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性16名 女性1名 (役員のうち女性の比率5.9%)
                                                          所有
       役名      職名      氏名       生年月日                略歴            任期    株式数
                                                         (千株)
                                昭和59年10月      当社入社
                                平成21年12月
                                      代表取締役社長就任(現任)
                                平成22年2月      ホトニクス・マネージメント・コー
                                      ポ取締役社長就任(現任)
                                平成22年12月      学校法人光産業創成大学院大学理事
                                      長就任(現任)
                                                     平成29年
                                平成23年5月      財団法人光科学技術研究振興財団
     代表取締役
                                      (現 公益財団法人光科学技術研究
                 晝  馬   明   昭和31年11月10日生                             12月から     2,400
     社長
                                      振興財団)理事長就任(現任)
                                                      2年
                                平成23年8月      浜松光子学商貿(中国)有限公司董
                                      事長就任(現任)
                                平成25年4月      一般財団法人浜松光医学財団理事長
                                      就任(現任)
                                平成26年8月      ハママツ・コーポレーション取締役
                                      就任(現任)
                                昭和33年4月      当社入社
                                昭和63年10月      電子管第一事業部長
                                平成元年12月      取締役就任
                                平成5年12月      常務取締役就任
                                                     平成29年
     代表取締役
                                平成15年12月      電子管事業部長
                 竹内 純一       昭和17年9月12日生                             12月から      212
                                平成22年4月      北京浜松光子技術股份有限公司董事
     副社長
                                                      2年
                                      長就任(現任)
                                平成23年12月      専務取締役就任
                                平成24年12月
                                      代表取締役専務取締役就任
                                平成29年12月
                                      代表取締役副社長就任(現任)
                                昭和45年3月      当社入社
                                昭和60年1月
                                      固体事業部長(現任)
           固体事業部長                     昭和60年12月      取締役就任              平成29年
     代表取締役
                                昭和62年12月      常務取締役就任
           兼レーザ事業      山本 晃永      昭和20年10月20日生                             12月から       95
     専務取締役
           推進部長                     平成16年12月      専務取締役就任                2年
                                平成17年7月      代表取締役専務取締役就任(現任)
                                平成29年12月      レーザ事業推進部長就任(現任)
                                昭和41年3月      当社入社
                                平成16年3月      電子管事業部第5製造部長
                                平成20年4月      電子管事業部電子管技術部長
                                                     平成29年
                                平成21年12月      取締役就任
           電子管事業部
                                      電子管事業部長代理(現 電子管副
     常務取締役            鈴木 賢次       昭和23年3月22日生                             12月から
                                                           81
           長
                                      事業部長)
                                                      2年
                                      常務取締役就任(現任)
                                平成24年12月
                                      台湾浜松光子学有限公司董事長就任
                                平成26年12月
                                      電子管事業部長(現任)
                                平成29年12月
                                昭和54年6月      当社入社
                                                     平成29年
                                平成18年10月      中央研究所長代理
     常務取締役      中央研究所長      原     勉   昭和27年3月22日生        平成21年12月      取締役就任              12月から       10
                                平成22年11月
                                      中央研究所長(現任)
                                                      2年
                                平成24年12月
                                      常務取締役就任(現任)
                                昭和46年3月      当社入社
                                昭和63年5月      ハママツ・ホトニクス・ユー・ケ
                                      イ・リミテッド取締役社長
                                                     平成29年
                                平成9年6月      社長室長
     常務取締役      管理本部長      吉田 堅司      昭和23年12月15日生                             12月から       96
                                平成22年12月      取締役就任
                                                      2年
                                平成24年12月
                                      常務取締役就任(現任)
                                平成25年12月      事務部門統括
                                平成29年10月
                                      管理本部長(現任)
                                昭和56年3月      当社入社
                                平成24年10月      電子管営業推進部長
                                                     平成29年
                                平成26年2月      国内統括部長
                                平成27年12月
     取締役      営業本部長      鳥山 尚史       昭和33年3月11日生               取締役就任(現任)              12月から       8
                                平成30年10月      台湾浜松光子学有限公司董事長就任
                                                      2年
                                      (現任)
                                      営業本部長就任(現任)
                                 29/93



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名      氏名       生年月日                            任期
                                         略歴
                                                         株式数
                                                         (千株)
                                昭和54年4月      株式会社協和銀行(現 株式会社り
                                      そな銀行)入行
                                      株式会社りそな銀行渋谷エリア営業
                                平成21年7月
                                      第一部長
                                                     平成29年
                                      当社出向、財務部長
                                平成23年7月
     取締役      管理部長      森   和   彦  昭和31年12月11日生                             12月から       1
                                      常勤監査役就任
                                平成24年12月
                                                      2年
                                      取締役就任(現任)
                                平成29年12月
                                      管理部長(現任)
                                      エンシュウ株式会社社外取締役(監
                                平成30年6月
                                      査等委員)就任(現任)
                                昭和58年4月      当社入社
                                平成20年10月      システム事業部第一設計部長
                                平成26年8月      ハママツ・コーポレーション取締役
                                                     平成29年
                                      就任(現任)
           システム事業
                                平成26年10月      システム設計部長
     取締役            丸  野   正   昭和35年10月6日生                             12月から       5
           部長
                                平成28年10月
                                      システム事業部長代理(現            システ
                                                      2年
                                      ム副事業部長)
                                平成29年12月
                                      取締役就任(現任)
                                      システム事業部長(現任)
                                平成元年7月      当社入社
                                                     平成29年
           固体副事業部
                                平成28年10月      固体事業部第3製造部長
     取締役            鈴木 貴幸       昭和36年10月8日生                             12月から       1
                                平成29年10月      固体副事業部長(現任)
           長
                                                      2年
                                平成29年12月
                                      取締役就任    (現任)
                                昭和56年3月      当社入社
                                                     平成30年
           電子管副事業
                                平成24年10月      電子管事業部第1製造部長
     取締役            加藤 久喜       昭和32年5月7日生                             12月から       5
                                平成30年1月      電子管副事業部長(現任)
           部長
                                                      1年
                                平成30年12月
                                      取締役就任    (現任)
                                平成4年4月      日本女子大学理学部教授
                                平成20年1月      株式会社Photonic       System
                                      Solutions代表取締役就任
                                平成21年4月
                                      日本女子大学名誉教授(現任)
                                                     平成29年
                                平成  21年9月    独立行政法人(現 国立研究開発法
     取締役            小館 香椎子       昭和16年1月18日生               人)科学技術振興機構 男女共同参              12月から       0
                                      画 主監
                                                      2年
                                平成24年4月      電気通信大学特任教授(現任)
                                平成27年12月      当社取締役就任(現任)
                                平成29年4月
                                      株式会社Photonic       System
                                      Solutions取締役会長就任(現任)
                                平成5年4月      トヨタ自動車株式会社入社
                                                     平成29年
                                平成28年1月      同社先進安全先行開発部長(現任)
                                平成29年4月
     取締役            鯉  渕   健   昭和41年11月26日生               同社先進技術開発カンパニー常務理              12月から       -
                                      事就任(現任)
                                                      2年
                                平成29年12月
                                      当社取締役就任(現任)
                                昭和47年3月      当社入社
                                                     平成28年
                                平成20年4月      システム事業部長代理
     常勤監査役            水  島   廣   昭和24年7月28日生                             12月から       39
                                平成26年7月      退社
                                                      4年
                                平成26年12月
                                      常勤監査役就任(現任)
                                昭和58年4月      当社入社              平成29年
                                平成18年7月      知的財産部長              12月から
     常勤監査役            宇津山 晃       昭和35年6月12日生
                                                            5
                                平成29年12月
                                      常勤監査役就任(現任)
                                                      3年
                                昭和56年4月      トヨタ自動車販売株式会社(現 ト
                                                     平成28年
                                      ヨタ自動車株式会社)入社
                                平成20年1月      同社経理部主査
     監査役            槇   祐   治  昭和33年1月31日生                             12月から       -
                                平成24年12月
                                      当社監査役就任(現任)
                                                      4年
                                平成27年4月
                                      同社常務役員就任(現任)
                                昭和48年4月      株式会社東京銀行(現 株式会社三
                                      菱UFJ銀行)入行
                                平成16年5月      株式会社東京三菱銀行(現 株式会
                                      社三菱UFJ銀行)常務執行役員
                                                     平成28年
                                平成20年6月      株式会社三菱UFJフィナンシャ
     監査役            佐野 三郎       昭和24年5月24日生               ル・グループ代表取締役専務取締役              12月から       -
                                平成22年6月      東銀リース株式会社代表取締役社長
                                                      4年
                                平成25年6月      同社代表取締役会長
                                平成28年6月      三菱プレシジョン株式会社社外監査
                                      役(現任)
                                平成28年12月      当社監査役就任(現任)
                           計
                                                          2,964
      (注)1 取締役 小館香椎子及び取締役 鯉渕健は、社外取締役であります。
         2 監査役 槇祐治及び監査役 佐野三郎は、社外監査役であります。
                                 30/93


                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
          当社は、当社グループの企業価値向上に資すべき良き企業文化は今後も維持しつつ、実効的なコーポレー
         ト・ガバナンスを実現し、会社の意思決定の透明性・健全性を確保し、迅速・適切な意思決定により持続的な
         成長と中長期的な企業価値を実現する。
          また、当社の企業倫理及びコンプライアンスに関する基本的な考え方は次のとおりであります。
          我が国が世界で生き残るには、人類にとって未知未踏の領域を追求することで新しい知識を得て、新しい産
         業を生み出すことが重要である。新しく産業を創造するためには、人類にとって未知未踏の分野は無限にある
         ことを認識しなければならない。
          そして、社員一人ひとりが自分にしかできないことを見つけ出し、当社が取組む光産業創成に向けての知
         識、ニーズ、競争力のある技術の開発を行うとともに、何が真に正しいのかを全身全霊で求める姿勢が必要で
         ある。
          更に、新しい産業を興すために社外関係者(ステークホルダー)へその重要性を十分説明して正しく理解し
         ていただく必要がある。
          企業は従業員の行動に基づき行われるものである。一人ひとりが責任・職務・認識を持って、日々の仕事を
         通じて研鑽し、新しい知識の吸収、情報の正しい伝達により未知未踏の領域を追求するとともに、人権を尊重
         し、関係法令、国際ルール及びその精神を遵守することは勿論のこと、社会の一員として真に正しい行動をす
         る企業風土を醸成しなければならない。また、暴力団、暴力団関係企業、総会屋など暴力、威力と詐欺的手法
         を駆使して経済的利益を追求し、または社会秩序や社会の安全に脅威を与える集団又は個人等とは一切の関係
         を拒絶し、毅然とした態度で対応することが必要である。当社は、一人ひとりの社員がこのような明確で高い
         意識を持つことにより、健全で信頼される企業として成長・発展しなければならない。
          当社は、こうした一人ひとりの社員の高い倫理観の維持と光技術を通して新しい産業を創成することによ
         り、社会、人類に貢献することを目指す。
        企業統治の体制

          当社は監査役制度を採用しており、会社の機関として会社法に規定する取締役会及び監査役会を設置してお
         ります。当社は社外取締役及び社外監査役を選任することにより、経営監督機能の充実を図るとともに、内部
         監査体制を充実させることで、必要にして適切なコーポレート・ガバナンス体制を構築しております。
         ①会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

          イ.会社の機関の基本説明
           ≪取締役及び取締役会≫
            当社は取締役会(提出日現在13名で構成、うち社外取締役2名を含む)を経営の基本方針及び経営に関す
           る重要事項の決定並びに業務執行状況の監視・監督を行う機関として位置付けております。取締役会は、
           毎月1回の定例開催と、機動的な臨時開催を行うことで、迅速な意思決定、透明性の確保を図ることとし、
           十分な協議により適正、的確な意思決定を行い、業務執行の状況を監督しております。
           ≪監査役、監査役会及び内部監査体制≫
            当社は監査役制度を採用しており、監査役会(当事業年度6回開催)は、提出日現在監査役4名のうち2名
           を社外監査役とした監査体制としております。各監査役は、監査役会で定めた監査の方針及び実施計画に
           従い、毎月開催される取締役会及び社内の重要な会議に出席して経営の執行状況を把握するほか、経営執
           行部門から業務執行状況を聴取することで、取締役の職務執行の監査を行っております。また、会計監査
           人とは、定期的に、あるいは必要に応じて随時会合(当事業年度10回開催)を持つことで、情報交換を実
           施しております。
            内部監査につきましては、各部門、グループ各社の業務プロセス及び業務全般について、法令並びに社
           内規定に則り適正かつ効率的に行われていることを監査する目的で、内部監査部門(1名)を設置しておりま
           す。内部監査部門は社長が承認した年間計画に基づき、必要に応じて常勤監査役並びに会計監査人と意見
           交換を行うことで、監査効率の向上に努めております。その監査結果については、社長及び常務会並びに
           関係部門に報告を行っております。
                                 31/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
           ≪社外取締役及び社外監査役≫
            当社には社外取締役が2名、社外監査役が2名おります。社外取締役には、取締役会において業務執行よ
           り独立した立場から意思決定や監督を行うにあたり、その専門知識を当社の経営に活かすことを期待して
           おります。また、社外監査役には、独立的な立場から意見を求めることで、より適正な監査の実現を図る
           ことを期待しております。
            社外取締役 小館香椎子氏は、日本女子大学の名誉教授であり、当社と同大学との間で特別な利害関係
           等はありません。
            社外取締役 鯉渕健氏は、トヨタ自動車株式会社の常務理事であり、同社は当社株式の5.4%を所有して
           おります。当社と同社との間で営業取引がありますが、取引高は僅少であり独立性に影響を及ぼすような
           重要性がないことから、実質上一般株主と利益相反が生じる恐れはありません。
            社外監査役 槇祐治氏は、トヨタ自動車株式会社の常務役員であり、同社は当社株式の5.4%を所有して
           おります。当社と同社との間で営業取引がありますが、取引高は僅少であり独立性に影響を及ぼすような
           重要性がないことから、実質上一般株主と利益相反が生じる恐れはありません。
            社外監査役 佐野三郎氏は、株式会社東京三菱銀行(現 株式会社三菱UFJ銀行)の常務執行役員及
           び株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの代表取締役専務取締役を歴任しており、当社は株式会
           社三菱UFJ銀行からの借入金があります。ただし、同氏は同社の代表取締役を平成22年5月に、専務取締
           役を同年6月に退任して既に8年が経過していることに加え、同行からの借入金は僅少であり独立性に影響
           を及ぼすような重要性がないことから、実質上一般株主と利益相反が生じる恐れはありません。また、同
           氏は三菱プレシジョン株式会社の社外監査役であり、当社と三菱プレシジョン株式会社との間で営業取引
           がありますが、取引高は僅少であり独立性に影響を及ぼすような重要性がないことから、実質上一般株主
           と利益相反が生じる恐れはありません。
             社外取締役 小館香椎子氏は、「5 役員の状況」の所有株式数欄に記載のとおり当社の株式を保有し
           ておりますが、当社との間に記載すべき特別の利害関係はありません。
            当社と社外取締役 鯉渕健氏、社外監査役 槇祐治氏及び社外監査役 佐野三郎氏との間に特別の利害
           関係はありません。
            当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する独自の基準又は方針に
           ついて定めておりませんが、上記社外取締役及び社外監査役については、各氏とも当社の主要な取引先の
           業務執行者ではないことから、業務執行を行う当社経営陣から独立し、一般株主と利益相反が生じるおそ
           れがないため、株式会社東京証券取引所の定める独立役員として同取引所へ届け出ております。
          ロ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

                                 32/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
            取締役会は、上記コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を当社グループ一人ひとりに徹底
           させることで、透明性の高いコーポレート・ガバナンス及び内部統制を構築するよう努めるとともに、会
           社法及び会社法施行規則に基づき、次のとおり当社の業務の適正を確保するための体制を整備しておりま
           す。
           a 取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
             (a)会社の企業倫理及びコンプライアンスに関する基本的な考え方を明確にして全社員に周知を図
                る。
             (b)取締役会のほか、代表取締役を長とし取締役、監査役及び部長クラス以上の役職者が出席する
                「常務会」を定例的に開催し、随時課題の報告、検討をすることによりガバナンスの強化を図
                る。
           b 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             (a)取締役会、常務会、その他重要な各会議の議事録を作成して保管する。
             (b)情報は、IT化を進め、閲覧が容易な状態で保管する。
           c 損失の危機の管理に関する規程その他の体制
              情報セキュリティ、品質、環境、災害、輸出管理等にかかるリスクについては、それぞれ責任部署を
              定め、規定、ガイドラインの作成、研修・教育等を実施する。
           d 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制及び使用人の職務の執行が法令及
             び定款に適合することを確保するための体制
             (a)取締役会規則の下、定時取締役会を毎月1回開催し、重要事項の決定及び業務執行状況の監督を行
                う。また、理事職制度の制定により、取締役会出席権限(議決権はなし)を付与することで、取
                締役会の活性化、意志伝達の迅速化を図る。
             (b)常務会規定の下、取締役及び監査役に加えて、部長クラス以上の役職者が出席する常務会を定例
                的に開催し、業務執行に関する基本的事項及び重要事項を多面的に検討し、直接関係者に説明、
                指示することで、業務執行の迅速化、効率化を図るとともに、役員及び幹部社員における情報の
                共有化を図る。さらに、その他諸会議を通じて、その他の社員に対する情報の伝達等を行う。
             (c)組織規定、業務分掌規定、職務権限規定を整備し、責任と権限を明確にする。
             (d)予算執行状況及び業績動向を把握するために、予算委員会の設置により、進捗状況とその対応に
                ついて検討する。
             (e)従業員の安全衛生、コンプライアンス意識等の向上を図るため、入社時、管理職登用時を始めと
                して、随時教育を行う。
             (f)内部情報の開示については、正確かつ適時に対応する体制を整える。
             (g)個人情報の管理については、個人情報管理指針の下に各種ガイドラインを定めて対応する。
             (h)反社会的勢力排除の基本方針を明確にして、社内に周知徹底する。
             (i)内部統制監査規定の下、財務報告の適正性を確保するための必要な内部統制体制を整備する。
           e 当社グループ(当社及び連結子会社をいう)における業務の適正を確保するための体制
             (a)国内外の連結対象子会社については、原則として各社の自主性を尊重しつつ、統括する責任部署
                を定める。そして、連結対象子会社の規模や業態をふまえて、以下のような対応をする。
                ・ 国内連結対象子会社においては、当社取締役又は幹部社員を子会社の取締役として派遣するこ
                 とで、当社の方針に沿った業務執行を行うと共に、業務執行の監督をする。また、監査役には
                 当社の取締役又は幹部社員を派遣することで、リスクの回避に努める。
                ・海外連結対象子会社においては、                 上記に加えて、       経営に関する意思統一のために海外連結対象
                 子会社の責任者を集めて報告・協議を定期的に行う。また、必要に応じて担当者を出向させ、
                 もしくは現地に赴いて情報を入手する。
             (b)   国内外の連結対象子会社は、当社に対して定期的に業績等の報告をするものとし、当社グループ
                間における協調を促進するために、必要に応じて連絡会議等を開催して意思の疎通を図るものと
                する。
             (c)   国内外の連結対象子会社におけるリスクについては、当社の責任部署を窓口として、規模や業態
                に応じてリスク情報の共有、各種規定等の周知・作成、研修・教育等を実施することで対応す
                る。
             (d)   連結利益計画は、当社と連結対象子会社との間で情報の共有を図りつつ、これを策定する。
             (e)   当社グループにおけるコンプライアンスの向上に向けて、CSR基本方針、企業行動規範につい
                て、連結対象子会社への周知を図る。
                                 33/93



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
           f 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
              監査役が監査を補助すべき人員を求めた場合、当社従業員の中から人数、具備すべき能力等について
              監査役会の要望を尊重して任命する。
           g 前号の使用人の取締役からの独立性及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
              当該従業員は、監査役会専任として監査役会の定めた基準に従って行動し、もっぱら監査役の指揮命
              令に従わなければならない。また、業務の執行に係る役職、他部署の使用人を兼務しない                                         。
           h 当社グループの取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する
             体制
              取締役及び従業員(連結対象子会社の取締役、監査役及び使用人等を含む)は当社監査役から業務執
              行に関する事項について報告を求められた時は、速やかに適切な報告を行う。
              また、法令もしくは定款に違反する行為等、当社グループに著しい損害を及ぼす恐れのある事実につ
              いては、これを発見次第、直ちに監査役又は監査役会に対して報告を行うものとする。
            i   前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するため
             の体制
              当社は、監査役へ報告を行った当社グループの取締役及び従業員に対して、当該報告をしたことを理
              由として不利な取扱いはしない。
           j 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ず
             る費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
              監査役がその職務の執行について、当社に対し会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求をしたと
              きは、担当部署において審議の上、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要
              でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。
           k その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
              監査役が会計監査人、内部統制監査部門、内部監査部門、子会社取締役及び監査役、監査補助員等か
              らの適切な報告体制と連携、情報共有を踏まえ、業務監査・会計監査等のために実効的な監査活動を
              行うことを保証する。
            l 責任限定契約の内容の概要
              当社と社外取締役及び社外監査役は、定款に基づき、会社法第423条第1項に定める責任について、会
              社法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度とする責任限定契約を締結しております。なお、当
              該責任限定が認められるのは、当該社外取締役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂行に
              ついて善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
          ハ.会計監査の状況

            当社は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結しております。当社の会計監査業務を執行した公
           認会計士は市村清氏及び相澤範忠氏であります。継続監査年数については、2名とも7年以内であるため、
           記載を省略しております。同監査法人は既に自主的に業務執行社員の交替制度を導入しており、継続監査
           年数が一定期間を超えないよう措置をとっております。当連結会計年度の会計監査業務に係る補助者は、
           公認会計士7名及びその他11名であります。
                                 34/93








                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         ②リスク管理体制の整備の状況
           当社は、「当社の企業倫理及びコンプライアンスに関する基本的な考え方」並びに「CSR基本方針」を
          制定し、当社の行動規範を全従業員に周知するとともに、弁護士等の社外専門家と連携し、コンプライアン
          スの徹底に努めております。コンプライアンス体制の強化のため、公益通報制度を構築しております。さら
          に、「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を策定して、当社ウェブサイトで開示しております。
           また、取締役は、その担当業務ごとに規定等について取締役会で決議し、整備を進めることでグループ会
          社全体のリスクを網羅的、総括的に管理しております。
         ③株主総会決議事項を取締役で決議することができる事項

          イ.中間配当の決定機関
            当社は、資本政策の機動性を確保するため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によっ
           て中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
          ロ.自己株式取得の決定機関

            当社は、資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策の遂行のため、会社法第165条第2項の規
           定により、取締役会決議による自己株式の取得を可能とする旨を定款で定めております。
         ④取締役の定数

           当社は取締役を20名以内とする旨を定款で定めております。
         ⑤取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
          出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任決議は、累積投
          票によらない旨についても定款で定めております。
         ⑥株主総会の特別決議要件

           当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件につい
          て、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2
          以上をもって決議を行う旨を定款で定めております。
          ⑦役員報酬の内容

          イ.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                     対象となる役員
                 報酬等の総額
        役員区分
                 (百万円)
                                ストック
                                                      の員数(名)
                         基本報酬                賞与      退職慰労金
                                オプション
     取締役
                     340       340        -       -       -       15
     (社外取締役を除く)
     監査役
                     38       38       -       -       -        3
     (社外監査役を除く)
     社外役員                21       21       -       -       -        5

      (注)取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分は含まれておりません。

          ロ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

            連結報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
          ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

            該当事項はありません。
                                 35/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
          ニ.役員の報酬等の額の決定に関する方針
            当社の取締役報酬額は、平成29年12月22日開催の定時株主総会決議により、月額55百万円以内(うち社
           外取締役3百万円以内)と定められております。また、監査役報酬額は平成24年12月20日開催の定時株主総
           会決議により、月額6百万円以内と定められております。
         ⑧株式の保有状況

          イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
            銘柄数                              24銘柄
            貸借対照表計上額の合計額  2,992百万円
          ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保

             有目的
          前事業年度
           特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
              銘柄             株式数(株)                       保有目的
                                    (百万円)
      シグマ光機㈱                      1,000,000            1,730     業務提携推進のため

      エンシュウ㈱                      2,000,000             302    業務提携推進のため

      ㈱りそなホールディングス                       505,400            292    金融取引の維持・発展のため

      ㈱島津製作所                       30,000            66   取引関係の維持・発展のため

      ㈱ニコン                       14,000            27   取引関係の維持・発展のため

      ㈱静岡銀行                       20,000            20   金融取引の維持・発展のため

      ㈱みずほフィナンシャルグループ                       39,970            7   金融取引の維持・発展のため

      日本電子㈱                       12,000            6   取引関係の維持・発展のため

      三井住友トラスト・ホールディングス㈱                        1,100            ▶   金融取引の維持・発展のため

      横河電機㈱                         915           1   取引関係の維持・発展のため

      東洋電機㈱                        1,000            0   取引関係の維持・発展のため

      (注) エンシュウ㈱以下の銘柄については、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下であります。
                                 36/93








                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度
           特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
              銘柄             株式数(株)                       保有目的
                                    (百万円)
      シグマ光機㈱                      1,000,000            2,047     業務提携推進のため

      エンシュウ㈱                      2,000,000             324    業務提携推進のため

      ㈱りそなホールディングス                       505,400            322    金融取引の維持・発展のため

      ㈱島津製作所                       30,000           106    取引関係の維持・発展のため

      ㈱ニコン                       14,000            29   取引関係の維持・発展のため

      ㈱静岡銀行                       20,000            20   金融取引の維持・発展のため

      ㈱みずほフィナンシャルグループ                       39,970            7   金融取引の維持・発展のため

      (注) エンシュウ㈱以下の銘柄については、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下であります。
          ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

            該当事項はありません。
          ニ.保有目的を変更した投資株式

            該当事項はありません。
                                 37/93













                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  60           -           62           -

      連結子会社                  -           -           -           -

         計               60           -           62           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         <前連結会計年度>
          当社の連結子会社の一部は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している                                           Ernst   & Young   の
         メンバーファーム(新日本有限責任監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)を除く)に対して、監査証明業
         務に基づく報酬として8百万円を支払っております。
         <当連結会計年度>
          当社の連結子会社の一部は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している                                           Ernst   & Young   の
         メンバーファーム(EY新日本有限責任監査法人を除く)に対して、監査証明業務に基づく報酬として9百万円を
         支払っております。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         <前連結会計年度>
          該当事項はありません。
         <当連結会計年度>
          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社では、監査公認会計士等に対する監査報酬を決定するにあたり、監査公認会計士等より提示される監査計
         画の内容をもとに、監査工数等の妥当性を勘案、協議し、会社法第399条に基づき、監査役会の同意を得た上で
         決定することとしております。
                                 38/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年10月1日から平成30年9月30日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年10月1日から平成30年9月30日まで)の財務諸表について、EY新日本有
       限責任監査法人により監査を受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって、名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
       を適切に把握し、会計基準等の変更等に的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加
       入しております。
                                 39/93













                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        ※2 83,902             ※2 74,458
         現金及び預金
                                        ※4 33,608             ※4 35,914
         受取手形及び売掛金
                                         8,742              8,874
         商品及び製品
                                         16,389              17,933
         仕掛品
                                         6,620              7,677
         原材料及び貯蔵品
                                         3,545              3,774
         繰延税金資産
                                         4,184              5,501
         その他
                                         △ 159             △ 162
         貸倒引当金
                                        156,834              153,971
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※2 , ※3 74,585           ※2 , ※3 79,738
          建物及び構築物
                                        △ 42,917             △ 45,621
            減価償却累計額
                                      ※2 , ※3 31,668           ※2 , ※3 34,117
            建物及び構築物(純額)
                                        ※3 78,393             ※3 84,361
          機械装置及び運搬具
                                        △ 68,549             △ 71,996
            減価償却累計額
                                        ※3 9,843            ※3 12,364
            機械装置及び運搬具(純額)
                                        ※3 31,005             ※3 32,169
          工具、器具及び備品
                                        △ 27,054             △ 27,810
            減価償却累計額
                                        ※3 3,951             ※3 4,359
            工具、器具及び備品(純額)
                                      ※2 , ※3 16,545           ※2 , ※3 16,789
          土地
                                           567              616
          リース資産
                                         △ 267             △ 344
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               299              272
                                         5,983              3,826
          建設仮勘定
                                         68,291              71,730
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           -             2,634
          顧客関連資産
                                         1,697              3,644
          その他
                                         1,697              6,278
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 3,684             ※1 4,158
          投資有価証券
                                         1,972              2,205
          投資不動産
                                        △ 1,405             △ 1,409
            減価償却累計額
            投資不動産(純額)                               566              795
          繰延税金資産                               6,412              6,833
                                        ※1 1,862             ※1 1,518
          その他
                                          △ 19             △ 19
          貸倒引当金
                                         12,507              13,286
          投資その他の資産合計
                                         82,497              91,295
         固定資産合計
                                        239,331              245,267
       資産合計
                                 40/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※4 5,232             ※4 5,101
         支払手形及び買掛金
                                         8,866              6,266
         電子記録債務
                                        ※2 2,230             ※2 1,662
         短期借入金
                                        ※2 3,194             ※2 3,178
         1年内返済予定の長期借入金
                                         3,517              2,892
         未払法人税等
                                         4,570              5,138
         賞与引当金
                                        ※2 12,446             ※2 13,860
         その他
                                         40,059              38,099
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※2 3,683             ※2 3,512
         長期借入金
                                           272              950
         繰延税金負債
                                           -              529
         厚生年金基金解散損失引当金
                                         7,025              7,393
         退職給付に係る負債
                                           731              795
         その他
                                         11,713              13,181
         固定負債合計
                                         51,773              51,281
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         34,928              34,928
         資本金
                                         34,672              34,672
         資本剰余金
                                        131,678              142,321
         利益剰余金
                                        △ 16,060             △ 20,795
         自己株式
                                        185,219              191,126
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,259              1,545
         その他有価証券評価差額金
                                         1,210              1,259
         為替換算調整勘定
                                         △ 750             △ 614
         退職給付に係る調整累計額
                                         1,719              2,190
         その他の包括利益累計額合計
                                           618              668
       非支配株主持分
                                        187,558              193,985
       純資産合計
                                        239,331              245,267
      負債純資産合計
                                 41/93









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        130,495              144,338
      売上高
                                        ※1 65,670             ※1 70,385
      売上原価
                                         64,825              73,952
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         1,111              1,232
       運賃及び荷造費
                                           925              944
       広告宣伝費
                                         10,558              11,478
       給料
                                         1,436              1,619
       賞与引当金繰入額
                                           857              899
       退職給付費用
                                         1,547              2,340
       減価償却費
                                         3,721              4,358
       支払手数料
                                        ※2 11,776             ※2 12,830
       研究開発費
                                          △ 30              24
       貸倒引当金繰入額
                                         10,070              10,959
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                  41,975              46,688
                                         22,849              27,263
      営業利益
      営業外収益
                                           207              194
       受取利息
                                           45              46
       受取配当金
                                            5             153
       受取保険金
                                           70              73
       固定資産賃貸料
                                           76              100
       投資不動産賃貸料
                                           495               64
       為替差益
                                           102              119
       持分法による投資利益
                                           81              130
       作業くず売却益
                                           321              322
       その他
                                         1,407              1,205
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           121               65
       支払利息
                                           81              125
       不動産賃貸費用
                                           -              103
       自己株式取得費用
                                           15              86
       その他
                                           219              381
       営業外費用合計
      経常利益                                   24,037              28,088
      特別利益
                                          ※3 20             ※3 34
       固定資産売却益
                                           214              277
       補助金収入
                                            0              16
       投資有価証券売却益
                                                       ※5 266
                                           -
       受取保険金
                                           234              594
       特別利益合計
                                 42/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      特別損失
                                          ※4 6            ※4 54
       固定資産売却損
                                         ※4 484             ※4 52
       固定資産除却損
                                           206              263
       固定資産圧縮損
                                                       ※6 194
                                           -
       災害による損失
                                            5              5
       投資有価証券評価損
                                           -              534
       厚生年金基金解散損失引当金繰入額
                                           701             1,105
       特別損失合計
                                         23,570              27,577
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    6,137              7,282
                                         △ 409             △ 995
      法人税等調整額
                                         5,727              6,287
      法人税等合計
      当期純利益                                   17,842              21,289
                                           65              67
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         17,777              21,222
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 43/93














                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         17,842              21,289
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           804              285
       その他有価証券評価差額金
                                         4,136                55
       為替換算調整勘定
                                           420              136
       退職給付に係る調整額
                                           20              △ 3
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         ※ 5,381               ※ 473
       その他の包括利益合計
                                         23,224              21,763
      包括利益
      (内訳)
                                         23,134              21,693
       親会社株主に係る包括利益
                                           90              70
       非支配株主に係る包括利益
                                 44/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       34,928         34,672        119,259        △ 16,059        172,800
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 5,357                 △ 5,357
      親会社株主に帰属する当期
                                        17,777                 17,777
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0
      自己株式の消却                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -       12,419          △ 0       12,419
     当期末残高                 34,928         34,672        131,678        △ 16,060        185,219
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                 その他有価証券               退職給付に係る       その他の包括利
                        為替換算調整勘定
                 評価差額金               調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 455      △ 2,921      △ 1,170      △ 3,637        553      169,716
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 5,357
      親会社株主に帰属する当期
                                                         17,777
      純利益
      自己株式の取得                                                     △ 0
      自己株式の消却                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
                      804      4,132        420      5,357         65      5,422
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 804      4,132        420      5,357         65      17,841
     当期末残高                1,259       1,210       △ 750      1,719        618      187,558
                                 45/93









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 34,928         34,672        131,678        △ 16,060        185,219
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 5,315                 △ 5,315
      親会社株主に帰属する当期
                                        21,222                 21,222
      純利益
      自己株式の取得
                                                △ 10,000        △ 10,000
      自己株式の消却                                 △ 5,264         5,264          -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -       10,642        △ 4,735         5,907
     当期末残高
                       34,928         34,672        142,321        △ 20,795        191,126
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                 その他有価証券               退職給付に係る       その他の包括利
                        為替換算調整勘定
                 評価差額金               調整累計額       益累計額合計
     当期首残高
                     1,259       1,210       △ 750      1,719        618      187,558
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 5,315
      親会社株主に帰属する当期
                                                         21,222
      純利益
      自己株式の取得                                                  △ 10,000
      自己株式の消却                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
                      285        48       136       470        49       520
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      285        48       136       470        49      6,427
     当期末残高                1,545       1,259       △ 614      2,190        668      193,985
                                 46/93









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         23,570              27,577
       税金等調整前当期純利益
                                         10,043              11,335
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 45               3
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   911              567
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   468              556
                                         △ 253             △ 241
       受取利息及び受取配当金
                                           121               65
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 26             △ 99
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 102             △ 119
                                           484               50
       有形固定資産除却損
       有形固定資産売却損益(△は益)                                   △ 13              19
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 4,106             △ 2,324
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 563            △ 2,749
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 994            △ 2,665
                                         1,193              △ 656
       その他
       小計                                  30,688              31,319
       利息及び配当金の受取額                                   247              234
                                         △ 121              △ 65
       利息の支払額
                                        △ 4,660             △ 7,908
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         26,154              23,579
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の純増減額(△は増加)                                   590             7,876
                                         1,000                -
       有価証券の売却による収入
                                        △ 13,773             △ 12,755
       有形固定資産の取得による支出
                                           31              97
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 741             △ 490
       無形固定資産の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                                     ※2 △ 3,916
                                           -
       支出
                                         △ 305              307
       その他
                                        △ 13,198              △ 8,880
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                   △ 29             △ 591
                                           38             3,008
       長期借入れによる収入
                                         △ 224            △ 3,195
       長期借入金の返済による支出
                                           △ 0           △ 10,103
       自己株式の取得による支出
                                        △ 5,359             △ 5,304
       配当金の支払額
                                         △ 132             △ 136
       その他
                                        △ 5,707             △ 16,323
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,541                61
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    9,790             △ 1,561
                                         53,595              63,385
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 63,385             ※1 61,824
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 47/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1 連結の範囲に関する事項
         (1)連結子会社の数                    18 社
            主要な連結子会社の名称
             ハママツ・コーポレーション
             ハママツ・ホトニクス・ドイチュラント・ゲー・エム・ベー・ハー
             浜松光子学商貿(中国)有限公司
             ハママツ・ホトニクス・フランス・エス・ア・エール・エル
            なお、当連結会計年度に株式取得によりエナジティック・テクノロジー・インクを子会社化したことに伴
            い、同社を当連結会計年度より連結の範囲に含めております。
         (2)非連結子会社の数    1社
            非連結子会社の名称
             ㈱浜松ホトアグリ
           (連結の範囲から除いた理由)
            非連結子会社は、小規模であり、総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金等は、いずれも連結財務諸
            表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
         2 持分法の適用に関する事項
         (1)持分法適用の関連会社数                  3 社
            主要な関連会社の名称
             浜松光電㈱
         (2)持分法を適用していない非連結子会社(                      ㈱浜松ホトアグリ        )は、当期純損益及び利益剰余金等からみて、
            持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないた
            め持分法の適用範囲から除外しております。
         (3)持分法適用会社は、決算日が連結決算日と異なるため当該会社の事業年度に係る財務諸表を使用しており
            ます。
         3 連結子会社の事業年度等に関する事項
           連結子会社の決算日は、北京浜松光子技術股份有限公司、浜松光子学商貿(中国)有限公司、浜松光子学科
           学儀器(北京)有限公司、浜松光子医療科技(廊坊)有限公司及び㈱磐田グランドホテルを除いてすべて連
           結決算日と一致しております。
           北京浜松光子技術股份有限公司、浜松光子学商貿(中国)有限公司、浜松光子学科学儀器(北京)有限公司
           及び浜松光子医療科技(廊坊)有限公司の決算日は12月31日でありますが、6月30日において仮決算を実施
           したうえ連結財務諸表を作成しております。なお、連結決算日までの期間に発生した重要な取引について
           は、連結上、必要な調整を行っております。
           また、㈱磐田グランドホテルの決算日は3月31日でありますが、9月30日において仮決算を実施したうえ連結
           財務諸表を作成しております。
         4 会計方針に関する事項
         (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            有価証券
             その他有価証券
              時価のあるもの
               連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
               原価は総平均法により算定)
              時価のないもの
               総平均法に基づく原価法
            デリバティブ
             時価法
            たな卸資産
             主として総平均法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
             定)によっております。
                                 48/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

            有形固定資産及び投資不動産(リース資産を除く)
             当社及び国内連結子会社は定率法を採用し、海外連結子会社は主として定額法によっております。な
             お、主な耐用年数は、建物及び構築物が3年~50年、機械装置及び運搬具が3年~17年であります。
            無形固定資産
             主として定額法によっております。
             ただし、当社及び国内連結子会社が所有する市場販売目的のソフトウエアについては、見込販売数量に
             基づく償却額と残存有効期間(3年以内)に基づく均等配分額とを比較し、いずれか大きい額を計上し
             ております。また、顧客関連資産については、効果の及ぶ期間(10年)に基づく定額法によっておりま
             す。
            リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
         (3)重要な引当金の計上基準
            貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
             債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            賞与引当金
             当社及び連結子会社の一部は、従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額を計上しております。
            厚生年金基金解散損失引当金
             全国電子情報技術産業厚生年金基金の解散に伴い発生する損失の見込額を計上しております。
         (4)退職給付に係る会計処理の方法
            ①退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
             ては、主として給付算定式基準によっております。
            ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用については、主としてその発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
             (10年)による定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、主として各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以
             内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理
             しております。
         (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
            おります。なお、海外連結子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、
            収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び
            非支配株主持分に含めております。
         (6)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却につきましては、10年以内の一定の年数により均等償却を行っております。
            なお、金額が僅少な場合には発生年度に全額を償却しております。
         (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な
            預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月
            以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理方法
             消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 49/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
          準委員会)
         (1)概要
           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
          な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
          FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、
          Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会
          において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
          整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れる
          ことを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべ
          き項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
          す。
         (2)適用予定日

           平成34年9月期の期首から適用します。
         (3)当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          であります。
         (表示方法の変更)

         (連結損益計算書)
          前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「受取保険金」及び「作業くず売却益」
         は、営業外収益の総額の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示
         方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた409百万
         円は、「受取保険金」5百万円、「作業くず売却益」81百万円、「その他」321百万円として組替えております。
                                 50/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1 非連結子会社及び関連会社の株式等は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     投資有価証券(株式)                               994百万円                  1,075百万円
     投資その他の資産その他(出資金)                               274                   313
      ※2 担保提供資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     現金及び預金                              2,750百万円                   3,150百万円
     建物及び構築物                               852                   836
     土地                              1,052                   1,052
              計                      4,655                   5,039
         担保付債務は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     短期借入金                              1,011百万円                    991百万円
     1年内返済予定の長期借入金                               154                   139
     流動負債その他(従業員預り金)                              1,753                   2,040
     長期借入金                               285                   153
              計                      3,204                   3,324
      (注)前連結会計年度及び当連結会計年度において、                          上記担保付債務以外に、現金及び預金のうち100百万円は一般財
         団法人浜松光医学財団の当座貸越契約の担保に供しております。
      ※3 国庫補助金等により取得した資産につき取得価額から控除されている圧縮記帳額は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     建物及び構築物                               797百万円                  1,012百万円
     機械装置及び運搬具                              2,485                   2,609
     工具、器具及び備品                               368                   387
     土地                               756                   756
      ※4 連結会計年度末日満期手形

         連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当連結会
        計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末残高に含まれてお
        ります。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     受取手形                               243百万円                   260百万円
     支払手形                                8                  14
                                 51/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下げ後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれてお
         ります。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年10月1日                            (自 平成29年10月1日
              至 平成29年9月30日)                              至 平成30年9月30日)
                           208  百万円                           40 百万円
      ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年10月1日                            (自 平成29年10月1日
              至 平成29年9月30日)                              至 平成30年9月30日)
                          11,776   百万円                         12,830   百万円
      ※3 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     機械装置及び運搬具                                10百万円                   23百万円
     工具、器具及び備品                                10                   11
              計                        20                   34
      ※4 固定資産売却損及び固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

        (固定資産売却損)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     建物及び構築物                                -百万円                   11百万円
     機械装置及び運搬具                                5                   1
     工具、器具及び備品                                0                   3
     土地                                -                   37
              計                        6                  54
        (固定資産除却損)

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     建物及び構築物                               440百万円                   17百万円
     機械装置及び運搬具                                14                   8
     工具、器具及び備品                                27                   21
     リース資産                                1                  -
     建設仮勘定                                0                   3
     投資不動産                                -                   0
     その他(借地権)                                -                   1
              計                       484                   52
      ※5 受取保険金

         火災損失に伴う受取保険金から、代替資産取得による圧縮額(翌連結会計年度以降取得を含む)を控除した額を
        特別利益として計上しております。
                                 52/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      ※6 災害による損失
         平成30年3月29日に当社豊岡製作所において火災が発生し、その損失額を計上しております。
         建物等の原状回復費用                                121百万円
         有形固定資産やたな卸資産の滅失額等                                72
                      計                   194
         (連結包括利益計算書関係)

      ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年10月1日               (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                1,071百万円                 420百万円
      組替調整額                                  -              △16
       税効果調整前
                                       1,071                 404
       税効果額                               △267               △118
       その他有価証券評価差額金
                                        804               285
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                4,136                 55
       為替換算調整勘定
                                       4,136                 55
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                  402                 7
      組替調整額                                  198               184
       税効果調整前
                                        600               192
       税効果額                               △180                △55
       退職給付に係る調整額
                                        420               136
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                  20               △3
        その他の包括利益合計
                                       5,381                 473
                                 53/93











                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
         1 発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                  167,529,968               -          -      167,529,968

         2 自己株式に関する事項

         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                  10,213,758              128           -      10,213,886

      (注)普通株式の自己株式の増加128株は、単元未満株式の買取による増加であります。
         3 配当に関する事項

         (1)配当金支払額
                        配当金の総額         1株当たり配当額
         決議       株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     平成28年12月16日
                 普通株式            2,678           17  平成28年9月30日         平成28年12月19日
     定時株主総会
     平成29年5月8日
                 普通株式            2,678           17  平成29年3月31日          平成29年6月2日
     取締役会
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                            配当金の総額
         決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)
                                   配当額(円)
     平成29年12月22日
               普通株式      利益剰余金          2,678         17  平成29年9月30日         平成29年12月25日
     定時株主総会
                                 54/93











                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)
         1 発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                  167,529,968               -       2,518,400         165,011,568

      (注)普通株式の株式数の減少2,518,400株は、自己株式の消却による減少であります。
         2 自己株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                  10,213,886           2,518,482          2,518,400          10,213,968

      (注)1 普通株式の自己株式の増加2,518,482株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加2,518,400株及び
           単元未満株式の買取による増加82株であります。
         2 普通株式の自己株式の減少2,518,400株は、自己株式の消却による減少であります。
         3 配当に関する事項

         (1)配当金支払額
                        配当金の総額         1株当たり配当額
         決議       株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     平成29年12月22日
                 普通株式            2,678           17  平成29年9月30日         平成29年12月25日
     定時株主総会
     平成30年5月7日
                 普通株式            2,636           17  平成30年3月31日          平成30年6月4日
     取締役会
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                            配当金の総額
         決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)
                                   配当額(円)
     平成30年12月20日
               普通株式      利益剰余金          3,101         20  平成30年9月30日         平成30年12月21日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     現金及び預金勘定                              83,902百万円                   74,458百万円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                             △20,516                   △12,634
     現金及び現金同等物                              63,385                   61,824
      ※2 当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

         株式の取得により新たに             エナジティック・テクノロジー・インクを連結したことに伴う、連結開始時の資産及び
        負債の内訳並びに同社株式の取得価額と、同社株式取得のための支出(純増)との関係は次のとおりであります。
         流動資産                              2,627百万円
         固定資産                              3,647
         のれん                              1,555
         流動負債                             △1,017
                                      △1,306
         固定負債
          株式の取得価額
                                       5,506
         現金及び現金同等物                             △1,511
                                        △79
         為替換算差額
          差引:株式取得のための支出                             3,916
                                 55/93



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
        オペレーティング・リース取引
        (借主側)
          オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     1年以内                                   69                  138

     1年超                                  120                   131

             合計                           189                   269

         (金融商品関係)

        1 金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
           待機資金の運用については、安全性、流動性を第一に考え、高格付金融機関への預金等を中心に実施してお
           ります。
           資金調達については、金利、調達環境を勘案し、金融市場または資本市場より実施する方針であります。
           デリバティブ取引については、一部の連結子会社において、外貨建債権債務の変動リスクを軽減するため
           に、実需の範囲内で行うこととし、投機的な取引は行わない方針であります。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク
           営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、外貨建の営業債権
           は、為替の変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価証券は、主に取引先企業との事業提携・
           連携強化を目的とする株式であり、これらの株式は市場価格の変動リスクに晒されております。
           営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、すべて1年以内の支払期日であります。また、その
           一部には、原材料等の輸入に伴う外貨建のものがあり、為替の変動リスクに晒されております。
           デリバティブ取引は、通常の輸出入取引による外貨建債権債務に伴う、為替相場の変動によるリスクを軽減
           するために、先物為替予約取引を行っております。先物為替予約取引は、為替相場の変動によるリスクを有
           しております。
        (3)金融商品に関するリスク管理体制
           ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            当社は、営業債権については、経理規定に従い取引先ごとの期日及び残高を管理するとともに、財務状況
            の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、当社に準じた管理
            を行っております。
           ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
            当社は、輸出の大部分を円建で行うことにより、為替の変動リスク軽減を図っております。また、一部の
            連結子会社において、外貨建債権債務について通常の輸出入取引に伴う為替相場の変動によるリスクを軽
            減するために、先物為替予約取引を実需の範囲内で行うこととしております。
            有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、ま
            た、満期保有目的の債券以外のものについては、保有状況を継続的に見直しております。
           ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
            当社及び連結子会社が資金計画を作成・更新するなどの方法により、手元流動性を当社売上高の3ヶ月相
            当以上に維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
           まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用する
           ことにより、当該価額が変動することがあります。
           また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金
           額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                 56/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        2 金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
          とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2参照)。
          前連結会計年度(平成29年9月30日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
     (1)現金及び預金                            83,902           83,902             -

     (2)受取手形及び売掛金                            33,608           33,608             -

     (3)投資有価証券                             2,460           2,460             -
              資産計                   119,970           119,970              -

     デリバティブ取引(※)                              (8)           (8)           -

      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
          ては( )で示しております。
          当連結会計年度(平成30年9月30日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
     (1)現金及び預金                            74,458           74,458             -

     (2)受取手形及び売掛金                            35,914           35,914             -

     (3)投資有価証券                             2,859           2,859             -
              資産計                   113,232           113,232              -

     デリバティブ取引(※)                              (2)           (2)           -

      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
          ては( )で示しております。
      (注)1 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

          資産
           (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
           (3)投資有価証券
            これらの時価について、株式等は主に取引所の価格によっております。
          デリバティブ取引
           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
         2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                区分
                              (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         非上場株式                              1,224                 1,299
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投
          資有価証券」には含めておりません。
                                 57/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         3 金銭債権の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(平成29年9月30日)
                                       1年超        5年超
                               1年以内                        10年超
                                       5年以内        10年以内
                              (百万円)                        (百万円)
                                      (百万円)        (百万円)
         預金                       83,887          -        -        -

         受取手形及び売掛金                       33,608          -        -        -
                  合計              117,495           -        -        -

           当連結会計年度(平成30年9月30日)

                                       1年超        5年超
                               1年以内                        10年超
                                       5年以内        10年以内
                              (百万円)                        (百万円)
                                      (百万円)        (百万円)
         預金                       74,443          -        -        -

         受取手形及び売掛金                       35,914          -        -        -
                  合計              110,357           -        -        -

                                 58/93














                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
        1 その他有価証券
          前連結会計年度(平成29年9月30日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)株式                  2,460            911          1,548

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              2,460            911          1,548

                  (1)株式                    -           -           -

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                -           -           -

               合計                    2,460            911          1,548

      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額229百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          当連結会計年度(平成30年9月30日)

                             連結貸借対照表計上
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)株式                  2,859            906          1,953

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              2,859            906          1,953

                  (1)株式                    -           -           -

                  (2)債券                    -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                -           -           -

               合計                    2,859            906          1,953

      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額223百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 59/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        2 売却したその他有価証券
          前連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
          金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)

          金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        3 減損処理を行った有価証券

          前連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
          金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)

          金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ30%以上下落した場合には減損処理を行っ

         ております。
                                 60/93















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
        1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          通貨関連
           前連結会計年度(平成29年9月30日)
                                    契約額等のうち
                              契約額等                  時価       評価損益
                                    1年超
         区分          取引の種類
                             (百万円)                 (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                 為替予約取引

     市場取引以外の取引            買建
                                  396         -        △8        △8
                   円
                                  396         -        △8        △8

               合計
      (注)時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
           当連結会計年度(平成30年9月30日)

                                    契約額等のうち
                              契約額等                  時価       評価損益
                                    1年超
         区分          取引の種類
                             (百万円)                 (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                 為替予約取引

     市場取引以外の取引            買建
                                  340         -        △2        △2
                   円
                                  340         -        △2        △2

               合計
      (注)時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

          該当事項はありません。
                                 61/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
        1 採用している退職給付制度の概要
          当社及び一部の連結子会社は、主として、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度
         を設けております。なお、当社及び一部の連結子会社は、確定拠出制度を採用しております。
          また、当社において退職給付信託を設定しております。
        2 確定給付制度

        (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日               (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
        退職給付債務の期首残高                               33,525百万円               34,256百万円
         勤務費用                               1,739               1,806
         利息費用                                 60               61
         数理計算上の差異の発生額                               △154               △98
         退職給付の支払額                               △953               △723
         為替換算差額                                 38               2
        退職給付債務の期末残高                               34,256               35,306
        (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日               (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
        年金資産の期首残高                               26,407百万円               27,231百万円
         期待運用収益                               391               409
         数理計算上の差異の発生額                               247              △90
         事業主からの拠出額                               706               722
         退職給付の支払額                              △520               △359
        年金資産の期末残高                               27,231               27,912
        (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

           る資産の調整表
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)               (平成30年9月30日)
        積立型制度の退職給付債務                               33,856百万円               34,892百万円
        年金資産                              △27,231               △27,912
                                       6,625               6,979
        非積立型制度の退職給付債務                                399               414
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               7,025               7,393
        退職給付に係る負債                               7,025               7,393

        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               7,025               7,393
                                 62/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日               (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
        勤務費用                               1,739百万円               1,806百万円
        利息費用                                 60               61
        期待運用収益                               △391               △409
        数理計算上の差異の費用処理額                                284               270
        過去勤務費用の費用処理額                                △86               △86
        確定給付制度に係る退職給付費用                               1,607               1,642
        (5)退職給付に係る調整額

           退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年10月1日               (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
        過去勤務費用                                 86百万円               86百万円
        数理計算上の差異                               △685               △278
        その他                                △1               △0
          合 計                             △600               △192
        (6)退職給付に係る調整累計額

           退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)               (平成30年9月30日)
        未認識過去勤務費用                               △259百万円               △172百万円
        未認識数理計算上の差異                               1,336               1,057
          合 計                             1,076                884
        (7)年金資産に関する事項

          ①年金資産の主な内訳
           年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)               (平成30年9月30日)
        債券                                 48%               39%
        一般勘定                                 26               26
        株式                                 11               17
        その他                                 15               18
          合 計                              100               100
        (注)年金資産合計には、退職給付信託が前連結会計年度38%、当連結会計年度37%含まれております。
          ②長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
          る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                 63/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        (8)数理計算上の計算基礎に関する事項
          主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年9月30日)               (平成30年9月30日)
        割引率                                0.2%               0.2%
        長期期待運用収益率                            主として2.0%               主として2.0%
        予想昇給率                                2.9%               2.9%
        3 確定拠出制度

          当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度514百万円、当連結会計年度573百万円で
         あります。
                                 64/93

















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
        1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
           繰延税金資産
            退職給付信託設定額                             3,053百万円              3,077百万円
            減価償却費限度超過額                             1,955              2,140
            退職給付に係る負債                             1,978              2,084
            賞与引当金限度超過額                             1,238              1,363
            たな卸資産等の未実現利益                             1,159              1,192
            たな卸資産評価損否認額                              476              480
            減損損失                              257              257
            投資有価証券評価損                              207              206
                                         1,492              1,621
            その他
           繰延税金資産小計
                                        11,818              12,425
                                        △1,260              △1,249
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                        10,557              11,175
                                         △599              △568
           繰延税金負債との相殺
           繰延税金資産の純額                              9,958             10,607
           繰延税金負債

            企業結合により識別された無形資産                              -             745
            その他有価証券評価差額                              288              407
            優遇税制による所得繰延額                              154              120
                                          453              266
            その他
           繰延税金負債合計
                                          896             1,540
                                         △599              △568
           繰延税金資産との相殺
           繰延税金負債の純額                               297              972
           (注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産及び繰延税金負債の純額は、連結貸借対照

              表の以下の項目に含まれております。
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
           流動資産-繰延税金資産
                                         3,545百万円              3,774百万円
           固定資産-繰延税金資産                              6,412              6,833
           流動負債-その他                               24              21
           固定負債-繰延税金負債                               272              950
        2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

         なった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
           法定実効税率
                                         30.21%              30.21%
           (調整)
            税額控除                            △5.78              △5.48
            海外連結子会社との税率差異                            △0.22              △2.20
            米国税制改正による影響額                              -            △1.33
            交際費等永久に損金算入されない項目                             0.70              0.80
            評価性引当額の増減                            △0.96               0.03
                                         0.35              0.77
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              24.30              22.80
                                 65/93



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        3 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
          米国において、平成29年12月22日に、平成30年1月1日以降の連邦法人所得税率を35%から21%に引き下げるこ
         と等を規定した税制改革法が成立しました。これに伴い、当連結会計年度の米国子会社における繰延税金資産及
         び繰延税金負債は、改正後の税率を基礎とした法定実効税率により計算しております。
          なお、この税率変更により、繰延税金負債(繰延税金資産の金額を控除した金額)は376百万円減少し、為替
         換算調整勘定が8百万円増加し、法人税等調整額が367百万円減少しております。
         (企業結合等関係)

         取得による企業結合
        1 企業結合の概要
        (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
           被取得企業の名称  エナジティック・テクノロジー・インク
           事業の内容     半導体検査用光源の開発、製造及び販売
        (2)企業結合を行った主な理由
           当社の光源に、同社のレーザ励起光源及び極紫外線光源を加え、当社グループの製品ラインナップを拡充す
           ることで半導体検査装置市場からの要求に対応してまいります。また、両社が培ってきた光源開発技術を組
           み合わせることで開発速度を上げるとともに、より高付加価値な製品を開発し新たな市場を開拓してまいり
           ます。
        (3)企業結合日
           平成29年10月16日
        (4)企業結合の法的形式
           現金を対価とする株式取得
        (5)結合後企業の名称
           エナジティック・テクノロジー・インク
        (6)取得した議決権比率
           100%
        (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
           当社の連結子会社であるホトニクス・マネージメント・コーポが、現金を対価として株式を取得したことに
           よるものであります。
        2 連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

          平成29年10月17日から平成30年9月30日まで
        3 被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

           取得の対価   現金   5,506百万円

           取得原価         5,506
        4 主要な取得関連費用の内容及び金額

          アドバイザリー費用等   122百万円
        5 発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

        (1)発生したのれんの金額
           1,555百万円
        (2)発生原因
           取得原価が純資産額を上回ったため、その差額をのれんとして計上しております。
        (3)償却方法及び償却期間
           10年間にわたる均等償却
                                 66/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        6 企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          流動資産                        2,627   百万円
          固定資産                        3,647      
          資産合計                        6,275      
          流動負債                        1,017   百万円

          固定負債                        1,306      
          負債合計                        2,323      
        7 のれん以外の無形固定資産に配分された金額及びその主要な種類別の内訳並びに加重平均償却期間

             種類      金額                         加重平均償却期間
          顧客関連資産                       2,875   百万円                    10年
          技術関連資産                          458                               5年
          商標権                                262                          非償却
          合計                               3,596                         ―      
        8 企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影

          響の概算額及びその算定方法
          当該影響額に重要性が乏しいことから、記載を省略しております。なお、当該注記は監査証明を受けておりま
          せん。
                                 67/93














                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
        1 報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
         源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社は、本社に製品・サービス別の事業部を置き、各事業部は、取り扱う製品・サービスについて国内及び海
         外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
          したがって、当社は、事業部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「電子管事
         業」、「光半導体事業」及び「画像計測機器事業」の3つを報告セグメントとしております。
          「電子管事業」は、光電子増倍管、イメージ機器及び光源等を製造・販売しております。「光半導体事業」
         は、光半導体素子等を製造・販売しております。「画像計測機器事業」は、画像処理・計測装置等を製造・販売
         しております。
        2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法
          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と同一であります。
          報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。セグメント間の内部売上高は市場実勢価格に基づいて
         おります。
                                 68/93















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
           前連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)

                                                    (単位:百万円)
                                                         連結
                       報告セグメント
                                       その他           調整額     財務諸表
                                             合計
                                       (注)1           (注)2      計上額
                           画像計測機
                 電子管     光半導体             計
                                                        (注)3
                             器
     売上高
      外部顧客への売上
                  48,744      60,589      17,214     126,547       3,947     130,495        -   130,495
      高
      セグメント間の内
                  1,704       937      27    2,670       640     3,310     △ 3,310       -
      部売上高又は振替
      高
                  50,449      61,526      17,242     129,218       4,587     133,805      △ 3,310     130,495
          計
                  16,992      18,155      3,544     38,692       281    38,973     △ 16,124      22,849
     セグメント利益
                  47,110      50,243      12,437     109,791       6,183     115,974      123,356      239,331
     セグメント資産
     その他の項目
                  3,420      3,903       869     8,193       338     8,531      1,468     10,000
      減価償却費
                    -     -      -      -      -      -      9      9
      のれんの償却額
      有形固定資産及び
                  2,801      5,654      1,222      9,678       285     9,963      4,360     14,324
      無形固定資産の増
      加額
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、半導体レーザーに係る事業、子
           会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技術股份有限公司の独自製品に係
           る事業を含んでおります。
         2 調整額は以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益の調整額△16,124百万円には、セグメント間取引消去△1,506百万円及び各報告セグメン
            トに配分していない全社費用△14,617百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰
            属しない一般管理費及び基礎的研究費であります。
         (2)セグメント資産の調整額123,356百万円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産であ
            ります。
         (3)減価償却費の調整額1,468百万円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価
            償却費であります。
         (4)のれんの償却額の調整額9百万円は、各報告セグメントに配分していないのれんの償却額であります。
         (5)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額4,360百万円の主な内容は、各報告セグメントに配分し
            ていない全社資産に係る固定資産の増加額であります。
         3 セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 69/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                                         連結
                       報告セグメント
                                       その他           調整額     財務諸表
                                             合計
                                       (注)1           (注)2      計上額
                           画像計測機
                 電子管     光半導体             計
                                                        (注)3
                             器
     売上高
      外部顧客への売上
                  56,184      66,569      17,145     139,898       4,439     144,338        -   144,338
      高
      セグメント間の内
                  1,596       924      24    2,545       677     3,222     △ 3,222       -
      部売上高又は振替
      高
                  57,781      67,494      17,169     142,444       5,116     147,561      △ 3,222     144,338
          計
                  19,697      21,320      3,584     44,602        69    44,671     △ 17,407      27,263
     セグメント利益
                  52,386      53,938      14,005     120,329       6,924     127,254      118,012      245,267
     セグメント資産
     その他の項目
                  3,719      4,055       902     8,677       366     9,043      2,180     11,224
      減価償却費
                   153      -      -     153      -     153       9     162
      のれんの償却額
      有形固定資産及び
      無形固定資産の増            2,348      5,086       743     8,177       512     8,689      6,023     14,712
      加額(注4)
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、半導体レーザーに係る事業、子
           会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技術股份有限公司の独自製品に係
           る事業を含んでおります。
         2 調整額は以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益の調整額△17,407百万円には、セグメント間取引消去△1,445百万円及び各報告セグメン
            トに配分していない全社費用△15,962百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰
            属しない一般管理費及び基礎的研究費であります。
         (2)セグメント資産の調整額118,012百万円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産であ
            ります。
         (3)減価償却費の調整額2,180百万円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価
            償却費であります。
         (4)のれんの償却額の調整額9百万円は、各報告セグメントに配分していないのれんの償却額であります。
         (5)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額6,023百万円の主な内容は、各報告セグメントに配分し
            ていない全社資産に係る固定資産の増加額であります。
         3 セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
         4 有形固定資産及び無形固定資産の増加額には、新規連結に伴う増加額を含めておりません。
                                 70/93








                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
         前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
        1 製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2 地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                  (単位:百万円)
           日本        米国        欧州        アジア        その他         合計
             38,378        33,314        32,961        25,546          293      130,495

        (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
        3 主要な顧客ごとの情報

          外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略して
          おります。
         当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

        1 製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2 地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                  (単位:百万円)
           日本        米国        欧州        アジア        その他         合計
             41,918        33,363        36,545        32,252          257      144,338

        (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
        3 主要な顧客ごとの情報

          外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略して
          おります。
                                 71/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
         前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

          該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
          金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                       連結財務諸
                                       その他      合計     調整額
                           画像計測機                             表計上額
                 電子管     光半導体             計
                             器
                   153      -      -     153      -     153       9     162
     当期償却額
                  1,422       -      -    1,422       -    1,422       -    1,422
     当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         前連結会計年度(自           平成28年10月1日          至   平成29年9月30日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自           平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

          該当事項はありません。
                                 72/93












                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
         前連結会計年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)

          該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成28年10月1日                (自 平成29年10月1日
                               至 平成29年9月30日)                至 平成30年9月30日)
      1株当たり純資産額                              1,188円30銭                1,248円84銭

      1株当たり当期純利益                               113円00銭                136円50銭

      (注)1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
               項目               (自 平成28年10月1日                (自 平成29年10月1日
                               至 平成29年9月30日)                至 平成30年9月30日)
      親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                 17,777                21,222

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                       17,777                21,222
      利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                 157,316                155,473
         (重要な後発事象)


          該当事項はありません。
                                 73/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                           当期首残高         当期末残高         平均利率
              区分                                        返済期限
                           (百万円)         (百万円)         (%)
     短期借入金                         2,230         1,662         0.5       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                         3,194         3,178         0.2       -

     1年以内に返済予定のリース債務                          102         98        -      -

     長期借入金                                              平成31年12月
                               3,683         3,512         0.3
     (1年以内に返済予定のものを除く)                                               ~平成43年5月
     リース債務                                              平成31年10月
                                234         203        -
     (1年以内に返済予定のものを除く)                                               ~平成36年2月
     その他有利子負債
                               1,753         2,040         1.0       -
     (従業員預り金)
              合計                11,200         10,696       -         -
      (注)1 平均利率は、当期末における借入金の利率を加重平均して算出しております。
         2 リース債務の平均利率については、主としてリース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリー
           ス債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結
           決算日後5年間の返済予定額は次のとおりであります。
                       1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
               区分
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
            長期借入金                 162          69        3,039           38

                                       64

            リース債務                  85                    52          2
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定によ
         り記載を省略しております。
                                 74/93









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     34,282          73,074          107,642          144,338
     税金等調整前四半期(当期)
                          5,765          14,369          21,143          27,577
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          4,643          10,811          16,011          21,222
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          29.58          69.24          102.84          136.50
     利益(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益
                          29.58          39.71          33.59          33.66
     (円)
     (注)第4四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行い、各四半期の関連する四半期情
        報項目については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の数値を
        記載しております。
                                 75/93














                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        ※2 58,115             ※2 53,599
         現金及び預金
                                        ※3 5,777             ※3 6,282
         受取手形
                                        ※1 24,730             ※1 23,440
         売掛金
                                         2,773              2,855
         商品及び製品
                                         15,996              17,327
         仕掛品
                                         6,086              6,841
         原材料及び貯蔵品
                                         2,338              2,198
         繰延税金資産
                                        ※1 2,893             ※1 3,907
         未収入金
                                                       ※1 237
                                           232
         その他
                                          △ 33             △ 33
         貸倒引当金
                                        118,911              116,657
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※4 25,441             ※4 27,413
          建物
                                        ※4 1,683             ※4 1,727
          構築物
                                        ※4 9,105            ※4 11,496
          機械及び装置
                                          ※4 28             ※4 19
          車両運搬具
                                        ※4 2,963             ※4 3,152
          工具、器具及び備品
                                        ※4 14,520             ※4 14,785
          土地
                                           247              245
          リース資産
                                         5,433              3,784
          建設仮勘定
                                         59,424              62,624
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           243              138
          特許権
                                           668              638
          ソフトウエア
                                           15              16
          その他
                                           928              793
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         2,599              2,992
          投資有価証券
                                         8,381              8,381
          関係会社株式
                                            1              1
          出資金
                                         1,414              1,414
          関係会社出資金
                                         6,075              6,547
          繰延税金資産
                                         ※5 117             ※5 362
          投資不動産
                                           964              543
          その他
                                          △ 19             △ 19
          貸倒引当金
                                         19,534              20,223
          投資その他の資産合計
                                         79,886              83,641
         固定資産合計
                                        198,798              200,298
       資産合計
                                 76/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1 8,866
                                                        6,266
         電子記録債務
                                        ※1 4,869             ※1 5,214
         買掛金
                                         3,000              3,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                           80              84
         リース債務
                                        ※1 3,347             ※1 2,470
         未払金
                                         1,213              1,223
         未払費用
                                         3,007              2,412
         未払法人税等
                                                        ※1 32
                                           142
         前受金
                                           341              473
         預り金
                                         4,037              4,485
         賞与引当金
                                         1,459              2,841
         設備関係電子記録債務
                                        ※2 1,753             ※2 2,040
         従業員預り金
                                           32              180
         その他
                                         32,151              30,725
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,000              3,000
         長期借入金
                                           194              184
         リース債務
                                           -              529
         厚生年金基金解散損失引当金
                                         5,503              6,051
         退職給付引当金
                                           150              246
         資産除去債務
                                           315              315
         その他
                                         9,163              10,327
         固定負債合計
                                         41,315              41,053
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         34,928              34,928
         資本金
         資本剰余金
                                         34,636              34,636
          資本準備金
                                         34,636              34,636
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           695              695
          利益準備金
          その他利益剰余金
            特別償却準備金                               14               9
                                         4,500              4,500
            配当準備積立金
                                         78,600              82,600
            別途積立金
                                         18,904              21,121
            繰越利益剰余金
                                        102,713              108,926
          利益剰余金合計
                                        △ 16,056             △ 20,791
         自己株式
                                        156,223              157,700
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,259              1,545
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                 1,259              1,545
                                        157,483              159,245
       純資産合計
                                        198,798              200,298
      負債純資産合計
                                 77/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                       ※1 110,200             ※1 116,323
      売上高
                                        ※1 64,358             ※1 67,337
      売上原価
                                         45,842              48,986
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 29,099           ※1 , ※2 31,378
      販売費及び一般管理費
                                         16,742              17,607
      営業利益
      営業外収益
                                           15               5
       受取利息
                                        ※1 3,036             ※1 3,459
       受取配当金
                                           22              33
       投資不動産賃貸料
                                         ※1 394             ※1 537
       雑収入
                                         3,468              4,035
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           36              37
       支払利息
                                           48              106
       不動産賃貸費用
                                           68              28
       為替差損
                                           -              103
       自己株式取得費用
                                          ※1 9
                                                         42
       雑損失
                                           162              319
       営業外費用合計
                                         20,048              21,323
      経常利益
      特別利益
                                          ※3 9            ※3 18
       固定資産売却益
                                           214              277
       補助金収入
                                            0              16
       投資有価証券売却益
                                                       ※5 266
                                           -
       受取保険金
                                           224              578
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※4 5             ※4 1
       固定資産売却損
                                         ※4 456             ※4 44
       固定資産除却損
                                           206              263
       固定資産圧縮損
                                                       ※6 194
                                           -
       災害による損失
                                            5              5
       投資有価証券評価損
                                           -              534
       厚生年金基金解散損失引当金繰入額
                                           673             1,043
       特別損失合計
                                         19,599              20,858
      税引前当期純利益
                                         4,345              4,517
      法人税、住民税及び事業税
                                         △ 790             △ 451
      法人税等調整額
                                         3,555              4,065
      法人税等合計
                                         16,044              16,792
      当期純利益
                                 78/93







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                       資本剰余金                    利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                資本金
                          資本剰余金                              利益剰余金
                     資本準備金          利益準備金
                          合計          特別償却準     配当準備積          繰越利益剰     合計
                                              別途積立金
                                    備金     立金          余金
     当期首残高            34,928     34,636     34,636      695     18    4,500     71,600     15,213     92,027
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩                                △ ▶               ▶     -
      別途積立金の積立                                          7,000    △ 7,000      -
      剰余金の配当                                              △ 2,678    △ 2,678
      剰余金の配当(中間配
                                                    △ 2,678    △ 2,678
      当)
      当期純利益
                                                    16,044     16,044
      自己株式の取得
      自己株式の消却
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     △ ▶     -    7,000     3,690     10,686
     当期末残高            34,928     34,636     34,636      695     14    4,500     78,600     18,904     102,713
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                      純資産合計
                                  その他有価証券評価
                  自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                  差額金
     当期首残高               △ 16,055         145,537           455         455       145,992
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩                          -                           -
      別途積立金の積立
                                -                           -
      剰余金の配当
                              △ 2,678                          △ 2,678
      剰余金の配当(中間配
                              △ 2,678                          △ 2,678
      当)
      当期純利益                        16,044                           16,044
      自己株式の取得                △ 0        △ 0                          △ 0
      自己株式の消却                          -                           -
      株主資本以外の項目の
                                         804         804         804
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 0       10,685          804         804        11,490
     当期末残高               △ 16,056         156,223          1,259         1,259        157,483
                                 79/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                       資本剰余金                    利益剰余金
                                          その他利益剰余金
                資本金
                          資本剰余金                              利益剰余金
                     資本準備金          利益準備金
                          合計          特別償却準     配当準備積          繰越利益剰     合計
                                              別途積立金
                                    備金     立金          余金
     当期首残高            34,928     34,636     34,636      695     14    4,500     78,600     18,904     102,713
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩
                                       △ ▶               ▶     -
      別途積立金の積立                                          4,000    △ 4,000      -
      剰余金の配当                                              △ 2,678    △ 2,678
      剰余金の配当(中間配
                                                    △ 2,636    △ 2,636
      当)
      当期純利益                                              16,792     16,792
      自己株式の取得
      自己株式の消却                                              △ 5,264    △ 5,264
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     △ ▶     -    4,000     2,216     6,212
     当期末残高            34,928     34,636     34,636      695      9   4,500     82,600     21,121     108,926
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                      純資産合計
                                  その他有価証券評価
                  自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                  差額金
     当期首残高               △ 16,056         156,223          1,259         1,259        157,483
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩                          -                           -
      別途積立金の積立                          -                           -
      剰余金の配当                        △ 2,678                          △ 2,678
      剰余金の配当(中間配
                              △ 2,636                          △ 2,636
      当)
      当期純利益
                              16,792                           16,792
      自己株式の取得              △ 10,000        △ 10,000                          △ 10,000
      自己株式の消却               5,264          -                           -
      株主資本以外の項目の
                                         285         285         285
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 4,735         1,477          285         285        1,762
     当期末残高               △ 20,791         157,700          1,545         1,545        159,245
                                 80/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1 有価証券の評価基準及び評価方法
           子会社株式及び関連会社株式
            総平均法に基づく原価法
           その他有価証券
            時価のあるもの
             事業年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総
             平均法により算定)
            時価のないもの
             総平均法に基づく原価法
         2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
           評価基準は原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっておりま
           す。
           (1)商品、製品、仕掛品及び原材料
              総平均法
           (2)貯蔵品
              最終仕入原価法
         3 固定資産の減価償却の方法
         (1)有形固定資産及び投資不動産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は建物が3年~50年、機械及び装置が4年~17年であります。
         (2)無形固定資産
            ソフトウエア以外の無形固定資産の減価償却方法は、定額法によっております。市場販売目的のソフトウ
            エアについては、見込販売数量に基づく償却額と残存有効期間(3年以内)に基づく均等配分額とを比較
            し、いずれか大きい額を計上しております。
         (3)リース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
         4 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
           外貨建金銭債権債務は、事業年度末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。
         5 引当金の計上基準
         (1)貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)賞与引当金
            従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額を計上しております。
         (3)厚生年金基金解散損失引当金
            全国電子情報技術産業厚生年金基金の解散に伴い発生する損失の見込額を計上しております。
         (4)退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
            しております。
           ①退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
            給付算定式基準によっております。
           ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
            過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)によ
            る定額法により費用処理しております。
            数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
            (10年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                 81/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
         (1)退職給付に係る会計処理
            退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財
            務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
         (2)消費税等の会計処理方法
            消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
         (貸借対照表関係)

      ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     短期金銭債権                              12,039百万円                   9,612百万円
     短期金銭債務                               630                   555
      ※2 担保提供資産及び担保付債務等

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     現金及び預金                              2,750百万円                   3,150百万円
         担保付債務等は、次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     従業員預り金                              1,753百万円                   2,040百万円
     関係会社の借入金                               828                   818
              計                      2,582                   2,859
     (注)前事業年度及び当事業年度において、上記担保付債務等以外に、現金及び預金のうち100百万円は一般財団法人浜
       松光医学財団の当座貸越契約の担保に供しております。
      ※3 期末日満期手形

         期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当事業年度の末日が
        金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     受取手形                               240百万円                   257百万円
      ※4 有形固定資産

         国庫等補助金等により取得した資産につき取得価額から控除されている圧縮記帳額は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     建物                               750百万円                   965百万円
     構築物                                0                   0
     機械及び装置                              2,474                   2,552
     車両運搬具                                0                   0
     工具、器具及び備品                               367                   367
     土地                               573                   573
                                 82/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         当事業年度において補助金の受入れ等により行った圧縮記帳額は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     建物                                -百万円                  214百万円
     機械及び装置                               196                   94
     工具、器具及び備品                                9                  19
      ※5 投資不動産の内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     建物                               103百万円                   93百万円
     構築物                                0                   0
     工具、器具及び備品                                14                  269
              計                       117                   362
         上記資産の主な賃貸先は、一般財団法人浜松光医学財団であります。
       6 偶発債務

         次の関係会社について、金融機関からの借入れに対し債務保証を行っております。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年9月30日)
     浜松電子プレス㈱                               438百万円                   398百万円
              計                       438                   398
     (注)前事業年度及び当事業年度において、上記以外に、浜松光子学科学儀器(北京)有限公司における顧客からの前受
       金について、金融機関が行っている契約履行保証に対して、50百万中国元を上限として再保証を行っております。
         (損益計算書関係)

      ※1 関係会社との取引高
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     営業取引による取引高
      売上高                             64,014百万円                   66,747百万円
      仕入高                             5,551                   5,554
     営業取引以外の取引による取引高                              3,445                   3,966
      ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                     至 平成30年9月30日)
     運賃及び荷造費                              1,006   百万円                1,101   百万円
                                     240                   229
     広告宣伝費
                                    4,827                   5,174
     給料
                                     983                  1,120
     賞与引当金繰入額
                                     344                   370
     退職給付費用
                                    1,044                   1,400
     減価償却費
                                    2,798                   3,357
     支払手数料
                                   11,529                   12,165
     研究開発費
                                      0                   0
     貸倒引当金繰入額
     おおよその割合

                                     37%                   36%
     販売費
                                     63%                   64%
     一般管理費
                                 83/93


                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
      ※3 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     機械及び装置                                3百万円                  12百万円
     車両運搬具                                1                   0
     工具、器具及び備品                                5                   ▶
              計                        9                  18
      ※4 固定資産売却損及び固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

         (固定資産売却損)
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     機械及び装置                                5百万円                   1百万円
     車両運搬具                                -                   0
     工具、器具及び備品                                0                   0
              計                        5                   1
         (固定資産除却損)

                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 平成28年10月1日                   (自 平成29年10月1日
                            至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
     建物                               404百万円                   16百万円
     構築物                                12                   0
     機械及び装置                                13                   7
     車両運搬具                                0                   0
     工具、器具及び備品                                26                   16
     建設仮勘定                                0                   3
              計                       456                   44
      ※5 受取保険金

         火災損失に伴う受取保険金から、代替資産取得による圧縮額(翌事業年度以降取得を含む)を控除した額を
        特別利益として計上しております。
      ※6 災害による損失

         平成30年3月29日に豊岡製作所において火災が発生し、その損失額を計上しております。
         建物等の原状回復費用                              121百万円

         有形固定資産やたな卸資産の滅失額等                              72
                  計                     194
         (有価証券関係)

          子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式8,357百万円、関連会社株式23百
         万円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式8,357百万円、関連会社株式23百万円)は、市場価格がな
         く、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 84/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
        1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
           繰延税金資産
            退職給付信託設定額                             3,053百万円              3,077百万円
            減価償却費限度超過額                             1,758              1,961
            退職給付引当金限度超過額                             1,652              1,814
            賞与引当金限度超過額                             1,219              1,344
            たな卸資産評価損                              416              428
            減損損失                              238              238
            未払事業税                              254              229
            投資有価証券評価損                              207              206
                                         1,133              1,096
            その他
           繰延税金資産小計
                                         9,932             10,396
                                        △1,201              △1,215
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                         8,731              9,181
           繰延税金負債

            その他有価証券評価差額                              288              407
            資産除去債務に対応する資産                              10              9
            特別償却準備金                               6              ▶
                                          12              13
            その他
           繰延税金負債合計                               317              434
           繰延税金資産の純額                              8,413              8,746
        2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

         なった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
           法定実効税率                              30.21%              30.21%
           (調整)
            税額控除                            △6.95              △7.24
            受取配当金等永久に益金算入されない項目                            △4.40              △4.72
            交際費等永久に損金算入されない項目                             0.79              1.01
            評価性引当額の増減                            △1.15               0.04
            その他                            △0.36               0.19
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              18.14              19.49
         (重要な後発事象)


          該当事項はありません。
                                 85/93






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                        当期首       当期      当期      当期      当期末      減価償却

      区分       資産の種類
                         残高      増加額      減少額      償却額       残高      累計額
     有形固定

                         25,441       4,796       231     2,593      27,413      38,808
           建物
     資産
                         1,683       267       0     222     1,727      2,469
           構築物
                         9,105      7,276       155     4,730      11,496      69,579
           機械及び装置
                           28       2      0      11      19      136
           車両運搬具
                         2,963      2,053        56     1,808      3,152      25,961
           工具、器具及び備品
                         14,520        265       -      -    14,785        -
           土地
                           247       87      -      89      245      239
           リース資産
                         5,433      10,597      12,246        -     3,784        -
           建設仮勘定
                         59,424      25,347      12,690       9,455      62,624      137,194
                計
     無形固定
                           243       0      -      105      138       -
           特許権
     資産
                           668      367       -      398      638       -
           ソフトウエア
                           15       0      -       0      16      -
           その他
                           928      369       -      504      793       -
                計
     投資その
                           117      331       0      85      362     1,137
           投資不動産
     他の資産
                           117      331       0      85      362     1,137
                計
      (注)1 当期増加額の主な内容は次のとおりであります。
           建物
             都田製作所第3棟建築工事                                      3,528    百万円
             中央研究所特別高圧受変電設備更新及び管理棟建築工事                                       306
           機械及び装置
             研究開発用設備                                      3,822
             光半導体素子製造用設備                                      1,696
             イメージ機器及び光源製造用設備                                       716
           工具、器具及び備品
             光半導体素子製造用設備                                       506
             研究開発用設備                                       367
             一般管理用設備                                       356
           建設仮勘定
             都田製作所     第3棟建築工事                                2,469
             本社工場第14棟建築工事(光半導体素子)                                      1,058
             中央研究所MOCVD装置BMC301及び付帯設備                                       652
         2 当期減少額の主な内容は次のとおりであります。
           建設仮勘定
             都田製作所第3棟建築工事                                      5,346
             中央研究所MOCVD装置BMC301及び付帯設備                                       652
                                 86/93





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
         【引当金明細表】
                                                    (単位:百万円)
            科目            当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

                                                 52

      貸倒引当金                        52          52                    52
      賞与引当金                      4,037          4,485          4,037          4,485

      厚生年金基金解散損失引当金                        -         534           ▶         529

       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 87/93















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度                 10月1日から9月30日まで
     定時株主総会                 12月中

     基準日                 9月30日

     剰余金の配当の基準日                 9月30日、3月31日

     1単元の株式数                 100株

     単元未満株式の買取り

                       (特別口座に記録された単元未満株式に関する取扱い)

                        名古屋市中区栄三丁目15番33号
      取扱場所                 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                       (特別口座以外の振替口座に記録された単元未満株式に関する取扱い)
                        振替口座を開設した口座管理機関(証券会社等)
                       (株主名簿管理人及び特別口座の口座管理機関)

      株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                        三井住友信託銀行株式会社
      買取手数料                株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       電子公告により行い、当社ウェブサイトに掲載いたします。
                        (https://www.hamamatsu.com/jp/ja/index.html)
     公告掲載方法
                       ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告によることができない
                       場合は、日本経済新聞に掲載してこれを行います。
     株主に対する特典                 該当  事項  は ありません。
      (注)当社は、定款で単元未満株式の権利を以下のように制限しております。
         当会社の単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使
         することができない。
          ①会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          ②会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          ③株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 88/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度 第70期(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)平成29年12月22日関東財務局長に提出
      (2)内部統制報告書及びその添付書類

         平成29年12月22日関東財務局長に提出
      (3)四半期報告書及び確認書

         (第71期第1四半期)(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)平成30年2月9日関東財務局長に提出
         (第71期第2四半期)(自 平成30年1月1日 至 平成30年3月31日)平成30年5月10日関東財務局長に提出
         (第71期第3四半期)(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)平成30年8月9日関東財務局長に提出
      (4)臨時報告書

         平成29年12月27日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨時
         報告書であります。
      (5)自己株券買付状況報告書

         報告期間(自 平成29年12月1日 至 平成29年12月31日)平成30年1月12日関東財務局長に提出
         報告期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年1月31日)平成30年2月9日関東財務局長に提出
         報告期間(自 平成30年2月1日 至 平成30年2月28日)平成30年3月9日関東財務局長に提出
         報告期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年3月31日)平成30年4月10日関東財務局長に提出
                                 89/93










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 90/93




















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年12月20日

     浜松ホトニクス株式会社

      取締役会 御中

                          EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士       市  村     清              ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士       相  澤  範  忠  ㊞
                           業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
     る浜松ホトニクス株式会社の平成29年10月1日から平成30年9月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
     貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結
     財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、浜松
     ホトニクス株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営
     成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 91/93




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、浜松ホトニクス株式会社の平成
     30年9月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、浜松ホトニクス株式会社が平成30年9月30日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
     財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

         社)が別途保管しております。
       2.  XBRLデータは監査の対象には含                まれていません。
                                 92/93









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年12月20日

     浜松ホトニクス株式会社

      取締役会 御中

                          EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士       市  村     清              ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士       相  澤  範  忠  ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい

     る浜松ホトニクス株式会社の平成29年10月1日から平成30年9月30日までの第71期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、浜松ホト
     ニクス株式会社の平成30年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点に
     おいて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

         社)が別途保管しております。
       2.  XBRLデータは監査の対象には含                まれていません。
                                 93/93



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク