株式会社ジーエヌアイグループ 訂正有価証券届出書(参照方式)

提出書類 訂正有価証券届出書(参照方式)
提出日
提出者 株式会社ジーエヌアイグループ
カテゴリ 訂正有価証券届出書(参照方式)

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                    訂正有価証券届出書(参照方式)
     【表紙】
     【提出書類】                          有価証券届出書の訂正届出書

     【提出先】                          関東財務局長
     【提出日】                          2018年12月12日
     【会社名】                          株式会社ジーエヌアイグループ
     【英訳名】                          GNI  Group   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                          取締役代表執行役社長兼CEO  イン・ルオ
     【本店の所在の場所】                          東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
     【電話番号】                          03(6214)3600(代表)
     【事務連絡者氏名】                          取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
     【最寄りの連絡場所】                          東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
     【電話番号】                          03(6214)3600(代表)
     【事務連絡者氏名】                          取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
     【届出の対象とした募集有価証券の種類】                          株式及び新株予約権証券

                               (行使価額修正条項付新株予約権付社債券等)
     【届出の対象とした募集金額】
                               (株式)
                                その他の者に対する割当                     1,223,950,000円
                               (第43回新株予約権)
                                その他の者に対する割当                       24,029,250円
                                新株予約権の払込金額の総額に新株予約権の行使に際して出資
                                される財産の価額の合計額を合算した金額
                                                     2,063,654,250円
                               (第44回新株予約権)
                                その他の者に対する割当                       12,930,750円
                                新株予約権の払込金額の総額に新株予約権の行使に際して出資
                                される財産の価額の合計額を合算した金額
                                                     2,256,255,750円
                                (注)行使価額が修正又は調整された場合には、新株予約権の
                                   払込金額の総額に新株予約権の行使に際して出資される
                                   財産の価額の合計額を合算した金額は増加又は減少しま
                                   す。また、新株予約権の権利行使期間内に行使が行われ
                                   ない場合及び当社が取得した新株予約権を消却した場合
                                   には、新株予約権の払込金額の総額に新株予約権の行使
                                   に際して出資される財産の価額の合計額を合算した金額
                                   は減少します。
     【安定操作に関する事項】                          該当事項なし
     【縦覧に供する場所】                          株式会社東京証券取引所

                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/6





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                    訂正有価証券届出書(参照方式)
     1  【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】
       2018年12月11日提出の有価証券届出書の記載内容の一部に訂正すべき箇所がありましたので、これ
      を訂正するため、有価証券届出書の訂正届出書を提出するものであります。
     2  【訂正事項】

       第一部 証券情報
        第1 募集要項
         4 新規発行新株予約権証券(第43回新株予約権)
           (2) 新株予約権の内容等
         5 新規発行新株予約権証券(第44回新株予約権)
           (2) 新株予約権の内容等
     3  【訂正箇所】

       訂正箇所は___罫で示しております。
                                 2/6















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                    訂正有価証券届出書(参照方式)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】

      4【新規発行新株予約権証券(第43回新株予約権)】
       (2)【新株予約権の内容等】
       <訂正前>
     当該行使価額修正条          1 本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株、割当株式数(別記「新株予約権の目
     項付新株予約権付社            的となる株式の数」欄第1項に定義する。)は100株で確定しており、株価の上昇又は下
     債券等の特質            落により行使価額(別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第1項第(2)号に定義す
                  る。)が修正されても変化しない(但し、別記「新株予約権の目的となる株式の数」欄
                  に記載のとおり、調整されることがある。)。なお、株価の上昇又は下落により行使価
                  額が修正された場合、本新株予約権による資金調達の額は増加又は減少する。
                2 行使価額の修正基準
                 (1)当社は、当社の資本政策のため必要があるときは、当社取締役会の決議により、2019
                   年6月28日、同年12月28日、2020年6月28日、2021年6月28日、2022年6月28日及び
                   2022年12月28日(以下、本「4 新規発行新株予約権証券(第43回新株予約権)」に
                   おいて、個別に又は総称して「修正日」という。)の各日を効力発生日として、行使
                   価額の修正を行うことができる。当社は、本号に基づく行使価額の修正を行う場合、
                   事前にその旨を本新株予約権に係る新株予約権者(以下、第43回新株予約権を保有す
                   る者及び第44回新株予約権を保有する者を個別に又は総称して「本新株予約権者」と
                   いう。)に通知するものとし、行使価額は、修正日以降、(i)当該修正日に先立つ10連
                   続取引日において、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)に
                   おける当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価額の90%に相当す
                   る金額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)当該修正日において有効な行使
                   価額のいずれか低い方に修正される。
                 (2)上記第(1)号に関わらず、行使価額は、2020年12月28日及び2021年12月28日の各日を効
                   力発生日として、同日以降、(i)当該効力発生日に先立つ10連続取引日において、東京
                   証券取引所における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価額の
                   90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)当該効力発生日に
                   おいて有効な行使価額のいずれか低い方に修正される。
                 (3)本項の他の規定に関わらず、上記第(1)号又は第(2)号に基づく修正後の行使価額が下
                   限行使価額(本欄第4項に定義する。)を下回ることとなる場合には行使価額は下限
                   行使価額とする。
                3 行使価額の修正頻度:本欄第2項の記載に従い修正される。
                4 行使価額の下限:当初1,943円(但し、別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第3項
                  第(3)号、第(4)号及び第(9)号の規定を準用して調整されることがあり、以下、本「4 
                  新規発行新株予約権証券(第43回新株予約権)」において、「下限行使価額」とい
                  う。)
                5 割当株式数の上限:本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株(2018年9月30日
                  現在の発行済株式総数に対する割合は3.89%)、割当株式数は100株で確定している。
                6 本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限(本欄第4項に記載の行使価額
                  の下限にて本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額):                              1,020,075,000       円(但
                  し、本新株予約権は行使されない可能性がある。)
                7 本新株予約権には当社の決定による本新株予約権の全部の取得を可能とする条項は付さ
                  れていない。
                               (後略)
                                 3/6




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                    訂正有価証券届出書(参照方式)
       <訂正後>
     当該行使価額修正条          1 本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株、割当株式数(別記「新株予約権の目
     項付新株予約権付社            的となる株式の数」欄第1項に定義する。)は100株で確定しており、株価の上昇又は下
     債券等の特質            落により行使価額(別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第1項第(2)号に定義す
                  る。)が修正されても変化しない(但し、別記「新株予約権の目的となる株式の数」欄
                  に記載のとおり、調整されることがある。)。なお、株価の上昇又は下落により行使価
                  額が修正された場合、本新株予約権による資金調達の額は増加又は減少する。
                2 行使価額の修正基準
                 (1)当社は、当社の資本政策のため必要があるときは、当社取締役会の決議により、2019
                   年6月28日、同年12月28日、2020年6月28日、2021年6月28日、2022年6月28日及び
                   2022年12月28日(以下、本「4 新規発行新株予約権証券(第43回新株予約権)」に
                   おいて、個別に又は総称して「修正日」という。)の各日を効力発生日として、行使
                   価額の修正を行うことができる。当社は、本号に基づく行使価額の修正を行う場合、
                   事前にその旨を本新株予約権に係る新株予約権者(以下、第43回新株予約権を保有す
                   る者及び第44回新株予約権を保有する者を個別に又は総称して「本新株予約権者」と
                   いう。)に通知するものとし、行使価額は、修正日以降、(i)当該修正日に先立つ10連
                   続取引日において、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)に
                   おける当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価額の90%に相当す
                   る金額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)当該修正日において有効な行使
                   価額のいずれか低い方に修正される。
                 (2)上記第(1)号に関わらず、行使価額は、2020年12月28日及び2021年12月28日の各日を効
                   力発生日として、同日以降、(i)当該効力発生日に先立つ10連続取引日において、東京
                   証券取引所における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価額の
                   90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)当該効力発生日に
                   おいて有効な行使価額のいずれか低い方に修正される。
                 (3)本項の他の規定に関わらず、上記第(1)号又は第(2)号に基づく修正後の行使価額が下
                   限行使価額(本欄第4項に定義する。)を下回ることとなる場合には行使価額は下限
                   行使価額とする。
                3 行使価額の修正頻度:本欄第2項の記載に従い修正される。
                4 行使価額の下限:当初1,943円(但し、別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第3項
                  第(3)号、第(4)号及び第(9)号の規定を準用して調整されることがあり、以下、本「4 
                  新規発行新株予約権証券(第43回新株予約権)」において、「下限行使価額」とい
                  う。)
                5 割当株式数の上限:本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株(2018年9月30日
                  現在の発行済株式総数に対する割合は3.89%)、割当株式数は100株で確定している。
                6 本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限(本欄第4項に記載の行使価額
                  の下限にて本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額):                              1,044,104,250       円(但
                  し、本新株予約権は行使されない可能性がある。)
                7 本新株予約権には当社の決定による本新株予約権の全部の取得を可能とする条項は付さ
                  れていない。
                               (後略)
                                 4/6






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                    訂正有価証券届出書(参照方式)
      5【新規発行新株予約権証券(第44回新株予約権)】
       (2)【新株予約権の内容等】
       <訂正前>
     当該行使価額修正条          1 本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株、割当株式数(別記「新株予約権の
     項付新株予約権付社            目的となる株式の数」欄第1項に定義する。)は100株で確定しており、株価の上昇又
     債券等の特質            は下落により行使価額(別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第1項第(2)号に定
                  義する。)が修正されても変化しない(但し、別記「新株予約権の目的となる株式の
                  数」欄に記載のとおり、調整されることがある。)。なお、株価の上昇又は下落により
                  行使価額が修正された場合、本新株予約権による資金調達の額は増加又は減少する。
                2 行使価額の修正基準
                 (1)当社は、当社の資本政策のため必要があるときは、当社取締役会の決議により、2019
                   年6月28日、同年12月28日、2020年6月28日、2021年6月28日、2022年6月28日及び
                   2022年12月28日(以下、本「5 新規発行新株予約権証券(第44回新株予約権)」に
                   おいて、個別に又は総称して「修正日」という。)の各日を効力発生日として、行使
                   価額の修正を行うことができる。当社は、本号に基づく行使価額の修正を行う場合、
                   事前にその旨を本新株予約権者に通知するものとし、行使価額は、修正日以降、(i)
                   当該修正日に先立つ10連続取引日において、東京証券取引所における当社普通株式の
                   普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価額の90%に相当する金額の1円未満の端
                   数を切り上げた金額、又は(ii)当該修正日において有効な行使価額のいずれか低い方
                   に修正される。
                 (2)上記第(1)号に関わらず、行使価額は、2020年12月28日及び2021年12月28日の各日を
                   効力発生日として、同日以降、(i)当該効力発生日に先立つ10連続取引日において、
                   東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価
                   額の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)当該効力発生
                   日において有効な行使価額のいずれか低い方に修正される。
                 (3)本項の他の規定に関わらず、上記第(1)号又は第(2)号に基づく修正後の行使価額が下
                   限行使価額(本欄第4項に定義する。)を下回ることとなる場合には行使価額は下限
                   行使価額とする。
                3 行使価額の修正頻度:本欄第2項の記載に従い修正される。
                4 行使価額の下限:当初1,943円(但し、別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第3
                  項第(3)号、第(4)号及び第(9)号の規定を準用して調整されることがあり、以下、本
                  「5 新規発行新株予約権証券(第44回新株予約権)」において、「下限行使価額」と
                  いう。)
                5 割当株式数の上限:本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株(2018年9月30
                  日現在の発行済株式総数に対する割合は3.89%)、割当株式数は100株で確定してい
                  る。
                6 本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限(本欄第4項に記載の行使価額
                  の下限にて本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額):                              1,020,075,000       円(但
                  し、本新株予約権は行使されない可能性がある。)
                7 本新株予約権には当社の決定による本新株予約権の全部の取得を可能とする条項は付さ
                  れていない。
                               (後略)
                                 5/6





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                    訂正有価証券届出書(参照方式)
       <訂正後>
     当該行使価額修正条          1 本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株、割当株式数(別記「新株予約権の
     項付新株予約権付社            目的となる株式の数」欄第1項に定義する。)は100株で確定しており、株価の上昇又
     債券等の特質            は下落により行使価額(別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第1項第(2)号に定
                  義する。)が修正されても変化しない(但し、別記「新株予約権の目的となる株式の
                  数」欄に記載のとおり、調整されることがある。)。なお、株価の上昇又は下落により
                  行使価額が修正された場合、本新株予約権による資金調達の額は増加又は減少する。
                2 行使価額の修正基準
                 (1)当社は、当社の資本政策のため必要があるときは、当社取締役会の決議により、2019
                   年6月28日、同年12月28日、2020年6月28日、2021年6月28日、2022年6月28日及び
                   2022年12月28日(以下、本「5 新規発行新株予約権証券(第44回新株予約権)」に
                   おいて、個別に又は総称して「修正日」という。)の各日を効力発生日として、行使
                   価額の修正を行うことができる。当社は、本号に基づく行使価額の修正を行う場合、
                   事前にその旨を本新株予約権者に通知するものとし、行使価額は、修正日以降、(i)
                   当該修正日に先立つ10連続取引日において、東京証券取引所における当社普通株式の
                   普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価額の90%に相当する金額の1円未満の端
                   数を切り上げた金額、又は(ii)当該修正日において有効な行使価額のいずれか低い方
                   に修正される。
                 (2)上記第(1)号に関わらず、行使価額は、2020年12月28日及び2021年12月28日の各日を
                   効力発生日として、同日以降、(i)当該効力発生日に先立つ10連続取引日において、
                   東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価
                   額の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)当該効力発生
                   日において有効な行使価額のいずれか低い方に修正される。
                 (3)本項の他の規定に関わらず、上記第(1)号又は第(2)号に基づく修正後の行使価額が下
                   限行使価額(本欄第4項に定義する。)を下回ることとなる場合には行使価額は下限
                   行使価額とする。
                3 行使価額の修正頻度:本欄第2項の記載に従い修正される。
                4 行使価額の下限:当初1,943円(但し、別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第3
                  項第(3)号、第(4)号及び第(9)号の規定を準用して調整されることがあり、以下、本
                  「5 新規発行新株予約権証券(第44回新株予約権)」において、「下限行使価額」と
                  いう。)
                5 割当株式数の上限:本新株予約権の目的となる株式の総数は525,000株(2018年9月30
                  日現在の発行済株式総数に対する割合は3.89%)、割当株式数は100株で確定してい
                  る。
                6 本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限(本欄第4項に記載の行使価額
                  の下限にて本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額):                              1,033,005,750       円(但
                  し、本新株予約権は行使されない可能性がある。)
                7 本新株予約権には当社の決定による本新株予約権の全部の取得を可能とする条項は付さ
                  れていない。
                               (後略)
                                 6/6






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク