株式会社ディー・エル・イー 訂正有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社ディー・エル・イー

カテゴリ:訂正有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書の訂正届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成30年12月3日
      【会社名】                         株式会社ディー・エル・イー
                               DLE  Inc.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役  椎木 隆太
                               東京都千代田区麹町三丁目3番地4
      【本店の所在の場所】
                               03-3221-3980
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                         執行役員 高倉 喜仁
                               東京都千代田区麹町三丁目3番地4
      【最寄りの連絡場所】
                               03-3221-3980
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                         執行役員 高倉 喜仁
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】
                               募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                       714,000,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                       601,200,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                       234,120,000円
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。

                                   1/161











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】
       当社は、平成30年9月3日に外部から指摘を受け、過去の映像事業における一部の案件に関して、売上計上の妥当性
      等に疑義が生じていることが判明しました。これを受け、当社は、より独立した立場から、事実関係の解明、これらの
      会計処理の妥当性に関する検証、再発防止策に関する提言等の見解を求める必要があると判断したため、平成30年9月
      14日付で外部の専門家による第三者委員会を設置し調査を行い、平成30年11月27日付で第三者委員会から調査結果の報
      告を受けました。当社は、当該調査結果を踏まえ、当社の映像制作事業における、売上高の取消し等の訂正を行うこと
      といたしました。
       これらの訂正により、当社が平成26年2月20日に提出いたしました有価証券届出書の一部を訂正する必要が生じまし
      たので、金融商品取引法第7条第1項の規定に基づき、有価証券届出書の訂正届出書を提出するものであります。
       なお、訂正後の財務諸表について、有限責任                      あずさ監査法人による監査を受けており、監査報告書を添付しており
      ます。
      また、財務諸表の記載内容に係る訂正箇所についてはXBRLの修正も行いましたので、併せて修正後のXBRLデータ一式
      (表示情報ファイル含む)を提出いたします。
     2【訂正事項】

       第一部    証券情報
        第3   その他の記載事項
       第二部 企業情報
        第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
        第2   事業の状況
          1  業績等の概要
          2  生産、受注及び販売の状況
          4  事業等のリスク
          7  財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        第3 設備の状況
          2 主要な設備の状況
        第5 経理の状況
          1 財務諸表等
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、訂正後の
      みを記載しております。
                                   2/161









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
                    発行数(株)
          種類                                  内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
                        800,000
         普通株式                     標準となる株式であります。
                              なお、単元株式数は100株であります。
      (注)1.平成26年2月20日開催の取締役会決議によっております。
         2.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   3/161
















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
       平成26年3月14日に決定された引受価額(1,104円)にて、当社と元引受契約を締結した後記「4 株式の引受け」
      欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
      価額と異なる価額(発行価格1,200円)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受人は払込期日までに引受
      価額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人
      に対して引受手数料を支払いません。
       なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
      233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件
      を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定さ
      れた価格で行います。
                         発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
             区分
                               ―             ―             ―
     入札方式のうち入札による募集
                               ―             ―             ―
     入札方式のうち入札によらない募集
                            800,000           714,000,000             441,600,000
     ブックビルディング方式
         計(総発行株式)                   800,000           714,000,000             441,600,000
      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であります。
         5.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」に当たっては、需要状
           況を勘案した結果、オーバーアロットメントによる売出しを行います。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         6.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   4/161










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                    資本    申込株                    申込
     発行価格     引受価額     払込金額
                   組入額     数単位                   証拠金
                                 申込期間                   払込期日
      (円)     (円)     (円)
                   (円)     (株)                   (円)
                                           1株につ
                             自 平成26年3月17日(月)
      1,200     1,104    892.50      552     100                 き     平成26年3月25日(火)
                             至 平成26年3月20日(木)
                                            1,200
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたしました。その状況については、以下のとおりであ
           ります。
           発行価格の決定に当たりましては、仮条件(1,050円~1,200円)に基づいて機関投資家等を中心にブックビ
           ルディングを実施いたしました。
           当該ブックビルディングの状況につきましては、
           ①申告された総需要株式数は、公開株式数を十分に上回る状況であったこと。
           ②申告された総需要件数が多数にわたっていたこと。
           ③申告された需要の価格毎の分布状況は、仮条件の上限価格に集中していたこと。
           以上が特徴でありました。
           上記ブックビルディングの結果、公開株式数以上の需要が見込まれる価格であり、現在のマーケット環境等
           の状況や最近の新規上場株に対する市場の評価、上場日までの期間における価格変動リスク等を総合的に勘
           案して、1,200円と決定いたしました。
           なお、引受価額は1,104円と決定いたしました。
         2.「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格(1,200円)と会社法上の払込金額(892.50円)及び
           平成26年3月14日に決定された引受価額(1,104円)とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の
           総額は、引受人の手取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、1株当たりの増加する資本準備金の額は
           552円(増加する資本準備金の額の総額441,600,000円)と決定いたしました。
         4.申込証拠金には、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額(1株につき1,104円)は、払込期
           日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成26年3月26日(水)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
           募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
                                   5/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ①【申込取扱場所】
          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及び販売を委託された金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所
         で申込みの取扱いをいたします。
        ②【払込取扱場所】

                  店名                           所在地
     株式会社三菱東京UFJ銀行 麹町中央支店                            東京都千代田区麹町四丁目1番

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
                                         605,000
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                              2.引受人は新株式払込金とし
                                         65,000
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                て、平成26年3月25日まで
                                                に払込取扱場所へ引受価額
                                         39,000
     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                                と同額(1株につき1,104
                                         26,000
     いちよし証券株式会社             東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
                                                円)を払込むことといたし
                                                ます。
     三菱UFJモルガン・スタ
                                         13,000
                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
     ンレー証券株式会社
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
     SMBCフレンド証券株式
                                         13,000
                   東京都中央区日本橋兜町7番12号
                                                受価額との差額(1株につ
     会社
                                                き96円)の総額は引受人の
                                         13,000
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                                手取金となります。
                                         13,000
     エース証券株式会社             大阪府大阪市中央区本町二丁目6番11号
     静銀ティーエム証券株式会
                                         13,000
                   静岡県静岡市葵区追手町1番13号
     社
                            ―             800,000            ―

           計
      (注)1.上記引受人と平成26年3月14日に元引受契約を締結いたしました。
         2.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                   6/161









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               883,200,000

                                 6,000,000円                  877,200,000円
      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額877,200千円については、①IP投資及び関連費用、②人材の採用及び教育費用、③海外展
          開の強化のための資金として充当する方針であります。
           ①当社では、IPの継続的な新規開発及び既存IPの価値向上が中長期的な業績に直結すると考えております。
            そのため、新規開発のためのメディアとの共同事業への投資資金(例えば、製作委員会への出資金など)
            や、既存IPの知名度向上のための広告宣伝費等として、381,000千円(平成26年6月期に86,000千円、平
            成27年6月期に129,000千円、平成28年6月期以降に166,000千円)を充当する予定であります。
           ②当社では、保有するキャラクター等のIP数の増加、並びに映像コンテンツ化によるマルチメディア展開、
            グッズの製作・販売、及びソーシャル・キャラクターを活用したマーケティング・サービス等のプロジェ
            クト数の増加に対応するため、プロジェクトの立案から執行までを担う人材の確保が必要と考えておりま
            す。そのための人材の採用費、人件費及び教育研修費として、426,200千円(平成26年6月期に129,200千
            円、平成27年6月期に139,000千円、平成28年6月期以降に158,000千円)を予定しております。
           ③海外拠点であるDLE          America,     Inc.   (1798    Technology      Drine   Suite   242,   SanJose,     CA95110,     USA)及び
            夢饗年代股份有限公司(DLE-ERA)(台湾台北市内湖區瑞湖街39號2棲)に対する投融資として、平成26
            年6月期に合計で70,000千円を充当する予定であります。海外拠点では現地でのIPの新規開発及び当社の
            保有する既存IPを用いたビジネスを推進しており、現地スタッフの人員採用・教育費用、知名度向上のた
            めの広告宣伝・販売促進費用として充当する予定であります。
           なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
                                   7/161











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成26年3月14日に決定された引受価額(1,104円)にて、当社と元引受契約を締結した後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格
       1,200円)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引受
       価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金と
       いたします。
        売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                  売出価額の総額
                                           売出しに係る株式の所有者の住所及
        種類            売出数(株)
                                    (円)
                                           び氏名又は名称
               入札方式のうち入札
         ―                      ―         ―           ―
               による売出し
               入札方式のうち入札
         ―                      ―         ―           ―
               によらない売出し
                                          東京都港区
                                          椎木 隆太                    200,000株
                                          静岡県磐田市
                                          椎木 泰行                    150,000株
                                          東京都港区赤坂五丁目2番20号
                                          株式会社読売広告社    50,000株
               ブックビルディング
                                          静岡県静岡市葵区
                            501,000       601,200,000
     普通株式
               方式
                                          浜崎 美苗        35,000株
                                          東京都千代田区
                                          小野 亮         30,000株
                                          静岡県磐田市
                                          椎木 雅明        30,000株
                                          千葉県流山市
                                          佐藤 博久                      6,000株
     計(総売出株式)              ―         501,000       601,200,000
                                                   ―
      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)2.に記載した振替機関と同
           一であります。
         4.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案した結果、オーバーアロットメ
           ントによる売出しを行います。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「第2 売出要項 4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる
           売出し)」をご参照下さい。
         5.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   8/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                       申込株
     売出価格     引受価額                 申込証拠金
                                                        元引受契
                       数単位
                 申込期間                 申込受付場所       引受人の住所及び氏名又は名称
      (円)     (円)                 (円)
                                                        約の内容
                       (株)
                自 平成26年                         東京都中央区日本橋一丁目9番
                                 引受人の本店
                3月17日(月)                         1号
                           1株につき
       1,200     1,104            100                               (注)3
                                 及び全国各支
                                        野村證券株式会社
                             1,200
                至 平成26年
                                 店
                3月20日(木)
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一の理由により決定いた
           しました。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一の理由により決定いた
           しました。
         3.引受人である野村證券株式会社が、全株を引受価額にて買取引受を行います。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額(1株
           につき96円)の総額は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と平成26年3月14日に元引受契約を締結いたしました。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   9/161










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                  売出価額の総額
                                           売出しに係る株式の所有者の住所及
        種類            売出数(株)
                                    (円)
                                           び氏名又は名称
               入札方式のうち入札
         ―                      ―         ―           ―
               による売出し
               入札方式のうち入札
         ―                      ―         ―           ―
               によらない売出し
                                          東京都中央区日本橋一丁目9番1号
               ブックビルディング
                            195,100       234,120,000
     普通株式
                                          野村證券株式会社                 195,100株
               方式
     計(総売出株式)              ―         195,100       234,120,000
                                                   ―
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案した結果、野村證券株式会社が行う売出しであります。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、野村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバー
           アロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカ
           バー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプション及び
           シンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)2.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                  10/161













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                  申込株数
     売出価格                  申込証拠金
                                                        元引受契
                  単位
           申込期間                  申込受付場所         引受人の住所及び氏名又は名称
      (円)                  (円)
                                                        約の内容
                  (株)
          自 平成26年
                             野村證券株式
          3月17日(月)
                       1株につき
       1,200             100                         ―            ―
                             会社の本店及
                         1,200
          至 平成26年
                             び全国各支店
          3月20日(木)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一の理由により、平成26年3月14日に決定いたしました。ただし、申込証拠金には、利息をつけま
           せん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  11/161












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
      2.グリーンシューオプション及びシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である椎木隆太(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、主幹事会社は、195,100株について貸株人より追加的に当社株式を取得する権利(以下「グリーンシューオプ
       ション」という。)を、平成26年4月18日を行使期限として貸株人より付与されております。
        また、主幹事会社は、平成26年3月26日から平成26年4月15日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的と
       して、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、グリーン
       シューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判
       断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終
       了させる場合があります。
      3.ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人であり貸株人である椎木隆太、売出人である椎木
       泰行、浜崎美苗、小野亮及び椎木雅明並びに当社株主である株式会社ドリームインキュベータ、椎木友里江、
       Hasbro,    Inc.   、島田亨、静岡キャピタル5号投資事業有限責任組合、東映アニメーション株式会社、Fenox                                           Venture
       Company    Ⅱ,L.   P.  、三菱UFJベンチャーファンド二号投資事業有限責任組合、株式会社三菱東京UFJ銀行、夏野剛及
       び川島崇は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日含む)後90日目の平成26年6月23
       日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受によ
       る売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプション
       の対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の
       1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。)を行わない旨合意して
       おります。
        また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成26年
       9月21日までの期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交
       換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募
       集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)を行わない旨合意しております。
        なお、上記のいずれの期間中であっても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除
       できる権限を有しております。
        加えて、当社は、主幹事会社より、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成26年
       6月23日までの期間中、引受契約締結日において主幹事会社の計算で保有する当社株式60,000株の売却(ただし、そ
       の売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所取引における売却等及び
       当該元引受契約締結日以降に取得した当社株式の売却は除く。)を行わない旨聴取しております。
                                  12/161







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)裏表紙に当社のロゴマーク                       を記載いたします。

       (2)表紙及び裏表紙に当社のキャラクターを記載いたします。

       (3)表紙の次に「1.事業の内容」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  13/161

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     カラーページの訂正
      1.  事業の内容
        売上高の推移
        <グラフの記載の訂正>
                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
            決算年月
                   (千円)             730,742            892,410            777,001
     売上高
      3.業績等の推移

       (1)  主要な経営指標等の推移
        <欄内の記載の訂正>
         カラーページ上段の表
                             第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
             決算年月
                   (千円)             730,742            892,410            777,001
     売上高
     経常利益又は経常損失
                   (千円)            △116,312              46,867            173,383
     (△)
     当期(四半期)純利益又は
                   (千円)            △118,587              40,487            163,058
     当期純損失(△)
                   (千円)              3,787            44,275            219,334
     純資産額
                   (千円)             504,018            824,135            792,213
     総資産額
                   (円)              0.88            10.31            50.50
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金額
                   (円)            △27.77              9.43            37.92
     又は当期純損失金額(△)
                   (%)              0.8            5.4            27.7
     自己資本比率
                   (%)               -           168.5              -
     自己資本利益率
         カラーページ下段の表

                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
            決算年月
                   (円)              0.88            10.31              -
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金額
                   (円)            △27.77              9.43            37.92
     又は当期純損失金額(△)
        <グラフの記載の訂正>

                                                     (単位:千円)
         売上高のグラフ
                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
                                730,742            892,410            777,001
     売上高
                                                     (単位:千円)

         経常利益又は経常損失(△)のグラフ
                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
     経常利益又は経常損失(△)                         △116,312              46,867            173,383

                                  14/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                                     (単位:千円)
         当期純利益又は当期純損失(△)のグラフ
                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
     当期純利益又は当期純損失(△)                         △118,587              40,487            163,058

                                                     (単位:千円)

         純資産額/総資産額のグラフ
                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
                                 3,787            44,275            219,334
     純資産額
                                504,018            824,135            792,213
     総資産額
                                                      (単位:円)

         1株当たり純資産額のグラフ
                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
                                 0.88            10.31            50.50
     1株当たり純資産額
                                                      (単位:円)

         1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)のグラフ
                            第11期            第12期          第13期第2四半期
             項目名
                           平成24年6月            平成25年6月            平成25年12月
     1株当たり当期純利益金額又は
                                △27.77              9.43            37.92
     当期純損失金額(△)
                                  15/161












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/161





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/161





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/161





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/161





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/161





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                  21/161





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                  22/161





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
              回次             第8期       第9期       第10期       第11期       第12期
             決算年月            平成21年6月       平成22年6月       平成23年6月       平成24年6月       平成25年6月
                    (千円)        918,684       799,146       612,721       730,742       892,410
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)       △299,400         34,050       36,785      △116,312         46,867
     当期純利益又は当期純損失
                    (千円)       △345,889         33,003       36,493      △118,587         40,487
     (△)
     持分法を適用した場合の
                    (千円)          -       -       -       -       -
     投資利益
                    (千円)        216,500       222,500       222,500       237,500       237,500
     資本金
                    (株)        21,125       21,225       21,225       21,475       21,475
     発行済株式総数
                    (千円)        10,878       55,881       92,374        3,787       44,275
     純資産額
                    (千円)        330,488       348,555       544,698       504,018       824,135
     総資産額
                    (円)        514.95      2,632.81       4,352.18         0.88       10.31
     1株当たり純資産額
                              -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (円)
     (1株当たり中間配当額)                        (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
     1株当たり当期純利益金額又
                    (円)     △16,450.58         1,561.59       1,719.37        △27.77         9.43
     は当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         3.3       16.0       17.0        0.8       5.4
     自己資本比率
                    (%)          -      98.9       49.2        -      168.5
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -       -       -       -
     株価収益率
                    (%)          -       -       -       -       -
     配当性向
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -       -    △192,863        132,959
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -       -    △46,722         9,248
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)          -       -       -     117,071       △54,024
     フロー
     現金及び現金同等物の
                    (千円)          -       -       -     146,443       246,239
     期末残高
                    (名)          25       29       31       41       56
     従業員数
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につきまして
           記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、第8期から第11期は、関連会社が存在していないため、第12
           期は関連会社の損益等に重要性が乏しいため記載しておりません。
         4.第12期の期末以降、新株予約権の行使及び株式分割(株式1株につき200株)が行われ、発行済株式総数は
           4,391,000株となっております。
         5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第8期及び第11期は、1株当たり当期純損失が計上
           されているため記載しておりません。第9期、第10期及び第12期は、新株予約権の残高がありますが、当社
           株式は非上場であるため期中平均株価が把握できませんので、記載しておりません。
         6.自己資本利益率について、第8期及び第11期は、当期純損失を計上しているため、記載しておりません。
         7.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
         8.1株当たり配当額及び配当性向については、第8期から第12期まで無配のため記載しておりません。
                                  23/161


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         9.当社は第11期よりキャッシュ・フロー計算書を作成しておりますので、第8期から第10期のキャッシュ・フ
           ロー計算書に係る各項目については記載しておりません。
         10.従業員数は就業人員であります。
         11.第11期及び第12期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任                                                   あ
           ずさ監査法人により監査を受けておりますが、第8期、第9期及び第10期の財務諸表については、当該監査
           を受けておりません。
         12.第8期は、アメリカの金融危機に端を発した世界経済の急激な悪化から、企業の広告出稿及び個人消費が落
           ち込んだ影響で、特定のプロジェクトの収支が大幅に悪化し、経常損失は299,400千円となりました。ま
           た、当該プロジェクトの凍結を意思決定し、出資金評価損47,493千円を特別損失に計上したことから、当期
           純損失345,889千円となりました。
         13.第11期は、人員採用を進めたことにより人件費が増加したこと及び主に海外事業へ先行投資を実施した結
           果、経常損失は       116,312千円      、当期純損失      118,587千円      となりました。
         14.第11期より「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成22年6月30日)、「1
           株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号 平成22年6月30日公表
           分)及び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号 平成22年6月30日)を
           適用しております。
           平成26年1月10日付で普通株式1株を200株に株式分割しておりますが、第11期の期首に当該株式分割が行
           われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)を算定して
           おります。
         15.平成26年1月10日付で普通株式1株を200株に株式分割しております。そこで、東京証券取引所自主規制法
           人の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」
           (平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第8期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算
           定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに揚げると以下のとおりとなります。なお、第8期、第9期
           及び第10期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、有限責任                                         あずさ監査法人の
           監査を受けておりません。
              回次             第8期       第9期       第10期       第11期       第12期
             決算年月            平成21年6月       平成22年6月       平成23年6月       平成24年6月       平成25年6月
                    (円)         2.57       13.16       21.76        0.88       10.31
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金額又
                    (円)       △82.25         7.81       8.60      △27.77         9.43
     は当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                              -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (円)
     (1株当たり中間配当額)                        (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
                                  24/161









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
       年月                            概要
             主に米国ハリウッド・メジャー(※1)への、映像コンテンツビジネスのコンサルティングサービス提
     平成13年12月
             供を目的として、東京都千代田区三番町5番14号に有限会社パサニアを設立
     平成15年10月       株式会社に組織変更し、株式会社ディー・エル・イーに商号変更
     平成17年9月       Flash(※2)によるデジタルコンテンツ製作を開始
             オリジナルIP(※3)(Intellectual                  Property:著作権等の知的財産権。)「秘密結社                       鷹の爪」のTV
     平成18年4月
             放送を開始し、ファスト・エンタテインメント事業を本格展開
             全国TOHOシネマズにて「秘密結社                鷹の爪マナームービー」の上映を開始し、ソーシャル・キャラク
     平成18年10月
             ター・マーケティング・サービスを本格展開
     平成19年1月       オリジナルIPを同一番組内で多数創造する「ファイテンション☆シリーズ」のTV放送開始
             「秘密結社      鷹の爪THE     MOVIE 総統は二度死ぬ」が日本初の全編Flashにより制作したアニメとして、
     平成19年3月
             全国劇場公開
             「秘密結社      鷹の爪」のキャラクター「吉田くん」が島根県の「しまねSuper大使」に任命される
     平成20年5月
     平成20年7月       オリジナルIP「パンパカパンツ」のTV放送開始
     平成21年1月       モバイルサイト先行配信コンテンツ、オリジナルIP「京浜家族」が携帯電話3キャリアで配信開始
             クールジャパン(※4)コンテンツ「KIRA                    KIRA   JAPON」がフランスにてTV放送開始
     平成21年4月
             オリジナルIP「RUN         BEAR   RUN」のTV放送開始
     平成21年8月
     平成22年2月       オリジナルIP「ピチ高野球部」のTV放送開始
             オリジナルIP「へんしん!!じゃがポテ仮面」「バッカルコーン」「ぬいぐるみのラパン」のTV放送開
     平成22年3月
             始
     平成22年8月       オリジナルIP「プッとべ!プーデル」のTV放送開始
     平成22年10月       オリジナルIP「たまこちゃんとコックボー」「貝がらブラッコ」のTV放送開始
     平成23年5月       オリジナルIP「ごはんかいじゅうパップ」のTV放送開始
     平成23年6月       オリジナルIP「かよえ!チュー学」のTV放送開始
     平成24年6月       本社を東京都千代田区麹町三丁目3番地4に移転
             アジア市場向けにファスト・エンタテインメント事業を行うため、台湾台北に年代網際事業股份有限公
     平成24年7月
             司(ERA)と合弁会社夢饗年代股份有限公司(DLE-ERA)を設立(持分法非適用の関連会社)
             北米市場向けにファスト・エンタテインメント事業を行うため、米国サンノゼに子会社DLE
     平成24年11月
             America,Inc.を設立(持分法非適用の非連結子会社)
     平成25年3月       「へんしん!!じゃがポテ仮面」がタイでTV放送開始
     平成25年4月       「パンパカパンツ」が台湾でTV放送開始
             台湾発オリジナルIP「ペペンギン」が台湾・日本でTV放送開始
             オリジナルIPを同一番組内で多数創造する「鷹の爪団の楽しいテレビ」のTV放送開始
     平成25年5月       中国発オリジナルIP「Sinbad」が中国本土で劇場公開
             オリジナルIP「バカ・ミゼラブル」のWeb配信開始
             他社IP・リプロデュースの「ガラスの仮面ですが                       THE  MOVIE」が全国劇場公開
     平成25年6月
     平成25年7月       オリジナルIP「にゅるにゅる!!KAKUSENくん」、「Go!Go!家電男子」のTV放送開始
     平成25年9月       台湾発オリジナルIP「ラビトル」が台湾でTV放送開始
             オリジナルIP「ぴったらず」が新宿バルト9等の全国5劇場でマナームービーの上映開始
     平成25年10月       タイ発オリジナルIP「いろっくま」が日本で先行TV放送開始
     平成26年1月       オリジナルIP「おにくだいすき!ゼウシくん」のTV放送開始
      (※1)ハリウッド・メジャー:自社の映画の資金調達・製作・配給をするとともに、ハリウッド・メジャー以外で製
          作された映画の資金調達・配給も行う総合映画企業(ユニバーサル・スタジオズ、パラマウント・ピクチャー
          ズ、ワーナーブラザース、ソニーピクチャーズエンターテインメント、ウオルト・ディズニー、20世紀フォッ
          クス)。
      (※2)Flash:Adobe           System    Inc.が提供している、ゲーム、アニメーションなどの制作ソフト。容量が小さく、拡
          大・縮小しても劣化せず解像度による制約が少なく、メディアやデバイスごとのデータ形式の変換が不要とな
          り、迅速なマルチメディア展開を可能とする特徴がある。また少数の画面や部品を組み合わせて制作すること
          で、制作コストを低減し、制作期間を短縮できるという特徴を持つ。
      (※3)オリジナルIP:当社又は当社が出資する製作委員会が原著作権者として新規に開発したIP
                                  25/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      (※4)クールジャパン:日本の文化面でのソフト領域が国際的に評価されている現象や、それらのコンテンツそのも
          の。具体的には、日本における近代文化、ゲーム・漫画・アニメや、J-POP・アイドルなどのポップカル
          チャーを指す場合が多い。さらに、自動車・オートバイ・電気機器などの日本製品、現代の食文化・ファッ
          ション・現代アート・建築などを指す。また、日本の武士道に由来する武道、伝統的な日本料理・茶道・華
          道・日本舞踊など、日本に関するあらゆる事物が対象となりうる。
                                  26/161



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社及び当社の関係会社(子会社1社と関連会社1社により構成)は、IP(※1)の新規開発からソーシャル・
       キャラクター(※2)を活用したマーケティング・サービス、スマートフォンアプリ等の企画開発等、映像コンテン
       ツの企画製作及びメディア展開プランの策定・実行までを統合的に手掛けるファスト・エンタテインメント事業を展
       開しております。
       1.ファスト・エンタテインメント事業について

         インターネット時代・ソーシャルメディア時代には「いつでも、どこでも、すぐに」楽しめる「手軽なエンタテ
        インメント」が求められており、当社が展開するファスト・エンタテインメント事業は、ファスト・フードやファ
        スト・ファッションのように手軽なエンタテインメントを提供するものです。具体的には、「スキマ時間に楽し
        め、容易に共有できるショート・コンテンツを、短納期かつ低コストで」提供しております。
         同事業は売上形態に応じて、ソーシャル・コミュニケーション及びIPクリエイションの2つの領域により構成さ
        れております。
        (1)  ソーシャル・コミュニケーション領域
          当領域では、既存IPの活用、IPの新規開発又は第三者が有するIPの使用許諾を得て、主にソーシャル・キャラ
         クター・マーケティング・サービス及びデジタルコンテンツの企画開発等を行っております。
         ① ソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービス

           顧客の扱う商品やサービスの紹介、マナーの啓蒙及び観光誘致等の地域活性化のため、キャラクターのソー
          シャルな特徴(※2参照)を活かして口コミ等により伝播していく広告・マーケティングプラン等の企画提案
          及びテレビコマーシャルやインターネット動画広告等のデジタルコンテンツ制作等を提供し、主に広告・マー
          ケティング収入等を得ております。
         ② デジタルコンテンツの企画開発

           キャラクターのソーシャルな特徴を活かしたスマートフォンアプリ、SNS(ソーシャル・ネットワーキン
          グ・サービス)向けのゲーム・スタンプ等を企画開発・提供し、主に課金収入・ライセンス収入を得ておりま
          す。
         ③ その他

           映画興行による配給収入、製作委員会(※3)からの分配金収入及びライセンシーからのライセンス料等に
          よる権利収入並びにグッズ販売による小売収入を得ております。
        (2)  IPクリエイション領域

          当領域では、IPの映像コンテンツ(アニメーション、スマートフォンアプリ等のデジタルコンテンツ)の企画
         開発・制作、及び制作後の総合的な展開(テレビ・ウェブ・映画等のメディア展開、グッズ・ゲーム化、イベン
         ト運営及び海外展開等)のプランの策定及び実行等により、主に制作収入及び当該IPのプロモーション収入を得
         ております。
          企画開発・制作の対象となるIPは、当社が開発したオリジナルIPが中心ですが、他社が保有するIPのリプロ
         デュース(※4)も一部対象としております。
       2.ファスト・エンタテインメント事業の特徴

         当社は、「スキマ時間に楽しめ、容易に共有できるショート・コンテンツを、短納期かつ低コストで」提供する
        ために、IPの新規開発から多様な流通・販売までを統合的に手掛けており、下記の特徴をもつビジネスモデルを構
        築しております。
         なお、国際展開においても、同ビジネスモデルの現地展開を推進しております。
        (1)IPの短納期かつ低コストでの量産とプロデュース

          「Flash」等のデジタル制作技術を活用した、独自の演出手法を開発して、コンテンツ制作工程の効率化を実
         現し、IPを短納期かつ低コストで大量に生産することを可能としております。これにより、IPを多面的に展開す
         るようなプロデュースが可能となります。具体的には、時事ネタのような迅速性が要求される話題を題材とした
         コンテンツの提供(コンテンツの企画提案及び制作)が可能となり、また、増加するメディア、チャンネル数及
         び動画広告等ごとのオリジナルコンテンツの提供を可能としております。
                                  27/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        (2)  IPの原著作権を保有することによる、迅速かつ柔軟な事業展開
          自社又は共同でIPを保有することで、権利許諾や調整コストを削減でき、また市場ニーズへの迅速かつ柔軟に
         対応ができるため、話題性の高いプロモーションプラン等の主体的な策定や実行を可能としております。
          なお、キャラクター等のIPの新規開発にあたっては、当社は主に製作委員会を活用しており、当社が関与する
         ケースでは、製作委員会への出資者を限定し、当社を含む少数で共同の原著作権者(IPオーナー)となるように
         努めております。
        (3)  IPを小さく生んで大きく育てる事業展開(展開エリアの順次拡大)

          地方テレビ局等の特定メディアとの共同事業では、当初は限定された地域・メディアで展開を開始し、IPの露
         出を増やすことで高めた認知度を踏まえて、展開する地域・メディアを拡大させる戦略をとっております。
          当社は短納期かつ低コストで大量のIPを生産することが可能であるため、限定された地域・メディアにもIPを
         提供することが可能となり、また、複数のIPを提供した上で視聴者の評判の良かったIPのみを選抜して展開する
         戦略も可能となります。さらに、共同事業であること及び当初展開エリアが小さいことから、当社の費用負担を
         抑制しながら、多数のIPの事業展開が可能となります。
         上記の実績事例は次の通りです。

         ① 秘密結社       鷹の爪
           当社オリジナルIPである「秘密結社                  鷹の爪」は、コンテンツの量産・多面展開により露出の相乗効果を高
          めることで、IP価値の向上(認知度の向上)を図っております。
           具体的には、①企業や自治体向けのソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービス、②アプリやス
          タンプ等のデジタルコンテンツの企画開発、③グッズ販売やイベント開催、④テレビ放映・劇場公開等、多面
          的に展開しております。
         ② パンパカパンツ

           当社オリジナルIPである「パンパカパンツ」は、IPの展開エリアを順次拡大させ、IP価値の向上(認知度の
          向上)を図っております。静岡県内の放送局(特定エリアのメディア)との共同事業により新規開発し、当初
          はメディアパートナーの得意とするエリア内でソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービス、デジ
          タルコンテンツ等の提供に注力しておりました。
           その後、岩手・山形・熊本、全国展開(国内マス・マーケットへの展開)へと展開エリアを順次拡大し、現
          在はグローバル・マーケットまで拡大しております。
      (※1)IP:Intellectual             Propertyの略称。著作権等の知的財産。原著作権(例:コミック、小説)を指し、二次的

          著作権にまで及ぶ。二次的著作権とは、原著作権を利用して開発された二次的著作物にかかる著作権(例:ア
          ニメ、ドラマ、映画)。
      (※2)ソーシャル・キャラクター:当社が提唱する概念であり、主にブログやSNS等のソーシャルメディアを含む、
          あらゆるメディアでのコミュニケーションを促進させるような特徴を持つキャラクターのこと。例えば、「世
          代を選ばない広い認知度」「共有したくなる高い好感度」「話題を限定しないキャラクター設定」「口コミ等
          により広がりやすい話題の提供」「ユーザーと双方向に会話する機能」等の特徴が挙げられる。
      (※3)製作委員会:アニメーションや映画の製作資金を効率的に調達すること等を目的に組成される民法上の任意組
          合。原則として、出資割合によって共同で製作した(原著作権者から許諾された二次的著作物の範囲内での)
          著作権を保有する。なお、当社は製作委員会に対する出資金を「投資その他の資産」に計上し、合理的に見積
          もられた方法で償却を実施している。
      (※4)リプロデュース:第三者が有するIPの使用許諾を得て、原作のオリジナルの世界観をアレンジした二次的著作
          物(アニメーション、デジタルコンテンツ等)の制作及びメディア展開等のプラン策定・実行等。
                                  28/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      主なオリジナルIP一覧
                                      主要なIP
     主な展開地域        IP保有形態
                    秘密結社     鷹の爪、古墳ギャルのコフィー、電脳戦士                    土管くん、菅井君と家族石、京浜
             当社単独
                    家族、蛙男劇場、ごはんかいじゅうパップ、GO!GO!家電男子他
                    パンパカパンツ、RUN          BEAR   RUN、ピチ高野球部、へんしん!!じゃがポテ仮面、燃え
     日本
                    ろ!バッカルコーン、ぬいぐるみのラパン、モリのバンビーノ、プッとべ!プーデル、
             共同保有
                    たまこちゃんとコックボー、貝がらブラッコ、かよえ!チュー学、バカ・ミゼラブル、
                    にゅるにゅる!!KAKUSENくん、ぴったらず、おにくだいすき!ゼウシくん他
     台湾       共同保有       ペペンギン、ラビトル
                    いろっくま、CHICKEN          BREAK
     タイ       共同保有
        当社の事業の系統図は次のとおりであります。

        〔事業系統図〕
      (※1)原作権の使用許諾及び原作使用料の支払いを含みます。










          なお、共同IPの場合、共同IP製作委員会が製作委員会(二次的著作物)に使用許諾します。
      (※2)SAP(Social          Application      Provider)
                                  29/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
        当社は子会社を1社(DLE             America,Inc.)有しておりますが持分法非適用の非連結子会社であり、また関連会社を
       1社(夢饗年代股份有限公司(DLE-ERA))有しておりますが持分法を適用しておらず、該当事項はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  平成26年1月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

                 52             33.5              2.8             4,261

        (注)1.従業員数は就業人員であります。なお臨時従業員数は従業員の総数の100分の10未満であるため、記載
              を省略しております。
           2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
           3.従業員数が最近1年間において、7名増加しておりますが、主として業務拡大のため人員採用を積極
              的に行ったためであります。
           4.当社の事業セグメントは、ファスト・エンタテインメント事業の単一セグメントであるため、セグメ
              ント別の従業員数の記載はしておりません。
       (2)  労働組合の状況

         当社には労働組合はありませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありません。
                                  30/161














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業績
        第12期事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)
         当事業年度におけるわが国経済は、復興需要関連を背景に緩やかな回復傾向が見られましたが、欧米の財政・債
        務問題や新興国の成長鈍化等、海外経済の減速懸念もあります。一方、年明けにかけてデフレ脱却を中心とした政
        府の経済再生に向けた積極的なアナウンスとそれに伴う為替相場の円安・株高方向への変動などにより、一部に明
        るい兆しも見られる状況にあります。
         当社の事業の中心であるコンテンツビジネス業界を取り巻く事業環境におきましては、マスメディアの視聴率・
        広告収入・番組制作費の低下が依然続いているものの、スマートフォン・パソコン・テレビ・ゲーム機等への映像
        配信サービス、動画投稿・共有サイトやソーシャルメディアといった新たなメディアの興隆、マルチメディア化と
        ユーザーの視聴習慣の多様化、コンテンツ流通のボーダレス化、日本政府の「クールジャパン戦略」を始めとした
        各国政府によるコンテンツ産業への振興競争が図られる等、コンテンツビジネスの成長機会が見込まれる分野が多
        数存在します。
         特に、今後も拡大することが予想されるデジタルコンテンツ市場では、スマートフォン等のスマートデバイスの
        急速な普及により、インターネット接触時間が急伸し、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者も
        急拡大しており、インターネット広告、ソーシャルゲーム・アプリを始めとした市場規模が引き続き拡大すると予
        想されております。
         こうした中、当社は、マルチメディアに展開し、「手軽なエンタテインメント」を提供するファスト・エンタテ
        インメントの需要の高まりを受け、事業展開を積極的に進めました。
         国内事業においては、拡大する需要に対応できるようマルチメディア・プロデュース及びデジタルコンテンツ制
        作の機能強化を推進いたしました。具体的には、全国放送化により認知度が急伸している「秘密結社                                               鷹の爪」を
        始めとした、オリジナルIPの放送エリアの拡大、ライセンス領域の拡大、流通チャネルの拡大、ナショナルクライ
        アント(※1)によるソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービスの拡大を図りました。また多数のオ
        リジナルIPの中で、先行してマス・マーケットIPへ成長した「パンパカパンツ」はデジタルコンテンツ(アプリや
        スタンプ等)で、高い実績を出したことで、国際展開への足掛かりを得ることができました。「Go!Go!家電男
        子」「にゅるにゅる!!KAKUSENくん」といった新規IP開発や他社IPへの出資参加も積極的に取り組みました。
         海外事業においては、中国で新規IPを劇場公開しました。台湾では合弁会社夢饗年代股份有限公司(DLE-ERA)
        の設立により新規の共同IP開発および当社既存IPの露出を実現し、現地でのファスト・エンタテインメント事業の
        展開を推進しました。
         以上の結果、当事業年度における売上高は                     892,410千円      (前期比    22.1%   増)、経常利益は        46,867千円     (前期は、
        116,312千円      の経常損失)、当期純利益は             40,487千円     (前期は、     118,587千円      の当期純損失)となりました。
         なお、当社は、ファスト・エンタテインメント事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はして
        おりません。
        (※1)ナショナルクライアント:製品を全国的に販売するナショナルブランドを持ち、広告や販売促進などの
            マーケティング活動を積極的に展開する広告依頼主。
        第13期第2四半期累計期間(自 平成25年7月1日 至 平成25年12月31日)

         当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、政府の経済・金融政策などを背景に円安・株高が進行し、企業収
        益の改善や個人消費動向も改善するなど景気回復に向けた動きがあり、明るい兆しも見られる状況にあります。一
        方では欧州債務問題等による景気回復に向けた期待が高まりつつあります。
         当社の事業の中心であるコンテンツビジネス業界を取り巻く事業環境におきましては、引き続きスマートフォン
        の急速な普及により、日常的にインターネットに接触する機会が増加し、SNS(ソーシャルネットワーキングサー
        ビス)の利用者も急拡大しており、国内市場規模が引き続き拡大すると予想されております。既存メディアのテレ
        ビ視聴率・広告収入・番組制作費の低下が依然続いているものの、スマートフォン・パソコン・テレビ・ゲーム機
        等への映像配信サービスやSNSのような新たなメディアの拡大、それに伴う市場のボーダレス化、政府によるコン
        テンツ支援策が図られる等、コンテンツビジネスの成長機会が見込まれる分野が多数存在します。その中でもコス
        トパフォーマンスが高く、マルチメディアへの展開が容易であるファスト・エンタテインメントの需要が高まって
        おり、事業展開を積極的に進めました。具体的には、国内事業においては、拡大する需要に対応できるようコンテ
        ンツ制作機能の強化、全国放送及び劇場公開により認知度が向上している「秘密結社                                        鷹の爪」に関連して、「島
        根自虐カレンダー」等の周辺グッズ販売の拡大、デジタルコンテンツ等のライセンスの拡大及びナショナルクライ
        アントによるソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービスの拡大を実現することに至りました。また認
        知度が向上してきている地域キャラクターのさらなるプロデュースを進め、全国放送が実現している「パンパカパ
        ンツ」の国際展開及びデジタルコンテンツ等のライセンスの拡大を実現いたしました。海外事業においては、台湾
        の合弁会社夢饗年代股份有限公司(DLE-ERA)での新規オリジナルIPの開発及び既存オリジナルIPの台湾での放送
        を実現し、ファスト・エンタテインメント事業の海外展開を推進いたしました。
                                  31/161


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         以上の結果、当第2四半期累計期間における売上高は                          777,001千円      、経常利益は      173,383千円      、四半期純利益は
        163,058千円      となっております。
         なお、当社は、ファスト・エンタテインメント事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はして
        おりません。
       (2)  キャッシュ・フローの状況

        第12期事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)
         当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ99,795千円増加
        し、246,239千円となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の通りであ
        ります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において営業活動の結果得られた資金は、132,959千円(前事業年度は、192,863千円の使用)となり
        ました。これは主に税引前当期純利益                  46,867千円     及び仕入債務の増加         16,624千円     等によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において投資活動の結果得られた資金は、9,248千円(前事業年度は46,722千円の使用)となりまし
        た。これは主に定期預金の払戻による収入30,228千円及び関係会社株式の取得による支出20,702千円等によるもの
        であります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において財務活動の結果使用した資金は、54,024千円(前事業年度は117,071千円の獲得)となりま
        した。これは主に長期借入れによる収入119,400千円、長期借入金の返済による支出143,424千円及び短期借入金の
        純減額30,000千円によるものであります。
        第13期第2四半期累計期間(自 平成25年7月1日 至 平成25年12月31日)

         当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ49,689
        千円減少し、196,549千円となりました。当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの
        要因は次の通りであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期累計期間において営業活動の結果得られた資金は、20,627千円となりました。これは主に税引前四
        半期純利益     173,383千円      、売上債権の増加        205,745千円      及び出資金の減少        96,819千円     等によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期累計期間において投資活動の結果使用した資金は、3,552千円となりました。これは主に敷金及び
        保証金の差入による支出2,901千円等によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期累計期間において財務活動の結果使用した資金は、69,528千円となりました。これは主に長期借入
        れによる収入145,000千円、長期借入金の返済による支出256,425千円及び短期借入金の純増額30,000千円によるも
        のであります。
                                  32/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)  生産実績
         当社は、ファスト・エンタテインメント事業を主たる事業として行っており、生産に該当する事項はありませ
        ん。
       (2)  受注状況

         第12期事業年度及び第13期第2四半期累計期間における受注状況は、次のとおりであります。
                              第12期事業年度                  第13期第2四半期累計期間
                           (自 平成24年7月1日                    (自 平成25年7月1日
                             至 平成25年6月30日)                    至 平成25年12月31日)
           区分
                      受注高      前年同期比       受注残高      前年同期比        受注高      受注残高
                      (千円)       (%)      (千円)       (%)      (千円)       (千円)
     ソーシャル・コミュニケーショ
                       361,987        141.7      112,239        416.0      351,729       226,198
     ン
                       776,271        209.1      524,757        330.0      329,852       315,380
     IPクリエイション
                      1,138,258         181.6      636,997        342.5      681,581       541,578
           合計
         (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
           2.当社の事業セグメントは、ファスト・エンタテインメント事業の単一セグメントであるため、売上区分
             別に記載しております。
           3.ソーシャル・コミュニケーションの受注高及び受注残高は、主に広告・マーケティング収入に係るもの
             であります。
       (3)  販売実績

         第12期事業年度及び第13期第2四半期累計期間における販売実績は、次のとおりであります。
                          第12期事業年度                     第13期第2四半期累計期間
                       (自 平成24年7月1日              前年同期比(%)          (自 平成25年7月1日
             区分
                        至 平成25年6月30日)                        至 平成25年12月31日)
     ソーシャル・コミュニケーション
                                 481,880          136.9             237,771
     (千円)
     IPクリエイション(千円)                           410,530          108.4             539,229
          合計(千円)                      892,410          122.1             777,001
         (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
           2.当社の事業セグメントは、ファスト・エンタテインメント事業の単一セグメントであるため、売上区分
             別に記載しております。
           3.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                       第11期事業年度             第12期事業年度           第13期第2四半期累計期間
                     (自 平成23年7月1日             (自 平成24年7月1日             (自 平成25年7月1日
                      至 平成24年6月30日)             至 平成25年6月30日)             至 平成25年12月31日)
           相手先
                       金額       割合       金額       割合       金額       割合
                      (千円)       (%)      (千円)       (%)      (千円)       (%)
     秘密結社     鷹の爪NJ製作委員会             106,425        14.6        -       -       -       -
         (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  33/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      3【対処すべき課題】
        現在、世界的なブロードバンド網の進歩と拡張、スマートフォン、タブレットPCなどのスマートデバイスの革新と
       普及、ソーシャルメディア、動画配信・投稿サイトなどの新たな成長メディアの興隆等により、視聴環境が劇的に変
       化しております。そして、スマートデバイスの普及により、いつでもどこでもメディアを利用することができるよう
       になり、ユーザーのライフスタイルの変化がもたらされました。
        このようなユーザーの視聴環境とライフスタイルの変化は、膨大な量のデジタルコンテンツのニーズを生み出して
       おります。
        こうした環境の中、コンテンツビジネスを成立・発展させるためには、戦略的なIP開発及び迅速かつ柔軟なIPプロ
       デュースによる、新たな収益機会の開発が重要と当社は考えております。
        具体的には、IPを保有していること、デジタルコンテンツを迅速かつ大量に開発できること、新規性・話題性ある
       企画力によりIP価値の向上を図ることが求められる環境と認識しております。
       (1)  IPの保有
         近年のデジタル化とマルチメディア化の中においては、新しいメディアやSNS等新しいサービスの栄枯盛衰が激
        しく、旬のメディアやサービスに柔軟かつ迅速にキャラクタービジネスを展開することが必要となってきておりま
        す。そのため、当社では迅速な意思決定を担保するために、IPを保有することが重要と考えております。
         当社では、製作委員会を用いた新規IPの開発に際して、当社又は製作委員会がIPを保有すること及び製作委員会
        に対する出資者数を限定することに留意しており、柔軟な意思決定ができるよう努める方針です。
       (2)  新規IPの量産とプロデュース

         当社は、マルチメディア化とユーザー嗜好の細分化によって、単一IPをマスメディア放送によってプロデュース
        する手法は費用対効果が低下してきていると考えており、新規IPのプロデュースに関して、まず地方局、インター
        ネット放送局、ウェブメディア、SNS等の特定メディアが持つコミュニティへのアプローチが重要と考えておりま
        す。
         当社は、メディアネットワークと短納期・低コストの制作システムの強みを活かし、新規IPを量産し多数のコ
        ミュニティへの同時多発的な事業展開を行ってまいります。
       (3)  新しいキャラクタービジネスの開発

         マルチメディアにプロモーションを展開したい広告主のニーズが拡大する中、当社では、ソーシャル・キャラク
        ターを活用し、わかりやすく商品・サービスの紹介・マナー啓蒙を行えること、並びに話題性を喚起する時事ネタ
        やクライアントの要望に対応する適時性や柔軟性に富んだサービスの企画提案を行えることを強みとしています。
         また、コンテンツのデジタル化とメディア構造の変化により、IPのライセンシー先が多様化してきております。
        ぬいぐるみやステーショナリー等のリアル商品のライセンシーに加え、SNSやスマートフォンでのゲーム、スタン
        プ、ガジェット等のデジタル商品のライセンシーが急増しております。デジタル商品の開発サイクルは、インター
        ネット業界のビジネスサイクルに準じ、大幅に短納期化されています。
         当社は、今後も引き続き、IPオーナーとして新しいビジネス領域への迅速な展開力と、内製化した制作システム
        による大量かつスピード感ある制作力、そして様々なメディアやデバイスへの展開力を活かし、迅速かつ魅力的な
        ソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービス及び商品展開を図っていく方針です。
       (4)  人材登用と能力開発

         当社は、現時点においては小規模組織でありますが、今後想定される事業拡大、新規事業及びグローバル展開に
        伴い、継続的に人材の確保が必要であると考えております。また人材の確保とともに、当社の経営理念、ビジネス
        モデルに適した人材の育成及びスピード感あるグローバル展開に対応できる異文化コミュニケーション能力の向上
        が重要と考えております。当社は、必要な人材の確保に努めるとともに、今後も引き続き、教育制度の整備や海外
        パートナーとの人材交流等を進めて人材の能力開発を図る方針です。
                                  34/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
       (5)  海外戦略
         当社は、ファスト・エンタテインメント事業の海外展開を強化しており、人口増加とともにエンタテインメント
        ニーズの急激な拡大が期待できるアジア市場の戦略拠点として、平成24年7月に台湾に合弁会社(持分法非適用関
        連会社)を設立しました。
         アジア諸国ではコンテンツ産業を国家的な戦略分野と位置づけて、ソフト・パワーの強化を推進しており、その
        市場規模は急激に拡大を続けています。一方、従来型の海外進出手法である人気作品の輸出(番組販売等)は現地
        放送コードに抵触しないための改変作業やファンサブサイト(※1)の存在から、迅速な事業展開や商業化が困難
        となっております。そのため、当社は事業の現地展開を推進しております。
         現在、台湾メディアコングロマリッドとの合弁会社の設立、タイでのIP買収及びアプリ制作会社との共同事業、
        中国コンテンツプロデュース会社との共同事業等、現地パートナーと共同でファスト・エンタテインメント事業を
        推進しております。
         また、世界的にデジタルコンテンツの視聴環境が変化する中、日本で先行する手軽にコンテンツを楽しむライフ
        スタイルの提案とソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービスの提供により、全世代をターゲットとす
        るファスト・エンタテインメント事業を展開するため平成24年11月に北米子会社(持分法非適用の非連結子会社)
        を設立いたしました。
         当社は、引き続き、マルチメディア時代に適応した製作委員会を多数組成した経験をもとに、各国の有力パート
        ナーとアライアンスを組み、ファスト・エンタテインメント事業の国際展開を積極的に推進させる方針です。
        (※1)ファンサブサイト:ファン(愛好家)がテレビ番組を録画し、放送直後からサブタイトル(字幕)を付
            け、字幕付き映像ファイルを流通させているインターネットサイト。
                                  35/161














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      4【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
       事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因には該当しない事項につきまして
       も、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点か
       ら以下に開示しております。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであ
       り、将来において発生する可能性のあるすべてのリスクを網羅するものではありません。
       (1)  事業環境に関するリスク

        ① 景気変動について
          マーケティング・サービスの業績は、他の広告会社と同様に、市場変化や景気の影響を受けやすい傾向があり
         ます。その中で、当社が提供するソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービスにおいて、ソーシャル
         メディア広告を含むインターネット広告市場については堅調に推移すると予想しておりますが、当社の想定通り
         に市場規模が推移しない場合、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
          ライセンスサービスの業績は、キャラクターグッズ等が、ユーザーにとって日常生活において必ずしも必要不
         可欠な商品ではないため景気動向により、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 競合環境について

          当社は映像制作の制作ツールとして主にFlashを採用しております。Flashを採用した映像コンテンツは、容量
         が小さく、拡大・縮小しても劣化せず解像度による制約が少ないなどの特徴があるため、多様なメディアやデバ
         イスごとのデータ形式の変換が不要となります。このため、当社が制作する映像コンテンツの多くは、様々なメ
         ディアやデバイスに低コストで同時に展開することを可能としております。
          また、当社ではFlashを活用して映像の動きによる表現を意図的に制限する一方で、ストーリーやアイディア
         によりコンテンツの価値を高める制作手法を開発しております。このため、当社では、コンテンツのストーリー
         性やアイディアに関するクオリティを担保するブランド力のさらなる向上を図っております。
          また、Flash作品の商業化を維持・発展させるために大量の作品を安定供給する制作システムの最適化、及び
         IPを成長させるための様々なメディアやデバイスへの展開のさらなる進化を図っております。
          しかし、Flashは2Dや3Dなど他の制作手法と比べるとデジタル技術を駆使することでデータの複製等が容易
         で、圧倒的に安価であり、一般的な性能のPCでも動作することから、制作環境を整えるのは比較的容易であるた
         め、当社を上回る、ブランド力と安定供給能力及びIP成長のためのプロデュース能力と資金力を備えた新規参入
         企業が現れた場合、競争激化により、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
        ③ 技術革新について

          当社は、適時に多様なコンテンツを手軽に視聴したい市場ニーズに、迅速で柔軟に対応できる制作システムを
         構築しており、現在はFlashを主な映像制作のための制作ツールとして採用しております。他方、新たな制作
         ツールを採用した表現手法の多様化も進めており、さらなる付加価値の追求も図っております。しかし、制作
         ツールの技術革新が当社の予想を超えて進行した場合、当社が新しい制作ツールにスムーズに移管できなかった
         場合、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       (2)  当社事業に関するリスク

        ① IPの成長について
          当社はクオリティの高い新規IPを開発するよう努めておりますが、新規IPの全てがユーザー等の嗜好に合致す
         るとは限らず、当初計画していた通りに進捗しない可能性があります。当社では継続的に新規IPを開発すること
         でIPポートフォリオを構築してリスクの軽減を図っておりますが、多数のIPの成長が計画通りに進捗しない場
         合、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 自社IPの侵害について

          当社は単独及び共同で保有するIPをもとにビジネスをグローバルに展開しており、IPの認知度と著作権保護水
         準のバランスによってIP戦略を柔軟に選択しております。しかし、IPの認知度が当該国の著作権保護水準を大幅
         に上回った場合、海賊版や模倣品、違法配信等の権利侵害によって生じる機会損失がプロモーションコストを超
         過する可能性があります。個別に適切な対応を図る方針ではありますが、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可
         能性があります。
                                  36/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ③ 第三者の保有するIPの侵害について
          当社は第三者の保有するIPに関して、これを侵害することのないよう留意し、制作・開発を行っております。
         しかしながら、当社の事業分野におけるIPの現況を全て把握することは非常に困難であり、当社が把握できてい
         ないところで第三者の保有するIPを侵害している可能性は否定できません。万一、当社が第三者の保有するIPを
         侵害した場合には、当該第三者より損害賠償請求又は使用差止請求等の訴えを起こされる可能性があります。こ
         うした場合、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④ 特定IPへの依存

          当社では、「秘密結社            鷹の爪」の売上高の総売上高に占める割合が                     62.4%   (平成25年6月期)と、比較的高
         くなっております。
          当社は新規IPの開発とプロデュースを行い、「秘密結社鷹の爪」への収益依存度を低下させるよう努めており
         ますが、「秘密結社          鷹の爪」の収益が想定していた計画値より大きくかい離した場合、当社の事業及び業績に
         影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤ 新規事業

          当社は、事業規模の拡大と収益源の多様化を進めるため、今後も、積極的に新サービスないし新規事業に取り
         組んでいく考えであります。これにより追加的な支出が発生し、利益率が低下する可能性があります。また、予
         測とは異なる状況が発生する等により新サービス、新規事業の展開が計画どおりに進まない場合、投資が回収で
         きず、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑥ グローバル展開について

          当社は、世界的なスマートデバイスの普及、ブロードバンド網の発達及び成長メディアの興隆に合わせてグ
         ローバル展開を進めております。その中で各国の市場ニーズや嗜好の変化などの不確実性や、景気変動、政治
         的・社会的混乱、法規制等の変更、大幅な為替の変動などの潜在的なリスクが存在しており、それらのリスクに
         対処できない場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑦ 業務・資本提携・合弁等について

          当社では、業務・資本提携、合弁等を通じた事業拡大に取り組んでおります。当社と提携先・合弁先の持つ経
         営資源を融合することで、大きなシナジー効果を発揮することを目指しておりますが、当初見込んだ効果が計画
         通り発揮されない場合、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
          なお、当社の関係会社である夢饗年代股份有限公司(DLE-ERA)(株式の当社保有比率は40.0% 持分法非適
         用)は、台湾及び中国本土を事業領域とするメディアコングロマリッドである年代網際事業股份有限公司
         (ERA)との合弁会社として設立され、主に台湾・中国本土において当社のファスト・エンタテインメント事業
         を展開しております。
          当社と年代網際事業股份有限公司(ERA)は良好な関係を構築しており、現時点において当該会社との関係に
         支障は生じていないものの、当該会社の議決権の過半数を年代網際事業股份有限公司(ERA)が保有しているこ
         とから、当社の意向に反する判断がなされる、あるいは迅速な判断や対応が行えない可能性があります。また、
         年代網際事業股份有限公司(ERA)の方針変更等により、合弁契約が解消又は修正された場合には、当社の事業
         及び業績に影響を与える可能性があります。
        ⑧ IP買収について

          IPポートフォリオの成長を加速する有効な手段として、他社の保有するIPの買収を有効に活用していく方針で
         す。IPの買収に当たっては、リスクを吟味した上で決定していますが、当初見込んだ効果が計画通り発揮されな
         い場合、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
        ⑨ 取引慣行等について

          広告業界においては、知的財産権に関する事項を除き、取引の柔軟性や機動性を重視する取引慣行から、契約
         書の取り交しや発注書等の発行が行われないことが一般的であります。現在大手広告代理店等を中心に取引慣行
         の改善や取引の明確化が進められており、当社も取引先との間で事前に文書を取り交すように努め、取引の明確
         化を図っております。しかし上記のような取引慣行の理由から不測の事故又は紛争が生じた場合、当社の事業及
         び業績に影響を与える可能性があります。
                                  37/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  当社事業体制に関するリスク
        ① 小規模組織であること
          当社の組織体制は、小規模であり、業務執行体制もそれに応じたものになっております。当社は、今後の事業
         展開に応じて、採用・能力開発等によって業務執行体制の充実を図っていく方針ですが、人材の確保や能力開発
         が計画通りに進まない等の場合、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
          また、当社は、今後の事業拡大に対応するためには、内部管理体制について一層の充実を図る必要があると認
         識しております。しかしながら、事業規模に適した内部管理体制の構築に遅れが生じた場合、当社の事業及び業
         績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 少数の事業推進者への依存について

          当社は小規模組織であるため、事業戦略の推進は各部門の責任者に強く依存する傾向があります。当社は、今
         後も優秀な人材の確保及び教育に努めてまいりますが、人材の確保及び教育が想定通りに進まない場合あるいは
         人材の流出が生じた場合には、当社の事業戦略の推進に支障をきたす可能性があります。
          具体的には、代表取締役椎木隆太は、当社全体の経営方針や経営戦略の策定をはじめ、業界内外・国内外に持
         つ幅広い人脈によるアライアンスパートナーとの関係構築、新規事業の推進など、当社の事業活動上重要な役割
         を果たしております。また、取締役小野亮は、当社の主力IPである「秘密結社                                     鷹の爪」の監督であるほか、エ
         ンタテインメント事業本部長として当社のIP全般に関する品質管理に重要な役割を果たしております。
          当社では、これら少数の事業推進者に依存しない組織的な経営体制の構築を進めておりますが、何らかの事情
         により当該推進者が業務を継続することが困難になった場合、当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があり
         ます。
       (4)  その他のリスク

        ① 配当政策について
          当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして位置付けており、将来の企業成長と経営基盤の
         強化のための内部留保を確保しつつ、株主に継続的に配当を行うことを基本方針としております。
          しかしながら、当社は成長過程にあり、株主への長期的な利益還元のためには、財務体質の強化と事業拡大の
         ための投資等が当面の優先事項と捉え、現在、配当は実施しておりません。現時点において、配当実施の可能性
         及びその時期等については未定であります。
        ② 資金調達の使途について

          今回計画している公募増資による資金調達の使途につきましては、IP投資及び関連費用、人材の採用及び教育
         費用、海外展開の強化のための資金として充当する方針であります。
          しかしながら、急速に変化する経営環境に対応するため、現時点における計画以外の使途に充当する可能性が
         あります。また、当初の計画に沿って資金を使用した場合においても想定通りの投資効果を上げられない可能性
         もあります。
        ③ 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

          当社は、取締役、従業員及び取引先に対するインセンティブを目的として、新株予約権(以下、「ストック・
         オプション」という。)を付与しております。これらのストック・オプションが権利行使された場合、当社株式
         が新たに発行され、既存の株主が有する株式の価値及び議決権割合が希薄化する可能性があります。本書提出日
         現在これらのストック・オプションによる潜在株式数は942,800株であり、発行済株式総数4,391,000株の21.5%
         に相当しております。
        ④ 税務上の繰越欠損金について

          当社では、税務上の繰越欠損金が存在しております。税務上認められる期限までに繰越欠損金が解消されず、
         繰越欠損金による課税所得の控除が受けられない場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  38/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      5【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  39/161



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)  重要な会計方針及び見積り

         当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。な
        お、この財務諸表の作成には、資産・負債及び収益・費用に影響を与える見積りを必要とする箇所がございます。
        これらの見積りにつきましては、経営者が過去の実績や取引状況を勘案し、会計基準の範囲内でかつ合理的に判断
        しておりますが、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果と異なる可能性があることにご留意下さい。
       (2)  財政状態の分析

        第12期事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)
        (資産)
         当事業年度末における総資産は               824,135千円      となり、前事業年度末に比べ             320,116    千円  増加いたしました。これは
        主に、現金及び預金の増加69,567千円、仕掛品の増加                         88,234千円     及び出資金の増加        156,501千円      によるものであり
        ます。
        (負債)

         当事業年度末における負債合計は                 779,859千円      となり、前事業年度末に比べ             279,628千円      増加いたしました。これ
        は主に、買掛金の増加          16,624千円     、未払金の増加80,745千円及び前受金の増加                     135,259千円      によるものでありま
        す。
        (純資産)

         当事業年度末における純資産は               44,275千円     となり、前事業年度末に比べ             40,487千円     の増加となりました。これ
        は、当期純利益による利益剰余金の増加                   40,487千円     によるものであります。
        第13期第2四半期累計期間(自 平成25年7月1日 至 平成25年12月31日)

        (資産)
         当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末と比較して                                 31,921千円減少       し、  792,213千円      となりま
        した。これは受取手形及び売掛金               205,745千円      の増加があったものの、現金及び預金49,689千円、仕掛品                           76,977千
        円 及び出資金     96,819千円     の減少を主要因とするものであります。
        (負債)

         当第2四半期会計期間末における負債合計額は、前事業年度末と比較して                                   206,980千円      減少し、    572,879千円      とな
        りました。これは短期借入金の増加30,000千円があったものの、未払金24,822千円、1年内返済予定の長期借入金
        61,085千円及び長期借入金50,340千円の減少を主要因とするものであります。
        (純資産)

         当第2四半期会計期間末における純資産は、四半期純利益                            163,058千円      の計上及び新株発行に伴う資本金及び資
        本剰余金の増加       12,000千円により、前事業年度末と比較して                     175,058千円      増加し   219,334千円      となりました。
       (3)  経営成績の分析

        第12期事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)
        (売上高)
         当事業年度の売上高は           892,410千円      となり、前事業年度に比べ            161,668千円      増加いたしました。これは、継続的な
        全国地上波放送をはじめ、マルチメディア展開を進めた「秘密結社                               鷹の爪」の認知度の拡大、他社IPのリプロ
        デュース案件の増加、ソーシャル・キャラクター・マーケティング・サービスのクライアント数の拡大及びデジタ
        ルコンテンツ(アプリ、スタンプ等)等からのライセンスの拡大等により売上が増加したためであります。
        (売上原価)

         当事業年度の売上原価は            518,035千円      となり、前事業年度に比べ            29,238千円     の増加となりました。これは、制作
        及びプロデュースに係る労務費、外注費、業務委託及び出資金償却が増加したためであります。
                                  40/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        (販売費及び一般管理費)
         当事業年度の販売費及び一般管理費は、335,362千円となり、前事業年度に比べ15,811千円の減少となりまし
        た。これは、従業員増員に伴う労務費、本社移転に伴う費用の増加があったものの、海外先行投資に係る仕掛残高
        の振替による販売促進費が減少したためであります。
        (営業外損益)

         当事業年度の営業外収益は15,390千円となり、前事業年度に比べ14,480千円の増加となりました。主な内訳は、
        為替差益15,307千円であります。
         当事業年度の営業外費用は7,534千円となり、前事業年度に比べ459千円の減少となりました。主な内訳は、支払
        利息6,975千円であります。
         これらの結果を受け、当事業年度の営業利益は                       39,012千円(前事業年度は109,228千円の営業損失)                        、経常利益

        は 46,867千円     (前事業年度は116,312千円の経常損失)                   、当期純利益は       40,487千円     (前事業年度は118,587千円の当
        期純損失)     となりました。
        第13期第2四半期累計期間(自 平成25年7月1日 至 平成25年12月31日)

        (売上高)
         当第2四半期累計期間の売上高は                 777,001千円      となりました。これは、「秘密結社                 鷹の爪」劇場版の公開に伴う
        周辺グッズ販売の拡大及びデジタルコンテンツ等のライセンスの拡大、ナショナルクライアントによるソーシャ
        ル・キャラクター・マーケティング・サービスの拡大、他社IPのリプロデュース案件の増加によるものです。
        (売上原価及び売上総利益)

         当第2四半期累計期間における売上原価は                     390,151千円      となりました。
         この結果、売上総利益は            386,849千円      となりました。
        (営業利益)

         当第2四半期累計期間の販売費及び一般管理費は                        209,882千円      となり、営業利益は         176,967千円      となりました。
        (営業外損益及び経常利益)

         当第2四半期累計期間の営業外損益は、営業外収益が4,154千円、営業外費用が7,738千円となりました。
         この結果、経常利益は           173,383千円      となりました。
        (特別損益及び当期純利益)

         当第2四半期累計期間の特別利益または特別損失の計上はありませんでした。
         この結果、当第2四半期累計期間の税引前四半期純利益は                            173,383千円      となりました。また、当第2四半期累計
        期間の法人税、住民税及び事業税(法人税等調整額を含む)は、                              10,324千円     となりました。
         結果、当第2四半期累計期間の四半期純利益は                       163,058千円      となりました。
       (4)  キャッシュ・フローの状況の分析

        第12期事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)
         当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ99,795千円増加
        し、246,239千円となりました。当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の通りであ
        ります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当事業年度において営業活動の結果得られた資金は、132,959千円となりました。これは主に税引前当期純利益
        46,867千円     及び仕入債務の増加         16,624千円     等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において投資活動の結果得られた資金は、9,248千円となりました。これは主に定期預金の払戻によ
        る収入30,228千円及び関係会社株式の取得による支出20,702千円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当事業年度において財務活動の結果使用した資金は、54,024千円となりました。これは主に長期借入れによる収
        入119,400千円、長期借入金の返済による支出143,424千円及び短期借入金の純減額30,000千円によるものでありま
        す。
                                  41/161


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        第13期第2四半期累計期間(自 平成25年7月1日 至 平成25年12月31日)
         当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ49,689
        千円減少し、196,549千円となりました。当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの
        要因は次の通りであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期累計期間において営業活動の結果得られた資金は、20,627千円となりました。これは主に税引前四
        半期純利益     173,383千円      、売上債権の増加        205,745千円      及び出資金の減少        96,819千円     等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期累計期間において投資活動の結果使用した資金は、3,552千円となりました。これは主に敷金及び
        保証金の差入による支出2,901千円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期累計期間において財務活動の結果使用した資金は、69,528千円となりました。これは主に長期借入
        れによる収入145,000千円、長期借入金の返済による支出256,425千円及び短期借入金の純増額30,000千円によるも
        のであります。
       (5)  経営成績に重要な影響を与える要因

         当社は、「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載のとおり、事業環境に関するリスク、事業に関する
        リスク、事業体制に関するリスク等、様々なリスク要因が当社の経営成績に重要な影響が与える可能性があると認
        識しております。
         そのため、当社は、継続的な新規IPの開発及び成長、IPポートフォリオのグローバル化、IPマネジメントの高度
        化、有力パートナーとのアライアンス、優秀な人材の採用及び能力開発等により、経営成績に重要な影響を与える
        リスクを分散・低減し、適切に対応を行ってまいります。
       (6)  経営者の問題認識と今後の方針

         当社の経営陣は、「第2 事業の状況 3 対処すべき課題」に記載のとおり、当社が今後の業容拡大を遂げる
        ためには、厳しい環境の下で、様々な課題に対処して行くことが必要あると認識しております。
         そのためには、当社は、エンタテインメントに求められる付加価値を、継続的に見直してまいります。そして、
        その新たな付加価値に対応できる最適な制作システムへの進化、新たな成長メディア、デバイス及びサービスを活
        用した柔軟なプロデュース、新たな収益機会の開発、積極的なグローバル展開等を行ってまいります。
       (7)  経営戦略の現状と見通し

         当社は、インターネットの進化とコンテンツ及びメディアのデジタル化の潮流の中、クリエイティブとビジネス
        をプロデュースするファスト・エンタテインメント事業に経営資源を集中し、インターネット時代に適合したエン
        タテインメントやコミュニケーションを創造してまいりました。
         今後も新しいテクノロジーやサービス、メディアネットワーク及びデジタル領域の新手法などを積極的に統合
        し、価値あるIP及びデジタルコンテンツを開発し、世界中の人々へ笑顔や感動、サプライズを届けてまいります。
                                  42/161








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第12期事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)
        当事業年度の設備投資の実績は僅少であり、特に記載すべき内容はありません。
        なお、当事業年度において重要な設備の除却、売却はありません。
       第13期第2四半期累計期間(自 平成25年7月1日 至 平成25年12月31日)

        当第2四半期累計期間の設備投資の実績は僅少であり、特に記載すべき内容はありません。
        なお、当第2四半期累計期間において重要な設備の除却、売却はありません。
      2【主要な設備の状況】

                                                  平成25年6月30日現在
                                    帳簿価額(千円)

         事業所名                                             従業員数
                    設備の内容
         (所在地)                                              (名)
                                    工具、器具及び
                               建物                合計
                                    備品
     本社(東京都千代田区)               本社事務所            5,348        2,431        7,780          56

      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.本社事務所は賃借物件であります。年間賃借料は7,252千円であります。
         4.当社は、ファスト・エンタテインメント事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしており
           ません。
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (平成26年1月31日現在)

        該当事項はありません。
                                  43/161












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        17,560,000

                  計                             17,560,000

      (注) 平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行
          可能株式総数は、17,480,000株増加し、17,560,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                      上場金融商品取引所名又は登録
        種類      発行数(株)                                  内容
                      認可金融商品取引業協会名
                                     完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のな
       普通株式         4,391,000           非上場          い当社における標準となる株式であります。
                                     なお、単元株式数は100株であります。
        計        4,391,000             ―                    ―
      (注)1.平成25年12月11日付で新株予約権が行使されたことにより、240株の新株式が発行されております。また、
           平成26年1月6日付で新株予約権が行使されたことにより、240株の新株式が発行されております。
         2.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月9日を基準日として平成26年1月10日付で1株
           を200株に株式分割しております。これにより、株式数は、4,369,045株増加し、発行済株式総数は、
           4,391,000株となっております。また、同日付けで単元株式制度導入に伴う定款変更を行い、単元株式数を
           100株とする単元株制度を導入しております。
                                  44/161












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【新株予約権等の状況】
        ① 平成13年改正旧商法第280条ノ20および第280条ノ21の規定に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであり
          ます。
           第1回「イ」新株予約権(平成17年8月31日取締役会決議)

                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 150
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                              300(注)1、4              60,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                             5,000(注)2、4               25(注)2、4
                                  自 平成17年8月31日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                  至 平成27年8月30日
                                発行価格  5,000(注)4               発行価格  25(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                資本組入額 2,500(注)4               資本組入額 13(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合には、これを切
           り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について本新株予約権の消却事由が発
            生していないことを条件とし、消却事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、
            取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成18年2月8日開催の取締役会決議により、平成18年3月31日付で1株を2株に、また、平成25年12月24
           日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しております。これにより
           「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により
           株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  45/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第1回「ロ」新株予約権(平成17年8月31日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 50
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                             100 (注)1、4              20,000 (注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                             5,000 (注)2、4                25(注)2、4
                                  自 平成19年8月31日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                  至 平成27年8月30日
                                発行価格  5,000(注)4               発行価格  25(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                資本組入額 2,500(注)4               資本組入額 13(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合には、これを切
           り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について本新株予約権の消却事由が発
            生していないことを条件とし、消却事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、
            取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成18年2月8日開催の取締役会決議により、平成18年3月31日付で1株を2株に、また、平成25年12月24
           日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しております。これにより
           「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により
           株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  46/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ② 会社法第236条第238条及び第239条の規定に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
           第2回新株予約権(平成18年6月8日取締役会決議)

                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                1,199
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                              1,199(注)1             239,800(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              50,000(注)2              250(注)2、4
                                   平成18年6月9日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成28年6月8日
                                  発行価格  50,000             発行価格  250(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額 25,000             資本組入額 125(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  47/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第4回新株予約権(平成18年8月23日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 100
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               100(注)1             20,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              50,000(注)2              250(注)2、4
                                   平成18年8月27日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成28年8月26日
                                  発行価格  50,000             発行価格  250(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額 25,000             資本組入額 125(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  48/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第5回「イ」新株予約権(平成18年8月31日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                1,000
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                              1,000(注)1             200,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              50,000(注)2              250(注)2、4
                                   平成18年9月1日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成28年8月31日
                                  発行価格  50,000             発行価格  250(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額 25,000             資本組入額 125(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  49/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第5回「ロ」新株予約権(平成18年8月31日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 500             20(注)4
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               500(注)1            4,000(注)1、4、5
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              50,000(注)2              250(注)2、5
                                   平成20年9月1日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成28年8月31日
                                  発行価格  50,000             発行価格  250(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額 25,000             資本組入額 125(注)5
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月11日に新株予約権240個(240株・分割前)、平成26年1月6日に新株予約権240個(240株・分
           割前)の行使を受け減少しております。
         5.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  50/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第6回新株予約権(平成18年12月5日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 100
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(個)                               100(注)1             20,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              100,000(注)2              500(注)2、4
                                   平成18年12月7日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成28年12月6日
                                  発行価格  100,000             発行価格  500(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  50,000              資本組入額 250(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とする。但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限
            りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  51/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第7回「イ」新株予約権(平成19年2月6日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 100
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               100(注)1             20,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              100,000(注)2              500(注)2、4
                                   平成19年2月8日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年2月7日
                                  発行価格  100,000             発行価格  500(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  50,000              資本組入額 250(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  52/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第7回「ロ」新株予約権(平成19年2月6日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 50
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               50(注)1            10,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              100,000(注)2              500(注)2、4
                                   平成21年2月7日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年2月6日
                                  発行価格  100,000             発行価格  500(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  50,000              資本組入額 250(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  53/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第7回「ハ」新株予約権(平成19年2月6日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 30
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               30(注)1             6,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              100,000(注)2              500(注)2、4
                                   平成22年2月7日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年2月6日
                                  発行価格  100,000             発行価格  500(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  50,000              資本組入額 250(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  54/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第8回「イ」新株予約権(平成19年4月16日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 195
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               195(注)1             39,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成19年4月18日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年4月17日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  55/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第8回「ロ」新株予約権(平成19年4月16日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 35
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               35(注)1             7,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成21年4月17日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年4月16日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  56/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第9回新株予約権(平成19年5月17日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 55
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               55(注)1            11,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成19年5月18日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年5月17日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  57/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第10回新株予約権(平成19年6月7日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 20
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               20(注)1             4,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成21年6月8日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年6月7日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  58/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第11回「イ」新株予約権(平成20年1月15日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 93
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               93(注)1            18,600(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成22年11月1日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年5月14日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  59/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第11回「ハ」新株予約権(平成20年1月15日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 62
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               62(注)1            12,400(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成20年2月1日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年5月14日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について本新株予約権の取得事由が発
            生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、
            取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  60/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第12回新株予約権(平成20年1月15日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 10
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               10(注)1             2,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成22年11月1日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年12月20日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社の本新株予約権の取得事
            由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。
            但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  61/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第13回新株予約権(平成20年2月14日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 50
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               50(注)1            10,000(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成20年2月14日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年12月20日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について本新株予約権の取得事由が発
            生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、
            取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  62/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第14回新株予約権(平成20年10月15日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                 201
                                                    同左
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                               201(注)1             40,200(注)1、4
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、4
                                   平成22年10月17日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成29年12月20日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)4
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)4
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について本新株予約権の取得事由が発
            生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、
            取締役会の決議により特に行使を認められた場合はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  63/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第15回新株予約権(平成25年3月14日取締役会決議)
                                  最近事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                  (平成25年6月30日)              (平成26年1月31日)
     新株予約権の数(個)                                1,000             994(注)4
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―              ―
     新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左
     新株予約権の目的となる株式の数(株)                              1,000(注)1            198,800(注)1、4、5
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                              120,000(注)2              600(注)2、5
                                   平成27年3月15日
     新株予約権の行使期間                                               同左
                                   平成34年9月19日
                                  発行価格  120,000             発行価格  600(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                                  資本組入額  60,000              資本組入額 300(注)5
                                     (注)3
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                本新株予約権を譲渡するに
     新株予約権の譲渡に関する事項                           は、取締役会の承認を受けな                    同左
                                ければならない。
                                       ―              ―
     代用払込みに関する事項
                                       ―              ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       (注)1.新株予約権の割当日以降に、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により目的たる株式の数
           を調整するものとする。ただし、かかる調整は本件新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
           株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株の100分の1未満の端数が生じた場合に
           は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権発行後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
           より生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により払込金額を調
           整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                    新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           調整前行使価額
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新株発行(処分)株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          ① 本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について会社が新株予約権を取得する
            ことができる事由及び取得の条件に定める取得事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた
            本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、取締役会の決議により特に行使を認められた場合
            はこの限りではない。
          ② 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部行使は認められないものと
            する。また行使の結果発行する株式数は整数でなければならず、1株未満の端数の部分については株式は
            割り当てられないものとする。
          ③ その他の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で個別に締結する契約に定めるものとする。
         4.「新株予約権の数」及び「新株予約権の目的となる株式の数」は、退職等の理由により権利を喪失した者の
           個数及び株式数を減じております。
         5.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
           す。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
           権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  64/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成21年6月26日
                      100      21,125        6,000      216,500        6,000      196,500
     (注)1
     平成22年5月28日
                      100      21,225        6,000      222,500        6,000      202,500
     (注)2
     平成23年6月24日
                       ―     21,225          ―    222,500      △202,500           ―
     (注)3
     平成23年12月28日

                      250      21,475       15,000       237,500        15,000       15,000
     (注)4
     平成25年12月11日

                      240      21,715        6,000      243,500        6,000       21,000
     (注)5
     平成26年1月6日
                      240      21,955        6,000      249,500        6,000       27,000
     (注)6
     平成26年1月10日

                   4,369,045       4,391,000           ―    249,500          ―     27,000
     (注)7
       (注)1.有償第三者割当増資による増加であります。

            割当先 夏野剛、佐藤博久、川島崇
            発行価格  120,000円 資本組入額  60,000円
          2.有償第三者割当増資による増加であります。
            割当先 株式会社吉梅
            発行価格  120,000円 資本組入額  60,000円
          3.資本準備金の減少は欠損填補によるものです。
          4.有償第三者割当増資による増加であります。
            割当先 静岡キャピタル5号投資事業有限責任組合
            発行価格  120,000円 資本組入額  60,000円
          5.新株予約権の権利行使による増加であります。
            権利行使者      1名
            発行価格  50,000円 資本組入額  25,000円
          6.新株予約権の権利行使による増加であります。
            権利行使者 1名
            発行価格  50,000円 資本組入額  25,000円
          7.平成25年12月24日開催の取締役会決議により、平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割しておりま
            す。
                                  65/161







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
       (5)【所有者別状況】
                                                  平成26年1月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                        単元未満
                                                        株式の
        区分      政府及び                       外国法人等
                                                         状況
                         金融商品     その他の                 個人
               地方公共     金融機関                                計
                                                        (株)
                         取引業者      法人               その他
                団体                    個人以外      個人
     株主数(人)             ―     1     1     5     2     ―     13     22      ―
     所有株式数
                  ―    200     600    6,860     2,334       ―   33,916     43,910        ―
     (単元)
     所有株式数の割合
                  ―    0.46     1.36     15.62      5.32       ―   77.24     100.00        ―
     (%)
       (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成26年1月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

                           ―             ―             ―
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―             ―
     議決権制限株式(その他)                      ―             ―             ―
     完全議決権株式(自己株式等)                      ―             ―             ―
                                                権利内容に何ら限定のない
     完全議決権株式(その他)
                                           43,910    当社における標準となる株
                       普通株式 4,391,000
                                                式であります。
                                ―        ―             ―
     単元未満株式
                            4,391,000            ―             ―
     発行済株式総数
                           ―                43,910          ―
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
       (7)【ストックオプション制度の内容】

           当社はストックオプション制度を採用しております。当該制度は、旧商法及び会社法に基づき新株予約権を
          発行する方法によるものであります。
           当該制度の内容は、以下のとおりであります。
           第1回「イ」新株予約権(平成17年8月31日取締役会決議)

     決議年月日                            平成17年8月31日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                  66/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第1回「ロ」新株予約権(平成17年8月31日取締役会決議)
     決議年月日                            平成17年8月31日
     付与対象者の区分及び人数                            当社従業員1名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           第2回新株予約権(平成18年6月8日取締役会決議)

     決議年月日                            平成18年6月8日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名、従業員6名、社外協力者1社
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社取締役1名及び
          社外協力者1社となっております。
           第4回新株予約権(平成18年8月23日取締役会決議)

     決議年月日                            平成18年8月23日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                  67/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第5回「イ」新株予約権(平成18年8月31日取締役会決議)
     決議年月日                            平成18年8月31日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           第5回「ロ」新株予約権(平成18年8月31日取締役会決議)

     決議年月日                            平成18年8月31日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           第6回新株予約権(平成18年12月5日取締役会決議)

     決議年月日                            平成18年12月5日
     付与対象者の区分及び人数                            社外協力者1社
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                  68/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第7回「イ」新株予約権(平成19年2月6日取締役会決議)
     決議年月日                            平成19年2月6日
     付与対象者の区分及び人数                            社外協力者1社
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           第7回「ロ」新株予約権(平成19年2月6日取締役会決議)

     決議年月日                            平成19年2月6日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           第7回「ハ」新株予約権(平成19年2月6日取締役会決議)

     決議年月日                            平成19年2月6日
     付与対象者の区分及び人数                            当社従業員7名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社従業員2名と
          なっております。
                                  69/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第8回「イ」新株予約権(平成19年4月16日取締役会決議)
     決議年月日                            平成19年4月16日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           第8回「ロ」新株予約権(平成19年4月16日取締役会決議)

     決議年月日                            平成19年4月16日
     付与対象者の区分及び人数                            当社従業員6名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社従業員2名と
          なっております。
           第9回新株予約権(平成19年5月17日取締役会決議)

     決議年月日                            平成19年5月17日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役2名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社取締役1名と
          なっております。
                                  70/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第10回新株予約権(平成19年6月7日取締役会決議)
     決議年月日                            平成19年6月7日
     付与対象者の区分及び人数                            当社従業員2名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社従業員1名と
          なっております。
           第11回「イ」新株予約権(平成20年1月15日取締役会決議)

     決議年月日                            平成20年1月15日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名、当社従業員12名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社従業員4名と
          なっております。
           第11回「ハ」新株予約権(平成20年1月15日取締役会決議)

     決議年月日                            平成20年1月15日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役1名、従業員5名、社外協力者4名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社従業員2名、社
          外協力者3名となっております。
                                  71/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第12回新株予約権(平成20年1月15日取締役会決議)
     決議年月日                            平成20年1月15日
     付与対象者の区分及び人数                            当社従業員6名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社従業員1名と
          なっております。
           第13回新株予約権(平成20年2月14日取締役会決議)

     決議年月日                            平成20年2月14日
     付与対象者の区分及び人数                            社外協力者1社
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           第14回新株予約権(平成20年10月15日取締役会決議)

     決議年月日                            平成20年10月15日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役3名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社取締役2名と
          なっております。
                                  72/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           第15回新株予約権(平成25年3月14日取締役会決議)
     決議年月日                            平成25年3月14日
     付与対象者の区分及び人数                            当社取締役2名、当社従業員43名
     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
     株式の数(株)
                                 同上
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                 同上
     新株予約権の行使期間                            同上
     新株予約権の行使の条件                            同上
     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                               ―
     代用払込みに関する事項
                                               ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注) 付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の付与対象者の区分及び人数は当社取締役2名、当
          社従業員37名となっております。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】          該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして位置付けており、将来の企業成長と経営基盤の強化
       のための内部留保を確保しつつ、株主に継続的に配当を行うことを基本方針としております。
        当社は、中間配当を行うことができる旨を定款に定めておりますが、剰余金の配当は年1回の期末配当を行うこと
       としております。なお、配当の決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会となってお
       ります。
        第12期事業年度の配当につきましては、当社は成長過程にあり、株主への長期的な利益還元のためには、財務体質
       の強化と事業拡大のための投資等が当面の優先事項と捉え、配当を実施しておりません。
        内部留保資金につきましては、今後の事業展開並びに経営基盤の強化、拡充に役立てることとし、将来における株
       主の利益確保のために備えてまいります。
        今後につきましては、各事業年度の財政状態及び経営成績を勘案しながら、株主への利益還元を検討していく予定
       ではありますが、現時点において配当実施の可能性及びその時期等については未定であります。
      4【株価の推移】

        当社株式は、非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  73/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                平成3年4月 ソニー株式会社入社
                                平成13年12月 有限会社パサニア(現当社)設立
                                      当社代表取締役(現任)
      代表取締役            椎木 隆太      昭和41年12月24日生
              -                                       (注)3    2,510,000
                                平成24年7月 DLE-ERA 取締役(現任)
                                平成24年11月 DLE        America,Inc.代表取締役(現
                                      任)
                                平成2年4月 株式会社読売映画社入社
                                平成5年10月 有限会社クリート入社
            エンタテイ
                                平成18年6月 当社入社
       取締役     ンメント事      小野 亮     昭和46年4月9日生
                                                    (注)3     96,000
                                平成19年9月 当社取締役(現任)
            業本部長
                                      FLASH本部長(現エンタテインメン
                                      ト事業本部長)(現任)
                                平成10年10月 朝日監査法人(現有限責任                 あずさ
                                      監査法人)入所
                                平成14年5月 公認会計士登録
                                平成19年4月 中小企業診断士登録
            CFO兼経営
                                平成20年7月 川島崇公認会計士事務所開業
       取締役     戦略統括本      川島 崇     昭和48年7月10日生                             (注)3      4,000
            部長                    平成20年8月 当社入社、経営管理本部長(現経営
                                      戦略統括本部長)(現任)
                                平成20年11月 当社取締役CFO(現任)
                                平成24年11月 DLE        America,Inc.取締役(現任)
                                昭和56年9月 UNILEVER          PLC.入社
                                昭和58年4月 KENNER         PARKER   TONKA   INC.入社
                                昭和63年6月 Hasbro         UK LTD.入社
                                平成9年7月 Hasbro,Inc.入社
                  ダンカン・
       取締役       -         昭和34年1月22日生         平成18年8月 当社取締役(現任)                     (注)3       -
                  ビリング
                                平成20年8月 Hasbro,Inc.ChiefDevelopment
                                      Officer
                                平成25年3月 Hasbro,Inc.ExecutiveVice
                                      President(現任)
                                昭和63年4月 東京ガス株式会社入社
                                平成8年6月 株式会社ハイパーネット 取締役副
                                      社長
                                平成17年6月 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
                                      執行役員マルチメディアサービス部
                                      長
                                平成20年6月 セガサミーホールディングス株式会
                                      社 取締役(現任)
                                平成20年6月 ぴあ株式会社 取締役(現任)
                                平成20年6月 トランスコスモス株式会社 取締役
                                      (現任)
                                平成20年6月 SBIホールディングス株式会社 取
       取締役       -    夏野 剛     昭和40年3月17日生                             (注)3     10,000
                                      締役
                                平成20年12月 株式会社ドワンゴ 取締役(現任)
                                平成21年6月 当社取締役(現任)
                                平成21年9月 グリー株式会社 取締役(現任)
                                平成22年12月 株式会社U-NEXT 取締役(現任)
                                平成23年9月 株式会社エコ配 取締役
                                平成24年7月 株式会社セガネットワークス 取締
                                      役(現任)
                                平成25年4月 慶應義塾大学 環境情報学部 客員
                                      教授(現任)
                                平成25年6月 トレンダーズ株式会社 取締役(現
                                      任)
                                  74/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                昭和49年9月 監査法人朝日会計社入所
                                昭和53年3月 公認会計士登録
                                平成2年7月 監査法人朝日新和会計社社員
      常勤監査役        -    若林 博史      昭和25年8月20日生                             (注)4       -
                                平成13年5月 朝日監査法人(現有限責任                 あずさ
                                      監査法人)代表社員
                                平成24年9月 当社監査役(現任)
                                昭和39年4月 株式会社静岡銀行入行
                                平成3年6月 同行取締役 東京支店長
                                平成5年4月 同行常務取締役
                                平成11年6月 静岡保険総合サービス株式会社 代
                                      表取締役
       監査役           平尾 和之      昭和15年11月25日生
              -                                       (注)4       -
                                平成15年6月 日新火災海上保険株式会社 監査役
                                      (非常勤)
                                平成17年6月 株式会社すみや 監査役(非常勤)
                                平成18年8月 当社監査役(現任)
                                平成21年9月 三和建商株式会社 監査役(現任)
                                昭和40年4月 株式会社静岡銀行入行
                                昭和62年4月 静岡財務(香港)有限公司社長
                                平成元年6月 株式会社静岡銀行 東京支店 副支
                                      店長
       監査役           安井 正二      昭和18年4月1日生         平成5年4月 同行市場営業部長
              -                                       (注)4       -
                                平成8年6月 財団法人静岡経済研究所部長
                                平成9年5月 同法人理事
                                平成10年6月 同法人常務理事
                                平成19年9月 当社監査役(現任)
                                平成8年11月 朝日監査法人(現有限責任                 あずさ
                                      監査法人)入所
                                平成12年4月 公認会計士登録
                                平成16年1月 税理士法人トーマツ入所
       監査役       -    並木 安生      昭和48年9月16日生                             (注)4       -
                                平成20年2月 並木安生会計税務事務所開業
                                平成21年2月 当社監査役(現任)
                                平成24年9月 ハンナ インスツルメンツ・ジャパ
                                      ン株式会社 非常勤監査役(現任)
                              計                          2,620,000
      (注)1.取締役ダンカン・ビリング、夏野剛は、社外取締役であります。
         2.監査役若林博史、平尾和之、安井正二、並木安生は、社外監査役であります。
         3.平成26年1月10日開催の臨時株主総会終結の時から、2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
           る定時株主総会の終結の時までであります。
         4.平成26年1月10日開催の臨時株主総会終結の時から、4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
           る定時株主総会の終結の時までであります。
                                  75/161








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、企業価値の持続的な増大を図るには、コーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可欠であ
         るとの認識のもと、ガバナンス体制の強化、充実に努めております。具体的には、株主に対する説明責任を果た
         すべく迅速かつ適切な情報開示の実施と経営の透明性の確保、変化の速い経営環境に対応した迅速な意思決定及
         び業務執行を可能とする経営体制の構築、経営の効率性を担保する経営監視体制の充実を図ってまいります。今
         後も会社の成長に応じてコーポレート・ガバナンスの体制の強化、充実に努め、企業価値の最大化を図ることを
         目標としてまいります。
        ② 会社機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

         a.会社の機関の基本説明
           当社は、取締役会設置会社であり、かつ監査役会設置会社であります。当社の経営上の意思決定、執行及び
          監督に関する機関は以下のとおりであります。
          (a)  取締役会
            当社の取締役会は取締役5名(うち社外取締役2名)により構成されており、毎月1回の定時取締役会の
           他、必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令又は定款に定める事項の他、経営方針・経営戦略等経営に関
           する重要な意思決定及び業務執行の監督を行っております。また、取締役会には、監査役が毎回出席し、取
           締役の業務執行状況の監査を行っております。
          (b)  監査役会
            当社の監査役会は常勤監査役1名及び非常勤監査役3名で構成され、全監査役が社外監査役であります。
           社外監査役には公認会計士及び税理士を2名含んでおります。監査役は、取締役会、経営会議及びその他の
           重要会議へ出席し意見を述べる他、重要な決裁書類の閲覧等を通して、取締役の業務執行状況を監査してお
           ります。各監査役は監査計画に基づき監査を実施し、監査役会を毎月1回開催する他、必要に応じて臨時監
           査役会を開催しております。また、内部監査担当者及び会計監査人と定期的に会合を開催して情報の共有を
           行い、相互に連携を図っております。
          (c)  経営会議
            当社の経営会議は、常勤取締役で構成され、オブザーバーとして、常勤監査役及び代表取締役が指名する
           管理職が出席し、原則として毎週1回開催しております。経営会議では、経営計画の達成及び会社業務の円
           滑な運営を図るため、経営上の重要な事項に関する審議、各事業の進捗状況の検討、月次業績の予実分析と
           審議及び取締役会付議事項の協議等を行っております。
          (d)  コンプライアンス委員会
            当社のコンプライアンス委員会は、代表取締役を委員長とし、代表取締役、各本部長、各部長、各室長、
           その他委員長が必要と認めた者で構成され、半年に1回定期開催しております。コンプライアンス委員会で
           は、当社のコンプライアンス体制の構築・維持・管理に関する指導、法令遵守施策の審議、法令遵守等の実
           施状況のモニタリング、当社役職員に対するコンプライアンスについての研修・啓蒙活動の協議等を行って
           おります。
                                  76/161








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         b.当社のコーポレート・ガバナンス体制
           本書提出日現在における当社の機関及び内部統制の関係は、以下のとおりであります。
          <コーポレートガバナンスに関する図>
         c.内部統制システムの整備の状況






           当社は、取締役会において、「内部統制システム構築の基本方針」を定め、これに基づき、以下の通り内部
          統制システム及びリスク管理体制の整備を行っております。
          (a)  取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            取締役は、取締役会で定められた経営機構及び行動規範・職務分掌等に基づき職務の執行を行う。監査役
           は、取締役会等の重要会議に出席するなど法令に定める権限を行使し、取締役が内部統制システムを適切に
           構築し、運用しているかを内部監査担当と連携・協力の上、監視し検証する。
          (b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
            取締役は職務の執行に係る情報を社内規程等に従い、適切に保存、管理する。
          (c)  損失の危機の管理に関する規程その他の体制
            取締役会は、リスク管理を統括する部門を定め、当社の損失の危険を管理する。
          (d)  取締役の職務の遂行が効率的に行われることを確保するための体制
            取締役会は、社内規程等を定め、取締役の職務の遂行が効率的に行われる体制を構築する。
          (e)  使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            使用人は、取締役会で定められた経営機構及び行動規範・職務分掌等に基づき職務の執行を行う。内部監
           査担当は、監査役と連携・協力の上、内部統制システムの整備・運用状況を監視し、検証する。
          (f)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に対する体制
            監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、代表取締役は当該使用人の任命を行
           う。
          (g)  前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項
            監査役の職務を補助すべき使用人の任免及び人事考課については、監査役の同意を必要とする。
          (h)  取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に対する体制
            取締役及び使用人は、監査役から事業の報告を求められた場合は、速やかに報告する。社内通報制度によ
           り、通報窓口である外部の法律事務所が使用人からの通報を受理した場合、管理部門管掌の取締役に通知
           し、当該取締役はただちにこれを監査役に報告する。代表取締役は、取締役会などの重要会議での議論及び
           定期的な面談等を通じて、監査役との相互認識と信頼関係を深めるように努め、監査役監査の環境整備に必
           要な措置をとる。
          (i)  その他の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            代表取締役は、取締役会などの重要会議での議論及び定期的な面談等を通じて、監査役との相互認識と信
           頼関係を深めるように努め、監査役監査の環境整備に必要な措置をとる。
                                  77/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         d.リスク管理体制の整備の状況
           コンプライアンス委員会等のリスク管理体制を構築し、コンプライアンスの遵守を実現するために、会社組
          織や業務に係る各種規程を整備し、その適正な運用を行っております。経営上のリスク分析及び対策の検討等
          のリスクマネジメントについては、各部門での情報収集をもとに経営会議にて行っております。高度な判断が
          必要とされるリスクが発見された場合には、必要に応じて顧問弁護士、監査法人、税理士、社会保険労務士な
          どの外部専門家等から助言を受ける体制を構築するとともに、監査役監査及び内部監査を通じて、潜在的なリ
          スクの早期発見及び未然防止によるリスク軽減に努めております。
        ③ 内部監査及び監査役監査の状況

          内部監査につきましては、当社は小規模組織であることから、内部監査の専門部署及び専任の内部監査担当者
         は設置せず、代表取締役が任命した経営管理部所属の当社の業務及び制度に精通した従業員(一般従業員)が担
         当しており、担当社員が所属している部署の内部監査については、代表取締役が別部署から任命し、相互監査が
         可能な体制にて運用しております。内部監査担当者は、業務の有効性及び効率性等を担保することを目的とし
         て、代表取締役による承認を得た内部監査計画に基づいて内部監査を実施し、監査結果を代表取締役に報告する
         とともに、監査対象となった被監査部門に対して業務改善等のために指摘を行い、後日、改善状況を確認しま
         す。内部監査担当者は、監査役及び会計監査人と定期的に会合を開催しており、監査に必要な情報について、共
         有化を図っております。
          監査役監査につきましては、当社の監査役会は独立性を確保した社外監査役4名で構成されており、監査役会
         は原則として毎月1回開催しております。また監査役は毎期策定される監査計画書に基づき、取締役会等の重要
         な会議に出席し、意思決定の過程を監査する他、重要な決裁書類の閲覧等により業務執行状況や会計処理に関す
         る監査を行っております。
        ④ 会計監査の状況

          当社は、有限責任 あずさ監査法人と監査契約を締結しております。同監査法人及び当社監査に従事する同監
         査法人の業務執行社員との間には、特別な利害関係はありません。当社の業務を執行した公認会計士は伊藤俊哉
         氏及び杉山勝氏の2名であります。補助者の構成は公認会計士4名、その他3名となっております。なお、継続
         監査年数につきましては全員7年以内であるため、記載を省略しております。
        ⑤ 社外取締役及び社外監査役との関係

          本書提出日現在において、当社は社外取締役2名及び社外監査役4名を選任しております。社外取締役及び社
         外監査役については、専門家としての高い見識等に基づき、客観的、中立性ある助言及び社内取締役の職務執行
         の監督を通じ、当社のコーポレート・ガバナンスの強化、充実に寄与する機能及び役割を果たしているものと考
         えております。
          当社の社外取締役夏野剛は、当社株式10,000株を保有しております。また、社外取締役ダンカン・ビリング
         は、当社の資本提携先であるHasbro,                  Inc.(当社株式200,000株及び当社新株予約権40,000株相当分保有)の
         Executive     Vice   Presidentであり、当社とHasbro,                Inc.との間には営業上の取引があります。ただし、社外取締
         役個人が直接利害関係を有するものではありません。それ以外に社外取締役及び社外監査役と当社との間に人的
         関係、資本関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
          社外取締役ダンカン・ビリングは、米国企業の取締役を兼任しており、コーポレート・ガバナンスに関する高
         い意識と環境下での豊富な経営経験を有しております。
          社外取締役夏野剛は、多くの企業の社外取締役に就任し、コーポレート・ガバナンスに関する豊富な知見を有
         しております。
          社外監査役若林博史は、公認会計士として豊富な経験と会計及び監査に関する専門知識を有しており、監査法
         人でのIPO支援を含む経験を有しております。
          社外監査役平尾和之は、銀行業界における長期の職務経験と、他の会社の代表取締役、監査役等を歴任した経
         歴を有しております。
          社外監査役安井正二は、銀行業界における長期の職務経験と、銀行の海外子会社の代表取締役や財団法人の常
         務理事等を歴任した経験を有しております。
          社外監査役並木安生は、公認会計士及び税理士として豊富な経験と会計税務及びM&Aに関する専門知識を有し
         ております。
                                  78/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ⑥ 役員報酬の内容(平成25年6月期)
         a.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                  報酬等の総額
                                                      役員の員数
         役員区分
                   (千円)
                                ストックオプ
                                                       (人)
                          基本報酬               賞与      退職慰労金
                                ション
     取締役
                     58,080       58,080          ―       ―       ―       3
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       ―       ―       ―       ―       ―       ―
     (社外監査役を除く。)
                     4,151       4,151         ―       ―       ―       5
     社外役員
          (注)   株主総会決議による報酬限度額は、取締役が年額100,000千円以内、監査役が年額20,000千円以内であ
             ります。
         b.役員ごとの報酬等の総額等

           報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         c.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

           該当事項はありません。
         d.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

           各役員の報酬等は、株主総会において決議された報酬総額の限度内で、取締役については取締役会の決議に
          より決定し、監査役については監査役の協議にて決定しております。
        ⑦ 取締役の定数

          当社の取締役の定数は7名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑧ 取締役の選任決議

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数の決議をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款に定めております。
        ⑨ 株主総会の特別決議要件

          当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、
         議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上
         をもって行う旨定款に定めております。
        ⑩ 責任限定契約の内容と概要

          当社は、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役及び社外監査役との間において、同法第423条第1項
         の損害賠償責任について、法令に定める要件について責任限度額に限定する契約を定めることができる旨を定款
         に定めております。
        ⑪ 取締役、監査役の責任免除

          当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締
         役(取締役であったものを含む)及び監査役(監査役であったものを含む)の責任を法令の限度において免除で
         きる旨、定款に定めております。
        ⑫ 中間配当

          当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によっ
         て、毎年12月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                  79/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ⑬ 自己株式の取得
          当社は、経済情勢の変化に対応して財務戦略等を機動的に遂行することを可能とするため、会社法第165条第
         2項の規定により、取締役会の決議によって、市場取引等により自己株式を取得できる旨を定款に定めておりま
         す。
        ⑭ 株式の保有状況

         a.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           該当事項はありません。
         b.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的
           該当事項はありません。
         c.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び

          に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
         d.投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

          上額
           該当事項はありません。
         e.投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

          上額
           該当事項はありません。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
             最近事業年度の前事業年度                               最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
               5,800                ―            9,500                ―

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社は、事業規模や業務の特性等を勘案して監査日数・業務の内容等を勘案し、監査役会の同意のもと適切に
         監査報酬を決定しております。
                                  80/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1 財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
       (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、
        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
        63号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(平成23年7月1日から平成24年6月
        30日)及び当事業年度(平成24年7月1日から平成25年6月30日まで)の財務諸表について有限責任 あずさ監査
        法人の監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成25年10月1日から平成
        25年12月31日まで)及び第2四半期累計期間(平成25年7月1日から平成25年12月31日まで)に係る四半期財務諸
        表について、有限責任 あずさ監査法人により四半期レビューを受けております。
      3 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

       (1)「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当
        社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の
        財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいもの
        として、連結財務諸表は作成しておりません。
       (2)「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項によ
        り、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業
        集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏し
        いものとして、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
      4 財務諸表の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適
       切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、専門的な情報を有する団体等が主
       催する研修・セミナーへの参加を行っております。
                                  81/161












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成24年6月30日)              (平成25年6月30日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                              246,239
                                        176,671
                                      ※1
                                         80,027              78,221
         売掛金
                                         9,932              9,332
         商品
                                         7,083              95,318
         仕掛品
                                           22              106
         貯蔵品
                                         2,598              4,869
         前払費用
                                         13,919               2,362
         未収入金
                                         11,550              18,637
         預け金
                                         8,667              3,508
         その他
         流動資産合計                                310,473              458,594
       固定資産
         有形固定資産
                                         6,693              6,693
          建物
                                         △105             △1,345
            減価償却累計額
            建物(純額)                              6,588              5,348
          工具、器具及び備品                               20,723              19,085
                                        △17,502              △16,653
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              3,220              2,431
                                         9,809              7,780
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         10,877               8,257
          ソフトウエア
                                         9,375              9,375
          著作権
                                         20,252              17,632
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        135,692              292,193
          出資金
                                         2,452              1,893
          長期前払費用
                                         14,625              14,625
          敷金及び保証金
          関係会社出資金                               10,712                -
                                           -            31,414
          関係会社株式
          投資その他の資産合計                              163,483              340,127
                                        193,545              365,540
         固定資産合計
                                        504,018              824,135
       資産合計
                                  82/161








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成24年6月30日)              (平成25年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         36,593              53,217
         買掛金
                                                         -
         短期借入金
                                         30,000
                                       ※1
                                        123,856              156,733
         1年内返済予定の長期借入金
                                         43,685              124,430
         未払金
                                           723             7,801
         未払法人税等
                                         14,801              150,061
         前受金
                                         17,471              106,407
         預り金
                                           -             5,010
         その他
                                        267,131              603,661
         流動負債合計
       固定負債
                                        233,099              176,198
         長期借入金
                                        233,099              176,198
         固定負債合計
                                        500,230              779,859
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        237,500              237,500
         資本金
         資本剰余金
                                         15,000              15,000
          資本準備金
                                         15,000              15,000
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       △248,712              △208,224
            繰越利益剰余金
                                       △248,712              △208,224
          利益剰余金合計
                                         3,787              44,275
         株主資本合計
                                         3,787              44,275
       純資産合計
                                        504,018              824,135
      負債純資産合計
                                  83/161











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期会計期間
                                (平成25年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        196,549
         現金及び預金
                                        283,966
         受取手形及び売掛金
         商品                                13,686
                                         18,340
         仕掛品
                                         11,725
         その他
                                        524,269
         流動資産合計
       固定資産
                                         7,343
         有形固定資産
         無形固定資産                                16,286
         投資その他の資産
                                        195,374
          出資金
                                         48,941
          その他
                                        244,315
          投資その他の資産合計
                                        267,944
         固定資産合計
                                        792,213
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         71,145
         買掛金
                                         30,000
         短期借入金
                                         95,648
         1年内返済予定の長期借入金
         未払金                                99,607
         未払法人税等                                17,173
                                        133,445
         その他
                                        447,021
         流動負債合計
       固定負債
                                        125,858
         長期借入金
                                        125,858
         固定負債合計
                                        572,879
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        243,500
         資本金
         資本剰余金                                21,000
                                        △45,165
         利益剰余金
                                        219,334
         株主資本合計
       純資産合計                                 219,334
                                        792,213
      負債純資産合計
                                  84/161







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成23年7月1日              (自 平成24年7月1日
                                至 平成24年6月30日)               至 平成25年6月30日)
                                        730,742              892,410
      売上高
                                        488,796              518,035
      売上原価
                                        241,946              374,375
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         49,038              48,425
       役員報酬
                                        107,131              133,864
       給料手当
                                         17,092              21,972
       法定福利費
                                         10,793              18,238
       採用費
                                         3,653              3,296
       減価償却費
       販売促進費                                  28,848               4,070
                                         23,579              22,325
       支払報酬
                                         33,086              28,709
       業務委託費
                                         77,950              54,459
       その他
                                        351,174              335,362
       販売費及び一般管理費合計
                                       △109,228                39,012
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           39              43
       受取利息
       受取返戻金                                   432               -
                                           -            15,307
       為替差益
                                           437               38
       その他
                                           909             15,390
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         6,160              6,975
       支払利息
       社債利息                                    37              -
       為替差損                                  1,069                -
                                           726              559
       その他
                                         7,993              7,534
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △116,312                46,867
      特別損失
                                         1,736
                                       ※1
                                                         -
       固定資産除却損
       特別損失合計                                  1,736                -
                                       △118,049                46,867
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                     537             6,380
                                       △118,587                40,487
      当期純利益又は当期純損失(△)
                                  85/161








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         【売上原価明細書】
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成23年7月1日                  (自 平成24年7月1日
                             至 平成24年6月30日)                  至 平成25年6月30日)
                                       構成比                  構成比

                       注記
                             金額(千円)                  金額(千円)
             区分
                                       (%)                  (%)
                       番号
                                  76,986      17.2           96,276      17.0

     Ⅰ 労務費
                                  370,965                  470,347
                                        82.8                  83.0
     Ⅱ 経費                  ※1
                                        100.0                  100.0
       当期総製造費用                          447,952                  566,623
                                  27,678                  7,083
       期首仕掛品たな卸高
             合計                     475,630                  573,707

                                   7,083                 95,318
       期末仕掛品たな卸高
                                  468,547                  478,389
       当期製品製造原価
       期首商品たな卸高                           8,191                  9,932

                                  22,191                  40,661
       当期商品仕入高
             合計                      30,382                  50,593

                                  10,008                  9,440
       期末商品たな卸高
                                    202                 1,615
       他勘定振替高                ※2
                                    76                 108
       商品評価損
                                  488,796                  518,035
       売上原価
      (脚注)

                前事業年度                            当事業年度

             (自 平成23年7月1日                            (自 平成24年7月1日
              至 平成24年6月30日)                            至 平成25年6月30日)
      ※1 主な内容は次のとおりであります。                            ※1 主な内容は次のとおりであります。
        外注加工費                  240,335千円          外注加工費                  254,417千円
        出資金償却                   67,582千円         出資金償却                  138,414千円
      ※2 他勘定振替高の内訳                            ※2 他勘定振替高の内訳
        販売促進費                     81千円       販売促進費                   1,588千円
        その他                    120千円        その他                     26千円
      3 原価計算の方法                            3 原価計算の方法
        当社の原価計算は、個別原価計算による実際原価計                            当社の原価計算は、個別原価計算による実際原価計
        算であります。                            算であります。
                                  86/161






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第2四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                               (自 平成25年7月1日
                                至 平成25年12月31日)
                                        777,001
      売上高
                                        390,151
      売上原価
                                        386,849
      売上総利益
                                        209,882
                                      ※1
      販売費及び一般管理費
                                        176,967
      営業利益
      営業外収益
                                           19
       受取利息
                                         4,135
       為替差益
                                            0
       その他
                                         4,154
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  2,699
       上場関連費用                                  2,750
                                         2,289
       その他
                                         7,738
       営業外費用合計
                                        173,383
      経常利益
      税引前四半期純利益                                   173,383
                                         10,324
      法人税、住民税及び事業税
                                         10,324
      法人税等合計
                                        163,058
      四半期純利益
                                  87/161












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成23年7月1日              (自 平成24年7月1日
                                至 平成24年6月30日)               至 平成25年6月30日)
      株主資本
       資本金
        当期首残高                                 222,500              237,500
        当期変動額
                                         15,000                -
         新株の発行
         当期変動額合計                                15,000                -
        当期末残高                                 237,500              237,500
       資本剰余金
        資本準備金
         当期首残高                                  -            15,000
         当期変動額
                                         15,000                -
          新株の発行
          当期変動額合計                               15,000                -
         当期末残高                                15,000              15,000
        資本剰余金合計
         当期首残高                                  -            15,000
         当期変動額
                                         15,000                -
          新株の発行
          当期変動額合計                               15,000                -
         当期末残高                                15,000              15,000
       利益剰余金
        その他利益剰余金
         繰越利益剰余金
                                                      △248,712
          当期首残高                             △130,125
          当期変動額
                                       △118,587                40,487
           当期純利益又は当期純損失(△)
                                       △118,587                40,487
           当期変動額合計
                                       △248,712              △208,224
          当期末残高
        利益剰余金合計
                                                      △248,712
         当期首残高                               △130,125
         当期変動額
                                       △118,587                40,487
          当期純利益又は当期純損失(△)
                                       △118,587                40,487
          当期変動額合計
                                       △248,712              △208,224
         当期末残高
       株主資本合計
                                                        3,787
        当期首残高                                 92,374
        当期変動額
         新株の発行                                30,000                -
                                       △118,587                40,487
         当期純利益又は当期純損失(△)
                                        △88,587               40,487
         当期変動額合計
                                         3,787              44,275
        当期末残高
       純資産合計
                                                        3,787
        当期首残高                                 92,374
        当期変動額
         新株の発行                                30,000                -
                                       △118,587                40,487
         当期純利益又は当期純損失(△)
                                        △88,587               40,487
         当期変動額合計
                                         3,787              44,275
        当期末残高
                                  88/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成23年7月1日              (自 平成24年7月1日
                                至 平成24年6月30日)               至 平成25年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                △118,049                46,867
                                         6,430              5,084
       減価償却費
                                          △39              △43
       受取利息
                                         6,197              6,975
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   555            △11,611
       固定資産除却損                                  1,736                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                  45,588               1,805
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  18,854             △87,634
       出資金の増減額(△は増加)                                 △89,750              △156,501
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △8,663               16,624
                                        △48,974               319,091
       その他
                                       △186,115               140,657
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    39              43
                                        △6,160              △7,538
       利息の支払額
                                         △628              △202
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                △192,863               132,959
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -            30,228
       定期預金の払戻による収入
                                           -           △20,702
       関係会社株式の取得による支出
                                        △9,144               △278
       有形固定資産の取得による支出
                                        △11,382                 -
       無形固定資産の取得による支出
                                        △16,290                 -
       敷金及び保証金の差入による支出
                                        △9,905                 -
       その他投資の増減額(△は増加)
                                        △46,722                9,248
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △60,000              △30,000
                                        230,000              119,400
       長期借入れによる収入
                                        △74,679              △143,424
       長期借入金の返済による支出
       社債償還による支出                                 △8,250                 -
                                         30,000                -
       株式の発行による収入
                                        117,071              △54,024
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △555              11,611
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △123,070                99,795
                                        269,514              146,443
      現金及び現金同等物の期首残高
      現金及び現金同等物の期末残高
                                        146,443               246,239
                                      ※1              ※1
                                  89/161







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                               (自 平成25年7月1日
                                至 平成25年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        173,383
       税引前四半期純利益
                                         2,234
       減価償却費
                                          △19
       受取利息
                                         2,699
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △2,764
       売上債権の増減額(△は増加)                                △205,745
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  72,623
       出資金の増減額(△は増加)                                  96,819
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  17,928
                                       △126,104
       その他
                                         31,056
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    19
                                        △4,071
       利息の支払額
                                        △6,375
       法人税等の支払額
                                         20,627
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △451
       有形固定資産の取得による支出
                                         △200
       無形固定資産の取得による支出
                                        △2,901
       敷金及び保証金の差入による支出
                                        △3,552
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  30,000
                                        145,000
       長期借入れによる収入
                                       △256,425
       長期借入金の返済による支出
                                         11,896
       株式の発行による収入
                                        △69,528
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,764
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △49,689
                                        246,239
      現金及び現金同等物の期首残高
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                        196,549
                                      ※1
                                  90/161









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
          1.たな卸資産の評価基準及び評価方法
           (1)商品
             総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           (2)仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           (3)貯蔵品
             最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物         6~15年
              工具、器具及び備品  2~15年
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づいておりま
            す。
           (3)リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (4)投資その他の資産
             出資金
              製作委員会への出資金であり、著作権収入の見積発生期間(2年)に基づく定率法を採用しておりま
             す。
             長期前払費用
              定額法を採用しております。
          3.繰延資産の処理方法

           株式交付費
            支出時に全額費用として処理しております。
          4.引当金の計上方法

           貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

            外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円換算し、換算差額は損益として処理しておりま
           す。
          6.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
          当事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)

          1.有価証券の評価基準及び評価方法
           関係会社株式
            移動平均法による原価法
          2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

                                  91/161


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
           (1)  商品
             総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           (2)  仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           (3)  貯蔵品
             最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          3.固定資産の減価償却の方法

           (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物         6~15年
              工具、器具及び備品  2~15年
              (会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
               法人税法の改正に伴い、当事業年度より平成24年7月1日以後に取得した有形固定資産について、
              改正後の法人税法に基づく減価償却方法に変更しております。
               なお、これによる損益に与える影響は軽微であります。
           (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づいておりま
            す。
           (3)  リース資産

             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (4)  投資その他の資産

             出資金
              製作委員会への出資金であり、著作権収入の見積発生期間(2年)に基づく定率法を採用しておりま
             す。
             長期前払費用
              定額法を採用しております。
          4.繰延資産の処理方法

           株式交付費
            支出時に全額費用として処理しております。
          5.引当金の計上方法

           貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          6.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

            外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円換算し、換算差額は損益として処理しておりま
           す。
          7.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  92/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         (未適用の会計基準等)
          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
          「「減価償却に関する当面の監査上の取扱い」の改正について」(日本公認会計士協会 監査・保証実務委員
          会実務指針第81号 平成24年2月14日最終改正)
           (1)概要
             「経済社会の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法
            律第114号)において、減価償却資産に係る定率法の償却率の見直しが行われたことに対応するため、
            「Ⅴ平成23年度税制改正に係る監査上の取扱い」が追加される等の見直しが行われたものであります。
           (2)適用予定日
             平成24年7月1日以後に終了する事業年度より適用予定
           (3)新しい会計基準等の適用による影響
             財務諸表作成時において評価中であります。
          当事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)

           該当事項はありません。
         (表示方法の変更)

          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
           下記の表示方法の変更に関する注記は、財務諸表等規則附則第3項により、平成24年6月期における表示方
          法の変更の注記と同様の内容を記載しております。
          (損益計算書関係)
           翌事業年度より、「販売費及び一般管理費」の「その他」に含めていた「採用費」は、販売費及び一般管理
          費の総額の100分の10を超えたため、独立掲記することとしております。財務諸表等規則附則第3項に基づ
          き、この表示方法の変更を反映させるため、当事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、当事業年度の損益計算書において、「販売費及び一般管理費」の「その他」に表示していた
          88,744千円は、「採用費」10,793千円、「その他」77,950千円として、組替えております。
          当事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)

          (損益計算書関係)
           前事業年度より、「販売費及び一般管理費」の「その他」に含めていた「採用費」は、販売費及び一般管理
          費の総額の100分の10を超えたため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更
          を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の損益計算書において、「販売費及び一般管理費」の「その他」に表示していた
          88,744千円は、「採用費」10,793千円、「その他」77,950千円として、組替えております。
         (追加情報)

          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
           会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用
            当事業年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び誤謬の訂
           正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関
           する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号 平成21年12月4日)を適用しております。
           1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用

            当事業年度より「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成22年6月30
           日)、「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号 平成22年6
           月30日公表分)及び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号 平成22年6
           月30日)を適用しております。
            翌事業年度の貸借対照表日後において株式分割を行いましたが、当事業年度の期首に当該株式分割が行わ
           れたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純損失金額(△)を算定しております。
            なお、1株当たり情報に与える影響は該当箇所に記載しております。
          当事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)

           該当事項はありません。
         (貸借対照表関係)

          ※1 担保資産及び担保付債務
                                  93/161


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成24年6月30日)                  (平成25年6月30日)
     現金及び預金(定期預金)                                30,228千円                      -
             上記に対応する債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成24年6月30日)                  (平成25年6月30日)
     短期借入金                                30,000千円                      -
         (損益計算書関係)

          ※1 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成23年7月1日                  (自 平成24年7月1日
                             至 平成24年6月30日)                  至 平成25年6月30日)
     建物                                1,336千円                   -
     工具、器具及び備品                                  399千円                  -
               計                       1,736千円                   -
         (株主資本等変動計算書関係)

          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
          1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末

      普通株式(株)                21,225             250            ―         21,475

           (変動事由の概要)
            増加数の主な内容は、次のとおりであります。
            第三者割当による増加  250株
          2.自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
          3.新株予約権等に関する事項

            該当事項はありません。
          4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)

          1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末

      普通株式(株)                21,475             -           -         21,475

           (変動事由の概要)
            該当事項はありません。
          2.自己株式に関する事項

            該当事項はありません。
                                  94/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
          3.新株予約権等に関する事項
            該当事項はありません。
          4.配当に関する事項

            該当事項はありません。
         (キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成23年7月1日                  (自 平成24年7月1日
                             至 平成24年6月30日)                  至 平成25年6月30日)
     現金及び預金勘定                               176,671千円                  246,239千円
     預入期間が3カ月を超える定期預金                               △30,228                     -
     現金及び現金同等物                               146,443                  246,239
         (リース取引関係)

          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)

           該当事項はありません。
         (金融商品関係)

          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)  金融商品に対する取組方針
             当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、銀行借入により資金調達を行っております。
           (2)  金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
             営業債務である買掛金、未払金等は1年以内の支払期日であり流動性リスクに晒されております。
             借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、返済日は最長で決算日後7年以内であります。
           (3)  金融商品にかかるリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権については、社内規程等に従い、営業担当者が主要な取引先の状況を定期的にモニタリン
             グし、取引先相手ごとに与信管理、期日管理及び残高管理を行うことにより回収懸念の早期把握や軽
             減を図っております。
            ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              各部署からの報告に基づき、担当部門が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
             維持等により流動性リスクを管理しております。
           (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
            含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用
            することにより、当該価額が変動することもあります。
                                  95/161





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
          2.金融商品の時価等に関する事項
            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
           ことが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                         貸借対照表計上額               時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金                        176,671            176,671               ―
     (2)売掛金                           80,027            80,027               ―
                                256,699            256,699               ―
        資産計
     (1)  買掛金                         36,593            36,593               ―
     (2)  短期借入金                         30,000            30,000               ―
     (3)  未払金                         43,685            43,685               ―
     (4)  未払法人税等                          723            723             ―
     (5)  長期借入金                        356,955            352,076            △4,878
                                467,957            463,078            △4,878
        負債計
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
           資 産
           (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
           負 債
           (1)買掛金、(2)短期借入金、(3)未払金、(4)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
           (5)長期借入金
             元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定
             しております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額
                             貸借対照表計上額(千円)
                  区分
                                       14,625
            敷金及び保証金
                                       10,712
            関係会社出資金
           上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価評価の対象に

           は含めておりません。
      (注)3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                               (千円)                      (千円)
                                      (千円)       (千円)
                                          -       -       -
            現金及び預金                     176,671
                                 80,027         -       -       -
            売掛金
                                 256,699          -       -       -
                   合計
      (注)4.長期借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
                           1年超      2年超      3年超       4年超
                    1年以内                                 5年超
                          2年以内      3年以内      4年以内       5年以内
                    (千円)                                (千円)
                          (千円)      (千円)      (千円)       (千円)
                      30,000        -      -      -       -       -

            短期借入金
                     123,856      124,581       54,344      19,188       17,688       17,298
            長期借入金
                     153,856      124,581       54,344      19,188       17,688       17,298
              合計
                                  96/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成24年7月1日 至 平成25年6月30日)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)  金融商品に対する取組方針
             当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、銀行借入により資金調達を行っております。
           (2)  金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
             営業債務である買掛金、未払金等は1年以内の支払期日であり流動性リスクに晒されております。
             借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、返済日は最長で決算日後7年以内であります。
           (3)  金融商品にかかるリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権については、社内規程等に従い、営業担当者が主要な取引先の状況を定期的にモニタリン
             グし、取引先相手ごとに与信管理、期日管理及び残高管理を行うことにより回収懸念の早期把握や軽
             減を図っております。
            ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              各部署からの報告に基づき、担当部門が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
             維持等により流動性リスクを管理しております。
           (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
            含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用
            することにより、当該価額が変動することもあります。
                                  97/161













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
          2.金融商品の時価等に関する事項
            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
           ことが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                         貸借対照表計上額               時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
                                246,239            246,239               ―
     (1)現金及び預金
     (2)売掛金                           78,221            78,221               ―
                                324,460            324,460               ―
        資産計
                                53,217            53,217               ―
     (1)買掛金
                                124,430            124,430               ―
     (2)未払金
                                 7,801            7,801              ―
     (3)未払法人税等
                                332,931            327,631            △5,299
     (4)長期借入金
                                518,380            513,080            △5,299
        負債計
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
           資 産
           (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
           負 債
           (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
           (4)長期借入金
             元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定
             しております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額
                             貸借対照表計上額(千円)
                  区分
                                       14,625
            敷金及び保証金
                                       31,414
            関係会社株式
           上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価評価の対象に

           は含めておりません。
      (注)3.金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                               (千円)                      (千円)
                                      (千円)       (千円)
                                          -       -       -
            現金及び預金                     246,239
                                 78,221         -       -       -
            売掛金
                                 324,460          -       -       -
                   合計
      (注)4.長期借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
                           1年超      2年超      3年超       4年超
                    1年以内                                 5年超
                          2年以内      3年以内      4年以内       5年以内
                    (千円)                                (千円)
                          (千円)      (千円)      (千円)       (千円)
                     156,733       85,304      35,748      31,848       14,795        8,503

            長期借入金
                     156,733       85,304      35,748      31,848       14,795        8,503
              合計
                                  98/161




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         (有価証券関係)
          前事業年度(平成24年6月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(平成25年6月30日)

          1.子会社及び関連会社株式
            子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式31,414千円)は、市場価格がなく、時価
           を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (デリバティブ取引関係)

          前事業年度(平成24年6月30日)及び当事業年度(平成25年6月30日)
           該当事項はありません。
         (退職給付関係)

          前事業年度(平成24年6月30日)及び当事業年度(平成25年6月30日)
           該当事項はありません。
                                  99/161















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前事業年度(自 平成23年7月1日 至 平成24年6月30日)
          1.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
           (1)  ストック・オプションの内容
             第1回新株予約権          第1回新株予約権
                                 第2回新株予約権          第3回新株予約権          第4回新株予約権
               (イ)          (ロ)
     決議年月日        平成17年8月31日          平成17年8月31日          平成18年6月8日          平成18年8月10日          平成18年8月23日
                                 取締役   1名
     付与対象者の区
              取締役 1名          従業員 1名         従業員   6名           従業員 2名          取締役 1名
     分及び人数
                                 社外協力者 1社
     株式の種類及び
             普通株式 300株          普通株式 100株         普通株式 1,279株          普通株式 120株          普通株式 100株
     付与数
     付与日        平成17年8月31日          平成17年8月31日          平成18年6月9日          平成18年8月11日          平成18年8月26日
     権利確定条件         (注)1          (注)1          (注)1          (注)1          (注)1
                      自平成17年8月31日                    自平成18年8月11日
     対象勤務期間           ―                    ―                    ―
                      至平成19年8月30日                    至平成21年8月10日
             自平成17年8月31日          自平成19年8月31日          自平成18年6月9日          自平成21年8月11日          自平成18年8月27日
     権利行使期間
             至平成27年8月30日          至平成27年8月30日          至平成28年6月8日          至平成28年8月10日          至平成28年8月26日
             第5回新株予約権          第5回新株予約権                    第7回新株予約権          第7回新株予約権

                                 第6回新株予約権
               (イ)          (ロ)                    (イ)          (ロ)
     決議年月日        平成18年8月31日          平成18年8月31日          平成18年12月5日          平成19年2月6日          平成19年2月6日
     付与対象者の区
              取締役 1名          取締役 1名         社外協力者 1社          社外協力者 1社           取締役 1名
     分及び人数
     株式の種類及び
             普通株式 1,000株          普通株式 500株          普通株式 100株          普通株式 100株          普通株式 50株
     付与数
     付与日        平成18年8月31日          平成18年8月31日          平成18年12月6日          平成19年2月7日          平成19年2月7日
     権利確定条件         (注)1          (注)1          (注)1          (注)1          (注)1
                      自平成18年8月31日                             自平成19年2月7日
     対象勤務期間           ―                    ―          ―
                      至平成20年8月31日                             至平成21年2月6日
             自平成18年9月1日          自平成20年9月1日          自平成18年12月7日          自平成19年2月8日          自平成21年2月7日
     権利行使期間
             至平成28年8月31日          至平成28年8月31日          至平成28年12月6日          至平成29年2月7日          至平成29年2月6日
             第7回新株予約権          第8回新株予約権          第8回新株予約権

                                          第9回新株予約権          第10回新株予約権
               (ハ)          (イ)          (ロ)
     決議年月日        平成19年2月6日          平成19年4月16日          平成19年4月16日          平成19年5月17日          平成19年6月7日
     付与対象者の区
              従業員 7名          取締役 1名          従業員 6名          取締役 2名          従業員 2名
     分及び人数
     株式の種類及び
              普通株式 70株          普通株式 195株          普通株式 85株          普通株式 159株          普通株式 30株
     付与数
     付与日        平成19年2月7日          平成19年4月17日          平成19年4月17日          平成19年5月18日          平成19年6月8日
     権利確定条件         (注)1          (注)1          (注)1          (注)1          (注)1
             自平成19年2月7日                    自平成19年4月17日                    自平成19年6月8日
     対象勤務期間                     ―                    ―
             至平成21年2月6日                    至平成21年4月16日                    至平成21年6月7日
             自平成22年2月7日          自平成19年4月18日          自平成21年4月17日          自平成19年5月18日          自平成21年6月8日
     権利行使期間
             至平成29年2月6日          至平成29年4月17日          至平成29年4月16日          至平成29年5月17日          至平成29年6月7日
                                100/161







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
             第11回新株予約権          第11回新株予約権          第11回新株予約権
                                          第12回新株予約権          第13回新株予約権
               (イ)          (ロ)          (ハ)
     決議年月日        平成20年1月15日          平成20年1月15日          平成20年1月15日          平成20年1月15日          平成20年2月14日
                                 取締役   1名
     付与対象者の区        取締役   1名
                       従業員   1名          従業員   5名           従業員 6名         社外協力者 1社
     分及び人数        従業員   12名
                                 社外協力者 4名
     株式の種類及び
             普通株式 257株          普通株式 80株          普通株式 124株          普通株式 50株          普通株式 50株
     付与数
     付与日        平成20年2月1日          平成20年2月1日          平成20年2月1日          平成20年2月1日          平成20年2月14日
     権利確定条件         (注)1          (注)1          (注)1          (注)1          (注)1
             自平成20年2月1日          自平成20年2月1日                    自平成20年2月1日
     対象勤務期間                               ―                    ―
             至平成22年1月15日          至平成22年1月31日                    至平成22年10月31日
             自平成22年11月1日          自平成22年2月1日          自平成20年2月1日          自平成22年11月1日          自平成20年2月14日
     権利行使期間
             至平成29年5月14日          至平成29年5月14日          至平成29年5月14日          至平成29年12月20日          至平成29年12月20日
             第14回新株予約権

     決議年月日        平成20年10月15日
     付与対象者の区
              取締役 3名
     分及び人数
     株式の種類及び
             普通株式 300株
     付与数
     付与日        平成20年10月16日
     権利確定条件         (注)1
             自平成20年10月16日
     対象勤務期間
             至平成22年10月16日
             自平成22年10月17日
     権利行使期間
             至平成29年12月20日
      (注)1.権利行使時において当社の役員、従業員であることを要する。ただし、当社の株式が証券取引所へ上場した場合に限り行使するこ
          とができる。
        2.第1回新株予約権の株式数は、平成18年3月31日付の株式分割(1株につき2株)による分割後の株式数に換算して記載しており
          ます。
        3.平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割をしておりますが、上記株式数は分割前の株式数で記載しております。
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

             当事業年度(平成24年6月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                                                      ( 単位:株)
                第1回新株予約権         第2回新株予約権         第3回新株予約権         第4回新株予約権         第5回新株予約権
     権利確定前
      前事業年度末                400        1,199           20         100        1,500
                       ―         ―         ―         ―
      付与                                                     ―
      失効                 ―         ―         ―         ―         ―
                       ―         ―         ―         ―
      権利確定                                                     ―
      未確定残                400        1,199           20         100        1,500
     権利確定後
      前事業年度末
                       ―         ―         ―         ―
                                                           ―
                       ―         ―         ―         ―
      権利確定                                                     ―
                       ―         ―         ―         ―
      権利行使                                                     ―
                       ―         ―         ―         ―         ―
      失効
                                                  ―         ―
      未行使残
                       ―         ―         ―
                                101/161



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
                第6回新株予約権         第7回新株予約権         第8回新株予約権         第9回新株予約権         第10回新株予約権
     権利確定前
      前事業年度末               100         190         258          55         30
      付与                ―         ―         ―         ―         ―
      失効                ―         ―         ―         ―         ―
      権利確定                ―         ―         ―         ―         ―
      未確定残               100         190         258          55         30
     権利確定後
      前事業年度末                ―         ―         ―         ―         ―
      権利確定                ―         ―         ―         ―         ―
      権利行使                ―         ―         ―         ―         ―
      失効                ―         ―         ―         ―         ―
      未行使残                ―         ―         ―         ―         ―
                第11回新株予約権         第12回新株予約権         第13回新株予約権         第14回新株予約権

     権利確定前
      前事業年度末               295          10         50         201
      付与                ―         ―         ―         ―
      失効                ―         ―         ―         ―
      権利確定                ―         ―         ―         ―
      未確定残               295          10         50         201
     権利確定後
      前事業年度末                ―         ―         ―         ―
      権利確定                ―         ―         ―         ―
      権利行使                ―         ―         ―         ―
      失効                ―         ―         ―         ―
      未行使残                ―         ―         ―         ―
      (注)1.第1回新株予約権の株式数は、平成18年3月31日付の株式分割(1株につき2株)による分割後の株式数に
           換算して記載しております。
         2.平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割をしておりますが、上記株式数は分割前の株式数で記載して
           おります。
                                102/161







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社ディー・エル・イー(E30466)
                                                    訂正有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                                             (単位:円)
                 第1回新株予約権         第2回新株予約権         第3回新株予約権         第4回新株予約権         第5回新株予約権
     決議年月日           平成17年8月31日         平成18年6月8日         平成18年8月10日         平成18年8月23日         平成18年8月31日
     権利行使価格                 5,000        50,000         50,000         50,000         50,000
     行使時平均株価                  -         -         -         -         -
     付与日における
                        -         -         -         -         -
     公正な評価単価
                 第6回新株予約権         第7回新株予約権         第8回新株予約権         第9回新株予約権         第10回新株予約権

     決議年月日           平成18年12月5日         平成19年2月6日         平成19年4月16日         平成19年5月17日         平成19年6月7日
     権利行使価格                100,000         100,000         120,000         120,000         120,000
     行使時平均株価                  -         -         -         -         -
     付与日における
                        -         -         -         -         -
     公正な評価単価
                 第11回新株予約権         第12回新株予約権         第13回新株予約権         第14回新株予約権

     決議年月日           平成20年1月15日         平成20年1月15日         平成20年2月14日         平成20年10月15日
     権利行使価格                120,000         120,000         120,000         120,000
     行使時平均株価                  -         -         -         -
     付与日における
                        -         -         -         -
     公正な評価単価
      (注)1.第1回新株予約権の権利行使価格は、平成18年3月31日付の株式分割(1株につき2株)による分割後の価
           格に換算して記載しております。
         2.平成26年1月10日付で1株を200株に株式分割をしておりますが、上記単価情報は分割前の単価情報で記載
           しております。
          2.ストック・オプションの公正な評価単位の見積方法

            ストック・オプション付与日時点において、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプショ
           ンの公正な評価単位の見積方法を単価当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの
           本源的価値を算定する基礎となる自社の株式価値は、ディスカウント・キャッシュ・フロー法により算定し
           ております。
          3.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
           しております。
          4.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度における本源的価値

            の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値
            の合計額
            (1)当事業年度末における本源的価値の合計額       -千円
            (2)当事業年度において権利行使された本源的価値の合計額 -千円
                                103/161





                                                           EDINET提出書類