レオス・キャピタルワークス株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:レオス・キャピタルワークス株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成30年11月19日
      【会社名】                         レオス・キャピタルワークス株式会社
      【英訳名】                         RHEOS   CAPITAL    WORKS   Inc.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長 藤野 英人
      【本店の所在の場所】                         東京都千代田区丸の内一丁目11番1号
      【電話番号】                         (03)6266-0124(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  岩田 次郎
      【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区丸の内一丁目11番1号
      【電話番号】                         (03)6311-6797
      【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  岩田 次郎
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                           1,080,626,250円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                          5,084,898,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            953,343,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              単元株式数は100株であります。
         普通株式           632,500(注)2.          完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない、当社の標準
                              となる株式であります。
      (注)1.平成30年11月19日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、平成30年12月4日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称および住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
      2【募集の方法】

        平成30年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
       け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行ない、
       当該引受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行ないます。引受価額は平成30年12月
       4日開催予定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引
       受価額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引
       受人に対して引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行ないます。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       632,500          1,080,626,250              584,809,500

         計(総発行株式)                   632,500          1,080,626,250              584,809,500

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行なうに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されてお
           ります。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成30年11月19日開催の取締役会決議に基づき、
           平成30年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出され
           る資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額で
           あります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,010円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は1,271,325,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」および「2 売出しの
           条件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要
           状況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行なう場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」および「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご
           参照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   2/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定         自 平成30年12月14日(金)              未定
                            100                     平成30年12月21日(金)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 平成30年12月19日(水)             (注)4.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、平成30年12月4日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
           ク等を総合的に勘案した上で、平成30年12月13日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績および財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能
           力が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成30年12月4日開催予定の取締役会において決定される予定で
           あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額および平成30
           年12月13日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受
           人の手取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、平成30年11月19日開催の取締役会におい
           て、増加する資本金の額は、平成30年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第
           14条第1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生
           じたときは、その端数を切り上げるものとすること、および増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額
           から増加する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成30年12月25日(火)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
           募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行なうことができます。なお、本募
           集に係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、平成30年12月6日から平成30年12月12日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
           して需要の申告を行なうことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行なわなかった投資家にも販売が行なわれることがあります。
           引受人およびその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配
           分に関する基本方針および社内規程等に従い、販売を行なう方針であります。配分に関する基本方針につい
           ては各社の店頭における表示またはホームページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人およびその委託販売先金融商品取引業者の本店ならびに全国各支店
         および営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                   3/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
     株式会社みずほ銀行 横山町支店                            東京都中央区日本橋横山町四丁目1番

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行ないません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
                                              2.引受人は新株式払込金とし
                                                て、平成30年12月21日まで
                                                に払込取扱場所へ引受価額
                                                と同額を払込むことといた
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号                      632,500
                                                します。
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
           計                 -             632,500            -

      (注)1.引受株式数については平成30年12月4日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(平成30年12月13日)に元引受契約を締結する予定であります。
      5【新規発行による手取金の使途】

       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
              1,169,619,000                    10,000,000                 1,159,619,000

      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,010円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税および地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額1,159,619千円については、システム投資500,000千円および運転資金659,619千円への充
          当を予定しております。
           具体的には以下のとおりに充当する予定であります。
          ①システム投資については、将来的な顧客数の増加に対応するため、直販顧客管理システムの整備に450,000
           千円(平成31年3月期100,000千円、平成32年3月期300,000千円、平成33年3月期50,000千円)およびホー
           ムページの改修に20,000千円(平成32年3月期20,000千円)を、トレーディング業務効率化のため、トレー
           ディングシステムの整備に30,000千円(平成32年3月期30,000千円)を充当する予定です。
          ②運転資金については、将来の運用資産残高の増加に備えるため、顧客分別金信託の設定に659,619千円(平
           成31年3月期659,619千円)を充当する予定です。なお、顧客分別金信託は、金融商品取引法第43条の2第
           2項の規定に従い、当社が金融商品取引業を廃止した場合その他金融商品取引業を行なわなくなった場合に
           顧客に返還すべき額として算定したものに相当する金銭(以下「顧客分別金」という。)を当社の固有財産
           と分別して管理するため、顧客分別金の額に相当する金銭の管理・運用を目的として信託銀行に信託金を信
           託するものです。顧客に返還すべき額は、差替え計算基準日における直販投信の顧客の申込金の残高および
           定期定額の引落予定額の合計となります。
        (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の
           項をご参照下さい。
                                   4/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成30年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行ない、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行ないます。引受人は
       株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額
       は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        千葉県千葉市稲毛区稲毛東一丁目18番17号
                                        株式会社3A        1,453,800株
                                        千葉県千葉市稲毛区
                                        遠藤 昭二                        275,200株
                                        東京都中央区
                                        藤野 英人                        162,000株
                                        東京都千代田区麹町三丁目2番地
                                        WMグロース3号投資事業有限責任組合
                                                       152,500株
                                        京都府京都市山科区
              ブックビルディング
                                        村井 眞一                        146,400株
     普通株式                    2,529,800       5,084,898,000
              方式
                                        東京都千代田区丸の内一丁目11番1号
                                        株式会社ISホールディングス                134,500株
                                        東京都中野区
                                        湯浅 光裕                        126,200株
                                        東京都港区
                                        遠藤 美樹          54,000株
                                        神奈川県藤沢市
                                        岩田 次郎          16,200株
                                        東京都足立区
                                        横尾 和也                          9,000株
     計(総売出株式)            -       2,529,800       5,084,898,000                  -
      (注)1.上場前の売出しを行なうに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,010円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.当社は、引受人に対し、上記売出数のうち30,000株を上限として福利厚生を目的に当社従業員持株会を当社
           が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。なお、親引けは、日本証券業協会の定める
           「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」に従い、発行者が指定する販売先への売付
           け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であります。
         6.振替機関の名称および住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と
           同一であります。
         7.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行なう場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」および「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         8.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   5/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                   6/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                                          東京都千代田区大手町一丁
                                          目5番1号
                                          みずほ証券株式会社
                                          東京都港区六本木一丁目6
                                          番1号
                                          株式会社SBI証券
                自 平成30年
      未定                            引受人の本店な        東京都世田谷区玉川一丁目
           未定     12月14日(金)              未定                           未定
     (注)1.                     100        らびに全国各支        14番1号
          (注)2.      至 平成30年             (注)2.                           (注)3.
     (注)2.                             店および営業所        楽天証券株式会社
                12月19日(水)
                                          東京都港区赤坂一丁目12番
                                          32号
                                          マネックス証券株式会社
                                          東京都千代田区丸の内一丁
                                          目11番1号
                                          株式会社ライブスター証券
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格および申込証拠金は、本募集における発行価格および申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただ
           し、申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(平成30年12月13日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行なうことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.引受人は、売出株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取引業
           者に販売を委託する方針であります。
         8.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   7/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都千代田区大手町一丁目5番1号
     普通株式                     474,300       953,343,000
              方式                           みずほ証券株式会社     474,300株
     計(総売出株式)            -        474,300       953,343,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、みずほ証券株式会社が行なう売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売
           出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があ
           ります。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、                          みずほ証券株式会社は、東京証券取引所においてオー
           バーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケー
           トカバー取引」という。)を行なう場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
           ンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行なうに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,010円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称および住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と
           同一であります。
                                   8/115











                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
                                   みずほ証券株
                                   式会社および
             自 平成30年                      その委託販売
       未定      12月14日(金)                 未定     先金融商品取
                         100                     -         -
      (注)1.       至 平成30年                (注)1.      引業者の本店
             12月19日(水)                      並びに全国各
                                   支店および営
                                   業所
      (注)1.売出価格および申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格および申込証拠金
           とそれぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけま
           せん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行なうことができます。なお、オーバー
           アロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.みずほ証券株式会社およびその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出し
           の条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」の(注)8.に記載した販売方
           針と同様であります。
                                   9/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式および「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株
       式について、みずほ証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
      2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である株式会社ISホールディングスおよび遠藤昭二(以下「貸株人」という。)より借入
       れる株式であります。これに関連して、主幹事会社は、474,300株を上限として貸株人より追加的に当社株式を取得
       する権利(以下「グリーンシューオプション」という。)を、平成31年1月18日を行使期限として貸株人より付与さ
       れる予定であります。
        また、主幹事会社は、平成30年12月25日から平成31年1月18日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的と
       して、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行なう場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、貸株人から借入れている株式の返還に
       充当し、当該株式数については、グリーンシューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカ
       バー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行なわないか若しくは上限株式数に
       至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
      3.ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ当社役員である藤野英人、湯浅光裕、遠藤美
       樹および岩田次郎は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平
       成31年3月24日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしに
       は、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し等は除く。)等は行わない旨合意しております。
        売出人かつ貸株人である株式会社ISホールディングスおよび遠藤昭二は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間
       中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オー
       バーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当
       社普通株式を主幹事会社が取得することおよびその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上で
       あって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行なう東京証券取引所での売却等は除
       く。)等は行なわない旨合意しております。
        また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の
       発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された
       有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割およびストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を
       行なわない旨合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
       一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
       集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行なっております。その内容については、
       「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  10/115







                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社のロゴ                                         を記載いたします。

       (2)裏表紙に当社名の


                                                を記載いたします。
         点字デザイン
       (3)表紙の次に「わたしたちの思い」~「業績の概況 主要な経営指標等の推移」をカラー印刷したものを記載いた

         します。
                                  11/115















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  12/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/115





















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       提出会社の状況
               回次              第11期       第12期       第13期       第14期       第15期
              決算年月             平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                       (千円)      284,516       445,666       894,094      1,288,285       3,853,134
     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)      △ 95,645      △ 64,616       72,196       43,733     1,126,602
     当期純利益又は当期純損失(△)                 (千円)      △ 96,101      △ 65,042      125,013       115,444       983,060

                       (千円)         -       -       -       -       -

     持分法を適用した場合の投資利益
                       (千円)      100,000       100,000       100,000       100,000       100,000
     資本金
                       (株)      32,976       56,306      120,166       120,166       120,166
     発行済株式総数
                       (千円)      141,359       176,332       501,355       616,800      1,599,860
     純資産額
                       (千円)      449,142       558,298      1,039,614       2,287,057       3,881,851
     総資産額
                       (円)     4,286.73       3,131.69       4,172.19        51.33      133.14
     1株当たり純資産額
                                -       -       -       -     400.00
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
     1株当たり当期純利益金額又は
                       (円)    △ 3,324.52      △ 1,413.49       1,242.38         9.61      81.81
     1株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益金額
                       (%)       31.47       31.58       48.23       26.97       41.21
     自己資本比率
                       (%)      △ 68.91      △ 40.95       36.89       20.65       88.70
     自己資本利益率
                       (倍)        -       -       -       -       -
     株価収益率
                       (%)        -       -       -       -      4.9
     配当性向
                       (千円)         -       -       -    111,930       321,073
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -       -    △ 23,433     △ 234,750
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -       -    400,000      △ 170,000
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -       -    768,907       685,229
     現金及び現金同等物の期末残高
                                22       28       29       38       50
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( 5 )      ( 1 )      ( 1 )      ( 2 )     ( 10 )
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
         4.1株当たり配当額および配当性向については、第11期から第14期は配当を実施していないため記載しており
           ません。
         5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、                            第11期   および   第12期は、1株当たり当期純損失金額
           であり、また潜在株式が存在していないため                     記載しておりません。
         6.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、                            第13期から第15期は新株予約権の残高はあります
           が、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので                                 記載しておりません。
         7.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         8.第11期、第12期および第13期はキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、当該記載に係る項目
           については、記載しておりません。
                                  19/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         9.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、嘱託、契約社員および社外から当社への出向者を含
           む。)であり、使用人兼務役員、臨時雇用者(パートタイマー、アルバイト)および派遣社員は含まれてお
           りません。臨時雇用者数については、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         10.従業員数には、事業年度末日における退職者を含めております。
         11.第14期および第15期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和
           38年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年
           内閣府令第52号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、東陽監査法人
           の監査を受けております。
           なお、   第11期、第12期       および   第13期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に
           基づき算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第
           1項の規定     に基づく    東陽  監査法人の監査を受けておりません。
         12.当社は平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の
           株式分割を行なっておりますが、第14期の期首に当該株式分割が行なわれたものと仮定して1株当たり純資
           産額  および   1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         13.当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行なっております。そこで、東京証
           券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価
           証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、
           第11期の期首に当該株式分割が行なわれたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲
           げると、以下のとおりとなります。
           なお、第11期、第12期          および   第13期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、東
           陽監査法人の監査を受けておりません。
                             第11期       第12期       第13期       第14期       第15期

                           平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

     1株当たり純資産額                  (円)       42.87       31.32       41.72       51.33      133.14

     1株当たり当期純利益金額又は1株
                       (円)      △33.25       △14.13        12.42       9.61      81.81
     当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益金額
     1株当たり配当額                          -       -       -       -      4.00
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
                                  20/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        当社は、創業者である藤野英人(現代表取締役社長)と湯浅光裕(現取締役運用本部長)、五十嵐毅(現社長室長)
       が、平成15年4月東京都千代田区一番町において、投資顧問業を営む目的でレオス株式会社を設立したことが始まり
       です。その後、平成21年に本社を東京都千代田区丸の内に移転し、現在に至っております。
        当社設立の経緯は次のとおりであります。
         平成15年4月         東京都千代田区一番町に投資顧問業を目的としてレオス株式会社として設立

         平成15年8月         投資顧問業登録(関東財務局長第1159号)
         平成15年9月         レオス・キャピタルワークス株式会社に商号を変更
         平成15年12月         投資顧問業務の開始
         平成16年4月         DLJディレクト・エスエフジー証券(現楽天証券)が販売するレオス日本成長株ファンド
                 (鞍馬天狗)運用助言を開始
         平成19年9月         投資信託委託業認可取得(内閣総理大臣第80号)
         平成19年9月         金融商品取引業者登録(関東財務局長(金商)第1151号)
         平成19年12月         投資運用業務開始
         平成20年8月         「ひふみ投信」有価証券届出書を関東財務局長へ提出
         平成20年10月         「ひふみ投信」運用・販売を開始
         平成21年6月         東京都千代田区丸の内に本社移転
         平成23年9月         「レオス・アジアセレクト株式ファンド」運用を開始
         平成24年4月         「ひふみプラス」有価証券届出書を関東財務局長へ提出
         平成24年5月         「ひふみプラス」運用を開始
         平成28年9月         「ひふみ年金」有価証券届出書を関東財務局長へ提出
         平成28年10月         「ひふみ年金」運用を開始
        平成15年9月に商号を変更して以来、当社の社名はレオス・キャピタルワークス株式会社です。                                             「レオス」とは古

       代ギリシャ語で「流れ」という意味の言葉です。日本にある人財・資本・知恵・技術などたくさんの資産「キャピタ
       ル」の「流れ」をつくる工房「ワークス」でありたいという想いが込められています。
        当社のロゴは以下のとおりです。見えない価値を見つめるという想い、流れを創り出すという志がロゴに込められ
       ています。ロゴは点字の「レオス」をデザインしたものです。目には見えないもの、触れてみないと分からないも
       の、そこに企業の大きな価値や未来が潜んでいると考えます。この目に見えない価値を結びつけ、新しい大きな流れ
       を創り出したいという想いを表しています。
                                  21/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社は、創業メンバーの藤野英人、湯浅光裕、五十嵐毅が、よりよい社会を作るため国内外のヒト、モノ、カネの
       「流れ(レオス)」を興すこと、理想の投資信託を作ること、また、株式投資が企業と人を応援し、明るい未来を創
       ることにつながるという投資の本質を伝え、人々の資産形成の一助となることを目的に設立した投資運用会社です。
        当社の経営理念は「資本市場を通じて社会に貢献します」です。国内外のお客様資産を成長企業に投資し、日本                                                     お
       よび  世界経済の成長に貢献することを目指しています。
        当社の事業領域は、投信投資顧問事業の単一セグメントであり、投資信託委託業務と投資顧問業務(投資一任契約

       に係る業務)から構成されます。               投資信託委託業務の収益は            、運用資産の残高に一定率を掛け合わせることで算定さ
       れる投資信託委託者報酬に紐付いており、投資顧問業務の収益は、                               運用資産の残高に一定率を掛け合わせることで算
       定される投資顧問報酬と           運用成績に応じて発生する成功報酬に紐付いています。
       (1)当社の事業内容

        ①投資信託委託       業務
         投資信託委託       業務  とは、当社が組成した投資信託に、お客様に投資していただき、集まった資金を国内外の株式
        等に投資し、その運用成果がそれぞれのお客様の投資額に応じて分配される仕組みの金融商品の運用を行なう業務
        です。
         当社が委託している投資信託は2018年9月末現在、以下の4本です。
          a.   公募投信「ひふみ投信」

          b.   公募投信「ひふみプラス」
          c.   DC専用投信「ひふみ年金」
          d.   私募投信「レオス日本小型株ファンド(一般投資家私募)」(以下「レオス日本小型株ファンド」とい
           う。)
         「a.    ひふみ投信」および「d.            レオス日本小型株ファンド」は当社が委託とともに販売も行なう(直接販売)投

        資信託です。委託者報酬における運用会社としての機能分と販売会社としての機能分を収益としています。
         「b.    ひふみプラス」および「c.             ひふみ年金」は販売会社(証券会社、銀行等)に提供しご販売頂く(間接販
        売)投資信託です。委託者報酬における委託会社の機能分を収益としています。
         当社では、直接販売、間接販売と販売チャネルの多様化を図ることにより、お客様がお買い求めやすい                                               環境を提

        供しています。
         公募投資信託の「ひふみ投信」は当社が販売会社も兼ねており、金融業界では数少ない、運用会社が直接お客様
        に販売するという直販形式をとっております。これにより販売会社の意向に左右されることなく、独自で営業活動
        やお客様とのコミュニケーションを図ることが可能となっています。ひふみ投信のお客様には「保有してたのし
        い」と感じて頂けるようなイベントやセミナー、コミュニケーションをご提供することにより、お客様の資産形成
        をサポートしています。
        (ア)当社投資信託の運用資産残高

         現在、投資信託委託          業務  では、以下の投資信託を運用しております。運用資産は2018年9月末現在の残高です。
          a.    公募投信「ひふみ投信」:1,488億円
          b.    公募投信「ひふみプラス」:6,626億円
          c.    DC専用投信「ひふみ年金」:203億円
          d.    私募投信「レオス日本小型株ファンド」:104億円
        (イ)当社投資信託の特徴

         (a)守りながらふやす運用
          守るとは、投資対象企業の株価の変動(リスク)をさまざまな形で低減、投資資産全体で吸収し運用資産の変
         動を抑えることを指します。マーケットの変化に柔軟に対応し、ファンドの50%を上限とした資金は投資を行な
         わず現金保有を変化させることが出来る仕組みを採用するなど、基準価額の変動を抑える運用を行なうことによ
         り、お客様に安心して長期にわたり保有して頂く運用にこだわっています。
                                  22/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          これまでの運用においては、ローリスクでかつハイリターンな投信を探すためのモノサシと言える「シャープ
         レシオ」(リターンをリスクで割った数値)を高位に保つことができています。株式会社格付投資情報センター
         (R&I)が選定する「R&I               ファンド大賞」を継続的に受賞していることにより、他ファンドと比較しても
         「シャープレシオ」が安定して高いということを示しています。
         (b)  足で稼ぐ運用

          当社の運用は、企業本来の目的を知り、企業が提供する製品・サービスが世の中にどのような影響を与えるの
         か、当該企業の属する産業は今後どのようにあるべきかなどを、現場に足を運びわたしたちの目で見たり、産業
         研究動向を参考に分析した結果に基づいています。個別企業の成長性、バリュエーションなど定量情報の分析
         と、会社訪問し経営者と面談して得られる定性情報の分析を融合し判断します。事業、企業規模などにとらわれ
         ることなく、中・長期的な将来価値に対して市場価値が割安だと考えられる銘柄をさまざまな場面で発掘しま
         す。国内外の数多くの経営者に会い、対話し、現場の声を聞く足で稼いだ情報を元に安定的に業績を上げている
         成長企業に長期的に投資する運用です。
         (c)  低コスト

          a.  ひふみ投信
           当社は、運用実績向上のみを追求するのではなく、長期投資そのものを普及させたいという考えにより、お
          客様にご負担いただく運用報酬(信託報酬)をアクティブファンドとしては比較的低廉なものに設定し(年
          1.0584%)、更に長期に保有するほど信託報酬が低減する日本初の仕組み「資産形成応援団(信託報酬一部還
          元方式)」を導入しています。この仕組みは、5年以上当社投資信託を保有している場合に、信託報酬を当社
          の決定した応援率(2018年9月現在、5年以上保有の場合年率0.2%、10年以上保有の場合年率0.4%)分、実
          質的に割り引く制度です(注)。
           (注)実際には、当社が一旦通常の信託報酬額を受け取り、応援率分を半年毎にお客様口座に入金すること
              で新規投資信託の買付に充当され、自動的に投資信託の口数が増加することになります。
          (資産形成応援団の具体例)

                                  23/115












                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          b.  ひふみプラス
           「ひふみプラス」も「ひふみ投信」同様に運用実績のみを追求するのではなく、長期投資を普及させたいと
          いう考えから、お客様にご負担いただく運用報酬(信託報酬)をアクティブファンドとしては比較的低廉なも
          のに設定(年1.0584%)しています。更に純資産の総額が500億円、1,000億円を超過すると、超えた分の信託
          報酬が0.1%ずつ下がる仕組みを導入しています。
           信託報酬の配分については、次のとおりです。下段( )内は税抜です。
             純資産総額            委託会社         販売会社         受託会社          合計

                           0.4914%         0.4914%         0.0756%         1.0584%

             500億円まで
                          (0.45500%)         (0.45500%)         (0.07000%)         (0.98000%)
                           0.4374%         0.4374%         0.0756%         0.9504%

           500億円を超える部分
                          (0.40500%)         (0.40500%)         (0.07000%)         (0.88000%)
                           0.3834%         0.3834%         0.0756%         0.8424%

           1,000億円を超える部分
                          (0.35500%)         (0.35500%)         (0.07000%)         (0.78000%)
           上記の信託報酬の総額は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終了日が休業日の場合にはその翌営業日

          とします。)および毎計算期末または信託終了のとき信託財産中から支払われます。
           信託   報酬を対価とする役務の内容は、配分先に応じて、それぞれ以下のとおりです。
          委託会社:委託した資産の運用の対価

          販売会社:運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理、購入後の情報提供等の対価
          受託会社:運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価
         (d)顔の見える運用と投資の啓蒙活動

          当社は、セミナー、イベント、各地での運用報告会等を通じてお客様に投資のたのしさや重要性をお伝えして
         います。例えば、はじめて「ひふみ投信」の話をお聞きになられる方や投資が初めてといった「はじめての方」
         向けの「はじめてのひふみ」、ひふみ投信の運用責任者やアナリストたちがどのような視点で経済・株式相場を
         捉え、運用を行なっているかなどについてお話しする「ひふみアカデミー」などのセミナーを毎月開催したり、
         ひふみ投信を保有するお客様を対象に、当社メンバーとともに経済や投資、企業を身近に感じていただく社会科
         見学を開催したりしています。さらに、Webサイトにて運用メンバーの実名を公開し、セミナーのYouTube中継等
         の動画配信をすることで顔の見える運用を実現しています。また、投資のイメージを身近に親しみやすく感じて
         いただくためのキャラクターとして「ひふみろ」というゆるキャラを作成し、セミナー資料や社員の名刺、イベ
         ント等で活用しています。
          間接販売の形式をとる「ひふみプラス」や「ひふみ年金」においても、当社の経営理念や運用哲学、および投
         資文化の普及にご賛同頂ける販売会社様とのパートナーシップの形成につとめています。
                                  24/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (e)運用実績
          2008年10月にスタートした「ひふみ投信」は、2017年末まで毎年TOPIX(配当込み)を上回る運用成績を残し
         ています。
          (注)暦年ベース、2008年は9月末から年末まで、当年は2018年9月末までとなります。TOPIXは、全てTOPIX





             (配当込み)を用いています。TOPIX(配当込み)はひふみ投信のベンチマーク(運用する際に目標と
             する基準)ではありませんが、参考として記載しています。
         (f)当社投資信託の受賞歴

          上記(a)~(e)の特徴の結果、下記の受賞暦があります。
          ▶ 2015年度(2015年4月~2016年3月)
          ・株式会社格付投資情報センター(R&I)が選定する「R&I                             ファンド大賞       2015」の投資信託/国内株式部
           門で優秀ファンド賞、NISA/国内株式部門で最優秀ファンド賞を受賞いたしました(2015年4月22日)。
            ひふみ投信
          ・100名以上の投信ブロガーによる投票により選定される「投信ブロガーが選ぶ!Fund                                        of  the  Year   2015」に
           ランクインしました(2016年1月15日)。
            ひふみ投信:5位
            ひふみプラス:9位
          ・トムソン・ロイター・ジャパン株式会社が選定する「トムソン・ロイター                                    リッパー・ファンド・アワー
           ド・ジャパン       2016」におきまして、「最優秀ファンド賞」を受賞いたしました(2016年3月23日)。
            ひふみ投信
            ひふみプラス
          b 2016年度(2016年4月~2017年3月)

          ・公益財団法人日本デザイン振興会主催の2016年度グッドデザイン賞において、「2016年度グッドデザイン
           賞」を受賞いたしました(2016年9月29日)。
            ひふみ投信
          ・100名以上の投信ブロガーによる投票により選定される「投信ブロガーが選ぶ!Fund                                        of  the  Year   2016」に
           ランクインしました(2017年1月16日)。
            ひふみシリーズ:特別賞
            ひふみ投信:6位
            ひふみプラス:7位
            ひふみ年金:20位
          ・非営利の任意団体である「一億人の投信大賞選定委員会」がデータをもとに選定した投信大賞である、「一
           億人の投信大賞2016」を受賞しました(2017年2月7日)。
            ひふみ投信:1位
            ひふみプラス:3位
                                  25/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ・ トムソン・ロイター・ジャパン株式会社が選定する「トムソン・ロイター                                   リッパー・ファンド・アワー
           ド・ジャパン       2017」におきまして、「最優秀ファンド賞」を受賞いたしました(2017年3月21日)。
            ひふみ投信
            ひふみプラス
          ▲ 2017年度(2017年4月~2018年3月)

          ・第11回「投信会社満足度調査」(日経リサーチ)金融機関が選ぶ投信運用会社ランキング
            レオス・キャピタルワークス 1位
          ・株式会社格付投資情報センター(R&I)が選定する「R&I                              ファンド大賞       2017」のNISA/国内株式
           部門で最優秀ファンド賞を受賞しました(2017年4月20日)。
            ひふみ投信
            ひふみプラス
          ・100名以上の投信ブロガーによる投票により選定される「投信ブロガーが選ぶ!Fund                                        of  the  Year   2017」に
           ランクインしました(2018年1月13日)。
            ひふみ投信:6位
            ひふみプラス:12位
          ・トムソン・ロイター・ジャパン株式会社が選定する「トムソン・ロイター                                    リッパー・ファンド・アワー
           ド・ジャパン       2018」におきまして、「最優秀ファンド賞」を受賞いたしました(2018年3月19日)。
            ひふみプラス
          ▼ 2018年度(2018年4月~2019年3月)

          ・株式会社格付投資情報センター(R&I)が選定する「R&I                              ファンド大賞       2018」のNISA/国内株式
           部門で優秀ファンド賞を受賞しました(2018年4月23日)。
            ひふみ投信
            ひふみプラス
          ・株式会社格付投資情報センター(R&I)が選定する「R&I                              『ファンド情報』賞(2017年度売れ筋投信
           調査)」の個別ファンド部門で金賞を受賞しました(2018年5月16日)。
            ひふみプラス
           また、投信会社部門で当社が銅賞を受賞しております。
          ・株式会社格付投資情報センター(R&I)が選定する「R&I                              ファンド大賞       2018」の確定給付年金部門で
           受賞しました(2018年5月18日)。
            確定給付年金/国内株式グロース「日本株式戦略」
        ②投資顧問     業務  (投資一任契約に係る業務)

         投資一任契約とは、お客様から投資判断を任され、お客様に代わりお客様の資産運用を行なう契約のことで、こ
        の契約に基づき投資資金を受託、運用する業務を行なっています。
         報酬は、運用による投資顧問報酬、および運用成績が定められた一定以上になった場合の成功報酬です。
        (ア)   当社投資顧問業務の運用資産残高と特徴

         当社では、投資一任契約に基づき、国内企業年金基金と海外ソブリンウェルスファンドなどを受託し運用してお
        ります。運用資産残高は2018年9月末現在で合計1,221億円です。
          a.   イーアイ・スターツァ           (E.I.   Sturdza    Investment      Funds(UCITS))
          b.   その他(国内企業年金基金、海外ファンド等)
         欧州拠点の個人および金融機関向けに日本株式運用を提供するため、2017年3月にE.I.                                          Sturdza    Strategic

        Management      Ltd.と投資一任契約を結び、当社は、同社が欧州域内で設定したStrategic                                   Japan   Opportunities
        Fundの運用を受託しています。
                                  26/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)投資信託委託業務および投資顧問業務の仕組みについて
        ①投資信託委託       業務
         投資信託委託       業務とは、     投資信託委託会社        (委託者)として        投資信託を組成し、投資家から集めた資金を運用
        し、その成果を投資家に配分する業務です。
         投資信託委託       会社では、経済・金融情勢などのデータを収集・分析し、運用の専門家がこれまでの経験等を駆使
        しながら、どの企業に投資するのかを考え、信託銀行に対して運用を指図します。
         当社におきましては、お客様に当社が直接投資信託を販売する「直接販売」と、お客様と当社の間に販売会社を
        経由する「間接販売」があります。
        (ア)投資信託(直接販売)の仕組み図
        (イ)投資信託(間接販売)の仕組み図



        ② 投資顧問業務(投資一任契約に係る業務)



         投資顧問業務とは、          投資一任契約に基づき、当社が投資家から投資判断や投資に必要な権限を委任され、投資家
        を代理して投資を行なう業務です。
                                  27/115











                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        〔事業系統図〕
         以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
        (注)図中①のお客様から販売会社に支払われる手数料は販売会社が設定するものであり、当社の収益に寄与す










           るものではありません。
                                  28/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所

                           資本金             有割合又は
                                 主要な事業
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)              被所有割合
                                 の内容
                                          (%)
     (親会社)
                                           被所有
                            600,000                         -
                  東京都千代田区               持株会社
     株式会社ISホールディン
                                            53.5
     グス
     その他1社
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  平成30年9月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

            58  ( ▶ )          39.4              3.3           9,071,903
               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                  58   ( ▶ )
     全社(共通)
                                                  58   ( ▶ )
                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、嘱託、契約社員および社外から当社への出向者を含
           む。)であり、使用人兼務役員、臨時雇用者(パートタイマー、アルバイト)および派遣社員は含まれてお
           りません。臨時雇用者数については、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与および残業手当等を含んでおります。
         3.当社の事業セグメントは単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数の記載はしておりません。
       (2)労働組合の状況

         当社の労働組合は、結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                  29/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)経営方針

        当社は、「資本市場を通じて社会に貢献します」という経営理念をかかげ、「わたしたちは、高い専門性と倫理観
       を持ち続けます」、「活力ある人を育み、社会によい流れを生み出します」、「思いを分かち合い、共に未来を創造
       します」という行動指針を持ち、変化をチャンスととらえ時代と共に成長する企業や時代の変化に左右されず本質的
       に成長し続ける優れた企業を発掘し投資を行なっています。
       (2)経営戦略等

        ①商品戦略
         既存商品をさらに磨きつつ、日本を代表するエクイティハウス(株式投資を柱とする投資運用会社)を目指しま
        す。
        (ア)   既存商品のさらなる強化
         当社は、公募投信である「ひふみ」シリーズの3ファンド(ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金)をはじ
        め、私募投信である「レオス日本小型株ファンド」や、複数の投資顧問業務のファンドを運用しています。運用面
        からみると、「ひふみ」シリーズは、企業規模に関わらず主に日本の企業に投資を行なうオールキャップ戦略の商
        品に該当し、私募投信である「レオス日本小型株ファンド」は、主に時価総額300億円未満の企業に投資を行なう
        日本マイクロキャップ戦略の商品に該当します。また、投資顧問業務のファンドには、主に時価総額300億円から
        3,000億円の企業に投資を行なう日本中小型戦略の商品もあります。                               それぞれの商品を大切に育てながらも、当社
        は主に、新たな資金流入にも対応できるオールキャップ戦略の拡大を目指します。
         WFE(World       Federation      of  Exchanges)によれば、2018年8月時点で全世界の株式時価総額は9,485兆円にのぼ
        り、そのうちアメリカの株式市場が4,016兆円で42.4                        % を占め、日本の株式市場が671兆円で7.0%を占めていま
        す。投資先となる株式市場は、日本はもちろん世界に幅広く存在すると認識しています。
        (イ)事業ポートフォリオの拡大
         現時点において具体的な計画はありませんが、前述した戦略の異なる                                 3つの商品に加え、投信投資顧問事業にお
        ける新商品の提供のほか、他の事業領域への事業ポートフォリオ拡大を進める可能性があります。
        ②営業戦略

        (ア)投資信託委託業務
         公募投信の販売においては、当社自身が販売会社となって販売を行なう直接販売                                      (ダイレクト営業)         と、販売会
        社経由での間接販売         (パートナー営業)         の2つの販売チャネルがあります。
         (a)直接販売(ダイレクト営業)
          「投資で日本を根っこから元気に」をスローガンとして、初心者向け投資入門セミナー、運用報告会、お子様
         連れ限定セミナー、学生・若手社会人応援セミナー、女子勉強会、海外出張報告会、工場や店舗見学等を行なう
         社会科見学など、直接販売のメリットを生かした様々な対面の企画や、web経由でのコンテンツ提供を通じて、
         投資の魅力やわたしたちの運用について理解を深める機会を提供することで、新規のお客様の獲得および既存の
         お客様の満足度向上による長期保有を目指します。投資をすることで金融資産が伸び、豊かになる可能性を広め
         ていきたいと考えています。
         (b)間接販売(パートナー営業)
          全国の販売パートナー(販売会社)とお客様向けセミナー等を通して投資の啓蒙活動の企画を提供します。販
         売活動をしていただく販売パートナーにわたしたちの考え方に共感していただくことが重要であり、そのための
         販売員向けフォローアップ研修にも力を入れています。
        (イ)投資顧問業務
         これまでの運用実績や採用実績をもとに、国内外で年金等の機関投資家向けの営業活動を行ないます。
                                  30/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
        当社は、主として、投信投資顧問事業を行なっており、営業収益は投資信託の運用から得られる委託者報酬と投資
       一任契約等による投資顧問報酬の2種類の収入によって構成されています。委託者報酬および投資顧問報酬は、運用
       資産の残高に一定率を掛け合わせることで算定されます。投資顧問業務の一部では、運用成績に応じて発生する成功
       報酬がありますが、成功報酬が発生する運用資産残高は、当社の運用資産残高のごく一部です。
        当社の運用資産残高の多くは公募投信によりますが、当社は長期投資を普及させたいという考えより、公募投信の
       委託者報酬をアクティブファンドとしては比較的低廉なものに設定しています。そのため、当社にとって最も重要な
       経営指標は、収益の源泉である運用資産残高です。
       (4)経営環境

        当社が行なう投信投資顧問事業における経営環境について、政策・規制動向の面、経済動向の面、社会動向の面、
       技術動向の面から概観すると、以下のとおりです。
        政策・規制動向の面について、長期投資を促す制度として、2014年1月にNISA、2018年1月につみたてNISAが始ま
       りました。また、iDeCoを利用しやすくする法改正も適宜実施されています。監督官庁は、家計金融資産残高の日米
       の伸びの差の拡大要因が日米家計のポートフォリオの違い等による運用リターンの差にあるとみて問題視していま
       す。金融庁のレポート(平成28事務年度金融レポート)によれば、1995年から2016年にかけ、日本の家計金融資産の
       伸びが1.54倍だったのに対し、米国のそれは3.32倍となっており、同期間の運用リターンによる家計金融資産の推移
       は、日本1.20倍に対し、米国2.45倍となっており、投資している国ほど金融資産が伸びているといえます。監督官庁
       は、長期投資の普及を重要なテーマに位置づけ、家計の安定的な資産形成を促すために顧客本位の業務運営を強力に
       推進しています。
        経済動向の面について、公募投信における株式投信純資産残高、投資運用業者の契約資産は、過去5年間でいずれ
       も増加傾向にあります。また、マイナス金利の継続から、地方銀行の稼ぐ力は低下しており、地方銀行では融資以外
       の収益への期待が高まっていると考えられます。
        社会動向の面について、日本銀行の「資金循環の日米欧比較」によれば、日本の家計金融資産における現金・預金
       比率は50%を超える状況が続いており、米欧と比較して高い水準にあります。投資信託の比率は、2018年3月末時点
       で4.0%(     日本の家計金融資産残高1,829兆円のうち73兆円)                       にとどまり、米国の11.8%や欧州の9.6%と比べて低い
       水準にあります。また、OECDのレポート(Entrepreneurship                            at  ▶ Glance    2017)によれば、日本のVC(ベンチャー
       キャピタル)投資額の対GDP比率は0.04%で、0.28%となっている米国の7分の1にとどまっています。
        技術動向の面について、ロボアドバイザー投資やおつり投信、スマホ証券など、スマホネイティブの新たな運用
       サービスが登場しています。これらについては、投資や運用をより身近にするものと考えられます。また、価格上昇
       は一巡したものの、仮想通貨への注目は引き続き高まっており、投資を身近にする一助となっている可能性がありま
       す。さらに、投資におけるAIの利活用を容易にする技術やクラウドベースのサービスも広がりつつあります。
        (参考)家計金融資産の日米欧比較(日本銀行「資金循環の日米欧比較」(2018年8月14日))
                                  31/115









                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題
        ①新規投資家層の拡大と運用資産残高の獲得
         当社は、国内外投資家の資金を受託し運用する投資運用業を主たる業務としていることから、運用資産残高が当
        社の重要な収益の源泉であります。
         独立系の資産運用会社として当社は、顧客本位のサービスや顧客の安定的な資産形成に資する商品の提供等、独
        自性と一貫性をもった営業活動を継続的に行ないながら国内における顧客基盤と販売チャネルを構築してまいりま
        したが、その顧客基盤は必ずしも磐石とは言えず、新規顧客の獲得と既存顧客からの追加運用資産の獲得、また既
        存顧客の離反を防ぐためのサービスの拡充が重要な課題であると認識しております。顧客との積極的なコミュニ
        ケーションを通じた金融・投資に関するリテラシー向上に貢献しつつ、運用資産残高の安定的成長を目指していく
        方針です。
         また、国外顧客基盤に関しても、投資家・投資家候補との更なるコミュニケーションの強化を図り、これらの課
        題に対処していく方針です。
        ②内部管理体制の強化

         現在、当社の内部管理体制は、小規模体制に適応したものとなっております。今後の事業拡大を見据え、業務運
        営の効率化、金融商品取引業者としての法令遵守、リスク管理のための内部管理体制の強化が重要な課題であると
        認識しております。
         これらの課題に対処するために、必要に応じて人材を適時に採用し、社内教育を充実させ内部管理体制の強化に
        努めることにより、継続的な成長を支える効率的かつ安定的な経営を行なっていく方針です。
        ③優秀な人材の確保と社内育成

         当社が国内外の顧客に提供する投資サービスは投資に関する専門的知識はもとより、豊富かつ多様な業務経験や
        知識の裏付けがあって初めて提供できるものです。当社には、日本株の投資分野で長年活躍してきた経験豊富な人
        材が複数所属しており、当社の業務において中心的な役割を担う優秀な人材の厚みは、現在の当社の大きな強みで
        あると考えております。
         今後においても、継続的に質の高いサービスを提供していくために、十分な経験を積んだ専門性の高い人材を確
        保する他、未経験であっても有望な若手を採用し、社内において教育を行なうことにより、優秀な人材を継続的に
        育成していくことが当社の重要な課題であると認識しております。
        ④ブランド構築および維持

         投資は素敵な経済活動であるという考え方を広く浸透させ投資文化を構築するなど、資本市場を通じて社会に貢
        献することを目的として、当社は誕生しました。レオスとは、古代ギリシャ語で“流れ・流れを作り出す”という
        意味があります。
         日本には人財・資本・知恵そして技術など多くの資産(キャピタル)がありますが、現在の日本はこれらが結び
        つかずに停滞している状態だと認識しています。当社は、人財・資本・知恵というキャピタルが強固に結びつく
        (ワークする)ことで経済・資本市場が活発になり、よりよい社会が実現できると考えております。
         当社および当社投資信託のブランドの価値向上は、運用資産の獲得につながり、更なる日本の優良な成長企業に
        投資を行なうことが出来るようになることで、当社経営理念「資本市場を通じて社会に貢献します」を実現するこ
        とにつながります。また、当社ブランド価値の向上は、優秀な人材の確保につながるため、当社が更に成長してい
        くうえで重要だと考えております。そして当社は、お客様との緊密なコミュニケーションを継続する(=∞の価値
        改善運動)ことがお客様からの信頼を得ることにつながり、それがブランドになると考えております。
        ⑤ 新技術への対応

         当社が属する資産運用業界では、現在、AIの活用をはじめ、様々な技術革新が起きております。このような事業
        環境の下で当社が事業を継続的に拡大していくには、技術革新の動向を把握するとともに、新たな技術やサービス
        の活用のトライアルを行なうなど、その活用可能性を積極的に模索していくことが必要であると認識しておりま
        す。
                                  32/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        以下において、当社の事業展開その他に関連するリスク要因となる可能性があると考えられる主な項目を記載して
       おります。また、必ずしも事業上のリスク要因とは考えていない事項についても、投資家の投資判断上、重要である
       と考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から記載しております。
        当社はこれらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避および発生した場合の対処に努める方針でありま
       すが、当社株式に関する投資判断は、以下の事項等のリスクおよび本項以外の記載事項を慎重に検討した上で行なわ
       れる必要があると考えます。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、不確実性が内在している
       ため、実際の結果と異なる可能性があります。
       (1)事業内容の特性に係るリスク(ビジネス)

        ①  当社事業に係るリスクについて(特定事業・地域・商品への依存)
         当社の事業領域は、投信投資顧問事業の単一セグメントであり、また当面はそのような状態が続くものと考えら
        れます。    投信投資顧問事業における営業収益は委託者報酬と投資顧問報酬の2種類の収入によって構成されていま
        すが、これは主として、ファンドの運用資産の残高に一定率を掛け合わせることで算定されること、また、ファン
        ドの運用資産残高は純流入額(設定額から解約額を控除した金額)に加え、ファンドの投資対象資産の時価が変動
        することにより増減することから、当社の営業収益は、日本経済のみならず世界経済や世界的なマーケットの動向
        に影響を受け、経済状況の悪化等による証券市況の悪化により、当社の業績に重大な悪影響を及ぼす可能性があり
        ます。
         また、当社は、主として、ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金という3つの投資信託を運用しており、この
        「ひふみ」シリーズの3ファンドが当社の主要商品となっております。直近では株式市場の堅調さやテレビ番組等
        の各種メディアに取り上げられる等の効果でこれらの投資信託の設定が増加し、運用資産残高が順調に拡大してお
        りますが、これらの投資信託に対する評価の変化や顧客の資産運用の趣向の変化等の要因で解約が広がり運用資産
        残高が減少した場合、これらの投資信託に対する依存の大きさから当社の業績に重大な悪影響を及ぼす可能性があ
        ります。
        ②  商品特性に係るリスクについて

         当社の主力商品である投資信託は、その商品の特性上、顧客はいつでも解約可能であること、                                            顧客に契約の終了
        または資金の引出しを禁じるロックアップ期間もないことから、顧客の解約によりファンド規模が縮小する可能性
        があります。当社は、投資家が投資信託を長期に保有するほど信託報酬が低減する仕組みである「資産形成応援団
        (信託報酬一部還元方式)」を導入するなど長期投資を奨励する施策を実施し、一時に多額の解約が生じないよう
        な工夫をしておりますが、            一時に多額の解約があった場合には返還のための資金を手当するために保有資産を大量
        に売却しなければならないことがあります。その際に、                          「ひふみ」シリーズの3ファンドがアクティブ運用である
        という商品特性に起因して、保有銘柄を低い価格で売却せざるをえなくなったり、保有数量の一部を売却すること
        で当該銘柄の株価が下がり、残りの保有分の評価額が下がったりすること                                  等により、当ファンドの基準価額が低下
        し、その結果として運用資産残高の減少が生じる可能性があり、その場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能
        性があります。
         さらに、投資信託という商品は一般的に、株価の下落局面(下落が予想される局面)において解約が増加する傾
        向があり、「ひふみ」シリーズの3ファンドも同様に、株価の下落局面において、ファンドの運用資産残高が投資
        対象資産の時価の下落に加え解約の増加によって大きく減少することにより、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性
        があります。
        ③  顧客基盤に係るリスクについて

         当社は、     他の多くの投資運用会社と異なり、銀行、証券会社、保険会社といった大手金融機関を核とした金融機
        関の系列に属しておりません。当社は、独立系の投資運用会社として                                国内外に顧客ネットワークを独自に構築して
        おりますが、      競合他社が金融機関の系列に属することで強力な販売チャネルを活用できるのに比べると、当社の顧
        客 基盤は必ずしも十分ではありません。国内では、直接販売による多くのお客様がおり、間接販売ではネット証券
        や地方銀行などとのネットワークを築いて参りましたが、海外では、密接な関係を築けている少数の優良顧客に依
        存している状況となっています。               また、間接販売顧客に対しては、主にネット証券や地方銀行などを介しての間接
        的な販売となることから、直接販売顧客と比べ、長期投資を奨励する当社の方針が浸透しない可能性があります。
        従いまして、当社は、運用資産残高および営業収益の安定性および耐久力に関して、競合他社に比べて劣位にあり
        ます。今後も国内外ともに販売力の拡大に務めて参りますが                            、解約による運用資産残高の減少や委託者報酬および
        投資顧問報酬の条件変更等の結果次第では、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  33/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)事業環境に係るリスク(経営環境)
        ①  他社との競合に係るリスクについて
         今後、国内外の大手金融機関が積極的に経営資源を投入した場合や、業界内プレーヤーの統廃合等により、競合
        他社の規模が拡大した場合は、競争環境が変化する可能性があります。                                 また、当社の事業である投信投資顧問事業
        は金融業界の他業種と比較すると参入障壁が比較的低く、常に新規参入者と競合する可能性があります。このよう
        な競争環境の変化に当社が柔軟に対応できなかった場合、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、このような競争環境の変化が、委託者報酬および投資顧問報酬の過当引下競争をもたらしたり、新規参入
        者または既存の       競合他社によるファンドマネージャーやその他の従業員の引き抜き競争をもたらしたりする可能性
        があります。そのような事態が発生した場合には、運用成績や運用資産残高の減少等の悪影響を及ぼす可能性があ
        り、その結果として当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ②  法的規制および企業会計基準の変更等に係るリスクについて

         当社は、投資運用業、投資助言・代理業および第二種金融商品取引業の登録を以下のとおり行なっており、「金
        融商品取引法」、「投資信託及び投資法人に関する法律」を中心として、当社事業に関連する各種法令に基づく規
        制を受けております。
        取得年月日           平成19年9月30日              平成19年9月30日              平成19年9月30日

                   第二種金融商品取引業             投資運用業              投資助言・代理業
                   (関東財務局長(金商)第             (関東財務局長(金商)第              (関東財務局長(金商)第
        許認可等の名称
                   1151号)             1151号)              1151号)
        所管官庁等           金融庁              金融庁              金融庁
                   委託者指図型投資信託の受
                                 投資信託委託業、投資一任
        許認可等の内容           益権に係る受益証券の募集                            投資助言業務を行なうこと
                                 契約に係る業務
                   または私募等
                   -              -              -
        有効期限
        法令違反の要件
                   金融商品取引法              金融商品取引法              金融商品取引法
        および主な許認可等の
                   第52条、第54条              第52条、第54条              第52条、第54条
        取消事由
         また、自主規制としては、一般社団法人投資信託協会および、一般社団法人日本投資顧問業協会の規則等の規制

        を受けております。         当社は、これらの法令や諸規制を遵守するための対策を講じており、主要な事業活動の前提と
        なる事項について、その継続に支障を来す要因は発生しておりません。
         しかしながら、仮にこれらの法令や諸規制への抵触を完全に防ぐことができず、法令違反等が発生した場合に
        は、罰金、一部の業務の停止、社内管理態勢の改善等に係る命令、または営業登録の取消しなどの処分を受ける可
        能性があります。また、           これらの法令や諸規則の改正またはその解釈や運用の変更が行なわれる場合において、通
        常業務への制限、コストの増加等の悪影響が考えられ、その結果として当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があり
        ます。
         法解釈等の違いにより、監督当局からの行政指導・処分を受けるなどした場合には、運用資産残高の減少等の悪
        影響が発生し、当社の業績や財務状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、    当社は国内外投資有価証券に投資を行なっているため、売買益に関する税率が変更される等の税制の変更
        や解釈の変更による影響が生じた場合には、顧客の投資マインドへの悪影響を生じ、解約または新規流入の減少に
        より運用資産残高の減少をもたらす等により、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         さらに、今後、新たな会計基準が適用されたり、従来の会計基準が変更されたりする可能性があり、それが、当
        社の経営成績、当社の業績や財務状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ③  為替相場の変動に係るリスクについて

         当社の財務諸表は円建てで表示されているため、外国為替相場の変動は、外貨建て資産および負債の円換算額に
        影響を及ぼします。当社の営業収益の大部分は円建てですが、一部の投資一任契約の報酬額算定において外貨建て
        を採用しており、外国為替相場の変動により、これらを円換算する際に、為替差損が生じる可能性があります。今
        後、海外顧客との契約の増加等で外貨建て取引が増加した場合、為替相場の変動に係るリスクが増大する可能性が
        あります。
                                  34/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④  運用資産の流動性に係るリスクについて
         当社の主要商品である、ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の3つの投資信託は、ひふみ投信マザーファン
        ドに集約して運用しております。ひふみ投信マザーファンドが投資対象とする市場規模の縮小や個別株式の流動性
        の低下またはひふみ投信マザーファンドの運用資産がその投資対象とする市場規模に比して大きくなりすぎること
        等により、運用の機動性を失い、現状よりも相対的にパフォーマンスが悪くなる可能性があります。当社が顧客か
        ら受託している運用資産に係るパフォーマンスが悪化した場合、既存顧客との契約の維持および新規契約の獲得に
        困難が生じ、運用資産残高の減少を招き、その場合、当社の業績および今後の事業展開に悪影響を及ぼす可能性が
        あります。
       (3)   当社の事業体制に係るリスク(内部環境)

        ①  人材の確保に係るリスクについて
         当社は、ファンドマネージャーやアナリストをはじめとする高い専門性と豊富な経験を有する人材により成り
        立っており、今後の事業展開において優秀な人材を採用・育成し、成長への基盤を確固たるものとする方針であり
        ます。しかし、人材採用・育成が計画どおりに実現できなかった場合や、優秀な人材が社外に流出した場合には、
        当社の業績および事業展開に悪影響を及ぼす可能性があります。
         人材採用・育成が順調に行なわれた場合でも、採用・育成関連費用や人件費等が増加することが考えられ、当該
        コスト増に見合う収益の増加がない場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ②  小規模体制に係るリスクについて

         当社は小規模組織であり、ガバナンス体制や内部管理体制は当社の現在の規模に応じたものとなっています。今
        後の事業拡大に向けた人材採用・育成や組織体制の強化を図る所存でありますが、計画どおりに進まない場合に
        は、当社の業績および事業展開へ悪影響を及ぼす可能性があります。
        ③  役職員による過誤および不祥事ならびに情報漏えいに係るリスクについて

         当社は、社内業務手続の確立を通して役職員による過誤の未然防止策を講じております。また、社内規程やコン
        プライアンス研修の実施により役職員が徹底して法令を遵守するよう指導に努めております。しかしながら、人為
        的なミスを完全に排除することはできず、また、役職員個人が詐欺、機密情報の濫用、その他の不祥事に関与し、
        法令に違反する可能性を否定することはできません。内部者または不正なアクセスにより外部者が、顧客または当
        社の機密情報を漏洩したり悪用したりするリスクも完全に排除することはできません。
         このような役職員等による過誤や不祥事等、または情報の漏洩や悪用が発生した場合、当社が第三者に生じた損
        害を賠償する責任を負うだけでなく、監督当局から行政処分を受け、顧客やマーケットの信頼を失うこと等により
        運用資産残高の減少等の悪影響が発生し、当社の事業、経営成績および財務状態に悪影響を及ぼす可能性がありま
        す。
        ④  個人情報管理に係るリスクについて

         当社では、事業活動を通じて取得した個人情報および当社の役職員に関する個人情報を保有しております。当社
        では、個人情報の取扱いについては「個人情報保護規程」、「特定個人情報等保護取扱規程」を策定の上、細心の
        注意を払っております。しかしながら、万一、当社の保有する個人情報が外部に漏洩した場合または不正使用され
        た場合には、当社が第三者に生じた損害を賠償する責任を負うだけでなく、監督当局から行政処分を受け、顧客や
        マーケットの信頼を失うこと等により運用資産残高の減少等の悪影響が発生し、当社の業績に悪影響を及ぼす可能
        性があります。
        ⑤  訴訟等の可能性に係るリスクについて

         当社の事業に重大な影響を及ぼす訴訟等は現在存在せず、重大な影響を及ぼすような訴訟に発展する可能性のあ
        る紛争も現在ありません。ただし、関連法規や各種契約などに違反し、顧客に損失が発生した場合等には訴訟を提
        起される可能性があります。このような訴訟が提訴された場合、訴訟の内容および結果によっては当社の業績に悪
        影響を及ぼす可能性があります。
        ⑥  資金繰りに係るリスクについて

         当社は、直販している投資信託の買付代金の預かり分について、顧客分別金信託として、廃業等した場合に顧客
        に返還しなければならない額に相当する金銭を信託会社等に信託することが法令で義務付けられております。顧客
        分別金信託として拠出すべき金額には、集金代行業者に滞留している投資信託の買付代金相当額も含まれていると
        されており、かかる金銭を当社の固有勘定から一時的に拠出する必要があることが、当社の資金繰りに悪影響を及
        ぼす可能性があります。
                                  35/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         また、顧客分別金信託として拠出すべき金銭が急増するなどして当社の固有勘定からの一時的な拠出ができなく
        なった場合には、法令に違反することとなり、監督当局からの行政指導・処分を受け、また、顧客やマーケットの
        信頼を失い、運用資産残高の減少等の悪影響が発生し、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (4)システムに係る          リスク

        ①  システムへの依存に係るリスクについて
         当社は、投信投資顧問事業に係る顧客管理および運用業務等の業務を特定の会社が提供するコンピューターシス
        テムの安定運用に依拠して管理・運用しております。現在、当該システムの利用の継続が困難となるような事情は
        発生しておりませんが、当該システムの利用に支障が生じた場合には、当社の業務に悪影響を及ぼす可能性があり
        ます。また、当社は一部のコンピューターシステムについて内製化するべく当該システムの移行を進めております
        が、当該システムの移行に伴い当該システムの利用に支障が生じた場合には、当社の業務に悪影響を及ぼす可能性
        があります。
        ②  システム障害に係るリスクについて
         当社では、「情報セキュリティ管理規程」を定め、情報セキュリティ管理体制に関する方針や情報セキュリティ
        の管理方針、情報セキュリティリスクの統制に係る方針を定め、重要な情報資産をさまざまな脅威から保護し、情
        報資産に係る各種リスクをコントロールするよう努めております。しかし、当社のコンピューターシステムに障害
        が生じた場合等には、当社の業務に悪影響を及ぼす可能性があります。事故・災害等の自然災害や外部からのサイ
        バー攻撃、その他の不正アクセスにより想定以上のシステム障害が発生した場合には、当社の業務に悪影響を及ぼ
        す可能性があります。
         このようなシステム障害が発生した場合、当社が第三者に生じた損害を賠償する責任を負うだけでなく、監督当
        局から行政処分を受け、顧客やマーケットの信頼を失うこと等により運用資産残高の減少等の悪影響が発生し、当
        社の事業、経営成績および財務状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (5)   その他のリスク

        ①  親会社等との関係について
         当社の親会社である株式会社ISホールディングスおよびそのグループ会社は、証券事業やFX取引等の金融事業を
        中核事業とする企業群ですが、当社の主要業務である投信投資顧問事業は親会社グループ各社と事業領域は異なっ
        ており、当社とグループ各社との本書提出日現在において取引のある人的取引関係は以下のとおりとなっておりま
        す。
        (ア)取引関係
         a.   株式会社ライブスター証券 当社商品の販売(支払手数料) 3,933千円                                  (平成31年3月期第2四半期累計期
          間の取引金額。以下同じ)
         b.   株式会社アイアンドエーエス ASP利用料等 16,800千円
         c.   株式会社東日本ビジネスソリューション 口座開設業務委託 57,000千円
        (イ)人的関係
         該当事項はありません。
        (ウ)資本関係
         本書提出日現在において、株式会社ISホールディングスが当社の議決権の53.55%を保有しており、この他同社
        役員および同社役員が議決権の過半数を保有する会社による所有分を合計すると、当社の議決権の77.52%となり
        ます。
         当社では、      支配株主グループとの取引は原則行なわないこととし、取引を行なうこと自体に合理性(事業上の必
        要性)があること、および取引条件の妥当性(他の取引先と同等の条件であり、個別にその条件の妥当性が確認で
        きる)があることが担保される場合に限り、取締役会決議により取引の開始・変更の決定を行な                                            っております。
        ②  既存株主の株式売却の可能性について

         平成15年4月の創業以来、当社の大株主は、創業者である藤野英人および湯浅光裕でした。しかし、平成20年10
        月の公募投信の直販開始に向けて態勢を整えるために人員の増強を進めた矢先にリーマンショックが発生し、運用
        資産残高が急減するなど業績は急激に悪化し、純財産額が資本金を下回ることとなりました。純財産額を回復する
        ため、経費削減を進める一方、増資の引受先の検討も進めてまいりました。引受候補先が数社ある中で、最終的に
        は継続的な支援が得られる株式会社ISホールディングスを増資引受先とすることを当社取締役会で決議いたしまし
        た。株式会社ISホールディングスが当社による第三者割当増資を引き受ける条件として、金融機関以外の保有する
        株式の譲渡等を求めたため、平成21年1月21日、藤野英人、湯浅光裕らの大株主から株式会社ISホールディングス
        への株式譲渡が実行され、当社は株式会社ISホールディングスの子会社となりました。さらに同年2月5日、当社
        は、株式会社ISホールディングスを引受先とする第三者割当増資を実行し、実行後の株式会社ISホールディングス
        の持株比率は79.14%となりました。
                                  36/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         その後、当社は、平成27年7月22日、財務体質の強化を目的として株式会社ISホールディングスを割当先として
        第三者割当増資を行         な い、また、同年12月25日に株式会社ISホールディングスは、その保有する当社株式の一部を
        当社役職員および株式会社ISホールディングスの株主に譲渡しました。
         当該平成27年12月における株式移動は、株式会社ISホールディングスの当社への投下資本一部回収と、当社が同
        社からの独立性を高めることを目的に実施したものです。
         当社の既存株主は、当社株式について長期保有を目的として取得しておりますが、当社業容の変化や市場環境に
        よる影響等により当社株式売却等を行なった場合には、当社の資本構成等に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  ストック・オプション制度に係るリスクについて

         当社は、企業価値の向上を目指す経営を意識することや、従業員のオーナーシップ意識やインセンティブ意識を
        高めることを目的として、ストック・オプション制度を採用しており、従業員に新株予約権を付与しております。
        本書提出日現在、発行された新株予約権の目的となる株式の数は600,000株であり、同日現在の発行済株式総数
        12,016,600株に対して、4.99             % に相当しています。新株予約権を付与された従業員がこれを行使し、当社が新株を
        発行した場合には、1株当たり利益が希薄化することになります。
        ④  特定人物への依存に係るリスクについて

         当社の創業者であり、代表取締役社長である藤野英人は、最高経営責任者として当社の経営方針の決定において
        重要な役割を果たしていることに加え、最高投資責任者およびファンドマネージャーとしても、当社の投資戦略の
        决定において重要な役割を果たしております。また、当社の創業者であり、取締役である湯浅光裕は、ファンドマ
        ネージャーとして当社の投資戦略の决定において重要な役割を果たしています。
         当社は特定人物へ過度に依存することなく、より組織的な経営体制を目指し、人材採用・育成に力を入れ、経営
        リスクの軽減を図る所存でありますが、何らかの事情により藤野英人が当社の代表者として通常の職務を遂行でき
        なくなる場合や、何らかの事情により藤野英人・湯浅光裕が最高投資責任者やファンドマネージャーとして通常の
        職務を遂行できなくなる場合には、当社の業績および事業展開に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤  新規事業について

         当社は、本書提出日現在、主として、投信投資顧問事業を行なっております。本書提出日現在において、                                                  具体的
        な計画はありませんが、将来において、                   広範囲なシナジーと将来の成長を目的として、投信投資顧問事業における
        新商品の提供のほか、他の事業領域への事業ポートフォリオ拡大を進める可能性があります。
         しかしながら、拡大先の事業領域において、必要な情報、経営資源、顧客関係、事業の専門知識、ブランド認知
        度が常に適時に確保できるとは限りません。拡大先の事業領域における事業発展には、従前とは異なった経験や知
        見を有する人材やリソースの確保が必要であり、事業展開に想定以上の時間を要したり、初期投資の負担が収益性
        を毀損したりする可能性があります。その他、これらの事業領域では、個々の案件を推進した当社が第三者に生じ
        た損害に対して賠償責任が生じ得る等の独自のリスクもあり、かかるリスクは可能な限り保険または契約等により
        回避を図るものの、リスク回避の手法、法的規制に対する十分な理解や内部管理体制の構築、そのための人材の充
        実が求められます。また万一、監督当局から行政処分を受けるなどした場合には、顧客やマーケットの信頼を失う
        こと等により運用資産残高の減少等の悪影響が発生し、当社の事業、経営成績および財務状態に悪影響を及ぼす可
        能性があります。
                                  37/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
        当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりで
       あります。
        ①財政状態の状況
        第15期事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
        (資産)
         当事業年度末における流動資産は3,560百万円となり、前事業年度末に比べ1,321百万円増加いたしました。これ
        は主に現金及び預金が83百万円、顧客分別金信託が320百万円減少したものの、未収委託者報酬が1,743百万円、未
        収投資顧問報酬が16百万円増加したことによるものであります。固定資産は321百万円となり、前事業年度末に比
        べ272百万円増加いたしました。これは主に建物が85百万円、敷金が174百万円増加したことによるものでありま
        す。
         この結果、総資産は、3,881百万円となり、前事業年度末に比べ1,594百万円増加いたしました。
        (負債)

         当事業年度末における流動負債は2,164百万円となり、前事業年度末に比べ546百万円増加いたしました。これは
        主に短期借入金が170百万円減少したものの、未払費用が696百万円増加したことによるものであります。固定負債
        は117百万円となり、前事業年度末に比べ65百万円増加いたしました。これは主に繰延税金負債が14百万円、資産
        除去債務が48百万円増加したことによるものであります。
         この結果、負債合計は、2,281百万円となり、前事業年度末に比べ611百万円増加いたしました。
        (純資産)

         当事業年度末における純資産合計は1,599百万円となり、前事業年度末に比べ983百万円増加いたしました。これ
        は当期純利益983百万円の計上による繰越利益剰余金の増加によるものであります。
        第16期第2四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期会
        計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前事業
        年度との比     較・分析を行なっております。
        (資産)

         当第2四半期会計期間末における流動資産は4,493百万円となり、前事業年度末に比べ964百万円増加いたしまし
        た。これは主に現金及び預金が82百万円、未収委託者報酬が820百万円増加したことによるものであります。固定
        資産は390百万円となり、前事業年度末に比べ59百万円増加いたしました。これは主に有形固定資産が16百万円、
        投資その他の資産が44百万円増加したことによるものであります。
         この結果、総資産は、4,884百万円となり、前事業年度末に比べ1,023百万円増加いたしました。
        (負債)

         当第2四半期会計期間末における流動負債は2,525百万円となり、前事業年度末に比べ361百万円増加いたしまし
        た。これは主に短期借入金が380百万円減少したものの、未払費用が330百万円、未払法人税等が387百万円増加し
        たことによるものであります。固定負債は131百万円となり、前事業年度末に比べ34百万円増加いたしました。こ
        れは退職給付引当金が38百万円増加したことによるものであります。
         この結果、負債合計は、2,657百万円となり、前事業年度末に比べ395百万円増加いたしました。
        (純資産)

         当第2四半期会計期間末における純資産合計は2,227百万円となり、前事業年度末に比べ627百万円増加いたしま
        した。これは、剰余金の配当による減少48百万円、四半期純利益675百万円の計上による繰越利益剰余金の増加に
        よるもの    であります。
                                  38/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②経営成績の状況
        第15期事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         当事業年度の国内株式市場は、シリア、北朝鮮など地政学リスクや仏大統領選など主要国の政治リスクなどから
        上値の重い展開となりました。日経平均は心理的な節目でもある20,000円前後で膠着する展開が続きました。その
        後国内では森友・加計学園問題が長引くなか、平成29年7月の東京都議会選挙で与党系候補が大量落選するなど政
        権基盤への懸念も生じましたが、平成29年9月の解散総選挙での与党勝利から内外の投資家心理が好転し、日経平
        均株価は20,000円を突破しました。米国では年末にトランプ政権の目玉政策のひとつであった法人減税案が成立し
        たことが好感されてNYダウはじめ主要指数は最高値を更新し続けました。平成30年を迎えると年初は内外の主要
        株価指数は堅調を維持し一時日経平均株価は24,000円を突破したものの、米国では堅調を持続する景気指標の一方
        でFRB新議長にパウエル氏が内定したこともあり、いっそうの金融引き締め策への懸念が台頭し米国長期金利は
        上昇し、北朝鮮などの地政学リスクが高まったことなどもあり、投資家のリスク資産への投資意欲がそがれる格好
        となって内外の主要株価指数は平成30年1月下旬以降に調整しました。この過程で株式の株価変動率が大きくなっ
        たことで、一部の機関投資家が保有していた株式などを機械的に売却してリスク量を減少させる行動をとったこと
        が株価下落の一因と考えられます。このような相場環境下で、海外投資家は平成29年9月の総選挙以降の累計買い
        越し額に相当する日本株を売却しました。年度末にかけては朝鮮半島情勢動向や米中貿易戦争の懸念が台頭するな
        ど、引き続き不透明要因が漂うなか、日経平均株価は21,454円で期末を迎えました。
         このような環境下、当社の経営理念と運用哲学に共感していただけるパートナー開拓を継続し、「ひふみプラ
        ス」販売網拡大に努めた結果、「ひふみプラス」を取り扱っているパートナー企業数は前年度末の39社から63社へ
        と増えました。平成29年2月にテレビ東京系列「カンブリア宮殿」で当社が取り上げられた効果が持続しており、
        直接販売する「ひふみ投信」の顧客数も継続して増加しました。この結果「ひふみ投信」の顧客数は年度末には
        67,453名となり、前年度末の35,574名から31,879名の増加となりました。また、継続的な海外投資家へのアプロー
        チにより、昨年度にローンチしたUCITSに基づく日本株ファンドなども堅調に運用資産残高を増大させること
        が出来ました。6名の運用部員のチームワーク、調査力、運用力、営業部門など間接部門とも連携した顧客対応、
        セミナーの積極開催などから「ひふみ投信」「ひふみプラス」は「R&Iファンド大賞2018」においてNISA/
        国内株式部門で優秀ファンド賞を受賞、また、「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン
        2018」において「ひふみプラス」が評価期間:3年、5年でそれぞれ最優秀ファンド賞を受賞しました。国内外の
        顧客に支持され、年度末の運用資産残高は前年から約5,688億円増加し8,452億円となりました。
         この結果、営業収益は3,853百万円(前期比199.1%増)、利益につきましては経常利益1,126百万円(前期比
        2,476.1%増)、当期純利益983百万円(前期比751.5%増)となりました。
         当社は、投信投資顧問事業の単一セグメントであ                        るため、セグメント別の記載を省略しております。

        第16期第2四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

         当第2四半期累計期間における国内株式市場は、米国による中国を筆頭とした諸外国への執拗な保護貿易圧力、
        また堅調な米経済を背景にした米国金利、米ドル上昇に伴う新興国の景気後退不安からリスク選好度が低下し、長
        らく上値の重い展開を余儀なくされました。しかし9月に入ると米国の関税交渉に軟化姿勢が見られ始めました。
        またトルコ中銀の積極的な利上げによるトルコリラ安一服が新興国の通貨安、景気悪化懸念を後退させ、世界的に
        リスク選好度が上昇しました。日本株を大きく売り越していた海外投資家の買いが断続的に観測され、日経平均株
        価は9月半ばからの12営業日で2,000円弱急騰し、9月末には27年ぶりの高値を更新しました。
         一方で、投資信託協会が公表する「投資信託概況」によれば、当第2四半期会計期間末の株式投信の純資産総額
        は、前事業年度末から7.0%増の103兆8,247億円となりました。
         このような市場環境において、当社の運用戦略である「守りながらふやす運用」を心がけつつ、数多くのセミ
        ナーなどによりお客様とのリレーションを深めていったことに加え、当社の経営理念と運用哲学に共感していただ
        けるパートナー開拓を継続し、「ひふみプラス」販売網拡大に努めた結果、当第2四半期会計期間末における運用
        資産残高は、前事業年度末から14.1%増の9,644億円となりました。
         この結果、当第2四半期累計期間の経営成績は、営業収益3,201百万円、営業利益1,053百万円、経常利益1,055
        百万円、四半期純利益675百万円となりました。
         当社は、投信投資顧問事業の単一セグメントであ                        るため、セグメント別の記載を省略しております。

                                  39/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③キャッシュ・フローの状況
        第15期事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税引前当期純利益が1,126百万円(前期
        比2,476.1%増)増加、有形固定資産の取得による支出等の要因により一部相殺されたものの、未収委託者報酬が
        1,743百万円増加したこと等により、前事業年度末に比べ83百万円減少し、当事業年度末には685百万円となりまし
        た。
         当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は321百万円(前期比186.9%増)となりました。これは主に、税引前当期純利益が
        1,126百万円、減価償却費が12百万円、顧客分別金信託の減少額320百万円、未払費用の増加額696百万円および未
        収委託者報酬の増加額1,743百万円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は234百万円(前期比901.8%増)となりました。これは主に、有形固定資産の取得
        による支出57百万円、敷金の差入による支出174百万円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は170百万円(前年同期は400百万円の獲得)となりました。これは、短期借入金の
        純減少額170百万円によるものであります。
        第16期第2四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

         当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は                                      、前事業年度末に比べ82百万円
        増加し、767百万円となりました。
         当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は549百万円となりました。これは主に、税引前四半期純利益が1,046百万円、減価
        償却費が11百万円、未払費用の増加額330百万円および未収委託者報酬の増加額820百万円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は39百万円となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出38百万円に
        よるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は428百万円となりました。これは、短期借入金の純減額380百万円および配当金の
        支払額48百万円によるものであります。
                                  40/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④営業の実績
        (ア)営業収益の実績
         当社は投信投資顧問事業の単一セグメントであり、第15期事業年度および第16期第2四半期累計期間の営業収益
        の実績は次のとおりであります。
                         第15期事業年度               第16期第2四半期累計期間
                       (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
          セグメントの名称
                        至   平成30年3月31日)               至   平成30年9月30日)
                     金額(千円)        前年同期比(%)              金額(千円)
                                                 3,201,262
         投信投資顧問事業              3,853,134           299.1
         (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        (イ)運用資産残高の実績

         当社の最近     3 事業年度および第16期第2四半期累計期間                    の運用資産残高実績は次のとおりであります。なお、日
        本円建て以外の運用資産残高を日本円に換算する際には、それぞれの時点における月末為替レートを用いておりま
        す。
                                                     (単位:億円)
                          平成28年         平成29年          平成30年          平成30年

            ファンドの名称
                          3月末         3月末          3月末          9月末
                            308          491         1,355          1,488

         ひふみ投信
                            803        1,350          5,728          6,626

         ひふみプラス
                             -          15         124          203

         ひふみ年金
                             39          44          72         104

         レオス日本小型株ファンド
                           1,151          1,902          7,282          8,422

             投資信託計
                            534          862         1,170          1,221

         その他投資顧問
                            534          862         1,170          1,221

             投資顧問計
                           1,685          2,764          8,452          9,644

              合計
         (注)当該数字は、東陽監査法人による監査又は、四半期レビューを受けておりません。

         当社が取り扱う投資信託の運用資産残高は、純流入額(設定額から解約額を控除した金額)および基準価額が堅

        調に推移したことから、増加傾向にあります。特に、平成30年3月期については、平成29年2月にテレビ東京系列
        「カンブリア宮殿」で当社が取り上げられた効果もあり、「ひふみプラス」「ひふみ年金」を取り扱っているパー
        トナー企業数の増加や、直接販売する「ひふみ投信」の顧客数の増加により、当事業年度末の運用資産残高は前事
        業年度末から5,688億円増加し8,452億円となりました。
         第16期    第2四半期累計期間においても              当社の運用戦略である「守りながらふやす運用」を心がけつつ、数多くの
        セミナーなどによりお客様とのリレーションを深めていったことに加え、当社の経営理念と運用哲学に共感してい
        ただけるパートナー開拓を継続し、「ひふみプラス」販売網拡大に努めた結果、第16期第2四半期会計期間末にお
        ける運用資産残高は9,644億円となりました。
                                  41/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針および見積り

         当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この
        財務諸表の作成にあたっては、後述の「第5 経理の状況」の「重要な会計方針」をご参照ください。
        ②当事業年度の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容

         経営状    態の分析については、「第2 事業の状況」の「3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・
        フローの状況の分析」の「(1)経営成績等の状況の概要」に含めて記載しております。
         資本の財源および資金の流動性について、当社は、短期運転資金については自己資金を基本としています。ま
        た、顧客分別金信託については原則手元資金で賄いますが、追加設定に必要な資金が発生したときは金融機関から
        の借入で賄います。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  42/115














                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第15期事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
        当社は、人員増強等による事務所増床のための建物附属設備投資が43百万円、情報システムの拡充として3百万円
       の設備投資を実施しました。
        なお、当社は、投信投資顧問事業の単一セグメントであ                           るため、セグメント別の記載を省略しております。
       第16期第2四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

        当社は、セミナールーム等の新設で30百万円の設備投資を実施しました。
      2【主要な設備の状況】

       当社の事業所は1ヶ所のみであり、主要な設備は以下のとおりであります。
                                                    平成30年3月31日現在
                                     帳簿価額
        事業所名       セグメントの                                       従業員数
                                  工具、器具       ソフト
                      設備の内容
                             建物                  合計
        (所在地)       名称                                       (人)
                                  及び備品      ウエア
                                              (千円)
                            (千円)
                                  (千円)      (千円)
     本社
                全社(共通)      本社設備等        116,015      13,617      14,495      144,127         50(10)
     (東京都千代田区)
      (注)1.主な賃借設備は、以下のとおりであります。
           本社事務所:年間賃借料  80,215千円
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、嘱託、契約社員および社外から当社への出向者を含
           む。)であり、使用人兼務役員、臨時雇用者(パートタイマー、アルバイト)および派遣社員は含まれてお
           りません。臨時雇用者数については、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
        なお、第16期第2四半期累計期間において、新設、休止、大規模改修、除却、売却等により著しい変動のあった設

       備は、次のとおりであります。
       新設
         事業所名
                   設備の内容                       着手年月           完了年月
                              投資額(千円)
        (所在地)
     本社
                セミナールーム他                      平成30年4月           平成30年5月
                                   30,779
     (東京都千代田区)
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (平成30年10月31日現在)

        最近日現在における重要な設備の新設計画は次のとおりであります。
        重要な設備の新設
                            投資予定金額               着手及び完了予定年月
       事業所名       セグメント                       資金調達方                  完成後の
                    設備の内容
      (所在地)       の名称                       法                  増加能力
                            総額    既支払額
                                             着手      完了
                           (千円)     (千円)
                    直販顧客管
                    理システム       450,000        -  増資資金      平成30.10      平成32.3      (注)2.
                    の整備
      本社
              全社      ホームペー
     (東京都千代田                       20,000       -  増資資金      平成30.10      平成31.12      (注)2.
              (共通)      ジの改修
      区)
                    トレーディ
                    ングシステ       30,000       -  増資資金      平成30.10      平成31.4      (注)2.
                    ムの整備
     (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
                                  43/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        48,000,000

                  計                             48,000,000

      (注)   平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割を
         行なっております。これにより、発行可能株式総数は45,000,000株増加し、48,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                           上場金融商品取引所名又は
         種類         発行数(株)          登録認可金融商品取引業協                      内容
                           会名
                                         完全議決権株式であり、権利内容に何ら
                                         限定のない当社における標準となる株式
      普通株式            12,016,600               非上場
                                         であります。なお、単元株式数は100株で
                                         あります。
         計        12,016,600               -                 -
      (注)1.平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分
           割を行なっております。これにより、株式数は11,896,434株増加し、発行済株式総数は12,016,600株となっ
           ております。
         2.平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で1単元100株とする単元株制度を採
           用しております。
                                  44/115












                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
         ア 第4回新株予約権(平成27年11月18日取締役会決議)
                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                                (平成30年3月31日)                (平成30年10月31日)
      付与対象者の区分および人数(名)                        当社従業員 18(注)          1      当社従業員 18(注)1
      新株予約権の数(個)                           5,842(注)2                5,842   (注)2

      新株予約権の目的となる株式の種類および内容                             普通株式                普通株式

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                           5,842(注)2              584,200    (注)2、6

                                                  32(注)    3、6

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                           3,132(注)      3
                              自 平成29年10月1日                自 平成29年10月1日

      新株予約権の行使期間
                              至 平成37年8月31日                至 平成37年8月31日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の                        発行価格  3,132                発行価格  32

      株式の発行価格および資本組入額(円)                        資本組入額 1,566                資本組入額 16(注)          6
                                   (注)   4             (注)   4

      新株予約権の行使の条件
                              譲渡による新株予約権の取得                譲渡による新株予約権の取得

      新株予約権の譲渡に関する事項                        については、当社        取締役会の        については、当社        取締役会の
                              承認を要する。                承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                                   (注)5                (注)5
      る事項
     (注)1.     付与対象者の退職による権利の喪失により、                     最近事業年度末現在および提出日の前月末現在の                       「付与対象者の
          区分および人数」は、従業員17名となっております                        。
        2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、                          最近事業年度末現在は1株、提出日の前月末現在は100株であり
          ます。
          当社普通株式につき株式分割または株式併合を行なう場合、次の算式により目的である株式の数を調整するも
          のとする。ただし、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株
          式の数についてのみ行なわれ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。
          調整後株式数=調整前株式数              ×分割・併合の比率
        3.①本新株予約権発行後、以下の各事由が生じたときは、以下の各規定に従い行使価額を調整するものとする。
           ア 当社が株式分割又は株式併合を行なう場合
                                          1

                調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                       分割・併合の比率
             調整後の行使価額は、株式分割の場合はその基準日の翌日以降、株式併合の場合はその効力発生日以

             降、これを適用する。
           イ 当社が時価(下記②イに規定される時価をいう。以下同じ。)を下回る価額(無償割当ての場合を含
             む。)で普通株式を発行し又は当社の保有する普通株式を処分する場合(新株予約権(新株予約権付社
             債に付されたものを含む。)の行使による場合、又は当社の発行した取得請求権付株式、取得条項付株
             式もしくは取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の取得と引換えに行な
             う場合を除く。)
                                      新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額

                             既発行株式数
                                    +
                                              時価
                 =          ×
        調整後   行使価額       調整前行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
                                  45/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             上記算式中の既発行株式数には当社が保有する普通株式を含まないものとし、また、新規発行株式数に
             は処分する当社が保有する普通株式数を含むものとし、その場合の1株当たり払込金額は1株当たり処
             分価額と読み替えるものとする。
             調整後の行使価額は、          払込期日(募集に際して払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最                                    終
             日とする。以下同じ。)の翌日以降、また、当社の普通株式の株主(以下、「普通株主」という。)                                              に
             割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
           ウ 当社が時価を下回る価額をもって普通株式を発行しもしくは当社の保有する普通株式を処分する旨の定
             めがある取得請求権付株式、取得条項付株式もしくは取得条項付新株予約権を発行する場合、又は時価
             を下回る価額をもって普通株式を発行しもしくは当社の保有する普通株式を処分することを請求できる
             新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行する場合
             調整後の行使価額は、発行される取得請求権付株式、取得条項付株式もしくは取得条項付新株予約権又
             は新株予約権のすべてが発行当初の条件で取得又は行使されたものとみなして、上記イに規定する行使
             価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日(新株予約権の場合は割当日、また、無償割当ての
             場合は効力発生日)の翌日以降これを適用する。ただし、株主に割当てを受ける権利を与えるための基
             準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
          ②ア 行使価額の調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
           イ 行使価額調整式で使用する時価は、当社の普通株式がいずれかの金融商品取引所に上場される前におい
             ては、調整後の行使価額を適用する日の前日において有効な行使価額を適用し、当社の普通株式がいず
             れかの金融商品取引所に上場された場合においては、調整後の行使価額を適用する日に先立つ45取引日
             目に始まる30取引日(終値のない日数を除く。)の当該金融商品取引所における当社の普通株式の普通
             取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を切り
             捨てる。)を適用する。
          ③上記①アないしウのほか、当社が資本金の額の減少、合併、会社分割、株式交換を行なう場合、その他これ
           らの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行なうものとす
           る。
        4.①本新株予約権の割当を受けた者は、本新株予約権行使時においても当社の取締役、監査役又は従業員の地位
           にあることもしくは当社と顧問契約を締結していることを要するものとする。ただし、任期満了による退
           任、定年退職、会社都合による退任・退職、業務上の疾病に起因する退職、及び転籍その他正当な理由の存
           する場合で、当社の取締役会が特に認めて本新株予約権の割当を受けた者に書面で通知したときは、地位喪
           失後6か月以内(ただし、権利行使期間内に限る。)又は権利行使期間開始の日より6か月以内のいずれか
           の期間内に限り権利行使することができる。
          ②その他の条件については、             当社  と本新株予約権者との間で締結する本割当契約に定めるところによる。
        5.     当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転                                               (以
          下、これらを総称して「組織再編行為」という。)をする場合には、当該組織再編行為の効力発生の時点にお
          いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、以下の条件に従い、
          吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、新設分割設立会社、株式交換完全親会社、株式移
          転設立完全親会社(以下、これらを総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を交付するものとす
          る。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとす
          る。ただし、以下の条件に従い再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸
          収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ①新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          ②新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案の上、付与株式数につき合理的な調整がなされた数(以下、「承継後付与株式
           数」という。)とする。新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数があ
           る場合には、これを切り捨てるものとする。
          ③新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           組織再編行為の条件等を勘案の上、払込価額につき合理的な調整がなされた額に、承継後付与株式数を乗じ
           た額とする。
          ④新株予約権を行使することができる期間
           本新株予約権の行使可能期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、本新株予約権の
           行使可能期間の満了日までとする。
          ⑤新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項の定める
           ところに従って算出された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じ
           る場合はその端数を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本等増加限度額より増加する資本
           金の額を減じた額とする。
                                  46/115

                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ⑥新株予約権の行使の条件ならびに新株予約権の取得事由及び取得の条件
           本新株予約権の行使の条件            ならびに    本新株予約権の取得事由及び取得の条件に準じて決定する。
          ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        6.平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割
          を行なっております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類および内容」、「新株予約権の目的
          となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」および「新株予約権の行使により株式を発行する場合
          の株式の発行価格および資本組入額」が調整されております。
         イ 第5回新株予約権(平成29年7月19日取締役会決議)

                                最近事業年度末現在                提出日の前月末現在
                                (平成30年3月31日)                (平成30年10月31日)
      付与対象者の区分および人数(名)                        当社従業員 3                当社従業員 3
      新株予約権の数(個)                            158  (注)1              158  (注)1

      新株予約権の目的となる株式の種類および内容                             普通株式                普通株式

                                  158(注)1

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                          15,800   (注)1、5
                                                  77(注)    2、5

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                           7,684   (注)   2
                              自 平成31年7月1日                自 平成31年7月1日

      新株予約権の行使期間
                              至 平成39年5月31日                至 平成39年5月31日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の                        発行価格  7,684                発行価格  77

      株式の発行価格および資本組入額(円)                        資本組入額 3,842                資本組入額 39(注)5
                                   (注)   3             (注)3

      新株予約権の行使の条件
                              譲渡による新株予約権の取得                譲渡による新株予約権の取得

      新株予約権の譲渡に関する事項                        については、当社        取締役会の        については、当社        取締役会の
                              承認を要する。                承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                                   (注)   4             (注)   4
      る事項
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、                          最近事業年度末現在は1株、提出日の前月末現在は100株であり
          ます。
          当社普通株式につき株式分割または株式併合を行なう場合、次の算式により目的である株式の数を調整するも
          のとする。ただし、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株
          式の数についてのみ行なわれ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。
          調整後株式数=調整前株式数              ×分割・併合の比率
        2.①本新株予約権発行後、以下の各事由が生じたときは、以下の各規定に従い行使価額を調整するものとする。
           ア 当社が株式分割又は株式併合を行なう場合
                                          1

                調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                       分割・併合の比率
             調整後の行使価額は、株式分割の場合はその基準日の翌日以降、株式併合の場合はその効力発生日以

             降、これを適用する。
           イ 当社が時価(下記②イに規定される時価をいう。以下同じ。)を下回る価額(無償割当ての場合を含
             む。)で普通株式を発行し又は当社の保有する普通株式を処分する場合(新株予約権(新株予約権付社
             債に付されたものを含む。)の行使による場合、又は当社の発行した取得請求権付株式、取得条項付株
             式もしくは取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の取得と引換えに行な
             う場合を除く。)
                                  47/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                      新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                              時価
                 =          ×
        調整後   行使価額       調整前行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
             上記算式中の既発行株式数には当社が保有する普通株式を含まないものとし、また、新規発行株式数に

             は処分する当社が保有する普通株式数を含むものとし、その場合の1株当たり払込金額は1株当たり処
             分価額と読み替えるものとする。
             調整後の行使価額は         払込期日(募集に際して払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最                                    終日
             とする。以下同じ。)の翌日以降、また、当社の普通株式の株主(以下、「普通株主」という。)                                             に割
             当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
           ウ 当社が時価を下回る価額をもって普通株式を発行しもしくは当社の保有する普通株式を処分する旨の定
             めがある取得請求権付株式、取得条項付株式もしくは取得条項付新株予約権を発行する場合、又は時価
             を下回る価額をもって普通株式を発行しもしくは当社の保有する普通株式を処分することを請求できる
             新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行する場合
             調整後の行使価額は、発行される取得請求権付株式、取得条項付株式もしくは取得条項付新株予約権又
             は新株予約権のすべてが発行当初の条件で取得又は行使されたものとみなして、上記イに規定する行使
             価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日(新株予約権の場合は割当日、また、無償割当ての
             場合は効力発生日)の翌日以降これを適用する。ただし、株主に割当てを受ける権利を与えるための基
             準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
          ②ア 行使価額の調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
           イ 行使価額調整式で使用する時価は、当社の普通株式がいずれかの金融商品取引所に上場される前におい
             ては、調整後の行使価額を適用する日の前日において有効な行使価額を適用し、当社の普通株式がいず
             れかの金融商品取引所に上場された場合においては、調整後の行使価額を適用する日に先立つ45取引日
             目に始まる30取引日(終値のない日数を除く。)の当該金融商品取引所における当社の普通株式の普通
             取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を切り
             捨てる。)を適用する。
          ③上記①アないしウのほか、当社が資本金の額の減少、合併、会社分割、株式交換を行なう場合、その他これ
           らの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行なうものとす
           る。
        3.①本新株予約権の割当を受けた者は、本新株予約権行使時においても当社の取締役、監査役又は従業員の地位
           にあることもしくは当社と顧問契約を締結していることを要するものとする。ただし、任期満了による退
           任、定年退職、会社都合による退任・退職、業務上の疾病に起因する退職、及び転籍その他正当な理由の存
           する場合で、当社の取締役会が特に認めて本新株予約権の割当を受けた者に書面で通知したときは、地位喪
           失後6か月以内(ただし、権利行使期間内に限る。)又は権利行使期間開始の日より6か月以内のいずれか
           の期間内に限り権利行使することができる。
          ②その他の条件については、             当社  と本新株予約権者との間で締結する本割当契約に定めるところによる。
        4.      当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転                                                (以
          下、これらを総称して「組織再編行為」という。)をする場合には、当該組織再編行為の効力発生の時点にお
          いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、以下の条件に従い、
          吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、新設分割設立会社、株式交換完全親会社、株式移
          転設立完全親会社(以下、これらを総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を交付するものとす
          る。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとす
          る。ただし、以下の条件に従い再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸
          収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
                                  48/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ①新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          ②新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案の上、付与株式数につき合理的な調整がなされた数(以下、「承継後付与株式
           数」という。)とする。新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数があ
           る場合には、これを切り捨てるものとする。
          ③新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           組織再編行為の条件等を勘案の上、払込価額につき合理的な調整がなされた額に、承継後付与株式数を乗じ
           た額とする。
          ④新株予約権を行使することができる期間
           本新株予約権の行使可能期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、本新株予約権の
           行使可能期間の満了日までとする。
          ⑤新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項の定める
           ところに従って算出された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じ
           る場合はその端数を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本等増加限度額より増加する資本
           金の額を減じた額とする。
          ⑥新株予約権の行使の条件ならびに新株予約権の取得事由及び取得の条件
           本新株予約権の行使の条件            ならびに    本新株予約権の取得事由及び取得の条件に準じて決定する。
          ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        5.平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割
          を行なっております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類および内容」、「新株予約権の目的
          となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」および「新株予約権の行使により株式を発行する場合
          の株式の発行価格および資本組入額」が調整されております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  49/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成  25 年7月17日
                    13,881       32,976       49,999       149,999        49,999       149,999
      (注)1.
      平成  25 年7月17日
                      -     32,976      △49,999        100,000       △49,999        100,000
      (注)2.
      平成  26 年9月9日
                    23,330       56,306       50,007       150,007        50,007       150,007
      (注)3.
      平成  26 年9月9日
                      -     56,306      △50,007        100,000       △50,007        100,000
      (注)2.
      平成  27 年7月22日
                    63,860       120,166       100,004       200,004       100,004       200,004
      (注)4.
      平成  27 年7月22日
                                         100,000
                      -     120,166      △100,004              △100,004        100,000
      (注)2.
      平成  30 年8月29日
                  11,896,434                       100,000
                         12,016,600           -              -     100,000
      (注)5.
      (注)1.      有償第三者割当       13,881株
                   発行価格             7,204円
                   資本組入額            3,602円
                   割当先    株式会社ISホールディングス
         2.  会社法第447条第1項および第448条第1項の規定に基づき、資本金および資本準備金を減少し、その他資
           本剰余金へ振替えたものであります。
         3.  有償第三者割当       23,330株
                   発行価格             4,287円
                   資本組入額            2,143.5円
                   割当先    株式会社ISホールディングス
         4.  有償第三者割当       63,860株
                   発行価格             3,132円
                   資本組入額            1,566円
                   割当先    株式会社ISホールディングス
         5.  平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分
           割を行なっております。
       (4)【所有者別状況】

                                                  平成30年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)                1           3                9     13
                -           -           -     -                 -
     所有株式数
                     10         80,408                39,747     120,165       100
                -           -           -     -
     (単元)
     所有株式数の割
                    0.01          66.91                33.08      100
                -           -           -     -                 -
     合(%)
      (注)1.平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分
           割を行なっております。これにより、株式数は11,896,434株増加し、発行済株式総数は12,016,600株となっ
           ております。
         2.平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で1単元100株とする単元株制度を採
           用しております。
         3.株主数は、       単元未満株式のみを保有する株式の人数を含めております。
                                  50/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年10月31日現在
             区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容

                                       -
      無議決権株式                     -                         -
                                       -
      議決権制限株式(自己株式等)                     -                         -
                                       -
      議決権制限株式(その他)                     -                         -
                                       -
      完全議決権株式(自己株式等)                     -                         -
                                             完全議決権株式であり、権利内
                                             容に何ら限定のない当社におけ
                                             る標準となる株式であります。
      完全議決権株式(その他)                  普通株式 12,016,500               120,165
                                             なお、単元株式数は100株であり
                                             ます。
                                             (注)1、2
                        普通株式             100
      単元未満株式                                 -             -
                             12,016,600
      発行済株式総数                                 -           (注)1
      総株主の議決権                      -          120,165             -

      (注)1    . 平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分
           割を行なっております。これにより、株式数は11,896,434株増加し、発行済株式総数は12,016,600株となっ
           ております。
         2.平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で1単元100株とする単元株制度を採
           用しております。
        ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
                                  51/115











                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、剰余金の配当につきましては、経営の最重要課題としてとらえ、将来の事業展開と経営基盤の強化のため
       に必要な内部留保資金を確保しつつ、業績に応じた配当を行なうことを基本方針としております。                                             剰余金の配当の決
       定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        平成30年6月28日に開催されました第15期定時株主総会において決議された当事業年度の配当金につきましては、
       上記方針に基づき1株当たり400円(注)、総額48,066,400円の期末配当を実施しております。
        内部留保資金の使途につきましては、財務体質を考慮しつつ今後の事業展開に向けた戦略投資の資金として充当す
       る所存であります。
        なお、当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主または登録株
       式質権者に対し、中間配当を行なうことができる。」旨を定款に定めております。
       (注)平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割

          を行なっております。配当実施前に当該株式分割が行なわれたと仮定して算出した場合の1株当たりの配当金
          は4円となります。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  52/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性8名 女性1名 (役員のうち女性の比率11.1%)
                                                         所有
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期    株式数
                                                        (千株)
                                  平成2年4月 野村投資顧問株式会社(現                 野
                                        村アセットマネジメント株式
                                        会社) 入社
                                  平成8年10月 ジャーディン・フレミング投
                                        信・投資顧問(現       JPモルガ
                                        ン・アセット・マネジメン
                                        ト)ファンドマネージャー
                                  平成12年2月 ゴールドマン・サックス・ア
                                        セットマネジメント株式会
                                        社 ポートフォリオ・マネー
                                        ジャー
                                  平成15年8月 レオス株式会社(現              当社)入
                                        社
     代表取締役社長       最高投資責任者       藤野 英人      昭和41年8月29日生                           (注)3     1,080
                                  平成15年9月 当社 代表取締役社長就任
                                  平成18年10月 株式会社ウォーターダイレク
                                        ト(現   株式会社プレミアム
                                        ウォーターホールディング
                                        ス) 取締役 就任
                                  平成21年2月 当社 社長付CIO就任
                                  平成21年9月 当社 CIO 兼 ひふみ投信運
                                        用責任者就任
                                  平成21年10月 当社 取締役CIO就任
                                  平成25年10月 八面六臂株式会社 取締役 
                                        就任
                                  平成27年10月 当社 代表取締役社長 最高
                                        投資責任者就任(現任)
                                  平成2年10月 ロスチャイルド・アセット・
                                        マネジメント(ジャパン) 
                                        入社
                                  平成12年10月 ガートモア・アセットマネジ
                                        メント(現     ジャスナ・ヘン
                                        ダーソン・インベスター
     取締役       運用本部長       湯浅 光裕      昭和40年1月7日生
                                                    (注)3      841
                                        ズ) 入社
                                  平成15年4月       レオス株式会社(現        当社)入
                                        社
                                  平成15年8月 当社 取締役運用部長就任
                                  平成27年10月 当社 取締役運用本部長就任
                                        (現任)
                                  53/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                         所有
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期    株式数
                                                        (千株)
                                  昭和61年4月 東芝システム開発株式会社
                                        (現       東芝デジタルソリューショ
                                        ンズ株式会社)入社
                                  平成16年1月 株式会社アイアンドエーエス
                                        入社
                                  平成16年6月 同社 取締役事業部長就任
                                  平成17年5月 株式会社新日本通商(現                外為
                                        オンライン)取締役外国為替
                                        事業部長就任
                                  平成20年1月 同社 内部監査室長就任
                                  平成20年4月 株式会社ISホールディングス
     取締役       管理本部長       岩田 次郎      昭和37年7月2日生                           (注)3      108
                                        経営企画室長就任
                                         株式会社FXプロ 代表取締役
                                        就任
                                         株式会社外為オンライン コ
                                        ンプライアンス部長就任
                                  平成21年2月 当社 代表取締役社長就任
                                  平成21年4月 株式会社ISホールディングス
                                        常務取締役就任
                                  平成23年6月 株式会社アイアンドエーエス
                                        代表取締役社長就任
                                  平成27年10月 当社 取締役管理本部長就任
                                        (現任)
                                  平成2年4月 第一證券株式会社 入社
                                  平成8年2月 ソニー生命保険株式会社 入
                                        社
                                  平成11年3月 DLJ        directSFC証券株式会社
                                        (現  楽天証券株式会社)入
                    白水 美樹
            営業本部長 
                                        社 カスタマーサービス部
     取締役       兼 マーケティ       (遠藤 美樹)       昭和42年6月8日生
                                                    (注)3      360
                                  平成18年10月 同社 経営企画部
            ング・広報部長        (注)7
                                  平成20年5月 当社 入社 マーケティング
                                        部部長
                                  平成21年2月 当社 取締役マーケティング
                                        部長就任
                                  平成27年10月 当社 取締役営業本部長就任
                                        (現任)
                                  昭和46年7月 日本開発銀行(現             株式会社日
                                        本政策投資銀行) 入行
                                  平成7年3月 同行 大阪支店副支店長就任
                                  平成9年3月 同行 地方開発営業部部長 
                                        就任
                                  平成10年3月 同行 国際業務部部長就任
                                  平成11年6月 セコム損害保険株式会社 取
     取締役                    昭和23年1月2日生
                    藤本 隆                    締役就任            (注)3       -
                                  平成13年6月 同社 常務取締役就任
                                  平成18年6月 苫小牧港開発株式会社 専務
                                        取締役就任
                                  平成19年6月 同社 代表取締役社長就任
                                  平成24年6月 株式会社中野サンプラザ 代
                                        表取締役社長就任
                                  平成28年6月 当社 取締役就任(現任)
                                  54/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                         所有
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期    株式数
                                                        (千株)
                                  昭和57年4月 ジャパンライン株式会社(現
                                        株式会社商船三井)入社
                                  平成元年7月 日本アセアン投資株式会社
                                        (日本アジア投資株式会
                                        社) 入社
                                  平成12年6月 同社 取締役就任
                                  平成19年1月 JAIC        AMERICA,INC.
                                        PRESIDENT&CEO就任
     取締役              松本 守祥      昭和34年3月26日生         平成21年6月 日本アジア投資株式会社 代                  (注)3       -
                                        表取締役就任
                                  平成24年6月 同社 取締役会長就任
                                  平成25年7月 WMパートナーズ株式会社 代
                                        表取締役会長就任(現任)
                                  平成25年9月 WM       Fund  Associates株式会社
                                        取締役(現任)
                                  平成27年6月 株式会社AMS 取締役(現任)
                                  平成28年6月 当社 取締役就任(現任)
                                  昭和47年7月 昭和監査法人(現             EY新日本有
                                        限責任監査法人)入所
                                  昭和51年3月 公認会計士登録
                                  平成6年5月 太田昭和監査法人(現               EY新日
                                        本有限責任監査法人)代表社
                                        員
                                  平成21年6月 株式会社三栄コーポレーショ
     常勤監査役             加賀谷 達之助       昭和22年1月28日生                           (注)4       -
                                        ン 社外監査役就任
                                  平成22年6月 株式会社大林組 社外監査役
                                        就任
                                  平成23年3月 公益財団法人大林財団               監事就
                                        任(現任)
                                  平成28年6月 当社 常勤監査役就任(現
                                        任)
                                  平成10年4月 弁護士登録(第一東京弁護士
                                        会)
                                  平成12年10月 金融庁検査部 入庁
                                  平成13年7月 堀総合法律事務所(現任)
     監査役              安田 和弘      昭和43年8月18日生         平成20年4月 株式会社ISホールディング                  (注)4       -
                                        ス 社外監査役就任
                                  平成22年11月 公益財団法人渋沢栄一記念財
                                        団監事就任(現任)
                                  平成27年9月 当社 監査役就任(現任)
                                  平成3年9月 青山監査法人プライスウオー
                                        ターハウス(現 PwCあらた有
                                        限責任監査法人) 入所
                                  平成6年5月 公認会計士登録
                                  平成7年9月 プライスウオーターハウス 
                                        ロンドン事務所 入所
                                  平成9年9月 太田昭和監査法人、アーンス
                                        ト&ヤング(現 EY新日本有
     監査役              和田 耕児      昭和44年11月5日生                           (注)4       -
                                        限責任監査法人) 入所
                                  平成11年9月 ゴールドマン・サックス証券
                                        株式会社 入社 戦略投資部
                                  平成15年9月 株式会社プロ・スタッフ・ソ
                                        リューションズ 代表取締役
                                        就任(現任)
                                  平成27年9月 当社 監査役就任(現任)
                              計
                                                          2,389
      (注)1.取締役         藤本 隆    および   松本 守祥     は、社外取締役であります。
         2.監査役加賀谷 達之助、安田 和弘および和田 耕児は、社外監査役であります。
         3.平成30年8月29日開催の臨時株主総会終結の時から、平成31年3月期に係る定時株主総会の終結の時までで
           あります。
         4.平成30年8月29日開催の臨時株主総会終結の時から、平成34年3月期に係る定時株主総会の終結の時までで
           あります。
                                  55/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.  松本守祥が役員を兼務するWMパートナーズ株式会社は、当社の株主であるWMグロース3号投資事業有限責任
           組合の無限責任組合員であります。
         6.岩田次郎は、過去5年間に当社の親会社である株式会社ISホールディングスの常務取締役および親会社の子
           会社である株式会社アイアンドエーエスの代表取締役社長でありました。
         7.白水美樹の戸籍上の氏名は、遠藤美樹であります。
                                  56/115



















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
       〔 コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方                        〕
        当社は、「資本市場を通じて社会に貢献します」を経営理念としております。当社は、この経営理念の実現と、                                                     中
       長期的な株主価値の最大化の実現を経営の基本方針としており、この基本方針に基づき持続的な成長と中長期的な企
       業価値の向上に向けて規律付けるための仕組みとしてコーポレート・ガバナンスを位置づけております。このような
       仕組みの一環として、当社は、公開会社として、会社法で求められる機関の設置に加えて、フィデューシャリー・
       デューティー委員会(以下「FD委員会」といいます。)等の任意の仕組みを活用することによりコーポレート・ガバ
       ナンスの強化を図っております。
       〔少数株主の保護の方策に関する指針〕
        当社の支配株主である株式会社ISホールディングスは当社の親会社に該当しております。当社においては、少数株
       主の利益保護のため、取締役会の構成において支配株主の役職員以外の者が過半数を占めることを取締役候補者の指
       名方針としております。また、当社の事業は支配株主グループの各企業の事業とは競合しておらず、同グループには
       当社投資信託の販売会社としてパートナー関係にある企業も存在します。また、当社は                                        支配株主グループとの取引は
       原則行なわないこととし、取引を行なうこと自体に合理性(事業上の必要性)があること、および取引条件の妥当性
       (他の取引先と同等の条件であり、個別にその条件の妥当性が確認できる)があることが担保される場合に限り、取締
       役会決議により取引の開始・変更の決定を行なうこととしております。                                 このようなことから、当社が支配株主グルー
       プの影響を受け、支配株主グループに有利な取引、投資、事業展開を行なうような状況にはありません。
        ①企業統治の体制

        (ア)企業統治の体制の概要
         当社は、会社法上の機関として取締役会、監査役会、会計監査人を設置しております。当社における企業統治の
        体制の概要は、以下のとおりであります。
         (a)取締役・取締役会

          当社では、業務の執行に関し、迅速な意思決定を行なうため、取締役6名で構成する定例取締役会を毎月1回
         開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会では、法令                                    および   定款に定められた事項のほ
         か重要な経営方針、重要な業務執行に関する事項を審議・決定しております。
         (b)監査役・監査役会

          当社では、取締役の職務執行に対する監査のため、監査役3名(うち、常勤監査役1名)で構成する監査役会
         を設置しております。監査役会は、監査の向上を図るため、原則として毎月1回開催しております。また、監査
         役は取締役会に出席し必要に応じて意見を述べており、常勤監査役は社内の重要会議にも出席し、必要に応じて
         意見を述べております。さらに、監査役は、会計監査人                          および   内部監査室と積極的に情報交換を行                 な い、相互に
         連携を密にすることで、監査の実効性の確保を図っております。
         (c)フィデューシャリー・デューティー委員会

          当社では、      お客様本位の業務運営を実現することを目的として、委員5名(うち、社外有識者3名)から構成
         されるFD委員会を設置しております。FD委員会は、原則として四半期に1回開催し、委員は、チーフ・インベス
         トメントオフィサー、ファンドマネージャー、営業本部長などから受けた顧客の利益追求、利益相反の管理等に
         関する取組状況・活動状況の報告に対して、意見を述べております。また、当社は各委員に対し、運用・営業・
         管理に関する取組状況・活動状況の報告を月次で行なっています。当社では、チーフ・インベストメントオフィ
         サーおよびファンドマネージャーの指名に際して、FD委員会の評価および提案の尊重義務を課しております。ま
         た、FD委員会の実施状況、委員から出された意見、助言、評価、提案等は、取締役会に報告されます。
         (d)   本部長会議

          当社では、取締役会の下部組織として、重要な経営方針、重要な業務執行に関して審議するため、本部長会議
         を設置し、原則として毎週1回開催しております。本部長会議は、常勤取締役と代表取締役社長が指名する者で
         構成され、常勤監査役は原則としてこれに参加することとなっています。
         (e)   幹部会議

          当社では、各部室の業務遂行状況に係る情報交換を行                          な い、各部室が単独で決定できないまたは全社的な対応
         が必要な重要事項等について審議・決定するため、幹部会議を設置し、                                 原則として毎週1回開催しております。
         幹部会議は、常勤取締役、各部室長、議長が特に必要と認めた者で構成されております。
                                  57/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (f)   内部監査
          内部監査については、業務執行から独立した組織として代表取締役社長直轄の内部監査室を設けており、専任
         の内部監査室担当者3名および兼任の内部監査室担当者1名が年度毎に定めた内部監査計画に沿って、当社全体
         を カバーするように業務全般にわたる効率性、内部統制の有効性                             および   コンプライアンスの状況についての監査
         を実施しております。内部監査室は、監査結果につき、内部監査報告書を作成の上、代表取締役社長、取締役
         会、監査役会等に報告を行ないます。また、改善の必要がある項目に関しては、被監査部門等に対して改善を指
         示し、その後の改善状況を適切に管理する等、監査結果を踏まえた改善対処を行なっております。また、適宜、
         会計監査人     および   監査役と打合せを行なっており、監査効率の向上を図っております。
         (g)   コンプライアンス部

          コンプライアンス部は業務全般に係るコンプライアンスおよび法務リスク管理に関する業務を行                                             なっており     ま
         す。
         (h)   会計監査人

          当社は、会計監査人として、東陽監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。
        コーポレート・ガバナンス概要図

        (イ)当該体制を採用する理由







         当社は、     経営理念の実現と、中長期的な株主価値の最大化の実現を経営の基本方針としており、この基本方針に
        基づき持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に向けて規律付けるために、コーポレート・ガバナンスの強化・
        充実が必要不可欠と考えております。
         特に、当社は、優れた運用実績と知名度を兼ね備える代表取締役社長が、チーフ・インベストメントオフィサー
        やファンドマネージャーを兼ねる体制とすることで、お客様の増加のみならずお客さまの最善の利益の追求を図る
        ことが可能であり、このことが当社の中長期的な企業価値向上につながると考えています。そのため、当社の持続
        的な成長と中長期的な企業価値の向上を図る観点から、取締役会が代表取締役社長を含む取締役の業務執行を実効
        的に監督するためにFD委員会等の任意の仕組みを活用するとともに、代表取締役社長を含む取締役の業務執行の適
        正を確保するために、独立性の高い監査役が代表取締役社長を含む取締役の職務執行の監査を行なうことが望まし
        いため、以上の企業統治の体制を採用しております。
        (ウ)   その他の企業統治に関する事項

         (a)内部統制システムの整備の状況
          当社は、会社法の規定に従い、「内部統制システム整備に関する基本方針」について、次のとおり定めてお
         り、内容の概要は次のとおりであります。
                                  58/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (Ⅰ)取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
          (ⅰ)コンプライアンスにかかる基本方針を策定し、取締役および使用人が法令および定款および社会規範を
            遵守した行動を取る為の行動規範とする。
          (ⅱ)コンプライアンスの徹底を図る為、コンプライアンス部においてコンプライアンスの取組みを横断的に
            統括し、同部が中心となって取締役および使用人全体の教育等を行なう。
          (ⅲ)内部監査室はコンプライアンスの状況を監査する。
            これらの活動は定期的に取締役会および監査役会に報告されるものとする。
          (ⅳ)当社は、内部窓口を監査役、外部窓口を法律事務所とする内部通報制度を設置し、制度を取締役および
            使用人に対して周知する。内部通報を行なった者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取り扱
            いを行なうことを禁止し、その旨を取締役および使用人に周知する。
          (Ⅱ)取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

          (ⅰ)代表取締役        社長  は、管理本部長に対し取締役の職務執行に係る情報である取締役会議事録、株主総会議
            事録等の保存および管理の統轄を命じ、管理本部長はこれら記録の保管充実を図る。
          (ⅱ)取締役および監査役は、社内規程に従い(ⅰ)の記録を常時閲覧できるものとする。
          (Ⅲ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          (ⅰ)当社は、当社のリスク管理体制の構築および運用方法を定めた規程を制定する。
          (ⅱ)各部門の所管業務に付随するリスク管理は当該部門長が、また組織横断的リスク状況の監視および全社
            的対応は代表取締役社長と管理本部長が実施する。
          (ⅲ)上記のリスク管理の状況については、定期的に取締役会に報告し、必要に応じてすみやかに対策を検討
            する。
          (ⅳ)内部監査室は、当社全体のリスク管理体制について内部監査を実施し、その結果を代表取締役社長およ
            び取締役会に報告する。
          (Ⅳ)取締役の職務の執行が効率的に行なわれることを確保するための体制

          (ⅰ)取締役会は経営計画を策定し、代表取締役                       社長  は、その実現のため常勤取締役以下の役職員の具体的業
            務活動を統轄する。
          (ⅱ)取締役会は原則として毎月1回開催するほか、必要に応じて適宜機動的に臨時開催するものとし、事業
            活動の報告を受ける中で、経営の意思決定、職務執行の監督管理状況の把握を行なう。
          (ⅲ)代表取締役        社長  は、コーポレート・ガバナンスを徹底するために、取締役会で経営計画と事業活動の実
            施状況とを比較分析し、具体的な状況下での問題点等を明確にして、経営情報の共有化、意思決定の経路
            の確認をはかる。
          (ⅳ)社内規程の運用の徹底により、日常業務の効率化をはかる。また、具体的状況のもとで社内規程の改訂
            の必要が生じた場合、直ちにこれを協議し整備につとめる。
          (Ⅴ)当社およびその親会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

           支配株主グループとの取引は原則行なわないこととし、取引を行なうこと自体に合理性(事業上の必要性)
          があること、および取引条件の妥当性(他の取引先と同等の条件であり、個別にその条件の妥当性が確認でき
          る)があることが担保される場合に限り、取締役会決議により取引の開始・変更の決定を行なう。
          (Ⅵ)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制、当該使

            用人の取締役からの独立性および当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
          (ⅰ)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、当社はこれに対応する。当該使用人の
            選定および管理の方法は、監査役の同意を得る。
          (ⅱ)(ⅰ)により選定された使用人は、監査役の命令にしたがいその職務を遂行する。
          (ⅲ)当該使用人の任命、異動、人事考課等は、監査役の同意を得る。
          (Ⅶ)取締役および使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制ならびに報告を

            した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する体制
          (ⅰ)監査役は取締役会等重要と思われる会議に出席し、審議事項に関して必要があるとき、または求めに応
            じて意見を述べることができる。また、取締役および使用人に対して口頭または文書による業務報告を求
            め、必要に応じてその基礎資料を徴求する。
          (ⅱ)取締役および使用人は、取締役会その他の重要会議を通じて、または直接監査役に対して法定の事項に
            加え、次の事項について定期的またはすみやかに報告する。
            (あ)会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項
            (い)毎月の経営状況として重要な事項
                                  59/115

                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (う)内部監査およびリスク管理に関する重要な事項
            (え)重大なコンプライアンス違反事項
            (お)外部からのクレームでリスク管理に関する重要な事項
            (か)その他コンプライアンスに係る重要な事項
          (ⅲ)監査役へ報告を行なった取締役および使用人に対し、当該報告を行なったことを理由として不利な取扱
            いを行なうことを禁止し、その旨を取締役および使用人に対して周知する。
          (Ⅷ)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる

            費用または債務の処理に係る方針に関する事項
           監査役が、その職務の執行について生ずる費用の前払または償還の請求をしたときは、当該監査役の職務に
          必要でないと認められた場合を除き、すみやかに当該費用または債務を処理する。
          (Ⅸ)その他監査役の監査が実効的に行なわれることを確保するための体制

          (ⅰ)監査役は、監査の実効性を確保するために必要な相互の意思疎通を図る目的で、代表取締役                                             社長  、内部
            監査部門および会計監査人との間で、それぞれ定期的に意見交換会を開催する。
          (ⅱ)監査役は、監査の実施上必要と認めるときは、弁護士、公認会計士、コンサルタントその他の外部専門
            家を独自に活用することができる。
          (Ⅹ)信頼性のある財務報告を確保するための体制

          (ⅰ)財務報告の作成にあたっては、法令および一般に公正妥当な会計基準に準拠した経理規程を定める。
          (ⅱ)代表取締役社長は、信頼性のある財務報告を確保するための内部統制システムの整備状況および運用状
            況について自ら評価し、内部統制報告書として結果報告を行なうとともに、不備事項については適時に改
            善を実施する。
          (XI)反社会的勢力排除に向けた体制

           当社は、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力とは一切関わりを持たず、また不当な
          要求に対しては組織全体として毅然とした姿勢で対応することとする。
         (b)   リスク管理体制の整備の状況

          当社は、法務リスク、運用リスク、事務リスク、システムリスクおよび財務リスクを総合リスクと定め、総合
         リスクを考慮して、経営計画等の策定および組織の編成ならびにリスク管理体制の整備等を行なう総合リスク管
         理を行なっております。また、取締役会は、総合リスクを把握するため、総合リスクの管理担当部室としての総
         務部に対し、必要な報告を求めることとしております。
          取締役   および   従業員のコンプライアンス体制として、「コンプライアンス規程」を制定し、コンプライアンス
         部を設置し、当社のコンプライアンスおよび法務リスク管理全般について、関係諸法令や公共性の観点から審議
         し、企業の社会的責任を深く自覚し、社会の利益                       および   法令を遵守しながら、収益性をもって事業活動を行なっ
         ております。      また、コンプライアンス部が、各部門に置いたコンプライアンス担当者を通じて、業務執行などに
         関する情報を収集・共有できるようにすることで、法務リスクの迅速な把握と未然防止に努めております。
          また、当社は、        職務執行上取得した情報の取り扱いに十分な注意を払っており、                              「自主点検規程」、「内部者
         取引の未然防止についての規則」、「役職員等の株式等の自己取引に関する規則」、「信託財産等の運用関係役
         職員等の株式等の自己取引に関する規則」、「苦情・紛争処理規程」、「個人情報保護規程」、「特定個人情報
         等保護取扱規程」等を制定し、              不適切な情報の取り扱いにより、               当社の利益が毀損されることを防止する体制を
         整備しております。
         (c)信託財産等の運用・管理体制                の整備の状況

          当社は、信託財産等の運用における忠実義務の履行と不正・過誤の防止のため、以下の体制を整備していま
         す。
          (Ⅰ)  投資政策委員会を中心とした運用体制の構築
           信託財産等の運用執行は、ファンドマネージャーが策定し、投資政策委員会において審議・決定された「運
          用計画書」にしたがい、ファンドマネージャーが行ないます。また、法令、信託約款および社内規程等の遵守
          状況については、チーフ・コンプライアンスオフィサーおよびコンプライアンス部長が、投資政策委員会にお
          いてチェックを行なっています。
                                  60/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          <投資政策委員会>
          ・代表取締役社長、取締役(社外取締役を除く。)、チーフ・インベストメントオフィサー、チーフ・コンプ
          ライアンスオフィサー、運用本部長、営業本部長、管理本部長、運用部長、コンプライアンス部長等がメン
          バーとなり、原則として、毎月1回会議を開催します。
          ・ 「基本計画書」(ファンドの諸方針等を定めるものをいいます。)、投資環境の分析、市場動向の見通し等
          をふまえて、原則として、毎月作成する「運用計画書」等を審議・決定するほか、運用実績や運用リスクの調
          査分析を行ないます。
          ・コンプライアンスの観点から計画書の検証も行なわれます。
          (Ⅱ)  フィデューシャリー・デューティー委員会による受益者保護の確保








           当社では、代表取締役社長がチーフ・インベストメントオフィサーおよびファンドマネージャーを兼ねるこ
          とがあるため、ガバナンスもしくは運用に関する知識もしくは経験を有する社外有識者または当社取締役のう
          ちファンドの運用に直接関与しない者である委員5名(うち、社外有識者3名を含む。)から構成されるFD委
          員会を設置し、チーフ・インベストメントオフィサーおよびファンドマネージャーに対する牽制機能を強化す
          るとともに、信託財産の受益者保護を図っております。FD委員会は、チーフ・インベストメントオフィサーお
          よびファンドマネージャーの業務遂行の適切性を評価し、チーフ・インベストメントオフィサーの指名に関し
          て代表取締役社長に対し、ファンドマネージャーの指名に関してチーフ・インベストメントオフィサーに対
          し、それぞれ提案を行ないます。代表取締役社長およびチーフ・インベストメントオフィサーには、FD委員会
          の提案を尊重する義務が課せられています。また、FD委員会における報告の実施状況、委員から出された意
          見、助言、評価、提案等は、取締役会に報告されます。
        ②内部監査および監査役監査の状況

         代表取締役社長直轄の内部監査室は、専任の内部監査室担当者3名、兼任の内部監査室担当者1名の計4名で構
        成されており、内部監査計画書に基づき業務全般に関して監査を実施し、監査結果                                      および   改善点について、        代表取
        締役社長、取締役会、監査役会等               に報告しております。これに対して、監査役は、取締役会等の重要な会議に出席
        し、各取締役の業務執行の適法性に関して、公正・客観的な立場から監査を実施しております。監査役は、会計監
        査人・内部監査室と相互に連携を密にし、コンプライアンス体制                              の構築・運用に係る取締役の業務執行に対する監
        査 を含めた業務監査        および   会計監査を実施しております。なお、社外監査役である加賀谷達之助と和田耕児は、公
        認会計士の資格を有し、財務             および   会計に関する知見を有しております。
         監査役と内部監査室は必要に応じて意見                    および   情報の交換を行なうとともに、会計監査人とも相互に情報を交換
        して監査を実施しております。
                                  61/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③会計監査の状況
         当社は、東陽監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。第15期において業務を執行した公認会
        計士の氏名     および   業務に係る補助者の構成は次のとおりであります。継続監査年数に関しては、全員が7年以内の
        ため記載を省略しております。なお、当社と同監査法人または業務執行社員との間には、特別の利害関係はありま
        せん。
         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、宝金正典および水戸信之であり、会計監査業務に係る補助者は、
        公認会計士8名、その他1名であり、東陽監査法人に所属しております。
        ④社外取締役および社外監査役

         本書提出日現在、当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名を選任しております。
        社外取締役     および   社外監査役は、取締役会の監督機能の強化および監査役の監査機能強化のため、当社にとって重
        要であると考えております。社外取締役は、                     経営陣や支配株主から独立した立場から、                    議決権を有する取締役会の
        一員として、審議        および   決議に参加することで、取締役会としての監督機能の向上に努めております。また、社外
        監査役による取締役会での発言は経営の客観性、適正な取締役会の運営に貢献しております。なお、当社と社外監
        査役の間には、人的関係、            資本的関係、取引関係          その他の利害関係はありません。
         社外取締役      藤本隆は、金融業界における幅広い経験と豊富な知識を有しており、他の取締役を監督し、取締役会
        の意思決定の合理性を確保するための助言・提言を得られると判断し選任しております。なお、同氏と当社の間に
        は人的関係、資本的関係、取引関係、その他の利害関係はありません。
         社外取締役松本守祥は、日本のみならず海外への成長投資に対して深い知見を有していることから、他の取締役
        を監督し、取締役会の意思決定の合理性を確保するための助言・提言を得られると判断し選任しております。な
        お、同氏は、当社株主であるWM              グロース3号投資事業有限責任組合                 の無限責任組合員(WMパートナーズ株式会社)
        の代表を務めております。
         社外監査役加賀谷達之助は、監査法人に長年勤め、公認会計士としての専門的な知識と幅広い経験を有している
        ことから専門的見地を活かし、独立的な立場から経営を監査することができると判断し選任しております。
         社外監査役安田和弘は、弁護士として豊富な業務経験と高度な専門性を有していることから専門的見地を活か
        し、独立的な立場から経営を監査することができると判断し選任しております。
         社外監査役和田耕児は、監査法人に長年勤め、公認会計士としての専門的な知識と幅広い経験を有していること
        から専門的見地を活かし、独立的な立場から経営を監査することができると判断し選任しております。
         当社においては、社外取締役または社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準または方針は定
        めておりませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣から独立した立場で社外役員
        としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断し、また会社法                                        および   株式会社東京証券取
        引所の独立役員の独立性に関する判断基準を参考にしております。
        ⑤役員報酬等

        (ア)   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額                         および   対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる役
                   報酬等の総額
          役員区分                                            員の員数
                    (千円)
                                 ストックオ
                                                       (人)
                            基本報酬              賞与     退職慰労金
                                 プション
      取締役
                      118,462       101,397         -     17,065         -        ▶
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                         -       -       -       -       -       -
      (社外監査役を除く。)
                       2,480       2,480        -       -       -        1
      社外取締役
                       14,260       14,260         -       -       -        3
      社外監査役
     (注)取締役の報酬額には、使用人兼務取締役としての給与                            および   賞与は含まれておりません。
        (イ)   役員ごとの連結報酬等の総額

         報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                  62/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (ウ)使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの
        総額       対象となる役員の員数
                                           内容
       (千円)            (人)
          31,752                 3
                            運用本部長、営業本部長、管理本部長としての給与であります。
        (エ)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容                                および   決定方法

         取締役の報酬は、株主総会で承認された報酬総額の範囲内で、各取締役の貢献度、会社の業績等を勘案して決定
        しております。また、監査役の報酬は、株主総会で承認された報酬総額の範囲内で、監査役の協議により決定して
        おります。
         取締役の報酬限度額は、平成30年6月28日開催の定時株主総会において年額600百万円以内(ただし、使用人分
        給与は含まない。)と決議されております。監査役の報酬限度額は、平成16年6月22日開催の定時株主総会におい
        て年額50百万円以内と決議されております。
        ⑥株式の保有状況

        (ア)   投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数                                および   貸借対照表計上額の合計額
         該当事項はありません。
        (イ)   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額                                            および   保有

          目的
         前事業年度
         該当事項はありません。
         当事業年度

         該当事項はありません。
        (ウ)   保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度                        および   当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並

          びに当事業年度における受取配当金、売却損益                      および   評価損益の合計額
                    前事業年度

                                       当事業年度(千円)
                    (千円)
           区分
                  貸借対照表計上        貸借対照表計上        受取配当金の合        売却損益の合計        評価損益の合計
                  額の合計額        額の合計額        計額        額        額
                         0        0        -        -    (注)
      非上場株式
                         -        -        -        -        -

      上記以外の株式
     (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益
        の合計額」は記載しておりません。
        ⑦取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
        ⑧取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
        が出席し、その議決権の過半数をもって行なう旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票に
        よらないものとする旨定款に定めております。
        ⑨株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

        (ア)   中間配当
         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当
        を行なうことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
        す。
                                  63/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (イ)自己株式の取得
         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨
        を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取
        引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ⑩責任限定契約の内容の概要

         当社と社外取締役         および   社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
        任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、                                       法令で定める最低限度額であ
        ります。    なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂
        行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
             最近事業年度の前事業年度                               最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              7,700               300             8,700               300

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          該当事項はありません。
         (最近事業年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          当社が監査公認会計士等に対して支払っている非監査業務の内容は、顧客資産の分別管理の法令遵守に関する
         検証業務であります。
         (最近事業年度)

          当社が監査公認会計士等に対して支払っている非監査業務の内容は、顧客資産の分別管理の法令遵守に関する
         保証業務であります。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査計画、監査内容、監査日数、当社の規模等を勘
         案し、監査役会の同意を得て決定しております。
                                  64/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
      (1)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)並びに同
       規則第2条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づき作成しておりま
       す。
      (2)  当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)  並びに同    規則第54条及び第73条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52
       号)に基づき作成しております。
      2.監査証明について

      (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31
       日まで)及び当事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、東陽監査法人により
       監査を受けております。
      (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成30年7月1日から平成30
       年9月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行なっております。具体的には、会計基準等の内容
       を適切に把握し、会計基準等の変更等についても的確に対応できる体制を整備するため、外部研修等への参加を行
       なっております。
                                  65/115












                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        767,152              683,475
         現金及び預金
                                        650,000              330,000
         顧客分別金信託
                                         2,215              56,026
         前払費用
                                        641,092             2,384,184
         未収委託者報酬
                                         43,372              60,272
         未収投資顧問報酬
                                        132,456               30,857
         繰延税金資産
                                         2,438              15,770
         その他
                                       2,238,728              3,560,586
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         54,059              145,201
          建物
                                        △ 23,055             △ 29,186
            減価償却累計額
            建物(純額)                             31,004              116,015
                                         2,620              16,324
          工具、器具及び備品
                                        △ 1,363             △ 2,706
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              1,257              13,617
                                         32,262              129,632
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         15,131              14,495
          ソフトウエア
                                         15,131              14,495
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           167              201
          投資有価証券
                                           768             2,496
          長期前払費用
                                           -            174,438
          敷金
                                           936            177,136
          投資その他の資産合計
                                         48,329              321,264
         固定資産合計
                                       2,287,057              3,881,851
       資産合計
                                  66/115









                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※ 550,000              ※ 380,000
         短期借入金
                                        714,579              590,329
         預り金
                                         28,539              52,071
         未払金
                                        255,907              952,120
         未払費用
                                         2,280              27,722
         未払法人税等
                                         18,722              91,327
         未払消費税等
                                           196              198
         前受収益
                                         42,623              64,497
         賞与引当金
                                         5,134              5,799
         役員賞与引当金
                                       1,617,984              2,164,066
         流動負債合計
       固定負債
                                         9,298              12,654
         退職給付引当金
                                         6,627              20,831
         繰延税金負債
                                         36,346              84,437
         資産除去債務
                                         52,272              117,923
         固定負債合計
                                       1,670,257              2,281,990
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        100,000              100,000
         資本金
         資本剰余金
                                        100,000              100,000
          資本準備金
                                        300,010              300,010
          その他資本剰余金
                                        400,010              400,010
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         1,345              1,345
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        115,444             1,098,504
            繰越利益剰余金
                                        116,790             1,099,850
          利益剰余金合計
                                        616,800             1,599,860
         株主資本合計
                                        616,800             1,599,860
       純資産合計
                                       2,287,057              3,881,851
      負債純資産合計
                                  67/115









                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期会計期間
                                (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        765,540
         現金及び預金
                                        400,000
         顧客分別金信託
                                       3,204,705
         未収委託者報酬
                                         69,475
         未収投資顧問報酬
                                         54,094
         その他
                                       4,493,815
         流動資産合計
       固定資産
                                        146,115
         有形固定資産
                                         13,023
         無形固定資産
                                        231,194
         投資その他の資産
                                        390,334
         固定資産合計
                                       4,884,150
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        635,269
         預り金
                                       1,282,925
         未払費用
                                        415,242
         未払法人税等
                                         72,068
         賞与引当金
                                         8,794
         役員賞与引当金
                                        110,854
         その他
                                       2,525,155
         流動負債合計
       固定負債
                                         51,260
         退職給付引当金
                                         80,594
         資産除去債務
                                        131,854
         固定負債合計
                                       2,657,009
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        100,000
         資本金
                                        400,010
         資本剰余金
                                       1,727,130
         利益剰余金
                                       2,227,140
         株主資本合計
                                       2,227,140
       純資産合計
                                       4,884,150
      負債純資産合計
                                  68/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業収益
                                       1,126,909              3,364,874
       委託者報酬
                                        161,376              488,260
       投資顧問報酬
                                       1,288,285              3,853,134
       営業収益合計
      営業費用
                                        385,111             1,234,337
       支払手数料
                                         78,268              164,103
       調査費
                                         43,132              78,234
       営業雑経費
                                         15,482              27,413
         通信費
                                         2,145              2,197
         諸会費
                                         25,504              48,623
         その他
                                        506,512             1,476,674
       営業費用合計
      一般管理費
                                        460,971              636,947
       給料
                                        100,473              118,137
         役員報酬
                                        236,174              271,865
         給料・手当
         賞与                                64,492              162,026
                                         42,623              64,497
         賞与引当金繰入額
                                         9,709              11,266
         役員賞与
                                         5,134              5,799
         役員賞与引当金繰入額
                                         2,364              3,356
         退職給付費用
                                         50,266              62,884
       法定福利費
                                         33,485              38,345
       旅費交通費
                                         1,683              3,331
       租税公課
                                         68,805              106,989
       不動産賃借料
                                         6,236              12,332
       減価償却費
                                        108,719              367,990
       諸経費
                                        730,167             1,228,821
       一般管理費合計
                                         51,605             1,147,638
      営業利益
      営業外収益
                                           36              108
       受取利息
                                           101               -
       投資有価証券売却益
                                           -              34
       投資事業組合利益
                                           60              127
       セミナー収入
                                           -              542
       講演、原稿料等収入
                                           13              41
       その他
                                           211              854
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,050              14,401
       支払利息
       投資事業組合損失                                   133               -
                                         4,870              6,065
       為替差損
                                           29             1,423
       その他
                                         8,083              21,890
       営業外費用合計
      経常利益                                   43,733             1,126,602
                                         43,733             1,126,602
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,290              27,739
                                        △ 74,001              115,803
      法人税等調整額
                                        △ 71,711              143,542
      法人税等合計
                                        115,444              983,060
      当期純利益
                                  69/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第2四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年9月30日)
      営業収益
       委託者報酬                                3,010,897
                                        190,365
       投資顧問報酬
                                       3,201,262
       営業収益合計
                                       ※ 1,322,423
      営業費用
                                        ※ 824,900
      一般管理費
                                       1,053,937
      営業利益
      営業外収益
                                           43
       受取利息
                                         3,052
       為替差益
                                         2,283
       その他
                                         5,379
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,912
       支払利息
                                         3,912
       営業外費用合計
                                       1,055,403
      経常利益
      特別損失
                                         9,335
       固定資産除却損
                                         9,335
       特別損失合計
                                       1,046,068
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   415,249
                                        △ 44,526
      法人税等調整額
                                        370,722
      法人税等合計
                                        675,346
      四半期純利益
                                  70/115











                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                         資本剰余金                利益剰余金
                                                        純  資  産
                                        そ  の  他
                                                   株主資本
                         そ  の  他            利益剰余金                合   計
              資  本  金
                   資   本       資本剰余金     利   益       利益剰余金
                                                   合   計
                         資本剰余
                   準  備  金       合    計  準  備  金       合    計
                                        繰越利益
                         金
                                        剰  余  金
     当期首残高          100,000     100,000    1,079,510     1,179,510       1,345   △ 779,500    △ 778,154     501,355     501,355
     当期変動額
      欠損填補                   △ 779,500    △ 779,500          779,500     779,500       -     -
      当期純利益                                   115,444     115,444     115,444     115,444
     当期変動額合計            -     -  △ 779,500    △ 779,500       -   894,944     894,944     115,444     115,444
     当期末残高
               100,000     100,000     300,010     400,010      1,345    115,444     116,790     616,800     616,800
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                         資本剰余金                利益剰余金
                                                        純  資  産
                                        そ  の  他
                                                   株主資本
                         そ  の  他                            合   計
                                        利益剰余金
              資  本  金
                   資   本       資本剰余金     利   益       利益剰余金
                                                   合   計
                         資本剰余
                   準  備  金       合    計  準  備  金       合    計
                                        繰越利益
                         金
                                        剰  余  金
     当期首残高
               100,000     100,000     300,010     400,010      1,345    115,444     116,790     616,800     616,800
     当期変動額
      当期純利益                                   983,060     983,060     983,060     983,060
     当期変動額合計            -     -     -     -     -   983,060     983,060     983,060     983,060
     当期末残高          100,000     100,000     300,010     400,010      1,345   1,098,504     1,099,850     1,599,860     1,599,860
                                  71/115









                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         43,733             1,126,602
       税引前当期純利益
                                         6,236              12,332
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  27,641              21,873
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,118               664
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  2,364              3,356
                                          △ 36             △ 108
       受取利息
                                         3,050              14,401
       支払利息
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 101               -
       投資事業組合損益(△は益)                                   133              △ 34
       未収委託者報酬の増減額(△は増加)                                △ 177,393            △ 1,743,092
       未収投資顧問報酬の増減額(△は増加)                                 △ 17,192             △ 16,899
       顧客分別金信託の増減額(△は増加)                                △ 450,000              320,000
       その他の資産の増減額(△は増加)                                  △ 700            △ 69,398
       預り金の増減額(△は減少)                                 584,665             △ 124,249
       未払金の増減額(△は減少)                                  21,396              23,107
       未払費用の増減額(△は減少)                                  73,916              696,212
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 3,225              72,604
                                           260              290
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                        115,868              337,664
       小計
                                           36              108
       利息の受取額
                                        △ 3,050             △ 14,401
       利息の支払額
                                         △ 955            △ 2,306
       法人税等の支払額
                                           30               9
       法人税等の還付額
                                        111,930              321,073
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,000                -
       投資有価証券の取得による支出
                                         2,558                -
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 11,499             △ 57,112
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 13,947              △ 3,200
       無形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 174,438
       敷金の差入による支出
                                           456               -
       その他
                                        △ 23,433             △ 234,750
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        400,000             △ 170,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                        400,000             △ 170,000
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -              -
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   488,497              △ 83,677
                                        280,409              768,907
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 768,907              ※ 685,229
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  72/115






                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,046,068
       税引前四半期純利益
                                         11,410
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  7,570
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  2,995
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  38,606
                                          △ 43
       受取利息
                                         3,912
       支払利息
                                         9,335
       固定資産除却損
       未収委託者報酬の増減額(△は増加)                                △ 820,520
       未収投資顧問報酬の増減額(△は増加)                                 △ 9,202
       顧客分別金信託の増減額(△は増加)                                 △ 70,000
       その他の資産の増減額(△は増加)                                  17,750
       預り金の増減額(△は減少)                                  44,939
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 10,241
       未払費用の増減額(△は減少)                                 330,589
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 21,944
                                           68
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                        581,295
       小計
       利息の受取額                                    43
                                        △ 3,912
       利息の支払額
                                        △ 27,729
       法人税等の支払額
                                        549,696
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 38,864
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 700
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 39,564
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 380,000
                                        △ 48,066
       配当金の支払額
                                       △ 428,066
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   82,065
                                        685,229
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 767,295
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                  73/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)売買目的有価証券
              決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は、移動平均法により算定しております。)
            (2)その他有価証券         (営業投資有価証券を含む。)
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
             均法により算定しております。)
             時価のないもの
              投資事業有限責任組合出資金については、当該投資事業組合の直近の決算書の当社持分割合で評価、
             その他については移動平均法による原価法
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
             定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物につい
             ては、定額法を採用しております。
             主な耐用年数は、次のとおりです。
             建物          7~15年
             工具、器具及び備品   5~6年
            (2)無形固定資産
             ソフトウエア
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

             外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
             ります。
           4.引当金の計上基準

            (1)賞与引当金
             従業員の賞与金の支払に備えて、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
            (2)役員賞与引当金
             役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
            (3)退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
             す。退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務
             とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
             クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期資金からなっております。
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  74/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)売買目的有価証券
              決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は、移動平均法により算定しております。)
            (2)その他有価証券         (営業投資有価証券を含む。)
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
             均法により算定しております。)
             時価のないもの
              投資事業有限責任組合出資金については、当該投資事業組合の直近の決算書の当社持分割合で評価、
             その他については移動平均法による原価法
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
             定率法を採用しております。ただし、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物につい
             ては、定額法を採用しております。
             主な耐用年数は、次のとおりです。
             建物          7~15年
             工具、器具及び備品   5~15年
            (2)無形固定資産
             ソフトウエア
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

             外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
             ります。
           4.引当金の計上基準

            (1)賞与引当金
             従業員の賞与金の支払に備えて、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
            (2)役員賞与引当金
             役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
            (3)退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
             す。退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務
             とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
             クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期資金からなっております。
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  75/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (会計方針の変更)
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           建物附属設備及び構築物の減価償却方法
          法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対
          応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及
          び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
          この結果、当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ1,955千円増加しております。
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
         (未適用の会計基準等)

          前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自         平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

          ・「収益認識に関する会計基準」
           (企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
           (企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
           1.概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
           な会計基準の開発を行ない、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
           号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度か
           ら、Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
           員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
           整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
           ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行なわれてきた実務等に配慮
           すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされており
           ます。
           2.適用予定日

            平成34年3月期の期首から適用します。
           3.当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
            ります。
         (追加情報)

          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事
          業年度から適用しております。
           2.賞与支給対象期間の変更
          当社は給与規程の改訂を行ない、6月1日から11月30日まで及び12月1日から5月31日までの支給対象期間を
          4月1日から9月30日まで及び10月1日から3月31日までに変更いたしました。
           これにより、当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ15,879千円減少しておりま
          す。
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
                                  76/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
          ※ 当社は、運転資金の効率的な調達を行なうため、取引銀行1行と当座貸越契約を締結しております。
           この契約に基づく事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
      当座貸越極度額                           1,000,000千円                  3,500,000千円
      借入実行額                            550,000                         380,000
      差引額                            450,000                        3,120,000
         なお、上記当座貸越契約においては、資金使途に関する審査を借入の条件としているため、必ずしも全額が借入
         実行されるものではありません。
         (株主資本等変動計算書関係)

          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
      普通株式                      120,166            -         -       120,166

             合計               120,166            -         -       120,166

           2.配当に関する事項

             該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
      普通株式                      120,166            -         -       120,166

             合計               120,166            -         -       120,166

      (注)   平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行なっておりますが、上記は当該株式分割前の株
         式数で記載しております。
           2.  配当に関する事項

           ( 1)配当金支払額
             該当事項はありません。
           (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                     配当金の総額               1株当たり
       (決議)
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)             配当額(円)
     平成30年6月28日

               普通株式         48,066     利益剰余金           400   平成30年3月31日         平成30年6月29日
      定時株主総会
      (注)   平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行なっております。「1株当たり配当額」につき
         ましては、当該株式分割前の金額を記載しております。
                                  77/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年4月1日                  (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
     現金及び預金勘定                               767,152千円                  683,475千円
     預け金(流動資産その他)                                1,754                  1,754
     現金及び現金同等物                               768,907                  685,229
         (リース取引関係)

          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           1.ファイナンス・リース取引
            該当事項はありません。
           2.オペレーティング・リース取引
            (借主側)
             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                 (単位:千円)
                             当事業年度
                           (平成30年3月31日)
                                  165,164
     1年内
     1年超                             475,695

             合計                     640,859

         (金融商品関係)

          前事業年度(自         平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、資金運用については、短期的な預金等に限定し、親会社及び金融機関からの借入により資金
             を調達しております。なお、デリバティブ取引は行なわない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク
              営業債権である未収投資顧問報酬のうち助言契約に基づく債権は、顧客の信用リスクに晒されており
             ます。また、外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。
              有価証券及び投資有価証券は、主として投資事業組合への出資であり、市場価格の変動リスクに晒さ
             れております。
              債務である未払費用及び預り金は、そのほとんどが6ヶ月以内の支払期日であります。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制
             ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権については、諸規程等に沿って経理財務部が顧客相手ごとに残高を管理しております。
             ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行会社の財務状況等の把握を行なっており
             ます。
             ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
              各部署からの計画に基づき経理財務部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
             維持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を
             採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  78/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
            ことが極めて困難と認められるものは次表には含まれておりません((注2)を参照)。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          767,152            767,152              -

      (2)顧客分別金信託                          650,000            650,000              -
      (3)未収委託者報酬                          641,092            641,092              -

      (4)未収投資顧問報酬                           43,372            43,372              -
       資産計                        2,101,617            2,101,617               -

                                550,000
      (1)短期借入金                                      550,000              -
      (2)預り金                          714,579            714,579              -
      (3)未払金                           28,539            28,539              -

      (4)未払費用                          255,907            255,907              -

      (5)未払法人税等                           2,280            2,280             -

      (6)未払消費税等                           18,722            18,722              -
                               1,570,029
       負債計                                    1,570,029               -
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)顧客分別金信託、(3)未収委託者報酬、及び(4)未収投資顧問報酬
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         負 債
          (1)短期借入金、(2)預り金、(3)未払金、(4)未払費用、(5)未払法人税等、及び
          (6)未払消費税等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                    (単位:千円)
                                 当事業年度

                 区分
                               (平成29年3月31日)
          非上場株式                                0
          投資事業組合出資金                               167

           これらについては、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることが出来ず、時価を把握す
          ることが極めて困難と認められるものであるため、金融商品の時価等に関する事項には含めておりません。
        3.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      767,152            -         -         -

      顧客分別金信託                      650,000            -         -         -
      未収委託者報酬                      641,092            -         -         -

      未収投資顧問報酬                       43,372           -         -         -
                           2,101,617

             合計                           -         -         -
         4.短期借入金の決算日後の返済予定額

                                  79/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              550,000          -       -       -       -       -

                    550,000

          合計                    -       -       -       -       -
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、資金運用については、短期的な預金等に限定し、親会社及び金融機関からの借入により資金
             を調達しております。なお、デリバティブ取引は行なわない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク
              営業債権である未収投資顧問報酬のうち助言契約に基づく債権は、顧客の信用リスクに晒されており
             ます。また、外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。
              有価証券及び投資有価証券は、主として投資事業組合への出資であり、市場価格の変動リスクに晒さ
             れております。
              債務である未払費用及び預り金は、そのほとんどが6ヶ月以内の支払期日であります。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制
             ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権については、諸規程等に沿って経理財務部が顧客相手ごとに残高を管理しております。
             ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行会社の財務状況等の把握を行なっており
             ます。
             ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
              各部署からの計画に基づき経理財務部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の
             維持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を
             採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  80/115










                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
              貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
             ることが極めて困難と認められるものは次表には含まれておりません((注2)を参照)。
                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          683,475            683,475              -

      (2)顧客分別金信託                          330,000            330,000              -
      (3)未収委託者報酬                         2,384,184            2,384,184               -

      (4)未収投資顧問報酬                           60,272            60,272              -
       資産計                        3,457,932            3,457,932               -

                                380,000
      (1)短期借入金                                      380,000              -
      (2)預り金                          590,329            590,329              -
      (3)未払金                           52,071            52,071              -

      (4)未払費用                          952,120            952,120              -

                                            27,722
      (5)未払法人税等                           27,722                          -
                                            91,327
      (6)未払消費税等                           91,327                          -
                               2,093,571            2,093,571
       負債計                                                   -
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)顧客分別金信託、(3)未収委託者報酬、及び(4)未収投資顧問報酬
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         負 債
          (1)短期借入金、(2)預り金、(3)未払金、(4)未払費用、(5)未払法人税等、及び
          (6)未払消費税等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                    (単位:千円)
                                 当事業年度

                 区分
                               (平成30年3月31日)
          非上場株式                                0
          投資事業組合出資金                               201

          敷金                             174,438

           これらについては、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることが出来ず、時価を把握す
          ることが極めて困難と認められるものであるため、金融商品の時価等に関する事項には含めておりません。
                                  81/115






                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      683,475            -         -         -

      顧客分別金信託                      330,000            -         -         -
      未収委託者報酬                     2,384,184             -         -         -

      未収投資顧問報酬                       60,272           -         -         -
                           3,457,932

             合計                           -         -         -
         4.短期借入金の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                    380,000
      短期借入金                        -       -       -       -       -
                    380,000
          合計                    -       -       -       -       -
         (有価証券関係)

          前事業年度(      自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日                      )
           重要性がないため記載を省略しております。
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           重要性がないため記載を省略しております。
         (退職給付関係)

          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.採用している退職給付制度の概要
            当社は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付制度を採用しております。退職一時金制度
            (非積立型制度であります。)では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しており
            ます。
            なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算しておりま
            す。
           2.簡便法を適用した確定給付制度

            (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                当事業年度
                            (自 平成28年4月1日
                             至 平成29年3月31日)
     退職給付引当金の期首残高                                6,934千円
      退職給付費用                               2,364
      退職給付の支払額                                 -
      その他                                 -
     退職給付引当金の期末残高                                9,298
                                  82/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)退職給付債務と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表
                                当事業年度
                             (平成29年3月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                9,298千円
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                9,298
     退職給付引当金                                9,298

     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                9,298
            (3)退職給付費用

                                当事業年度
                            (自 平成28年4月1日
                             至 平成29年3月31日)
     簡便法で計算した退職給付費用                                2,364千円
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           1.採用している退職給付制度の概要
            当社は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付制度を採用しております。退職一時金制度
            (非積立型制度であります。)では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しており
            ます。
            なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算しておりま
            す。
           2.簡便法を適用した確定給付制度

            (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                当事業年度
                            (自 平成29年4月1日
                             至 平成30年3月31日)
     退職給付引当金の期首残高                                9,298千円
      退職給付費用                               3,356
      退職給付の支払額                                 -
      その他                                 -
     退職給付引当金の期末残高                                12,654
            (2)退職給付債務と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                当事業年度
                             (平成30年3月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                12,654千円
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                12,654
     退職給付引当金                                12,654

     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                12,654
            (3)退職給付費用

                                当事業年度
                            (自 平成29年4月1日
                             至 平成30年3月31日)
     簡便法で計算した退職給付費用                                3,356千円
                                  83/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第4回新株予約権
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 18名

     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 5,952株
     数(注)
     付与日                    平成27年12月1日
                         付与日(平成27年12月1日)以降、
     権利確定条件                    権利確定日(平成29年9月30日)ま
                         で継続して勤務していること。
                         自 平成27年12月1日
     対象勤務期間
                         至 平成29年9月30日
                         自 平成29年10月1日
     権利行使期間
                         至 平成37年8月31日
      (注) 株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当事業年度(平成29年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                              第4回新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                                5,952

      付与                                  -

      失効                                 110

      権利確定                                  -

      未確定残                                5,842

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -

      権利確定                                  -

      権利行使                                  -

      失効                                  -

      未行使残                                  -

             ② 単価情報

                              第4回新株予約権
     権利行使価格               (円)                   3,132

     行使時平均株価               (円)                    -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -

           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

                                  84/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             当社は、未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法は、単位当たりの
            本源的価値の見積によっております。また、単位当たりの本源的価値の算定の基礎となる自社の株式の評
            価方法は、DCF法、修正簿価純資産法及び類似会社比較法の平均価額をもって総合評価しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
            す。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行なう場合の当事業年度末における本源

             的価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本
             源的価値の合計額
            ①当事業年度末における本源的価値の合計額            26,592千円
            ②当事業年度において権利行使されたストック・オプションの
             権利行使日における本源的価値の合計額               -千円
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第4回新株予約権                  第5回新株予約権
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 18名                  当社従業員 3名

     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 5,952株                  普通株式 158株
     数(注)
     付与日                    平成27年12月1日                  平成29年8月1日
                         付与日(平成27年12月1日)以降、                  付与日(平成29年8月1日)以降、
     権利確定条件                    権利確定日(平成29年9月30日)ま                  権利確定日(平成31年6月30日)ま
                         で継続して勤務していること。                  で継続して勤務していること。
                         自 平成27年12月1日                  自 平成29年8月1日
     対象勤務期間
                         至 平成29年9月30日                  至 平成31年6月30日
                         自 平成29年10月1日                  自 平成31年7月1日
     権利行使期間
                         至 平成37年8月31日                  至 平成39年5月31日
      (注) 株式数に換算して記載しております。
                                  85/115









                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当事業年度(平成30年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                              第 ▶ 回新株予約権                 第 5 回新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                                5,842                    -

      付与                                  -                  158

      失効                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                                5,842                   158

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                                  -                  -

             ② 単価情報

                              第4回新株予約権                  第5回新株予約権
     権利行使価格               (円)                   3,132                  7,684

     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -                  -

           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             当社は、未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法は、単位当たりの
            本源的価値の見積によっております。また、単位当たりの本源的価値の算定の基礎となる自社の株式の評
            価方法は、DCF法、修正簿価純資産法及び類似会社比較法の平均価額をもって総合評価しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
            す。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行なう場合の当事業年度末における本源

             的価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本
             源的価値の合計額
            ①当事業年度末における本源的価値の合計額                                           159,408千円
            ②当事業年度において権利行使されたストック・オプションの
             権利行使日における本源的価値の合計額               -千円
                                  86/115





                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(平成29年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成29年3月31日)
            繰延税金資産
             賞与引当金                             14,406千円
             退職給付引当金                             3,123
             未払費用                             2,685
                                           310
             一括償却資産
             役員賞与引当金                             1,735
             減価償却超過額                               97
             減損損失                               47
                                           100
             営業投資有価証券評価損
             未払事業所税                              477
                                          12,208
             資産除去債務
                                         370,487
             繰越欠損金
            繰延税金資産小計                             405,680
                                        △273,224
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                         132,456
            繰延税金負債
                                         △6,627
             資産除去債務に対応する除去費用
                                         △6,627
            繰延税金負債合計
                                         125,828
            繰延税金資産の純額
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                        当事業年度
                                     (平成29年3月31日)
            法定実効税率
                                            33.8%
            (調整)
                                            5.2
             住民税均等割
             評価性引当額の増減                             △201.7
                                           △1.3
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                              △164.0
                                  87/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(平成30年3月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成30年3月31日)
            繰延税金資産
             賞与引当金                             22,309千円
             退職給付引当金                             4,377
             未払費用                             3,448
                                          3,113
             一括償却資産
             役員賞与引当金                             2,005
             減価償却超過額                              250
             減損損失                               41
                                           103
             営業投資有価証券評価損
             未払事業所税                              843
             未払事業税等                             2,470
                                          29,207
             資産除去債務
                                          4,153
             繰延資産償却
            繰延税金資産小計                              72,326
                                         △38,382
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                          33,944
            繰延税金負債
             資産除去債務に対応する除去費用                            △22,078
                                         △1,839
             前払費用
                                         △23,918
            繰延税金負債合計
                                          10,025
            繰延税金資産の純額
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                        当事業年度
                                     (平成30年3月31日)
            法定実効税率
                                            34.8%
            (調整)
                                            0.2
             住民税均等割
             所得拡大促進税制による特別控除                              △0.1
             評価性引当額の増減                              △20.8
                                           △1.4
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                                12.7
                                  88/115








                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (資産除去債務関係)
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
            イ.当該資産除去債務の概要
              事務所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
            ロ.当該資産除去債務の金額の算定方法

              使用見込期間を取得から7~15年と見積り、割引率は0.000~1.395%を使用して資産除去債務の金額
             を計算しております。
            ハ.当該資産除去債務の総額の増減

                                当事業年度

                            (自 平成28年4月1日
                             至 平成29年3月31日)
     期首残高                                18,630千円
     有形固定資産の取得に伴う増加額                                17,456
     時の経過による調整額                                  259
     資産除去債務の履行による減少額                                  -
     その他増減額(△は減少)                                  -
     期末残高                                36,346
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
            イ.当該資産除去債務の概要
              事務所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
            ロ.当該資産除去債務の金額の算定方法

              使用見込期間を取得から7~15年と見積り、割引率は0.000~1.395%を使用して資産除去債務の金額
             を計算しております。
            ハ.当該資産除去債務の総額の増減

                                当事業年度

                            (自 平成29年4月1日
                             至 平成30年3月31日)
     期首残高                                36,346千円
     有形固定資産の取得に伴う増加額                                47,802
     時の経過による調整額                                  288
     資産除去債務の履行による減少額                                  -
     その他増減額(△は減少)                                  -
     期末残高                                84,437
                                  89/115






                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
          前事業年度(自 平成28年4月1日                   至 平成29年3月31日)
           当社は、投信投資顧問事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          当事業年度(自 平成29年4月1日                   至 平成30年3月31日)

           当社は、投信投資顧問事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
            投信投資顧問事業の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
           2.地域ごとの情報

            (1)営業収益
                          (単位:千円)
        日本         欧州         合計

         1,164,112          124,172        1,288,285
      (注) 営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
            を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
            略しております。
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
            投信投資顧問事業の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
           2.地域ごとの情報

            (1)営業収益
                          (単位:千円)
        日本         欧州         合計

         3,413,298          439,835        3,853,134
      (注) 営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
            を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略
           しております。
                                  90/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
          前事業年度(自 平成28年4月1日                   至 平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年4月1日                   至 平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前事業年度(自 平成28年4月1日                   至 平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年4月1日                   至 平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前事業年度(自 平成28年4月1日                   至 平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年4月1日                   至 平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           1.関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                              議決権等の

                     資本金又
                         事業の内     所有(被所     関連当事者           取引金額         期末残高
       種類    会社等の名称       所在地    は出資金                    取引の内容           科目
                         容     有)割合     との関係
                                              (千円)         (千円)
                     (百万円)
                              (%)
                                         資金の返済      150,000     -      -
          ㈱ISホール      東京都千              (被所有)
                                         被債務保証      550,000     -      -
     親会社                    持株会社          被債務保証
                       600
          ディングス      代田区
                              直接 53.5
                                         支払利息        672    -      -
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           (1)金融機関からの借入に対して、極度額1,100百万円の債務保証枠を受けております。
           (2)資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

             親会社情報
             ㈱3A(非上場)
             ㈱ISホールディングス(非上場)
                                  91/115






                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
           1.関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                              議決権等の

                     資本金又
                         事業の内     所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
       種類    会社等の名称      所在地    は出資金                    取引の内容           科目
                         容     有)割合     との関係           (千円)          (千円)
                     (百万円)
                              (%)
                                         資金の借入
                                               530,000     -      -
          ㈱ISホール      東京都千              (被所有)
                                         資金の返済      530,000     -      -
     親会社                  600  持株会社          資金の借入
          ディングス      代田区              直接 53.5
                                         支払利息        193    -      -
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

             親会社情報
             ㈱3A(非上場)
             ㈱ISホールディングス(非上場)
         (1株当たり情報)

          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                当事業年度
                             (自 平成28年4月1日
                              至 平成29年3月31日)
     1株当たり純資産額                               51.33円

     1株当たり当期純利益金額                               9.61円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場
           であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行なっております。当事業年
           度の期首に当該分割が行なわれたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定して
           おります。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当事業年度
                             (自 平成28年4月1日
                              至 平成29年3月31日)
     当期純利益金額(千円)                              115,444

                                      -
     普通株主に帰属しない金額(千円)
     普通株式に係る当期純利益金額(千円)                              115,444

                                  12,016,600
     普通株式の期中平均株式数(株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                      新株予約権1種類
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      (新株予約権の数5,842個)
     かった潜在株式の概要                      なお、新株予約権の概要は「第4
                            提出会社の状況         1   株式等の
                           状況    (2)新株予約権等の状況
                           ①  ストックオプション制度の内
                           容」に記載のとおりであります。
                                  92/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                当事業年度
                             (自 平成29年4月1日
                              至 平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                              133.14円

     1株当たり当期純利益金額                               81.81円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場
           であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行なっております。前事業年
           度の期首に当該分割が行なわれたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定して
           おります。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当事業年度

                             (自 平成29年4月1日
                              至 平成30年3月31日)
     当期純利益金額(千円)                              983,060

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                -

     普通株式に係る当期純利益金額(千円)                              983,060

     普通株式の期中平均株式数(株)                            12,016,600

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                      新株予約権2種類
     1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      (新株予約権の数6,000個)
     かった潜在株式の概要                      なお、新株予約権の概要は「第4
                            提出会社の状況         1   株式等の
                           状況    (2)新株予約権等の状況
                           ①  ストックオプション制度の内
                           容」に記載のとおりであります。
                                  93/115











                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
       前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
       新株予約権(ストック・オプション)の発行
        当社は、平成29年6月14日開催の取締役会において、会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づき、                                                   当社
       の従業員に対し、特に有利な条件によりストック・オプションとして新株予約権を割り当てること及び当該新株予
       約権の募集事項の決定を当社取締役会に委任することにつき承認を求める議案を、平成29年6月29日開催予定の                                                    第
       14回定時株主総会に付議することを決議し、同日付の第14回定時株主総会に                                   て承認可決されました。
       当該新株予約権の発行内容は、以下のとおりであります。

       (1)新株予約権の総数
         158個を上限とする。
       (2)新株予約権の割当日
         平成29年6月29日から1年以内の日で、当社取締役会で決定する日
       (3)新株予約権の目的である株式の種類及び数
         普通株式 158株(新株予約権1個当たりの目的である株式の数 1株)を上限とする。
         なお、当社が当社普通株式につき株式分割又は株式併合を行なう場合、次の算式により目的である株式                                                の数を
        調整するものとする。ただし、かかる調整は新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的
        である株式の数についてのみ行なわれ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとす
        る。
        調整後株式数=調整前株式数              ×分割・併合の比率
       (4)新株予約権の払込金額
         無償とする。
       (5)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
         新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、その金額は、新株予約権1個当たり、新株予約権の行
        使により発行する株式1株当たりの払込金額(以下、「行使価額」という。)に、上記(3)に定める新株予約権1
        個当たりの目的である株式の数を乗じた金額とし、当初の行使価額は金7,684円とする。
         ただし、下記(6)に定める事由が生じた場合、上記行使価額も同様に調整される。
       (6)行使価額の調整
        ① 新株予約権発行後、以下の各事由が生じたときは、以下の各規定に従い行使価額を調整するものとする。
         ア 当社が株式分割又は株式併合を行なう場合
                                     1
                            ×
      調整後行使価額         =  調整前行使価額
                                  分割・併合の比率
           調整後の行使価額は、株式分割の場合はその基準日の翌日以降、株式併合の場合はその効力発生日以降、
           これを適用する。
         イ 当社が時価(下記②イに規定される時価をいう。以下同じ。)を下回る価額(無償割                                         当ての場合を含
           む。)で普通株式を発行し又は当社の保有する普通株式を処分する場合(新株予約権(新株予約権付社債
           に付されたものを含む。)の行使による場合、又は当社の発行した取得請求権付株式、取得条項付株式も
           しくは取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の取得と引換えに行なう場合
           を除く。)
                                 新規発行株         1株当たり払
                                        ×
                         既発行
                                   式数         込金額
                               +
                         株式数
      調整後         調整前                         時価
             =         ×
      行使価額         行使価額
                             既発行株式数+新規発行株式数
           上記算式中の既発行株式数には当社が保有する普通株式を含まないものとし、また、新規発行株式数                                              には

           処分する当社が保有する普通株式数を含むものとし、その場合の1株当たり払込金額は1株当たり処分価
           額と読み替えるものとする。
           調整後の行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最                                              終日
           とする。以下同じ。)の翌日以降、また、当社の普通株式の株主(以下、「普通株主」という。)に割当
           てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
         ウ   当社が時価を下回る価額をもって普通株式を発行しもしくは当社の保有する普通株式                                       を処分する旨の定め
           がある取得請求権付株式、取得条項付株式もしくは取得条項付新株予約権を発行する場合、又は時価を下
           回る価額をもって普通株式を発行しもしくは当社の保有する普通株式を処分することを請求できる新株予
           約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行する場合調整後の行使価額は、発行される取得
           請求権付株式、取得条項付株式もしくは取得条項付新株予約権又は新株予約権のすべてが発行当初の条件
           で取得又は行使されたものとみなして、上記イに規定する行使価額調整式を準用して算出するものとし、
                                  94/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           払込期日(新株予約権の場合は割当日、また、無償割当ての場合は効力発生日)の翌日以降これを適用す
           る。ただし、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これを
           適 用する。
        ②ア 行使価額の調整により生じる1円未満の端数は切り上げるものとする。
         イ   行使価額調整式で使用する時価は、当社の普通株式がいずれかの金融商品取引所に上                                       場される前において
           は、調整後の行使価額を適用する日の前日において有効な行使価額を適用し、当社の普通株式がいずれか
           の金融商品取引所に上場された場合においては、調整後の行使価額を適用する日に先立つ45取引日目に始
           まる30取引日(終値のない日数を除く。)の当該金融商品取引所における当社の普通株式の普通取引の毎
           日の終値(気配表示を含む。)の平均値(円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を切り捨てる。)
           を適用する。
        ③ 上記①アないしウのほか、当社が資本金の額の減少、合併、会社分割、株式交換を行なう場合、その他                                                  これ
         らの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合、当社は必要と認める行使価額の調整を行なうものとす
         る。
        ④ 上記①又は③により行使価額の調整を行なったときは、当社は新株予約権原簿に記載された新株予約権                                                  者に
         通知するものとする。
       (7)新株予約権を行使することができる期間
         平成31年7月1日から平成39年5月31日までとする                         。
       (8)新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項の定めると
        ころに従って算出された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合は
        その端数を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本等増加限度額より増加する資本金の額を減じ
        た額とする。
       (9)新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割当を受けた者は、新株予約権行使時においても当社又は当社子会社の取締役、監査役又                                                  は従
         業員の地位にあることもしくは当社と顧問契約を締結していることを要するものとする。ただし、任期満了に
         よる退任、定年退職、会社都合による退任・退職、業務上の疾病に起因する退職、及び転籍その他正当な理由
         の存する場合で、当社の取締役会が特に認めて新株予約権の割当を受けた者に書面で通知したときは、地位喪
         失後6か月以内(ただし、権利行使期間内に限る。)又は権利行使期間開始の日より6か月以内のいずれかの
         期間内に限り権利行使することができる。
        ② その他の条件については、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところに                                                  よ
         る。
       (10)新株予約権の取得事由及び取得の条件
        ① 当社が下記(12)に定める組織再編行為を行なう場合であって、同(12)に定める再編対象会社の新株予約権の
         交付を行なわない場合には、当社は、取締役会が別に定める日において、新株予約権を無償にて取得すること
         ができる。
        ② 新株予約権者が、上記(9)に定める新株予約権の行使の条件(上記(9)②に基づき本割当契約に別に定め                                                  る条
         件を含む。)を満たさず、新株予約権を行使できなくなった場合は、取締役会が別に定める日において、新株
         予約権を無償で取得できる。
        ③ その他の事由及び条件については、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定める                                                  とこ
         ろによる。
       (11)新株予約権の譲渡制限
         譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の承認を要するものとする。
       (12)組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転                                                (以
        下、これらを総称して「組織再編行為」という。)をする場合には、当該組織再編行為の効力発生の時点におい
        て残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、以下の条件に従い、吸収
        合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、新設分割設立会社、株式交換完全親会社、株式移転設立
        完全親会社(以下、これらを総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を交付するものとする。この場
        合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以
        下の条件に従い再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設
        分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
        ① 新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
                                  95/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案の上、付与株式数につき合理的な調整がなされた数(以下、「承継後付与株式
         数」という。)とする。新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある
         場合には、これを切り捨てるものとする。
        ③ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          組織再編行為の条件等を勘案の上、払込価額につき合理的な調整がなされた額に、承継後付与株式数を乗じ
         た額とする。
        ④ 新株予約権を行使することができる期間
          上記(7)に定める新株予約権の行使可能期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、上
         記(7)に定める新株予約権の行使可能期間の満了日までとする。
        ⑤ 新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項の定める
         ところに従って算出された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場
         合はその端数を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本等増加限度額より増加する資本金の額
         を減じた額とする。
        ⑥ 新株予約権の行使の条件並びに新株予約権の取得事由及び取得の条件
          上記(9)及び(10)に準じて決定する。
        ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
       (13)取締役会への委任
         上記に定めるもののほか、新株予約権に関する事項は、取締役会決議において定めるものとする。
       当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

        当社は、平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付をもって株式分割を行なっており
       ます。また、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
       (1)株式分割、単元株制度の採用の目的

         当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、単元株式数
        (売買単位)を100株に統一することを目標とする全国証券取引所の「売買単位の集約に向けた行動計画」を考慮
        し、1単元を100株とする単元株制度を採用いたします。
       (2)株式分割の概要

        ①分割方法
          平成30年8月28日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき100株
         の割合をもって分割しております。
        ②分割により増加する株式数
          株式分割前の発行済株式総数      120,166株
          今回の分割により増加する株式数                     11,896,434株
          株式分割後の発行済株式総数                       12,016,600株
          株式分割後の発行可能株式総数                      48,000,000株
        ③株式分割の効力発生日
          平成30年8月29日
        ④1株当たり情報に与える影響
          「1株当たり情報」は、当該株式分割が前事業年度の期首に行なわれたものと仮定して算出しており、これ
         による影響については、当該箇所に反映されております。
        ⑤新株予約権の行使価格の調整
          上記株式分割に伴い、平成30年8月29日以降に行使する新株予約権の行使価格を以下のとおり調整いたしま
         した。
           名称           株主総会決議日              調整前行使価格              調整後行使価格
     第4回新株予約権              平成27年11月18日                       3,132円               32円

     第5回新株予約権              平成29年6月29日                       7,684円               77円

                                  96/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)株式分割に伴う定款の一部変更
        ①定款変更の理由
          今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、取締役会決議により平成30年8月29日をもっ
         て当社定款第6条(発行可能株式総数)を変更いたしました。
        ②定款変更の内容
          変更の内容は次のとおりであります(下線部分は変更部分を示しております)。
                 現行定款                           変更後定款
     第6条(発行可能株式総数)                            第6条(発行可能株式総数)

     当会社の発行可能株式総数は、              3,000,000     株とする。         当会社の発行可能株式総数は、              48,000,000     株とする。
        ③定款変更の日程
          効力発生日  平成30年8月29日
       (4)  単元株制度の採用

         単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                  97/115
















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (会計上の見積りの変更)
           第1四半期会計期間において、当社の不動産賃貸契約に伴う原状回復義務として計上していた資産除去債務
          について、セミナールーム等への改装による原状回復費用の見積り等の新たな情報の入手に伴い、原状回復費
          用及び使用見込期間に関して見積りの変更を行ないました。
           この見積りの変更による減少額4,044千円を変更前の資産除去債務から減算しております。
           なお、この変更による当第2四半期累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
          (追加情報)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
          会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
          (四半期損益計算書関係)

           ※ 営業費用及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             当第2四半期累計期間
                            (自 平成30年4月1日
                             至 平成30年9月30日)
     支払手数料                              1,152,128千円
                                     72,068
     賞与引当金繰入額
                                      8,794
     役員賞与引当金繰入額
                                     38,606
     退職給付費用
          (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

           ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
             とおりであります。
                             当第2四半期累計期間
                            (自 平成30年4月1日
                             至 平成30年9月30日)
     現金及び預金勘定                               765,540千円
     預け金(流動資産その他)                                1,754
                                     767,295
     現金及び現金同等物
          (株主資本等関係)

           当第2四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)
           1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり配
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      当額(円)
     平成30年6月28日
                        48,066         400
               普通株式                     平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
           2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日

             後となるもの
            該当事項はありません。
          (金融商品関係)

           未収委託者報酬及び未払費用は、当社の事業の運営において重要なものとなっており、かつ、四半期貸借対
          照表計上額に前事業年度の末日と比較して著しい変動が認められますが、当第2四半期貸借対照表計上額と時
          価との差額及び前事業年度に係る貸借対照表計上額と時価との差額に重要性が乏しいため、記載を省略してお
          ります。
                                  98/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (セグメント情報等)
           【セグメント情報】
            当第2四半期累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)
             当社は、投信投資顧問事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第2四半期累計期間
                               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 56円20銭

     (算定上の基礎)
      四半期純利益金額(千円)                                 675,  346

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                 675,  346

      普通株式の期中平均株式数(株)                               12,016,600

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                               -
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
     式で、前事業年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)1.      潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、                           新株予約権     の残高はありますが         、当社株式は非上
           場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         2.  当社は、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。期首に当該
           株式分割が行なわれたと仮定して1株当たり四半期純利益を算定しております。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                  99/115











                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略し
         ております。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物
                    54,059      91,141            145,201       29,186       6,131     116,015
                                  -
      工具、器具及び備品              2,620      14,198       495     16,324       2,706      1,837      13,617
        有形固定資産計            56,680      105,340        495    161,525       31,892       7,969     129,632
     無形固定資産
      ソフトウエア
                                       21,130       6,635      3,836      14,495
                      -      -      -
        無形固定資産計                               21,130       6,635      3,836      14,495
                      -      -      -
     長期前払費用               2,500      2,981       726     4,755      2,259       527     2,496
     (注)1.当期増加額の主なものは次のとおりであります。
           建物          資産除去債務計上                                    47,802千円
                       内装工事費用等                                      43,338千円
           工具、器具及び備品   デスク費用                                                  3,425千円
                       ラック購入費用                                              1,080千円
        2.無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」
          の記載を省略しております。
                                100/115












                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                           550,000       380,000         1.5      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                              -       -       -      -

     1年以内に返済予定のリース債務                              -       -       -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                              -       -       -      -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              -       -       -      -

     その他有利子負債                              -       -       -      -

                合計                550,000       380,000          -      -

      (注)平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
      賞与引当金                  42,623        64,497        42,623          -      64,497

      役員賞与引当金                  5,134        5,799        5,134          -       5,799

         【資産除去債務明細表】

           本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、資
          産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                101/115











                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
      現金                                                 29

      預金

       当座預金                                               2,243
       普通預金                                              681,202
                  小計                                   683,445

                  合計                                   683,475

         ロ.顧客分別金信託

                  区分                          金額(千円)
      顧客分別金信託                                               330,000

                  合計                                   330,000

         ハ.未収委託者報酬

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      ひふみプラス                                              1,756,325

      ひふみ投信                                               555,139
      レオス日本小型株ファンド(一般投資家私募)                                               38,526

      ひふみ年金                                               34,193
                  合計                                  2,384,184

           未収委託者報酬の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)            2
                                                ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
                                                44.0

         641,092        3,613,264         1,870,171         2,384,184                       153
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         ニ.未収投資顧問報酬

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      Norges    Bank   Investment      Management                                   48,108

      Bonsai    Microcap     Trust
                                                      7,198
      E.I.Sturdza      Strategic     Management      Ltd.
                                                      4,965
                  合計                                    60,272

                                102/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           未収投資顧問報酬の発生及び回収並びに滞留状況
       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)            2
                                                ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
                                                88.7

          43,372         488,391         471,492          60,272                      39
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
        ② 流動負債

         イ.短期借入金
           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      株式会社みずほ銀行                                               380,000

                  合計                                   380,000

         ロ.預り金

                 相手先                          金額(千円)
      募集等受入金                                               352,425

      利子等の源泉所得税                                               178,669
      配当等に係る住民税                                               52,375

      給与所得の源泉所得税                                                4,302

      給与所得等に係る住民税                                                2,298

      その他                                                 258
                  合計                                   590,329

         ハ.未払費用

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      株式会社SBI証券                                               182,251

      株式会社福岡銀行                                               103,856
      株式会社千葉興業銀行                                               66,165

      楽天証券株式会社                                               64,760

      株式会社親和銀行                                               35,526

      その他                                               499,559
                  合計                                   952,120

       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                103/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 毎年4月1日から翌年3月31日まで

      定時株主総会                 毎年6月

      基準日                 毎年3月31日

      株券の種類                 -

                       毎年9月30日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年3月31日
      1単元の株式数                 100株

      株式の名義書換え(注)1.

                       東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代

       取扱場所
                       行部
       株主名簿管理人                東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

       取次所                みずほ信託銀行株式会社 全国各支店

       名義書換手数料                無料

       新券交付手数料                -

      単元未満株式の買取り

                       東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代

       取扱場所
                       行部
       株主名簿管理人                東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

       取次所                みずほ信託銀行株式会社 全国各支店                    (注)1.

       買取手数料                無料(注)2.

                       当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事

                       由によって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞
                       に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://www.rheos.jp/
      株主に対する特典                 該当事項はありません。

     (注)1.当社株式は、株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に規定

         する振替株式となることから、当該事項はなくなる予定です。
        2.  単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所に上場された日から「株式の売買の委託に係る手数
          料相当額として別途定める金額」に変更されます。
        3.当社株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、定
          款に定めております。
          (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                104/115


                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社の金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等は、株式会社3Aおよび                                       株式会社ISホールディングス
       であります。
      2【その他の参考情報】

        該当事項はありません。
                                105/115


















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第三部【特別情報】
     第1【連動子会社の最近の財務諸表】
       当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                106/115



















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第四部【株式公開情報】
     第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
        該当事項はありません。
                                107/115



















                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【第三者割当等の概況】
      1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
                 項目                          新株予約権
      発行年月日                                   平成29年8月1日

                                         第5回新株予約権
      種類
                                        (ストックオプション)
      発行数                                   普通株式 158株
      発行価格                                      7,684円(注)3.

                                             3,842円
      資本組入額
      発行価額の総額                                    1,214,072円

                                            607,036円
      資本組入額の総額
                               平成29年6月29日        開催の定時     株主総会    において、会社法第236
      発行方法                         条、第238条      および   第239条の規定に基づく新株予約権の付与
                               (ストックオプション)に関する決議を行なっております。
      保有期間等に関する確約                                    (注)   2 .
      (注)1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、株式会社東京証券取引所(以下「同取引所」
           という。)の定める規則は、以下のとおりであります。
          (1)同取引所の定める有価証券上場規程施行規則(以下、「同施行規則」という)第259条の規定において、
            新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、役員又は
            従業員等に報酬として新株予約権の割当てを行なっている場合には、当該新規上場申請者は、割当てを受
            けた役員又は従業員等との間で、書面により報酬として割当てを受けた新株予約権の継続所有、譲渡時                                               お
            よび  同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所への報告その他同取引所が必要と認める事項に
            ついて確約を行なうものとし、当該書面を同取引所が定めるところにより提出するものとされておりま
            す。
          (2)新規上場申請者が、前項の規定に基づく書面の提出等を行なわないときは、同取引所は新規上場申請の不
            受理又は受理の取消しの措置をとるものとしております。
          (3)当社の場合、新規上場申請日の直前事業年度の末日は、平成30年3月31日であります。
         2.同取引所の定める同施行規則第259条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた役員又は従業
           員等との間で、報酬として割当てを受けた新株予約権を、原則として、割当てを受けた日から上場日の前日
           又は新株予約権の行使を行なう日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行なっております。
         3 . 第三者機関によって算出した価格を参考として決定した価格であります。
         4.  新株予約権の行使時の払込金額、行使請求期間、行使の条件および譲渡に関する事項については、以下のと
           おりとなっております。
                                      第5回新株予約権
            行使時の払込金額                 7,684円

                             平成31年7月1日から

            行使請求期間
                             平成39年5月31日まで
                             「第二部 企業情報 第4 提出会社の状況 1 株式
            行使の条件                 等の状況 (2)新株予約等の状況 ①ストックオプ
                             ション制度の概要」に記載しております。
                             譲渡による新株予約権の取得については、当社                      取締役会
            新株予約権の      譲渡に関する事項
                             の承認を要する。
         5 .平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分
           割を行なっておりますが、上記「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」および「                                       行使時の払込金額        」
           は、当該    株式分割前の「発行数」、「発行価格」および「資本組入額」を記載しております。
                                108/115




                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【取得者の概況】
     平成29年7月19日        開催の   取締役会    決議に基づく新株予約権の発行「               第5回新株予約権        」
                                              価格
                                取得者の職
                                       割当株数
                                                   取得者と提出会社と
                                             (単価)
       取得者の氏名又は名称               取得者の住所         業 および   事
                                       (株)
                                                   の関係
                                業の内容等              (円)
                                              422,620

     小野 頌太郎              東京都品川区            会社員          55        当社の従業員
                                             (7,684)
                                              422,620

     堅田 雄太              東京都新宿区            会社員          55        当社の従業員
                                             (7,684)
                                              368,832

     吉崎 知子              東京都世田谷区            会社員          48        当社の従業員
                                             (7,684)
     (注)平成30年8月10日開催の取締役会決議に基づき、平成30年8月29日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行

        なっておりますが、上記割当株数および価格(単価)は株式分割前の割当株数および価格(単価)で記載しておりま
        す。
      3【取得者の株式等の移動状況】

        該当事項はありません。
                                109/115














                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【株主の状況】
                                                   株式(自己株式を
                                                   除く。)の総数に
                                           所有株式数
            氏名又は名称                    住所
                                            (株)        対する所有株式数
                                                   の割合(%)
     株式会社ISホールディングス                     東京都千代田区丸の内一丁目
                                             6,434,500            51.00
     (注)1.3.                     11-1
                          千葉県千葉市稲毛区稲毛東1

     株式会社3A (注)1.3.                                       1,453,800            11.52
                          丁目18-17
     遠藤   昭二 (注)2.3.                                     1,427,300            11.31

                          千葉県千葉市稲毛区
     藤野   英人 (注)3.4.                                     1,080,000             8.56

                          東京都中央区
     湯浅   光裕 (注)3.5.                                      841,000            6.67

                          東京都中野区
     遠藤   美樹 (注)3.5.                                      360,000            2.85

                          東京都港区
     WMグロース3号投資事業有限責任組合

                          東京都千代田区麹町3丁目2                    152,500            1.21
     (注)3.6.
     村井   眞一 (注)3.                                      146,400            1.16

                          京都府京都市山科区
     岩田   次郎 (注)3.5.                                      108,000            0.86

                          神奈川県藤沢市
                                              81,200           0.64

     五十嵐    毅 (注)8.
                          神奈川県川崎市宮前区
                                            (81,200)           (0.64)
                                              71,000           0.56
     渡邉   庄太 (注)8.
                          東京都豊島区
                                            (71,000)           (0.56)
                                              70,000           0.55
     高橋   修 (注)8.
                          神奈川県横浜市港南区
                                            (70,000)           (0.55)
                                              70,000           0.55
     吉原   英 (注)8.
                          東京都狛江市
                                            (70,000)           (0.55)
                                              55,000           0.44
     石川   祥子 (注)8.
                          東京都文京区
                                            (55,000)           (0.44)
                                              48,000           0.38
     八尾   尚志 (注)8.
                          神奈川県横浜市都筑区
                                            (48,000)           (0.38)
                                              46,000           0.36
     齋藤   光代 (注)8.
                          東京都中野区
                                            (46,000)           (0.36)
                                              24,000           0.19
     蛭田   純 (注)8.                  東京都新宿区
                                            (24,000)           (0.19)
                                              20,000           0.16
     小林   靖史 (注)8.
                          東京都北区
                                            (20,000)           (0.16)
                                              20,000           0.16
     中村   栄 (注)8.
                          神奈川県横浜市青葉区
                                            (20,000)           (0.16)
                                110/115



                                                           EDINET提出書類
                                               レオス・キャピタルワークス株式会社(E21671)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   株式(自己株式を
                                                   除く。)の総数に
                                           所有株式数
            氏名又は名称                    住所
                                            (株)        対する所有株式数
                                                   の割合(%)
                                              20,000           0.16
     岡田   雄大 (注)8.
                          千葉県船橋市
                                            (20,000)           (0.16)
                                              12,000           0.10
     竹中   陽子 (注)8.
                          東京都江戸川区
                                            (12,000)           (0.10)
                                              12,000           0.10
     栗岡   大介 (注)8.
                          東京都江戸川区
                                            (12,000)           (0.10)
                                              12,000           0.10
     福江   優也 (注)8.
                          千葉県浦安市
                                            (12,000)           (0.10)
                                              10,000           0.08
     上神田    恵子 (注)8.
                          千葉県千葉市稲毛区
                                             (7,000)           (0.06)
     横尾   和也 (注)3.7.                                       9,000           0.07

                          東京都足立区
                                               9,000           0.07

     吉川   香