株式会社AmidAホールディングス 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社AmidAホールディングス

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         近畿財務局長
      【提出日】                         平成30年11月16日
      【会社名】                         株式会社AmidAホールディングス
      【英訳名】                         AmidA      Holdings Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長CEO  藤田 優
      【本店の所在の場所】                         大阪市西区靭本町一丁目13番1号 ドットコムビル
      【電話番号】                         06-6449-5510
      【事務連絡者氏名】                         取締役CFO兼グループ統括管理本部長  浅田 保行
      【最寄りの連絡場所】                         大阪市西区靭本町一丁目11番7号 信濃橋三井ビルディング7階
      【電話番号】                         06-6449-5510
      【事務連絡者氏名】                         取締役CFO兼グループ統括管理本部長  浅田 保行
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集     122,400,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                          597,600,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し    111,168,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/102










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           100,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
      (注)1.平成30年11月16日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、平成30年12月3日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社は、野村證券株式会社に対し、上記引受株式数のうち、4,000株を上限として、福利厚生を目的に、当
           社グループの従業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。
           なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
           に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であり
           ます。
         4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         5.上記とは別に、平成30年11月16日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
           77,200株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
                                   2/102













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        平成30年12月11日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
       け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当
       該引受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は平成30年12月3日
       開催予定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価
       額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人
       に対して引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行います。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       100,000           122,400,000              66,240,000

         計(総発行株式)                   100,000           122,400,000              66,240,000

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成30年11月16日開催の取締役会決議に基づき、
           平成30年12月11日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出され
           る資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額で
           あります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,440円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は144,000,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/102








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定         自 平成30年12月12日(水)              未定
                            100                     平成30年12月19日(水)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 平成30年12月17日(月)             (注)4.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、平成30年12月3日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
           ク等を総合的に勘案した上で、平成30年12月11日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けにあたり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成30年12月3日開催予定の取締役会において決定される予定で
           あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成30年
           12月11日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
           の手取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、平成30年11月16日開催の取締役会におい
           て、増加する資本金の額は、平成30年12月11日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第
           14条第1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生
           じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額か
           ら増加する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成30年12月20日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
           募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、平成30年12月4日から平成30年12月10日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
           して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
           販売にあたりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
        ②【払込取扱場所】

                  店名                           所在地
     株式会社三菱UFJ銀行 船場支店                            大阪市中央区久太郎町二丁目1番30号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                   4/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【株式の引受け】
                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                              2.引受人は新株式払込金とし
                                                て、平成30年12月19日まで
                                                に払込取扱場所へ引受価額
     三菱UFJモルガン・スタ
                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
                                                と同額を払込むことといた
     ンレー証券株式会社
                                                します。
                                              3.引受手数料は支払われませ
     楽天証券株式会社             東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
                                                ん。ただし、発行価格と引
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
                                        未定
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号

     エース証券株式会社             大阪市中央区本町二丁目6番11号

           計                 -             100,000            -

      (注)1.平成30年12月3日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(平成30年12月11日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                   5/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               132,480,000                    5,000,000                  127,480,000

      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,440円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額127,480千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の
          手取概算額上限102,274千円と合わせて、連結子会社である株式会社ハンコヤドットコムへの投融資資金とし
          て充当する予定であります。
           株式会社ハンコヤドットコムにおける                   具体的な資金使途は、印鑑及びスタンプの彫刻機にかかる設備資金と
          して平成31年6月期に16,000千円、平成32年6月期に20,000千円を、顧客獲得のための広告費等の運転資金と
          して平成32年6月期に164,000千円を充当する予定であり、残額はブランディングのためのCM関連費用等の
          運転資金として平成32年6月期に充当する予定であります。
           なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。
      (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項を

         ご参照下さい。
                                   6/102












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成30年12月11日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        大阪市中央区
                                        藤田 優         155,000株
              ブックビルディング
                                        奈良県奈良市
     普通株式                     415,000       597,600,000
              方式
                                        藤田 英人        160,000株
                                        兵庫県西宮市
                                        藤田 千鶴        100,000株
     計(総売出株式)            -        415,000       597,600,000                 -
      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,440円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/102








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                自 平成30年
      未定                                    東京都中央区日本橋一丁目
           未定     12月12日(水)              未定    引受人の本店及                       未定
     (注)1.                     100                9番1号
          (注)2.      至 平成30年             (注)2.     び全国各支店                      (注)3.
     (注)2.                                     野村證券株式会社
                12月17日(月)
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(平成30年12月11日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/102










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     普通株式                     77,200       111,168,000
              方式                           野村證券株式会社       77,200株
     計(総売出株式)            -         77,200       111,168,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
           に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
           す。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、平成30年11月16日開催の取締役会において、野
           村證券株式会社を割当先とする当社普通株式77,200株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野
           村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限
           とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,440円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                   9/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
             自 平成30年
                                   野村證券株式
       未定      12月12日(水)                 未定
                         100          会社の本店及           -         -
      (注)1.       至 平成30年                (注)1.
                                   び全国各支店
             12月17日(月)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日(平成30年12月11日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
           は、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/102












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
      2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である藤田優(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、当社は、平成30年11月16日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式77,200株の第三者
       割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上
       の募集事項については、以下のとおりであります。
      (1)   募集株式の数               当社普通株式 77,200株
      (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1.

                        増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づ
                        き算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満
        増加する資本金及び資本準備金
      (3)                  の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資
        に関する事項
                        本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とす
                        る。 (注)2.
      (4)   払込期日               平成31年1月18日(金)
      (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、平成30年12月3日開催予定の取締役会において決定される
           予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定であ
           ります。
         2.割当価格は、平成30年12月11日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と
           同一とする予定であります。
        また、主幹事会社は、平成30年12月20日から平成31年1月10日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的と
       して、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応じ
       ない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われ
       ず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われ
       ない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取
       引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
      3.ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である藤田優、売出人である藤田英人
       及び藤田千鶴、並びに当社株主である株式会社Egg、藤田滋、藤田娃子、浅田保行、糟谷八千子、森井浩樹、金礪
       正人、森龍彦、大田基樹及び德丸博之は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含
       む)後90日目の平成31年3月19日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等
       (ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡
       すこと等は除く。)は行わない旨合意しております。
        また、当社株主であるAmidAホールディングス従業員持株会は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上
       場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31年6月17日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意
       なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。
        加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31
       年6月17日までの期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは
       交換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募
       集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、
       平成30年11月16日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)を
       行わない旨合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
       きる権限を有しております。
                                  11/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社及び当社子会社のロゴマーク                             を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1 事業の内容」~「3 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  12/102


















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/102





















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/102





















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/102





















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/102





















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/102





















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/102





















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/102





















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第18期       第19期
             決算年月            平成29年6月       平成30年6月

                    (千円)       2,563,214       2,746,209
     売上高
                    (千円)        376,300       317,670
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (千円)        245,879       203,575
     利益
                    (千円)        247,518       203,575
     包括利益
                    (千円)        921,781      1,125,357
     純資産額
                    (千円)       1,457,876       1,627,915
     総資産額
                    (円)        460.89       562.68
     1株当たり純資産額
                    (円)        122.94       101.79
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)          -       -
     期純利益
                    (%)         63.2       69.1
     自己資本比率
                    (%)         30.8       19.9
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)        295,759       292,656
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 154,477       △ 49,400
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 72,428       △ 9,996
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (千円)        528,408       761,667
     高
                             103       102
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 11 )      ( 20 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.従業員数は就業人員数(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グ
           ループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)
           は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         5.第18期及び第19期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づきEY
           新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
                                  20/102





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第15期       第16期       第17期       第18期       第19期
             決算年月            平成26年6月       平成27年6月       平成28年6月       平成29年6月       平成30年6月

                    (千円)      1,635,021       2,076,457       2,356,297           -       -
     売上高
                    (千円)          -       -       -     469,404       493,042
     営業収益
                    (千円)       179,324       307,517       329,053       174,589       195,039
     経常利益
                    (千円)       102,232       150,920       232,941       103,502       129,311
     当期純利益
                    (千円)        10,000       10,000       10,000       10,000       10,000
     資本金
                     (株)         200       200    2,000,000       2,000,000       2,000,000
     発行済株式総数
                    (千円)       292,038       442,959       674,262       762,243       891,554
     純資産額
                    (千円)       939,471      1,082,766       1,288,953        973,651      1,114,190
     総資産額
                     (円)    1,460,194.26       2,214,798.81          337.13       381.12       445.78
     1株当たり純資産額
                              -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                        ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
                     (円)     511,162.45       754,604.55         116.47        51.75       64.66
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当期
                     (円)         -       -       -       -       -
     純利益
                     (%)        31.1       40.9       52.3       78.3       80.0
     自己資本比率
                     (%)        42.4       41.1       41.7       14.4       15.6
     自己資本利益率
                     (倍)         -       -       -       -       -
     株価収益率
                     (%)         -       -       -       -       -
     配当性向
                              93       97       104        8       8
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 6 )      ( 6 )      ( 10 )      ( - )      ( 0 )
      (注)1.売上高及び営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
           雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載し
           ております。
         5.当社は、平成28年7月1日付で会社分割(吸収分割)を実施し、持株会社体制へと移行いたしました。これ
           に伴い、第18期より「売上高」を「営業収益」としております。
         6.第18期の経営指標等の大幅な変動は、会社分割(吸収分割)を行い持株会社体制へ移行したことによるもの
           であります。
         7.第15期、第16期、第17期、第18期及び第19期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方
           法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づき作成しております。
           なお、第18期及び第19期の財務諸表については、                       金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づきEY                        新日
           本有限責任監査法人の監査を受けておりますが、第15期、第16期及び第17期の財務諸表については、当該監
           査を受けておりません。
         8.当社は、平成28年6月15日の取締役会決議により、平成28年6月24日付で普通株式1株につき10,000株の割
           合で株式分割を行っております。第17期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及
           び1株当たり当期純利益を算定しております。
         9.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため、記載しておりません。
                                  21/102




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         10.当社は、平成28年6月24日付で普通株式1株につき10,000株の株式分割を行っております。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申
           請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133
           号)に基づき、第15期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たりの指標の推移
           を参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
           なお、第15期、第16期及び第17期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)につい                                           ては、EY新日
           本有限責任監査法人の監査を受けておりません。
              回次             第15期       第16期       第17期       第18期       第19期
                         平成26年6月       平成27年6月       平成28年6月       平成29年6月       平成30年6月

             決算年月
     1株当たり純資産額               (円)        146.02       221.48       337.13       381.12       445.78
     1株当たり当期純利益               (円)        51.12       75.46       116.47        51.75       64.66

     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)          -       -       -       -       -
     期純利益
     1株当たり配当額                         -       -       -       -       -
     (うち1株当たり中間配当               (円)
                             (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
     額)
                                  22/102















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        当社代表取締役社長藤田優は平成10年9月に大阪市中央区において印章のインターネット販売を始めました。その
       後、平成12年3月にインターネットの普及により本格的な印章インターネット販売事業を立ち上げる目的で株式会社
       ハンコヤドットコムを設立いたしました。創業以降の企業集団に係る経緯は次のとおりであります。
        年月                            概要









      平成12年3月        大阪市中央区難波に株式会社ハンコヤドットコム(当社、現 株式会社AmidAホールディング
              ス)(資本金10,000千円)を設立
      平成12年6月        Yahoo!ショッピングセレクトショップへ出店
              楽天市場へ出店
      平成13年2月        社団法人日本通信販売協会(現 公益社団法人日本通信販売協会)のオンラインマークを取得
      平成13年5月        製造・出荷拠点を大阪市中央区難波から大阪市西区阿波座に移転
      平成14年7月        本店を大阪市中央区難波から大阪市西区阿波座に移転
      平成14年12月        個人情報保護認証TRUSTeを取得
      平成15年11月        当社100%子会社の株式会社ヴァランス(平成28年2月に清算)(鞄、貴金属、衣料、靴等の輸入
              販売サイト構築のためのドメイン取得会社)を大阪市西区阿波座に設立
      平成16年7月        当社100%子会社の株式会社日本印章社(低価格印章等の販売サイト構築のためのドメイン取得会
              社)を大阪市阿倍野区文の里に設立
      平成17年11月        当社100%子会社の株式会社オフィススクエア(現 連結子会社)(低価格名刺、はがきを中心に
              販売するサイト構築のためのドメイン取得会社)を大阪市中央区難波に設立
      平成20年5月        社団法人日本通信販売協会(現 公益社団法人日本通信販売協会)に加入(JADMA)
      平成20年11月        本店を大阪市西区靱本町に移転
      平成26年9月        当社を株式会社AmidAに商号変更し、新設分割により株式会社ハンコヤドットコム(現 連結
              子会社)を設立
              大阪支社を大阪市西区靱本町に開設
                                  23/102




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        年月                            概要
      平成28年7月        吸収分割により持株会社体制へと移行
              当社を株式会社AmidAホールディングスに商号変更、EC通販事業部分を株式会社ハンコヤ
              ドットコムに、マーケティング事業を株式会社オフィススクエア(現 連結子会社)に分割し、同
              社の商号を株式会社AmidA(現 連結子会社)に変更
              本店所在地を大阪市西区           靱本町   に変更
              株式会社日本印章社を当社に吸収合併
                                  24/102


















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社と連結子会社2社で構成され、当社は持株会社であります。子会社の株式会社ハンコヤドッ
       トコムにおいて、印鑑及びスタンプを中心としたEC通販事業を行っており、現在の主軸事業となっております。ま
       た、株式会社AmidAにおいて、WEBマーケティング分野におけるノウハウを活用し、ECサイトの集客・接
       客・データ分析・改善及びシステム開発からシステム保守までのWEBマーケティングの全プロセスをワンストップ
       で提供するデジタルマーケティング事業を展開しております。
        それぞれ専門性をもったグループ会社が連携することで、グループ会社内で販売戦略の企画からECサイトの構
       築、広告・SEO対策(注)等のサイト集客、EC通販事業(受注、製造・加工・発注、出荷)までを行う一気通貫
       型ECビジネスモデルを構築しております。
        なお、当社グループの報告セグメントはEC通販事業のみですが、主たる事業の内容別に記載しております。
       (注)SEOとは、Search             Engine    Optimizationの略であり、検索結果で自社サイトを多く露出するための手法のこ
          とです。
       (1)EC通販事業

         EC通販事業では、印鑑及びスタンプを中心として、名刺、封筒、表札、ポスト、名入れタオル、名入れカレン
        ダー、文具など、顧客の幅広いニーズに応える商品ラインナップを取り揃えており(商品アイテム数:約20万SKU
        (Stock    Keeping    Unit、最小管理単位))、自社グループサイトを中心としたインターネット通販サイトで販売し
        ております。
         当事業では、受注から製造、販売まで一貫して行い、当社グループ(大阪)及び外注先拠点(大阪1、東京1)
        にて印鑑及びスタンプを           製造するよう推進することで、原価率の低減を図るだけでなく、当日又は翌日出荷を実現
        できる体制を構築しております。
         商材区分(下記の表参照)の彫刻に区分されるもののうち、印鑑に関しては1製品以外すべて当社グループ及び
        外注先で製造しており、印鑑を当社グループ又は外注先にて製造している割合(販売本数による割合)は、平成30
        年6月期現在で99.8%(印鑑ケース・マットを除く)となっております。また、スタンプ商材の取引先であるシヤ
        チハタ株式会社より機械を購入し、当社グループ内でシヤチハタ製品を製造できる環境を整備しており、スタンプ
        は平成30年6月期現在で69.6%を当社グループ内で製造しております。
         印鑑には素材(金属系、角牙系、木材系など)の品質・ランク等による価値はあるものの、確立された商品ブラ
        ンドがないことから、新聞広告等で「ハンコヤドットコム」という企業名(サイト名)のブランディングを実施す
        ることで知名度の向上を図り、顧客の信頼獲得に努めております。
         また、     WEBマーケティング分野におけるノウハウを活用し、自社グループサイトへ集客を行うことで、顧客
        の多くが自社グループサイト経由で商品を購入しており、その結果、自社グループサイトで94.3%(平成30年6月
        期現在)の売上高を確保しております。
       主要な取扱商材を商材区分別に示すと以下のとおりです。

        商材区分                          取扱商材
               金属系(シルバー印鑑、チタン印鑑、アルミ印鑑など)
               角牙系(牛角印鑑、黒水牛印鑑など)
               樹脂系(琥珀印鑑など)木材系(薩摩本柘印鑑、楓印鑑、玄武印鑑、アカネ印鑑など)
         彫  刻
               プラスチック系(おしゃれはんこ、ラクト印鑑など)
               ケース(口締め袋、印鑑ケース、法人収納ケースなど)
               その他(印鑑アタリ/宝石など)※アタリ:押印の際に上下を示す目印となるもの
               シヤチハタ製品(ネーム印、Xスタンパー、ネームペン、データネーム印、ゴム印、補充イ
               ンキ、スタンプ台など)
               サンビー製品(ネーム印、日付印、住所/アドレス印など)
        スタンプ
               タイヨートマー(どっとこむスタンパーなど)
               ヒカリスタンプ(マイボールスタンプなど)、                      ビバリー商品、
               住所印、    ゴム印、差替式ゴム印、お名前付けスタンプ                     など
         印  刷
               名刺、はがき、卓上カレンダー、壁掛けカレンダー、名入タオル、封筒、お名前シールなど
               天然石表札、天然銘木表札、ガラス表札、金属表札、タイル表札、プラスチック表札、法人
         表  札
               用看板、表札関連商品、ポストなど
               文具:筆ペン、絵手紙、手帳、リフィル、セキュリティ用品、理科・科学教材、行事関連商
         その他
               品、画材・工作教材、知育玩具など
                                  25/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)デジタルマーケティング事業
         WEBマーケティング分野におけるサービス内容は以下のとおりであります。なお、最近日現在におけるサービ
        ス提供先は当社及び株式会社ハンコヤドットコムのみとなっております。
        ①ECサイトへの集客
          インターネット広告(Yahoo!プロモーション広告、Google広告、インターネットショッピング
         モールの広告)の最適化提案やテレビコマーシャルなどの広告代理店業を行っており、新商品や新サービスをメ
         ディアに取り上げてもらうためのプロモーション提案も行っております。
          さらに、SEO対策として、検索エンジンにおける表示順位の改善提案を行うことで、ECサイトへの集客に
         つなげております。
        ②データ分析・改善提案

          EC通販事業におけるサイトへの集客状況などのデータを分析し、改善点などを素早くサイト運営に反映でき
         るような提案を行っております。
        ③システムの開発・保守

          システム開発から保守サービスまでを提供しております。
         [事業系統図]

        事業の内容を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                  26/102














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                          議決権の

                            資本金      主要な事業の
          名称           住所                     所有割合          関係内容
                           (千円)      内容
                                          (%)
     (連結子会社)

     ㈱ハンコヤドットコム
                                                商標の提供及び経営指導等
                  大阪市西区           10,000    EC通販事業           100.0
     (注)2、4
                                                役員の兼任:5名
     ㈱AmidA
                                                商標の提供及び経営指導等
                                 デジタルマーケ
                             10,000               100.0
                  大阪市西区
                                 ティング事業
     (注)2                                          役員の兼任:3名
      (注)1.当社グループの報告セグメントはEC通販事業のみであるため、「主要な事業の内容」欄には、各会社の主
           要な事業を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
         4.株式会社ハンコヤドットコムについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に
           占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等(連結会社相互間の内部取引、債権債務相殺前)
            (1)売上高  2,746,386千円
            (2)経常利益  109,633千円
            (3)当期純利益          72,283千円
            (4)純資産額  167,024千円
            (5)総資産額  783,968千円
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
       当社グループの報告セグメントはEC通販事業のみであるため、事業内容別に記載しております。
                                                  平成30年10月31日現在
               事業内容の名称

                                           従業員数(人)
                                                  67
      EC通販事業                                               (14)
      デジタルマーケティング事業                                            26    (2)

      全社(共通)                                            10    (0)

                                                  103
                  合計                                    (16)
      (注)1.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
           プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、
           最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員は、持株会社である当社の従業員数であります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成30年10月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

              10(0)            40.5              4.9           4,547,247
      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  27/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針

        当社グループは、全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類の進歩発展と平和に貢献し、時代を先取る積
       極経営を展開することを経営理念とし、インターネットビジネスの可能性を追求し、一人でも多くの方にその利便
       性・楽しさ・文化的な豊かさを伝え、グローバルな経営に取り組んでまいります。
       (2)経営環境及び経営戦略

        当社グループの主軸事業であるEC通販市場は、EC化率(全ての商取引のうち、電子商取引が占める割合)の上
       昇によって拡大しておりますが、印章業界全体の市場規模はやや減少傾向にあり企業間競争は更に激しくなる状況が
       続くと考えております。また、ECサイトへの顧客流入経路の変化による広告コスト(広告のクリックに対して料金
       が発生するWEB広告など)の増加や人材不足によるコスト(雇用単価上昇による人件費、配達員不足による商品配
       送コストなど)の増加の傾向がみられることから、企業収益への影響は強まると考えております。
        このような環境下で、当社グループにおいては、今後は、EC通販事業に加え、当社グループ以外に向けたデジタ
       ルマーケティング事業も展開する事で2本の柱の構築を目指してまいります。
        当社グループでは、将来にわたり事業を発展させていくために、多様な専門分野に精通した人材や経営戦略や組織
       運営といったマネジメント能力に優れた人材を確保するとともに、人材の成長基盤を構築することで組織の充実を図
       り、人から会社を変える仕組みづくりを実施することで、企業価値の向上を図ってまいります。
       (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        当社グループは、持続的な成長と企業価値向上のため、収益力を高めると共に、経営の効率化を図ってまいりま
       す。
        目標とする経営指標として、成長率を示す売上高前年対比、利益効率を示す売上高経常利益率、資本効率を示す自
       己資本利益率(ROE)、資産効率を示す総資産利益率(ROA)を重要な経営指標として位置づけ、積極的かつ戦
       略的投資ができる体制強化に取り組んでまいります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        ①既存事業(EC通販関連分野及びWEBマーケティング分野)の拡大
          デジタルマーケティング事業におけるWEBマーケティング分野では、ECサイトへの顧客流入経路の多様化
         に対応するための広告コストが増加する傾向にありますが、利益の圧迫を回避するために以下の取り組みを実施
         してまいります。
         1.ブランディングの強化をすることで「ハンコヤドットコム」などの指名検索による顧客流入拡大を進めてま
           いります。
         2.新商品開発では、顧客ニーズの情報を参考に、商品開発を進めてまいります。
         3.SEOでは、Googleのアルゴリズムの変化への対応施策に継続的に取り組みます。
         4.サイト運営・支援サービスでは、現在は当社グループの株式会社ハンコヤドットコム向けとなっております
           が、外部顧客にも同様のサービスを提供できる体制づくりを進めてまいります。
         5.  システム保守サービスでは、システムの安定稼働はもちろんのこと、サービスの提供先が指標(分析数値や
           運用効率の改善など)とする分野での提案ができる体制づくりを進めてまいります。
          EC通販事業においては、印鑑及びスタンプを中心とした商材を自社グループサイトをはじめとしたインター
         ネット通販サイトで販売しておりますが、スマートフォンの普及により昨今のEC通販市場ではスマートフォン
         経由での購入が一般化しております。当社グループのECサイトは、このようなデバイスの変化に対応した販売
         サイトにはなっておりますが、更なる顧客の利便性向上(画面の切替速度や見易さなど)を追求する必要がある
         と認識しております。
          また、国内における製造拠点を増設することで即日出荷対応が可能である地域エリアの拡大を実施いたしまし
         た。その結果、日本国内の約90%以上の地域に翌日午前中配達が可能となりました。
          更に国内の外国人向け商品の展開を行い、今後は海外展開による販売領域の拡大にも取り組むことで、販売件
         数の増加に繋げてまいります。
        ②新規事業(デジタル化分野)による収益基盤の拡大

          当社グループは、主軸事業であるEC通販事業に次ぐ新たな収益基盤となる新規事業の展開が必要であると考
         えております。       インターネットを通じて、一人でも多くの方にその利便性・楽しさ・文化的な豊かさを伝えると
         いう経営方針のもと、事業化に向けた取り組みを計画しております。
                                  28/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          例えば、ポイントカードが複数枚あり、管理や整理ができないという                                 不便に対して、スマートフォンを活用す
         ることで、ポイントカードをデジタル化し一元管理できるようにするというデジタルへの置き換え事業のよう
         に、世の中に存在する身の回りの“不便”をインターネットやスマートフォンなどを活用し、デジタル化するこ
         と で便利に変換するビジネスに取り組んでまいります。
        ③人材の確保と組織体制の強化

          当社グループは、人材獲得競争が激しいデジタル                        マーケティング事業で、次なる成長基盤を構築していくため
         に優秀な人材の確保及び組織体制の強化が必要であると認識しております。当面は経験値の高いキャリア採用を
         積極的に行うとともに成長基盤を構築し、企業文化の整備をすすめることで人材の定着と能力の向上を行い、適
         材適所による「人財」を活かす組織運営を行ってまいります。
        ④財務戦略

          当社グループにおける財務戦略として、安定した財務基盤のもと、手元資金の充実を図ることで財務健全性を
         確保し、成長への計画的な投資及び機動的な投資等に対応できる体制を整えるとともに、販管費のコントロール
         等により企業体質の強化に努めてまいります。
        ⑤内部管理体制の整備

          当社グループが今後更なる成長を継続するための体制を構築するためには、情報の可視化による認識の共有化
         及び各種業務の標準化が必要であると考えております。システム化により各種経営指標の数値等の情報を可視化
         し、定量的データに基づく分析が行える環境を整え、迅速な意思決定を行う体制を構築してまいります。また、
         業務フローやコンプライアンス等を周知徹底させることで内部管理体制の強化を図り、より一層のコーポレー
         ト・ガバナンスの充実に努めてまいります。
        ⑥ブランドの知名度向上

          当社グループが運営する           ハンコヤドットコムサイトについて、事業の更なる拡大及び競合企業との差別化を図
         るために、知名度向上のためのブランディング施策が重要であると認識しております。そのために、新聞広告、
         メディア広告を活用し、宣伝及びプロモーションを強化することで、ハンコヤドットコムサイトの知名度向上を
         図ってまいります。
                                  29/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
        以下には、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載しておりま
       す。
        また、当社グループとして必ずしも特に重要なリスクとは考えていない事項についても、投資判断の上で、あるい
       は当社グループの事業活動を理解する上で重要と考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観
       点から記載しております。
        当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、その発生の予防及び発生時の対応に努める方針で
       すが、当社株式に関する投資判断は、以下の記載事項及び本書中の本項以外の記載を慎重に検討した上で行われる必
       要があると考えております。なお、文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断
       したものであります。
       (1)EC通販事業への依存について

        当社グループはEC通販事業を展開しております。インターネットの環境整備等に関して予測のつかない事態が
       発生した場合や、利用に関する法的規制強化又は新たな法的規制の導入、通信コストの改定や技術革新の遅れ等の
       理由により、インターネット関連市場の発展が阻害される場合には、当社グループの事業存続及び経営成績に重要
       な影響を及ぼす可能性があります。
       (2)検索エンジンへの集客依存について

        インターネットショッピングユーザーの多くが、検索エンジンを使って、必要に応じて情報を検索しているた
       め、特に検索エンジンでの表示ランキングが集客及び新規顧客獲得に影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループは、検索エンジンからの集客数を確保するため、SEO対策を実施しておりますが、検索エンジン
       における検索アルゴリズム変更等により、当該SEO対策が有効に機能しなかった場合、当社グループ運営サイト
       への顧客流入数が想定数を下回り、当社グループの財政状態及び経営成績に多大な影響を及ぼす可能性がありま
       す。
       (3)システム障害について

        当社グループの事業は、WEBサイトの管理をはじめ、受注、発注、仕入、在庫、発送、売上までのほとんどの
       業務を業務管理システムに依存しております。これらのシステムでは、それぞれ予備系統や予備データの保有機能
       等の二重措置やファイヤウォール、ウイルスチェック等、外部からの攻撃を回避するための対策を講じておりま
       す。
        しかしながら、想定を超えるアクセス数の急激な増加やコンピュータウイルスの侵入、人為的な破損行為又は構
       築したアプリケーション内の不具合、不正アクセス等によるシステム障害が発生した場合、復旧に要する期間等に
       よっては当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)業績の季節変動について

        当社グループの主要商材である印鑑及びスタンプについては新生活開始に向けた各種手続きが必要となる1月か
       ら4月が需要期であり、カレンダーについては9月から12月が需要期であることから、売上を構成する商材割合に
       おいては、一定の季節変動があります。
        そのため、全体の売上高は年間を通じて平準化されているものの、利益面においては、販売商材の利益率の違い
       等により、7月から9月の第1四半期が低く、1月から3月の第3四半期が高くなる傾向があります。
        季節変動の要因となっている日本の慣習や慣例に変化があった場合には、当社グループの財政状態及び経営成績
       に影響を及ぼす可能性があります。
        第19期連結会計年度及び第20期第1四半期連結累計期間の各四半期の業績は、次のとおりであります。
                                   第19期連結会計年度
                                  (自 平成29年7月1日
                                  至 平成30年6月30日)
                      第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期         合計
                     (7~9月期)       (10~12月期)        (1~3月期)        (4~6月期)         (通期)
          売上高(千円)              555,173        721,898        789,593        679,543       2,746,209
          構成比(%)               20.2        26.3        28.8        24.7       100.0

          営業利益(千円)              35,403        64,951       140,760        76,370       317,486

          構成比(%)               11.2        20.5        44.3        24.1       100.0

                                  30/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     第20期第1四半期連結累計期間
                       (自 平成30年7月1日
                        至 平成30年9月30日)
                      第1四半期          合計
                     (7~9月期)         (通期)
          売上高(千円)               578,266        578,266
          構成比(%)                 -        -

          営業利益(千円)               29,213        29,213

          構成比(%)                 -        -

       (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.第19期連結会計年度の各四半期会計期間の数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基
           づくEY新日本有限責任監査法人のレビューを受けておりません。
       (5)顧客情報管理について

        当社グループは、受注管理システム内等に購買履歴を含む個人情報を保有しております。当社グループでは個人
       情報については慎重に取扱い、かつ厳格に管理してまいりました。個人情報保護法の施行を機に、組織体制強化の
       一環として個人情報保護士の資格取得の推進、システム及び社内ルール等についての見直しを行い、情報管理機能
       の向上を図っておりますが、システムの瑕疵や、他動的な要因による顧客情報漏洩等の可能性を完全に排除できる
       ものではなく、万一情報漏洩が発生した場合には、損害賠償請求や社会的な信用失墜等により当社グループの財政
       状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)インターネットショッピングモール運営者との関係リスクについて

        当社グループは、「Yahoo!ショッピング」、「楽天市場」及び「Amazon.co.jp」といった認知
       度の高いインターネットショッピングモールに出店しております。現在においては、これらのモール運営者と出店
       者との間の権利関係を定める法的規制がなく、モール運営者からの一方的な告知による取引条件の改定があった場
       合もしくは契約更新が困難になった場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
       (7)競合・価格競争について

        当社グループが属する印章業界は競争が激化しており、価格競争も厳しいものがありますが、当社グループは競
       合を制し、価格競争に勝つことを敢えて目的にはせず、「お客様のニーズに合った商品を如何にして提供していく
       か」の1点に絞った戦略と営業活動に注力してまいりました。今後もこの方針に則り経営諸活動に注力いたします
       が、結果として競合や価格競争に晒された場合には、当社グループの売上や収益の低減により財政状態及び経営成
       績に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)人材獲得と人材育成に関するリスクについて

        日本国内において、少子高齢化や労働人口の減少による雇用環境の変化が急速に進み、当社グループにおいて人
       材の獲得や育成が計画通りに進まなかった場合、長期的観点から、当社グループの事業展開、業績及び成長の見通
       しに大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (9)特定の仕入先への依存について

        当社グループのEC通販事業においては、原材料等を株式会社カサイから仕入れており、当社グループの仕入高
       に占める割合が平成30年6月期で39.6%と高くなっております。また、シヤチハタ株式会社及びサンビー株式会社
       の独自商品については、仕入先が両社に限定されております。
        当社グループは、当該仕入先と長年にわたり良好な関係を維持しており、安定的な供給を受ける体制となってお
       りますが、何らかの要因により、取引が継続できなくなった場合には、当社グループの生産体制及び部材・商品供
       給体制に重大な支障が発生し、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (10)外注先への依存について

        当社グループのEC通販事業においては、製造物流等の業務について一部を協力会社に外注しております。
        現状では、協力会社と安定的な取引関係を保っておりますが、何らかの要因により、外注先を変更しなければな
       らない事情が発生した場合、作業工程の習得又は配送委託先の変更などに一定の期間を要する恐れがあり、その期
       間の生産活動及び配送業務が一部停止した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  31/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (11)自然災害について
        当社グループは、大阪に事務所及び製造拠点と、東京に製造拠点を設けております。当社グループの事務所及び
       製造拠点において大地震や津波、台風、洪水等の自然災害及び事故、火災等の発生により、設備の損壊や電力供給
       の制限等の事業活動に支障をきたす事象が発生し、業務を停止することとなった場合には、当社グループの財政状
       態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (12)法律、規制等の変更について

        当社グループは、国内で事業展開していくうえで、不当景品類及び不当表示防止法、特定商取引に関する法律、
       不正競争防止法等様々な法的規制の適用を受けております。
        当社グループでは、管理体制の構築等によりこれら法令を遵守する体制を整備しておりますが、これらの法律、
       規制等が改正又は新たな法令等が制定され、当社グループの事業が制限を受けた場合、当社グループの財政状態及
       び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (13)   デジタル・ガバメント実行計画について

        デジタル・ガバメント実行計画(平成30年1月16日eガバメント閣僚会議決定)が平成32年度以降実施され、行政
       手続きのオンライン化に伴い、法人設立時の印鑑届出の任意化や、行政手続きにおける本人確認手法が見直される
       こと等により、印鑑の需要減少が想定範囲を超える場合には、当社グループの                                    財政状態及び経営成績          に影響を及ぼ
       す可能性があります。
       (14)新規事業について

        当社グループでは、今後も持続的な成長を実現するために、新規事業の創出と拡大に積極的に取り組んでいきた
       いと考えております。しかしながら、新規事業を遂行していく過程では、急激な事業環境の変化をはじめとした
       様々な予測困難なリスクが発生する可能性があり、その結果、当初計画した範囲を超える損失が発生した場合、当
       社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (15)配当政策について

        当社の配当政策につきましては、当社の企業価値向上とその水準の維持を図ることが株主への利益還元であり、
       経営の重要課題であると認識しております。
        よって、剰余金の配当につきましては、企業価値の向上とその水準の維持を可能とする範囲に                                             おいて、新たな事
       業を含む継続的な拡大発展を目指すための内部留保の充実が重要であると考え、会社設立以来配当は実施しており
       ません。
        今後の株主への剰余金の配当につきましては、業績の推移、財務状況、新たな事業への投資等を総合的に勘案
       し、内部留保とのバランスをとりながら検討していく方針としておりますが、現時点において配当実施の可能性及
       びその実施時期等については未定であります。
                                  32/102









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        (1)  経営成績等の状況の概要
          当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」と
         いう。)の状況の概要は次のとおりであります。
         ①財政状態及び経営成績の状況

          a.財政状態
          第19期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
          (資産)
            当連結会計年度末の流動資産は1,121,663千円となり、前連結会計年度末に比べ204,883千円増加いたしま
           した。これは主に、現金及び預金233,259千円、原材料及び貯蔵品25,256千円の増加及び前払費用43,150千
           円の減少によるものであります。また、固定資産は506,252千円となり、前連結会計年度末に比べ34,843千
           円減少いたしました。これは主に、有形固定資産6,535千円及び無形固定資産26,689千円の減少によるもの
           であります。
            この結果、総資産は1,627,915千円となり、前連結会計年度末に比べ170,039千円増加いたしました。
          (負債)

            当連結会計年度末における流動負債は363,829千円となり、前連結会計年度末に比べ26,831千円減少いた
           しました。これは主に、未払法人税等13,845千円と未払消費税等24,641千円の減少によるものであります。
           また、固定負債は138,729千円となり、前連結会計年度末に比べ6,704千円減少いたしました。これは主に、
           長期借入金5,018千円の減少によるものであります。
            この結果、負債合計は502,558千円となり、前連結会計年度末に比べ33,536千円減少いたしました。
          (純資産)

            当連結会計年度末における純資産合計は1,125,357千円となり、前連結会計年度末に比べ203,575千円増加
           いたしました。これは、親会社株主に帰属する当期純利益の計上による利益剰余金の増加203,575千円によ
           るものであります。
          第20期第1四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)

          (資産)
            当第1四半期連結会計期間末の流動資産は1,032,229千円となり、前連結会計年度末に比べ89,433千円減
           少いたしました。これは主に、現金及び預金50,569千円の減少等によるものであります。また、固定資産は
           502,346千円となり、前連結会計年度末に比べ3,906千円減少いたしました。これは主に、有形固定資産の減
           少260千円、無形固定資産7,349千円の減少等によるものであります。
            この結果、総資産は1,534,575千円となり、前連結会計年度末に比べ93,340千円減少いたしました。
          (負債)

            当第1四半期連結会計期間末における流動負債は261,813千円となり、前連結会計年度末に比べ102,016千
           円減少いたしました。これは主に、未払金25,816千円、未払法人税等75,724千円の減少等によるものであり
           ます。また、固定負債は前連結会計年度末に比べ9,287千円減少し、129,442千円となりました。
            この結果、当第1四半期連結会計期間末における負債合計は391,255千円となり、前連結会計年度末に比
           べ111,303千円減少いたしました。
          (純資産)

            当第1四半期連結会計期間末における純資産合計は1,143,320千円となり、前連結会計年度末と比較して
           17,963千円増加いたしました。これは、当第1四半期連結会計期間末に計上した親会社株主に帰属する四半
           期純利益の増加17,963千円によるものであります。
                                  33/102





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          b.経営成績
          第19期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
           当連結会計年度におけるわが国経済は、堅調な企業収益や雇用環境の改善などにより、緩やかな回復基調で
          推移しました。       しかしながら、       米国の政治情勢及びわが国の地政学的リスクの高まりなど、海外情勢の影響等
          により国内経済への先行きは不透明な状況が続いております。
           一  方、EC通販市場における印章市場は拡大が見込まれるものの、印章業界全体ではやや減少の傾向にあ
          り、顧客獲得のための企業間競争が更に激しくなる状況の中、購入経路(パソコンからスマートフォンの比率
          逆転)の変化によって、今後も顧客獲得のための集客(サーチワード広告等)コストは増加する傾向にあり、
          企業収益への影響は強まると考えております。
           こ のような環境の下で、当社グループにおきましては、                         EC通販事業の主力サイト、ハンコヤドットコムの
          売上高は増加した        ものの、    購入経路が多様化したことでサーチワード広告の利用増加による広告宣伝費の増
          加、人手不足の影響により採用コスト及び時給のアップ等による人件費の増加、新システム早期安定化のため
          のメンテナンス要員の増加による保守料の増加、新システムが稼働したことによる減価償却費の増加による、
          販売費及び一般管理費の増加によって、利益は減少いたしました。
           当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりであります。
           EC通販事業におきましては、客数は412,525人で前期と比べ                              43,791人(前年同期比11.9%増)増加                  、客単
          価は6,657円で前期         と比べ289円(前年同期比4.2%減)減少                   となりました。
           主な商材区分別の状況は、彫刻(主に印鑑及び印鑑ケース等の取り扱い)では、売上高は1,737,736千円で
          前期  と比べ141,309千円(前年同期比8.9%増)増加                      となり、スタンプ(主に浸透印及びゴム印等の取り扱い)
          では、売上高は705,233千円で前期                と比べ26,210千円(前年同期比3.9%増)増加                     となり、印刷(主に名刺、カ
          レンダー等の取り扱い)では、売上高は175,224千円で前期                            と比べ19,667千円(前年同期比12.6%増)増加                      と
          なりました。
           以上の結果、当連結会計年度の売上高は2,746,209千円(前年同期比7.1%増)となりました。営業利益は
          317,486千円(前年同期比15.7%減)、経常利益は317,670千円(前年同期比15.6%減)、親会社株主に帰属す
          る当期純利益は203,575千円(前年同期比17.2%減)となりました。
          第20期第1四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)

           当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益の改善による設備投資の増加に伴い、雇用や所
          得の状況も改善の傾向にあり、株式市場でも円安による株価上昇など、景気は引き続き緩やかに回復基調が続
          いております。しかしながら、              米国の保護主義的な関税の問題や中東及びアジア地域における地政学的リスク
          の高まりなど、海外情勢の影響等により国内経済への先行きは不透明な状況が続いております。
           一  方、EC通販市場における印章市場は拡大が見込まれるものの、引き続き顧客獲得のための企業間競争が
          激しくなる状況の中、前期と同様にコストは増加する傾向であり、企業収益への影響は強まる状況が継続して
          おります。
           EC通販事業におきましては、客数は89,472人、客単価は6,464円となりました。
           主な商材区分別の状況は、彫刻(主に印鑑及び印鑑ケース等の取り扱い)では、売上高は386,614千円とな

          り、スタンプ(主に浸透印及びゴム印等の取り扱い)では、売上高は155,452千円となり、印刷(主に名刺、
          カレンダー等の取り扱い)では、売上高は15,981千円となりました。
           以上の結果、当第1四半期連結累計期間                    の売上高は578,266千円となりました。営業利益は29,213千円、経
          常利益は26,977千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は17,963千円となりました。
         ②キャッシュ・フローの状況

          第19期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
           当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ233,259千
          円増加し761,667千円(前年同期比44.1%増)となりました。
           当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

          (営業活動によるキャッシュ・フロー)
            営業活動の結果得られた資金は292,656千円(前年同期比1.0%減)となりました。これは主に、税金等調
           整前当期純利益307,880千円等によるものであります。
                                  34/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)
            投資活動の結果使用した資金は、49,400千円(前年同期比68.0%減)となりました。これは主に、有形固
           定資産の取得による支出30,575千円及び無形固定資産の取得による支出19,540千円によるものであります。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)

            財務活動の結果使用した資金は9,996千円(前年同期比86.2%減)となりました。これは、長期借入金の
           返済による支出9,996千円によるものであります。
         ③生産、受注及び販売の実績

          当社グループの報告セグメントはEC通販事業のみであるため、商材区分別に記載しております。
          a.生産実績
           当社グループの生産実績は、販売実績とほぼ一致しておりますので、生産実績に関しては販売実績の項をご
          参照ください。
          b.仕入実績

           第19期連結会計年度及び第20期第1四半期連結累計期間の仕入実績を商材区分別に示すと、次のとおりであ
          ります。
           原材料及び商品仕入
                                                  第20期第1四半期
                                 第19期連結会計年度
                                                   連結累計期間
                                (自 平成29年7月1日
                                                (自 平成30年7月1日
                                 至 平成30年6月30日)
                                                 至 平成30年9月30日)
          仕入区分         商材区分
                              金額(千円)        前年同期比(%)             金額(千円)

                                           110.4            48,553

                彫刻                234,943
                                176,276           110.5            39,603
                スタンプ
           原材料
                                 1,427          111.1              189
                印刷
                                  453         70.6             374
                その他
                                413,101           110.3            88,720
                   原材料 合計
                                124,673           111.9            27,401
                彫刻
                                 89,772          102.0            22,230
                スタンプ
                                114,184           119.9             9,171
           商品     印刷
                                 16,921          108.4             3,068
                その他
                   商品 合計             345,552           111.4            61,872
                                758,654           110.8            150,593
              EC通販事業 合計
         (注)上記の金額には、消費税等が含まれておりません。
          c.受注実績

           当社グループ      のEC通販事業       は、受注から販売までの所要日数が短く常に受注残高は僅少であり、期中の受
          注高と販売実績とがほぼ対応するため、記載を省略しております。
                                  35/102






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          d.販売実績
           第19期連結会計年度及び第20期第1四半期連結累計期間の販売実績を商材区分別に示すと、次のとおりであ
          ります。
                               第19期連結会計年度
                                             第20期第1四半期連結累計期間
                             (自 平成29年7月1日
                                              (自 平成30年7月1日
                              至 平成30年6月30日)
                                               至 平成30年9月30日)
                商材区分
                            金額(千円)        前年同期比(%)              金額(千円)

                                        108.9               386,614

           彫刻                  1,737,736
                             705,233          103.9               155,452
           スタンプ
                             175,224          112.6               15,981
           印刷
                             128,192           98.0               20,272
           その他
                            2,746,386           107.2               578,322
             EC通販事業 合計
         (注)1.事業部門間の取引相殺前の金額で記載しております。
             2.上記の金額には、消費税等が含まれておりません。
             3.主たる販売先は、不特定多数の一般顧客であり、相手先別販売実績の総販売実績に対する割合が
               10%以上の販売先はありません。
        (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

          経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
         す。
          なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
         ①重要な会計方針及び見積り

           当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成さ
          れております。この連結財務諸表の作成に当たりまして、必要と思われる見積もりは、合理的な基準に基づい
          て実施しております。
           詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務
          諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。
         ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          a.経営成績の分析
           当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、売上高は主軸事業であるEC通販事業での朱肉を使う印鑑
          の購入客数が      増加したことにより、           前連結会計年度に比べ182,994千円増加し、2,746,209                         千円(前年同期比
          7.1%増)となりました。
           また、成長に必要な設備投資と広告運用等が効率的に実施できたことで、資本効率を示す自己資本利益率
          (ROE)19.9%、資産効率を示す総資産利益率(ROA)13.2%と一定水準の効率を維持することができて
          おります。
           この先の日本経済は、雇用環境や企業収益の改善などが見込まれ、引き続き国内景気の回復が続くことが期
          待される一方で、欧米の政治動向や北朝鮮・中東情勢など地政学的リスクが依然として懸念され、景気の先行
          きは不透明な状況が続くとみられます。
           当社グループを取り巻くEC通販事業分野におきましては、設備投資需要の継続が期待されるものの、人手
          不足による雇用獲得競争が激化する事で人件費、外注加工費の上昇や配送料金値上げなど収益悪化要因も想定
          され、楽観視できない状況です。
           こうした状況に対処するために、グループ統括管理本部の強化を図り、安定的な雇用獲得にも取り組んでま
          いります。
          b.資本の財源及び資金の流動性についての分析

           当社グループの資本の財源及び資金の流動性について、当社グループの事業活動における運転資金需要の主
          なものは、当社グループの主たる事業であるEC通販事業に係る人件費、広告宣伝費等の販売費及び一般管理
          費に加え、機械装置等の有形固定資産及びシステム開発に係る無形固定資産への投資等があります。これらの
          資金需要に対して安定的な資金供給を行うための財源については主に内部資金を活用することにより確保して
          おります。
                                  36/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【経営上の重要な契約等】
        該当する事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当する事項はありません。
                                  37/102



















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第19期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
        当連結会計年度に実施した設備投資の総額は43,820千円であり、当社グループの報告セグメントはEC通販事業の
       みであるため、事業内容別に記載しております。なお、当連結会計年度において重要な設備の除却又は売却等はあり
       ません。
        (1)EC通販事業
         当連結会計年度の主な設備投資は、本社ビル改修工事等3,353千円及び製造設備の増強並びに改良などを目的と
        した機械装置の購入24,196千円等であります。
        (2)デジタルマーケティング事業
         当連結会計年度の主な設備投資は、新基幹システムの安定稼働を維持するためのシステム構築及び新規事業の立
        ち上げを目的としたシステムへの投資10,891千円等であります。
       第20期第1四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)

        第20期第1四半期連結累計期間においては、EC通販事業への設備投資を実施しております。
       なお、当第1四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
        EC通販事業
         当第1四半期連結累計期間            の主な設備投資は、製造及び物流拠点の開設に伴う製造設備の増強を目的とした機械
        装置の購入9,337千円であります。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                    平成30年6月30日現在
                                       帳簿価額
        事業所名       事業内容の名                                        従業員数
                      設備の内容           工具、器具
                             建物          車両運搬具     ソフトウエア       合計
        (所在地)        称                                         (人)
                                 及び備品
                            (千円)           (千円)      (千円)      (千円)
                                  (千円)
     本社、大阪支社

                      事務所設備等
                全社(共通)              3,082      528     3,801      522     7,934      8(0)
     (大阪市西区)
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数の( )は、平均臨時雇用者数を外書きしております。
         3.現在休止中の主要な設備はありません。
       (2)国内子会社

                                                    平成30年6月30日現在
                                          帳簿価額
               事業所名     事業内容               機械装    土地   工具、       ソフトウ        従業員数
                                             ソフトウ
        会社名                 設備の内容
              (所在地)     の名称           建物   置及び    (千円)    器具及       エア仮勘     合計   (人)
                                              エア
                                  運搬具    (面積    び備品         定
                              (千円)                       (千円)
                                             (千円)
                                  (千円)     ㎡)   (千円)        (千円)
               本社
     ㈱ハンコヤドットコ              EC通販事     本社ビル             113,078
               (大阪市西                112,406    122,784         3,916    2,771     -  354,957    68(14)
     ム              業     製造機器             (152.01)
               区)
                        事務所設備
               大阪支社     デジタル
                        等                -
               (大阪市西
     ㈱AmidA              マーケティ             -    -      1,616   113,508     3,535   118,660     26(3)
                        ソフト開発               (-)
               区)     ング事業
                        等
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数の( )は、最近1年間の平均臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む)
           を外書きしております。
         3.当社グループの報告セグメントはEC通販事業のみであるため事業内容別に記載しております。
         4.現在休止中の主要な設備はありません。
                                  38/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (平成30年10月31日現在)
        当社グループの設備投資については、景気予測、業績動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設
       備計画の策定に当たっては、提出会社を中心に調整を図り作成しております。
        なお、最近日現在における重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。
        (1)重要な設備の新設
                                              着手及び完了予定
                               投資予定金額
                                              年月
       会社名           事業内容の                      資金調達方               完成後の増
             所在地           設備の内容
      事業所名           名称                      法               加能力
                               総額    既支払額
                                              着手     完了
                              (千円)     (千円)
                        製造設備
     ㈱ハンコヤ
             大阪府     EC通販事      (印鑑自動                     平成30年     平成30年
                                     -
     ドットコム                         19,660         自己資金               (注)2
             茨木市     業      彫刻機4                      10月     10月
     外注先
                        台)
                        製造設備
     ㈱ハンコヤ
             大阪府     EC通販事      (卓上レー               自己資金及      平成30年     平成30年
                                     -
     ドットコム                          5,831                        (注)2
             茨木市     業      ザー彫刻機               び増資資金       11月     12月
     外注先
                        1台)
                        製造設備

     ㈱ハンコヤ
             大阪府     EC通販事      (レーザー               自己資金及      平成30年     平成30年
     ドットコム                          5,775      -                  (注)2
             茨木市     業      彫刻機1               び増資資金       11月     12月
     外注先
                        台)
                        製造設備

     ㈱ハンコヤ
             東京都     EC通販事      (印鑑自動               自己資金及      平成30年     平成30年
                                     -
     ドットコム                          4,915                        (注)2
             大田区     業      彫刻機1               び増資資金       11月     12月
     外注先
                        台)
                  デジタル
     ㈱AmidA
             大阪市           アプリケー                     平成30年     平成31年
                                    3,535
                  マーケティ             9,000        自己資金               (注)2
             西区           ション開発                      2月     5月
     大阪支社
                  ング事業
                  デジタル
     ㈱AmidA
             大阪市           オンライン                     平成30年     平成31年
                                     -
                  マーケティ             21,500         自己資金               (注)2
             西区           製版                      10月     1月
     大阪支社
                  ング事業
             大阪市
     ㈱ハンコヤ       西区           製造設備
     ドットコム       東京都     EC通販事      (印鑑自動               自己資金及      平成31年     平成31年
                                     -
                               18,071                        (注)2
     本社及び外注       大田区     業      彫刻機2               び増資資金       10月     10月
     先       大阪府           台)
             茨木市
     ㈱ハンコヤ       大阪市           製造設備
     ドットコム       西区     EC通販事      (印鑑自動               自己資金及      平成32年     平成32年
                                     -
                               6,562                        (注)2
     本社及び外注       大阪府     業      彫刻機2               び増資資金       1月     1月
     先       茨木市           台)
                  デジタル
     ㈱AmidA
             大阪市           アプリケー                     平成31年     平成32年
                                     -
                  マーケティ             6,000        自己資金               (注)2
             西区           ション開発                      7月     5月
     大阪支社
                  ング事業
      (注)1.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.完成後の増加能力については、計数的な把握が困難なため、記載を省略しております。
         3.当社グループの報告セグメントはEC通販事業のみであるため事業内容別に記載しております。
        (2)重要な設備の除却等

          該当する事項はありません。
                                  39/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        8,000,000

                  計                             8,000,000

        ②【発行済株式】

                                上場金融商品取引所名又は登録
          種類           発行数(株)                               内容
                                認可金融商品取引業協会名
                                                完全議決権株式であり権利

                                                内容に何ら限定のない当社
      普通株式                   2,000,000             非上場          における標準となる株式で
                                                あり、単元株式数は100株
                                                であります。
           計              2,000,000              -              -

      (注)平成30年9月13日開催の定時株主総会決議により、平成30年9月13日付で1単元を100株とする単元株制度を採
         用しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成28年6月24日
                   1,999,800       2,000,000           -     10,000         -       -
         (注)
     (注)株式分割(1:10,000)によるものであります。
       (4)【所有者別状況】

                                                    平成30年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計
                                                        (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     -     -      1     -     -      13      14    -
     所有株式数
                -     -     -    2,000       -     -    18,000      20,000     -
     (単元)
     所有株式数の割
                -     -     -     10.0      -     -     90.0     100.0     -
     合(%)
                                  40/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年10月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                       -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -            -            -
      議決権制限株式(その他)                       -                         -

      完全議決権株式(自己株式等)                       -            -            -

                                                 権利内容に何ら限定のな

                                                 い当社における標準とな
                        普通株式         2,000,000              20,000
      完全議決権株式(その他)
                                                 る株式であり、単元株式
                                                 数は100株です。
      単元未満株式                       -            -            -

      発行済株式総数                         2,000,000           -            -

      総株主の議決権                       -               20,000         -

        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                  41/102













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、企業価値向上とその水準の維持を図ることが株主への利益還元であり、経営の重要課題であると認識して
       おります。よって、剰余金の配当につきましては、企業価値の向上とその水準の維持を可能とする範囲において、新
       たな事業を含む継続的な拡大発展を目指すための内部留保の充実が重要であると考え、会社設立以来、配当は実施し
       ておりません。今後の株主への剰余金の配当につきましては、業績の推移、財務状況、新たな事業への投資等を総合
       的に勘案し、内部留保とのバランスをとりながら検討していく方針としております。
        内部留保資金の使途につきましては、事業基盤の強化並びに新たな事業への投資資金等に活用し、継続的な拡大発
       展を実現させるための資金として、有効に活用していく所存であります。
        なお、剰余金の配当を行う場合は、年1回の期末配当を基本としており、配当の決定機関は株主総会であります。
       また、当社は中間配当を取締役会決議で行うことができる旨を定款に定めております。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  42/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性6名 女性2名 (役員のうち女性の比率25.0%)
                                                       所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  平成6年4月 藤田実業(家業)入社
                                  平成12年3月 当社設立 当社代表取締役
                                        社長
                                  平成17年7月 ㈱オフィススクエア(現 
                                        ㈱AmidA)取締役
              CEO                    平成26年9月 ㈱ハンコヤドットコム代表
     代表取締役社長               藤田 優     昭和43年10月13日生                          (注)1    1,157,600
                                        取締役(現任)
            (最高経営責任者)
                                  平成27年9月 当社代表取締役社長CEO
                                        (現任)
                                  平成28年7月 ㈱AmidA(㈱オフィス
                                        スクエアを社名変更)代表
                                        取締役(現任)
                                  平成9年4月 藤田実業(家業)入社
                                  平成12年3月 当社専務取締役
                                  平成17年7月 ㈱オフィススクエア(現 
              COO                          ㈱AmidA)取締役
     専務取締役               藤田 英人      昭和46年1月6日生                          (注)1     390,000
                                  平成26年9月 ㈱ハンコヤドットコム
            (最高執行責任者)
                                        専務取締役(現任)
                                  平成27年9月 ㈱当社専務取締役COO
                                        (現任)
                                  昭和60年3月 コーナン商事㈱入社
                                  平成5年3月 同社 財経部次長兼経理課
                                        長
                                  平成7年12月 ㈱フレッシュデリカ入社
                                  平成8年5月 上野輸送㈱入社
                                  平成9年5月 ㈱ビューカンパニー入社
                                  平成13年5月 同社 取締役管理会計担当
                                  平成15年3月 同社 取締役経理担当
            CFO兼
                                  平成17年2月 同社 取締役総合企画部長
     取締役       グループ統括管理        浅田 保行      昭和42年2月11日生                          (注)1      8,200
                                  平成19年3月 当社入社 管理部長
            本部長
                                  平成27年9月 当社グループ統括管理本部
                                        執行役員CFO
                                  平成28年7月 当社取締役CFO兼グルー
                                        プ統括管理本部長(現任)
                                        ㈱AmidA取締役(現
                                        任)
                                        ㈱ハンコヤドットコム取締
                                        役(現任)
                                  平成5年4月 山文商事㈱入社
                                  平成7年12月 佐田建設㈱入社
                                  平成9年7月 ルネサンス入社
                                  平成12年4月 当社入社
            執行役員CCO兼                      平成19年1月 当社経営企画室長
     取締役               糟谷 八千子      昭和50年1月22日生                          (注)1      6,900
                                  平成21年4月 当社経営企画部長
             経営企画部長
                                  平成28年7月 当社取締役兼執行役員CC
                                        O兼経営企画部長(現任)
                                        ㈱ハンコヤドットコム取締
                                        役(現任)
                                  43/102






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  平成4年4月 ㈱三和銀行(現 ㈱三菱U
                                        FJ銀行)入行
                                  平成15年6月 ㈲にっこう社(現 ㈱GR
                                        EETING WORK
                                        S)設立 取締役
                                  平成18年5月 ㈱にっこう社(現 ㈱GR
     取締役               德丸 博之      昭和44年10月13日生
               -                                    (注)1       300
                                        EETING WORK
                                        S)に組織変更
                                        代表取締役(現任)
                                  平成23年1月 ㈱北の達人コーポレーショ
                                        ン取締役
                                  平成28年9月 当社取締役(現任)
                                  昭和53年3月 小林製薬㈱入社
                                  平成18年6月 同社 監査役
                                  平成28年5月 ㈱ブラケット入社
                                  平成29年8月 当社監査役(現任)
     常勤監査役          -     平岡 正啓      昭和27年9月24日生                          (注)2       -
                                        ㈱AmidA監査役(現
                                        任)
                                        ㈱ハンコヤドットコム監査
                                        役(現任)
                                  平成13年10月 弁護士登録          (大阪弁護士
                                        会)
                                        アスカ法律事務所入所
                                  平成18年9月 Kelvin         Chia  Partnership
                                        法律事務所(シンガポー
                                        ル・ベトナム併任)入所
     監査役               本間 拓洋      昭和51年2月22日生
               -                                    (注)2       -
                                  平成19年9月 外務省入省 国際法局経済
                                        条約課 課長補佐
                                  平成21年11月 本間綜合法律事務所(現 
                                        本間国際綜合法律事務所)
                                        設立(現任)
                                  平成28年9月 当社監査役(現任)
                                  平成9年10月 朝日監査法人(現 有限責
                                        任 あずさ監査法人)入所
                                  平成12年6月 東京北斗監査法人(現 仰
                                        星監査法人)入所 非常勤
                                        (現任)
                    宮本 文子
                                  平成15年7月 中村文子公認会計士事務所
     監査役          -           昭和48年11月30日生                          (注)2       -
                    (旧姓 中村)
                                        設立(現任)
                                  平成15年8月 ㈲三帰取締役(現任)
                                  平成23年1月 さくら合同会社設立              代表
                                        (現任)
                                  平成29年8月 当社監査役(現任)
                             計                          1,563,000
      (注)1.取締役の任期は平成30年9月13日開催の定時株主総会で選任後2年以内に終了する事業年度の定時株主総会
           の終結の時までであります。
         2.監査役の任期は平成30年9月13日開催                    の定時株主総会で        選任後4年以内に終了する事業年度の定時株主総会
           の終結の時までであります。
         3.専務取締役COO           藤田英人は、代表取締役社長CEO                 藤田優の実弟であります。
         4.取締役      德丸博之は、社外取締役であります。
         5.監査役      平岡正啓、本間拓洋及び宮本文子は、社外監査役であります。
                                  44/102





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、めまぐるしく変化する経営環境において、継続的な成長及び持続的な企業価値の向上のためには、経営
        の効率化を図るとともに、意思決定の透明性や公正性が確保された経営体制を構築することが必要であると考えて
        おり、コーポレート・ガバナンスの充実は重要な経営課題と認識しております。
         このような認識のもと、当社は、企業倫理と法令遵守を徹底し、職務分掌や規程の整備等により内部統制を強化
        するとともに、適時適切に情報開示を実現できる体制の構築に努めております。
        ① 企業統治の体制
         イ . 企業統治の体制の概要
           当社は監査役制度を採用しており、取締役会及び監査役会を中心としたコーポレート・ガバナンス体制を構
          築することで、取締役会の意思決定と取締役の業務執行を適正に監督及び監視しております。更に、監督及び
          監視を強化するため、社外取締役1名及び社外監査役3名を選任しております。また、監査役会、内部監査室
          及び会計監査人の連携により、監査体制をより強化しております。
          (取締役会)
           当社の取締役会は、社外取締役1名を含む取締役5名で構成され、会社法で定められた事項及び当社の経営
          に関する重要事項について審議・決議するとともに、取締役の業務執行を監督しております。
           また、毎月1回の定時取締役会のほか、迅速な意思決定を行うために必要に応じて臨時取締役会を開催し、
          法令で定められた事項や経営に関する重要事項を最終決定するとともに、業務遂行の状況報告の確認を実施し
          ております。
          (監査役及び監査役会)
           当社の監査役会は、常勤監査役1名及び非常勤監査役2名の計3名(3名は社外監査役)で構成されており
          ます。監査役会は毎月1回の定時監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。
           監査役は定時取締役会、臨時取締役会、コンプライアンス委員会、全グループ部長会に出席し、取締役の業
          務の執行状況を監視しております。
          (コンプライアンス委員会)
           コンプライアンス委員会は、委員長、副委員長、委員、事務局長で構成されており、当社及び当社子会社に
          おけるコンプライアンスの方針、体制、運営方法などを定め、リスクマネジメント及びコンプライアンスに係
          る重要事項の調査や、教育・研修の企画、立案を審議するために、原則3ヶ月に1回開催し、審議した内容を
          取締役会に報告しております。
          (全グループ部長会)
           全グループ部長会は、当社の専務取締役、取締役、監査役、執行役員、本部長、室長、部長、相談役及び当
          社子会社の取締役、その他当社の代表取締役社長が必要と認めた者で構成され、原則毎月1回定期的に開催
          し、取締役会で決議された基本的方針に基づき、グループの全般的な業務執行方針及び業務計画を協議する
          他、重要な業務の実施に関する事項について、迅速かつ機動的な意思決定を行うとともに、業務執行状況の確
          認を行っております。
                                  45/102








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当社の経営組織及び企業統治体制の概要を図示しますと次のとおりであります。
         ロ.当該体制を採用する理由








           当社は、グループ全体の企業価値の向上並びに株主に対する経営の透明性を高めるために必要なコーポレー
          ト・ガバナンスの実践を経営の最重要課題の一つとして位置付けております。コーポレート・ガバナンスにお
          いて、透明性・健全性の向上及び経営環境の変化に対応した意思決定の迅速化のため、上記体制を採用してお
          ります。また、取締役の職務執行に対する監督機能強化及び企業価値や経営の透明性を更に向上させることを
          目的として、社外取締役1名を選任しております。さらに、外部からの客観的かつ中立的な経営監視の機能が
          重要であると考えており、各方面での豊富な経験と高度な専門知識を有する者3名を社外監査役としておりま
          す。
         ハ.その他の企業統治に関する事項
          <内部統制システムの整備の状況>
           会社法及び会社法施行規則に基づき、当社の業務の適正性を確保するための体制として、平成28年9月16日
          の取締役会にて以下の内部統制システム構築の基本方針を定める決議を行い、当該基本方針に基づいた運営を
          行っております。
          「内部統制システム構築の基本方針」
           1.取締役の職務執行が効率的に行われることを確保するための体制
            (1)  企業価値向上のために制定した中期ビジョン及び年次事業計画に基づいて、目標達成のために活動
              し、その進捗状況の管理を行う。
            (2)  「組織規程」の職務権限基準及び決裁ルールにより、適正かつ効率的に職務執行が行われる体制を確
              保する。
            (3)  職務執行の効率性を高めるため、各部門の業務進捗状況を取締役及び執行役員を含む、全グループ部
              長会で部門責任者より報告を受け、全社的な業務の効率化を図る体制とする。
           2.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

            (1)  法令、定款等の遵守を目的として、コンプライアンスに関する規程を定め、取締役自らが率先垂範す
              る。また、研修等を通し、コンプライアンス体制の推進を図る。
            (2)  「組織規程」の職務分掌表及び職務権限基準により、職務の範囲や権限を定め、適切な牽制が機能す
              る体制とする。
            (3)  「反社会的勢力対策規程」により、反社会的勢力とは取引関係を含めて一切の関係を持たず、反社会
              的勢力からの不当要求に対しては、組織全体として毅然とした対応をとる。
                                  46/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
            (1)  取締役の職務執行に係る情報については、「文書管理規程」に基づき、適切かつ確実に検索が容易な
              状態で保存・管理するとともに、情報種別に応じて定められた期間中は保存する。
            (2)  これらの文書、情報等は必要に応じ、必要な関係者が閲覧できる体制を維持する。
           4.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            (1)  企業活動に関連する損失の危険については、経営環境の変化に対応しながら、「リスク管理方針」に
              基づき管理する。
            (2)  新たに生じたリスクについては、代表取締役社長がリスクの内容により適当と定めた責任部門を指定
              し、リスク管理体制を明確化する。
            (3)  内部監査室はリスク管理状況を監査し、その結果を取締役及び監査役会に文書で報告する。
            (4)  事業活動上の重大な事態が発生した場合には、「リスク管理方針」に則りコンプライアンス委員会を
              招集し、迅速な対応を行うことにより損失・被害を最小限にとどめる体制を整える。
           5.当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

            (1)  当企業集団は、「子会社管理規程」「子会社管理決裁権限基準」により業務の適正確保に努める。
            (2)  子会社は、規程に基づく特別の事項については、グループ統括管理本部担当取締役への報告、承認、
              決裁を義務付け、重要事項については、取締役会決裁事項とする。
            (3)  子会社の事業に関しては、子会社の自主性を尊重しつつ、それぞれ統括責任を負う取締役を任命し、
              企業集団としての業務の適正を図るとともに、グループ統括管理本部は子会社より定期的に事業報告
              を受け、子会社の取締役の職務執行が効率的に行われるよう管理する。
            (4)  子会社を内部監査による定期的な監査の対象とし、監査の結果は代表取締役社長に報告する体制と
              し、内部監査室は当社及び子会社の内部統制状況を把握・評価する。
            (5)  子会社が規程等に基づいてリスク管理を行い、重要事項については統括責任者及びグループ統括管理
              本部と協力して当企業集団として管理する。
            (6)  内部通報制度(ホットライン)の窓口及びご意見BOXを当社及び子会社の共用のものとして社内に設
              けるとともに、通報を行った者が当該報告をしたことを理由に不利な取扱いを受けないことを確保す
              る体制とする。
            (7)  当社及び子会社において、法令及び社内規程等に違反又はその懸念がある事象が発生あるいは発覚し
              た場合、速やかに部署責任者、当社のグループ統括管理本部担当取締役及び内部監査室に報告する体
              制とする。
           6.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び使

             用人の取締役からの独立性並びに監査役の当該使用人に対する指示の実効性確保に関する事項
            (1)  監査役会が必要とする時に備え、業務補助のための部門を内部監査室と定め、その人事については監
              査役会の同意を得ることとする。
            (2)  監査役の業務補助を行う場合、監査役の指示に従って職務を行うこととする。
           7.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制

            (1)  監査役は取締役会、コンプライアンス委員会等への出席及び全グループ部長会等の議事録を閲覧する
              ことで、経営状況、リスク管理、コンプライアンス等、当社及び当企業集団全般にわたる報告を受け
              る体制とする。
            (2)  会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見した場合には、当該事実に関して報告する。
            (3)  監査役が必要と判断したときは、いつでも取締役及び使用人等並びに子会社の取締役及び使用人等に
              対して報告を求めることができる。
            (4)  監査役に報告を行った者が、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保す
              る体制とする。
            (5)  内部通報制度の通報状況について速やかに監査役に報告を行う。
           8.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

             監査役及び監査役会に対して、取締役及び重要な使用人からヒアリングを実施する機会を確保するとと
            もに、代表取締役社長、内部監査室及び監査法人と、それぞれ定期的に意見交換会を開催する。
                                  47/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           9.監査役の職務の執行について生ずる費用等の処理に係わる方針
             監査役が、その職務の執行について生ずる費用の前払又は返還等の請求をしたときは、当該監査役の職
            務執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用等の処理をする。
           10.財務報告の信頼性を確保するための体制

             金融商品取引法等の定めに従い、健全な内部統制環境の保持に努め、統制活動を強化し、有効かつ正当
            な評価ができるように内部統制システムを構築し、適切な運用に努めることにより、財務報告の信頼性と
            適正性を確保する。
          <リスク管理体制の整備の状況>

           当社はリスク管理に関して、激しく変化する経営環境の中で、ステークホルダーの当社に対する信頼の維
          持・向上を図るためには、当社を取り巻くリスクを適切に分析・管理し、損害発生の未然の防止及び内部統制
          システムの構築が重要課題であると認識しております。内部統制システムの構築・維持・向上を推進するとと
          もに、必要に応じて、規則・ガイドラインの策定、コンプライアンス等に関する社内研修の実施等、コンプラ
          イアンス経営を積極的に推進しております。
          <子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況>

           ・子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
            当社グループに属する子会社が定める規程や事故報告については、兼務役員が適宜情報を取りまとめ、当
           社への報告を行うとともに、当社において、当該子会社に対して必要に応じ報告を求めております。
           ・子会社における法令遵守、リスク管理を確保するための体制等
            当社は、子会社において法令を遵守し、リスク管理が適正に行われるように、子会社に対し適切な管理監
           督、協議、指導助言を行い、当社基本方針に基づく法令遵守体制、リスク管理体制を確立しております。
         ニ.責任限定契約の内容の概要

            当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基
           づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく責任の限
           度額は、法令が規定する額とするものであります。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役また
           は監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        ② 内部監査及び監査役監査の状況

          内部監査を実施する部門として、通常の業務執行部門とは独立したグループ統括内部監査室専任者1名を設置
         しており、内部監査担当者は年間の内部監査計画書に基づき、子会社を含めた全業務執行部門の内部監査業務を
         実施しております。また、内部監査担当者は、内部監査の結果調書を作成し、代表取締役社長に報告を行ってお
         ります。
          監査役は、定時取締役会及び臨時取締役会への出席並びに取締役及び従業員等との協議・報告の場を定期的に
         設け、内部監査の実施内容等の情報も相互連携する事で、コンプライアンスの徹底や業務改善に係る助言を反映
         させております。監査役会を開催し、監査役相互で連携することで効率的な監査を実施しております。
          また、会計上重要と認められる事項については、会計監査人から説明を受け、情報交換、連携を進めること
         で、それぞれの監査の実効性を高めるよう努力しております。
        ③ 会計監査の状況

          当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、佐藤陽子、谷間薫の2名であり、EY新日本有限責任監査法人に
         所属しております。EY新日本有限責任監査法人は、監査人として独立の立場から財務諸表等に対する意見を表明
         しております。また、当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士13名、その他15名であります。なお、継
         続監査年数については2名とも7年以内であるため記載を省略しております。
          また当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、会計監査人との間に会社法第423条第1項の損害賠償を限
         定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限定額は、法令が定める額としております。
        ④ 社外取締役及び社外監査役

          当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。
          社外取締役の德丸博之は当社株式を300株保有しておりますが、当社との間には特別の利害関係はありませ
         ん。また、同氏の兼職先と当社との間にも特別の関係はありません。同氏は各企業における豊富な営業経験があ
         り、その豊富な経験と知見をもって、当社の体制の整備・強化並びに営業力の強化に貢献頂けるものと判断して
         おります。
                                  48/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          社外監査役の平岡正啓と当社との間には特別の利害関係はありません。同氏は上場企業の監査役として得た豊
         富な知見を有していることから、職務を適正に遂行して頂けると判断しております。
          社外監査役の本間拓洋と当社との間には特別の利害関係はありません。また、同氏の兼職先と当社との間にも
         特別の関係はありません。同氏は国内のみならず国際的に活躍する弁護士としての経歴も有しており、グローバ
         ル展開及び国内事業を発展させていく上で、企業姿勢が法律の視点から問題ないかなど、弁護士の経験を当社で
         活かして頂けるものと考えております。
          社外監査役の宮本文子と当社との間には特別の利害関係はありません。また、同氏の兼職先と当社との間には
         特別の関係はありません。同氏は公認会計士及び税理士の資格を有しており、会計及び税務の専門知識を活か
         し、社外の独立した立場から財務面での監査に貢献して頂けるものと考えております。
          当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針を明確に定めたものはあり
         ませんが、社外取締役には、独立した立場からの監督・牽制機能を、社外監査役には、業務執行を客観的に監査
         することを期待して選任しております。社外取締役は企業経営者又は支配人等の経験者である場合には、経営者
         等としての豊富な経験と幅広い見識をもとに当社の経営全般にわたる的確な助言を頂き、社外監査役は法律的視
         点から当社の経営全般にわたる的確な助言を頂き、当社のコーポレート・ガバナンス強化に寄与するものと考え
         ております。
        ⑤ 役員報酬等

         イ.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる役
                  報酬等の総額
         役員区分                                             員の員数
                   (千円)             ストックオプ
                          基本報酬               賞与      退職慰労金        (人)
                                ション
     取締役
                    198,870       198,870          -       -       -        ▶
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                              -
                       -              -       -       -       -
     (社外監査役を除く。)
     社外取締役                1,800       1,800         -       -       -        1
     社外監査役                8,669       8,669         -       -       -        ▶

     (注)取締役の報酬等の金額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
         ロ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
            連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

            該当事項はありません。
         ニ.役員の報酬等の額の決定に関する方針

            平成28年6月30日開催の臨時株主総会決議において、取締役の報酬限度額は年額3億円以内(うち社外取
           締役分は2千万円以内)監査役の報酬限度額は年額2千万円以内と決議しております。
            各取締役の報酬については、株主総会にて決定した報酬総額の範囲内において社長が取締役会に諮って決
           定し、各監査役の報酬は、同じく株主総会にて決定した報酬総額の範囲内において監査役が協議の上、決定
           しております。
        ⑥ 株式保有状況

         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
            該当事項はありません。
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

           的
            特定投資株式
             該当事項はありません。
            みなし保有株式

             該当事項はありません。
         ハ.保有目的が純投資目的の投資株式

            該当事項はありません。
                                  49/102

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑦ 取締役の定数

          当社の取締役は11名以内とする旨、定款に定めております。
        ⑧ 取締役及び監査役の責任免除

          当社は、取締役及び監査役の責任免除について、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるよう
         にするため、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役で
         あった者を含む)の会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議
         によって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨、定款に定めております。
        ⑨ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の
         1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、かつ累積投票によらない旨定款に定めており
         ます。
        ⑩ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
        ⑪ 中間配当に関する事項

          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会決議によって毎年12月31日を基準日として、中間配当
         を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
         す。
        ⑫ 自己株式の取得

          当社は、機動的な資本政策の遂行を確保するため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議に
         よって、自己株式を取得することができる旨を定款に定めております。
                                  50/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
        提出会社              7,000           1,550           8,250             -

       連結子会社                -           -           -           -

         計            7,000           1,550           8,250             -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、財務報告に係る内部統制に関する
         助言・指導業務であります。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は特に定めておりませんが、監査法人から提示される監
         査計画、監査内容、監査日程等を勘案して、双方協議の上で決定しております。
                                  51/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
       (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成28年7月1日から平成29年
        6月30日まで)及び当連結会計年度(平成29年7月1日から平成30年6月30日まで)の連結財務諸表並びに前事業
        年度(平成28年7月1日から平成29年6月30日まで)及び当事業年度(平成29年7月1日から平成30年6月30日ま
        で)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
         平成30年7月1日付けで、「新日本有限責任監査法人」は「EY新日本有限責任監査法人」に法人名を変更してお
        ります。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年7月1日から
        平成30年9月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年7月1日から平成30年9月30日まで)の四半期連
        結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
         平成30年7月1日付けで、「新日本有限責任監査法人」は「EY新日本有限責任監査法人」に法人名を変更してお
        ります。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等が主
       催する研修に参加しております。
                                  52/102












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年6月30日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        528,408              761,667
         現金及び預金
                                         88,849              94,015
         売掛金
                                         43,642              47,932
         商品及び製品
                                           500              385
         仕掛品
                                        141,281              166,538
         原材料及び貯蔵品
                                         70,260              27,110
         前払費用
                                         16,118              16,152
         繰延税金資産
                                         27,718               7,860
         その他
                                        916,779             1,121,663
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              119,834              115,488
          機械装置及び運搬具(純額)                              128,550              126,585
          工具、器具及び備品(純額)                               6,285              6,061
                                        113,078              113,078
          土地
                                       ※1 367,749             ※1 361,213
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         7,744             116,802
          ソフトウエア
                                        139,297               3,535
          ソフトウエア仮勘定
                                           619              633
          その他
                                        147,661              120,971
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            0              0
          投資有価証券
                                           444              568
          繰延税金資産
                                         19,240              17,403
          差入保証金
                                         6,001              6,094
          その他
                                         25,685              24,067
          投資その他の資産合計
                                        541,096              506,252
         固定資産合計
                                       1,457,876              1,627,915
       資産合計
                                  53/102









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年6月30日)              (平成30年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         44,002              52,660
         買掛金
                                         9,996              5,018
         1年内返済予定の長期借入金
                                        162,451              169,427
         未払金
                                         95,598              81,752
         未払法人税等
                                         42,126              17,485
         未払消費税等
                                         13,409              15,041
         預り金
                                         16,176              14,760
         ポイント引当金
                                         6,901              7,684
         その他
                                        390,661              363,829
         流動負債合計
       固定負債
                                         5,018                -
         長期借入金
                                        126,900              126,480
         役員退職慰労引当金
                                         13,515              12,249
         繰延税金負債
                                        145,433              138,729
         固定負債合計
                                        536,094              502,558
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         10,000              10,000
         資本金
                                        911,781             1,115,357
         利益剰余金
                                        921,781             1,125,357
         株主資本合計
                                        921,781             1,125,357
       純資産合計
                                       1,457,876              1,627,915
      負債純資産合計
                                  54/102












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                               当第1四半期連結会計期間
                                (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        711,098
         現金及び預金
                                         78,148
         売掛金
                                         50,108
         商品及び製品
                                           328
         仕掛品
                                        170,917
         原材料及び貯蔵品
                                         21,629
         その他
                                       1,032,229
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              113,767
          機械装置及び運搬具(純額)                              128,675
          工具、器具及び備品(純額)                               5,431
                                        113,078
          土地
                                        360,952
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        112,556
          ソフトウエア
                                         1,064
          その他
                                        113,621
          無形固定資産合計
                                         27,771
         投資その他の資産
                                        502,346
         固定資産合計
                                       1,534,575
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         52,132
         買掛金
                                         2,519
         1年内返済予定の長期借入金
                                        143,610
         未払金
                                         6,028
         未払法人税等
                                         18,212
         ポイント引当金
                                         39,310
         その他
                                        261,813
         流動負債合計
       固定負債
                                        126,480
         役員退職慰労引当金
                                         2,962
         その他
         固定負債合計                                129,442
       負債合計                                 391,255
      純資産の部
       株主資本
                                         10,000
         資本金
                                       1,133,320
         利益剰余金
         株主資本合計                               1,143,320
                                       1,143,320
       純資産合計
                                       1,534,575
      負債純資産合計
                                  55/102





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                       2,563,214              2,746,209
      売上高
                                      ※1 1,115,821             ※1 1,220,775
      売上原価
      売上総利益                                  1,447,393              1,525,433
                                      ※2 1,070,721             ※2 1,207,947
      販売費及び一般管理費
                                        376,672              317,486
      営業利益
      営業外収益
                                            7              8
       受取利息
                                           383               21
       受取手数料
                                           84              -
       受取保険金
                                           -              182
       還付加算金
                                            2              39
       その他
                                           477              252
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                   336               56
                                           512               -
       支払手数料
                                           -              12
       為替差損
                                           849               68
       営業外費用合計
                                        376,300              317,670
      経常利益
      特別利益
                                          ※3 59
                                                         -
       固定資産売却益
                                           59              -
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※4 3,726             ※4 7,931
       固定資産除却損
                                         11,963                -
       投資有価証券評価損
                                           -             1,858
       事務所移転費用
                                         15,690               9,789
       特別損失合計
                                        360,669              307,880
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   101,665              105,729
                                         13,124              △ 1,424
      法人税等調整額
                                        114,790              104,305
      法人税等合計
                                        245,879              203,575
      当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益                                   245,879              203,575
                                  56/102








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                        245,879              203,575
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         1,639                -
       その他有価証券評価差額金
                                        ※1 1,639
                                                         -
       その他の包括利益合計
                                        247,518              203,575
      包括利益
      (内訳)
                                        247,518              203,575
       親会社株主に係る包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                  57/102
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
          【四半期連結損益計算書】
           【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年9月30日)
                                        578,266
      売上高
                                        265,891
      売上原価
                                        312,374
      売上総利益
                                        283,161
      販売費及び一般管理費
                                         29,213
      営業利益
      営業外収益
                                            ▶
       受取利息
                                           48
       還付加算金
                                           20
       その他
                                           73
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            5
       支払利息
                                         2,304
       上場関連費用
                                         2,309
       営業外費用合計
                                         26,977
      経常利益
                                         26,977
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    6,028
                                         2,985
      法人税等調整額
                                         9,014
      法人税等合計
                                         17,963
      四半期純利益
                                         17,963
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  58/102












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結包括利益計算書】
           【第1四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年9月30日)
                                         17,963
      四半期純利益
                                           -
      その他の包括利益
                                         17,963
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         17,963
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                  59/102

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
                                                      (単位:千円)
                          株主資本               その他の包括利益累計額
                                                      純資産合計
                                       その他有価証券       その他の包括利
                    資本金      利益剰余金       株主資本合計
                                       評価差額金       益累計額合計
     当期首残高
                     10,000       665,901       675,901       △ 1,639      △ 1,639       674,262
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                            245,879       245,879                      245,879
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                                           1,639       1,639        1,639
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  -     245,879       245,879        1,639       1,639       247,518
     当期末残高                10,000       911,781       921,781         -       -      921,781
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                                                     純資産合計
                     資本金          利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                    10,000          911,781           921,781           921,781

     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                                   203,575           203,575           203,575
      純利益
     当期変動額合計                     -         203,575           203,575           203,575
     当期末残高                    10,000          1,115,357           1,125,357           1,125,357
                                  60/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        360,669              307,880
       税金等調整前当期純利益
                                         40,951              69,771
       減価償却費
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 39,830               △ 420
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                  3,743             △ 1,416
                                           △ 7             △ 8
       受取利息
                                           336               56
       支払利息
       投資有価証券評価損益(△は益)                                  11,963                -
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 59              -
                                         3,726              7,931
       固定資産除却損
                                           -             1,858
       移転費用
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  29,623             △ 24,641
       売上債権の増減額(△は増加)                                  79,706              △ 5,166
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 11,552             △ 29,432
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 8,415              8,658
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 70,638              72,027
                                        △ 27,454               6,838
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                        372,762              413,938
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    7              8
                                         △ 314              △ 56
       利息の支払額
                                           -            △ 1,658
       移転費用の支払額
                                        △ 76,695             △ 119,575
       法人税等の支払額
                                        295,759              292,656
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 84,799             △ 30,575
       有形固定資産の取得による支出
                                           350               -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 63,292             △ 19,540
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 6,323                -
       差入保証金の差入による支出
                                           43             1,171
       差入保証金の回収による収入
                                         △ 455             △ 455
       保険積立金の積立による支出
                                       △ 154,477              △ 49,400
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 72,428              △ 9,996
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 72,428              △ 9,996
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   68,854              233,259
                                        459,554              528,408
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 528,408              ※ 761,667
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  61/102







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           1.連結の範囲に関する事項
            (1)連結子会社の数 2社
              主要な連結子会社の名称
               株式会社ハンコヤドットコム
               株式会社AmidA
              なお、株式会社日本印章社は当連結会計年度において吸収合併し消滅したため、連結の範囲から除
             外しております。
            (2)主要な非連結子会社の名称等

              非連結子会社及び関連会社はありません。
           2.持分法の適用に関する事項

             該当事項はありません。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             全ての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
           4.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ  有価証券
               その他有価証券
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
             ロ  たな卸資産

               評価基準は、原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
                商品及び製品 総平均法
                仕掛品    総平均法
                原材料及び貯蔵品
                 原材料   総平均法
                 貯蔵品   最終仕入原価法
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ  有形固定資産
               定率法(ただし、建物(建物附属設備を除く)については定額法)を採用しております。
               また、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備の減価償却方法については定額法を採用して
              おります。
               なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物        8~32年
               機械装置及び運搬具 4~11年
               工具、器具及び備品 3~15年
             ロ  無形固定資産

               定額法を採用しております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
             ハ  長期前払費用

               定額法を採用しております。
               なお、利用可能期間(2~5年)に基づいております。
                                  62/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (3)重要な引当金の計上基準
             イ  貸倒引当金
               債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については実績貸倒率により、貸倒懸念債権等
              特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
               なお、当連結会計年度は貸倒実績及び貸倒懸念債権等特定債権がないため、貸倒引当金を計上して
              お りません。
             ロ  ポイント引当金

               ポイント制度に基づき、顧客に付与したポイントの利用に備えるため、当連結会計年度末において
              将来利用されると見込まれる額を計上しております。
             ハ  役員退職慰労引当金

               役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しており
              ます。
               なお、平成28年6月13日に役員退職慰労金規程の改正を行い、平成28年7月以降の役員退職慰労金
              の新規積立を停止しております。そのため、当連結会計年度での役員退職慰労引当金の新たな繰入れ
              は行っておりません。
            (4)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            (5)その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項

              消費税等の会計処理
               税抜方式によっております。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           1.連結の範囲に関する事項
            (1)連結子会社の数 2社
              主要な連結子会社の名称
               株式会社ハンコヤドットコム
               株式会社AmidA
            (2)主要な非連結子会社の名称等

              非連結子会社及び関連会社はありません。
           2.持分法の適用に関する事項

             該当事項はありません。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             全ての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
           4.会計方針に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ  有価証券
               その他有価証券
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
             ロ  たな卸資産

               評価基準は、原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
                商品及び製品 総平均法
                仕掛品    総平均法
                原材料及び貯蔵品
                 原材料   総平均法
                 貯蔵品   最終仕入原価法
                                  63/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
             イ  有形固定資産
               定率法(ただし、建物(建物附属設備を除く)については定額法)を採用しております。
               また、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備の減価償却方法については定額法を採用して
              おります。
               なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物        8~32年
               機械装置及び運搬具 4~11年
               工具、器具及び備品 3~15年
             ロ  無形固定資産

               定額法を採用しております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
             ハ  長期前払費用

               定額法を採用しております。
               なお、利用可能期間(2~5年)に基づいております。
            (3)重要な引当金の計上基準

             イ  貸倒引当金
               債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については実績貸倒率により、貸倒懸念債権等
              特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
               なお、当連結会計年度は貸倒実績及び貸倒懸念債権等特定債権がないため、貸倒引当金を計上して
              お りません。
             ロ  ポイント引当金

               ポイント制度に基づき、顧客に付与したポイントの利用に備えるため、当連結会計年度末において
              将来利用されると見込まれる額を計上しております。
             ハ  役員退職慰労引当金

               役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しており
              ます。
               なお、平成28年6月13日に役員退職慰労金規程の改正を行い、平成28年7月以降の役員退職慰労金
              の新規積立を停止しております。そのため、当連結会計年度での役員退職慰労引当金の新たな繰入れ
              は行っておりません。
            (4)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            (5)その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項

              消費税等の会計処理
               税抜方式によっております。
                                  64/102






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                       平成28年3月28日)を当
          連結会計年度から適用しております。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           該当事項はありません。
         (連結貸借対照表関係)

          ※1 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年6月30日)                  (平成30年6月30日)
     減価償却累計額                               255,167千円                  289,892千円
           2 当座貸越契約

             当社グループは、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約を締結しておりま
            す。これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年6月30日)                  (平成30年6月30日)
     当座貸越極度額                               150,000千円                  150,000千円
                                       -                  -
     借入実行残高
                                     150,000                  150,000
     差引額
                                  65/102













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結損益計算書関係)
          ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                             至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
                                       244千円                 1,492千円
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な項目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                              至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     広告宣伝費                               303,446千円                  332,496千円
                                     206,420                  211,139
     役員報酬
                                     183,597                  215,105
     給与及び手当
                                     147,882                  143,890
     支払手数料
          ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                              至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     土地                                  59千円                  -千円
                                       59                  -
               計
          ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                              至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     建物                                  96千円                 737千円
     機械装置及び運搬具                                2,768                   -
     工具、器具及び備品                                  85                 289
     ソフトウエア                                  130                 6,600
     その他                                  645                  304
               計                       3,726                  7,931
         (連結包括利益計算書関係)

          ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                              至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     その他有価証券評価差額金
      当期発生額                                 -千円                  -千円
      組替調整額                               1,639                   -
       税効果調整前
                                      1,639                   -
       税効果額                                -                  -
       その他有価証券評価差額金
                                      1,639                   -
     その他の包括利益合計
                                      1,639                   -
                                  66/102





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                     2,000,000             -         -      2,000,000
             合計              2,000,000             -         -      2,000,000

           2.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

              該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                     2,000,000             -         -      2,000,000

             合計              2,000,000             -         -      2,000,000

           2.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

              該当事項はありません。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年6月30日)                  (平成30年6月30日)
     現金及び預金勘定                               528,408千円                  761,667千円
     預金期間が3ヶ月を超える定期預金                                  -                  -
                                     528,408                  761,667
     現金及び現金同等物
                                  67/102







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)  金融商品に対する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金は内部資金を活用しております。一時的な余
             資は主に流動性の高い金融資産で運用し、また短期的な運転資金も同様に内部資金を活用しております
             が、一時的な不足については、金融機関の当座貸越枠を利用する予定であります。
            (2)  金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金及び未払金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期限であります。
              借入金は、主に設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、償還日は最長で決算日後3年であ
             ります。
            (3)  金融商品に係るリスク管理体制

             ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               当社は、債権管理規程に従い、営業債権について、主要な取引先の状況を定期的に把握し、取引相
              手ごとに与信枠及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減
              を図っております。連結子会社についても、当社の債権管理規程に準じて、同様の管理を行っており
              ます。
             ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
               当社は、借入金利の変動リスクについて、定期的に市場金利の状況を把握する事により管理してお
              ります。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金計画を作成・更新し、常に半年先の状況
              を把握することにより、流動性リスクを管理しております。連結子会社においても親会社が同様の管
              理を行っております。
            (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          528,408            528,408              -

      (2)売掛金                           88,849            88,849              -
       資産計                         617,257            617,257              -

      (1)買掛金                           44,002            44,002              -

      (2)未払金                          162,451            162,451              -
      (3)未払法人税等                           95,598            95,598              -

      (4)長期借入金(1年内返済予定のもの
                                 15,014            15,014
                                                          -
        を含む)
       負債計                         317,066            317,066              -
     (注)1.金融商品の時価の算定方法
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
         負 債

                                  68/102

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
          (4)長期借入金(1年内返済予定のものを含む)
             変動金利の長期借入金の時価は、短期間で見直されるものであるため、時価は帳簿価額に反映されてい
            ることから、当該帳簿価額によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品 (単位:千円)

                                当連結会計年度
                 区分
                               (平成29年6月30日)
          非上場債券                                0

           非上場債券については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難であることから、上記表中には
          含めておりません。
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      526,928            -         -         -

      売掛金                       88,849           -         -         -
             合計               615,778            -         -         -

        4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                              1年超        2年超        4年超
                     1年以内                                  5年超
                              2年以内        3年以内        5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                              (千円)        (千円)        (千円)
      長期借入金                  9,996        5,018          -        -        -

           合計             9,996        5,018          -        -        -

          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)  金融商品に対する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金は内部資金を活用しております。一時的な余
             資は主に流動性の高い金融資産で運用し、また短期的な運転資金も同様に内部資金を活用しております
             が、一時的な不足については、金融機関の当座貸越枠を利用する予定であります。
            (2)  金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金及び未払金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期限であります。
              借入金は、主に設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、償還日は最長で決算日後3年であ
             ります。
            (3)  金融商品に係るリスク管理体制

             ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               当社は、債権管理規程に従い、営業債権について、主要な取引先の状況を定期的に把握し、取引相
              手ごとに与信枠及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減
              を図っております。連結子会社についても、当社の債権管理規程に準じて、同様の管理を行っており
              ます。
                                  69/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
               当社は、借入金利の変動リスクについて、定期的に市場金利の状況を把握する事により管理してお
              ります。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金計画を作成・更新し、常に半年先の状況
              を把握することにより、流動性リスクを管理しております。連結子会社においても親会社が同様の管
              理を行っております。
            (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          761,667            761,667              -

      (2)売掛金                           94,015            94,015              -
       資産計                         855,683            855,683              -

      (1)買掛金                           52,660            52,660              -

      (2)未払金                          169,427            169,427              -
      (3)未払法人税等                           81,752            81,752              -

      (4)長期借入金(1年内返済予定のもの
                                 5,018            5,018
                                                          -
        を含む)
       負債計                         308,857            308,857              -
     (注)1.金融商品の時価の算定方法
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
          (4)長期借入金(1年内返済予定のものを含む)
             変動金利の長期借入金の時価は、短期間で見直されるものであるため、時価は帳簿価額に反映されてい
            ることから、当該帳簿価額によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品 (単位:千円)

                                当連結会計年度
                 区分
                               (平成30年6月30日)
          非上場債券                                0
           非上場債券については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難であることから、上記表中には
          含めておりません。
                                  70/102




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      759,999            -         -         -

      売掛金                       94,015           -         -         -
             合計               854,015            -         -         -

        4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                              1年超        2年超        4年超
                     1年以内                                  5年超
                              2年以内        3年以内        5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                              (千円)        (千円)        (千円)
      長期借入金                  5,018          -        -        -        -

           合計             5,018          -        -        -        -

         (有価証券関係)

          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           1.その他有価証券
            非上場株式等(貸借対照表計上額0千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認め
           られることから、記載しておりません。
           2.減損処理を行った有価証券

            投資有価証券(その他有価証券の株式)について11,963千円の減損処理を行っております。
            時価を把握することが極めて困難と認められる有価証券については、財政状態の悪化により実質価額が著
           しく低下した場合には、回復可能性等を考慮して減損処理を行っております。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           その他有価証券
            非上場株式等(貸借対照表計上額0千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認め
           られることから、記載しておりません。
                                  71/102










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前連結会計年度(平成29年6月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成29年6月30日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             9,842千円
             ポイント引当金                             5,624
                                           651
             棚卸資産評価損
            繰延税金資産(流動)計
                                          16,118
            繰延税金資産(固定)
             役員退職慰労引当金                             43,856
             投資有価証券評価損                             4,134
                                           511
             その他
            繰延税金資産(固定)小計                              48,503
            評価性引当額                             △47,991
            繰延税金資産(固定)計
                                           511
            繰延税金負債(固定)
                                          13,583
             特別償却準備金
            繰延税金負債(固定)計                              13,583
            繰延税金負債(固定)の純額                              13,071
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

            因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成29年6月30日)
            法定実効税率
                                           34.8%
            (調整)
             住民税均等割                              0.1
             税額控除                             △2.5
             評価性引当額                              1.0
             軽減税率                             △1.7
             その他                              0.1
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           31.8
                                  72/102









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(平成30年6月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成30年6月30日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                             7,483千円
             ポイント引当金                             5,099
             棚卸資産評価損                             1,163
                                          2,406
             繰越欠損金
            繰延税金資産(流動)計
                                          16,152
            繰延税金資産(固定)
             役員退職慰労引当金                             43,711
             投資有価証券評価損                             4,134
                                           701
             その他
            繰延税金資産(固定)小計                              48,547
            評価性引当額                             △47,846
            繰延税金資産(固定)計
                                           701
            繰延税金負債(固定)
                                          12,382
             特別償却準備金
            繰延税金負債(固定)計                              12,382
            繰延税金負債(固定)の純額                              11,680
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

            因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
            あるため注記を省略しております。
                                  73/102












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (企業結合等関係)
          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           共通支配下の取引等
            当社は、平成      28 年7月1日付にて、会社分割を実施し、持株会社体制へ移行しました。なお、同日付にて
           当社は「株式会社AmidA」から「株式会社AmidAホールディングス」に、吸収分割承継会社のう
           ち、「株式会社オフィススクエア」は「株式会社AmidA」に商号を変更しております。
           1.会社分割
            取引の概要
            (1)対象となった事業の名称及びその事業の内容
              EC通販事業
               インターネットによる印章関連商品、印刷関連商品、オフィス用品等の受注から製造、販売まで一
              貫して行っております。
              デジタルマーケティング事業
               ECサイトにおける集客するための接客・データ分析・改善といったWEBマーケティング実施し
              ております。また、システム開発・保守等も行っております。
            (2)企業結合日
              平成28年7月1日
            (3)企業結合の法的形式
              当社を吸収分割会社とし、当社100%子会社である株式会社ハンコヤドットコム及び株式会社オフィ
             ススクエア(平成28年7月1日付で「株式会社AmidA」に商号変更)を吸収分割承継会社とする会
             社分割
            (4)結合後企業の名称
              株式会社ハンコヤドットコム及び株式会社オフィススクエア(平成28年7月1日付で「株式会社Am
             idA」に商号変更)
            (5)その他取引の概要に関する事項
              当社グル―プ経営の強化を図るため、事業ごとに会社を分割することで、各会社の事業戦略が明確化
             され、各事業の競争力強化及び新規事業の開発強化に繋がり、その結果として当社グループ全体の経営
             効率の追求を目的としております。
           2.合併

            取引の概要
            (1)結合当事企業の名称及び事業内容
              吸収合併存続会社
               名称:株式会社AmidAホールディングス
               事業内容:グループ企業の統括、経営戦略、財務戦略、経営管理等
              吸収合併消滅会社
               名称:株式会社日本印章社(当社連結子会社)
               事業内容:EC通販事業
            (2)企業結合日
              平成28年7月1日
            (3)企業結合の法的形式
              当社を存続会社とし、株式会社日本印章社(当社連結子会社)を消滅会社とする吸収合併
            (4)結合後企業の名称
              株式会社AmidAホールディングス
            (5)その他取引の概要に関する事項
              当社グループ全体の経営効率の追求を目的としております。
           3.実施した会計処理の概要

            「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基
           づき、共通支配下の取引として処理しております。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           該当事項はありません。
                                  74/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (資産除去債務関係)
          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           当社グループは、事務所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として
          認識しておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の
          回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に
          計上する方法によっております。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           当社グループは、事務所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として
          認識しておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の
          回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に
          計上する方法によっております。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
            当社グループは、EC通販事業以外の事業セグメントの重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

            当社グループは、EC通販事業以外の事業セグメントの重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当する事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当する事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を
             省略しております。
           当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当する事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当する事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を
             省略しております。
                                  75/102


                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           該当事項はありません。
                                  76/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年7月1日                 (自 平成29年7月1日
                              至 平成29年6月30日)                 至 平成30年6月30日)
     1株当たり純資産額                              460円89銭                 562円68銭

     1株当たり当期純利益                              122円94銭                 101円79銭

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年7月1日                 (自 平成29年7月1日
                              至 平成29年6月30日)                 至 平成30年6月30日)
     親会社株主に帰属する当期純利益               (千円)              245,879                 203,575

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                -                 -

     普通株式に係る親会社株式に帰属する当期純
                                   245,879                 203,575
     利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                             2,000,000                 2,000,000
         (重要な後発事象)

          前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           該当事項はありません。
                                  77/102












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (追加情報)
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
          期連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は
          固定負債の区分に表示しております。
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
           なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、
          次のとおりであります。
                                  当第1四半期連結累計期間
                                  (自 平成30年7月1日
                                   至 平成30年9月30日)
           減価償却費                                17,674千円
          (株主資本等関係)

           当第1四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
           1.配当金支払額
             該当事項はありません。
           2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期

            間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
           3.株主資本の金額の著しい変動

             該当事項はありません。
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
            当社グループは、EC通販事業以外の事業セグメントの重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年9月30日)
     1株当たり四半期純利益                                   8円98銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                  17,963

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                         17,963
      益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 2,000,000
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                  78/102




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                            9,996       5,018        0.6       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            5,018         -       -      -

                合計                15,014        5,018         -      -

      (注) 平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
       (2)【その他】

           該当事項はありません。
                                  79/102














                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年6月30日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        371,124              654,560
         現金及び預金
                                           47              37
         貯蔵品
                                         2,703              1,865
         前払費用
                                         3,419              4,184
         繰延税金資産
                                         27,679                -
         未収消費税等
                                           39              39
         その他
                                        405,013              660,688
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               3,588              3,082
          車両運搬具(純額)                               5,707              3,801
                                           899              528
          工具、器具及び備品(純額)
          有形固定資産合計                               10,196               7,411
         無形固定資産
                                           802              522
          ソフトウエア
                                           802              522
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            0              0
          投資有価証券
                                         20,000              20,000
          関係会社株式
                                            2              2
          出資金
                                        519,652              407,491
          関係会社長期貸付金
                                           103               20
          長期前払費用
                                           422              568
          繰延税金資産
                                         17,458              17,484
          その他
                                        557,639              445,567
          投資その他の資産合計
                                        568,638              453,502
         固定資産合計
                                        973,651             1,114,190
       資産合計
                                  80/102









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成29年6月30日)              (平成30年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         9,996              5,018
         1年内返済予定の長期借入金
                                         24,267              25,760
         未払金
                                           459              414
         未払費用
                                         36,450              45,380
         未払法人税等
                                           -            10,540
         未払消費税等
                                         8,316              9,040
         預り金
                                         79,490              96,155
         流動負債合計
       固定負債
                                         5,018                -
         長期借入金
                                        126,900              126,480
         役員退職慰労引当金
                                        131,918              126,480
         固定負債合計
                                        211,408              222,635
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         10,000              10,000
         資本金
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        603,000              733,000
            別途積立金
                                        149,243              148,554
            繰越利益剰余金
                                        752,243              881,554
          利益剰余金合計
                                        762,243              891,554
         株主資本合計
                                        762,243              891,554
       純資産合計
                                        973,651             1,114,190
      負債純資産合計
                                  81/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                       ※1 469,404             ※1 493,042
      営業収益
                                       ※2 300,825             ※2 303,302
      営業費用
                                        168,579              189,739
      営業利益
      営業外収益
                                        ※1 6,451             ※1 5,173
       受取利息
                                           92              -
       受取手数料
                                           84              -
       受取保険料
                                           -              182
       還付加算金
                                            0              0
       その他
                                         6,628              5,356
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           336               56
       支払利息
                                           282               -
       支払手数料
                                           619               56
       営業外費用合計
                                        174,589              195,039
      経常利益
      特別損失
                                         ※3 130
                                                         -
       固定資産除却損
                                         11,963                -
       投資有価証券評価損
                                         12,094                -
       特別損失合計
                                        162,494              195,039
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   42,517              66,639
                                         16,475               △ 911
      法人税等調整額
                                         58,992              65,728
      法人税等合計
                                        103,502              129,311
      当期純利益
                                  82/102











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
                                                      (単位:千円)
                              株主資本                 評価・換算差額等
                             利益剰余金
                                              その他有     評価・換    純資産合計
                          その他利益剰余金                株主資本
                   資本金                            価証券評     算差額等
                                     利益剰余      合計
                                              価差額金     合計
                       特別償却      別途    繰越利益     金合計
                       準備金     積立金     剰余金
     当期首残高              10,000     17,160    403,000     245,741     665,901     675,901     △ 1,639    △ 1,639    674,262
     当期変動額
      当期純利益
                                 103,502     103,502     103,502              103,502
      分割型の会社分割による減少                 △ 17,160             △ 17,160    △ 17,160             △ 17,160
      別途積立金の積立                      200,000    △ 200,000       -     -              -
      株主資本以外の項目の当期変
                                                1,639     1,639     1,639
      動額(純額)
     当期変動額合計               -  △ 17,160    200,000    △ 96,497     86,341     86,341     1,639     1,639    87,980
     当期末残高              10,000      -   603,000     149,243     752,243     762,243       -     -   762,243
          当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

                                                      (単位:千円)
                                  株主資本
                                 利益剰余金
                                                       純資産合計
                             その他利益剰余金
                    資本金                           株主資本合計
                                        利益剰余金合計
                                  繰越利益
                          別途積立金
                                  剰余金
     当期首残高                 10,000       603,000       149,243       752,243       762,243       762,243
     当期変動額
      当期純利益                             129,311       129,311       129,311       129,311
      別途積立金の積立                      130,000      △ 130,000         -       -       -
     当期変動額合計                  -     130,000        △ 688     129,311       129,311       129,311
     当期末残高
                      10,000       733,000       148,554       881,554       891,554       891,554
                                  83/102









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
          1.有価証券の評価基準及び評価方法
           (1)   子会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
           (2)   その他有価証券

             時価のないもの
              移動平均法による原価法を採用しております。
          2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

             原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
              貯蔵品   最終仕入原価法
          3.固定資産の減価償却の方法

           (1)   有形固定資産
              定率法(ただし、建物(建物附属設備を除く)については定額法)を採用しております。
              また、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備の減価償却方法について定額法を採用しており
             ます。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物        8~15年
              車両運搬具       6年
              工具、器具及び備品 3~6年
           (2)   無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           (3)   長期前払費用

              定額法を採用しております。
              なお、利用可能期間(5年)に基づいております。
          4.重要な引当金の計上基準

           (1)   貸倒引当金
              債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
             定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
              なお、当事業年度は貸倒実績及び貸倒懸念債権等特定債権がないため、貸倒引当金を計上しておりま
             せん。
           (2)   役員退職慰労引当金

              役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しておりま
             す。
              なお、平成28年6月13日に役員退職慰労金規程の改正を行い、平成28年7月以降の役員退職慰労金の
             新 規積立を停止しております。そのため、当事業年度での役員退職慰労引当金の新たな繰入れは行って
             おりません。
          5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
                                  84/102




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
          1.有価証券の評価基準及び評価方法
           (1)   子会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
           (2)   その他有価証券

             時価のないもの
              移動平均法による原価法を採用しております。
          2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

             原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
              貯蔵品   最終仕入原価法
          3.固定資産の減価償却の方法

           (1)   有形固定資産
              定率法(ただし、建物(建物附属設備を除く)については定額法)を採用しております。
              また、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備の減価償却方法について定額法を採用しており
             ます。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物        8~15年
              車両運搬具       6年
              工具、器具及び備品 3~6年
           (2)   無形固定資産

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           (3)   長期前払費用

              定額法を採用しております。
              なお、利用可能期間(5年)に基づいております。
          4.重要な引当金の計上基準

           (1)   貸倒引当金
              債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
             定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
              なお、当事業年度は貸倒実績及び貸倒懸念債権等特定債権がないため、貸倒引当金を計上しておりま
             せん。
           (2)   役員退職慰労引当金

              役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しておりま
             す。
              なお、平成28年6月13日に役員退職慰労金規程の改正を行い、平成28年7月以降の役員退職慰労金の
             新 規積立を停止しております。そのため、当事業年度での役員退職慰労引当金の新たな繰入れは行って
             おりません。
          5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
                                  85/102





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (追加情報)
          前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
          (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                       平成28年3月28日)を当
          事業年度から適用しております。
          当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           該当事項はありません。
         (損益計算書関係)

          ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                             至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     関係会社への売上高                               469,404千円                  493,042千円
     関係会社からの受取利息                                6,447                  5,166
          ※2 営業費用はすべて一般管理費であります。

             営業費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
         (営業費用)

                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成28年7月1日                 (自 平成29年7月1日
                             至 平成29年6月30日)                 至 平成30年6月30日)
     役員報酬                                204,620千円                 209,339千円
     給与及び手当
                                     31,985                 36,568
     減価償却費
                                      4,408                 3,147
          ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                                当事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                             至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     工具、器具及び備品                                   0千円                 -千円
     ソフトウエア                                  130                  -
               計                        130                  -
         (有価証券関係)

          前事業年度(平成29年6月30日)
           子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式20,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
          めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(平成30年6月30日)

           子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式20,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極
          めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                  86/102






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(平成29年6月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成29年6月30日)
            繰延税金資産(流動)
                                          3,419千円
             未払事業税
            繰延税金資産(流動)計
                                          3,419
            繰延税金資産(固定)
                                          43,856
             役員退職慰労引当金
                                          4,134
             投資有価証券評価損
                                           422
             その他
                                          48,414
            繰延税金資産(固定)小計
                                         △47,991
            評価性引当額
                                           422
            繰延税金資産(固定)計
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

            因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
            あるため注記を省略しております。
          当事業年度(平成30年6月30日)

           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (平成30年6月30日)
            繰延税金資産(流動)
                                          4,184千円
             未払事業税
            繰延税金資産(流動)計
                                          4,184
            繰延税金資産(固定)
                                          43,711
             役員退職慰労引当金
                                          4,134
             投資有価証券評価損
                                           568
             その他
                                          48,414
            繰延税金資産(固定)小計
                                         △47,846
            評価性引当額
                                           568
            繰延税金資産(固定)計
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

            因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
            あるため注記を省略しております。
                                  87/102







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (企業結合等関係)
          前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           共通支配下の取引等
            連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に記載しているため、注記を省略しております。
          当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

          前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

           該当事項はありません。
                                  88/102
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略し
         ております。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価
                                          償却累計額            差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
                                          又は償却累              残高
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                            計額           (千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
                    5,558        -      -     5,558      2,475       506     3,082
      建物
                    23,077        -      -    23,077      19,275       1,906      3,801
      車両運搬具
                    3,737        -      112     3,625      3,096       371      528
      工具、器具及び備品
                    32,373        -      112     32,260      24,848       2,784      7,411
       有形固定資産計
     無形固定資産
                    1,734        -      -     1,734      1,211       280      522
      ソフトウエア
                    1,734        -      -     1,734      1,211       280      522
       無形固定資産計
                     413                   413                   103
                            -      -            309       82
     長期前払費用
                     (82)                   (82)                   (82)
      (注)1     . 当期減少額の主なものは次のとおりであります。
            工具、器具及び備品             PC              112千円
         2.長期前払費用の( )内の数字は内数で、一年内費用化額であり流動資産の前払費用に含めて計上しておりま

           す。
         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
      役員退職慰労引当金                 126,900           -        420         -      126,480
                                  89/102









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【主な資産及び負債の内容】
           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                  90/102



















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年7月1日から翌年6月30日まで

      定時株主総会                  毎事業年度終了後3ヶ月以内

      基準日                  毎年6月30日

      株券の種類                  -

                       毎年12月31日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年6月30日
      1単元の株式数                  100株

      株式の名義書換え(注)1.

                        大阪市中央区北浜四丁目5番33号

       取扱場所
                        三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                        三井住友信託銀行株式会社
       取次所                  三井住友信託銀行株式会社 本店及び全国各支店

       名義書換手数料                 無料

       新券交付手数料                 -

      単元未満株式の買取り

                        大阪市中央区北浜四丁目5番33号

       取扱場所
                        三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
                        三井住友信託銀行株式会社
       取次所                  三井住友信託銀行株式会社 本店及び全国各支店(注)1

       買取手数料                 無料

                       電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由により電子公告

                       によることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://www.amida.holdings/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)1.当社株式は、東京証券取引所マザーズへの上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に

           規定する振替株式となることから、当該事項はなくなる予定です。
         2.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
           旨、定款に定めております。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                  91/102




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        該当事項はありません。
                                  92/102


















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第三部【特別情報】
     第1【連動子会社の最近の財務諸表】
       当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                  93/102



















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第四部【株式公開情報】
     第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者
                                                   価格
                移動前所有                 移動後所有
                                             移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)      移動理由
                                              (株)
                者の住所                 者の住所
                                                   (円)
          称           の関係等      称           の関係等
                      特別利害関係
                            AmidA      大阪市西区
                      者等(大株主
                            ホールディン      靭本町一丁
                      上位10名、当                             1,745,000
      平成29年           兵庫県西宮           グス従業員持      目11番7号                      持株会制度
          藤田 優           社代表取締役                 (注)4        5,000     (349)
      6月24日           市           株会      信濃橋三井                      導入のため
                      社長、当社子
                                                   (注)5
                            理事長      ビルディン
                      会社の取締
                            金礪 正人      グ7階
                      役)
                      特別利害関係
                                       特別利害関係
                      者等(大株主
                                       者等(当社の
                      上位10名、当                             2,861,800     経営参画意
      平成29年           兵庫県西宮                      取締役、当社
          藤田 優           社代表取締役      浅田 保行      堺市中区              8,200     (349)   識向上のた
                                       子会社の取締
      6月24日           市
                      社長、当社子                                  め
                                                   (注)5
                                       役)
                      会社の取締
                                       (注)4
                      役)
                      特別利害関係
                                       特別利害関係
                      者等(大株主
                                       者等(当社の
                      上位10名、当                             2,408,100
      平成29年           兵庫県西宮                 大阪府河内     取締役、当社
          藤田 優           社代表取締役      糟谷 八千子                            同上
                                               6,900     (349)
      6月24日           市                 長野市     子会社の取締
                      社長、当社子
                                                   (注)5
                                       役)
                      会社の取締
                                       (注)4
                      役)
                      特別利害関係
                                       特別利害関係
                      者等(大株主
                      上位10名、当                 者等(当社子            1,221,500
      平成29年           兵庫県西宮                 兵庫県尼崎
                      社代表取締役                 会社の取締
          藤田 優                 森井 浩樹                   3,500     (349)   同上
      6月24日           市                 市
                      社長、当社子                 役)
                                                   (注)5
                      会社の取締
                                       (注)4
                      役)
                      特別利害関係
                      者等(大株主
                                       特別利害関係
                      上位10名、当                              977,200
      平成29年           兵庫県西宮                 大阪府豊中     者等(当社子
          藤田 優           社代表取締役      森 龍彦                   2,800     (349)   同上
                                       会社の取締
      6月24日           市                 市
                      社長、当社子
                                                   (注)5
                                       役)
                      会社の取締
                      役)
                      特別利害関係
                      者等(大株主
                                       特別利害関係
                      上位10名、当                              872,500
      平成29年           兵庫県西宮                 大阪府豊中     者等(当社子
          藤田 優           社代表取締役      大田 基樹                   2,500     (349)   同上
      6月24日           市                 市     会社の取締
                      社長、当社子
                                                   (注)5
                                       役)
                      会社の取締
                      役)
                      特別利害関係
                      者等(大株主
                      上位10名、当                 特別利害関係             104,700
      平成29年           兵庫県西宮                 大阪市城東
          藤田 優           社代表取締役      德丸 博之           者等(当社の                 同上
                                                300     (349)
      6月24日           市                 区
                      社長、当社子                 取締役)
                                                   (注)5
                      会社の取締
                      役)
                      特別利害関係
                      者等(大株主
                      上位10名、当                             1,116,800
      平成29年           兵庫県西宮                 兵庫県尼崎
                      社代表取締役
          藤田 優                 金礪 正人           当社従業員        3,200     (349)   同上
      6月24日           市                 市
                      社長、当社子
                                                   (注)5
                      会社の取締
                      役)
                                  94/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者
                                                   価格
                移動前所有                 移動後所有
                                             移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)      移動理由
                                              (株)
                者の住所                 者の住所
                                                   (円)
          称           の関係等      称           の関係等
                      特別利害関係
                      者等(大株主
                      上位10名、当                              523,500
      平成29年           兵庫県西宮                 兵庫県尼崎     当社子会社の
          藤田 優           社代表取締役      盛 佳男                   1,500     (349)   同上
      6月24日           市                 市     従業員
                      社長、当社子
                                                   (注)5
                      会社の取締
                      役)
                                       特別利害関係
                                       者等(大株主
                                       上位10名、当             523,500
      平成30年           兵庫県尼崎     当社子会社の            兵庫県西宮
          盛 佳男                 藤田 優           社代表取締役        1,500     (349)   退職のため
      5月7日           市     従業員            市
                                       社長、当社子
                                                   (注)6
                                       会社の取締
                                       役)
      (  注)1.当社は、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しておりますが、株式会社東京証券取引所(以下「同取
           引所」という。)が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第253条の規定に基
           づき、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(平成28年7月
           1日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場
           前の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当
           該株式等の移動の状況を同施行規則第219条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告
           書(Ⅰの部)」に記載することとされております。
         2.当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動の状況に係る記載内容
           についての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための
           事務組織を適切に整備している状況にあることを確認することとされております。
           また、当社は、当該記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされてお
           ります。同取引所は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求に応じない状況
           にある旨を公表することができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記
           録を検討した結果、上記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合に
           は、当社及び幹事取引参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することが
           できるとされております。
         3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
          (1)当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下「役員等」という。)、役員等
                         により総株主等の議決権の過半数が所有されている会社並びに関係会社及び
                         その役員
          (2)当社の大株主上位10名
          (3)当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
          (4)金融商品取引業者等(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る。)及びそ
            の役員並びに金融商品取引業者の人的関係会社又は資本的関係会社
         4.当該移動により、特別利害関係者等(大株主上位10名)となりました。
         5.移動価格は、簿価純資産法により算出した価格を基礎として決定しております。
         6.移動価格は、平成29年6月16日に締結された株式売買契約書第5条第4項に基づき決定されております。
                                  95/102







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【第三者割当等の概況】
      1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
        該当事項はありません。
      2【取得者の概況】

        該当事項はありません。
      3【取得者の株式等の移動状況】

        該当事項はありません。
                                  96/102

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【株主の状況】
                                                   株式(自己株式を除
                                                   く。)の総数に対す
          氏名又は名称                    住所           所有株式数(株)
                                                   る所有株式数の割合
                                                      (%)
     藤田 優(注)1.3.7                  大阪市中央区                      1,157,600            57.88
     藤田 英人(注)3.5.6.7                  奈良県奈良市                       390,000           19.50
     株式会社Egg(注)2.3                  大阪市中央区難波3丁目7番11号                       200,000           10.00

     藤田 千鶴(注)3.4                  兵庫県西宮市                       200,000           10.00

     藤田 滋(注)3.5                  兵庫県西宮市                        10,000           0.50

     藤田 娃子(注)3.5                  兵庫県西宮市                        10,000           0.50

     浅田 保行(注)3.6.7                  堺市中区                        8,200           0.41

     糟谷 八千子(注)3.6.7                  大阪府河内長野市                        6,900           0.35

     AmidAホールディングス従業員                  大阪市西区靱本町一丁目11番7号
                                               5,000           0.25
     持株会(注)3
                       信濃橋三井ビルディング7階
     森井 浩樹(注)3.7                  兵庫県尼崎市                        3,500           0.18
     金礪 正人(注)8                  兵庫県尼崎市                        3,200           0.16

     森 龍彦(注)7                  大阪府豊中市                        2,800           0.14

     大田 基樹(注)8                  大阪府豊中市                        2,500           0.13

     德丸 博之(注)6                  大阪市城東区                         300          0.02
             計                  -              2,000,000            100.00

      (注)1.特別利害関係者等(当社の代表取締役社長)
         2.特別利害関係者等(役員等により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社)
         3.特別利害関係者等(大株主上位10名)
         4.特別利害関係者等(当社代表取締役社長の配偶者)
         5.特別利害関係者等(当社代表取締役社長の二親等内の血族)
         6.特別利害関係者等(当社の取締役)
         7.特別利害関係者等(当社子会社の取締役)
         8.当社及び子会社の従業員
         9.株式(自己株式を除く)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。
                                  97/102








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年11月8日

     株式会社AmidAホールディングス

      取締役会 御中
                               EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               佐藤 陽子  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       谷間 薫   ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社AmidAホールディングスの平成29年7月1日から平成30年6月30日までの連結会計年度の連結財務諸
     表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・
     フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行っ
     た。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社AmidAホールディングス及び連結子会社の平成30年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会
     計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                  98/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年11月8日

     株式会社AmidAホールディングス

      取締役会 御中
                               EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               佐藤 陽子  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       谷間 薫   ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社AmidAホールディングスの平成29年7月1日から平成30年6月30日までの第19期事業年度の財務諸表、
     すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監
     査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     AmidAホールディングスの平成30年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべて
     の重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                  99/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年11月8日

     株式会社AmidAホールディングス

      取締役会 御中
                               EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               佐藤 陽子  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       谷間 薫   ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社AmidAホールディングスの平成28年7月1日から平成29年6月30日までの連結会計年度の連結財務諸
     表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・
     フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社AmidAホールディングス及び連結子会社の平成29年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会
     計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                100/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年11月8日

     株式会社AmidAホールディングス

      取締役会 御中
                               EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               佐藤 陽子  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       谷間 薫   ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社AmidAホールディングスの平成28年7月1日から平成29年6月30日までの第18期事業年度の財務諸表、
     すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     AmidAホールディングスの平成29年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべて
     の重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                101/102



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社AmidAホールディングス(E34476)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月8日

     株式会社AmidAホールディングス

      取締役会 御中
                               EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               佐藤 陽子  ㊞
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士       谷間 薫   ㊞
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社Ami

     dAホールディングスの平成30年7月1日から平成31年6月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30
     年7月1日から平成30年9月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年7月1日から平成30年9月30日まで)に
     係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社AmidAホールディングス及び連結子会社の平成30年9月
     30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
     事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券

           届出書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                102/102



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。