株式会社ジーニー 四半期報告書 第9期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第9期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社ジーニー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年11月13日
      【四半期会計期間】                    第9期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)
      【会社名】                    株式会社ジーニー
      【英訳名】                    Geniee,    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  工藤 智昭
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
      【電話番号】                    03-5909-8177
      【事務連絡者氏名】                    管理部長 中島 文樹
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
      【電話番号】                    03-5909-8177
      【事務連絡者氏名】                    管理部長 中島 文樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第8期           第9期
               回次               第2四半期           第2四半期            第8期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年9月30日           至2018年9月30日           至2018年3月31日
                      (千円)           6,488,383           7,841,952           14,380,939
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            237,426           △ 85,646           467,448
     親会社株主に帰属する
                      (千円)           △ 132,853          △ 287,315            63,242
     四半期純損失(△)又は親会社株主
     に帰属する当期純利益
                      (千円)           △ 132,442          △ 270,493            53,145
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           1,485,878           2,961,777           3,205,468
     純資産額
                      (千円)           4,047,892           5,006,314           5,541,055
     総資産額
     1株当たり四半期純損失金額(△)
                      (円)            △ 8.24          △ 16.27            3.84
     又は1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -          3.64
     (当期)純利益金額
                      (%)             36.6           59.0           57.8
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 24,786           262,023           291,964
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 223,665          △ 517,016          △ 329,904
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            239,040           △ 63,180          1,392,075
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,182,162           2,236,896           2,541,801
     (期末)残高
                               第8期           第9期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自2017年7月1日           自2018年7月1日

              会計期間
                            至2017年9月30日           至2018年9月30日
     1株当たり四半期純損失金額(△)                 (円)
                                  △ 10.07          △ 16.91
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第8期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、当社株式が2017年12月18日に東京証券取引
           所マザーズ市場に上場したため、新規上場日から連結会計年度末までの平均株価を期中平均株価とみなして
           算定しております。
         4.第8期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在
           するものの、当社株式は非上場であったため、期中平均株価が算定できないため、また、1株当たり四半期
           純損失金額であるため、記載しておりません。
         5.第9期第2四半期連結累計期間潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在す
           るものの、1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当社グループのアド・プラットフォーム事業が属するインターネット広告市場は、スマートデバイスの普及・利
        用拡大等を背景に、データ連携可能な運用型広告やスマートフォン向け広告等へのニーズが引き続き高まってお
        り、2018年のインターネット広告媒体費は前年比117.9%の1兆4,397億円まで拡大すると見込まれております(株
        式会社電通・株式会社サイバー・コミュニケーションズ・株式会社D2C調べ)。また、マーケティングオートメー
        ション事業が属するデジタルマーケティングサービス市場は、One                               to  One  マーケティングに対するニーズの高ま
        りやAI技術の進化等により、2018年の市場規模は前年比120.6%の452億円に達すると予測されております(株式会
        社矢野経済研究所調べ)。
         このような事業環境の下、当社グループでは、引き続き強みである「技術開発力」と「事業推進力」を活かし、
        事業領域の拡大やサービス提供地域の拡大に取り組んでおります。
         アド・プラットフォーム事業においては、サプライサイドビジネス(Google                                     Products+「GenieeSSP」)にて、
        引き続き大手メディアをはじめとした新規顧客の獲得やサポート等に注力したほか、デマンドサイドビジネス
        (「GenieeDSP」)にて機能強化や代理店営業等に取り組んでまいりました。この結果、同事業の売上は、
        6,878,935千円(前年同期比19.3%増加)となりました。
         マーケティングオートメーション事業では、マーケティングオートメーション「MAJIN(マジン)」にて、既存
        導入企業の利用促進や新規顧客開拓等に取り組んでまいりました。また、6月に中小企業向けCRM(顧客管理)/SFA
        (営業管理)システム「ちきゅう」の開発・販売事業を会社分割により承継しております。この結果、同事業の売
        上は、527,605千円(前年同期比20.4%増加)となりました。
         海外事業では、インドネシアやベトナム拠点にて、現地有力企業との連携強化や大型キャンペーン案件の受注が
        進んだほか、タイ拠点では「GenieeDSP」にて現地ブランド広告案件等がありました。ソフトバンク社と連携した
        サービスの開発提供にも取り組んでおります。この結果、同事業の売上は、548,894千円(前年同期比5.5%増加)
        となりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高7,841,952千円(前年同期比20.9%増加)、
        EBITDA(営業損失+減価償却費+のれん償却額)102,438千円(前年同期比71.8%減少)、営業損失74,677千円(前
        年同四半期は営業利益245,715千円)、経常損失85,646千円(前年同四半期は経常利益237,426千円)、親会社株主
        に帰属する四半期純損失287,315千円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純損失132,853千円)となりま
        した。
       (2)財政状態の分析

        (資産)
         当第2四半期連結会計期間末における総資産は、5,006,314千円となり、前連結会計年度末に比べ534,740千円減
        少しました。主な要因は、売掛金が638,395千円減少したことによるものです。
        (負債)
         当第2四半期連結会計期間末における負債は、2,044,537千円となり                                、 前連結会計年度末に比べ291,049               千円減少
        しました。主な要因は、資産除去債務が125,000千円増加、買掛金が449,157千円減少したことによるものです。
        (純資産)
         当第2四半期連結会計期間末における純資産は、2,961,777千円となり、前連結会計年度末に比べ243,690千円減
        少しました。主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純損失の計上により利益剰余金が287,315千円減少したこ
        とによるものです。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末と比べて304,904千円減少し、
        2,236,896千円となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は
        次の通りであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動によるキャッシュ・フローは、262,023千円の収入となりました。主な要因は、売上債権の減少額
        650,299千円、仕入債務の減少額457,162千円によるものであります。
                                  3/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動によるキャッシュ・フローは、517,016千円の支出となりました。主な要因は、有形固定資産の取得に
        よる支出148,829千円、事業譲受による支出238,000千円によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動によるキャッシュ・フローは、63,180千円の支出となりました。主な要因は、長期借入金の返済による
        支出49,998千円、リース債務の返済による支出37,292千円、株式の発行による収入24,225千円によるものです。
       ( 4 )経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (6)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は3,112千円であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/18














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  64,000,000
        普通株式
                                                  64,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

             第2四半期会計期間末現
                                      上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
             在発行数(株)
        種類                              名又は登録認可金融               内容
                           (2018年11月13日)
              (2018年9月30日)                        商品取引業協会名
                                                完全議決権株式であり、
                                                権利内容に何ら限定のな
                                       東京証券取引所
                   17,703,200            17,703,200
     普通株式                                           い当社における標準とな
                                        (マザーズ)
                                                る株式であり、単元株式
                                                数は100株であります。
                   17,703,200            17,703,200           -           -
        計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2018年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           第11回新株予約権(2018年6月27日取締役会決議)
      決議年月日                            2018年6月27日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員  3

      新株予約権の数(個)※                            290(注)1

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     29,000
      (            株            )※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1,792(注)2
                                  2018年7月3日~
      新株予約権の行使期間※
                                  2028年6月26日
                                  発行価額         1,792
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発
      行価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額          896
      新株予約権の行使の条件※                            (注)3
      新株予約権の譲渡に関する事項※                            譲渡、質入その他一切の処分は認めない。

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                            (注)4

       ※   新株予約権証券の発行時(2018年7月2日)における内容を記載しております。
      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整、調整の結果生じる1株の100分の1未満の端数は、これを切り捨てる。
            調整後株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
           また、上記のほか、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、甲は合理的な範囲で
           付与株式数を調整する。
         2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
           により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合の比率
           また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
           算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  5/18


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
           なお、本項目において「時価」とは、調整後行使価額を適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引
           日の金融証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。)
           と する。平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り捨てる。
                                    新株発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                           時価
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
         3.新株予約権の行使の条件は、以下のとおりです。
          ① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社、当社の子会社または当社の関連会社の取締役、監査役ま
            たは従業員のいずれかの地位を有することを要する。
          ② 権利者が死亡した場合には権利者の相続人は未行使の新株予約権を相続するものとする。ただし相続は1
            回に限る。
          ③ 新株予約権者は、その割当数の一部または全部を行使することができる。ただし、各新株予約権の1個未
            満の行使はできないものとする。
          ④ 新株予約権者は、          新株予約権の発行日(割当日)後から3年を経過するまで、また、付与決議の日後10年
            を経過した日以降は、新株予約権を行使しない。
          ⑤ その他の条件については、株主総会決議及び取締役会決議に基づき、当社と新株予約権割当の対象者との
            間で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところによる。
         4.当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転について、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総
           会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が必要である場合には総株主同意の取得、そのいずれも
           不要である場合には、取締役会の決議)が行われたときは、当社は新株予約権を無償で取得することができ
           る。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総                             資本準備金増
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                  数増減数                             減額
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     2018年7月1日~
                    30,000     17,703,200          1,605     1,531,674         1,605     1,526,274
     2018年9月30日
     (注)
      (注)2018      年7月1日から2018年9月30日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が30,000株、資本金
         及び資本準備金がそれぞれ1,605千円増加しております。
                                  6/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2018年9月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
     工藤   智昭                                      6,540,000           36.94

                       東京都新宿区
                       東京都港区東新橋1丁目9-1                       5,625,000           31.77
     ソフトバンク株式会社
     吉村   卓也                                       670,000           3.78
                       東京都品川区
     廣瀬   寛                                       655,000           3.69
                       東京都中野区
                                               495,000           2.79
     トランス・コスモス株式会社                  東京都渋谷区渋谷3丁目25番18号
                       Marcy      Building,2nd
                       Floor,P.O.Box2416,
     NICE   SATISFY    LIMITED
                       Road     Town     Tortola,B
     (常任代理人 BRV         Japan   Advisers                             402,000           2.27
                       ritish       Virgin       Islan
     株式会社)
                       ds
                       (東京都港区浜松町1丁目27-17)
                       東京都港区赤坂1丁目12-32              アーク森
                                               378,200           2.13
     AT-Ⅰ投資事業有限責任組合
                       ビル3階
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                        263,400           1.48
     株式会社
                       1641     North      1st    St   Su
     Fenox   Venture    Company    Ⅸ,L.P.
                       ite    110,    San    Jose,      C
     (常任代理人 Fenox          Venture                               258,000           1.45
                       A  95112
     Capital    Japan)
                       (神奈川県川崎市麻生区白山1丁目2-
                       4)
     アンカー・アドバイザーズTMT3号
                       東京都港区虎ノ門5丁目11-1                        204,900           1.15
     投資事業有限責任組合
                                -              15,491,500            87.50
             計
                                  7/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                                                 権利内容に何ら限定のな
                                                 い当社における標準とな
     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -
                                                 る株式であります。な
                                                お、単元株式数は100株で
                                                    あります。
     完全議決権株式(その他)                   普通株式      17,701,800              177,018
                                                     同上
                        普通株式              1,400         -            -
     単元未満株式
     発行済株式総数                        17,703,200            -            -
     総株主の議決権                        -              177,018

        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/18












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
       第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018
       年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  9/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,541,801              2,236,896
         現金及び預金
                                       1,855,074              1,216,679
         売掛金
                                        112,023              131,413
         その他
                                        △ 35,959             △ 45,839
         貸倒引当金
                                       4,472,939              3,539,149
         流動資産合計
       固定資産
                                        319,186              671,987
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         27,312              156,678
          のれん
                                        385,008              240,283
          ソフトウエア
                                         34,034              39,046
          ソフトウエア仮勘定
                                        446,355              436,008
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         59,799              60,572
          投資有価証券
                                        246,838              302,935
          その他
                                        △ 4,065             △ 4,338
          貸倒引当金
                                        302,573              359,169
          投資その他の資産合計
                                       1,068,115              1,467,164
         固定資産合計
                                       5,541,055              5,006,314
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       1,299,378               850,220
         買掛金
                                         99,996              99,996
         1年内返済予定の長期借入金
                                        127,772               15,368
         未払法人税等
                                         59,812              68,124
         賞与引当金
                                        298,043              498,419
         その他
                                       1,885,003              1,532,129
         流動負債合計
       固定負債
                                        250,004              200,006
         長期借入金
                                            -           125,000
         資産除去債務
                                        200,579              187,401
         その他
                                        450,583              512,408
         固定負債合計
                                       2,335,586              2,044,537
       負債合計
                                 10/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                       1,519,561              1,531,674
         資本金
                                       1,524,387              1,536,500
         資本剰余金
                                        159,527             △ 127,788
         利益剰余金
                                            -            △ 115
         自己株式
                                       3,203,477              2,940,271
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 1,419              △ 945
         その他有価証券評価差額金
                                         1,105              16,024
         為替換算調整勘定
                                         △ 313             15,078
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    -            2,455
                                         2,304              3,971
       非支配株主持分
                                       3,205,468              2,961,777
       純資産合計
      負債純資産合計                                  5,541,055              5,006,314
                                 11/18














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                       6,488,383              7,841,952
      売上高
                                       5,331,827              6,759,895
      売上原価
                                       1,156,555              1,082,056
      売上総利益
                                        ※ 910,839             ※ 1,156,734
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   245,715              △ 74,677
      営業外収益
                                           726              127
       受取利息
                                         1,500               200
       助成金収入
                                         4,086                -
       匿名組合投資利益
                                           149              255
       その他
                                         6,462               583
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,824              6,386
       支払利息
                                         7,317              2,643
       為替差損
                                         1,610              2,521
       その他
                                         14,751              11,551
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   237,426              △ 85,646
      特別利益
                                            -            35,000
       事務所移転に伴う支度金
                                            -            35,000
       特別利益合計
      特別損失
                                        275,653                 -
       投資有価証券評価損
                                            -           171,733
       減損損失
                                            -            1,851
       その他
                                        275,653              173,585
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 38,227             △ 224,231
      法人税、住民税及び事業税                                   101,308               1,795
                                        △ 5,938              59,756
      法人税等調整額
                                         95,369              61,552
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 133,597             △ 285,783
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         △ 743             1,531
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 132,853             △ 287,315
                                 12/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      四半期純損失(△)                                  △ 133,597             △ 285,783
      その他の包括利益
                                        △ 6,410               474
       その他有価証券評価差額金
                                         7,566              14,816
       為替換算調整勘定
                                         1,155              15,290
       その他の包括利益合計
                                       △ 132,442             △ 270,493
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 131,698             △ 271,923
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 743             1,430
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 38,227             △ 224,231
                                        112,298              160,510
       減価償却費
                                            -           171,733
       減損損失
                                         5,665              16,605
       のれん償却額
       匿名組合投資損益(△は益)                                 △ 4,086                29
       投資有価証券評価損益(△は益)                                 275,653                 -
       為替差損益(△は益)                                  1,297             △ 1,683
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   934             7,134
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  37,453               8,311
                                         △ 726             △ 127
       受取利息
                                         5,824              6,386
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 112,229              650,299
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 416,657             △ 457,162
                                        △ 22,434              31,554
       その他
                                         69,225              369,362
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   727              127
                                        △ 4,338             △ 6,386
       利息の支払額
                                        △ 90,400             △ 101,080
       法人税等の支払額
                                        △ 24,786              262,023
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 9,864            △ 148,829
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 63,709             △ 89,349
       無形固定資産の取得による支出
                                       △ 111,139                 -
       投資有価証券の取得による支出
                                            -          △ 238,000
       事業譲受による支出
                                        △ 34,963             △ 13,000
       短期貸付けによる支出
                                         2,673              15,664
       短期貸付金の回収による収入
                                        △ 5,143                -
       長期貸付けによる支出
                                        △ 1,517             △ 43,501
       その他
                                       △ 223,665             △ 517,016
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            -            24,225
       株式の発行による収入
                                            -            △ 115
       自己株式の取得による支出
                                        600,000               10,000
       短期借入れによる収入
                                       △ 400,000              △ 10,000
       短期借入金の返済による支出
                                        100,000                 -
       長期借入れによる収入
                                        △ 46,666             △ 49,998
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 19,558             △ 37,292
       リース債務の返済による支出
                                         5,264                -
       非支配株主からの払込みによる収入
                                        239,040              △ 63,180
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         7,920              13,267
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 1,489            △ 304,904
                                       1,183,652              2,541,801
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,182,162              ※ 2,236,896
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                2018年2月16日)等を第1四半期連結会
        計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

           ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2017年9月30日)                    至 2018年9月30日)
     給料手当                               286,979    千円              350,837    千円
                                     47,972                  50,175
     賞与引当金繰入額
                                      1,135                  7,286
     貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
          おりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
     現金及び預金勘定                              1,182,162千円                  2,236,896千円
     現金及び現金同等物                              1,182,162                  2,236,896
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
          1.配当金支払額
           該当事項はありません。
          2.  基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

          の末日後となるもの
           該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

          1.配当金支払額
           該当事項はありません。
          2.  基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

          の末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 15/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当社の事業セグメントは、当社の構成単位のうち分離した財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の
         配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社グループは、「第2 事業の状況 2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの分
         析 (1)経営成績の状況」に記載のとおり、「アド・プラットフォーム事業」「マーケティングオートメーショ
         ン事業」を展開しております。従って、当社グループは、当該事業セグメントから構成されております。
          しかし、これらのセグメントはいずれもインターネット広告の配信及び集客を主な事業としており、その経済
         的特徴、サービスの提供方法及び販売方法、対象とする市場及び顧客、業種に特有の規制環境等は概ね類似して
         おり、また、これらを集約することは、当社グループの過去の業績を理解し、将来のキャッシュ・フローの予測
         を適切に評価するための事業活動の内容及び経営環境についての適切な情報提供につながると判断できるため、
         当社グループではアドテクノロジー事業を単一の報告セグメントとしております。
         Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

           当社グループは、事業を集約しアドテクノロジー事業を単一セグメントとしているため、記載を省略してお
          ります。
         Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

           当社グループは、事業を集約しアドテクノロジー事業を単一セグメントとしているため、記載を省略してお
          ります。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
     1株当たり四半期純損失金額                                  8円24銭              16円27銭

     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(千円)                                 132,853              287,315

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失
                                       132,853              287,315
      金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               16,117,732              17,654,732
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                   新株予約権2種類
                                                        -
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                               (新株予約権の数80,750個)
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)1.     前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在する
           ものの、当社株式は非上場であったため、期中平均株価が算定できないため、また、1株当たり四半期純損
           失金額であることから記載しておりません。
         2.当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在する
           ものの、1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ジーニー(E33615)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                      2018年11月9日

     株式会社ジーニー
      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                吉村 孝郎  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                森田 健司  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジー

     ニーの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018年9
     月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
     わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ジーニー及び連結子会社の2018年9月30日現在の財政状態並
     びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。