アルテリア・ネットワークス株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:アルテリア・ネットワークス株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         2018年11月13日
      【会社名】                         アルテリア・ネットワークス株式会社
      【英訳名】                         ARTERIA    Networks     Corporation
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長CEO 川上            潤
      【本店の所在の場所】                         東京都港区新橋六丁目9番8号
      【電話番号】                         03-6722-5613
      【事務連絡者氏名】                         取締役常務執行役員CFO 建石              成一
      【最寄りの連絡場所】                         東京都港区新橋六丁目9番8号
      【電話番号】                         03-6823-0349
      【事務連絡者氏名】                         取締役常務執行役員CFO 建石              成一
      【届出の対象とした売出有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした売出金額】                         売出金額
                               (引受人の買取引受による国内売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し   12,250,000,000円
                               (オーバーアロットメントによる国内売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                        1,837,500,000円
                               (注) 売出金額は、有価証券届出書提出時における見込額であ
                                   ります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
       該当事項はありません。
     第2【売出要項】

      1【売出株式(引受人の買取引受による国内売出し)】
        当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引受人の買取引受による国内売出し) (2)ブック
       ビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」において「引受人」という。)は、2018年
       12月4日(火)に決定される予定の引受価額にて下記売出人から買取引受を行い、当該引受価額と異なる価額(売出
       価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による国内売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日(2018
       年12月12日(水))に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による国内売出しにおける売出価格の総
       額との差額は引受人の手取金と致します。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
        なお、引受人の買取引受による国内売出しは、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有
       価証券上場規程施行規則」第233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において売出
       価格に係る仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で売出価格を決定する方法をい
       う。)により決定される価格で行います。
                                売出価額の総額

                                           売出しに係る株式の所有者の
                   売出数(株)
        種類
                                  (円)
                                             住所及び氏名又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        アイルランド共和国、ダブリン2、ロー
                                        ワー・バゴット・ストリート76、4階
              ブックビルディング
                         8,750,000       12,250,000,000
     普通株式
                                        Red  Anchor    Investments      Limited
              方式
                                                      8,750,000株
     計(総売出株式)            -       8,750,000       12,250,000,000                  -
       (注1)上場前の売出しを行うに際しての手続等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定され
           ております。
       (注2)    売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,400円)で算出した見込額でありま
           す。
       (注3)    引受人の買取引受による国内売出しと同時に、当社普通株式の海外市場における売出し(以下「海外売出
           し」という。)が行われる予定であります。引受人の買取引受による国内売出し及び海外売出しの総売出株
           式数は17,500,000株であり、その内訳は引受人の買取引受による国内売出し8,750,000株、海外売出し
           8,750,000株の予定でありますが、最終的な内訳は、需要状況等を勘案の上、売出価格決定日(2018年12月
           4日(火))に決定される予定であります。また、売出数等は変更となる可能性があります。加えて、引受
           人の買取引受による国内売出し及び海外売出しにおいて国内及び海外のそれぞれの市場における需要状況に
           見合った販売を行うために、国内の引受団に当初割当てられた当社普通株式の一部が、海外の引受団に売却
           されることがあります。
       (注4)    海外売出しは、海外市場(但し、米国においては1933年米国証券法に基づくルール144Aに従った適格機関投
           資家に対する販売のみとする。)で行われる予定であります。海外売出しの詳細は、後記「募集又は売出し
           に関する特別記載事項 2 海外売出し及びオーバーアロットメントによる海外売出しについて」をご参照
           ください。
       (注5)    引受人の買取引受による国内売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、SMBC日興証券株式会社がRed
           Anchor    Investments      Limitedから1,312,500株を上限として借り入れる当社普通株式の日本国内における売
           出し(以下「オーバーアロットメントによる国内売出し」という。)が行われる場合があります。
           オーバーアロットメントによる国内売出しについては、後記「3 売出株式(オーバーアロットメントによ
           る国内売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる国内売出し)」をご参照くださ
           い。
           また、海外売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、SMBC Nikko Capital Markets Limitedが当社株主であ
           るRed   Anchor    Investments      Limitedから1,312,500株を上限としてSMBC日興証券株式会社を経由して借
           り入れる当社普通株式の海外市場(但し、米国においては1933年米国証券法に基づくルール144Aに従った適
                                   2/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           格機関投資家に対する販売のみとする。)における売出し(以下「オーバーアロットメントによる海外売出
           し」という。)が行われる場合があります。
           オーバーアロットメントによる海外売出しについては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
           海外売出し及びオーバーアロットメントによる海外売出しについて」をご参照ください。
       (注6)    引受人の買取引受による国内売出し、オーバーアロットメントによる国内売出し、海外売出し及びオーバー
           アロットメントによる海外売出し(以下「グローバル・オファリング」と総称する。)に関連して、ロック
           アップに関する合意がなされる予定であります。その内容につきましては、後記「募集又は売出しに関する
           特別記載事項 5 ロックアップについて」をご参照ください。
       (注7)    グローバル・オファリングのジョイント・グローバル・コーディネーターは、SMBC日興証券株式会社、
           みずほ証券株式会社及びUBS証券株式会社                     (以下「ジョイント・グローバル・コーディネーター」と総称
           する。)であります。引受人の買取引受による国内売出しの共同主幹事会社は、SMBC日興証券株式会
           社、みずほ証券株式会社及びUBS証券株式会社であります。
       (注8)    当社は、引受人に対し、上記売出数のうち、                     143,000    株を上限として、福利厚生を目的に、当社が指定する
           販売先(親引け先)として当社グループ                   従業員   持株会への販売を要請する予定であります。
           なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
           に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であり
           ます。
       (注9)    振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   3/199














                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による国内売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
                                   4/199


















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【ブックビルディング方式】
                        申込株     申込
     売出価格     引受価額
                                                        元引受契
                        数単位     証拠金
                 申込期間                申込受付場所       引受人の住所及び氏名又は名称
      (円)     (円)
                                                        約の内容
                        (株)     (円)
                                        東京都千代田区丸の内三丁目3
                                        番1号
                                        SMBC日興証券株式会社
                                        東京都千代田区大手町一丁目5

                                        番1号
                                        みずほ証券株式会社
                                        東京都千代田区大手町一丁目5

                                        番1号
                                        UBS証券株式会社
                                        東京都千代田区丸の内一丁目9

                                        番1号
                                        大和証券株式会社
                                        東京都千代田区丸の内二丁目5

                                        番2号
                                        三菱UFJモルガン・スタン
                                        レー証券株式会社
                自 2018年

                                 引受人及びそ       東京都中央区日本橋一丁目9番
               12月5日(水)
                                 の委託販売先       1号
      未定     未定                  未定                            未定
                         100
                至 2018年                 金融商品取引       野村證券株式会社
     (注1)     (注1)                  (注2)                            (注3)
               12月10日(月)                  業者の本支店
                                 及び営業所       東京都港区六本木一丁目6番1
                                        号
                                        株式会社SBI証券
                                        東京都港区赤坂一丁目12番32号

                                        マネックス証券株式会社
                                        東京都中央区日本橋一丁目17番

                                        6号
                                        岡三証券株式会社
                                        愛知県名古屋市中村区名駅四丁

                                        目7番1号
                                        東海東京証券株式会社
                                        大阪府大阪市中央区今橋一丁目

                                        8番12号
                                        岩井コスモ証券株式会社
                                        東京都中央区日本橋二丁目3番

                                        10号
                                        水戸証券株式会社
       (注1)売出価格は、ブックビルディング方式によって決定されます。
           売出価格は、2018年11月27日(火)に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動
           リスク等を総合的に勘案した上で、売出価格決定日(2018年12月4日(火))に引受価額と同時に決定され
           る予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性の高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定される予定であります。
                                   5/199

                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           需要の申告の受付けに当たり、引受人は、当社普通株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、
           機関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       (注2)    申込証拠金は、売出価格と同一の金額とし、申込証拠金には利息をつけません。
       (注3)    引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2018年12月4日(火))に決定される予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。但し、売出価格と引受価額との差額の総額は
           引受人の手取金となります。
       (注4)    当社は、引受人及び売出人と売出価格決定日(2018年12月4日(火))に元引受契約を締結する予定であり
           ます。
       (注5)    引受人は、引受人の買取引受による国内売出しに係る売出株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販
           売を希望する引受人以外の金融商品取引業者に販売を委託する方針であります。
       (注6)    株式受渡期日は、2018年12月12日(水)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。引受
           人の買取引受による国内売出しに係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株
           式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うこと
           ができます。
       (注7)    申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものと致します。
       (注8)    申込みに先立ち、2018年11月28日(水)から2018年12月3日(月)までの期間、引受人に対して、当該仮条
           件を参考として需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能でありま
           す。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家に対しても販売が行われることがあります。引受人
           は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従い販売
           を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホームページにお
           ける表示等をご確認ください。
       (注9)    引受人の買取引受による国内売出しが中止された場合は、オーバーアロットメントによる国内売出し、海外
           売出し及びオーバーアロットメントによる海外売出しも中止されます。
           また、海外売出しが中止された場合にも、引受人の買取引受による国内売出し、オーバーアロットメントに
           よる国内売出し及びオーバーアロットメントによる海外売出しが中止されます。
                                   6/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる国内売出し)】
                                売出価額の総額
                                           売出しに係る株式の所有者の
        種類           売出数(株)
                                  (円)
                                             住所及び氏名又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                         1,312,500       1,837,500,000
     普通株式
              方式                           SMBC日興証券株式会社
     計(総売出株式)            -       1,312,500       1,837,500,000                  -
       (注1)オーバーアロットメントによる国内売出しは、引受人の買取引受による国内売出しに伴い、その需要状況等
           を勘案し、SMBC日興証券株式会社が行う日本国内における売出しであります。従って、売出数は上限株
           式数を示したものであり、需要状況等により減少し、又はオーバーアロットメントによる国内売出しが全く
           行われない場合があります。
       (注2)    オーバーアロットメントによる国内売出しに関連して、SMBC日興証券株式会社は、                                        みずほ証券株式会社
           及びUBS証券株式会社           と協議の上で、東京証券取引所において、オーバーアロットメントによる国内売出
           しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「国内シンジケートカバー取引」という。)
           を行う場合があります。
           なお、その内容については、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 国内グリーンシューオプ
           ション及び国内シンジケートカバー取引について」をご参照ください。
       (注3)    上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定さ
           れております。
       (注4)    引受人の買取引受による国内売出しが中止された場合には、オーバーアロットメントによる国内売出し、                                                海
           外売出し及びオーバーアロットメントによる海外売出し                          も中止されます。
       (注5)    売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,400円)で算出した見込額でありま
           す。
       (注6)    振替機関の名称及び住所は、前記「1 売出株式(引受人の買取引受による国内売出し)」の(注9)に記
           載した振替機関と同一であります。
                                   7/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる国内売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金
                                               引受人の住所及び         元引受契
              申込期間                       申込受付場所
       (円)               (株)       (円)
                                                氏名又は名称        約の内容
              自 2018年
                                   SMBC日興証券株式
             12月5日(水)
       未定                       未定
                         100                         -       -
                                   会社の本店及び全国各
      (注1)                       (注1)
              至 2018年
                                   支店
             12月10日(月)
       (注1)売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による国内売出しにおける売出価格及び申込証拠金
           とそれぞれ同一とし、売出価格決定日(2018年12月4日(火))に決定される予定であります。但し、申込
           証拠金には利息をつけません。
       (注2)    オーバーアロットメントによる国内売出しに必要な条件は、売出価格決定日(2018年12月4日(火))に決
           定される予定であります。
       (注3)    株式受渡期日は、引受人の買取引受による国内売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日
           (2018年12月12日(水))の予定であります。オーバーアロットメントによる国内売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
       (注4)    申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものと致します。
       (注5)    SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「2 売出しの条件(引受人の買取引受による国内売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注8)に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1 東京証券取引所への上場について
        当社は、前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式について、SMBC日興証券株式会社、み
       ずほ証券株式会社及びUBS証券株式会社を共同主幹事会社として、2018年12月12日(水)に東京証券取引所への上
       場を予定しております。
      2 海外売出し及びオーバーアロットメントによる海外売出しについて

        引受人の買取引受による国内売出し及びオーバーアロットメントによる国内売出しと同時に、海外市場(但し、米
       国においては1933年米国証券法に基づくルール144Aに従った適格機関投資家に対する販売のみとする。)における売
       出し(海外売出し)が、SMBC Nikko Capital Markets Limited、                              UBS  AG,  London    Branch及びMizuho         International
       plc  を共同主幹事引受会社兼ジョイント・ブックランナーとする海外幹事引受会社の総額個別買取引受により行われ
       る予定であります。
        引受人の買取引受による国内売出し及び海外売出しの総売出株式数は17,500,000株であり、その内訳は引受人の買
       取引受による国内売出し8,750,000株、海外売出し8,750,000株の予定でありますが、最終的な内訳は、需要状況等を
       勘案の上、売出価格決定日(2018年12月4日(火))に決定される予定であります。
        また、海外売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、SMBC Nikko Capital Markets Limitedが当社株主であるRed
       Anchor    Investments      Limited(以下「貸株人」という。)から1,312,500株を上限としてSMBC日興証券株式会社
       を経由して借り入れる当社普通株式の海外市場(但し、米国においては1933年米国証券法に基づくルール144Aに従っ
       た適格機関投資家に対する販売のみとする。)における売出し(オーバーアロットメントによる海外売出し)が追加
       的に行われる場合があります。オーバーアロットメントによる海外売出しによる売出しの売出株式数は1,312,500株
       を予定しておりますが、当該売出株式数は上限の売出株式数であり、需要状況等により減少し、又はオーバーアロッ
       トメントによる海外売出しそのものが全く行われない場合があります。
        なお、海外の投資家向けに英文目論見書を作成しておりますが、その様式及び内容は、本書と同一ではありませ
       ん。
      3 国内グリーンシューオプション及び国内シンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる国内売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる国内売出
       しのために、SMBC日興証券株式会社が貸株人から借り入れる当社普通株式であります。これに関連して、貸株人
       はSMBC日興証券株式会社に対して、1,312,500株を上限として、2019年1月9日を行使期限として、その所有す
       る当社普通株式を追加的に取得する権利(以下「国内グリーンシューオプション」という。)を付与する予定であり
       ます。
        また、SMBC日興証券株式会社は、貸株人から借り入れる当社普通株式の返却を目的として、上場(売買開始)
       日(2018年12月12日)から2019年1月9日までの間(以下「国内シンジケートカバー取引期間」という。)、                                                   みずほ
       証券株式会社及びUBS証券株式会社                  と協議の上で、東京証券取引所において、オーバーアロットメントによる国内
       売出しに係る売出株式数を上限とする国内シンジケートカバー取引を行う場合があります。
        なお、国内シンジケートカバー取引期間内においても、SMBC日興証券株式会社は、                                         みずほ証券株式会社及びU
       BS証券株式会社        と協議の上で、国内シンジケートカバー取引を全く行わないか、又はオーバーアロットメントによ
       る国内売出しに係る売出株式数に至らない株式数で国内シンジケートカバー取引を終了させる場合があります。国内
       シンジケートカバー取引により買い付けられ返却に充当される当社普通株式の株式数が、貸株人から借り入れる当社
       普通株式の株式数に満たない場合、不足する株式数についてはSMBC日興証券株式会社が国内グリーンシューオプ
       ションを行使することにより貸株人への返却に代えることと致します。
      4 海外グリーンシューオプション及び海外シンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる海外売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる海外売出
       しのために、SMBC Nikko Capital Markets Limitedが貸株人よりSMBC日興証券株式会社を経由して借り入れる当
       社普通株式であります。これに関連して、貸株人は、1,312,500株を上限として、2019年1月9日を行使期限とし
       て、その所有する当社普通株式を追加的に取得する権利(以下「海外グリーンシューオプション」という。)を付与
       する予定であります。
        また、SMBC Nikko Capital Markets Limitedは、貸株人から借り入れる当社普通株式の返却を目的として、上場
       (売買開始)日(2018年12月12日)から2019年1月9日までの間(以下「海外シンジケートカバー取引期間」とい
       う。)、    みずほ証券株式会社及びUBS証券株式会社                     と協議の上で、東京証券取引所において、オーバーアロットメ
       ントによる海外売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「海外シンジケートカバー取引」
       という。)を行う場合があります。
        なお、海外シンジケートカバー取引期間内においても、SMBC Nikko Capital Markets Limitedは、                                              みずほ証券株式
       会社及びUBS証券株式会社             と協議の上で、海外シンジケートカバー取引を全く行わないか、又はオーバーアロット
                                   9/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       メントによる海外売出しに係る売出株式数に至らない株式数で海外シンジケートカバー取引を終了させる場合があり
       ます。海外シンジケートカバー取引により買い付けられ返却に充当される当社普通株式の株式数が、貸株人から借り
       入 れる当社普通株式の株式数に満たない場合、不足する株式数については海外グリーンシューオプションを行使する
       ことによりSMBC日興証券株式会社を経由して貸株人への返却に代えることと致します。
      5 ロックアップについて

        グローバル・オファリングに関連して、売出人及び貸株人であるRed                                 Anchor    Investments      Limitedは、ジョイン
       ト・グローバル・コーディネーターに対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の
       日(当日を含む。)までの期間中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、
       当社普通株式等の売却等(但し、売出人によるグローバル・オファリングにおける当社普通株式の売出し、オーバー
       アロットメントによる国内売出し及びオーバーアロットメントによる海外売出しのための当社普通株式の貸渡し、国
       内グリーンシューオプション及び海外グリーンシューオプションの行使に基づく当社普通株式の売却等                                               を 除く。)を
       行わない旨を約束する書面を差し入れる予定であります。
        また、グローバル・オファリングに関連して、当社の株主である丸紅株式会社は、ジョイント・グローバル・コー
       ディネーターに対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の日(当日を含む。)
       までの期間中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、当社普通株式等の売
       却等を行わない旨を約束する書面を差し入れる予定であります。
        さらに、グローバル・オファリングに関連して、当社は、ジョイント・グローバル・コーディネーターに対し、元
       引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の日(当日を含む。)までの期間中、ジョイン
       ト・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、当社普通株式等の発行等(但し、株式分割に
       よる新株式発行等を除く。)を行わない旨を約束する書面を差し入れる予定であります。
        なお、上記のいずれの場合においても、ジョイント・グローバル・コーディネーターは、その裁量で当該合意内容
       の一部又は全部につき解除できる権限を有しております。
      6 上場後の特別利害関係者等による当社普通株式の取得について

        当社株主である丸紅株式会社は、本書提出日現在、当社発行済株式総数の50.0%を保有しております。丸紅株式会
       社によれば、総議決権の過半数を保有することを目的として、上場後遅滞なく当社普通株式1単元を市場内取引にお
       いて購入する予定とのことです。
                                  10/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社のロゴマーク                       を記載致します。

       (2 ) 表紙に当社のタグラインである「靱やか情報通信プラットフォーマー」を記載致します。

       (3)表紙の次に「ユニークなポジショニング&高成長領域への注力戦略」~「主な連結経営指標等の推移」をカラー

         印刷したものを記載致します。
                                  11/199

















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  12/199





















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/199





















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/199





















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/199





















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/199





















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/199





















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/199





















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      (はじめに)
      当社の実質上の事業活動は、インターネット黎明期である1997年11月に、丸紅株式会社が総合的な情報通信サービスを
     展開すべく東京都千代田区大手町にグローバルアクセス株式会社を設立したことに始まります。
      グローバルアクセス株式会社は、2010年12月に、法人向けデータ通信サービスを一気通貫で提供できる体制を整えるた
     めに株式会社ヴェクタントを吸収合併し、商号を丸紅アクセスソリューションズ株式会社に変更致しました。更に、2014
     年2月には、ICT関連ビジネスの更なる拡大・推進のために株式会社UCOMを吸収合併し、商号をアルテリア・ネットワー
     クス株式会社に変更し、以後、総合的な情報通信サービスの展開により、豊かな社会の発展に寄与してまいりました。ま
     た、同月には、丸紅株式会社の子会社であるMASホールディングス株式会社がアルテリア・ネットワークス株式会社に出
     資し、同年11月には、CVC             Asia   Pacific    Limitedが投資助言を行うファンドが出資をしている法人であるRed                                 Anchor
     Investments      Limitedがアルテリア・ネットワークス株式会社に出資を行いました。
      当社(形式上の存続会社、旧社名:アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社)は、2016年3月にアル
     テリア・ネットワークス株式会社を完全子会社化し、2016年7月1日を合併期日として、アルテリア・ネットワークス株
     式会社を吸収合併し、商号をアルテリア・ネットワークス株式会社に変更致しました。
      合併前の当社(旧社名:アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社)は、当該合併のために設立された
     特別目的会社として、当該合併によりアルテリア・ネットワークス株式会社の資産、負債及び権利義務の一切を承継し、
     合併後におきまして実質上の存続会社であるアルテリア・ネットワークス株式会社の事業を全面的に承継しております。
      このため、本書では、特別に記載のない限り、実質上の存続会社である旧アルテリア・ネットワークス株式会社につい
     て記載しております。
      当社の事業運営主体の変遷を図示致しますと、次のようになります。
     [当社の変遷]

                                  19/199












                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                  国際会計基準
                回次
                                第2期       第3期
               決算年月                2017年3月       2018年3月

                        (百万円)         41,365       47,587
     売上高
                        (百万円)          5,926       7,549
     営業利益
                        (百万円)          5,503       7,146
     税引前利益
                        (百万円)          4,142       4,610
     親会社の所有者に帰属する当期利益
                        (百万円)          4,192       4,599
     親会社の所有者に帰属する当期包括利益
                        (百万円)          6,239       11,872
     親会社の所有者に帰属する持分
                        (百万円)         75,419       78,560
     総資産額
                         (円)        124.79       237.45
     1株当たり親会社所有者帰属持分
                         (円)         82.85       92.21
     基本的1株当たり当期利益
                         (円)           -       -
     希薄化後1株当たり当期利益
                         (%)          8.3       15.1
     親会社所有者帰属持分比率
                         (%)         100.0        50.9
     親会社所有者帰属持分当期利益率
                         (倍)           -       -
     株価収益率
                        (百万円)          9,555       11,900
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)        △ 12,570       △ 6,914
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)          3,357      △ 2,847
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)          5,140       7,278
     現金及び現金同等物の期末残高
                         (人)          689       698
     従業員数
       (注1)    上記指標は、国際会計基準(IFRS)に基づいて作成した連結財務諸表に基づいております。
       (注2)    売上高には、消費税等は含まれておりません。
       (注3)    希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式がないため、記載しておりません。
       (注4)    株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       (注5)    当社は、2018年8月30日開催の取締役会決議により、2018年9月28日付で普通株式1株につき5株の割合で
           株式分割を実施しております。1株当たり親会社所有者帰属持分及び基本的1株当たり当期利益について
           は、第2期期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。
       (注6)    前連結会計年度(第2期)及び当連結会計年度(第3期)の国際会計基準                                (IFRS)    に基づく連結財務諸表につい
           ては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けており
           ます。
       (注7)    従業員数は就業人員であり、当社グループからグループ外への出向者、グループ外から当社グループへの出
           向者は含まれておりません。              前連結会計年度(第2期)及び当連結会計年度(第3期)における臨時雇用者数
           は、従業員の総数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
                                  20/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第1期       第2期       第3期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月

                   (百万円)           -     31,588       42,237
     売上高
     経常利益又は経常損失
                   (百万円)         △ 422      3,380       4,816
     (△)
     当期純利益又は当期純損失
                   (百万円)         △ 422      3,333       3,073
     (△)
                   (百万円)         5,150       5,150       5,150
     資本金
                     (株)      10,000,000       10,000,000       10,000,000
     発行済株式総数
                   (百万円)         9,577       6,304       9,378
     純資産額
                   (百万円)         49,660       67,867       70,148
     総資産額
                     (円)        957.73       126.10       187.57
     1株当たり純資産額
                               -       -       -

     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当
                              ( - )      ( - )      ( - )
     額)
     1株当たり当期純利益又は
                     (円)       △ 113.19        66.67       61.48
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)          -       -       -
     当期純利益
                     (%)        19.29        9.29       13.37
     自己資本比率
                     (%)          -     42.54       39.20
     自己資本利益率
                     (倍)          -       -       -
     株価収益率
                     (%)          -       -       -
     配当性向
                     (人)          -      578       527
     従業員数
       (注1)    売上高には、消費税等は含まれておりません。
       (注2)    当社は、2018年8月30日開催の取締役会決議により、2018年9月28日付で普通株式1株につき5株の割合で
           株式分割を実施しております。1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益については、第2期期首に当
           該株式分割が行われたと仮定して算定しております。
       (注3)    1株当たり配当額及び配当性向については、無配のため、記載しておりません。
       (注4)    潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため、記載しておりません。
       (注5)    第1期の自己資本利益率については、当期純損失が計上されているため、記載しておりません。
       (注6)    株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       (注7)    当社は2016年2月12日に設立されたため、第1期は2016年2月12日から2016年3月31日までの1カ月と18日
           となっております。
       (注8)    前事業年度(第2期)及び当事業年度(第3期)の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の
           規定に基づき、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けております。なお、第1期については、「会社計算
           規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193
           条の2第1項の規定に基づくEY新日本有限責任監査法人の監査を受けておりません。
       (注9)    従業員数は就業人員であり、当社から社外への出向者、社外から当社への出向者は含まれておりません。                                                臨
           時雇用者数は従業員の総数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
       (注10)    当社は、2018年8月30日開催の取締役会決議により、2018年9月28日付で普通株式1株につき5株の割合で
           株式分割を実施しております。               そこで、東京証券取引所自主規制法人(現                    日本取引所自主規制法人)の引
           受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年
           8月21日付東証上審第133号)に基づき、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の
           1株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下のとおりとなります。なお、第1期の数値(1株当たり
           配当額についてはすべての             期の  数値)については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づくEY新
           日本有限責任監査法人の監査を受けておりません。
                                  21/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              回次             第1期       第2期       第3期
                         2016年3月       2017年3月       2018年3月
             決算年月
     1株当たり純資産額                (円)      191.55       126.10       187.57
                           △22.64        66.67       61.48

     1株当たり当期純利益                (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期
                     (円)         -       -       -
     純利益
     1株当たり配当額                         -       -       -
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                        (-)       (-)       (-)
                                  22/199

















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (参考情報)

        (はじめに)に記載のとおり、2014年2月に丸紅アクセスソリューションズ株式会社が株式会社UCOMを吸収合併
       し、アルテリア・ネットワークス株式会社(旧アルテリア・ネットワークス)に商号変更しております。
        当社(形式上の存続会社、旧社名:アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社)は、2016年3月に
       アルテリア・ネットワークス株式会社を完全子会社化し、その後、2016年7月1日を合併期日として、アルテリア・
       ネットワークス株式会社を吸収合併し、アルテリア・ネットワークス株式会社(現アルテリア・ネットワークス)に
       商号変更して現在の当社に至っております。
        参考として、日本基準に基づいて作成された2015年3月期から2016年3月期に係る旧アルテリア・ネットワークス
       に係る主要な連結経営指標等の推移は以下のとおりであります。
                             日本基準

             回次
                         第19期        第20期
      決算年月                  2015年3月       2016年3月

                  (百万円)         44,226        44,574

      売上高
                  (百万円)          5,759        5,957

      経常利益
      親会社の所有者に帰属
                  (百万円)          4,640        4,519
      する当期純利益
                  (百万円)         18,651        23,170
      純資産額
                  (百万円)         70,871        62,526

      総資産額
                  (円)       117,259.23        145,671.16

      1株当たり純資産額
                  (円)        15,503.28        28,412.42

      1株当たり当期純利益
      潜在株式調整後1株当
                  (円)            -        -
      たり当期純利益
                  (%)          26.3        37.1
      自己資本比率
                  (%)          28.1        21.6

      自己資本利益率
                  (倍)            -        -

      株価収益率
                  (人)           661        571

      従業員数
       (注1)    売上高には、消費税等は含まれておりません。
       (注2)    各数値については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載し
           ております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づくEY新日本有
           限責任監査法人の監査を受けておりません。
       (注3)    潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため、記載しておりません。
       (注4)株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       (注5)2014年3月期については連結財務諸表を作成していないため記載しておりません。
                                  23/199






                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
       (はじめに)に記載のとおり、当社の実質上の事業活動は、インターネット黎明期である1997年11月に、丸紅株式会
      社が総合的な情報通信サービスを展開すべく東京都千代田区大手町にグローバルアクセス株式会社を設立したことに始
      まります。
       グローバルアクセス株式会社は、2010年12月に、法人向けデータ通信サービスを一気通貫で提供できる体制を整える
      ために株式会社ヴェクタントを吸収合併し、商号を丸紅アクセスソリューションズ株式会社に変更致しました。更に、
      2014年2月には、ICT関連ビジネスの更なる拡大・推進のために株式会社UCOMを吸収合併し、商号をアルテリア・ネッ
      トワークス株式会社に変更し、以後、総合的な情報通信サービスの展開により、豊かな社会の発展に寄与してまいりま
      した。
       形式上の存続会社である当社は、アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社として2016年2月12日に
      設立され、2016年3月14日にアルテリア・ネットワークス株式会社を完全子会社化致しました。その後、2016年7月1
      日を合併期日として、当社を存続会社、アルテリア・ネットワークス株式会社を消滅会社とする合併を行い、同日付で
      当社の商号をアルテリア・ネットワークス株式会社に変更し、現在に至っております。
       従いまして、以下においては、当社及び当社の事業を2016年7月以前に行っておりました旧アルテリア・ネットワー
      クス株式会社、丸紅アクセスソリューションズ株式会社、グローバルアクセス株式会社の沿革について記載しておりま
      す。
          年月                           沿革

        1997年11月        グローバルアクセス株式会社設立
        1998年4月        第一種電気通信事業許可取得
        2000年1月        国内専用サービス提供開始(注1)
        2000年3月        東京都中央区にデータセンター「ComSpaceⅠ」開設(注1)
        2001年6月        イーサネット専用線サービス「ダイナイーサ」提供開始(注1)
        2001年12月        東京都新宿区にデータセンター「ComSpaceⅡ」開設(注1)
        2003年3月        10Gbpsイーサネット専用線サービス提供開始(注1)
        2006年3月        情報セキュリティマネジメントシステム「BS7799-2:2002」及び「ISMS認証基準Ver2.0」認証取
                得
        2007年4月        「ISO27001:2005/JIS          Q 27001:2006」認証取得
        2010年8月        データセンター「ComSpaceⅢ」を開設(注1)
        2010年12月        株式会社ヴェクタントを吸収合併し、商号を丸紅アクセスソリューションズ株式会社に変更
        2011年5月        IPv6対応サービス提供開始(注2)
        2011年6月        大阪市にデータセンター「ComSpace                 WEST」を開設(注1)
        2013年5月        完全冗長・完全閉域型の接続サービス「VECTANT                       セキュアクラウドアクセス」提供開始(注
                1)
        2014年2月        株式会社UCOMを吸収合併し、商号をアルテリア・ネットワークス株式会社に変更
                長距離区間として国内初、デュアルクラスに対応したイーサネット専用線サービス「ダイナ
                イーサ」100Gbpsメニュー提供開始                (注1)
        2015年2月        「AWS」「Microsoft          Azure」「SoftLayer」対応の閉域クラウドアクセスサービスを提供                               (注
                1)
        2016年2月        アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社設立
                個人向け任意加入型インターネット接続サービス(spaaqs光・Qit光・jasper-net)を事業譲渡
                (注2)
        2016年3月        アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社がアルテリア・ネットワークス株式
                会社の全株式を取得し、同社を完全子会社とする
        2016年7月        アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社を存続会社、アルテリア・ネット
                ワークス株式会社を消滅会社とする吸収合併を実施し、アルテリア・ネットワークス・ホール
                ディングス株式会社の商号をアルテリア・ネットワークス株式会社に変更
        2016年11月        DDoS攻撃(注3)からネットワークシステムを守る「DDoS対策サービス」の提供を開始                                        (注
                1)
        2017年3月        株式会社つなぐネットコミュニケーションズを連結子会社化
        2017年4月        賃貸集合住宅向けに全戸一括型インターネット接続サービス「UCOM光                                レジデンス      シンプルタ
                イプ」をサービス化         (注4)
        2017年11月        アルテリア・ネットワークス株式会社のマンション向けインターネットサービス事業を会社分
                割により株式会社つなぐネットコミュニケーションズに統合
        (注1)ネットワークサービスに含まれるサービスです。
        (注2)インターネットサービスに含まれるサービスです。
                                  24/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (注3)    インターネット上に存在するセキュリティ対策不足の通信機器を踏み台にし、通信の特性を悪用して、大
            量の通信を対象のサーバーに送信してダウンさせる攻撃です。
        (注4)    マンションインターネットサービスに含まれるサービスです。
                                  25/199




















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
     (1)事業の概要
       当社グループは、当社及び連結子会社3社で構成され、電気通信事業法に基づく電気通信事業を行っております。
      当社グループは「創業以来のフロンティア精神を研ぎ澄まし、変化し続ける顧客ビジネスの課題解決に取り組む」、
      「独自のネットワークアセットと顧客志向性で差別化し、野心的で柔軟に発想、迅速で緻密に行動する」、「情報通信
      プラットフォームの創造を通じ顧客の成長と世の中の進歩に貢献し、社員ひとりひとりの夢を実現する」という経営理
      念の下、企業価値の向上を目指して、最新の光接続技術によって構築された、安全性が高く高品質な光ファイバーを日
      本国内に自社で敷設しサービスを提供しております。当社の光ファイバーネットワークは、日本国内の広範囲をカバー
      しながらも、通信回線を利用するデータ量が多く収益性の高い都市部を中心に集中的に投資して敷設しており、効率的
      なサービス展開を図っております。(図1)
      図1:当社の光ファイバーネットワーク

       (注1)    88%のGDPカバー率は、当社が(2018年2月1日現在)アクセスポイント/陸揚局を有する32の都道府県の






           GDP(国内総生産)が日本全体のGDPに占める比率(2014年時点)を示すに留まり、同GDPが当社ネットワー
           クに実際に又は潜在的にアクセス可能であることによって創出されたことを示すものではありません。
       (注2)    海底ケーブルとは、海底に埋没されたケーブルのことを指します。インターネットを通じた日本と海外との
           データのやり取りなど、国際通信の大部分は海底ケーブルが占めます。
       (注3)    海底ケーブルの終端を陸上に設置している局舎のことを指します。
                                  26/199









                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)サービス別の主な内容

       当社グループは主としてインターネットサービス(光インターネット接続サービス、IP電話サービス等)、ネット
      ワークサービス(専用線サービス、VPN接続サービス等)、マンションインターネットサービス(全戸一括型光イン
      ターネット接続サービス)を提供しております。なお、当社グループは単一事業を営んでおり事業分類が困難なため、
      セグメントを分類せずに記載しております。当社グループのサービス別の主な内容は以下のとおりです。
      (ア)インターネットサービス

       ①  光インターネット接続サービス
        光インターネット接続サービスとは、アクセス回線に光ファイバーを利用し高速なデータ伝送を提供するサービ
       スです。主なサービスには、パートナー企業を通じて中小企業向けに提供している「UCOM光                                           エンタープライズ」や
       「ARTERIA光インターネット接続サービス」及びOEMでISP(                           Internet     Service    Provider    )等に向けて提供している
       サービスがあります。
        当社の企業向けサービスの特徴として、お客様1社につき光ファイバー1本を提供している点があります。これ
       により他のユーザーの影響を受けにくく通信が安定し、お客様に快適な通信環境を提供することが可能となりま
       す。また当社の光インターネット接続サービスは、ISPとアクセス網を一括管理していることで、安定した通信を実
       現します。
      図2:当社の光インターネットサービスの特徴

         (注)OLT(Optical         Line   Terminal):各加入者へ送信する光信号を合成して光回線に送出したり、光回線から受





           け取った信号を各加入者ごとの信号に分離したりするための終端装置をいいます。
       ②  IP電話サービス

        IP電話とは、固定電話の回線(アナログ電話回線の低周波帯域)の代わりに、インターネットのブロードバンド
       回線を利用した電話で、従来の固定電話よりも通話料金が安い、距離による通話料金の差がないなどのメリットが
       あります。
        当社の法人向けIP電話サービス「光電話ビジネス」は、広帯域・高品質な回線サービスと組み合わせて利用でき
       るIP電話サービスとなります。総務省クラスA基準(注)を満たした通話品質と低コストな基本料、通話料を実現して
       います。
         (注)IP電話の品質クラス分類には、クラスA、クラスB及びクラスCがあり、このうち、クラスAは固定電話並み
           の伝送品質率、遅延性、呼損率(持続品質)を満たしているものをいいます。
                                  27/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (イ)ネットワークサービス

        ①  専用線サービス
         専用線サービスは、ある特定の2地点間を結ぶ回線サービスです。信頼性・品質・セキュリティが高く、企業の
        基幹ネットワークやデータセンター、通信事業者などのバックボーン、アクセス回線として利用されております。
         当社は高スペックかつ、東京都内、東名阪福岡間に強みを持つ「ダイナイーサ」などのサービスをお客様に提供
        しています。
        ②  VPN接続サービス

         VPN(Virtual      Private    Network)とは、インターネットに接続されている利用者の間に、仮想的な通信トンネルを
        構成したプライベートなネットワークのことです。通信経路を認証や暗号化を用いて保護することにより、第三者
        が侵入することのできない安全なネットワークを構築できます。1対1通信となる専用線サービスと異なり、複数
        の拠点間ネットワーク構築に適したサービスのため、主に多店舗展開をしている小売・流通・サービス業で通信イ
        ンフラとして利用されます。
         当社は、VPN接続サービスを設計から運用保守までワンストップで提供しております。当社のVPN接続サービス
        は、「ARTERIA光」・「UCOM光」の自社回線に加え、NTTフレッツ、KDDI、ソフトバンクなど様々なアクセス回線を
        組み合わせたご提案が可能です。
        ③  その他ネットワークサービス

         その他ネットワークサービスとして、当社はデータセンターサービスやクラウドWi-Fiサービスを提供していま
        す。
         データセンターとは、サーバーやネットワーク機器などのIT機器を設置、運用する施設・建物の総称です。当社
        は「ComSpace」のサービス名で至便なアクセスの立地で柔軟なサービス体系のデータセンターサービスを提供して
        います。
         クラウドWi-Fiサービスとは、顧客の無線LAN環境の構築から、運用・保守までを一括提供するサービスです。ク
        ラウド上に無線LANコントローラー(クラウドコントローラー)を設置するため、拠点ごとに導入・設置をする必要
        がなく、初期設定済のアクセスポイントを繋ぐだけで簡単に利用を開始できるため、複数拠点にまたがるアクセス
        ポイント(AP)の一元管理が可能です。
      (ウ)マンションインターネットサービス

        マンションインターネットサービスとは、当社グループがマンション向けに提供している光インターネット接続
       サービスを指します。
        個人向けインターネット接続サービスは、各世帯の利用者がサービス提供者を選び直接契約を結ぶ方式(任意加入
       型)と、集合住宅全戸が一括でサービス提供者と契約を結ぶ方式(全戸一括型)に区分されます。当社グループは後
       者の方式で高品質な光インターネット接続サービス「UCOM光                            レジデンス」及び「e-mansion」を分譲マンション・賃
       貸住宅市場向けに展開しており、大手デベロッパー物件への高い採用実績があります。また、当社グループは、光回
       線を複数の建物で共有する共有型接続サービスではなく、アクセス回線を他の建物と共有せず光回線収容局から建物
       まで一本の光ファイバーを用いる専有型接続サービスを展開しており、通信速度の低下が生じにくい環境を提供して
       います。また2017年3月に同業である株式会社つなぐネットコミュニケーションズを連結子会社化し、顧客基盤含め
       て当該サービスの強化を図っております。なお、当社グループは当該サービス市場において全国シェア1位(全体の
       27.2%)となっております(株式会社MM総研(以下「MM総研」という。)調べ、2018年3月末時点)。
                                  28/199







                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (エ)その他サービス

        ①  エネルギーサービス
         当社グループはエネルギー分野のサービスとして、地域電力会社などから高圧電力を一括購入しマンション内の
        変電設備で低圧に変換して供給する電力一括受電サービスを提供しております。これは電力のまとめ買いにより、
        ご家庭の電気料金を削減するサービスです。
        ②  MDMサービス

         MDM(Mobile      Device    Management)サービスとは、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を一元管理するた
        めのサービスです。当社が提供する「VECTANT                      SDM」は、ライトユースからヘビーユースまでに対応する、オール
        インワンのMDMサービスです。
        また、マンション公式ポータルサイトやマンションIoTサービス、更にはセキュリティカメラシステムなど、マン

       ション生活をより便利で豊かにするマンション向けの施設サービスも提供しています。
       なお、当社グループは、各サービスのお客様確保及び事業拡大を図るに当たって、当社グループが直接営業活動する

      以外に、複数の販売パートナーと代理店契約を締結し、販売促進に向けた協業を行っております。販売パートナーに
      は、当社グループがサービスを卸し、販売パートナー独自のブランドでエンドユーザー企業にサービス提供する再販
      パートナー及びエンドユーザー企業に当社グループのサービスを紹介する取次パートナーが存在しております。エンド
      ユーザー企業との契約は、再販の場合はパートナーが、取次の場合は当社グループが直接契約をする形態となります。
      また、当社グループはサービスを提供するに当たって、子会社であるアルテリア・エンジニアリング株式会社からの工
      事サービス及びアルテリア・インターコネクト株式会社からの回線サービス提供を受けております。
      [事業系統図]

                                  29/199












                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                                   2018年3月31日現在
                                         議決権の所
                           資本金               有割合又は
                                 主要な事業の内
          名称          住所                               関係内容
                          (百万円)                被所有割合
                                 容
                                          (%)
     (その他の関係会社)

                                           被所有
     丸紅株式会社      (注1)                262,686                 50.0
                  東京都中央区              総合商社                役員の兼任、取引関係あり
     (連結子会社)

                                            所有
     株式会社つなぐネットコ
                                マンション向けイ
     ミュニケーションズ                       1,500                80.0
                  東京都千代田区              ンターネット接続                役員の兼任、取引関係あり
     (注2、3)
                                サービス事業
     アルテリア・エンジニア
                              30              100.0
                  東京都港区              電気通信工事業                役員の兼任、取引関係あり
     リング株式会社
     アルテリア・インターコ
                              9              100.0
                  東京都港区              電気通信事業                役員の兼任、取引関係あり
     ネクト株式会社
       (注1)    有価証券報告書を提出しております。なお、2018年3月31日現在においては、丸紅株式会社が100%出資す
           るMASホールディングス株式会社が議決権50.0                     % を保有しておりましたが、その後2018年7月12日付でMAS
           ホールディングス株式会社が保有する株式のすべてにつき同社から丸紅株式会社へ現物配当による株式の移
           動が行われた結果、本          書 提出日現在、丸紅株式会社が当社のその他の関係会社となっております。                                  また、   丸
           紅株式会社によれば、当社株式の上場日をもって会計基準上の実質的な支配が存在すると考えられ、当社は
           丸紅株式会社の連結子会社となる予定とのことです。
       (注2)    特定子会社であります。
       (注3)    株式会社つなぐネットコミュニケーションズについては、売上高(連結会社相互間の内部売上を除く。)の
           連結売上高に占める割合が10%を超えています。日本基準に基づいて作成された同社の財務諸表における
           2018年3月期の主要な情報等は次のとおりであります。
                                     主要な損益情報等(百万円)
                              売上高      経常利益      当期純利益       純資産額       総資産額

                               7,905       2,129       1,462       5,523       8,951
      株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
                                  30/199










                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2018年9月30日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                          711
               電気通信事業
                                                          711
                 合計
        (注1)    当社グループは単一事業を営んでおり、セグメント別の記載を省略しております。
        (注2)    従業員数は就業人員であり、当社グループからグループ外への出向者、グループ外から当社グループへの
            出向者は含まれておりません。              臨時雇用者数は、従業員の総数の100分の10未満であるため記載を省略し
            ております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2018年9月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

                510             40.5              8.0           6,459,882
        (注1)    当社は単一事業を営んでおり、セグメント別の記載を省略しております。
        (注2)    従業員数は就業人員であり、当社から社外への出向者、社外から当社への出向者は含まれておりません。
            臨時雇用者数は、従業員の総数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
        (注3)    平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         2015年6月6日にアルテリア・ネットワークスユニオンが結成されております。労使関係は円満であり、特記す
        べき事項はありません。
                                  31/199












                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中の将来に関する事項は、本書提出日において当社グループが判断したものであります。
      (1)  会社の経営の基本方針

        当社グループは、以下のとおり、タグラインを定め、経営理念を掲げています。常に挑戦者・革新者としての靭や
       かさを持ち続け、新時代の主役インフラである情報通信の担い手として社会の進化に貢献すべく、より一層の成長を
       目指します。
       (タグライン)

         靱やか情報通信プラットフォーマー
       (経営理念)

        アルテリア・ネットワークスは、
        ・創業以来のフロンティア精神を研ぎ澄まし、変化し続ける顧客ビジネスの課題解決に取り組む
        ・独自のネットワークアセットと顧客志向性で差別化し、野心的で柔軟に発想、迅速で緻密に行動する
        ・情報通信プラットフォームの創造を通じ顧客の成長と世の中の進歩に貢献し、社員ひとりひとりの夢を実現する
      (2)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標

        当社グループは、収益性の指標として調整後営業利益及び調整後EBITDAマージンを、財務体質の健全化の指標とし
       てデット・エクイティ・レシオ及びネット・レバレッジ・レシオを、それぞれ重要な経営指標としております。
        なお、   調整後営業利益、調整          後EBITDAマージン、デット・エクイティ・レシオ及びネット・レバレッジ・レシオの
       内容については、後記「3             経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                                  (参考情報)」
       をご参照ください。
      (3)  経営戦略

        企業活動のあらゆる場面において情報通信が必要とされ、その重要性は既に必須インフラとして位置付けられる時
       代であることに加え、近年では、ビッグデータ・IoT(Internet                              of  Things)の普及、動画視聴等の拡大を背景に、
       国内データトラヒックは増加の一途を辿っています。当社グループは、全国の主要都市部に自社回線網を保有し、高
       成長が見込まれるFTTHサービス、イーサネット専用サービス、VPN接続サービス、全戸一括型マンションインター
       ネット接続サービス等をはじめとするB2B/B2B2C事業にフォーカスしたユニークな市場ポジショニングを活かし、高
       品質かつコストパフォーマンスの高いサービスを迅速かつ柔軟に提供することで、市場成長率を超える事業拡大を達
       成してきております。
        当社グループは、その強みを背景に以下の経営戦略を定めており、今後もお客様の更なる成長を支えてまいりま
       す。
       (当社グループの強み)

        ①  優れた財務パフォーマンス
          2018年3月期において、売上高成長率15.0%(前期比)(前連結会計年度の当社グループの売上高と株式会社
         つなぐネットコミュニケーションズの売上高を合算した場合、売上高成長率3.2%(前期比)(注1)となりま
         す。)、調整後フリー・キャッシュ・フロー                     5 3 億円  及び調整後EBITDAマージン30.6%を実現しております(な
         お、調整後フリー・キャッシュ・フロー及び調整後EBITDAマージンの内容については、後記「3                                             経営者による
         財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                           (参考情報)」をご参照ください。)。
        ②  安定性の高い収益モデル

          当社グループの売上高の大部分は、月額利用料によるリカーリング型の収益(注2)を基礎としており、継続
         的かつ安定的な収益モデルとなっております(当連結会計年度の売上高に占める月次請求売上の割合は                                                約94%   を
         達成しております)。
        ③  全戸一括型マンション向けシェア「国内No.1」

          当社グループは       全戸一括型マンションインターネット接続サービス分野                          において、全国シェア1位(全体の
         27.2%)(注3)となっております。
                                  32/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (注1)    当社グループの前連結会計年度売上高(国際会計基準(IFRS))及び株式会社つなぐネットコミュニ
              ケーションズの2017年3月期の売上高(日本基準の数値を国際会計基準(IFRS)の数値に修正)の単純
              合算値(内部取引消去前)と、当社グループの当連結会計年度の売上高(国際会計基準(IFRS))を基
              に 算定したものです。株式会社つなぐネットコミュニケーションズの2017年3月期の売上高は、当社
              が2017年3月に同社を連結子会社化する前の期間における会社法に基づく同社の日本基準に基づく経
              営成績を示すものです。当社の現在の経営陣は、2017年3月の連結子会社化前における、株式会社つ
              なぐネットコミュニケーションズの財務諸表の作成又は同社の経営を監督しておらず、またこれに関
              与しておりません。
         (注2)    継続的なサービス提供に紐づく売上収益を指し、毎月お客様に請求している利用料収入を意味しま
              す。
         (注3)    出典:MM総研「全戸一括型マンションISPシェア調査(2018年3月末)」
       (経営戦略)

       ①  売上成長戦略
        当社グループでは、インターネットサービス、ネットワークサービス、マンションインターネットサービスの                                                   3
       つの領域で事業を展開しております。各領域において、当社グループの強みを活かすことが可能で、高い成長が見
       込まれる分野やエリアでのサービス展開に経営資源を集中させることで、今後も、各領域の市場全体を上回る成長
       の実現を目指します。
        (ア)インターネットサービス

          主要都市部を中心に展開するFTTHサービス(注1)は、自社回線網を活用し、より高品質なサービス提供が
         できる専有型として他社サービスとの差別化を図ることで成長を実現してきました。当社グループの強みを更
         に拡大させるため、ネットワーク設備の更改を順次進めており、より高品位なサービスである「ARTERIA光」を
         2017年度に首都圏で、2018年度には大阪で本格的にサービス開始し、今後、その他の                                        主要都市部     にも拡大して
         いくことで、成長の維持・拡大を実現していきます。また、2019年度にはVNE事業(注2)にも参入する予定で
         あり、輻輳対策やIPv6対応などを積極的に進めております。IP電話サービスについては、0AB-J(注3)の割当
         てを強みに、柔軟な料金体系を提供することで好調な成長を実現しており、今後もクラウドPBX事業者等のニー
         ズに対応し、成長を維持していく所存です。
          (注1)各家庭まで光ファイバーケーブルを敷設することにより、数十Mbps~最大数Gbps程度の超高速イン

              ターネットアクセスを提供するサービスをいいます。家庭用のみならず、オフィス向けのサービス
              においてもFTTHと呼ばれることがあります。
          (注2)ISP事業者に対してインターネットサービス提供に必要となるネットワーク設備や、その他システ
              ム・運用機能等を提供する事業をいいます。
          (注3)通常の固定電話に割り当てられるものと同様の番号体系であり、総務省の定める品質条件を満たした
              場合のみIP電話にも0AB-J番号が割り当てられます。
        (イ)ネットワークサービス

          2014年2月に国内初の100Gbpsサービスを                   提供するなど高速イーサネット専用線ではマーケットリーダとし
         て、またエントリー型VPNでは自社回線網を活用したセキュリティの高いクローズドVPNを主力サービスとし
         て、成長を実現してまいりました。今後も顧客ニーズに即した高品位なサービス提供体制の維持を図るととも
         に、今後更なる市場拡大が見込まれるクラウドやセキュリティ市場への対応を強化し、SD-WAN(注)やCloud
         Wi-Fiなどの新サービス提供も充実させることで、成長の維持・継続を図っていきます。
          (注)回線スピードの変換やセキュリティ、認証機能等をソフトウェアで提供することにより、開通時間の短

             時間化や構成・機能の変更を行いやすくしたSDN(Software                              Defined    Network)の適用範囲をLAN
             (Local    Area   Network)からWANに拡張したものをいいます。
        (ウ)マンションインターネットサービス

          主力としてきた新築分譲マンション向け市場に加え、昨年度からは急速に市場が拡大している賃貸マンショ
         ン向け市場にもいちはやく参入したことで、受注戸数は倍増しており、好調な成長を実現しています。更に、
         株式会社つなぐネットコミュニケーションズとの事業統合により、前述のとおり、                                       全戸一括型マンションイン
         ターネット接続サービス分野              でNo.1    (全体の27.2%)        (注)の地位を確固たるものとし、日本国内の有力デベ
         ロッパー各社とより強固な関係を築くことができました。加えて、スケールメリットを活用し、広帯域通信の
         オール光、賃貸向け廉価サービス、顧客ニーズに応じたIoT関連サービス提供を他社に先駆けて実現すること
                                  33/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         で、更なる事業拡大を目指します。また今後、サービスのクロスセル、サービス仕様・バックオフィス業務の
         統合による効率化等の統合シナジーも見込んでおります。
          (注)出典:MM総研「全戸一括型マンションISPシェア調査(2018年3月末)」

        (エ)売上成長を支える投資戦略

          中期経営計画では、既存ネットワークの維持・増強投資に加え、前述の次世代プラットフォームである
         「ARTERIA光」のエリア拡大や、輻輳対策やIPv6対応等、継続的な成長投資を予定しており、より長期的に安
         定したサービス提供を可能とする体制を構築してまいります。
       ②  コスト改善戦略

         当社グループは、インターネット黎明期より全国主要都市に自社ファイバー網を敷設して通信ネットワークイン
        フラを構築し、サービス提供のための基盤設備を整えてまいりました。                                 当該自社保有網を活用することで、固定費
        が主となるコスト構造となることから、売上成長に対して原価増加を抑制することが可能となっております。
         また、2014年に株式会社UCOMと合併、2017年には株式会社つなぐネットコミュニケーションズを連結子会社化す
        るなど、事業規模を拡大することで、仕入調達面においてスケールメリットによるコスト削減を実現しており、今
        後もコスト削減に向けた努力を継続してまいります。加えて、その他のコストマネジメントを更に推進すること
        で、今後もより利益率の高い経営を目指してまいります。
       ③  その他

         また、当社は、上記の他にも、急速に変化する事業環境の中、当社の強みを活かしつつ、潜在的な事業機会を適
        切に捉えること等を通じて、更なる成長の可能性を模索してまいります。中期経営計画の期間以降も含む中長期的
        な当該成長の手段として想定されるものとしては、例えば、以下が含まれます。
         ・マンション向けISPの買収やOEMサービスの提供などを行うことを通じたマンションインターネット事業の拡大
         ・OTT(注1)向けDWDM(注2)マネージド・サービスの拡大
         ・B2B/B2B2C事業モデルを商業・オフィスビルへ活用することなどによる顧客基盤の拡大
         ・5Gの導入やIoTの発展など、データ量増大による影響を適切に捉えた新規事業への参入
          (注1)ISPが提供するインターネット接続サービスの上で、動画や各種アプリケーション等のコンテンツを

              提供する事業者をいいます。
          (注2)複数の光信号をファイバー上で同時に異なる波長で結合・伝送するWDM技術を密集化させた技術をい
              います。既存のファイバーネットワークの帯域幅を増やすために使います。
         さらに、当社は、丸紅株式会社から出資を受け入れており、丸紅株式会社は本書提出日現在、当社発行済株式

        総数の50.0%を保有しております。丸紅グループが保有する顧客ネットワークやパートナー企業へのアクセスを
        活用することや、丸紅グループと新規事業分野を含めた様々な分野で協業することを通じて、潜在的シナジーの
        追及を図っております。
       (4)  対処すべき課題

        中長期的な会社の経営戦略の実現を果たすため、当社グループは下記の課題に取り組んでまいります。
        ①  顧客基盤の拡大

         前述のとおり、当社グループの事業は、月額利用料によるリカーリング型の収益(注1)を基礎としているた
        め、適切な価格での顧客数の増大が収益基盤の向上のために重要であると考えております。顧客数を増大するに
        は、既存顧客の解約を防止することに加え、新規顧客の増大を図ることが必要であります。そのため、効率的なプ
        ロモーション活動により、             全戸一括型マンションインターネット接続サービス分野                            においてNo.1(全体の
        27.2%)(注2)である当社グループの信頼性と多種多様な法人向け通信サービスを有する当社グループの特徴に
        関して認知度を上げるとともに、パートナー企業との協力関係を強化することによって、競合他社から当社グルー
        プへの各種サービスの乗り換えを促してまいります。
        ②  人材の確保・育成

         当社グループが、今後さらなる成長をしてくためには、専門スキル及びノウハウをもった優秀な人材を継続的に
        確保していくことが重要であると考えております。そのために、人事制度、研修制度の充実等の実施を図る一方、
        新卒採用も併せて積極的に行い、次世代を担う人材の育成にも注力してまいります。
                                  34/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③  内部管理体制の強化
         当社グループを取り巻く事業環境の変化及び事業の継続的な発展に伴い、業務運営の効率化、コーポレート・ガ
        バナンス機能の強化は必須であり、そのために財務報告の信頼性を確保するための内部統制システムの適切な運用
        が重要であると考えております。このため、当社グループと致しましては、内部統制システムの整備、改善を継続
        的に行い、経営の公正性・透明性を確保するための組織体制の強化に取り組んでまいります。
        ④  新規事業の創出

         当社グループを取り巻く事業環境は、急速に変化をしており、今後も引き続き変化は激しさを増すことが想定さ
        れるため、将来を見据えたサービス開発、新規事業の創出が重要な課題であると考えております。当社グループの
        強みであ    る基幹網(注3)とFTTx網(注4)を活                   用して、新サービス開発、他社との協業及びオープンイノベー
        ションを通じて今まで取り込めていなかった市場の開拓を行ってまいります。
          (注1)継続的なサービス提供に紐づく売上収益を指し、毎月お客様に請求している利用料収入を意味しま

              す。
          (注2)出典:MM総研「全戸一括型マンションISPシェア調査(2018年3月末)」
          (注3)通信事業者の回線網などで、中核的な部分であるネットワーク(バックボーン回線)のことをいいま
              す。
          (注4)通信事業者の基地局から、ビルや住宅など目的の場所まで光ファイバーを敷設して、高速・広帯域の
              データ伝送を可能にするもので、各家庭まで光ファイバーを敷設するFTTHなどをいいます。
                                  35/199














                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【事業等のリスク】
       当社グループの事業内容、経営成績及び財政状態等に関するリスク要因について、投資家の判断に重要な影響を及ぼ
      す可能性のある事項を以下に記載しております。但し、すべてのリスクを網羅したものではなく、業績に影響を与えう
      るリスク要因はこれらに限定されるものではありません。なお、本項における将来に関する事項については、本書提出
      日現在において入手可能な情報に基づき、合理的であると当社グループが判断したものであります。
      (1)競合に関するリスク

       当社グループは、情報通信ネットワークを構築・展開し、当該ネットワークを活用した情報通信サービスを提供し
      ておりますが、既存の大手電気通信事業者等と競合しています。こうした事業者の中には、当社グループと比べて、
      大きな市場シェアや顧客基盤、多くの財務・技術・マーケティング資源、高いブランド認知度、広範なネットワーク
      網並びに多様な戦略計画や提供サービスを有する事業者がいます。また、当社グループはその他のネットワーク及び
      ISPとも競合しており、新規参入者による競争激化のおそれがあります。さらに、当社グループは国内マンション一括
      型インターネット接続サービスにおいて最大のシェアを有していますが、分譲及び賃貸マンション向けISPと競合して
      います。既存又は新規の競合企業は、当社グループの競争力に影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループは、近年、ネットワーク及びインターネットサービスにおいて価格の下落及びマージン縮小に直面し

      てきました。将来、競争激化により、この傾向は継続すると考えています。価格下落圧力は、技術変化や一部の競合
      企業が市場シェア拡大のため短期的なマージン縮小を容認する等の多数の要因によって生じてきました。競合企業
      は、提供するサービス全体のコストを圧縮するためサービスの一括化を図る可能性がありますが、これにより当社グ
      ループのサービスにさらなる価格下落圧力がかかり、新規顧客獲得能力を損なうおそれがあります。当社グループの
      属する業界において価格            下落  圧力が発生した場合、当社グループの収益性に悪影響を及ぼし、低価格の競合企業に比
      べて市場シェアを失うおそれがあります。
       これら及び当社グループの属する業界に影響のあるその他の競争要因により、当社グループの事業及び経営成績は

      悪影響を受ける可能性があります。
      (2)中期経営計画等に関するリスク

       当社グループは2018年3月に「2018年度–2020年度                         中期経営計画」を公表しており、①高い成長が見込まれる分野や
      エリアでのサービス展開に経営資源を集中させることや、②自社保有網の活用により売上成長に対して原価固定費率を
      抑制すること等を通じた成長戦略を掲げています。しかしながら、当社グループがかかる目標を達成することができる
      か否かは、本「第2          事業の状況      2  事業等のリスク」に記載された事項を含む多くのリスクや課題の影響を受けま
      す。
      中期経営計画を策定する中で、当社グループは、新規契約獲得数、販売単価の推移、コスト変動等、様々な前提を置い
      ております。このような前提は必ずしも正しいという保証はなく、当社グループは前提が誤っていたことによる影響に
      対応して成長戦略又は事業運営を適時に変更することができない可能性があります。
       また、当社は、中期経営計画期間中又は同期間後に、前記「1                               経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                    (3)経営

      戦略   (経営戦略)③その他」に記載のとおり、様々な施策を通じて、更なる成長余地を模索してまいります。しかし
      ながら、これらについて、現時点で具体的な事業計画はないものもあり、当社が将来的にこれらの施策を通じて成功を
      収める保証はありません。
      (3)設備投資等に関するリスク

       当社グループの事業は、ネットワークインフラを維持し、事業活動を拡大するため、多額の流動性及び資本需要があ
      ります。当社グループは、主としてネットワークの維持並びにエリア及び能力の拡大に関連した設備投資に、2017年3
      月期は有形固定資産の取得による支出7,982百万円、無形資産の取得による支出167百万円の合計8,150百万円、2018年
      3月期は有形固定資産の取得による支出7,203百万円、無形資産の取得による支出362百万円の合計7,565百万円を支出
      しました(「第5         経理の状況      1  連結財務諸表等        (1)連結財務諸表        ⑤連結キャッシュ・フロー計算書」)。当社グ
      ループは、増大するネットワークトラヒック需要に対応するためネットワーク設備をさらに拡大し更改することによ
      り、将来の設備投資の年間合計額は増加することになると考えています。また、ネットワークトラヒックが当社グルー
      プの想定を上回るペースで増加した場合、サービスの品質を維持するため、さらなる設備投資を行うこと又は第三者に
      支払うネットワーク使用料の増額を余儀なくされる可能性があります。加えて、当社グループのバックボーンネット
      ワークの大部分は長期にわたって稼働してきたため、老朽化したネットワーク設備の修理又は代替のために想定外の設
      備投資を行う可能性があります。さらに、当社グループは、当初設備投資を将来的に回収ができない可能性がありま
      す。当社グループのマンションインターネットサービスにおいては、例えば、建物にアクセス回線及びその他のネット
      ワークインフラを設置する際の当初費用の回収には通常数年を要しますが、想定された期間内であるか否かにかかわら
      ず、かかる当初費用を回収できる保証はありません。
                                  36/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社グループは、従来、営業活動及び設備投資に係る資金調達を、当社グループの営業活動によるキャッシュ・フ

      ローの創出能力に依存してきました。当社グループは将来においてキャッシュ・フロー不足に陥り外部からの資金調達
      を必要とする可能性があり、また、想定を上回る設備投資の増加分の補填、他の事業や会社の買収、事業状況の変化や
      想定外の競争圧力への対応のための資金調達が必要となる可能性があります。しかしながら、必ずしも望ましい条件で
      の資金調達ができない可能性や、当社株主に希薄化をもたらす株式発行が行われる可能性があります。当社グループが
      十分な追加資金を調達できなかった場合、当社グループの事業を支えかつこれを成長させるために必要な設備投資を行
      うことができない可能性があり、これにより当社グループの競争力に重大な影響が生じるおそれがあります。また当社
      グループは、将来の支出計画又は現在の営業活動の一部を遅延又は放棄しなければならない可能性もあります。
      (4)既存顧客の維持又は新規顧客の獲得に関するリスク

       当社グループは新規顧客の獲得に加え、既存顧客を維持し、追加サービスの購入や、利用度及びARPU(注)増加を促
      さなければなりません。当社グループの売上高の大部分は既存顧客から発生するリカーリング型の月次請求売上である
      ことから、当社グループの事業及び財務成績にとって顧客の維持及び対応する顧客の定着率は特に重要です。当社グ
      ループのサービスが高品質・高付加価値なソリューションを提供するものであると認識されない場合、当社グループは
      既存顧客維持や新規顧客獲得ができない可能性があります。当社グループの顧客は、当初契約期間の終了後にサービス
      契約更新の義務はなく、これらの契約が同価格又はサービス水準では更新されない、又は契約が継続されない可能性が
      あります。当社グループは、インフラサービス提供のために先行して費用を支出しているため、顧客が当社グループと
      の契約を解約し若しくは更新しない場合、又はより不利な条件で契約を更新した場合、追加インフラの稼働に関連する
      当初費用を回収することができない可能性があります。
        (注)1契約あたり月間売上高(Average                    Revenue    Per  User)
       当社グループの顧客の更新率は、以下を含む多くの要因により、減少又は変動する可能性があります。

       ・当社グループによるサービスへの満足度
       ・顧客が必要とする機能を当社グループが適時に提供できるか否か
       ・競合他社と比較した当社グループによるサービスの価格競争力
       ・顧客が当社グループによるサービスを使用せずにニーズを満たすことを可能とする競合サービス又は技術の進歩
       ・顧客が当社グループによるサービスより優れた又は費用対効果の高い内部ソリューションの開発を選択すること
       ・顧客の支出水準の低下又は顧客の市場における経済的衰退
       顧客が当社グループとの契約を解約し若しくは更新しない場合、又はより不利な条件で契約を更新した場合には、当

      社グループの収益が減少し、事業に悪影響が及ぶ可能性があります。
      (5)技術革新に関するリスク

       情報通信産業は、これまで重要な技術変化(5Gの将来的導入等の高度ワイヤレスサービスの開発、クラウドサービ
      ス、人口知能、ビッグデータ及びIoTの拡大並びに現在進行中のIPv4からIPv6への移行等を含みます。)による影響を
      受けており、今後もその影響を受け続けます。ワイヤレスデータ技術が継続的に改善したことにより、ワイヤレスキャ
      リアは当社グループと競合可能な商品及びサービスを提供できるようになりました。当社グループは、この傾向は継続
      すると考えておりますが、技術が進化することにより、こうしたキャリアが、より大量のデータをより高速にかつ少な
      い待機時間で伝送できるようになり、当社グループが提供する光ファイバーネットワークの競争上の優位性は減少する
      ことになると予想しております。さらに、こうした技術変化の多くは、顧客が当社グループのネットワークの利用を減
      少し若しくは回避することを可能とし、当社グループのサービスを代替し若しくは当社グループのサービスに対する需
      要を減少させ又は競合商品若しくはサービスの開発を可能にする可能性があります。また急速な技術の変化は、当社グ
      ループの事業に競争圧力をかけ、新たな競合企業が市場に参入することを可能にしてきました。
       当社グループは、技術や業界基準の変化、新たな技術を使用したサービスの導入を正確に予測できない又はこれに対

      応できない可能性があります。こうした変化等により、当社グループのサービスは、その一部又は全部について、魅力
      が低減し陳腐化するおそれがあります。その場合には、当社グループの市場シェア及び収益に低下圧力がかかることに
      なります。またこうした変化等により、当社グループは、現在の想定を超える水準で資本その他の資源を投じ、他社が
      より効率的に提供しうる商品若しくはサービスを先行して開発若しくは提供し、又は当社グループの経営計画、企業戦
      略又は資本配分計画にその他の変更を行わざるを得ない可能性があり、これにより当社グループの経営及び収益性に悪
      影響が生じるおそれがあります。さらに当社グループは、旧式かつ不採算の技術やサービスを随時、段階的に廃止する
      ことが必要となる可能性があり、かつこれを高い費用対効果で又は適時に行うことができない可能性があります。結果
      として、当社グループが技術の変化に効果的に対応することができなければ、当社グループの競争力及び財務状況に悪
      影響が生じるおそれがあります。
      (6)消費者ニーズに関するリスク

                                  37/199

                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社グループは、市場の変化に応え、既存顧客のニーズに対応し、新規顧客の獲得に向けて競争し、かつ市場の新た
      な分野に当社グループの事業を拡大するため、新サービスを継続的に開発し、検証・評価を行い、導入しています。当
      社 グループが適時かつ効率的に新たなサービスを導入できるかどうかは、必要とされる資本、重要な技術スタッフ及び
      その他の人員の確保能力、法規制、知的財産上の制限、検証・評価の遅延、技術上の限界等、多数の要因による制約を
      受けるおそれがあります。さらに、新サービスは、既存及び潜在的な顧客から広く受け入れられない可能性がありま
      す。その場合には、かかるサービスの提供が終了し、サービスの開発若しくは提供に使用した資産若しくは技術を損な
      うおそれがあり、又はかかるサービスに関する開発費用がこれに対応する売上高の増加を上回り、当社の収益性に悪影
      響を及ぼすおそれがあります。この結果として、当社グループの事業は重大な悪影響を受けるおそれがあります。
      (7)第三者パートナーに関するリスク

       当社グループは、社内の営業及びマーケティングスタッフに加えて、重要な顧客及び販売チャネルとして、再販業
      者、販売仲介業者、システムインテグレーター、不動産デベロッパー及びその他のパートナーに依存しています。特
      に、以下の事業において第三者のパートナーに依存しています。
       ・ネットワークサービスに関し、重要な販売チャネルとして、多数のシステムインテグレーター、ネットワークイン

        テグレーター及びその他の再販業者に依存しています。
       ・インターネットサービスに関し、インターネット接続サービスの主たる再販チャネルである株式会社USEN及び同社
        グループに依存しています。また、IP電話サービスについて当社グループの主たる再販チャネルである株式会社
        フォーバルテレコムにも依存しています。
       ・マンションインターネットサービスに関し、とりわけ物件の開発段階におけるマンション管理組合への紹介にあた
        り、当社の子会社である株式会社つなぐネットコミュニケーションズの株主である三菱地所株式会社及び東京建物
        株式会社等の大手不動産デベロッパーに依存しています。さらに、賃貸マンション管理会社との関係性にも依存し
        ています。
       当社グループは、これらの重要顧客及び第三者パートナーとの関係を維持及び強化するため相当の資源を充てていま

      す。しかしながらこれらの関係は一般に排他的なものではなく、関係を継続し、さらなる成長を支え続けられる保証は
      ありません。当社グループが既存の関係を失った場合、代わりの顧客又は第三者パートナーを確保できない可能性があ
      ります。当社グループの重要顧客及び第三者パートナーが、当社グループの競合企業からの仕入を増やし、当社グルー
      プの競合企業と提携することを決定し、又は当社グループに価格を引き下げ若しくは手数料を引き上げるよう圧力をか
      けてきた場合、当社グループの売上高及び収益性に悪影響が生じるおそれがあります。さらに、当社グループは、多く
      の商品及びサービスについて販売・マーケティングチャネルとしての重要顧客及び第三者パートナーに依存しており、
      それらの者が財務的その他の困難に陥った場合、商品及びサービスの販売は重大な影響を受ける可能性があります。こ
      うした要因により、当社グループの経営成績が悪影響を受ける、又は当社グループの評判及びブランドイメージが損な
      われる可能性があります。
      (8)ネットワーク障害等に関するリスク

       当社グループの事業は、特に、一部の専用線サービスのように一定レベルのサービスを保証している場合には、サー
      ビスの中断又は品質低下を最小限にとどめて信頼できる高品質サービスの提供が可能か否かに依存しています。理由の
      いかんにかかわらずサービスの中断又は性能上の問題が生じた場合、当社グループのサービスに対する信用が損なわ
      れ、顧客を失い又は新規顧客の獲得が困難になるおそれがあります。さらに当社グループの多くのサービスは顧客の事
      業において極めて重要なものであるため、大規模なサービスの中断又は品質低下は、顧客に減収その他の損失をもたら
      すおそれがあります。当社グループのネットワークの複雑性を考えると、データの喪失や破損が生じる可能性、又は検
      証・評価を行ったにもかかわらず適時に発見することができなかった未検知の設計不良及びソフトウェアエラーが発生
      する可能性があります。ネットワークに係る機器又は設備の故障は、必要な修理若しくは更改を行い又は代替機器を設
      置するまで顧客サービスの中断を招くおそれがあり、当社グループは顧客への賠償責任を問われ又は高額な費用を要す
      る変更を求められ、その結果、当社グループの事業に重大な悪影響を生じさせうるおそれがあります。
                                  38/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (9)自然災害等に関するリスク

       当社グループのネットワークは、インターネットトラヒックが大量に通過する一定の地域(当社グループが他のキャ
      リアとトラヒックを交換する設備、エリア横断トラヒックが通過する設備及びネットワークハブサイトとして機能する
      データセンターを含みます。)に依存しています。その結果、当社グループのネットワークは、当社グループの重要な
      設備に被害をもたらすおそれのある自然災害及びその他の災害事象による悪影響をより受けることになります。具体的
      には、当社グループの大量のネットワークトラヒックが集中する東京、大阪、名古屋及び福岡エリアにおいて当社グ
      ループの主要なネットワークインフラが被害を受けた場合、多数のユーザーに対するサービスが悪影響を受けるおそれ
      があります。さらに、当社グループの支配の及ばないその他の事由(意図的なサボタージュ行為又は人為的・機器的エ
      ラーによる火災及び爆発等の工業災害等。)により被害を受け、営業が停止し又はその他当社グループの一部の設備に
      悪影響が生じ、さらに当社グループの従業員の被害を招くおそれがあります。
       大規模な自然災害その他の管理不能の事象又は事故が発生した場合、当社グループの重要な設備は破壊され深刻な被

      害を受けるおそれがあり、ネットワークトラヒックの大規模な中断その他の事業上の支障が発生する可能性がありま
      す。サービス回復には相当の時間及び資源が必要となる可能性があり、またネットワークを回復することができたとし
      ても他のキャリアのネットワークが長期にわたりサービスを大幅に縮小するおそれがあります。こうした中断が発生す
      ると当社グループの評判が悪化し、顧客を失い新規顧客を呼び込む能力が低下する可能性があり、当社グループの事業
      及び経営成績に悪影響が生じることになります。また損傷を受けたネットワークインフラの修理又は顧客による損害賠
      償請求に関するもの等、相当の費用を負担しなければならない可能性があり、被害を受けた地域の顧客について料金の
      請求放棄又は割引を行うことにより収益の損失が発生する可能性があります。
       当社グループは、大規模災害に備えて災害時の回復計画を積極的に策定しています。しかしながら、災害時の回復手

      続及び保険内容は生じうるすべての損失及び費用を補填するために十分ではない可能性があります。結果として、災害
      が当社グループの事業及び経営成績に重大な悪影響を及ぼすおそれがあります。
      (10)ネットワークセキュリティに関するリスク

       当社グループの事業活動にとって、ネットワーク及び情報システム並びにその他の技術は極めて重要です。セキュリ
      ティ侵害及びその他の悪意ある行動(サイバー攻撃、コンピューターハッキング、コンピューターウイルス、ワーム又
      はその他の有害若しくは破壊的ソフトウェア、プロセス破損、サービス妨害による攻撃を含みます。)により、当社グ
      ループのサービスの品質低下や中断、財産・機器・データの損傷、当社グループ又は顧客の個人情報や機密情報の漏洩
      が生じるおそれがあります。当社グループは、過去にシステムへの攻撃を受けたことがあり、将来においてこうした攻
      撃を受ける可能性があります。また当社グループのセキュリティは、従業員の過失、違法行為その他によっても侵害さ
      れる可能性があり、外部の者が当社グループ又は顧客のデータ(データ保護に関する法令の対象となる情報を含みま
      す。)にアクセスするため、不正に当社グループの従業員又は顧客にセンシティブ情報を漏洩させようと企てる可能性
      もあります。さらに、当社グループは再販業者及びその他の第三者パートナーと一定の情報を共有しているため、当該
      情報は、こうした第三者のシステムを通じて不正アクセスを受ける可能性があります。当社グループは、事業を行うた
      めに必要な一定の情報をインターネットに接続したサーバー上にデジタル形式で保管して保持しているため、こうした
      システム関連事象及びセキュリティ侵害の発生リスクは、より大きなものとなっております。
       当社グループはシステム関連事象及びセキュリティ侵害の発生防止システム及びプロセスを開発・維持しています

      が、こうしたシステム及びプロセスの開発・維持には費用がかかり、また技術は変化し、セキュリティ対策を破ろうと
      する試みはより高度になっていくため、継続的なモニタリング及びアップデートが必要です。当社グループの努力にか
      かわらず、将来において不正アクセス及びセキュリティ侵害が発生しない保証はありません。さらに、システムへの不
      正アクセス、サービスの停止若しくは品質低下又はシステム妨害に使用される技術は、頻繁に変更され、かつ標的に対
      して発動されるまで認識されないことが多いため、当社グループはこうした技術を予想し又は適切な予防措置を講じる
      ことができない可能性があります。
       セキュリティ侵害又は不正アクセスは、法律上及び財務上の重大な悪影響(事業中断による減収、セキュリティ対策

      に係る支出増加、金銭的損害、規制上の強制措置、罰金又はその他の制裁を含みます。)をもたらすおそれがありま
      す。また、これに関連して当社グループの評判及び市場の認識が損なわれることにより当社グループは顧客を失うおそ
      れがあります。さらに、不正アクセス又はセキュリティ侵害による損失に備えて当社グループが保有している保険の金
      額及び範囲が、損失の補填等を適切に補償するために十分でない可能性があります。
                                  39/199



                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (11)買収その他の戦略的投資及び提携に関するリスク

       当社グループは、その成長戦略の一環として買収に携わってきており、将来において新たな買収その他の戦略的投資
      を推し進める可能性があります。例えば、2017年3月に、当社は、マンションインターネットサービス事業を強化する
      ため、マンションインターネットサービスの主要プロバイダーの一つであった株式会社つなぐネットコミュニケーショ
      ンズを連結子会社化しました。現時点において当社グループがその他の買収に関与する具体的な計画はありませんが、
      将来的に追加的な買収を検討する可能性があります。例えば、マンションインターネットサービス事業をさらに強化す
      るため、マンション向けISPの買収の検討及び評価を行う可能性があります。潜在的な成長機会の評価には、広範囲に
      わたるデューディリジェンスが伴います。しかしながら、当社グループが潜在的な成長機会について得ることができる
      情報量は限られる可能性があり、買収その他の戦略的投資が当社グループの財務実績に好影響を与え、又は計画通りに
      機能すると保証することはできません。加えて、当社グループが将来において望ましい買収機会を特定することができ
      る保証はなく、また、十分な融資が利用できないこと又は必要となる規制上の承認を得られないこと等の理由により、
      当社グループが特定した機会を活かすことができない可能性があります。
       また、当社グループは、買収先企業を経営統合する過程で、様々なリスクにさらされます。具体的には、買収先企業

      (その人員、情報技術システム、財務システム、経営及び一般的な業務手続を含みます。)と適切に統合することがで
      きない可能性、また期待される事業シナジー効果を達成できない可能性があります。買収先企業と適切に統合すること
      ができない場合、当社グループの事業、評判及び経営成績が悪影響を受ける可能性があります。同様に、当社グループ
      が買収先企業と適切に統合し、又は買収対象企業を適切に管理することができない場合、関連するのれん及び無形資産
      の将来の減損につながる可能性があります。合弁事業及びその他の事業提携についても、第三者パートナーとの関係が
      悪化する可能性、又はパートナーの事業若しくは財政状態が衰退する可能性があり、このことが合弁事業に悪影響を及
      ぼし、また当社グループの評判に直接影響する可能性があります。
      (12)人材確保に関するリスク

       当社グループの成功のために、従業員(経営陣を含みます。)を確保し、かつモチベーションを与えることは、極め
      て重要です。特に、当社グループは、全体的な事業戦略の策定及び実行について経営陣に大きく依存しています。重要
      な経営人員を失った場合、当社グループの事業に悪影響が生じ、経営に重大な混乱が生じるおそれがあります。また有
      能な後任者を適時であるか否かを問わず採用できる保証はありません。
       さらに当社グループの事業を支えるために必要なスキルとノウハウを持つ有能なエンジニア及び技術スタッフの数は

      限られています。当社グループは、業界内及び他の技術分野の幅広い企業(当社グループより規模が大きく、資源が豊
      富である、あるいは高いブランド認知度を有する企業を含みます。)と有能な技術スタッフ獲得のための激しい競争に
      直面しています。競争の激化により有能な技術スタッフを雇用しかつ確保することはより困難となっており、報酬水準
      も上昇し続けております。この結果、当社グループの人件費は増加するおそれがあり、収益性に悪影響を及ぼすおそれ
      があります。さらに当社グループがより高額の報酬及びその他の対価を提供したとしても、適切な技術スキルを持った
      者が当社グループで勤務する選択をしない可能性があります。事業の拡大に伴い、当社グループの事業を支える技術を
      有する従業員を採用及び確保できなかった場合、当社グループの事業及び戦略実行能力に悪影響が生じるおそれがあり
      ます。
      (13)借入金及び財務制限条項への抵触に関するリスク

       当社グループには、金融機関からの借入金があり、今後も資金調達戦略の一環として借入れを継続すると予想してい
      ます。当社グループの借入金は、以下のような悪影響を及ぼす可能性があります。
       ・将来の運転資本、資本的支出、事業機会その他企業として必要とするものについて資金調達するための追加的な融

        資を得ることが制限されること。
       ・借入金の返済に一定の現金が必要となるため、当社の普通株式に対する配当金の支払いが制限されること。
       ・当社グループの事業又は経済・市場の低迷に対する当社グループの脆弱性が増すこと。
       ・営業活動によるキャッシュ・フローの一部を借入金の利息及び分割払いの元本の支払いに充てることが必要とな
        り、経営、資本的支出その他の企業目的のための資金調達に利用可能なキャッシュ・フローが減少すること。
       ・借入金のうち現在デリバティブ商品を用いてヘッジしていない変動金利のものすべてについて、また既存の借入金
        を借り換えるために行う新規借入れについて、市場金利の変動による支払利息の増加にさらされること。
       ・満期が到来した借入金を営業活動によるキャッシュ・フローから返済すること又は新たな借入れを行う必要がある
        こと。
       ・当社グループの事業又は競争環境の変化に応じた計画又は対応の柔軟性が制限されること。
       ・借入れに基づく財務制限条項を遵守する必要があること。
                                  40/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       なお、当社の既存の借入れに基づく財務制限条項の主な内容は、「第2                                   事業の状況      4  経営上の重要な契約等」に
      記載しております。これらはいずれも、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性が
      あり、また、同様の影響を受けない競合他社と比べて当社グループが競争上不利な立場に置かれる可能性があります。
      (14)インターネットに関するリスク

       当社グループの将来の成功は、インターネットがコミュニケーション媒体として、またデータの販売及び消費の市場
      として発展・拡大を続けること、並びにインターネットその他のネットワークを通じたトラヒック量が増加し続けるこ
      とに一部依存しています。インターネットの使用及びネットワークトラヒックは、当社グループが予想する速度で成長
      及び拡大しない可能性があり、また以下を含む多くの要因により制限される可能性があります。
       ・ISP又はアクセス網の所有者による措置により、当社グループが当社グループの顧客のトラヒックを当該ネット

        ワークのユーザーに届けることが制限されること
       ・インターネットの利用に影響を与える将来の規制
       ・予想される技術革新及び採用がないこと
       ・顧客の嗜好又はデータ利用の変化
      (15)ブロードバンドの利用の増加に関するリスク

       動画ストリーミングサービス(特に高品位フォーマットに対応しているもの)、ゲーム、ピアツーピアのファイル共
      有アプリケーション、クラウドベースのサービス、IoTサービス及び予想される5Gテクノロジーは、ウェブブラウジン
      グ及び電子メール等の他のインターネット利用より著しく多い帯域幅を使用することが予測されます。より新しいサー
      ビスの利用が増加し続けた場合、当社グループの顧客が、より多くの帯域幅を使用する可能性が高くなります。この場
      合、当社グループは、サービスの停止、劣化又は顧客の通信速度の低下を避けるため、ネットワーク容量を増加させる
      ための多額の設備投資を行う可能性があります。あるいは、当社グループは、輻輳が発生している市場において、一定
      期間中にネットワーク容量を減少させるための管理手法を実施する可能性がありますが、これにより、対象市場におけ
      る顧客維持又は獲得に悪影響が及ぶ可能性があります。顧客は、これらのサービスへの需要により、高速化のためによ
      り多くの支払いを行う可能性があると考えておりますが、競争上又は規制上の制約により、当社グループにおいて必要
      となるネットワーク投資の費用回収が妨げられる可能性があります。このことが、当社グループの営業利益率、経営成
      績、財政状態及びキャッシュ・フローに悪影響を及ぼす可能性があります。
      (16)他の通信事業者への依存に関するリスク

       当社グループが自社のネットワークにて直接カバーしていない一定の地域においてサービスを提供するためには、又
      は当社グループのネットワークに直接接続することができない顧客に対してサービスを提供するためには、他の通信事
      業者のインフラとの相互接続が必要となります。しかしながら、このような通信事業者は、通常、当該市場において当
      社グループと競合しています。例えば、当社グループは、東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社との間
      で相互接続協定を締結しておりますが、これらの企業は共に日本で最大の光ファイバーネットワークを運営していま
      す。当社グループが相互接続協定に依拠していることにより、サービスの品質管理が制限され、また、通信事業者の計
      画又は特性の変更によって、サービス販売に悪影響を受ける可能性があります。また、他の通信事業者は、将来これら
      の協定を当社グループに有利な条件で継続又は更新しない可能性があります。他の通信事業者が競合他社であり、協定
      の終了から利益を得る可能性がある場合、この可能性はより高まります。当社グループがこれらの協定を維持できず、
      適時に代替することができない場合、当社グループの事業が、重大な悪影響を受ける可能性があります。また、他の通
      信事業者が、ネットワーク接続料を増額した場合やその他取り決めを当社グループにとって不利な条件に変更した場
      合、当社グループが提供するサービスに関する費用が大幅に増加し、その結果、当社グループの事業及び経営成績に悪
      影響を及ぼす可能性があります。
      (17)経済情勢に関するリスク

       当社グループの事業は、ネットワーク及びインターネットサービスに対する企業の支出、並びに日本の主要な大都市
      圏における新規のマンション及びアパートの開発に依存しています。特に、当社グループの顧客は首都圏に集中してい
      ます。結果として、首都圏又は日本全体に影響を与える好ましくない一般的な経済状況(企業による設備投資の削減並
      びに不動産及び金融市場の不安定化を含みます。)は、当社グループのサービスへの需要に悪影響を及ぼす可能性があ
      ります。また、経済状況、実勢金利の水準及び金融市場、雇用及び賃金の水準、並びに人口動向における悪化は、住宅
      用不動産開発に悪影響を及ぼす可能性があり、これがさらにマンション向けサービスへの需要を低下させ、当社グルー
      プのマンションインターネットサービス事業に悪影響を及ぼす可能性があります。特に、新規開発マンション市場の見
      通しは相対的に停滞しており、この傾向は不況において著しく悪化する可能性があります。さらに、当社グループの顧
      客は、財政的苦境に直面する可能性又は融資の十分な機会を得ることができない可能性があり、これにより当社グルー
      プに対して期限通りの支払いを行う能力が悪影響を受ける可能性があります。結果として、経済状況の悪化は、当社グ
      ループの事業、財政状態及び経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  41/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (18)主要なサプライヤーへの依存に関するリスク
       当社グループの事業は、光ファイバー、サーバー、通信機器及び関連部品の第三者サプライヤー、並びに当社グルー
      プのネットワークを構成するネットワークコロケーション設備及び線路敷設権の提供事業者に依存しており、その一部
      は事業運営に不可欠なものです。これらの重要な関係のいずれかが終了した場合、サプライヤーが経済状況を理由とし
      て事業から撤退し若しくは事業を縮小した場合、サプライヤーが重大な使用権、サービス又は設備の提供を怠った場
      合、又はサプライヤーが法律上の制約(特許侵害等)によりサービス提供の中止を余儀なくされた場合において、当社
      グループが速やかに代替となる適切な契約を締結することができない場合には、多額の追加費用を被る可能性があり、
      又は顧客に対して一定のサービスを提供することができなくなる可能性があります。
      (19)減損会計の適用に関するリスク

       当社グループは、2018年9月30日現在、有形固定資産(主に当社グループの光ファイバーネットワークに関連する資
      産が含まれます。)として29,960百万円、のれんとして12,646百万円及び無形資産として16,587百万円を計上していま
      す。当社グループは、有形固定資産、のれん及び無形資産、並びに棚卸資産及び繰延税金資産を除くその他の非金融資
      産について、減損の兆候が存在する場合には減損テストを実施しており、のれん及び耐用年数を確定できないブランド
      については、少なくとも年1回、毎年1月1日時点で実施しています。減損は、とりわけ、性能の悪化、厳しい市場環
      境、適用法令における不利な変更(当社グループの活動を制限し又は当社グループが提供する商品及びサービスに影響
      を与える変更を含みます。)、一定の登録済み知的財産権の有効性に対する異議申立て、グループ資産の処分及びその
      他の多様な要因により生じる可能性があります。影響の大きいのれんを含む資金生成単位の回収可能価額は、2018年1
      月1日時点で実施した減損テストによると割引前将来キャッシュ・フローの見積額が53.7%程度毀損した場合、あるい
      は割引率が7.0%上昇するような状況が生じた場合において、回収可能価額が大幅に減少することで、のれんを含む資
      金生成単位の帳簿価額がその回収可能価額を上回り、当社グループは当該資産について減損損失を計上する可能性があ
      ります。以上により、有形固定資産、のれん及び無形資産の減損の決定は、当社グループの経営成績に重大な悪影響を
      及ぼす可能性があります。
      (20)ブランドに関するリスク

       当社グループは、「ARTERIA光」、「UCOM光」及び「e-mansion」ブランドを含む多くのブランドを事業に使用してい
      ます。当社グループは、ブランドを維持し強化することが事業や成長戦略の実施にとって不可欠であると考えておりま
      す。当社グループのブランドを維持及び強化するには、ブランドを潜在的な顧客に紹介するよう努めつつ、マーケティ
      ング及び広告への投資を行い続けること、また当社グループの商品及びサービスの品質及び信頼性の維持に投資するこ
      とが必要となります。新たな商品、サービスその他の事業が当社グループのブランドを維持又は強化することができな
      い場合、又は当社グループが商品及びサービスの品質を高い水準で維持することができない場合、当社グループのブラ
      ンドイメージが損なわれる可能性があります。当社グループのブランドの強みは、法令の不遵守、従業員による違法行
      為、サービスの停止その他のエラー、当社グループの雇用慣行に従業員が従わないこと、又は当社グループ若しくは当
      社グループの商品に関するその他の悪評による影響も受ける可能性があります。当社グループの評判は、第三者再販業
      者又はその他のパートナー若しくはサプライヤー、及び現在は主要株主の一社であり、上場後は筆頭株主及び親会社と
      なる予定である丸紅株式会社が関わる不祥事によっても影響を受ける可能性があります。当社グループのブランドの強
      力な認知度及び市場の認識を維持することができなかった場合、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響が及ぶ
      可能性があります。
      (21)知的財産権の保護に関するリスク

       当社グループは、その所有する商号、商標その他の知的財産を保護することが当社グループの成功に不可欠であると
      考えております。しかしながら、当社グループの知的財産の不正使用を取り締まることは困難であり、費用がかかりま
      す。当社グループは、知的財産の不正目的使用を防止するための措置(既存商標の日本における登録を含みます。)を
      講じておりますが、かかる保護措置は、その不正使用を防止するために十分ではない可能性があります。当社グループ
      の事業において使用されている知的財産権(当社グループに対してライセンスが付与されているか当社グループが所有
      するかを問いません。)の不正目的使用は、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能
      性があります。将来において、当社グループは、知的財産権を行使するために訴訟手続によることが必要となる可能性
      がありますが、これにより多額の費用が発生し、経営陣の資源が事業の経営及び成長から逸れることとなる可能性があ
      ります。
       当社グループの知的財産を保護する手段が適切であるという保証、又は競合他社が類似の技術若しくはアプリケー

      ションを独自に開発しないという保証はありません。さらに、当社グループが知的財産権を行使しようとした場合、そ
      の有効性及び権利行使可能性を否定する主張を受ける可能性があります。これらの知的財産を保護する手段は、当社グ
      ループの知的財産を保護するために不十分である可能性があります。当社グループが権利を行使することができない場
      合、又は不正使用を検知し若しくは不正使用に対して防御しない場合には、当社グループは知的財産権を保護すること
      ができないこととなります。
                                  42/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (22)知的財産権侵害に関するリスク
       当社グループが属する業界の会社は、多数の特許、著作権、商標及び企業秘密を所有しており、知的財産権その他の
      権利の侵害、不正目的使用その他の違反に対する訴訟を頻繁に提起しています。当社グループは随時、現在は競合して
      いない分野におけるものを含め、新サービスを導入することもありますが、このことにより、競合他社や特許不実施主
      体からの特許その他の知的財産権に関する請求にさらされる可能性があります。当社グループの成功は、第三者の知的
      財産権を侵害することなく当社グループの事業を行うことができることに一部依存しています。しかしながら、当社グ
      ループのサービスの機能及びコンテンツは成長を続けているため、第三者の特許、著作権若しくは商標の侵害、又はそ
      の他の知的財産権の違反の請求が関わる訴訟の対象となる可能性は増しています。当社グループに対する既存の又は将
      来の請求(認容されるか否かを問いません。)は、防御に時間がかかり、経営陣の注意を逸らし、費用がかかる可能性
      があります。知的財産権に関する訴訟又は請求はまた、侵害されたと主張される知的財産権が組み込まれた商品若しく
      はサービスの運用若しくは使用を中止すること、又は侵害された知的財産権の保有者からライセンスを取得することを
      当社グループに強いる可能性がありますが、商業的に有利な条件によって又はまったく取得できない可能性がありま
      す。また、当社グループは対象サービスの再設計を余儀なくされる可能性があり、これにより追加費用が発生し、また
      導入の遅延及び対象サービスの商業上の魅力の低下につながる可能性があります。
      ( 23)法的規制等について

       ①  電気通信事業法に基づく規制について
         当社グループは、「電気通信事業法」による電気通信事業者として、総務省へ届出及び登録を行っております。
        またそれに基づき規制を受け、それら事項を遵守しております。
        取    得    年    月  2004年4月
        許  認  可  等  の  名  称  電気通信事業者登録全部認定
        所   管   官   庁   等  総務省
        許  認  可  等  の  内  容  電気通信事業法第9条の規定に基づく電気通信事業の登録
                      -
        有    効    期    限
        法令違反の要件             法令違反の要件:電気通信事業法第14条
        及び主な許認可取消事由
                      取消事由:通信事業者としての欠格要件に該当
         現在のところこれらの法律による規制の強化等が行われるという認識はありませんが、この規制が変更され、又
        は新たな法令が適用されることにより事業に対する制約が強化された場合、事業活動が制限され、又はコストの増
        加につながる可能性があります。現在のところ、上記登録又は認定の取消し等の懸念は生じておりませんが、それ
        らの事象が生じた場合、当社グループの主要な事業活動に支障をきたすとともに、経営成績及び財政状態に影響を
        及ぼす可能性があります。
       ②  個人情報保護

         当社グループは、法人向けサービスから集合住宅向けサービスまで幅広くサービスを提供しているため、多く
        の顧客情報を蓄積しております。このため当社グループには、「個人情報の保護に関する法律」に定められた個
        人情報取扱事業者としての義務が課されております。当社では、情報セキュリティマネジメントシステム
        (ISMS)の国際標準規格である「ISO/IEC27001:2013」、並びに国内規格である「JIS                                        Q27001:2014」の認証を取
        得し、個人情報の保護に関してもISMSに準じた情報管理体制を構築・運用しており、加えて、プライバシーマー
        クの認証を取得し、従業員への教育等、個人情報漏洩防止の施策の強化に努めております。上記対策にもかかわ
        らず、当社が保有する個人情報が社外に漏洩した場合には、社会的信用の失墜や損害賠償金の支払等によって、
        経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         その他、当社グループは、雇用、労働条件、消費者保護、環境及びリサイクル、独占禁止並びに貿易に関する

        ものを含め、他の法令及び規制の適用も受けています。これらの規制が強化された場合や当社グループにおいて
        規制を遵守できなかった場合、当社グループの活動が制限され、コストの増加につながる可能性があります。
                                  43/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (24)訴訟に関するリスク

       当社グループは、通常の営業過程において、顧客、サプライヤー及び従業員を含む第三者からの訴訟のリスクにさ
      らされています。訴訟は本質的に予測不能であり、法的手続の結果及びその他の不測事態により、当社グループがそ
      の事業に悪影響を及ぼす措置を取ることを余儀なくされる可能性があります。また、不利な判決又は裁判外の和解の
      場合には、当社グループの財政状態及び経営成績が悪影響を受ける可能性があります。
      (25)丸紅株式会社との関係

       当社は、丸紅株式会社から出資を受け入れており、本書提出日現在、丸紅株式会社は当社発行済株式総数の50.0%
      を保有しており、当社は丸紅株式会社及びRed                      Anchor    Investments      Limitedの共同支配下にあります。当社は、当連
      結会計年度末日現在において、丸紅株式会社の持分法適用会社となっておりますが、丸紅株式会社によれば、当社株
      式の東京証券取引所の上場日をもって丸紅株式会社の当社に対する実質的な支配が存在すると考えられるため、当社
      は連結子会社となる予定とのことです。また、丸紅株式会社は、当社の総議決権の過半数を取得するため、東京証券
      取引所の上場後に当社株式1単元を株式市場において購入する予定とのことです。丸紅株式会社はその後も当社株式
      を安定保有する意向を有しておりますが、将来において、何らかの要因により丸紅株式会社が経営方針や営業戦略
      (当社株式の保有方針も含む)を変更した場合、当社株式の流動性及び株価形成等に影響を及ぼす可能性がありま
      す。また、丸紅株式会社が相当数の当社株式を保有することにより、当社の役員の選解任、他社との合併等の組織再
      編、減資、定款の変更等の当社の株主総会決議の結果に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、当社と丸紅株式会社との人的関係及び取引関係については以下のとおりです。

       ①  丸紅株式会社との人的関係について

        本書提出日現在、当社の社外取締役である株本幸二、及川健一郎及び監査役である柴崎秀紀の3名は、丸紅株式会
       社に所属しております。これは、同社における経験に基づいた経営的視点、知見を得ることを目的としております。
       なお、当社の経営方針及び事業展開について、丸紅株式会社の事前承認を要するものはなく、独自の意思決定によっ
       て進めております。         また、当社グループにおける丸紅株式会社からの出向者は4名です                               が、当該4名については、将
       来的には転籍若しくは出向解除による出向元への帰任を基本方針としております。
       ②  丸紅株式会社との取引関係

        当連結会計年度における当社グループと丸紅グループとの主な取引は、以下のとおりです。
                                             (単位:百万円)
                 取引先                   取引内容            取引金額
         丸紅OKIネットソリューションズ株式会社                     専用線サービス売上                      701

         丸紅新電力株式会社                     データセンターサービス電力料支払                      558

         丸紅情報システムズ株式会社                     伝送装置購入                      515
         株式会社イーツ                     データセンターサービス売上                      268

         丸紅ITソリューションズ株式会社                     データセンターサービス原価                      220

        上記取引は、いずれも取引条件については市場の実勢価格を勘案して、取締役会で決定の上行われております。上

       記含め丸紅グループとの取引については、取引条件の適正性を確保するため、取締役会の承認を得ております。ま
       た、当社と丸紅グループ全体との間での取引高の割合は、売上、仕入ともに1割に満たない程度であります。但し、
       今後潜在的な事業機会を捉える中で、丸紅グループのネットワークを通じた顧客及びパートナー企業にアクセスする
       ことや、丸紅グループとの協業を進める中で、丸紅グループに対する事業上の依存度が増して、結果として丸紅株式
       会社が当社に与える影響力が高まる可能性があります。
                                  44/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績の状況の概要及び経営者の視点による分析・検討内容
        第3期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
         当連結会計年度における日本経済は、企業収益や雇用環境の改善、企業の設備投資の持ち直し等があり、緩や
        かな回復基調にあります。今後の先行きにつきましては、引き続きの緩やかな回復基調が継続することが期待され
        ますが、米国政権の動向、英国のEU離脱、北朝鮮をはじめとするアジア情勢の不透明感等、国内景気に影響を及ぼ
        す懸念事項も存在します。
         当社グループが係わる情報通信関連市場においては、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT、動画視聴、クラウ
        ドサービス等の普及を通じて、社会における人々の生活の利便性や各産業における生産性に大きな変化が起きてお
        り、データトラヒックの増大を背景とした継続的な市場拡大が見込まれています。また、高度化・複雑化するサイ
        バー攻撃に対するセキュリティの強化、安心して暮らせる社会システムの運営など、社会における情報通信事業の
        役割は、より一層重要となってきております。
         このような事業環境の中、当連結会計年度に、当社グループは新たな経営理念として「創業以来のフロンティ

        ア精神を研ぎ澄まし、変化し続ける顧客ビジネスの課題解決に取り組む」、「独自のネットワークアセットと顧客
        志向性で差別化し、野心的で柔軟に発想、迅速で緻密に行動する」、「情報通信プラットフォームの創造を通じ顧
        客の成長と世の中の進歩に貢献し、社員ひとりひとりの夢を実現する」を掲げました。本経営理念に則り、新時代
        の主役インフラである情報通信の担い手として社会の進化に貢献すべく、主要都市部に自社敷設した光ファイバー
        網を活用し、法人のお客様向けにインターネットサービス、ネットワークサービス、マンションインターネット
        サービスの提供を拡大してまいります。
         当連結会計年度は、インターネットサービスにおいて、より広帯域接続を可能とする新サービスである

        「ARTERIA光」の提供を本格化しました。増加するお客様のトラヒック需要にスピーディーに対応すべく、新サー
        ビスの販売促進及び提供エリアの拡大を進めております。
         ネットワークサービスにおいては、高まるセキュリティ需要に対応するため、イーサネット専用線やクローズ
        ドVPNを主力商品として販売強化を図ってまいりました。高品質且つコストパフォーマンスの高いサービスを迅
        速・柔軟に提供することに努め、2017年9月には                       日経コンピュータ         2017年9月14日号         顧客満足度調査        2017-2018
        ネットワークサービス「有線型」部門で、第1位を獲得するなど、お客様からも高い評価を頂くことができまし
        た。
         マンションインターネットサービスにおいては、2017年3月に連結子会社化した株式会社つなぐネットコミュ
        ニケーションズとのグループ一体経営が進み、全戸一括型マンションインターネット接続サービス市場でのNo.1
        (全体の27.2%)(注)           の地位を確固たるものと致しました。マンション向け周辺サービス商品のクロスセル等、
        統合後のシナジー創出も順調に推進しております。加えて、当連結会計年度には新たに賃貸マンション向けのイン
        ターネットサービス「UCOM光レジデンス                   シンプルタイプ」の提供を開始し、新たな市場への参画を進めました。
         また、当社はサービス提供の基盤となる光ファイバー網を全国主要都市部に自社保有しており、当該ネット
        ワークの活用により原価固定費の抑制を行っております。加えて、事業規模拡大に伴うスケールメリットを活かし
        た仕入コストの削減等を進めてまいりました。
         (注)出典:MM総研「全戸一括型マンションISPシェア調査(2018年3月末)」

         以上の結果、当連結会計年度の経営成績は以下のとおりとなりました。

         ①  売上高

           当連結会計年度の売上高については、前連結会計年度に大口一時金売上があったことの反動をうけたもの
          の、「ARTERIA光」を中心とする光インターネット接続サービス、「ダイナイーサ」を中心とする専用線サー
          ビス、VPN接続サービス、IP電話サービス等のリカーリング売上高は堅調に推移致しました。また、大口入札
          案件の受注によりその他売上が増加致しました。加えて、2017年3月に連結子会社化した株式会社つなぐネッ
          トコミュニケーションズの売上がマンションインターネットサービスにおいて通年寄与したことにより大幅に
          売上が拡大しました。以上の結果、売上高は、前連結会計年度に比べ15.0%増の47,587百万円となりました。
          なお、前連結会計年度について、株式会社つなぐネットコミュニケーションズの売上高と当社グループの売上
          高を合算した場合の売上高(合算売上高)は46,102百万円となり、当連結会計年度の売上高は、前連結会計年
          度の合算売上高に比べて3.2%増(注)となります。
           (注)当社グループの前連結会計年度売上高(国際会計基準(IFRS))及び株式会社つなぐネットコミュニ

              ケーションズの2017年3月期の売上高(日本基準の数値を国際会計基準(IFRS)の数値に修正)の単純
              合算値(内部取引消去前)と、当社グループの当連結会計年度の売上高(国際会計基準(IFRS))を基
                                  45/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              に算定したものです。株式会社つなぐネットコミュニケーションズの2017年3月期の売上高は、当社
              が2017年3月に同社を連結子会社化する前の期間における会社法に基づく同社の日本基準に基づく経
              営 成績を示すものです。当社の現在の経営陣は、2017年3月の連結子会社化前における、株式会社つ
              なぐネットコミュニケーションズの財務諸表の作成又は同社の経営を監督しておらず、またこれに関
              与しておりません。
         ②  売上原価

           当連結会計年度の売上原価は、主に通信費10,916百万円、減価償却費及び償却費5,523百万円及び人件費
          1,926百万円があり、前連結会計年度の29,236百万円から10.8%増加の32,391百万円になりました。これは、
          株式会社つなぐネットコミュニケーションズを連結子会社化したことによる影響、大型公共入札案件に係る機
          器再販仕入原価の増加、及びトランジット・アクセスチャージ等の当社側ではコントロールできない通信費の
          増加があったことによるものです。
         ③  売上総利益

           当連結会計年度の売上総利益は、前述の増収の影響により、15,196百万円となりました。
           当連結   会計  年度の売上総利益率は、前連結会計年度の29.3%から2.6%改善し、31.9%となりました。当社
          はサービス提供のために自社網等の設備を保有しておりますが、当連結会計年度では当該設備の減価償却費減
          少により、売上総利益率が改善致しました。今後はこれに加えて、更なる業務効率化やより安価な回線への切
          替、調達回線の帯域単価の低減により、売上総利益率の改善を行ってまいります。
         ④  販売費及び一般管理費

           当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、主に人件費3,470百万円、減価償却費及び償却費1,138百万円が
          あり、前連結会計年度の5,735百万円から27.9%増加の7,337百万円となりました。これは、株式会社つなぐ
          ネットコミュニケーションズを連結子会社化したことによる影響によるものです。
         ⑤  その他の収益及び費用

           当連結会計年度のその他の収益は、主として工事負担収益52百万円、支障移転工事返戻金12百万円があり、
          113百万円となりました。            その他の費用は、主に上場関連費用248百万円、組織再編費用76百万円がありました
          が、前連結会計年度の573百万円からは150百万円減少し422百万円となりました。
         ⑥  営業利益・調整後営業利益

           以上により、当連結会計年度の営業利益は、前連結会計年度の                             5,926百万円から1,622百万円(27.4%)増加
          の7,549百万円となりました。また、当連結会計年度の調整後営業利益は、前連結会計年度の5,926百万円から
          1,808百万円(30.5%)増加の7,735百万円となりました。                           今後も更なる営業利益拡大に向け、効果的なコスト
          マネジメントを行ってまいります。
         ⑦  税引前利益

           当連結会計年度の税引前利益は、金融費用436百万円があり、                            前連結会計年度の5,503百万円から1,643百万
          円(  29.9%)    増加の   7,146百万円となりました。
         ⑧  親会社の所有者に帰属する当期利益

           法人所得税費用2,234百万円があり当期利益は4,912百万円、親会社の所有者に帰属する当期利益は、前連結
          会計年度に比べ467百万円増の4,610百万円となりました。
         第4期第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

           当第2四半期連結累計期間における日本経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、緩やかな回復基調に
          あります。今後先行きについては、通商問題、海外経済の不確実性、金融資本市場の変動、相次ぐ自然災害
          等、国内景気に影響を及ぼす懸念事項も存在します。
           当社グループが係わる情報通信関連市場においては、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT、動画視聴、クラ

          ウドサービス等の普及を通じて、社会における人々の生活の利便性や各産業における生産性において大きな変
          化が起きており、データトラヒックの増大を背景とした市場拡大が見込まれています。また、高度化・複雑化
          するサイバー攻撃に対するセキュリティの強化、安心して暮らせる社会システムの運営など、社会における情
          報通信事業の役割は、より一層重要となっております。
                                  46/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           このような事業環境の中、当社グループは、2018年3月に公表した中期経営計画に基づき、インターネット
          サービス、ネットワークサービス、及びマンションインターネットサービスの各領域において、当社の強みを
          活かすことが可能で、高い成長が見込まれる分野やエリアでのサービス展開に経営資源を集中させ、サービス
          を 拡大してまいりました。
           インターネットサービスにおいては、セキュリティサービス拡充の一環として、サイバー空間に漏洩したア

          カウント情報の被害状況を調査する「漏洩アカウント被害調査」サービスの提供を開始致しました。昨今、ソ
          フトウェアやサービスなどを利用する際にオンラインでアカウントの登録を求められることは珍しくなく、サ
          イバー攻撃(ハッキング)により膨大な件数のアカウント情報が外部に漏洩し、サイバー空間に拡散されてお
          ります。アカウント情報は、「なりすまし」「不正アクセス」などのサイバー犯罪者にとって有益な情報の1
          つであり、これらの情報が気づかないうちに流出していないかを調査することで、セキュリティリスクの低減
          を図ることが可能となります。
           ネットワークサービスにおいては、当社の強みである自社網を活用したセキュリティの高いクローズドVPN
          サービスの販売を拡大致しました。インターネットを介さないセキュアかつ安定した閉域VPNサービスは、比
          較的低コストで大容量の多拠点間ネットワークを構築でき、全国に拠点を持つ小売業や流通業等での利用が拡
          大しております。
           マンションインターネットサービスにおいては、2018年4月に販売を開始した国内最速、広帯域通信を実現
          する新サービス「マンション全戸一括                  10Gタイプ」の販売を拡充しました。また2018年9月に発表された「全
          戸一括型マンションISPシェア調査(2018年3月末時点)」(MM総研)では、当社グループが昨年に引き続き
          シェア1位(全体の27.2%)を獲得致しました。
           一方、当第2四半期連結累計期間におけるコスト面では、上場準備に関する一時費用の増加並びにネット
          ワーク構築やトラヒック増加対応の費用が上昇致しました。
           以上の結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績については、売上高は前年同期比631百万円(2.7%)増

          収の23,765百万円、営業利益は前年同期比141百万円(3.7%)減益の3,683百万円、税引前四半期利益は前年
          同期比162百万円(4.5%)減益の3,454百万円、四半期利益は前年同期比35百万円(1.4%)増益の2,522百万
          円となりました。また、調整後営業利益は前年同期比103百万円(2.6%)増益の4,039百万円となりました。
       (2)財政状態の状況の概要及び経営者の視点による分析・検討内容

        第3期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                       前連結会計年度末             当連結会計年度末

                                                     増減
                      (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
        資産合計    (百万円)                  75,419             78,560              3,141
                                                         4,430
        資本合計(百万円)                       9,541             13,972
       資本(親会社の所有者に
                                                         5,633
                               6,239             11,872
      帰属する持分)(百万円)
         親会社所有者
                                                         +6.8
                                8.3             15.1
        帰属持分比率(%)
                              44,706             43,751
       借入金残高(百万円)                                                  △955
                                7.7             3.9
      デット・エクイティ・          レシオ                                         △3.8
                                3.6             2.7
      ネット・レバレッジ・レシオ                                                    △0.9
          当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末比3,141百万円増加の78,560百万円となりました。

        親会社の所有者に帰属する持分は、利益剰余金等の増加により前連結会計年度末比5,633百万円増加の11,872百万
        円となりました。この結果、親会社所有者帰属持分比率は15.1%となりました。また、借入金残高は借入金返済
        により前連結会計年度末比955百万円減少の43,751百万円となりました。
         前記「1      経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                    (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指

        標」記載のとおり、当社グループでは、資本合計に対する総有利子負債の割合であるデット・エクイティ・レシ
        オと、純有利子負債に対する調整後EBITDAの比率であるネット・レバレッジ・レシオを財務体質の健全化の指標
        としております。当連結会計年度末におけるデット・エクイティ・レシオは前連結会計年度末の7.7から3.8ポイ
                                  47/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ントの減少となり、3.9となりました。当連結会計年度末のネット・レバレッジ・レシオは前連結会計年度末の
        3.6から0.9ポイントの減少となり、2.7となりました。
         また、当社グループでは、調整後EBITDAに対する売上高の比率である調整後EBITDAマージンを収益性の指標と

        しております。当連結会計年度における調整後EBITDAマージンは前連結会計年度の29.1%から1.6%改善し、
        30.6%となりました。
         なお、デット・エクイティ・レシオ、ネット・レバレッジ・レシオ及び調整後EBITDAマージンの                                              詳細  について

        は、後記「(参考情報)」をご参照ください。
        第4期第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

                                     当 第2四半期

                       前 連結会計年度末                             増減
                                     連結会計期間      末
                                           77,419             △1,141
        資産合計    (百万円)                  78,560
                              13,972             16,169              2,197
        資本合計(百万円)
       資本(親会社の所有者に
                              11,872             14,285              2,413
      帰属する持分)(百万円)
         親会社所有者
                               15.1             18.5             +3.3
        帰属持分比率(%)
                              43,751             42,305             △1,445
       借入金残高(百万円)
                                3.9             3.2
      デット・エクイティ・          レシオ                                         △0.7
                                2.7              -
      ネット・レバレッジ・レシオ                                                      -
         当第2四半期連結会計期間末における財政状態については、資産合計は、前連結会計年度末比1,141百万円減少

        の77,419百万円となりました。親会社の所有者に帰属する持分は、利益剰余金等の増加により前連結会計年度末比
        2,413百万円増加の14,285百万円となりました。この結果、親会社所有者帰属持分比率は18.5%となりました。ま
        た、借入金残高は期限前弁済を含む返済により、前連結会計年度末比1,445百万円減少の42,305百万円となりまし
        た。
         当第2四半期連結会計期間末におけるデット・エクイティ・レシオは、前連結会計年度末の3.9から0.7ポイント

        の減少となり、3.2となりました。なお、四半期連結累計期間における調整後EBITDAの四半期連結会計期間末にお
        ける純有利子負債の比率であるネット・レバレッジ・レシオは、財務体質の健全化の指標として有用性が低いと考
        えられるため、算出しておりません。
         また、当第2四半期連結累計期間における調整後EBITDAマージンは、前四半期連結会計期間の31.9%から0.5%

        低下し、31.3%となっております。
         なお、    デット・エクイティ・           レシオ、ネット・レバレッジ・レシオ及び調整後EBITDAマージンの詳細について

        は、後記「(参考情報)」をご参照ください。
       (3)キャッシュ・フローの状況の概要及び経営者の視点による分析・検討内容

        第3期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
         当連結会計年度末における「現金及び現金同等物」の残高は、前連結会計年度末比2,137百万円増加の7,278百万
        円となりました。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          税引前利益の増加、及び前連結会計年度における法人所得税の支払額の増加の反動等により、前連結会計年
         度比2,344百万円増加の11,900百万円の収入となりました。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          前連結会計年度における子会社(株式会社つなぐネットコミュニケーションズ)の取得による支出の反動等
         により、前連結会計年度比5,656百万円減少の6,914百万円の支出となりました。
                                  48/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          以上により、当連結会計年度のフリー・キャッシュ・フロー(注)は前連結会計年度比8,000百万円増加の
         4,985百万円の収入となりました。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          長期借入金及びリース債務の返済による支出等により、前連結会計年度比6,205百万円減少の2,847百万円の
         支出となりました。
          (注)フリー・キャッシュ・フロー=営業活動によるキャッシュ・フロー+投資活動によるキャッシュ・フロー

        第4期第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

         当 第2四半期連結累計期間           における現金及び現金同等物の残高は、                   前年同期比1,575百万円           増加の5,692百万円と
        なりました。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           法人所得税における支払額の増加や営業債務、その他流動負債の減少に伴う支出等の増加により、                                             前年同
          期比899百万円減少         の4,374百万円の収入となりました。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資計画に基づいた効果的な投資時期を図ったことによる有形固定資産の取得による支出等により、                                              前年
          同期比1,331百万円減少           の3,530百万円の支出となりました。
           以上により、      当第2四半期連結累計期間            のフリー・キャッシュ・フローは               前年同期比431百万円          増加の844

          百万円の収入となりました。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           長期借入金の返済による支出等により、                   前年同期比993百万円増加            の2,430百万円の支出となりました。
       (4)  資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         当社グループは、2019年3月期末までに、主としてネットワークの維持並びにエリア及び能力の拡大に関連した
        設備投資として、7,750百万円の支出を計画しております。これらの財源については、手許資金及び営業キャッ
        シュ・フローの範囲で賄うことを想定しております。
         また、今後3年間程度で、約5,000百万円の借入金の返済に伴う支出を計画しております。これらの財源につい
        ても、手許資金及び営業キャッシュ・フローの範囲で賄うことを想定しております。
                                  49/199









                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)  生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           当社グループで行う事業は、提供するサービスの性質上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省
          略しております。
         b.受注実績

           当社グループで行う事業は、提供するサービスの性質上、受注実績の記載になじまないため、当該記載を省
          略しております。
         c.販売実績

           当連結会計年度及び第4期第2四半期連結累計期間の販売実績は次のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                                                  第4期第2四半期
                             当連結会計年度
                                                   連結累計期間
                           (自 2017年4月1日            前年同期比(%)
             サービスの名称
                                                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)
                                                  至 2018年9月30日)
                                   20,299         99.  6           10,349
           インターネットサービス
                                   13,280         98.9             6,782
            ネットワークサービス
                                   10,450         196.0             5,359
         マンションインターネットサービス
                                    3,557        159.3             1,274
               その他
                                   47,587         115.0             23,765
                合計
             (注1)当社グループは単一事業を営んでおり、セグメントが単一であるため、サービス毎に記載して
                 おります。
             (注2)最近2連結会計年度及び第4期第2四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販
                 売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                                  第4期第2四半期
                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                                   連結累計期間
                      (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                                 (自 2018年4月1日
                       至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
              相手先
                                                  至 2018年9月30日)
                       金額             金額             金額
                            割合(%)             割合(%)             割合(%)
                     (百万円)             (百万円)             (百万円)
            株式会社USEN及び
                        9,112       22.0      8,846       18.6      4,425       18.6
            同グループ
             (注3)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  50/199








                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (参考情報)
        当社グループは、上場後には発生しないと見込まれる弁護士費用やIFRS導入支援費用等の上場準備費用の影響(す
       なわち、通常の営業活動の結果を示していると考えられない項目、あるいは競合他社に対する当社グループの業績を
       適切に示さない項目の影響)を除外した上で経営成績の推移を把握するとともに、投資家が当社グループの業績評価
       を行う上で、当社グループの企業価値についての有用な情報を提供することを目的として、以下の算式により算出さ
       れた調整後営業利益、調整後税引前利益、調整後親会社の所有者に帰属する当期(四半期)利益、調整後EBITDA、調
       整後EBITDAマージン、デット・エクイティ・レシオ、ネット・レバレッジ・レシオ、調整後営業活動によるキャッ
       シュ・フロー及び調整後フリー・キャッシュ・フローの推移を、以下のとおり記載しております。
       (1)調整後営業利益

                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
     営業利益                    5,926           7,549           3,825           3,683
     (調整額)
                            -          186           110           355
     +上場準備費用(注12          )
     調整後営業利益(注1)                    5,926           7,735           3,935           4,039
       ( 2 )調整後税引前利益

                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
     税引前利益                    5,503           7,146           3,616           3,454
     (調整額)
                            -          186           110           355
     +上場準備費用(注12          )
     調整後税引前利益(注2)                    5,503           7,332           3,727           3,810
       ( 3 )調整後親会社の所有者に帰属する当期(四半期)利益

                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
     親会社の所有者に帰属する
                          4,142           4,610           2,364           2,327
     当期(四半期)利益
     (調整額)
                            -          186           110           355
     +上場準備費用(注12          )
     -法人所得税費用調整
                            -         △57           △34          △108
     (注13)
     調整後親会社の所有者に帰
     属する当期(四半期)利益
                          4,142           4,739           2,441           2,574
     (注3)
                                  51/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (4)調整後EBITDA及び調整後EBITDAマージン
                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
                                    4,912
     当期(四半期)利益                    4,142                     2,487           2,522
     (調整額)
                                    2,234
                          1,360                     1,129            931
     +法人所得税費用
                          △38           △33
     -金融収益                                          △17           △16
                           461           436
     +金融費用                                          225           246
                          5,812           6,661
     +減価償却費及び償却費                                         3,308           3,278
     +貯蔵品及び顧客へ取り付
     けた機器の除却による費用                     280           178
                                                126           128
     (注14)
     (調整額)
                            -          186           110           355
     +上場準備費用        (注12)
     調整後EBITDA       (注4)                        14,575
                         12,020                      7,371           7,446
     調整後EBITDAマージン
                         29.1%           30.6%           31.9%           31.3%
     (注5)
       ( 5 )デット・エクイティ・レシオ

                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
     総有利子負債(注6)                    47,846           46,273           46,656           45,320
     資本(親会社の所有者に帰
                          6,239          11,872           8,620          14,285
     属する持分)
     デット・エクイティ・レシ
                           7.7           3.9           5.4           3.2
     オ (注7)
       (6)ネット・レバレッジ・レシオ

                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
     総有利子負債(注6)                    47,846           46,273           46,656           45,320
                         △5,140           △7,278           △4,116           △5,692
     -現金及び現金同等物
     純有利子負債(注8)                    42,705           38,995           42,539           39,628
     調整後EBITDA(注4)                    12,020           14,575           7,371           7,446
     ネット・レバレッジ・レシ
                           3.6           2.7        ‐(※)           -(※)
     オ(注9)
         (※)四半期連結累計期間におけるネット・レバレッジ・レシオは、財務体質の健全化の指標として有用性が
             低いと考えられるため、算出しておりません。
                                  52/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ( 7 )調整後営業活動によるキャッシュ・フロー
                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
     営業活動によるキャッ
                          9,555
                                    11,900           5,273           4,374
     シュ・フロー
     (調整額)
                            -          186           110           355
     +上場準備費用(注12          )
     -法人所得税費用調整
                            -         △57           △34          △108
     (注13)
     調整後営業活動による
     キャッシュ・フロー                              12,028
                          9,555                     5,350           4,621
     (注10)
       (8)調整後フリー・キャッシュ・フロー

                                                    (単位:百万円)
           回次                          国際会計基準
                      第2期           第3期           第3期           第4期
                                                    2019年3月期
                                          2018年3月期
     決算年月               2017年3月期           2018年3月期         第2四半期連結累計
                                                   第2四半期連結累計
                                            期間
                                                      期間
                          4,142

     当期(四半期)利益                               4,912           2,487           2,522
     (調整額)

                          △38
                                     △33           △17           △16
     -金融収益
     +金融費用                     461           436           225           246
     +減価償却費及び償却費                    5,812           6,661           3,308           3,278

     +貯蔵品及び顧客へ取り付
     けた機器の除却による費用                     280           178           126           128
     (注14)
     +上場準備費用        (注12)
                            -          186           110           355
     +運転資本の増減(△は増
                                    △119           △935          △1,049
                          1,180
     加)(注15)
     +投資活動によるキャッ
                        △12,570           △6,914           △4,861           △3,530
     シュ・フロー
                          4,339                                  -
     +子会社の取得による支出                                 -           -
     調整後フリー・キャッ
                                    5,307            445          1,934
                          3,608
     シュ・フロー(注11)
        (注1)    調整後営業利益=営業利益+上場準備費用(注1                      2 )
        (注2)    調整後税引前利益=税引前利益+上場準備費用(注12)
        (注3)調整後親会社の所有者に帰属する当期(四半期)利益=親会社の所有者に帰属する当期(四半期)利益
             +上場準備費用(注12)-法人所得税費用調整(注13)
        (注4)調整後EBITDA=当期利益+法人所得税費用-金融収益+金融費用+減価償却費及び償却費+                                              貯蔵品及び
             顧客へ取り付けた機器の除却による費用                   (注14)+上場準備費用(注12)
        (注5)調整後EBITDAマージン=調整後EBITDA÷売上高
        (注6)総有利子負債=長期借入金+1年内返済予定の長期借入金+短期リース債務+長期リース債務
        (注7)デット・エクイティ・レシオ=総有利子負債÷資本                            (親会社の所有者に帰属する持分)
        (注8)純有利子負債=総有利子負債-現金及び現金同等物
        (注9)ネット・レバレッジ・レシオ=純有利子負債÷調整後EBITDA
                                  53/199

                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (注10)調整後営業活動によるキャッシュ・フロー=営業活動によるキャッシュ・フロー+上場準備費用(注
             12)-法人所得税費用調整(注13)
        (注11)    調整後フリー・キャッシュ・フロー=当期(四半期)利益-金融収益+金融費用+減価償却費及び償却
             費+貯蔵品及び顧客へ取り付けた機器の除却による費用(注14)+上場準備費用(注12)+運転資本の
             増減(注15)+投資活動によるキャッシュ・フロー+子会社の取得による支出
             なお、調整後フリー・キャッシュ・フローの算出において、2017年3月期の株式会社つなぐネットコ
             ミュニケーションズの連結子会社化に伴う支出(子会社の取得による支出)の影響は除外しております
             が、その他の一時的な影響を及ぼす項目は除外しておりません。また、当該算出において、法人所得税
             に関する調整は行っておらず、特に、法人所得税費用の計上時期と実際の税支払の時期の差異に係る調
             整は行っておりません          (但し、2016年3月期に実施した株式会社U-NEXTへの事業譲渡は、多額の課税所
             得を生じさせるものであり、主にこれに関連して、2017年3月期における法人所得税の支払額は3,264百
             万円になりました。)          。
        (注12)弁護士費用やIFRS導入支援費用等の上場準備に係るアドバイザリー費用・外部コンサルタント費用、上
             場審査に係る費用、英文財務諸表作成における監査報酬等、上場に関連する一時的な費用であります。
        (注13)上場準備費用の調整による課税所                    得の増加に伴う法人所得税費用であります。
        (注14)当社の連結損益計算書上の売上原価及びその他の費用の一部であります。
        (注15)運転資本の増減=連結キャッシュ・フロー計算書上の、営業債権及びその他の債権の増減+棚卸資産の
             増減-営業債務及びその他の債務の増減
        (注16)調整後営業利益、調整後税引前利益、調整後親会社の所有者に帰属する当期(四半期)利益、調整後
             EBITDA、調整後EBITDAマージン、デット・エクイティ・レシオ、ネット・レバレッジ・レシオ、調整後
             営業活動によるキャッシュ・フロー及び調整後フリー・キャッシュ・フローは、金融商品取引法第193条
             の2第1項に基づく監査又は四半期レビューの対象となっておりません。
        (注17)調整後営業利益、調整後税引前利益、調整後親会社の所有者に帰属する当期(四半期)利益、調整後
             EBITDA、調整後EBITDAマージン、デット・エクイティ・レシオ、ネット・レバレッジ・レシオ、調整後
             営業活動によるキャッシュ・フロー及び調整後フリー・キャッシュ・フローは、国際会計基準(IFRS)に
             より規定された指標ではなく、投資家が当社グル―プの業績を評価する上で、当社が有用と考える財務
             指標であります。当該財務指標は、上場後には発生しないと見込まれる弁護士費用やIFRS導入支援費用
             等の上場準備費用の影響(すなわち、通常の営業活動の結果を示していると考えられない項目、あるい
             は競合他社との比較に際し当社グループの業績を適切に示さない項目の影響)を除外しております。
        (注18)調整後営業利益、調整後税引前利益、調整後親会社の所有者に帰属する当期(四半期)利益、調整後
             EBITDA、調整後EBITDAマージン、デット・エクイティ・レシオ、ネット・レバレッジ・レシオ、調整後
             営業活動によるキャッシュ・フロー及び調整後フリー・キャッシュ・フローは、当期(四半期)利益に
             影響を及ぼす項目の一部を除外しており、分析手段としては重要な制限があることから、国際会計基準
             (IFRS)に準拠して表示された他の指標の代替的指標として考慮されるべきではありません。当該財務指
             標は、同業他社等の同指標あるいは類似指標とは算定方法が異なるために、他社における指標とは比較
             できない場合があり、結果として有用性が減少する可能性があります。
                                  54/199








                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【経営上の重要な契約等】
      ①  金銭消費貸借契約
                     FACILITIES AGREEMENT

     契約名
                     2016年3月7日
     締結年月日                変更契約 2017年3月22日
                     変更契約 2018年7月11日
                     株式会社三菱      UFJ   銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社
     契約相手方
                     あおぞら銀行
                     当初 400億円(他につなぎ融資97億円、極度枠50億円)
     借入金額
                     追加 57億円
                     当初 2016年3月14日
     融資実行日
                     追加 2017年3月29日
     返済期日                2023年3月31日
     返済方法                約定返済及び期末一括返済

                     ・毎期連結当期利益がゼロを上回ること
                     ・連結当期利益がゼロ以下の場合は、レバレッジレシオ(連結純負債額/連結
                      EBITDA)を下記の数値以下に維持すること
                      2018年3月31日 4.75
     財務制限条項
                      2019年3月31日 4.50
                      2020年3月31日 4.25
                      2021年3月31日以降 4.00
                     ・連結資本合計が前年度比50%              超を  維持すること
                     約定返済部分 TIBOR+0.35%
     年利率
                     期末一括返済部分 TIBOR+0.55%
                     ①  以下の事項のうち、当該行為が重大な悪影響を及ぼすと合理的に見込まれるも
                       の
                      -組織変更、合併、会社分割、株式交換、株式移転、自己信託
     貸付人の事前承諾事項
                      -重要な資産・事業の一部又は全部の譲渡・譲受(セールスアンドリースバック
                       のための譲渡を含む。)
                     ②  マンション向け全戸一括契約型インターネット接続サービス事業の譲渡
      ②  株式会社つなぐネットコミュニケーションズとの吸収分割契約

       当社は、2017年9月26日の取締役会において、レジデンシャル事業部門を当社の連結子会社である株式会社つなぐ
      ネットコミュニケーションズに吸収分割により移管する決議を行い、同日、株式会社つなぐネットコミュニケーション
      ズと吸収分割契約を締結致しました。
       会社分割の概要は、以下のとおりであります。
       (1)   会社分割の目的
        当社と株式会社つなぐネットコミュニケーションズのマンションインターネットサービス事業を統合させることに
       より、当社グループ内における経営効率の向上、機能強化を図るため
       (2)  会社の分割の方法

        当社のレジデンシャル事業部門を株式会社つなぐネットコミュニケーションズに承継させる吸収分割
       (3)  会社分割の期日

        2017年11月1日
       (4)  分割に際して発行する株式及び割当

        株式会社つなぐネットコミュニケーションズは、本分割に際して普通株式30,000株を発行し、そのすべてを当社に
       割当てます。
       (5)  割当株式数の算定根拠

        DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法)、類似会社比較法による分析を行い、これらを総合的に勘
       案して、当事者間で協議し割当株式数を決定致しました。
                                  55/199



                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (6)  分割するレジデンシャル事業部門の経営成績(日本基準)

                   2017年3月期
                   (百万円)
                       5,698
        売上高
       (7)  分割する資産・負債の状況(2017年3月31日現在、日本基準)

                      金額(百万円)                       金額(百万円)
            資産                     負債・資本
                          3,281                       1,005
        固定資産                       固定負債
                                                 2,276
                              株主資本
                          3,281                       3,281
        資産合計                       負債・資本合計
       (8)  株式会社つなぐネットコミュニケーションズの概要

        代表者          代表取締役社長 川上           潤
        所在地          東京都千代田区大手町二丁目2番1号
        資本金           1,500百万円(2017年3月31日現在)
        事業内容        電気通信事業法に基づく電気通信事業
        業績等         2017年3月期(日本基準)
                      金額(百万円)                       金額(百万円)
                          4,737                       4,472

        売上高                       資産
                          1,450                       1,584
        営業利益                       負債
                          1,012                       2,887
        当期純利益                       純資産
                                  56/199












                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【研究開発活動】
       該当事項はありません。
                                  57/199




















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
      第3期連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
       当連結会計年度の設備投資に係る有形固定資産及び無形資産の取得額は、有形固定資産の取得原価増加合計11,200
      百万円から建設仮勘定の振替額3,659百万円を控除し(第5                            経理の状況      1  連結財務諸表等        (1)連結財務諸表        連結財
      務諸表注記13)、無形資産の取得原価増加合計660百万円                          から  その他振替額222百万円を控除し(第5                   経理の状況      1
      連結財務諸表等        (1)連結財務諸表        連結財務諸表注記14)、7,979百万円となりました。ここで、有形固定資産の取得
      額の主なものは       伝送装置、顧客開通工事及び開通用機器等であり、無形資産の取得額の主なものはソフトウェアで
      す。
      第4期第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

       当第2四半連結累計期間度の設備投資に係る有形固定資産及び無形資産の取得額は、4,221百万円で、その主なもの
      は伝送装置、顧客開通工事及び開通用機器等です。
                                  58/199
















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【主要な設備の状況】
       (1)提出会社
                                                   2018年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
        事業所名                                                従業員数
                セグメント
                      設備の内容
                                      土地
                                建物及び          建設仮勘
        (所在地)                                                 (人)
                の名称
                           通信設備                    その他     合計
                                     (面積㎡)
                                 構築物           定
                                      1,006
         本社       電気通信     通信設備機
                            23,051     2, 373         1, 518     630   28,580      527
      (東京都港区)他           事業    器等                (3,305)
        (注1)    現在休止中の主要な設備はありません。
        (注2)    国際会計基準(IFRS)に基づく金額を記載しております。上記の金額には消費税等は含まれておりませ
            ん。
        (注3)    従業員数は、当社から社外への出向者、社外からの当社への出向者は含まれておりません。
       (2)国内子会社

                                                   2018年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
            事業所名                                            従業員数
                  セグメン     設備の内
      会社名
                                      土地
                                建物及び          建設仮勘
            (所在地)      トの名称      容                                 (人)
                           通信設備                    その他     合計
                                     (面積㎡)
                                 構築物           定
     株式会社つ
     なぐネット
                                         -
           本社(東京      電気通信     通信設備
                               -    22          -    539     561     78
     コミュニ
           千代田区)他        事業    機器等                  (-)
     ケーション
     ズ
        (注1)    現在休止中の主要な設備はありません。
        (注2)    国際会計基準(IFRS)に基づく金額を記載しております。上記の金額には消費税等は含まれておりませ
            ん。
        (注3)    従業員数は、当社グループからグループ外への出向者、グループ外から当社グループへの出向者は含まれ
            ておりません。
       (3)在外子会社

         該当事項はありません。
                                  59/199









                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】(2018年9月30日現在)
       (1)  重要な設備の新設等
                             投資予定額

          事業所名
                                                 完了予定      完成後の
                セグメン      設備の                資金調達
      会社名                                      着手年月
          (所在地)     トの名称      内容                 方法
                                                  年月     増加能力
                           総額     既支払額
                          (百万円)      (百万円)
           本社                          自己資金
                電気通信     通信設備
                            7,100     1,934                     (注2)
      当社     (東京都                            及び    2018年4月      2019年3月
                 事業     機器等
           港区)他                          リース調達
     株式会社
     つなぐ      本社
                                      自己資金
     ネットコ     (東京都     電気通信     通信設備
                             650      57                    (注2)
                                       及び    2018年4月      2019年3月
     ミュニ     千代田区)      事業     機器等
                                     リース調達
     ケーショ       他
     ンズ
        (注1)上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        (注2)投資に対する増加能力を具体的に数値化することは困難であり、当該事項は記載しておりません。
       (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  60/199














                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                            200,000,000
                 普通株式
                                            200,000,000
                  計
        (注)2018年9月28日開催の臨時株主総会決議により、同日付で定款の一部変更を行っております。これにより、
           発行可能株式総数は800,000,000株減少し、200,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                              上場金融商品取引所名又は
          種類          発行数(株)                                内容
                             登録認可金融商品取引業協会名
                                             完全議決権株式であり、権利内容
                                             に何ら限定のない、当社における
                    50,000,000
         普通株式                          非上場
                                             標準となる株式であり、単元株式
                                             数は100株であります。
                    50,000,000                                -

          計                          -
        (注1)    2018年8月30日開催の取締役会決議により、2018年9月28日付で、普通株式1株につき5株の割合で株式
            分割を実施しております。これにより、発行済株式総数は40,000,000株増加し、50,000,000株となってお
            ります。
        (注2)    2018年9月28日開催の臨時株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株制度を採用してお
            ります。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  61/199







                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                              資本金増減額        資本金残高
        年月日       総数増減数        総数残高                        増減額        残高
                                (千円)        (千円)
                 (株)        (株)                       (千円)        (千円)
      2016年2月12日
                    10        10        10        10        -        -
       (注1)
      2016年3月4日
                 300,010        300,020        300,010        300,020           -        -
       (注2)
      2016年3月14日
                9,699,980       10,000,000        4,849,990        5,150,010        4,849,990        4,849,990
       (注3)
      2018年9月28日
                40,000,000        50,000,000            -    5,150,010            -    4,849,990
       (注4)
        (注1)    会社(アルテリア・ネットワークス・ホールディングス株式会社)設立によるものであります。
            割当先 神山達彦
            発行価格 1,000円
            資本組入額 1,000円
        (注2)    第三者割当増資によるものであります。
            割当先 MASホールディングス株式会社 150,010株、Red                           Anchor    Investments      Limited 150,000株
            発行価格 1,000円
            資本組入額 1,000円
        (注3)    第三者割当増資によるものであります。
            割当先 MASホールディングス株式会社 4,849,990株、Red                            Anchor    Investments      Limited 4,849,990株
            発行価格 1,000円
            資本組入額 500円
        (注4)    2018年8月30日開催の取締役会決議により、2018年9月28日付で、普通株式1株につき5株の割合で株式
            分割を実施しております。
       (4)【所有者別状況】

                                                   2018年9月30日現在
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                        単元未満
            政府及び
                                                       株式の状況
       区分                             外国法人等
                       金融商品     その他の
            地方公共     金融機関                          個人その他        計
                                                        (株)
                       取引業者      法人
                                  個人以外      個人
             団体
       株主数
                -     -     -     1     1      -      -     2      -
       (人)
      所有株式数
                -     -     -  250,000     250,000        -      -  500,000         -
       (単元)
      所有株式数
                -     -     -   50.00     50.00       -      -   100.00        -
      の割合(%)
                                  62/199







                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          -           -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -           -           -
      議決権制限株式(その他)                          -           -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                          -           -           -

                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                            普通株式
                                            500,000
      完全議決権株式(その他)                                             標準となる株式であ
                               50,000,000
                                                  り、単元株式数は
                                                  100株であります。
      単元未満株式                          -           -           -
                               50,000,000
      発行済株式総数                                      -           -
                                            500,000
      総株主の議決権                          -                       -
        ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                   発行済株式総数

                          自己名義所        他人名義所
      所有者の氏名又                                     所有株式数
                                                   に対する所有株
                 所有者の住所         有株式数        有株式数
      は名称                                     の合計(株)
                                                   式数の割合(%)
                          (株)        (株)
          -          -         -        -        -         -

         計           -         -        -        -         -

                                  63/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

       当社は、内部留保を拡充し有効活用することにより、企業価値と競争力を極大化すると同時に、株主に対する配当
      を安定的に継続することが、企業としての重要な責務であると認識しております。                                      内部留保資金については、経営基
      盤の強化に向けた諸施策の実施のための積極的な投資等の原資として充当してまいります。
       当社による配当金は、配当性向50               % 程度を中長期的な目標として年間1回の期末配当の支払いを予定しておりま
      す。なお、2019年3月期の1株当たり配当金については、上場後当該期末配当の基準日までの期間が6か月未満であ
      ること等を考慮し、2019年3月期通期ベースの半額相当の配当金を予定しております。
       なお、当社は、会社法第459条第1項に基づき、剰余金の配当                            (中間配当を含む。)          を取締役会の決議によって行う
      ことができる旨を定款に定めております。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  64/199










                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性11名     女性   - 名(役員のうち女性の比率            - %)
                                                          所有株
      役名     職名      氏名      生年月日                                任期   式数
                                         略歴
                                                          (株)
                              1987年4月      日本ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン㈱入
                                   社
                              1997年4月      日本ゼネラル・エレクトリック㈱企画開発部長
                              1999年11月      GEエンジンサービス北アジア地域統括ゼネラル
                                   マネージャー
                              2000年4月      日本ゼネラル・エレクトリック㈱取締役
                                   日本GEエンジンサービス㈱取締役
                              2003年8月      GEメディカルシステム・インターナショナルア
                                   ジアサービス      セールス&マーケティングゼネラ
                                   ルマネージャー
     代表取締役
            CEO     川上 潤     1963年6月12日        2004年10月      GE横河メディカルシステム㈱(現GEヘルスケ                   (注3)     -
       社長
                                   ア・ジャパン㈱)常務取締役サービス統括本部
                                   長
                              2007年4月      同社常務取締役営業本部長
                              2008年1月      同社常務取締役画像診断機器統括本部長
                              2009年4月      同社取締役副社長画像診断機器統括本部長
                              2009年8月      同社取締役副社長ヘルスケア統括本部長
                              2011年6月      同社代表取締役社長兼CEO
                              2017年7月
                                   当社代表取締役社長CEO(現任)
                              2017年11月      ㈱つなぐネットコミュニケーションズ代表取締
                                   役(現任)
                              1982年4月      丸紅㈱入社
                              1998年4月      丸紅香港出向
                              2001年4月      丸紅テレコム㈱出向        取締役IT事業本部長
                              2005年4月      丸紅情報システムズ㈱出向           営業本部長
                              2008年4月      ㈱ヴェクタント出向        代表取締役社長
                              2010年12月      丸紅アクセスソリューションズ㈱出向               代表取締
                                   役副社長
                              2011年4月      フュージョン・コミュニケーションズ㈱(現楽
                                   天コミュニケーションズ㈱)出向             代表取締役副
     代表取締役
                                   社長
            CCO    有田 大助      1959年10月1日                                 (注3)     -
      副社長
                              2014年2月      当社出向    代表取締役副社長
                              2014年11月      アルテリア・インターコネクト㈱代表取締役社
                                   長
                              2015年4月      アルテリア・エンジニアリング㈱取締役(現
                                   任)
                              2017年4月      当社代表取締役
                              2017年7月      当社代表取締役副社長
                              2017年11月      ㈱つなぐネットコミュニケーションズ取締役
                                   (現任)
                              2018年4月
                                   当社代表取締役副社長CCO(現任)
                                  65/199








                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                          所有株

      役名     職名      氏名      生年月日                                任期   式数
                                         略歴
                                                          (株)
                              1986年4月      兵庫信用金庫入社
                              1991年7月      日本テレコム㈱(現ソフトバンク㈱)入社
                              2002年12月      同社経理部部長
                              2003年12月      ボーダフォン㈱(現ソフトバンク㈱)財務・調
                                   達本部フィナンシャルアカウンティング・レ
                                   ポーティング部長
                              2004年8月      同社業務執行役員経理統括部長コントローラー
                              2006年8月      同社執行役財務本部副本部長
                              2007年11月      シティバンク銀行㈱入社、㈱日興コーディアル
                                   グループ(現SMBC日興証券㈱)出向              経理部長
                              2009年10月      同社財務部門ディレクター
                                   シティーグループ・ジャパン・トレジャリーズ
                                   ㈱監査役
                              2010年7月      ㈱ベルシステム24入社、経理企画室長/コント
                                   ローラー
      取締役          建石 成一      1963年7月17日
            CFO                                           (注3)     -
                              2011年3月      同社業務執行役員経理企画部長
                              2012年3月      同社執行役経理企画部長
                              2013年3月
                                   同社執行役経理財務本部長CFO
                              2014年9月      KVH㈱入社    コーポレートコントローラー
                              2015年9月      当社入社    財務経理本部長
                              2015年10月      当社執行役員財務経理本部長
                              2016年4月      当社上席執行役員財務・管理本部長
                              2017年3月      ㈱つなぐネットコミュニケーションズ取締役
                              2017年4月      当社取締役CFO財務・管理本部長
                              2017年7月      当社取締役常務執行役員CFO財務・管理本部長
                              2018年6月      当社取締役常務執行役員CFO財務・管理統括本部
                                   長(現任)
                                   ㈱つなぐネットコミュニケーションズ取締役管
                                   理本部長(現任)
                                  66/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                          所有株

      役名     職名      氏名      生年月日                                任期   式数
                                         略歴
                                                          (株)
                              1989年4月      丸紅㈱入社
                              1999年4月      ヒューレットパッカード・ソリューションデリ
                                   バリ㈱出向
                              2004年4月      丸紅米国出向
                              2005年4月      兼VECTANT    INC.出向
                              2008年1月      丸紅㈱帰任
                              2010年4月      兼交通情報サービス㈱取締役
                              2011年5月      沖電気ネットワークインテグレーション㈱出向
                              2012年10月      丸紅㈱帰任
                                   兼丸紅OKIネットソリューションズ㈱取締役
                                   兼丸紅アクセスソリューションズ㈱監査役
                              2013年4月      兼当社取締役
                              2014年3月      兼MASホールディングス㈱代表取締役
                              2014年4月      丸紅㈱ICTサービスビジネス部部長
                                   兼丸紅情報システムズ㈱取締役
                                   兼㈱イーツ取締役
                                   兼丸紅無線通信㈱取締役
      取締役      CMO    大橋 一登      1963年6月15日                                 (注3)     -
                                   兼Marpless     Communication      Technologies      (PTY)
                                   Ltd.  Director
                                   兼丸紅ITソリューションズ㈱監査役
                                   兼当社監査役
                              2015年4月      丸紅㈱ICTビジネス第一部部長
                                   兼丸紅ITソリューションズ㈱取締役
                                   兼㈱TMJ取締役
                              2017年4月      当社出向、取締役事業戦略本部長
                              2017年6月      アルテリア・エンジニアリング㈱取締役(現
                                   任)
                                   アルテリア・インターコネクト㈱代表取締役
                                   (現任)
                              2017年7月      当社取締役常務執行役員事業戦略本部長
                              2017年11月      ㈱つなぐネットコミュニケーションズ取締役
                                   (現任)
                              2018年4月      当社取締役常務執行役員CMO事業戦略本部長(現
                                   任)
                              1983年4月      丸紅㈱入社
                              1987年10月      丸紅米国出向
                              2002年4月      マイティカード㈱出向         代表取締役社長
                              2010年4月      丸紅㈱ITネットワークビジネス部長
                              2012年4月      同社金融・物流・情報部門長代行兼ICTサービス
                                   ビジネス部長
                              2013年4月      同社情報・金融・不動産部門長代行
                              2013年8月      MXモバイリング㈱代表取締役会長
                              2014年1月      MASホールディングス㈱取締役
                              2014年2月      当社取締役(現任)
                                   MXモバイリング㈱取締役(現任)
                              2014年4月      丸紅㈱執行役員      情報・金融・不動産部門長代行
      取締役      -    株本 幸二      1959年5月21日                                 (注3)     -
                                   丸紅ITソリューションズ㈱取締役(現任)
                              2015年4月      丸紅㈱執行役員      情報・物流本部長
                                   丸紅情報システムズ㈱取締役(現任)
                                   丸の内ダイレクトアクセス㈱代表取締役専務
                                   丸紅ロジスティクス㈱取締役(現任)
                              2015年7月      ㈱アインホールディングス取締役
                              2016年4月      丸紅㈱執行役員      情報・物流・ヘルスケア本部長
                                   (現任)
                              2017年3月      丸の内ダイレクトアクセス㈱代表取締役会長
                                   (現任)
                                   丸紅OKIネットソリューションズ㈱取締役
                                  67/199



                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                          所有株

      役名     職名      氏名      生年月日                                任期   式数
                                         略歴
                                                          (株)
                              1986年4月      丸紅㈱入社
                              2011年11月      ジャパン・リート・アドバイザーズ㈱出向                 最高
                                   投資責任者
                              2012年6月      同社代表取締役社長
                              2014年4月      丸紅㈱情報・金融・不動産総括部長
                              2015年4月      同社保険・不動産本部長
                                   ㈱つなぐネットコミュニケーションズ取締役
                                   三菱地所コミュニティ㈱取締役
      取締役      -   及川 健一郎      1964年1月19日                                 (注3)     -
                                   芙蓉観光㈱取締役
                                   丸紅セーフネット㈱取締役
                                   三菱地所コミュニティホールディングス㈱取締
                                   役(現任)
                              2016年4月      丸紅㈱執行役員      保険・金融・不動産本部長(現
                                   任)
                              2018年6月      当社取締役    (現任)
                              1987年4月      ㈱東芝入社
                              1997年10月      東京大学大型計算機センター助教授
                              1998年4月      東京大学情報基盤センター助教授
                              1999年9月      ㈱ワイドリサーチ社外取締役
                                   ㈱アヴァブネットジャパン(現㈱IDCフロンティ
                                   ア)社外取締役
      取締役      -    江﨑 浩     1963年1月18日                                 (注3)     -
                              2001年4月      東京大学大学院情報理工学系研究科助教授
                              2004年9月      ㈱IRIユビテック(現㈱ユビテック)社外取締
                                   役(現任)
                              2005年4月      東京大学大学院情報理工学系研究科教授(現
                                   任)
                              2018年6月
                                   当社取締役(現任)
                              1979年4月      清水建設㈱入社
                              1990年8月      シティバンク入社
                              1992年3月      シティグループ東京支店金融法人部長
                              2004年8月      三井住友海上シティ生命保険㈱(現三井住友海
                                   上プライマリー生命保険㈱)代表取締役共同社
                                   長
      取締役       -   三宅 伊智朗      1956年2月28日                                 (注3)
                              2007年1月      アリアンツ生命保険㈱代表取締役社長
                              2013年9月      S&Pグローバル・レーティング・ジャパン㈱代
                                   表取締役社長
                              2017年5月
                                   S&P  Global   Japan特別顧問(現任)
                              2018年6月      当社取締役(現任)
                              1979年4月      丸紅㈱入社
                              1989年10月      丸紅米国出向
                              2006年4月      丸紅㈱プラント・インフラ・船舶総括部長
                                   丸紅プロテックス㈱取締役
                              2006年6月      ㈱加地テック取締役
                              2007年6月      丸紅テクマテックス㈱取締役
                              2008年4月      丸紅㈱金融・物流・情報・新機能総括部長
     常勤監査役       -    佐野 靖宏      1956年5月10日             丸紅物流㈱取締役                   (注4)     -
                              2009年4月      丸紅㈱監査部長
                              2013年4月      丸紅アクセスソリューションズ㈱(現当社)出
                                   向
                              2013年6月      丸紅アクセスソリューションズ㈱(現当社)監
                                   査役(現任)
                              2015年4月      アルテリア・エンジニアリング㈱監査役
                                   アルテリア・インターコネクト㈱監査役
                                  68/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                          所有株

      役名     職名      氏名      生年月日                                任期   式数
                                         略歴
                                                          (株)
                              1992年4月      丸紅㈱入社
                              2012年10月      フュージョン・コミュニケーションズ㈱(現楽
                                   天コミュニケーションズ㈱)出向
                              2014年10月      丸紅情報システムズ㈱監査役
                                   丸紅無線通信㈱取締役
                              2015年4月      Marpless    Communication      Technologies      (PTY)
                                   Ltd.  Director(現任)
                              2016年2月      アルテリア・ネットワークス・ホールディング
      監査役      -    柴崎 秀紀      1969年6月7日             ス㈱(現当社)代表取締役                   (注4)     -
                              2017年3月      MASホールディングス㈱代表取締役(現任)
                              2017年4月      丸紅㈱ICTビジネス第一部長(現任)
                                   丸紅情報システムズ㈱取締役(現任)
                                   丸紅OKIネットソリューションズ㈱取締役(現
                                   任)
                                   ㈱イーツ取締役(現任)
                                   丸紅ITソリューションズ㈱取締役(現任)
                                   当社監査役(現任)
                              1997年4月      弁護士登録、岩田合同法律事務所入所(現任)
                              2003年10月      Steptoe&Johnson       LLP
                              2007年6月      学校法人大妻学院、大妻女子大学監事
                              2008年6月      学校法人誠美学園監事
                              2015年4月
                                   最高裁判所司法研修所教官(民事弁護)
      監査役      -    本村 健     1970年8月22日                                 (注4)     -
                              2016年6月      ㈱データ・アプリケーション取締役監査等委員
                                   (現任)
                              2017年4月      長谷川ホールディングス㈱(現HITOWAホール
                                   ディングス㈱)取締役
                              2017年11月
                                   当社監査役(現任)
                              2018年6月      大井電気㈱監査役(現任)
                               計                             -
        (注1)取締役株本幸二、及川健一郎、江﨑浩及び三宅伊智朗は社外取締役であります。なお、丸紅株式会社によ
            れば、当社株式の上場日をもって会計基準上の実質的な支配が存在すると考えられ、当社は丸紅株式会社
            の連結子会社となる予定とのことであるため、株本幸二及び及川健一郎は社外取締役の要件を充足しなく
            なる予定です。
        (注2)    監査役佐野靖宏、本村健は社外監査役であります。
        (注3)    取締役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
        (注4)    監査役の任期は、2022年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
        (注5)    当社は、業務執行と監督機能の分離、経営の透明性の向上、経営責任の明確化及び意思決定の迅速化を図
            るために執行役員制度を導入しております。執行役員の氏名及び担当は、以下のとおりであります。
                   地位               氏名               担当
             取締役常務執行役員CFO
                                 建石 成一          財務・管理統括本部
             取締役常務執行役員CMO
                                 大橋 一登          事業戦略本部
             上席執行役員CTO
                                 菊地 泰敏          技術統括本部
             上席執行役員                    原 繁好          人事総務本部

             執行役員                   小山 孝弘          法人営業統括本部

                                           ㈱つなぐネットコミュニケー
             執行役員                   大槻 哲彰
                                           ションズ営業本部
        (注6)    CEO:Chief     Executive     Officer
            CCO:Chief     Commercial      Officer
            CFO:Chief     Financial     Officer
            CMO:Chief     Marketing     Officer
            CTO:Chief     Technology      Officer
                                  69/199



                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
           当社グループは、株主をはじめ、取引先、役職員、地域社会の様々なステークホルダーに対して社会的責任
          を果たすとともに、企業価値の最大化を重視した経営を推進すべく、内部統制の基本方針を制定して、企業倫
          理と法令等の遵守を徹底し、内部統制システム及びリスク管理体制の整備・強化を推進することをコーポレー
          ト・ガバナンスの基本と認識しております。
           また、取締役会の監督責任の明確化、コンプライアンス体制の強化、迅速かつ正確な情報開示の充実に努
          め、コーポレート・ガバナンスを強化してまいります。
         ①  企業統治の体制

          イ.  企業統治の体制の概要
           当社の役員構成は、取締役8名(うち社外取締役4名)、監査役3名(うち社外監査役2名)で構成され
          ております。
           また、執行役員制度の採用により、経営の監督機能の充実と効率的・機動的な業務執行を図っておりま
          す。執行役員は取締役兼任2名を含み、6名であります。
           当社は、会社法に基づく機関として株主総会、取締役会、監査役会を設置しております。
           経営に関する重要事項については、常勤取締役、執行役員等で構成される経営会議(原則として毎月2回
          開催)において協議するとともに、さらに取締役会決議事項については、取締役会において審議・決定して
          おります。
           当社は、経営と業務執行の分離による効率性と透明性を追求する観点から、社外取締役を含めて構成され

          る取締役会が経営方針及び経営戦略等の重要な意思決定を行う一方で、業務執行の権限を執行役員に委任
          し、業務執行状況の監督を通じて経営の監督を行う体制としております。
           監査役会は、社外取締役と連携し、中立的な立場から監査を行い、経営に対し意見を述べることが可能な
          体制とすることで、内部統制の強化を図っております。
          (社外役員との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係)

           当社は、社外取締        役4名、    社外監査役2名を選任しております。
           社外取締役株本幸二は、当社の主要株主である丸紅株式会社の執行役員ですが、その他、当社との間には

          利害関係はありません。
           社外取締役及川健一郎は、当社の主要株主である丸紅株式会社の執行役員ですが、その他、当社との間に
          は利害関係はありません。
           社外取締役江﨑浩は、東京大学大学院情報理工学系研究科教授であり、当社との間には利害関係はありま
          せん。
           社外取締役三宅伊智朗は、S&P               Global    Japan特別顧問であり、当社との間には利害関係はありません。
           社外監査役佐野靖弘は、過去に当社の主要株主である丸紅株式会社の従業員であったこと(1979年~2014
          年)を除いては、当社との間には利害関係はありません。
           社外監査役本村健は、弁護士であり、当社との間には利害関係はありません。
           なお、丸紅株式会社によれば、当社株式の上場日をもって会計基準上の実質的な支配が存在すると考えら
          れ、当社は丸紅株式会社の連結子会社となる予定とのことであるため、株本幸二及び及川健一郎は社外取締
          役の要件を充足しなくなる予定です。
           当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針を明確に定めてはおり

          ませんが、選任に当たっては経歴や当社との関係性を踏まえて、社外役員としての職務を遂行できる十分な
          独立性が確保できることを前提に判断しております。なお、社外取締役江﨑浩、三宅伊智朗と本村健は、株
          式会社東京証券取引所に定める独立役員の要件を満たしております。
                                  70/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (当社の企業統治体制図)
          ロ.当該体制を採用する理由






           当社は、取締役会の構成において、独立した立場の社外取締役を置くことで、経営の客観性と透明性を確
          保しております。
           また、監査役会は、社外監査役が半数を占めており、独立した客観的な立場から経営者に対して意見を述
          べることができるよう、経営に対する監視・監督を強化しております。
           さらに、執行役員制度の導入によって、業務執行と監督機能の分離、経営の透明性の向上、経営責任の明
          確化、意思決定の迅速化を図っております。
           これらの機関が相互に連携することによって、経営の健全性及び透明性を維持し、内部統制及びコンプラ
          イアンス遵守の徹底を確保できるものと認識しており、現在の企業統治体制を採用しております。
          ハ.その他の企業統治に関する事項

           当社は、以下の内部統制の基本方針に基づき、内部統制システムを構築しております。
           当社は、取締役会において、当社の内部統制システムについて、以下のとおり決議しております。

                                  71/199










                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           1.取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            (1)コーポレート・ガバナンス
             ①  取締役及び取締役会
               取締役会は、法令・定款等に則り、経営の重要事項を決定し、取締役の業務執行を監督する。取
              締役会の議長は、取締役会規程及び定款に従い代表取締役社長が務めることとする。
               取締役は、取締役会が決定する業務担当に基づき、法令・定款等に則り、業務を執行し、業務執
              行状況を取締役会に報告する。また、経営責任を明確にするとともに経営環境の変化に対応して最
              適な経営体制を機動的に構築するため、取締役の任期は一年とする。
               当社はコーポレート・ガバナンスの実効性を確保するため、社外取締役を選任する。
             ②  監査役及び監査役会
               監査役は、法令の定める権限を行使するとともに、会計監査人と連係して、「監査役会規程」及
              び「監査役監査基準」等に則り、取締役の職務執行の適正性について監査を実施する。
             ③  会計監査人
               法令の規定により、会計監査人を置く。会計監査人は、企業会計審議会の定める「監査に関する
              品質基準」等に従い整備された体制に基づき監査を行う。監査役は、会計監査人による監査結果の
              相当性を監査する。
            (2)コンプライアンス
             ①  コンプライアンス体制
               当社は、取締役及び使用人がコンプライアンスに適った企業活動を実践するため、就業規則、コ
              ンプライアンスに関するマニュアルその他の行動規範を定める。その目的達成のため、コンプライ
              アンス委員会をはじめとした各種委員会を設置し、諸施策を講じる。
             ②  内部通報制度
               コンプライアンス上問題のある行為を知ったとき、何らかの理由で職制ラインが機能しない場合
              に備え、当社のコンプライアンスの報告・相談窓口として、社内相談窓口、社外弁護士ライン等を
              活用する。
            (3)モニタリング
              コンプライアンス委員会は、当社におけるコンプライアンス上問題のある不正な行為の原因究明、
             再発防止策に関する審議を行い、その結果を踏まえて、再発防止策の実施や不正行為発生の予防活動
             等を推進する。取締役・使用人の職務の執行により法令違反等が生じた場合、「就業規則」等の諸規
             程に則り、厳正な処分を行う。
            (4)反社会的勢力への対応
              反社会的勢力とは取引関係を含めて一切の関係を持たない。反社会的勢力からの不当要求に対して
             は、組織全体として毅然とした対応をとる。
           2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

            (1)情報の保存及び管理
              当社は、文書管理規程を整備し、保存対象文書、保存期間及び文書管理責任者を定め、取締役及び
             使用人の職務の執行に係る情報の保存及び管理を行う。
            (2)情報の閲覧
              取締役及び監査役は、常時、これらの文書等を閲覧できるものとする。
           3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            (1)職務権限の原則
              取締役及び各職位にある使用人は、取締役会決議及び関連規程に基づき、その職務の遂行に必要な
             権限を付与されるとともに、その範囲内で職務の執行に伴うリスクを管理し、結果について責任を負
             う。
            (2)稟議制度
              重要な投資等の個別案件については、関連規程に基づき、社長の決裁を得る。更に法令若しくは定
             款又は案件の重要度に応じ、取締役会の承認を取得し、個別リスク管理を強化する体制をとる。
            (3)リスク評価
              全社的なリスク分散の観点から、業種、市場、客先に関する信用等のリスク管理を実施する。レ
             ピュテーションリスク、情報セキュリティリスク等については、コンプライアンス体制の強化等によ
             りリスク管理を実施する。
            (4)危機管理
                                  72/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              自然災害など重大事態が発生した場合は、危機管理に関するマニュアルに従い、社長又は社長が指
             名した職務分掌上の責任を有する社内の関係部署の役員、その他の管理職を本部長とする危機対策本
             部を設置し、損害・損失等を最小限にとどめるための具体策を迅速に決定・実行する。
           4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

            (1)経営方針、経営戦略及び経営計画
              取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため、経営方針、経営戦略及び経営計画
             等、全取締役・使用人が共有する目標を定め、その浸透を図るとともに、目標達成に向けて取締役・
             使用人各自が実施すべき具体的な目標を定める。
            (2)職務権限・責任の明確化
              諸規程において各取締役・使用人の役割分担、権限、責任及び意思決定のルールを明確に定める。
            (3)内部監査
              業務執行者の職務執行の妥当性及びコンプライアンスの状況につき調査するため、社長直轄の組織
             として内部監査部を設置し、内部監査部による内部監査を実施する。内部監査の結果は定期的に取締
             役会に報告されるものとする。
           5.企業集団における業務の適正を確保するための体制

            (1)コンプライアンス
              コンプライアンス委員会他各種委員会は、社内のコンプライアンス活動の支援及び指導を行う。
            (2)財務報告及び資産保全の適正性確保のための体制整備
              当社は、連結財務諸表等の財務報告について、信頼性を確保するためのシステム、継続的にモニタ
             リングするために必要な体制及び当社が有する資産の取得・保管・処分が適正になされるために必要
             な体制を整備する。
            (3)監査
              監査役は監査を実施し、必要に応じ取締役に勧告又は助言を行う。
           6.常勤監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項並びにその使用人の取締役からの独立性に関する

             事項
            (1)監査役付の任命
              監査役付を任命し、監査役付は監査役の業務を補助する。
            (2)監査役付の人事
              監査役付の人事(異動、評価、懲戒処分等)を行う場合は、人事総務本部長は、事前に監査役に報
             告し、その意見を徴する。監査役は必要に応じ、監査役付の人事について、変更を申し入れることが
             できる。
           7.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他監査役への報告に関する体制

            (1)監査役による重要会議への出席
              監査役は、取締役会に出席し、取締役から、業務執行の状況その他重要事項の報告を受ける。ま
             た、監査役は監査役会の定める職務の分担に従い、その他重要な会議に出席する。
            (2)取締役・使用人による監査役への報告
              社長は、定期的に社長・監査役ミーティングを開催し、業務の執行状況について監査役に報告す
             る。取締役は、当社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは直ちに監査役に報告を
             行う。上記にかかわらず監査役は必要に応じ、いつでも取締役・使用人に報告を求めることができ
             る。
           8.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

            (1)会計監査人との連係
              監査役は、会計監査人と会議を開催し、監査方針及び監査結果報告に関わる意見交換を行うことが
             できる。
            (2)外部専門家の起用
              監査役が必要と認めるときは、弁護士、公認会計士その他の外部アドバイザーを任用することがで
             きる。
          ニ.責任限定契約の内容

           当社は、定款に取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役の責任限定契約に関する規定を設
          けております。当該定款に基づき、当社は取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役の全員と
          責任限定契約を締結しております。
                                  73/199

                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (取締役の責任限定契約)
           取締役(業務執行取締役等である者を除く。)は、契約締結後、任務を怠ったことによる損害賠償責任に
          ついて、その職務を行うにつき、善意でありかつ重大な過失がないときは、500万円又は法令が規定する額の
          いずれか高い額を限度としてその責任を負担する。
          (監査役の責任限定契約)

           監査役は、契約締結後、任務を怠ったことによる損害賠償責任について、その職務を行うにつき、善意で
          ありかつ重大な過失がないときは、500万円又は法令が規定する額のいずれか高い額を限度としてその責任を
          負担する。
         ②  内部監査及び監査役監査の状況

          (内部監査)
           当社の内部監査部(2名)は、監査の効果的、効率的な実施に努め、当社及び当社グループ会社に対し、内
          部統制システムの整備、コンプライアンス、リスク管理体制の遵守、整備状況を監査するとともに、内部監査
          の結果については、改善状況を定期的に確認し、その内容を代表取締役社長、監査役及び関係部署へ報告して
          おります。具体的には、期初に作成した監査計画に基づき内部監査を実施し、被監査部署に対して監査結果を
          通知するとともに、代表取締役社長及び監査役に対し監査結果を報告の上、改善が必要な内容については、改
          善実施状況及び結果を確認しております。
           監査役とは定期的に打ち合わせを行い、監査の状況説明、意見交換を行っております。また、会計監査人と
          は定期的に意見交換を実施し、内部監査で把握した内部統制に関する重要な事象に関しては、会計監査人へ情
          報を提供し、必要に応じて助言を得ております。
          (監査役監査)
           当社の監査役会は監査役3名(うち社外監査役2名)で構成されております。監査役監査は、代表取締役社
          長との意見交換、重要な会議への出席、重要書類の閲覧、重要な財産の調査、事業部へのヒアリング、子会社
          調査等を行うとともに、内部監査部、会計監査人と連携をとりながら、監査の実効性、効率性を高めておりま
          す。内部監査部とは定期的に打ち合わせを行い、監査の状況の確認、意見交換を行っております。また、会計
          監査人からは監査計画についての説明を受けるとともに、四半期毎に意見交換を実施し、連携を行っておりま
          す。
         ③  会計監査の状況

           会計監査につきましては、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結しており、同法人が会社法及び金融
          商品取引法に基づく会計監査を実施しております。
          当期において、業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりであります。
           業務を執行した公認会計士の氏名

            指定有限責任社員 業務執行社員 渡邉                   正
            指定有限責任社員 業務執行社員                増田晋一
            (注)継続監査年数については、全員7年以内であるため記載を省略しております。
           監査業務に係る補助者の構成
            公認会計士      36名、その他       37名
         ④  役員の報酬等

          イ.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                       対象となる
                  報酬等の総額
                                                       役員の員数
         役員区分
                   (百万円)
                                  ストック
                                                        (名)
                          基本報酬                賞与      退職慰労金
                                 オプション
         取締役
                       54       54        -       -       -      2
      (社外取締役を除く。)
         監査役
                       -       -       -       -       -      -
      (社外監査役を除く。)
                       -       -       -       -       -      -
        社外取締役
                       14       14        -       -       -      2

        社外監査役
          ロ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

           連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在していないため、記載しておりません。
                                  74/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ハ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

           取締役報酬の支給にあたっては、会社の業績及び各役員の実績を評価し、株主総会決議の範囲内(年額300
          百万円以内)で報酬等の額を決定しております。監査役報酬については、株主総会決議の範囲内(年額70百
          万円以内)で、監査役の協議により決定しております。
                                  75/199



















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ⑤  株式の保有状況
          イ.保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
             銘柄数                           2銘柄
             貸借対照表計上額の合計額                   45百万円
          ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有

           目的
          (前事業年度)

          特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
                           株式数(株)
              銘柄                                    保有目的
                                    (百万円)
                               800           40
       株式会社ダイバーシティメディア                                       取引関係の円滑化のため
                              3,600            5
      日本ネットワークイネイブラー株式会社                                        取引関係の円滑化のため
          (当事業年度)

          特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
                           株式数(株)
              銘柄                                    保有目的
                                    (百万円)
                               800           40
       株式会社ダイバーシティメディア                                       取引関係の円滑化のため
                              3,600            5
      日本ネットワークイネイブラー株式会社                                        取引関係の円滑化のため
          ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
         ⑥  取締役の定数

           当社の取締役は11名以内とする旨を定款で定めております。
         ⑦  取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使することができる株主の3分の1以上
          を有する株主が出席し、その議決権の過半数の決議によって選任する旨を定款で定めております。また、取締
          役の選任については、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
         ⑧  株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項の規定による株主総会の特別決議は、議決権を行使することができる株主の
          議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めており
          ます。
           これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
          的とするものです。
         ⑨  取締役及び監査役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取
          締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免
          除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その
          能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
         ⑩  剰余金の配当等の機関決定

           当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項(中間配当を含む。)について、法令に別
          段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨を定款に定めておりま
          す。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、機動的な配当政策及び資本政策を諮ること
          を目的とするものであります。
                                  76/199



                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく
                く報酬(百万円)           報酬(百万円)           く報酬(百万円)           報酬(百万円)
        提出会社                 92           3           72            -

       連結子会社                  6            -           7            -

         計                98           3           79            -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、国際会計基準(IFRS)の導入に伴う
         影響度調査であります。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の事業規模及び特性、EY新日本有限
         責任監査法人が策定した監査計画、監査内容、監査日数等を総合的に勘案し、当社と同監査法人と協議の上、監
         査役会の同意のもと、取締役会において決定しております。
                                  77/199









                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び要約四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、国際会計基準(IFRS)に準拠して作成しております。
       (2)当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年

        内閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
       (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
        す。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2016年4月1日から2017年3月
        31日まで)及び当連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度
        (2016年4月1日から2017年3月31日まで)及び当事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸
        表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
         なお、EY新日本有限責任監査法人は2018年7月1日をもって、新日本有限責任監査法人から名称変更をしており
        ます。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から

        2018年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る要約四半期
        連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
         なお、EY新日本有限責任監査法人は2018年7月1日をもって、新日本有限責任監査法人から名称変更をしており
        ます。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
       することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
       (1)  会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、監
        査法人等が主催するセミナー等に参加する等を行っております。
       (2)  IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

        握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方
        針及び会計指針を作成し、それらに基づいて会計処理を行っております。
                                  78/199








                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                  移行日        前連結会計年度          当連結会計年度
                           注記
                               (2016年4月1日)          (2017年3月31日)          (2018年3月31日)
                                  百万円          百万円          百万円
     資産
      流動資産
                            8         4,797          5,140          7,278
       現金及び現金同等物
                           9,31         5,670          5,489          6,183
       営業債権及びその他の債権
                            10          60          43          54
       その他の金融資産
                            11          41          155          202
       棚卸資産
                                     1,112          1,577          1,236
                            12
       その他の流動資産
                                    11,682          12,406          14,954
             小計
                                      44           -          -
       売却目的で保有する資産
                                    11,727          12,406          14,954
       流動資産合計
      非流動資産
       有形固定資産                    13,15         24,581          28,487          29,119
                            14        11,337          12,647          12,647
       のれん
                            14        10,584          17,837          16,970
       無形資産
                           10,31          2,611          2,757          2,751
       その他の金融資産
                            16          517          504         1,507
       繰延税金資産
                                      164          778          609
                            12
       その他の非流動資産
                                    49,796          63,012          63,605
       非流動資産合計
                                    61,524          75,419          78,560
      資産合計
                                  79/199












                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  移行日        前連結会計年度          当連結会計年度
                           注記
                               ( 2016年4月1日       )  ( 2017年3月31日       )  ( 2018年3月31日       )
                                  百万円          百万円          百万円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        借入金                   17,31           628         1,028          1,332
        営業債務及びその他の債務                   18,31          4,175          5,255          4,169
        その他の金融負債                  15,17,31          1,633          1,427           872
        未払法人所得税等                            2,428           855         1,648
        引当金                    20           -          3          3
        その他の流動負債                            3,652          4,120          4,438
                            21
        流動負債合計
                                    12,517          12,691          12,464
       非流動負債
        借入金                   17,31         38,979          43,678          42,418
        その他の金融負債                  15,17,31          2,653          1,711          1,650
        退職給付に係る負債                    19          311          359          445
        引当金                    20         2,780          2,869          2,922
        繰延税金負債                    16           -        2,335          3,103
        その他の非流動負債                            2,234          2,230          1,584
                            21
        非流動負債合計
                                    46,959          53,186          52,124
       負債合計
                                    59,477          65,877          64,588
      資本
       資本金                     22         5,150          5,150          5,150
       資本剰余金                     22         4,849          4,849          5,883
       利益剰余金                     22        △7,771          △3,630            953
       その他の資本の構成要素                             △182          △130          △114
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                     2,046          6,239          11,872
       非支配持分                               -        3,302          2,099
       資本合計
                                     2,046          9,541          13,972
      負債及び資本合計
                                    61,524          75,419          78,560
                                  80/199










                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【要約四半期連結財政状態計算書】
                                  前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                           注記
                                 (2018年3月31日)               (2018年9月30日)
                                    百万円               百万円
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                                   7,278               5,692
       営業債権及びその他の債権                                   6,183               6,209
       その他の金融資産                     9               54               62
       棚卸資産                                    202               239
       未収法人所得税等                                     -               91
                                          1,236               1,622
       その他の流動資産
       流動資産合計
                                         14,954               13,917
      非流動資産
       有形固定資産                                  29,119               29,960
       のれん                                  12,647               12,646
       無形資産                                  16,970               16,587
       その他の金融資産                     9              2,751               2,855
       繰延税金資産                                   1,507                 989
                                           609               462
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                                  63,605               63,501
                                         78,560               77,419
      資産合計
                                  81/199













                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間

                           注記
                                 (2018年3月31日)               (2018年9月30日)
                                    百万円               百万円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        借入金                    9              1,332               1,483
        営業債務及びその他の債務                                  4,169               3,385
        その他の金融負債                    9               872               749
        未払法人所得税等                                  1,648                 560
        引当金                                    3               3
                                          4,438               4,317
        その他の流動負債
        流動負債合計
                                         12,464               10,499
       非流動負債
        借入金                    9             42,418               40,822
        その他の金融負債                    9              1,650               2,265
        退職給付に係る負債                                   445               515
        引当金                                  2,922               2,798
        繰延税金負債                                  3,103               3,001
                                          1,584               1,347
        その他の非流動負債
        非流動負債合計                                 52,124               50,750
       負債合計
                                         64,588               61,249
      資本
       資本金                                   5,150               5,150
       資本剰余金                                   5,883               5,883
                                           953
       利益剰余金                                                  3,281
                                          △114                △28
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                         11,872               14,285
                                          2,099               1,884
       非支配持分
       資本合計                                  13,972               16,169
                                         78,560               77,419
      負債及び資本合計
                                  82/199









                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書】
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                           注記
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                    百万円               百万円
     売上高                       24             41,365               47,587
                                         29,236               32,391
     売上原価
     売上総利益
                                         12,129               15,196
     販売費及び一般管理費                       25              5,735               7,337
     その他の収益                       26               106               113
                                           573               422
     その他の費用                       26
     営業利益
                                          5,926               7,549
     金融収益                       27               38               33
                                           461               436
     金融費用                       27
     税引前利益
                                          5,503               7,146
                                          1,360               2,234
     法人所得税費用                       16
                                          4,142               4,912
     当期利益
     当期利益の帰属

      親会社の所有者                                    4,142               4,610
      非支配持分                                      -              301
                                          4,142               4,912
      当期利益
     1株当たり当期利益

      基本的1株当たり当期利益(円)
                            29              82.85               92.21
      希薄化後1株当たり当期利益(円)
                                            -               -
                                  83/199












                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【要約四半期連結損益計算書】
          【第2四半期連結累計期間】
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           注記
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                    百万円               百万円
     売上高                       7             23,133               23,765
     売上原価                                    15,441               15,924
     売上総利益
                                          7,692               7,840
     販売費及び一般管理費                                     3,587               3,717
                                           35
     その他の収益                                                      36
                                           315
                                                          475
     その他の費用
     営業利益
                                          3,825               3,683
                                           17
     金融収益                                                      16
                                           225
                                                          246
     金融費用
     税引前四半期利益
                                          3,616               3,454
                                          1,129
                                                          931
     法人所得税費用
                                          2,487               2,522
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                          2,364
      親会社の所有者                                                   2,327
                                           122
                                                          194
      非支配持分
                                          2,487               2,522
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                                    47.30
                            8                             46.56
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                            8                -               -
                                  84/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【第2四半期連結会計期間】
                                前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                                (自 2017年7月1日               (自 2018年7月1日
                           注記
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                    百万円               百万円
     売上高                                    11,679               12,007
                                          7,818               7,971
     売上原価
     売上総利益
                                          3,861               4,035
     販売費及び一般管理費                                     1,790               1,856
                                           29
     その他の収益                                                      31
                                           215
                                                          178
     その他の費用
     営業利益
                                          1,885               2,032
                                            8
     金融収益                                                      8
                                           109
                                                          132
     金融費用
     税引前四半期利益
                                          1,783               1,908
                                           581
                                                          509
     法人所得税費用
                                          1,202               1,399
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                          1,145
      親会社の所有者                                                   1,294
                                           56
                                                          104
      非支配持分
                                          1,202               1,399
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                                    22.91
                            8                             25.89
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                            8                -               -
                                  85/199












                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結包括利益計算書】
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                           注記
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                    百万円               百万円
                                          4,142
     当期利益                                                    4,912
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                           28,31                51               16
       定する金融資産
                                           △1               △26
       確定給付制度の再測定                    19,28
       純損益に振り替えられることのない項目
                                           49              △10
       合計
      税引後その他の包括利益                                     49              △10
                                          4,192               4,901
     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    4,192               4,599
                                            -              301
      非支配持分
                                          4,192               4,901
      当期包括利益
                                  86/199













                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【要約四半期連結包括利益計算書】
          【第2四半期連結累計期間】
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                           注記
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                    百万円               百万円
     四半期利益                                     2,487               2,522
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で
                                           16               85
                            9
       測定する金融資産
       純損益に振り替えられることのない項目
                                           16               85
       合計
      税引後その他の包括利益                                     16               85
                                          2,503               2,607
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    2,380               2,413
                                           122               194
      非支配持分
                                          2,503               2,607
      四半期包括利益
                                  87/199













                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【第2四半期連結会計期間】
                                前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                                (自 2017年7月1日               (自 2018年7月1日
                           注記
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                    百万円               百万円
     四半期利益                                     1,202               1,399
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で
                                            -               -
       測定する金融資産
       純損益に振り替えられることのない項目
                                            -               -
       合計
      税引後その他の包括利益                                      -               -
                                          1,202               1,399
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    1,145               1,294
                                           56               104
      非支配持分
                                          1,202               1,399
      四半期包括利益
                                  88/199














                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結持分変動計算書】
                                   親会社の所有者に帰属する持分
                                              その他の資本の構成要素

                                          その他の包括
                    注記    資本金      資本剰余金      利益剰余金      利益を通じて
                                                       合計
                                                確定給付制度
                                          公正価値で
                                                の再測定
                                          測定する金融
                                          資産
                        百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2016年4月1日時点の残高                    5,150      4,849      △7,771       △182        -     △182
     当期利益                      -      -     4,142        -      -      -
                           -      -      -      51      △1       49
     その他の包括利益             19,28,31
      当期包括利益合計                     -      -     4,142        51      △1       49
     利益剰余金への振替
                           -      -      △1       -      1      1
                           -      -      -      -      -      -
     企業結合による変動               7
      所有者との取引額合計
                           -      -      △1       -      1      1
     2017年3月31日時点の残高
                          5,150      4,849      △3,630       △130        -     △130
     当期利益                      -      -     4,610        -      -      -
                           -      -      -      16      △26      △10
     その他の包括利益             19,28,31
      当期包括利益合計
                           -      -     4,610        16      △26      △10
     利益剰余金への振替
                           -      -     △26        -      26      26
     配当金               23       -      -      -      -      -      -
                           -     1,033        -      -      -      -
     支配継続子会社に対する持分変動
      所有者との取引額合計                     -     1,033       △26        -      26      26
                          5,150      5,883       953      △114        -     △114
     2018年3月31日時点の残高
                      親会社の所有

                      者に帰属する
                        持分
                             非支配持分        合計

                   注記     合計
                        百万円       百万円      百万円

     2016年4月1日時点の残高                    2,046        -     2,046
     当期利益                    4,142        -     4,142
                           49       -      49
     その他の包括利益             19,28,31
      当期包括利益合計
                         4,192        -     4,192
     利益剰余金への振替
                           -       -      -
                           -     3,302      3,302
     企業結合による変動               7
      所有者との取引額合計
                           -     3,302      3,302
     2017年3月31日時点の残高
                         6,239       3,302      9,541
     当期利益                    4,610       301      4,912
                          △10        -     △10
     その他の包括利益             19,28,31
      当期包括利益合計                   4,599       301      4,901
     利益剰余金への振替
                           -       -      -
     配当金
                    23       -     △404      △404
     支配継続子会社に対する持分変動                    1,033      △1,099        △66
      所有者との取引額合計                   1,033      △1,504       △470
                         11,872       2,099      13,972
     2018年3月31日時点の残高
                                  89/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【要約四半期連結持分変動計算書】
       前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
                                 親会社の所有者に帰属する持分

                                          その他の資本の構成要素

                                         その他の包

                  注記    資本金      資本剰余金       利益剰余金       括利益を通               合計
                                         じて公正価        合計
                                         値で測定す
                                         る金融資産
                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
     2017年4月1日時点の残高                   5,150       4,849      △3,630        △130       △130       6,239
      四半期利益                    -       -     2,364         -       -     2,364
                          -       -       -      16       16       16
      その他の包括利益             9
     四半期包括利益合計
                          -       -     2,364        16       16     2,380
                          -       -       -       -       -       -
      配当金
     所有者との取引額合計                     -       -       -       -       -       -
                        5,150       4,849      △1,265        △114       △114       8,620
     2017年9月30日時点の残高
                     非支配持分        合計

                  注記
                      百万円       百万円

     2017年4月1日時点の残高                   3,302       9,541
      四半期利益                   122      2,487
                          -      16
      その他の包括利益             9
     四半期包括利益合計
                         122      2,503
                        △202       △202
      配当金
     所有者との取引額合計                   △202       △202
                        3,222      11,842
     2017年9月30日時点の残高
                                  90/199









                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
                                 親会社の所有者に帰属する持分

                                          その他の資本の構成要素

                                         その他の包

                  注記    資本金      資本剰余金       利益剰余金       括利益を通               合計
                                         じて公正価        合計
                                         値で測定す
                                         る金融資産
                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
     2018年4月1日時点の残高                   5,150       5,883        953      △114       △114      11,872
      四半期利益                    -       -     2,327         -       -     2,327
                          -       -       -      85       85       85
      その他の包括利益             9
     四半期包括利益合計
                          -       -     2,327        85       85     2,413
                          -       -       -       -       -       -
      配当金
     所有者との取引額合計                     -       -       -       -       -       -
                        5,150       5,883       3,281       △28       △28      14,285
     2018年9月30日時点の残高
                     非支配持分        合計

                  注記
                      百万円       百万円

     2018年4月1日時点の残高                   2,099      13,972
      四半期利益                   194      2,522
                          -      85
      その他の包括利益             9
     四半期包括利益合計
                         194      2,607
                        △409       △409
      配当金
     所有者との取引額合計                   △409       △409
                        1,884      16,169
     2018年9月30日時点の残高
                                  91/199










                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                               注記
                                    至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
                                       百万円              百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前利益                                     5,503              7,146
                                            5,812              6,661
      減価償却費及び償却費                         13,14
                                             61              -
      減損損失                         13,14
      金融収益                         27             △38              △33
                                             461              436
      金融費用                         27
                                                           54
      固定資産除却損                                      189
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                      847             △587
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                     △132              △94
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                      479             △167
                                            △13
                                                          730
      その他
                                           13,  171            14,146
                小計
      利息の受取額                                       0              0
                                            △350              △336
      利息の支払額
                                           △3,264              △1,910
      法人所得税の支払額
                                            9,555             11,900
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      有形固定資産の取得による支出                                    △7,982              △7,203
                                                         1,018
      有形固定資産の売却による収入                                       -
                                            △180              △133
      有形固定資産の処分による支出
                                            △167              △362
      無形資産の取得による支出
                                                           -
      子会社の取得による支出                          7           △4,339
                                             87
      事業譲渡による収入                                                     -
                                             12            △234
      その他
                                          △12,570              △6,914
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー

      長期借入れによる収入                                     5,655                -
      長期借入金の返済による支出                                     △628             △1,028
                                                        △1,297
      リース債務の返済による支出                         15           △1,653
      非支配持分への配当金の支払額                                       -            △404
                                                          △95
      非支配持分からの子会社持分取得による支出                                       -
                                                          △21
                                            △15
      その他
                                                        △2,847
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                     3,3  57
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                       342
                                                         2,137
     現金及び現金同等物の期首残高                           8            4,797              5,140
                                            5,140              7,278
     現金及び現金同等物の期末残高                           8
                                  92/199






                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                              注記
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
                                      百万円              百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                     3,616              3,454
      減価償却費及び償却費                                     3,308              3,278
                                            △17
      金融収益                                                    △16
                                            225
      金融費用                                                    246
                                             48
      固定資産除却損                                                     60
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                     △258
                                                          △57
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                     △160
                                                          △65
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                      491
                                                         △588
                                          △1,007               △337
      その他
                小計
                                           6,246              5,973
                                             0
      利息の受取額                                                     0
                                           △174
      利息の支払額                                                   △174
                                           △798
                                                        △1,424
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                     5,273              4,374
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      有形固定資産の取得による支出                                    △4,682              △3,215
                                            144
      有形固定資産の売却による収入                                                    126
      有形固定資産の処分による支出                                     △66              △111
                                            △83
      無形資産の取得による支出                                                   △130
                                           △173
                                                         △199
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                    △4,861              △3,530
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                                           △514
      長期借入金の返済による支出                                                  △1,320
                                           △709
      リース債務の返済による支出                                                   △508
                                           △202
      非支配株主への配当金の支払額                                                   △409
                                            △10
                                                         △191
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △1,436              △2,430
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                          △1,023              △1,585
                                           5,140              7,278
     現金及び現金同等物の期首残高
                                           4,116              5,692
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                  93/199







                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【連結財務諸表注記】
         1.報告企業
           アルテリア・ネットワークス株式会社(以下「当社」という。)は、日本に所在する株式会社であります。そ
          の登記されている本社の住所は              東京都港区新橋六丁目9番8号であります                    。当社の連結財務諸表は、2018年               3
          月31日を期末日とし、当社及びその子会社(以下「当社グループ」という。)から構成されております。
           当社グループの事業内容は、              注記「6.セグメント情報             (1)  報告セグメントの概要          」に記載しておりま
          す。
         2.作成の基礎

          (1)  IFRSに準拠している旨及び初度適用に関する事項
            当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大
           蔵省令第28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規
           定により、国際会計基準(IFRS)に準拠して作成しております。
            本連結財務諸表は、         2018年11月5日       に代表取締役社長CEO川上潤及び取締役常務執行役員CFO建石成一に
           よって承認されております。
            当社グループは、2018年3月31日に終了する連結会計年度からIFRSを初めて適用しており、IFRSへの移行
           日は2016年4月1日であります。IFRSへの移行日及び比較年度において、IFRSへの移行が当社グループの財
           政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に与える影響は、注記                                 「36.初度適用」に         記載しておりま
           す。
            早期適用していないIFRS及びIFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」(以下「IFRS第1号」とい
           う。)の規定により認められた免除規定を除き、当社グループの会計方針は2018年3月31日に有効なIFRSに
           準拠しております。         なお、適用した免除規定については、注記「36.初度適用」に記載しております。
          (2)  測定の基礎

            当社グループの連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定されてい
           る特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
          (3)  機能通貨及び表示通貨

            当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満を切り
           捨てて表示しております。
          (4)  新基準の早期適用

            当社グループは、以下のIFRSを早期適用しております。
                                        強制適用時期
                       IFRS                            早期適用開始日
                                       (~以降開始年度)
             IFRS第   9 号    金融商品                   2018年1月1日           2016年4月1日

                                  94/199








                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.重要な会計方        針
          (1)  連結の基礎
            子会社
             子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。当社グループがある企業への関与に
            より生じる変動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、当該企業に対するパワーによ
            り当該リターンに影響を及ぼす能力を有している場合に、当社グループは当該企業を支配していると判断
            しております。
             子会社の財務諸表は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結の対象に含め
            ております。
             子会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子
            会社の財務諸表に調整を加えております。当社グループ間の債権債務残高及び内部取引高、並びに当社グ
            ループ間の取引から発生した未実現損益は、連結財務諸表の作成に際して消去しております。
             子会社持分を一部処分した際、支配が継続する場合には、資本取引として会計処理しております。非支
            配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分として資本に直接認識され
            ております。
             支配を喪失した場合には、支配の喪失から生じた利得又は損失は純損益で認識しております。
          (2)  企業結合

            企業結合は取得法を用いて会計処理しております。                         取得対価は、当社グループが移転した資産、当社グ
           ループが引き受けた負債及び当社グループが発行する資本性金融商品の取得日の公正価値の合計として測定
           されます。取得関連費用は発生時に純損益で認識しております。
            被取得企業における識別可能な資産及び負債は、以下を除いて、取得日の公正価値で測定しております。
            ・繰延税金資産・負債及び従業員給付契約に関連する資産・負債
            ・IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業」に従って売却目的に分類される資産又は
             処分グループ
            取得対価が識別可能な資産及び負債の公正価値を超過する場合は、連結財政状態計算書においてのれんと
           して計上しております。この差額が負の金額である場合には、直ちに連結損益計算書において純損益として
           計上しております。
            非支配持分を公正価値で測定するか、又は識別可能な純資産の認識金額の比例持分で測定するかについて
           は、企業結合ごとに選択しております。
            企業結合の当初の会計処理が、企業結合が発生した連結会計年度末までに完了していない場合は、完了し
           ていない項目を暫定的な金額で報告しております。取得日時点に存在していた事実と状況を、取得日当初に
           把握していたとしたら認識される金額の測定に影響を与えていたと判断される期間(以下「測定期間」とい
           う。)に入手した場合、その情報を反映して、取得日に認識した暫定的な金額を遡及的に修正しておりま
           す。新たに得た情報が、資産と負債の新たな認識をもたらす場合には、追加の資産と負債を認識しておりま
           す。測定期間は最長で1年間としております。
            なお、支配獲得後の非支配持分の追加取得については、資本取引として会計処理しているため、当該取引
           からのれんは認識しておりません。
            当社グループは、IFRS第1号の免除規定を採用し、IFRS移行日(2016年4月1日)より前に発生した企業
           結合に関して、IFRS第3号「企業結合」を遡及適用しておりません。従って、IFRS移行日より前の取得によ
           り生じたのれんは、IFRS移行日現在の従前の会計基準(日本基準)による帳簿価額で計上されております。
          (3)  外貨換算

            外貨建取引は、取引日の為替レートで当社グループの各社の機能通貨に換算しております。
            期末日における外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで機能通貨に換算しております。
            換算又は決済により生じる換算差額は、純損益として認識しております。
                                  95/199




                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (4)  金融商品
           ① 金融資産
            (ⅰ)当初認識及び測定
               当社グループは、金融資産について、純損益又はその他の包括利益を通じて公正価値で測定される
              金融資産、償却原価で測定される金融資産に分類しております。この分類は、当初認識時に決定して
              おります。
               当社グループは、営業債権を、発生日に当初認識しております。その他のすべての金融資産は、当
              社グループが当該金融資産の契約当事者となった取引日に当初認識しております。
               すべての金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定される区分に分類される場合を除き、公正価
              値に取引費用を加算した金額で測定しております。
               金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定される金融資産に分類しており
              ます。
               ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基
                づいて、資産が保有されている。
               ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フ
                ローが特定の日に生じる。
               償却原価で測定される金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定される金融資産に分類しており
              ます。
               公正価値で測定される資本性金融資産については、純損益を通じて公正価値で測定しなければなら
              ない売買目的で保有される資本性金融資産を除き、個々の資本性金融資産ごとに、純損益を通じて公
              正価値で測定するか、その他の包括利益を通じて公正価値で測定するかを指定し、当該指定を継続的
              に適用しております。
            (ⅱ)事後測定

               金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
             (a)  償却原価により測定される金融資産
               償却原価により測定される金融資産については、実効金利法による償却原価により測定しておりま
              す。
             (b)  公正価値により測定される金融資産
               公正価値により測定される金融資産の公正価値の変動額は純損益として認識しております。但し、
              資本性金融資産のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定したものについては、
              公正価値の変動額はその他の包括利益として認識しております。なお、当該金融資産からの配当金に
              ついては、金融収益の一部として当期の純損益として認識しております。
            (ⅲ)金融資産の減損

               償却原価により測定される金融資産については、                        予想  信用損失に対する貸倒引当金を認識しており
              ます。
               当社グループは、期末日ごとに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加してい
              るかどうかを評価しており、当初認識時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12ヶ月
              の予想信用損失を貸倒引当金として認識しております。一方で、当初認識時点から信用リスクが著し
              く増加している場合には、全期間の予想信用損失と等しい金額を貸倒引当金として認識しておりま
              す。  信用リスクが著しく増加しているか否かは、債務不履行リスクの変化に基づいて判断しており、
              債務不履行リスクに変化があるかどうかの判断にあたっては、金融商品の外部信用格付けの著しい変
              化、事業状況又は財務状況の不利な変化、期日経過の情報等を考慮しております。
               なお、金融資産に係る信用リスクが期末日現在で低いと判断される場合には、当該金融資産に係る
              信用リスクが当初認識以降に著しく増大していないと評価しております。
               但し、営業債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加の有無にかかわらず、常
              に全期間の予想信用損失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
               予想信用損失は、契約に従って企業に支払われるべきすべての契約上のキャッシュ・フローと、企
              業が受け取ると見込んでいるすべてのキャッシュ・フローとの差額の現在価値として測定しておりま
              す。
               当社グループは、ある金融資産の全体又は一部分を回収するという合理的な予想を有していない場
              合には、金融資産の総額での帳簿価額を直接減額しております。
               金融資産に係る貸倒引当金の繰入額は、純損益で認識しております。貸倒引当金を減額する事象が
              生じた場合は、貸倒引当金戻入額を純損益で認識しております。
                                  96/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (ⅳ)金融資産の認識の中止
               当社グループは、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅する、又は当社
              グループが金融資産の所有のリスクと経済価値のほとんどすべてを移転する場合において、金融資産
              の認識を中止しております。当社グループが、移転した当該金融資産に対する支配を継続している場
              合には、継続的関与を有している範囲において、資産と関連する負債を認識致します。
           ② 金融負債

            (ⅰ)当初認識及び測定
               当社グループは、金融負債について、純損益を通じて公正価値で測定される金融負債と償却原価で
              測定される金融負債のいずれかに分類しております。この分類は、当初認識時に決定しております。
               すべての金融負債は公正価値で当初測定しておりますが、償却原価で測定される金融負債について
              は、直接帰属する取引費用を控除した金額で測定しております。
            (ⅱ)事後測定

               金融負債の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
             (a)  純損益を通じて公正価値で測定される金融負債
               純損益を通じて公正価値で測定される金融負債については、売買目的保有の金融負債と当初認識時
              に純損益を通じて公正価値で測定すると指定した金融負債を含んでおり、当初認識後公正価値で測定
              し、その変動については当期の純損益として認識しております。
             (b)  償却原価で測定される金融負債
               償却原価で測定される金融負債については、当初認識後実効金利法による償却原価で測定しており
              ます。
               実効金利法による償却及び認識が中止された場合の利得及び損失については、金融費用の一部とし
              て当期の純損益として認識しております。
            (ⅲ)金融負債の認識の中止

               当社グループは、金融負債が消滅したとき、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、
              又は失効となった時に、金融負債の認識を中止しております。
           ③ 金融資産及び金融負債の表示

             金融資産及び金融負債は、当社グループが残高を相殺する法的権利を有し、かつ純額で決済するか又は
            資産の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、連結財政状態計算書上で相殺し、純額で
            表示しております。
          (5)  現金及び現金同等物

            現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変
           動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されて
           おります。
          (6)  棚卸資産

            棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い価額で測定しております。正味実現可能価額
           は、通常の事業過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び見積販売費用を控除した額であ
           ります。原価は、主として移動平均法に基づいて算定されており、購入原価及び現在の場所及び状態に至る
           までに要したすべての費用を含んでおります。
                                  97/199




                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (7)  有形固定資産
            有形固定資産については、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で表示してお
           ります。
            取得原価には、資産の取得に直接関連する費用、解体・除去及び土地の原状回復費用、及び資産計上すべ
           き借入コストが含まれております。
            土地及び建設仮勘定以外の各資産の減価償却費は、それぞれの見積耐用年数にわたって、定額法により算
           定しております。主要な資産項目ごとの見積耐用年数は以下のとおりであります。
            ・建物及び構築物    10-38年
            ・通信設備       2-27年
            ・その他        5-15年
            なお、見積耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、各年度末に見直しを行い、変更があった場合は、会
           計上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
          (8)  のれん及び無形資産

           ① のれん
             当初認識時におけるのれんの測定については、注記「3.重要な会計方針 (2)企業結合」に記載して
            おります。
             当初認識後においては、取得原価から減損損失累計額を控除した価額で表示しております。
             のれんは償却を行わず、資金生成単位に配分し、毎期又は減損の兆候が存在する場合にはその都度、減
            損テストを実施しております。
             のれんの減損損失は連結損益計算書において純損益として認識され、その後の戻し入れは行っておりま
            せん。
           ②   無形資産

             当社グループは、無形資産の当初認識後の測定について原価モデルを採用しており、取得原価から償却
            累計額及び減損損失累計額を控除した価額をもって計上しております。
             個別に取得した無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しております。企業結合で取得した無形資産
            の取得原価は、取得日時点の公正価値で測定しております。
             のれん以外の無形資産は、当初認識後、耐用年数を確定できない無形資産を除いて、それぞれの見積耐
            用年数にわたって定額法で償却しております。主要な無形資産の見積耐用年数は以下のとおりでありま
            す。
             ・ 顧客関連資産  18年
             ・ソフトウェア  5年
             なお、見積耐用年数、残存価額及び償却方法は、各年度末に見直しを行い、変更があった場合は、会計
            上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
             耐用年数を確定できない無形資産及び未だ使用可能でない無形資産については、償却を行わず、毎期又
            は減損の兆候が存在する場合にはその都度、個別に又は資金生成単位で減損テストを実施しております。
             商標権については、事業を継続する限り基本的に継続するため、耐用年数を確定できないと判断し、償
            却しておりません。
         ( 9)  リース

            リース契約開始時、その契約がリースであるか、                        又 は契約にリースが含まれているか否かについては、契
           約の実質に基づき判断しております。契約の履行が、特定の資産や資産群の使用に依存し、その契約によ
           り、当該資産を使用する権利が与えられる契約の場合、当該資産はリースの対象となります。
            契約上、資産の所有に伴うリスクと経済価値が実質的にすべて当社グループに移転するリースは、ファイ
           ナンス・リースに分類し、それ以外のリース取引は、オペレーティング・リースに分類しております。
            ファイナンス・リース取引におけるリース資産は、リース物件の公正価値と最低リース料総額の現在価値
           のいずれか低い金額で当初認識しております。当初認識後は、当該資産に適用される会計方針に基づいて、
           見積耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、定額法で減価償却を行っております。                                             リース料
           は、利息法に基づき金融費用とリース債務の返済額に配分しております。
            オペレーティング・リース取引においては、支払リース料はリース期間にわたって定額法により費用とし
           て認識しております。
                                  98/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (10)   非金融資産の減損

            当社グループは、棚卸資産及び繰延税金資産を除く非金融資産の帳簿価額について、期末日ごとに減損の
           兆候の有無を判断しております。減損の兆候が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積っておりま
           す。のれん及び耐用年数を確定できない、又は未だ使用可能ではない無形資産については毎期、さらに減損
           の兆候がある場合には都度、減損テストを実施しております。
            資産又は資金生成単位の回収可能価額は、使用価値と売却費用控除後の公正価値のうちいずれか大きい方
           の金額としております。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価値及び
           当該資産に固有のリスクを反映した税引前割引率を用いて現在価値に割り引いております。資金生成単位に
           ついては、継続的に使用することにより他の資産又は資産グループのキャッシュ・イン・フローから、概ね
           独立したキャッシュ・イン・フローを生み出す最小単位の資産グループとしております。
            資産又は資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、その帳簿価額を回収可能価額まで減
           額し、減損損失は純損益で認識しております。
            のれんについて認識した減損損失は、以後の期間に戻入れは行っておりません。のれん以外の資産につい
           ては、過去に認識した減損損失は、毎期末日において損失の減少又は消滅を示す兆候の有無を評価しており
           ます。減損の戻入れの兆候があり、回収可能価額の決定に使用した見積りが変化した場合は、減損損失を戻
           し入れております。減損損失は、減損損失を認識しなかった場合の帳簿価額から必要な減価償却費及び償却
           額を控除した後の帳簿価額を上限として戻し入れております。
         (11)   従業員給付

           ① 退職後給付
             当社グループは、従業員の退職給付制度として確定給付制度を採用しております。
             確定給付債務は、独立した年金数理人が予測単位積増方式を用いて算定しております。                                         割引率は、将来
            の給付支払見込日までの期間を基に割引期間を設定し、その割引期間に対応した期末日時点の優良社債の
            市場利回りに基づき算定しております。
             確定給付制度に係る負債は、確定給付制度債務の現在価値を算定して計上しております。
             確定給付費用は、勤務費用、確定給付債務に係る利息額及び確定給付債務に係る再測定から構成されて
            おります。勤務費用及び利息額については、純損益で認識し、利息額の算定には前述の割引率を使用して
            おります。
             退職給付制度が改定された場合、従業員による過去の勤務に関連する給付金の変動部分は、当該部分を
            即時に純損益として認識しております。
             確定給付制度の再測定額は、発生した期においてその他の包括利益として一括認識し、直ちにその他の
            資本の構成要素から利益剰余金に振り替えております。
           ② 短期従業員給付

             短期従業員給付については、割引計算は行わず、関連するサービスが提供された時点で費用として認識
            しております。賞与及び有給休暇費用については、それらを支払う法的若しくは推定的な債務を負ってお
            り、信頼性のある見積りが可能な場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積られる額を負債とし
            て認識しております。
         (12)   引当金

            引当金は、過去の事象の結果として、当社グループが、現在の法的又は推定的債務を負っており、当該債
           務を決済するために経済的資源の流出が生じる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性のある見積り
           ができる場合に認識しております。引当金は、見積将来キャッシュ・フローを貨幣の時間的価値及び当該負
           債に特有のリスクを反映した税引前の利率を用いて現在価値に割り引いて測定しております。
                                  99/199




                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (13)   資本
           ①   普通株式
             普通株式は、資本として分類しております。当社が発行した普通株式は、発行価額を資本及び資本剰余
            金に計上し、直接発行費用は資本剰余金から控除しております。
           ② 自己株式

             自己株式を     取得した場合は       、直接取引費用を含         む支  払対価を、     資本の   控除項目として認識しておりま
            す。自己株式を売却した場合は、受取対価を資本の増加として認識しております。
         (14)   収益

           当社グループは、電気通信業を行っており、ネットワークサービス(専用線サービス、VPN                                          接続  サービス
           等)、インターネットサービス(光インターネット接続サービス                              等 ) マンションインターネット            サービス
           ( 全戸一括型     光インターネット接続サービス              等 )を提供しております。当社グループの収益は、通常の商取
           引において提供される商品・サービスの対価の公正価値から、値引き等を控除した金額で測定しておりま
           す。
           主な収益は、以下のとおり認識しております。
           ・物品の販売

             物品の販売から生じた収益は、物品の所有に伴う重要なリスク及び経済価値が顧客に移転したこと、販
            売した物品に対して継続的な管理上の関与も実質的な支配も当社グループにないこと、その取引に関連す
            る経済的便益が当社グループに流入する可能性が高く、その取引に関連して発生した原価と収益の額が信
            頼性をもって測定できることの要件が満たされた時点で行っており、通常は商品が顧客に引き渡された時
            点で収益を認識しております。
           ・役務の提供

             役務の提供から生じた収益は、その取引に関連する経済的便益が当社グループに流入する可能性が高
            く、その取引に関連して発生した原価と収益の額が信頼性をもって測定できることの要件が満たされた時
            点で行っており、期末日における取引の進捗度に応じて収益を認識しております。
         ( 15)  法人所得税

            法人所得税は、当期税金及び繰延税金から構成されております。これらは、企業結合に関連するもの、及
           び直接資本の部又はその他の包括利益で認識される項目を除き、純損益として認識しております。
            当期税金は、税務当局に対する納付又は税務当局から還付が予想される金額で測定しております。税額の
           算定にあたっては、期末日までに制定又は実質的に制定されている税率及び税法に従っております。
            繰延税金は、期末日における資産及び負債の会計上の帳簿価額と税務上の金額との一時差異、繰越欠損金
           及び繰越税額控除に対して認識しております。但し、                         以下の一時差異に対しては、繰延税金資産及び負債を
           計上しておりません。
            ・のれんの当初認識から生じる一時差異
            ・企業結合取引を除く、会計上の利益にも税務上の課税所得にも影響を与えない取引によって発生する資
             産及び負債の当初認識により生じる一時差異
            ・子会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、解消時期をコントロールでき、かつ予測可能な期
             間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合
            繰延税金資産は、将来減算一時差異、繰越欠損金及び繰越税額控除について、将来の課税所得に対して使
           用できる可能性が高い範囲内で認識しております。繰延税金負債は原則としてすべての将来加算一時差異に
           ついて認識しております。繰延税金資産の帳簿価額は毎期見直され、繰延税金資産の全額又は一部が使用で
           きるだけの十分な課税所得が稼得されない可能性が高い部分については、帳簿価額を減額しております。
            繰延税金資産及び負債は、期末日に制定又は実質的に制定されている法律に基づいて、当該資産が実現す
           る又は負債が決済される時点において適用されると予想される税率によって測定しております。
            繰延税金資産及び負債は、当期税金資産及び負債を相殺する法律上強制力のある権利を有し、かつ法人所
           得税が同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合に相殺しております。
                                100/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (16)   1株当たり利益
            基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期損益を、その期間の自己株式を調整した
           発行済普通株式の加重平均株式数で除して計算しております。なお、希薄化後1株当たり当期利益は、潜在
           株式が存在しないため算定しておりません。
                                101/199



















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断
           IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用
          の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行っております。実際の結果は、その性質上これらの見
          積り及び仮定とは異なる場合があります。
           見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを
          見直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
           翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能性がある見積りと仮定

          は、有形固定資産、のれんを含む無形資産の減損において用いられます。減損テストにおける回収可能価額の
          算定においては、資産の耐用年数、将来キャッシュ・フロー、割引率等について、一定の仮定を設定しており
          ます。これらの仮定は、経営者の最善の見積りと判断により決定しておりますが、将来の不確実な経済条件の
          変動の結果により影響を受ける可能性があります。有形固定資産、のれんを含む無形資産の回収可能価額の算
          定方法については、注記「3.重要な会計方針 (10)非金融資産の減損」に記載しております。
           上記のほか、経営者が行った連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは以下のとおりであ

          ります。
           ・固定資産の耐用年数及び残存価額の見積り(注記「3.重要な会計方針」(7)                                     (8))
           ・リースを含む契約の範囲(注記               「3.重要な会計方針」(9)             、注記「15.リース」          )
           ・確定給付制度債務の測定(注記「3.重要な会計方針」(11)                             、注記「19.従業員給付」)
           ・引当金の会計処理と評価(注記「3.重要な会計方針」(12)                             、注記「20.引当金」)
           ・収益の認識(注記「3.重要な会計方針」(14)                       、注記「24.売上高」)
           ・繰延税金資産の回収可能性(              注記「3.重要な会計方針」(15)                、 注記「16.法人所得税」)
         5.未適用の新基準

           連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書及び解釈指針の新設又は改訂が公表されておりますが、当社
          グループはこれらを早期適用しておりません。
                            強制適用時期
                                     当社グループ
                 IFRS                               新設・改訂の概要
                           (以降開始年度)
                                      適用時期
                  顧客との契約から
           IFRS第15号                 2018年1月1日         2019年3月期        収益に関する会計処理の改訂
                  生じる収益
           IFRS第16号       リース          2019年1月1日         2020年3月期        リースに関する会計処理の改訂
          (IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益)

           2014年5月、IASBはIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を公表しました。(のちにIASBはIFRS第15
          号の発行日を1年延期し、2018年1月1日以後開始する事業年度からの適用とするためにIFRS第15号の改訂を
          公表しています。また、2015年9月及び2016年4月においても適用上の問題に対応するためIFRS第15号の改訂
          を公表しています。)
           当社グループは、2019年3月31日を期末日とする事業年度より、IFRS第15号を適用することを予定しており
          ます。IFRS第15号は、収益の認識に関する現行の会計処理及び開示方法についての改訂を定めたものでありま
          す。具体的には、IFRS第15号は、財又はサービスが顧客に移転するにあたって、企業が当該財又はサービスと
          の交換で権利を得ると見込んでいる対価を反映する金額で収益認識することを求めております。
           IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用による影響は、軽微であると見積っております。
          (IFRS第16号「リース」)

           2016年1月、IASBは、IFRS第16号「リース」を公表しました。IFRS第16号「リース」の適用により、使用権
          モデルに基づいてリースの会計処理を行います。当該モデルでは、借手はリース開始時点で、リース期間にわ
          たり原資産を使用する権利を得る一方で、貸手にリース料を支払う義務を会計上認識することになります。そ
          のため、借手のオペレーティング・リースに対して当該モデルが適用されることにより、資産と負債が増加す
          る影響があると考えられます。また、IAS第17号「リース」ではオペレーティング・リースに係るリース料は
          賃借料として計上されますが、IFRS第16号「リース」では使用権資産の減価償却費とリース負債に係る金利費
          用として計上されることになります。
           IFRS第16号「リース」の適用による影響は検討中であり、現時点では見積ることはできません。
                                102/199



                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         6.セグメント情報
          (1)  報告セグメントの概要
            当社グループは、主としてインターネットサービス(光インターネット接続サービス等)、ネットワーク
           サービス(専用線サービス、VPN接続サービス等)、                        マンションインターネット            サービス(全戸一括型光イ
           ンターネット接続サービス            等 )を提供しており、電気通信事業法に基づく電気通信事業の単一セグメントで
           事業を展開しております。
           各サービスの概要は以下のとおりです。
            ・光インターネット接続サービス:アクセス回線に光ファイバーを利用し高速なデータ伝送を提供する
             サービスです。当社         グループ    は専有型で高品質なサービスを提供しています。
            ・専用線サービス:ある特定の2地点間を結ぶ回線サービスで、信頼性・品質・セキュリティの高さが特
             徴です。当社      グループ    は高スペックかつ東京都内、東名阪福岡間のサービス提供に強みを持ちます。
            ・VPN接続サービス:インターネットに接続されている利用者の間に、仮想的な通信トンネルを構成した
             プライベートなネットワークサービスです。当社                       グループ    は設計から保守運用までワンストップで、
             様々なアクセス回線を使ったサービスを提供しています。
            ・全戸一括型光インターネット              接続  サービス:個人向けインターネット接続サービスのうち、集合住宅全
             戸が一括でサービス提供者と契約を結ぶ方式のサービスです。
          (2)  セグメント売上高及び業績

            当社グループは、電気通信事業               の 単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          (3)  製品及びサービスに関する情報

            製品及びサービスごとの外部顧客への売上高は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                               (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                   百万円               百万円
           インターネットサービス                            20,371               20,299
           ネットワークサービス                            13,429               13,280
           マンション     インターネット       サービス                5,331               10,450
                                        2,232               3,557
           その他
                                        41,365               47,587
                   合計
          (4)  地域別に関する情報

            当社グループは、外部顧客の国内売上高が連結損益計算書の売上高の90%以上を占めるため、地域別の売
           上高の記載を省略しております。また、国内所在地に帰属する非流動資産の帳簿価額が連結財政状態計算書
           の非流動資産の90%以上を占めるため、地域別の非流動資産の記載を省略しております。
          (5)  主要な顧客に関する情報

            外部顧客との取引による売上高が当社グループの売上高の10%以上である外部顧客は、以下のとおりであ
           ります。
                                前連結会計年度               当連結会計年度

                              (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                               至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                        %               %
                               百万円               百万円
           株式会社USEN      及び同グループ                 9,112      22.0         8,846      18.6
                                103/199





                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         7.企業結合
           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            (1)  企業結合の概要
              ① 被取得企業の名称  株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
              ② 事業の内容     電気通信事業
              ③ 企業結合を行った理由
                 本株式譲渡によって、両社が一丸となり、合わせて50万世帯を超えるお客様へのさらなるサー
                ビスの拡充と競争力の強化を図るものであります。
              ④ 企業結合日     2017年3月29日
              ⑤ 企業結合の法的形式 株式取得
              ⑥ 結合後企業の名称  株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
              ⑦ 取得した議決権比率 60%
              ⑧ 取得企業を決定するに至った根拠
                 当社が現金を対価として株式を取得したためであります。
            (2)  取得対価及びその内訳

                                                金額
                                                百万円
             現金                                         6,262
             取得対価の合計
                                                     6,262
                                         A
            (3)  支配獲得日における取得した資産・引き受けた負債の公正価値、非支配持分及びのれ                                       ん

                                                金額
                                                百万円
             流動資産
              現金及び現金同等物                                       1,923
              営業債権及びその他の債権                                        673
              その他                                         77
             流動資産合計
                                                     2,674
             非流動資産

              有形固定資産                                        897
              無形資産(注1)                                       7,923
              その他                                        764
             非流動資産合計
                                                     9,585
             資産合計
                                                     12,259
             流動負債

              営業債務及びその他の債務                                        588
              その他                                        957
             流動負債合計
                                                     1,546
             非流動負債

              引当金                                         18
              繰延税金負債                                       2,335
              その他                                        104
             非流動負債合計
                                                     2,458
             負債合計
                                                     4,004
             純資産                            B            8,255

             非支配持分(注2)                            C            3,302

             のれん(注3)                         A-(B-C)               1,309
                                104/199


                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             (注1)無形資産
                 無形資産の内訳は、顧客関連資産7,792百万円、ソフトウェア131百万円であります。
             (注2)非支配持分
                 非支配持分は、支配獲得日における識別可能な被取得企業の純資産に、支配獲得日時点の企業
                 結合後の非支配持分比率を乗じて測定しています。
             (注3)のれん
                 のれんは今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力及び当社と被取得企業とのシナ
                 ジーを反映したものです。なお、のれんについて、税務上損金算入を見込んでいる金額はあり
                 ません。
            (4)  取得関連費用の金額及びその表示科目

              当企業結合に係る取得関連コストは、109百万円であり、すべ                            て「その他の費用」にて費            用処理して
              おります。
            (5)  取得に伴うキャッシュ・フロー

                                             金額
                                            百万円
             取得により支出した現金及び現金同等物                                     △6,262
             取得時に被取得会社が保有していた現金及び現金同等物                                      1,923
             子会社の取得による支出
                                                 △4,339
            (6)  業績に与える影響

              当該企業結合が、2017年3月31日に終了する前連結会計年度の連結損益計算書に与える影響はありま
             せん。
              また、当該企業結合が前連結会計年度期首である2016年4月1日に実施されたと仮定した場合、前連
             結会計年度における当社グループの売上高及び当期利益は、それぞれ46,102百万円、                                       4,570   百万円で
             あったと算定されます。なお、当該情報は、内部取引消去などを加味しておらず、実際に企業結合が前
             連結会計年度の開始の日に完了した場合の経営成績を示すものではありません。また、当該プロフォー
             マ情報は監査証明を受けておりません。
                                105/199











                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
            該当事項はありません。
                                106/199




















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         8.現金及び現金同等物
           現金及び現金同等物の内訳は以下のとおりであります。
                              移行日          前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2016年4月1日)            (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
                              百万円            百万円            百万円
          現金及び現金同等物
           現金及び預金                      4,797            5,140            7,278
                 合計
                                  4,797            5,140            7,278
           移行日、前連結会計年度及び当連結会計年度の連結財政状態計算書上における「現金及び現金同等物」の残

          高と連結キャッシュ・フロー計算書上における「現金及び現金同等物」の残高は一致しております。
                                107/199

















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         9.営業債権及びその他の債権
           営業債権及びその他の債権の内訳は以下のとおりであります。
                              移行日          前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2016年4月1日)            (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
                              百万円            百万円            百万円
          受取手形                         -            -           20
          売掛金                       4,514            4,874            5,385
          未収入金                       1,219             645            782
          貸倒引当金                        △63            △30            △5
                 合計
                                  5,670            5,489            6,183
          営業債権及びその他の債権は、償却原価で測定する金融資産に分類しております。

                                108/199
















                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         10.その他の金融資産
          (1)  その他の金融資産の内訳
            その他の金融資産の内訳は以下のとおりであります。
                              移行日          前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2016年4月1日)            (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
                              百万円            百万円            百万円
          その他の金融資産
           株式                        37            89           105
           敷金及び保証金                      2,563            2,651            2,629
           その他                        75            65            88
                                   △5            △4           △17
           貸倒引当金
                                  2,671            2,801            2,806
                 合計
          流動資産                         60            43            54

                                  2,611            2,757            2,751
          非流動資産
                                  2,671            2,801            2,806
                 合計
            株式はその他の包括利益を通じて公正価値で測定する                          金融資産、敷金及び保証金は             償却原価で測定する金

           融資産にそれぞれ分類しております。
          (2)  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産

            その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産の公正価値は以下のとおりであります。
                              移行日          前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2016年4月1日)            (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
                              百万円            百万円            百万円
          市場性あり                         -            -            -
                                   37            89           105
          市場性なし
                                   37            89           105
                合計
            市場性のない銘柄は通信業関連銘柄であり、主に政策投資目的で保有しているため、その他の包括利益を

           通じて公正価値で測定する金融資産に指定しております。
                                109/199










                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         11.棚卸資産
           棚卸資産の内訳は以下のとおりであります。
                              移行日          前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2016年4月1日)            (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
                              百万円            百万円            百万円
          商品                         24            94            46
          貯蔵品                         17            60           155
                 合計
                                   41           155            202
           費用として認識された棚卸資産の金額は、前連結会計年度(2017年3月期)が81百万円、当連結会計年度

          (2018年3月期)が278百万円であります。
           また、費用として認識された棚卸資産の評価減の金額は、前連結会計年度(2017年3月期)が0百万円であ
          り、当連結会計年度(2018年3月期)はありません。
         12.その他の資産

           その他の資産の内訳は以下のとおりであります。
                              移行日          前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2016年4月1日)            (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
                              百万円            百万円            百万円
          その他の流動資産
           前払費用    (注)                  1,043            1,243            1,234
           未収消費税等                        30           333             -
           その他                        38            0            1
                 合計
                                  1,112            1,577            1,236
          その他の非流動資産

           長期前払費用      (注)                 164            778            609
                 合計
                                   164            778            609
          (注)前払費用の主な内容は支払賃借料であり、長期前払費用の主な内容は業務委託手数料であります。

                                110/199









                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         13.有形固定資産
          (1)  増減表
            有形固定資産の帳簿価額の増減は以下のとおりであります。
             取得原価
                             建物及び
                      通信設備               土地     建設仮勘定        その他       合計
                             構築物
                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
          2016年4月1日残高             73,356       7,104       1,006        388      1,020      82,875
          増加             6,359        705        -     9,704        502     17,272
          企業結合による取得               -      394        -       -      502       897
          減少            △1,255        △460         -    △8,870        △97     △10,684
          2017年3月31日残高
                       78,460       7,744       1,006       1,221       1,928      90,361
          増加             6,275        625        -     3,955        344     11,200
          減少            △3,033       △1,168          -    △3,659        △154      △8,014
          2018年3月31日残高
                       81,702       7,201       1,006       1,518       2,118      93,547
             減価償却累計額及び減損損失累計額

                             建物及び
                      通信設備               土地     建設  仮勘定      その他       合計
                             構築物
                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
          2016年4月1日残高            △52,696       △4,866          -       -     △730     △58,294
          減価償却費            △4,505        △364         -       -     △125      △4,994
          減少             1,011        323        -       -      80     1,415
          2017年3月31日残高
                      △56,190       △4,907          -       -     △775     △61,874
          減価償却費            △4,549        △230         -       -     △272      △5,052
          減少             2,064        334        -       -      100      2,499
          2018年3月31日残高
                      △58,675       △4,804          -       -     △947     △64,427
          (注) 有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含ま
              れております。
             帳簿価額

                             建物及び
                      通信設備               土地     建設仮勘定        その他       合計
                             構築物
                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
          2016年4月1日残高             20,659       2,237       1,006        388       289     24,581
          2017年3月31日残高             22,269       2,836       1,006       1,221       1,153      28,487
          2018年3月31日残高             23,027       2,397       1,006       1,518       1,170      29,119
                                111/199








                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)  リース資産
            有形固定資産に含まれるリース資産の帳簿価額は以下のとおりであります。
                             通信設備            その他            合計

                              百万円            百万円            百万円

          2016年4月1日残高                       3,766             70          3,836
          2017年3月31日残高                       2,582             326           2,909
          2018年3月31日残高                       2,191             243           2,435
          (3)  減損損失

            有形固定資産は、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成させるものとして識別される資産グループ
           の最小単位を基礎としてグルーピングを行っております。
            当社グループは、前連結会計年度及び当連結会計年度において、減損の兆候がみられなかったため、減損
           損失は認識しておりません。
          (4)  借入コスト

            IFRS移行日、前連結会計年度及び当連結会計年度において、有形固定資産の取得原価に含めた重要な借入
           コストはありません。
                                112/199














                                                           EDINET提出書類
                                               アルテリア・ネットワークス株式会社(E34545)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         14.のれん及び無形資産
          (1)  増減表
            のれん及び無形資産の帳簿価額の増減は以下のとおりであります。
             取得原価
                                          無形資産
                      のれん
                                   顧客関連       ソフト
                             商標権                    その他       合計
                                    資産      ウェア
                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
                              2,486       8,022       3,612       1,848      15,968
          2016年4月1日             11,337
                          -       -       -      117       121       238
          増加
                        1,309         -     7,792        131        -     7,923
          企業結合による取得
                          -       -       -     △310       △57      △367
          減少
          2017年3月31日             12,647       2,486      15,814       3,550       1,912      23,764
                          -       -       -      496       164       660
          増加
                          -       -       -     △18      △222       △241
          減少
                       12,647       2,486      15,814       4,028       1,854      24,183
          2018年3月31日
             償却累計額及び減損損失累計額

                                          無形資産
                      のれん
                                   顧客関連       ソフト
                             商標権                    その他       合計
                                    資産      ウェア
                      百万円       百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
                          -       -     △965      △2,897       △1,521       △5,384
          2016年4月1日
                          -       -     △446       △306       △28      △781
          償却費
                          -       -       -       -     △61       △61
          減損損失
                          -       -       -      301        -      301
          減少
          2017年3月31日               -       -    △1,412       △2,902       △1,612       △5,926
  &