日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 四半期報告書 第16期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第16期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年11月12日
      【四半期会計期間】                    第16期第3四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                    Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 倉田 潔
      【本店の所在の場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和 
      【最寄りの連絡場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                 第15期           第16期
                回次                第3四半期           第3四半期            第15期
                               連結累計期間           連結累計期間
                             自平成29年1月1日           自平成30年1月1日           自平成29年1月1日

               会計期間
                             至平成29年9月30日           至平成30年9月30日           至平成29年12月31日
                        (千円)          1,915,678           2,119,636           2,567,022
     売上高
                        (千円)            10,111          125,311           38,912

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                        (千円)            7,850          90,699           25,255
     純利益
                        (千円)            12,074           83,693           34,523
     四半期包括利益又は包括利益
                        (千円)           726,925           823,464           750,376

     純資産額
                        (千円)          2,116,295           2,212,286           2,119,492

     総資産額
                         (円)            3.19          36.70           10.25

     1株当たり四半期(当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当
                         (円)            3.12          36.12           10.05
     期)純利益金額
                         (%)            33.4           36.3           34.5
     自己資本比率
                                 第15期           第16期

                回次                第3四半期           第3四半期
                               連結会計期間           連結会計期間
                             自平成29年7月1日           自平成30年7月1日

               会計期間
                             至平成29年9月30日           至平成30年9月30日
                                     9.40          18.70

     1株当たり四半期純利益金額                   (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/20







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した
       「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  業績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益の改善が進み、雇用・所得環境は緩やかな回復基調
        にあるものの、消費者の節約志向は根強く、また貿易摩擦懸念など海外経済の不確実性もあり、景気の先行きは不
        透明な状況となっております。
         当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては、7月は1,557千人(前年同月比
        5.2%増)、8月は2,033千人(前年同月比7.7%増)、9月は1,630千人(前年同月比0.5%増)と対前年同期比で
        増加となりました(日本政府観光局(JNTO)調べ、9月はJNTO推計値)。
         海外からの訪日外客数は、7月は2,832千人(前年同月比5.6%増)、8月は2,577千人(前年同月比4.1%
        増)となったものの、9月は台風による関西空港の閉鎖や北海道の地震の影響により2,159千人(前年同月比5.3%
        減)と前年同月より減少しています(日本政府観光局(JNTO)調べ、8、9月はJNTO推計値)。
         海外における日本人顧客向けの医療アシスタンスサービスにとって海外出国者数の増加は好環境であり、海外旅
        行保険の付帯サービス、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタ
        ンスサービスの提供は堅調に推移しました。
         また、外国人患者受入を実施する国際医療事業についても日本の高度医療の認知度向上や外国人受入医療機関の
        増加を受けてサービス提供数は増加しております。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は2,119百万円(前年同期比10.6%増)と増収になりました。
        費用につきましては、業容拡大に伴う要員増とカナダセンターの設置や設備への追加投資により増加し、売上原価
        は1,563百万円(前年同期比6.5%増)、販売費及び一般管理費が420百万円(前年同期比0.8%増)となり、営業利益
        は135百万円(前年同期比346.4%増)、経常利益は125百万円(前年同期比1,139.4%増)、親会社株主に帰属する四
        半期純利益は90百万円(前年同期比1,055.4%増)となりました。
        セグメントの状況は次のとおりであります。

        (医療アシスタンス事業)
        (ⅰ)海外旅行保険の付帯サービス
         海外旅行保険の付帯サービスに関しましては、海外出国者数の増加という好環境にも恵まれ、売上が前年同期比
        で大幅に増加しております。
        (ⅱ)事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービス
         当社は医療アシスタンスサービスとセキュリティ・アシスタンスサービスの両サービスを企業・大学に提供して
        おります。企業・法人は海外での危機管理対応のため、サービスの利用が増え、売上高は増加しました。
        (ⅲ)   救急救命アシスタンス事業
         救急救命アシスタンス事業は、三次元物理探査船運航への医療支援業務や官公庁受注業務を着実に実施すること
        で売上は堅調に推移しました。
         また、救急救命士や看護師が現地プラント、僻地サイトに常駐して現地医療体制を構築し、緊急時の救急対応に
        加え、日常の健康見守りを実施して傷病の発生を未然に防止するプロジェクト型の救急救命アシスタンスサービス
        をこれまで官公庁事業で提供してきましたが、これを「EAJプロジェクトアシスト」としてパッケージ化し、民
        間企業に向けて提供開始いたしました。
        (ⅳ)国際医療事業
         国際医療事業につきましては、患者受入環境の好転と相まって患者受入数は増加しました。
         また、日本国内における海外からの訪日外客数の増加に伴い、外国人に病気や怪我など不測の事態が起こった場
        合のスムーズな医療提供が大きな課題となりつつあります。今後は官公庁・保険会社等と協力しながら緊急対応型
        医療アシスタンスの需要の取り込みを実施してまいります。
                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
         当セグメントの費用に関しましては、医療アシスタンス事業の効率化を図るとともに、北米地域での営業強化を
        推進するためカナダのバンクーバーに新センターを設置したこと、また、ビジネス拡大による設備投資の増加、昨
        今の人手不足による採用コスト増等に伴う経費増がありました。
         これらの結果、医療アシスタンス事業の売上高は1,752百万円(前年同期比11.7%増)、セグメント利益は356百
        万円(前年同期比38.1%増)となりました。
        (ライフアシスタンス事業)

         ライフアシスタンス事業につきましては着実な遂行を実施し、新規サービスも順調に軌道にのり、売上高は堅調
        に推移しました。
         一方で増大する顧客対応業務に対応するため人員採用を進め人件費は増加しました。
         この結果、ライフアシスタンス事業の売上高は367百万円(前年同期比6.0%増)、セグメント利益は86百万円
        (前年同期比21.7%増)となりました。
       (2)  財政状態に関する説明

        資産、負債及び純資産の状況
         当第3四半期連結会計期間末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ92百万円増加し、2,212百万円
        となりました。
         主な増減要因としては、立替金149百万円の増加、現金及び預金120百万円の減少、売掛金54百万円の増加があり
        ました。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ19百万円増加し、1,388百万円となりました。主な増減要因とし
        ては、短期借入金80百万円の減少、1年内返済予定の長期借入金31百万円の減少、未払法人税等37百万円の増加、
        賞与引当金30百万円の増加がありました。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ73百万円増加し823百万円となりました。これは主に、親会社
        株主に帰属する四半期純利益が90百万円発生し、為替換算調整勘定が7百万円減少し、前連結会計年度分の配当金
        の支払いのために資本剰余金が12百万円減少したことによるものであります。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/20










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  8,304,000

                  計                                8,304,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品               内容
                           (平成30年11月12日)
               (平成30年9月30日)                          取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所
                                                   限定のない当社にお
       普通株式             2,471,600            2,471,600        JASDAQ
                                                   ける標準となる株式
                                        (スタンダード)
                                                   で、単元株式数は
                                                   100株であります。
         計            2,471,600            2,471,600           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
                                  5/20













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成30年9月30日                 -    2,471,600           -     304,489          -     90,489

       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/20















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載する事ができないことから、直前の基準日(平成30年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年9月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                           普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                             100
                                                権利内容に何ら限定のな
                            普通株式                     い当社の標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                                   24,707
                           2,470,700                     であり、単元株式数は
                                                100株であります。
                           普通株式

     単元未満株式                                    -            -
                             800
     発行済株式総数                      2,471,600              -            -

     総株主の議決権                        -           24,707             -

     (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式48株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     日本エマージェンシーア            東京都文京区小石川一丁目
                                 100       -       100       0.00
     シスタンス株式会社            21番14号
          計             -          100       -       100       0.00
                                  7/20









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
        なお、当四半期累計期間終了後、当四半期報告書提出日までにおける役員の異動は、次のとおりであります。
      (1)  退任役員
           役名             職名             氏名             退任年月日
                                                平成30年10月15日
        代表取締役社長             医療事業部担当              吉田 一正
                                                (逝去による退任)
      (2)  役職の異動

        新役名及び職名             旧役名及び職名               氏名             異動年月日
        代表取締役社長
                     取締役副社長
         (異動なし)
                     営業部担当
                    B1事業部門担当
                                   倉田 潔             平成30年10月16日
                    B2事業部門担当
                     N事業部門担当
                    インバウンド戦略
                    ・体制整備担当
      (3)  異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

        男性6名 女性1名(役員のうち女性の比率14.3%)
                                  8/20














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/20

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        976,461              856,179
         現金及び預金
                                        171,906              226,166
         売掛金
                                         32,094              18,954
         仕掛品
                                        519,199              668,870
         立替金
                                         93,690              105,381
         その他
                                        △ 1,186              △ 970
         貸倒引当金
                                       1,792,165              1,874,581
         流動資産合計
       固定資産
                                        105,298              115,745
         有形固定資産
                                        137,441              100,087
         無形固定資産
                                         84,586              121,872
         投資その他の資産
                                        327,326              337,704
         固定資産合計
                                       2,119,492              2,212,286
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         6,516              7,716
         買掛金
                                        660,000              580,000
         短期借入金
                                         54,988              23,334
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,504              39,858
         未払法人税等
                                        256,081              228,925
         前受収益
                                           -            30,529
         賞与引当金
                                        327,574              426,474
         その他
                                       1,307,663              1,336,837
         流動負債合計
       固定負債
                                         39,420              29,020
         長期借入金
                                         22,032              22,963
         その他
                                         61,452              51,983
         固定負債合計
                                       1,369,116              1,388,821
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        303,988              304,489
         資本金
                                        205,805              193,965
         資本剰余金
                                        185,729              276,429
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 113
         自己株式
                                        695,409              774,770
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         35,675              28,668
         為替換算調整勘定
                                         35,675              28,668
         その他の包括利益累計額合計
                                         19,290              20,025
       新株予約権
                                        750,376              823,464
       純資産合計
                                       2,119,492              2,212,286
      負債純資産合計
                                 10/20





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      売上高                                  1,915,678              2,119,636
                                       1,467,679              1,563,198
      売上原価
                                        447,998              556,438
      売上総利益
                                        417,655              420,991
      販売費及び一般管理費
                                         30,342              135,446
      営業利益
      営業外収益
                                           815             1,270
       受取利息
                                           118              488
       助成金収入
                                           395              733
       その他
                                         1,328              2,492
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,134              2,570
       支払利息
                                         13,690              10,002
       為替差損
                                         4,735                55
       その他
                                         21,560              12,628
       営業外費用合計
                                         10,111              125,311
      経常利益
      特別損失
                                           253               -
       固定資産売却損
                                           244             1,085
       固定資産除却損
                                           497             1,085
       特別損失合計
                                         9,613             124,226
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,763              33,526
      法人税等
                                         7,850              90,699
      四半期純利益
                                         7,850              90,699
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/20











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         7,850              90,699
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         4,224             △ 7,006
       為替換算調整勘定
                                         4,224             △ 7,006
       その他の包括利益合計
                                         12,074              83,693
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         12,074              83,693
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 12/20
















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。
         当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成29年12月31日)                  (平成30年9月30日)
     当座貸越極度額                              1,500,000千円                  1,500,000     千円
     借入実行残高                               560,000                  580,000
      差引額                              940,000                  920,000
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年9月30日)                  至 平成30年9月30日)
      減価償却費                              55,282千円                  60,974千円

                                 13/20













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)
         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成29年2月24日
                普通株式      12,317千円         5円     平成28年12月31日         平成29年3月29日          利益剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)

         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成30年2月23日
                普通株式      12,341千円         5円     平成29年12月31日         平成30年3月29日          資本剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 14/20













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高

                        1,569,502            346,175      1,915,678           -   1,915,678

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                            -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,569,502            346,175      1,915,678           -   1,915,678

           計
                         258,051           70,822      328,874      △ 298,531       30,342
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
            (重要な負ののれん発生益)

             該当事項はありません。
                                 15/20










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高

                        1,752,566            367,070      2,119,636           -   2,119,636

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                            -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,752,566            367,070      2,119,636           -   2,119,636

           計
                         356,426           86,186      442,613      △ 307,166       135,446
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             該当事項はありません。
            (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
            (重要な負ののれん発生益)

             該当事項はありません。
                                 16/20










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                  至 平成29年9月30日)              至 平成30年9月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        3円19銭              36円70銭
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         7,850              90,699
        (千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                         7,850              90,699
        益金額(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                 2,463              2,471
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                        3円12銭              36円12銭
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -              -
        (千円)
        普通株式増加数(千株)                                  50              39
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                              ――――――              ――――――
      たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
      式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
      のの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 17/20











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月12日

     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        栗栖 孝彰  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        大谷 はるみ        印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本エマージェ

     ンシーアシスタンス株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間
     (平成30年7月1日から平成30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成
     30年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
     じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。