マミヤ・オーピー株式会社 四半期報告書 第77期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第77期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:マミヤ・オーピー株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年11月9日
      【四半期会計期間】                    第77期第2四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    マミヤ・オーピー株式会社
      【英訳名】                    MAMIYA-OP     CO.,   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  鈴木 聡
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目18番地
      【電話番号】                    03(6273)7360
      【事務連絡者氏名】                    総務部長  福田 誠
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目18番地
      【電話番号】                    03(6273)7360
      【事務連絡者氏名】                    総務部長  福田 誠
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/26













                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第76期           第77期
                              第2四半期           第2四半期
              回 次                                       第76期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日

              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日           至平成30年3月31日
                      (千円)           6,308,722           6,709,023           12,574,483

     売上高
                      (千円)            100,432           317,676           133,602
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            449,089           262,627           352,219
     期)純利益
                      (千円)            441,890           209,339           396,225
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          14,509,433           14,225,902           14,477,474
     純資産額
                      (千円)          25,697,700           25,654,785           26,868,677
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            48.64           28.42           38.13
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            48.56           28.33           38.04
     (当期)純利益金額
                      (%)            56.38           55.30           53.75
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            430,876           457,830           476,859
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           2,014,731            740,113           373,458
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 279,355         △ 1,742,660           △ 513,159
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           9,892,497           7,515,877           8,064,001
     (期末)残高
                               第76期           第77期

              回 次                第2四半期            第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年7月1日           自平成30年7月1日

              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日
                                   47.02           35.26

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
     (注)1.売上高には消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ。)は含まれておりません。

        2.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
         おりません。
        3.     「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
         連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度                                            に係る主要な経営指標等
         については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社の異動もありません。
                                  2/26


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはなく、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況
        当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、通商問題の動向が世界経済に与える影響、海外経済の不確実
       性、金融資本市場の変動や、相次ぐ自然災害が経済に与える影響に留意する必要があるものの、雇用・所得環境の改
       善や政府が推進する各種政策の効果等もあり、緩やかな回復基調で推移いたしました。
        このような経済環境の下で当社グループは、メーカーの原点である「技術と品質」「スピードと革新性」に加え、
       マーケットインの視点を大切にした真摯な「ものづくり」に取り組むことによりお客様と会社の繁栄を実現するとの
       経営理念のもと、引き続きイノベーションによる持続的成長を果たしつつ、有効かつ効率的に経営資源を活用し、高
       品質と低コストを兼ね備えた製品を提供することで一層の顧客価値を創造するとともに、中長期的な展望の下で安定
       的かつ持続的な成長を実現し、企業価値の更なる向上を図ってまいります。
        そして、電子機器事業及びスポーツ用品事業に続く第三の柱となり得る事業の確立を含めた諸施策の展開にも、グ
       ループ一丸となって粘り強く取り組んでまいります。
        (電子機器事業)
        まず、電子機器事業におきましては、日本生産性本部発表「レジャー白書2018」によると、2017年はパチンコ・パ
       チスロ市場の市場規模が20兆円の大台を割り込むだけでなく、パチンコ参加人口が2016年から40万人減の900万人と
       なり、2年連続で過去最低値を記録しております。また、全日遊連が行った各都府県方面遊協の組合員数調査による
       と、2018年に入り廃業店舗数がこれまでを大きく上回るペースで増加しているほか、遊技機台数も400万台の大台を
       割り込むなど、遊技業界全体を取り巻く環境は厳しい状況が続いております。
        このような厳しい事業環境の中、当社は既存OEM先顧客との信頼関係の維持強化を図りつつ、自社ブランド製品に
       ついては、「WeChat          Pay」による決済機能搭載可能な液晶小型券売機「Operal(オペラル)VMT-600」の販売を展示
       会への出展等によりグループ一丸となって推進し、既存顧客に対する保守・メンテナンス等アフターサービス体制の
       整備等にも引き続き粘り強く取り組んでまいりました。
        また、自律走行システム「I-GINS」につきましては、開発協力会社への導入が着実に推移しており、引き続き導入
       保守メンテナンス体制の確立等に向け粘り強く取り組んでおります。
        そして非接触式ICカードリーダライタについては、大手電機機器メーカー製品向けの量産試作試験の結果、正式に
       導入が決定するなど、堅調に推移しました。
        さらに、生ごみ処理装置等の新規事業領域の深耕等に向けた諸施策にも引き続き粘り強く取り組んでまいりまし
       た。
        (スポーツ事業)
        スポーツ事業におきましては、総合ゴルフ用品メーカーであるキャスコ㈱の国内市場における売上は、自然災害に
       よるゴルフ場来場者数減少等の影響があったものの堅調に推移し、海外市場におきましては、前四半期に引き続き、
       低迷が続く中国市場に改善の兆しが見られるものの、売上の回復に向けて引き続きその動向を慎重に見極めていく必
       要があります。
        一方、海外におけるカーボンシャフト事業におきましては、ブランド認知度向上に向けた諸施策の展開、経費削減
       の徹底や新素材を使用した製品の開発等に粘り強く取り組みながら、バングラデシュの製造工場では与野党の対立が
       激化するなどの不安定な治安及び社会情勢に臨機応変に対応しつつ、利益拡大に向け、生産設備の刷新等による生産
       性及び製品品質の向上等に積極的に取り組んでまいりました。
        (不動産事業)
        不動産事業におきましては、当社の不動産事業子会社である㈱エフ・アイ興産が所有する不動産を有効活用し着実
       な賃貸収入の確保等を図りつつ、転売収益獲得に向けた新規物件の取得及び販売活動並びに新規事業領域の拡大にも
       粘り強く取り組んでおります。
        この結果、     当社グループの当第2四半期連結累計期間の売上高は67億9百万円(前年同期比6.3%増)、営業利益
       は2億64百万円(前年同期比118.5%増)、経常利益は3億17百万円(前年同期比216.3%増)、親会社株主に帰属す
       る四半期純利益は2億62百万円(前年同期比41.5%減)となりました。
                                  3/26




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
        セグメントごとの経営成績は次のとおりです。

        (電子機器事業セグメント)
        電子機器事業セグメントは、ギャンブル等依存症対策強化のため本年2月に施行された改正風営法施行規則等や、
       全日遊連が高射幸性パチスロ機の設置比率に関する自主規制を決議したこと等により、遊技業界全体に先行き不透明
       感が広がる中、本年7月には、ギャンブル等依存症対策基本法や健康増進法の改正案など遊技業界の動向に影響を与
       える法案が相次ぎ可決・成立するなど、依然として予断を許さない状況が続いております。
        このような厳しい事業環境にありながらも、遊技機周辺設備機器の新規設備投資先送りに一服感が見られ、また電
       子部品の売上は引き続き堅調に推移いたしました。そして、自社ブランド製品である小型券売機についても、カスタ
       マイズ案件の大口受注等により好調に推移いたしました。
        この結果、     電子機器事業セグメントの売上高は、34億93百万円(前年同期比13.9%増)、営業利益は2億89百万円
       (前年同期比233.7%増)となりました。
        (スポーツ事業セグメント)
        スポーツ事業セグメントは、今夏の猛暑や自然災害等の影響によりボール、バッグの販売が伸び悩んだものの、根
       強い人気を誇るゴルフクラブ「ドルフィンウェッジシリーズ」の売上が底堅く推移し、またゴルフグローブの新製品
       「バツフィットナノ」及び花鳥風月をモチーフとした粋な和のデザイン「粋(イキ)グローブ」の販売が好調に推移
       したことで、堅調な売上を維持することが出来ました。
        他方、キャスコの海外事業においては、中国市場において回復の兆しが見られるものの不透明感が払拭できない状
       況の下、引き続きタイの拠点を基盤としたアジア周辺国の新規市場開拓に取り組んでおります。
        また、海外におけるカーボンシャフト事業におきましては、「Recoil(リコイル)」シリーズシャフトに対する市
       場での高い評価を維持しつつ、引き続きOEM供給先顧客の工場監査の合格を受けた出荷が堅調に推移し、また原材料
       費を安く抑える等のコスト削減の徹底に粘り強く取り組んで参りましたものの、例年受注が集中する下期を前にし
       て、シャフトOEM供給案件が低調に推移したことで、利益面において厳しい状況が続いております。
        この結果、スポーツ事業セグメントの売上高は、                       30億90百万円(前年同期比1.9%減)、営業損失は77百万円(前
       年同期は27百万円の営業損失)となりました。
        (不動産事業セグメント)
        不動産事業セグメントにつきましては、低金利を背景とした不動産価格の高騰及び高止まりが続いており、優良な
       収益不動産の購入が困難な状況の中、保有不動産につき着実な賃貸収入を図りつつ、中・小型のリフォーム再販用物
       件を始めとした販売用不動産の購入及びマーケットの動向を適切に捉えた保有不動産の販売等に注力してまいりまし
       た。また、保有不動産の有効活用の一環として、トランクルームサービス「プラスワンストレージ」の運営を開始す
       るなど、新たな事業展開に向けた諸施策にも積極的に取り組んでおります。
        この結果、不動産事業セグメントの売上高は、1億36百万円(前年同期比35.3%増)、営業利益は53百万円(前年
       同期比14.9%減)となりました。
        また、財政状態の状況については次のとおりであります。

        (資産)
        当四半期連結会計期間末における流動資産は134億73百万円となり、前連結会計年度末に比べ9億14百万円減少い
       たしました。これは主に現金及び預金が9億48百万円減少したことによるものであります。固定資産は121億80百万
       円となり、前連結会計年度末に比べ2億99百万円減少いたしました。これは主に有形固定資産が4億75百万円減少し
       たことによるものであります。
        この結果、総資産は256億54百万円となり、前連結会計年度末に比べ12億13百万円減少いたしました。
        (負債)
        当四半期連結会計期間末における流動負債は56億79百万円となり、前連結会計年度末に比べ16百万円減少いたしま
       した。これは主に支払手形及び買掛金が4億円増加したものの、1年内償還予定の社債が3億円減少したことによる
       ものであります。固定負債は57億49百万円となり、前連結会計年度末に比べ9億45百万円減少いたしました。これは
       主に長期借入金が8億15百万円減少したことによるものであります。
        この結果、負債合計は114億28百万円となり、前連結会計年度末に比べ9億62百万円減少いたしました。
        (純資産)
        当四半期連結会計期間末における純資産合計は142億25百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億51百万円減少
       いたしました。これは主に親会社株主に帰属する四半期純利益2億62百万円及び剰余金の配当4億64百万円によるも
       のであります。
        この結果、自己資本比率は55.3%(前連結会計年度末は53.8%)となりました。
                                  4/26



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
       (2)キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、税金等調整前四半期純利
       益が4億45百万円(前年同期比29.6%減)、有形固定資産の売却による収入等の要因により一部相殺したものの、長
       期借入金の返済による支出、社債の償還による支出等により、前連結会計年度末に比べ5億48百万円減少し、当四半
       期連結会計期間末に75億15百万円となりました。
        当四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は4億57百万円(前年同期比6.3%増)となりました。これは主に、法人税等の支払
       額2億円等があったものの、税金等調整前四半期純利益4億45百万円等があったことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果得られた資金は7億40百万円(前年同期比63.3%減)となりました。これは主に、有形固定資産の
       売却による収入5億円、定期預金の払戻による収入4億円等があったことによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は17億42百万円(前年同期は2億79百万円の使用)となりました。これは主に、社債
       の発行による収入10億円等があったものの、長期借入金の返済による支出8億40百万円、社債の償還による支出13億
       70百万円及び配当金の支払額4億62百万円等があったことによるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について、重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間における当社グループ全体の研究開発活動の金額は、2億52百万円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループにおける研究開発活動の状況について、重要な変更はあ
       りません。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見
       通しについて、重要な変更はありません。
       (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        ①資金需要
        当社グループの事業活動における運転資金需要の主なものは、電子機器事業における新製品開発及び金型、スポー
       ツ事業におけるゴルフシャフト製造設備並びに不動産事業における不動産の取得及び修繕費、等があります。
        ②財政政策

        当社グループの事業活動の維持拡大に要する資金を安定的に確保するため、金融機関からの借入や社債発行により
       資金調達を行っております。また、支払利息の固定化を図り、支払金利の変動リスクを回避するために金利スワップ
       取引を行っております。
      3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/26






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
     ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                              15,000,000

                  計                            15,000,000

     ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成30年11月9日)
               (平成30年9月30日)                          取引業協会名
                                          東京証券取引所            単元株式数
       普通株式             9,358,670             9,358,670
                                          (市場第二部)             100株
         計           9,358,670             9,358,670             -          -
     (2)【新株予約権等の状況】

     ①【ストックオプション制度の内容】
      当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日                           平成30年7月27日
      付与対象者の区分及び人数(名)                           取締役 8
      新株予約権の数(個)※                           130
      新株予約権の目的となる株式の種類、
                                 普通株式     13,000(注)1.
      内容及び数(株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           1(1株当たり)
                                 自  平成30年8月24日
      新株予約権の行使期間※
                                 至  平成60年8月23日
                                 発行価格      685
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
      株式の発行価格及び資本組入額(円)※
                                 資本組入額      343
                                ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有する者
                                (以下、「新株予約権者」という)は、前記の新株予約権
                                の行使期間内において、当社の取締役の地位を喪失した時
                                点(以下、「権利行使開始日」という)以降、新株予約権
                                を行使することができる。ただし、この場合、新株予約権
      新株予約権の行使の条件※                          者は、権利行使開始日から10日を経過する日までの間に限
                                り、新株予約権を行使することができる。
                                ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者について
                                は適用しない。
                                ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、かかる
                                新株予約権を行使することができない。
                                譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の決議
      新株予約権の譲渡に関する事項※
                                による承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                          (注)2.
      ※新株予約権の発行時(平成30年8月23日)における内容を記載しております。
     (注)1.各新株予約権の目的である株式の数(以下、「付与株式数」という)は、100株とする。ただし、新株予約権
         を割り当てる日(以下、「割当日」という)以降、当社が当社普通株式の株式分割(当社普通株式の無償割当て
         を含む。以下、株式分割の記載につき同じ)または株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整
         を行い、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割または株式併合の比率
          調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日(基準日を定めないときはその効力発
         生日)以降、株式併合の場合は、その効力発生日以降、これを適用する。ただし、剰余金の額を減少して資本金
         または準備金を増加する議案が株主総会において承認されることを条件として株式分割が行われる場合で、当該
                                  6/26


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
         株主総会の終結の日以前の日を株式分割のための基準日とする場合は、調整後付与株式数は、当該株主総会の終
         結の日の翌日以降、当該基準日の翌日に遡及してこれを適用する。
          また、割当日以降、当社が合併または会社分割を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必
         要とする場合には、当社は、合理的な範囲で付与株式数を適切に調整することができる。
          付与株式数の調整を行うときは、当社は調整後付与株式数を適用する日の前日までに、必要な事項を新株予約
         権者に通知または公告する。ただし、当該適用の日の前日までに通知または公告を行うことができない場合に
         は、以後速やかに通知または公告する。
        2.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割会社
         となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る)(以上を
         総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、当該組織再編行為の効力発生日(吸収合併につき吸
         収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分割につき吸収分割がそ
         の効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を生
         ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ)の直前において残存する新株
         予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
         236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ
         交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、
         新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とす
         る。
          ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、前記「新株予約権の目的となる株式の数」に準じて決定する。
          ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定められる再編後行使価額に前
            記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とす
            る。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対
            象会社の株式1株当たり1円とする。
          ⑤新株予約権を行使することができる期間
            前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為
            の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使する
            ことができる期間の満了日までとする。
          ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            次に準じて決定する。
           (1)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果生じる1円未満の端数
             は、これを切上げる。
           (2)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、前記(1)記載の
             資本金等増加限度額から前記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
          ⑧新株予約権の取得条項
            次に準じて決定する。
             以下の(1)、(2)、(3)、(4)または(5)の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、取締役会が別途定める日に、当社は無償で新
            株予約権を取得することができる。
           (1)当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
           (2)当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の議案
           (3)当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案
           (4)当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要すること
              についての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  7/26



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
           (5)新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承

              認を要すること若しくは当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得する
              ことについての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ⑨その他の新株予約権の行使の条件
             前記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
                                  8/26



















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     ②【その他の新株予約権等の状況】
       該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日
                数増減数(株)        数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
     平成30年7月1日~
                                       3,962,632
                     ―   9,358,670            ―               ―      3,885
     平成30年9月30日
     (5)【大株主の状況】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                             所有株式数        除く。)の総
                                 住     所
            氏名又は名称
                                              (株)       数に対する所
                                                     有株式数の割
                                                     合(%)
                          東京都渋谷区東1-32-12                    4,534,700          48.78

     株式会社データ・アート
                          東京都台東区東上野2-24-1                     180,400          1.94

     ジャパンネットワークシステム株式会社
                                                163,000          1.75

     篠川 宏明                     埼玉県久喜市
                          東京都千代田区丸の内1-2-1                      85,380         0.91

     東京海上日動火災保険株式会社
                          東京都千代田区麹町1-4                      71,600         0.77

     松井証券株式会社
     エヌティーシーアカウンティングサービス
                          東京都港区西新橋3-4-1                      70,100         0.75
     株式会社
                          東京都港区白金1-17-3                      65,000         0.69

     サクサ株式会社
                                                53,000         0.57

     豊田 勝夫                     東京都杉並区
                          東京都港区六本木1-6-1                      52,500         0.56

     株式会社SBI証券
                          愛知県名古屋市中村区那古野1-43
                                                50,000         0.53
     ダイコク電機株式会社
                          -5
                                  -            5,325,680          57.28
               計
     (注)1.当社は、自己株式を62,608株保有しておりますが、上記大株主からは除外しております。
       2.ジャパンネットワークシステム株式会社が所有している株式については、会社法施行規則第67条第1項の規定
        により議決権の行使が制限されています。
       3.株式会社データ・アートの議決権比率(平成30年9月30日現在)は、50.06%になることから、同社は当社の親会
        社に該当しております。
                                  9/26





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     (6)【議決権の状況】
     ①【発行済株式】
                                                  平成30年9月30日現在
             区 分              株式数(株)           議決権の数(個)               内 容

                             -

     無議決権株式                                    -            -
                             -

     議決権制限株式(自己株式等)                                    -            -
                             -            -

     議決権制限株式(その他)                                                -
                         (自己保有株式)
                                         -            -
                        普通株式     62,600
     完全議決権株式(自己株式等)
                         (相互保有株式)
                                         -            -
                        普通株式     180,400
                        普通株式     9,057,800
     完全議決権株式(その他)                                       90,578          -
                                                  一単元(100株)未満の株式
                        普通株式     57,870
     単元未満株式                                    -
                             9,358,670

     発行済株式総数                                    -            -
     総株主の議決権                        -               90,578          -

     (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式1,700株(議決権の数17個)が含まれて
      おります。
     ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都千代田区神田錦町
                                  62,600      -        62,600         0.66
     マミヤ・オーピー株式会社
                  三丁目18番地
     (相互保有株式)
                  東京都台東区東上野二丁
     ジャパンネットワーク
                                  180,400       -       180,400          1.92
                  目24番1号
     システム株式会社
          計             -          243,000       -       243,000          2.59
      2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の役職の異動は、次のとおりであります。
       新役名         新職名         旧役名         旧職名          氏名        異動年月日
                                  管理本部長
      常務取締役         社長室担当         常務取締役           兼                平成30年7月1日
                                 経営企画室長
                                           水谷 富士也
               社長室担当
      常務取締役           兼       常務取締役         社長室担当                  平成30年9月10日
                経理部長
              事業推進本部長
                 兼
      常務取締役                   常務取締役           -        須賀 敬亮        平成30年7月1日
             ソリューション機器
                事業部長
                                電子機器事業本部長
       取締役       技術開発本部長           取締役          兼        篠田 高徳        平成30年7月1日
                                  営業部長
                                 10/26



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、明治アーク監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 11/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
     (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       8,464,001              7,515,877
         現金及び預金
                                       ※ 2,734,434              ※ 2,731,877
         受取手形及び売掛金
                                       1,626,134              1,670,494
         商品及び製品
                                        231,181              307,182
         仕掛品
                                        932,585              948,762
         原材料及び貯蔵品
                                         27,900              37,086
         販売用不動産
                                        383,442              274,753
         その他
                                        △ 11,269             △ 12,160
         貸倒引当金
                                       14,388,410              13,473,874
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             2,276,024              2,108,848
          機械装置及び運搬具(純額)                              248,902              238,817
          工具、器具及び備品(純額)                              177,622              163,169
                                       5,530,130              5,205,045
          土地
          リース資産(純額)                               12,342              10,164
                                         38,873              82,177
          建設仮勘定
                                       8,283,896              7,808,222
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        239,538              196,188
          のれん
                                        376,589              440,175
          その他
                                        616,128              636,364
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       2,114,682              2,141,931
          投資有価証券
                                       1,053,770              1,009,895
          長期貸付金
                                        242,970              243,057
          繰延税金資産
                                        234,955              401,331
          その他
                                        △ 66,135             △ 59,890
          貸倒引当金
                                       3,580,243              3,736,324
          投資その他の資産合計
                                       12,480,267              12,180,911
         固定資産合計
                                       26,868,677              25,654,785
       資産合計
                                 12/26








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       ※ 1,511,709              ※ 1,912,055
         支払手形及び買掛金
                                       1,853,000              1,803,000
         短期借入金
                                        440,000              140,000
         1年内償還予定の社債
         1年内返済予定の長期借入金                               1,094,716              1,070,058
                                        100,596              100,143
         未払法人税等
                                         83,422              69,288
         賞与引当金
                                        612,704              584,736
         その他
                                       5,696,149              5,679,281
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,510,000              1,440,000
         社債
                                       3,997,820              3,182,284
         長期借入金
         繰延税金負債                                371,116              347,779
                                         21,936              24,408
         役員退職慰労引当金
                                        656,212              644,027
         退職給付に係る負債
                                        137,967              111,102
         その他
         固定負債合計                               6,695,054              5,749,602
                                       12,391,203              11,428,883
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       3,962,632              3,962,632
         資本金
                                         2,301              2,301
         資本剰余金
                                       9,962,370              9,760,180
         利益剰余金
                                       △ 183,105             △ 183,425
         自己株式
                                       13,744,198              13,541,688
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        163,684              133,493
         その他有価証券評価差額金
                                            -            2,242
         繰延ヘッジ損益
                                        541,592              514,198
         為替換算調整勘定
                                        △ 6,609             △ 4,972
         退職給付に係る調整累計額
                                        698,668              644,961
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  24,206              28,431
                                         10,400              10,819
       非支配株主持分
                                       14,477,474              14,225,902
       純資産合計
                                       26,868,677              25,654,785
      負債純資産合計
                                 13/26








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
     【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      売上高                                  6,308,722              6,709,023
                                       4,187,996              4,497,660
      売上原価
                                       2,120,725              2,211,362
      売上総利益
                                       ※ 1,999,504              ※ 1,946,511
      販売費及び一般管理費
                                        121,221              264,851
      営業利益
      営業外収益
                                         4,048              7,122
       受取利息
                                         6,083              5,099
       受取配当金
                                         78,530              90,263
       持分法による投資利益
                                         1,228              1,107
       固定資産賃貸料
                                         11,693              26,095
       その他
                                        101,584              129,688
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         48,681              45,344
       支払利息
                                           355               -
       貸倒引当金繰入額
                                         42,041              20,123
       為替差損
                                         31,295              11,394
       その他
                                        122,374               76,862
       営業外費用合計
                                        100,432              317,676
      経常利益
      特別利益
                                        558,677               33,376
       固定資産売却益
                                            -           100,000
       特許権売却益
                                        558,677              133,376
       特別利益合計
      特別損失
                                            7            4,484
       固定資産除売却損
                                         26,660                 -
       投資有価証券売却損
                                            -            1,195
       その他
                                         26,668               5,680
       特別損失合計
                                        632,441              445,373
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   158,767              195,925
                                         24,584             △ 13,597
      法人税等調整額
                                        183,352              182,327
      法人税等合計
                                        449,089              263,046
      四半期純利益
                                            -             418
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                   449,089              262,627
                                 14/26







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        449,089              263,046
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         19,211             △ 28,255
       その他有価証券評価差額金
                                            -            2,242
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 30,512             △ 27,394
       為替換算調整勘定
                                         3,147              1,637
       退職給付に係る調整額
                                           954            △ 1,935
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 7,199             △ 53,706
       その他の包括利益合計
                                        441,890              209,339
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        441,890              208,920
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            -             418
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/26















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        632,441              445,373
       税金等調整前四半期純利益
                                        182,262              180,078
       減価償却費
                                         43,350              43,350
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  2,122             △ 5,328
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,035             △ 14,134
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 14,142               2,472
       退職給付に係る負債の増減額              (△は減少)                   △ 22,657             △ 12,184
                                        △ 10,132             △ 12,221
       受取利息及び受取配当金
                                         48,681              45,344
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 78,530             △ 90,263
       為替差損益(△は益)                                  48,611              26,705
       固定資産除売却損益(△は益)                                △ 558,669              △ 28,892
       特許権売却損益(△は益)                                    -          △ 100,000
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  26,660                 -
       売上債権の増減額(△は増加)                                 946,022              △ 11,320
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 101,924             △ 162,785
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 688,317              412,559
                                        △ 19,234             △ 37,005
       その他
                                        639,355              681,747
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  28,720              21,713
                                        △ 45,964             △ 45,582
       利息の支払額
                                       △ 191,235             △ 200,048
       法人税等の支払額
                                        430,876              457,830
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,200             △ 1,200
       定期預金の預入による支出
                                            -           400,000
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 104,431              △ 56,631
       有形固定資産の取得による支出
                                       2,226,000               500,000
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 39,389             △ 47,014
       無形固定資産の取得による支出
                                            -           100,000
       特許権売却による収入
                                       △ 100,000                 -
       投資有価証券の取得による支出
                                         40,000                 -
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 8,100             △ 50,000
       貸付けによる支出
                                         2,064              43,874
       貸付金の回収による収入
                                         △ 212           △ 148,914
       その他
                                       2,014,731               740,113
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 16/26







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 500,000              △ 50,000
                                        200,000                 -
       長期借入れによる収入
                                      △ 1,474,326              △ 840,194
       長期借入金の返済による支出
                                       1,200,000              1,000,000
       社債の発行による収入
                                       △ 220,000            △ 1,370,000
       社債の償還による支出
                                         △ 491             △ 319
       自己株式の取得による支出
                                       △ 464,171             △ 462,795
       配当金の支払額
                                        △ 20,366             △ 19,351
       その他
                                       △ 279,355            △ 1,742,660
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 4,038             △ 3,407
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  2,162,213              △ 548,124
                                       7,730,283              8,064,001
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 9,892,497              ※ 7,515,877
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/26















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (追加情報)
       ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
       区分に表示しております。
     (四半期連結貸借対照表関係)

      ※ 四半期連結会計期間末日満期手形
        四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日でした
       が、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当四半期連結会計期間末日満期手形の金額は、次のと
       おりであります。
                               前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                 (平成30年9月30日)
         受取手形                           20,469千円                 37,810千円
         支払手形                          178,812千円                 227,198千円
     (四半期連結損益計算書関係)

      ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                         前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間

                        (自 平成29年4月1日                (自 平成30年4月1日
                         至 平成29年9月30日)                  至 平成30年9月30日)
        従業員給与手当                         644,006    千円            596,756    千円
        賞与引当金繰入額                          58,461   千円             45,703   千円
        退職給付費用                          20,106   千円             19,290   千円
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
       であります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
        現金及び預金勘定                            10,292,497千円                 7,515,877千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                             △400,000千円                    -千円
        現金及び現金同等物                             9,892,497千円                7,515,877千円
                                 18/26






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
          配当金支払額
          平成29年6月29日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ・普通株式の配当に関する事項
           ①配当金の総額                      464,263千円
           ②1株当たりの配当額                            50円
           ③基準日        平成29年3月31日
           ④効力発生日      平成29年6月30日
           ⑤配当の原資         利益剰余金
        Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

          配当金支払額
          平成30年6月28日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ・普通株式の配当に関する事項
           ①配当金の総額                      464,817千円
           ②1株当たりの配当額                            50円
           ③基準日        平成30年3月31日
           ④効力発生日      平成30年6月29日
           ⑤配当の原資         利益剰余金
                                 19/26













                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                 平成29年4月1日 至           平成29年9月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                   四半期連結損
                                              調整額     益計算書計上
                       電子機器      スポーツ
                                  不動産事業        計            額
                        事業      事業
        売上高
                       3,066,023      3,149,071       93,627    6,308,722         -   6,308,722
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高又
                          468       -    7,500      7,968    △ 7,968         -
        は振替高
                       3,066,491      3,149,071       101,127     6,316,690      △ 7,968     6,308,722
               計
        セグメント利益又は損失(△)                86,652     △ 27,830      62,400     121,221        -    121,221
        (注)報告セグメントの利益又は損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
       Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                 平成30年4月1日 至           平成30年9月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                   四半期連結損
                                              調整額     益計算書計上
                       電子機器      スポーツ
                                                      額
                                  不動産事業        計
                        事業      事業
        売上高
                       3,489,146      3,090,523       129,353     6,709,023         -   6,709,023
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高又
                         4,142        -    7,500     11,642    △ 11,642          -
        は振替高
                       3,493,288      3,090,523       136,853     6,720,665      △ 11,642      6,709,023
               計
        セグメント利益又は損失(△)               289,122     △ 77,348      53,077     264,851        -    264,851
        (注)報告セグメントの利益又は損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
                                 20/26







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                 48円64銭               28円42銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千
                                       449,089               262,627
       円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       449,089               262,627
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 9,232               9,239
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 48円56銭               28円33銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千
                                          -               -
       円)
       普通株式増加数(千株)                                  16               28
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株                                    -                           -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
                                 21/26












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     (重要な後発事象)
      (自己株式の取得及び自己株式の公開買付け)
         当社は、平成30年11月7日付の取締役会決議により、会社法(平成17年法律第86号。その後の改正を含みます。
       以下「会社法」といいます。)第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条第1項及び当社定款
       の規定に基づき、自己株式の取得及びその具体的な取得方法として自己株式の公開買付け(以下「本公開買付け」
       といいます。)を行うことを決定いたしました。
      (1)買付け等の目的

         当社は、経営の基本方針の一つとして「利益ある成長」を掲げており、利益配分につきましても、将来の事業展
       開と企業体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、中間及び期末の年2回の剰余金配当によって、安定的
       かつ継続的に株主の皆様への利益還元を実施していくことを基本方針としております。また、当社は、会社法第165
       条第2項の規定により、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めることによ
       り、経営環境の変化に即した機動的な資本政策の推進及び株主還元の拡充を図っております。以上を背景として、
       当社は   平成28年    8月26日開催の取締役会において決議された自己株式の公開買付け(以下「前回公開買付け」とい
       います。)において、110,000株を取得しております(注)。
         このような方針の下、当社は、当社の親会社である株式会社データ・アート(以下「データ・アート」といいま
       す。)より、その保有する当社普通株式(4,534,700株、本四半期報告書提出日現在の当社の発行済株式総数
       9,358,670株に対する割合(以下「保有割合」といいます。):48.45%(小数点以下第三位を四捨五入。以下、保
       有割合の計算において同じとします。))の一部を売却する意向がある旨の連絡を                                       平成30年    9月中旬に受けまし
       た。
         当社は、データ・アートからの連絡を受けて、一時的にまとまった数量の株式が市場に放出された場合における
       当社普通株式の流動性及び市場価格に与える影響並びに当社の財務状況等を総合的に勘案し、                                            平成30年    9月下旬か
       ら、当該株式を自己株式として取得することについての具体的な検討を開始いたしました。
         その結果、当社が当該株式を自己株式として取得することは、当社の1株当たり当期純利益(EPS)の向上や
       株主資本当期純利益率(ROE)等の資本効率の向上に寄与し、株主の皆様に対する利益還元につながるものと判
       断いたしました。具体的な自己株式の取得方法については、データ・アート以外の株主の皆様が市場株価の動向も
       見ながら応募について検討する機会を確保できる公開買付けの方法が、株主間の平等性、取引の透明性の観点から
       適切であると判断いたしました。また、本公開買付けにおける買付け等の価格(以下「本公開買付価格」といいま
       す。)の決定に際しては、当社普通株式が株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)市場
       第二部に上場されていること、上場会社の行う自己株式の取得が金融商品取引所を通じた市場買付けによって行わ
       れることが多いことを勘案し、基準の明確性及び客観性を重視し、当社普通株式の市場価格を基礎に検討を行いま
       した。さらに、当社普通株式の適正な時価を算定するには、市場株価が経済状況その他の様々な条件により日々変
       動しうるものであることから、一定期間の株価変動を考慮することが望ましいと考えました。その上で、本公開買
       付けに応募せず当社普通株式を保有し続ける株主の皆様の利益を尊重する観点から、資産の社外流出を可能な限り
       抑えるべく、市場価格より一定のディスカウントを行った価格で買付けることが望ましいと判断いたしました。ま
       た、ディスカウント率につきましては、過去の自己株式の公開買付けの事例を参考とすることといたしました。
         上記の検討を経て、当社は、              平成30年    10月上旬に、データ・アートに対して、東京証券取引所市場第二部におけ
       る一定期間の当社普通株式の終値の単純平均値に対してディスカウントを行った価格で本公開買付けを実施した場
       合の応募について打診し、同年10月上旬に前向きに検討する旨の回答を得ました。これを受けて、当社は、その
       後、具体的な条件について検討を行いました。具体的な条件として、当社は、当社の財務状況、直近の株価動向及
       び過去の自己株式の公開買付けの事例において決定された公開買付価格の市場価格に対するディスカウント率等を
       参考として本公開買付価格について検討を行い、本公開買付けの実施を決議する取締役会決議日の前営業日までの
       1ヶ月間の東京証券取引所市場第二部における当社普通株式の終値の単純平均値に対して10%のディスカウント率
       を適用して算出される価格を本公開買付価格とする旨、                          平成30年    10月中旬にデータ・アートに提案しました。その
       結果、   平成30年    10月中旬に、データ・アートより、当該条件にて当社が本公開買付けの決議をした場合には、その
       保有する当社普通株式の一部である560,000株(保有割合:5.98%)を本公開買付けに応募する旨の回答を得まし
       た。
         以上を踏まえ、当社は、            平成30年    11月7日付の取締役会決議により、会社法第165条第3項の規定により読み替
       えて適用される同法第156条第1項及び当社定款の規定に基づき、自己株式の取得を行うこと及びその具体的な方法
       として本公開買付けを行うこと、並びに本公開買付価格を本公開買付けの実施を決議した取締役会決議日の前営業
       日(  平成30年    11月6日)までの1ヶ月間の東京証券取引所市場第二部における当社普通株式の終値の単純平均値996
       円(小数点以下を四捨五入。以下、単純平均値の計算において同じとします。)に対して10%のディスカウントを
       行った価格である896円(小数点以下を四捨五入。以下、本公開買付価格の計算において同じとします。)とするこ
       とを決定いたしました。また、本公開買付けにおける買付予定数については、当社の財務の健全性及び安定性を考
       慮した上で、データ・アート以外の株主の皆様にも応募の機会を提供するという観点から、616,000株(保有割合:
       6.58%)を上限とすることを決議いたしました。
                                 22/26


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
         なお、当社の取締役である峰島重雄及び森田啓文は、それぞれデータ・アートの取締役会長及び代表取締役社長
       を兼務しており、本公開買付けに関して特別利害関係を有する可能性があることから、本公開買付けに関する上記
       決議には参加しておらず、また、峰島重雄及び森田啓文は、当社とデータ・アートとの事前の協議・交渉について
       も、  当社の立場からは参加しておりません。
         本公開買付けに要する資金については、その全額を自己資金より充当する予定ですが、当社が                                            平成30年    11月7日
       に公表した「平成31年3月期              第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」に記載された                           平成30年    9月末現在におけ
       る連結ベースの手元流動性(現金及び預金)は7,515,877千円であり、本公開買付けの買付資金(574,936,000円)
       に充当した後も、当社の手元流動性は十分に確保でき、かかる自己株式の取得は、当社の財務状況や配当方針に大
       きな影響を与えるものではなく、財務の健全性及び安定性を維持できると判断しております。
         また、当社はデータ・アートとの間で、本公開買付けにデータ・アートが本四半期報告書提出日現在保有する当
       社普通株式の一部である560,000株(保有割合:5.98%)を応募する旨の公開買付けに関する応募契約を                                                平成30年    11
       月7日付で締結しております。なお、かかる応募の前提条件は存在せず、また                                    平成30年    11月7日現在において、本
       公開買付けに応募しない当社普通株式3,974,700株(保有割合:42.47%)については、今後も継続して保有する見
       込みである旨の回答を得ております。
         なお、データ・アートは、本四半期報告書提出日現在、当社の親会社に該当しておりますが、本公開買付けへの
       応募がなされた場合、データ・アートは当社の親会社に該当しないこととなり、新たに当社のその他の関係会社に
       該当することとなる見込みです。その場合には、速やかに開示をする予定です。
         本公開買付けにより取得した自己株式の処分等の方針につきましては、現時点では未定であり、具体的に決定し
       た場合は速やかに開示いたします。
      (注)前回公開買付けにおいて、データ・アート及びその他株主の保有する当社普通株式について、                                               平成28年    8月29
         日から同年10月11日までを買付け等の期間とした公開買付けの手法により、110,000株(前回公開買付けに係る
         決済の開始日である         平成28年    11月2日時点の発行済株式総数(9,358,670株)に対する割合:1.18%)を1株に
         つき金1,110円で取得しております。
        (2)自己株式の取得に関する取締役会決議の内容

          ①取得する株式の種類  普通株式
          ②取得する株式の総数  616,100株(上限)
          ③取得価額の総額    552,025,600円
          ④取得する期間     平成30年11月8日から平成31年1月31日
        (3)自己株式の公開買付けの概要

          ①買付予定数      616,000株
          ②買付け等の価格    普通株式1株につき896円
          ③買付け等の期間    平成30年11月8日から平成30年12月10日
          ④公開買付開始公告日  平成30年11月8日
          ⑤決済の開始日     平成31年1月8日
                                 23/26








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 24/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 25/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成30年11月8日

     マミヤ・オーピー株式会社

      取締役会 御中

                              明治アーク監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              松島 康治   印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              橋本 純子   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているマミヤ・オー

     ピー株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年7月1
     日から平成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半
     期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、マミヤ・オーピー株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日現在の
     財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
     ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成30年11月7日付の取締役会決議により、自己株式の取得及びその
     具体的な取得方法として自己株式の公開買付けを行うことを決定している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.      XBRLデータは四半期レビューの対象には含                    まれておりません。
                                 26/26


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。