明治海運株式会社 四半期報告書 第165期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第165期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)
提出日
提出者 明治海運株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               近畿財務局長

     【提出日】               平成30年11月9日

     【四半期会計期間】               第165期第2四半期(自            平成30年7月1日          至   平成30年9月30日)

     【会社名】               明治海運株式会社

     【英訳名】               Meiji   Shipping     Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長        CEO 内 田 和 也

     【本店の所在の場所】               兵庫県神戸市中央区明石町32番地

     【電話番号】               神戸078(331)3701

     【事務連絡者氏名】               取締役常務執行役員 水 野 敏 郎

                    東京都目黒区上目黒一丁目18番11号

     【最寄りの連絡場所】
                    明治海運株式会社 東京本部

     【電話番号】               東京03(3792)0811

     【事務連絡者氏名】               取締役常務執行役員 水 野 敏 郎

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第164期           第165期

              回次              第2四半期           第2四半期            第164期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日         至   平成30年3月31日
                               19,548,908           20,087,265           41,768,196
     売上高                (千円)
                               1,932,309           2,117,504           4,491,557

     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する
                                640,362           950,539          1,810,155
                      (千円)
     四半期(当期)純利益
                                782,650          1,784,156           3,498,241
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               33,583,548           37,802,276           36,203,140

     純資産額                (千円)
                              154,185,912           150,381,245           153,511,660

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                 19.56           29.04           55.29
                      (円)
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
                                  9.0          10.6            9.9
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                               6,176,001           6,087,506          14,441,220
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                              △ 16,187,089          △ 3,514,466         △ 16,591,467
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                               10,848,916          △ 3,686,205           6,677,306
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                               15,020,073           17,398,766           18,743,596
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                             第164期           第165期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成29年7月1日         自   平成30年7月1日
             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日
                                 14.35           14.91
     1株当たり四半期純利益                 (円)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          いません。
        2.売上高には、消費税等は含まれていません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益は、潜在株式が存在しないため記載していません。
                                  2/21






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社の異動は以下のとおりです。
       (1)   外航海運業

        当第2四半期連結会計期間において、TOTO                    ACRUX   NAVIGATION      S.A.は清算手続が完了したため、持分法適用の範
       囲から除外しています。
       (2)   ホテル関連事業
        主要な関係会社の異動はありません。
       (3)   不動産賃貸業
        主要な関係会社の移動はありません。
        以上の結果、平成30年9月30日現在では、当社グループは、当社、連結子会社18社および関連会社16社により構
       成されることになりました。
                                  3/21















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。なお、重要事象等は存在していません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1) 経営成績
        当第2四半期連結累計期間における世界経済は、概ね順調な回復を続けています。米国経済は、法人税減税によ
       り企業収益の改善が見込まれ、また、個人消費も良好な雇用環境と所得税減税により順調な状況が続きました。欧
       州経済も、主に輸出増加等により、主要国は総じて良好な景気回復を続けています。中国では成長率は鈍化する見
       通しですが、その他のアジア新興国経済は緩やかに回復しています。
        我が国経済は、企業収益は堅調、雇用・所得環境も改善が続き、景気は回復基調が持続しています。
        このような経済状況のもと、外航海運業は、タンカー市況では引き続き厳しい状況が続いているものの、バル
       カー市況には回復の兆しがみられます。
        大型タンカー市況は、昨年に引き続き年初から弱含みで推移し、本年5月には記録的な低さであった昨年を下回
       る水準に一時落ち込みました。一方で、VLCCを中心に記録的な数のタンカーのスクラップが報告されると同時に新
       造船供給圧力は弱まり、船腹需給は徐々に改善に向かうものと予想されます。
        石油製品船は軟調な市況が続き、足元では依然として船腹供給過多の状態にありますが、開発途上国の需要増を
       背景として今後徐々に回復が見込まれます。
        大型LPG船においても、低調な市況が続き、今年度に入りわずかながらの上昇がみられますが、依然として新造船
       の供給圧力が高いことが要因となり、十分な回復までには至っていません。
        バルカー市況は、船型によって状況が異なり、ケープサイズバルカーでは、3月に一時極めて低い水準まで落ち
       込んだもののその後急回復し、概ね過去3年間を上回る水準に回復しています。中小型船型については、需給環境
       の改善により大型船に比して安定的な上昇がみられます。
        自動車船市況は、4月に一時的な下落を見たものの、北米向、欧州向及びアジア地域への堅調な輸送需要を背景
       に、足元は例年並みの水準に回復しています。
        コンテナ船市況は、荷動きは堅調に推移していますが、大型船の市場への投入が続いていることにより船腹需給
       の先行きが懸念されます。一方で、コンテナ船社同士の吸収合併、事業統合の進展の動きが活発となり、市況の安
       定化に寄与することが期待されます。
        当社グループの外航海運業部門は、平均為替レートが前年同四半期比円高となったものの、前連結会計年度に竣
       工した新造船がフル稼働したこともあり、売上高は14,171百万円(前年同四半期比3.2%増)となりました。一方費
       用面では、前年同四半期比で入渠隻数が増加したこと等から、外航海運業利益は1,395百万円(前年同四半期比
       30.6%減)となりました。
        ホテル関連事業部門は、宿泊部門ほか各部門とも堅調に推移し、売上高は5,649百万円(前年同四半期比1.7%
       増)となりました。費用面では、前年同四半期比で大規模修繕費が低減したことから、ホテル関連事業利益は379百
       万円(前年同四半期比52.5%増)となりました。
        不動産賃貸業部門は、売上高は265百万円(前年同四半期比1.1%増)、不動産賃貸業利益は155百万円(前年同四
       半期比3.1%増)と堅調に推移しています。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、20,087百万円(前年同四半期比2.8%増)、営業利益は
       1,931百万円(前年同四半期比19.9%減)となりました。経常利益は、前年同四半期より為替差益が増加したこと等
       から、2,117百万円(前年同四半期比9.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は950百万円(前年同四半期比
       48.4%増)となりました。
                                  4/21




                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態
        当第2四半期連結会計期間末における資産の部は、前連結会計年度末より3,130百万円減少し、150,381百万円と
       なりました。これは主に船舶など有形固定資産の減価償却によるものです。
        負債の部は、前連結会計年度末より4,729百万円減少し、112,578百万円となりました。これは主にリース債務お
       よび借入金の減少によるものです。
        また、純資産の部は、前連結会計年度末より1,599百万円増加し、37,802百万円となりました。これは主に利益剰
       余金および非支配株主持分の増加によるものです。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        キャッシュ・フローにおいては、当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末
       と比べて1,344百万円減少し、17,398百万円となりました。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりです。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における営業活動によって得られた資金は、6,087百万円(前年同四半期比1.4%減)と
       なりました。これは主に税金等調整前四半期純利益2,173百万円に、減価償却費4,982百万円を加算し、その他非資
       金項目を加減算した結果です。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間において投資活動に支出した資金は、3,514百万円(前年同四半期は16,187百万円の支
       出)となりました。これは主に新造船建造費等の有形固定資産の取得による支出が要因です。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間において財務活動に使用した資金は、3,686百万円(前年同四半期は10,848百万円の収
       入)となりました。これは主に長期借入金および社債発行による収入6,089百万円と、長期借入金、リース債務の返
       済および社債の償還による支出9,159百万円との差額3,069百万円によるものです。 
      (4)  主要な設備

        当第2四半期連結累計期間に著しい変動があった設備は次のとおりです。
      重要な設備の新設等
                     投資予定金額                   着手及び完了予定
                                                    完成後の増加能力
     セグメントの
            設備の内容                  資金調達方法
                    総額     既支払額
                                                    (載貨重量屯数)
       名称
                                        着手      完了予定
                   (千円)      (千円)
                               借入金および        平成27年       平成32年
      外航海運業        船舶     48,183,385       5,013,634                           1,266千トン
                               自己資金         3月      10月
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/21






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                    144,000,000

                  計                                   144,000,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                     上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成30年11月9日)
               (平成30年9月30日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
       普通株式            36,000,000           36,000,000                単元株式数は100株です。
                                      市場第一部
         計          36,000,000           36,000,000           ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】
         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
     平成30年9月30日                 -     36,000         -   1,800,000           -       -
                                  6/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                                   総数に対する
                                             (千株)
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
                                               5,347        14.8
     明治土地建物株式会社                兵庫県神戸市中央区海岸通3番地
                                               2,500         6.9
     三井住友海上火災保険株式会社                東京都千代田区神田駿河台三丁目9番地
                                               2,500         6.9
     東京海上日動火災保険株式会社                東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
                                               2,400         6.6
     明海興産株式会社                兵庫県神戸市中央区京町76番2号
                                               1,794         4.9
     株式会社三井住友銀行                東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
                                               1,700         4.7
     タクティ株式会社                東京都目黒区上目黒一丁目18番12号
                                               1,128         3.1
     中央総合サービス株式会社                兵庫県神戸市中央区明石町32番地
                                               1,128         3.1
     パックトレーディング株式会社                兵庫県神戸市中央区海岸通3番地
                                               1,050         2.9
     山崎金属産業株式会社                東京都千代田区岩本町一丁目8番11号
     株式会社シーアールケイ                兵庫県神戸市中央区明石町32番地                           910        2.5
                                               20,457         56.8
            計                   -
      (注)    記載株数は、千株未満を切り捨てて表示しています。
                                  7/21













                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式
                                   ―              ―
              (注)1                      11,700
     完全議決権株式(その他)                 普通株式
                                    359,841             ―
              (注)2                    35,984,100
                      普通株式
     単元未満株式   (注)3                              ―              ―
                           4,200
     発行済株式総数                    36,000,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          359,841             ―

      (注)   1 「完全議決権株式(自己株式等)」欄は、全て当社保有の自己株式です。
        2 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が 
          1,000株含まれています。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の名義書換失念株式に係る議決権の数
          が10個含まれています。
        3 「単元未満株式」には、当社保有の自己株式93株を含んでいます。
       ②  【自己株式等】

                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  兵庫県神戸市中央区
     明治海運株式会社                             11,700         ―    11,700        0.0
                  明石町32番地
           計              ―          11,700         ―    11,700        0.0
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において役員の移動はありません。
                                  8/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「海運企業財務諸表準則(昭和29年運輸省告示                                     第431号)」及び「四半期連結財務
      諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しています。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
      30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、神明監査法人による四半期レビューを受けています。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      売上高                                 19,548,908              20,087,265
                                       15,339,038              16,152,321
      売上原価
                                        4,209,870              3,934,943
      売上総利益
                                     ※1  1,799,976            ※1  2,003,824
      販売費及び一般管理費
                                        2,409,893              1,931,119
      営業利益
      営業外収益
                                         30,308              40,609
       受取利息
                                         33,413              75,837
       受取配当金
                                          5,321             583,460
       為替差益
                                         295,864              363,934
       持分法による投資利益
                                         204,138              127,212
       その他
                                         569,046             1,191,054
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         785,638              900,148
       支払利息
                                         260,991              104,520
       その他
                                        1,046,630              1,004,668
       営業外費用合計
                                        1,932,309              2,117,504
      経常利益
      特別利益
                                                       55,670
                                            ―
       その他
                                                       55,670
       特別利益合計                                    ―
                                        1,932,309              2,173,174
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   311,897              296,755
                                        △ 153,927             △ 165,403
      法人税等調整額
                                         157,970              131,352
      法人税等合計
                                        1,774,339              2,041,822
      四半期純利益
                                        1,133,976              1,091,282
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         640,362              950,539
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/21









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        1,774,339              2,041,822
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         27,944               9,500
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 125,821              138,942
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 584,957             △ 343,596
       為替換算調整勘定
                                        △ 308,854              △ 62,511
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 991,689             △ 257,665
       その他の包括利益合計
                                         782,650             1,784,156
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         215,295              881,953
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         567,354              902,203
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/21















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        18,769,596              17,424,766
         現金及び預金
                                         838,358              750,122
         売掛金
                                          28,253              28,144
         商品及び製品
                                         746,169              633,510
         原材料及び貯蔵品
                                        2,426,713              2,649,885
         その他
                                        22,809,090              21,486,429
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        93,521,014              88,272,956
           船舶(純額)
                                        12,501,130              12,461,517
           建物及び構築物(純額)
                                        8,430,474              8,638,565
           土地
                                        2,198,625              5,052,150
           建設仮勘定
                                         576,809              515,404
           その他(純額)
                                       117,228,055              114,940,594
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          87,528              95,199
           その他
                                          87,528              95,199
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        10,513,094              10,828,139
           投資有価証券
                                         833,220              896,200
           長期貸付金
                                        1,006,323              1,034,676
           繰延税金資産
                                        1,034,348              1,100,004
           その他
                                        13,386,986              13,859,021
           投資その他の資産合計
                                       130,702,570              128,894,815
         固定資産合計
                                       153,511,660              150,381,245
       資産合計
                                 12/21










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        1,451,677              1,683,367
         海運業未払金
                                        1,172,000              1,184,000
         1年内償還予定の社債
                                        28,278,036              28,224,027
         短期借入金
                                        2,275,872               177,674
         リース債務
                                         905,757              790,104
         未払金
                                         385,254              313,057
         未払法人税等
                                          45,368              162,436
         賞与引当金
                                        3,071,080              3,024,723
         その他
                                        37,585,047              35,559,391
         流動負債合計
       固定負債
                                        3,236,500              3,120,000
         社債
                                        67,174,489              64,749,249
         長期借入金
         リース債務                               2,562,758              2,422,766
         繰延税金負債                                370,796              227,108
                                        1,043,086              1,043,086
         再評価に係る繰延税金負債
         引当金
                                         238,771              235,494
           役員退職慰労引当金
                                        1,526,327              1,851,490
           特別修繕引当金
                                        1,765,099              2,086,984
           引当金計
                                         340,992              350,487
         退職給付に係る負債
                                        1,047,202              1,050,451
         持分法適用に伴う負債
                                        2,182,548              1,969,443
         その他
                                        79,723,473              77,019,577
         固定負債合計
                                       117,308,520              112,578,969
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,800,000              1,800,000
         資本金
                                          21,128              21,128
         資本剰余金
                                        10,736,493              11,507,092
         利益剰余金
                                        △ 675,520             △ 675,520
         自己株式
                                        11,882,102              12,652,701
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         625,473              658,213
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 321,616             △ 218,160
         繰延ヘッジ損益
                                        1,906,276              1,906,276
         土地再評価差額金
                                        1,173,573               968,791
         為替換算調整勘定
                                        3,383,706              3,315,120
         その他の包括利益累計額合計
                                        20,937,331              21,834,454
       非支配株主持分
                                        36,203,140              37,802,276
       純資産合計
                                       153,511,660              150,381,245
      負債純資産合計
                                 13/21





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        1,932,309              2,173,174
       税金等調整前四半期純利益
                                        4,623,548              4,982,784
       減価償却費
                                        △ 63,722             △ 116,447
       受取利息及び受取配当金
                                         107,546               2,530
       有形固定資産除売却損益(△は益)
                                         785,638              900,148
       支払利息
                                         26,413             △ 554,529
       為替差損益(△は益)
                                        △ 76,321             △ 24,031
       デリバティブ評価損益(△は益)
                                         △ 4,344             △ 5,098
       匿名組合投資損益(△は益)
                                        △ 295,864             △ 363,934
       持分法による投資損益(△は益)
                                        △ 13,650              △ 3,277
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         20,004               9,494
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         174,232              325,162
       特別修繕引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 30,586             △ 95,854
       前受金の増減額(△は減少)
                                         41,486              112,767
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 66,579             △ 22,759
       未収消費税等の増減額(△は増加)
                                         203,860              231,690
       海運業未払金の増減額(△は減少)
                                        △ 314,977             △ 264,172
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                         150,319              △ 14,468
       その他
                                        7,199,313              7,273,180
       小計
                                         104,303               77,214
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 837,475             △ 954,539
       利息の支払額
                                        △ 290,139             △ 308,349
       法人税等の支払額
                                        6,176,001              6,087,506
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 22,556,174              △ 3,587,735
       有形固定資産の取得による支出
                                        6,436,817                 913
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 41,000             △ 26,000
       定期預金の預入による支出
                                         41,000              26,000
       定期預金の払戻による収入
                                          △ 58             △ 58
       投資有価証券の取得による支出
       投資有価証券の売却による収入                                  7,024                ―
                                        △ 72,838             △ 120,000
       貸付けによる支出
                                                       220,900
       貸付金の回収による収入                                    ―
                                         △ 1,859             △ 28,486
       その他
                                      △ 16,187,089              △ 3,514,466
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 14/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        1,740,000              △ 452,968
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                       22,825,056               5,600,720
       長期借入れによる収入
                                      △ 12,766,973              △ 6,316,327
       長期借入金の返済による支出
                                         682,448              488,960
       社債の発行による収入
                                        △ 605,500             △ 604,500
       社債の償還による支出
                                        △ 179,252             △ 179,304
       配当金の支払額
                                        △ 653,080              △ 5,080
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 266,197            △ 2,238,190
       リース債務の返済による支出
                                         72,415              20,483
       その他
                                       10,848,916              △ 3,686,205
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 270,692             △ 231,663
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         567,136            △ 1,344,829
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       14,452,937              18,743,596
      現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  15,020,073            ※1  17,398,766
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/21














                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

       (1)  連結の範囲の重要な変更
        当第2四半期連結会計期間において、重要な変更はありません。
       (2)  持分法適用の範囲の重要な変更

        当第2四半期連結会計期間において、TOTO                    ACRUX   NAVIGATION      S.A.は清算手続が完了したため、持分法適用の範
       囲から除外しています。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
       (追加情報)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
       計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分
       に表示しています。
       (四半期連結損益計算書関係)

        ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりです。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年9月30日)                 至 平成30年9月30日)
                                643,118                 677,323
         役員報酬および従業員給与                           千円                 千円
                                 48,665                 61,606
         賞与引当金繰入額                           〃                 〃
                                 17,073                 22,073
         退職給付費用                           〃                 〃
       (四半期連結貸借対照表関係)

        偶発債務
        連結会社以外の会社の金融機関等からの借入金に対して、次のとおり債務保証を行っています。
        保証債務

                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                (平成30年9月30日)
         1 TRINITY      BULK,   S.A.
                                3,106,330千円                  3,126,248千円
         2 M&M    SHIPHOLDING      S.A.
                               2,432,850〃                 2,475,612〃
         3 KMNL     LODESTAR     SHIPPING     B.V.
                                6,659,375〃                 6,673,116〃
         4 MIKOM     TRANSPORT     PTE  LTD           3,230,851〃                  3,223,314〃
         5 COMET     GYRO   GAS
                                4,153,037〃                  4,569,582〃
             TRANSPORT     PTE.   LTD.
         6 MK    REAL   ESTATE,    INC.
                                 921,237〃                1,142,648〃
         7 M&M    SHIPHOLDING      PTE.   LTD.
                               2,550,374〃                 2,437,861〃
             合計                       23,054,057千円                  23,648,383千円
         (うち、外貨建金額)                        148,398千米ドル                  145,228千米ドル
        上記は、各社の船舶建造資金(すべて本船担保付)および運転資金の借入金等に対する借入先等への保証です。外
        貨建保証債務の換算は、決算時の為替相場によっています。
                                 16/21



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        㯿  現金および現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次
       のとおりです。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                             (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
                               15,061,073      千円
         現金及び預金                                        17,424,766千円
                                △41,000     千円
         預入期間が3ヵ月を超える定期預金                                         △26,000千円
                               15,020,073      千円
         現金及び現金同等物                                        17,398,766千円
       (株主資本等関係)

      前第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年5月15日
               普通株式       179,941           5.00   平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
     取締役会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。 
      当第2四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年9月30日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年5月15日
               普通株式       179,941           5.00   平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
     取締役会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。 
                                 17/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                調整額      合計
                           ホテル関連
                     外航海運業             不動産賃貸業         計
                             事業
     売上高
                     13,733,046       5,553,224        262,637     19,548,908            19,548,908
       外部顧客への売上高                                              ―
      セグメント間の内部売上高
                         ―       ―       ―       ―     ―       ―
      又は振替高
                     13,733,046       5,553,224        262,637     19,548,908            19,548,908
            計                                       ―
                     2,010,061        248,701       151,131      2,409,893            2,409,893

     セグメント利益                                              ―
      (注) セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しています。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年9月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                調整額      合計
                           ホテル関連
                     外航海運業             不動産賃貸業         計
                             事業
     売上高
                     14,171,988       5,649,684        265,592     20,087,265            20,087,265
       外部顧客への売上高                                              ―
      セグメント間の内部売上高
                         ―       ―       ―       ―     ―       ―
      又は振替高
                     14,171,988       5,649,684        265,592     20,087,265            20,087,265
            計                                       ―
                     1,395,971        379,380       155,767      1,931,119            1,931,119

     セグメント利益                                              ―
      (注) セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しています。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
        該当事項はありません。
                                 18/21







                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
       (金融商品関係)
         金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動があり
        ません。
       (有価証券関係)

         有価証券の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動があり
        ません。
       (デリバティブ取引関係)

         デリバティブ取引の四半期連結会計期間末の契約額等は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動があり
        ません。
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年9月30日)           至   平成30年9月30日)
       1株当たり四半期純利益                                 19円56銭              29円04銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

                                         640,362             950,539
       普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         640,362             950,539
       四半期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         32,736             32,736
      (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

         該当事項はありません。
                                 19/21








                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月3日

     明治海運株式会社
      取締役会      御中
                        神明監査法人

                         代表社員
                                           古 村  永       子  郎
                                    公認会計士                  印
                         業務執行社員
                         代表社員

                                    公認会計士       井 上  秀 夫           印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている明治海運株式会

     社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
     30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、明治海運株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク