株式会社マツモトキヨシホールディングス 四半期報告書 第12期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第12期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社マツモトキヨシホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

      【提出書類】              四半期報告書
      【根拠条文】              金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】              関東財務局長
      【提出日】              平成30年11月8日
      【四半期会計期間】              第12期第2四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】              株式会社マツモトキヨシホールディングス
      【英訳名】              Matsumotokiyoshi         Holdings     Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】              代表取締役社長 松本 清雄
      【本店の所在の場所】              千葉県松戸市新松戸東9番地1
      【電話番号】              047(344)5110
      【事務連絡者氏名】              管理本部 財務経理部長 西田 浩
      【最寄りの連絡場所】              千葉県松戸市新松戸1丁目483番地
      【電話番号】              047(344)5110
      【事務連絡者氏名】              管理本部 財務経理部長 西田 浩
      【縦覧に供する場所】              株式会社東京証券取引所
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/27













                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                             第11期           第12期
              回次                                     第11期
                            第2四半期           第2四半期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日
             会計期間
                          至 平成29年9月30日           至 平成30年9月30日           至 平成30年3月31日
                                276,696           287,124           558,879

     売上高                (百万円)
                                 17,018           18,384           36,123

     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                 10,705           11,585           22,755
                     (百万円)
     四半期(当期)純利益
                                 11,939           15,675           26,093
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)
     純資産額                (百万円)           193,365           217,373           204,871

                                300,655           329,024           314,178

     総資産額                (百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                                 101.17           109.48           215.03
                      (円)
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                                 101.12           109.42           214.92
                      (円)
     四半期(当期)純利益
                                  64.3           66.0           65.2
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                                 15,510           11,849           27,938
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 4,357          △ 4,421          △ 7,741
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 3,485          △ 4,096          △ 7,060
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 46,144           54,944           51,613
                     (百万円)
     四半期末(期末)残高
                             第11期           第12期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自 平成29年7月1日           自 平成30年7月1日
             会計期間
                          至 平成29年9月30日           至 平成30年9月30日
                                 46.56           46.72
     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
        2.売上高には消費税等は含まれておりません。
        3.当社は「役員向け株式報酬制度」及び「株式付与ESOP信託」を導入しております。1株当たり四半期
         (当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益の基礎となる期中平均株式数は、その計
         算において控除する自己株式に当該信託口が保有する当社株式を含めております。
        4.当社は、平成29年11月9日開催の取締役会決議により、平成30年1月1日付で普通株式1株につき2株の割
         合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四
         半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
        5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
         連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
         等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営む事業の内容につい
       て、重要な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/27


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】

      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半
       期連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値
       で前連結会計年度との比較・分析を行っております。
       (1)   経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日~平成30年9月30日)における日本経済の現状は、各種の景気
        指標においては改善の兆しが見られるものの、世界的な株価の変動、原油価格の動向、為替相場の状況、これら
        外的要因の影響も含めた消費マインドの変化など、先行き不透明感は依然として拭えず消費環境は厳しい状況で
        推移しました。
         ドラッグストア業界におきましては、業種・業態を越えた競合企業の新規出店、商勢圏拡大に向けた新たなエ
        リアへの侵攻、M&Aによる規模拡大、同質化する異業種との競争、それらが要因となる狭小商圏化など、我々
        を取り巻く経営環境は厳しい状況が継続しております。 
         このような環境の中、当社グループは、ローリングした中期的な戦略テーマとして「需要創造に向けた新業態
        モデルの構築」「オムニチャネルを起点としたCRMのさらなる進化」の2つを継続し、新たな戦略テーマとし
        て「市場シェアの向上と強固な収益基盤の確立」を掲げ取組んでまいりました。
         具体的には、エリアシェア拡大に向けた主要都市での至近距離出店、インバウンド需要獲得のための新たな立
        地への展開とともに、既存店における免税対応店舗の拡大(新店を含め667店舗(前期末比139店舗増))を図
        り、これら店舗から得られた各種データを活用することで立地・環境に合わせた最適な品揃えを実行してまいり
        ました。
         調剤事業の強化・拡大に向けた取組みとしましては、厚生労働省が進める「健康サポート薬局」の認可を受け
        た19店舗において地域医療連携を推進するとともに、調剤サポートプログラムの導入契約も順調に拡大しており
        ます。また、プライベートブランド(PB)商品に関しましては、日常的なアスリートを応援する当社管理栄養
        士監修シリーズとして「matsukiyo                 LAB  アスリートライン」の展開を開始し、人気のエナジードリンクからはカ
        ロリーゼロの「EXSTRONG            ZERO   ENERGY    DRINK(エクストロングゼロエナジードリンク)」を発売するなどPB商
        品の構成比拡大に努めてまいりました。
         なお、これまで多くのデザイン賞を獲得した「matsukiyo」のト
        イレットペーパーが、世界最高峰のクリエイティブ賞である「D&
        AD賞」において、部門最高賞の「イエローペンシル賞」を、さら
        に、世界三大広告賞の一つ「The                One  Show」においてもメリット
        賞を受賞するなど引き続き、そのデザインにおいても高い評価を
        いただいております。
         継続した取組みとしましては、KPI(グループの重要業績評価指標)管理による経営の効率化を図り、各事
        業会社の業績改善を推進するとともに、当社グループの強みとなる顧客接点数(ポイントカード会員/LINE
        の友だち/公式アプリのダウンロード数)の獲得に努め、その総数は延べ5,770万超まで拡大しました。
         新たな取組みとしましては、本年4月30日よりNTTドコモの「dポイントサービス」の取扱いを開始し、順
        次グループ各店に拡大(9月末現在1,500店舗超)しております。
         海外事業としましては、中華人民共和国における越境ECやタイ王国での「マツモトキヨシ」店舗の展開も28
        店舗まで順調に拡大し、台湾におけるドラッグストア事業展開も、臺隆工業股份有限公司との合弁会社である
        「台湾松本清股份有限公司(Matsumotokiyoshi(Taiwan)Limited)」を設立し、1号店のオープンに向け各種
        の準備を進め、インバウンドだけでなく国外においても外国人のお客様需要の獲得を図っております。
                                  3/27




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
         新規出店に関しましては、銀座エリアでのシェア拡大に向け「銀座みゆきAve.店」、福岡県天神エリアでの
        シェア拡大に向けた「天神2丁目店」などの至近距離展開を図るとともに、空港における国際線ターミナル直営
        1号店となる「福岡空港国際線ターミナル店」、出国手続き後エリアへの初出店となる「成田国際空港第1ター
        ミナル店」のオープンなど、多彩なフォーマットで展開できるノウハウを生かし、グループとして34店舗をオー
        プンしました。また、既存店舗の活性化を目的として「matsukiyo                               LAB」への業態変更を含め51店舗の改装を実
        施するとともに、不採算店舗21店舗の早期閉鎖など収益構造の改革を着実に進めております。その結果、当連結
        会計年度末におけるグループ店舗数は1,617店舗となりました。
         (※タイ王国においてセントラル&マツモトキヨシリミテッドが運営する28店舗はグループ店舗数の総数に含
        んでおりません。)
         なお、当社グループが注力しております社会貢献活動(CSR)に関しましては、第25回セルフメディケー
        ションフォーラム「美と健康のエキスパートから学ぶ今日から始めるワタシ磨き」を開催し、多くのお客様のご
        参加をいただくなど、美しく健康であり続けたい方々を応援する取組みも実施してまいりました。
         以上の結果、売上高         2,871億24百万円        (前年同期比      3.8%増    )、営業利益      169億62百万円       (同  7.8%増    )、経常利益

        183億84百万円       (同  8.0%増    )、親会社株主に帰属する四半期純利益                   115億85百万円       (同  8.2%増    )となり、売上及
        び各利益とも、同期間における過去最高となりました。
         セグメントの業績は次のとおりであります。

        <小売事業>
         第1四半期は、期初から比較的天候には恵まれ高温で推移したものの、5月は低温傾向、6月は例年より早い
        梅雨入りと梅雨明けになったことで、春夏物のシーズン商品は月度によって好不調が分かれるかたちとなりまし
        た。
         第2四半期は、記録的な高温が続き、全国的な豪雨被害、大型台風の上陸、北海道胆振東部地震の発生など多
        くの自然災害が発生し、来店客数に大きな影響を及ぼしました。インバウンド売上に関しましては、関東エリア
        で大きく伸長したものの、6月に発生した大阪北部地震を含めた自然災害により、関西および北海道において訪
        日外国人観光客数に一定の影響を及ぼしました。
         しかしながら、新規出店、PB商品の拡販、改装による既存店の活性化、効率的かつ効果的な販促策の実行、
        KPI管理による経営の効率化等に努めることで収益は順調に拡大しました。訪日外国人観光客の動向について
        もエリアによって好不調が分かれましたが、購買動向の変化を捉え、きめ細かく対応した各種のマーケティング
        戦略、免税対応店舗の拡大などが奏功し、引き続きインバウンド需要や越境ECは順調に推移しております。
         調剤事業に関しましては、薬価改定があったものの、引き続き既存店への調剤併設を含め、高い収益性の見込
        める物件を優先的に開局するとともに、技術料の獲得、健康サポート薬局として地域医療連携を深めるなどの各
        種施策により、処方箋応需枚数が増加したことで順調に伸長しております。
        <卸売事業>

         卸売事業は、小売事業同様にシーズン商品は好不調が分かれる展開となりましたが、フランチャイズ既存契約
        企業の新規出店、インバウンド需要の獲得により順調に拡大しました。
         このような営業活動に基づき、小売事業の売上高は                        2,764億90百万円        (前年同期比      3.8%増    )、卸売事業      91億51

        百万円   (同  5.2%増    )、管理サポート事業          14億82百万円      (同  4.8%減    )となりました。
                                  4/27







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
       (2)   財政状態の状況
         当第2四半期連結会計期間末における総資産につきましては、前連結会計年度末に比べて                                          148億46百万円増加
        して  3,290億24百万円        となりました。これは主に商品が                42億49百万円増加        したことや、現金及び預金が              33億30百
        万円増加    したこと等によるものであります。
         負債につきましては、          23億44百万円増加        して  1,116億51百万円        となりました。これは主にポイント引当金が                     9
        億64百万円増加       したことや、買掛金が          4億75百万円増加        したこと等によるものであります。
         純資産につきましては、           125億1百万円増加         して  2,173億73百万円        となりました。これは主に、利益剰余金が                    84
        億6百万円増加       したこと等によるものであります。
       (3)   キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は                               549億44百万円       となり、前連結会計年度末
        と比較して33億30百万円の増加となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果獲得した資金は、                118億49百万円       (前年同期は      155億10百万円の獲得          )となりました。これは主
        に、税金等調整前四半期純利益              174億11百万円       の計上によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は、                44億21百万円      (前年同期は      43億57百万円の使用          )となりました。これは主
        に、有形固定資産の取得による支出                 26億19百万円      によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は、                40億96百万円      (前年同期は      34億85百万円の使用          )となりました。これは主
        に、配当金の支払額         31億33百万円      によるものであります。
        (資本の財源及び資金の流動性)

         当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、主に営業活動により得られた資金を新規出店に係る
        設備投資に充当しております。
                                  5/27











                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
       (4)   事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等
        (会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        ① 基本方針の内容

          当社は、会社の支配に関する基本方針として、当社の経営権の主導に影響する買収として、当社の取締役会
         の賛同を得ずに行われる、いわゆる「敵対的買収」もありますが、これが企業価値及び株主共同の利益に資す
         るものであれば、このような買収行為を一概に否定するものではありません。
          また、株式会社の支配権の移転を伴う買収提案に対する判断は、最終的には株主の皆様の意思に基づき行わ
         れるべきものと考えております。
          しかしながら、このような買収の中には、明らかに、企業価値及び株主共同の利益をかえりみることなく、
         もっぱら買収者自らの利潤のみを追求しようとするもの、株主に株式の売却を事実上強要するもの、買付対象
         会社の株主や取締役会が大規模買付の内容等について検討し、あるいは対象会社の取締役会が代替案を提案す
         るために十分な情報や時間を提供しないもの等、企業価値及び株主共同の利益に反する結果を与える可能性も
         否定できません。
          このような状況のもと、当社は、買収者に対し、株主の皆様のご判断に必要な事項についての情報提供を求
         め、それに対する当社取締役会の意見を公表し、それらの情報をもとに株主の皆様が適切に検討できるだけの
         十分な内容と時間を確保すること、また、買収者との交渉の機会を確保すること、株主の皆様へ代替案を提示
         すること等により、当社の企業価値及び株主共同の利益を確保することが当社取締役会に課せられた重要な責
         務のひとつと認識しております。
          以上の理由から、当社の更なる企業価値及び株主共同の利益の向上を図り、その取組みに全経営資源を集中
         させるためには、大規模買付行為やそれを前提とする買付提案を行う場合に関する一定のルールを定めておく
         必要があると考えております。
        ② 当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社の支配に関する基本方針の実現に資する特別

         な取組み
         イ.企業価値及び株主共同の利益向上に向けた取組み
           当社グループは、昭和7年、松本清が千葉県松戸市に『松本薬舗』を創業して以来、当時薬局が主流だっ
          た時代に新たな「ドラッグストア業態」を浸透させ、長年に渡りドラッグストア業界を牽引してまいりまし
          た。現在も、当社グループは創業当時から受け継がれてきた『チャレンジ精神』を強みとして生かし、着実
          に事業成長を続けております。
           当社グループの企業価値の源泉は、

            (ⅰ)   都心を中心とした好立地への多店舗展開と高い知名度・ブランド力
            (ⅱ)   保有する顧客データと多様な顧客接点を融合させたCRM情報基盤
            (ⅲ)   出店・販促・商品開発等に活用される高度なデータ解析ノウハウ
            (ⅳ)   優秀な人材の確保・育成・定着を促し企業の成長を支える人材マネジメント
            (ⅴ)   将来の成長投資と株主還元を実現する健全な財務体質
           にあると考えております。したがいまして、当社の企業価値及び株主共同の利益を最大化していくために
          は、このような当社グループの企業価値を支える源泉を中長期的な観点から育て、強化していくことが重要
          となります。
           当社グループは、日本がこれから迎える超高齢化社会における当社グループへの期待、役割及び重要性を

          十分理解し“美と健康の分野になくてはならない企業グループ”を目指しております。その実現に向けて
          「美と健康の分野(ヘルス&ビューティ事業)への特化」、「ビッグデータの収集と利活用」、「マーケ
          ティング力のさらなる強化」を基軸として、企業価値及び株主共同の利益を向上させるべく、より一層邁進
          してまいります。
                                  6/27




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
         ロ.コーポレートガバナンスの強化に向けた取り組み
            当社グループは、グループ経営理念に基づき、お客様だけでなく、株主様、従業員、お取引先様、地域
           社会などの、すべてのステークホルダーの皆様と長期的な信頼関係を構築し、“美と健康の分野になくて
           はならない企業”として社会に必要とされる企業グループであり続けるために、その基盤となるコーポ
           レートガバナンスを充実させることを目的とします。
            当社は監査役会設置会社として、株主総会、取締役会及び監査役会を設置しております。
            当社は、取締役9名のうち3名を社外取締役、監査役3名のうち2名を社外監査役としており、社外取
           締役3名、社外監査役2名全員を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として届出しております。
            当社は、高い独立性が確保された独立役員が連携を図り、外部からの視点を取締役会や監査役会へ取り
           入れることにより、監督機能、監査機能や多様性を高めております。
            当社は、この他、取締役の任期を1年として、取締役の使命と責任をより明確にしており、また、執行
           役員制度を導入し、企業経営における業務の執行と監督を分けて、取締役と執行役員の機能及び責任を明
           確にしております。
            その他コーポレートガバナンス体制としては、職務執行の効率化を図るため、取締役、執行役員、常勤
           監査役で構成される経営会議を取締役会の下位会議体として設置し、グループ会社の管理・指導・助言を
           確実、かつ効果的に実施するために、グループ社長会を設置しております。
            また、内部監査部門として内部統制統括室を設置し、監査役と充実した連携を図り、各部門及びグルー
           プ会社の業務に関する内部監査や内部統制体制を監視し、事業活動の適切性・効率性を確保し、有効な監
           査体制を構築しております。
            なお、コンプライアンスとリスク管理においては、表裏一体の活動が必要と考え、当社及び当社グルー
           プのコンプライアンスとリスク管理の推進を図るため、コンプライアンス・リスク委員会を設置しており
           ます。
        ③ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため

         の取組み
          当社は、当社の株式に対して大規模買付行為が行われた場合、その大規模買付行為が当社の企業価値及び株
         主共同の利益を毀損させるものでないかについて、株主の皆様が必要かつ十分な情報と相当な検討期間に基づ
         き判断することができるようにするため、大規模買付行為への対応策(買収防衛策)を導入しております。
          直近では、平成30年5月21日開催の取締役会において、当社株式等の大規模買付行為への対応策(買収防衛
         策)の一部を変更して継続すること(以下「本プラン」といいます。)を決議し、平成30年6月28日開催の第
         11回定時株主総会において株主の皆様にご承認いただいております。
          なお、本プランの詳細につきましては、平成30年5月21日付当社プレスリリースにて公表しておりますの
         で、次の当社ウェブサイトにてご参照ください。
          (http://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp/CGI/news/view.cgi) 
                                  7/27









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
        ④ 具体的取組みに対する当社取締役の判断及びその理由
          当社では、本プランの設計に際して、以下の点を考慮しており、当社の基本方針に沿い、企業価値及び株主
         共同の利益に合致するものであり、当社役員の地位の維持を目的とするものとはならないと考えております。
         イ.株主意思の反映

           本プランにより対抗措置の発動をする場合は、原則として、株主総会の決議に基づき行われます。また、
          本プランは、本株主総会における株主の皆様からのご承認を条件として更新されます。本プランの有効期間
          の満了前であっても、取締役会又は株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本
          プランはその時点で廃止されます。
           そのため、本プランの継続及び対抗措置の発動について、株主の皆様のご意向が反映されるプランとなっ
          ております。
         ロ.買収防衛策に関する指針等の要件の充足

           本プランは、経済産業省及び法務省が平成17年5月27日に公表した「企業価値・株主共同の利益の確保又
          は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(①企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原
          則、②事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性の原則)をすべて充足しています。また、企業価値研
          究会が平成20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」を踏まえた内容
          となっております。
           さらに、東京証券取引所の定める買収防衛策の導入に係る諸規則等の趣旨に合致するものとなっておりま
          す。 
         ハ.独立性の高い社外者の判断に従うことにより当社取締役会の裁量を排除

           当社は、本プランの導入にあたり、本プランの対抗措置発動等の運用に際して、当社取締役会の恣意的判
          断を排除し、株主の皆様のために実質的な判断を客観的に行う機関として、独立委員会を設置しておりま
          す。独立委員会の委員は3名以上とし、当社との間に特別の利害関係を有していない社外取締役・社外監査
          役・弁護士・公認会計士・税理士・学識経験者・投資銀行業務に精通する者・実績のある経営者等から構成
          されるものとしております。
           当社は、本プランの対抗措置の発動及び発動の中止については、独立委員会の勧告に従い、対応すること
          といたします。これにより、当社取締役会の裁量を排除し、本プランの公正性を担保しております。
         ニ.デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと

           本プランは、当社の株主総会で選任された取締役により構成される当社取締役会の決議をもって廃止する
          ことができるものとされており、大規模買付者が当社の株主総会で取締役を指名し、当該取締役により構成
          される当社取締役会の決議をもって本プランを廃止することが可能です。
           したがって、本プランはいわゆるデッドハンド型の買収防衛策(取締役会を構成する取締役の過半数を交
          替させても、なおその発動を阻止することができない買収防衛策)ではありません。また、当社取締役の任
          期は1年であることから、本プランは、いわゆるスローハンド型の買収防衛策(取締役会を構成する取締役
          を一度に交替させることができないため、その発動を阻止するために時間を要する買収防衛策)でもありま
          せん。
        (5)    研究開発活動

          該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結はありません。
                                  8/27





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】
      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
                普通株式                                     420,000,000

                  計                                    420,000,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末              提出日現在
                                      上場金融商品取引所名
                現在発行数(株)             発行数(株)
        種類                             又は登録認可金融商品                内容
                (平成30年9月30日)
                                        取引業協会名
                           (平成30年11月8日)
                                       東京証券取引所
       普通株式            109,272,214           109,272,214                    単元株式数100株
                                        (市場第一部)
         計           109,272,214           109,272,214            ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。 
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                       資本金残高
                                資本金増減額
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)
                                        (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
      平成30年7月1日~
                       ―  109,272,214            ―     22,051          ―     22,832
      平成30年9月30日
                                  9/27








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                                 平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己  株  式  を  除
                                             所有株式数
           氏名又は名称                      住所                   く。)の総数に
                                              (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
     会社
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                     12,017.0          11.34
     (信託口・信託口1・信託口2・信託口
     4・信託口5・信託口6・信託口7・信
     託口9   )
     松本 南海雄                    千葉県松戸市                      6,347.7          5.99
     みずほ信託銀行株式会社       
                                               5,200.0          4.91
                         東京都中央区八重洲1丁目2番1号
     信託口0700070
                         千葉県千葉市中央区千葉港1-2                      4,515.6          4.26
     株式会社千葉銀行
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                               3,945.9          3.72
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
                                               3,734.3          3.52
     松本 鉄男                    千葉県松戸市
                                               2,815.0          2.66
     エーザイ株式会社                    東京都文京区小石川4丁目6番10号
                                               2,466.4          2.33
     松本 貴志                    東京都港区
                                               2,463.1          2.32
     松本 清雄                    千葉県松戸市
                         5TH   FLOOR,TRINITY       TOWER9,THOMAS
     CHASE   MANHATTAN     BANK   GTS  CLIENTS
                         MORE   STREET    LONDON,E1W      1YT,UNITED
     ACCOUNT    ESCROW
                                               1,661.9          1.57
                         KINGDOM
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                         (東京都港区港南2丁目15-1 品川イ
     営業部)
                         ンターシティA棟)
                                  -             45,167.0          42.62
              計
      (注)   1.上記のほか、自己株式が3,298.7千株あります。
        2.松本南海雄については、株式会社南海公産(松本南海雄の所有割合77.05%)の所有株式数3,487.1千株を合
         計して記載いたしました。
        3.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口・信託口1・信託口2・信託口4・信託口5・信託口
         6・信託口7・信託口9)の所有株式の内訳は、信託口が4,707.8千株、信託口1が1,148.4千株、信託口2が
         1,137.7千株、信託口4が553.5千株、信託口5が1,586.9千株、信託口6が637.4千株、信託口7が729.5千株
         信託口9が1,515.8千株であります。
        4.ボストン・カンパニー・アセット・マネジメント・エルエルシーから平成19年8月7日付(報告義務発生日
         平成19年5月17日)で大量保有報告書(変更報告書)の写しの送付がありましたが、当社として当第2四半期
         会計期間末における実質所有株式数が確認できないため、上記大株主の状況に含めておりません。なお、当該
         大量保有報告書は、当社設立以前に株式会社マツモトキヨシへ提出されたものであります。
          なお、当該大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
           氏名又は名称                      住所                   対する所有株式数
                                              (千株)
                                                     の割合(%)
                         アメリカ合衆国,        マサチューセッツ州
                         02108-4408,      ボストン,     ワン・ボスト
     ボストン・カンパニー・アセット・マネ
                                               3,340.5          6.23
     ジメント・エルエルシー                    ン・プレイス,       メロン・フィナンシャ
                         ル・センター
        5.平成30年9月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、松本鉄男氏が
         平成30年9月14日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期会計
         期間末における実質所有株式数が確認できないため、上記大株主の状況に含めておりません。
          なお、当該大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
           氏名又は名称                      住所                   対する所有株式数
                                              (千株)
                                                     の割合(%)
     松本 鉄男                    千葉県松戸市                      8,934.3          8.18

                                 10/27



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                 平成30年9月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                          ―           ―         ―

     議決権制限株式(自己株式等)                          ―           ―         ―

     議決権制限株式(その他)                          ―           ―         ―

                     普通株式      3,298,700

     完全議決権株式(自己株式等)                                      ―         ―
                     普通株式     105,949,700

     完全議決権株式(その他)                                 1,059,497             ―
                     普通株式       23,814

     単元未満株式                                      ―         ―
     発行済株式総数                     109,272,214                 ―         ―

     総株主の議決権                          ―       1,059,497             ―

       (注)    1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が2,300株含まれております。なお
          「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式にかかる議決権の数23個が含まれております。
         2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、役員報酬BIP信託にかかる信託口が所有する当社株式33,100株
          (議決権331個)及び株式付与ESOP信託にかかる信託口が所有する当社株式112,700株(議決権1,127個)
          が含まれております。
         3.「単元未満株式」の欄には、自己株式が28株及び株式付与ESOP信託にかかる信託口が所有する当社株
          式20株が含まれております。
       ②  【自己株式等】
                                                 平成30年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                               所有株式数
        所有者の氏名                        自己名義       他人名義
                                                     総数に対する所
                     所有者の住所                          の合計
         又は名称                      所有株式数(株)       所有株式数(株)
                                                     有株式数の割合
                                                (株)
                                                       (%)
                  千葉県松戸市
     株式会社マツモトキヨシ
                                 3,298,700           ―   3,298,700          3.02
     ホールディングス
                  新松戸東9番地1
           計              ―         3,298,700           ―   3,298,700          3.02
      (注)    役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が所有する当社株式は、上記自己株式に含まれておりま
        せん。
     2  【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                 11/27







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】

      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 12/27

















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          51,618              54,949
         現金及び預金
                                          20,905              19,592
         受取手形及び売掛金
                                          69,778              74,028
         商品
                                           584              607
         貯蔵品
                                          22,908              24,763
         その他
                                           △ 7             △ 10
         貸倒引当金
                                         165,788              173,930
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          40,647              40,418
           土地
                                          31,195              32,666
           その他
                                          71,843              73,085
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          6,677              6,208
           のれん
                                          4,321              4,213
           その他
                                          10,998              10,421
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          36,425              36,750
           敷金及び保証金
                                          29,271              34,983
           その他
                                          △ 149             △ 147
           貸倒引当金
                                          65,547              71,586
           投資その他の資産合計
                                         148,389              155,093
         固定資産合計
                                         314,178              329,024
       資産合計
                                 13/27










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         65,612              66,087
         買掛金
                                          8,107              6,779
         未払法人税等
                                          3,553              3,906
         賞与引当金
                                          2,616              3,580
         ポイント引当金
                                           17               7
         資産除去債務
                                         13,243              12,656
         その他
                                         93,150              93,018
         流動負債合計
       固定負債
                                           91              135
         株式給付引当金
                                           33              51
         役員株式給付引当金
                                           221              223
         退職給付に係る負債
                                          6,935              7,037
         資産除去債務
                                          8,874              11,184
         その他
         固定負債合計                                16,156              18,632
                                         109,306              111,651
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         22,051              22,051
         資本金
                                         23,024              23,024
         資本剰余金
                                         158,593              166,999
         利益剰余金
                                         △ 6,856             △ 6,850
         自己株式
                                         196,813              205,224
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          8,000              12,090
         その他有価証券評価差額金
                                          8,000              12,090
         その他の包括利益累計額合計
                                           57              57
       新株予約権
                                         204,871              217,373
       純資産合計
                                         314,178              329,024
      負債純資産合計
                                 14/27









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         276,696              287,124
      売上高
                                         194,480              199,164
      売上原価
                                         82,216              87,960
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                           642              964
       ポイント引当金繰入額
                                         21,365              22,303
       給料及び手当
                                          3,716              3,906
       賞与引当金繰入額
                                           486              502
       退職給付費用
                                         15,793              16,850
       地代家賃
                                         24,477              26,470
       その他
                                         66,481              70,997
       販売費及び一般管理費合計
                                         15,734              16,962
      営業利益
      営業外収益
                                           65              58
       受取利息
                                           152              167
       受取配当金
                                           331              342
       固定資産受贈益
                                           486              519
       発注処理手数料
                                           277              363
       その他
                                          1,314              1,451
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            8              8
       支払利息
                                                          6
       為替差損                                    -
                                            7              5
       現金過不足
                                           13               9
       その他
                                           29              29
       営業外費用合計
                                         17,018              18,384
      経常利益
      特別利益
                                            5              0
       固定資産売却益
                                                         48
                                           -
       投資有価証券売却益
                                            5              49
       特別利益合計
      特別損失
                                           40
       固定資産売却損                                                  -
                                           136              180
       固定資産除却損
                                           153               64
       店舗閉鎖損失
                                           528              778
       減損損失
                                           857             1,023
       特別損失合計
                                         16,167              17,411
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    5,845              6,263
                                          △ 384             △ 438
      法人税等調整額
                                          5,461              5,825
      法人税等合計
                                         10,705              11,585
      四半期純利益
                                         10,705              11,585
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/27




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         10,705              11,585
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          1,233              4,089
       その他有価証券評価差額金
                                          1,233              4,089
       その他の包括利益合計
                                         11,939              15,675
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         11,939              15,675
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 16/27
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         16,167              17,411
       税金等調整前四半期純利益
                                          3,202              3,539
       減価償却費
                                           528              778
       減損損失
                                           586              469
       のれん償却額
                                           342              352
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           △ 0              1
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                           642              964
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                           12               2
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 218             △ 225
       受取利息及び受取配当金
                                            8              8
       支払利息
                                           136              180
       固定資産除却損
                                          △ 110             1,312
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         △ 2,273             △ 4,272
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          4,980               475
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          △ 892            △ 1,046
       未収入金の増減額(△は増加)
                                          △ 154             △ 227
       未払金の増減額(△は減少)
                                         △ 1,326              △ 194
       その他
                                         21,629              19,531
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   154              168
                                           △ 8             △ 8
       利息の支払額
                                         △ 7,410             △ 10,138
       法人税等の支払額
                                          1,145              2,295
       法人税等の還付額
                                         15,510              11,849
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 1,584             △ 2,619
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 931             △ 655
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 929            △ 1,128
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           349              147
       敷金及び保証金の回収による収入
                                          △ 908              △ 0
       投資有価証券の取得による支出
                                          △ 352             △ 165
       その他
                                         △ 4,357             △ 4,421
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 852             △ 968
       リース債務の返済による支出
                                           △ 1             △ 0
       自己株式の取得による支出
                                         △ 2,648             △ 3,133
       配当金の支払額
                                           16               6
       その他
                                         △ 3,485             △ 4,096
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    7,666              3,330
                                         38,477              51,613
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※  46,144             ※  54,944
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/27





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

        該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
                                 18/27

















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
        (追加情報)
         (役員向け株式報酬制度)
          当社は、平成28年5月12日開催の取締役会において、当社の取締役(社外取締役を除く。以下同じ。)を対
         象とした新しい株式報酬制度(以下、「本制度」という。)の導入に関する議案を平成28年6月29日開催の第
         9回定時株主総会に付議することを決議し、同株主総会において承認可決されました。
          当社は取締役を対象に、これまで以上に当社の中長期的な業績向上と企業価値増大への貢献意欲を高めるこ
         とを目的として、本制度を導入しております。
         (1)  取引の概要

           本制度は、役員報酬BIP(Board                 Incentive     Plan)信託(以下「BIP信託」という。)と称される仕
          組みを採用します。BIP信託とは、米国の業績連動型株式報酬(Performance                                     Share)制度及び譲渡制限付
          株式報酬(Restricted          Stock)制度を参考にした役員に対するインセンティブ・プランであり、BIP信託が
          取得した当社株式及び当社株式の換価処分金相当額の金銭を会社業績及び役位等に応じて、原則として取締
          役の退任時に交付及び給付するものであります。
         (2)  信託が保有する当社株式

           信託が保有する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自
          己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度82百万円、33,100
          株、当第2四半期連結会計期間82百万円、33,100株であります。
         (株式付与ESOP信託)

          当社は、平成28年8月10日開催の取締役会決議に基づき、当社及び当社のグループ会社の社員(以下、「社
         員」という。)に対する新たなインセンティブプランとして、「株式付与ESOP信託」を導入しておりま
         す。
         (1)  取引の概要

           本制度は、株式付与ESOP(Employee                    Stock   Ownership     Plan)信託(以下「ESOP信託」とい
          う。)と称される仕組みを採用しております。ESOP信託とは、米国のESOP制度を参考にした従業員
          向けインセンティブプランであり、社員の役職や会社業績等に応じて、ESOP信託が取得した当社株式及
          び当社株式の換価処分金相当額の金銭を原則として退職時に交付及び給付するものです。
         (2)  信託が保有する当社株式

           信託が保有する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自
          己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度286百万円、
          115,220株、当第2四半期連結会計期間280百万円、112,720株であります。
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)

          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
         連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分(投資その他の資産「その
         他」)に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分(固定負債「その他」)に表示しております。
                                 19/27







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)

        当座貸越契約
         当社は、効率的な資金調達のために前連結会計年度は取引金融機関15行と、当第2四半期連結会計期間は取引
        金融機関15行と当座貸越契約を締結しております。契約に基づく、借入未実行残高は次のとおりであります。
                           前連結会計年度                 当第2四半期連結会計期間
                          (平成30年3月31日)                   (平成30年9月30日)
     当座貸越契約の総額                         34,000   百万円                34,000   百万円
     借入金実行残高                            -                   -
      差引額                        34,000                   34,000
        (四半期連結損益計算書関係)

        該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         
          とおりであります。
                         前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                         (自    平成29年4月1日                 (自    平成30年4月1日
                          至    平成29年9月30日)                 至    平成30年9月30日)
     現金及び預金勘定                         46,148   百万円                54,949   百万円
     預入期間が3か月を超える
                                △4                   △4
     定期預金
     現金及び現金同等物                         46,144                   54,944
                                 20/27













                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
         1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      平成29年6月29日

               普通株式         2,649         50  平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
       定時株主総会
      (注) 「配当金の総額」には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式に対する配当
        金3百万円が含まれております。
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

          末後となるもの
                             1株当たり

                     配当金の総額
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                             配当額(円)
     平成29年11月9日

               普通株式         2,649         50  平成29年9月30日         平成29年12月5日         利益剰余金
       取締役会
      (注)「配当金の総額」には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式に対する配当
        金3百万円が含まれております。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

         1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
      平成30年6月28日

               普通株式         3,179         30  平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
       定時株主総会
      (注)    1.「配当金の総額」には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式に対する
          配当金4百万円が含まれております。
         2.当社は平成29年11月9日開催の取締役会決議により、平成30年1月1日付で普通株式1株につき2株の割
          合で株式分割を行っております。当該株式分割は平成30年1月1日を効力発生日としておりますので、上記
          の「1株当たり配当額」については当該株式分割後の金額を記載しております。
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

          末後となるもの
                             1株当たり

                     配当金の総額
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成30年11月8日

               普通株式         3,179         30  平成30年9月30日         平成30年12月4日         利益剰余金
       取締役会
      (注)「配当金の総額」には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式に対する配当
        金4百万円が含まれております。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
                                 21/27




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                   小売事業           卸売事業
                                                      四半期連結損益
                           マツモトキヨシ           管理サポート            調整額
                マツモトキヨシ       その他           その他                    計算書計上額
                                             合計
                          ホールディングス
                                        事業          (注)1
                                                        (注)2
                 小売事業     小売事業           卸売事業
                            卸売事業
     売上高

      外部顧客への売上高
                 172,762      93,677        27    8,672      1,556    276,696        -    276,696
      セグメント間の
                    3     13    186,924        -    6,784    193,726     △ 193,726        -
      内部売上高又は振替高
          計        172,766      93,691      186,951      8,672      8,340    470,422     △ 193,726      276,696
     セグメント利益又は
                  11,274      4,089       804     131     △ 142    16,157      △ 423     15,734
     セグメント損失(△)
      (注)   1.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額                          △423百万円      には、のれんの償却額          △558百万円      及びセグ
         メント間取引消去        135百万円     が含まれております。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位とし、遊休資産につ
            いては物件単位ごとにグルーピングしております。営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである
            資産グループ及び土地等の時価の下落が著しい資産グループについては、帳簿価額を回収可能価額まで
            減額し、当該減少額528百万円を減損損失として特別損失に計上いたしました。
             報告セグメントごとの計上額は、それぞれ「マツモトキヨシ小売事業」で311百万円、「その他小売
            事業」で226百万円、「管理サポート事業」で0百万円となり、連結決算における消去・調整で△9百
            万円となっております。
            (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
                                 22/27









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日                          至 平成30年9月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                   小売事業           卸売事業
                                                      四半期連結損益
                                                  調整額
                           マツモトキヨシ           管理サポート
                マツモトキヨシ       その他           その他           合計         計算書計上額
                          ホールディングス             事業
                                                  (注)1
                                                        (注)2
                 小売事業     小売事業           卸売事業
                            卸売事業
     売上高

      外部顧客への売上高            182,937      93,552        49    9,101      1,482    287,124        -    287,124
      セグメント間の
                    7     16    193,502        -    6,708    200,235     △ 200,235        -
      内部売上高又は振替高
          計        182,945      93,569      193,552      9,101      8,190    487,360     △ 200,235      287,124
     セグメント利益又は
                  12,779      4,116       912     136     △ 668    17,276      △ 313     16,962
     セグメント損失(△)
      (注)   1.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額                          △313百万円      には、のれんの償却額          △442百万円      及びセグ
         メント間取引消去        128百万円     が含まれております。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報 

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位とし、遊休資産につ
            いては物件単位ごとにグルーピングしております。営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである
            資産グループ及び土地等の時価の下落が著しい資産グループについては、帳簿価額を回収可能価額まで
            減額し、当該減少額778百万円を減損損失として特別損失に計上いたしました。
             報告セグメントごとの計上額は、それぞれ「マツモトキヨシ小売事業」で531百万円、「その他小売
            事業」で155百       万円、「管理サポート事業」で96百万円となり                      、連結決算における消去・調整で△4百
            万円となっております。
            (のれんの金額の重要な変動)

             該当事項はありません。
                                 23/27










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
        下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                         101円17銭              109円48銭
       (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)
                                          10,705              11,585
       普通株主に帰属しない金額(百万円)
                                            -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          10,705              11,585
       四半期純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                          105,817              105,826
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
                                         101円12銭              109円42銭
       (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)
                                            -              -
       普通株式増加数(千株)
                                            58              54
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                  ―              ―
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)1.当社は「役員向け株式報酬制度」及び「株式付与ESOP信託」を導入しております。普通株式の期中平均株
        式数について、その計算において控除する自己株式に、「役員報酬BIP信託口」及び「株式付与ESOP信託
        口」が保有する当社株式(前第2四半期連結会計期間末149千株、当第2四半期連結会計期間末145千株)を含めて
        おります。
         なお、当該信託口が保有する当社株式の期中平均株式数は、前第2四半期連結累計期間152千株、当第2四半
        期連結累計期間146千株であります。   
       2.当社は、平成29年11月9日開催の取締役会決議により、平成30年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合
        で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期
        純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定しております。
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。 
                                 24/27









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
      2【その他】

      (1) 配当について
        平成30年11月8日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)中間配当による配当金の総額                        3,179百万円
        (ロ)1株当たりの金額                                        30円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日 平成30年12月4日
          (注)    1.平成30年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
             2.配当金の総額には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式に対
              する配当金4百万円を含めております。
      (2) 自己株式の取得について

        当社は、平成30年11月8日開催の取締役会において、以下のとおり、会社法第165条第3項の規定により読み替
        えて適用される同法第156条の規定に基づき自己株式を取得すること及びその具体的な取得方法について決議い
        たしました。
        1.自己株式の取得を行う理由
         資本効率の向上を図ると共に経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため。
        2.自己株式取得に関する取締役会の決議内容
         ①  取得する株式の種類  当社普通株式
         ②   取得する株式の総数  3,500,000株(上限)
         ③   取得価額の総額    15,200,000,000円(上限)
         ④   取得日                          平成30年11月9日
         ⑤   取得の方法      東京証券取引所自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による買付け
                                 25/27













                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

          該当事項はありません。
                                 26/27




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社マツモトキヨシホールディングス(E03519)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月6日

     株式会社 マツモトキヨシホールディングス

      取 締 役 会          御   中
                             有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               小堀 一英        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               瀧野 恭司
                                                       印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社マツモ

     トキヨシホールディングスの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平
     成30年7月1日から平成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)
     に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、
     四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社マツモトキヨシホールディングス及び連結子会社の平成
     30年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フロー
     の状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 27/27



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。