株式会社ビジョン 四半期報告書 第18期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社ビジョン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年11月9日

     【四半期会計期間】               第18期第3四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)

     【会社名】               株式会社ビジョン

     【英訳名】               VISION    INC.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 佐野 健一

     【本店の所在の場所】               東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

     【電話番号】               03  (5325)    0344

     【事務連絡者氏名】               取締役    上級執行役員管理本部長 中本 新一

     【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区西新宿六丁目5番1号

     【電話番号】               03  (5325)    0344

     【事務連絡者氏名】               取締役    上級執行役員管理本部長 中本 新一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第17期           第18期

              回次              第3四半期           第3四半期            第17期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成29年1月1日         自   平成30年1月1日         自   平成29年1月1日
             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日         至   平成29年12月31日
                               13,177,751           15,817,102           17,554,838
     売上高                (千円)
                                1,540,644           2,146,083           1,795,039

     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する
                                1,039,173           1,432,511           1,208,710
                      (千円)
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)          1,056,264           1,432,740           1,234,063
                                8,387,181           9,739,785           8,586,324

     純資産額                (千円)
                               11,095,839           13,030,022           11,483,804

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                  63.89           88.20           74.30
                      (円)
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                                  62.46           86.14           72.62
                      (円)
     四半期(当期)純利益金額
                                  75.6           74.6           74.6
     自己資本比率                 (%)
                             第17期           第18期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自 平成29年7月1日           自 平成30年7月1日
             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日
                                  28.74           38.42
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.  当社は平成29年5月16日開催の取締役会決議に基づき、平成29年7月1日付で普通株式1株につき2株の割
          合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四
          半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       第1四半期連結会計期間におきまして、OA機器等の販売の強化、取付工事及びメンテナンスや事務所店舗の内装
      工事などの各種工事のニーズに応えることを目的として、連結子会社である株式会社アルファーテクノ及び株式会社
      BOSを設立しております。
       第2四半期連結会計期間において、インバウンドビジネスを行われる方への「大衆点評」の登録及び広告サービス
      を行うため、株式会社Wizと合弁子会社となる株式会社ビジョンアドを新たに設立しております。また、その他1社新
      たに株式を取得しており、連結の範囲に含めております。
       この結果、平成30年9月30日現在で当社グループは、当社及び連結子会社18社により構成されることとなりまし
      た。
                                  2/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  業績の状況

        当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、緩やかな回復基調が続いております。雇用・所得環境の改善
       が続く中で、各種政策の効果もあり、今後も緩やかに回復していくと期待されております。世界経済においても、
       景気は緩やかに回復しておりますが、一方で、中国を始めアジア新興国等の経済の先行き、政策に関する不確実
       性、通商問題の動向、金融資本市場の変動の影響など、依然として不透明な状況が続いております。
        このような状況の中、当社グループは、「進化への挑戦~第2章~」を本連結会計年度のスローガンに掲げ、お
       客様満足を徹底的に追求することでお客様・市場・時代のニーズを的確に捉え、事業の拡大と周辺ビジネスによる
       差別化、業界における圧倒的な地位の確立を図るべく積極的な事業活動を行ってまいりました。
        この結果、当第3四半期連結累計期間における                      売上高は15,817百万円          (前年同期比20.0%増)            となりました。利
       益面では、増収効果に加えて継続的な原価効率改善活動、AI(人工知能)、及びRPA(ロボットによる業務自
       動化)の活用などによる業務効率化の取り組みにより                         営業利益は2,136百万円           (前年同期比38.8%増)           、 経常利益は
       2,146百万円      (前年同期比39.3%増)            、 親会社株主に帰属する四半期純利益は1,432百万円                        (前年同期比37.9%増)
       となりました。
      (2)  セグメント別の概況

        当社グループの報告セグメントは、「グローバルWiFi事業」及び「情報通信サービス事業」の計2セグメン
       トでの報告となっております。各区分における概況は以下のとおりです。
       「グローバルWiFi事業」

        当第3四半期連結累計期間における旅行市場は、日本から海外への渡航者は1,400万人(前年同期比4.4%)、訪

       日外国人は2,346万人(前年同期比10.7%)となりました(出典:日本政府観光局(JNTO))。訪日外国人数は、9月
       に発生した台風第21号の影響による関西国際空港の閉鎖や北海道胆振東部地震の影響による新千歳空港の閉鎖等に
       より、航空便の欠航や旅行のキャンセルが発生し、2013年1月以来5年8ヶ月ぶりに単月として訪日外国人客数が
       前年同月を下回っておりますが、引き続き堅調に増加しております。同連結会計期間におきましては、夏季休暇な
       どにより旅行需要が高まる最繁忙期となっております。7月には累計利用者数800万人を突破するなど安定したリ
       ピート利用を下支えに、新規ユーザーの獲得によりレンタル件数は順調に増加し、売上高は                                           9,916百万円      (前年同期
       比27.9%増)      となりました。増収効果に加えて、原価効率とオペレーションコスト各収益性の向上施策の継続的取
       り組みにより収益性も向上し、セグメント利益は                       1,918百万円      (前年同期比40.2%増)           となりました。
        実施した収益性の向上施策は、以下のとおりとなります。
        通信原価の低減

        ・ボリュームディスカウントによる仕入条件の改善。〔通信料金の単価引下げ及び独自条件での契約等〕
        ・クラウド上でSIMを管理する次世代型の通信技術を搭載したWi-Fiルーター(クラウドWiFi)の活
         用。〔Wi-Fiルーター及び通信回線の効率的な稼動〕
        ・クラウドWiFiの出荷比率増加(2017年9月:約41%⇒2018年9月:約92%)。〔Wi-Fiルーター及び通
         信回線の効率的な稼動〕
        ・精度の高い受注予測。〔余剰在庫(通信回線含む)の削減〕
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
        オペレーションの改善
        ・AI(人工知能)を活用したお問合せ対策。〔コールセンター費用の抑制〕
        ・スマートピックアップ(自動受渡しロッカー)の稼動率向上、スマートエントリー(セルフレジKIOSK端
         末)の活用。〔オペレーションの自動化によるカウンターコストの低減、カウンター窓口の稼動率向上による
         オプションサービス等の付帯率向上〕
        ・スマートピックアップの増設(設置空港:羽田空港、成田空港、伊丹空港、関西国際空港、中部国際空港の計
         5空港、13機)。〔オペレーションの自動化によるカウンターコストの低減、カウンター窓口の稼動率向上に
         よるオプションサービス等の付帯率向上〕
        ・クラウドWiFiの活用。〔出荷オペレーションの省力化〕
        海外渡航中の課題を解決したり、“あったらいいな”を叶える旅行関連サービスプラットフォームの拡充、サー

       ビスの利便性、及び認知度向上へ向けて以下の取り組みを進めております。
        ・渡航時に言語をサポートする音声翻訳機「ili(イリー)」「POCKETALK(ポケトーク)」、渡航
         中不足しやすい充電を補うモバイルバッテリー、スーツケースのレンタル及びレンタル機器や携帯品の紛失や
         盗難などのトラブルを保証する安心補償パックなどのオプションサービスの拡充。〔サービスの利便性向上〕
        ・渡航のたびに必要なレンタル手配・受取返却手続きが不要となり、社内に常備の上ご利用頂ける「グローバル
         WiFi     for    Biz」のサービス大幅改訂。新たに国内通信を月間3GBまで無料提供、対応エリアの大
         幅拡張(世界69の国と地域⇒世界107の国と地域)、及び法人向け付加サービスの拡充(緊急位置情報確認サー
         ビス)。〔サービスの利便性向上〕
        ・スマートピックアップ、スマートエントリー、及びスマートチェック(QRコードを活用し店頭でお客様を即
         時に識別可能な受付カウンター)などを活用した店舗スマート化戦略、クラウドWiFi、データベースの連
         携による直前(カウンターの目前でも対応可能)でのWEB申込体制の構築。〔サービスの利便性向上〕
        ・海外進出・展開によって新市場を開拓しようとする方々へ海外ビジネスのためのノウハウやソリューション情
         報を紹介するイベント「グローバルビジネスサポート2018」及び世界最大級旅の祭典「ツーリズムEXPO
         ジャパン2018」へ出展。〔認知度向上〕
       「情報通信サービス事業」

        当第3四半期連結累計期間におきまして、主要ターゲットである新設法人・ベンチャー企業の獲得、CRMによ

       る継続取引の積み上げ、及びクロスセリングによる電力サービス「ハルエネでんき」の加入取次の獲得が引き続き
       順調に推移し、売上高は            5,804百万円      (前年同期比7.9%増)           、 セグメント利益は1,006百万円              (前年同期比13.5%
       増)  となりました。当事業におきましては、企業の成長ステージにあわせて、その規模やニーズを踏まえた“ちょ
       うどいい”サービスや製品を適切なタイミングで適正な価格で提供することで高い顧客満足度を獲得し、お客様と
       長期的に取引を続けることで、安定的な成長を実現しております。
        これを支える仕組みは、『WEBマーケティング』×『営業』×『カスタマー・ロイヤリティ・チーム(CL
       T)』の3つを緊密に連携させた効率的な受注スキームにあります。当社の強みである『WEBマーケティング』
       は、受注に結びつきやすい顕在需要を効率的に拾い上げ、サービス提供の要である『CLT』は、既存のお客様と
       のコンタクトで見出した要望や課題を抽出しております。この2つのチャネルで獲得した有望顧客やニーズに対し
       て、『営業』の確かな提案力で受注率を高め、生産性の高い事業活動を行なっております。
       「その他」

        その他は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、カタログ販売事業、メディア事業、及び新規事

       業の探索・育成を含んでおります。
        当第3四半期連結累計期間におきまして、今後の更なる成長に向けて主に以下の取り組みを進めており売上高は
       99百万円    (前年同期比      130.9%増     )、  セグメント損失は96百万円            (前年同期はセグメント損失70百万円)となりまし
       た。
        ・中国・韓国最大クラスWi-Fiルーターレンタル事業者グループとメディア事業の連携。
        ・海外渡航時の空港送迎予約サービス取次ぎ(世界150ヶ国500都市以上対応)及び国内(東京)の空港送迎・ゴ
         ルフ場送迎・役員送迎などビジネス・日常共にあらゆる移動を快適にする送迎サービス「プロドラ(ProD
         rivers)」の開始。
      (3)  財政状態の分析

       ① 資産
                                  4/17


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
         当第3四半期連結会計期間末における資産合計は                       13,030百万円      (前連結会計年度末比          1,546百万円増       )となりまし
        た。
         流動資産は、      9,693百万円      (前連結会計年度末比          698百万円増      )となり、その主な要因は、受取手形及び売掛金が
        628百万円増加したことによるものです。
         固定資産は、      3,336百万円      (前連結会計年度末比          847百万円増      )となり、その主な要因は、有形固定資産が325百万
        円、無形固定資産が103百万円、投資その他資産が418百万円、それぞれ増加したことによるものです。
       ② 負債

         当第3四半期連結会計期間末における負債合計は                        3,290百万円      (前連結会計年度末比          392百万円増      )となりまし
        た。
         流動負債は、      3,290百万円      (前連結会計年度末比          395百万円増      )となり、その主な要因は、支払手形及び買掛金が
        116百万円、未払法人税等が53百万円、それぞれ増加したことによるものです。
         固定負債は、      0百万円    (前連結会計年度末比          2百万円減     )となっております。
       ③ 純資産

         当第3四半期連結会計期間末における純資産は                       9,739百万円      (前連結会計年度末比          1,153百万円増       )となりまし
        た。
         その主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益を1,432百万円計上したことから利益剰余金が増加した一
        方で、自己株式の取得により309百万円減少したことによるものです。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更及び新たに生じた課題
       はありません。
      (5)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/17












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     41,000,000

                  計                                   41,000,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末             提出日現在        上場金融商品取引所名

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)        又は登録認可金融商品                内容
               (平成30年9月30日)           (平成30年11月9日)            取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                               単元株式数は100株であ
       普通株式            16,329,000          16,329,000
                                               ります。
                                      (市場第一部)
         計          16,329,000          16,329,000           ―           ―
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ
        り発行された株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年7月1日~
                    10,000     16,329,000          2,540     2,360,330         2,540     2,178,329
     平成30年9月30日
      (注) 新株予約権の行使による増加であります。
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/17





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年9月30日現在

            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     -           -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -             -

     議決権制限株式(その他)                     -           -             -

                     (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                -             -
                            102,800
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                  162,227           -
                          16,222,700
                     普通株式

     単元未満株式                                -             -
                             3,500
     発行済株式総数                     16,329,000                        -

     総株主の議決権                     -             162,227           -

       ②  【自己株式等】

                                                 平成30年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                自己名義        他人名義       所有株式数
       所有者の氏名                                              総数に対する
                   所有者の住所            所有株式数        所有株式数         の合計
        又は名称                                              所有株式数
                                (株)        (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                東京都新宿区西新宿6-5-1                  102,800       -        102,800         0.63
     株式会社ビジョン
         計             -           102,800       -        102,800         0.63
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/17








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
      30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        6,256,161              6,744,283
         現金及び預金
                                        1,485,256              2,114,011
         受取手形及び売掛金
                                          56,524              98,497
         商品
                                          7,527              7,114
         貯蔵品
                                        1,228,078               776,912
         その他
                                         △ 38,081             △ 46,845
         貸倒引当金
                                        8,995,466              9,693,973
         流動資産合計
       固定資産
                                         859,219             1,184,845
         有形固定資産
                                         590,749              694,491
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        1,060,452              1,489,885
           その他
                                         △ 22,084             △ 33,173
           貸倒引当金
                                        1,038,367              1,456,711
           投資その他の資産合計
                                        2,488,337              3,336,049
         固定資産合計
                                        11,483,804              13,030,022
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         804,611              921,457
         支払手形及び買掛金
                                          2,400
         1年内返済予定の長期借入金                                                 -
                                         399,321              452,788
         未払法人税等
                                         220,353              231,190
         賞与引当金
                                          67,704              62,870
         短期解約返戻引当金
                                        1,400,658              1,621,894
         その他
                                        2,895,049              3,290,201
         流動負債合計
       固定負債
                                          2,429                35
         その他
                                          2,429                35
         固定負債合計
                                        2,897,479              3,290,237
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               2,347,376              2,360,330
                                        2,379,835              2,392,789
         資本剰余金
                                        3,787,538              5,220,050
         利益剰余金
                                         △ 1,721            △ 310,908
         自己株式
                                        8,513,029              9,662,260
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                                         6,385
         その他有価証券評価差額金                                   -
                                          18,786              26,170
         繰延ヘッジ損益
                                          33,165              23,624
         為替換算調整勘定
                                          51,951              56,180
         その他の包括利益累計額合計
                                          21,344              21,344
       新株予約権
                                        8,586,324              9,739,785
       純資産合計
                                        11,483,804              13,030,022
      負債純資産合計
                                  9/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                       13,177,751              15,817,102
      売上高
                                        5,536,439              6,418,456
      売上原価
                                        7,641,312              9,398,645
      売上総利益
                                        6,102,049              7,262,370
      販売費及び一般管理費
                                        1,539,262              2,136,275
      営業利益
      営業外収益
                                           562              444
       受取利息
                                          1,500              1,502
       受取配当金
                                                        4,899
       為替差益                                    -
                                          2,662
       助成金収入                                                  -
                                          3,164              4,201
       その他
                                          7,889              11,047
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           699              296
       支払利息
                                          4,420
       為替差損                                                  -
                                          1,350
       解約違約金                                                  -
                                                         782
       自己株式取得費用                                    -
                                           36              160
       その他
                                          6,507              1,239
       営業外費用合計
                                        1,540,644              2,146,083
      経常利益
      特別損失
                                                         67
       固定資産売却損                                    -
                                           242              386
       固定資産除却損
                                          4,874              9,669
       投資有価証券評価損
                                          5,117              10,123
       特別損失合計
                                        1,535,527              2,135,959
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   501,898              708,913
                                         △ 5,544             △ 1,465
      法人税等調整額
                                         496,353              707,448
      法人税等合計
                                        1,039,173              1,428,511
      四半期純利益
                                                       △ 4,000
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                      -
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                  1,039,173              1,432,511
                                 10/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        1,039,173              1,428,511
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                                        6,385
       その他有価証券評価差額金                                    -
                                          3,037              7,383
       繰延ヘッジ損益
                                         14,053              △ 9,540
       為替換算調整勘定
                                         17,090               4,228
       その他の包括利益合計
                                        1,056,264              1,432,740
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        1,056,264              1,436,740
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                                       △ 4,000
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (会計方針の変更等)
      (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
       「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号平成
      30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を平成30年4月1日以降適用し、従業員等に対して権利確
      定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基
      準第8号 平成17年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
       ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに従って
      おり、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与した取引につ
      いては、従来採用していた会計処理を継続しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期連
     結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は次のとおりであります。
                        前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                         (自    平成29年1月1日             (自    平成30年1月1日
                          至   平成29年9月30日)             至   平成30年9月30日)
     減価償却費                         336,570    千円            617,774    千円
     のれん償却額                            - 千円            12,944   千円
       (株主資本等関係)

        前第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)
      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
        当第3四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年9月30日)

      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
                                 12/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                  平成29年1月1日          至   平成29年9月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                    報告セグメント
                                   その他             調整額      損益計算書
                                           合計
                                   (注1)             (注2)
                                                       計上額
               グローバル       情報通信
                              計
                                                       (注3)
              WiFi事業       サービス事業
     売上高
      外部顧客への
               7,755,496       5,379,175      13,134,671         43,079     13,177,751             13,177,751
                                                    -
      売上高
      セグメント間 
                   -       -       -       -       -       -       -
      の内部売上高
      又は振替高
         計       7,755,496       5,379,175      13,134,671         43,079     13,177,751           -  13,177,751
     セグメント利益又
               1,368,844        886,691      2,255,535       △ 70,506     2,185,028       △ 645,765      1,539,262
     は損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、カタログ販売事業、メディア事
          業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △645,765     千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
          セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                  平成30年1月1日          至   平成30年9月30日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                    報告セグメント
                                   その他             調整額      損益計算書
                                           合計
                                   (注1)             (注2)
                                                       計上額
               グローバル       情報通信
                              計
                                                       (注3)
              WiFi事業       サービス事業
     売上高
      外部顧客への
               9,916,692       5,803,251      15,719,943         97,159     15,817,102             15,817,102
                                                    -
      売上高
      セグメント間 
                        1,537       1,537       2,322       3,859      △ 3,859
      の内部売上高              -                                        -
      又は振替高
               9,916,692       5,804,788      15,721,480         99,481     15,820,962        △ 3,859    15,817,102
         計
     セグメント利益又
               1,918,668       1,006,228       2,924,897       △ 96,461     2,828,436       △ 692,160      2,136,275
     は損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、カタログ販売事業、メディア事
          業等を含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額             △692,160     千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に報告
          セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 13/17





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 (自    平成29年1月1日            (自    平成30年1月1日
                 項目
                                  至   平成29年9月30日)            至   平成30年9月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                    63円89銭              88円20銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                   1,039,173              1,432,511
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         1,039,173              1,432,511
     四半期純利益金額(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   16,266,073              16,241,066
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    62円46銭              86円14銭
     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                       -              -
     普通株式増加数(株)                                    370,426              389,273
                                              平成29年11月13日取締役会

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                              決議による新株予約権
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       -
                                              (普通株式1,334,000株)
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注) 当社は平成29年5月16日開催の取締役会決議に基づき、平成29年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合
       で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純
       利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定しております。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 14/17











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 16/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ビジョン(E30010)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月9日

     株式会社ビジョン
      取締役会      御中
                        有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          上野 直樹          印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          土屋 光輝          印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ビジョ

     ンの平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
     30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ビジョン及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。