株式会社ニチリン 四半期報告書 第135期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

四半期報告書-第135期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社ニチリン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成30年11月12日
      【四半期会計期間】                    第135期第3四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    株式会社ニチリン
      【英訳名】                    NICHIRIN     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  前田 龍一
      【本店の所在の場所】                    神戸市中央区江戸町98番地1
                         (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行って
                         おります。)
      【電話番号】                    (079)252-4151(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員財務経理部長  難波 宏成
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県姫路市別所町佐土1118番地(姫路工場)
      【電話番号】                    (079)252-4151(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員財務経理部長  難波 宏成
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ニチリン東京支社
                         (東京都港区芝浦一丁目3番11号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第134期           第135期
               回次               第3四半期           第3四半期            第134期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年1月1日           自平成30年1月1日           自平成29年1月1日
              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日           至平成29年12月31日
                     (百万円)             43,472           46,203           59,375

     売上高
                     (百万円)              6,433           6,433           8,629

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期

                     (百万円)              3,695           3,560           4,883
     (当期)純利益
                     (百万円)              4,832           4,086           6,841

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             32,737           37,260           34,745

     純資産額
     総資産額                (百万円)             53,536           57,522           55,663

     1株当たり四半期(当期)

                      (円)            257.49           248.16           340.28
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                      (%)             52.2           55.6           53.0

     自己資本比率
                              第134期           第135期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年7月1日           自平成30年7月1日
              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日
                                   70.81           60.08

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.当社は、平成30年1月1日付で普通株式1株につき1.3株の割合をもって株式分割を行いましたが、第134期
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
                                  2/17






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。
        なお、当社の連結子会社であるハッチンソン                     ニチリン     ブレーキ     ホーシーズは、当第3四半期連結会計期間より
       完全子会社となり、商号をニチリン                 スペイン     エス・エルに変更しております。
                                  3/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)  業績の状況

         当第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日~平成30年9月30日)における世界経済は、米国においては、個
        人消費は雇用・所得環境の改善により底堅く推移し、企業収益も内外需の回復に伴い改善しております。これらの
        自律的な動きに加え、大規模減税や歳出引き上げにより、一層の景気拡大が見込まれております。一方、トランプ
        政権の保護主義的な政策については、NAFTA再交渉の合意により北米における貿易協定は維持されたものの、
        中国との貿易摩擦については両国間の交渉が難航しており、世界的な注目が集まっております。
         欧州においては、外需拡大を背景に緩やかな景気回復が続いていましたが、英国のEU離脱に伴う通商分野での
        交渉や政治混乱による先行き不透明感により、景気の減速が懸念されております。
         中国においては、良好な雇用・所得環境を背景に続いてきた個人消費の回復にも陰りが見え、対米貿易環境の悪
        化により製造業では生産、投資を抑制する動きが出始めております。今後は、政府による景気刺激策の拡大が予想
        されるものの、米中貿易摩擦の激化とともに経済の減速が懸念されております。
         アセアン地域においては、世界経済の回復による輸出の伸びを背景に景気は緩やかな回復傾向にありますが、米
        国の利上げを受け、通貨安や資金流出が懸念されております。
         日本経済は、資源価格の上昇といった不安要素はあるものの、雇用環境は引き続き好調に推移し、消費マインド
        にも明るさが見られました。企業業績も堅調に推移しており、人手不足に伴う省力化目的での設備投資が進められ
        ております。一方、米国の追加関税発動とその影響が日本にとって懸念材料となっております。
         当社グループの主要事業分野である日本自動車業界に関する状況は、次のとおりであります。
         当第3四半期連結累計期間における国内自動車市場は、国内販売は一部のメーカーで減少に転じた一方で、海外
        需要に伴う完成車輸出は好調に推移していることにより、国内生産全体では堅調に推移しました。引き続き日本国
        内の生産は、燃費の良い軽自動車・小型車、また実用的なミニバンを中心に行われており、安全技術を強化したモ
        デルが注目を集めています。
         この結果、当第3四半期連結累計期間における国内四輪車販売台数は、前年同四半期比0.9%減の402万台となり
        ました。国内乗用車メーカー8社の国内四輪車生産台数は、前年同四半期比0.7%減の679万台、四輪車輸出台数
        は、前年同四半期比3.9%増の334万台となりました。一方、国内乗用車メーカー8社の海外四輪車生産台数は、海
        外市場における堅調さを背景に、前年同四半期比1.3%増の1,455万台となりました。
         このような環境のなか、当第3四半期連結累計期間の売上高は、46,203百万円(前年同四半期43,472百万円)、
        営業利益は6,288百万円(前年同四半期6,367百万円)、経常利益は6,433百万円(前年同四半期6,433百万円)とな
        りました。親会社株主に帰属する四半期純利益は、3,560百万円(前年同四半期3,695百万円)となりました。
         セグメントごとの業績は、次のとおりであります。

        ①  日本

         当社顧客向け国内販売が堅調に推移したことに加え、海外需要も中国、アジア向けで堅調に推移しました。さ
        らに、昨年10月から新商品であるIHX(内部熱交換器)の量産が開始されたことにより、売上高は23,974百万
        円(前年同四半期23,280百万円)、営業利益は1,659百万円(前年同四半期1,724百万円)となりました。
                                  4/17





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        ②  北米

         北米市場は、好調な企業業績や雇用の安定を背景に堅調に推移していますが、日系企業が得意としてきたセダ
        ン車の需要が減少し、小型トラック・SUV車の需要が増加する傾向が強まっています。また、北米子会社で
        は、5月から新商品であるIHX(内部熱交換器)の量産が開始された一方で、主力製品であったパワステ用
        ホースの需要が減少したことにより、売上高は8,988百万円(前年同四半期9,473百万円)、営業利益は388百万円
        (前年同四半期623百万円)となりました。
        ③  中国
         中国市場は、小型車減税は廃止され減速感があるものの、引き続きSUV車が好調に推移していること、カー
        エアコン用ホースが内外需とも拡大傾向にあることから、売上高は8,846百万円(前年同四半期7,981百万円)、
        営業利益は1,381百万円(前年同四半期1,345百万円)となりました。
        ④  アジア
         ABS化による二輪用ブレーキホースの販売増に加え、新しく商品投入したフューエルホースの販売が堅調に
        推移しており、売上高は11,446百万円(前年同四半期10,374百万円)、営業利益は2,735百万円(前年同四半期
        2,684百万円)となりました。
        ⑤  欧州
         売上高は4,490百万円(前年同四半期4,451百万円)となったものの、新規受注品に係る先行費用等があり、営
        業利益は25百万円(前年同四半期105百万円)となりました。
       (2)  経営方針、経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当第3四半期連結累計期間において、                  当社グループ      が定めている経営方針、経営戦略等及び経営上の目標の達
        成状況を判断するための客観的な指標等について重要な変更はありません。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、824百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  5/17











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          45,760,000

                  計                                45,760,000

        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
       種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品                内容
                          (平成30年11月12日)
             (平成30年9月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所
     普通株式            14,371,500             14,371,500                     単元株式数100株
                                        (市場第二部)
        計          14,371,500             14,371,500             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金増
                発行済株式総数         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日                                      減額
                増減数(株)         数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                                               (百万円)
     平成30年7月1日~
                      -   14,371,500           -     2,158         -      2,083
     平成30年9月30日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/17








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年9月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                      -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -

     議決権制限株式(その他)                      -             -             -

                        普通株式         24,700

     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
     完全議決権株式(その他)                  普通株式14,240,100               142,401             -

                        普通株式        106,700

     単元未満株式                                   -       一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                       14,371,500            -             -

     総株主の議決権                      -            142,401             -

      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,400株(議決権の数14個)含まれて
          おります。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                       (%)
      株式会社ニチリン            神戸市中央区江戸町98番地1                 24,700         -     24,700         0.17
          計             -           24,700         -     24,700         0.17
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/17








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  8/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         16,493              17,021
         現金及び預金
                                        ※ 10,596              ※ 9,306
         受取手形及び売掛金
                                         1,571              1,689
         電子記録債権
                                         2,338              2,741
         商品及び製品
                                         2,864              2,733
         仕掛品
                                         2,029              2,193
         原材料及び貯蔵品
                                           413              514
         繰延税金資産
                                            1              -
         デリバティブ債権
                                         1,579              1,477
         その他
                                         △ 100              △ 64
         貸倒引当金
                                         37,787              37,613
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         10,029              10,032
          建物及び構築物
                                        △ 6,063             △ 6,242
            減価償却累計額及び減損損失累計額
            建物及び構築物(純額)                              3,965              3,789
          機械装置及び運搬具                               19,269              19,980
                                        △ 14,260             △ 14,833
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              5,009              5,147
          土地                               3,560              3,549
                                           707             2,652
          建設仮勘定
                                         3,224              3,358
          その他
                                        △ 2,776             △ 2,862
            減価償却累計額
            その他(純額)                               447              496
                                         13,690              15,634
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           159              113
          のれん
                                           232              440
          その他
                                           392              553
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,237              3,145
          投資有価証券
                                           114              131
          繰延税金資産
          その他                                441              443
                                           △ 1             △ 1
          貸倒引当金
                                         3,792              3,720
          投資その他の資産合計
                                         17,875              19,908
         固定資産合計
       資産合計                                  55,663              57,522
                                  9/17






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         5,909              5,727
         支払手形及び買掛金
                                         4,286              4,231
         電子記録債務
                                           862              696
         1年内返済予定の長期借入金
                                           949              681
         未払法人税等
                                           11              12
         繰延税金負債
                                           104              839
         賞与引当金
                                            1              ▶
         デリバティブ債務
                                         2,093              1,833
         その他
                                         14,217              14,026
         流動負債合計
       固定負債
                                         1,658              1,147
         長期借入金
                                           787              787
         再評価に係る繰延税金負債
                                           832              866
         繰延税金負債
         役員退職慰労引当金                                   2              ▶
                                         3,129              3,130
         退職給付に係る負債
                                           288              297
         その他
                                         6,699              6,235
         固定負債合計
                                         20,917              20,261
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,158              2,158
         資本金
                                         2,083              2,034
         資本剰余金
                                         21,540              24,411
         利益剰余金
                                          △ 11             △ 22
         自己株式
                                         25,770              28,581
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,497              1,419
         その他有価証券評価差額金
                                         1,786              1,786
         土地再評価差額金
                                           601              256
         為替換算調整勘定
                                         △ 130              △ 77
         退職給付に係る調整累計額
                                         3,755              3,386
         その他の包括利益累計額合計
                                         5,220              5,293
       非支配株主持分
                                         34,745              37,260
       純資産合計
                                         55,663              57,522
      負債純資産合計
                                 10/17








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      売上高                                   43,472              46,203
                                         32,443              35,001
      売上原価
                                         11,029              11,201
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         1,041              1,085
       運賃及び荷造費
                                           10             △ 30
       貸倒引当金繰入額
                                           234              241
       役員報酬
                                            2              1
       役員退職慰労引当金繰入額
                                         1,378              1,389
       給料及び手当
                                           195              200
       賞与引当金繰入額
                                           75              72
       退職給付費用
                                           230              240
       法定福利費
                                           159              187
       旅費及び交通費
                                           117              125
       租税公課
       賃借料                                    88              101
                                           123              126
       減価償却費
                                           40              42
       のれん償却額
                                           963             1,127
       その他
                                         4,661              4,912
       販売費及び一般管理費合計
                                         6,367              6,288
      営業利益
      営業外収益
                                           74              76
       受取利息
                                           42              47
       受取配当金
                                           23              24
       受取賃貸料
                                            ▶              0
       持分法による投資利益
                                           44              85
       その他
                                           189              234
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           24              18
       支払利息
                                           79              54
       為替差損
                                           17              16
       その他
                                           122               89
       営業外費用合計
                                         6,433              6,433
      経常利益
      特別利益
                                            1              5
       固定資産売却益
                                            1              5
       特別利益合計
      特別損失
                                           73               0
       固定資産売却損
                                           41              17
       固定資産除却損
                                                        ※1 14
                                            -
       災害による損失
                                           114               32
       特別損失合計
                                         6,321              6,407
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,726              1,673
                                                       ※2 164
                                            -
      過年度法人税等
                                         △ 132              △ 69
      法人税等調整額
                                         1,593              1,767
      法人税等合計
                                         4,727              4,639
      四半期純利益
                                         1,032              1,078
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         3,695              3,560
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         4,727              4,639
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           108              △ 77
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 57             △ 528
       為替換算調整勘定
                                           52              53
       退職給付に係る調整額
                                           104             △ 553
       その他の包括利益合計
                                         4,832              4,086
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         3,759              3,191
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,072               895
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※ 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日でし
         たが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当四半期連結会計期間末日満期手形の金額は、次
         のとおりであります。
                                              当第3四半期連結会計期間
                               前連結会計年度
                                               (平成30年9月30日)
                             (平成29年12月31日)
     受取手形                                 26百万円                  32百万円
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 災害による損失
          平成30年9月の台風21号に伴い、神戸港コンテナヤードにおいて当社在庫が浸水したことによるものでありま
         す。
         ※2 過年度法人税等
          当社は、大阪国税局より平成27年12月期から平成29年12月期(一部については、平成25年12月期から平成29年
         12月期)までの課税年度の法人税等について税務調査を受け、主に設備製作費用の資産計上、子会社との出向者
         費用の分担および技術支援費用の請求等について指摘を受けた結果、過年度法人税等164百万円を計上しており
         ます。
          なお、税務当局からの指摘につきましては、見解の相違に起因するものでありますが、当局からの指摘を受け
         入れ修正申告を行う予定です。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成29年1月1日             (自    平成30年1月1日
                             至   平成29年9月30日)              至   平成30年9月30日)
         減価償却費                        1,204百万円                 1,312百万円
         のれんの償却額                          40百万円                 42百万円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年1月1日 至平成29年9月30日)
           配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)
               株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                      (百万円)
                               (円)
     平成29年3月28日
               普通株式           198       18.0   平成28年12月31日         平成29年3月29日         利益剰余金
      定時株主総会
     平成29年8月9日

               普通株式           198       18.0   平成29年6月30日         平成29年9月11日         利益剰余金
       取締役会
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年1月1日 至平成30年9月30日)

           配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)
               株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                      (百万円)
                               (円)
     平成30年3月28日
               普通株式           331       30.0   平成29年12月31日         平成30年3月29日         利益剰余金
      定時株主総会
     平成30年8月9日

               普通株式           358       25.0   平成30年6月30日         平成30年9月10日         利益剰余金
       取締役会
                                 13/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年1月1日 至平成29年9月30日)
      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                            合計
                                                 (注)1       計上額
               日本      北米      中国     アジア      欧州
                                                       (注)2
     売上高
      外部顧客へ
               13,988      9,471      6,193      9,484      4,334      43,472         -    43,472
      の売上高
      セグメント
      間の内部売
                9,292        1    1,787       890      117     12,089      △ 12,089        -
      上高又は振
      替高
               23,280      9,473      7,981     10,374      4,451      55,561      △ 12,089      43,472
        計
     セグメント利
                1,724       623     1,345      2,684       105     6,483       △ 116     6,367
     益
      (注)1    . セグメント利益の調整額△116百万円には、セグメント間の未実現損益△133百万円等が含まれております。
         2 . セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年1月1日 至平成30年9月30日)

      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                            合計
                                                 (注)1       計上額
               日本      北米      中国     アジア      欧州
                                                       (注)2
     売上高
      外部顧客へ
               15,018      8,987      7,190     10,604      4,401      46,203         -    46,203
      の売上高
      セグメント
      間の内部売
                8,955        0    1,655       841      88    11,542      △ 11,542        -
      上高又は振
      替高
               23,974      8,988      8,846     11,446      4,490      57,746      △ 11,542      46,203
        計
     セグメント利
                1,659       388     1,381      2,735       25     6,190        98     6,288
     益
      (注)1    . セグメント利益の調整額98百万円には、セグメント間の未実現損益45百万円、セグメント間取引消去53百万
           円等が含まれております。
         2 . セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 14/17






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                             (自    平成29年1月1日             (自    平成30年1月1日
                              至   平成29年9月30日)              至   平成30年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                257円49銭                248円16銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       3,695                3,560
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                       3,695                3,560
      純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                14,350                14,347
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、平成30年1月1日付で、普通株式1株につき1.3株の割合で株式分割を行っております。前連結会計
          年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        平成30年8月9日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)配当金の総額………………………………………358百万円
       (ロ)1株当たりの金額…………………………………25円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成30年9月10日
      (注) 平成30年6月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
                                 15/17












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月9日

     株式会社ニチリン

      取締役会 御中

                             有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              増村 正之  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              西方  実  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ニチリ

     ンの平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
     30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ニチリン及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。