マックスバリュ九州株式会社 四半期報告書 第17期第2四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)

提出書類 四半期報告書-第17期第2四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)
提出日
提出者 マックスバリュ九州株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    福岡財務支局長
      【提出日】                    2018年10月12日
      【四半期会計期間】                    第17期第2四半期(自 2018年6月1日 至 2018年8月31日)
      【会社名】                    マックスバリュ九州株式会社
      【英訳名】                    MAXVALU     KYUSHU    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  佐々木 勉
      【本店の所在の場所】                    福岡市博多区博多駅東三丁目13番21号
      【電話番号】                    092(433)1228 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役常務執行役員 開発・管理担当兼開発本部長 井上 渡
      【最寄りの連絡場所】                    福岡市博多区博多駅東三丁目13番21号
      【電話番号】                    092(433)1228 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員 管理統括部長兼経営管理部長  篠崎 岳
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                   第16期         第17期
                  回次                第2四半期         第2四半期           第16期
                                   累計期間         累計期間
                                 自2017年3月1日         自2018年3月1日         自2017年3月1日
                 会計期間
                                 至2017年8月31日         至2018年8月31日         至2018年2月28日
                           (百万円)           87,327         88,564         175,211

        売上高
                           (百万円)             604        1,132         2,170
        経常利益
                           (百万円)             382         599         900
        四半期(当期)純利益
                           (百万円)             -         -         -
        持分法を適用した場合の投資利益
                           (百万円)           1,602         1,608         1,604
        資本金
                            (株)        7,548,295         7,559,595         7,551,795
        発行済株式総数
                           (百万円)           13,071         14,009         13,609
        純資産額
                           (百万円)           38,253         39,128         36,113
        総資産額
                            (円)          50.71         79.33         119.36
       1株当たり四半期(当期)純利益金額
       潜在株式調整後1株当たり四半期
                            (円)          50.36         78.79         118.58
       (当期)純利益金額
                            (円)            -         -         30
       1株当たり配当額
                            (%)           34.0         35.6         37.5
       自己資本比率
                           (百万円)           3,202         4,026         3,191
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                           (百万円)           △ 812        △ 611       △ 1,392
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                           (百万円)           △ 457        △ 544        △ 927
       財務活動によるキャッシュ・フロー
       現金及び現金同等物の四半期末
                           (百万円)           8,486         10,296          7,426
       (期末)残高
                                   第16期         第17期

                  回次                第2四半期         第2四半期
                                   会計期間         会計期間
                                 自2017年6月1日         自2018年6月1日
                 会計期間
                                 至2017年8月31日         至2018年8月31日
                           (円)           66.75         78.59
       1株当たり四半期純利益金額
       (注)1.    売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため、記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更は
       ありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価
       証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期会計期間において、新たに締結した重要な契約は次のとおりです。
       親会社との契約
         相手方の名称           契約名称               契約内容                契約期間
                            イオングループ全体のグループマネ

                    コーポレート                             2018年3月1日から
        イオン株式会社                    ジメントに要する費用負担に関する
                    負担金契約                             2019年2月末日まで
                            契約
                            イオングループに属することにより享

                  ブランドロイヤリティ                               2018年3月1日から
        イオン株式会社                    受する無形の経済的利益の対価に
                     契約                           2019年2月末日まで
                            関する契約
        なお、当社、イオン九州株式会社、イオンストア九州株式会社及びイオン株式会社は、2018年10月10日
       付で、当社とイオン九州株式会社及びイオンストア九州株式会社との統合に関する基本合意書を締結いた
       しました。詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期財務諸表 注記事項 (重要な後発事象)」に記載しており
       ます。
                                  3/20













                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものです。
      (1)経営成績の分析
          当第2四半期累計期間における経済環境は、賃金・雇用環境の改善等により引き続き緩やかな景気回
        復基調にあるものの、海外の政治、経済状況の不確実性や、生活物価の上昇傾向により、生活者の消費
        購買意欲については、依然として不安定な状況が続いております。
          九州における食品小売業界におきましても、ドラッグストアやディスカウントストアの食品販売進出の拡
        大により競争が激化しております。また、生活物価の上昇による消費者の生活防衛意識の高まりや資材・
        燃料・水道光熱費等の価格の高止まり及び労働単価の上昇が続いており、当社を取り巻く経営環境はよ
        り一層厳しさを増しております。
          このような経営環境のなか、当社は「『すべてはお客さまのために』を原点にベストローカルを実現し、九
        州におけるスーパーマーケット事業のリーディングカンパニーになる」というビジョンのもと、地域のお客さ
        まニーズの変化に対応し、地域シェアを高めるため新規出店及び既存店の活性化を実施するとともに、
        熾烈な競争に打ち勝つ収益構造の改革に取り組んでおります。
          当第2四半期累計期間におきましては、事業基盤の拡大の要となる新規出店として、マックスバリュ木

        花台店(宮崎県宮崎市)とマックスバリュみずき台店(熊本県合志市)の2店舗を開店しました。
          マックスバリュ木花台店は、同敷地内の既存店をスクラップアンドビルドし、売場面積を拡大するととも
        に、品揃えの拡大や地産地消コーナーの導入、イートインコーナーの新設等、お客さまニーズにより細か
        く対応できる店舗としてうまれ変わりました。
          マックスバリュみずき台店は、株式会社熊本生鮮市場が経営する「熊本生鮮市場みずき台店」が閉店
        することを受けて、同店舗の営業を承継し8月に開店いたしました。従来のお客さまのご要望の多かった
        食料品や惣菜コーナーの品揃えの拡大や、焼き立てパンコーナーの新設により、近隣のお客さまニーズ
        にお応えしております。
          また、既存店舗の活性化として9店舗の改装、1店舗の商品マッサージを実施しております。これにより
        地域のお客さまのニーズに呼応した品揃えや売場に刷新し、生鮮食品を中心に地域・地場商品の拡大
        や焼き立てパンの導入等に取り組むと共に、店舗の外装や内装も一新しております。同時に老朽化した
        冷凍・冷蔵ケースの入替え等の営繕計画を実行することで、オペレーションコストの削減に取り組みまし
        た。
          また、8月末に旬鮮工房(福岡水産パックセンター)を開設し、福岡都市部の小型店舗へお刺身やお寿
        司、切り身等の商品供給をスタートさせました。品揃えの充実及び鮮度の向上を図るとともに、店舗作業
        の軽減や人時不足を解消し、ローコストオペレーションの実現に取り組みます。
          店舗の閉鎖につきましては、スクラップアンドビルドとしてエクスプレス神水店(熊本県熊本市)を3月末
        に閉鎖し、下期に建物を増床し開店する予定です。また、収益改善が見込みにくいエクスプレス中間店
        (福岡県中間市)を8月末に閉鎖いたしました。
          販売費及び一般管理費につきましては、慢性的な人材確保難や賃金の上昇による労務費用の増大、
        原油価格上昇による水道光熱費の高騰及び新規出店や既存店舗の活性化によるイニシャルコストの増
        加等がありましたが、店舗作業の軽減を目的として、自動発注システムの入れ替えによる発注作業の効率
        化やお支払セミセルフレジの導入を促進し、後方業務の軽減として、売上金入金機の導入の拡大を図る
        と共に、省エネルギー対策としてLED照明の導入や空調設備の入替を実行することで、オペレーションコ
        ストを積極的に削減しました。
          以上の結果、当第2四半期累計期間の業績は、売上高88,564百万円(前年同四半期比101.4%)、営業

        利益1,121百万円(前年同四半期比188.2%)、経常利益1,132百万円(前年同四半期比187.4%)、四半期
        純利益599百万円(前年同四半期比156.6%)と増収増益となりました。
                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態の分析
        (資産)
          当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ3,015百万円増加し、39,128百万
        円となりました。
          流動資産は、前事業年度末に比べ2,921百万円増加し、19,167百万円となりました。主な要因は、現金
        及び預金が2,869百万円増加したこと、及び売掛金が521百万円増加したこと等によるものです。
          固定資産は、前事業年度末に比べ93百万円増加し、19,961百万円となりました。主な要因は、減価償
        却費及び減損損失の計上等をしたものの、新規出店・既存店改装・設備投資等に伴う増加により、有形
        固定資産が82百万円増加したこと等によるものです。
        (負債)
          当第2四半期会計期間末における負債は、前事業年度末に比べ2,616百万円増加し、25,119百万円と
        なりました。
          流動負債は、前事業年度末に比べ2,877百万円増加し、23,010百万円となりました。主な要因は、新規
        出店等による仕入高の増加に伴い、支払手形及び買掛金が2,012百万円増加したこと等によるものです。
          固定負債は、前事業年度末に比べ261百万円減少し、2,109百万円となりました。主な要因は、借入金
        の返済に伴い、長期借入金が215百万円減少したこと等によるものです。
        (純資産)
          当第2四半期会計期間末における純資産は、前事業年度末に比べ399百万円増加し、14,009百万円と
        なりました。主な要因は、配当金の支払226百万円があったものの、四半期純利益599百万円の計上等に
        より、利益剰余金が372百万円増加したこと等によるものです。
      (3)キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期累計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、10,296百万円となり
        ました。なお、当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果得られた資金は、4,026百万円(前年同四半期は3,202百万円の獲得)となりました。
          これは、主に税引前四半期純利益が949百万円となったこと、及び減価償却費が857百万円、たな卸資
          産の減少470百万円、仕入債務の増加が2,012百万円あったこと等によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果使用した資金は、611百万円(前年同四半期は812百万円の使用)となりました。こ
          れは、主に有形固定資産の取得による支出が591百万円あったこと等によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果使用した資金は、544百万円(前年同四半期は457百万円の使用)となりました。こ
          れは、主に長期借入金の返済による支出285百万円及び配当金の支払額226百万円があったこと等に
          よるものです。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第2四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に、重要な変更又は新
        たに生じた課題はありません。
      (5)研究開発活動

          該当事項はありません。
                                  5/20






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                    種類
                                               25,000,000
                   普通株式
                                               25,000,000

                     計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末            提出日現在発行数
                                      上場金融商品取引所名
                現在発行数(株)              (株)
                                      又は登録認可金融商品
          種類                                           内容
                (2018年8月31日)           (2018年10月12日)            取引業協会名
                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、権利内容に何ら
                                       東京証券取引所
                                                 限定のない当社にお
                                        JASDAQ
                    7,559,595           7,559,595
         普通株式                                        ける標準となる株式
                                       (スタンダード)          です。
                                                 また、1単元の株式
                                                 数は100株です。
                    7,559,595           7,559,595           -            -
           計
        (注)提出日現在発行数には、2018年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使に
           より発行された株式数は、含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                  資本金
                   発行済株式       発行済株式               資本金      資本準備金       資本準備金
                   総数増減数        総数残高               残高       増減額        残高
            年月日                       増減額
                     (株)       (株)             (百万円)       (百万円)       (百万円)
                                  (百万円)
         2018年6月1日~
                      7,800     7,559,595           ▶     1,608         ▶     1,454
         2018年8月31日
        (注)新株予約権の行使による増加です。
                                  6/20







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  2018年8月31日現在
                                                     発行済株式総
                                                    数に対する所有
                                             所有株式数
              氏名又は名称                    住所
                                              (千株)
                                                     株式数の割合
                                                       (%)
                          千葉市美浜区中瀬1-5-1                      5,815        76.92
         イオン株式会社
                          福岡市博多区博多駅東3-13-21                       146        1.93
         マックスバリュ九州従業員持株会
                          福岡市博多区博多駅東3-13-21                       132        1.75
         マックスバリュ九州共栄会
                                                  50       0.67
         横尾 由佳                 佐賀県佐賀市
                          熊本県八代市新港町3-9-8                        39       0.51
         株式会社エーブル
                                                  37       0.50
         山本 ススミ                 長崎県佐世保市
                          東京都港区六本木1-6-1                        35       0.46
         株式会社SBI証券
                          千葉市美浜区中瀬1-5-1                        32       0.43
         ミニストップ株式会社
                          広島市南区段原南1-3-52                        30       0.40
         マックスバリュ西日本株式会社
                          兵庫県西宮市松原町9-20                        30       0.39
         加藤産業株式会社
                          東京都大田区平和島6-1-1                        30       0.39
         三菱食品株式会社
                                  -              6,379        84.38
                 計
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2018年8月31日現在
                                         議決権の数(個)

                             株式数(株)
                区分                                      内容
                                     -           -          -
         無議決権株式
         議決権制限株式(自己株式等)                            -           -          -
         議決権制限株式(その他)                            -           -          -

         完全議決権株式(自己株式等)                           100           -          -

                          普通株式
         完全議決権株式(その他)                        7,556,300            75,563            -
                          普通株式
                                                   1単元(100株)
                                   3,195            -
         単元未満株式                 普通株式
                                                   未満の株式
                                 7,559,595               -          -
         発行済株式総数
                                     -         75,563            -
         総株主の議決権
        (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式47株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2018年8月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義       他人名義       所有株式数
                                                    に対する所有株
          所有者の氏名
                              所有株式数       所有株式数         の合計
                    所有者の住所
                                                     式数の割合
           又は名称
                               (株)       (株)       (株)
                                                       (%)
                   福岡市博多区博多
         マックスバリュ九州
                                  100        -       100         0.0
                   駅東3-13-21
           株式会社
                       -           100        -       100         0.0
             計
        (注)当社名義で単元未満株式47株を所有しております。
                                  7/20


                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
       該当事項はありません。
                                  8/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
          当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19
         年内閣府令第63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

          当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2018年6月1日か
         ら2018年8月31日まで)及び第2四半期累計期間(2018年3月1日から2018年8月31日まで)に係る四半
         期財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

          当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                  9/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                    前事業年度           当第2四半期会計期間
                                  (2018年2月28日)              (2018年8月31日)
        資産の部
          流動資産
                                           7,426             10,296
           現金及び預金
                                           1,664              2,186
           売掛金
                                           5,023              4,552
           商品
                                             50              50
           貯蔵品
                                           2,080              2,082
           その他
                                          16,245              19,167
           流動資産合計
          固定資産
           有形固定資産
             建物及び構築物(純額)                              7,998              7,846
                                           2,880              2,875
             土地
                                           2,290              2,530
             その他(純額)
                                          13,169              13,252
             有形固定資産合計
                                             27              24
           無形固定資産
           投資その他の資産
                                           4,580              4,555
             差入保証金
                                           2,090              2,128
             その他
                                           6,670              6,683
             投資その他の資産合計
                                          19,867              19,961
           固定資産合計
                                          36,113              39,128
          資産合計
                                 10/20












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                    前事業年度           当第2四半期会計期間
                                  (2018年2月28日)              (2018年8月31日)
        負債の部
          流動負債
                                          14,045              16,058
           支払手形及び買掛金
                                            515              445
           1年内返済予定の長期借入金
                                            562              513
           未払法人税等
                                            212              207
           賞与引当金
                                             26              12
           役員業績報酬引当金
                                             36              64
           店舗閉鎖損失引当金
                                             6             31
           資産除去債務
                                           4,725              5,677
           その他
                                          20,132              23,010
           流動負債合計
          固定負債
                                            570              355
           長期借入金
                                            969              968
           資産除去債務
                                            831              785
           その他
                                           2,371              2,109
           固定負債合計
                                          22,503              25,119
          負債合計
        純資産の部
          株主資本
                                           1,604              1,608
           資本金
                                           1,449              1,454
           資本剰余金
                                          10,293              10,666
           利益剰余金
                                            △ 0             △ 0
           自己株式
                                          13,347              13,729
           株主資本合計
          評価・換算差額等
                                            200              201
           その他有価証券評価差額金
                                            200              201
           評価・換算差額等合計
                                             61              78
          新株予約権
                                          13,609              14,009
          純資産合計
                                          36,113              39,128
        負債純資産合計
                                 11/20









                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                  前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                                 (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                  至 2017年8月31日)               至 2018年8月31日)
                                          87,327              88,564
        売上高
                                          66,937              67,533
        売上原価
                                          20,389              21,031
        売上総利益
                                           1,035              1,091
        その他の営業収入
                                          21,425              22,123
        営業総利益
                                         ※1 20,830            ※1 21,001
        販売費及び一般管理費
                                            595             1,121
        営業利益
        営業外収益
                                             9              8
          受取利息
                                             ▶              ▶
          受取配当金
                                             10              9
          受取保険金
                                             5              5
          その他
                                             30              27
          営業外収益合計
        営業外費用
                                             9              5
          支払利息
                                             12              11
          その他
                                             21              16
          営業外費用合計
                                            604             1,132
        経常利益
        特別利益
                                             -             11
          固定資産売却益
                                             -             11
          特別利益合計
        特別損失
                                             9             131
          減損損失
                                             34              62
          店舗閉鎖損失引当金繰入額
                                             44             193
          特別損失合計
                                            559              949
        税引前四半期純利益
                                            135              364
        法人税、住民税及び事業税
                                             41             △ 14
        法人税等調整額
                                            177              350
        法人税等合計
                                            382              599
        四半期純利益
                                 12/20









                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                                  (自 2017年3月1日              (自 2018年3月1日
                                  至 2017年8月31日)               至 2018年8月31日)
         営業活動によるキャッシュ・フロー
                                             559              949
          税引前四半期純利益
                                             908              857
          減価償却費
                                              9             131
          減損損失
                                            △ 13             △ 12
          受取利息及び受取配当金
                                              9              5
          支払利息
          有形固定資産売却損益(△は益)                                    -            △ 11
          売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 458             △ 521
          たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 53             470
          仕入債務の増減額(△は減少)                                 2,197              2,012
                                             295              498
          その他
                                           3,454              4,380
          小計
                                              ▶              ▶
          利息及び配当金の受取額
                                             △ 8             △ ▶
          利息の支払額
                                           △ 248             △ 353
          法人税等の支払額
                                           3,202              4,026
          営業活動によるキャッシュ・フロー
         投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 807             △ 591
          有形固定資産の取得による支出
                                              -             14
          有形固定資産の売却による収入
                                            △ 56             △ 48
          差入保証金の差入による支出
                                             87              89
          差入保証金の回収による収入
                                            △ 15             △ 17
          預り保証金の返還による支出
                                              9              5
          預り保証金の受入による収入
                                            △ 29             △ 64
          その他
                                           △ 812             △ 611
          投資活動によるキャッシュ・フロー
         財務活動によるキャッシュ・フロー
                                             300               -
          長期借入れによる収入
                                           △ 420             △ 285
          長期借入金の返済による支出
                                            △ 35             △ 33
          リース債務の返済による支出
                                           △ 301             △ 226
          配当金の支払額
                                              0              0
          その他
                                           △ 457             △ 544
          財務活動によるキャッシュ・フロー
         現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   1,932              2,869
                                           6,554              7,426
         現金及び現金同等物の期首残高
                                          ※1 8,486            ※1 10,296
         現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/20







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期損益計算書関係)
          ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                               前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                              (自     2017年3月1日            (自     2018年3月1日
                               至      2017年8月31日)             至      2018年8月31日)
           給料手当及び賞与                          8,795   百万円             8,867   百万円
                                       194                207
           賞与引当金繰入額
                                        ▶               12
           役員業績報酬引当金繰入額
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         
           は次のとおりです。
                               前第2四半期累計期間                当第2四半期累計期間
                              (自     2017年3月1日            (自     2018年3月1日
                               至   2017年8月31日)             至   2018年8月31日)
           現金及び預金勘定                          8,486百万円               10,296百万円
                                      8,486               10,296
           現金及び現金同等物
        (株主資本等関係)

        Ⅰ 前第2四半期累計期間(自 2017年3月1日 至 2017年8月31日)
        配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
                    株式の                             効力
             決議                             基準日            配当の原資
                          (百万円)       配当額(円)
                    種類                            発生日
                                          2017年      2017年
          2017年4月12日
                              301         40
                   普通株式                                   利益剰余金
            取締役会
                                         2月28日       5月8日
          (注)2017年2月28日を基準日とする1株当たり配当額は、特別配当(1株当たり10円)を含みます。
          (2)基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期
           間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
        Ⅱ 当第2四半期累計期間(自 2018年3月1日 至 2018年8月31日)

        配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
                    株式の                             効力
             決議                             基準日            配当の原資
                          (百万円)       配当額(円)
                    種類                            発生日
                                          2018年      2018年
          2018年4月11日
                              226         30
                   普通株式                                   利益剰余金
            取締役会
                                         2月28日       5月2日
          (2)基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期

           間の末日後となるもの
             該当事項はありません。
                                 14/20





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        (金融商品関係)
          金融商品の当第2四半期貸借対照表計上額と時価との差額及び前事業年度に係る貸借対照表計上
        額と時価との差額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        (有価証券関係)

          有価証券の当第2四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変
        動がないため、記載を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

          該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
            当社は、食品及び日用雑貨品を主に販売するスーパーマーケット事業及びその附随業務の単一
           セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び
        算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                   前第2四半期累計期間             当第2四半期累計期間
                                    (自 2017年3月1日             (自 2018年3月1日
                                    至  2017年8月31日)            至  2018年8月31日)
        (1)1株当たり四半期純利益金額                                50円71銭             79円33銭

          (算定上の基礎)
           四半期純利益金額          (百万円)                       382             599

           普通株主に帰属しない金額              (百万円)                   -             -

           普通株式に係る四半期純利益金額                  (百万円)               382             599

           普通株式の期中平均株式数              (千株)                 7,543             7,552

        (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                50円36銭             78円79銭

          (算定上の基礎)
           四半期純利益調整額           (百万円)                      -             -

           普通株式増加数        (千株)                         51             52

         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
         当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                         -             -
         在株式で、前事業年度末から重要な変動があった
         ものの概要
                                 15/20







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
          当社、イオン九州株式会社(以下「イオン九州」と言います)、イオンストア九州株式会社(以下「AS九
        州」と言います)及びイオン株式会社(以下「イオン」と言います)は、2018年10月10日付で当社とイオン九
        州及びAS九州の統合(以下「本統合」といいます)に関する基本合意書(以下「本基本合意書」といいま
        す)を以下のとおり締結いたしました。
          なお、本基本合意書は、本統合の実行に関して法的拘束力を有するものではなく、今後、当社、イオン
        九州、AS九州及びイオンで協議をした上、取締役会決議その他必要な手続を経て、別途法的拘束力の
        ある正式契約を締結する予定です。
          1.本統合の目的
            近年業種・業態間を超え激化する競争環境(ドラッグストアやコンビニエンスストア、Eコマースなど
           競争のボーダレス化)、人口動態の変化や、お客さまの生活スタイルの変化、嗜好の多様化(健康志
           向、低価格志向、即食需要の増加)等により、当社の置かれた経営環境は大きく変化しております。
            その中で、当社、イオン九州及びAS九州の主要株主であるイオンは、昨年12月に、2020年に向け
           たグループ中期経営計画を策定し、「リージョナル」「デジタル」「アジア」「投資」の4つのシフト及び
           「GMS」「SM」「デジタル」の3つの改革を掲げました。その中で、「リージョナル」という、従来の全国
           ベースから地域をベースに企業活動をしていく必要性が示され、その為に既存のGMS・SMの事業
           改革を進めていくという方針を示しました。
            九州エリアにおいて事業を展開する当社、イオン九州及びAS九州は、食品事業において、お客
           さまの食に対する嗜好の多様化(健康志向・低価格志向・即食需要の増加)やデジタル化に対応す
           るため、九州エリアにおける市場シェアNo.1を目指して相互の経営資源・ノウハウの共有化を推進
           するとともに、3社のシナジーの極大化を実現し、「食」に関するあらゆるニーズを満たす、「フードソ
           リューション企業」となることを確認しました。
            また、非食品事業においても、デジタル化やお客さまの生活スタイルの変化に対応する企業とし
           て、「物販」「サービス」をはじめとする専門店の集合体として生まれ変わり、多様化するお客さまの
           ニーズにお応えする企業となることを確認しました。
            それぞれの事業の強みを最大限に発揮するため、統合によるシナジー効果の極大化を図るととも
           に、リーシング機能をはじめとしたショッピングセンターの価値向上、物流やデジタル化への投資によ
           るインフラの強化に努め、変化する九州のお客さまや社会情勢の変化に機敏に対応することで、「九
           州でNo.1の信頼される小売集団」となることを目指します。
          2.本統合の方法
            当社、イオン九州及びAS九州の共同株式移転の方法により、当社、イオン九州及びAS九州の完
           全親会社(以下「本持株会社」と言います)を設立し、その後、本持株会社傘下の当社、イオン九州及
           びAS九州を食品事業会社と非食品事業会社に再編する方法により統合する基本方針のもと本統合
           を進める予定です。
          3.本統合の日程
           本基本合意書締結日                                  2018年10月10日
                                            2019年4月中旬(予定)
           本株式移転に関する共同株式移転計画の取締役会承認決議
                                            2019年5月下旬(予定)
           定時株主総会における共同株式移転計画の承認決議
                                            2019年8月下旬(予定)
           当社の上場廃止
           本株式移転の効力発生日、及び本持株会社の株式上場日
                                            2019年9月1日(予定)
           (東京証券取引所JASDAQ市場に上場予定)
                                 16/20





                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
          4.本統合に係る株式移転比率
            本株式移転における比率については、今後実施するデュー・ディリジェンスの結果及び第三者算
           定機関による株式移転比率算定の結果を踏まえて、本統合に関する最終契約締結までに協議の上
           で決定いたします。
          5.本持株会社の上場申請に関する事項
            本持株会社の株式については、東京証券取引所JASDAQ市場に新規上場を行う予定です。上場
           日は、本株式移転の効力発生日である2019年9月1日を予定しております。
            なお、それに伴い、当社は上場廃止となる予定です。
                                 17/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年10月11日

     マックスバリュ九州株式会社
      取締役会 御中
                          有限責任監査法人トーマツ

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              野澤  啓  印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              池田  徹  印
                            業  務  執  行  社  員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているマックスバリュ九州株式
     会社の2018年3月1日から2019年2月28日までの第17期事業年度の第2四半期会計期間(2018年6月1日から2018年8月31日ま
     で)及び第2四半期累計期間(2018年3月1日から2018年8月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、
     四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に表示
     するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レ
     ビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、分
     析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監
     査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる
     四半期財務諸表の作成基準に準拠して、マックスバリュ九州株式会社の2018年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終
     了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     強調事項

        重要な後発事象に記載されているとおり、会社はイオン九州株式会社、イオンストア九州株式会社及びイオン株式会社と
     2018年10月10日付で経営統合に関する基本合意書を締結した。
        当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     ( 注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会
         社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク