株式会社エイチ・アイ・エス 四半期報告書 第38期第3四半期(平成30年5月1日-平成30年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第38期第3四半期(平成30年5月1日-平成30年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社エイチ・アイ・エス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年9月3日
      【四半期会計期間】                    第38期第3四半期(自 平成30年5月1日 至 平成30年7月31日)
      【会社名】                    株式会社エイチ・アイ・エス
      【英訳名】                    H.I.S.    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長           社長執行役員
                         グループ最高経営責任者            澤田   秀雄
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
      【電話番号】                    03(6388)0707
      【事務連絡者氏名】                    取締役    上席執行役員       最高財務責任者        中谷   茂
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号(住友不動産新宿オークタワー)
      【電話番号】                    03(6388)0707
      【事務連絡者氏名】                    取締役    上席執行役員       最高財務責任者        中谷   茂
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第37期           第38期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第37期
                              累計期間           累計期間
                              自平成28年           自平成29年           自平成28年

                               11月1日            11月1日            11月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成29年
                               7月31日            7月31日            10月31日
                     (百万円)             415,115           510,438           606,024
     売上高
                     (百万円)             12,298           10,313           19,647
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              8,763           4,440           13,259
     (当期)純利益
                     (百万円)             12,671            4,934           20,386
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             103,153           109,022           111,247
     純資産額
                     (百万円)             415,537           521,758           422,809
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)            143.72            77.39           219.52
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)            134.00            66.73           204.60
     期(当期)純利益金額
                      (%)             19.1           15.8           20.3
     自己資本比率
                               第37期           第38期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自平成29年           自平成30年

                               5月1日            5月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年
                               7月31日            7月31日
                                   59.62           15.45

     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.  当社は   信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship                       ®)  を導入しており、エイチ・アイ・エス従業員持
           株会専用信託が所有する当社株式については、四半期連結財務諸表において自己株式として計上しておりま
           す。そのため、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額
           の算定にあたっては、当該株式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定しております。
         4.第38期第3四半期連結累計期間の自己資本比率は15.8%となっておりますが、これは社債、転換社債型新株
           予約権付社債、借入金により、資金調達したことによります。当該影響を考慮した場合の自己資本比率は、
           第37期第3四半期連結累計期間30.7%、第38期第3四半期連結累計期間27.5%、第37期34.1%であります。
         5.前第1四半期連結会計期間において行われた企業結合に係る暫定的な会計処理が前連結会計年度末に確定し
           ており、前第3四半期連結累計期間及び前第3四半期連結会計期間の関連する主要な経営指標等について
           は、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によってお
           ります。
                                  2/21




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        前第3四半期連結会計期間において、当社はASIA                       ATLANTIC     AIRLINES     CO.,LTD.の株式を一部売却し、同社は連結
       子会社から持分法適用関連会社となりました。これに伴い、第1四半期連結会計期間より「運輸事業」セグメント
       を廃止しております。詳細は、「第4                  経理の状況      1  四半期連結財務諸表          注記事項(セグメント情報)」に記
       載のとおりであります。
                                  3/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

        当第3四半期連結累計期間における経営環境は、世界経済の不確実性や地政学的リスクが引き続き伴ったもの
       の、国内では雇用・所得環境の改善が続き、景気は緩やかに回復いたしました。
        このような環境の中、当社グループは、拡大している事業領域へ対応すべく体制の再編を行うとともに、働き方
       改革を推進し、「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」という企業理念のもと、旅行
       のみならず様々な事業を通じて、常に変化・発展し続ける企業として、世界の平和に貢献できる新しいビジネスモ
       デルの構築を目指してまいりました。
        セグメント別の業績は次のとおりであります。また、各セグメントの金額は、セグメント間取引を相殺消去する
       前の金額であります。
        (旅行事業)

          当第3四半期連結累計期間における旅行市場は、日本人出国者数は、世界的に頻発する豪雨、洪水、熱波など
         の気象リスクが目立ったものの、主要な観光地の治安の落ち着きに加え、為替の変動幅が緩やかだったことや、
         ゴールデンウィークの日並びの良さなどにより、前年同期比104%の1,335万人と順調に推移しました。訪日外客
         数においては、大阪北部地震や西日本豪雨の影響により、一部の市場で需要が抑えられたものの、新規就航や増
         便による航空座席供給量の増加に加え、花見人気の高まりなどから、前年同期比116%の2,363万人と好調に推移
         しました。(出典:日本政府観光局(JNTO))
          日本における旅行事業につきましては、5月下旬より開始した「スーパーサマーセール」に加え、過去最大級
         のチャーター便の仕入・販売により、夏の予約が好調に推移いたしました。方面別では、引き続き減便等による
         グアムの弱含みがあったものの、前期に東アジア情勢により低調だった韓国の復調や、シニアの早期取り込みが
         奏功した欧州が順調に推移いたしました。さらに、沖縄も専用ラウンジなどのオリジナルコンテンツの強化によ
         り順調に推移いたしました。また、プロモーション展開やWEB制作などを全国で統一し効率化を進め、お客様目
         線のサービスの改善につなげるべく、ユーザビリティの向上に努めました。訪日向けには、欧米各国での営業を
         強化したことにより、現地からの集客が増加したほか、商材においても自社主催のコンテンツを大幅に増やし、
         ランドオペレーター化を推進したことにより、好調に推移いたしました。法人事業では、ソリューションビジネ
         スを推進し、より収益性の高いビジネスモデルへの転換を図っております。
          海外における旅行事業では、グアムの集客が弱含みましたが、ロシア・韓国など日本以外のマーケットからの
         安定的な集客確保のための対応を進めました。東南アジアでは、タイにてインドネシアからの受客が6年ぶりに
         過去最高となったほか、ベトナムにて日本行きチャーター便ツアーや現地企業のインセンティブツアーの送客拡
         大、初の修学旅行の受け入れ、日本の当社ツアー(Ciao)からの過去最大の受客となるなど好調に推移し、重点
         拠点による増収が寄与いたしました。前期から当期にかけて新たに子会社化した3社においては弱含んでおりま
         すが、シーズナリティの影響であり、通期の計画に織り込んでいたものであります。
                                  4/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
          また、当社グループの営業拠点数は引き続き新規出店と統廃合を実施した結果、国内282拠点、海外71カ国158
         都市274拠点となりました。(平成30年7月末日時点)
          以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は                           4,548億48百万円(前年同期比124.2%)、営業利益
         は51億44百万円(同116.1%)となりました。
        (ハウステンボスグループ)

          ハウステンボスでは、開業25周年にともないハウステンボスならではのオンリーワン・ナンバーワンのコンテ
         ンツ展開に注力し、お客様満足度と体験価値の向上に努めました。
          新施設「スペースインベーダーギガマックス」のオープンに加え、同時期では初となる「レインボー花火」を
         開催いたしました。今年5年目を迎える「フラワージャパンカップ」と初開催となる「マム(菊)展」を同時開
         催するなど満足度の向上に努めました。また、「ゆり祭」においては、新スポット「ゆりのドレス」が登場する
         など集客に貢献いたしました。
          上記取り組みにより、入場者数は上半期(94.4%)から伸長し前年同期比95.1%の2,019千人となりました。
          以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は304億37百万円(前年同期比121.9%)                                            、営業利益
         は、ハウステンボスにおける減価償却費や場内メンテナンスなどの販売管理費の増加に加え、電力小売り事業を
         営むHTBエナジー株式会社における燃料コストの増加により、                              営業利益50億39百万円(同97.1%)となりまし
         た。
        (ホテル事業)

          旅行事業・ハウステンボスグループに続く第3の柱として強化を図っておりますホテル事業につきましては、
         引き続き世界一の生産性を目指す「変なホテル」の展開を中心に進めており、4月に首都圏4軒目となる「変な
         ホテル東京      浜松町」を開業いたしました。周辺環境にも恵まれ開業直後から順調に推移しております。既存の
         ホテルにつきましては、ウォーターマークホテル長崎においてオンライン強化による個人予約の増加、ウォー
         ターマークホテルバリにおいてラマダン休暇の取り込みが奏功したこと、連結子会社化したGreen                                             World   Hotels
         Co.,   Ltd.(台湾)の業績寄与もあり、好調に推移いたしました。7月に開業済みの「変なホテル東京                                             浅草橋」
         「変なホテル東京         赤坂」に加え、今後も東京都内に1軒、西日本に5軒の「変なホテル」開業を予定してお
         り、展開を加速してまいります。
          以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は91億56百万円(前年同期比171.3%)、営業利益は
         8億43百万円(同138.4%)、EBITDAベースでは18億45百万円(前年同期比149.6%)となりました。
          なお、当セグメントに含まれておりましたウォーターマークホテル札幌の不動産を3月に売却しております。
        (九州産交グループ)

          九州産交グループでは、昨年の熊本地震後の復興需要からの反動減により旅行事業が低調だったことに加え、
         原油の減産による軽油費の上昇により、当第3四半期連結累計期間における売上高は                                       161億22百万円       (前年同期
         比 97.5%   )、  営業利益は3億24百万円           (同  104.5%    )となりました。桜町再開発事業につきましては、工事は順
         調に進捗しております。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の連結業績は、売上高は過去最高の                                   5,104億38百万円        (前年同期比

       123.0%)、      営業利益は95億63百万円           (同118.1%)となりました。また、                 経常利益は     為替差損10億46百万円(前年
       同期は為替差益26億97百万円)を計上し                   103億13百万円       (同83.9%)、親会社株主に帰属する四半期                     純利益は    44億40
       百万円   (同50.7%)となりました。
                                  5/21







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
         当第3四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ989億49百万円増加し、5,217億58百
        万円となりました。これは主に、現金及び預金の増加(前期末比375億17百万円増)、旅行前払金の増加(同227
        億32百万円増)、有形固定資産の増加(同181億56百万円増)、受取手形及び売掛金の増加(同32億1百万円増)
        によるものです。
         また、当第3四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末に比べ                                    1,011億74百万円増加          し、  4,127
        億36百万円     となりました。これは主に、旅行前受金の増加(前期末比390億23百万円増)、転換社債型新株予約権
        付社債の発行による増加(同250億83百万円増)、借入金の増加(同248億50百万円増)によるものです。
         当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ22億25百万円減少し、1,090億22百万
        円となりました。これは主に、四半期純利益の計上等による利益剰余金の増加(前期末比27億26百万円増)があ
        る一方で、平成29年10月31日付取締役会決議に基づき自己株式を49億99百万円取得したことによります。
         なお、自己資本比率は、当第3四半期連結会計期間末15.8%、前連結会計年度末20.3%となっておりますが、
        これは社債、転換社債型新株予約権付社債、借入金により資金調達したことによります。当該影響を考慮した場
        合の自己資本比率は、当第3四半期連結会計期間末27.5%、前連結会計年度末34.1%であります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         該当事項はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  6/21














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                        88,551,450

                  計                              88,551,450

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                            提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品              内容
                             (平成30年9月3日)
               (平成30年7月31日)                            取引業協会名
                                         東京証券取引所
     普通株式             68,522,936              68,522,936                    (注)
                                         市場第一部
         計          68,522,936              68,522,936              -          -

     (注)権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式         資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                 (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成30年5月1日~
                  -      68,522,936         -        11,000       -        3,661
     平成30年7月31日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/21








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年4月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年7月31日現在
             区分               株式数(株)            議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                         -                -        -
      議決権制限株式(自己株式等)                         -                -        -
      議決権制限株式(その他)                         -                -        -
                          普通株式     10,949,300
      完全議決権株式(自己株式等)                                         -        -
                          普通株式     57,530,800
      完全議決権株式(その他)                                      575,308          -
                          普通株式         42,836
      単元未満株式                                         -        -
      発行済株式総数                         68,522,936                -        -
      総株主の議決権                         -              575,308          -
      (注)「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」の欄には、証券保管振替機構名義の失念株式が1,800株及
         び40株含まれております。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の失念株式の完全議決権株式に係る議決権
         の数が18個含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年7月31日現在
                                                    発行済株式総数
       所有者の氏名                    自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                                                    に対する所有株
                 所有者の住所
                                                      式数の割合
        又は名称                   株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                       (%)
     株式会社エイチ・ア          東京都新宿区西新宿
                            10,949,300
                                         -     10,949,300          15.98
     イ・エス          六丁目8-1
         計          -        10,949,300             -     10,949,300          15.98
      (注)   当第3四半期会計期間末日現在の自己株式数(単元未満株式除く)は、10,949,300株(発行済株式総数に対する
         所有株式数の割合15.98%)となっております。また、信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)の
         信託財産として、エイチ・アイ・エス従業員持株会専用信託が保有している当社株式295,500株を、四半期連結
         財務諸表において自己株式として表示しております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期報告書提出日までの役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動
           新役名及び職名                   旧役名及び職名                氏名        異動年月日
     取締役常務執行役員
                        取締役   常務執行役員
     経営企画本部、海外事業戦略本部、海
                        H.I.S.JAPANヴァイスプレジデント兼                    織田 正幸        平成30年2月1日
     外システム開発本部担当、
                        国内旅行本部長
     関係会社管理本部長
     取締役上席執行役員                   取締役上席執行役員
     H.I.S.JAPANヴァイスプレジデント                兼   H.I.S.JAPANヴァイスプレジデント兼                    山野邉 淳        平成30年3月1日
     H.I.S.JAPAN法人団体旅行営業本部長                   関西営業本部長
                                  8/21




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年5月1日から平
       成30年7月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年11月1日から平成30年7月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年10月31日)              (平成30年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        193,039              230,557
         現金及び預金
                                         34,801              38,002
         受取手形及び売掛金
                                         6,194              3,419
         営業未収入金
                                           39              90
         有価証券
                                         28,062              50,794
         旅行前払金
                                         2,909              2,651
         前払費用
                                         2,328              2,400
         繰延税金資産
                                         5,634              3,783
         短期貸付金
                                           373              192
         関係会社短期貸付金
                                         2,381              2,356
         未収入金
                                         7,954              21,562
         その他
                                         △ 234             △ 286
         貸倒引当金
                                        283,485              355,525
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               22,015              22,389
          工具、器具及び備品(純額)                               5,442              6,189
          船舶(純額)                                 62              54
                                         28,744              31,148
          土地
          リース資産(純額)                               2,701              3,031
                                         18,086              32,334
          建設仮勘定
                                         5,949              6,010
          その他(純額)
                                         83,001              101,158
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         6,237              9,024
          のれん
                                         11,428              11,160
          その他
                                         17,666              20,185
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         10,957              13,608
          投資有価証券
                                         1,681              1,829
          関係会社株式
                                           632              175
          関係会社出資金
                                         1,371              1,124
          長期貸付金
                                           128             1,159
          関係会社長期貸付金
                                           622              546
          退職給付に係る資産
                                         4,362              3,983
          繰延税金資産
                                         7,643              8,521
          差入保証金
          その他                               11,210              13,807
                                         △ 181             △ 189
          貸倒引当金
                                         38,427              44,566
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                139,095              165,909
       繰延資産                                   227              323
                                        422,809              521,758
       資産合計
                                 10/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年10月31日)              (平成30年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         23,590              33,589
         営業未払金
                                         7,474              11,236
         短期借入金
                                         1,847               871
         1年内返済予定の長期借入金
                                         3,199              4,647
         未払金
                                         10,049               3,593
         未払費用
                                         3,929              2,291
         未払法人税等
                                           724              955
         未払消費税等
                                         58,437              97,461
         旅行前受金
                                           864              991
         リース債務
                                         4,077              3,157
         賞与引当金
                                           162              111
         役員賞与引当金
                                         17,509              27,200
         その他
                                        131,866              186,107
         流動負債合計
       固定負債
                                         40,000              40,000
         社債
                                         20,073              45,156
         転換社債型新株予約権付社債
                                        101,603              123,666
         長期借入金
                                         4,786              4,813
         繰延税金負債
                                         7,588              6,910
         退職給付に係る負債
                                           861              313
         役員退職慰労引当金
                                           159               13
         修繕引当金
                                         2,211              2,350
         リース債務
                                         2,410              3,404
         その他
                                        179,694              226,628
         固定負債合計
                                        311,561              412,736
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         11,000              11,000
         資本金
                                         3,581              3,605
         資本剰余金
                                         92,731              95,457
         利益剰余金
                                        △ 23,875             △ 28,652
         自己株式
                                         83,437              81,410
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           283              518
         その他有価証券評価差額金
                                           265              137
         繰延ヘッジ損益
                                         1,716               628
         為替換算調整勘定
                                           70             △ 10
         退職給付に係る調整累計額
                                         2,336              1,273
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   252              385
                                         25,221              25,952
       非支配株主持分
                                        111,247              109,022
       純資産合計
      負債純資産合計                                   422,809              521,758
                                 11/21





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年7月31日)               至 平成30年7月31日)
      売上高                                   415,115              510,438
                                        337,155              415,801
      売上原価
                                         77,959              94,637
      売上総利益
                                         69,859              85,073
      販売費及び一般管理費
                                         8,100              9,563
      営業利益
      営業外収益
                                         1,271              1,193
       受取利息
                                         2,697                -
       為替差益
                                         1,183              1,566
       その他
                                         5,152              2,759
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           318              429
       支払利息
                                           -             1,046
       為替差損
                                            0              1
       持分法による投資損失
                                           634              531
       その他
                                           953             2,009
       営業外費用合計
                                         12,298              10,313
      経常利益
      特別利益
                                         2,009                -
       段階取得に係る差益
                                           -             2,625
       固定資産売却益
                                           -              282
       退職給付制度改定益
                                         2,009              2,907
       特別利益合計
      特別損失
                                           641               -
       固定資産売却損
                                           -              330
       投資有価証券評価損
                                           -             1,687
       関係会社債権放棄損
                                           641             2,018
       特別損失合計
                                         13,666              11,203
      税金等調整前四半期純利益
                                         3,208              5,132
      法人税等
                                         10,458               6,070
      四半期純利益
                                         1,695              1,630
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         8,763              4,440
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/21








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                至 平成29年7月31日)               至 平成30年7月31日)
                                         10,458               6,070
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           323              235
       その他有価証券評価差額金
                                           479             △ 127
       繰延ヘッジ損益
                                         1,201             △ 1,145
       為替換算調整勘定
                                           265             △ 100
       退職給付に係る調整額
                                          △ 55               1
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         2,213             △ 1,136
       その他の包括利益合計
                                         12,671               4,934
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         10,998               3,377
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,673              1,556
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/21















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
           第1四半期連結会計期間より、JONVIEW                   CANADA    INC.を連結の範囲に含めております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税金等調整前当期純利益に対する
          税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税金等調整前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計
          算しております。
        (追加情報)

         (退職給付制度の移行)
           当社は平成30年4月1日に退職一時金制度の一部を確定拠出年金制度へ移行したことにより、「退職給付制
          度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号                              平成28年12月16日)及び「退職給付制度間
          の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第2号                                平成19年2月7日)を適用し、確定拠
          出年金制度への移行部分について退職給付制度の一部終了の処理を行っております。
           これに伴い、当第3四半期連結累計期間において「退職給付制度改定益」として、特別利益に282百万円を
          計上しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
          なお、前第1四半期連結会計期間において行われた企業結合に係る暫定的な会計処理が前連結会計年度末に確
         定したことに伴い、当第3四半期連結累計期間の比較情報については、暫定的な会計処理の確定による取得原価
         の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成28年11月1日             (自    平成29年11月1日
                             至   平成29年7月31日)              至   平成30年7月31日)
         減価償却費                         5,113百万円                 6,084百万円
         のれんの償却額                           287                 736
                                 14/21










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年11月1日 至 平成29年7月31日)
          1.配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成29年1月26日
                普通株式         1,361      22.00    平成28年10月31日         平成29年1月27日          利益剰余金
       定時株主総会
          2 .株主資本の金額の著しい変動

           当社は、平成29年5月26日開催の取締役会決議に基づき、当第3四半期連結累計期間に自己株式を9,999百
          万円取得いたしました。           当該決議に基づく自己株式の取得につきましては、平成29年7月24日をもって終了し
          ております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年7月31日)

          1.配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成30年1月25日
                普通株式         1,707      29.00    平成29年10月31日         平成30年1月26日          利益剰余金
       定時株主総会
          2 .株主資本の金額の著しい変動

           当社は、平成29年10月31日付取締役会決議に基づき、当第3四半期連結累計期間に自己株式を4,999百万円
          取得いたしました。当該決議に基づく自己株式の取得につきましては、平成29年12月12日をもって終了してお
          ります。
                                 15/21











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年11月1日 至 平成29年7月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位    : 百万円)
                         報告セグメント
                                                         四半期
                                                         連結損益
                                           その他         調整額
                    ハウス
                                                合計         計算書
                        ホテル         九州産交
                                           (注1)         (注2)
              旅行事業     テンボス          運輸事業           計
                                                         計上額
                         事業         グループ
                   グループ
                                                         (注3)
     売上高
     外部顧客への売上高          365,292     23,843     4,609     3,181    16,516    413,444     1,670    415,115       -   415,115
     セグメント間の内部
                 885    1,123      736     91     18   2,854      0   2,854    △ 2,854      -
     売上高又は振替高
         計       366,178     24,966     5,346     3,272    16,534    416,298     1,671    417,970    △ 2,854    415,115
      セグメント利益又
                4,429     5,188      609    △ 840     310    9,697     △ 8   9,689    △ 1,589     8,100
      は損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、損害保険事業および不動産事業
           等であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,589百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
           あり、その内容は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.報告セグメントごとのEBITDAは次のとおりです。
                                              (単位:百万円)
                          ハウス
                                        九州産交
                    旅行事業     テンボス     ホテル事業     運輸事業          その他     合計
                                        グループ
                         グループ
           セグメント利益
                      4,429     5,188      609    △840      310     △8    9,689
           又は損失(△)
           減価償却費          1,993     1,375      624      17    819     135    4,966
           EBITDA   (※)        6,423     6,564     1,233     △822     1,130      127   14,655

          (※)EBITDAは、セグメント利益又は損失(△)に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値です。

           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              重要な変動はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              前第1四半期連結会計期間に実施したH.I.S.                       - MERIT   TRAVEL    INC.の企業結合について、取得原価の
              配分が完了していなかったため、のれんの金額は暫定的に算出された金額でありましたが、前連結会
              計年度末に取得原価の配分が完了し、暫定的な会計処理が確定したため、のれんの金額を修正してお
              ります。
             (重要な負ののれん発生益)

              重要な負ののれん発生益はありません。
                                 16/21






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年11月1日 至 平成30年7月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                               (単位    : 百万円)
                       報告セグメント
                                                    四半期
                                                    連結損益
                                       その他         調整額
                    ハウス
                                                    計算書
                                            合計
                        ホテル    九州産交
                                      (注1)         (注2)
              旅行事業     テンボス                計
                                                    計上額
                         事業    グループ
                   グループ
                                                    (注3)
     売上高
     外部顧客への売上高          453,638     29,157     8,501    16,111    507,408      3,029    510,438       -  510,438
     セグメント間の内部
                1,209     1,280      655     11   3,156      39   3,195    △ 3,195      -
     売上高又は振替高
         計
               454,848     30,437     9,156    16,122    510,565      3,068    513,633     △ 3,195    510,438
      セグメント利益又
                5,144     5,039      843     324   11,351     △ 144   11,207    △ 1,644    9,563
      は損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、損害保険事業および不動産事業
           等であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,644百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
           あり、その内容は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.H.I.S.      - MERIT   TRAVEL    INC.の企業結合について、前第3四半期連結累計期間においては取得原価の配分が
           完了していなかったため暫定的な会計処理を行いましたが、前連結会計年度末に確定したことに伴い、前第
           3四半期連結累計期間について、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
         5.報告セグメントごとのEBITDAは次のとおりです。
                                          (単位:百万円)
                          ハウス
                                   九州産交
                    旅行事業     テンボス     ホテル事業           その他     合計
                                   グループ
                         グループ
           セグメント利益
                      5,144     5,039      843     324    △144    11,207
           又は損失(△)
           減価償却費          2,842     1,548     1,001      707     341    6,441
           EBITDA   (※)        7,987     6,587     1,845     1,031      197    17,649

          (※)EBITDAは、セグメント利益又は損失(△)に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値です。

           2.報告セグメントの変更等に関する事項

             前第3四半期連結会計期間において、ASIA                      ATLANTIC     AIRLINES     CO.,LTD.の株式を一部売却したため、
             同社は連結子会社から持分法適用関連会社となりました。これに伴い、第1四半期連結会計期間より
             「運輸事業」セグメントを廃止しております。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              重要な変動はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              「旅行事業」において、JONVIEW                  CANADA    INC.の株式を取得したことによりのれんが発生しておりま
              す。当該事象によるのれんの発生額は3,119百万円であります。なお、のれんの金額は取得原価の配
              分が完了していないため、暫定的に算定された金額であります。
             (重要な負ののれん発生益)

              重要な負ののれん発生益はありません。
                                 17/21




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
          比較情報における取得原価の当初配分額の重要な見直し
           平成28年12月27日に行われたH.I.S.                 - MERIT   TRAVEL    INC.との企業結合について、前第1四半期連結会計期
          間において暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に確定しております。
           この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報
          において取得原価の当初配分額の見直しが反映されております。
           なお、前第3四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書に与える影響は軽微であります。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                   前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                   (自 平成28年11月1日              (自 平成29年11月1日
                                   至 平成29年7月31日)             至 平成30年7月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                    143円72銭              77円39銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                    8,763             4,440
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金
       額                                    8,763             4,440
       (百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                   60,972             57,372
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    134円00銭              66円73銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                     △20             △28
       (うち受取利息(税額相当額控除後)(百万円))                                    (△20)             (△28)
       普通株式増加数(千株)                                    4,268             8,733
       (うち転換社債(千株))                                   (4,268)             (8,733)
      (注)1.     当社は、    信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship                       ®)  を導入しており、エイチ・アイ・エス従業員
          持株会専用信託が所有する当社株式については、四半期連結財務諸表において自己株式として計上しておりま
          す。そのため、第3四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期
          純利益金額の算定にあたっては、当該株式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定してお
          ります。(前第3四半期連結累計期間416千株、当第3四半期連結累計期間332千株)
         2.  前第3四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
          は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載の暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な
          見直しが反映された後の金額により算定しております。
                                 18/21







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         (特定子会社の異動)
           当社は、平成30年8月30日開催の取締役会において、当社の連結子会社であるH.I.S.ホテルホールディン
          グス株式会社が子会社を設立することを決議いたしました。なお、当該子会社への出資の額が当社の資本金
          の100分の10以上に相当し、特定子会社となります。
          (1)設立の目的

            当社は、この度、トルコ共和国におけるインバウンド事業の拡大・強化を目的として、ホテル事業を推
           進する子会社を設立することと致しました。
            設立後の最初の事業として、同国内デニズリ県パムッカレ市にホテルを新たに建設し、2020年春の開業
           を目指します。パムッカレ市は石灰華段丘の特異な景観とともに温泉保養地としても知られており、トル
           コ国内の観光客のみならず、国外からの観光客も多く訪れる同国を代表する人気の観光地の一つです。
            同ホテルの開業により、近い将来、イスタンブールで旅行事業を営む当社子会社をはじめ、当社グルー
           プの海外拠点ネットワークを活かして、旅行事業との大きなシナジー効果を発揮することが期待できま
           す。また、同ホテルは大型バンケットホールや会議室を完備し、トルコ国内におけるMICE事業の取扱い拡
           大も目指します。
          (2)設立する子会社の概要

            ①  名称                         H.I.S.    & DORAK   Co.,   Ltd.
            ②  所在地                       トルコ共和国
            ③  事業の内容                   ホテル事業
            ④  資本金                       未定
            ⑤  設立の時期          平成30年10月(予定)
            ⑥  出資額                 約23百万米ドル
            ⑦  出資比率          51.0%
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 19/21











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月31日

     株式会社エイチ・アイ・エス

      取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              久世  浩一         印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              朽木  利宏         印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エイ

     チ・アイ・エスの平成29年11月1日から平成30年10月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年5月
     1日から平成30年7月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年11月1日から平成30年7月31日まで)に係る四
     半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
     いて四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エイチ・アイ・エス及び連結子会社の平成30年7月31日現在
     の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。