ダイト株式会社 有価証券報告書 第76期(平成29年6月1日-平成30年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第76期(平成29年6月1日-平成30年5月31日)

提出日:

提出者:ダイト株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    北陸財務局長
      【提出日】                    平成30年8月30日
      【事業年度】                    第76期(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
      【会社名】                    ダイト株式会社
      【英訳名】                    Daito   Pharmaceutical        Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  大津賀 保信
      【本店の所在の場所】                    富山県富山市八日町326番地
      【電話番号】                    076(421)5665(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務執行役員管理本部長  埜村 益夫
      【最寄りの連絡場所】                    富山県富山市八日町326番地
      【電話番号】                    076(421)5665(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務執行役員管理本部長  埜村 益夫
      【縦覧に供する場所】                    ダイト株式会社東京支店
                         (東京都千代田区内神田三丁目6番2号)
                         ダイト株式会社大阪支店
                         (大阪府大阪市中央区道修町二丁目3番8号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/98












                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第72期       第73期       第74期       第75期       第76期
             決算年月            平成26年5月       平成27年5月       平成28年5月       平成29年5月       平成30年5月

                    (千円)      31,196,388       34,058,658       36,370,538       37,984,428       39,875,983
     売上高
                    (千円)      2,920,719       3,452,541       3,713,707       3,878,829       4,244,028
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (千円)      1,811,396       2,246,122       2,566,419       2,656,281       3,041,941
     利益
                    (千円)      1,881,877       3,193,978       2,010,585       2,527,301       3,095,669
     包括利益
                    (千円)      16,624,630       21,854,620       23,560,308       25,813,882       28,495,554
     純資産額
                    (千円)      36,694,726       42,305,155       43,340,231       45,707,887       47,196,133
     総資産額
                    (円)      1,496.91       1,714.75       1,850.47       2,027.00       2,242.34
     1株当たり純資産額
                    (円)       166.58       183.51       205.07       212.26       243.08
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        44.4       50.7       53.4       55.5       59.5
     自己資本比率
                    (%)        11.1       10.5       11.1       10.5       10.8
     自己資本利益率
                    (倍)        9.31       14.34       13.19       10.56       14.87
     株価収益率
     営業活動による
                    (千円)      2,744,650       3,739,312       2,948,858       5,069,743       5,465,342
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    (千円)     △ 2,162,669      △ 4,594,504      △ 4,015,152      △ 3,011,827      △ 3,833,093
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                    (千円)     △ 2,065,447        502,890       526,301     △ 1,777,711      △ 1,543,585
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (千円)      2,285,657       1,918,749       1,351,135       1,617,337       1,711,449
     高
                             615       664       712       726       734
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 33 )      ( 32 )      ( 32 )      ( 32 )      ( 33 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりませ
           ん。
         3.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、派遣社員を含みます。)は、年間の平均人員
           を( )外数で記載しております。
         4.  平成27年4月1日付で普通株式1株につき1.1株の割合で株式分割を行いましたが、第72期の期首に当該株
           式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額を算出しております。
                                  2/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第72期       第73期       第74期       第75期       第76期
             決算年月            平成26年5月       平成27年5月       平成28年5月       平成29年5月       平成30年5月

                    (千円)      31,047,842       33,907,697       36,229,869       37,787,701       39,653,077
     売上高
                    (千円)      2,426,638       3,251,345       3,421,369       3,167,410       3,945,008
     経常利益
                    (千円)      1,560,076       2,114,369       2,377,446       2,156,524       2,885,078
     当期純利益
                    (千円)      3,120,301       4,367,774       4,367,774       4,367,774       4,367,774
     資本金
                    (千株)        10,874       12,519       12,519       12,519       12,519
     発行済株式総数
                    (千円)      14,983,930       19,851,963       21,656,179       23,259,950       25,762,153
     純資産額
                    (千円)      33,778,253       38,952,277       39,632,978       41,458,633       43,366,398
     総資産額
                    (円)      1,377.95       1,586.22       1,730.50       1,858.69       2,058.70
     1株当たり純資産額
                            30.00       30.00       30.00       33.00       33.00

     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( - )    ( 15.00   )    ( 15.00   )    ( 15.00   )    ( 15.00   )
     額)
                    (円)       143.47       172.75       189.97       172.32       230.55
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        44.4       51.0       54.6       56.1       59.4
     自己資本比率
                    (%)        10.4       10.7       11.0        9.3       11.2
     自己資本利益率
                    (倍)        10.81       15.23       14.24       13.00       15.68
     株価収益率
                    (%)        19.0       17.4       15.8       19.2       14.3
     配当性向
                             505       536       586       595       591

     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 32 )      ( 31 )      ( 31 )      ( 31 )      ( 32 )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりませ
           ん。
         3.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、派遣社員を含みます。)は、年間の平均人員
           を( )外数で記載しております。
         4.  平成27年4月1日付で普通株式1株につき1.1株の割合で株式分割を行いましたが、第72期の期首に当該株
           式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額を算出しております。
         5.平成29年5月期(第75期)の1株当たり配当額には、創立75周年記念配当3.00円を含めております。
                                  3/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      昭和17年6月        富山家庭薬の東南アジアへの輸出統制会社として富山県の指導のもとに富山市下木田に大東亜薬品
              交易統制株式会社を設立
      昭和19年4月        商号を大東亜薬品交易株式会社に変更、中新川郡雄山町に疎開移転
      昭和20年11月        商号を大東薬品交易株式会社に変更、射水郡小杉町に移転、家庭薬の販路を国内に求める
      昭和22年10月        富山市桜木町に本社を移転
      昭和23年7月        家庭薬製造許可を取得
      昭和23年12月        商号を大東交易株式会社に変更
      昭和24年3月        事務所・工場を新設し、配置用医薬品製造を開始する
      昭和25年6月        医薬品原料卸業部門を開設し、医薬品原料の販売を開始する
      昭和31年3月        大和薬品工業株式会社設立
      昭和33年12月        セメント販売部門を開設
      昭和38年5月        大阪市東区に大阪営業所を新設(昭和48年12月大阪支店に昇格、昭和62年8月大阪市中央区に移
              転)
      昭和40年4月        東京都千代田区に東京営業所を新設(昭和45年9月東京支店に昇格)
      昭和46年4月        医薬品原料の製造・開発のため研究所を富山市奥田新町に新設
      昭和51年10月        高付加価値の医療用医薬品(後発品)の製造開始
      昭和54年11月        GMP(注1)適合の第一製剤棟と原薬実験棟を富山市八日町に本社工場として新設し、配置用医
              薬品及び医療用医薬品の増産と医薬品原料の製造を開始
      昭和55年5月        営業部門及び本社管理部門を富山市今泉に移転
      昭和57年11月        医薬品原料の増産のため、本社工場に第一原薬棟を新設
      昭和60年4月        本社工場に第二製剤棟を新設し、OTC医薬品(注2)の製造を開始
      昭和60年12月        製造・開発を強化するため、新研究棟を本社工場の隣接地に新設・移転
      昭和61年5月        バルクGMPに対応すべく原薬包装棟を新設
      昭和62年7月        大和薬品工業株式会社を子会社化
      平成元年10月        本社工場に第二原薬棟を新設し、医薬品原料の新薬中間体の受託製造を開始
      平成3年12月        商号をダイト株式会社(現社名)に変更
      平成5年4月        OTC医薬品を増産するため、本社工場に第三製剤棟を新設
      平成11年6月        本社工場に第三原薬棟を新設
      平成13年5月        セメント販売部門を廃止
      平成13年9月        本社工場に第五製剤棟・第三物流センターを新設し、医療用医薬品の受託製造を開始
      平成15年3月        本社工場に第二包装棟を新設
      平成17年12月        本社事務所棟を本社工場の隣接地に新設・移転
      平成19年9月        医薬品原料の増産のため、本社工場に第五原薬棟・第五物流センターを新設
      平成19年10月        本社工場に第三包装棟を新設
      平成19年10月        大和薬品工業株式会社を株式交換により完全子会社化
      平成19年11月        米国イリノイ州に駐在員事務所を設置
      平成20年6月        Daito   Pharmaceuticals        America,     Inc.設立(米国・駐在員事務所を廃止)
      平成20年10月        本社工場に第六製剤棟を新設
      平成22年3月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場
      平成23年3月        東京証券取引所市場第一部に指定
      平成23年7月        本社工場に厚生棟を新設
      平成24年9月        安徽微納生命科学技術開発有限公司を子会社化(現社名)大桐製薬(中国)有限責任公司
      平成26年11月        大桐製薬(中国)有限責任公司に製剤棟を新設
      平成26年12月        高薬理活性製剤の製造・開発のため、本社工場に第七製剤棟を新設
      平成27年10月        本社工場に第六原薬棟、第三原薬包装棟を新設
      平成28年2月        本社工場に医薬品工業化プロセス研究棟を新設
      平成29年6月        本社工場に高薬理R&Dセンターを新設
      (注)1.GMP
           医薬品の製造をする者が守るべき内容を定めた法令に「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基
           準に関する省令」があります。この「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」を指して「G
           MP(Good      Manufacturing       Practice)」と略称しております。
         2.OTC医薬品
           OTC医薬品とは、薬局や薬店で販売されている一般用医薬品です。英語の「Over                                       The  Counter」の略で、
           カウンター越しに薬を販売するかたちに由来しております。
                                  4/98



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       (1)当社グループの事業の内容について
         当社グループは、当社、連結子会社である大和薬品工業株式会社、Daito                                   Pharmaceuticals        America,     Inc.及び
        大桐製薬(中国)有限責任公司によって構成されており、原薬及び製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製造販
        売及び仕入販売、原薬及び製剤に係る製造受託、並びに健康食品他の販売を主な事業としております。
         なお、当社グループは医薬品事業のみの単一セグメントであるため、販売品目毎の内容を記載しております。
        <当社の主な販売品目>

         ① 原薬…原薬とは医薬品(注1)を製造するための原材料(医薬品原料)であり、当社グループはその製造販
              売、仕入販売及び製造業務受託を行っております。
         ② 製剤…当社グループは、医療用医薬品(注2)や一般用医薬品(注3)の製剤の製造販売、仕入販売及び製
              造業務受託を行っております。
          (注1) 医薬品(薬)とは、化学物質が生体に作用する性質を、人間や動物の病気を治すための道具として
               利用したものであり、原薬とは、このような性質を持っている化学物質自体のこと。原薬は少量で
               高い薬理効果を示す場合が多いものの、この少量の原薬だけを正確に服用することはまず不可能な
               ため、これらに乳糖やでん粉などの添加剤を加えて溶け易く、または吸収しやすく、あるいは使い
               やすい量・嵩にすることによって、その化学物質が最も有効に働きやすい形に加工されます。この
               加工されたものは製剤(錠剤や顆粒剤等)と呼ばれ、これらに必要な包装や表示がなされると、医
               薬品(薬)となります。
               なお、医薬品の一般的な製造工程の概要は以下のとおりであります。
          (注2) 医療用医薬品とは、病院や診療所が発行する処方箋に基づいて処方される医薬品のこと。





               医療用医薬品は、大別して新薬(先発品)とジェネリック医薬品(後発品)に分けられます。
               先発品は、化合物の特定・薬理活性(薬理効果)の特定動物による毒性の確認などの基礎データか
               ら、人による有効性・安全性のデータ、さらには有用性のデータを揃えて申請し、承認・許可・発
               売に至るまでに多額の費用と十数年の歳月を要します。
               一方、後発品(ジェネリック医薬品)は、先発品の特許が切れた後に他の製薬会社が承認・許可を
               得て製品化でき、同じ有効成分、同等の効き目、安全性をもち、研究開発費が少額ですむため、薬
               価が先発品より低く設定されております。
          (注3) 一般用医薬品とは、薬局や薬店で販売され、医師による処方箋を必要とせずに購入できる医薬品の
               こと。大衆薬やOTC(Over              The  Counter)医薬品などとも呼ばれております。
         ③ 健康食品他…健康食品や、医薬部外品等の医薬関連商品。
       (2)当社グループの事業の特徴

        ① 医薬品業界における当社グループの位置づけ
          当社グループは、設立から今日に至るまでに培った豊富な経験と技術を活かし、医薬品原料である原薬の製
         造・販売に加え、製剤の製造・販売も行っており、原薬から製剤までの一貫した製造が可能な体制のもと、国内
         外の医薬品メーカーと幅広く取引を行っております。また、自社開発品や他の医薬品メーカーとの共同開発品の
         製造・販売並びに国内大手メーカー等からの製造受託を積極的に行っており、先発品からジェネリック医薬品ま
         での医薬品業界における多様なニーズに対応できる事業展開を行っております。
                                  5/98



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ② 原薬
          自社開発品や共同開発品の製造・販売並びに他社商品の取り扱いを行っており、国内外の医薬品メーカー・医
         薬品原料メーカー・商社と幅広く取引しております。
          医薬品(新薬)の開発において、医薬品原料となる原薬の製造工程等については、当該医薬品の特許等とも密
         接に係わるため、大手新薬メーカーにおいて、特に、特許期間中は、当該医薬品の原薬の生産について、基本的
         に大手新薬メーカー及びグループ会社等において、生産を行うのが一般的である一方、ジェネリック医薬品につ
         いては、特許が切れていること、ジェネリックメーカー(ジェネリック医薬品の製造販売業者)として、幅広い
         ジェネリック医薬品を効率的に取り揃える必要性等から、原薬を自社で製造せず、他社から購入することが一般
         的であると当社グループでは考えております。
          このような医薬品業界の原薬に対する方針により、当社グループはジェネリックメーカーを中心として、主に
         自社開発の原薬を供給しております。
          また、近年、わが国においては、高齢化社会の進展に伴い、国民医療費は長期にわたり増加傾向にあり、医療
         費を抑制するための政府の重点施策としてジェネリック医薬品(後発品)の使用促進が行われております。政府
         は、2020年9月まで、後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、さらなる使用促進
         策を検討すると標榜しており、ジェネリック医薬品市場が拡大傾向にあるものと、当社グループでは考えており
         ます。
          このようなジェネリック医薬品の市場動向から、当社グループでは、大量生産から少量多品種生産に対応でき
         る生産設備を保有し、国内大手から中小のジェネリックメーカーに至る幅広いニーズに対応しております。
        ③ 製剤

          国内大手メーカー等からの先発品の製造受託を積極的に行っており、またジェネリック医薬品市場の拡大に対
         応するため、ジェネリック医薬品の開発・製造も行っております。
          また、平成17年の改正薬事法施行により、新薬メーカーは、生産設備を自社で持たなくても新薬の承認を受け
         ることが可能となりました。これにより、多額の研究開発費を投じて新薬開発に取り組んでいる新薬メーカー
         は、効率的な事業展開を図るため、研究開発と販売に財源と人材を集中させ、製造をグループ外の中堅メーカー
         に全面的に委託するニーズが高まってきているものと当社グループでは考えております。
          このような中、当社グループでは、日本国内のGMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)はもと
         より、FDA(米国食品医薬品局)及びEMA(欧州医薬品庁)の要求する基準をも充足しております。医薬品
         の製造において最も重要視される品質管理能力を高めることで、大手新薬メーカーからの信頼を獲得するととも
         に、多様な剤形に対応しうる生産設備を保有することで、大手新薬メーカーからの製造受託を行うことが可能に
         なっております。
        ④ 研究開発、生産及び営業体制

          当社グループでは、原薬及び製剤を幅広く生産可能な体制を構築しております。これにより、原薬から製剤に
         至る多くの情報収集が可能となっており、研究開発活動に役立てております。
          また、当社グループでは、研究開発及び製造に経営資源を集中させるため、MR(医薬情報担当者)を有さ
         ず、医療機関への営業行為を行っておりません。そのため、当社が開発したジェネリック医薬品については、当
         該医薬品の薬効領域で強い販売力を持っている医薬品メーカーと製品毎に連携し、販売・販促活動を依頼してお
         ります。
                                  6/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          当社グループの事業系統図は次のとおりであります。
         [事業系統図]

       * Daito   Pharmaceuticals        America,     Inc.   は当社製品の米国への輸出業務の支援を目的として、平成20年6月に設立










        され、現在は市場調査等を行っております。
       **大桐製薬(中国)有限責任公司は、平成24年9月に医薬品製剤の中国市場での販売を目的として当社の子会社とし
        た会社です。
                                  7/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                       議決権の所
                               主要な事業の内
         名称          住所       資本金             有割合           関係内容
                               容
                                        (%)
     (連結子会社)                       千円

                                              医薬品原料の製造委託に伴う製
     大和薬品工業㈱           富山県富山市          98,000    医薬品事業            100   品・原材料の購入
                           米ドル

     Daito
                 アメリカ合衆国                             当社製品の北米への輸出業務の
     Pharmaceuticals
                 イリノイ州ノー          100,000     医薬品事業            100   支援
                 スブルック市
     America,     Inc.
                           米ドル
                                              医薬品製剤の製造委託及び原材
     大桐製薬(中国)有限           中華人民共和国
                         15,000,000      医薬品事業            70  料の仕入
     責任公司           安徽省合肥市
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、当連結グループは医薬品メーカーとして、同一セグメントに属する事業を

           行っているため、その同一セグメントの名称を記載しております。
         2.上記子会社のうち、大桐製薬(中国)有限責任公司は特定子会社に該当しております。
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
                                                  平成30年5月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

     医薬品事業                                                  734(33)

                  合計                                      734(33)

      (注) 従業員数は就業人員(執行役員、嘱託社員、契約社員、顧問、受入出向者を含む。)であり、臨時雇用者数
          (パートタイマー、派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成30年5月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

              591(32)                 38.2              11.0             5,118

      (注)1.当社の報告セグメントは、医薬品事業のみであります。
         2.従業員数は就業人員(執行役員、嘱託社員、契約社員、顧問、受入出向者を含む。)であり、臨時雇用者数
           (パートタイマー、派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社には労働組合はありませんが、労使関係は円満に推移しております。
         当社の連結子会社である大和薬品工業㈱の労働組合は、JEC連合大和薬品工業労働組合と称し、昭和42年2月
        に結成されております。日本化学エネルギー産業労働組合連合会(JEC連合)に加盟しており、平成30年5月31
        日現在の組合員数は96名で、労使関係は円満に推移しております。
                                  8/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (1)会社の経営の基本方針
         当社グループは、顧客及びステークホルダーから選ばれ続ける企業を目指し、「誠実、信頼、貢献、調和、挑
        戦、飛躍」という6つの基本理念のもと、法令を遵守し、地球環境への配慮も行いながら、高品質な医薬品の安定
        供給に努め、人々の健やかな生活に貢献することを願って事業活動を展開しております。今後においては、更なる
        品質の向上を図るとともに、医薬品の新たな分野、新たな技術への挑戦を行い、世界を舞台として優れた医薬品を
        提供する企業に成長することを目指しております。
       (2)中長期的な会社の経営戦略

         当社グループは、原薬及び製剤の製造販売と仕入販売という事業を推進するに当たり、国内外の医薬品事業を取
        り巻く環境の変化に対して適切な対応を行うことが、継続的な事業の発展において重要であると認識しておりま
        す。こうした認識のもと、中長期的な経営戦略の基本方針としては、                                ①ジェネリック医薬品市場の拡大への対応、
        ②高薬理活性領域への進出、③新規製造受託の推進、④海外市場への事業展開                                    の4つを掲げております。
       (3)目標とする経営指標

         当社グループは、持続的な成長を支えるための収益力の確保と経営体質の強化を図るという観点より、売上高、
        営業利益(率)、自己資本比率、有利子負債比率、自己資本当期純利益率(ROE)等を重要な経営指標としてお
        ります。
       (4)経営環境

         当社グループは、医薬品の原料である原薬から最終的な製剤までの製造・販売を幅広く行うことにより、医薬品
        業界における様々なニーズに応え、信頼をかちえてきました。
         当社グループを取り巻く環境につきましては、政府による医療費抑制の一環としてのジェネリック医薬品の使用
        促進策が引き続き実施されており、ジェネリック医薬品向けの原薬やジェネリック製剤の需要が拡大しておりま
        す。他方、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律(以下、「薬機法」という。)の施
        行を背景に近年拡大傾向にあった医薬品の製造受託市場においては、参入企業の増加による競争の激化や委託サイ
        ドの方針転換等がみられ、製造受託に係る経営環境は今後ますます厳しくなることが予測されます。また、医薬品
        業界において、グローバルなレベルでの各社の経営統合が進行していることや、外資系企業の国内参入が本格的に
        進行していることもあり、予断の許されない状況であります。
         こうした環境のなか、今後当社グループが更なる成長を遂げるため、原薬事業の生産体制につきましては、当社
        及び子会社の大和薬品工業株式会社並びに出資先である千輝薬業(安徽)有限責任公司との生産体制の最適化を図
        り、また、製剤事業の生産体制につきましては、当社及び子会社の大桐製薬(中国)有限責任公司との連携強化を図
        ることを含めて以下の事項が重要な課題であると認識しております。
       (5)会社の対処すべき課題

       ①ジェネリック医薬品市場の拡大への対応
         当社グループでは、ジェネリック医薬品市場が拡大傾向にあるものと考えております。
         近年、わが国においては、高齢化社会の進展に伴い、国民医療費は長期にわたり増加傾向にあり、医療費を抑制
        するための政府の重点施策としてジェネリック医薬品の使用促進が行われております。政府は、「2020年9月ま
        で、後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、さらなる使用促進策を検討する。」と
        標榜しており、今後も必要な推進策を適宜行っていくものと思われます。
         一方で、薬価制度の抜本改革についても活発に議論されており、ジェネリック医薬品業界にも影響を与える種々
        の方策が検討されています。
         そうした中で、当社グループは、原薬及び製剤の新たなジェネリック品目のタイム                                       リーな研究開発を促進すると
        ともに、生産設備の拡充及び生産効率の向上に努め、収益の拡大を図っていく方針であります。
       ②高薬理活性領域への対応

         当社グループでは、内服用の固形製剤を中心とした製造を行っておりますが、今後の事業拡大を図るとき、新し
        い薬効領域への取組みが必要であると考えております。
         その中でも、市場の急速な拡大が見込まれる抗癌剤等の高薬理活性領域への取組みを重要視しております。                                                   当社
        はその取組みの一環として、本社構内において高薬理活性製剤を製造する「第七製剤棟」が平成26年12月に竣工し
        たことに続き、高薬理活性製剤の開発と分析及び治験薬等少量製品の生産を行う「高薬理R&Dセンター」を建設
        し平成29年6月に竣工しました。また平成29年10月に高薬理活性製剤を製造する「第八製剤棟」を着工し、平成30
        年11月に竣工する予定です。
                                  9/98


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         当該領域においては高薬理活性製剤事業の研究開発体制の整備・強化を図るとともに、治験薬製造及び製剤から
        包装までの一貫製造が可能な体制を完備し、一層                       事業展開を充実させていく方針であります。
       ③新規製造受託の推進

         医薬品の製造受託市場は、企業間競争の激化や各社の方針転換等がみられるものの、全体としては拡大傾向にあ
        ります。そうした中で、当社グループは、高薬理製剤を含む医療用医薬品を中心として、原薬・製剤共に外資系
        メーカーや国内大手メーカーからの新規製造受託の獲得に努め、生産設備を最大限に活用することにより、収益の
        拡大を図っていく方針であります。
       ④海外展開の強化

         当社グループでは、国内市場における継続的な事業の拡大を図っておりますが、中長期的な視野から当社グルー
        プの更なる成長を図るとき、海外市場への進出が重要であると考えております。
         現在のところ、米国、中国の2大市場を主なターゲットとし、製剤の販売承認の早期取得に向け、鋭意準備を進
        めております。今後は、販売体制の整備や、更なる候補品目の選定及び開発を推進させていく方針であります。
         なお、中国においては、当社子会社の大桐製薬(中国)有限責任公司にて日本からの製造受託を開始しておりま
        す。今後は中国市場での販売も視野に入れ、工場の安定稼働を図る方針であります。
       ⑤人材の確保・育成

         当社グループでは、医療用医薬品から一般用医薬品に至る原薬及び製剤の製造販売、仕入販売、製造受託といっ
        た多岐にわたる事業展開を行っており、こうした中で事業の拡大を図るためには、優秀な人材の確保と育成が不可
        欠であります。今後においては特に、海外展開や高薬理活性領域に係る研究開発業務及び各種申請業務等に精通し
        た人材の確保と育成が必須であり、これらを含め、グループ全体としての組織体制の強化を図っていく方針であり
        ます。
                                 10/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性についての主な事項を記載しております。ま
       た、当社グループとしては必ずしも事業上のリスクとは考えていない事項についても、投資判断上、あるいは当社グ
       ループの事業活動を理解する上で重要と考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から記
       載しております。当社グループは、これらのリスク発生可能性を認識した上で、発生回避および発生した場合の対応
       に努める方針でありますが本株式に関する投資判断は、本項および本書中の本項目以外の記載内容も併せて、慎重に
       検討した上で行われる必要があります。なお、文中における将来に係る事項は、当連結会計年度末現在において、当
       社グループが判断したものであります。
        また、以下の記載は、当社株式への投資に関連するリスクをすべて網羅するものではありませんので、ご留意くだ
       さい。
       (1)当社グループの事業内容について

         当社グループは、①原薬の製造販売及び仕入販売、②他社開発の製剤の製造受託並びに③自社開発または共同開
        発による製剤の製造販売を主幹事業としております。
        ① 原薬の製造販売及び仕入販売

          原薬の各品目は、基本的にはそれぞれ顧客が製造する特定の製剤の品目と紐付いて継続的に販売されますが、
         その販売量は当該製剤の市場での販売動向及び顧客の生産量調整による影響を受けます。また、当社グループの
         顧客であるジェネリックメーカー等の医薬品開発戦略の変更や原薬製造の内製化等の製造委託に係る方針転換等
         があった場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。なお、後述のとおり、当社グ
         ループは新薬メーカー等からの製造受託を行っているため、当該受託品目に関連するジェネリック医薬品向けの
         原薬に係る受注が制約される場合があります。
        ② 他社開発の製剤の製造受託

          他社開発の製剤の製造受託に係る当社グループの収益は、当該製剤の市場での販売動向及び当該製剤に係る顧
         客の販売方針による影響を受けます。また、当社グループの顧客である製薬会社の医薬品開発戦略の変更や医薬
         品製造の内製化等の製造委託に係る方針転換等があった場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可
         能性があります。
        ③ 自社開発または共同開発による製剤の製造販売

          当社グループは大手医薬品販売業者や医療機関向けの営業を行っていないことから、製剤の自社開発を行う場
         合、その販売を担う、競合品を取り扱っていない他の医薬品メーカー等を確保する必要があります。したがっ
         て、そうした医薬品メーカー等を確保できない場合等においては、自社開発の医薬品製造販売を行うことができ
         ない可能性があります。また、自社開発または共同開発による製剤の製造販売に係る当社グループの収益は、当
         該製剤の市場での販売動向及び当該製剤の販売を担う医薬品メーカー等の販売方針に影響を受けます。
       (2)ジェネリック医薬品市場の動向について

         高齢化社会の進展に伴い、日本の国民医療費は長期にわたり増加傾向にあり、平成26年度においてその総額は40
        兆円を超えております。こうした医療費の増加傾向を抑制するための政府の重点施策としてジェネリック医薬品の
        使用促進があげられます。ジェネリック医薬品は、新薬(先発品)の特許が切れた後に発売される、新薬と同じ有
        効成分や同等の効能・効果を持つ医薬品で、研究開発費が少額ですむため、薬価が新薬より低く設定されておりま
        す。また、     政府は、「2020年9月まで、後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、さ
        らなる使用促進策を検討する。」と標榜しており、今後も必要な推進策を適宜行っていくものと思われます。
         当社グループは、今後のジェネリック医薬品市場の拡大を見込み、ジェネリックメーカー向けの医薬品原薬の販
        売及び自社開発または共同開発による製剤の製造販売の拡大を図っておりますが、政策転換その他の理由によって
        ジェネリック医薬品市場の成長が停滞した場合、当社グループの経営成績等に影響を受ける可能性があります。な
        お、平成30年5月期において、当社グループのジェネリック医薬品に関連する売上高(連結)は、当社グループの
        売上高(連結)総額の8割程度を占めております。
       (3)薬価改定、政府による医療保険制度の見直し等について

         医療用医薬品は政府の定める薬価基準により保険償還価格が決められております。薬価基準は、市場における売
        買価格の実勢価格調査の結果に基づき、これまで原則として2年に一度改定されていましたが、今後毎年改定され
        ることも議論されており、平成28年4月には業界平均5.57%、平成30年4月には業界平均5.86%の引き下げ改定が
        行われております。
                                 11/98


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         薬価改定後には、販売価格低下等の影響を受ける可能性があります。また、医療保険財政の悪化に伴い、政府は
        医療保険制度を抜本的に見直す方針であるため、その内容によっては当社グループの経営成績等は影響を受ける可
        能性があります。
       (4)法改正及び法規制等に関するリスク

         当社グループは医薬品の製造、販売に関して薬機法、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法
        律施行規則及びそれらに関するGMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)関連法令の規制を受けてお
        り、主に下表のような承認・許認可等を受けております。当社グループは、これらの許認可等を受けるための諸条
        件及び関係法令の遵守に努めており、現時点において当該許認可等が取り消しとなる事由は発生しておりません。
        しかし、法令違反等によりこれらの許認可等が取り消された場合には、当社グループの事業活動に重大な影響を及
        ぼす可能性があります。
         また、今後これらの規制の強化、または新たな規制の導入により、事業活動が制約され、各業務の遅滞が発生し
        た場合等には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
        (当社)

                                          法令違反の要件及び主な許認可取消事
      許認可等の名称         所管官庁等       許認可等の内容            有効期限
                                          由
                      富山県知事許可

                                平成33年5月27日
                                          薬機法その他薬事に関する法令若しく
                富山県
                      (第   富卸0163号)
                                (6年ごとの更新)
                                          はこれに基づく処分に違反する行為が
                                          あったとき、法人(業務を行う役員を
     医薬品卸売販売業許
                      東京都知事許可          平成36年7月29日
                東京都                           含む)が第5条第3号の規定に該当す
     可
                      (第5301120444号)          (6年ごとの更新)
                                          るに至ったときは、許可の取り消し、
                                          又は業務の停止(薬機法第七十五条第
                      大阪府知事許可          平成35年12月31日
                大阪府
                                          1項)
                      (B10145号)          (6年ごとの更新)
                                          薬機法その他薬事に関する法令若しく
                                          はこれに基づく処分に違反する行為が
                                          あったとき、法人(業務を行う役員を
     第一種医薬品製造販                 富山県知事許可          平成31年9月30日
                富山県                           含む)が第5条第3号の規定に該当す
     売業許可                 (16A1X00010)          (5年ごとの更新)
                                          るに至ったときは、許可の取り消し、
                                          又は業務の停止(薬機法第七十五条第
                                          1項)
                                          薬機法その他薬事に関する法令若しく
                                          はこれに基づく処分に違反する行為が
                                          あったとき、法人(業務を行う役員を
     第二種医薬品製造販                 富山県知事許可          平成31年9月30日
                富山県                           含む)が第5条第3号の規定に該当す
     売業許可                 (16A2X00047)          (5年ごとの更新)
                                          るに至ったときは、許可の取り消し、
                                          又は業務の停止(薬機法第七十五条第
                                          1項)
                                          薬機法その他薬事に関する法令若しく
                                          はこれに基づく処分に違反する行為が
                                          あったとき、法人(業務を行う役員を
                      富山県知事許可          平成31年9月30日
     医薬品製造業許可          富山県                           含む)が第5条第3号の規定に該当す
                      (16AZ000317)          (5年ごとの更新)
                                          るに至ったときは、許可の取り消し、
                                          又は業務の停止(薬機法第七十五条第
                                          1項)
                                 12/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        (大和薬品工業株式会社)

                                          法令違反の要件及び主な許認可取消事
      許認可等の名称         所管官庁等       許認可等の内容            有効期限
                                          由
                                          薬機法その他薬事に関する法令若しく
                                          はこれに基づく処分に違反する行為が
                                          あったとき、法人(業務を行う役員を
                      富山県知事許可          平成33年12月31日
     医薬品製造業許可          富山県                           含む)が第5条第3号の規定に該当す
                      (16AZ000183)          (5年ごとの更新)
                                          るに至ったときは、許可の取り消し、
                                          又は業務の停止(薬機法第七十五条第
                                          1項)
       (5)販売中止、製品回収、製造物責任等に関するリスク

         医薬品の発売後には、発売前に予期していなかった副作用が確認されたり、製造過程での製品への異物混入等が
        発見されたりすることがあります。また、薬機法に基づく再審査や再評価において、品質、有効性もしくは安全性
        に関して不適当と評価される場合があります。当社グループが原薬の供給もしくは製造の受託を行う医薬品、また
        は当社グループの自社開発製品に関してこれらの事態による販売中止、製品回収もしくは損害賠償等が発生した場
        合、当社グループの経営成績等は影響を受ける可能性があります。
         また、当社グループは、健康食品の販売も行っており、品質不良等によって消費者に健康被害を与えるような事
        態が発生した場合、当該製品の販売減少、損害賠償の発生または当社グループのブランドイメージの毀損等によっ
        て当社グループの経営成績等に影響を受ける可能性があります。
       (6)知的財産権について

         当社グループが製造販売するジェネリック医薬品に関しては、結晶形、製法、製剤等に関する特許権あるいは剤
        形に関する意匠権等、他社の権利が残存している場合が多いため、当社グループは、物質・用途特許をはじめ、各
        種特許を中心とした知的財産権に関し徹底した調査を実施しております。しかしながら、特許抵触の疑義があるこ
        とを理由に訴訟提起される場合があり、このような事態が生じた場合には、当社グループの経営成績等に影響を及
        ぼす可能性があります。
       (7)設備投資に関するリスク

         当社グループは多種多様な製造品目及び製造工程を取扱うことから、少数の製造品目や製造工程のみを取扱う同
        業者と比較すると、収益に対応した設備投資負担が相対的に大きくなっていると考えられます。また、当社グルー
        プが継続的に事業を拡大していくためには、新たな製造品目や製造工程の取扱いに対応した設備投資が必要となり
        ます。
         こうした設備投資が遅延した場合には、受注機会の喪失等により、当社グループの経営成績は影響を受ける可能
        性があります。一方、大規模な設備投資を行った場合、原薬及び製剤を製造する際の特徴上、本格的な生産に至る
        までに一定の期間を要するため、減価償却費が先行的に発生することによって売上原価率が大きく上昇する可能性
        があります。また、大規模な設備投資を行った際に想定していた受注を期待通りに獲得できなかった場合には、当
        社グループの経営成績等は重大な影響を受ける可能性があります。
       (8)自然災害、事故等について

         当社グループの生産拠点が集中している富山県における大規模な自然災害や、当社グループの製造施設における
        事故等が発生した場合、製造設備等への損害、生産活動の停止、取引先や製造施設近隣住民への補償等により、当
        社グループの経営成績等は影響を受ける可能性があります。
       (9)原材料または商品の仕入れ等が困難になるリスク

         当社グループは、一部の原材料及び商品の仕入れや外注加工に関して、海外企業を含む特定の取引先に依存して
        いるものがあり、災害等の要因によってそうした原材料や商品の仕入れまたは外注加工が困難になり、重要な製品
        の製造停止や重要な仕入販売取引の停止等を余儀なくされた場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす
        可能性があります。
      (10)原材料または商品の仕入価格の変動に関するリスク

         当社グループの原薬及び製剤の製造販売に係る原材料や仕入販売に係る原薬等の価格が為替相場等の事情によっ
        て急激に変動した場合、当社グループの経営成績及び財政状態は影響を受ける可能性があります。
      (11)有利子負債依存度が高いことについて

                                 13/98


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         当社グループでは、事業拡大に必要な資金の多くを金融機関からの借入によって調達しております。今後当社グ
        ループは、資金調達手段の多様化に積極的に取り組み、有利子負債比率の低減による財務体質の改善、自己資本の
        充 実を図る方針であります。今後、市場金利が上昇した場合には、当社グループの借入金利も上昇することが予想
        され、その場合には当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。また、金融機関からの借入の一
        部には、純資産や経常損益の金額等を基準とした財務制限条項が付されているものがあり、将来においてこうした
        財務制限条項に抵触し、期限の利益を喪失した場合等には、当社グループの資金繰り等に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
      (12)取引先の企業再編によるリスク

         当社グループの取引先において企業統合や合併が発生した場合、あるいは外資企業の進出に伴い取引先がその傘
        下に入ること等が発生した場合には、取引高が減少する可能性があり、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす
        可能性があります。
      (13)環境保全に関するリスク

         医薬品の研究、製造の過程等で使われる化学物質の中には、人の健康や生態系に悪影響を与える物質も含まれて
        おります。当社グループは、環境保全に係る法規制を遵守し、土壌汚染、水質汚染及び悪臭等の発生防止に取り組
        んでおりますが、万一当社グループの事業活動に起因する環境問題が発生した場合、損害賠償の発生やブランドイ
        メージの毀損等により、経営成績等に影響を受ける可能性があります。また、環境保全に係る法規制の改定に伴っ
        て多額の対策費用が発生する場合等においても、当社グループの経営成績等が影響を受ける可能性があります。
      (14)競合に関するリスク

         現状、日本国内の品質基準への対応の面で当社グループは優位にあるものと考えておりますが、今後、大手外資
        系原薬バルクメーカーが国内企業の買収等によって日本市場への参入を図る可能性があり、そうした海外企業が増
        加した場合、当社グループの経営成績等は影響を受ける可能性があります。
      (15)製商品の品質の維持に関するリスク

         当社グループは、製造販売、仕入販売もしくは受託製造する原薬及び製剤の品質に関して、生産管理の徹底、継
        続的な研究開発に基づく創意工夫及び適格な人材の確保等によってその維持・向上に取り組んでおり、製品の品質
        に関しては日本国内のGMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)だけでなく、FDA(米国食品医薬
        品局)やEMA(欧州医薬品庁)の基準にも適合する生産体制を備えております。しかしながら、何らかの事情に
        よってこうした生産体制の維持が困難となり、製商品の品質低下が生じた場合、新規取引獲得に係る競争力の低下
        や既存の継続的取引の喪失等により、当社グループの経営成績及び財政状態は重大な影響を受ける可能性がありま
        す。
      (16)海外での事業展開に関するリスク

         当社グループは、中国及び米国等海外での事業展開を進めております。海外では法規制や行政指導のあり方等を
        含めて事業環境が異なることから、予期せぬ費用の発生等により、当社グループの経営成績等が影響を受ける可能
        性があります。
      (17)機密情報の管理について

         当社グループは、原薬の製造販売や製剤の業務受託等において、取引先の生産計画や新製品の開発に関する機密
        性の高い情報を取得する場合があります。当社グループでは、こうした機密情報の管理の徹底を図っております
        が、何らかの要因で情報漏洩等が発生した場合には、当社グループの信用の失墜等により、経営成績等に影響を及
        ぼす可能性があります。
      (18)研究開発について

         当社グループは、原薬及び製剤の製造販売や業務受託等に関して研究開発活動を行っております。こうした研究
        開発活動は、製造販売や業務受託の開始に数年間先行して開始する場合がほとんどですが、これらの活動に関する
        投資については、必ずしも期待通りに収益獲得に結び付かない可能性があり、その場合には、当社グループの経営
        成績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                 14/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      (19)固定資産に関するリスク

         当社グループは、多額の固定資産(建物、機械装置、土地、投資有価証券等)を所有しているため、経営環境の
        変化等に伴ってそれらの価値が著しく変動し、減損損失、除却・売却による損失、評価差額の変動等が発生した場
        合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
       況の概要は次のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況

        当連結会計年度におけるわが国経済は、日銀の金融緩和に伴い円安基調が定着し、輸出関連企業を中心に業績が回
       復基調でありましたが、光熱費の上昇や人手不足を起因とする人件費の上昇等企業の負担増加が重なり、日本経済の
       足かせとなっております。
        平成29年6月閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2017」では「2020年9月までに、後発医薬品の使用割
       合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、更なる使用促進策を検討する」と明記され、ジェネリック医薬品
       の使用に対する国の政策面での後押しが期待されておりますが、医薬品の適正利用や、AG(オーソライズドジェネ
       リック)が大型品目を中心に販売されたことから競争が激化し、ジェネリック医薬品市場の成長の伸びに陰りが出て
       きております。また、平成29年12月には「薬価制度の抜本改革について骨子(案)」が中央社会保険医療協議会で了
       承され、今後更なる薬価の引き下げが見込まれており、当社としても一層の経営効率化への努力が求められておりま
       す。
        このような状況のもと、当社グループは生産基盤の充実と積極的な営業活動を図っており、当社は新たに高薬理固
       形製剤の製造棟である第八製剤棟を平成29年10月に着工し、平成30年11月に竣工を予定しております。
        なお、売上高の販売品目ごとの業績は、次のとおりであります。
        原薬では、消化性潰瘍剤原薬及び血圧降下剤原薬等の一部のジェネリック医薬品向け原薬の販売は堅調に推移して
       おりますが、全体的に医療現場での薬剤使用の適正化の影響及び大型品目を中心としたAG(オーソライズドジェネ
       リック)の登場、並びに市場における競争激化等により厳しい状況で推移し、売上高は20,848百万円(前期比6.4%
       減)となりました。
        製剤では、医療用医薬品において自社開発ジェネリック医薬品の販売増加、新薬や新規長期収載品目の製造受託及
       び一般用医薬品の販売増加があり好調に推移した結果、売上高は18,706百万円(前期比21.7%増)となりました。
        健康食品他につきましては、市場における競争激化等により、厳しい状況で推移し、売上高は320百万円(前期比
       8.1%減)となりました。
        これらの結果、当連結会計年度の売上高は39,875百万円(前期比5.0%増)となりました。
        営業利益につきましては、売上高の増加に伴う利益の増加や人件費及び減価償却費の減少等があり、研究開発費の
       増加等があったものの4,161百万円(前期比8.6%増)となりました。
        経常利益につきましては為替差益の計上等により4,244百万円(前期比9.4%増)となりました。また、親会社株主
       に帰属する当期純利益は地方拠点強化税制に基づく法人税額の税額控除等があり3,041百万円(前期比14.5%増)と
       なりました。
       ②キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末に比べ94百
       万円の増加となり、1,711百万円となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果獲得した資金は5,465百万円(前期比395百万円の増加)となりました。これは主に、たな卸資産の
       増加額815百万円、法人税等支払額1,678百万円の計上等があった一方で、税金等調整前当期純利益4,263百万円、減
       価償却費2,853百万円等があったことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は3,833百万円(前期比821百万円の増加)となりました。これは主に、生産設備の拡
       充に伴う有形固定資産の取得による支出3,822百万円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は1,543百万円(前期比234百万円の減少)となりました。これは主に長期借入れによ
       る収入2,500百万円等があった一方で、短期借入金の減少額1,350百万円、長期借入金の返済による支出2,265百万円
       等があったことによるものであります。
                                 15/98


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       ③生産、受注及び販売の実績
       a.生産実績
         当連結会計年度における生産実績は、次のとおりであります。
                                  当連結会計年度
                区分               (自 平成29年6月1日                  前年同期比(%)
                                至 平成30年5月31日)
     原   薬(千円)                                 12,956,370                   89.7
     製   剤(千円)                                 15,978,960                  123.5

     健康食品他(千円)                                      -               -

              合計(千円)                         28,935,331                  105.7

      (注)1.セグメント情報を記載していないため、販売品目ごとの生産実績を記載しております。
         2.金額は販売価格によっております。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       b.商品仕入実績

         当連結会計年度における商品仕入実績は、次のとおりであります。
                                  当連結会計年度
                区分               (自 平成29年6月1日                  前年同期比(%)
                                至 平成30年5月31日)
     原   薬(千円)                                  6,849,773                  93.9
     製   剤(千円)                                  2,606,323                  111.8

     健康食品他(千円)                                   271,175                 112.1

              合計(千円)                         9,727,273                  98.5

      (注)1.セグメント情報を記載していないため、販売品目ごとの商品仕入実績を記載しております。
         2.金額は実際仕入額によっております。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       c.受注実績

         当連結会計年度における受注実績は、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                    (自 平成29年6月1日
                                     至 平成30年5月31日)
             区分
                          受注高        前年同期比          受注残高         前年同期比
                          (千円)          (%)         (千円)          (%)
     製   剤                     14,705,545            114.2       1,991,320            61.0
      (注)1.セグメント情報を記載していないため、販売品目ごとの受注実績を記載しております。
           また、当社は製剤の一部について受注生産を行っているため、その分の金額を記載しております。
         2.金額は販売価格によっております。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 16/98






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       d.販売実績
         当連結会計年度における販売実績は、次のとおりであります。
                                  当連結会計年度
                区分               (自 平成29年6月1日                  前年同期比(%)
                                至 平成30年5月31日)
     原   薬(千円)                                  20,848,207                   93.6
     製   剤(千円)                                  18,706,999                  121.7

     健康食品他(千円)                                   320,776                 91.9

              合計(千円)                         39,875,983                  105.0

      (注)1.セグメント情報を記載していないため、販売品目ごとの販売実績を記載しております。
         2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
           あります。
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 平成28年6月1日                   (自 平成29年6月1日
               相手先           至 平成29年5月31日)                   至 平成30年5月31日)
                        金額(千円)           割合(%)          金額(千円)           割合(%)
            日医工株式会社               3,908,204                10.3             4,742,926                11.8

         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

                                 17/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、並びに資産・負債及び収益・費用の報告数値に影
        響を与える見積りを必要としております。経営者はこれらの見積りについて、過去の実績や現状等を勘案し合理的
        に判断しておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合がありま
        す。また、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針につきましては、「第5 経理の状況 1連結
        財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
       ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの当連結会計年度の経営成績等は次のとおりであります。
       a.経営成績の分析
        (売上高)
         当連結会計年度の売上高は39,875百万円となり、前連結会計年度に比べ1,891百万円増加しました。これは主
        に、自社開発のジェネリック医薬品、長期収載品目の製造受託、一般用医薬品の販売増加があり好調に推移したこ
        とによるものであります。
        (売上原価)

         当連結会計年度の売上原価は31,765百万円となり、前連結会計年度に比べ1,533百万円増加しました。これは主
        に、売上高の増加に伴う原材料費の増加などがあったためであります。
         この結果、差引売上総利益は8,118百万円となり、前連結会計年度に比べ377百万円増加しました。
        (販売費及び一般管理費)

         当連結会計年度の販売費及び一般管理費は3,957百万円となり、前連結会計年度に比べ48百万円増加しました。
        これは主に、研究開発費の増加などによるものであります。
         この結果、当連結会計年度の営業利益は4,161百万円となり、前連結会計年度に比べ328百万円増加しました。
        (営業外損益)

         当連結会計年度の営業外収益は、貸倒引当金戻入額の減少などにより、前連結会計年度に比べ43百万円減少し、
        125百万円となりました。営業外費用は為替差損の計上がなかったことなどにより42百万円となり、前連結会計年
        度に比べ80百万円減少しました。
         この結果、当連結会計年度の経常利益は4,244百万円となり、前連結会計年度に比べ365百万円増加しました。
        (特別損益)

         当連結会計年度の特別利益は29百万円となり、前連結会計年度に比べ262百万円減少しました。これは主に、補
        助金収入の減少によるものであります。特別損失は10百万円となり、前連結会計年度に比べ275百万円減少しまし
        た。これは主に、前連結会計年度に計上のあった固定資産圧縮損の計上がなかったことによるものであります。
         以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は3,041百万円となり、前連結会計年度に比べ385百万円の増加と
        なりました。
       b.財政状態の分析

        <資産、負債及び純資産の状況>
         当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末に比べ1,488百万円増加し、47,196百万円となりまし
        た。これは主に、受取手形及び売掛金の減少558百万円、原材料及び貯蔵品の減少468百万円等があった一方で、商
        品及び製品の増加1,213百万円並びに建物及び構築物の増加625百万円、建設仮勘定の増加389百万円等があったこ
        とによるものであります。
         負債は、前連結会計年度末より1,193百万円減少し、18,700百万円となりました。これは主に、電子記録債務の
        増加505百万円、未払金の増加438百万円等があった一方で、短期借入金の減少1,350百万円、設備関係支払手形の
        減少578百万円、その他の流動負債の減少331百万円等があったことによるものであります。
         純資産は、前連結会計年度末より2,681百万円増加し、28,495百万円となりました。これは主に利益剰余金の増
        加2,628百万円等があったことによるものであります。
         これらの結果、自己資本比率は前連結会計年度より4.0ポイント増加し、59.5%となっております。
                                 18/98



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       c.経営成績に重要な影響を与える要因について
         ジェネリック医薬品業界の見通しにつきましては、「骨太方針2015」に引き続き、平成29年6月に「骨太方針
        2017」が閣議決定され、そこには「2020年9月までに後発品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できる
        ようさらなる使用促進策を検討する」と明記され、ジェネリック医薬品の数量シェアは80%にむけて拡大が続くも
        のと予想されます。
         しかし一方で、平成30年6月に閣議決定された「骨太方針2018」において、薬価引き下げなどによる薬剤費抑制
        の方針が示され、今後、医薬品市場は単価の下落により厳しい状況となると予想されます。
         当社グループにおいて、医薬品の製造設備に関する設備投資を実施した際には、原薬及び製剤の本格的な製造に
        至るまでに試作期間等を含めたバリデーションのための期間が必要となります。バリデーションとは、医薬品の製
        造、設備及び工程において、品質特性に適合する製品が生産されることを保証し、文章化することを言います。当
        社グループの場合は本格的な製造を開始するまでには設備の竣工後、半年から1年程度のバリデーション期間を要
        す ることが一般的になっております。
         なお、減価償却費の計上はバリデーションの開始時期から行うため、売上高の計上よりも減価償却費の計上が先
        行することとなります。そのため、バリデーションは連結損益計算書において損益の悪化要因として影響すること
        が見込まれます。
       d.資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当  連結会計年度のキャッシュ・フローの分析については、「                           (1)  経営成績等の状況の概要②キャッシュ・フロー
        の状況」に記載のとおりであります。
         なお、当社グループのキャッシュ・フロー指標の推移は以下のとおりであります。
                    第72期         第73期         第74期         第75期         第76期

                  平成26年5月期         平成27年5月期         平成28年5月期         平成29年5月期         平成30年5月期
                       44.4         50.7         53.4         55.5
     自己資本比率(%)                                                    59.5
     キャッシュ・フロー対有
                       3.9         2.5         3.4         1.7
                                                          1.4
     利子負債比率(年)
     インタレスト・カバレッ
                       31.4         65.5         72.7        178.0
                                                         228.2
     ジ・レシオ(倍)
         自己資本比率:自己資本/総資産
         キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
         インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
      (注)1.各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
         2.営業キャッシュ・フローは連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用して
           おります。有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対
           象としております。また、利払いにつきましては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用し
           ております。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                 19/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社の研究開発活動は、高品質で安価なジェネリック医薬品(原薬及び製剤)及び有用性が高く安心して服用でき
       る一般用医薬品をタイムリーに提供し、医療関係者、患者、一般消費者等から信頼、期待される研究開発を続けてお
       ります。
       研究開発本部の体制は、開発推進室、原薬研究室、製剤研究室及び物性研究室の計4つの研究室に機能を分化し、密
       接な連携の下、迅速で効率的な研究開発活動を推進しております。なお、高薬理活性製剤の開発費用等の増加があっ
       たことにより、当連結会計年度における研究開発費の総額は                            1,522,562     千円となっております。各研究室の研究開発
       活動の状況は次のとおりです。
       ①  開発推進室

        開発推進室では、研究開発計画を早期に立案し、複数の計画を総合的に管理する業務を担っております。その主な
       業務内容としては、研究開発のマスタープランの立案と進捗管理、研究開発を推進するための体制作り、研究開発レ
       ポートの照査、承認申請等の薬事業務(原薬等登録原簿・承認申請書の作成・申請並びに照会対応)、開発費用のと
       りまとめ、生産部門への技術移転業務、知的財産権の調査状況の確認、新規研究開発計画の立案、共同開発企業や開
       発委託企業との連携・調整・進捗管理等を行っております。また、海外への製剤申請を目指し資料の作成を実施して
       おります。
       ②  原薬研究室

        原薬研究室では、ジェネリック原薬の開発形態(合成ルート及び反応等の諸条件、実生産スケール、製造ライン
       等)を決定し、高品質で低コストの原薬生産体制を確立することを目的として研究開発に取り組んでいます。各々の
       開発原薬に対する顧客獲得に向けて、顧客の要求に合わせ、できる限り早い段階で、ラボスケールから実生産規模の
       高品質の原薬を提供することを目指しています。これに加え、顧客が要望する、製剤化検討に必要とされる原薬情報
       の充実化を念頭に研究開発を進めております。
       ③  製剤研究室

        製剤研究室では、医薬品の有効性を最大限に発揮できる製剤設計を重視し、ジェネリック医薬品及び一般用医薬品
       の自社開発及び共同開発を行っております。当連結会計年度においては、ジェネリック医薬品の新規追補品目として
       3品目(計4規格)の承認申請を行っておりますが、その製剤設計と実生産プロセスを確立しました。なお、現在6
       品目(計13規格)の上市を目指し、製剤設計を進めております。さらに、先発製剤との治療学的同等性を証明する
       ためのヒトを用いた生物学的同等性試験の評価を行っており、これらの試験結果をもとに製剤申請に必要となる製剤
       設計に関する資料及び生物学的同等性試験資料の作成を行っております。また、一般用医薬品の開発も実施中です。
        当研究室では、製剤設計のほか、開発した製品の工業化検討において、生産規模及び製造法に基づく最適な生産系
       列が決定され市場向け生産が順調に移行されるよう、生産部門への技術移管協力を行っております。
       ④  物性研究室

        物性研究室では、原薬や製剤の新規開発に伴い、試製品の品質評価や規格及び試験方法の設定などの分析法の開発
       業務を行っております。製品の上市のための承認申請において、当局から要求される申請用技術資料の作成を迅速、
       かつ効率的に行っております。含量測定、不純物評価、溶出性及び安定性試験などの理化学試験のデータ取得を行
       い、これらの試験結果をもとに原薬等登録原簿登録(MF登録)や製剤承認申請に必要となる実測資料の作成を行って
       おります。
        また、製品の上市を目指し、生産部門や品質管理部門へ試験方法の技術移管をタイムリーに行い、当社の品質保証
       体制の支援部門として業務を担っております。
                                 20/98






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
        当社グループは、生産設備の増強・合理化及び研究開発力の充実等を目的とした設備投資を継続的に実施しており
       ます。
        当連結会計年度に実施した設備投資の総額は、3,655百万円であります。提出会社におきましては、第八製剤棟の
       建設1,893百万円の投資を行ったほか、原薬工場及び製剤工場の機械設備の合理化及び維持更新のための投資を行っ
       ております。そのほか、子会社の大和薬品工業㈱におきましては、原薬工場の合理化及び維持更新のために148百万
       円の投資を行っております。また、子会社の大桐製薬(中国)有限責任公司におきましては、設備増設のために309
       百万円の投資を行っております。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                  平成30年5月31日現在
                                    帳簿価額

                                                         従業
       事業所名
              設備の内容      建物及び構      機械装置及        土地                        員数
      (所在地)
                                      リース資産       その他       合計
                                                         (人)
                    築物      び運搬具       (千円)
                                       (千円)      (千円)      (千円)
                    (千円)       (千円)      (面積㎡)
     本社、工場、研        生産設備、
                                  936,089
     究所        研究設備及                                             567
                    7,603,939      3,740,931       (26,134)         -   2,527,358      14,808,318
     (富山県富山        び統括業務                                             (32)
                                  [8,911]
     市)        施設
      (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。
         3.土地[ ]は賃借のものの面積を外数で記載しております。
         4.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員数を外数で記載しております。
         5.上記の他、主要な賃借設備として、以下のものがあります。
           〔賃借設備〕
          事業所名                            年間賃借料              従業員数
                        設備の内容
         (所在地)                             (千円)              (人)
     東京支店
                    事務所                        45,663               14
     (東京都千代田区)
     大阪支店
                    事務所                        7,490               10
     (大阪府大阪市中央区)
                                 21/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                  平成30年5月31日現在
                                        帳簿価額
                                                          従業
              事業所名
                                                          員数
       会社名              設備の内容      建物及び構     機械装置及      土地
             (所在地)
                                          リース資産      その他      合計
                           築物     び運搬具                          (人)
                                     (千円)
                                           (千円)     (千円)     (千円)
                           (千円)     (千円)     (面積㎡)
            本社・工場
                                      307,396
     大和薬品工業㈱               管理・生産設備       1,427,749      816,742           16,889     120,591    2,603,504      124
            (富山県富山市)
                                       (9,943)
      (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。
         3.従業員数は就業人員であります。
       (3)在外子会社

                                                  平成30年3月31日現在
                                        帳簿価額
                                                          従業
              事業所名
       会社名              設備の内容                                     員数
                           建物及び構     機械装置及      土地
             (所在地)                             リース資産      その他      合計
                           築物     び運搬具      (千円)                    (人)
                                           (千円)     (千円)     (千円)
                           (千円)     (千円)     (面積㎡)
     大桐製薬(中国)       本社・工場
                    管理・生産設備
                            707,590     422,349       -     -   25,457    1,155,397      18
     有限責任公司
            (安徽省合肥市)
      (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。
         3.従業員数は就業人員であります。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設
                             投資予定金額                 着手及び完了予定
                                                       完成後の
       事業所名        所在地     設備の内容                  資金調達方法
                            総額     既支払額                      増加能力
                                               着手     完了
                           (千円)      (千円)
                    高薬理R&Dセ                   自己資金及び

     当社         富山県                                2018年     2019年
                    ンターの試験        400,000        -  金融機関借入                  -
     本社工場         富山市                                10月     1月
                    設備                   金
                                       自己資金及び

     当社         富山県                                2018年     2019年
                    包装製造設備        900,000        -  金融機関借入                 (注)2
     本社工場         富山市                                6月     5月
                                       金
                    高薬理製剤棟                   自己資金及び

     当社         富山県                                2017年     2018年
                    の建設及び製       3,500,000       935,850     金融機関借入                 (注)2
     本社工場         富山市                                10月     11月
                    造設備                   金
      (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
         2.個別受注への対応を目的としたものであり、完成後の増加能力の試算が困難であるため、記載を省略してお
           ります。
       (2)重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 22/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
     普通株式                                          30,800,000

                  計                             30,800,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数                        上場金融商品取引所名又
                          提出日現在発行数(株)
        種類          (株)                     は登録認可金融商品取引                内容
                          (平成30年8月30日)
              (平成30年5月31日)                        業協会名
                                      東京証券取引所
     普通株式             12,519,064            12,519,064                    単元株式数100株
                                      (市場第一部)
        計          12,519,064            12,519,064             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
                                 23/98











                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     平成26年7月29日
                   1,300,000       11,185,968        1,084,759       4,205,060       1,084,759       4,091,251
     (注)1
     平成26年8月27日
                    195,000      11,380,968         162,713      4,367,774        162,713      4,253,965
     (注)2
     平成27年4月1日
                   1,138,096       12,519,064           -    4,367,774           -    4,253,965
     (注)3
      (注)1.有償一般募集
            発行価格            1,775円
            引受価額           1,668.86円
            資本組入額             834.43円
            払込金総額       2,169,518千円
         2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
            発行価額           1,668.86円
            資本組入額             834.43円
            割当先 大和証券㈱
         3.株式分割(1:1.1)によるものであります。
       (5)【所有者別状況】

                                                    平成30年5月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満株
                                                        式の状況
         区分                             外国法人等
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計    (株)
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)           -       28     23     85     128      1   2,173     2,438     -
     所有株式数(単元)           -     35,118      2,226     17,972     27,730       1   41,759     124,806      38,464
     所有株式数の割合
                -      28.14      1.78     14.40     22.22      0.00     33.46     100.00     -
     (%)
      (注) 自己株式5,241株は、「個人その他」に52単元及び「単元未満株式の状況」に41株を含めて記載しておりま
          す。
                                 24/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   平成30年5月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
         氏名又は名称                     住所
                                              (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
     日本トラスティ・サービス信
                    東京都中央区晴海1丁目8番11号                        1,080,000            8.63
     託銀行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀
                                             794,500           6.35
                    東京都港区浜松町2丁目11番3号
     行株式会社(信託口)
                                             400,098           3.20
     笹山 眞治郎               富山県富山市
                                             315,269           2.52

     大津賀 保信               富山県富山市
                                             258,870           2.07
     ダイト従業員持株会               富山県富山市八日町326番地
     日本トラスティ・サービス信
                                             224,300           1.79
                    東京都中央区晴海1丁目8番11号
     託銀行株式会社(信託口5)
                                             203,208           1.62
     内外エステート株式会社               富山県富山市三番町3番10号
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                    BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107   NO      195,070           1.56
     (常任代理人 シティバン
     ク、エヌ・エイ東京支店)
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON
                    225  LIBERTY    STREET,    NEW  YORK,   NEW  YORK,
     140044
                                             183,860           1.47
                    U.S.A.
     (常任代理人 株式会社みず
     ほ銀行決済営業部)
     日本トラスティ・サービス信
                                             159,100           1.27
                    東京都中央区晴海1丁目8番11号
     託銀行株式会社(信託口1)
                               -              3,814,275           30.48
            計
     (注)1.株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループより平成29年8月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報

       告書によれば、株式会社三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行株式会社、三菱UFJ国際投信株式会社、三菱
       UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が、平成29年7月31日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している
       旨が記載されておりますが、平成30年5月31日現在での実質所有株式数については、当社として確認ができません
       ので上記大株主の状況には含めておりません。
       大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数         株券等保有割合
         氏名又は名称                     住所
                                              (株)         (%)
     株式会社三菱東京UFJ銀行               東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                           33,000         0.26
     三菱UFJ信託銀行株式会社               東京都千代田区丸の内二丁目4番5号                          327,800          2.62
     三菱UFJ国際投信株式会社               東京都千代田区有楽町一丁目12番1号                          147,000          1.17
     三菱UFJモルガン・スタン
                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号                          119,230          0.95
     レー証券株式会社
                                              627,030
            計                   -                         5.01
                                 25/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     (注)2.三井住友アセットマネジメント株式会社より平成30年5月8日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書に

       よれば、平成30年4月30日現在で以下のとおり株式を保有している旨が記載されておりますが、平成30年5月31日
       現在での実質所有株式数については、当社として確認ができませんので上記大株主の状況には含めておりません。
       大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                            保有株券等の数         株券等保有割合
         氏名又は名称                     住所
                                              (株)         (%)
     三井住友アセットマネジメント               東京都港区愛宕二丁目5番1号 愛宕グリーンヒル
                                              641,300          5.12
     株式会社               ズMORIタワー28階
                                              641,300
            計                   -                         5.12
                                 26/98

















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年5月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                        普通株式                 5,200

     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                        普通株式          12,475,400

     完全議決権株式(その他)                                       124,754          -
                        普通株式                38,464

     単元未満株式                                    -            -
                              12,519,064

     発行済株式総数                                    -            -
     総株主の議決権                        -               124,754          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成30年5月31日現在
                                                     発行済株式総数

     所有者の氏名又は                       自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合        に対する所有株
                  所有者の住所
     名称                       式数(株)        式数(株)        計(株)        式数の割合
                                                       (%)
      ダイト株式会社         富山県富山市八日町326番地                5,200         -       5,200         0.04

         計           -          5,200         -       5,200         0.04

                                 27/98












                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(千円)
     当事業年度における取得自己株式                                       320             1,033
     当期間における取得自己株式                                        50             183

       (注) 当期間における取得自己株式には、平成30年8月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
          買取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                    当期間
             区分
                                  処分価額の総額                   処分価額の総額
                         株式数(株)                   株式数(株)
                                   (千円)                   (千円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己
                               -         -         -         -
     株式
                               -         -         -         -
     消却の処分を行った取得自己株式
     合併、株式交換、会社分割に係る移転
                               -         -         -         -
     を行った取得自己株式
     その他
                               -         -         -         -
     (-)
                                        -                   -
                                                5,291
     保有自己株式数                        5,241
       (注) 当期間における保有自己株式数には、平成30年8月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取りによる株式は含まれておりません。
                                 28/98









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、事業価値の持続的増大と、それによる株主の皆様への利益還元を経営上の重要課題として位置づけしてお
       ります。株主の皆様への利益還元は、当該期の業績に加えて、今後の成長投資や財務体質の強化を考慮して、安定的
       に配当を実施していくことを重視しております。
        当社は、期末配当と中間配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
       決定機関は、取締役会であります。
        なお、内部留保資金の使途につきましては、今後の事業拡大を図るため、有効に投資してまいりたいと考えており
       ます。
        当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
           決議年月日                配当金の総額(千円)                  1株当たり配当額(円)
     平成30年1月12日
                                      187,709                    15.00
     取締役会決議
     平成30年7月13日
                                      225,248                    18.00
     取締役会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第72期         第73期         第74期         第75期         第76期
       決算年月        平成26年5月         平成27年5月         平成28年5月         平成29年5月         平成30年5月

                            2,900
       最高(円)            1,701                   3,510         3,030         4,455
                            ※2,715
                            1,522
       最低(円)            1,153                   2,286         1,975         2,261
                            ※2,283
      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         2.平成27年4月1日付にて株式分割(1株を1.1株に分割)を行っております。
         3.第73期の事業年度別最高・最低株価のうち、※印は株式分割による権利落後の株価であります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成29年12月        平成30年1月          2月        3月        4月        5月
                                         3,910        4,455        3,790
       最高(円)           3,450        3,945        3,825
                                         3,325        3,555        3,540

       最低(円)           3,090        3,095        3,280
      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                 29/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性7名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                昭和48年4月 日医工㈱入社
                                昭和50年3月 当社入社
                                昭和59年6月 当社営業企画部長
                                昭和60年7月 当社監査役就任
                                昭和61年7月 当社取締役就任
                                平成5年7月 当社常務取締役就任
                                平成9年8月 当社代表取締役専務就任
                                平成11年7月 大和薬品工業㈱代表取締役社長 
                                      兼 当社取締役就任
     取締役社長
                  大津賀保信     昭和25年10月30日生         平成17年6月 当社常務取締役就任
                                                    (注)2     315,269
     (代表取締役)
                                平成18年8月 当社専務執行役員就任
                                平成19年5月 大和薬品工業㈱監査役就任
                                平成19年8月 当社取締役専務執行役
                                      員      管理本部長就任
                                平成22年6月 当社取締役専務執行役
                                      員      経営企画室長就任
                                平成23年8月 当社代表取締役副社長就任
                                平成24年8月 当社代表取締役社長就任(現任)
                                平成25年6月 大和薬品工業㈱取締役就任
                                昭和49年4月 武田薬品工業㈱入社
                                平成19年9月 武田薬品工業㈱製薬本部CMC研究
                                      センター所長就任
                                平成22年3月 当社入社
                                平成22年8月 当社執行役員研究開発本部長就任
                                平成24年8月 当社取締役常務執行役員研究開発本
                                      部長就任
                                平成25年8月 当社取締役専務執行役員生産本部・
                                     信頼性保証本部管掌兼研究開発本部
                                     長就任
                                平成25年10月 当社取締役専務執行役員生産本部・
                                      信頼性保証本部・特命事項統括兼研
                                      究開発本部長就任
                                平成26年8月 当社取締役専務執行役員生産本部・
     専務取締役             菊田潤一     昭和25年2月6日生                             (注)2     10,160
                                      信頼性保証本部統括兼研究開発本部
                                      長就任
                                平成27年8月 当社取締役専務執行役員研究開発本
                                      部・生産本部・信頼性保証本部統括
                                      就任
                                平成27年9月 大桐製薬(中国)有限公司 董事就
                                      任(現任)
                                平成29年2月 DaitoPharmceuticalsAmerica.Inc取
                                      締役就任(現任)
                                平成29年11月 当社取締役専務執行役員生産本部・
                                      信頼性保証本部統括兼研究開発本部
                                      長
                                平成30年8月 当社専務取締役就任(現任)
                                昭和60年4月 当社入社
                                平成13年6月 当社原薬本部原料薬品部課長就任
                                平成18年6月 当社製薬本部医療薬品部長兼原薬本
                                      部原料薬品部長代理就任
                                平成21年4月 当社製薬本部受託推進部長就任
            執行役員営業                    平成22年6月 当社原薬本部原料薬品部長就任
     取締役       統括兼製薬本       日詰和重     昭和37年2月25日生         平成26年6月 当社製薬本部医療薬品部長就任                     (注)2     19,178
            部長                    平成28年8月 当社執行役員製薬本部副本部長兼医
                                      療薬品部長就任
                                平成29年9月 大桐製薬(中国)有限公司 董事就
                                      任(現任)
                                平成30年8月 当社取締役執行役員営業統括兼製薬
                                      本部長就任(現任)
                                 30/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                                昭和46年4月 当社入社
                                平成11年9月 当社財務部長
                                平成15年8月 当社取締役管理本部長 兼 財務部
                                      長就任
                                平成19年8月 当社取締役執行役員経営企画室長就
       取締役
                   津田道夫     昭和23年2月4日生                             (注)3     34,534
                                      任
      (監査等委員)
                                平成22年6月 当社取締役執行役員管理本部長就任
                                平成22年6月 大和薬品工業㈱監査役就任(現任)
                                平成23年8月 当社常勤監査役就任
                                平成27年8月 当社取締役就任(監査等委員)(現任)
                                昭和57年8月 公認会計士登録
                                昭和60年9月 税理士登録
       取締役
                   堀仁志    昭和28年7月27日生                             (注)3     16,445
                                平成11年2月 当社監査役就任
     (監査等委員)
                                平成17年2月 日医工㈱社外監査役就任(現任)
                                平成27年8月 当社取締役就任(監査等委員)(現任)
                                平成3年4月 弁護士登録(富山県弁護士会)
                                平成8年4月 山本一三法律事務所開設
       取締役
                                平成20年6月 ㈱リッチェル社外監査役就任(現
                   山本一三     昭和31年11月14日生
                                                    (注)3       -
     (監査等委員)
                                      任)
                                平成24年8月 当社監査役就任
                                平成27年8月 当社取締役就任(監査等委員)(現任)
                                平成18年4月 特定医療法人財団             五省会 入職
                                平成21年7月 同法人 常務理事
       取締役
                   西能淳    昭和48年7月4日生                             (注)3       -
                                平成22年2月 同法人 理事長(現任)
     (監査等委員)
                                平成28年8月 当社補欠の社外取締役監査等委員
                                平成29年8月 当社取締役就任(監査等委員)(現任)
                              計                           395,586
      (注)1.取締役堀仁志氏、山本一三氏、西能淳氏は、社外取締役であります。

         2.監査等委員以外の取締役の任期は、平成30年5月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年5月期に係る
           定時株主総会終結の時までであります。
         3.監査等委員である取締役の任期は、平成29年5月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年5月期に係る
           定時株主総会終結の時までであります。
         4.当社では、経営の健全化、効率化及び意思決定の迅速化を図るために、執行役員制度を導入しております。
           執行役員は8名で、上記記載の日詰和重の他に、次のとおり構成されております。
           常務執行役員        (管理本部長 兼 経営企画室長)                        埜村 益夫
           執行役員        (生産本部長)                        城戸 清隆
           執行役員        (信頼性保証本部長)                        窪田 博
                   (海外事業本部長 兼 Daito              Pharmaceuticals
           執行役員                                岡  信哉
                   America,     Inc.社長)
                   (原薬本部長)                        桑島 豊
           執行役員
                   (研究開発本部長 兼 開発推進室長)                        原井 正広
           執行役員
                                           貴志 典生
           執行役員        (購買物流本部長)
                                 31/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・公平性を確保
         します。同時に迅速・果断な意思決定により安定かつ活力ある経営を確立してまいります。その基盤となるコー
         ポレートガバナンスについては次の基本的な考えに沿ってその充実に取り組んでまいります。
         1)当社は、株主の権利を尊重し、株主が権利を適切に行使することができる環境の整備と株主の平等性の確保
         に努めてまいります。
         2)当社は、株主以外のステークホルダーの権利・立場を尊重し、それらのステークホルダーとの適切な協働を
         図り、健全な企業文化・企業風土の醸成に努めてまいります。
         3)当社は、非財務情報を含む会社情報の開示を重要な責務であると認識し、ディスクロージャー・ポリシーを
         定め、株主をはじめとしたステークホルダーへ公正かつ適時・適切に開示し、企業経営の透明性の確保に努めて
         まいります。
         4)当社は、取締役会が中心となり効率的かつ実効的なコーポレートガバナンスを実現します。それを通じて、
         持続的な成長と中長期的な企業価値の向上をめざしてまいります。
         5)当社は、持続的成長および中長期的な企業価値の向上に資するため、株主との間で積極的かつ建設的な対話
         を行ってまいります。
        ① 企業統治の体制

          当社は、     監査等委員会設置会社としております。取締役会は監査等委員でない取締役3名と、監査等委員であ
         る取締役4名の合計7名で構成しております。また、法令及び定款に基づく取締役会に加えて、経営の意思決定
         及び管理・監督の機能と業務執行の機能とを明確に区分するために、経営会議と執行役員制度を導入しておりま
         す。
          取締役会は、取締役7名で構成されており、定例取締役会を毎月1回、必要に応じて臨時取締役会を随時開催
         しております。経営方針、年度予算その他重要な事項に関する意思決定を行っております。また、毎月1回、執
         行役員会を開催し、業務執行状況の報告を受け、職務執行状況の監督を行っております。
          経営会議は、取締役3名、常勤の監査等委員1名をメンバーとし、原則として月1回開催しております。経営
         会議は、経営に関する重要事項を審議し、経営上の重要事項や業務施策の進捗状況等について、審議、意思疎通
         を図ることを目的としております。
          また、当社は平成18年8月より、経営の健全化、効率化及び意思決定の迅速化を図るため、執行役員制度を導
         入しております。執行役員は取締役会が決定した基本方針に基づき、業務執行にあたっております。執行役員数
         は現在7名で、任期は1年であります。
          監査等委員会は、4名(常勤1名、社外3名)で構成されており、毎月1回、必要に応じて臨時監査等委員会
         を随時開催しております。監査等委員会においては、経営の妥当性・効率性・コンプライアンスに関して幅広く
         意見交換・審議・検証し、適宜経営に対して助言や提言を行っております。
          なお、当社のコーポレート・ガバナンス体制は下図のとおりであります。
        ② 内部統制システムの整備の状況








                                 32/98


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          当社グループは、事業の発展において、健全な内部統制システムを構築することが重要であると考えており、
         取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制や、その他会社の業務の適正を確保す
         る ための体制についての整備を積極的に推進していく方針であります。
          当社は、内部統制システムの整備について、次のとおり取締役会において決議しており、同整備体制に基づ
         き、業務の適正性を確保しております。
         1)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

           当社は、「ダイト・コンプライアンス行動基準」を定めるとともに「コンプライアンス推進規程」を定め、
          管理本部長をコンプライアンス・オフィサーに任命し、コンプライアンス委員会を設け、取締役及び使用人の
          職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制を敷いています。
           さらに、コンプライアンス委員会事務局を管理本部とし、役職別の研修会や年2回開催される総合会議時に
          は法令遵守・企業倫理遵守の啓蒙活動などの諸施策を推進する体制にあります。
           また、内部通報システムを定め、コンプライアンスの実践に活用し、通報者の保護を図っています。併せ
          て、「財務報告に係わる内部統制基本規程」を制定し、財務報告の信頼性の確保、業務の有効性及び効率性の
          向上を評価した運用を行っています。さらに当社では反社会的勢力への対応については、コンプライアンスの
          一環として「反社会的勢力への予防・対応マニュアル」を制定し重要施策として取り組んでいます。
         2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           当社は、情報の管理体制と情報の取扱いに関し「情報セキュリティ規程」「文書取扱規程」「企業機密管理
          規程」等の情報管理規定において、情報の保存・管理等に関する体制を定めており、取締役の職務執行に係る
          情報の保存・管理についても、これらの規定に基づいて保存・管理等を行っています。
           具体的には、情報類型毎に保存期間・保存方法・保存場所を定め、文書または電磁的記録の方法により、適
          切に管理しています。
         3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

           当社は、「危機管理規程」を制定し、代表取締役を委員長とした危機管理委員会を設け、各本部長及び管理
          部門、内部監査室などが委員会のメンバーとなり、損失の危険の管理に関する検討体制を敷いています。
           具体的には、万一発生する可能性のある天災や新型インフルエンザ等に備えた、全社的に対応する体制の整
          備を行い、各種リスクを定性、定量的に把握する体制の整備と人材の育成等を計画的に実行しています。
         4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

           当社は、「取締役会規程」「業務組織規程」「職務権限規程」「稟議規程」その他の職務権限、意思決定
          ルールを定める社内規定により、取締役の職務の執行が適正かつ効率的に行われる体制を確保しています。
           具体的には、取締役会の決議事項や報告事項に関する基準、組織の分掌業務、案件の重要度に応じた決裁権
          限を定め、当社全体として取締役の職務執行の効率性を確保しています。また、意思決定・監督機能と業務執
          行機能を分離し、役割と責任を明確にし、業務執行のスピードアップを図るため、執行役員制度を導入してい
          ます。
         5)当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

           当社及び子会社は「ダイト・コンプライアンス行動基準」の共有をはかるとともに、子会社においても現地
          の法令や各社の業態にあわせた推進をはかり、コーポレートガバナンスの充実に努めております。
           また、当社は、「関係会社管理規程」を設け、管理本部長を責任者としてグループ会社において生ずる一定
          の重要事項は、当社の取締役会においても報告し、その承認を得るなど、適切に管理する体制を敷いていま
          す。
           更に、当社及びグループ会社一体となった内部統制の維持・向上に努めるほか、グループ会社に対して当社
          の内部監査室による監査を計画的に実施して、その結果を取締役に報告する体制にあります。
           当社より関係会社に対して、取締役あるいは監査役(いずれも非常勤を含む)を派遣し、関係会社との連携
          を強化し業務の適正を確保しています。
         6)  監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項、当該取締役及び使用人の他の取締役(監

           査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項及び当該取締役及び使用人に対する指示の実効
           性の確保に関する事項
           当社は、    監査等委員会への報告体制及び監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          として、監査等委員会事務局は、総務人事部が行い、監査業務については内部監査室が連携して行います。同
          室員は監査等委員会が指示した監査に関する業務については、監査等委員会及び監査等委員の指示命令に従う
          ものとし、当社及び当社グループ会社の取締役等の指示命令権は及ばないものとしています。その人事につい
          ては監査等委員会の意見を聴取し、これを尊重することにしています。
                                 33/98


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         7)  取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制、子会社の
           取締役、監査役、業務を執行する社員その他これらの者に相当する者及び使用人又はこれらの者から報告を
           受けた者が監査等委員会に報告するための体制並びにその報告した者が当該報告をしたことを理由として不
           利な取扱いを受けないことを確保するための体制
           当社は、「監査等委員会規程」を設け、当社及び当社グループ会社の取締役及び使用人から監査等委員会及
          び監査等委員に通知・報告する体制を定め、また、監査等委員会において委任を受けた監査等委員が経営会議
          その他の重要会議に出席するなどし、監査等委員会が実施する監査が実効的に行われる体制を確保していま
          す。また、当該役職員が監査等委員会及び監査等委員に通知・報告を行ったことを理由として、その通知・報
          告者に不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社及び当社グループ会社の役職員に周知徹底することと
          しています。
         8)監査等委員の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用の前払又

           は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
           当社は、監査等委員の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用
          等に充てるため、毎期監査等委員会の決議に基づく予算を設けることとしております。また、監査等委員がそ
          の職務の執行上、弁護士、公認会計士等の専門家の意見、アドバイス等を得る必要があると判断し、依頼する
          などで生じる費用または債務については、すみやかに当該費用または債務を処理することにしています。
        ③ リスク管理体制の整備の状況

          当社では、内部監査の強化等により、社内各部門に内在するリスク要因を常に的確に把握しております。特に
         経営に重要な影響を及ぼすようなリスクに関しては、速やかに取締役会等で審議し、関連部門の協力を得て、リ
         スク回避・リスク低減のための迅速かつ最適な措置を実施しております。また、役員及び全従業員に「コンプラ
         イアンス・ハンドブック」を配布し、法令遵守・企業倫理遵守の徹底を図るとともに、内部通報制度を設け、不
         祥事の未然防止に努めております。社外的には、顧問弁護士等とは適宜連携を図り、発生する事案に対しては、
         助言及び指導を受けております。
        ④ 責任限定契約の内容の概要

          当社と社外監査等委員である堀 仁志氏、山本一三氏及び西能 淳氏の間で会社法第427条第1項に基づき、
         同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度
         額は、会社法第425条第1項に定める額であります。
        ⑤ 内部監査及び監査等委員会監査の状況

          当社は、内部監査室長1名を含む3名で構成する代表取締役社長直轄の内部監査室を設置しております。内部
         監査室は年度監査計画に基づき、定期的に社内全部門の業務執行の状況を合法性と合理性の観点から監査してお
         ります。内部監査の結果については、内部監査結果通知書及び改善事項があれば改善指示書を作成し、被監査部
         門に改善の指示を行います。被監査部門は、改善要請のあった事項については、通知後遅滞なく改善指示に対す
         る回答書を作成し、内部監査の結果を業務改善に反映しております。
          監査等委員は経営会議への出席のほか、必要に応じて社内の重要会議へも出席しており、全社の状況を把握し
         ながら経営に対する監視機能を発揮できる体制になっております。
          監査等委員会と内部監査室は、日頃から情報共有を行い、連携をとりながら、監査の有効性・実効性の向上を
         図っております。また、監査等委員会は会計監査人と四半期ごとに意見交換を行い、監査内容の報告を受けるほ
         か、監査計画・実施状況について情報共有を行っております。
          監査等委員会は、内部統制部門から内部統制システムの整備状況について随時報告を受け、必要に応じて説明
         を求めることとしております。また、社外監査等委員である堀仁志は公認会計士の資格を有していることから、
         財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
        ⑥ 社外取締役

          当社の社外取締役は3名であります。
          社外取締役である堀仁志は、当社株式16,445株を保有しておりますが、当社との間にその他の特別な利害関係
         はありません。また、同氏は、堀税理士法人代表社員及び日医工株式会社の社外監査役でありますが、当社と堀
         税理士法人との間には特別な利害関係はありません。なお、当社と日医工株式会社との間には営業取引がありま
         す。
          社外取締役である山本一三は、当社との間に特別な利害関係はありません。また、同氏は、山本一三法律事務
         所の代表及び株式会社リッチェルの社外監査役でありますが、当社と山本一三法律事務所及び株式会社リッチェ
         ルとの間には特別な利害関係はありません。
          社外取締役である西能淳は、当社との間に特別な利害関係はありません。また、同氏は、特定医療法人五省会
         の理事長でありますが、当社と特定医療法人五省会との間には特別な利害関係はありません。
                                 34/98


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          当社は、経営監視機能の客観性及び中立性を確保するため、社外取締役を選任しております。社外取締役に関
         して、独立性に関する基準または方針は定めておりませんが、東京証券取引所の「上場管理等に関するガイドラ
         イ ン」を参考としており、原則として当社と利害関係のない人物を選任することにより、独立性の高い立場か
         ら、保有する専門的見地に基づき、取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための発言や、内部統制シ
         ステムの構築に際しての助言・提言を行う機能を有しております。
          社外取締役については、能力や経験、識見及び当社において果たすべき機能・役割に照らして必要な人材が確
         保されていると考えております。
          社外取締役である監査等委員は、内部監査室と日頃から情報共有を行い、連携をとりながら、監査の有効性・
         実効性の向上を図っております。また、会計監査人と四半期ごとに意見交換を行い、監査内容の報告を受けるほ
         か、監査計画・実施状況について情報共有を行っております。
        ⑦ 会計監査の状況

          当社の第76期において会計監査業務を執行した公認会計士は、佐々木雅広氏、安藤眞弘氏であり、いずれも有
         限責任    あずさ監査法人に所属しております。当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他7
         名であります。
        ⑧ 役員報酬等

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                           役員の員数
                      (千円)              ストック
                             基本報酬             賞与     退職慰労金       (人)
                                   オプション
     取締役(監査等委員を除
                        110,560       82,680        -    27,880        -       ▶
     く。)
     取締役(監査等委員)
                        36,450      34,050             2,400               ▶
                                      -            -
     (うち社外取締役)                  (18,300)      (16,500)             (1,800)               (3)
     (注)1.当事業年度末日における取締役(監査等委員を除く。)は3名、取締役(監査等委員)                                             は4名(うち社外取締
          役は3名)であります。
        2.取締役(監査等委員を除く。)の報酬限度額は、平成27年8月25日開催の第73回定時株主総会において年額4
          億円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。
        3.監査等委員である取締役の報酬限度額は、平成27年8月25日開催の第73回定時株主総会において年額7千万円
          以内と決議いただいております。
         ロ.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           役員の報酬等については、取締役の報酬は、固定額の基本報酬と事業年度業績評価により算出する業績報酬
          並びに株式取得報酬で構成し、これを月額報酬と年次賞与に区分して支給いたします。
           月額報酬は、役職に応じた定額とし、年次賞与(業務執行取締役のみ)は営業利益等に連動し、役職に応じ
          た一定の割合を乗じた金額として決定しております。
           株式取得報酬は、当該報酬総額を12等分した額を月額報酬に加算して支給し、所得税等の控除を考慮した一
          定額を毎月「ダイト役員持株会」に拠出して当社の株式を取得いたします。
           取締役の報酬については、当社が定める取締役報酬規程に基づき、監査等委員会が監査等委員以外の取締役
          報酬案を策定し、取締役会に答申いたします。
           取締役会は、当該報酬案を検討の上、監査等委員会の答申を尊重し、審議・決定いたします。
           監査等委員会においては、社外取締役を議長として代表取締役その他の業務執行取締役の報酬等が、それぞ
          れの職責・業績にふさわしい水準になっているかなどの観点から検討・評価を実施し、監査等委員以外の取締
          役報酬案が妥当であると判断し取締役会に答申いたします。
                                 35/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ⑨ 株式の保有状況
         イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
           銘柄数 51銘柄
           貸借対照表計上額の合計額 2,874,655千円
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

           的
         (前事業年度)
          特定投資株式
          銘 柄            株式数(株)           貸借対照表計上額(千円)                  保有目的
                        61,100
     武田薬品工業㈱                                 348,697               取引関係の維持・強化
     日医工㈱                   207,300                   334,996               取引関係の維持・強化
                        41,500
     科研製薬㈱                                 264,770               取引関係の維持・強化
                        46,800
     東京海上ホールディングス㈱                                 219,960               取引関係の維持・強化
                        80,000
     小野薬品工業㈱                                 184,160               取引関係の維持・強化
                        26,286
     トヨタ自動車㈱                                 155,928               営業関係の維持・強化
                        54,500
     第一三共㈱                                 132,353               取引関係の維持・強化
                        23,200
     日本ケミファ㈱                                 120,176               取引関係の維持・強化
                        19,200
     沢井製薬㈱                                 115,008               取引関係の維持・強化
                                      91,242
     富山第一銀行㈱                   181,037                             取引関係の維持・強化
                        19,600              86,534
     理研ビタミン㈱                                           取引関係の維持・強化
                        42,000              64,596
     日本化薬㈱                                           取引関係の維持・強化
                        22,500              62,010
     扶桑薬品工業㈱                                           取引関係の維持・強化
     ㈱ほくほくフィナンシャルグ
                                      58,417
                        35,905                       取引関係の維持・強化
     ループ
                                      53,328
     東和薬品㈱                    10,100                        取引関係の維持・強化
     ㈱三菱ケミカルホールディン
                        59,000              49,471
                                                取引関係の維持・強化
     グス
                                      42,460
     ㈱北國銀行                   110,000                             取引関係の維持・強化
                        20,000              34,940
     あすか製薬㈱                                           取引関係の維持・強化
     キョーリン製薬ホールディン
                        10,000              22,810
                                                取引関係の維持・強化
     グス㈱
                        40,557              22,590
     デンカ㈱                                           取引関係の維持・強化
                                      22,202
     小林製薬㈱                    3,400                             取引関係の維持・強化
                         9,000             22,167
     田辺三菱製薬㈱                                           取引関係の維持・強化
                        12,100              22,130
     ㈱日清製粉グループ本社                                           取引関係の維持・強化
                         6,862             18,095
     朝日印刷㈱                                           取引関係の維持・強化
                        65,000              17,680
     ㈱福井銀行                                           取引関係の維持・強化
                         2,000             13,980
     日清食品ホールディングス㈱                                           取引関係の維持・強化
                        41,065              11,744
     ㈱中京医薬品                                           取引関係の維持・強化
     明治ホールディングス㈱                    1,000                    9,060               取引関係の維持・強化
                         1,048
     持田製薬㈱                                  8,205               取引関係の維持・強化
     富士フイルムホールディング
                         1,300                    5,249               取引関係の維持・強化
     ス㈱
                                 36/98



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (当事業年度)
          特定投資株式
          銘 柄            株式数(株)           貸借対照表計上額(千円)                  保有目的
     日医工㈱                   207,300                   346,398               取引関係の維持・強化
                        61,100
     武田薬品工業㈱                                 272,017               取引関係の維持・強化
                        41,500
     科研製薬㈱                                 250,245               取引関係の維持・強化
                        46,800
     東京海上ホールディングス㈱                                 245,232               取引関係の維持・強化
                        80,000
     小野薬品工業㈱                                 215,960               取引関係の維持・強化
                        54,500
     第一三共㈱                                 190,477               取引関係の維持・強化
                        26,286
     トヨタ自動車㈱                                 181,925               営業関係の維持・強化
                        23,200
     日本ケミファ㈱                                 106,140               取引関係の維持・強化
                        19,200              91,872
     沢井製薬㈱                                           取引関係の維持・強化
                                      88,346
     富山第一銀行㈱                   181,037                             取引関係の維持・強化
                        19,600              84,672
     理研ビタミン㈱                                           取引関係の維持・強化
                        10,100              68,882
     東和薬品㈱                                           取引関係の維持・強化
                        22,500              65,452
     扶桑薬品工業㈱                                           取引関係の維持・強化
     ㈱三菱ケミカルホールディン
                        59,000              59,472         取引関係の維持・強化
     グス
     ㈱ほくほくフィナンシャルグ
                                      55,473
                        35,905                            取引関係の維持・強化
     ループ
                        42,000              50,232
     日本化薬㈱                                           取引関係の維持・強化
                        11,000              47,465
     ㈱北國銀行                                           取引関係の維持・強化
                                      32,674
     小林製薬㈱                    3,400                             取引関係の維持・強化
                                      32,403
     デンカ㈱                    8,111                             取引関係の維持・強化
                        12,100              27,830
     ㈱日清製粉グループ本社                                           取引関係の維持・強化
                        20,000              25,660
     あすか製薬㈱                                           取引関係の維持・強化
     キョーリン製薬ホールディン
                        10,000              22,700
                                                取引関係の維持・強化
     グス㈱
     田辺三菱製薬㈱                    9,000             17,550         取引関係の維持・強化
                        13,724              16,551
     朝日印刷㈱                                           取引関係の維持・強化
     日清食品ホールディングス㈱                    2,000             16,200         取引関係の維持・強化
                         6,500             14,612
     ㈱福井銀行                                           取引関係の維持・強化
     ㈱中京医薬品                    41,065              11,990         取引関係の維持・強化
     明治ホールディングス㈱                    1,000                    9,270               取引関係の維持・強化
     持田製薬㈱                    1,048              8,111               取引関係の維持・強化
     富士フイルムホールディング
                         1,300                    5,436               取引関係の維持・強化
     ス㈱
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                 37/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ⑩ 取締役会にて決議できる株主総会決議事項
          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定めることができる旨を定款に定めております。これは、剰
         余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、資本政策及び配当政策を機動的に遂行することを目的とする
         ものであります。
        ⑪ 取締役の定数

          当連結会計年度末において、当社の監査等委員である取締役以外の取締役は10名以内、また当社の監査等委員
         である取締役は5名以内と定款に定めております。
        ⑫ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任について、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、そ
         の議決権の過半数をもって行う旨及び取締役の選任決議は累積投票によらない旨定款に定めております。
        ⑬ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上の多数をもって行う旨定款に定め
         ております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行う
         ことを目的としたものであります。
                                 38/98














                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
             区分
                        監査証明業務に基         非監査業務に基づ         監査証明業務に基         非監査業務に基づ
                        づく報酬(千円)         く報酬(千円)         づく報酬(千円)         く報酬(千円)
     提出会社                        33,500          1,400         33,500           -

     連結子会社                          -         -         -         -

              計               33,500          1,400         33,500           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          当社は、会計監査人に対して公認会計士法第2条第1項に規定する業務以外の合意された手続に係る業務を委
         託し、対価を支払っております。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査等委員会が取締役、社内関係部署及
         び会計監査人からの必要な資料の入手や報告の聴取を通じて、会計監査人の監査計画の内容、従前の事業年度に
         おける職務執行状況や報酬見積もりの算出根拠などを検討します。取締役会は会計監査人の報酬等につき会社法
         第399条第1項の監査等委員会の同意を確認した後、決定しております。
                                 39/98











                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年6月1日から平成30年5月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年6月1日から平成30年5月31日まで)の財務諸表について有限責
       任  あずさ監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、適時の情報入手に努めており
       ます。
                                 40/98














                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,617,337              1,711,449
         現金及び預金
                                       9,388,910              8,830,661
         受取手形及び売掛金
                                       4,200,091              4,296,409
         電子記録債権
                                       1,692,226              2,905,512
         商品及び製品
                                       2,924,846              2,995,922
         仕掛品
                                       3,875,897              3,407,163
         原材料及び貯蔵品
                                        513,030              666,846
         繰延税金資産
                                         11,043              17,574
         ファクタリング債権
                                        163,213              257,754
         その他
                                        △ 40,881             △ 32,969
         貸倒引当金
                                       24,345,715              25,056,326
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                    ※3 , ※6 9,113,312           ※3 , ※6 9,739,279
          建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具(純額)                             5,323,269              4,980,023
                                      ※3 1,275,252             ※3 1,243,485
          土地
          リース資産(純額)                               30,852              16,889
                                       1,745,976              2,135,787
          建設仮勘定
                                        389,719              538,712
          その他(純額)
                                      ※2 17,878,382             ※2 18,654,177
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        321,926              329,985
          その他
                                        321,926              329,985
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※3 2,829,015           ※1 , ※3 2,877,493
          投資有価証券
                                         31,012              32,946
          繰延税金資産
                                        324,199              270,005
          その他
                                        △ 22,364             △ 24,802
          貸倒引当金
                                       3,161,862              3,155,644
          投資その他の資産合計
                                       21,362,172              22,139,806
         固定資産合計
                                       45,707,887              47,196,133
       資産合計
                                 41/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※3 3,587,042
                                                      3,620,600
         支払手形及び買掛金
                                       1,876,801              2,381,900
         電子記録債務
                                       2,750,000              1,400,000
         短期借入金
                                      ※3 2,054,982
                                                      1,965,314
         1年内返済予定の長期借入金
                                         14,858               8,401
         リース債務
                                       1,022,116               729,260
         未払法人税等
                                         43,687              44,798
         賞与引当金
                                         60,346              52,703
         返品調整引当金
                                       1,415,811              1,854,185
         未払金
                                        819,190              822,939
         未払費用
                                        504,076              627,479
         ファクタリング債務
                                        613,910               35,138
         設備関係支払手形
                                        472,154              140,814
         その他
                                       15,234,979              13,683,536
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※3 3,694,420
                                                      4,018,755
         長期借入金
                                         17,533               9,132
         リース債務
                                        318,000              329,846
         繰延税金負債
                                        484,709              514,415
         退職給付に係る負債
                                        144,362              144,892
         その他
                                       4,659,026              5,017,041
         固定負債合計
                                       19,894,005              18,700,578
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       4,367,774              4,367,774
         資本金
                                       4,253,965              4,253,965
         資本剰余金
                                       15,610,119              18,239,096
         利益剰余金
                                        △ 11,746             △ 12,779
         自己株式
                                       24,220,112              26,848,056
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        967,665              998,787
         その他有価証券評価差額金
                                        182,613              221,568
         為替換算調整勘定
                                        △ 4,248             △ 8,108
         退職給付に係る調整累計額
                                       1,146,029              1,212,248
         その他の包括利益累計額合計
                                        447,740              435,249
       非支配株主持分
                                       25,813,882              28,495,554
       純資産合計
                                       45,707,887              47,196,133
      負債純資産合計
                                 42/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                       37,984,428              39,875,983
      売上高
                                      ※1 30,232,301             ※1 31,765,385
      売上原価
                                       7,752,127              8,110,597
      売上総利益
      返品調整引当金繰入額                                   11,067                 -
                                            -            7,642
      返品調整引当金戻入額
                                       7,741,059              8,118,240
      差引売上総利益
                                    ※2 , ※3 3,908,893           ※2 , ※3 3,957,083
      販売費及び一般管理費
                                       3,832,165              4,161,156
      営業利益
      営業外収益
                                           729              712
       受取利息
                                         66,462              66,173
       受取配当金
                                         20,660              18,278
       受取賃貸料
                                            -            6,081
       為替差益
                                         19,194              16,014
       受取保証料
                                         49,082               8,157
       貸倒引当金戻入額
                                         13,141               9,924
       その他
                                        169,270              125,343
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         28,565              24,079
       支払利息
                                         88,970                 -
       為替差損
                                         4,544              14,923
       支払手数料
                                           526             3,469
       その他
                                        122,607               42,472
       営業外費用合計
                                       3,878,829              4,244,028
      経常利益
      特別利益
                                         67,316              20,524
       受取保険金
                                        224,888               8,700
       補助金収入
                                        292,204               29,224
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※4 85,434              ※4 526
       固定資産除却損
                                        200,396                 -
       固定資産圧縮損
                                            -            9,661
       投資有価証券評価損
                                        285,830               10,187
       特別損失合計
                                       3,885,202              4,263,065
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  1,405,768              1,408,557
                                       △ 147,582             △ 157,941
      法人税等調整額
                                       1,258,186              1,250,615
      法人税等合計
      当期純利益                                  2,627,016              3,012,450
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                  △ 29,265             △ 29,491
                                       2,656,281              3,041,941
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 43/98






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                       2,627,016              3,012,450
      当期純利益
      その他の包括利益
                                       △ 176,651               31,122
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 93,458              55,956
       為替換算調整勘定
                                        170,394              △ 3,859
       退職給付に係る調整額
                                       ※ △ 99,714              ※ 83,219
       その他の包括利益合計
                                       2,527,301              3,095,669
      包括利益
      (内訳)
                                       2,584,641              3,108,160
       親会社株主に係る包括利益
                                        △ 57,339             △ 12,490
       非支配株主に係る包括利益
                                 44/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
                                                (単位:千円)
                                   株主資本
                      資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高
                      4,367,774       4,253,965      13,329,269        △ 11,076     21,939,933
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 375,432             △ 375,432
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                    2,656,281              2,656,281
      自己株式の取得                                      △ 670      △ 670
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                    -       -   2,280,849         △ 670    2,280,179
     当期末残高
                      4,367,774       4,253,965      15,610,119        △ 11,746     24,220,112
                            その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                    その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                    評価差額金         定     調整累計額      益累計額合計
     当期首残高
                      1,144,316        247,997      △ 174,643      1,217,670        402,705      23,560,308
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 375,432
      親会社株主に帰属する当期純利益                                                  2,656,281
      自己株式の取得
                                                          △ 670
      株主資本以外の項目の当期変動額
                      △ 176,651      △ 65,384      170,394      △ 71,640       45,035      △ 26,605
      (純額)
     当期変動額合計                 △ 176,651      △ 65,384      170,394      △ 71,640       45,035      2,253,573
     当期末残高
                       967,665       182,613       △ 4,248     1,146,029        447,740      25,813,882
                                 45/98










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
                                                (単位:千円)
                                   株主資本
                      資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高                 4,367,774       4,253,965      15,610,119        △ 11,746     24,220,112
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 412,964             △ 412,964
      親会社株主に帰属する当期純利益                             3,041,941              3,041,941
      自己株式の取得                                     △ 1,033      △ 1,033
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                    -       -   2,628,977        △ 1,033     2,627,944
     当期末残高                 4,367,774       4,253,965      18,239,096        △ 12,779     26,848,056
                            その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                    その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                    評価差額金         定     調整累計額      益累計額合計
     当期首残高                  967,665       182,613       △ 4,248     1,146,029        447,740      25,813,882
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 412,964
      親会社株主に帰属する当期純利益                                                  3,041,941
      自己株式の取得                                                   △ 1,033
      株主資本以外の項目の当期変動額
                       31,122       38,955      △ 3,859      66,218      △ 12,490       53,727
      (純額)
     当期変動額合計                  31,122       38,955      △ 3,859      66,218      △ 12,490      2,681,672
     当期末残高                  998,787       221,568       △ 8,108     1,212,248        435,249      28,495,554
                                 46/98










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       3,885,202              4,263,065
       税金等調整前当期純利益
                                       2,818,202              2,853,155
       減価償却費
                                         85,434                526
       固定資産除却損
                                        200,396                 -
       固定資産圧縮損
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 50,013              △ 5,474
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 52,545               1,110
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                  11,067              △ 7,642
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 274,337               24,155
                                        △ 67,192             △ 66,885
       受取利息及び受取配当金
                                        △ 20,660             △ 18,278
       受取賃貸料
                                        △ 19,194             △ 16,014
       受取保証料
       支払利息                                  28,565              24,079
                                       △ 224,888              △ 8,700
       補助金収入
                                        △ 67,316             △ 20,524
       受取保険金
       為替差損益(△は益)                                  △ 752             5,808
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -            9,661
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 711,205              457,568
       たな卸資産の増減額(△は増加)                               △ 1,508,818              △ 815,123
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 90,503              737,371
                                        966,626             △ 372,470
       その他
                                       5,456,743              7,045,387
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  67,192              66,885
                                        △ 28,485             △ 23,949
       利息の支払額
                                        224,888               8,700
       補助金の受取額
                                       △ 767,146            △ 1,678,180
       法人税等の支払額
                                        116,553               46,499
       その他
                                       5,069,743              5,465,342
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 47/98










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 2,992,150             △ 3,822,055
       有形固定資産の取得による支出
                                            -            68,828
       有形固定資産の売却による収入
                                            -           △ 51,610
       無形固定資産の取得による支出
                                            -           △ 12,500
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 19,677             △ 15,756
       その他
                                      △ 3,011,827             △ 3,833,093
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                               △ 1,420,000             △ 1,350,000
                                       2,300,000              2,500,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 2,335,465             △ 2,265,333
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 375,259             △ 412,561
       配当金の支払額
       自己株式の取得による支出                                  △ 670            △ 1,033
                                        △ 44,121             △ 14,658
       リース債務の返済による支出
                                         97,805                 -
       非支配株主からの払込みによる収入
                                      △ 1,777,711             △ 1,543,585
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 14,002               5,448
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   266,201               94,112
                                       1,351,135              1,617,337
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,617,337              ※ 1,711,449
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 48/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          該当事項はありません。
                                 49/98




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
           すべての子会社を連結しております。
           連結子会社の数               3 社
           連結子会社の名称
            大和薬品工業㈱
            Daito   Pharmaceuticals        America,     Inc.
            大桐製薬(中国)有限責任公司
         2.持分法の適用に関する事項
          (1)持分法を適用した非連結子会社および関連会社の状況
           ・持分法適用の非連結子会社
            および関連会社数    -社
          (2)持分法を適用していない非連結子会社および関連会社の状況
           ・主要な会社等の名称  (非連結子会社)
                        該当事項はありません。
                       (関連会社)
                        株式会社フェルゼンファーマ
           ・持分法を適用しない理由 当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等が連結
                        財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持
                        分法の適用の範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           連結子会社のうち、大和薬品工業株式会社及びDaito                          Pharmaceuticals        America,     Inc.の事業年度の末日
          は、連結決算日と一致しております。大桐製薬(中国)有限責任公司の決算日は12月31日であり、連結財務諸
          表の作成にあたっては、3月31日現在において仮決算を行っております。
           なお、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
         4.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           イ 有価証券
             その他有価証券
              時価のあるもの
               連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
              原価は移動平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           ロ デリバティブ
             時価法を採用しております。
           ハ たな卸資産
             商品及び製品、原材料、仕掛品
              主として、総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
             算定)を採用しております。
             貯蔵品
              個別法に基づく原価法を採用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           イ 有形固定資産(リース資産を除く)
             主として定率法を採用しております。
             ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び平成28年4月1日以降に取
            得した建物附属設備並びに構築物については定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物及び構築物   5年~55年
             機械装置及び運搬具 4年~8年
           ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
            ております。
                                 50/98



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
           ハ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数として、定額法を採用しております。残存価額は、リース契約上の残価保証の
             取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           イ 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ロ 賞与引当金
             当社及び国内連結子会社の従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込み額のう
            ち当連結会計年度の負担額を計上しております。
           ハ 返品調整引当金
             返品による損失に備えるため、返品実績を基に算出した必要額を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
           イ 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            て給付算定式基準によっております。
           ロ 数理計算上の差異の費用処理方法
             発生の翌連結会計年度に一括処理しております。
           ハ 未認識数理計算上の差異の会計処理方法
             税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上し
            ております。
           ニ 小規模企業等における簡便法の採用
             一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
            支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。なお、在外子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び
           費用は期中の平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株
           主持分に含めて計上しております。
          (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 51/98









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
           準委員会)
         (1) 概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
           な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
           FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、
           Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会
           において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
           整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
           ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
           べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
           す。
         (2) 適用予定日

            2022年5月期の期首から適用します。
         (3) 当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
           であります。
                                 52/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
           ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     投資有価証券(株式)
                                       -千円                2,838千円
           ※2 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
                                   24,314,984     千円            26,958,525     千円
           ※3 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     建物及び構築物                               187,333千円                  61,714千円
     土地                               286,529                  286,529
     投資有価証券                               387,976                  310,380
               計                      861,839                  658,624
             担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     支払手形及び買掛金                                1,287千円                   -千円
     1年内返済予定の長期借入金                                10,460                    -
     長期借入金                                1,700                   -
     債務保証                                83,338                 105,031
               計                       96,786                 105,031
           4 債務保証

            次の会社の武田薬品工業㈱からの買掛債務に対して債務保証を行っております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成29年5月31日)                            (平成30年5月31日)
     ㈱富士薬品                      41,403千円      マイランEPD合同会社                      29,688千円
                           26,827                            27,310
     マイランEPD合同会社                            ㈱富士薬品
     テイカ製薬㈱                      6,706      東洋製薬化成㈱                      13,694
     日医工㈱                      4,024      キョーリンリメディオ㈱                      13,122
     佐藤薬品工業㈱                      3,044      日医工㈱                      8,048
     第一薬品工業㈱                       885     テイカ製薬㈱                      5,030
     大和製薬㈱                       268     富山めぐみ製薬㈱                      3,308
     東洋製薬化成㈱                       178                           3,183
                                 ㈱パナケイア製薬
                                 第一薬品工業㈱                      1,645
                           83,338                           105,031
             計                            計
                                 53/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
           5 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行7行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約
            を締結しております。これらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                   13,500,000千円                  15,500,000千円
     総額
     借入実行残高                              2,750,000                  1,400,000
              差引額                      10,750,000                  14,100,000
          ※6 固定資産の圧縮記帳

             国庫補助金等で取得した固定資産の圧縮記帳の適用に伴い、有形固定資産の取得価額から直接控除して
            いる圧縮記帳額、圧縮累計額およびそれらの内訳は、次のとおりであります。
            圧縮記帳額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     建物及び構築物                               200,396千円                    -千円
            圧縮記帳累計額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     建物及び構築物                               607,255千円                  607,255千円
                                 54/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年6月1日                            (自 平成29年6月1日
              至 平成29年5月31日)                              至 平成30年5月31日)
                          106,103    千円                         23,865   千円
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成28年6月1日                  (自 平成29年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                    至 平成30年5月31日)
     給与手当                               579,958    千円              591,338    千円
                                      6,866                  7,280
     賞与引当金繰入額
                                       897                 2,682
     貸倒引当金繰入額
                                     199,850                  126,145
     減価償却費
                                    1,266,588                  1,522,562
     研究開発費
                                     94,278                  27,626
     退職給付費用
          ※3 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年6月1日                            (自 平成29年6月1日
              至 平成29年5月31日)                              至 平成30年5月31日)
                         1,266,588     千円                       1,522,562     千円
          ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年6月1日                            (自 平成29年6月1日
              至 平成29年5月31日)                            至 平成30年5月31日)
     建物及び構築物                      74,721千円                             160千円
     機械装置及び運搬具                      1,304                             358
     工具、器具及び備品(有形固定資
                           3,608                              7
     産(その他))
     撤去費用等                      5,800                              -
             計              85,434                             526
                                 55/98









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年6月1日               (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △258,789千円                 45,639千円
       税効果調整前
                                      △258,789                 45,639
       税効果額                                82,138              △14,516
       その他有価証券評価差額金
                                      △176,651                 31,122
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △93,458                 55,956
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △6,109               △11,659
      組替調整額                                251,141                 6,109
       税効果調整前
                                       245,031               △5,549
       税効果額                               △74,636                 1,690
       退職給付に係る調整額
                                       170,394               △3,859
        その他の包括利益合計
                                      △99,714                 83,219
                                 56/98














                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首 株式数(株)        加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                    12,519,064             -         -     12,519,064

             合計             12,519,064             -         -     12,519,064

     自己株式

      普通株式(注)1                       4,624          297          -        4,921

             合計                4,624          297          -        4,921

      (注   )1.   普通株式の自己株式の株式数の増加297株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
          2.新株予約権及び自己株式予約権に関する事項

            該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                   株式の種類                          基準日        効力発生日
     (決議)                      (千円)       額(円)
     平成28年7月12日
                  普通株式            187,716           15  平成28年5月31日         平成28年8月5日
     取締役会
     平成29年1月13日
                  普通株式            187,715           15  平成28年11月30日         平成29年2月1日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (千円)             当額(円)
     平成29年7月11日
               普通株式         225,254     利益剰余金            18  平成29年5月31日         平成29年8月8日
     取締役会
     (注) 1株当たり配当額には、創立75周年記念配当3円を含んでおります。
                                 57/98









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首 株式数(株)        加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                    12,519,064             -         -     12,519,064

             合計             12,519,064             -         -     12,519,064

     自己株式

      普通株式(注)1                       4,921          320          -        5,241

             合計                4,921          320          -        5,241

      (注   )1.   普通株式の自己株式の株式数の増加320株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
          2.新株予約権及び自己株式予約権に関する事項

            該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                   株式の種類                          基準日        効力発生日
     (決議)                      (千円)       額(円)
     平成29年7月11日
                  普通株式            225,254           18  平成29年5月31日         平成29年8月8日
     取締役会
     平成30年1月12日
                  普通株式            187,709           15  平成29年11月30日         平成30年2月1日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (千円)             当額(円)
     平成30年7月13日
               普通株式         225,248     利益剰余金            18  平成30年5月31日         平成30年8月8日
     取締役会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年6月1日                 (自 平成29年6月1日
                              至 平成29年5月31日)                 至 平成30年5月31日)
      現金及び預金勘定                              1,617,337     千円            1,711,449     千円
      現金及び現金同等物                              1,617,337                 1,711,449
                                 58/98






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については銀行借入に
            よる方針です。デリバティブは、原材料の輸入取引に係る為替変動リスク及び借入金の金利変動リスクを
            軽減するために利用し、投機的な取引は行いません。
           (2)金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク
             営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権並びにファクタリング債権は、顧客の信用リスクに
            晒されております。当該リスクに関しては、信用状況を把握する体制としております。
             投資有価証券である株式は主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒さ
            れております。
             営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務並びにファクタリング債務                                     は、  そのほとんどが1年
            以内の支払期日です。原材料の輸入取引には外貨建のものがあり、為替変動リスクに晒されております。
             借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達です。変動金利の借入金は、金利の変動リス
            クに晒されております。
             長期借入金及びリース債務は主に設備投資に係る資金調達であります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制
             デリバティブ取引の執行・管理については、資金担当部門が決済責任者の承認を得て実施しており、ま
            た、デリバティブの利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付けの高い金融機関とのみ取引
            を行っております。そのため、相手先との契約不履行による信用リスクはほとんどないと判断しておりま
            す。
             また、営業債権は流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、各社が月次に資金計画を作
            成するなどの方法により管理しております。
                                 59/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            前連結会計年度(平成29年5月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
                                                          -
     ① 現金及び預金                           1,617,337           1,617,337
     ② 受取手形及び売掛金                           9,388,910           9,388,910               -
     ③ 電子記録債権                           4,200,091           4,200,091               -
     ④ ファクタリング債権                            11,043           11,043             -
     ⑤ 投資有価証券
                                2,623,145           2,623,145               -
        その他有価証券
     ⑥ 支払手形及び買掛金                          (3,587,042)           (3,587,042)                -
     ⑦ 電子記録債務                          (1,876,801)           (1,876,801)                -
     ⑧ 短期借入金                          (2,750,000)           (2,750,000)                -
     ⑨ 未払法人税等                          (1,022,116)           (1,022,116)                -
     ⑩ 未払金                          (1,415,881)           (1,415,881)                -
     ⑪ ファクタリング債務                           (504,076)           (504,076)               -
     ⑫ 設備関係支払手形                           (613,910)           (613,910)               -
     ⑬ 長期借入金(一年内返済含む)                          (5,749,402)           (5,752,209)              2,807
     ⑭ リース債務(一年内返済含む)                           (32,392)           (32,180)             △211
      (*)負債に計上されているものについては、(                      )で示しております。
                                 60/98












                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(平成30年5月31日)
                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
                                                          -
     ① 現金及び預金                           1,711,449           1,711,449
                                                          -
     ② 受取手形及び売掛金                           8,830,661           8,830,661
                                                          -
     ③ 電子記録債権                           4,296,409           4,296,409
                                                          -
     ④ ファクタリング債権                            17,574           17,574
     ⑤ 投資有価証券
                                                          -
                                2,670,411           2,670,411
        その他有価証券
                                                          -
     ⑥ 支払手形及び買掛金                          (3,620,600)           (3,620,600)
                                                          -
     ⑦ 電子記録債務                          (2,381,900)           (2,381,900)
                                                          -
     ⑧ 短期借入金                          (1,400,000)           (1,400,000)
                                                          -
     ⑨ 未払法人税等                           (729,260)           (729,260)
                                                          -
     ⑩ 未払金                          (1,854,185)           (1,854,185)
                                                          -
     ⑪ ファクタリング債務                           (627,479)           (627,479)
                                                          -
     ⑫ 設備関係支払手形                           (35,138)           (35,138)
     ⑬ 長期借入金(一年内返済含む)                          (5,984,069)           (5,981,790)             △2,278
     ⑭ リース債務(一年内返済含む)                           (17,533)           (17,595)              61
      (*)負債に計上されているものについては、(                      )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

           ①現金及び預金、②受取手形及び売掛金、③電子記録債権並びに④ファクタリング債権
            これらは短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
           ⑤投資有価証券
            時価については、株式の取引所の価格によっております。
           ⑥支払手形及び買掛金、⑦電子記録債務、⑧短期借入金、⑨未払法人税等、⑩未払金、⑪ファクタリング
           債務並びに⑫設備関係支払手形
            これらは短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
           ⑬長期借入金(一年内返済含む)
            時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定す
           る方法によっております。
           ⑭リース債務(一年内返済含む)
            時価については、主として元利金の合計額を同様のリース取引を行った場合に想定される利率で割り引
           いて算定する方法によっております。
                                 61/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                           (平成29年5月31日)                   (平成30年5月31日)
     非上場株式                                205,870                   207,082
            これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「⑤投資有価
           証券」には含めておりません。
         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(平成29年5月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      1,617,337             -         -         -
     受取手形及び売掛金                      9,388,910             -         -         -
     電子記録債権                      4,200,091             -         -         -
     ファクタリング債権                       11,043           -         -         -
             合計             15,217,383             -         -         -
           当連結会計年度(平成30年5月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
                                        -         -         -
     現金及び預金                      1,711,449
                                        -         -         -
     受取手形及び売掛金                      8,830,661
                                        -         -         -
     電子記録債権                      4,296,409
                                        -         -         -
     ファクタリング債権                       17,574
                                        -         -         -
             合計             14,856,096
                                 62/98










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         4.長期借入金、リース債務及びその他有利子負債の連結決算日後の返済予定額
           前連結会計年度(平成29年5月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              2,750,000           -       -       -       -       -

     長期借入金              2,054,982       1,465,558       1,152,672        813,149       263,041          -
     リース債務               14,858        8,401       4,633       2,998       1,500         -
          合計         4,819,840       1,473,959       1,157,305        816,147       264,541          -

           当連結会計年度(平成30年5月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              1,400,000           -       -       -       -       -

     長期借入金              1,965,314       1,652,748       1,313,225        763,117       289,665          -
     リース債務                8,401       4,633       2,998       1,500         -       -
                                                           -

          合計         3,373,715       1,657,381       1,316,223        764,617       289,665
                                 63/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(平成29年5月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                2,531,902           1,171,630           1,360,272

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計            2,531,902           1,171,630           1,360,272

                  (1)株式                 91,242          107,274          △16,032

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              91,242          107,274          △16,032

               合計                  2,623,145           1,278,905           1,344,240

          (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 205,870千円)については、市場価格がなく、時価を把握するこ
            とが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 64/98










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(平成30年5月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                2,582,065           1,171,630           1,410,435

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計            2,582,065           1,171,630           1,410,435

                  (1)株式                 88,346          107,274          △18,928

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     連結貸借対照表計上額が
                   ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              88,346          107,274          △18,928

               合計                  2,670,411           1,278,905           1,391,506

          (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 207,082千円)については、市場価格がなく、時価を把握するこ
            とが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 65/98











                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          2.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
            当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
          3.減損処理を行った有価証券

           前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            当連結会計年度において、非上場株式について9,661千円の減損処理を行っております。
         (デリバティブ取引関係)

          前連結会計年度(平成29年5月31日)
          該当事項はありません。
          当連結会計年度(平成30年5月31日)

          該当事項はありません。
                                 66/98














                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は確定給付制度(積立型制度)を採用しております。
       国内連結子会社は退職一時金制度(非積立型)を採用しており、退職金制度の一部については中小企業退職金共済制
      度を採用しております。なお、国内連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職
      給付費用を計算しております。
       また、当社及び国内連結子会社は従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
     2.確定給付制度

      (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        退職給付債務の期首残高                                  1,261,649千円              1,323,677千円
         勤務費用                                   106,452              110,575

         利息費用                                    1,261              1,293

         数理計算上の差異の発生額                                    14,419              18,178

         退職給付の支払額                                   △66,000              △40,070

         功労加算金                                    5,892              6,599

        退職給付債務の期末残高                                  1,323,677              1,420,253

      (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        年金資産の期首残高                                   891,604千円              931,876千円
         期待運用収益                                    17,832              18,637

         数理計算上の差異の発生額                                    8,309              6,518

         事業主からの拠出額                                    61,516              72,356

         退職給付の支払額                                   △47,386              △28,248

        年金資産の期末残高                                   931,876             1,001,140

      (3) 簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        退職給付に係る負債の期首残高                                    85,358千円              92,909千円
         退職給付費用                                    9,370              9,826

         退職給付の支払額                                   △1,819              △7,433

        退職給付に係る負債の期末残高                                    92,909              95,302

                                 67/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      (4) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
        産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        積立型制度の退職給付債務                                  1,323,677千円              1,420,253千円
        年金資産                                  △931,876             △1,001,140

                                        391,800              419,113

        非積立型制度の退職給付債務                                    92,909              95,302

                                        484,709              514,415

        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                        484,709              514,415

        退職給付に係る負債
                                        484,709              514,415

        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
     (注)簡便法を適用した制度を含みます。
      (5) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        勤務費用                                   106,452千円              110,575千円
        利息費用                                    1,261              1,293

        期待運用収益                                   △17,832              △18,637

        数理計算上の差異の費用処理額                                   251,141               6,109

        功労加算金                                    5,892              6,599

        簡便法で計算した退職給付費用                                    9,370              9,826

        確定給付制度に係る退職給付費用                                   356,287              115,767

      (6) 退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        数理計算上の差異                                   245,031千円              △5,549千円
        合計                                   245,031              △5,549

      (7) 退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        未認識数理計算上の差異                                   △6,109千円              △11,659千円
        合計                                   △6,109              △11,659

                                 68/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      (8) 年金資産に関する事項
       ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
         生保一般勘定                                       65%              65%
         債券                                       21              16

         株式                                       12              18

         その他                                       1              1

         合計                                      100              100

       ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
       な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
        割引率                                      0.1%              0.1%
        長期期待運用収益率                                      2.0%              2.0%
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                 69/98










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                              (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
           繰延税金資産
            研究開発費                        129,519千円              344,339千円
            賞与引当金及び未払費用(賞与他)                        210,009              208,940
            退職給付に係る負債                        151,188              160,312
            たな卸資産                        141,474              141,472
            未払事業税                         56,448              48,099
                                    265,006              235,435
            その他
           繰延税金資産小計
                                    953,647             1,138,600
                                   △219,963              △260,309
            評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                    733,683              878,291
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                        389,246              403,763
            連結子会社の資産及び負債の時価評
                                     81,339              81,615
            価差額
                                     37,055              22,964
            その他
           繰延税金負債合計                         507,641              508,343
           繰延税金資産(負債△)の純額                         226,042              369,947
           (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産(負債△)の純額は、連結貸借対照表の
           以下の項目に含まれております。
                                前連結会計年度              当連結会計年度

                              (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
            流動資産-繰延税金資産                        513,030千円              666,846千円
            固定資産-繰延税金資産                         31,012              32,946
            固定負債-繰延税金負債                       △318,000              △329,846
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
           法定実効税率                              30.69%        法定実効税率と税効果会
                                                計適用後の法人税等の負担
           (調整)
                                                率との間の差異が法定実効
            交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.41
                                                税率の100分の5以下であ
            評価性引当額の増減                             2.59
                                                るため注記を省略しており
            試験研究費の総額に係る税額控除等                            △2.07
                                                ます。
                                         0.75
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              32.38
                                 70/98






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
             本社工場用土地及び支店事務所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法
             使用見込期間を15~34年と見積り、割引率は0.5~2.1%を使用して資産除去債務の金額を計算しており
            ます。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
              期首残高                         137,574千円              139,749千円
              時の経過による調整額                          2,174              2,212
              期末残高                         139,749              141,961
         (賃貸等不動産関係)

          重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 71/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
             当社の報告セグメントは、「医薬品事業」のみであり、その他の事業セグメントの重要性が乏しいた
            め、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                           (単位:千円)
                           原薬       製剤     健康食品他        合計
                          22,263,141       15,372,317        348,969     37,984,428
              外部顧客への売上高
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                売上高         関連するセグメント名
                                  3,908,204
              日医工株式会社                          医薬品事業
           当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                           (単位:千円)
                           原薬       製剤     健康食品他        合計
                          20,848,207       18,706,999        320,776     39,875,983
              外部顧客への売上高
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                売上高         関連するセグメント名
                                  4,742,926
              日医工株式会社                          医薬品事業
                                 72/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成28年6月1日          至   平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成29年6月1日          至   平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
                                 73/98














                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          1.関連当事者との取引
           前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

           (1)親会社情報
           前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
           (2)重要な関連会社の要約財務情報

           前連結会計年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
                                 74/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自 平成28年6月1日                   (自 平成29年6月1日
                           至 平成29年5月31日)                   至 平成30年5月31日)
     1株当たり純資産額                             2,027.00円                   2,242.34円

     1株当たり当期純利益金額                              212.26円                   243.08円

        (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
            ん。
           2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成29年5月31日)                (平成30年5月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                               25,813,882                28,495,554

     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                447,740                435,249

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                               25,366,142                28,060,305

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普
                                      12,514                12,513
     通株式の数(千株)
           3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成28年6月1日                (自 平成29年6月1日
                               至 平成29年5月31日)                至 平成30年5月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)                              2,656,281                3,041,941

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                     2,656,281                3,041,941
      益金額(千円)
      期中平均株式数(千株)                                12,514                12,513
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 75/98









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                         当期首   残高      当期末残高          平均利率
             区分                                         返済期限
                          (千円)         (千円)          (%)
     短期借入金                      2,750,000         1,400,000            0.2       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                      2,054,982         1,965,314            0.3       -

     1年以内に返済予定のリース債務                       14,858          8,401          3.0       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のも
                           3,694,420         4,018,755            0.2    2019年~2023年
     のを除く。)
     リース債務(1年以内に返済予定のも
                            17,533          9,132          3.0    2019年~2022年
     のを除く。)
     その他有利子負債                         -         -         -      -
                           8,531,794         7,401,602

             合計                                    -      -
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
           下のとおりであります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
      長期借入金                     1,652,748         1,313,225          763,117         289,665

      リース債務                       4,633         2,998         1,500           -

                                 76/98











                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         【資産除去債務明細表】
          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   9,681,572          20,454,187          29,636,902          39,875,983
     税金等調整前四半期(当期)
                         993,946         2,324,676          3,265,386          4,263,065
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         673,298         1,587,070          2,300,244          3,041,941
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          53.80          126.82          183.81          243.08
     利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          53.80          73.02          56.99          59.27
     (円)
                                 77/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,106,417              1,555,300
         現金及び預金
                                       1,476,454              1,233,185
         受取手形
                                       4,200,091              4,296,409
         電子記録債権
                                      ※5 7,776,763             ※5 7,514,306
         売掛金
                                       1,625,844              2,730,303
         商品及び製品
                                       2,238,940              2,302,460
         仕掛品
                                       3,179,124              2,759,269
         原材料及び貯蔵品
                                                     ※5 180,000
                                            -
         短期貸付金
                                       ※5 417,176             ※5 305,814
         1年内回収予定の長期貸付金
         前払費用                                12,040              17,660
                                        422,168              598,640
         繰延税金資産
                                         11,043              17,574
         ファクタリング債権
         その他                                58,920              90,157
                                        △ 40,881             △ 32,969
         貸倒引当金
                                       22,484,104              23,568,114
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※2 6,550,503             ※2 7,337,064
          建物
                                        315,529              266,874
          構築物
                                       4,208,350              3,735,954
          機械及び装置
                                         7,043              4,976
          車両運搬具
                                        282,018              444,370
          工具、器具及び備品
                                        968,906              936,089
          土地
                                           200               -
          リース資産
                                       1,699,562              2,082,987
          建設仮勘定
                                       14,032,114              14,808,318
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         56,598              56,598
          借地権
                                         99,918              107,234
          ソフトウエア
                                         2,894              2,894
          その他
                                        159,411              166,727
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 2,829,015             ※1 2,874,655
          投資有価証券
                                       1,250,965              1,253,804
          関係会社株式
                                           555              555
          出資金
                                       ※5 514,580             ※5 501,110
          長期貸付金
                                         2,146              1,900
          破産更生債権等
                                         5,850              5,536
          長期前払費用
                                        131,310              129,492
          保証金
                                         63,246              70,606
          保険積立金
                                         7,696              10,379
          その他
                                        △ 22,364             △ 24,802
          貸倒引当金
                                       4,783,002              4,823,238
          投資その他の資産合計
                                       18,974,528              19,798,284
         固定資産合計
                                       41,458,633              43,366,398
       資産合計
                                 78/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        156,784              159,304
         支払手形
                                    ※1 , ※5 2,820,424             ※5 2,923,364
         買掛金
                                       1,876,801              2,381,900
         電子記録債務
         短期借入金                               2,750,000              1,400,000
                                       2,044,842              1,963,614
         1年内返済予定の長期借入金
                                      ※5 1,311,665             ※5 1,713,272
         未払金
                                        428,627               33,210
         未払消費税等
                                        719,026              728,313
         未払費用
                                        822,293              718,071
         未払法人税等
                                         34,546              35,393
         預り金
                                         31,287              32,578
         賞与引当金
                                         60,346              52,703
         返品調整引当金
                                        504,076              627,479
         ファクタリング債務
                                        181,079               15,132
         設備関係支払手形
                                           520              266
         その他
                                       13,742,321              12,784,604
         流動負債合計
       固定負債
                                       3,692,400              4,018,755
         長期借入金
                                        385,690              407,453
         退職給付引当金
                                        238,522              251,471
         繰延税金負債
                                        139,749              141,961
         資産除去債務
                                       4,456,361              4,819,641
         固定負債合計
                                       18,198,683              17,604,245
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       4,367,774              4,367,774
         資本金
         資本剰余金
                                       4,253,965              4,253,965
          資本準備金
                                       4,253,965              4,253,965
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         34,375              34,375
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       13,618,701              16,120,031
            繰越利益剰余金
                                         29,215                 -
            特別償却準備金
                                       13,682,291              16,154,406
          利益剰余金合計
                                        △ 11,746             △ 12,779
         自己株式
                                       22,292,284              24,763,365
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        967,665              998,787
         その他有価証券評価差額金
                                        967,665              998,787
         評価・換算差額等合計
                                       23,259,950              25,762,153
       純資産合計
                                       41,458,633              43,366,398
      負債純資産合計
                                 79/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                      ※3 37,787,701             ※3 39,653,077
      売上高
                                      ※3 31,079,884             ※3 32,198,555
      売上原価
                                       6,707,816              7,454,522
      売上総利益
                                         11,067                 -
      返品調整引当金繰入額
                                            -            7,642
      返品調整引当金戻入額
                                       6,696,748              7,462,164
      差引売上総利益
                                    ※1 , ※3 3,572,828           ※1 , ※3 3,691,232
      販売費及び一般管理費
                                       3,123,920              3,770,932
      営業利益
      営業外収益
                                        ※3 5,111             ※3 6,069
       受取利息
                                       ※3 105,660             ※3 150,129
       受取配当金
                                         20,660              18,278
       受取賃貸料
                                         19,194              16,014
       受取保証料
                                            -            13,453
       為替差益
                                         5,853              11,725
       その他
                                        156,480              215,671
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         26,590              23,236
       支払利息
                                         4,544              14,923
       支払手数料
                                         81,329                 -
       為替差損
                                           526             3,435
       その他
                                        112,990               41,595
       営業外費用合計
                                       3,167,410              3,945,008
      経常利益
      特別利益
                                        223,188               7,400
       補助金収入
                                         67,316              20,524
       受取保険金
                                        290,504               27,924
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※2 85,418              ※2 233
       固定資産除却損
                                        200,396                 -
       固定資産圧縮損
                                            -            9,661
       関係会社株式評価損
                                        285,814               9,894
       特別損失合計
                                       3,172,099              3,963,038
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  1,132,000              1,256,000
                                       △ 116,425             △ 178,039
      法人税等調整額
                                       1,015,574              1,077,960
      法人税等合計
                                       2,156,524              2,885,078
      当期純利益
                                 80/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        製造原価明細書
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年6月1日                  (自 平成29年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                  至 平成30年5月31日)
                       注記                構成比                  構成比
             区分                金額(千円)                  金額(千円)
                       番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                         10,226,458          57.9        10,407,336          58.1

     Ⅱ 労務費                          2,658,368         15.1        2,586,136         14.4

                               4,775,691                  4,924,600

     Ⅲ 経費                  ※1                 27.0                  27.5
       当期総製造費用                                100.0                  100.0

                               17,660,519                  17,918,073
                               1,447,245                  2,238,940
       期首仕掛品たな卸高
        合計

                               19,107,765                  20,157,014
       期末仕掛品たな卸高                        2,238,940                  2,302,460

                                472,497                  73,910

       他勘定振替高                ※2
       当期製品製造原価

                               16,396,326                  17,780,643
       原価計算の方法

        原価計算の方法は、実際総合原価計算であります。
      (注)※1.主な内訳は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
              項目              (自 平成28年6月1日                  (自 平成29年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                  至 平成30年5月31日)
     減価償却費(千円)                               2,142,147                  1,932,582
     外注加工費(千円)                                611,534                  771,161

     水道光熱費(千円)                                441,510                  488,777

         ※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
              項目              (自 平成28年6月1日                  (自 平成29年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                  至 平成30年5月31日)
     販売費及び一般管理費(千円)                                448,894                  73,910
     その他(千円)                                23,603                    -

            合計(千円)                         472,497                  73,910

                                 81/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                    資本金
                               資本剰余金合                        利益剰余金合
                         資本準備金            利益準備金
                               計            繰越利益剰余      特別償却準備      計
                                           金      金
     当期首残高               4,367,774      4,253,965      4,253,965       34,375    11,808,394        58,430    11,901,199
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩                                       29,215     △ 29,215        -
      剰余金の配当                                      △ 375,432           △ 375,432
      当期純利益                                      2,156,524            2,156,524
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                  -      -      -      -   1,810,307      △ 29,215     1,781,092
     当期末残高
                    4,367,774      4,253,965      4,253,965       34,375    13,618,701        29,215    13,682,291
                      株主資本          評価・換算差額等

                                           純資産合計
                               その他有価証      評価・換算差
                   自己株式     株主資本合計
                               券評価差額金      額等合計
     当期首残高
                    △ 11,076    20,511,863      1,144,316      1,144,316      21,656,179
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩                       -                  -
      剰余金の配当                    △ 375,432                 △ 375,432
      当期純利益
                          2,156,524                  2,156,524
      自己株式の取得               △ 670     △ 670                 △ 670
      株主資本以外の項目の当期変
                                △ 176,651     △ 176,651     △ 176,651
      動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 670   1,780,421      △ 176,651     △ 176,651     1,603,770
     当期末残高               △ 11,746    22,292,284       967,665      967,665     23,259,950
                                 82/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成29年6月1日 至 平成30年5月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                    資本金
                               資本剰余金合                        利益剰余金合
                         資本準備金            利益準備金
                               計            繰越利益剰余      特別償却準備      計
                                           金      金
     当期首残高               4,367,774      4,253,965      4,253,965       34,375    13,618,701        29,215    13,682,291
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩
                                             29,215     △ 29,215        -
      剰余金の配当                                      △ 412,964           △ 412,964
      当期純利益                                      2,885,078            2,885,078
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                  -      -      -      -   2,501,329      △ 29,215     2,472,114
     当期末残高               4,367,774      4,253,965      4,253,965       34,375    16,120,031          -  16,154,406
                      株主資本          評価・換算差額等

                                           純資産合計
                               その他有価証      評価・換算差
                   自己株式     株主資本合計
                               券評価差額金      額等合計
     当期首残高               △ 11,746    22,292,284       967,665      967,665     23,259,950
     当期変動額
      特別償却準備金の取崩
                             -                  -
      剰余金の配当                    △ 412,964                 △ 412,964
      当期純利益                    2,885,078                  2,885,078
      自己株式の取得
                     △ 1,033     △ 1,033                 △ 1,033
      株主資本以外の項目の当期変
                                 31,122      31,122      31,122
      動額(純額)
     当期変動額合計               △ 1,033    2,471,081       31,122      31,122     2,502,203
     当期末残高               △ 12,779    24,763,365       998,787      998,787     25,762,153
                                 83/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          該当事項はありません。
                                 84/98




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (重要な会計方針)
         (1)資産の評価基準及び評価方法
          ① 有価証券
            子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
            その他有価証券
            時価のあるもの
             事業年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
            動平均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
          ② デリバティブ
            時価法を採用しております。
          ③ たな卸資産
            商品及び製品、原材料、仕掛品
             総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
            しております。
            貯蔵品
             個別法による原価法を採用しております。
         (2)固定資産の減価償却の方法
          ① 有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び平成28年4月1日以降に取得
           した建物附属設備並びに構築物については定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物        5年~55年
            機械及び装置           8年
          ② 無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用して
           おります。
          ③ リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数として、定額法を採用しております。残存価額は、リース契約上の残価保証の取
            決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
         (3)引当金の計上基準
          ① 貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          ② 賞与引当金
            従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上し
           ております。
          ③ 返品調整引当金
            返品による損失に備えるため、返品実績を基に算出した必要額を計上しております。
          ④ 退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末日における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計
           上しております。
            数理計算上の差異は、発生の翌事業年度に一括処理しております。
                                 85/98





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (4)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

            外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
           ます。
         (5)その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          ① 消費税等の会計処理
            消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
          ② 退職給付に係る会計処理
            退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の
           方法と異なっております。
                                 86/98

















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保資産及び担保付債務
            担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     投資有価証券                               387,976千円                  310,380千円
            担保付債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     買掛金                                1,287千円                   -千円
     債務保証                                83,338                 105,031
               計                       84,626                 105,031
          ※2 固定資産の圧縮記帳

            国庫補助金等で取得した固定資産の圧縮記帳の適用に伴い、有形固定資産の取得価額から直接控除してい
           る圧縮累計額およびそれらの内訳は、次のとおりであります。
            圧縮記帳累計額

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     建物                               603,895千円                  603,895千円
           3 債務保証

            次の会社の武田薬品工業㈱からの買掛債務に対して債務保証を行っております。
                前事業年度                            当事業年度

              (平成29年5月31日)                            (平成30年5月31日)
     ㈱富士薬品                      41,403千円      マイランEPD合同会社                      29,688千円
                           26,827                            27,310
     マイランEPD合同会社                            ㈱富士薬品
     テイカ製薬㈱                      6,706      東洋製薬化成㈱                      13,694
     日医工㈱                      4,024      キョーリンリメディオ㈱                      13,122
     佐藤薬品工業㈱                      3,044      日医工㈱                      8,048
     第一薬品工業㈱                       885     テイカ製薬㈱                      5,030
     大和製薬㈱                       268     富山めぐみ製薬㈱                      3,308
     東洋製薬化成㈱                       178     ㈱パナケイア製薬                      3,183
                                 第一薬品工業㈱                      1,645
                           83,338                           105,031
             計                            計
                                 87/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
           4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行7行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約
           を締結しております。これらの契約に基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                   13,500,000千円                  15,500,000千円
     総額
     借入実行残高                              2,750,000                  1,400,000
              差引額                      10,750,000                  14,100,000
          ※5 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成29年5月31日)                  (平成30年5月31日)
     短期金銭債権                               454,070千円                  547,773千円
     長期金銭債権                               514,580                  501.110
     短期金銭債務                               211,556                  290,240
                                 88/98















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度26.9%、当事業年度24.0%、一般管理費に属する費
            用のおおよその割合は前事業年度73.1%、当事業年度76.0%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 平成28年6月1日                  (自 平成29年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                    至 平成30年5月31日)
     役員報酬                               139,180    千円              116,730    千円
                                     550,309                  557,109
     給与手当
                                     178,213                  211,981
     賞与
                                      6,539                  6,858
     賞与引当金繰入額
                                    1,137,102                  1,417,980
     研究開発費
                                     130,136                  110,097
     減価償却費
                                       897                 2,682
     貸倒引当金繰入額
                                     217,580                  188,002
     支払手数料
          ※2 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                前事業年度                            当事業年度
             (自 平成28年6月1日                            (自 平成29年6月1日
              至 平成29年5月31日)                            至 平成30年5月31日)
     建物                      74,721千円                             160千円
     機械及び装置                      1,288                             65
      工具器具及び備品                       3,608                              7
      撤去費用等                       5,800                              -
             計              85,418             計                233
          ※3 関係会社との取引高

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成28年6月1日                  (自 平成29年6月1日
                             至 平成29年5月31日)                  至 平成30年5月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                               171,912千円                  189,700千円
      仕入高                              5,499,138                  5,795,500
      販売費及び一般管理費                                41,094                  41,984
     営業取引以外の取引による取引高                                44,269                  90,022
         (有価証券関係)

          子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式1,250,965千円、関連会社株式
         2,838千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式1,250,965千円)は、市場価格がなく、時価を把握する
         ことが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 89/98







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度              当事業年度
                              (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
           繰延税金資産
            研究開発費                       129,519千円              344,339千円
            賞与引当金及び未払費用(賞与他)                       181,235              179,865
            たな卸資産                       135,616              128,255
            退職給付引当金                       117,481              124,110
            未払事業税                        37,318              47,807
                                   178,362              118,567
            その他
           繰延税金資産小計
                                   779,533              942,946
                                  △169,584              △169,360
            評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                   609,948              773,586
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                       389,246              403,763
                                    37,055              22,653
            その他
           繰延税金負債合計                        426,302              426,417
           繰延税金資産(負債△)の純額                        183,646              347,169
           (注)   前事業年度及び当事業年度における繰延税金資産(負債△)の純額は、貸借対照表の以下の項目に含
             まれております。
                                前事業年度              当事業年度

                              (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
            流動資産-繰延税金資産                       422,168千円              598,640千円
            固定負債-繰延税金負債                      △238,522              △251,471
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成29年5月31日)              (平成30年5月31日)
           法定実効税率                        法定実効税率と税効果会                       30.69%
                                  計適用後の法人税等の負担
           (調整)
                                  率との間の差異が法定実効
                                                         0.53
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                  税率の100分の5以下であ
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                            △0.75
                                  るため注記を省略しており
                                                        △3.49
            試験研究費の総額に係る税額控除等
                                  ます。
                                                         0.19
            住民税均等割
                                                         0.03
            その他
                                                         27.20
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
         (企業結合等関係)


          該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 90/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                        減価償却
                         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
        区分        資産の種類                                        累計額
                          (千円)      (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
                                                        (千円)
              建物            6,550,503      1,435,560       13,544      635,454     7,337,064      8,106,988
              構築物             315,529      16,877      6,861      58,671      266,874      532,127
              機械及び装置            4,208,350       803,252        464   1,275,183      3,735,954      12,979,956
              車両運搬具
                            7,043      1,200        0    3,266      4,976      44,364
      有形固定資産        工具、器具及び備品             282,018      490,606         7   328,246      444,370     1,734,099
              土地             968,906      15,983      48,800        -   936,089         -
              リース資産               200       -     200       -      -      -
              建設仮勘定            1,699,562      2,723,674      2,340,248         -   2,082,987         -
              計
                          14,032,114      5,487,153      2,410,127      2,300,823      14,808,318      23,397,536
              借地権
                           56,598        -      -      -    56,598        -
              ソフトウエア              99,918      51,610        -    44,293      107,234      148,013
      無形固定資産
              その他              2,894        -      -      -    2,894        -
              計             159,411      51,610        -    44,293      166,727      148,013
      (注) 当期増加額及び当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
         建物        増加(千円)        高薬理R&Dセンター 建設                              1,174,822
       機械及び装置          増加(千円)        第五製剤棟 生産設備                               357,814
      工具、器具及び備品           増加(千円)        高薬理R&Dセンター 試験設備                               338,673
        建設仮勘定         増加(千円)        第八製剤棟 建設                              2,045,220
         【引当金明細表】

                     当期首   残高     当期増加額        当期減少額        当期末残高
           科目
                     (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     貸倒引当金                  63,246         5,786        11,261        57,771

     賞与引当金                  31,287        32,578        31,287        32,578

     返品調整引当金                  60,346          -       7,642        52,703

                                 91/98








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 92/98



















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度                 6月1日から5月31日まで
     定時株主総会                 8月中

     基準日                 5月31日

                      11月30日
     剰余金の配当の基準日
                      5月31日
     1単元の株式数                 100株
     単元未満株式の買取り(注)

                      (特別口座)
      取扱場所               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                      三井住友信託銀行株式会社
                      (特別口座)

      株主名簿管理人               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                      三井住友信託銀行株式会社
      取次所               -

      買取手数料               無料

                      電子公告により行います。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告
                      による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行います。
     公告掲載方法
                      公告掲載URL
                      http://www.daitonet.co.jp/
     株主に対する特典                 該当事項はありません。
      (注)当会社の単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使す
         ることができません。
         ・会社法第189条第2項各号に掲げる権利

         ・会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         ・株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 93/98









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第75期)(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)平成29年8月30日北陸財務局長に提出。
       (2)内部統制報告書及びその添付書類

         平成29年8月30日北陸財務局長に提出。
       (3)四半期報告書及び確認書

        (第76期第1四半期)(自 平成29年6月1日 至 平成29年8月31日)平成29年10月12日北陸財務局長に提出。
        (第76期第2四半期)(自 平成29年9月1日 至 平成29年11月30日)平成30年1月12日北陸財務局長に提出。
        (第76期第3四半期)(自 平成29年12月1日 至 平成30年2月28日)平成30年4月13日北陸財務局長に提出。
       (4)臨時報告書

         平成29年9月1日北陸財務局長に提出。
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
        時報告書であります。
                                 94/98













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 95/98




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年8月30日

     ダイト株式会社

       取締役会 御中

                                有限責任     あずさ監査法人

                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 佐々木 雅広  印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 安藤  眞弘  印
                                業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるダイト株式会社の平成29年6月1日から平成30年5月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
     対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務
     諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダイ
     ト株式会社及び連結子会社の平成30年5月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 96/98




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、ダイト株式会社の平成30年5
     月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、ダイト株式会社が平成30年5月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
     統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
     に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 97/98









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年8月30日

     ダイト株式会社

       取締役会 御中

                                有限責任     あずさ監査法人

                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 佐々木 雅広  印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 安藤  眞弘  印
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いるダイト株式会社の平成29年6月1日から平成30年5月31日までの第76期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダイト株
     式会社の平成30年5月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適
     正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 98/98




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。