株式会社アクトコール 訂正四半期報告書 第14期第1四半期(平成28年12月1日-平成29年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正四半期報告書-第14期第1四半期(平成28年12月1日-平成29年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社アクトコール

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第4項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月15日
      【四半期会計期間】                    第14期第1四半期(自 平成28年12月1日 至 平成29年2月28日)
      【会社名】                    株式会社アクトコール
      【英訳名】                    ACTCALL INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  平井 俊広
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区四谷二丁目12番5号
      【電話番号】                    03-5312-2303
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役          菊井 聡
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区四谷二丁目12番5号
      【電話番号】                    03-5312-2303
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役    菊井 聡
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/24













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     1【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
       当社における不動産事業等及び当社連結子会社である株式会社kiddingにおける不動産フランチャイズ権利販売にお
      いて、会計上疑義のある取引が存在することが判明いたしました。当社といたしましては、本件に関し、専門的かつ客
      観的な見地からの調査が必要と判断し、平成30年7月10日に取締役会を開催し、当社と利害関係を有しない外部の専門
      家から構成される第三者委員会を設置し、当該取引の事実関係の調査等を行いました                                       。
       平成30年8月10日付で同委員会による調査報告書を受領いたしました。その結果、当社及び連結子会社である株式会
      社kiddingの取引において、従来、事業取引として計上していた取引の一部に弊社取締役の私財を投じた取引が確認さ
      れ、当該取引は実在するものの、計上は資金取引等として取り扱うべきである旨、指摘されました。
       当社は、過去に提出した四半期報告書に記載されている四半期連結財務諸表に含まれる当該取引に係る会計処理を訂
      正することを平成30年8月15日開催の取締役会の承認を経て決定し、当該四半期報告書について訂正を行うことといた
      しました。
       これらの決算訂正により、当社が平成29年4月14日に提出いたしました第14期第1四半期(自 平成28年12月1日 
      至 平成29年2月28日)に係る四半期報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、四半期報告書の訂正報告書を提
      出するものであります。
       なお、訂正後の四半期連結財務諸表については、ひので監査法人により四半期レビューを受けており、その四半期レ
      ビュー報告書を添付しております。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
        第2 事業の状況
          3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        第4 経理の状況
          2 監査証明について
          1 四半期連結財務諸表
            (1)四半期連結貸借対照表
            (2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
            四半期連結損益計算書
             第1四半期連結累計期間
            四半期連結包括利益計算書
             第1四半期連結累計期間
            注記事項
            (セグメント情報等)
            (1株当たり情報)
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから上記の訂正事項については、訂正後のみ
      を記載しております。
                                  2/24







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第13期           第14期
               回次               第1四半期           第1四半期            第13期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成27年12月1日           自平成28年12月1日           自平成27年12月1日

              会計期間
                           至平成28年2月29日           至平成29年2月28日           至平成28年11月30日
                      (千円)            799,126           935,697          4,061,371
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            53,386          △16,996            240,090
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)            53,327          △34,631            143,697
     する四半期純損失(△)
                      (千円)            52,146          △33,487            138,767
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            730,192           740,583           819,987
     純資産額
                      (千円)           4,907,224           4,831,586           4,769,709
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     金額又は1株当たり四半期純損失                 (円)             7.03          △4.51            18.80
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             6.69            -          17.02
     (当期)純利益金額
                      (%)             14.6           15.1           17.0
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第14期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株
           式は存在するものの1株当たり四半期純損失金額のため記載しておりません。
         4.当社は、平成28年6月1日を効力発生日として普通株式1株につき3株の割合をもって、また平成28年12月
           1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。前連結会計年
           度の期首に当該分割が行われたと仮定して、「1株当たり四半期(当期)純利益金額又は1株当たり四半期
           純損失金額(△)」及び「潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額」を算定しております。
                                  3/24









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  4/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動など、投資
       者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は発生しておりません。また、前事業年度の有価証券報告書に記載
       しております「事業等のリスク」について、重要な変更は                           ありません     。
      2【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結はありません。
                                  5/24


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

          当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、日銀の金融緩和策と政府の景気対策を背景として雇用並
         びに所得環境の改善が続いております。また、北米向け自動車、中国向け電子部品の旺盛な需要を背景に、設備
         投資と輸出の伸長もあってGDPの緩やかな回復基調が継続しております。
          一方、世帯収入が増加しているにも関わらず、個人消費は依然として力強さを欠いており、本格的な景気回
         復には至っておりません。また、今年は欧州の主要国で大統領選や国政選挙が相次ぐため、欧州での政治リスク
         が高まっております。
          当社グループの主力市場である不動産業界では、超低金利下で運用難の金融機関が不動産向け融資を積極化
         しているほか、節税目的のアパート建設ラッシュや2020年の東京五輪に向けての投資によって地価の上昇が続い
         ております。一方、不動産の価値高騰でバブルを懸念する動きが出始めており、金融庁や日銀は警戒レベルを引
         き上げております。
          このような状況のもと、当社グループは、不動産業界のほか、新たな事業への参入にも取り組んでまいりま
         した。
          この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高                          935,697千円      (前年同期比      17.1%   増)、営業利益
         3,593千円     (前年同期比      94.6%   減)、経常損失       16,996千円     (前年同期は53,386千円の経常利益)、親会社株主に
         帰属する四半期純損失          34,631千円     (前年同期は53,327千円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりまし
         た。
          各セグメントの業績は、次のとおりであります。

         (住生活関連総合アウトソーシング事業)

          住生活関連総合アウトソーシング事業においては、緊急駆けつけ等会員制サービス、コールセンターサービ
         ス、その他住生活に関わるサービスの開発、提供を行っております。
          前連結会計年度に続き、賃貸市場向け、持家市場向けサービス新規導入企業の開拓及び、既存企業へのフォ
         ロー営業に注力してまいりました。
          この結果、当第1四半期連結会計期間末時点の累計有効会員数は、前連結会計年度末より微増し393千人とな
         り、当第1四半期連結累計期間における売上高は552,988千円(前年同期比10.0%増)、営業利益は21,927千円
         (前年同期比24.8%減)となりました。
         (不動産総合ソリューション事業)

          不動産総合ソリューション事業においては、不動産開発プロジェクトへの参画、サブリースやPM業務、不動
         産フランチャイズ本部業務等、不動産に関連する様々なサービスを提供しております。
          不動産開発用の用地を売却したものの、不動産フランチャイズ本部業務においては費用が先行いたしました。
          この結果、不動産総合ソリューション事業の売上高は                          130,417千円      (前年同期比      24.2%減    )、営業損失は
         22,289千円     (前年同期は30,264千円の営業利益)となりました。
         (決済ソリューション事業)

          決済ソリューション事業においては、不動産賃貸管理会社、不動産オーナー向けに、家賃の概算払いと出納業
         務を組み合わせた家賃収納代行サービス等を提供しております。
          当第1四半期連結累計期間は、既存サービスの取扱件数が順調に推移しました。この結果、売上高は162,313
         千円(前年同期比30.7%増)、営業利益は39,716千円(前年同期比164.6%増)となりました。
         (その他事業)

          その他事業においては、飲食事業等を提供しております。
          当第1四半期連結累計期間の売上高は89,979千円、営業損失は20,438千円となりました。
                                  6/24




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      (2)財政状態に関する説明
        資産、負債及び純資産の状況
        (資産の部)
         当第1四半期連結会計期間末における資産合計は4,831,586千円となり、前連結会計年度末に比べ61,876千円増
        加いたしました。これは主に、売掛金が65,875千円及びその他(流動資産)が180,992千円増加した一方、売却に
        より仕掛販売用不動産が167,283千円減少したことによるものです。
        (負債の部)

         当第1四半期連結会計期間末における負債合計は                        4,091,002千円       となり、前連結会計年度末に比べ               141,280千円
        増加いたしました。これは主に、預り金が126,897千円増加したことによるものです。
        (純資産の部)

         純資産につきましては、            740,583千円      となり、前連結会計年度末に比べ               79,403千円     減少いたしました。これは主
        に、親会社株主に帰属する四半期純損失による減少                        34,631千円、      配当金の支払いによる減少38,416千円等による
        ものです。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  7/24














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          30,180,000
                  計                                30,180,000

      (注)平成28年11月15日開催の取締役会決議により、平成28年12月1日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行可
         能株式総数は15,090,000株増加し、30,180,000株となっております。
        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年4月14日)
              (平成29年2月28日)                         取引業協会名
                                                  単元株式数は100株
                                                  であります。
                                         東京証券取引所          権利内容に何ら限定
     普通株式               7,684,200             7,684,200
                                         (マザーズ)         のない当社における
                                                  標準となる株式であ
                                                  ります。
        計            7,684,200             7,684,200           -           -
      (注)1.「提出日現在発行数」欄には、平成29年4月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ
           り発行された株式数は含まれておりません。
         2.平成28年11月15日開催の取締役会決議により、平成28年12月1日付で普通株式1株を2株に株式分割いたし
           ました。これにより発行済株式総数は3,842,100株増加し、7,684,200株となっております。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
          年月日         総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成28年12月1日(注)              3,842,100       7,684,200           -    292,915          -    214,315
     (注)株式分割(1:2)によるものであります。
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/24





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年2月28日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式     900                  -             -

                                                単元株式数は100株であ
                                                ります。権利内容に何ら
     完全議決権株式(その他)                  普通株式  7,681,900                     76,819     限定のない当社における
                                                標準となる株式でありま
                                                す。
     単元未満株式                  普通株式    1,400                  -             -
     発行済株式総数                        7,684,200            -             -

     総株主の議決権                       -               76,819          -

      (注)1.単元未満株式には自己株式72株が含まれております。
         2.平成28年11月15日開催の取締役会決議により、平成28年12月1日付で普通株式1株を2株に株式分割いたし
           ました。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年2月28日現在
                                                     発行済株式総数

                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                に対する所有株
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                  東京都新宿区四谷二丁目
      株式会社アクトコール                             900     -          900        0.01
                  12番5号
          計            -            900     -          900        0.01
      (注)1.当第1四半期会計期間末日の自己株式は972株であります。
         2.平成28年11月15日開催の取締役会決議により、平成28年12月1日付で普通株式1株を2株に株式分割いたし
           ました。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/24







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成28年12月1日から平
       成29年2月28日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年12月1日から平成29年2月28日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、ひので監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出しておりますが、
       訂正後の四半期連結財務諸表について、ひので監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年11月30日)              (平成29年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※1 1,846,227             ※1 1,830,175
         現金及び預金
                                        304,093              369,968
         売掛金
                                                      ※1 36,336
                                           -
         販売用不動産
                                       ※1 167,283
                                                         -
         仕掛販売用不動産
                                           478              274
         商品
                                         7,065              5,005
         原材料及び貯蔵品
                                        985,435             1,166,428
         その他
                                        △24,347              △25,450
         貸倒引当金
                                       3,286,236              3,382,737
         流動資産合計
       固定資産
                                       ※1 483,040             ※1 433,652
         有形固定資産
         無形固定資産
          のれん                              314,812              303,223
                                        143,138              162,334
          その他
                                        457,950              465,558
          無形固定資産合計
         投資その他の資産                                536,886              544,186
                                       1,477,877              1,443,397
         固定資産合計
                                         5,595              5,450
       繰延資産
                                       4,769,709              4,831,586
       資産合計
                                 11/24












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年11月30日)              (平成29年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                         96,658              99,021
         買掛金
                                     ※1,※2   615,000          ※1,※2,※3     824,800
         短期借入金
                                        ※1 15,000             ※1 15,000
         1年内償還予定の社債
                                     ※1,※3   455,460           ※1,※3   455,500
         1年内返済予定の長期借入金
                                         40,932               2,484
         未払法人税等
                                         38,951              20,531
         賞与引当金
                                        862,252              989,149
         預り金
                                        531,820              513,371
         前受収益
                                        376,042              371,761
         その他
                                       3,032,116              3,291,621
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※1 135,000             ※1 127,500
         社債
                                     ※1,※3   556,310           ※1,※3   442,405
         長期借入金
                                        226,295              229,475
         その他
                                        917,605              799,380
         固定負債合計
                                       3,949,721              4,091,002
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        292,915              292,915
         資本金
                                        231,246              223,746
         資本剰余金
                                        281,089              208,041
         利益剰余金
                                         △304              △304
         自己株式
                                        804,946              724,398
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         4,644              5,788
         その他有価証券評価差額金
                                         4,644              5,788
         その他の包括利益累計額合計
                                         10,396              10,396
       新株予約権
                                        819,987              740,583
       純資産合計
                                       4,769,709              4,831,586
      負債純資産合計
                                 12/24









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月1日              (自 平成28年12月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      売上高                                   799,126              935,697
                                        382,866              450,607
      売上原価
                                        416,259              485,090
      売上総利益
                                        349,646              481,496
      販売費及び一般管理費
                                         66,613               3,593
      営業利益
      営業外収益
                                           315              174
       受取利息
                                           908              356
       助成金収入
                                           439             1,106
       その他
                                         1,664              1,637
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         9,575              7,277
       支払利息
                                         1,389              5,487
       持分法による投資損失
                                         3,724              9,090
       支払手数料
                                           201              371
       その他
                                         14,890              22,227
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   53,386             △16,996
      特別利益
                                         16,821                -
       関係会社株式売却益
                                         16,821                -
       特別利益合計
      特別損失
                                         4,999                -
       投資有価証券評価損
                                           -             1,000
       貸倒引当金繰入額
                                         4,999              1,000
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         65,208             △17,996
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    1,263               571
                                         11,260              16,063
      法人税等調整額
                                         12,524              16,634
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   52,684             △34,631
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △643                -
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         53,327             △34,631
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 13/24








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月1日              (自 平成28年12月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   52,684             △34,631
      その他の包括利益
                                         △537              1,144
       その他有価証券評価差額金
                                         △537              1,144
       その他の包括利益合計
                                         52,146             △33,487
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         52,789             △33,487
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △643                -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更に関する注記)
         該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

         該当事項はありません。
        (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)
           を当第1四半期連結会計期間から適用しております。
                                 15/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
      ※1 担保資産及び担保付債務
         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                              (平成28年11月30日)                 (平成29年2月28日)
         定期預金                          100,061    千円             100,061千円

         仕掛販売用不動産                          167,283                   -
                                                    36,336
         販売用不動産                             -
         建物及び構築物                           78,900                 57,328

         土地                          135,383                 119,396

         上記のほか、連結子会社株式(消去前金額390,000千円)を担保に供しております。
         担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                              (平成28年11月30日)                 (平成29年2月28日)
         短期借入金                          265,000千円                 400,000千円

         1年内返済予定の長期借入金                          129,660                 129,700
         長期借入金                           97,600                 65,145

         1年以内償還予定の社債                           15,000                 15,000

         社債                          135,000                 127,500

      ※2  当座貸越契約及び貸出コミットメント

         当社及び連結子会社(株式会社インサイト)においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行7行と
         当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は次のと
         おりであります。
                               前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間

                             (平成28年11月30日)                 (平成29年2月28日)
         当座貸越極度額及び貸出
                                  1,750,000千円                 2,450,000千円
         コミットメントの総額
         借入実行残高                          350,000                 750,000
          差引額                        1,400,000                 1,700,000

                                 16/24








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      ※3  財務制限条項
         前連結会計年度(平成28年11月30日)
         当社が平成25年2月27日(㈱りそな銀行)に締結した金銭消費貸借契約の借入金残高70,030千円には下記の財
         務制限条項が付されており、当該条項に抵触し債権者の要請があった場合には、当該債務の一括弁済をする可
         能性があります。
         ①   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の貸借対照表における純資産の部の金額を前年同期比75%
          以上に維持すること。
         ②   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書における経常損益を損失としないこと。
         ③   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書に示されるキャッシュフローの金額を70,000
           千円以上に維持すること。なお、ここでいうキャッシュフローとは、経常利益、減価償却費及びのれん償却
           費の合計金額から法人税等充当額を控除した金額をいう。
         また、当社子会社が平成28年2月26日(㈱りそな銀行)に締結した金銭消費貸借契約の借入金残高-千円には
         下記の財務制限条項が付されており、当該条項に抵触し債権者の要請があった場合には、当該債務の一括弁済
         をする可能性があります。
         ①   各事業年度の決算期の末日における連結の貸借対照表における純資産の部の金額を、前年同期比75%以上に
           維持すること。
         ②   各事業年度の決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金額をマイナスとしないこと。
         ③   各事業年度の決算期における連結の損益計算書に示される経常損益を2期連続して損失とならないようにす
           ること。
         ④   各事業年度の決算期における単体の損益計算書に示される営業損益を損失とならないようにすること。
         当第1四半期連結会計期間(平成29年2月28日)

         当社が平成25年2月27日(㈱りそな銀行)に締結した金銭消費貸借契約の借入金残高56,032千円には下記の財
         務制限条項が付されており、当該条項に抵触し債権者の要請があった場合には、当該債務の一括弁済をする可
         能性があります。
         ①   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の貸借対照表における純資産の部の金額を前年同期比75%
           以上に維持すること。
         ②   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書における経常損益を損失としないこと。
         ③   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書に示されるキャッシュフローの金額を70,000
           千円以上に維持すること。なお、ここでいうキャッシュフローとは、経常利益、減価償却費及びのれん償却
           費の合計金額から法人税等充当額を控除した金額をいう。
         また、当社子会社が平成28年2月26日(㈱りそな銀行)に締結した金銭消費貸借契約の借入金残高400,000千円
         には下記の財務制限条項が付されており、当該条項に抵触し債権者の要請があった場合には、当該債務の一括
         弁済をする可能性があります。
         ①   各事業年度の決算期の末日における連結の貸借対照表における純資産の部の金額を、前年同期比75%以上に
           維持すること。
         ②   各事業年度の決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金額をマイナスとしないこと。
         ③   各事業年度の決算期における連結の損益計算書に示される経常損益を2期連続して損失とならないようにす
           ること。
         ④   各事業年度の決算期における単体の損益計算書に示される営業損益を損失とならないようにすること。
                                 17/24







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年12月1日               (自 平成28年12月1日
                                 至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
          減価償却費                             25,836千円               26,817千円

          のれんの償却額                             8,043              11,588
        (株主資本等関係)

       前第1四半期連結累計期間(自平成27年12月1日 至平成28年2月29日)
       配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決 議)        株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (千円)
                              (円)
      平成28年2月26日
                普通株式        37,789        30   平成27年11月30日          平成28年2月29日          利益剰余金
      定時株主総会
       当第1四半期連結累計期間(自平成28年12月1日 至平成29年2月28日)

       配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決 議)        株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (千円)
                              (円)
      平成29年2月23日
                普通株式        38,416        10   平成28年11月30日          平成29年2月24日          利益剰余金
      定時株主総会
     (注)当社は、平成28年12月1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っておりま
        す。上記の1株当たり配当額は、当該株式分割前の実際の配当額を記載しております。
                                 18/24











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      前第1四半期連結累計期間(自平成27年12月1日                       至平成28年2月29日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                        合計
                 住生活関連総       不動産総合ソ
                                決済ソリュー
                 合アウトソー       リューション               その他事業         計
                                ション事業
                 シング事業         事業
     売上高
                    502,906       172,079       124,140          -     799,126       799,126
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      68       64       -       -       133       133
      売上高又は振替高
                    502,974       172,144       124,140          -     799,259       799,259
          計
     セグメント利益又は
                    29,175       30,264       15,007       △3,843        70,604       70,604
     セグメント損失(△)
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

        ( 差異  調整  に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額
      報告セグメント計                                                   70,604

      セグメント間取引消去                                                   3,848
      のれんの償却額                                                  △7,839
      四半期連結損益計算書の営業利益                                                   66,613

      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (のれんの金額の重要な変動)
        株式会社ヒトビト及び株式会社kiddingを連結子会社としたことに伴い、のれんの金額に重要な変動が生
       じております。当該事業によるのれんの増加額は、当第1四半期連結累計期間において、「不動産総合ソリュー
       ション事業」セグメントにおいて88,790千円、「その他事業」セグメントにおいて26,502千円であります。
                                 19/24









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      当第1四半期連結累計期間(自平成28年12月1日                       至平成29年2月28日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                        合計
                 住生活関連総       不動産総合ソ
                                決済ソリュー
                 合アウトソー       リューション               その他事業         計
                                ション事業
                 シング事業         事業
     売上高
                    552,988       130,417       162,313        89,979       935,697       935,697
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      917        -       -      3,917       4,834       4,834
      売上高又は振替高
                    553,905       130,417       162,313        93,896       940,532       940,532
          計
     セグメント利益又は
                    21,927      △22,289        39,716      △20,438        18,915       18,915
     セグメント損失(△)
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

        ( 差異  調整  に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額
                                                        18,915

      報告セグメント計
      セグメント間取引消去                                                  △1,472
      のれんの償却額                                                 △11,384

      全社費用(注)                                                  △2,465
                                                         3,593

      四半期連結損益計算書の営業利益
     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       重要な発生及び変動はありません。
                                 20/24










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (企業結合等関係)
        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
        半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下の通りであります。
                              前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                              (自 平成27年12月1日                (自 平成28年12月1日
                               至 平成28年2月29日)                至 平成29年2月28日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額又は四半期純
                                       7.03円               △4.51   円
     損失金額(△)
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
                                                      △34,631
      親会社株主に帰属する四半期純損失金額                                 53,327
      (△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                                      △34,631
      純利益金額又は親会社株主に帰属する四半期                                 53,327
      純損失金額(△)(千円)
                                      7,583,544
      普通株式の期中平均株式数(株)                                                7,683,228
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金
                                       6.69  円               -円
     額
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益                 調整額
                                         -                -
      (千円)
                                       385,110
      普通株式増加数(株)                                                   -
      希薄化効果有しないため、潜在株式調整後1
      株当たり四半期純利益金額の算定に含めな
                                         -                -
      かった潜在株式で、前連結会計年度末から重
      要な変更があったものの概要
      (注)1.当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在する
           ものの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
         2.当社は、平成28年6月1日を効力発生日として普通株式1株につき3株の割合をもって、また平成28年12月
           1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。当該株式分割
           が前連結会計年度の期首に行われたと仮定して、「1株当たり四半期純利益金額又は四半期純損失金額
           (△)」、「普通株式の期中平均株式数(株)」、「潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額」及び
           「普通株式増加数(株)」を算定しております。
                                 21/24








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (重要な後発事象)
        (子会社株式の譲渡)
         当社は、     平成29年4月5日を効力発生日として、飲食事業に関して有する権利義務の一部を、会社分割(新設分
        割)により新たに設立する会社(株式会社HITOBITO)へ承継するとともに、田中                                          啓充氏に対し、当該新
        設会社の全株式を譲渡いたしました。
        1.新設分割及び株式譲渡の目的

         当社は、かねてより展開している飲食事業の収益性の向上を目的として、平成28年3月1日付で、飲食店の企
        画、運営、管理及びコンサルティング等を行う株式会社ヒトビト(旧                                株式会社ビーブランド)の株式を取得し、
        当社の子会社といたしました。
         当該飲食事業の更なる事業拡大を目指し、フランチャイズ体制の構築を図るべく、新設分割の効力発生日と同日
        をもって、田中        啓充氏に株式を譲渡するものです。
        2.株式譲渡の概要

         (1)   譲渡対象会社の名称    株式会社HITOBITO
         (2)   譲渡対象会社の事業内容  飲食店の企画、運営、管理及びコンサルティング等
         (3)   株式譲渡実行日      平成29年4月5日
         (4)   譲渡株式数        75株
         (5)   譲渡後の持分比率     0%
         (6)   今後の見通し       本会社分割及び本株式譲渡の当社に与える影響は、現在精査中です。
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 22/24













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 23/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月15日

     株式会社アクトコール
      取締役会 御中
                             ひ  の  で  監  査  法  人

                             指定社員

                                     公認会計士
                                             羽入 敏祐
                             業務執行社員
                             指定社員

                                     公認会計士
                                             宮下 圭二
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アクト

     コールの平成28年12月1日から平成29年11月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成28年12月1日から
     平成29年2月28日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年12月1日から平成29年2月28日まで)に係る訂正後の四
     半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
     いて四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アクトコール及び連結子会社の平成29年2月28日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      四半期報告書の訂正報告書に記載されているとおり、会社は、四半期連結財務諸表を訂正している。なお、当監査法人
     は、訂正前の四半期連結財務諸表に対して平成29年4月14日に四半期レビュー報告書を提出した。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。