株式会社アクトコール 訂正四半期報告書 第13期第2四半期(平成28年3月1日-平成28年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正四半期報告書-第13期第2四半期(平成28年3月1日-平成28年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社アクトコール

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書      の訂正報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第               4 項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月15日
      【四半期会計期間】                    第13期第2四半期(自 平成28年3月1日 至 平成28年5月31日)
      【会社名】                    株式会社アクトコール
      【英訳名】                    ACTCALL INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長          平井 俊広
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区四谷二丁目12番5号
      【電話番号】                    03-5312-2303
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役            菊井 聡
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区四谷二丁目12番5号
      【電話番号】                    03-5312-2303
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役            菊井 聡
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/26













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     1【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
       当社における不動産事業等及び当社連結子会社である株式会社kiddingにおける不動産フランチャイズ権利販売にお
      いて、会計上疑義のある取引が存在することが判明いたしました。当社といたしましては、本件に関し、専門的かつ客
      観的な見地からの調査が必要と判断し、平成30年7月10日に取締役会を開催し、当社と利害関係を有しない外部の専門
      家から構成される第三者委員会を設置し、当該取引の事実関係の調査等を行いました
       平成30年8月10日付で同委員会による調査報告書を受領いたしました。その結果、当社及び連結子会社である株式会
      社kiddingの取引において、従来、事業取引として計上していた取引の一部に当社取締役の私財を投じた取引が確認さ
      れ、当該取引は実在するものの、計上は資金取引等として取り扱うべきである旨、指摘されました。
       当社は、過去に提出した四半期報告書に記載されている四半期連結財務諸表に含まれる当該取引に係る会計処理を訂
      正することを平成30年8月15日開催の取締役会の承認を経て決定し、当該四半期報告書について訂正を行うことといた
      しました。
       これらの決算訂正により、当社が平成28年7月14日に提出いたしました第13期第2四半期(自 平成28年3月1日 
      至 平成28年5月31日)に係る四半期報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、四半期報告書の訂正報告書を提
      出するものであります          。
       なお、訂正後の四半期連結財務諸表については、ひので監査法人により四半期レビューを受けており、その四半期レ
      ビュー報告書を添付しております。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
        第2 事業の内容
          3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        第4 経理の状況
          2 監査証明について
          1 四半期連結財務諸表
           (1)   四半期連結貸借対照表
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから上記の訂正事項については、訂正後のみ
      を記載しております。
                                  2/26










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第12期           第13期
               回次               第2四半期           第2四半期            第12期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成26年12月1日           自平成27年12月1日           自平成26年12月1日

              会計期間
                           至平成27年5月31日           至平成28年5月31日           至平成27年11月30日
                      (千円)           1,294,803           1,639,480           3,583,145
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △160,055             73,726           569,278
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)           △170,847             42,055           212,478
     する四半期純損失(△)
                      (千円)           △178,403             44,366           206,727
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            327,356           722,412           712,861
     純資産額
                      (千円)           5,281,981           4,566,460           6,365,531
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     金額又は1株当たり四半期純損失                 (円)           △45.21            11.05           56.22
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -          10.50           53.42
     (当期)純利益金額
                      (%)             6.0           15.4           11.0
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △423,577           1,856,350           △500,536
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △103,514           △113,259           △222,998
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            713,281         △1,825,688            1,223,882
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,378,557           1,613,150           1,692,715
     (期末)残高
                               第12期           第13期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成27年3月1日           自平成28年3月1日

              会計期間
                           至平成27年5月31日           至平成28年5月31日
     1株当たり四半期純損失金額(△)
                       (円)           △16.27            △2.95
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第12期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在
           するものの1株当たり四半期純損失金額のため記載しておりません。
         4.  当社は、平成28年6月1日を効力発生日として普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりま
           す。前連結会計年度の期首に当該分割が行われたと仮定して、「1株当たり四半期(当期)純利益金額又は
           1株当たり四半期純損失金額(△)」、「潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額」及び「1
           株当たり四半期純損失金額(△)」を算定しております。
         5.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期累計期
           間より、「四半期(当期)純利益又は四半期純損失」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益又は
           親会社株主に帰属する四半期純損失」としております。
                                  3/26



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動                           は次のとおりです。
        株式会社アンテナは、平成28年3月1日付で当社が同社を吸収合併したことにより、連結の範囲から除外いたしま

       した。
        第1四半期連結会計期間より、株式会社ヒトビト及び株式会社kiddingを株式取得により連結子会社にいた
       しました。また、株式会社ジーエルシーを新規設立により連結子会社にいたしました。
        なお、第1四半期連結累計期間より、報告セグメントにおいて「その他事業」を追加しております。また、「家賃

       収納代行事業」につきましては、平成28年1月29日から3月1日にかけて行われた組織再編に伴い、セグメント名称
       を変更し「決済ソリューション事業」としております。
        従って、当社グループの報告セグメントは、「住生活関連総合アウトソーシング事業」、「不動産総合ソリュー
       ション事業」、「決済ソリューション事業」、「その他事業」の4事業となります。各事業の内容は、以下のとおり
       です。
       (住生活関連総合アウトソーシング事業)

        株式会社アクトコールにおける従来からの事業です。
        住宅設備に特化したコールセンターと全国約1,600拠点の駆けつけ協力会社ネットワーク(ACT-NET)を活
       かし、主に、暮らしに関わる緊急駆けつけサービスの開発、提供を行っています。
       (不動産総合ソリューション事業)

        株式会社アクトコール(平成28年3月1日付で不動産総合ソリューションを行っていた株式会社アンテナを株式会
       社アクトコールが吸収合併)と株式会社kiddingにおける事業です。
        不動産開発プロジェクト、リノベーション、サービスオフィス運営の他、不動産フランチャイズビジネスを加え、
       不動産に関わるあらゆる課題に対してソリューションを提供しています。
       (決済ソリューション事業)

        主に株式会社インサイトの事業です。
        不動産管理会社や不動産オーナーに対する家賃の口座振替、家賃の100%概算払いによる資金繰り支援サービスの
       他、不動産業界以外の業界に対する口座振替や出納管理業務の代行サービス等を提供しています。
       (その他事業)

        主に株式会社ヒトビト(屋号「パンとエスプレッソと」他)の飲食事業、株式会社ジーエルシーのAI事業、株式
       会社ソナーユーの音楽事業です。
                                  4/26









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュフローの状況の異常な変動など、投資者
       の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は発生しておりません。また、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       ております「事業等のリスク」について、重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/26


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。なお、第1四半期連結累計期間より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21
       号 平成25年9月13日)等を適用し、「四半期純利益」を「親会社株主に帰属する四半期純利益」としております。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、マイナス金利が導入されたほか消費増税の再延期論が浮上
        したものの、個人消費は依然として弱含んでいます。また、為替の円高や熊本地震の影響により、国内景気は踊り
        場を迎えています。
         このような状況のもと、当社グループは、従来からのマーケットと位置付ける不動産業界への営業のほか、個
        人・法人マーケットへの新規事業開発にも積極的に取り組み始めました。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高1,639,480千円(前年同期比26.6%増)、営業利益
        75,292千円(前年同期は124,858千円の営業損失)、経常利益73,726千円(前年同期は160,055千円の経常損失)、
        親会社株主に帰属する四半期純利益42,055千円(前年同期は170,847千円の親会社株主に帰属する四半期純損失)
        となりました。
         各セグメントの業績は、次のとおりであります。
        (住生活関連総合アウトソーシング事業)

         住生活関連総合アウトソーシング事業においては、緊急駆けつけ等会員制サービス、コールセンターサービス、
        その他住生活に関わるサービスの開発、提供を行っております。
         主力の緊急駆けつけ等会員制サービスにおいては、エネルギー業界という新たなチャネル販売にも力を入れまし
        た。
         コールセンターサービスにおいては、大手企業との提携により順調に業績を伸ばしました。
         この結果、前連結会計年度末より微増し                    、当四半期連結会計期間の末日現在においての累計有効会員数は359千
        人となり、     当第2四半期連結累計期間における売上高は1,026,827千円(前年同期比6.6%増)、営業利益は56,522
        千円(前年同期は1,313千円の営業損失)となりました。
        (不動産総合ソリューション事業)

         不動産総合ソリューション事業においては、不動産開発プロジェクトへの参画、サブリースやPM業務、不動産
        フランチャイズ本部業務等、不動産に関する様々なサービスを提供しております。
         品川におけるサブリース事業、不動産プロジェクトが順調に推移する一方、新たに開始した不動産フランチャイ
        ズ本部業務については費用が先行しました。この結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は276,100千円
        (前年同期比133.3%増)、営業利益は5,710千円(前年同期は147,748千円の営業損失)となりました。
        (決済ソリューション事業)

         決済ソリューション事業は、不動産賃貸管理会社、不動産オーナー向けに、家賃の概算払いと出納業務を組み合
        わせた家賃収納代行サービスを提供しております。
         当第2四半期連結累計期間は、既存サービスの取引件数が堅調に推移しました。この結果決済ソリューション事
        業の売上高は265,817千円(前年同期比24.5%増)、営業利益43,833千円                                ( 前年同期比36.8%増         ) となりました。
        (その他事業)

         その他事業においては、飲食事業、音楽事業、AI事業を行っております。
        その他事業は当第2四半期より連結となり当第2四半期連結累計期間は、売上高70,735千円、営業損失10,102千円
        となりました。
                                  6/26






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       (2)財政状態の分析
        資産、負債及び純資産の状況
         (資産の部)
          当第2四半期連結会計期間末における資産合計は4,566,460千円となり、前連結会計年度末に比べ1,799,071千
         円減少いたしました。
          これは主に、当社連結子会社である株式会社インサイトが自己信託を用いた資金保全スキームを導入したこと
         及び未収還付税金の精算等により流動資産が1,214,805千円減少したこと及び不動産開発プロジェクトに係る匿
         名組合の財産の持分相当額が清算されたこと等により投資その他の資産が726,872千円減少したことによるもの
         であります。
         (負債の部)

          当第2四半期連結会計期間末における負債合計は                        3,844,047     千円となり、前連結会計年度末に比べ1,808,622千
         円減少いたしました。
          これは主に、当社連結子会社である株式会社インサイトが自己信託を用いた資金保全スキームを導入したこと
         等により短期借入金が1,739,500千円減少したことによるものであります。
         (純資産の部)

          純資産につきましては、            722,412    千円(前連結会計年度末比9,551千円増)となりました。主な増減理由は、親会
         社株主に帰属する四半期純利益による増加42,055千円、当社の配当金の支払いによる減少37,789千円などによる
         ものであります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)の残高は1,613,150千円となり
        ました。各キャッシュ・フローの状況とその要因は下記のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間において営業活動により得られた資金は、1,856,350千円となりました。これは、主
        に税金等調整前当期純利益75,416千円の計上に併せて、当社連結子会社である株式会社インサイトが自己信託を用
        いた資金保全スキームを導入したことを主としたその他の資産の減少額が1,216,414千円及び不動産開発プロジェ
        クトからの配当(匿名組合投資益未収額の増加額)が636,136千円となったこと等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間において投資活動により使用した資金は、113,259千円となりました。これは、主に
        連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出126,137千円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における財務活動により使用した資金は、1,825,688千円となりました。これは主に
        短期借入金の純減額1,739,500千円などによるものであります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  7/26






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                           5,030,000
                  計                                5,030,000

     (注)平成28年5月10日開催の取締役会決議により、平成28年6月1日付で株式分割に伴う定款の変更が行われ、発行可
        能株式総数は10,060,000株増加し、15,090,000株となっております。
        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成28年7月14日)
              (平成28年5月31日)                         取引業協会名
                                                  単元株式数は100株
                                                  であります。
                                         東京証券取引所          権利内容に何ら限定
     普通株式               1,272,800             3,818,400
                                         (マザーズ)         のない当社における
                                                  標準となる株式であ
                                                  ります。
        計            1,272,800             3,818,400           -           -
     (注)1.平成28年5月10日開催の取締役会決議により、平成28年6月1日付で、1株を3株に株式分割し、発行済株式
          総数は2,545,600株増加し、3,818,400株となっております。
        2.「提出日現在発行数」欄には、平成28年6月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
          発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                              減額
                        数残高(株)         (千円)       (千円)              高(千円)
                  (株)                             (千円)
     平成28年3月1日~
                      -    1,272,800           -     291,326          -     212,726
     平成28年5月31日
     (注)平成28年6月1日付で、1株を3株に株式分割し、発行済株式総数が2,545,600株増加しております。
                                  8/26





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成28年5月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                   対する所有株式数
          氏名又は名称                    住所
                                             (株)
                                                   の割合(%)
                                             557,200           43.77

      株式会社エフォート                 東京都港区赤坂2丁目17番50-2905号 
                                             197,400           15.50
      平井 俊広                 東京都港区 
      ジャパンベストレスキューシス
                                             65,000           5.10
                      愛知県名古屋市中区錦一丁目10番20号
      テム株式会社
      株式会社リロケーション・ジャ
                                             64,800           5.09
                      東京都新宿区新宿4丁目2番18号 
      パン
                      東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10
                                             40,600           3.18
      日本証券金融株式会社
                      号
                      大阪府吹田市江坂町1丁目23番38号
      株式会社イー・ラーニング研究
                                             18,000           1.41
                      エフアンドエムビル6F
      所
                                             10,100           0.79
      加賀谷 直樹                青森県北津軽郡鶴田町
                      滋賀県彦根市西沼波町175-1                       10,000           0.78
      株式会社三興
                                              8,700          0.68
      楽天証券株式会社                東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
                                              7,900          0.62
      古瀬 洋一郎                東京都新宿区
                               -              979,700           76.97

             計
                                  9/26













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年5月31日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

                       普通株式                  100
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -             -
                                                単元株式数は100株であり
                                                ます。権利内容に何ら限定
                       普通株式         1,270,600
     完全議決権株式(その他)                                      12,706
                                                のない当社における標準と
                                                なる株式であります。
                       普通株式               2,100
     単元未満株式                                    -             -
     発行済株式総数                        1,272,800            -             -

                                            12,706
     総株主の議決権                       -                         -
     (注)1.単元未満株式には自己株式62株が含まれております。
        2.平成28年5月10日開催の取締役会決議により、平成28年6月1日付で、1株を3株に株式分割し、発行済株式
          総数は2,545,600株増加し、3,818,400株となっております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成28年5月31日現在
                                                     発行済株式総数

                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                に対する所有株
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
                 東京都新宿区四谷二丁目12
     株式会社アクトコール                            100        ―       100       0.007
                 番5号
          計            -          100        ―       100       0.007
     (注)1.当第2四半期会計期間末日の自己株式は162株であります。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      (1)新任役員
                                                     所有
                                                         就任
      役名     職名     氏名    生年月日               略歴              任期   株式数
                                                         年月日
                                                    (株)
                         平成3年4月 総合地所㈱           入社
                         平成18年6月 ㈱アイディーユー             入社
                         平成20年4月 ヴィータイタリア㈱              入社
                         平成25年2月 ㈱アンテナ           入社
                                営業部マネージャー
         不動産事業           昭和43年                                    平成28年
     取締役         岡田 崇          平成26年6月 同社 執行役員                        (注)    -
          担当         10月8日生                                     3月1日
                         平成26年10月 同社 取締役 兼 執行役員
                         平成26年10月 ㈱サーフィス 取締役
                         平成28年1月 ㈱アンテナ 取締役副社長 兼 執行役員
                         平成28年3月 当社 取締役 就任(現任)
      (注)   取締役(監査等委員である取締役を除きます。)の任期は、平成28年2月26日開催の定時株主総会での選任後、

         1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
      (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

       男性 7名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                 10/26



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成28年3月1日から平
       成28年5月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年12月1日から平成28年5月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、ひので監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出しておりますが、
       訂正後の四半期連結財務諸表について、ひので監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 11/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年11月30日)              (平成28年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※1 1,823,755             ※1 1,747,211
         現金及び預金
                                        214,939              231,391
         売掛金
                                       ※1 218,584             ※1 294,208
         仕掛販売用不動産
                                           382              418
         商品
                                         4,871              7,187
         原材料及び貯蔵品
                                        950,615              286,003
         未収入金
                                        931,751              329,619
         立替金
                                        404,845              441,600
         その他
                                        △1,148              △3,849
         貸倒引当金
                                       4,548,596              3,333,791
         流動資産合計
       固定資産
                                        237,935              235,915
         有形固定資産
         無形固定資産
          のれん                              242,328              337,989
                                        122,488              171,454
          その他
                                        364,816              509,443
          無形固定資産合計
                                       1,214,183               487,310
         投資その他の資産
                                       1,816,935              1,232,669
         固定資産合計
                                       6,365,531              4,566,460
       資産合計
                                 12/26












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年11月30日)              (平成28年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         83,395              84,044
         買掛金
                                    ※1,※2   2,658,000            ※1,※2   918,500
         短期借入金
                                     ※1,※3   336,712           ※1,※3   365,200
         1年内返済予定の長期借入金
                                        209,296               24,714
         未払法人税等
                                        728,274              873,844
         預り金
                                        574,745              590,415
         前受収益
                                        328,508              313,084
         その他
                                       4,918,932              3,169,803
         流動負債合計
       固定負債
                                     ※1,※3   532,245           ※1,※3   450,835
         長期借入金
                                        201,492              223,408
         その他
                                        733,737              674,243
         固定負債合計
                                       5,652,670              3,844,047
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        286,451              291,326
         資本金
         資本剰余金                                224,782              229,657
                                        187,603              179,447
         利益剰余金
                                         △304              △304
         自己株式
                                        698,532              700,126
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         3,928              3,739
         その他有価証券評価差額金
                                         3,928              3,739
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  10,400              10,400
                                           -             8,146
       非支配株主持分
                                        712,861              722,412
       純資産合計
                                       6,365,531              4,566,460
      負債純資産合計
                                 13/26










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年12月1日              (自 平成27年12月1日
                                至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      売上高                                  1,294,803              1,639,480
                                        746,537              768,392
      売上原価
                                        548,266              871,088
      売上総利益
                                       ※1 673,124             ※1 795,796
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △124,858                75,292
      営業外収益
                                           290              570
       受取利息
                                           305               98
       受取配当金
                                         2,847                -
       投資有価証券売却益
                                           -            30,000
       受取損害賠償金
                                         1,764              5,556
       その他
                                         5,207              36,225
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         15,034              17,670
       支払利息
                                         6,768              7,689
       持分法による投資損失
                                         17,929              11,901
       支払手数料
                                           671              530
       その他
                                         40,405              37,791
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △160,055                73,726
      特別利益
                                           -            16,821
       関係会社株式売却益
                                           -            16,821
       特別利益合計
      特別損失
                                           -            10,399
       投資有価証券評価損
                                           -             4,731
       貸倒引当金繰入額
                                           -            15,131
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                       △160,055                75,416
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    6,159              19,225
                                         12,275              11,635
      法人税等調整額
                                         18,435              30,860
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △178,491                44,556
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                        △7,644               2,500
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                       △170,847                42,055
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 14/26







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年12月1日              (自 平成27年12月1日
                                至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △178,491                44,556
      その他の包括利益
                                           87             △189
       その他有価証券評価差額金
                                           87             △189
       その他の包括利益合計
                                       △178,403                44,366
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △170,759                41,865
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △7,644               2,500
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/26
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年12月1日              (自 平成27年12月1日
                                至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                       △160,055                75,416
       期純損失(△)
                                         51,591              54,011
       減価償却費
                                         18,126              19,632
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △616             △4,108
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △38               -
                                         △595              △668
       受取利息及び受取配当金
                                         15,034              17,670
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                  6,768              7,689
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △55,565              △15,960
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △139,919               △76,463
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,294             △5,059
       匿名組合投資益未収額の増減額(△は減少)                                    -            636,136
       その他の資産の増減額(△は増加)                                △312,724              1,216,414
       その他の負債の増減額(△は減少)                                 199,485              131,224
                                         1,119             △9,296
       その他
       小計                                △375,095              2,046,636
       利息及び配当金の受取額                                   828             5,715
                                        △16,423              △19,574
       利息の支払額
                                           -            30,000
       損害賠償金の受取額
                                        △32,886              △206,426
       法人税等の支払額
                                       △423,577              1,856,350
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △142,859               △61,697
       固定資産の取得による支出
                                        △55,360              △81,490
       投資有価証券の取得による支出
                                        102,847                 -
       投資有価証券の売却による収入
                                           -            200,000
       投資有価証券の償還による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           -           △126,137
       支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による
                                           -            △1,575
       支出
                                           -           △20,000
       貸付けによる支出
                                         2,500                -
       貸付金の回収による収入
                                        △10,641              △22,357
       その他
                                       △103,514              △113,259
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 570,000            △1,739,500
       長期借入れによる収入                                 270,000              150,000
                                       △114,068              △211,101
       長期借入金の返済による支出
                                          △53               -
       自己株式の取得による支出
                                        △12,597              △37,789
       配当金の支払額
                                           -            12,701
       その他
                                        713,281            △1,825,688
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   186,189              △82,597
                                       1,192,368              1,692,715
      現金及び現金同等物の期首残高
                                           -             3,032
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                       1,378,557              1,613,150
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/26





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更に関する注記)
         第1四半期連結会計期間より、新たに株式を取得したことに伴い、株式会社ヒトビト及び株式会社kiddi
        ngを、新規設立に伴い株式会社ジーエルシーを連結の範囲に含めております。
         当第2四半期連結会計期間において、株式会社アンテナは、当社が同社を吸収合併したことにより、連結の範
        囲から除外しております。また、株式会社PLUS-Aは、当社の完全子会社である株式会社インサイトが同社
        を吸収合併したことにより、連結の範囲から除外しております。
        (会計方針の変更)

        (企業結合に関する会計基準等の適用)
         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
        う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                               平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と
        いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                平成25年9月13日。以下「事業分離等会計
        基準」という。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持
        分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上
        する方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定
        的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務
        諸表に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期純利益等の表示の変更、及び少数株主持分から非支配
        株主持分への表示方法の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間及
        び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
        企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事業分
        離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期首時点から将来
        にわたって適用しております。
        この結果、当第2四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表に与える影響額は軽微であります。
        (有形固定資産の減価償却の方法)

         当第2四半期連結会計期間より、法人税法の改正に伴い、平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構
        築物については、改正後の法人税法に規定する減価償却の方法によっております。
         なお、この変更による損益に与える影響は軽微であります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※1 担保資産及び担保付債務
          担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                              (平成27年11月30日)                 (平成28年5月31日)
         定期預金                          100,039千円                 100,061千円

         仕掛販売用不動産                          208,000                 208,000
         上記のほか、連結子会社株式(消去前金額380,000千円)を担保に供しております。
          担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                              (平成27年11月30日)                 (平成28年5月31日)
         短期借入金                         2,308,000千円                  258,500千円

         1年内返済予定の長期借入金                          122,652千円                 122,652    千円
         長期借入金                          192,260千円                 130,934千円

                                 17/26




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
         ※2  当座貸越契約及び貸出コミットメント

          当社及び連結子会社(株式会社インサイト)においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行7行
          と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は次
          のとおりであります。
                               前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間

                             (平成27年11月30日)                 (平成28年5月31日)
         当座貸越極度額及び貸出
                                  2,450,000千円                 1,825,000千円
         コミットメントの総額
         借入実行残高                         2,450,000                  650,000
          差引額                            -             1,175,000

         ※3  財務制限条項

          前連結会計年度(平成27年11月30日)
          当社が平成25年2月27日(㈱りそな銀行)に締結した金銭消費貸借契約の借入金残高126,022千円には下記の
          財務制限条項が付されており、当該条項に抵触し債権者の要請があった場合には、当該債務の一括弁済をする
          可能性があります。
          ①   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の貸借対照表における純資産の部の金額を前年同期比
           75%以上に維持すること。
          ②   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書における経常損益を損失としないこと。
          ③   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書に示されるキャッシュフローの金額を
           70,000千円以上に維持すること。なお、ここでいうキャッシュフローとは、経常利益、減価償却費及びの
           れん償却費の合計金額から法人税等充当額を控除した金額をいう。
          当第2四半期連結会計期間(平成28年5月31日)

          当社が平成25年2月27日(㈱りそな銀行)に締結した金銭消費貸借契約の借入金残高98,026千円には下記の財
          務制限条項が付されており、当該条項に抵触し債権者の要請があった場合には、当該債務の一括弁済をする可
          能性があります。
          ①   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の貸借対照表における純資産の部の金額を前年同期比
           75%以上に維持すること。
          ②   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書における経常損益を損失としないこと。
          ③   各事業年度の決算期の末日における単体及び連結の損益計算書に示されるキャッシュフローの金額を
           70,000千円以上に維持すること。なお、ここでいうキャッシュフローとは、経常利益、減価償却費及びの
           れん償却費の合計金額から法人税等充当額を控除した金額をいう。
          また、当社子会社が平成28年2月26日(㈱りそな銀行)に締結した金銭消費貸借契約の借入金残高-千円には
          下記の財務制限条項が付されており、当該条項に抵触し債権者の要請があった場合には、当該債務の一括弁済
          をする可能性があります。
          ①   各事業年度の決算期の末日における連結の貸借対照表における純資産の部の金額を、前年同期比75%以上
           に維持すること。
          ②   各事業年度の決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金額をマイナスとしないこ
           と。
          ③   各事業年度の決算期における連結の損益計算書に示される経常損益を2期連続して損失とならないように
           すること。
          ④   各事業年度の決算期における単体の損益計算書に示される営業損益を損失とならないようにすること。
                                 18/26





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成26年12月1日               (自 平成27年12月1日 
                                  至 平成27年5月31日)                至 平成28年5月31日)
             給料                           200,737    千円           247,409    千円

                                          298             △609
             貸倒引当金繰入額
                                         8,918              5,931
             退職給付費用
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下
            記のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成26年12月1日              (自 平成27年12月1日
                                  至 平成27年5月31日)              至 平成28年5月31日)
             現金及び預金勘定                         1,482,097千円              1,747,211千円

             預入期間が3か月を超える定期預金                          △3,500              △34,000
             担保に供している定期預金                         △100,039              △100,061
             現金及び現金同等物                         1,378,557              1,613,150

          ※2 当第2四半期連結累計期間(自 平成27年12月1日 至 平成28年5月31日)

              その他の資産の増減額には、主として当社の子会社である株式会社インサイトの債権流動化に伴う未
              収入金の増減額664,611千円及び立替金の増減額603,821千円が含まれております。
        (株主資本等に関する注記)

        前第2四半期連結累計期間(自平成26年12月1日 至平成27年5月31日)
        配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         (決 議)        株式の種類                     基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                        (千円)
                               (円)
        平成27年2月26日
                  普通株式        12,597        10   平成26年11月30日          平成27年2月27日          利益剰余金
        定時株主総会
        当第2四半期連結累計期間(自平成27年12月1日 至平成28年5月31日)

        配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         (決 議)        株式の種類              配当額       基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)
                               (円)
        平成28年2月26日
                  普通株式        37,789        30   平成27年11月30日          平成28年2月29日          利益剰余金
        定時株主総会
                                 19/26






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
        前第2四半期連結累計期間(自平成26年12月1日                       至平成27年5月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                        合計
                住生活関連総合        不動産総合ソ
                                決済ソリュー
                アウトソーシン        リューション               その他事業         計
                                ション事業
                  グ事業        事業
     売上高
                   962,883       118,349       213,571          -    1,294,803       1,294,803
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      143        0       -       -       143       143
      売上高又は振替高
                   963,026       118,349       213,571          -    1,294,947       1,294,947
          計
     セグメント利益又は
                   △1,313      △147,748         32,036         -    △117,025       △117,025
     セグメント損失(△)
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

         内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額
      報告セグメント計                                                △117,025

      セグメント間取引消去                                                   7, 845
      のれんの償却額                                                 △15,678
      四半期連結損益計算書の営業利益                                                △124,858

       3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        重要な発生及び変動はありません。
                                 20/26










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        当第2四半期連結累計期間(自平成27年12月1日                       至平成28年5月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                        合計
                住生活関連総合        不動産総合ソ
                                決済ソリュー
                アウトソーシン        リューション               その他事業         計
                                ション事業
                  グ事業        事業
     売上高
                  1,026,827        276,100       265,817        70,735      1,639,480       1,639,480
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                      68       64       -       607       740       740
      売上高又は振替高
                  1,026,896        276,164       265,817        71,342      1,640,220       1,640,220
          計
     セグメント利益又は
                    56,522        5,710       43,833      △10,102        95,964       95,964
     セグメント損失(△)
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

         内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額
      報告セグメント計                                                  95,964

                                                        4,357
      セグメント間取引消去
      のれんの償却額                                                 △19,223

      全社費用(注)                                                 △5,805
      四半期連結損益計算書の営業利益                                                  75,292

     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.報告セグメントの変更等に関する事項

       (1)セグメント名称の変更
        第1四半期連結会計期間より、平成28年1月29日から3月1日にかけて行われた組織再編に伴い、                                              従来「家賃収
       納代行事業」としていたセグメントの名称を「決済ソリューション事業」に変更しております。本セグメント名称
       の変更がセグメント情報に与える影響はありません。
        なお、    前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、当第2四半期連結累計期間に基づき作成したものを表示
       しております。
       (2)報告セグメントの追加
        第1四半期連結会計期間より、新たに連結子会社が増えたことに伴い、報告セグメントとして「その他事業」を
       設けました。
                                 21/26







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (企業結合等関係)
       (共通支配下の取引等)
        連結子会社の吸収合併
         当社は平成28年1月14日開催の取締役会決議に基づき、平成28年3月1日を効力発生日として当社の完全子会社
        である株式会社アンテナを吸収合併いたしました。
       (1)当該合併の要旨

        ①結合当事企業の名称及びその事業内容
         結合企業の名称  :株式会社アクトコール
         事業の内容    :住生活関連総合アウトソーシング事業 等
         被結合企業の名称 :株式会社アンテナ
         事業の内容    :不動産・建設プロジェクトに関するマネジメント及びこれらのコンサルティング 等
        ②企業結合日
         平成28年3月1日
        ③企業結合の法的形式
         当社を存続会社、株式会社アンテナを消滅会社とする吸収合併(簡易合併、略式合併)
        ④結合後企業の名称
         株式会社アクトコール
       (2)実施した会計処理の概要

         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業
         分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき、共通支配
         下の取引として処理しております。
                                 22/26













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
        半期純利益金額及び算定上の基礎は以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成26年12月1日               (自 平成27年12月1日
                                至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
     (1) 1株当たり四半期純利益金額又は四半期純損
                                      △45.21円                11.05円
     失金額(△)
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親
      会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                                △170,847                 42,055
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
      利益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損                                △170,847                 42,055
      失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                3,779,151               3,804,914
     (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    -             10.50円

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                                   -             200,896
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                     -               -
     在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
     あったものの概要
      (注)1.     当社は、平成28年6月1日を効力発生日として普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりま
           す。前連結会計年度の期首に当該分割が行われたと仮定して、「1株当たり四半期純利益金額又は四半期
           純損失金額(△)」、「普通株式の期中平均株式数(株)」、「潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
           金額」及び「普通株式増加数(株)」を算定しております。
         2.  前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
                                 23/26









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
        (重要な後発事象)
        (株式分割並びに定款の一部変更)
         当社は、平成28年5月10日開催の取締役会の決議に基づき、株式分割並びに定款の一部変更を行っております。
        1.株式分割並びに定款の一部変更の目的

           投資単位当たりの金額を引き下げることにより、投資家の皆様がより投資しやすい環境を整え、当社株式の
          流動性の向上を目的として、株式分割を行いました。
           また、この分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、平成28年6月1日をもって当社定款の一部
          を変更いたしました。
        2.株式分割の概要
         (1)分割の方法
            平成28年5月31日(火)を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通
           株式を、1株につき3株の割合をもって分割いたしました。
         (2)分割により増加した株式数
            株式分割前の発行済株式総数   1,272,800株
            今回の分割により増加する株式数 2,545,600株
            株式分割後の発行済株式総数   3,818,400株
            株式分割後の発行可能株式総数                 15,090,000株
         (3)発行可能株式総数の増加
            平成28年6月1日をもって当社定款の一部を変更し、発行可能株式総数を10,060,000株増加させ、
           15,090,000株としました。
         (4)株式分割の日程
            基準日公告日   平成28年5月16日(月)
            基準日      平成28年5月31日(火)
            効力発生日    平成28年6月1日(水)
         (5)1株当たり情報に及ぼす影響
            「1株当たり情報」は、当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定して算出しております。
        3.その他
         (1)新株予約権行使価額の調整
            今回の株式分割に伴い、新株予約権の1株当たりの権利行使価額を平成28年6月1日(水)以降、次のと
           おり調整いたします。
                            調整前行使価額        調整後行使価額
            第2回新株予約権                                 265円             89円
            第3回新株予約権                                 750円                           250円
            第4回新株予約権                               1,365円                             455円
            第5回新株予約権                               1,788円                             596円
         (2)資本金の額の変更
            今回の株式分割に際しまして、資本金の額の変更はございません。
        (無担保社債の発行)

         当社は、平成28年7月11日             開催  の取締役会において、私募債を発行する旨、決議いたしました。
         この決議に基づき、以下の社債の発行を予定しております。
         発行総額: 150百万円

         発行価格: 金額100円につき金100円
         利率  : 年0.41%(予定)
         払込期日: 平成28年7月21日
         償還期限: 平成38年7月21日
         資金用途: 設備投資資金
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 24/26



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
         該当事項はありません。
                                 25/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                           訂正四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月15日

     株式会社アクトコール

      取締役会 御中
                             ひ  の  で  監  査  法  人

                             指定社員

                                     公認会計士
                                             羽入 敏祐
                             業務執行社員
                             指定社員

                                     公認会計士
                                             宮下 圭二
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アクト

     コールの平成27年12月1日から平成28年11月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成28年3月1日から
     平成28年5月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年12月1日から平成28年5月31日まで)に係る訂正後の四
     半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アクトコール及び連結子会社の平成28年5月31日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      四半期報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、四半期連結財務諸表を訂正している。なお、
     当監査法人は、訂正前の四半期連結財務諸表に対して平成28年7月14日に四半期レビュー報告書を提出した。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない                                                。
                                                        以  上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 26/26


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。