株式会社ジーエヌアイグループ 四半期報告書 第18期第2四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第2四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ジーエヌアイグループ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年8月14日
                         第18期第2四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】                    株式会社ジーエヌアイグループ
                         GNI  Group   Ltd.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    取締役代表執行役社長兼CEO  イン・ルオ
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
                         03(6214)3600(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
                         03(6214)3600(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/33













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第17期           第18期
               回次               第2四半期           第2四半期            第17期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年1月1日           自 2018年1月1日           自 2017年1月1日

              会計期間
                           至 2017年6月30日           至 2018年6月30日           至 2017年12月31日
                                  711,897          2,158,783           2,648,451
     売上収益
                      (千円)
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 361,689    )      ( 1,146,435     )
     税引前四半期(当期)利益(△損
                      (千円)           △ 177,170            64,404           137,129
     失)
     四半期(当期)利益(△損失)                (千円)           △ 209,395           △ 6,203           28,205
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                 △ 221,666          △ 176,143          △ 175,206
     (当期)利益(△損失)
                      (千円)
     (第2四半期連結会計期間)                           ( △ 44,601   )       ( 163,514    )
                      (千円)           △ 188,743            13,752           118,578
     四半期(当期)包括利益合計
     親会社の所有者に帰属する四半期
                      (千円)           △ 154,881          △ 142,432          △ 123,776
     (当期)包括利益
                      (千円)           9,280,590           11,091,432           11,718,754
     親会社の所有者に帰属する部分
                      (千円)          12,317,050           15,849,166           15,879,339
     資産合計
     基本的1株当たり四半期(当期)
                                  △ 19.04          △ 13.06          △ 13.97
     利益(△損失)
                      (円)
     (第2四半期連結会計期間)                            ( △ 3.76  )        ( 12.11   )
     希薄化後1株当たり四半期(当
                      (円)              -           -           -
     期)利益(△損失)
                      (%)             75.3           70.0           73.8
     親会社所有者帰属部分比率
     営業活動による正味キャッシュ・
                      (千円)           △ 221,066           139,275          △ 315,226
     フロー
     投資活動による正味キャッシュ・
                      (千円)           △ 341,445          △ 356,198         △ 6,911,176
     フロー
     財務活動による正味キャッシュ・
                      (千円)           6,602,648            △ 73,432          8,805,235
     フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           8,621,022           3,917,253           4,192,749
     (期末)残高
      (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           しておりません。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益は、希薄化効果を有する潜在株式が存在していないため記載してお
           りません。
         4.  2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首に
           当該株式併合が行われたと仮定して、「基本的1株当たり四半期(当期)利益(△損失)」を算定しており
           ます。
         5.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいてお
           ります。
                                  2/33




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社グループは、連結財務諸表提出会社(当社)と連結子会社9社で構成されており、その事業内容を医薬品事業
       と医療機器事業に区分しています。医薬品事業では、中国市場におけるアイスーリュイの製造・販売と、アイスー
       リュイの追加適応症及びF351を主力とする臨床試験活動を行っております。医療機器事業では、米国を拠点とし、当
       社グループが独自に開発した医療機器(生体材料)の製造及び販売を行っています。
        当第2四半期連結累計期間における、各セグメントに係る主要な関係会社の異動は、概ね次のとおりであります。
       <医薬品>2018年1月に、米国において新しい創薬基盤を構築することを目的として、当社子会社Cullgen                                                  Inc.   を
       設立しました。
       <医療機器>主要な関係会社の異動はありません。
                                  3/33


















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
       のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       会社概要

        日本に本拠地を置く当社は、中国及び米国に子会社を保有し、医薬品と医療機器を主な事業分野とするグローバル
       製薬企業です。
        当連結会計年度における当社グループの目標は、力強い成長、安定性及び最先端の医薬品開発活動のバランスの取

       れた戦略を実現することです。当第2四半期連結累計期間においては、2つの核となる事業分野において、過去最高
       の売上収益と営業利益を達成することができました。医薬品事業では、北京コンチネント薬業有限公司(北京コンチ
       ネント)が、中国市場において、保険対象となるアイスーリュイの使用患者数の拡大に努めたことにより、売上が大
       幅に増加しました。また、米国市場においても、医療機器事業が売上及び利益の増加をもたらし、当社グループの好
       業績に貢献しました。さらに、当社グループの研究開発活動についても、創薬及び医薬品開発の双方において大きな
       進展が見られました。当社グループの後期開発品の開発を進める中で、中国におけるアイスーリュイの結合組織疾患
       を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)を適応症とする第3相臨床試験と、米国における肝線維症を適応症とするF351の第
       1相臨床試験が、それぞれ新たに開始されたほか、F573の急性肝不全・慢性肝不全急性                                        増悪を適応症とした         治験許可
       (IND)申請に対する承認を、              中国国家食品薬品監督管理総局(CFDA)                   から取得しました。また、将来への投資とし
       て、新しく設立された子会社Cullgen                  Inc.(Cullgen)は、自社の             創薬基盤技術      であるuSMITE™(ユビキチン化を介し
       た低分子    標的タンパク質分解誘導技術             )を活用した画期的な新規化合物開発のための研究活動を、中国及び米国の研
       究施設で開始しました。
        当第2四半期連結累計期間の経営成績、財政状態、キャッシュ・フロー及び研究開発活動は以下のとおりです。

                                  4/33










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
      (1)経営成績に関する分析
        当第2四半期連結累計期間の経営成績

                             連結経営成績概要

                                                     (単位:千円)
                       前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間                 差額
                                711,897             2,158,783          1,446,885
        売上収益
                                599,643             1,845,173          1,245,530
        売上総利益
        営業利益(△損失)                       △144,349               239,566          383,915
        四半期利益(△損失)                       △209,395               △6,203          203,192
       売上収益及び売上総利益

        当第2四半期連結累計期間において、売上収益は前年同期比約203.                                2 %増加の    2,158,   783  千円となりました。利益
       率は改善し、当第2四半期連結累計期間の売上総利益は、前年同期比約                                  207.  7 %増加の1,845,173千円となりまし
       た。前年同期に比べたこの大幅な増加は、北京コンチネントにおける売上が増加したことと、当第2四半期連結累
       計期間においてBerkeley            Advanced     Biomaterials       LLC(BAB)の業績を取り込んだことによるものです。
       営業利益(損失)

        当第2四半期連結累計期間の営業利益は、前第2四半期連結累計期間の144,349千円の損失と比べ、383,915千円
       改善し、239,566千円の利益となりました。こ                     の営業利益の増加は、医薬品事業における売上総利益の増加と、医療
       機器事業の収益性によるものです。
       四半期利益(損失)

        当第2四半期連結累計期間の四半期                  損失  は、前第2四半期連結累計期間の209,395千円の損失と比べ、203,192千
       円改善し、6,      203  千円の損失となりました。この四半期損失の減少は、継続的な営業利益の改善によるものです。
                        販売費及び一般管理費並びに研究開発費

                                                      (単位:千円)
                         前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間                差額
                                 △676,809             △1,337,278         △660,468
        販売費及び一般管理費
         人件費                        △221,041              △648,937        △427,895
        研究開発費                         △104,456              △249,362        △144,906

        当第2四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は、前第2四半期連結累計期間に比べ660,468千円増加し、

       1,337,278千円となりました。これは、主に、アイスーリュイの販売関連費用に加え、BAB及びCullgenの費用が発生
       したことによるものです。研究開発費が前年同期に比べ増加したのは、主として、米国における                                             F351の臨床試験及
       び中国におけるアイスーリュイのCTD-ILDを適応症とする臨床試験を、それぞれ開始したことによるものです。
                             金融収益及び金融費用

                                                      (単位:千円)
                         前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間                差額
                                   17,573              13,424       △4,149
        金融収益
                                  △16,489              △188,586        △172,096
        金融費用
       金融収益

        当第2四半期連結累計期間の金融収益は、前第2四半期連結累計期間の                                  17,  573  千円と比べて、4,149千円減少し、
       13,  424  千円となりました。
                                  5/33


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
       金融費用
        当第2四半期連結累計期間の金融費用は、前第2四半期連結累計期間の16,489千円と比べて、172,096千円増加
       し、188,586千円となりました。この増加は、主として、現金支出を伴わない為替差損によるもので、外貨建ての資
       産及び負債の評価替えにより生じた正味の為替差損は、当第2四半期連結累計期間において171,844千円となりまし
       た。
      (2)財政状態に関する分析

                              連結財政状態
                                                      (単位:千円)
                        前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間                  差額
                             15,879,339              15,849,166            △30,173
        資産合計
                             2,397,474              2,418,296             20,821
        負債合計
                             13,481,864              13,430,870            △50,994
        資本合計
       資産合計

        当第2四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べて                                      30,  173  千円減少し、1       5,849,   166  千
       円となりました。
       負債合計

        当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べて20,821千円増加し、2,418,296千円
       となりました。
       資本合計

        当第2四半期連結会計期間末における資本合計は、前連結会計年度末に比べて50,                                       994  千円減少し、13,430,          870  千
       円となりました。
                           連結キャッシュ・フロー

                                                      (単位:千円)
                          前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間                差額
                                  △221,066              139,275        360,342
        営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  △341,445             △356,198         △14,752
        投資活動によるキャッシュ・フロー
        財務活動によるキャッシュ・フロー                          6,602,648              △73,432       △6,676,080
       営業活動によるキャッシュ・フロー

        当第2四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローの収入は、前第2四半期連結累計期間の221                                                   , 066
       千円の支出と比べて360,           342  千円増加し、139,        275  千円となりました。主な収入は、税引前四半期利益64,404千円並
       びに営業債務及びその他の債務の増加による資金の増加42,663千円であります。
       投資活動によるキャッシュ・フロー

        当第2四半期連結累計期間の投資活動によるキャッシュ・フローの支出は、前第2四半期連結累計期間の                                                  341,  445
       千円  の支出   と比べて14,      752  千円増加し、356,        198  千円となりました。主な支出は、有形固定資産の取得による支出の
       312,613千円であります。
       財務活動によるキャッシュ・フロー

        当第2四半期連結累計期間の財務活動によるキャッシュ・フローの支出は、前第2四半期連結累計期間の
       6,602   , 648  千円の収入と比べて6,676,            080  千円増加し、73,        432  千円となりました。主な支出は、長期借入金の返済に
       よる支出の378,409千円であります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

                                  6/33


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありませ
       ん。また新たに生じた課題はありません。
      (4)研究開発活動

        当社は、当第2四半期連結累計期間において、当社子会社Cullgenを設立し、研究開発部門を強化いたしました。

       また、F351については、中国では第2相臨床試験を継続して行い、米国では第1相臨床試験を開始しました。また、
       アイスーリュイのCTD-ILDを適応症とする第3相臨床試験を開始したほか、糖尿病腎症(DN)を適応症とする第2相
       臨床試験の準備を継続して行いました。これらの結果、研究開発費の総額は、249,362千円となりました。
       〔創薬〕

        Cullgenは、新しい創薬基盤技術であるuSMITE™(ユビキチン化を介した                                  低分子標的タンパク質分解誘導技術                 )を活

       用した、がん、炎症性疾患及び自己免疫疾患の新規治療における画期的な新規化合物を開発する目的で設立されまし
       た。その試みのため、          当社グループ      は、ユビキチン分野の優れた専門家であるノースカロライナ大学生化学・生物物
       理学ウィリアム・R・ケナン講座教授のYue                    Xiong博士と、マウント・サイナイ医科大学薬理科学教授のJian                              Jin博士
       を共同創業者に迎えました。
        ユビキチン化を介した          低分子標的タンパク質分解誘導技術                 は、標的タンパク質が原因となる疾患治療における低分

       子医薬品開発の新戦略として位置づけられています。Cullgenは、不要であったり、破損したりしているタンパク質
       を分解・破壊する        ユビキチン     ・プロテオソーム系の機能を利用した新薬開発を目指しております。Cullgenが追及す
       る技術においては、E3リガーゼを介した分解誘導のため、特定のタンパク質が標的にされています。E3リガーゼは、
       標的タンパク質、その他タンパク質及び                   ユビキチン     と複合体を構成し、その後、             ユビキチン     が標的タンパク質をプロ
       テオソームに誘導し、分解に導きます。疾患に関連する既知のタンパク質を                                   ユビキチン     と共に標的にすることで、細
       胞自身の処理機能をその疾患の治療に利用することを考えています。低分子の酵素阻害剤は、酵素の活性部位に正確
       に適合しなければ機能しない上、その後、耐性が生じる可能性もありますが、それとは異なり、E3リガーゼを活用し
       た ユビキチン     ・プロテオソーム系を基礎とするシステムは、標的タンパク質の特定部位に適合することなく、従来、
       創薬ターゲットにできなかった酵素やタンパク質を含めたより広範なタンパク質を標的にすることができます。
        Cullgenは、2018年1月に設立されて以来急速に成長し、米国と中国に拠点を置く一流の研究開発チームを保有す

       るに至っており、当チームでは、従来の方法に比べコスト効率や作業効率の高い新しい創薬基盤技術である                                                  uSMITE™
       を用いた新規化合物の開発に焦点を当てております。
       〔臨床試験〕

       ■アイスーリュイ〔中国語:艾思瑞                 、英語:Etuary        (一般名:ピルフェニドン)〕

                       ®        ®
        放射線性肺炎(RP)
         当社グループは、アイスーリュイの2番目の適応症として、RP治療薬の第3相臨床試験前パイロット試験を実施
        しております。これは、反復投与、多施設でのオープン試験を行うもので、2018年6月末現在、10の施設で11人の
        被験者登録が行われています。被験者登録は、2019年の年末までに終了する見込みです。
        糖尿病腎症(DN)

         DNは、Ⅰ型糖尿病又はⅡ型糖尿病により引き起こされる慢性腎臓病です。統計によれば、中国では、糖尿病の有
        病者が9,240万人に達すると報告されており、Ⅰ型又はⅡ型糖尿病患者の20~30%が腎疾患を引き起こすとされて
        います。2016年8月、当社グループは、CFDAより、DN治療薬のIND申請に対する承認を取得し、DNに関し第2相臨
        床試験を直ちに開始することが認められました。当第2相臨床試験は、治験実施予定施設の改築完了をもって開始
        する予定ですが、その時期は2019年の第1四半期を見込んでおります。
        結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)

         CTD-ILDとは、結合組織疾患(CTD)を持つ患者様の肺が、炎症及び線維症、又はいずれか一方の症状を引き起こ
        す状態のことを指しますが、2016年9月、当社グループは、アイスーリュイの4番目の適応症としてのCTD-ILD治
        療薬のIND申請に対する承認をCFDAより取得しました。同承認により、当社グループは、CTD-ILDの2つの適応症で
        ある全身性強皮症(強皮症)及び皮膚筋炎(DM)に関し、第3相臨床試験を直ちに開始することが認められまし
        た。2018年6月、当社グループは、強皮症とDMに関する第3相臨床試験において、最初の患者様が被験者登録され
        たことを発表いたしました。本試験は無作為、二重盲検、プラセボ・コントロール、52週間の試験です。強皮症に
                                  7/33


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        関しては144名、DMに関しては152名の被験者が参加する予定で、2019年半ばまでに被験者登録が完了する見込みで
        す。2018年6月末現在、強皮症に関しては1人、DMに関しては3人の被験者登録が行われています。
       ■F351(肝線維症等治療薬)

         F351(一般名:ヒドロニドン)は、当社グループのパイプラインの中でも重要な創薬候補化合物で、臨床開発活
        動を世界の主要医薬品市場で展開する当社戦略に必要不可欠なものです。F351は、アイスーリュイの誘導体である
        新規開発化合物であり、内臓の線維化に重要な役割を果たす肝星細胞の増殖及びTGF-β伝達経路の両方の阻害剤で
        す。当社グループは中国、日本、豪州、カナダ、米国及び欧州各国を含む主要な国でのF351の特許権を保有してお
        ります。
        中国 - 当社グループは、中国において、F351の肝線維症治療薬としての第2相臨床試験を行っておりますが、

             これは、慢性B型肝炎ウイルス感染による肝線維症の治療におけるF351の安全性及び有効性を検証するも
             ので、中国全土のクラスAAAの13の病院が参加し、最大240人の被験者に対して、無作為、二重盲検、プ
             ラセボ・コントロール、反復投与、多施設での試験を行うものです。2018年6月末日現在、複数の施設
             で、174人の被験者登録が行われています。現在、当試験の中間結果について、独立データモニタリング
             委員会による解析が行われております。中間解析の結果が判明次第、当委員会より当社に対して報告が
             なされる見込みです。
        米国 - 2017年9月29日、当社の100%子会社である                         GNI  USA,   Inc.   (GNI   USA)  が、肝線維症治療薬としてのF351

             の米国におけるIND申請に対して、米国食品医薬品局より、第1相臨床試験開始の承認を取得いたしまし
             た。当第2四半期連結累計期間において、GNI                      USAは、    オープン試験で、単回投与及び反復投与の                    第1相
             臨床試験を、米国において開始しました。本試験の主目的は、中国において先に実施された第1相臨床
             試験結果を補完するため、多人種においてF351の安全性、忍容性及び薬物動態を確認することです。
       ■タミバロテン(急性前骨髄球性白血病(APL)治療薬)

         タミバロテンは、APL治療薬です。APLは、急性骨髄白血病の一種で、前骨髄球が「がん化」する白血病です。                                                    共
        同開発者である東光薬品工業株式会社と当社子会社のGNI-EPS                             (HONG   KONG)   HOLDINGS     LIMITEDは、2015年10月に、
        アムノレイク®錠2mg(一般名:タミバロテン)を、輸入薬としてCFDAに登録申請を行いました。その後、書類審査
        や治験施設においてのGCP適応審査などが行われ、総合審査前の段階にあります。今後は専門部会などにおいての
        最終判断が行われることが予想されます。
       ■F573(急性肝不全・慢性肝不全急性時(ACLF)治療薬)

         急性肝不全・ACLF治療薬           F573は、アイスーリュイ及びF351に続く3つ目の新規開発化合物で、当社グループは、
        2011年7月にCFDAにIND申請を提出しました。F573は、ジペプチド化合物で、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイル
        ス、アルコール性肝硬変に起因する重症肝炎と関連した、細胞死や炎症反応をもたらす酵素の一種であるカスパー
        ゼを阻害する可能性を持つものです。F573は、米国企業EpiCept                                 Corporation(現Immune            Pharmaceuticals,
        Inc.)からライセンス供与を受けたものであり、当社グループは、アジアにおいて、中国、日本、豪州及びニュー
        ジーランド他の権利を保有し、更には、その他の地域の権利も取得できる優先権も保有しております。2018年4
        月、当社グループは、CFDAより、F573の                   急性肝不全・ACLF治療薬           としてのIND申請に対する承認を取得しました。
        本承認は、第1相臨床試験の結果が良好であった場合、第2相臨床試験も行うことができる内容となっており、当
        社は、第1相臨床        試験  開始に当たって、        治験施設の選定を含めた準備を行っております。
       ■その他

         以上のパイプラインの他、2015年12月には、当社の連結子会社である北京コンチネントが、酪酸ヒドロコルチゾ
        ンの温度により制御されるフォーム製剤(外用薬)のIND申請書を北京市食品薬品監督管理局(北京FDA)に提出
        し、受理されております。当フォーム製剤は、湿疹、乾癬、接触性皮膚炎等の外用薬として、北京コンチネントと
        GENEPHARM     Biotech    Corp.(台湾企業)により共同開発されたものです。当初提出したフォーム製剤に関するIND申
        請に一部データが不足していたため、北京コンチネントは、再提出に向けた当該データの準備を行っております。
                                  8/33




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                      243,527,000
                 普通株式
                                                      243,527,000
                  計
     (注)2018年3月29日開催の第17期定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。これによ
        り、株式併合の効力発生日(2018年7月1日)をもって、発行可能株式総数は213,527,000株減少し、30,000,000
        株となっております。
        ②【発行済株式】

                第2四半期会計期間
                                      上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
                末現在発行数(株)
         種類                             名又は登録認可金融               内容
                           (2018年8月14日)
                (2018年6月30日)                      商品取引業協会名
                                       東京証券取引所
                   135,070,831            13,507,083
        普通株式                                         単元株式数100株
                                        (マザーズ)
         計          135,070,831            13,507,083           -            -
     (注)1.提出日現在発行数には、2018年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
          た株式数は、含まれておりません。
        2.2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発行済株式総
          数は121,563,748株減少し、13,507,083株となっております。
        3.  2018年3月29日開催の第17期定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。これ
          により、株式併合の効力発生日(2018年7月1日)をもって、単元株式数が1,000株から100株に変更となって
          おります。
       (2)【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

              発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高        資本準備金       資本準備金残高

        年月日
              増減数(株)        残高(株)        (千円)        (千円)      増減額(千円)         (千円)
     2018年4月1日~

                 270,000      135,070,831          8,370      10,289,371          8,370      10,249,371
     2018年6月30日
     (注)1.
     2018年5月6日
                    -   135,070,831       △ 3,389,610        6,899,760      △3,389,610         6,859,760
     (注)2.
     (注)1.     新株予約権の行使による増加であります。
        2.  会社法第447条第1項及び第448条第1項の規定に基づき、資本金及び資本準備金の額を減少し、その他資本剰
          余金に振替えたものです。
        3.  2018年3月29日開催の第17期定時株主総会決議により、                          2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で
          株式併合を行い、発行済株式総数は121,563,748株減少し、13,507,083株となっております。
                                  9/33



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2018年6月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
                       SHANGHAI     P.R.   CHINA                4,679,048            3.46

     イン・ルオ
                       東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番1
     日本証券金融株式会社                                         2,598,000            1.92
                       0号
                                               930,000           0.68
     森田 政廣                  長野県伊那市
                                               880,000           0.65
     須藤 一彦                  東京都東村山市
                                               784,000           0.58
     松井証券株式会社                  東京都千代田区麹町1丁目4番地
                                               733,000           0.54
     大和証券株式会社                  東京都千代田区丸の内1丁目9番1号
                                               700,000           0.51
     八木 大輔                  群馬県太田市
                                               674,000           0.49
     高田 篤史                  山口県下関市
                                               650,000           0.48
     鶴田 昭彦                  神奈川県横浜市港南区
     野村信託銀行株式会社(投信口)                                          640,000           0.47
                       東京都千代田区大手町2丁目2番2号
                                -              13,268,048            9.82
             計
     (注)1.発行済株式総数に対する所有株式数の割合は、自己株式を含む発行済株式の総数に対する割合として算出して
          おります。
        2.  2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりますが、上記所有株式数について
          は、当該株式併合前の所有株式数を記載しております。
                                 10/33












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年6月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                        (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                            普通株式3,000
     完全議決権株式(その他)                    普通株式134,962,000                   134,962          -
                           普通株式105,831              -            -

     単元未満株式数
                             135,070,831            -            -
     発行済株式総数
                             -               134,962          -
     総株主の議決権
     (注)1.     2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発行済株式総
          数は121,563,748株減少し、13,507,083株となっております。
        2.  2018年3月29日開催の第17期定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。これ
          により、株式併合の効力発生日(2018年7月1日)をもって、単元株式数が1,000株から100株に変更となって
          おります。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年6月30日現在
                                                      発行済株式総
                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都中央区日本橋本町
                                    3,000         -     3,000        0.00
     株式会社
                   二丁目2番2号
     ジーエヌアイグループ
                        -           3,000         -     3,000        0.00
           計
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 11/33








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年4月1日から2018
       年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年6月30日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                 12/33

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間

                          注記
                                (2017年12月31日)                  (2018年6月30日)
                          番号
     資産
      非流動資産
                                      1,460,823
       有形固定資産                                                1,708,150
                                      5,159,618
       のれん                    7                            5,169,282
                                      1,887,352
       その他の無形資産                                                1,842,488
                                       16,144
       繰延税金資産                                                  27,331
                                       382,460
       その他の金融資産                    8                             373,232
                                       421,410
                                                        401,546
       その他の非流動資産
                                      9,327,809
       非流動資産 合計                                                9,522,031
      流動資産

                                       637,687
       棚卸資産                                                 693,131
                                       736,974
       営業債権及びその他の債権                                                 732,939
       その他の金融資産                    8            899,641                  867,108
                                       84,476
       その他の流動資産                                                 116,701
                                      4,192,749
                                                       3,917,253
       現金及び現金同等物
                                      6,551,529
       流動資産 合計                                                6,327,134
                                     15,879,339
                                                       15,849,166
      資産 合計
     負債及び資本

      非流動負債
                                       479,418
       借入金                    8                             658,350
                                       392,657
       繰延税金負債                                                 376,958
                                       38,140
                                                         63,808
       その他の非流動負債
                                       910,216
       非流動負債 合計                                                1,099,117
      流動負債

                                       142,091
       営業債務及びその他の債務                                                 181,122
                                       842,943
       借入金                    8                             612,501
                                       92,603
       未払法人所得税                                                  23,378
                                       409,620
                                                        502,175
       その他の流動負債
                                      1,487,258
       流動負債 合計                                                1,319,178
                                      2,397,474
      負債 合計                                                 2,418,296
      資本

                                     10,267,609
       資本金                    13                            6,899,760
                                      9,850,503
       資本剰余金                   12,13                             5,970,009
                                        △325
       自己株式                                                  △325
       利益剰余金                    13          △8,525,835                  △1,922,757
                                       126,802
                                                        144,745
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する部分合計                              11,718,754                  11,091,432
                                      1,763,109
                                                       2,339,437
       非支配持分                    12
                                     13,481,864
       資本 合計                                               13,430,870
                                     15,879,339
                                                       15,849,166
      資本及び負債の合計
                                 13/33



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                     (単位:千円)
                                前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間

                            注記
                                (自 2017年1月1日                (自 2018年1月1日
                            番号
                                 至 2017年6月30日)                至 2018年6月30日)
     売上収益                        10           711,897               2,158,783
                                       △112,254                △313,609
     売上原価
     売上総利益                        10
                                        599,643               1,845,173
      販売費及び一般管理費                                 △676,809               △1,337,278

      研究開発費                                 △104,456                △249,362
      その他の収益                                  50,508                14,512
                                        △13,234                △33,478
      その他の費用
     営業利益(△損失)
                                       △144,349                 239,566
      金融収益                                  17,573                13,424

      金融費用                       11           △16,489                △188,586
      持分法による投資利益(△損失)                                 △33,905                   -
     税引前四半期利益(△損失)
                                       △177,170                  64,404
      法人所得税費用                                 △32,225                △70,608
     四半期利益(△損失)                                  △209,395                 △6,203
     四半期利益(△損失)の帰属

      親会社の所有者                                 △221,666                △176,143
      非支配持分                                  12,270                169,940
     1株当たり四半期利益(△損失)

                             9
      基本的1株当たり四半期利益(円)
                                        △19.04                △13.06
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                                           -                -
                                 14/33










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
         【第2四半期連結会計期間】
                                                     (単位:千円)
                                前第2四半期連結会計期間                当第2四半期連結会計期間

                            注記
                                (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                            番号
                                 至 2017年6月30日)                至 2018年6月30日)
     売上収益                                   361,689               1,146,435
                                        △48,470                △173,048
     売上原価
     売上総利益
                                        313,219                973,387
      販売費及び一般管理費                                 △372,728                △670,206

      研究開発費                                 △48,287                △158,610
      その他の収益                                  47,419                10,080
                                        △7,857                △21,212
      その他の費用
     営業利益(△損失)
                                        △68,233                 133,438
      金融収益                                  12,768                162,051

      金融費用                                  47,996                △8,115
      持分法による投資利益(△損失)                                 △20,049                   -
     税引前四半期利益(△損失)
                                        △27,518                 287,374
      法人所得税費用                                  △7,729                △33,447
     四半期利益(△損失)                                  △35,247                 253,927
     四半期利益(△損失)の帰属

      親会社の所有者                                 △44,601                 163,514
      非支配持分                                   9,353                90,413
     1株当たり四半期利益(△損失)

                             9
      基本的1株当たり四半期利益(円)
                                         △3.76                 12.11
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                                           -               11.94
                                 15/33










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                     (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間

                               (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                                至 2017年6月30日)                  至 2018年6月30日)
     四半期利益(△損失)
                                      △209,395                   △6,203
     その他の包括利益

      純損益にその後に振替えられる可能性の
      ある項目
                                       20,652                  19,956
       在外営業活動体の換算差額
       その他の包括利益合計                                20,652                  19,956
                                      △188,743                   13,752
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                               △154,881                  △142,432
      非支配持分                                △33,861                  156,185
                                 16/33














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
         【第2四半期連結会計期間】
                                                     (単位:千円)
                              前第2四半期連結会計期間                  当第2四半期連結会計期間

                               (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                                至 2017年6月30日)                  至 2018年6月30日)
     四半期利益(△損失)
                                      △35,247                  253,927
     その他の包括利益

      純損益にその後に振替えられる可能性の
      ある項目
                                       34,100                 135,264
       在外営業活動体の換算差額
       その他の包括利益合計                                34,100                 135,264
                                       △1,147                  389,191
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                △14,667                  234,996
      非支配持分                                 13,520                 154,195
                                 17/33















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第2四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年6月30日)
                                                      (単位:千円)
                                 親会社の所有者に帰属する部分
                注記                               その他の資本の構成要素
                番号
                    資本金     資本剰余金      自己株式      利益剰余金
                                                 在外営業活動
                                           新株予約権             合計
                                                 体の換算差額
     2017年1月1日残高               5,840,152      5,704,300        △253   △8,350,628        86,895     △19,416       67,478
      四半期利益(△損失)                 -      -      -   △221,666         -      -      -
      その他の包括利益
                       -      -      -      -      -    66,785      66,785
     四半期包括利益合計                  -      -      -   △221,666         -    66,785      66,785
       支配継続子会社に対
                12       -   △245,322         -      -      -    2,429      2,429
       する持分の変動
       新株の発行             3,220,715      3,220,715         -      -   △16,799         -   △16,799
       株式発行費用                -   △7,316         -      -      -      -      -
     所有者との取引額合計               3,220,715      2,968,076         -      -   △16,799       2,429     △14,369
     2017年6月30日残高               9,060,868      8,672,377        △253   △8,572,294        70,096      49,797      119,894
                   親会社の所有

                   者に帰属する
                         非支配持分      資本合計
                   部分
                    合計
     2017年1月1日残高               3,621,049      1,272,020      4,533,069
      四半期利益(△損失)              △221,666       12,270     △209,395
      その他の包括利益               66,785     △46,132       20,652
     四半期包括利益合計               △154,881      △33,861      △188,743
       支配継続子会社に対
                12    △242,892      △404,344      △647,237
       する持分の変動
       新株の発行             6,424,632         -   6,424,632
       株式発行費用              △7,316         -   △7,316
     所有者との取引額合計               6,174,423      △404,344      5,770,078
     2017年6月30日残高               9,280,590       833,813     10,114,404
                                 18/33









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
           当第2四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年6月30日)
                                                      (単位:千円)
                                 親会社の所有者に帰属する部分
                                              その他の資本の構成要素
                注記
                番号
                    資本金     資本剰余金      自己株式      利益剰余金
                                                 在外営業活動
                                           新株予約権             合計
                                                 体の換算差額
     2018年1月1日残高
                   10,267,609      9,850,503        △325   △8,525,835        55,846      70,956      126,802
      四半期利益(△損失)                 -      -      -   △176,143         -      -      -
      その他の包括利益                 -      -      -      -      -    33,711      33,711
     四半期包括利益合計                  -      -      -   △176,143         -    33,711      33,711
       支配継続子会社に対
                12       -   △512,646         -      -      -      -      -
       する持分の変動
       分配金の支払

                       -      -      -      -      -      -      -
       新株の発行              21,762      21,762        -      -   △15,723         -   △15,723

       新株予約権の戻入
                       -      -      -      -     △45       -     △45
                13
       減資            △3,389,610      △3,389,610          -   6,779,221         -      -      -
     所有者との取引額合計              △3,367,848      △3,880,494          -   6,779,221      △15,768         -   △15,768
     2018年6月30日残高               6,899,760      5,970,009        △325   △1,922,757        40,077      104,667      144,745
                   親会社の所有

                   者に帰属する
                         非支配持分      資本合計
                   部分
                    合計
     2018年1月1日残高              11,718,754       1,763,109      13,481,864
      四半期利益(△損失)              △176,143       169,940      △6,203
      その他の包括利益
                     33,711     △13,754       19,956
     四半期包括利益合計               △142,432       156,185      13,752
       支配継続子会社に対
                12    △512,646       517,972       5,326
       する持分の変動
       分配金の支払                -   △97,830      △97,830

       新株の発行              27,802        -    27,802

       新株予約権の戻入               △45       -     △45
                13
       減資                -      -      -
     所有者との取引額合計               △484,889       420,142      △64,747
     2018年6月30日残高              11,091,432       2,339,437      13,430,870
                                 19/33







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間

                          注記
                               (自 2017年1月1日                  (自 2018年1月1日
                          番号
                                至 2017年6月30日)                  至 2018年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益(△損失)                               △177,170                   64,404
                                       24,056                  73,426
      減価償却費
                                      △568,839                  △10,427
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                       513,237                  42,663
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                      △21,748                  △74,831
      棚卸資産の増減額
                                       45,517                 136,702
      金融収益及び金融費用
                                       33,905                    -
      持分法による投資損失
                                       21,739                  41,761
      その他
                                      △129,303                   273,699
       小計
      利息の受取額                                  2,171                  5,279
                                      △15,379                  △16,334
      利息の支払額
                                      △78,554                 △123,368
      法人所得税の支払額
                                      △221,066                   139,275
      営業活動による正味キャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                      △208,268                     -
      定期預金の預入による支出
                                      △49,823                 △312,613
      有形固定資産の取得による支出                     14
                                       △4,054                 △33,734
      無形資産の取得による支出
                                      △82,667                  △12,007
      長期前払費用の取得による支出
                                        △24                △1,344
      差入保証金・敷金の増加による支出
                                         -                 109
      差入保証金・敷金の減少による収入
                                        3,393                  3,393
      貸付金の回収による収入
                                      △341,445                  △356,198
      投資活動による正味キャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                                       149,140                    -
      短期借入金増減額
                                       △3,099                 △378,409
      長期借入金の返済による支出
                                       197,056                  375,005
      長期借入による収入                     8
      新株予約権の行使による株式の発行によ
                                      6,397,291                   27,802
      る収入
                                       25,160                    -
      新株予約権の発行による収入
                                         -              △97,830
      非支配持分への分配金の支払による支出
      連結の範囲の変更を伴わない非支配持分
                                      △162,900                     -
      の取得による支出
                                      6,602,648                  △73,432
      財務活動による正味キャッシュ・フロー
                                      △18,246                   14,858

      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                      6,021,890                  △275,496
      現金及び現金同等物の増減額
                                      2,599,131                  4,192,749
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      8,621,022                  3,917,253
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 20/33




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社ジーエヌアイグループ(以下、「当社」という。)は日本国に所在する株式会社です。登記されてい
         る事務所の住所及び事業の主たる場所は、東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号です。当社及びその子会社
         (以下、「当社グループ」という。)は医薬品関連事業及び医療機器関連事業を行っております。
          当社の連結子会社である上海ジェノミクス有限公司、GNI-EPS(HONG                                 KONG)HOLDINGS        LIMITED、GNI-EPS
         Pharmaceuticals,         Inc.、北京コンチネント薬業有限公司並びに上海ジェノミクステクノロジー有限公司は、中
         国における臨床試験、医薬品の開発並びに製造販売、抗体製造販売、創薬関連の研究受託等の医薬品関連事業を
         行っております。米国においては、連結子会社のCullgen                           Inc.が医薬品開発を行っております。
          当社の連結子会社であるBerkeley                 Advanced     Biomaterials       LLC(BAB)は、生体材料を含む医療機器の開発、
         製造及び販売等の医療機器関連事業を行っております。
          当社グループの2018年6月30日に終了する連結会計年度の本要約四半期連結財務諸表は、2018年8月13日に取
         締役代表執行役社長兼CEOイン・ルオ及び取締役代表執行役CFOトーマス・イーストリングによって承認されてお
         ります。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しており
          ます。
           当社グループは、「四半期連結財務諸表の用語、株式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64
          号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、同第93条の規定を適
          用しております。
           本要約四半期連結財務諸表には年次の連結財務諸表で要求される全ての情報が含まれていないため、2017年
          12月31日に終了した連結会計年度の当社グループの連結財務諸表と併せて利用されるべきものです。
         (2)測定の基礎

           当要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている金融商品を除き、取得原価を基礎として作成して
          おります。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未満を切り捨てて
          表示しております。
        3.重要な会計方針

          本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度の連結財務諸表
         において適用した会計方針と同一です。
          なお、当第2四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
          また、当社グループは、2018年1月1日より、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を適用しておりま

         す。IFRS第15号の適用にあたっては、経過措置として認められている本基準の適用による累積的影響を適用開始
         日に認識する方法を採用しております。
          IFRS第15号に従い、以下の5つのステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する
           ステップ2:契約における履行義務を識別する
           ステップ3:取引価格を算定する
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
           ステップ5:企業の履行義務の充足時に収益を認識する
          当社グループは、医薬品及び医療機器の販売を行っております。このような販売については、顧客への製品を
         引き渡した時点で、製品への支配が顧客に移転し、一時点で履行義務が充足されることから、当該時点で収益を
         認識しております。
          製品の販売から生じる収益は、販売契約における対価から販売数量や販売金額に基づくリベートや値引きなど
         を控除した金額で算定しております。
          製品の販売契約における対価は、顧客へ製品を引き渡した時点から主として1年以内に受領しております。な
         お、重大な金融要素は含んでおりません。
                                 21/33


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
          上記5つのステップアプローチに基づき、顧客との契約における履行義務の識別を行った結果、従前の会計基
         準を適用した場合と比較して、当第2四半期連結累計期間の要約四半期連結損益計算書において、売上収益、売
         上原価、営業利益及び四半期利益に与える影響はありません。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          要約四半期連結財務諸表の作成に当たり、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告
         額に影響を及ぼす見積り、判断及び仮定の設定を行っております。
          会計上の見積りの結果は、その性質上、実際の結果とは異なる可能性があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直され、会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見
         直した会計期間と将来の会計期間において認識されます。
          本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り、判断及び仮定の設定は、原則として前連結会
         計年度に係る連結財務諸表と同様です。
        5.連結範囲の変更

          2018年1月12日に、米国において新しい創薬基盤を構築することを目的として、当社子会社Cullgen                                               Inc.を設
         立したため、連結の範囲に含めております。
        6.事業セグメント

         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であ
          り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているも
          のであります。
           当社グループは、前連結会計年度におけるBABの買収により、従来の創薬及び製造販売事業である医薬品事
          業に加えて、医療機器事業も展開することになりました。医薬品事業では、医薬品の研究開発、製造、販売及
          び受託研究などを行っており、医療機器事業では、生体材料を含む医療機器の研究開発、製造及び販売を行っ
          ております。
           また、医療機器事業を当社グループの事業に加えたことにより、グループの資源配分や業績評価などの管理
          手法の変更を行うとともに、前連結会計年度において、各地域を一体として経営判断を行うため、当社グルー
          プの報告セグメントの見直しを行っております。この結果、報告セグメントを従来の地域別での「日本」、
          「中国」及び「米国」の3区分から、事業別による「医薬品事業」及び「医療機器事業」の2区分に変更して
          おります。
           上記のように決定された各報告セグメントの主要製品は、以下のとおりであります。
     報告セグメント                         会社名                       主要製品
             株式会社ジーエヌアイグループ、北京コンチネント薬業有限公司、
                                                  アイスーリュイ、医
             上海ジェノミクス有限公司、GNI-EPS(HONG                     KONG)HOLDINGS        LIMITED、GNI-
     医薬品事業                                             薬品開発、その他医
             EPS  Pharmaceuticals,         Inc.、上海ジェノミクステクノロジー有限公司、
                                                  薬品、試薬
             Shanghai     GEP  Pharmaceuticals,         Inc.、GNI     USA,   Inc.、Cullgen       Inc.
             Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLC
     医療機器事業                                             生体材料
                                 22/33







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
         (2)報告セグメントの売上収益及び損益
           当社グループの報告セグメント情報は以下のとおりです。各報告セグメントの会計方針は、3.重要な会計
          方針に記載のとおり、第1四半期連結会計期間よりIFRS第15号を適用しております。
           前第2四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年6月30日)

                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             調整額          連結
                 医薬品事業         医療機器事業           合計
      売上収益
      (1)外部顧客への
                    711,897            -      711,897            -      711,897
        売上収益
      (2)セグメント間
                       -         -         -         -         -
        の内部売上収
        益又は振替高
                    711,897            -      711,897            -      711,897
         計
      セグメント利益
                  △166,154             -     △166,154           21,804        △144,349
       (△損失)
                                                        17,573
                                              金融収益
                                                       △16,489
                                              金融費用
                                   持分法による投資利益(△損失)                    △33,905
                                     税引前四半期利益(△損失)                  △177,170
      (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替高は、独立企業間価格に基づいております。
         2 前連結会計年度において報告セグメントを変更したため、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報を修
           正再表示しております。
         3 セグメント利益(△損失)の調整額は、主に各報告セグメントに配分していない収益および費用でありま
           す。
         4 セグメント利益(△損失)は、要約四半期連結損益計算書の営業利益(△損失)を用いております。
           当第2四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年6月30日)

                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             調整額          連結
                 医薬品事業         医療機器事業           合計
      売上収益
      (1)外部顧客への
                  1,267,376          891,407        2,158,783             -     2,158,783
        売上収益
      (2)セグメント間
                       -         -         -         -         -
        の内部売上収
        益又は振替高
                  1,267,376          891,407        2,158,783             -     2,158,783
         計
      セグメント利益
                   △38,935          278,449         239,513            52      239,566
       (△損失)
                                              金融収益          13,424
                                                       △188,586

                                              金融費用
                                     税引前四半期利益(△損失)                   64,404
      (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替高は、独立企業間価格に基づいております。
         2 セグメント利益(△損失)の調整額は、主に各報告セグメントに配分していない収益および費用でありま
           す。
         3 セグメント利益(△損失)は、要約四半期連結損益計算書の営業利益(△損失)を用いております。
                                 23/33



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
     7.企業結合
       当第2四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年6月30日)
       Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLCの取得
        現金を支払対価とする持分取得により、Berkeley                         Advanced     Biomaterials       LLCは2017年7月31日に当社の連結子
       会社となっています。
        当第2四半期連結累計期間において、当該企業結合における取得日現在の取得した資産及び引き受けた負債の公

       正価値の測定に関して継続的に評価分析を行った結果、下記のとおり、取得した資産及び引き受けた負債の公正価
       値は確定しています。
                                               (単位:千円)
                                             取得日

                                          (2017年7月31日)
            取得対価                                     6,459,217
            被取得企業の非支配持分                                      677,382
            取得した資産及び引き受けた負債

             有形固定資産                                      542,933
             その他の無形資産                                     1,655,250

             棚卸資産                                      352,184

             現金及び現金同等物                                       55,175

             繰延税金負債                                     △347,602

             合計                                     2,257,940
            のれん                                     4,878,659

        前連結会計年度では一部の金額については暫定的な公正価値となっていましたが、当第2四半期連結会計期間に

       おいては支払対価の配分が完了しています。暫定的な公正価値が修正されず確定されたことに伴い、前連結会計年
       度の要約四半期連結財政状態計算書を遡及修正する必要はございません。
                                 24/33










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        8.金融商品の公正価値
         (1)金融商品の公正価値
           金融資産および負債の公正価値及び要約四半期連結財政状態計算書における帳簿価額は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                         前連結会計年度末                   当第2四半期連結会計期間

                         (2017年12月31日)                     (2018年6月30日)
                      帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値

     金融資産

                          25,357          24,655          26,478          25,842
       敷金保証金
                          43,543          45,257          40,149          39,059
       貸付金
                         320,346          320,346          301,653          301,653
       出資金
                         389,246          390,259          368,282          366,555
           計
     金融負債
                        1,322,362          1,353,739          1,270,851          1,222,128
       借入金
                        1,322,362          1,353,739          1,270,851          1,222,128
           計
         (2)公正価値の測定方法

           金融資産及び金融負債の公正価値は、以下のとおり算定しております。
          (敷金保証金及び貸付金)

           敷金保証金及び貸付金は契約ごとに分類し、その契約期間に応じて国債の利回り等適切な指標に信用リスク
          を加味した利率で割り引く方法により、公正価値を見積っております。
          (出資金)

           出資金は、非上場会社の持分であるため、純資産価値に基づき一定の調整を加える評価技法を用いておりま
          す。
          (借入金)

           短期借入金は、短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
           長期借入金は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法
          により、公正価値を見積っております。
           また、当第2四半期連結累計期間において、運転資金の調達のために、定期預金を担保にした合計375,005
          千円(金利2.8%)の長期借入を行っております。
          (上記以外の金融商品)

           上記以外の金融商品は主に短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
                                 25/33







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
          (3)公正価値ヒエラルキー
           金融商品の公正価値は、公正価値の測定に利用するインプットをもとに、それぞれのレベルを以下のように
          分類しております。
          レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)市場価格により測定された公正価値
          レベル2:レベル1以外の直接又は間接的に観察可能な指標を用いて測定された公正価値
          レベル3:重要な観察可能でない指標を用いて測定された公正価値
           公正価値の測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値の測定の全体において重要な最

          も低いレベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しております。公正価値ヒエラルキーのレベル
          間の振替は、各四半期の期首時点で発生したものとして認識しております。なお、前連結会計年度および当連
          結会計年度において、レベル1とレベル2の間における振替はありません。
          前連結会計年度(2017年12月31日)

                                                     (単位:千円)
                             レベル1         レベル2         レベル3         合計
           金融資産
            償却原価で測定される金融資産
             敷金保証金                      -      24,655           -      24,655
                                  -      45,257           -      45,257
             貸付金
            純損益を通じて公正価値で測定
            する金融資産
                                  -         -     320,346         320,346
             出資金
                                  -      69,912        320,346         390,259
                  計
           金融負債
            償却原価で測定される金融負債
                                  -    1,353,739             -    1,353,739
             借入金
                                  -    1,353,739             -    1,353,739
                  計
          当第2四半期連結会計期間(2018年6月30日)

                                                     (単位:千円)
                             レベル1         レベル2         レベル3         合計
           金融資産
            償却原価で測定される金融資産
             敷金保証金                      -      25,842           -      25,842
                                  -      39,059           -      39,059
             貸付金
            純損益を通じて公正価値で測定
            する金融資産
                                  -         -     301,653         301,653
             出資金
                                  -      64,901        301,653         366,555
                  計
           金融負債
            償却原価で測定される金融負債
                                  -    1,222,128             -    1,222,128
             借入金
                                  -    1,222,128             -    1,222,128
                  計
                                 26/33




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        9.1株当たり四半期利益
         (1)基本的1株当たり四半期利益
           各第2四半期連結累計期間における基本的1株当たり四半期利益(△損失)及びその算定上の基礎は、以下
          のとおりです。
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                                  (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                                   至 2017年6月30日)              至 2018年6月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(△損失)(千円)                                     △221,666             △176,143
     発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                    11,639,793             13,491,514

     基本的1株当たり四半期利益(△損失)(円)                                      △19.04             △13.06

           各第2四半期連結会計期間における基本的1株当たり四半期利益(△損失)及びその算定上の基礎は、以下

          のとおりです。
                                 前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間

                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2017年6月30日)              至 2018年6月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(△損失)(千円)                                    △44,601               163,514

     発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                   11,866,871              13,504,334

     基本的1株当たり四半期利益(△損失)(円)                                     △3.76               12.11

        (注)当社は、2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年
        度の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、「基本的1株当たり四半期利益(△損失)」を算定しておりま
        す。
         (2)希薄化後1株当たり四半期利益

          当社は、新株予約権を発行しており、その行使に伴い、当第2四半期連結累計期間においては、普通株式数が
         211,016株増加(前第2四半期連結累計期間は、468,150株増加)する可能性がありますが、希薄化効果を有して
         いないため、希薄化後1株当たりの四半期利益の計算は行っておりません。
          当第2四半期連結会計期間においては、普通株式数が187,417株増加(前第2四半期連結会計期間は、565,899
         株増加)する可能性があり、希薄化後1株当たりの四半期利益は11.94円となります。
          なお、当社は、2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計

         年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、「希薄化後1株当たり四半期利益(△損失)」を算定してお
         ります。
        10.売上収益及び売上総利益

          売上収益・地域別及び報告セグメント別の金額は以下のとおりです。
          当第2四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年6月30日)

                                                    (単位:千円)
                              報告セグメント
               地域                                     合計
                          医薬品事業           医療機器事業
          中国                    1,262,141               -          1,262,141

          日本                      5,234             -            5,234

          米国                        -        891,407              891,407

          合計                    1,267,376            891,407             2,158,783

          当第2四半期連結累計期間の売上収益2,158,783千円及び売上総利益1,845,173千円は、当社グループの中核的

         な医薬品であるアイスーリュイの中国IPF市場への浸透及びBABの買収に伴い、前第2四半期連結累計期間より、
         それぞれ1,446,885千円及び1,245,530千円増加となりました。
                                 27/33


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        11.金融費用
          当第2四半期連結累計期間における金融費用188,586千円には、主に支払利息と為替差損が含まれておりま
         す。為替差損は、主に外貨建預金の換算替えにより生じたものです。
        12.非支配持分の取得・支配継続子会社に対する持分の変動

          前第2四半期連結累計期間において、2017年2月10日に、当社は、当社グループの中国製薬事業のより一層の
         強化・拡大を図るため、北京コンチネント薬業有限公司の非支配持分株主に対して出資を6.3%払い戻しまし
         た。この結果、当社グループの同社に対する議決権比率は、56.5%に増加しました。出資の払い戻しの対価
         162,900千円と、出資の払い戻しに際して減少した非支配持分と在外営業活動体の換算差額の合計額94,289千円
         との差額である68,609千円を資本剰余金の減少として処理しております。
          当社は、2017年6月30日に、重要なパイプラインが進んでいる臨床実験への関与をより一層深めるために、
         GNI-EPS    (HONG   KONG)   HOLDINGS     LIMITEDの非支配持分株主から議決権の10.5%を取得し、当社グループの同社に
         対する議決権比率は80.02%に増加しました。追加出資の対価470,400千円と、それに伴い減少した非支配持分と
         在外営業活動体の換算差額の合計額320,863千円との差額である149,536千円を資本剰余金の減少として処理して
         おります。
          当第2四半期連結累計期間における主な変動は、2018年3月23日に、当社は、当社グループの創薬事業のより

         一層の強化・拡大を図るために、Cullgen                    Inc.を設立したのち、追加出資した結果、当社グループの同社に対す
         る議決権比率は、66.7%となりました。追加出資の金額は1,062,400千円であり、出資に伴って減少した非支配
         持分355,112千円を資本剰余金として処理しております。
          その後、2018年6月7日に、同社は当社グループに対して出資を16.7%払い戻し、当社グループの同社に対す
         る議決権比率は、50.0%に減少しました。出資の払い戻しに際して増加した非支配持分179,850千円と在外営業
         活動体の換算差額7,111千円との差額である172,739千円を資本剰余金として処理しております。
                                 28/33













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        13.資本金および資本準備金の額の減少並びに剰余金の処分
          当社は、2018年2月19日の取締役会において、2018年3月29日開催の第17期定時株主総会に、資本金及び資本
         準備金の額の減少並びに剰余金の処分について付議することを決議し、同定時株主総会で承認可決され、債権者
         異議手続き完了後の2018年5月6日をもって効力が発生しております。
         1.資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金処分の目的

          当社は、2017年12月期の単体決算において6,779,221,473円の繰越利益剰余金の欠損を計上しております。資
         金の有効活用と資本政策の機動性を促進すること、また課税標準を抑制することを目的として、会社法第447条
         第1項及び第448条第1項の規定に基づき資本金及び資本準備金の額の減少をし、会社法第452条の規定に基づき
         剰余金の処分を行うものです。
         2.資本金及び資本準備金の額の減少の要領

         (1)減少する資本金及び資本準備金の額
            資本金※                     10,267,609,152円のうち、3,389,610,737円
            資本準備金※                 10,227,609,149円のうち、3,389,610,736円
            ※資本金及び資本準備金は2017年12月31日現在の金額であります。
         (2)増加するその他資本剰余金の額
            その他資本剰余金             6,779,221,473円
         3.資本金及び資本準備金の額の減少の方法

          払い戻しを行わない無償減資とし、発行済株式数を変更せずに、資本金及び資本準備金の額を減少させ、その
         他資本剰余金に振り替えるものです。
         4.剰余金の処分の要領

          会社法第452条の規定に基づき、上記の効力が生じた後のその他資本剰余金6,779,221,473円全額を繰越利益剰
         余金に振り替え、欠損の填補に充当するものです。
         (1)減少するその他資本剰余金の額
            その他資本剰余金             6,779,221,473円
         (2)増加する繰越利益剰余金の額
            繰越利益剰余金               6,779,221,473円
         5.その他の重要な事項

          本件は、「純資産の部」における科目間の振替であり、当社の純資産の額の変動はなく、業績に与える影響は
         ございません。
        14.有形固定資産の取得による支出

          当第2四半期連結累計期間の有形固定資産の取得による支出312,613千円は、主に連結子会社北京コンチネン
         ト薬業有限公司が行った有形固定資産の取得によるものです。
                                 29/33








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
        15.重要な後発事象
         (株式併合及び単元株式数の変更等)
          当社は、2018年2月19日の取締役会において、2018年3月29日開催の第17期定時株主総会に、単元株式数の変
         更、株式併合及び定款の一部変更に関する議案を付議することを決議し、同定時株主総会で承認可決され、2018
         年7月1日をもってその効力が発生しております。
         1.単元株式数の変更

         (1)単元株式数の変更理由
          全国証券取引所は、「売買単位の集約に向けた行動計画」を公表し、2018年10月1日までにすべての国内上場
         会社の普通株式の売買単位を100株に集約することを目指しております。当社は、東京証券取引所に上場する企
         業として、この趣旨を尊重し、当社株式の売買単位である単元株式数を現在の1,000株から100株に変更いたしま
         した。
         (2)単元株式数の変更の内容

          普通株式の単元株式数を1,000株から100株に変更いたしました。
         2.株式併合

         (1)株式併合を行う理由
          上記「1.(1)単元株式数の変更理由」に記載のとおり、当社株式の単元株式数を変更するにあたり、当社
         株式の中長期的な株価変動、および証券取引所が望ましいとする水準等を勘案して、株式併合(10株を1株に併
         合)を実施しております。
         (2)株式併合の内容

          ①併合する株式の種類
           普通株式
          ②併合の方法・割合
            2018年7月1日をもって、同年6月30日(実質上6月29日)の最終株主名簿に記載された株主様の所有株
           式10株につき1株の割合で併合いたしました。
          ③減少する株式数
                                                134,744,831      株
           併合前の発行済株式総数(2017年12月31日現在)
                                                121,270,348      株
           併合により減少する株式数
                                                13,474,483      株
           併合後の発行済株式総数
              (注)「併合により減少する株式数」及び「併合後の発行済株式数」は、併合前の発行済
              株式総数及び併合割合に基づき算出した理論値です。
         (3)株式併合による影響等

          株式併合により、発行済株式総数が10分の1に減少いたしますが、純資産等に変動はなく、1株当たり親会社
         所有者帰属持分は10倍となるため、株式市況変動等の他の要因を除けば、当社株式の資産価値に変動はありませ
         ん。
         (4)株式併合により減少する株主数

           2017年12月31日現在の株主名簿に基づく株主構成は、次のとおりです。
           保有株式数                株主数(割合)                所有株式数(割合)
           総株主                  13,885    名  (100.0%)         134,744,831      株  (100.0%)

                              89  名     (0.0%)            220  株     (0.0%)

              10株未満
                            13,796    名  (100.0%)         134,744,611      株  (100.0%)
              10株以上
         (5)1株未満の端数が生じる場合の処理

          株式併合の結果、1株に満たない端数が生じた場合には、会社法の定めに基づき、当社が一括して処分し、そ
         の処分代金を端数が生じた株主様に対し、端数の割合に応じて分配いたします。
                                 30/33



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
         (6)効力発生日における発行可能株式総数
          本株式併合による発行済株式総数の減少に伴い、発行可能株式総数の適正化を図るため、効力発生日(2018年
         7月1日)をもって、下記のとおり発行可能株式総数を変更いたしました。
                                                243,527,000      株
           変更前の発行可能株式総数
                                                30,000,000      株
           変更後の発行可能株式総数(2018年7月1日付)
         3.定款の一部変更

         (1)定款の一部変更の理由
          上記「1.単元株式数の変更」および「2.株式併合」に伴い、現行定款第6条(発行可能株式総数)および
         現行定款第7条(単元株式数)を変更いたしました。
          なお、これらの変更については、2018年7月1日(本株式併合の効力発生日と同日)をもって効力を生じる旨
         の附則を設け、係る効力発生の時をもって当該附則を削除いたしました。
         (2)定款の一部変更の内容

          定款の変更内容は以下のとおりです。                               (下線部は変更部分を示します)
                    現 行                       変 更

           (発行可能株式総数)                       (発行可能株式総数)

           第6条       当会社の発行可能株式総数は、                  第6条       当会社の発行可能株式総数は、
               243,527,000株       とする。                 30,000,000株      とする。
           (単元株式数)                       (単元株式数)

           第7条     当会社の単元株式数は、           1,000株    とす    第7条     当会社の単元株式数は、           100株   とす
               る。                       る。
           (新設)                       附則

                                  第6条および第7条の変更は、2018年7月1
                                  日をもって効力を生じるものとし、本附則は
                                  効力発生後これを削除する。
         4.日程

           単元株式数の変更の効力発生日                                     2018年7月1日
           株式併合の効力発生日                                     2018年7月1日

           定款変更の効力発生日                                     2018年7月1日

              (注)上記のとおり、単元株式数の変更、株式併合及び定款一部変更の効力発生日は2018
              年7月1日ですが、株式売買後の振替手続きの関係により、東京証券取引所における売買
              単位が1,000株から100株に変更される日は、2018年6月27日となります。
         5.1株当たり情報に及ぼす影響

          当該株式併合が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の、1株当たり情報に及ぼす影響について
         は、要約四半期連結財務諸表注記の9.1株当たり四半期利益に記載されておりますので、ご参照ください。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 31/33





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 32/33




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年8月10日
     株式会社ジーエヌアイグループ
      取締役会 御中
                            EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士        宮入 正幸  ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士        矢崎 弘直  ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジーエヌ

     アイグループの2018年1月1日から2018年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年4月1日から
     2018年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年6月30日まで)に係る要約四半期連結財
     務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約
     四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期
     レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、株式会社ジーエヌアイグループ及び連結子会社の2018年6月30日現在の財政状態、同日をもって終了す
     る第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フロー
     の状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 33/33





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。