GLP投資法人 有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)

有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)

提出日:

提出者:GLP投資法人

カテゴリ:有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     【表紙】
      【提出書類】                有価証券届出書
      【提出先】                関東財務局長
      【提出日】                2018年8月13日
      【発行者名】                GLP投資法人
      【代表者の役職氏名】                執行役員  辰巳 洋治
      【本店の所在の場所】                東京都港区東新橋一丁目5番2号 汐留シティセンター
      【事務連絡者氏名】                GLPジャパン・アドバイザーズ株式会社
                      執行役員CFO       兼  経営企画部長 三木 久武
      【電話番号】                03-3289-9630(代表)
      【届出の対象とした募集                GLP投資法人
       (売出)内国投資証券に
       係る投資法人の名称】
      【届出の対象とした募集                形態:投資証券
       (売出)内国投資証券の              発行価額の総額:一般募集            31,305,852,936円
       形態及び金額】              売出価額の総額:オーバーアロットメントによる売出し
                                                   2,264,031,924円
                        (注1)発行価額の総額は、2018年8月3日(金)現在の株式会社東
                             京証券取引所における終値を基準として算出した見込額で
                             す。
                             但し、今回の募集の方法は、引受人が発行価額にて買取引
                             受けを行い、当該発行価額と異なる価額(発行価格)で一
                             般募集を行うため、一般募集における発行価格の総額は上
                             記の金額とは異なります。
                        (注2)売出価額の総額は、2018年8月3日(金)現在の株式会社東
                             京証券取引所における終値を基準として算出した見込額で
                             す。
      安定操作に関する事項                1.今回の募集及び売出しに伴い、本投資法人の発行する上場投資口に
                        ついて、市場価格の動向に応じ必要があるときは、金融商品取引法
                        施行令第20条第1項に規定する安定操作取引が行われる場合があり
                        ます。
                      2.上記の場合に安定操作取引が行われる取引所金融商品市場を開設す
                        る金融商品取引所は、株式会社東京証券取引所です。
      【縦覧に供する場所】                株式会社東京証券取引所
                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     第一部【証券情報】
     第1【内国投資証券(新投資口予約権証券及び投資法人債券を除く。)】
      1【募集内国投資証券】
       (1)【投資法人の名称】
           GLP投資法人(以下「本投資法人」といいます。)
           (英文ではGLP        J-REITと表示します。)
       (2)【内国投資証券の形態等】
           本書により募集又は売出しの対象とされる有価証券は、投資信託及び投資法人に関する法律
          (昭和26年法律第198号)(以下「投信法」といいます。)に従って設立された本投資法人の
          投資口(以下「本投資口」といいます。)です。本投資口は、社債、株式等の振替に関する法
          律(平成13年法律第75号)(以下「社債株式等振替法」といいます。)の規定の適用を受ける
          振替投資口であり、社債株式等振替法第227条第2項に基づき請求される場合を除き、本投資
          口を表示する投資証券を発行することができません。
           また、本投資口は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド
          型です。
           本投資口について、本投資法人の依頼により、信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に
          供された信用格付又は信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供される予定の信用格付は
          ありません。
           (注)投信法上、均等の割合的単位に細分化された投資法人の社員の地位を「投資口」といい、その保有者を「投資主」といい
             ます。本投資口を購入した投資家は、本投資法人の投資主となります。
       (3)【発行数】
           281,791口
           (注1)上記発行数は2018年8月13日(月)開催の本投資法人役員会決議により発行される、公募による新投資口発行の発行投資
              口総数411,013口の一部をなすものです。本「1 募集内国投資証券」に記載の募集(以下「国内一般募集」といいま
              す。)とは別に、米国、欧州及びアジアを中心とする海外市場(但し、米国においては1933年米国証券法に基づくルー
              ル144Aに従った適格機関投資家に対する販売に限ります。)における募集(以下「海外募集」といいます。)が行われ
              ます。
              なお、公募による新投資口発行に際しては、国内一般募集口数281,791口及び海外募集口数129,222口(海外引受会社
              (後記「第5 募集又は売出しに関する特別記載事項                     / 1 海外市場における本投資口の募集について」に定義されま
              す。以下同じです。)の買取引受けの対象口数120,768口及び海外引受会社に付与する追加的に発行する本投資口を買取
              る権利の対象口数8,454口)を目処に募集を行いますが、その最終的な内訳は、需要状況等を勘案した上で、発行価格等
              決定日(後記「(13)引受け等の概要」に定義されます。)に決定されます。
              海外募集等の内容につきましては、後記「第5 募集又は売出しに関する特別記載事項                                  / 1 海外市場における本投資
              口の募集について」をご参照ください。
           (注2)国内一般募集に当たり、その需要状況等を勘案した上で、国内一般募集の事務主幹事会社である野村證券株式会社が本
              投資法人の投資主から19,726口を上限として借入れる本投資口の日本国内における売出し(以下「オーバーアロットメ
              ントによる売出し」といいます。)を行う場合があります。
              オーバーアロットメントによる売出し等の内容につきましては、後記「第5 募集又は売出しに関する特別記載事項                                              /
              2 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
           (注3)国内一般募集、海外募集及びオーバーアロットメントによる売出しのジョイント・グローバル・コーディネーターは、
              シティグループ証券株式会社、みずほ証券株式会社、野村證券株式会社及びSMBC日興証券株式会社(英文名でのア
              ルファベット順)(以下「ジョイント・グローバル・コーディネーター」といいます。)です。
       (4)【発行価額の総額】
           31,305,852,936円
           (注)後記「(13)引受け等の概要」に記載のとおり、上記の発行価額の総額は、後記「(13)引受け等の概要」に記載の引受
             人(以下「引受人」といいます。)の買取引受けによる払込金額の総額です。発行価額の総額は、2018年8月3日(金)現
             在の株式会社東京証券取引所における終値を基準として算出した見込額です。
       (5)【発行価格】
           未定
           (注1)発行価格等決定日の株式会社東京証券取引所における終値(当日に終値のない場合は、その日に先立つ直近日の終値)
              から2018年8月期に係る1口当たりの予想分配金(予想利益超過分配金を含みません。)2,283円及び予想利益超過分配
              金300円を控除した金額に0.90~1.00を乗じた価格(1円未満端数切り捨て)を仮条件とします。
           (注2)日本証券業協会の定める有価証券の引受け等に関する規則第25条に規定される方式により、上記仮条件により需要状況
              等を勘案した上で、2018年8月21日(火)から2018年8月24日(金)までの間のいずれかの日(発行価格等決定日)に国内
              一般募集における価額(発行価格)を決定し、併せて発行価額(本投資法人が引受人より受け取る投資口1口当たりの
              払込金額)を決定します。
              今後、発行価格等(発行価格、発行価額、各引受人の引受投資口数、売出価格及び引受人の手取金をいいます。以下同
              じです。)が決定された場合は、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項(発行数(国内一般
              募集口数)、海外募集口数、海外引受会社の買取引受けの対象口数、海外引受会社に付与する追加的に発行する本投資
              口を買取る権利の対象口数、発行価額(国内一般募集における発行価額)の総額、海外募集における発行価額の総額、
              国内一般募集における手取金、海外募集における手取金上限、本件第三者割当(後記「第5 募集又は売出しに関する
              特別記載事項      / 2 オーバーアロットメントによる売出し等について」に定義されます。以下同じです。)による新投
              資口発行の手取金上限、オーバーアロットメントによる売出しの売出数及びオーバーアロットメントによる売出しの売
              出価額の総額をいいます。以下同じです。)について、目論見書の訂正事項分の交付に代えて、発行価格等決定日の翌
              日付の日本経済新聞及び発行価格等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出後から申込期間の末日までの期間
              中のインターネット上の本投資法人ウェブサイト([URL]http://www.glpjreit.com/)(以下「新聞等」と総称しま
              す。)において公表します。また、発行価格等が決定される前に有価証券届出書の記載内容について訂正が行われる場
                                   2/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
              合には、目論見書の訂正事項分が交付されます。しかしながら、発行価格等の決定に際し、発行価格等及び発行価格等
              の決定に伴い連動して訂正される事項以外の記載内容についての訂正が含まれる場合には、目論見書の訂正事項分が交
              付 され、新聞等による公表は行いません。
           (注3)後記「(13)引受け等の概要」に記載のとおり、発行価格と発行価額とは異なります。発行価格と発行価額との差額
              は、引受人の手取金となります。
       (6)【申込手数料】
           申込手数料はありません。
       (7)【申込単位】
           1口以上1口単位
       (8)【申込期間】
           2018年8月22日(水)から2018年8月23日(木)まで
           (注)申込期間については、上記のとおり内定していますが、発行価格等決定日において正式に決定する予定です。なお、上記
             申込期間については、需要状況等を勘案した上で繰り下げることがあります。当該需要状況等の把握期間は、2018年8月
             16日(木)から、最短で2018年8月21日(火)まで、最長で2018年8月24日(金)までを予定していますが、実際の発行価格等
             の決定期間は、2018年8月21日(火)から2018年8月24日(金)までを予定しています。
             したがいまして、
             ① 発行価格等決定日が2018年8月21日(火)の場合、申込期間は上記のとおり
             ② 発行価格等決定日が2018年8月22日(水)の場合、申込期間は「2018年8月23日(木)から2018年8月24日(金)
               まで」
             ③ 発行価格等決定日が2018年8月23日(木)の場合、申込期間は「2018年8月24日(金)から2018年8月27日(月)
               まで」
             ④ 発行価格等決定日が2018年8月24日(金)の場合、申込期間は「2018年8月27日(月)から2018年8月28日(火)
               まで」
             となりますのでご注意ください。
       (9)【申込証拠金】
           申込証拠金は、発行価格と同一の金額です。
       (10)【申込取扱場所】
           引受人の本店並びに全国各支店及び営業所
       (11)【払込期日】
           2018年9月3日(月)
       (12)【払込取扱場所】
           株式会社三井住友銀行 本店営業部(東京都千代田区丸の内一丁目1番2号)
           (注)上記払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
       (13)【引受け等の概要】
           以下に記載する引受人は、2018年8月21日(火)から2018年8月24日(金)までの間のいずれか
          の日(以下「発行価格等決定日」といいます。)に決定される発行価額にて本投資口の買取引
          受けを行い、当該発行価額と異なる価額(発行価格)で国内一般募集を行います。引受人は、
          払込期日に発行価額の総額と同額を本投資法人へ払込み、国内一般募集における発行価格の総
          額との差額は、引受人の手取金となります。本投資法人は、引受人に対して引受手数料を支払
          いません。
                                   3/183









                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                引受人の名称                        住所             引受投資口数

          野村證券株式会社                    東京都中央区日本橋一丁目9番1号

          みずほ証券株式会社                    東京都千代田区大手町一丁目5番1号

          SMBC日興証券株式会社                    東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

          シティグループ証券株式会社                    東京都千代田区大手町一丁目1番1号

                                                       未定
          三菱UFJモルガン・スタンレー
                              東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
          証券株式会社
          大和証券株式会社                    東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

          株式会社SBI証券                    東京都港区六本木一丁目6番1号

                                        -

                 合  計                                     281,791口
           (注1)本投資法人及び本投資法人が資産の運用に係る業務を委託しているGLPジャパン・アドバイザーズ株式会社は、発行価格
              等決定日に引受人との間で新投資口引受契約を締結します。
           (注2)上記引受人は、引受人以外の金融商品取引業者に国内一般募集の対象となる本投資口の販売を委託することがありま
              す。
           (注3)国内一般募集の共同主幹事会社は、野村證券株式会社、みずほ証券株式会社、SMBC日興証券株式会社及びシティグ
              ループ証券株式会社であり、本投資口を取得し得る投資家のうち個人・事業会社等に対する需要状況等の把握及び配分
              に関しては野村證券株式会社、みずほ証券株式会社及びSMBC日興証券株式会社が共同して行います。また、機関投
              資家に対する需要状況等の把握及び配分に関しては、共同主幹事会社が共同して行います。
           (注4)各引受人の引受投資口数及び引受投資口数の合計(国内一般募集口数)は、発行価格等決定日に決定されます。
       (14)【振替機関に関する事項】
           株式会社証券保管振替機構
           東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       (15)【手取金の使途】
           国内一般募集における手取金(31,305,852,936円)については、国内一般募集と同日付を
          もって決議された海外募集における手取金上限(14,356,047,312円)と併せて、後記「第二
          部 参照情報        / 第2 参照書類の補完情報               /4 第12期末後取得済資産及び取得予定資産の
          概要」に記載の本投資法人が2018年9月3日付で取得を予定している不動産信託受益権(以下
          「取得予定資産」といいます。)の取得資金の一部に充当する予定です。なお、本件第三者割
          当による新投資口発行の手取金上限(2,191,479,696円)については、手元資金とし、将来の
          借入金返済資金の一部又は特定資産の取得資金の一部に充当する予定です。
           (注1)本件第三者割当の内容につきましては、後記「第5 募集又は売出しに関する特別記載事項                                       / 2 オーバーアロットメ
              ントによる売出し等について」をご参照ください。
           (注2)上記の手取金は、2018年8月3日(金)現在の株式会社東京証券取引所における終値を基準として算出した見込額です。
       (16)【その他】
          A.申込みの方法は、前記「(8)申込期間」に記載の申込期間内に前記「(10)申込取扱場
            所」に記載の申込取扱場所へ前記「(9)申込証拠金」に記載の申込証拠金を添えて申込
            みをするものとします。
          B.申込証拠金のうち発行価額相当額は、前記「(11)払込期日」に記載の払込期日に新投資
            口払込金に振替充当します。
          C.申込証拠金には、利息をつけません。
          D.国内一般募集の対象となる本投資口の受渡期日は、2018年9月4日(火)です。国内一般募
            集の対象となる本投資口は、受渡期日から売買を行うことができます。
            社債株式等振替法の適用により、本投資口の売買は、振替機関又は口座管理機関における
            振替口座での振替により行われます。
                                   4/183




                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      2【売出内国投資証券(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【投資法人の名称】
           前記「1 募集内国投資証券                / (1)投資法人の名称」に同じ
       (2)【内国投資証券の形態等】
           前記「1 募集内国投資証券                / (2)内国投資証券の形態等」に同じ
       (3)【売出数】
           19,726口
           (注)オーバーアロットメントによる売出しは、国内一般募集に当たり、その需要状況等を勘案した上で、国内一般募集の事務
             主幹事会社である野村證券株式会社が本投資法人の投資主から19,726口を上限として借入れる本投資口の日本国内におけ
             る売出しです。上記売出数はオーバーアロットメントによる売出しの売出数の上限を示したものであり、需要状況等によ
             り減少し、又はオーバーアロットメントによる売出しそのものが全く行われない場合があります。
             オーバーアロットメントによる売出し等の内容につきましては、後記「第5 募集又は売出しに関する特別記載事項                                             /
             2 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
             今後、売出数が決定された場合は、発行価格等(発行価格、発行価額、各引受人の引受投資口数、売出価格及び引受人の
             手取金)及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項(発行数(国内一般募集口数)、海外募集口数、海外引受
             会社の買取引受けの対象口数、海外引受会社に付与する追加的に発行する本投資口を買取る権利の対象口数、発行価額
             (国内一般募集における発行価額)の総額、海外募集における発行価額の総額、国内一般募集における手取金、海外募集
             における手取金上限、本件第三者割当による新投資口発行の手取金上限、オーバーアロットメントによる売出しの売出数
             及びオーバーアロットメントによる売出しの売出価額の総額)について、目論見書の訂正事項分の交付に代えて、発行価
             格等決定日の翌日付の日本経済新聞及び発行価格等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出後から申込期間の末
             日までの期間中のインターネット上の本投資法人ウェブサイト([URL]http://www.glpjreit.com/)(新聞等)において
             公表します。また、発行価格等が決定される前に有価証券届出書の記載内容について訂正が行われる場合には、目論見書
             の訂正事項分が交付されます。しかしながら、発行価格等の決定に際し、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動し
             て訂正される事項以外の記載内容についての訂正が含まれる場合には、目論見書の訂正事項分が交付され、新聞等による
             公表は行いません。
       (4)【売出価額の総額】
           2,264,031,924円
           (注)売出価額の総額は、2018年8月3日(金)現在の株式会社東京証券取引所における終値を基準として算出した見込額です。
       (5)【売出価格】
           未定
           (注)売出価格は、前記「1 募集内国投資証券                   / (5)発行価格」に記載の発行価格と同一の価格とします。
       (6)【申込手数料】
           申込手数料はありません。
       (7)【申込単位】
           1口以上1口単位
       (8)【申込期間】
           2018年8月22日(水)から2018年8月23日(木)まで
           (注)上記申込期間については、前記「1 募集内国投資証券                        /(8)申込期間」に記載の申込期間と同一とします。
       (9)【申込証拠金】
           申込証拠金は、売出価格と同一の金額です。
       (10)【申込取扱場所】
           野村證券株式会社の本店及び全国各支店
       (11)【受渡期日】
           2018年9月4日(火)
       (12)【払込取扱場所】
           該当事項はありません。
       (13)【引受け等の概要】
           該当事項はありません。
       (14)【振替機関に関する事項】
           株式会社証券保管振替機構
           東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       (15)【手取金の使途】
           該当事項はありません。
       (16)【その他】
          A.申込みの方法は、前記「(8)申込期間」に記載の申込期間内に前記「(10)申込取扱場
            所」に記載の申込取扱場所へ前記「(9)申込証拠金」に記載の申込証拠金を添えて申込
            みをするものとします。
          B.申込証拠金には、利息をつけません。
          C.オーバーアロットメントによる売出しの対象となる本投資口は、前記「(11)受渡期日」
            に記載の受渡期日から売買を行うことができます。
                                   5/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            社債株式等振替法の適用により、本投資口の売買は、振替機関又は口座管理機関における
            振替口座での振替により行われます。
                                   6/183




















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     第2【新投資口予約権証券】
         該当事項はありません。
     第3【投資法人債券(短期投資法人債を除く。)】
         該当事項はありません。
     第4【短期投資法人債】
         該当事項はありません。
     第5【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1 海外市場における本投資口の募集について
        国内一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しと同時に、米国、欧州及びアジアを中心
       とする海外市場(但し、米国においては1933年米国証券法に基づくルール144Aに従った適格機関
       投資家に対する販売に限ります。)における本投資口の募集(海外募集)が行われます。Nomura
       International         plc、Citigroup          Global    Markets     Limited、Mizuho          International         plc及びSMBC
       Nikko    Capital     Markets     Limited(以下「海外引受会社」といいます。)は、発行価格等決定日に
       本投資法人及びGLPジャパン・アドバイザーズ株式会社との間でInternational                                                Purchase
       Agreementを締結し、投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第1号)として、本投資口の海外
       募集を総額個別買取引受けにより行います。また、本投資法人は海外引受会社に対して追加的に発
       行する本投資口を買取る権利を付与します。
        なお、海外募集の概要は以下のとおりです。
        ① 海外募集における発行数(海外募集口数)
           129,222口
           (注)公募による新投資口発行の発行投資口総数は411,013口であり、国内一般募集口数281,791口及び海外募集口数129,222口
             (海外引受会社の買取引受けの対象口数120,768口及び海外引受会社に付与する追加的に発行する本投資口を買取る権利の
             対象口数8,454口)を目処に募集を行いますが、その最終的な内訳は、需要状況等を勘案した上で発行価格等決定日に決定
             されます。
        ② 海外募集における発行価額の総額
           14,356,047,312円(上限)
           (注)海外引受会社に付与する追加的に発行する本投資口を買取る権利のすべてが行使された場合の上限金額です。海外募集に
             おける発行価額の総額は、2018年8月3日(金)現在の株式会社東京証券取引所における終値を基準として算出した見込額
             です。なお、本投資法人が既に発行した本投資口並びに国内一般募集及び海外募集における本投資口の発行価額の総額の
             合計額のうち、国内において募集される投資口の発行価額の総額の占める割合は、100分の50を超えるものとします。
        ③ その他
           海外の投資家向けに英文目論見書を発行していますが、その様式及び内容は本書と同一では
          ありません。
                                   7/183









                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      2 オーバーアロットメントによる売出し等について
        国内一般募集に当たり、その需要状況等を勘案した上で、国内一般募集の事務主幹事会社である
       野村證券株式会社が本投資法人の投資主から19,726口を上限として借入れる本投資口の日本国内に
       おける売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行う場合があります。オーバーアロット
       メントによる売出しの売出数は、19,726口を予定していますが、当該売出数は上限の売出数であ
       り、需要状況等により減少し、又はオーバーアロットメントによる売出しそのものが全く行われな
       い場合があります。
        なお、オーバーアロットメントによる売出しに関連して、野村證券株式会社が上記本投資法人の
       投資主から借入れた本投資口(以下「借入投資口」といいます。)の返還に必要な本投資口を野村
       證券株式会社に取得させるために、本投資法人は2018年8月13日(月)開催の本投資法人役員会にお
       いて、野村證券株式会社を割当先とする本投資口19,726口の第三者割当による新投資口発行(以下
       「本件第三者割当」といいます。)を、2018年9月26日(水)を払込期日として行うことを決議して
       います。
        また、野村證券株式会社は、国内一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しの申込期間
       の終了する日の翌日から2018年9月18日(火)までの間(以下「シンジケートカバー取引期間」とい
       います。(注))、借入投資口の返還を目的として、株式会社東京証券取引所においてオーバーア
       ロットメントによる売出しに係る口数を上限とする本投資口の買付け(以下「シンジケートカバー
       取引」といいます。)を行う場合があります。野村證券株式会社がシンジケートカバー取引により
       取得した全ての本投資口は、借入投資口の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期
       間内において、野村證券株式会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わず、又はオーバーア
       ロットメントによる売出しに係る口数に至らない口数でシンジケートカバー取引を終了させる場合
       があります。
        さらに、野村證券株式会社は、国内一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しに伴って
       安定操作取引を行うことがあり、かかる安定操作取引により取得した本投資口の全部又は一部を借
       入投資口の返還に充当することがあります。
        オーバーアロットメントによる売出しに係る口数から、安定操作取引及びシンジケートカバー取
       引によって取得し借入投資口の返還に充当する口数を減じた口数について、野村證券株式会社は本
       件第三者割当に係る割当てに応じ、本投資口を取得する予定です。そのため本件第三者割当におけ
       る発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当における
       最終的な発行数がその限度で減少し、又は発行そのものが全く行われない場合があります。
        なお、オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによ
       る売出しが行われる場合の売出数については発行価格等決定日に決定されます。オーバーアロット
       メントによる売出しが行われない場合は、野村證券株式会社による上記本投資法人の投資主からの
       本投資口の借入れは行われません。したがって、野村證券株式会社は本件第三者割当に係る割当て
       に応じず、申込みを行わないため、失権により本件第三者割当における新投資口発行は全く行われ
       ません。また、株式会社東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も行われません。
        上記記載の取引に関して、野村證券株式会社は、みずほ証券株式会社、SMBC日興証券株式会
       社及びシティグループ証券株式会社と協議の上、これを行います。
           (注)シンジケートカバー取引期間は、
             ① 発行価格等決定日が2018年8月21日(火)の場合、「2018年8月24日(金)から2018年9月18日(火)までの間」
             ② 発行価格等決定日が2018年8月22日(水)の場合、「2018年8月25日(土)から2018年9月18日(火)までの間」
             ③ 発行価格等決定日が2018年8月23日(木)の場合、「2018年8月28日(火)から2018年9月18日(火)までの間」
             ④ 発行価格等決定日が2018年8月24日(金)の場合、「2018年8月29日(水)から2018年9月18日(火)までの間」
             となります。
                                   8/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      3 ロックアップについて
       ① 国内一般募集及び海外募集に関連して、GLP                           Capital     Japan    2 Private     Limitedは、ジョイン
        ト・グローバル・コーディネーターに対して、発行価格等決定日に始まり、当該募集の受渡期日
        から起算して180日目の日に終了する期間中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事
        前の書面による同意なしには、本投資口の売却等(但し、オーバーアロットメントによる売出し
        に伴う本投資口の貸渡し及び新規借入れのためにジョイント・グローバル・コーディネーターに
        事前に通知した上で行う本投資口を対象とする担保設定等を除きます。)を行わない旨を合意し
        ています。
          ジョイント・グローバル・コーディネーターは、上記の期間中であってもその裁量で、当該合
        意の内容を一部又は全部につき解除できる権限を有しています。
       ② 国内一般募集及び海外募集に関連して、GLPキャピタル合同会社は、ジョイント・グローバ
        ル・コーディネーターに対して、発行価格等決定日に始まり、当該募集の受渡期日から起算して
        180日目の日に終了する期間中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面によ
        る同意なしには、原則として本投資口の売却等(但し、新規借入れのためにジョイント・グロー
        バル・コーディネーターに事前に通知した上で行う本投資口を対象とする担保設定等を除きま
        す。)を行わない旨を合意しています。
          ジョイント・グローバル・コーディネーターは、上記の期間中であってもその裁量で、当該合
        意の内容を一部又は全部につき解除できる権限を有しています。
       ③ 国内一般募集及び海外募集に関連して、本投資法人は、ジョイント・グローバル・コーディ
        ネーターに対して、発行価格等決定日に始まり、当該募集の受渡期日から起算して90日目の日に
        終了する期間中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしに
        は、本投資口の発行等(但し、国内一般募集、海外募集、本件第三者割当及び投資口の分割に伴
        う新投資口発行等を除きます。)を行わない旨を合意しています。
          ジョイント・グローバル・コーディネーターは、上記の期間中であってもその裁量で、当該合
        意の内容を一部又は全部につき解除できる権限を有しています。
                                   9/183












                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     第二部【参照情報】
     第1【参照書類】
      金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。以下「金商法」といいます。)第
     27条において準用する金商法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類をご参照
     ください。
      1【有価証券報告書及びその添付書類】

          計算期間 第12期 (自 2017年9月1日 至 2018年2月28日) 2018年5月30日関東財務
        局長に提出
      2【半期報告書】

          該当事項はありません。
      3【臨時報告書】

          上記1の有価証券報告書提出後、本書提出日(2018年8月13日)までに、金商法第24条の5第
        4項並びに特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後の
        改正を含みます。)第29条第1項及び同条第2項第1号に基づき、2018年8月13日に、臨時報告
        書を関東財務局長に提出
         (注)なお、発行価格等決定日に、本3記載の臨時報告書の訂正報告書が関東財務局長に提出されます。
      4【訂正報告書】

          該当事項はありません。
                                  10/183













                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     第2【参照書類の補完情報】
      以下は、参照書類である2018年5月30日付の有価証券報告書(以下「参照有価証券報告書」といいま
     す。)に関して、参照有価証券報告書提出日後本書の日付現在までに補完すべき情報を記載したもので
     す。
      なお、以下に記載の事項を除き、参照有価証券報告書に記載されている将来に関する事項について

     は、本書の日付現在、変更がないと判断しています。
      また、本書に記載の将来に関する事項は、別段の記載のない限り、本書の日付現在において本投資法
     人が判断したものです。
      1 本投資法人の概要

           本投資法人は、投信法に基づき2011年9月16日に設立され、2012年12月21日に株式会社東京

          証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)不動産投資信託証券市場に上場(銘柄
          コード3281)しました。
           本投資法人は、資産を主として不動産等資産(不動産、不動産の賃借権、地上権及びこれら
          の資産のみを信託する信託の受益権をいいます。)に対する投資として運用することを目的と
          して、規約に定める投資対象資産に投資し、中長期にわたる安定した収益の確保と運用資産の
          着実な成長を目指して資産の運用を行うことを基本方針としており、特に先進的物流施設
          (注)に重点的に投資を行う物流施設特化型のJ-REITです。本投資法人のスポンサー(GLP
          ジャパン・アドバイザーズ株式会社(以下「資産運用会社」といいます。)の親会社である日
          本GLP株式会社(以下「日本GLP」といいます。)の親会社であるGLP                                       Pte.   Ltd.   (ジーエル
          ピー・ピーティーイー・エルティーディ)(2018年1月23日付で、「Global                                              Logistic
          Properties       Limited     (グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド)」から
          社名を変更しています。以下「GLP」といいます。)及びそのグループ会社(以下「GLPグルー
          プ」と総称します。)が国内外で有する先進的物流施設の開発、運営、リーシング、物件管理
          等に関する情報、ノウハウ及び経営資源等を、本投資法人の運用資産の安定的な運営と着実な
          外部成長に最大限に活用していく方針です。
           このように、本投資法人は、GLPグループをスポンサーとし、その豊富なノウハウ及び経営
          資源等を活用し、先進的物流施設を主たる投資対象とすることで、中長期にわたる安定した収
          益の確保と運用資産の着実な成長を目指します。
          (注)本投資法人においては、大規模(延床面積10,000㎡以上)かつ機能的な設計を備えた賃貸用物流施設を「先進的物流施設」と
            位置付けています。なお、機能的な設計を備えているかについて着目すべき諸要素については、参照有価証券報告書「第一
            部 ファンド情報       / 第1 ファンドの状況         / 2 投資方針      /(1)投資方針       / ③ ポートフォリオ構築方針          / B.投資基
            準」の「機能性」の項目をご参照ください。
           GLP投資法人が誇る5つの強みは以下のとおりと考えています。

           A.物流REIT最大級の資産規模

             本投資法人の資産規模(取得(予定)価格ベース)は、取得予定資産の取得により6,094

           億円となり、物流REIT(注)最大級の資産規模を更に拡大する予定です。
           (注) 本書において「物流REIT」とは、本書の日付現在において物流施設を取得(予定)価格ベースで95%以上保有する国内
               上場投資法人をいい、日本ロジスティクスファンド投資法人、日本プロロジスリート投資法人、ラサールロジポート投
               資法人、三井不動産ロジスティクスパーク投資法人、三菱地所物流リート投資法人、CREロジスティクスファンド投資
               法人及び本投資法人がこれに該当します。以下同じです。
                                  11/183





                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            (注)   資産規模は、取得(予定)価格に基づいています。



           B.GLPグループの豊富な保有・運営実績

             本投資法人のスポンサーであるGLPグループは、後記「2 インベストメント・ハイライ

           ト  / A.好環境な物流不動産マーケットの下、GLPグループのビジネスは順調に拡大                                             /
           (ハ)好調な物流不動産需要を背景とした日本GLPの安定的な事業」に記載のとおり、2018
           年3月末日現在、保有延床面積において国内最大の物流施設運営事業者であり、国内にお
           いて「GLP      新木場」を開発し運営を開始した2002年以後15年を超える物流施設専業の保
           有・運営実績を有しており、先進的物流施設プロバイダーとしての地位を確立していま
           す。本投資法人は、このような豊富な保有・運営実績を有するGLPグループのノウハウ等を
           保有施設の保有・運営に積極的に活用していきます。
               出所:    GLP、シービーアールイー(世界的な事業用不動産サービス会社であり、不動産情報及び




                  データの分析並びにマーケットリサーチ・レポートの作成等を業務の一部として行って
                  います。以下「CBRE」といいます。)による「物流施設マーケットにおける基礎調査
                  (2018年3月期)」をもとに、GLPの数値はGLPが集計したデータを、その他(A社~I
                  社)の数値はCBREが集計したデータを使用して資産運用会社にて作成
               (注1)本投資法人が保有し、GLPグループが運営・管理する物件及びGLPグループが第三者との
                  共同出資によるジョイント・ベンチャー(GLPファンド)を通じて保有し、GLPグループ
                  が運営・管理する物件を含みます。
               (注2)物流施設の賃貸業務を手掛ける延床面積ベースでの上位10グループが保有又は運営・管
                  理する物件の延床面積の合計(2018年3月末日時点)を示しています。
           C.物流REIT最大規模のスポンサー・パイプライン

             日本において最大の物流施設運営事業者であるGLPグループをスポンサーとする本投資法

           人は、物流REITにおいて最大規模のスポンサー・パイプライン(注)を有します。
            (注)「スポンサー・パイプライン」とは、GLPと資産運用会社の間で締結された物件情報提供契約に基づく本投資法人による
              取得に係る優先的な情報提供の対象物件(優先交渉権対象物件)及びGLPファンドを通じて保有し、GLPグループが運
              営・管理する物件、又はGLPグループが物流施設用地として自ら若しくはGLPファンドを通じて保有する土地において今
              後自ら若しくはGLPファンドを通じて開発し、保有・運営する予定の物件(以下「GLPファンド物件」といいます。)か
              らなる、本投資法人がスポンサーからの取得が期待できると考え、外部成長の柱の一つとして位置づけているポート
              フォリオを意味します。スポンサー・パイプラインのうち優先交渉権対象物件については、物件情報提供契約により、
              GLPは、GLPグループが優先交渉権対象物件を売却しようとする場合に、一定の場合を除き、資産運用会社に対して売却
              情報の提供を優先的に行い、一定期間誠実に協議を行う義務を負っているものの、当該物件を本投資法人に売却する義
              務はありません。また、スポンサー・パイプラインのうちGLPファンド物件については、当該物件の取得に関して、本投
              資法人又は資産運用会社に契約上の権利はありません。いずれの物件についても、本投資法人の投資基準に適合するか
              について判断を行っているものではなく、また、将来本投資法人が取得を決定し又は取得できることを保証するもので
              はありません。以下同じです。
                                  12/183



                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
              (注)本投資法人の規模は、延床面積(主たる建物の検査済証、建築確認通知書又は建築確認申請書のいずれかに記載



                 された延床面積。以下本書において別段の記載がない限り同じです。)を合計して算出しています。また、スポ
                 ンサー・パイプラインの規模は、優先交渉権対象物件及びGLPファンド物件(いずれも取得予定資産を除きま
                 す。)の延床面積を合計して算出しています。なお、スポンサー・パイプラインのうち、2018年7月以降に開発
                 中又は開発予定の物件については、GLPが公表している2018年6月末日現在の開発計画に基づく想定延床面積に基
                 づいて算出しています。なお、延床面積については単位未満を四捨五入して記載しています。
           D.高稼働と賃料増額を両立

            本投資法人は、ポートフォリオ全体について、高い稼働率を継続的に維持しつつ、スポ

           ンサーの運営力を活用することで、上場以降11期連続で賃料増額を実現し、安定した賃料
           増額実績を積み重ねています。
               (注1)「稼働率」は、小数第二位を四捨五入しており、小数第二位を四捨五入した結果が100.0%となる場合において




                  は小数第二位を切り捨てて記載しています。以下同じです。
               (注2)「増額改定における賃料上昇率」は、当該計算期間に締結された同一テナントとの再契約又はダウンタイムな
                  しでの新たなテナントとの新契約のうち、賃料が増額された契約に係る締結前の契約賃料に対する賃料の上昇
                  率を、賃貸面積ベースで加重平均しており、小数第二位を四捨五入して記載しています。なお、フリーレント
                  等を勘案せず、賃貸借契約書に記載された月額賃料及び共益費の額を基準としています。以下同じです。
               (注3)「上場来平均稼働率」は、本投資法人の上場以降2018年6月までの各月末時点の稼働率を各月末時点の賃貸可
                  能面積(売却済物件については売却時点の賃貸可能面積)で加重平均して算出しており、小数第一位を四捨五
                  入して記載しています。
           E.安定した財務基盤

            本投資法人は、借入先金融機関との強固な関係のもと、借入期間の長期化・金利の固定

           化の推進及び返済期限の分散化を図りつつ、コスト低減を実現するとともに適切なLTV(総
           資産有利子負債比率)の水準を維持すること等を通じて、財務の安定性と投資主価値の継
           続的な成長(分配金の成長)の最適なバランスを追求しており、本書の日付現在、株式会
           社日本格付研究所(JCR)より本投資法人の長期発行体格付としてAA(安定的)の評価を得
           ています。詳細については後記「2 インベストメント・ハイライト                                      / E.長期安定的な
           財務基盤」をご参照ください。
             本投資法人は、2012年12月の上場以降、投資主価値の向上のため、投資口1口当たり分

           配金の成長及び投資口1口当たりNAV(注)の向上を重視した運用を行ってきており、それ
           ぞれ着実に増加させてきました。本投資法人は、本募集(国内一般募集、海外募集及び本
           件第三者割当の総称をいいます。以下同じです。)で上場来6回目のグローバルオファリ
           ングを実施し、本募集及び本借入れ(取得予定資産取得に伴い実施することを予定してい
           る借入れをいいます。詳細については、後記「2 インベストメント・ハイライト                                             / E.
           長期安定的な財務基盤             / (ロ)本借入れの概要」をご参照ください。以下同じです。)に
           よる資金調達及び物件の追加取得により、更なる投資主価値の向上を図ります。
                                  13/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             1口当たり分配金の成長

                              1口当たりNAVの向上




             (注)「1口当たりNAV」は、以下の計算式により求められる、鑑定評価額(又は調査価格)に基づく1口当たり純資産額を




               意味し、貸借対照表に記載されている純資産額の1口当たりの金額とは異なります。
                1口当たりNAV=       NAV÷発行済投資口数
                「NAV」とは、以下の計算式により求められる、本投資法人が保有する不動産関連資産の価額を鑑定評価額(又は調
                査価格)に基づいて評価した場合における、本投資法人の資産と負債の差額(純額)であり、貸借対照表に記載さ
                れている純資産額とは異なります。
                NAV=   総資産額*1+(不動産関連資産の鑑定評価額(又は調査価格)合計額*2-不動産関連資産の簿価合計
                   額*1)-総負債額*1-分配金額*3
                *1  「総資産額」、「不動産関連資産の簿価合計額」及び「総負債額」は、各期末現在における貸借対照表上の金
                  額を用いています。
                *2  「不動産関連資産の鑑定評価額(又は調査価格)合計額」は、各期末を価格時点とする鑑定評価額又は調査価
                  格を用いています。
                *3  「分配金額」は、各期の金銭の分配に係る計算書上の分配金額(利益超過分配金を含みます。)を用いていま
                  す。
                但し、本募集前の1口当たりNAV及び本募集後の1口当たりNAVは、以下の計算式により求められる、各時点におけ
                る鑑定評価額(又は調査価格)に基づく1口当たり純資産額を意味します。
                1口当たりNAV(本募集前)=            NAV(本募集前)÷本書の日付現在の発行済投資口数
                NAV(本募集前)=        NAV(2018年2月期末)+第5回公募増資における発行価額の総額*4+第5回公募増資取得資
                        産の鑑定評価額合計額*5-第5回公募増資取得資産の取得価格合計額
                *4  「第5回公募増資における発行価額の総額」は、第5回公募増資により調達した国内一般募集における発行価
                  額の総額27,776百万円、海外募集における発行価額の総額28,318百万円及び第三者割当における発行価額の総
                  額2,083百万円の合計額を意味します。以下同じです。
                *5  「第5回公募増資取得資産の鑑定評価額合計額」は、「GLP                        舞洲I」、「GLP       三郷」、「GLP      船橋Ⅱ」及び
                  「GLP   浦安」については2017年8月20日、「GLP                岡山総社Ⅰ」及び「GLP          岡山総社Ⅱ」については2017年12月
                  末日を価格時点として作成された各不動産鑑定評価書(取得時鑑定評価書)に記載された評価額を用いてそれ
                  ぞれ算定しています。太陽光発電設備13設備については、不動産鑑定評価基準を直接適用することができず、
                  太陽光発電設備に係る鑑定評価書を取得することができないため、2017年12月末日を価格時点として作成され
                  た、太陽光発電設備追加取得後の当該太陽光発電設備が付帯している各物件全体の鑑定評価額又は調査価格と
                  太陽光発電設備追加取得前の当該太陽光発電設備が付帯しない各物件の鑑定評価額又は調査価格の差額の合計
                  を用いて算定しています。以下、第5回公募増資取得資産(上記6物件及び太陽光発電設備13設備をいいま
                  す。以下同じです。)の鑑定評価額について同じです。
                1口当たりNAV(本募集後)=            NAV(本募集後)÷本募集後の発行済投資口数*6
                                  14/183

                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                NAV(本募集後)=        NAV(本募集前)+本募集における発行価額の総額*7+取得予定資産の鑑定評価額合計額*8
                        -取得予定資産の取得予定価格合計額
                *6  「本募集後の発行済投資口数」とは、本書の日付現在の発行済投資口数に本募集により新規に発行される投資
                  口数を加えた口数をいいます。なお、海外引受会社に付与する追加的に発行する投資口を買取る権利の対象投
                  資口の全部について権利が行使されることを前提としており、また、本件第三者割当については、募集投資口
                  数の全部について野村證券株式会社より申込みがあり、発行が行われた場合を前提としています。したがっ
                  て、海外引受会社に付与する追加的に発行する投資口を買取る権利の全部若しくは一部が行使されず、又は、
                  本件第三者割当における募集投資口数の全部若しくは一部について申込みが行われず、発行が行われなかった
                  場合には、実際に本募集により新規に発行される投資口数は上記口数より少なくなります。
                *7  「本募集における発行価額の総額」は、2018年8月3日(金)現在の東京証券取引所における本投資口の普通取
                  引の終値を基準として算出した、海外引受会社に付与する追加的に発行する投資口を買取る権利の全部が行使
                  され、また、本件第三者割当に係る募集投資口数の全てが発行された場合を前提とする本書の日付現在の見込
                  額であり、実際の本募集における発行価額の総額と一致するとは限りません。実際の発行価額が見込額よりも
                  低くなった場合や、海外引受会社に付与する追加的に発行する投資口を買取る権利の全部若しくは一部が行使
                  されず、又は、本件第三者割当における募集投資口数の全部若しくは一部について申込みが行われず、発行が
                  行われなかった場合には、本募集における発行価額の総額も減少することとなります。このため、実際の1口
                  当たりNAV(本募集後)が低くなる可能性があります。
                *8  「取得予定資産の鑑定評価額合計額」は、2018年6月30日を価格時点として作成された各不動産鑑定評価書
                  (取得時鑑定評価書)に記載された評価額を用いてそれぞれ算定しています。
                   一時的効果を除外した1口当たり巡航分配金の推移

                  (注1)「1口当たり巡航分配金」は、1口当たり分配金に対して一時的効果を




                      除外した額(「1口当たり巡航利益分配金」)に1口当たり利益超過分
                      配金を合算した金額として算出しています。「一時的効果」は、固定資
                      産税及び都市計画税等(以下「固都税等」といいます。)調整額(注
                      2)と売却益等(注3)の一時的な利益及び費用をいいます。
                  (注2)一般に物件を新規取得した場合、取得した年に係る固都税等は取得原価
                      に算入されるため、費用として計上されません。この固都税等が費用化
                      されないことによる影響額(固都税等調整額)は、取得した年の翌年の
                      固都税等の予算額を取得した年における保有期間に応じて按分し、これ
                      を費用として計上されたものと仮定して分配金の額から控除していま
                      す。
                  (注3)「売却益等」は、不動産等売却益から控除対象外消費税を差し引いて計
                      算しています。また、2017年8月期においては、不動産等の売却による
                      手取金を原資として行った借入金の期限前弁済に伴う金利スワップ解約
                      等による一時費用を「売却益等」の計算上考慮しています。なお、「売
                      却益等」の額は、2016年2月期、2017年8月期においてそれぞれ1口当
                      たり25円相当、59円相当となります。
           本投資法人は、2018年7月末日時点で時価総額がJ-REITの全60銘柄中9位と上位に位置して

          おり、本書の日付現在、FTSE                 EPRA/NAREIT       グローバル不動産インデックス・シリーズ(注
          3)、東証REIT         Core指数等のインデックスに組み入れられています。不動産投資ファンドを
          含む国内外投資家のグローバル株式投資のベンチマークとして採用されているこうした主要な
          インデックスへの組入れに際し、時価総額は重視される指標の一つであることから、本投資法
          人は本募集に伴う取得予定資産の取得により更に時価総額を拡大させ、将来的なMSCI
          Standard     Index(注4)への組入れを目指します。
           本投資法人は、今後も、上記の「GLP投資法人が誇る5つの強み」を通じて、投資口1口当
          たりNAVの向上及び投資口1口当たり分配金の成長を図り、継続的な投資主価値の向上を目指
          します。
                                  15/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
               <時価総額の拡大により将来的なMSCI                     Standard     Indexへの組入れを目指す
                    ~J-REIT銘柄の時価総額とインデックス組入れ状況~>
           (注1)各J-REITの時価総額は、各J-REITの2018年7月末日時点の投資口価格及び発行済投資口総口数に基づき記載していま




               す。
           (注2)上記は、2018年7月末日時点の各J-REITの上記各インデックスへの組入れ状況を示すものであり、本書の日付現在にお
               いて、本投資法人につき組み入れられていないインデックスに新たに組み入れられることを見込んでいるわけでも、組
               入れを保証するものでもありません。
           (注3)「MSCI      Standard    Index」とは、米国のMSCI社が算出・公表している世界的な株価指数です。MSCI                               Standard    Indexのう
               ち、MSCIジャパン指数は、日本に上場する大・中型株を対象にしたインデックスです。
           (注4)「EPRA/NAREIT」とは、FTSE               EPRA/NAREIT     グローバル不動産インデックス・シリーズをいい、欧州上場不動産協会
               (EPRA)及び全米不動産投資信託協会(NAREIT)とFTSE社の協力により開発された不動産投資指数です。
                                  16/183













                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      2 インベストメント・ハイライト
           本投資法人は、本募集による資金調達と追加物件の取得により、投資口1口当たりNAVの向

          上を図り、投資主価値の向上を目指します。また、今後においても着実な外部成長と運用資産
          の適切なマネジメントによる収益の維持・向上を通じて、投資口1口当たり分配金の安定的な
          成長を目指します。
           本募集に際し本投資法人が訴求する、上記の取組みの一環としての施策及び強み(インベス
          トメント・ハイライト)は、以下のとおりです。
          ・好環境な物流不動産マーケットの下、GLPグループのビジネスは順調に拡大
          ・スポンサーであるGLPグループを代表するフラッグシップ物件(注)を核とした質の高い物
           件群の取得
          ・物流REIT最大級の資産規模の維持及び成長を支える強固なパイプライン
          ・GLPグループの物件運営力を背景とした強力な内部成長の実現
           (注) 本投資法人は、①物流適地としての「立地の優位性」、②「高機能性」及び③「テナント定着性」の特徴の全てを高水
               準で満たした上、(1)「大消費地に近接」し、(2)先進的物流施設の中でも「大規模」で、かつ(3)複数テナン
               トの使用を前提としており、また、多様な荷物の配送に対応可能といった「高い汎用性」を備え、多様なテナントニー
               ズに対応可能な特に希少な先進的物流施設を「フラッグシップ物件」と位置付けています。「フラッグシップ物件」の
               詳細については、後記「B スポンサーであるGLPグループを代表するフラッグシップ物件を核とした質の高い物件群
               の取得   / (イ)GLP投資法人のポートフォリオの特徴」をご参照ください。
         A.好環境な物流不動産マーケットの下、GLPグループのビジネスは順調に拡大

            ~力強い物流不動産需要と好調なGLPグループのビジネス~
         (イ)拡大を続ける物流施設への力強い需要

           先進的物流施設は、オフィスや住居と比較し、リーシングにおいて高い専門性が求められる

          ため、その開発・運営の参入障壁が比較的高く、供給が限定され、2017年3月末日における物
          流施設全体(延床面積約529百万㎡)のうち4.4%程度(延床面積約23百万㎡)となっており、
          必ずしも十分な供給量があるとはいえず、引き続き希少性が高いと本投資法人は考えていま
          す。
           さらに、コスト削減を目的とした拠点集約を伴う移転や、老朽化施設からの移転による先進
          的物流施設に対する需要も期待されます。日本における多くの物流施設は、自社利用を前提と
          して建設された小規模な物件となっています。特に、従来型の倉庫は保管機能が中心であり、
          サプライチェーン・マネジメント(注1)の高度化が進む中、配送や庫内作業を効率化するに
          は必ずしも適していないことから、それらの効率化が可能な先進的物流施設に対する力強い需
          要があると、本投資法人は考えています。特に、2011年3月の東日本大震災の影響から、顧客
          企業は施設の耐震性、免震性や電力の確保等、様々な面における安全性や事業の継続性を重視
          するようになっており、そのような観点でも先進的物流施設の需要は増加すると、本投資法人
          は考えています。
           また、電子商取引市場の拡大及び3PL事業(注2)の拡大等、物流機能をビジネスモデル
          の機軸にした新しいビジネスの台頭に加えて、環境にやさしい事業への意識の高まりやセキュ
          リティ等の付加価値サービスに対する顧客ニーズの増加を背景として、これらの機能を備えた
          先進的物流施設に対する需要は高まっていくものと考えられます。
           本投資法人は、2013年の日本銀行による異次元金融緩和以降の経済活動の活発化により、先
          進的物流施設の新規供給は増加傾向にあるものの、当該新規供給に合わせて需要も拡大してお
          り、今後も先進的物流施設に関しては安定的な稼働が見込めるものと考えています。
           2017年においては、前年を上回る280万㎡の賃貸用物流施設(全国の延床面積5,000㎡以上の
          賃貸用物流施設を対象としたもの。)の新規供給があり、賃貸用物流施設の空室率は前年の
          4.4%から6.0%(2017年12月末日時点)に上昇していますが、一方でネット・アブソープション
          (稼働床面積の増減)が前年の203万㎡から過去最大の234万㎡に15%拡大するなど旺盛な賃貸
          需要が確認でき、物流不動産マーケットは引き続き好環境にあるものと考えています。
           このように、物流の効率化を求める動きと共に、電子商取引や3PL事業の市場規模の拡大
          が先進的物流施設への力強い需要をけん引する形で先進的物流施設に対する賃貸需要は拡大し
          ており、また昨今は物流施設の大量供給が続いているものの、未だ先進的物流施設の市場全体
          に占める割合は4.4%(2017年3月末日時点)であり、引き続き希少性が高く、先進的物流施
          設に係る需給は安定しているものと本投資法人は考えています。
           (注1)「サプライチェーン・マネジメント」とは、開発、調達、製造、発送、販売、配送などの供給者から最終消費者に至る
               までの物の流れについて、そのプロセスや費用・時間などを最適化するための管理手法をいいます。
                                  17/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (注2)「3PL事業」とは、サードパーティー・ロジスティクス事業(顧客企業からそのサプライチェーン・マネジメント機
               能の一部又は全部を請け負う物流サービスを提供する事業)をいいます。
                                  18/183




















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
               先進的物流施設の希少性                           物流施設への力強い需要
        出所: 総務省、国土交通省、CBRE「物流施設マーケットにおけ                           出所: CBRE「物流施設マーケットにおける基礎調査(2018年3





           る基礎調査(2017年9月期)」                           月期)」
        (注1)2017年3月末日時点における自社所有分を含む全ての倉                           (注1)全国に所在する延床面積5,000㎡以上の賃貸用物流施設
            庫の総延床面積に対する先進的物流施設の延床面積が占                           を対象としています。
            める割合を示しています。                       (注2)新規供給は、新たに建設された賃貸用物流施設の面積
        (注2)「先進的物流施設」として、延床面積10,000㎡以上かつ                              (賃貸可能面積ベース)です。
            機能的な設計を備えた賃貸用物流施設を抽出していま                       (注3)ネット・アブソープションは、稼働床面積の増減(賃貸
            す。                           面積ベース)を意味します。稼働床面積の増減とは、新
        (注3)「中大型物流施設」として、延床面積5,000㎡以上の賃                              規契約面積から退去面積を引いたものをいいます。ま
            貸用物流施設を抽出しています。                           た、2018年(予想)のネット・アブソープションは、
        (注4)「固定資産の価格等の概要調査(総務省自治税務局固定                              2018年の新規供給のうち、2018年3月末日時点において
            資産税課)」及び「建築統計年報(国土交通省総合政策                           稼働が決まっているものとしてCBREが想定した面積を示
            局)」を用いてCBREが推計したものです。                           しています。
                                   (注4)空室率は賃貸可能面積ベースで算出されています。
                                   (注5)空室率については各年12月末日時点の数値を記載してい
                                      ます。
                                   (注6)本投資法人の空室率については、2012年までは2013年1
                                      月末日時点で保有していた30物件のうち、各年の3月末
                                      日時点でGLPグループが保有していたポートフォリオに
                                      おける稼働率を、2013年以降は各年の12月末日時点で本
                                      投資法人が保有していたポートフォリオにおける稼働率
                                      を記載しています。
                                  19/183










                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            また、大規模物流施設に対する賃貸需要は年々増加しており、首都圏、近畿圏及び中部圏
          の大型マルチテナント型物流施設の稼働床面積の合計は2007年以降の10年間で約5倍に拡大
          しています。先進的物流施設の新規供給量が増加している足元の1年間(2017年3月末日か
          ら2018年3月末日)においても、稼働床面積が23%増加しており、今後更に大規模物流施設
          に対する賃貸需要が拡大することが期待できると本投資法人は考えています。
            加えて、延床面積5,000㎡以上の物流施設の竣工前契約済(内定)面積は、2016年12月末日
          (2017年1月から12月までの竣工予定物件を対象)における99.9万㎡から、2017年12月末日
          (2018年1月から12月までの竣工予定物件を対象)には127.9万㎡まで28%増加しており、物
          流施設に対する賃貸需要は引き続き好調であると本投資法人は考えています。
         大型マルチテナント型施設(注1)稼働指数                              竣工前契約済(内定)面積の拡大

        出所:   CBRE                        出所: CBRE





                                   (注1)全国に所在する延床面積5,000㎡以上の賃貸用物流施設
        (注1)開発当時において複数テナント利用を前提として企画・
                                      を対象としています。
            設計された賃貸用物流施設のうち、首都圏(東京都、千
                                   (注2)「竣工前契約済(内定)面積」は、各対象期間の新規供
            葉県、埼玉県、神奈川県)・近畿圏(大阪府、兵庫
                                      給面積のうち、各時点において入居が決まっていると
            県):延床面積1万坪以上、中部圏(愛知県):延床面
                                      CBREが想定した面積を示しています。
            積5千坪以上を対象としています。
        (注2)2007年3月末日時点の首都圏、近畿圏及び中部圏の合計
            値を100と指数化し、その後の推移を記載しています。
                                  20/183










                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
         (ロ)需要をけん引するドライバー
           物流施設の需要の主要なドライバー(けん引要因)である電子商取引や3PL事業の市場

          規模は、引き続き拡大しており、特に電子商取引市場は更なる拡大が予想され、今後も物流
          施設の需要増加が期待されます。
           (ⅰ)電子商取引(EC)市場規模の拡大

             インターネットや通信販売サービスの活用による消費態度の変化に伴い、以下のグラフ
            が示すとおり電子商取引市場は着実に拡大しており、電子商取引を介した消費者向け物品
            の荷動きは今後も堅調に推移するものと考えられます。電子商取引による販売規模の拡
            大、多頻度小口配送の増加、配達時間の個別化、個人情報等のセキュリティ意識の高まり
            等に伴い、電子商取引業者による、より大規模な、利便性の高い機能的物流施設に対する
            需要は今後も増加するものと考えられます。特に、インターネット事業者においては、店
            舗販売に比べて店舗コスト負担が少ない一方、物流コストが売上高対比で高いことから、
            物流体制の効率化やコスト削減を目的とした、機能的物流施設に対する今後の需要の増加
            が期待できると本投資法人は考えています。
             また、株式会社野村総合研究所の調査(ITナビゲーター2018年版)によると、電子商取
            引市場は、2023年度には約26兆円規模に拡大し、2017年の約1.5倍になることが予想され
            ています。
             また、EC化率(全ての商取引金額に対する電子商取引(EC)市場規模の割合)はイギリ
            ス、アメリカ共に拡大基調が継続しており、また、日本のEC化率が2017年において5.8%
            と、イギリス(16.3%)及びアメリカ(8.8%)と比して低い比率となっていることから
            も、今後更に日本の電子商取引市場が拡大することが予想されます。
             なお、このようなEC化の流れは足元の物流不動産の賃貸マーケットにおいても顕著であ
            り、CBREが実施した大型マルチテナント型物流施設に新規に入居したテナントの業種の調
            査においてECの占める比率が2016年には11%であったのが2017年には20%へと大きく拡大
            しており、今後の物流不動産需要の拡大に寄与することが期待されます。
                                  21/183











                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            電子商取引(EC)市場規模の拡大                              テナント業種別割合
         出所: 日本:実績値については経済産業省「平成29年度                       我が    出所: CBRE





                                   (注)各年末時点の大型マルチテナント型物流施設(延床面積
            国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取
                                      10,000坪以上の複数テナント向けに開発された施設)を
            引に関する市場調査)報告書」(2018年4月)、予想値
                                      対象とし、各年に新規に契約したテナントの賃貸面積を
            については株式会社野村総合研究所「ITナビゲーター
                                      基に算出しています。
            2018年版」(2017年11月)
            アメリカ:U.S.      Census   Bureau「QUARTERLY        RETAIL   E-
            COMMERCE    SALES   1st  QUARTER   2018」
            イギリス:Office       for  National    Statistics     of the
            United   Kingdom「Retail       sales,   Great   Britain:    June
            2018」
         (注1)「市場規模」は、日本における消費者向け電子商取引
            (EC)の市場規模を集計したものです(予想値を除きま
            す。)。
         (注2)「EC化率」は、各国における全ての商取引金額に対す
            る電子商取引(EC)市場規模の割合を示しています。
           (ⅱ)3PLの市場規模の拡大

             事業会社では、本業への経営資源集中による競争力の維持・向上を図る動きが大きく
            なっており、その一環として物流体制の効率化やコスト削減が進められています。特に、
            日本では2000年以降物流体制の効率化やコスト削減等を目的とした物流アウトソーシング
            に対するニーズが増加し、高度な物流業務を専門的かつ包括的に請け負う3PL事業が成
            長してきました。スケール・メリットによるコスト削減効果と、精度の高い物流分析を背
            景とした所要期間の短縮や多頻度小ロット納品等の顧客サービスの向上が、3PL事業の
            成長の原動力となっていると考えられます。
             また、様々な事業において、グローバルな事業拡大に伴いサプライチェーンが複雑化し
            ていることも、効率的かつ高品質の物流サービスを提供できる3PL事業者の成長の背景
            にあるものと考えられます。
             近年、こうした3PL事業の市場規模は、下記のグラフのとおり、リーマンショックに
            よる金融危機等の影響から成長が減速した2008年及び2009年度を除き、着実に業容を拡大
            しています。
             さらに、東日本大震災後は、サプライチェーンの重要性が再認識されており、物流拠点
            の分散やネットワーク再編の流れの中で、3PL市場において新たな需要が創出されるも
            のと考えられます。
             こうした3PL市場の拡大は、特に大規模な機能的物流施設(先進的物流施設)の賃貸
            需要増加に結びついているものと考えられます。一般的に、3PL事業者は、複数の荷主
            を適切に組み合わせ、庫内作業のプロセス改善を行うことにより施設の稼働率を維持・向
            上し、コスト競争力の維持を図るため、大規模な機能的物流施設を選好する傾向がありま
            す。さらに、最近では多くの3PL事業者が倉庫の自社保有比率を低くし、事業リスクを
            軽減しながら収益性を向上させる戦略をとる傾向が高まっており、効率性や収益性向上の
            観点から、大規模な機能的物流施設の賃貸需要が増加していると本投資法人は考えていま
            す。
             また、こうしたサプライチェーンを担う3PL事業者は、近年のEC市場拡大を受け、効
            率的なオペレーションをベースに通販物流を支える重要な存在になっており、機能的物流
            施設に対する需要が増加している大きな要因の一つになっていると考えています。
                                  22/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                                       先進的物流施設の入居テナントに
             3PL市場規模は堅調に拡大                           占める3PL事業者の割合
         出所:   月刊ロジスティクス・ビジネス                        出所: CBRE「物流施設マーケットにおける基礎調査(2018年3





                                      月期)」
         (注1)月刊ロジスティクス・ビジネスが主要3PL事業者を
                                   (注1)先進的物流施設として、「延床面積10,000㎡以上かつ
            対象に実施したアンケートにおいて回答があった3P
                                       機能的な設計を備えた賃貸用物流施設」を抽出してい
            L事業者の売上高の合計を示しています。
                                       ます。
         (注2)一部事業者の売上高には、ヒアリングや各種資料等を
                                   (注2)上記基準に適合する561物件を調査対象としています。
            ベースとした月刊ロジスティクス・ビジネスの推計を
                                   (注3)賃貸面積ベースでの比率を示しています。
            含みます。
                                   (注4)入居面積が不明なシングルテナント型施設について
         (注3)一部事業者を除き3月期決算のデータに基づきます。
                                       は、延床面積から賃貸面積を想定して推計していま
         (注4)「N」は、各年度における集計対象事業者の数を示して
                                       す。
            います。
                                   (注5)調査時点は2018年3月末日です。
         (注5)上記のとおり、任意のアンケートに対し回答のあった
            一部の事業者の回答の集計に基づく数値であるため、
            必ずしも市場全体の動向を正確に示すものではありま
            せん。売上高の変化の要因には回答のあった事業者の
            数の増加によるものや回答のあった事業者の入れ替わ
            りによるものが含まれます。
         (ハ)好調な物流不動産需要を背景とした日本GLPの安定的な事業

           GLPグループは、2018年3月末日現在、日本において100物件(延床面積5.1百万㎡)(本投

          資法人が保有し、GLPグループが運営・管理する物件及びGLPファンドを通じて保有し、GLPグ
          ループが運営・管理する物件を含みます。)を保有又は運営・管理し、保有延床面積を基準
          として国内最大の物流施設運営事業者です。GLPグループの日本における事業の歴史は長く、
          GLPグループの日本法人である日本GLPは、物流施設専門の開発・運営事業者として下記のグ
          ラフのとおり日本全国で15年超にわたり物流施設を開発、保有、運営・管理しており、国内
          最大の物流施設の保有・運営面積を誇っています。
           日本GLPは、物流不動産に特化したメンバーを自社グループ内で有し、物流不動産専業のプ
          ロフェッショナルが、それぞれリーシング、エンジニアリング及び施設管理を行い、様々な
          サービスのすべてをGLPグループにおいて取り扱うワンストップサービスを提供するととも
          に、各種サービスを有機的に結合させることでテナントの様々なニーズにきめ細やかに対応
          できる体制を有しています。
           また、リーシングにおいては既存物件の運用で必要となる契約更改及び既存テナント退去
          後のテナント入替えの豊富な実績と、取引テナント総数166件(2018年3月末日現在)の強固
          な顧客基盤を有しています。
                                  23/183





                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            国内最大の保有・運営面積                                日本における
              100物件/5.1百万㎡                            15年超の保有・運営実績
     出所:GLP、CBRE「物流施設マーケットにおける基礎調査(2018年3月



                                    出所:GLP
                                    (注)GLPグループが2004年度以降の各年度末に保有又は運
        期)」(2018年3月末日時点)
                                       営・管理していた日本に所在する賃貸用物流施設の延
     (注1)物流施設の賃貸業務を手掛ける延床面積ベースでの上位10社が保
                                       床面積の合計であり、本投資法人が保有し、GLPグルー
         有・運営する物件の延床面積の合計(2018年3月末日時点)に対
                                       プが保有・運営する物件及びGLPファンドを通じて保有
         するGLPグループの比率を小数第一位を四捨五入して記載してい
                                       し、GLPグループが運営・管理する物件を含みます。但
         ます。
                                       し、GLPの大口株式を間接保有する機関投資家が間接的
     (注2)上位10社のうちGLPグループの数値はGLPが集計したデータを、そ
                                       に取得しGLPがその後取得した物件については、当該機
         の他の上位10社の数値はCBREが集計したデータを使用していま
                                       関投資家が間接的に取得したときから含みます。以
         す。
                                       下、GLPグループの過去の取得、保有、運営・管理実績
     (注3)本投資法人が保有し、GLPグループが保有・運営する物件及びGLP
                                       について同じです。
         ファンドを通じて保有し、GLPグループが運営・管理する物件を
         含みます。
           また、拡大する電子商取引(EC)ビジネスの需要を捉えるGLPグループの物流施設の例とし

          て、日本GLPは、「GLP             流山Ⅱ」の全棟と「GLP             枚方Ⅲ」の一部について、EC業界をけん引す
          る楽天株式会社(以下「楽天」といいます。)との間で賃貸借契約を締結予定である旨を、
          2018年7月17日付で公表しています。
           楽天は包括的な物流サービスを提供する「ワンデリバリー」構想を掲げており、楽天市場
          出店店舗を対象に、物流機能を自社の物流網に集約し、注文から配送までを自社で一元管理
          することで、物流オペレーションの効率化・配送サービスの向上を図っています。
                  拡大するECビジネスの需要を捉えるGLPグループの物流施設

              GLP  流山Ⅱ(千葉県流山市)                        GLP  枚方Ⅲ(大阪府枚方市)


              竣工時期:2018年5月                           竣工時期:2018年9月(予定)
              延床面積:96,435㎡
                                        延床面積:約119,000㎡(予定)
        (注1)「ファンド」とは、GLPファンド物件をいいます。
        (注2)いずれもGLPファンド物件であり、本書の日付現在、本投資法人が保有する物件ではなく、本投資法人の投資基準に適合する
           かについて判断を行っているものではなく、また、将来本投資法人が取得を決定し又は取得できることを保証するものではあ
           りません。
        (注3)竣工時期及び延床面積は、日本GLPの公表資料に基づいています。
           日本GLPの保有・運営する物流施設の運営状況については、安定稼働物件(注1)におい

          て、2018年6月末日時点の稼働率が関東圏(注2)及び関西圏(注2)のいずれにおいても
          99%となっており、エリアを問わず高水準な稼働で好調を維持しています。また、竣工前の
          物件であってもリースアップが順調に進み、一部物件では竣工前に100%リースアップを完了
          する事例も引き続きでています。物流施設の大量供給下にあっても、好調な物流需要を背景
          として、日本GLPの賃貸用物流不動産の保有・運営ビジネスは上記のとおり安定的であり、引
          き続き好調を維持しているものと本投資法人は考えています。
           (注1)「安定稼働物件」とは、竣工後1年以上経過しているか、又は稼働率が93%以上に達している物件をいいます。なお、
               本投資法人の保有資産及び取得予定資産を含みます。
           (注2)「関東圏」とは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県及び山梨県を、「関西圏」とは大阪府、
               兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県及び和歌山県を指します。以下同じです。
                                  24/183



                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                    GLPグループのポートフォリオは高稼働を維持
         出所:GLP(2018年6月末日時点)


         (注)竣工後1年以上経過しているか、又は稼働率が93%以上に達している物件を対象としています。なお、本投資法人の
            保有資産及び取得予定資産を含みます。
         (ニ)GLPグループのグローバル実績

           GLPグループは、現在、日本、中国、米国、欧州及びブラジルで物流施設ポートフォリオを

          保有し、その運営・管理を行っています。
           GLPグループは、2018年3月末日現在、日本において延床面積約5.1百万㎡(本投資法人が
          保有し、GLPグループが運営・管理する物件及びGLPグループが第三者との共同出資による
          ジョイント・ベンチャーを通じて保有し、運営・管理する物件を含みます。)、中国におい
          て延床面積約20.1百万㎡(GLPグループが第三者との共同出資によるジョイント・ベンチャー
          を通じて保有し、運営・管理する物件を含みます。)、ブラジルにおいて延床面積約2.8百万
          ㎡(GLPグループが第三者との共同出資によるジョイント・ベンチャーを通じて保有し、運
          営・管理する物件を含みます。)、米国において延床面積約16.6百万㎡(GLPグループが第三
          者との共同出資によるジョイント・ベンチャーを通じて保有し、運営・管理する物件を含み
          ます。)、欧州において延床面積約1.4百万㎡(GLPグループが第三者との共同出資による
          ジョイント・ベンチャーを通じて保有し、運営・管理する物件を含みます。)の物流施設を
          保有し、保有延床面積を基準として、日本、中国及びブラジルのいずれにおいても最大、ま
          た2014年にマーケットに参入した米国においては第2位の規模を有する賃貸用物流施設保有
          者となっており、2017年12月に参入した欧州(イギリス、フランス、ドイツ及びオランダ)
          でも既に1百万㎡を超える賃貸用物流施設を保有する等、先進的物流施設プロバイダーとし
          ての地位を確立しています。
           また、GLPグループのグローバルにおける保有・運営物件は、延床面積ベースで0.2百万㎡
          (2003年12月末日時点)から45.9百万㎡(2018年3月末日時点)まで着実に増加しており、
          金額ベースで約500億米ドルの物流施設を保有・運営しています。
       各国において物流不動産マーケットをけん引                             グローバルにおけるAUM(運用資産残高)は

                                             順調に拡大
     出所:GLP(2018年3月末日時点)                               出所:GLP



     (注)各国においてGLPグループが保有・運営する延床面積ベースのマー                               (注1)推移については運用資産の延床面積合計に基づいて
        ケットシェアの順位を記載しています。                                います。
                                    (注2)2003年から2017年までは各年末日時点の数値を使用
                                        し、2018年は同年3月末日時点の数値を使用してい
                                        ます。
                                  25/183





                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
         B.スポンサーであるGLPグループを代表するフラッグシップ物件を核とした質の高い物件群の
            取得
         (イ)GLP投資法人のポートフォリオの特徴

           本投資法人は、日本全国の物流施設のうち、2017年3月末日時点において延床面積ベース

          でわずか4.4%の割合を占めるにとどまる希少な先進的物流施設に重点投資を行う方針です
          が、先進的物流施設の中でも、特に①物流適地としての「立地の優位性」、②「高機能性」
          及び③「テナント定着性」に着眼し、このいずれか又は複数の特徴を備え、競争力を有する
          と本投資法人が考える物流施設に厳選して投資しています。
           上記の特徴のうち、「立地の優位性」とは、物流拠点を構えるうえで、テナントにとって
          立地上のメリットが高いという特徴をいいます。「立地の優位性」の特徴が強いと本投資法
          人が判断する要素として、物流拠点が集積する地域に立地していること(施設集積度)、高
          速道路のICに近接し配送利便性・広域配送性に優れていること(交通利便性)、駅や市街地
          に近接し雇用に有利であること(雇用確保の容易さ)、消費地への配送利便性に優れている
          こと(消費地近接性)等があり、「GLP                      新木場」、「GLP          新砂」等がこれらを満たしている
          と考えています。
           また、「高機能性」とは、オペレーションを支える高水準な仕様・設備を備え、高度な物
          流ニーズに対応可能であるという特徴をいいます。「高機能性」の特徴が強いと本投資法人
          が判断する要素として、一定水準以上の床荷重や天井高を備えていること、免震構造、24時
          間防災センター、テナント向けのアメニティ施設の充実、24時間稼働が可能であること等が
          あり、「GLP       三郷Ⅱ」、「GLP          寝屋川」等がこれらを満たしていると考えています。
           さらに、「テナント定着性」とは、テナントのニーズに適合しており、テナントの使用目
          的に必要十分な立地と機能性を備えていることから、テナントによる長期間入居の蓋然性が
          高いという特徴をいいます。「テナント定着性」の特徴が強いと本投資法人が判断する要素
          として、テナントによる大型の設備投資が実施済みであること(テナントによる設備投資の
          有無)、荷主の主要生産拠点に近接していること(生産拠点との距離)、既存テナントの雇
          用が十分に確保されていること(既存雇用の大きさ)、長期リース契約を締結済みであるこ
          と(リース期間)等があります。上記の「立地の優位性」や「高機能性」も「テナント定着
          性」を生み出す要素といえます。「GLP                      富里」及び「GLP          滋賀」等がこれらを満たしている
          と考えています。
                      <本投資法人の先進的物流施設に対する投資の着眼点>

           なお、本投資法人は、上記①から③の特徴の全てを高度な水準で満たした上、(1)「大



          消費地に近接」し、(2)先進的物流施設の中でも「大規模」で、かつ(3)複数テナント
          の使用を前提としており、また、多様な荷物の配送に対応可能といった「高い汎用性」を備
          え、多様なテナントニーズに対応可能な特に希少な先進的物流施設をフラッグシップ物件
          (注)と位置付けています。
           本投資法人は上場以来、「GLP                 東京」、「GLP         尼崎」、「GLP         東京Ⅱ」、「GLP          厚木Ⅱ」
          及び「GLP・MFLP          市川塩浜」というフラッグシップ物件を着実に取得してきており、また、
          本募集に伴い、大阪湾岸に所在し、同エリアで高い競争力を有するフラッグシップ物件であ
          る「GLP     大阪」を新たに取得する予定であり、本投資法人のポートフォリオは、更に強化さ
          れるものと考えています。
            (注)本書の日付現在において、本投資法人の保有資産又は取得予定資産のうち「GLP                                  東京」、「GLP      尼崎」、「GLP      東京
               Ⅱ」、「GLP     厚木Ⅱ」、「GLP・MFLP          市川塩浜」及び「GLP         大阪」が該当し、スポンサー・パイプラインのうち「GLP
               横浜」、「GLP      吹田」、「GLP      三郷Ⅲ」、「GLP       流山Ⅰ」、「GLP       大阪Ⅱ」及び「GLP        枚方Ⅲ」等が該当します。
                                  26/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (注1)「Flagship」とは、フラッグシップ物件をいいます。以下同じです。






           (注2)延床面積を記載しています。上図について同じです。
           (注3)上図の「立地の優位性」、「高機能性」及び「テナント定着性」については、取得(予定)資産のうちこれらの着眼点
               を満たすと考えられる代表的な物件とその写真を掲載しています。
         (ロ)フラッグシップ物件を含む優良ポートフォリオを取得

           本投資法人は、本募集及び本借入れにより調達する資金並びに手元資金をもって、物流施

          設8物件(取得予定価格合計848億円)を取得する予定であり、これらは、優先交渉権対象物
          件(注1)(7物件)及びGLPファンド物件(注2)(1物件)からの取得です。
           取得予定資産のうち「GLP               大阪」は、長年にわたる先進的物流施設の保有・運営を通じて
          蓄積したノウハウ・知見を有する先進的物流施設のデベロッパーであるGLPグループによる開
          発物件(注3)であり、GLPグループが2018年3月末日時点において保有・運営する100物件
          の先進的物流施設を代表するフラッグシップ物件の一つです。
           本投資法人は、本投資法人の上場来のスポンサーからの継続的なサポートに裏付けされた
          豊富なパイプラインを最大限活用することで、今後もGLPグループが保有・運営するGLPグ
          ループのフラッグシップ物件を含む優良な先進的物流施設の継続的な取得により、ポート
          フォリオの質、高い収益性及び安定性を維持しながら資産規模拡大を実現する方針です。
           (注1)「優先交渉権対象物件」とは、GLPと資産運用会社の間で締結された2012年11月13日付物件情報提供契約(その後の変
               更を含み、以下「物件情報提供契約」といいます。)に基づく、本投資法人による取得に係る優先的な情報提供の対象
               物件をいいます。物件情報提供契約において、GLPは、GLPグループが優先交渉権対象物件を売却しようとする場合に、
               一定の場合を除き、資産運用会社に対して売却情報の提供を優先的に行い、一定期間誠実に協議する義務を負っている
               に留まります。以下同じです。詳細については、参照有価証券報告書「第一部 ファンドの情報                                      / 第1 ファンドの
               状況  / 2 投資方針      / (1)投資方針      /② 成長戦略      / A.外部成長      / (ハ)GLPとの物件情報提供契約の活用」を
               ご参照ください。
           (注2)「GLPファンド物件」については、優先交渉権対象物件とは異なり、本投資法人及び資産運用会社は、GLPファンド物件
               について、優先的な情報提供やその取得に向けた誠実協議を求める契約上の権利を有していません。以下同じです。
               GLPファンド物件の詳細については、後記「C.物流REIT最大級の資産規模の維持及び成長を支える強固なパイプライ
               ン」をご参照ください。
           (注3)「GLPグループによる開発物件」とは、GLPグループの開発事業により開発された物件(GLPの大口株式を間接保有する
               機関投資家が事業者から間接的に取得しGLPがその後取得した物件のうち、当該機関投資家による取得前の当該事業者
               において開発された物件を含みます。)をいい、開発ファンド等(後記「C.物流REIT最大級の資産規模の維持及び成
               長を支える強固なパイプライン」に定義されます。)を通じた開発物件を含みます。
                                  27/183





                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
             <取得予定資産>
     物件名称                 GLP  大阪            GLP  新砂           GLP  寝屋川
                  (優先交渉権(注1))                 (優先交渉権)             (ファンド(注1))
     物件写真

     所在地               大阪府大阪市              東京都江東区              大阪府寝屋川市

     賃貸可能面積
                      128,504㎡               44,308㎡              26,938㎡
     (注2)
     建築時期(注3)
                     2004年8月              1987年3月              2018年4月
     取得予定価格
                     36,000百万円              18,300百万円               8,100百万円
     (注4)
     NOI利回り
                       4.3%              4.3%              4.5%
     (注5)
     鑑定評価額
                     36,200百万円              18,500百万円               8,100百万円
     (注6)
     物件名称                 GLP  摂津            GLP  湘南            GLP  滋賀

                    (優先交渉権)              (優先交渉権)              (優先交渉権)
     物件写真


     所在地               大阪府摂津市              神奈川県藤沢市               滋賀県草津市


     賃貸可能面積                 38,997㎡              23,832㎡              29,848㎡
     建築時期                1981年3月              1999年12月              1991年10月
     取得予定価格                7,300百万円              5,870百万円              4,550百万円
     NOI利回り                 5.1%              4.9%              5.3%
     鑑定評価額                7,520百万円              6,040百万円              4,690百万円
                                  28/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     物件名称                 GLP  西宮            GLP  藤前
                    (優先交渉権)              (優先交渉権)
     物件写真


     所在地               兵庫県西宮市              愛知県名古屋市


     賃貸可能面積                 19,766㎡              12,609㎡
     建築時期                1979年10月              1987年10月
     取得予定価格                2,750百万円              1,980百万円
     NOI利回り                 5.9%              5.5%
     鑑定評価額                2,830百万円              2,020百万円
             <取得予定資産合計>

                           平均NOI利回り               稼働率
             取得予定価格合計
                             (注5)             (注7)
                                  4.5%             96.2%
                    848億円
           (注1)「優先交渉権」とは、優先交渉権対象物件を意味し、「ファンド」とは、GLPファンド物件を意味します。
           (注2)「賃貸可能面積」は、各不動産又は信託不動産に係る建物の賃貸が可能な面積であり、2018年6月末日現在有効な賃貸
               借契約書又は建物図面等に基づき賃貸が可能な面積を、1㎡未満を切り捨てて記載しています。
           (注3)「建築時期」は、主たる建物の登記簿上の新築年月を記載しています。主たる建物が複数ある場合は、登記簿上一番大
               きい延床面積の建物の年月を記載しています。登記簿に新築年月の記載がない場合は、検査済証の交付年月を記載して
               います。
           (注4)「取得予定価格」は、取得予定資産に係る売買契約書に記載された代金(税金は含みません。)に基づき記載していま
               す。
           (注5)「NOI利回り」は、各鑑定評価書における直接還元法での評価上のNOI(運営純収益)に基づき、取得予定価格に対する
               比率(「平均NOI利回り」については、取得予定価格ベースで加重平均した比率)を、小数第二位を四捨五入して記載
               しています。
           (注6)「鑑定評価額」は、2018年6月末日を価格時点として作成された各取得時鑑定評価書に記載された評価額を、それぞれ
               記載しています。
           (注7)「稼働率」は、2018年6月末日現在における取得予定資産に係る建物の賃貸可能面積合計に対する同日現在においてテ
               ナントが入居している賃貸面積合計が占める割合を、小数第二位を四捨五入して記載しています。
         (ハ)取得予定資産の取得による資産規模の拡大とポートフォリオの強化

           本投資法人は、取得予定資産の取得により、ポートフォリオの質を維持しながら資産規模

          の拡大を実現します。本投資法人の有する優良なポートフォリオは、物件数の増加を含む資
          産規模の拡大及びクオリティの強化等により、その安定性の更なる強化が期待されます。
                                  29/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
          ■取得予定資産取得後のポートフォリオの概要
                                取得予定資産取得後の
                  項目
                               ポートフォリオ(注1)
                 物件数                   76物件
             取得(予定)価格合計                      6,094億円
             平均NOI利回り(注2)                        5.3%
           平均残存賃貸借期間(注3)
                                    4.4年
               稼働率(注4)                     99.2%
          ■エリア別比率

                                取得予定資産取得後の
                 エリア
                                エリア別比率(注5)
                                     57%
                 関東圏
                                     27%
                 関西圏
                                     16%
                 その他
           (注1)取得予定資産取得後のポートフォリオの状況につき2018年6月末日を基準とした数値を記載しています。
           (注2)「平均NOI利回り」は、2018年2月期末時点の保有資産については2018年2月末日を価格時点とする鑑定評価書又は調
               査報告書における直接還元法での評価上のNOI、第5回公募増資取得資産のうち、「GLP                                   浦安」、「GLP      船橋Ⅱ」、
               「GLP   三郷」及び「GLP       舞洲Ⅰ」については2017年8月20日、「GLP                 岡山総社Ⅰ」及び「GLP          岡山総社Ⅱ」については
               2017年12月末日を価格時点とする取得時鑑定評価書又は価格調査書における直接還元法での評価上のNOI(太陽光発電
               設備13設備については、2017年12月末日を価格時点として作成された各太陽光発電設備の調査報告書に記載の直接還元
               法での評価上のNOI(運営純収益)(太陽光発電設備追加取得後の当該太陽光発電設備が付帯している各物件全体の直
               接還元法での評価上のNOI(運営純収益)と太陽光発電設備追加取得前の当該太陽光発電設備が付帯しない各物件の直
               接還元法での評価上のNOI(運営純収益)の差額)、取得予定資産については、2018年6月末日を価格時点とする取得
               時鑑定評価書における直接還元法での評価上のNOIに基づき、取得(予定)価格に対する比率を取得(予定)価格ベー
               スで加重平均しており、小数第二位を四捨五入して記載しています。
           (注3)「平均残存賃貸借期間」は、2018年6月末日現在において締結されている保有資産及び取得予定資産の建物に係る賃貸
               借契約に基づき、同日現在における残存賃貸借期間を賃貸面積ベースで加重平均しており、小数第二位を四捨五入して
               記載しています。但し、準共有の形態で保有している物件については、準共有の持分割合を乗じた賃貸面積を用いて算
               定しています。
           (注4)「稼働率」は、2018年6月末日現在における保有資産及び取得予定資産に係る建物の賃貸可能面積合計に対して同日現
               在においてテナントが入居している賃貸面積合計が占める割合を、小数第二位を四捨五入して記載しています(但し、
               その結果100.0%となる場合には小数第二位を切り捨てています。以下同じです。)。但し、準共有の形態で保有して
               いる物件については、準共有の持分割合を乗じた賃貸可能面積及び賃貸面積を用いて算定しています。以下、賃貸面積
               及び賃貸可能面積について同じです。
           (注5)「エリア別比率」は、取得(予定)価格をベースとして計算しており、小数第一位を四捨五入して記載しています。な
               お、第5回公募増資に伴い2018年3月1日付で取得した太陽光発電設備13設備については、当該各設備が付帯している
               物流施設の取得価格に含めて算出しています。
         (ニ)変わらぬ強固なスポンサー・サポートを活用した外部成長

           本投資法人は、2012年12月21日の上場以来、GLPグループからの物件売却情報の提供、GLP

          グループの物件情報収集ルート及びノウハウ等を活用することにより、スポンサー・サポー
          トによる優先交渉権対象物件の取得を中心としつつ、GLPファンド物件の取得及び外部(GLP
          グループ外)からの取得の機会も積極的に活用し、豊富な外部成長機会を実現することによ
          り、競争力の高い優良物件の取得による着実な外部成長を実現しています。
           本投資法人は上場直後の2013年1月にGLPグループから30物件・2,087億円(注1)の物流
          施設を取得して以降、2013年2月に売買予約契約の予約完結権行使により3物件・125億円
          (いずれも優先交渉権対象物件)を取得し、2013年度(注2)に2013年9月の公募増資(以
          下「第1回公募増資」といいます。)に関連して9物件・560億円(優先交渉権対象物件2物
          件及びGLPファンド物件7物件)、2014年度に2014年8月の公募増資(以下「第2回公募増
          資」といいます。)に関連して11物件・615億円(優先交渉権対象物件9物件及び外部物件2
          物件)、2015年度に2015年8月の公募増資(以下「第3回公募増資」といいます。)に関連
          して6物件・452億円(優先交渉権対象物件5物件及びGLPファンド物件1物件)及び2016年
          1月に行った2物件の売却を伴う資産入替えにおいて1物件・23億円(外部物件)、2016年
          度に2016年8月の公募増資(以下「第4回公募増資」といいます。)に関連して5物件・582
          億円(優先交渉権対象物件3物件及びGLPファンド物件2物件)、2017年度に2017年7月及び
          9月に行った2物件の売却を伴う資産入替えにおいて同年9月に1物件・44億円(GLPグルー
          プ外からのOTA対象資産(注3))、2018年2月の公募増資(以下「第5回公募増資」といい
          ます。)に関連して6物件・770億円(OTA対象資産4物件及びGLPファンド物件2物件)及び
          本投資法人が保有する物流施設の屋根に設置された太陽光発電設備13設備・49億円(いずれ
                                  30/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
          もGLPグループ保有設備)を取得しています。さらに、2018年度には本募集により、本投資法
          人は新たに8物件・848億円(優先交渉権対象物件7物件及びGLPファンド物件1物件)を取
          得 することを予定しています。この結果、本投資法人は、本募集による調達資金等により取
          得を予定している取得予定資産の取得後において、物件数は76物件、資産規模は6,094億円に
          拡大し、本募集に伴う本投資法人上場後最大の物件取得により、物流REIT最大級(注4)の
          資産規模を更に拡大する予定です。
           このように、上場以降本募集に至るまで各年度毎に定期的にスポンサー・パイプラインか
          らGLPグループのフラッグシップ物件を含む優良な先進的物流施設を継続的に取得することを
          通じて、本投資法人の資産規模は、上場時に比べて3倍近くにまで拡大する予定です。
           今後も、本投資法人は、スポンサー・パイプラインからの着実な取得に加え、外部(GLPグ
          ループ外)からの物件取得を組み合わせ、安定性と収益性を兼ね備えた先進的物流施設ポー
          トフォリオの更なる強化を目指します。
           (注1)本書において、本投資法人の資産規模及び取得予定資産の規模を金額で表す場合には、別途明示する場合を除き、取得

               (予定)価格に基づいています。以下同じです。
           (注2)「年度」とは、4月1日から翌年3月31日をいいます。本投資法人の決算期ではありません。以下同じです。
           (注3)本投資法人は、一定の取得期間中の本投資法人が指定する日に物件を取得することとし、取得する時期によっては取得
               価格を一定程度逓減させることができることとするような取組みを「Optimal                               Takeout   Arrangement     (OTA)」と称して
               おり、このような契約形態の取得対象資産を「OTA対象資産」と称しています。
               本投資法人は、2015年7月14日に外部物件である「GLP                      野田吉春」を取得対象資産とする売買契約を締結しました。当
               該売買契約では本投資法人の取得価格を逓減させることを目的として、三菱UFJリースグループとの協働により、一
               時的に三菱UFJリースグループの不動産関連事業会社であるMULプロパティ株式会社が本物件を取得し、取得予定期
               間(2016年7月14日以降2020年7月13日までの間)中の本投資法人が別途指定する日に本投資法人が本物件を取得する
               こととされ、取得価格は、売主の保有期間に比例して逓減する金額から、予め合意した修繕費や資本的支出等の予算と
               その実績値との差額を調整することにより決定される金額とされていました。本投資法人は、「GLP                                       野田吉春」を2017
               年9月1日付で取得済みです。
               また、本投資法人は、GLPグループが保有・運営する優先交渉権対象物件であった「GLP                                   浦安」、「GLP      船橋Ⅱ」、
               「GLP   三郷」及び「GLP       舞洲Ⅰ」(以下「本OTA4物件」ということがあります。)を取得した三井住友ファイナン
               ス&リース株式会社(以下「SMFL」ということがあります。)との間で、2017年8月29日付で本OTA4物件を取得対象
               資産とする売買契約を締結しました。当該売買契約では、本投資法人において取得予定期間(2018年3月1日以降2023
               年2月28日までの間)中の本投資法人が別途指定する日に本投資法人が本OTA4物件を取得することとされ、2018年3
               月1日より後に取得する場合には、取得価格が売主の保有期間に概ね比例してSMFLの取得価格から逓減する価格となる
               ことが見込まれる合意となっていました。本投資法人は、本OTA4物件を2018年3月1日に取得済みです。したがっ
               て、かかる合意に基づく取得価格の減額はなされていませんが、本投資法人は、SMFLとの間で、2018年1月末日時点ま
               での各本OTA4物件の運用実績及びその後の取得予定日までの想定に基づき、資本的支出及び初期コストの当初想定と
               の差額をSMFLの取得価格から減額した価格を各物件の取得価格とする旨を合意し、当該価格で取得しています。
           (注4)本投資法人が取得予定資産を取得する予定の2018年9月3日時点において保有する予定の物件の取得(予定)価格の合
               計と、2018年6月末日までの他の物流REITの有価証券届出書、有価証券報告書及び適時開示による公表情報に基づき、
               他の物流REITが2018年9月3日時点において保有しているものと想定される物件の取得(予定)価格の合計を比較して
               います。
                                  31/183










                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (注1)金額はいずれも取得(予定)価格に基づいています。








           (注2)「GLP      辰巳Ⅱa」及び「GLP        辰巳Ⅱb」は、第2回公募増資より前の2014年4月に取得しています。「GLP                              神戸西」は、
               第3回公募増資より前の2015年5月に取得しています。「GLP                        松戸」は、第4回公募増資より前の2016年1月に取得し
               ています。また、「GLP         野田吉春」は、第5回公募増資より前の2017年9月に取得しています。
           (注3)取得価格及び資産規模には、第5回公募増資に伴い2018年3月1日付で取得した太陽光発電設備13設備・49億円を含み
               ます。
           (注4)2012年度には、新規上場時取得資産とは別に、売買予約契約に基づく予約完結権の行使より3物件・125億円を取得し
               ています。
           (注5)新規上場時取得資産及び各公募増資取得(予定)資産については、取得(予定)資産のうち主要な物件を掲載していま
               す。
           (注6)「GLP      浦安」、「GLP      船橋Ⅱ」、「GLP       三郷」及び「GLP       舞洲Ⅰ」(本OTA4物件)は、SMFLから取得しましたが、い
               ずれもSMFLによる取得前においては優先交渉権対象物件であり、SMFLによる本OTA4物件の取得と同時にSMFLとの間で
               本投資法人による取得に係る売買契約を締結していたことから、スポンサー・パイプラインからの物件取得に含めて記
               載しています。また、太陽光発電設備13設備は、スポンサー・パイプラインの対象となる物件ではありませんでした
               が、本投資法人が保有する物流施設の屋根に設置されたGLPグループが単独で保有する太陽光発電設備を取得したもの
               であるため、スポンサー・パイプラインからの物件取得に含めて記載しています。
         C.物流REIT最大級の資産規模の維持及び成長を支える強固なパイプライン

            ~クオリティと規模を兼ね備えた物流REIT最大規模のスポンサー・パイプライン~
         (イ)GLPグループとの物件情報提供契約の活用

           GLPグループは、日本において15年を超える物流施設専業の保有・運営実績があり、優良な

          立地に存在する先進的物流施設を数多く所有しています。それらの物件のうちGLPグループが
          100%保有する物件について、資産運用会社はGLPとの間で物件情報提供契約を締結してお
          り、本投資法人は上場来、優先交渉権対象物件をパイプラインの重要な柱の一つとして外部
          成長を行ってきました。取得予定資産取得後には、本投資法人は、GLPグループが売却した優
          先交渉権対象物件のうち、33物件・2,955億円(取得予定資産及び本投資法人が取得後に売却
          した物件を含みます。)を取得することとなり、取得予定資産取得後の優先交渉権対象物件
          は5物件(延床面積約29万㎡)となる予定です。
                                  32/183




                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
         (ロ)新規開発により拡大するGLPファンド物件
           GLPグループは、以下のとおりグローバルな機関投資家等と共同投資を行い、本書の日付現

          在、GLPグループとCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるCanadian                                           Pension     Plan
          Investment       Board)がそれぞれ50.0%ずつの出資により立ち上げた合弁事業「GLP                                        ジャパ
          ン・デベロップメント・ベンチャー(GLP                       Japan    Development       Venture)」及び「GLP             ジャパ
          ン・デベロップメント・ベンチャーⅡ(GLP                         Japan    Development       Venture     Ⅱ)」(以下、当
          該合弁事業その他のGLPグループが第三者と共同出資する開発型ファンドと併せて「開発ファ
          ンド等」といいます。)、並びに安定稼働物件を運用している中国投資有限責任公司(CIC)
          及びCBREグローバル・インベスターズとの合弁事業「GLPジャパン・インカム・パートナーズ
          Ⅰ(GLP     Japan    Income    Partners     I)」等のGLPファンドを運営しています。GLPグループは自
          らもこれらのGLPファンドに33.3%又は50.0%の出資を行い、共同投資家として深く物件の運
          用・開発に携わっています。
           2018年6月末日現在、GLPファンドは竣工済みの先進的物流施設を22物件(延床面積約188
          万㎡)(取得予定資産を含みます。)(注1)保有しています。
           また、GLPの2018年6月末日時点の開発計画によれば、GLPグループが単独での開発を計画
          しているものも含め、2018年7月1日以降10物件(延床面積約107万㎡)が開発される予定で
          あり、GLPグループによる開発の加速により、GLPファンド物件は、当該時点で予定されてい
          た開発を勘案しただけでも31物件(延床面積約292万㎡)(注2)と2018年6月末日の竣工済
          みの延床面積から約1.5倍と大きく拡大する見込みです。本投資法人は、優先交渉権対象物件
          と併せてGLPファンド物件も重要なパイプラインと位置づけ、今後もこれらの物件の取得機会
          を追求していきます。
           (注1)GLPファンドの竣工済みの物件の延床面積は、主たる建物の検査済証に記載された延床面積を、開発中又は開発予定の
               物件の延床面積は、2018年6月末日時点の開発計画に基づく想定延床面積を、それぞれ基準として算出し、小数第一位
               を四捨五入しています。以下同じです。
           (注2)取得予定資産を除き、上記期間中にGLPファンド物件の売却がないことを前提としています。また、2018年6月末日時
               点の開発計画に基づくものであり、その後の開発計画の変更等により大幅に変動する可能性があります。
         (ハ)スポンサー・パイプラインによる本投資法人の成長余地

           本投資法人は、優良な先進的物流施設で構成される優先交渉権対象物件とGLPファンド物件

          を本投資法人の外部成長のためのパイプラインと位置付けており、取得予定資産取得後に
          は、上場後の取得(予定)資産(注)のうち、取得(予定)価格ベースで73.0%にあたる33
          物件・2,955億円(取得予定資産7物件及び本投資法人が取得後に売却した物件を含み、延床
          面積約132万㎡)が優先交渉権対象物件からの取得となる予定です。
           また、本投資法人は、第1回公募増資以後において、取得予定資産取得後で13物件・949億
          円(取得予定資産1物件を含み、延床面積約58万㎡)のGLPファンド物件を取得することとな
          り、GLPファンドからの取得は、取得(予定)価格ベースで上場後の取得資産の23.4%を占め
          る予定です。優先交渉権対象物件とは異なり、本投資法人及び資産運用会社は、GLPファンド
          物件について売却しようとする場合の売却情報の優先的な提供やその取得に向けた誠実協議
          を求める契約上の権利は有していないものの、GLPファンドがその組成後、本書の日付現在ま
          でに売却を決定した先進的物流施設の全て(「GLP・MFLP                                市川塩浜」の準共有持分50%を除
          きます。)を本投資法人が取得済み又は取得予定であり、本投資法人によるGLPファンド物件
          の取得実績は着実に増加しています。
           さらに、前記「(ロ)新規開発により拡大するGLPファンド物件」に記載のとおり、開発
          ファンド等のうち2016年2月に組成された「GLP                           ジャパン・デベロップメント・ベンチャー
          Ⅱ(GLP     Japan    Development       Venture     Ⅱ)」については、本投資法人への資産売却も視野に
          入れた投資戦略を有するファンドとなっています。
           このような取得実績の着実な増加及び本投資法人への資産売却も視野に入れた投資戦略を
          有するファンドの組成から、本投資法人は、GLPファンド物件をもう一つの外部成長の柱とし
          て位置付け、スポンサー・パイプラインの一つと認識しています。GLPグループは、単独又は
          GLPファンドを通じて継続的に物件の開発を行っており、GLPファンド物件は、本投資法人上
          場時(2012年12月末日時点)の約105万㎡から2018年6月末日現在約292万㎡(開発中又は開
          発予定の物件を含みます。)(いずれも延床面積ベース)に大きく拡大しており、今後も更
          なる拡大が期待されます。
           本投資法人は、優先交渉権対象物件の5物件・延床面積約29万㎡とGLPファンド物件の31物
          件・延床面積約292万㎡(開発中又は開発予定の物件を含みます。)を合わせた36物件・延床
                                  33/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
          面積約321万㎡のスポンサー・パイプラインを軸に、強固な外部成長戦略を推進していきま
          す。
           (注)「上場後の取得(予定)資産」とは、本投資法人の取得(予定)資産のうち、2012年12月21日の上場直後の2013年1月に
               GLPグループから取得した30物件を除いた資産をいいます。
                                  34/183



















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            <本募集以降も増加が見込まれる豊富なスポンサー・パイプライン>
            <本投資法人の資産規模推移



            ~優先交渉権対象物件・GLPファンドからの取得により力強い外部成長を実現~>
           (注)スポンサー・パイプラインの規模は、優先交渉権対象物件及びGLPファンド物件の延床面積を合計して算出しています。



              なお、スポンサー・パイプラインのうち、2018年7月以降に開発中又は開発予定の物件については、GLPが公表している
              2018年6月末日現在の開発計画に基づく想定延床面積に基づいて算出しています。また、本投資法人の資産規模は、延床
              面積(主たる建物の検査済証、建築確認通知書又は建築確認申請書のいずれかに記載された延床面積)を合計して算出し
              ています。なお、スポンサー・パイプラインの延床面積については単位未満を四捨五入し、本投資法人の延床面積につい
              ては単位未満を切り捨てて記載しています。
           (注1)開発中又は開発予定の物件を含みます。



           (注2)優先交渉権対象物件及びGLPファンド物件については、2018年6月末日時点での見込みです。但し、取得予定資産は含
               みません。
           (注3)優先交渉権対象物件及びGLPファンド物件については、いずれも本書の日付現在、本投資法人の投資基準に適合するか
               について判断を行っているものではなく、また、将来本投資法人が取得を決定し又は取得できることを保証するもので
               はありません。以下同じです。
           (注1)取得予定資産及び本投資法人が売却した物件を含みます。



           (注2)取得(予定)価格に基づいて記載しています。
                                  35/183





                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           <立地競争力とクオリティの高いスポンサー・パイプライン(2018年6月末日時点)>
           (注1)「平均延床面積」は、優先交渉権対象物件及びGLPファンド物件の延床面積を平均して算出しています。但し、取得予

               定資産は含みません。なお、スポンサー・パイプラインのうち、2018年7月以降に開発中又は開発予定の物件について
               は、GLPが公表している2018年6月末日現在の開発計画に基づく想定延床面積に基づいて算出しています。なお、延床
               面積については単位未満を四捨五入して記載しています。
           (注2)「関東圏」及び「関西圏」の比率は、延床面積に基づき算出しています。
           <スポンサー・パイプラインのエリアマップ>

           (注1)「GLP相模原プロジェクト」は、5棟の物流施設で構成されています。また、上記エリアマップ上以外に「GLP                                               札幌」




              (優先交渉権対象物件)及び「GLP              小牧Ⅱ」(GLPファンド物件)が存在します。
           (注2)開発中又は開発予定の物件を含みます。また、いずれも本書の日付現在、本投資法人が保有する物件ではなく、本投資
              法人の投資基準に適合するかについて判断を行っているものではなく、また、将来本投資法人が取得を決定し又は取得
              できることを保証するものではありません。
                      <主なスポンサー・パイプライン物件>

               (注)いずれも本書の日付現在、本投資法人が保有する物件ではなく、本投資法人の投資基準に適合するかについて判






                 断を行っているものではなく、また、将来本投資法人が取得を決定し又は取得できることを保証するものではあ
                 りません。
                                  36/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
          D.GLPグループの物件運営力を背景とした強力な内部成長の実現
            ~継続的な賃料増額を可能とする強固なポートフォリオとGLPグループの運営力~
            本投資法人は、上場以降、GLPグループの総合力を活用した成長戦略のもと、運用資産の

           安定的な運営の実現に努め、高い稼働率を維持しながら11期連続での賃料の増額改定を実現
           し、GLPグループの運営力、開発力を通じて着実な内部成長を実現してきました。
           (イ)割安な賃料水準・高い施設競争力・立地優位性・テナントリレーションにより、力強

              い内部成長を継続的に実現
             本投資法人は、日本国内において長年にわたる物流施設の運営実績を有し、国内におい

            て保有・運営延床面積が最大の物流施設運営事業者であるGLPグループの総合力を活用す
            ることにより、テナントニーズに応えるきめ細かいサービスの提供を行い、物流施設に対
            する高い需要を背景に、安定稼働を達成すると同時に、主に賃貸借契約の満期に伴う更改
            時において、賃料水準の維持・向上に努めてきました。その結果、上場以降の11計算期間
            (第2期から第12期)において、毎期賃料増額改定を達成しており、かつ賃料減額改定な
            し(注1)という実績を有しています。
             2018年2月期に満期を迎えた賃貸借契約については、79%(賃貸面積ベース)について
            増額、21%(賃貸面積ベース)について同条件で契約更改又は新規賃貸借契約締結を行っ
            ており、賃料が増額された契約に係る賃料の上昇率(注2)も3.8%と、力強い内部成長
            を実現しています。なお、既存テナントが退去する場合のリーシングについては、賃料水
            準に加えて、空室期間(以下「ダウンタイム」といいます。)、契約期間、ポートフォリ
            オの稼働率及び収支に与える影響等を含めて総合的に判断を行っています。上場来再契約
            率(注3)は90%(賃貸面積ベース)となっており、本投資法人が有するポートフォリオ
            の稼働率は、2018年6月末日現在99.7%、上場来平均稼働率(注4)は99.5%、テナント
            入替時平均ダウンタイム(注5)3ヶ月と、安定稼働の維持と内部成長の実現を両立させ
            ています。
             また、2018年8月期においては、取得予定資産である「GLP                                 大阪」と同じ大阪湾岸マー
            ケットに所在し本投資法人が保有する「GLP                        津守」において大幅な賃料増額を実現してい
            ます。詳細は、後記「(ニ)2018年8月期に締結された契約における賃料増額実績」の事
            例1及び事例2をご参照ください。
             さらに、本投資法人が保有するフラッグシップ物件である「GLP                                   東京」において、テナ
            ントリレーションを活かし、テナントの拡張需要を事前に把握し、ダウンタイムなしで後
            継テナントに入れ替え、賃料増額も実現することで、賃料増額と高稼働の維持を両立する
            ことに成功しています。詳細は、後記「(ニ)2018年8月期に締結された契約における賃
            料増額実績」の事例3をご参照ください。
             後記「(ロ)継続的で安定的な内部成長の可能性」のとおり、本投資法人のポートフォ
            リオは割安な賃料水準で推移している物件を含んでいる一方で、立地の優位性・高機能性
            等の観点から高い質を備えていることから、GLPグループのテナントリレーションを活用
            することにより、継続的に力強い内部成長を実現できるものと本投資法人は考えていま
            す。
            (注1)同一テナントとの再契約又はダウンタイムなしでの新たなテナントとの新契約に限り、空室期間がある場合のテナン
               ト入替えによる場合を除きます。また、フリーレント又はレントホリデー(契約開始時又は契約期間中に一定期間賃
               料を無料とし又は賃料を減額する期間を設けることをいいます。以下「フリーレント等」といいます。)を勘案せ
               ず、賃貸借契約書に記載された月額賃料及び共益費の額を基準としています。
            (注2)「上昇率」は、当該計算期間に締結された再契約及びダウンタイムなしでの新たなテナントとの新契約のうち、賃料
               が増額された契約に係る締結前の契約賃料に対する賃料の上昇率を、賃貸面積ベースで加重平均しており、小数第二
               位を四捨五入して記載しています。なお、フリーレント等を勘案せず、賃貸借契約書に記載された月額賃料及び共益
               費の額を基準としています。以下同じです。
            (注3)「上場来再契約率」は、本投資法人の上場以降2018年6月末日現在までの間に契約満期となった賃貸借契約について
               従前と同一のテナント(荷主に変更がない実質的に同一のテナントを含みます。以下、再契約及び更新契約につき同
               じです。)との間で再契約となった又は更新された割合を、賃貸面積ベースで加重平均して算出しており、小数第一
               位を四捨五入して記載しています。
            (注4)「上場来平均稼働率」は、本投資法人の上場以降2018年6月までの各月末時点の稼働率を各月末時点の賃貸可能面積
               で加重平均して算出しており、小数第二位を四捨五入して記載しています。以下同じです。
            (注5)「テナント入替時平均ダウンタイム」は、本投資法人の上場以降2018年6月末日までのテナント入替時におけるダウ
               ンタイムを各賃貸面積で加重平均しており、1ヶ月未満を切捨てて記載しています。以下同じです。
                                  37/183



                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                                          上場来稼働率(注)
       上場以降変わらぬ力強い内部成長を継続
     (注)「増額改定面積」及び「同条件再契約面積」については、当                             (注)「稼働率」は、小数第二位を四捨五入した結果が100.0%とな



         該計算期間に満期を迎えた、又は賃料を改定した契約につ                            る場合においては小数第二位を切り捨てて記載しています。
         いて賃貸面積ベースで示しています。但し、契約期間満了
         日から新規契約の契約期間開始日までにダウンタイムがあ
         る場合及び賃料改定条項に基づく自動的な賃料改定による
         ものを除きます。
           (ロ)継続的で安定的な内部成長の可能性


             本投資法人が取得予定資産取得後に保有する予定の物流施設の賃貸借契約は、平均して

            約4年前(注1)に契約開始したものであり、賃料は平均3,587円/坪(注2)となってい
            ます。本投資法人は、前述のとおり、昨今の地価及び建築コストの高騰等を背景に、過去
            に賃貸借契約を締結した既存物件の賃料がマーケットと比較して割安な賃料水準となって
            いることが賃料増額をけん引してきた要因となってきたと考えており、本投資法人の平均
            賃料は現在も割安な水準であることから、今後も着実な内部成長が期待できると考えてい
            ます。
             本投資法人の取得予定資産取得後の保有資産の平均残存賃貸借期間(注3)は4.4年と
            なる予定であり、下記グラフのとおり、満期が到来する賃貸借契約は一期当たり総賃貸面
            積の12%以下とバランスよく分散されており、本投資法人は、今後も高い再契約率とリー
            シング力を活かして、賃貸借契約の満期が到来する物件の再契約及びリースアップにより
            高稼働を維持しつつ、賃料増額を通じた内部成長の実現を目指します。
            (注1)2018年6月末日現在において有効な賃貸借契約に基づき、賃貸借期間を賃貸面積ベースで加重平均して算出した値か
                ら、同日時点からの残存賃貸借期間を賃貸面積ベースで加重平均して算出した値を減じて算出しています。
            (注2)2018年6月末日現在において有効な賃貸借契約に基づき、月額賃料を賃貸面積ベースで加重平均して算出しており、
                1円未満を切り捨てて記載しています。以下同じです。
            (注3)「平均残存賃貸借期間」は、2018年6月末日現在において有効な賃貸借契約に基づき、同日時点からの残存賃貸借期
                間を賃貸面積ベースで加重平均して算出しており、小数第二位を四捨五入して記載しています。
                                  38/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                     取得予定資産取得後の賃貸借契約の満期の分散(注)
           (注) 取得予定資産取得後の保有資産に係る2018年6月末日現在において有効な賃貸借契約に基づき、各計算期間に賃貸借契






              約期間の満期が到来する賃貸借契約に係る賃貸面積の合計が取得予定資産取得後の総賃貸面積に占める比率を示してい
              ます。「契約更改済み」は、上記賃貸借契約のうち、2018年6月末日時点までに満期日翌日を開始日とした賃貸借契約
              を締結し又は法的拘束力のある賃借申込書を受領している契約を示しています。
           (ハ)フラッグシップ物件に限らず幅広い物件での高い成長性と安定した稼働率

            本投資法人のポートフォリオは、フラッグシップ物件を中核とした優良な先進的物流施

           設で構成されており、高い平均賃料上昇率(注1)を実現しています。中でも、本投資法
           人の上場以来、築20年以上30年未満の物件は11.7%、築30年以上の物件では9.6%の賃料上
           昇を実現しており、フラッグシップ物件を超える内部成長実績を有しています。
            また、下記グラフのいずれの築年数帯においても、上場来平均稼働率(注2)は高位安
           定しており、築年数が30年以上経過した物件においても上場来平均稼働率は100%であり、
           フラッグシップ物件と同等以上の安定性を有しています。
            本投資法人は引き続き、先進的物流施設の中でも、特に「立地の優位性」、「高機能
           性」及び「テナント定着性」に着眼し、厳選投資を継続することで、内部成長を通じた投
           資主価値の向上を目指します。
           (注1)「平均賃料上昇率」とは、各分類における同一テナントとの再契約又はダウンタイムなしでの新たなテナントとの新契
              約について、締結前の契約賃料に対する賃料の上昇率を各賃貸借契約の賃貸面積で加重平均して算出しており、小数第
              二位を四捨五入して記載しています。なお、フリーレント等を勘案せず、賃貸借契約書に記載された月額賃料及び共益
              費の額を基準としています。また、フラッグシップ物件以外の築年数については、当該再契約又は新契約の契約開始時
              期が属する決算期末時点の築年数を基準に分類しています。
           (注2)「上場来平均稼働率」とは、各分類における本投資法人の上場以降2018年6月までの各月末時点の稼働率を2018年6月
              末日時点の賃貸可能面積(売却済物件については売却時点の賃貸可能面積)で加重平均して算出しており、小数第二位
              を四捨五入して記載しています。なお、フラッグシップ物件以外の築年数については、2018年6月末日時点の築年数を
              基準に分類しています。
             平均賃料上昇率(上場以来)

                                           上場来平均稼働率
                                  39/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (ニ)2018年8月期に締結された契約における賃料増額実績
           <事例1:大阪湾岸マーケットの物件において、2回目かつ大幅な賃料増額を実現>

             大阪湾岸(注)に所在する「GLP                  津守」では、未使用の事務所部分の撤去により倉庫床
            面積を拡張したことに加えて、垂直搬送機の入替え及び照明のLED化等、施設の改修を実
            施したことで、施設の利便性及び機能性の向上を実現しました。その結果、2013年10月に
            実現した1.9%の賃料増額に続いて、2018年8月期には同一テナントによる2回目の賃料
            増額となる12.4%の賃料増額を実現すると同時に、長期の賃貸借契約を締結し、当該契約
            は、2018年10月より効力を生じる予定です。
            (注)「大阪湾岸」とは、大阪市(此花区・西淀川区・住之江区・大正区・港区の湾岸部)、堺市、尼崎市、神戸市及び西宮



                市を指します。以下同じです。
           <事例2:入居企業による自動化対応工事支援により賃料増額を実現>

             物流業界においては、昨今の電子商取引(EC)の拡大を背景として、取扱品の保管場所
            が個別店舗から物流施設に移行するとともに、各物流施設における取扱物量の増加と商品
            の多品種化が一層進んでいます。また、大量かつ多様な物品の配送スピードや効率的な保
            管・配送の重要性も高まっており、物流施設がこうした状況に対応した仕様を備えるニー
            ズ(EC化対応ニーズ)が高まっています。さらに、物流機能のニーズの高度化に伴う物流
            スタッフの負荷の増大や、物流オペレーションの拡大による人手需要の増大に、昨今の労
            働市場全体における構造的な人手不足も相まって、物流施設は人材確保難の課題にも直面
            しています。物流施設の入居企業の多くが、EC化対応や人材確保難等の課題への対応を検
            討しています。
             このような状況の中、GLPグループは、物流施設への自動化設備の導入(物流拠点自動
            化)の支援を行っており、物流不動産専業のプロフェッショナルによるカスタマーサポー
            ト、施設バリューアップ支援並びに入居対応及び建物運営管理の全てをGLPグループにお
            いて取り扱う、GLPグループの強みであるワンストップサービスを活用することで、物流
            施設のオペレーションを止めることなく、自動化設備の導入の企画立案から工事完了に至
            るまでのあらゆる場面において入居企業を支援することが可能です。具体的には、設備導
            入可否の検証、工事計画の企画立案、建築基準法・消防法等の遵守のための対応策支援等
            を行っています。
             最近の例として、本投資法人は、上記のGLPグループの強みを活用して、稼働中の施設
            である「GLP       三郷Ⅱ」への自動化設備の導入を支援しました。「GLP                               三郷Ⅱ」に入居す
            る、丸井グループの物流企業である株式会社ムービングは、ECを活用したオムニチャネル
            戦略(注1)の推進及び人手不足への対策として、高密度保管と出庫時間の短縮が可能な
            自動倉庫型ピッキングシステムである「AutoStore」を導入しました。「AutoStore」は、
            水平方向に格子状に配置されたレールとそこから垂直に伸びる支柱から構成され、各セル
            の中に定型の専用コンテナを垂直に積み上げて格納するシステムとして、上面のレールを
            縦横に走行するロボットが、各セル内に垂直に積み上げられたコンテナを吊り上げ、走行
            レールに沿ってスタッフが待機するポートに搬送する仕組みとなっており、収納効率を極
            限まで高めた高密度保管と、作業者への負担を軽減し、短時間での効率の良い出入庫を実
            現することを目指したシステムです。
             本投資法人は、「GLP            三郷Ⅱ」への「AutoStore」の導入工事にあたり、工区を2つに
            分割することで、施設の稼働を継続しながら設備導入工事を実施するよう企画立案し、入
            居企業の課題であった自動化対応を、施設の稼働を継続しつつ実現できるよう支援しまし
            た。これにより、入居企業にとっての満足度及び拠点の重要性が向上し、2018年8月期の
            同企業との契約締結に際して9.5%の賃料増額改定(注2)を実現しました。
             本投資法人は、今後もGLPグループと協働して、物流施設における各種物流業務の自動
            化等、入居企業による設備投資を促進していきたいと考えています。
                                  40/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            (注1)「オムニチャネル戦略」とは、店舗・通販・ネット・モバイル・SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)など
                の様々なチャネルを利用して商品を認知・検討する顧客が、異なる様々なチャネルから購入ができるよう、様々な
                チャネルを利用する顧客の消費行動に対応する取組みをいいます。
            (注2)新契約締結前の契約賃料に対する、締結後の契約賃料の上昇率を小数第二位を四捨五入して記載しています。
           <事例3:館内増床ニーズを捉え、ダウンタイムなしでテナント入替えを実施>



             「GLP    東京」では、テナントB及びCの退去見込みを事前に察知する一方、3PL業者で
            あるテナントA及びDの増床ニーズを把握していました。このため、本投資法人は、テナン
            ト間の調整を主導することで、テナントB及びCの入居する一部区画を満期前に合意解約す
            ると同時に、当該退去区画について、テナントA及びDとの間で新たに賃貸借契約を締結し
            ました。その結果、ダウンタイムなしでテナントの入替えを実施するとともに、全ての新
            規契約区画でテナント入替え前と比べて賃料増額を達成しつつ、テナントDについては、
            既存使用区画においても同時に賃料増額を実現しました。
             上記の結果、平均4.4%(注2)の賃料増額を実現しています。
             (注1)テナント名は、開示につき同意が得られていないため、非開示としています。
             (注2)増床に伴って締結した新たな賃貸借契約と、既存区画の再契約につき、賃貸面積に基づき加重平均して算出してい
                ます。
                                  41/183













                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
          E.長期安定的な財務基盤
           (イ)財務戦略
              本投資法人は、財務の安定性と投資主価値向上の最適なバランスを追求した運用を
             行っており、強固なバンクリレーションシップのもと、借入期間の長期化・金利の固定
             化の推進及び返済期限の分散化を図りつつ、コスト低減を実現するとともに適切なLTV水
             準を維持しています。
          <主要な財務指標(本借入れ実行後)(注1)>

             平均借入期間(注2)                    :6.6年
             平均残存期間(注2)                    :4.2年
             平均調達金利(注3)                    :0.65%
             金利固定化比率(注4)                    :90.3%
             LTV(本募集後)(注5)                    :44.4%
             借入余力(本募集後)(注6)                    :約680億円
            (注1)上記数値はいずれも投資法人債を含めており、また、本借入れを勘案して算出しています。本借入れについては、後
                記「(ロ)本借入れの概要」記載の内容及び条件で実行することを前提として算出していますが、本借入れによる実
                際の借入額は、本募集による調達金額等を勘案した上で決定されるため、実際の数値は異なる可能性があります。な
                お、「LTV(本募集後)」については後記(注5)をご参照ください。
            (注2)「平均借入期間」は借入実行日から元本の最終返済期限までの期間を、また、「平均残存期間」は2018年9月3日時
                点から元本の最終返済期限までの期間を、それぞれ借入金額に基づき加重平均し、小数第二位を四捨五入して記載し
                ています。
            (注3)「平均調達金利」は、変動金利による借入れについては2018年7月31日時点における一般社団法人全銀協TIBOR運営
                機関が公表する1ヶ月物及び3ヶ月物の日本円TIBOR(Tokyo                        Interbank    Offered   Rate)を基準金利と仮定して適用
                される利率により計算しています。また、本借入れのうち、金利スワップにより固定化を予定している借入れ302.3
                億円については2018年7月31日時点の市場金利を勘案して合理的に見積もった利率により計算しています。
            (注4)「金利固定化比率」については、固定金利による借入れ及び金利スワップによる金利の固定化がなされている借入れ
                (本借入れについては前記(注3)に記載の本書の日付現在における想定によります。)の借入金総額に対する比率
                として算出しています。
            (注5)「LTV(本募集後)」については、取得予定資産の取得、本借入れ、本件第三者割当により調達した資金により実施
                することを予定している借入金の期限前弁済並びに第5回公募増資取得資産及び取得予定資産に関連した消費税還付
                金を原資として実施することを予定している借入金の期限前弁済後に想定される総資産LTV(以下に定義します。)
                の見込数値を記載しています。詳細については、後記「(i)安定的にLTVをコントロール」をご参照ください。
            (注6)「借入余力(本募集後)」は、総資産LTVが50%となるまでの範囲内で金融機関等からの借入れ及び投資法人債の発
                行等によって追加的に調達できる負債性資金の金額をいいます。以下同じです。なお、借入余力は、LTV(本募集
                後)の見込数値に基づいて算出しているため、実際の数値は異なる可能性があります。また、実際にかかる金額の資
                金調達ができることを保証するものではありません。さらに、本投資法人が、必ずしも借入余力である50%を超えて
                借入れ及び投資法人債の発行等ができなくなるというものでもありません。
            (ⅰ)安定的にLTVをコントロール

                本投資法人は、総資産LTV(注1)につき60%を上限の目途としつつ、当面は
              45%~55%を目安に機動的に運営を行う方針のもと、上場以降この範囲内で総資産
              LTVをコントロールしてきました。本投資法人の保有資産の鑑定評価額の継続的な増
              大により、ポートフォリオの含み益(鑑定評価額と帳簿価額の差額)は増加傾向にあ
              り、その結果、鑑定LTV(注2)は低下傾向にあり、本投資法人の財務の安定性・柔
              軟性が向上していると本投資法人は考えています。また、本募集後におけるLTVが
              50%となるまでの借入余力は、約680億円を見込んでいます。
                                  42/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            (注1)「総資産LTV」とは、各時点における本投資法人の総資産に対する有利子負債の比率をいいます。「総資産LTV(2018




                年8月期末(見込))」及び「総資産LTV(本募集後(見込))」はそれぞれ以下の計算式により求められる、各時
                点における有利子負債の総資産に占める割合を、小数第二位を四捨五入して記載しています。
                総資産LTV(2018年8月期末(見込))=                 (2018年2月期末現在の貸借対照表上の有利子負債総額                      +2018年3月1
                                日から2018年8月末日までの有利子負債増減額見込額)                       ÷ (2018年2
                                月期末現在の貸借対照表上の総資産額 +2018年3月1日から2018年8
                                月末日までの負債増減額          + 第5回公募増資における発行価額の総額)
                                ×100
                総資産LTV(本募集後(見込))=              (2018年2月期末現在の貸借対照表上の有利子負債総額                      + 本借入れ    、本件第
                              三者割当により調達した資金により実施することを予定している借入金の期限
                              前弁済並びに第5回公募増資取得資産及び取得予定資産に関連した消費税還付
                              金を原資として実施することを予定している借入金の期限前弁済を前提とした
                              2018年3月1日から本募集後までの有利子負債増減見込額)                        ÷ (2018年2月
                              期末現在の貸借対照表上の総資産額              +本借入れ、本件第三者割当により調達し
                              た資金により実施することを予定している借入金の期限前弁済並びに第5回公
                              募増資取得資産及び取得予定資産に関連した消費税還付金を原資として実施す
                              ることを予定している借入金の期限前弁済を前提とした2018年3月1日から本
                              募集後までの負債増減見込額+2018年3月1日から本募集後までの純資産増減
                              見込額)×100
                本投資法人は、国内一般募集及び海外募集における発行価額の総額並びに本件第三者割当における発行価額の総額と
                して、それぞれ45,661百万円及び2,191百万円を見込んでいますが、これらの金額は2018年8月3日(金)現在の東京
                証券取引所における本投資口の普通取引の終値を基準として算出した見込額です。この金額は、海外引受会社に付与
                する追加的に発行する本投資口を買取る権利が対象投資口の全部について行使され、かつ、本件第三者割当における
                募集投資口数の全部について野村證券株式会社より申込みがあり、発行が行われた場合を前提とした本書の日付現在
                の見込額であり、実際の本募集における発行価額の総額と一致するとは限りません。このため、LTV(本募集後(見
                込))も実際の指標と一致するとは限りません。具体的には、国内一般募集及び海外募集における実際の発行価額並
                びに本件第三者割当における実際の発行価額が上記見込額よりも低額となった場合又は海外引受会社に付与する追加
                的に発行する本投資口を買取る権利の全部若しくは一部が行使されず、若しくは、本件第三者割当における募集投資
                口数の全部若しくは一部について申込みが行われず、発行が行われなかった場合には、本募集における発行価額の総
                額は上記見込額より減少することとなり、本借入れの金額はその限度で変動し、実際のLTVは上記記載の数値より高
                くなります。また、国内一般募集及び海外募集における実際の発行価額並びに本件第三者割当における実際の発行価
                額が上記見込額よりも高額となった場合には、実際の発行価額の総額が上記の見込額よりも増加することとなり、本
                借入れの金額はその限度で変動し、実際のLTVは上記記載の数値よりも低くなります。
            (注2)「鑑定LTV」とは、各時点における本投資法人の保有資産の鑑定評価額の合計に対する有利子負債の比率をいいま
                す。「鑑定LTV(本募集後(見込))」は以下の計算式により求められる、本募集後における有利子負債の鑑定評価
                額の合計に占める割合を、小数第二位を四捨五入して記載しています。
                鑑定LTV(2018年8月期末(見込))               = (2018年2月期末現在の貸借対照表上の有利子負債総額 +2018年3月1
                                日から2018年8月末日までの有利子負債増減額)                    ÷ (2018年2月期末時
                                点の本投資法人の保有資産の鑑定評価額の合計+第5回公募増資取得資産
                                の鑑定評価額合計額)×100
                鑑定LTV(本募集後(見込))            = (2018年2月期末現在の貸借対照表上の有利子負債総額                      +本借入れ、本件第三者
                             割当により調達した資金により実施することを予定している借入金の期限前弁済
                             並びに第5回公募増資取得資産及び取得予定資産に関連した消費税還付金を原資
                             として実施することを予定している借入金の期限前弁済を前提とした2018年3月
                             1日から本募集後までの有利子負債増減見込額)                    ÷ (2018年2月期末時点の本
                             投資法人の保有資産の鑑定評価額の合計                + 第5回公募増資取得資産の鑑定評価
                             額合計額    + 取得予定資産の鑑定評価額の合計)×100
                鑑定LTV(本募集後(見込))は、国内一般募集及び海外募集における発行価額の総額並びに本件第三者割当におけ
                る発行価額の総額につき、(注1)と同様の基準により算出した見込額であり、実際の指標と一致するとは限りませ
                ん。
                                  43/183




                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            (ⅱ)安定的かつ多様な資金調達手段
                本投資法人は、下記のとおり、その有利子負債について調達方法及び借入先の多様
              化、金利コストの低減並びに調達年限の長期化を進めることにより、財務の安定性の
              実現を図っています。
              (注)上記レンダーフォーメーション(借入先金融機関等の構成)は、本書の日付現在における借入金及び投資法人債




                 に加え、本借入れによる借入予定額を382.3億円として、後記「(ロ)本借入れの概要」に記載の条件で本借入れ
                 を実行することを前提として計算しています。本借入れによる実際の借入額は、本募集による調達金額等を勘案
                 した上で決定されるため、実際の借入合計額及び各貸主ごとの借入割合は上記の数値と異なる可能性がありま
                 す。
                                  44/183














                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
            (ⅲ)借入期間の長期化・金利の固定化と調達金利の低減を推進
                本投資法人は、安定的な財務運営を行うとともに、良好な資金調達環境や投資法人
              債の活用を背景に、借入期間の長期化、金利の固定化及び調達金利の低減を推進して
              きました。上場後最初の決算期末時点である2013年2月期末で3.9年あった本投資法
              人の平均借入期間(注1)は本借入れ実行後では6.6年と約2.7年長期化し、金利固定
              化比率(注2)は2013年2月期末の65.9%から90.3%まで上昇する見込みである一
              方、平均調達金利(注3)は2014年2月期末から毎期低減しており、本借入れ実行後
              で0.65%と、2013年2月期末から約0.28pt(ポイント)(2013年2月期末の0.93%と
              本借入れ実行後の0.65%とのパーセンテージの差異。但し、小数第三位を四捨五入し
              ています。)の調達金利の低減を実現できる見込みです。
              (注1)「平均借入期間」は、各期末現在において残存する有利子負債につき、借入実行日から元本の最終返済期限ま




                  での期間を、各有利子負債額に基づき加重平均し小数第二位を四捨五入して記載しています。本借入れについ
                  ては、後記「(ロ)本借入れの概要」記載の内容及び条件で実行することを前提として算出していますが、本
                  借入れによる実際の借入額は、本募集による調達金額等を勘案した上で決定されるため、実際の数値は異なる
                  可能性があります。
              (注2)「金利固定化比率」は、各期末現在において残存する有利子負債につき、固定金利による有利子負債及び金利
                  スワップによる金利の固定化がなされている借入れの有利子負債総額に対する比率として算出しています。本
                  借入れについては、後記「(ロ)本借入れの概要」記載の内容及び条件で実行することを前提として算出して
                  いますが、本借入れによる実際の借入額は、本募集による調達金額等を勘案した上で決定されるため、実際の
                  数値は異なる可能性があります。
              (注3)「平均調達金利」は、各期末現在において残存する有利子負債につき、当該期末日現在における適用利率を、
                  各有利子負債額に基づき加重平均して小数第三位を四捨五入して記載しています。本借入れ実行後の数値につ
                  いては、本借入れを勘案して算出しています。本借入れについては、後記「(ロ)本借入れの概要」記載の内
                  容及び条件で実行することを前提として算出していますが、本借入れによる実際の借入額は、本募集による調
                  達金額等を勘案した上で決定されるため、実際の数値は異なる可能性があります。平均調達金利の計算にあ
                  たっては、変動金利による借入れについては、2018年7月31日時点における一般社団法人全銀協TIBOR運営機関
                  が公表する1ヶ月物又は3ヶ月物の日本円TIBOR(Tokyo                      Interbank    Offered   Rate)を基準金利と仮定して適用
                  される利率により計算しています。また、本借入れのうち302.3億円については、金利スワップにより金利を固
                  定化する予定です。その平均調達金利の計算にあたっては、2018年7月31日時点の市場金利を勘案して合理的
                  に見積もった利率により計算しています。
            (ⅳ)返済期限の分散と今後の金利低減余地

                本投資法人は、新規借入れや投資法人債の発行の際には、財務の安定性維持のた
              め、返済期限の分散化に配慮しており、本借入れによっても更なる返済期限の分散化
              が実現される予定です。
                本投資法人が2021年8月期末までの3年の間に返済期限を迎える予定の有利子負債
              の借入条件は、下記グラフのとおり平均借入年限5.0年、平均調達金利0.67%である
              のに対し、2018年2月及び3月に実行した直近の借入金322億円の借入条件は、平均
              借入年限5.0年、平均調達金利0.37%であることから、借入金利の低減余地があると
              本投資法人は考えています(注)。本投資法人は良好な資金調達環境を活用し、今後
              のリファイナンスにより、調達金利の更なる低減に取り組む方針です。
              (注) 実際の有利子負債の金利その他の条件は、金利動向その他の状況により変動するため、直近の借入条件と同等
                  の条件で将来借換えを実現できる保証はなく、また、調達金利の低減を実現できる保証もありません。
                                  45/183




                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
              (注1)直近の借入条件は、2018年1月4日実行の借入金に係る借入条件並びに2018年2月28日及び3月1日実行の借



                  入金に係る借入条件に基づいてそれぞれ記載しています。
              (注2)各計算期間末までの1年間に満期を迎える借入金及び投資法人債について記載しています。
              (注3)上記返済期限の分散状況は、本書の日付現在における分散状況に、本借入れにおいて想定される返済期限を勘
                  案したものです。
              (注4)「平均借入年限」は、対象となる有利子負債につき、借入実行日から元本の最終返済期限までの期間を、各有
                  利子負債額に基づき加重平均し小数第二位を四捨五入しており、「平均調達金利」は、対象となる有利子負債
                  につき、変動金利による借入れについては2018年7月31日時点の1ヶ月物及び3ヶ月物の日本円TIBORを基準金
                  利と仮定して適用される利率により計算しています。また、本借入れのうち、金利スワップによる金利の固定
                  化がなされる予定の借入れ302.3億円については2018年7月31日時点の市場金利を勘案して合理的に見積もった
                  利率により計算しています。本借入れについては、後記「(ロ)本借入れの概要」記載の内容及び条件で実行
                  することを前提として算出していますが、本借入れによる実際の借入額は、本募集による調達金額等を勘案し
                  た上で決定されるため、実際の数値は異なる可能性があります。
              (注5)上記返済期限の分散状況は、本借入れが後記「(ロ)本借入れの概要」記載の金額及び返済期限により実行さ
                  れた場合の見込みであり、実際の分散状況と一致するとは限りません。
            (ⅴ)格付の状況

                本投資法人は、株式会社日本格付研究所(JCR)から、AA(安定的)の長期発行体
              格付を付与されています(注)。これは、本投資法人が上場以降の公募増資を通じた
              継続的な外部成長によりポートフォリオの資産規模や収益規模の拡大に加え分散効果
              に伴い安定性も高まっていること、高い稼働率等の安定した運営実績、含み益の拡大
              による財務の柔軟性向上、適切な水準でのLTVコントロール等が評価された結果であ
              ると、本投資法人は考えています。なお、2018年7月末日現在、国内上場不動産投資
              法人の全60銘柄のうち、株式会社日本格付研究所(JCR)又は株式会社格付投資情報
              センター(R&I)のいずれかからAA以上の信用格付を付与されている銘柄は15銘柄の
              みとなっています。
              (注)本格付は、本書の日付現在、株式会社日本格付研究所(JCR)から付与された本投資法人の長期発行体格付であ
                 り、本投資口に付与された格付ではありません。また、本投資口について、本投資法人の依頼により信用格付業
                 者から提供され若しくは閲覧に供された信用格付、又は信用格付業者から提供され若しくは閲覧に供される予定
                 の信用格付はありません。
                                  46/183









                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (ロ)本借入れの概要
             本投資法人は、本募集に伴い、取得予定資産の取得資金の一部に充当するため、本借入
            れを行うことを予定しています。但し、各借入先による貸出審査手続における最終的な決
            裁が完了し、借入先が合理的に満足する内容の融資に係る契約が締結されること及び別途
            定められる貸出前提条件を全て充足すること等を条件とします。
                借入

                               返済期限
                予定額
        借入先                利率               返済方法          使途        摘要
                               (注3)
               (注2)
                       基準金利に
                        0.15%
     株式会社三井住                           2019年
                48億円
     友銀行                 を加えた利率         9月2日
                       (注4)
                       基準金利に
                        0.15%
     株式会社三菱U                           2019年
                32億円
     FJ銀行                 を加えた利率         9月2日
                       (注4)
     株式会社三井住
                       基準金利に
     友銀行及び株式
                        0.19%
     会社三菱UFJ                           2022年
               92.2億円
     銀行をアレン                 を加えた利率         9月2日
                                              取得予定資産の
                                       期限一括                 無担保
     ジャーとする協                  (注5)
                                             取得資金の一部及び
                                        返済                無保証
     調融資団
                                              それに関連する
     株式会社三井住
                                                 費用
                       基準金利に
     友銀行及び株式
                       0.205%
     会社三菱UFJ                           2024年
               134.3億円
     銀行をアレン                 を加えた利率         9月1日
     ジャーとする協                  (注5)
     調融資団
     株式会社三井住
                       基準金利に
     友銀行及び株式
                       0.325%
     会社三菱UFJ                           2027年
               75.8億円
     銀行をアレン                 を加えた利率         9月2日
     ジャーとする協                  (注5)
     調融資団
       (注1)上記借入れは、借入先が合理的に満足する内容の融資に係る契約が締結されること及び別途定められる貸出前提条件を全て充足
           すること等を条件とします。また、協調融資団からの借入れについては、借入先が合理的に満足する内容の融資に係る契約が締
           結されることを条件とします。
       (注2)実際の借入額は、本募集による調達金額等を勘案した上で決定されるため、「借入予定額」に記載された金額と実際の借入額は
           異なる可能性があります。
       (注3)協調融資団からの借入れに係る返済期限は、本書の日付現在における予定を記載したものであり、最終的な借入実行の時点まで
           に変更されることがあります。
       (注4)基準金利は、借入実行日の2営業日前の時点における一般社団法人全銀協TIBOR運営機関が公表する1ヶ月物の日本円TIBOR
           (Tokyo   Interbank    Offered   Rate)をいいます。かかる基準金利は利払日毎に見直されます。
       (注5)基準金利は、借入実行日の2営業日前の時点における一般社団法人全銀協TIBOR運営機関が公表する3ヶ月物の日本円TIBOR
           (Tokyo   Interbank    Offered   Rate)をいいます。かかる基準金利は利払日毎に見直されます。なお、本借入れの借入金総額382.3
           億円のうち302.3億円については、金利スワップにより金利を固定化する予定です。
       (注6)本借入れの借入実行日は、2018年9月3日を予定しています。
                                  47/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      3 サステナビリティへの取組み
           本投資法人は、資産運用会社とサステナビリティへの考え方を共有し、共に取組みを推進し

          ています。本投資法人における「サステナビリティ」とは、環境保護に最大限の配慮を払い、
          また、テナント、テナントの従業員、顧客及び地域社会の健康と安心に貢献していくという社
          会的責任を持続的に負うということです。このような環境・社会のサステナビリティ(持続的
          な成長)に対する社会的責任を事業執行の中核に据え、環境、社会、ガバナンスに関する方針
          (ESG方針)を含む各種方針を策定・表明し、以下にあるような、個別の様々な取組みを行っ
          ています。
          A.GRESBリアルエステイト評価(Global                       Real   Estate    Sustainability         Benchmarkリアルエス

          テイト評価)(以下「GRESB評価」といいます。)の取得
            GRESB評価とは、国連責任投資原則を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009

           年に創設された、不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG:Environment,                                             Society
           and  Governance)配慮を測る年次のベンチマーク調査です。2017年9月現在、約60社(運用
           資産額17兆米ドル(1,870兆円、1米ドル=110円で換算))のGRESB投資家・銀行メンバー
           が、GRESBデータを投資先の選定や投資先との対話に活用しており、2017年に実施された
           GRESB評価には、世界で850の上場・非上場の不動産会社・ファンドが参加しています。本投
           資法人のスポンサーの親会社であるGLPは、不動産会社・運用機関メンバーとしてGRESBの活
           動をサポートしています。
            本投資法人は、2017年に実施された「GRESB評価」において、3年連続で「Green                                             Star」
           評価を取得し、また、各参加者の総合スコアのグローバル順位による相対評価によって5段
           階で格付けされる「GRESBレーティング」においては、2年連続で「4スター」の評価を取
           得しました(注)。
           (注)「Green      Star」は、絶対評価による4つに分類される評価の中で最も評価の高い分類にあたり、サステナビリティ評価に
              係る「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面において優れていると評価された会社に付与されるものです。ま
              た、「GRESBレーティング」は、2016年から導入された格付であり、各参加者の総合スコアのグローバル順位による相対
              評価によって5段階で格付け(最上位は「5スター」)されています。
          B.DBJ     Green    Building認証の取得



            DBJ  Green    Building認証制度とは、ビルの環境性能に加えて防犯や防災その他の不動産を

           取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請に配慮した不動産(“Green
           Building”)の普及促進を目的に、株式会社日本政策投資銀行が独自に開発したスコアリン
           グモデルにより5段階で評価し、時代の要請に応える優れた不動産を選定・認証する制度で
           す(注)。本投資法人が保有する9物件がDBJ                         Green    Building認証制度に基づいた認証を受
           けており、「GLP          東京Ⅱ」、「GLP          尼崎」、「GLP         東京」及び「GLP          三郷Ⅱ」が「5つ
           星」、「GLP       杉戸Ⅱ」、「GLP          舞洲Ⅱ」、「GLP          小牧」、「GLP        仙台」及び「GLP          郡山Ⅲ」
           が「4つ星」の認証を受けています。
           (注)DBJ    Green   Building認証における評価ランクは5段階(「5つ星」から「1つ星」)であり、「5つ星」は国内トップク
              ラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル、「4つ星」は極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされた
              ビル、「3つ星」は非常に優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル、「2つ星」は優れた「環境・社会への配慮」
              がなされたビル、「1つ星」は十分な「環境・社会への配慮」がなされたビルであることの認証とされています。
                                  48/183




                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                        DBJ  Green    Building認証取得物件
          C.BELS評価の取得




            BELS(Building         Energy-efficiency           Labeling      System/建築物省エネルギー性能表示制

           度)とは、2014年4月に国土交通省が評価基準を定めた非住宅建築物の省エネルギー性能を
           評価する公的制度です。新築建物又は既存建物にかかわらずエネルギーの使用の合理化等に
           関する法律(昭和54年6月22日法律第49号)(省エネ法)に基づく一次エネルギー消費量を
           基に第三者機関が省エネルギー性能を評価する制度であり、その評価は、5段階(「5つ
           星」から「1つ星」)の省エネルギー性能ラベリングで表示されます。本投資法人が保有す
           る10物件がBELS評価を取得しており、「GLP                        神戸西」、「GLP          厚木Ⅱ」及び「GLP           吉見」が
           「5つ星」、「GLP           三郷Ⅱ」、「GLP          杉戸」、「GLP        岩槻」、「GLP        鳥栖Ⅰ」及び「GLP           郡
           山Ⅰ」が「4つ星」、「GLP                小牧」及び「GLP          東京Ⅱ」が「3つ星」の認証を取得していま
           す。
                            BELS評価取得物件

                                  49/183












                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
          D.CASBEE評価の取得
            CASBEE(Comprehensive             Assessment       System    for  Built    Environment       Efficiency       / 建築環

           境総合性能評価システム)とは、財団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)が認証する建
           築物の環境性能を評価し格付けする手法です。省エネルギーや省資源、リサイクル性能など
           環境負荷低減の側面に加え、景観への配慮なども含めた建築物の環境性能を総合的に評価す
           るシステムであり、5段階の格付が付与されます(注1)。
            本投資法人は、2018年2月に、保有する8物件(「GLP                                越谷Ⅱ」、「GLP          袖ヶ浦」、
           「GLP    浦安Ⅲ」、「GLP          杉戸」、「GLP・MFLP            市川塩浜」、「GLP           吉見」、「GLP        神戸西」
           及び「GLP      鳥栖Ⅰ」)にてSランクを取得し、2物件(「GLP                            加須」及び「GLP          羽村」)に
           てAランクを取得しました。
            本投資法人が保有する「GLP                厚木Ⅱ」は、免震構造やバックアップ電源、井水の非常用利
           用など、災害時における入居企業のBCP(事業継続計画)対応のサポートが充実し、プレ
           キャストコンクリート(現場で組立て・設置を行うために工場等で予め製造する強度・耐震
           性に優れたコンクリート又はこれを用いた工法)や全館LED照明の採用、太陽光発電パネル
           の設置など、環境設備を備えることで、CASBEE新築のAランク認証を取得しています。ま
           た、「GLP      吉見」においては、全館LED照明の採用、太陽光発電パネルの設置など、環境設
           備を備えることで、自治体版CASBEEであるCASBEE埼玉県にてSランク評価を取得しています
           (注2)。
           (注1)CASBEEの評価結果は、「Sランク(素晴らしい)」から、「Aランク(大変良い)」「B+ランク(良い)」「B-ランク
               (やや劣る)」「Cランク(劣る)」の5段階で評価されています。
           (注2)CASBEE埼玉県は、その内容を自治体が評価し認証するものではありません。自治体が設けた基準を用いて、建築主(事
               業者)が自主的な環境配慮への取組みの自己評価を表示するものです。
                           CASBEE評価取得物件

          E.本投資法人の保有する物流施設における取組み




            本投資法人は、環境に配慮した建物、環境負荷低減の促進、入居企業の安全性確保・快適

           さの提供、投資判断時のサステナビリティへの配慮など、環境・社会に配慮した多様な取組
           み実績を有しています(注)。
           (注)以下の取組みの実績の説明は、取組み完了後の例であり、すべての保有資産においてこれらの取組みがなされているもの
              ではありません。
           (イ)周辺環境・コミュニティへの配慮

             本投資法人は、運用する施設の周辺環境に配慮し、安全で快適なコミュニティ作りに貢
            献すべく、外構緑化等で周辺環境へ配慮するとともに、ボランティアやイベントの開催な
            どの取組みを行っています。
                       <外構緑化>                   <フォトロード(注)>
           (注)「フォトロード」とは、高機能舗装の表面に光触媒をコーティングすることで、自動車排気ガス中の窒素酸化物などの汚



             染物質を分解・除去する工法を用いた道路であり、これによって、排ガスで汚染された空気を浄化することが期待できま
             す。
                                  50/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (ロ)入居企業への快適さの提供

             本投資法人は、入居企業及び施設利用者が快適に利用できる建物やサービスの提供を目
            指しています。入居企業への顧客満足度調査を毎年行い、そのフィードバックに基づき、
            継続的に建物・サービスの向上に取り組んでいます。
                      <カフェテリア>                <ユニバーサルデザイントイレ(注)>
           (注)「ユニバーサルデザイントイレ」とは、全ての人々に利用しやすくデザインされたトイレをいいます。



           (ハ)安全性の確保

             本投資法人は、入居企業及び施設利用者の安全性に配慮し、免震構造を有する建物の提
            供や24時間警備等サービスの提供に努めています。保管される荷物、入居企業の従業員の
            方々の安全を守ることで、入居企業のBCPにも貢献しています。
                       <免震構造>                      <24時間警備>
           (ニ)環境負荷低減の促進




             本投資法人の運用する施設では、目標値を設定し、施設内のエネルギー使用量のモニタ
            リングを行っております。また、共用部における省エネルギー及び廃棄物削減に努めるだ
            けでなく、入居企業のエネルギー使用状況に応じた省エネガイドの交付など、入居企業と
            一体となって環境負荷の低減に努めています。
                      <省エネガイド>                       <ごみの分別>
                                  51/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (ホ)環境に配慮した建物
             本投資法人は、様々な環境性能を有した施設を保有しており、太陽光発電パネルやLED
            照明など、環境に配慮した設備の導入も積極的に行っています。
                     <太陽光発電パネル>                         <LED照明>
           (ヘ)投資判断時のサステナビリティへの配慮




             本投資法人は、物件取得検討時のデュー・ディリジェンス・プロセスの中に、サステナ
            ビリティと環境保護についての項目チェックをルール化しており、本投資法人の資産運用
            業務が、社会におけるサステナビリティと環境保護に配慮したものであるよう最大限の注
            意を払っています。
           (ト)調達先選定時のサステナビリティへの配慮

             本投資法人は、各種調達先を選定する際に、各社のサステナビリティに対する方針や目
            標設定の有無を確認することをルール化しており、本投資法人の業務全体としてのサステ
            ナビリティ向上と環境保護に貢献する仕組みとなっています。
           (チ)従業員満足度調査の実施

             資産運用会社は、従業員満足度調査を実施し、従業員にとって働きがいのある会社を目
            指して、毎年様々な取組みを行っています。
          F.GLPグループの社会貢献活動への取組み

            日本GLP株式会社をはじめとするGLPグループは、子ども達の可能性や才能を見出すサポー

           ト等を通じて、日本や海外(中国)で積極的に社会貢献活動に取り組んでいます。
           (イ)小中学生への就業体験機会の提供

             GLPグループは、パタゴニア日本支社及び日本ロジステック株式会社と協働し、「GLP
            三郷Ⅲ」の庫内において、児童養護施設で暮らす小中学生を対象に商品のピッキングや検
            品、梱包作業等の物流施設内での就業体験の機会を提供しています。
           (ロ)スポーツ交流会の実施


             GLPグループは、児童養護施設に暮らす子ども達とのスポーツ交流の場として、バブル
            サッカー大会を開催しており、子ども達にスポーツ交流の場を提供しています。
                                  52/183





                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
           (ハ)「絵本を届ける運動」への参加
             GLPグループは、2013年から支援している公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
            が主催する、絵本を読んだことのない外国の子ども達に、日本で出版されている絵本に翻
            訳文を印刷したシールを貼り付けて届ける「絵本を届ける運動」に、児童養護施設の子ど
            も達と共同で参加しており、子ども達に社会や世界の他の地域を知ってもらう機会を提供
            しています。
           (ニ)GLP      Hope   School建設と約1万人の児童に教育機会を提供


             GLPグループは、進出している中国において、2006年から合計14棟の学校(GLP                                             Hope
            School)を建設し、約1万人の生徒に教育機会を提供しています。
                                  53/183















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      4 第12期末後取得済資産及び取得予定資産の概要
        本投資法人は、2018年3月1日に投資口の発行による手取金、手元資金及び借入金により「GLP

       浦安」、「GLP        船橋Ⅱ」、「GLP          三郷」、「GLP        舞洲Ⅰ」、「GLP          岡山総社Ⅰ」及び「GLP             岡山総
       社Ⅱ」並びに太陽光発電設備13設備(注)(第12期末後取得済資産)を取得しており、また、国内
       一般募集及び海外募集の対象となる本投資口の発行による手取金、本借入れ並びに手元資金によっ
       て以下に記載の取得予定資産を取得することを予定しています。本投資法人は、2018年8月13日付
       で、現信託受益者との間で各取得予定資産の取得に係る信託受益権売買契約を締結しています。
       (注)本投資法人が保有する物流施設の屋根に設置された太陽光発電設備及びそのための屋根賃借権を信託財産とする不動産管理処分信託
          に係る信託受益権につき、取得日付で当該信託に係る信託契約を解約し、追加信託等により物流施設に係る不動産管理処分信託の信
          託財産に組み入れる方法で取得しています。本投資法人は、本投資法人が保有し又は取得する物流施設に付帯する太陽光発電設備に
          対してのみ投資することを企図しており、太陽光発電設備に独立して投資することは予定していません。
        また、各取得予定資産に係る現信託受益者は、いずれも投信法第201条及び投信法施行令第123条

       並びに資産運用会社の利害関係人取引規程に定める利害関係人等に該当する又は利害関係人等に準
       ずることから、資産運用会社は、利害関係人取引規程に従い、上記信託受益権売買契約の締結に先
       立ち、コンプライアンス委員会による承認、本投資法人の役員会の承認に基づく本投資法人の同意
       並びに投資委員会における審議及び決定を経ています。
                                  54/183















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
        A.第12期末後取得済資産及び取得予定資産の一覧
     <物流施設>

                                    取得(予定)

                                           鑑定評価額
      地   物件            信託受託者        信託期間         価格            取得
              物件名称                                          売主
                                           (百万円)
      域                                           (予定)日
         番号            (注1)        (注1)       (百万円)
                                           (注3)
                                     (注2)
      第12期末後取得済資産
                    三井住友信託銀       2002年8月28日から
              GLP  浦安
        関東圏-32                               7,440      7,540
                     行株式会社      2028年3月31日まで
                                                      三井住友ファ
      関
                    三菱UFJ信託       2017年9月1日から                      2018年     イナンス&
              GLP  船橋Ⅱ
      東  関東圏-33                               7,789      8,130
                     銀行株式会社       2033年3月31日まで                      3月1日      リース株式会
      圏
                                                      社
                    三菱UFJ信託       2005年11月29日から
              GLP  三郷
        関東圏-34                              16,939      17,700
                     銀行株式会社       2033年3月31日まで
      関東圏小計                                32,170      33,370      -      -
                                                      三井住友ファ
      関
                    三菱UFJ信託       2005年7月15日から                      2018年     イナンス&
              GLP  舞洲Ⅰ
      西
        関西圏-16                              19,390      19,400
                     銀行株式会社       2033年3月31日まで                      3月1日      リース株式会
      圏
                                                      社
      関西圏小計                                19,390      19,400      -      -
                                                      総社ロジス
                    三井住友信託銀       2013年2月22日から
             GLP  岡山総社I
        その他-21                              12,800      13,100          ティック特定
                     行株式会社      2028年3月31日まで
      そ
                                                      目的会社
                                                 2018年
      の
                                                 3月1日
                                                      総社2ロジス
      他
                    三井住友信託銀       2015年10月30日から
             GLP  岡山総社Ⅱ
        その他-22                              12,700      13,000          ティック特定
                     行株式会社      2028年3月31日まで
                                                      目的会社
      その他小計                                25,500      26,100      -      -
      第12期末後取得済資産合計                                77,060      78,870       -      -
      取得予定資産
                                                      新砂ロジス
                    三菱UFJ信託       2003年7月23日から
              GLP  新砂
                                                      ティック特定
        関東圏-35                              18,300      18,500
                                                 2018年
                     銀行株式会社      2033年9月30日まで
                                                      目的会社
                                                 9月3日
                    三菱UFJ信託       2014年9月29日から                           アゼリア2特
              GLP  湘南
        関東圏-36                               5,870      6,040
                     銀行株式会社      2033年9月30日まで                           定目的会社
      関東圏小計                                24,170      24,540      -      -
                                                      大阪ロジス
                    三菱UFJ信託       2004年10月1日から
              GLP  大阪
        関西圏-17                              36,000      36,200          ティック特定
                     銀行株式会社      2033年9月30日まで
                                                      目的会社
                    三井住友信託銀       2014年9月29日から                           アゼリア2特
              GLP  摂津
        関西圏-18                               7,300      7,520
                     行株式会社      2024年9月30日まで                           定目的会社
                    三菱UFJ信託       2018年9月3日から                      2018年     コスモス特定
              GLP  西宮
        関西圏-19                               2,750      2,830
                     銀行株式会社      2033年9月30日まで                      9月3日      目的会社
                    三井住友信託銀       2014年9月29日から                           アゼリア2特
              GLP  滋賀
        関西圏-20                               4,550      4,690
                     行株式会社      2028年9月30日まで                           定目的会社
                                                      寝屋川ロジス
                    三菱UFJ信託       2018年9月3日から
              GLP  寝屋川
        関西圏-21                               8,100      8,100          ティック特定
                     銀行株式会社      2033年9月30日まで
                                                      目的会社
      関西圏小計                                58,700      59,340      -      -
      そ
                    三菱UFJ信託       2018年9月3日から                      2018年     コスモス特定
              GLP  藤前
      の  その他-23                               1,980      2,020
                     銀行株式会社      2033年9月30日まで                      9月3日      目的会社
      他
      その他小計
                                       1,980      2,020      -      -
      取得予定資産合計                                84,850      85,900      -      -
      合計                                161,910      164,770       -      -
     (注1)「信託受託者」及び「信託期間」は、第12期末後取得済資産及び各取得予定資産の取得時における信託受託者及び信託期間を記載して
        います。
     (注2)「取得(予定)価格」は、第12期末後取得済資産及び取得予定資産に係る各信託受益権売買契約書又は価格合意書に記載された各信託
        受益権の売買代金(税金は含みません。取得諸経費及び消費税等を除きます。以下同じです。)を記載しています。
     (注3)「鑑定評価額」は、第12期末後取得済資産のうち、「GLP                          浦安」、「GLP      船橋Ⅱ」、「GLP       三郷」及び「GLP       舞洲I」については2017
        年8月20日、「GLP        岡山総社I」及び「GLP         岡山総社Ⅱ」については2017年12月末日、取得予定資産については2018年6月末日をそれ
        ぞれ価格時点として作成された各不動産鑑定評価書に記載された評価額を記載しています。なお、各不動産鑑定評価書の鑑定評価機関
        及び概要については、後記「B.第12期末後取得済資産及び取得予定資産の概要」の鑑定評価書の概要をご参照ください。
                                  55/183



                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     <第12期末後取得済資産(太陽光発電設備)>
                      取得

         物件                   評価額
              物件名称        価格
     地域    番号                         取得日        売主
                           (百万円)
              (注1)       (百万円)
        (注1)                   (注3)
                     (注2)
              GLP  昭島
        関東圏-3                395      432
              GLP  三郷Ⅱ
        関東圏-13                268      282
      関
                                  2018年     GLPソーラー特定
              GLP  浦安Ⅲ
      東  関東圏-18                560      639
                                 3月1日      目的会社
      圏
              GLP  東京Ⅱ
        関東圏-21                273      324
              GLP  杉戸
        関東圏-26                171      187
      関東圏小計                 1,667      1,864      -       -
              GLP  舞洲Ⅱ
        関西圏-3                318      333
      関
              GLP  尼崎
        関西圏-6                463      497
                                  2018年     GLPソーラー特定
      西
                                 3月1日      目的会社
              GLP  福崎
        関西圏-13                288      324
      圏
              GLP  深江浜
        関西圏-15                328      351
      関西圏小計                 1,397      1,505      -       -
              GLP  富谷
        その他-2                282      290
      そ
              GLP  基山
        その他-8                518      532
                                  2018年     GLPソーラー特定
      の
                                 3月1日      目的会社
        その他-14      GLP  小牧        448      509
      他
              GLP  鳥栖Ⅰ
        その他-19                678      705
      その他小計                 1,926      2,036      -       -
      合計                 4,990      5,405      -       -

     (注1)上記の太陽光発電設備は、いずれも本投資法人が取得済みであった物流施設に付帯する太陽光発電設備であるため、当該物流施設の物
        件番号及び物件名称を記載しています。なお、「取得価格」、「評価額」及び「売主」は、いずれも当該太陽光発電設備に関するもの
        であり、それが付帯する物流施設を含むものではありません。
     (注2)「取得価格」は、信託受益権売買契約書に記載された各信託受益権の売買代金を記載しています。
     (注3)「評価額」は、株式会社谷澤総合鑑定所、一般財団法人日本不動産研究所又はJLL森井鑑定株式会社(旧商号:森井総合鑑定株式会社)
        に価格調査を委託し2017年12月末日を価格時点として作成された調査報告書に記載された調査価格(太陽光発電設備追加取得後の当該
        太陽光発電設備が付帯している各物件全体の鑑定評価額又は調査価格と太陽光発電設備追加取得前の当該太陽光発電設備が付帯しない
        各物件の鑑定評価額又は調査価格の差額により算出)を記載しています。
                                  56/183











                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
        B.第12期末後取得済資産及び取得予定資産の概要
            第12期末後取得済資産及び取得予定資産である信託受益権及び信託受益権に係る信託不動

           産の個別の概要は以下のとおりです。第12期末後取得済資産のうち、太陽光発電設備13設備
           については、取得日付で当該信託に係る信託契約を解約し、追加信託等により第12期末まで
           に取得済の物流施設に係る不動産管理処分信託の信託財産に組み入れられたため、記載を省
           略しています。
            なお、以下に記載する各第12期末後取得済資産及び取得予定資産の「特定資産の概要」、
           「特記事項」、「主要な賃貸借の概要」、「鑑定評価書の概要」、「本物件の特性」及び
           「過去の収支状況」の各欄に関する説明は以下のとおりです。
          (イ)「特定資産の概要」欄に関する説明

            ・「取得(予定)年月日」は、各売買契約書に記載された取得(予定)年月日を記載して
             います。
            ・「取得(予定)価格」は、各売買契約書に記載された売買代金(税金は含みません。)
             又は売主との間で別途合意した金額を、百万円未満を切り捨てて記載しています。
            ・土地の「所在地」は、住居表示を記載しており、住居表示がないものは登記簿上の建物
             所在地(複数ある場合にはそのうちの一所在地)を記載しています。
            ・土地の「面積」は、登記簿上の記載に基づいており、現況とは一致しない場合がありま
             す。
            ・土地の「用途地域」は、都市計画法(昭和43年法律第100号)第8条第1項第1号に掲
             げる用途地域の種類を記載しています。
            ・土地の「容積率」は、建築基準法(昭和25年法律第201号)第52条に定める、建築物の
             延べ面積の敷地面積に対する割合であって、用途地域等に応じて都市計画で定められる
             容積率の上限値を記載しています。
            ・土地の「建ぺい率」は、建築基準法第53条に定める、建築物の建築面積の敷地面積に対
             する割合であって、用途地域等に応じて都市計画で定められる建ぺい率の上限値を記載
             しています。
            ・土地及び建物の「所有形態」は、信託受託者が保有する権利の種類を記載しています。
            ・「PM会社」は、プロパティ・マネジメント業務を委託する予定のプロパティ・マネジメ
             ント会社を記載しています。
            ・「マスターリース会社」は、各不動産等についてマスターリース契約を締結し、マス
             ターリース会社からエンドテナントに転貸されている場合におけるマスターリース会社
             を記載しています。
            ・「マスターリース種別」は、賃料保証のないマスターリース契約が締結されているもの
             について「パス・スルー」と記載しています。
            ・建物の「建築時期」は、原則として、主たる建物の登記簿上の新築年月日を記載してい
             ます。登記簿に新築年月日の記載がない場合は、検査済証の交付年月日を記載していま
             す。
            ・建物の「構造と階数」及び「用途」は、主たる建物の登記簿上の記載に基づいていま
             す。
            ・建物の「延床面積」は、登記簿上の記載に基づいており、附属建物は含まれていませ
             ん。
            ・「テナント数」は、各不動産等に係るそれぞれの賃貸借契約書に表示された建物に係る
             賃貸借契約数の合計を記載しています(したがって、太陽光発電設備を賃貸している場
             合においても、当該太陽光発電設備の賃借人の数は含みません。)。なお、当該不動産
             等につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントの総数を記載
             しています。
            ・「担保設定の有無」は、本投資法人が信託受益権を取得した後に負担することが予定さ
             れている担保がある場合にその概要を記載しています。
                                  57/183



                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
          (ロ)「特記事項」欄に関する説明
             「特記事項」には、以下の事項を含む、本書の日付現在において各不動産等の権利関
            係・利用・安全性等及び評価額・収益性・処分性への影響等を考慮して重要と考えられる
            事項を記載しています。
            ・法令諸規則上の制限又は規制の主なもの
            ・権利関係等に係る負担又は制限の主なもの
            ・賃貸借に係るテナント若しくはエンドテナントとの合意事項又はテナント若しくはエン
             ドテナントの使用状態等の主なもの
            ・不動産の境界を越えた構造物等がある場合又は境界確認等に問題がある場合の主なもの
          (ハ)「主要な賃貸借の概要」欄に関する説明

            ・「主要な賃貸借の概要」は、各不動産等に関し、賃貸面積の合計上位3テナントについ
             て、2018年6月末日現在において効力を有する賃貸借契約の内容を記載しています。な
             お、当該不動産等につきマスターリース契約が締結され、マスターリース会社からエン
             ドテナントに転貸されている場合には、エンドテナントとマスターリース会社との転貸
             借契約の内容を記載しています。
            ・「賃貸面積」は、2018年6月末日現在における各不動産等に関する賃貸借契約書に表示
             された建物に係る賃貸面積の合計を記載しています。
          (ニ)「鑑定評価書の概要」欄に関する説明

             「鑑定評価書の概要」は、本投資法人が、各不動産鑑定機関に投資対象不動産の鑑定評
            価又は価格調査を委託し作成された各不動産鑑定評価書の概要を記載しています。当該各
            不動産鑑定評価は、一定時点における評価者又は調査者の判断と意見であり、その内容の
            妥当性、正確性及び当該鑑定評価額での取引可能性等を保証するものではありません。
             「鑑定評価書の概要」のうち、「①運営収益」、「②運営費用」、「③運営純収益」及
            び「④純収益」の数値は、百万円未満を切り捨てて記載しています。
          (ホ)「本物件の特性」欄に関する説明

             「本物件の特性」は、各第12期末後取得済資産及び各取得予定資産に関する基本的性
            格、特徴等を記載しています。「本物件の特性」に記載されている数値は、不動産鑑定評
            価書等に基づいて記載しています。なお、天井高、柱スパン及び床荷重については、倉庫
            部分に関する数値を記載しています。
             また、「本物件の特性」に記載の以下の用語は、それぞれ以下に記載の意味を有しま
            す。
            ・垂直搬送機:垂直方向に搬送ルートを有した荷物専用の自動搬送設備であり、上下階の
             荷物の運搬を容易にします。
            ・縦持ち:多層階の構造物内での上下階の荷物の運搬(移動)のことを指します。
            ・(トラック)バース:トラックが荷積み、荷降ろしを行うために停車するスペースをい
             います。
            ・両面接車バース:トラックバースを建物の2面に備えていることをいいます。片側の
             バースで荷降ろしを行い、他方のバースから荷積みを行うなど、効率的な運用ができま
             す。
                                  58/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     <第12期末後取得済資産>
      関東圏-32 GLP         浦安

                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得年月日               2018年3月1日                 調査書日付       2017年8月18日
                                  況
      取得価格               7,440百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               7,540百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2002年8月28日                 中長期       建築物:82,849千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:6,904千円)
         信託受託者           三井住友信託銀行株式会
                                  要
      権の
                     社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2028年3月31日                 建築時期       2003年4月7日
                                  物
      土
         所在地                            構造と階数
                     千葉県浦安市港76番地4
                                             鉄骨造合金メッキ鋼板葺6階建
      地
         (住居表示未実施)
         面積           16,054.00㎡                 延床面積       25,839.60㎡
         用途地域           準工業地域                 用途       倉庫・事務所
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/60%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP浦安有限会社             テナント数          1
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:旧所有者と千葉県との間で2002年10月2日付で緑化協定書が締結されており、信託受益者は、本物件の
      土地の一定部分(事業敷地面積の約20%)を緑地として適正に維持管理するとともに、千葉県の求めに応じて必要
      な報告を行うなどの同協定上の義務を承継しています。
                           主要な賃貸借の概要

                                      賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
              賃借人名                 業種
                                                      25,839.60㎡
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社                3PL
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定できることとされています。
     中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
                                  59/183









                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   7,540百万円
      鑑定機関                   株式会社谷澤総合鑑定所
      価格時点                   2017年8月20日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    7,540百万円
        直接還元法による価格                  7,680百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 327百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 322百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.2%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  7,480百万円
          割引率(1年度)                   4.1%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
          割引率(2~10年度)                   4.2%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.3%
          最終還元利回り
      積算価格                    7,340百万円
                            73.7%
          土地比率
                            26.3%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  60/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      物件特性:
      本物件は、GLPグループが開発した賃貸可能面積が約7,800坪の大型物流施設です。基準階の天井高2.7~6.35m、床
      荷重0.5~2.0t/㎡と汎用性の高いスペックを有するほか、1階には10mの広い庇を有する両面接車バースを備え、
      天候に左右されることなくスピーディーで効率的な入出庫が可能な施設となっています。また、荷物用エレベー
      ター2基、垂直搬送機5基を配置する等、機能的な縦搬送能力を備えています。竣工以来、大手3PL事業者が入
      居し、大手メーカーが東日本全域をカバーする戦略物流拠点として利用しており、今後も安定した稼働が期待でき
      ます。
      立地特性:

      本物件は、東京湾岸エリアで、首都高速湾岸線「浦安」ICから約3.4kmに位置し、陸・空・海の主要な輸送交通機関
      へのアクセスが良好な、物流の集積度の高いエリアに所在しています。大消費地である東京都心から約15km圏内の
      好立地にあり、首都圏の広範囲へのアクセスにも優れているため、消費財の配送拠点として適した立地です。ま
      た、周辺地域において住宅地を抱え、雇用確保も容易な立地です。
                                  61/183
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関東圏-33 GLP         船橋Ⅱ(①A棟、②B棟)
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得年月日               2018年3月1日                 調査書日付       2017年8月18日
                                  況
      取得価格               7,789百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               8,130百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2017年9月1日                 中長期       建築物:262,847千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:21,903千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年3月31日                 建築時期       ①②1989年1月13日
                                  物
      土
         所在地           千葉県船橋市潮見町6番                 構造と階数
                                             ①②鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺5
      地
         (住居表示未実施)           地1
                                             階建
         面積           16,346.00㎡                 延床面積       ①18,634.06㎡
                                             ②16,147.81㎡
         用途地域           準工業地域                 用途       倉庫・事務所
         容積率/           300%/70%                 所有形態       所有権
         建ぺい率
         所有形態           所有権             PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP船橋2有限会社             テナント数          1
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      34,349.01㎡
                               3PL
     株式会社富士ロジテック・ネクスト
                                                       (99.0%)
     契約更改・改定
     株式会社富士ロジテック・ネクスト(賃貸面積:34,208.14㎡)
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定できることとされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     (注)上記定期建物賃貸借契約のほか、株式会社富士ロジテック・ネクストと建物使用貸借契約(契約面積:140.87㎡)を締結しており、当該
       使用貸借の対象面積も賃貸面積に含めています。
                                  62/183










                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   8,130百万円
      鑑定機関                   JLL森井鑑定株式会社
      価格時点                   2017年8月20日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    8,130百万円
        直接還元法による価格                  8,320百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 363百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 349百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.2%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  7,930百万円
                             4.0%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.4%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    3,560百万円
                            78.0%
          土地比率
                            22.0%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  63/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      物件特性:
      本物件は、GLPグループが外部から物件を取得後、マルチテナント対応工事を行い、リテナントを実施した、賃貸可
      能面積が約5,600坪のA棟及び賃貸可能面積が約4,800坪のB棟から構成される大型物流施設です。有効天井高
      5.3m~5.6m、床荷重1.5t/㎡と汎用性の高いスペックに加え、荷物用エレベーターを各棟6基ずつ備えており、縦持
      ちにも優れた運営効率の高い施設です。A棟・B棟ともに、事務所スペースや縦搬送設備がバランスよく配置され
      ていることから、分割して賃貸することも可能であり、大小様々な荷主に対応できる、汎用性の高いマルチテナン
      ト対応型の施設となっています。
      立地特性:

      本物件は、都心から20km圏内の好立地にあり、古くから多数の工場・物流拠点が集積し、底堅い需要が見込める物
      流適地の千葉湾岸エリアに立地しています。東京湾岸道路(国道357号線)から約3.0km、京葉道路「原木」ICから
      約4.8kmの距離に位置し、都心のみならず首都圏の広範囲へのアクセスが良好な立地にあるため、多様な業種の荷物
      を取り扱う倉庫・配送センターとして活用されています。
                                  64/183
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関東圏-34 GLP         三郷
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得年月日               2018年3月1日                 調査書日付       2017年8月18日
                                  況
      取得価格               16,939百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               17,700百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2005年11月29日                 中長期       建築物:211,734千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:17,644千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年3月31日                 建築時期       2006年1月25日
                                  物
      土
         所在地           埼玉県三郷市泉三丁目1                 構造と階数
                                             鉄筋コンクリート造合金メッキ
      地
         (住居表示未実施)           番地3
                                             鋼板葺4階建
         面積           38,992.48㎡                 延床面積       45,807.25㎡
         用途地域           準工業地域                 用途       倉庫・事務所
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/70%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP三郷有限会社             テナント数          1
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      46,892.00㎡
     合同会社西友                          小売業
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     合同会社西友
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定できることとされています。
     中途解約:賃借人は一定の条件のもと、本契約を解約することができることとされています。
                                  65/183











                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   17,700百万円
      鑑定機関                   JLL森井鑑定株式会社
      価格時点                   2017年8月20日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    17,700百万円
        直接還元法による価格                 18,000百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 742百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 738百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.1%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                 17,400百万円
                             3.9%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.3%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    10,100百万円
                            77.4%
          土地比率
                            22.6%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  66/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      物件特性:
      本物件は、賃貸可能面積が約14,100坪の大型物流施設です。有効天井高7.4m~10.2m、床荷重1.5~2.3t/㎡と高いス
      ペックに加え、冷凍から常温まで様々な温度帯に対応した冷凍冷蔵設備を設置できる構造で設計されており、様々
      な種類の冷凍・冷蔵品を取り扱うことができる施設です。大手小売企業が、温度管理の必要な食品や飲料を関東圏
      の小売店舗に配送する主要な拠点として竣工以来利用しており、超長期の賃貸借契約を締結していることから、安
      定したキャッシュ・フローを見込むことができる物件です。
      立地特性:

      本物件は、大消費地である東京に近接し、東京外環自動車道と常磐自動車道が結節する「三郷」JCTの至近に位置し
      ています。土地区画整理事業によって整備が進み、近年、物流施設のみならず、商業施設や住宅等の開発が進んだ
      エリアに立地しており、雇用の確保が容易です。都心から20km圏内という好立地を活かし、首都圏への配送に加え
      て、2つの高速道を利用した関東圏全域の配送にも対応できる、競争力の高い立地に位置しています。
                                  67/183

















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関西圏-16 GLP         舞洲Ⅰ
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得年月日               2018年3月1日                 調査書日付       2017年8月18日
                                  況
      取得価格               19,390百万円                 緊急       0円
                                  評
                                  価
                                     修繕費用
      鑑定評価額               19,400百万円
                                  の
      信託
         信託設定日           2005年7月15日                 中長期       建築物:407,302千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:33,941千円)
                                  要
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年3月31日                 建築時期
                                             2006年7月10日
                                  物
      土
         所在地           大阪府大阪市此花区北港                 構造と階数       鉄骨鉄筋コンクリート造亜鉛
      地
                     緑地二丁目1番66号                        メッキ鋼板ぶき陸屋根6階建
         面積                            延床面積
                     25,834.92㎡                        68,476.52㎡
         用途地域                            用途       倉庫・事務所
                     準工業地域
         容積率/                            所有形態       所有権
                     300%/70%
         建ぺい率
         所有形態           所有権             PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP舞洲1有限会社             テナント数          1
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      72,948.78㎡
     アスクル株式会社                          小売業
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     アスクル株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
                                  68/183










                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   19,400百万円
      鑑定機関                   一般財団法人日本不動産研究所
      価格時点                   2017年8月20日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    19,400百万円
        直接還元法による価格                 19,600百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 882百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 863百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.4%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                 19,200百万円
                             4.2%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.6%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    12,300百万円
                            36.7%
          土地比率
                            63.3%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  69/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      物件特性:
      本物件は、賃貸可能面積が約22,000坪の大型物流施設で、大型トラックが各階へ直接アクセス可能なランプウェイ
      2基(ダブルランプウェイ)を備え、スピーディーな各階アクセスと効率的な荷捌きが可能な最新鋭の物流施設で
      す。天井高5.5~5.8m、柱スパン10m以上、床荷重1.5~2.5t/㎡と高いスペックに加え、マルチテナント仕様で設
      計された汎用性が高い大型物流施設です。また、免震構造を採用するなど優れた防災機能を有しており、BCP(事業
      継続計画)を意識するテナントに対する訴求力の高い、競争力の高い先進的物流施設です。光をふんだんに取り入
      れることができる洗練されたオフィススペースや道路沿いに設けられた緩衝緑地帯など、施設利用者のみならず周
      辺の環境にも配慮した設計となっています。竣工以来、同一の小売業者の関西におけるEC事業等の重要拠点として
      利用されており、今後も安定した稼働が期待されます。
      立地特性:

      本物件は、阪神高速湾岸線「湾岸舞洲」ICから約1.6kmの距離に位置し、高規格コンテナターミナルなどの整備が行
      われている大阪港の舞洲地区に所在し、神戸港、関西国際空港へのアクセスも優れており、古くから物流施設が集
      積する物流適地に位置しています。一大消費地である大阪中心部から10km圏内の好立地に位置し、大阪中心部に至
      近であり、消費財の配送拠点として利便性の高い立地です。
                                  70/183
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      その他-21 GLP         岡山総社Ⅰ
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得年月日               2018年3月1日                 調査書日付       2018年1月15日
                                  況
      取得価格               12,800百万円                 緊急       0円
                                  評
                                  価
                                     修繕費用
      鑑定評価額               13,100百万円
                                  の
      信託
         信託設定日           2013年2月22日                 中長期       建築物:161,102千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:13,425千円)
                                  要
         信託受託者           三井住友信託銀行株式会
      権の
                     社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2028年3月31日                 建築時期       2013年2月6日
                                  物
      土
         所在地           岡山県総社市長良4番地                 構造と階数       鉄筋コンクリート造合金メッキ
      地
         (住居表示未実施)           10                        鋼板ぶき5階建
         面積                            延床面積
                     33,054.58㎡                        65,244.66㎡
         用途地域                            用途       倉庫
                     指定なし
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/70%
         建ぺい率
         所有形態           所有権             PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP  J-REITマスターリー           テナント数          6
                     ス合同会社
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      24,601.49㎡
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社                3PL
                                                       (39.0%)
                                                      16,699.82㎡
                               3PL
     株式会社日立物流西日本
                                                       (26.5%)
                                                       6,024.06㎡
      ―(注)                         3PL
                                                       (9.6%)
     契約更改・改定
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:改定することはできません。
     中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     株式会社日立物流西日本

     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
      ―(注)

     契約の種類:―(注)
     賃料改定:―(注)
     中途解約:―(注)
     (注)テナントの承諾が得られていないため開示していません。

                                  71/183





                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   13,100百万円
      鑑定機関                   株式会社谷澤総合鑑定所
      価格時点                   2017年12月31日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    13,100百万円
        直接還元法による価格                 13,400百万円
          運営収益                 823百万円
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
          運営費用                 145百万円
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
            損害保険料             非開示(注)
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 677百万円      うち、太陽光発電設備に係る運営純収益は25百万円
                         非開示(注)
            一時金の運用益
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 667百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             5.0%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                 12,900百万円
          割引率(2年度まで)                   5.0%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
          割引率(3~10年度)                   5.1%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             5.2%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    11,900百万円
                            26.3%
          土地比率
                            73.7%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  72/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      物件特性:
      本物件は、2013年2月に竣工した、賃貸可能面積が約19,000坪のマルチテナント型の先進的物流施設です。大型ト
      ラックが各階へ直接アクセス可能なランプウェイを備え、1フロアが約3,600坪の広さを有し、テナントニーズに応
      じた区画分割が可能な、汎用性の高い施設です。床荷重1.5t/㎡、有効天井高5.5~5.6m、基準柱スパン10m×12m
      と高いスペックに加え、カフェテリア、売店等の共用施設及び300台超を駐車可能な通勤者用駐車場を完備してお
      り、雇用の確保及び従業員の働きやすさに最大限配慮した最新鋭の施設です。また、免震構造、バックアップ電源
      等の導入により、災害時における入居企業のBCP対応をサポートしているほか、屋上には太陽光発電パネルを備え、
      環境保全にも配慮しています。
      立地特性:

      本物件は、関西及び中国・四国地方の中心に位置し、西日本をカバーする物流拠点として評価される岡山県総社市
      に立地しています。JR吉備線「足守」駅まで約1.4km、岡山自動車道「岡山総社」ICまで約0.5kmに位置し、近接し
      た「岡山」JCTや「倉敷」JCTを経由して、山陽自動車道や瀬戸中央自動車道へのアクセスが非常に良いため、高い
      競争力を有しています。交通の結節点に所在し、中国・四国地方のみならず、関西圏及び九州圏も含めた西日本全
      域への広域配送に適した拠点としても活用することができる希少な立地です。また、地盤が強固で災害のリスクが
      低いエリアに位置し、災害時にもオペレーションの止まらない物流拠点の立地として、事業継続性を重視する企業
      の需要が期待できます。
                                  73/183















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      その他-22 GLP         岡山総社Ⅱ
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得年月日               2018年3月1日                 調査書日付       2018年1月15日
                                  況
      取得価格               12,700百万円                 緊急       0円
                                  評
                                  価
                                     修繕費用
      鑑定評価額               13,000百万円
                                  の
      信託
         信託設定日           2015年10月30日                 中長期       建築物:161,224千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:13,435千円)
                                  要
         信託受託者           三井住友信託銀行株式会
      権の
                     社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2028年3月31日                 建築時期
                                             2015年10月13日
                                  物
      土
         所在地           岡山県総社市長良4番地                 構造と階数       鉄筋コンクリート造合金メッキ
      地
         (住居表示未実施)           1                        鋼板ぶき5階建
         面積                            延床面積
                     33,061.77㎡                        65,012.17㎡
         用途地域                            用途       倉庫
                     指定なし
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/70%
         建ぺい率
         所有形態           所有権             PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP  J-REITマスターリー           テナント数          8
                     ス合同会社
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      20,002.14㎡
      ―(注)                         3PL
                                                       (31.6%)
                                                      13,876.72㎡
     アマゾンジャパン合同会社                          小売業
                                                       (22.0%)
                                                      12,305.87㎡
                               3PL
     トナン輸送株式会社
                                                       (19.5%)
     契約更改・改定
      ―(注)
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定するとされています。
     中途解約:賃借人は一定の条件のもと、本契約を解約することができることとされています。
     アマゾンジャパン合同会社

     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定できることとされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     トナン輸送株式会社

     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     (注)テナントの承諾が得られていないため開示していません。
                                  74/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   13,000百万円
      鑑定機関                   株式会社谷澤総合鑑定所
      価格時点                   2017年12月31日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    13,000百万円
        直接還元法による価格                 13,400百万円
          運営収益                 803百万円
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
          運営費用                 122百万円
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
            損害保険料             非開示(注)
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 681百万円      うち、太陽光発電設備に係る運営純収益は26百万円
                         非開示(注)
            一時金の運用益
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 671百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             5.0%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                 12,800百万円
          割引率(2年度まで)                   4.9%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
          割引率(3~4年度)                   5.0%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
          割引率(5~10年度)                   5.1%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             5.2%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    13,000百万円
                            24.2%
          土地比率
                            75.8%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  75/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      物件特性:
      本物件は、2015年10月に竣工した、賃貸可能面積が約19,100坪のマルチテナント型の先進的物流施設です。大型ト
      ラックが各階へ直接アクセス可能なランプウェイを備え、1フロアが約3,600坪の広さを有し、テナントニーズに応
      じた区画分割が可能な、汎用性の高い施設です。床荷重1.5t/㎡、有効天井高5.5~5.6m、基準柱スパン10m×12m
      と高いスペックに加え、カフェテリア、売店等の共用施設及び300台超を駐車可能な通勤者用駐車場を完備してお
      り、雇用の確保及び従業員の働きやすさに最大限配慮した最新鋭の施設です。また、免震構造、バックアップ電源
      等の導入により、災害時における入居企業のBCP対応をサポートしているほか、屋上には太陽光発電パネルを備え、
      環境保全にも配慮しています。
      立地特性:

      本物件は、関西及び中国・四国地方の中心に位置し、西日本をカバーする物流拠点として評価される岡山県総社市
      に立地しています。JR吉備線「足守」駅まで約1.4km、岡山自動車道「岡山総社」ICまで約0.5kmに位置し、近接し
      た「岡山」JCTや「倉敷」JCTを経由して、山陽自動車道や瀬戸中央自動車道へのアクセスが非常に良いため、高い
      競争力を有しています。交通の結節点に所在し、中国・四国地方のみならず、関西圏及び九州圏も含めた西日本全
      域への広域配送に適した拠点としても活用することができる希少な立地です。また、地盤が強固で災害のリスクが
      低いエリアに位置し、災害時にもオペレーションの止まらない物流拠点の立地として、事業継続性を重視する企業
      の需要が期待できます。
                                  76/183















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     <取得予定資産>
      関東圏-35 GLP         新砂

                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               18,300百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               18,500百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2003年7月23日                 中長期       建築物:298,639千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:24,886千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年9月30日                 建築時期       1987年3月31日
                                  物
      土
         所在地           東京都江東区新砂二丁目                 構造と階数       鉄筋コンクリート造亜鉛メッキ
      地
                     5番20号                        鋼板葺5階建
         面積           22,831.21㎡                 延床面積       44,356.06㎡
         用途地域           工業専用地域                 用途       倉庫
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/60%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP新砂有限会社             テナント数          5
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      14,795.68㎡
                               3PL
     月島倉庫株式会社
                                                       (33.4%)
                                                       7,444.37㎡
     -(注)                          3PL
                                                       (16.8%)
                                                       7,423.57㎡
                               3PL
     水岩運送株式会社
                                                       (16.8%)
     契約更改・改定
     月島倉庫株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定するとされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     -(注)

     契約の種類:-(注)
     賃料改定:-(注)
     中途解約:-(注)
     水岩運送株式会社

     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定できることとされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     (注)テナントの承諾が得られていないため開示していません。
                                  77/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   18,500百万円
      鑑定機関                   株式会社谷澤総合鑑定所
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    18,600百万円
        直接還元法による価格                 19,100百万円
          運営収益                 939百万円
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
          運営費用                 158百万円
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
            損害保険料             非開示(注)
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 780百万円
                         非開示(注)
            一時金の運用益
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 765百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.0%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                 18,400百万円
          割引率(2年度まで)                   4.0%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
          割引率(3~10年度)                   4.1%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.2%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    18,600百万円
                            91.9%
          土地比率
                             8.1%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  78/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      「GLPグループで最も東京都心に近接した希少な立地」
      物件特性:「マルチテナント型施設仕様に改良工事を実施済み」
      本物件は、賃貸可能面積約6,700坪のA棟及び賃貸可能面積約6,600坪のB棟から構成されるマルチテナント対応型
      の大型物流施設です。1階から5階の天井高5.5m、床荷重1.2~1.5t/㎡と高いスペックに加え、両面接車バース、
      荷物用エレベーターを各棟6基ずつ備えており、高効率なオペレーションが可能な運営効率の高い施設です。A
      棟・B棟ともに、事務所スペースや縦搬送設備がバランスよく配置されていることから、最小区画7,200㎡から全棟
      一括44,308㎡まで柔軟な賃貸が可能であり、また、複数テナントへの賃貸を可能とするべく、荷物用エレベーター
      改修、オフィスエリア改修、セキュリティ強化、外壁塗装等の大規模改良工事を2012年に実施しています。
      立地特性:「東京都心まで約6km(注)の好立地に位置するマルチテナント型施設」

      本物件の所在する江東区新砂エリアは東京都心に近接する、首都圏を代表する物流施設集積地域です。本物件は、
      首都高速湾岸線「新木場」ICまで約2.0kmに位置し、東京都心、羽田空港及び東京港へのアクセスに優れており、都
      心部を中心とした首都圏全域への配送に適した希少な立地に所在しています。関東一円に容易にアクセス可能なた
      め、多様な業種の荷物を取り扱う倉庫・配送センターとして活用されており、物流施設用地として優れた立地条件
      及び希少性を有しています。また、JR京葉線「潮見」駅まで徒歩約11分という好立地であり、通勤利便性が高く、
      雇用の確保に有利です。
      (注)JR「東京」駅からの直線距離をいいます。
                                  79/183















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関東圏-36 GLP         湘南
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               5,870百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               6,040百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2014年9月29日                 中長期       建築物:142,715千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:11,892千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年9月30日                 建築時期       1999年12月24日
                                  物
      土
         所在地                            構造と階数
                     神奈川県藤沢市桐原町16                        鉄骨鉄筋コンクリート造亜鉛
      地
         (住居表示未実施)
                     番地                        メッキ鋼板葺4階建
         面積           14,384.17㎡                 延床面積       22,151.88㎡
         用途地域           工業専用地域                 用途       倉庫
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/70%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP  J-REITマスターリー           テナント数          1
                     ス合同会社
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      23,832.60㎡
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社                3PL
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃借人は一定の条件のもと、本契約を解約することができることとされています。
                                  80/183











                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   6,040百万円
      鑑定機関                   株式会社谷澤総合鑑定所
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    6,040百万円
        直接還元法による価格                  6,110百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 290百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 281百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.6%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  6,010百万円
                             4.6%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.7%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    5,620百万円
                            72.8%
          土地比率
                            27.2%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  81/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      「各主要幹線道路へのアクセスに優れた立地に位置する汎用性の高い先進的物流施設」
      物件特性:
      本物件は、賃貸可能面積が約7,200坪の大型物流施設です。床荷重0.5~2.5t/㎡、天井高3.9~7.8mと汎用性の高い
      スペックに加え、12mの庇を有する2面バース、荷物用エレベーター、垂直搬送機等、機能的な縦搬送能力を備え
      ており、天候に左右されることなく効率的な入出庫が可能な施設となっています。また、現在の入居テナントであ
      る大手メーカー系物流会社は、竣工以来、配送拠点として本物件全体を長期継続使用しており、今後も引き続き安
      定した稼働が期待できます。
      立地特性:

      本物件は、東名高速道路「厚木」ICまで約11km、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「寒川北」ICまで約8km、国
      道1号線より約3kmに位置し、各幹線道路を利用することが可能なため、神奈川県以西を中心に広域配送及び地域
      配送の両オペレーションに優れた立地です。また、横浜市営地下鉄「湘南台」駅から徒歩23分(約1.8km)に立地
      し、周辺に住宅街が広がり雇用環境に恵まれています。
                                  82/183
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関西圏-17 GLP         大阪
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               36,000百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               36,200百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2004年10月1日                 中長期       建築物:459,059千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:38,254千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年9月30日                 建築時期       2004年8月19日
                                  物
      土
         所在地           大阪府大阪市住之江区南                 構造と階数       鉄筋コンクリート造合金メッキ
      地
                     港南二丁目4番43号                        鋼板葺陸屋根7階建
         面積           45,953.22㎡                 延床面積       141,604.40㎡
         用途地域           準工業地域                 用途       倉庫・事務所
         容積率/                            所有形態       所有権
                     300%/70%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP大阪有限会社             テナント数          13
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:      -
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      23,631.05㎡
                               3PL
     日本通運株式会社
                                                       (18.4%)
                                                      15,674.43㎡
                               3PL
     コクヨサプライロジスティクス株式会社
                                                       (12.2%)
                                                      14,644.23㎡
     Rakuten    Direct株式会社
                               小売業
                                                       (11.4%)
     契約更改・改定
     日本通運株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     コクヨサプライロジスティクス株式会社

     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
     Rakuten    Direct株式会社

     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
                                  83/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   36,200百万円
      鑑定機関                   JLL森井鑑定株式会社
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    36,200百万円
        直接還元法による価格                 37,700百万円
          運営収益                1,910百万円
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
          運営費用                 378百万円
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
            損害保険料             非開示(注)
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                1,531百万円
                         非開示(注)
            一時金の運用益
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                1,508百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.0%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                 35,600百万円
                             3.8%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.2%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    16,800百万円
                            55.2%
          土地比率
                            44.8%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  84/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      「GLPグループを代表するフラッグシップ物件」
      「大阪市中心部まで(注)約10kmの好立地に位置する、最新設備を備えた大型マルチテナント型施設」
      物件特性:
      本物件は、賃貸可能面積が約38,000坪であり、トラックが各階へ直接アクセス可能なダブルランプウェイを備えた
      マルチテナント型施設です。天井高6.6~7.5m、柱スパン10m以上、床荷重1.5t/㎡と汎用性の高いスペックに加
      え、免震構造を採用するなど優れた防災機能を有しています。また、24時間365日の有人管理防災センターによる高
      いセキュリティに加え、レストラン、売店、喫煙ルーム等、就労者向けアメニティも充実しています。大手3PL
      事業者が複数入居しており、多様なニーズに対応できるスペックを活かし、安定した稼働が期待される物件です。
      立地特性:

      本物件は、阪神高速4号湾岸線「南港中」ICに隣接し、大阪市中心部まで車で約20分に位置する等、アクセス性に
      優れています。近隣に「大阪南港ターミナル」等の主要交通拠点があり、国内外の物資輸送の利便性が高いです。
      また、大阪市高速電気軌道南港ポートタウン線「南港東」駅まで徒歩3分であり、通勤利便性が高く、雇用の確保
      に有利であり、また、自動車通勤や自転車通勤への対応として、屋上駐車場292台及び駐輪場203台を完備していま
      す。
      (注)JR「大阪」駅からの直線距離をいいます。以下同じです。
     <最寄ICに隣接、最寄駅から徒歩3分とアクセスに優れた好立地>

                                  85/183















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     <高い機能性と安全性を備え、快適な施設就労を実現するアメニティも充実>
     <大型物流施設が集積する大阪南港エリアの中でも、駅近かつテナントにとっての利便性が高い立地に







     所在>
     出所:各社HP等を基に作成









     (注)延床面積70,000㎡以上の物流施設を表示しています。
                                  86/183



                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     <大阪湾岸エリアにおける需給の改善>
     大阪湾岸エリアにおいては、一時、中大型物流施設が大量供給され、空室率が大きく上昇しましたが、
     供給のピークは過ぎており、今後の物流施設の開発は限定的となっています。また、2018年1月から3
     月にかけて、2015年以来最大の15万㎡の新規需要が発生し、新規供給物件も竣工1年で満室稼働となる
     等、湾岸部での空室の消化が進み、内陸部の需要も引き続き力強いことから、近畿圏の空室率(注)は
     2018年3月末日時点から2018年6月末日時点で約4%大きく低下しました。このように大阪湾岸エリア
     を含めた近畿圏は物流施設の需給の改善が進んでいることから、引き続き安定的な運営が見込まれる
     と、本投資法人は考えています。
     (注)開発当時において複数テナント利用を前提として企画・設計された賃貸用物流施設のうち、1万坪以上の物流施設を対象としています。
                        大阪湾岸エリアにおける新規供給

                   出所:CBRE




                                  87/183













                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関西圏-18 GLP         摂津(①1号棟、②2号棟、③3号棟、④4号棟、⑤事務所棟)
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               7,300百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               7,520百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2014年9月29日                 中長期       建築物:413,785千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:34,482千円)
         信託受託者           三井住友信託銀行株式会
                                  要
      権の
                     社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2024年9月30日                 建築時期       ①1968年2月21日
                                  物
                                             ②1968年11月26日
                                             ③1971年4月26日
                                             ④1981年3月20日
                                             ⑤1972年12月4日
      土
         所在地                            構造と階数       ①鉄骨造鉄板葺2階建
      地
                                             ②鉄骨造鉄板葺3階建
                                             ③鉄筋コンクリート・鉄骨造鉄
                     大阪府摂津市鳥飼中二丁                        板葺3階建
                     目1番62号                        ④鉄骨鉄筋コンクリート造亜鉛
                                             メッキ鋼板葺4階建
                                             ⑤鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階
                                             建
         面積                            延床面積       ①6,298.78㎡
                                             ②9,561.67㎡
                     37,718.42㎡                        ③8,652.83㎡
                                             ④14,995.03㎡
                                             ⑤1,052.41㎡
         用途地域           準工業地域                 用途       ①②③④倉庫、⑤事務所
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/60%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP  J-REITマスターリー           テナント数          1
                     ス合同会社
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:隣接地との民民境界について、一部書面による境界確定が行われていません。
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      38,997.24㎡
     株式会社あらた                          その他
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     株式会社あらた
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定するとされています。
     中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
                                  88/183






                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   7,520百万円
      鑑定機関                   一般財団法人日本不動産研究所
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    7,520百万円
        直接還元法による価格                  7,630百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 372百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 350百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.6%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  7,410百万円
                             4.4%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.8%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    7,600百万円
                            95.2%
          土地比率
                             4.8%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  89/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      「大阪市中心部まで約12kmの希少な内陸エリアに位置する大型の先進的物流施設」
      物件特性:「関西圏の小売店舗への配送拠点」
      本物件は、4棟の倉庫及び事務所からなる賃貸可能面積約11,800坪の物流施設です。2012年にエレベーター制御の
      最新システムの導入や搬送システムのカスタマイズを行い、施設の運営効率を高める改修工事を実施しました。現
      入居テナントである大手卸売会社により、関西圏の小売店舗への日用品・家庭用品等の重要な配送拠点として長期
      継続使用中です。倉庫の1号棟と3号棟は3階で連結、3号棟と4号棟は各階で連結しており、オペレーションの
      効率化が図られています。また、容積消化割合が約64%であり、再開発によるバリューアップの余地があります。
      立地特性:「大阪市中心部まで約12kmの内陸エリアに所在」

      本物件は、大阪市中心部まで約12km、近畿自動車道「摂津南」ICまで約3.1kmに位置し、関西圏及び広域の配送に適
      した内陸エリアで好立地です。大阪と京都の間に位置し、上記高速道路に加えて、主要幹線道路である国道1号
      線、170号線及び171号線へのアクセスにも優れており、地域配送にも適した立地に所在しています。また、本物流
      施設周辺は住宅街が広がっているため、周辺から自転車やバイクで通勤することが可能なことに加え、本物件から
      約2.7kmに位置する最寄駅である大阪モノレール「南摂津」駅と本物件間の送迎バスが運行されており、雇用の確保
      に有利です。
                                  90/183
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関西圏-19 GLP         西宮(①本棟、②増築棟)
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               2,750百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               2,830百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2018年9月3日                 中長期       建築物:227,195千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:18,932千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年9月30日                 建築時期       ①1979年10月31日
                                  物
                                             ②1998年11月30日
      土
         所在地                            構造と階数       ①鉄骨・鉄筋コンクリート造亜
                     兵庫県西宮市山口町阪神
      地
         (住居表示未実施)                                   鉛メッキ鋼板葺2階建
                     流通センター一丁目52番
                                             ②鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺5階
                     地
                                             建
         面積                            延床面積       ①10,027.47㎡
                     14,639.04㎡
                                             ②6,672.93㎡
         用途地域                            用途       ①事務所・作業所・倉庫
                     準工業地域
                                             ②倉庫・事務所・作業所
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/60%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP  J-REITマスターリー           テナント数          1
                     ス合同会社
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:阪神総合卸商業団地協同組合(以下「協同組合」といいます。)と現所有者の間で土地売買予約契約が
      締結されています。当該土地売買予約契約には、本物件の土地所有者が店舗等集団化事業計画に基づく店舗・倉
      庫・事務所等の施設の敷地以外の目的に使用してはならない旨並びに協同組合の事前の書面による承諾を得た場合
      を除き、本物件の土地及び本物件の土地上の建物を譲渡又は転貸すること及び地上権、抵当権、質権、賃借権(但
      し、株式会社日立物流及びその関連会社による建物の賃貸を除きます。)又は使用貸借による権利、その他一切の
      権利を設定してはならない旨が定められています。それらに違反した場合等一定の事由に該当した場合は、協同組
      合は、現所有者に対して予約完結権を行使し、本物件の土地の所有権を取得できることとされており、本物件の土
      地には、かかる売買予約を原因とする所有権移転請求権仮登記がなされています。本投資法人による本物件の取得
      については協同組合による事前承諾を得る必要があり、また、本投資法人は本物件の取得に際し、協同組合との間
      で同様の土地売買予約契約を締結します。
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      19,766.00㎡
                               3PL
     日立物流コラボネクスト株式会社
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     日立物流コラボネクスト株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定できることとされています。
     中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
                                  91/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   2,830百万円
      鑑定機関                   一般財団法人日本不動産研究所
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    2,830百万円
        直接還元法による価格                  2,860百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 163百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 151百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             5.3%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  2,790百万円
                             4.7%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             5.1%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    2,180百万円
                            72.8%
          土地比率
                            27.2%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  92/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      物件特性:
      本物件は、賃貸可能面積が約6,000坪の大型物流施設です。天井高3.5~8.4m、床荷重1.0~1.5t/㎡、柱スパンが一
      定以上確保されていることから、汎用性の高いスペックを有しています。また、全館空調システム・休憩室等も備
      え、職場環境にも配慮しています。現在の入居テナントである化粧品を扱う物流会社は、竣工以来、配送拠点とし
      て本物件全体を長期継続使用しており、今後も引き続き安定した稼働が期待できます。
      立地特性:

      本物件は、物流施設が集積する「阪神流通センター」内に位置し、中国自動車道「西宮北」ICまで約1.2kmという主
      要幹線道路へのアクセスに優れた立地です。大阪、神戸の大消費地を始めとする西日本全域への配送に加え、広域
      輸送が可能な拠点性を有している希少性の高いエリアに所在しています。
      周辺から自転車やバイクで通勤することが可能なことに加え、本物件から約1.7kmに位置する最寄駅である神戸電鉄
      三田線「岡場」駅と本物件間の送迎バスが運行されており、雇用確保についても問題ありません。
                                  93/183

















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関西圏-20 GLP         滋賀(①1号棟、②2号棟、③事務所棟、④守衛所)
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               4,550百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               4,690百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2014年9月29日                 中長期       建築物:215,421千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:17,951千円)
         信託受託者           三井住友信託銀行株式会
                                  要
      権の
                     社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2028年9月30日                 建築時期       ①③1991年10月16日
                                  物
                                             ②1993年6月22日
                                             ④1994年5月1日
      土
         所在地           ①滋賀県草津市野路東二                 構造と階数
                                             ①鉄筋コンクリート造陸屋根3
      地
         (一部住居表示未実           丁目6番56号
                                             階建
         施)           ②滋賀県草津市野路東二
                                             ②鉄筋コンクリート造陸屋根4
                     丁目6番50号
                                             階建
                     ③滋賀県草津市野路東二
                                             ③鉄筋コンクリート造陸屋根2
                     丁目6番55号
                                             階建
                     ④滋賀県草津市野路東二                        ④鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺平屋
                     丁目字亀ヶ谷2349番地24
                                             建
         面積                            延床面積       ①14,427.26㎡
                                             ②14,118.23㎡
                     32,678.54㎡
                                             ③943.73㎡
                                             ④14.58㎡
         用途地域                            用途       ①②倉庫
                     工業地域                        ③事務所
                                             ④守衛所
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/60%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP  J-REITマスターリー           テナント数          1
                     ス合同会社
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:本物件の土地の一部について、電線路の確保の設置等を目的とした地上権が設定されています。
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      29,848.70㎡
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社                3PL
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     日通・パナソニック          ロジスティクス株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:原則として改定しないこととされています。
     中途解約:賃借人は一定の条件のもと、本契約を解約することができることとされています。
                                  94/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   4,690百万円
      鑑定機関                   JLL森井鑑定株式会社
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    4,690百万円
        直接還元法による価格                  4,760百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 241百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 228百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.8%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  4,610百万円
                             4.6%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             5.0%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    2,600百万円
                            71.2%
          土地比率
                            28.8%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  95/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      「基幹工場と隣接し、長期安定稼働が期待できる戦略的物流拠点」
      物件特性:
      本物件は、2棟の倉庫棟及び事務所棟からなる賃貸可能面積が約9,000坪の大型物流施設です。基準階の天井高
      7.0~8.5m、床荷重1.5t/㎡と汎用性の高いスペックを有するほか、1号棟には12mの広い庇を有する片面接車バー
      ス、2号棟には高床・低床の両面接車バースを備えており、天候に左右されることなく効率的な入出庫が可能な施
      設となっています。現在の入居テナントである大手メーカー系物流会社は、竣工以来、配送拠点として本物件全体
      を長期継続使用しており、今後も引き続き安定した稼働が期待できます。
      立地特性:

      本物件は、新名神高速道路「草津田上」IC至近に位置し、主要幹線道路へのアクセスに優れた立地であり、県南部
      に立地することから、大阪・京都方面への配送に適しています。また、大手メーカーの基幹工場に隣接し、工場生
      産品及び3PLオペレーションで扱う製品の戦略的配送拠点を担っています。本物件の周辺に住宅街が広がり、雇
      用環境に恵まれています。加えて、本物件から約2.8kmに位置するJR東海道本線「南草津」駅より本物件付近まで2
      本の路線バスが運行されており、近隣地域からの雇用確保に有利です。
                                  96/183
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      関西圏-21 GLP         寝屋川
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               8,100百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               8,100百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2018年9月3日                 中長期       建築物:63,718千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:5,309千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年9月30日                 建築時期       2018年4月4日
                                  物
      土
         所在地           大阪府寝屋川市小路南町                 構造と階数       鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき4階
      地
                     10番10号                        建
         面積           13,327.00㎡(注1)                 延床面積       26,907.66㎡
         用途地域           準工業地域                 用途       倉庫
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/60%
         建ぺい率
         所有形態           使用収益権(所有権)              PM会社          日本GLP株式会社
                     (注2)
      マスターリース会社               -             テナント数          1
      マスターリース種別               -             担保設定の有無          なし
      特記事項:本物件の土地は、寝屋川市小路土地区画整理組合を施行者とする東部大阪都市計画事業小路土地区画整
      理事業の施行地区内に所在する仮換地及び保留地です。保留地の所有権は、土地区画整理法(昭和29年法律第119
      号。その後の改正を含みます。)により、換地処分の公告の日の翌日に施行者が取得しますが、保留地に係る売買
      契約において、同日に本投資法人が施行者から当該保留地を取得すること及び換地処分に伴う登記の完了後に所有
      権移転登記が行われることが定められています。本投資法人は、保留地に係る売買契約に基づき、保留地に係る使
      用収益権の設定を受けますが、換地処分に伴う登記が完了するまでの間に当該使用収益権を譲渡する場合、施行者
      の承認が必要です。なお、本書の日付現在、換地処分は2018年12月に行われる予定です。
     (注1)仮換地指定通知及び保留地証明書の記載に基づいています。
     (注2)本投資法人が有する権利は、仮換地指定に基づく仮換地の使用収益権及び保留地に係る売買契約に基づく保留地の使用収益権です。仮
        換地の所有権は、換地処分の公告の日の翌日に本投資法人が取得し、保留地の所有権は、換地処分の公告の日の翌日に、施行者が取得
        した上、本投資法人が施行者より譲り受ける予定です。
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      26,938.02㎡
                               3PL
     丸二倉庫株式会社
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     丸二倉庫株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定するとされています。
     中途解約:賃借人は一定の条件のもと、本契約を解約することができることとされています。
                                  97/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   8,100百万円
      鑑定機関                   JLL森井鑑定株式会社
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    8,100百万円
        直接還元法による価格                  8,540百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 360百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 358百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.2%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  7,910百万円
                             4.0%
          割引率                       対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             4.4%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    5,410百万円
                            42.8%
          土地比率
                            57.2%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                  98/183








                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      「2018年4月に竣工した、開発ファンドが所有する最新機能を備えた先進的物流施設」
      物件特性:「最新機能を備えた先進的物流施設」
      本物件は、賃貸可能面積が約8,100坪の大型物流施設で、2018年4月に竣工しました。基準階の天井高6.0~6.7m、
      床荷重約1.5t/㎡と高スペックであることに加え、庫内で働く従業員の労働環境向上に向け、冷暖房設備に加えて大
      型シーリングファンを併設しています。また、最上階の断熱及び遮熱対応策を施したほか、各階にハイサイドライ
      ト(注)を設置し、外からの光を採り入れ、庫内照度を確保しつつ省エネ化を実現しました。さらに、BCP(事業継
      続計画)対策として、井戸水利用のほか、非常用発電機の設置により、トイレ、事務所及び倉庫エリアの一部へも
      電気供給が可能となっています。現在の入居テナントは、配送拠点としての立地の良さと既存3拠点の集約統合効
      果、BCP及び環境配慮の観点から着工前に入居を決定し、通販対応を含めて全国配送向け物流拠点として使用中で
      す。
      (注)「ハイサイドライト」とは、主に採光を目的に壁の高い位置に設置する窓をいいます。
      立地特性:「大阪内陸部に位置する最新のGLPグループ開発物件」

      本物件は、大阪中心部まで約14kmの内陸部に位置し、新国道1号線、外環状線等の幹線道路へのアクセスに優れ、
      かつ第二京阪道路「寝屋川南」ICまで約1.8km、「寝屋川北」ICまで約2.9kmと主要高速道路のインターチェンジに
      も至近のため、近畿自動車道、名神高速道路及び中国自動車道への接続を通じた広域配送にも適した立地です。さ
      らに、市街地に近く、テナントの施設内労働力の確保に有利です。
                                  99/183















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      その他-23 GLP         藤前
                            特定資産の概要
                                  建
      特定資産の種類               不動産信託受益権                 調査業者       東京海上日動リスクコンサル
                                  物
                                             ティング株式会社
                                  状
      取得予定年月日               2018年9月3日                 調査書日付       2018年7月30日
                                  況
      取得予定価格               1,980百万円                 緊急       0円
                                  評
                                     修繕費用
      鑑定評価額               2,020百万円
                                  価
                                  の
      信託
         信託設定日           2018年9月3日                 中長期       建築物:143,851千円/12年
                                  概
      受益
                                     修繕費用       (年平均:11,987千円)
         信託受託者           三菱UFJ信託銀行株式
                                  要
      権の
                     会社
      概要
                                  建
         信託期間満了日           2033年9月30日                 建築時期       1987年10月21日
                                  物
      土
         所在地           愛知県名古屋市港区藤前                 構造と階数
                                             鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
      地
         (住居表示未実施)           二丁目201番地8
         面積           17,972.76㎡                 延床面積       11,940.37㎡
         用途地域           準工業地域                 用途       倉庫・事務所
         容積率/                            所有形態       所有権
                     200%/60%
         建ぺい率
         所有形態           所有権              PM会社          日本GLP株式会社
      マスターリース会社               GLP  J-REITマスターリー           テナント数          1
                     ス合同会社
      マスターリース種別               パス・スルー             担保設定の有無          なし
      特記事項:-
                           主要な賃貸借の概要

                                       賃貸面積(賃貸可能面積に占める割合)
               賃借人名                 業種
                                                      12,609.00㎡
                               3PL
     日立物流コラボネクスト株式会社
                                                      (100.0%)
     契約更改・改定
     日立物流コラボネクスト株式会社
     契約の種類:定期建物賃貸借契約
     賃料改定:一定の条件のもと改定できることとされています。
     中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。
                                100/183











                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             鑑定評価書の概要
      鑑定評価額                   2,020百万円
      鑑定機関                   株式会社谷澤総合鑑定所
      価格時点                   2018年6月30日
             項目              内容                  概要等

      収益価格                    2,130百万円
        直接還元法による価格                  2,150百万円
                         非開示(注)
          運営収益
                         非開示(注)
            可能総収益
                         非開示(注)
            空室等損失等
                         非開示(注)
          運営費用
                         非開示(注)
            維持管理費
                         非開示(注)
            水道光熱費
                         非開示(注)
            修繕費
                         非開示(注)
            PMフィー
                         非開示(注)
            テナント募集費用等
                         非開示(注)
            公租公課
                         非開示(注)
            損害保険料
                         非開示(注)
            その他費用
          運営純収益                 109百万円
            一時金の運用益             非開示(注)
                         非開示(注)
            資本的支出
          純収益                 103百万円
                                 物流施設に係る取引利回りを中心に対象不動産の地域
                             4.8%
          還元利回り
                                 性・個別性及び純収益変動等により査定
        DCF法による価格                  2,120百万円
          割引率(4年度まで)                   4.8%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
          割引率(5~10年度)                   4.9%
                                 対象不動産の地域性及び個別性リスク等を考慮し査定
                             5.0%
          最終還元利回り                       還元利回りに将来の予測不確実性等を加味して査定
      積算価格                    2,130百万円
                            80.7%
          土地比率
                            19.3%
          建物比率
      鑑定評価額の決定に当たり留意し                   市場参加者(需要者)の対象不動産に対する収益性を重視した価格形成過
      た事項                   程及び依頼目的並びに「貸家及びその敷地」としての類型を踏まえ、投資
                        家の投資採算性を適切に反映した収益価格を標準とし、積算価格による検
                        証を行って、収益価格にて鑑定評価額を決定しています。
                        なお、本件鑑定評価では、投資法人規約に従った運用方法を所与とした投
                        資採算価値を表す価格を求めましたが、当該価格は市場価値を表示する適
                        正な価格(正常価格)と一致するため、価格の種類は正常価格となりま
                        す。
     (注)本評価においては、実績値に基づく数値を参考としていることから、これらを開示した場合、本投資法人に競争上の悪影響が生じ、ひい
       ては投資主の利益を害するおそれがあると資産運用会社が判断したことから非開示としています。
                                101/183







                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                             本物件の特性
      「名古屋市街地への配送利便性に優れた長期安定稼働施設」
      物件特性:
      本物件は、賃貸可能面積が約3,800坪の大型物流施設です。平屋建一部2階建で、天井高3.2~3.5m、柱スパンも一
      定以上確保されていることから、汎用性の高いスペックを有しています。また、全館空調システム・休憩室等も備
      え、職場環境にも配慮しています。現在の入居テナントである化粧品を扱う物流会社は、竣工以来、配送拠点とし
      て本物件全体を長期継続使用しており、今後も引き続き安定した稼働が期待できます。
      立地特性:

      本物件は、名古屋市中心部まで(注)約11km、伊勢湾岸自動車道「飛島」ICまで約5.2kmに位置し、名古屋エリアに
      おける地域配送に適した立地であり、かつ、東海エリア全域への配送をカバーする拠点にも適しています。また、
      周辺から自転車やバイクで通勤することが可能なことに加え、本物件から約4.2kmに位置する名古屋臨海高速鉄道
      「荒子川公園」駅と本物件間の送迎バスが運行されており、雇用確保についても問題ありません。
      (注)JR「名古屋」駅からの直線距離をいいます。
                                102/183
















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
      5 第12期末後取得済資産及び取得予定資産取得後の本投資法人のポートフォリオの概
      要
        A.ポートフォリオの概要
           本投資法人の2018年6月末日現在(注記に別途記載のあるものを除きます。)の第12期末後
          取得済資産及び取得予定資産を含むポートフォリオの概要は以下のとおりです。
                  取得

                            鑑定     投資     賃貸                テナ    NOI
                      帳簿価額                      賃貸面積      稼働率
                 (予定)
                            評価額     比率     可能面積                 ント   利回り
      物件     不動産等の
                  価格    (百万円)                       (㎡)     (%)
                                                      総数
      番号      名称              (百万円)      (%)      (㎡)                    (%)
                 (百万円)      (注2)                      (注6)      (注7)
                            (注3)     (注4)     (注5)                (注8)
                                                         (注9)
                  (注1)
      取得済資産
          GLP  東京
     関東圏-1             22,700     21,778     28,900      3.7    56,105.95      56,105.95      100.0    4    4.9
          GLP  東扇島
     関東圏-2             4,980     4,937     6,930     0.8    34,582.00      34,582.00      100.0    1    6.3
          GLP  昭島
     関東圏-3             7,555     7,393     9,542     1.2    27,356.63      27,356.63      100.0    3    5.6
          GLP  富里
     関東圏-4             4,990     4,633     5,900     0.8    27,042.59      27,042.59      100.0    1    5.9
          GLP  習志野Ⅱ
     関東圏-5             15,220     14,623     20,100      2.5   101,623.59      101,623.59       100.0    2    6.9
          GLP  船橋
     関東圏-6             1,720     1,904     2,060     0.3    10,465.03      10,465.03      100.0    1    6.2
          GLP  加須
     関東圏-7             11,500     10,653     14,100      1.9    76,532.71      76,532.71      100.0    1    6.1
          GLP  深谷
     関東圏-8             2,380     2,232     2,890     0.4    19,706.00      19,706.00      100.0    1    6.9
          GLP  杉戸Ⅱ
     関東圏-9             19,000     17,745     24,400      3.1   101,272.40      100,345.84       99.1   5    5.6
          GLP  岩槻
     関東圏-10             6,940     6,544     8,660     1.1    31,839.99      31,839.99      100.0    1    5.4
          GLP  春日部
     関東圏-11             4,240     3,908     5,150     0.7    18,460.73      18,460.73      100.0    1    5.5
          GLP  越谷Ⅱ
     関東圏-12             9,780     9,327    13,200      1.6    43,533.28      43,533.28      100.0    2    5.7
          GLP  三郷Ⅱ
     関東圏-13             14,868     14,268     19,482      2.4    59,208.59      59,208.59      100.0    2    5.5
          GLP  辰巳
     関東圏-14             4,960     4,837     6,430     0.8    12,925.58      12,925.58      100.0    1    5.1
          GLP  羽村
     関東圏-15             7,660     7,431     9,420     1.3    40,277.93      40,277.93      100.0    1    5.6
          GLP  船橋Ⅲ
     関東圏-16             3,050     3,018     4,130     0.5    18,281.84      18,281.84      100.0    1    6.0
          GLP  袖ヶ浦
     関東圏-17             6,150     5,825     7,940     1.0    45,582.06      45,582.06      100.0    1    6.2
          GLP  浦安Ⅲ
     関東圏-18             18,760     18,187     21,839      3.1    64,198.11      64,198.11      100.0    2    4.8
          GLP  辰巳Ⅱa
     関東圏-19             6,694     6,640     8,300     1.1    17,108.52      17,108.52      100.0    1    4.9
          GLP  東京Ⅱ
     関東圏-21             36,373     35,458     41,524      6.0    79,073.21      79,073.21      100.0    6    4.5
          GLP  桶川
     関東圏-22             2,420     2,374     2,740     0.4    17,062.92      17,062.92      100.0    1    5.9
          GLP  新木場
     関東圏-23             11,540     11,546     12,800      1.9    18,341.73      18,341.73      100.0    1    4.7
          GLP  習志野
     関東圏-24             5,320     5,300     5,560     0.9    23,548.03      23,548.03      100.0    3    5.2
          GLP  杉戸
     関東圏-26             8,481     8,376    10,097      1.4    58,918.12      58,918.12      100.0    1    5.5
          GLP  松戸
     関東圏-27             2,356     2,432     2,840     0.4    14,904.60      14,904.60      100.0    1    6.0
          GLP・MFLP
          市川塩浜
     関東圏-28             15,500     15,402     16,750      2.5    50,813.07      50,813.07      100.0    5    4.6
          (注10)
          GLP  厚木Ⅱ
     関東圏-29             21,100     20,853     23,200      3.5    74,176.27      74,176.27      100.0    2    4.8
          GLP  吉見
     関東圏-30             11,200     11,050     11,600      1.8    62,362.89      62,362.89      100.0    1    5.2
          GLP  野田吉春
     関東圏-31             4,496     4,563     5,260     0.7    26,631.40      26,631.40      100.0    1    5.9
          GLP  浦安
     関東圏-32             7,440      -    7,540     1.2    25,839.60      25,839.60      100.0    1    4.4
          GLP  船橋Ⅱ
     関東圏-33             7,789      -    8,130     1.3    34,699.09      34,349.01       99.0   1    4.7
          GLP  三郷
     関東圏-34             16,939       -   17,700      2.8    46,892.00      46,892.00      100.0    1    4.4
          GLP  枚方
     関西圏-1             4,750     4,602     6,250     0.8    29,829.56      29,829.56      100.0    1    6.9
          GLP  枚方Ⅱ
     関西圏-2             7,940     7,517     9,210     1.3    43,283.01      43,283.01      100.0    1    5.5
          GLP  舞洲Ⅱ
     関西圏-3             9,288     8,414    11,933      1.5    56,511.10      56,511.10      100.0    1    6.2
          GLP  津守
     関西圏-4             1,990     1,999     2,330     0.3    16,080.14      16,080.14      100.0    1    6.6
          GLP  六甲
     関西圏-5             5,160     5,050     5,980     0.8    39,339.00      39,339.00      100.0    1    6.4
          GLP  尼崎
     関西圏-6             24,963     23,597     29,097      4.1   110,224.41      110,224.41       100.0    7    5.2
          GLP  尼崎Ⅱ
     関西圏-7             2,040     1,964     2,290     0.3    12,342.95      12,342.95      100.0    1    6.2
          GLP  奈良
     関西圏-8             2,410     2,132     2,940     0.4    19,545.35      19,545.35      100.0    1    7.1
          GLP  堺
     関西圏-9             2,000     1,852     2,230     0.3    10,372.10      10,372.10      100.0    1    5.8
          GLP  六甲Ⅱ
     関西圏-10             3,430     3,208     4,300     0.6    20,407.30      20,407.30      100.0    1    7.0
                                103/183



                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
                  取得
                            鑑定     投資     賃貸                テナ    NOI
                      帳簿価額                      賃貸面積      稼働率
                 (予定)
      物件     不動産等の                 評価額     比率     可能面積                 ント   利回り
                  価格    (百万円)                       (㎡)     (%)
                                                      総数
      番号      名称              (百万円)      (%)      (㎡)                    (%)
                 (百万円)      (注2)                      (注6)      (注7)
                            (注3)     (注4)     (注5)                (注8)    (注9)
                  (注1)
          GLP  門真
     関西圏-11             2,430     2,434     3,170     0.4    12,211.73      12,211.73      100.0    1    6.4
          GLP  西神
     関西圏-12             1,470     1,438     1,640     0.2    9,533.88      9,533.88      100.0    1    6.1
          GLP  福崎
     関西圏-13             3,928     3,674     4,494     0.6    24,167.83      24,167.83      100.0    1    6.0
          GLP  神戸西
     関西圏-14             7,150     6,856     7,620     1.2    35,417.31      35,417.31      100.0    1    5.3
          GLP  深江浜
     関西圏-15             4,798     4,741     4,931     0.8    19,386.00      19,386.00      100.0    1    5.2
          GLP  舞洲Ⅰ
     関西圏-16             19,390       -   19,400      3.2    72,948.78      72,948.78      100.0    1    4.6
          GLP  盛岡
     その他-1              808     775     878    0.1    10,253.80      10,253.80      100.0    1    7.5
          GLP  富谷
     その他-2             3,102     2,987     3,600     0.5    20,466.98      20,466.98      100.0    1    6.4
          GLP  郡山Ⅰ
     その他-3             4,100     3,724     4,580     0.7    24,335.96      24,335.96      100.0    1    6.2
          GLP  郡山Ⅲ
     その他-4             2,620     2,645     2,760     0.4    27,671.51      27,671.51      100.0    4    6.6
          GLP  東海
     その他-5             6,210     5,893     7,740     1.0    32,343.31      32,343.31      100.0    1    5.8
          GLP  早島
     その他-6             1,190     1,203     1,350     0.2    13,574.58      13,574.58      100.0    1    7.2
          GLP  早島Ⅱ
     その他-7             2,460     2,232     2,870     0.4    14,447.48      14,447.48      100.0    1    6.2
     その他-8     GLP  基山       5,278     4,746     6,032     0.9    23,455.96      23,455.96      100.0    1    5.9
          GLP  仙台
     その他-10             5,620     5,332     6,690     0.9    37,256.23      37,256.23      100.0    1    6.3
          GLP  江別
     その他-11             1,580     1,454     2,220     0.3    18,489.25      18,489.25      100.0    1    7.7
          GLP  桑名
     その他-12             3,650     3,409     4,420     0.6    20,402.12      20,402.12      100.0    1    6.7
     その他-13     GLP  廿日市       1,980     1,866     2,440     0.3    10,981.89      10,981.89      100.0    1    6.8
          GLP  小牧
     その他-14             10,748     10,340     13,209      1.8    52,709.97      52,709.97      100.0    2    5.5
          GLP  扇町
     その他-15             1,460     1,465     1,620     0.2    13,155.28      13,155.28      100.0    1    7.1
          GLP  広島
     その他-16             3,740     3,630     4,170     0.6    21,003.04      21,003.04      100.0    2    6.4
          GLP  福岡
     その他-17             1,520     1,475     1,720     0.2    14,641.22      14,641.22      100.0    1    6.1
          GLP  鳥栖Ⅰ
     その他-19             9,898     9,558    11,205      1.6    74,860.38      74,860.38      100.0    1    5.4
          GLP  富谷Ⅳ
     その他-20             5,940     5,865     6,370     1.0    32,562.60      32,562.60      100.0    1    5.8
          GLP  岡山総社Ⅰ
     その他-21             12,800       -   13,100      2.1    63,015.53      56,701.02       90.0   6    5.3
          GLP  岡山総社Ⅱ
     その他-22             12,700       -   13,000      2.1    63,213.21      62,215.62       98.4   8    5.4
          小計
                  524,644     431,347     612,903      86.1   2,459,807.220      2,451,218.480         99.7   116    5.4
      取得予定資産
          GLP  新砂
     関東圏-35             18,300       -   18,500      3.0    44,308.34      41,485.18       93.6   5    4.3
          (注11)
          GLP  湘南
     関東圏-36             5,870      -    6,040     1.0    23,832.60      23,832.60      100.0    1    4.9
          GLP  大阪
     関西圏-17             36,000       -   36,200      5.9   128,504.34      118,937.05       92.6   13    4.3
          (注12)
     関西圏-18
          GLP  摂津
                   7,300      -    7,520     1.2    38,997.24      38,997.24      100.0    1    5.1
     関西圏-19
          GLP  西宮
                   2,750      -    2,830     0.5    19,766.00      19,766.00      100.0    1    5.9
     関西圏-20
          GLP  滋賀
                   4,550      -    4,690     0.7    29,848.70      29,848.70      100.0    1    5.3
     関西圏-21
          GLP  寝屋川
                   8,100      -    8,100     1.3    26,938.02      26,938.02      100.0    1    4.5
          GLP  藤前
     その他-23             1,980      -    2,020     0.3    12,609.00      12,609.00      100.0    1    5.5
          小計
                  84,850          85,900     13.9    324,804.24      312,413.79       96.2   24    4.5
          合計        609,494          698,803     100.0   2,784,611.46      2,763,632.27        99.2   140    5.3
     (注1)「取得(予定)価格」は、売買契約書に記載された各不動産又は信託受益権の売買代金(取得諸経費及び消費税等を除きます。)の金
        額を記載しています。なお、第12期末後取得済資産である太陽光発電設備が付帯している物件については、当該物件の取得価格に当該
        太陽光発電設備の取得価格を合算して記載しています。以下同じです。
     (注2)「帳簿価額」は、2018年2月末日の金額を、百万円未満を切り捨てて記載しています。なお、太陽光発電設備が付帯している物件につ
        いては、当該帳簿価額に当該太陽光発電設備の取得価格を合算しています。
     (注3)「鑑定評価額」は、2018年2月末日時点における保有資産については、本投資法人規約に定める資産評価の方法及び基準並びに投資信
        託協会の規則に基づき、不動産鑑定士による2018年2月末日を価格時点とする鑑定評価額又は調査価格を、また、第12期末後取得済資
        産のうち、「GLP       浦安」、「GLP      船橋Ⅱ」、「GLP       三郷」及び「GLP       舞洲I」については2017年8月20日、「GLP                  岡山総社I」及び
        「GLP   岡山総社Ⅱ」については2017年12月末日、取得予定資産については2018年6月末日をそれぞれ価格時点として作成された各不動
        産鑑定評価書に記載された評価額を記載しています。また、第12期末後取得済資産である太陽光発電設備が付帯している物件について
        は、当該物件の2018年2月末日を価格時点とする鑑定評価額又は調査価格に、各太陽光発電設備に係る評価額(2017年12月末日を価格
        時点として作成された、太陽光発電設備追加取得後の鑑定評価額又は調査価格と太陽光発電設備追加取得前の鑑定評価額又は調査価格
        の差額)を合算して記載しています。
     (注4)「投資比率」は、取得(予定)価格の合計に対する各不動産又は信託不動産の取得(予定)価格の比率であり、小数第二位を四捨五入
        して記載しています。
     (注5)「賃貸可能面積」は、各不動産又は信託不動産に係る建物の賃貸が可能な面積であり、賃貸借契約書又は建物図面等に基づき賃貸が可
        能な面積を、小数第二位未満を切り捨てて記載しています。
     (注6)「賃貸面積」は、各不動産又は信託不動産に係る賃貸借契約書に表示された建物に係る賃貸面積の合計を、小数第二位未満を切り捨て
        て記載しています。なお、当該不動産又は信託不動産につきマスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントとの間で
        実際に賃貸借契約が締結され賃貸が行われている面積の合計を記載しています。
                                104/183


                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
     (注7)「稼働率」は、小数第二位を四捨五入しています。但し、その結果が100.0%となる場合においては、小数第二位を切り捨てて99.9%と
        記載しています。
     (注8)「テナント総数」は、各不動産又は信託不動産のうち建物に係る賃貸借契約におけるテナントの総数を記載しています。したがって、
        太陽光発電設備の賃借人については含まれていません。
     (注9)「NOI利回り」は、前記(注3)記載の鑑定評価書又は調査報告書における直接還元法での評価上のNOI(運営純収益)(第12期末後取
        得済資産である太陽光発電設備が付帯している物件については、当該太陽光発電設備につき2017年12月末日を価格時点として作成され
        た調査報告書に基づく直接還元法での評価上のNOI(運営純収益)(太陽光発電設備追加取得後の評価上のNOI(運営純収益)と太陽光
        発電設備追加取得前の評価上のNOI(運営純収益)の差額)を合算)に基づき、取得価格又は取得予定価格に対する比率を計算していま
        す。
     (注10)「GLP・MFLP         市川塩浜」の「鑑定評価額」は、信託受益権の準共有の持分割合(50%)に基づく価格を記載しています。また、「賃貸
        可能面積」及び「賃貸面積」は信託受益権の準共有の持分割合である50%を乗じた数値を記載し、「テナント総数」は物件全体に関す
        る数値を記載しています。
     (注11)2019年2月期中に、テナント1社との賃貸借契約(賃貸面積4,489.72㎡、契約期間満了日2018年9月30日)が、終了するものとされて
        います。
     (注12)2019年2月期中に、テナント1社との賃貸借契約(賃貸面積4,185.71㎡、契約期間満了日2018年10月31日)が、終了するものとされて
        います。
                                105/183

















                                                           EDINET提出書類
                                                        GLP投資法人(E27092)
                                                有価証券届出書(参照方式・内国投資証券)
        B.保有資産の概要
                                          年間賃料      敷金・保証金

                                 建築時期                      土地面積
      物件番号       物件名称          所在地                  (百万円)       (百万円)
                                 (注1)                      (㎡)
                                          (注2)       (注3)
      取得済資産
           GLP  東京
                   東京都大田区             2003年11月17日
     関東圏-1                                       1,317        269    14,879.68
           GLP  東扇島
     関東圏-2              神奈川県川崎市             1987年8月27日           (注4)       (注4)      25,313.64
           GLP  昭島
     関東圏-3              東京都昭島市             2001年2月10日           (注4)       (注4)      30,939.95
           GLP  富里
     関東圏-4              千葉県富里市             2007年7月3日           (注4)       (注4)      39,398.15
           GLP  習志野Ⅱ      千葉県習志野市             1991年8月26日
     関東圏-5                                      (注4)       (注4)      55,185.00
           GLP  船橋
     関東圏-6              千葉県船橋市             1990年4月14日           (注4)       (注4)       5,804.04
           GLP  加須
     関東圏-7              埼玉県加須市             2005年3月11日           (注4)       (注4)      38,278.86
           GLP  深谷
     関東圏-8              埼玉県深谷市             1991年1月23日           (注4)       (注4)      31,666.62
           GLP  杉戸Ⅱ      埼玉県北葛飾郡             2007年1月18日
     関東圏-9                                       1,273        393    53,792.06
           GLP  岩槻
                   埼玉県さいたま市             2008年8月5日
     関東圏-10                                      (注4)       (注4)      17,277.60
           GLP  春日部
     関東圏-11              埼玉県春日部市             2004年7月15日           (注4)       (注4)      18,269.08
           GLP  越谷Ⅱ
     関東圏-12              埼玉県越谷市             2006年7月28日           (注4)       (注4)      16,056.14
           GLP  三郷Ⅱ
     関東圏-13              埼玉県三郷市             2008年9月19日           (注4)       (注4)      30,614.09
           GLP  辰巳      東京都江東区             2003年9月8日
     関東圏-14                                      (注4)       (注4)       6,500.01
           GLP  羽村
     関東圏-15              東京都羽村市             2009年1月13日           (注4)       (注4)      26,712.92
           GLP  船橋Ⅲ
     関東圏-16              千葉県船橋市             2001年1月24日           (注4)       (注4)       9,224.00
           GLP  袖ヶ浦
     関東圏-17              千葉県袖ケ浦市             2007年6月15日           (注4)       (注4)      32,524.00
           GLP  浦安Ⅲ      千葉県浦安市             2006年3月6日
     関東圏-18                                      (注4)       (注4)      33,654.00
           GLP  辰巳Ⅱa
     関東圏-19              東京都江東区             1986年8月28日           (注4)       (注4)       6,384.51
           GLP  東京Ⅱ
     関東圏-21              東京都江東区             2006年4月20日            1,978        391    31,998.97
           GLP  桶川
     関東圏-22              埼玉県桶川市             1993年7月31日           (注4)       (注4)       9,913.68
           GLP  新木場
                   東京都江東区             2002年8月29日
     関東圏-23                                      (注4)       (注4)      11,224.54
           GLP  習志野
     関東圏-24              千葉県習志野市             1989年9月26日             321       44    14,047.00
           GLP  杉戸
     関東圏-26              埼玉県北葛飾郡             2005年7月4日           (注4)       (注4)      48,237.80
           GLP  松戸
     関東圏-27              千葉県松戸市             1999年4月5日           (注4)       (注4)      12,088.34
           GLP・MFLP     市川
     関東圏-28              千葉県市川市             2014年1月14日             862       123    52,887.00
           塩浜(注5)
           GLP  厚木Ⅱ
     関東圏-29              神奈川県愛甲郡             2016年6月1日           (注4)       (注4)      38,241.60
           GLP  吉見
     関東圏-30              埼玉県比企郡             2015年9月4日           (注4)       (注4)      33,911.95
           GLP  野田吉春
                   千葉県野田市             2012年9月19日
     関東圏-31                                      (注4)       (注4)      17,026.44
           GLP  浦安
                   千葉県浦安市             2003年4月7日
     関東圏-32                                      (注4)       (注4)      16,054.00
           GLP  船橋Ⅱ
     関東圏-33              千葉県船橋市             1989年1月13日           (注4)       (注4)      16,346.00
           GLP  三郷
     関東圏-34              埼玉県三郷市             2006年1月25日           (注4)       (注4)      38,992.48
           GLP  枚方
     関西圏-1              大阪府枚方市             1985年9月20日           (注4)       (注4)      25,290.30
           GLP  枚方Ⅱ
                   大阪府枚方市             2000年12月11日
     関西圏-2                                      (注4)       (注4)      31,131.17
           GLP  舞洲Ⅱ
     関西圏-3              大阪府大阪市             2006年10月15日           (注4)       (注4)      24,783.06
           GLP  津守
     関西圏-4              大阪府大阪市             1981年10月14日           (注4)       (注4)       9,021.75
           GLP  六甲
     関西圏-5              兵庫県神戸市             1991年3月4日           (注4)       (注4)      24,969.30
           GLP  尼崎
                   兵庫県尼崎市             2006年12月8日
     関西圏-6                                       1,528        599    59,078.60
           GLP  尼崎Ⅱ
     関西圏-7              兵庫県尼崎市             1992年2月12日           (注4)       (注4)       4,310.06
     関西圏-8      GLP  奈良      奈良県大和郡山市             1969年11月22日           (注4)       (注4)      13,420.77
           GLP  堺
     関西圏-9              大阪府堺市             2007年9月18日           (注4)       (注4)      10,000.03
           GLP  六甲Ⅱ      兵庫県神戸市             2006年7月26日
     関西圏-10                                      (注4)       (注4)      18,212.00
           GLP  門真
     関西圏-11              大阪府門真市             1980年1月29日           (注4)       (注4)       8,436.79
     関西圏-12      GLP  西神      兵庫県神戸市             1995年12月19日           (注4)       (注4)       5,489.57
           GLP  福崎
     関西圏-13              兵庫県神崎郡             2004年7月20日           (注4)       (注4)      40,466.90
           GLP  神戸西
                   兵庫県神戸市             2015年1月8日
     関西圏-14                                      (注4)       (注4)      20,999.95
           GLP  深江浜
     関西圏-15              兵庫県神戸市             2007年2月28日           (注4)       (注4)      18,242.52
     関西圏-16      GLP  舞洲Ⅰ      大阪府大阪市             2006年7月10日           (注4)       (注4)      25,834.92
           GLP  盛岡
     その他-1              岩手県紫波郡             1980年8月27日           (注4)       (注4)      10,244.70
           GLP  富谷
     その他-2              宮城県富谷市             2006年4月5日           (注4)       (注4)      19,525.08
           GLP  郡山Ⅰ
  &nb