鴻池運輸株式会社 四半期報告書 第79期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第79期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:鴻池運輸株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成30年8月10日
      【四半期会計期間】                    第79期第1四半期(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
      【会社名】                    鴻池運輸株式会社
      【英訳名】                    Konoike    Transport     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役兼社長執行役員 鴻池 忠彦
      【本店の所在の場所】                    大阪市中央区伏見町四丁目3番9号
      【電話番号】                    06(6227)4600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務執行役員 財務経理本部本部長 中谷 光弘
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区伏見町四丁目3番9号
      【電話番号】                    06(6227)4600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務執行役員 財務経理本部本部長 中谷 光弘
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第78期           第79期

               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第78期
                              累計期間           累計期間
                           自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日

              会計期間
                           至 平成29年6月30日           至 平成30年6月30日           至 平成30年3月31日
                     (百万円)             66,913           71,876           276,761

      売上高
                     (百万円)             3,138           3,412           11,536
      経常利益
      親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)             1,954           2,079           7,042
      (当期)純利益
                     (百万円)              1,982           1,862           8,099
      四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             96,315           101,721           101,162
      純資産額
                     (百万円)            209,342           215,311           211,691
      総資産額
      1株当たり四半期(当期)純利
                       (円)            34.34           36.55           123.70
      益
      潜在株式調整後1株当たり四半
                       (円)            34.25           36.42           123.28
      期(当期)純利益
                       (%)             44.4           45.7           46.2
      自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.前第1四半期連結会計期間において行われた企業結合に係る暫定的な会計処理が前連結会計年度末に確定し
           ており、前第1四半期連結累計期間の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理の確定によ
           る取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
         4.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
           期連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度                                         に係る主要な経営
           指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動は、次のとおりであります。
        <複合ソリューション事業>
        エヌビーエス㈱を株式取得により子会社化したため、連結の範囲に含めております。また、コウノイケ・エンジニ
       アリング㈱は、当社を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
        <国内物流事業>
        関係会社の異動はありません。
        <国際物流事業>
        KONOIKE-SOTUS        VENTURE    CO  .,LTD.は重要性が増したため、連結の範囲に含めております。
        <その他>
        関係会社の異動はありません。
                                  2/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであり、その達成を保証する
       ものではありません。
       (1)  財政状態及び経営成績

       a.経営成績
         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、個人消費は持ち直しているほか、企業の設備投資や生産活動
        も堅調に推移し、景気は緩やかに回復しました。世界経済も底堅く推移しており、輸出も拡大しました。
         物流業界におきましては、経済の緩やかな回復を背景に、貨物量は総じて堅調に推移したものの、人手不足状態
        や燃料価格の上昇等は依然として継続しました。今後の見通しにつきましては、通商問題の動向が世界経済に与え
        る影響や7月に発生した豪雨災害の経済に与える影響が懸念されますが、緩やかな景気回復が継続すると見込まれ
        ます。
         このような経営環境のもと、当社グループは2021年3月期を最終年度とする中期経営計画を開始し、人材の採
        用・育成やシステム投資、経営基盤の再構築など、長期的な成長に向けた「確固たる基盤作り」の取り組みを行っ
        てまいります。
         当第1四半期連結累計期間における業績については、空港関連分野での新規連結会社の寄与や、鉄鋼関連分野に
        おける製鉄所内生産工程付帯業務の増加等により、売上高は                            718億76百万円(前年同期比7.4%増)となりました。
        利益面につきましては          、 営業利益は33億4百万円(同9.0%増)、経常利益は34億12百万円(同8.7%増)、親会社
        株主に帰属する四半期純利益は20億79百万円(同6.4%増)となりました。
         セグメントの業績は次のとおりであります。

         なお、第1四半期連結会計期間より、各報告セグメントを構成する事業本部に所属する営業所の一部について、
        主要顧客ならびに事業内容の変化に対応するため、                        所属する事業本部を変更いたしました。そのため、以下の前年
        同四半期比較については、前年同四半期の数値を当該変更後の数値で比較しております。
        ①複合ソリューション事業

         複合ソリューション事業におきましては、空港関連分野について、グランドハンドリング業務等を行う新規連結
        会社や新規受託空港での業務開始等により、増収となりました。鉄鋼関連分野におきましても、製鉄所内生産工程
        付帯業務や自動車エンジン用部品生産業務の増加、タイにおいて鋼材輸送等を行う新規連結会社の寄与等により、
        増収となりました。食品関連分野では、飲料等の配送センター業務が堅調に推移した他、生活関連分野における空
        調機器の取扱量伸長により、売上高は                  504億25百万円       (前年同期比      8.0%増    )となりました。セグメント利益につき
        ましては再資源化設備の定期修理による取扱量減少や、軽油単価上昇に伴う費用増等の影響により、                                              38億30百万円
        (同  3.0%減    )となりました。
        ②国内物流事業

         国内物流事業におきましては、顧客センター内でのオフィス用品取扱量や冷凍冷蔵食品の保管、配送取扱業務増
        加により、売上高は         122億55百万円       (前年同期比      2.9%増    )となりました。セグメント利益につきましては、上述の
        取扱量増加により、         5億70百万円      (同  57.3%増    )となりました。
        ③国際物流事業

         国際物流事業におきましては、アメリカ向け製造設備用部品の輸出業務増加や、インド子会社における鉄道貨物
        輸送取扱量増、中国でのフォワーディング業務が好調に推移したこと等により、売上高は                                         91億95百万円      (前年同期
        比 10.6%増    )となりました。セグメント利益につきましては、アメリカ子会社における冷凍冷蔵食品取扱量増加や
        前年発生の倉庫修繕費の解消等により、                   3億44百万円      (同  89.4%増    )となりました。
                                  3/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
       b.財政状態
        ①総資産
         当第1四半期連結会計期間末における総資産の残高は2,153億11百万円であり、前連結会計年度末に比べ36億20
        百万円増加しました。
        ②流動資産

         当第1四半期連結会計期間末における流動資産は882億74百万円であり、前連結会計年度末に比べ32億57百万円
        増加しました。主な要因は、現金及び預金が13億60百万円増加したこと、受取手形及び売掛金が11億9百万円増加
        したこと、その他流動資産が6億48百万円増加したこと等によるものです。
        ③固定資産

         当第1四半期連結会計期間末における固定資産は1,270億37百万円であり、前連結会計年度末に比べ3億62百万
        円増加しました。主な要因は、投資有価証券が5億51百万円増加したこと、繰延税金資産が4億84百万円増加した
        こと等によるものです。
        ④流動負債

         当第1四半期連結会計期間末における流動負債は565億23百万円であり、前連結会計年度末に比べ30億55百万円
        増加しました。主な要因は、未払費用が28億94百万円増加したこと、その他流動負債が10億97百万円増加したこ
        と、未払法人税等が6億98百万円減少したこと等によるものです。
        ⑤固定負債

         当第1四半期連結会計期間末における固定負債は570億67百万円であり、前連結会計年度末に比べ6百万円増加
        しました。主な要因は、退職給付に係る負債が1億78百万円増加したこと、長期借入金が1億51百万円減少したこ
        と、繰延税金負債が87百万円減少したこと等によるものです。
        ⑥純資産

         当第1四半期連結会計期間末における純資産は1,017億21百万円であり、前連結会計年度末に比べ5億58百万円
        増加しました。主な要因は、利益剰余金が10億50百万円増加したこと、その他有価証券評価差額金が4億68百万円
        増加したこと、為替換算調整勘定が7億91百万円減少したこと等によるものです。
       (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)  研究開発活動

         該当事項はありません。
       (4)  主要な設備

         当第1四半期連結累計期間において新たに確定した重要な設備の新設計画は次のとおりであります。
                                     投資予定金額               着手及び完了予定

       会社名      所在地     セグメントの名称           設備の内容                 資金調達方法
                                    総額    既支払額            着手     完了
                                     3,370

            愛知県      複合ソリューショ                           自己資金及び       平成31年     平成32年
                                           -
     提出会社                     土地、倉庫
            愛西市      ン事業                           借入金        3月     5月
                                    百万円
      (注)1.金額には、消費税等は含んでおりません。
         2.完成後の能力増加については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
                                  4/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
                                  5/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                              227,596,808

       普通株式
                  計                            227,596,808

        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類     現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                          (平成30年8月10日)
             (平成30年6月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所           単元株式数

     普通株式            56,952,442             56,952,442
                                         市場第一部          100株
        計          56,952,442             56,952,442             -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総                       資本準備金増        資本準備金残
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日       数増減数        数残高                       減額        高
                                (百万円)        (百万円)
                  (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
     平成30年4月1日~
                   19,110
     平成30年6月30日                   56,952,442            12      1,723         12       930
         (注)
     (注)   新株予約権の行使による増加であります。
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(平成30年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年6月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                           普通株式    300                 -

      完全議決権株式(自己株式等)                                                -
                           普通株式     56,929,100

      完全議決権株式(その他)                                      569,291          -
      単元未満株式                     普通株式   3,932                 -            -

                                          -

      発行済株式総数                         56,933,332                       -
                              -

      総株主の議決権                                      569,291          -
     (注)単元未満株式には、当社所有の自己株式20株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
      又は名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
               大阪市中央区伏見町
       鴻池運輸㈱                        300      -          300         0.00
               四丁目3番9号
         計           -            300      -          300         0.00
     (注)当第1四半期会計期間末日現在の自己株式数は161,720株であります。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平
       成30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、          有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  8/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         30,039              31,399
         現金及び預金
                                        ※2 50,962             ※2 52,072
         受取手形及び売掛金
                                           42              132
         未成工事支出金
                                         1,400              1,441
         貯蔵品
                                         2,625              3,274
         その他
                                          △ 54             △ 45
         貸倒引当金
                                         85,016              88,274
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        107,809              107,397
          建物及び構築物
                                        △ 66,022             △ 66,414
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             41,786              40,982
          機械装置及び運搬具                               49,721              45,936
                                        △ 41,197             △ 37,589
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              8,523              8,347
          土地                               41,381              41,218
                                         6,027              6,296
          リース資産
                                        △ 2,402             △ 2,531
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              3,625              3,764
                                           327              457
          建設仮勘定
                                         7,584              7,678
          その他
                                        △ 6,220             △ 6,304
            減価償却累計額
            その他(純額)                              1,363              1,374
                                         97,008              96,145
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         3,165              3,308
          のれん
                                         2,768              2,766
          その他
                                         5,933              6,074
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         11,601              12,153
          投資有価証券
                                           383              380
          長期貸付金
                                         5,689              6,173
          繰延税金資産
                                           141              150
          退職給付に係る資産
                                         6,101              6,147
          その他
                                         △ 185             △ 188
          貸倒引当金
                                         23,732              24,817
          投資その他の資産合計
                                        126,674              127,037
         固定資産合計
                                        211,691              215,311
       資産合計
                                  9/22






                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※2 15,598             ※2 15,494
         支払手形及び買掛金
                                         4,244              4,119
         短期借入金
                                         3,000              3,000
         1年内償還予定の社債
         1年内返済予定の長期借入金                                 3,137              3,128
                                         10,841              13,735
         未払費用
                                         3,193              2,494
         未払法人税等
                                         13,452              14,550
         その他
                                         53,467              56,523
         流動負債合計
       固定負債
                                         20,000              20,000
         社債
                                         8,502              8,350
         長期借入金
         リース債務                                 2,860              2,965
                                           627              540
         繰延税金負債
                                         1,668              1,668
         再評価に係る繰延税金負債
                                         19,348              19,526
         退職給付に係る負債
                                           156              128
         役員退任慰労金引当金
                                         1,837              1,786
         長期未払金
                                         2,059              2,099
         その他
                                         57,060              57,067
         固定負債合計
                                        110,528              113,590
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         1,710              1,723
         資本金
                                           778              790
         資本剰余金
                                         97,561              98,612
         利益剰余金
                                           △ 0            △ 276
         自己株式
                                        100,050              100,848
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         4,366              4,835
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 5,111             △ 5,111
         土地再評価差額金
                                           772              △ 18
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,202             △ 2,102
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 2,174             △ 2,396
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   283              258
                                         3,003              3,010
       非支配株主持分
                                        101,162              101,721
       純資産合計
                                        211,691              215,311
      負債純資産合計
                                 10/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      売上高                                   66,913              71,876
                                         60,582              65,056
      売上原価
                                         6,331              6,820
      売上総利益
                                         3,299              3,515
      販売費及び一般管理費
                                         3,031              3,304
      営業利益
      営業外収益
                                           35              31
       受取利息
                                           89              109
       受取配当金
                                           13              26
       受取賃貸料
                                           78              36
       その他
                                           216              204
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           60              45
       支払利息
                                            ▶              11
       為替差損
                                           45              39
       その他
                                           110               96
       営業外費用合計
                                         3,138              3,412
      経常利益
      特別利益
                                           42              24
       固定資産売却益
                                           42              24
       特別利益合計
      特別損失
                                            ▶              11
       固定資産除売却損
                                           22              -
       子会社株式売却損
                                           -              11
       投資有価証券評価損
                                           -              40
       災害による損失
                                           -               0
       その他
                                           26              64
       特別損失合計
                                         3,154              3,372
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,796              2,061
      法人税、住民税及び事業税
                                         △ 635             △ 811
      法人税等調整額
                                         1,160              1,250
      法人税等合計
                                         1,993              2,122
      四半期純利益
                                           38              42
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         1,954              2,079
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                         1,993              2,122
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           435              466
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 518             △ 804
       為替換算調整勘定
                                           93              100
       退職給付に係る調整額
                                          △ 21             △ 21
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          △ 10             △ 260
       その他の包括利益合計
                                         1,982              1,862
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         1,954              1,857
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           28               ▶
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/22















                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
          当第1四半期連結会計期間において、エヌビーエス㈱を株式取得により子会社化したことにより、また、
         KONOIKE-SOTUS       VENTURE    CO  .,LTD.は重要性が増したため、連結の範囲に含めております。
          当第1四半期連結会計期間において、コウノイケ・エンジニアリング㈱は、当社を存続会社とする吸収合併に
         より消滅したため、連結の範囲から除外しております。
        (追加情報)

         ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期
         連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
         負債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         1 保証債務
           銀行借入金に対する債務保証
               前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間
              (平成30年3月31日)                            (平成30年6月30日)
     神戸港島港運協同組合                            神戸港島港運協同組合
     (佐野運輸㈱の他3社による連帯                       54百万円     (佐野運輸㈱の他3社による連帯                       59百万円
     保証、総額217百万円)                            保証、総額236百万円)
     協同組合東京海貨センター                       11     協同組合東京海貨センター                       11
     従業員                       0     従業員                       0
             計               66            計               71
        ※2 四半期連結会計期間末日満期手形

           四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。な
          お、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半
          期連結会計期間末日残高に含まれております。
                               前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                              (平成30年3月31日)                 (平成30年6月30日)
          受取手形                          188百万円                 165百万円
          支払手形                           39                 50
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は
         次のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                             (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                              至 平成29年6月30日)                 至 平成30年6月30日)
          減価償却費                          1,721百万円                1,730百万円
          のれんの償却額                           76                 93
                                 13/22






                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
       Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
        配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
      (決議)                 (百万円)      当額(円)
      平成29年5月23日
                           995
                普通株式                17.50    平成29年3月31日         平成29年6月29日          利益剰余金
      取締役会
       Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)

        配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
      (決議)                 (百万円)      当額(円)
      平成30年5月22日
                         1,024
                普通株式                18.00    平成30年3月31日         平成30年6月28日          利益剰余金
      取締役会
                                 14/22















                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
           Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年6月30日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                     報告セグメント
                                                       四半期連結損
                                      その他            調整額
                                             合計          益計算書計上
              複合ソリュー
                                      (注)1            (注)2
                    国内物流事業      国際物流事業        合計
                                                       額(注)3
              ション事業
      売上高

       外部顧客への
                46,681      11,914      8,316     66,913        -    66,913        -    66,913
       売上高
       セグメント間
                 266      473      29     769      18     787     △ 787      -
       の内部売上高
       又は振替高
                46,947      12,388      8,346     67,682        18    67,701      △ 787    66,913
         計
      セグメント利益          3,948       362      181     4,492        7    4,500     △ 1,468      3,031

     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、当社グループの資産運用業務等を
         含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額△1,468百万円には、セグメント間取引消去3百万円、各報告セグメントに配分して
         いない全社費用△1,472百万円が含まれております。全社費用は、当社の本社総務部門等管理部門に係る費用で
         あります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
            2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              該当事項はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              前第1四半期連結会計期間に実施した                  ㈱NKSホールディング他4社を株式取得により子会社化したこ
             と、またKONOIKE        J.TRANSPORT      (THAILAND)      CO.,LTD.が事業を譲受したことによる                  企業結合について、
             取得原価の配分が完了していなかったため、複合ソリューション事業におけるのれんの金額は暫定的に
             算出された金額でありましたが、前連結会計年度末に取得原価の配分が完了し、暫定的な会計処理が確
             定したため、のれんの金額を修正しております。詳細につきましては、「                                  注記事項    (企業結合等関
             係)」をご参照ください。
             (重要な負ののれん発生益)

              該当事項はありません。
                                 15/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
           Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自平成30年4月1日 至平成30年6月30日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                     報告セグメント
                                                       四半期連結損
                                      その他            調整額
                                             合計          益計算書計上
              複合ソリュー
                                      (注)1            (注)2
                    国内物流事業      国際物流事業        合計
                                                       額(注)3
              ション事業
      売上高

       外部顧客への
                50,425      12,255      9,195     71,876        -    71,876        -    71,876
       売上高
       セグメント間
                 250      417      26     693      18     712     △ 712      -
       の内部売上高
       又は振替高
                50,675      12,672      9,221     72,570        18    72,588      △ 712    71,876
         計
                3,830       570      344     4,745        8    4,753     △ 1,449      3,304

      セグメント利益
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、当社グループの資産運用業務等を
         含んでおります。
        2.セグメント利益の調整額△1,449百万円には、セグメント間取引消去16百万円、各報告セグメントに配分して
         いない全社費用△1,465百万円が含まれております。全社費用は、当社の本社総務部門等管理部門に係る費用で
         あります。
        3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
            2.報告セグメントの変更等に関する事項

             (報告セグメントの変更)
              当第1四半期連結会計期間より、各報告セグメントを構成する事業本部に所属する営業所の一部につ
             いて、主要顧客ならびに事業内容の変化に対応するため、所属する事業本部を変更いたしました。
              なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、これらの変更を反映し作成したものを開示し
             ております。
            3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              該当事項はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              重要な変動はありません。
             (重要な負ののれん発生益)

              該当事項はありません。
                                 16/22







                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
         比較情報における取得原価の当初配分額の重要な見直し
         ㈱NKSホールディング他4社             の株式取得
          平成29年5月1日に行われた               ㈱NKSホールディング他4社             の株式取得について、前第1四半期連結会計期間に
         おいて暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に確定しております。
          この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第1四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報に
         おいて取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映されており、主として無形固定資産に420百万円、退職給付
         に係る負債に428百万円が配分された結果、暫定的に算定されたのれんの金額は2,572百万円から75百万円増加
         し、2,647百万円となりました。
         KONOIKE    J.TRANSPORT      (THAILAND)      CO.,LTD.の事業譲受

          平成29年4月1日に行われた当社の連結子会社であるKONOIKE                                  J.TRANSPORT      (THAILAND)      CO.,LTD.の
         J.Transport      Co.,Ltd.及びLand         Transport     Co.,Ltd.からの一般貨物輸送事業譲り受けについて、前第1四半期
         連結会計期間において暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結会計年度末に確定しております。
          この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第1四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報に
         おいて取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映されており、主として無形固定資産に70百万円が配分された
         結果、暫定的に算定されたのれんの金額は348百万円から68百万円減少し、280百万円となりました。
                                 17/22















                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                              (自 平成29年4月1日                (自 平成30年4月1日
                               至 平成29年6月30日)                至 平成30年6月30日)
      (1)1株当たり四半期純利益                                34円34銭                36円55銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万
                                        1,954                2,079
       円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        1,954                2,079
       純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                56,931                56,913
      (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                34円25銭                36円42銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                         -                -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)
                                         148                203
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後
       1株当たり四半期純利益の算定に含めなかっ
                                         -                -
       た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な
       変動があったものの概要
                                 18/22












                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         株式取得による企業結合
          当社は、平成30年8月10日開催の取締役会において、                          香港の国際航空貨物フォワーディング事業会社であり持
         分法適用会社である「BEL             INTERNATIONAL       LOGISTICS     LTD.  」(以下「BEL社」という)の発行済み株式の70%を
         追加取得し完全子会社化することについて決議いたしました                            。
          なお、BEL社は、創業國際貨運代理(中國)有限公司、BEL                            SUPPLY    CHAIN   SOLUTIONS     LTD.、BEL     INTERNATIONAL
         LOGISTICS     VIETNAM    COMPANY    LTD.を子会社として保有しております。
          (1)    企業結合の概要

           ①被取得企業の名称及び事業の内容
            ア 名称           BEL  INTERNATIONAL       LOGISTICS     LTD.
              事業内容        国際航空貨物フォワーディング、NVOCC(注)、倉庫、配送
            イ 名称   創業國際貨運代理(中國)有限公司
              事業内容        国際航空貨物フォワーディング、NVOCC(注)、倉庫、配送
            ウ 名称   BEL          SUPPLY    CHAIN   SOLUTIONS     LTD.
              事業内容 ロジスティクス、倉庫、配送
            エ 名称   BEL          INTERNATIONAL       LOGISTICS     VIETNAM    COMPANY    LTD.
              事業内容        国際航空貨物フォワーディング、NVOCC(注)、倉庫、配送
            (注)   NVOCC   とは、Non     Vessel    Operating     Common    Carrier    の略であり、自ら国際輸送手段(船舶等)を
               持たない貨物利用運送事業者であります。
           ②企業結合を行った主な理由

             当社は、成長戦略の1つであるグローバル展開の一環として、中国・アジア・欧米を中心とした国際航
            空輸送事業の強化を図るべく、平成27年4月に香港を本社とするBEL社の株式30%を取得し、当社との提
            携による事業拡大に取り組んでまいりました。同社が得意とする香港・中国発の航空輸送サービス、欧米
            ネットワークを活用し、電子・自動車部品、家電商品などの輸送取扱を拡大してまいりました。
             BEL社は、欧州向けの輸送実績で多くの航空会社からTop                            Agentに選定されるなど高い評価を受けてお
            り、近年は欧州に加え、中東・インド・北米を重点4地域とする戦略により、この3年間で航空貨物取扱
            は7割増加、特に、越境EC貨物、電子部品、VR玩具等航空需要の高い貨物の取込を強化しています。
             そのような状況下、海外に進出している日系企業のみならず、非日系企業との取引拡大を図るため、
            BEL社との関係を更に押し進め、100%出資の完全子会社とすることを決定致しました。AI家電や越境EC貨
            物の輸出の増加、中国一帯一路構想による欧州やアジア周辺国との貿易拡大等、今後も香港・中国からの
            航空貨物需要は堅調に推移していく見通しです。BEL社を非日系企業向け営業の中核会社と位置づけ、当
            社が日本で培ってきたロジスティクスサービスと融合させ、香港・中国市場での総合物流サービスの事業
            拡充を目指します。
           ③企業結合日

             平成30年10月2日(予定)
           ④企業結合の法的形式

             現金を対価とする株式の取得
           ⑤取得する議決権比率

             取得直前に所有していた議決権比率 30.0%
             企業結合日に取得する議決権比率  70.0%
             取得後の議決権比率                         100.0%
           ⑥取得企業を決定するに至った主な根拠

             当社が、現金を対価として全株式を取得するためであります。
          (2)    その他

            取得価額については、契約上の守秘義務に基づき、非開示とさせていただきます。
            また、のれんの金額、企業結合日に受け入れることとなる資産及び引き受けることとなる負債の額につい
           ては、現時点では確定しておりません。
                                 19/22


                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       平成30年5月22日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
        (イ)配当金の総額・・・・・・・・・・・・・・1,024百万円
        (ロ)1株当たりの金額・・・・・・・・・・・・18円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日・・・平成30年6月28日
       (注)平成30年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行いました。
                                 20/22



















                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。

                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                       鴻池運輸株式会社(E04341)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                 平成30年8月10日
     鴻池運輸株式会社

      取締役会 御中
                          有限責任監査法人トーマツ

                        指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               吉村 祥二郎  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               中田 明    印
                        業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている鴻池運輸株

      式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年4月1
      日から平成30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係
      る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及
      び注記について四半期レビューを行った。
      四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期
      連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連
      結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任
       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に
      対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの
      基準に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施され
      る質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公
      正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論
       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当
      と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、鴻池運輸株式会社及び連結子会社の平成30年6月30日現
      在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
      事項がすべての重要な点において認められなかった。
      利害関係
       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社
            が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。