日本通信株式会社 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書 訴訟

提出日:

提出者:日本通信株式会社

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       日本通信株式会社(E04473)
                                                              臨時報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    臨時報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月7日
      【会社名】                    日本通信株式会社
      【英訳名】                    Japan   Communications        Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  福田 尚久
      【本店の所在の場所】                    東京都港区虎ノ門四丁目1番28号
      【電話番号】                    03-5776-1700
      【事務連絡者氏名】                    執行役員CFO  小平 充
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区虎ノ門四丁目1番28号
      【電話番号】                    03-5776-1700
      【事務連絡者氏名】                    執行役員CFO  小平 充
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2














                                                           EDINET提出書類
                                                       日本通信株式会社(E04473)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       当社は、平成30年7月31日付で東京地方裁判所において訴訟(反訴)を提起されましたので、金融商品取引法第24条
      の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第6号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するもの
      です。
     2【報告内容】

      (1)訴訟の提起があった年月日
        平成30年7月31日(東京地方裁判所)
      (2)訴訟を提起した者の名称、住所及び代表者の氏名

                     Quanta    Computer     Inc.
        ①名称
                     211  Wen  Hwa  2nd  Rd.,   Guishan    Dist.,    Tao  Yuan   City   33377   Taiwan
        ②住所
                     Barry   Lam,   Chairman
        ③代表者の氏名
      (3)訴訟の内容及び損害賠償請求金額

       ①訴訟の内容
         当社は、平成27年8月4日にQuanta                 Computer     Inc.(以下、「Quanta」という)との間でスマートフォン(以
        下、「本件製品」という)の製造を委託するODM契約(以下、「本件契約」という)を締結し、本件製品7万台
        を発注しました。
         しかしながら、納入された本件製品の一部に不具合があり、不具合が解消されない状態が続いていたため、当社
        が約1万4,000台の受領を拒絶したところ、Quantaは、平成28年8月8日、米国カリフォルニア州において、当社
        に対し、当社が受領を拒絶している本件製品の売買代金として約200万米ドルの支払い等を求める訴訟(以下、
        「米国訴訟」という)を提起しました。
         これに対し、当社は、本件契約の管轄合意(米国カリフォルニア州)を争い米国訴訟の却下を申し立てるととも
        に、平成28年9月26日、東京地方裁判所において、米国訴訟で訴えられた債務の不存在の確認及び損害賠償請求等
        として約6億3,000万円の支払いを請求する訴訟(以下、「本件訴訟」という)を提起しました。
         本件訴訟の審理は、米国訴訟の帰趨が確定するまで保留されていたところ、米国訴訟は、平成30年4月、当社の
        主張どおり、米国カリフォルニア州にはForum                      Non  Conveniens(不便宜法廷地)の法理により裁判管轄が認められ
        ないことで確定しました。
         今般、Quantaは、本件訴訟に対する反訴として、①当社が受領を拒絶している本件製品約1万4,000台の売買代
        金として約200万米ドル、②当社の追加発注を期待して調達した材料費等にかかる損害として約330万米ドル、及び
        これらの遅延損害金の支払い等を求める訴訟を提起したものです。
       ②損害賠償請求金額

        560万2,360.05米ドル及びこれに対する遅延損害金
                                                         以 上
                                 2/2








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。