シリコンスタジオ株式会社 四半期報告書 第20期第2四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第2四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

提出日:

提出者:シリコンスタジオ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年7月12日

     【四半期会計期間】               第20期第2四半期(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

     【会社名】               シリコンスタジオ株式会社

     【英訳名】               Silicon    Studio    Corporation

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 寺田 健彦

     【本店の所在の場所】               東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

     【電話番号】               03-5488-7070

     【事務連絡者氏名】               取締役コーポレートサービス本部長 梶谷 眞一郎

     【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

     【電話番号】               03-5488-7070

     【事務連絡者氏名】               取締役コーポレートサービス本部長 梶谷 眞一郎

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/42









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第19期           第20期

              回次              第2四半期           第2四半期            第19期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 平成28年12月1日           自 平成29年12月1日           自 平成28年12月1日
             会計期間
                          至 平成29年5月31日           至 平成30年5月31日           至 平成29年11月30日
                               3,251,958           2,502,230           6,115,712
     売上高                (千円)
                               △ 365,112          △ 721,265         △ 1,202,755

     経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する
                               △ 110,297          △ 791,067         △ 1,137,815
                      (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
                               △ 109,762          △ 791,742         △ 1,136,292
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               2,463,349           1,250,443           1,448,844

     純資産額                (千円)
     総資産額                (千円)          4,137,915           2,306,295           2,704,689

     1株当たり当期純損失金額
                                △ 44.38         △ 308.82          △ 456.73
     (△)又は1株当たり四半期純                 (円)
     損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             -           -           -
     期(当期)純利益金額
                                  59.5           53.8           53.6
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                               △ 268,509          △ 401,774          △ 792,089
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                161,688          △ 50,106         △ 251,652
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                               △ 218,397           447,027            78,357
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                               1,189,198            544,661           548,974
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                             第19期           第20期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成29年3月1日         自   平成30年3月1日
             会計期間
                          至   平成29年5月31日         至   平成30年5月31日
     1株当たり四半期純利益金額又
                                 24.19         △ 149.03
     は1株当たり四半期純損失金額                 (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第19期第2四半期連結累計期間、第20期第2四半期連結累計期間及び第19期の潜在株式調整後1株当たり四
          半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1
          株当たり四半期純損失金額及び1株当たり当期純損失金額であるため、記載しておりません。
        4.当社は、第17期第1四半期連結会計期間より「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり
          当期純損失金額又は1株当たり四半期純損失金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数について
          は、本制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式を控除対象の自己株
          式に含めて算定しております。
                                  2/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている各セグ
       メントに係る主な事業内容の変更はありません。また、主要な関係会社の異動もありません。
                                  3/42



















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

     (1)当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
        ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した
        「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     (2)当社グループは前連結会計年度において継続的に営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を計

        上しており、当第2四半期連結累計期間においても、営業損失675,606千円、経常損失721,265千円、親会社株主
        に帰属する当期純損失791,067千円を計上しております。また、同様に営業キャッシュ・フローについても、継続
        的にマイナスを計上しております。これにより、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況
        が存在しております。
     2  【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/42















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものであり
      ます。
      (1)  業績の状況

        当第2四半期連結累計期間(平成29年12月1日~平成30年5月31日)におけるわが国経済は、好調な企業業績と
       設備投資の増加に加え、個人消費も堅調に推移して穏やかな拡大基調が続きました。また世界経済におきまして
       も、欧州、および米国において緩やかな回復が持続したことに加え、アジア経済も堅調に推移しております。
        そのような状況の下、当社は引き続き、主にコンピュータグラフィックス(コンピュータを使って制作された映
       像、以下「CG」)関連ビジネスに多角的に取り組んでまいりました。
        当第2四半期連結累計期間における、開発推進・支援事業においては、当社が強みを持つエンターテインメント
       (娯楽)業界向け案件の着実な獲得、および成長余地が大きい自動車業界や不動産業界など非エンターテインメン
       ト領域における積極的な営業展開を進めてまいりました。
        ミドルウェアに関しては、昨年度イギリスARM社の100%子会社であるGeomerics社より取得したソフトウェア
       『Enlighten』のリアルタイムのグローバルイルミネーション(大域照明、または間接光表現)技術は、世界的に高
       い評価を得ている業界最高水準の技術であり、ゲームだけでなく、建築・不動産業界、映像業界、自動車業界等幅
       広い利用が可能である為、自社のミドルウェアとのシナジーを高め、国内のみならず、海外マーケットへの販売拡
       大を目指しております。しかしながら、開発、販売、サポートが当社に切り替わったことについての認知度があま
       り高くないことから、引き続き積極的なプロモーション活動を実施してまいります                                       。
        コンテンツ事業においては、平成30年6月18日付適時開示「会社分割(簡易新設分割)および新設会社の株式譲
       渡に関するお知らせ」に記載のとおり、平成30年7月4日付でコンテンツ事業を会社分割(簡易新設分割)により
       新設会社に承継させたうえで、新設会社の株式の90%を株式会社クリーク・アンド・リバー社に譲渡いたしまし
       た。
        これは、近年のスマートフォン向けゲーム市場においては、ゲーム内容の増大および複雑化、グラフィックの美
       麗化により、ゲーム開発に要する期間は長期化し、開発費用も増大傾向にあること、加えて、他社との競争も激化
       しており、こうした事業上のリスクが当社グループの業績に与える影響は大きいことから、当社単独でのコンテン
       ツ事業の継続は困難と判断したためです。
        人材事業においては、引き続き人材派遣及び紹介件数が堅調に推移いたしました                                       。
        その他、固定費削減のため、事務所レイアウトの再配置を実施し、賃借していた事務所の一部を解約したことに
       伴う固定資産除却損等特別損失を70,627千円計上いたしました。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高が                                       2,502,230千円       (前年同期比
       23.1%減    )、営業    損失は675,606千円         (同241,821千円減)、経常             損失は721,265千円         (同  356,153千円減       )、親会社
       株主に帰属する四半期          純損失は791,067千円          (同  680,769千円減       )となりました。
        報告セグメントの状況は、以下のとおりであります。
       ① 開発推進・支援事業

         当第2四半期連結累計期間においては、開発推進・支援事業全体の売上高は、前年同期をやや下回ったもの
        の、採算性は改善しました。開発案件は好調に推移しました。ミドルウェアライセンス販売においては、案件長
        期化の影響等により計画を下回りました。
         また、注力分野である自動車業界向け事業の売上高については、計画を上回り好調に推移しました。
         以上の結果、売上高は           1,401,946千円       (前年同期比      2.4%減    )、セグメント       利益は75,648千円        (前年同期75,120
        千円の損失)となりました。
                                  5/42





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       ② コンテンツ事業
         当第2四半期連結累計期間においては、新作ゲームタイトル「療成敗!ジェットナース」を4月にリリースい
        たしましたが、売上高は低迷し、計画を下回る推移となりました。既存ゲームタイトルにつきましても、売上高
        は計画を下回りました。
         以上の結果、売上高は           264,663千円      (前年同期比      76.8%減    )、セグメント       損失は629,687千円         (同429,294千円
        減)となりました。
       ③ 人材事業

         当第2四半期連結累計期間における派遣先企業で稼働中の一般派遣労働者数は延べ1,516名、有料職業紹介の成
        約実績数は117名となりました。
         以上の結果、売上高は835,620千円(前年同期比24.2%増)、セグメント                                  利益は179,204千円         (同  48.7%増    )と
        なりました。
                                  6/42
















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
        当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて                                  398,394千円減少        (前連結会計年度末比
       14.7%減    )し、   2,306,295千円       となりました。
        これは主に、仕掛品の増加104,807千円があったものの、現金及び預金の減少4,313千円、売掛金の減少265,350千
       円等があったことによるものであります。
        当第2四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べて                                  199,993千円減少        (同  15.9%減    )し、
       1,055,852千円       となりました。
        これは主に、買掛金の減少64,702千円、未払金の減少49,700千円、1年以内返済予定の長期借入金の減少26,004
       千円、長期借入金の減少79,296千円等があったことによるものであります。
        当第2四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べて                                  198,401千円減少        (同  13.7%減    )し、
       1,250,443千円       となりました。
        これは主に、新株予約権行使による資本金及び資本準備金の増加582,841千円のほかに利益剰余金の減少791,067
       千円があったことによるものであります。
        この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末比0.2ポイント増加し、                                53.8%   となりました。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
       4,313千円減少し、544,661千円となりました。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における営業活動の結果使用した資金は、401,774千円(前第2四半期連結累計期間は
       268,509千円の支出)となりました。
        これは主に、売上債権の減少による収入265,350千円等はあったものの、税金等調整前四半期純損失791,893千
       円、たな卸資産の増加による支出104,540千円等があったことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における投資活動の結果使用した資金は、50,106千円(前第2四半期連結累計期間は
       161,688千円の支出)となりました。
        これは主に、敷金の回収による収入34,615千円があったものの、貸付による支出33,750千円と有形固定資産の取
       得による支出23,098千円によるものであります
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当第2四半期連結累計期間における財務活動の結果得られた資金は、447,027千円(前第2四半期連結累計期間は
       218,397千円の支出)となりました。
        これは主に、新株予約権の行使による株式の発行による収入582,841千円等があったことによるものであります。
      (4)  事業上及び財政上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた問題はありません。
      (5)  研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                       15,072千円     であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に、重要な変更はありません。
                                  7/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     9,420,000

                  計                                    9,420,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間             提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融               内容
               (平成30年5月31日)           (平成30年7月12日)           商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、
                                              権利内容に何ら限定のな
                                     東京証券取引所
       普通株式            2,893,600           2,896,600               い当社における標準とな
                                      (マザーズ)
                                              る株式であり、単元株式
                                              数は100株であります。
         計           2,893,600           2,896,600          ―           ―
     (注)提出日現在の発行数には、平成30年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は、含まれておりません。
                                  8/42












                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (2)  【新株予約権等の状況】
       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

        当社はグループの財務体質を強化し、人材の雇用及び教育等に係る人件費及び機材費等に充当することを目的と
       して、第三者割当により発行される第5回新株予約権、第6回新株予約権、第7回新株予約権、第8回新株予約
       権、第9回新株予約権及び第10回新株予約権を発行いたしました。
        第5回新株予約権 (平成30年3月9日 取締役会決議、平成30年3月26日 発行)

     新株予約権の数(個)                                      50,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(株)                                       ―

     新株予約権の目的となる株式の種類                                     普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                      50,000

                             1.第5回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                              (1)  各第5回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                                は、行使に際して出資される当社普通株式1株あたりの金
                                銭の額(以下「新規発行新株予約権証券(第5回新株予約権
                                証券)」において「行使価額」という。)に交付株式数を乗
                                じた金額とするが、計算の結果1円未満の端数を生ずる場
                                合は、その端数を切り上げるものとする。
                              (2)  行使価額は、1,886円とする。ただし、行使価額は本欄第2
                                項に定めるところに従い調整される。
                             2.行使価額の調整
                             (1)     当社は、第5回新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げ
                                る各事由が発生し当社の発行済株式数に変更を生じる場合
                                又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以
                                下「新規発行新株予約権証券(第5回新株予約権証券)」に
                                おいて「行使価額調整式」という。)により行使価額を調整
                                する。
                                            交付普通株式数×1株当たり払込金額
                                       既発行
                                           +
                              調整後     調整前
                                       株式数
                                                  時  価
                             行使価格    = 行使価格    ×
                                           既発行株式数+交付普通株式数
                             (2)     行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその

                                調整後行使価額の適用時期については、次に定めるところ
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                による。
                               ①下記第(3)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社
                                普通株式を交付する場合(ただし、当社普通株式を交付する
                                旨の定めのある証券、又は当社普通株式の交付を請求でき
                                る新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
                                その他の証券又は権利の取得、転換又は行使によって当社
                                普通株式を交付する場合を除く。)
                                調整後行使価額は、払込期日又は払込期間の末日の翌日以
                                降(株主に当社普通株式の割当てを受ける権利を与える場合
                                は、当該権利を与える株主を定めるための基準日の翌日以
                                降)、これを適用する。
                               ②当社普通株式の分割又は当社普通株式の無償割当て(以下
                                「新規発行新株予約権証券(第5回新株予約権証券)」にお
                                いて「株式分割等」という。)を行う場合
                                調整後行使価額は、当該株式分割等により株式を取得する
                                株主を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、効力
                                発生日)の翌日以降、これを適用する。
                               ③下記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通
                                株式を交付する旨の定めのある証券若しくは権利、又は下
                                記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株
                                式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社
                                債に付されたものを含む。)その他の証券又は権利を交付す
                                る場合(無償割当ての場合を含む。)
                                  9/42



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                                調整後行使価額は、交付される証券若しくは権利のすべて
                                が当初の条件で取得、転換又は行使されて当社普通株式が
                                交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出
                                するものとし、当該証券若しくは権利の払込期日又は払込
                                期間の末日(無償割当ての場合には、効力発生日)の翌日以
                                降(株主に当該証券若しくは権利の割当てを受ける権利を与
                                える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日
                                の翌日以降)、これを適用する。
                             (3)  ①行使価額調整式の計算については、1円未満の端数が生じ
                                たときはこれを切り捨てる。
                               ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用
                                する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終値のない日
                                数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通
                                取引の終値の平均値とする。
                               ③行使価額調整式で使用する調整前行使価額は、調整後行使
                                価額を適用する日の前日において有効な行使価額とし、行
                                使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に株式の割
                                当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主
                                を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力
                                発生日)、また、それ以外の場合は、調整後行使価額を適用
                                する日の1ヶ月前の日における当社の発行済株式数から、
                                当該日における当社の有する当社普通株式数を控除した数
                                とする。また、当社普通株式の分割が行われる場合には、
                                行使価額調整式で使用する交付株式数は、基準日における
                                当社の有する当社普通株式に割り当てられる当社普通株式
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                数を含まないものとする。
                               ④行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前
                                行使価額との差額が1円未満にとどまるときは、行使価額
                                の調整は行わないこととする。ただし、その次に行使価額
                                の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調整する場合
                                は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前
                                行使価額からこの差額を差し引いた額を使用するものとす
                                る。
                             (4)    上記第(2)号に掲げた場合以外にも、次に掲げる場合には、
                                当社は、必要な行使価額の調整を行う。
                               ①株式の併合、合併、会社分割、株式移転又は株式交換のた
                                めに行使価額の調整を必要とする場合。
                               ②前①の他、当社の発行済株式数の変更又は変更の可能性が
                                生じる事由その他の事由の発生により行使価額の調整を必
                                要とする場合。
                               ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一
                                方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり使用すべ
                                き時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があ
                                る場合。
                             (5)    前各号の規定により行使価額の調整を行うときは、当社
                                は、あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前
                                行使価額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な
                                事項を第5回新株予約権者に通知する。ただし、適用の日
                                の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適
                                用の日以降すみやかにこれを行う。
                                       自 平成30年3月27日
     新株予約権の行使期間
                                       至 平成33年3月26日
                                       発行価格        1,886
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                       資本組入額         943
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                         各第5回新株予約権の一部行使はできない。

                                            ―

     新株予約権の譲渡に関する事項
     代用払込みに関する事項                                       ―

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                            ―
     事項
                                 10/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        第6回新株予約権 (平成30年3月9日 取締役会決議、平成30年3月26日 発行)
     新株予約権の数(個)                                      140,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(株)                                       ―

     新株予約権の目的となる株式の種類                                     普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                     140,000

                             1.第6回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                             (1)  各第6回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                               は、行使に際して出資される当社普通株式1株あたりの金銭
                               の額(以下「新規発行新株予約権証券(第6回新株予約権証
                               券)」において「行使価額」という。)に交付株式数を乗じた
                               金額とするが、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、
                               その端数を切り上げるものとする。
                             (2)  行使価額は、当初1,886円とする。ただし、行使価額は本欄第
                               2項及び第3項に定めるところに従い修正又は調整される。
                             2.行使価額の修正
                               行使価額は、平成30年4月24日に、平成30年4月23日の東京
                               証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(同日に終
                               値がない場合には、その直前の終値)の92%に相当する金額に
                               修正される。
                             3.行使価額の調整
                            (1)  当社は、第6回新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げる
                               各事由が発生し当社の発行済株式数に変更を生じる場合又は
                               変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新
                               規発行新株予約権証券(第6回新株予約権証券)」において
                               「行使価額調整式」という。)により行使価額を調整する。
                                            交付普通株式数×1株当たり払込金額
                                       既発行
                                           +
                              調整後     調整前
                                       株式数
                                                 時  価
                             行使価格     行使価格
                                 =     ×
                                           既発行株式数+交付普通株式数
                             (2)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調

                               整後行使価額の適用時期については、次に定めるところによ
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                               る。
                               ①下記第(3)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社
                                普通株式を交付する場合(ただし、当社普通株式を交付する
                                旨の定めのある証券、又は当社普通株式の交付を請求でき
                                る新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
                                その他の証券又は権利の取得、転換又は行使によって当社
                                普通株式を交付する場合を除く。)
                               ②当社普通株式の分割又は当社普通株式の無償割当て(以下
                                「新規発行新株予約権証券(第6回新株予約権証券)」にお
                                いて「株式分割等」という。)を行う場合調整後行使価額
                                は、当該株式分割等により株式を取得する株主を定めるた
                                めの基準日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日
                                以降、これを適用する。
                               ③下記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通
                                株式を交付する旨の定めのある証券若しくは権利、又は下
                                記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株
                                式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社
                                債に付されたものを含む。)その他の証券又は権利を交付す
                                る場合(無償割当ての場合を含む。)調整後行使価額は、交
                                付される証券若しくは権利のすべてが当初の条件で取得、
                                転換又は行使されて当社普通株式が交付されたものとみな
                                して行使価額調整式を準用して算出するものとし、当該証
                                券若しくは権利の払込期日又は払込期間の末日(無償割当て
                                の場合には、効力発生日)の翌日以降(株主に当該証券若し
                                くは権利の割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利
                                を与える株主を定めるための基準日の翌日以降)、これを適
                                用する。
                                 11/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                             (3)  ①行使価額調整式の計算については、1円未満の端数が生じ
                                たときはこれを切り捨てる。
                               ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用
                                する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終値のない日
                                数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通
                                取引の終値の平均値とする。
                                この場合、平均値の計算は、1円未満の端数が生じたとき
                                はこれを切り捨てる
                               ③行使価額調整式で使用する調整前行使価額は、調整後行使
                                価額を適用する日の前日において有効な行使価額とし、行
                                使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に株式の割
                                当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主
                                を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力
                                発生日)、また、それ以外の場合は、調整後行使価額を適用
                                する日の1ヶ月前の日における当社の発行済株式数から、
                                当該日における当社の有する当社普通株式数を控除した数
                                とする。また、当社普通株式の分割が行われる場合には、
                                行使価額調整式で使用する交付株式数は、基準日における
                                当社の有する当社普通株式に割り当てられる当社普通株式
                                数を含まないものとする。
                               ④行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前
                                行使価額との差額が1円未満にとどまるときは、行使価額
                                の調整は行わないこととする。ただし、その次に行使価額
                                の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調整する場合
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前
                                行使価額からこの差額を差し引いた額を使用するものとす
                                る。
                             (4)  上記第(2)号に掲げた場合以外にも、次に掲げる場合には、当
                               社は、必要な行使価額の調整を行う。
                               ①株式の併合、合併、会社分割、株式移転又は株式交換のた
                                めに行使価額の調整を必要とする場合。
                               ②前①の他、当社の発行済株式数の変更又は変更の可能性が
                                生じる事由その他の事由の発生により行使価額の調整を必
                                要とする場合。
                               ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一
                                方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり使用すべ
                                き時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があ
                                る場合。
                             (5)  本項の他の規定にかかわらず、本項に基づく調整後の行使価
                               額を初めて適用する日が前項に基づく行使価額の修正日と一
                               致する場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う                          。
                             (6)  前各号の規定により行使価額の調整を行うときは、当社は、
                               あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前行使価
                               額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な事項を第
                               6回新株予約権者に通知する。ただし、適用の日の前日まで
                               に前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                               みやかにこれを行う。
                                       自 平成30年4月24日
     新株予約権の行使期間
                                       至 平成33年4月23日
                                       発行価格        1,886
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                       資本組入額         943
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                         各第6回新株予約権の一部行使はできない。
     新株予約権の譲渡に関する事項                                      ―

     代用払込みに関する事項                                       ―

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                            ―
     事項
                                 12/42





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        第7回新株予約権 (平成30年3月9日 取締役会決議、平成30年3月26日 発行)
     新株予約権の数(個)                                      140,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(株)                                       ―

     新株予約権の目的となる株式の種類                                     普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                     140,000

                             1.第7回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                             (1)  各第7回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                               は、行使に際して出資される当社普通株式1株あたりの金銭
                               の額(以下「新規発行新株予約権証券(第7回新株予約権証
                               券)」において「行使価額」という。)に交付株式数を乗じた
                               金額とするが、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、
                               その端数を切り上げるものとする。
                             (2)  行使価額は、当初1,886円とする。ただし、行使価額は本欄第
                               2項及び第3項に定めるところに従い修正又は調整される。
                             2.行使価額の修正
                               行使価額は、平成30年5月25日に、平成30年5月24日の東京
                               証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(同日に終
                               値がない場合には、その直前の終値)の92%に相当する金額に
                               修正される。
                             3.行使価額の調整
                            (1)  当社は、第7回新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げる
                               各事由が発生し当社の発行済株式数に変更を生じる場合又は
                               変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新
                               規発行新株予約権証券(第7回新株予約権証券)」において
                               「行使価額調整式」という。)により行使価額を調整する。
                                            交付普通株式数×1株当たり払込金額
                                       既発行
                                           +
                              調整後     調整前
                                       株式数
                                                 時  価
                             行使価格     行使価格
                                 =     ×
                                          既発行株式数+交付普通株式数
                             (2)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調

                               整後行使価額の適用時期については、次に定めるところによ
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                               る。
                               ①下記第(3)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社
                                普通株式を交付する場合(ただし、当社普通株式を交付する
                                旨の定めのある証券、又は当社普通株式の交付を請求でき
                                る新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
                                その他の証券又は権利の取得、転換又は行使によって当社
                                普通株式を交付する場合を除く。)
                               ②当社普通株式の分割又は当社普通株式の無償割当て(以下
                                「新規発行新株予約権証券(第7回新株予約権証券)」にお
                                いて「株式分割等」という。)を行う場合調整後行使価額
                                は、当該株式分割等により株式を取得する株主を定めるた
                                めの基準日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日
                                以降、これを適用する。
                               ③下記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通
                                株式を交付する旨の定めのある証券若しくは権利、又は下
                                記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株
                                式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社
                                債に付されたものを含む。)その他の証券又は権利を交付す
                                る場合(無償割当ての場合を含む。)
                                調整後行使価額は、交付される証券若しくは権利のすべて
                                が当初の条件で取得、転換又は行使されて当社普通株式が
                                交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出
                                するものとし、当該証券若しくは権利の払込期日又は払込
                                期間の末日(無償割当ての場合には、効力発生日)の翌日以
                                降(株主に当該証券若しくは権利の割当てを受ける権利を与
                                える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日
                                の翌日以降)、これを適用する。
                                 13/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                             (3)  ①行使価額調整式の計算については、1円未満の端数が生じ
                                たときはこれを切り捨てる。
                               ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用
                                する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終値のない日
                                数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通
                                取引の終値の平均値とする。
                                この場合、平均値の計算は、1円未満の端数が生じたとき
                                はこれを切り捨てる
                               ③行使価額調整式で使用する調整前行使価額は、調整後行使
                                価額を適用する日の前日において有効な行使価額とし、行
                                使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に株式の割
                                当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主
                                を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力
                                発生日)、また、それ以外の場合は、調整後行使価額を適用
                                する日の1ヶ月前の日における当社の発行済株式数から、
                                当該日における当社の有する当社普通株式数を控除した数
                                とする。また、当社普通株式の分割が行われる場合には、
                                行使価額調整式で使用する交付株式数は、基準日における
                                当社の有する当社普通株式に割り当てられる当社普通株式
                                数を含まないものとする。
                               ④行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前
                                行使価額との差額が1円未満にとどまるときは、行使価額
                                の調整は行わないこととする。ただし、その次に行使価額
                                の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調整する場合
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前
                                行使価額からこの差額を差し引いた額を使用するものとす
                                る。
                             (4)  上記第(2)号に掲げた場合以外にも、次に掲げる場合には、当
                               社は、必要な行使価額の調整を行う。
                               ①株式の併合、合併、会社分割、株式移転又は株式交換のた
                                めに行使価額の調整を必要とする場合。
                               ②前①の他、当社の発行済株式数の変更又は変更の可能性が
                                生じる事由その他の事由の発生により行使価額の調整を必
                                要とする場合。
                               ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一
                                方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり使用すべ
                                き時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があ
                                る場合。
                             (5)  本項の他の規定にかかわらず、本項に基づく調整後の行使価
                               額を初めて適用する日が前項に基づく行使価額の修正日と一
                               致する場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う                          。
                             (6)  前各号の規定により行使価額の調整を行うときは、当社は、
                               あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前行使価
                               額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な事項を第
                               6回新株予約権者に通知する。ただし、適用の日の前日まで
                               に前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                               みやかにこれを行う。
                                       自 平成30年5月25日
     新株予約権の行使期間
                                       至 平成33年5月24日
                                       発行価格        1,886
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                       資本組入額         943
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                         各第7回新株予約権の一部行使はできない。
     新株予約権の譲渡に関する事項                                       ―

     代用払込みに関する事項                                       ―

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                            ―
     事項
                                 14/42





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        第8回新株予約権 (平成30年3月9日 取締役会決議、平成30年3月26日 発行)
     新株予約権の数(個)                                      25,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(株)                                       ―

     新株予約権の目的となる株式の種類                                     普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                      25,000

                             1.第8回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                             (1)  各第8回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                               は、行使に際して出資される当社普通株式1株あたりの金銭
                               の額(以下「新規発行新株予約権証券(第8回新株予約権証
                               券)」において「行使価額」という。)に交付株式数を乗じた
                               金額とするが、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、
                               その端数を切り上げるものとする。
                             (2)  行使価額は、当初2,264円とする。ただし、行使価額は本欄第
                               2項及び第3項に定めるところに従い修正又は調整される。
                             2.行使価額の修正
                               行使価額は、平成31年3月9日を初日として、各1年後の応
                               当日ごとに、その直前の取引日の東京証券取引所における当
                               社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合には、そ
                               の直前の終値)に相当する金額に修正される。
                                            交付普通株式数×1株当たり払込金額
                                       既発行
                                           +
                              調整後     調整前
                                       株式数
                                                 時  価
                             行使価格     行使価格
                                 =     ×
                                          既発行株式数+交付普通株式数
                             3.行使価額の調整

                            (1)  当社は、第8回新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げる
                               各事由が発生し当社の発行済株式数に変更を生じる場合又は
                               変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新
                               規発行新株予約権証券(第8回新株予約権証券)」において
                               「行使価額調整式」という。)により行使価額を調整する。
                             (2)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調
                               整後行使価額の適用時期については、次に定めるところによ
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                               る。
                               ①下記第(3)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社
                                普通株式を交付する場合(ただし、当社普通株式を交付する
                                旨の定めのある証券、又は当社普通株式の交付を請求でき
                                る新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
                                その他の証券又は権利の取得、転換又は行使によって当社
                                普通株式を交付する場合を除く。)
                               ②当社普通株式の分割又は当社普通株式の無償割当て(以下
                                「新規発行新株予約権証券(第8回新株予約権証券)」にお
                                いて「株式分割等」という。)を行う場合調整後行使価額
                                は、当該株式分割等により株式を取得する株主を定めるた
                                めの基準日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日
                                以降、これを適用する。
                               ③下記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通
                                株式を交付する旨の定めのある証券若しくは権利、又は下
                                記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株
                                式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社
                                債に付されたものを含む。)その他の証券又は権利を交付す
                                る場合(無償割当ての場合を含む。)
                                調整後行使価額は、交付される証券若しくは権利のすべて
                                が当初の条件で取得、転換又は行使されて当社普通株式が
                                交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出
                                するものとし、当該証券若しくは権利の払込期日又は払込
                                期間の末日(無償割当ての場合には、効力発生日)の翌日以
                                降(株主に当該証券若しくは権利の割当てを受ける権利を与
                                える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日
                                の翌日以降)、これを適用する。
                                 15/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                             (3)  ①行使価額調整式の計算については、1円未満の端数が生じ
                                たときはこれを切り捨てる。
                               ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用
                                する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終値のない日
                                数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通
                                取引の終値の平均値とする。
                                この場合、平均値の計算は、1円未満の端数が生じたとき
                                はこれを切り捨てる
                               ③行使価額調整式で使用する調整前行使価額は、調整後行使
                                価額を適用する日の前日において有効な行使価額とし、行
                                使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に株式の割
                                当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主
                                を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力
                                発生日)、また、それ以外の場合は、調整後行使価額を適用
                                する日の1ヶ月前の日における当社の発行済株式数から、
                                当該日における当社の有する当社普通株式数を控除した数
                                とする。また、当社普通株式の分割が行われる場合には、
                                行使価額調整式で使用する交付株式数は、基準日における
                                当社の有する当社普通株式に割り当てられる当社普通株式
                                数を含まないものとする。
                               ④行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前
                                行使価額との差額が1円未満にとどまるときは、行使価額
                                の調整は行わないこととする。ただし、その次に行使価額
                                の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調整する場合
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前
                                行使価額からこの差額を差し引いた額を使用するものとす
                                る。
                             (4)  上記第(2)号に掲げた場合以外にも、次に掲げる場合には、当
                               社は、必要な行使価額の調整を行う。
                               ①株式の併合、合併、会社分割、株式移転又は株式交換のた
                                めに行使価額の調整を必要とする場合。
                               ②前①の他、当社の発行済株式数の変更又は変更の可能性が
                                生じる事由その他の事由の発生により行使価額の調整を必
                                要とする場合。
                               ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一
                                方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり使用すべ
                                き時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があ
                                る場合。
                             (5)  本項の他の規定にかかわらず、本項に基づく調整後の行使価
                               額を初めて適用する日が前項に基づく行使価額の修正日と一
                               致する場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う                          。
                             (6)  前各号の規定により行使価額の調整を行うときは、当社は、
                               あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前行使価
                               額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な事項を第
                               6回新株予約権者に通知する。ただし、適用の日の前日まで
                               に前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                               みやかにこれを行う。
                                       自 平成30年3月27日
     新株予約権の行使期間
                                       至 平成33年3月26日
                                       発行価格        2,264
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                       資本組入額        1,132
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                         各第8回新株予約権の一部行使はできない。

     新株予約権の譲渡に関する事項                                       ―

     代用払込みに関する事項                                       ―

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                            ―
     事項
                                 16/42





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        第9回新株予約権 (平成30年3月9日 取締役会決議、平成30年3月26日 発行)
     新株予約権の数(個)                                      70,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(株)                                       ―

     新株予約権の目的となる株式の種類                                     普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                      70,000

                             1.第9回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                             (1)  各第9回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                               は、行使に際して出資される当社普通株式1株あたりの金銭
                               の額(以下「新規発行新株予約権証券(第9回新株予約権証
                               券)」において「行使価額」という。)に交付株式数を乗じた
                               金額とするが、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、
                               その端数を切り上げるものとする。
                             (2)  行使価額は、当初1,886円とする。ただし、行使価額は本欄第
                               2項及び第3項に定めるところに従い修正又は調整される。
                             2.行使価額の修正
                               行使価額は、平成30年4月24日に、平成30年4月23日の東京
                               証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(同日に終
                               値がない場合には、その直前の終値)の110.4%に相当する金
                               額に修正され、以後、平成31年4月24日を初日として、各1
                               年後の応当日ごとに、その直前の取引日の東京証券取引所に
                               おける当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合
                               には、その直前の終値)に相当する金額に修正される。
                             3.行使価額の調整
                            (1)  当社は、第9回新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げる
                               各事由が発生し当社の発行済株式数に変更を生じる場合又は
                               変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新
                               規発行新株予約権証券(第9回新株予約権証券)」において
                               「行使価額調整式」という。)により行使価額を調整する。
                                            交付普通株式数×1株当たり払込金額
                                       既発行
                                           +
                              調整後     調整前
                                       株式数
                                                 時  価
                             行使価格     行使価格
                                 =     ×
                                          既発行株式数+交付普通株式数
                             (2)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調

     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                               整後行使価額の適用時期については、次に定めるところによ
                               る。
                               ①下記第(3)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社
                                普通株式を交付する場合(ただし、当社普通株式を交付する
                                旨の定めのある証券、又は当社普通株式の交付を請求でき
                                る新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
                                その他の証券又は権利の取得、転換又は行使によって当社
                                普通株式を交付する場合を除く。)
                               ②当社普通株式の分割又は当社普通株式の無償割当て(以下
                                「新規発行新株予約権証券(第9回新株予約権証券)」にお
                                いて「株式分割等」という。)を行う場合調整後行使価額
                                は、当該株式分割等により株式を取得する株主を定めるた
                                めの基準日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日
                                以降、これを適用する。
                               ③下記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通
                                株式を交付する旨の定めのある証券若しくは権利、又は下
                                記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株
                                式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社
                                債に付されたものを含む。)その他の証券又は権利を交付す
                                る場合(無償割当ての場合を含む。)
                                調整後行使価額は、交付される証券若しくは権利のすべて
                                が当初の条件で取得、転換又は行使されて当社普通株式が
                                交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出
                                するものとし、当該証券若しくは権利の払込期日又は払込
                                期間の末日(無償割当ての場合には、効力発生日)の翌日以
                                降(株主に当該証券若しくは権利の割当てを受ける権利を与
                                える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日
                                の翌日以降)、これを適用する。
                                 17/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                             (3)  ①行使価額調整式の計算については、1円未満の端数が生じ
                                たときはこれを切り捨てる。
                               ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用
                                する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終値のない日
                                数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通
                                取引の終値の平均値とする。
                                この場合、平均値の計算は、1円未満の端数が生じたとき
                                はこれを切り捨てる
                               ③行使価額調整式で使用する調整前行使価額は、調整後行使
                                価額を適用する日の前日において有効な行使価額とし、行
                                使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に株式の割
                                当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主
                                を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力
                                発生日)、また、それ以外の場合は、調整後行使価額を適用
                                する日の1ヶ月前の日における当社の発行済株式数から、
                                当該日における当社の有する当社普通株式数を控除した数
                                とする。また、当社普通株式の分割が行われる場合には、
                                行使価額調整式で使用する交付株式数は、基準日における
                                当社の有する当社普通株式に割り当てられる当社普通株式
                                数を含まないものとする。
                               ④行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前
                                行使価額との差額が1円未満にとどまるときは、行使価額
                                の調整は行わないこととする。ただし、その次に行使価額
                                の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調整する場合
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前
                                行使価額からこの差額を差し引いた額を使用するものとす
                                る。
                             (4)  上記第(2)号に掲げた場合以外にも、次に掲げる場合には、当
                               社は、必要な行使価額の調整を行う。
                               ①株式の併合、合併、会社分割、株式移転又は株式交換のた
                                めに行使価額の調整を必要とする場合。
                               ②前①の他、当社の発行済株式数の変更又は変更の可能性が
                                生じる事由その他の事由の発生により行使価額の調整を必
                                要とする場合。
                               ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一
                                方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり使用すべ
                                き時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があ
                                る場合。
                             (5)  本項の他の規定にかかわらず、本項に基づく調整後の行使価
                               額を初めて適用する日が前項に基づく行使価額の修正日と一
                               致する場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う                          。
                             (6)  前各号の規定により行使価額の調整を行うときは、当社は、
                               あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前行使価
                               額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な事項を第
                               6回新株予約権者に通知する。ただし、適用の日の前日まで
                               に前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                               みやかにこれを行う。
                                       自 平成30年4月24日
     新株予約権の行使期間
                                       至 平成33年4月23日
                                       発行価格        1,886
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                       資本組入額         943
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                         各第9回新株予約権の一部行使はできない。

     新株予約権の譲渡に関する事項                                       ―

     代用払込みに関する事項                                       ―

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                            ―
     事項
                                 18/42





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        第10回新株予約権 (平成30年3月9日 取締役会決議、平成30年3月26日 発行)
     新株予約権の数(個)                                      70,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(株)                                       ―

     新株予約権の目的となる株式の種類                                     普通株式

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                      70,000

                             1.第10回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                             (1)  各第10回新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                               は、行使に際して出資される当社普通株式1株あたりの金銭
                               の額(以下「新規発行新株予約権証券(第10回新株予約権証
                               券)」において「行使価額」という。)に交付株式数を乗じた
                               金額とするが、計算の結果1円未満の端数を生ずる場合は、
                               その端数を切り上げるものとする。
                             (2)  行使価額は、当初1,886円とする。ただし、行使価額は本欄第
                               2項及び第3項に定めるところに従い修正又は調整される。
                             2.行使価額の修正
                               行使価額は、平成30年5月25日に、平成30年5月24日の東京
                               証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(同日に終
                               値がない場合には、その直前の終値)の110.4%に相当する金
                               額に修正され、以後、平成31年5月25日を初日として、各1
                               年後の応当日ごとに、その直前の取引日の東京証券取引所に
                               おける当社普通株式の普通取引の終値(同日に終値がない場合
                               には、その直前の終値)に相当する金額に修正される。
                             3.行使価額の調整
                            (1)  当社は、第10回新株予約権の割当日後、本項第(2)号に掲げる
                               各事由が発生し当社の発行済株式数に変更を生じる場合又は
                               変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「新
                               規発行新株予約権証券(第10回新株予約権証券)」において
                               「行使価額調整式」という。)により行使価額を調整する。
                                            交付普通株式数×1株当たり払込金額
                                       既発行
                                           +
                              調整後     調整前
                                       株式数
                                                 時  価
                             行使価格    = 行使価格    ×
                                          既発行株式数+交付普通株式数
                             (2)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調

     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                               整後行使価額の適用時期については、次に定めるところによ
                               る。
                               ①下記第(3)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社
                                普通株式を交付する場合(ただし、当社普通株式を交付する
                                旨の定めのある証券、又は当社普通株式の交付を請求でき
                                る新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)
                                その他の証券又は権利の取得、転換又は行使によって当社
                                普通株式を交付する場合を除く。)
                               ②当社普通株式の分割又は当社普通株式の無償割当て(以下
                                「新規発行新株予約権証券(第9回新株予約権証券)」にお
                                いて「株式分割等」という。)を行う場合調整後行使価額
                                は、当該株式分割等により株式を取得する株主を定めるた
                                めの基準日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日
                                以降、これを適用する。
                               ③下記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通
                                株式を交付する旨の定めのある証券若しくは権利、又は下
                                記第(3)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株
                                式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社
                                債に付されたものを含む。)その他の証券又は権利を交付す
                                る場合(無償割当ての場合を含む。)
                                調整後行使価額は、交付される証券若しくは権利のすべて
                                が当初の条件で取得、転換又は行使されて当社普通株式が
                                交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出
                                するものとし、当該証券若しくは権利の払込期日又は払込
                                期間の末日(無償割当ての場合には、効力発生日)の翌日以
                                降(株主に当該証券若しくは権利の割当てを受ける権利を与
                                える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基準日
                                の翌日以降)、これを適用する。
                                 19/42




                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                             (3)  ①行使価額調整式の計算については、1円未満の端数が生じ
                                たときはこれを切り捨てる。
                               ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額を適用
                                する日に先立つ45取引日目に始まる30取引日(終値のない日
                                数を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通
                                取引の終値の平均値とする。
                                この場合、平均値の計算は、1円未満の端数が生じたとき
                                はこれを切り捨てる
                               ③行使価額調整式で使用する調整前行使価額は、調整後行使
                                価額を適用する日の前日において有効な行使価額とし、行
                                使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に株式の割
                                当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主
                                を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、その効力
                                発生日)、また、それ以外の場合は、調整後行使価額を適用
                                する日の1ヶ月前の日における当社の発行済株式数から、
                                当該日における当社の有する当社普通株式数を控除した数
                                とする。また、当社普通株式の分割が行われる場合には、
                                行使価額調整式で使用する交付株式数は、基準日における
                                当社の有する当社普通株式に割り当てられる当社普通株式
                                数を含まないものとする。
                               ④行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前
                                行使価額との差額が1円未満にとどまるときは、行使価額
                                の調整は行わないこととする。ただし、その次に行使価額
                                の調整を必要とする事由が発生し行使価額を調整する場合
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前
                                行使価額からこの差額を差し引いた額を使用するものとす
                                る。
                             (4)  上記第(2)号に掲げた場合以外にも、次に掲げる場合には、当
                               社は、必要な行使価額の調整を行う。
                               ①株式の併合、合併、会社分割、株式移転又は株式交換のた
                                めに行使価額の調整を必要とする場合。
                               ②前①の他、当社の発行済株式数の変更又は変更の可能性が
                                生じる事由その他の事由の発生により行使価額の調整を必
                                要とする場合。
                               ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一
                                方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり使用すべ
                                き時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があ
                                る場合。
                             (5)  本項の他の規定にかかわらず、本項に基づく調整後の行使価
                               額を初めて適用する日が前項に基づく行使価額の修正日と一
                               致する場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う                          。
                             (6)  前各号の規定により行使価額の調整を行うときは、当社は、
                               あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整前行使価
                               額、調整後行使価額及びその適用の日その他必要な事項を第
                               6回新株予約権者に通知する。ただし、適用の日の前日まで
                               に前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                               みやかにこれを行う。
                                       自 平成30年5月25日
     新株予約権の行使期間
                                       至 平成33年5月24日
                                       発行価格        1,886
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                       資本組入額         943
     の株式の発行価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                         各第10回新株予約権の一部行使はできない。

     新株予約権の譲渡に関する事項                                       ―

     代用払込みに関する事項                                       ―

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                            ―
     事項
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
                                 20/42



                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成30年3月27日(注1)               50,000      2,613,600         49,950      196,414        49,950      395,664
     平成30年4月24日(注2)              140,000      2,753,600        123,830       320,244        123,830       519,494

     平成30年5月25日(注3)              140,000      2,893,600        117,390       437,634        117,390       636,884

     (注)1.平成30年3月9日の取締役会において決議された第5回新株予約権の行使による増加であります。
        2.平成30年3月9日の取締役会において決議された第6回新株予約権の行使による増加であります。
        3.平成30年3月9日の取締役会において決議された第7回新株予約権の行使による増加であります。
      (6)  【大株主の状況】

                                               平成30年5月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)     SUB
     A/C   USL   NON-TREATY       
                     50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     (常任代理人       香港上海銀行東京
                     5NT,UK                                                       313,700         10.84
     支店    カストディ業務部         Senior
                     (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
     Manager,Operation         小松原英太
     郎)       
     関本    晃靖                                      243,000         8.39
                     神奈川県逗子市
     寺田    健彦                                      235,500         8.13

                     東京都渋谷区
     株式会社ソニー・インタラク
                                              120,000         4.14
                     東京都港区港南一丁目7番1号
     ティブエンタテインメント
                                               95,000         3.28
     SCSK株式会社                東京都江東区豊洲三丁目2番20号
     株式会社スクウェア・エニック
                                               60,000         2.07
                     東京都新宿区新宿六丁目27番30号
     ス・ホールディングス
     株式会社クリーク・アンド・リ
                                               54,000         1.86
                     東京都千代田区麴町二丁目10番9号
     バー社
                                               32,000         1.10
     倉垣 二美子                東京都港区
                                               32,000         1.10

     永谷 真澄                東京都多摩市
                                               30,000         1.03

     シリコンスタジオ株式会社                東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号
                                             1,215,200          42.00

            計                    ―
                                 21/42







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                 平成30年5月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                     普通株式      30,000
                     普通株式     2,861,900
     完全議決権株式(その他)                                 28,619             ―
                     普通株式           1,700

     単元未満株式                               ―              ―
     発行済株式総数                     2,893,600          ―              ―

     総株主の議決権                     ―                         ―

     (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス
        信託銀行株式会社が保有する当社株式                  25,000株(議決権の数250個)を含めて表示しております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成30年5月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                   東京都渋谷区恵比寿一丁目
     シリコンスタジオ株式会社                              30,000       -       30,000        1.04
                       21番3号
           計              ―          30,000       ―       30,000        1.04
     (注)株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式25,000株は、
        上記自己株式に含めておりません。
     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 22/42









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)    に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年3月1日から平成
      30年5月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年12月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 23/42

















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         554,974              550,661
         現金及び預金
                                         876,439              611,088
         売掛金
                                         159,932              264,739
         仕掛品
                                         108,610              107,682
         前払費用
                                            95
         繰延税金資産                                                 -
                                          86,290              72,167
         その他
                                         △ 3,370             △ 3,310
         貸倒引当金
                                        1,782,973              1,603,029
         流動資産合計
       固定資産
                                         204,126              167,063
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         367,049              263,281
           ソフトウエア
                                          23,296              16,353
           その他
                                         390,345              279,634
           無形固定資産合計
                                         327,244              256,567
         投資その他の資産
                                         921,716              703,265
         固定資産合計
                                        2,704,689              2,306,295
       資産合計
                                 24/42












                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         226,652              161,950
         買掛金
                                         17,500              11,500
         短期借入金
                                         40,000              20,000
         1年内償還予定の社債
                                         196,046              170,042
         1年内返済予定の長期借入金
                                         152,776              103,076
         未払金
                                         128,571              134,174
         未払費用
                                         53,486              89,495
         前受金
                                         57,042              55,929
         預り金
                                          9,087              7,754
         未払法人税等
                                         41,692              13,551
         未払消費税等
                                         27,932              47,090
         受注損失引当金
                                          5,900              5,900
         関係会社清算損失引当金
                                           322             36,827
         その他
         流動負債合計                                957,010              857,293
       固定負債
                                         10,000
         社債                                                 -
                                         232,397              153,101
         長期借入金
                                         49,679              40,868
         資産除去債務
                                          6,758              4,588
         その他
                                         298,835              198,558
         固定負債合計
                                        1,255,845              1,055,852
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         146,214              437,634
         資本金
                                        1,894,204              2,185,624
         資本剰余金
                                        △ 353,781            △ 1,144,848
         利益剰余金
                                        △ 236,800             △ 236,800
         自己株式
                                        1,449,837              1,241,611
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 993            △ 1,668
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 993            △ 1,668
         その他の包括利益累計額合計
                                                        10,500
       新株予約権                                    -
                                        1,448,844              1,250,443
       純資産合計
                                        2,704,689              2,306,295
      負債純資産合計
                                 25/42







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                 至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                        3,251,958              2,502,230
      売上高
                                        2,870,051              2,357,991
      売上原価
                                         381,907              144,239
      売上総利益
                                       ※  815,693             ※  819,846
      販売費及び一般管理費
                                        △ 433,785             △ 675,606
      営業損失(△)
      営業外収益
                                            7              31
       受取利息
                                           250
       受取配当金                                                  -
                                         52,711
       持分法による投資利益                                                  -
                                          8,443
       為替差益                                                  -
                                          9,324              2,845
       その他
                                         70,737               2,876
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          1,525              3,155
       支払利息
                                                       34,853
       持分法による投資損失                                    -
                                                         469
       為替差損                                    -
                                                        9,707
       資金調達費用                                    -
                                           538              348
       その他
                                          2,064              48,535
       営業外費用合計
                                        △ 365,112             △ 721,265
      経常損失(△)
      特別利益
                                         189,449
       事業譲渡益                                                  -
                                         189,449
       特別利益合計                                                  -
      特別損失
                                                        9,942
       減損損失                                    -
                                                       45,685
       固定資産除却損                                    -
                                                       15,000
                                           -
       事業整理損
                                                       70,627
       特別損失合計                                    -
                                        △ 175,663             △ 791,893
      税金等調整前四半期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    1,245              1,245
                                        △ 66,611              △ 2,071
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   △ 65,366               △ 826
                                        △ 110,297             △ 791,067
      四半期純損失(△)
                                        △ 110,297             △ 791,067
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 26/42







                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                 至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                        △ 110,297             △ 791,067
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           534             △ 674
       その他有価証券評価差額金
                                           534             △ 674
       その他の包括利益合計
                                        △ 109,762             △ 791,742
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 109,762             △ 791,742
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 27/42
















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                 至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 175,663             △ 791,893
       税金等調整前四半期純損失(△)
                                         105,828              129,242
       減価償却費
                                                        9,942
       減損損失                                    -
                                           47             △ 60
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         29,615              19,157
       受注損失引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 8,500
       関係会社清算損失引当金の増減額(△は減少)                                                  -
                                        △ 189,449
       事業譲渡益                                                  -
                                          △ 257              △ 31
       受取利息及び受取配当金
                                          1,525              3,155
       支払利息
                                         △ 9,834             △ 1,536
       為替差損益(△は益)
                                         13,366              265,350
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 263,579             △ 104,540
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         38,210             △ 64,702
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         18,385              38,426
       未収入金の増減額(△は増加)
                                         △ 2,722             △ 43,068
       未払金の増減額(△は減少)
                                         146,921               36,009
       前受金の増減額(△は減少)
                                        △ 52,711              34,853
       持分法による投資損益(△は益)
                                                       45,685
       固定資産除却損                                    -
                                                        9,707
       資金調達費用                                    -
                                         31,698             △ 29,547
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                         61,594              10,551
       その他の資産の増減額(△は増加)
                                         △ 6,580              37,132
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                        △ 262,105             △ 396,163
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   257               31
                                         △ 1,506             △ 3,152
       利息の支払額
                                         △ 5,155             △ 2,490
       法人税等の支払額
                                        △ 268,509             △ 401,774
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                                      △ 18,518
       有形固定資産の除却による支出                                    -
       敷金の回収による収入                                    -            34,615
                                         200,000
       事業譲渡による収入                                                  -
                                        △ 14,960             △ 23,098
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 23,412              △ 9,411
       無形固定資産の取得による支出
                                                      △ 33,750
       貸付けによる支出                                    -
                                           61              55
       その他
                                         161,688              △ 50,106
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       新株予約権の発行による収入                                    -            10,500
                                         13,417              582,841
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                                       △ 5,906
       資金調達に伴う支出                                    -
                                                       304,000
       短期借入れによる収入                                    -
                                                      △ 310,000
       短期借入金の返済による支出                                    -
                                        △ 54,306             △ 104,304
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 38,000             △ 30,000
       社債の償還による支出
                                        △ 114,300
       自己株式の取得による支出                                                  -
                                        △ 25,209               △ 103
       配当金の支払額
                                        △ 218,397              447,027
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                         540
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                      -
                                        △ 325,218              △ 4,313
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        1,514,416               548,974
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  1,189,198              ※  544,661
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 28/42

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                                 29/42





















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
         当社グループは前連結会計年度において継続的に営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する当期純損失を
        計上しており、当第2四半期連結累計期間においても、営業損失675,606千円、経常損失721,265千円、親会社株
        主に帰属する当期純損失791,067千円を計上しております。また、同様に営業キャッシュ・フローについても、継
        続的にマイナスを計上しております。
         従って、当第2四半期連結累計期間において、業績の回復状況及び財務体質の改善を慎重に見極める必要があ
        り、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しているものと認識しております。
         当社グループは、当該状況を解消するために、収益の確保、費用の削減並びに財務基盤の安定化に取り組んで
        おります。具体的には、セグメント毎に組織を再構築し、それぞれの事業の目的及び目標を明確にするととも
        に、経営と執行を分離し、迅速な意思決定と業務執行の実現を基本方針とし、より収益性の高いビジネスへの注
        力及びコスト意識を高めることにより、利益率改善に努めてまいります。
         開発推進・支援事業においては、受注案件獲得時の意思決定において、中長期にわたり安定した利益獲得に貢
        献できるプロジェクトを厳密に精査したうえでリソースを投入し、全社的に受注後のプロジェクト進捗及び損益
        管理の強化を徹底してまいります。また、前期より新たに取り組んでおります非エンターテインメント領域の新
        規開拓について、特に自動車業界向けビジネスにおいては、当社の技術力を活かし、自動運転AI開発への貢献
        や、より簡便な操作でレンダリングが行えるようにミドルウェアの改良を加えるとともに積極的に拡販活動を
        行ってまいります。更に、全世界においての開発、販売、サポートを開始した『Enlighten』については、全世界
        における売上ランキングの上位に位置する数多くのゲームに利用されている実績より、今後、当社の海外販路拡
        大に寄与するべく営業活動を強化するとともに、建築・不動産業界、映像業界、自動車業界等幅広い市場での案
        件獲得に注力してまいります。
         人材事業においては、翌期以降も売上及び利益の拡大が見込めるため、継続した事業成長を維持するととも
        に、更なる利益率改善のため、人材紹介事業の伸長を図ってまいります。
         コンテンツ事業においては、自社ゲームコンテンツ制作について、市場の競争激化、ゲーム開発に要する期間
        の長期化や開発費用の増大傾向により、当社の事業規模と比してこうした事業上のリスクが当社業績に及ぼす影
        響は多大であり、当社単独での本事業の継続は困難との判断に至りました。その一環として、平成30年7月4日
        に会社分割(簡易新設分割)および新設会社の株式等の譲渡により、当社が保有するゲームコンテンツ開発およ
        び運営に係るコンテンツ事業の一部を会社分割(簡易新設分割)により新設会社に承継させたうえで、同日、新
        設会社の株式の90%を株式会社クリーク・アンド・リバー社に譲渡いたしました。
         これらの施策を講じるための資金調達の手段として、平成30年3月9日の取締役会において第5回新株予約
        権、第6回新株予約権、第7回新株予約権、第8回新株予約権、第9回新株予約権、第10回新株予約権の募集の
        決議を行い、平成30年3月26日に16,660千円全額の払込が完了しております。また、平成30年3月27日に第5回
        新株予約権の行使により94,300千円、平成30年4月24日に第6回の新株予約権の行使により247,240千円、平成30
        年5月25日に第7回の新株予約権の行使により234,640千円の合計576,180千円の資金調達を行っております。
         以上の対応策の実施により、事業基盤並びに財務基盤の強化を図り、当該状況の解消、改善に努めてまいりま
        す。しかしながら、コンテンツ事業の売却後における当社グループの業績について慎重に見極める必要があるこ
        とから、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
         なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、継続企業の前提に関する重要な不確実性
        の影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
       (四半期連結損益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成28年12月1日              (自    平成29年12月1日
                            至    平成29年5月31日)               至    平成30年5月31日)
                                 257,353                 271,462
       給料手当                             千円                 千円
                                 16,536                 15,072
       研究開発費                             千円                 千円
                                 95,299                 79,642
       広告宣伝費                             千円                 千円
                                   47                △ 60
       貸倒引当金繰入額                             千円                 千円
                                 30/42


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     
      であります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成28年12月1日              (自    平成29年12月1日
                            至    平成29年5月31日)               至    平成30年5月31日)
       現金及び預金                        1,195,198     千円             550,661    千円
       J-ESOP信託別段預金                         △6,000    千円             △6,000    千円
       現金及び現金同等物                        1,189,198     千円             544,661    千円
                                 31/42

















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期連結累計期間(自 平成28年12月1日 至 平成29年5月31日)
       1 配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年2月24日
               普通株式         25,209         10  平成28年11月30日         平成29年2月27日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注)配当金の総額には、株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社の株式に対する配当金250千円が含まれております。
       2 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
       3   株主資本の著しい変動

         当社は、平成29年1月16日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される
        同法第156条の規定に基づき、自己株式を取得することを決議し、当第1四半期連結累計期間において、自己株式
        を114,300千円(30,000株)取得しております。
         この結果、当第2四半期連結会計期間末の四半期連結貸借対照表における自己株式は236,800千円となっており
        ます。
      当第2四半期連結累計期間(自 平成29年12月1日 至 平成30年5月31日)

       1 配当金支払額
         該当事項はありません。
       2 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
       3   株主資本の著しい変動

        当社は、平成30年3月9日開催の取締役会において決議した、割当先をJapan                                    International       Partners     LLC及
        びNippon     Opportunity      Partners     LLCとする、第三者割当による第5回新株予約権、第6回新株予約権、第7回新
        株予約権の権利行使により資本金及び資本剰余金がそれぞれ291,420千円増加しております。
         この結果、当第2四半期連結会計期間末において資本金が437,634千円、資本剰余金が2,185,624千円となって
        おります。
                                 32/42








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       前第2四半期連結累計期間(自 平成28年12月1日 至 平成29年5月31日)
      1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                    報告セグメント
                      開発推進・支援           コンテンツ           人材          合計

     売上高

                         1,436,176          1,142,974           672,807         3,251,958

       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高
                             -          -          -          -
       又は振替高
                         1,436,176          1,142,974           672,807         3,251,958
            計
                         △ 75,120        △ 200,392          120,528         △ 154,985

     セグメント利益又は損失(△)
      2 報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                    (単位:千円)
                  利益                           金額
     報告セグメント計                                                 △154,985

     全社費用(注)                                                 △278,800

     棚卸資産の調整額                                                     -

     四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                 △433,785

      (注)    全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 33/42










                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       当第2四半期連結累計期間(自 平成29年12月1日 至 平成30年5月31日)
      1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                    報告セグメント
                      開発推進・支援           コンテンツ           人材          合計

     売上高

                         1,401,946           264,663          835,620         2,502,230

       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高
                                              6,313          6,313
                             -          -
       又は振替高
                         1,401,946           264,663          841,934         2,508,544
            計
                           75,648        △ 629,687          179,204         △ 374,834

     セグメント利益又は損失(△)
      2 報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                    (単位:千円)
                  利益                           金額
     報告セグメント計                                                 △374,834

     全社費用(注)                                                 △300,135

     棚卸資産の調整額                                                   △637

     四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                 △675,606

      (注)    全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 34/42











                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                 (自    平成28年12月1日           (自    平成29年12月1日
                 項目
                                 至 平成29年5月31日)             至 平成30年5月31日)
     (1)1株当たり四半期純損失金額(△)                                  △44円38銭             △308円82銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)                                  △110,297             △791,067

      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           -             -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失金
                                        △110,297             △791,067
      額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                        2,485,423             2,561,597
      (注)1.当社は、第17期第1四半期連結会計期間より「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり
          四半期純損失金額(△)の算定上の基礎となる普通株式の期中平均株式数については、本制度の信託財産とし
          て、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式を、控除対象の自己株式に含めて算定しており
          ます(前第2四半期連結累計期間25,000株、当第2四半期連結累計期間25,000株)。
        2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純
          損失金額であるため、記載しておりません。
                                 35/42














                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
       (会社分割及び新設会社の株式譲渡)
        当社は、平成30年6月18日開催の取締役会決議に基づき、平成30年7月4日付で、当社が保有するゲームコンテ
       ンツ開発および運営に係るコンテンツ事業(以下「本事業」といいます。)の一部を当社の子会社として新たに設
       立した株式会社スタジオリボルバー(以下「新設会社」といいます。)に新設分割の方法により承継(以下「本新
       設分割」といいます。)させたうえで、平成30年7月4日付で、当該新設会社の株式の90%を株式会社クリーク・ア
       ンド・リバー社に譲渡いたしました。
       1.会社分割及び株式譲渡の目的

        当社は、本事業を比較的低予算で大きなリターンが期待できる成長事業として捉え、平成20年1月より自社企画
       ゲームコンテンツ制作を開始し、主力事業のひとつに育ててまいりました。しかしながら、近年のスマートフォン
       向けゲーム市場は競争激化の傾向にあります。それに伴い、ゲーム開発に要する期間は長期化し、開発費用も増大
       傾向にあります。当社の事業規模と比して、こうした事業上のリスクが当社業績に及ぼす影響は大きく、当社単独
       での本事業の継続は困難と判断し、本事業の一部を譲渡することといたしました。
        株式会社クリーク・アンド              ・リバー社においては、当該事業を譲り受けることで、同社の展開するコンテンツ開
       発、プロデュース、エージェンシー事業とのシナジー効果による収益拡大が期待できること等から、当社といたし
       ましては、同社に新設会社の株式の90%を譲渡することが最適と判断いたしました。
       2.本新設分割

       (1)会社分割の要旨
         ① 会社分割の日程
           新設分割契約承認取締役会決議日  平成30年6月18日
           効力発生日            平成30年7月4日
           (注)本会社分割は、会社法第805条に規定する簡易分割であり、株主総会の承認を要しないため、取締役
           会決議により実施いたします。
         ② 会社分割の方式
           当社を分割会社とし、新設会社を承継会社とする新設分割(簡易分割)方式です。
         ③ 会社分割に係る割当ての内容
           新設会社は、本会社分割に際して普通株式200株を発行し、その全てを当社に割り当て、その他の対価の交
           付は行っておりません。
         ④ 会社分割に伴う新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い
           当社が発行する新株予約権について、本会社分割による変更はありません。また、当社は、新株予約権付
           社債を発行しておりません。
         ⑤ 会社分割により増減する資本金
           本会社分割による当社資本金の増減はありません。
         ⑥ 新設会社が承継する権利義務
           新設会社は、当社から効力発生日における本事業に属する資産、負債その他の権利義務について平成30年
           6月18日付の新設分割計画書に定めたものを承継いたします。なお、債務の承継については、重畳的債務
           引受の方法によるものとします。
         ⑦ 債務履行の見込み
           当社および新設会社は、本会社分割の効力発生日以降における負担すべき債務について、履行の見込みが
           あるものと判断しております。
       (2)会社分割当事会社の概要 

                            分割会社                 新設会社
                        (平成30年2月28日現在)                 (平成30年7月4日予定)
     (1)名称                 シリコンスタジオ株式会社                 株式会社スタジオリボルバー
     (2)所在地                 東京都渋谷区恵比寿1-21-3                 東京都渋谷区恵比寿1-21-3

     (3)代表者の役職・氏名                 代表取締役社長 寺田 健彦                 代表取締役社長 寺田 健彦

                                 36/42


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                      ・ミドルウェアや先端CG技術、オ
                      ンラインソリューション等を提供
                                       ゲームコンテンツの開発および運
     (4)事業内容                 する開発推進・支援事業
                                       営
                      ・クリエイティブ業界に特化した
                      人材事業
     (5)資本金                 146,464,500円                 7,000,000円
     (6)設立年月日                 平成11年11月22日                 平成30年7月4日

     (7)発行済株式数                 2,563,600株                 200株

     (8)決算期                 11月30日                 2月末日

                      関本 晃靖(9.47%)
                      寺田 健彦(9.18%)
                      株式会社ソニー・インタラクティ
                      ブエンタテインメント(4.68%)
                                       シリコンスタジオ株式会社
     (9)大株主及び持株比率
                                       (100.0%)
                      三菱UFJキャピタル株式会社
                      (4.01%)
                      SCSK株式会社(3.70%)
       (3)分割会社の最近3年間の決算期における経営成績及び財政状態(単位:百万円)

                      平成27年11月期              平成28年11月期              平成29年11月期

     連結純資産                        3,201              2,699              1,448
     連結総資産                        4,745              3,860              2,704
     1株当たり連結純資産(円)                      1,301.80              1,081.45               577.90
     連結売上高                        8,231              7,001              6,115
     連結営業利益                         266             △411             △1,251
     連結経常利益                         252             △428             △1,202
     親会社株主に帰属する
                              146             △499             △1,137
     当期純利益
     1株当たり連結当期純利益
                             64.64            △201.91              △456.73
     (円)
     1株当たり配当金(円)                        10.00              10.00              0.00
       (4)分割する部門の事業内容

        ゲームコンテンツの開発、および運営
       3.新設会社株式の譲渡

       (1)株式譲渡の方法及び内容
         当社は平成30年7月4日をもって、新設会社の普通株式180株を、株式会社クリーク・アンド                                            ・リバー社に対
        して譲渡いたしました。
       (2)譲渡株式数、譲渡価額、譲渡損益及び譲渡前後の所有株式の状況

     (1)異動前の所有株式数                   200株(議決権の数:200個)(議決権所有割合:100.0%)
     (2)譲渡株式数                   180株(議決権の数:180個)
                        株式会社スタジオリボルバーの普通株式(注) 150百万円(予定)
                        アドバイザリー費用等(概算額)                              12百万円(予定)
     (3)譲渡価額
                        差引(概算額)               137百万円(予定)
     (4)異動後の所有株式数                   20株(議決権の数:20個)(議決権所有割合:10.0%)
      (注)株式譲渡における譲渡価額につきましては、株式譲渡日における新設会社の貸借対照表及び株式譲渡日以後に
         発生が見込まれる費用の金額及び株式譲渡以降の転籍対象従業員の転籍状況等を基準にして、調整を行う予定
         でおります。そのため、株式譲渡後に譲渡価額が変動する予定となります。
       (3)株式譲渡日程

                                 37/42

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       取締役会決議日         平成30年6月18日
       株式譲渡契約締結日       平成30年6月18日
       株式譲渡日           平成30年7月4日
                                 38/42




















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 39/42




















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 40/42



















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年7月12日

     シリコンスタジオ株式会社
      取締役会 御中
                          太陽有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士  柴  谷  哲  朗   ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員
                                    公認会計士  中  村  憲  一   ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているシリコンスタジ

     オ株式会社の平成29年12月1日から平成30年11月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年3月1日
     から平成30年5月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年12月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半
     期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
     キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、シリコンスタジオ株式会社及び連結子会社の平成30年5月31日現
     在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に
     表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

     1.  継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度において継続的に営業損失、経常
       損失、親会社株主に帰属する当期純損失並びに営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しており、引き続き、当
       第2四半期連結累計期間においても、営業損失675,606千円、経常損失721,265千円、親会社株主に帰属する四半期
       純損失791,067千円並びに営業キャッシュ・フローのマイナスを計上している。これらの状況により、継続企業の前
       提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確
       実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記
       載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は
       四半期連結財務諸表に反映されていない。
     2.  重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成30年6月18日開催の取締役会決議に基づき、平成30年7月4
       日付で、保有するゲームコンテンツ開発および運営に係るコンテンツ事業の一部を子会社として新たに設立した株
       式会社スタジオリボルバーに新設分割の方法により承継させたうえで、平成30年7月4日付で、当該新設会社の株
       式の90%を株式会社クリーク・アンド・リバー社に譲渡した。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
                                 41/42

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 42/42


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。