モンクレール・エスピーエー 有価証券報告書

提出書類 有価証券報告書
提出日
提出者 モンクレール・エスピーエー
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
     【提出書類】                  有価証券報告書

     【根拠条文】                  金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成30年6月29日

     【事業年度】                  自 平成29年1月1日

                      至 平成29年12月31日
     【会社名】                  モンクレール・エスピーエー

                      (Moncler     S.p.A.)

     【代表者の役職氏名】                  取締役会長兼兼最高経営責任者 レモ・ルッフィーニ

                      (Remo   Ruffini,
                       Chairman     of  the  Board   of  Directors     and  Chief   Executive     Officer)
     【本店の所在の場所】                  イタリア、ミラノ20144、エリンコ・ステンダール通り47

                      (via   Enrico    Stendhal,     47  20144   Milan,    Italy)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士 後      藤 一    光

     【代理人の住所又は所在地】                  東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー23階

                      TMI総合法律事務所
     【電話番号】                  (03)6438-5511

     【事務連絡者氏名】                  弁護士 大      森 健    一  郎

     【連絡場所】                  東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー23階

                      TMI総合法律事務所
     【電話番号】                  (03)6438-5511

     【縦覧に供する場所】                  該当事項なし

     (注) 1.      本書において、別段の記載がある場合を除き、「当社」とは、モンクレール・エスピーエー(Moncler

           S.p.A.)を意味し、「当グループ」とは、当社およびその連結子会社を意味するものとする。
        2.      当社の事業年度は各年の12月31日に終了する。
                                   1/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
        3.      本書記載の「円」は日本国の法定通貨を、「ユーロ」は欧州共同体設立条約(その後の改正を含む。)
           に基づき欧州経済通貨同盟に参加している欧州連合加盟国の統一通貨を指すものとする。本書において
           便宜上記載されている日本円への換算は、1ユーロ=127.34円の換算率(平成30年6月1日現在の株式
           会社三菱東京UFJ銀行による対顧客直物電信売買相場の仲値)による。
        4.      本書記載の各種金額およびパーセントは四捨五入されているため、合計は係数の総和と一致しない場合
           がある。
        5.      将来予測に関する記述について
           本書は、将来予測に関する記述を含んでいる。本書に含まれる歴史的な事実の記述を除く全ての記述
           が、将来予測に関する記述であり、これには、当グループの将来の財務状態及び経営成績、経営戦略、
           予算、当グループが営業する市場、予想原価(projected                           costs)並びに将来の事業に向けた経営計画
           及び目標等が含まれる。さらに、将来予測に関する記述は、将来予測に関する用語の使用により特定さ
           れ得る。これらの用語には、「可能性がある」、「であろう」、「予測する」、「意図する」、「見積
           もる」、「考える」若しくは「継続する」又はその否定形や組合せのほか、類似する用語が含まれる。
           当グループは、これらの将来予測に関する記述において述べられている予想は合理的であると信じてい
           るが、かかる将来予測に関する記述は現時点における経営陣の判断に基づくものであり、同記述に関し
           ていかなる保証も提供するものではない。予想成績を達成する当グループの能力は、コントロールが及
           ばない多くの要因に左右される。実績は、将来の予測に関する記述において予想又は含意された成績と
           重大な相違が生じ、又は当該予測を下回る可能性がある。将来予測に関する情報は、予想成績に重大な
           影響を与え得るリスクと不確実性を伴っており、一定の重要な前提に基づくものである。実績に重大な
           マイナスの相違をもたらし得る要因には、次のものが含まれる。
           ・当グループが、新しい、かつ、変化する消費者の趣向をつかみ、それに対応するとともに、好ましい
           ブランド認知を維持する能力
           ・当グループが戦略的計画を遂行することができるか否か
           ・既存店舗の賃貸借契約を更新し又は代替させる当グループの能力
           ・小売チャネル網を首尾よく拡大し当該拡大の費用を巧みに賄う当グループの能力
           ・卸売流通パートナーとの関係を維持する当グループの能力及び当該パートナーが質の高い基準を維持
           できないかもしれないリスク
           ・第三者の製造業者に対する当グループの依存、及び当該第三者の製造業者が迅速に商品を出荷せず、
           当グループの基準に従って商品を製造せず、又は適用法令に従って業務を遂行しない可能性
           ・当グループの事業に必要な半製品又は原料の価格若しくは品質の変動若しくは利用可能性の途絶
           ・当グループの事業の季節間格差に関するリスク
           ・重要な社員及び経営者に対する当グループの依存
           ・当グループが為替関連リスクにさらされていること
           ・物流センター及び当グループの事業に重要なその他の一定の施設に対する当グループの依存
           ・当グループの関係者との商業上の関係及びコンサルティング関係
           ・当グループの多額の負債及び無形資産に関連するリスク
           ・総体的な経済又は市場の状況におけるマイナスの変化
           ・競争相手と有効に競争する当グループの能力
           ・特に商標権侵害及び商品の偽造に関し、知的財産を保護する当グループの能力
           ・様々な国際経済的リスクや、規制上及び政治上のリスクにさらされながら、世界中の多くの国で首尾
           よく営業する当グループの能力
           「第二部 企業情報 第3-4 事業等のリスク」に詳述された前述の要因その他は、網羅的なものと

           解釈してはならない。当グループの将来の業績および当グループが営業する産業に影響を与える可能性
           がある要因を、より完全な形で理解するため、「第二部 企業情報 第2-3 事業の内容」、「第二
           部 企業情報 第3-4 事業等のリスク」および「第二部 企業情報 第3-7 財政状態、経営成
           績及びキャッシュ・フローの状況の分析」をあわせて参照されたい。将来の予測に関する記述に対し過
           度に依存してはならない。同記述は、本書提出日現在における判断にすぎない。この注意喚起文言は、
           当グループが将来発行する可能性のある、いかなる書面又は口頭による将来予測に関する記述との関係
           でも考慮されるべきである。当グループは、本書提出日後、後発事象若しくは状況を反映するため又は
           予期しない事象の発生を反映するために、将来予測に関する記述の改訂を公表するいかなる義務も負う
           ものではない。
                                   2/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
                                   3/302





















                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【本国における法制等の概要】
      1【会社制度等の概要】
       (1)【提出会社の属する国・州等における会社制度】
     以下は、当社株式及び当社の定款(statuto)の一部の規定に関する一定の情報並びに本書提出日現在において有効なイ
     タリア法の概要である。
     株主総会

     株主総会及び少数株主権に関するイタリア法は、株主の権利に関するEU指令2007/36/EC(EU                                           Directive     2007/36/EC)を

     実施する2010年政令第27号(Legislative                     Decree    No.  27/2010)(その後の2012年政令第91号(Legislative                          Decree
     No.91/2012)による改正を含む。)によって改正された。主な改正点は、株主総会の基準日、招集及び機能、議決権の代
     理行使並びに情報の取得にかかる権利等、株主の権利を強化し、また、株主総会への参加を高めることを目的とするもの
     である。加えて、2013年10月1日、当社の定時株主総会は、定時株主総会及び臨時株主総会の機能の様々な点について定
     める「株主総会決議」を可決した。
     当社の株主総会は、定款第8条に従って、イタリア国内又は当社が直接若しくは子会社を通じてその企業活動を行う国に

     おいて開催することができる。統一財務法(Unified                         Financial     Act)第83の6条第2項により、株主総会の開催日の7
     取引日前の日(いわゆる基準日)の営業終了時点における最終の記録に基づき、当社が仲介機関からその者のための通知
     を受領した者は全て、株主総会に出席する権利を有する。かかる権利者は、基準日後にその株式を譲渡した場合において
     も、株主総会に出席し、また、議決権を行使することができる。反対に、基準日後に株式を取得した買主は、株主総会に
     出席する権利を有しない。ただし、当該買主は、該当する場合には、株主総会決議の効力を争い、又は株式買取請求権を
     行使することができる。
     株主は、本人が又は統一財務法(Unified                    Financial     Act)の代理規定に従い代理人によって、株主総会に出席すること

     ができる。代理権は、統一財務法(Unified                     Financial     Act)第135の9条及び第135条の10条に従い、個人又は法人に対
     して、書面により又は電子的に授与することができる。
     当社定款第10条は、適用されるイタリア法の規定に準拠して授権される代理人を通じ、株主が包括的に代理されることを

     認めている。当該代理人の選任は、当社に対して通知されなければならず、これは電子的方法により行うことができる。
     電子的方法による代理人通知は、株主総会の招集通知について定めた手順に準拠して、送信される。当社定款第10.2条に
     よると、当社は、株主が代理権を授与できる代理人を当社が各株主総会において1名のみ選任できる(                                                rappresentante
     designato     dalla   società    )とする統一財務法(Unified              Financial     Act)の規定を利用しないものとされている。
     また、統一財務法(Unified              Financial     Act)によると、1名以上のプロモーターは、目論見書及び委任状用紙が公表さ

     れることを条件として(委任状勧誘に関する規則は、議決権行使の手続きに影響を与える記載がされていないことを条件
     として、200名以下の株主に対して行われる勧誘については適用されない。)、200名を超える株主に対して委任状勧誘を
     行うことができる。委任状勧誘に関する一般規則(目論見書を公表する義務を含む。)は、統一財務法(Unified
     Financial     Act)第141条が定める要件を充足する株主協会の会議による勧誘には適用されない。
     イタリア法によると、株主総会は、定時株主総会又は臨時株主総会のいずれかであるとされている。株主総会は、必要な

     場合又は適切と認められる場合において、当社の取締役会により招集される。当社の株主総会は、(i)当社資本金の5%
     以上を有する保有者による請求後遅滞なく、(ii)当社の年次財務諸表を承認するため当社の取締役会によって、(iii)取
     締役会若しくは法定監査役会がそれぞれ当社株主に対する忠実義務に違反し若しくはイタリア法の規定に準拠して株主総
     会を招集しなかった場合に、法定監査役会若しくは管轄権を有する裁判所によって、又は、(iv)取締役会が株主総会の招
     集を不当に遅滞した場合若しくはこれを怠った場合に法定監査役会によって、招集されなければならない。また、株主総
     会は、法定監査役会の構成員2名以上により、招集することもできる。裁判所は、当該株主総会を請求した株主による申
     立後、取締役会及び法定監査役会との協議の上、決定により当該株主総会の招集を命じることができ、また、株主総会の
     議長を務める者を選任することとされている。
     株主は、当社のウェブサイト上での通知の公表により、また、イタリア証券取引委員会(CONSOB)の要件に従い当該株主

     総会の指定日の30日前までに、開催される全ての株主総会について通知を受ける。損失による資本金の額の減少又は法定
     最低要件を下回る資本金の額の減少に関連する株主総会及び事業の任意解散に関する株主総会については、通知期間は21
     日に短縮される。公開買付けの決定のために招集される株主総会については、通知期間は15日に短縮される。取締役会又
                                   4/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     は法定監査役会の選任のために招集される株主総会の通知期間は、40日に延長される。定時株主総会及び臨時株主総会
     は、定款に第二次又は第三次招集についての定めがない限り、一度の招集によって開催される。定款に定めがある場合に
     は、  最初の通知には、第一次又は第二次の株主総会において定足数が満たされなかった場合に備えて、第二次又は第三次
     の株主総会の日を特定しておくことができる。かかる予備的な株主総会の日は、一般的に「予備的招集日」といわれる。
     第二次招集又は第三次招集の日が通知に記載されていない場合、第二次招集又は第三次招集は、前の招集から30日以内に

     行われなければならず、また、いかなる場合においても、前の招集と同じ日には行われないものとする。第二次招集又は
     第三次招集による株主総会の通知は、議案を変更せずに、当該株主総会の日の10日前までに公表されなければならない。
     さらに、通知がなされなかった場合においても、株主の100%が出席し、かつ、取締役及び監査役の過半数が株主総会に
     出席した場合には、株主総会は正当に開催されたものとみなされる。ただし、出席者は、事前に適切な通知がなされな
     かった事項の議論について異議を唱えることができる。
     当社の取締役は、株主総会の通知が公表される前に、イタリア証券取引委員会(CONSOB)の要件に従い、当社の登記簿上

     の本店及び当社のウェブサイトにおいて、株主総会の議案に関連する提案の書類を公表しなければならない。
     株主は、株主総会の開催日前に議案における項目について質問をする権利を有し、これは当社のウェブサイト上に掲載さ

     れているQ&Aの方法による。当社は、株主総会前又は株主総会中に、これに回答しなければならない。
     統一財務法(Unified          Financial     Act)によると、単独又は共同で資本金の2.5%以上を保有する株主は、株主総会の通知

     が公表された日から10日以内に、提案する追加項目を明記の上、議案の追加又はすでに提案されている議案についてこと
     なる決議を要求することができる。当該議案の追加は、取締役が提案した議案について決議するために法によって株主総
     会が要求される事項又は取締役が作成した計画若しくは書類に基づく統一財務法(Unified                                           Financial     Act)125条3項所
     定の事項とは異なる事項については行うことができない。議案の追加を請求した株主は、議案に追加するよう提案した事
     項に関する書類を作成しなければならない。
     株主総会において可決された決議は、反対株主又は欠席株主を含め、全ての株主を拘束する。ただし、イタリア法に基づ

     き、欠席株主、棄権株主又は反対株主のうち、単独又は共同で、可決された決議について当社資本金の1/1000の議決権
     付き株式を保有する株主は、適用法令又は当社の定款に違反する決議を取り消すため、当社の本店所在地を管轄する裁判
     所に対して異議申立てをする権利を有する。また、全ての取締役及び法定監査役は、これと同じ要件の下決議に対して出
     訴することができる。当該異議申立ては、決議が行われた日から90日以内になされなければならず、又は、企業登記への
     登記が必要とされる決議の場合においては、登記から90日以内になされなければならない。
     また、株主総会の招集がなされなかった場合、株主総会議事録が作成されなかった場合、及び違法又は履行不能な事項に

     ついて議決された場合において、株主総会決議が可決されたときは、決議が企業登記に登記された日から3年以内、決議
     が当該登記の対象とならない場合には決議が企業登記に登記された日から3年以内、また、決議が登記の対象とならない
     場合には議事録が関連する会社書類に登録された日から3年以内に、利害関係人は、かかる決議について異議を申し立て
     ることができる。さらに、履行不能又は違法な活動を会社の目的に含める旨変更する株主総会決議に対する異議について
     は、期間による制限はない。また、一定の場合において適用法令は、反対株主、欠席株主及び棄権株主に対して、株式買
     取請求権を与えている。かかる株式買取請求権が行使された場合、当社は、直近6ヶ月間における株式の期末日の平均株
     価において、株式買取請求権を行使した株主が保有する株式を買い戻すものとされる。買戻しは、当社の使用可能な準備
     金又は当社の資本金の額の減少により行うことができる。
     全ての株主に適用される規制のほか、特に非居住者又は外国人が株式を保有し又は議決権を行使する権利に対して適用さ

     れるイタリア法又は当社定款に基づく規制は、何ら存在しない。
     2014年6月24日法令91号(Law               Deree   No.  91  of  June   24,  2014)は、2014年8月11日法令116号(Law                     No.  116  of

     August    11,  2014)によって修正され、当該法令によって統一財務法(Unified                               Financial     Act)が改正され、議決権の増
     加及び複数議決権に関する新たなルールが導入された。特に統一財務法(Unified                                      Financial     Act)の新127条5項は、上
     場会社は、一定の条件を満たせば、定款に定めることにより、特別のリストに記載されてから過去24か月間連続して保有
     する株主の1株の議決権を最大2議決権まで議決権を増加させることができると定めている。前述の法令による改正後の
     統一財務法(Unified          Financial     Act)の新127条6項は、上場会社の定款には、複数議決権についての定めを設けること
     ができず、当該定めはイタリア民法(Italian                      Civil   Code)に基づきイタリアの規制された市場への上場前に規定を設け
     ていた株式会社のみが引き続き当該定めを存続させることができると定めている。当社の定款は、議決権の増加について
     の定めを設けていない。
                                   5/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     定時株主総会
     定時株主総会は、最低毎年1回、招集されなければならない。当社定款第8条は、当社の事業年度終了後120日以内、又

     は、特別の事情がある場合には当社の事業年度終了後180日以内に、定時株主総会が招集されなければならないと規定し
     ている。当社の事業年度末から120日よりも後に、非連結年次財務諸表を承認するための定時株主総会が招集される場
     合、取締役は、年次財務諸表に含まれる取締役報告書において、当該遅延の理由を述べなければならない。当社の非連結
     年次財務諸表は、株主の承認を得るため、定時株主総会に提出される。この定時株主総会において、株主は、配当の分配
     の承認(該当する場合)、取締役、法定監査役及び社外監査役の選任又は解任並びに報酬の額の決定、取締役及び法定監
     査役の責任に関する議決権の行使、株主総会に関する規則の承認、並びに、適用法令及び定款により株主の決議を要する
     とされたその他事業上の事項の決定も行う。
     定時株主総会については、特段定足数の定めはない。したがって、最初の招集に基づく決議において、(出席又は委任状

     によって行使された議決権の賛成が反対を上回る場合に、決議が成立することになる。
     臨時株主総会

     臨時株主総会は、とりわけ、定款の改訂、合併、合併の解消、会社分割、増資及び減資並びにイタリア国内における当社

     の本社の移転を決議するために招集することができる。
     臨時株主総会は、総議決権の5分の1以上を表象する株式を保有する株主の出席(実際の出席又は委任状による出席)が

     ある場合に、最初の招集に基づく決議が成立する。最初の招集に基づく臨時株主総会の決議は、出席株主の3分の2以上
     の賛成がある場合に成立する。
     取締役会

     当社の取締役は、通常、当社の定時株主総会において、1会計年度から3会計年度の任期で選任される。適用されるイタ

     リア法によると、当社の取締役は、候補者名簿制度を通じて選任され、連続して再選されることができる。取締役は、株
     主の決議により、いつでも解任することができる。ただし、正当な理由なく解任された場合、取締役は、当社に対して損
     害賠償請求をすることができる。当社の取締役は、取締役会及び法定監査役会の議長に対する書面通知により、いつでも
     辞任できる。かかる解任又は辞任に加え、取締役会は、当社の法定監査役会の承認を得ること及び取締役会の過半数が当
     社の株主により指名された取締役で構成されていることを条件として、補欠取締役を選任することができる。
     イタリア法の定めるところにより、取締役会は、当社の事業運営について完全な権限を有する。取締役会の権限には、

     (i)当社及び当グループの戦略計画、産業計画及び資金調達計画の審査及び承認、(ii)戦略的意義を有する当社及びその
     子会社の一般組織システム、管理システム及び会計システムの妥当性評価、(iii)当社及び当グループの経済実績及び財
     務実績の定期評価、(iv)当社のコーポレート・ガバナンス及び当グループの体制の決定、並びに、(v)当社及び/又はそ
     の子会社が関与する重要な戦略取引又は金融取引の承認が含まれる。
     取締役会は、イタリア法及び当社定款に規定された範囲内で、取締役会の委員会及び/又は経営取締役にその全権を委任

     することができる。
     取締役会は、当社の議長が必要と判断した場合又は2名以上の取締役が要求した場合に、取締役会において審議する事項

     を記載した通知を取締役会の日の5日前までに(又は、緊急の場合には1日前までに)送付することにより、当社の議長
     が招集することができる。また、取締役会は、法定監査役会又は監査役により招集することもできる。取締役会に必要と
     される最低定足数は、当社の在任取締役の過半数である。取締役会の決議は、出席取締役の過半数により可決される。
     当社の取締役会は、2016年4月20日に開催された株主総会で選任された                                 10名  の取締役    、及び2017年4月20日開催された株

     主総会で選任された1名の取締役の合計11名                     により構成されている。全ての取締役の任期は、2018年12月31日に終了する
     事業年度にかかる財務書類を承認する定時株主総会の日までである。
     取締役会に対する会社及び株主の訴訟

     イタリア民法第2393条に従い、取締役会の構成員に対する会社による訴訟は、定時株主総会により可決された決議又は法

     定監査役会により可決されその構成員の3分の2以上により承認された決議に基づいて行うことができる。                                                  当該訴訟は、
     取締役の退任後5年間提起することができる。                      さらに、上場会社の場合においては、資本金の2.5%以上(又は定款で定
     められた、これを下回る割合以上)を保有する株主によって、取締役会に対する株主訴訟を行うことができる。
                                   6/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     法定監査役会
     当社は、イタリア民法に基づき、監査機関として監査役会(Collegio                                Sindacale)を設置する必要がある。少なくとも、

     1名以上の正規の構成員及び1名以上の補欠の構成員は法務省による公認会計士登録(                                         Registro     dei  Revisori    )に登録
     されていなければならない。法定監査役は、定時株主総会により、3年の任期で選任される。
     当社の法定監査役会は、           2017年4月20日       の株主総会で選任された3名の正規の構成員及び2名の補欠の構成員副委員によ

     り構成されており、         2019年   12月31日現在の財務諸表を承認する定時株主総会の日まで在任する。
     会社経営の統制及び監査に関連する以下の義務は、法定監査役会に委任されている。

       ・ 法令及び定款の定めが遵守されていることの監督

       ・ 正しい経営原則、特に会社が採用する組織構造、管理体制及び会計制度についての妥当性、並びにそれらが実務

         上どのように機能しているかの監督
       ・ 会社の年次財務諸表が民法及びその他関連法令の関連規定に従って作成されたことの確認

     法定監査役会は、取締役会及び株主総会に出席しなければならず、また、                                  90日  に1回以上の頻度で監査役会を開催しなけ

     ればならない。法定監査役会は、会計年度の結果及びその義務を履行するために行った活動に関する報告書を作成しなけ
     ればならず、この報告書においては、賛成意見又は反対意見と共に、会計に関する見解又は提案を述べることとされてい
     る。
     法定監査役会は、次の場合には、株主総会を招集することができる。(i)取締役会又は法定監査役会が、株主に対する

     忠実義務に違反した場合、(ii)イタリア法の定めに従って株主総会が招集されなかった場合、若しくは(iii)取締役
     会が不当に株主総会の招集を遅滞し又は怠った場合。株主総会は、法定監査役会の2名以上の構成員によっても招集する
     ことができる。
     前述のとおり(「取締役会に対する会社および株主の訴訟」参照)、監査役会は、イタリア民法第2393条(3)に定める

     限度内で取締役会に対して訴訟を提起することもできる。
     法定監査役会は、少数株主権を守るための監査機関としても機能する。株主は、不当と判断した事項又は行為について法

     定監査役会に報告することができ、法定監査役会は、株主総会への報告を行うに際して、かかる申立てを考慮しなければ
     ならない。2%以上の株式を保有する株主が法定監査役会に対してかかる報告を行った場合、法定監査役会は、遅滞なく
     調査を行い、株主総会において調査結果を報告し勧告を行わなければならない。取締役の義務履行につき深刻な不正があ
     ると疑われる根拠がある場合には、5%以上の株式を保有する株主は、裁判所に対してかかる不正を報告し、その後かか
     る訴訟を取り下げ又は和解する権利を有する。
     個々の法定監査役は、その発言の正確性及び真実性につき各自責任を負い、また、監査役が適切にその義務を履行してい

     れば損失が回避できたと認められる場合において、取締役の行為又は不作為につき取締役と共同して責任を負う。
     株式の種類

     当社の株式は全て1個の議決権を有する普通株式である。現在、その他の種類の株式は発行されていない。

     貯蓄株式

     イタリア証券取引所(Borsa              Italiana)     又はその他のEU加盟国の規制された市場                   に株式を上場しているイタリアの会社

     は、配当の支払いについて優先権を有する一方で、議決権を有しない株式である貯蓄株式(                                           azioni    di  risparmio     )(た
     だし、普通株式の株主総会の決定により貯蓄株式の株主の権利が影響される場合等に当該貯蓄株式の保有者により別途開
     催される総会における議決権を除く。)を発行することができる。本書提出日現在において、当社は貯蓄株式を発行して
     いない。
     当社株式の種類及び譲渡

                                   7/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     1999年1月1日以降、株主は、イタリアの上場会社の株券を券面によって受領することができないこととされている。イ
     タリアにおいて上場している会社の株式は、もはや紙媒体の証券によって表章されるものではなく、株式の譲渡及び交換
     は、  イタリア、ミラノ、ピアッツァ・デジリ・アファーリ6にその登記簿上の本店を有する集中証券決済機関であるモン
     テ・ティトーリ(Monte            Titoli)により運営される電子振替決済制度を通じてのみ行われるものとされている。そのた
     め、全ての株式は、その所有者によってモンテ・ティトーリに参加している認定金融仲介機関に預託されなければならな
     い。仲介機関は、モンテ・ティトーリ(Monte                      Titoli)又は集中証券決済機関を運営することについて、イタリア証券取
     引委員会(CONSOB)により認定された他の会社(ルクセンブルグのユーロクリア又はクリアストリーム等)に株式を預託
     する。以下の一覧は、2015年2月24日に改正された2008年2月22日付イタリア銀行及びCONSOB規則(振替決済、決済サー
     ビス、保証制度及び関連する運用会社を定める規則をいい、以下「共同規則」という。)第13条に基づき振替決済制度へ
     の加盟が認められた参加者を含む。
       ・ イタリア又はEUを拠点とする銀行

       ・ イタリア市場において支店を通じて運営することをイタリア銀行により認められた非EU銀行

       ・   Società    di  Intermediazione        Mobiliare     (登録証券業者をいう。)

       ・ EUを拠点とする投資会社

       ・ イタリアにおいて、支店を通じて投資サービスを提供することをイタリア証券取引委員会(CONSOB)により認め

         られた非EU投資会社
       ・ 個人顧客向け投資ポートフォリオの管理に特化したイタリアの投資運用会社

       ・ 適用法令に基づく登記簿に記載されている株式仲買人

       ・ 上記一覧に含まれない会社又は法人。ただし、これらが企業支配力を有する会社又は法人が発行し又は割り当て

         た金融商品に関するものに限る。
       ・ ポステ・イタリアーネ・エスピーエー(Poste                        Italiane     S.p.A.)(イタリア郵政公社)

     共同規則第14条において言及される金融商品(とりわけ、株式、社債及び投資ファンドの持分を含む。)の発行者は、発

     行者としての能力において適格であるものとする。
     株式の権利を譲渡する場合、譲渡人及び譲受人はそれぞれの仲介機関に対して指示することが要求されている。譲受人が

     譲渡人の仲介機関の顧客である場合、仲介機関は、単に譲渡人の口座から譲受人の口座に対して株式を移転させることと
     なる。しかしながら、譲受人が別の仲介機関の顧客である場合、譲渡人の仲介機関は、譲受人の仲介機関の口座に株式を
     移転するよう集中決済機関に対して指示し、その後、この譲受人の仲介機関が譲受人の口座に株式を登録することとな
     る。
     各仲介機関は、各顧客のための保管口座を有している。かかる口座は、各顧客の金融商品並びに全ての譲渡、配当支払

     い、金融商品にかかる権利の行使及び当該商品の担保権又はその他負担の記録を示すものである。口座名義人又はその他
     適格者は、仲介機関に対し、口座明細証明書の発行要求を提出することができる。かかる要求には、とりわけ、申込人の
     名前、要求する明細証明書にかかる金融商品の数量、申込人が行使する予定の権利(株主の権利である場合には、株主総
     会の日及び議案)及び要求する証明書の有効期間を記載しなければならない。仲介機関は、当該要求の受領から2営業日
     以内に、記載された金融商品について口座名義人が所有権を有することを証する口座明細証明書を発行しなければならな
     い。口座明細証明書の発行後、仲介機関は、明細書が無効となり又は返還されるまで、関連する株式の譲渡に影響を及ぼ
     してはならない。株主総会において行使できる権利の場合、上記証明は、関連する会社に対する仲介機関の通知によって
     代替される。
     当社の当社株式は、モンテ・ティトーリ(Monte                       Titoli)に預託されている。そのため、株主は、当社株式を表章する株

     券を物理的に受領することができない。その代わりに、当社株式の譲渡は、上記の手順によって可能とされている。
     新株引受権

                                   8/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当社株式又はその他種類の株式の新規発行は、臨時株主総会において可決される株主総会決議によって認められる。イタ
     リア法によると、株主(及び転換社債の保有者)は、(i)当社株式、(ii)当社株式に転換される債券及び(iii)保有者に当
     社株式を取得する権限を与えるワラント、ライツ又はオプション等のその他商品の新規発行につき、その株式保有又は社
     債 保有に応じて申込みをする権利を有する。主に株主の権利の希釈化防止を目的として設定される一定の要件を充足し、
     特別多数決によることを条件として、当該有価証券の特定の発行に関して、該当する全株主について、これら新株予約権
     の全部又は一部が放棄又は制限されることがある。かかる権利放棄又は制限は、臨時株主総会の決議によってのみ行われ
     るものとし、また、当社の利益のため必要とされる場合に限って行われるものとする。いずれの場合においても、かかる
     新株引受権は、資本金の額の増加が現物出資によって行われる場合には適用されない。さらに、イタリアで上場するイタ
     リアの会社の普通株式については、定款において定めることにより、発行済株式の10%までは、新株引受権を排除するこ
     とを規定することができる(但し、新株予約権を付与することなる発行される普通株式の発行価格が、市場価格と同じで
     あり、外部監査人による報告書によって当該価格が確認されていることが条件とされている。)。当社の定款は当該除外
     規定を設けている。
     新規発行される当社株式が当社の従業員又はその子会社若しくは親会社の従業員に対して募集される場合においても、新

     株引受権は制限されうる。イタリア法により、これらの場合において新株引受権を制限する決議は、臨時株主総会におい
     て、かかる決議に必要とされる過半数の票によって可決されなければならない。
     当社による当社株式の取得

     当社は、本書提出日現在、4,100,000株の自己株式を保有しており、これは当社の発行済株式総数の                                              1.6%  に相当する。      た

     だし、当社は、イタリア法により課せられる一定の条件及び制限のもと、また、株式が全額払込み済みであることを条件
     として、当社株式を取得することができる。当該取得は、当社株主により定時株主総会において承認されなければなら
     ず、また、承認済み非連結財務諸表における留保利益又は配当可能剰余金の中から支払われなければならない。再取得さ
     れる株式の額面価格は、一定の場合を除き、以前より当社又は当社の子会社が保有している株式と合わせて、総額で当社
     の発行済株式資本の20%を超えてはならない。かかる制限を超えて買い戻された株式は、取得日から1年以内に処分し又
     は消却がされなければならず、資本金の額はこれに応じて減少するものとする。当社の子会社による当社株式の取得につ
     いても、これと類似の条件及び制限が適用される。
     当社が当社の自己株式を取得した場合、当社は貸借対照表に取得価額に対応する準備金を計上する必要がある。当該準備

     金は、当該普通株式が第三者に対して処分され又は償却されるまで、配当に使用することができない。当社が取得し保有
     する株式は、株主総会決議によってのみ処分することができる。当社は、保有する当社株式について議決権を行使し又は
     配当を受け取る権利を有しない。当社(一定の場合は除く。)及びその子会社は、増資の際に新しい当社株式を引き受け
     ることはできない。当社の子会社が保有する当社株式は、議決権を行使する権利を有しないものの、配当を受け取る権利
     を有する。当社及びその子会社が保有する当社株式は、株主総会における定足数を算出する目的においては、これに含ま
     れる。さらに、統一財務法(Unified                  Financial     Act)は、上場会社による自己株式の取得及び上場会社の子会社による
     当該上場会社の株式の取得は、株主間の公平を確保する方法により行われなければならないと規定している。これは、
     (i)公開買付けの方法、(ii)市場規則が既定の売り注文と買い注文との直接マッチングを認めないことを条件として、規
     制市場において行う方法、(iii)市場規則が一定の条件を定めることを条件として、規制市場において取引される金融派
     生商品の売買による方法、又は、(iv)株主が保有する株式に関して、株主取得計画を認めた株主総会の定める期間中に行
     使するべき取得請求権を株主に授与する方法をいう。一定の制限に従うことを条件に、当社の従業員又は当社の子会社若
     しくは当社の親会社の従業員から当社が取得した株式について、上記は適用されない。
     2015年4月23日の定時株主総会は、当社が今後18か月の間に、上記制限の範囲内で自己株式を取得することを承認した。

     株式取得の通知

     定款は、株主が株式保有割合を増加させた場合に、これを公に通知する義務については規定していない。しかし、統一財

     務法(Unified       Financial     Act)及び1999年法令第11971号によると、イタリアの上場会社における合計株式保有割合が当
     該上場会社の議決権付株式の             3 %を超え若しくは2%を下回った者(発行会社が1999年規則第11971/1999号(Regulation
     No.11971/1999)第1条第1項w-quarterに定義される中小企業(以下「SME」という。)に該当する場合には5%)、又
     は、5%、10%、15%、20%、25%、30%、50%、66.6%、90%若しくは95%に達し、若しくは3%、5%、10%、
     15%、20%、25%、30%、50%、66.6%若しくは90%を下回った者は、4取引日以内にイタリア証券取引委員会
     (CONSOB)及び上場会社に対して通知する義務を負うものとされている。統一財務法(Unified                                             Financial     Act)は、定
                                   9/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     款で議決権の増加又は複数議決権付株式を発行することを企図する定めを設けている上場会社については、これらの割合
     は総議決権に対する割合を意味すると定めている。
     統一財務法(Unified          Financial     Act)は、時価総額が大きく幅広い株主層を有する会社については、イタリア証券取引

     委員会(CONSOB)が、一定の期間、                 3 %(SMEに該当する場合には2%)を下回る基準値を定めることができる旨規定し
     ている。
     会社の資本金の減少又は増加の結果、上記の基準値を超えた場合においても、通知義務が生じる。保有割合に関する基準

     値の算出にあたっては、議決権の行使が停止されているか又は保有者若しくは第三者により議決権の行使が可能か否かに
     かかわらず、保有される普通株式も考慮される。また、議決権の行使が可能な普通株式も含まれる。一定の場合を除き、
     子会社、受託者若しくは仲介機関を通じて保有される普通株式又はこれにより議決権が行使可能な普通株式も含まれる。
     通知を怠った株主は、普通株式にかかる議決権を行使することができない。これに違反して承認された株主総会決議は、

     当該議決権がなければ決議が可決されなかった場合においては(また、イタリア証券取引委員会(CONSOB)による訴訟提
     起に基づき)、無効とされ得る。
     1999年法令第11971号は、上場会社の議決権付株式の3%(SMEに該当する場合には5%)未満を保有する者が、(i)議

     決権の行使に関する事項、(ii)議決権の行使に関する議決権の行使、または(iii)上場企業またはその親会社におけ
     る支配的地位の共同ベースでの裁定の決定株主間契約の当事者である場合で、かかる株主間契約の他の当事者の株式保有
     を考慮すると5%、10%、15%、20%、25%、30%、50%及び66.6%の基準値に達し、これらを超え若しくはこれらを下
     回る場合には、通知義務の対象となる旨規定している。かかる当事者は、イタリア証券取引委員会(CONSOB)及び当該上
     場会社に対して(i)当該契約の対象となる総株式数、(ii)当該契約の対象となる直接又は間接に保有される株式数、及び
     (iii)当該契約の対象とならない直接又は間接に保有される株式数を開示しなければならない。ただし、かかる情報が統
     一財務法(Unified         Financial     Act)又は1999年法令第11971号の規定に従い、既に提供されている場合には、通知は必要
     とされない。
     上記の「金融商品持分」の定義に関して、開示義務は、ある者が以下のものの合計保有残高が、上場会社の議決権付株式

     の5%、10%、15%、20%、25%、30%、50%又は66.6%を超え、若しくは下回ることとなった場合に発生する。
     (i)        潜在的権利(議決権付株式を原資産とするデリバティブ金融商品、又は保有者に対して、法的拘束力がある合

          意に基づき、対象となる株式を実際に取得する無条件の権利、若しくは実際に取得する裁量権を与える権利を
          付与するその他の金融商品若しくは契約)、及び
     (ii)   その他のロングポジション(議決権付株式を原資産とするデリバティブ金融商品、又はその他の金融商品若し

          くは契約であって、(a)潜在的権利に該当しないものであり、かつ(b)原資産のパフォーマンスと正の関連
          性を有する経済的利益の取得を決定する権限があるもの(原資産のパフォーマンスと負の相関関係がある金融
          商品を有する者を相手方とする契約を含む。)
     さらに、1999年法令第11971号第119条第2項に従い、上場会社についての直接又は間接の「通算保有持分」((ⅰ)株式

     及び(ⅱ)金融商品持分の合計をいう。)が、当該上場会社の議決権付株式の5%、10%、15%、20%、25%、30%、
     50%又は66.6%を超え、若しくは下回ることとなった場合には、当該通算保有持分の保有者は、「通算保有持分」が当該
     上場会社の議決権付株式の5%、10%、15%、20%、25%、30%、50%又は66.6%を超え、若しくは下回ることとなった
     ときに、当該上場会社及びイタリア証券取引委員会(CONSOB)に対して、保有持分を開示する必要がある。当該通知義務
     は、当該上場会社の株式数が増加し又は減少したことによって上記の基準値を超え又は下回ることとなった場合にも発生
     する。
     金融商品持分や通算保有持分の計算に際しては、同じ株式を原資産とするショートポジションとネッティングすることは

     できない。
     また、利息および金融商品への投資に関連する開示義務を課され、当該金融商品等の保有者が他の投資又は株式を保有し

     ていない場合には、投資総額に関連する開示義務は適用されない。
     同様の重要な保有に関する通知義務が支配会社及びその子会社の双方に適用される場合には、後者の通知義務は免除され

     る。かかる場合においても、子会社が、支配会社が直接又は間接に保有するその他の株式保有を含め、完全な情報を提供
     する場合には、これにより通知義務は満たされるものとされている。
                                  10/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     通知義務は、以下の場合には生じない。
       ・ 清算及び決済の目的だけのために、                   決済までの期間内で         株式が取得された場合。

       ・ 議決権が書面又は電子的指示においてのみ行使可能な場合において、預託会社によって株式が保有される場合。

       ・ 10%の基準値を下回る株式又は                 金融商品持分      がマーケットメーカーによって取得又は売却され、また、一定の条

         件が満たされた場合。
       ・ 欧州中央銀行又は加盟国の国家中央銀行により、その金融権限機能の行使にあたって、株式が取得又は売却され

         た場合。
       ・ 一定の場合において、イタリアの資産運用会社が、管理運営する投資ファンドを通じて、3%を超えるが5%を

         超えない株式を取得した場合。
       ・   (i)5%未満の株式を取得し、(ii)当該取得が公募又はそのクロージング直後に行われ、(ⅲ)上場会社の

         経営に干渉するために行使されず、(iv)18ヶ月以内に株式を売却することを誓約している場合。
     相互保有制限

     相互保有制限は、2つの会社間における相互の株式の保有を制限するものである。イタリアの上場会社間の相互保有は、

     相互保有会社の議決権の           3 %(SMEに該当する場合は5%)を超えてはならず、また、上場会社及び非上場会社間の相互
     保有は、上場会社の議決権の             3 %及び非上場会社の議決権の10%を超えてはならない。かかる基準値を超えた場合、2番
     目に基準値を超えた方の会社は、基準値を超えた株式にかかる議決権を行使してはならず、また、超過株式を1年以内に
     売却しなければならないとされている。当該会社が超過株式を1年以内に売却しない場合には、その全体の保有株式にか
     かる議決権の行使が認められないこととなる。どちらの会社が基準値を後に超えたかを判定できない場合には、別途合意
     した場合を除き、両会社に対して議決権の制限が適用される。相互保有制限に関する                                       3 %制限は、各会社の定時株主総会
     において事前に認められた契約の後、2つの会社においてのみ超過していることを条件として、5%(SMEに該当する場
     合は10%)にまで増加することができる。さらに、当事者が上場会社の資本金5%(SMEに該当する場合は10%)を超え
     て保有する場合には、当該上場会社又はその上場会社を支配する当事者は、かかる当事者が支配する上場会社につき                                                      3 %
     を超えて取得してはならない。これに違反した場合には、適用される制限を超える株式にかかる議決権は行使できない。
     どちらの会社が基準値を後に超えたかを判定できない場合には、二当事者間において別途異なる合意をした場合を除き、
     両会社に対して議決権の制限が適用される。かかる議決権の制限に違反して可決された株主総会の決議は、当該議決権が
     なければ決議が可決されなかった場合においては、イタリア証券取引委員会(CONSOB)の要求に応じ、関連する裁判所に
     よって無効とされうる。相互保有の制限は、会社の当社株式の60%以上を取得する公開買付けの後に基準値を超過した場
     合には、適用されない。
     株主間契約

     イタリア法に従い、上場会社又はその親会社の株主間における契約は、締結日から5日以内に以下が行われなければなら

     ない。
       ・ イタリア証券取引委員会(CONSOB)に対する通知。

       ・ 報道機関を通じた要約の発表。

       ・ 会社が登記簿上の本店を有する場所の企業登記所への届出。

       ・ 上場会社に対する通知。

     上記規則の遵守を怠った場合、株主間契約は無効とされ、関連する株式の議決権の行使は認められない。かかる議決権の

     制限に違反する株主総会の決議は、当該議決権がなければ決議が可決されなかった場合においては、関連する裁判所に
     よって無効とされうる。これは、イタリア証券取引委員会(CONSOB)によっても行うこともできる。これらの規則は、以
     下の株主間契約に適用される。
       ・ 上場会社及びこれを支配する事業体における議決権の行使を規制するもの。

                                  11/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
       ・ 上場会社又はその支配会社における議決権の行使について、事前の協議を要求するもの。
       ・ 株式又は株式を取得若しくは引き受ける権利を与えられた有価証券の譲渡に対する制限を含むもの。

       ・ 株式又は株式を取得若しくは引き受ける権利を与えられた有価証券の取得に関して規定するもの。

       ・ 会社に対する支配的な影響をその目的としているもの又はこれを与えるもの(共同して与える場合も含む。)。

       ・ 公開買付けに賛成し又は反対することを目的とするもの(公開買付けを実行しないことを約束するものを含

         む。)。
     株主間契約に対する開示規則は、会社の資本金の                       3 %以上に相当する株式に関する契約についてのみ適用される。

     さらに、統一財務法(Unified               Financial     Act)は、株主間契約の有効期間を最長3年とする旨規定しており、また、有

     効期間が契約上規定されていない場合に当事者は6ヶ月前の通知を行うことによりいつでも契約を解除することができる
     旨規定している。公開買付けの場合において、公開買付けに参加しようとする株主間契約の当事者は、通知を行うことな
     く当該契約から離脱することができる。ただし、その後株主持分が譲渡されなかった場合には、離脱通知は無効とされ
     る。
     少数株主権

     株主は、取締役会の決議が当該株主の権利に不利に働く場合には、これに対して、当該取締役会決議の日から90日以内に

     異議を申し立てることができる。
     議決権付株式の1/1000を保有する株主は、(i)当該株主が出席しなかった株主総会において決議が可決された場合、(ii)

     当該株主が反対した場合、(iii)当該株主が議決権の行使を棄権した場合、又は、(iv)当該株主が基準日から株主総会の
     開始までの間に株式を取得した場合には、定款又は適用法令の規定に違反する株主総会決議に対して、これが可決された
     日から90日以内に異議を申し立てることができる。
     また、取締役及び法定監査役も、定款又はその他適用法令に違反していることを理由として、株主総会決議に異議を申し

     立てることができる。イタリア法によると、当社の当社株式の上場廃止を承認する決議の場合(また、イタリア民法に規
     定されるその他の場合)において、前項に規定する事項に該当する反対株主には株式買取請求権が与えられており、この
     場合において当社は、直近6ヶ月間における株式の期末日の平均株価で株式買取請求権を行使した株主が保有する当社株
     式を買い戻さなければならないとされている。
     当社の各株主は、不正事実又は不正行為を法定監査役会に対して通知することができ、法定監査役会は、会議報告書にか

     かる主張を含めなければならない。当社の資本金の2%以上を保有する株主が法定監査役会に通知した場合、法定監査役
     会は、遅滞なくこれを調査し、調査結果及び提言を株主総会に報告しなければならない。取締役の職務の執行について重
     大な違反が疑われる場合には、当社の資本金の5%以上を保有する株主は、管轄裁判所に対してかかる重大な違反につい
     て報告する権利(及びこれを取り下げ又は和解する権利)を有する。さらに、当社の資本金の2.5%以上を保有する株主
     は、取締役、法定監査役及び支配人に対し、株主代表訴訟を管轄裁判所において提起することができる。当社は、株主の
     請求が認められた場合において、(i)裁判所が関与した取締役、法定監査役若しくは支配人に対して支払いを命じなかっ
     た場合、又は、(ii)当該取締役、法定監査役若しくは支配人が支払えない場合には、株主代表訴訟に要した訴訟費用を支
     払う。加えて、統一財務法(Unified                  Financial     Act)によると、当社定款に規定する累積投票制度に従い、少数株主
     は、法定監査役会の構成員を選任することができる。さらに、法定監査役会の議長は、少数株主により選任された監査役
     の中から選任されるものとされている。
     イタリアの公開買付規則

     統一財務法(Unified          Financial     Act)によると、イタリアの規制市場に上場している会社の議決権付株式の30%超又は

     議決権の30%(これは、(i)             一部の例外を除き、会社が直接的又は間接的に保有する自己株式を除外し、かつ(ii)1999年
     CONSOB規則第11971号に規定される一定の金融派生商品を含めることにより算出される。)を有償で取得し、直接若しく
     は間接又はその他の者と共同して保有する者は、当該取得を公開買付けの方法によって行われなければならないとされて
     いる。SME以外の会社の場合は、公開買付けは、その後25%以上の議決権付株式(それより多くの株式を保有する者がい
     ない場合)によって実施されなければならない。SMEは、定款において、30%とは異なる基準値(但し25%未満又は40%
     超とすることはできない)を設けることができる。公開買付けは、会社のその他全ての発行済株式を対象としなければな
                                  12/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     らない。また、CONSOB規則によると、公開買付けは、議決権付株式の30%超(これは、(i)一部の例外を除き、会社が直
     接的又は間接的に保有する自己株式を除外し、かつ(ii)1999年CONSOB規則第11971号に規定される一定の派生商品を含め
     る ことにより算出される。)(SMEの場合は25%以上40%以下の範囲で定款で定める割合)を保有する者で、定時株主総
     会において過半数の議決権を行使し、12ヶ月の期間中、当該会社の取締役を選任又は解任する決議にかかる議決権のの
     5%超を株式取得の方法又は引受権若しくは転換権若しくは議決権の増加の方法を行使する方法により購入又は取得する
     者によって実施されなければならないとされている。公開買付けは、関連する基準値を超えた日から20日以内に、直近
     12ヶ月間における同種の株式の取得について公開買付者が支払った最高価格を下回らない価格において、実施されなけれ
     ばならない。直近12ヶ月間において株式の取得が行われなかった場合、公開買付けは、直近12ヶ月間における同種の株式
     の加重平均市場価格において、又は、会社の株式が12ヶ月を下回る期間においてのみ取引されている場合には、当該株式
     が取引されていた期間における株式の加重平均市場価格において、実施されなければならない。統一財務法(Unified
     Financial     Act)127条5項に基づき議決権が増加した結果として基準値を超える場合には、それより高い価格がない場
     合、これと同じ価格が適用される。ただし、統一財務法(Unified                               Financial     Act)及び1999年CONSOB規則第11971号に従
     い、イタリア証券取引委員会(CONSOB)は、一定の場合に、これとは異なる価格における強制的な公開買付けの実施を認
     め又はこれを命じることができる。
     統一財務法(Unified          Financial     Act)及び1999年CONSOB規則第11971号(その変更を含む。)は、基準値を超えて会社株

     式が取得される場合であっても、一定の場合においては公開買付けの実施義務の適用が除外される旨規定しており、これ
     には以下の各場合が含まれる。
       ・ 定時株主総会において、他の株主が、単独で又は共同して、過半数の議決権を行使した場合。

       ・ 同一人が保有する会社間の譲渡の結果、単独で若しくは共同して及び直接的若しくは定時株主総会において議決

         権の過半数が行使可能な子会社(民法第2359条1項1号に定めるところによる。)を通じて間接的に、基準値を
         超えた場合、又は会社及びかかる者との間の譲渡の結果、基準値を超えた場合。
       ・ 上場会社の再資本化又は一定の経営危機の状況において会社を救済するためのその他方法をイタリア証券取引委

         員会(CONSOB)及び市場に通知後、これに関連して基準値を超えた場合。
       ・ 有効かつ正当な産業的ニーズに基づいて対象会社の株主によって承認された合併又は会社分割の結果、基準値を

         超えた場合。
       ・ 授与されている新株引受権、引受権又は転換権の行使の結果、基準値を超えた場合。

       ・ 基準値を超過する場合で、その議決権を行使することなく超過する保有株式を12ヶ月以内に売却する旨、取得者

         が約する場合。
     さらに、イタリア法は、会社の資本金の30%を超える所有権の取得による場合においても、以下のいずれかの結果として

     基準値を超えた場合には、公開買付けを実施する義務は課されない旨、規定している。
       ・ 会社の普通株式の100%について公開買付けが実施された場合。

       ・ 会社の普通株式の60%以上について公開買付けが実施された場合で、以下を満たす場合。

             (i)  買付けの効力が関連する有価証券の過半数を共同して保有する株主らの承認を条件とする場

             合。ただし、買付者、株式保有が10%を超える大株主及び買付者に協力する者が保有する有価証券は除
             く。
             (ii)     公開買付者(又はその子会社、支配者、関連会社及びとりわけ株主間契約に基づき関係を有す

             る者)が、イタリア証券取引委員会(CONSOB)に通知する以前の12ヶ月間又は公開買付け期間中におい
             て、会社の当社株式を1%を超えて取得していない場合。
             (iii) イタリア証券取引委員会(CONSOB)が、上記(i)及び(ii)に規定される条件の遵守につき

             十分な証拠を受領した後、公開買付けを必要としないと判断した場合。
     かかる公開買付けが実行された後においても、その後12ヶ月の間に以下のいずれかに該当する場合、公開買付者は、

     100%の資本金について公開買付けを実施する義務を負う。
                                  13/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
       ・ 公開買付者(又はその関係会社、子会社、取締役、役員若しくは株主間契約を締結した株主)が1%を超える会
         社の資本金を取得した場合。
       ・ 会社の株主が合併又は会社分割を承認した場合。

     さらに、(i)イタリア上場会社の議決権付き株式を90%超を保有する者は、適正取引の確保に十分な浮動株を90日以内に

     回復した場合を除き、残りの保有者の要求に応じて当該種類の残余株式の全てを取得しなければならず、また、(ii)議決
     権付証券の100%に関する公開買付けの結果、イタリア上場会社の議決権付き株式を95%以上保有する者は、保有者の要
     求に応じて残余株式の全てを取得しなければならない。
     上記   (ii)の場合、また、上記(i)の場合で議決権付株式の100%にかかる公開買付けを通じて取得した場合、取得価格

     は、公開買付けにおける価格と同額とされる。ただし、任意買付けにおいては、議決権付株式の90%以上が買付けにおい
     て募集されていることを要するものとし、これに該当しない場合における取得価格は、以前の公開買付け(もしあれば)
     における価格又は直近6ヶ月間における株式の市場価格を考慮して、イタリア証券取引委員会(CONSOB)により決定され
     るものとする。
     会社が発行する議決権付株式の全てにかかる公開買付けに基づき、上場会社の普通株式の95%を保有する株主は、公開買

     付けの終了から3ヶ月以内に、残りの議決権付株式の所有権を取得する権利を有する。ただし、募集書類においてかかる
     取得を上記記載の価格で行う意図を述べていた場合に限る。
     上記規制を遵守しない者が保有する全ての株式にかかる議決権は、行使することができず、関連する基準値を超える株式

     は、12ヶ月以内に売却されなければならない。かかる規制を遵守しない場合、当該株式にかかる議決権により可決された
     株主総会決議は、当該議決権がなければ決議が可決されなかった場合においては、株主又はイタリア証券取引委員会
     (CONSOB)による異議申立ての対象となる。
     子会社の不適切な管理に対する責任

     イタリア民法第2497条によると、自己又は第三者の利益のために活動している会社その他事業体が、その指示及び調整権

     限を有する会社について不適切な管理を行った場合には、その損害につき、当該会社の株主及び債権者に対して責任を負
     うものとされている。ただし、(i)生じた損害がその後の取引等を通じて完全に回復された場合、又は(ii)生じた損害が
     かかる指示及び調整権限の継続的な行使に由来する会社の包括的利益によって有効に相殺された場合には、当該責任を負
     うものではない。指示及び調整権限は、とりわけ連結子会社について存在するものとされている。
     株主に対する報告

     当社は、国際会計基準と統合された国際財務報告基準に基づき、また、イタリア証券取引委員会(CONSOB)の要件に従い

     作成された、当社の監査済み非連結年次財務諸表及び監査済み連結年次財務諸表を、当社の事業に関する取締役報告書と
     共に、イタリア語で公表しなければならないとされている。
     また、当社は、半期財務諸表(監査役による限定レビュー付き)を作成しなければならないとされており、これには当社

     の事業に関する取締役報告書を含む。
     統一財務法(Unified          Financial     Act)第154の2条によると、(連結及び個別の)年次財務諸表及び半期財務諸表は、い

     ずれも当社の財務書類の作成責任を負う経営取締役及びマネージャーの宣言を伴うものとされ、これは、とりわけ発行者
     及び連結の範囲に含まれるグループ会社の財政状況を誠実かつ正確に表す書類として適切である旨宣言するものである。
       (2)【提出会社の定款等に規定する制度】

     当社は、イタリア法に基づき、フオーリ・ダル・サッコ・エスアールエル(Fuori                                      dal  Sacco   S.r.l.)という名称のイタ
     リア法上の有限責任会社であるソシエタ・ア・レスポンサビリタ・リミタタ(                                     società    ▶ responsabilità        limitata    )と
     して2004年12月30日に設立された。当社の名称は、2008年12月31日にモンクレール・エスアールエル(Moncler                                                    S.r.l.)
     へ変更され、また、2011年3月25日に当社は、当時計画され後に中止されたMTAへの上場に関連して、イタリア法上の株
     式会社であるソシエタ・ペル・アジオニ(                    società    per  azioni   )に組織変更された。上場が中止となった結果、2011年7
     月8日において、当社は、モンクレール・エスアールエル(Moncler                                S.r.l.)という名称のイタリア法上の有限責任会社
     であるソシエタ・ア・レスポンサビリタ・リミタタに再度組織変更された。2013年10月1日の株主総会において、当社の
                                  14/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     株主は、MTAへの上場に関連して、当社をイタリア法上の株式会社であるソシエタ・ペル・アジオニに組織変更すること
     を決議した。当社は、2013年10月1日付でモンクレール・エスピーエー(Moncler                                       S.p.A)という名称のソシエタ・ペ
     ル・  アジオニへと組織変更され、2013年10月2日に会社登記簿に登記された。
     本書提出日現在、当社の資本金は、                 250,214,724株       の当社無額面株式によって表象される                  50,042,945ユーロ        である。全て

     の発行済株式は、有効に発行され、また、全額払込み済みである。
     存続期間

     当社の定款によると、当社の存続期間は、適用されるイタリア法に準拠して延長されない限り、2040年12月31日までとさ

     れている。
     議決権及び譲渡制限

     各株式は、その保有者に対して、当社の定時株主総会及び臨時株主総会において行使する議決権1個並びに適用されるイ

     タリア法及び当社の定款に準拠するその他の財産権及び管理権を授与するものである。当社株式は、適用されるイタリア
     法に従い、自由に譲渡可能である。
     株式保有の制限

     当社株式の譲渡は、何らの制限を受けるものではない。株主が当社の定款に反してその当社株式の議決権を行使した場合

     において、当該当社株式による議決権の行使がなければ多数要件を満たさなかった場合には、関連する株主総会の決議の
     効力が争われることとなる。ただし、当社株式は、株主総会の定足数が満たされたか否かを判断する目的において算入す
     ることができる。
     株式の授権

     当社は、臨時株主総会において株主に承認される資本増加に関連して、当社株式の追加を承認することができる。ただ

     し、一般的に、当該承認は、当社の取締役会による提案がなされた場合にのみ行われるものである。
     取締役の選任権

     当社の取締役の選任に関する権利については、上記(1)を参照のこと。

     配当

     イタリア法によると、配当の支払いに先立ち、各年の純利益(非連結ベース)の5%が法定準備金(                                              riserva    legale   )と

     して確保されなければならない。かかる要件は、当該法定準備金が、当年以前に計上された額を含め、会社資本金の合計
     額面価格の20%に達し又は20%を維持している場合には適用されない。また、株主は、利益を準備金(配当可能利益)に
     割り当てることもできる。配当可能準備金は、その分配によって法定準備金が法定最低額を下回らない限りにおいて分配
     されることができる。さらに、イタリア法及び当社定款第26.4条は、取締役会が事業年度中において中間配当の決定及び
     支払いを承認できる旨、規定している。また、事業年度末における配当の決定及び支払いを承認することができるのは、
     株主のみである。事業年度末において、当社の財務会計が中間配当の支払いにつき保証していなかった場合において、当
     該中間配当を善意で受領した株主は、かかる配当を当社に対して返還する義務を負わないものとする。配当は、年次株主
     総会において株主が指定した日に支払われる。当社定款第27条に基づき、配当が支払い可能となった日から5年以内に請
     求のなかった配当は、当社により没収されるものとし、これは、準備金に割り当てられるものとする。当社株式にかかる
     配当に関する情報については、「第5-2 配当政策」を参照のこと。
     仲介機関を通じて当社株式を保有する株主に対して行われる配当の支払いは、株主総会において決定された配当支払日に

     行われる。配当の支払いは、株主が株式を預託した仲介機関が各株主を代理し、モンテ・ティトーリ(Monte                                                   Titoli)を
     通じて分配される。
     イタリア国内にその株式保有にかかる定住場所又は恒久的施設を有しないイタリアの非居住者に対し支払い可能な全ての

     配当は、一般的に、26%のイタリアの源泉徴収税の対象となり、これは、適用される租税条約又は租税協定によって減額
     されうる。「第5-2 配当政策」及び「第1-3 課税上の取扱い」を参照のこと。イタリアの法令には、イタリアの
                                  15/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     非居住者に対する配当の支払いを制限する具体的な規定はない。                              しかし、モンテ・ティトーリ預金制度で集中的に保有さ
     れている株式に関連して支払われる配当金は、源泉徴収税ではなく、同じ税率(26%)の代替税が課せられる。
     清算権

     清算が行われる場合において株主は、イタリア法に基づき、また、全ての債権者に対する債務が弁済されることを条件と

     して、当社の資本金について株主が有する株式の額面価格に比例して当社の残余清算財産の分配を受ける権利を有する。
     貯蓄株式又は優先株式が当社により発行される場合においてこれら株式の株主は、当該株式の額面価格の限度で、当該分
     配につき優先されるものとする。その上で残余財産がある場合には、普通株式の株主がかかる残余財産の分配を受ける権
     利を有する。
     現行定款

     2013年10月1日、当社は、当社の株主総会において、当社株式がMTAに上場され、MTAにおいて当社株式の取引が開始され

     たことを条件として、当社の定款(以下「IPO前定款」という。)を変更することを決議している。このため、MTAにおい
     て当社株式の取引が開始された日(すなわち、2013年12月16日)をもって、当社の定款は、大要次のとおり変更された
     (かかる変更後の当社の定款を、以下「現行定款」という。)。
     1. イタリア民法第2441条に従い、新株発行の際に株主に授与される新株引受権に関する法令上の原則を変更する規定

     が追加された。具体的には、現行定款第5.1条は、「払込済資本金の額の増加に関する決議においては、発行価格が株式
     の市場価格に相当しこれが法定監査役(                   revisore     legale   )又は法定監査法人(          società    di  revisione     legale   )の適切な
     報告書により確認された場合に限り、対象会社の既存資本金の10%を上限として新株引受権を排除することができる。」
     と規定している。
     2. 重要事項の定足数及び承認:一定の重要事項(第12.3条に列挙)に関する株主総会は、株主の50%以上が出席する

     ことにより適法に開催され(IPO前定款は60%以上としていた。)、株主の70%以上の賛成票により決議される(IPO前定
     款は60%以上としていた。)ものとされている。また、重要事項は、以下の事項を含むこととされる。
     (i)  株主に新株引受権が認められない新株発行又は転換社債その他転換可能な金融商品若しくは何らかの根拠に基づき対

     象会社の株式を受領する権利を与えられるものの発行、若しくは新株引受権が認められる場合においても、発行価格が当
     社の公正市場価格に基づき算出されていない場合(当該公正市場価格については、提案された新株発行若しくは提案され
     た社債その他本(i)で言及する金融商品の発行に関する決議を可決した取締役会の招集日の前6ヶ月間の平均取引価格を
     考慮する。)
     (ii)   当社の100%子会社以外の会社との間で行う合併又は会社分割

     (iii)   次の各事項に関する当社定款の変更:(a)事業目的、(b)当社の機関の選任又は(c)株主の権利(特定多数決に関す

     る事項を含むが、これに限られない。)
     (iv)   任意に当社株式を上場廃止とすること

     3. IPO前定款は、取締役会が11名の取締役により構成される旨規定しているが、現行定款は、取締役会が11名以上13

     名以下(具体的な数は、新たな取締役会の構成員を選任する株主総会においてその都度決定される。)の取締役により構
     成される旨規定している。
     4. 上場会社に適用される法令の定めるところにより、現行定款は、法定監査役の兼任について制限を設けている(上

     場会社の法定監査役又は取締役は、兼任可能な役職の数が制限されている。)。現行定款は、兼任制限を超える者、又
     は、不適格若しくは失権の原因を有する者若しくは有効な法令及び規制条項が定める誠実性及び専門性要件を満たさない
     者は、法定監査役に選任されず、また、仮に選任された場合においても失権する旨規定している。
     5. 適用されるCONSOB規則の定めに従い、現行定款は、取締役及び法定監査役の選任に関してジェンダー・バランス・

     ルールを規定しており、当社の取締役会及び法定監査役会の構成員の3分の1以上を、いずれか人数の少ない方の性別の
     構成員とすることを定めている(2013年7月18日以後最初の選任の際には、5分の1以上)。
     6. 現行定款は、投票名簿(すなわち、取締役候補者名簿)に関する手続き及び仕組みに関する現行定款を変更し、

     「名簿は、株式の2.5%以上又は必要に応じて有効な法令及び規制が定める割合の株式を、単独又は他の者と共同して保
                                  16/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     有する株主によってのみ提出されるものとする。」とする規定、並びに「投票の終了後、獲得票数の上位2つの名簿に記
     載された候補者が、以下の基準に基づき、選任されるものとする。」という規定を新たに定めた。
     (i)  選任されるべき取締役の総数から1を控除した数の取締役を、投票数の過半数を獲得した候補者の名簿に記載された

     順に従って選任する。
     (ii)   残りの取締役は、株主総会における得票数が次に多かったものを記載した名簿から、得票数の多かった者の名簿を

     提出し又はこれに投票した者と間接的にも関係していない者を、残りの取締役に選択する。
     7. 現行定款は、株主総会に関して、イタリア民法第2369条で認められている株主総会の一回招集制度を採用した。一

     回招集制度の採用により、定時株主総会は定足数による制限なく適法に開催され、絶対多数により決議されることにな
     る。臨時株主総会は株主の5分の1が出席することにより適法に開催され、株主の3分の2以上の賛成票により決議され
     ることとなる。
     8. IPO前定款における仲裁規定は、現行定款には存在しない。

     2016年4月20日、当社の株主総会は、当社の現行定款について、次の修正を承認した。

     イタリア民法第2349条に基づく、利益及び/又は利益剰余金の当社又は子会社の従業員に対する割当を可能とするための

     規定の追加。現行定款第10.6条は、次のとおり定めている。「法令に従い、かつその範囲内で、利益及び/又は利益剰余
     金を、イタリア民法第2349条の最初の段落に基づき、株式を発行する方法によって、当社又は当社の子会社の従業員に割
     り当てることができるものとする。」
      2【外国為替管理制度】

     イタリアの為替管理に関する以下の内容は、本書提出日現在において有効なイタリアの関連する法令を要約するものであ
     り、当社株式を取得するか否かの決定に関連しうる為替管理制度の全てを包括的に説明することを意図するものではな
     い。
     一般に、現行のイタリアの為替管理規制の下では、当社による日本の居住者に対する金員の支払いに関する制限はない。

     イタリアにおいては、所有株式にかかる権利を制限する為替管理は存在しない。イタリアの居住者は、イタリアの国内外

     においてあらゆる種類の外貨及び外国証券を保有することができる。非居住者は、適用される手続要件に従い制限なくイ
     タリアの有価証券に投資することができ、また、利息支払い、配当、その他資産の分配及び処分利益である、現金(全て
     の通貨で)、信用手段及び有価証券をイタリア内外へ移転することができる。
     ただし、イタリア法により一定の手続要件が課される。かかる法は、イタリア内外への                                         3,000   ユーロを超える現金又は有

     価証券の移転は、居住者又は非居住者により、信用機関及びその他権限のある仲介機関を通じて行うことを義務付けてい
     る。疑わしい取引は、かかる取引をイタリアにおいて行うよう要請された信用機関及びその他権限のある仲介機関によっ
     て、イタリア銀行の金融情報機関に対し、書面により報告されなければならない。さらに、イタリアの居住者又は非居住
     者を代理してイタリアにおいて当該取引を行う信用機関及びその他仲介機関は、当該取引の記録を10年間保持することが
     義務付けられており、イタリアの税務当局及び司法当局は、これをいつでも検査することができる。これらの報告義務及
     び記録保持義務に違反した場合には行政上の罰金が、又は、虚偽の報告がされた場合及び不完全な報告がされた一定の場
     合には刑事上の罰金が課される可能性がある。一定の条件を確認の上、イタリア銀行の金融情報機関は、受領した情報を
     利用し、また、他の官庁又は警察のマネー・ロンダリング部若しくは脱税操作部(                                       nuclei    operativi     della   guardia    di
     finanza    )に対して情報を提供することができる。
     イタリアの居住者である個人、非営利団体及びパートナーシップは、イタリア国外において保有する投資及び金融資産の

     全てを、毎年の納税申告において開示しなければならない。これは、当該居住者が課税期間末においてかかる対外投資又
     は金融資産を所有していない場合においても同様である。                           適格仲介機関に預託された外国投資または金融資産およびその
     仲介によって締結された契約については、当該投資及び資産からの収益が仲介業者自身によって源泉徴収または代替税の
     対象となるため、これらの開示は免除される。                      当該開示義務は、課税期間末における投資及び資産の総額又は1年間に行
     われた取引の総額が10,000ユーロ(2015年からは15,000ユーロ)以下の場合には、適用されない。イタリア居住者である
     会社は、毎年の納税申告につきかかる開示義務の適用が免除されており、これは、当該情報が当該企業の財務諸表におい
                                  17/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     て開示されなければならないためである。                    しかし、上記の免除にかかわらず、イタリア居住者は、IVAFEまたはIVIEの対
     象となるイタリア国外で保有されている投資及び金融資産を年次税務申告書において開示する必要がある。
     当社は、現在のイタリア国内外の規制環境が続くこと、又は、現在有効な一定の政策が保持されることを保証することは

     できない。しかしながら、イタリアは、EU及びその他国際機関に参加しているため並びに各種二国間条約及び多国間条約
     を遵守するために、一定の規則及び政策を維持することが必要とされている。
      3【課税上の取扱い】

     以下の記載は、イタリアの一定の重要な税務上の取り扱いについて述べるものである。以下の概要は、株主に関係する税
     に関する事項の全てを網羅的に記載するものではなく、特殊な状況における特定の納税者に関連し得る事項又は法令に基
     づき特別な扱いを受ける者について述べるものでもない。以下の概要は全ての投資家に関連する事項を網羅することを意
     図するものではない。
     この課税についての概要は、当社が本書に記載されたとおりに設立され、本書に記載されたとおりの事業を行っているこ

     とを前提としている。当社の税務上の居住地、組織構造又は当社の事業の態様が変更された場合には、この概要で記載さ
     れた内容とは異なる結論となる可能性がある。
     この課税についての概要の記載は、本書提出日現在におけるイタリアの法令に基づいているが、当該法令は変更され遡及

     的に適用される可能性がある。当該法令変更はここに記載する内容を無効にする可能性があるが、本書の記載は法令変更
     の内容を反映するため改訂されるものではない。
     投資家各位は、株式の取得、所有及び処分に伴う税務上の取り扱いについて、自らの税務顧問に相談すべきである。

     イタリアの官報(Gazzetta             Ufficiale       Serie   Generale)2014年4月24日第95号に掲載された2014年4月24日政令第66

     号(Law    Decree    no.  66  of  24  April   2014)によって、金融収益に関する税制が大きく変わることに留意する必要があ
     る。特に、同政令の第3条第1項によって、2014年7月1日以降、特定の資本的収入に課せられる源泉及び代用税が26%
     に上昇することになる。
     (1)イタリアにおける税制

     配当課税

     配当に関する現在の税効果を定める1986年12月22日の大統領命令第917号(Presidential                                          Decree    No.  917  of  December

     22,  1986.   以下「ITC」という。)及び1973年9月29日の大統領命令第600号(Presidential                                         Decree    No.  600  of
     September     29,  1973.   以下「大統領命令第600号」という。)(いずれもその後の改正及び改訂を含む。)の概要は、以
     下のとおりである。
     イタリアの居住者でない株主

     モンテ・ティトーリ(Monte             Titoli)によって運営される集中保管制度に登録された当社株式で、イタリア国内に当該株

     式と事実上関連する恒久施設を有しない非居住者である株主に支払われる配当は、26%の代用税(以下「代用税」とい
     う。)が課される。
     代用税は、イタリアにおいて効力を有する国際法又は国家間の合意に基づきイタリアにおける課税が免除される国際企業

     体又は団体が受け取る配当には課されない。
     イタリア国内法上、法律に定められた条件に従って特別還付手続を適法かつ適時に履践した場合、イタリア国内に当該株

     式と事実上関連する恒久施設を保有せず、貯蓄株式以外の株式を保有する非居住者である株主は、居住国において少なく
     とも請求する還付金の額に等しい金額の所得税を支払済みであることの証拠を提出することによって、イタリアの税務当
     局から、配当から源泉徴収されたイタリア代用税を最大26分の11(2014年6月30日までに受領した配当については4分の
     1)まで取り戻すことができる。もっとも、イタリア税務当局から還付を求める非居住者は、大幅な手続の遅延や費用負
     担に直面することがある。
                                  18/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当該還付手続の代わりに、イタリア国内に当該株式と事実上関連する恒久施設を保有しない非居住者である株主は、イタ
     リアと非居住者株主の居住国の間で締結された二重課税防止のための条約(以下「条約等」という。)で定められた要件
     を満たし、かつ速やかに便益の申請手続を行うことにより、配当に課される代用税について軽減税率の適用を受けること
     が できる。イタリアは、全てのEU加盟国、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、日本、ニュージーラン
     ド、ノルウェー、スイス、アメリカ合衆国及びアフリカ・中東及び極東の数カ国を含む、60カ国以上の国と条約等を締結
     している。もっとも、ほとんどの条約等においては、特別な定めがある場合を除き、非課税団体若しくは一部例外を除き
     組合又は信託の非居住者である実質的所有者には税負担の軽減措置が定められていないことに留意が必要である。
     非居住者である株主が条約等に基づく代用税の軽減税率の適用を受けるためには、代用税の申請を行う株式が預託されて

     いる仲介機関に対して、次の資料等を速やかに提供する必要がある。
       (a)実質的所有者が株式の実質的所有者と同一であることを特定するための情報、条約等に基づく申請を行うための

         条件を満たすことを示す情報、及び条約等で定められた適用税率を特定するために必要となる情報が記載され、
         イタリアの租税当局が承認したフォームに従って作成された申告書(2013年措置84404号(Provvedimento
         2013/84404))、並びに
       (b)当該実質的所有者の居住国における税務当局が発行した、当該実質的所有者が適用される条約等との関係で当該

         国の居住者に該当することを証明する証明書。この証明書は、提出後の翌年3月31日までの間有効である。
     さらにもうひとつの方法として、非居住者である株主は、条約等において定められた最大税率を超えて課せられた源泉徴

     収分について、還付金を受け取ることができる。
     イタリア居住者ではない株主に対して支払われる配当に課される26%の代用税又はイタリアが締結した条約等に基づき軽

     減された税率による代用税は、株主が株式を預託している、モンテ・ティトーリ(Monte                                         Titoli)のシステムに加入する
     イタリア居住者である仲介機関、又はモンテ・ティトーリ(Monte                               Titoli)のシステムに加入する非居住者である仲介機
     関によって(直接又はモンテ・ティトーリ(Monte                        Titoli)のシステムに加入するイタリア以外の集中管理制度を介し
     て)、イタリア国内で選任される財務代理人を通じて徴収される。
     譲渡所得課税

     非イタリア居住者株主

     個人であるか法人であるかにかかわらず、イタリア国内に当該株式と事実上関連する恒久施設を保有しない非居住者であ

     る株主に、「非適格な」会社への参加に該当する株式の処分にともない発生した譲渡所得は、当該株式が規制された市場
     に上場されている場合には、当該株式がイタリア国内で保有されているか否かにかかわらず、イタリアの税金は課税され
     ない。
     当社株式の上場後は、保有者の株式(貯蓄株式を除く。)、有価証券及び/又は株式を取得することができる権利が次の

     いずれかの基準を満たす場合に、「適格な」参加であると認められる。
     (i)   定時株主総会における議決権の2%を超えている、又は

     (ii)発行済株式総数の5%を超えている場合

     「非適格な」参加の         場合、イタリアにおける課税の免除の便益を受けるためには、イタリア国内に当該株式と事実上関連

     する恒久施設を保有しない非居住者である株主であって、当該株式をイタリアにおいて承認された仲介金融機関を通じて
     保有し、投資一任ポートフォリオ制度(Risparmio                        Gestito.     以下「リスパルミオ・ジェスチート」という。)の対象と
     なることを選択し、又は非投資一任ポートフォリオ制度(Risparmo                                Amministrato.       以下「リスパルモ・アミニストラー
     ト」という。)の対象となる場合には、イタリアにおいて承認された仲介金融機関に対して、速やかに当該株主が租税法
     上イタリア居住者ではないことを証明する自己宣告書(self                            declaration)を提出するよう求められる可能性がある。
     イタリア国内に当該株式と事実上関連する恒久施設を保有しない非居住者である株主に、「適格な」参加に該当する株式

     の処分に伴い発生した譲渡所得は、49.72%を上限とするイタリアの所得税の課税対象所得の一部に該当することにな
     る。
                                  19/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     今後予定されている法人所得税(IRES)率の27.5%%から24%への引き下げに伴い,前述の49.72%は、2017年の課税年度
     以降、2015年法律第208号(Law                 208/2015)第1条第64項(Article                  1 (64))に従い今後公表される内閣府令
     (Ministerial       Decree)によって調整される。
     もっとも、イタリアが締結している条約等における、より有利な課税上の取り扱いを定めた条項の適用はさまたげられな

     い。イタリアが締結している条約等の多くは、OECDモデルに従ったものであり、株式の処分によって発生した譲渡所得は
     売主の居住国でのみ課税対象となる(すなわち、非居住者である株主の場合、イタリア以外の国となる。)ことを定めて
     いる。
     したがって、外国人が、(i)税法上、イタリアと条約等を締結している国の居住者であり、当該条約等において、株式

     の処分に伴い発生する譲渡益はOECDモデルに従うことと定められている場合であって、かつ(ii)当該条約等に基づく便
     益を受けるための要件を満たしている者は、当該条約等の規定にしたがって、「適格な」又は「非適格な」処分のいずれ
     に該当するかにかかわらず、株式の処分に伴い発生する譲渡所得はイタリアでは課税対象とされない。
     イタリア国内に当該株式に事実上関連する恒久施設を保有しない非居住者である株主であって、イタリア国内に、イタリ

     アにおいて承認された仲介金融機関を通じて株式を保有しており、リスパルミオ・ジェスチートの対象となることを選択
     し、又はリスパルモ・アミニストラートの対象となる場合には、適用される条約等に基づき、イタリアでの譲渡所得に対
     する課税を免除されるためには、速やかに必要書類(居住国の税務当局が発行した居住者であることを証する証明書を含
     む。)を提出し、条約等に基づき、譲渡所得が非課税とされるための要件を満たしていることを証明することを求められ
     る可能性がある。
     取引所税

     取引所税(     tassa   sui  contratti     di  borsa   )は2008年2月28日法律第31号(Law                 No.31   of  February28,      2008.)によって廃

     止された。
     相続税及び贈与税

     2001年10月18日法律第383号(Law                No.  383  of  October    18,  2001.   以下「法律第383号」という。)によると、イタリア

     の相続税及び贈与税は、従来、死亡又は贈与による証券の譲渡に伴い支払義務が発生することとされていたが、2001年10
     月25日に廃止され、2006年11月26日法律第286号(Law                          No.  286  of  November     26,  2006)によって再度導入された。但
     し、受贈者と贈与者との関係に応じて、法律上いくつかの免除規定が定められている。
     イタリアの金融取引税

     イタリアの金融取引税(以下「FTT」という。)は、2012年12月24日法律第228号(Law                                         no.  228  of  24  December     2012)

     の第1条第491項から第500項によって導入された。FTTは、次の金融商品の所有権の譲渡に対して課税される。
     (i) イタリア居住者である会社が発行する株式、

     (ii)    イタリア民法第6章第2346条(sub.                 6 of  art.   2346   of  Italian    Civil   Code)の規制を受ける、イタリア居住者

        である会社が発行する参加型金融商品、及び
     (iii)(i)及び(ii)の金融商品を表象する有価証券(発行体の居住地、取引が実行された場所及び関係する当事者の

        居住地如何にかかわらない。)
     FTTとの関係において、会社の居住地は、法律上の所在地に基づいて判断される。

     FTTは、2013年3月1日以降に実行された株式の所有権の譲渡に対して適用される。FTTとの関係において、株式の所有権

     の譲渡は、関連する取引について実際に決済が行われた日において有効となる。FTTの支払義務者は、納税者の承諾があ
     る場合にはこれを契約上の決済日とすることができる。
     FTTは、取引価値(同一の対象者が実行した同一の金融商品にかかる日々の取引純残高                                         -  2013年2月21日付内閣府令

     (2013年2月21日付Ministerial                Decree)第4条)又は各取引について支払われた対価に対して適用される。FTTは、最
     終取得者が支払うべきものであり、関連する取引を仲介した者には適用されない。但し、金融取引に関与した非居住対象
     者が、情報交換規定を満たさない国(2013年イタリア税務当局命令第26948号(Italian                                         Tax  Authorities      Protocol     No.
                                  20/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2013/26948)に基づき2013年3月1日に公表された2013年指令第26948号(Directorial                                         Decree    No.  2013/26948、その後
     2013年指令40010号(Directorial                  Decree    No.  2013/40010)、2016年指令84383号(Directorial                          Decree    No.
     2016/84383)      及び2016年指令89888号(Directorial                  Decree    No.  89888/2016)により改正)が定めるリストに含まれない
     国をいう。)において設立されている場合には、執行された注文にかかる取得者又は最終当事者とみなされる。なお、日
     本は上記指定が定めるリストに含まれない。
     FTT標準税率は、店頭取引については0.20%、また、規制された市場又はEU加盟国若しくはホワイトリストに含まれる欧

     州経済領域加盟国が設立する多角的取引機関において実行される取引については0.10%とされている。
     2013年2月21日付内閣府令(2013年2月21日付Ministerial                            Decree)第15条及び16条によると、以下の取引は、FTTの課

     税対象とされない:新株発行(社債の転換による場合を含む。)、贈与又は相続による譲渡、社債及び債券の譲渡、レポ
     取引及び有価証券の貸付け、関連当事者間の取引、更生手続(資本調達の間接税に関する2008年2月12日付の理事会指令
     2008/7/EC(Council          Directive     2008/7/EC)第4条で定義されるところによる。)又は共同貯蓄投資法人団体の合併若し
     くは会社分割から派生する取引               、EU機関、ECB、EU加盟国の中央銀行又はイタリアが締結した国際協定により設立された
     機関が関与する取引、適格倫理的金融商品(qualifying                           ethical    financial     products)の取引、値付け(空売り及び一
     定のクレジット・デフォルト・スワップに関する2012年3月14日付の2012年欧州議会及び欧州評議会規則(EU)第236号
     (Regulation       (EU)   No.  236/2012     of  the  European     Parliament      and  of  the  Council)の第2(1)(k)条で定義されると
     ころによる。)、新規発行株式の流動性を確保するために行われる取引、インサイダー取引及び市場操作(市場における
     不正行為)に関する2003年1月28日付の欧州議会及び欧州評議会指令2003/6/CE(Directive                                           2003/6/CE     of  the  European
     Parliament      and  Council)及び2004年4月29日付の欧州委員会指令2004/72/EC(Commission                                   Directive     2004/72/EC)に
     より認められた発行株式の流動性をサポートする事業体、並びに、EU加盟国若しくはホワイトリストに含まれる欧州経済
     領域加盟国において設立された年金基金及びその他類似の団体。
     また、(売却年の前年の11月における)平均時価総額が500百万ユーロを超えない会社が規制された市場において交渉さ

     れ発行する株式の取引も、FTTを免除される。内閣府令(Ministerial                                 Decree)は、基準を満たす会社のリストを毎年12
     月に提供している。規制された市場/MTFにおける取引が認められた場合には、11月の平均時価総額の算出が可能となっ
     た年の翌年からリストへの参加が確認されることとなる。今年まで時価総額は500百万ユーロ未満であると推定されるこ
     とから、当該取引は免除される。
     FTTは、取引が実行された月の翌月16日までに、銀行、投資会社、公証人及び取引に直接関与したその他仲介機関により

     支払われなければならない。同一取引に複数の仲介機関が関与している場合、FTTは、取得者又は最終当事者から執行の
     指図を受けた仲介機関が支払わなければならない。
     FTTに関する規則及び義務を遵守するため、非居住者である仲介機関は、非居住者である仲介機関と連帯して責任を負う

     財務代理人を選任することができる。
     デリバティブ

     2013年7月1日から、FTTは、その主たる価値がイタリア居住者である会社が発行する株式及び参加型金融商品に関連付

     けられた(50%超の場合をいう。)デリバティブの取引についても課税される(取引の実行された場所、関係する当事者
     の居住地如何にかかわらない。)。
     FTTは、取引の各カウンターパーティによって支払われるべきものである。FTTは、デリバティブの種類及びその想定価格

     に応じて、所定の金額が課税される。
     ・ 店頭取引デリバティブについては、(1当事者ごとに)百万ユーロを超える取引につき200ユーロ以下。

     ・ 規制された市場又は多角的取引システムにおいて実行されるデリバティブについては、通常の課税標準に適用される

       税率から20%低い税率。
     (2)日本における課税

     日本の個人又は法人の所得が上記(1)で述べられたイタリアの租税の対象となる場合、かかる租税は、適用される租税

     条約、所得税法、相続税法及びその他の現行の関連法令に従い、その制限の範囲内で、当該個人又は法人が日本において
     支払うこととなる租税の計算上、税額控除の対象となる場合がある。
                                  21/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
      4【法律意見】

     当社のイタリア法に関する法律顧問であるLatham                       & Watkinsから、大要以下の趣旨の法律意見書が関東財務局長宛てに提
     出されている。
     (i)当社はイタリア法に基づき適法に設立され、有効に存続している。

     (ii)本書「第一部 第1 本国における法制等の概要」(但し、「3 課税上の取扱い」を除く。)におけるイタリア

     の法令に関する記述(但し、税務に関する法令を除く。)は、全ての重要な点において真実かつ正確である。
     当社のイタリアにおける税務顧問であるStudio                      Associato     (KPMG)から、大要以下の趣旨の法律意見書が関東財務局長宛

     てに提出されている。
     「第一部 第1 本国における法制度等の概要」の「3 課税上の取扱い (1)イタリアにおける税制」における記載

     は、イタリアの税制上の事項の概要を構成する限りにおいて、全ての重要な点において真実かつ正確である。
                                  22/302















                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     第2【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
     連結財務情報の概要

     以下の表には、それぞれIFRSに従い作成された2013年。2014年、2015年、2016年及び2017年12月31日に終了した事業年度

     の連結財務諸表から抜粋又は派生したデータが含まれる。
     以下の表と併せて、当グループの財務諸表、本書のその他の箇所に含まれる関連注記、「第3-7 財政状態、経営成績

     及びキャッシュ・フローの状況の分析」、及び「第6 経理の状況」に含まれる情報を読むことを推奨する。
     年次連結財務諸表の概要

     財政状態計算書のデータ

                                     12月31日現在

                        2013年   (1)    2014年   (2)    2015年   (3)    2016年   (4)    2017年   (5)

                                     (監査済み)
                                   (単位:百万ユーロ)
     非流動資産…………………………                    503.4       554.8       614.5       645.8       667.4

     流動資産……………………………                    322.2       372.3       397.6       506.0       712.6

     資産合計     ……………………………                825.6       927.1      1,012.1       1,151.8       1,380.0

     親会社株主に帰属する持分………                    307.5       419.5       546.2       703.5       923.4

     非支配持分…………………………                      3.1       1.1       0.6       0.1       0.1

     資本合計     ……………………………                310.6       420.6       546.8       703.6       923.5

     非流動負債…………………………                    244.1       240.4       212.3       176.0       159.4

     流動負債……………………………                    270.9       266.2       253.0       272.2       297.1

     資本及び負債合計         …………………            825.6       927.1      1,012.1       1,151.8       1,380.0

     (1)   2013年12月31日に終了した事業年度当時の当グループの監査済連結財務諸表からのデータ。

     (2)   2014年12月31日に終了した事業年度当時の当グループの監査済連結財務諸表からのデータ。

     (3)   2015年12月31日に終了した事業年度当時の当グループの監査済連結財務諸表からのデータ。

     (4)   2016年12月31日に終了した事業年度当時の当グループの監査済連結財務諸表からのデータ。

     (5)   2017年12月31日に終了した事業年度当時の当グループの監査済連結財務諸表からのデータ。

                                  23/302




                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     財務諸表の概要
     損益計算書のデータ

                                      連結財務諸表

                                  12月31日に終了した事業年度

                                    (単位:百万ユーロ)

                         2013        2014        2015        2016        2017

     売上高(収益)…………………                    580.6        694.2        880.4       1,040.3        1,193.7

     売上原価…………………………                    (166.5)        (192.5)        (225.5)        (252.3)        (276.2)

     売上総利益      ………………………

                         414.1        501.7        654.9        788.0        917.5
     販売費……………………………

                         (147.7)        (183.0)        (253.4)        (312.4)        (365.1)
     一般管理費………………………                    (57.9)        (66.0)        (79.5)        (94.1)       (108.6)

     広告宣伝費………………………                    (36.0)        (46.1)        (57.8)        (68.1)        (79.4)

     その他の営業収益及び費用              ……

                          (6.1)        (5.0)       (11.4)        (15.7)        (23.5)
                  ※
     営業活動に係る利益          ……………

                         166.4        201.6        252.7        297.7        340.9
     金融収益(費用)純額…………

                         (21.2)        (6.1)        (1.7)        (4.6)        (5.2)
     税引前収益      ………………………               145.2        195.5        251.0        293.1        335.7

     法人所得税………………………

                         (50.8)        (65.4)        (83.1)        (96.8)        (85.9)
     継続事業純利益        …………………

                          94.4       130.1        167.9        196.3        249.8
     非継続事業純利益………………

                         (16.0)          0.0       0.0        0.0        0.0
     当期純利益      ………………………

                          78.4       130.1        167.9        196.3        249.8
     非支配持分利益…………………

                          2.3       (0.2)         0.05        0.3        0.1
     親会社株主に帰属する当期純利益

                          76.1       130.3        167.9        196.0        249.7
     ※ 2016年及び2017年の損益計算書ではこの項目は「                        株式報酬費用      」となっている。

                                  24/302



                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     キャッシュ・フローのデータ
     以下の表は、2013年12月31日、2014年12月31日、2015年12月31日、2016年12月31日及び2017年12月31日に終了した事業年

     度にかかる当社のキャッシュ・フローを、当グループの監査済連結財務諸表から抜粋したものである。
                                         12月31日現在

                               2013年      2014年      2015年      2016年      2017年

                                       (単位:百万ユーロ)

     EBITDA(調整後)

                                191.7      232.9      300.0      355.0      411.6
     運転資本の変動
                                (10.4)      (50.2)      (13.8)        2.8      18.5
     その他短期及び長期債権/
                                (17.0)        25.1     (16.7)        16.4     (22.2)
     債務の変動
     資本支出
                                (34.3)      (50.2)      (67.6)      (63.3)      (73.5)
     除売却
                                (0.4)        0.7      1.5      1.0      1.0
     営業活動に用いられた/から得られた
                                130.4      158.3      203.4      311.9      335.4
     キャッシュ・フロー
     正味キャッシュ・フロー

                                (21.2)       (6.1)      (1.7)      (4.6)      (5.2)
     法人所得税
                                (50.8)      (65.4)      (83.1)      (96.7)      (85.9)
     フリー・キャッシュ・フロー
                                 58.4      86.8      118.6      210.6      244.3
     その他ブランド部門の譲渡による正味現金収支

                                 7.1      0.0      0.0      0.0      0.0
     その他の変動‐その他ブランド部門関連
                                 1.0      0.0      0.0      0.0      0.0
     非経常的収益/費用
                                (6.1)       (0.5)      (4.8)      (0.2)       0.0
     その他の資本の変動
                                  0.8      2.2     (21.7)       (19.6)        0.5
     配当
                                 (2.2)      (28.6)      (30.5)      (35.4)      (45.6)
     キャッシュ・フロー純額合計(組換済)
                                 59.0      59.9      61.6      155.4      199.2
     期首の正味の金融資産(負債)

                                (230.1   )   (171.1)      (111.2)       (49.6)       105.8
     期末の純金融負債(以下「NFD」という。)                     …
                                (171.1)      (111.2)       (49.6)       105.8      305.0
     正味の金融資産(負債)の総変動額
                                 59.0      59.9      61.6     (155.4)       199.2
      2【沿革】

     当社は、イタリア法に基づき、フオーリ・ダル・サッコ・エスアールエル(Fuori                                      dal  Sacco   S.r.l.)という名称のイタ
     リア法上の有限責任会社であるソシエタ・ア・レスポンサビリタ・リミタタ(                                     società    ▶ responsabilità        limitata    )と
     して2004年12月30日に設立された。当社の名称は、2008年12月31日にモンクレール・エスアールエル(Moncler                                                    S.r.l.)
     へ変更され、また、2011年3月25日に当社は、当時計画され後に中止されたMTAへの上場に関連して、イタリア法上の株
     式会社であるソシエタ・ペル・アジオニ(                    società    per  azioni   )に組織変更された。上場が中止となった結果、2011年7
                                  25/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     月8日において、当社は、モンクレール・エスアールエル(Moncler                                S.r.l.)という名称のイタリア法上の有限責任会社
     であるソシエタ・ア・レスポンサビリタ・リミタタに再度組織変更された。2013年9月23日の株主総会において、当社の
     株 主は、MTAへの上場に関連して、当社をイタリア法上の株式会社であるソシエタ・ペル・アジオニに組織変更すること
     を決議した。当社は、2013年10月1日付でモンクレール・エスピーエー(Moncler                                       S.p.A)という名称のソシエタ・ペ
     ル・アジオニへと組織変更され、2013年10月2日に会社登記簿に登記された。
     2017年12月31日現在の当社の資本金は、254,778,741株の当社無額面株式にかかる                                       50,955,748.20       ユーロである。全ての

     発行済株式は、有効に発行され、また、全額払込み済みである。
     2013年12月16日、当社株式はイタリア証券取引所に上場された。

     モンクレールブランドの沿革

     モンクレールブランドは、1952年にグルノーブル近郊の山々の小さな村であるモネスティエ・ドゥ・クレルモン

     (Monestier-de-Clermont)で、登山用のスポーツ衣料として生まれた。
     1954年、モンクレールは初のナイロンダウンジャケットを製造した。同年、モンクレールの製品はK2へのイタリア遠征隊

     に、そして1955年にはマカリュへのフランス遠征隊に装備品として選ばれた。
     1968年には、モンクレールがグルノーブル冬季オリンピックでフランスアルペンスキーチームの公式サプライヤーとなっ

     たことで、ブランドの認知度がさらに向上した。
     1980年代には、モンクレール製品は都市でも日常的に使用されるようになり、若い顧客の間で流行した。

     2003年にレモ・ルッフィーニ(Remo                 Ruffini)が当グループに出資した時から、当ブランドはブランドのポジションの再

     定義を開始し、これによりモンクレール製品はより独特で独創的な方向性の追求を進めた。
     レモ・ルッフィーニ(Remo             Ruffini)     のリーダーシップの下、モンクレールは明確かつシンプルな哲学を追求した。それ

     はすなわち、最高品質の、「時代を超越した」ユニークな製品を創造することである。
     「山に生まれ、街に住む。」という標語は、モンクレールブランドが純粋にスポーツのためだけに使用されている製品ラ

     インから、あらゆる性別、年齢、身分、文化の顧客があらゆる場面で着用できる多様なラインまでどのように進化したか
     を示してる。
     モンクレールの製品群は長年にわたって拡大しており、現在では以下の分野に及んでいる。様々な用途のために高品質な

     ハイファッションとクチュールコレクションを融合したモンクレールメインコレクション。ストリートウェア。技術的で
     革新的な側面をより強調したモンクレール・グルノーブル。また、靴や革製品(鞄、バックパック、荷物)、眼鏡・サン
     グラス(Moncler        Lunettes)のライン、Moncler              Enfantライン(0-14歳向け)などがある。
     2013年に、当社はイタリア証券取引所のMTAに1株当たり10.20ユーロで上場しました。

     2015年には、韓国において、従前は当グループの販売店であった新世界インターナショナル                                          (Shinsegae

     International)        との合弁会社を設立し、当グループが事業を運営するすべての市場を当グループが直接コントロールす
     る体制を確立した。
     同年、独自のノウハウをさらに強化するための戦略が実施され、ダウンジャケットの工業技術研究開発拠点を創出し、製

     造の一部分を垂直化するという目的で、ルーマニアにおいて当グループの最初の生産拠点が買収された。このプロジェク
     トは、約600人従業員を追加で雇用し、2016年に完了した。
     2016年には、当グループの売上高が10億ユーロを超えた。

     2017年11月、当社は、長年グループのMoncler                      Gamme   BleuコレクションとMoncler             Gamme   Rougeコレクションのクリエイ

     ティブディレクターを務めたデザイナーThom                     BrowneとGiambattista           Valliとのパートナーシップが、2018年春/夏シーズ
     ンをもって終了すると発表した。2018年2月、モンクレールは新しいクリエイティブ・コミュニケーション・プロジェク
                                  26/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     トであるMoncler        Geniusを発表した。このプロジェクトでは、8人のクリエーターがモンクレールの単一プロジェクトに
     参加し、各自の独自性をもちより、ブランドの再解釈を可能にすることが想定されている。
     モンクレールブランドの主要な歩み

     1952年

     ルネ・ラミリオン(René            Ramillon)とアンドレ・ヴィンセント(André                      Vincent)が、グルノーブルの近くの山々で
     Monclerブランドを創設。
     1954年

     モンクレール初のナイロンダウンジャケットを製造し、                          K2へのイタリア遠征隊に製品             を供給した。その翌年、           マカリュへ
     の遠征隊の後援も行った。
     1968年

     モンクレールがグルノーブル冬季オリンピックでフランスアルペンスキーチームの公式サプライヤーに選定される。
     1980年代

     モンクレールの製品は、街や都市で人気を博し始め、流行のファッションとなる。
     2003年

     レモ・ルッフィーニ(Remo             Ruffini)が当グループの株主となる。
     2006年

     婦人向けコレクションのガム・ルージュ(                    Gamme   Rouge   )を立ち上げる。
     2007年

     最初の都市部の店舗を、パリのセント・オノレー中心街にオープンする。
     2009年

     紳士向けコレクションのガム・ブルー(                   Gamme   Bleu  )を立ち上げる。
     2010年

     グレノーブル(       Grenoble    )コレクションがニューヨークでデビューする。
     2013年

     当社がイタリア証券取引所に上場する。
     2014年

     「K2‐60年後」探検隊に特殊技術を用いた装備を提供する。
     2015年

     当社の最初の持続可能性に関する報告書(Sustainability                           Report)と、持続可能性プラン(Sustainability                       Plan)を発
     表する。
     当社が直接コントロールする合弁会社を韓国に設立する。
     ルーマニアの生産拠点を買収する。
     2016年

     ルーマニアの生産拠点の設立を約600名の従業員の追加雇用によって完了させ、現在は買収した際の従業員とあわせて900
     名体制で運営している。
     当グループの売上高が10億ユーロを超える。
     2017年

     Gamme   BleuコレクションにおけるThom               Browne、及びGamme         RougeコレクションにおけるGiambattista                    Valliとのコラボ
     レーションの終了を発表した。モンクレールは2018年秋冬コレクションから、新しい創造的プロジェクトMoncler                                                     Genius
     を開始する。
                                  27/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
     当事業年度末日現在の当グループを構成する企業群は、以下の図のとおりである。
                                  28/302




















                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当グループの2017年12月31日に終了した事業年度にかかる連結財務諸表には、親会社である当社、当社が直接支配する法
     人であり、中間持株会社であるインダストリーズ・エスピーエー(Industries                                     S.p.A.)、及び当社が直接又は間接に過
     半数の議決権を保有し、又は財務的及び運営面でのその他の方法で支配し若しくは経済的利益を享受するする35の連結子
     会 社が含まれる。
     モンクレール・エスピーエー              (Moncler     S.p.A.)

                                 モンクレール・ブランドを保有する親会社
                                 海外の会社とイタリア国内の販売店(小売店、卸売店)を

     インダストリーズ・エスピーエー(Industries                      S.p.A.)      運営し、モンクレール・ブランドのライセンスを行う中間
                                 持株会社
     インダストリーズ・イールド・エスアールエル
                                 アパレス製品の製造を行う会社
     (Industries      Yield   S.r.l.)
     ホワイト・テック・エス・ピー・ゼットオー・オー
                                 ダウンの品質管理を行う会社
     (White    Tech   S.  p.  zo.  o)
     モンクレール・ドイチュランド・ゲーエムベーハー
                                 ドイツ及びオーストリアにおける直営店の運営及び物品の
     (Moncler     Deutschland      GmbH)
                                 プロモーションを行う会社
     モンクレール・ベルギー・エスピーアール
                                 ベルギーにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Belgium    S.p.r.l.)
     モンクレール・デンマーク・エーピーエス
                                 デンマークにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Denmark    Aps)
     モンクレール・エスパニア・エスエル
                                 スペインにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     España    SL)
     モンクレール・フランス・エスエーアールエル
                                 フランスにおける直営店の運営及び物品のプロモーション
     (Moncler     France    S.  ā.  r.  l.)
                                 を行う会社
     モンクレール・イスタンブール・ジユイム・ヴェ・テクス
     チル・チカレット・リミテッド・エスティーアイ
                                 トルコにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Istanbul     Giyim   ve  Tekstil    Ticaret    Ltd.
     Sti.)
     モンクレール・オランダ・ビーヴィー
                                 オランダにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Holland    B.V.)
     ンクレール・ハンガリー・ケイエフティー
                                 ハンガリーにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Hungary    KFT)
     モンクレール・カザフスタン・エルエルピー
                                 カザフスタンにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Kazakhstan      LLP)
     モンクレール・ノルウェー・エーエス
                                 ノルウェーにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Norway    AS)
     モンクレール・プラハ・エスアールオー
                                 チェコ共和国において直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Prague    s.r.o.)
     モンクレール・ルス・エルエルシー
                                 ロシアにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Rus  LLC)
     モンクレール・スイス・エスエー                (Moncler     Suisse    SA)
                                 スイスにおいて直営店の運営を行う会社
     チオリナ・モンクレール・エージー                 (Ciolina     Mpncler
                                 グシュタード(スイス)において直営店の運営を行う会社
     AG)
     モンクレール・シルト・ゲーエムベーハー
                                 シルト(ドイツ)において直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Sylt   GmbH)
     モンクレール・ユーケー・リミテッド                  (Moncler     UK  Ltd)
                                 イギリスにおいて直営店の運営を行う会社
     モンクレール・アイルランド・リミティッド
                                 アイルランドにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Ireland    Limited)
     モンクレール・ミドル・イースト・エフジー・エルエル
                                 中東における持株会社
     シー   (Moncler     Middle    East   FZ-LLC)
     モンクレール・スウェーデン・エービー
                                 スウェーデンにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Sweden    AB)
     モンクレール・ユーエーイー・エルエルシー
                                 アラブ首長国連邦において直営店を運営する予定の会社
     (Moncler     UAE  LLC.)
                                  29/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     モンクレール・ブラジル・コメルシオ・デ・モダ・エ・ア
     セソリオス・リミタダ           (Moncler     Brasil    Comércio     de
                                 ブラジルにおいて直営店の運営を行う会社
     mode   e acessórios      Ltda.)
     モンクレール・カナダ・リミテッド
                                 カナダにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Canada    Ltd)
     モンクレール・メキシコ・エス・デ・アールエル・デ・
                                 メキシコにおいて直営店を運営する予定の会社
     シーヴィー      (Moncler     Mexico,    S.  de  R.L.   de  C.V.)
     モンクレール・メキシコ・サービス・エス・デ・アールエ
                                 メキシコにおいてモンクレール・メキシコ・エス・デ・
     ル・デ・シーヴィー          (Moncler     Mexico,    Services,     S.  de
                                 アールエル・デ・シーヴィーに対するサービス提供を行う
     R.L.   de  C.V.)                        予定の会社
     モンクレール・ユーエスエー・インコーポレーテッド
                                 北米において物品の販売及びプロモーションを行う会社
     (Moncler     USA  Inc)
     モンクレール・ユーエスエイ・リテール・エルエルシー
                                 アメリカ合衆国において直営店の運営を行う会社
     (Moncler     USA  Retail    LLC)
     モンクレール・アジア・パシフィック・リミテッド
                                 香港及びマカオにおいて直営店の運営を行う会社
     (Moncler     Asia   Pacific    Ltd)
     モンクレール・ジャパン・コーポレーション
                                 日本において直営店の運営及び物品の販売並びにプロモー
     (Moncler     Japan   Corporation)
                                 ションを行う会社
     モンクレール・上海・コマーシャル・カンパニー・リミ
                                 中国において直営店の運営を行う会社
     テッド    (Moncler     Shanghai     Commercial      Co  Ltd)
     モンクレール・新世界・インク
                                 韓国において直営店の運営及び物品の販売並びにプロモー
     (Moncler     Shinsegae     Inc.)
                                 ションを行う会社
     モンクレール・シンガポール・ピーティーイー・リミ
                                 シンガポールにおいて直営店の運営を行う会社
     ティッド     (Moncler     Singapore     Pte.   Limited)
     モンクレール・台湾・リミテッド(Moncler                    Taiwan
                                 台湾において直営店の運営を行う会社
     Limited)
     モンクレール・オーストラリア・ピーティーワイ・エル
                                 オーストラリアにおいて直営店の運営を行う会社
     ティーディー       (Moncler     Australia     PTY  LTD)
                                  30/302











                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     モンクレールの理念
     モンクレールの哲学は、当グループの価値に根ざしており、固有の歴史に本質的に結びついている。長年にわたり、ブラ

     ンドは目を見張るような登山探検と先駆的な取り組みの中心にあった。モンクレールは、スポーツ、山、アウトドア活
     動、そして自然の中で最も長い歴史を有している。モンクレールは、シンプルでありながら堅実な原則に基づき、一貫し
     て忠実にその理念に基づいており、その内容について、当社の社長兼最高経営責任者(CEO)のレモ・ルッフィーニ
     (Remo    Ruffini)は次のように述べている。
     「過去がなければ現在や将来はない。モンクレールはユニークなブランドであり、その製品は、創造性、最高の品質、そ

     してブランドの本質を見失うことのなく絶え間ない進化を続ける。」
     モンクレールはユニークな伝統とブランドポジションを有している。60年以上の歴史を持つこのブランドは、ファッショ

     ンのトレンドに耐えうる革新的で汎用性のある製品を通してDNAを伝え、時代を超越している。モンクレールの製品は、
     スポーツや自然に対するの愛情から生まれた価値に触発され、特別な優雅さと品質の卓越性をもたらす。モンクレール
     は、品質管理に重点を置いた統合ビジネスモデルを採用し、付加価値の高い活動をバリューチェーン内で直接管理し、調
     整している。そのため、モンクレールはサプライチェーン全体の責任感を高めることを不可欠の要素として重視してい
     る。
     ビジネスモデル

     モンクレールの統合された柔軟なビジネスモデルは、最大の価値を付加する生産段階を直接制御し、すべての作業の中核

     となる品質の追求を目指している。
     モンクレールのコレクション

     モンクレールの成功は、ユニークで一貫したブランド戦略に基づいている。ブランド戦略は、ブランドの歴史に強く「固

     定」された革新的な製品を開発する能力に左右される。                           伝統、ユニークさ、品質、イノベーションは、モンクレールで
     「贅沢」の概念を定義するために使用される。
     2003年に、レモ・ルッフィーニが当グループに投資を行ったことによって始まった当グループの道のりは、妥協ないブラ

     ンド戦略を一貫して追求してきた。
     モンクレールの核心とオリジナリティの源泉は「アーカイブ」であり、ブランドの最初のコレクションがインスピレー

     ションを受け、モンクレールのコレクションの中心的かつ重要な部分を占め続けている。
     アーカイブに触発されたすべての製品は、常に古典的なモンクレールのロゴが付されています。しかし、モンクレールの

     コレクションには、多くの「ロゴなし」と「ロゴなし」の製品も多数含まれる。                                      実際、ロゴは常にMonclerの戦略と統合
     されている。
     モンクレールのコレクションは、Special                    ProjectsとGammesに携わる何人ものデザイナーの長年にわたる努力により、豊

     かなものとされてきた。
     2006年には、オートクチュールの伝統に縛られ、現在はGiambattista                                  ValliによってデザインされるMoncler                   Gamme

     Rougewasが立ち上げられた。              2009年には、Thom         Browneによって設計されたMoncler                 Gamme   Bleuwasが、テーラーメイド
     アプローチとブランドのスポーツ面の完璧な組み合わせを表している。
     2010年には、モンクレールとそのルーツの間の結びつきをさらに強化し承継していくため、グルノーブルコレクションが

     いくつかのスキー製品に着想を得て創造された。
     モンクレールのデザイナーのチームは、コレクションによって細分化され、デザインガイドラインを設定し、それらがす

     べてのコレクションと製品カテゴリにわたって均一に実装されることを確実にするRemo                                         Ruffiniの厳密な監督下で運営さ
     れている。デザイン部門は、コレクションの作成をサポートし、創造的なアイデアを生み出す商品化及び製品開発チーム
     によって支援され、サポートされている。
                                  31/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     ダウン
     当社の歴史の中で、ダウンはモンクレールのアウターウェアの中心であり、徐々にブランドそのものと見なされてきた。

     長年の経験と継続的な研究開発の組み合わせにより、当社は原材料としてのダウンと衣服製造プロセスに関する知識の両
     面で、この分野で独自の専門知識を得ることに成功した。
     モンクレールは、すべてのサプライヤーが最高品質基準に準拠していることを保証している。長年に渡って、これらの基

     準は、製品の差別化の重要なポイントであり続けている。ブランドの衣服には最高の白いガチョウのみが使用される。
     ファインダウンコンテンツと「フィルパワー」はダウン品質の主な指標である。モンクレールダウンは少なくとも90%の

     細かいダウンを含み、暖かく、柔らかく、軽くユニークな快適な衣服に最適な710(30グラムの立方インチ/立方インチ)
     以上の充填力を誇る。ダウンタイムの各バッチには、最も厳しい国際基準と会社が課した厳しい品質要件に基づいて設定
     された11の重要なパラメータを遵守しているかどうかを評価するための2段階チェック手順が適用される。                                                  2016年には約
     800回のテストが行われた。当社にとって「品質」はそれ以上の意味を有するものである。ダウンの原料と動物福祉の尊
     重もモンクレールの基本である。原材料を調達し購入する際、モンクレールはこれらの側面を素材そのものの品質と同じ
     くらい重要と考えている。
     動物福祉とトレーサビリティ:DIST議定書

     モンクレールは、動物福祉を確保するための取り組みの一環として、すべてのダウン・サプライヤーがダウン・インテグ

     リティ・システム&トレーサビリティ(DIST)議定書の厳しい基準を遵守することを要求し、遵守している。                                                    2015年以
     降、当グループが適用するDIST議定書では、農業と動物の福祉、トレーサビリティ、技術的な質の低下の基準が定められ
     ている。     モンクレールはDIST認定品のみを購入している。
     サプライチェーンのすべてのレベルで満たさなければならない重要な要件は次のとおりである。

     ダウンは、養殖されたガチョウと食物連鎖の副産物からのみ得られなければならない。

     動物の生き抜きや強制給餌は認められていない。

     モンクレールのダウンサプライチェーンは合理的に垂直統合されており、ガチョウの牧場、肉生産のために動物を屠殺

     し、引き続いて屠殺する屠殺場、および屠殺場の洗浄、清掃、選別および処理を担当する会社                                             原材料のトレーサビリ
     ティ、動物福祉への敬意、サプライチェーン全体での最高の品質を保証するために、すべてのサプライヤーは議定書と綿
     密に遵守しなければならないこととされている。
     DIST議定書は、2014年に設立された複数の利害関係者フォーラムとのオープンで建設的な取り組みの成果であった。この

     フォーラムは、様々なステークホルダーの期待を考慮し、動物福祉と製品トレーサビリティに関する包括的なアプローチ
     を確保した。
     議定書は動物福祉を革新的な方法で評価する。                      DISTは、農業環境に焦点を当て、最新の欧州連合のガイドラインに従う

     伝統的なアプローチと並んで、「動物ベースの措置」(ABMs)を注意深く観察して動物福祉を評価し、より信頼できる評
     価を行う。
     モンクレールは、DIST議定書の遵守を証明するために、オンサイトの監査プロセスに常に関わっている。                                                 監査の公平性

     を最大限に確保するため、次の施策を講じている。
     

     実施される。
     •認証機関の業務は、認定された外部組織によって監査される。

     監査を初めて2年目となる今年度は、モンクレールがサプライチェーンと農業の実践についてさらに知る助けとなるもの

     であった。      このプロセスに投資されたエネルギーと資源は、食糧連鎖の副産物であることを考慮すると、より顕著な結
     果をもたらした。
     2016年には、合計119件の独立した監査を実施した。

                                  32/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     製造
     モンクレールの製品は、最大の価値が付加されているすべてのフェーズを直接制御できるビジネスモデルに基づいて設

     計、製造、配布されている。
     Monclerは、創作フェーズ、原材料の購入、プロトタイプの開発を直接管理しており、生産段階の「カットメイクトリ

     ム」フェーズ(ファソン)は、第三者製造業者に部分的に割り当てられ、内部的に部分的に管理される。
     原材料の購入はバリューチェーンの主要分野の1つである。実際、市場の地位とその価値観に照らして、モンクレール

     は、業界で最も高い基準を満たさなければならない衣服に使用されるダウンの質と、極端に厳密でなければならないファ
     ブリックの使用の両方に焦点を当てており、高度な機能と美的機能を提供することができる。テキスタイルや衣服アクセ
     サリー(ボタン、ジップなど)は、イタリアと日本を中心に最高品質基準を満たす国から購入されている。ダウンはヨー
     ロッパとアジアから購入している。
     「カットメイクトリム」フェーズ(ファソン)は、最近ルーマニアに設立された第三者メーカーとモンクレール製造工場

     の両方で実施されている。
     モンクレールと協働するサードパーティサプライヤーは、主にダウンジャケットの生産のために世界最高水準の品質基準

     を確保できる東欧諸国に存在する。                 モンクレールは、製品の品質、ブランド保護、現行法およびMoncler倫理綱領および
     サプライヤー行動規範(2016年11月承認)に関するコンプライアンスの側面をチェックするように設計された監査を実施
     することにより、これらのサプライヤーを直接監督している。
     モンクレールは現在、約460のサプライヤーを使用しており、原材料、ファソン、完成品、サービスの4つのカテゴリーに

     分かれている。        モンクレールのトップ50のサプライヤーは、すべてのサプライ品の価値の72%を占めている。
     ハイエンドラインのGamme            RougeとGamme       Bleuは、イタリアで生産されており、フランスとイタリアのオートクチュール

     に着想を得ている。
     販売

     モンクレールは、直営店舗(オンラインショップ)とオンラインストアからなる小売チャネルと、デパートのマルチブラ

     ンドドアと店舗ショップで表される卸売チャネルを通して、主要市場に出店している。
     モンクレールの戦略は、小売だけでなく卸売の分野においても、直接組織を通じて運営されている流通チャネルの管理を

     行うことである。
     近年では、主に2016年に連結売上高の73%を占める小売チャネルの開発を通じてビジネスが成長している。オンラインス

     トアmoncler.comは、現在グループのすべての市場で活躍しており、ますます重要性が増している。
     卸売チャネルは、モンクレールにとって戦略的に重要な意義を有している。当社グループは長年にわたり高度に選択的な

     販売方針を導入し、店舗の数を徐々に削減し、顧客の注文数量を厳しく管理しているため、世界中の有力な高級マルチブ
     ランド店や百貨店にのみ出店している。
     Monclerブランドの製品は、2017年12月31日現在、直営店201店(DOS)と59の卸売形態の店舗内店舗であり、そのうち12

     はMoncler     Enfantラインの店舗である。
                                     2017年      2016年      純増数

                                          201             11

                                                190
         単一小売店
                                          21             2

                                                 19
         イタリア
         ヨーロッパ・中東・アフリカ(イタリアを除く)

                                          59       55      ▶
                                          96             3

                                                 93
         アジアその他の国々
                                  33/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
                                          25             2

                                                 23
         アメリカ諸国
                                          59       42      17

         単一ブランド卸売
     当社は2016年には、世界の一流のロケーションに直営店17店を開設した。その中には以下の店舗が含まれる。

       ・ロンドンのボンドストリートとニューヨークのマジソンアベニューの旗艦店

       ・韓国の独立店のソウルで最も高級なショッピング街であるクオンドンダムへの移転

       ・ハワイに2つ目の店舗を、サンフランシスコとワシントンに2店舗を開設し、グループの北米におけるプレゼンス

        を強化
     さらに、2016年には、高級百貨店内の8つの単一ブランド卸売店を出店した(ベルリンのKa.De.We.店の小売店への転換

     を含む。)。これにはSaks             Fifth   Avenueへの婦人服単一ブランド店、及びBergdorg                       Goodmanへの紳士服単一ブランド店
     の出店も含まれる。
     当社がこのように多数の店舗において製品を販売することができるのは、物流活動の管理方法に最新の注意を払ているた

     めである。      この分野でも、当社はプロセスの最適化に注意を払い、環境への影響とコストの両立している。                                              具体的に
     は、当社は2015年以来、完成品の輸送に使用する梱包に変更を加え、消費量を削減し、輸送スペースを最適化した。                                                       ま
     た、可能な場合は海上輸送を促進する方針を導入している。これにより、さらなる環境負荷の低減が可能となる。
     マーケティングとコミュニケーション

     モンクレールの会長兼CEO、レモ・ルッフィーニは、「日々、克服すべき新たなチャレンジがやってくる。」と述べてい

     る。冷たい超高層ビルのような氷河。旅立ちの興奮と静寂。                             冒険が自然との出会いを導き、日常生活の挑戦をもたら
     す。これらの極限的な場面において、モンクレールは2つの世界のバランスをとる服をデザインし、ますます多様化する
     世界的な需要に対応するジャケットを作るために境界を押し広げる。
     モンクレールは60年以上にわたり最先端を走っており、ユニークな伝統を強く受け継いでいる。しかし、ユニークな背景

     を持つことは、それがその物語をどのように伝えるかについて個性がなくてはならないことを意味している。モンクレー
     ルは常にこの個性を追求してきた。この精神に根ざしたブランドのマーケティングとコミュニケーションは、モンクレー
     ルを国際的に有名な高級ブランドとして確立することに貢献した明確な戦略を通じて、その価値を強化し、その意味を伝
     えることを目指している。すべてのモンクレールのマーケティングイニシアチブは、高いブランド評価を維持することを
     目的として、会社の価値と製品とターゲット顧客との一貫性を確保することを目指している。これらの原則は、新しいコ
     レクションの提示から小売および卸売販売活動まで、バリューチェーンのあらゆる段階において貫かれており、国内外の
     新聞(印刷物と電子版)をはじめ、ソーシャルメディア、ブティックでのショー、プロモーション、スポンサーシップ、
     イベント等の広告やコミュニケーションに取り入れられている。
     ウィンドウディスプレイ

     ブティックのウィンドウディスプレイはブランドのマーケティング戦略の重要な部分を構成し、モンクレールのアイデン

     ティティを自由に表現することで、アートと創造性の無限の可能性のある相互関係を継続的に探求している。無限の創造
     性  - 真の情熱と革新能力          – これらがブランドの価値観となっている。モンクレールのブティックでは、毎回独自性のあ
     る物語を展開披露することにより、常に高い認識率と独特の感性を保っている。
     広告キャンペーン

     革新的なアプローチの一環として、モンクレールはまた、広告キャンペーンをブランドの特徴として際立たせている。当

     社がレモ・ルッフィーニ氏の主導のもとで再出発を試みた時期、初期の広告キャンペーンは、その伝統を確立するため
     に、製品とモンクレールの背景に重点を置いていた。以来、ブルース・ウェーバーやアニー・ライボビッツなどのトッ
     プ・フォトグラファーが、ブランドの焦点を絞り、ブランドイメージをモンクレールの本質的な価値観に反映させ、文化
     としての写真と自然の相互作用を強調している。2014年以来、モンクレールは、革新的で新鮮なビジュアルスタイルを使
     用して、常に世界中のどこにでも、どんな緯度でも、どんな季節にも適した、モンクレールのアウターウェアの世界的な
     使用に関する写真を使用している。
                                  34/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     デジタル対応
     デジタル通信は当社にとって戦略的役割を果たしている。2016年のブランドイニシアチブは、ウェブ、ソーシャルメディ

     ア、モバイルに特化した多大なリソースと投資を伴う包括的なデジタルプラットフォームを通じて実施された。                                                     電子商
     取引サイトmoncler.comは、グループのデジタル・フラッグシップであり、商品の範囲と商業戦略の両方において、ブラ
     ンドの「物的」リテール政策を完全に反映している。モンクレールは、2016年にさまざまな方法でユーザーエクスペリエ
     ンスを向上させ、Shop           by  Lookセクションの立ち上げにより、顧客サービスレベルをさらに高めた。
     デジタルマーケティングでは、2016年にすべてのデジタル広告投資の効率を向上させ、ビッグデータ(構造化されたデー

     タベースや画像などの非構造化されたソースを含むさまざまなソース(電子メール、GPSデータ、ソーシャルネットワー
     クを含む)から構築された相互関連するデータセット)の分析に力を注いだ。当社はまた、2016年のオンラインキャン
     ペーン計画のためのメディア予算を増加させた。当社は、日本でのモバイル指向に対応するため、「LINE」におけるキャ
     ンペーンなどの取り組みを通じて、世界的なソーシャルメディアのブランドプレゼンスを強化した。
     イベント及びファッションショー

     モンクレールは、世界各地のブランドイベントで他に先駆けて革新的な新しい表現方法を採用し、ユニークで独創的なコ

     ミュニケーションの方法で常に際立ってる。2016年には、企業イベント、ファッションショー、新規出店、CRMイベント
     など、126以上のイベントを開催した。独特なアプローチのイベントは、現代美術に直接影響を受けたライブパフォーマ
     ンスを特集し、現在はモンクレールのシグネチャースタイルとして知られるようになっている。2016年の特に重要なイベ
     ントは、は、ロンドン、ソウル、ニューヨークの旗艦店開設に伴うイベントであった。
     2016年10月初旬、モンクレールはボンドストリートに新しいロンドン旗艦店をオープンし、モンクレールフリーズの発売

     を記念した。このチャリティアートプロジェクトは、ロイヤルカレッジオブアート(Royal                                          College    of  Art)と提携して
     計画されており、若いクリエイティブな才能を支えるための当社のコミットメントの一環である。
     2016年10月下旬、モンクレールは韓国初の旗艦店とソウルの新しい場所に移転した。市内の主要ショッピング街の一つで

     ある清潭洞にある新しい400平方メートルのスペースにオープンし、ライブミュージックとDJによるイベントが行われ
     た。
     2016年11月、モンクレールは、ニューヨーク市の中心部であるディソンアベニューに延床面積600平方メートルを有する

     アメリカにおける最初の旗艦店を開店した。米国では、ニューヨークへの賛辞を込め、Thom                                           Browneのアートをデザイン
     に使用した当社ブランドの象徴であるダウンジャケットを発売し、ニューヨークの有名なディレクター、Spike                                                    Leeによ
     るショートフィルムが上映された。
     従来同様、Moncler         Gamme   Bleu、Moncler       Gamme   Rouge、Moncler        Grenobleの各コレクションのショーも実施している。

     当社はミラノ、パリ、ニューヨークのファッションショーを毎年5回開催している(Moncler                                             Gamme   Rougeはパリで2
     回、Moncler      Gamme   Bleuはミラノで2回、Moncler               Grenobleはニューヨークで1回)。                  すべてのイベントで、モンク
     レールのブランドの独創性とユニークさを伝える画期的なショーを主催し、国際メディアと主要なマルチブランドの卸売
     顧客との関係を強化し、主要なオピニオンリーダーやステークホルダーとのコミュニケーションもはかることができた。
     偽造防止

     ブランド保護

     モンクレールは、当社の製品の価値と信頼性を保護し、知的財産権を保護するために多大なエネルギーと資源を費やして

     いる。
     当社内の専門家から構成される知的財産及びブランド保護部門を通じて、当グループは、各国当局と調整を行い、民間調

     査、民事手続及び刑事捜査などの様々な方法での偽造との戦いにおいて、引き続き積極的に活動している。2016年にこの
     厳格な方針により、38,000を超える当社製品の偽造品と、44,000を超える当社のアクセサリーの偽造品が押収された。当
     社はまた、不正なウェブサイトを閉鎖したり、ソーシャルメディア上のリンクや広告を削除するなど、オンラインの監視
                                  35/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     にも多大な労力を費やしている。                2016年には約53,000件の偽造品のオンラインオークションが閉鎖され、偽造品を販売
     していた1,100のウェブサイトがブロックされた。
     知的財産及びライセンス

     商標及び商号

     本書提出日において、当グループが事業において使用する主要な商標及び商号は、「モンクレール」及び次の商標であ

     る。
     この商標及び商号(ドメインやロゴのようなバリエーションを含む。)は、当グループが関連するアパレルやアクセサ



     リー商品を販売する国において登録されている。加えて、当グループは、ジャケット、靴及びカバンのいくつかのデザイ
     ンについては、知的財産登録をイタリア、EU及びアメリカ合衆国において行っている。
     ライセンス

     当グループは、いくつかの企業(企業間契約やジョイントベンチャー契約を含む。)と、当グループの商品の製造・販売

     のためのライセンス契約を締結している。モンクレール・エスピーエー(Moncler                                      S.p.A.)が保有するモンクレールのブ
     ランドは、インダストリーズにライセンスを行っている。以下の表は、対象となる地域、契約の範囲及び有効期限を含む
     当グループのライセンス契約の条件の概要である。
               ライセンシー        ブランド        地域/商品           締結日/更新日             有効期限

       ライセンサー
      モンクレール・エス         インダストリー        モンクレール        —全地域         2017年7月31日              ᐀㈀ ㄀㝞琀㄀㉧ࠀ㌀ㅥ
      ピーエー(Moncler         ズ・エスピー                —モンクレールが商                       在、当事者はさら
               エ     ー          品を開発し、「イン                       なる期間延長に向
      S.p.A.)
               (Industries               ダ ス ト リ ー ズ                けて準備してい
                              (Industries)」が                       る。
               S.p.A.)
                              マーケティング及び                        —ライセンサー
                              販売を行うための運                       は、一定の事象が
                              営契約                       発生したときに契
                                                     約を終了すること
                                                     ができる(例:支
                                                     払義務の不履行及
                                                     び知的財産権違
                                                     反)
      モンクレール・エス         マーコリン・グ        モンクレール        ᐰ꼰ﰰ䱕         2015年9月22日              2020年12月

      ピーエー(Moncler         ル   ー   プ          標を登録している全
               (Marcolin               地域
      S.p.A.)
               Group)
     (1)  アルタナ(Altana)との間の合弁契約は、2013年12月31日で有効期間が満了しており、2014年1月1日から、モンク

       レール・アンファント(Moncler               Enfant)は、当グループによって直接運営されている。
      4【関係会社の状況】

      (1)親会社
     当社の主要な直接株主については、「第5―1株式等の状況(4)大株主の状況」を参照のこと。

      (2)子会社及び関連会社

                                  36/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当社の子会社及び関連会社については「第6-1 財務書類 監査済年次連結財務諸表」の注記3を、当社役員との兼任
     状況については「第5―4 役員の状況」を、当社と子会社との取引関係については「第6―1 財務書類」を参照のこ
     と。
      5【従業員の状況】

     下記の表は、本書提出日現在における当グループを構成する子会社及び関係会社の状況である。
     従業員

     2017年12月31日現在、当グループが雇用している従業員の数(フルタイム相当)は3,066人であり、そのうち約50%は直

     営店において雇用されている。2016年からの人員数の増加(+366人)は、主に直営店の出店拡大と、ルーマニアにける
     製造活動の拡大によるものである。
     以下の表は、記載された期間における、所在地ごとの従業員の平均人数を示している。

                                  12月31日を末日とする年度

                                 2017年           2016年

                                  723           665

     イタリア……………………………………………………
                                 1,244           1025
     ヨーロッパ・中東・アフリカ(イタリアを除く。)…
                                  844           771
     南北アメリカ大陸…………………………………………
                                  255           239
     アジア及びその他の地域…………………………………
                                            2.700
     合計   ………………………………………………………
                                 3,066
                                            1,315
                                 1,444
      うち直営店
     12月31日時点では、70%の従業員が女性であり、この比率は2016年12月31日現在の割合と同水準である。

     当社は、若年層の雇用にも力を入れており、30歳未満の従業員の割合は34%となっている。

                                  37/302











                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     第3【事業の状況】
      1【業績等の概要】
     「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

      2【生産、受注及び販売の状況】
     「第2-3 事業の内容」及び「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

      3【対処すべき課題】

     当社の戦略
     当グループの全社的な戦略は、モンクレール・ブランドのアイデンティティ並びに高級セグメント及び当社の戦略的市場

     におけるポジショニングを強化し、選択的に当社の商品範囲を拡充し続けることである。当グループは、その主な強みを
     活かしてかかる戦略を実践するために、以下の目標を追求する。
     小売の単一ブランドの流通ネットワークの強化及び拡大

     近年開店した直営店はいずれも開店後数ヶ月の間に、幅広い地域の市場において強い収益力をみせた。したがって、当社

     は、引き続き、モンクレール・ブランドの位置づけに合致し、かつモンクレール・ブランドの基準を満たす、最も重要か
     つ国際的にも評価の高い立地への新規直営店を出店を意図している。当グループは、主に欧州(特に東ヨーロッパ及び中
     東)、アメリカ大陸(特に米国、カナダ及びブラジル)及びアジア(主に中国、日本及び韓国)といった市場において拡
     大するつもりである。当グループはその成長を支えるために、近年、本社及び各地域の管理体制を世界的に拡大させてき
     た。
     小売業の更なる発展のために、当グループは、2011年にユークス(YOOX)が管理し、当グループが監督、調整するオンラ

     インストアを開始した。当グループのオンラインストアでは直営店において販売される商品と同様の商品を販売してい
     る。当グループのオンラインストアは現在、欧州、米国、中国及び日本で運営しているが、当グループはさらに日本、そ
     してその他の国々にも展開していく予定である。
     卸売流通チャネルの重視及び開発

     卸売流通チャネルの開発のための当グループの戦略は、モンクレール・ブランド(Moncler                                           Brand)の高級な特徴を保持

     しつつ、販売活動における全ての場面において、継続的かつ丁寧な顧客管理をすることで選択的に市場における浸透性を
     深めることを目標としている。
     イタリアや欧州の市場のように既に当グループの卸売チャネルが発展している地域においては、当グループは、店舗の高

     級感並びに取扱商品の品質の高さ及び種類の豊富さを武器として、ターゲットとなる顧客に重点を置き、卸売ネットワー
     クの最適化を図る。卸売ネットワークを通じて複数の高級品ブランドの統合された販売網が存在している北アメリカなど
     の市場では、当グループはモンクレール・ブランドの市場への浸透を選択的に高めることを目標とする。
     モンクレール・ブランド及びその商品の発展

     当グループはモンクレール・ブランドの世界における認知度を高めることを目標とする。この目標を達成するために、当

     グループは、事業を行っている市場における売上高(収益)の増加割合に応じて広告宣伝費費も増やすつもりである。
     また、当グループは販売する商品の種類を、既存の当グループの商品の補完的な商品、又はモンクレール・ブランドの価

     値に合致すると認められる商品(特にニット製品)を増やしていく予定である。当グループは、モンクレール・ブランド
     のポジショニングを維持しつつ、当ブランドのもっとも代表的な商品である上着類を補完する商品として靴、革製品の小
     物及び眼鏡類等、モンクレールのアクセサリーを拡充する予定である。
     近年、当グループは、販売拠点の規模を拡大し、内装のデザインを変更するなどして、当社の直営店ネットワークを当グ

     ループの取扱商品の種類に適応するものへと変更している。2013年3月には、眼鏡類部門における当グループの存在感を
                                  38/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     高めるための戦略的目標に合わせて、眼鏡のフレーム及びサングラス業界において有数の製造業者であるアリソン
     (Allison)との間で当グループが支配するジョイント・ベンチャーを設立した。さらに、当グループは、2013年12月31
     日 に期間が満了するまで、アルタナ(Altana)との間でジョイント・ベンチャー契約に基づき運営されていた、子供用服
     を対象とする、モンクレール・アンファント(Moncler                          Enfant)を、2014年1月1日以降は直接所有及び管理している。
     当グループは、高級品市場の他の主な事業者が行っているのと同様に、香水部門への参入の可能性についても検討する可

     能性がある。
     戦略的ビジネスの直接的な統制

     当グループは、その事業部門の継続的な発展及び管理を促進するために、当グループの戦略的事業(これまで当グループ

     が直接管理していなかった事業ラインを含む。)を直接管理し、当グループの事業の成長及び流通シナジーを追求する。
     このため、当社は、(2013年12月31日に終了した)モンクレール・アンファント(Moncler                                          Enfant)コレクションに関す
     るアルタナ(Altana)との間のジョイント・ベンチャー契約を更新しないことを決定した。2014年1月1日以降は、子供
     向けコレクションのデザイン、試作品、モデリング、流通及び販売は当社が直接管理している。
     直販チャネルの発展

     当グループは、顧客の嗜好をより効果的に把握し、卸売販売の管理をより強化し、効率性及び利益率を向上させるため

     に、ショールーム及び支店のネットワークを強化する。当グループは、各地域におけるプレゼンスをより直接的なものに
     することにより、当グループのブランド強化の余地がある市場における成長が期待できると考えている。このため、当グ
     ループは代理店を通したネットワークを大幅に削減することとし、2015年の秋/冬シーズンからは、スカンジナビアにお
     ける代理店1社を除き、代理店は一切利用しないこととする。
     サプライチェーンの効率性の活用及び増加

     当グループは、現在、サプライチェーンの方法、質及び全体的な基準を向上するための取組みを行っている。当グループ

     は、イノベーション及び効率化を追求しており、内部の顧客(小売ネットワーク)及び第三者(卸売顧客)の双方に、よ
     り迅速に商品を納入できるようさらに改善を進める。
     税務調査

     重要な納税者の通常の税務監査の範囲内で、当社の子会社であるIndustries                                    S.p.A.は、2011年から2014年の間、イタリ

     アの税務警察(Guardia           di  Finanza)によって実施された税務監査の対象となった。監査は2015年10月29日に開始された
     2016年6月28日に終了し、税務調査報告書が発行された。                            税務調査レポートは、イタリアの税務当局によって審査され
     る暫定的な文書でであり、当社が特定の金額を支払わなければならないか、又は会社が上訴する可能性のある正式な請求
     を構成するものではない。今日まで、税務監査報告書はまだイタリアの税務当局の正式な請求に至ってはいない。
     税務調査報告書に記載されている当局の見解は、主に、イタリアとの二重課税を回避する条約を持つ通常の税制を有する

     国々で運営されている、物品の譲渡および外国関連会社へのサービス提供に関連する移転価格に関する問題である。当局
     が否認しようとする取引は、全て外国の関連会社が営業する国で全額課税されている。移転価格の計算は、すべての評価
     活動と同様に、主観度が高いものである。したがって、イタリアの税務当局による新たな計算は、適用される法律および
     原則に従って実施されたとしても、当社が採用した結果とは異なる結果につながる可能性がある。
     当社の移転価格についての方針の正当性を実証するため、当社は直ちに税務当局と協力し、税務調査報告書で提起された

     異論の内容について協議した。当社は、引き続き進行中のイタリア税務当局との対話により問題を解決するか、司法手続
     によらない解決に至ることを期待している。イタリア税務当局との間で十分な内容の和解に至らない場合、当社は、影響
     を受けるすべての国との二重租税条約に基づき、所轄税務当局に相互協定手続(MAP)の申請を提出するか、又は裁判所
     に異議を申し立てることができる。
     関与する様々な法制度の複雑さ、移転価格問題の性質に付随する不確実性、税務紛争の予防や解決に伴う費用(課され得

     る罰金を含む。)を勘案し、当社は予備的な見積りに基づき引当金を認識することとした。
                                  39/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
     主要なリスク要因

     通常の事業運営及びその戦略立案の過程において、当社は、当グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼし得る様々な

     種類のリスク要因にさらされている。
     最も重大な事業上のリスク要因は、リスク管理委員会によって常時モニターされ、戦略立案の責任を負う取締役会によっ

     て定期的に検討されている。
     当グループが事業を営む市場及び一般的な経済情勢に関連するリスク要因

     当社は、競争が熾烈で変動が著しい高級品部門でビジネスを展開している。また、当グループの事業の成長は、事業を展

     開している様々な国の経済状況に大きく依存する。
     当グループは世界各国において事業を展開しており、その結果として特定の地域に事業が集中するリスクは抑えられてい

     るが、事業を展開している一つ又は複数の市場の経済情勢の悪化が、当社の販売と業績に対して、悪影響を及ぼす可能性
     がある。
     ブランドイメージ及びブランド認知度に関連するリスク要因

     当社が事業を展開する高級品部門は、顧客の好み及び嗜好の変化の影響を受ける。加えて、当グループの成功は、モンク

     レール・ブランドのイメージ、認知度及び認識に強く影響される。当グループは、モンクレールブランドの強みを維持・
     強化し、選択性、品質、持続可能性を追求し、製品の品質、デザイン、革新、コミュニケーション、独自の流通モデルの
     開発にとりわけ注力している。              当社  は、持続的な価値の創造が当社の               ステークホルダーにとって不可欠な優先事項である
     ことを認識しており、このため              当社の行動や決定の際に持続可能性についての評価を行っている。
     当グループが、将来的に、商品及び活動を通じて、良好なイメージとブランド認知度を維持できなかった場合には、当社

     の販売及び業績に重大な悪影響が生じるおそれがある。
     主要な経営陣に関連するリスク要因

     当グループの業績及び成功は、当グループの発展に重要な役割を担ってきた、高級品分野における豊富な経験を有する当

     グループの役員その他経営陣の能力に依拠している。
     当社が、事業の継続を確保し得る運営上及び経営上の体制を整備していると考える場合であっても、当社の主要な経営陣

     の一部との関係が損なわれ、適時に適切な人材を補うことができなかった場合には、当グループの競争力及び成長見通し
     に影響を与える可能性があり、当グループの経済状況及び財務状況に悪影響を与えるおそれがある。
     このリスクは、後継者承継プランの策定及び主要な専門職のリテンションプランの導入により軽減されている。

     第三者の製造業者との関係に関連するリスク要因

     当社は、衣料品の製造に関して、原材料の仕入れについては直接管理している一方、製造工程のみ製造業者に委託してい

     る。当該製造業者は、モンクレールの厳格な(製造工程及び製品の品質管理については特に重点的な)監督のもとで製造
     を行っている。
     当グループは、特定の製造業者に大きく依存するものではないが、これらの製造業者との間の関係がなんらかの理由によ

     り損なわれ又は終了した場合、当グループの売上と収益に大きく影響し、当グループの事業に重大な悪影響を及ぼす可能
     性がある。
     当社は、委託先の製造業者が法令、とりわけ労働及び環境関連法規を確実に順守し、高いクオリティに対する要求を保っ

     ていることを確保するため、製造業者に対する定期的かつ継続的な監督を実施しており、当社はこれら製造業者及びその
                                  40/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     下請先に対する監査を実施している。しかしながら、当社との間で締結された契約を、品質、迅速な納入及び適用法令等
     の順守の点で全面的に順守できない製造業者が存在する可能性も否定できない。
     原材料コスト及び高品質な原材料の安定供給並びに仕入先との関係に関するリスク要因

     当社の製品には、ナイロン、フェザー及びコットンを含む(ただし、これらに限られない)高品質の原材料を必要とす

     る。原材料の価格は、当グループが管理できない、かつ予測が困難な幅広い要因によって左右される。
     近年、当社は、高品質な原材料の入手が困難となるような状況には直面していないが、供給サイドにおいて需給がひっ迫

     し、その結果として原材料調達のコストが増大し、当グループの財務成績に悪影響を与える事態が生じる可能性も否定で
     きない。
     当社は、原材料の供給先に関する厳格な基準を採用しており、供給先に対して、品質に関する誓約並びに労働者保護、動

     物愛護及び環境保護に関する法令等の確実な順守を要求している。
     流通ネットワークに関連するリスク要因

     当社は、直営の単一ブランド店舗からなる小売店販売網の割合を増加させている。当グループは、これまで、高級品部門

     において確たる地位を維持すべく、他の高級品市場における主要な競争相手との競争を制して、世界の主要都市の最も高
     級な立地及び有名百貨店内に、新たな店舗を出店してきた。しかしながら、これは新店舗を開店する際に、他の高級品市
     場における主要な競争相手との競争を制する必要があることを意味しており、かかる競争が当グループの事業の成長に対
     して悪影響を与える可能性がある。
     偽ブランド及び偽造品並びに知的財産権保護に関連するリスク要因

     高級品市場は、偽ブランドや偽造品が出回る傾向があることが知られている。

     当社は、事業を展開する地域において、ブランド及び製品の偽造による影響を防止又は軽減し、知的財産権を保護するた
     め、製品の流通過程を追跡することができるシステムの導入に多大な投資を行っている。しかしながら、市場に著しい数
     の偽造品が出回り、ブランドのイメージに悪影響を与え、当社の販売及び業績に悪影響を与える可能性も否定できない。
     規制の枠組みに関連するリスク要因

     当社は、複雑な国際的な環境において事業を展開しており、様々な国及び地域の法令等(特に、労働者の健康及び安全、

     環境保護、製品製造及び組立て、消費者保護、知的工業財産権並びに競争法に関わる規制等)が適用される。当社は、こ
     れらの法令等には常に注意を払っている。
     厳しい基準を採用する必要のある新たな法律の制定又は既存法律の改正は、製品の製造に関する追加費用の発生や当グ

     ループの事業自体を制限することにつながる可能性があり、業績に悪影響を及ぼす可能性がある。
     為替レートリスク

     当グループは国際的に活動しており、主として米ドル、日本円及び中国の人民元及び香港ドルによる取引から発生する外

     国為替リスクにさらされている。したがって、同じ通貨の一致取引によってカバーされていない取引金額(主に収入)に
     等しい為替レートの変動に伴うリスクにさらされている。                            当グループは、2014年に、為替レートの変動に伴うリスクを
     徐々にヘッジし、その行動をいわゆる「取引リスク」に限定する戦略を開始した。
     しかし、現地通貨建ての海外子会社等の財務諸表をユーロに変換する際のいわゆる「変換リスク」のため、為替レートの

     大幅な変動が当グループの業績にプラスまたはマイナスの影響を与える可能性があるということを排除することはできな
     い。
     より詳細な情報については、財務情報の注記9.1を参照されたい。

     金利リスク

                                  41/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当グループの純財政状態は、主にユーロ建ての現金および銀行借入金から構成され、金利リスクを負っている。当グルー

     プは、金利リスクを部分的にヘッジするために、一部のヘッジ取引を締結している。しかし、金利の大幅な変動は、借入
     費用の増加を招き、当グループの実績に悪影響を与える可能性がある。
     より詳細な情報については、財務情報の関連する注記を参照されたい。

     信用リスク

     当グループは、卸売部門の顧客の破産に起因するリスクの削減を目的とした与信管理方針に従って運営している。この方

     針は、最終的な保険の範囲及び/又は保証の有無並びに範囲に基づいて、顧客の信頼性に関する事前の詳細な分析に基づ
     いて運用されている。さらに、当グループには重要な信用の集中はない。
     しかしながら、一部の顧客の経営の悪化により回収不能債権が発生し、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性を完

     全に排除することはできない。
     より詳細な情報については、財務情報の注記9.2を参照されたい。

     流動性リスク

     当グループは、事業の季節性を考慮して、流動性リスクの削減を目的とした財務計画プロセスを実施している。                                                     財務上

     の要件に基づいて、これらのニーズを満たすために必要な与信枠は、金融機関とともに計画され、短期および長期の間で
     分類される。
     さらに、当グループは、資本を失うリスクを考慮し、適切な数の高格付けの銀行機関に預金を分散し、現金流動性を確保

     するとともに預金先が集中することを避け、リスクフリーの金融商品のみを使用するとの厳格な規則に従っている。
     より詳細な情報については、財務情報の注記9.3を参照されたい。

      5【経営上の重要な契約等】
     株主間契約
     当社株式の上場後、当社の株主であるイーシーアイピー・エム(ECIP                                   M)、ルッフィーニ・パーテシパチオーニ

     (Ruffini     Partecipazioni)、CEP           III  パーティシペーションズ(CEPIII                Participations)、ブランズ・パートナーズ
     2(Brands      Partners     2)及びグッドジョン(Good             John)との間で2011年10月12日に締結され2013年9月30日及び2013年
     10月14日に変更された株主間契約(以下「2011年株主間契約」という。)に基づき、株主であるイーシーアイピー・エム
     (ECIP    M)、ルッフィーニ・           パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)及びCEP             III  パーティシペーションズ
     (CEPIII     Participations)は、2013年12月16日(当社株式のMTAにおける取引が開始された日)に株主間契約を締結した
     (以下「上場後売出株主契約」という。)。上場後売出株主契約は、同日に効力を生じ、2011年株主間契約全体を置き換
     えるものである。本募集の結果、2011年株主間契約の当事者である、イーシーアイピー・エム(ECIP                                                M)、ルッフィー
     ニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                 Partecipazioni)及びCEP            IIIパーティシペーションズ(CEP                III  Participations)
     は、それぞれ当社の株式資本の23.33%、31.90%及び7.13%を保有することとなった。
     2014年6月20日、CEP           IIIパーティシペーションズ(CEP                III  Participation)は上場後売出株主契約に定められたエク

     ジット条項に従い、イタリアの適格投資家及び海外の機関投資家を対象としたブックビルディング(2014年6月25日決
     済)を行い、保有する当社の株式の全て(17,826,828株、発行済株式の7.13%)を売却した(以下「本CEP                                                  III譲渡」と
     いう。)。本CEP        III譲渡の後、CEP         IIIパーティシペーションズ(CEP                III  Participation)は当社の株式を保有してお
     らず、上場後売出株主契約の定めに従い、当該契約に基づく権利及び義務を有さず、また当該契約はCEP                                                 IIIパーティシ
     ペーションズ(CEP         III  Participation)を拘束しない。
     2015年5月14日、イーシーアイピー・エム(ECIP                       M)は、上場後売出株主契約に定められたエクジット条項に従い、機関

     投資家を対象としたブックビルディングによって当社株式19,500,000株(当社発行済株式の7.8%相当)を売却し、2015
                                  42/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     年5月18日に決済された(以下「本ECIP                   M譲渡」という。)。本ECIP              M譲渡の後、イーシーアイピー・エム(ECIP                     M)
     は、当社の株式を38,836,577株(発行済株式の15.33%)を保有している。
     現時点において、適用されるイタリア法に基づき当社に対するコントロールを及ぼす個人又は法人は存在しないものの

     ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                      Partecipazioni)は(i)2011年株主間契約の規定に基づき、当社の取締
     役会の構成員の過半数を選任しており、これらの者の任期は当社株式がMTAで取引が開始される日からとされていること
     及び(ii)上場後売出株主契約に基づき、ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                                        Partecipazioni)は、当社の株式
     の30%以上を保有する限り、当社の取締役会の全員の任期が終了した場合、上場後売出株主契約の当事者が当社に対して
     共同で提示するリストに記載される取締役の過半数を指名する権利を有することから、当社を事実上コントロールするこ
     とが可能である。但し、取締役の選任は、当該取締役の選任のために開催された株主総会における当社株主の投票行動に
     よって左右され得る。
     上場後売出株主契約は、MTAにおいて当社の株式の取引が開始された初日(2013年12月16日)に効力を生じ、2016年10月

     15日に満了する。上場後売出株主契約は、当事者による3ヵ月前の通知により解除される場合を除き、さらに3年間更新
     されたものとみなされる。
     上場後売出株主契約の主要な条項の概要は、以下の通りである。

     取締役会

     上場後売出株主契約の当事者は、2013年10月1日の株主総会が、MTAにおける当社株式の初回取引日時点から2015年12月

     31日(以下「最終日」という。)時点の財務諸表を承認する定時株主総会の日まで在任する11名の取締役からなる取締役
     会を指名したことを確認している。取締役会の構成員6名は、2013年10月1日のかかる株主総会において指名されてお
     り、残りの5名は2013年11月4日に以下のとおり指名されている。
       ・ レモ・ルッフィーニ(Remo               Ruffini)、セルジオ・ブオンジョバーニ(Sergio                        Buongiovanni)、ピエー・フラ
         ンチェスコ・サヴィオッティ(Pier                 Francesco     Saviotti)、ピエトロ・ルッフィーニ(Pietro                      Ruffini)、並
         びに独立取締役ネリオ・アレッサンドリ(Nerio                        Alessandri)及びアレッサンドロ・ベネトン(Alessandro
         Benetton)が、ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                             Partecipazioni)により指名された。
       ・ バージニー・モーゴン(Virginie                  Morgon)、ビビアン・アクリシェ(Vivianne                     Akriche)及びクリスチャン・ブ
         ランカート(Christian           Blanckaert)が、イーシーアイピー・エム(ECIP                       M)により指名された。
       ・ マルコ・ディエゴ・デ・ベネデッティ(Marco                        Diego   De  Benedetti)が、シーイーピー III(CEP                    III)によっ
         て指名された。
       ・ バレリー・ハーマン(Valérie                 Hermann)が独立取締役として、イーシーアイピー・エム(ECIP                             M)及びシーイー
         ピーIII(CEP       III)により共同で指名された。
     当事者は、ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                           Partecipazioni)により取締役として指名されたレモ・ルッ

     フィーニ(Remo        Ruffini)が、当社の取締役会長及び最高経営責任者として指名されたこと、並びにバージニー・モーゴ
     ン(Virginie       Morgon)が当社の取締役副会長に指名されたことを確認している。
     さらに、上場後売出株主契約の当事者は、何らかの理由により取締役が辞任する場合又は取締役の選任が終了する場合に

     おいては、当該日よりも前に、新しい取締役が以下の通り選任される旨合意している。
       ・ 辞任取締役がルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                              Partecipazioni)により指名された者である場合に

         は、ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                        Partecipazioni)により選任される。
       ・ 辞任取締役がイーシーアイピー・エム(ECIP                       M)により指名された者である場合には、イーシーアイピー・エム
         (ECIP    M)により選任される。
       ・ 辞任取締役がイーシーアイピー・エム(ECIP                           M)及びCEP      III  パーティシペーションズ(CEPIII
         Participations)により独立取締役として共同指名された者である場合には、イーシーアイピー・エム(ECIP
         M)により選任される。
       ・ 辞任取締役がCEP           III  パーティシペーションズ(CEPIII                 Participations)により指名された者である場合に
         は、パーテシパチオーニ(Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP                                      M)が共同で選任する。
                                  43/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     さらに、レモ・ルッフィーニ(Remo                 Ruffini)が最終日よりも前に取締役会の議長及び/又は最高経営責任者ではなく
     なった場合において、イーシーアイピー・エム(ECIP                         M)が当社の資本金の5%以上を保有する場合には、上場後売出株
     主 契約の当事者は、イーシーアイピー・エムの書面同意により、レモ・ルッフィーニ(Remo                                          Ruffini)が1名以上の後任
     を指名することにつき合意する。また、イーシーアイピー・エム(ECIP                                  M)が当社の資本金の5%未満を保有する場合に
     は、取締役会の構成員を選任するイーシーアイピー・エム(ECIP                               M)の権利は、ルッフィーニ・               パーテシパチオーニ
     (Ruffini     Partecipazioni)に割り当てられるものとする。
     最終日、又は最終日よりも前であっても取締役会全体が辞任した場合において、取締役会は、当社の定款及び適用規則・

     規定に準拠する投票名簿に基づき、以下の通り選任される。
       株主総会の招集通知の日(以下「通知日」という。)において、ルッフィーニ・                                       パーテシパチオーニ(Ruffini

       Partecipazioni)が資本金の30%以上を保有する場合、取締役会は、以下の通り11名の取締役により構成されるもの
       とする:
         ・ 通知日においてイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)が資本金の20%以上を保有する場合、名簿には、ルッ

           フィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                    Partecipazioni)が指名する候補者6名(独立取締役2名を含
           む。)、イーシーアイピー・エム(ECIP                   M)が指名する候補者4名(独立取締役1名を含む。)、並びに
           ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                      Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)が
           共同指名する候補者1名が含まれるものとする。
         ・ 通知日においてイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)が資本金の10%から20%を保有する場合、名簿には、

           ルッフィーニ・        パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)が指名する候補者7名(独立取締役2名
           を含む。)、イーシーアイピー・エム(ECIP                     M)が指名する候補者3名(独立取締役1名を含む。)、並び
           に、ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                        Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP
           M)が共同指名する候補者1名が含まれるものとする。
         ・ 通知日においてイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)が資本金の5%から10%を保有する場合、名簿には、

           ルッフィーニ・        パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)が指名する候補者8名(独立取締役2名
           を含む。)、イーシーアイピー・エム(ECIP                     M)が指名する候補者2名(独立取締役1名を含む。)、並び
           にルッフィーニ・         パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP
           M)が共同指名する候補者1名が含まれるものとする。
         ・ 通知日においてイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)が資本金の5%未満を保有する場合、ルッフィーニ・

           パーテシパチオーニ(Ruffini              Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)は、共同名簿の提
           出を要求されないものとし、また、イーシーアイピー・エム(ECIP                                M)は、名簿を提出せず、ルッフィー
           ニ・   パーテシパチオーニ(Ruffini              Partecipazioni)の提出する名簿に賛成票を投じるものとする。
       当事者は、レモ・ルッフィーニ(Remo                  Ruffini)が当社の取締役会の議長及びCEOに選任されるように行動すること

       を合意する。
       上記規定は、ルッフィーニ・              パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)が当社の資本金の30%以上を保有し

       なくなった場合には適用されないものとし、この場合において、株主であるルッフィーニ・                                            パーテシパチオーニ
       (Ruffini     Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)は、それぞれの持分及び規制された市場におい
       て上場するイタリアの会社に適用される最善のガバナンス手法を考慮の上、取締役会の構成員を選任するための新し
       いガバナンス・ルールについて誠実に交渉する旨、合意している。加えて、ルッフィーニ・                                            パーテシパチオーニ
       (Ruffini     Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)は、これら三者により選任された取締役を辞任
       させ、これら三者により承認された新しいガバナンス・ルールに基づき新しい取締役会が選任されるようにすること
       を合意している。
     協議         上場後売出株主契約では、ルッフィーニ・                     パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)及び

     イーシーアイピー・エム(ECIP               M)は、次の事項を含む一定の重要な決定について審議するために招集される株主総会の
     10日前までに互いに協議しなければならない旨定めている:資本金の額の増加又は転換社債その他転換もしくは交換可能
                                  44/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     な金融商品の発行、合併、会社分割又は処分、定款の変更(事業目的、機関の選任もしくは株主権の変更、特に定足数要
     件の変更を含む。)、総計で当社の市場価格の20%以上を直接的もしくは間接的に表する会社、事業もしくは支店の取得
     又 は売却、及び総計で250百万ユーロを超える総額150百万ユーロの債務の負担。ルッフィーニ・パーテシパチオーニ
     (Ruffini     Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)は、株主総会において全会一致で可決すること、及
     び選任された取締役が取締役会において全会一致で可決するよう適用法令で認められる限りにおいて行う旨合意してい
     る。さらに、イーシーアイピー・エム(ECIP                     M)が当社の資本金の10%以上を保有する限り、ルッフィーニ・パーテシパ
     チオーニ(Ruffini         Partecipazioni)及びイーシーアイピー・エム(ECIP                         M)が協議によっても合意に達しなかった場合
     には、上記事項の承認決議について賛成票を投じない旨合意している。
     共同売却権         上場後売出株主契約は、ルッフィーニ・                   パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)及びイー

     シーアイピー・エム(ECIP             M)に対し、共同売却権を与えている。かかる共同売却権は、第三者がルッフィーニ・パーテ
     シパチオーニ(Ruffini            Partecipazioni)、レモ・ルッフィーニ(Remo                       Ruffini)又はイーシーアイピー・エム(ECIP
     M)の保有株式を上場後売出株主契約の定める株式数分取得しようとする場合において、当該第三者に上記三者の保有株
     式をも取得するよう要求するものである。また、ルッフィーニ・パーテシパチオーニ(Ruffini                                            Partecipazioni)、イー
     シーアイピー・エム(ECIP             M)がアクセレレーテッド・ブックビルディング方式(以下「ABB」という。)又は公募によ
     り当社の株式を売却する場合において、イーシーアイピー・エム(ECIP                                  M)は、上場後売出株主契約の規定に従い、保有
     する一定数の株式をかかるABB又は公募により売却する権利を有する。
     ルッフィーニ・        パーテシパチオーニ(Ruffini              Partecipazioni)

     2016年7月28日、Ruffini            Partecipazioni        S.r.l.(ルッフィーニ・            パーテシパチオーニ(Ruffini              Partecipazioni))

     は、シンガポールの投資会社Temasekと、主要な旅行小売グループDufryの投資家であり会長を務めるJuan                                                 Carlos    Torres
     氏との戦略的かつ長期的な契約を締結したと発表した。この契約に基づきTemasekとJuan                                          Carlos    Torresは、ルッフィー
     ニ・   パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)の株式24.4%を取得し、モンクレールを世界の一流高級ブランド
     として成長させるためのサポートを行う予定とのことである。この契約の締結と同時に、ClubsetteS.r.l。                                                   (Tamburi
     Investment      Partnersが管理する投資ビークル)は、同社の資本の14%に相当する出資を行っていたルッフィーニ・                                                パー
     テシパチオーニ(Ruffini            Partecipazioni)からエクジットし、当社の株式の5.1%を受け取る予定である。Clubsetteの
     エクジットと現物出資の後、ルッフィーニ・                     パーテシパチオーニ(Ruffini               Partecipazioni)は当社の株式の26.7%を
     保有することになる。
      6【研究開発活動】

     当グループの競争力は、主に、モンクレール・ブランド(Moncler                               Brand)のイメージと高い評価によるが、当グループ
     が、顧客の嗜好と市場の傾向に応じた新しいファッション・アパレルを作り出す能力にも依存する。当グループは、それ
     ゆえ、様々な調査や、当グループの部における新製品及び製品ラインのデザイン、製造、開発に取り組んでいる。研究開
     発費用は、支出される都度、当グループの損益計算書において認識される。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     以下の考察と併せて、「第6 経理の状況」、当グループの連結財務諸表及び本書のその他の箇所に含まれる関連注記を

     参照されたい。
     当社と金融市場の状況

     2017年は、世界中で金融市場と高級品セクターのさらなる成長がみられた年であった。この傾向は、特に当社を含む国際

     的に事業を展開するブランドにより顕著にみられた。
     実際、金融界の期待を上回る成果と、投資家や金融アナリストとの継続的な対話のおかげで、Monclerは2017年に59%の

     株主総利回り(TSR)を記録した。これは、以下の表に示すとおり、高級品セクターにおいて、ケリング・グループに次
     ぐ高い数字であり、イタリア証券取引所に上場している上位40銘柄(FTSE                                   MIB)の指数を上回るものである。
                                2017

                                  45/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     Kering    SA                         87.5%
     当社(   Moncler    SpA  )                    59.1%

     LVMH   Moet   Hennessy     Louis   Vuitton    SE           37.9%

     Brunello     Cucinelli     S.p.A.                   33.7%

     Burberry     Group   plc                     22.6%

     Hermes    International       SCA                  15.4%

     Prada   S.p.A.                         11.3%

     TOD'S   S.p.A.                          1.2%

     Salvatore     Ferragamo     S.p.A.                   0.4%

                                 29.9%

     セクター平均
     FTSE   MIB                          13.6%

     出典:   FACTSET

     当社の2017年12月31日現在の時価総額は6.6百万ユーロであり、2016年12月31日時点では4.1百万ユーロであった。

     当社の2017年12月31日現在の発行済株式総数は                      254,778,741株であり、主要な株主は「第5-1(4)大株主の状況」記

     載のとおりである。本事業年度における主要な株式の異動は次のとおりである。
      「2014-2018      Top  Management      and  Key  people」ストックオプションプランに基づき発行されたストックオプション

      4,405,000個が行使され、「2014-2018                  Italian    Corporate     Structures」ストックオプションプランに基づき発行され
      たストックオプション159,017個が行使され、それぞれ同数の当社の新株が発行された。これにより、当社の発行済株
      式数が2016年12月31日現在の250,214,724株から2017年12月31日現在の254,778,741株へと増加した。
      2017年6月26日から8月7日の間に、当社は将来の株式報酬に使用するため、すでに保有していた1,000,000株に加

      え、新たに1,000,000株の自己株式(発行済株式の0.4%に相当)を取得する計画を完了した。
      2017年10月26日、プライベートエクイティであるユーラゼオ(Eurazeo)が、ECIP                                      M S.Aを通じて保有していた当社の

      株式の一部を売却し、その結果当社の発行済株式の9.5%の保有が5.3%に低下した。株式は主にABB(accelerated
      bookbuilding/ブックビルディングの加速)の方法によって、国際市場で約210百万ユーロで売却された。
     2017年、当社は主に、世界の主要金融都市や市場における高級品セクターやロードショーに関する会議の場において、金

     融界(投資家、アナリスト)と対話を実施した。また、いくつかの投資ファンドを、当社のミラノのオフィスと当社の旗
     艦店におけるイベントにも招待した。
     2018年4月4日、当社は2.100,000株を上限とする自社株買いの計画を発表した。この計画は2018年5月10日に完了し

     た。本書提出日現在、当社は4,1000,000(当社の発行済株式総数の1.6%に相当)の自己株式を保有している。
                                  46/302




                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当グループの業績
     以下の表は、2017年12月31日に終了した事業年度の監査済連結財務諸表に基づく、2016年及び2017年12月31日に終了した

     事業年度の損益計算書、財政状態計算書及びキャッシュフロー計算書のデータである。
     連結損益計算書

                                     収益に対する%                収益に対する%

     単位:千ユーロ                         2017年度                2016年度
                               1,193,704           100%      1,040,311           100%

     収益
                                 +15%                +18%
      対前年比
                               (276,186)         (23.1%)       (252,303)         (24.3%)
     売上原価
                                917,518          76.9       788,008          75.7
     売上総利益
                               (385,103)         (30.6%)       (312,353)         (30.0%)
     販売費
                               (108,660)          (9.1%)       (94,093)         (9.0%)
     一般管理費
                                (79,393)         (6.7%)       (68,143    )      (6.6%)
     広告宣伝費
                                (23,485)         (2.0%)       (15,738    )      (1.5%)
     株式報酬費用
                                304,877         28.6%       297,681         28.6%
     営業利益
                                 +15%                +18%
      対前年比
     金融収益(費用)                           (5,182)         (0.4%)        ( 4,592   )      (0.4%)
                                335,695         28.1%       293,089         28.2%
     税引前利益
                                (85,927)         (7.2%)       (96,767)         (9.3%)
     法人所得税
                                 25.6%                33.0%
      税率
     当期純利益(非支配持分を含む)                           249,768                196,322
                                  (80)        (0.0)        (279)        (0.0)
     非支配持分
     当期純利益(当グループ持分)                           249,688         20.9%       196,043         18.8%
                                 +27%                +17%
      対前年比
     調整後EBITD                            411,635         34.5%       355,054         34.1%

                                  +16%                +18%
     対前年比
     EBITDAは、IFRSに基づく財務実績の測定基準ではないものの、当グループの業績を評価する際に経営者と投資家の両方が

     共通に使用する指標である。EBITDAは、EBIT(営業利益)に減価償却費を加えたものとして定義され、IFRSに従って作成
     された連結損益計算書データと注記から計算可能である。
     連結収益

     地域別セグメントの収益

     地域別の収益の詳細は以下のとおりである。

                                 %            %

     単位:千ユーロ                    2017年度            2016年度              対前年比
                                                現在の為替      為替レート
                                                 レート      を固定
                          149,349     12.5%       143,186     13.8%      +4%      +4%
     イタリア
     イタリアを除くEMEA                     352,367     29.5%       303,344     29.2%      +16%      +19%
                          495,476     41.5%       418,524     40.2%      +18%      +20%
     アジアその他の国々
                          196,512     16.5%       175,257     16.8%      +12%      +14%
     アメリカ諸国
                         1,193,704      100.0%       1,040,311      100.0%       +15%      +17%
     総計
     イタリアでは、小売チャネル及び卸売チャネルがバランスよく業績を伸ばし、為替レートを固定した場合4%の成長を遂

     げた。特に、第四四半期には、ミラノの旗艦店の再オープンと、小売店の出店により、順調な成長を遂げた。
                                  47/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     EMEAでは、当社の収益は、為替相場変動の影響を受けて19%増加し、小売チャネルと卸売チャネルならびに主要市場の両
     方で2桁の伸びを示した。フランス、イギリス、ドイツで非常に良い業績を記録した。英国は、直営店の良好な自然成長
     と重要な卸売顧客の発展のおかげで、今年の四半期でも2桁の成長を達成した。また、フランスでは、地域の需要と積極
     的 な旅行者の流れに支えられ、第4四半期に収益は2桁成長を続けた。モンクレールは小売業と卸売業の両方でドイツでも
     非常に良いパフォーマンスを達成した。
     アジアその他の国々では、収益が20%増加し、すべての市場において良好な結果となった。日本市場は、日本の消費者と

     観光客の堅調な需要に支えられ、2桁の成長を達成した。中国では、第4四半期も2桁の自然成長を達成したほか、Canton
     Roadの旗艦店やアジア太平洋地域のその他の市場にも香港を開設したことにより、好調な業績が継続した。韓国でも、モ
     ンクレールは非常に良い業績を達成した。これは主に既存の店舗網の良好な業績によって推進された。2017年、モンク
     レールは、卸売り単一ブランド店のオープンにより、特に強い観光客フロー(グアム、オークランド、バンコク、マカ
     オ、台北)を特徴とする一部のアジア都市でのプレゼンスを強化した。
     アメリカ大陸では、収益は恒常為替レートで14%増加し、前四半期にはやや加速した。既存の小売店の堅調な成長によ

     り、前四半期と比較して改善傾向を示した小売店舗と卸売流通チャネルの両方がカナダと米国で非常に良好な結果を出し
     ており、新しい卸売店舗内店舗が前四半期に好調であった。
     販売チャネル別の収益

     販売チャネル別の収益の詳細は以下のとおりである。

                                2017年度                  2016年度

                                       %                  %
     単位:千ユーロ                         金額                  金額
                               1,193,704        100.0%          1,040,311        100.0%
     収益合計
      うち:
                                301,321       26.5%          276,138       26.5%
       卸売
                                892,383       73.5%          764,173       73.5%
       小売
     2017年の小売チャネルの収益は、892.4百万ユーロに増加し、2016年の764.2百万ユーロと比較して、堅調な自然成長と単

     独のネットワークの発展により、為替相場を固定した場合19%の成長を達成した。さらに、既存店舗の拡張や移転に関連
     するその他の重要なプロジェクトは、その年中に計画どおり完了した。
     2017年に同当ループは、同店売上高の14%を達成した。

     比較可能な店売上高は、少なくとも52週間営業している店舗とオンラインストアのDOS(店舗を除く)の売上増加に基づ

     くものである。
     卸売チャネルは、英国および北米市場での好業績により、2016年の2億7610万ユーロに対し、恒常為替レートで10%増の

     301.3百万ユーロの収益を記録した。
     販売費

     販売費は3615.1百万ユーロで、2016年には収益の30.0%であったものが、当期は30.6%となった。この増加は、小売チャ

     ネルの拡大の影響が大きい。一般管理費は108.6百万ユーロで、売上高の9.1%(2016年は9.0%)であった。広告宣伝費
     は7916万ユーロで、2016年には収益の6.6%であったものが、当期は6.7%であった。
     原材料及びその他の構成要素の価格変動は前年度並みであり、売上原価の増加は主に生産量の増加産によるものである。

     金融収益(費用)

     2017年の金融収益はマイナスで、為替差損の3.8百万ユーロを含む、5.2百万ユーロであった。2016年の金融収益もマイナ

     スとなり、4.6百万ユーロであった。これには、1.9百万ユーロの為替損失が含まれる。これらの損失の純額は、2016年の
     270万ユーロに対し、2017年には130万ユーロであった。
                                  48/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2017年の税率は25.6%で、前年度は33.0%であった。この減少は、主にイタリアにおけるIRES法人税の償却、及び「2017
     年度の重要な事象」の項に記載されているように、税金請求に関連する費用を控除した特許ボックスに関連する財政上の
     便 益によるものである。
     2017年の純利益(当グループ持分)は249.7百万ユーロで、売上高の20.9%に相当し、2016年の196百万ユーロと比較して

     27%の増加であった。
                                  49/302



















                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     第4【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
     「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。

      2【主要な設備の状況】
     当グループの主要な設備は、以下に記載の倉庫及び本社等である。また2016年12月31日現在、当グループは190店舗の直
     営店を運営しているが、これら全ての店舗は、第三者の所有物を当社子会社が賃借しているものである。「第2-3 事
     業の内容」参照。
     主な設備の内容は以下のとおりである。

     (1)インダストリーズ(Industries)

                    所在地             面積          所有/賃貸          従業員の数
     本社           イタリア国ミラノ           約7,500平方メートル             賃貸          176名

     オフィス           イタリア国トレバ           約10,000平方メートル             所有          404名

                ゼーレゲ
     (2)インダストリーズ・イールド(Industries                       Yield)(ルーマニアにおける子会社)

                    所在地             面積          所有/賃貸          従業員の数
     工場           ルーマニア バカウ           約16,000平方メートル             賃貸          864名

      3【設備の新設、除却等の計画】


     「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
                                  50/302










                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     第5【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                             (2017年12月31日現在)
          授権株数(株)                発行済株式総数(株)                  未発行株式数(株)

                                               0

          254,778,741      株            254,778,741      株
        ②【発行済株式】

                                             (2017年12月31日現在)
                                 上場金融商品取引所名又は
     記名・無記名の別及び額
                        発行数(株)
                  種 類                                内 容
       面・無額面の別
                                登録認可金融商品取引業協会名
                                      MTA
                                (ボルサ・イタリアーナが運営
                                するイタリアのスクリーン取引
                                市場であるメルカート・テレマ                   -
       記名式無額面株式            普通     254,778,741      株
                                ティコ・アッツィオナーリオ
                                  (Mercato     Telematico
                                    Azionario))
                    -                   -            -
          計              254,778,741      株
       (2)【発行済株式総数及び資本金の推移】

                                               (2016年12月31日現在)
                発行済株式総数(株)              資本金(ユーロ)(括弧内は円)
     商業登記年月日
                増減数        残高数        増減額        残 高          摘 要
                                                (1)
                                10,844.34        20,833.34
     2008年10月13日          該当なし        該当なし
                                                (1)
                               979,166.66         1,000,000
     2008年10月17日          該当なし        該当なし
                                                ソシエタ・ペル・アジ
                                                オニ(   società    per
              100,000,000        100,000,000         49,000,000        50,000,000
     2011年3月29日
                                                azioni   )への組織変更
                                                に伴う株式の発行        (2)
              同日付けで当社は、イタリア法上の有限責任会社であるソシエタ・ア・レスポンサビリタ・リ

     2011年7月8日
              ミタタ(    società    ▶ responsabilità        limitata    )に組織変更したため、株式はなくなった。
                                                ソシエタ・ペル・アジ

                                                オニ(   società    per
              250,000,000        250,000,000           0      50,000,000
     2013年10月2日
                                                azioni   )への組織変更
                                                に伴う株式の発行        (3)
                                                新株予約権の行使に伴
               124,458       250,124,458         24,891.60        50,024,891.6
     2015年10月26日
                                                う株式の発行
                                                新株予約権の行使に伴
                90,266       250,214,724         18,503.20       50,042,944.80
     2016年12月31日
                                                う株式の発行
                                                新株予約権の行使に伴
               4,564,017        254,778,741         912,803.40        50,955,748.20
     2017年12月31日
                                                う株式の発行
     (1) 当社は、イタリア法上の有限責任会社であるソシエタ・ア・レスポンサビリタ・リミタタ(                                      società   ▶ responsabilità      limitata   )であっ

     たため、株式を発行していなかった。
     (2) 同日付けで、当社はイタリア法上の株式会社であるソシエタ・ペル・アジオニ(                                 società   per  azioni   )に組織変更された。
     (3) 同日付けで、イタリア法上の株式会社であるソシエタ・ペル・アジオニ(                               società   per  azioni   )に組織変更された。
                                  51/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
       (3)【所有者別状況】

     「(4) 大株主の状況」を参照のこと。

       (4)【大株主の状況】
                                                 (2017年12月31日現在)
                                         所有株式数
                                                発行済株式総数に対する
         氏名又は名称                  住  所
                                          (株)
                                                  所有株式数の割合
     ルッフィーニ・パーテシパチ
     オーニ・エスアールエル
                     イタリア共和国ミラノ市サンタ・テク
                                         66,921,551            26.3%
     (Ruffini       Partecipazioni
                            ラ3番
     S.r.l.)
     イーシーアイピー・エム
                     ルクセンブルグ大公国フィリペII通り
                                         13,530,049            5.3  %
     (ECIP    M)                   25番
      2【配当政策】

     本概要は、当社に配当可能なものがある場合の配当に関して当社が重要と考える情報を全て含んでいるが、本概要により
     全ての情報が提供されるものではなく、必要に応じて当社定款又はイタリアの法令を参照することにより、完全な情報と
     なる。
     一般

     イタリア法に基づき、当社による年次の配当は、取締役会決議によって、当該年における当社の配当可能な利益及び非連

     結ベースの剰余金の範囲内で行わなければならない。かかる決議は、当社定時株主総会で承認を受けなければならない。
     なお、定時株主総会は、当社の年次財務諸表の承認のために、当該財務諸表にかかる会計年度終了日から120日又は180日
     以内に開催しなければならない。「第1-1 会社制度等の概要」を参照のこと。
     積立義務

     当社の年次配当は、いずれも取締役会によって提案され、定時株主総会において、当社株主の承認を受けなければならな

     い。当社非連結純利益からの配当が行われる前に、当該純利益の5%相当額が、少なくとも当社の発行済株式資本の額面
     額の5分の1相当額に達するまで、当社の法定剰余金(リゼルバ・レガーレ(                                    riserva    legale   ))に配賦されなければな
     らない。もし当社の資本金が累積損失によって欠損した場合、資本金額が元に戻されるまで、又はかかる損失額分だけ減
     少させられるまで、配当金を支払うことはできない。取締役会は、一定限度額の範囲内で中間配当を行うことができる。
     詳細については「第1-1 会社制度等の概要」を参照のこと。
     返済及び時効

     当社が宣言した年次配当は、適用される法律に従って支払われる。株主は、適法に承認された財務諸表に基づいて支払わ

     れた年次配当を善意で受領した場合は、当社に当該配当を返済する必要はない。配当の支払可能日から5年以内に株主が
     配当を受領しないときは、配当を受ける権利は失効し、当社の剰余金に計上されることになる。
     支払方法及び時期

     当社が公表した株主への配当は、モンテ・ティトーリ(Monte                             Titoli)又は、モンテ・ティトーリ(Monte                     Titoli)のよ

     うに認可を受け、株主から指示を受けた仲介機関が、株式を預け入れている有価証券の集中管理システムを介し、統一財
     務法(Unified       Financial     Act)及び共同規制に従って株主に支払われる。
     課税
     イタリア共和国内の居住者ではない個人又は事業体への当社普通株式についての配当は、イタリアの代用税の対象である

     が、租税条約又は慣習に従い、一定の条件を満たす場合、減額される可能性がある。
                                  52/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当社のようなイタリアの会社は、イタリアにおける適用法に基づき、配当支払に関し、イタリア租税当局に、一定の情報
     の提供を求められる。詳細については「第1-3 課税上の取扱い」を参照のこと。
     配当

     2017年4月20日、当社定時株主総会において、2016年12月31日現在の当社の財務諸表及び普通株式1株当たり0.18ユーロ

     の配当を、2017年5月22日を基準日として、2017年5月24日に支払いを実施することを承認した。2017年の配当金は合計
     45.5百万ユーロであった。
     自社株買い

     2017年6月26日、当社は、            2017年4月20日に開催された当社定時株主総会に基づき、                           当社の普通株式最大         1,000,000株

     (当社の発行済株式の0.4%に相当)の買い戻しプランを発表した。当該時点で、当社は2015年4月23日に開催された当社
     yh株主総会に基づき2016年に取得した当社普通株式1,000,000株をすでに保有していた。
     2017年8月7日、当社は当該プランに基づき、                      当社の普通株式       1,000,000株(当社の発行済株式の0.4%に相当)を合計

     21.3百万ユーロで買い戻した。
      3【株価の推移】
       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
                                             (単位:ユーロ)
                2013        2014        2015        2016        2017
        回次
       決算月日        12月31日        12月31日        12月31日        12月31日        12月31日
                15.80          16.35        18.91        16.81        26.40
        最高
                10.20          10.25        10.68        12.19        16.32
        最低
     (注)当社の株式は、2013年12月16日にMTAに上場され、初値は10.20ユーロであった。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
                                             (単位:ユーロ)
       月別     2017年7月       2017年8月       2017年9月       2017年10月       2017年11月       2017年12月
               22.70       23.87       24.97       24.91       24.72       26.40
       最高
               20.54       22.37       24.01       23.71       22.80       22.97
       最低
      4【役員の状況】

     (1)当社の取締役及び上級社員
     当社は、イタリア法が定める範囲内において全般的な権限を執行委員会及び/又は1名以上のマネージング・ディレク

     ターに対して委譲する権限を有する取締役会(                      Consiglio     di  Amministrazione        )によって経営されている。取締役会は、
     最高経営責任者の権限を決定する。また、当社は、イタリア民法に基づき、監督機関として機能する監査役会(                                                    Collegio
     Sindacale     )を設置する必要がある。
     取締役会

     当社の取締役会のメンバーは、2016年4月20日に開催された株主総会で選任された。取締役は合計11名であり、うち4名

     が女性である。女性の比率は約36%である。全ての取締役の任期は、2018年12月31日に終了する事業年度にかかる財務書
     類を承認する定時株主総会の日までである。
     本書提出日現在、当社取締役会は以下の者で構成される。

     氏名                        役職                          年齢

     レモ・ルッフィーニ(Remo             Ruffini)………………
                                                        57
                             取締役会長兼CEO
     バージニー・サラ・サンドリン・モーガン
                                                        49
      (Virginie      Sarah   Sandrine     Morgan)…………
                             指名報酬委員会委員
                                  53/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     ネリオ・アレッサンドリ(Nerio               Alessandri)……
                                                        57
                             独立取締役
     セルジオ・ブオンジョバーニ(Sergio
                                                        56
      Buongiovanni)……………………………………
                             上級取締役
     マルコ・ディエゴ・デ・ベネデッティ(Marco                        筆頭独立取締役
                             リスク・サステナビリティコントロール委員会委員
      Diego   De  Benedetti)……………………………
                                                        56
                             指名報酬委員会委員
                             関連当事者委員会委員
     ディーバ・モリアーニ(Diva              Moriani)     ……………
                                                        50
                             独立取締役
     ステファニー・フェアー(Stephanie                  Phair)……       独立取締役
                                                        40
                             指名報酬委員会委員
                             関連当事者委員会委員
     グイドー・ピナローリ(Guido              Pianaroli)      ………
                                                        66
                             独立取締役
     ルチアノ・サンテル(Luciano              Santel)…………
                                                        62
                             上級取締役
     ホアン・カルロス・トーレス・カレッテーロ                     (J  uan
                                                        54
      Carlos    Torres    Carretero     )……………………
                             取締役
     __________________________
     監査役会

     氏名                            役職                       年齢

     リカルド・ロッシ(         Riccardo     Losi  )…………………………
                                                         51
                                 監査役会長
     アントネッラ・スッフリティ(Antonella                    Suffriti)      ……
                                                         58
                                 正規監査役
     マリオ・ヴァレンティ(           Mario   Valenti    )  ……………………
                                                         76
                                 正規監査役
     ロレンゾ・マウロ・バンフィ(Lorenzo                   Mauro   Banfi)……
                                                         48
                                 補欠監査役
     ロレンゾ・マウロ・バンフィ(Lorenzo                   Mauro   Banfi)……
                                                         59
                                 補欠監査役
     当社監査役は、他の当社監査役、当社取締役、若しくは主要幹部又は当グループの事業において戦略的役割を担うその他

     人物のいずれかと関係を有していない。
     過去5年間において当グループが把握する限り、当社監査役は、                              (i)詐欺的な犯罪行為に関連して有罪判決を受けておら

     ず、   (ii)破産している、管財人の管理下である、又は清算の対象である会社の管理、経営又は監督に関する組織の一員
     又はシニアマネジャーになっておらず、(iii)司法又は規制当局(職能団体を含む)による公的な調査及び/又は制裁の
     対象となっておらず、(iv)裁判所によって、発行者の管理、経営又は監督に関する組織から、又は発行者の経営陣として
     勤務することから排除され、又はそれらについて欠格とされていない。
     (1)当社の取締役及び上級社員に対する報酬

     以下の表は、2017年12月31日に終了した事業年度につき、当社の各取締役に対して当グループが支払った報酬の総額を示

     すものである。
                                              その他当グループ会社が
                                               支払った報酬の総額
                                 当社が支払った報酬の
                                                (単位:ユーロ)
                                     総額
                                 (単位:ユーロ)        (*)         (**)
     氏名                  役職
     レモ・ルッフィーニ
                       取締役会長兼CEO           3,025,757              10,000
     (Remo    Ruffini)………………………
     バージニー・サラ・サンドリン・モー
     ゴン                              35,000               -
                        指名報酬委員会
     (Virginie      Sarah   Sandrine     Morgon)
                                  54/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     ネリオ・アレッサンドリ(Nerio
                                   40,000               -
                         独立取締役
     Alessandri)      ……………………………
     セルジオ・ブオンジョバーニ(Sergio
                                   525,019              10,000
                         上級取締役
     Buongiovanni)…………………………
     マルコ・ディエゴ・デ・ベネデッティ                  筆頭独立取締役
     (Marco    Diego   De  Benedetti)………          リスク・サステナ
                       ビリティコント
                       ロール委員会
                                   85,000               -
                       指名報酬委員会委
                       員
                       関連当事者委員会
                       委員
     ディーバ・モリアーニ(Diva
                                   70,000               -
                         独立取締役
     Moriani)………………………………
     ガブリエーレ・ガラテリ・ディ・ジェ
     ノーラ(Gabriele         Galateri     di
                                   55,000               -
                         独立取締役
     Genola)…………………………………
     ステファニー・フェアー
                         独立取締役
                                   40,000               -
     (Stephanie      Phair)…………………
                        指名報酬委員会
     グイドー・ピアナローリ
                                   70,000               -
                         独立取締役
     (Guido    Pianaroli)…………………
     ルチアノ・サンテル
                                   249,478              632,958
                         上級取締役
     (Luciano     Santel)……………………
     ホアン・カルロス・トーレス・カレッ
     テーロ                              20,000               -
                          取締役
     (Juan    Carlos    Torres    Carretero)…
     __________________________
     (*)    委員会への参加に対する報酬、非金銭的利益(福利厚生(課税価額を記載)及び保険)、賞与その他のインセン
        ティブ報酬を含む。
     (**)   子会社での役職に対する報酬、雇用契約に基づく賃金及び解雇手当を含む。
     以下の表は、2017年12月31日に終了した事業年度につき、当社の各監査役に対して当グループが支払った報酬の総額を示

     すものである。
                                                   その他当グループ

                                                    会社が支払った
                                                     報酬の総額
                                       当社が支払った報酬の総額             (単位:ユーロ)
     氏名                  役職                (単位:ユーロ)       (*)       (**)
     リカルド・ロッシ(         Riccardo     Losi  )
                                          41,918            -
                       監査役会長(1)
     アントネッラ・スッフリティ
                                          41,000            -
     (Antonella      Suffriti)……………
                       正規監査役
     マリオ・ヴァレンティ(           Mario
                                          28,644           22,000
     Valenti    )  ………………………………            正規監査役(1)
     マリオ・ヴァレンティ(           Mario
                                          18,082            -
     Valenti    )  ………………………………            監査役会長(2)
     ラウール・フランチェスコ・ヴィ
     トゥーロ(Raoul        Francesco
                                          12,356           15,000
     Vitulo)…………………………………
     ………
                       正規監査役
     __________________________
                                  55/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     (*)    委員会への参加に対する報酬、非金銭的利益、賞与その他のインセンティブ報酬を含む。
     (**)   子会社での役職及び当社が正規監査役の意見を求めた事項に関連する業務に対する報酬を含む。
     2017年に、戦略的責任を負う幹部に対して支払われた報酬の総額は、                                2,817,880     ユーロである。

     ストックオプション制度

     2014年2月28日に、当社定期株主総会において、「経営陣及び主要メンバーストック・オプション制度(Stock                                                    Option

     Plan   for  Top  Management      and  Key  People)」及び「従業員ストック・オプション制度(Stock                            Option    Plan   Corporate
     Structure)」の2つのインセンティブ・ロイヤルティ制度が承認された。
     (1)2017年4月20日以降

     (2)   2017年4月20日まで
     IFRS第2号に基づくと、これらの制度は持分決済型と定義されている。

     両制度は、有償増資として新たに発行される当社の普通株式を購入することができる新株予約権を無償で付与する方法に

     よって導入され、民法第2441条の第5項、第6項及び第8項に基づく新株引受権は排除されている。
     上記2つのストック・オプション制度に基づく最大5,555,000個の新株予約権の付与が承認され、「経営陣及び主要メン

     バーストック・オプション制度(Stock                   Option    Plan   for  Top  Management      and  Key  People)」に対して5,030,000個、及
     び  「従業員ストック・オプション制度(Stock                     Option    Plan   Corporate     Structure)」に基づき残余の525,000個の付与
     を行う権限が承認された。2014年12月31日において、経営陣及び主要メンバーストック・オプション制度(Stock                                                    Option
     Plan   for  Top  Management      and  Key  People)の4,955,000個、従業員ストック・オプション制度(Stock                              Option    Plan
     Corporate     Structure)の396,771個が付与されている。
     新株予約権の行使価格は10.20ユーロであり、行使された新株予約権1個に対して普通株式1株の割合で付与される。

     1つ目の制度である「経営陣及び主要メンバーストック・オプション制度(Stock                                      Option    Plan   for  Top  Management      and

     Key  People)」については、業務執行取締役、従業員及び顧問に加えて、第三者であるモンクレール・エスピーエー
     (Moncler     S.p.A.)及びその子会社のコンサルタントにも新株予約権が付与される。
     当制度では、付与日から、2016年3月31日を連結決算日とする連結財務諸表の取締役会承認日までが権利付与期間とな

     る。オプションは、2018年9月30日まで権利行使可能である。
     各受益者は、モンクレールの連結EBITDAに関する特定の業績目標が満たされた場合に、付与された新株予約権を行使でき
     る。
     2つ目の制度である「従業員ストック・オプション制度(Stock                              Option    Plan   Corporate     Structure)」はモンクレー

     ル・エスピーエー(Moncler             S.p.A.)及びそのイタリアの子会社の従業員を対象としている。
     当制度では、権利付与期間を有する3つの異なるトランシェが付与されるが、権利付与期間はそれぞれ権利付与日から、

     2014年、2015年、2016年3月31日を連結決算日とする連結財務諸表の取締役会承認日までとなる。オプションは、2018年
     9月30日まで権利行使可能である。
     各受益者は、モンクレールの連結EBITDAに関する特定の業績目標が満たされた場合に、付与された新株予約権を行使でき

     る。
     上記のストック・オプション計画に関する詳細な内容については、当社のウェブサイト                                         www.monclergroup.com          にある

     「Governance       / Shareholders’        Meeting」の項目を参照のこと。
                                  56/302



                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     ストック・オプション制度が損益計算書に与える影響額は、4.7百万ユーロであり、主に制度の公正価値が含まれてい
     る。当該公正価値は、権利付与日における株式価値、株式の公開価値、価格の変動性、予想配当の変動、オプションの条
     件、及びリスクフリーレートを考慮している。
     ストック・オプションの公正価値は、権利付与日時点でブラックショールズモデルを用いて、以下の過程を基に見積られ

     ている。
     ・ オプションの権利付与日時点における株価 13.27ユーロ
     ・ 配当利回り:1%
     ・ トランシェあたりの公正価値:3.8819ユーロから4.1597ユーロ
     2015年4月23日、当社の定時株主総会において、当社が新たに発行する普通株式の割当オプションの無償割当てを行うこ

     とが可能なストックオプション制度「パフォーマンス・ストック・オプション・プラン2015」の適用を承認した。本プラ
     ンに定められ、その明細書に記載されている条件に従って、各オプションにつき1株を取得することができる。
     このストック・オプション・プランは、当社の戦略的目標を達成するために重要な役割を果たす当社またはその子会社の

     外部コンサルタントを含む可能性がある、戦略的責任を有する執行取締役および/または管理者、および/または従業員お
     よび/   報酬委員会を聞いた後に取締役会によって特定される。
     各受益者は、特定の業績目標が達成されたことを条件として、割り当てられたオプションを行使することができる。                                                      業

     績目標は、各判定期間の最近3事業年度における当グループの連結財務諸表に基づく連結EBITDAに基づき判断される。
     本プランの導入に伴い受益者に割り当てられる株式の総数は、2,548,225株である。                                       2015年4月23日の株主総会は、本プ

     ランのため、最大509,645ユーロの株式発行及び株式分割による資本金の増額を承認し、                                         これにより最大2,548,225株の
     他の株式と同様の内容をもつ新たな無額面株式を発行することが可能となった。
     本プランのための増資の詳細については、当社ウェブサイトwww.monclergroup.comの「Governance                                              →  Shareholders」の

     セクションに記載されている報告書、及び当社の監査を行っているKPMGが発行した発行価格についてのフェアネスオピニ
     オンを参照されたい。
     本書提出日現在、最初に割当てを受けた28名が、1個につき16.34ユーロで当社株式1株を取得することができるオプ

     ションを1,385,000個保有している。「パフォーマンス・ストック・オプション・プラン2015」の導入に関するより詳細
     な情報は、当社のウェブサイトwww.monclergroup.comの「Governance                                →  Shareholders’        Meeting」のセクションにおい
     て、法律に定められた内容及び回数の情報が掲載される。
     この制度では、権利の付与期間が2015年6月30日までと定められている。権利行使は(ⅰ)3年間の権利確定期間、

     (ii)受益者が本プランに規定された条件に従って権利行使可能となる権利行使期間、及び(iii)戦略的責任を有する
     業務執行取締役及び/又はマネージャーが権利行使により取得した株式の一部の保有を継続することができる追加期間に
     分かれている。オプションの行使後、取締役会の裁量により、あらかじめ報酬委員会の意見を聞き、業績目標を定めた上
     で、授権株式数の増加について承認する株主総会の決議を経て、2016年及び2017年に権利行使可能となるオプションを付
     与することも認められている。付与期間は、付与対象者が行使できる期間がその在任期間中となるように定められる。ま
     た、本制度は、2022年6月30日に失効する。期間内に行使されなかったストックオプションは、確定的に失効したものと
     みなされ、その結果、当社は本制度に基づき付与者に対して負う義務から免除される。
     本制度に基づくストックオプションの有効期限は、最初の付与分については2020年6月30日、二度目及び三度目の付与分

     についてはそれぞれ2021年6月30日、2022年6月30日に設定されている。
     全てのストックオプションが行使され、ストックオプションのための授権枠内の株式が全て発行され、さらに増資が行わ

     ないと仮定すると、当社株主の現在の株式資本の約1.02%が希釈化される。本制度及びその他の2014年2月28日現在まで
     に導入されたストックオプション制度に基づく総希釈化率は、当社の当該時点における株式資本の約3%に相当する。こ
     の授権資本の増加は、(ⅰ)2013年10月1日付臨時株主総会において当社取締役会に授権された増資の授権、及び(ⅱ)
     2014年2月28日付臨時株主総会において当社取締役会により委任された増資のうち、「Stock                                           Option    Plan   2014   – 2018
                                  57/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     Top  Management      e Key  People」及び「Stock          Option    Plan   2014   – 2018   Corporate     Structures      Italy」について未使用
     であった分の授権を取り消した上で、当社の株主総会により授権された。
     2016年4月20日、報酬及び指名委員会の意見を聴取したうえで、当社の取締役会の決定に基づき、当社の定時株主総会に

     おいて、当社及びその子会社の外部コンサルタントを含むエグゼクティブ・ディレクター、主要なマネージャー、従業員
     及びビジネスパートナーを対象とする「2016-2018パフォーマンス・シェアーズ・プラン(2016-2018                                               Performance
     Shares    Plan)」が承認された。            当該プランは、対象者に権利1個につき当社株式1株を取得する権利を付与するもので
     ある。
     2016-2018年のパフォーマンスシェアプランは、市場のベストプラクティス及び自主規制ルールに適合するものであり、

     (i)全体的な報酬、特に当社グループの役員および主要人材に対するインセンティブシステムを、                                              当社の実際の業績に
     連動させ、当社グループの新たな価値の創出につながるものであり、(ii)中長期的成果を達成するための戦略に向けて
     当社グループの主要な人員を動機付けるものである。また、(iii)当社グループの主要な人員の利益を株主及び投資家
     の利益に合わせ、(iv)主要な人員の当社グループに対する忠誠心を醸成し、当社グループに留まることを奨励し、
     (ⅴ)今後一層世界の雇用市場から才能ある経営陣及び専門家を当社に惹きつけ、当社のコアとなる競争力を強化するこ
     とを企図して導入されたものである。
     2016-2018年のパフォーマンスシェアプランに基づき各対象者に付与された権利は、3年間の権利確定期間が設定されて

     おり、最近3事業年度の連結財務諸表に基づく所定の当社の連結1株当たり利益を達成することにより権利が確定する。
     本プランには、(i)利益返還条項及びクローバック条項が含まれており、(ii)権利確定期間後に権利行使され、取得
     された株式について、一定のロックアップ期間が設定されている。本プランに関するより詳細な情報は、当社のウェブサ
     イトwww.monclergroup.com上の「Governance                     →  Shareholders’        Meeting」のセクション、及び「1Info」という中央株
     式情報センターにおいて閲覧可能である。
     本書提出日現在、本プランに基づき88名の対象者に2,820,500個の権利が付与されている。

      5【コーポレート・ガバナンスの状況等】

       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
     当社は、従来型のガバナンスモデルを採用している。具体的内容は以下のとおりである。

     取締役会は、コーポレート・ガバナンス体制の重要な要素であり、株主価値の最大化を目指し、全社的な事業を監督し、

     グループのためのガイドラインを定める。当社の取締役会は、指名報酬委員会、及びリスク・サステナビリティコント
     ロール委員会を設置し、取締役が委員に就任している。これらの委員会は、当社が支持しているコーポレートガバナンス
     コードに沿って取締役会に対する諮問を行うものである。
     監査役会は、上場会社に適用される規則に従い、(i)法令遵守、優れた経営管理の原則の適用、及び親会社から提供さ

     れた指示の妥当性、(ⅱ)会社の組織体制、内部統制システムおよび行政会計システムの妥当性、並びに報告業務におけ
     る正確性の信頼性、(ⅲ)会社が承認した行動規範により提供されるコーポレートガバナンスルールの実用化、(iv)内
     部監査およびリスク管理システムの有効性、勘定の監査および監査会社の独立性、(ⅴ)財務報告プロセスを監視監督す
     る。
     定時及び/又は臨時株主総会として招集される株主総会は、以下に関する事項を決定する。(ⅰ)取締役会及び監査役会

     の構成員の選任及び解任及び報酬、(ⅱ)財務諸表の承認および利益分配、(ⅲ)定款の変更、(iv)監査役会の合理的
     提案に基づく監査法人の任命、及び(v)インセンティブプランの導入。
     監査法人は会計を監査する法定の権限を有している。監査法人は、法律に基づき株主総会によって任命される。イタリア

     民法では、監査法人に完全な独立と自主的な活動を保証することが要求されており、支配株主または少数株主持分を代表
     するものではない。
     KPMG   S.p.A.が、2013年から2021年までの個別及び連結財務諸表の監査法人として当社株主総会において任命されてい

     る。
                                  58/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     当社が導入している内部統制及びリスクマネジメントシステムの一環として、指令231/01号(                                            Legislative      Decree    no.
     231/01   )に基づき、委員3名から構成され、取締役会直属の諮問委員会を設置している。この諮問委員会は、当グループ
     の規則、システム及び内部統制が適切かを監視する役割を担っている。
     取締役会委員会及び2001年法令231号に基づいて任命された監督機関および財務報告担当責任者を含むコーポレートガバ

     ナンスの詳細については、当社ウェブサイトwww.monclergroup.comの「ガバナンス」のセクションを参照されたい。コー
     ポレート・ガバナンス及び所有者報告書(立法令第58/1998号の第123-b2条に従って作成されている)は、他の会社書類
     とともにウェブサイト上で掲載されている。
     2014年3月28日、当社取締役会は、2000年9月29日法律第11条に基づき法人及び権利能力なき社団の運営に関する責任に

     ついて定めた2001年6月8日の法令第231号に従い、「組織、運営及びコントロールに関するモデル」(以下「本モデ
     ル」という。)を承認した。本モデルは、当社の主要なリスク要因をコントロールするための内部統制体制及び倫理規程
     を定めるものである。倫理規程は、当グループが事業を遂行する際の倫理規範について宣言し、遵守する責任を定めるも
     のである。倫理規程の全ての名宛人(当社のみならず、当社の仕入先、請負業者、コンサルタント、協力会社、ビジネス
     パートナー等)に、業務及び事業の全ての過程で倫理規程を遵守することを求めている。
     倫理規程は、当グループの価値観を表すものであり、倫理規程が適用される全ての個人及び当社の取引先(サプライ

     ヤー、下請、コンサルタント、外注先等)を含む団体が業務遂行の過程で順守すべき責務を定めている。
     関連当事者取引

     関連当事者取引の概要は、当社の連結財務諸表の脚注10.1及び個別財務諸表の脚注8.1を参照されたい。

     自己株式

     当社は、本書提出日現在、4,100,000株の自己株式(発行済株式の1.6%に相当)を保有している。

       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【外国監査公認会計士等に対する報酬の内容】
     独立監査人に対して支払われた報酬は以下のとおりである。

                  2016年12月31日に終了した事業年度                     2017年12月31日に終了した事業年度

                  監査業務に           監査業務に           監査業務に          非監査業務に
         区分
                  関連する報酬           関連する報酬           関連する報酬           関連する報酬
                 (ユーロ)(*)           (ユーロ)(*)           (ユーロ)(*)           (ユーロ)
                   142,861           63,587          194,269           51,816
         当社
                   422,898           89,508          359,673           116,306
        連結子会社
                   565,759           153,095           553,942           168,122
          計
     (*)  証明業務に対する報酬を含む。
        ②【その他重要な報酬の内容】

     前連結会計年度及び当連結会計年度において、当社の連結子会社が、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属

     しているKPMGネットワーク(イタリアを除く。)に対して支払った報酬の額は、それぞれ214,689ユーロ及び                                                  171,318    ユー
     ロである。
        ③【外国監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

     該当なし。

        ④【監査報酬の決定方針】

                                  59/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     該当なし。
                                  60/302




















                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     第6【経理の状況】
     1  当社は、欧州連合によって承認され、政令第38/05号第9条(Article                                9 of  Legislative      Decree    No.  38/05)に基づき

      イタリアで施行されている国際財務報告基準(以下「国際財務報告基準(IFRS)」という。)に準拠して連結財務諸
      表及び個別財務諸表を作成しており、当社はこれらの財務諸表を本国において年次報告書上で開示している。以下に
      掲げる当社の和文の年次連結財務諸表及び個別財務諸表は、2017年度にかかる年次報告書に掲載された原文の年次連
      結財務諸表及び個別財務諸表を翻訳したものである。
      当該財務諸表の作成に当たって、当グループが採用した会計原則及び会計慣行と、日本において一般に認められてい

      る会計原則及び会計慣行との間の主要な相違点については、「4 日本と国際財務報告基準(IFRS)における会計原
      則及び会計慣行の主要な相違」において説明されている。
     2  上記の年次連結財務諸表及び個別財務諸表の日本における開示については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法

      に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)第129条第1項の規定の適用を受けている。
     3  原文の年次連結財務諸表及び個別財務諸表は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条の3第

      7項に規定されている外国監査法人等をいう。)であるケーピーエムジー・エスピーエー(KPMG                                             S.p.A.)による監査
      を受けており、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含む。)第193条の2第1項第1号に規定され
      る監査証明に相当すると認められる証明にかかる監査報告書の原文及び和訳文が本書とともに提出されている。
     4  本書記載の原文の財務諸表は、ユーロで表示されている。「円」で表示されている金額は、平成30年6月1日現在の

      株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客直物電信売買相場の仲値である1ユーロ=127.34円により行ったものである。
      日本円による計数は四捨五入により合計と一致しないことがある。
     5  上記の主要な金額の円換算額及び「2 主な資産・負債及び収支の内容」ないし「4 日本と国際財務報告基準

      (IFRS)における会計原則及び会計慣行の主要な相違」は原文の財務諸表には含まれておらず、上記3の監査の対象
      にもなっていない。
                                  61/302











                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
      1【財務書類】
     連結損益計算書

     連結損益計算書
                                        うち               うち
                                       関連当事者               関連当事者
     単位:千ユーロ                      注記    2017年度               2016年度
                                       (注記10.1)               (注記10.1)
                           4.1     1,193,704           884     1,040,311           590
     収益
                           4.2     (276,186)         (9,291)       (252,303)         (7,910)
     売上原価
                                  917,518                788,008
     売上総利益
                           4.3     (365,103)          (824)      (312,353)          (954)
     販売費
                           4.4     (108,660)         (7,441)       (94,093)        (7,355)
     一般管理費
                           4.5      (79,393)               (68,143)
     広告宣伝費
                           4.6      (23,485)        (8,300)       (15,738)        (7,380)
     株式報酬費用
                           4.7      340,877                297,681
     営業利益
                           4.8        558               492
     金融収益
                           4.8      (5,740)               (5,084)
     金融費用
                                  335,695                293,089
     税引前利益
                           4.9      (85,927)               (96,767)
     法人所得税
     当期純利益(非支配持分を含む)                             249,768                196,322
                                   (80)               (279)
     非支配持分
     当期純利益(当グループ持分)                             249,688                196,043
     1株当たり利益(単位:ユーロ)                      5.16        0.99               0.79
     希薄化後1株当たり利益(単位:ユーロ)                      5.16        0.98               0.78
     連結損益計算書

                                        うち               うち
                                       関連当事者               関連当事者
     単位:百万円                      注記    2017年度               2016年度
                                       (注記10.1)               (注記10.1)
                           4.1      152,006          113      132,473          75
     収益
                           4.2      (35,170)        (1,183)       (32,128)        (1,007)
     売上原価
                                  116,837                100,345
     売上総利益
                           4.3      (46,492)         (105)      (39,775)         (121)
     販売費
                           4.4      (13,837)         (948)      (11,982)         (937)
     一般管理費
                           4.5      (10,110)                (8,677)
     広告宣伝費
                           4.6      (2,991)        (1,057)        (2,004)         (940)
     株式報酬費用
                           4.7       43,407                37,907
     営業利益
                           4.8         71               63
     金融収益
                           4.8       (731)               (647)
     金融費用
                                  42,747                37,322
     税引前利益
                           4.9      (10,942)               (12,322)
     法人所得税
     当期純利益(非支配持分を含む)                             31,805                25,000
                                   (10)               (36)
     非支配持分
     当期純利益(当グループ持分)                             31,795                24,964
     1株当たり利益(単位:円)                      5.16        126               100
     希薄化後1株当たり利益(単位:円)                      5.16        125                99
                                  62/302




                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     連結包括利益計算書
     連結包括利益計算書
     単位:千ユーロ                              注記       2017年度           2016年度

     当期純利益(損失)                                         249,768            196,322

     ヘッジの公正価値の変動                              5.16            505           154

                                   5.16          (16,242)             1,693
     換算差額―在外営業活動体
                                             (15,737)             1,847
     純損益に振替えられる可能性のある項目
     その他の利得(損失)                              5.16             26         (309)

                                                26         (309)
     純損益に振替えられることのない項目
     その他の包括利益(損失)(税引後)                                        (15,711)             1,538

                                              234,057            197,860

     当期包括利益(損失)計
     帰属先:
                                              233,977            197,580
     当グループ
                                                 80           280
     非支配持分
     連結包括利益計算書

     単位:百万円                              注記       2017年度           2016年度

     当期純利益(損失)                                          31,805            25,000

                                   5.16             64           20

     ヘッジの公正価値の変動
                                   5.16          (2,068)             216
     換算差額―在外営業活動体
                                              (2,004)             235
     純損益に振替えられる可能性のある項目
     その他の利得(損失)                              5.16             3         (39)

                                                 3         (39)
     純損益に振替えられることのない項目
     その他の包括利益(損失)(税引後)                                         (2,001)             196

                                               29,805            25,195

     当期包括利益(損失)計
     帰属先:
                                               29,795            25,160
     当グループ
                                                 10            36
     非支配持分
                                  63/302






                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     連結財政状態計算書
     連結財政状態計算書
                                       うち                 うち
                              2017年                 2016年
                                     関連当事者                 関連当事者
     単位:千ユーロ                    注記
                              12月31日                 12月31日
                                     (注記10.1)                 (注記10.1)
     ブランド及びその他の無形資産
                         5.1       270,687                  266,882
     (純額)
                         5.1       155,582                  155,582
     のれん
     有形固定資産(純額)                    5.3       138,127                  123,925
                         5.9       24,064                  24,691
     その他の非流動資産
                         5.4       78,991                  74,682
     繰延税金資産
                                667,451                  645,762
     非流動資産
                         5.5       136,159                  135,849
     棚卸資産
                         5.6       120,708          10,445         104,864          7,523
     売掛金
                         5.12        38,417                  5,560
     当期税金資産
                         5.9       19,284                  13,356
     その他の流動資産
                         5.8        3,884                  3,019
     金融資産
                         5.7       394,144                  243,389
     現金及び現金同等物
                                712,596                  506,037
     流動資産
                               1,380,047                  1,151,799

     資産合計
                         5.16        50,956                  50,043

     資本金
                         5.16       154,827                  109,187
     資本剰余金
                         5.16       467,952                  348,179
     その他の剰余金
     当期純利益(当グループ持分)                    5.16       249,688                  196,043
                                923,423                  703,452
     当グループ持分
                                  108                 119

     非支配持分
                                923,531                  703,571

     資本合計
                         5.15        67,874                  75,835

     長期借入金
     引当金(非流動)                    5.13        4,946                 11,880
                         5.14        5,652                  5,258
     従業員給付
                         5.4       68,699                  70,953
     繰延税金負債
                         5.11        12,220                  12,043
     その他の非流動負債
                                159,391                  175,969
     非流動負債
                         5.15        25,202                  64,777
     短期借入金
                         5.10       167,212          9,842        132,586          8,131
     買掛金
                         5.12        36,687                  24,577
     当期税金負債
                         5.11        68,024          3,909         50,319         3,788
     その他の流動負債
     流動負債                           297,125                  272,259
                               1,380,047                  1,151,799

     資本及び負債合計
                                  64/302





                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     連結財政状態計算書

                                       うち                 うち
                              2017年                2016年
                                     関連当事者                 関連当事者
     単位:百万円                    注記
                              12月31日                 12月31日
                                     (注記10.1)                 (注記10.1)
     ブランド及びその他の無形資産
                         5.1       34,469                  33,985
     (純額)
                         5.1       19,812                  19,812
     のれん
     有形固定資産(純額)                    5.3       17,589                  15,781
                         5.9        3,064                  3,144
     その他の非流動資産
                         5.4       10,059                  9,510
     繰延税金資産
                                 84,993                  82,231
     非流動資産
                         5.5       17,338                  17,299
     棚卸資産
                         5.6       15,371          1,330         13,353           958
     売掛金
                         5.12        4,892                   708
     当期税金資産
                         5.9        2,456                  1,701
     その他の流動資産
                         5.8         495                 384
     金融資産
                         5.7       50,190                  30,993
     現金及び現金同等物
     流動資産                            90,742                  64,439
                                175,735                  146,670

     資産合計
                         5.16        6,489                  6,372
     資本金
                         5.16        19,716                  13,904
     資本剰余金
                         5.16        59,589                  44,337
     その他の剰余金
     当期純利益(当グループ持分)                    5.16        31,795                  24,964
                                117,589                  89,578
     当グループ持分
                                   14                15

     非支配持分
                                117,602                  89,593

     資本合計
                         5.15        8,643                  9,657
     長期借入金
     引当金(非流動)                    5.13         630                1,513
                         5.14         720                 670
     従業員給付
                         5.4        8,748                  9,035
     繰延税金負債
                         5.11        1,556                  1,534
     その他の非流動負債
                                 20,297                  22,408
     非流動負債
     短期借入金                    5.15        3,209                  8,249
                         5.10        21,293          1,253         16,884          1,035
     買掛金
                         5.12        4,672                  3,130
     当期税金負債
                         5.11        8,662          498        6,408          482
     その他の流動負債
                                 37,836                  34,669
     流動負債
                                175,735                  146,670

     資本及び負債合計
                                  65/302





                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     連結持分変動計算書
     持分変動計算書                                   その他の包括利益
                      資本金     資本剰余金      法定準備金
                                       為替換算
     単位:千ユーロ             注記                           その他
                                       調整勘定
                  5.16     50,025     108,284      10,000      3,581       (40)
     2016年1月1日残高
                         0      0     300       0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0      0
     連結の範囲の変更
                         0      0      0      0      0
     配当
                         18     903       0      0      0
     資本の増加
                         0      0      0      0      0
     資本のその他の変動
                         0      0      0    1,692      (155)
     包括利益のその他の変動
                         0      0      0      0      0
     当期純利益
                  5.16     50,043     109,187      10,300      5,273      (195)
     2016年12月31日残高
                  5.16     50,043     109,187      10,300      5,273      (195)

     2017年1月1日残高
                         0      0      0      0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0      0
     連結の範囲の変更
                         0      0      0      0      0
     配当
                        913    45,640        0      0      0
     資本の増加
                         0      0      0      0      0
     資本のその他の変動
                         0      0      0   (16,242)        531
     包括利益のその他の変動
                         0      0      0      0      0
     当期純利益
                  5.16     50,956     154,827      10,300     (10,969)        336
     2017年12月31日残高
     持分変動計算書                  その他の剰余金

                                当期純利益      資本(当グ
                                (当グルー      ループ持
                                            非支配持分      資本合計
                      IFRS   2
     単位:千ユーロ             注記         利益剰余金
                                 プ持分)       分)
                      剰余金
                  5.16     11,129     195,316      167,863      546,158        649    546,807
     2016年1月1日残高
                         0   167,563     (167,863)         0      0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0    (289)      (289)
     連結の範囲の変更
                         0   (34,883)         0   (34,883)       (521)    (35,404)
     配当
                         0      0      0     921       0     921
     資本の増加
                       15,530     (21,854)         0   (6,324)        0   (6,324)
     資本のその他の変動
                         0      0      0    1,537        1    1,538
     包括利益のその他の変動
                         0      0   196,043      196,043        279    196,322
     当期純利益
                  5.16     26,659     306,142      196,043      703,452        119    703,571
     2016年12月31日残高
                  5.16     26,659     306,142      196,043      703,452        119    703,571

     2017年1月1日残高
                         0   196,043     (196,043)         0      0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0      0      0
     連結の範囲の変更
                         0   (45,491)         0   (45,491)        (91)    (45,582)
     配当
                         0      0      0   46,553        0   46,553
     資本の増加
                       22,195     (37,263)         0   (15,068)         0   (15,068)
     資本のその他の変動
                         0      0      0   (15,711)         0   (15,711)
     包括利益のその他の変動
                         0      0   249,688      249,688        80   249,768
     当期純利益
                  5.16     48,854     419,431      249,688      923,423        108    923,531
     2017年12月31日残高
                                  66/302




                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     持分変動計算書                                   その他の包括利益

                      資本金     資本剰余金      法定準備金
                                       為替換算
     単位:百万円             注記                           その他
                                       調整勘定
                  5.16     6,370     13,789      1,273       456      (5)
     2016年1月1日残高
                         0      0     38      0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0      0
     連結の範囲の変更
                         0      0      0      0      0
     配当
                         2     115       0      0      0
     資本の増加
                         0      0      0      0      0
     資本のその他の変動
                         0      0      0     215      (20)
     包括利益のその他の変動
                         0      0      0      0      0
     当期純利益
                  5.16     6,372     13,904      1,312       671      (25)
     2016年12月31日残高
                  5.16     6,372     13,904      1,312       671      (25)

     2017年1月1日残高
                         0      0      0      0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0      0
     連結の範囲の変更
     配当                     0      0      0      0      0
                        116     5,812        0      0      0
     資本の増加
                         0      0      0      0      0
     資本のその他の変動
                         0      0      0   (2,068)        68
     包括利益のその他の変動
                         0      0      0      0      0
     当期純利益
                  5.16     6,489     19,716      1,312     (1,397)        43
     2017年12月31日残高
     持分変動計算書                  その他の剰余金

                                当期純利益      資本(当グ
                                (当グルー      ループ持
                                            非支配持分      資本合計
                      IFRS   2
     単位:百万円             注記         利益剰余金
                                 プ持分)       分)
                      剰余金
                  5.16     1,417     24,872      21,376      69,548        83    69,630
     2016年1月1日残高
                         0   21,337     (21,376)         0      0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0     (37)      (37)
     連結の範囲の変更
                         0   (4,442)        0   (4,442)       (66)    (4,508)
     配当
                         0      0      0     117       0     117
     資本の増加
                       1,978     (2,783)        0    (805)       0    (805)
     資本のその他の変動
     包括利益のその他の変動                     0      0      0     196       0     196
                         0      0   24,964      24,964        36    25,000
     当期純利益
     2016年12月31日残高             5.16     3,395     38,984      24,964      89,578        15    89,593
                  5.16     3,395     38,984      24,964      89,578        15    89,593

     2017年1月1日残高
                         0   24,964     (24,964)         0      0      0
     前年度純利益の配分
                         0      0      0      0      0      0
     連結の範囲の変更
                         0   (5,793)        0   (5,793)       (12)    (5,804)
     配当
                         0      0      0    5,928        0    5,928
     資本の増加
                       2,826     (4,745)        0   (1,919)        0   (1,919)
     資本のその他の変動
                         0      0      0   (2,001)        0   (2,001)
     包括利益のその他の変動
                         0      0   31,795      31,795        10    31,805
     当期純利益
                  5.16     6,221     53,410      31,795     117,589        14   117,602
     2017年12月31日残高
                                  67/302




                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     連結キャッシュ・フロー計算書
     連結キャッシュ・フロー計算書
                                       うち                 うち
                              2017年度                 2016年度
                                      関連当事者                 関連当事者
     単位:千ユーロ
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 249,768                 196,322
     当期純利益
                                 47,273                 41,635
     減価償却費及び償却費
                                  5,182                4,592
     金融費用(収益)純額
     その他の非資金費用(収益)                            23,157                 15,530
                                 85,927                 96,767
     法人所得税費用
                                 (3,026)                 (1,188)
     棚卸資産の(増加)/減少
                                 (20,748)        (2,922)         (14,877)         (510)
     売掛金の(増加)/減少
     買掛金の増加/(減少)                            40,648        1,711         17,892        (415)
                                  8,997        121        26,991        1,092
     その他の流動資産/負債の増減
                                 437,178                 383,664
     営業活動から生じたキャッシュ・フロー
                                  (780)               (1,406)
     利息の支払額及び受取額
                                (124,568)                 (107,917)
     法人所得税の支払額
                                  2,282                3,110
     その他の非流動資産/負債の増減
     営業活動による正味キャッシュ・フロー(a)                            314,112                 277,451
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 (73,479)                 (63,301)
     有形固定資産及び無形資産の取得による支出
                                   981               1,011
     有形固定資産及び無形資産の売却による収入
     投資活動による正味キャッシュ・フロー(b)                            (72,498)                 (62,290)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                 (62,068)                 (68,592)
     借入金の返済による支出
                                   85                 0
     借入金による収入
                                    0                (3)
     短期借入金の増減
                                 (45,491)                 (34,883)
     株主への配当金の支払額
                                   (91)                (521)
     非支配持分への配当金の支払額
                                 46,553                  921
     資本の増加
                                 (21,329)                 (12,801)
     自己株式の増減
                                  (659)               (1,901)
     その他の資本の変動額
     財務活動による正味キャッシュ・フロー(c)                            (83,000)                (117,780)
     現金及び現金同等物の純増加(減少)額(a)+(b)+

                                 158,614                  97,381
     (c)
                                 243,385                 146,081

     現金及び現金同等物の期首残高
                                 (7,855)                  (77)
     為替変動による影響
                                 158,614                 97,381
     現金及び現金同等物の純増加(減少)額
                                 394,144                 243,385
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  68/302






                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     連結キャッシュ・フロー計算書

                                       うち                 うち
                              2017年度                 2016年度
                                      関連当事者                 関連当事者
     単位:百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 31,805                 25,000
     当期純利益
                                  6,020                5,302
     減価償却費及び償却費
                                   660                 585
     金融費用(収益)純額
     その他の非資金費用(収益)                             2,949                1,978
                                 10,942                 12,322
     法人所得税費用
                                  (385)                 (151)
     棚卸資産の(増加)/減少
                                 (2,642)        (372)        (1,894)         (65)
     売掛金の(増加)/減少
     買掛金の増加/(減少)                             5,176        218        2,278        (53)
                                  1,146         15        3,437        139
     その他の流動資産/負債の増減
                                 55,670                 48,856
     営業活動から生じたキャッシュ・フロー
                                   (99)                (179)
     利息の支払額及び受取額
                                 (15,862)                 (13,742)
     法人所得税の支払額
                                   291                 396
     その他の非流動資産/負債の増減
     営業活動による正味キャッシュ・フロー(a)                             39,999                 35,331
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 (9,357)                 (8,061)
     有形固定資産及び無形資産の取得による支出
                                   125                 129
     有形固定資産及び無形資産の売却による収入
     投資活動による正味キャッシュ・フロー(b)                            (9,232)                 (7,932)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                 (7,904)                 (8,735)
     借入金の返済による支出
                                   11                 0
     借入金による収入
                                    0                (0)
     短期借入金の増減
                                 (5,793)                 (4,442)
     株主への配当金の支払額
                                   (12)                 (66)
     非支配持分への配当金の支払額
                                  5,928                  117
     資本の増加
                                 (2,716)                 (1,630)
     自己株式の増減
                                   (84)                (242)
     その他の資本の変動額
     財務活動による正味キャッシュ・フロー(c)                            (10,569)                 (14,998)
     現金及び現金同等物の純増加(減少)額(a)+(b)+

                                 20,198                 12,400
     (c)
                                 30,993                 18,602

     現金及び現金同等物の期首残高
                                 (1,000)                  (10)
     為替変動による影響
                                 20,198                 12,400
     現金及び現金同等物の純増加(減少)額
                                 50,190                 30,993
     現金及び現金同等物の期末残高
     モンクレール・エスピーエー(Moncler                   S.p.A.) 取締役会代表

     会長
     レモ・ルッフィーニ
     次へ

                                  69/302




                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     連結財務諸表注記
     1.  報告企業の概況

     1.1.  当グループと主要な事業

     親会社であるモンクレール・エスピーエー(Moncler                         S.p.A.)は、イタリアで設立され、同国に所在する企業であり、登

     録事業所の住所はイタリア国ミラノ市ステンダール47、登録番号は04642290961である。
     また  レモ・ルッフィーニ(Remo             Ruffini)が、イタリア法の下設立された法人であるルッフィーニ・パーテシパチオー

     ニ・ホールディング・エスアールエル(Ruffini                       Partecipazioni        Holding    S.r.l.)(以下、RPH)の株式を100%保有して
     おり、かつイタリア法の下設立された法人であるルッフィーニ・パーテシパチオーニ・エスアールエル(Ruffini
     Partecipazioni        S.r.l.)についても、RPHを通じてレモ・ルッフィーニ(Remo                             Ruffini)が間接的に支配していることか
     ら、  親会社である      モンクレール・エスピーエー(Moncler                   S.p.A.)は事実上、RPHを通じてレモ・ルッフィーニ(Remo
     Ruffini)により間接的に支配されている。
     2017年12月31日に終了する事業年度の連結財務諸表は、親会社及びその子会社(以下、当グループ)を含んでいる。

     現在までの、当グループの主要な活動は、モンクレールブランド名における男性、女性、及び子供向け衣類、靴、革製

     品、及びアクセサリー類の企画、製造、販売である。
     1.2.  連結財務諸表作成の基礎

     1.2.1. 関連する会計方針

     2017年度連結財務諸表は、国際会計基準審議会(IASB)が設定し欧州連合が承認した国際財務報告基準(IFRS)に基づき作

     成されている。IFRSには、国際会計基準(IAS)、国際財務報告解釈指針委員会(IFRIC、以前の解釈指針委員会(SIC))の解
     釈指針のすべてが含まれる。
     連結財務諸表には、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結財政状態計算書、連結持分変動計算書、連結キャッ

     シュ・フロー計算書及びそれらの注記が含まれる。
     1.2.2. 連結財務諸表の表示

     当グループは、連結損益計算書を機能別に表示しており、この表示方法が最も適切に現在の事業を表現すると考えてい

     る。この方法は内部報告及び事業管理と首尾一貫したものである。
     連結財政状態計算書は、IAS第1号第60項以降の規定に従い、資産と負債を流動と非流動に区分する方法により表示して

     いる。
     連結キャッシュ・フロー計算書は間接法により作成している。

     IAS第24号の規定に従い、関連当事者取引が連結財政状態計算書、連結損益計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書に

     重要な影響を及ぼす場合は、以下の注記において記載している。
     1.2.3. 測定の基礎

     連結財務諸表は、特定の金融商品の測定(すなわち、IAS第39号の規定に基づき公正価値で測定されるデリバティブ)を

     除き、取得原価主義及び継続企業の前提に基づき作成されている。
     連結財務諸表は、当グループが主に事業を展開している市場の機能通貨であるユーロで表示しており、金額は特に記載が

     無い限り、千ユーロ単位で記載されている。
                                  70/302



                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     1.2.4. 見積りの利用
     IFRSに準拠した連結財務諸表及びそれに関する注記の作成において、経営者は、報告日現在の資産及び負債の報告額、ま

     た、偶発資産及び偶発債務の開示に影響を及ぼす見積りや仮定を用いることが要求されている。見積りと仮定は、過去の
     実績やその他の要因に基づいている。実際の結果は、これらの見積り等とは異なる可能性がある。見積り及び見積りの基
     礎となる仮定は定期的に見直しが行われ、見積りの変更が行われた期のみに影響がある場合は見積りの変更がなされた期
     の連結財務諸表に、見積りの変更が行われた期及び将来の期間に影響がある場合は変更が行われた期以降の期間の連結財
     務諸表に、見積りの変更が反映される。
     経営者の見積りと判断が連結財務諸表に重要な影響を与える場合、もしくは報告日直後において資産や負債の認識金額を

     修正する可能性がある場合には、関連する情報が下記の注記に開示される。
     見積りは、主に下記の連結財務諸表の項目に関連する。

        • 非流動資産とのれんの減損
        • 営業債権の減損(貸倒引当金)
        • 棚卸資産の減損(陳腐化引当金)
        • 繰延税金資産の回収可能性
        • 損失に対する引当及び偶発債務
     非流動資産とのれんの減損

     非流動資産には有形固定資産、耐用年数を確定できない無形資産、のれん、投資及びその他の金融資産が含まれる。
     経営者は、事象や環境の変化が帳簿価額を回収できない可能性を示唆しているか否か非流動資産の減損について定期的に

     検討している。減損の検討が行われる場合、回収可能価額は、その資産が生み出すと予測される将来キャッシュ・フ
     ロー、もしくは資産自体を売却することで得られる将来キャッシュ・フローを、適切な割引率で割引いた現在価値に基づ
     いて見積られる。
     非流動資産の回収可能価額が帳簿価額を下回っている場合、損益計算書において減損損失が直ちに認識され、帳簿価額

     は、最新の当グループの事業計画に基づき、使用価値もしくは独立第三者間取引に基づく売却価額のいずれか高い金額で
     ある回収可能価額まで減額される。
     売掛金の減損

     貸倒引当金は、回収不能な売掛金の損失見込みに備えるための経営者の最善の見積りを示している。貸倒引当金は、当初
     の取引条件、経済環境、企業の過去からの状況や会社で運用されているモニタリングコントロールを考慮し、不良債権か
     ら発生が見込まれる損失に基づき決定される。
     棚卸資産の減損

     当グループは主に、顧客の需要やファッショントレンドの変化に合わせた衣料品の製造・販売を行っている。その結果、
     棚卸資産の取得原価の回収可能性と、棚卸資産の評価に関連して要求される引当金を考慮する必要がある。棚卸資産の減
     損は、当グループの販売チャネルを通じての販売可能性を考慮し、滞留商品の販売から生じる損失に備えるための経営者
     の最善の見積りを示している。
     繰延税金資産の回収可能性

     当グループは、非常に多くの法域において法人税課税の対象となる。各地域で税金費用を算定する際に判断が求められ
     る。当グループは、経営者の見積りと事業計画に整合している期間内において回収が合理的に見込める場合、繰延税金資
     産を認識する。
                                  71/302





                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     損失に対する引当及び偶発債務
     当グループは、事業展開している国々で起こる法的及び税務的訴訟リスクに晒されている。訴訟は、個別の申し立てや現
     地の法規制に関連する事象や環境に起因し、必然的にリスクと不確実性に晒されている。通常の事業運営の過程において
     は、経営者は、グループ法務コンサルタントや税務の専門家にアドバイスを求めている。引当金は、債務を解消するため
     の資源流出の可能性が高く、信頼性をもってその金額を見積ることができる場合に、経営者の最善の見積りに基づき認識
     される。資源流出の可能性が高くない場合、又は十分な信頼性をもって債務の金額を測定することができない場合には、
     偶発債務は連結財務諸表の注記に開示される。
     2.  連結財務諸表作成にあたっての重要な会計方針の要約

     以下に記載されている会計方針は、表示されているすべての期間の連結財務諸表に継続的に適用されている。

     2.1.  連結の基礎

     当グループの連結財務諸表は、親会社とその子会社から構成されている。子会社には、親会社が直接又は間接的に議決権

     の過半数を保有する場合、親会社が支配力を行使する権限を保有している場合、親会社が会社の活動から生じる便益を得
     るための財務及び営業の方針を直接又は間接的に決定する立場にある場合に、該当する。
     子会社の財務諸表は、親会社と同一の会計期間、継続適用された会計方針に基づいて作成されている。

     子会社は当グループに支配が移転した日から連結の範囲に含められ、当グループ外に支配が移転した日に連結の範囲から

     除外される。子会社に対する支配の喪失がある場合には、親会社が支配していた報告期間の成果が連結財務諸表に含まれ
     る。連結財務諸表では、非支配持分は、資本の部及び損益計算書の中で区分して表示される。支配の喪失を伴わない親会
     社グループの持分の変動や、支配を取得した後の非支配持分の追加取得による親会社グループの持分の変動は、資本の部
     の変動として会計処理される。
     連結財務諸表を作成するに際して、グループ内取引から生じた影響や残高並びに未実現利益又は損失は、すべて消去され

     ている。
     関連会社に対する投資

     関連会社に対する投資は、取得時に取得原価で認識し、投資会社の持分割合に応じて取得後の関連会社の純資産の変動を
     調整する持分法を用いて会計処理している。関連会社の取得に際して、投資原価と、関連会社の資産及び負債の公正価値
     の純額に対する投資会社の持分との差額は、投資の帳簿価額に含まれている。関連会社の損失に対する投資会社の持分
     が、投資額と等しい又は上回った場合には、投資の帳簿価額をゼロまで減額もしくは追加的な損失を認識し、投資会社が
     法的な義務を負っている額又は関連会社に代わって支払いを行う額に相当する負債を認識している。
     2.2.  外貨

     各当グループ企業の財務諸表に含まれている項目は各社が営業活動を行う主たる経済環境の通貨(機能通貨)で測定して

     いる。
     外貨建取引

     外貨建取引は取引日の為替レートで記録している。期末日における外貨建貨幣性資産及び負債は、報告日の為替レートで
     機能通貨に換算している。当初認識時の為替レートとは異なる為替レートで貨幣性項目を換算した結果生じる換算差額
     は、発生した期間の連結損益計算書で認識される。
                                  72/302





                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     在外営業活動体の換算
     連結財務諸表に含まれている在外子会社の資産及び負債は、報告日の為替レートで当グループの報告通貨であるユーロに
     換算している。収益及び費用は、取引日の実際の為替レートに最も近いと考えられる報告期間の平均為替レートで換算し
     ている。この方法を適用することで生じる差額は、その他の包括利益で認識し、在外営業活動体を処分するまで為替換算
     調整勘定として資本の部に独立項目として表示している。在外営業活動体の買収により生じたのれん及び公正価値の調整
     は、在外営業活動体の資産及び負債として扱い、報告日における為替レートで換算している。
     2017年度及び2016年度の在外子会社の財務諸表をユーロ建てに換算する上で使用した主な為替レートは以下のとおりであ
     る。
                   期中平均レート                          期末日レート

              2017年度             2016年度           2017年12月31日             2016年12月31日

      AED          4.147530             4.063440             4.404400             3.869601
      AUD          1.473170             1.464320             1.534600             1.459600
      BRL          3.605430             3.856140             3.972900             3.430500
      CAD          1.464700             1.465900             1.503900             1.418800
      CHF          1.111670             1.090160             1.170200             1.073900
      CNY          7.629000             7.352220             7.804400             7.320200
      CZK          26.325800             27.034300             25.535000             27.021000
      DKK          7.438630             7.445190             7.444900             7.434400
      GBP          0.876674             0.819483             0.887230             0.856180
      HKD          8.804510             8.592190             9.372000             8.175100
      HUF         309.193000             311.438000             310.330000             309.830000
      JPY         126.711000             120.197000             135.010000             123.400000
      KRW         1276.740000             1284.180000             1279.610000             1269.360000
      KZT         368.876000                n/a         397.960000                n/a
      MOP          9.068830             8.851500             9.653200             8.420120
      MXN          22.039500                n/a          23.661200                n/a
      NOK          9.327040               n/a          9.840300               n/a
      PLN          4.257000             4.363200             4.177000             4.410300
      RON          4.568790             4.490430             4.658500             4.539000
      RUB          65.938300             74.144600             69.392000             64.300000
      SEK          9.635100               n/a          9.843800               n/a
      SGD          1.558820             1.527540             1.602400             1.523400
      TRY          4.120630             3.343250             4.546400             3.707200
      TWD          34.363500             35.689200             35.655500             33.999500
      USD          1.129680             1.106900             1.199300             1.054100
                                  73/302







                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2.3.  企業結合

     企業結合は、取得法で会計処理している。

     取得法では、識別可能な取得資産及び引受負債を取得日の公正価値で測定する。企業結合により発生した費用は、サービ

     スが提供された期間に費用として会計処理している。
     のれんは、取得日における、譲渡対価の公正価値、被取得企業に対する非支配持分の認識額及び企業結合が段階的に達成

     される場合において取得企業が従前から保有している持分の合計が、取得資産及び引受負債の公正価値の純額を超過する
     部分として決定される。取得した純資産の公正価値が取得原価を超える場合、その差額は取得日に利益として直接認識さ
     れる。非支配持分は、取得日の公正価値、又は識別可能な純資産の非支配持分に係る比率持分のいずれかで測定される。
     いずれの方法を選択するかは、それぞれの企業結合毎に決定される。
     企業結合が生じた報告期間の末日までに企業結合の当初の会計処理が完了していない場合には、当グループは会計処理が

     完了していない項目の暫定的な金額を財務諸表上で報告する。取得日から1年間を超えない測定期間中において、取得日
     で存在し、それを知っていたならば取得日で認識した資産及び負債の測定に影響したであろう事実及び状況について新し
     い情報を入手した場合、当該情報を反映するために、取得日で認識した暫定的な金額は遡及修正される。
                                  74/302














                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2.4.  売却可能な非流動資産及び非継続事業
     売却可能な非流動資産及び非継続事業は、その価値が、発生する蓋然性が高い販売取引により回収可能であるとき、売却

     可能と分類される。このような状況では、売却可能な非流動資産及び非継続事業は、帳簿価額と公正価値のいずれか低い
     方の額で評価される。公正価値は、売却可能な非流動資産及び非継続事業の価値が、継続使用せずに、確実な販売取引に
     より回収可能である場合に、売却費用とネットされる。
     非継続事業とは以下の事業を言う。

     ・独立の主要な事業分野又は営業地域
     ・独立の主要な事業分野又は営業地域を処分する統一された計画の一部
     ・転売のみのために取得した子会社
     連結損益計算書上、売却可能な非流動資産及びIFRS第5号の要求により非継続事業と定義された処分部門は、処分価額と

     関連する税効果による利益又は損失だけではなく、利益と損失の両方を含む単一の項目に記載される。比較期間は、IFRS
     第5号に従って比較期間の期首に変更が行われたように、遡及処理される。
     財政状態計算書においては、IFRS第5号の要件を満たした期間において、売却可能な非流動資産及び非継続事業は、流動

     資産・負債に組み換えられる。比較年度の財政状態計算書は、遡及処理又は組替えは行われない。
     2.5.  有形固定資産

     有形固定資産は、取得原価又は製造原価から、減価償却累計額、減損損失累計額を控除した額で計上されている。取得原

     価は、資産の購入価格及びその資産を意図した方法で稼働可能な状態にするための費用を含んでいる。
     減価償却

     有形固定資産の減価償却費は、以下の表に示した見積耐用年数にわたって定額法で算定し、損益として認識している。
     資産項目             耐用年数

     土地             対象外
     建物             25年から33年
     機械設備             8年から12年
     什器備品             5年から10年
     電子機器             3年から5年
     リース附属設備             リース期間又は耐用年数のいずれか短い期間
     その他の固定資産             一般に当社にとって利用が予想される期間内において市場環境を考慮して決定
     リース資産は、リース期間終了時までに当グループが所有権を取得することに合理的確実性がない場合には、リース期間

     又は耐用年数のいずれか短い期間で償却している。
     減価償却方法、耐用年数及び残存価額は、各報告期間において見直しを行い、必要に応じて改定している。

     有形固定資産の処分損益

     有形固定資産の処分損益は、処分日において処分により受け取る金額と帳簿価額との差額として算定している。なお、該
     当する取引が終了し、所有権が移転されたときに処分損益を計上している。
                                  75/302





                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2.6.  無形資産

     のれん

     「企業結合」に関する注記に記載されているとおり、企業結合から生じるのれんは、取得日で認識される。
     のれんは耐用年数を確定できない無形資産に含まれるため、償却は行われないが、年に一度以上、事象又は状況の変化が

     帳簿価額を回収できない可能性を示唆しているかどうかを確認する減損テストが実施される。当初認識後、のれんは、取
     得原価から減損損失累計額を控除した額で測定される。
     IFRSの初年度適用において、当グループは、IFRSへの移行日(2009年1月1日)以前に行われた買収に関して、IFRS第3

     号「企業結合」の遡及適用を実施しないことを選択した。その結果、IFRSへの移行日以前の買収から生じたのれんは、移
     行日以降にIFRSに基づくのれんの減損損失が認識されていない場合、イタリアにおいて一般に公正妥当と認められた会計
     基準に基づき計上されている。
     追加的な情報については、注記2.7「非金融資産の減損」に記載している。

     ブランド

     個々に取得されたブランドは取得原価で表示される。企業結合によって取得されたブランドは、取得日の公正価値で認識
     される。
     ブランドは、耐用年数を確定できないため、取得原価から減損損失累計額を控除した額で計上される。ブランドは償却さ

     れないが、年に一度以上、事象又は状況の変化が帳簿価額を回収できない可能性を示唆しているかどうかを確認する減損
     テストが実施される。
     追加的な情報については、注記2.7「非金融資産の減損」に記載している。

     のれんとブランド以外の無形資産

     ライセンス権は無形資産として資産計上され、経済的耐用年数にわたり定額法によって償却される。ライセンス権の経済
     的耐用年数は、基礎となる契約の条項に従って個々に決定される。
     敷金は、新規直営店の出店に際し支払った金額によって資産計上される。敷金は一般的に耐用年数を確定することがで

     き、その期間は、通常リース期間と一致する。しかし、敷金が、法的に保護されている場合や、リース期間の終了時に払
     い戻しを受けることが法的管轄区域、又は、市場の一般的な慣習になっている場合などの特定の状況においては、耐用年
     数を確定できない。こうした限定的な状況で、かつ、それらが十分な根拠に基づく場合、敷金は償却されず、非金融資産
     の減損に関する注記に記載されている方法に従い、少なくとも年に一度、減損テストの対象となる。
     ソフトウェア(ライセンス及び個別に識別可能な外部への開発費用を含む。)は、購入価格に、その資産を利用可能にす

     るために直接関連した支出を加えた額で、無形資産に計上される。当グループが取得した、耐用年数を確定できるソフト
     ウェアとその他の無形資産は、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除して測定される。
                                  76/302







                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     耐用年数を確定できる無形資産の償却費
     耐用年数を確定できる無形資産は、以下の表に示した見積耐用年数にわたって定額法で償却される。
     資産項目               耐用年数

     ライセンス権               使用している資産のライセンス期間または法定期間内において市場環境に基づき決定
     敷金               賃借期間内において市場環境に基づき決定
     ソフトウェア               3年から5年
     その他の無形資産               資産に対する支配を有する期間内において市場環境に基づき決定
     2.7.  非金融資産の減損

     毎年、当グループでは、有形固定資産と耐用年数を確定できる無形資産について減損テストを実施している。事象又は状

     況の変化が、帳簿価額を回収できない可能性を示唆している場合に、帳簿価額が回収可能価額を上回った場合の当該差額
     を減損損失として認識している。
     のれん及び耐用年数を確定できない資産は償却の対象にはならず、事象又は状況の変化が、帳簿価額を回収できない可能

     性を示唆している場合に、年に一度以上、減損テストを実施している。
     個々の資産の回収可能価額を見積ることができない時は、その資産が属している資金生成単位の回収可能価額を決定して

     いる。回収可能価額は、使用価値と、売却コスト控除後の公正価値のうちいずれか大きい方の金額である。当グループ
     は、資産又は資金生成単位から生み出される税引前の割引率を用いて現在価値に割り引いて、使用価値を算定している。
     減損損失は帳簿価額が回収可能価額を上回った場合の当該差額として認識される。
     のれんに関する減損損失を除き、減損損失の原因が存在しなくなった場合には、減損損失は戻し入れられる。減損損失の

     戻し入れは、減損損失が認識されなかった場合の帳簿価額を限度として行う。減損損失の戻し入れは損益として直ちに認
     識する。
     2.8.  リース資産

     ファイナンス・リース

     所有に伴うリスクと経済的便益が実質的にすべて当グループに移転するリースは、ファイナンス・リースに分類される。
     当初認識時にリース資産は公正価値又は最低リース料の現在価値のいずれか小さい額で測定される。当初認識後は、その
     資産に適用される会計方針に基づいて会計処理される。
     オペレーティング・リース

     ファイナンス・リース以外のリース契約(すなわち賃貸借契約)に基づく資産は、当グループの連結財政状態計算書に計
     上されない。モンクレール・グループは資産の賃借人であり、オペレーティング・リースに係る賃借支出はリース期間に
     わたって定額法で認識される。賃借費用には、特定の小売店の収入の達成度合いに応じて決定されるものがあり、その賃
     借費用は、当該基準に基づき発生主義により認識している。
                                  77/302







                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2.9.  棚卸資産
     棚卸資産は、加重平均法に基づき算定された購入価格又は製造原価と正味実現可能価額のいずれか低い額で評価される。

     加重平均コストは、原材料や人件費のような直接費用と通常操業度に基づき適切に配賦された製造間接費を含んでいる。
     引当金は、当グループの販売チャネル(アウトレット店や流通在庫)を通じての完成品の販売可能性、製造過程での原材

     料の利用可能性及び在庫の滞留状況等を考慮し、正味実現可能価額まで取得原価を減額するために設定される。
     2.10.  金融商品

     金融商品は、当グループがそれらの金融商品の契約条項の当事者となる日に公正価値で当初認識される。

     当グループの金融商品は主に、現金及び現金同等物、売掛金、買掛金、その他の流動及び非流動資産及び負債、投資、借

     入金及びデリバティブ金融商品から構成されている。
     現金及び現金同等物

     現金及び現金同等物は、現金、短期の預金、容易に換金可能であり価値の変動に僅少なリスクしか負わない流動性の高い
     資産で構成されている。当座借越は当グループの連結財政状態計算書上、流動負債に計上されている。
     金融資産、営業債権とその他の流動及び非流動債権

     営業債権とその他の債権は、当グループが、債権を売買する意図の無い第三者に直接、現金や商品、サービスを提供した
     時に発生する。これらは、報告日後12ケ月を超えて満期が到来するものを除いて、流動資産に含まれている。
     デリバティブを除き、満期が確定した又は支払条件が確定した金融資産は、公正価値で当初認識され、その後、実効金利

     法を用いて償却原価で測定する。期日が一年を超える債権で、市場利率よりも低金利の債権は、市場金利を用いて評価さ
     れる。
     当グループは、各報告期間の終わりに金融資産又は金融資産のグループが減損していることを示す客観的な証拠があるか
     どうかを評価している。そのような証拠が存在する場合には、減損損失を即時に認識する。
     金融負債、営業債務とその他の流動及び非流動負債

     営業債務とその他の債務は、当グループが供給業者から直接、現金や商品、サービスを取得するときに発生する。これら
     は、報告日後12ケ月を超えて満期が到来するものを除いて、流動負債に含まれている。
     デリバティブを除き、金融負債は、当初、公正価値、すなわち自発的な当事者が独立第三社間で取引される価格で認識さ

     れ、その後、実効金利法を用いて償却原価で測定する。ヘッジ対象として指定されている金融負債は、ヘッジ会計の要件
     の対象となっている。
     デリバティブ商品

     IAS第39号に従い、デリバティブ商品は、取引開始時にヘッジ関係の正式な指定と文書があり、ヘッジが非常に有効であ
     ることが期待され、ヘッジが指定された報告期間にわたってヘッジの有効性を高い信頼性をもって測定することができる
     場合のみ、ヘッジ会計の要件を満たす。
     公正価値ヘッジ

     認識されている資産や負債の公正価値の変動に対するエクスポージャーをヘッジし、それが特定のリスクに起因し、か
     つ、損益に影響し得る場合は、当該デリバティブ商品は公正価値ヘッジとして指定される。ヘッジされたリスクに起因す
     るヘッジ対象の損益は、ヘッジ対象の帳簿価額を調整し、損益として認識される。
     キャッシュ・フローヘッジ

     キャッシュ・フローの変動可能性に対するエクスポージャーをヘッジし、それが認識されている資産や負債に関連する特
     定のリスク又は発生可能性の非常に高い予定取引に起因し、かつ損益に影響し得る場合は、当該デリバティブ商品は
     キャッシュ・フローヘッジとして指定される。ヘッジ手段に係る損益のうち、有効なヘッジであると判断される部分は、
     その他の包括利益に認識される。ヘッジ手段に係る損益の累積額は、取得された資産又は発生した負債が純損益に影響を
     与えるのと同一の期間に資本から純損益に振り替えられる。ヘッジが有効でない場合、当該ヘッジ手段に係る損益は、直
     ちに純損益として認識される。
     ヘッジが満期になるか、終了したか、予定取引がまだ発生しておらずヘッジ会計の要件が満たされなくなった場合には、
     ヘッジが有効であった期間において資本のその他の包括利益として認識された累積損益は区分して資本の部に継続して計
     上され、ヘッジ対象であった予定取引が損益に影響を与える期間と同一の期間に純損益として認識される。
                                  78/302

                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     予定取引の発生が見込まれなくなった場合には、ヘッジが有効であった期間からその他の包括利益に認識されている累積
     損益を、直ちに純損益に振り替える。
     2.11.  従業員給付

     賃金、給与、社会保障負担、期末日から12ケ月以内に期限が到来する有給休暇及び年次休暇、その他すべての福利厚生を

     含め、短期従業員給付は、従業員によってサービスが提供された期に認識される。
     確定給付制度や確定拠出制度を通じて、雇用の終了日以降に支払われる従業員への給付は、権利確定期間にわたって認識

     される。
     確定給付制度

     確定給付制度は、従業員の報酬と勤務年数に基づいて決定された退職制度である。
     従業員給付制度への掛金と当該制度に関連する当期勤務費用は、予測単位積増方式として定義された年金数理計算を用い

     て算定されている。すべての数理計算上の差異の純累積額は資本のその他の包括利益で認識される。
     確定給付制度で負債として認識される額は、関連する債務の現在価値として認識され、その債務には過去の期間の従業員

     の勤務によって将来認識される費用が考慮されている。
     確定拠出制度

     確定拠出制度への拠出額は、従業員が勤務を提供した期間に費用として認識される。
     2006年12月31日まで、イタリアの従業員は、退職後給付(TFR)と呼ばれる確定給付制度の適格者だった。2006年12月27

     日法律第296号(act          n.  296  of  December     27,  2006)と2007年初めに発行されたその後の法令(年金改革)によって、
     TFR制度の規則と取扱いが変更された。2007年1月1日以降に確定された拠出金で報告日現在未払いのものについて、50
     名超の従業員が属する会社では、イタリアの退職後給付は確定拠出制度として認められている。2006年12月31日までに確
     定している拠出金は、確定給付制度のものとして認識され、年金数理計算上の仮定を用いて会計処理されている。
     2.12.  引当金

     当グループは、過去の事象の結果として、現在の法的あるいは推定的債務を有しており、当該債務を決済するために経済

     的便益をもつ資源の流出が必要となる可能性が高く、債務の金額を信頼性をもって見積ることが出来る場合に、引当金を
     認識している。
     リストラクチャリング引当金は、詳細で正式なリストラクチャリング計画があり、当該計画が実施されているか、あるい

     は当該計画の影響を受ける従業員等に公表されたときに認識される。リストラクチャリングの日までの識別可能な将来の
     営業損失は引当金に含まれない。
     見積りの変更は、その変更が生じた期間の損益として認識している。

     2.13.  株式報酬

     通常、持分決済型の株式報酬については、従業員に付与されるインセンティブを、付与日における公正価値で測定し、そ

     れを従業員がインセンティブの権利を獲得する期間にわたって費用に含め、費用に対応する資本の増加を認識する。最終
     的な費用の金額が権利確定日において条件を満たしたインセンティブの数に基づくように費用の金額は、継続勤務の条件
     を充足し、かつ市況以外の条件が達成されたインセンティブの実数を反映して調整される。株式報酬として付与されるイ
     ンセンティブの条件に期間が定められていない場合には、それらの条件を付与日における株式報酬の公正価値の測定に反
     映させる。権利確定条件以外の条件については、付与時の公正価値と条件が充足されたインセンティブの公正価値の差は
     連結財務諸表に影響を与えない。
     従業員に対し現金で決済される新株予約権の公正価値は、従業員が無条件に支払いを受ける資格を獲得するまでの期間に

     わたって費用及びこれに対応する負債の増加として認識される。負債は、年度末及び決済日において、その時点の新株予
     約権の公正価値に基づいて評価される。負債の公正価値の変動はその期の利益又は損失として認識される。
     2.14.  収益認識

                                  79/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     収益は、取引に関連する経済的便益が当グループに流入する可能性が高く、金額を、信頼性をもって測定できる場合に認
     識される。収益は、付加価値税及びその他収益に関連した税金を含まず、物品の販売額から返品、値引き及びそれらに備
     え るための引当金を控除した金額である。
     卸販売による収益は、顧客へ商品を出荷した時点において認識される。これは、出荷という事実が、所有に伴うリスク及
     び経済的便益の移転を反映しているためである。返品や値引きに備えるための引当金は、過去の実績に基づき将来発生す
     ると見込まれる額を見積り、会計処理している。
     小売販売による収益は最終的な顧客との取引日に認識している。

     ライセンシーから受領するロイヤルティは、ロイヤルティ契約に基づき発生主義で認識している。契約は、主として、販
     売数量に基づいている。
     2.15.  借入コスト

     借入コストは、金融資産と金融負債の正味帳簿価額に計上された実効金利法に基づく利息を考慮し、発生主義の原則に基

     づき認識される。
     2.16.  税金

     損益として認識された税金費用は、当期税金及び繰延税金の合計額をいう。

     当期税金は現地の課税当局によって制定された強制的な規則に従って決定される。当期税金は、税金が直接資本又はその

     他の包括利益のいずれかで認識される取引又は事象から生じる場合を除き、期間損益として認識される。
     繰延税金資産及び負債は、資産及び負債の税務基準額と財務諸表の帳簿価額の差額に起因して生じている将来減算一時差

     異及び将来加算一時差異に基づき算定される。当期税金資産及び負債並びに繰延税金資産及び負債は、法人所得税が同一
     の税務当局により課税され、相殺するために法律上強制力のある権利を有している場合に、相殺して表示される。
     繰延税金資産及び負債は、報告期間の末日における法定税率に基づいて、繰延税金資産が実現する期又は繰延税金負債が

     決済される期に適用される税率を用いて測定される。繰延税金資産及び負債は割り引かれない。
     繰越欠損金及び将来減算一時差異に対する繰延税金資産は、将来それらが解消する際に対応する課税所得が稼得される可

     能性が高い範囲内で認識される。
     2.17.  一株当たり利益

     当グループは、一株当たり利益及び希薄化後一株当たり利益を開示している。一株当たり利益は、株主に帰属する損益

     を、保有自己株式調整後の加重平均発行済普通株式数により除して算出される。希薄化後一株当たり利益は、株主に帰属
     する損益を調整し、潜在株式の希薄化効果考慮後の加重平均株式数により算出される。
                                  80/302








                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2.18.  セグメント報告
     IFRS第8号「事業セグメント」に基づき、当グループの事業は単一の事業セグメント(モンクレール事業部)として運営さ

     れている。
     2.19.  公正価値

     IFRS第13号は、公正価値測定とそれに関する開示が他の基準により要求または許容されているときに参照されるべき唯一

     の基準である。具体的には、当該基準は、公正価値を、測定日時点で、市場参加者間の秩序ある取引において、資産の売
     却により受け取る対価又は負債の移転により支払う金額と定義している。また、当該基準は、IFRS第7号を含む他の会計
     基準により要求されている公正価値測定の開示を置き換え、追加的な開示基準を定めている。
     IFRS第13号は、公正価値ヒエラルキーを設け、公正価値を測定するために必要な評価技法に用いられるインプットを異な

     るレベルに区分している。公正価値ヒエラルキーは、階層順には、以下のとおりである。
     ・ レベル1:同一の資産又は負債に関する活発な市場における相場価格(無調整)を用いて測定された公正価値

     ・ レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外のインプットのうち、資産又は負債について直接的(例えば、価格)又
            は間接的(例えば、価格から派生したもの)に観察可能なインプットを用いて測定された公正価値
     ・ レベル3:観察可能な市場の情報に基づかない資産又は負債に関するインプット(例えば、観察可能ではないイン
            プット)を用いて測定された公正価値
     2.20.  新たに公表された基準書及び解釈指針

     2017年1月1日以後有効な基準書及び解釈指針

     IAS第12号「法人所得税」の改訂

     IASBは2016年1月19日、IAS第12号「法人所得税」の一部改訂を公表した。「未実現損失に関する繰延税金資産の認識
     (IAS第12号の改訂)」の文書で、公正価値で測定される負債性金融商品に関する繰延税金資産の会計処理方法を明確化
     している。
     IAS第7号「キャッシュ・フロー計算書」の改訂

     IASBが2016年1月29日に公表した当該改訂は、財務活動に係る負債の変動について財務諸表で情報を提供するよう求める
     ものである。債務として記録される負債の変動について投資家の理解に資する情報開示の改善を目的としている。
     未発効で、当グループに早期適用もされていない基準書及び解釈指針

     年次財務諸表作成日現在、欧州連合(EU)監督当局は下記の会計基準及び改訂の適用に必要な承認プロセスを完了した。

     適用される原則に基づき、当グループは早期適用のオプションを利用しないことを決定した。
     IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」

     IASBが2014年5月28日に公表した文書では、企業は顧客へ財・サービスの支配が移転された時点で、財・サービスと引き
     換えに企業が得る見込みの対価を反映する金額で、収益を認識する必要があるとしている。新たなモデルとして次の5ス
     テップに従って収益を認識する。
       1.顧客との契約の識別
       2.履行義務の識別
       3.取引価格の決定
       4.取引価格の各履行義務への配分
       5.企業が履行義務を充足した時点での収益の認識
     また新たな基準では、顧客との契約から生じる収益及びキャッシュ・フローの性質、金額、時期及び不確実性に関して追
     加情報開示を求めている。IASBは2018年からの適用を見込んでおり、欧州連合(EU)は2016年9月22日にエンドースメン
     トを行った。さらにIASBは2016年4月12日、2018年1月1日から適用されるIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を
     明確化する改訂       を公表した。当該改訂は、企業が取引の「本人」であるか「代理人」であるかの特定や、ライセンスから
     の収益をライセンス期間にわたって認識する必要性についての判定の手続きを明確にすることを目的としている。
     当グループは2017年にIFRS第15号により影響を受ける可能性のある事業タイプの契約について確認を行った。それによ
     り、モンクレール・グループが行っている事業タイプ(主に小売)においてはIFRS第15号の影響が限定的であることが確
     認された。その影響による一部の財務諸表項目の変更が、当グループの財政状態または経営成績に影響を与えることはな
                                  81/302


                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     い。当グループは上述について検討し、2017年度と2018年度の比較可能性に影響することはないと考え、過年度の累積的
     影響を反映させることにより、              遡及的にIFRS第15号を適用する選択をした。
     IFRS第9号「金融商品」

     IASBは2014年7月24日、IFRS第9号「金融商品」に関する最終版を公表した。IAS第39号を全体的に見直し、「分類及び測
     定」、「減損」、「ヘッジ会計」の3つのフェーズに分け、金融資産および負債の分類及び測定の新たな要件を導入して
     いる。特に金融資産について新たな基準では、評価方法を決定するために、金融商品の管理方法及び金融資産の契約上の
     キャッシュ・フローの特性に基づいて一つのアプローチを適用し、最終的にはIAS第39号の規則が置き換えられることに
     なる。金融負債については、発行者自身の信用に変動が生じるため、損益を通じて公正価値で測定した金融負債の公正価
     値変動額を会計処理する方法を変更している。新基準に従い、これらの変動額はその他の包括利益で認識され、損益に影
     響を与えることはない。
     新基準には予想損失に基づく金融資産の減損に関するモデルが含まれる。
     IASBは2018年からの適用を予定しており、                    欧州連合(EU)は        2016年11月22日       にエンドースメントを行った。
     当グループは、分類に関する新たな基準が2017年12月31日時点の金融商品の認識に大きく影響することはないと評価して
     いる。
     主要金融商品の予想減損損失について、当グループは連結株主資本に対する潜在的な影響は期首残高の0.5%に満たない
     と予想している。
     モンクレール・グループは、ヘッジ会計に関してIFRS第9号の早期適用を選択しないと決定している。
     IFRS第16号「リース」

     IASBは2016年1月13日、新基準であるIFRS第16号「リース」を公表した。現行のIAS第17号を置き換えるものである。欧
     州連合(EU)は2017年11月9日に、当該基準のエンドースメントを行った。IFRS第16号は、2019年1月1日以降に開始す
     る事業年度から適用される。新基準により、オペレーティング・リース及びファイナンス・リースの認識において区別を
     廃止して適用を簡素化し、リースの定義について支配の概念に基づく考え方が導入される。契約がリースであるかを判断
     するために、IFRS第16号では一定期間特定の資産の使用権を契約上移転させる必要があるとしている。IFRS第15号「顧客
     との契約から生じる収益」も適用している企業は早期適用が可能である。
     モンクレール・グループは、小売販売網における事業が事業の主要部分を占めているため、2019年1月1日のIFRS第16号
     適用が連結財務諸表に多大な影響を与えると予想している。IFRS第16号により、当グループが締結しているすべてのリー
     ス契約はファイナンス・リース(不動産リース)とみなされる可能性がある。
     新基準に従い、例えば定額の年間リース料を支払う新規リースの場合、リース負債及び使用権資産は未払リース料を現在
     価値で測定した金額で財政状態計算書で認識される。したがって、財務諸表で認識するリース負債の金額は、契約が締結
     される日に合理的に確実な場合、適用された割引率のほか、リースの各タイプの特性や契約の更新又は早期解約オプショ
     ンを踏まえた仮定に大きく関係することとなる。
     当該基準が与える影響は、関連する財務的影響を明確に見積もるために必要な情報を把握するため、締結されている契約
     のタイプに基づき内部で評価中である。
     上記を考慮し、当グループは2018年度中に移行方法を定義する予定である。本文書の注記7.1 コミットメントに記載し
     ている通り、2017年12月31日時点の契約額は405百万ユーロ(2016年時点では415百万ユーロ)である。
     IFRS第4号「保険契約」の改訂

     IASBは2016年9月12日、IFRS第4号「保険契約」の改訂を公表した。2018年1月1日から適用される予定である。保険契
     約の新基準導入を前に、金融商品に係るIFRS第9号の適用についての懸念に対処することを目的としている。
                                  82/302






                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     なお、欧州連合(EU)の構成機関において財務諸表日現在、下記の会計基準及び改訂に関するエンドースメント作業が未

     了となっている。
                 基準書名                      公表日             発効日

     基準書
                                                   (注記1)
     IFRS第14号「規制繰延勘定」                                2014年1月
     IFRS第17号「保険契約」                                2017年5月            2021年1月1日
     解釈指針
     IFRIC第22号「外貨建取引と前払・前受対価」                                2016年12月            2018年1月1日
     IFRIC第23号「法人所得税の処理に関する不確実性」                                2017年6月            2019年1月1日
     改訂
     IFRS第10号及びIAS第28号の改訂:「投資者とその関連会社                                          IASBの持分法に関するプロ
                                      2014年9月
     又は共同支配企業との間の資産の売却又は拠出」                                          ジェクトが完了するまで延期
     IFRS第2号の改訂:「株式に基づく報酬の分類及び測定」                                2016年6月            2018年1月1日
                                                  2017年1月1日
     IFRSの年次改善(2014年から2016年サイクル)
                                      2016年12月
                                                  2018年1月1日
     IAS第40号の改訂:「投資不動産の振替」                                2016年12月            2018年1月1日
     IAS第28号の改訂:「関連会社及び共同支配企業に対する長
                                      2017年10月            2019年1月1日
     期持分」
     IFRS第9号の改訂:「負の補償を伴う期限前償還要素」                                2017年10月            2019年1月1日
     IFRSの年次改善(2015年から2017年サイクル)
                                      2017年12月            2019年1月1日
     (注記1)IFRS第14号は2016年1月1日から適用が開始されているが、欧州委員会は「料金規制対象活動」に係る新会計基準

     の承認手続きを中止する決定を下した。
     当グループは、欧州連合(EU)に承認された発効日に基づいてこれらの新しい基準及び改訂に従うとともに、連結財務諸

     表への潜在的な影響を評価する。
     次へ

                                  83/302










                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     3.  連結の範囲
     2017年12月31日現在、当グループの連結財務諸表には、親会社であるモンクレール・エスピーエー(Moncler                                                   S.p.A.)と

     次の表に記載されている34の連結子会社が含まれている。
           連結対象会社              登記事務所         資本金     通貨   所有割合(%)           親会社

     モンクレール・エスピーエー
                       ミラノ   (イタリア)         50,955,748      EUR
     (Moncler    S.p.A.)
     インダストリーズ・エスピーエー                                           モンクレール・エスピーエー
                       ミラノ   (イタリア)         15,000,000      EUR     100.00%
     (Industries      S.p.A.)                                     (Moncler    S.p.A.)
     モンクレール・ドイチュラント・ゲーエム                  ミュンヘン(ドイツ)             700,000     EUR     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
                                               (Industries      S.p.A.)
     ベーハー   (**)
     (Moncler    Deutschland     GmbH)
     モンクレール・エスパニア・エスエル                  マドリード(スペイン)             50,000    EUR     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     (Moncler    España   S.L.)                                   (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・アジア・パシフィック・リミ                                           インダストリーズ・エスピーエー
                       香港  (中国)           300,000     HKD     99.99%
     テッド
                                               (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    Asia  Pacific   Ltd)
     モンクレール・フランス          エスエーアールエル        パリ  (フランス)          8,000,000     EUR     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
                                               (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    France   S.à.r.l.)
     モンクレール・ユーエスエー・インコーポ                  ニューヨーク(アメリ                        インダストリーズ・エスピーエー
                                     1,000    USD     100.00%
     レーテッド                  カ)                        (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    USA  Inc)
     モンクレール・ユーケー・リミテッド                                           インダストリーズ・エスピーエー
                       ロンドン    (イギリス)        2,000,000     GBP     100.00%
     (Moncler    UK Ltd)                                     (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・ジャパン・コーポレーション                                           インダストリーズ・エスピーエー
                       東京  (日本)         195,050,000      JPY     51.00%
     (Moncler    Japan   Corporation)(*)                                    (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・上海・コマーシャル・カンパ                  上海(中国)            82,483,914      CNY     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     ニー・リミテッド
                                               (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    Shanghai    Commercial     Co.  Ltd)
     モンクレール・スイス・エスエー                  キアッソ    (スイス)        3,000,000     CHF     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     (Moncler    Suisse   SA)                                   (Industries      S.p.A.)
     チオリナ・モンクレール・エスエー                  ベルン(スイス)             100,000     CHF     51.00%   モンクレール・スイス・エスエー
     (Ciolina    Moncler   SA)                                   (Moncler    Suisse   SA)
     モンクレール・ベルギー・エスピーアールエ                  ブリュッセル       (ベル                  インダストリーズ・エスピーエー
                                    500,000     EUR     100.00%
     ル                                           (Industries      S.p.A.)
                       ギー)
     (Moncler    Belgium   S.p.r.l.)
     モンクレール・デンマーク・エーピーエス                  コペンハーゲン       (デン                 インダストリーズ・エスピーエー
                                   2,465,000     DKK     100.00%
     (Moncler    Denmark   ApS)                                   (Industries      S.p.A.)
                       マーク)
     モンクレール・オランダ・ビーヴィー                  アムステルダム       (オラ                 インダストリーズ・エスピーエー
                                    18,000    EUR     100.00%
     (Moncler    Holland   B.V.)                                   (Industries      S.p.A.)
                       ンダ)
     モンクレール・ハンガリー・ケイエフティー                  ブタペスト      (ハンガ     150,000,000      HUF     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     (Moncler    Hungary   KFT)                                   (Industries      S.p.A.)
                       リー)
     モンクレール・イスタンブール・ジュイム・                  イスタンブール(トル                        インダストリーズ・エスピーエー
                                    50,000    TRY     51.00%
     ヴェ・テクスチル・チカレット・リミテッ                  コ)                        (Industries      S.p.A.)
     ド・エスティーアイ
     (Moncler     Istanbul     Giyim   ve  Tekstil
     Ticaret   Ltd.  Sti.  )(*)
     モンクレール・シルト・ゲーエムベーハー                                           モンクレール・ドイチュラント・
                       ハム(ドイツ)             100,000     EUR     51.00%
     (Moncler    Sylt  Gmbh  )(*)                                  ゲーエムベーハー(Moncler
                                               Deutschland     GmbH)
                                  84/302



                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
           連結対象会社              登記事務所         資本金     通貨   所有割合(%)           親会社
     モンクレール・ルス・エルエルシー                  モスクワ(ロシア)           220,000,000      RUB        インダストリーズ・エスピ-エー
                                            99.99%
     (Moncler    Rus  LLC)                                     (Industries     S.p.A.)
                                             0.01%
                                               モンクレール・スイス・エスエー
                                               (Moncler    Suisse   SA)
     モンクレール・ブラジル・コメルシオ・デ・                  サンパウロ(ブラジル)            6,280,000     BRL        モンクレール・ユーエスエー・イ
                                            95.00%
     モダ・エ・アセソリオス・リミタダ                                           ンコーポレーテッド(Moncler            USA
                                             5.00%
     (Moncler    Brasil   Comércio    de  moda   e 
                                               Inc)
     acessòrios     Ltda.)                                      インダストリーズ・エスピーエー
                                               (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・台湾・リミテッド                                           インダストリーズ・エスピーエー
                       台北(台湾)            10,000,000      TWD     100.00%
     (Moncler    Taiwan   Limited)                                    (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・カナダ・リミテッド                  バンクーバー(カナ                        インダストリーズ・エスピーエー
                                     1,000    CAD     100.00%
     (Moncler    Canada   Ltd)           ダ)                        (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・プラハ・エスアールオー                  プラハ(チェコ)             200,000     CZK     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     (Moncler    Prague   s.r.o.   )                                (Industries      S.p.A.)
     ホワイト・テック・エスピージーオーオー                  カトヴィツェ(ポーラ             369,000     PLN     70.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     (White   Tech  Sp.zo.o.)            ンド)                        (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・シンセゲ・インコーポレー                             5,000,000,00               インダストリーズ・エスピーエー
                       ソウル(韓国)                 KRW     51.00%
     テッド                                 0          (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    Shinsegae    Inc.)(*)
     モンクレール・ミドル・イースト・エフ                  ドバイ(アラブ首長国                        インダストリーズ・エスピーエー
                                    50,000    AED     100.00%
     ジー・エルエルシー
                       連邦)                        (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    Middle   East  FZ-LLC)
     モンクレール・ユーエスエー・リテール・エ                  ニューヨーク(アメリ            15,000,000      USD     100.00%   モンクレール・ユーエスエー・イ
     ルエルシー                                           ンコーポレーテッド(Moncler            USA
                       カ)
     (Moncler    USA  Retail   LLC)
                                               Inc)
     モンクレール・シンガポール・ピーティー                  シンガポール             650,000     SGD     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     イー・リミテッド                                           (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    Singapore    PTE,Limited)
     インダストリーズ・イールド・エスアールエ                                           インダストリーズ・エスピーエー
                       バカウ(ルーマニア)            14,310,000      RON
                                            99.00%
     ル                                           (Industries      S.p.A.)
                                             1.00%
     (Industries      Yield   S.r.l)
                                               モンクレール・ドイチュラント・
                                               ゲーエムベーハー(Moncler
                                               Deutschland     GmbH)
     モンクレール・ユーエーイー・エルエルシー                  ドゥバイ(アラブ首長            1,000,000     AED     49.00%   モンクレール・ミドル・イース
     (Moncler    UAE  LLC  (*))           国連邦)                        ト・エフジー・エルエルシー
                                               (Moncler    Middle   East  FZ-LLC)
     モンクレール・アイルランド・リミテッド                  ダブリン(アイルラン             350,000     EUR     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー

     (Moncler    Ireland   Limited)          ド)                        (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・オーストラリア・ピーティー                  メルボルン(オースト                        インダストリーズ・エスピーエー
                                   2,500,000     AUD     100.00%
     ワイ・リミテッド                  ラリア)                        (Industries      S.p.A.)
     (Moncler    Australia    PTY  LTD)
     モンクレール・カザフスタン・エルエルピー                  アルマトイ(カザフス           250,000,000      KZT        インダストリーズ・エスピーエー
                                            99.00%
     (Moncler    Kazakhstan     LLP)         タン)                        (Industries      S.p.A.)
                                             1.00%
                                               モンクレール・ルス・エルエル
                                               シー(Moncler      Rus  LLC)
     モンクレール・スウェーデン・エービー                  ストックホルム(ス            1,000,000     SEK     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     (Moncler    Sweden   AB)           ウェーデン)                        (Industries      S.p.A.)
                                  85/302



                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
           連結対象会社              登記事務所         資本金     通貨   所有割合(%)           親会社
     モンクレール・ノルウェー・エーエス                  オスロ(ノルウェー)            3,000,000     NOK     100.00%   インダストリーズ・エスピーエー
     (Moncler    Norway   AS)                                   (Industries      S.p.A.)
     モンクレール・メキシコ・エセ・デ・エレ・                  メキシコシティ(メキシ                        インダストリーズ・エスピーエー

                                      100   MXN
                                            99.00%
     エレ・デ・セ・ヴェ                  コ)                        (Industries      S.p.A.)
                                             1.00%
     (Moncler    Mexico,   S. de R.L.  de C.V.)
                                               モンクレール・ユーエスエー・イ
                                               ンコーポレーテッド(Moncler
                                               USA  Inc)
     モンクレール・メキシコ・サービシーズ・エ                  メキシコシティ(メキシ                        インダストリーズ・エスピーエー
                                      100   MXN
                                            99.00%
     セ・デ・エレ・エレ・デ・セ・ヴェ
                       コ)                        (Industries      S.p.A.)
                                             1.00%
     (Moncler    Mexico   Services,    S. de R.L.  de
                                               モンクレール・ユーエスエー・イ
     C.V.)                                           ンコーポレーテッド(Moncler
                                               USA  Inc)
     (*) 完全連結(第三者への持分の帰属なし)
     (**) 旧社名:        インダストリーズ・テクスティルヴェルトリーブ・ゲーエムベーハー(Industries                                Textilvertrieb      GmbH)
     2017年度の連結の範囲について、以下の変化が生じている。

     ・   モンクレール・カザフスタン・エルエルピー                 (Moncler     Kazakhstan      LLP)は、2017年度第1四半期に設立された。当該企業
       は、設立日より連結の範囲に含められている。
     ・   モンクレール・スウェーデン・エービー                (Mocler     Sweden    AB)は、2017年度第2四半期に設立された。当該企業は、設立
     日より連結の範囲に含められている。
     ・   モンクレール・メキシコ・エス・デ・アール・エル・デ・シー・ヴイ(Moncler                                Mexico,   S. de R.L.  de C.V.)、モンクレール・メキシ
       コ・サービシーズ・エス・デ・アール・エル・デ・シー・ヴイ                         (Moncler    Mexico   Services,    S. de R.L.  de C.V.)   、モンクレール・ノル
       ウェー・エーエス(Moncler           Norway   AS)  は、2017年度第4四半期に設立された。当該企業は、設立日より連結の範囲に含
       められている。
                                  86/302












                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     4.  連結損益計算書の注記
     4.1.  収益

     販売チャネル別の収益

     販売チャネル別の収益の詳細は以下のとおりである。

                                2017年度                  2016年度

                                      %                  %

     単位:千ユーロ                        金額                  金額
                              1,193,704           100.0%       1,040,311          100.0%
     収益合計
      うち:
                               301,321          25.2%        276,138          26.5%
       卸売
                               892,383          74.8%        764,173          73.5%
       小売
     当グループは卸売と小売の2つの主要な販売チャネルを通じて販売を行っている。小売チャネルは、直営店(路面店、テ

     ナント店、ネット販売、アウトレット)での販売であり、卸売チャネルは第三者が営業している店舗で、単一ブランドの
     スペース(例えば店舗の中の区画)の場合と複数ブランドを扱う店舗の場合がある。
     小売チャネルの収益は2016年度の764.2百万ユーロから2017年度では892.4百万ユーロとなり、16.8%の増加となった。こ
     の業績は、底堅い成長や単一ブランド販売店(直営店)ネットワークのさらなる発展によるものである。また、既存店の
     拡大及び移転に関する複数の重要プロジェクトを2017年度に成功裏に完了した。
     卸売チャネルでは、特に英国や北米市場で好業績だった結果、2016年度の276.1百万ユーロから301.3百万ユーロへと
     9.1%の増加となった。
     地域別セグメントの収益

     地域別の収益の詳細は以下のとおりである。

                               %             %          変動額(%)

     単位:千ユーロ                 2017年度             2016年度             変動額
                       149,349        12.5%     143,186        13.8%       6,163       4.3%
     イタリア
     イタリアを除くEMEA                  352,367        29.5%     303,344        29.2%      49,023       16.2%
                       495,476        41.5%     418,524        40.2%      76,952       18.4%
     アジアその他の国々
                       196,512        16.5%     175,257        16.8%      21,255       12.1%
     アメリカ諸国
                      1,193,704        100.0%     1,040,311        100.0%      153,393        14.7%
     総計
                                  87/302








                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     イタリアでは、小売と卸売チャネルの業績のバランスが保たれ、4.3%収益が増加した。特に小売チャネルは第4四半期
     に堅調な自律的成長だけでなく、ミラノ・モンテナポレオーネ通りの旗艦店リニューアルオープンによる恩恵を受けた。
     EMEAでは、小売と卸売の両販売チャネル及び主要な市場で2桁成長を記録し、収益が16.2%増加した。フランス、英国、
     ドイツでブランドの業績が非常に好調だった。英国は直営店の良好な自律的成長及びEテイラー(電子商取引を行う小売
     業者)を含む重要な卸売顧客の開発が奏功し、厳しい比較基準にもかかわらず第4四半期に2桁成長を達成した。またフ
     ランスでは、国内需要や旅行者向けがプラスだったことが後押しとなり、第4四半期の収益は引き続き2桁成長となっ
     た。ドイツでも小売と卸売両チャネルの業績が非常に好調だった。
     アジアその他の国々では、収益が18.4%増加した。日本では国内の顧客及び旅行者からの需要が好調だったため、第4四
     半期に2桁成長を記録した。第4四半期も自律的成長が2桁台となった中国、カントンロードに旗艦店をオープンした香
     港、その他アジア太平洋地域の市場で底堅い業績が続いた。韓国においても既存店ネットワークの好業績が主な要因とな
     り非常に好調だった。また2017年にモンクレールは、卸売り単一ブランド販売店を開店したことが奏功し、特に旅行者の
     来店が多いことが特徴のアジアの都市(グアム、オークランド、バンコク、マカオ、台北)でプレゼンスを強化した。
     アメリカ諸国においては、最終四半期にわずかに加速を見せ、厳しい比較基準にもかかわらず収益が12.1%増加した。カ
     ナダと米国においては、前四半期からの収益トレンド改善が示す通り既存小売店の業績が堅調に推移し、新たに卸売の店
     舗内区画をオープンさせたことが好影響を与え、小売チャネル、卸売チャネル双方で業績が非常に良好だった。
     4.2.  売上原価

     2017年度の売上原価は、2016年度の252.3百万ユーロから2017年度の276.2百万ユーロへと、23.9百万ユーロ(+9.5%)

     増加している。この全体的な増加は、販売量の増加及び小売チャネルの売上増加に伴うものである。
     売上高に対する売上原価の割合は、2016年度の24.3%から2017年度は23.1%へと低下している。これは、小売ビジネスに
     よる売上の当グループの売上全体に対する割合が増加(2016年度の73.5%から2017年度の74.8%へと増加)し、生産効率
     が向上しているためである。
     4.3.  販売費

     販売費は小売ビジネスの拡大に伴い2016年度から2017年度の間において52.8百万ユーロ増加し、売上高に対する割合も

     2016年度の30.0%から2017年度の30.6%へと増加した。販売費は主に、賃借料183.7百万ユーロ(2016年度は155.5百万
     ユーロ)、人件費93.1百万ユーロ(2016年度は77.7百万ユーロ)、減価償却費40.9百万ユーロ(2016年度は36.2百万ユー
     ロ)から構成されている。
     4.4.  一般管理費

     2017年度において、一般管理費は108.7百万ユーロと前年度に比べ14.6百万ユーロ増加している。売上高に対する割合

     は、前年度と同様に9.1%である。
     4.5.  広告宣伝費

     2017年度において、当グループは、モンクレール・ブランドの名声や認知度を高めるため、マーケティングや広告宣伝に

     継続して投資した。広告宣伝費は、2017年度の売上高に対する比率は6.7%であり(2016年度と同様)、金額では、2016
     年度の68.1百万ユーロから2017年度は79.4百万ユーロへと、11.3百万ユーロ(+16.5%)増加した。
     4.6.  株式報酬費用

     2017年度の株式報酬費用は23.5百万ユーロであり、2014年2月28日、2015年4月23日及び2016年4月20日の株主総会で承

     認されたストック・オプション制度に係る費用が含まれている(2016年度は15.7百万ユーロ)。
     インセンティブ・ロイヤルティ制度及び関連費用の詳細は、注記10.2に記載している。
                                  88/302





                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     4.7.  営業利益
     2017年度のモンクレール・グループの営業利益は、340.9百万ユーロ(2016年度297.7百万ユーロ)となり売上に対する割

     合は28.6%(2016年度は28.6%)となった。
     株式報酬費用を除いた2017年度の営業利益は、364.4百万ユーロ(2016年度313.4百万ユーロ)であり、売上高に対する割
     合は30.5%(2016年度は30.1%)であり、50.9百万ユーロ増加した。
     経営者は当グループの業績評価において、減価償却費・償却費、税金費用の計算方法に影響されないEBITDAを重要な指標

     と考えている。しかし、EBITDAは、当グループが採用している会計基準では定義されていない指標であるため、他の企業
     で利用されているEBITDAとの比較には利用できない。
     EBITDAは以下のように計算される。

                                              2017年度vs

                                                        %
                              2017年度        2016年度
                                              2016年度
     単位:千ユーロ
                                340,877        297,681         43,196         14.5%

     営業利益
                                23,485        15,738         7,747        49.2%
     株式報酬費用
                                364,362        313,419         50,943         16.3%
     株式報酬費用控除前の営業利益
                                47,273        41,635         5,638        13.5%
     減価償却費/償却費
     EBITDA                           411,635        355,054         56,581         15.9%
                                  89/302













                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2017年度のEBITDAは、56.6百万ユーロ(+15.9%)増加し、2016年度の355.1百万ユーロ(売上高に対する割合34.1%)から
     411.6百万ユーロ(売上高に対する割合34.5%)となった。
     この収益力向上は、主に売上総利益率の改善や、小売ビジネス販売費等営業費用を厳格に管理したことによるものであ
     る。
     2017年度の減価償却費/償却費は、47.3百万ユーロ(2016年度41.6百万ユーロ)となり、5.6百万ユーロ増加した。

     これは小売ビジネスの拡大による有形・無形資産の増加によるものである。
     4.8.  金融収益及び金融費用

     内訳は以下のとおりである。

                                         2017年度           2016年度

     単位:千ユーロ
                                               558           492
     受取利息及びその他の金融収益
                                                0           0
     為替換算差額-正
                                               558           492
     金融収益合計
                                            (1,899)           (3,233)
     支払利息及びその他の金融費用
                                            (3,841)           (1,851)
     為替換算差額-負
                                            (5,740)           (5,084)
     金融費用合計
                                            (5,182)           (4,592)

     純額
     4.9.  法人所得税

     法人所得税が連結損益計算書に与える影響は以下のとおりである。

                                         2017年度           2016年度

     単位:千ユーロ
                                            (96,794)           (101,797)
     当期税金
                                              10,867            5,030
     繰延税金(収益)費用
                                            (85,927)           (96,767)
      連結損益計算書上の法人所得税
                                  90/302









                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     会社の理論上の税率に基づく税負担率と実効税率との調整は以下のとおりである。
     理論上の実効税率の調整

                           課税所得       税額      税率     課税所得       税額      税率
                           2017年度      2017年度      2017年度      2016年度      2016年度      2016年度
     単位:千ユーロ
                            335,695                 293,089
      税引前利益
                                 (80,567)       27.5%          (80,599)       27.5%
     理論上の実効税率を用いた法人所得税
                                 (10,300)        3.1%          (8,333)       2.8%
      一時差異
                                   (46)      0.0%           1,914     (0.7%)
      永久差異
                                  (5,881)       1.8%         (14,780)        5.0%
      その他の差異
                                  10,867      (3.2%)            5,030     (1.7%)
      連結損益計算書に認識される繰延税金
                                 (85,927)       25.6%          (96,767)       33.0%
     実効税率を用いた法人所得税
     その他の差異には主に、留保されている税額申告に係る契約に関する費用、パテントボックス税制の優遇措置、地方法人

     税(当期)及び法人所得税以外のその他の税金が含まれている。
                                  91/302
















                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     4.10.  人件費
     人件費の、性質別内訳及び前年同期との比較は以下のとおりである。

     単位:千ユーロ                                    2017年度           2016年度

                                          (111,627)            (94,146)
     給料及び賃金
                                           (20,334)           (16,342)
     社会保険料
                                           (7,591)           (5,735)
     従業員給付費用
                                          (139,552)           (116,223)
      合計
     人件費は、前年度と比較して20.1%増加し、2016年度の116.2百万ユーロから2017年度には139.6百万ユーロに増加した。

     この増加は、主として直営店の成長、グループ全体の成長を受けて増加している。
     取締役に対する報酬については、関連当事者注記において別途記載している(注記10.1)。
     23.5百万ユーロ(2016年度は15.7百万ユーロ)のストック・オプション関連の費用は、注記10.2に別途記載している。
     以下の表は、2017年度の前年同期と比較した地域別平均正規従業員数である。
     地域別平均従業員数                                    2017年度           2016年度

                                              723           665
     イタリア
                                             1,244           1,025
     その他の欧州諸国
                                              844           771
     アジアおよび日本
                                              255           239
     アメリカ諸国
                                             3,066           2,700
      合計
     2017年12月31日現在の当グループの従業員数は3,498人である(2016年度は3,216人)。

     正規従業員数は主に、直営店の成長及びグループ全体の成長を受けて増加している。

                                  92/302












                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     4.11.  減価償却費及び償却費
     減価償却費及び償却費の内訳は以下のとおりである。

                                         2017年度           2016年度

     単位:千ユーロ
                                           (37,606)           (32,756)
     有形固定資産の減価償却費
                                            (9,667)           (8,879)
     無形資産の償却費
                                           (47,273)           (41,635)
     減価償却費及び償却費計
     減価償却費及び償却費は、主として新店舗の開店、既存店舗の移転・拡大による小売チャネルの開発に関連した投資によ

     り増加している。当年度の投資についての詳細は、注記5.1と注記5.3に記載している。
     次へ

                                  93/302
















                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.  連結財政状態計算書の注記
     5.1.  のれん、ブランド及びその他の無形資産

       ブランド及びその他の無形資産                          2017年12月31日                 2016年12月31日

                                   償却及び
                           取得原価                  帳簿価額        帳簿価額
     単位:千ユーロ                            減損損失累計額
                            223,900            0     223,900        223,900
     ブランド
                             57,391        (26,449)         30,942        25,959
     敷金
                             32,139        (19,338)         12,801        10,984
     ソフトウェア
                             8,361        (5,452)         2,909        3,612
     その他の無形資産
                              135          0       135       2,427
     無形資産仮勘定
                            155,582            0     155,582        155,582
     のれん
                            477,508         (51,239)         426,269        422,464
     合計
     無形資産の変動は以下のとおりである。

     2017年12月31日

     ブランド及び
     その他の無形資産の                ライセンス            ソフト     その他の      無形資産
                ブランド            敷金                      のれん      合計
     取得価額                  権          ウェア     無形資産      仮勘定
     単位:千ユーロ
                223,900         0   48,468      26,703      8,109      2,427     155,582      465,189
     2017年1月1日
                   0      0    8,346      5,355       568      101       0   14,370
     取得
                   0      0      0    (448)      (321)        0      0    (769)
     除売却
                   0      0    (923)      (252)      (33)       0      0   (1,208)
     換算差額
     振替えを含むその他
                   0      0    1,500       781      38   (2,393)         0    (74)
     の変動
                223,900         0   57,391      32,139      8,361       135    155,582      477,508
     2017年12月31日
     ブランド及び

     その他の無形資産の
                     ライセンス            ソフト     その他の      無形資産
     償却及び減損           ブランド            敷金                      のれん      合計
                       権          ウェア     無形資産      仮勘定
     損失累計額
     単位:千ユーロ
                   0      0  (22,509)      (15,719)      (4,497)         0      0  (42,725)
     2017年1月1日
     償却              0      0   (4,458)      (3,926)      (1,283)         0      0   (9,667)
                   0      0      0     178      320       0      0     498
     除売却
                   0      0     518      129       8      0      0     655
     換算差額
     振替えを含むその他
                   0      0      0      0      0      0      0      0
     の変動
                   0      0  (26,449)      (19,338)      (5,452)         0      0  (51,239)
     2017年12月31日
                                  94/302






                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2016年12月31日

     ブランド及び
     その他の無形資産の                ライセンス            ソフト     その他の      無形資産
                ブランド            敷金                      のれん      合計
     取得価額                  権          ウェア     無形資産      仮勘定
     単位:千ユーロ
                223,900         0   41,511      21,790      6,795      8,175     155,582     457,753
     2016年1月1日
                   0      0      0    4,868      1,569      2,427        0   8,864
     取得
                   0      0      0    (50)      (4)       0      0    (54)
     除売却
                   0      0    (51)       95     (3)    (1,167)         0  (1,126)
     換算差額
     振替えを含むその他
                   0      0    7,008        0    (248)     (7,008)         0   (248)
     の変動
                223,900         0   48,468      26,703      8,109      2,427     155,582     465,189
     2016年12月31日
     ブランド及び

     その他の無形資産の
                     ライセンス            ソフト     その他の      無形資産
     償却及び減損           ブランド            敷金                      のれん      合計
                       権          ウェア     無形資産      仮勘定
     損失累計額
     単位:千ユーロ
                   0      0  (18,165)      (12,515)      (3,477)         0      0  (34,157)
     2016年1月1日
                   0      0   (4,392)      (3,212)      (1,275)         0      0   (8,879)
     償却
     除売却              0      0      0     37      3      0      0     40
                   0      0     48     (29)       ▶      0      0     23
     換算差額
     振替えを含むその他
                   0      0      0      0     248       0      0     248
     の変動
                   0      0  (22,509)      (15,719)      (4,497)         0      0  (42,725)
     2016年12月31日
     ソフトウェアは、事業管理及び企業機能管理のためのIT投資により増加している。

     敷金は、ヨーロッパ新規出店の敷金により増加している。
     残存価額について減損の兆候を示す状況は生じていない。
     当年度に行われた投資に関連する追加情報については、取締役会の報告書を参照のこと。
                                  95/302










                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.2.  のれん及び耐用年数を確定できない無形資産の減損テスト

     買収に伴うブランド、耐用年数を確定できないその他の無形資産及びのれんは、償却されず、毎期減損テストの対象と

     なっている。
     ブランドの減損テストでは、当該ブランドに配分された価値の割引現在価値が帳簿価額と比較される。配分される価値

     は、当該ブランドが生成可能な総収益に対するロイヤルティの割合に関連したキャッシュ・フローを基に、ロイヤルティ
     免除法により計算される。
     のれんの回収可能価額は、資金生成単位の使用価値と投下資本の純額の帳簿価格とを比較した資産サイドアプローチに基

     づいてテストされる。
     2017年度の減損テストでは、予想キャッシュ·フローおよび収益は、2017年12月14日の取締役会で承認された2018年度か

     ら2020年度の事業計画から算定している。
     見積りに使用した成長率は2%としている。

     割引率は、類似ビジネスの株式投資から期待されるリターンと借入コストの加重平均であるWACC(加重平均資本コスト)を

     使用して算定される。計算は前期に関連した経済シナリオの変化とその結果としての金利の影響を考慮している。WACCは
     8.40%と計算された。
     感応分析の結果、        成長率が0%、WACCが21.59%の場合にモンクレール・ブランドの帳簿価額と等しくなる。

     のれんについては幅広い回収可能性が示されているため、ブランドに関するパラメータよりもより高いパラメータの変

     化を考慮しているが、全体の資金生成単位に適用される感度分析は、同様に完全な回収可能性を示している。
     また、モンクレール株式の2017年の平均株価に基づいた企業の時価総額はグループの純資産を十分に上回っていることか

     ら、のれんの価値があると判断できる。
                                  96/302











                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.3.  有形固定資産

     有形固定資産                             2017年12月31日                  2016年12月31日

     単位:千ユーロ                              減価償却及び
                           取得原価                  帳簿価額         帳簿価額
                                  減損損失累計額
                              2,871          (473)        2,398         2,303
     土地及び建物
                              9,786         (5,133)         4,653         3,583
     機械設備
                             86,488         (46,446)         40,042         36,963
     什器備品
                             154,617         (74,582)         80,035         73,096
     リース附属設備
                             14,800         (10,627)          4,173         4,693
     その他の固定資産
                              6,826            0      6,826         3,287
     建設仮勘定
                             275,388         (137,261)         138,127         123,925
     合計
     以下の表は、有形固定資産の変動を示している。

     2017年12月31日

     有形固定資産の取得価額                土地及び                  リース     その他の
                           機械装置      什器備品                 建設仮勘定       合計
     単位:千ユーロ                 建物                附属設備      固定資産
                       2,586     10,519      77,737     135,498      14,823      3,287     244,450
     2017年1月1日
                        624     2,190     16,690      31,979      1,571      6,054     59,108
     取得
                       (528)     (2,775)      (3,818)      (5,899)      (1,266)        (5)   (14,291)
     除売却
                       (15)      (63)    (5,144)      (8,293)       (280)      (158)    (13,953)
     換算差額
                        204     (85)     1,023      1,332      (48)    (2,352)        74
     振替えを含むその他の変動
                       2,871      9,786     86,488     154,617      14,800      6,826     275,388
     2017年12月31日
     有形固定資産の減価償却及び

                      土地及び                  リース     その他の
     減損損失累計                      機械装置      什器備品                 建設仮勘定       合計
                       建物                附属設備      固定資産
     単位:千ユーロ
                       (283)     (6,936)     (40,774)      (62,402)      (10,130)         0  (120,525)
     2017年1月1日
                       (312)     (1,008)     (12,330)      (22,099)      (1,857)         0  (37,606)
     減価償却
                        120     2,736      3,726      5,772      1,227        0   13,581
     除売却
                         2     27    2,743      4,362       155       0    7,289
     換算差額
                         0     48     189     (215)      (22)       0      0
     振替えを含むその他の変動
                       (473)     (5,133)     (46,446)      (74,582)      (10,627)         0  (137,261)
     2017年12月31日
                                  97/302








                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     2016年12月31日

     有形固定資産の取得価額                土地及び                  リース     その他の
                           機械装置      什器備品                 建設仮勘定       合計
     単位:千ユーロ                 建物                附属設備      固定資産
                       5,922      8,327     62,001     101,633      12,316      8,069    198,268
     2016年1月1日
                        24    1,100     18,779      29,384      2,816      2,597     54,700
     取得
                      (3,358)       (239)     (2,729)      (3,447)       (310)      (245)    (10,328)
     除売却
                        (2)       1     324     1,543       31    (106)     1,791
     換算差額
                         0    1,330      (638)      6,385      (30)    (7,028)        19
     振替えを含むその他の変動
                       2,586     10,519      77,737     135,498      14,823      3,287    244,450
     2016年12月31日
     有形固定資産の減価償却

                      土地及び                  リース     その他の
     及び減損損失累計                      機械装置      什器備品                 建設仮勘定       合計
                       建物                附属設備      固定資産
     単位:千ユーロ
                      (2,638)      (6,176)     (32,767)      (45,806)      (8,647)         0  (96,034)
     2016年1月1日
                       (260)      (709)    (10,923)      (19,143)      (1,721)         0  (32,756)
     減価償却
                       2,615       215     2,500      3,734       267       0    9,331
     除売却
                         0     (1)     (175)      (595)      (13)       0    (784)
     換算差額
                         0    (265)       591     (592)      (16)       0    (282)
     振替えを含むその他の変動
     2016年12月31日                  (283)     (6,936)     (40,774)      (62,402)      (10,130)         0  (120,525)
     2017年度の有形固定資産の変動は、什器備品、リース附属設備及び建設仮勘定の増加によるものであり、主に小売販売網

     の増強に関連している。
     当期において、有形固定資産について減損テストの実施を要求するような兆候は検出されなかった。
     当年度に行われた投資の分析については、取締役会の報告書を参照のこと。
                                  98/302












                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.4.  繰延税金資産及び繰延税金負債
     同一の税務管轄内における当期税金負債と当期税金資産を相殺する法的強制力のある権利が存在する場合にのみ繰延税金

     資産及び繰延税金負債は相殺される。2017年12月31日及び2016年12月31日の金額が以下の表に記載されている。
     繰越税金                             2017年                 2016年

     単位:千ユーロ                            12月31日                12月31日
                                        78,991                 74,682
     繰延税金資産
                                       (68,699)                 (70,953)
     繰延税金負債
                                        10,292                 3,729
     純額
     無形資産に関連した一時差異に係る繰延税金負債は、2008年度にモンクレール・ブランドを買収した際に支払われた超過

     支払額をブランドへ配分したことによるものである。
     同一の税務管轄内における相殺を考慮しない場合の繰延税金資産及び繰延税金負債の変動については、以下の表の通りで
     ある。
                      期首残高       連結損益                           期末残高

     繰延税金資産(負債)
                                  持分における              その他の
                      2017年      計算書に             為替換算              2017年
                                    税金             変動
     単位:千ユーロ
                      1月1日      おける税金                           12月31日
                       4,841        888        0     (178)        126      5,677
     有形固定資産及び無形資産
                         0       0       0       0       0       0
     金融資産
                       56,517       6,852         0    (4,074)        (94)      59,201
     棚卸資産
                       2,739       1,334         0     (43)       185      4,215
     売掛金
                         0       0       0       0       0       0
     デリバティブ
                       1,681        837        0     (127)         0     2,391
     従業員給付
                       5,568       (453)         0     (532)       (184)       4,399
     引当金
                        119       94       0     (23)       224       414
     買掛金
                       3,216       (280)         0     (100)       (262)       2,574
     その他の一時差異
                         1      122        0      (3)        0      120
     繰越欠損金
                       74,682       9,394         0    (5,080)         (5)     78,991
     税金資産
                      (68,888)        2,025         0      664        ▶   (66,195)
     有形固定資産及び無形資産
                         52       0       0       0       0      52
     金融資産
                       (610)       (27)        0       3       1     (633)
     棚卸資産
                         0       0       0       0       0       0
     売掛金
                        (29)        0     (160)         0     (117)       (306)
     デリバティブ
                       (117)         0       0       0      117        0
     従業員給付
                         0       0       0       0       0       0
     引当金
                        (2)        0       0       0       2       0
     買掛金
                      (1,359)        (525)        267        1      (1)     (1,617)
     その他の一時差異
                      (70,953)        1,473        107       668        6   (68,699)
     税金負債
                       3,729      10,867        107     (4,412)          1    10,292

     繰延税金資産(負債)純額
                                  99/302






                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
                      期首残高       連結損益                           期末残高

     繰延税金資産(負債)
                                  持分における              その他の
                      2016年      計算書に             為替換算              2016年
                                    税金             変動
     単位:千ユーロ
                      1月1日      おける税金                           12月31日
                        4,578        831        0      68      (636)      4,841
     有形固定資産及び無形資産
                          0       0       0       0       0       0
     金融資産
                       48,666       7,171         0      572       108     56,517
     棚卸資産
                        2,157        557        0      25       0     2,739
     売掛金
                          0       0       0       0       0       0
     デリバティブ
                        1,456        35       48       18      124      1,681
     従業員給付
                        4,579        922        0      199      (132)      5,568
     引当金
                         237      (122)        0       2       2      119
     買掛金
                        4,104       (885)        0      28      (31)      3,216
     その他の一時差異
                         193       (37)        0       0     (155)        1
     繰越欠損金
                       65,970       8,472        48      912      (720)      74,682
     税金資産
                       (65,898)       (3,284)         0     (233)       527     (68,888)
     有形固定資産及び無形資産
                          0       0       0       0      52       52
     金融資産
                        (474)       (138)        0       1       1     (610)
     棚卸資産
     売掛金                     0       0       0       0       0       0
                          0       0      (29)        0       0      (29)
     デリバティブ
                        (117)        0       0       0       0     (117)
     従業員給付
                          0       0       0       0       0       0
     引当金
                          0       0       0       0      (2)       (2)
     買掛金
                       (2,264)        (20)      1,002         0      (77)     (1,359)
     その他の一時差異
                       (68,753)       (3,442)        973      (232)       501     (70,953)
     税金負債
                       (2,783)       5,030       1,021        680      (219)      3,729

     繰延税金資産(負債)純額
                                100/302











                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     以下の表は、繰延税金資産が計算された課税対象額を示している。
     繰延税金資産                       2017年度         2017年        2016年度         2016年

     単位:千ユーロ                       一時差異        12月31日残高          一時差異        12月31日残高
                               20,665         5,677        16,347         4,841
     有形固定資産及び無形資産
                                 0         0         0         0
     金融資産
                              222,702         59,201        215,251         56,517
     棚卸資産
                               17,307         4,215        11,315         2,739
     売掛金
                                 0         0         0         0
     デリバティブ
                               8,676         2,391         5,925         1,681
     従業員給付
                               16,010         4,399        16,491         5,568
     引当金
                               1,583          414         340         119
     買掛金
                               9,510         2,574        11,531         3,216
     その他の一時差異
                                539         120          0         1
     繰越欠損金
                              296,992         78,991        277,200         74,682
     税金資産
                             (242,195)         (66,195)        (243,508)         (68,888)
     有形固定資産及び無形資産
     金融資産                           217         52        217         52
                              (2,268)          (633)        (2,203)          (610)
     棚卸資産
                                 0         0         0         0
     売掛金
                              (1,274)          (306)         (610)         (29)
     デリバティブ
                                 0         0         0       (117)
     従業員給付
                                 0         0         0         0
     引当金
                                 0         0        (7)         (2)
     買掛金
                              (6,051)         (1,617)         (5,175)         (1,359)
     その他の一時差異
                             (251,571)         (68,699)        (251,286)         (70,953)
     税金負債
     繰延税金資産(負債)                          45,421         10,292         25,914         3,729

                                101/302











                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.5.  棚卸資産
     棚卸資産の明細は以下のとおりである。

     棚卸資産                               2017年               2016年

     単位:千ユーロ                              12月31日               12月31日
                                         48,695               54,219
     原材料
                                         21,281               12,163
     仕掛品
                                         150,293               145,498
     製品
                                         220,269               211,880
     棚卸資産総額
                                        (84,110)               (76,031)
     陳腐化引当金
                                         136,159               135,849
     合計
     棚卸資産は、取引の増加により全体で約8.4百万ユーロ(4.0%)増加している。

     陳腐化引当金は、予測販売動向や代替チャネルを通じた販売に関連した過去の経験に基づき、年度や季節性を考慮して決

     定された経営者による評価減の最善の見積りを反映している。
     陳腐化引当金の変動は下表のとおりである。

     陳腐化引当金・変動                   2017年                               2017年

                                引当        使用       換算差額
     単位:千ユーロ                   1月1日                               12月31日
                         (76,031)        (25,047)         14,347        2,621      (84,110)
     陳腐化引当金
                         (76,031)        (25,047)         14,347        2,621      (84,110)
     合計
     陳腐化引当金・変動                   2016年                               2016年

                                引当        使用       換算差額
     単位:千ユーロ                   1月1日                               12月31日
                         (55,759)        (30,044)         10,205        (433)      (76,031)
     陳腐化引当金
                         (55,759)        (30,044)         10,205        (433)      (76,031)
     合計
                                102/302










                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.6.  売掛金
     売掛金は以下で構成されている。

     売掛金

                               2017年12月31日                 2016年12月31日
     単位:千ユーロ
                                       132,040                 113,931
     売掛金
                                       (6,929)                 (5,408)
     貸倒引当金
                                       (4,403)                 (3,659)
     返品・値引引当金
                                       120,708                 104,864
     合計、純額
     売掛金は、当グループの卸売事業に関連しており、回収期間が3ケ月未満となっている。2017年度及び2016年度におい

     て、債権総額の10%を超える個別の相手先はなく、信用リスクの集中はない。売掛金の外国為替リスクに係るエクスポー
     ジャーに関する詳細は、注記9.1に記載している。
     貸倒引当金及び返品引当金の変動は以下の表のとおりである。

     貸倒引当金及び返品引当金                      2017年                             2017年

                                  引当       使用      換算差額
     単位:千ユーロ                     1月1日                             12月31日
                           (5,408)       (1,853)         269        63     (6,929)
     貸倒引当金
                           (3,659)       (4,469)        3,608        117     (4,403)
     返品・値引引当金
                           (9,067)       (6,322)        3,877        180     (11,332)
     合計
     貸倒引当金及び返品引当金                      2016年                             2016年

                                  引当       使用      換算差額
     単位:千ユーロ                     1月1日                             12月31日
                           (5,947)       (1,495)        2,047        (13)      (5,408)
     貸倒引当金
                           (2,599)       (3,662)        2,627        (25)      (3,659)
     返品・値引引当金
                           (8,546)       (5,157)        4,674        (38)      (9,067)
     合計
     貸倒引当金は、債務者の滞留期間分析と長期債権及び強制執行対象債権の回収可能性分析に基づいて決定された経営者に

     よる最善の見積りを反映している。貸倒処理された債権は、支払期間を超過し回収可能性に不確実性が存在している個別
     の債権残高に対するものである。
                                103/302









                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.7.  現金及び現金同等物

     2017年12月31日現在、現金及び現金同等物は394.1百万ユーロ(2016年12月31日現在は243.4百万ユーロ)であり、銀行で

     使用可能な資金を含んでいる。
     利用可能な流動性資産の帳簿価額は、報告日における公正価値を表している。関連する信用リスクは、相手が大手の銀行

     のため非常に限定的である。
     連結キャッシュ・フロー計算書は会計期間中に発生した手許現金及び当座借越を含む現金及び現金同等物の変動を記載し

     ている。
     以下の表は、現金及び現金同等物と連結キャッシュ・フロー計算書における正味の現金及び現金同等物との差額の調整を

     表示している。
     連結キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物

                                       2017年12月31日            2016年12月31日
     単位:千ユーロ
                                            394,144            243,389
     現金及び現金同等物
     当座借越                                          0           (4)
                                            394,144            243,385
     合計
     5.8.  金融資産

     金融資産は為替変動リスクのヘッジに係るデリバティブの市場評価の結果生じた債権を示している。

     5.9.  その他の流動及び非流動資産

     その他の流動及び非流動資産

                                   2017年12月31日              2016年12月31日
     単位:千ユーロ
                                          5,269              5,629
     前払金及び未収収益―流動
                                          14,015               7,727
     その他の流動債権
                                          19,284              13,356
     その他の流動資産
                                          1,429              1,755
     前払金及び未収収益―非流動
                                          22,192              22,514
     保証金
                                           443              422
     その他の非流動債権
     その他の非流動資産                                     24,064              24,691
                                          43,348              38,047
     合計
     2017年12月31日現在の前払金及び未収収益-流動は5.3百万ユーロ(2016年12月31日現在は5.6百万ユーロ)であり、主に

     前払賃借料から構成される。
     その他の流動債権は、付加価値税に係る税務当局への債権に係るものである。
     前払金及び未収収益-非流動は1.4百万ユーロ(2016年12月31日現在は1.8百万ユーロ)であり、短期の期間を超える前払
     賃貸料に関連している。
     保証金は主に関連するリース契約を締結するために貸手に支払う預け金である。
     関連する資産の帳簿価額と公正価値との間に差異はない。
                                104/302





                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.10.  買掛金

     買掛金残高は167.2百万ユーロ(2016年12月31日現在は132.6百万ユーロ)で、商品やサービスの供給業者に対する短期債

     務である。この債務は短期間で決済されるものであり、12ヶ月を超えて支払われる債務残高は含まれていない。
     2017年度及び2016年度において、債務総額の10%を超える個別の仕入先に対する未払残高はない。

     財務諸表に計上された金額とそれらの項目の公正価値との間に差異はない。

     外貨で計上された買掛金の分析は、注記9.1に記載している。
     5.11.  その他の流動及び非流動負債

     その他の流動及び非流動負債

                                   2017年12月31日              2016年12月31日
     単位:千ユーロ
                                         4,563              1,552
     繰延収益及び未払費用―流動
                                         4,738              3,467
     前受金
                                         37,661              26,414
     従業員及び社会保障機関への未払金
                                         13,036              12,608
     法人所得税を除いた未払税金
                                         8,026              6,278
     その他の流動債務
                                         68,024              50,319
     その他の流動負債
                                         12,220              12,043

     繰延収益及び未払費用―非流動
                                         12,220              12,043
     その他の非流動負債
                                         80,244              62,362
     合計
     繰延収益及び未払費用-流動は、主に未払賃借料である。

     未払税金は主に付加価値税(VAT)及び給与に係る源泉徴収税額である。

     繰延収益及び未払費用-非流動は、主に1年超の未払賃借料に関連している。

     5.12.  税金資産及び債務

     税金資産は、2017年12月31日現在では38.4百万ユーロ(2016年12月31日現在では5.6百万ユーロ)であり、パテントボッ

     クス税制の免税措置を利用することを目的として2017年12月にイタリア当局と署名した合意に関わる税金資産(34百万
     ユーロ)について認識されたものが主である。
     税金債務は、2017年12月31日現在では36.7百万ユーロ(2016年12月31日現在では24.6百万ユーロ)である。

     同じ税務管轄地域及び税制度のもとで生じる未収法人所得税は、未払法人所得税と相殺し純額で認識されている。
                                105/302







                                                           EDINET提出書類
                                                   モンクレール・エスピーエー(E30200)
                                                            有価証券報告書
     5.13.  非流動引当金

     引