日本板硝子株式会社 有価証券報告書 第152期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第152期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:日本板硝子株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年6月29日
      【事業年度】                    第152期(自 平成29年4月1日  至 平成30年3月31日)
      【会社名】                    日本板硝子株式会社
      【英訳名】                    Nippon    Sheet   Glass   Company,     Limited
      【代表者の役職氏名】                    取締役代表執行役社長兼CEO 森 重樹
      【本店の所在の場所】                    東京都港区三田三丁目5番27号
      【電話番号】                    (03)5443-9523
      【事務連絡者氏名】                    経理部 竹尾 慎二
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区三田三丁目5番27号
      【電話番号】                    (03)5443-9523
      【事務連絡者氏名】                    経理部 竹尾 慎二
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/184













                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                回次              第148期      第149期      第150期      第151期      第152期
                              2014年      2015年      2016年      2017年      2018年

               決算年月
                               3月      3月      3月      3月      3月
                       (百万円)       606,095      626,713      629,172      580,795      603,852
     売上高
     税引前利益(△は損失)                  (百万円)       △ 15,120       4,807     △ 37,439      14,751      22,177

     親会社の所有者に帰属する当期利益
                       (百万円)       △ 16,605       1,668     △ 49,838       5,605      6,130
     (△は損失)
     親会社の所有者に帰属する当期包括
                       (百万円)        25,265      △ 8,306     △ 72,704     △ 18,100      10,119
     利益
                       (百万円)       183,974      175,746      103,109      124,146      134,334
     親会社の所有者に帰属する持分
                       (百万円)       926,208      920,106      812,120      790,192      791,882

     総資産額
                        (円)       203.78      194.60     1,141.40       941.76     1,033.24

     1株当たり親会社所有者帰属持分
     親会社の所有者に帰属する基本的1
                        (円)      △ 18.40       1.85    △ 551.75       62.04      47.90
     株当たり当期利益(△は損失)
     親会社の所有者に帰属する希薄化後
                        (円)      △ 18.40       1.84    △ 551.75       61.49      38.65
     1株当たり当期利益(△は損失)
                        (%)        19.9      19.1      12.7      15.7      17.0
     親会社所有者帰属持分比率
                        (%)       △ 9.7      0.9     △ 35.7       4.9      4.7

     親会社所有者帰属持分当期利益率
                        (倍)         -     63.78        -     13.04      17.89

     株価収益率
                       (百万円)        17,880      24,593      21,789      30,429      37,163

     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)       △ 17,106     △ 23,192     △ 26,401     △ 10,152     △ 20,359

     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)       △ 20,744       7,295     △ 5,908      16,398     △ 33,889

     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)        52,293      62,340      46,162      79,808      62,799

     現金及び現金同等物の期末残高
                               27,079      27,371      27,463      26,950      26,957
     従業員数
                        (人)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                         〔 3,758   〕   〔 3,698   〕   〔 3,827   〕   〔 3,502   〕   〔 3,722   〕
     (注)1.売上高には、消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ。)は含まれておりません。
        2.当社は、国際会計基準(以下、IFRS)に準拠して連結財務諸表を作成しております。
        3.第148期及び第150期については、ストック・オプションの転換が1株当たり当期損失を減少させるため、潜在
          株式は希薄化効果を有しておりません。また、第148期及び第150期については、親会社の所有者に帰属する基
          本的1株当たり当期損失が計上されているため、株価収益率は記載しておりません。
        4.IFRS財団によるIAS第19号「従業員給付」及びIFRIC第14号「IAS第19号-確定給付資産の上限、最低積立要件
          及びそれらの相互関係」に関する検討を契機として、退職給付制度にかかる制度資産及び制度債務の認識に関
          する会計方針を変更したことに伴い、第148期については、当該変更を反映した遡及修正後の数値を記載して
          おります。
        5.  2016年10月1日付で普通株式10株を1株に併合しています。第150期の期首に当該株式併合が行われたと仮定
          し、「   1株当たり親会社所有者帰属持分               」、「親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり当期利益(△は損
          失)」及び「親会社の所有者に帰属する希薄化後1株当たり当期利益(△は損失)」を算定しています。
                                   2/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第148期        第149期        第150期        第151期        第152期
            決算年月            2014年3月        2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月

                 (百万円)        105,682        107,018        101,156        101,316        104,499
     売上高
     経常利益(△は損失)            (百万円)         1,669       △ 2,722       △ 7,688       △ 7,398        4,408
     当期純利益(△は損失)            (百万円)         △ 795       1,064       △ 6,655       △ 3,906        5,920

                 (百万円)        116,449        116,449        116,449        116,463        116,546

     資本金
                  (千株)        903,551        903,551        903,551        90,406        90,527
     発行済株式総数
                 (百万円)        291,303        290,632        282,805        320,288        326,688
     純資産額
                 (百万円)        657,924        688,308        682,556        706,378        676,854
     総資産額
                  (円)        321.97        321.10       3,123.40        3,105.69        3,153.51
     1株当たり純資産額
     1株当たり配当額
                            -        -        -        -        20
      普通株式
                  (円)
      (うち1株当たり中間
                            ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
      配当額)
                            -        -        -        -      45,000
      A種種類株式
                  (円)
      (うち1株当たり中間
                            ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
      配当額)
     1株当たり当期純利益金
                  (円)        △ 0.88        1.18      △ 73.68       △ 43.23        45.57
     額(△は損失金額)
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)          -       1.17         -        -      37.33
     り当期純利益金額
                  (%)         44.2        42.1        41.3        45.3        48.2
     自己資本比率
                  (%)          -       0.4        -        -       1.8
     自己資本利益率
                  (倍)          -      100.08          -        -      18.81
     株価収益率
                  (%)          -        -        -        -      43.89
     配当性向
                           2,053        2,024        1,986        1,952        1,961
     従業員数
                  (人)
     〔外、平均臨時雇用者
                           〔 444  〕     〔 450  〕     〔 376  〕     〔 351  〕     〔 404  〕
     数〕
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第151期及び第152期の「発行済株式総数」欄については、A種種類株式40,000株を含めています。
        3.第148期、第150期及び第151期は、1株当たり当期純損失が計上されているため、潜在株式調整後1株当たり
          当期純利益金額、自己資本利益率、株価収益率及び配当性向は記載しておりません。
        4.2016年10月1日付で普通株式10株を1株に併合しています。第150期の期首に当該株式併合が行われたと仮定
          し、「1株当たり純資産額」、「1株当たり当期純利益金額(△は損失金額)」及び「潜在株式調整後1株当
          たり当期純利益金額」を算定しています。
                                   3/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
       1918年11月       日米板硝子株式会社を設立
       1919年2月       日米板硝子株式会社の設立登記完了
       1919年5月       二島工場を設置(1950年7月 若松工場に改称)
       1931年1月       社名を日本板硝子株式会社に変更
       1935年8月       四日市工場を設置(2004年7月 四日市事業所に改称)
       1941年3月       徳永板硝子製造株式会社を吸収合併し、尼崎工場を開設
       1944年11月       尼崎工場を閉鎖し、住友化工材工業株式会社へ譲渡
       1949年11月       尼崎に研究所を設置(1968年7月 伊丹市に移転)
       1950年6月       東京、大阪、神戸の各証券取引所に株式上場
       1951年3月       舞鶴工場を設置(2003年10月 舞鶴事業所に改称)
       1963年9月       千葉工場を設置(2003年12月 千葉事業所に改称)
       1965年2月       舞鶴工場にフロート方式によるガラス製造設備新設
       1968年7月       伊丹市に新研究所を設置(2005年4月 技術研究所に改称)
       1970年10月       日本安全硝子株式会社を吸収合併し、川崎工場及び京都工場(2003年10月 京都事業所に改称)を
              開設
       1971年8月       千葉工場にフロート方式によるガラス製造設備を設置
       1973年1月       日本スミサッシ株式会社からサッシ等に関する営業を譲受ける
       1977年12月       若松工場閉鎖
       1978年6月       舞鶴工場にフロート方式によるガラス製造設備を増設
       1979年7月       日本硝子繊維株式会社の販売権を譲受け、硝子繊維製品の販売を開始
       1979年12月       千葉工場土浦製造所を設置
       1980年7月       川崎工場相模原製造所を設置(2004年7月 相模原事業所に改称)
       1983年10月       筑波研究所を設置(2005年4月 筑波事業所に改称)
       1987年5月       硝子短繊維の製造・販売に関する営業権を日本マイクロジーウール株式会社へ譲渡
              千葉工場土浦製造所を廃止
       1988年4月       環境事業部門の一部を日本板硝子環境アメニティ株式会社(現:連結子会社)へ営業譲渡
       1990年6月       川崎工場閉鎖
       1991年11月       愛知工場を設置(2003年10月 愛知事業所に改称)
       1999年4月       連結子会社であった日本硝子繊維株式会社及び株式会社マイクロオプトを当社が吸収合併
       2000年11月       日本無機株式会社の発行株式のうちの33.3%を、日立化成工業株式会社より譲受ける
       2000年12月       大阪本社ビルを売却
       2001年3月       日本無機株式会社、東京証券取引所第二部から上場廃止
       2001年4月       日本無機株式会社、株式交換により当社の完全子会社となる
       2001年10月       ピルキントン社、         持分法適用会社となる
       2004年7月       本店所在地を大阪から東京(東京都港区海岸)に移転
       2004年9月       愛知事業所閉鎖
       2004年10月       日本無機株式会社のバッテリーセパレーター事業を、会社分割により継承し、垂井事業所を開設
       2006年6月       ピルキントン社、当社の完全子会社となる
       2007年2月       東京本社及び本店所在地を現住所(東京都港区三田)に移転
       2008年6月       持分法適用会社株式会社マグをサンゴバン株式会社に譲渡
       2008年6月       委員会設置会社(現指名委員会等設置会社)へ移行
       2009年10月       日本無機株式会社をダイキン工業株式会社へ株式譲渡
                                   4/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社及び当社の関係会社(子会社190社(内連結子会社190社)、ジョイント・ベンチャー及び関連会社22社(内持
       分法適用会社22社)(2018年3月31日現在))においては、建築用ガラス事業、自動車用ガラス事業及び高機能ガラ
       ス事業を主として行っており、その製品はあらゆる種類にわたっております。各事業における当社及び関係会社の位
       置付け等は次の通りです。
       (建築用ガラス事業)
        建築用ガラス事業は、建築材料市場向けの板ガラス製品及び内装外装用加工ガラスの製造・販売からなっており、
       当連結会計年度における当社グループの売上高のうち40%を占めています。ソーラー・エネルギー(太陽電池用ガラ
       ス)事業も、ここに含まれます。
       《主な関係会社》
        日本板硝子ビルディングプロダクツ㈱、㈱サンクスコーポレーション、日本板硝子ウインテック㈱、Pilkington
        United    Kingdom    Ltd.、Pilkington         Technology      Management      Ltd.、Pilkington         Deutschland      AG、Pilkington
        Austria    GmbH、Pilkington         Norge   AS、Pilkington        IGP  Sp.zo.o.、Pilkington           Polska    Sp.zo.o.、Pilkington
        Italia    SpA、Pilkington        North   America    Inc.、Vidrieria        Argentina     S.A.、Vidrios       Lirquen    S.A.、Pilkington
        Brasil    Ltda.、Malaysian         Sheet   Glass   Sdn.   Bhd.、Vietnam       Float   Glass   Co.,Ltd.、NSG       Vietnam    Glass
        Industries      Ltd.
       (自動車用ガラス事業)

        自動車用ガラス事業は、新車組立用及び補修用市場向けに種々のガラス製品を製造・販売しており、当連結会計年
       度における当社グループの売上高のうち52%を占めています。
       《主な関係会社》
        Pilkington       Automotive      Ltd.、Pilkington         Technology      Management      Ltd.、Pilkington         Automotive      Deutschland
        GmbH、Pilkington         Automotive      Finland    OY、Pilkington        Automotive      Poland    Sp.zo.o.、Pilkington           Italia    SpA、
        Pilkington      North   America    Inc.、L-N     Safety    Glass   SA  de  CV、Pilkington        Automotive      Argentina     S.A.、
        Pilkington      Brasil    Ltda.、Guilin       Pilkington      Safety    Glass   Co.,Ltd.、Malaysian          Sheet   Glass   Sdn.   Bhd.
       (高機能ガラス事業)

        高機能ガラス事業は、小型ディスプレイ用の薄板ガラス、プリンター向けレンズ及び光ガイドの製造・販売、並び
       に電池用セパレーターやエンジン用タイミングベルト部材などのガラス繊維製品の製造・販売など、様々な事業から
       なっており、当連結会計年度における当社グループの売上高のうち8%を占めています。
       《主な関係会社》
        NGF  Europe    Ltd.、Suzhou       NSG  Electronics      Co.,Ltd.、NSG       Hong   Kong   Co.,Ltd.、NSG       Vietnam    Glass   Industries
        Ltd.、NGF     Canada    Ltd.、Tianjin       NGF  Glass   Fiber   Co.,Ltd.
       (その他)

        その他には、全社費用、連結調整、前述の各セグメントに含まれない小規模な事業及びピルキントン社買収に伴い
       認識された無形資産の償却費が含まれます。
       《主な関係会社》

        NSG  Holding    (Europe)     Ltd.、NSG     UK  Enterprises      Ltd.、Pilkington         Group   Ltd.、Pilkington         Finance    Ultd.、
        Pilkington      International       Holdings     BV、Pilkington        Holding    GmbH、Dahlbusch        AG、NSG    Asia   Pte.   Ltd.
       (持分法適用会社)

       《主な持分法適用会社》
        Cebrace    Cristal    Plano   Ltda.、SP     Glass   Holdings     BV、Jiangsu      Pilkington      SYP  Glass   Co.,Ltd.、Flachglas
        Wernberg     GmbH、Holding       Concorde     SA
                                   5/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       <事業系統図>
        事業系統図によって示すと、次の通りになります。
                                   6/184




















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                            議決権の
            名称          住所     資本金       主要な事業の内容          所有割合         関係内容
                                            (%)
     (連結子会社)

     日本板硝子ビルディングプロダクツ                       百万円
                     千葉県
                                建築用ガラス事業             100.0   当社製品の販売先
     (株)               市原市         350
                     東京都        百万円
     ㈱サンクスコーポレーション                           建築用ガラス事業             92.5        ―
                     江戸川区         300
                             百万円
                     大阪市                         99.3
     日本板硝子ウインテック㈱                           建築用ガラス事業                      ―
                     中央区          48               (0.2)
                            千ポンド
                                             100.0
     Pilkington     United   Kingdom   Ltd.
                     イギリス            建築用ガラス事業                      ―
                            328,483                 (100.0)
                            千ユーロ                 100.0

     Pilkington     Automotive     Ltd.注3
                     イギリス            自動車用ガラス事業                役員の兼任あり
                            432,961                 (100.0)
     Pilkington     Technology     Management

                            千ポンド    建築用ガラス事業及び             100.0
                     イギリス                            役員の兼任あり
                            441,320    自動車用ガラス事業             (100.0)
     Ltd.
                            千ポンド

     NGF  Europe   Ltd.
                     イギリス            高機能ガラス事業             100.0   当社製品の販売先
                             5,400
                            千ユーロ                  96.3

     Pilkington     Deutschland     AG
                     ドイツ            建築用ガラス事業
                                                      ―
                             69,290                 (96.3)
     Pilkington     Automotive     Deutschland

                            千ユーロ
                                             100.0
                     ドイツ            自動車用ガラス事業                      ―
                             18,996
     GmbH                                        (100.0)
                     オーストリ       千ユーロ                 100.0

     Pilkington     Austria   GmbH
                                建築用ガラス事業                      ―
                     ア        8,721                (100.0)
                             千ノル
                           ウェー・ク                  100.0
     Pilkington     Norge   AS
                     ノルウェー            建築用ガラス事業                      ―
                             ローネ
                                             (100.0)
                             5,130
                     フィンラン       千ユーロ                 100.0
     Pilkington     Automotive     Finland   OY
                                自動車用ガラス事業                      ―
                     ド        19,414                (100.0)
                           千ポーラン
                                             100.0
     Pilkington     IGP  Sp.zo.o.               ド・ズロチ
                     ポーランド            建築用ガラス事業                      ―
                                             (100.0)
                              507
                           千ポーラン
     Pilkington     Automotive     Poland
                                             100.0
                           ド・ズロチ
                     ポーランド            自動車用ガラス事業                      ―
                                             (100.0)
     Sp.zo.o.
                             30,511
                           千ポーラン
                                             100.0
     Pilkington     Polska   Sp.zo.o.
                     ポーランド      ド・ズロチ     建築用ガラス事業                      ―
                                             (100.0)
                            147,340
                            千ユーロ
                                建築用ガラス事業及び             100.0
     Pilkington     Italia   SpA
                     イタリア                                 ―
                            112,996    自動車用ガラス事業             (100.0)
                                   7/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                            議決権の
            名称          住所     資本金       主要な事業の内容          所有割合         関係内容
                                            (%)
                                                当社の欧州関係会社株式の
                             百万円                    保有
     NSG  Holding(Europe)       Ltd.  注1     イギリス
                                その他(持株会社)             100.0
                            420,706                    役員の兼任あり
                                                資金援助あり
                                                当社の欧州関係会社株式の
                            千ポンド                 100.0   保有
     NSG  UK Enterprises     Ltd.  注1     イギリス
                                その他(持株会社)
                           1,801,478                 (100.0)    役員の兼任あり
                                                資金援助あり
                                                当社の欧州関係会社株式の
                            千ポンド                 100.0
     Pilkington     Group   Ltd.  注1
                     イギリス            その他(持株会社)                保有
                           1,990,257                 (100.0)
                                                役員の兼任あり
     Pilkington     North   America   Inc.
                            千米ドル    建築用ガラス事業及び
                     アメリカ                         100.0
                                                      ―
                             17,701    自動車用ガラス事業
     注3
                                             (100.0)
                           千メキシコ
                                             100.0
     L-N  Safety   Glass   SA de CV
                     メキシコ        ・ペソ    自動車用ガラス事業                      ―
                                             (100.0)
                            175,155
                          千アルゼンチ
                     アルゼンチ                         51.0
     Vidrieria    Argentina    S.A.
                            ン・ペソ    建築用ガラス事業                      ―
                     ン
                                             (51.0)
                            178,000
                          千チリ・ペソ
                                              51.6
     Vidrios   Lirquen   S.A.
                     チリ            建築用ガラス事業                      ―
                           27,443,983
                                             (51.6)
                          千アルゼンチ
     Pilkington     Automotive     Argentina
                     アルゼンチ                         100.0
                            ン・ペソ
                                自動車用ガラス事業                      ―
                     ン                        (100.0)
     S.A.
                            373,555
                          千ブラジル・
                                建築用ガラス事業及び             100.0
     Pilkington     Brasil   Ltda.
                     ブラジル        レアル                         ―
                                自動車用ガラス事業
                                             (100.0)
                            333,008
     Guilin   Pilkington     Safety   Glass
                            千人民元
                                             100.0
                     中国            自動車用ガラス事業                      ―
                            100,000                 (100.0)
     Co.,Ltd.
                            千人民元                     当社製品の販売先及び製品の

     Suzhou   NSG  Electronics     Co.,Ltd.      中国            高機能ガラス事業
                                             100.0
                            371,689                    仕入先
                           千香港ドル                  100.0   当社製品の販売先及び製品の

     NSG  Hong  Kong  Co.,Ltd.
                     中国            高機能ガラス事業
                              800                  仕入先
                                             (100.0)
                          千リンギット

                                建築用ガラス事業及び
     Malaysian    Sheet   Glass   Sdn.  Bhd.
                     マレーシア                         100.0         ―
                             81,151    自動車用ガラス事業
                            10億ドン

     Vietnam   Float   Glass   Co.,Ltd.
                     ベトナム            建築用ガラス事業
                                              55.0        ―
                              512
                            千米ドル

                                建築用ガラス事業及び             100.0
     NSG  Vietnam   Glass   Industries     Ltd.
                     ベトナム                            役員の兼任あり
                            148,575    高機能ガラス事業
                                             (100.0)
     その他159社

                                   8/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                            議決権の
            名称          住所     資本金       主要な事業の内容          所有割合         関係内容
                                            (%)
     (持分法適用会社)

                           千ブラジル
                                              50.0
     Cebrace   Cristal   Plano   Ltda
                     ブラジル            板ガラスの製造
                             レアル                         ―
                                             (50.0)
                            146,876
                            千ユーロ
                     ロシア/                         50.0
     SP Glass   Holdings    BV
                                板ガラスの製造                      ―
                     オランダ          31               (50.0)
     Jiangsu   Pilkington     SYP  Glass
                            千人民元                  50.0
                     中国            板ガラスの製造                      ―
                            389,723
                                             (50.0)
     Co.,Ltd.
                            千ユーロ                  49.0
     Flachglas    Wernberg    GmbH
                     ドイツ            板ガラスの製造・加工
                                                      ―
                             2,050                (49.0)
                           千コロンビ
                                              21.9
     Holding   Concorde    SA               ア・ペソ
                     コロンビア            板ガラスの製造・加工                      ―
                                             (21.9)
                           75,139,845
     その他17社
      (注)1.特定子会社に該当しております。
         2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数                      となっております。
         3.  Pilkington     Automotive     Ltd.及びPilkington        North   America   Inc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の
           連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
           Pilkington     Automotive     Ltd.
                   (1)売上高                  90,621    百万円
                   (2)当期損失
                                     △697
                                          〃
                   (3)親会社の所有者に帰属する持分
                                          〃
                                     13,430
                   (4)総資産額
                                     16,389
                                          〃
           Pilkington     North   America   Inc.
                   (1)売上高                     百万円
                                    110,506
                   (2)当期損失
                                    △10,098
                                          〃
                   (3)親会社の所有者に帰属する持分
                                          〃
                                     43,412
                   (4)総資産額
                                     85,385
                                          〃
                                   9/184










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                 (2018年3月31日現在)
               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                   8,982
      建築用ガラス事業
                                                   〔808〕
                                                   15,488
      自動車用ガラス事業
                                                  〔2,245〕
                                                   1,315
      高機能ガラス事業
                                                   〔188〕
                                                   25,785
        報告セグメント計
                                                  〔3,241〕
                                                   1,172
      その他
                                                   〔481〕
                                                   26,957
                  合計
                                                  〔3,722〕
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に人員数を外数で記載しております。
         2.臨時従業員には、臨時工、契約社員、嘱託、パートタイマー、定年退職後継続雇用者、及び派遣社員が含ま
           れております。
       (2)提出会社の状況

                                                (2018年3月31日現在)
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

           1,961〔404〕                  45.0              21.1           7,810,006

               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                     236
      建築用ガラス事業
                                                    〔18〕
                                                     826
      自動車用ガラス事業
                                                   〔242〕
                                                     597
      高機能ガラス事業
                                                    〔92〕
                                                   1,659
        報告セグメント計
                                                   〔352〕
                                                     302
      その他
                                                    〔52〕
                                                   1,961
                  合計
                                                   〔404〕
      (注)1.従業員は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に人員数を外数で記載しております。
         2.臨時従業員には、臨時工、契約社員、嘱託、パートタイマー、定年退職後継続雇用者、及び派遣社員が含ま
           れております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社には、日本板硝子労働組合及び日本板硝子共闘労働組合の2組合が組織されております。
         それぞれ、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  10/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       中期経営計画MTPフェーズ2について
        当社グループは、長期戦略ビジョンとして「VAガラスカンパニー」(VAとは英語のValue-Addedの頭文字に由来)
       に変容・変革することを掲げ、2018年3月期から2020年3月期の3年間を計画期間とする「中期経営計画(MTP)
       フェーズ2」(以下、「MTPフェーズ2」)を策定して、グループを挙げてその遂行に取り組んでいます。MTP
       フェーズ2の基本目標は「財務サステナビリティの確立」及び「VAガラスカンパニーへの変容・変革の開始」で
       す。財務目標は、売上高営業利益率(ROS):8%以上※、ネット借入/EBITDA比率:3倍としております。また、親
       会社所有者帰属持分当期利益率(ROE)については達成年度のイメージとして10%以上、親会社所有者帰属持分比率
       (自己資本比率)は20%程度を想定しております。
        ※注:個別開示項目及びピルキントン社買収に係る償却費控除前営業利益をベースに算定。
        MTPフェーズ2の基本方針は、

       ・VA戦略をさらに加速・進化させ、持続的に成長する強い収益基盤を構築すること
       ・すべての仕事の仕方を見直し、リーンな事業体制を作りこむこと
       であり、具体的な重点施策は以下の4点です。
       1.「成長が見込める分野」「当社の強みがある分野」でトップポジションを狙う                                       VA  No.1戦略の推進
       2.選択と集中により、早期に新たな利益成長の原動力を創り出す                               成長ドライバーの確立
       3.すべての仕事の仕方を見直し、リーンな事業体制を作りこむ                              ビジネスカルチャーイノベーション
       4.グループ全体最適を追求し、グローバル経営を進化させる                             グローバル経営の強化
        また財務サステナビリティの確立(財務面で安定的な姿になること)を図るため、当社は2017年3月31日に総額






       400億円のA種種類株式を発行しました。これにより資本を充実させ、金融費用の削減を図るとともに、VA                                                 No.1戦
       略を着実に推進していくための投資枠を確保しました。
                                  11/184







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       2018年3月期業績及びMTPフェーズ2進捗状況について
        当期はMTPフェーズ2の初年度でありました。営業利益につきましては、事業毎、地域毎での進捗スピードの差は
       ありましたが、期初に発表しました計画通りの実績を上げることができました。また、当期利益は米国連邦法人税
       率引き下げに伴う繰延税金資産の取崩しの影響により、期初の計画には届きませんでしたが、前期実績を上回りま
       した。キャッシュ・フローにつきましては期初の計画の通り100億円を超えるフリー・キャッシュ・フローを生み出
       すことができました。
        MTPフェーズ2に掲げました2020年3月期の目標に対しては、次の通りの進捗となっています。
          売上高営業利益率(ROS)              目標:          2018年3月期実績:          6.2%
                            8%以上
                        目標:
          ネット借入/EBITDA比率                  3倍      2018年3月期実績:          4.6倍
        ※注:2018年3月期の実績として、親会社所有者帰属持分当期利益率(ROE)は4.7%、自己資本比率は17.0%でし
       た。
        営業利益につきましては5期連続増益、当期利益につきましても2期連続の黒字化及び増益を達成することがで

       きました。このように、安定的な利益とキャッシュ・フローの創出ができる財務体質へと改善が進みつつあること
       を踏まえ、当社は2018年5月11日の取締役会において2012年3月期以来となる普通株式配当の実施を決議いたしま
       した。当社は今後とも持続可能な事業の業績をベースにして、安定的に配当を実施することを利益配分の基本方針
       としてまいります。また、将来、A種種類株式全てを償還した後も、この基本方針は維持しつつ、連結配当性向30%
       を目安として継続的な配当の実施に努めてまいります。
       2019年3月期の見通しと対処すべき課題

        当社グループでは、2019年3月期                におけるグローバルの建築用ガラス市場及び自動車用ガラス市場は概ね安定的
       に推移するものと見込んでいます。
        欧州においては、当社グループは、予定されているフロートガラス製造ラインの定期修繕による供給不足を補う
       とともに、高透過ガラスなど高付加価値製品(VA製品)の一層の拡充を図るために、昨年イタリアで休止中のフ
       ロートガラス製造ラインを再稼働しました。これにより欧州での需要に対応してまいります。また、欧州の自動車
       用ガラス市場については、2019年3月期の乗用車生産台数は概ね2018年3月期並みと見ていますが、ヘッドアップ
       ディスプレイ用高面精度ガラスなどのVA製品の売上比率の拡大と生産効率の改善による増収・増益を計画していま
       す。
        日本では、建築用ガラス市場は2020年東京オリンピックに向けた需要増が見込まれるものの、総じて横ばいで推
       移する見通しですが、当社グループとしてはスペーシア®などVA製品の売上増加を見込んでおります。また、自動車
       用ガラス市場も概ね2018年3月期並みと見ております。
        北米の建築用ガラス市場は堅調に推移すると見込んでおり、当社グループにおいても引き続き高いVA製品売上比
       率を維持する計画です。2019年3月期は、2018年3月期の一時的な需要変動の影響はなくなり、また2017年2月に
       発生しました米国オタワ工場における竜巻被害からも復調いたしました。自動車用ガラス市場は横ばいあるいは微
       減と見ていますが、継続的に行ってきた生産効率改善の成果が寄与し、当社グループの自動車用ガラス事業の業績
       は改善する見込みです。
        その他の地域においては、南米ブラジルでは自動車生産台数について引き続き緩やかに回復傾向を示すと考えて
       おります。また、東南アジアの建築用ガラス市場は引き続き好調に推移する見通しです。
        高機能ガラス事業では、ディスプレイ事業において新組成薄板ガラスglanova®の販売増加と生産コストの低減に
       より業績は改善する見込みです。また、モバイル遺伝子検査機など新商品も順次上市していく計画です。アジアに
       おけるアイドリング・ストップ・スタート用バッテリーの需要増に対応するため昨年出資したPT                                             ENTEK   Separindo
       Asia社(インドネシア)は、2019年3月期中に供給を開始し、順次、売上に寄与する見通しです。
        当社グループ全体としては、エネルギーコストの緩やかな増加が見込まれますが、継続的なコスト削減努力が業
       績の改善に寄与するものと考えております。また金融費用につきましても計画通りの削減が進み、持分法適用関連
       会社の損益改善も見込まれます。
        以上を踏まえて、当社グループでは、2019年3月期において営業利益、当期利益とも更なる改善を見込んでおり
       ます。
        当社グループの対処すべき課題としましては、不確実、不安定な経済状況のなかでも市場の変動に柔軟に対応し
       て安定的な利益を出せる事業構造に変革していくこと、及び、持続的に成長する強い収益基盤を構築すること、で
       あると考えています。そのために、MTPフェーズ2で掲げた4つの重点施策(VA                                     No.1戦略の推進、成長ドライバー
       の確立、ビジネスカルチャーイノベーション、グローバル経営の強化)を着実に実行し、コモディティ・マスボ
       リューム型のビジネスモデルからハイバリュー型のビジネスモデルへの変革(VAガラスカンパニーへの変革)を進
       めてまいる所存です。
                                  12/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        また、持続的な成長を実現していくため、当社グループの成長戦略を担う組織として、地域・市場のニーズに即

       した新規ビジネスを開発・提供する「ビジネス・イノベーション・センター」を設置し、新規事業の育成・新しい
       顧客価値の創造を加速してまいります。
        財務面では、事業の収益性の更なる向上と運転資本や設備投資に対する厳格な管理の継続を通じて、キャッシュ
       を創出しネット借入残高を削減することによって、早期の財務サステナビリティの確立に取り組んでまいります。
        また、当社グループは2018年4月に、太陽光発電設備の大手であるファーストソーラー社(米国)との間で長期
       のコーティングガラスの供給契約を締結し、併せて米国及びベトナムでのガラス生産能力を増強することを決定い
       たしました。ファーストソーラー社とはこれまで長年にわたり顧客として、また事業パートナーとして良好な関係
       を続けており、今回の決定はMTPフェーズ2期間中及びその後の当社グループの成長に大きく貢献するものと考えて
       おります。
       ESGへの取り組みについて

        当社グループは社会の一員として持続的成長可能な社会の実現に向けた取り組みにつきましても積極的に取り組
       んでまいります。VA製品の拡販を通じ省エネ、創エネに貢献するとともに、事業活動におけるCO2排出量の削減や廃
       棄物の削減に真摯に取り組んでまいります。また、グループベースにおける人材の教育、育成を今後とも不断に進
       めてまいります。当社グループは、この点、「事業の要は多様な人材が生み出す力にある」との認識のもと、イン
       クルージョン及びダイバーシティの推進を経営のコミットメントとして取り組むことも宣言しました。さらにグ
       ループ倫理規範の徹底やサプライヤー行動規範の遵守確保の                            プログラムを通じ、良き企業市民としての社会的使
       命、責任を果してまいります。そして、これらのE(環境)、S(社会)への当社グループの取り組みを通じ、ま
       た、このような取り組みの実施を支えるものとして、透明性、客観性が確保された実効性のあるG(ガバナンス)
       を、取締役会の監督の下、不断に追求してゆくことにより、持続的成長可能な社会の実現に貢献するべく、たゆま
       ぬ改善努力を続けてまいります。
        当社グループは、全社一丸と              なってMTPフェーズ2の遂行に取り組み、株主価値の向上に取り組んでまいります。

        なお、上記文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末時点の状況に基づき記載しております。

                                  13/184












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループでは、各連結会計年度末日における事業活動の状況及び財政状態に照らして、主要な財務上及び事業
       運営上のリスク要因につき、定期的な見直しを行っております。当連結会計年度末日において、当社グループが認識
       している主要な財務上及び事業運営上のリスクは、以下に記載の通りです。なお、文中における将来に関する事項
       は、当連結会計年度末日において、当社グループが判断したものであります。
        なお、当社グループが将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況
       は、当連結会計年度末日において存在しておりません。
       (1)  経済状況

          当社グループの売上高の多くは、欧州、日本並びに北米の市場におけるものであり、当連結会計年度におい
         て、それぞれ当社グループの売上高の40%、24%、19%を占めております。これら3つの地域以外での売上高の
         多くは、南米等の新興市場におけるものです。当社グループでは、長期的に見れば、これら新興地域の市場は先
         進国・地域の市場を上回るペースで成長するものと考えており、将来当社グループの売上高に占める割合も増加
         するものと見込んでおります。新興地域の市場には、当社グループが事業を展開している先進国・地域の市場に
         比べてより大きな潜在的リスクがあると考えられます。更に当社グループの顧客の事業環境の変化及び世界各地
         における地政学上の問題が、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。これら当社グループの主要
         市場及び新興市場が存在する地域において、経済状況や特定の事業環境が悪化した場合、当社グループの業績及
         び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (2)  特定の産業・分野への依存

          当社グループの売上高の90%以上が、建築用ガラス事業及び自動車用ガラス事業におけるものであり、当連結
         会計年度では、それぞれ外部顧客への                  売上高の40%及び52%を占めております。また、当社グループの外部顧客
         への売上高は、主に建設、住宅産業並びに自動車産業の顧客に対するものです。これらの業界では、これまでも
         消費者マインドの周期的な動きに連動して需要が変動して来ましたが、こうした需要の変動は今後も起き得るも
         のと考えております。
          当社グループは、相対的に利益率が高く、将来市場の大きな成長が見込まれる高付加価値(VA)製品の売上の
         増大に努めております。これらの製品は、一般的な製品に比べて価格の変動は通常小さいと考えられ、経済状況
         が悪化した場合の影響を受けにくいと考えられております。しかしながら、これらの製品が高い利益率を維持し
         続ける、又はこれらの製品の市場が製品全体の平均を上回るペースで成長し続けるという保証はありません。更
         に、他のガラスメーカーが技術的な優位を有する製品を市場に投入する結果、当社グループの製品との競合が高
         まり、高付加価値(VA)製品であるにもかかわらず利益率が低下する可能性があります。
          なお、自動車用ガラス事業では、顧客の分散にも努めております。近年、自動車産業では企業間の合従連衡の
         動きが続いており、当社グループの顧客である自動車メーカーの購買力の上昇につながっております。このよう
         な合従連衡が今後も続く場合には、販売先上位のメーカーに顧客ベースが集中する可能性があります。
       (3)  競争

          当社グループは、日本及び海外のガラスメーカーと競合関係にあります。また、プラスチックや金属をはじ
         め、建築分野、自動車分野並びに情報電子分野等で使用される各種素材メーカーとも競合関係にあります。当社
         グループでは、独自技術や独自製品の市場への提供により競争力の確保に努めておりますが、市場ニーズの変
         化、製品を低コストで提供するメーカーの台頭、あるいは強固な顧客基盤や高い知名度を有するメーカーの参入
         等によって、当社グループの競争優位を維持できない場合、もしくは当社グループが獲得できないような政府に
         よる助成制度を競合他社が受けている場合には、当社グループの業績及び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性
         があります。
       (4)  新製品の開発及び技術革新

          当社グループは、既存の事業分野における独自技術や独自製品の開発に注力すると共に、既存分野以外の新し
         い分野における新製品の開発に注力しております。新製品の開発プロセスは長い時間と多額の費用を要する可能
         性があり、新製品の販売により収益を得る前に、多額の資本及び資源の投資が必要となる場合があります。ま
         た、競合他社が当社グループより早く市場に製品を送り出した場合や、代替技術や代替製品が市場に受け入れら
         れた場合には、当社グループによる製品開発のための投資は、当初想定した利益をもたらさない可能性がありま
         す。更に当社グループが技術革新を予測できない場合や、これに迅速に対応できない場合、あるいは顧客のニー
         ズに適応した新製品の開発に成功しなかった場合には、当社グループの事業、業績及び財務状況に大きな影響を
         及ぼす可能性があります。
                                  14/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (5)将来の必要資金
          当社グループは、①新製品の発売②事業計画や研究開発計画の実行③生産能力の拡大④補完的な事業、技術あ
         るいはサービスの取得⑤コスト削減策やリストラクチャリング計画の実行⑥期限を迎えた負債の返済、等の目的
         に充当するため、将来において追加的な資金の調達が必要となる可能性があります。これらの資金を想定する条
         件で調達できないか、又は全く調達できない場合、既存の製品及びサービスの拡充と改善や新事業開発のための
         投資を行うことが困難となり、あるいはその結果として競合他社よりも高い競争力を確保することが困難とな
         り、当社グループの財務状況にも大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  海外における事業

          当社グループは、日本、アジア、欧州、北米、南米等、世界各国・地域に生産設備を有しております。
          更に当社グループは、南米、ロシア、中国等の新興国・地域において、子会社、ジョイント・ベンチャー、出
         資、提携といった様々な形態により事業運営を行っており、これらは当該国・地域における当社グループの生産
         能力を維持するうえで重要な役割を担っております。当社グループでは、過年度においてこうした新興国・地域
         の子会社やジョイント・ベンチャーへの出資に対して減損損失を計上しましたが、これらの国・地域の市場環境
         が更に悪化しないという保証はなく、また将来において減損損失が全く発生しないという保証もありません。
         ジョイント・ベンチャーのパートナー等との間での事業運営等の方針の相違により、事業の継続が困難になるよ
         うな場合やその他の要因によっては、当社グループでは予想できない投資損失が発生する可能性があります。
       (7)生産中断リスク

          当社グループは、生産活動の中断により生じる潜在的な影響を最小限に抑えるため、全設備において定期的な
         防災点検や設備保守を行っております。しかしながら、生産設備に対する災害(地震、停電並びに当社グループ
         又は顧客の生産を停止させるその他の事象等)の影響を完全に予防又は低減できない可能性があります。また、
         当社グループの特定の設備で生産される製品を、他の設備で生産できない場合があります。従って、地震及びそ
         の他の事象により、当社グループのいずれかの設備において生産の中断があった場合には、特定の製品の生産能
         力を著しく低下させる可能性があり、結果的に当社グループの業績及び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性が
         あります。当社グループでは、このような事態を想定して保険に加入しておりますが、いかなる場合でも保険に
         よって当社グループの損害が補償されるとは限りません。
       (8)為替及び金利の変動

          当社グループは、世界の多くの国々や地域で事業活動を展開しており、こうした国々や地域において為替レー
         トの変動及び金利の変動のリスクを有しております。また、海外子会社の現地通貨で表示される資産・負債等
         は、連結財務諸表の作成のために円換算される過程において、為替レートの変動によるリスクも有しておりま
         す。更に金利の変動は、支払利息や受取利息、あるいは金融資産や金融負債の金額に影響を及ぼす可能性があり
         ます。当社グループはこれらのリスクのヘッジに努めておりますが、為替レート及び金利の変動は、当社グルー
         プの事業、業績並びに財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (9)原燃料の調達及び製品供給

          ガラスの製造過程においては、珪砂やソーダ灰等の特定の原料と、重油や天然ガス等の燃料が必要となりま
         す。原燃料の調達コストの変動は、当社グループの業績及び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループでは、商品デリバティブ取引やスワップ取引により、原燃料の価格変動リスクをヘッジしておりま
         すが、これらの手法によって原燃料価格の上昇による影響を完全に除去できない可能性があります。
          当社グループは、原燃料の調達に関して、仕入先との間で長期間に及ぶ固定価格での購入契約を締結する場合
         があります。また、当社グループの製品は、当社グループ独自の販売ルートに加え、当社グループ以外の第三者
         を通じて販売されております。何らかの理由により、主要な仕入先や販売先との関係の終了や重要な変更が生
         じ、又は主要な仕入先が契約上の義務を履行できなくなった場合には、現在よりも不利な条件での契約の締結が
         必要となり、又は原燃料の仕入れや製品の流通に支障が生ずる可能性があり、結果的に当社グループの業績及び
         財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
                                  15/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (10)   退職給付債務
          当社グループでは、多数の企業年金制度や退職者向け医療給付制度を運営しております。年金資産の時価が大
         きく変動した場合、又は年金債務計算に使用される割引率や死亡率等が大きく変動した場合には、当社グループ
         の退職給付制度に対する追加的な資金拠出が必要となる可能性があります。当社グループでは、従業員に対して
         適切な退職給付制度を提供する一方で、追加的な資金拠出が必要となるリスクを低減するため、退職給付債務に
         ついて定期的に見直しを行っております。過去数年間にわたって、当社グループでは、年金資産の運用構成の見
         直し、年金受給者に関する長寿リスクのヘッジ、並びに現役従業員に関する年金給付額算定のベースとなる給与
         額の上昇に対する上限の設定等の対応を行ってまいりました。しかしながら、こうした対応によって、将来にお
         ける当社グループの年金制度に対する資金拠出増加のリスクを完全に除去できない可能性があります。
       (11)法的規制

          当社及びその子会社、ジョイント・ベンチャー並びに関連会社では、投資や輸出入に関する規制、公正な競争
         に関する規制、環境保護に関する規制並びにその他商取引、労働、知的財産権、租税、通貨管理等に関する所在
         国・地域の各種法令規則及び国際規則・条約の適用を受けております。これらの法令規則又はその運用の変更
         は、当社グループの事業活動に対する制約の発生、法令遵守対応に関する費用の発生、あるいは法令規則違反に
         よる当社グループに対する過料の賦課、又はこれに派生しての民事賠償請求等によって、当社グループの業績及
         び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (12)   事業戦略

          当社グループの事業戦略は、経済環境、原料価格、為替レート、新技術や新製品の開発や提供等の様々な要因
         により影響を受けます。このような状況のもと、当社グループの事業計画が成功し、あるいは事業戦略の成功に
         より想定した成果を収めることができるという保証はありません。更に当社グループの事業計画の遂行が想定し
         た効果を生まない、あるいは期待された効果を実現できない可能性があります。
          当社グループは、競争優位を維持するため、利益率の低い製品から先端技術を要する高付加価値(VA)製品へ
         のシフトを図りつつ、重点的な投資を行っております。しかしながら、当社グループが、競合他社に先駆けてよ
         り高度な技術の開発に成功し、又は結果的に競合他社よりも高い競争力を維持できるという保証はありません。
       (13)   知的財産権

          特許権等の知的財産権は、当社グループの事業において競争力をもたらす重要な要素です。しかしながら、当
         社グループが有する知的財産権を常に保護できるという保証はありません。また、当社グループは世界各国・地
         域で事業を行っているため、知的財産権に関する第三者との紛争のリスクも高まっております。このような知的
         財産権に関する侵害や紛争は、当社グループの業績及び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (14)   民事賠償責任

          当社グループの製品の欠陥により第三者に損害が発生した場合、当社グループは製造物責任に基づく賠償請求
         を受ける可能性があり、また、これにより当社グループの社会的評価に大きな影響を及ぼす可能性があります。
          また、当社グループでは、高品質の製品の製造に注力しておりますが、予期しない品質問題が生じた場合、大
         規模なリコールの実施が必要となる可能性があります。その場合、当社グループの社会的評価が毀損し、当社グ
         ループの業績及び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
       (15)   環境に関する法規制

          当社グループは、環境に関する様々な法令規則の適用を受けております。当社グループは、環境に与える負荷
         を低減し、かつ関連法令規則を遵守するため、製品の開発や製造工程等において様々な施策に取り組んでおりま
         すが、このような施策により期待した成果を得られるという保証はありません。また、環境に関する法令規則や
         その運用に関する変更が行われた場合には、当社グループの事業活動に対する制約の発生、法令遵守対応に関す
         る費用の発生、あるいは法令規則違反による当社グループに対する過料の賦課等によって、当社グループの業績
         及び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
                                  16/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (16)貸借対照表に計上された資産の評価及び減損

          当社グループは、貸借対照表において、減損テストの実施を毎年必要とする多額の資産項目を計上しておりま
         す。これらの資産には、ピルキントン社買収により発生したのれんや無形資産が含まれますが、これらに限定さ
         れるものではなく、主として各国・地域                   における税務上の繰越欠損金等に対して認識された繰延税金資産も含ま
         れております。当社グループでは、過年度において「自動車用ガラス事業その他の地域」の資金生成単位にかか
         るのれんについて、減損損失を計上しましたが、「自動車用ガラス事業その他の地域」の資金生成単位やそれ以
         外の資金生成単位について、将来において減損損失が全く発生しないという保証はありません。当社グループの
         今後の業績が以前に減損テストを実施した際の想定通りに改善しない場合には、将来において減損損失が発生す
         る可能性があります。
          また当社グループは、年度末での回収可能性の再検討を踏まえて、ここ数年にわたって繰延税金資産の評価減
         を計上してまいりましたが、将来において再び繰延税金資産の評価減が発生しないという保証はありません。最
         近では、世界各国において法人所得税率の引き下げの動きが起きています。当社グループは、当連結会計年度に
         おいて、米国の連邦法人税率の引き下げを受けて繰延税金資産の評価減を実施しました。こうした法人所得税率
         の引き下げは、一般的には当社グループに恩恵をもたらす側面も有しているものの、短期的には当社グループの
         純資産の減少をもたらします。繰延税金資産の算定に使用される適用税率の低下を通じて、将来において繰延税
         金資産の評価減が発生する可能性があります。
       (17)情報セキュリティ

          当社グループでは、事業活動に関して様々な機密情報やデータを保有・使用しており、適切な情報の管理や効
         率的な業務の遂行における情報システムの重要性はますます高まっております。当社グループは、機密情報・
         データや情報システムの十分な保護に努めていますが、自然災害、通信トラブル、コンピューター・ウイルスの
         感染、サイバー攻撃等の事象により情報システムや事業活動の中断、または機密情報の漏えい等の事態が発生し
         た場合、当社グループの業績及び財務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
                                  17/184













                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)業績等の概要
                                                    (単位:百万円)
                            個別開示項目前                        親会社の所有者に
                      売上高               税引前利益         当期利益
                              営業利益                       帰属する当期利益
         当連結会計年度               603,852         35,663        22,177         7,873        6,130
         前連結会計年度               580,795         29,862        14,751         7,292        5,605
                        4.0%        19.4%        50.3%         8.0%        9.4%
         増減率
         当連結会計年度において、当社グループのビジネスに関わる市場の多くは良好な状態が続いており、これに加え

        て高付加価値製品の販売増加の恩恵を受けました。欧州の建築用ガラス市場は、十分な需要が価格の安定をもたら
        し好調でした。自動車用ガラス市場は、世界経済危機前である2007年のピークレベルには至らないものの、好調を
        持続しました。日本では、建築用ガラス市場が低調であった一方で、自動車用ガラス市場は、第4四半期は販売が
        若干下向いたものの、通年では改善しました。北米では、建築用ガラス市場は好調で、自動車用ガラス市場は前年
        度をやや下回るものの、好調を維持しました。南米では、累計自動車販売が過去最高であった時期に比べればなお
        下回っているものの、自動車ガラス市場は改善が続きました。高機能ガラス市場は、当社グループの多くの製品分
        野において需要が増加しました。
         セグメント別の業績概要は下表の                 通りです。

                                                (単位:百万円)
                               売上高            個別開示項目前営業利益
                         当連結会計年度        前連結会計年度        当連結会計年度        前連結会計年度

         建築用ガラス事業                    241,678        237,722         26,246        27,044
         自動車用ガラス事業                    312,681        296,560         14,250        12,654
         高機能ガラス事業                    48,420        46,088         5,394        1,756
         その他                     1,073         425      △10,227        △11,592
         合計                    603,852        580,795         35,663        29,862
        建築用ガラス事業

         当連結会計年度における建築用ガラス事業の売上高は、欧州における売上高の増加や円安に伴う為替換算の影響
        により、前年度より増加しました。営業利益は、欧州の業績改善の効果や円安に伴う為替換算影響が、欧州以外の
        地域における販売数量の減少影響を打ち消しており、前年度並みとなりました。
         欧州における建築用ガラス事業の売上高は、グループ全体における当事業売上高の39%を占めています。好調な
        需要により市場は改善が続いており、価格も安定的に推移しました。また、ベニス工場(イタリア)のフロート窯
        を第3四半期に再稼働させました。
         日本における建築用ガラス事業の売上高は、グループ全体における当事業売上高の27%を占めています。住宅着
        工戸数の減少等を反映し、売上高は前年度を下回りました。市場数量の減少や、第1四半期に発生した一過性の費
        用の影響により、業績は低調に推移しました。
         北米における建築用ガラス事業の売上高は、グループ全体における当事業売上高の13%を占めています。売上高
        及び営業利益は、前年度を下回りました。2017年5月12日付けで公表の通りオタワ工場(米国イリノイ州)におい
        てフロート窯の修繕(冷修)が行われたため、北米における当社グループの生産能力は一時的に減少しましたが、
        第3四半期末から再稼働しております。既存の建築用ガラス製品の出荷は安定していた一方で、太陽電池用ガラス
        の売上は、主要顧客における設備切り替えの影響で低調でした。
         その他の地域では、太陽電池用ガラスの売上高が主要顧客における設備切り替えの影響を受けたものの、各国の
        国内向け市場は前年度から概ね改善しました。
         以上より、建築用ガラス事業では、売上高は2,417億円(前連結会計年度は2,377億円)、個別開示項目前営業利
        益は262億円(前連結会計年度は270億円)となりました。
                                  18/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        自動車用ガラス事業
         当連結会計年度における自動車用ガラス事業は、欧州での堅調な業績と円安ユーロ高による為替の影響もあり、
        売上高および営業利益は前年度を上回りました。
         欧州における自動車用ガラス事業の売上高は、グループ全体における当事業売上高の45%を占めています。新車
        向けガラス(OE)部門では、販売数量が市場の需要の改善に合わせて堅調に推移しました。また、高付加価値製品
        の販売数量増加や、拠点を横断したコスト削減が一層進展したことにより、営業利益も改善しました。補修用ガラ
        ス(AGR)部門の営業利益も安定的に推移しました。
         日本における自動車用ガラス事業の売上高は、グループ全体における当事業売上高の18%を占めています。自動
        車販売の増加傾向を反映し、売上高は前年度より増加しました。OE部門の営業利益は前年度を下回りましたが、
        AGR部門の営業利益は前年度より増加しました。
         北米における自動車用ガラス事業の売上高は、グループ全体における当事業売上高の26%を占めています。市場
        数量がわずかに減少したため、現地通貨ベースの売上高及び営業利益は前年度より減少しました。
         その他の地域では、南米市場の改善が継続しました。
         以上より、自動車用ガラス事業では、売上高は3,127億円(前連結会計年度は2,966億円)、個別開示項目前営業
        利益は143億円(前連結会計年度は127億円)となりました。
        高機能ガラス事業

         当連結会計年度における高機能ガラス事業の売上高は、前年度を上回りました。営業利益も、複数の事業分野に
        おいて販売数量が増加したことに加え、コスト削減の継続や有形固定資産の売却による効果もあり、前年度より改
        善しました。
         ディスプレイ事業では、販売価格と製造コストの改善により業績が好転しました。多機能プリンター向け部材の
        需要は、年間を通して堅調に推移しました。エンジンのタイミングベルト用グラスコードや、乗用車の塗装をはじ
        め、様々な用途で使われるガラスフレークの販売数量は改善しました。電池用セパレーターの販売数量も、当社グ
        ループのアジア市場の成長に伴い増加しました。
         以上より、高機能ガラス事業では、売上高は484億円(前連結会計年度は461億円)、個別開示項目前営業利益は
        54億円(前連結会計年度は18億円)となりました。
        その他

         この分野には、全社費用、連結調整、前述の各セグメントに含まれない小規模な事業、並びにピルキントン社買
        収に伴い認識された無形資産の償却費が含まれています。当連結会計年度のその他における営業損失は、主に前述
        の無形資産の償却費が減少したため、前年度より縮小しました。
         以上より、その他では、売上高は11億円(前連結会計年度は4億円)、個別開示項目前営業損失は102億円(前
        連結会計年度は116億円)となりました。
        参考までに、所在地別の業績は以下の通りとなっております。

        欧州
         当連結会計年度の売上高は2,425億円となり、主として建築用ガラスの販売数量増加と円安による為替換算の影
        響により、前年度に比べて222億円(10.1%)増加しました。個別開示項目前営業利益は148億円となり、前年度か
        ら77億円増加しました。
        日本
         当連結会計年度の売上高は1,473億円となり、前年度に比べて3億円(0.2%)減少しました。個別開示項目前営
        業利益は23億円となり、前年度から1億円減少しました。
        北米
         当連結会計年度の売上高は1,132億円となり、主として当社グループのオタワ工場が当年度の大部分を修繕に費
        やしたことによる建築ガラス事業部門の販売減少により、前年度に比べて32億円(2.7%)減少しました。個別開
        示項目前営業利益は72億円となり、前年度から15億円減少しました。
        その他
         当連結会計年度の売上高は1,008億円となり、主として南米における自動車ガラス事業の販売改善の影響によ
        り、前年度に比べて44億円(4.6%)増加しました。個別開示項目前営業利益は113億円となり、前年度から3億円
        減少しました。
                                  19/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (2)会計方針

         連結財務諸表において採用している重要な会計方針については、第5〔経理の状況〕の1(1)連結財務諸表の
        「⑤連結財務諸表注記」に記載されている通りです。なお、これらの会計方針に基づく連結財務諸表上の資産・負
        債並びに収益・費用の額の決定に際しては、当該取引の実態や過去の実績等に照らし合理的と思われる見積りや判
        断を要することがあります。
       (3)財政状態の分析

         当社グループでは、2006年6月のピルキントン社買収以降、借入金の削減に取り組んでまいりました。当連結会
        計年度においては、収益性の着実な改善が、設備投資と運転資本の厳格管理並びに非中核資産売却を補うことでプ
        ラスのフリー・キャッシュ・フローを継続でき、安定した財政基盤の構築へ向けて大きく前進することができまし
        た。
         当社グループでは、今後の予測・見通しを踏まえて、既存の融資枠の範囲内で引き続き事業継続が可能なものと
        判断しております。当社グループは、既存の融資については、返済期限を迎える前にその更新を金融機関との間で
        交渉する方針としています。将来の借入条件に関する金融機関との交渉において、当社グループが受諾可能な条件
        での融資が不可能と想起させるような事実は発生しておりません。こうした状況を検討し、当社取締役会は、当社
        グループが予測可能な将来において継続事業として存続するのに十分な経営資源を引き続き有するという、合理的
        な見通しを持っております。従って、当社グループは、引き続き継続企業の前提に基づいて、当連結会計年度の連
        結財務諸表を作成しております。
        1)総資産

         当連結会計年度末の総資産は7,919億円となり、前連結会計年度末より17億円増加しました。
        2)ネット借入残高

         当連結会計年度末時点のネット借入残高は、前連結会計年度末より68億円減少し、3,065億円となりました。こ
        のネット借入の減少は、円安による為替の影響で一部相殺されたものの、主としてプラスのキャッシュ・フローに
        よるものです。為替換算の影響は79億円あり、ネット借入の増加につながりました。なお当連結会計年度末時点の
        総借入残高は、3,727億円となりました。
        3)資本

         当連結会計年度末の資本合計は、前連結会計年度末より91億円増加し、1,429億円となりました。当期利益と円
        安による為替換算差益は、その他の包括利益を通じて公正価値を測定する金融資産の価値の減少によって一部相殺
        されました。
       (4)経営成績の分析

        1)売上高
         当連結会計年度の売上高は6,039億円となり、前連結会計年度より231億円(4.0%)増加しました。為替換算の
        影響を除くと、売上高は前年度より0.5%の増加となりました。
        2)個別開示項目前営業利益

         当連結会計年度の個別開示項目前営業利益は357億円となり、前連結会計年度より58億円(19.4%)増加しまし
        た。個別開示項目13億円(費用)を反映した後の営業利益は、344億円となりました。個別開示項目の詳細につい
        ては第5〔経理の状況〕1(1)連結財務諸表の「⑤連結財務諸表注記」に記載しております。主なものとして、
        過年度における減損損失の戻し入れや投資を含む非流動資産の売却による収益、及びリストラクチャリング費用や
        北米の設備休止に係る費用が含まれております。
        3)税引前利益

         当連結会計年度の税引前利益は222億円となり、前連結会計年度より74億円改善しました。これは主として、当
        社グループの各事業の業績が改善していることに加えて、金融費用の削減と持分法による投資利益が改善したこと
        によるものです。ネットの金融費用は146億円となり、借入金の平均残高の低下とそれに伴う借入コストの低下に
        より、前連結会計年度より46億円減少しました。また持分法による投資利益は24億円となり、前連結会計年度の11
        億円から増加しました。これは、主に当社グループのブラジル所在のジョイント・ベンチャーであるCebrace社の
        利益が、市場環境の改善により前年度を上回ったことによるものです。
                                  20/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        4)親会社の所有者に帰属する当期利益

         当連結会計年度の親会社の所有者に帰属する当期利益は61億円となり、前連結会計年度の56億円から改善しまし
        た。営業利益の改善と金融費用の削減効果が部分的に相殺されたのは、第3四半期に米国における税制改革法が成
        立したことに伴い、米国の連邦法人税率が2018年に35%から21%へ引き下げられたことを受けて、繰延税金資産の
        取り崩しにより一時的な法人所得税費用96億円が発生したことによるものです。法人所得税の増加は一時的な会計
        処理であり、キャッシュとしての税金支払い義務が増加するものではありません。今般の米国の連邦法人税率の引
        き下げにより、将来の当社グループの税金費用が削減されるものと考えております。
        5)1株当たり指標

         当連結会計年度の基本的1株当たり当期利益は47.90円となり、前連結会計年度の基本的1株当たり当期利益
        62.04円より低下しました。基本的1株当たり当期利益は、親会社の所有者に帰属する当期利益からA種種類株式に
        かかる配当金を控除した金額を、発行済普通株式の加重平均数で除して算出しております。当連結会計年度におい
        て、A種種類株式に係る配当金18億円(前連結会計年度は配当無し)がこの計算に含まれております。
       (5)キャッシュ・フローの分析

         当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、372億円のプラスとなりました。投資活動によ
        るキャッシュ・フローは、204億円のマイナスで、この中には有形固定資産の取得による支出として316億円が含ま
        れております。以上より、フリー・キャッシュ・フローは、168億円のプラスとなりましました(前連結会計年度
        は203億円のプラス)。
         財務キャッシュ・フローと為替換算影響を考慮した後のベースで、当連結会計年度末における現金及び現金同等
        物の残高は、前連結会計年度末に比べて170億円減少し、628億円となりました。
       (6)  経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

         連結財務諸表の主要項目における国際会計基準(IFRS)と日本基準との間の主な差異は以下の通りです。なお、
        当社グループは日本基準に基づく連結財務諸表を作成していないため、差異の金額は概算により記載しておりま
        す。
        1)のれん及び無形資産

         IFRSでは、買収により発生したのれん及び耐用年数を特定できない無形資産は資産計上され、償却はせず定期的
        に減損テストが行われます。日本基準では、合理的に見積もられたのれん及び無形資産の効果が及ぶ期間(20年以
        内)にわたって定額法により償却されます。
         以上により、IFRSでは、日本基準に比べ連結損益計算書で認識される償却費が、当連結会計年度(2018年3月
        期)において10,173百万円(前連結会計年度(2017年3月期)において9,827百万円)減少しております。
        2)従業員給付

         当社グループは確定給付年金制度、退職補償制度、退職後医療給付、生命保険給付、段階的退職給付制度(ドイ
        ツにおける制度)及び長期サービス給付についてはIAS第19号「従業員給付」(以下、IAS第19号)に基づいて会計
        処理をしています。債務は割引後現在価値で測定し、制度資産(主としてイギリス、アメリカ及び日本等で設定し
        ている積立型制度に関する資産)は公正価値で計上されています。
         IFRSでは、営業費用及び金融費用は連結損益計算書で別々に認識されます。営業費用は主として勤務費用から成
        り、その勤務費用はその期間に従業員からの役務提供によってもたらされる退職給付債務の増加です。金融費用
        は、該当地域毎に確定給付負債(資産)の純額に対して個別の割引率を適用した利息純額として算定されます。数
        理計算の仮定の変化によって発生する数理差異は制度資産の損益と共にその他の包括利益として認識されます。
         日本基準では、退職給付債務に係る勤務費用と金融費用は共に営業費用に計上されます。数理差異は、発生時の
        従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額にて、発生の翌事業年度より費
        用処理されます。
         以上により、IFRSでは、日本基準に比べ連結損益計算書で認識される退職給付費用が、当連結会計年度(2018年
        3月期)において684百万円(前連結会計年度(2017年3月期)において5,770百万円)減少しております。
        3)表示の組替

         日本基準では、営業外損益と特別損益項目は営業損益に含まれませんが、IFRSでは、これらの項目も持分法によ
        る投資損益と金融収益・費用を除いて営業損益に含まれております。
                                  21/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (7)生産・受注及び販売の状況

        1)生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
               セグメントの名称                   金額(百万円)               前年同期比(%)
         建築用ガラス事業                              242,755                 102.1

         自動車用ガラス事業                              313,010                 105.4

         高機能ガラス事業                              49,932                115.8

           報告セグメント計                              605,697                 104.8

         その他                               1,065               256.6

                   合計                    606,762                 104.9

        (注)1.金額は、販売価格によっております。
           2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2)受注状況

         受注生産形態をとらない製品が多く、セグメント毎に示すことは難しいため記載しておりません。
        3)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
               セグメントの名称                   金額(百万円)               前年同期比(%)
         建築用ガラス事業                              241,678                 101.7

         自動車用ガラス事業                              312,681                 105.4

         高機能ガラス事業                              48,420                105.1

           報告セグメント計                              602,779                 103.9

         その他                               1,073               252.5

                  合計                    603,852                 104.0

        (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりませ                          ん。
           2.販売実績の「主な相手先別」は、当該割合が100分の10以上の相手先がないため、記載は行っておりま
             せん。
           3.セグメント間の取          引については相殺消去しております。
                                  22/184








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        当連結会計年度において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループは、研究開発活動に積極的に取り組んでおります。長年にわたる開発とそれらを活用したフロートガ
       ラスやコーティング、ガラス繊維やガラスフレーク、自動車用ガラスの成形などの分野で、競争優位を実現するコア
       技術を蓄積しております。強力な競合他社に対する優位性の維持のため、これら技術における能力を研究開発により
       継続して強化しております。また、各事業の中長期目標達成に向けて、新製品やサービス、製造プロセスを開発する
       とともに、各事業部門の短期目標達成のために、強力な技術サポートとソリューションを提供しております。
        技術革新は、長期戦略ビジョンに掲げる「VAガラスカンパニーへの変容・変革」を推進するために必須の要素で
       す。また、MTPフェーズ2においては、製品・サービスについて、より一層の付加価値化の推進や、将来を支える成
       長ドライバーを確立していく計画ですが、研究開発はその基盤となるものです。
        当社グループの主要な技術革新プロジェクトは「スタープロジェクト」と呼ばれ、経営トップ主導の運営委員会に
       て、四半期ごとに進捗度やリソース配分の適切さなどを確認しております。
        当社グループにおける当連結会計年度の研究開発費は、91億円となりました。
       (1)建築用ガラス事業

           建築用ガラス事業では、住宅や商業用建物向けのガラス製品の拡充に引き続き努めております。顧客ニーズ
          に応えるべく主要な分野で技術革新を行っており、例えばソーラーコントロールガラスの品揃え拡充や真空ガ
          ラス「スペーシア®」の改良があげられます。
           さらに、当社グループは、新領域での新製品を開発する顧客のため、オンラインコーティング製品や特殊ガ
          ラス組成製品の新規開発や改良を継続しております。顧客へ新規提案を行うため、当社の強みであるオンライ
          ンCVDコーティング製品拡充の努力を続けております。これには導電膜や低反射・反射防止鏡製品、非光沢、
          防指紋、抗菌、その他特性を有するコーティングの開発が含まれております。また先般、厚さ0.7mmの世界最
          薄の透明導電膜付ガラスの開発に成功いたしました。当社グループの製品は、デジタルサイネージ、タッチパ
          ネルやその他のディスプレイ類、商業用冷蔵ケース、医療分野や暖房及び内装向け等々、顧客企業の多様な最
          終製品に組み込まれております。
           更に当社グループは、成長する太陽光発電向け製品の開発にも引き続き取り組んでおります。導電膜付基板
          ガラスの改良により、太陽光発電における発電効率の向上に貢献しております。
           以上により、建築用ガラス事業における当連結会計年度の研究開発費は27億円となりました。
       (2)自動車用ガラス事業

           当社グループの自動車用ガラス事業における顧客は、市場動向の鍵である乗用車の電動化及び自動化に向け
          て、より革新的でより高度な製品を求めるようになりつつあります。当社グループは、競争優位の源泉である
          コア技術に基づき、新製品の開発や核となる製造工程の継続的改善に重点を置いた研究開発を進めておりま
          す。自動車産業界が求める、安全とセキュリティ、環境、コネクティビティ、快適さと利便性、スタイルと
          いった領域で技術革新を進めております。
           当社グループは、顧客と密接に連携を取りながら、ヘッドアップディスプレイ(HUD)用フロントガラスの
          ような先進的な製品の開発を進めております。また、AR-HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)やLow-E
          (低放射)ガラス、超薄型軽量合せガラスなど最新技術を盛り込んだいくつかの製品が、既に顧客に採用され
          ております。当社グループが独自に開発したプレス工法による先進的なガラス成形技術やシミュレーション技
          術は、顧客から高く評価されております。
           当社グループは、従来のUV・IR(紫外線・赤外線)カットガラスのラインアップに、ゾルゲル・コーティン
          グ技術を採用した新製品を加えました。また、防曇ガラス用の新たなコーティング技術の開発にも力を入れて
          取り組んでおります。
           以上により、自動車用ガラス事業における当連結会計年度の研究開発費は28億円となりました。
                                  23/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (3)高機能ガラス事業

           高機能ガラス事業では、ディスプレイやその他の用途に用いられる超薄板ガラス、レンズ関連製品・部材、
          並びに電池用セパレーター、グラスコード、ガラスフレーク等のガラス繊維製品など、当社のコア技術を活用
          した多くの成長分野で事業を行っております。当社グループでは、これら変化の速い事業領域において、改良
          された新製品を生み出していくと共に、創エネ・蓄電・省エネといった新規分野に向けた製品・サービスの研
          究開発も行っております。当社グループは、当連結会計年度に、この成長市場に向けて、電池用セパレーター
          の改良製品を投入しております。当社グループでは、この他にも将来の成長が期待される新しい技術に関する
          研究を継続しております。
           以上により、高機能ガラス事業における当連結会計年度の研究開発費は、20億円となりました。
       (4)その他

           当社グループでは、本社部門としても様々な研究開発活動に資金を投じており、これには他企業や大学等と
          連携して新技術や応用分野の開発に関する調査・研究活動を行う「インキュベーター」活動も含まれておりま
          す。計画では、これらの新しい研究領域に力を入れていく計画でおります。当社グループの既存技術や製品
          は、様々な新規事業機会や新事業の創出可能性を有しており、そのうちのいくつかは、当社グループに大きく
          貢献する新規事業となる可能性があります。これらのうちの一つは、フロートガラス製造プロセスにおいて廃
          棄物燃料を代替的に使用することです。これにより燃料コストを大幅に削減するとともに環境負荷を低減する
          ことが可能と考えられます。
           以上より、その他における当連結会計年度の研究開発費は、16億円となりました。
                                  24/184














                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度における、当社グループの有形固定資産及び無形資産の取得額(資本的支出額)は、331億円とな
       り前連結会計年度に比べて51億円増加しました。
        建築用ガラス事業の資本的支出額は、165億円となりました。主な内容は、米国におけるフロート窯の早期冷修や
       イタリアにおけるフロート窯の再開、ドイツにおけるフロート窯の定期修繕にかかる支出等であります。自動車用ガ
       ラス事業の資本的支出額は145億円となりました。主な内容は、日本における自動車用ガラス加工設備の取得にかか
       る支出等であります。高機能ガラス事業の資本的支出額は17億円となりました。その他における資本的支出額は4億
       円となりました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、以下の通りであります。
       (1)提出会社                                          (2018年3月31日現在)
                                     帳簿価額(百万円)
       事業所名       セグメントの                                         従業員数
                     設備の内容           機械装置
                            建物
       (所在地)         名称                                        (人)
                                      土地
                                 及び
                            及び             リース資産      その他     合計
                                     (面積千㎡)
                            構築物
                                 運搬具
                                       83
     四日市事業所               光・産業用ガ
                                                          85
              高機能ガラス               1,266      149    (101)      5    555   2,058
     (三重県四日市市)               ラス製造設備                                     〔24〕
                                       <7>
                     素板・自動車                  1,517
     舞鶴事業所        自動車用ガラス                                            568
                     用ガラス製造        2,701     9,030     (674)      6   1,502    14,756
     (京都府舞鶴市)        高機能ガラス                                           〔148〕
                     設備
                                       <22>
                     素板ガラス
     千葉事業所                                 1,530                    221
              建築用ガラス               2,429     4,172               497   8,628
                                            -
     (千葉県市原市)               製造設備                  (355)                  〔20〕
                     光・ファイン
     相模原事業所
                                      1,119                   217
              高機能ガラス       ガラス製造設        1,399      443             1,310    4,271
                                            -
     (相模原市緑区)                                  (48)                  〔31〕
                     備
                                        55
     京都事業所               自動車用ガラ                                     296
              自動車用ガラス               1,413     1,400      (1)     2   1,096    3,966
                     ス製造設備
     (京都市南区)                                                    〔95〕
                                       <68>
                                       346
     津事業所               ガラス繊維製
                                                          187
              高機能ガラス
                              904    2,320     (97)         200   3,770
                                            -
     (三重県津市)               造設備                                     〔19〕
                                       <21>
                                       397
     垂井事業所               電池セパレー
                                                          112
              高機能ガラス                179     366     (55)         109   1,051
                                            -
     (岐阜県不破郡)               ター製造設備                                     〔14〕
                                       <3>
     本社・他営業所等                                 3,241                   181
              その他       その他の設備        1,231      1              83   4,556
                                            -
     (東京都港区)                                 (282)                  〔35〕
              建築用ガラス
                                       -
                     研究開発
     技術研究所                                                     94
              自動車用ガラス                125     60              301    486
                                       (- )
                                            -
     (兵庫県伊丹市)                                                    〔18〕
                     施設設備
                                      <37>
              高機能ガラス
                                                   (2018年3月31日現在)

       (2)国内子会社
                                      帳簿価額(百万円)
                   セグメ
               事業所名                                          従業員数
                    ント
        会社名               設備の内容          機械装置
                              建物
              (所在地)                         土地                  (人)
                                  及び
                    名称          及び            リース資産     その他     合計
                                      (面積千㎡)
                             構築物
                                  運搬具
     日本板硝子ビルディ
              千葉県     建築用    板ガラス販売                  2                 632
                               321    999          -     15   1,337
     ングプロダクツ㈱         市原市     ガラス    設備                                   〔160〕
                                         (1)
     ㈱サンクス
              東京都     建築用    板ガラス販売                1,116                   123
                                68     0         -     1   1,185
              江戸川区     ガラス    設備
                                         (3)                 〔11〕
     コーポレーション
     日本板硝子ウイン
              大阪市     建築用    板ガラス販売                 531                  126
                               210     10         -     24    775
     テック㈱         中央区     ガラス    設備                                   〔67〕
                                        (26)
                                  25/184


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                                   (2018年3月31日現在)
       (3)在外子会社
                                      帳簿価額(百万円)
                   セグメ
               事業所名                                          従業員数
                        設備の
                    ント              機械装置
        会社名                      建物
                                       土地
              (所在地)          内容                                (人)
                                  及び
                              及び            リース資産     その他     合計
                    名称
                                      (面積千㎡)
                             構築物
                                  運搬具
                   建築用

                   ガラス
                                                         19,503
     Pilkington     Group
                       板ガラスの製                21,498
                    自動車
              イギリス                26,719    108,718           739   13,142    170,816
                       造・加工設備                (13,541)                  〔1,707〕
     Ltd.
                   用ガラス
                    その他
     Suzhou   NSG

                                         -
                                                           116
                   高機能    液晶ガラス製
     Electronics         中国                 207     342    (- )    -     39    588
                   ガラス    造設備
                                                          〔 - 〕
                                       <19>
     Co.,Ltd.
                   建築用
                   ガラス                     -
                                                          860
     Malaysian    Sheet
              マレーシ        板ガラス
                   自動車           1,029     4,057     (- )    356     258    5,700
     Glass   Sdn.  Bhd.    ア        製造設備                                   〔416〕
                   用ガラ                    <415>
                   ス
                                         -
                                                          335
     Vietnam   Float   Glass
                   建築用    板ガラス
              ベトナム                 111    1,685     (- )    -     -   1,796
                   ガラス    製造設備                                   〔 - 〕
     Co.,Ltd.
                                       <260>
                   建築用

                                         -
                                                          445
     NSG  Vietnam   Glass
                   ガラス    板ガラス
              ベトナム
                              1,000    10,191      (- )    -     6  11,197
     Industries     Ltd.         高機能    製造設備                                   〔 - 〕
                                       <300>
                   ガラス
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品及び建設仮勘定の合計となります。
           なお、金額には消費税等を含んでおりません。
         2.「(1)提出会社」には、連結会社以外への貸与中の土地14百万円(15千㎡)、建物180百万円を含んでおり
           ます。
         3.土地の      < >   は、賃借している土地面積(単位:千㎡)を外数で記載しております。
         4.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外数で記載しております。
         5.  Pilkington      Group   Ltd.は、同社の傘下にある子会社を含めて記載しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループでは、設備投資について、減価償却費の額を超えない水準とすることを基本線として引き続き運営し
       てまいります。
        当連結会計年度後(2019年3月期以降)の当社グループの主要な設備投資としては、ソーラー・パネル用の透明導

       電膜(TCO:      transparent      conductive      oxide)ガラスの増産のため、現在休止中のベトナムのフロート窯の改修・再
       稼働及び米国のフロート窯の新設のための投資(建築用ガラス事業、投資予定総額約380億円)等を計画しておりま
       す。なお、所要資金については、自己資金の充当を予定しています。
                                  26/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普  通  株  式

                                                    177,500,000
      A 種  種  類  株  式

                                                      40,000
                  計                                 177,500,000

     (注)当社の各種類株式の発行可能種類株式総数の合計は177,540,000株であり、当社定款に定める発行可能株式総数
        177,500,000株を超過しますが、発行可能種類株式総数の合計が発行可能株式総数以下であることにつきまして
        は、会社法上要求されておりません。
        ②【発行済株式】

                  事業年度末現在発行数             提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
          種類            (株)         (株)(注1)         又は登録認可金融商品              内 容
                   (2018年3月31日)           (2018年6月29日)          取引業協会名
                                                      単元株式数

      普通株式                90,487,499           90,492,499        東京証券取引所第一部
                                                     100株(注2)
                                                      単元株式数

      A種種類株式                  40,000           40,000      非上場
                                                     1株(注3)
                      90,527,499

           計                      90,532,499             ―          ―
     (注)1.提出日現在の発行数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
          された株式数は含まれておりません。
        2.完全議決権株式であり、権利内容に特に限定のない当社における標準となる株式であります。
        3.A種種類株式の内容は以下の通りであります。
          1.  剰余金の配当
           (1)  A種優先配当金
            当社は、ある事業年度中に属する日を基準日として剰余金の配当をするときは、当該剰余金の配当の基準
           日(以下、「配当基準日」という。)の最終の株主名簿に記載又は記録されたA種種類株式を有する株主
           (以下、「A種種類株主」という。)又はA種種類株式の登録株式質権者(A種種類株主と併せて以下、「A種
           種類株主等」という。)に対し、下記9.(1)に定める支払順位に従い、A種種類株式1株につき、下記(2)に
           定める額の金銭による剰余金の配当(かかる配当によりA種種類株式1株当たりに支払われる金銭を、以
           下、「A種優先配当金」という。)を行う。なお、A種優先配当金に、各A種種類株主等が権利を有するA種種
           類株式の数を乗じた金額に1円未満の端数が生じるときは、当該端数は切り捨てる。
           (2)  A種優先配当金の金額
            A種優先配当金の額は、配当基準日が2018年3月末日以前に終了する事業年度に属する場合、1,000,000円
           (以下、「払込金額相当額」という。)に、4.5%を乗じて算出した額の金銭について、配当基準日が2018
           年4月1日以降に開始し2020年3月末日以前に終了する事業年度に属する場合、払込金額相当額に、5.5%
           を乗じて算出した額の金銭について、配当基準日が2020年4月1日以降に開始する事業年度に属する場合、
           払込金額相当額に、6.5%を乗じて算出した額の金銭について、当該配当基準日の属する事業年度の初日
                                  27/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           (但し、当該配当基準日が2017年3月末日に終了する事業年度に属する場合は、2017年3月31日)(同日を
           含む。)から当該配当基準日(同日を含む。)までの期間の実日数(但し、当該配当基準日が2017年3月末
           日に終了する事業年度に属する場合、かかる実日数から1日を減算する。)につき、1年を365日(但し、
           当該事業年度に閏日を含む場合は366日)として日割計算を行うものとする(除算は最後に行い、円位未満
           小数第2位まで計算し、その小数第2位を四捨五入する。)。但し、当該配当基準日の属する事業年度中
           の、当該配当基準日より前の日を基準日としてA種種類株主等に対し剰余金を配当したときは、当該配当基
           準日に係るA種優先配当金の額は、その各配当におけるA種優先配当金の合計額を控除した金額とする。
           (3)  非参加条項
            当社は、A種種類株主等に対しては、A種優先配当金及びA種累積未払配当金相当額(下記(4)に定める。)
           の額を超えて剰余金の配当を行わない。但し、当社が行う吸収分割手続の中で行われる会社法第758条第8
           号ロ若しくは同法第760条第7号ロに規定される剰余金の配当又は当社が行う新設分割手続の中で行われる
           同法第763条第1項第12号ロ若しくは同法第765条第1項第8号ロに規定される剰余金の配当についてはこの
           限りではない。
           (4)  累積条項
            ある事業年度に属する日を基準日としてA種種類株主等に対して行われた1株当たりの剰余金の配当(当
           該事業年度より前の各事業年度に係るA種優先配当金につき本(4)に従い累積したA種累積未払配当金相当額
           (以下に定義される。)の配当を除く。)の総額が、当該事業年度に係るA種優先配当金の額(当該事業年
           度の末日を基準日とする剰余金の配当が行われると仮定した場合において、上記(2)に従い計算されるA種優
           先配当金の額をいう。但し、かかる計算においては、上記(2)但書の規定は適用されないものとして計算す
           るものとする。)に達しないときは、その不足額は、当該事業年度(以下、本(4)において「不足事業年
           度」という。)の翌事業年度以降の事業年度に累積する。この場合の累積額は、不足事業年度に係る定時株
           主総会(以下、本(4)において「不足事業年度定時株主総会」という。)の翌日(同日を含む。)から累積
           額がA種種類株主等に対して配当される日(同日を含む。)までの間、不足事業年度の翌事業年度以降の各
           事業年度において、当該事業年度が2018年3月末日以前に終了する事業年度の場合は年率4.5%の利率で、
           当該事業年度が2018年4月1日以降に開始し2020年3月末日以前に終了する事業年度の場合は年率5.5%の
           利率で、当該事業年度が2020年4月1日以降に開始する事業年度の場合は年率6.5%の利率で、1年毎(但
           し、1年目は不足事業年度定時株主総会の翌日(同日を含む。)から不足事業年度の翌事業年度の末日(同
           日を含む。)までとする。)の複利計算により算出した金額を加算した金額とする。なお、当該計算は、1
           年を365日(但し、当該事業年度に閏日を含む場合は366日)とした日割計算により行うものとし、除算は最
           後に行い、円位未満小数第2位まで計算し、その小数第2位を四捨五入する。本(4)に従い累積する金額
           (以下、「A種累積未払配当金相当額」という。)については、下記9.(1)に定める支払順位に従い、A種種
           類株主等に対して配当する。
          2.  残余財産の分配
           (1)  残余財産の分配
            当社は、残余財産を分配するときは、A種種類株主等に対し、下記9.(2)に定める支払順位に従い、A種種
           類株式1株につき、払込金額相当額に、A種累積未払配当金相当額及び下記(3)に定める日割未払優先配当金
           額を加えた額(以下、「A種残余財産分配額」という。)の金銭を支払う。但し、本(1)においては、残余財
           産の分配が行われる日(以下、「分配日」という。)が配当基準日の翌日(同日を含む。)から当該配当基
           準日を基準日とした剰余金の配当が行われる時点までの間である場合は、当該配当基準日を基準日とする剰
           余金の配当は行われないものとみなしてA種累積未払配当金相当額を計算する。なお、A種残余財産分配額
           に、各A種種類株主等が権利を有するA種種類株式の数を乗じた金額に1円未満の端数が生じるときは、当該
           端数は切り捨てる。
           (2)  非参加条項
            A種種類株主等に対しては、上記(1)のほか、残余財産の分配は行わない。
           (3)  日割未払優先配当金額
            A種種類株式1株当たりの日割未払優先配当金額は、分配日の属する事業年度において、分配日を基準日
           としてA種優先配当金の支払がなされたと仮定した場合に、上記1.(2)に従い計算されるA種優先配当金相当
           額とする(以下、A種種類株式1株当たりの日割未払優先配当金額を「日割未払優先配当金額」とい
           う。)。
          3.  議決権
           A種種類株主は、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会において議決権を有しない。
                                  28/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
          4.  普通株式を対価とする取得請求権
           (1)  普通株式対価取得請求権
            A種種類株主は、2017年4月1日以降いつでも、当社に対して、下記(2)に定める数の普通株式(以下、
           「請求対象普通株式」という。)の交付と引換えに、その有するA種種類株式の全部又は一部を取得するこ
           とを請求すること(以下、「普通株式対価取得請求」という。)ができるものとし、当社は、当該普通株式
           対価取得請求に係るA種種類株式を取得するのと引換えに、法令の許容する範囲内において、請求対象普通
           株式を、当該A種種類株主に対して交付するものとする。
            なお別途、A種種類株式発行にかかる引受契約書において、A種種類株主は、原則として2020年7月1日以
           降においてのみ普通株式対価取得請求ができるものと定められており、一定の事由に該当する場合に限り、
           2020年7月1日の到来前であっても当該普通株式対価取得請求ができるものと定められている。
           (2)  A種種類株式の取得と引換えに交付する普通株式の数
            A種種類株式の取得と引換えに交付する普通株式の数は、A種種類株式1株当たりの払込金額相当額に下記
           に定める普通株式対価取得プレミアムを乗じて得られる額に普通株式対価取得請求に係るA種種類株式の数
           を乗じて得られる額を、下記(3)及び(4)で定める取得価額で除して得られる数とする。また、普通株式対価
           取得請求に係るA種種類株式の取得と引換えに交付する普通株式の合計数に1株に満たない端数があるとき
           は、これを切り捨てるものとし、この場合においては、会社法第167条第3項に定める金銭の交付は行わな
           い。
            「普通株式対価取得プレミアム」とは、普通株式対価取得請求の効力が生ずる日が以下の各号のいずれの
           期間に属するかの区分に応じて、以下の各号に定める数値をいう。
             ①  2017年4月1日から2017年6月30日まで                     :1.05
             ②  2017年7月1日から2018年6月30日まで                     :1.08
             ③  2018年7月1日から2019年6月30日まで                     :1.15
             ④  2019年7月1日から2020年6月30日まで                     :1.22
             ⑤  2020年7月1日から2021年6月30日まで                     :1.29
             ⑥  2021年7月1日から2022年6月30日まで                     :1.36
             ⑦  2022年7月1日以降                                       :1.43
           (3)  当初取得価額
            846.5円
           (4)  取得価額の調整
            (a)  以下に掲げる事由が発生した場合には、それぞれ以下のとおり取得価額を調整する。
             ①  普通株式につき株式の分割又は株式無償割当てをする場合、次の算式により取得価額を調整する。
             なお、株式無償割当ての場合には、次の算式における「分割前発行済普通株式数」は「無償割当て前発
             行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式を除く。)」、「分割後発行済普通株式
             数」は「無償割当て後発行済普通株式数(但し、その時点で当社が保有する普通株式を除く。)」とそ
             れぞれ読み替える。
                                 分割前発行済普通株式数
             調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                 分割後発行済普通株式数
              調整後取得価額は、株式の分割に係る基準日の翌日又は株式無償割当ての効力が生ずる日(株式無償
             割当てに係る基準日を定めた場合は当該基準日の翌日)以降これを適用する。
             ②  普通株式につき株式の併合をする場合、次の算式により、取得価額を調整する。
                                 合併前発行済普通株式数
             調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×
                                 合併後発行済普通株式数
              調整後取得価額は、株式の併合の効力が生ずる日以降これを適用する。
                                  29/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
             ③  下記(d)に定める普通株式1株当たりの時価を下回る払込金額をもって普通株式を発行又は当社が保

             有する普通株式を処分する場合(株式無償割当ての場合、普通株式の交付と引換えに取得される株式若
             しくは新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、本(4)において同じ。)の取得に
             よる場合、普通株式を目的とする新株予約権の行使による場合又は合併、株式交換若しくは会社分割に
             より普通株式を交付する場合を除く。)、次の算式(以下、「取得価額調整式」という。)により取得
             価額を調整する。取得価額調整式における「1株当たり払込金額」は、金銭以外の財産を出資の目的と
             する場合には、当該財産の適正な評価額とする。調整後取得価額は、払込期日(払込期間を定めた場合
             には当該払込期間の最終日)の翌日以降、また株主への割当てに係る基準日を定めた場合は当該基準日
             (以下、「株主割当日」という。)の翌日以降これを適用する。なお、当社が保有する普通株式を処分
             する場合には、次の算式における「新たに発行する普通株式の数」は「処分する当社が保有する普通株
             式の数」、「当社が保有する普通株式の数」は「処分前において当社が保有する普通株式の数」とそれ
             ぞれ読み替える。
                                             新たに発行する          1株当たり

                                 (発行済普通株式
                                                     ×
                                             普通株式の数          払込金額
                                 数-当社が保有す         +
                                 る普通株式の数)
             調整後取得価額        =  調整前取得価額        ×               普通株式1株当たりの時価
                                  (発行済普通株式数-当社が保有する普通株式の数)
                                       +新たに発行する普通株式の数
             ④  当社に取得をさせることにより又は当社に取得されることにより、下記(d)に定める普通株式1株当
             たりの時価を下回る普通株式1株当たりの取得価額をもって普通株式の交付を受けることができる株式
             を発行又は処分する場合(株式無償割当ての場合を含む。)、かかる株式の払込期日(払込期間を定め
             た場合には当該払込期間の最終日。以下、本④において同じ。)に、株式無償割当ての場合にはその効
             力が生ずる日(株式無償割当てに係る基準日を定めた場合は当該基準日。以下、本④において同じ。)
             に、また株主割当日がある場合はその日に、発行又は処分される株式の全てが当初の条件で取得され普
             通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式において「1株当たり払込金額」としてかかる価額
             を使用して計算される額を、調整後取得価額とする。調整後取得価額は、払込期日の翌日以降、株式無
             償割当ての場合にはその効力が生ずる日の翌日以降、また株主割当日がある場合にはその日の翌日以
             降、これを適用する。上記にかかわらず、取得に際して交付される普通株式の対価が上記の時点で確定
             していない場合は、調整後取得価額は、当該対価の確定時点において発行又は処分される株式の全てが
             当該対価の確定時点の条件で取得され普通株式が交付されたものとみなして算出するものとし、当該対
             価が確定した日の翌日以降これを適用する。
             ⑤  行使することにより又は当社に取得されることにより、普通株式1株当たりの新株予約権の払込価
             額と新株予約権の行使に際して出資される財産(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には、当該財
             産の適正な評価額とする。以下、本⑤において同じ。)の合計額が下記(d)に定める普通株式1株当た
             りの時価を下回る価額をもって普通株式の交付を受けることができる新株予約権を発行する場合(新株
             予約権無償割当ての場合を含む。)、かかる新株予約権の割当日に、新株予約権無償割当ての場合には
             その効力が生ずる日(新株予約権無償割当てに係る基準日を定めた場合は当該基準日。以下、本⑤にお
             いて同じ。)に、また株主割当日がある場合はその日に、発行される新株予約権全てが当初の条件で行
             使され又は取得されて普通株式が交付されたものとみなし、取得価額調整式において「1株当たり払込
             金額」として普通株式1株当たりの新株予約権の払込価額と新株予約権の行使に際して出資される財産
             の普通株式1株当たりの価額の合計額を使用して計算される額を、調整後取得価額とする。調整後取得
             価額は、かかる新株予約権の割当日の翌日以降、新株予約権無償割当ての場合にはその効力が生ずる日
             の翌日以降、また株主割当日がある場合にはその翌日以降、これを適用する。上記にかかわらず、取得
             又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の時点で確定していない場合は、調整後取得価額
             は、当該対価の確定時点において発行される新株予約権全てが当該対価の確定時点の条件で行使され又
             は取得されて普通株式が交付されたものとみなして算出するものとし、当該対価が確定した日の翌日以
             降これを適用する。但し、本⑤による取得価額の調整は、当社又は当社の子会社の取締役、監査役、執
             行役その他の役員又は従業員に対してストック・オプション目的で発行される普通株式を目的とする新
             株予約権には適用されないものとする。
                                  30/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
            (b)  上記(a)に掲げた事由によるほか、下記①乃至③のいずれかに該当する場合には、当社はA種種類株主

            等に対して、あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、調整後取得価額、適用の日及びその他必要な
            事項を通知したうえ、取得価額の調整を適切に行うものとする。
             ①  合併、株式交換、株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得、株式移転、吸収分割、
             吸収分割による他の会社がその事業に関して有する権利義務の全部若しくは一部の承継又は新設分割の
             ために取得価額の調整を必要とするとき。
             ②  取得価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の取得価額の算
             出に当たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
             ③  その他、発行済普通株式数(但し、当社が保有する普通株式の数を除く。)の変更又は変更の可能
             性を生ずる事由の発生によって取得価額の調整を必要とするとき。
            (c)  取得価額の調整に際して計算が必要な場合は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四
            捨五入する。
            (d)  取得価額調整式に使用する普通株式1株当たりの時価は、調整後取得価額を適用する日(但し、取得

            価額を調整すべき事由について株式会社東京証券取引所(以下、「東京証券取引所」という。)が提供す
            る適時開示情報閲覧サービスにおいて公表された場合には、当該公表が行われた日)に先立つ連続する30
            取引日の東京証券取引所が発表する当社の普通株式の普通取引の売買高加重平均価格(以下、「VWAP」と
            いう。)の平均値(円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。以下同じ。)とす
            る。なお、「取引日」とは、東京証券取引所において当社普通株式の普通取引が行われる日をいい、VWAP
            が発表されない日は含まないものとする。
            (e)  取得価額の調整に際し計算を行った結果、調整後取得価額と調整前取得価額との差額が0.1円未満に
            とどまるときは、取得価額の調整はこれを行わない。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越され
            て、その後の調整の計算において斟酌される。
           (5)  普通株式対価取得請求受付場所
            株主名簿管理人事務取扱場所               東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                          三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
           (6)  普通株式対価取得請求の効力発生
            普通株式対価取得請求の効力は、普通株式対価取得請求に要する書類が上記(5)に記載する普通株式対価
           取得請求受付場所に到達したとき又は当該書類に記載された効力発生希望日のいずれか遅い時点に発生す
           る。
           (7)  普通株式の交付方法
            当社は、普通株式対価取得請求の効力発生後、当該普通株式対価取得請求をしたA種種類株主に対して、
           当該A種種類株主が指定する株式会社証券保管振替機構又は口座管理機関における振替口座簿の保有欄に振
           替株式の増加の記録を行うことにより普通株式を交付する。
          5.  金銭を対価とする取得条項
           当社は、2018年4月1日以降いつでも、当社の取締役会が別に定める日(以下、「金銭対価償還日」とい
          う。)が到来することをもって、A種種類株主等に対して、金銭対価償還日の14日前までに書面による通知
          (撤回不能とする。)を行った上で、法令の許容する範囲内において、金銭を対価として、A種種類株式の全
          部又は一部(但し、一部の取得は、1,000株の整数倍の株数に限り、かつ、当該取得後におけるA種種類株主の
          保有するA種種類株式の合計数が4,000株以上となる場合に限る。)を取得することができる(以下、「金銭対
          価償還」という。)ものとし、当社は、当該金銭対価償還に係るA種種類株式を取得するのと引換えに、当該
          金銭対価償還に係るA種種類株式の数に、(i)A種種類株式1株当たりの払込金額相当額に下記に定める償還係
          数を乗じて得られる額並びに(ii)A種累積未払配当金相当額及び日割未払優先配当金額の合計額を乗じて得ら
          れる額の金銭を、A種種類株主に対して交付するものとする。なお、本5.においては、A種累積未払配当金相当
          額の計算及び日割未払優先配当金額の計算における「残余財産の分配が行われる日」及び「分配日」をそれぞ
          れ「金銭対価償還日」と読み替えて、A種累積未払配当金相当額及び日割未払優先配当金額を計算する。ま
          た、金銭対価償還に係るA種種類株式の取得と引換えに交付する金銭に1円に満たない端数があるときは、こ
          れを切り捨てるものとする。
           A種種類株式の一部を取得するときは、按分比例その他当社の取締役会が定める合理的な方法によって、A種
          種類株主から取得すべきA種種類株式を決定する。
                                  31/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           「償還係数」とは、金銭対価償還日が以下の各号のいずれの期間に属するかの区分に応じて、以下の各号に

          定める数値をいう。
             ①  2018年4月1日から2018年6月30日まで                     :1.08
             ②  2018年7月1日から2019年6月30日まで                     :1.15
             ③  2019年7月1日から2020年6月30日まで                     :1.22
             ④  2020年7月1日から2021年6月30日まで                     :1.29
             ⑤  2021年7月1日から2022年6月30日まで                     :1.36
             ⑥  2022年7月1日以降                                       :1.43
          6.  譲渡制限
           A種種類株式を譲渡により取得するには、当社の取締役会の承認を受けなければならない。
          7.  自己株式の取得に際しての売主追加請求権の排除
           当社が株主総会の決議によってA種種類株主との合意により当該A種種類株主の有するA種種類株式の全部又
          は一部を取得する旨を決定する場合には、会社法第160条第2項及び第3項の規定を適用しないものとする。
          8.  株式の併合又は分割、募集株式の割当て等

           (1)  当社は、A種種類株式について株式の分割又は併合を行わない。
           (2)  当社は、A種種類株主には、募集株式の割当てを受ける権利又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
           を与えない。
           (3)  当社は、A種種類株主には、株式無償割当て又は新株予約権無償割当てを行わない。
          9.  優先順位
           (1)  A種優先配当金、A種累積未払配当金相当額及び普通株式を有する株主又は普通株式の登録株式質権者
           (以下、「普通株主等」と総称する。)に対する剰余金の配当の支払順位は、A種累積未払配当金相当額が
           第1順位、A種優先配当金が第2順位、普通株主等に対する剰余金の配当が第3順位とする。
           (2)  A種種類株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、A種種類株式に係る残余財産の分配を第
           1順位、普通株式に係る残余財産の分配を第2順位とする。
           (3)  当社が剰余金の配当又は残余財産の分配を行う額が、ある順位の剰余金の配当又は残余財産の分配を行
           うために必要な総額に満たない場合は、当該順位の剰余金の配当又は残余財産の分配を行うために必要な金
           額に応じた比例按分の方法により剰余金の配当又は残余財産の分配を行う。
          10.  会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
           会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
          11.  議決権を有しないこととしている理由
           資本増強に当たり、既存の株主への影響を考慮したためです。
                                  32/184









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                 2008年8月28日          2009年9月14日          2010年8月24日          2011年9月29日

     付与対象者の区分及び人数

      当社取締役及び執行役                   4名          4名          3名          3名
      執行役員                   11名          10名          9名          10名
      当社理事                   10名          7名          -          -
                         65          140
     新株予約権の数(個)                                        66          124
                         [52]          [115]
     新株予約権の目的となる株式の
                        普通株式          普通株式          普通株式          普通株式
     種類
     新株予約権の目的となる株式の                   6,500          14,000
                                            6,600          12,400
     数(株)(注2)                  [5,200]          [11,500]
     新株予約権の行使時の払込金額                 1株当たり1円          1株当たり1円          1株当たり1円          1株当たり1円
                     2008年9月28日          2009年10月1日          2010年10月1日          2011年10月15日
     新株予約権の行使期間
                      ~2038年9月27日          ~2039年9月30日          ~2040年9月30日          ~2041年10月14日
     新株予約権の行使により株式を
                     発行価格       4,976.1    発行価格       2,552.2    発行価格       1,395.2    発行価格       1,263.8
     発行する場合の株式の発行価格
                     資本組入額      2,489    資本組入額      1,277    資本組入額         698   資本組入額         632
     及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                  (注3)          (注3)          (注3)          (注3)
     新株予約権の譲渡に関する事項                  (注4)          (注4)          (注4)          (注4)

     組織再編成行為に伴う新株予約
                        (注5)          (注5)          (注5)          (注5)
     権の交付に関する事項
     決議年月日                 2012年9月13日          2013年9月27日          2014年9月12日          2015年9月15日

     付与対象者の区分及び人数

      当社取締役及び執行役                   3名          2名          2名          2名
      執行役員                   13名          13名          13名          11名
                         884
                                                       952
     新株予約権の数(個)                             1,242          852
                        [872]
     新株予約権の目的となる株式の
                        普通株式          普通株式          普通株式          普通株式
     種類
     新株予約権の目的となる株式の                   88,400
                                  124,200          85,200          95,200
     数(株)(注2)                  [87,200]
     新株予約権の行使時の払込金額                 1株当たり1円          1株当たり1円          1株当たり1円          1株当たり1円
                     2012年9月29日          2013年10月16日          2014年10月1日          2015年10月1日
     新株予約権の行使期間
                      ~2042年9月28日          ~2043年10月15日          ~2044年9月30日          ~2045年9月30日
     新株予約権の行使により株式を
                     発行価格       215.3    発行価格       883.8    発行価格       901.9    発行価格       750.6
     発行する場合の株式の発行価格
                     資本組入額      108    資本組入額      442    資本組入額      451    資本組入額      376
     及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                  (注3)          (注3)          (注3)          (注3)
     新株予約権の譲渡に関する事項                  (注4)          (注4)          (注4)          (注4)

     組織再編成行為に伴う新株予約
                        (注5)          (注5)          (注5)          (注5)
     権の交付に関する事項
                                  33/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                 2016年9月29日          2017年9月12日

     付与対象者の区分及び人数

      当社取締役及び執行役                   5名          5名
      執行役員                   7名          3名
                                   917
     新株予約権の数(個)                   1,304
     新株予約権の目的となる株式の
                        普通株式          普通株式
     種類
     新株予約権の目的となる株式の
                        130,400          91,700
     数(株)(注2)
     新株予約権の行使時の払込金額                 1株当たり1円          1株当たり1円
                     2016年10月15日          2017年9月30日
     新株予約権の行使期間
                      ~2046年10月14日          ~2047年9月29日
     新株予約権の行使により株式を
                     発行価格       657.29    発行価格       776.06
     発行する場合の株式の発行価格
                     資本組入額      329    資本組入額      389
     及び資本組入額(円)
     新株予約権の行使の条件                  (注3)          (注3)
     新株予約権の譲渡に関する事項                  (注4)          (注4)

     組織再編成行為に伴う新株予約
                        (注5)          (注5)
     権の交付に関する事項
     (注)1.当事業年度の末日(2018年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月

          末現在(2018年5月31日)にかけて変更された事項がある場合には、提出日の前月末現在における内容を[                                                   ]
          内に記載しております。
        2.新株予約権1個につき目的となる株式数は100株である。なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次
          の算式により新株予約権の目的たる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は本新株予約権のう
          ち、当該時点で権利行使していない新株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われ、調整の結果1株未満
          の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。
           調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
        3.①新株予約権の割当を受けた者は、原則として、当社の取締役、執行役、執行役員及び理事のいずれの地位を
           も喪失した日の翌日から5年間に限り、新株予約権を行使することができる。
          ②新株予約権の割当を受けた者が死亡した場合は、その相続人が新株予約権を行使することができる。ただ
           し、被割当者の相続人から相続した者による権利行使は認めない。
          ③その他の条件については、当社と新株予約権の割当を受ける者との間で別途締結する契約に定めるところに
           よる。
        4.新株予約権を譲渡するには取締役会の承認を要する。
        5.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
          を総称して、以下、組織再編行為という。)を行う場合において、当該組織再編行為に                                        かかる   契約書又は計画
          書等で、当該組織再編行為の効力発生の直前において残存する新株予約権を有する新株予約権者に対して会社
          法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、組織再編対象会社という。)の新株予約権を
          交付する旨を定めた場合には、当該組織再編の比率及び当該契約書又は計画書等に定める条件に従い、当該新
          株予約権者に対して、組織再編対象会社の新株予約権を交付するものとする。この場合においては、当該組織
          再編行為の効力発生の直前において残存する新株予約権は消滅することとし、組織再編対象会社は新株予約権
          を新たに発行するものとする。
                                  34/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
          年月日
                   総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                    (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2013年4月1日~
                        ―  903,550,999            ―    116,449          ―    124,772
     2014年3月31日
     2014年4月1日~
                        ―  903,550,999            ―    116,449          ―    124,772
     2015年3月31日
     2015年4月1日~
                        ―  903,550,999            ―    116,449          ―    124,772
     2016年3月31日
     2016年7月19日(注1)

                     36,000     903,586,999            3    116,452          2    124,774
     2016年10月1日(注2)            △813,228,300         90,358,699

                                      ―    116,452          ―    124,774
     2016年11月24日(注1)                3,500     90,362,199            6    116,458          6    124,780

     2017年2月6日(注1)                3,500     90,365,699            5    116,463          5    124,785

     2017年3月31日(注3)                40,000     90,405,699         20,000       136,463        20,000       144,785

     2017年3月31日(注4)                     90,405,699        △20,000        116,463      △100,000         44,785

                        ―
     2017年4月1日       ~

                          90,527,499           83    116,546          83     44,868
                     121,800
     2018年3月31日(注1)
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.普通株式10株を1株に併合したことによる減少であります。
        3.2017年3月31日を払込期日とする以下の有償第三者割当の方法により、A種種類株式を発行しております。
          発行価格  1株につき1,000,000円
          資本組入額 1株につき             500,000円
          割当先   ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ第弐号投資事業有限責任組合
                UDSコーポレート・メザニン3号投資事業有限責任組合
                UDSコーポレート・メザニン4号投資事業有限責任組合
        4.2017年3月31日(効力発生日)をもって資本金及び資本準備金の額を減少させ、その他資本剰余金に振り替え
          ております。
        5.2018年4月1日から2018年5月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が5,000株、資本
          金及び資本準備金がそれぞれ7百万円増加しております。
                                  35/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
         ①普通株式                                        (2018年3月31日現在)
                        株式の状況(1単元の株式数 100株)

                                                       単元未満
                                                        株式の
       区分                             外国法人等
            政府及び
                       金融商品     その他の
                                                        状況
            地方公共     金融機関                           個人その他        計
                       取引業者      法人                           (株)
             団体                     個人以外      個人
     株主数
                                          74
               -     39     52     546     216         52,547      53,474       -
     (人)
     所有株式数
               -   196,227      31,596     39,896     197,511      1,351     435,918      902,499     237,599
     (単元)
     所有株式数
     の割合          -    21.74      3.50     4.42     21.89      0.15     48.30     100.00       -
     (%)
     (注)1.自己株式14,465株は、「個人その他」に144単元、「単元未満株式の状況」に65株含まれております。
        2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。
         ②A種種類株式                                        (2018年3月31日現在)

                        株式の状況(1単元の株式数 1株)

                                                       単元未満
                                                        株式の
       区分     政府及び                        外国法人等
                       金融商品     その他の
                                                        状況
            地方公共     金融機関                           個人その他        計
                       取引業者      法人                           (株)
             団体                     個人以外      個人
     株主数
               -     -     -      3     -     -      -      3     -
     (人)
     所有株式数
               -     -     -   40,000       -     -      -    40,000       -
     (単元)
     所有株式数
     の割合          -     -     -   100.00       -     -      -    100.00       -
     (%)
                                  36/184











                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                 (2018年3月31日現在)
                                                    発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                             所有株式数
                                                    く。)の総数に
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                                4,270         4.71
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       3,944         4.35
     会社(信託口)
                         P.O.BOX    2992   RIYADH    11169   KINGDOM
     JUNIPER
                         OF  SAUDI   ARABIA
                                                2,168         2.39
     (株式会社三菱UFJ銀行 決済事業部)
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-
                         1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       1,930         2.13
     会社(信託口5)
     STATE   STREET    LONDON    CARE   OF  STATE
     STREET    BANK   AND  TRUST,    BOSTON    SSBTC
                         ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
     A/C  UK  LONDON    BRANCH    CLIENTS    -
                         02111                       1,915         2.11
     UNITED    KINGDOM
                         (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店 
     カストディ業務部)
                         PALISADES     WEST   6300,   BEE  CAVE   ROAD
     DFA  INTL   SMALL   CAP  VALUE   PORTFOLIO
                         BUILDING     ONE  AUSTIN    TX  78746   US        1,524         1.68
     (常任代理人 シティバンク エヌ・エ
     イ東京支店)
                         (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       1,421         1.57
     会社(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       1,356         1.49
     会社(信託口2)
                         25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385  151
                         LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                                1,216         1.34
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                         (東京都港区港南2丁目15-1 品川
     営業部)
                         インターシティA棟)
                         133  FLEET   STREET    LONDIN    EC4A   2BB
     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL
                         U.K.
                                                1,122         1.24
     (常任代理人 ゴールドマン・サックス
                         (東京都港区六本木6丁目10番1号 
     証券株式会社)
                         六本木ヒルズ森タワー)
                                 -              20,870         23.05
              計
       (注)1.信託銀行各社の持株数には、信託業務に                        かかる   株式数が含まれております。
          2.2017年12月28日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、三井住友信託
            銀行株式会社及びその共同保有者2社が2017年12月22日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が
            記載されているものの、当社として2018年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんの
            で、上記大株主の状況には含めておりません。
             なお、その報告書の内容は以下の通りであります。
                氏名又は名称                   所有株券等の数(千株)              株券等保有割合(%)
     三井住友信託銀行株式会社                                      2,059              2.28
     三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社                                       100             0.11
     日興アセットマネジメント株式会社                                      8,398              9.28
                   計                         10,557              11.67
                                  37/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位10名は、以下の通りであります。
                                                 (2018年3月31日現在)
                                                    総株主の議決権
                                            所有議決権数        に対する所有議
           氏名又は名称                     住所
                                              (個)       決権の割合
                                                      (%)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                               42,708         4.73
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       39,446         4.37
     会社(信託口)
                         P.O.BOX    2992   RIYADH    11169   KINGDOM
     JUNIPER
                         OF  SAUDI   ARABIA
                                               21,688         2.40
     (株式会社三菱UFJ銀行 決済事業部)
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-
                         1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       19,306         2.13
     会社(信託口5)
     STATE   STREET    LONDON    CARE   OF  STATE
     STREET    BANK   AND  TRUST,    BOSTON    SSBTC
                         ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
     A/C  UK  LONDON    BRANCH    CLIENTS    -
                         02111                       19,157         2.12
     UNITED    KINGDOM
                         (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店 
     カストディ業務部)
                         PALISADES     WEST   6300,   BEE  CAVE   ROAD
     DFA  INTL   SMALL   CAP  VALUE   PORTFOLIO
                         BUILDING     ONE  AUSTIN    TX  78746   US        15,244         1.68
     (常任代理人 シティバンク エヌ・エ
     イ東京支店)
                         (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       14,210         1.57
     会社(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                       13,562         1.50
     会社(信託口2)
                         25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385  151
                         LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                               12,161         1.34
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                         (東京都港区港南2丁目15-1 品川
     営業部)
                         インターシティA棟)
                         133  FLEET   STREET    LONDIN    EC4A   2BB
     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL
                         U.K.
                                               11,226         1.24
     (常任代理人 ゴールドマン・サックス
                         (東京都港区六本木6丁目10番1号 
     証券株式会社)
                         六本木ヒルズ森タワー)
                                 -              208,708         23.12
              計
                                  38/184








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                 (2018年3月31日現在)
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容

                                              (1)[株式の総数等]に
                       A種種類株式         40,000
     無議決権株式                                      ―
                                               記載の通り
     議決権制限株式(自己株式等)                           ―           ―              ―
     議決権制限株式(その他)                           ―           ―              ―

                       普通株式            14,400

     完全議決権株式(自己株式等)                                      ―              ―
                       普通株式      90,235,500

     完全議決権株式(その他)                                   902,355                 ―
                       普通株式           237,599

     単元未満株式                                      ―              ―
     発行済株式総数                      90,527,499                ―              ―

     総株主の議決権                           ―        902,355                 ―

     (注)「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義株式が100株(議決権1個)含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                (2018年3月31日現在)
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                      自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                 対する所有株式数
         名称                   株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
                東京都港区三田
     日本板硝子㈱                          14,400       -        14,400           0.01
                三丁目5番27号
         計            ―          14,400       -        14,400           0.01
                                  39/184











                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                    2,992           2,710,895
      当期間における取得自己株式              (注)
                                           313           298,081
     (注)当期間における取得自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式数は含めておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                当期間(注1)
               区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株
                                 -         -        -        -
      式
                                 -         -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式
      合併、株式交換、会社分割に             かかる   移転を
                                 -         -        -        -
      行った取得自己株式
      その他
      (単元未満株式の売渡請求による売渡)
                                 16       37,636          72      164,150
                                         -                 -

      保有自己株式数(注2)                         14,465                 14,706
     (注)1.当期間における処理自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
          渡及び新株予約権の行使による株式は含まれておりません。
        2.当期間における保有自己株式数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
          買取り、単元未満株式の売渡及び新株予約権の行使による株式は含まれておりません。
                                  40/184









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社グループでは、持続可能な事業の業績をベースにして、安定的に配当を実施することを利益配分の基本方針と
       しております。将来、A種種類株式全てを償還した後も、この基本方針は維持しつつ、連結配当性向30%を目安とし
       て、継続的な配当の実施に努めてまいります。
        当社は、毎年3月31日と9月30日を剰余金の配当の基準日としております。
        また、当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき、株主総会によらず取締役会の決議をもって剰余金の配当等
       を行うことができる旨を定款に定めております。
        当社取締役会は、当社グループの収益性の継続的な回復と将来の見通しに基づき配当を再開することとし、2018年
       3月期の普通株式に係る期末配当金について1株当たり20円の配当を決議いたしました。
        当社は2017年3月31日にA種種類株式を発行しております。このA種種類株式について、当社取締役会は、2018年3
       月31日を基準日として、1株当たり45,000円の配当を決議いたしました。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下の通りです。

                                配当金の総額          1株当たり配当額
          決議年月日           株式の種類
                                 (百万円)            (円)
       2018年5月11日
                   普通株式                   1,809             20
       取締役会決議
       2018年5月11日
                   A種種類株式                   1,800           45,000
       取締役会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第148期          第149期          第150期          第151期          第152期
      決算年月        2014年3月          2015年3月          2016年3月          2017年3月          2018年3月

      最高(円)              154          149          142        94(951)           1,080

      最低(円)              90          94          64       60(730)            743

      (注)1.株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         2.2016年10月1日付で普通株式10株を1株に併合したため、第151期の株価については株式併合前の最高・最
           低株価を記載し、(          )内に株式併合後の最高・最低株価を記載しています。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2017年10月          11月        12月       2018年1月          2月        3月
      最高(円)            936       1,062        1,050        1,080         991        860

      最低(円)            867        909        954        978        825        777

      (注) 株価は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  41/184







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 14名 女性 1名 (役員のうち女性の比率6.7%)
      (1)  取締役の状況
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名     生年月日               略歴             任期
                                                        (百株)
     取締役      取締役会議長        ギュンター・       1953年
                              1978年11月
                                    Polaroid    Corporation入社
           指名委員会委員         ツォーン     3月23日生
                              1985年7月      Linotype    Aktiengesellschaft入社
           監査委員会委員        (Günter   Zorn)
                              1991年6月      ライノタイプヘル㈱ 代表取締役社長
           報酬委員会委員
                              1994年11月      同社 代表取締役社長
                                    Linotype社(1997年にHeidelberger
                                    Druckmaschinen      AGが同社を買収)
                                    アジアパシフィック副社長
                              1998年4月
                                    Heidelberg     France   S.A.  社長
                              2000年4月      Heidelberg社
                                                        普通株式
                                                     (注1)
                                    アジアパシフィック最高経営責任者
                                                         47
                              2005年7月      ディー・エイチ・エル・ジャパン㈱
                                    代表取締役社長
                              2006年4月      同社 代表取締役社長
                                    DHL社 北太平洋統括エグゼクティブ
                                    バイスプレジデント
                              2009年4月
                                    Z-ANSHIN㈱ 代表取締役社長(現)
                              2014年6月
                                    当社取締役(現)
                                    (重要な兼職の状況)
                                    ・Z-ANSHIN㈱ 代表取締役社長
     取締役      監査委員会委員長         山﨑 敏邦       1946年
                              1968年4月      日本鋼管㈱
           指名委員会委員              1月13日生
                                    (現JFEホールディングス㈱)入社
           報酬委員会委員
                              1999年6月      同社取締役
                              2000年4月      同社常務執行役員
                              2001年4月      同社専務執行役員
                              2005年4月      同社執行役員副社長(2009年3月退任)
                              2005年6月      同社代表取締役
                              2009年4月      同社取締役
                              2009年6月      同社監査役(常勤)(2013年6月退任)
                                    ユニバーサル造船㈱
                                                        普通株式
                                                     (注1)
                                    監査役(2012年12月退任)
                                                         45
                              2010年4月
                                    JFEエンジニアリング㈱
                                    監査役(2013年4月退任)
                                    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
                                    運用委員会委員(2013年3月退任)
                              2015年3月      ㈱龍ヶ崎カントリー倶楽部
                                    代表取締役社長(現)
                              2015年6月
                                    当社取締役(現)
                                    (重要な兼職の状況)
                                    ・㈱龍ヶ崎カントリー倶楽部
                                     代表取締役社長
                                  42/184







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名     生年月日               略歴             任期
                                                        (百株)
     取締役      報酬委員会委員長         木本 泰行       1949年
                              1971年4月      ㈱住友銀行(現㈱三井住友銀行)入行
           指名委員会委員              2月26日生
                              1998年6月      同行取締役
           監査委員会委員
                              1999年6月      同行執行役員
                              2002年6月      同行常務執行役員
                              2004年4月      同行常務取締役兼常務執行役員
                              2005年6月      同行専務取締役兼専務執行役員
                                    (2006年4月退任)
                              2006年5月      ㈱日本総合研究所
                                                        普通株式
                                                     (注1)
                                    代表取締役社長兼最高執行役員
                                                         25
                              2012年4月      同社特別顧問(現)
                                    オリンパス㈱ 取締役会長
                                    (2015年6月退任)
                              2015年6月      DMG森精機㈱ 社外監査役(現)
                              2016年6月
                                    当社取締役(現)
                                    (重要な兼職の状況)
                                    ・㈱日本総合研究所 特別顧問
                                    ・DMG森精機㈱ 社外監査役
     取締役      指名委員会委員長         松﨑 正年       1950年
                              1976年4月
                                    小西六写真工業㈱
           監査委員会委員              7月21日生
                                    (現コニカミノルタ㈱)入社
           報酬委員会委員
                              1997年11月      同社情報機器事業本部カラー機器開発統括
                                    部第二開発グループリーダー(部長)
                              1998年5月      同社情報機器事業本部システム開発統括部
                                    第一開発センター長
                              2003年10月
                                    コニカミノルタビジネステクノロジーズ㈱
                                    取締役
                              2005年4月      コニカミノルタ㈱ 執行役
                                    コニカミノルタテクノロジーセンター㈱
                                    代表取締役社長
                              2006年4月      コニカミノルタ㈱ 常務執行役
                              2006年6月      同社取締役常務執行役
                                                        普通株式
                                                     (注1)
                              2009年4月      同社取締役代表執行役社長                      24
                              2014年4月      同社取締役 取締役会議長(現)
                                    一般社団法人ビジネス機械・情報システム
                                    産業協会 代表理事会長(2016年5月退
                                    任)
                              2016年5月      いちご㈱ 社外取締役(現)
                              2016年6月      当社取締役(現)
                                    ㈱野村総合研究所 社外取締役(現)
                                    (重要な兼職の状況)
                                    ・コニカミノルタ㈱
                                     取締役 取締役会議長
                                    ・いちご㈱ 社外取締役
                                    ・㈱野村総合研究所 社外取締役
     取締役              竹井 友二       1964年
                              1988年4月      ㈱日本長期信用銀行(現㈱新生銀行)入行
                          6月30日
                              1998年9月      マッキンゼー・アンド・カンパニー・イン
                                    ク・ジャパン入社
                              2002年10月      ㈱アドバンテッジパートナーズ入社
                              2006年9月      同社 シニアパートナー
                              2012年4月      A.T.カーニー㈱ パートナー
                              2016年11月      ジャパン・インダストリアル・ソリュー                 (注1)    -
                                    ションズ㈱ 取締役COO
                              2017年4月      同社 取締役COO兼投資部門長(現)
                                    当社取締役(現)
                                    (重要な兼職の状況)
                                    ・ジャパン・インダストリアル・ソリュー
                                    ションズ㈱ 取締役COO兼投資部門長
                                  43/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名     生年月日               略歴             任期
                                                        (百株)
     取締役      指名委員会委員         森 重樹
                          1958年
                              1981年4月      当社入社
           報酬委員会委員              7月22日生
                              2003年4月      当社硝子建材カンパニー企画室長
                              2005年1月      当社硝子建材カンパニー機能ガラス生産技
                                    術部長兼㈱エヌ・エス・ジー関東(現日本
                                    板硝子ビルディングプロダクツ㈱)代表取
                                    締役社長
                              2010年7月      当社建築ガラス事業部門 英国・南欧 製
                                                        普通株式
                                                     (注1)
                                    造・加工・販売部門長
                                                         87
                              2012年5月      当社上席執行役員 建築ガラス事業部門 
                                    アジア事業部日本統括部長
                              2012年6月      当社上席執行役員 高機能ガラス事業部門
                                    長
                              2015年4月
                                    当社代表執行役社長兼CEO(現)
                              2015年6月
                                    当社取締役(現)
     取締役                     1959年
                   クレメンス・
                                    Flachglas    AG(現Pilkington       Deutschland
                              1992年7月
                         2月21日生
                                    AG)入社
                    ミラー
                              2002年12月      Pilkington     Group   ビルディングプロダク
                    (Clemens
                                    ツ(以下“BP”) ヨーロッパ ビジネス
                    Miller)
                                    プランニング部長
                                    BPヨーロッパ ファイアプロテクション 
                                    マネージングディレクター
                              2005年6月      同社BPファイアプロテクション&コーティ
                                    ング マネージングディレクター
                              2007年4月      同社ソーラーエネルギービジネス マネー
                                    ジングディレクター
                                    BPファイアプロテクション&コーティン
                                    グ マネージングディレクター
                              2007年8月      同社BPヨーロッパ マネージングディレク
                                                        普通株式
                                                     (注1)
                                    ター
                                                         25
                                    BPファイアプロテクション&コーティン
                                    グ マネージングディレクター
                                    当社上席執行役員
                              2008年6月
                                    BP事業本部     ヨーロッパ事業部長
                              2010年4月      当社上席執行役員
                                    BP事業部門 営業統括担当副部門長兼ソー
                                    ラーエネルギープロダクツ担当副部門長
                              2011年6月      当社取締役(現)       執行役   BP事業部門長
                              2012年2月      当社執行役     建築ガラス事業部門長兼高機
                                    能ガラス事業部門長
                              2012年4月      当社代表執行役副社長兼COO 兼建築ガラ
                                    ス事業部門長兼高機能ガラス事業部門長
                              2012年6月
                                    当社代表執行役副社長兼COO(現)
                                  44/184








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名     生年月日               略歴             任期
                                                        (百株)
     取締役              諸岡 賢一       1956年
                              1979年4月
                                    ㈱住友銀行(現㈱三井住友銀行)入行
                         12月12日生
                              1993年4月      同社 国際統括部(東京) 上席部長代理
                              2002年6月      SMBC  Securities,     Inc 社長兼SMBC
                                    Capital   Markets,    Inc 副社長
                              2006年12月
                                    当社 統合推進本部担当役員付部長兼経理
                                    部(ロンドン駐在)担当部長
                              2008年6月
                                    当社執行役員 経理部財務企画部長
                              2011年4月      当社執行役員 機能性ガラス事業部門CFO 
                                    兼SG管理部長
                                    コーポレートプランニングコミュニケー
                                                        普通株式
                                                     (注1)
                                    ション統括
                                                         107
                              2011年6月      当社上席執行役員 機能性ガラス事業部門
                                    CFO 兼SG管理部長
                                    コーポレートプランニングコミュニケー
                                    ション統括
                              2012年2月      当社上席執行役員 コーポレートプランニ
                                    ングコミュニケーション統括
                              2012年5月
                                    当社上席執行役員 副CFO
                              2013年4月
                                    当社執行役副CFO
                              2013年6月
                                    当社取締役(現) 執行役副社長
                              2016年4月
                                    当社代表執行役副社長兼CFO(現)
                                                        普通株式
           計
                                                         360
      (注)1.選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで。

         2.ギュンター・ツォーン、山﨑敏邦、木本泰行、                            松﨑正年及び竹井友二の各氏             は、社外取締役です。
      (2)  執行役の状況
                                                        所有株式数

       役名       職名       氏名     生年月日               略歴             任期
                                                        (百株)
     代表執行役      社長兼CEO         森 重樹      1958年
                                                        普通株式
                              (1)取締役の状況参照
                                                     (注)
                         7 月22日生
                                                         87
     代表執行役              クレメンス・       1959年
           副社長兼COO
                              (1)取締役の状況参照
                    ミラー     2月21日生                               普通株式
                                                     (注)
                    (Clemens
                                                         25
                    Miller)
     代表執行役              諸岡 賢一       1956年
           副社長兼CFO
                                                        普通株式
                              (1)取締役の状況参照
                                                     (注)
                         12 月12日生
                                                         107
     執行役      グループファンク        シャーリー・       1960年
                              1981年9月      Pilkington     plc(現Pilkington        Group
           ション部門 人事
                   アンダーソン      2月5日生
                                    Ltd.)入社
           部 統括部長
                    (Shirley
                              1983年11月      同社UK5(英国のフロートライン)担当人事
                    Anderson)
                                    マネージャー
                              1996年4月
                                    同社英国建築ガラス担当人事マネージャー
                              1998年1月
                                    同社本社兼技術部門担当人事マネージャー
                              2002年2月      同社ASK   HR(英国シェアード・サービス・
                                    センター)長
                                                     (注)    -
                              2005年7月
                                    同社人事部 報酬担当部長
                              2010年7月      当社セントラルファンクション部門 人事
                                    部 報酬担当部長
                              2013年5月      当社グループファンクション部門 人事
                                    部 人材・報酬担当部長
                              2013年9月      当社グループファンクション部門 人事
                                    部 事業担当部長
                              2016年4月      当社執行役 グループファンクション部
                                    門 人事部 統括部長(現)
                                  45/184


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名     生年月日               略歴             任期
                                                        (百株)
     執行役      Auto  AGR事業部門
                    トニー・      1968年
                              1986年9月      United   Engineering     Steels   Ltd.  (現Tata
                         6 月4日生
                   フラッジリー
           事業部門長 兼
                                    Steel   Ltd.)入社
                     (Tony
           Auto  OE事業部門 
                              1989年1月
                                    RAC  Motoring    Services    Ltd.(英国の自動車
                    Fradgley)
           事業部門長
                                    等の保険及び車輛故障対応サービス会社) 
                                    マネジメントアカウンタント
                              1994年11月      同社オペレーション・ファイナンスマネー
                                    ジャー
                              1996年9月      GE Capital   (TIP  Trailer   Rental   Ltd.)
                                    フィナンシャルコントローラー
                              1998年9月      Pilkington     plc(現Pilkington        Group
                                    Ltd.)   オートモーティブ(以下“Auto”)
                                                     (注)    -
                                    AGRヨーロッパ フィナンシャルコントロー
                                    ラー
                              2004年1月      同社Auto英国、Auto        AGRヨーロッパ ファ
                                    イナンスディレクター
                              2006年1月
                                    同社Auto    AGR ファイナンスディレクター
                              2007年9月      当社Auto    AGRヨーロッパ マネージング
                                    ディレクター
                              2012年2月
                                    当社上席執行役員 Auto          AGR事業部門長
                              2015年4月      当社上席執行役員 Auto          AGR事業部門長 
                                    兼 Auto    OE事業部門長
                              2016年4月      当社執行役 Auto       AGR事業部門長 兼 
                                    Auto  OE事業部門長(現)
     執行役      グループファンク         日吉 孝一
                          1959年
                              1982年4月
                                    当社入社
           ション部門 総務              1 月9日生
                              2000年8月      当社総合企画室 海外企画グループリー
           法務部 統括部長
                                    ダー
                              2005年4月
                                    当社法務部長
                              2007年4月      当社セントラルファンクション部門 法務
                                                        普通株式
                                    部長
                                                     (注)
                                                         18
                              2008年12月      当社執行役員 セントラルファンクション
                                    部門 総務法務部 統括部長
                              2011年9月      当社上席執行役員 セントラルファンク
                                    ション部門 総務法務部 統括部長
                              2016年4月      当社執行役 グループファンクション部
                                    門 総務法務部 統括部長(現)
     執行役      グループファンク         岸本 浩
                          1958年
                              1981年4月
                                    当社入社
           ション部門 経営              12 月19日生
                              1998年3月
                                    NSGヨーロッパ社 社長
           企画統括部 統括
                              2002年9月      当社総合企画室 経営企画グループリー
           部長
                                    ダー
                              2006年6月
                                    当社輸送機材カンパニー 企画室長
                              2009年12月      当社セントラルファンクション部門 経理
                                                        普通株式
                                    部(日本)部長
                                                     (注)
                                                         54
                              2012年6月      当社執行役員 グループファンクション部
                                    門 経理部 アジア統括部長 兼 経理部
                                    (日本)部長
                              2015年7月      当社上席執行役員 グループファンクショ
                                    ン部門 経営企画統括部長
                              2016年4月      当社執行役 グループファンクション部
                                    門 経営企画統括部長         (現)
                                  46/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名     生年月日               略歴             任期
                                                        (百株)
     執行役      建築ガラス事業部
                    ヨヘン・      1957年
                              1989年2月      Flachglas    AG(現Pilkington       Deutschland
           門 事業部門長              5 月7日生
                   セトルマイヤー
                                    AG)入社
                    (Jochen
                              1993年7月
                                    同社財務部長
                   Settelmayer)
                              1995年10月      Pilkington     Group   テクニカルグラスプロダ
                                    クツ フィナンシャルコントローラー
                              1998年9月      同社プライマリープロダクツヨーロッパ 
                                    ファイナンスディレクター
                                                     (注)    -
                              2012年2月      当社建築ガラス事業部門 ヨーロッパ事業
                                    部長
                              2012年6月      当社上席執行役員 建築ガラス事業部門 
                                    事業部門長兼ヨーロッパ事業部長
                              2015年1月
                                    当社上席執行役員 建築ガラス事業部門長
                              2016年4月
                                    当社執行役 建築ガラス事業部門長(現)
     執行役      高機能ガラス事業         西川 宏
                          1961年
                              1984年4月
                                    当社入社
           部門 事業部門長              10月24日生
                              1997年8月      当社ファインガラス事業部 営業グルー
                                    プ グループリーダー
                              2001年3月      当社研究技術企画室 研究技術企画グルー
                                    プ 担当部長
                                                        普通株式
                              2012年4月      当社セントラルファンクション部門 研究
                                                     (注)
                                                         23
                                    開発部
                                    グループリーダー
                              2014年4月      当社高機能ガラス事業部門
                                    バッテリーセパレーター事業部 事業部長
                              2017年4月      当社執行役 高機能ガラス事業部門長
                                    (現)
     執行役      グループファンク         フィル・
                          1967年
                              1998年9月      Pilkington     plc(現Pilkington        Group
           ション部門 情報              1 月9日生
                   ウィルキンソン
                                    Ltd.)入社
           システム部 統括
                     (Phil
                              1994年8月
                                    同社サービスデリバリーマネージャー
           部長 兼Auto AGR
                   Wilkinson)
                              1997年9月      同社Auto    AGR  ITビジネスシステムマネー
           事業部門 グロー
                                    ジャー
           バル統括部長
                              2001年12月
                                    同社SAPデベロップメントディレクター
                              2006年4月      同社グローバルサービスセンターディレク
                                    ター
                              2010年5月      当社執行役員 セントラルファンクション
                                                     (注)    -
                                    部門 情報システム部長
                              2011年8月      当社上席執行役員 セントラルファンク
                                    ション部門 情報システム部 統括部長
                              2013年12月      当社上席執行役員 グループファンクショ
                                    ン部門 情報システム部 統括部長 兼 
                                    購買部 統括部長
                              2018年4月      当社執行役 グループファンクション部
                                    門 情報システム部 統括部長 兼Auto
                                    AGR事業部門 グローバル統括部長(現)
                                                        普通株式
           計
                                                         314
      (注)    選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結後、最初に招集される取締役

         会終結の時まで。
                                  47/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        当社は、指名委員会等設置会社制度を採用しています。執行と監督の分離を促進し、独立社外取締役の役割を強
       化することにより、経営の透明性を高め、コーポレート・ガバナンスのレベルを向上させ、ひいては株主価値を向
       上させるべく、努めています。
        当社は、「コーポレートガバナンス・コード」の諸原則の考え方を支持し、「NSGグループ                                           コーポレートガバナ
       ンス・ガイドライン」(以下、「本ガイドライン」)を制定しています。本ガイドラインは、当社グループが、持
       続可能な方法でその企業価値を中長期的に高め、ひいては株主の皆様をはじめとするステークホルダーの皆様の共
       同価値を高めていくための企業統治(コーポレートガバナンス)システムに関する基本的な考え方と枠組みを定め
       たものです。
       1)会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

                                                 2018年6月29日現在
        ① 会社の機関






        <1> 機関の構成

            当社は指名委員会等設置会社であり、会社の機関として、取締役から構成される取締役会、それぞれの
           構成委員の過半数が独立社外取締役である指名委員会、監査委員会及び報酬委員会の三委員会並びに執行
           役、執行役を中心に構成される経営会議、サステナビリティ委員会及び戦略的リスク委員会を設置してい
           ます。法務部が、事務局として、主に法的観点から取締役会の職務を補佐し、経営企画部が、事務局とし
           て経営会議の職務を補佐します。
        <2> 取締役会

            取締役会は、8名の取締役(うち5名は社外取締役)から成り、経営の基本方針の決定、内部統制シス
           テムの基本方針の決定、執行役の職務の分掌その他の重要な経営の意思決定、及び執行役等の職務の執行
           の監督を行います。取締役会議長は、独立社外取締役のギュンター・ツォーン氏です。
        <3> 業務執行機関

            10名の執行役が業務執行を担当します。執行役のうち3名は代表執行役であり、それぞれCEO、COO、CFO
           としての職責を負います。
            執行役を中心に構成される経営会議は、取締役会において策定される方針及び目標が効率的かつ的確に実
           現されることを可能とするべく、当会社の経営を指導し、かつその実施状況を監視します。
            サステナビリティ委員会は、当社グループのサステナビリティ戦略を設定し、その活動を統括するととも
           に、ステークホルダーとの効果的なコミュニケーションを確実なものとすることを目的としています。同委
           員会は、CEO、COO、CFO、グループ・サステナビリティディレクター、事業部門責任者、人事統括部長
           (CHRO)、総務法務部統括部長(CLO)、経営企画統括部長(CCPO)、チーフコミュニケーションズオフィ
           サー(CCO)、及びその他の関連グループファンクション部門責任者により構成され、CEOが議長を務めま
           す。
                                  48/184


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
            戦略的リスク委員会は、当社グループ全体のリスクマネジメントに関するポリシー、戦略及びそのフレー
           ムワークを定期的に検討し、その結果を組織の戦略及び目標に適切に組み込み、当社グループの経営の効率
           化を促進し、中長期的な企業価値の向上に資することを目的としています。同委員会は、CEO、COO、CFO、
           各ファンクション部門長、事業部門長により構成され、CEO、またはその指名した者が議長を務めます。
        <4> 指名委員会

            指名委員会は、株主総会に提出する取締役の選任及び解任に関する議案の内容を決定するとともに、社
           長兼CEOらの後継者計画を監督し、執行役候補者にかかる推薦又は助言を行います。同委員会は、独立社
           外取締役を委員長とし、委員長を含め5名の取締役(うち4名は独立社外取締役)で構成されます。人事
           部門が、事務局として同委員会の職務を補佐します。また、同委員会が認めた総務法務部のメンバーが、
           法務関連事項についての内部法務アドバイザーを務めます。
        <5> 監査委員会

            監査委員会は、取締役及び執行役の職務の執行の監査及び監査報告の作成、株主総会に提出する会計監査
           人の選任及び解任並びに会計監査人を再任しないことに関する議案の内容を決定します。同委員会は、独立
           社外取締役を委員長とし、委員長を含め4名の取締役(全員が独立社外取締役)で構成されます。委員のう
           ち、山﨑敏邦氏は、大手メーカーの代表取締役副社長(財務・IR、経理担当)を務めた経験を有しており、
           財務及び会計に関する相当程度の知見を有する者であります。同委員会の職務を補佐するため、監査委員会
           室を設置しています。
        <6> 報酬委員会

            報酬委員会は、取締役及び執行役の報酬等の決定に関する方針、並びに取締役及び執行役の個人別の報酬
           等の内容を決定します。同委員会は、独立社外取締役を委員長とし、委員長を含め5名の取締役(うち4名
           は独立社外取締役)で構成されます。人事部門が、事務局として同委員会の職務を補佐します。また、同委
           員会が認めた総務法務部のメンバーが、法務関連事項についての内部法務アドバイザーを務めます。
        ② 監査体制       等

        <1> 内部統制、内部監査及びリスクマネジメント
            当社グループの内部監査部は、グループベースで内部監査を実施しており、従事する者は19名です。内
           部監査部は、会社法第416条第1項第1号ロ及びホに掲げる事項に関する当社取締役会決議の内容並びに
           当該決議に基づき整備されている体制(内部統制システム)の下、年度監査計画に基づき、監査委員会、
           会計監査人とも定期的に会合を持つなどして連携を取りながら、事業所往査等を通じて、グループベース
           で内部監査を実施しています。また、内部監査部以外の内部統制所管部門も、監査委員会と定期及び都度
           の会合を持ち、意見交換及び必要な連携を行っております。また内部監査部はリスクマネジメントについ
           て独立した評価を行うことに加えて、企業活動上発生するリスクへの対処について定める社内規程を制定
           し、当社グループのリスクを網羅的に把握し管理します。
        <2> 監査委員会による監査

            監査委員会は、4名の独立社外取締役で構成され、内部統制システムの整備及び運用の状況を定期的に
           監視及び検証すると共に、同委員会で定めた監査方針、監査計画に従い、執行役等との面談、経営会議等
           の社内重要会議への出席、当社及び主要な子会社等の業務や財産の状況の調査等を実施しています。監査
           委員会は、会計監査人及び内部監査部と定期及び都度の会合を持ち、監査実施状況等に関し報告を受け、
           意見交換、情報収集を行っています。
        <3> 会計監査

            当社は新日本有限責任監査法人との間で監査契約を締結し、会計監査を受けています。当連結会計年度
           において当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、伊藤功樹氏、安藤隆之氏及び馬野隆一郎氏です。
           同監査法人は、業務執行社員について当社の会計監査に一定期間を超えて関与することのないような措置
           を取っており、当社に対する継続監査年数は前述の3名とも法令等が定める一定年数以内となっておりま
           す。監査業務にかかる補助者は、公認会計士18名、その他28名です。
                                  49/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        ③倫理・コンプライアンスマネジメント

          当社は、当社グループ全体におけるコンプライアンスを確実なものとするべく、グループ最高倫理・コンプ
         ライアンス責任者を任命しています。同責任者は、内部統制システムの下、当社グループにおける総合的な倫
         理・コンプライアンスマネジメントの策定、実施及び管理等を行い、重要事項については、監査委員会に対し
         て、直接の報告義務を負います。
        ④    社外取締役に関する事項

         a.  員数及び利害関係
          当社は、5名の社外取締役を選任しており、そのうち、ギュンター・ツォーン、山﨑敏邦、木本泰行及び松
         﨑正年の4氏が独立社外取締役です。
          社外取締役のギュンター・ツォーン氏は、2005年7月から2009年4月までディー・エイチ・エル・ジャパン
         株式会社の社長に就任されていました。当社と同社の間には営業取引関係がありますが、当該取引金額は、両
         社において直近に終了した事業年度における連結売上高の1%未満であります。
          社外取締役の山﨑敏邦氏は、1968年4月日本鋼管株式会社(現JFEホールディングス株式会社)に入社さ
         れ、1999年6月から2009年6月まで同社において取締役、執行役員副社長、代表取締役等を歴任されています
         が、同社グループの直近に終了した事業年度において、当社と同社の間に営業取引関係はありません。
          社外取締役の木本泰行氏は、1971年4月株式会社住友銀行(現株式会社三井住友銀行)に入行され、1998年
         6月から2006年4月まで同社において取締役、専務取締役兼専務執行役員等を歴任されました。同社は当社グ
         ループの主要な借入先の1つですが、同氏が同行を退任されてから12年以上が経過しております。また同氏
         は、2012年4月から2015年6月までオリンパス株式会社の取締役に就任されていました。当社と同社の間には
         営業取引関係がありますが、当該取引金額は、両社において直近に終了した事業年度における連結売上高の
         1%未満であります。
          社外取締役の松﨑正年氏は、1976年4月小西六写真工業株式会社(現コニカミノルタ株式会社)に入社さ
         れ、2005年4月から2014年3月まで同社において執行役、代表執行役社長等を歴任されました。現在は、同社
         取締役会議長を務められています。当社と同社の間には営業取引関係がありますが、当該取引金額は、両社に
         おいて直近に終了した事業年度における連結売上高の1%未満であります。また同氏は、2016年6月から株式
         会社野村総合研究所の社外取締役を務められています。直近に終了した事業年度において、当社と同社の間に
         は営業取引関係はありません。
          社外取締役の竹井友二氏は、A種種類株式の割当先であるジャパン・インダストリアル・ソリューションズ
         第弐号投資事業有限責任組合の業務執行組合員(無限責任組合員)であるジャパン・インダストリアル・ソ
         リューションズ株式会社の取締役COO兼投資部門長を務められています。
          ギュンター・ツォーン、山﨑敏邦、木本泰行及び松﨑正年の各氏は、「第4                                     提出会社の状況        5.役員の状
         況」に記載の通り、当社の株式を保有しています。
         b.  当社からの独立性

          5名の社外取締役のうちギュンター・ツォーン、山﨑敏邦、木本泰行及び松﨑正年の各氏につき、株式会社
         東京証券取引所(以下、証券取引所)が定める独立役員として指定し、証券取引所へその旨を届け出ていま
         す。また、当社は、証券取引所が定める社外取締役の独立性基準に加え、当社グループや当社役員、当社の主
         要株主との関係等をも加味した独自の独立性基準を設定しており、ギュンター・ツォーン、山﨑敏邦、木本泰
         行及び松﨑正年の各氏は、当該独立性基準を満たす独立社外取締役です。なお、当該独立性基準の具体的内容
         は以下の通りです。
                                  50/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         (当社の社外取締役独立性基準)
          当社の社外取締役は、本人又はその近親者が、次のいずれかの項目に該当する場合、独立性に欠けると判断
         されます。
          (1)   社外取締役本人について
          a)   当社グループの業務執行取締役、執行役、執行役員、その他の職員・従業員(以下まとめて「業務執行
           者」)である者、又はあった者。
          b)   i)   当社の取引先であって、その直近に終了した過去3事業年度のいずれかにおいて、当社から次に掲
             げる金額の支払いを受領した者(当該取引先が法人等の団体である場合は、その業務執行者。)、若
             しくは当社グループを主要な取引先とする者、
              ‐ 当該取引先のその事業年度の連結売上高の1%を超える金額
             又は、
            ii)  当社の取引先であって、当社の直近に終了した過去3事業年度のいずれかにおいて、当社に対し
             て、次に掲げる金額の支払いを行った者、若しくは当社グループの主要な取引先である者(当該取引
             先が法人等の団体である場合は、その業務執行者。)。
              ‐ 当社のその事業年度の連結売上高の1%を超える金額
            (注)本基準において「主要な取引先」とは、当社グループ及び当該取引先グループの間において、相
             手方の事業等の意思決定に対して、親子会社・関連会社と同程度の影響を与えうる取引関係を有する
             者をいう。
          c)   当社の会計監査人である公認会計士若しくは監査法人の社員、パートナー若しくは職員・従業員である
           者、又は最近過去3年間において当社グループの監査業務を実際に担当した者。
          d)   当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産(その価額の合計が当社の1事業年度につき
           1,000万円以上のものをいう。)を得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家である者(その
           財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合には、その団体に所属する者。)。
          e)   当社グループと重大なビジネス上の関係や重大な利害関係を有する者(当該関係を有する者が法人等の
           団体である場合には、その業務執行者。)。なお、当社の直近に終了した過去3事業年度の平均で年間
           1,000万円以上の寄付・融資等を当社グループから受領した事実は、重大な利害関係にあたるものとす
           る。
          f)   他の企業、組織への関わりにおいて、相互に役員を派遣するなど、当社の取締役又は執行役と重大な関
           係がある者。
          g)   実質的に当社の議決権の10%以上の株式を保有する株主である者(当該株主が法人等の団体である場合
           は、その業務執行者である者又は最近過去5年間においてあった者。)。
          h)   当社の直近に終了した過去3事業年度のいずれかにおいて、上記d)                               、e)、又はf)       のいずれかに該当し
           ていた者。
          (2)   社外取締役の近親者(配偶者、二親等内の親族又は同居の親族)について
          a)   当社グループの業務執行取締役、執行役、執行役員、その他の幹部職員・従業員(以下まとめて「経営
           幹部」)である者、又は最近過去5年間においてあった者。
                                  51/184








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
          b)   i)   当社の取引先であって、その直近に終了した過去3事業年度のいずれかにおいて、当社から次に掲
             げる金額の支払いを受領した者(当該取引先が法人等の団体である場合は、その経営幹部。)、若し
             くは当社グループを主要な取引先とする者、
              ‐ 当該取引先のその事業年度の連結売上高の1%を超える金額
             又は、
            ii)  当社の取引先であって、当社の直近に終了した過去3事業年度のいずれかにおいて、当社に対し
             て、次に掲げる金額の支払いを行った者、若しくは当社グループの主要な取引先である者(当該取引
             先が法人等の団体である場合は、その経営幹部。)。
              ‐   当社のその事業年度の連結売上高の1%を超える金額
          c)   当社の会計監査人である公認会計士若しくは監査法人の社員、パートナー若しくは経営幹部である者、
           又は最近過去3年間において当社グループの監査業務を実際に担当した者。
          d)   当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産(その価額の合計が当社の1事業年度につき
           1,000万円以上のものをいう。)を得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家である者(その
           財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属するパートナー、アソシエイト、
           経営幹部。)。
          e)   当社グループと重大なビジネス上の関係や重大な利害関係を有する者(当該関係を有する者が法人等の
           団体である場合には、その経営幹部。)。なお、当社の直近に終了した過去3事業年度の平均で年間
           1,000万円以上の寄付・融資等を当社グループから受領した事実は、重大な利害関係にあたるものとす
           る。
          f)   実質的に当社の議決権の10%以上の株式を保有する株主である者(当該株主が法人等の団体の場合は、
           その経営幹部。)。
          g)   当社の直近に終了した過去3事業年度のいずれかにおいて、上記d)                               又はe)    のいずれかに該当していた
           者。
                                  52/184













                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         c.  企業統治において果たす役割及び機能

          社外取締役であるギュンター・ツォーン氏は、取締役会議長に就任され、また指名委員会、監査委員会及び
         報酬委員会には委員として、それぞれ就任され、その経営者としての豊富な経験と幅広い見識に基づき、独立
         した客観的な立場から、取締役会及び各委員会を通じて、執行役等の職務を監督していただくことにより、ガ
         バナンスの維持・強化、ひいては企業価値の向上に寄与いただけるものと考えています。
          社外取締役である山﨑敏邦氏は、監査委員会には委員長として、指名委員会及び報酬委員会には委員とし

         て、それぞれ就任され、当社から独立の立場で、取締役会及び各委員会を通じて、その経営者としての豊富な
         経験と幅広い見識に基づき、独立した客観的な立場から、取締役会及び各委員会を通じて、執行役等の職務を
         監督していただくことにより、ガバナンスの維持・強化、ひいては企業価値の向上に寄与いただけるものと考
         えています。
          社外取締役である木本泰行氏は、報酬委員会には委員長として、指名委員会及び監査委員会には委員とし
         て、それぞれ就任され、当社から独立の立場で、取締役会及び各委員会を通じて、その経営者としての豊富な
         経験と幅広い見識に基づき、独立した客観的な立場から、取締役会及び各委員会を通じて、執行役等の職務を
         監督していただくことにより、ガバナンスの維持・強化、ひいては企業価値の向上に寄与いただけるものと考
         えています。
          社外取締役である松﨑正年氏は、指名委員会には委員長として、監査委員会及び報酬委員会には委員とし
         て、それぞれ就任され、当社から独立の立場で、取締役会及び各委員会を通じて、その経営者としての豊富な
         経験と幅広い見識に基づき、独立した客観的な立場から、取締役会及び各委員会を通じて、執行役等の職務を
         監督していただくことにより、ガバナンスの維持・強化、ひいては企業価値の向上に寄与いただけるものと考
         えています。
          社外取締役である竹井友二氏は、複数の会社の社外取締役として企業経営に携わってきた経験を有されてお
         り、その経営者としての豊富な経験と幅広い見識を当社の経営に反映していただけるものと考えています。
          当社では、取締役会及び各委員会の事務局がそれぞれの会議体に対して支援を行っています。
         d.  社外取締役の選任状況

          指名委員会等設置会社制度の下、当社は、取締役8名を選任しており、そのうち5名は社外取締役です。
          このうちギュンター・ツォーン、山﨑敏邦、木本泰行及び松﨑正年の各氏は、証券取引所及び当社の定める
         独立性基準を満たしており、こうした社外取締役の有する独立性は、経営の透明性、ひいてはコーポレート・
         ガバナンスの一層の向上に資するものと考えています。
         e.  社外取締役による監督と、その他の監査との相互連携等

          取締役会、並びに指名、監査、及び報酬の三委員会のそれぞれの事務局が社外取締役を補佐し、社外取締役
         に対して必要な情報の提供を行っています。また、監査委員である社外取締役は、前述の通り、会計監査人、
         内部監査部並びにその他の内部統制所管部門との会合等により、監査委員会を通じて情報収集を行っていま
         す。社外取締役は、これらの情報に基づき、取締役会を通じて、執行役及び取締役の職務の執行を監督してい
         ます。
         f.  責任限定契約の内容の概要

          当社は、会社法第427条第1項の規定及び当社定款の定めに基づき、各社外取締役との間において、会社法
         第423条第1項の損害賠償責任について、各社外取締役がその職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない
         ときには、同法第425条第1項各号に定める金額の合計額を限度として損害を賠償する責任を負うものとする
         旨の契約を締結しています。
                                  53/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        ⑤ 内部統制システムの整備の状況

           当社の執行役及び従業員並びに当社の                   ・ 「NSGグループ経営理念と行動指針」に基づき、当社グ
           子会社の取締役、監査役及び従業員                     ループとしてコンプライアンスの徹底及び企業倫理の維
           (以上を総称して、「当社グループの                     持を図るとともに、企業の社会的責任を積極的に果た
           役職員」といいます。)の職務の執行                     し、持続可能(サステナブル)な発展を目指します。
           が法令及び定款に適合することを確保                   ・ 「NSGグループ経営理念と行動指針」の下、法令・社内
           するための体制                     規則の遵守及び企業倫理に関する事項を定めた「NSGグ
                               ループ倫理規範」を制定し、重要な社内規程(グループ
                               ポリシー、規程、手順等)とともにこれらを当社グルー
                               プの情報ネットワークを通じて当社グループの役職員へ
                               継続的に周知し、教育活動を行います。
                              ・ 各法令・社内規則の所管部門は、内部監査部門ととも
                               にその所管する法令、規則等の遵守状況を確認し、監査
                               委員会に報告します。
                              ・ 倫理・コンプライアンス所管部門(「倫理・コンプラ
                               イアンス部門」)を設置し、当社グループ全体における
                               倫理・コンプライアンス体制を構築・維持します。
        1
                              ・ 倫理・コンプライアンス部門は、当社グループ全体に
                               ついて:
                                ▷ 各地域の倫理・コンプライアンス担当部門との連携
                                 を通じて、厳格な基準によりコンプライアンスを推進
                                 するとともに、倫理・コンプライアンスに関連する事
                                 項の周知、啓蒙活動を行い、
                                ▷ 必要に応じて内部監査を含む内部統制部門と協働し
                                 て監査を行います。
                              ・ 倫理・コンプライアンス部門は、監査委員会に対して
                               も報告責任を有するものとします。
                              ・ 業務執行における通常の指揮命令系統から独立した外
                               部機関を窓口とする懸念事項に係る報告・相談ホットラ
                               インをグループレベルで設置することで、当社グループ
                               に係る倫理・コンプライアンス上の問題を迅速に発見
                               し、当該問題に適切に対処できる体制を確保します。
                              ・   倫理・コンプライアンス部門は、懸念事項に係る報
                               告・相談ホットラインの整備の状況、運用及び報告・相
                               談があった問題に関して、定期的に又は適宜、監査委員
                               会に対して報告する責任を有します。
                              ・ 当該報告・相談については、法律の定める範囲内にお
                               いて匿名で行うことができるものとし、当該報告・相談
                               を行った者に対して、人事上の処遇等に係るいかなる不
                               利益も及ばないことを明示的に保証します。
                                  54/184







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           当社グループに係る損失の危険の管理                   ・ 企業活動上発生するリスクへの対処について定める社

           に関する規程その他の体制                     内規程を制定し、当社グループのリスクを全社的及び網
                               羅的に把握し管理します。この全社的なリスク管理のプ
                               ロセスを効果的に推進するため、経営会議の下に、代表
                               執行役を長とする戦略的リスク委員会を設置し、主要リ
                               スクの特定、評価、対応の状況等をレビューし、経営会
                               議及び監査委員会に対して報告を行います。
                              ・ 当社グループに係る倫理・コンプライアンス、環境、
                               安全、災害、品質、情報セキュリティ、資金運用、原材
                               料調達、研究開発、与信管理等に係る個別のリスクにつ
                               いての扱いを定める社内規程を制定し、それぞれの担当
                               部署は、これに従い当該リスクを管理します。
                              ・ 重要な倫理・コンプライアンス事項については、倫
                               理・コンプライアンス部門が法務部門及び内部監査部門
        2                       を含む他の内部統制部門と協働して、関連する社内規程
                               の整備を含め、当社グループのコンプライアンスに係る
                               リスク管理を行います。
                              ・ グループレベルで、必要に応じて、リスク分散措置や
                               保険付保等を管理、実施します。特にグループの保険付
                               保については社内規程を整備し、これによりグローバル
                               に適用される保険付保に取り組み、毎期これを更新する
                               ことで、グループの重要なリスクの移転が確実に行われ
                               るように努めます。
                              ・ グループレベル又は地域レベルにおける重大事故に備
                               え、対応するためのリスク管理に係る社内規程を整備し
                               ます。
                              ・ 当社グループの財務報告及びその他の事項に関する適
                               時適正な情報開示が適正に行われるための体制を確保し
                               ます。
           執行役の職務の執行に係る情報の保存                   ・執行役の職務執行に係る文書、記録類その他の情報につ
        3   及び管理に関する体制                     いては法令、社内規程に従い適切に保存及び管理を行い
                               ます。
           当社グループの役職員の職務の執行が                   ・ 取締役会の定める当社グループの中長期計画に基づ
           効率的かつ効果的に行われることを確                     き、年度目標をグループ内で明確化し、一貫した方針管
           保するための体制                     理を行います。
                              ・ 取締役会は、法令の定める範囲内で、業務執行の意思
                               決定を執行役に委任します。
                              ・ 執行役をメンバーとする経営会議を設営し、その審議
                               により、取締役会において策定する当社グループの方
                               針、目標等の下、執行役が効率的かつ効果的に当社グ
                               ループのビジネスに関する事項について迅速果断な意思
                               決定をできるよう支援します。
        ▶
                              ・ 取締役会による決議、及び職務・業務分掌、権限に関
                               する社内規程に従い、執行役その他の当社グループの役
                               職員の当社グループにおける担当業務、職務権限を明確
                               にします。
                              ・ 経営会議に関する社内規程など各種会議体等に係る規
                               程を定め、その審議基準、プロセスに従い、当社グルー
                               プのビジネスに関する事項について意思決定を行いま
                               す。
                              ・ IT技術を活用して、業務の効率性向上のためのシステ
                               ム構築を推進します。
                                  55/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           当社グループにおける報告体制                   ・ グループレベルで、事業部門及びファンクションごと
                               に、報告体制を構築します。
                              ・ 子会社の管理に係る社内規程を制定し、重要な子会社
                               については、当該子会社ごとに、内部監査、経理、財
        5                       務、税務、人事、労務、年金、安全衛生、法務、倫理・
                               コンプライアンス及び環境等に係る事項並びにそれらに
                               関するリスク状況に関する報告が、当社に対して定期的
                               に行われることを確実にします。
                              ・ グループベースで内部監査を実施します。
           監査委員会の監査が実効的に行われる                   ・ 監査委員会は、取締役会が果たす監督機能の一翼を担
           ことを確保するための体制                     うものとして、本内部統制システムの構築に関する基本
                               方針に基づき、
                                ▷ 執行役により当社グループの内部統制システムが適
                                 切に構築、整備、運用されているかどうか、
                                ▷ さらには当該基本方針自体に問題がないかどうか、
                               という側面から、取締役及び執行役の職務執行について
                               監査を行います。
                              ・ このような監査を実効的なものにするため、
                                ▷ 監査委員会は、経営会議その他業務執行に係る重要
                                 会議へ監査委員を出席させることができます。また同
                                 委員会は、それらの会議体での議論に代る重要な意思
                                 決定過程が採られる場合、当該意思決定過程に関する
                                 情報にアクセスすることができます。
                                ▷ 監査委員会は、必要に応じ、当社グループの事業部
                                 門、ファンクションを所管する執行役及びその他当社
                                 グループの役職員のうち重要な職位にある者から、そ
        6                         の職務の執行の状況に関して、ヒアリングをします。
                                ▷ 監査委員会は、各リスクを所管する部署より、主と
                                 して当社グループの次に掲げる事項に係るリスクの状
                                 況について、定期的に報告を受けます。
                                  ▶ 内部監査、経理、財務、税務、人事、労務、年
                                   金、安全衛生、IR、法務、倫理・コンプライアン
                                   ス及び環境等
                                ▷ 監査委員会は、経営会議資料、稟議書等、重要書類
                                 を閲覧できます。
                                ▷ 監査委員会は、担当執行役より、四半期決算・期末
                                 決算について、取締役会への報告、承認等の前に説明
                                 を受けます。
                                ▷ 監査委員会は内部監査部門、会計監査人と定期的に
                                 会合を持ち、必要な情報を収集します。
                                ▷ 監査委員は、本号冒頭に記載する監査委員会監査の
                                 目的に照らして、なお必要と判断する場合は、自ら、
                                 主要な国内外における当社グループの事業所の業務及
                                 び財産の現況を往査します。
                                  56/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           当社グループの役職員が当社の監査委                   ・ 当社の取締役及び執行役は、次の場合、直ちにその事

           員会に報告をするための体制その他の                     実を監査委員会に対し報告を行います。
           監査委員会への報告に関する体制                      ▷ 当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事
                                 実を発見した場合
                                ▷ 当社グループの役職員が法令若しくは定款に違反す
                                 る行為をし、又はこれらの行為をするおそれがあると
                                 考えられる場合
        7
                              ・ 前号の定めにかかわらず、監査委員会は、その監査に
                               あたって必要と判断する場合、当社グループの役職員に
                               対して報告を求めることができます。
                              ・ 監査委員会に対して以上の報告を行った者に対して、
                               当該報告を行ったことを理由とする人事上の処遇等に係
                               るいかなる不利益も及ばないことを明示的に保証しま
                               す。
           監査委員会の職務を補助すべき取締役                   ・ 監査委員会の職務を補助するため監査委員会室を設置
           及び従業員に関する事項                     し、必要とする員数のスタッフ(「監査委員会付スタッ
                               フ」)を配置します。
                              ・ 監査委員会付スタッフは、監査委員会又は監査委員の
                               指示の下、
        8
                                ▷ 自ら、又は関連部門と連携して、監査対象事項を調
                                 査、分析又は報告するとともに、
                                ▷ 必要に応じて、当社グループの主要な国内外事業所
                                 の業務及び財産の現況に関する監査委員会による往査
                                 を補佐します。
           前号の取締役及び従業員の当社の執行                   ・ 監査委員会付スタッフの人事に関する事項について
           役からの独立性に関する事項並びにこ                     は、監査委員会に事前に報告され、その同意を必要とし
           れらの取締役及び従業員に対する指示                     ます。
        9
           の実効性の確保に関する事項                   ・ 監査委員会付スタッフの長は、当社グループの執行に
                               関わる役職を兼務せず、監査委員会の指揮命令権のみに
                               服します。
           監査委員の職務の執行(監査委員会の                   ・ 監査委員が、その職務の執行について、その費用の前
           職務の執行に関するものに限る。)に                     払いの請求その他の会社法第404条第4項各号に掲げる請
           ついて生ずる費用の前払又は償還の手                     求を当社に対して行ったときは、当社が、当該請求に係
        10
           続その他の当該職務の執行について生                     る費用又は債務が当該委員の職務の執行に必要でないこ
           ずる費用又は債務の処理に係る方針に                     とを証明した場合を除き、当該請求を拒むことができな
           関する事項                     いものとします。
       2)  取締役及び執行役の報酬等について

        ①   取締役及び執行役の報酬等の決定に関する方針等
         <1>    報酬等の決定にかかる組織及び責任
            当社は、2008年6月の第142期定時株主総会終結時をもって、報酬委員会を設置いたしました。現在の同
           委員会は、4名の社外取締役、及び1名の取締役                       代表執行役で構成されています。現在の委員長は社外取
           締役である木本泰行氏です。委員自身の報酬等に関する事項が議論される場合には、当該委員の出席はでき
           ないものとしています。委員会の運営については、人事部門が事務局として支援し、適宜外部専門家により
           提供される情報を使用します。また、委員会が認めた総務法務部のメンバーが法務関連事項についての内部
           法務アドバイザーを務めます。2018年3月期においては、同委員会は4回開催されました。
            同委員会は次の事項を決定いたします。
            ・取締役及び執行役の個人別の報酬等の内容に係る決定に関する方針の決定
            ・取締役及び執行役の個人別の報酬等の内容に係る決定
            また、同委員会は、取締役及び執行役以外の当社グループの上級幹部の報酬の方針及び内容について、以
           下の<2>で掲げる方針に則して、代表執行役社長兼CEOに対し、推薦又は助言することができます。
                                  57/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         <2>    執行役の報酬等の決定に関する方針

            当社グループは、世界約30ヶ国で事業運営をするグローバル企業です。執行役の報酬に関する方針の目的
           は、執行役の任用契約条件を市場競争に耐え得るようにし、またグローバルビジネスにおいて世界中から高
           い能力を持つ執行役を惹きつけ、確保し、かつ動機づけるように報酬内容を設計することにあります。
            当該方針の狙いは、個々の基本報酬及びインセンティブ報酬がグループの業績や株主利益と整合性を保
           ち、個々人の業務における責任と成果が反映されるようにすることにあります。執行役に対する個々の報酬
           内容は直接任用される国の市場環境によって異なりますが、年度賞与と長期インセンティブ報酬プランにつ
           いては、グローバル方針に従い、当社グループレベルで企画、設計され、整合性が保たれるものとします。
            基本報酬及び福利厚生の内容は、市場競争に耐え得るレベルに設定され、年度業績連動報酬(年度賞与)

           は主に財務指標の達成度合いで評価されます。
            執行役の報酬内容は毎年見直されます。方針として、グローバル企業における市場の概ね中位数に報酬水
           準を調整するものとします。適切な市場相場の決定にあたっては、売上高及び時価総額並びに国際化の複雑
           さ及び広がりといった事情が考慮されます。報酬内容の見直しにあたっては、個々人の役割の範囲、責任及
           び業績、会社業績の目標及び計画に対する進捗度、並びに他の管理職の昇給予定が考慮されます。
            各執行役は、年度業績連動報酬制度(年度賞与)に参加します。報酬委員会は業績基準と適切な賞与支給
           条件を設定しています。当該報酬制度は、取締役会で承認された年度予算に対して挑戦しがいのある財務業
           績の達成目標や主要な非財務業績目標に基づきます。財務業績の達成目標は当社グループの中期経営計画と
           明確に整合します。
           執行役の2018年3月期及び2019年3月期の年度業績連動報酬制度における業績指標は次の項目を含みます。

                                           比重(%)
                     指標
                                   CEO、COO     及びCFO
                                               その他の執行役
            グループ営業利益                            50           25

            グループフリー・キャッシュ・フロー                            50           25

            グローバルSBU(注)の営業利益                            -           25

            グローバルSBU(注)の営業活動による
                                       -           25
            キャッシュ・フロー
           (注)SBUとはStrategic            Business     Unit(戦略事業単位)を意味し、当社グループの各事業部門を
              指します。
            一定レベルの目標が達成されない場合は、執行役への賞与は支払われません。最低限のエントリーレベル

           は、ビジネスが財務業績の最低限の水準を満たしていることを確実とするために、報酬委員会によって設
           定・承認されます。執行役の年度賞与の支払水準はマネジメントグレードに応じて基本報酬の0-125%の範
           囲となります。
            各執行役は、長期インセンティブ報酬プランに参加することができます。当該プランは、3年間にわたる
           グループの長期的な業績目標の達成に報いることを目的とします。年1回の発行を可能とし、したがって、
           いずれの時点においても効力を有するプランが3本存在することがあり得ます。当該プランの業績目標基準
           は、主な財務指標により設定されます。
            2016年3月期、2017年3月期及び2018年3月期に稼働するプランで使用されている業績指標は、現在、一
           株当たり利益の累積総額です。当該業績目標基準のエントリー値が達成されない場合は、支払いは行われま
           せん。支払いは金員をもってなされます。執行役と株主の利益を一致させるべく、当該支払いは、各プラン
           につき、それぞれ対象となる3年間の当社株価の値動きに連動します。執行役の長期インセンティブ報酬プ
           ラン支払水準はマネジメントグレードに応じて基本報酬の0-150%の範囲となります。
            2017年3月期から、マルス(権利付与後権利確定前の減額)及びクローバック(権利確定後の返還)条項
           を全ての長期インセンティブプランに導入しています。グループは発動要件の1つが発生した場合にこれら
           の条項を行使することができ、発動要件にはインセンティブ額の根拠となる業績の虚偽や誤り、相当程度の
           違法行為、またはグループ倫理規範に対する重大な違反を含みます。
                                  58/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
            2014年以降の長期インセンティブ報酬プランは執行役と他の参加資格者に、当該プランの手取り金額の

           50%につき、当社の普通株式への投資を求めています。当該投資により、執行役は、当社の株主としての利
           益を享受するとともに、引き続き株主価値向上に向けて動機づけがなされ、執行役と株主の皆様とのさらな
           る利害の一致が図られます。当該株式投資は、日本非居住者である執行役を含め、資格を有する全ての参加
           者に適用されます。
            株式保有と、株主の皆様との利害の一致は、株式保有目標を用いることでさらに促進されます。株式保有
           目標は執行役ごとに設定され、基本報酬に対するパーセンテージとして示されます。本プランを通じて、執
           行役は、数年をかけて目標に達する株式を保有することが期待されます。株式保有目標に対する進捗状況は
           毎年評価されます。執行役に対する株式保有目標は現在、マネジメントグレードに応じて基本報酬の50-
           100%の範囲となります。目標レベルは市場慣行に則して報酬委員会によって継続的に見直されます。
         <3>    独立社外取締役の報酬等の決定に関する方針

           独立社外取締役の職務は、取締役会の一員として、その重要な意思決定に携わるとともに、独立的かつ客観
          的な立場から、NSGグループの経営を監督することです。独立社外取締役が当該職務を適切かつ効果的に遂行
          できるよう、また、当社が当該職務につき期待される能力、経験を持つ人材を確保できるよう、独立社外取締
          役の報酬等は、外部専門家による他社事例の調査等に基づき、適正な水準で定められます。
           独立社外取締役はその職務遂行に対する報酬を受領します。独立社外取締役は業績連動報酬や長期インセン
          ティブ報酬の受給資格を持ちません。
           独立社外取締役は取締役会議長又は委員会のいずれかの委員長を担う場合、追加の報酬を受領します。
           なお、非独立の社外取締役が選任されたときは、当該社外取締役は、各委員会の委員としての選任の有無
          等、独立社外取締役とのバランスを踏まえた、その職務遂行に対する適正な水準の報酬を受領します。また、
          独立社外取締役と同じく、業績連動報酬や長期インセンティブ報酬の受給資格を持ちません。
        ②   取締役及び執行役の報酬等の額

       <1> 当社により支払われる取締役及び執行役の報酬等の額
                                      報酬等の額(百万円)

                          員数
              区分
                          (人)
                                       インセンティブ
                                 基本報酬                 その他
                                         プラン
        執行役を兼務しない取締役
                          5           69        -        -
        (社外取締役)
        執行役                  6          179        139         73
      (注)1.上記表の執行役は、森重樹、諸岡賢一、日吉孝一、岸本浩、西川宏及び藤巻和彦に対する報酬等の額に関
           するものです。
         2.当社により支払われる上記表の報酬等のほかに、当社の子会社により支払われる当社執行役に対する報酬
           等がありますが、これらについては下記表<3>の通りとなります。本表に示される執行役に対する報酬
           等は、6名の執行役に係る基本報酬、インセンティブプラン、及び「その他」から構成されます。
         3.上記表中の額は取締役及び執行役の在任期間に関するものです。
         4.執行役には、第151期定時株主総会終結後に開催された取締役会終結の時をもって退任した者を含みます。
         5.     上記表のインセンティブプランの額は5名の執行役に対する当事業年度に係る年度賞与及び、6名の執行
           役に対する2015年4月から2018年3月までの3事業年度に係る長期インセンティブプランによるもので
           す。その支払いは、2018年4月から始まる事業年度中になされます。
         6.     執行役についての「その他」は、5名の執行役に対するストックオプション費用                                      52百万円を含みます。当
           該ストックオプションは、日本の任用条件の下、2007年の役員退職慰労金制度の廃止に伴い退職給付制度
           の一環として導入された株式報酬型ストックオプションです。
         7.「その他」は、年金拠出金、医療・健康保険、及び社宅に係る費用等を含みます。
                                  59/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       <2> 報酬等の額が1億円以上の取締役及び執行役の個人別の報酬開示

                                        報酬等の額(百万円)
              氏名           負担主体
                                      インセンティブ
                                基本報酬               その他        合計
                                        プラン
        森 重樹
                          当社           53       66       18       137
        代表執行役社長兼CEO
        クレメンス・ミラー                  NSG
        (Clemens     Miller)           Management            65       64        3      132
        代表執行役副社長兼COO                 GmbH
      (注)1.上記表のインセンティブプランの額は、2017年4月から2018年3月までの期間(当事業年度)に係る年度
           賞与及び2015年4月から2018年3月までの3事業年度に係る長期インセンティブプランによるものです。
           その支払いは、2018年4月から始まる事業年度中になされます。
         2.「その他」には、年金拠出金、医療・健康保険及び自動車に関わる費用等を含みます。
         3.ユーロ建ての支払いについては、当事業年度の平均為替レートである1ユーロ当たり130.1円で円換算して
           います。
       <3> 子会社により支払われる執行役の報酬等の額

                                      報酬等の額(百万円)
                          員数
              区分
                                       インセンティブ
                          (人)
                                 基本報酬                 その他
                                         プラン
        執行役                  4          181        129         24
      (注)1.上記表は、クレメンス・ミラー、シャーリー・アンダーソン、トニー・フラッジリー及びヨヘン・セトル
           マイヤーに対する執行役としての報酬等の額に関するものです。
         2.     上記表のインセンティブプランの額は、当事業年度に係る年度賞与及び2015年4月から2018年3月までの
           3事業年度に係る長期インセンティブによるものです。その支払いは、2018年4月から始まる事業年度中
           になされます。
         3.「その他」は、年金拠出金、医療・健康保険、及び自動車に係る費用等を含みます。
         4.英ポンド建て及びユーロ建ての支払いについては、それぞれ当事業年度の平均為替レートである1ポンド
           当たり147円、1ユーロ当たり130.1円で円換算しています。
       3)  取締役の定数及び選任決議要件

        ①   定数
         当社は、取締役を3名以上とする旨を定款に定めています。
        ②   選任決議要件
         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び同決議については累積投票によらない旨を定款に定
         めています。
                                  60/184







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       4)株主総会決議事項を取締役会決議事項としている事項及び取締役会決議事項を株主総会では決議できないとし

         ている事項並びに株主総会の特別決議要件
        ①   株主総会決議事項を取締役会決議事項としている事項及び取締役会決議事項を株主総会では決議できないと
         している事項
        <1> 取締役等の責任の免除

            当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を
           含む。)及び執行役(執行役であった者を含む。)並びに監査役であった者の損害賠償責任を、法令の限
           度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款で定めています。これは、取締役及
           び執行役がその期待される役割を十分に発揮できるようにすることを目的とします                                      。
        <2> 剰余金の配当等の決定機関

            当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって、同
           法同条項各号に掲げる事項について定めることができる旨を定款に定めています。これは、機動的かつ柔
           軟な資本政策の遂行を可能にすることを目的とします。
        ②   株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
        主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてい
        ます。これは、株主総会のより円滑な運営を可能にすることを目的とします。
       5)種類株式に関する事項

        ①   単元株式数
         普通株式の単元株式数は100株であり、A種種類株式の単元株式数は1株です。
        ②   議決権の有無の差異及び内容の差異並びにその理由

         普通株式は、株主としての権利内容に制限のない株式ですが、A種種類株主は、法令に別段の定めのある場合
        を除き、株主総会において議決権を有しません。これは資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したため
        です。
       6)株式の保有状況

        ①  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計金額

                   貸借対照表計上額
            銘柄数
                     (百万円)
               44           990
        ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          該当事項はありません。
        ③  保有目的が純投資目的の投資株式

          該当事項はありません。
                                  61/184






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
      提出会社                  131            -           133            -

      連結子会社                  -            -            -            -

         計              131            -           133            -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          当社の連結子会社であるPilkington                  Group   Ltd.等が、当社の監査公認会計士等が属するネットワークである
         Ernst   & Youngの海外事務所に対して、監査証明業務に基づく報酬として支払うべき額は400百万円であります。
         (当連結会計年度)

          当社の連結子会社であるPilkington                  Group   Ltd.等が、当社の監査公認会計士等が属するネットワークである
         Ernst   & Youngの海外事務所に対して、監査証明業務に基づく報酬として支払うべき額は439百万円であります。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

         (前連結会計年度)
          当社の監査公認会計士等に対する監査及びその他のサービスに                              かかる   報酬は、事前に監査委員会の同意を得
         た上で決定しております。
         (当連結会計年度)

          当社の監査公認会計士等に対する監査及びその他のサービスに                              かかる   報酬は、事前に監査委員会の同意を得
         た上で決定しております。
                                  62/184









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことか
        ら、第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令59号。以下「財

        務諸表等規則」という)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責
       任監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を

       適正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。その内容は以下の通りであり
       ます。
       (1)会計基準等の内容を適切に把握し、連結財務諸表等の適正性を確保できる体制を整備するため、公益財団法人財
         務会計基準機構へ加入し、会計基準の変更等の情報を逐次受けております。また、公益財団法人財務会計基準機
         構が行う有価証券報告書の作成に関するセミナー等への参加を行っております。
       (2)IFRSの適用においては、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準に関

         する情報の把握を行っております。またIFRSに基づく会計処理については、IFRSに準拠したグループ会計方針を
         制定し、年度末決算に関する説明会の開催等を通じてグループ企業への周知を図ることにより、グループで統一
         的な会計処理が行われるよう努めております。
                                  63/184











                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                   当連結会計年度               前連結会計年度

                             注記    (自 2017年4月1日               (自 2016年4月1日
                                  至 2018年3月31日)               至 2017年3月31日)
     売上高                        (5)            603,852               580,795

                                         △441,887               △429,122
     売上原価
     売上総利益

                                          161,965               151,673
     その他の収益                        (6)             2,571               1,874

     販売費                                    △54,536               △51,834

     管理費                                    △66,613               △64,922

                                          △7,724               △6,929
     その他の費用                        (7)
     個別開示項目前営業利益                        (5)

                                          35,663               29,862
                                          △1,265                2,921

     個別開示項目                        (9)
     個別開示項目後営業利益

                                          34,398               32,783
     金融収益                        (11)              1,080               1,380

     金融費用                        (11)            △15,704               △20,554

                                           2,403               1,142
     持分法による投資利益                        (18)
     税引前利益

                                          22,177               14,751
     法人所得税                        (12)             △4,714               △7,459
                                          △9,590                 -
     米国連邦法人税率の変更に伴う調整額                        (12)
                                           7,873               7,292
     当期利益
                                           1,743

      非支配持分に帰属する当期利益                        (43)                            1,687
                                           6,130               5,605
      親会社の所有者に帰属する当期利益
                                           7,873               7,292
     親会社の所有者に帰属する1株当たり

     当期利益
      基本的1株当たり当期利益(円)                        (39)              47.90               62.04
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                        (39)              38.65               61.49

                                  64/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    当連結会計年度              前連結会計年度

                              注記    (自 2017年4月1日              (自 2016年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2017年3月31日)
     当期利益                                      7,873              7,292

     その他の包括利益:

      純損益に振り替えられない項目

       確定給付制度の再測定

                              (30)
                                           1,749             △1,833
       (法人所得税控除後)
       その他の包括利益を通じて公正価値を測定する
       持分金融商品の公正価値の純変動                                   △6,357              △6,182
       (法人所得税控除後)
       持分法適用会社における
                                             -              33
       その他の包括利益に対する持分
      純損益に振り替えられない項目合計

                                          △4,608              △7,982
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

       在外営業活動体の換算差額

                                           6,484             △19,190
       その他の包括利益を通じて公正価値を測定する
       その他の金融資産の公正価値の純変動                                    △302                95
       (法人所得税控除後)
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の
                                           1,407              3,073
       純変動(法人所得税控除後)
      純損益に振り替えられる可能性のある項目合計

                                           7,589             △16,022
     その他の包括利益合計

                                           2,981             △24,004
      (法人所得税控除後)
                                           10,854             △16,712

     当期包括利益合計
      非支配持分に帰属する当期包括利益                                      735             1,388

                                           10,119             △18,100
      親会社の所有者に帰属する当期包括利益
                                           10,854             △16,712
                                  65/184







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   当連結会計年度末               前連結会計年度末

                             注記
                                  (2018年3月31日)               (2017年3月31日)
     資産
      非流動資産
       のれん                        (14)            112,455               105,972
       無形資産                        (15)             57,389               56,288
       有形固定資産                        (16)            252,778               245,157
       投資不動産                        (17)               413               523
       持分法で会計処理される投資                        (18)             17,655               13,773
       退職給付に係る資産                        (30)             27,144               19,227
       売上債権及びその他の債権                        (19)             16,310               17,170
       その他の包括利益を通じて
                             (20)             17,290               26,568
       公正価値を測定する金融資産
       デリバティブ金融資産                        (21)               445               248
       繰延税金資産                        (23)             36,115               41,622
                                            912              1,270
       未収法人所得税
                                          538,906               527,818
      流動資産
       棚卸資産                        (24)            108,975               105,514
       未成工事支出金                        (25)               641               625
       売上債権及びその他の債権                        (19)             73,952               68,010
       その他の包括利益を通じて
                             (20)               100               572
       公正価値を測定する金融資産
       デリバティブ金融資産                        (21)               938               963
       現金及び現金同等物                        (26)             64,801               84,920
                                           3,569               1,644
       未収法人所得税
                                          252,976               262,248
       売却目的で保有する資産                        (27)               -              126
                                          252,976               262,374
                                          791,882               790,192
      資産合計
                                  66/184








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                   当連結会計年度末               前連結会計年度末
                             注記
                                  (2018年3月31日)               (2017年3月31日)
     負債及び資本
      流動負債
       社債及び借入金                        (28)             96,470               78,417
       デリバティブ金融負債                        (21)              1,093               1,393
       仕入債務及びその他の債務                        (29)            133,538               123,794
       未払法人所得税                                     4,655               2,797
       引当金                        (31)             16,416               14,091
                                           2,973               2,733
       繰延収益                        (32)
                                          255,145               223,225
      非流動負債
       社債及び借入金                        (28)            274,185               317,981
       デリバティブ金融負債                        (21)               906              1,595
       仕入債務及びその他の債務                        (29)               752               443
       繰延税金負債                        (23)             18,567               15,005
       未払法人所得税                                     2,307               1,536
       退職給付に係る負債                        (30)             71,937               70,826
       引当金                        (31)             15,903               16,903
                                           9,323               8,970
       繰延収益                        (32)
                                          393,880               433,259
      負債合計                                    649,025               656,484
     資本

      親会社の所有者に帰属する持分
       資本金                        (34)            116,546               116,463
       資本剰余金                        (35)            166,661               166,578
       利益剰余金                        (36)            △52,140               △59,646
       利益剰余金
                                         △68,048               △68,048
       (IFRS移行時の累積換算差額)
                                         △28,685               △31,201
       その他の資本の構成要素                        (37)
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                    134,334               124,146
       非支配持分                        (43)              8,523               9,562
      資本合計                                    142,857               133,708
                                          791,882               790,192
      負債及び資本合計
                                  67/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結持分変動計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  利益剰余

                                        その他の     親会社の所
                                  金(IFRS
                         資本     利益          資本の    有者に帰属
                   資本金                移行時の                非支配持分      資本合計
                        剰余金     剰余金          構成要素     する持分合
                                  累積換算
                                               計
                                   差額)
                   (34)     (35)     (36)           (37)           (43)
     2017年4月1日残高             116,463     166,578     △59,646     △68,048     △31,201      124,146      9,562    133,708

      当期利益                         6,130                6,130     1,743     7,873

      その他の包括利益                         1,749           2,240     3,989    △1,008      2,981

      当期包括利益合計                -     -    7,879       -    2,240     10,119       735    10,854

     所有者との取引額

      新株予約権の増減                83     83               △95      71           71

      剰余金の配当                                           -   △1,774     △1,774

      自己株式の取得及び
                          △0                △2     △2           △2
      処分
      その他の資本の構成要
      素から利益剰余金への                        △373            373      -           -
      振替
     2018年3月31日残高             116,546     166,661     △52,140     △68,048     △28,685      134,334      8,523    142,857
                                                    (単位:百万円)

                                  利益剰余

                                        その他の     親会社の所
                                  金(IFRS
                         資本     利益          資本の    有者に帰属
                   資本金                移行時の                非支配持分      資本合計
                        剰余金     剰余金          構成要素     する持分合
                                  累積換算
                                               計
                                   差額)
                   (34)     (35)     (36)           (37)           (43)
     2016年4月1日残高             116,449     127,511     △63,502     △68,048      △9,301     103,109      8,902    112,011

      当期利益                         5,605                5,605     1,687     7,292

      その他の包括利益                        △1,800          △21,905     △23,705       △299    △24,004

      当期包括利益合計                -     -    3,805       -  △21,905     △18,100       1,388    △16,712

     所有者との取引額

      新株の発行              20,000     20,000                      40,000           40,000

      株式発行費用                    △946                      △946           △946

      資本金から
                  △20,000      20,000                        -           -
      資本剰余金への振替
      新株予約権の増減                14    △12      76           8     86           86
      剰余金の配当                                           -    △728     △728

      自己株式の取得及び
                          △0                △3     △3           △3
      処分
      利益剰余金から
                           25    △25                 -           -
      資本剰余金への振替
     2017年3月31日残高             116,463     166,578     △59,646     △68,048     △31,201      124,146      9,562    133,708
                                  68/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                   当連結会計年度               前連結会計年度

                             注記    (自 2017年4月1日               (自 2016年4月1日
                                  至 2018年3月31日)               至 2017年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      営業活動による現金生成額                        (38)             53,489               54,523
      利息の支払額                                    △11,596               △20,666
      利息の受取額                                     1,021               1,567
                                          △5,751               △4,995
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                     37,163               30,429
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      持分法適用会社からの配当金受領額                                     2,508               1,104
      ジョイント・ベンチャー及び関連会社
                                           △575                -
      の取得による支出
      ジョイント・ベンチャー及び関連会社
                                            -             2,005
      の売却による収入
      子会社及び事業の売却による収入                                      156               -
      有形固定資産の取得による支出                                    △31,582               △24,130
      有形固定資産の売却による収入                                     4,065              10,403
      無形資産の取得による支出                                    △2,166               △1,855
      無形資産の売却による収入                                      944               46
      その他の包括利益を通じて公正価値を
                                           △208                △7
      測定する金融資産の購入による支出
      その他の包括利益を通じて公正価値を
                                           5,313               1,967
      測定する金融資産の売却による収入
      貸付金による支出                                     △500               △465
      貸付金の返済による収入                                     1,484                641
                                            202               139
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                    △20,359               △10,152
     財務活動によるキャッシュ・フロー

      非支配持分株主への配当金の支払額                                    △1,774                △728
                                            -
      株式の発行による収入                                                    39,054
      社債償還及び借入金返済による支出                        (28)            △94,736              △210,499
      社債発行及び借入れによる収入                        (28)             62,624              188,573
      その他                                      △3               △2
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △33,889                16,398
     現金及び現金同等物の増減額
                                         △17,085                36,675
     現金及び現金同等物の期首残高                        (26)             79,808               46,162
                                            76            △3,029
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                          62,799               79,808
     現金及び現金同等物の期末残高                        (26)
                                  69/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結財務諸表注記】
      1.   報告企業
           当社及び連結子会社(以下、当社グループ)は、建築用及び自動車用ガラスの生産・販売における世界的な

          リーディング・カンパニーであると共に、様々なハイテク分野で活躍する高機能ガラス事業を展開しておりま
          す。当社グループの親会社である日本板硝子株式会社は、日本に所在する企業であり、東京証券取引所にて株
          式を上場しております。当社の登記されている本社の住所は、東京都港区三田三丁目5番27号です。
      2.   作成の基礎

           当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵

          省令第28号。以下、連結財務諸表規則)第93条の規定により、国際会計基準(以下、IFRS)に準拠して作成し
          ております。
           当社は、連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしており、同条

          に定める指定国際会計基準特定会社に該当いたします。
           当社グループの連結財務諸表は、投資不動産、デリバティブ金融資産及び負債、その他の包括利益を通じて

          公正価値を測定する金融資産を除き、取得原価を基礎として作成されております。
           本連結財務諸表は、2018年6月29日に当社取締役代表執行役社長兼CEO森                                   重樹及び当社最高財務責任者であ

          る取締役代表執行役副社長兼CFO諸岡                  賢一によって承認されております。
           連結財務諸表の表示通貨は日本円であり、特に注釈の無い限り、百万円単位での四捨五入により表示してお

          ります。
      3.   未適用の公表済み基準書及び解釈指針

           当社グループの2018年4月1日又はそれ以降に開始される連結会計年度から強制適用が予定される、公表済

          みの基準書及び解釈指針の新設又は改訂について、当社グループが主要な連結財務諸表に重要な影響を与える
          可能性があると考えるものは以下の通りです。当社グループでは、当連結会計年度(2018年3月期)では早期
          適用しておりません。
           IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」は、収益の認識に関する基準であり、当社グループの2018年4

          月1日に開始される連結会計年度から強制適用されます。この新しい基準は、従来のIAS第18号「収益」及び
          第11号「工事契約」の内容を置き換えるものです。当社グループは、この新しい会計基準の適用による連結財
          務諸表への重要な影響は無いものと考えております。同基準の適用により想定される主な会計方針の変更は、
          特定の状況における顧客への自動車用ガラスの金型の販売について、顧客への引き渡し時点で収益を認識する
          ことです。従来の会計基準における当社グループの会計方針では、金型にかかる収益は、供給契約に定める期
          間に渡って認識することとしていました。IFRS第15号の適用により、従来の基準による場合と比べて、年度に
          よって金型にかかる収益の認識額が増減する可能性がありますが、中長期的には重要な影響は無いものと考え
          ております。また同基準の適用により、金型の他にもいくつかの点で会計方針の変更の可能性がありますが、
          連結財務諸表への重要な影響は個別的にも集合的にも無いものと考えております。
           IFRS第16号「リース」は、リース契約の認識及び測定の原則に関する基準であり、当社グループの2019年4

          月1日に開始される連結会計年度から強制適用されます。この新しい基準は、従来のIAS第17号「リース」の
          内容を置き換えるものです。当社グループでは、この新しい会計基準の適用による影響について、現時点では
          算定しておりません。
           IFRS第17号「保険契約」は、保険契約に関する基準であり、当社グループの2021年4月1日に開始される連

          結会計年度から強制適用されます。この新しい基準は、従来のIFRS第4号「保険契約」の内容を置き換えるも
          のです。当社グループでは、この新しい会計基準の適用による影響について、現時点では算定しておりませ
          ん。
                                  70/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      4.   重要な会計方針
           本連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下の通りです。当社グループは、これらの会計方針

          について、本連結財務諸表に記載されている全ての期間において同一の会計方針として適用しております。前
          連結会計年度(2017年3月期)より、当社グループはIFRS第9号「金融商品」を早期適用しております。
         連結の基礎

          (i)  子会社
            子会社とは、当社グループがその会社の財務及び営業の方針を支配する力を有する全ての事業体のことで
           あり、一般的には、その会社の議決権の過半数を保有する当該会社であります。当社グループが他の事業体
           を支配しているかどうかの判断に際しては、ストック・オプションによる現時点で行使可能な(あるいは転
           換可能な)潜在的議決権の存在と影響を考慮しております。当社グループが議決権の50%超を支配している
           子会社の財務諸表は、その子会社に対する支配が当社グループに移転した日から当該支配が終了する日まで
           連結財務諸表に含まれております。
            当社グループは、企業結合の会計処理として取得法を採用しております。子会社の取得のために移転され

           た対価は、移転した資産、発生した負債、及び当社グループが発行した資本持分の公正価値の合計でありま
           す。移転された対価には、条件付対価契約から生じた資産又は負債の公正価値が含まれます。取得関連費用
           は発生時に費用処理されます。企業結合において取得した識別可能資産、並びに引き受けた負債及び偶発負
           債は、当初、取得日の公正価値で測定されます。
            移転された対価、被取得企業の非支配持分について識別可能純資産の公正価値に対する持分割合相当額と

           して当社グループが認識した金額、及び段階取得の場合には当社グループが以前に保有していた被取得企業
           の資本持分の取得日における公正価値の合計額が、取得した識別可能な純資産の公正価値を超過する額は、
           のれんとして計上されます。割安購入により、この金額が取得した子会社の純資産の公正価値を下回る場
           合、差額は連結損益計算書で直接認識されます(無形資産                           (i)  のれんを参照)。
            グループ会社間の取引高、残高及びグループ会社間取引における未実現利益は消去されます。未実現損失

           についても、取引により資産に減損の証拠が無い限り、消去を行っております。当社グループを構成する全
           ての子会社は、共通の会計方針を使用しており、3月31日を決算日として連結財務諸表に反映しておりま
           す。
          (ii)非支配持分

            当社グループと非支配持分の所有者との間で行われる当社グループの子会社持分の変動について、子会社
           に対する支配の変更を伴わない場合には、資本取引として会計処理しており、のれん、又は利得及び損失が
           計上されることはありません。
          (iii)    ジョイント・ベンチャー

            ジョイント・ベンチャーとは、当社グループと他の当事者が、ある経済的活動を行う場合に共同支配を確
           立するための契約上の取決めです。当社グループでは、このような共同支配される経済的活動はジョイン
           ト・ベンチャーを通じて行われており、ジョイント・ベンチャーの資本に対する持分を有しております。
           従って当社グループは、共同支配を確立するための契約上の取決めのそれぞれについて、共同支配事業では
           なくジョイント・ベンチャーに該当するものと判断しています。当社グループは、各ジョイント・ベン
           チャーのパートナーとの間で、当該ジョイント・ベンチャー契約以外の重要な契約上の取決めは無いものと
           考えております。当社グループは、ジョイント・ベンチャーの資本に対する持分について、関連会社と同様
           に、持分法を用いて会計処理しています。
                                  71/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
          (iv)    関連会社
            関連会社とは、当社グループが重要な影響力を有している事業体であり、通常、議決権株式の20%以上
           50%未満を保有しております。重要な影響力とは、投資先の財務及び経営上の方針の決定に参加するパワー
           であるが、これらの方針に対する支配又は共同支配ではないものです。関連会社に対する持分は、取得当初
           は取得原価で認識され、以後は持分法によって会計処理されております。当社グループは、各関連会社の出
           資者との間で、当該関連会社による通常の事業活動の中で生ずる契約以外の重要な契約上の取決めは無いも
           のと考えております。関連会社に対する投資は、取得に際して識別されたのれん相当額を含んでおります。
            関連会社の取得後の業績に対する当社グループの持分は、連結損益計算書において反映されており、ま

           た、取得後のその他の包括利益の変動に対する持分は、その他の包括利益で認識されております。これら取
           得後の純資産の変動の累計額が、投資の帳簿価額に対して調整されています。関連会社の損失に対する当社
           グループの持分が、当該関連会社に対する持分(無担保債権を含む)と同額以上である場合には、当該関連
           会社に代わって債務の引受け又は支払いの義務を負わない限り、持分を超過する損失は認識しません。
            当社グループと関連会社との間の取引から生じる未実現利益は、当該関連会社に対する持分の範囲で消去

           を行っております。未実現損失についても、取引により資産に減損の証拠が無い限り、消去を行っておりま
           す。
            ジョイント・ベンチャー及び関連会社は、当社グループと同一の報告期間で作成された監査済み財務諸

           表、もしくはこれが利用可能でない場合には、未監査の財務諸表に基づき、会計処理されております。これ
           らの当社グループと同一の報告期間で作成された財務諸表の入手が実務上不可能な場合には、当社グループ
           の報告期間より前3ヶ月以内の日に終了する報告期間で作成された財務諸表を使用しております。なお、必
           要に応じて、ジョイント・ベンチャー及び関連会社の財務諸表に対して、当社グループの会計方針と整合さ
           せるための修正を行っております。
         セグメント情報

            当社グループの最高意思決定機関は、取締役会です。当社グループでは、取締役会に提出される内部報告
           と整合した方法により、事業セグメントの業績の外部報告を行っております。取締役会は、事業セグメント
           への資源配分及び業績評価について責任を負います。
         外貨換算

          (i)   機能通貨及び表示通貨
            当社グループの各企業の個別財務諸表は、その企業が事業活動を行う主たる経済環境の通貨(機能通貨)
           で作成されます。連結財務諸表は、親会社(日本板硝子株式会社)の機能通貨である日本円で表示されま
           す。
          (ii)    取引及び残高

            外貨建て取引は、取引日の為替レートにより機能通貨に換算されます。取引の決済並びに外貨建ての貨幣
           性資産及び負債の期末日の為替レートによる換算から生ずる為替差損益は、有効なキャッシュ・フロー・
           ヘッジ及び純投資ヘッジとして資本で繰延べられる場合を除き、連結損益計算書で認識されます。
            その他の包括利益を通じて公正価値を測定する金融資産に分類される持分証券の為替換算差額は、資本の

           中の公正価値の変動額に含まれます。
          (iii)    在外子会社

            当社グループの表示通貨とは異なる通貨を機能通貨とする全てのグループ企業の業績及び財政状態は、次
           の通り表示通貨に換算されます。なお、超インフレーション経済下の通貨を機能通貨としているグループ企
           業はありません。
            ・連結貸借対照表の資産及び負債は、期末日の為替レートで換算されます。

            ・連結損益計算書の収益及び費用は、平均為替レートで換算されます。但し、当該平均為替レートが、取
             引日における為替レートの累積的影響の合理的な概算値とはいえない場合には、取引日の為替レートで
             換算されます。
            ・このように計算された結果生じる換算差額は、資本の構成項目である在外営業活動体の換算差額にて認
             識されます。
                                  72/184


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
            連結財務諸表において、在外事業体に対する純投資の換算から生ずる換算差額、並びにこのような純投資
           に対するヘッジ手段として指定された借入金や他の通貨による金融商品の換算から生ずる換算差額は、共に
           資本の構成項目である在外営業活動体の換算差額に含まれます。在外事業体を売却した場合には、こうした
           換算差額は、売却損益の一部として連結損益計算書で認識されます。
            2010年3月31日以前に認識されていた累積為替換算差額は、利益剰余金の内訳において「利益剰余金

           (IFRS移行時の累積換算差額)」の科目名称にて区分計上されています。2010年4月1日以降に発生する為
           替換算差額は、その他の資本の構成要素において在外営業活動体の換算差額として計上されます。
            在外事業体の取得に伴い発生したのれん、無形資産並びにその公正価値への調整額については、当該在外

           事業体の資産及び負債として扱われ、期末日の為替レートで換算されます。
         有形固定資産

            土地と建物は、主として当社グループの製造設備に関するものです。土地は取得原価(ファイナンス・
           リースにより調達している場合には、減価償却累計額及び減損損失累計額控除後の原価)で計上されていま
           す。土地以外の全ての有形固定資産は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で
           計上されています。取得原価には、その資産の取得に直接付随する全ての費用を含んでおります。また、取
           得原価には、外貨建ての有形固定資産の購入に対して指定された有効なキャッシュ・フロー・ヘッジにかか
           る利得及び損失のうち、資本から振替えられた金額も含んでいます。
            借入費用は、重要性のある有形固定資産の建設プロジェクトに関して、資産の建設期間にかかる、当社グ

           ループの追加借入利息について資産化されます。資産化された借入費用は、関連する資産の経済的耐用年数
           にわたって減価償却されます。
            当初取得以降に追加的に発生した支出については、その支出により将来の経済的便益が当社グループに流

           入する可能性が高く、金額を信頼性をもって測定することができる場合にのみ、当該取得資産の帳簿価額に
           算入するか個別の資産として認識するかのいずれかにより会計処理されます。他の全ての修繕並びに維持に
           かかる費用は、発生時に連結損益計算書で認識されます。
            自社所有の土地は減価償却を行いません。自社所有の土地以外の有形固定資産の減価償却は、取得価額か

           ら残存価額を控除した金額について、以下の見積耐用年数にわたり定額法で算定しております。
             自社所有の建物                            3~50年

             ファイナンス・リースにより調達している土地及び建物                            リース期間又は経済的耐用年数
             フロートガラス溶融窯                            10~15年
             ガラス製造プラント(溶融窯以外)                            25年
             ガラス加工プラント                            15年
             その他の工場設備                            5~20年
             車両運搬具                            5年
            残存価額と耐用年数は、技術の変化、耐用年数にわたる使用程度並びに市場環境を考慮して、毎期末日に

           見直され、必要な場合には変更されます。
            減損テストの結果、減損損失を認識する場合には、資産の帳簿価額は回収可能価額まで減額されます(資

           産の減損を参照)。
            処分により発生する利得及び損失は、処分金額と当該資産の帳簿価額との差額により算出され、連結損益

           計算書に計上されます。
                                  73/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         投資不動産
            投資不動産は、主として土地、事務所の建物及び小規模な事業所、並びに当社グループによって使用され
           ていないその他の不動産から構成されており、長期にわたり賃貸料収入を得る目的で保有されています。投
           資不動産は、取得原価で当初認識され、当初認識後は、割引キャッシュ・フロー法又は外部の鑑定評価に
           よって毎年算定される公正価値(オープン・マーケット価格に近似)で計上されます。公正価値の変動は、
           連結損益計算書においてその他の収益又はその他の費用の一部として計上されます。
         無形資産

          (i)   のれん
            のれんは、定期的に減損のテストが行われ、取得原価から減損損失累計額を控除した金額で計上されま
           す。グループ企業の売却により発生する利得及び損失には、売却された企業に関連するのれんの帳簿価額が
           含まれています。
            のれんは、減損テスト実施のために、企業結合からの便益を得ることが期待される個々の資金生成単位に

           配分されます。各資金生成単位は、主要な報告セグメントを地域別に区分した単位としております(資産の
           減損を参照)。
          (ii)    商標権及びライセンス

            商標権及びライセンスは、取得原価で当初認識されます。商標権及びライセンスは、一定の耐用年数を有
           し、当初認識後は取得原価から償却累計額を控除した金額で計上されます。商標権及びライセンスの償却費
           は、取得価額を見積耐用年数(20年以内)にわたり定額法で算定しております。
          (iii)    ソフトウェア

            取得したソフトウェアのライセンスは、当該ソフトウェアの取得に要した原価に基づき資産として計上さ
           れます。償却費は、見積耐用年数(5年~10年)にわたり定額法で算定しております。
            ソフトウェアのプログラムを開発もしくは維持するための支出は、発生時に費用として認識されます。当

           社グループによって支配される識別可能で固有なソフトウェアに直接関連する原価は、当該原価を上回る経
           済的便益の獲得能力が1年を超えて見込まれる場合には、無形資産として認識されます。直接的に発生した
           原価には、ソフトウェアの開発に要した労務費並びに開発に直接的に帰属する間接費の金額が含まれます。
            無形資産として認識されたソフトウェアの開発費の償却費は、見積耐用年数(10年以内)にわたり定額法

           で算定しております。
          (iv)    研究開発費

            研究費は、発生時に費用認識されます。開発プロジェクト(当社グループ内で使用される新規もしくは改
           良された製品又はプロセスの設計及びテスト)において発生した支出は、当該プロジェクトがビジネスとし
           て成功し技術上の実行可能性が確立する可能性、あるいはグループ内で改良されたプロセスを生み出す可能
           性が高く、かつ金額を信頼性をもって測定できる場合にのみ、無形資産として認識されます。そうでない場
           合、開発費は発生時に費用認識されます。当初費用認識された開発費は、その後の会計期間において無形資
           産として認識されることはありません。無形資産に計上された開発費の償却費は、当該製品の商業生産が可
           能となった日もしくは当該プロセスが使用可能となった最初の日より、予測使用期間(製品は5年以内、製
           造プロセスは20年以内)にわたり定額法で算定されます。
          (v)   買収により発生した無形資産

            2006年6月のピルキントン社買収に伴い、取得された純資産の公正価値の一部として識別された無形資産
           は、顧客との関係、ノウハウ、ライセンス契約、ピルキントン・ブランド、その他のブランド、開発途上技
           術及び技術資産から構成されます。これらは無形資産に計上され、償却費は、次の通り無形資産のカテゴ
           リー毎に、当社グループに便益がもたらされると期待される期間を見積り、当該期間を耐用年数として定額
           法で算定されます。
                                  74/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
             顧客との関係                    20年以内

             ノウハウ(注2)                    10年
             ライセンス契約(注2)                    11年
             ピルキントン・ブランド(注1)                    -
             その他のブランド(注2)                    10年
             開発途上技術                    20年以内
             技術資産                    15年以内
             (注1)ピルキントン・ブランドは耐用年数が特定できないため、償却の対象ではありませんが、定期
                 的に減損テストが実施されます。
             (注2)ノウハウ、ライセンス契約及びその他のブランドは償却が終了しており、当連結会計年度末
                 (2018年3月末)時点の帳簿価額は共にゼロとなっております。
         資産の減損

            耐用年数を特定できない無形資産は、償却の対象ではなく、定期的に減損テストが実施されます。償却対
           象の資産についても、帳簿価額を回収することができない可能性を示す兆候があった場合に、減損テストが
           実施されます。減損損失は、帳簿価額が回収可能価額を上回る場合に認識されます。回収可能価額は、資産
           の売却費用控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方の金額です。減損テストを実施するに際して、
           個々の資産は、そのキャッシュ・フローが相互に独立して識別可能な最小単位(資金生成単位)でグループ
           分けされます。
            将来キャッシュ・フローを予測するには、市場の成長率、販売数量、市場価格等の様々な前提条件や見積

           りが使用されます。将来キャッシュ・フローの予測は、過去からの傾向、市場の環境並びに業界の傾向を参
           照して算定した将来の売上高及び営業費用の最善の見積りに基づいています。これらの前提条件は、経営者
           及び取締役会によって見直しが行われます。将来キャッシュ・フローの予測値は、評価日における資本コス
           トにリスク・プレミアムを加えた適切な割引率によって調整されます。回収可能価額の算定に使用される税
           引前加重平均資本コストに基づく割引率は、地域毎に適切な水準で設定され、のれんの減損テストにも使用
           されています(注記14参照)。
         財務リスク管理

           財務リスクの要因
            当社グループは、グローバルに事業活動及び財務活動を行っているため、外国為替リスク、燃料価格リス
           ク、借入金の調達コスト及び金利に関するリスクといった市場リスク、並びに信用リスクや流動性リスクな
           どの様々な財務リスクを有しております。当社グループは、金融商品を用いてグループの財政状態及び業績
           に与える影響を最小限にするように財務リスク管理を実施しております。
            財務リスク管理は、取締役会が承認した方針に基づいて、当社グループの財務部門(以下「グループ財

           務」)が行っております。グループ財務は、グループの事業部門との緊密な協力関係の下で財務リスクを識
           別し、評価し、ヘッジしております。全般的なリスク管理について文書化された原則に加えて、外国為替リ
           スク、燃料価格リスク、金利リスク、デリバティブ及び非デリバティブ金融商品の利用、信用リスク、並び
           に十分な流動性の確保等の特定分野について文書化された取組方針が、取締役会の承認により策定されてお
           ります。
          (i)   市場リスク

          (a)   外国為替リスク
            当社グループは、グローバルに事業活動を行っており、主にユーロ、ポンド及び米ドルといった様々な通
           貨に関して生じる外国為替リスクを有しております。外国為替リスクは、将来の商取引、認識されている資
           産及び負債、並びに在外営業活動体に対する正味投資額から発生しております。
            将来の商取引又は既に認識している資産及び負債に起因する外国為替リスクを管理するため、グループ子

           会社は、グループ財務との間で為替予約契約を利用しております。外国為替リスクは、将来の商取引又は既
           に認識されている資産や負債が企業の機能通貨と異なる通貨建である場合に発生します。グループ財務は、
           外部金融機関との為替予約契約を通じて、通貨毎のネットポジションを管理する役割を担っております。
                                  75/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
            各子会社は、グループ財務との為替予約契約について、必要に応じて公正価値ヘッジ又はキャッシュ・フ
           ロー・ヘッジとして指定しております。
            特定の資産、負債もしくは将来の商取引にかかる外国為替リスクについては、グループレベルで外部金融

           機関との間で為替予約契約を締結し、ヘッジとして指定しております。
            グループのリスク管理方針として、将来の外貨建の商取引がほぼ確実に発生すると見込まれる場合には、

           外国為替リスクをヘッジすることにしております。
            当社グループは、在外営業活動体に対する一定の投資をしており、在外営業活動体の純資産は、外貨の換

           算に伴う外国為替リスクを有しております。グループの在外営業活動体の純資産から生じる外国為替リスク
           は、主として同じ外貨建の借入金を通じて管理しております。
            当社グループの為替レートの変動に対する影響は、主として、連結財務諸表の作成に際し現地通貨で表示

           される資産、負債、収益、並びに費用を円換算する過程において発生します。他の条件に変動が無い前提で
           は、為替レートが他の主要通貨に対して1%円高になれば、2018年3月期における連結貸借対照表の資本の
           額が約3,500百万円減少(2017年3月期は約3,500百万円減少)し、また、2018年3月期における連結損益計
           算書の当期利益が約50百万円減少(2017年3月期は当期利益が約150百万円減少)します。
          (b)   燃料価格リスク

            当社グループは、主に重油やガスなどのエネルギーを大量に消費するため、これらエネルギーの価格変動
           リスクを有しております。当社グループは、向こう12ヶ月間に予想される購入量の20~100%の範囲、その
           先の4年間は予想される購入量の0~80%の範囲でヘッジを行うことを方針としております。
          (c)   金利リスク

            当社グループは、重要性のある有利子資産を有していないため、これらの資産からの損益及びキャッ
           シュ・フローが市場金利に左右されることは実質的にありません。
            当社グループの金利リスクは、主として長期借入金から発生します。当社グループでは、変動金利の借入

           金により将来キャッシュ・フローの変動リスクを、また固定金利の借入金により公正価値の変動リスクを、
           それぞれ有しております。当社グループでは、借入金の30~70%を固定金利とすることを方針にしておりま
           す。他の条件に変動が無い前提では、1%の金利の上昇は、年間1,806百万円(2017年3月期は年間1,713百
           万円)の金利費用の増加につながります。
            当社グループは、キャッシュ・フローの金利リスクを支払固定・受取変動の金利スワップ取引により管理

           しております。こうした金利スワップ取引には、変動金利の借入金を固定金利の借入金に変換する実質的効
           果があります。当社グループは、金利スワップ契約に従い、想定元本に基づき算定された契約金利(固定金
           利)と変動金利との差額について、特定の期日に受け渡しする取決めを相手先との間で有しております。
          (ii)    信用リスク

            当社グループは、自動車ガラスのOEM先への債権以外には信用リスクの過度な集中はありません。当社の
           グループ方針として、製品の販売は過去の信用情報に基づき実行することにしております。デリバティブ金
           融商品の使用は、信用力の高い金融機関との取引に限定しております。当社グループは、各金融機関との信
           用リスクのエクスポージャーの金額に上限を設定することを方針としております。
            注記41「関連当事者との取引」に記載の通り、当社グループでは、ジョイント・ベンチャー及び関連会社

           に対する貸付金等の債権を保有しております。当社グループでは、ジョイント・ベンチャー及び関連会社に
           対するこれらの貸付金等の債権について、独立第三者間取引に適用される条件に基づき管理すると共に、債
           権が弁済される十分な見込みがある場合にのみ貸付等が実行されるようにしております。
          (iii)    流動性リスク

            当社グループは、十分な現金及び現金同等物を確保すると共に、借入限度枠の設定により資金調達能力を
           維持することを方針としております。事業環境のいかなる変動にも対応するため、グループ財務では、未使
           用の借入限度枠を十分に確保することによって、機動的な資金調達能力を維持するよう努めております。
                                  76/184


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         金融商品
            当社グループは、金融商品(金融資産及び負債)を以下の通り、純損益を通じて公正価値を測定する金融
           資産及び負債、償却原価で測定する金融資産及び負債並びにその他の包括利益を通じて公正価値を測定する
           金融資産の各カテゴリーに分類しております。
            当社グループの経営者は、当初認識時に金融商品の分類を決定し、期末日ごとに分類が適切かどうかにつ

           いての再評価を行っております。こうした金融商品の分類の決定及び再評価に際しては、当該金融商品にか
           かる契約上のキャッシュ・フローの特性と、当該金融商品を保有するための事業モデルが考慮されます。
          (i)   純損益を通じて公正価値を測定する金融資産及び負債

            このカテゴリーは、売買目的保有金融資産と当初認識時に純損益を通じて公正価値を測定するものと指定
           された金融資産の2つのサブ・カテゴリーに分類されます。金融資産は、短期間で売却する目的で取得され
           た場合、このカテゴリーに分類されます。デリバティブも、有効なヘッジ取引におけるヘッジ手段に指定さ
           れない限り、売買目的保有に分類されます。このカテゴリーに分類される金融資産及び負債は、売買目的で
           保有される場合、あるいは期末日から12ヶ月以内に売却が実現すると見込まれる場合、流動資産及び流動負
           債に計上されます。当社グループは、当連結会計年度末時点において、ヘッジ要件を満たさないデリバティ
           ブを除き、このカテゴリーに分類される金融資産及び負債を保有しておりません。
          (ii)    償却原価で測定する金融資産及び負債

            このカテゴリーに分類される金融資産は、当社グループの連結貸借対照表において、売上債権及びその他
           の債権として計上されています。売上債権及びその他の債権は、支払額が固定もしくは決定可能なデリバ
           ティブ以外の金融資産で、活発な市場における公表価格が存在しないものであります。当社グループが貨
           幣、財貨もしくは役務を相手先に直接提供し、その結果発生する債権を売買する意図を持たない場合、当該
           債権はこのカテゴリーに分類されます。このカテゴリーに分類される金融資産は、期末日から12ヶ月を超え
           て満期日が到来するため非流動資産に計上されるものを除き、流動資産に計上されます。
            このカテゴリーに分類される金融負債は、当社グループの連結貸借対照表において、社債及び借入金又は

           仕入債務及びその他の債務として計上されています。社債及び借入金は、主として金融機関との間で締結さ
           れた借入契約に基づき発生するものであり、期末日から12ヶ月以内に満期日が到来する場合は流動負債に、
           また12ヶ月を超えて満期日が到来する場合は非流動負債に、それぞれ計上されます。仕入債務及びその他の
           債務は、支払額が固定もしくは決定可能なデリバティブ以外の金融負債で、活発な市場における公表価格が
           存在しないものであります。当社グループが財貨や役務をサプライヤーから受領する際に発生する債務は、
           このカテゴリーに分類され、社債及び借入金と同様に、想定された決済日までの期間に応じて流動負債と非
           流動負債に区分して計上されます。
            償却原価で測定する金融資産及び負債が、当該金融資産及び負債がサプライヤーへの金融アレンジメント

           の供与もしくは顧客からの金融アレンジメントの提供を含んだ取引条件により発生する場合には、実効金利
           法を用いて償却原価によって測定されます。一方、当該金融資産及び負債が金融アレンジメントを伴わない
           通常の事業過程において発生する場合には、当初認識時に測定された価額が償却原価として維持されます。
            社債及び借入金は、社債、借入金、リース債務及び非支配持分に対する固定額の配当金の支払義務で構成

           されています。社債及び借入金は、公正価値で当初認識され、それ以降は償却原価で計上されます。付随す
           る取引費用については、関連する社債及び借入金の満期までの期間にわたり連結損益計算書において認識し
           ております。取引費用控除後の正味手取金額と返済価額との差額は、実効金利法を用いて借入期間にわたり
           連結損益計算書において認識されます。
            資本の性格を有していない優先株式は、連結貸借対照表において負債に計上され、直近の償還価額により

           測定されます。資本の性格を有していない優先株式にかかる配当金は、連結損益計算書において支払利息と
           して認識されます。借入金は、当社グループが期末日後少なくとも12ヶ月間その返済を繰り延べる無条件の
           権利を有しない限り、流動負債に計上されます。
                                  77/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
            当社グループは、償却原価で測定する金融資産(債権等)の評価において予想信用損失モデルを適用して

           おり、また適切な場合には、個々の債権等に対する個別の貸倒引当金の認識についても考慮しています。予
           想信用損失モデルでは、将来予測に基づく複数のシナリオを用いて、債権等のグループに対する信用損失
           (減損)の可能性を検討します。売上債権に対する貸倒引当金は、当社グループが当初の取引条件に基づき
           債権の全て又は一部を回収できないと見込まれる客観的な証拠が存在する場合には、個別の売上債権に対し
           て認識されます。この場合、貸倒引当金の金額は、売上債権の帳簿価額と、当該売上債権から回収が見込ま
           れる将来キャッシュ・フローを実効金利法により割り引いた現在価値との差額となります。債権等のグルー
           プに対して予想信用損失モデルを適用する場合には、個別の債権等については回収可能であり信用損失の発
           生が見込まれない場合であっても、貸倒引当金が認識される可能性があります。貸倒引当金の変動は、連結
           損益計算書において認識されます。
            売上債権が債権流動化スキームを通じて金融機関に売却される場合において、当社グループが当該債権に

           対して重要なリスクと経済価値を保持していない場合、又はリスクと経済価値を部分的に保持しているが当
           該債権に対する支配をもはや保持していない場合には、当該債権の認識は中止されます。
          (iii)    その他の包括利益を通じて公正価値を測定する金融資産

            その他の包括利益を通じて公正価値を測定する金融資産は、当社グループがその投資先に対して重要な影
           響力を行使することができないデリバティブ以外の金融資産です。このカテゴリーには、その保有が売買目
           的でなく、その他の包括利益を通じて公正価値を測定することを取消不能に選択した持分金融商品に対する
           投資、又は契約上のキャッシュ・フローの回収と金融資産の売却により支払額が固定もしくは決定可能と見
           込まれる負債性金融商品に対する投資が含まれます。
            その他の包括利益を通じて公正価値を測定する金融資産は、公正価値で当初認識され、当初認識以降も公

           正価値で測定されます。公正価値の変動に伴う未実現の利得及び損失は、連結包括利益計算書において認識
           され、資本(その他の資本の構成要素)の構成項目であるその他の包括利益を通じて公正価値を測定する金
           融資産の公正価値に計上されます。当社グループは、当該金融資産又はグルーピングされた金融資産に減損
           が生じている客観的な証拠があるかどうかについて、期末日ごとに評価を行います。このカテゴリーに分類
           された負債性金融商品に減損が生じている場合には、それまで連結包括利益計算書を通じて認識されていた
           公正価値の変動による累計額は組替調整され、連結損益計算書において損失が認識されます。
         デリバティブ及びヘッジの会計処理

            デリバティブの当初認識はデリバティブ契約を締結した日の公正価値で行い、当初認識後の再測定も公正
           価値で行っております。デリバティブにかかる再測定の結果生じる利得又は損失の認識方法は、ヘッジ手段
           として指定されているかどうか、また、ヘッジ手段として指定された場合にはヘッジ対象の性質及びヘッジ
           の有効性によって決定されています。当社グループは、一部のデリバティブについて、以下のいずれかの指
           定を行っております。(a)認識されている資産もしくは負債の公正価値の変動のヘッジ、又は確定約定の公
           正価値の変動のヘッジ(公正価値ヘッジ)(b)認識されている資産又は負債、もしくは可能性の非常に高い
           予定取引に関連するキャッシュ・フローの変動リスクのヘッジ(キャッシュ・フロー・ヘッジ)(c)在外営
           業活動体に対する純投資のヘッジ(純投資ヘッジ)
            当社グループは、ヘッジの開始時に、ヘッジ手段とヘッジ対象との関係、並びに種々のヘッジ取引の実施

           についてのリスク管理目標及び戦略について文書化しております。当社グループはまた、ヘッジ開始時及び
           継続的に、ヘッジ取引に利用したデリバティブがヘッジ対象の公正価値又はキャッシュ・フローの変動を相
           殺するために極めて有効的であるかどうかについての評価も文書化しております。期間に関連していると考
           えられるヘッジ契約において、ヘッジにかかるコストは、連結損益計算書においてヘッジ関係の有効期間に
           わたって期間按分し認識されます。
                                  78/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
            ヘッジ会計が適用されるデリバティブの公正価値の変動は、次の通り会計処理されます。
          (i)   公正価値ヘッジ

            公正価値ヘッジとして指定され、かつその要件を満たすデリバティブの公正価値の変動は、その他の包括
           利益を通じて公正価値を測定する金融資産をヘッジ対象とする場合には連結包括利益計算書を通じて資本に
           認識され、それ以外の資産等をヘッジ対象とする場合には連結損益計算書に認識されます。この結果、ヘッ
           ジ手段の公正価値の変動は、ヘッジ対象の公正価値の変動に整合するような形で認識されることになりま
           す。
          (ii)    キャッシュ・フロー・ヘッジ

            キャッシュ・フロー・ヘッジとして指定され、かつその要件を満たすデリバティブの公正価値の変動は、
           連結包括利益計算書を通じて資本で認識しております。非有効部分に関する利得又は損失は、連結損益計算
           書に即時に認識しております。
            資本に累積された金額は、ヘッジ対象が純損益に影響を与える期(例えば、ヘッジした予定売上が発生す

           る期)に、組替調整額として純損益に振り替えております。しかしながら、ヘッジ対象である予定取引が非
           金融資産(例えば、棚卸資産)もしくは負債の認識を生じさせるものである場合には、それまで資本に繰り
           延べていた利得又は損失を振り替え、当該資産もしくは負債の測定時における計上額に含めております。
            ヘッジ対象である予定取引の発生の可能性がなくなった時点で、資本に計上されている利得又は損失の累

           計額を連結損益計算書に振り替えております。
          (iii)    純投資ヘッジ

            在外営業活動体に対する純投資のヘッジは、キャッシュ・フロー・ヘッジと同様に会計処理しておりま
           す。ヘッジ手段にかかる利得又は損失のうちヘッジの有効部分にかかるものは、連結包括利益計算書で認識
           しております。非有効部分に関する利得又は損失は、連結損益計算書に即時に認識しております。資本に計
           上された利得又は損失の累計額は、在外営業活動体が部分的に処分又は売却された時点で連結損益計算書に
           振り替えております。
          (iv)    ヘッジ要件を満たさないデリバティブ取引

            一部のデリバティブ取引はヘッジ要件を満たさないものがあります。このような取引から生じる公正価値
           の変動は、連結損益計算書に即時に認識しております。
         公正価値の見積

            活発な市場で取引される金融商品(その他の包括利益を通じて公正価値を測定する金融資産)の公正価値
           は、期末日現在の市場相場価格に基づいております。当社グループが保有している金融資産に用いられる市
           場相場価格は、現在の買呼値であります。金融負債に用いられる市場相場価格は、現在の申し込み価格で
           す。なお、持分法で会計処理される投資に減損の兆候が存在する場合には、当該金融資産の回収可能価額に
           ついて、使用価値及び処分コスト控除後の公正価値のいずれか高い金額で測定しております。
            活発な市場で取引されていない金融商品の公正価値は、評価技法を用いて測定しております。当社グルー

           プはさまざまな方法を用い、また期末日現在の市場相場価格に基づく仮定を行っております。
            為替予約契約の公正価値は、期末日における為替予約の市場レートにより算定しております。金利スワッ

           プ契約の公正価値は、期末日において観察されるイールド・カーブに基づき見積られる将来キャッシュ・フ
           ローの現在価値として算定しております。商品スワップ契約の公正価値は、期末日における先物市場価格に
           より算定しております。
            金融負債の公正価値は、当該金融負債から発生するキャッシュ・フローを、信用リスクを反映した割引率

           と、通貨スワップ・レートに、適切なスプレッドを加算した利率によって割り引いたうえで算定しておりま
           す。
            非上場株式の公正価値は、入手可能な場合は将来予測を用いて算定しておりますが、多くの場合において

           入手困難であるため期末日の純資産価額に基づき算定しております。
                                  79/184


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         棚卸資産

            棚卸資産は、原価と正味実現可能価額のいずれか低い方の額で評価されます。原価は、主として先入先出
           法により算定されております。製品及び仕掛品の原価は、設計費、原材料費、直接労務費、その他の直接費
           並びに正常生産能力等に基づき行われた製造間接費の配賦額から構成されています。正味実現可能価額は、
           通常の事業過程における予想売価から、販売に要する見積り費用を控除した額です。棚卸資産の原価には、
           原材料の購入に関連する有効なキャッシュ・フロー・ヘッジにかかる利得及び損失のうち、資本から振り替
           えられた額が含まれています。
            連結貸借対照表に計上される棚卸資産の帳簿価額は、定期的に見直しを行っております。長期にわたり滞

           留している場合、もしくは当社グループが販売によって原価の全て又は一部を回収できる見込みがない場合
           には、棚卸資産の帳簿価額を見積正味実現可能価額まで減額しております。
         未成工事支出金

            未成工事支出金は、第三者である顧客に対してフロートガラス製造ライン等を建設し引き渡すためのエン
           ジニアリング工事契約に基づき計上されます。エンジニアリング工事契約にかかる利益は、収益と契約原価
           を信頼性をもって見積ることが可能な場合、工事の進捗度に応じて認識されます。契約の成果を信頼性を
           もって見積ることが不可能な場合には、収益は、発生した契約原価が回収可能と見込まれる範囲でのみ認識
           されます。契約原価が工事総収益を上回る可能性が高い場合には、見積損失は直ちに連結損益計算書におい
           て費用として認識されます。
            各工事契約の進捗度は、当社グループのエンジニアリング部門により一定の間隔で評価が行われており、

           その評価は、期末日における工事の物理的な進捗、工事指図の進行、原価の発生並びに技術面の完了状況の
           調査に基づき行われております。
         現金及び現金同等物

            現金及び現金同等物は、手許現金、要求払いの銀行預金、当初の満期日が3ヶ月以内の流動性が高い短期
           投資並びに銀行当座借越契約から構成されます。但し、銀行当座借越契約は、連結貸借対照表上は、流動負
           債に借入金として計上されます。
         リース

            資産を使用する権利と交換に連続した規則的なキャッシュ・フローの流出を当社グループに強制するよう
           な契約を締結する際には、当該契約の中にリース要素が含まれるかどうかについて考慮します。契約が実質
           的にサービスに対する支払のみをもたらす場合には、契約の中にリース要素は含まれないものと考えられま
           す。それ以外の場合には、契約はファイナンス・リースとオペレーティング・リースのいずれかと考えら
           れ、全てのキャッシュ・フローの流出は非リース要素を区分せずに会計処理されます。
            ファイナンス・リース(リース資産の所有に伴うリスク及び経済価値の大部分が当社グループによって留

           保されるリース契約)により保有される資産は、有形固定資産に原価で計上され、リース期間又は経済的耐
           用年数のいずれか短い方の期間にわたり減価償却されます。ファイナンス・リースに基づくリース債務は、
           将来期間にかかる金融費用を控除した金額で、決済日の到来が1年以内又は1年超のいずれかに応じて流動
           又は非流動負債として計上されます。金融費用は、リース債務の残存帳簿価額に対して一定の利子率で算定
           された金額により、リース期間にわたる期間按分により認識されます。
            リース契約が、オペレーティング・リース(ファイナンス・リース以外のリース契約)と判定される場合

           には、以後の支払リース料は、貸手より提供されたインセンティブ部分を控除した額についてリース期間に
           わたり定額法で連結損益計算書において認識されます。
            セール・アンド・リースバック取引がファイナンス・リースに該当する場合、対象資産の売却及び売却損

           益を認識せず、このファイナンス・リースは担保付の資金借入として会計処理されます。
                                  80/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         法人所得税

            当期税金は、税務当局に対する納付                  又は  税務当局からの還付が予想される金額で測定しております。
            繰延税金は、資産負債法により、資産及び負債の税務基準額と連結財務諸表上の帳簿価額との間に生じる

           一時差異に対して認識しております。但し、当該一時差異が、企業結合でなく、かつ、取引日に会計上の純
           損益及び課税所得(欠損金)に影響を与えない取引において資産又は負債の当初認識から生じる場合は、繰
           延税金は認識されません。繰延税金の算定には、貸借対照表日までに制定又は実質的に制定されており、関
           連する繰延税金資産が実現する期又は繰延税金負債が決済される期において適用されると予想される法定税
           率(及び税法)を使用しております。
            繰延税金資産は、一時差異を利用できるだけの課税所得が生じる可能性が高い範囲内においてのみ認識し

           ております。子会社又は関連会社に対する投資から生じる将来加算及び減算一時差異について繰延税金を計
           上しておりますが、当社グループが一時差異を解消する時期をコントロールしており、かつ予測可能な期間
           内に一時差異が解消しない可能性が高い場合は繰延税金を認識しておりません。なお、のれんの当初認識時
           における一時差異については、繰延税金負債を認識しておりません。
            関連する当期の未収法人所得税を当期の未払法人所得税と相殺する法的強制力のある権利が存在し、かつ

           繰延税金資産及び繰延税金負債が同一の税務当局によって同一の納税企業体に課せられたものである場合、
           当該繰延税金資産と繰延税金負債は相殺しております。
         従業員給付

          (i)  年金
            当社グループは世界各地に様々な退職給付制度を有しております。退職給付制度は通常、保険会社もしく
           は信託会社が管理する基金への支払を通じて積み立てており、積立金額は定期的な数理計算によって算定さ
           れております。当社グループは確定給付制度及び確定拠出制度を有しております。
            確定給付制度に関連して連結貸借対照表で認識される負債は、報告期間の末日現在の確定給付債務の現在

           価値から制度資産の公正価値を控除しております。確定給付型の退職給付債務は、毎期、独立した年金数理
           人が予測単位積増方式を用いて算定しており、退職給付債務の現在価値は、関連する年金債務の期間に満期
           が近似しており、かつ給付が支払われる通貨建ての優良社債の市場利回りに基づく割引後見積将来キャッ
           シュ・フローで算定しております。
            当社グループが年金資産の積立超過額の返還に対して無条件の権利を有する場合には、当該年金制度の積

           立超過額からその返還に際して課税されると見込まれる税金の額を控除した金額によって、退職給付に係る
           資産が認識されます。
            当期の勤務費用は、従業員の当期の勤務に対して発生し、連結貸借対照表上の退職給付債務を増加させ、

           連結損益計算書に計上される営業費用であります。
            過去勤務費用は、発生時に連結損益計算書で即時認識されます。

            確定給付負債の純額にかかる金融費用は、該当地域毎に確定給付負債の純額に対して個別の割引率を適用

           することによって算定されます。
            数理計算上の差異は、実績値への修正及び数理計算上の仮定の変更から生じ、IAS第19号「従業員給付」

           に基づき連結包括利益計算書を通して資本に計上されております。
            当社グループは、確定拠出型の退職給付制度については、公的又は私的管理の年金保険制度に対し、強

           制、契約上又は任意で拠出金を支払っております。拠出金の支払いを行っている限り、グループに追加的な
           支払い債務は発生しません。拠出金の前払いは、現金の払い戻し又は将来の支払額の減額が可能である範囲
           で資産として認識しております。
                                  81/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
          (ii)   その他の従業員給付

            当社グループのアメリカ、イギリスの連結子会社では、退職した従業員の一部に対して退職後医療給付を
           提供しております。これらの給付の受給資格は、通常、従業員が定年まで勤務し、かつ一定の最低勤続年数
           を完了していることを条件として与えられます。これらの給付の予想コストは、確定給付年金制度で用いら
           れるのと同様の会計処理方法により、雇用期間にわたって未払計上されます。実績値への修正及び数理計算
           上の仮定の変更から生じた数理計算上の差異は、IAS第19号「従業員給付」に基づき発生した期間に連結包
           括利益計算書に計上しております。これらの債務は毎期、独立した有資格者の年金数理人が評価を行ってお
           ります。
          (iii)   解雇給付

            当社グループが通常の退職日前に従業員の雇用を終了する場合、又は従業員が解雇給付と引き替えに自発
           的退職に応じる都度、解雇給付が支給されます。当社グループが、現従業員を解雇することに関する詳細で
           正式な計画を有しており、その撤回可能性がない場合、又は従業員が自発的退職に応じる見返りとして解雇
           給付を支給する場合には、雇用の終了が明確に確約された時点で、当社グループは解雇給付を認識しており
           ます。
          (iv)   利益配分(賞与及びマネージメント・インセンティブ・プラン)

            当社グループは、利益配分(賞与及びマネージメント・インセンティブ・プラン)について損益及び
           キャッシュ・フローの達成度に基づき債務及び費用を認識しております。当社グループは、契約上の義務が
           ある場合、又は推定的債務を生じさせるような過去の慣行が存在する場合には引当金を計上しております。
         引当金

            引当金は、当社グループが過去の事象の結果として現在の法的債務又は推定的債務を有し、その債務を決
           済するために経済的便益をもつ資源が流出する可能性が高く、その金額を信頼性をもって見積ることができ
           る場合に認識されます。例えば保険契約のように、当社グループが引当金を決済するために必要な支出の一
           部又は全部の補填を期待できる時には、補填の受取りがほぼ確実な場合に限り、補填は別個の資産として認
           識されます。連結損益計算書において、引当金繰入額は、補填として認識された金額との純額により表示さ
           れます。将来の営業損失に対しては引当金を認識しておりません。
            同種の債務が多数ある場合、決済に要するであろう資源の流出の可能性は同種の債務全体を考慮して決定

           しております。同種の債務のうちある一つの項目について流出の可能性が低いとしても、引当金を認識して
           おります。
            全ての引当金について、将来の支出が12ヶ月を超え、貨幣の時間的価値の影響が重要な場合には、現在価

           値に割り引いて認識しております。時の経過による引当金の増加は、毎期、連結損益計算書の金融費用に計
           上されております。現在価値への割引においては、各地域毎に当該引当金に特有のリスクを反映させた割引
           率を使用しております。
         収益認識

            収益は、物品の販売及びサービスの提供から受取る対価又は債権の公正価値から付加価値税もしくは同様
           の税金、リベートもしくは割引及び内部売上高を差し引いた金額で計上されております。収益は以下の通り
           認識しております。
          (i)  物品の販売

            物品の販売による収益は、グループ会社が外部取引先へ物品を出荷し、外部取引先が受取り、当該出荷に
           対する債権の回収可能性が概ね保証された場合に認識しております。販売時点における返品の見積りは、過
           去の経験に基づき算定しております。
          (ii)   役務の提供

            役務の提供による収益は、役務が提供された報告期間の期末日現在のその取引の進捗度に応じて認識して
           おります。
                                  82/184



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
          (iii)   エンジニアリング収入

            エンジニアリング収入は、外部取引先へのガラスフロート窯の工事契約等において認識しております。長
           期の工事契約に基づく請負契約は、その請負業務が開始される日とその業務が完了する日は、通常、異なる
           会計期間に属するため、契約の完了に要する工事契約原価を信頼性をもって見積ることができる場合に報告
           期間の末日現在の契約の進捗をもって収益を認識しております(工事進行基準)。工事契約の成果が信頼性
           をもって見積ることができない場合は、収益は、発生した工事契約原価のうち回収される可能性が高い範囲
           でのみ認識しております。工事契約に関する予想損失は、直ちに費用として認識しております。
          (iv)   利息収入

            利息収入は実効金利法により認識しています。減損された金融債権の金利は、当該金融資産の金利が現金
           回収される場合に認識します。
          (v)  ロイヤルティ収入

            ロイヤルティ収入は、関連する契約の実質に従い発生主義で認識しております。
          (vi)   配当収入

            配当収入は、配当を受け取る権利が確定した時点で認識しております。
         個別開示項目

            当社グループでは、グループの経営成績に対する正しい理解に資するため、連結損益計算書の損益項目を
           個別開示項目として表示することがあります。一般的には、個別開示項目は金額に重要性がある、あるいは
           一過性の性格を持っています。
         繰延収益

          (i)  政府補助金
            政府補助金は、補助金を受領すること、及び補助金が交付されるためのすべての付帯条件が満たされるこ
           とについて合理的な保証が得られた場合にその公正価値で認識しております。補助金が費用支出に関連する
           場合には、その補助金は、補償される関連費用と対応させるために必要な期間にわたって規則的に利益とし
           て認識しております。有形固定資産に関連する補助金の場合には、繰延収益として認識され、関連資産の見
           積耐用年数にわたって均等に連結損益計算書に認識しております。
          (ii)   その他の繰延収益

            当社グループは、新車開発時に顧客から受領する金型に対する補助金等をその他の繰延収益として公正価
           値によって認識しております。その他の繰延収益は、関連資産の使用期間にわたって均等に連結損益計算書
           に認識しております。
         排出権

            二酸化炭素(CO2)の排出権は、割り当てられた排出枠に基づき、実際にCO2が排出される期間にわたって
           規則的に認識されます。割り当てられたCO2の排出枠と実際の排出量との差異が、期末日に連結貸借対照表
           において公正価値で認識され、排出量が排出枠を下回った場合には資産を、上回った場合には負債を、それ
           ぞれ認識しております。
         借入費用

            適格資産(意図された使用又は販売が可能になるまでに相当の期間を必要とする資産)の取得、建設又は
           生産に直接起因する借入費用は、意図された使用又は販売が可能となるまで当該資産の取得原価の一部とし
           て資産計上しております。その他の借入費用は、発生時に連結損益計算書に全額費用として認識しておりま
           す。
                                  83/184




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
         資本金

            普通株式は、資本に計上されます。優先株式は、現金又はその他の金融資産によって強制的に償還する義
           務が無く、当社グループが配当金を支払う契約上の義務も無い場合、かつ、優先株式に付されている取得請
           求権等によって可変数の自己の資本性金融商品を引き渡す義務が無い場合には、資本に計上されます。新株
           もしくは新株予約権の発行に直接帰属する付随費用は、税引き後の金額に基づき発行価額から控除されて表
           示されます。
         自己株式

            自己株式は、自己の持分金融商品であり、取得価額で評価され資本から控除されます。
         株式報酬

            当社グループには、持分決済型の株式報酬制度がいくつか有り、その制度の下で、取締役、執行役、上席
           執行役員、並びに執行役員の役務提供を対価として当社グループの持分金融商品(オプション)を付与して
           おります。オプションの公正価値をブラック・ショールズ・モデルで評価しており、オプションの付与と交
           換に受領する役務の公正価値は、IFRS第2号「株式報酬」に基づき、権利確定期間にわたって費用認識しま
           す。すべての株式報酬取引は持分決済型であります。
         非継続事業及び売却目的で保有する資産

            非継続事業には、既に処分(売却又は廃棄)されたか又は売却目的保有に分類された企業の構成要素が含
           まれ、グループのひとつの事業もしくは地域を構成し、そのひとつの事業もしくは地域の処分の計画がある
           場合に認識されます。
            非流動資産又は処分グループの帳簿価額が、継続的使用よりも主として売却取引により回収される場合

           に、当該資産又は処分グループは、「売却目的で保有する資産」として分類されます。「売却目的で保有す
           る資産」は、売却の可能性が非常に高く、現状で直ちに売却することが可能であり、かつ経営者が、当該資
           産の売却計画の実行を確約しており、1年以内で売却が完了する予定のものに限られます。
            当社グループが子会社に対する支配の喪失を伴う売却計画を確約する場合で、かつ上記の条件を満たす場

           合、当社グループが売却後も従前の子会社に対する非支配持分を有するか否かにかかわらず、当該子会社の
           全ての資産及び負債が売却目的に分類されます。
            売却目的で保有する資産は、帳簿価額と売却費用控除後の公正価値のいずれか低い金額で測定します。

           「売却目的で保有する資産」に分類後の有形固定資産及び無形資産については、減価償却又は償却は行いま
           せん。
         重要な会計上の見積、判断及び仮定

            見積り及び判断は、継続的に評価され、過去の経験及び他の要因(状況により合理的であると認められる
           将来事象の発生見込みを含む)に基づいております。
            当社グループは、将来に関する見積り及び仮定の設定をしています。会計上の見積りの結果は、その定義

           上、通常は関連する実際の結果と一致することはありません。翌連結会計年度において資産や負債の帳簿価
           額に重要な修正を生じさせるような重要なリスクを伴う見積り及び仮定は以下の通りです。
          (i)   のれん及び無形資産の減損の見積り

            当社グループは、のれんもしくは耐用年数を特定できない無形資産の減損の有無について、前述の会計方
           針に従って毎期減損テストを行っております。
                                  84/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
          (ii)    法人所得税

            当社グループは、多くの租税区域で法人所得税の課税を受けております。通常の事業を行う場合、最終的
           な税額が不確実である取引が多く存在します。当社グループは、税務調査の結果修正される法人所得税の額
           及びその可能性の見積りに基づいて、予想される税務調査上の論点にかかわる負債を認識しております。認
           識されるべき法人所得税の金額については、重要な判断を要します。最終税額が当初に認識した金額と異な
           る場合、その差額は、税額が決定する期間に計上されております。
          (iii)    退職後給付

            当社グループはそれぞれの国においてさまざまな退職後給付制度を設けております。確定給付制度におい
           ては、退職給付債務及び制度資産の算出にあたり、様々な仮定を使用しております。これらの仮定には不確
           実性が存在するため、当社グループでは仮定を設定する前に数理計算人によるアドバイスを受けておりま
           す。
          (iv)    引当金

            引当金は、前回の引当金計上時に行った見積り実績の参照、又は適切な場合には、専門家のアドバイス等
           を考慮して評価を行っております。請求及び訴訟引当金は、原告との協議内容や当社グループの顧問弁護士
           の意見を踏まえて算定しております。環境引当金は、環境対策費用として現時点で見積もられる金額のほ
           か、より重要性の大きな案件については、環境評価の専門家によるサポートを得て可能性のある金額レンジ
           を算出したシミュレーション・モデルの結果に基づき算定しております。賞与引当金は、個々の賞与制度が
           規定する支給の基準値と、当社グループの現在の業績値又は将来業績の予想値との比較に基づき算定してお
           ります。リストラクチャリング引当金は、期末日以前に対象となる従業員に通知されたリストラクチャリン
           グ計画について、予想費用額を見積もり算定しております。製品保証引当金は、過去における顧客クレーム
           の実績率を参照し算定しております。
          (V)   優先株式(A種種類株式)

            当社の発行するA種種類株式の発行条件を検討し、特に、A種種類株主の保有する取得請求権について、そ
           の行使時に交付される普通株式の数は、取得請求権を行使する時期に応じて一定数と定められていることか
           ら、同株式を資本性金融商品として区分すべきものであると判断しております。なお、契約上、当社にはA
           種種類株式を現金又はその他の金融資産によって強制的に償還を行う義務はありません。また、配当金につ
           いての定めはあるものの、配当金を支払う契約上の義務はなく、配当金の支払いは各期の取締役会決議に
           よって決定されます。
                                  85/184










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      5.   セグメント情報
          <報告セグメントごとの情報>

           当社グループはグローバルに事業活動を行っており、当連結会計年度末(2018年3月末)現在、以下の報告
          セグメントを有しております。
           建築用ガラス事業は、建築材料市場向けの板ガラス製品及び内装外装用加工ガラス製品を製造・販売してお
          ります。このセグメントには、太陽電池用ガラス事業も含まれます。
           自動車用ガラス事業は、新車組立用及び補修用市場向けに種々のガラス製品を製造・販売しております。
           高機能ガラス事業は、小型ディスプレイ用の薄板ガラス、プリンター向けレンズ及び光ガイドの製造・販
          売、並びに電池用セパレーターやエンジン用タイミングベルト部材などのガラス繊維製品の製造・販売など、
          様々な事業からなっています。
           その他の区分は、本社費用、連結調整並びに上記報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
           報告セグメントの決定に当たって、事業セグメントの集約は行っておりません。
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)における報告セグメントごとの実績は以下の

          通りです。
                                                    (単位:百万円)
                          建築用       自動車用        高機能

                                                その他        合計
                         ガラス事業       ガラス事業       ガラス事業
      売上高

       外部顧客への売上高                      241,678       312,681        48,420        1,073      603,852

                            19,322        2,411        372      3,582       25,687

       セグメント間売上高
       セグメント売上高計                      261,000       315,092        48,792        4,655      629,539

       ピルキントン買収に係る償却費控除
                            26,246       14,250        5,394      △8,196        37,694
       前セグメント利益
                              -       -       -     △2,031       △2,031
       ピルキントン買収に係る償却費
       個別開示項目前営業利益                       26,246       14,250        5,394      △10,227        35,663

       個別開示項目                      △4,617       △2,675         109      5,918      △1,265

       個別開示項目後営業利益                                                    34,398

       金融費用(純額)

                                                        △14,624
                                                         2,403
       持分法による投資利益
       税引前利益                                                    22,177

                                                        △14,304
       法人所得税
                                                         7,873
       当期利益
                                  86/184







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)における報告セグメントごとの実績は以下の
          通りです。
                                                    (単位:百万円)
                          建築用       自動車用        高機能

                                                その他        合計
                         ガラス事業       ガラス事業       ガラス事業
      売上高

       外部顧客への売上高                      237,722       296,560        46,088         425     580,795

                            17,818        1,885        107      5,417       25,227
       セグメント間売上高
       セグメント売上高計                      255,540       298,445        46,195        5,842      606,022

       ピルキントン買収に係る償却費控除
                            27,044       12,654        1,756      △8,392        33,062
       前セグメント利益
                              -       -       -     △3,200       △3,200
       ピルキントン買収に係る償却費
       個別開示項目前営業利益                       27,044       12,654        1,756      △11,592        29,862

       個別開示項目                      △2,082        2,773       △802       3,032       2,921

       個別開示項目後営業利益                                                    32,783

       金融費用(純額)

                                                        △19,174
                                                         1,142
       持分法による投資利益
       税引前利益                                                    14,751

                                                        △7,459
       法人所得税
                                                         7,292
       当期利益
           セグメント間の内部収益及び振替高は、事業並びに地域の状況に応じて、市場実勢価格等、様々な方法によ

          り算定しております。なお、当連結会計年度(2018年3月期)においては、算定方法の変更は行われておりま
          せん。
           金融費用には、有利子負債のキャッシュ・フロー・ヘッジから生じる費用及び公正価値ヘッジに指定された
          金利デリバティブの再評価から生じる損益が含まれております。どの報告セグメントにも属さない費用はグ
          ループ費用として認識されます。
                                  87/184









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)において、連結損益計算書に計上された個別
          開示項目前営業利益までの主な項目は、以下の通りです。
                                                    (単位:百万円)
                              建築用      自動車用       高機能

                         注記                        その他       合計
                             ガラス事業       ガラス事業       ガラス事業
     減価償却費(有形固定資産)                    (16)     △10,045       △13,807       △1,655        △886     △26,393

     償却費(無形資産)                    (15)      △143       △571       △40     △3,379       △4,133

     減損損失(有形固定資産)                    (16)       △47       △12      △100       △23      △182

     減損損失の戻入益(有形固定資産)                    (16)        13       2      -       -       15

     有形固定資産除売却損益                           107       206       800       -     1,113

     研究開発費                         △2,677       △2,819       △2,044       △1,559       △9,099

     賃借料(オペレーティング・リース)

     -機械装置・車両運搬具・工具器具備品                         △1,424       △1,737        △36      △111      △3,308
     -建物・土地                         △1,021       △4,521        △140      △1,043       △6,725

     貸倒損失                          △57      △236        -       -     △293

     貸倒引当金繰入額及び戻入額                          △46      △122         1      -     △167

     繰延収益の償却額                    (32)       218      2,955        -       32     3,205

           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)において、連結損益計算書に計上された個別

          開示項目前営業利益までの主な項目は、以下の通りです。
                                                    (単位:百万円)
                              建築用      自動車用       高機能

                         注記                        その他       合計
                             ガラス事業       ガラス事業       ガラス事業
     減価償却費(有形固定資産)                    (16)     △10,134       △13,617       △2,161        △830     △26,742

     償却費(無形資産)                    (15)      △194       △525       △42     △4,686       △5,447

     減損損失(有形固定資産)                    (16)       △82       △58       △43       △0      △183

     減損損失の戻入益(有形固定資産)                    (16)        1      -       -       -       1

     有形固定資産除売却損益                           168       195        1      △6       358

     研究開発費                         △2,682       △2,623       △1,776       △1,389       △8,470

     賃借料(オペレーティング・リース)

     -機械装置・車両運搬具・工具器具備品                         △1,143       △1,870        △32      △120      △3,165

     -建物・土地                          △677      △4,282        △146       △946      △6,051

     貸倒損失及び戻入                            69      △61        -       -       8

     貸倒引当金繰入額及び戻入額                          △270       △83        2      -     △351

     繰延収益の償却額                    (32)       169      3,039        -       28     3,236
                                  88/184





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)における報告セグメントのネット・トレー
          ディング・アセットと資本的支出は以下の通りです。
                                                    (単位:百万円)
                              建築用      自動車用       高機能

                                                 その他       合計
                             ガラス事業       ガラス事業       ガラス事業
      ネット・トレーディング・アセット                         133,455       144,863       38,739       6,703      323,760

      資本的支出(無形資産含む)                         16,488       14,479       1,737        361     33,065
           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)における報告セグメントのネット・トレー

          ディング・アセットと資本的支出は以下の通りです。
                                                    (単位:百万円)
                              建築用      自動車用       高機能

                                                 その他       合計
                             ガラス事業       ガラス事業       ガラス事業
      ネット・トレーディング・アセット                         131,595       137,393       39,561       2,654      311,203

      資本的支出(無形資産含む)                         11,585       13,316       1,664       1,448      28,013
           ネット・トレーディング・アセットは、有形固定資産、投資不動産、無形資産(企業結合に                                           かかる   ものを除
          く)、棚卸資産、未成工事支出金、売上債権及びその他の債権(金融債権を除く)、仕入債務及びその他の債
          務(金融債務を除く)によって構成されております。
           資本的支出は有形固定資産(注記16参照)及び無形資産(注記15参照)の追加取得によるものです。

          <カテゴリーごとの情報及び地域別情報>

          カテゴリーごとの売上高の分析は以下の通りです。
                                                    (単位:百万円)
                                     当連結会計年度             前連結会計年度
                                   (自 2017年4月1日             (自 2016年4月1日
                                    至 2018年3月31日)             至 2017年3月31日)
      ガラス及びガラス関連製品の売上高                                      583,617             562,667
      役務の提供による売上高                                       1,876              718
      ロイヤルティ収入                                        625             698
      エンジニアリング収入                                       4,806             3,945
      その他の収入                                      12,928             12,767
                                           603,852             580,795
          地域ごとの外部顧客への売上高の実績は以下の通りです。

                                                    (単位:百万円)
                                     当連結会計年度             前連結会計年度
                                   (自 2017年4月1日             (自 2016年4月1日
                                    至 2018年3月31日)             至 2017年3月31日)
      日本                                      142,894             142,952
      欧州                                      236,461             214,591
      北米                                      116,641             114,870
      その他の地域                                      107,856             108,382
                                           603,852             580,795
           外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先はありません。
           売上債権、金融債権、退職給付に係る資産、繰延税金資産並びに未収法人所得税等を除いた非流動資産は、
          当連結会計年度末(2018年3月末)において、日本では60,545百万円(前連結会計年度末(2017年3月末)で
          は61,038百万円)、英国では199,629百万円(同182,752百万円)、その他の地域では180,516百万円(同
          177,923百万円)です。
                                  89/184


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本板硝子株式会社(E01121)
                                                            有価証券報告書
      6.   その他の収益
                                                    (単位:百万円)
                                      当連結会計年度             前連結会計年度
                                    (自 2017年4月1日             (自 2016年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2017年3月31日)
      受取配当金(その他の包括利益を通じて公正価値を
                                              256             118
      測定する金融資産)
      保険金の決済による利益                                         -             ▶
      資産処分益                                       1,498              543

      その他                                         817            1,209
                            &