田岡化学工業株式会社 有価証券報告書 第118期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第118期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:田岡化学工業株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                   近畿財務局長

     【提出日】                   平成30年6月28日

     【事業年度】                   第118期(自       平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

     【会社名】                   田岡化学工業株式会社

     【英訳名】                   TAOKA CHEMICAL COMPANY, LIMITED

     【代表者の役職氏名】                   取締役社長       佐藤    良

     【本店の所在の場所】                   大阪市淀川区西三国四丁目2番11号

     【電話番号】                   06(6394)1221代表

     【事務連絡者氏名】                   事業支援室部長         勝本    泰仁

     【最寄りの連絡場所】                   大阪市淀川区西三国四丁目2番11号

     【電話番号】                   06(6394)1221代表

     【事務連絡者氏名】                   事業支援室部長         勝本    泰仁

     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/85









                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
              回次             第114期       第115期       第116期       第117期       第118期
             決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月
                          17,940,011       19,779,802       20,916,701       21,000,824       21,843,797
     売上高               (千円)
                           535,850      1,007,272       1,810,427       1,828,981       2,101,529
     経常利益               (千円)
     親会社株主に帰属する
                           236,647       323,861      1,110,558       1,262,642       1,363,488
                    (千円)
     当期純利益
                           238,217       313,978      1,000,934       1,370,437       1,435,180
     包括利益               (千円)
                          6,351,407       6,444,051       7,314,803       8,525,998       9,816,576
     純資産額               (千円)
                          16,190,869       17,856,267       18,012,134       18,169,487       21,135,886
     総資産額               (千円)
                           2,212.93       2,245.73       2,549.77       2,973.00       3,423.76
     1株当たり純資産額                (円)
                            82.44      112.85       387.06       440.19       475.51
     1株当たり当期純利益                (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                             39.2       36.1       40.6       46.9       46.4
     自己資本比率                (%)
                             3.8       5.1      16.1       15.9       14.9
     自己資本利益率                (%)
                             12.3       12.2       4.2       3.8       6.5
     株価収益率                (倍)
     営業活動による
                          2,394,606        623,354      2,400,689       1,858,734       3,069,473
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                         △ 1,953,429      △ 1,061,870       △ 895,939     △ 1,189,657      △ 3,550,863
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                          △ 592,780       572,932     △ 1,471,404       △ 666,709       605,178
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                           147,721       285,223       312,806       316,538       438,161
                    (千円)
     期末残高
                             348       360       378       383       393
     従業員数
                     (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( -)      ( 37 )     ( -)      ( -)      ( -)
      (注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2   潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式がありませんので記載しておりません。
        3   第114期、第116期、第117期および第118期の平均臨時雇用者数は、臨時従業員の総数が従業員数の100分の
          10未満のため、記載を省略しております。
        4   第115期より「営業外収益」に表示しておりました「受取ロイヤリティー」は「売上高」に含めて表示して
          おります。この表示方法の変更を反映させるため、第114期の関連する連結経営指標等について組み替えて
          記載しております。
        5   平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第114期の期首に当該
          株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/85





                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
              回次             第114期       第115期       第116期       第117期       第118期
             決算年月             平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月
                          17,147,596       18,972,098       20,232,831       20,359,504       21,116,982
     売上高               (千円)
                            484,969      1,011,272       1,784,604       1,823,970       2,094,701
     経常利益               (千円)
                            208,613       366,636      1,102,036       1,275,239       1,291,903
     当期純利益               (千円)
                           1,572,000       1,572,000       1,572,000       1,572,000       1,572,000
     資本金               (千円)
                            14,440       14,440       14,440       14,440       2,888
     発行済株式総数               (千株)
                           6,343,922       6,495,427       7,462,376       8,591,818       9,756,172
     純資産額               (千円)
                          16,029,969       17,657,146       17,769,274       18,041,077       20,952,337
     総資産額               (千円)
                           2,210.32       2,263.64       2,601.21       2,995.95       3,402.69
     1株当たり純資産額                (円)
                             6.00       8.00      10.00       10.00       45.00
     1株当たり配当額
                      (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                       ( 3.00  )    ( 3.00  )    ( 4.00  )    ( 5.00  )    ( 5.00  )
                             72.67      127.76       384.09       444.58       450.54
     1株当たり当期純利益                (円)
     潜在株式調整後1株当たり  
                      (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                             39.6       36.8       42.0       47.6       46.6
     自己資本比率                (%)
                              3.3       5.7      15.8       15.9       14.1
     自己資本利益率                (%)
                             14.0       10.8       4.2       3.8       6.9
     株価収益率                (倍)
                             41.3       31.3       13.0       11.2       14.4

     配当性向                (%)
                              293       305       315       320       329

     従業員数
                      (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( -)      ( 32 )     ( -)      ( -)      ( -)
      (注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2   潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式がありませんので記載しておりません。
        3   第114期、第116期、第117期および第118期の平均臨時雇用者数は、臨時従業員の総数が従業員数の100分の
          10未満のため、記載を省略しております。
        4   第115期の1株当たり配当額8円には、創立80周年記念配当2円を含んでおります。
        5   第115期より「営業外収益」の「その他」に含めて表示しておりました「受取ロイヤリティー」は「売上
          高」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、第114期の関連する主要な経営指
          標等について組み替えて記載しております。
        6   平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第114期の期首に当該
          株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しております。
        7   第118期の1株当たり配当額45円は、中間配当額5円と期末配当額40円の合計となります。平成29年10月1
          日付で普通株式5株につき1株の割合をもって株式併合を行っておりますので、中間配当額5円は株式併合
          前の配当額(株式併合を考慮した場合の中間配当額は25円)、期末配当額40円は、株式併合後の配当額とな
          ります。(株式併合を考慮した場合の1株当たり年間配当額は65円となります。)
                                  3/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
     大正8年4月       田岡商店を開設
     大正11年11月       合成染料の製造に着手
     昭和9年10月       田岡染料製造株式会社を設立
     昭和14年2月       第二工場を新設し、染料中間物の製造を開始
     昭和19年11月       田岡合成工業株式会社に商号を変更
     昭和21年12月       田岡染料製造株式会社に商号を復帰
     昭和24年12月       大阪証券取引所に株式を上場
     昭和30年5月       住友化学工業株式会社(現  住友化学株式会社)が資本参加
     昭和34年11月       合成ゴム用増粘剤(ゴム用粘着剤)の製造を開始
     昭和36年7月       瞬間接着剤の製造を開始
     昭和47年1月       田岡化学工業株式会社に商号を変更
     昭和50年7月       合成繊維改質剤の製造を開始
     昭和52年8月       株式会社田岡化学分析センターを設立
     昭和53年11月       豊中包装株式会社を設立
     昭和54年2月       大阪営業所を開設(現  営業本部)
     昭和56年10月       写真薬中間体の製造を開始
     昭和60年6月       事業目的に化学工業、環境保全及び化学分析等に関する受託及び技術指導を追加
     昭和61年4月       東京営業所(現  営業本部東京支店)、名古屋営業所を開設
            田岡サービス株式会社を設立(平成26年4月に田岡淀川ジェネラルサービス株式会社に社名変更)
     平成2年12月       感熱感圧色素中間体の量産体制を確立
     平成4年5月       現本社社屋の完成
     平成6年4月       中華人民共和国に合弁会社  田岡化学(天津)有限公司を設立
     平成9年3月       電子材料用樹脂の製造を開始
     平成9年8月       多目的合成工場の完成
     平成11年8月       中華人民共和国に合弁会社  杭州国岡化工有限公司を設立
     平成12年10月       三建化工株式会社と合併(播磨工場(現                    播磨工場(播磨地区))および愛媛工場(現                     播磨工場(愛媛地区))
            を設置)
     平成13年9月       名古屋営業所を閉鎖
     平成14年8月       中華人民共和国に田岡(天津)有機化学有限公司を設立
            インド共和国に合弁会社アナボンド  タオカ  インド  プライベート  リミテッドを設立
     平成15年12月       営業本部を本社社屋に移転
     平成16年3月       豊中包装株式会社の全株式を売却
     平成16年12月       紙用加工樹脂の工場新設
     平成17年5月       中華人民共和国・田岡化学(天津)有限公司への出資持分を譲渡
     平成17年12月       精密中間体マルチ工場の完成
     平成18年10月       インド・アナボンド           タオカ     インド     プライベート        リミテッドの合弁出資持分を譲受、100%子会社
            化(平成19年2月にタオカ              ケミカル      インド     プライベート        リミテッドに社名変更)
     平成19年10月       農薬中間体生産設備増強
     平成20年10月       中華人民共和国の合弁会社  杭州国岡化工有限公司の出資持分を譲渡
     平成21年2月       電子材料製造設備増強(第1期)
     平成22年3月       電子材料製造設備増強(第2期)
            淀川第二工場を閉鎖し、用地を譲渡
     平成22年6月       播磨工場新事務棟社屋の完成
     平成23年9月       中華人民共和国・田岡(天津)有機化学有限公司  ゴム薬品製造設備新設
     平成25年1月       シンガポール共和国にタオカ  ケミカル  シンガポール  プライベート  リミテッドを設立
            中華人民共和国・田岡(天津)有機化学有限公司の解散を決議(平成26年1月に清算結了)
     平成25年2月       田岡播磨ジェネラルサービス株式会社を設立
     平成25年6月       樹脂原料製造設備増強
     平成25年7月       大阪証券取引所の現物市場の東京証券取引所への統合に伴い、東京証券取引所に株式を上場
     平成29年7月       新多目的工場の完成
                                  4/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループは、当社および子会社5社で構成され、その主な事業内容と当社および主な関係会社は次のとおりで
      あります。
      セグメント         部門        事業内容                 当社および主な関係会社
                    医・農薬中間体
                    電子材料
             精密化学品                   当社
                    樹脂原料
                    合成染料
                                当社
                    接着剤
             機能材
     化学工業
                    ゴム薬品            タオカ  ケミカル  インド  プライベート  リミテッド
                    加工樹脂
             機能樹脂                   当社
                    ワニス
                    可塑剤
             化成品                   当社
                    その他工業薬品
     その他              各種化学分析の受託            株式会社田岡化学分析センター
       以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
                                  5/85















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                            資本金又は              議決権の所有
                                    主要な事業
           名称           住所       出資金              (被所有)         関係内容
                                     の内容
                             (千円)              割合(%)
     (親会社)                                     被所有
                                            (51.54)
      住友化学株式会社                                          当社製品の販売
                   東京都中央区           89,699,341     総合化学工業       (注1)
      (注2)                                          原材料の購入
                                            [0.78]
     (連結子会社)                                     所有
                                                当社所有の建物・工具、器具
                                                及び備品等の賃貸
      株式会社田岡化学分析センター             大阪市淀川区            30,000    各種環境分析等           100
                                                役員の兼務等
                                                製品・原材料の購入
      タオカ  ケミカル  インド               インド共和国         千インドルピー       瞬間接着剤の
                                              100  仕入債務等の債務保証
      プライベート  リミテッド             チェンナイ市            80,000    製造・販売等
                                                役員の兼務等
      (注) 1  議決権の所有(被所有)割合の[  ]内は、間接所有割合で内数であります。
        2  有価証券報告書の提出会社であります。
     5  【従業員の状況】

      (1)  連結会社の状況
                                               平成30年3月31日現在
            セグメントの名称                            従業員数(名)
     化学工業                                               361

     その他                                                32

               合計                                      393

      (注) 1  従業員数は就業人員であります。
        2   臨時従業員の総数が従業員の100分の10未満のため、その平均雇用人員数の記載を省略しております。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成30年3月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
                329             40.1             15.2           6,769,780

            セグメントの名称                            従業員数(名)

     化学工業                                               329

               合計                                      329

      (注) 1  従業員数は就業人員であります。
        2   臨時従業員の総数が従業員の100分の10未満のため、その平均雇用人員数の記載を省略しております。
        3  平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
      (3)  労働組合の状況

        当社の労働組合は、昭和21年2月に田岡合成労働組合(昭和47年4月に田岡化学労働組合と改称)として結成さ
       れ、「日本化学エネルギー産業労働組合連合会」に加盟しております。
        平成30年3月31日現在における組合員数は227人であります。
        労使は協調的態度のもとに、円満な関係を持続しております。
                                  6/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      (1)    経営方針
         文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
         当社グループは、経営理念に基づき、経営基本方針を以下の通り定め、この基本方針に基づき開発・生産・販

        売される当社グループの製品および事業を、ハーモニックケミカルズと総称しております。当社グループは、こ
        のハーモニックケミカルズを追求し、持続的な成長と会社価値の向上を実現することを、経営基本方針としてお
        ります。
          ①  地域社会との共存

          ②  環境との調和
          ③  暮らしへの貢献
          ④  顧客満足の追求
          ⑤  グローバル事業展開
          ⑥  ステークホルダーの期待に応える
      (2)    経営戦略等

         当社グループは、2016年度を初年度とする3ヵ年新中期経営計画『ATV2020』(ALL                                            TAOKA
        VISION       2020~ADVANCE             TO   VISION2020)を策定いたしました。当社グループは、
        当社グループの製品および事業をグローバルに展開し、快適で豊かな暮らしの実現に貢献することを会社の使命
        とし、中長期に目指すべき姿として、連結売上高300億円を到達目標に置いて収益基盤の強化をはかり、更なる成
        長へ邁進してまいります。
      (3)    目標とする経営指標

         当社グループは、事業の拡大・強化と事業効率向上による、高収益かつ強い財務体質を有する企業の実現に向
        け、平成31年3月期には売上高250億円、営業利益18億円を中期経営目標としております。
         本中期経営計画の基本方針は以下のとおりです。

          ①  安全とコンプライアンスの徹底による健全経営
          ②  事業の持続的成長を目指したグローバル経営・連結経営の推進
          ③  研究開発の総合力強化と独自製品の継続的開発上市による新製品化比率の向上
          ④  主力製品の生産能力増強と供給体制の構築および既存機動工場の生産性向上と新規受託品目の獲得
          ⑤  売上高営業利益率5.5%以上の継続的達成と自己資本当期純利益率(ROE)10%以上を達成
        これらの基本方針に沿って、当社グループの更なる発展を図るべく努力してまいります。

      (4)    経営環境および対処すべき課題

        今後の経済見通しにつきましては、米国においては政府による保護主義的な経済政策が一層強まっており世界経
       済全体に悪影響を及ぼすことが懸念されます。欧州経済においては英国のEU離脱決定による影響、新興国におい
       ては北朝鮮や中東地域での地政学的リスクの高まりもあるため、先行き景気の不確実性が一層高まっていくものと
       予想されます。日本経済におきましては、引き続き回復基調が続くことが期待されますが、海外の政治経済情勢が
       変化することに伴う下振れリスクも払拭できないものと思われます。
        このような状況において、当社グループは、中期経営計画の最終年度を迎えるにあたり、基本方針に掲げた目標

       を達成すべく、更なる発展に向けた取組みを進めてまいります。昨年7月には当社播磨工場において新多目的工場
       を計画通り順調に稼働させたことにより、生産機能の一層の拡充ならびに安定供給体制が強化されました。本年は
       新多目的工場をはじめとする全工場の生産性を高め、安定供給体制の更なる強化を進めるとともに、各事業におい
       てその機能製品を国内外へ安定的に供給することにより当社グループの収益拡大を実現すべく、諸課題への取組み
       を強力に推進し、持続的な成長を続ける企業グループを目指してまいります。
                                  7/85


                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
        当社グループの経営成績および財政状態等に影響を及ぼす可能性があるリスクには以下のようなものがありま
       す。なお、以下の項目には将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末現在において判
       断したものであります。
      (1) 景気の変動によるリスク

        当社グループは、直接的または間接的に製品を国内外に供給しているため、日本国内やアジアをはじめとする主
       要市場の景気動向から影響を受けます。そうした市場における景気後退は、当社グループの製品に対する需要減退
       となり、経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (2) 原料価格の変動によるリスク

        当社グループは、原油・ナフサ価格に連動する石油化学製品のほか数多くの原料を国内外から直接または間接的
       に調達しております。そうした購入原料価格の変動をタイムリーに製品価格へ転嫁できない場合、当社グループの
       経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (3) 為替相場の変動によるリスク

        当社グループは、原材料の調達、製品販売における外貨建て取引等を行っており、為替リスクが存在します。
      (4) 特定の取引先への依存によるリスク

        当社グループの扱う製品の中には特定の取引先への依存度が高いものや生産受託方式によるものが混在しており
       ます。そうした製品については、取引先の製法転換などによる製品の需要減退が発生した場合、当社グループの経
       営成績にマイナスの影響を与える可能性があります。
      (5) 海外生産拠点における事業展開に関するリスク

        当社グループは、インドに生産拠点を有し活動しておりますが、進出先において、予期しない法律または規制・
       制度等の変更、当社グループにとって不利な政治的または経済的要因、テロ、戦争その他の要因による社会的混乱
       等の発生により経営成績および財政状態に重要な悪影響を与える可能性があります。
      (6)  研究開発におけるリスク

        当社グループの研究開発は、中長期的な視点も織り込んで取り組んでおります。その範囲は既存製品群の改良研
       究から新規分野における研究まで多方面にわたっておりますが、研究開発という性格上、開発のスピードやタイミ
       ング、競争相手の存在などからの影響も受けるため、必ずしもその成果が直接的に経営成績へ反映されない場合が
       あります。
      (7) 知的財産権

        当社グループは、他社と差別化できる技術とノウハウを蓄積し事業の競争力を強化してきましたが、当社グルー
       プ独自の技術・製品とノウハウの一部は、厳正な管理を行っているものの、予期せぬ事態により外部に流出する可
       能性があり、また、これらの知的財産の完全な保護が不可能なため、第三者が当社グループの知的財産を使用して
       類似製品を製造することを効果的に防止できない可能性があります。また将来、知的財産に係る紛争が生じ、当社
       グループに不利な判断がなされる可能性があります。
      (8) 製品の品質

        当社グループは、世界的に認められている厳格な品質管理基準に従って、各種製品を製造しておりますが、すべ
       ての製品について欠陥が無く、将来に亘ってリコールが発生しないという保証はありません。大規模な製品事故
       は、多額のコストや当社グループの評価に重大な影響を与え、当社グループの経営成績および財政状態に悪影響を
       及ぼす可能性があります。
                                  8/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (9) 訴訟
        当社グループは、国内および海外事業に関連して、訴訟、係争、その他の法律的手続きの対象となるリスクがあ
       り、将来重要な訴訟等が提起された場合には、当社グループの経営成績および財政状態に重要な悪影響を及ぼす可
       能性があります。
      (10) 工場立地上のリスク

        当社グループの工場を取り巻く立地環境は、今や結果的に市街地となったため、騒音、臭気問題等に対するク
       レームや住民による反会社運動、係争事件への発展による賠償義務などの将来的なリスクが存在し、経営成績への
       悪影響を与える可能性は否定できません。
      (11) コンピューターシステムからの運営のリスク

        当社グループは、会社運営の全般に亘ってコンピューターによる業務処理を実施しており、地震・火災等の災害
       によるハードウェアやネットワークの損傷、外部からのコンピューターウイルス攻撃やハッキングによるシステム
       トラブルやデータ破壊、更には情報の盗難・漏洩などを完全に防げる保証はありません。
      (12) 固定資産の減損に係るリスク

        当社グループは、固定資産の減損に係る会計基準を適用しております。将来、業績の大幅な悪化等があった場
       合、減損損失が発生し、当社グループの経営成績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (13) 繰延税金資産の取崩しに係るリスク

        当社グループは、将来の課税所得に関する予測・仮定に基づき、繰延税金資産の回収可能性の判断を行っており
       ますが、将来の課税所得の予測・仮定の変更や税率変動を含む税制の変更等により、繰延税金資産の一部ないし全
       部が回収できないと判断された場合、繰延税金資産は減額され、当社グループの経営成績および財政状態に悪影響
       を及ぼす可能性があります。
      (14) その他のリスク

        当社グループは、生産設備における定期検査、要員の教育、防災訓練等、適宜実施しておりますが、工場におけ
       る火災事故や停電、地震、洪水等が生産活動へ影響することを完全に排除できる保証はありません。
                                  9/85










                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社および連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
       (以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①   財政状態及び経営成績の状況
         当連結会計年度におけるわが国経済は、政府による各種経済政策の継続を背景に、企業収益が改善するととも
        に雇用・所得にも改善が見られたものの、先行きの不透明感が払拭されず、個人消費の回復は緩やかなものとな
        りました。また世界経済は、米国では引き続き安定した景気拡大を継続しており、欧州でも緩やかな景気回復が
        持続しました。加えて地政学的リスクが顕在化している一部地域を除き、中国をはじめとする新興国においても
        景気回復基調にあり、総じて堅調に推移しました。 
         このような状況の中で当社グループは、中期経営計画2年目の取組みとして、策定した基本方針に沿って、販

        売価格の適正化、積極的な拡販努力、製造合理化、安価購買推進などによる一層の業績改善に注力してまいりま
        した。
         この結果、当連結会計年度の当社グループの                      売上高は、218億43百万円            ( 前連結会計年度比8億42百万円               、

        4.0%増    )となりました。損益につきましては、                   営業利益は20億75百万円           ( 同2億66百万円       、 14.7%増    )、  経常利
        益は21億1百万円         ( 同2億72百万円       、 14.9%増    )、親会社株主に帰属する当期純利益は                   13億63百万円      ( 同1億
        円 、 8.0%増    )となりました。
       セグメント別の売上高の概況

                      前連結会計年度             当連結会計年度               増 減
           区    分
                     金額      構成比       金額      構成比       金額      増減率
                       百万円        %     百万円        %     百万円        %
          精密化学品部門              10,325        49.2      10,597        48.5       272       2.6
          機能材部門              3,604       17.2      3,884       17.8       279       7.8
          機能樹脂部門              1,979        9.4      2,251       10.3       272      13.7
          化成品部門              4,603       21.9      4,593       21.0       △9      △0.2
        化学工業セグメント             20,512        97.7      21,327        97.6       814       4.0
        その他               488       2.3       516       2.4       28      5.8
           合  計          21,000       100.0      21,843       100.0        842       4.0
      <化学工業セグメント>
        当セグメントの       売上高は213億27百万円           となり、    前連結会計年度に比べ8億14百万円の増収                    となりました。
       (精密化学品部門)
         医薬中間体や農薬中間体の出荷数量は減少したものの、樹脂原料の出荷数量が増加したことにより、売上高は
        105億97百万円       となり、前連結会計年度に比べ              2億72百万円の増収         (前連結会計年度比         2.6%増    )となりました。
       (機能材部門)
         接着剤・ゴム薬品ともに出荷数量が増加したため、売上高は                            38億84百万円      となり、前連結会計年度に比べ               2億
        79百万円の増収       (同  7.8%増    )となりました。
       (機能樹脂部門)
         加工樹脂・ワニスともに出荷数量が増加したため、売上高は                            22億51百万円      となり、前連結会計年度に比べ               2億
        72百万円の増収       (同  13.7%増    )となりました。
       (化成品部門)
         可塑剤・その他化成品ともに売上高はほぼ前連結会計年度並みの45億93百万円となりました。
                                 10/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      <その他>
        化学分析受託事業は、作業環境測定や排水分析の増加により、売上高は                                  5億16百万円      となり、前連結会計年度に
       比べ  28百万円の増収       (同  5.8%増    )となりました。
      (流動資産)

        当連結会計年度における流動資産の残高は                    109億42百万円       となり、前連結会計年度末に比べ                7億40百万円増加        いた
       しました。これは、主として、受取手形及び売掛金やたな卸資産の増加等によるものです。
      (固定資産)
        当連結会計年度における固定資産の残高は                    101億93百万円       となり、前連結会計年度末に比べ                22億26百万円増加        いた
       しました。これは、主として減価償却費等による減少を新多目的工場の建設などの設備投資による増加が上回った
       こと等によるものです。
        この結果、総資産は、前連結会計年度末に比べて、                        29億66百万円増加        し、  211億35百万円       となりました。
      (流動負債)
        当連結会計年度における流動負債の残高は                    75億29百万円      となり、前連結会計年度末に比べ                7億58百万円増加        いた
       しました。これは、主として支払手形及び買掛金や未払法人税の増加等によるものです。
      (固定負債)
        当連結会計年度における固定負債の残高は                    37億89百万円      となり、前連結会計年度末に比べ                9億17百万円増加        いた
       しました。これは、主として長期借入金の増加等によるものです。
        この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べ                       16億75百万円増加        し 113億19百万円       となりました。
      (純資産)
        当連結会計年度における純資産の残高は                   98億16百万円      となり、前連結会計年度末に比べ                12億90百万円増加        いたし
       ました。主として親会社株主に帰属する当期純利益の計上等による利益剰余金の増加によるものです。
       ②   キャッシュ・フローの状況

                                前連結会計年度          当連結会計年度
                 区分                                  増減(百万円)
                                金額(百万円)          金額(百万円)
       営業活動によるキャッシュ・フロー                              1,858          3,069          1,210
       投資活動によるキャッシュ・フロー                             △1,189          △3,550          △2,361
       財務活動によるキャッシュ・フロー                              △666           605         1,271
       現金及び現金同等物に係る換算差額                                1         △2          △3
       現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                3         121          117
       現金及び現金同等物の期首残高                               312          316           3
       現金及び現金同等物の期末残高                               316          438          121
        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、資金という)は、前連結会計年度に比べて                                             1億21百万円増
       加 し、  4億38百万円      となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果、        30億69百万円の収入         (前連結会計年度は         18億58百万円の収入         )となりました。主なものは、
        税金等調整前当期純利益            19億47百万円      、減価償却費      12億94百万円      、仕入債務の増加額5億38百万円、売上債権の
        増加額4億77百万円、法人税等の支払額                   4億58百万円      等であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果、        35億50百万円の支出         (前連結会計年度は         11億89百万円の支出         )となりました。主なものは、
        有形固定資産取得による支出             35億41百万円      等であります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果、        6億5百万円の収入         (前連結会計年度は         6億66百万円の支出         )となりました。主なものは、
        長期借入れによる収入15億円、長期借入金の返済による支出                            7億62百万円      等であります。
                                 11/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     (参考) キャッシュ・フロー関連指標の推移
                     平成26年3月期        平成27年3月期        平成28年3月期        平成29年3月期        平成30年3月期
     自己資本比率(%)                    39.2        36.1        40.6        46.9        46.4
     時価ベースの自己資本比率
                          18.0        22.2        25.7        26.5        42.2
     (%)
     キャッシュ・フロー対有利子
                         124.9        587.0        96.8        97.7        83.7
     負債比率(%)
     インタレスト・カバレッジ・
                          86.3        26.4       118.1        116.2        273.2
     レシオ(倍)
         自己資本比率:自己資本/総資産
         時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
         キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
         インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
        (注1)いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
        (注2)株式時価総額は、自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。
        (注3)キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
        (注4)有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象とし
            ております。
                                 12/85















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ③   生産、受注及び販売の実績
        a.  生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                     前連結会計年度              当連結会計年度                増減率
        セグメントの名称
                      金額(千円)              金額(千円)                (%)
       精密化学品部門
                         8,570,554              9,814,786                 14.5
       機能材部門
                         3,057,656              3,302,177                 8.0
       機能樹脂部門
                         2,006,620              2,225,904                 10.9
       化成品部門
                         4,225,614              4,418,290                 4.6
       化学工業セグメント                  17,860,447              19,761,159                 10.6
       その他                      -              -              -
          合  計               17,860,447              19,761,159                 10.6
      (注) 1  金額は、販売価格で表示しております。
        2  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3  セグメント間の取引については、相殺消去しております。
        b.  受注実績
          当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。なお、化学工業セグ
         メントは、受注生産は行っておりません。
                     前連結会計年度              当連結会計年度                増減率
        セグメントの名称
                      金額(千円)              金額(千円)               (%)
       その他
        受注高                  490,360              517,894                5.6
        受注残高                   23,687              25,126               6.1
      (注)   1   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2   セグメント間の取引については、相殺消去しております。
        c.販売実績
          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                     前連結会計年度              当連結会計年度                増 減
        セグメントの名称
                  金額(千円)       構成比(%)       金額(千円)       構成比(%)       金額(千円)       増減率(%)
       精密化学品部門            10,325,000          49.2    10,597,452          48.5      272,451         2.6
       機能材部門            3,604,647          17.2     3,884,473          17.8      279,825         7.8
       機能樹脂部門            1,979,718          9.4    2,251,722          10.3      272,003         13.7
       化成品部門            4,603,342          21.9     4,593,694          21.0      △9,647        △0.2
      化学工業セグメント             20,512,709          97.7    21,327,342          97.6      814,632         4.0
      その他              488,114         2.3     516,455         2.4      28,340         5.8
          合  計         21,000,824          100.0     21,843,797          100.0      842,973         4.0
      (注) 1  上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2  セグメント間の取引については、相殺消去しております。
        3   主な相手先別の販売実績および当該販売実績の総販売実績に対する割合は以下の通りです。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                相手先
                          金額(千円)         割合(%)         金額(千円)         割合(%)
           三菱瓦斯化学株式会社                 5,441,315           25.9      6,575,612           30.1
           住友化学株式会社                 2,985,935           14.2      2,936,598           13.4
           丸石化学品株式会社                 2,227,884           10.6      2,318,020           10.6
                                 13/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①   重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
        ております。この連結財務諸表の作成にあたって、過去の実績や当連結会計年度の状況に応じて合理的に考えら
        れる方法に基づき、貸倒引当金、賞与引当金、退職給付に係る負債、繰延税金資産等に関する見積りおよび判断
        を行っております。これら見積り等については、見積り特有の不確実性を伴うため、実際の結果は見積りと異な
        る場合がございます。当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、第5〔経理の状況〕の連結財
        務諸表の「重要な会計方針」に記載しております。
       ②   当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当連結会計年度の業績等の概要につきましては「(1)                         経営成績等の状況の概要              ①   財政状態及び経営成績の
        状況」をご参照ください。
       (売上高)
         当連結会計年度における売上高は               218億43百万円       ( 前連結会計年度比4.0%増            )となりました。
         これは主として、樹脂原料やゴム薬品およびワニスの出荷数量が増加したことによるものです。
       (売上総利益)
         当連結会計年度における           売上総利益は50億1百万円            ( 同8.3%増     )となりました。
         生産効率化・業務効率化による原価の削減に努めたことや売上増加に伴う高稼働に支えられ、売上総利益率は
        22.9%と前連結会計年度に比べ0.9%改善いたしました。
       (営業利益)
         当連結会計年度における           営業利益は20億75百万円           ( 同14.7%増     )となりました。
         販売費及び一般管理費は増加いたしましたが、売上総利益率の増加により、売上高営業利益率は9.5%と前連結
        会計年度に比べ0.9%改善いたしました。
       (経常利益)
         当連結会計年度における           経常利益は21億1百万円           ( 同14.9%増     )となりました。
         受取配当金や不用品処分益が増加したことや、支払利息の減少により、売上高経常利益率は9.6%と前連結会計
        年度に比べ0.9%改善いたしました。
       (特別損益)
         当連結会計年度において、特別損失として                    1億54百万円      を計上しております。これは主として、淀川工場の機
        械装置及び運搬具などの固定資産除却損の計上や、海外子会社において減損損失を計上したものです。
       (親会社株主に帰属する当期純利益)
         当連結会計年度における            税金等調整前当期純利益は19億47百万円                   ( 同10.5%増     )となり、税金等を計上した結
        果、  親会社株主に帰属する当期純利益は13億63百万円                       ( 同8.0%増     )となりました。
                                 14/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ③   資本の財源および資金の流動性
        (財政政策)
          当社グループは、営業キャッシュ・フローのほか、設備投資計画等に照らして必要な長期資金を金融機関等
         からの借入により調達するとともに、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。当社グループの
         財務活動の方針は、低利かつ中長期的にわたり安定的な資金調達を行うこと、および十分な流動性を確保する
         ことであります。
          当社グループの当連結会計年度末の現金及び現金同等物の残高は                              4億38百万円      であり、流動比率は(流動資
         産/流動負債)は、         145.3%    であります。
        (財政状態およびキャッシュ・フローの分析)

          財政状態およびキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)                               経営成績等の状況の概要            ①  財政状態及
         び経営成績の状況」および「②                 キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。なお、重要な資本的支出の
         予定はございません。
     4  【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
     5  【研究開発活動】

        当社グループは、国際競争がますます激化する市場の変化と、多様化する顧客ニーズに素早く対処するため、
       種々の新製品や工業化プロセスの開発を積極的に進めており、当連結会計年度末における研究開発人員は52名であ
       り、研究開発費は        7億19百万円      であります。
        セグメントごとの研究開発活動を示すと、次のとおりであります。

       <化学工業セグメント>
        (精密化学品部門)
         樹脂原料、電子材料、医・農薬中間体など当社の特徴が活かせる対象化合物に的を絞り、新規製品の早期の開
        発やプロセス開発に努めるとともに、それらの製法の合理化、新規用途の開発にも注力しております。
        (機能材部門)
         瞬間接着剤やエポキシ系接着剤、ゴム用添加剤の新規品目開発、性能向上、品質改良などに取り組むととも
        に、海外ニーズへの対応も進めております。
        (機能樹脂部門)
         紙用加工樹脂、ワニスについては、顧客からの要望に対応した性能の向上、品質改良や新規品目の開発に取り
        組んでおります。
        (化成品部門)
         可塑剤などについては顧客からの要望に対応した品質改良に取り組んでおります。
       <その他>

        特記事項はありません。
                                 15/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

        当社グループでは、当連結会計年度は、化学工業を中心に35億76百万円の設備投資を実施いたしました。その主
       なものは、播磨工場の新多目的工場の建設であります。
     2  【主要な設備の状況】

      (1)  提出会社
                                               平成30年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
                                                        従業
          事業所名         セグメント
                         設備の内容                                員数
                              建物及び     機械装置      土地
          (所在地)          の名称
                                              その他      合計
                                                        (名)
                               構築物    及び運搬具      (面積㎡)
     淀川工場
                                          770,574
                   化学工業      生産設備       819,004    1,951,295           154,023    3,694,898      149
                                         (33,483)
     (大阪市淀川区)
     研究所
                   化学工業      その他設備       15,274      1,362    *1     137,898     154,534      49
     (大阪市淀川区)
     本社
                   化学工業      その他設備       376,911      1,024    *1      36,580     414,516      30
     (大阪市淀川区)
     播磨工場(播磨地区)
                                          435,284
                   化学工業      生産設備等      1,740,789     2,567,859            96,217    4,840,150       83
                                         (38,187)
     (兵庫県加古郡播磨町)
     播磨工場(愛媛地区)
                                         *2
                   化学工業      生産設備       22,885     44,882            68   67,836      ▶
                                          (1,128)
     (愛媛県新居浜市)
     営業本部東京支店
                   化学工業      その他設備        7,894      -     -     809    8,704     14
     (東京都中央区)
      (2)  国内子会社

                                               平成30年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
                                                        従業
         子会社事業所名
                   セグメントの
                         設備の内容                                員数
                              建物及び     機械装置      土地
                    名称
         (主な所在地)
                                              その他      合計
                                                        (名)
                               構築物    及び運搬具      (面積㎡)
                                 -     -          -     -
     株式会社田岡化学分析センター
                   その他      その他設備                 *1                32
     (大阪市淀川区)
                               (2,547)      (814)         (62,435)     (65,797)
      (3)  在外子会社

                                               平成30年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
                                                        従業
         子会社事業所名
                   セグメントの
                         設備の内容                                員数
                              建物及び     機械装置      土地
                    名称
         (所在地)
                                              その他      合計
                                                        (名)
                               構築物    及び運搬具      (面積㎡)
     タオカ    ケミカル     インド 
     プライベート       リミテッド                              *2
                   化学工業      生産設備         -     -          -     -    32
                                         (9,575)
     (インド共和国チェンナイ市)
     (注)6
      (注)   1   帳簿価額のうち「その他」は、リース資産ならびに工具器具及び備品であります。
        2  国内子会社の帳簿価額のうち、(  )は、提出会社からの借用資産で外数で記載しております。
        3   平均臨時雇用者数は、臨時従業員の総数が従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
        4  *1の土地は提出会社の淀川工場に含んでおります。
        5   *2は借地であります。
        6   当連結会計年度において減損損失を計上しております。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
        当社グループが計画している重要な設備の新設等はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

        経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 16/85


                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                           4,800,000
                  計                         4,800,000
      (注)    平成29年6月23日開催の第117期定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で株式併合に伴う定款変更が行
        われ、発行可能株式総数は、19,200,000株減少し、4,800,000株となっております。
       ②  【発行済株式】
                事業年度末現在           提出日現在
                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成30年3月31日)          (平成30年6月28日)
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           2,888,000          2,888,000
                                            す。
                                    市場第二部
         計          2,888,000          2,888,000          -            -
      (注)1      平成29年6月23日開催の第117期定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株
           の割合で株式併合を行い、発行済株式総数は11,552,000株減少し、2,888,000株となっております。
         2   平成29年10月1日付で単元株式数を1,000株から100株に変更しております。
      (2)  【新株予約権等の状況】
       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
      平成29年10月1日
                   △11,552         2,888         -   1,572,000           -   1,008,755
      (注)
      (注)平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行ったことによるものであります。
      (5)  【所有者別状況】
                                               平成30年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満
             政府及び
                                   外国法人等
       区分                                              株式の状況
                       金融商品     その他の                 個人
             地方公共     金融機関                                計
                                                       (株)
                       取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
              団体
     株主数
                -      6     15     65     24      ▶   1,111     1,225       -
     (人)
     所有株式数
                -    2,078      898    15,474      1,372       24    8,914     28,760      12,000
     (単元)
     所有株式数の
                -    7.23     3.12     53.80      4.77     0.08     31.00     100.00        -
     割合(%)
      (注)   1   自己株式20,809株は、「個人その他」に208単元、「単元未満株式の状況」に9株含まれております。
        2   平成29年6月23日開催の第117期定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株
           の割合で株式併合を行い、発行済株式総数は11,552,000株減少し、2,888,000株となっております。
        3   平成29年10月1日付で単元株式数を1,000株から100株に変更しております。
                                 17/85


                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成30年3月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                            所有株式数         除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
                                                1,449         50.55
     住友化学株式会社                東京都中央区新川二丁目27番1号
     日本トラスティ・サービス信託
                                                 171        5.96
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口)
                                                  43        1.52
     株式会社SBI証券                東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                  42        1.49
     吉田 知広                大阪市淀川区
                                                  41        1.44
     田岡従業員持株会                大阪市淀川区西三国四丁目2番11号
                     ONE    PICKWICK         PLAZA      GR
     INTERACTIVE            BRO
                     EEN    WICH,CONNECTICUT
     KERS     LLC
                                                  34        1.20
                     06830   USA
     (常任代理人インタラクティブ・
     ブローカーズ証券株式会社)
                     (東京都中央区日本橋茅場町三丁目2番10号)
     THE    BANK     OF   NEW
                     225  LIBERTY        STREET,NEW
     YORK     MELLON 140040
                     YORK,NEW         YORK,U.S.A                   24        0.86
     (常任代理人株式会社みずほ銀行
                     (東京都港区港南二丁目15番1号)
     決済営業部)
                                                  24        0.84
     田中 洋二                愛知県名古屋市中区
                                                  20        0.70
     須藤 智巳                東京都中野区
                                                  18        0.64
     増谷 行紀                和歌山市黒田
                                                1,869         65.19
            計                   -
      (注)   1   上記のほか当社所有の自己株式20千株があります。
        2 平成30年1月10日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、大和証券投資信託委託株式会社
          が平成29年12月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社としては平成30年3
          月31日現在の実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、大量保有報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)         (%)
     大和証券投資信託委託株式会社                東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                          145        5.04
        3 平成30年2月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書№1において、大和証券投資
          信託委託株式会社が平成30年1月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社と
          しては平成30年3月31日現在の実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めており
          ません。
          なお、大量保有報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)         (%)
     大和証券投資信託委託株式会社                東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                          182        6.33
        4 平成30年6月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書№2において、大和証券投資
          信託委託株式会社が平成30年5月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社と
          しては平成30年3月31日現在の実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めており
          ません。
          なお、大量保有報告書の内容は以下の通りであります。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)         (%)
     大和証券投資信託委託株式会社                東京都千代田区丸の内一丁目9番1号                          218        7.55
                                 18/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年3月31日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     -           -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -             -
     議決権制限株式(その他)                     -           -             -
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                -             -
                     普通株式       20,800
     完全議決権株式(その他)                普通株式      2,855,200             28,552           -
     単元未満株式                普通株式       12,000         -             -
     発行済株式総数                      2,888,000          -             -
     総株主の議決権                     -              28,552           -
      (注)「単元未満株式」の株式数には当社所有の自己株式9株が含まれております。
       ②  【自己株式等】
                                               平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  大阪市淀川区
      田岡化学工業株式会社                            20,800         -     20,800        0.72
                  西三国四丁目2番11号
           計             -          20,800         -     20,800        0.72
     2  【自己株式の取得等の状況】

        【株式の種類等】           会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得および会社法第155条第9号に該当す
                   る普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】
         該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

         会社法第155条第9号による取得 
                 区分                   株式数(株)             価額の総額(千円)

     取締役会(平成29年10月30日)での決議状況
                                            75              213
     (取得日平成29年10月30日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       ―               ―
     当事業年度における取得自己株式                                       75              213
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                       ―               ―
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       ―               ―
     当期間における取得自己株式                                       ―               ―
     提出日現在の未行使割合(%)                                       ―               ―
      (注)1     平成29年10月1日付の株式併合により生じた1株に満たない端数の処理につき、会社法第235条第2項、第
          234条第4項および第5項の規定に基づく自己株式の買取りを行ったものです。
         2  買取単価は、買取日の株式会社東京証券取引所における当社株式の終値であります。
                                 19/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
                区分                  株式数(株)             価額の総額(千円)
     当事業年度における取得自己株式                                    2,569               1,011
     当期間における取得自己株式                                     36               139
       (注)1       平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。当事業年度における
           取得自己株式の増加2,569株は、単元未満株式の買取による増加2,569株(株式併合前2,528株、株式併合
           後41株)であります。
         2   当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の買取による株式数は含まれておりません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(株式併合による減少)                      82,772            ―         ―         ―
     保有自己株式数                      20,809            ―       20,845            ―

      (注)1     平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。
         2  当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取による株式数は含まれておりません。
     3  【配当政策】

       当社は、株主の皆様への利益還元を重要な経営方針として位置づけ、財務体質の強化と今後の事業展開への対応を
      図るために必要な内部留保を確保しつつも、安定配当を実施していくことを基本方針としております。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
       当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議によって剰余金の配当を行うことができる旨を定款
      に定めております。
       この方針に基づき、当事業年度の期末配当金につきましては、平成30年5月10日開催の取締役会において1株あた
      り40円、効力発生日(支払開始日)は平成30年6月5日とさせていただきました。これにより、平成29年10月1日
      付の株式併合(普通株式5株を1株に併合)の割合に応じた中間配当金25円を含めた年間配当金は1株につき65
      円となります。(連結配当性向13.7%)。
      (注)   基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、次のとおりであります。
                決議             配当金の総額(千円)                1株当たり配当額(円)
         平成29年10月30日        取締役会                     71,682                  5.00
         平成30年5月10日        取締役会                    114,687                  40.00
                                 20/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     4  【株価の推移】
      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第114期         第115期         第116期         第117期         第118期
       決算年月        平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月         平成30年3月
                                                       4,110
       最高(円)             274         297         383         355
                                                       (548)
                                                        2,515
       最低(円)             167         198         241         241
                                                       (298)
      (注)   1   最高・最低株価は、平成25年7月16日より東京証券取引所市場第二部におけるものであり、それ以前は大阪
          証券取引所市場第二部におけるものであります。
        2   平成29年6月23日開催の第117期定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株
          の割合で株式併合を行っております。第118期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、
          株式併合前の最高・最低株価は()にて記載しております。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成29年10月          11月       12月     平成30年1月          2月       3月
       最高(円)           2,998       3,130       3,090       3,950       4,110       3,610
       最低(円)           2,515       2,705       2,851       2,876       3,300       2,960
      (注)    最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
                                 21/85














                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
      男性11名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                         所有
       役名      職名     氏名    生年月日                 略歴               任期   株式数
                                                         (千株)
                          昭和56年4月      住友化学工業株式会社(現           住友化学株式会社)入社
                          平成12年8月      同社農業化学品研究所研究グループマネージャー
                          平成20年1月      同社農業化学品研究所長
                          平成21年4月      同社理事、農業化学品研究所長
     取締役社長                 昭和30年
                 佐藤    良
                                                     (注)2      9
              ―
                          平成22年4月      同社理事、農業化学品質保証部、農業化学品研究所                    担
     (代表取締役)                 8月29日
                                当、農業化学業務室部長
                          平成23年4月      同社執行役員
                          平成26年4月      当社顧問
                          平成26年6月      取締役社長(現)
                          昭和57年4月      住友化学工業株式会社(現           住友化学株式会社)入社
                          平成16年4月      同社大阪工場生産企画部長
                          平成19年2月      同社精密化学業務室部長(技術・開発)
                          平成22年11月      同社大阪工場生産企画部長兼大阪工場医薬化学品生産
                                企画部長
                      昭和32年
           技術本部長、
     専務取締役            日置  毅                                    (注)2      2
           研究所統括
                      9月11日    平成23年1月      同社大阪工場生産企画部長
                          平成25年4月      当社顧問
                          平成25年6月      取締役、技術本部長、研究所統括
                          平成27年6月      常務取締役、技術本部長、研究所統括
                          平成30年6月      専務取締役、技術本部長、研究所統括(現)
                          昭和57年4月      当社入社
                          平成19年4月      営業本部部長(精密化学品G)
                          平成22年4月      営業本部副本部長兼営業本部部長(精密化学品G・化
                                成品G)
                          平成22年6月      理事、営業本部副本部長兼営業本部部長(精密化学品
                                G・化成品G)
                          平成22年10月      理事、営業本部副本部長兼営業本部部長(精密化学品
                                G・化成品G・海外G・業務G)
                          平成23年4月      理事、営業本部副本部長兼営業本部部長(精密化学品
                                G・業務G)
           営業本部長兼
                          平成23年6月      取締役、営業本部長兼営業本部東京支店長兼営業本部
           営業本部東京
                      昭和31年
                                部長(精密化学品G・業務G)
     専務取締役      支店長兼営業      数村 秀樹                                    (注)2      3
                      4月8日
                          平成23年10月      取締役、営業本部長兼営業本部東京支店長兼営業本部
           本部第一事業
                                第一事業部長兼営業本部第一事業部部長(精密化学品
           部長
                                G)兼営業本部部長(業務G)
                          平成25年1月      取締役、営業本部長兼営業本部東京支店長兼営業本部
                                第一事業部長兼営業本部第一事業部部長(精密化学品
                                G)
                          平成25年4月      取締役、営業本部長兼営業本部東京支店長兼営業本部
                                第一事業部長
                          平成27年6月      常務取締役、営業本部長兼営業本部東京支店長兼営業
                                本部第一事業部長
                          平成30年6月      専務取締役、営業本部長兼営業本部東京支店長兼営業
                                本部第一事業部長(現)
                                 22/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名      職名     氏名    生年月日                 略歴               任期   株式数
                                                         (千株)
                          昭和55年4月      当社入社
                          平成18年6月      生産本部播磨工場製造部長
                          平成23年6月      取締役、研究所長
                          平成25年4月      取締役、生産本部長兼生産本部播磨工場長
                      昭和32年
     専務取締役      生産本部長      山下 雅也                                    (注)2      ▶
                      8月2日
                          平成26年6月      取締役、生産本部長兼生産本部淀川工場長
                          平成27年1月      取締役、生産本部長
                          平成27年6月      常務取締役、生産本部長
                          平成30年6月      専務取締役、生産本部長(現)
                          昭和57年4月      住友化学工業株式会社(現           住友化学株式会社)入社
                          平成17年10月      同社光学製品事業部光学製品部主席部員
                          平成19年8月      住化電子材料科技(上海)有限公司出向
                          平成20年4月      住化電子材料科技(上海)有限公司出向兼住化電子材
                                料科技(無錫)有限公司出向
                          平成23年6月      住友化学株式会社電子部品材料事業部部長
                      昭和33年
                 田岡  信夫                                  (注)2      1
     常務取締役      事業支援室長
                          平成25年4月      同社半導体・表示材料事業部第三営業部長
                      6月5日
                          平成26年2月      当社理事、事業支援室長
                          平成26年6月      取締役、事業支援室長
                          平成29年6月      常務取締役、事業支援室長(現)
                                他の会社の代表状況
                                タオカ    ケミカル     インド 
                                プライベート       リミテッド      社長
                          平成18年4月      住友化学株式会社入社
                          平成21年7月      同社大阪工場総務部長
                          平成25年10月      同社大阪工場副工場長
           総務人事室
                          平成26年10月      同社大阪工場副工場長兼大阪工場総務部長
           長、内部統           昭和33年
                 池添    肇                                  (注)2      -
     取締役
                          平成27年4月      住化電子材料科技(無錫)有限公司出向兼住化電子材
           制・監査部統           9月7日
                                料科技(上海)有限公司出向兼住化電子管理(上海)有
           括
                                限公司出向
                          平成30年4月      当社総務人事室長
                          平成30年6月      取締役、総務人事室長、内部統制・監査部統括(現)
                          昭和61年4月      住友化学工業株式会社(現           住友化学株式会社)入社
                          平成18年6月      同社化成品事業部部長
                          平成23年10月      同社化成品事業部長
                      昭和36年
                 小坂  伊知郎                                   (注)2      -
     取締役                     平成27年4月      同社理事、化成品事業部長
              ―
                      7月18日
                          平成30年4月      同社執行役員(現)
                          平成30年6月      株式会社田中化学研究所取締役(現)
                                当社取締役(現)
                                 23/85








                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名      職名     氏名    生年月日                 略歴               任期   株式数
                                                         (千株)
                          昭和54年4月      住友化学工業株式会社(現           住友化学株式会社)入社
                          平成18年10月      同社三沢工場総務部長
                          平成20年6月      同社大分工場総務部長
                          平成22年4月      ラービグ     リファイニング        アンド    ペトロケミカル 
                                カンパニー出向
                          平成23年6月      住友化学株式会社石油化学業務室部長兼基礎化学業務
                                室部長
                          平成25年4月      当社理事、総務人事室長兼総務人事室部長(人事)
     取締役
                      昭和29年
                          平成25年7月      理事、総務人事室長兼総務人事室部長(人事)兼内部
     (監査等委員)            橋本    正                                  (注)3      ▶
              ―
                      3月20日
                                統制・監査部長
     (常勤)
                          平成26年6月      取締役、総務人事室長兼総務人事室部長(人事)兼内
                                部統制・監査部長
                          平成26年10月      取締役、総務人事室長兼総務人事室部長(人事)兼内
                                部統制・監査部統括
                          平成27年4月      取締役、総務人事室長兼内部統制・監査部統括
                          平成29年6月      常務取締役、総務人事室長兼内部統制・監査部統括
                          平成30年4月      常務取締役、総務人事室、内部統制・監査部統括
                          平成30年6月      取締役(監査等委員)(常勤)(現)
                          昭和51年4月      最高裁判所司法研修所入所
                          昭和53年4月      弁護士登録(大阪弁護士会)菅生法律事務所入所
                          昭和57年4月      川崎法律事務所開設(現)
     取締役
                      昭和24年
                 川崎  全司       平成22年6月      当社監査役                      (注)3      -
              ―
     (監査等委員)
                      7月21日
                          平成27年6月      当社監査役辞任、当社取締役
                                住友精化株式会社社外取締役(現)
                          平成28年6月      当社取締役(監査等委員)(現)
                          昭和51年4月      国税庁大阪国税局入局
                          平成18年7月      阿倍野税務署長
                          平成19年7月      大阪国税局調査第一部調査総括課長
                          平成21年7月      東淀川税務署長
     取締役
                      昭和28年
                          平成23年7月      大阪国税局調査第二部次長
                 小西  弘之                                  (注)4      -
              ―
     (監査等委員)                 2月21日
                          平成24年7月      下京税務署長
                          平成25年7月      国税庁退官
                          平成25年8月      小西弘之税理士事務所開設(現)
                          平成29年6月      当社取締役(監査等委員)(現)
                          昭和51年4月      住友電気工業株式会社入社
                          平成12年11月      同社資材部長
                          平成13年6月      同社経営開発部長兼事業開発室長
                          平成15年4月      同社経営企画部長
                          平成15年7月      同社資材部長
                          平成17年1月      同社人材開発部長
     取締役                 昭和27年
                          平成19年6月      同社執行役員
                 稲山  秀彰                                  (注)3      -
              ―
     (監査等委員)                 3月12日
                          平成20年6月      同社常務取締役
                          平成24年6月      同社専務取締役
                          平成26年6月      同社監査役(常勤)
                          平成29年6月      同社顧問(現)
                          平成30年6月      住友理工株式会社         社外監査役(現)
                                当社取締役(監査等委員)(現)
                       計                                    24
      (注)   1   取締役川崎      全司、小西      弘之および稲山        秀彰は、社外取締役であります。
        2   平成30年6月26日開催の定時株主総会の終結のときから1年間。
        3   平成30年6月26日開催の定時株主総会の終結のときから2年間。
        4   平成29年6月23日開催の定時株主総会の終結のときから2年間。
                                 24/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  企業統治の体制
       (イ)    企業統治の体制の概要
          当社は監査等委員会設置会社であり、監査等委員である取締役4名のうち3名が社外取締役であります。現
         在の経営体制は、本報告書提出日現在で監査等委員以外の取締役7名(うち社外取締役0名)および監査等委員
         である取締役4名(うち3名社外取締役)であります。取締役会は、法令、定款および取締役会規則の定めに
         則り、経営上の重要な事項について意思決定するとともに、各取締役の職務の遂行を監視、監督しておりま
         す。
          経営の意思決定を支える機関である「経営会議」(常勤の取締役7名(監査等委員である取締役1名を含む)で
         構成し、原則年24回開催)や、当社ならびに当社グループの経営に関わる重要事項について広範囲かつ多様な見
         地から審議する「内部統制委員会」、「コンプライアンス委員会」、「レスポンシブル・ケア委員会」(いず
         れも社長以下の取締役等で構成し、常勤の監査等委員である取締役もオブザーバーとして出席。年1回以上開
         催)、その他の委員会を設置することで、業務執行、監督機能等の充実を図っております。
       (ロ)    当該体制を採用する理由
          当社は、変化する社会・経済諸情勢の下において、株主の皆様を中心とした様々なステークホルダーの利益
         に適うようにすることが、コーポレート・ガバナンスの基本であると認識しており、これを実現・充実させる
         ため、上記体制を採用しております。今後も、更なる充実に向け、重要な意思決定の迅速化、コンプライアン
         ス体制および内部統制の充実・強化に取り組んでいく所存であります。
       (ハ)    内部統制システムの整備の状況
          当社の内部統制システムといたしましては、「内部統制・監査部」を設置して、当社グループの事業遂行上
         の業務およびその管理・監督の状況とその正否および適否を検査することにより不正・錯誤の発生を予防し、
         経営の改善に資することとしております。さらに、金融商品取引法および同施行令等に規定される財務報告の
         信頼性および適正性を確保する観点から、当社グループにおける財務報告に係る内部統制報告制度を構築する
         とともに、「内部統制委員会」を設置して適切な運営を図っております。
       (ニ)    コンプライアンス体制の整備の状況
          コンプライアンス経営の徹底を図るため、企業活動における基本的な行動基準を成文化した田岡化学企業行
         動憲章を制定し、その具体的な行動要領を定めた企業行動マニュアルを作成し、全役員・従業員に配布してお
         ります。また、コンプライアンス経営の効果的な推進を図るため、公益通報制度の趣旨を踏まえ、「スピーク
         アップ制度」を設けております。更に、コンプライアンスに関する講習会を実施するなど、社内教育の充実に
         より役員・従業員の遵法意識の向上に努めているほか、コンプライアンス重視の経営の実践を監督・支援する
         組織として、「コンプライアンス委員会」を設置しております。なお、国内のグループ会社についても同等の
         コンプライアンス体制を導入しております。
       (ホ)    リスク管理体制の整備の状況
          リスクの早期発見・顕在化の未然防止およびクライシス発生時の対応に関する基本的事項を定めた規程を整
         備しております。また、リスク管理に関する基本方針の立案・実行等のため「リスク・クライシスマネジメン
         ト委員会」を設置しております。
       (ヘ)    責任限定契約の状況
          当社は、会社法第427条第1項に基づき、取締役(業務執行取締役であるものを除く)との間で、取締役(業
         務執行取締役であるものを除く)が職務を行うにつき、善意でかつ重大な過失がないときは、会社法第423条第
         1項に定める取締役(業務執行取締役であるものを除く)の当社に対する損害賠償責任について、会社法第425
         条第1項に定める各号の金額の合計額を限度とする、責任限定契約を締結しております。
                                 25/85





                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ②   内部監査および監査等委員会
       (イ)    内部監査および監査等委員会の組織、人員および手続
          内部監査は、専任部署である「内部統制・監査部」(4名)が実施しております。内部監査は、当社グルー
         プの役員・従業員の業務遂行において、内部統制が有効に機能しているか、業務が適正かつ妥当に行われてい
         るかについて監査を実施しております。また、環境・安全・PL(製品安全)等に係る事項については、「レス
         ポンシブル・ケア委員会」を設置し、担当の部署(「レスポンシブル・ケア室」)に専従のスタッフを置いて、
         レスポンシブル・ケア監査を実施しております。
          監査等委員である取締役(4名)は、監査等委員会で定めた監査の方針、業務の分担等に従い、取締役会その
         他重要な会議に出席するほか、重要な決裁書類等を閲覧し、当社およびグループ会社において財産の状況の調
         査等を実施しております。
       (ロ)    内部監査、監査等委員会および会計監査の相互連携ならびに内部統制部門との関係
          常勤の監査等委員である取締役は、取締役会、監査等委員会、「内部統制委員会」をはじめとする社内の重
         要会議に出席し、かつ、「内部統制・監査部」を含む業務執行部門および会計監査人から適宜報告および説明
         を受けて、監査を実施しております。
       ③   社外取締役

       (イ)    社外役員の状況
          社外取締役は以下の3名であります。
           氏名                  企業統治において果たす機能および役割
        川崎    全司
                  同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。同氏は、社外役員となること以外
                  の方法で会社の経営に直接関与した経験はありませんが、長年にわたる弁護士として
                  の専門的な知識と豊富な経験を活かしていただくため、社外取締役に就任いただいて
                  おります。同氏は、中立・公正な立場を保持しており、当社の一般株主との間で利益
                  相反の生じるおそれはないものと判断しております。
                  当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づく「独立役員」として同取引所に届けて
                  おります。
        小西    弘之
                  同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。同氏は                           、社外役員となること以外
                  の方法で会社の経営に直接関与した経験はありませんが、                           国税庁職員ならびに税理士
                  としての豊富な経験と幅広い見識を有しておられ、税務、財務および会計に関してご
                  指導をいただくため、社外取締役に就任いただいております。同氏は、中立・公正な
                  立場を保持しており、当社の一般株主との間で利益相反の生じるおそれはないものと
                  判断しております。
                  当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づく「独立役員」として同取引所に届けて
                  おります。
        稲山 秀彰
                  同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。同氏は、住友電気工業株式会社の
                  業務執行取締役ならびに同社の監査役としての豊富な経験と幅広い見識を活かしてい
                  ただくため、社外取締役に就任いただいております。同氏は、中立・公正な立場を保
                  持しており、当社の一般株主との間で利益相反の生じるおそれはないものと判断して
                  おります。
                  当社は、同氏を東京証券取引所の定めに基づく「独立役員」として同取引所に届けて
                  おります。
          当社は、経営の客観性・中立性を確保するため、社外取締役を3名選任しております。また、監査等委員会

         を構成する監査等委員である取締役のうち3名を社外取締役とし、会社経営の健全性はもとより、効率性の面
         についても有益な意見をいただくこととしており、さらにその意見を業務執行に活かすことで、取締役会の監
         督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスの充実を図っております。
                                 26/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       (ロ)    監査等委員である社外取締役による監査と内部監査、および会計監査との相互連携並びに内部統制部門との
          関係
          監査等委員である社外取締役は、取締役会および監査等委員会に出席し、「内部統制委員会」をはじめとす
         る社内の重要会議の内容等につき報告を受け、かつ、「内部統制・監査部」を含む業務執行部門および会計監
         査人から適宜報告および説明を受けて、監査を実施しております。当該監査の結果およびそれぞれの社外取締
         役の客観的な立場からいただいた意見については、内部監査、監査等委員会による監査および会計監査におい
         ても適切に反映し、それぞれの実効性と効率性の向上を図っております。
       (ハ)    社外取締役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準または方針
          社外取締役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準を定め、一般株主と利益相反が生じるおそ
         れがないことを基本として、選任しております。
       ④  役員の報酬等

       (イ)    提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                                    合計
                                  基本報酬          賞与
             役員区分           人数(人)
                                 (百万円)         (百万円)
                                                  (百万円)
         取締役(監査等委員を除く。)
                              8        127         14        142
         (社外取締役を除く。)
         取締役(監査等委員)
                              ―         ―         ―         ―
         (社外取締役を除く。)
         社外役員                      ▶        36         ―        36

              合 計                12        163         14        178

       (ロ)    提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       (ハ)    役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
        (1) 報酬体系について
          役員の報酬については、各役員の従事職務や中長期的な会社業績を反映し得るよう、「基本報酬」、「賞
         与」の2つから構成されるものといたします。基本報酬については、各役員の行動が短期的、部分最適に偏ら
         ぬよう、固定報酬として支給いたします。賞与については、毎年の事業計画達成へのインセンティブを高める
         ため、当該事業年度の業績をベースとして支給総額を決定し、各役員の職務内容等を勘案して各人に配分いた
         します。また、監査等委員である取締役の報酬については、監査等委員である取締役が業務執行を行っていな
         いことに鑑み賞与は支給せずに、職務の価値を反映する基本報酬のみを支給し、その報酬額は監査等委員であ
         る取締役の協議によって決定されます。
        (2) 報酬水準について
          各報酬項目の水準については、役員報酬の客観性、適正性を確保する観点から、役員報酬諮問委員会の助言
         も踏まえ、役員報酬の世間水準とのバランス、当社従業員の給与水準との対比、過去の支払実績等を考慮しな
         がら適切な報酬水準を設定いたします。
                                 27/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ⑤   株式の保有状況
       (イ)    保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数                      8 銘柄
          貸借対照表計上額の合計額                    111  百万円

       (ロ)    保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的
       (前事業年度)
         特定投資株式
                           株式数       貸借対照表計上額
             銘柄                                    保有目的
                           (株)         (百万円)
     セメダイン株式会社                        50,000            27  取引関係の維持のため
     住友精化株式会社                         4,000            18  取引関係の維持のため
     広栄化学工業株式会社                        50,000            17  取引関係の維持のため
     リケンテクノス株式会社                        32,000            17  取引関係の維持のため
     住友電気工業株式会社                         2,151            3  取引関係の維持のため
     神東塗料株式会社                         2,000            0  事業運営上必要であるため
      (注)1       住友電気工業株式会社、神東塗料株式会社は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下であります
          が、6銘柄について記載しております。
        2    住友精化株式会社は平成28年10月1日付で普通株式5株を1株とする株式併合を行っております。
         みなし保有株式
          該当事項はありません。
       (当事業年度)

         特定投資株式
                           株式数       貸借対照表計上額
             銘柄                                    保有目的
                           (株)         (百万円)
     セメダイン株式会社                        50,000            44  取引関係の維持のため
     広栄化学工業株式会社                        10,000            24  取引関係の維持のため
     住友精化株式会社                         4,000            20  取引関係の維持のため
     リケンテクノス株式会社                        32,000            16  取引関係の維持のため
     住友電気工業株式会社                         2,262            3  取引関係の維持のため
     神東塗料株式会社                         2,000            0  事業運営上必要であるため
      (注)   1   住友電気工業株式会社、神東塗料株式会社は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下であります 
          が、6銘柄について記載しております。
        2   広栄化学工業株式会社は平成29年10月1日付で普通株式5株を1株とする株式併合を行っております。
         みなし保有株式
          該当事項はありません。
       (ハ)  保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 28/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ⑥   会計監査の状況
         会社法および金融商品取引法に基づく会計監査については、有限責任 あずさ監査法人が監査業務にあたってお
        ります。当連結会計年度において会計監査業務を執行した公認会計士の氏名および監査業務に係る補助者の構成
        は下記のとおりであります。
         監査業務を執行した公認会計士

          指定有限責任社員         松本   学、東浦     隆晴
         監査業務に係る補助者
          監査業務に係る補助者は、監査法人の選定基準に基づき決定されており、具体的には、公認会計士、公認会
         計士試験合格者等を主たる構成員とし、システム専門家等その他の補助者も加えて構成されております。
       ⑦   取締役の定数

         当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨を
        定款で定めております。
       ⑧   取締役選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨およびその選任決議は累積投票によらないものとする旨を定款
        で定めております。
       ⑨   株主総会決議事項を取締役会で決議できることとした事項

         当社は、機動的な資本政策の遂行を可能にするため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項に
        ついては、法令に特段の定めがある場合を除き、取締役会決議によって定めることとする旨を定款で定めており
        ます。
       ⑩   株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の
        3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これ
        は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とする
        ものであります。
                                 29/85









                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
        区    分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                 25           ―          25           ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計               25           ―          25           ―

       ②  【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         該当事項はありませんが、監査時間等を勘案して適切に報酬額を決定した上で会社法第399条に基づく監査等委
        員会の同意を得ております。
                                 30/85














                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1   連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
       に基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
       ます。
     2  監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月
       31日まで)の連結財務諸表および事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、有限
       責任 あずさ監査法人により監査を受けております。
     3  連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、以下の通り連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。
        会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準
       設定主体等の行う研修への参加をしております。
                                 31/85













                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         316,538              438,161
         現金及び預金
                                                    ※1  5,246,488
                                        4,769,984
         受取手形及び売掛金
                                        2,951,176              3,228,037
         商品及び製品
                                          78,908              104,662
         仕掛品
                                        1,639,207              1,585,725
         原材料及び貯蔵品
                                         179,178              173,985
         繰延税金資産
                                         266,975              165,064
         その他
                                           △ 24             △ 52
         貸倒引当金
                                        10,201,944              10,942,072
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        7,029,525              8,107,696
           建物及び構築物
                                     ※2   △  4,988,752           ※2   △  5,124,935
             減価償却累計額
                                        2,040,772              2,982,761
             建物及び構築物(純額)
                                      ※4  19,189,506            ※4  21,417,311
           機械装置及び運搬具
                                     ※2   △  16,158,311           ※2   △  16,850,886
             減価償却累計額
                                        3,031,195              4,566,424
             機械装置及び運搬具(純額)
           土地                              1,205,858              1,205,858
                                         480,640              106,407
           建設仮勘定
                                        1,853,417              1,960,473
           その他
                                     ※2   △  1,491,806           ※2   △  1,534,876
             減価償却累計額
                                         361,610              425,596
             その他(純額)
                                        7,120,078              9,287,048
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          14,096              15,321
           ソフトウエア
                                          25,727              23,625
           その他
                                          39,823              38,947
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          86,560              111,326
           投資有価証券
                                        ※3  35,228            ※3  35,228
           関係会社株式
                                         652,058              686,056
           繰延税金資産
           その他                               34,493              35,907
                                          △ 700             △ 700
           貸倒引当金
                                         807,641              867,818
           投資その他の資産合計
                                        7,967,543              10,193,814
         固定資産合計
                                        18,169,487              21,135,886
       資産合計
                                 32/85





                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※1  4,225,821
                                        3,688,460
         支払手形及び買掛金
                                         635,000              650,000
         短期借入金
                                         660,000              520,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                         233,922              414,848
         未払法人税等
                                         388,237              401,818
         賞与引当金
                                                    ※1  1,317,005
                                        1,165,415
         その他
                                        6,771,035              7,529,493
         流動負債合計
       固定負債
                                         321,095             1,198,120
         長期借入金
                                        2,345,177              2,383,367
         退職給付に係る負債
                                         206,180              208,329
         その他
                                        2,872,452              3,789,816
         固定負債合計
       負債合計                                 9,643,488              11,319,310
      純資産の部
       株主資本
                                        1,572,000              1,572,000
         資本金
                                        1,008,755              1,008,755
         資本剰余金
                                        5,993,320              7,213,431
         利益剰余金
                                        △ 26,989             △ 28,214
         自己株式
                                        8,547,087              9,765,973
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         39,694              56,748
         その他有価証券評価差額金
                                         17,703              14,906
         為替換算調整勘定
                                        △ 78,486             △ 21,051
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 21,088              50,603
         その他の包括利益累計額合計
                                        8,525,998              9,816,576
       純資産合計
                                       18,169,487              21,135,886
      負債純資産合計
                                 33/85










                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       21,000,824              21,843,797
      売上高
                                     ※1  16,382,660            ※1  16,842,425
      売上原価
                                        4,618,163              5,001,371
      売上総利益
                                    ※2 、 3  2,809,428           ※2 、 3  2,925,869
      販売費及び一般管理費
                                        1,808,735              2,075,501
      営業利益
      営業外収益
                                           401              594
       受取利息
                                         11,676              16,757
       受取配当金
                                          7,104              11,696
       不用品処分益
                                         18,082              14,694
       その他
                                         37,264              43,743
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         16,213              10,808
       支払利息
                                                        5,079
       為替差損                                    -
                                           804             1,827
       その他
                                         17,018              17,715
       営業外費用合計
                                        1,828,981              2,101,529
      経常利益
      特別損失
                                       ※4  67,483            ※4  64,635
       固定資産除却損
                                                     ※5  89,730
                                           -
       減損損失
                                         67,483              154,365
       特別損失合計
                                        1,761,498              1,947,164
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   522,978              645,656
                                        △ 24,122             △ 61,980
      法人税等調整額
                                         498,855              583,675
      法人税等合計
                                        1,262,642              1,363,488
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益                                      -              -
                                        1,262,642              1,363,488
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 34/85









                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        1,262,642              1,363,488
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         13,445              17,053
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 1,491             △ 2,796
       為替換算調整勘定
                                         95,842              57,435
       退職給付に係る調整額
                                       ※  107,795             ※  71,692
       その他の包括利益合計
                                        1,370,437              1,435,180
      包括利益
      (内訳)
                                        1,370,437              1,435,180
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 35/85
















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                    1,572,000         1,008,755         4,888,457         △ 25,525       7,443,687
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 157,778                △ 157,778
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                     1,262,642                 1,262,642
      当期純利益
                                               △ 1,463        △ 1,463
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                     1,104,863          △ 1,463       1,103,399
     当期変動額合計                  -         -
                    1,572,000         1,008,755         5,993,320         △ 26,989       8,547,087
     当期末残高
                            その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                 その他有価証券                 退職給付に係る        その他の包括利益
                         為替換算調整勘定
                  評価差額金                 調整累計額         累計額合計
                     26,249         19,195       △ 174,328        △ 128,883        7,314,803
     当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 157,778
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                                       1,262,642
      当期純利益
                                                        △ 1,463
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                     13,445        △ 1,491        95,842        107,795         107,795
      当期変動額(純額)
                     13,445        △ 1,491        95,842        107,795        1,211,195
     当期変動額合計
                     39,694         17,703        △ 78,486        △ 21,088       8,525,998
     当期末残高
                                 36/85











                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                    1,572,000         1,008,755         5,993,320         △ 26,989       8,547,087
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 143,377                △ 143,377
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                     1,363,488                 1,363,488
      当期純利益
                                               △ 1,224        △ 1,224
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                     1,220,110          △ 1,224       1,218,886
     当期変動額合計                  -         -
                    1,572,000         1,008,755         7,213,431         △ 28,214       9,765,973
     当期末残高
                            その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                 その他有価証券                 退職給付に係る        その他の包括利益
                         為替換算調整勘定
                  評価差額金                 調整累計額         累計額合計
     当期首残高                39,694         17,703        △ 78,486        △ 21,088       8,525,998
     当期変動額
                                                       △ 143,377
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属する
                                                       1,363,488
      当期純利益
                                                        △ 1,224
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                     17,053        △ 2,796        57,435         71,692         71,692
      当期変動額(純額)
                     17,053        △ 2,796        57,435         71,692       1,290,578
     当期変動額合計
                     56,748         14,906        △ 21,051         50,603       9,816,576
     当期末残高
                                 37/85











                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        1,761,498              1,947,164
       税金等調整前当期純利益
                                        1,025,251              1,294,421
       減価償却費
                                                       89,730
       減損損失                                    -
                                         212,815              121,287
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                        △ 12,077             △ 17,352
       受取利息及び受取配当金
                                         16,213              10,808
       支払利息
                                         67,483              64,635
       固定資産除却損
                                         191,892             △ 477,567
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 157,281             △ 251,646
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 77,627              538,964
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 255,572              201,002
       その他
                                        2,772,596              3,521,448
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  12,077              17,352
                                        △ 15,993             △ 11,237
       利息の支払額
                                        △ 909,946             △ 458,089
       法人税等の支払額
                                        1,858,734              3,069,473
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,184,520             △ 3,541,046
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 5,178             △ 8,158
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 179             △ 199
       投資有価証券の取得による支出
                                           221            △ 1,459
       その他
                                      △ 1,189,657             △ 3,550,863
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 175,000               15,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                         56,095             1,500,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 385,000             △ 762,975
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 1,463             △ 1,224
       自己株式の増減額(△は増加)
                                        △ 157,778             △ 143,377
       配当金の支払額
                                         △ 3,562             △ 2,243
       リース債務の返済による支出
                                        △ 666,709              605,178
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          1,364             △ 2,166
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                          3,731             121,622
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         312,806              316,538
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※  316,538             ※  438,161
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 38/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1  連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の数および名称              2 社  
         株式会社田岡化学分析センター
         タオカ  ケミカル  インド  プライベート  リミテッド
       (2) 主要な非連結子会社の名称等
         非連結子会社の名称
          田岡淀川ジェネラルサービス株式会社
          田岡播磨ジェネラルサービス株式会社
          タオカ  ケミカル  シンガポール  プライベート  リミテッド
         連結の範囲から除いた理由
           非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)および
          利益剰余金(持分に見合う額)等、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲
          から除いております。
      2  持分法の適用に関する事項

       (1) 持分法適用の非連結子会社および関連会社数
         該当事項はありません。
       (2) 持分法を適用していない非連結子会社の名称等

         持分法を適用していない非連結子会社の名称
          田岡淀川ジェネラルサービス株式会社
          田岡播磨ジェネラルサービス株式会社
          タオカ  ケミカル  シンガポール  プライベート  リミテッド
         持分法を適用していない理由
           持分法を適用していない非連結子会社は、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合
          う額)等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外して
          おります。
      3  連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4   会計方針に関する事項

       (1) 重要な資産の評価基準および評価方法
        ①  有価証券
          その他有価証券
          時価のあるもの
            決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
           均法により算定しております。)
          時価のないもの
           原価基準、移動平均法
        ②  デリバティブ
          時価法
        ③  たな卸資産
            総平均法による原価法(収益性の低下したたな卸資産については簿価切り下げの方法により算定してお
           ります。)
                                 39/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①  有形固定資産(リース資産を除く)
          定額法によっております。
        ②  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法によっております。
           主な耐用年数は次のとおりです。
           自社利用のソフトウェア  5年
        ③   リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3) 重要な引当金の計上基準

        ①  貸倒引当金
           売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
          定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②  賞与引当金
           従業員賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき、当連結会計年度に負担すべき額を計上しておりま
          す。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

        ①   退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。
        ②   数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(3年)による定額法により
          費用処理しております。
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(3
          年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生した連結会計年度から費用処理しております。
       (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
        ます。なお、在外子会社等の資産および負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益および費
        用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
         しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          税抜方式を採用しております。
                                 40/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
      収益認識
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
      「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
       (1)    概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ① 顧客との契約を識別する。
          ② 契約における履行義務を識別する。
         ③ 取引価格を算定する。
         ④ 契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ⑤ 履行義務を充足した時にまたは充足するにつれて収益を認識する。
       (2)    適用予定日
        平成34年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)    当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 41/85















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
      ※1    満期手形および期日現金決済(手形と同条件で手形期日に現金決済する方式)の会計処理は、手形交換日また
         は期日現金決済日に行っております。なお、当連結会計年度の末日が金融機関の休業日であったため次の同日
         現在の満期手形等が連結会計年度末残高に含まれております。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     受取手形及び売掛金                                 -千円               706,615千円
     支払手形及び買掛金                                 -千円               397,460千円
     その他(流動負債)                                 -千円               76,891千円
      ※2  減価償却累計額には減損損失累計額が含まれております。

      ※3    非連結子会社に対するものは次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     関係会社株式                               35,228千円                 35,228千円
      ※4    国庫補助金等により有形固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳額およびその内訳は、次のとおりであ

         ります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     圧縮記帳額                              142,395千円                 144,218千円
     (うち、機械装置及び運搬具)                              142,395千円                 144,218千円
                                 42/85












                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
      ※1  通常の販売目的で保有するたな卸資産の収益性の低下による簿価切下額は、次のとおりであります。なお、期
         末たな卸高は収益性低下に伴う簿価切下後の金額であります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)                至   平成30年3月31日)
                                 △ 104,922                 △ 127,561
     売上原価                                千円                  千円
      ※2    研究開発費はすべて販売費及び一般管理費に含まれており、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                           至   平成29年3月31日)                至   平成30年3月31日)
                                  711,607                  719,483
                                     千円                  千円
      ※3     販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
                                 567,525                  571,892
     運送費及び保管費                                千円                  千円
                                 718,535                  700,684
     給料手当及び福利費                                千円                  千円
                                 148,953                  160,846
     賞与引当金繰入額                                千円                  千円
                                  64,360                  60,974
     退職給付費用                                千円                  千円
                                 711,607                  719,483
     研究開発費                                千円                  千円
      ※4    固定資産除却損の主な内容は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
     建物及び構築物                            12,231   千円               15,463   千円
     機械装置及び運搬具                            44,558   千円               9,714   千円
     工具、器具及び備品                               - 千円               3,964   千円
     建設仮勘定                             3,155   千円                 - 千円
     撤去費用                             6,769   千円               35,492   千円
      ※5    減損損失の内容は、次のとおりであります。

        前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
         当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
          場所              用途              種類             減損損失
                                 建物及び構築物、機械装置
     インド              接着剤製造設備                                   89,730千円
                                 及び運搬具、その他
         当社グループは、投資の決定単位である各社の事業別に資産のグルーピングを行っており、遊休資産等につい
        ては、個々の資産を1つの単位として資産のグルーピングを行っております。
         当連結会計年度において、事業環境の悪化に伴い収益性が低下した接着剤製造設備については帳簿価額を回収
        可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(89,730千円)として特別損失に計上しております。
         その内訳は、建物及び構築物32,658千円、機械装置及び運搬具50,711千円、その他6,359千円であります。な
        お、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローが見込まれないこ
        とから備忘価額により評価しております。
                                 43/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
      ※   その他の包括利益に係る組替調整額および税効果額
                                                  (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金
       当期発生額                                   19,367              24,565
                                          -              -
       組替調整額
         税効果調整前
                                        19,367              24,565
                                        △5,922              △7,512
         税効果額
         その他有価証券評価差額金                                   13,445              17,053
     為替換算調整勘定
       当期発生額                                   △1,491              △2,796
                                          -              -
       組替調整額
         税効果調整前
                                        △1,491              △2,796
                                          -              -
         税効果額
       為替換算調整勘定
                                        △1,491              △2,796
     退職給付に係る調整額
       当期発生額                                   11,656              15,380
                                        126,404               67,716
       組替調整額
         税効果調整前
                                        138,061               83,097
                                       △42,219              △25,662
         税効果額
       退職給付に係る調整額
                                        95,842              57,435
                   その他の包括利益合計                     107,795               71,692
                                 44/85










                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
       1  発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               14,440,000               -           -       14,440,000
       2  自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 95,941           4,996            -        100,937
       (変動事由の概要)

         増加数の内訳は、次の通りであります。
          単元未満株式の買取りによる増加                  4,996株
       3  配当に関する事項

        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成28年6月24日
               普通株式            86,064          6.00   平成28年3月31日         平成28年6月27日
     定時株主総会
     平成28年10月27日
               普通株式            71,714          5.00   平成28年9月30日         平成28年12月2日
     取締役会
        (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)       配当額(円)
     平成29年5月10日
               普通株式      利益剰余金         71,695        5.00   平成29年3月31日         平成29年6月6日
     取締役会
                                 45/85










                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
       1  発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               14,440,000               -       11,552,000           2,888,000
       (変動事由の概要)

         普通株式の発行済株式数の減少11,552,000株は、株式併合による減少であります。
       2  自己株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 100,937            2,644          82,772           20,809
       (変動事由の概要)

        1.普通株式の自己株式の株式数の増加2,644株は、株式併合に伴う端数株式の買取による増加75株および単元
          未満株式の買取による増加2,569株(株式併合前2,528株、株式併合後41株)であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少82,772株は、株式併合による減少であります。
       3  配当に関する事項

        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成29年5月10日
               普通株式            71,695          5.00   平成29年3月31日         平成29年6月6日
     取締役会
     平成29年10月30日
               普通株式            71,682          5.00   平成29年9月30日         平成29年12月4日
     取締役会
        (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)       配当額(円)
     平成30年5月10日
               普通株式      利益剰余金         114,687        40.00   平成30年3月31日         平成30年6月5日
     取締役会
                                 46/85










                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       ※   現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
        す。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)                至   平成30年3月31日)
     現金及び預金勘定                          316,538    千円              438,161    千円
     現金及び現金同等物                          316,538    千円              438,161    千円
                                 47/85


















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
       1   金融商品の状況に関する事項
       (1) 金融商品に対する取組方針
         当社グループは、国内外における事業遂行のために、設備投資計画等に照らして必要な長期資金を金融機関等
        からの借入により調達するとともに、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。調達にあたって
        は、必要な資金を適切な時期に過不足なく機動的に調達することを旨とし、資金の安定確保と金融費用の極小化
        を目指すこととしております。
         デリバティブについては、リスクのヘッジ取引でのみ利用し、その限度額を実需の範囲とすることとしてお
        り、短期的な売買損益を獲得する目的や投機目的には利用しない方針であります。
       (2) 金融商品の内容およびそのリスク

         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されておりますが、そのほとんどについては回
        収期日を1年以内に設定することで信用リスクを低減させております。また、輸出取引等により発生する外貨建
        て営業債権は、為替レートの変動リスクに晒されておりますが、当社は、外貨建て債権を日本円に換算せず外貨
        建て債務の支払に充当することにより為替リスクを回避しております。営業債務である支払手形及び買掛金は、
        ほとんど1年以内の支払期日であります。
       (3) 金融商品に係るリスク管理体制

        ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社は債権管理について定めた社内規程に従い、営業債権について、営業部門が定期的に全営業取引先の状
         況、販売取引高および債権残高をチェックして取引方針の見直しを実施するとともに、財務状況等の悪化等に
         よる取引先の信用リスクの早期把握や軽減を図っております。連結子会社におきましても、各社の規程に基づ
         き営業部門または経理担当部門が取引先の財務状況および信用状況の管理を行っております。
          デリバティブ取引の利用にあたっては、信用度の高い金融機関とのみ取引を行っております。
        ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          当社グループは、外貨建ての営業債権は、日本円に換算せず外貨建て債務の支払いに充当しております。デ
         リバティブ取引をリスクのヘッジ目的で利用することとしております。このため、市場リスクはほとんどない
         と判断しております。
          投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、取引先企業との関
         係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
          デリバティブ取引については、デリバティブ取引の利用目的、取組方針、取引に係る権限や手続きを定めた
         社内規程を作成しており、この規程の遵守およびヘッジ効果の確認等によりリスク管理を行っております。当
         社におけるデリバティブ取引の約定手続きは、経理担当部門が決裁権限規程に定められた決裁者の承認を得て
         取引を行っております。連結子会社においても、各社のデリバティブ取引の管理規程等に基づき経理担当部門
         等が実施し、決裁者の承認を得て取引を行っております。
        ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社は、年度毎に資金繰り計画を作成するとともに、資金繰り表を日々更新して管理しております。手元流
         動性は、売上高の6日分相当程度に抑制しておりますが、金融機関との間で当座借越契約を締結し、流動性リ
         スクを管理しております。
       (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価格のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
        れております。当該価額の算定については変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
        より、当該価額が変動することもあります。
                                 48/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       2   金融商品の時価等に関する事項

         連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
        ことが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
      前連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                          連結貸借対照表
                                        時価            差額
                            計上額
     (1) 現金及び預金                          316,538            316,538              -
     (2) 受取手形及び売掛金                         4,769,984            4,769,984               -
     (3) 投資有価証券
         その他有価証券
                                85,415            85,415              -
             資産計                 5,171,939            5,171,939               -
     (1) 支払手形及び買掛金                         3,688,460            3,688,460               -
     (2) 短期借入金                          635,000            635,000              -
     (3) 1年内返済予定の長期借入金                          660,000            661,045             1,045
     (4) 長期借入金                          321,095            327,058             5,963
             負債計                 5,304,555            5,311,565              7,009
      当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                          連結貸借対照表
                                        時価            差額
                            計上額
     (1) 現金及び預金                          438,161            438,161              -
     (2) 受取手形及び売掛金                         5,246,488            5,246,488               -
     (3) 投資有価証券
         その他有価証券
                               110,181            110,181              -
             資産計                 5,794,831            5,794,831               -
     (1) 支払手形及び買掛金                         4,225,821            4,225,821               -
     (2) 短期借入金                          650,000            650,000              -
     (3) 1年内返済予定の長期借入金                          520,000            520,203              203
     (4) 長期借入金                         1,198,120            1,203,773              5,653
             負債計                 6,593,941            6,599,798              5,857
      (注1)    金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券に関する事項
      資  産
      (1)現金及び預金、ならびに(2)受取手形及び売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)投資有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      負  債
      (1)支払手形及び買掛金、ならびに(2)短期借入金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)1年内返済予定の長期借入金、ならびに(4)長期借入金
        長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算
       定する方法によっております。
                                 49/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                                  (単位:千円)
                             前連結会計年度                当連結会計年度
               区分
                           (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
         非上場株式等                            36,373                36,373
         上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券」
         には含めておりません。
      (注3) 金銭債権および満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                         1年超      5年超
                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
         現金及び預金                          316,538         -      -      -
         受取手形及び売掛金                         4,769,984          -      -      -
                    合計               5,086,523          -      -      -
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                                         1年超      5年超
                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
         現金及び預金                          438,161         -      -      -
         受取手形及び売掛金                         5,246,488          -      -      -
                    合計               5,684,649          -      -      -
      (注4) 長期借入金、リース債務およびその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                          1年超        2年超        3年超        4年超
                  1年以内                                     5年超
                         2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
         短期借入金          635,000          -        -        -        -      -
         長期借入金          660,000        220,000        45,000          -     56,095        -
         リース債務           2,088        1,023        1,023         682        -      -
         合計         1,297,088         221,023        46,023         682      56,095        -
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                          1年超        2年超        3年超        4年超
                  1年以内                                     5年超
                         2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
         短期借入金          650,000          -        -        -        -      -
         長期借入金          520,000        345,000        300,000        353,120        200,000        -
         リース債務           1,951        1,951        1,525         773        -      -
         合計         1,171,951         346,951        301,525        353,893        200,000        -
                                 50/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
      1  その他有価証券
       前連結会計年度(平成29年3月31日)
                         連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
                  種類
                            (千円)           (千円)           (千円)
              (1)株式                  85,415           28,235           57,180
     連結貸借対照表
              (2)債券                    -           -           -
     計上額が取得原
              (3)その他                    -           -           -
     価を超えるもの
                  小計              85,415           28,235           57,180
              (1)株式                    -           -           -
     連結貸借対照表
              (2)債券                    -           -           -
     計上額が取得原
     価を超えないも
              (3)その他                    -           -           -
     の
                  小計                -           -           -
           合計                     85,415           28,235           57,180
       当連結会計年度(平成30年3月31日)

                         連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
                  種類
                            (千円)           (千円)           (千円)
              (1)株式                 110,181            28,435           81,745
     連結貸借対照表
              (2)債券
     計上額が取得原
              (3)その他                    -           -           -
     価を超えるもの
                  小計              110,181            28,435           81,745
              (1)株式                    -           -           -
     連結貸借対照表
              (2)債券
     計上額が取得原
     価を超えないも
              (3)その他                    -           -           -
     の
                  小計                -           -           -
           合計                    110,181            28,435           81,745
      2  連結会計年度中に売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 51/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
      1   採用している退職給付制度の概要
        当社および国内連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度、確定拠出型の制度として確定拠出年金
       制度を設けております。
      2   確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
                                        2,270,423
      退職給付債務の期首残高                                                2,345,177
                                         166,411
      勤務費用                                                 160,981
                                          9,052
      利息費用                                                  10,590
                                        △61,869
      数理計算上の差異の発生額                                                 △23,070
                                        △79,810
      退職給付の支払額                                                △159,177
                                         40,970
      その他                                                  48,865
                                        2,345,177
      退職給付債務の期末残高                                                2,383,367
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

         資産の調整表
                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
                                        2,345,177
       非積立型制度の退職給付債務                                                2,383,367
                                        2,345,177
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                                2,383,367
       退職給付に係る負債                                 2,345,177               2,383,367

                                        2,345,177
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                                2,383,367
       (3)  退職給付費用およびその内訳項目の金額

                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
                                         166,411
       勤務費用                                                 160,981
                                          9,052
       利息費用                                                 10,590
                                         38,851
       数理計算上の差異の費用処理額                                                 11,719
                                         78,311
       過去勤務費用の費用処理額                                                 72,111
                                         △4,840
       その他                                                 20,642
                                         287,785
       確定給付制度に係る退職給付費用                                                 276,045
                                 52/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       (4)  退職給付に係る調整額
         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
                                         37,340
       過去勤務費用                                                 72,111
                                         100,720
       数理計算上の差異                                                 10,986
                                         138,061
       合計                                                 83,097
       (5)  退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
       未認識過去勤務費用                                  131,885               59,773
       未認識数理計算上の差異                                  △18,825               △29,811
                                         113,060
       合計                                                 29,962
       (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                 至   平成29年3月31日)             至   平成30年3月31日)
       割引率                                  0.464%               0.417%
      3   確定拠出制度

         当社および国内連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度17,938千円、当連結会計年度     
        18,377千円でありました。
                                 53/85











                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
      1   繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
        繰延税金資産
         退職給付に係る負債                             717,155    千円           728,582    千円
         減価償却費                              36,184   千円            38,720   千円
         賞与引当金                             118,837    千円           122,528    千円
         未払金                              17,253   千円            11,620   千円
         未払事業税                              15,218   千円            26,226   千円
         たな卸資産未実現利益消去                               728  千円              752  千円
         たな卸資産評価損                              67,080   千円            26,718   千円
         減損損失                              11,951   千円            36,351   千円
                                       31,957   千円            56,495   千円
         その他
         小計
                                     1,016,366     千円          1,047,995     千円
                                      △38,263    千円           △79,113    千円
         評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                      978,103    千円           968,882    千円
        繰延税金負債

         特別償却積立金                             △57,883    千円           △32,196    千円
         その他有価証券評価差額金                             △17,485    千円           △24,997    千円
         貸方原価差額調整                             △33,633    千円           △18,969    千円
                                      △37,864    千円           △32,674    千円
         固定資産圧縮積立金
         繰延税金負債合計                            △146,867     千円          △108,839     千円
        繰延税金資産純額                              831,236    千円           860,042    千円
        (注)   繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
        流動資産-繰延税金資産
                                      179,178    千円           173,985    千円
        固定資産-繰延税金資産                              652,058    千円           686,056    千円
                                 54/85








                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
        た主要な項目別の内訳
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
        法定実効税率
                                         30.8  %              -
        (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                0.5  %              -
         受取配当金等永久に益金に算入されない項目                               △0.5   %              -
         評価性引当額増減                                0.7  %              -
         試験研究費の税額控除                               △3.3   %              -
         住民税均等割額                                0.4  %              -
                                        △0.3   %              -
          その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 28.3  %              -
       (注)     当連結会計年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の
          100分の5以下であるため注記を省略しております。
                                 55/85















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       1   報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務諸表が入手可能であり、取締役会が経営資源
        の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社の報告セグメントは、「化学工業セグメント」を報告セグメントとしており、精密化学品、機能材、機能
        樹脂、化成品の製造販売をしております。
       2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
        おける記載と同一であります。
       3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

         前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                                    連結財務諸表
                   報告セグメント
                             その他                調整額
                                      合計                計上額
                             (注)1                (注)2
                    化学工業
                                                     (注)3
     売上高
                     20,512,709          488,114       21,000,824                21,000,824
       外部顧客への売上高                                             -
       セグメント間の内部
                               53,517        53,517       △ 53,517
                         -                                 -
       売上高又は振替高
                     20,512,709          541,632       21,054,341         △ 53,517      21,000,824
           計
                     1,759,918          48,727       1,808,645            90     1,808,735
     セグメント利益
                     17,908,541          174,385       18,082,926          86,560      18,169,487
     セグメント資産
     その他の項目

                     1,025,251                1,025,251                1,025,251
       減価償却費                            -                -
       有形固定資産および
                     1,204,364                1,204,364                1,204,364
                                 -                -
       無形固定資産の増加額
      (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、化学分析受託事業であります。
        2  調整額は以下の通りであります。
         (1)  「セグメント利益」の調整額             90 千円は、セグメント間取引の消去に伴う調整額であります。
         (2)  「セグメント資産」の調整額は連結会社での長期投資資金(投資有価証券)                                   86,560   千円であります。
        3  セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 56/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                                    連結財務諸表
                   報告セグメント
                             その他                調整額
                                      合計                計上額
                             (注)1                (注)2
                    化学工業
                                                     (注)3
     売上高
                     21,327,342          516,455       21,843,797                21,843,797
       外部顧客への売上高                                             -
       セグメント間の内部
                         -      53,690        53,690       △ 53,690          -
       売上高又は振替高
                     21,327,342          570,146       21,897,488         △ 53,690      21,843,797
           計
                     2,029,045          46,713       2,075,759          △ 257     2,075,501
     セグメント利益
                     20,826,552          198,008       21,024,560          111,326       21,135,886
     セグメント資産
     その他の項目

                     1,294,421                1,294,421                1,294,421
       減価償却費                            -                -
       有形固定資産および
                     3,576,072                3,576,072                3,576,072
                                 -                -
       無形固定資産の増加額
      (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、化学分析受託事業であります。
        2  調整額は以下の通りであります。
         (1)  「セグメント利益」の調整額             △257   千円は、セグメント間取引の消去に伴う調整額であります。
         (2)  「セグメント資産」の調整額は連結会社での長期投資資金(投資有価証券)                                   111,326    千円であります。
        3  セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       【関連情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
       1  製品およびサービスごとの情報
         製品およびサービスの区分が報告セグメント区分と同一であるため、記載を省略しております。
       2   地域ごとの情報

        (1)  売上高
                                                  (単位:千円)
           日本     アジア(日本除く)            北米        欧州        その他         合計
           18,984,211         1,950,754          31,101        34,707          49    21,000,824

        (2)  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
         を省略しております。
       3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                    売上高               関連するセグメント名
     三菱瓦斯化学株式会社                              5,441,315      化学工業

     住友化学株式会社                              2,985,935      化学工業、その他

     丸石化学品株式会社                              2,227,884      化学工業

                                 57/85




                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
       1   製品およびサービスごとの情報
         製品およびサービスの区分が報告セグメント区分と同一であるため、記載を省略しております。
       2   地域ごとの情報

        (1)  売上高
                                                  (単位:千円)
           日本     アジア(日本除く)            北米        欧州        その他         合計
           19,524,360         2,237,315          39,123        42,956          41    21,843,797

        (2)  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
         を省略しております。
       3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                    売上高               関連するセグメント名
     三菱瓦斯化学株式会社                              6,575,612      化学工業

     住友化学株式会社                              2,936,598      化学工業、その他

     丸石化学品株式会社                              2,318,020      化学工業

       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)

        「化学工業」セグメントにおいて、事業環境の悪化に伴い収益性が低下した接着剤製造設備については、帳簿価
       額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(                         89,730   千円)として特別損失に計上しております。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
                                 58/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
      前連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
      1  関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                   資本金又           議決権等
                        事業の内容           関連当事者       取引の     取引金額         期末残高
         会社等の名
      種類         所在地    は出資金           被所有                      科目
         称又は氏名
                        又は職業           との関係       内容     (千円)         (千円)
                   (千円)          割合(%)
                                                  受取手形
                             直接
                                  当社製品の
                                        製品の販売     2,877,295          792,908
                                                  及び売掛金
                              50.91
         住友化学     東京都                     販売
     親会社             89,699,341     総合化学工業
                             間接
         株式会社     中央区                   原材料の仕入
                                                  支払手形
                                        原材料の仕入      1,800,087          798,479
                               0.78
                                  役員の兼任等
                                                  及び買掛金
      (注) 1  消費税等の会計処理は税抜方式を採用しているため、取引金額には消費税等は含まれておりません。
        2  取引条件及び取引条件の決定方針等
           市場価格、総原価を勘案して毎期価格交渉の上、決定しております。
       (イ)連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等および連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会

          社等
           該当事項はありません。
      2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

       (1)親会社情報
          住友化学株式会社(東京証券取引所に上場)
       (2)重要な関連会社の要約財務情報

          重要な関連会社はありません。
                                 59/85











                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成29年4月1日          至   平成30年3月31日)
      1  関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                   資本金又           議決権等
                        事業の内容           関連当事者       取引の     取引金額         期末残高
         会社等の名
      種類         所在地    は出資金           被所有                      科目
         称又は氏名
                        又は職業           との関係       内容     (千円)         (千円)
                   (千円)          割合(%)
                                                  受取手形
                             直接
                                  当社製品の
                                        製品の販売     2,823,995          950,149
                                                  及び売掛金
                              50.76
         住友化学     東京都                     販売
     親会社             89,699,341     総合化学工業
                             間接
         株式会社     中央区                   原材料の仕入
                                                  支払手形
                                        原材料の仕入      1,765,750          866,818
                               0.78
                                  役員の兼任等
                                                  及び買掛金
      (注) 1  消費税等の会計処理は税抜方式を採用しているため、取引金額には消費税等は含まれておりません。
        2  取引条件及び取引条件の決定方針等
           市場価格、総原価を勘案して毎期価格交渉の上、決定しております。
       (イ)連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等および連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会

          社等
                   資本金又           議決権等
                        事業の内容           関連当事者       取引の     取引金額         期末残高
         会社等の名
      種類         所在地    は出資金           被所有                      科目
         称又は氏名
                         又は職業           との関係       内容     (千円)         (千円)
                    (千円)          割合(%)
                                                   設備関係
         住友ケミカ
                                                         81,540
               千葉県
     同一の親
                                                   未払金
         ルエンジニ              各種産業設備
     会社を持              1,000,000               製造設備の購入       設備の購入     2,682,000
               千葉市               なし
         アリング株              の設計、建設
                                                   設備関係
      つ会社
                                                         58,860
               美浜区
          式会社
                                                   支払手形
      (注)    1   消費税等の会計処理は税抜方式を採用しているため、取引金額には消費税等は含まれておりません。
         2 取引条件及び取引条件の決定方針等
           市場価格、総原価を勘案して毎期価格交渉の上、決定しております。
      2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

       (1)親会社情報
          住友化学株式会社(東京証券取引所に上場)
       (2)重要な関連会社の要約財務情報

          重要な関連会社はありません。
                                 60/85









                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
              前連結会計年度                           当連結会計年度

             (自    平成28年4月1日                        (自    平成29年4月1日
             至   平成29年3月31日)                         至   平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                   2,973円00銭       1株当たり純資産額                   3,423円76銭
     1株当たり当期純利益                     440円19銭      1株当たり当期純利益                    475円51銭

      (注)   1   潜在株式調整後の1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2   当社は平成29年10月1日付けで普通株式5株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。前連
          結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を
          算定しております。
        3   1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                 1,262,642              1,363,488
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -              -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      1,262,642              1,363,488
     当期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   2,868              2,867
        4   1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                 8,525,998              9,816,576
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                     -              -

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                 8,525,998              9,816,576

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通
                                        2,867              2,867
     株式の数(千株)
                                 61/85











                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (重要な後発事象)
       該当事項はありません。
                                 62/85




















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
         該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高        平均利率
             区分                                     返済期限
                         (千円)         (千円)        (%)
     短期借入金                      635,000         650,000        0.32       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                      660,000         520,000        0.31       -
     1年以内に返済予定のリース債務                       2,088         1,951        -      -
                                               平成31年4月~
     長期借入金(1年以内に返済予定の
                           321,095       1,198,120         0.27
     ものを除く。)
                                               平成34年12月
                                               平成31年4月~
     リース債務(1年以内に返済予定の
                            2,730         4,250        -
     ものを除く。)
                                               平成33年12月
     その他有利子負債
       長期預り金                      199,451         200,779        0.54       -
             合計             1,820,365         2,575,101          -      -
      (注) 1  「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2  当社はリース料総額に含まれる利息相当額を、定額法により各連結会計年度に配分しておりますのでリース
          債務につきましては、「平均利率」の記載を省略しております。
        3  長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)およびリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結
          決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金              345,000          300,000          353,120          200,000
           リース債務               1,951          1,525           773          -
           (注) 長期預り金については、個々の返済の期日がないため、連結決算日後5年以内における返済予定額の
             記載はしておりません。
        【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
      (2)  【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
               (累計期間)                 第1四半期       第2四半期       第3四半期      当連結会計年度
      売上高                    (千円)      4,681,262       10,103,844       15,920,246       21,843,797
      税金等調整前四半期(当期)純利益金額                    (千円)       322,099       813,541      1,400,402       1,947,164
      親会社株主に帰属する
                          (千円)       233,415       585,870       975,623      1,363,488
      四半期(当期)純利益金額
      1株当たり四半期(当期)純利益金額                     (円)       16.28       204.31       340.24       475.51
               (会計期間)                 第1四半期       第2四半期       第3四半期       第4四半期

      1株当たり四半期純利益金額                     (円)        16.28       122.92       135.93       135.28
                                 63/85





                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     2  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         201,023              303,727
         現金及び預金
                                                     ※4  446,212
                                         287,354
         受取手形
                                      ※1  4,382,463           ※1 、 4  4,699,442
         売掛金
                                        2,923,591              3,219,687
         商品及び製品
                                          62,478              94,113
         仕掛品
                                        1,618,617              1,553,008
         原材料及び貯蔵品
                                          27,678               6,582
         前払費用
                                         167,557              161,656
         繰延税金資産
                                       ※1  246,496            ※1  177,879
         その他
                                        9,917,261              10,662,311
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        1,661,511              2,436,250
           建物
                                         342,896              546,510
           構築物
                                      ※3  2,971,697            ※3  4,565,699
           機械及び装置
                                           224              725
           車両運搬具
                                         351,077              419,854
           工具、器具及び備品
                                        1,205,858              1,205,858
           土地
                                          4,490              5,742
           リース資産
                                         480,586              106,407
           建設仮勘定
                                        7,018,342              9,287,048
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          14,096              15,321
           ソフトウエア
                                          25,727              23,625
           その他
                                          39,823              38,947
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          86,560              111,326
           投資有価証券
                                         235,865               65,228
           関係会社株式
                                          92,668              77,767
           関係会社長期貸付金
                                          2,201              4,096
           長期前払費用
                                         616,771              676,668
           繰延税金資産
           その他                               32,282              31,801
                                          △ 700            △ 2,857
           貸倒引当金
                                        1,065,650               964,030
           投資その他の資産合計
                                        8,123,816              10,290,026
         固定資産合計
                                        18,041,077              20,952,337
       資産合計
                                 64/85





                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                     ※4  218,451
                                         176,252
         支払手形
                                      ※1  3,499,089           ※1 、 4  3,980,495
         買掛金
                                         635,000              650,000
         短期借入金
                                         660,000              520,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                       ※1  126,326             ※1  54,384
         未払金
                                       ※1  308,848            ※1  404,121
         未払費用
                                         225,261              406,864
         未払法人税等
                                         353,145              364,839
         賞与引当金
                                                     ※4  838,713
                                         708,971
         その他
                                        6,692,895              7,437,871
         流動負債合計
       固定負債
                                         321,095             1,198,120
         長期借入金
         退職給付引当金                               2,229,787              2,351,844
                                         205,481              208,329
         その他
                                        2,756,364              3,758,293
         固定負債合計
                                        9,449,259              11,196,164
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,572,000              1,572,000
         資本金
         資本剰余金
                                        1,008,755              1,008,755
           資本準備金
                                        1,008,755              1,008,755
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         170,012              170,012
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                         131,404               73,090
             特別償却積立金
                                          85,955              74,175
             圧縮記帳積立金
                                        3,705,000              4,205,000
             別途積立金
                                        1,905,985              2,624,604
             繰越利益剰余金
                                        5,998,357              7,146,882
           利益剰余金合計
                                         △ 26,989             △ 28,214
         自己株式
                                        8,552,123              9,699,424
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          39,694              56,748
         その他有価証券評価差額金
                                          39,694              56,748
         評価・換算差額等合計
                                        8,591,818              9,756,172
       純資産合計
                                        18,041,077              20,952,337
      負債純資産合計
                                 65/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                     ※1  20,359,504            ※1  21,116,982
      売上高
                                     ※1  15,923,955            ※1  16,288,521
      売上原価
                                        4,435,548              4,828,460
      売上総利益
                                     ※2  2,643,410            ※2  2,765,367
      販売費及び一般管理費
                                        1,792,138              2,063,093
      営業利益
      営業外収益
                                       ※1  30,892            ※1  34,974
       受取利息及び配当金
                                       ※1  16,773            ※1  20,200
       その他
                                         47,666              55,175
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         14,953              10,788
       支払利息
                                                        9,549
       為替差損                                    -
                                           881             3,228
       その他
                                         15,834              23,566
       営業外費用合計
                                        1,823,970              2,094,701
      経常利益
      特別損失
                                         67,483              64,635
       固定資産除却損
                                                       170,636
                                           -
       関係会社株式評価損
                                         67,483              235,272
       特別損失合計
                                        1,756,487              1,859,429
      税引前当期純利益
                                         505,065              629,034
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 23,817             △ 61,507
      法人税等調整額
                                         481,248              567,526
      法人税等合計
                                        1,275,239              1,291,903
      当期純利益
                                 66/85











                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                               (単位:千円)
                         株主資本
                            資本剰余金
                  資本金
                         資本準備金      資本剰余金合計
                   1,572,000       1,008,755       1,008,755

     当期首残高
     当期変動額
      特別償却積立金の取崩
      圧縮記帳積立金の取崩
      別途積立金の積立
      剰余金の配当
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -       -       -
                   1,572,000       1,008,755       1,008,755
     当期末残高
                                                     (単位:千円)

                                    株主資本
                                    利益剰余金
                                  その他利益剰余金
                 利益準備金                                   利益剰余金合計
                        特別償却積立金       圧縮記帳積立金        別途積立金      繰越利益剰余金
                    170,012       189,718        98,002      3,205,000       1,218,164       4,880,896
     当期首残高
     当期変動額
                          △ 58,313                      58,313
      特別償却積立金の取崩                                                    -
                                  △ 12,046              12,046
      圧縮記帳積立金の取崩                                                    -
                                         500,000      △ 500,000
      別途積立金の積立                                                    -
                                                △ 157,778      △ 157,778
      剰余金の配当
                                                1,275,239       1,275,239
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                          △ 58,313      △ 12,046       500,000       687,820      1,117,460
     当期変動額合計                 -
                    170,012       131,404        85,955      3,705,000       1,905,985       5,998,357
     当期末残高
                                 67/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                                             (単位:千円)
                     株主資本             評価・換算差額等
                                              純資産合計

                               その他有価証券評       評価・換算差額等
                  自己株式      株主資本合計
                                価差額金        合計
                   △ 25,525      7,436,126         26,249       26,249      7,462,376

     当期首残高
     当期変動額
      特別償却積立金の取崩                       -                      -
      圧縮記帳積立金の取崩                       -                      -
      別途積立金の積立                       -                      -
                          △ 157,778                     △ 157,778
      剰余金の配当
                          1,275,239                      1,275,239
      当期純利益
                    △ 1,463      △ 1,463                     △ 1,463
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                                   13,445       13,445       13,445
      当期変動額(純額)
                    △ 1,463      1,115,996         13,445       13,445      1,129,442
     当期変動額合計
                   △ 26,989      8,552,123         39,694       39,694      8,591,818
     当期末残高
                                 68/85















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)

                               (単位:千円)
                         株主資本
                            資本剰余金
                  資本金
                         資本準備金      資本剰余金合計
                   1,572,000       1,008,755       1,008,755

     当期首残高
     当期変動額
      特別償却積立金の取崩
      圧縮記帳積立金の取崩
      別途積立金の積立
      剰余金の配当
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -       -       -
                   1,572,000       1,008,755       1,008,755
     当期末残高
                                                     (単位:千円)

                                    株主資本
                                    利益剰余金
                                  その他利益剰余金
                 利益準備金                                   利益剰余金合計
                        特別償却積立金       圧縮記帳積立金        別途積立金      繰越利益剰余金
                    170,012       131,404        85,955      3,705,000       1,905,985       5,998,357
     当期首残高
     当期変動額
                          △ 58,313                      58,313
      特別償却積立金の取崩                                                    -
                                  △ 11,780              11,780
      圧縮記帳積立金の取崩                                                    -
                                         500,000      △ 500,000
      別途積立金の積立                                                    -
                                                △ 143,377      △ 143,377
      剰余金の配当
                                                1,291,903       1,291,903
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                          △ 58,313      △ 11,780       500,000       718,619      1,148,525
     当期変動額合計                 -
                    170,012        73,090       74,175      4,205,000       2,624,604       7,146,882
     当期末残高
                                 69/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                                             (単位:千円)
                     株主資本             評価・換算差額等
                                              純資産合計

                               その他有価証券評       評価・換算差額等
                  自己株式      株主資本合計
                                価差額金        合計
                   △ 26,989      8,552,123         39,694       39,694      8,591,818

     当期首残高
     当期変動額
      特別償却積立金の取崩                       -                      -
      圧縮記帳積立金の取崩                       -                      -
      別途積立金の積立                       -                      -
                          △ 143,377                     △ 143,377
      剰余金の配当
                          1,291,903                      1,291,903
      当期純利益
                    △ 1,224      △ 1,224                     △ 1,224
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                                   17,053       17,053       17,053
      当期変動額(純額)
                    △ 1,224      1,147,300         17,053       17,053      1,164,353
     当期変動額合計
                   △ 28,214      9,699,424         56,748       56,748      9,756,172
     当期末残高
                                 70/85















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
      1   資産の評価基準および評価方法
       (1)  有価証券
        ①   子会社株式および関連会社株式
          原価基準、移動平均法
        ②   その他有価証券
          時価のあるもの
           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
          均法により算定しております。)
          時価のないもの
           原価基準、移動平均法
       (2)  デリバティブ

         時価法
       (3)  たな卸資産
         総平均法による原価法(収益性の低下したたな卸資産については簿価切り下げの方法により算定しておりま
        す。)
      2   固定資産の減価償却の方法

       (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
         定額法によっております。
       (2) 無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法によっております。
       (3) リース資産

         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3   引当金の計上基準

       (1) 貸倒引当金
         売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2) 賞与引当金

         従業員賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき、当事業年度に負担すべき額を計上しております。
       (3) 退職給付引当金

         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
        ①   退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給
         付算定式基準によっております。
        ②   数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(3年)による定額法により費
         用処理しております。
          数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(3年)によ
         る定額法により按分した額を、それぞれ発生した事業年度から費用処理しております。
      4   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  退職給付に係る会計処理の方法
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異、未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこ
        れらの会計処理の方法と異なっております。
       (2)  消費税等の会計処理

         税抜方式を採用しております。
                                 71/85



                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
      ※1    関係会社に対する資産および負債
        区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権または金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度
                            (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     金銭債権                              963,177千円                1,080,322千円
     金銭債務                              949,665千円                1,053,582千円
      2    偶発債務

        関係会社の仕入債務に対し、債務保証を行っております。
                              前事業年度
                                                当事業年度
                            (平成29年3月31日)
                                             (平成30年3月31日)
                                    21,985千円                 11,637千円
     タオカ     ケミカル      インド 
                                 (183千米ドル)                  (77千米ドル)
     プライベート        リミテッド
                                 (836千ルピー)                (1,903千ルピー)
      ※3    国庫補助金等により有形固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳額およびその内訳は、次のとおりであ

         ります。
                              前事業年度                 当事業年度
                            (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     圧縮記帳額                              142,395千円                 144,218千円
     (うち、機械及び装置)                              142,395千円                 144,218千円
      ※4    満期手形および期日現金決済(手形と同条件で手形期日に現金決済する方式)の会計処理は、手形交換日また

         は期日現金決済日に行っております。なお、当事業年度の末日が金融機関の休業日であったため次の同日現在
         の満期手形等が事業年度末残高に含まれております。
                              前事業年度                 当事業年度
                            (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     受取手形                                 -千円               117,560千円
     売掛金                                 -千円               587,200千円
     支払手形                                 -千円               44,075千円
     買掛金                                 -千円               353,384千円
     その他(流動負債)                                 -千円               76,891千円
                                 72/85








                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (損益計算書関係)
       ※1    関係会社との営業取引および営業取引以外の取引高の総額
                             前事業年度              当事業年度
                          (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                        3,282,956     千円         3,218,316     千円
      仕入高                        2,601,802     千円         2,577,408     千円
     営業取引以外の取引による取引高                          28,734    千円           29,516    千円
       ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額ならびにおおよその割合は、次のとおりであります。

                             前事業年度              当事業年度
                          (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                          至   平成29年3月31日)            至   平成30年3月31日)
                               564,132              566,816
     運送費及び保管費                              千円              千円
     給料手当及び福利費                          626,730    千円           612,414    千円
                               127,796              139,265
     賞与引当金繰入額                              千円              千円
     退職給付費用                           59,341   千円           57,981   千円
                                36,424              44,293
     減価償却費                              千円              千円
                               721,805              732,356
     研究開発費                              千円              千円
     おおよその割合

      販売費                            35 %             35 %
      一般管理費                            65 %             65 %
                                 73/85











                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
        子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
       ておりません。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は、次のとおりです。
                                               (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                   区分
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
           子会社株式                             235,865               65,228
                                 74/85


















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
     1   繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       繰延税金資産
        退職給付引当金                              681,868    千円           719,193    千円
        減価償却費                               36,184   千円           38,720   千円
        賞与引当金                              108,803    千円           111,567    千円
        未払金                               17,253   千円           11,620   千円
        たな卸資産評価損                               67,080   千円           26,614   千円
        未払事業税                               14,366   千円           25,637   千円
        減損損失                               11,951   千円            8,624   千円
        関係会社株式                                 - 千円           52,180   千円
                                       31,950   千円           38,475   千円
        その他
        小計
                                      969,459    千円          1,032,635     千円
                                     △38,263    千円          △85,470    千円
        評価性引当額
        繰延税金資産合計                              931,195    千円           947,164    千円
       繰延税金負債

        特別償却積立金                              △57,884    千円          △32,196    千円
        その他有価証券評価差額金                              △17,485    千円          △24,997    千円
        貸方原価差額調整                              △33,633    千円          △18,969    千円
                                     △37,864    千円          △32,674    千円
        圧縮記帳積立金
        繰延税金負債合計                             △146,867     千円          △108,839     千円
       繰延税金資産純額                               784,327    千円           838,324    千円
     2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
       法定実効税率
                                        30.8  %             -
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                0.5  %             -
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                               △0.5   %             -
        評価性引当額増減                               △0.8   %             -
        試験研究費の税額控除                               △3.4   %             -
        住民税均等割                                0.4  %             -
                                        0.4  %             -
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 27.4  %             -
      (注)    当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の5以下
         であるため注記を省略します。
                                 75/85





                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (重要な後発事象)
       該当事項はありません。
                                 76/85




















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
       ④  【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                               (単位:千円) 
                                                  当期末減価
        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                  償却累計額
     有形固定資産
       建物             1,661,511       933,333       4,744     153,850     2,436,250      3,542,468
       構築物              342,896      258,665       10,129      44,922      546,510     1,503,557
       機械及び装置             2,971,697      2,523,587         5,870     923,713     4,565,699      16,645,863
       車両運搬具                224      671       0     169      725     16,659
       工具、器具及び備品              351,077      219,120       3,964     146,379      419,854     1,496,326
       土地             1,205,858          -      -      -   1,205,858          -
       リース資産               4,490      3,436        -     2,184      5,742      8,827
       建設仮勘定              480,586     3,792,813      4,166,993          -    106,407         -
         有形固定資産計            7,018,342      7,731,628      4,191,701      1,271,220      9,287,048      23,213,703
     無形固定資産
       ソフトウェア                 -      -      -     5,916      15,321      55,128
       その他                 -      -      -     2,101      23,625      14,062
         無形固定資産計               -      -      -     8,017      38,947      69,191
      (注)   1   有形固定資産の当期増加額の主なもの
         建物             増加額     播磨工場      新多目的工場の新設ほか
                    淀川工場      厚生棟の新設ほか
         機械装置         増加額     播磨工場      新多目的工場の新設、廃水処理設備の増強ほか
         建設仮勘定       増加額     播磨工場      新多目的工場の新設、廃水処理設備の増強ほか
                    淀川工場      厚生棟の新設ほか
        2   無形固定資産の当期末残高に重要性がないため、「当期首残高」「当期増加額」および「当期減少額」の記
          載を省略しております。
        3   「当期末減価償却累計額」には減損損失累計額を含んでおります。
       【引当金明細表】

                                               (単位:千円) 
         科目         当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
     貸倒引当金                   700          2,157            -         2,857
     賞与引当金                 353,145           364,839           353,145           364,839
                                 77/85







                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【主な資産及び負債の内容】
         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
                                 78/85




















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【その他】
        該当事項はありません。
                                 79/85




















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中
     基準日             3月31日
     剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日、その他取締役会で定める日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り
       取扱場所
                  (特別口座)
                  三井住友信託銀行株式会社              証券代行部       大阪市中央区北浜四丁目5番33号
                  三井住友信託銀行株式会社              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
       株主名簿管理人
       取次所                                ―――
       買取手数料             無料
     公告掲載方法             日本経済新聞
     株主に対する特典             なし
     (注)    平成29年10月1日付けで、単元株式数を1,000株から100株に変更しております。
                                 80/85














                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券報告書およびその添付書類ならびに確認書

         事業年度      第117期(自       平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)平成29年6月26日近畿財務局長に提出。
      (2)  内部統制報告書およびその添付書類

         平成29年6月26日近畿財務局長に提出。
      (3)  四半期報告書、四半期報告書の確認書

         第118期第1四半期(自            平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)平成29年8月10日近畿財務局長に提出。
         第118期第2四半期(自            平成29年7月1日          至   平成29年9月30日)平成29年11月10日近畿財務局長に提出。
         第118期第3四半期(自            平成29年10月1日          至   平成29年12月31日)平成30年2月9日近畿財務局長に提出。
                                 81/85














                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 82/85



















                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年6月27日

     田岡化学工業株式会社
      取締役会      御中
                          有限責任     あずさ監査法人
                           指定有限責任社員

                                             松      本               学   ㊞
                                       公認会計士
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                             東      浦      隆      晴   ㊞
                                       公認会計士
                           業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる田岡化学工業株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、田
     岡化学工業株式会社及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経
     営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 83/85






                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、田岡化学工業株式会社の平成
     30年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、田岡化学工業株式会社が平成30年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      1   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)

        が別途保管しております。
      2   XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 84/85








                                                           EDINET提出書類
                                                      田岡化学工業株式会社(E00810)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年6月27日

     田岡化学工業株式会社
      取締役会      御中
                          有限責任     あずさ監査法人
                           指定有限責任社員

                                             松      本               学
                                       公認会計士                   ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                             東      浦      隆      晴   ㊞
                                       公認会計士
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる田岡化学工業株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第118期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、田岡化
     学工業株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点
     において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      1   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)

        が別途保管しております。
      2   XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 85/85



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。