住石ホールディングス株式会社 有価証券報告書 第10期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第10期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:住石ホールディングス株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項

      【提出先】                    関東財務局長

      【提出日】                    2018年6月28日

                          第10期(2017年4月1日から2018年3月31日まで)

      【事業年度】
      【会社名】                    住石ホールディングス株式会社

                          Sumiseki     Holdings,Inc.

      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  長崎 駒樹

      【本店の所在の場所】                    東京都港区新橋六丁目16番12号

                          03(5733)9901

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    管理部長  石井 啓二

      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区新橋六丁目16番12号

                          03(5733)9901

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    管理部長  石井 啓二

      【縦覧に供する場所】

                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/81









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第6期       第7期       第8期       第9期       第10期
             決算年月             2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                   (百万円)        24,604       20,077       17,983       12,548       14,402
     売上高
                   (百万円)          473       674       754       507      2,626
     経常利益
     親会社株主に帰属する
                   (百万円)          386      3,911       1,029        323      2,147
     当期純利益
                   (百万円)          355      3,996        937       571      2,150
     包括利益
                   (百万円)         5,843       9,878       10,558       10,917       12,862
     純資産額
                   (百万円)        15,841       17,558       16,528       16,359       18,654
     総資産額
                    (円)        56.82       124.72       138.24       146.87       183.93
     1株当たり純資産額
                    (円)        6.57       66.08       17.35        5.42       38.08
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)        5.75       58.02       15.41        4.90       32.89
     当期純利益金額
     自己資本比率               (%)        36.9       56.0       63.6       66.4       68.5
                    (%)         6.8       49.9       10.1        3.0       18.2
     自己資本利益率
                    (倍)        17.7        1.8       5.6       17.7        4.2
     株価収益率
     営業活動による
                   (百万円)         1,182       5,648        621       △ 35      4,335
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (百万円)         △ 47       49      △ 327       290      △ 172
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (百万円)         △ 557     △ 4,190      △ 1,108       △ 788      △ 471
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         1,527       3,030       2,184       1,656       5,328
     残高
                    (人)         60       58       59       57       52
     従業員数
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 8 )      ( 6 )      ( 5 )      ( 5 )      ( 6 )
      (注)売上高には、消費税等は含まれておりません。
                                  2/81








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
               回次              第6期       第7期       第8期       第9期       第10期
              決算年月              2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                     (百万円)         390       390       440       430        -
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (百万円)          12      261       734      1,473       △ 448
     当期純利益又は当期純損失(△)                (百万円)         △ 15      266       726      1,469       △ 332
                     (百万円)        2,500       2,501       2,501       2,501       2,501
     資本金
                      (株)
     発行済株式総数
                           58,875,853       58,892,853       58,892,853       58,892,853       58,892,853
      普通株式
                            7,140,000       7,140,000       7,140,000       7,140,000       7,140,000
      第二種優先株式
                     (百万円)        3,897       4,203       4,665       5,922       5,384
     純資産額
                     (百万円)        9,530       8,227       7,534       9,187       7,730
     総資産額
                      (円)       23.76       28.31       36.36       58.99       50.01
     1株当たり純資産額
                      (円)
     1株当たり配当額
      (普通株式)                          -     2.00       2.00       2.00       3.00
      (内1株当たり中間配当額)                         ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
      (第二種優先株式)                          -     3.00       3.00       2.00       2.00
      (内1株当たり中間配当額)                         ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
     1株当たり当期純利益金額又は
                      (円)       △ 0.26       4.16      12.13       25.51      △ 6.20
     1株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)         -     3.95      10.88       22.27         -
     当期純利益金額
                      (%)        40.9       50.6       61.4       63.8       68.6
     自己資本比率
                      (%)       △ 0.4       6.6      16.5       28.0      △ 6.0
     自己資本利益率
                      (倍)         -     29.1       8.0       3.8        -
     株価収益率
                      (%)         -     48.1       16.5       7.8        -
     配当性向
                      (人)         16       15       14       15       13
     従業員数
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 1 )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第6期及び第10期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1
          株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                  3/81








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       2008年10月        住友石炭鉱業株式会社(現 住石マテリアルズ株式会社)の単独株式移転により持株会社住石ホー
              ルディングス株式会社を設立し、東京証券取引所に新規上場(住友石炭鉱業株式会社は2008年9月
              に上場廃止)
       2009年8月        住石貿易株式会社を設立
       2009年10月        住石マテリアルズ株式会社の石炭事業部門を住石貿易株式会社へ事業譲渡
       2016年4月        住石マテリアルズ株式会社の新素材事業部門及び採石事業部門(山陽事業所)を、新設分割により
              設立したダイヤマテリアル株式会社及び住石山陽採石株式会社へそれぞれ事業譲渡
       2016年5月        住石マテリアルズ株式会社は、割り当てを受けたダイヤマテリアル株式会社及び住石山陽採石株式
              会社並びに同社の子会社である泉山興業株式会社の株式を、すべて住石ホールディングス株式会社
              (当社)へ現物配当により譲渡
      当社は、2008年10月1日に住友石炭鉱業株式会社(現 住石マテリアルズ株式会社)の単独株式移転により、同社を完

     全子会社とする持株会社として設立いたしました。住石マテリアルズ株式会社の沿革は以下のとおりであります。
      1691年        別子銅山開坑

      (元禄4年)
       1893年11月        庄司砿(九州)を入手、石炭業に着手
       1894年4月        忠隅砿(九州)を入手
       1924年10月        坂炭砿株式会社(北海道)の経営に参加
       1925年10月        坂炭砿株式会社の商号を住友坂炭砿株式会社に変更
       1927年6月        住友別子鉱山株式会社を設立 (注)住石マテリアルズ株式会社の設立登記日となる
       1928年6月        住友九州炭砿株式会社を設立
       1930年4月        住友坂炭砿株式会社と住友九州炭砿株式会社が合併し、住友炭砿株式会社を設立
       1937年6月        住友別子鉱山株式会社と合併し、商号を住友鉱業株式会社に変更
       1946年1月        商号を井華鉱業株式会社に変更
       1949年10月        東京・大阪両証券取引所に株式上場
       1950年2月        本社を大阪市から東京都に移転
       1950年3月        過度経済力集中排除法により、金属鉱山部門(現、住友金属鉱山株式会社)、土木部門(現、三井
              住友建設株式会社)、調度部門(株式会社新居浜大丸)を分離する
       1952年7月        商号を住友石炭鉱業株式会社に変更
       1971年10月        奔別砿・歌志内砿閉山、赤平砿一山体制となる。
       1979年10月        赤平炭砿を分離して住友石炭赤平炭砿株式会社を設立
       1983年5月        赤平技術サービス株式会社(株式会社イズミテック)を設立
       1988年10月        豪州の炭鉱会社Wambo          Mining    Corporation      Pty.Ltd.に資本参加
       1994年2月        赤平炭砿を閉山(1994年3月 住友石炭赤平炭砿株式会社解散)
       1998年4月        泉山興業株式会社を買収
       2001年1月        豪州の炭鉱会社Wambo          Mining    Corporation      Pty.Ltd.を売却
       2002年10月        株式会社エスシーエム興産を会社分割により設立
       2003年3月        株式会社イズミテックを吸収合併
       2004年9月        株式会社エスシーエム興産を売却
       2008年10月        商号を住石マテリアルズ株式会社に変更
                                  4/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当企業集団は、当連結会計年度末現在、連結財務諸表提出会社(以下「当社」)、子会社5社(うち連結子会社5
      社)及び関連会社1社(うち持分法適用会社1社)により構成されており、その主要な事業内容と当企業集団の事業に
      係わる位置づけ等は次のとおりであり、当該3部門は「第5                              経理の状況       1   連結財務諸表等         (1)連結財務諸表 
      注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
       また、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、
      これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなり
      ます。
        石炭事業部門
         当企業集団では、連結子会社である住石貿易株式会社が石炭の仕入及び販売を行っております。
        新素材事業部門
         当企業集団では、連結子会社であるダイヤマテリアル株式会社が工業用人工ダイヤモンドの製造、仕入及び販売
        を行っております。
        採石事業部門
         当企業集団では、連結子会社である住石山陽採石株式会社及び泉山興業株式会社が、砕石の採取、加工及び販売
        を行っております。
         以上述べた事項を事業系統図に示すと次のとおりであります。
                                  5/81














                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                           議決権
                              資本金
                                           の所有
           名称            住所           主要な事業の内容                 関係内容
                              (百万円)              割合
                                           (%)
     (連結子会社)
                                               役員の兼任 6名
     住石貿易株式会社
                    東京都港区            100  石炭事業          100.0   経営指導及び資金支援を行ってい
     (注)5
                                               る。
                                               役員の兼任 6名
     住石マテリアルズ株式会社
                    東京都港区            100  資産等の管理          100.0   経営指導及び資金借入を行ってい
     (注)2
                                               る。
                                               役員の兼任 1名

     ダイヤマテリアル株式会社              北海道赤平市              新素材事業
                                90            100.0
                                               経営指導を行っている。
                                               役員の兼任 1名

     住石山陽採石株式会社              兵庫県神崎郡神河町              採石事業             経営指導及び資金支援を行ってい
                                90            100.0
                                               る
                                               役員の兼任 1名
     泉山興業株式会社              青森県上北郡六ヶ所村            90  採石事業          100.0   経営指導及び資金支援を行ってい
                                               る。
     (持分法適用関連会社)
                                               役員の兼任 1名
                                            40.0
     新居浜コールセンター株式会社              愛媛県新居浜市            50  倉庫業             住石貿易株式会社が石炭荷役を委
                                            (40.0)
                                               託し、資金調達を行っている。
      (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称又は業種を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.「議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。
         4.上記会社において有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
         5.住石貿易株式会社は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超え
          ておりますが、セグメントの石炭事業部門の売上高に占める当該連結子会社の売上高(セグメント間の内部売
          上高又は振替高を含む)の割合が90%を超えるため、主要な損益情報等の記載を省略しております。
                                  6/81










                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                2018年3月31日現在
                 セグメントの名称                         従業員数(名)

          石炭事業部門                                   8(1)

          新素材事業部門                                  10(5)

          採石事業部門                                  21(-)

          全社(共通)                                  13(-)

                    合計                         52(6)

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含む。)
          は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況
                                                2018年3月31日現在
           従業員数(名)            平均年齢(歳)           平均勤続年数(年)            平均年間給与(円)

               13(-)              51.2            21.0         7,278,199

                 セグメントの名称                         従業員数(名)

          全社(共通)                                  13(-)

                    合計                         13(-)

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含む。)
          は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況
        ・提出会社
         労働組合はありません。
        ・連結会社
         労働組合はありません。
                                  7/81








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
        当社グループは、基本方針として、一般炭を中心に日本の経済発展に不可欠な石炭を安定的に供給することを事業
       目的とし、国際的な環境変化に適合してゆくための情報力強化、ノウハウ蓄積に努めつつ、堅実かつ効率的な経営を
       進めてまいります。また、長期的にも環境が変動する中で、経営の健全性を維持するために、自己資本比率及び自己
       資本利益率(ROE)を重視します。
        なお、当連結会計年度末の自己資本比率は68.5%(前連結会計年度は66.4%)となり、堅調に推移しております。
       また自己資本利益率は18.2%(前連結会計年度は3.0%)となっております。
        今後の見通しといたしましては、中国を始めアジア新興国等の経済の先行き、政策に関する不確実性による影響、
       通商問題の動向等、依然として先行き不透明な状況にあります。
        このような状況下、当社グループは、松山港外港地区(愛媛県松山市)での石炭中継基地が通年での営業体制に入
       り、作業効率を高めながら市場環境に応じて機動的な事業展開を進めます                                  。
       各事業についての、事業収益力の向上に向けた取り組みは次のとおりです。
        石炭  事業部門については、顧客企業宛の石炭輸送の中継地の能力アップを図っていく他、豪州のワンボ炭鉱を始め
       とする仕入先との連携を強化し、顧客ニーズに対応できる販売体制を構築します。
        新素材事業部門については、IT関連の製造工程に不可欠な高級研磨材の今後の需要拡大に対応するため、人工ダ
       イヤの製造ラインの強化と効率化を進めます。
        採石事業部門については、今後のプロジェクト工事を含む公共事業からの需要に応ずるべく、生産現場の効率化を
       推進しま    す。
        財政面は、外部       調 達の圧縮とグループ内の資金効率化により、財務体質及び収益体質の改善を図ります。
        当社グループといたしましては、持株会社体制の確立により収益力の改善を推し進めるとともに、強固な経営基盤
       の構築を図ってまいる所存です。
      2【事業等のリスク】

         有価証券報告書に記載した当社グループの経営成績、財務状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスク及び変動要
        因と、その他投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には以下のようなものがあります。なお、文中
        の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  信用リスク
         当社グループでは、多様な商品取引活動により国内外の取引先に対して発生する種々の信用リスクに対して、各
        事業部門において、信用リスクを定量・定性面から管理・評価し、与信限度・債権状況を定期的にモニタリングす
        るとともに、各事業部門より独立した部署が回収状況及び滞留債権状況を定期的にレビューし、回収可能性の検討
        を行い必要な処理を行っております。
       (2)  金利変動リスク
         当社グループでは、資金調達を主に銀行借入により行っており、借入金残高は減少しておりますが、金利変動
        リスクがあります。金利上昇によるコストの増加を事業活動において吸収できない場合は、経営成績に影響を与
        える場合があります。
       (3)  海外投資リスク
         当社の連結子会社である住石マテリアルズ株式会社は豪州ワンボ社のクラスB株を出資しております。同社を運
        営している米国のピーボディ社等の業務状況等は、当社グループの財政状態、経営成績に影響を与える可能性があ
        ります。
       (4)  資産価値
         当社グループが保有している固定資産は、時価や収益価値をもとに資産価値を検討していますが、今後時価の下
        落、収益性の低下、保有方針の変更に伴い資産価値が下落した場合、その結果が当社グループの財政状態、経営成
        績に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)  海外情勢リスク
         当社の連結子会社である住石貿易株式会社の石炭事業部門は、原油及び天然ガス等の国際的な資源市況の動向
        や、主たる仕入先の豪州、インドネシア等の政治経済環境の大幅な変化或いは法律改正等の予期せぬ事象により、
        業績に影響を受ける可能性があります。
                                  8/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況
         当連結会計年度における我が国の景気は、好調な企業収益を背景として設備投資は持ち直し、雇用・所得環境も
        改善が続いていることから総じて回復基調で推移いたしました。
         一方、海外経済情勢も米国経済が着実に回復し、中国を始めとするアジア地域も持ち直しの動きがみられ、全体
        的に緩やかな回復が続くことが期待されています。
         このような事業環境のもと、当連結会計年度の業績は、石炭販売価格の上昇や砕石のスポット需要増等により増
        収を確保し、豪州の炭鉱会社からの受取配当金が2,125百万円増加したこと等により、売上高は                                            14,402   百万円(前
        期比14.8%増)となり          、営業利益は      131  百万円(同2.1%減)、経常利益は                2,626   百万円(同417.7%増)、            親会社株
        主に帰属する当期純利益は            2,147   百万円(同564.6%増)となりました。
         セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

         石炭事業部門では、入着時期のずれ等から販売数量は若干減少となったものの、石炭マーケットが上昇したた
        め、当連結会計年度における売上高は13,412百万円(前期比16.3%増)となりました。
         新素材事業部門では、自動車関連への販売は順調でありましたが、中国でのスマートフォン生産台数減の影響に
        よりスマートフォン関連への販売が大幅減となったため、売上高は309百万円(前期比12.9%減)となりました。
         採石事業部門では、西日本側で公共工事の需要が緩やかに回復基調を見せ、東北方面ではプロジェクト工事(原
        子力関係、滑走路、高規格道路等)が業績に貢献し、売上高は680百万円(前期比3.6%増)となりました。
         (注)金額には       、消費税等は含まれておりません。
       ② キャッシュ・フローの状況

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、                           ①財政状態及び経営成績の状況に記載のとおり、                       豪州
        の炭鉱会社等からの受取配当金等               2,580   百万円の収入や、        売上債権及びたな卸資産の減少並びに仕入債務の増加等
        により、    4,335   百万円の収入(前年同期は            35 百万円の支出)となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動によるキャッシュ・フローは、遊休資産の売却による収入があったものの、石炭事業部門による                                                貯炭場
        用地に係る設備投資取得による支出等により、                      172  百万円の支出(前年同期は            290  百万円の収入)となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動によるキャッシュ・フローは、社債の償還や配当金の支払等により、                                    471  百万円の支出(前年同期は            788
        百万円の支出)となりました。
         この結果、現金及び現金同等物は当期首に比べ                      3,672   百万円増加し、       5,328   百万円となりました。
                                  9/81








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       ③生産、受注及び販売の実績
       (1)  生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 2017年4月1日                   前年同期比(%)
                              至 2018年3月31日)
       新素材事業部門(百万円)                               87                92.4

       採石事業部門(百万円)                               415                108.2

            合計(百万円)                          502                105.1

      (注)1.金額は販売原価であり、セグメント間取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)  受注実績

         該当事項はありません。
       (3)  販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
            セグメントの名称                 (自 2017年4月1日                   前年同期比(%)
                              至 2018年3月31日)
                                     13,412                 116.3
       石炭事業部門(百万円)
       新素材事業部門(百万円)                               309                87.1

       採石事業部門(百万円)                               680                103.6

            合計(百万円)                        14,402                 114.8

      (注)1.セグメント間取引については相殺消去しております。
         2.最近2連結会計年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のと
          おりであります。なお、東ソー株式会社及び王子グリーンリソース株式会社については、当連結会計年度の当
          該割合が100分の10未満であるため、記載を省略しております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
                 相手先
                          金額(百万円)          割合(%)        金額(百万円)          割合(%)
            東レ株式会社                  2,457         19.6        2,859         19.9

            住友大阪セメント株式会社                  1,644         13.1        1,752         12.2

            東ソー   株式会社               1,606         12.8          -         -

            王子グリーンリソース

                              1,457         11.6          -         -
            株式会社
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 10/81






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①重要な会計方針及び見積り
         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。この連結財務諸表の作成に係る会計方針及び見積りについては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表
        等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
       ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
        1.当社グループの当連結会計年度の経営成績等
        (1)  売上高
          当連結会計年度の連結売上高は、               石 炭販売価格の上昇や砕石のスポット需要増等により増収を確保し、                               前連結
         会計年度に比べ1,853百万円増収の14,402百万円となりました。
        (2)  営業利益
          当連結会計年度の連結営業利益は               、設備投資による減価償却費の増加等により、                      前連結会計年度に比べ2百万
         円減益の131百万円となりました。
        (3)  経常利益
          当連結会計年度の連結経常利益は、                豪州の炭鉱会社からの受取配当金が2,125百万円増加したこと等により、
         前連結会計年度に比べ2,118百万円増収の2,626百万円となりました。
        (4)  親会社株主に帰属する当期純利益
          当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ、1,824百万円増収の2,147百万
         円となりました。
        2.当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因
          経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
        3.  当連結会計年度の財政状態の分析
          当連結会計年度の総資産は、受取手形及び売掛金並びに商品及び製品等が減少したものの、現金及び預金等が
         増加したことから、前連結会計年度末に比べて2,295百万円増加して                               18,654百万円となりました。
          当連結会計年度の負債合計は、社債並びに設備投資による固定資産購入代金の未払金減少等があったものの、
         支払手形及び買掛金並びに訴訟損失引当金が増加したこと等から、前連結会計年度に比べ350百万円増加し、
         5,792百万円となりました。
          当連結会計年度の純資産は、自己株式の取得による減少があったものの、利益剰余金が増加したこと等から、
         前連結会計年度に比べ1,945百万円増加し、                    12,862   百万円となり、自己資本比率は68.5%となりました                       。
         なお、キャッシュ・フローの状況については、「(1)経営成績等の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記
        載しております。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当連結会計年度中の新素材事業部門において支出した試験研究費の総額は1百万円であり、主な研究開発として次
       のものがあります。
        (衝撃圧縮ダイヤモンド合成法の応用研究)
         衝撃圧縮(ショックコンパクション)法により製造される多結晶ダイヤモンドは、主に研磨用途として多方面に
        わたる分野で使用されており、より高研削用途としての要望が高まってきています。当社としましてはこの様な環
        境のなかで、製造方法の改良研究と共に、高研削ダイヤモンドの開発を進めてまいります。
                                 11/81





                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度において当社グループの設備投資の総額は78百万円であります。その主なものは、採石事業の生産
       設備の投資等(74百万円)であります。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                   2018年3月31日現在
                                       帳簿価額
       事業所名      セグメントの                                           従業員数
                                機械装置
                     設備の内容      建物及び           土地
             名称
       (所在地)                         及び運搬          リース資産      その他     合計    (人)
                           構築物          (百万円)
                                具
                                         (百万円)     (百万円)     (百万円)
                           (百万円)          (面積㎡)
                                (百万円)
     本社              システム関連                    -                   13
             全社部門                 -     -          -     1     1
                    機器等
     (東京都港区)                                   (-)                    (-)
       (2)国内子会社

                                                   2018年3月31日現在
                                         設備の種類別の帳簿価額
                                                          従業
                                      機械装
                                  建物及
                 事業所名          設備の内容
                                           土地    リース
                                                          員数
        会社名
                                      置及び
                                  び構築                 その他    合計
                 (所在地)         (セグメント)
                                               資産
                                          (百万円)
                                                          (名)
                                  物                 (百万円)    (百万円)
                                      運搬具
                                          (面積㎡)     (百万円)
                                  (百万円)
                                      (百万円)
     住石貿易株式会社
                         総合統括業務
             本社ほか
                                            4,767                8
     住石マテリアルズ                               52    -         -    0  4,819
                         (全社、石炭事業部
             (東京都港区ほか)
                                          (3,132,134)                 (-)
                         門)
     株式会社
             石炭事業部

                         貯炭設備ほか                    604               -
             (愛媛県松山市、佐賀県伊
     住石貿易株式会社                              331    145          -    0  1,081
                         (石炭事業部門)                  (21,524)                (-)
             万里市ほか)
                         人工ダイヤ製造設備
     ダイヤマテリアル        本社                                23              10
                         ほか
                                    145     0         -    1   171
     株式会社
             (北海道赤平市)                              (36,579)                (5)
                         (新素材事業部門)
     住石山陽採石株式        本社、砕石工場           砕石生産設備                    369               9
                                    10    22         13    1   417
     会社
             (兵庫県神崎郡神河町)           (採石事業部門)                  (139,617)                 (-)
             本社、砕石工場           砕石生産設備                     -              12
     泉山興業株式会社                              201     6        90    1   299
             (青森県上北郡六ヶ所村)           (採石事業部門)                    (-)              (-)
     (注)1.帳簿価額には、消費税等及び建設仮勘定の金額を含んでおりません。
        2.その他の有形固定資産は、工具、器具及び備品であります。
        3.従業員数は就業人員であり、臨時従業員は( )内に年間平均人員(8時間換算)を外数で記載しておりま
         す。
       (3)在外子会社
         該当事項はありません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 12/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           136,032,000
       第二種優先株式                                            7,140,000
                  計                               143,172,000
        ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引
                               提出日現在
                   事業年度末現在
                                       所名又は登録認可
          種類          発行数(株)                                  内容
                              発行数(株)
                                       金融商品取引業協
                  (2018年3月31日)
                             (2018年6月28日)
                                       会名
                                        東京証券取引所         単元株式数 100株
     普通株式               58,892,853           58,892,853
                                        (市場第一部)         (注)1
                                                 単元株式数 500株
     第二種優先株式                7,140,000           7,140,000            ―
                                                 (注)2
          計           66,032,853           66,032,853            ―           ―
     (注)1.完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
        2.第二種優先株式の内容は次のとおりであります。
          1 優先株式配当金
           (1)第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対し、普通株主、普通登録株式質権者に先立ち、第
            二種優先株式1株につき年14円を上限として、次に定める額の剰余金の配当(以下「第二種優先株式配
            当金」という。)を支払う。第二種優先株式配当金の額は、優先株式の発行価額350円に、それぞれの事
            業年度ごとに第二種配当年率(以下に定義される。)を乗じて算出した額とする。第二種優先株式配当
            金は、円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を四捨五入する。計算の結果、各事業年度にか
            かる第二種優先株式配当金が1株につき14円を超える場合は、当該事業年度の第二種優先株式配当金は
            14円とする。
              ・  「第二種配当年率」は、下記算式により計算される年率とする。
               第二種配当年率=日本円TIBOR(6ヶ月物)(以下に定義される。)+0.5%
               第二種配当年率は、%位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。
             「日本円TIBOR(6ヶ月物)」は、各事業年度の初日(銀行休業日の場合は直前の銀行営業日)

            及びその直後の10月1日(当日が銀行休業日の場合は直前の銀行営業日)の、午前11時における日本円
            6ヶ月物トーキョー・インター・バンク・オファード・レート(日本円TIBOR)として全国銀行協
            会によって公表される数値の平均値とする。午前11時における日本円6ヶ月物トーキョー・インター・
            バンク・オファード・レート(日本円TIBOR)が上記いずれかの日において公表されない場合は、
            同日(当日が銀行休業日の場合は直前の銀行営業日)ロンドン時間午前11時にスクリーン・ページに表
            示されるロンドン銀行間市場出し手レート(ユーロ円LIBOR                              6ヶ月物(360日ベース))又はこれ
            に準ずるものと認められるものを、前記の平均値の算出において用いるものとする。
           (2)ある事業年度において第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当の
            額が第二種優先株式配当金の額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
           (3)第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対しては第二種優先株式配当金を超えて配当はしな
            い。
          2 残余財産の分配
            残余財産を分配するときは、第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対し、普通株主及び普通登
           録株式質権者に先立ち、1株につき350円を支払う。第二種優先株主又は第二種優先登録株式質権者に対し
           ては、上記に定めるほか、残余財産の分配は行わない。
                                 13/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
          3 株式の分割又は併合、新株引受権等の付与
            法令に定める場合を除き、第二種優先株式について株式の併合又は分割は行わない。第二種優先株主又は
           第二種優先登録株式質権者には、新株引受権又は新株予約権もしくは新株予約権付社債の引受権を与えな
           い。
          4 株式の買受け
            普通株式、第二種優先株式のうち、いずれか一つのみ、又は全ての種類につきその全部又は一部の買受け
           を行うことができる。
          5 株式の消却
            取締役会の決議をもって、その有する普通株式、第二種優先株式のうち、いずれか一つのみ、又は全ての
           種類につきその全部又は一部の消却を行うことができる。
          6 議決権
            第二種優先株主は、法令に定める場合を除き、株主総会において議決権を有しない。
          7 取得請求権
            第二種優先株主は、下記に定める取得を請求し得べき期間中、下記に定める条件で普通株式の取得を請求
           することができる。(以下、第二種優先株式にかえて普通株式を交付することを「転換」という。)
           (1)転換の条件
            ① 当初転換価額  普通株式1株当たり300円
            ② 転換価額の調整
             (A)第二種優先株式発行後次の各号のいずれかに該当する場合には、転換価額を次に定める算式(以下
              「転換価額調整式」という。)により調整する。なお、次の算式において、「既発行普通株式数」と
              は、当社の発行済普通株式総数(但し、普通株式に係る自己株式数を除く)をいう。
                                      新規発行・処分          1株当たり
                              既発行
                                              ×
                                    +
                                      普通株式数          払込金額
                              普通株式数
                                          1株当たり時価
                調整後       調整前
                     =       ×
                転換価額       転換価額
                              既発行普通株式数         +  新規発行・処分普通株式数
              (a)下記②(C)で規定する転換価額調整式に使用する時価を下回る払込金額をもって普通株式を発行

               又は処分する場合、調整後の転換価額は、払込期日の翌日以降、又は募集のための株主割当日があ
               る場合はその日の翌日以降これを適用する。
              (b)株式の分割により普通株式を発行する場合、調整後の転換価額は、株式の分割のための株主割当
               日の翌日以降これを適用する。但し、配当可能利益から資本に組み入れられることを条件としてそ
               の部分をもって株式の分割により普通株式を発行する旨取締役会で決議する場合で、当該配当可能
               利益の資本組入の決議をする株主総会の終結の日以前の日を株式の分割のための株主割当日とする
               場合には、調整後の転換価額は、当該配当可能利益の資本組入の決議をした株主総会の終結の日の
               翌日以降、これを適用する。
              (c)転換価額調整式に使用する時価を下回る価額をもって当社の普通株式に転換できる証券、又は転
               換価額調整式に使用する時価を下回る価額をもって当社の普通株式の交付を請求できる新株予約権
               (新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行する場合、調整後の転換価額は、その発行日
               に、又は募集のための株主割当日がある場合はその日の終わりに、発行される証券の全額が転換又
               はすべての新株予約権が行使されたものとみなし、その発行日の翌日以降又はその割当日の翌日以
               降これを適用する。
             (B)前記②(A)に掲げる場合のほか、合併、資本の減少又は普通株式の併合等により転換価額の調整を
              必要とする場合には、取締役会が適当と判断する転換価額に調整される。
             (C)転換価額調整式に使用する1株当たりの時価は、調整後転換価額を適用する日(但し、上記②(A)
              (b)但し書きの場合には株主割当日)に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引
              所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数
              を除く。)とし、その計算は円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。
                                 14/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
             (D)転換価額調整式に使用する調整前転換価額は、調整後転換価額を適用する前日において有効な転換
              価額とし、また、転換価額調整式で使用する既発行普通株式数は、株主割当日がある場合はその日、
              また、株主割当日がない場合は調整後転換価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普
              通株式数とする。
             (E)転換価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入す
              る。
             (F)転換価額調整式により算出された調整後転換価額と調整前転換価額との差額が1円未満にとどまる
              ときは、転換価額の調整はこれを行わない。但し、その後転換価額の調整を必要とする事由が発生
              し、転換価額を算出する場合には、転換価額調整式中の調整前転換価額に代えて調整前転換価額から
              この差額を差引いた額を使用する。
            ③ 転換により発行すべき普通株式数
              第二種優先株式の転換により発行すべき普通株式数は、次のとおりとする。
                            優先株主が転換請求のため

               転換により発行すべき
                          =               ÷
                            に提出した第二種優先               転換価額
               普通株式数
                            株式の発行価額総額
              発行株式数の算出に当たって1株未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

            ④ 取得請求権の行使があった場合の取扱い
              第二種優先株式の転換により発行された普通株式に対する最初の利益配当金は、取得請求権の行使が
             なされた時の属する事業年度の初めにおいて転換があったものとみなしてこれを支払う。
           (2)取得請求期間
             第二種優先株式発行の日から2032年8月9日までとする。
          8 取得条項
           (1)  第二種優先株式の取得を請求し得べき期間の末日(以下「第二種優先株式転換基準日」という。)が
            経過した場合には、会社法第170条の規定による取得の効力発生日において、第二種優先株式の全てを取
            得し、これと引換に以下に定める転換の条件に従って算出される数の普通株式を交付する。
           (2)  第二種優先株式の取得により発行する普通株式数は、第二種優先株式1株の払込金相当額350円を第二

            種優先株式転換基準日に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における普通株
            式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のない日数を除く。)で除して得られ
            る数とする。但し、平均値の計算は、円単位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入す
            る。この場合当該平均値が下限転換価額(260円)を下回るときは、第二種優先株式1株の払込金相当額
            350円を当該下限転換価額で除して得られる数とし、当該平均値が上限転換価額(600円)を上回るとき
            は、第二種優先株式1株の払込金相当額350円を当該上限価額で除して得られる数とする。
           (3)  転換の条件に従って普通株式の数を算出するに当たっては、小数第3位まで算出し、その小数第3位

            を四捨五入したうえで、1株に満たない端数が生じたときは、会社法第234条に定める方法によりこれを
            取扱う。
           (取得権行使があった場合の取扱)

            第二種優先株式の取得により発行された普通株式に対する最初の利益配当金は、取得された時の属する事
           業年度の初めにおいて転換があったものとみなしてこれを支払う。
        3.会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
        4.普通株式と第二種優先株式は単元株式数が異なっております。2008年10月1日の株式移転に際して、普通株式
         については売買単位の集約を目的とした東京証券取引所の施策に沿って住友石炭鉱業株式会社(現 住石マテリ
         アルズ株式会社)の普通株式1株に対して当社の普通株式0.2株を割当て、併せて単元株式数を500株から100株
         としたためであります。
        5.第二種優先株式は、剰余金の配当及び残余財産の分配について普通株式に優先する内容としている関係から、
         法令に定める場合を除き当社株主総会において議決権を有しておりません。
                                 15/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
          当該制度は、当社の取締役及び監査役、並びに当社の執行役員に対して、会社法第236条、第238条及び第240
         条に基づく株式報酬型ストックオプションとして新株予約権を発行することにつき、2018年6月28日開催の当社
         取締役会において決議されたものであり、その内容は以下のとおりであります。
          なお、当事業年度末日までに付与されたストックオプションについては、                                  「第5 経理の状況 1 連結財務
         諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」の(ストック・オプション等関係)                                   において集約して記載しているため
         開示を省略しております。
           決議年月日                     2018年6月28日
           付与対象者の区分及び人数                     当社取締役 5名

                                当社監査役 3名
                                当社の執行役員 8名
           新株予約権の数                     2,345個(注)1
           新株予約権の目的となる株式の種類、内容                     普通株式 234,500株(注)1

           及び数
           新株予約権の行使時の払込金額                     1株当たり1円
           新株予約権の行使期間                     2018年8月1日~2048年7月31日

           新株予約権の行使の条件                     (注)2

           新株予約権の譲渡に関する事項                     譲渡による新株予約権の取得については当社取締役会の承認

                                を要する。
           組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に                     (注)3
           関する事項
     (注)1.各新株予約権1個当たりの目的たる株式の数(以下「付与株式数」という)は100株とする。
          なお、当社が新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)以降、当社普通株式につき、株式の
         分割(当社普通株式の株式無償割当を含む。以下、株式の分割の記載につき同じ。)又は株式の併合を行う場
         合、次の算式により付与株式数の調整を行い、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         る。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式の分割・併合の比率
          また、上記のほか、割当日以降、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他付与株式数の調整を
         必要とする事由が生じたときには、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うこと
         ができる。
        2.新株予約権の行使の条件
        (1)新株予約権者は、当社又は子会社の取締役、執行役員及び監査役のいずれの地位も喪失した日の翌日から
          10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使することができる。
        (2)当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、又は当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転
          計画承認の議案につき、当社の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社取締役会決
          議がなされた場合)、当該承認日の翌日から30日間に限り、本新株予約権を行使できるものとする。ただ
          し、(注)3に定める組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項に従って再編対象会社の新株予約
          権が交付される場合を除くものとする。
        (3)新株予約権者は、割り当てられた新株予約権の全部を一括して行使するものとする。
        (4)新株予約権者が書面により新株予約権の全部又は一部を放棄する旨を申し出た場合には、新株予約権者は
          新株予約権を行使できないものとする。
        (5)新株予約権者が死亡した場合、新株予約権者の相続人は当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権
          割当契約の定めるところにより、本新株予約権を承継し、その権利を行使できるものとする。
        (6)その他の行使条件については、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところ
          による。
                                 16/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        3.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日の直前にお
         いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの
         場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)
         の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付
         する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画にお
         いて定めることを条件とする。
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件などを勘案の上、前記(注)1に準じ決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後払込金額に上記
         (3)に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とす
         る。再編後払込金額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会
         社の株式1株当たり1円とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
          新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、
         新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          ①新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
           項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合
           は、これを切り上げるものとする。
          ②新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
           増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)新株予約権の行使の条件
          前記(注)2に準じて決定する。
        (9)新株予約権の取得条項
          当社は、以下の①から⑤の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社
         取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができ
         る。
          ①当社が消滅会社となる合併契約承認の議案(ただし、存続会社の新株予約権を交付する旨を合併契約に定
           めた場合を除く。)
          ②当社が分割会社となる吸収分割契約又は新設分割計画承認の議案
          ③当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案(ただし、完全親会社となる会社の新
           株予約権を交付する旨を株式交換契約又は株式移転計画に定めた場合を除く。)
          ④当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することにつ
           いての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ⑤新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認を
           要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについて
           の定めを設ける定款の変更承認の議案
          また、当社は、新株予約権者が新株予約権の全部又は一部を行使できなくなった場合は、当社取締役会が別
         途定める日に、当該新株予約権を無償で取得することができる。
                                 17/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
         年月日
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)        (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
      2014年4月1日~
      2015年3月31日               17,000      66,032,853            1     2,501         1      301
     (注)
      (注)新株予約権の行使による増加であります。
       (5)【所有者別状況】

        ① 普通株式
                                                     2018年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                        単元未満
            政府及び
       区分                             外国法人等
                                                        株式の状況
                       金融商品      その他の
            地方公共      金融機関                           個人その他       計
                                                         (株)
                       取引業者      法人
                                  個人以外      個人
             団体
     株主数(人)          -     28      36     110      48      32    15,983      16,237
                                                            -
      所有株式数
                -   107,183      45,312      59,495      42,077      1,119     333,485      588,671      25,753
      (単元)
     所有株式数の
                -    18.21      7.70     10.11      7.15      0.19     56.64     100.00        -
      割合(%)
     (注)自己株3,058,147株は「個人その他」30,581単元、「単元未満株式の状況」に47株含まれております。
        ② 第二種優先株式

                                                     2018年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数500株)

                                                        単元未満
            政府及び
       区分                             外国法人等
                                                        株式の状況
                       金融商品      その他の
            地方公共      金融機関                           個人その他       計     (株)
                       取引業者      法人
                                  個人以外      個人
             団体
     株主数(人)          -     1      -      -      -      -      -      1
                                                            -
      所有株式数
                -   14,280        -      -      -      -      -   14,280        -
      (単元)
     所有株式数の
                -   100.00        -      -      -      -      -   100.00
                                                            -
      割合(%)
                                 18/81






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
        ①所有株式数別
     (A)普通株式
                                                   2018年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)
                                                    株式数の割合
                                                     (%)
                     89   NEXUS      WAY,     CAMANA
     HORIZON        GROWTH
                     BAY,     KY1-9007         GRAND
     FUND
                                             1,714          3.07
                     CAYMAN,CAYMAN              ISLANDS
     (常任代理人
     株式会社三菱UFJ銀行)
                     (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
     日本マスタートラスト
                                             1,407          2.52
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     信託銀行株式会社(信託口)
                                             1,323          2.37
     株式会社三井住友銀行                東京都千代田区丸の内1丁目1番2号
     日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                        1,116          2.00
     信託銀行株式会社(信託口5)
     野村信託銀行株式会社
                     東京都千代田区大手町2丁目2-2                        1,102          1.97
     (投信口)
                     福岡県飯塚市芳雄町7-18                        1,100          1.97
     株式会社麻生
     日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         987         1.77
     信託銀行株式会社(信託口1)
                     PETERBOROUGH             COURT
     BNY    GCM    CLIENT
                     133    FLEET      STREET
     ACCOUNT        JPRD     AC
                     LONDON       EC4A2BB                  976         1.75
     ISG    (FE-AC)
                     UNITED       KINGDOM
     (常任代理人
     株式会社三菱UFJ銀行)
                     (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
                                              923         1.65
     松井証券株式会社                東京都千代田区麹町1丁目4番地
     日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         867         1.55
     信託銀行株式会社(信託口)
                                ―             11,520          20.63
            計
     (注)上記のほか、当社は自己株3,058千                   株を保有しておりますが、上記大株主からは除外しております。
     (B)第二種優先株式                                              2018年3月31日現在

                                                   発行済株式総数に

                                            所有株式数
          氏名又は名称                     住所                    対する所有株式数
                                             (千株)
                                                    の割合(%)
     株式会社三井住友銀行                東京都千代田区丸の内1丁目1番2号                        7,140         100.00
            計                    ―             7,140         100.00
     (注)第二種優先株式は法令に定める場合を除き、株主総会において議決権を有しておりません。
                                 19/81






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ②所有議決権数別
                                                   2018年3月31日現在
                                                   総株主の議決権に
                                            所有議決権数
                                                   対する所有議決権
          氏名又は名称                     住所
                                             (個)
                                                   数の割合(%)
                     89   NEXUS      WAY,     CAMANA
     HORIZON        GROWTH
                     BAY,     KY1-9007         GRAND
     FUND
                                              17,145           3.07
                     CAYMAN,CAYMAN              ISLANDS
     (常任代理人
     株式会社三菱UFJ銀行)
                     (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
     日本マスタートラスト
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                         14,078           2.52
     信託銀行株式会社(信託口)
                                              13,237           2.37

     株式会社三井住友銀行                東京都千代田区丸の内1丁目1番2号
     日本トラスティ・サービス

                     東京都中央区晴海1丁目8-11                         11,167           2.00
     信託銀行株式会社(信託口5)
     野村信託銀行株式会社
                     東京都千代田区大手町2丁目2-2                         11,025           1.98
     (投信口)
                     福岡県飯塚市芳雄町7-18                         11,000           1.97
     株式会社麻生
     日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                          9,877          1.77
     信託銀行株式会社(信託口1)
     BNY    GCM    CLIENT         PETERBOROUGH             COURT
                     133    FLEET      STREET
     ACCOUNT        JPRD     AC
                     LONDON       EC4A2BB                   9,765          1.75
     ISG    (FE-AC)
                     UNITED       KINGDOM
     (常任代理人
     株式会社三菱UFJ銀行)
                     (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
                                               9,232          1.65
     松井証券株式会社                東京都千代田区麹町1丁目4番地
     日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                          8,676          1.55
     信託銀行株式会社(信託口)
                                ―              115,202           20.64
            計
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2018年3月31日現在
            区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容
                                              「1(1)②発行済株式」の記載
                     第二種優先株式              7,140,000             -
     無議決権株式
                                              を参照
     議決権制限株式(自己株式等)                       -                -         -
     議決権制限株式(その他)                       -                -         -
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                       -         -
                     普通株式                    3,058,100
                                              「1(1)②発行済株式」の記載
                     普通株式                  55,809,000
     完全議決権株式(その他)                                    558,090
                                              を参照
                     普通株式                        25,753
     単元未満株式                                       -         -
                     普通株式                  58,892,853
     発行済株式総数                                       -         -
                     第二種優先株式              7,140,000
     総株主の議決権                       -             558,090            -
        ②【自己株式等】

                                                   2018年3月31日現在
                                                      発行済株式
                              自己名義        他人名義
                                            所有株式数の         総数に対する
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所          所有株式数        所有株式数
                                             合計(株)        所有株式数の
                              (株)        (株)
                                                      割合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都港区新橋
                                              3,058,100
      住石ホールディングス                        3,058,100            -                4.63
                   六丁目16番12号
      株式会社
          計            -        3,058,100            -    3,058,100           4.63
                                 20/81


                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
        会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】
          会社法第459条第1項の規定に基づく当社定款の定めによる取締役会決議による取得
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      取締役会(2017年5月15日)での決議状況
                                        1,000,000            110,000,000
      (取得期間      2017年5月16日~2017年7月18日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                  1,000,000             99,545,600
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -         10,454,400
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -            9.5
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -            9.5
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(2018年5月15日)での決議状況
                                        1,500,000            307,500,000
      (取得期間      2018年5月16日~2018年7月17日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                      -             -
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -             -
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -             -
      当期間における取得自己株式                                   914,100           153,632,000
      提出日現在の未行使割合(%)                                     39.1             50.0
      (注)当期間における取得自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までに取得した自己株式は含
        まれておりません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     194            27,716
                                            9            1,449
      当期間における取得自己株式
      (注)当期間における取得自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -        -        -        -
      行った取得自己株式
      その他
                                 -        -        -        -
      (-)
                             3,058,147
      保有自己株式数                                   -    3,972,256            -
      (注)当期間における保有自己株式数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式等は含まれておりません。
                                 21/81


                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        配当については、株主の皆様に対する安定的な配当の継続を経営の最重要政策と位置づけており、収益状況に対応
       した配当を行うことを基本としつつ、企業体質の一層の強化並びに将来の事業展開に備えるための内部留保の充実等
       を勘案して配当額を決定する方針を採っております。
        なお、会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議
       によらず取締役会の決議により定める事としております。
        当社の剰余金の配当は期末配当の年1回を基本的な方針としております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当については、上記方針に基づき以下のとおり実施しました。
                                   配当金の総額          1株当たり配当額

             決議年月日           株式の種類
                                    (百万円)            (円)
                      普通株式                    167            3

            2018年5月15日
            取締役会決議
                      第二種優先株式                    14            2
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
          回次        第6期         第7期         第8期         第9期         第10期
         決算年月        2014年3月         2015年3月         2016年3月         2017年3月         2018年3月
         最高(円)             208         157         141         108         205
         最低(円)             107         109          84         77         89
         (注)最高・最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
          月別      2017年10月         11月        12月      2018年1月         2月        3月
         最高(円)           194        166        162        205        182        168
         最低(円)           123        142        143        163        147        149
         (注)最高・最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                 22/81










                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 8名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                         所有
      役名     職名      氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                         株式数
                                                         (株)
                             1970年4月  株式会社住友銀行(現株式会社三井住友
                                   銀行)入行
                             1998年10月  住友石炭鉱業株式会社(現住石マテリア
                                   ルズ株式会社)入社、本社支配人
                             2001年6月  同社取締役、常務執行役員
                             2008年10月  当社代表取締役、執行役員副社長
     代表
                             2008年12月  当社代表取締役社長(現任)
                                                        普通株式
     取締役          長崎 駒樹      1947年10月10日生
            ―                                        (注)3
                             2009年10月  住石マテリアルズ株式会社代表取締役執
                                                          1,000
                                   行役員社長(現任)
     社長
                             2010年10月  住石貿易株式会社代表取締役執行役員社
                                   長(現任)
                             重要な兼職の状況
                              住石貿易株式会社代表取締役執行役員社長
                              住石マテリアルズ株式会社代表取締役執行役員社長
                             1979年4月  住友石炭鉱業株式会社(現住石マテリア
                                   ルズ株式会社)入社
                             2002年6月  同社取締役、執行役員経営企画推進部長
     取締役
                             2008年10月  当社取締役、執行役員総務部長、経営企
                                                        普通株式
     専務      ―    谷口 信一      1957年2月10日生              画部長                 (注)3
                                                          2,100
                             2010年11月  当社取締役、専務執行役員
     執行役員
                             2018年5月  当社取締役、専務執行役員、PM部長、
                                   総務部、監査室、事業管理部担当(現
                                   任)
                             1990年2月  住友石炭鉱業株式会社(現住石マテリア
                                   ルズ株式会社)入社
                             2009年10月  当社総務部長兼住石マテリアルズ株式会
                                   社執行役員総務部長
     取締役          福山 弘記      1958年12月18日生        2011年4月  当社執行役員法務部長
            ―                                         (注)3       -
                             2015年4月  当社執行役員総務部長
                             2018年5月  当社総務部長兼住石貿易株式会社執行役
                                   員
                             2018年6月  当社取締役執行役員総務部長(現任)
                             1968年4月  株式会社住友銀行(現株式会社三井住友
                                   銀行)入行
                             1991年10月  同行青山支店長
                             1994年6月  同行取締役銀座支店長
     取締役      ―    佐久間 博      1945年4月29日生                               (注)3       -
                             1998年6月  同行常任監査役
                             2009年6月  当社社外取締役(現任)
                             2017年9月  株式会社アクロディア社外取締役(現
                                   任)
                             1983年4月  弁護士登録、紀尾井町法律事務所入所
                             1997年9月  仙谷・石田法律事務所入所
                             2006年6月  日比谷総合設備株式会社社外取締役
     取締役      ―    鎭西 俊一      1946年11月14日生                               (注)3       -
                             2009年6月  当社社外監査役
                             2011年6月  当社社外取締役(現任)
                             2011年7月  鎭西法律事務所開設(現任)
                                 23/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
       役名    職名     氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         株式数
                                                         (株)
                             1971年4月  株式会社住友銀行(現株式会社三井住友
                                    銀行)入行
                             1989年7月  同行曙橋支店長
                             1996年1月  同行本店営業本部本店営業第一部長
     監査役
               茶谷 瑛一      1946年10月13日生
            ―                                        (注)4       -
                             2008年6月  トータルハウジング株式会社代表取締役
     (常勤)
                                    社長
                             2009年6月  総合地所株式会社取締役相談役
                             2010年6月  総合地所株式会社顧問
                             2011年6月  当社社外監査役(現任)
                             1967年4月  日本商事株式会社(合併により現住石マ
                                    テリアルズ株式会社)入社
                             2005年7月  住友石炭鉱業株式会社(現住石マテリアル
     監査役                                                   普通株式
                                    ズ株式会社)建機材事業部長
               成田 充      1949年1月10日生
            ―                                        (注)4
                             2006年7月  同社執行役員建機材事業部長
     (常勤)                                                     1,200
                             2012年12月  住石マテリアルズ株式会社執行役員採石
                                    事業部長
                             2015年6月  当社監査役          (現任)
                             1970年4月  株式会社住友銀行(現株式会社三井住友

                                    銀行)入行
                             1978年9月  公認会計士登録
                             1979年1月  税理士登録
                             1988年10月  住友ビジネスコンサルティング株式会社
                                    東京コンサルティング第3部長
     監査役          柿本 省三      1946年10月24日生
            ―                                        (注)5       -
                             1995年4月  株式会社日本総合研究所研究事業本部主
                                    席コンサルタント
                             2001年7月  新日本監査法人監査第二部公認会計士
                             2002年7月  公認会計士・税理士個人事務所開業(現
                                    任)
                             2008年10月  当社社外監査役(現任)
                                                        普通株式

                             計
                                                          4,300
      (注)1.取締役 佐久間博、鎭西俊一は、社外取締役であります。
         2.監査役 茶谷瑛一、柿本省三は、社外監査役であります。
         3.2018年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         4.2015年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         5.2016年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選任しており
          ます。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
        氏名       生年月日                     略歴                  所有株式数(株)

                      1994年4月  弁護士登録、紀尾井町法律事務所入所
                      2002年4月  弁護士法人東京フロンティア基金法律事務所入所
      竹下 博徳       1960年10月3日生                                              ―
                      2003年3月  大室俊三法律事務所(現大室法律事務所)入所(現任)
                      2011年5月  当社社外監査役
                                 24/81






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ※ コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、純粋持株会社として、グループ全体と事業子会社の経営を分離して、それぞれの権限と責任の明確化を
        図っております。
         また、監査役制度を採用し、取締役会につきましては少数(5名)の取締役により経営環境の変化に迅速に対応
        する体制を整備し、社外取締役と監査役、内部監査部門の連携を図ることにより、監督機能の強化を図っておりま
        す。
         なお、リスクマネジメントやコンプライアンスについては、体制作りと周知徹底を図っており、今後ともコーポ
        レート・ガバナンスを経営上の重要課題のひとつとして、その充実を図ってまいります。
      (1) 企業統治の体制
       ①企業統治の体制の概要
         当社のコーポレート・ガバナンスに関する主な体制及び施策の実施状況は次のとおりであります。
       ②会社の機関の内容









         当社は監査役制度を採用しております。
         取締役会は取締役5名の体制であり、そのうち2名が社外取締役であります。原則月1回定例取締役会を開催す
        るとともに、必要に応じ臨時取締役会を開催しております。
         監査役については3名の体制であり、そのうち2名が社外監査役であります。社外監査役は当社グループ会社の
        出身ではありません。
                                         (役員数については2018年6月28日現在)
       ③内部統制システムに関する基本的考え方及びその整備状況
         当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、業務の適正を確保するための体制の整備に関する基本方針を次の
        とおり取締役会で決議し、内部統制システムの整備に取り組んでおります。
        1.当社及び子会社の取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         1.  当社及び子会社の取締役は、取締役会による職務執行の適正な監督のため、定期的に又は必要に応じて職務
         執行の状況を取締役会に報告する。
         2.  当社及び子会社の取締役は、法令及び定款に適合した適正な経営判断を行うため、常に十分な情報の収集に
         努める。
                                 25/81


                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          取締役は、職務執行に係る情報について、法令、社内規程に従い、保存を行うとともに適正に管理する。
        3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         1.  リスク管理に関する社内規程に従い、担当部署が所管業務に関する当社グループ全体のリスクへの対応を主
         導的に実施するとともに、組織横断的なリスクについては取締役会等で適宜審議し、適切に対応する。
         2.  当社グループ全体の経営上の重要なリスクについては、取締役会等において、リスクの顕在化の防止に努め
         るとともに、万一顕在化した場合には迅速かつ的確に対応することにより、経営に及ぼす影響を最小限に抑制
         するよう努める。
         3.  リスク管理体制の有効性については、内部監査組織である監査室が定期的に又は必要に応じて当社グループ
         全体の監査を行う。
        4.当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         1.  取締役会は、原則として月1回又は必要に応じて随時開催する。また、取締役会付議事項を含む当社グルー
         プ全体の経営の重要事項については、当社及び子会社の取締役及び執行役員が出席する業績会議、その他の会
         議体において適宜報告・審議するなど、効率的な業務運営に努める。
         2.  当社及び子会社の取締役会の決定に基づく職務執行については、それぞれ代表取締役、業務担当取締役及び
         執行役員が適切かつ迅速に執行する。
        5.当社及び子会社の従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         1.  当社及び子会社の取締役は、社内規程において、職務執行に当たり遵守すべき法令等を明確化するととも
         に、教育研修等により当該規程に基づく職務執行の徹底を図る。
         2.  監査室は、当社グループ全体の法令及び定款遵守の状況、その他従業員の職務執行の状況について、定期的
         に又は必要に応じて監査するとともに、その結果を取締役会等に報告し、所要の改善を図る。
        6.当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         1.  取締役は、当社グループとして目指すべき共通の方向性及び目標等を示し、その達成に向け、当社グループ
         を挙げて取り組む。
         2.  取締役は、当社グループ会社取締役との意見交換を定期的に開催し、当社グループにおける経営課題の共有
         と解決に努める。
        7.監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         1.  必要に応じて監査役の業務補助のためスタッフを置くこととし、その人事については、監査役会の同意を得
         るものとする。監査役の業務補助を命ぜられたスタッフは、専ら監査役の指揮命令に従うものとする。
         2.  当社及び子会社の取締役、執行役員及び従業員は、経営上の重要なリスク等を発見したときは、監査役に報
         告する。また、監査役の求める事項について、いつでも、必要な報告を行うものとする。
         3.  当社及び子会社の取締役、執行役員及び従業員が、前項に係る報告をしたことを理由として不利益な取扱い
         を受けないものとする。
         4.  監査役が職務の遂行について生じる費用の前払い又は償還等の請求をしたときは、当該監査役の職務の遂行
         に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
         5.  取締役は、会計監査人及び監査室が監査役に報告をするための体制その他監査役監査の実効性を確保する体
         制を整備する。
      (2) 内部監査及び監査役監査の状況

        監査役は常勤監査役2名非常勤監査役1名体制であり、監査役会で定めた監査役監査基準、監査方針及び監査計
       画等に従い監査業務を行っております。また、監査役は、財務部及び総務部等の内部統制部門から必要に応じてヒ
       アリングを実施する等により、内部統制の実施状況を把握しております。
        内部監査部門である監査室は2名体制であり、監査役及び会計監査人並びに財務部、総務部等の内部統制部門と
       連携を図りながら内部監査を実施しております。
        監査役と監査室は、相互に連携を図りながら監査を実施し、随時情報、意見交換を行っております。また監査役
       と会計監査人は、定期的に監査実施計画等についてディスカッションを行うとともに、監査実施結果等について、
       報告会を行っております。
        なお、社外監査役柿本省三氏は、公認会計士及び税理士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を
       有しております。
                                 26/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      (3) 会計監査の状況
        当社は、会社法及び金融商品取引法上の会計監査を三優監査法人に委嘱しております。
        当事業年度において当社の会計監査業務を執行した公認会計士は次のとおりであります。
                                  所属する監査法人名                補助者の構成
                公認会計士の氏名
                      杉田     純
         指定社員業務執行社員
         指定社員業務執行社員                          三優監査法人            公認会計士  5名
                      山本 公太
         指定社員業務執行社員
                      原田 知幸
        なお、会計監査業務を執行した公認会計士は継続監査年数が7年を超えていないため継続監査年数の記載を省略
       しております。
      (4) 社外取締役及び社外監査役
        当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。
        当社は、企業経営の経験や専門性及び独立性等を総合的に判断し、社外取締役及び社外監査役を選任しておりま
       す。なお、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性の基準等は、特に定めておりません。また、社外取
       締役及び社外監査役は、監査室、監査役及び会計監査人並びに内部統制部門から必要に応じて報告を受け、相互連
       携を図っております。
        社外取締役佐久間博氏は、経営全般にわたる豊富な経験と高い見識を有していることから、適任と判断しており
       ます。
        社外取締役鎭西俊一氏は、弁護士として独立した立場から、当社の経営に対してその豊富な専門知識及び経験等
       を反映していただけるものと判断しております。
        また、社外取締役佐久間博氏及び鎭西俊一氏を、独立役員として東京証券取引所へ届け出ております。
        社外監査役茶谷瑛一氏は、経営者として幅広く高度な見識と豊富な経験を有していることから、適任と判断して
       おります。
        社外監査役柿本省三氏は、公認会計士、税理士及び経営コンサルタントとして豊富な専門知識及び経験等を有し
       ていることから、適任と判断しております。
        なお、鎭西俊一氏と当社は法律顧問契約を締結しております。その他の社外取締役及び社外監査役と当社の間に
       特別な利害関係はありません。
      (5) 役員報酬等

       ①役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額
                    対象となる
                                    (百万円)
                                                   報酬等の総額
           役員区分         役員の員数
                                                    (百万円)
                                    ストック
                     (人)
                            基本報酬                 賞与
                                    オプション
                         ▶        32
       取締役                                  ▶        ▶        41
       社外取締役                  2        10         1        0        12
       監査役                  1        ▶        0        0        5
       社外監査役                  2        8        0        0        9
            合計              9        56         7        5        69
       ②役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
         当社の役員の報酬等の額は、定款において、株主総会の決議によって定めることとしております。
        1.取締役の報酬限度額は、2009年6月26日開催の第1期定時株主総会において、業績連動型の報酬支払を可能
         とするため、賞与も含めて年額1億8千万円以内と決議いただいており、その報酬限度額の範囲内で決定して
         おります。
        2.監査役の報酬限度額は、2009年6月26日開催の第1期定時株主総会において、業績連動型の報酬支払を可能
         とするため、賞与も含めて年額4千8百万円以内と決議いただいており、その報酬限度額の範囲内で、監査役
         の協議により決定しております。
        3.役員退職慰労金制度はありません。
        4.なお、株価変動のメリットとリスクを株主の皆様と共有し、企業価値の向上に対する経営責任を明確にする
         ため、取締役及び監査役に対し、前記の報酬限度額の範囲内で、株式報酬型ストックオプションとしての新株
         予約権を割り当てることについて、2014年6月27日開催の第6期定時株主総会においてご承認いただきまし
         た。
                                 27/81





                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      (6) 株式の保有状況
         当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会
        社)である住石マテリアルズ株式会社については以下のとおりです。
        ①投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          27銘柄         3,369百万円
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
        前事業年度
         1.特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
                銘柄           株式数(株)                        保有目的
                                     (百万円)
         三精テクノロジーズ株式会社                    666,000            695    取引関係等の維持・強化のため
         サノヤスホールディングス
                              920,000            266    取引関係等の維持・強化のため
         株式会社
         大和ハウス工業株式会社                     30,000            95   取引関係等の維持・強化のため
         昭和産業株式会社                     58,000            34   取引関係等の維持・強化のため

                                             金融取引関係等の維持・強化の
         株式会社関西アーバン銀行                     18,750            26
                                             ため
         2.みなし保有株式
         該当事項はありません。
        当事業年度

         1.特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
                銘柄           株式数(株)                        保有目的
                                     (百万円)
         三精テクノロジーズ株式会社                    666,000            802    取引関係等の維持・強化のため
         サノヤスホールディングス
                              920,000            232    取引関係等の維持・強化のため
         株式会社
         大和ハウス工業株式会社                     30,000           123    取引関係等の維持・強化のため
         昭和産業株式会社                     11,600            32   取引関係等の維持・強化のため

                                             金融取引関係等の維持・強化の
         株式会社関西アーバン銀行                     18,750            27
                                             ため
         (注) 昭和産業株式会社は、2017年10月1日をもって同年9月30日(実質上9月29日)の最終の株主に対し、所
           有株式5株につき1株の割合で株式併合いたしました。
         2.みなし保有株式
         該当事項はありません。
         なお、提出会社の株式の保有状況については、該当ありません。
       ③保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに当
        事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
         該当事項はありません。
       ④投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計上額
         該当事項はありません。
       ⑤投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計上額
         該当事項はありません。
      (7) 取締役の定数
         当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
                                 28/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      (8) 取締役の選任の決議要件
         当社の取締役の選任の決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主の出席を要し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、累積投票の方法によらないものとする旨を定款に定
        めております。
      (9) 剰余金の配当等の決定機関
         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除
        き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、取締役会の権限とす
        ることにより、株主への機動的な剰余金の配当等を行うことを目的とするものであります。
      (10) 自己の株式の取得
         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨
        を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取
        引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
      (11) 取締役及び監査役の責任免除
         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役
        (取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の責任を、法令の限度において免除すること
        ができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務遂行にあたり、期待される役割を十分に発揮
        できるようにするためであります。
      (12) 株主総会の特別決議要件
         当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
        有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会におけ
        る特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
      (13) 種類株式について

         普通株式と第二種優先株式は単元株式数が異なっております。これは2008年10月1日の株式移転に際して、普通
        株式については売買単位の集約を目的とした東京証券取引所の施策に沿って住友石炭鉱業株式会社(現 住石マテ
        リアルズ株式会社)の普通株式1株に対して当社の普通株式0.2株を割当て、併せて単元株式数を500株から100株
        としたためであります。
         また第二種優先株式は、剰余金の配当及び残余財産の分配について普通株式に優先する内容としている関係か
        ら、法令に定める場合を除き当社株主総会において議決権を有しておりません。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                        前連結会計年度                     当連結会計年度
            区分       監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                    基づく報酬           基づく報酬           基づく報酬           基づく報酬
                    (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
                                     -                     -
         提出会社                 22                     22
                          -           -           -           -
         連結子会社
                                     -                     -
            計              22                     22
        ②【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
         該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】
         該当事項はありません。
                                 29/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号 以下「財
        務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日ま
      で)の連結財務諸表及び事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、三優監査法人に
      よる監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
      務会計基準機構へ加入しております。
       また、企業会計基準委員会の行う実務研修に適宜参加しております。
                                 30/81














                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         1,656              5,328
         現金及び預金
                                         1,578              1,051
         受取手形及び売掛金
                                         2,022              1,358
         商品及び製品
                                           95              90
         仕掛品
                                           11              19
         原材料及び貯蔵品
                                            -              16
         前渡金
                                           21              45
         繰延税金資産
                                           214               75
         その他
                                         5,599              7,987
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 2,134             ※2 2,134
          建物及び構築物
                                       ※6 △ 1,329            ※6 △ 1,392
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                               804              741
          機械装置及び運搬具                                918              980
                                        ※6 △ 780            ※6 △ 805
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                               137              174
                                     ※2 , ※4 , ※5 5,765          ※2 , ※4 , ※5 5,765
          土地
                                           84              141
          リース資産
                                          △ 18             △ 37
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               66              103
          建設仮勘定                                 54               -
                                           186              186
          その他
                                         △ 179             △ 179
            減価償却累計額
            その他(純額)                                6              6
                                         6,835              6,791
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           43              23
          その他
                                           43              23
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※2 3,740           ※1 , ※2 3,727
          投資有価証券
          繰延税金資産                                 -              2
                                           571              561
          その他
                                         △ 431             △ 438
          貸倒引当金
                                         3,880              3,852
          投資その他の資産合計
                                         10,758              10,667
         固定資産合計
       繰延資産
                                            1              -
         社債発行費
                                            1              -
         繰延資産合計
       資産合計                                  16,359              18,654
                                 31/81





                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           266              668
         支払手形及び買掛金
                                           450              466
         短期借入金
                                         ※2 240
                                                          -
         1年内償還予定の社債
                                                      ※2 2,000
                                            -
         1年内返済予定の長期借入金
                                           20              28
         リース債務
                                           183               33
         未払金
                                           95              65
         未払法人税等
                                           92              72
         未払費用
                                           23              22
         賞与引当金
                                            3              2
         債務保証損失引当金
                                           92              136
         その他
                                         1,466              3,495
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※2 2,000
                                                          -
         長期借入金
                                           51              82
         リース債務
                                           431              426
         繰延税金負債
                                         ※4 286             ※4 286
         再評価に係る繰延税金負債
                                           149              163
         退職給付に係る負債
                                           76              85
         長期預り金
                                           23              24
         資産除去債務
                                           400              700
         訴訟損失引当金
                                           532              506
         環境対策引当金
                                           22              22
         その他
                                         3,975              2,297
         固定負債合計
                                         5,442              5,792
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,501              2,501
         資本金
                                           967              967
         資本剰余金
                                         7,103              9,123
         利益剰余金
                                         △ 233             △ 332
         自己株式
                                         10,339              12,259
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           813              816
         その他有価証券評価差額金
                                        ※4 △ 293            ※4 △ 293
         土地再評価差額金
                                           520              523
         その他の包括利益累計額合計
                                           56              79
       新株予約権
                                         10,917              12,862
       純資産合計
                                         16,359              18,654
      負債純資産合計
                                 32/81






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
                                         12,548              14,402
      売上高
                                         11,030              12,953
      売上原価
                                         1,518              1,448
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 1,383           ※1 , ※2 1,316
      販売費及び一般管理費
                                           134              131
      営業利益
      営業外収益
                                           10              13
       受取利息
                                           423             2,552
       受取配当金
                                            3              1
       持分法による投資利益
                                           57              57
       固定資産賃貸料
                                            8              14
       その他
                                           503             2,641
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           43              42
       支払利息
                                           19              17
       租税公課
                                           18              40
       訴訟関連費用
                                           49              46
       その他
                                           131              146
       営業外費用合計
                                           507             2,626
      経常利益
      特別利益
                                          ※3 10             ※3 5
       固定資産売却益
                                           19               -
       関係会社株式売却益
                                           30               5
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※4 24             ※4 11
       固定資産除売却損
                                            5              -
       その他の投資売却損
                                            9              -
       減損損失
                                            ▶              16
       環境対策費
                                            -             300
       訴訟損失引当金繰入額
                                            -              1
       その他
                                           43              329
       特別損失合計
                                           493             2,301
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     136              187
                                           34             △ 33
      法人税等調整額
                                           170              154
      法人税等合計
                                           323             2,147
      当期純利益
                                           323             2,147
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 33/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
                                           323             2,147
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           246               2
       その他有価証券評価差額金
                                            1              -
       土地再評価差額金
                                         ※1 248              ※1 2
       その他の包括利益合計
                                           571             2,150
      包括利益
      (内訳)
                                           571             2,150
       親会社株主に係る包括利益
                                            -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 34/81
















                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高
                         2,501         967       6,917        △ 143       10,242
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                          323                 323
      当期純利益
      剰余金の配当
                                         △ 137                △ 137
      自己株式の取得                                            △ 89       △ 89
      土地再評価差額金の取崩
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -        -       186        △ 89        96
     当期末残高                    2,501         967       7,103        △ 233       10,339
                           その他の包括利益累計額

                                              新株予約権        純資産合計
                    その他有価証券                 その他の包括
                            土地再評価差額金
                    評価差額金                 利益累計額合計
     当期首残高                    567       △ 294        272         42       10,558
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                                           323
      当期純利益
      剰余金の配当                                                    △ 137
      自己株式の取得                                                    △ 89
      土地再評価差額金の取崩
      株主資本以外の項目の
                          246         1       248         14        262
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    246         1       248         14        358
     当期末残高                    813       △ 293        520         56       10,917
                                 35/81









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                    2,501         967       7,103        △ 233       10,339
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                         2,147                 2,147
      当期純利益
      剰余金の配当                                   △ 127                △ 127
      自己株式の取得
                                                  △ 99       △ 99
      土地再評価差額金の取崩                                     0                 0
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -        -       2,019         △ 99       1,919
     当期末残高
                         2,501         967       9,123        △ 332       12,259
                           その他の包括利益累計額

                                              新株予約権        純資産合計
                    その他有価証券                 その他の包括
                            土地再評価差額金
                    評価差額金                 利益累計額合計
     当期首残高
                          813       △ 293        520         56       10,917
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                                          2,147
      当期純利益
      剰余金の配当
                                                          △ 127
      自己株式の取得                                                    △ 99
      土地再評価差額金の取崩                                                     0
      株主資本以外の項目の
                           2       △ 0        2        22        25
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                           2       △ 0        2        22       1,945
     当期末残高                    816       △ 293        523         79       12,862
                                 36/81









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           493             2,301
       税金等調整前当期純利益
                                           93              138
       減価償却費
                                            9              -
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 2              6
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    1             △ 1
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 7              13
       訴訟損失引当金の増減額(△は減少)                                    -             300
       環境対策引当金の増減額(△は減少)                                   △ 3             △ 26
                                         △ 434            △ 2,566
       受取利息及び受取配当金
                                           43              42
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 3             △ 1
       固定資産除売却損益(△は益)                                    13               5
       関係会社株式売却損益(△は益)                                   △ 19               -
       売上債権の増減額(△は増加)                                   158              526
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 398              660
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 249              401
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   △ 1             102
                                         △ 110               86
       その他
                                         △ 415             1,990
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   458             2,580
                                          △ 26             △ 25
       利息の支払額
                                          △ 52             △ 209
       法人税等の支払額
                                          △ 35             4,335
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 384             △ 166
       有形固定資産の取得による支出
                                            2              5
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 12              △ 1
       無形固定資産の取得による支出
                                           654               -
       関係会社株式の売却による収入
                                           △ 6             △ ▶
       長期前払費用の取得による支出
                                           36              △ 6
       その他
                                           290             △ 172
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 293               16
                                          △ 29             △ 20
       リース債務の返済による支出
       社債の償還による支出                                  △ 240             △ 240
                                         △ 135             △ 127
       配当金の支払額
                                          △ 89             △ 99
       自己株式の取得による支出
                                         △ 788             △ 471
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            5             △ 19
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 527             3,672
                                         2,184              1,656
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 1,656             ※1 5,328
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 37/81





                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数及び主要な連結子会社名
             連結子会社の数
              5 社
             連結子会社名
              住石貿易株式会社
              住石マテリアルズ株式会社
              ダイヤマテリアル株式会社
              住石山陽採石株式会社
              泉山興業株式会社
           (2)主要な非連結子会社名
              該当なし
          2.持分法の適用に関する事項
           (1)持分法を適用した非連結子会社及び関連会社の数及び会社名
             持分法を適用した非連結子会社
              該当なし
             持分法を適用した関連会社の数
              1 社
             会社名
              新居浜コールセンター株式会社
           (2)持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社の会社名
             持分法を適用しない非連結子会社
              該当なし
             持分法を適用しない関連会社
              該当なし
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項
            すべての連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項
           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            ①有価証券
              その他有価証券
               時価のあるもの
                連結決算日の市場価格に基づく時価法
                (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
               時価のないもの
                移動平均法による原価法
            ②デリバティブ
              時価法
            ③たな卸資産
              主として、個別法及び総平均法による原価法
              なお、貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しております。
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
            ①有形固定資産(リース資産を除く)
               採石事業部門及び一部の子会社については定額法、その他の資産は定額法及び定率法を適用してお
              ります。
               ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月1日以降に取
              得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物     7~59年
              機械装置及び運搬具   2~12年
                                 38/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
            ②無形固定資産(リース資産を除く)
               鉱業権については生産高比例法、その他の資産は定額法を適用しております。
               なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
              よっております。
            ③リース資産
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (3)繰延資産の処理方法
             社債発行費については、社債の償還期間にわたり、利息法により償却しております。
           (4)重要な引当金の計上基準
            ①貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失の発生に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等特定の債権については個別に回収の可能性を検討して回収不能見込額を計上しております。
            ②賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
            ③債務保証損失引当金
              債務保証等に係る損失に備えるため、被保証者の財政状態等を勘案し、損失の見積額を計上しており
             ます。
            ④訴訟損失引当金
              訴訟に対する損失に備えるため、将来発生する可能性のある損失を見積もり、必要額を計上しており
             ます。
            ⑤環境対策引当金
              過去に所有していた豪州炭鉱において、採炭地の環境整備費用の支出に備えるため、当該費用の当社
             負担見積額を計上しております。
           (5)退職給付に係る会計処理の方法
             当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
            要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (6)重要なヘッジ会計の方法
            ①ヘッジ会計の方法
              外貨建予定取引及び外貨建金銭債権債務については繰延ヘッジ処理によっております。なお、為替予
             約が付されている外貨建金銭債権債務については、振当処理を行っております。
            ②ヘッジ手段とヘッジ対象
              外貨建予定取引及び外貨建金銭債権債務の為替変動リスクに対して為替予約取引をヘッジ手段として
             用いております。
            ③ヘッジ方針
              会社が業務遂行上さらされる市場リスクを適切に管理することにより、リスクの減殺を図ることを目
             的にリスクヘッジを行います。
            ④ヘッジ有効性評価の方法
              ヘッジ対象とヘッジ手段を直接結びつけてヘッジ有効性を評価いたします。
            ⑤その他リスク管理方法のうちヘッジ会計に係るもの
              取締役会で承認を得た方針に従い、所管の長は運営・管理し、定期的にモニタリングいたします。
           (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
             連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能
            な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ
            月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
             ①消費税等の会計処理の方法
              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
             ②連結納税制度の適用
              連結納税制度を適用しております。
                                 39/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
      (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日
       より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的
       な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日

        2022年3月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

     「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。
                                 40/81














                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
      ※1.関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 351百万円                 339百万円
      ※2.担保資産及び担保付債務

        担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
     建物及び構築物                                 30百万円                 28百万円
     土地                                 948                 948
     投資有価証券                                 962                1,035
               計                      1,942                 2,012
        担保付債務は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                                  -百万円                700百万円
     長期借入金                                 700                   -
     被保証債務(注)                                 240                   -
               計                       940                 700
      (注)被保証債務は、無担保社債の発行に際し、未償還社債に対して金融機関から保証を受けている額であります。
       3.保証債務
        連結会社以外の会社等の金融機関からの借入金等に対して次のとおり保証を行っております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
     個人住宅ローン                                 226百万円                 193百万円
      ※4.事業用土地の再評価差額金計上額
         土地の再評価に関する法律(1998年3月31日公布 法律第34号)に基づき、連結子会社である住石マテリアルズ
        株式会社が、事業用土地の再評価を行っております。
         再評価を行った年月日   1998年3月31日
         同法第3条第3項に定める再評価の方法
         土地の再評価に関する法律施行令(1998年3月31日公布 政令第119号)第2条第4号によるところの地価税の
        計算のために公表された方法により算定した価額に合理的な調整を行う方法といたしましたが、一部については、
        同条第2号によるところの国土利用計画法施行令の規定により判定された標準価格に合理的な調整を行う方法、な
        いし、同条第5号によるところの鑑定評価による方法としております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
     同法律第10条に定める再評価を行った事業
     用土地の当連結会計年度末における時価の
                                     △15百万円                   -百万円
     合計額と当該事業用土地の再評価後の帳簿
     価額の合計額との差額
      ※5.定期借地権が設定されている土地の価額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (2017年3月31日)                            (2018年3月31日)
                          2,374百万円                            2,374百万円
      ※6.減価償却累計額には、減損損失累計額が含まれております。

                                 41/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1.販売費及び一般管理費の内訳
        主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
     運送費・港頭諸掛等                                 564  百万円                429  百万円
                                      431                 420
     報酬・給料・賞与
                                      11                 32
     退職給付費用
                                      67                 67
     賃借料
                                      21                 23
     光熱・水道費及び消耗品費
                                      27                 25
     旅費・通信費
                                      25                 72
     減価償却費
      ※2.販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (自 2016年4月1日                            (自 2017年4月1日
               至 2017年3月31日)                              至 2018年3月31日)
                             1 百万円                           1 百万円
      ※3.固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2016年4月1日                            (自 2017年4月1日
              至 2017年3月31日)                            至 2018年3月31日)
     建物及び構築物                       9百万円                            -百万円
     機械装置及び運搬具                       1                            0
     土地                       -                            5
             計               10                            5
      ※4.固定資産除売却損の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2016年4月1日                            (自 2017年4月1日
              至 2017年3月31日)                            至 2018年3月31日)
     建物及び構築物                       0百万円                            0百万円
     機械装置及び運搬具                       0                            0
     その他の無形固定資産                       0                            -
     解体費用                       24                            10
             計               24                            11
         (連結包括利益計算書関係)

      ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                  377百万円                 4百万円
      組替調整額                                   -               -
       税効果調整前
                                        377                 ▶
       税効果額                               △130                 △1
       その他有価証券評価差額金
                                        246                 2
     土地再評価差額金:
       税効果額                                  1               -
        その他の包括利益合計
                                        248                 2
                                 42/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                     株式数(千株)         増加株式数(千株)          減少株式数(千株)           株式数(千株)
      発行済株式
      普通株式                   58,892             -          -        58,892
      第二種優先株式                    7,140            -          -        7,140
           合計              66,032             -          -        66,032
      自己株式
      普通株式 (注)                    1,057          1,000            -        2,057
           合計               1,057          1,000            -        2,057
     (注)  普通株式の自己株式数の増加1,000千株は、単元未満株式の買取による増加0千株、取締役会決議による自己
         株式の取得による増加1,000千株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (百万円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプションとして
                            -      -      -      -      -       56
            の新株予約権
     (親会社)
               合計              -      -      -      -      -       56
      3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                                     1株当たり
                        配当金の総額
                株式の種類               配当の原資       配当額       基準日        効力発生日
                        (百万円)
     (決議)
                                      (円)
               普通株式             115   利益剰余金          2   2016年3月31日         2016年6月8日
      2016年5月13日
        取締役会
               第二種優先株式             21   利益剰余金          3   2016年3月31日         2016年6月8日
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                        配当金の総額
                株式の種類               配当の原資       配当額       基準日        効力発生日
                        (百万円)
     (決議)
                                      (円)
      2017年5月15日         普通株式             113   利益剰余金          2   2017年3月31日         2017年6月8日
        取締役会
               第二種優先株式             14   利益剰余金          2   2017年3月31日         2017年6月8日
                                 43/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                     株式数(千株)         増加株式数(千株)          減少株式数(千株)           株式数(千株)
      発行済株式
      普通株式                   58,892             -          -        58,892
      第二種優先株式                    7,140            -          -        7,140
           合計              66,032             -          -        66,032
      自己株式
      普通株式 (注)                    2,057          1,000            -        3,058
           合計               2,057          1,000            -        3,058
     (注)  普通株式の自己株式数の増加1,000千株は、単元未満株式の買取による増加0千株、取締役会決議による自己
         株式の取得による増加1,000千株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (百万円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプションとして
                            -      -      -      -      -       79
            の新株予約権
     (親会社)
               合計              -      -      -      -      -       79
      3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                                     1株当たり
                        配当金の総額
                株式の種類               配当の原資       配当額       基準日        効力発生日
                        (百万円)
     (決議)
                                      (円)
               普通株式             113   利益剰余金          2   2017年3月31日         2017年6月8日
      2017年5月15日
        取締役会
               第二種優先株式             14   利益剰余金          2   2017年3月31日         2017年6月8日
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                        配当金の総額
                株式の種類               配当の原資       配当額       基準日        効力発生日
                        (百万円)
     (決議)
                                      (円)
               普通株式             167   利益剰余金          3   2018年3月31日         2018年6月7日
      2018年5月15日
        取締役会
               第二種優先株式             14   利益剰余金          2   2018年3月31日         2018年6月7日
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                              至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
      現金及び預金勘定                               1,656   百万円              5,328   百万円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                 -                 -
      現金及び現金同等物                               1,656                 5,328
                                 44/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
       (借主側)
      ファイナンス・リース取引
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       (1)リース資産の内容
        有形固定資産
           主として採石事業部における生産設備(機械装置及び運搬具)であります。
       (2)リース資産の減価償却の方法
         「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の
        減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                 45/81

















                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項
          (1)  金融商品に対する取組方針
           当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については銀行借入による
          方針です。
           デリバティブは、外貨建予定取引の為替変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引は行いません。
          (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
           営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクにさらされております。当該リスクに関しては、
          当社グループの与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うと共に、取引先の信用状況や
          回収状況及び滞留債権状況を定期的にレビューし、把握する体制をとっております。
           投資有価証券のうち、時価のある株式は取引所における市場価格の変動リスクにさらされていますが、定期
          的に時価を把握しております。
           営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。
           社債及び借入金は主に運転資金に係る資金調達であります。変動金利の借入金は、金利の変動リスクにさら
          されております。
           デリバティブ取引の状況については、通常の取引過程における外貨建予定取引の為替相場の変動によるリス
          クを軽減するため取引先の要請があった場合に為替予約を付しており、執行・管理については取引権限を定め
          た社内規程に従って行っております。なお、投機的な取引及び短期的な売買損益を得る取引は行っておりませ
          ん。
           また、営業債務や借入金は、流動性リスクにさらされていますが、当社グループでは、資金繰計画を作成す
          るなどの方法により管理しております。
          (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
           「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額
          自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
       2.金融商品の時価等に関する事項
           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが
          極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません。((注2)参照)
         前連結会計年度(2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                               連結貸借対照表
                                          時価(注)            差額
                                計上額(注)
                                    1,656          1,656            -
         (1)現金及び預金
                                    1,578          1,578            -

         (2)受取手形及び売掛金
                                    1,132          1,132            -

         (3)投資有価証券
                                     (266)          (266)            -

         (4)支払手形及び買掛金
         (5)短期借入金                           (450)          (450)            -

                                       -          -          -

         (6)1年内返済予定の長期借入金
                                     (240)          (240)           (0)

         (7)社債(※1)
                                    (2,000)          (2,000)             -

         (8)長期借入金
                                      -          -          -

         (9)デリバティブ取引
         (注)負債に計上されているものについては、( )で示しています。
         (※1)社債には、1年以内償還予定の社債(連結貸借対照表計上額240百万円)を含めて表示しております。
                                 46/81





                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                               連結貸借対照表
                                          時価(注)            差額
                                計上額(注)
                                    5,328          5,328            -
         (1)現金及び預金
                                    1,051          1,051            -

         (2)受取手形及び売掛金
                                    1,235          1,235            -
         (3)投資有価証券
                                     ( 668  )        ( 668  )          -

         (4)支払手形及び買掛金
                                     ( 466  )        ( 466  )          -

         (5)短期借入金
                                    ( 2,000   )       ( 2,000   )          -

         (6)1年内返済予定の長期借入金
                                      -          -          -

         (7)社債
                                      -          -          -

         (8)長期借入金
                                      -          -          -

         (9)デリバティブ取引
         (注)負債に計上されているものについては、( )で示しています。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
       (資 産)
       (1)現金及び預金、並びに(2)受取手形及び売掛金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (3)投資有価証券
         投資有価証券について、時価のある株式は取引所の価格によっております。なお、時価のある有価証券はその
        他有価証券として保有しております。詳細は、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
       (負 債)
       (4)支払手形及び買掛金、並びに(5)短期借入金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (6)(8)長期借入金
         長期借入金の時価については、運転資金のための借入であり、当該借入金利が短期(長期)プライムレートの
        変動に準じて変更される契約となっているため、簿価を時価と判断して記載しております。
       (7)社債
         社債の時価は、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値に
        より算定しております。
       (デリバティブ取引)
       (9)デリバティブ取引
         注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                 区分
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
           非上場株式                             2,256                 2,152
           関連会社株式                              351                 339

          これら非上場株式、関連会社株式については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること
         等ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券」には含めておりませ
         ん。
                                 47/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                     1年超         5年超
                             1年以内                          10年超
                                     5年以内         10年以内
                                1,656           -         -         -
       現金及び預金
                                1,578           -         -         -

       受取手形及び売掛金
       投資有価証券
                                  -         -         -         -
       その他有価証券のうち満期があるもの
                                3,234           -         -         -
       合計
         当連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                     1年超         5年超
                             1年以内                          10年超
                                     5年以内         10年以内
                                5,328           -         -         -
       現金及び預金
                                1,051           -         -         -

       受取手形及び売掛金
       投資有価証券
                                  -         -         -         -
       その他有価証券のうち満期があるもの
                                6,380           -         -        -+
       合計
     (注4)社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

         前連結会計年度(2017年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                             (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
           短期借入金               450       -      -      -      -      -
           社債               240       -      -      -      -      -
           長期借入金                -    2,000        -      -      -      -
               合計           690     2,000        -      -      -      -
         当連結会計年度(2018年3月31日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                             (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
           短期借入金               466       -      -      -      -      -
           社債                -      -      -      -      -      -
           長期借入金              2,000        -      -      -      -      -
               合計          2,466        -      -      -      -      -
                                 48/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
       1.その他有価証券
            前連結会計年度(2017年3月31日)
                         連結貸借対照表計上額
                                     取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            (百万円)
          連結貸借対照表計上額が取得
          原価を超えるもの
                株式               1,132            457           674
                小計               1,132            457           674

          連結貸借対照表計上額が取得
          原価を超えないもの
                株式                 -           -           -
                小計                 -           -           -

                合計               1,132            457           674

           (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額2,256百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フ

             ローを見積ること等ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他
             有価証券」には含めておりません。
               なお、当該非上場株式には、残余財産分配権のない外貨建の株式2,145百万円が含まれております。
            当連結会計年度(2018年3月31日)

                         連結貸借対照表計上額
                                     取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            (百万円)
          連結貸借対照表計上額が取得
          原価を超えるもの
                株式               1,235            453           782
                小計               1,235            453           782

          連結貸借対照表計上額が取得
          原価を超えないもの
                株式                 -           -           -
                小計                 -           -           -

                合計               1,235            453           782

           (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額2,152百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フ

             ローを見積ること等ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他
             有価証券」には含めておりません。
               なお、当該非上場株式には、残余財産分配権のない外貨建の株式2,041百万円が含まれております。
       2.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                      売却益の合計額           売却損の合計額
                種類          売却額(百万円)
                                       (百万円)           (百万円)
                株式                   -           -           -
                合計                   -           -           -
            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                      売却益の合計額           売却損の合計額
                種類          売却額(百万円)
                                       (百万円)           (百万円)
                株式                   -           -           -
                合計                   -           -           -
                                 49/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       3.減損処理を行った有価証券
            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
            該当事項はありません          。
            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

            該当事項はありません          。
         (デリバティブ取引関係)

       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         該当事項はありません。
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

         当連結決算日において、該当事項はありません。
         (退職給付関係)

       1.採用している退職給付制度の概要
         当社グループは退職一時金制度を設けており、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算して
        おります。
         なお、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
       2.確定給付制度
      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                                157百万円              149百万円
          退職給付費用                                13              41
          退職給付の支払額                               △20              △27
         退職給付に係る負債の期末残高                                149              163
      (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                                  -百万円              -百万円
         年金資産                                  -              -
                                          -              -
         非積立型制度の退職給付債務                                149              163
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                149              163
         退職給付に係る負債                                149              163

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                149              163
      (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                前連結会計年度13百万円             当連結会計年度41百万円
                                 50/81






                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
       1.ストックオプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
         販売費及び一般管理費の株式報酬費用
                                          14                22
       2.ストックオプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストックオプションの内容
                    第1回株式報酬型          第2回株式報酬型          第3回株式報酬型          第4回株式報酬型
                    ストックオプション          ストックオプション          ストックオプション          ストックオプション
         決議年月日          2014年6月27日          2015年6月26日          2016年6月29日          2017年6月29日
         付与対象者の区分          当社取締役 5名          当社取締役 5名          当社取締役 5名          当社取締役 5名

         及び人数          当社監査役 3名          当社監査役 3名          当社監査役 3名          当社監査役 3名
                    当社執行役員、子会          当社執行役員、子会          当社執行役員、子会          当社執行役員、子会
                    社取締役及び執行役          社取締役及び執行役          社取締役及び執行役          社取締役及び執行役
                    員 5名          員 4名          員 7名          員 8名
         株式の種類及び付与          普通株式 330,000          普通株式 54,400          普通株式 309,700          普通株式 324,200
         数(株)(注1)
         付与日          2014年7月31日          2015年7月31日          2016年7月29日          2017年7月31日
         権利確定条件          当社又は子会社の取締役、執行役員及び監査役のいずれの地位も喪失した日の翌日か

                    ら10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使することができる。
         対象勤務期間          対象勤務期間の定めはありません。
         権利行使期間          2014年8月1日から          2015年8月1日から          2016年8月1日から          2017年8月1日から

                    2044年7月31日まで          2045年7月31日まで          2046年7月31日まで          2047年7月31日まで
         新株予約権の数          3,300個          544個          3,097個          3,242個
         (個)(注)2・3
         新株予約権の目的と          普通株式          普通株式          普通株式          普通株式
         なる株式の種類、内          330,000株          54,400株          309,700株          324,200株
         容及び株式数(注)
         2
         新株予約権の行使時          1株当たり1円
         の払込金額(注)2
         新株予約権の行使に          発行価格     127円      発行価格     95円      発行価格     58円      発行価格     76円
         より株式を発行する
                    資本組入額      64円     資本組入額      48円     資本組入額      30円     資本組入額      38円
         場合の株式の発行価
         格及び資本組入額
         (注)2
         新株予約権の行使の          (注)4
         条件(注)2
         新株予約権の譲渡に          譲渡による新株予約権の取得については当社取締役会の承認を要する。
         関する事項(注)2
         組織再編成行為に伴          (注)5
         う新株予約権の交付
         に関する事項(注)
         2
                                 51/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.株式数に換算して記載しております。
        2.当連結会計年度における内容を記載しております。なお、有価証券報告書提出日の属する月の前月末(2018
         年5月31日)現在において、これらの事項に変更ありません。
        3.各新株予約権1個当たりの目的たる株式の数(以下「付与株式数」という)は100株であります。
          なお、当社が新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)以降、当社普通株式につき、株式の
         分割(当社普通株式の株式無償割当を含む。以下、株式の分割の記載につき同じ。)又は株式の併合を行う場
         合、次の算式により付与株式数の調整を行い、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨て
         ます。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式の分割・併合の比率
          また、上記のほか、割当日以降、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他付与株式数の調整を
         必要とする事由が生じたときには、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行うこと
         ができます。
        4.新株予約権の行使の条件は以下のとおりです。
        (1)新株予約権者         は、当社又は子会社の取締役、執行役員及び監査役のいずれの地位も喪失した日の翌日から
          10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使することができる。
        (2)   当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、又は当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転
          計画承認の議案につき、当社の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社取締役会決
          議がなされた場合)、当該承認日の翌日から30日間に限り、本新株予約権を行使できるものとする。ただ
          し、(注)5に定める組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項に従って再編対象会社の新株予約
          権が交付される場合を除くものとする。
        (3)新株予約権者は、割り当てられた新株予約権の全部を一括して行使するものとする。
        (4)新株予約権者が書面により新株予約権の全部又は一部を放棄する旨を申し出た場合には、新株予約権者は
          新株予約権を行使できないものとする。
        (5)新株予約権者が死亡した場合、新株予約権者の相続人は当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権
          割当契約の定めるところにより、本新株予約権を承継し、その権利を行使できるものとする。
        (6)その他の行使条件については、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところ
          による。
        5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項は以下のとおりです。

          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日の直前にお
         いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの
         場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件などを勘案の上、前記(注)3に準じ決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後払込金額に上記
          (3)に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額と
          する。再編後払込金額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対
          象会社の株式1株当たり1円とする。
                                 52/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        (5)新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
          ら、新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
        (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          ①新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
           に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合
           は、これを切り上げるものとする。
          ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
           増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (8)新株予約権の行使の条件
           前記(注)4に準じて決定する。
        (9)   新株予約権の取得条項
           当社は、以下の①から⑤の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当
          社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することが
          できる。
          ① 当社が消滅会社となる合併契約承認の議案(ただし、存続会社の新株予約権を交付する旨を合併契約に定
           めた場合を除く。)
          ②当社が分割会社となる吸収分割契約又は新設分割計画承認の議案
          ③当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案(ただし、完全親会社となる会社の新
           株予約権を交付する旨を株式交換契約又は株式移転計画に定めた場合を除く。)
          ④当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することにつ
           いての定めを設ける定款の変更承認の議案
          ⑤新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認を
           要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについて
           の定めを設ける定款の変更承認の議案
          また、当社は、新株予約権者が新株予約権の全部又は一部を行使できなくなった場合は、当社取締役会が別
         途定める日に、当該新株予約権を無償で取得することができる。
       (追加情報)

        「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ①ストックオプション制度の内容」に記載
       すべき事項をストックオプション等関係注記に集約して記載しております。
                                 53/81









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     (2)  ストックオプションの規模及びその変動状況
          ①ストックオプションの数
         会社名            提出会社          提出会社          提出会社          提出会社
         決議年月日            2014年6月27日          2015年6月26日          2016年6月29日          2017年6月29日
         権利確定前
          期首(株)
                          306,000          54,400         309,700             -
          付与(株)
                             -          -          -       324,200
          失効(株)
                             -          -          -          -
          権利確定(株)
                             -          -          -          -
          未確定残(株)
                          306,000          54,400         309,700          324,200
         権利確定後
          期首(株)
                             -          -          -          -
          権利確定(株)
                             -          -          -          -
          権利行使(株)
                             -          -          -          -
          失効(株)
                             -          -          -          -
          未行使残(株)
                             -          -          -          -
          ②単価情報

         会社名                提出会社         提出会社         提出会社         提出会社
         決議年月日                2014年6月27日         2015年6月26日         2016年6月29日         2017年6月29日

         権利行使価格(円)

                                 1         1         1         1
         行使時平均株価(円)
                                 -         -         -         -
         公正な評価単価(付与日)(円)
                                126         94         57         75
       3.ストックオプションの公正な評価単価の見積方法

       当連結会計年度において付与されたストックオプションについての評価単価の見積方法は以下のとおりであります。
          ①使用した評価技法    ブラック・ショールズ式
          ②主な基礎数値及び見積方法
         会社名                        提出会社
         決議年月日                        2017年6月29日

         株価変動性(注)1

                                          59.29
         予想残存期間(注)2
                                          15年
         予想配当(注)3
                                         1.961%
         無リスク利子率(注)4
                                         0.306%
     ( 注 )1.15年(2002年7月31日~2017年7月26日)の株価実績(週次)に基づき算定しております。
        2.過去の実績等により合理的に権利行使までの残存期間を見積もることは困難であるため、権利行使期間の中
         間において権利行使が行われると推定して見積もっております。
        3.2017年3月期の普通株式への配当額の実績値によっております。
        4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
       4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
      す。
                                 54/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産、繰延税金負債及び再評価に係る繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
       繰延税金資産
        退職給付に係る負債                            47百万円            54百万円
        定期借地権付土地評価損税務否認額                            108            108
        減損損失                            606            605
        繰越欠損金                           1,309            1,081
        貸倒引当金                            142            144
        環境対策引当金                            184            175
        訴訟損失引当金                            138            242
                                    158            165
        その他
       繰延税金資産小計
                                   2,694            2,576
                                  △2,673            △2,520
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                    21            56
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                           △430            △432
                                    △1            △3
        その他
       繰延税金負債合計                            △431            △435
       繰延税金負債の純額                            △410            △378
       再評価に係る繰延税金負債
                                   △286            △286
       土地再評価差額金
       (注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれて
       おります。
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
       流動資産-繰延税金資産
                                    21百万円            45百万円
       固定資産-繰延税金資産                              -            2
       固定負債-繰延税金負債                            △431            △426
       固定負債-再評価に係る繰延税金負債                            △286            △286
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
       主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.9%            30.9%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                             2.0            0.2
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                           △23.4            △32.4
       関係会社株式売却益の連結調整                            30.6             -
       評価性引当額等                           △18.6            △6.7
       持分法投資利益                            △0.2              -
       連結子会社との税率差異                             4.8            0.6
       外国源泉税損金不算入額                             8.2            5.0
       繰越欠損金期限切れ                              -           8.4
       その他                             0.3            0.7
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   34.6            6.7
                                 55/81





                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
       該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
        (1)当該資産除去債務の概要
          当社グループは、事務所及び貯炭設備等の一部について不動産賃借契約に基づく原状回復義務を負っており、
         当該契約における賃借期間終了時の原状回復に関し資産除去債務を計上しております。
        (2)当該資産除去債務の金額の算定方法
          使用見込期間は、事務所附属設備等は取得から50年、貯炭設備等は30年又は20年と見積り、割引率は3.0%を
         使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        (3)当該資産除去債務の総額の増減
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
          期首残高                              31百万円              23百万円
          時の経過による調整額                               0              0
          その他増減額(△は減少)                              △8               -
          期末残高                              23              24
                                 56/81














                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
        前連結会計年度(自2016年4月1日 至2017年3月31日)
          当社の連結子会社である住石マテリアルズ株式会社では、東京都その他の地域において、賃貸用の土地等を有
         しております。2017年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸等損益は18百万円(賃貸収益は営業外収益
         に、主な賃貸等費用は営業外費用に計上)であります。
                                                    (単位:百万円)
                       連結貸借対照表計上額
                                                当連結会計年度末の時価
            当連結会計年度             当連結会計年度             当連結会計年度
             期首残高             増減額            期末残高
                   4,836             △16            4,819             3,947
        (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額でありま
             す。
           2.当連結会計年度増減額のうち、主な減少額は、建物等の売却(△1百万円)、減損損失(△9百万円)
             及び減価償却費(△5百万円)であります。
           3.当連結会計年度末の時価は、主要な物件については社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基
             づく金額を基礎とし、その他の物件については第三者からの取得時や直近の評価時点の価格をふまえ、
             一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる指標に重要な変動が生じていない場合に
             は、当該評価額や指標を用いて調整した金額によっております。また、当連結会計年度に新規取得した
             ものについては、時価の変動が軽微であると考えられるため、連結貸借対照表計上額をもって時価とし
             ております     。
        当連結会計年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)

          当社の連結子会社である住石マテリアルズ株式会社では、東京都その他の地域において、賃貸用の土地等を有
         しております。2018年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸等損益は21百万円(賃貸収益は営業外収益
         に、主な賃貸等費用は営業外費用に計上)であります。
                                                    (単位:百万円)
                       連結貸借対照表計上額
                                                当連結会計年度末の時価
            当連結会計年度             当連結会計年度             当連結会計年度
             期首残高             増減額            期末残高
                   4,819              △4            4,815             3,950
        (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額でありま
             す。
           2.当連結会計年度増減額のうち、主な減少額は、旧事業用土地の売却(△0百万円)及び減価償却費
             (△4百万円)であります。
           3.当連結会計年度末の時価は、主要な物件については社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基
             づく金額を基礎とし、その他の物件については第三者からの取得時や直近の評価時点の価格をふまえ、
             一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる指標に重要な変動が生じていない場合に
             は、当該評価額や指標を用いて調整した金額によっております。また、当連結会計年度に新規取得した
             ものについては、時価の変動が軽微であると考えられるため、連結貸借対照表計上額をもって時価とし
             ております     。
                                 57/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
       1.報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
        の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社は持株会社であり、今後も当社主導のもと、グループ全体の経営の効率化を図ると共に、事業部門の分割
        (分社)を推進し、事業子会社の権限と責任を明確化することで経営の自由度を高め、事業環境の急激な変化に即
        応できる体制を目指しております。
         したがって、当社のマネージメントアプローチは、下記のセグメントから構成されており、当該3つを報告セグ
        メントとしております。
          (1)石炭事業部門…………石炭の仕入及び販売
          (2)新素材事業部門………工業用人工ダイヤモンドの製造、仕入及び販売
          (3)採石事業部門…………砕石の採取、加工及び販売
       2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と概ね同一であります。
          報告セグメントの利益は経常利益をベースとした金額であります。
          セグメント間の内部売上高は市場実勢価格に基づいております。
       3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

           前連結会計年度(自2016年4月1日                   至2017年3月31日)
                                             (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                                 合計
                            石炭      新素材       採石
                           事業部門       事業部門       事業部門
            売上高
                             11,537        354       656     12,548
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高
                                -       -       -       -
             又は振替高
                             11,537        354       656     12,548
                  計
                               466       84       80      630
            セグメント利益
                              4,463        407       930      5,800
            セグメント資産
                              4,716        61      253      5,032
            セグメント負債
            その他の項目
             減価償却費(注)                   ▶      13       50       68
             有形固定資産及び無形固定
                               488        -      91      580
             資産の増加額(注)
                               30       -       1      31
             支払利息
           (注)減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加高には、「長期前払費用」の償却費とその増加額
             を含めて表示しております。
                                 58/81





                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自2017年4月1日                   至2018年3月31日)
                                             (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                                 合計
                            石炭      新素材       採石
                           事業部門       事業部門       事業部門
            売上高
                             13,412        309       680     14,402
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高
                                -       -       -       -
             又は振替高
                             13,412        309       680     14,402
                  計
                               488       42       84      615
            セグメント利益
                              3,243        398       944      4,586
            セグメント資産
                              2,992        61      261      3,315
            セグメント負債
            その他の項目
             減価償却費(注)                   50       11       51      114
             有形固定資産及び無形固定
                                ▶       -      74       78
             資産の増加額(注)
                               50       -       0      50
             支払利息
           (注)減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加高には、「長期前払費用」の償却費とその増加額
             を含めて表示しております。
       4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                    (単位:百万円)
                  売上高                   前連結会計年度             当連結会計年度
      報告セグメント計                                     12,548             14,402
      セグメント間取引消去                                        -             -
      連結財務諸表の売上高                                     12,548             14,402
                                                    (単位:百万円)
                  利益                  前連結会計年度             当連結会計年度
      報告セグメント計                                       630             615
      セグメント間取引消去                                        -             -
      受取配当金                                       423            2,552
      全社費用(注)                                      △546             △541
      連結財務諸表の経常利益                                       507            2,626
       (注)全社費用は、主に住石ホールディングス株式会社及び連結子会社の管理部門並びに全社資産に係る損益であり
         ます。
                                                    (単位:百万円)
                  資産                  前連結会計年度             当連結会計年度
      報告セグメント計                                      5,800             4,586
      セグメント間取引消去                                        -             -
      全社資産(注)                                     10,558             14,067
      連結財務諸表の資産合計                                     16,359             18,654
       (注)全社資産は、主に住石ホールディングス株式会社及び連結子会社の現金及び預金、投資有価証券並びに管理部
         門に係る資産等であります。
                                 59/81



                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                  負債                  前連結会計年度             当連結会計年度
      報告セグメント計                                      5,032             3,315
      セグメント間取引消去                                     △4,789             △2,271
      全社負債(注)                                      5,199             4,748
      連結財務諸表の負債合計                                      5,442             5,792
       (注)全社負債は、主に住石ホールディングス株式会社及び連結子会社の本社借入金等による負債であります。
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント計             調整額(注1)            連結財務諸表計上額
           その他の項目
                       前連結会計      当連結会計      前連結会計      当連結会計      前連結会計      当連結会計
                       年度      年度      年度      年度      年度      年度
      減価償却費(注2)                     68      114       25      23      93      138

      有形固定資産及び無形固定資産の
                           580       78      12       -     593       78
      増加額(注2)
      支払利息                     31      50      11      △8       43      42
       (注)1.調整額は、管理部門及び全社資産に係る項目であります。
          2.減価償却費、有形固定資産及び無形固定資産の増加高には、「長期前払費用」の償却費とその増加額を含
           めて表示しております。
          【関連情報】

       前連結会計年度(自2016年4月1日                   至2017年3月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報
          (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
          (2)有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
          載を省略しております。
        3.主要な顧客ごとの情報
                                                    (単位:百万円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高            関連するセグメント名
              東レ株式会社                     2,457           石炭事業部門
              住友大阪セメント株式会社                     1,644           石炭事業部門
              東ソー株式会社                     1,606           石炭事業部門
              王子グリーンリソース
                                   1,457           石炭事業部門
              株式会社
                                 60/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自2017年4月1日                   至2018年3月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報
          (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
          (2)有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
          載を省略しております。
        3.主要な顧客ごとの情報
                                                    (単位:百万円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高            関連するセグメント名
              東レ株式会社                     2,859           石炭事業部門
              住友大阪セメント株式会社                     1,752           石炭事業部門
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自2016年4月1日                   至2017年3月31日)
        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自2017年4月1日                   至2018年3月31日)
        該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
        該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
        該当事項はありません。
                                 61/81












                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自2016年4月1日 至2017年3月31日)
        1.関連当事者との取引
          (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             該当事項はありません。
          (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
             当社の連結子会社である住石貿易株式会社は、関連会社である新居浜コールセンター株式会社と、以下
           の取引があります。
                               議決権等の
                     資本金又
            会社等の
                          事業の内容       所有     関連当事者           取引金額        期末残高
                     は出資金
        種類    名称又は     所在地                          取引の内容          科目
                          又は職業      (被所有)       との関係          (百万円)        (百万円)
            氏名        (百万円)
                               割合(%)
                                           資金の借入
                                                     短期
                                                   ▶       200
                                     役員の兼任
                                           (注)2          借入金
           新居浜コー
                愛媛県              (所有)      石炭荷役を
       関連会社    ルセンター              倉庫業
                        50
                                           借入金利息
                新居浜市               間接 40.0      委託
                                                     未払
           株式会社
                                           の支払い        0        0
                                     資金調達
                                                     費用
                                           (注)1
          (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
          1.価格その他の取引条件は、市場実勢等を勘案して決定しております。
          2.運転資金として借入れたものであります。
        2.重要な関連会社に関する注記
          重要な関連会社の要約財務情報
             当連結会計年度における、重要な関連会社である新居浜コールセンター株式会社の、要約財務情報は以
           下のとおりであります。
                                   785百万円
             流動資産合計
                                   334
             固定資産合計
                                   235
             流動負債合計
             固定負債合計                       5
             純資産合計                      878
             売上高                     1,129
             税引前当期純利益金額
                                   80
             当期純利益金額
                                   54
                                 62/81











                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)
        1.関連当事者との取引
          (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
             該当事項はありません。
          (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
             当社の連結子会社である住石貿易株式会社は、関連会社である新居浜コールセンター株式会社と、以下
           の取引があります。
                               議決権等の
            会社等の         資本金又
                                 所有                取引金額        期末残高
                          事業の内容            関連当事者
        種類    名称又は     所在地    は出資金                      取引の内容          科目
                          又は職業      (被所有)       との関係          (百万円)        (百万円)
            氏名
                     (百万円)
                               割合(%)
                                           資金の借入          短期
                                                   -       200
                                     役員の兼任
                                                     借入金
                                           (注)2
           新居浜コー
                愛媛県              (所有)      石炭荷役を
       関連会社    ルセンター             50  倉庫業
                                           借入金利息
                新居浜市               間接 40.0      委託
                                                     未払
           株式会社
                                           の支払い
                                                   0        0
                                     資金調達
                                                     費用
                                           (注)1
          (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
          1.価格その他の取引条件は、市場実勢等を勘案して決定しております。
          2.運転資金として借入れたものであります。
        2.重要な関連会社に関する注記
          重要な関連会社の要約財務情報
             当連結会計年度における、重要な関連会社である新居浜コールセンター株式会社の、要約財務情報は以
           下のとおりであります。
                                   775百万円
             流動資産合計
                                   365
             固定資産合計
                                   285
             流動負債合計
             固定負債合計                       6
             純資産合計                      848
             売上高                     1,081
             税引前当期純利益金額
                                    7
             当期純利益金額
                                    ▶
                                 63/81











                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自    2016年4月1日          (自    2017年4月1日
                                    至   2017年3月31日)           至   2018年3月31日)
     1株当たり純資産額
                                         146.87円             183.93円
     1株当たり当期純利益金額
                                          5.42             38.08
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
                                          4.90             32.89
     (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2017年3月31日)             (2018年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                     10,917             12,862
     純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                      2,569             2,592
     (うち優先株式残余財産分配額)                                     (2,499)             (2,499)
     (うち優先配当額)                                       (14)             (14)
     (うち新株予約権)                                       (56)             (79)
     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                      8,347             10,269
     普通株式の発行済株式数(千株)                                     58,892             58,892
     普通株式の自己株式数(千株)                                      2,057             3,058
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数
                                           56,834             55,834
     (千株)
     (注)2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりで
         あります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                    至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益金額(百万円)                                      323            2,147
      普通株主に帰属しない金額                                      14             14
       (うち優先配当額)                                     (14)             (14)
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益金額                                      308            2,133
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                    57,030             56,024
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(百万円)                                      14             14
       (うち優先配当額)                                     (14)             (14)
      普通株式増加数(千株)                                     8,940             9,272
       (うち優先株式)                                   (8,330)             (8,330)
       (うち新株予約権)                                    (610)             (942)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                                   -             -
     当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                 64/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
     1.自己株式の取得
       当社は、2018年5月15日開催の取締役会において、会社法第459条第1項の規定による当社定款の定めに基づき、自
      己株式取得に係る事項を決議いたしました。
      (1)自己株式の取得を行う理由
        株主の皆さまへの利益還元を通じて株主価値の向上を図るために、自己株式の取得を行うものであります。
      (2)取得に関する事項
       ①取得対象株式の種類      当社普通株式
       ②取得しうる株式の総数     1,500,000株(上限)
                        (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合2.68%)
       ③株式取得価額の総額      307百万円(上限)
       ④取得期間           2018年5月16日~2018年7月17日
       ⑤株式取得の方法        東京証券取引所における市場買付
      (3)有価証券報告書提出日の属する月の前月末現在における取得状況
       ①取得対象株式の種類      当社普通株式
       ②取得した株式の総数      914,100株
       ③株式取得価額の総額      153百万円
     2.当社子会社である住石マテリアルズ株式会社(旧住友石炭鉱業株式会社)が、2001年1月にワンボ炭鉱を売却した

      際に残っていた選炭廃液の処理については、技術的な問題もあり、現場での処理作業が大幅に遅れていましたが、本
      年5月29日付けでワンボ炭鉱社との間で和解が成立し、住石マテリアルズ株式会社は、将来の処理に要する費用の負
      担から一切免れることになりました。
       住石マテリアルズ株式会社は、和解金として追加で約1百万豪ドルを支払うことになりましたが、6ケ月毎にワン
      ボ炭鉱社から受け取る配当金の一部を充当する形で支払う契約となっています。
     3.投資有価証券の売却

       保有資産の効率化を図るため、当社連結子会社が保有する投資有価証券の一部(上場有価証券1銘柄)を売却した
      ことにより、投資有価証券売却益が発生しました。これにより                             2019年3月期第1四半期連結会計期間において投資有
      価証券売却益807百万円を特別利益として計上いたします。
                                 65/81











                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                     当期首残高      当期末残高      利率
          会社名            銘柄        発行年月日                      担保   償還期限
                                     (百万円)      (百万円)      (%)
                 第1回無担保社債
                                        240       -
       住石ホールディングス          (私募債)               年月日                         年月日
                                       (240)       (-)   0.4    なし
       株式会社          (株式会社三井住友銀行保証付              2013.3.29                         2018.3.30
                                    (注)1      (注)1.2.
                 及び適格機関投資家限定)
      (注)1.(        )内書は、1年以内の償還予定額であります。
         2.第1回無担保社債は、2018年3月30日に全額償還いたしました。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高       平均利率

                区分                                     返済期限
                               (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                              450       466      1.4      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                              -      2,000       1.1      -
     1年以内に返済予定のリース債務                              20       28       -     -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             2,000         -            -
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              51       82       -  2023年3月6日
     その他有利子負債                               -       -      -     -
                合計                  2,522       2,578        -     -
      (注)1.「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
          連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.1年以内に返済予定の長期借入金はシンジケートローンであります。
         4.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定
          額は以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
           長期借入金               -          -          -          -
           リース債務               34          14           8          25
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
                                 66/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
       1.当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     3,299          7,255          11,659          14,402

     税金等調整前四半期(当期)
                           756         1,907          1,966          2,301
     純利益金額(百万円)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益金額                      740         1,752          1,797          2,147
     (百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                          13.12          31.19          32.05          38.08
     純利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          13.12          18.12           0.81          6.01
     (円)
       2.訴訟

        当社、当社子会社住石マテリアルズ株式会社(以下「住石マテリアルズ」といいます。)及び同住石貿易株式会社
       は、じん肺に罹患しているとする患者らから2014年12月に損害賠償請求訴訟を提起されました。
        その後、6次にわたり訴訟の提起があり、原告数128名(患者単位)、損害賠償請求総額1,839百万円となりまし
       た。
        訴訟提起に至った経緯は2011年8月、北海道地区において住友石炭鉱業株式会社(現住石マテリアルズ)及びその子
       会社であった住友石炭赤平炭砿株式会社等が経営していた炭鉱等の元従業員等が、訴訟外でじん肺罹患による損害賠
       償を求めてきたのを皮切りに、その後数次にわたり請求の追加があり、元従業員等の代理人と協議を重ねてきました
       が、合意成立に至らず、本件訴訟を提起されるに至ったものであります。
        今後は、訴訟を通じて原告の主張を精査し、当社の主張を行っていく所存であります。
                                 67/81











                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                           65              856
         現金及び預金
                                           27              21
         前払費用
                                         2,583              1,250
         関係会社短期貸付金
                                         ※1 598             ※1 423
         未収入金
                                            -              14
         未収消費税等
                                            ▶              1
         繰延税金資産
                                         3,278              2,567
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                            3              1
          工具、器具及び備品
          有形固定資産合計                                 3              1
         無形固定資産
                                           37              20
          ソフトウエア
                                           37              20
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,169              3,169
          関係会社株式
                                         1,698              1,021
          関係会社長期貸付金
                                           936              905
          関係会社長期未収入金
                                           17               0
          長期前払費用
                                           45              45
          その他
                                         5,866              5,140
          投資その他の資産合計
                                         5,906              5,162
         固定資産合計
       繰延資産
                                            1              -
         社債発行費
                                            1              -
         繰延資産合計
                                         9,187              7,730
       資産合計
                                 68/81










                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           250              250
         短期借入金
                                           240               -
         1年内償還予定の社債
                                            -            2,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                           600               -
         関係会社短期借入金
                                          ※1 29             ※1 44
         未払金
                                           11               8
         未払費用
                                            2              -
         未払消費税等
                                           62              20
         未払法人税等
                                            ▶              ▶
         預り金
                                            3              ▶
         前受収益
                                            6              1
         賞与引当金
                                         1,210              2,333
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,000                -
         長期借入金
                                           54              12
         退職給付引当金
         固定負債合計                                 2,054                12
                                         3,264              2,345
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,501              2,501
         資本金
         資本剰余金
                                           301              301
          資本準備金
                                           956              956
          その他資本剰余金
                                         1,257              1,257
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           27              40
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         2,299              1,826
            繰越利益剰余金
                                         2,327              1,866
          利益剰余金合計
                                         △ 219             △ 319
         自己株式
                                         5,865              5,305
         株主資本合計
                                           56              79
       新株予約権
                                         5,922              5,384
       純資産合計
                                         9,187              7,730
      負債純資産合計
                                 69/81








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
      売上高
                                         ※1 430
                                                          -
       経営指導料
                                           430               -
       売上高合計
                                           430               -
      売上総利益
                                         ※2 415             ※2 439
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                     14             △ 439
      営業外収益
                                          ※1 31             ※1 50
       受取利息
                                        ※1 1,486
                                                          -
       受取配当金
                                            0              0
       その他
                                         1,518                50
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          ※1 41             ※1 48
       支払利息
       社債利息                                    1              0
                                            3              1
       社債発行費償却
                                           13               9
       その他
                                           60              59
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                    1,473              △ 448
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                    1,473              △ 448
      法人税、住民税及び事業税                                      ▶            △ 118
                                            -              2
      法人税等調整額
                                            ▶            △ 115
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                    1,469              △ 332
                                 70/81












                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                株主資本
                       資本剰余金            利益剰余金
                                    その他
                                                     新株    純資産
                                    利益剰
                                                    予約権     合計
                                                株主資
                資本金        その他    資本剰            利益剰    自己株式
                                    余金
                    資本            利益                本合計
                        資本剰    余金合            余金合
                    準備金            準備金
                                    繰越利
                        余金    計            計
                                    益剰余
                                    金
     当期首残高
                 2,501     301    956   1,257     13    981    995   △ 130   4,623     42   4,665
     当期変動額
      当期純利益                               1,469    1,469        1,469        1,469
      剰余金の配当                               △ 137   △ 137       △ 137       △ 137
      利益準備金の積立
                                  13   △ 13    -        -        -
      自己株式の取得                                       △ 89   △ 89       △ 89
      株主資本以外の項目の
                                                      14    14
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                  -    -    -    -    13   1,318    1,332    △ 89   1,242     14   1,256
     当期末残高           2,501     301    956   1,257     27   2,299    2,327    △ 219   5,865     56   5,922
          当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                      (単位:百万円)
                                株主資本
                       資本剰余金            利益剰余金
                                    その他
                                                     新株    純資産
                                    利益剰
                                                株主資    予約権     合計
                資本金        その他    資本剰            利益剰    自己株式
                                    余金
                    資本            利益                本合計
                        資本剰    余金合            余金合
                    準備金            準備金
                                    繰越利
                        余金    計            計
                                    益剰余
                                    金
     当期首残高
                 2,501     301    956   1,257     27   2,299    2,327    △ 219   5,865     56   5,922
     当期変動額
      当期純損失
                                     △ 332   △ 332       △ 332       △ 332
      (△)
      剰余金の配当                               △ 127   △ 127       △ 127       △ 127
      利益準備金の積立
                                  12   △ 12    -        -        -
      自己株式の取得                                       △ 99   △ 99       △ 99
      株主資本以外の項目の
                                                      22    22
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                  -    -    -    -    12   △ 473   △ 460    △ 99   △ 560    22   △ 537
     当期末残高           2,501     301    956   1,257     40   1,826    1,866    △ 319   5,305     79   5,384
                                 71/81







                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
            有価証券の評価基準及び評価方法
            子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法
          2.固定資産の減価償却の方法
           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法によっております。
              ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月1日以降に取
             得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)
             自社利用のソフトウエア
             社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
          3.繰延資産の処理方法
             社債発行費については、社債の償還期間にわたり、利息法により償却しております。
          4.引当金の計上基準
           (1)賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
           (2)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、期末における退職給付債務に基づき計上しております。なお、退職
             給付債務の金額は、期末自己都合要支給額としております。
          5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           (1)消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
           (2)連結納税制度の適用
             連結納税制度を適用しております。
         (貸借対照表関係)

      ※1.関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
     短期金銭債権                                 527百万円                 412百万円
     短期金銭債務                                  3                 24
                                 72/81









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
      ※1.関係会社との取引高
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
     売上高                                 430百万円                   -百万円
     受取利息                                 31                 50
     受取配当金                                1,486                    -
     支払利息                                  0                 6
      ※2.販売費及び一般管理費

         主要な費目及び金額は次のとおりであり、全額が一般管理費に属する費用であります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                    至 2018年3月31日)
     役員報酬                                 57 百万円                 69 百万円
     従業員報酬                                103                  109
                                      64                  64
     賃借料
                                      18                  18
     減価償却費
                                      23                  20
     業務委託料
                                      35                  36
     株式事務代行料
                                      22                  22
     法定監査費用
         (有価証券関係)

                                                    (単位:百万円)
                                前事業年度                  当事業年度

              区分
                              (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
      子会社株式                                 3,169                  3,169
     (注)子会社株式は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価評価しておりませ
       ん。
                                 73/81










                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
       繰延税金資産
        税務上の繰越欠損金                            41百万円            36百万円
        その他                            25            40
       繰延税金資産小計
                                    66            76
       評価性引当額
                                   △62            △74
       繰延税金資産合計
                                     ▶            2
       繰延税金負債

        その他                             -           △0
       繰延税金負債合計
                                     -           △0
       繰延税金資産の純額
                                     -            1
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2017年3月31日)            (2018年3月31日)
       法定実効税率                            30.9%
       (調整)
        住民税均等割等                            0.1
                                            税引前当期純損
        交際費等永久に損金に算入されない項目                            0.3
                                           失が計上されてい
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                          △31.1
                                           るため、記載を省
        評価性引当額等                            0.2
                                           略しております。
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                             -
        その他                           △0.1
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                    0.3
         (重要な後発事象)

        当社は、2018年5月15日開催の取締役会において、会社法第459条第1項の規定による当社定款の定めに基づき、
       自己株式取得に係る事項を決議いたしました。
        詳細は、「1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な後発事象)」をご参照下さい。
                                 74/81











                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                       当期首       当期       当期       当期      当期末      減価償却

       区分       資産の種類
                       残高      増加額       減少額       償却額       残高      累計額
           工具、器具及び備品               3       -       -       1       1       6

     有形固定
     資産
               計           3       -       -       1       1       6
           ソフトウエア              37       -       -      17       20       -
     無形固定
     資産
               計          37       -       -      17       20       -
         【引当金明細表】

                                                    (単位:百万円)
                科目         当期首残高         当期増加額         当期減少額         当期末残高

            賞与引当金                   6         1         6         1

            退職給付引当金                   54          ▶         46         12

      (注)当期中の減少のうち、賞与引当金6百万円、退職給付引当金46百万円は、住石貿易株式会社への転籍によるもの
        であります。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

       訴訟
        当社、当社子会社住石マテリアルズ株式会社(以下「住石マテリアルズ」といいます。)及び同住石貿易株式会社
       は、じん肺に罹患しているとする患者らから2014年12月に損害賠償請求訴訟を提起されました。
        その後、6次にわたり訴訟の提起があり、原告数128名(患者単位)、損害賠償請求総額1,839百万円となりまし
       た。
        詳細は、「第一部 企業情報 第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (2)その他」をご参照下さい。
                                 75/81









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中
      基準日                  3月31日
      剰余金の配当の基準日                  3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り
                        (特別口座)
       取扱場所                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                          三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                          三井住友信託銀行株式会社
       取次所                                  ―
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                        電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告に
                        よる公告をすることができない場合は、東京都において発行する日本経済新
                        聞に掲載して行う。なお、電子公告は当社ウェブサイトに掲載しており、そ
      公告掲載方法
                        のURLは次のとおりです。
                        http://www.sumiseki.co.jp/
      株主に対する特典                 なし
     (注) 当社定款の定めにより、単元未満株式を有する株主は単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を
        行使することができないとしております。
         (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 76/81











                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度(第9期)(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)2017年6月29日関東財務局長に提出
      (2)  内部統制報告書及びその添付書類
        2017年6月29日関東財務局長に提出
      (3)  四半期報告書及び確認書
        (第10期第1四半期)(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)2017年8月4日関東財務局長に提出
        (第10期第2四半期)(自 2017年7月1日 至 2017年9月30日)2017年11月7日関東財務局長に提出
        (第10期第3四半期)(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)2018年2月7日関東財務局長に提出
      (4)  臨時報告書
        2017年6月30日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨時
        報告書であります。
        2017年10月2日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        の状況に著しい影響を与える事象)に基づく臨時報告書であります                               。
        2018年3月29日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        の状況に著しい影響を与える事象)に基づく臨時報告書であります                               。
        2018年5月25日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4(監査証明を行う監査公認会計士の異動)に基づく臨
        時報告書であります。
        2018年6月7日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        の状況に著しい影響を与える事象)に基づく臨時報告書であります                               。
      (5)  自己株券買付状況報告書
        報告期間(自2017年6月1日               至2017年6月30日)2017年7月7日関東財務局長に提出
        報告期間(自2017年7月1日               至2017年7月31日)2017年8月4日関東財務局長に提出
        報告期間(自2018年5月1日               至2018年5月31日)2018年6月8日関東財務局長に提出
                                 77/81








                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 78/81




















                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2018年6月28日

     住石ホールディングス株式会社

       取締役会 御中

                             三優監査法人

                             指定社員

                                       公認会計士
                                              杉田  純  ㊞
                             業務執行社員
                             指定社員
                                       公認会計士        山本 公太  ㊞
                             業務執行社員
                             指定社員
                                       公認会計士        原田 知幸  ㊞
                             業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる住石ホールディングス株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
     ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、住石
     ホールディングス株式会社及び連結子会社の2018年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 79/81




                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、住石ホールディングス株式会
     社の2018年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、住石ホールディングス株式会社が2018年3月                            31 日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示し
     た上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

     ※ 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 80/81









                                                           EDINET提出書類
                                                  住石ホールディングス株式会社(E21342)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2018年6月28日

     住石ホールディングス株式会社

       取締役会 御中

                             三優監査法人

                             指定社員

                                       公認会計士        杉田  純  ㊞
                             業務執行社員
                             指定社員
                                       公認会計士
                                              山本 公太  ㊞
                             業務執行社員
                             指定社員
                                       公認会計士        原田 知幸  ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる住石ホールディングス株式会社の2017年4月1日から2018年3月31日までの第10期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、住石ホー
     ルディングス株式会社の2018年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

     ※ 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 81/81




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。