株式会社電業社機械製作所 有価証券報告書 第83期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第83期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社電業社機械製作所

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年6月28日
      【事業年度】                    第83期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      【会社名】                    株式会社電業社機械製作所
      【英訳名】                    DMW  CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長
                         最高執行役員社長 土屋 忠博
      【本店の所在の場所】                    東京都大田区大森北1丁目5番1号
                         (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は、下記「最寄りの連絡場所」で
                         行っています。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    静岡県三島市三好町3番27号
      【電話番号】                    055(975)8221
      【事務連絡者氏名】                    取締役
                         上席執行役員管理本部長 稲垣 晃
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社電業社機械製作所大阪支店
                         (大阪市中央区南本町2丁目6番12号)
                         株式会社電業社機械製作所名古屋支店
                         (名古屋市中区栄2丁目4番18号)
                                  1/83










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
             回次            第79期        第80期        第81期        第82期        第83期
            決算年月            2014年3月        2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月

                   (千円)      18,617,354        17,814,464        18,089,310        18,275,990        17,336,998
     売上高
                   (千円)       1,353,529        1,254,733        1,223,630        1,433,390        1,645,727
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (千円)        791,330        761,975        780,671        966,606       1,098,411
     純利益
                   (千円)       1,056,979        1,252,541         140,795       1,045,412        1,214,210
     包括利益
                   (千円)      15,451,711        16,412,321        16,288,700        17,093,069        18,042,958
     純資産額
                   (千円)      23,676,705        24,549,899        23,811,677        25,086,379        26,224,172
     総資産額
                   (円)       3,490.90        3,726.07        3,698.06        3,880.71        4,096.39
     1株当たり純資産額
                   (円)        178.78        172.85        177.24        219.45        249.38
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -        -        -        -        -
     当期純利益金額
                   (%)        65.26        66.85        68.41        68.14        68.80
     自己資本比率
                   (%)         5.28        4.78        4.77        5.79        6.25
     自己資本利益率
                   (倍)        10.01        10.11        10.18        8.95        9.21
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (千円)       3,249,880        1,151,383         127,212       △ 623,615       1,073,633
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (千円)       △ 665,996       △ 272,736       △ 767,760       △ 375,561       △ 347,738
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (千円)       △ 190,556       △ 247,823       △ 277,012       △ 249,866       △ 274,920
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (千円)       4,565,217        5,194,506        4,187,396        2,947,306        3,395,541
     残高
                            477        488        474        480        478
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 125  )      ( 120  )      ( 120  )      ( 127  )      ( 123  )
      (注)1 売上高には消費税等は含まれていません。
         2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載していません。
                                  2/83







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第79期       第80期       第81期       第82期       第83期
            決算年月            2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月

                   (千円)      18,216,143       17,425,040       17,622,123       17,699,681       16,698,317
     売上高
                   (千円)       1,362,910       1,250,389       1,166,632       1,352,706       1,604,323
     経常利益
                   (千円)        803,877       774,657       738,089       920,977      1,087,870
     当期純利益
                   (千円)        810,000       810,000       810,000       810,000       810,000
     資本金
                   (株)      4,776,900       4,776,900       4,776,900       4,776,900       4,776,900
     発行済株式総数
                   (千円)      15,223,556       15,999,552       16,160,268       16,985,783       17,943,983
     純資産額
                   (千円)      23,382,169       24,229,990       23,531,721       24,698,743       25,708,071
     総資産額
                   (円)       3,439.35       3,632.36       3,668.90       3,856.35       4,073.92
     1株当たり純資産額
                           45.00       50.00       60.00       55.00       65.00

     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           ( 20.00   )    ( 20.00   )    ( 30.00   )    ( 25.00   )    ( 30.00   )
     額)
                   (円)        181.61       175.73       167.57       209.09       246.98
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                   (%)        65.11       66.03       68.67       68.77       69.80
     自己資本比率
                   (%)         5.44       4.96       4.59       5.56       6.23
     自己資本利益率
                   (倍)         9.86       9.95       10.77        9.40       9.30
     株価収益率
                   (%)        24.78       28.45       35.81       26.30       26.32
     配当性向
                            460       466       452       453       450

     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 122  )     ( 115  )     ( 114  )     ( 123  )     ( 119  )
      (注)1 売上高には消費税等は含まれていません。
         2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載していません。
                                  3/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        提出会社は、1910年東京市小石川区関口水道町において水力発電用水車、一般動力用水車及び各種ポンプの製造を
       目的とする会社として、現在の株式会社電業社機械製作所の前身である「電業社」が水車製造部を新設し、製造を開
       始しました。
        その後、1915年に「株式会社電業社水車製造所」に改称、1919年には「株式会社電業社水車製造所」が出資し、東
       京府豊多摩郡代々幡町幡ヶ谷において水力発電用水車、一般動力用水車及び各種ポンプの製造販売を目的とする「株
       式会社電業社原動機製造所」を設立しました。
        株式会社電業社機械製作所設立以後の企業集団にかかる経緯は次のとおりです。
       年月                            沿革
     1955年3月      株式会社電業社原動機製造所が株式会社電業社機械製作所(資本金60百万円)を設立
     1955年6月      株式会社電業社原動機製造所を水車部門(東京工場関係)とポンプ、送風機、ディーゼル機関等の産業機
            械部門(三島工場関係)とに分割し、前者を株式会社東芝が、後者の業務一切を当社が承継
     1955年6月      株式会社電業社原動機製造所より、扶桑商工株式会社の株式を譲受
     1961年8月      ユニオンポンプの販売を目的として、米国ユニオンポンプ社との合弁会社、日本ユニオンポンプ株式会社
            を設立
     1961年10月      東京証券取引所市場第二部に上場
     1973年11月      三島工場に大型ポンプ試験設備を増設
     1979年7月      当社の製造する機械の据付工事施工を目的として、電業社工事株式会社(現連結子会社)を設立
     1985年4月      当社の製造する機械の販売を目的として、既存の扶桑商工株式会社を株式会社電業社商事と改称
     1987年4月      東京都大田区蒲田に本社を移転
     1989年8月      東京都大田区大森北に本社を移転
     1995年11月      三島事業所に新社屋(事務技術棟)を新設
     2001年6月      日本ユニオンポンプ株式会社清算結了
     2003年6月      排水、堆肥化処理装置、しゅんせつ工事に関する装置など環境関連機器の製造及び販売を目的として、株
            式会社エコアドバンス(現連結子会社)を設立
            小型ポンプの製造、販売を目的として、株式会社電業社オリディアを設立
     2005年9月      株式会社電業社商事の清算結了
     2006年3月      株式会社電業社オリディアの清算結了
     2009年3月      三島事業所に高圧ポンプ・ブロワ工場を新設
     2014年10月      インド国内における当社の営業支援及び購入調達支援、その他、インドにおける当社の設計業務、据付・
            試運転等に関する業務、インド市場調査業務の実施を目的として、DMWインド社(現連結子会社)を設
            立
     2015年5月      DMWインド社(現連結子会社)が                 主にインド国内における小型APIポンプ等の製造、販売を行うことを
            目的として、増資を実施
     2017年7月      DMWインド社(現連結子会社)が                 プネ  市 に工場を新設
      (注)DMWインド社(現連結子会社)は、DMW                        CORPORATION      India   Private    Limitedの日本語呼称です。
                                  4/83








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、株式会社電業社機械製作所(当社)並びに子会社の電業社工事株式会社、株式会社エコアドバン
       ス及びDMWインド社の4社によって構成されており、                          風水力機械、海水淡水化用エネルギー回収装置、廃水処理装
       置・廃棄物処理装置、配電盤・電気計装制御装置・電気通信制御装置等の製造・販売、据付工事及びこれらに附帯す
       る業務   を主な事    業内容としています。
        当社グループの主要取扱製品及び事業系統図は次のとおりです。
       (1)主要取扱製品

       製品分類        品目区分           製品名・商標名ほか                      主な用途
                     横軸水平2つ割多段ポンプ                  プロセス用、海水淡水化事業用
                     横軸バレル型多段ポンプ                  プロセス用、工業用
             産業用ポンプ        横軸片吸込単段渦巻ポンプ                  プロセス用、工業用
                     横軸両吸込渦巻ポンプ                  工業用冷却水用、プロセス用
                     プランジャポンプ                  プロセス用、工業用
                     立軸斜流ポンプ                  発電プラント用、海水取水用、雨水排水用、下水道用
                     立軸軸流ポンプ                  農業用水用、雨水排水用、下水道用
                     立軸多段ポンプ                  発電プラント用、海水取水用
                     減速機搭載型立軸一床式ポンプ “ラムダ”                  農業用水用、雨水排水用、下水道用
             大型ポンプ        横軸斜流・軸流ポンプ                  農業用水用、雨水排水用、下水道用
                     渦巻斜流ポンプ                  農業用水用、上水道用、雨水排水用、下水道用
     ポンプ
                     チューブラポンプ                  農業用水用、雨水排水用、下水道用
                     スクリューポンプ                  雨水排水用、下水道用
                     二重反転式軸流ポンプ “アクロ”                  農業用水用、雨水排水用、下水道用
                     片吸込渦巻ポンプ                  農業用水用、上水道用、設備給水用
                     両吸込渦巻ポンプ                  農業用水用、上水道用
             渦巻ポンプ
                     自吸式両吸込渦巻ポンプ “ホキレス”                  農業用水用、上水道用
                     スクリュー式渦巻ポンプ                  下水道用
                     水中モータポンプ                  農業用水用、上水道用、雨水用、下水道用
                     深井戸用水中モータポンプ                  設備給水用、海水取水用、農業用水用、上水道用
             水中ポンプ
                     緊急排水用水中モータポンプ
                                       農業用水用、雨水排水用
                     (プルアウト式水中モータポンプ)
                     遠心ファン                  発電プラント用、石油・化学用、肥料プラント用、鉄鋼用
                     片吸込2段遠心ファン                  発電プラント用、石油・化学用、肥料プラント用
             ファン
                     軸流ファン                  道路トンネル換気用
                     ジェットファン                  道路トンネル換気用
     送風機
                     鋳鉄製多段ターボブロワ                  石油・化学用、鉄鋼用、下水道用
                     鋼板製多段ターボブロワ                  石油・化学用、鉄鋼用、下水道用
             ブロワ
                     高速単段ターボブロワ                  石油・化学用、肥料プラント用、下水道用
                     片吸込単段ブロワ                  発電プラント用、石油・化学用
                     ロート弁                  流量調整用、締切用
                     ハウエルバンガーバルブ                  ダム・貯水池余水放流用、流量調整用、管理放流用
     バルブ
                     エア・アシスト型省エネ逆止弁 “AAチェッ
                                       下水道用
                     キ”
                     逆浸透膜法海水淡水化施設用エネルギー回収
                                       海水淡水化事業用
                     装置    “DeROs”
                                       河川や湖沼、沈砂池の水底地形計測
                     水中計測装置     *
                     パス・ツール     *             有機性廃棄物の      発酵  ・分解
     その他
                     サブマード工法      *            河川や湖沼、沈砂池の清掃作業
                                       横軸ポンプの無水化
                     乾式満水ユニット “アントリア”
                     ミストセパレータシステム “MSS-α”                  ブロワのオイルミスト吸収用
       *  … 株式会社エコアドバンスの取扱製品を示します。(その他については当社の取扱製品です。)
                                  5/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
       (2)事業系統図
      4【関係会社の状況】










                                           議決権の
                                    主要な
          名称            住所       資本金              所有割合         関係内容
                                   事業の内容
                                            (%)
     (連結子会社)
                               千円   風水力機器等の               当社製品の保守、点検
                                             100.0
     電業社工事株式会社             静岡県三島市            20,000    保守、点検等               等。
                                  排水・堆肥化処

     (連結子会社)
                                  理装置、しゅん
                               千円                  当社製品の販売、仕入。
                                  せつ工事に関す
     株式会社エコアドバンス             静岡県三島市            30,000                100.0   当社より設備の貸与を受
                                  る装置など環境
                                                 けています。
                                  機器の製造、販
                                  売
                                  小型APIポンプ等

     (連結子会社)                          百万
                  インド マハーラー                の製造、販売並               当社製品の販売、仕入並
                              ルピー                100.0
                  シュトラ州                びに当社の営業               びに当社の営業支援及び
     DMWインド社                          255             (0.02)
                  ムンバイ                支援、購入調達               購入調達支援。
                                  支援
     (注)1 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数です。
        2 DMWインド社は特定子会社に該当しています。
                                  6/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社における状況
         当社グループは、風水力機器の製造・据付・販売を専ら事業としており、製品の性質、製造方法、販売市場等の
        類似性から判断して単一セグメントであるため、セグメント情報は記載していません。
         当連結会計年度における従業員数を会社別に示すと次のとおりです。
                                                   2018年3月31日現在
                  名称

                                           従業員数(名)
            株式会社電業社機械製作所                                     450   (119)

              電業社工事株式会社                                    9   (2)

             株式会社エコアドバンス                                     7   (2)

               DMWインド社                                   12   (0)

                  合計                                478   (123)

      (注)臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しています。
       (2)提出会社の状況

         当社は、風水力機器の製造・据付・販売を専ら事業としており、製品の性質、製造方法、販売市場等の類似性か
        ら判断して単一セグメントであるため、セグメント情報は記載していません。
                                                   2018年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(才)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

           450(119)                 40.3              17.7             6,153

      (注)1 臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しています。
         2 平均年間給与は、基準内賃金のほか時間外手当等の基準外賃金及び賞与を含んでいます。
       (3)労働組合の状況

         提出会社の労働組合に関しては、三島事業所の従業員により組織される唯一の労働組合があり、JAM静岡                                                  電業社
        機械製作所労働組合と称し、組合員は2018年3月31日現在で                            235  名です。2002年4月1日付でJAM静岡に加盟してい
        ます。なお、本社、支店、営業所並びに連結子会社には労働組合はありません。
         電業社機械製作所労働組合とは正常かつ円満な労使関係を維持しています。
                                  7/83










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
       (1)経営方針

        「物作りの技術を中心とした企業活動」を行う「技術創生」をコアコンセプトとして掲げ、以下の4つの経営理念
       により将来とも発展することを目指します。
        ① 「社会貢献」

          独自の技術を駆使してより良い製品を創り、社会の進歩に寄与します。
        ②「人間中心」
          株主・社員はもとより、地域や社会・世界の人々のために活動します。
        ③「環境貢献」
          自然と共存する技術を目指し、地球環境の向上に寄与します。
        ④「人材育成」
          社員の自己啓発を支援し、自らの役割と価値を創造しうる人材の育成に努めます。
       (2)経営環境及び対処すべき課題

         今後の海外経済については、米中の通商政策の動向など先行きに対する不透明感はあるものの、全体として景気
        は堅調さを維持するものと見込まれます。日本経済についても、企業収益や設備投資の増加などにより、景気は堅
        調さを維持するものと見込まれます。
         このような経営環境において、                 当社は2017年度から2019年度までの3年間に取り組む「New                            DMW中期経営計画
        2019」を推進中です。“Passion                for  the  Next   Innovation ~次なる革新への熱い思い~”のスローガンのも
        と、当社のブランド化を推進するために、ものづくりに対する熱い思いで次なる変化を起こし、これまで以上に魅
        力のある企業へ変身することを目指します。
         中期経営計画の達成ビジョンは以下のとおりです。
         ① DMW独自の技術、特有の事業モデルの次なる進化
         ② 受注生産体制の継続とマネージメント力UP、その根幹をなす人づくり・ものづくり・顧客づくり
         ③ 風水力機械にさらなる磨きをかけ“世界で輝く企業へ”
       (3)中長期的な会社の経営戦略

         ① 海水淡水化ビジネスの確立
           公共インフラ、電力、GAS&OILに次ぐ第4の市場で安定した受注と生産体制の確立
         ②ビルド&スクラップ(組織、製品の充実)
           社会の変化に即した営業・生産拠点および競争力ある製品づくり
         ③次世代に向けた新たな商品開発
           変化する環境とニーズへの対応
         ④働き方改革
           ワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティの推進
           ムダを省き仕事を効率化し、時間あたりの生産性UP
       (4)目標とする経営指標

         「New     DMW中期経営計画2019」の最終年度である2019年度における連結経営数値目標は次のとおりです。
                        2019  年度
          受注高               220億円
          営業利益               14億円
                          7%
          売上高営業利益率
          ROE                6%
       (5)会社の支配に関する基本方針

        ①基本方針の内容
          当社は、金融商品取引所に株式を上場している者として、市場における当社株式等の自由な取引を尊重し、特
         定の者による当社株式等の大規模買付行為であっても、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確
         保・向上に資するものである限り、これを一概に否定するものではありません。また、最終的には株式等の大規
         模買付提案に応じるかどうかは株主の皆様の決定に委ねられるべきだと考えています。
                                  8/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          ただし、株式等の大規模買付提案の中には、例えばステークホルダーとの良好な関係を保ち続けることができ
         ない可能性があるなど、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を損なう虞のあるものや、当社グ
         ルー プの価値を十分に反映しているとは言えないもの、あるいは株主の皆様が最終的な決定をするために必要
         な時間や情報が十分に提供されないものもありえます。
          そのような提案に対して、当社取締役会は、株主の皆様から負託された者の責務として、株主の皆様のため
         に、必要な時間や情報の確保、株式等の大規模買付提案者との交渉を行う必要があると考えています。
        ②基本方針の実現に資する取組みの概要

          当社は、当社グループの企業価値向上を実現するための直近の中期経営計画を実施し、推進しています。
          また、当該中期経営計画期間及びそれ以降についても引続き時々の経営課題に対処し、コーポレート・ガバナ
         ンスの強化にも取り組み、企業価値の向上に努めてまいります。
        ③基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取

         組みの概要
          当社は、2018年6月28日開催の第83回定時株主総会において「当社株式等の大規模買付行為に関する対応策
         (買収防衛策)」(以下「本プラン」という。)の継続について株主の皆様の承認を受けています。
          本プランは、当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者が遵守すべきルールを策定するとともに、一定の
         場合には当社が対抗措置をとることによって大規模買付行為を行おうとする者に損害が発生する可能性があるこ
         とを明らかにし、これらを適切に開示することにより、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に資さ
         ない当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者に対して、警告を行うものです。
          本プランの概要は以下のとおりです。なお、本プランの全文は、次の当社ウェブサイトに掲載しています。
           http://www.dmw.co.jp/
         (ア)対象となる大規模買付け等
           本プランは以下の(a)又は(b)に該当する当社株式等の買付け又はこれに類似する行為(ただし、当社取締
          役会が承認したものを除きます。当該行為を、以下、「大規模買付け等」といいます。)がなされる場合を適
          用対象とします。大規模買付け等を行い、又は行おうとする者(以下、「買付者等」といいます。)は、予め
          本プランに定められる手続きに従わなければならないものとします。
          (a)当社が発行者である株式等について、保有者の株式等保有割合が20%以上となる買付け
          (b)当社が発行者である株式等について、公開買付けに係る株式等の株式等所有割合及びその特別関係者の株
            式等所有割合の合計が20%以上となる公開買付け
         (イ)意向表明書の当社への事前提出
           買付者等に対し当該買付者等が大規模買付け等に際して本プランに定める手続きを遵守する旨の誓約文言等
          を記載した書面(以下、「意向表明書」といいます。)の提出を求めます。
         (ウ)本必要情報の提供
           上記(イ)の意向表明書の提出があった場合には、買付者等に対し、大規模買付け等に対する株主及び投資家
          の皆様の判断、並びに、当社取締役会の評価・検討等のために必要かつ十分な情報(以下、「本必要情報」と
          いいます。)の日本語での提供を求めます。
          なお、当社取締役会は、買付者等から大規模買付け等の提案がなされた事実とその概要及び本必要情報の概
          要その他の情報のうち株主及び投資家の皆様の判断に必要であると認められる情報がある場合には、適切と判
          断する時点で開示いたします。
          また、当社取締役会は、買付者等による本必要情報の提供が十分になされたと認めた場合には、その旨を買
          付者等に通知(以下、「情報提供完了通知」といいます。)するとともに、速やかにその旨を開示いたしま
          す。
         (エ)取締役会評価期間の設定等
          当社取締役会は、情報提供完了通知を行った後、大規模買付け等の評価の難易度等に応じて、以下の(a)又
          は(b)の期間(いずれも初日不算入)を、当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び代替案立案の
          ための期間(以下、「取締役会評価期間」といいます。)として設定します。
          (a)対価を現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式等を対象とした公開買付けの場合には最大60
            日間
          (b)その他の大規模買付け等の場合には最大90日間
          ただし、上記(a)(b)いずれにおいても、取締役会評価期間は、取締役会が合理的に必要な事由があると認
          める場合に限り、延長できるものとします。その場合は、延長期間及び当該延長期間が必要とされる具体的理
          由を買付者等に通知すると共に株主及び投資家の皆様に開示いたします。また、延長の期間は最大30日間とし
          ます。
          当社取締役会は、取締役会評価期間内において、必要に応じて適宜外部専門家等の助言を得ながら、買付者
          等から提供された本必要情報を十分に評価・検討し、当社取締役会としての意見を慎重にとりまとめ、買付者
          等に通知するとともに、適時かつ適切に株主及び投資家の皆様に開示します。また、必要に応じて、買付者等
                                  9/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          との間で大規模買付け等に関する条件・方法について交渉し、更に、当社取締役会として、株主及び投資家の
          皆様に代替案を提示することもあります。
         (オ)取締役会の決議
           当社取締役会は、上記(エ)の検討等の後、以下の手続きに従い、対抗措置の発動の是非について決議を行う
          ものとします。
          (a)買付者等が本プランに定める手続きを遵守しなかった場合
            当社取締役会は、買付者等が本プランに規定する手続きを遵守しなかった場合には、対抗措置の発動の決
           議を行うことができるものとします。
            当社取締役会は、対抗措置の発動の決議に先立ち、株主の皆様の意思を確認することが適切と判断する場
           合、下記(カ)に定める手続きを行うものとします。この場合、当社取締役会は、下記(カ)に定める株主総会
           の決定に従って、当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上という観点から速やかに対抗措置の発動又
           は不発動の決議を行うものとします。
          (b)買付者等が本プランに定める手続きを遵守した場合
           (ⅰ)   買付者等による大規模買付け等が当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうものと認められる
             場合
             当社取締役会は、買付者等が本プランに規定する手続きを遵守した場合であっても、当該大規模買付け
            等が専ら買付者等の短期的な利得のみを目的とするものである等、当社の企業価値・株主共同の利益を著
            しく損なうものと認められ、対抗措置の発動が相当であると思われる場合には、対抗措置の内容及びその
            発動の賛否に関し、株主の皆様の意思を確認するために下記(カ)に定める手続きを行うものとします。こ
            の場合、当社取締役会は、下記(カ)に定める株主総会の決定に従って、当社の企業価値・株主共同の利益
            の確保・向上という観点から速やかに対抗措置の発動又は不発動の決議を行うものとします。
           (ⅱ)   買付者等による大規模買付け等が当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうものではないと認
             められる場合
             当社取締役会は、買付者等による大規模買付け等が当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なうも
            のではないと認められる場合には、対抗措置の不発動の決議を行うものとします。
           当社取締役会は、上記の決議を行った場合には、その内容が対抗措置の発動であるか不発動であるかを問わ
          ず、速やかに当該決議の概要その他当社取締役会が適切と判断する事項について、情報開示を行います。
         (カ)株主意思の確認
           当社取締役会は、上記(オ)(b)(ⅰ)                 に該当する場合、及び、上記(オ)(a)に該当しかつ当社取締役会が必
          要と認める場合、対抗措置の発動の是非に関し株主の皆様の意思を確認するために、株主総会に対抗措置の発
          動の是非に関する議案を付議するものとします。
           この場合、当社取締役会は、実務上可能な限り速やかに株主総会を開催します。また、対抗措置の発動の是
          非に関する株主総会の決議の概要、その他当社取締役会が適切と判断する事項について、速やかに情報開示を
          行います。
         (キ)対抗措置の中止又は発動の停止
           当社取締役会が上記(オ)の手続きに従い対抗措置の発動を決議した後又は発動後においても、買付者等が大
          規模買付け等を中止した場合又は対抗措置を発動するか否かの判断の前提となった事実関係等に変動が生じ、
          かつ、当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上という観点から対抗措置の発動が相当でないと考えられ
          る状況に至った場合には、当社取締役会は、対抗措置の中止又は発動の停止を行うものとします。
           当社取締役会は、上記決議を行った場合、速やかに、当該決議の概要その他当社取締役会が適切と判断する
          事項について、情報開示を行います。
         (ク)大規模買付け等の開始
           買付者等は、本プランに規定する手続きを遵守するものとし、当社取締役会において対抗措置の発動又は不
          発動の決議がなされるまでは大規模買付け等を開始することはできないものとします。
         (ケ)対抗措置の具体的内容
           当社取締役会が上記(オ)に記載の決議に基づき発動する対抗措置としては、新株予約権(以下、「本新株予
          約権」といいます。)の無償割当てを行うこととします。
           当社取締役会は、対抗措置の発動を決議した後又は発動後においても、上記(キ)に記載の通り、対抗措置の
          中止又は発動の停止を決定することがあります。
         (コ)本プランの有効期間、廃止及び変更
           本プランの有効期間は、2021年6月開催予定の定時株主総会終結の時までとします。
           ただし、当該有効期間の満了前であっても、当社の株主総会において本プランの変更又は廃止の決議がなさ
          れた場合には、本プランは当該決議に従い、その時点で変更又は廃止されるものとします。また、当社の株主
          総会で選任された取締役で構成される取締役会により本プランの廃止の決議がなされた場合には、本プランは
          その時点で廃止されるものとします。
                                 10/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ④上記③の取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由
          当社取締役会は、本プランの設計に際し、以下の事項を考慮し織り込むことにより、本プランが基本方針に沿
         うものであり、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないと考えています。
         (ア)買収防衛策に関する指針の要件を全て充足していること
           本プランは、経済産業省及び法務省が2005年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向
          上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前
          開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しており、かつ、企業価値研究会が2008年6月30
          日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の内容を踏まえております。
         (イ)当社の企業価値・株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されていること
           本プランは、当社株式等に対する大規模買付け等がなされた際に、当該大規模買付け等に応じるべきか否か
          を株主の皆様が判断するため、または当社取締役会が代替案を提示するために必要な情報や期間を確保し、当
          社取締役会が、株主の皆様のために買付者等との交渉の機会を確保することにより、当社の企業価値・株主共
          同の利益を確保し、向上させるという目的をもって導入されているものです。
         (ウ)株主意思を重視するものであること
           本プランは、買付者等が本プランに定められた手続きに従うことなく大規模買付け等を行おうとする場合で
          あって、かつ当社取締役会の決議だけで対抗措置の発動を決議する場合を除き、買付者等による大規模買付け
          等に対する対抗措置の発動について株主の皆様の意思を直接確認するものです。
           また、本プランの有効期間は、2021年6月開催予定の定時株主総会終結の時までですが、その有効期間の満
          了前であっても、当社株主総会において本プランの変更又は廃止の決議がなされた場合には、当該決議に従い
          変更又は廃止されることになります。従いまして、本プランの継続、変更及び廃止には、株主の皆様の意思が
          十分反映される仕組みとなっています。
         (エ)合理的かつ客観的発動要件の設定
           本プランは、合理的かつ客観的な発動要件が充足されなければ発動されないように設定されており、当社取
          締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しています。
         (オ)デッドハンド型若しくはスローハンド型買収防衛策ではないこと
           本プランは、当社の株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により、いつでも廃止することがで
          きるものとされています。従って、本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交
          代させても、なお発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。
           また、当社は期差任期制を採用していないため、本プランはスローハンド型(取締役会の構成員の交代を一
          度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありません。
      2【事業等のリスク】

        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には以下のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
       (1)市場の動向と収益環境の変化に伴うリスク

         当社グループの業績は公共事業の占める割合が高いため、公共投資の減少基調が続きますと、企業間競争が激し
        くなり、収益環境を悪化させる可能性があります                       。
         当社グループは製品の製造を主体としているため、鉄鋼等の原材料の価格高騰により、製造コストが増加し業績
        を悪化させる可能性があります              。
         また、為替レートの変動により他通貨に対し円高になると、輸出価格競争力が低下し、業績を悪化させる可能性
        があります     。
       (2)原材料・部品及び機器の調達難

         原材料・部品及び機器の調達に支障をきたした場合、製品の製造や販売が困難となり、業績を悪化させる可能性
        があります     。
       (3)海外事業に伴うリスク

         当社グループは、海外市場からの受注増加を目指しています。海外プロジェクトは技術的難易度が高いものや成
        約からジョブの完了までが長期間に及ぶものが多々あります。そのため、それらプロジェクトにはカントリーリス
        ク、為替リスク及びマネージメントリスク等、国内とは異なるリスクが予想されます。これらのリスク管理には万
        全を期しますが、想定を上回る追加原価が発生する場合には業績に影響する可能性があります                                           。
       (4)有価証券の保有に伴うリスク

         当社グループは、将来の資金需要に対する待機資金の有効活用のために、資金を有価証券として保有します。今
        後の経済情勢・株式市場・為替レートの動向によって有価証券の時価が下落し、営業外費用が増加した場合、業績
        を悪化させる可能性があります              。
                                 11/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
       (5)災害やインフラの障害に伴うリスク
         当社グループの事業所は、静岡県三島市にあり南海トラフ地震防災対策推進地域に指定されています。大規模な
        自然災害に見舞われた場合には、操業に支障が生じ業績に影響する可能性があります                                       。
       (6)製品やサービスについて

         当社グループが提供する製品やサービスに重大な瑕疵や欠陥があった場合、多額の賠償の責任を負う可能性があ
        り、それが業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。また、そのような事態が発生した場合には、当社グルー
        プに対する社会的評価及びブランド価値の低下を招き、売上を減少させる可能性があります                                          。
       (7)法的規制等について

         当社グループは主に、風水力機械、海水淡水化用エネルギー回収装置、廃水処理装置・廃棄物処理装置、配電
        盤・電気計装制御装置・電気通信制御装置等の製造販売しており、通商、私的独占の禁止、知的財産、製造物責
        任、貿易及び外国為替管理、環境・リサイクル関連の法的規制を受けています。また、輸出先の各国においては輸
        出入規制、為替の決済規制等、さまざまな政府規制の適用を受けており、これらの規制の動きによっては業績に影
        響を及ぼす可能性があります             。
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」と
        いう。)の状況の概要は次のとおりです。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度の海外経済は、米国においては景気の着実な回復が継続しました。欧州においても景気が引き続
        き堅調に推移したことに加え、中国においても景気が安定的に推移したことから、全体として景気の緩やかな回復
        が続きました。日本経済においても、海外経済の回復を背景に企業収益が改善するとともに、設備投資の増加が見
        られるなど、景気の緩やかな回復が継続しました。
         当社グループが属する風水力機械業界に関しては、前連結会計年度に比べて受注に持ち直しの動きが見られまし
        た。
         このような環境下で、当社グループは積極的な営業活動を展開した結果、当連結会計年度の                                          受注高は、     184億33
        百万円(前連結会計年度比122.6%)となりました。
         また、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
        (a)財政状態

         当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ11億37百万円増加し、262億24百万円となりました。
         当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ1億87百万円増加し、81億81百万円となりました。
         当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ9億49百万円増加し、180億42百万円となりまし
        た。
        (b)経営成績

         売上高は、173億36百万円(同94.9%)を計上しました。
         利益については、営業利益は15億7百万円(同113.0%)、経常利益は16億45百万円(同114.8%)、親会社株主
        に帰属する当期純利益は10億98百万円(同113.6%)となりました。
         また、    期末受注残高は145億79百万円(同108.1%)となりました。
        ②キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、33億95百万円となり、前連結会計年度末より4億48百万円増
        加しました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローは、10億73百万円の増加(前年同期 キャッシュ・フローの減少6億23百
         万円)となりました。
          これは、棚卸資産の増加6億23百万円、仕入債務の減少4億65百万円、法人税等の支払額4億5百万円などの
         減少要因はあったものの、税金等調整前当期純利益16億45百万円、減価償却費4億80百万円、売上債権の減少1
         億50百万円などの増加要因が多かったことによるものです。
                                 12/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローは、3億47百万円の減少(前年同期 キャッシュ・フローの減少3億75百
         万円)となりました。
          これは、投資有価証券の売却及び償還による収入7億41百万円など増加要因があったものの、有形及び無形固
         定資産の取得による支出6億57百万円、投資有価証券の取得による支出4億37百万円などの減少要因が多かった
         ことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動によるキャッシュ・フローは、2億74百万円の減少(前年同期 キャッシュ・フローの減少2億49百
         万円)となりました。
          これは、配当金の支払2億64百万円などによるものです。
        ③生産、受注及び販売の実績

         当社グループは風水力機器の製造・据付・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント                                            情報は   記載してい
        ません。
        (a)生産実績
         当連結会計年度における生産実績を部門区分別に示すと次のとおりです。
             部門区分                  生産高(千円)                対前期増減率(%)
      官需部門                               12,093,026                    2.3

      国内民需部門                                3,249,022                   3.6

      海外部門                                1,994,949                  △39.9

               計                      17,336,998                   △5.1

      (注)1 当社グループはすべて受注生産であるため、生産実績は販売実績と同一となっています。
         2 金額は販売価格で記載しており、消費税等は含まれていません。
        (b)受注実績

         当連結会計年度における受注実績を部門区分別に示すと次のとおりです。
           部門区分            受注高(千円)         対前期増減率(%)          受注残高(千円)         対前期増減率(%)
                                      26.0                    3.4

      官需部門                   12,345,904                    7,726,930
                                      14.6                   17.8
      国内民需部門                    4,019,297                   5,088,821
      海外部門                    2,068,387            19.9       1,763,398             4.3

                                      22.6                    8.1

             計            18,433,589                   14,579,149
      (注) 金額は販売価格で記載しており、消費税等は含まれていません。
                                 13/83








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        (c)販売実績
         当連結会計年度における販売実績を部門区分別に示すと次のとおりです。
             部門区分                  販売実績(千円)                 対前期増減率(%)
                                                         2.3

      官需部門                               12,093,026
      国内民需部門                                3,249,022                   3.6

      海外部門                                1,994,949                  △39.9

               計                      17,336,998                   △5.1

      (注)1 上記金額には消費税等は含まれていません。
         2 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
            相手先
                       販売高(千円)           割合(%)         販売高(千円)           割合(%)
      ㈱守谷商会                       -          -      2,444,090            14.1

      東京都                    2,353,280            12.9       2,210,357            12.7

     (注) 前連結会計年度の㈱守谷商会に対する販売実績は、当該販売実績の総販売実績に対する割合が100分の10未満であ
        るため記載を省略しています。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に                     関する   分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、以下のとおりです。
         なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
        ①重要な会計方針及び見積り
         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        います。この連結財務諸表の作成にあたって、決算日における資産・負債の報告数値及び偶発資産・負債の開示、
        並びに報告期間における収入・費用の報告数値に与える見積り及び仮定設定を行わなければなりません。経営陣は
        貸倒債権、たな卸資産、投資有価証券、法人税等、退職金、財務活動、偶発事象や訴訟等に関する見積り及び判断
        に対しては、継続して評価を行っています。経営陣は過去の実績等を斟酌し、より合理的と考えられる方法により
        見積り及び判断を行っています。実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合
        があります。
         当社グループは、特に以下の重要な会計方針が、連結財務諸表の作成において重要な判断と見積りに大きな影響
        を及ぼすと考えています。
        (a)収益の認識
          当社グループは、連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事契約については工事
         進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を適用しています。また、その他の契約については工事完成基準
         を適用しています。工事進行基準適用契約の売上高算定の基礎となる進捗率は、総製造原価の見積額を基にして
         います。
        (b)   受注損失引当金

          当社グループは、連結会計年度末の手持受注工事のうち、損失発生の可能性が高く、かつ、その金額を合理的
         に見積ることが可能な受注工事物件について、損失見込額を受注損失引当金として計上しています。受注工事物
         件の採算性が悪化した場合、追加引当が必要となる可能性があり、利益を減少させることになります。
        (c)製品保証引当金

          当社グループは、完成後の工事に係る将来の無償保証工事費用の支出に備えるため、費用見込額を過去の実績
         を基礎に計上しています。工事完成後、想定した額を上回る無償保証工事費用が発生した場合、利益を減少させ
         ることになります。
        (d)   貸倒引当金

          当社グループは、顧客等の支払不能時に発生する損失の見込額について、貸倒引当金を計上しています。顧客
         等の財務状態が悪化し、その支払能力が低下した場合、追加引当が必要となる可能性があります。
                                 14/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        (e)繰延税金資産
          当社グループは、繰延税金資産についてスケジューリング不能及び回収可能性が低いと思われる場合は、評価
         性引当額を計上しています。評価性引当額の必要性を評価するに当たっては、回収可能性並びに将来の課税所得
         を慎重に判断し、一部を将来回収できないと判断した場合、当該判断を行った期間に繰延税金資産の調整額を費
         用として計上します。同様に、将来回収できると判断した場合、繰延税金資産への調整額により当該判断を行っ
         た期間に利益を増加させることになります。
        (f)   退職給付費用

          当社グループは、従業員の退職給付に備えるため、退職給付債務を計上していますが、退職給付費用及び債務
         は、数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出されています。これらの前提条件には、割引率・将来の給
         与水準・退職率・死亡率・運用収益率等があります。実際の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変
         更された場合、その影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるため、一般的には将来期間において認
         識される費用に影響を与えます。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        (a)経営成績等
         (ⅰ)   財政状態
          (資産)
           当連結会計年度の総資産は前連結会計年度に比べ11億37百万円増加し、262億24百万円となりました。
           これは、有価証券の減少3億50百万円、建設仮勘定の減少2億45百万円、受取手形及び売掛金の減少1億58
          百万円などがあったものの、仕掛品の増加6億31百万円、現金及び預金の増加4億48百万円、建物及び構築物
          や機械装置及び運搬具の増加3億51百万円、投資有価証券の増加2億83百万円などがあったことによるもので
          す。
          (負債)
           当連結会計年度の総負債は前連結会計年度に比べ1億87百万円増加し、81億81百万円となりました。
           これは、支払手形及び買掛金の減少4億65百万円があったものの、未払法人税等の増加2億15百万円、受注
          損失引当金の増加1億67百万円、その他流動負債の増加1億13百万円などがあったことによるものです。
          (純資産)
           当連結会計年度の純資産合計は前連結会計年度に比べ9億49百万円増加し、180億42百万円となりました。
          これは、利益剰余金の増加8億34百万円、その他有価証券評価差額金の増加1億41百万円などがあったことに
          よるものです。
         (ⅱ)   経営成績

          (売上高)
           売上高については、前年度に比べて期初の受注残高が少なかったものの、今年度受注、今年度売上の案件が
          多かったことから、官需部門は120億93百万円(前連結会計年度比102.3%)、国内民需部門は32億49百万円
          (同103.6%)となり、それぞれ前連結会計年度を若干上回りました。一方、海外メーカとの競争が厳しかっ
          た海外部門が19億94百万円(同60.1%)と減少しました。その結果、売上高は173億36百万円(同94.9%)と
          なりました。
          (売上総利益)
           売上総利益については、代理店との連携を強化し、ユーザや地域に密着した営業展開を継続したことによ
          り、利益率の良い案件等が増加した結果、44億77百万円(前連結会計年度比101.7%)となりました。また、
          売上総利益率は25.8%(前連結会計年度から1.7ポイント改善)になりました。
          (営業利益)
           当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、退職給付費用などの増加要因があったものの、荷造運送
          費が減少したことなどにより、29億69百万円(前連結会計年度比96.8%)となりました。
           その結果、当連結会計年度の営業利益は、15億7百万円(同113.0%)となりました。
          (経常利益)
           当連結会計年度における営業外収益は、投資有価証券売却益があったことなどから1億92百万円(前連結会
          計年度比126.2%)となりました。営業外費用は前年度並みの54百万円(同101.9%)となりました。
           その結果、当連結会計年度の経常利益は、16億45百万円(同114.8%)となりました。
          (親会社株主に帰属する当期純利益)
           当連結会計年度における特別利益、及び特別損失の計上はありません。
           その結果、親会社株主に帰属する当期純利益は10億98百万円(前連結会計年度比113.6%)となりました。
                                 15/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (ⅲ)   キャッシュ・フローの状況
           当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「                               (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッ
          シュ・フローの状況」に記載のとおりです。
        (b)経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

           官需部門においては、老朽化したインフラ設備の修繕・更新などの堅調な需要が予想されます。代理店との
          連携を含めた販売網を強化し案件情報の収集・分析力を高め、技術力を活かした提案営業を展開します。
           国内民需部門においては、企業収益の改善が見られる中、設備投資の増加が見込まれることから、堅調な需
          要が予想されます。代理店と連携しながら、顧客のニーズに合った最適な提案を行っていきます。
           海外部門においては、低迷が続いていた原油価格の回復による石油関連投資の増加が期待されることから、
          GAS&OIL市場での受注を目指していきます。
        (c)資本の財源及び資金の流動性

          (資金需要)
           当社グループの資金需要は主に運転資金需要と設備資金需要です。
           運転資金需要は、当社グループの売掛債権の入金時期が期末前後に集中する季節性を有することから、期中
          の労務費や社外流出費などの支払資金が不足した場合に備えるための短期的な需要です。設備資金需要は、主
          として生産設備の新設や老朽更新、研究開発費等による資金需要です。
          (財務政策)
           資金需要については、フリー・キャッシュ・フローの累積である内部留保資金で賄うことを基本としていま
          す。資金の流動性については、資金の元本確保を優先した運用により、運転資金や不測の事態にも機動的に対
          応できる手元流動性を確保することを基本としています。また、長期的に運用可能な待機資金については、リ
          スク及び投資効率を考慮した株式・債券・投資信託による運用を行うこととしています。
        (d)経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

           「New    DMW中期経営計画2019」の最終年度である2019年度における連結経営数値目標は次のとおりです。
                        2019  年度

          受注高               220億円
          営業利益               14億円
                          7%
          売上高営業利益率
          ROE                6%
           2017年度は、営業利益15億7百万円(前連結会計年度比113.0%)、売上高営業利益率8.7%(前連結会計年

          度から1.4ポイント改善)、ROE6.3%(前連結会計年度から0.5ポイント改善)となりました。2018年度以降も
          この利益水準を維持しながら連結経営数値目標の達成を目指します。
        (e)セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

           当社グループは風水力機器の製造・据付・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント情報は記載し
          ていません。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

         世界最高水準の流体機械を国内外の風水力機械マーケットに供給するため、積極的に研究開発活動を行っていま
        す。当連結会計年度における主要テーマは                    、新製品開発と高性能化、信頼性向上を図るための研究です。新製品開
        発としては、海水淡水化用エネルギー回収装置の実用化等に取り組んでいます。更に流れ解析、強度解析を用いて
        製品の高性能化、信頼性向上を図るための研究を積極的に進めています。
         当連結会計年度の研究開発費の投入額は2億14百万円となっています。
         なお、当社グループの事業は単一セグメントであるため、セグメント                                 情報は   記載していません。
                                 16/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        設備  投資の総額は6億41百万円であり、主なものは三島事業所工場機械設備改修1億98百万円、DMWインド社工
       場建物1億62百万円及び同工場機械設備1億27百万円です。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は次のとおりです。
        当社グループは、風水力機器の製造・据付・販売事業の単一セグメントであるため、セグメント                                            情報は   記載してい
       ません。
       (1)提出会社
                                                  2018年3月31日現在
                                 帳簿価額(千円)

      事業所名                                                  従業員数
             設備の内容
      (所在地)               建物     機械装置       土地                       (人)
                                      リース資産       その他       合計
                   及び構築物      及び運搬具      (面積㎡)
            ポンプ、送風
      三島事業所      機、バルブ、                     67,190                         326
                    2,028,003       593,358             21,965      129,134     2,839,652
      (三島市)      その他製品の                    (88,017)                          (90)
            製造設備等
      (注)1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでいません。
         2.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しています。
         3.現在休止中の主要な設備はありません。
       (2)国内子会社
         製造に係る主要な設備はありません。
       (3)在外子会社
                                                   2018年3月31日現在
                                   帳簿価額    (千円)
                                                         従業
            事業所名
                  設備の
                                                         員数
      会社名
                              機械装置
            (所在地)                         土地
                   内容
                        建物及び
                                                         (人)
                               及び          リース資産       その他      合計
                                   (面積㎡)
                        構築物
                              運搬具
                 ポンプ、そ

                                       -                    12
     DMW      インド   工場
                        152,517      113,730              -   98,337     364,585
                 の他製品の
     インド社      (プネ市)                           (-)                    (0)
                 製造設備等
      (注)1.帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでいません。

         2.帳簿価額のその他については、借地権(75,799千円)が含まれています。
         3.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しています。
         4.現在休止中の主要な設備はありません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループの設備投資計画については、生産設備の増強を中心に既存設備の維持・更新を総合的に勘案して策定し
      ています。
       なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修計画はありません。
                                 17/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 19,107,600

                  計                                19,107,600

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在
                                       上場金融商品取引所
                           提出日現在発行数(株)
        種類                               名又は登録認可金融               内容
                発行数(株)
                            (2018年6月28日)
                                       商品取引業協会名
               (2018年3月31日)
                                                  権利内容に何ら限定
                                                  のない当社における
                                        東京証券取引所
       普通株式            4,776,900             4,776,900                  標準となる株式で、
                                        (市場第二部)
                                                  単元株式数は100株
                                                  です。
                                            ―           ―
        計           4,776,900             4,776,900
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項     はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項     はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

          2007年11月1日付で実施した株式分割(1:3)により、発行済株式総数は1,592千株から3,184千株増加し、
          4,776千株となっています。
                発行済株式        発行済株式                       資本準備金
                                                      資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額
                                (千円)        (千円)              残高(千円)
                 (千株)        (千株)                       (千円)
      2007年11月1日             3,184        4,776          ―    810,000           ―     28,739

                                 18/83







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                     2018年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
         区分                             外国法人等
                                                        株式の状況
                              その他の
               政府及び地          金融商品取
                    金融機関                         個人その他       計
                                                         (株)
               方公共団体          引業者
                              法人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)                  12     14     127      16         3,280     3,449
                  ―                          ―               ―
     所有株式数(単元)                 8,327      198    12,577      727         25,870     47,699      7,000
                  ―                          ―
     所有株式数の割合
                      17.46      0.42     26.37      1.52          54.23     100.00
                  ―                          ―               ―
     (%)
      (注)1 自己株式372,296株は、「個人その他」に3,722単元(372,200株)、「単元未満株式の状況」に96株含まれ
           ています。
         2 証券保管振替機構名義の株式400株は、「その他の法人」に4単元含まれています。
       (6)【大株主の状況】

                                                    2018年3月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                             所有株式数
           氏名又は名称                      住所                   く。)の総数に
                                              (百株)
                                                    対する所有株式
                                                     数の割合(%)
     株式会社GM      INVESTMENTS                                   5,069         11.51

                        東京都中央区八重洲1丁目4番22号
                                              2,191          4.97
     電業社取引先持株会                   静岡県三島市三好町3番27号
                                              2,025          4.60
     三井住友海上火災保険株式会社                   東京都千代田区神田駿河台3丁目9番地
     明治安田生命保険相互会社
                        東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
     (常任代理人       資産管理サービス信託銀
                                              1,758          3.99
                        (東京都中央区晴海1丁目8番12号)
     行株式会社)
                                              1,304          2.96
     株式会社鶴見製作所                   大阪府大阪市鶴見区鶴見4丁目16番40号
                                              1,275          2.89
     株式会社明電舎                   東京都品川区大崎2丁目1番1号
                                              1,200          2.72
     一般財団法人生産技術研究奨励会                   東京都目黒区駒場4丁目6番1号
                                              1,045          2.37
     株式会社三菱東京UFJ銀行                   東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                                               706         1.60
     水道機工株式会社                   東京都世田谷区桜丘5丁目48番16号
     日本生命保険相互会社
                        東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
     (常任代理人 日本マスタートラスト                                          620         1.41
                        (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
     信託銀行株式会社)
                                  ―            17,193          39.04
              計
      (注)1 上記のほか、自己株式が3,722百株あります。
         2 株式会社三菱東京UFJ銀行は、2018年4月1日付で株式会社三菱UFJ銀行に商号変更しています。
                                 19/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                            ―            ―        ―

      議決権制限株式(自己株式等)                            ―            ―        ―

      議決権制限株式(その他)                            ―            ―        ―

                                                 権利内容に何ら限定
                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                        ―    のない当社における
                          普通株式  372,200
                                                 標準となる株式
      完全議決権株式(その他)                    普通株式 4,397,700                 43,977          同上
      単元未満株式                      普通株式 7,000                  ―        ―

      発行済株式総数                         4,776,900              ―        ―

      総株主の議決権                            ―         43,977           ―

      (注)1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含
           まれています。
         2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式96株が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都大田区大森北
                               372,200         ―      372,200          7.79
     株式会社電業社機械製作所             1丁目5番1号
           計            ―        372,200         ―      372,200          7.79
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】         会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項    はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項    はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                    株式数(株)              価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                      24            45,360

      当期間(2018年4月1日から2018年6月28日)
                                            ―              ―
      における取得自己株式
      (注) 当期間における取得自己株式には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式は含まれていません。
                                 20/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                                   当期間
                                                (自 2018年4月1日
                                 当事業年度
                                                 至 2018年6月28日)
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           ―        ―        ―        ―

      消却の処分を行った取得自己株式                           ―        ―        ―        ―

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 ―        ―        ―        ―
      た取得自己株式
      その他                           ―        ―        ―        ―
      保有自己株式数                        372,296           ―     372,296           ―

      (注) 当期間における保有自己株式数には、2018年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式は含まれていません。
      3【配当政策】

        当社グループは、従来から安定的な経営成績の確保と経営基盤の維持増強に努めています。株主に安定的な配当を
       することを基本に、当社グループで持つ経営資源を効果的に活用することにより、一層収益力の向上と経営基盤の安
       定・強化に努めてまいります。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としています。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会です。
        内部留保資金については、事業拡大に向けての設備投資資金、製品開発やコスト削減にむけた研究開発投資資金、
       新規顧客・分野への営業投資資金等今後の成長の重要な原資として活用します。
        当期の配当金については、期末配当1株当たり35円とし、1株当たり30円の中間配当とあわせ年間で1株当たり65
       円を実施することを決定しました。
        当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
       めています。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。
                      配当金の総額             1株当たり配当額
         決議年月日
                       (百万円)               (円)
        2017年11月14日
                             132             30.00
        取締役会決議
        2018年6月28日
                             154             35.00
       定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第79期          第80期          第81期          第82期          第83期
      決算年月        2014年3月          2015年3月          2016年3月          2017年3月          2018年3月

      最高(円)            1,890          1,900          2,100          2,060          2,401

      最低(円)            1,460          1,600          1,710          1,680          1,825

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものです。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2017年10月          11月        12月       2018年1月          2月        3月
      最高(円)          1,940        2,030        2,161        2,290        2,217        2,401

      最低(円)          1,900        1,920        1,973        2,131        1,990        2,150

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものです。
                                 21/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
       2018年6月28日現在の取締役及び監査役の状況は次のとおりです。
       男性10名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数

       役名       職名       氏名      生年月日                          任期
                                          略歴
                                                        (百株)
                                 1971年3月     当社入社

                                 2002年6月     当社取締役、第一設計部長兼第二
                                       設計部統括
                                 2005年3月     当社取締役、生産本部長
                                 2005年6月     当社常務取締役、生産本部長
                                 2007年4月     当社取締役、上席常務執行役員、
     代表取締役                                 生産本部長
     社長                            2009年4月     当社取締役、専務執行役員、生産
                   土 屋 忠 博
               ―           1949年1月3日生                           (注)4      215
     最高執行役員                                 本部長、管理本部統括
                                 2010年9月     当社取締役、専務執行役員、三島
     社長
                                       事業所統括、生産本部長
                                 2012年4月     当社取締役、専務執行役員、三島
                                       事業所長
                                 2013年4月     当社代表取締役社長、最高執行役
                                       員社長
                                       現在に至る
                                 1982年3月     当社入社
                                 2011年4月     当社執行役員、営業本部産業シス
                                       テム営業部統括兼営業本部産業シ
                                       ステム営業部長
                                 2011年5月     当社上席執行役員、営業本部長
                                 2011年6月     当社取締役、上席執行役員、営業
     取締役                                 本部長
                   彦 坂 典 男
     上席常務       生産本部長              1959年2月9日生        2012年4月     当社取締役、常務執行役員、営業              (注)4       89
     執行役員                                 本部長
                                 2017年4月     当社取締役、常務執行役員、営業
                                       本部長、社会システム・支店/営
                                       業所統括
                                 2018年4月     当社取締役、上席常務執行役員、
                                       生産本部長
                                       現在に至る
                                 1973年3月     当社入社
                                 2011年4月     当社執行役員、生産本部生産部・
                                       プラント建設部統括兼生産本部プ
                                       ラント建設部長
                                 2013年4月     当社上席執行役員、生産本部生産
                                       部・プラント建設部統括兼生産本
                                       部プラント建設部長
                                 2013年6月     当社取締役、上席執行役員、生産
                                       本部生産部・プラント建設部統括
     取締役                                 兼生産本部プラント建設部長
                   村 林 秀 晃
            営業本部長              1953年1月29日生                           (注)4       86
     常務執行役員                            2013年10月     当社取締役、上席執行役員、生産
                                       本部生産部・プラント建設部統括
                                 2015年6月     当社取締役、上席執行役員、生産
                                       本部副本部長、生産本部生産部・
                                       プラント建設部統括
                                 2016年4月     当社取締役、常務執行役員、生産
                                       本部長
                                 2018年4月     当社取締役、常務執行役員、営業
                                       本部長
                                       現在に至る
                                 22/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日                          任期
                                          略歴
                                                        (百株)
                                 1984年4月     当社入社
                                 2011年4月     当社生産本部水力機械設計部長
                                 2013年4月     当社執行役員、生産本部水力機械
                                       設計部・気体機械設計部・技術研
                                       究所統括兼生産本部水力機械設計
                                       部長
                                 2013年10月     当社執行役員、生産本部水力機械
                                       設計部・気体機械設計部・技術研
                                       究所統括兼生産本部        技術研究   所長
            管理本部長
     取締役                            2015年4月     当社執行役員、管理本部総務部統
                   稲 垣    晃
            経営戦略室・              1960年1月7日生
                                                    (注)4       38
     上席執行役員                                 括兼経営戦略室長
            関連会社統括
                                 2017年4月     当社上席執行役員、管理本部長兼
                                       経営戦略室長、関連会社統括
                                 2017年6月     当社取締役、上席執行役員、管理
                                       本部長兼経営戦略室長、関連会社
                                       統括
                                 2018年4月     当社取締役、上席執行役員、管理
                                       本部長、経営戦略室・関連会社統
                                       括
                                       現在に至る
                                 1970年4月     株式会社明電舎入社
                                 1999年6月     同社システム装置工場 工場長
                                 2003年4月     同社装置事業部 事業部長
                                 2003年6月     同社執行役員
                                 2005年6月     同社常務執行役員
                                 2006年4月     同社専務執行役員
                   杉 山 博 司
     社外取締役                    1948年1月24日生        2006年6月     同社取締役、専務執行役員
               ―                                     (注)4       11
                                 2010年4月     同社代表取締役副社長
                                 2012年4月     同社取締役
                                 2012年6月     同社顧問
                                 2014年3月     同社顧問退任
                                 2014年6月     当社社外取締役
                                       現在に至る
                                 1975年4月     千代田化工建設株式会社入社
                                 1998年4月     同社中近東・アフリカ営業部長
                                 2002年10月     同社海外営業本部長
                                 2004年1月     同社調達本部長
                                 2007年6月     同社執行役員 業務統括
                                 2008年7月     同社執行役員 海外営業統括
                                 2011年4月     同社常務執行役員 技術開発事業
                                       部門副本部長兼事業開発本部長
                   上 地 崇 夫
     社外取締役          ―           1952年1月8日生        2014年4月     同社専務執行役員 プロジェクト             (注)4       -
                                       開発事業本部長
                                 2015年4月     同社顧問
                                 2016年4月     同社特任顧問
                                 2016年6月     当社社外取締役
                                       現在に至る
                                 2017年3月     千代田化工建設株式会社特任顧問
                                       退任
                                       現在に至る
                                 1974年3月     当社入社
                                 2004年3月     当社生産本部気体機械設計部長
     監査役
                   塩 崎    孝
               ―           1951年6月5日生        2011年4月     当社生産本部気体機械設計部技監              (注)5       34
     (常勤)
                                 2014年6月     当社常勤監査役
                                       現在に至る
                                 23/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日                          任期
                                          略歴
                                                        (百株)
                                 1975年3月     当社入社
                                 2008年4月     当社営業本部社会システム営業部
                                       長
                                 2010年5月     当社執行役員、営業本部社会シス
                                       テム営業部長、支店/営業所統括
                                 2013年4月     当社上席執行役員、営業本部社会
                                       システム営業部・支店/営業所・
                                       社会システム技術部統括兼社会シ
     監査役
                   鯉 沼 博 行
               ―           1954年6月2日生                           (注)6       37
     (常勤)
                                       ステム営業部長
                                 2017年4月     当社上席主幹、営業本部社会シス
                                       テム・支店/営業所統括補佐
                                 2017年10月     当社上席主幹、内部監査室兼営業
                                       本部社会システム営業部
                                 2018年4月     当社上席主幹、内部監査室
                                 2018年6月     当社常勤監査役
                                       現在に至る
                                 1975年4月     株式会社三菱銀行(現株式会社三
                                       菱UFJ銀行)入行
                                 1984年10月     同行米国シカゴ支店支店長代理
                                 1993年10月     同行国際資金為替部資金グループ
                                       次長
                                 1996年11月     同行米国ニューヨーク支店副支店
                                       長兼為替資金米州室長
                                 2000年11月     同行為替資金部副部長
                   住 田 知 正
     社外監査役          ―           1951年8月16日生                           (注)5       -
                                 2002年3月     同行市場事務部部長
                                 2004年6月     同行退職
                                       日本梱包運輸倉庫株式会社常勤監
                                       査役(社外監査役)
                                 2012年6月     日本梱包運輸倉庫株式会社常勤監
                                       査役(社外監査役)退任
                                       当社社外監査役
                                       現在に至る
                                 1981年11月     昭和監査法人(現       新日本有限監
                                       査法人)入所
                                 1985年8月     公認会計士登録
                                 1997年5月     太田昭和監査法人(現         新日本有
                                       限責任監査法人)社員
                                 2003年5月     新日本監査法人(現        新日本有限
                                       責任監査法人)代表社員
                                 2008年7月     新日本有限責任監査法人シニア
                                       パートナー
                                 2014年6月     同監査法人退職
                   多 田    修
     社外監査役                    1952年9月26日生
               ―                                     (注)5       -
                                 2014年7月     多田修公認会計士事務所開業
                                       現在に至る
                                 2016年6月     大和ハウスリート投資法人監督役
                                       員
                                       当社社外監査役
                                       現在に至る
                                 2016年9月     大和ハウスリート投資法人監督役
                                       員退任
                                       ジェイレックス・コーポレーショ
                                       ン株式会社取締役(監査等委員)
                                       現在に至る
                              計                             510
      (注)1 取締役 杉山博司、上地崇夫の両氏は、社外取締役です。
         2 監査役 住田知正、多田 修の両氏は、社外監査役です。
         3 当社は法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠の監査
           役1名を選任しています。補欠監査役の略歴は以下のとおりです。
                                 24/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
                                                   所有株式数

             氏名       生年月日
                                     略歴
                                                   (百株)
                          1972年4月     中部電力株式会社入社
                          1999年7月     同社火力センター渥美火力発電所長
                          2001年7月     同社支配人     火力センター川越火力発電所長
                          2003年7月     同社支配人     火力センター所長
          浅 田 耕 太       1949年8月26日生                                    -
                          2005年6月     同社  監査役
                          2009年6月     同社監査役退任
                               株式会社トーエネック常任監査役
                          2015年6月     同社常任監査役辞任
                               現在に至る
         4 2017年3月期に係る定時株主総会終結の時から2019年3月期に係る定時株主総会終結の時までです。

         5 2016年3月期に係る定時株主総会終結の時から2020年3月期に係る定時株主総会終結の時までです。
         6 2018年3月期に係る定時株主総会終結の時から2020年3月期に係る定時株主総会終結の時までです。
           (他の在任監査役の任期満了の時まで)
         7 当社は業務運営の一層の強化を図るため、執行役員制度を導入しています。執行役員は8名で構成されてい
           ます。
     (ご参考)2018年6月28日現在の               執行役員の陣容は次のとおりです。

        役 名         氏 名                       職  名
      ※最高執行役員社長         土 屋 忠 博
      ※上席  常務執行役員       彦 坂 典 男        生産本部長
      ※常務執行役員         村 林 秀 晃        営業本部長
      ※上席執行役員         稲 垣   晃        管理本部長 経営戦略室・関連会社統括
      上席執行役員         浜 田 耕 一        営業本部産業システム統括 兼 海外部長
      執行役員         青 山 匡 志        生産本部設計・研究統括 兼 水力機械設計部長 兼 技術研究所長
      執行役員         原   広 志        生産本部資材部長
      執行役員         山 岸 嗣 宏        営業本部社会システム統括 兼 社会システム営業部長
       (注)※印の各氏は、取締役を兼務しています。
                                 25/83










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
          当社グループ及び当社のコーポレート・ガバナンスの状況は以下のとおりです。
         ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方                            は、会社が持続的に成長することや中長期的な企業
         価値を向上させるためには、実効的なコーポレートガバナンスの実現に資する以下の原則を適切に実践すること
         が重要だと考え、これらのコーポレートガバナンスの充実を図り、当社が良き企業市民として社会・地域と共存
         し価値ある会社となることを基本的な考え方としています。
         (ア)株主の権利・平等性を確保すること
         (イ)株主以外のステークホルダーとの適切な協働を図ること
         (ウ)適切な情報開示と透明性を確保すること
         (エ)取締役会が、(a)企業戦略等の大きな方向性を示すこと、(b)取締役に適切なリスクテイクを支える
           環境整備を行うこと、(c)独立した客観的な立場から、取締役に対する実効性の高い監督を行うこと等
           の役割・責務を適切に果たすこと
         (オ)株主との建設的な対話を行うこと
         ②企業統治の体制

         (ア)企業統治の体制の概要
            企業統治の体制の概要は次のとおりです。
            (a)組織形態
             当社は、監査役会設置会社です。
            (b)取締役会
             取締役会は、社内取締役4名及び社外取締役2名の計6名体制となっており、経営方針等の重要事項に
             関する意思決定及び業務執行の監督を行うため、毎月定期に開催するほか、必要に応じて臨時に開催し
             ています。
            (c)監査役会
             監査役会は、常勤監査役2名及び社外監査役(非常勤)2名の計4名体制となっています。
             各監査役が毎月の取締役会及び臨時に開催される取締役会に出席し必要に応じて意見を述べ、取締役の
             職務の執行について監査を行い、状況を確認しています。
             また、監査役監査基準、監査計画に基づき、工場・営業拠点等の社内各部門への業務監査、子会社監査
             等を実施しています。
            (d)経営戦略会議
             中期経営計画の策定または時宜にかなった経営テーマの選択・討議を行う場として、年4回開催してい
             ます。
            (e)利益計画会議
             年度予算の策定及び執行状況の確認を行う場として、年4回開催しています。
            (f)執行役員会
             業務執行状況の報告、指示を行う場として原則月2回開催しています。
            (g)指名委員会
             取締役候補者の指名に関しては、社長を委員長としその他2名の取締役(うち1名は社外取締役)で構
             成される指名委員会において、候補者の経歴・業績・適性等について審議検討し、取締役会にて決定し
             ます。監査役候補者の指名に関しては上記指名委員会にて、候補者の経歴・業績・適性等について審議
             検討し、監査役会の同意を得て、取締役会にて決定します。
            (h)報酬委員会
             取締役の報酬については、株主総会で決議された年間報酬総額の範囲内で、取締役会からの委任に基づ
             き、社長を委員長としその他2名の取締役(うち1名は社外取締役)で構成される報酬委員会にて決定
             します。
         (イ)  上記企業統治の体制を採用する理由

            当社の企業統治の体制においては、                  当社グループの事業に精通した取締役と独立性の高い社外取締役に
           よって構成される取締役会が取締役の職務の執行に対する監督機能を担うことが有効であると考えていま
           す。また    当社は、執行役員制度の導入により取締役員数の絞り込みを行い、取締役会の意思決定機能と監督
           機能の強化を図っています。
            監査役監査については、経営監視機能としての客観性及び中立性を十分備えた社外監査役と当社グループ
           の事業に精通した常勤監査役との組み合わせが、監査                         をより有効に働かせるものである               と 考えてい    ます。
            以上の理由      により、    上記  企業統治の体制を採用しています。
                                 26/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (ウ)  図表
         (エ)内部統制システムの整備の状況









            当社及び当社子会社の内部統制システムの整備の状況は次のとおりです。
            (a)「当社及び当社子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するた
              めの体制」
             (ⅰ)当社グループの取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任及び企業
               倫理を果たすため、「電業社グループ行動指針」を定め、それを当社グループ全役職員に周知徹底
               させる。
               なお、「電業社グループ行動指針」に「市民社会の秩序や安全に脅威を与える全ての反社会的勢力
               とは一切関係をもたない。」と定め、反社会的勢力に対しては組織的に対応する。
             (ⅱ)コンプライアンス担当取締役を置き、コンプライアンス委員会を設置する。コンプライアンス委員
               会は、定期的にコンプライアンス・マネジメント・プログラム(CMP)を策定し、それを実施する。
             (ⅲ)当社グループの取締役及び使用人に対し、コンプライアンスに関する研修、マニュアルの作成・配
               布等を行うこと等により、コンプライアンスの知識を高め、コンプライアンスを尊重する意識を醸
               成する。
            (b)「取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制」
               重要な意思決定及び報告等、取締役の職務の執行に係る情報を適切に記録し、「取締役の業務に係
              わる保存文書管理規程」に従い、確実に保存及び管理する。
            (c)「当社及び当社子会社の損失の危険の管理に関する規定その他の体制」
             (ⅰ)当社グループにおける損失の危険を適切に管理するため、リスクの類型に応じ部門・委員会等が所
               掌に応じて対処し、コンプライアンス委員会が全社の指導・統制を行う。
             (ⅱ)損失の危険が顕在化し、経営危機が発生した場合には、「危機対処規程」に従い迅速かつ適切に対
               処する。
             (ⅲ)損失の危険の管理に関する規程、もしくはその体制にかかる社内規程・運用等を定期的に見直し、
               整備する。
                                 27/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
            (d)「当社及び当社子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制」
             (ⅰ)執行役員制度の導入(当社)、取締役員数の絞り込みにより、取締役会の意思決定機能と監督機能
               の強化を図る。
             (ⅱ)当社グループの中期経営計画及び年次計画を定め、当社グループとして達成すべき目標を明確化す
               るとともに、取締役ごとに業績目標を明確化する。
             (ⅲ)業績目標の進捗は当社取締役会等にてフォローアップを行う。
            (e)「当社子会社の取締役、執行役、業務を執行する社員、会社法第598条第1項の職務を行うべき者そ
               の他これらの者に相当する者(以下「取締役等」という。)の職務の執行に係る事項の当社への報
               告に関する体制」
               当社は、子会社管理規程に基づき、子会社の重要事項については当社への報告を義務付ける。
            (f)「監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項」
               監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、適宜、必要な人員を配置する。
            (g)「前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項」
               監査役を補助すべき使用人を置いた場合は、当該使用人にかかる人事異動、考課、懲戒等に関して
              は、事前に監査役会に通知し同意を得るものとする。
            (h)「監査役の(f)の使用人に対する指示の実効性確保に関する事項」
               監査役を補助すべき使用人は、監査役の指揮命令に従って、監査役監査に必要な適法範囲の調査・
              情報収集を行う権限を有する。
            (i)    「取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制」
             (ⅰ)取締役及び使用人は、会社に重大な損失を与えるような事項が発生し                                    または   発生する恐れがあると
               き、取締役及び使用人による違法               または   不正な行為を発見したとき、その他監査役会が報告すべき
               ものと定めた事項が生じたときは監査役に報告する。
             (ⅱ)社内通報ラインを整備するとともに、前項の報告のため、監査役への通報ラインも整備する。
             (ⅲ)各部門を統括する取締役は監査役会に、定期的または不定期的に担当する部門のコンプライアン
               ス・リスク管理体制及びその状況について報告する。
            (j)「子会社の取締役等、監査役等及び使用人またはこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に報
               告するための体制」
             (ⅰ)子会社の取締役、監査役及び使用人は、会社に重大な損失を与えるような事項が発生しまたは発生
               する恐れがあるとき、取締役及び使用人による違法又は不正な行為を発見したとき、その他監査役
               会が報告すべきものと定めた事項が生じたときは監査役に報告する。
             (ⅱ)社内通報ラインを整備するとともに、前項の報告のため、監査役への通報ラインも整備する。
             (ⅲ)子会社を統括する取締役は監査役会に、定期的又は不定期的に子会社のコンプライアンス・リスク
               管理体制及びその状況について報告する。
            (k)「監査役へ報告した者が当該報告したことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するため
               の体制」
               当社グループの取締役または使用人が監査役に当該報告を行ったことを理由として、当該取締役ま
              たは使用人に対して不利益な取扱いを受けないこととし、「電業社グループ行動指針」にその旨明記
              する。また、当該報告した者への取扱状況は監査役の求めに応じ適宜報告する。
            (l)「監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生
               ずる費用又は債務の処理にかかる方針に関する事項」
               監査役がその職務の執行について、会社に対し、会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求を
              したときは、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないことを会社が証
              明した場合を除き、速やかに対応する。
            (m)「その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制」
             (ⅰ)取締役及び使用人の監査役監査に対する理解を深め、監査役監査の環境を整備するよう努める。
             (ⅱ)代表取締役との定期的な意見交換会を開催し、適切な意思疎通及び効果的な監査業務の遂行を図
               る。
            (n)「財務報告の信頼性を確保するための体制」
               財務報告の信頼性を確保するため、「財務報告に係る内部統制に関する基本方針書」に基づき業務
              を運用する。
                                 28/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (オ)  リスク管理体制の整備の状況
            当社グループにおけるコーポレート・ガバナンス推進のため、コンプライアンスの基本ルールとして「電
           業社グループ行動指針」を定めており、その内容は社会ルールの理解と遵守、ステークホルダーとのありか
           た、自由で公正な事業活動、情報の取扱い、環境への取り組み、企業市民としての役割及びその実施体制等
           により構成されています。本行動指針を当社グループの役員及び従業員への周知・徹底を図ることで、コン
           プライアンス体制の一層の強化に努めています。
            具体的な取組状況については以下のとおりです。
            (a)コンプライアンス委員会による「コンプライアンス・マネジメント・プログラム」の運用
             コンプライアンスにかかわる各部門別の具体的な取組みを計画的に進めると共に進捗管理を徹底すべ
             く、2004年6月から、コンプライアンス委員会による「コンプライアンス・マネジメント・プログラ
             ム」の運用を開始し、コンプライアンスへの取組みに対する継続的なマネジメント体制の構築を図って
             います。
             また、特に営業業務にかかる法令遵守を当社グループの全営業員に徹底させるため、「公正な事業活動
             のための行動基準」を営業本部コンプライアンス担当部門が全営業員に周知徹底し、違反行為の未然防
             止に努めています。
            (b)法律実務研修会の実施
             全管理職を対象とした法律実務に関する研修会を顧問弁護士等を講師として、2002年度より毎年実施し
             ており、コンプライアンス体制の一層の強化に努めています。
         (カ)  責任限定契約の内容の概要
           当社は、各社外取締役及び各社外監査役との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1
          項の損害賠償責任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は法令が規定す
          る額としています。
         ③内部監査及び監査役監査の状況

           内部監査については、社長直轄の組織として「内部監査室」(3名)を設置しています。内部監査室は、内
          部統制システムにおける管理体制の強化と、社内各部門のリスクへの取組状況を確認、評価するために内部監
          査を行っています。
           監査役は常勤監査役2名及び社外監査役(非常勤)2名の計4名体制で監査役会を構成しています。監査役は
          毎月の取締役会及び臨時に開催される取締役会に出席し必要に応じて意見を述べ、取締役の職務の執行につい
          て監査を行い、状況を確認しています。
           また、監査役監査基準、監査計画に基づき、工場・営業拠点等の社内各部門への業務監査、子会社監査等を
          実施しています。
           会計監査人の監査については、監査役は監査年度初めに、監査計画及び四半期レビュー計画の説明を受け、
          また監査役からも監査計画の説明及び情報提供を行い、その後定期的に会計監査人より監査状況について報告
          を受けるほか、必要に応じて情報・意見交換を行っています。その他、棚卸監査への立会を行い、その内容を
          確認しています。
           監査役と内部監査室とは連携して社内各部門に対する監査計画を立案し、中間段階において監査状況につい
          ての情報交換を行うほか、必要に応じて情報・意見交換を行い、より効果的な監査となるよう努めています。
           なお、監査役多田 修氏は、公認会計士の資格を有しています。
           また、財務報告に係る内部統制については、J-SOX担当チームが仕組みの構築・運用・監査を行ない、結果
          を代表取締役社長に報告し、代表取締役社長から取締役会に報告しています。この過程及び結果について会計
          監査人が監査の業務を行っています。
           監査役もしくは監査役会、会計監査人、内部監査室は内部統制部門(総務部、経理部、コンプライアンス委
          員会、J-SOX担当チーム)の統制状況を監査し、評価したうえで監査の効率化や有効性を高めています。
         ④社外取締役及び社外監査役

           当社の取締役6名のうち2名が社外取締役であり、監査役4名のうち2名が社外監査役です。
           当社は社外取締役または社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、
          東京証券取引所有価証券上場規程第436条の2に規定する独立役員に関する判断基準を参考にしています。
          (ア)社外取締役杉山博司氏は、電気機器メーカにおける企業経営全般にかかわる豊富な経験と見識、ならびに
            同社における豊富な海外展開の経験に基づく幅広い視野を客観的な立場から当社取締役会における適切な
            意思決定及び経営監督に活かしていただけるものと判断し選任しています。
            同氏は、当社の取引先である株式会社明電舎出身です。同社と当社との間には取引関係がありますが、同
            氏は当社における事業等の意思決定に対して、親子会社・関連会社と同程度の影響力を与え得る取引関係
            がある取引先の出身者には該当しないと判断しております。また、当社と同社との間に人的関係、資本的
            関係その他利害関係         はありません      。以上から同氏は当社からの独立性を有していると考えています。
                                 29/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          (イ)社外取締役上地崇夫氏は、総合エンジニアリング会社の執行役員として海外部門の営業、事業の開発等を
            統括された豊富な経験と高い見識を有しているため、当社取締役会において、客観的な立場から適切な意
            思決定及び経営監督を行っていただけるものと判断し選任しています。
            同氏は、当社の取引先である千代田化工建設株式会社出身です。同社と当社との間には取引関係がありま
            すが、同氏は当社における事業等の意思決定に対して、親子会社・関連会社と同程度の影響力を与え得る
            取引関係がある取引先の出身者には該当しないと判断しております。また、当社と同社との間に人的関
            係、資本的関係その他利害関係              はありません      。以上から同氏は当社からの独立性を有していると考えてい
            ます。
          (ウ)社外監査役住田知正氏は、長年にわたる金融機関での業務経験及び企業財務に関する知見を有しており、
            また他社の社外監査役としての豊富な経験を有していることから、客観的な幅広い意見を得ることを目的
            に選任しています。
            同氏は当社の取引先である株式会社三菱UFJ銀行出身ですが、2004年6月に同行の前身である株式会社東
            京三菱銀行を退職して          います。    同行と当社との間には取引関係がありますが、同氏は当社における事業等
            の意思決定に対して、親子会社・関連会社と同程度の影響力を与え得る取引関係がある取引先の出身者に
            は該当しないと判断しております。また、当社と同社との間に人的関係、資本的関係その他利害関係もあ
            りません。
            同氏は、日本梱包運輸倉庫株式会社の社外監査役でしたが、当社と同社との間に人的関係、資本的関係又
            は取引関係その他利害関係はありません。                    以上から同氏は当社からの独立性を有していると考えていま
            す。
          (エ)社外監査役多田 修氏は、公認会計士として培われた専門的知識・経験を有していることから、当社の監
            査体制に活かしてもらうために選任しています。
            同氏は、当社の会計監査人である新日本有限責任監査法人出身ですが、2014年6月に同監査法人を退職し
            ています。
            当社から同監査法人に支払われた当連結会計年度に係る監査報酬は32百万円です。当該監査報酬は同監査
            法人にとって、日本公認会計士協会の定める独立性に関する指針に照らして多額の金銭その他の財産には
            あたらないと判断していることから、同氏は当社から多額の金銭その他の財産を得ている監査法人の出身
            者には該当しないと判断しています。また、当社と同監査法人との間に人的関係、資本的関係その他利害
            関係はありません。
            同氏は、ジェイレックス・コーポレーション株式会社の取締役(監査等委員)ですが、当社と同社との間
            に人的関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。
            同氏は、     大和ハウスリート投資法人(現大和ハウス・レジデンシャル投資法人)の監督役員                                      でしたが、当
            社と同社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係はありません。                                       以上から同氏は当社
            からの独立性を有していると考えています。
          (オ)社外監査役による監査と内部監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係
            社外監査役は監査役会の構成員として、内部監査室や会計監査人との情報共有化や意見交換を行い、また
            内部統制部門に対する監査を通して、自らの知見を生かした監査の実効を上げています。
                                 30/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         ⑤役員報酬等
          当事業年度における当社の役員報酬等の額は以下のとおりです。
                             報酬等の種類別の総額(千円)
                                              対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                    役員の員数
                     (千円)
                                               (人)
                              基本報酬         賞与
     取締役

                       138,145         83,145        55,000        6 (注)3
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       10,200        10,200          -      1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                  21,600        21,600          -      ▶
      (注)1.取締役の報酬限度額は、2010年6月28日開催の第75回定時株主総会において年額190百万円以内と決議され
           ています。
         2.     監査役の報酬限度額は、2007年6月28日開催の第72回定時株主総会において年額40百万円以内と決議されて
           います。
         3.上記の取締役(社外取締役を除く。)には、2017年6月29日開催の第82回定時株主総会終結の時をもって退
           任した取締役2名を含んでいます。
         4 .役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
            取締役の報酬については、株主総会で決議された年間報酬総額の範囲内で、取締役会からの委任に基づ
            き、社長を委員長としその他2名の取締役(うち1名は社外取締役)で構成される報酬委員会にて決定し
            ます。
            取締役の報酬は、固定報酬と業績連動報酬(賞与)で構成され、経営環境や外部の客観的資料を考慮しな
            がら業績向上意欲を保持できる水準としています。ただし、執行業務に携わらない社外取締役は固定報酬
            のみです。また、取締役(社外取締役を除く。)は株主と利害を共有し、自社株式価値の向上を意識した
            経営を行うため、固定報酬の5%以上を役員持株会にて自社株購入を行っており、購入した自社株式は原
            則として役員退任後1年まで保有することとしています。
            監査役の報酬(固定報酬のみ)は、株主総会で決議された年間報酬総額の範囲内で、監査役の協議にて決
            定します。
            なお、役員退職慰労金制度は採用していません。
                                 31/83











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         ⑥株式の保有状況
         (ア)  投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
            14  銘柄  1,730,554         千円
         (イ)  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有

           目的
             前事業年度
             特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                      (千円)
     ㈱三菱UFJフィナンシャ
                            906,000              633,928     事業活動の円滑な推進
     ル・グループ
     ㈱鶴見製作所                       320,000              520,640     事業活動の円滑な推進
     水道機工㈱                       467,000              161,582     事業活動の円滑な推進

     ㈱明電舎                       270,000              106,650     事業活動の円滑な推進

     ダイハツディーゼル㈱                       55,000              37,950     事業活動の円滑な推進

     東海カーボン㈱                       70,150              34,022     事業活動の円滑な推進

     MS&ADインシュアラン
     スグループホールディング                        5,700             20,178     事業活動の円滑な推進
     ス㈱
             当事業年度

             特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                      (千円)
     ㈱三菱UFJフィナンシャ
                            906,000              631,482     事業活動の円滑な推進
     ル・グループ
     ㈱鶴見製作所                       320,000              599,040     事業活動の円滑な推進
     水道機工㈱                       93,400             188,574     事業活動の円滑な推進

     東海カーボン㈱

                            70,150             115,817     事業活動の円滑な推進
     ㈱明電舎                       270,000              109,620     事業活動の円滑な推進

     ダイハツディーゼル㈱

                            55,000              47,960     事業活動の円滑な推進
     MS&ADインシュアラン
     スグループホールディング                        5,700             19,123     事業活動の円滑な推進
     ス㈱
         (ウ)  保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並

           びに当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                     前事業年度
                                       当事業年度(千円)
                     (千円)
                    貸借対照表計        貸借対照表計         受取配当金         売却損益        評価損益
                    上額の合計額        上額の合計額         の合計額        の合計額        の合計額
     非上場株式                  33,913        33,913          420         -        -
     上記以外の株式                 257,599        228,267         4,614        9,863       106,585

                                 32/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         ⑦会計監査の状況
           会計監査は、新日本有限責任監査法人との間で監査契約を締結し、定期的な監査のほか、会計上の問題につ
          いては随時確認を行うなど、財務の適正化に努めています。
           (ア)業務を執行した公認会計士の氏名
             指定有限責任社員 業務執行社員   北川 卓哉、大屋 浩孝
           (イ)監査業務に係る補助者の構成     公認会計士4名、日本公認会計士協会準会員3名、その他5名
         ⑧取締役の定数

           当社の取締役は7名以内とする旨定款に定めています。
         ⑨取締役の選任及び解任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、累積投票によらないものとする旨定款に定めています。
           また、解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席
          し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めています。
         ⑩株主総会決議事項を取締役会で決議できるとした事項

         (ア)  中間配当
            当社は、会社法第454条第5項に定める中間配当の事項について、株主総会の決議によらず取締役会の決
           議により定める旨定款に定めています。これは、中間配当を取締役会の権限とすることにより、株主への機
           動的な利益還元を行うことを目的とするものです。
         (イ)  自己株式の取得
            当社は、自己の株式の取得について、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって自
           己の株式を取得することができる旨定款に定めています。これは、機動的な資本政策の遂行を目的とするも
           のです。
         ⑪株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めて
          います。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこ
          とを目的とするものです。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                32,000             100          32,000             -

      連結子会社                  -           -           -           -

         計             32,000             100          32,000             -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         該当事項        はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        (前連結会計年度)
         当社は、会計監査人に対して公認会計士法第2条第1項の業務以外の合意された手続業務を委託し、対価を支
        払っています。
        (当連結会計年度)
         該当  事項  は ありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

         該当事項はありません。
                                 33/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号
        )に基づいて作成しています。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しています。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成していま
        す。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責
       任監査法人による監査を受けています。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的には、会計基準等の内容
       を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人
       財務会計基準機構へ加入しています。
                                 34/83














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,947,306              3,395,541
         現金及び預金
                                                    ※3 13,639,505
                                       13,798,422
         受取手形及び売掛金
                                            -            8,424
         電子記録債権
                                        350,441                 -
         有価証券
                                      ※2 1,362,968             ※2 1,994,328
         仕掛品
                                        125,095              117,395
         原材料及び貯蔵品
                                        293,108              382,059
         繰延税金資産
                                       ※1 108,929             ※1 234,840
         その他
                                            -            △ 439
         貸倒引当金
                                       18,986,271              19,771,656
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       5,924,092              6,209,017
          建物及び構築物
                                      △ 3,753,341             △ 3,877,398
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                            2,170,750              2,331,618
          機械装置及び運搬具                             4,752,472              5,046,675
                                      △ 4,220,152             △ 4,323,766
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             532,320              722,908
          土地                              175,119              175,119
                                         37,200              55,327
          リース資産
                                        △ 14,205             △ 24,018
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             22,994              31,308
          建設仮勘定                              251,744               6,300
                                       2,418,551              2,452,905
          その他
                                      △ 2,225,800             △ 2,274,937
            減価償却累計額
            その他(純額)                             192,751              177,967
                                       3,345,679              3,445,222
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                181,948              156,342
         投資その他の資産
                                       2,330,157              2,613,530
          投資有価証券
                                         1,343              1,478
          繰延税金資産
          その他                              281,876              274,749
                                        △ 40,898             △ 38,808
          貸倒引当金
                                       2,572,480              2,850,950
          投資その他の資産合計
                                       6,100,108              6,452,515
         固定資産合計
       資産合計                                25,086,379              26,224,172
                                 35/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※3 4,496,507
                                       4,962,388
         支払手形及び買掛金
                                         8,104              12,667
         リース債務
                                        436,975              652,644
         未払法人税等
         前受金                                634,328              713,197
                                       ※2 147,745             ※2 315,059
         受注損失引当金
                                         76,125              112,512
         製品保証引当金
                                         70,450              62,489
         役員賞与引当金
                                      ※1 1,257,718             ※1 1,371,130
         その他
                                       7,593,836              7,736,208
         流動負債合計
       固定負債
                                         16,912              21,328
         リース債務
                                         96,349              61,019
         退職給付に係る負債
                                        202,473              280,987
         繰延税金負債
                                         83,738              81,669
         その他
         固定負債合計                                399,473              445,005
                                       7,993,310              8,181,213
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        810,000              810,000
         資本金
                                        111,319              111,319
         資本剰余金
                                       16,209,947              17,044,082
         利益剰余金
                                       △ 594,572             △ 594,617
         自己株式
                                       16,536,694              17,370,783
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        726,905              868,495
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 7,288             △ 14,226
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 81,325             △ 101,588
         為替換算調整勘定
                                        △ 81,915             △ 80,504
         退職給付に係る調整累計額
                                        556,375              672,174
         その他の包括利益累計額合計
                                       17,093,069              18,042,958
       純資産合計
                                       25,086,379              26,224,172
      負債純資産合計
                                 36/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                       18,275,990              17,336,998
      売上高
                                  ※2 , ※3 , ※4 13,874,977          ※2 , ※3 , ※4 12,859,906
      売上原価
                                       4,401,013              4,477,092
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 3,066,833           ※1 , ※2 2,969,538
      販売費及び一般管理費
                                       1,334,180              1,507,554
      営業利益
      営業外収益
                                         9,701              7,617
       受取利息
                                         52,312              56,523
       受取配当金
                                            -            35,429
       投資有価証券売却益
                                         70,729              72,620
       受取賃貸料
                                         20,049              20,585
       その他
                                        152,792              192,776
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           30               -
       支払利息
                                         17,847              16,994
       賃貸費用
                                         16,005              14,508
       固定資産処分損
                                         7,429              7,319
       支払保証料
                                         5,192              9,747
       為替差損
                                         7,078              6,034
       その他
                                         53,582              54,603
       営業外費用合計
                                       1,433,390              1,645,727
      経常利益
                                       1,433,390              1,645,727
      税金等調整前当期純利益
                                        414,302              617,569
      法人税、住民税及び事業税
                                         52,480             △ 70,253
      法人税等調整額
                                        466,783              547,316
      法人税等合計
                                        966,606             1,098,411
      当期純利益
                                        966,606             1,098,411
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 37/83










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                        966,606             1,098,411
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        137,367              141,589
       その他有価証券評価差額金
                                         9,481             △ 6,938
       繰延ヘッジ損益
                                         9,207             △ 20,262
       為替換算調整勘定
                                        △ 77,249               1,410
       退職給付に係る調整額
                                      ※1 , ※2 78,806           ※1 , ※2 115,799
       その他の包括利益合計
                                       1,045,412              1,214,210
      包括利益
      (内訳)
                                       1,045,412              1,214,210
       親会社株主に係る包括利益
                                 38/83
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                      810,000         111,319       15,484,329         △ 594,517       15,811,130
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 242,256                △ 242,256
      親会社株主に帰属する当期
                                        966,606                 966,606
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 54        △ 54
      その他

                                        1,267                 1,267
      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         -      725,617          △ 54      725,563
     当期末残高                 810,000         111,319       16,209,947         △ 594,572       16,536,694
                              その他の包括利益累計額

                                              その他の包括利        純資産合計
                 その他有価証券評        繰延ヘッジ        為替換算      退職給付に係る
                                                益累計額
                   価差額金        損益      調整勘定       調整累計額
                                                 合計
     当期首残高                589,538       △ 16,770      △ 90,532       △ 4,665      477,569      16,288,700
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 242,256
      親会社株主に帰属する当期
                                                         966,606
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 54
      その他                                                   1,267

      株主資本以外の項目の当期

                     137,367        9,481       9,207      △ 77,249       78,806       78,806
      変動額(純額)
     当期変動額合計                137,367        9,481       9,207      △ 77,249       78,806       804,369
     当期末残高                726,905       △ 7,288      △ 81,325      △ 81,915       556,375      17,093,069
                                 39/83








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 810,000         111,319       16,209,947         △ 594,572       16,536,694
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 264,276                △ 264,276
      親会社株主に帰属する当期
                                       1,098,411                 1,098,411
      純利益
      自己株式の取得
                                                 △ 45        △ 45
      その他

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -      834,134          △ 45      834,089
     当期末残高                 810,000         111,319       17,044,082         △ 594,617       17,370,783
                              その他の包括利益累計額

                                              その他の包括利        純資産合計
                 その他有価証券評        繰延ヘッジ        為替換算      退職給付に係る
                                                益累計額
                   価差額金        損益      調整勘定       調整累計額
                                                 合計
     当期首残高                726,905       △ 7,288      △ 81,325      △ 81,915       556,375      17,093,069
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 264,276
      親会社株主に帰属する当期
                                                        1,098,411
      純利益
      自己株式の取得
                                                          △ 45
      その他                                                     -

      株主資本以外の項目の当期

                     141,589       △ 6,938      △ 20,262        1,410      115,799       115,799
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     141,589       △ 6,938      △ 20,262        1,410      115,799       949,888
     当期末残高                868,495       △ 14,226      △ 101,588       △ 80,504       672,174      18,042,958
                                 40/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,433,390              1,645,727
       税金等調整前当期純利益
                                        428,376              480,010
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 11,500              △ 1,650
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                △ 114,875              167,350
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,964              36,387
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  13,350              △ 7,960
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                △ 170,206              △ 33,298
                                        △ 62,013             △ 64,141
       受取利息及び受取配当金
                                           30               -
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                   253               36
       固定資産処分損益(△は益)                                  16,005              14,508
       為替差損益(△は益)                                    23             △ 10
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  2,024             △ 35,429
       売上債権の増減額(△は増加)                               △ 2,471,381               150,496
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 73,349             △ 623,690
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 176,917             △ 124,874
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 243,827             △ 465,660
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 47,038              62,955
       前受金の増減額(△は減少)                                 107,203               78,869
       その他の負債の増減額(△は減少)                                  59,822              129,629
                                         2,218                -
       その他
                                       △ 468,886             1,409,254
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  68,522              69,380
                                          △ 30               -
       利息の支払額
                                       △ 223,222             △ 405,002
       法人税等の支払額
                                       △ 623,615             1,073,633
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 100,639                 -
       有価証券の取得による支出
                                        100,000                 -
       有価証券の償還による収入
                                       △ 593,062             △ 638,972
       有形固定資産の取得による支出
                                           535               38
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 40,937             △ 18,028
       無形固定資産の取得による支出
                                       △ 441,224             △ 437,752
       投資有価証券の取得による支出
                                        286,833               91,556
       投資有価証券の売却による収入
                                        400,000              650,000
       投資有価証券の償還による収入
                                         1,112               450
       貸付金の回収による収入
                                         11,821               4,970
       投資その他の資産の増減額(△は増加)
                                       △ 375,561             △ 347,738
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 7,555             △ 10,598
       リース債務の返済による支出
                                          △ 54             △ 45
       自己株式の取得による支出
                                       △ 242,256             △ 264,276
       配当金の支払額
                                       △ 249,866             △ 274,920
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         8,953             △ 2,738
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 1,240,090               448,235
      現金及び現金同等物の期首残高                                  4,187,396              2,947,306
                                       ※ 2,947,306              ※ 3,395,541
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 41/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数           3 社
            連結子会社の名称
             電業社工事株式会社
             株式会社エコアドバンス
             DMWインド社(DMW         CORPORATION      India   Private    Limited)
          (2)非連結子会社

            非連結子会社の対象会社はありません。
         2.持分法の適用に関する事項

          持分法の対象会社はありません。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社の事業年度末日と連結決算日は一致しています。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
            その他有価証券
             時価のあるもの
              連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
             移動平均法により算定)
              なお、組込デリバティブを区分して測定することができない複合金融商品は、全体を時価評価して
             います。
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
           ② たな卸資産

            仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
            原材料及び貯蔵品
              移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)                                    並びに2016年4月1
             日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法)
               なお、主な耐用年数は次のとおりです。
                建物及び構築物                     3年~60年
                機械装置及び運搬具                 4年~17年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)

              定額法(ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(概ね5年)に
             基づく定額法)
           ③ 投資不動産

              定率法
               なお、主な耐用年数は次のとおりです。
                構築物                             10年~40年
                                 42/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
           ④ リース資産

              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
          (3)重要な引当金の計上基準

           ①   貸倒引当金
              売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債
             権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。
           ②   受注損失引当金
              受注工事の損失発生に備えるため、当連結会計年度末の手持受注工事のうち、損失発生の可能性が
             高く、かつ、その金額を合理的に見積ることが可能な工事について、損失見込額を計上しています。
           ③   製品保証引当金
              完成工事に係る将来の無償保証工事費用の支出に備えるため、費用見込額を過去の実績を基礎に計
             上しています。
           ④   役員賞与引当金
              役員の賞与支給に備えるため、当連結会計年度における支給見込額を計上しています。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
            いては、給付算定式基準を採用しています。
           ② 数理計算上の差異の費用処理方法
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
            定の年数(10年)による定率法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理してい
            ます。
          (5)重要な収益及び費用の計上基準

           ① 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
              工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
           ② その他の工事
              工事完成基準
          (6)重要なヘッジ会計の方法

           ①   ヘッジ会計の方法
              繰延ヘッジ処理を採用しています。
              また、為替変動リスクのヘッジについて振当処理の要件を満たしている場合には、振当処理を採用
             しています。
           ②   ヘッジ手段とヘッジ対象
              ヘッジ手段………為替予約
              ヘッジ対象………外貨建売掛金、外貨建買掛金
           ③   ヘッジ方針
              為替相場変動に伴うリスクの軽減、金融収支改善のため、対象債権、債務の範囲内でヘッジを行っ
             ています。
           ④   ヘッジの有効性評価の方法
              為替予約の締結時に、「外貨建取引に関する為替管理基準」に従って、外貨建による同一金額で同
             一期日の為替予約をそれぞれ振当てているため、その後の為替相場の変動による相関関係は完全に確
             保されており、その判定をもって有効性の判定に代えています。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能で
           あり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっています。
          (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しています。
                                 43/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計
           基準委員会)
          (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
          な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
          FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
          Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
          おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
          整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
          ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
          べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされていま
          す。
          (2)適用予定日

           2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          です。
                                 44/83













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 消費税等の表示
             未収消費税等は、流動資産の「その他」に、未払消費税等は、流動負債の「その他」に含めて表示し
            ています。
          ※2 損失が見込まれる工事契約に係る仕掛品と受注損失引当金は、相殺せずに両建てで表示しています。

             損失の発生が見込まれる工事契約に係る仕掛品のうち、受注損失引当金に対応する額は次のとおりで
            す。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2017年3月31日)                   (2018年3月31日)
     仕掛品                               93,225千円                  126,849千円
          ※3 連結会計年度末日満期手形

             連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しています。
             なお、当連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結
            会計年度末残高に含まれています。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2017年3月31日)                   (2018年3月31日)
     受取手形                                 -千円                 87,741千円
                                      -
     支払手形                                                 214,033
         (連結損益計算書関係)

          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                    至 2018年3月31日)
     販売手数料                               102,698    千円              126,734    千円
                                     353,814                  260,411
     荷造運送費
                                    1,468,990                  1,454,576
     給与手当・賞与等
                                     65,146                  53,875
     役員賞与引当金繰入額
                                     28,567                  59,523
     退職給付費用
                                     153,563                  138,324
     旅費交通費・通信費
                                     71,098                  79,465
     租税公課
                                     27,334                  33,367
     減価償却費
                                     183,412                  183,017
     賃借料
          ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (自 2016年4月1日                            (自 2017年4月1日
              至 2017年3月31日)                              至 2018年3月31日)
                          218,919    千円                        214,015    千円
          ※3 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま

            れています。
               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (自 2016年4月1日                            (自 2017年4月1日
              至 2017年3月31日)                              至 2018年3月31日)
                             23 千円                          △ 28 千円
          ※4 売上原価に含まれている受注損失引当金繰入額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2016年4月1日                            (自 2017年4月1日
              至 2017年3月31日)                            至 2018年3月31日)
                          147,745千円                            315,059千円
                                 45/83


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※1 その他の包括利益に係る組替調整額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                192,347千円               239,302千円
      組替調整額                                  2,024              △35,429
      計
                                       194,372               203,872
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                 13,239               △9,255
      組替調整額                                   473              △714
      計
                                       13,713               △9,970
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                  9,207              △20,262
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                               △112,614                △22,266
      組替調整額                                  1,384               24,297
      計
                                      △111,230                  2,030
      税効果調整前合計
                                       106,061               175,670
      税効果額                                △27,255               △59,871
     その他の包括利益合計
                                       78,806               115,799
          ※2 その他の包括利益に係る税効果額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      税効果調整前                                194,372千円               203,872千円
      税効果額                                △57,005               △62,283
      税効果調整後
                                       137,367               141,589
     繰延ヘッジ損益:
      税効果調整前                                 13,713               △9,970
      税効果額                                △4,231                 3,032
      税効果調整後
                                        9,481              △6,938
     為替換算調整勘定:
      税効果調整前                                  9,207              △20,262
      税効果額                                    -               -
      税効果調整後
                                        9,207              △20,262
     退職給付に係る調整額:
      税効果調整前                               △111,230                  2,030
      税効果額                                 33,981                △620
      税効果調整後
                                      △77,249                 1,410
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                                106,061               175,670
      税効果額                                △27,255               △59,871
      税効果調整後
                                       78,806               115,799
                                 46/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                    株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                    4,776            -          -         4,776

           合計               4,776            -          -         4,776

     自己株式

      普通株式 (注)                     372           0          -          372

           合計                372           0          -          372

      (注)普通株式の自己株式の株数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加0千株によるものです。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (千円)          (円)
     2016年6月29日
                 普通株式            132,139           30.0    2016年3月31日         2016  年6月30日
     定時株主総会
     2016年11月7日
                 普通株式            110,116           25.0    2016  年9月30日       2016  年12月5日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2017年6月29日
               普通株式        132,138     利益剰余金           30.0    2017年3月31日         2017年6月30日
     定時株主総会
                                 47/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                    株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                    4,776            -          -         4,776

           合計               4,776            -          -         4,776

     自己株式

      普通株式 (注)                     372           0          -          372

           合計                372           0          -          372

      (注)普通株式の自己株式の株数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加0千株によるものです。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                     (千円)          (円)
     2017年6月29日
                 普通株式            132,138           30.0    2017年3月31日         2017年6月30日
     定時株主総会
     2017年11月14日
                 普通株式            132,138           30.0    2017年9月30日         2017年12月7日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2018年6月28日
               普通株式        154,161     利益剰余金           35.0    2018年3月31日         2018年6月29日
     定時株主総会
                                 48/83










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
      現金及び預金勘定                              2,947,306     千円            3,395,541     千円
      有価証券                               350,441                    -
      償還期限が1年内の債券等                              △350,441                     -
      現金及び現金同等物                              2,947,306                 3,395,541
         (リース取引関係)

          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
           ①リース資産の内容
            有形固定資産
             当社三島事業所(工場)における事務機器です。
           ②リース資産の減価償却の方法
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
                                 49/83














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループの資金運用については、必要な資金の流動性に応じて有効活用を図っています。短期的に
            必要な資金に対しては、元本確保と高流動性の維持を優先して運用し、その他の資金は株式・債券・投資
            信託にて運用しています。デリバティブは、資金を効率的に運用するため、デリバティブが組み込まれた
            複合金融商品を余資の中で利用しており、投機的な取引は行わない方針としています。資金調達について
            は、必要な期間に限り銀行等金融機関からの借入により調達しています。また、外貨建売買取引に係る為
            替変動リスクを軽減する目的で為替予約を行っています。為替予約は、為替リスクの軽減目的のみに限定
            し、投機取引やトレーディング目的の取引は行いません。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク
             受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されています。外貨建ての売掛金・買掛
            金は、為替の変動リスクに晒されています。また、有価証券及び投資有価証券は、主に公社債投資信託や
            業務上の関係を有する企業の株式及びデリバティブが組み込まれた複合金融商品であり、市場価格や為替
            の変動リスクに晒されています。なお、外貨建て取引に係る為替変動リスクを軽減する目的で行っている
            為替予約の契約先は、いずれも信用度の高い国内銀行であるため、相手先の契約不履行によるいわゆる信
            用リスクは、ほとんどないと判断しています。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制
             受取手形及び売掛金、電子記録債権に係る顧客の信用リスクに関しては、その残高と回収状況を毎月収
            集し、必要に応じて信用調査を行うなどのリスク管理を行っています。外貨建ての売掛金・買掛金に係る
            為替変動リスクに関しては、社内規程に則り、案件ごとの受注・購入発注時点に決済時期にあわせた為替
            予約を実施することによりリスクをヘッジしています。また、有価証券及び投資有価証券の市場変動リス
            クや為替変動リスクに関しては、銘柄選定を社長を含めた会議にて行い、運用状況は取締役会に報告する
            など体制を整え、リスク管理を行っています。なお、為替予約取引に関するデリバティブ取引について
            は、社内規程を設け管理運用しています。
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握すること
           が極めて困難と認められるものは含まれていません。((注)2.参照)
            前連結会計年度(2017年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           2,947,306           2,947,306               -

     (2)受取手形及び売掛金                          13,798,422           13,802,804              4,382

     (3)電子記録債権                               -           -           -

     (4)有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券                        2,628,698           2,629,548              849
              資産計                 19,374,427           19,379,659              5,232

     (1)支払手形及び買掛金                           4,962,388           4,962,388               -

              負債計                  4,962,388           4,962,388               -

      デリバティブ取引(※)                            (7,734)           (7,734)              -

     (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
       は(   )で示しています。
                                 50/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(2018年3月31日)
                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           3,395,541           3,395,541               -

     (2)受取手形及び売掛金                          13,639,505           13,640,617              1,111

     (3)電子記録債権                             8,424           8,424             -
     (4)有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券                        2,561,629           2,562,629              999
              資産計                 19,605,100           19,607,212              2,111

     (1)支払手形及び買掛金                           4,496,507           4,496,507               -

              負債計                  4,496,507           4,496,507               -

      デリバティブ取引(※)                           (20,486)           (20,486)               -

     (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
       は(   )で示しています。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           により表示しています。
          (2)受取手形及び売掛金
             売掛金のうち回収まで1年を超える見込みのものの時価に関しては、一定の期間ごとに分類し、その将
           来キャッシュ・フローを国債利回り等適切な利率に基づき割引いた現在価値により算定しています。
             その他の売掛金及び受取手形については、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似
           していることから、当該帳簿価額により表示しています。
          (3)電子記録債権
             電子記録債権については、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることか
           ら、当該帳簿価額により表示しています。
          (4)有価証券及び投資有価証券 その他有価証券
             これらの時価について、株式等は取引所の価格により表示しており、債券は取引所の価格又は取引金融
           機関等から提示された価格により表示しています。デリバティブが組み込まれた複合金融商品は、複合金
           融商品全体を時価評価し、投資有価証券の時価に含めて表示しています。また、株式形態のゴルフ会員権
           は取引所の市場価額が無いので連結貸借対照表価額は帳簿価額により、時価は取引相場価額により表示し
           ています。なお、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」を参照し
           てください。
         負 債
          (1)支払手形及び買掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           により表示しています。
         デリバティブ取引
           注記事項「デリバティブ取引関係」を参照してください。
                                 51/83





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                            (2017年3月31日)                   (2018年3月31日)
     非上場株式                                51,900                   51,900
            これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)                                                有
           価証券及び投資有価証券 その他有価証券                    」には含めていません。
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2017年3月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
                           2,941,384
     預金                                  -         -         -
     受取手形及び売掛金                     12,067,083          1,731,339             -         -

     電子記録債権                         -         -         -         -

     有価証券及び投資有価証券

      その他有価証券のうち満期が
      あるもの
         社債                  350,000         300,000            -         -
             合計             15,358,468          2,031,339             -         -

           当連結会計年度(2018年3月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
                           3,389,462
     預金                                  -         -         -
     受取手形及び売掛金                     12,812,027           827,477            -         -

     電子記録債権                        8,424           -         -         -

     有価証券及び投資有価証券

      その他有価証券のうち満期が
      あるもの
         社債                     -       300,000            -         -
             合計             16,209,914          1,127,477             -         -

                                 52/83







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.満期保有目的の債券
            前連結会計年度(2017年3月31日)及び当連結会計年度(2018年3月31日)
             該当事項はありません。
          2.その他有価証券

            前連結会計年度(2017年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                1,740,153            763,423           976,730

                  (2)債券
                  ① 国債・地方債等                   -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                100,054           100,018             36
     取得原価を超えるもの
                  ③ その他                   -           -           -
                  (3)その他                 215,916           197,826           18,089
                      小計            2,056,124           1,061,267            994,856

                  (1)株式                 33,347           39,552          △6,205

                  (2)債券
                  ① 国債・地方債等                   -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                539,227           550,508          △11,281
     取得原価を超えないもの
                  ③ その他                   -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計             572,574           590,061          △17,487

               合計                  2,628,698           1,651,329            977,369

     (注)1.非上場株式(連結貸借対照表計上額 51,900千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
          て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めていません。
        2.「(2)債券 ②社債」には、組込デリバティブを区分して測定できない複合金融商品が含まれています。
                                 53/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(2018年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                1,939,885            777,888          1,161,996

                  (2)債券
                  ① 国債・地方債等                   -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                   -           -           -
     取得原価を超えるもの
                  ③ その他                   -           -           -
                  (3)その他                 218,075           197,708           20,367
                      小計            2,157,960            975,596          1,182,364

                  (1)株式                   950           950           -

                  (2)債券
                  ① 国債・地方債等                   -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                302,839           303,841           △1,002
     取得原価を超えないもの
                  ③ その他                   -           -           -
                  (3)その他                 99,880          100,000            △120
                      小計             403,669           404,791           △1,122

               合計                  2,561,629           1,380,387           1,181,241

     (注)1.非上場株式(連結貸借対照表計上額 51,900千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
          て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めていません。
                                 54/83











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          3.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                       87,188               4,321              6,421
     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                            200,126                 75              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                  287,314               4,396              6,421

            当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                       92,050              35,429                -

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                  92,050              35,429                -

                                 55/83











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           前連結会計年度(2017年3月31日)及び当連結会計年度(2018年3月31日)
            該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           通貨関連
           前連結会計年度(2017年3月31日)
                                      契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)       1年超(千円)          (千円)
                 為替予約取引

                  売建
                                        319,225         80,323         △685
                   米ドル
                            売掛金
                                        417,321        322,254        △23,593
                   ユーロ
                 為替予約取引

                  買建
                                        166,659        115,609          990
                   米ドル
                            買掛金
       為替予約等の
                   ユーロ                     517,337        317,175         15,554
         振当処理
                 為替予約取引
                  売建
                                        157,890           -    (注)2
                   米ドル         売掛金
                 為替予約取引

                  買建
                                        52,599          -
                   米ドル
                                                      (注)2
                            買掛金
                                        23,720          -
                   ユーロ
                                       1,654,754         835,362        △7,734

                   合計
      (注) 時価の算定方法
          1.取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しています。
          2.振当処理の要件を満たしている為替予約については、振当処理されている外貨建金銭債権債務と一体とし
            て処理されているため、その時価は、当該外貨建金銭債権債務の時価に含めて記載しています。
          3.組込デリバティブを区分して測定することができない複合金融商品は、複合金融商品全体を時価評価し、
            「(有価証券関係)2.その他有価証券」に含めて記載しています。
                                 56/83







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(2018年3月31日)
                                      契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)       1年超(千円)          (千円)
                 為替予約取引

                  売建
                                        119,563         12,705         2,646
                   米ドル
                            売掛金
                                        410,761           -     △62,339
                   ユーロ
                 為替予約取引

                  買建
                                        157,896         80,927        △5,523
                   米ドル
                            買掛金
       為替予約等の
                                        351,547           -      44,729
                   ユーロ
         振当処理
                 為替予約取引
                  売建
                                        239,642           -    (注)2
                   米ドル         売掛金
                 為替予約取引

                  買建
                                        63,432          -
                   米ドル
                                                      (注)2
                            買掛金
                                        16,291          -
                   ユーロ
                                       1,359,136          93,632       △20,486

                   合計
      (注) 時価の算定方法
          1.取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しています。
          2.振当処理の要件を満たしている為替予約については、振当処理されている外貨建金銭債権債務と一体とし
            て処理されているため、その時価は、当該外貨建金銭債権債務の時価に含めて記載しています。
                                 57/83










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付型企業年金制度(積立型制度)及び退職一時金制度
        (非積立型制度)を設けています。また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職
        給付債務の対象とされていない特別手当金を支払う場合があります。
         また、当社執行役員のうち、従業員地位である者に対する執行役員退職慰労金を、退職給付債務及び退職給付に
        係る負債並びに退職給付費用(勤務費用)に含めています。
         なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算
        しています。また、中小企業退職金共済制度に加入しています。
      2.確定給付制度
       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                             3,453,940千円              3,364,614千円
          勤務費用                             232,830              232,906
          利息費用                              17,848              17,383
          数理計算上の差異の発生額                              6,223              7,633
          退職給付の支払額                            △346,228              △199,428
         退職給付債務の期末残高                             3,364,614              3,423,109
           (注)簡便法を適用した制度を含みます。
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
         年金資産の期首残高                             3,298,615千円              3,268,265千円
          期待運用収益                             195,937              134,979
          数理計算上の差異の発生額                            △106,390               △14,632
          事業主からの拠出額                             151,368              151,411
          退職給付の支払額                            △271,265              △177,933
         年金資産の期末残高                             3,268,265              3,362,089
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                             2,742,559千円              2,768,545千円
         年金資産                            △3,268,265              △3,362,089
                                      △525,706              △593,544
         非積立型制度の退職給付債務                              622,055              654,564
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               96,349              61,019
         退職給付に係る負債                               96,349              61,019

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               96,349              61,019
           (注)簡便法を適用した制度を含みます。
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
         勤務費用                              233,936千円              234,053千円
         利息費用                               17,848              17,383
         期待運用収益                             △195,937              △134,979
         数理計算上の差異の費用処理額                               1,384              24,297
         確定給付制度に係る退職給付費用                               57,231              140,754
           (注)簡便法を採用している一部の連結子会社の退職給付費用及び中小企業退職金共済制度拠出金は、勤務
              費用に計上しています。
                                 58/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
       (5)退職給付に係る調整額
         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                  至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
         数理計算上の差異                           △111,230千円                 2,030千円
           合 計                         △111,230                 2,030
       (6)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                           △117,948千円              △115,917千円
           合 計                         △117,948              △115,917
       (7)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
           債券                               25%              29%
           株式                               20              21
           一般勘定                               49              48
           その他                               6              2
             合 計                            100              100
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
                                       0.5~0.6%              0.5~0.6%
          割引率
          長期期待運用収益率                               5.94%              4.13%
                                 59/83











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
           繰延税金資産
            未払事業税等                             34,099千円              43,969千円
            未払費用                             159,875              162,901
            受注損失引当金                             45,476              96,014
            製品保証引当金                             23,431              34,373
            追加原価未払金                              5,950              15,135
            減価償却超過額                             17,935              19,101
                                         29,559              18,757
            退職給付に係る負債
            長期未払金                              7,547              7,345
                                         119,792              123,345
            その他
                                         443,666              520,942
           繰延税金資産小計
                                                       △91,645
            評価性引当額                             △90,399
                                         353,266              429,297
           繰延税金資産合計
           繰延税金負債
            圧縮記帳積立金                            △10,724              △10,039
            その他有価証券評価差額金                            △250,490              △312,746
                                          △74             △3,960
            その他
           繰延税金負債合計                             △261,288              △326,746
           繰延税金資産の純額                              91,978              102,550
           (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目
           に含まれています。
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
           流動資産-繰延税金資産
                                         293,108千円              382,059千円
           固定資産-繰延税金資産                               1,343              1,478
           固定負債-繰延税金負債                             △202,473              △280,987
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原
           因となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
           法定実効税率
                                         30.78%              30.78%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                             2.33              1.77
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △0.28              △0.32
            住民税均等割                             0.44              0.39
            評価性引当額の変動額                            △0.25               0.08
                                        △0.45               0.56
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              32.57              33.26
                                 60/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
           当社は、静岡県三島市及びその他の地域において、賃貸用の土地を有しています。当該土地は、賃借人によ
          り、商業施設       (スーパーマーケット及び大型銭湯等)                  や駐車場に使用されています。2018年3月期における当
          該賃貸等不動産に関する賃貸損益は、50,491千円                       (賃貸収益は営業外収益に、主な賃貸費用は営業外費用に計
          上)  です。
           また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、当連結会計年度増減額及び時価は、次のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
     連結貸借対照表計上額

         期首残高                             130,183                  127,442

         期中増減額                             △2,740                  △1,879

         期末残高                             127,442                  125,563

     期末時価                                1,299,732                  1,302,194
      (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額です。
         2.当連結会計年度末の時価は、重要性の高いものについては、「不動産鑑定評価基準」に準じた方法で、社外
           の不動産鑑定士が算出した金額であり、その他のものについては、適切に市場価格を反映していると考えら
           れる指標に基づき社内で算定したものです。
                                 61/83













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
            当社グループは、風水力機器の製造・据付・販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略していま
           す。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                      ポンプ        送風機        バルブ       その他製品          合計

     外部顧客への売上高                12,557,073         4,002,794         404,472       1,311,652        18,275,990

           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                    (単位:千円)
                      アジア
               日本                中南米       アフリカ         その他         合計
                     (日本を除く)
              14,766,755         2,836,187         430,713        157,874         84,459      18,275,990
            (注)売上高は製品の納入先及びサービスの提供先を基礎とし、国又は地域に分類しています。
            (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しています。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高            関連するセグメント名
             東京都                          2,353,280      風水力機器の製造・据付・販売

                                 62/83











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                      ポンプ        送風機        バルブ       その他製品          合計

     外部顧客への売上高                11,906,542         3,935,047         347,218       1,148,191        17,336,998

           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                    (単位:千円)
                      アジア
               日本               アフリカ         中南米        その他         合計
                     (日本を除く)
              15,065,111         1,745,393         269,878        237,853         18,761      17,336,998
            (注)売上高は製品の納入先及びサービスの提供先を基礎とし、国又は地域に分類しています。
            (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しています。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高            関連するセグメント名
             ㈱守谷商会                          2,444,090      風水力機器の製造・据付・販売

             東京都                          2,210,357      風水力機器の製造・据付・販売

                                 63/83












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

         関連当事者との取引
         (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
         連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
         前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                             議決権等の
                    資本金又
                        事業の内          関連  
          会社等                   所有(被所                 取引金額          期末残高
      種類         所在地    は出資金     容又は職          当事者と                 科目
                                       取引の内容
          の名称                   有)割合                 (千円)          (千円)
                    (千円)     業           の関係
                              (%)
                                   当社製
                                       営業   製品         受取手形       52,354
                             (被所有)
                                   品の販           1,672,059
     主要株
                                       取引   売上         売掛金      631,853
                             直接     ―
               東京都          機械総合
                                   売
     主の子    ㈱守谷商会
                    810,000
               中央区          商社
                             (所有)
     会社
                                   材料仕    営業   材料         支払手形      347,098
                             直接     ―
                                              1,227,090
                                   入    取引   仕入         買掛金      718,451
                             (被所有)
     主要株    イワキ・モ     大阪府大          風水力機
                             直接     ―
                                   材料仕    営業   材料
     主の孫    リタニ電工     阪市西淀          械等の据                          買掛金
                     35,000                          591,484          370,434
                                   入    取引   仕入
                             (所有)
     会社    ㈱     川区          付工事
                             直接     2.0
         当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                             議決権等の
                    資本金又     事業の内          関連  
          会社等                   所有(被所                 取引金額          期末残高
      種類         所在地    は出資金     容又は職          当事者と                 科目
                                       取引の内容
                             有)割合
          の名称                                   (千円)          (千円)
                    (千円)     業           の関係
                              (%)
                                   当社製
                                       営業   製品         受取手形      159,370
                             (被所有)
                                   品の販
                                              2,372,748
     主要株
                                       取引   売上         売掛金
                                                        1,319,492
                             直接     ―
               東京都          機械総合
                                   売
     主の子    ㈱守谷商会           810,000
               中央区          商社     (所有)
     会社
                                   材料仕    営業   材料         支払手形      338,478
                             直接     ―
                                              1,117,914
                                   入    取引   仕入         買掛金
                                                         674,909
                             (被所有)
     主要株    イワキ・モ     大阪府大          風水力機
                             直接     ―
                                   材料仕    営業   材料
     主の孫    リタニ電工     阪市西淀      35,000    械等の据                      686,705    買掛金      264,446
                             (所有)      入    取引   仕入
     会社         川区          付工事
         ㈱
                             直接     2.0
                                 64/83







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
         連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
         前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                             議決権等の
                    資本金又     事業の内          関連  
          会社等                   所有(被所                 取引金額          期末残高
                   は出資金
      種類         所在地         容又は職          当事者と                 科目
                                       取引の内容
          の名称                   有)割合
                                              (千円)          (千円)
                    (千円)     業           の関係
                              (%)
                                   製品の    営業   製品
                             (被所有)
                                                   売掛金
                                               114,007           17,310
     主要株
                                   販売    取引   売上
                             直接     ―
               東京都          機械総合
     主の子    ㈱守谷商会           810,000
               中央区          商社
                             (所有)
                                   材料仕    営業   材料
     会社
                                                   買掛金
                                               12,727           2,239
                             直接     ―
                                   入    取引   仕入
                             (被所有)
     主要株    イワキ・モ     大阪府大          風水力機
                             直接     ―
                                   材料仕    営業   材料
     主の孫    リタニ電工     阪市西淀      35,000    械等の据                       4,852   買掛金       2,192
                             (所有)      入    取引   仕入
     会社         川区          付工事
         ㈱
                             直接     2.0
         当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                             議決権等の
                    資本金又     事業の内          関連  
          会社等                   所有(被所                 取引金額          期末残高
      種類         所在地    は出資金     容又は職          当事者と                 科目
                                       取引の内容
          の名称                   有)割合                 (千円)          (千円)
                        業           の関係
                    (千円)
                              (%)
                                   製品の    営業   製品
                             (被所有)
                                               71,341    売掛金       2,937
     主要株
                                   販売    取引   売上
                             直接     ―
               東京都          機械総合
     主の子    ㈱守谷商会           810,000
               中央区          商社     (所有)
                                   材料仕    営業   材料
     会社
                                               5,938   買掛金       1,502
                             直接     ―
                                   入    取引   仕入
                             (被所有)
         イワキ・モ
     主要株         大阪府大          風水力機
                             直接     ―
                                   材料仕    営業   材料
     主の孫    リタニ電工     阪市西淀          械等の据                          買掛金
                     35,000                           3,850          1,998
                                   入    取引   仕入
                             (所有)
     会社    ㈱     川区          付工事
                             直接     2.0
      (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等

           製品売上については、総原価を勘案して各社希望価格を提示し、その都度価格交渉の上、一般的取引条件と
           同様に決定しています。
           材料仕入については、見積書を入手し、その都度価格交渉の上、一般的取引条件と同様に決定しています。
         2.上記取引金額には消費税等は含まれていませんが、期末残高には消費税等が含まれています。
         (1株当たり情報)

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
     1株当たり純資産額                             3,880.71円                   4,096.39円

     1株当たり当期純利益金額                              219.45円                   249.38円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2016年4月1日                (自 2017年4月1日
                                至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)                               966,606               1,098,411

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                      966,606               1,098,411
      益金額(千円)
      期中平均株式数(株)                              4,404,648                4,404,610
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 65/83



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                            当期首   残高     当期末残高        平均利率
               区分                                      返済期限
                             (千円)        (千円)        (%)
     短期借入金                            -        -       -       ―

     1年以内に返済予定の長期借入金                            -        -       -       ―

     1年以内に返済予定のリース債務                          8,104       12,667         -       ―

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除

                                 -        -       -       ―
     く。)
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除

                               16,912        21,328         -    2019年~2022年
     く。)
     その他有利子負債                            -        -       -       ―

               合計                25,017        33,996         -       ―

      (注)1.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除しない金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載していません。
         2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           す。
                  1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
         区 分
                    (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
        リース債務              10,457            6,711           3,607            551

         【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
                              第1四半期        第2四半期        第3四半期       当連結会計年度
     (累計期間)
     売上高                  (千円)                          2,082,813        5,483,485        7,649,982        17,336,998
     税金等調整前四半期純損失金額(△)又は
                                △130,825        △177,590        △176,006        1,645,727
     税金等調整前当期純利益金額        (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)又は
                                △99,625        △141,605        △149,904        1,098,411
     親会社株主に帰属する当期純利益金額    (千円)
     1株当たり四半期純損失金額(△)又は
                                △22.62        △32.15        △34.03         249.38
     1株当たり当期純利益金額          (円)
     (会計期間)                        第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期

     1株当たり四半期純損失金額(△)又は
                                △22.62         △9.53        △1.88        283.41
     1株当たり四半期純利益金額         (円)
                                 66/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,471,740              3,197,980
         現金及び預金
                                                     ※2 519,953
                                        483,517
         受取手形
                                            -            8,424
         電子記録債権
                                      ※1 13,120,081             ※1 12,705,611
         売掛金
                                        350,441                 -
         有価証券
                                       1,343,155              1,800,840
         仕掛品
                                        116,459              109,767
         原材料及び貯蔵品
                                         39,277              119,432
         前渡金
                                         23,515              21,290
         前払費用
                                        287,466              370,683
         繰延税金資産
                                        ※1 26,487            ※1 152,069
         その他
                                            -            △ 439
         貸倒引当金
                                       18,262,142              19,005,614
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,747,374              1,746,066
          建物
                                        422,833              432,703
          構築物
                                        521,239              595,106
          機械及び装置
                                           107             4,178
          車両運搬具
                                        184,943              152,132
          工具、器具及び備品
                                        175,119              175,119
          土地
                                         22,994              31,308
          リース資産
                                         94,130               6,300
          建設仮勘定
                                       3,168,743              3,142,914
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         94,395              71,647
          ソフトウエア
                                         7,642              7,432
          その他
                                        102,038               79,079
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
          投資有価証券                             2,330,157              2,613,530
                                        573,271              573,271
          関係会社株式
                                         7,830              7,380
          従業員に対する長期貸付金
                                         1,549              1,780
          長期前払費用
          前払年金費用                               31,860              68,976
                                        262,049              254,333
          その他
                                        △ 40,898             △ 38,808
          貸倒引当金
                                       3,165,819              3,480,463
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                               6,436,601              6,702,457
                                       24,698,743              25,708,071
       資産合計
                                 67/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※2 1,510,427
                                       1,828,606
         支払手形
                                      ※1 3,012,769             ※1 2,687,468
         買掛金
                                         8,104              12,667
         リース債務
                                       ※1 503,198             ※1 517,466
         未払金
                                        570,349              578,666
         未払費用
                                        406,982              620,827
         未払法人税等
                                        630,618              713,197
         前受金
                                         22,711              38,846
         預り金
                                           351               93
         前受収益
                                        147,745              314,283
         受注損失引当金
                                         76,125              112,512
         製品保証引当金
                                         65,000              55,000
         役員賞与引当金
                                        112,674              197,717
         その他
                                       7,385,238              7,359,176
         流動負債合計
       固定負債
                                         16,912              21,328
         リース債務
                                        238,063              312,317
         繰延税金負債
                                           338              929
         退職給付引当金
                                         72,405              70,337
         その他
                                        327,721              404,911
         固定負債合計
                                       7,712,959              7,764,088
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        810,000              810,000
         資本金
         資本剰余金
                                         28,739              28,739
          資本準備金
                                         82,579              82,579
          その他資本剰余金
                                        111,319              111,319
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                        202,500              202,500
          利益準備金
                                       15,736,920              16,560,514
          その他利益剰余金
                                       15,939,420              16,763,014
          利益剰余金合計
                                       △ 594,572             △ 594,617
         自己株式
                                       16,266,167              17,089,715
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        726,905              868,495
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 7,288             △ 14,226
         繰延ヘッジ損益
                                        719,616              854,268
         評価・換算差額等合計
                                       16,985,783              17,943,983
       純資産合計
                                       24,698,743              25,708,071
      負債純資産合計
                                 68/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
                                      ※2 17,699,681             ※2 16,698,317
      売上高
                                      ※2 13,509,518             ※2 12,430,421
      売上原価
                                       4,190,162              4,267,895
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 2,938,622           ※1 , ※2 2,812,571
      販売費及び一般管理費
                                       1,251,539              1,455,324
      営業利益
      営業外収益
                                        ※2 3,282
                                                        4,953
       受取利息
                                        ※2 55,512             ※2 62,923
       受取配当金
                                        ※2 75,491             ※2 77,307
       受取賃貸料
                                         19,773              56,006
       その他
                                        154,060              201,191
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         17,847              16,994
       賃貸費用
                                         35,045              35,197
       その他
                                         52,893              52,192
       営業外費用合計
                                       1,352,706              1,604,323
      経常利益
                                       1,352,706              1,604,323
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   380,288              584,667
                                         51,441             △ 68,214
      法人税等調整額
                                        431,729              516,453
      法人税等合計
                                        920,977             1,087,870
      当期純利益
                                 69/83












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        【製造原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年4月1日                   (自 2017年4月1日
                            至 2017年3月31日)                   至 2018年3月31日)
                     注記                  構成比                   構成比
           区分                金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                  (%)                   (%)
     Ⅰ 材料費                          6,559,861        48.3           4,971,709        38.6

     Ⅱ 労務費                          2,495,184        18.4           2,477,983        19.2

     Ⅲ 経費                          4,637,094        34.1           5,214,427        40.5

       (うち据付工事費)                       (2,306,080)                   (3,009,645)

       (うち減価償却費)                        (396,695)                   (416,480)

       (うち外注加工費)                        (592,889)                   (592,271)

       (うち外注木型費)                        (192,512)                   (168,897)

                                △110,463                    224,025

     Ⅳ 受注損失引当金繰入額等                                 △0.8                    1.7
       当期総製造費用                               100.0                   100.0

                               13,581,676                   12,888,145
                                1,276,300                   1,343,155
       期首仕掛品たな卸高
         合計

                               14,857,977                   14,231,301
       期末仕掛品たな卸高                        1,343,155                   1,800,840

                                  5,302                    39

       他勘定振替高              ※
       当期製品製造原価

                               13,509,518                   12,430,421
       ※ 他勘定振替高の内訳は次のとおりです。

                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
             項目
                            至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
      固定資産他                             5,302千円                    39千円

      (注) 原価計算の方法
          当社は種類、形式及び容量を異にする製品の受注生産を行っていますので、個別原価計算方法を採用していま
          す。すべての原価要素は原則として実際原価によっていますが、直接賃金、製造間接費、製品管理費、調達管
          理費、社内工事費、社内設計部費の単価については予定原価を用い、実際原価との差額は原則として毎期末調
          整計算を行い、売上原価とたな卸資産とに科目別に配賦しています。
                                 70/83








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                            資本剰余金                    利益剰余金
                資本金
                            その他資本       資本剰余金             その他利益       利益剰余金
                      資本準備金                    利益準備金
                             剰余金       合計             剰余金       合計
     当期首残高            810,000       28,739       82,579      111,319       202,500     15,058,199       15,260,699
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                 △ 242,256      △ 242,256
      当期純利益                                            920,977       920,977
      自己株式の取得
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計              -       -       -       -       -    678,721       678,721
     当期末残高            810,000       28,739       82,579      111,319       202,500     15,736,920       15,939,420
                   株主資本               評価・換算差額等

                                                純資産合計
                           その他有価証券        繰延ヘッジ       評価・換算
               自己株式      株主資本合計
                            評価差額金        損益     差額等合計
     当期首残高           △ 594,517     15,587,500        589,538      △ 16,770      572,767     16,160,268

     当期変動額
      剰余金の配当                 △ 242,256                          △ 242,256
      当期純利益                  920,977                           920,977
      自己株式の取得            △ 54      △ 54                          △ 54
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                              137,367        9,481      146,848       146,848
      (純額)
     当期変動額合計             △ 54    678,666       137,367        9,481      146,848       825,515
     当期末残高           △ 594,572     16,266,167        726,905       △ 7,288      719,616     16,985,783
                                 71/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                            資本剰余金                    利益剰余金
                資本金
                            その他資本       資本剰余金             その他利益       利益剰余金
                      資本準備金                    利益準備金
                             剰余金       合計             剰余金       合計
     当期首残高
                 810,000       28,739       82,579      111,319       202,500     15,736,920       15,939,420
     当期変動額
      剰余金の配当                                           △ 264,276      △ 264,276
      当期純利益
                                                 1,087,870       1,087,870
      自己株式の取得
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計
                    -       -       -       -       -    823,593       823,593
     当期末残高            810,000       28,739       82,579      111,319       202,500     16,560,514       16,763,014
                   株主資本               評価・換算差額等

                                                純資産合計
                           その他有価証券        繰延ヘッジ       評価・換算
               自己株式      株主資本合計
                            評価差額金        損益     差額等合計
     当期首残高           △ 594,572     16,266,167        726,905       △ 7,288      719,616     16,985,783

     当期変動額
      剰余金の配当                 △ 264,276                          △ 264,276
      当期純利益
                       1,087,870                           1,087,870
      自己株式の取得            △ 45      △ 45                          △ 45
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                        141,589       △ 6,938      134,651       134,651
      (純額)
     当期変動額合計
                  △ 45    823,548       141,589       △ 6,938      134,651       958,199
     当期末残高           △ 594,617     17,089,715        868,495      △ 14,226      854,268     17,943,983
                                 72/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
        (1)子会社株式
          移動平均法による原価法
        (2)その他有価証券
          時価のあるもの
           事業年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
          平均法により算定)
           なお、組込デリバティブを区分して測定することができない複合金融商品は、全体を時価評価していま
          す。
          時価のないもの
           移動平均法による原価法
       2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
        (1)仕掛品
          個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
        (2)原材料及び貯蔵品
          移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
       3.固定資産の減価償却の方法
        (1)有形固定資産(リース資産を除く)…定率法
          ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)                                並びに2016年4月1日以降に取得した
          建物附属設備及び構築物については、定額法
          なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
           建物         3年~50年
           構築物        3年~60年
           機械及び装置     5年~12年
           車両運搬具      4年~7年
           工具、器具及び備品  2年~20年
        (2)無形固定資産(リース資産を除く)…定額法
          ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(概ね5年)に基づく定額法
        (3)投資不動産…定率法
          主な耐用年数は以下のとおりです。
           構築物        10年~40年
        (4)リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リースに係るリース資産…定額法
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
       4.引当金の計上基準
        (1)貸倒引当金
           売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
          定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。
        (2)受注損失引当金
           受注工事の損失発生に備えるため、当事業年度末の手持受注工事のうち、損失発生の可能性が高く、か
          つ、その金額を合理的に見積ることが可能な工事について、損失見込額を計上しています。
        (3)製品保証引当金
           完成工事に係る将来の無償保証工事費用の支出に備えるため、費用見込額を過去の実績を基礎に計上して
          います。
        (4)役員賞与引当金
           役員の賞与支給に備えるため、当事業年度における支給見込額を計上しています。
                                 73/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        (5)退職給付引当金
           従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
          しています。なお、当事業年度末において認識すべき年金資産が、退職給付債務から数理計算上の差異等を
          控除した額を超過する場合は、前払年金費用として計上しています。また、執行役員のうち、従業員地位で
          ある者に対しての退職金支給に備えるため、会社内規に基づく当事業年度末要支給額を計上しています。
           なお、数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
          (10年)による定率法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しています。
       5.収益及び費用の計上基準
         当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事契約については工事進行基準を適用し、
        その他の工事契約については工事完成基準を適用しています。なお、工事進行基準を適用する工事の当事業年度
        末における進捗度の見積りは、原価比例法を採用しています。
       6.ヘッジ会計の方法
        (1)ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理を採用しています。
           また、為替変動リスクのヘッジについて振当処理の要件を満たしている場合には、振当処理を採用してい
          ます。
        (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段………為替予約
          ヘッジ対象………外貨建売掛金、外貨建買掛金
        (3)ヘッジ方針
           為替相場変動に伴うリスクの軽減、金融収支改善のため、対象債権、債務の範囲内でヘッジを行っていま
          す。
        (4)ヘッジの有効性評価の方法
           為替予約の締結時に、「外貨建取引に関する為替管理基準」に従って、外貨建による同一金額で同一期日
          の為替予約をそれぞれ振当てているため、その後の為替相場の変動による相関関係は完全に確保されてお
          り、その判定をもって有効性の判定に代えています。
       7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        (1)退職給付に係る会計処理
           退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理方法は、連結財務諸表における会計処理の方法と異
          なっています。
        (2)消費税等の会計処理
           消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しています。
         (貸借対照表関係)

          ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
     短期金銭債権                                15,735千円                 122,454千円
     短期金銭債務                                10,739                  8,967
          ※2 期末日満期手形

         期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしています。なお、当事業年度の末日
        が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれています。
                                前事業年度                 当事業年度

                              (2017年3月31日)                  (2018年3月31日)
      受取手形                                  -千円              87,741千円
      支払手形                                  -              214,033
                                 74/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          㯿ᄰŒ꥘묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰䨰蠰崰湒牔࠰潒䵎譩浞瑞ꘀ㜀㏿԰ş华譩浞瑞ꘀ㜀㓿԰Ŏ'ⱻꅴڌ묰歜帰夰讌뭵
            のおおよその割合は前事業年度27%、当事業年度26%です。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                             至 2017年3月31日)                    至 2018年3月31日)
      荷造運送費                              353,782    千円              260,218    千円
                                    1,381,450                  1,351,653
      給与手当、賞与等
                                     59,512                  46,386
      役員賞与引当金繰入額
                                     25,431                  55,150
      退職給付費用
                                     25,552                  28,523
      減価償却費
          ※2 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれています。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2017年3月31日)                  至 2018年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                               53,456千円                  71,055千円
      仕入高                               30,654                  82,757
      販売費及び一般管理費                               41,921                  46,522
     営業取引以外の取引による取引高                                7,978                 11,087
         (有価証券関係)

           子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は573,271千円、前事業年度の貸借対照表計上額は573,271千
          円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載していません。
                                 75/83












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
           繰延税金資産
            未払事業税等                             31,600千円              41,160千円
            未払費用                             157,179              159,242
            受注損失引当金                             45,476              96,014
            製品保証引当金                             23,431              34,373
            追加原価未払金                              5,793             10,523
            減価償却超過額                             17,935              19,101
            長期未払金                              3,539              3,539
                                         119,894              123,080
            その他
           繰延税金資産小計                              404,847              487,032
            評価性引当額                             △84,423              △84,808
           繰延税金資産合計
                                         320,424              402,224
           繰延税金負債
            圧縮記帳積立金                            △10,724              △10,039
            その他有価証券評価差額金                            △250,490              △312,746
                                         △9,807             △21,072
            前払年金費用
           繰延税金負債合計                             △271,021              △343,858
           繰延税金資産の純額                              49,402              58,365
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
           法定実効税率                              30.78%              30.78%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                             1.81              1.71
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △0.30              △0.33
            住民税均等割                             0.41              0.35
            評価性引当額の変動額                            △0.39               0.03
                                        △0.39              △0.35
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              31.92              32.19
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 76/83







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:千円)
                                                     減価償却
          区分      資産の種類       当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                     累計額
              建物
                        1,747,374       97,833       494     98,646     1,746,066      2,636,711
              構築物           422,833      41,851        47    31,933     432,703     1,230,839
              機械及び装置           521,239      203,396       4,711     124,818      595,106     4,232,063
              車両運搬具            107     5,386        -    1,314      4,178     48,511
        有形固定資産      工具、器具及び備品           184,943      112,097        53    144,855      152,132     2,264,329
              土地           175,119        -      -      -   175,119        -
              リース資産           22,994      18,126        -    9,812     31,308      24,018
              建設仮勘定
                         94,130     293,777      381,608        -    6,300        -
                  計      3,168,743       772,468      386,915      411,382     3,142,914     10,436,475
              ソフトウェア           94,395      10,872        -    33,620      71,647     111,287
        無形固定資産      その他           7,642     10,662      10,872        -    7,432        -
                  計       102,038      21,534      10,872      33,620      79,079     111,287
              その他           73,782        -      -    1,819     71,962      51,120
        投資その他の
        資産
                  計        73,782        -      -    1,819     71,962      51,120
       (注)当期増加額のうち主なものは次のとおりです。
          建物      高圧ポンプ・ブロワ工場 クレーンガータ補強         28,120千円
          建物      第8工場 屋根壁改修                    20,204千円
          機械及び装置  高圧ポンプ・ブロワ工場 40t天井クレーン         49,300千円
          機械及び装置  サンドブラスト室 ホッパー及び研掃材搬送装置        44,568千円
          機械及び装置  サンドブラスト室 集塵機装置                25,590千円
          機械及び装置  ER試験設備                        23,057千円
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
          科目          当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
                                               2,390
     貸倒引当金                   40,898            739                    39,247
     受注損失引当金                  147,745           314,283           147,745           314,283

     製品保証引当金                   76,125          123,989           87,602          112,512

     役員賞与引当金                   65,000           55,000           65,000           55,000

       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 77/83






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  毎年6月開催

      基準日                  毎年3月31日

                        毎年9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        毎年3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       取扱場所
                        三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                        三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                 -
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                        当社の公告方法は電子公告とします。ただし、事故その他やむを得ない事
                        由によって電子公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載し
                        て行います。
      公告掲載方法
                        公告掲載ウェブサイト
                        http://www.dmw.co.jp/
                        毎年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録されている100株以上所有の
      株主に対する特典                  株主に対し1,500円相当、300株以上所有の株主に対し3,000円相当の静岡
                        茶を5月下旬頃に贈呈
     (注)    当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができないものと
        定款で定めています。
        (1)      会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)      会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)      株主の有する株式数に応じて募集株式および募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 78/83










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しています。
       (1)  有価証券報告書                  事業年度       自 2016年4月1日           2017年6月29日

         及びその添付書類並びに確認書                 (第82期)        至 2017年3月31日           関東財務局長に提出
       (2)  内部統制報告書及びその添付書類                                    2017  年6月29日

                                             関東財務局長に提出
       (3)  四半期報告書及び確認書                  (第83期        自 2017年4月1日           2017  年8月10日

                                 至 2017年6月30日           関東財務局長に提出
                          第1四半期)
                          (第83期          自 2017年7月1日           2017  年11月14日
                          第2四半期)       至 2017年9月30日           関東財務局長に提出
                          (第83期          自 2017年10月1日           2018年2月14日
                          第3四半期)       至 2017年12月31日           関東財務局長に提出
       (4)  臨時報告書                  企業内容等の開示に関する内閣府令第                  2017年7月3日

                          19条第2項第9号の2(株主総会にお                  関東財務局長に提出
                          ける議決権行使の結果)に基づく臨時
                          報告書
                                 79/83












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 80/83




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                            2018年6月27日

     株式会社 電業社機械製作所

      取締役会 御中

                             新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        北川 卓哉           ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        大屋 浩孝           ㊞
                             業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社電業社機械製作所の2017年4月1日から2018年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社電業社機械製作所及び連結子会社の2018年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 81/83




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社電業社機械製作所の
     2018年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社電業社機械製作所が2018年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した
     上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      ※1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管していま

         す。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 82/83









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社電業社機械製作所(E01544)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                            2018年6月27日

     株式会社 電業社機械製作所

      取締役会 御中

                             新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        北川 卓哉         ㊞
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士        大屋 浩孝           ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社電業社機械製作所の2017年4月1日から2018年3月31日までの第83期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社電業社機械製作所の2018年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      ※1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管していま

         す。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 83/83


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。