旭硝子株式会社 四半期報告書 第94期第1四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第94期第1四半期(平成30年1月1日-平成30年3月31日)
提出日
提出者 旭硝子株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年5月10日
      【四半期会計期間】                    第94期第1四半期(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)
      【会社名】                    旭硝子株式会社
      【英訳名】                    Asahi   Glass   Company,     Limited
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  島村 琢哉
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
      【電話番号】                    東京(03)3218-5603
      【事務連絡者氏名】                    広報・IR部長  玉城 和美
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
      【電話番号】                    東京(03)3218-5603
      【事務連絡者氏名】                    広報・IR部長  玉城 和美
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/28













                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第93期           第94期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第93期
                              累計期間           累計期間
                              自2017年           自2018年           自2017年

                              1月1日           1月1日           1月1日
              会計期間
                              至2017年           至2018年           至2017年
                              3月31日           3月31日           12月31日
                     (百万円)             335,340           372,460          1,463,532
     売上高
     税引前四半期利益又は税引前利
                     (百万円)             19,359           34,445           114,424
     益
     親会社の所有者に帰属する四半
                     (百万円)             19,972           24,813           69,225
     期(当期)純利益
     親会社の所有者に帰属する四半
                     (百万円)             12,951          △ 39,934           135,090
     期(当期)包括利益
                     (百万円)            1,088,083           1,131,435           1,184,034
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)            2,024,756           2,174,911           2,228,560
     総資産額
     基本的1株当たり四半期(当
                      (円)             86.66           109.80           302.12
     期)純利益
     希薄化後1株当たり四半期(当
                      (円)             86.25           109.26           300.65
     期)純利益
                      (%)             53.74           52.02           53.13
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             54,867           39,701           203,504
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 99,855          △ 34,890          △ 209,560
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 9,695           13,778          △ 18,720
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             92,022           140,354           126,417
     (期末)残高
      注 1 当社は、国際会計基準に基づいて連結財務諸表を作成しております。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 2017年7月1日付で普通株式5株を1株に併合しております。前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われ
          たと仮定し、「基本的1株当たり四半期(当期)純利益」及び「希薄化後1株当たり四半期(当期)純利益」
          を算定しております。
      2【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社(以下、当社グループという)が営む事業の内容に
      ついて、重要な変更はありません。
       当第1四半期連結累計期間における、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。

      (ガラス)

       当社の連結子会社であるAGCフラットガラス・フィリピン社の全株式を譲渡したため、連結の範囲から除外してお
      ります。
                                  2/28



                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        前事業年度の有価証券報告書に記載した当社グループの事業等のリスクについて重要な変更はありません。また、
       当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクも発生しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1) 経営成績
        当第1四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年3月31日まで)における当社グループを取り巻く世界経済
       は、全体としては引き続き緩やかな景気回復が続きました。日本においては、政府の経済政策等により、景気は緩や
       かな回復基調が継続しています。欧州の景気は引き続き緩やかに回復し、米国でも個人消費が増加するなど、景気回
       復が続いています。ロシアやブラジル、中国をはじめとする新興国においては、持ち直しの動きが続いています。
        このような環境の下、当社グループでは各事業の出荷数量増および前期に買収した企業の連結化などにより、当第
       1四半期連結累計期間の売上高は前第1四半期連結累計期間比371億円(11.1%)増の3,725億円、営業利益は同84億
       円(37.9%)増の306億円、税引前四半期利益は同151億円(77.9%)増の344億円となりました。親会社の所有者に
       帰属する四半期純利益は同48億円(24.2%)増の248億円となりました。
        当第1四半期連結累計期間における各報告セグメントの業績は、以下のとおりです。

       ① ガラス
         建築用ガラスは、欧州で出荷が堅調に推移したことやユーロ高の影響から、前年同期に比べ増収となりました。
         自動車用ガラスは、全ての地域で当社グループの出荷が増加したことやユーロ高の影響から、前年同期に比べ増
        収となりました。
         以上の結果から、当第1四半期連結累計期間のガラスの売上高は前第1四半期連結累計期間比142億円(8.0%)
        増の1,912億円、営業利益は同5億円(7.1%)増の76億円となりました。
       ② 電子
         液晶用ガラス基板は、前年同期に比べ販売価格は下落しましたが、出荷は増加しました。ディスプレイ用特殊ガ
        ラスの出荷は前年同期に比べ減少しました。車載ディスプレイ用カバーガラスの出荷は前年同期に比べ増加しまし
        た。電子部材については、前年同期に比べオプトエレクトロニクス用部材の出荷は減少しましたが、半導体関連製
        品の出荷が増加しました。
         以上の結果から、当第1四半期連結累計期間の電子の売上高は前第1四半期連結累計期間比18億円(2.9%)減
        の588億円、営業利益は同16億円(37.9%)増の57億円となりました。
       ③ 化学品
         クロールアルカリ・ウレタンは、国内および東南アジアでの苛性ソーダの販売価格が上昇したこと、前年3月か
        らビニタイ社を連結化したことなどにより、前年同期に比べ増収となりました。フッ素・スペシャリティは、半導
        体関連製品向けのフッ素樹脂をはじめとするフッ素関連製品の出荷が堅調に推移したことにより、前年同期に比べ
        増収となりました。ライフサイエンスは、前年2月からCMCバイオロジックス社を連結化したことなどにより、前
        年同期に比べ増収となりました。
         以上の結果から、当第1四半期連結累計期間の化学品の売上高は前第1四半期連結累計期間比231億円
        (25.2%)増の1,148億円、営業利益は同59億円(52.9%)増の170億円となりました。
                                  3/28






                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
       各報告セグメントに属する主要な製品の種類は以下のとおりです。
       報告セグメント                            主要製品
                フロート板ガラス、型板ガラス、網入り磨板ガラス、Low-E(低放射)ガラス、装飾ガラス、
      ガラス          建築用加工ガラス(断熱・遮熱複層ガラス、防災・防犯ガラス、防・耐火ガラス等)、
                自動車用ガラス等
                液晶用ガラス基板、ディスプレイ用特殊ガラス、車載ディスプレイ用カバーガラス、
      電子          ディスプレイ用周辺部材、ソーラー用ガラス、産業用加工ガラス、半導体プロセス用部材、
                オプトエレクトロニクス用部材、照明用製品、理化学用製品等
                塩化ビニル、塩化ビニル原料、苛性ソーダ、ウレタン原料、フッ素樹脂、撥水撥油剤、
      化学品
                ガス、溶剤、医農薬中間体・原体、ヨウ素製品等
       上記製品の他、当社グループは、セラミックス製品、物流・金融サービス等も扱っています。
       (2) 財政状態

       ○資産
        当第1四半期連結会計期間末の資産は、前連結会計年度末比536億円減の21,749億円となりました。これは主に、
       上場株式下落に伴いその他の金融資産が減少したことによるものであります。
       ○負債
        当第1四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末比18億円減の9,368億円となり、前期末と同水準となり
       ました。
       ○資本
        当第1四半期連結会計期間末の資本は、前連結会計年度末比518億円減の12,381億円となりました。これは主に、
       前期末比で円高になったことにより在外営業活動体の換算差額が減少したことによるものであります。
       (3) キャッシュ・フローの状況

        当第1四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末より139億円(11.0%)増加し、
       1,404億円となりました。
       ① 営業活動によるキャッシュ・フロー
         当第1四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは、397億円の収入(前年同期は549億円の収
        入)となりました。
       ② 投資活動によるキャッシュ・フロー
         当第1四半期連結累計期間の投資活動によるキャッシュ・フローは、349億円の支出(前年同期は999億円の支
        出)となりました。これは、有形固定資産の取得による支出等があったことによるものであります。
       ③ 財務活動によるキャッシュ・フロー
         当第1四半期連結累計期間の財務活動によるキャッシュ・フローは、138億円の収入(前年同期は97億円の支
        出)となりました。これは、配当金の支払等があった一方で、長期有利子負債の借入及び発行による収入があった
        ことによるものであります。
       (4) 対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。また、
        当第1四半期連結累計期間において新たな課題も発生しておりません。
       (5) 研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における当社グループ全体の研究開発費は10,500百万円であります。なお、当第1四
        半期連結累計期間において、研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/28





                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                     400,000,000

                  計                                    400,000,000

        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末                       上場金融商品取引所名
                       提出日現在発行数(株)
       種類     現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品                 内容
                        (2018年5月10日)
             (2018年3月31日)                      取引業協会名
                                               完全議決権株式であり、

                                               権利内容に何ら限定のない
                                   東京証券取引所             当社における標準となる
      普通株式           231,978,181           231,978,181
                                   (市場第一部)             株式であります。また、
                                               単元株式数は100株で
                                               あります。
        計         231,978,181           231,978,181            -             -

       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式
                         発行済株式                        資本準備金         資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                総数残高                       増減額        残高
                総数増減数
                                (百万円)        (百万円)
                         (株)                      (百万円)        (百万円)
                  (株)
     2018年1月1日~
                △3,199,600        231,978,181            -      90,873          -      91,164
     2018年3月31日
      注 2018年3月9日開催の取締役会の決議により、2018年3月30日付で自己株式3,199,600株の消却を行いました。こ
        れにより、第1四半期会計期間末の発行済株式総数は3,199,600株減少し、231,978,181株となっております。
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/28






                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2017年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2017年12月31日現在
            区分            株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                          -             -               -

     議決権制限株式(自己株式等)                          -             -               -

     議決権制限株式(その他)                          -             -               -

                                              権利内容に何ら限定のない当

                     (自己保有株式)
                                              社における標準となる株式で
                                            -
                     普通株式           9,204,000
                                              あります。また、単元株式数
     完全議決権株式(自己株式等)
                                              は100株であります。
                     (相互保有株式)
                                            -        同上
                     普通株式               48,900
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                   2,253,738           同上
                           225,373,800
                     普通株式              551,081

     単元未満株式                                       -        同上
                           235,177,781

     発行済株式総数                                       -               -
                                         2,253,738

     総株主の議決権                          -                           -
      注 1 「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式及び相互保有株式が次のとおり含まれております。
            自己保有株式                                 32株
            相互保有株式          共栄商事株式会社                         40株
        2 2018年3月30日に自己株式3,199,600株の消却を行ったことにより、当第1四半期会計期間末の発行済株式総
          数は、231,978,181株となっております。
        ②【自己株式等】

                                                   2017年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                       自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                   所有者の住所                                 対する所有株式数
     名称                       株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)           東京都千代田区丸の内
                              9,204,000           -    9,204,000             3.91
     旭硝子株式会社           一丁目5番1号
     (相互保有株式)           東京都千代田区有楽町
                                               48,900
                               48,900          -                 0.02
     共栄商事株式会社           一丁目7番1号
          計                -    9,252,900           -    9,252,900             3.93
      注 2018年3月30日に自己株式の消却を行ったことにより、自己保有株式3,199,600株が減少しております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                  6/28




                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣
       府令第64号、以下「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報
       告」に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年1月1日から2018
       年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年3月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、有限責任             あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/28

















                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                             注記      前連結会計年度末            当第1四半期連結会計期間末

                             番号      (2017年12月31日)              (2018年3月31日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                      11             126,417              140,354
       営業債権                      11             260,497              251,511
       棚卸資産                                  261,708              258,428
       その他の債権                      11             43,774              40,326
       未収法人所得税                                   5,570              5,205
       その他の流動資産                      11             24,554              18,412
       流動資産合計                                  722,522              714,239
      非流動資産
       有形固定資産                                 1,060,601              1,045,070
       のれん                      12             78,757              76,484
       無形資産                                   58,038              56,097
       持分法で会計処理されている投資                                   39,575              39,455
       その他の金融資産                      11             234,896              211,818
       繰延税金資産                                   23,157              21,177
       その他の非流動資産                                   11,011              10,569
       非流動資産合計                                 1,506,038              1,460,672
      資産合計                                  2,228,560              2,174,911
     負債及び資本
     負債
      流動負債
       営業債務                      11             159,489              141,955
       短期有利子負債                      11             73,666              82,468
       1年内返済予定の長期有利子負債                     10,11              63,629              88,715
       その他の債務                      11             127,580              135,942
       未払法人所得税                                   12,210               9,221
       引当金                                   1,893              1,512
       その他の流動負債                      11             16,819              16,178
       流動負債合計                                  455,288              475,995
      非流動負債
       長期有利子負債                     10,11              351,789              333,229
       繰延税金負債                                   59,492              47,093
       退職給付に係る負債                                   50,585              60,569
       引当金                                   10,045               9,143
       その他の非流動負債                      11             11,463              10,812
       非流動負債合計                                  483,376              460,848
      負債合計                                   938,665              936,844
     資本
       資本金                                   90,873              90,873
       資本剰余金                                  101,420              101,361
       利益剰余金                                  735,653              734,524
       自己株式                      14            △43,629              △28,356
       その他の資本の構成要素                                  299,716              233,033
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                 1,184,034              1,131,435
       非支配持分                                  105,860              106,631
      資本合計                                  1,289,895              1,238,067
      負債及び資本合計                                  2,228,560              2,174,911
                                  8/28


                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結純損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結純損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                            注記
                                 (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                            番号
                                  至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     売上高                                     335,340               372,460
     売上原価                                   △244,572               △270,106
       売上総利益                                   90,768              102,353
     販売費及び一般管理費                                    △69,146               △71,903
     持分法による投資利益                                       600               199
       営業利益                                   22,222               30,649
     その他収益                        7              1,016               5,378
     その他費用                        7             △3,256                △910
       事業利益                                   19,981               35,117
     金融収益                                      1,212               1,698
     金融費用                                     △1,834               △2,371
       金融収益・費用合計                                   △622               △672
       税引前四半期利益                                   19,359               34,445
     法人所得税費用                                      2,778              △7,133
       四半期純利益                                   22,137               27,311
      親会社の所有者に帰属する四半期純利益                                    19,972               24,813
      非支配持分に帰属する四半期純利益                                     2,165               2,498
     1株当たり四半期純利益

      基本的1株当たり四半期純利益(円)                       9              86.66              109.80
      希薄化後1株当たり四半期純利益(円)                       9              86.25              109.26
                                  9/28











                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                              注記
                                  (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                              番号
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
     四半期純利益                                      22,137              27,311
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       確定給付負債(資産)の純額の再測定                                   △1,294              △5,559
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                           △6,015              △13,395
       る金融資産の純変動
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                             △9               31
       対する持分
      純損益に振り替えられることのない項目合計                                    △7,319              △18,923
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の純
                                            △523              △246
       変動
       在外営業活動体の換算差額                                    △787             △49,674
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                             12              15
       対する持分
      純損益に振り替えられる可能性のある項目合計                                    △1,299              △49,905
       その他の包括利益(税引後)合計                                   △8,618              △68,829
     四半期包括利益合計                                      13,519             △41,517
      親会社の所有者に帰属する四半期包括利益                                     12,951             △39,934
      非支配持分に帰属する四半期包括利益                                      567            △1,583
                                 10/28












                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
          前第1四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素
                                                      その他の包括
                                                確定給付負
                    注記
                                                      利益を通じて
                        資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式
                                                債(資産)
                    番号
                                                      公正価値で測
                                                の純額の再
                                                      定する金融資
                                                測定
                                                      産の純変動
     期首残高                   90,873      101,237       690,890      △29,259      △45,106        95,891
     当期変動額
      四半期包括利益
       四半期純利益                    -      -     19,972        -      -       -
       その他の包括利益                    -      -       -      -    △1,325       △6,013
      四半期包括利益合計                    -      -     19,972        -    △1,325       △6,013
      所有者との取引額等
       配当             8       -      -   △10,407         -      -       -
       自己株式の取得                    -      -       -   △10,007         -       -
       自己株式の処分                    -      -      △30       69      -       -
       その他の資本の構成要素
                           -      -     1,566        -      -    △1,566
       から利益剰余金への振替
       株式報酬取引                    -      69       -      -      -       -
       その他企業結合等             12       -      -       -      -      -       -
      所有者との取引額等合計                    -      69    △8,871      △9,938         -    △1,566
     期末残高                   90,873      101,306       701,991      △39,197      △46,431        88,312
                           親会社の所有者に帰属する持分

                       その他の資本の構成要素
                       キャッ
                                                非支配持分       資本合計
                       シュ・フ      在外営業活
                                           合計
                    注記
                                     合計
                       ロー・ヘッ      動体の換算
                    番号
                       ジの公正価      差額
                       値の純変動
     期首残高                     225    190,686       241,696     1,095,438        73,305     1,168,743
     当期変動額
      四半期包括利益
       四半期純利益                    -      -       -    19,972       2,165       22,137
       その他の包括利益                  △512       830     △7,020      △7,020      △1,598       △8,618
      四半期包括利益合計                   △512       830     △7,020       12,951        567     13,519
      所有者との取引額等
       配当             8       -      -       -   △10,407       △1,295       △11,702
       自己株式の取得                    -      -       -   △10,007         -    △10,007
       自己株式の処分                    -      -       -      39      -       39
       その他の資本の構成要素
                           -      -    △1,566         -      -       -
       から利益剰余金への振替
       株式報酬取引                    -      -       -      69      -       69
       その他企業結合等             12       -      -       -      -    21,933       21,933
      所有者との取引額等合計                    -      -    △1,566      △20,306       20,637         331
     期末残高                    △287     191,516       233,109     1,088,083        94,510     1,182,593
                                 11/28




                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
          当第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素
                                                      その他の包括
                                                確定給付負
                    注記
                                                      利益を通じて
                        資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式
                                                債(資産)
                    番号
                                                      公正価値で測
                                                の純額の再
                                                      定する金融資
                                                測定
                                                      産の純変動
     期首残高                   90,873      101,420       735,653      △43,629      △32,480        105,270
       会計方針の変更の影響             3       -      -     △244        -      -       -
     修正再表示後期首残高                   90,873      101,420       735,408      △43,629      △32,480        105,270
     当期変動額
      四半期包括利益
       四半期純利益                    -      -     24,813        -      -       -
       その他の包括利益                    -      -       -      -    △5,611       △13,384
      四半期包括利益合計                    -      -     24,813        -    △5,611       △13,384
      所有者との取引額等
       配当             8       -      -   △12,428         -      -       -
       自己株式の取得                    -      -       -      △5       -       -
       自己株式の処分                    -      -      △37       110       -       -
       自己株式の消却             14       -      -   △15,166       15,166        -       -
       その他の資本の構成要素
                           -      -     1,936        -      -    △1,936
       から利益剰余金への振替
       株式報酬取引                    -     △59        -      -      -       -
       その他企業結合等                    -      -       -      -      -       -
      所有者との取引額等合計                    -     △59     △25,696       15,272        -    △1,936
     期末残高                   90,873      101,361       734,524      △28,356      △38,091        89,950
                           親会社の所有者に帰属する持分

                       その他の資本の構成要素
                       キャッ
                                                非支配持分       資本合計
                       シュ・フ      在外営業活
                                           合計
                    注記
                                     合計
                       ロー・ヘッ      動体の換算
                    番号
                       ジの公正価      差額
                       値の純変動
     期首残高                     548    226,377       299,716     1,184,034       105,860      1,289,895
       会計方針の変更の影響             3       -      -       -     △244        -     △244
     修正再表示後期首残高                     548    226,377       299,716     1,183,790       105,860      1,289,650
     当期変動額
      四半期包括利益
       四半期純利益                    -      -       -    24,813       2,498       27,311
       その他の包括利益                  △210     △45,541       △64,747      △64,747       △4,081       △68,829
      四半期包括利益合計                   △210     △45,541       △64,747      △39,934       △1,583       △41,517
      所有者との取引額等
       配当             8       -      -       -   △12,428        △597     △13,026
       自己株式の取得                    -      -       -      △5       -       △5
       自己株式の処分                    -      -       -      73      -       73
       自己株式の消却             14       -      -       -      -      -       -
       その他の資本の構成要素
                           -      -    △1,936         -      -       -
       から利益剰余金への振替
       株式報酬取引                    -      -       -     △59       -      △59
       その他企業結合等                    -      -       -      -     2,952       2,952
      所有者との取引額等合計                    -      -    △1,936      △12,420        2,354     △10,066
     期末残高                     338    180,835       233,033     1,131,435       106,631      1,238,067
                                 12/28


                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                              注記
                                  (自 2017年1月1日              (自 2018年1月1日
                              番号
                                   至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                     19,359              34,445
      減価償却費及び償却費                                     31,101              30,331
      受取利息及び受取配当金                                     △922             △1,688
      支払利息                                     1,769              1,863
      持分法による投資損益                                     △600              △199
      固定資産除売却損益                                      197             △561
      営業債権の増減額                                     11,773              3,243
      棚卸資産の増減額                                    △7,214              △3,917
      営業債務の増減額                                    △4,912             △13,448
      その他                                     5,124               240
      小計                                     55,675              50,309
      利息及び配当金の受取額                                     1,135              1,588
      利息の支払額                                    △2,459              △1,989
      法人所得税の支払額又は還付額                                      516           △10,206
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                     54,867              39,701
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出                                    △26,579              △44,245
      有形固定資産の売却による収入                                     1,919              2,546
      その他の金融資産の取得による支出                                    △3,334               △175
      その他の金融資産の売却及び償還による収入                                     4,627              4,191
      子会社の取得による支出                         12           △76,661               △525
      子会社の売却による収入                         13              -            3,352
      その他                                      171             △34
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                    △99,855              △34,890
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期有利子負債の増減                                     11,799              11,394
      長期有利子負債の借入及び発行による収入                                     10,679              49,553
      長期有利子負債の返済及び償還による支出                                    △10,259              △36,926
      非支配持分株主からの払込みによる収入                                       -            2,940
      自己株式の取得による支出                                    △10,007                △5
      配当金の支払額                         8           △10,407              △12,428
      非支配持分株主への配当金の支払額                                    △1,295               △597
      その他                                     △205              △151
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △9,695              13,778
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      △618             △4,652
     現金及び現金同等物の増減額                                     △55,302               13,936
     現金及び現金同等物の期首残高                                     147,325              126,417
     現金及び現金同等物の四半期末残高                                      92,022             140,354
                                 13/28





                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
     1 報告企業
        旭硝子株式会社(以下、「当社」)は、日本に所在する企業であります。当社グループの要約四半期連結財務諸表
       は2018年3月31日を期末日とし、当社及び子会社、並びに関連会社の持分等により構成されております。
        当社グループは、主にガラス、電子、化学品などの事業を行っております。詳細については、「注記5 事業セグ
       メント」に記載しております             。
     2 作成の基礎

        当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定
       会社」の要件を全て満たすことから、四半期連結財務諸表規則第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務
       報告」に準拠して作成しております。
        要約四半期連結財務諸表は、連結会計年度の連結財務諸表で要求される全ての情報が含まれていないため、前連結
       会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。
        要約四半期連結財務諸表の表示通貨は日本円であり、百万円単位で切り捨てにより表示しております。
        要約四半期連結財務諸表は、2018年5月10日に、当社代表取締役島村琢哉及び当社最高財務責任者である代表取締
       役宮地伸二によって承認されております                   。
     3 重要な会計方針

        当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除いて、前連結会計年度の連
       結財務諸表において適用した会計方針と同一であります。
        当社グループは、当第1四半期連結会計期間よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を適用しておりま

       す。IFRS第15号の適用にあたっては、経過措置として認められている、本基準の適用による累積的影響を適用開始日
       に認識する方法を採用しております。
        IFRS第15号の適用に伴い、下記の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
       ステップ1:顧客との契約を識別する
       ステップ2:契約における履行義務を識別する
       ステップ3:取引価格を算定する
       ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
       ステップ5:企業が履行義務の充足時に収益を認識する
        当社グループは、建築用ガラス、自動車用ガラス、ディスプレイ用ガラス、電子部材、クロールアルカリ・ウレタ
       ン、フッ素・スペシャリティ及びライフサイエンス製品等の販売を行っており、これらの製品販売については、製品
       の引渡時点において顧客が当該製品に対する支配を獲得することから、履行義務が充足されると判断しており、当該
       製品の引渡時点で収益を認識しております。建築用ガラスの据え付け等、工事に係る収益については、履行義務の進
       捗に応じて収益を認識しております。進捗度の測定は、発生したコストに基づいたインプット法等により行っており
       ます。
        また、収益は顧客との契約において約束された対価から、値引き、リベート及び返品などを控除した金額で測定し
       ております。
        履行義務充足前に顧客から対価を受け取る場合には、契約負債として認識しております。
        上記の5ステップアプローチに基づき、顧客との契約及び履行義務を識別し取引価格を算定することにより、従前
       の会計基準に基づき認識していた収益と比較し、一部取引について顧客から受け取る対価の測定に差異が生じており
       ます。
        この結果、従前の会計基準を適用した場合と比較して、要約四半期連結財政状態計算書の当第1四半期連結会計期
       間の期首において、営業債権が524百万円減少し、繰延税金資産が280百万円増加し、利益剰余金が244百万円減少し
       ております。また、当第1四半期連結会計期間の期末において、営業債権が404百万円減少し、繰延税金資産が247百
       万円増加し、利益剰余金及びその他の資本の構成要素がそれぞれ147百万円、10百万円減少しております。
        なお、要約四半期連結純損益計算書の当第1四半期連結累計期間において、売上高が128百万円増加し、法人所得
       税費用が31百万円増加しております。
                                 14/28




                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
        当社グループは、上記基準書以外に、当連結会計年度より以下の基準書をそれぞれの経過措置に準拠して適用して
       おります。以下の基準書の適用が、当社グループの要約四半期連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
         基準書              基準名                      概要

     IFRS第2号

                 株式に基づく報酬取引の分類及
                                 株式に基づく報酬取引の会計処理の明確化
                 び測定
     (2016年6月改訂)
     I FRS第9号                           金融商品の分類及び測定の改訂、
                 金融商品
     (2014年7月改訂)                            金融資産の予想信用損失モデルによる減損規定の導入
                                 資産、費用または収益の認識に先立ち、非貨幣性の前払
     IFRIC第22号            外貨建取引と      前払  ・前受対価        資産、前受収益負債を認識する外貨建取引の換算レート
                                 の明確化
        要約四半期連結純損益計算書における「営業利益」は、当社グループの業績を継続的に比較・評価することに資す

       る指標であります。「その他収益」及び「その他費用」の主な内訳には、為替差損益、固定資産売却益、固定資産除
       却損、減損損失、事業構造改善費用などがあります。「事業利益」には、金融収益・費用及び法人所得税費用を除い
       た全ての収益・費用が含まれております。
        なお、当第1四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
     4 重要な会計上の見積り、判断及び仮定

        当社グループの要約四半期連結財務諸表の作成において、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす判
       断、見積り及び仮定を設定しております。そのため、会計上の見積りと実績は異なることがあります。
        当社グループの要約四半期連結財務諸表で認識する金額に重要な影響を与える見積り及び仮定は、原則として前連
       結会計年度と同様であります。
        見積り及びその仮定は継続して見直しております。これらの見積り及び仮定の見直しによる影響は、その見積り及
       び仮定を見直した会計期間及びそれ以降の会計期間において認識しております。
                                 15/28












                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     5  事業セグメント
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最高意思
      決定機関が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
      す。
       当社グループは、製品・サービス別に、「ビルディング・産業ガラス」「オートモーティブ」「電子」「化学品」
      の4カンパニーを置き、各カンパニーは、取扱う製品・サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、グ
      ローバルに事業活動を展開しております。
       なお、「ビルディング・産業ガラス」及び「オートモーティブ」につきましては、サプライチェーンの最上流に位
      置し最大の資産であるフロート板ガラス製造設備(ガラス溶解窯)等を、共同で活用しており、両カンパニー共用の
      資産・負債が併存しております。共用の状況は生産や販売の需給変動で左右されます。これらの状況を考慮し、財務
      諸表については分離することが困難であるため、「ビルディング・産業ガラス」及び「オートモーティブ」にて「ガ
      ラス」セグメントとし、財務諸表を作成しております。また、経営資源の配分の決定がそれぞれの業績に密接に影響
      を与え、業績評価についても不可分の関係にあることから、全体最適生産、シナジー効果の維持等を目的に、両カン
      パニープレジデント等参加の下で「ガラスセグメント会議」等を設置し、グループ利益の最大化を協働で図っており
      ます。これらの状況を踏まえて、「ビルディング・産業ガラス」及び「オートモーティブ」にて「ガラス」セグメン
      トとして報告しております。
       したがって、当社グループは、「ガラス」「電子」「化学品」の3つを報告セグメントとしております。
       なお、各報告セグメントに属する主要な製品の種類は、以下のとおりであります。
      報告セグメント                             主要製品
                フロート板ガラス、型板ガラス、網入り磨板ガラス、Low-E(低放射)ガラス、装飾ガラス、
     ガラス          建築用加工ガラス(断熱・遮熱複層ガラス、防災・防犯ガラス、防・耐火ガラス等)、
                自動車用ガラス等
                液晶用ガラス基板、ディスプレイ用特殊ガラス、車載ディスプレイ用カバーガラス、
     電子          ディスプレイ用周辺部材、ソーラー用ガラス、産業用加工ガラス、半導体プロセス用部材、
                オプトエレクトロニクス用部材、照明用製品、理化学用製品等
                塩化ビニル、塩化ビニル原料、苛性ソーダ、ウレタン原料、フッ素樹脂、撥水撥油剤、
     化学品
                ガス、溶剤、医農薬中間体・原体、ヨウ素製品等
       前第1四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                                       要約四半期
                       報告セグメント
                                    セラミック                   連結純損益
                                            合計      調整額
                                    ス・その他                   計算書計上
                   ガラス       電子      化学品
                                                       額
     外部顧客への売上高              176,848       60,261      91,237       6,993     335,340         -    335,340
     セグメント間の売上高                145      362      445     8,141      9,094     △9,094         -
          計         176,993       60,623      91,683      15,134      344,435      △9,094      335,340
     セグメント利益又は損失
                    7,133      4,164      11,106       △317      22,086        135     22,222
     (営業利益)
     四半期純利益                -      -      -      -      -      -    22,137
       セグメント間の取引の価格は、主に市場価格や製造原価に基づいております。

       「セラミックス・その他」では、セラミックス製品、物流・金融サービス等を扱っております。
                                 16/28






                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                       要約四半期
                       報告セグメント
                                    セラミック                   連結純損益
                                            合計      調整額
                                    ス・その他                   計算書計上
                   ガラス       電子      化学品
                                                       額
     外部顧客への売上高              190,955       58,444      114,459       8,600     372,460         -    372,460
     セグメント間の売上高                282      404      307     9,737      10,732     △10,732         -
          計         191,238       58,849      114,767       18,337      383,192      △10,732       372,460
     セグメント利益又は損失
                    7,637      5,744      16,979        262     30,624        24    30,649
     (営業利益)
     四半期純利益                -      -      -      -      -      -    27,311
       セグメント間の取引の価格は、主に市場価格や製造原価に基づいております。

       「セラミックス・その他」では、セラミックス製品、物流・金融サービス等を扱っております。
     6 売上高

       当社グループは、「注記5 事業セグメント」に記載の通り、「ガラス」「電子」「化学品」の3つを報告セグメ
      ントとしております。また、売上高は製品群別及び地域別に分解しております。これらの分解した売上高と各報告セ
      グメントの売上高との関係は以下のとおりであります。
       なお、当社グループは、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用にあたって、本基準の適用による累積
      的影響を適用開始日に認識する方法を採用しております。したがって、前第1四半期連結累計期間については修正再
      表示しておりません。
      (1)製品群別の展開

                                                    (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年3月31日)                至 2018年3月31日)
               板ガラス                           81,613               86,706

                                         95,234
     ガラス         自動車用ガラス                                          104,248
               小計                          176,848               190,955

               ディスプレイ                           46,685               44,919

     電子         電子部材                           13,575               13,525

               小計                           60,261               58,444

                                         58,880
               クロールアルカリ・ウレタン                                          74,708
               フッ素・スペシャリティ                           26,492               28,708

     化学品
               ライフサイエンス                           5,865               11,041
               小計                           91,237               114,459

                                          6,993
     セラミックス・その他                                                    8,600
                                         335,340
      合計                                                  372,460
                                 17/28





                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
      (2)地域別の展開
       前第1四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                            セラミックス
                  ガラス          電子         化学品                   合計
                                             ・その他
     日本・アジア               76,089         56,997         80,161          6,993        220,242
     アメリカ               28,865          2,421         6,314           -       37,601

     ヨーロッパ               71,892           842        4,761           -       77,497

      合計             176,848          60,261         91,237          6,993        335,340

       当第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                            セラミックス
                  ガラス          電子         化学品                   合計
                                             ・その他
     日本・アジア               79,478         54,088         98,174          8,600        240,342
     アメリカ               30,457          3,254         8,517           -       42,228

     ヨーロッパ               81,018          1,101         7,767           -       89,888

      合計             190,955          58,444         114,459          8,600        372,460

       なお、地域別の売上高は、各拠点の所在地によっており、「アメリカ」にはブラジルを含めて記載しております。
       ガラス    セグメントにおいては、建築用ガラス、自動車用ガラス等の販売及び関連製品の納入・取付工事を行ってお

      り、国内外の住宅・ビル関連企業、自動車メーカー等を主な顧客としております。
       電子セグメントにおいては、液晶用ガラス基板等のディスプレイ用ガラス、オプトエレクトロニクス用部材、                                                    半導
      体関連製品等      の納入を行っており、国内外のパネルメーカー、エレクトロニクス業界の企業等を主な顧客としており
      ます。
       化学品セグメントにおいては、クロールアルカリ・ウレタン、フッ素・スペシャリティ及びライフサイエンス製品
      等の納入を行っており、主に商社等の卸売業者及び当社グループの販売拠点等を通してグローバルに販売しておりま
      す。
       これらは、「注記3            重要な会計方針」に記載した方針に従って、会計処理しております。
     7 その他収益及びその他費用

      (1)その他収益
                                                    (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                               (自 2017年1月1日                (自 2018年1月1日
                                至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
     為替差益                                      -              1,203
     固定資産売却益                                     280               1,171
     子会社株式売却益                                      -              1,618
     その他                                     735               1,385
      その他収益合計                                   1,016                5,378
      (2)その他費用

                                                    (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                               (自 2017年1月1日                (自 2018年1月1日
                                至 2017年3月31日)                 至 2018年3月31日)
     為替差損                                   △2,507                   -
     固定資産除却損                                    △477                △610
     事業構造改善費用                                     △66               △196
     その他                                    △204                △104
      その他費用合計                                  △3,256                 △910
                                 18/28


                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     8 配当
       各年度における配当金の支払額は、以下のとおりであります。
       前第1四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年3月31日)

                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2017年3月30日
                 普通株式            10,407          9.00    2016年12月31日         2017年3月31日
      定時株主総会
       当第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)

                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2018年3月29日
                 普通株式            12,428          55.00    2017年12月31日         2018年3月30日
      定時株主総会
     9 1株当たり四半期純利益

      (1)基本的1株当たり四半期純利益
      基本的1株当たり四半期純利益及びその算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期純利益(百万円)                                    19,972               24,813
     普通株式の加重平均株式数(千株)                                   230,468               225,986

     基本的1株当たり四半期純利益(円)                                     86.66               109.80

      (注)2017年7月1日付で普通株式5株を1株に併合しております。前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われた
         と仮定し、「基本的1株当たり四半期純利益」を算定しております。
      (2)希薄化後1株当たり四半期純利益

      希薄化後1株当たり四半期純利益及びその算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年1月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年3月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期純利益(百万円)                                    19,972               24,813
     希薄化後1株当たり四半期純利益の計算に使用する
                                         19,972               24,813
     利益(百万円)
     普通株式の加重平均株式数(千株)                                   230,468               225,986

     希薄化効果を有する潜在的普通株式の影響

      新株予約権方式によるストック・オプション
                                          1,105               1,117
      (千株)
     希薄化後の普通株式の加重平均株式数(千株)                                   231,574               227,103
     希薄化後1株当たり四半期純利益(円)                                     86.25               109.26

      (注)2017年7月1日付で普通株式5株を1株に併合しております。前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われた
         と仮定し、「希薄化後1株当たり四半期純利益」を算定しております。
                                 19/28



                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     10 社債
       前第1四半期連結累計期間及び当第1四半期連結累計期間における社債の発行及び償還はありません。
     11 金融商品

      (1)金融商品の公正価値
         前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末における、金融商品の帳簿価額と公正価値は以下のとおりで
        あります。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度末

                                             当第1四半期連結会計期間末
                               (2017年12月31日)
                                               (2018年3月31日)
                             帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値

     公正価値で測定する金融資産
      その他の流動資産及びその他の金融資産

                                1,538        1,538        1,448        1,448
       ヘッジの要件を満たさないデリバティブ
                                1,454        1,454         624        624
       ヘッジの要件を満たすデリバティブ
      その他の金融資産

       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                               224,688        224,688         201,903        201,903
       定する金融資産
     償却原価で測定される金融資産
                               126,417        126,417        140,354        140,354
      現金及び現金同等物
                               260,497        260,497        251,511        251,511
      営業債権
                               24,461        24,461        23,806        23,806
      その他の債権
                                9,948        9,948        9,695        9,695
      その他の金融資産
     公正価値で測定する金融負債

      その他の流動負債及びその他の非流動負債

                                3,219        3,219        4,850        4,850
       ヘッジの要件を満たさないデリバティブ
                                 158        158        109        109
       ヘッジの要件を満たすデリバティブ
                                6,768        6,768        6,544        6,544
       条件付対価に係る負債
     償却原価で測定される金融負債

                               159,489        159,489        141,955        141,955
      営業債務
      有利子負債(短期及び長期)
                               385,417        391,671        401,730        408,061

       借入金
                               30,593        30,593        29,615        29,615
       コマーシャル・ペーパー
                               69,876        71,467        69,882        71,360
       社債
                                3,199        3,199        3,184        3,184
       リース債務
                               99,447        99,447        100,747        100,747
      その他の債務
                                 576        576        845        845
      その他の非流動負債
                                 20/28




                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
      (2)公正価値ヒエラルキー
         以下の表は、公正価値で測定する金融商品を評価方法ごとに分析したものであります。公正価値の測定に利用す
        るインプットをもとにそれぞれのレベルを以下のように分類しております。
         インプットには、株価、為替レート並びに金利及び商品価格等に係る指数が含まれております。
         ・レベル1:活発な市場における公表価格により測定された公正価値
         ・レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
         ・レベル3:観察可能な市場データに基づかないインプットを含む、評価技法から算出された公正価値
                                                    (単位:百万円)
                        前連結会計年度末(2017年12月31日)
                            レベル1         レベル2         レベル3

                                                       合計
                                        2,992                 2,992
     デリバティブ金融資産                            -                 -
                                        1,538                 1,538

      ヘッジの要件を満たさないデリバティブ                           -                 -
                                        1,454                 1,454
      ヘッジの要件を満たすデリバティブ                           -                 -
                              216,712                  7,975        224,688
     資本性金融商品                                    -
      その他の包括利益を通じて公正価値で測
                              216,712                  7,975        224,688
                                          -
      定する金融資産
                                        3,377                 3,377
     デリバティブ金融負債                            -                 -
                                        3,219                 3,219
      ヘッジの要件を満たさないデリバティブ                           -                 -
                                         158                 158
      ヘッジの要件を満たすデリバティブ                           -                 -
                                                    (単位:百万円)

                     当第1四半期連結会計期間末(2018年3月31日)
                            レベル1         レベル2         レベル3

                                                       合計
                                        2,073                 2,073
     デリバティブ金融資産                            -                 -
                                        1,448                 1,448

      ヘッジの要件を満たさないデリバティブ                           -                 -
                                         624                 624
      ヘッジの要件を満たすデリバティブ                           -                 -
                              193,893                  8,010        201,903
     資本性金融商品                                    -
      その他の包括利益を通じて公正価値で測
                              193,893                  8,010        201,903
                                          -
      定する金融資産
                                        4,959                 4,959
     デリバティブ金融負債                            -                 -
                                        4,850                 4,850
      ヘッジの要件を満たさないデリバティブ                           -                 -
                                         109                 109
      ヘッジの要件を満たすデリバティブ                           -                 -
         レベル間の重要な振り替えが行われた金融商品の有無は毎期末日に判断しております。当第1四半期連結会計期

        間末において、レベル間の重要な振り替えが行われた金融商品はありません。
         レベル3に区分される資産及び負債として、上記「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」の

        ほか、「注記12 企業結合」に記載されている「条件付対価に係る負債」を有しております。これらのレベル3に
        分類される資産及び負債については、当第1四半期連結累計期間において、重要な変動は生じておりません。
         デリバティブ金融資産は、要約四半期連結財政状態計算書上、「その他の流動資産」及び「その他の金融資産」

        に含まれております。
         資本性金融商品は、要約四半期連結財政状態計算書上、「その他の金融資産」に含まれております。
         デリバティブ金融負債は、要約四半期連結財政状態計算書上、「その他の流動負債」及び「その他の非流動負
        債」に含まれております。
                                 21/28


                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     12   企業結合
      前第1四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年3月31日)
      (ビニタイ社との企業結合)
      (1)企業結合の概要は以下のとおりであります。
         ① 被取得企業の名称及び事業の内容
           被取得企業の名称 Vinythai               Public    Company    Limited
           事業の内容 化学品製造・販売事業
         ② 企業結合を行った主な理由
           当社グループは、東南アジアにおける化学品クロールアルカリ事業の拡大を目指しております。東南アジ
          アの苛性ソーダ及び塩化ビニル樹脂(PVC)の市場は、年率5%程度の成長が見込まれております。この
          たびのビニタイ社買収により、インドネシア、ベトナムに続きタイにも新たなPVC生産拠点を確保するこ
          とになります。
         ③ 企業結合日 2017年2月22日
         ④ 企業結合の法的形式 株式の取得
         ⑤ 結合後企業の名称 結合後企業の名称に変更はありません。
         ⑥ 取得した議決権比率 58.77%
      (2)取得対価及びその内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
     取得対価:
      現金                                                    33,097

     取得対価の合計                                                    33,097

      (3)取得に直接要した費用は811百万円であり、要約四半期連結純損益計算書上、「販売費及び一般管理費」に計上
         しております。
      (4)発生したのれんの金額及び発生原因は以下のとおりであります。
         ① 発生したのれんの金額 1,237百万円
           取得対価の配分が完了したことに伴い、のれんの金額は確定しております。
         ② 発生要因
           今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力の合理的な見積りにより発生したものであります。
           なお、認識されたのれんは税務上損金算入が見込まれるものはありません。
      (5)企業結合日に受け入れた資産及び負債の額は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                             公正価値
     資産

     現金及び現金同等物                                                    10,396

     営業債権                                                    8,506

     有形固定資産                                                    35,051

     無形資産                                                    2,001

     その他                                                    7,782

     資産合計                                                    63,739

     負債

     営業債務                                                    5,641

     1年内返済予定の長期有利子負債                                                    1,632

     その他                                                    2,251

                                                         9,525
     負債合計
         なお、取得原価の配分が完了した結果、暫定的に算定された金額からのれんが579百万円減少しております。
         当初の暫定的な金額からの受け入れた資産及び負債の主な変動は、有形固定資産の増加289百万円、無形資産の
         増加1,038百万円、繰延税金負債の増加341百万円であります。その結果、上記の資産及び負債の認識額に対す
         る比例持分に基づいて算定された非支配持分の公正価値は、22,353百万円であります。
      (6)取得日以降の被取得企業の売上高及び当期純利益、企業結合が期首に行われたと仮定した場合の結合後企業の
                                 22/28

                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
         売上高及び当期純利益は影響が軽微のため、記載を省略しております。
         (CMCバイオロジックス社との企業結合)

      (1)企業結合の概要は以下のとおりであります。
         ① 被取得企業の名称及び事業の内容
           被取得企業の名称 CMC            Biologics
           事業の内容 大手バイオ医薬品原薬の開発製造受託
         ② 企業結合を行った主な理由
           当社グループは、2000年初めよりバイオ医薬品製造受託事業を開始し、主に日本で微生物を用いたCMO(医
          薬品製造受託会社:Contract              Manufacturing       Organization)事業を行ってきました。今般のCMCバイオロ
          ジックス社の買収は、動物細胞を用いたバイオ医薬品製造技術の獲得と、その主要市場である欧米の顧客基
          盤獲得を目的とした当社のバイオ事業戦略の一環であります。本買収を通じ、高い技術力と信頼される品質
          に裏付けられた世界トップレベルのグローバルCDMO(製造受託に加え、製造方法の開発を受託・代行する会
          社:Contract       Development      & Manufacturing       Organization)として、製薬会社、患者様、そして社会に貢献
          していくことを目的としております。
         ③ 企業結合日 2017年2月1日
         ④ 企業結合の法的形式 株式の取得
         ⑤ 結合後企業の名称 結合後企業の名称に変更はありません。
         ⑥ 取得した議決権比率 100.0%
      (2)取得対価及びその内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
     取得対価:
      現金(注)                                                    55,870

      条件付対価                                                    6,139

     取得対価の合計                                                    62,010

      (注) 繰延対価5百万ユーロが含まれており、要約四半期連結財政状態計算書上、「その他の非流動負債」に計上し
          ております。
      (3)企業結合による条件付対価は、CMCバイオロジックス社の将来の業績等により判定されるものであり、取得対価
         に一定の調整が行われる可能性があります。
         当社グループが条件付対価契約に基づき要求されるすべての将来の支払額は、最大50百万ユーロ(割引前)で
         あります。
         なお、条件付対価の公正価値ヒエラルキーのレベルはレベル3であり、条件付対価の公正価値評価は完了して
         おります。
      (4)取得に直接要した費用は698百万円であり、要約四半期連結純損益計算書上、「販売費及び一般管理費」に計上
         しております。
      (5)発生したのれんの金額及び発生原因は以下のとおりであります。
         ① 発生したのれんの金額 36,766百万円
           取得対価の配分が完了したことに伴い                    、 のれんの金額は確定しております。
         ② 発生要因
           今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力の合理的な見積りにより発生したものであります。
           なお、認識されたのれんは税務上損金算入が見込まれるものはありません。
                                 23/28






                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
      (6)企業結合日に受け入れた資産及び負債の額は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                             公正価値
     資産

     現金及び現金同等物                                                    1,236

     営業債権                                                    2,172

     その他の債権                                                    2,725

     有形固定資産                                                    9,563

     無形資産                                                    29,719

     その他                                                    2,315

     資産合計                                                    47,732

     負債

     その他の債務                                                    7,646

     短期有利子負債                                                    4,433

     繰延税金負債                                                    9,182

     その他                                                    1,225

     負債合計                                                    22,488

         なお、取得対価の配分が完了した結果、暫定的に算定された金額からのれんが20,249百万円減少しており
         ます。当初の暫定的な金額からの受け入れた資産及び負債の主な変動は、有形固定資産の増加1,050百万円、
         無形資産の増加28,393百万円、繰延税金負債の増加10,427百万円であります。
      (7)取得日以降の被取得企業の売上高及び当期純利益、企業結合が期首に行われたと仮定した場合の結合後企業の
         売上高及び当期純利益は影響が軽微のため、記載を省略しております。
      当第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)

       重要な取引はなく、記載を省略しています。
                                 24/28










                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     13 子会社の譲渡
       当第1四半期連結累計期間において、当社が保有するAGCフラットガラス・フィリピン社の全株式をTQMPガラ
      ス・マニュファクチャリング社へ譲渡しました。株式の譲渡による受取対価と、譲渡による収支の関係は以下のとおり
      であります。
                                                    (単位:百万円)
     受取対価                                                    5,827
      うち未収入金                                                   △1,355

     譲渡した子会社の現金及び現金同等物                                                   △1,118

     子会社の売却による収入                                                    3,352

     14   資本

      (自己株式の消却)
       当社は、2018年3月9日開催の取締役会決議に基づき、自己株式を消却しております。この消却により自己株式は、
      当第1四半期連結累計期間において3,199,600株減少しております。
     15   コミットメント

       有形固定資産の取得に関して契約上確約している重要なコミットメントは、前連結会計年度末22,958百万円、当第1
      四半期連結会計期間末14,905百万円であります。
     16 重要な後発事象

       該当事項はありません。
                                 25/28













                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 26/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 27/28




















                                                           EDINET提出書類
                                                        旭硝子株式会社(E01122)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年5月10日

     旭硝子株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              前野 充次  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              中嶋 歩   印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              間宮 光健  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている旭硝子株式会社

     の2018年1月1日から2018年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年1月1日から2018年3月31
     日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すな
     わち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結純損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結
     持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、旭硝子株式会社及び連結子会社の2018年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四半
     期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点
     において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 28/28


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク