しんきん公共債ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 しんきん公共債ファンド
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                    有価証券届出書

      【提出先】                    関東財務局長殿

      【提出日】                    平成30年6月1日

      【発行者名】                    しんきんアセットマネジメント投信株式会社

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 堀 泰彦

      【本店の所在の場所】                    東京都中央区京橋三丁目8番1号

      【事務連絡者氏名】                    野呂 俊夫

      【電話番号】                    03-5524-8161

      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    しんきん公共債ファンド

       益証券に係るファンドの名称】
                          (愛称:ハロー・インカム)
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    3,000億円を上限とします。
       益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/97














                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

        しんきん公共債ファンド
        (ファンドの愛称を「ハロー・インカム」とします。)
        (以下「当ファンド」といいます。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

        ① 追加型証券投資信託(契約型)の受益権です。(以下「受益権」といいます。)
        ② 委託会社からの依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はあ
          りません。また、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありませ
          ん。
        ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「振替法」といいます。)の規定の適

       用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機
       関の下位の口座管理機関(振替法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下
       「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振
       替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社
       であるしんきんアセットマネジメント投信株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き当該振替
       受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありませ
       ん。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

         3,000億円を上限とします。
     (4)【発行(売出)価格】

         取得申込受付日の基準価額とします。
         基準価額とは、投資信託財産の純資産総額を計算日における受益権口数で除した価額をいいます。
        (ただし、便宜上1万口当たりに換算した基準価額で表示することがあります。)
         基準価額は、組入有価証券の値動き等により日々変動します。
         基準価額は、販売会社または下記の照会先に問い合わせることにより知ることができるほか、原則
        として日本経済新聞朝刊に掲載されます。また、委託会社のホームページで、最新の基準価額をご覧
        になることもできます。
                               <照会先>

                  しんきんアセットマネジメント投信株式会社(委託会社)
                         <コールセンター>0120-781812
              携帯電話・PHSからは 03-5524-8181(土日、休日を除く9:00~17:00)
                         <ホームページ>http://www.skam.co.jp
     (5)【申込手数料】

                                  2/97



                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ① 申込手数料は、購入金額に応じて、購入価額に0.54%(税抜0.5%)を上限に、販売会社が個別に
         定める手数料率を乗じて得た額とします。(※購入金額とは「買付申込日の基準価額×申込口数」
         をいいます。)
        ② 収益分配金の再投資に際しては、申込手数料は掛かりません。
        ③ 申込手数料には、消費税および地方消費税(以下「消費税等相当額」といいます。)が課されま
         す。
      ※販売会社が定める申込手数料については、販売会社または下記の照会先までお問い合わせください。

                               <照会先>
                  しんきんアセットマネジメント投信株式会社(委託会社)
                         <コールセンター>0120-781812
              携帯電話・PHSからは 03-5524-8181(土日、休日を除く9:00~17:00)
                         <ホームページ>http://www.skam.co.jp
     (6)【申込単位】

         販売会社が定める単位
         取得申込者は、販売会社との間で「自動けいぞく投資約款」に従って契約を締結します。
     (7)【申込期間】

         2018年6月2日から2018年11月30日まで(継続申込期間)
        (なお、継続申込期間は、上記継続申込期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されま
         す。)
     (8)【申込取扱場所】

         当ファンドのお申し込みに係る取扱い等は販売会社が行っています。
         ※販売会社は、以下の方法でご確認ください。
         委託会社への照会
         ホームページ  http://www.skam.co.jp
         コールセンター 0120-781812(携帯電話・PHSからは                             03-5524-8181)
         (受付時間:土日、休日を除く9:00から17:00まで)
     (9)【払込期日】

         取得申込者は、販売会社が定める期日までに、取得申込代金を販売会社において支払うものとしま
        す。販売会社は、各取得申込受付日における取得申込金額の総額に相当する金額を、追加信託が行わ
        れる日に、委託会社の口座に払い込みます。委託会社は、同日、各取得申込受付日に係る発行価額の
        総額を、受託会社の当ファンドに係る口座に払い込みます。
     (10)【払込取扱場所】

        取得申込金額は、お申し込みされた販売会社の営業所等で支払うものとします。
     (11)【振替機関に関する事項】

        振替機関は下記のとおりです。
        株式会社 証券保管振替機構
                                  3/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (12)【その他】

        ① 当ファンドの取得申込みは、販売会社の営業時間内において販売会社所定の方法でお申し込みく
          ださい。
        ② 各営業日の午後3時までに受け付けた取得および換金の申込み(当該申込みに係る販売会社所定
          の事務手続きが完了したもの)を当日の受付分として取り扱います。この時刻を過ぎて行われる申
          込みは、翌営業日以降の取扱いとなります。
        ③ 当ファンドは自動けいぞく投資専用ファンドですので、分配金は自動的に再投資されます。(再
          投資の際に、申込手数料は掛かりません。)取得申込者は、販売会社と別に定める「自動けいぞく
          投資約款」に従い契約を締結します。なお、上記の契約または規定について、別の名称で同様の権
          利義務関係を規定する契約または規定が用いられることがあり、この場合、上記契約または規定
          は、当該別の名称に読み替えるものとします。
        ④ 振替受益権について
           ファンドの受益権は、振替法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の
          振替機関の振替業に係る業務規程等の規則に従って取り扱われるものとします。
           ファンドの分配金、償還金および換金代金は、振替法および上記「(11)振替機関に関する事項」
          に記載の振替機関の業務規程その他の規則に従って支払われます。
     (参考)

        投資信託振替制度とは、
        ・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
        ・ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいます。)へ
         の記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されません。
                                  4/97










                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
        ① ファンドの目的
           わが国の地方債等に投資することにより、安定した収益の確保および投資信託財産の着実な成長
          を目指して運用を行います。
        ② ファンドの基本的性格
          当ファンドは、以下の「商品分類」および「属性区分」に該当します。
      1)商品分類表

         単位型投信・追加型投信                      投資対象地域              投資対象資産(収益の源泉)
                                                  株  式

                               国  内
            単位型投信                                      債  券
                                                  不動産投信
                               海  外
                                                  その他資産
            追加型投信                                     (    )
                               内  外
                                                  資産複合
      (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

      2)属性区分表

           投資対象資産               決算頻度        投資対象地域                投資形態
       株式

        一般                    年1回
        大型株
        中小型株                    年2回
                                   グローバル
       債券
                                     日本       ファミリーファンド
        一般                    年4回
                                     北米
        公債
                                     欧州
        社債                    年6回
                                    アジア
        その他債券                   (隔月)
                                   オセアニア
       クレジット属性
                                    中南米
       (     )                    年12回
                                    アフリカ
       不動産投信                   (毎月)
                                    中近東
       その他資産
                                    (中東)        ファンド・オブ・ファンズ
       (投資信託証券(債券))                    日々
                                  エマージング
       資産複合
       (   )                    その他
        資産配分固定型                   (  )
        資産配分変更型
      (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

     <商品分類の定義>

      ○「追加型投信」…一度設定されたファンドであっても、その後追加設定が行われ、従来の信託財産とと
       もに運用されるファンド
                                  5/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ○「国 内」…目論見書または投資信託約款(以下、「目論見書等」といいます。)において、組入資産
       による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるもの
      ○「債 券」…目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記
       載があるもの
     <属性区分の定義>
      ○「その他資産(投資信託証券(債券))」…目論見書等において、投資信託証券(マザーファンド)を
       通じて主として債券に投資する旨の記載があるもの
      ○「年2回」…目論見書等において、年2回決算する旨の記載があるもの
      ○「日本」…目論見書等において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるも
       の
      ○「ファミリーファンド」…目論見書等において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資さ
       れるものを除きます。)を投資対象として投資する旨の記載があるもの
       

        ムページ(http://www.toushin.or.jp)をご参照ください。
                                  6/97














                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③ ファンドの特色
                                  7/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  8/97





















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④ 信託金の限度額



















                                  9/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ・3,000億円を限度額として信託金を追加することができます。
        ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
     (2)【ファンドの沿革】

        2010年2月9日 信託契約締結、設定、運用開始
                                 10/97



















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【ファンドの仕組み】
        当ファンドの仕組みは、以下のとおりです。

                                 11/97



















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <委託会社の概況>(本書提出日現在)
      ① 名称
        しんきんアセットマネジメント投信株式会社
      ② 本店の所在の場所
        東京都中央区京橋三丁目8番1号
      ③ 資本金の額
        200百万円
      ④ 委託会社の沿革
         1990年12月        全信連投資顧問株式会社として設立
         1991年3月        投資顧問業の登録
         1992年3月        投資一任契約に係る業務の認可
         1998年11月        「しんきんアセットマネジメント投信株式会社」に商号変更
         1998年12月        証券投資信託委託業の認可
         2007年9月        金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業)の登録
         2017年8月        金融商品取引法に基づく第二種金融商品取引業の追加登録
      ⑤ 大株主の状況
            名称                 住所               所有株式数            比率
          信金中央金庫         東京都中央区八重洲一丁目3番7号                          4,000   株       100.0   %

     2【投資方針】

     (1)【投資方針】
        ① 投資対象
           親投資信託である「しんきん公共債マザーファンド」および「しんきん短期国内債券マザーファ
         ンド」の受益証券を主要投資対象とします。なお、直接公社債等に投資する場合があります。
        ② 投資態度
         1) 投資にあたっては、主として「しんきん公共債マザーファンド」の受益証券への投資を通じ、
           原則として、以下の方針に基づき運用を行います。
           a.地方債(共同発行市場公募地方債を含みます。)のほか、国債、政府保証債ならびに財投機
            関債等に投資することにより、利息収入を安定的に獲得するポートフォリオの構築を目指しま
            す。
           b.対象とする公共債は、組入段階において、残存期間が10年程度のものとします。
         2) 我が国の短期公社債、短期金融資産等への投資にあたっては、主として「しんきん短期国内債
           券マザーファンド」の受益証券を通じて行います。
         3) マザーファンドの受益証券の組入比率は、原則として高位を保ちます。
         4) 投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、国内において行われる有価証券先物
           取引、有価証券指数等先物取引、有価証券オプション取引、金利に係る先物取引および金利に係
           るオプション取引(以下「先物取引等」といいます。)ならびに外国の取引所におけるこれらの
           取引と類似の取引を行うことができます。
         5) 市況動向あるいは資金動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
     (2)【投資対象】

        ① 投資の対象とする資産の種類
                                 12/97

                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         1) 次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で
           定めるものをいいます。以下同じ。)
         イ.有価証券
         ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款第22
            条、第23条および第24条に定めるものに限ります。)
         ハ.約束手形
         ニ.金銭債権
         2) 次に掲げる特定資産以外の資産
         イ.為替手形
        ② 投資の対象とする有価証券の範囲等
           委託会社は、信託金を、主としてしんきんアセットマネジメント投信株式会社を委託会社とし、
          三菱UFJ信託銀行株式会社を受託会社として締結された親投資信託である「しんきん公共債マ
          ザーファンド」および「しんきん短期国内債券マザーファンド」(以下「マザーファンド」といい
          ます。)の受益証券のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみ
          なされる同項各号に掲げる権利を除きます。)(本邦通貨表示のものに限ります。)に投資するこ
          とを指図します。
         1) 転換社債の転換および新株予約権(会社法第236条第1項第3号の定めがある新株予約権付社債
           の新株予約権に限ります。)の行使により取得した株券
         2) 国債証券
         3) 地方債証券
         4) 特別の法律により法人の発行する債券
         5) 社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引
           受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
         6) 資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定め
           るものをいいます。)
         7) コマーシャル・ペーパー
         8) 外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するも
           の
         9) 投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい、外国投資信託
           は除きます。)のうち公社債投資信託の受益証券
         10) 投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいい、外国投資証券およびク
           ローズド・エンド型のものは除きます。)のうち公社債に投資する投資証券
         11) 預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるもので、第1号から第5号までの証券
           の性質を有するものとします。)
         12) 外国法人が発行する譲渡性預金証書
         13) 指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
           益証券に限ります。)
         14) 貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
           受益証券に表示されるべきもの
             なお、1)の証券または証書、および8)の証券または証書のうち1)の証券または証書の性質
           を有するものを以下「株式」といい、2)から6)までの証券および8)の証券または証書のうち
                                 13/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           2)から6)までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、9)または10)の証券を以下
           「投資信託証券」といいます。
        ③ 委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法
          第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。以下同じ。)
          により運用することの指図をすることができます。
         1) 預金
          2) 指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
           す。)
         3) コール・ローン
         4) 手形割引市場において売買される手形
        ④ 上記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託
          会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を上記③の1)~4)に掲げる金融商品に
          より運用することの指図ができます。
     (3)【運用体制】

        ファンドの運用体制は、以下のとおりです。
     ≪投資決定プロセス≫








      ① 信金中央金庫グループおよび内外の調査機関からの情報に基づき、投資環境等について当社独自の綿
       密な調査・分析を行います。
      ② 投資政策委員会においては、ファンダメンタルズ分析、市場分析を踏まえて基本的な投資方針を策定
       します。また、基本的な投資方針に基づき当面の運用に当たってのガイドラインを決定し、併せて個別
       銘柄についての分析を行い、投資対象銘柄を選定します。
      ※ファンドの運用体制等は、今後変更となる場合があります。

     (4)【分配方針】

                                 14/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          毎決算時(原則として、毎年3月6日および9月6日、ただし決算日が休業日の場合は翌営業日)
         に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。
        ① 分配対象額は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益および売買益(評価益を含みま
          す。)等とします。
        ② 分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対象額
          が少額の場合には分配を行わないこともあります。
        ③ 留保益は、投資信託約款の「運用の基本方針」の「基本方針」および「運用方法」に基づき運用
          を行います。
     (5)【投資制限】

         「しんきん公共債ファンド」(愛称:ハロー・インカム)の投資信託約款(以下、約款といいま
        す。)および法令では、ファンドの運用に関して以下のとおり一定の制限および限度を定めていま
        す。
        ① 株式への直接投資は行いません。株式への投資は転換社債の転換および新株予約権付社債のうち

          会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該
          新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下、会社法施
          行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社
          債型新株予約権付社債」といいます。)の行使により取得したものに限り、株式への投資割合は、
          投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
        ② 同一銘柄の株式への実質投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
        ③ 投資信託証券(マザーファンドの受益証券は除きます。)への実質投資割合は、投資信託財産の
          純資産総額の5%以下とします。
        ④ 同一銘柄の転換社債、ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、投資信託財産
          の純資産総額の10%以下とします。
        ⑤ 外貨建資産への投資は行いません。
        ⑥ スワップ取引の範囲
        1) 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった受取金利または
          異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいま
          す。)を行うことの指図をすることができます。
        2) スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として約款に定める信託期間を
          超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこ
          の限りではありません。
        3) スワップ取引の指図にあたっては、当該投資信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額とマ
          ザーファンドの投資信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち投資信託財産に属すると
          みなした額との合計額(以下本項において「スワップ取引の想定元本の合計額」といいます。)
          が、投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、投資信託財産の一部解約等の事由
          により、上記純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が投資信託財産の純資産総
          額を超えることとなった場合には、委託会社は、すみやかにその超える額に相当するスワップ取引
          の一部の解約を指図するものとします。
        4) 前項においてマザーファンドの投資信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち投資信
          託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産に係るスワップ取引の想定元本
                                 15/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          の総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に属するマザーファン
          ドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
        5) スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で行うも
         のとします。
        6) 委託会社は、スワップ取引を行うにあたり、担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、
         担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        ⑦ 金利先渡取引の範囲
        1) 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスク
          を回避するため、金利先渡取引を行うことの指図をすることができます。
        2) 金利先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として投資信託約款に定める信託
          期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについ
          てはこの限りではありません。
        3) 金利先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産に係る金利先渡取引の想定元本の総額とマ
          ザーファンドの投資信託財産に係る金利先渡取引の想定元本の総額のうち投資信託財産に属すると
          みなした額との合計額(以下本項において「金利先渡取引の想定元本の合計額」といいます。)
          が、投資信託財産に係る保有金利商品の時価総額とマザーファンドの投資信託財産に係る保有金利
          商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額との合計額(以下本項において「保有金
          利商品の時価総額の合計額」といいます。)を超えないものとします。
           なお、投資信託財産の一部解約等の事由により、上記保有金利商品の時価総額の合計額が減少し
          て、金利先渡取引の想定元本の合計額が保有金利商品の時価総額の合計額を超えることとなった場
          合には、委託会社は、速やかにその超える額に相当する金利先渡取引の一部の解約を指図するもの
          とします。
        4) 前項においてマザーファンドの投資信託財産に係る金利先渡取引の想定元本の総額のうち投資信
         託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産に係る金利先渡取引の想定元本
         の総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に属するマザーファン
         ドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マザーファンドの投資信託財産
         に係る保有金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの
         投資信託財産に係る保有金利商品の時価総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占め
         る投資信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
        5) 金利先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で行うも
          のとします。
        6) 委託会社は、金利先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担
          保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        7) 「金利先渡取引」とは、当事者間において、あらかじめ将来の特定の日(以下「決済日」といい
          ます。)における決済日から一定の期間を経過した日(以下「満期日」といいます。)までの期間
          に係る国内または海外において代表的利率として公表される預金契約または金銭の貸借契約に基づ
          く債権の利率(以下「指標利率」といいます。)の数値を取り決め、その取り決めに係る数値と決
          済日における当該指標利率の現実の数値との差にあらかじめ元本として定めた金額および当事者間
          で約定した日数を基準とした数値を乗じた額を決済日における当該指標利率の現実の数値で決済日
          における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいます。
         ⑧ 信用リスク集中回避のための投資制限
                                 16/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エ                                                   クス
          ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの投資信託財産の純資産総額に対す比率は、原
          則としてそれぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超ることとなった
          場 合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い、当該比率以内なるよう調整を行う
          こととします。
        ⑨ デリバティブ取引等に係る投資制限
           デリバティブ取引等(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号に定めるデリバ
          ティブ取引をいいます。)について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合理
          的な方法により算出した額が投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。
        ⑩ 有価証券の貸付けの指図および範囲
        1) 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産に属する株式および公社
          債を次の各号の範囲内で貸付の指図をすることができます。
         a.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価
            合計額を超えないものとします。
         b.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する
            公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
        2) 前項各号に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相
          当する契約の一部の解約を指図するものとします。
        3) 委託者は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行なうものと
          します。
        ⑪ 公社債の借入れ
        1) 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることがで
          きます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めた時は、担保の提供の
          指図を行うものとします。
        2) 前項の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総額の範囲内としま
          す。
        3) 信託財産の一部解約等の事由により、前項の借入れに係る公社債の時価総額が投資信託財産の純
          資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた
          公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
        4) 第1項の借入れに係る品借料は信託財産中から支弁します。
        ⑫ 資金の借入れ
        1) 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、投資信託財産に
          おいて一部解約代金の支払資金に不足額が生じるときは、資金借入れ(コール市場を通じる場合を
          含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わな
          いものとします。
        2) 前項の資金借入額は、次の各号に掲げる要件を満たす範囲内の額とします。
         a.一部解約金の支払資金の手当てのために行った有価証券等の売却等による、受取りの確定してい
           る資金の額の範囲内。
         b.一部解約金支払日の前営業日において確定した、当該支払日における当該支払資金の不足額の範
           囲内。
         c.借入指図を行う日における、投資信託財産の純資産総額の10%以内。
        3) 第1項の借入期間は、有価証券等の売却等の代金の入金日までに限るものとします。
                                 17/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        4) 借入金の利息は投資信託財産中より支弁します。
        ⑬ 法令に基づく投資制限
         ・デリバティブ取引に係る投資制限
            委託会社は、投資信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指
           標に係る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定め
           た合理的な方法により算出した額が、当該投資信託財産の純資産額を超えることとなる場合にお
           いて、デリバティブ取引(新株予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書に係る
           取引および選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続することを受託会社に指図しな
           いものとします。
     <参考>

     ○しんきん公共債マザーファンドの概要
     (1) 投資方針
      ① 投資対象
        我が国の公共債を主要投資対象とします。
      ② 投資態度
       1) 我が国の地方債(共同発行市場公募地方債を含みます。)のほか、国債、政府保証債ならびに財投
        機関債等に投資することにより、利息収入を安定的に獲得するポートフォリオの構築を目指します。
       2) 投資対象とする公共債は、組入段階において、残存期間が10年程度のものとします。
       3) 公共債の組入比率については原則として高位を保ちます。
       4) 投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、国内において行われる有価証券先物取
        引、有価証券指数等先物取引、有価証券オプション取引、金利に係る先物取引および金利に係るオプ
        ション取引(以下「先物取引等」といいます。)ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似
        の取引を行うことができます。
       5) 市況動向あるいは資金動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
     (2) 投資対象

      ① 投資の対象とする資産
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1) 次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
        るものをいいます。以下同じ。)
           イ.有価証券
           ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款第
             16条、第17条および第18条に定めるものに限ります。)
           ハ.約束手形
           ニ.金銭債権
       2) 次に掲げる特定資産以外の資産
           イ.為替手形
      ② 投資の対象とする有価証券の範囲等
        委託会社は、信託金を、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなさ
       れる同項各号に掲げる権利を除きます。)(本邦通貨表示のものに限ります。)に投資することを指図
       します。
                                 18/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       1) 国債証券
       2) 地方債証券
       3) 特別の法律により法人の発行する債券
       4) 社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権
        付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       5) 資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるも
        のをいいます。)
       6) コマーシャル・ペーパー
       7) 外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するもの
       8) 投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい、外国投資信託は除
        きます。)のうち公社債投資信託の受益証券
       9) 投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいい、外国投資証券およびクローズ
        ド・エンド型のものは除きます。)のうち公社債に投資する投資証券
      10) 預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるもので、第1号から第5号までの証券の性質
        を有するものとします。)
      11) 外国法人が発行する譲渡性預金証書
      12) 指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
        券に限ります。)
      13) 貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
        証券に表示されるべきもの
         なお、1)から5)までの証券および7)の証券または証書のうち1)から5)までの証券の性質を有す
        るものを以下「公社債」といい、8)または9)の証券を以下「投資信託証券」といいます。
      ③ 委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2
       条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。以下同じ。)により運
       用することの指図をすることができます。
       1) 預金
       2) 指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       3) コール・ローン
       4) 手形割引市場において売買される手形
      ④ 上記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者が
       運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を上記③の1)~4)までに掲げる金融商品により運用
       することの指図ができます。
     (3) 投資制限

      ① 株式への投資は行いません。
      ② 同一銘柄の転換社債、ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株
       予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことを
       あらかじめ明確にしているものへの投資割合は、投資信託財産の純資産総額の10%以下とします。
      ③ 投資信託証券への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ④ 外貨建資産への投資は行いません。
     ○しんきん短期国内債券マザーファンドの概要

                                 19/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1) 投資方針
      ① 投資対象
        我が国の短期公社債および短期金融商品を主要投資対象とします。
      ② 投資態度
       1) 主として我が国の短期公社債および短期金融商品を中心に投資を行い、我が国の無担保コール
        (オーバーナイト物)をベンチマークとし、これを上回る運用成果を目指します。
       2) 短期公社債の組入れにあたっては、原則、残存期間1年以内のものとし、取得時において、いずれ
        かの信用格付業者等からA格相当以上の格付を得ている銘柄に限定します。
       3) 有価証券等の価格変動リスクを回避するため、国内において行われる有価証券先物取引、有価証券
        指数等先物取引、有価証券オプション取引、金利に係る先物取引および金利に係るオプション取引な
        らびに外国の市場における我が国の有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引、有価証券オプショ
        ン取引、金利に係る先物取引および金利に係るオプション取引と類似の取引(以下「有価証券先物取
        引等」といいます。)を行うことができます。
       4) 資金動向あるいは市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
     (2) 投資対象

      ① 投資の対象とする資産
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1) 次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
        るものをいいます。以下同じ。)
         イ.有価証券
         ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款第16
            条、第17条および第18条に定めるものに限ります。)
         ハ.約束手形
         ニ.金銭債権
       2) 次に掲げる特定資産以外の資産
         イ.為替手形
      ② 投資の対象とする有価証券の範囲等
        委託会社は、信託金を、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなさ
       れる同項各号に掲げる権利を除き、かつ本邦通貨表示のものに限ります。)に投資することを指図しま
       す。
       1) 国債証券
       2) 地方債証券
       3) 特別の法律により法人の発行する債券
       4) 社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権
        付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       5) 特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
       6) コマーシャル・ペーパー
       7) 外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するもの
       8) 投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)のうち公社
        債投資信託の受益証券
                                 20/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       9) 投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいい、外国投資証券およびクローズ
        ド・エンド型のものは除きます。)のうち公社債に投資する投資証券
      10) 預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるもので、第1号から第5号までの証券の性
        質を有するものとします。)
      11) 外国法人が発行する譲渡性預金証書
      12) 指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
        券に限ります。)
      13) 貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
        証券に表示されるべきもの
         なお、1)から5)までの証券および7)の証券または証書のうち1)から5)までの証券の性質を有す
        るものを以下「公社債」といい、8)から9)の証券を以下「投資信託証券」といいます。
      ③ 委託会社は、信託金を、前項に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条
       第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。以下同じ。)により運用
       することの指図をすることができます。
       1) 預金
       2) 指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       3) コール・ローン
       4) 手形割引市場において売買される手形
      ④ 上記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者が
       運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を上記③の1)から4)までに掲げる金融商品により運
       用することの指図ができます。
     (3) 投資制限

      ① 株式への投資は行いません。
      ② 公社債および短期金融資産への投資割合には制限を設けません。
      ③ 同一銘柄の転換社債および新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約
       権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあら
       かじめ明確にしているものへの投資割合は、投資信託財産の純資産総額の10%以下とします。
      ④ 投資信託証券への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      ⑤ 外貨建資産への投資は行いません。
                                 21/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【投資リスク】
        「しんきん公共債ファンド」(愛称:ハロー・インカム)は、値動きのある有価証券に投資しますの
       で、基準価額は変動します。したがって、預貯金とは異なり、投資元本は保証されているものではあり
       ません。ファンドの運用による利益および損失は、すべて投資者に帰属します。
      (1)基準価額の変動要因

        ① 金利リスク

          金利リスクとは、金利変動により公社債等の価格が下落するリスクをいいます。一般的に金利低下
         局面では組入れた公社債等は値上がりし、金利上昇局面では値下がりします。また、償還までの期間
         が長い公社債等は、概して、短期のものより金利変動に対応して大きく変動します。組入有価証券の
         価格が下落した場合には、基準価額が下落する要因となります。
        ② 信用リスク
          有価証券等の発行体が経営不安、倒産等に陥った場合、またその可能性が高まった場合には当該発
         行体が発行する有価証券および短期金融商品の価格は下落し、場合によっては投資資金が回収できな
         くなることもあります。組入有価証券等の価格が下落した場合等には、基準価額が下落する要因とな
         ります。
        ③ 流動性リスク
          流動性リスクとは、有価証券を売買する際に、需給動向により希望する時期・価格で売買すること
         ができなくなるリスクをいいます。当ファンドが投資する有価証券の流動性が損なわれた場合には、
         基準価額が下落する要因となります。
         ※上記の変動要因は主なもののみであり、上記に限定されるものではありません。

      (2)その他の留意点

           当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
         フ)の適用はありません。
      (3)リスクの管理体制

           運用部門から独立した管理部門が、ファンドのリスクとリターンの計測・分析および法令遵守の
          観点から運用状況を監視します。モニタリングを日々行い、異常が検知された場合には、直ちに関
          連部門に報告し、是正を求める態勢としています。原則月1回開催するコンプライアンス・運用管
          理委員会への報告を通じて、運用部門にファンドのリスクとリターンの計測・分析結果等がフィー
          ドバックされ、適切なリスクの管理体制を構築しています。
         ※投資リスクに対する管理体制等は、今後変更となる場合があります。

                                 22/97




                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      参考情報
                                 23/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】
     (1)【申込手数料】
        ① 購入金額に応じて、購入価額に0.54%(税抜0.5%)を上限に、販売会社が個別に定める手数料率
         を乗じて得た額とします。
        ② 収益分配金の再投資の際には、申込手数料は掛かりません。
        ③ 申込手数料には、消費税および地方消費税(以下「消費税等相当額」といいます。)が課されま
          す。
        ④ 申込手数料は、販売会社によるファンドの募集・販売に関する取扱事務および情報提供の対価で
          す。
      ※販売会社が定める申込手数料については、販売会社または下記の照会先までお問い合わせください。

                               <照会先>
                  しんきんアセットマネジメント投信株式会社(委託会社)
                         <コールセンター>0120-781812
              携帯電話・PHSからは 03-5524-8181(土日、休日を除く9:00~17:00)
                       <ホームページ>http://www.skam.co.jp
     (2)【換金(解約)手数料】

          換金(解約)手数料はありませんが、一部解約時に基準価額の0.05%を信託財産留保額としてご負
         担いただきます。
         
          信託財産に留保される額です。
     (3)【信託報酬等】

     (注)「税抜」における「税」とは消費税等相当額をいいます。




     (4)【その他の手数料等】

        ① 投資信託財産において、一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的とし資金の借入れの指図を
          行った場合、当該借入金の利息は投資信託財産から支払われます。
        ② 投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、受託会社の立て替えた立替金の利
          息および投資信託財産に係る監査費用ならびに当該監査費用に係る消費税等に相当する金額は、受
          益者の負担とし、投資信託財産から支払われます。
        ③ 当ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に係る消費税
         等に相当する金額は、投資信託財産から支払われます。
                                 24/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ④ 投資信託財産に係る監査費用は計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に年率
          0.0054%(税抜0.005%)を乗じて計算し、毎計算期末または信託終了のときに投資信託財産から支
          払われます。
        ⑤ 当ファンドの手数料等の合計額については、投資者がファンドを保有される期間に応じて異なり
         ますので、表示することができません。
     (5)【課税上の取扱い】

        ① 個別元本について
          1) 受益者ごとの信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手数料に係る消費税等に相
           当する金額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
          2) 受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を
           行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
          3) 同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合については販売会社ごとに、個別元本が算出さ
           れます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを取得する場合は、当該支店
           等ごとに個別元本の算出が行われる場合があります。
        ② 収益分配金について
           収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配
          金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)があります。受益者が「元本払戻金(特別
          分配金)」を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該「元本払戻金(特別分配
          金)」を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
        ※個別元本および収益分配金の区分については、後記<個別元本および収益分配金の区分の具体例>を

         ご参照ください。
        ③ 個人、法人別の課税上の取扱いについて

      1)個人の受益者に対する課税

                   収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、20.315%(所得税
        収益分配金に          15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)の税率による源泉徴収が行わ
         対する課税         れ、申告不要制度が適用されます。なお、確定申告を行い、申告分離課税または
                  総合課税(配当控除の適用はありません。)を選択することもできます。
                   一部解約時および償還時の差益(解約価額および償還価額から取得費用(申込

        換金時および          手数料(税込)を含む)を控除した利益)については、譲渡所得とみなされ、
          償還時        20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)の税率によ
                  り、申告分離課税が適用されます。
                   一部解約時および償還時の損失については、確定申告により、上場株式等の

                  譲渡益と相殺することができ、申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得
                  との損益通算も可能となります。
         損益通算に
                   一部解約時および償還時の差益については、他の上場株式等の譲渡損との相
          ついて
                  殺が可能となります。
                   特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)の譲渡益および利子等も
                  通算が可能となります。
       ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」および未成年者少額投資非課税制度「愛称:ジュニア
        NISA(ニーサ)」をご利用になれます。毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託等
        から生じる配当所得および譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非
                                 25/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合
        わせください。
      2)法人の受益者に対する課税

                   法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金
        収益分配時
                  ならびに一部解約時および償還時の個別元本超過額については、15.315%(所
        ならびに
                  得税15%および復興特別所得税0.315%)の税率で源泉徴収され法人の受取額と
        換金時および
                  なります。地方税の源泉徴収はありません。
        償還時の差益
                   収益分配金のうち所得税法上課税対象となるのは普通分配金のみであり、特
        に対する課税
                  別分配金には課税されません。
     ◇課税上は株式投資信託として取り扱われますが、配当控除の適用はありません。
       㭓홟靵㎏벀԰欰蠰挰晓홢焰䐰䱵瀰樰識㑔࠰䰰䈰訰縰夰Ȱ縰弰ź๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰漰Ŏઊᠰ湑蕛

        が変更になることがあります。
       ※税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                 26/97















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <個別元本および収益分配金の区分の具体例>
      分配金支払い前の基準価額が1万口当り12,000円、2,000円の収益分配を行い分配金落ち後の基準価額が
     10,000円となったケース。
                     分配金落ち前

                      基準価額
                      12,000円
                        ↓

                                              ← b

                                                         ▼
                              ← a
        分配金落ち後
                                              ← c
         基準価額
                 →
         10,000円
                                      個別元本                 個別元本
                      個別元本
                                      10,500円                 12,000円
                       9,000円
                        A                B                 C

       A) 収益分配金受取前の個別元本が9,000円の場合

         分配金落ち後の基準価額が分配金受取前の個別元本を上回っているため、aの部分
         (2,000円)は普通分配金となり、収益分配金落ち後の個別元本は9,000円のまま変わりません。
      B) 収益分配金受取前の個別元本が10,500円の場合

         分配金落ち後の基準価額が当初の個別元本を下回っているcの部分(500円)は「元本払戻金(特別分
         配金)」となり、収益分配金(2,000円)からc「元本払戻金(特別分配金)」(500円)を差引いた残
         りのbの部分(1,500円)は普通分配金となります。
         収益分配金受取後の個別元本は
         収益分配金受取前個別元本(10,500円)-「元本払戻金(特別分配金)」(500円)
         =10,000円となります。
       C) 収益分配金受取前の個別元本が12,000円の場合

         分配金落ち後の基準価額が当初の個別元本を下回っているため、dの部分(2,000円)は「元本払戻金
         (特別分配金)」となります。
         収益分配金受取後の個別元本は
         収益分配金受取前個別元本(12,000円)-「元本払戻金(特別分配金)」(2,000円)
         =10,000円となります。
       ※受益者によって取扱いが異なる場合があります。また、税法が改正された場合等には、上記の内容が変

        更になることがあります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
                                 27/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】
       以下は平成30年3月30日現在の運用状況です。

       ※投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価または評価金額の比率です。
        ※投資比率の内訳と合計は、端数処理の関係で一致しない場合があります。
     ( 1)【投資状況】

      しんきん公共債ファンド
            資産の種類                国・地域            時価合計(円)            投資比率(%)
         親投資信託受益証券                    日本             15,087,824,516                99.63
         現金・預金およびその他の資産(負債控除後)                                   55,284,021               0.37
                合計(純資産総額)                          15,143,108,537                100.00
     (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
      評価額上位銘柄
                                 簿価             評価            投資
      国/                    数量            簿価金額            評価金額
           種類       銘柄               単価             単価            比率
      地域                   (口数)             (円)            (円)
                                 (円)             (円)            (%)
         親投資信託      しんきん公共債

      日本
          受益証券      マザーファンド         12,726,971,334        1.1852     15,084,035,937        1.1855    15,087,824,516         99.63
      投資有価証券の種類別投資比率

                   種類                         投資比率(%)
               親投資信託受益証券                                            99.63
                   合計                                        99.63
      業種別投資比率

      該当事項はありません。
      ②【投資不動産物件】

        該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

        該当事項はありません。
                                 28/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <参 考>
        以下、ご参考として「しんきん公共債マザーファンド」および「しんきん短期国内債券マザーファン
       ド」の「運用状況」を掲載します。
     しんきん公共債マザーファンド

     ( 1)投資状況

           資産の種類                国・地域            時価合計(円)            投資比率(%)
            国債証券                 日本             1,248,573,970                  8.28
           地方債証券                 日本            13,577,638,748                  89.99
            特殊債券                 日本              232,996,090                1.54
                    小計                    15,059,208,808                  99.81
         現金・預金およびその他の資産(負債控除後)                                  28,493,677                0.19
                合計(純資産総額)                         15,087,702,485                 100.00
     (2)投資資産

      ① 投資有価証券の主要銘柄
      評価額上位30銘柄(公共債)
                              帳簿価額      帳簿価額      評価額     評価額             投資
                        数量又は                           利率
      順  国/
            種類      銘柄名             単価      金額     単価     金額        償還期限     比率
      位  地域
                        額面総額                           (%)
                              (円)      (円)     (円)     (円)             (%)
       1 日本   地方債証券     第169回共同発        1,100,000,000        100.66    1,107,315,000       100.37    1,104,103,000       0.205   2027/4/23     7.32
               行市場公募地方債
       2 日本   地方債証券     第172回共同発         900,000,000       100.77    907,011,000      100.53    904,797,000      0.225   2027/7/23     6.00
               行市場公募地方債
       3 日本   地方債証券     第162回共同発         600,000,000       99.86    599,190,000       99.67    598,032,000      0.105   2026/9/25     3.96
               行市場公募地方債
       ▶ 日本   地方債証券     第138回共同発         500,000,000       103.68    518,405,000      103.16    515,800,000      0.554   2024/9/25     3.42
               行市場公募地方債
       5 日本   地方債証券     第149回共同発         500,000,000       103.36    516,825,000      102.90    514,515,000       0.5   2025/8/25     3.41
               行市場公募地方債
       6 日本   地方債証券     第173回共同発         500,000,000       100.40    502,027,000      100.42    502,145,000      0.215   2027/8/25     3.33
               行市場公募地方債
       7 日本   地方債証券     第167回共同発         430,000,000       101.07    434,622,500      100.74    433,216,400      0.245   2027/2/25     2.87
               行市場公募地方債
       8 日本   国債証券    第329回利付国         400,000,000       105.35    421,420,000      104.71    418,864,000       0.8   2023/6/20     2.78
               債(10年)
       9 日本   地方債証券     第146回共同発         400,000,000       103.86    415,448,000      103.33    413,336,000      0.553   2025/5/23     2.74
               行市場公募地方債
      10  日本   地方債証券     第148回共同発         400,000,000       103.74    414,980,000      103.29    413,172,000      0.553   2025/7/25     2.74
               行市場公募地方債
      11  日本   地方債証券     平成28年度第5         350,000,000       100.46    351,620,500      100.22    350,777,000      0.18   2027/1/25     2.32
               回広島県公募公債
      12  日本   地方債証券     第132回共同発         300,000,000       104.18    312,555,000      103.61    310,830,000      0.66   2024/3/25     2.06
               行市場公募地方債
      13  日本   地方債証券     第136回共同発         300,000,000       104.02    312,069,000      103.46    310,407,000      0.611   2024/7/25     2.06
               行市場公募地方債
      14  日本   地方債証券     第415回大阪府         300,000,000       100.01    300,054,000       99.80    299,427,000      0.142   2026/12/25     1.98
               公募公債(10
               年)
                                 29/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      15  日本   地方債証券     第134回共同発         250,000,000       104.34    260,872,500      103.76    259,407,500      0.674   2024/5/24     1.72
               行市場公募地方債
      16  日本   地方債証券     第126回共同発         210,000,000       104.83    220,161,900      104.19    218,799,000      0.81   2023/9/25     1.45
               行市場公募地方債
      17  日本   地方債証券     第170回共同発         210,000,000       100.43    210,905,100      100.16    210,350,700      0.18   2027/5/25     1.39
               行市場公募地方債
      18  日本   地方債証券     第135回共同発         200,000,000       104.30    208,606,000      103.72    207,446,000      0.659   2024/6/25     1.37
               行市場公募地方債
      19  日本   地方債証券     第147回共同発         200,000,000       103.82    207,656,000      103.33    206,662,000      0.548   2025/6/25     1.37
               行市場公募地方債
      20  日本   地方債証券     第137回共同発         200,000,000       103.71    207,436,000      103.19    206,386,000      0.566   2024/8/23     1.37
               行市場公募地方債
      21  日本   地方債証券     第139回共同発         200,000,000       103.62    207,246,000      103.13    206,270,000      0.544   2024/10/25     1.37
               行市場公募地方債
      22  日本   地方債証券     第150回共同発         200,000,000       103.44    206,880,000      103.01    206,020,000      0.51   2025/9/25     1.37
               行市場公募地方債
      23  日本   地方債証券     第140回共同発         200,000,000       103.39    206,786,000      102.88    205,764,000      0.505   2024/11/25     1.36
               行市場公募地方債
      24  日本   地方債証券     第765回東京都         200,000,000       100.94    201,886,000      100.61    201,238,000      0.21   2027/3/19     1.33
               公募公債
      25  日本   地方債証券     第768回東京都         200,000,000       100.67    201,354,000      100.40    200,816,000      0.185   2027/6/18     1.33
               公募公債
      26  日本   地方債証券     第156回共同発         200,000,000       100.00    200,000,000       99.80    199,602,000       0.1   2026/3/25     1.32
               行市場公募地方債
      27  日本   地方債証券     第159回共同発         200,000,000       99.65    199,302,000       99.47    198,940,000      0.07   2026/6/25     1.32
               行市場公募地方債
      28  日本   地方債証券     第91回共同発行         162,000,000       102.78    166,508,460      102.21    165,591,540       0.9  2020/10/23     1.10
               市場公募地方債
      29  日本   地方債証券     第109回共同発         150,000,000       104.81    157,222,500      104.13    156,201,000      1.05   2022/4/25     1.04
               行市場公募地方債
      30  日本   地方債証券     第414回大阪府         150,000,000       99.10    148,650,000       98.95    148,434,000      0.037   2026/11/27     0.98
               公募公債(10
               年)
      投資有価証券の種類別投資比率

                   種類                         投資比率(%)
                 国債証券                                          8.28
                 地方債証券                                          89.99
                 特殊債券                                          1.54
                   合計                                        99.81
      業種別投     資比率

      該当事項はありません。
      ② 投資不動産物件

        該当事項はありません。
      ③ その他投資資産の主要なもの

        該当事項はありません。
                                 30/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 31/97





















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      しんきん短期国内債券マザーファンド
     (1)投資状況

            資産の種類                 国・地域            時価合計(円)            投資比率(%)
            地方債証券                  日本             30,230,977,522                63.71
            特殊債券                 日本              9,284,137,915               19.56
                     小計                      39,515,115,437                83.27
          現金・預金およびその他の資産(負債控除後)                                  7,937,834,960               16.73
                 合計(純資産総額)                          47,452,950,397               100.00
     (2)投資資産

       ① 投資有価証券の主要銘柄
        評価額上位30銘柄(公社債)
                              帳簿価額     帳簿価額     評価額     評価額             投資
        国/                 数量又は                          利率
      順
            種類      銘柄名             単価     金額     単価     金額        償還期限     比率
      位
        地域                 額面総額                          (%)
                               (円)     (円)     (円)     (円)             (%)
       1  日本   地方債証券     第62回共同発行市         2,890,000,000       100.95    2,917,487,000      100.26    2,897,514,000       1.74   2018/5/25     6.11
                場公募地方債
       2  日本   地方債証券     第68回共同発行市         2,021,200,000       101.61    2,053,823,144      101.07    2,042,826,840       1.69   2018/11/22     4.30
                場公募地方債
       3  日本   特殊債券    第3回政府保証原子         2,000,000,000       100.10    2,002,180,000      100.02    2,000,400,000      0.117   2018/5/23     4.22
                力損害賠償支援機構
                債
       ▶  日本   地方債証券     平成20年度第6回         1,200,000,000       101.45    1,217,490,000      101.29    1,215,552,000       1.51   2019/2/15     2.56
                横浜市公募公債
       5  日本   地方債証券     平成25年度第10         1,200,000,000       100.23    1,202,808,000      100.13    1,201,668,000      0.229   2018/12/25     2.53
                回神戸市公募公債
                (5年)
       6  日本   地方債証券     第69回共同発行市         1,184,000,000       101.50    1,201,793,680      101.12    1,197,308,160       1.56   2018/12/25     2.52
                場公募地方債
       7  日本   地方債証券     平成25年度第3回         1,100,000,000       100.30    1,103,393,500      100.13    1,101,463,000      0.312   2018/9/27     2.32
                京都市公募公債
       8  日本   特殊債券    第62回政府保証日         1,034,000,000       101.65    1,051,143,720      100.57    1,039,976,520       1.7   2018/7/31     2.19
                本高速道路保有・債
                務返済機構債券
       9  日本   地方債証券     平成25年度第9回         1,000,000,000       100.27    1,002,720,000      100.17    1,001,780,000      0.254   2019/1/28     2.11
                埼玉県公募公債(5
                年)
      10  日本   特殊債券    第31回政府保証銀         1,000,000,000       100.11    1,001,110,000      100.04    1,000,400,000       0.1   2018/8/3    2.11
                行等保有株式取得機
                構債
      11  日本   地方債証券     平成20年度第1回          900,000,000      101.46    913,217,000      101.12     910,116,000      1.73   2018/11/28     1.92
                栃木県公募公債
      12  日本   地方債証券     第663回東京都公          850,000,000      101.41    862,042,000      101.09     859,316,000      1.55   2018/12/20     1.81
                募公債
      13  日本   特殊債券    第2回政府保証株式          800,000,000      101.26    810,120,000      101.01     808,152,000      1.4  2018/12/17     1.70
                会社日本政策投資銀
                行社債
      14  日本   地方債証券     平成25年度第5回          800,000,000      100.23    801,863,000      100.14     801,184,000      0.24   2018/12/27     1.69
                福岡市公募公債(5
                年)
                                 32/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      15  日本   地方債証券     平成25年度第5回          800,000,000      100.16    801,347,000      100.10     800,816,000      0.25   2018/9/26     1.69
                福岡県公募公債
      16  日本   特殊債券    第200回政府保証          800,000,000      100.12    800,992,000      100.08     800,664,000      0.1  2018/12/11     1.69
                預金保険機構債
      17  日本   地方債証券     第71回共同発行市          600,000,000      101.51    609,084,000      101.33     608,022,000      1.51   2019/2/25     1.28
                場公募地方債
      18  日本   地方債証券     第67回共同発行市          600,000,000      101.20    607,208,000      100.83     605,010,000      1.5  2018/10/25     1.27
                場公募地方債
      19  日本   特殊債券    第67回政府保証日          560,000,000      101.62    569,111,400      100.95     565,331,200      1.6  2018/10/31     1.19
                本高速道路保有・債
                務返済機構債券
      20  日本   特殊債券    第71回政府保証日          559,000,000      101.44    567,099,910      101.04     564,863,910      1.4  2018/12/25     1.19
                本高速道路保有・債
                務返済機構債券
      21  日本   地方債証券     第1回東京都公募公          550,000,000      100.26    551,441,000      100.06     550,341,000      0.32   2018/6/20     1.16
                債(6年)
      22  日本   地方債証券     平成20年度第6回          500,000,000      101.36    506,847,500      101.21     506,055,000      1.49   2019/1/29     1.07
                埼玉県公募公債
      23  日本   特殊債券    第2回政府保証地方          500,000,000      101.63    508,190,000      101.02     505,120,000      1.6  2018/11/16     1.06
                公営企業等金融機構
                債券
      24  日本   地方債証券     平成20年度第2回          500,000,000      100.71    503,550,000      100.42     502,110,000      1.92   2018/6/20     1.06
                横浜市公募公債
      25  日本   地方債証券     平成25年度第3回          500,000,000      100.22    501,100,000      100.13     500,670,000     0.174   2019/3/28     1.06
                福井県公募公債
      26  日本   地方債証券     平成25年度第2回          470,000,000      100.18    470,874,300      100.06     470,282,000      0.31   2018/6/20     0.99
                札幌市公募公債(5
                年)
      27  日本   地方債証券     第465回名古屋市          450,000,000      101.57    457,083,000      101.11     454,995,000      1.57   2018/12/20     0.96
                公募公債(10年)
      28  日本   地方債証券     第9回2号宮城県公          450,000,000      100.25    451,147,500      100.12     450,567,000      0.23   2018/11/28     0.95
                募公債(5年)
      29  日本   地方債証券     平成25年度第1回          445,000,000      100.25    446,134,750      100.12     445,560,700      0.23   2018/11/29     0.94
                奈良県公募公債
      30  日本   地方債証券     平成20年度第4回          430,000,000      101.53    436,583,300      101.36     435,882,400      1.54   2019/2/26     0.92
                京都市公募公債
      投資有価証券の種類別投資比率

                   種類                           投資比率(%)
                 地方債証券                                         63.71
                  特殊債券                                         19.56
                   合計                                        83.27
      業種別投資比率

      該当事項はありません。
       ② 投資不動産物件

         該当事項はありません。
       ③ その他投資資産の主要なもの

         該当事項はありません。
                                 33/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ( 3)【運用実績】

       ①【純資産の推移】
           平成30年3月末日、同日前1年以内における各月末および各計算期間末の純資産総額ならびに基
          準価額の推移は以下のとおりです。
                            純資産総額(円)                    基準価額(円)
            計算期間
                         分配落           分配付          分配落         分配付
          第1計算期間末
                                                 10,156         10,211
                         961,580,709           966,788,046
        (平成22年9月6日)
          第2計算期間末
                                                 10,085         10,140
                        1,668,357,853           1,677,456,320
        (平成23年3月7日)
          第3計算期間末
                                                 10,394         10,449
                        2,078,087,378           2,089,084,116
        (平成23年9月6日)
          第4計算期間末
                                                 10,395         10,450
                        2,598,674,383           2,612,423,930
        (平成24年3月6日)
          第5計算期間末
                                                 10,548         10,603
                        3,185,890,661           3,202,503,028
        (平成24年9月6日)
          第6計算期間末
                                                 10,646         10,701
                        3,593,764,447           3,612,330,812
        (平成25年3月6日)
          第7計算期間末
                                                 10,477         10,532
                        4,036,924,645           4,058,116,491
        (平成25年9月6日)
          第8計算期間末
                                                 10,610         10,665
                        4,497,782,300           4,521,097,093
        (平成26年3月6日)
          第9計算期間末
                                                 10,646         10,701
                        5,983,746,906           6,014,660,544
        (平成26年9月8日)
          第10計算期間末
                                                 10,700         10,755
                        7,309,674,948           7,347,246,681
        (平成27年3月6日)
          第11計算期間末
                                                 10,637         10,692
                        8,229,720,532           8,272,275,027
        (平成27年9月7日)
          第12計算期間末
                                                 10,829         10,884
                        8,776,626,080           8,821,203,043
        (平成28年3月7日)
          第13計算期間末
                                                 10,734         10,789
                        9,771,297,921           9,821,365,436
        (平成28年9月6日)
          第14計算期間末
                                                 10,601         10,656
                       11,690,771,128           11,751,425,970
        (平成29年3月6日)
          第15計算期間末
                                                 10,561         10,616
                       14,910,621,269           14,988,271,871
        (平成29年9月6日)
          第16計算期間末
                                                 10,460         10,515
                       15,087,050,321           15,166,381,522
        (平成30年3月6日)
                                                 10,591
         平成29年3月末日              12,063,109,711                  -                  -
                                                 10,624
         平成29年4月末日              13,229,015,272                  -                  -
                                                 10,595
         平成29年5月末日              13,364,680,837                  -                  -
                                                 10,561
         平成29年6月末日              13,673,714,188                  -                  -
                                                 10,562
         平成29年7月末日              14,527,939,872                  -                  -
                                                 10,612
         平成29年8月末日              14,814,453,178                  -                  -
                                                 10,513
         平成29年9月末日              15,093,425,821                  -                  -
                                                 10,511
         平成29年10月末日              15,111,566,732                  -                  -
                                                 10,528
         平成29年11月末日              15,217,017,712                  -                  -
                                                 10,517
         平成29年12月末日              15,252,985,650                  -                  -
                                 34/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         平成30年1月末日              15,154,124,729                  -        10,490           -
                                                 10,513
         平成30年2月末日              15,162,696,640                  -                  -
                                                 10,459
         平成30年3月末日              15,143,108,537                  -                  -
      (注)基準価額は受益権1口当たりの純資産額を1万口単位で表示したものです。
      ②【分配の推移】

                  計算期間                      1万口当りの収益分配金(円)
                第1期計算期間
              自:平成22年2月9日                                              55
              至:平成22年9月6日
                第2期計算期間
              自:平成22年9月7日                                              55
              至:平成23年3月7日
                第3期計算期間
              自:平成23年3月8日                                              55
              至:平成23年9月6日
                第4期計算期間
              自:平成23年9月7日                                              55
              至:平成24年3月6日
                第5期計算期間
              自:平成24年3月7日                                              55
              至:平成24年9月6日
                第6期計算期間
              自:平成24年9月7日                                              55
              至:平成25年3月6日
                第7期計算期間
              自:平成25年3月7日                                              55
              至:平成25年9月6日
                第8期計算期間
              自:平成25年9月7日                                              55
              至:平成26年3月6日
                第9期計算期間
              自:平成26年3月7日                                              55
              至:平成26年9月8日
                第10期計算期間
              自:平成26年9月9日                                              55
              至:平成27年3月6日
                第11期計算期間
              自:平成27年3月7日                                              55
              至:平成27年9月7日
                第12期計算期間
              自:平成27年9月8日                                              55
              至:平成28年3月7日
                第13期計算期間
              自:平成28年3月8日                                              55
              至:平成28年9月6日
                第14期計算期間
              自:平成28年9月7日                                              55
              至:平成29年3月6日
                第15期計算期間
              自:平成29年3月7日                                              55
              至:平成29年9月6日
                                 35/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                第16期計算期間
              自:平成29年9月7日                                              55
              至:平成30年3月6日
      ③【収益率の推移】

                  計算期間                           収益率(%)
                第1期計算期間
              自:平成22年2月9日                                             2.11
              至:平成22年9月6日
                第2期計算期間
              自:平成22年9月7日                                            △0.16
              至:平成23年3月7日
                第3期計算期間
              自:平成23年3月8日                                             3.61
              至:平成23年9月6日
                第4期計算期間
              自:平成23年9月7日                                             0.54
              至:平成24年3月6日
                第5期計算期間
              自:平成24年3月7日                                             2.00
              至:平成24年9月6日
                第6期計算期間
              自:平成24年9月7日                                             1.45
              至:平成25年3月6日
                第7期計算期間
              自:平成25年3月7日                                            △1.07
              至:平成25年9月6日
                第8期計算期間
              自:平成25年9月7日                                             1.79
              至:平成26年3月6日
                第9期計算期間
              自:平成26年3月7日                                             0.86
              至:平成26年9月8日
                第10期計算期間
              自:平成26年9月9日                                             1.02
              至:平成27年3月6日
                第11期計算期間
              自:平成27年3月7日                                            △0.07
              至:平成27年9月7日
                第12期計算期間
              自:平成27年9月8日                                             2.32
              至:平成28年3月7日
                第13期計算期間
              自:平成28年3月8日                                            △0.37
              至:平成28年9月6日
                第14期計算期間
              自:平成28年9月7日                                            △0.73
              至:平成29年3月6日
                第15期計算期間
              自:平成29年3月7日                                             0.14
              至:平成29年9月6日
                                 36/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                第16期計算期間
              自:平成29年9月7日                                            △0.44
              至:平成30年3月6日
      (注)収益率とは計算期間末の基準価額(分配金付きの額)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準
         価額(分配落ちの額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除
         して得た額に100を乗じて得た数です。なお、第1計算期間については、直前の計算期間末の基準価
         額を10,000円として計算しています。
      (4)【設定及び解約の実績】

                計算期間                   設定数量(口)                解約数量(口)
              第1期計算期間
            自:平成22年2月9日                           946,788,666                      0
            至:平成22年9月6日
              第2期計算期間
            自:平成22年9月7日                           764,746,158                57,268,058
            至:平成23年3月7日
              第3期計算期間
            自:平成23年3月8日                           368,002,039                22,861,885
            至:平成23年9月6日
              第4期計算期間
            自:平成23年9月7日                           619,811,018                119,300,168
            至:平成24年3月6日
              第5期計算期間
            自:平成24年3月7日                           642,960,667                122,448,018
            至:平成24年9月6日
              第6期計算期間
            自:平成24年9月7日                           625,282,360                270,009,877
            至:平成25年3月6日
              第7期計算期間
            自:平成25年3月7日                           782,592,067                305,231,972
            至:平成25年9月6日
              第8期計算期間
            自:平成25年9月7日                           745,661,757                359,671,449
            至:平成26年3月6日
              第9期計算期間
            自:平成26年3月7日                          1,744,989,216                 363,380,898
            至:平成26年9月8日
              第10期計算期間
            自:平成26年9月9日                          1,652,617,722                 442,055,119
            至:平成27年3月6日
              第11期計算期間
            自:平成27年3月7日                          2,541,427,801                1,635,470,972
            至:平成27年9月7日
              第12期計算期間
            自:平成27年9月8日                          2,314,400,409                1,946,679,003
            至:平成28年3月7日
              第13期計算期間
            自:平成28年3月8日                          2,079,963,804                1,081,681,579
            至:平成28年9月6日
              第14期計算期間
            自:平成28年9月7日                          2,834,078,171                 909,109,594
            至:平成29年3月6日
                                 37/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              第15期計算期間
            自:平成29年3月7日                          4,157,224,996                1,067,086,855
            至:平成29年9月6日
              第16期計算期間
            自:平成29年9月7日                          1,900,630,860                1,595,067,387
            至:平成30年3月6日
      (注)設定口数には、当初募集期間中の設定口数を含みます。
                                 38/97


















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考情報)運用実績
                                 39/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】

     1【申込(販売)手続等】

      (1)申込みの際、取得申込者は、販売会社との間の権利義務関係を明確にすることを目的とした契約を
          結びます。
      (2)取得申込者は、販売会社と別に定める「自動けいぞく投資約款」に従い、契約(以下「別に定める
          契約」といいます。)を締結します。
      (3)申込単位は、販売会社が定める単位です。
      (4)申込みに係る受益権の価額は、取得申込受付日の基準価額に、0.54%(税抜0.5%)を上限に販売会
          社が個別に定める手数料率を乗じて得た申込手数料を加算した額となります。
           収益分配金を再投資する場合の受益権の買付価額は、原則として、各計算期間終了日の基準価額
          とします。
      (5)各営業日の午後3時までに受け付けた取得の申込みを、当日の申込受付分として取り扱います。こ
          の時刻を過ぎて行われる申込みは、翌営業日以降の取扱いとなります。
      (6)委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、取得申
          込みの受付を中止することができます。取得申込みの受付が中止された場合には、受益者は当該受
          付中止以前に行った当日の取得申込みを撤回できます。
      (7)取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたは予め当該取得申込者が受益権の振替を行うため
          の振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載また
          は記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引き換えに、当該口座
          に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信
          託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするた
          め振替法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替
          機関への通知があった場合、振替法の規定に従い、その備える振替口座簿への新たな記載または記
          録を行います。
                               <照会先>
                  しんきんアセットマネジメント投信株式会社(委託会社)
                         <コールセンター>0120-781812
              携帯電話・PHSからは 03-5524-8181(土日、休日を除く9:00~17:00)
                       <ホームページ>http://www.skam.co.jp
     2【換金(解約)手続等】

      (1)受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行を請求することにより換金することが
          できます。
      (2)各営業日の午後3時までに受け付けた換金(解約)の申込みを、当日の申込受付分として取り扱い
          ます。この時刻を過ぎて行われる申込みは、翌営業日以降の取扱いとなります。
      (3)受益者は、自己に帰属する受益権につき、1口単位をもって一部解約の実行を請求することができ
          ます。受益者が一部解約の実行を請求するときは、販売会社に対し振替受益権をもって行うものと
          します。委託会社は、一部解約の実行の請求を受けた場合には、この信託契約の一部を解約しま
          す。
      (4)解約価額は、一部解約の実行の請求受付日の基準価額から当該基準価額の0.05%を信託財産留保額
          として控除した価額とします。
                                 40/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (5)解約時の課税に関しては、前記の「ファンド情報」の「4手数料等及び税金 (5)課税上の取扱
          い」をご覧ください。
      (6)一部解約金に係る収益調整金(注)は、原則として、受益者ごとの信託時の受益権の価額等に応じ
          て計算されるものとします。
      (7)委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、一部解
          約の実行の請求の受付けを中止することができます。一部解約の実行の請求受付けが中止された場
          合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただ
          し、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合には、当該受益権の一部解約の価額は、
          当該受付中止を解除した後の最初の基準価額計算日に一部解約の実行の請求を受け付けたものとし
          て、(4)の規定に準じて算定した価額とします。
      (8)解約代金の支払いは、原則として上記解約請求日から起算して4営業日目から販売会社の営業所等
          で支払われます。
      (9)受託会社は、一部解約代金について、受益者への支払開始日までに、その全額を委託会社に交付し
          ます。受託会社は、委託会社に一部解約金を交付した後は、受益者に対する支払いにつき、その責
          に任じません。
      (10)換金の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に係
          るこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と
          同口数の抹消の申請を行うものとし、振替法の規定に従い当該振替機関等の口座において当該口数
          の減少の記載または記録が行われます。
      (注)収益調整金は、所得税法施行令第27条の規定によるものとし、受益者ごとの信託時の受益権の価額

         と元本の差額をいい、原則として、追加信託のつど当該口数により加重平均され、収益分配のつど
         調整されるものとします。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】
        ① 基準価額は、委託会社によって毎営業日算出されます。
        ② 基準価額とは、投資信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って
         時価評価して得た投資信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」とい
         います。)を、計算日における受益権総口数で除した価額をいいます。(ただし、便宜上1万口当
         たりに換算した基準価額で表示することがあります。)
        ③ 基準価額は、委託会社および販売会社に問い合わせることにより知ることができるほか、原則と
         して日本経済新聞朝刊に掲載されます。
        ④ ファンドの主要な投資対象資産の評価方法
          1)しんきん公共債ファンド
            マザーファンド(「しんきん公共債マザーファンド」および「しんきん短期国内債券マザー
            ファンド」)の受益証券は原則として、基準価額計算日の基準価額で評価しています。
          2)しんきん公共債マザーファンド、しんきん短期国内債券マザーファンド
            国債証券、地方債券、特殊債券および社債券は個別法に基づき、原則として時価で評価してい
            ます。時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気配相
            場は使用しない)、価格情報会社の提供する価額または日本証券業協会発表の売買参考統計値
            (平均値)等で評価しています。
     (2)【保管】
                                 41/97

                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          該当事項はありません。
     (3)【信託期間】
           信託期間は無期限とします。ただし                   、 後記「(5)その他」の「1) ファンドの繰上償還条項」に
          より信託契約を解約し、信託を終了させることがあります。
     (4)【計算期間】
         1)この信託の計算期間は、毎年3月7日から9月6日まで、および9月7日から翌年3月6日まで
           とすることを原則とします。ただし、第1計算期間は平成22年2月9日から平成22年9月6日ま
           でとします。
         2)各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終
           了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
     (5)【その他】
         1)ファンドの繰上償還条項
           a.  委託会社は、信託期間中において、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると
            認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託者と合意のうえ、この信託契約
            を解約し信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解
            約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
           b.  委託会社は、前項の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行い
            ます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日および信託契約の解約の理由などの事項
            を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている受益者に対し、書面
            をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
           c.  前項の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
            属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同
            じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れ
            ている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成す
            るものとみなします。
           d.  bの書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
            もって行います。
           e.  bからdまでの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案
            につき、この信託契約に係る全ての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をした
            ときには適用しません。
           f.  委託会社は、監督官庁より信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従い、信託契約
            を解約し、信託を終了させます。
           g.  委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
            は、委託会社は、信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が信託契約に関
            する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じたときは、約款の変更の書面決議で
            否決された場合を除き、当該委託会社と受託会社との間において存続します。
           h.  受託会社がその任務を辞任する場合において、委託会社が新受託会社を選任できないときは、
            委託会社は信託契約を解約し、信託を終了させます。
         2)約款の変更
           a.  委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
            は、受託会社と合意のうえ、この約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投
            資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」を
                                 42/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            いいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようと
            する旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
           b.  委託者は、前項の事項(前項の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合に
            限り、前項の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当
            する場合を除きます。以下「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行い
            ます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およ
            びその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この約款に係る知れている受
            益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
           c.  前項の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
            属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同
            じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れ
            ている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成す
            るものとみなします。
           d.  bの書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
            もって行います。
           e.  書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
           f.  bからeまでの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当該
            提案につき、この約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示を
            したときには適用しません。
           g.  前各項の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合にあって
            も、当該併合に係る一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場
            合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
         3)反対受益者の受益権買取請求の不適用
             この信託は、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託者が信託契約の一部の解約をするこ
            とにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われ
            ることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約または重大な約款の変更
            等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律に定める反対受益者による受益権
            買取請求の規定の適用を受けません。
          4)販売会社との契約の更改等
             委託会社と販売会社との間で締結される販売契約(投資信託受益権の募集・販売の取扱い等
            に関する契約書)は、期間満了の1か月前に当事者のいずれからも、別段の意思表示がない場
            合は、自動的に1年更新されます。販売契約の内容は、必要に応じて、委託会社と販売会社と
            の合意により、随時変更される場合があります。
          5)運用報告書
             投資信託及び投資法人に関する法律に基づき、毎年3月と9月の計算期間末および償還日を
            基準に、交付運用報告書を作成し、かつ知られたる受益者に、販売会社を通じて交付します。
          6)公告
            委託会社が受益者に対して行う公告は、日本経済新聞に掲載されます。
     4【受益者の権利等】

       受益者の有する主な権利は次のとおりです。
     (1)収益分配金に対する請求権
                                 43/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ① 収益分配金は、毎計算期間終了日後1か月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から
          起算して5営業日目まで)から、毎計算期間の末日において振替機関等の振替口座簿に記載または
          記 録されている受益者(当該収益分配金に係る計算期間の末日以前において一部解約が行われた受
          益権に係る受益者を除きます。また、当該収益分配金に係る計算期間の末日以前に設定された受益
          権で取得申込代金支払い前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
          則として取得申込者とします。)に支払います。上記にかかわらず、別に定める契約に基づいて収
          益分配金を再投資する受益者に対しては、受託会社が委託会社の指定する預金口座等に払い込むこ
          とにより、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に収益分配金が販売会社に支払われます。この
          場合、販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資に係る受益権の取得の申込みに応じ
          るものとします。当該取得申込みにより増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されま
          す。
         ② 販売会社は、受益者が自己に帰属する受益権について、あらかじめ収益分配金の再投資に係る受
          益権の取得申込みを中止することを申し出た場合には、当該受益権に帰属する収益分配金を当該計
          算期間終了のつど受益者に支払います。
         ③ 受益者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を
          失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
     (2)償還金に対する請求権
         ① 受益者は、ファンドに係る償還金を持分に応じて請求する権利を有します。
         ② 償還金は、信託終了日後1か月以内の委託会社の指定する日から信託終了日において振替機関等
          の振替口座簿に記載または記録されている受益者(信託終了日以前において一部解約が行われた受
          益権に係る受益者を除きます。また、当信託終了日以前に設定された受益権で取得申込代金支払い
          前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とし
          ます。)に支払います。なお、当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対し委託会
          社がこの信託の償還をするのと引き換えに、当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を
          行うものとし、振替法の規定に従い当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記
          録を行います。
         ③ 償還金の支払いは、販売会社の営業所等において行います。
         ④ 受益者が償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
          い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
     (3)換金(解約)請求権
          受益者は、委託会社に受益権の一部解約の実行を請求することにより換金する権利を有します。
         権利行使の方法等については、上記「第2                       管理及び運営」の「2             換金(解約)手続等」をご参照くだ
         さい。
     (4)帳簿閲覧・謄写請求権
          受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者に係る投資信託財産に関する書類の閲
         覧または謄写の請求をすることができます。
                                 44/97




                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】
     1.当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令
       第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
       府令第133号)に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     2.当ファンドの計算期間は6か月であるため、財務諸表は6か月ごとに作成しております。

     3.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当期(平成29年9月7日から平成30

       年3月6日まで)の財務諸表について、                      PwCあらた有限責任監査法人                 による監査を受けております。
                                 45/97
















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】

     しんきん公共債ファンド
     (1)【貸借対照表】
                                                      (単位:円)
                                     前期              当期
                                (平成29年9月6日現在)              (平成30年3月6日現在)
      資産の部
        流動資産
                                       104,526,562                   -
         金銭信託
                                       207,285,461              212,439,357
         コール・ローン
                                      14,720,011,015              15,014,035,937
         親投資信託受益証券
                                      15,031,823,038              15,226,475,294
         流動資産合計
                                      15,031,823,038              15,226,475,294
        資産合計
      負債の部
        流動負債
                                        77,650,602              79,331,201
         未払収益分配金
                                        6,895,590              19,459,701
         未払解約金
                                        3,655,781              4,053,596
         未払受託者報酬
                                        32,901,967              36,482,284
         未払委託者報酬
                                           576              620
         未払利息
                                          97,253              97,571
         その他未払費用
                                       121,201,769              139,424,973
         流動負債合計
                                       121,201,769              139,424,973
        負債合計
      純資産の部
        元本等
                                      14,118,291,404              14,423,854,877
                                   ※1 , ※2             ※1 , ※2
         元本
         剰余金
                                       792,329,865              663,195,444
           期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                         818,532             1,061,188
           (分配準備積立金)
                                      14,910,621,269              15,087,050,321
         元本等合計
                                      14,910,621,269              15,087,050,321
        純資産合計
                                      15,031,823,038              15,226,475,294
      負債純資産合計
                                 46/97









                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     前期              当期
                                (自 平成29年3月7日              (自 平成29年9月7日
                                 至 平成29年9月6日)               至 平成30年3月6日)
      営業収益
                                        60,944,826             △ 25,975,078
        有価証券売買等損益
                                        60,944,826             △ 25,975,078
        営業収益合計
      営業費用
                                          38,199              35,041
        支払利息
                                        3,655,781              4,053,596
        受託者報酬
                                        32,901,967              36,482,284
        委託者報酬
                                          99,013              99,664
        その他費用
                                        36,694,960              40,670,585
        営業費用合計
                                        24,249,866             △ 66,645,663
      営業利益又は営業損失(△)
                                        24,249,866             △ 66,645,663
      経常利益又は経常損失(△)
                                        24,249,866             △ 66,645,663
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                       △ 1,252,770             △ 6,750,501
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                       662,617,865              792,329,865
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       245,491,460               98,892,838
      剰余金増加額又は欠損金減少額
        当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                       245,491,460               98,892,838
        少額
                                        63,631,494              88,800,896
      剰余金減少額又は欠損金増加額
        当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                        63,631,494              88,800,896
        加額
                                        77,650,602              79,331,201
                                      ※1              ※1
      分配金
                                       792,329,865              663,195,444
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 47/97










                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

       有価証券の評価基準及              親投資信託受益証券
       び評価方法               移動平均法に基づき、当該親投資信託受益証券の基準価額で評価しており
                    ます。
      (貸借対照表に関する注記)

                             前期                     当期
            区分
                       (平成29年9月6日現在)                     (平成30年3月6日現在)
       ※1信託財産に係る期             期首元本額                     期首元本額

         首元本額、期中追                      11,028,153,263円                     14,118,291,404円
         加設定元本額及び           期中追加設定元本額                     期中追加設定元本額
         期中一部解約元本                       4,157,224,996円                     1,900,630,860円
         額           期中一部解約元本額                     期中一部解約元本額
                               1,067,086,855円                     1,595,067,387円
       ※2計算期間末日にお                        14,118,291,404口                     14,423,854,877口

         ける受益権の総数
      (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                   前期                            当期
              (自   平成29年3月7日                         (自   平成29年9月7日
              至    平成29年9月6日)                          至    平成30年3月6日)
       ※1  分配金の計算過程                         ※1  分配金の計算過程
       A  費用控除後の配当等収益額                  15,137,196     円   A  費用控除後の配当等収益額                       0 円
       B  費用控除後・繰越欠損金補填後                       0 円   B  費用控除後・繰越欠損金補填                       0 円
          の有価証券等損益額                            後の有価証券等損益額
       C  収益調整金額                 804,217,795      円   C  収益調整金額                  741,465,457      円
       D  分配準備積立金額                  50,625,476     円   D  分配準備積立金額                   1,061,188     円
       E  当ファンドの分配対象収益額                 869,980,467      円   E  当ファンドの分配対象収益額                  742,526,645      円
       }  当ファンドの期末残存口数                14,118,291,404       口   }  当ファンドの期末残存口数                14,423,854,877       口
       ▶  10,000   口当たり収益分配対象額                  616  円   ▶  10,000   口当たり収益分配対象                   514  円
                                     額
       H  10,000   口当たり分配金額                   55 円   H  10,000   口当たり分配金額                   55 円
       I  収益分配金金額                  77,650,602     円   I  収益分配金金額                  79,331,201     円
      (金融商品に関する注記)

      1.金融商品の状況に関する事項
                                  前期                  当期
                             (自   平成29年3月7日               (自   平成29年9月7日
               区分
                             至    平成29年9月6日)                至    平成30年3月6日)
                                 48/97



                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1.金融商品に対する取組方針                     当ファンドは証券投資信託                  同左
                          として、有価証券等の金融商
                          品への投資並びにデリバティ
                          ブ取引を、信託約款に定める
                          「運用の基本方針」に基づき
                          行っております。
      2.金融商品の内容及び当該金融                     当ファンドが運用する主な                  同左
         商品に係るリスク                 金融商品は「重要な会計方針
                          に係る事項に関する注記」の
                          「有価証券の評価基準及び評
                          価方法」に記載の有価証券で
                          あります。当該有価証券に
                          は、性質に応じてそれぞれ価
                          格変動リスク、流動性リス
                          ク、信用リスク等がありま
                          す。
      3.金融商品に係るリスク管理体制                     運用部門から独立した管理                  同左
                          部門が、ファンドのリスクと
                          リターンの計測・分析及び法
                          令遵守の観点から運用状況を
                          監視しております。モニタリ
                          ングを日々行い、異常が検知
                          された場合には、直ちに関連
                          部門に報告し、是正を求める
                          態勢としております。原則月
                          1回開催するコンプライアン
                          ス・運用管理委員会への報告
                          を通じて、運用部門にファン
                          ドのリスクとリターンの計
                          測・分析結果等がフィード
                          バックされ、適切なリスクの
                          管理体制を構築しておりま
                          す。
      2.金融商品の時価等に関する事項

                                  前期                  当期
               区分
                            (平成29年9月6日現在)                  (平成30年3月6日現在)
      1.貸借対照表計上額、時価及びそ                     貸借対照表計上額は期末の時                  同左
         の差額                 価で計上しているため、その差
                          額はありません。
      2.時価の算定方法                    (1)有価証券                  (1)有価証券
                              (重要な会計方針に係る                 同左
                             事項に関する注記)に記載
                             しております。
                          (2)デリバティブ取引                  (2)デリバティブ取引

                              該当事項はありません。                 同左
                          (3)有価証券及びデリバティブ                  (3)有価証券及びデリバティブ

                             取引以外の金融商品                  取引以外の金融商品
                              有価証券及びデリバティ                 同左
                             ブ取引以外の金融商品は、
                             短期間で決済され、時価は
                             帳簿価額と近似しているこ
                             とから、当該金融商品の帳
                             簿価額を時価としておりま
                             す。
                                 49/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      3.金融商品の時価等に関する事項                     金融商品の時価には、市場価                  同左
         についての補足説明                 格に基づく価額のほか、市場価
                          格がない場合には合理的に算定
                          された価額が含まれておりま
                          す。当該価額の算定においては
                          一定の前提条件等を採用してい
                          るため、異なる前提条件等に
                          よった場合、当該価額が異なる
                          こともあります。
      (有価証券に関する注記)

      売買目的有価証券
                            前期                     当期
                       (平成29年9月6日現在)                     (平成30年3月6日現在)
           種類        当計算期間の損益に含まれた評価差額                     当計算期間の損益に含まれた評価差額
       親投資信託受益証券                          60,944,826      円              △20,268,696       円
           合計                      60,944,826      円              △20,268,696       円
      (デリバティブ取引等に関する注記)

                   前期                            当期
             (平成29年9月6日現在)                            (平成30年3月6日現在)
             該当事項はありません。                      同左

      (関連当事者との取引に関する注記)

                   前期                            当期
              (自   平成29年3月7日                         (自   平成29年9月7日
               至    平成29年9月6日)                          至    平成30年3月6日)
             該当事項はありません。                      同左

      (1口当たり情報)

                   前期                            当期
             (平成29年9月6日現在)                            (平成30年3月6日現在)
            1口当たり純資産額             1.0561円                1口当たり純資産額             1.0460円

          ( 1万口当たり純資産額              10,561円)              ( 1万口当たり純資産額              10,460円)

     (4)【附属明細表】

      第1 有価証券明細表

       ① 株式

         該当事項はありません。
       ② 株式以外の有価証券

            種類              銘柄          券面総額(円)            評価額(円)          備考
                     しんきん公共債マザー
        親投資信託受益証券                            12,667,934,473           15,014,035,937
                     ファンド
             親投資信託受益証券 合計                        12,667,934,473           15,014,035,937
                                 50/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   合計                  12,667,934,473           15,014,035,937
      第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

         注記表(デリバティブ取引等に関する注記)に記載しております。
                                 51/97



















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考情報)
      当ファンドは、「しんきん公共債マザーファンド」受益証券を主要な投資対象としており、貸借対照表の
     資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託受益証券であります。
      なお、同親投資信託の状況は次のとおりであります。
     「しんきん公共債マザーファンド」の状況

     以下に記載した情報は、監査法人による監査の対象外であります。
      財務諸表

                       しんきん公共債マザーファンド

      (1)貸借対照表

                                 平成29年9月6日現在               平成30年3月6日現在
                 区分
                          注記
              科目                      金額(円)               金額(円)
                          番号
      資産の部
        流動資産
        金銭信託
                                                             ―
                                        33,207,434
        コール・ローン
                                        65,853,294               47,938,442
         国債証券
                                      1,257,099,890               1,249,879,440
         地方債証券
                                      13,077,343,487               13,477,660,990
         特殊債券
                                       279,740,100               232,928,380
         未収利息
                                         6,399,632               5,610,832
         前払費用
                                          23,822                  ―
         流動資産合計
                                      14,719,667,659               15,014,018,084
        資産合計
                                      14,719,667,659               15,014,018,084
      負債の部
        流動負債
        未払利息
                                            183               139
        その他未払費用
                                             53               693
         流動負債合計
                                            236               832
        負債合計
                                            236               832
      純資産の部
        元本等
        元本                   ※1,※2
                                      12,397,886,815               12,667,934,473
        剰余金
         剰余金又は欠損金(△)
                                      2,321,780,608               2,346,082,779
         元本等合計
                                      14,719,667,423               15,014,017,252
        純資産合計
                                      14,719,667,423               15,014,017,252
      負債純資産合計
                                      14,719,667,659               15,014,018,084
                                 52/97




                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)注記表
      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

       有価証券の評価基準及び               国債証券、地方債証券及び特殊債券
       評価方法                個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                      たっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(但し、売気配相場
                      は使用しない)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表の
                      売買参考統計値(平均値)等で評価しております。
      (貸借対照表に関する注記)

            区分             平成29年9月6日現在                    平成30年3月6日現在
       ※1信託財産に係る期首              期首元本額                    期首元本額
         元本額、期中追加設                       9,818,222,420円                    12,397,886,815円
         定元本額及び期中一            期中追加設定元本額                    期中追加設定元本額
         部解約元本額                       2,579,664,395円                      768,327,111円
                     期中一部解約元本額                    期中一部解約元本額
                                       0円              498,279,453円
         元本の内訳            しんきん公共債ファンド                    しんきん公共債ファンド
                               12,397,886,815        円            12,667,934,473        円
                            合計     12,397,886,815        円        合計     12,667,934,473        円

       ※2本報告書における開                        12,397,886,815口                    12,667,934,473口
         示対象ファンドの計
         算期間末日における
         受益権の総数
      (金融商品に関する注記)

      1.金融商品の状況に関する事項
                         自  平成29年3月7日                   自  平成29年9月7日
            区分
                         至  平成29年9月6日                   至  平成30年3月6日
      1.金融商品に対する取                当ファンドは証券投資信託とし                    同左

         組方針            て、有価証券等の金融商品への投資
                     並びにデリバティブ取引を、信託約
                     款に定める「運用の基本方針」に基
                     づき行っております。
      2.金融商品の内容及び                当ファンドが運用する主な金融商                    同左
         当該金融商品に係            品は「重要な会計方針に係る事項に
         るリスク            関する注記」の「有価証券の評価基
                     準及び評価方法」に記載の有価証券
                     であります。当該有価証券には、性
                     質に応じてそれぞれ価格変動リス
                     ク、流動性リスク、信用リスク等が
                     あります。
      3.金融商品に係るリス                運用部門から独立した管理部門                    同左
         ク管理体制            が、ファンドのリスクとリターンの
                     計測・分析及び法令遵守の観点から
                     運用状況を監視しております。モニ
                     タリングを日々行い、異常が検知さ
                     れた場合には、直ちに関連部門に報
                     告し、是正を求める態勢としており
                     ます。原則月1回開催するコンプラ
                     イアンス・運用管理委員会への報告
                     を通じて、運用部門にファンドのリ
                     スクとリターンの計測・分析結果等
                     がフィードバックされ、適切なリス
                     クの管理体制を構築しております。
                                 53/97

                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.金融商品の時価等に関する事項

            区分             平成29年9月6日現在                    平成30年3月6日現在
      1.貸借対照表計上額、                貸借対照表計上額は本報告書にお                    同左
         時価及びその差額            ける開示対象ファンドの計算期間末
                     日の時価で計上しているため、その
                     差額はありません。
      2.時価の算定方法               (1)有価証券                    (1)有価証券
                         (重要な会計方針に係る事項                    同左
                        に関する注記)に記載しており
                        ます。
                     (2)デリバティブ取引                    (2)デリバティブ取引

                         該当事項はありません。                   同左
                     (3)有価証券及びデリバティブ取引                    (3)有価証券及びデリバティブ取引

                        以外の金融商品                    以外の金融商品
                         有価証券及びデリバティブ取                   同左
                        引以外の金融商品は、短期間で
                        決済され、時価は帳簿価額と近
                        似していることから、当該金融
                        商品の帳簿価額を時価としてお
                        ります。
      3.金融商品の時価等に                金融商品の時価には、市場価格に                      同左
         関する事項について            基づく価額のほか、市場価格がない
         の補足説明            場合には合理的に算定された価額が
                     含まれております。当該価額の算定
                     においては一定の前提条件等を採用
                     しているため、異なる前提条件等に
                     よった場合、当該価額が異なること
                     もあります。
      (有価証券に関する注記)

      売買目的有価証券
                         平成29年9月6日現在                     平成30年3月6日現在
            種類          当期間の損益に含まれた評価差額                     当期間の損益に含まれた評価差額
           国債証券                      △14,808,420       円              △7,220,450       円
          地方債証券                      △39,746,032       円             △53,624,497       円
           特殊債券                      △1,302,240       円               △871,980     円
            合計                    △55,856,692       円             △61,716,927       円
      (注)当期間の損益に含まれた評価差額は、親投資信託の期首日から本報告書における開示対象ファンド
         の期末日までの期間に対応する金額であります。
      (デリバティブ取引等に関する注記)

              平成29年9月6日現在                            平成30年3月6日現在
             該当事項はありません。                      同左

      (関連当事者との取引に関する注記)

              自  平成29年3月7日                          自  平成29年9月7日
              至  平成29年9月6日                          至  平成30年3月6日
                                 54/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             該当事項はありません。                      同左
      (1口当たり情報)

              平成29年9月6日現在                            平成30年3月6日現在
            1口当たり純資産額             1.1873円                1口当たり純資産額             1.1852円

          ( 1万口当たり純資産額              11,873円)              ( 1万口当たり純資産額              11,852円)

      (3)附属明細表

      第1 有価証券明細表

       ① 株式

         該当事項はありません。
       ② 株式以外の有価証券

        種類                銘柄               券面総額(円)           評価額(円)         備考
       国債証券      第306回利付国債(10年)                            23,000,000          23,726,800
       国債証券      第312回利付国債(10年)                            100,000,000          103,748,000
       国債証券      第313回利付国債(10年)                            45,000,000          46,973,250
       国債証券      第314回利付国債(10年)                             5,000,000          5,188,800
       国債証券      第315回利付国債(10年)                            36,000,000          37,591,920
       国債証券      第317回利付国債(10年)                            60,000,000          62,633,400
       国債証券      第318回利付国債(10年)                            129,000,000          134,202,570
       国債証券      第319回利付国債(10年)                            50,000,000          52,350,000
       国債証券      第320回利付国債(10年)                            130,000,000          135,614,700
       国債証券      第324回利付国債(10年)                            100,000,000          103,962,000
       国債証券      第326回利付国債(10年)                            60,000,000          62,338,200
       国債証券      第329回利付国債(10年)                            400,000,000          419,124,000
       国債証券      第332回利付国債(10年)                            60,000,000          62,425,800
                  国債証券 合計                      1,198,000,000          1,249,879,440
       地方債証券       第765回東京都公募公債                            200,000,000          201,158,000
       地方債証券       第768回東京都公募公債                            200,000,000          200,640,000
       地方債証券       第771回東京都公募公債                            100,000,000          99,905,000
       地方債証券       第337回大阪府公募公債(10年)                            12,000,000          12,361,440
       地方債証券       第338回大阪府公募公債(10年)                             3,000,000          3,093,150
       地方債証券       第414回大阪府公募公債(10年)                            150,000,000          148,351,500
       地方債証券       第415回大阪府公募公債(10年)                            300,000,000          299,292,000
       地方債証券       第421回大阪府公募公債(10年)                            100,000,000          99,935,000
       地方債証券       平成22年度第5回京都府公募公債                            42,500,000          43,953,500
       地方債証券       平成27年度第18回兵庫県公募公債                            100,000,000          99,920,000
       地方債証券       平成22年度第1回静岡県公募公債                             4,000,000          4,120,480
       地方債証券       平成22年度第5回静岡県公募公債                             5,000,000          5,147,150
             平成22年度第16回愛知県公募公債(10
       地方債証券                                   24,000,000          24,840,720
             年)
       地方債証券       平成22年度第3回広島県公募公債                             5,000,000          5,133,300
                                 55/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       地方債証券       平成22年度第6回広島県公募公債                            24,000,000          24,848,640
       地方債証券       平成23年度第1回広島県公募公債                            32,000,000          33,190,400
       地方債証券       平成28年度第5回広島県公募公債                            350,000,000          350,630,000
       地方債証券       第83回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          102,776,000
       地方債証券       第84回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          102,758,000
       地方債証券       第85回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          102,996,000
       地方債証券       第86回共同発行市場公募地方債                            110,000,000          113,207,600
       地方債証券       第87回共同発行市場公募地方債                            110,000,000          113,177,900
       地方債証券       第88回共同発行市場公募地方債                            129,500,000          133,000,385
       地方債証券       第89回共同発行市場公募地方債                            101,000,000          103,505,810
       地方債証券       第90回共同発行市場公募地方債                            130,000,000          133,602,300
       地方債証券       第91回共同発行市場公募地方債                            162,000,000          165,685,500
       地方債証券       第92回共同発行市場公募地方債                            108,000,000          110,923,560
       地方債証券       第93回共同発行市場公募地方債                            104,000,000          107,541,200
       地方債証券       第94回共同発行市場公募地方債                            105,000,000          108,652,950
       地方債証券       第95回共同発行市場公募地方債                             9,500,000          9,851,405
       地方債証券       第96回共同発行市場公募地方債                            88,000,000          91,366,000
       地方債証券       第97回共同発行市場公募地方債                             7,000,000          7,294,420
       地方債証券       第98回共同発行市場公募地方債                             5,000,000          5,184,050
       地方債証券       第99回共同発行市場公募地方債                             4,000,000          4,149,840
       地方債証券       第100回共同発行市場公募地方債                            71,000,000          73,816,570
       地方債証券       第101回共同発行市場公募地方債                            52,000,000          53,829,880
       地方債証券       第102回共同発行市場公募地方債                            85,000,000          88,001,350
       地方債証券       第108回共同発行市場公募地方債                            138,600,000          144,038,664
       地方債証券       第109回共同発行市場公募地方債                            150,000,000          156,256,500
       地方債証券       第110回共同発行市場公募地方債                            30,000,000          31,073,700
       地方債証券       第111回共同発行市場公募地方債                            50,000,000          51,824,000
       地方債証券       第112回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          103,502,000
       地方債証券       第114回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          103,541,000
       地方債証券       第115回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          103,518,000
       地方債証券       第116回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          103,581,000
       地方債証券       第118回共同発行市場公募地方債                            10,900,000          11,325,536
       地方債証券       第120回共同発行市場公募地方債                            40,000,000          41,290,000
       地方債証券       第121回共同発行市場公募地方債                            10,000,000          10,271,500
       地方債証券       第126回共同発行市場公募地方債                            210,000,000          218,964,900
       地方債証券       第128回共同発行市場公募地方債                            90,000,000          93,158,100
       地方債証券       第129回共同発行市場公募地方債                            20,000,000          20,770,200
       地方債証券       第131回共同発行市場公募地方債                            39,000,000          40,416,090
       地方債証券       第132回共同発行市場公募地方債                            300,000,000          311,043,000
       地方債証券       第134回共同発行市場公募地方債                            250,000,000          259,587,500
       地方債証券       第135回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          207,524,000
       地方債証券       第136回共同発行市場公募地方債                            300,000,000          310,419,000
       地方債証券       第137回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          206,452,000
                                 56/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       地方債証券       第138回共同発行市場公募地方債                            500,000,000          515,795,000
       地方債証券       第139回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          206,264,000
       地方債証券       第140回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          205,754,000
       地方債証券       第146回共同発行市場公募地方債                            400,000,000          413,664,000
       地方債証券       第147回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          206,796,000
       地方債証券       第148回共同発行市場公募地方債                            400,000,000          413,436,000
       地方債証券       第149回共同発行市場公募地方債                            500,000,000          515,020,000
       地方債証券       第150回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          206,146,000
       地方債証券       第156回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          199,520,000
       地方債証券       第159回共同発行市場公募地方債                            200,000,000          198,832,000
       地方債証券       第162回共同発行市場公募地方債                            600,000,000          597,666,000
       地方債証券       第163回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          99,229,000
       地方債証券       第165回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          99,877,000
       地方債証券       第166回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          100,180,000
       地方債証券       第167回共同発行市場公募地方債                            430,000,000          433,048,700
       地方債証券       第169回共同発行市場公募地方債                           1,100,000,000          1,103,454,000
       地方債証券       第170回共同発行市場公募地方債                            210,000,000          210,189,000
       地方債証券       第171回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          100,136,000
       地方債証券       第172回共同発行市場公募地方債                            900,000,000          904,140,000
       地方債証券       第173回共同発行市場公募地方債                            500,000,000          501,860,000
       地方債証券       第176回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          99,903,000
       地方債証券       第177回共同発行市場公募地方債                            100,000,000          100,095,000
       地方債証券       第473回名古屋市公募公債(10年)                            20,000,000          20,698,600
       地方債証券       平成21年度第5回京都市公募公債                             5,000,000          5,139,800
       地方債証券       平成28年度第3回横浜市公募公債                            100,000,000          99,272,000
       地方債証券       平成21年度ハ号埼玉県公債                             5,000,000          5,148,200
                 地方債証券 合計                      13,241,000,000          13,477,660,990
             第110回政府保証日本高速道路保有・債務
       特殊債券                                   7,000,000          7,215,040
             返済機構債券
       特殊債券      第11回政府保証地方公共団体金融機構債券                             2,000,000          2,060,300
       特殊債券      第80回地方公共団体金融機構債券                            100,000,000          101,834,000
       特殊債券      第81回政府保証地方公共団体金融機構債券                            22,000,000          22,139,040
       特殊債券      第82回地方公共団体金融機構債券                            100,000,000          99,680,000
                  特殊債券 合計                       231,000,000          232,928,380
                     合計                   14,670,000,000          14,960,468,810
      第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

         注記表(デリバティブ取引等に関する注記)に記載しております。
                                 57/97




                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】
       【純資産額計算書】(平成30年3月30日現在)

       Ⅰ  資産総額

                                                 15,170,053,268
                                                          円
       Ⅱ  負債総額
                                                    26,944,731
                                                          円
       Ⅲ  純資産総額(Ⅰ―Ⅱ)
                                                 15,143,108,537
                                                          円
       Ⅳ  発行済数量                                         14,478,856,405
                                                          口
       Ⅴ  1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
                                                      1.0459
                                                          円
      (参考)しんきん公共債マザーファンド

       Ⅰ  資産総額
                                                 15,187,849,921
                                                          円
       Ⅱ  負債総額
                                                   100,147,436
                                                          円
       Ⅲ  純資産総額(Ⅰ―Ⅱ)
                                                 15,087,702,485         円
       Ⅳ  発行済数量
                                                 12,726,971,334
                                                          口
       Ⅴ  1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
                                                      1.1855
                                                          円
      (参考)しんきん短期国内債券マザーファンド

       Ⅰ  資産総額
                                                 50,145,663,068
                                                          円
       Ⅱ  負債総額
                                                  2,692,712,671
                                                          円
       Ⅲ  純資産総額(Ⅰ―Ⅱ)
                                                 47,452,950,397
                                                          円
       Ⅳ  発行済数量
                                                 47,302,548,603
                                                          口
       Ⅴ  1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
                                                      1.0032
                                                          円
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

      (1)名義書換えの手続き等

          該当事項はありません。
      (2)受益者名簿
          該当事項はありません。
      (3)受益者に対する特典
          該当事項はありません。
      (4)受益権の譲渡
        ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記
         載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
        ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権
          の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載ま
          たは記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合
          には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みま
          す。)に振替法の規定に従い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行な
          われるよう通知するものとします。
        ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録さ
          れている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等
                                 58/97

                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停
          止日や振替停止期間を設けることができます。
      (5)受益権の譲渡の対抗要件
           受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対
          抗することができません。
      (6)受益権の再分割
           委託会社は、受託者と協議のうえ、振替法に定めるところに従い、一定日現在の受益権を均等に
          再分割できるものとします。
      (7)償還金
           償還金は、償還日において振替機関の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以
          前において一部解約が行なわれた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定さ
          れた受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につい
          ては原則として取得申込者とします。)に支払います。
      (8)質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
           振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払
          い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定
          によるほか、民法その他の法令等に従って取り扱われます。
                                 59/97













                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】
     (1)資本の額
        200百万円(本書提出日現在)
        発行可能株式総数  16,000株
        発行済株式総数                4,000株
        最近5年間における主な資本の額の増減はありません。
     (2)当社の機構

      ○会社の意思決定機構
        業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役は、株主総会において選任さ
       れ、その任期は就任後1年以内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結の時までです。ただし、補
       欠または増員で選任された取締役の任期は、現任取締役の任期の満了の時までとします。
        取締役会は、代表取締役を選任し、代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議に従い業務を執行
       します。また、取締役会は、その決議をもって、取締役社長1名、専務取締役および常務取締役若干名
       を置くことができます。
        取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として取締役社長が招集します。取締役会の
       議長は、原則として取締役社長がこれにあたります。
        取締役会の決議は、取締役の過半数が出席して、出席取締役の過半数をもって決します。
      ○投資運用の意思決定機構

       ① 商品企画体制
        ・投資政策委員会
           当委員会において、事務局である運用本部運用企画部が情報を収集し、投資環境、運用環境、販
          売環境に適合した商品企画案を提出します。また当委員会は、新規設定する商品に関する基本的な
          重要事項について協議し、委員長がこれを決定します。
       ② 運用体制
        ・投資政策委員会
           当委員会において、経済環境、資産別市場見通しならびに投資環境等を検討し、基本的な運用方
          針、運用戦略について協議し、委員長がこれを決定します。また、基本的な投資方針等に基づい
          て、ファンド運用についての具体的なガイドライン、方策を審議、決定するとともに、個別銘柄に
          ついての分析を行い、投資対象銘柄を選定します。経営管理部は、各ファンドの運用成績、ポート
          フォリオの運用内容等について考査し、当委員会に報告を行います。
        ・コンプライアンス・運用管理委員会
           当委員会において、事務局である経営管理部は、前1か月間の運用状況のモニタリングを行い、
          リスクとリターンの計測・分析結果および法令・諸規則や運用に関する諸決定事項の遵守状況等の
          報告を行います。また、トレーディング部は、取引先リスク等の報告を行います。
       ③ コンプライアンス管理体制
          取締役会の下で法令等遵守に関する問題を一元管理するため、以下のとおりコンプライアンス管理
        体制を敷いています。
                                 60/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ・コンプライアンス・運用管理委員会を設置し、コンプライアンスに関する事項全般について審議し
         ます。
        ・コンプライアンスに関する事項を統括する部門として、コンプライアンス担当部門を設置するとと
         もに、コンプライアンス関連部門を設置します。
        ・コンプライアンス統括責任者を社長、コンプライアンス管理責任者を経営管理部長とし、コンプラ
         イアンス責任者を各部門長とします。また、各部門におけるコンプライアンスの推進および徹底を
         実践するため、各部門にコンプライアンス担当者を配置します。
        ・全部門から独立した内部監査部門を設置し、コンプライアンス管理の適切性・有効性を検証・評価
         します。
        ※上記の内容は、今後変更となる場合があります。

     2【事業の内容及び営業の概況】

        「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である当社は、証券投資信託の設
       定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行い
       ます。また、「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業に係る業務の一部および投資助言業務
       を行います。
        当社の運用する証券投資信託は、2018年3月30日現在、以下のとおりです。
        (親投資信託を除きます。)
                                                     ( 単位:百万円)
               種類                  本数               純資産総額
            追加型株式投資信託                           60                  811,288
           単位型公社債投資信託                             3                  15,288
            単位型株式投資信託                           31                  100,441
                合計                        94                  927,018
      (注)純資産総額は百万円未満を切り捨てしています。
                                 61/97









                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】

       1. 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大

          蔵省令第59号)、ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府
          令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
           中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年
         大蔵省令第38号)ならびに同規則第38条および第57条の規定により「金融商品取引業等に関
         する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
       2. 財務諸表および中間財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しておりま

          す。
       3. 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成28年4月1日から

          平成29年3月31日まで)の財務諸表ならびに中間会計期間(平成29年4月1日から平成29年9月
          30日まで)の中間財務諸表について、新日本有限責任監査法人の監査および中間監査を受け
          ております。
                                 62/97













                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1 財務諸表
      (1)【貸借対照表】

                             前事業年度                   当事業年度
                          (平成28年3月31日現在)                   (平成29年3月31日現在)
                    注記
           科  目                    金 額                   金 額
                    番号
          ( 資産の部)                  千円          千円          千円          千円
        流動資産
         現金・預金            *2                2,749,956                   3,532,999
         前払費用                             12,646                   18,138
         未収委託者報酬                            412,264                   433,530
         未収運用受託報酬            *2                 19,480                   16,941
         未収収益                               82                   38
         繰延税金資産                             36,340                   33,208
         その他の流動資産                               519                   466
          流動資産計                          3,231,291                   4,035,324
        固定資産
         有形固定資産            *1                 88,010                   82,688
          建物                  64,057                   58,375
          器具備品                  23,953                   24,313
         無形固定資産                             91,905                   70,236
          ソフトウェア                  90,619                   68,785
          電話加入権                    959                   959
          その他                    325                   491
         投資その他の資産                             1,003                   2,968
          長期前払費用                  1,003                   2,968
          固定資産計                           180,919                   155,893
           資産合計                         3,412,210                   4,191,217
                                 63/97









                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             前事業年度                   当事業年度
                          (平成28年3月31日現在)                   (平成29年3月31日現在)
                    注記
           科  目                    金 額                   金 額
                    番号
          ( 負債の部)                  千円          千円          千円          千円
        流動負債
         未払金                            296,395                   331,493
          未払手数料          *2       242,684                   261,115
          その他未払金                  53,710                   70,378
         未払法人税等                            183,587                   196,373
         未払消費税等                             38,411                   43,152
         未払事業所税                             1,865                   1,878
         前受収益                             6,432                     -
         賞与引当金                             67,423                   68,577
         その他の流動負債                             2,876                   2,750
          流動負債計                           596,993                   644,226
        固定負債
         退職給付引当金                             90,618                   100,631
         役員退職慰労引当金                             25,170                   15,848
          固定負債計                           115,788                   116,480
           負債合計                          712,781                   760,707
          ( 純資産の部)                   千円          千円          千円          千円
        株主資本                             2,699,429                   3,430,510
         資本金                            200,000                   200,000
         利益剰余金                           2,499,429                   3,230,510
          利益準備金                   2,000                   2,000
          その他利益剰余金                2,497,429                   3,228,510
           別途積立金               1,800,000                   2,350,000
           繰越利益剰余金                697,429                   878,510
          純資産合計                          2,699,429                   3,430,510
         負債・純資産合計                           3,412,210                   4,191,217
                                 64/97








                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益計算書】

                                 前事業年度                 当事業年度
                               自 平成27年4月        1日         自 平成28年4月        1日
                               至 平成28年3月31日                 至 平成29年3月31日
                        注記
            科  目                      金 額                 金 額
                        番号
        営業収益                         千円         千円         千円         千円
         委託者報酬                              4,016,300                 4,604,878
         運用受託報酬               *1                221,945                 212,214
            営業収益計                           4,238,246                 4,817,093
        営業費用
         支払手数料               *1              2,015,995                 2,289,896
         広告宣伝費                                17,795                 24,734
         調査費                               374,952                 442,132
          調査研究費                     295,600                 327,321
          委託調査費                      79,352                 114,810
         営業雑経費                                57,761                 60,001
          印刷費                      51,186                 53,360
          郵便料                       203                 150
          電信電話料                      2,260                 2,244
          協会費                      4,110                 4,245
            営業費用計                           2,466,505                 2,816,764
       一般管理費
         給料                               536,903                 534,172
          役員報酬                      41,999                 41,999
          給料・手当                     345,983                 346,443
          賞与                      66,649                 63,219
          法定福利費                      67,918                 68,520
          福利厚生費                      4,911                 3,996
          その他給料                      9,440                 9,992
         賞与引当金繰入                                67,423                 68,374
         退職給付費用                                62,698                 56,254
         役員退職慰労引当金繰入                                12,022                  8,678
         交際費                                4,029                 4,321
         旅費交通費                                9,634                 8,823
         租税公課                                13,281                 22,779
         不動産賃借料                                62,740                 62,760
         固定資産減価償却費                                45,195                 48,587
         諸経費                               125,507                 126,388
           一般管理費計                            939,437                 941,140
        営業利益                                832,303                1,059,187
        営業外収益
         受取利息               *1                  507                 162
         その他営業外収益                                 281                 219
           営業外収益計                               788                 381
        営業外費用
         雑損失                                 358                 157
           営業外費用計                               358                 157
                                 65/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        経常利益                                832,733                1,059,411
                                 66/97




















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 前事業年度                 当事業年度
                               自 平成27年4月        1日         自 平成28年4月        1日
                               至 平成28年3月31日                 至 平成29年3月31日
                        注記
            科  目                      金 額                 金 額
                        番号
        特別損失                         千円         千円         千円         千円
         固定資産除却損                                3,556                   -
            特別損失計                             3,556                   -
        税引前当期純利益                                829,176                1,059,411
        法人税、住民税および事業税                                287,074                 325,199
        法人税等調整額                                △1,568                  3,131
        当期純利益                                543,670                 731,081
                                 67/97
















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                      ( 単位:千円)
                                   株主資本
                                  利益剰余金
                                                        純資産合計
                                その他利益剰余金                  株主資本
                                             利益
                    資本金
                          利益
                                                   合計
                                            剰余金
                                別途     繰越利益
                         準備金
                                             合計
                               積立金       剰余金
      当期首残高              200,000       2,000     1,410,000       543,758     1,955,758       2,155,758       2,155,758
       当期変動額
       新株の発行                ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       剰余金の配当                ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       別途積立金の積立                ―      ―   390,000     △390,000          ―       ―       ―
       別途積立金の取崩                ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       当期純利益                ―      ―       ―   543,670      543,670       543,670       543,670
       株主資本以外の項目の
                       ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       当期変動額(純額)
       当期変動額合計                ―      ―   390,000      153,670      543,670       543,670       543,670
      当期末残高              200,000       2,000     1,800,000       697,429     2,499,429       2,699,429       2,699,429
       当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                                      ( 単位:千円)
                                   株主資本
                                  利益剰余金
                                                        純資産合計
                                その他利益剰余金                  株主資本
                                             利益
                    資本金
                          利益
                                                   合計
                                            剰余金
                                別途     繰越利益
                         準備金
                                             合計
                               積立金       剰余金
      当期首残高              200,000       2,000     1,800,000       697,429     2,499,429       2,699,429       2,699,429
       当期変動額
       新株の発行                ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       剰余金の配当                ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       別途積立金の積立                ―      ―   550,000     △550,000          ―       ―       ―
       別途積立金の取崩                ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       当期純利益                ―      ―       ―   731,081      731,081       731,081       731,081
       株主資本以外の項目の
                       ―      ―       ―      ―      ―       ―       ―
       当期変動額(純額)
       当期変動額合計                ―      ―   550,000      181,081      731,081       731,081       731,081
      当期末残高              200,000       2,000     2,350,000       878,510     3,230,510       3,430,510       3,430,510
                                 68/97





                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      重要な会計方針
                                        当事業年度
                                      自 平成28年4月         1日
                                      至 平成29年3月31日
       1. 固定資産の減価償却の方法                  (1)  有形固定資産
                           定額法を採用しております。
                           主な耐用年数は以下のとおりです。
                           建   物        3 年  ~   50 年
                           器 具 備 品
                                   3 年  ~   20 年
                          (2)  無形固定資産

                           定額法を採用しております。
                           なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能
                         期間(5年)に基づいております。
       2. 引当金の計上基準                  (1)  賞与引当金

                           従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基
                         づき計上しています。
                          (2)  退職給付引当金

                           従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付
                          債務を計上しております。
                           なお、退職給付引当金の対象従業員が300名未満であるため、簡便
                         法によっており、退職給付債務の金額は当事業年度末における自己都
                         合要支給額としております。
                          (3)  役員退職慰労引当金

                           当社常勤役員の退職慰労金の支給に充てるため、「常勤役員退職
                          慰労金規程」に基づく当事業年度末要支給額を計上しております。
       3. その他財務諸表作成のための                  消費税等の会計処理

                           消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっていま
        基本となる重要な事項
                          す。
                           なお、仮払消費税等および仮受消費税等は相殺のうえ、未払消費税
                         等として表示しております。
     (追加情報)

      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業
     年度から適用しております。
                                 69/97






                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      注記事項
      ( 貸借対照表関係)
      *1 有形固定資産の減価償却累計額

                                前事業年度                  当事業年度
                             ( 平成28年3月31日現在)                  ( 平成29年3月31日現在)
      建  物                             51,907   千円              57,590   千円

      器具備品                             26,302   千円              31,583   千円

      *2 関係会社項目

       関係会社に対する資産および負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
                               前事業年度                  当事業年度
                            ( 平成28年3月31日現在)                  ( 平成29年3月31日現在)
      普通預金                           1,523,880     千円             2,397,290     千円
      定期預金                           1,000,000     千円             1,000,000     千円
      未収運用受託報酬                             2,558   千円                 -千円
      未払手数料                            126,284    千円              133,205    千円
      ( 損益計算書関係)

      *1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。

                               前事業年度                  当事業年度
                            ( 平成28年3月31日現在)                  ( 平成29年3月31日現在)
      運用受託報酬                            141,022    千円              146,598    千円
      受取利息                               477  千円                160  千円
      支払手数料                           1,678,370     千円             1,873,505     千円
                                 70/97









                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1.発行済株式および総数に関する事項
         株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
       普通株式(千株)                    ▶           ―           ―           ▶

           計                 ▶           ―           ―           ▶

      当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

      1.発行済株式および総数に関する事項
         株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
       普通株式(千株)                    ▶           ―           ―           ▶

           計                 ▶           ―           ―           ▶

      (リース取引関係)

      前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
       該当事項はありません。
                                 71/97












                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ( 金融商品関係)
     前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1.金融商品の状況に関する事項
       当社は、資産運用については短期的な預金等に限定しております。また、投機的な取引は行なわない方針で
      あります。
       また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支払われる
      信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リスクはほとんどな
      いと認識しております。
      2.金融商品の時価等に関する事項

       平成28年3月31日における貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次の通りであります。
                                                       ( 単位:千円)
                          貸借対照表計上額                時価            差額
      (1)  現金・預金                       2,749,956             2,749,956                 ―
      (2)  未収委託者報酬                         412,264             412,264                ―
      (3)  未収運用受託報酬                         19,480             19,480               ―
              資産計                  3,181,701             3,181,701                 ―
      (4)  未払手数料                         242,684             242,684                ―
      (5)  その他未払金                         53,710             53,710               ―
      (6)  未払法人税等                         183,587             183,587                ―
      (7)  未払消費税等                         38,411             38,411               ―
      (8)  未払事業所税                          1,865             1,865               ―
              負債計                   520,259             520,259                ―
      ( 注1) 金融商品の時価の算定方法
       (1)  現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未払手数料、(5)その他未払金、(6)未払法人
      税等、(7)未払消費税等、(8)未払事業所税
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      ( 注2) 金銭債権および満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
                                                       ( 単位:千円)
                          貸借対照表計上額               1年以内             1年超
      (1)  預金                       2,749,836             2,749,836                 ―
      (2)  未収委託者報酬                         412,264             412,264                ―
      (3)  未収運用受託報酬                         19,480             19,480               ―
              合計                 3,181,582             3,181,582                 ―
                                 72/97





                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1.金融商品の状況に関する事項
       当社は、資産運用については短期的な預金等に限定しております。また、投機的な取引は行なわない方針で
      あります。
       また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支払われる
      信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リスクはほとんどな
      いと認識しております。
      2.金融商品の時価等に関する事項

       平成29年3月31日における貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次の通りであります。
                                                       ( 単位:千円)
                          貸借対照表計上額                時価            差額
      (1)  現金・預金                       3,532,999             3,532,999                 ―
      (2)  未収委託者報酬                         433,530             433,530                ―
      (3)  未収運用受託報酬                         16,941             16,941               ―
              資産計                  3,983,471             3,983,471                 ―
      (4)  未払手数料                         261,115             261,115                ―
      (5)  その他未払金                         70,378             70,378               ―
      (6)  未払法人税等                         196,373             196,373                ―
      (7)  未払消費税等                         43,152             43,152               ―
      (8)  未払事業所税                          1,878             1,878               ―
              負債計                   572,898             572,898                ―
      ( 注1) 金融商品の時価の算定方法
       (1)  現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未払手数料、(5)その他未払金、(6)未払法人
         税等、(7)未払消費税等、(8)未払事業所税
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
      ( 注2) 金銭債権および満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
                                                       ( 単位:千円)
                          貸借対照表計上額               1年以内             1年超
      (1)  預金                       3,532,907             3,532,907                 ―
      (2)  未収委託者報酬                         433,530             433,530                ―
      (3)  未収運用受託報酬                         16,941             16,941               ―
              合計                 3,983,380             3,983,380                 ―
                                 73/97






                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (有価証券関係)
       前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         該当事項はありません。
       当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

         該当事項はありません。
     (デリバティブ取引関係)

       前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         該当事項はありません。
       当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

         該当事項はありません。
     (退職給付関係)

       1.採用している退職給付制度の概要
         当社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度と厚生年金基金制度を併用しております。当社が有す
        る退職一時金制度については、簡便法により退職給付引当金および退職給付費用を計算しております。
         また、当社が加入する厚生年金基金制度は、複数事業主制度の厚生年金基金制度であり、当社の拠出に対
        応する年金資産の額を合理的に計算することができないため、当該年金制度への拠出額を退職給付費用とし
        て計上しております。
       2.確定給付制度

       (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                前事業年度                  当事業年度
                              ( 平成28年3月31日現在)                 ( 平成29年3月31日現在)
                                       千円                  千円

      退職給付引当金の期首残高                                87,723                  90,618
       退職給付費用                               11,871                  12,169
       退職給付の支払額                              △8,976                  △2,156
                                         ―                  ―
       制度への拠出額
      退職給付引当金の期末残高                                90,618                 100,631
       (2)退職給付債務および年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金および前払年金費用

          の調整表
                                前事業年度                  当事業年度
                              ( 平成28年3月31日現在)                 ( 平成29年3月31日現在)
                                       千円                  千円

      非積立金型制度の退職給付債務                                90,618                 100,631
      貸借対照表に計上された負債と資産                                90,618                 100,631
      の純額
      退職給付引当金                                90,618                 100,631
                                 74/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      貸借対照表に計上された負債と資産                                90,618                 100,631
      の純額
       (3)退職給付費用

                                 前事業年度                 当事業年度
                               自 平成27年4月        1日         自 平成28年4月        1日
                               至 平成28年3月31日                 至 平成29年3月31日
                                          千円                 千円

        簡便法で計算した退職給付費用
                                         11,871                 12,169
       3.複数事業主制度

         確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、前事業年度 
        35,789千円、当事業年度 35,424千円であります。
                                 前事業年度                  当事業年度
                              自 平成27年4月        1日         自 平成28年4月        1日
                              至 平成28年3月31日                  至 平成29年3月31日
      ( 1)  直近の積立状況に関する事項                        ( 平成27年3月31日現在)                 ( 平成28年3月31日現在)
                                        千円                  千円
         年金資産の額
                                  1,659,830,986                  1,605,568,222
         年金財政計算上の数理債務の額と
                                  1,824,563,577                  1,782,403,243
         最低責任準備金の額との合計額(注)
         差引額
                                  △164,732,591                  △176,835,020
      ( 2)  掛金に占める当社の拠出割合
                                    ( 平成27年3月分)                 ( 平成28年3月分)
                                       0.0607   %              0.0560   %
      ( 3)  補足説明                   上記(1)の差引額の主な要因                  上記(1)の差引額の主な要因
                           は、年金財政計算上の過去の勤務債                  は、年金財政計算上の過去の勤務債
                           務残高247,567,203千円および年金財                  務残高229,190,073千円および年金財
                           政計算上の別途積立金82,834,612千                  政計算上の別途積立金52,355,052千
                           円であります。                  円であります。
                            本制度における過去勤務債務の償                  本制度における過去勤務債務の償
                           却方法は、期間19年0か月の元利均等                  却方法は、期間19年0か月の元利均等
                           定率償却であります。                  定率償却であります。
                                 75/97








                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度                   当事業年度
                             ( 平成28年3月31日現在)                   ( 平成29年3月31日現在)
      繰延税金資産
                                        千円                   千円
        賞与引当金繰入限度超過額                             20,807                   21,162
        役員退職慰労引当金                              7,767                   4,890
        退職給付引当金繰入限度超過額                             27,964                   31,054
        未払事業税                             11,333                    8,425
        未払事業所税                               575                   579
                                      3,624                   3,040
        その他
      繰延税金資産 小計
                                      72,072                   69,154
                                    △35,732                   △35,945
        評価性引当額
      繰延税金資産 合計                               36,340                   33,208
      繰延税金資産の純額                               36,340                   33,208
      繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
        流動資産―繰延税金資産                             36,340                   33,208
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

       なった主要な項目別の内訳
       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため

      注記を省略しております。
                                 76/97











                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
       前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        1.セグメント情報
           当社は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        2.関連情報

        (1)製品・サービスごとの情報
           当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
        (2)地域ごとの情報

         ①売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごと
         の営業収益の記載を省略しております。
         ②有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地
         域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
        (3)主要な顧客ごとの情報

                                                       ( 単位:千円)
             顧客の名称または氏名                               営業収益

                信金中央金庫                                         141,022

      なお、営業収益の金額は、運用受託報酬について表示しております。
       当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

        1.セグメント情報
           当社は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        2.関連情報

        (1)製品・サービスごとの情報
           当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
        (2)地域ごとの情報

         ①売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごと
         の営業収益の記載を省略しております。
         ②有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地
         域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
                                 77/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (3)主要な顧客ごとの情報

                                                       ( 単位:千円)
             顧客の名称または氏名                               営業収益

                信金中央金庫                                         146,598

      なお、営業収益の金額は、運用受託報酬について表示しております。
                                 78/97


















                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者情報)
        前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1.関連当事者との取引
        (1)  親会社および法人主要株主等
                                   関係内容
                   資本金        議決権等の所
           会社等             事業の
       種類        住所    または        有(被所有)割               取引内容     取引金額      科目    期末残高
                                  役員の    事業上の
           の名称              内容
                   出資金          合
                                  兼務等     関係
      親会社    信金中央     東京都     690,998    信用金庫    直接      兼任1   証券投資     運用受託       141,022    未収       2,558
          金庫     中央区      百万円   連合会事    (被所有)      人   信託受益     報酬        千円  運用受託        千円
                       業     100  %        証券の募               報酬
                                     集販売
                                          投資信託      1,678,370    未払      126,284
                                          の代行手        千円  手数料        千円
                                          数料
                                          事務所       49,958     ―     ―
                                          賃借料        千円
                                          出向者       144,099      ―     ―
                                          人件費        千円
        (2)  兄弟会社等

                                   関係内容
                   資本金        議決権等の所
           会社等             事業の
       種類        住所    または        有(被所有)割               取引内容     取引金額      科目    期末残高
                                  役員の    事業上の
           の名称              内容
                   出資金          合
                                  兼務等     関係
      親会社    しんきん     東京都      20,000   証券業       ―   なし    証券投資     投資信託       308,409    未払       73,117

      の子会    証券株式     中央区      百万円                 信託受益     の代行手        千円  手数料        千円
      社    会社                           証券の募     数料
                                     集販売
      (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件および取引条件の決定方針等
            信託約款に定める受益者の負担する信託報酬のうち、委託者報酬分の配分を両者協議のうえ合理的に決定してお
           ります。
            また、上記の他預金取引がありますが、取引条件が一般の取引と同等であることが明白な取引であるため記載し
           ておりません。
      2.親会社に関する注記

         親会社情報
         信金中央金庫(東京証券取引所に上場)
                                 79/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1.関連当事者との取引
        ( 1)親会社および法人主要株主等
                                   関係内容
                   資本金        議決権等の所
           会社等             事業の
       種類        住所    または        有(被所有)割               取引内容     取引金額      科目    期末残高
                                  役員の    事業上の
           の名称              内容
                   出資金          合
                                  兼務等     関係
      親会社    信金中央     東京都     690,998    信用金庫    直接      兼任1   証券投資     運用受託      146,598    未払       133,205
          金庫     中央区      百万円   連合会事    (被所有)      人   信託受益     報酬        千円  手数料        千円
                       業     100  %        証券の募
                                          投資信託      1,873,505
                                     集販売
                                          の代行手        千円
                                          数料
                                          事務所       49,958     ―     ―
                                          賃借料        千円
                                          出向者      150,768      ―     ―
                                          人件費        千円
        ( 2)兄弟会社等

                                   関係内容
                   資本金        議決権等の所
           会社等             事業の
       種類        住所    または        有(被所有)割               取引内容     取引金額      科目    期末残高
                                  役員の    事業上の
           の名称              内容
                   出資金          合
                                  兼務等     関係
      親会社    しんきん     東京都      20,000   証券業       ―   なし    証券投資     投資信託      389,128    未払       73,862

      の子会    証券株式     中央区      百万円                 信託受益     の代行手        千円  手数料        千円
      社    会社                           証券の募     数料
                                     集販売
      (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件および取引条件の決定方針等
            信託約款に定める受益者の負担する信託報酬のうち、委託者報酬分の配分を両者協議のうえ合理的に決定してお
           ります。
            また、上記の他預金取引がありますが、取引条件が一般の取引と同等であることが明白な取引であるため記載し
           ておりません。
      2.親会社に関する注記

         親会社情報
         信金中央金庫(東京証券取引所に上場)
                                 80/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1株当たり情報)
                                 前事業年度                 当事業年度
                              自 平成27年4月         1日        自 平成28年4月         1日
                              至 平成28年3月31日                 至 平成29年3月31日
      1株当たり純資産額                             674,857    円36銭             857,627    円65銭
      1株当たり当期純利益金額                             135,917    円66銭             182,770    円28銭
      ( 注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                              自 平成27年4月         1日        自 平成28年4月         1日
                              至 平成28年3月31日                 至 平成29年3月31日
      当期純利益金額                               543,670    千円             731,081    千円
      普通株主に帰属しない金額                                  ―千円                 ―千円
      普通株式に係る当期純利益金額                               543,670    千円             731,081    千円
                                       4,000   株              4,000   株
      期中平均株式数
      (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 81/97













                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2 中間財務諸表
      (1)中間貸借対照表

                             当中間会計期間末
                              平成29年9月30日
                 科       目
                                              金  額
                                             千円              千円
                (資産の部)

        流動資産
         現金・預金                                              3,893,485
         前払費用                                                24,986
         未収委託者報酬                                                461,811
         未収運用受託報酬                                                15,610
         未収収益                                                   39
                                                         30,791
         繰延税金資産
         その他の流動資産                                                  764

                 流動資産計                                      4,427,488
        固定資産
         有形固定資産             *1
                                                        100,694
          建物                                 76,614
          器具備品                                 24,079
         無形固定資産                                                53,583
          ソフトウェア                                 52,025
          電話加入権                                   959
          その他                                   598
         投資その他の資産                                                 2,952
          長期前払費用                                  2,952
                 固定資産計                                        157,230
                 資産合計                                      4,584,719
                                 82/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             当中間会計期間末

                             平成29年9月30日
                 科   目                             金 額
                                             千円              千円
                (負債の部)
        流動負債
         未払金                                                331,157
          未払手数料                                 279,483
          その他未払金                                 51,673
         未払法人税等                                                169,238
         未払消費税等 *2                                                24,574
         未払事業所税                                                  976
         前受収益                                                86,672
         賞与引当金                                                61,408
         その他の流動負債                                                 3,027
                 流動負債計                                        677,053
        固定負債
         退職給付引当金                                                99,017
         役員退職慰労引当金                                                 9,956
                 固定負債計                                        108,973
                 負債合計                                       786,027
               (純資産の部)
        株主資本                                                3,798,691
         資本金                                                200,000
         利益剰余金                                              3,598,691
          利益準備金                                  2,000
          その他利益剰余金                               3,596,691
           別途積立金                              3,080,000
           繰越利益剰余金                               516,691
                 純資産合計                                      3,798,691
               負債・純資産合計                                        4,584,719
                                 83/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)中間損益計算書
                             当中間会計期間
                            自 平成29年4月           1日
                            至 平成29年9月30日
                科    目                              金 額
                                            千円              千円
        営業収益
         委託者報酬                                              2,433,392
         運用受託報酬                                                89,074
                 営業収益計                                      2,522,467
        営業費用
         支払手数料                                              1,197,777
         広告宣伝費                                                10,581
         調査費                                                248,306
          調査研究費                                173,976
          委託調査費                                 74,329
         営業雑経費                                                39,866
          印刷費                                 36,263
          郵便料                                    84
          電信電話料                                  1,155
          協会費                                  2,362
                 営業費用計                                      1,496,531
        一般管理費
         給料                                                245,445
          役員報酬                                 20,999
          給料・手当                                181,467
          賞与                                   984
          法定福利費                                 37,240
          福利厚生費                                  2,122
          その他給料                                  2,630
         賞与引当金繰入                                                61,408
         退職給付費用                                                28,885
         役員退職慰労引当金繰入                                                 3,767
         交際費                                                 1,216
         旅費交通費                                                 3,959
         租税公課                                                11,916
         不動産賃借料                                                31,520
         固定資産減価償却費            *1
                                                         23,697
         諸経費                                                84,334
                一般管理費計                                        496,151
        営業利益                                                 529,783
        営業外収益
         受取利息                                                   63
         その他営業外収益                                                  300
                営業外収益計                                           363
                                 84/97

                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        営業外費用
         雑損失                                                  274
                営業外費用計                                           274
        経常利益                                                 529,873
                             当中間会計期間

                            自 平成29年4月           1日
                            至 平成29年9月30日
                科    目                              金 額

                                            千円              千円

        税引前中間純利益                                                 529,873
        法人税、住民税および事業税                                                 159,274

        法人税等調整額                                                  2,417
        中間純利益                                                 368,181

                                 85/97














                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)中間株主資本等変動計算書
       当中間会計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
                                                     (単位:千円)
                                   株主資本
                                  利益剰余金
                                                        純資産合計
                                その他利益剰余金                  株主資本
                                             利益
                    資本金
                          利益
                                                   合計
                                            剰余金
                                別途     繰越利益
                          準備金
                                             合計
                               積立金       剰余金
      当期首残高               200,000      2,000     2,350,000       878,510     3,230,510       3,430,510       3,430,510
      当中間期変動額
       新株の発行                 ―     ―       ―      ―      ―       ―       ―
       剰余金の配当                 ―     ―       ―      ―      ―       ―       ―
       別途積立金の積立                 ―     ―   730,000     △730,000          ―       ―       ―
       別途積立金の取崩                 ―     ―       ―      ―      ―       ―       ―
       中間純利益                 ―     ―       ―   368,181      368,181       368,181       368,181
       株主資本以外の項目の当
                        ―     ―       ―      ―      ―       ―       ―
       中間期変動額(純額)
      当中間期変動額合計                  ―     ―   730,000     △361,818       368,181       368,181       368,181
      当中間期末残高               200,000      2,000     3,080,000       516,691     3,598,691       3,798,691       3,798,691
                                 86/97













                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      重要な会計方針
                                        当中間会計期間
                                       自 平成29年4月           1日
              項  目
                                       至 平成29年9月30日
       1. 固定資産の減価償却の方法                    (1)  有形固定資産
                              定額法を採用しております。主な耐用年数は以下のと
                            おりです。
                               建  物  3年~50年
                               器具備品  3年~20年
                            (2)  無形固定資産

                              定額法を採用しております。
                              なお、自社利用のソフトウェアについては、社内にお
                            ける利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しておりま
                            す。
       2. 引当金の計上基準                    (1)  賞与引当金
                              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支
                            給見込額に基づき計上しております。
                            (2)  退職給付引当金

                              従業員の退職給付に備えるため、当中間会計期間末に
                            おける退職給付債務を計上しております。なお、退職給
                            付引当金の対象従業員が300名未満であるため、簡便法に
                            よっており、退職給付債務の金額は当中間会計期間末に
                            おける自己都合要支給額としております。
                            (3)  役員退職慰労引当金

                              当社常勤役員の退職慰労金の支給に充てるため、「常
                            勤役員退職慰労金規程」に基づく当中間会計期間末要支
                            給額を計上しております。
       3. その他中間財務諸表作成のため                    消費税等の会計処理
        の基本となる重要な事項                     消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式に
                            よっております。
                                 87/97









                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      注記事項
      (中間貸借対照表関係)
                                         当中間会計期間末
                項  目
                                         平成29年9月30日
      *1 有形固定資産の減価償却累計額                         建物                      60,617    千円

                               器具備品                      34,429    千円
      *2 消費税等の取扱い                          仮払消費税等および仮受消費税等は相殺のうえ、

                               「未払消費税等」として表示しております。
      (中間損益計算書関係)

                                          当中間会計期間
                                        自 平成29年4月          1日
                項  目
                                        至 平成29年9月30日
      *1 減価償却実施額                         有形固定資産                      6,588   千円

                               無形固定資産                      17,109    千円

      (中間株主資本等変動計算書関係)

       当中間会計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
      発行済株式に関する事項
         株式の種類           当事業年度期首              増加          減少       当中間会計期間末

        普通株式(千株)                     ▶          ―          ―            ▶

            計                 ▶          ―          ―            ▶

                                 88/97











                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品関係)
       当中間会計期間末          (平成29年9月30日)
       金融商品の時価等に関する事項
       平成29年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次の通りで
      あります。
                                                     (単位:千円)
                           中間貸借対照表計上額                    時価          差額
      (1)  現金・預金                            3,893,485           3,893,485             ―
      (2)  未収委託者報酬                             461,811           461,811            ―
      (3)  未収運用受託報酬                              15,610           15,610           ―
             資産計                       4,370,907           4,370,907             ―
      (4)  未払手数料                             279,483           279,483            ―
      (5)  その他未払金                              51,673           51,673           ―
      (6)  未払法人税等                             169,238           169,238            ―
      (7)  未払消費税等                              24,574           24,574           ―
      (8)  未払事業所税                                976           976         ―
             負債計                        525,945           525,945            ―
      (注)    金融商品の時価の算定方法
        (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未払手数料、(5)その他未払金、
        (6)未払法人税等、(7)未払消費税等、(8)未払事業所税
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
        ております。
                                 89/97











                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (セグメント情報等)
       当中間会計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
       1.セグメント情報
         当社は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       2.関連情報
       (1)製品・サービスごとの情報
            当社の製品・サービス区分の決定方法は、中間損益計算書の営業収益の区分と同一である
           ことから、製品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報
        ①売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超える
         ため、地域ごとの営業収益の記載を省略しております。
        ②有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超
         えるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報
                                                     (単位:千円)
                顧客の名称又は氏名                               営業収益

                  信金中央金庫                                        74,620

          なお、営業収益の金額は、運用受託報酬について表示しております。

                                 90/97












                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1株当たり情報)
                              当中間会計期間
                            自 平成29年4月          1日
                            至 平成29年9月30日
            1株当たり純資産額                             949,672    円97銭

            1株当たり中間純利益                              92,045    円32銭

           潜在株式調整後1株当たり中間純利益については、潜在株式が存在しないため記載

          しておりません。
              ( 注)算定上の基礎

            1株当たり中間純利益
            中間純利益                              368,181    千円

            普通株主に帰属しない金額                                  ― 千円

            普通株式に係る中間純利益                              368,181    千円

            期中平均株式数                                 4,000   株

      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 91/97











                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】

       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行
       為が禁止されています。
      (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと

         (投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
         れがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
      (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、もし
         くは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令
         で定めるものを除きます。)。
      (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法
         人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密
         接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)
         において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他
         の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する
         者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバティブ取引を行うこ
         と。
      (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、
         運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      (5)上記(1)から(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であっ
         て、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるお
         それのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

      (1)定款の変更
          定款の変更に関しては、株主総会において株主の決議が必要です。
      (2)訴訟事件その他の重要事項
          委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありませ
         ん。
                                 92/97







                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】
     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      1-(1) 名称
            信金中央金庫(指定登録金融機関)(販売会社)
        (2) 資本の額(出資の総額) 690,998百万円(平成29年3月末現在)
        (3) 事業の内容
            全国の信用金庫の中央金融機関として、信用金庫の余裕資金の効率運用と信用金庫間の資金の
           需給調整、信用金庫業界の信用力の維持向上および業務機能の補完を図っています。
      2-(1) 名称
            三菱UFJ信託銀行株式会社(受託会社)
        (2) 資本の額 324,279百万円(平成29年3月末現在)
        (3) 事業の内容
            銀行業および信託業務を営んでいます。
      <再信託受託会社の概要>

        ・名称
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社
        ・資本の額 10,000百万円(平成29年3月末現在)
        ・事業の内容
          銀行業および信託業務を営んでいます。
     2【関係業務の概要】

      (1) 信金中央金庫(販売会社)
           委託会社の指定する登録金融機関として、当該受益権の募集の取扱い、償還金等の支払を行いま
         す。
      (2) 三菱UFJ信託銀行株式会社(受託会社)
           投資信託財産の保管・管理業務を行い、分配金、解約金および償還金の委託会社への交付等を行
         います。
     3【資本関係】

       信金中央金庫は、委託会社の発行済株式総数4,000株を全て保有します。
                                 93/97






                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【その他】

     1 目論見書の表紙および裏表紙の記載等について
      (1)使用開始日を記載します。
      (2)当ファンドのロゴ・マークを記載することがあります。
      (3)ファンドの形態等を記載することがあります。
      (4)「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。
      (5)販売会社の名称、ロゴマークを記載することがあります。
      (6)委託会社の名称、ロゴマーク、問い合わせ先、預り資産を記載することがあります。
      (7)受託会社の名称を記載することがあります。
      (8)目論見書の表紙に図案を採用することがあります。
      (9)請求目論見書は委託会社のホームページで閲覧、ダウンロードできる旨、また約款は請求目論見書
          に添付されている旨を記載することがあります。(交付目論見書の場合)
      (10)金融商品取引法に定める目論見書である旨を記載することがあります。
      (11)金融商品取引法の規定に基づき、投資者の請求により交付される目論見書(請求目論見書)である
          旨を記載することがあります。(請求目論見書の場合)
      (12)当ファンドの手続・手数料等の概要を記載することがあります。
     2 目論見書の表紙裏の記載について

       次の事項を記載することがあります。
      (1)当ファンドに関して、委託会社が有価証券届出書を監督官庁に提出している旨。
      (2)当ファンドの商品内容に関して重大な変更を行う場合には、法令に基づき事前に受益者の意向を確
          認する手続きを行う旨。
      (3)当ファンドの信託財産は、受託会社により分別管理されている旨。
      (4)請求目論見書は、販売会社に対して投資者の請求があった場合に交付される旨。また、販売会社に
          請求目論見書を請求した場合は、当該請求を行った旨を投資者が記録しておくべきである旨。(交
          付目論見書の場合)
      (5)当ファンドの購入にあたっては、交付目論見書を十分に読むべきである旨。
      (6)当ファンドの商品分類及び属性区分、また、これらの詳細な情報を一般社団法人投資信託協会の
          ホームページで確認できる旨。
      (7)委託会社の概況
      (8)当ファンドについて略称を用いることがある旨。
     3 本有価証券届出書の本文「第一部 証券情報」および「第二部 ファンド情報」の記載内容について、

      当該内容を説明した図表等を付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記載することがあります。
     4 請求目論見書に投資信託約款の全文を記載します。

     5 目論見書は電子媒体等により作成されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。

                                 94/97



                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書

                                                  平成29年6月9日

     しんきんアセットマネジメント投信株式会社

      取 締 役 会 御中

                           新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                       公認会計士        南波 秀哉  印
                           業  務  執  行  社  員
                           指定有限責任社員

                                       公認会計士        岩崎 裕男  印
                           業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社

     等の経理状況」に掲げられているしんきんアセットマネジメント投信株式会社の平成28年4月1日から
     平成29年3月31日までの第27期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資
     本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作
     成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し
     適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な
     保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査
     手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づ
     いて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのもので
     はないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、
     財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方
     針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検
     討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠
     して、しんきんアセットマネジメント投信株式会社の平成29年3月31日現在の財政状態及び同日を
     もって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                          以 上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途

           保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 95/97


                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独  立  監  査  人  の  監  査  報  告  書

                                                 平成30年4月25日

     しんきんアセットマネジメント投信株式会社
       取 締 役 会 御 中
                          PwCあらた有限責任監査法人

                          指定有限責任社員
                                              大畑 茂  印
                                     公認会計士
                          業  務  執  行  社  員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファ

     ンドの経理状況」に掲げられているしんきん公共債ファンドの平成29年9月7日から平成30年3月
     6日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附
     属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
     監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基
     準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどう
     かについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求
     めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリス
     クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見
     表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な
     監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、
     監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評
     価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

       当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、しんきん公共債ファンドの平成30年3月6日現在の信託財産の状態及び同日をもって
     終了する計算期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

       しんきんアセットマネジメント投信株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間
     には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社

            が別途保管しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 96/97



                                                           EDINET提出書類
                                            しんきんアセットマネジメント投信株式会社(E12422)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の中間監査報告書
                                                   平成29年12月19日

     しんきんアセットマネジメント投信株式会社
      取 締 役 会 御中
                          新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員
                                      公認会計士 南波 秀哉  印
                           業  務  執  行  社  員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士 小松﨑 謙  印
                           業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会

     社等の経理状況」に掲げられているしんきんアセットマネジメント投信株式会社の平成29年4月1日
     から平成30年3月31日までの第28期事業年度の中間会計期間(平成29年4月1日から平成29
     年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本
     等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
     間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
     運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対
     する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査
     の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中
     間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの
     合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施すること
     を求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比
     べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断によ
     り、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中
     心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制
     の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状
     況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する
     内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者
     によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
     る。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
     作成基準に準拠して、しんきんアセットマネジメント投信株式会社の平成29年9月30日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)の
     経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以 上
     (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が

           別途保管しております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                 97/97


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。