株式会社エスエルディー 四半期報告書 第15期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社エスエルディー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年2月14日
      【四半期会計期間】                    第15期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)
      【会社名】                    株式会社エスエルディー
      【英訳名】                    SLD  Entertainment       Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長CEO  伴 直樹
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区神南一丁目20番2号
      【電話番号】                    03-6277-5031
      【事務連絡者氏名】                    IR室室長  石渡 麻美
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区神南一丁目20番2号
      【電話番号】                    03-6277-5031
      【事務連絡者氏名】                    IR室室長  石渡 麻美
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次                                       第14期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                           自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日

              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日           至平成29年3月31日
                      (千円)           4,213,404           3,911,547           5,505,519
     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 35,155          △ 82,810          △ 41,798
     四半期(当期)純損失(△)                (千円)           △ 163,128          △ 367,916          △ 171,052

                      (千円)              -           -           -

     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            272,162           272,162           272,162
     資本金
                      (株)          1,307,280           1,307,280           1,307,280
     発行済株式総数
                      (千円)            747,047           344,701           739,124
     純資産額
                      (千円)           2,165,688           1,644,048           2,066,165
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)           △ 125.04          △ 281.45          △ 131.05
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (円)              -           -          20.00
     1株当たり配当額
                      (%)             34.4           20.9           35.7
     自己資本比率
                               第14期           第15期

               回次
                           第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                           自平成28年10月1日           自平成29年10月1日

              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                      (円)
                                 △ 104.78           △ 15.02
     (△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
         4.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四
           半期(当期)純損失金額であるため記載しておりま                        せん。
      2【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容に変更はありません。主要な関係会社につきましては、株
       式会社DDホールディングスによる当社の普通株式に対する公開買付けにより、同社は、平成29年12月20日付で、そ
       の他の関係会社となっております。
                                  2/17





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて、重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期会計期間において、新たに締結した重要な契約は次のとおりであります。
       (資本業務提携契約)

        当社は、平成29年11月14日開催の取締役会において、株式会社DDホールディングス(以下「DDホールディング
       ス」といいます。)による当社の普通株式(以下「当社株式」といいます。)に対する公開買付け(以下「本公開買
       付け」といいます。)について、賛同する旨の意見を表明するとともに、本公開買付価格(本公開買付けにおける当
       社株式1株当たりの買付け等の価格)の妥当性についての意見を留保し、本公開買付けに応募されるか否かについて
       は当社の株主の皆様のご判断に委ねること、また、DDホールディングスとの間で資本業務提携契約(以下「本資本
       業務提携契約」といいます。)を締結することを決議いたしました。
        なお、本公開買付けにより、平成29年12月20日付で、DDホールディングスは、当社の主要株主である筆頭株主及
       びその他の関係会社になりました。また、当社株式は、株式会社東京証券取引所JASDAQスタンダード市場に上
       場されておりますが、本公開買付けは、当社をDDホールディングスの持分法適用関連会社化することを目的として
       実施されるものであり、当社株式の上場は維持される方針です。
       1.資本業務提携先の概要

     (1)   名称            株式会社DDホールディングス
     (2)   所在地            東京都港区芝四丁目1番23号三田NNビル18階

     (3)   代表者の役職・氏名            代表取締役社長 松村 厚久

     (4)   事業内容            グループ経営管理事業、飲食事業及びアミューズメント事業

     (5)   資本金            685,724千円(平成29年8月31日現在)

     (6)   設立年月日            平成8年3月1日

       2.本資本業務提携について

       (1)   本資本業務提携契約締結の理由
        当社をDDホールディングスの持分法適用関連会社とすることで、両社間で強固なパートナー関係を構築すること
       は、両社が認識するそれぞれの経営課題に対処する観点からも望ましく、かつ、両社の有する独自の強みを共有する
       ことで両社の企業価値の拡大に資すると判断したことから、本資本業務提携契約を締結することと致しました。
       (2)資本業務提携の内容

        (i)目的
         本公開買付けにより、DDホールディングスが当社を持分法適用関連会社とし、両社が事業上の連携等を行う
        ことで、両社の事業上のシナジーを実現させ、両社の企業価値及び株主価値の最大化を図る。なお、当社及びD
        Dホールディングスは、DDホールディングスが、将来的には当社を連結子会社化することも検討していること
        について相互に確認するものとする。
        (ii)資本提携の内容

         本公開買付けにより、平成29年12月20日付で、DDホールディングスは、576,000株(議決権の数:5,760個。
        当該議決権の数の、平成29年9月30日現在の総株主の議決権の数(13,069個)に対する割合:44.07%)を取得し
        た。
                                  3/17




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
        (iii)業務提携の内容
         当社及びDDホールディングスは、飲食業界及びコンテンツ企画サービスの提供に関する事業において、さら
        なる競争力強化を図るために、両社の取引顧客やサービスの基盤拡大、ビジネスノウハウやリソースの共有に向
        けた、以下の業務提携を実施する。
         ① 当社及びDDホールディングスは、シナジー効果を上げるためのプロジェクトチームを組成し、物流、購
          買、販促、人材採用、店舗開発をはじめとする各部門において具体的なシナジー効果を検討し、早期実現に
          向けて取り組む。
         ②当社及びDDホールディングスは、国内飲食事業及び国内コンテンツ企画サービスの提供に関する事業にお
          いては、人材交流、物件情報共有などにより店舗営業体制及び事業推進体制強化を図るとともに、当社及び
          DDホールディングスの不振店舗に関する情報等を相互共有の上、相互が持つ業態への業態変更も検討し、
          監査法人の確認を得た上で合理的な範囲で減損損失計上を抑制縮小化する。
         ③当社及びDDホールディングスは、両社が有する本社組織の独立性を尊重しつつ、本社組織の効率的かつ一
          体的な運用体制構築による本社コスト削減を図るため、一方のみが保有する本社機能のリソース共有化や両
          社にて重複するバックオフィス機能の共通化に向けた取り組みを早期に検討・実施していく。
         ④DDホールディングスは、本資本業務提携契約に定める資本業務提携の目的を達成するため、同社が適当と
          認める方法で当社に指導及び経営指導を行う。
         ⑤当社は、DDホールディングスグループにおいて運用している「DDマイル」、「予約コールセンター」及
          び「24時間オンライン予約システム」に参加するものとし、当社及びDDホールディングスは、当社及びD
          Dホールディングスのお客様回遊性向上を早期に図る。
        (iv)独立性の尊重等

         当社及びDDホールディングスは、合理的な理由がある場合を除き、当社による上場会社としての自主的で機
        動的な経営を尊重することを相互に確認する。また、DDホールディングスは、当社の少数株主の利益に配慮
        し、当社に対して、その少数株主に不合理な不利益が生じることとなる一切の取引を行うことを強制しないもの
        とする。
        (v)取締役の派遣

         DDホールディングスは、当社の取締役の総数の過半数となる最小限の人数を指名する権利及びその選任時期
        を指定する権利を有する。なお、かかる取締役の指名権は、本公開買付けに係る決済の完了後最初に、DDホー
        ルディングスの有する当社株式に係る議決権の数を、当社の総株主の議決権の数で除して得た割合(以下「DD
        H議決権比率」という。)が40%を下回った時に効力を失う(但し、事前に両当事者が書面により異なる合意を
        していた場合は、この限りではない。)。また、DDH議決権比率が40%を下回った場合でも、DDホールディ
        ングスが20%以上のDDH議決権比率を有する場合には、DDホールディングスは、2名の取締役について、取
        締役を指名する権利及びその選任時期を指定する権利を有するものとする。
        (vi)DDホールディングスによる当社株式の譲渡

         DDホールディングスは、DDH議決権比率が46.51%に至るまでの範囲で当社株式を取得する場合には、取得
        方法、取得先及び取得に関するその他の事項について当社に書面にて通知するものとする。DDホールディング
        スは、DDH議決権比率46.51%を超えて当社株式を取得する場合には、当該取得の可否について当社と誠実に協
        議の上、当社の書面による事前承認を得るものとする。DDホールディングスは、DDH議決権比率40%以上を
        維持する範囲でその保有する当社株式の処分を行う場合には、その処分方法、処分先及び処分に関するその他の
        事項について当社に書面にて通知するものとする。DDホールディングスがその保有する当社株式の処分を行う
        ことによってDDH議決権比率が40%を下回る場合には、当該処分の可否について当社と誠実に協議の上、当社
        の書面による事前承認を得るものとする                   。
                                  4/17






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、雇用環境の改善、各種政策の効果があるなか、個人消費も持ち直
        しを見せており、景気は緩やかな回復基調が続きました。その一方で、米国の政策動向に伴う影響や北朝鮮問題等
        の地政学的リスクの高まり等による海外経済の不確実性は拭えず、先行き不透明な状況で推移いたしました。
         当社の属する外食産業におきましては、人件費の上昇や食材価格の高騰、また同業他社との競争激化等を背景
        に、厳しい経営環境が続いております。
         このような状況下において当社は、「To                   Entertain     People~より多くの人々を楽しませるために~」という企
        業理念のもと、業績向上に向けた施策に取り組んでまいりました。
         平成29年10月からの新組織体制及び事業運営方針の下、店舗におけるQSCAの向上を目的に「現場力」の再定義を
        行いました。この刷新した「現場力」を支えるシンプルかつフラットな組織を構築するため、KPIの再設定、会議
        体や業務フローの抜本的な見直し、企画機能とオペレーション機能との整理を進めております。
         飲食サービスにつきましては、第2四半期に引き続き既存店舗の業況改善を図ることを優先し、1店舗の退店を
        実施したことにより、当第3四半期会計期間末における総店舗数は、前年同期末比で3店舗純減の64店舗となりま
        した。
         先述のとおり、全社的な取り組みとして、主に本社機能及び営業管理機能の業務改善(BPR)を進めていること
        に加えて、新たな集客施策として、店舗におけるアニメキャラクターコンテンツとのコラボレーションイベントを
        積極的に実施いたしました。
         また、SNSを活用したデジタルマーケティングに取り組み始めており、データ分析に基づいた集客施策の効果検
        証の可視化も進めてまいりました。これに伴って既存の集客媒体の見直しを行った結果、店舗に係る広告宣伝費の
        削減及び効率化についても一定の効果が出ております。
         しかしながら、これら各改善施策による主要な効果の取り込みが今後期待される中で、既存店舗の業況改善には
        一定時間を要することに加えて、閉鎖店舗に係る減収により飲食サービス事業は引き続き厳しい状況となりまし
        た。
         コンテンツ企画サービスにおきましては、株式会社カプコンのキャラクターカフェ「カプコンカフェ」(埼玉県
        越谷市イオンレイクタウン)、株式会社ユーグレナの「euglena                              GARDEN(ユーグレナガーデン)」(沖縄県石垣
        市)、JA全農の「みのりカフェ」(福岡県福岡市、愛知県名古屋市)及び「グリルみのる」(愛知県名古屋市)等
        の運営を上半期に引き続き実施いたしました。加えて、Christmas                               Market    in  横浜赤レンガ倉庫」へ初出店したほ
        か、株式会社プリンスホテル主催の「TOKYO                     MUSIC   CRUISE」をはじめ、音楽イベントの企画・制作等を受託したこ
        とにより、コンテンツ企画サービス事業は好調に推移いたしました。
         損益面では、先述のBPR効果が本社費や間接コストの一部において顕在化してきており、販管費は前年同期実績
        を下回る結果となりました。
         また、当第3四半期会計期間における特殊要因として、平成29年11月に発表した株式会社DDホールディングス
        による当社の普通株式に対する公開買付け及び同社との資本業務提携契約締結に係る一連の手続き費用12百万円を
        営業外費用に計上いたしました。さらに、一部の店舗につき、出店商業施設のリニューアルに伴う店舗運営条件の
        見直し等を踏まえて、固定資産の減損処理に係る特別損失11百万円を新たに計上いたしました。
         以上の結果、      当第3   四半期累計期間の業績は、売上高3,911百万円(前年同期比7.2%減)、営業損失80百万円
        (前年同期は営業損失43百万円)、経常損失82百万円(前年同期は経常損失35百万円)、四半期純損失367百万円
        (前年同期は四半期純損失163百万円)となりました。
       (2)財政状態の分析

        (資産)
         当第3四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末と比較して422百万円減少し、1,644百万円となりまし
        た。
         流動資産は、前事業年度末と比較して133百万円減少し、643百万円となりました。これは主に、現金及び預金
        139百万円の減少、売掛金47百万円の増加等によるものであります。
         固定資産は、前事業年度末と比較して288百万円減少し、1,000百万円となりました。これは主に、固定資産の減
        損等に伴う有形固定資産242百万円の減少等によるものであります。
        (負債)

         当第3四半期会計期間末の負債合計は、前事業年度末と比較して27百万円減少し、1,299百万円となりました。
         流動負債は、前事業年度末と比較して26百万円減少し、713百万円となりました。これは主に、未払消費税等36
        百万円の減少、1年内返済予定の長期借入金10百万円の減少等によるものであります。
                                  5/17


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
         固定負債は、前事業年度末と比較して1百万円減少し、585百万円となりました。これは主に、長期借入金78百
        万円の減少、長期未払金76百万円の増加等によるものであります。
        (純資産)

         当第3四半期会計期間末の純資産合計は、前事業年度末と比較して394百万円減少し、344百万円となりました。
        これは主に、四半期純損失の計上367百万円及び剰余金の配当26百万円に伴う利益剰余金394百万円の減少によるも
        のであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  6/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                   2,000,000
        普通株式
                                                   2,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成30年2月14日)
               (平成29年12月31日)                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                         東京証券取引所
                                                   の無い当社において
                                         JASDAQ
                     1,307,280            1,307,280
     普通株式                                             標準となる株式であ
                                         (スタンダード)          り、単元株式数は
                                                   100株であります。
                     1,307,280            1,307,280           -           -
         計
     (注)「提出日現在発行数」欄は、平成30年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総                             資本準備金増
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                  数増減数                             減額
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     平成29年10月1日~
                       -    1,307,280           -     272,162          -     256,162
      平成29年12月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/17







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

     完全議決権株式(その他)                  普通株式         1,307,000              13,070          -

                        普通株式                  280        -            -

     単元未満株式
                              1,307,280           -            -
     発行済株式総数
                             -               13,070          -
     総株主の議決権
      (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式45株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                                                    対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
           -            -         -        -        -        -

                      -         -        -        -        -

           計
      (注)平成29年12月31日現在の               自己株式数は45株となっております。
      2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      役職の異動
        新役名          新職名          旧役名         旧職名         氏名        異動年月日
       代表取締役           会長        代表取締役           社長        青野 玄       平成29年10月1日

                 社長   CEO

       代表取締役                   代表取締役          副社長        伴 直樹       平成29年10月1日
              事業統括本部本部長
        取締役                   取締役       経営企画部部長          中村 仁       平成29年10月1日
                  CIO
               人事総務部部長
        取締役                   取締役       人事総務部部長          棟方 千草        平成29年10月1日
                  CHO
                                  8/17







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成29年10月1日から平成29
       年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、    有限責任監査法人トーマツ            による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  9/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        406,668              267,602
         現金及び預金
                                        193,852              241,085
         売掛金
                                         32,720              39,357
         原材料及び貯蔵品
                                         8,483                -
         未収還付法人税等
                                        135,526               96,032
         その他
                                           -             △ 147
         貸倒引当金
                                        777,251              643,931
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,064,203               884,894
          建物
                                       △ 435,467             △ 472,211
            減価償却累計額
            建物(純額)                             628,735              412,682
          機械及び装置                               9,000              9,000
                                        △ 3,952             △ 5,035
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                              5,047              3,964
          工具、器具及び備品                              276,340              262,354
                                       △ 214,878             △ 226,045
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             61,462              36,309
                                        695,245              452,956
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                 1,581              1,164
         投資その他の資産
                                        543,457              539,497
          敷金及び保証金
                                         48,208               6,421
          その他
                                        591,666              545,919
          投資その他の資産合計
                                       1,288,493              1,000,040
         固定資産合計
                                           420               76
       繰延資産
                                       2,066,165              1,644,048
       資産合計
                                 10/17










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        124,632              136,535
         買掛金
                                        229,497              219,400
         1年内返済予定の長期借入金
                                         18,000               9,000
         1年内償還予定の社債
                                           -            16,219
         未払法人税等
                                         11,928               1,389
         資産除去債務
                                         7,616                -
         店舗閉鎖損失引当金
                                        348,817              331,411
         その他
                                        740,491              713,955
         流動負債合計
       固定負債
                                        440,829              362,768
         長期借入金
                                        145,720              141,527
         資産除去債務
                                           -            81,094
         その他
                                        586,549              585,390
         固定負債合計
                                       1,327,040              1,299,346
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        272,162              272,162
         資本金
                                        256,162              256,162
         資本剰余金
                                        209,347             △ 184,713
         利益剰余金
                                          △ 91             △ 91
         自己株式
                                        737,579              343,518
         株主資本合計
                                         1,545              1,182
       新株予約権
                                        739,124              344,701
       純資産合計
                                       2,066,165              1,644,048
      負債純資産合計
                                 11/17











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                 前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                       4,213,404              3,911,547
      売上高
                                       3,764,377              3,529,991
      売上原価
                                        449,027              381,556
      売上総利益
                                        492,651              462,131
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 43,624             △ 80,574
      営業外収益
                                            6              ▶
       受取利息
                                           294             14,270
       受取保険金
                                         12,499               3,928
       協賛金収入
                                         4,936              11,264
       その他
                                         17,736              29,468
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,540              5,715
       支払利息
                                           -            12,560
       支払手数料
       支払補償費                                    -            10,344
                                         2,505              2,241
       リース解約損
                                         1,221               842
       その他
                                         9,267              31,703
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 35,155             △ 82,810
      特別損失
                                         94,211              227,009
       減損損失
                                           98              -
       その他
                                         94,309              227,009
       特別損失合計
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 129,465             △ 309,819
                                         6,462              5,117
      法人税、住民税及び事業税
                                         27,200              52,979
      法人税等調整額
                                         33,662              58,096
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 163,128             △ 367,916
                                 12/17










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
          当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計
         期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                  当第3四半期累計期間
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成28年12月31日)               至   平成29年12月31日)
         減価償却費                            94,920千円                  68,800千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
          配当金支払額
                               1株当た
                         配当金
                    株式の           り配当
            (決議)              の総額             基準日        効力発生日        配当の原資
                    種類            額
                         (千円)
                               (円)
          平成28年5月30日

                                    平成28年3月31日         平成28年6月30日
                   普通株式      26,044      20                      利益剰余金
            取締役会
         Ⅱ 当第3四半期累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

          配当金支払額
                               1株当た
                         配当金
                    株式の           り配当
            (決議)              の総額             基準日        効力発生日        配当の原資
                    種類            額
                         (千円)
                               (円)
          平成29年5月30日

                                    平成29年3月31日         平成29年6月30日
                   普通株式      26,144      20                      利益剰余金
            取締役会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社は、店舗の運営等を通したカルチャーコンテンツの提供を行う事業の単一セグメントであるため、記載
          を省略しております。
                                 13/17








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間                当第3四半期累計期間
                               (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)                至 平成29年12月31日)
         1株当たり四半期純損失金額(△)

                                     △125円04銭                △281円45銭
          (算定上の基礎)
           四半期純損失金額(△)(千円)                            △163,128                △367,916

           普通株主に帰属しない金額(千円)                                -                -

           普通株式に係る四半期純損失金額

                                      △163,128                △367,916
          (△)(千円)
           普通株式の期中平均株式数(株)                            1,304,599                1,307,235

         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整                                 -                -
         後1株当たり四半期純利益金額の算定に含
         めなかった潜在株式で、前事業年度末から
         重要な変動があったものの概要
        (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの                                          1株当たり四半期純損
           失金額であるため、記載しておりません。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 14/17












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
         該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社エスエルディー(E31291)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年2月14日

     株式会社 エスエルディー

      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               篠原  孝広  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               杉原 伸太朗  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エスエ

     ルディーの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第15期事業年度の第3四半期会計期間(平成29年10月1日から
     平成29年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期財務諸
     表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エスエルディーの平成29年12月31日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められ
     なかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。