株式会社エム・エイチ・グループ 四半期報告書 第29期第2四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第29期第2四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社エム・エイチ・グループ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年2月13日

     【四半期会計期間】               第29期第2四半期(自            平成29年10月1日          至   平成29年12月31日)

     【会社名】               株式会社エム・エイチ・グループ

     【英訳名】               M・H・GROUP          LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役兼執行役員社長  朱 峰 玲 子

     【本店の所在の場所】               東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目11番1号

     【電話番号】               03(5411)7222

     【事務連絡者氏名】               取締役兼執行役員管理本部長  家 島 広 行

     【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目11番1号

     【電話番号】               03(5411)7222

     【事務連絡者氏名】               取締役兼執行役員管理本部長  家 島 広 行

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第28期           第29期

              回次              第2四半期           第2四半期            第28期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成28年7月1日         自   平成29年7月1日         自   平成28年7月1日
             会計期間
                          至   平成28年12月31日         至   平成29年12月31日         至   平成29年6月30日
                                945,128          1,081,969           1,862,249
     売上高                (千円)
                                △ 9,937          19,503          △ 67,472

     経常利益又は経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純
                                △ 24,551           11,836         △ 127,431
     利益又は親会社株主に帰属する                (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
                                △ 24,099           11,890         △ 126,959
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                                689,182           598,212           586,322

     純資産額                (千円)
                               1,603,866           1,602,613           1,363,565

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純利益金額又
                                 △ 2.17           1.04         △ 11.25
     は1株当たり四半期(当期)純損                 (円)
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                  43.0           37.3           43.0
     自己資本比率                 (%)
     営業活動によるキャッシュ・
                                 34,698           47,329          △ 24,317
                      (千円)
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                                 3,564         △ 10,215          △ 44,616
                      (千円)
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                                △ 84,042          △ 7,000         △ 36,749
                      (千円)
     フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                278,352           248,481           218,311
                      (千円)
     (期末)残高
                             第28期           第29期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成28年10月1日         自   平成29年10月1日
             会計期間
                          至   平成28年12月31日         至   平成29年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額
                                 △ 1.68           1.91
                      (円)
     又は四半期純損失金額(△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に
      ついて、重要な変更はありません。
       また、当第2四半期連結会計期間において、当社の筆頭株主であった剣豪1号投資事業有限責任組合が解散し、当
      該組合財産である当社株式が組合員に分配され各組合員の固有財産となりました。これに伴い、当該組合の業務執行
      組合員であった剣豪集団株式会社が親会社に該当しなくなり、新たに潤首有限公司及び剣豪集団株式会社がその他の
      関係会社に該当することとなりました。
                                  2/20



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び当社の関連会社)
      が判断したものであります。
      (1)  業績の状況

        当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用情勢や所得環境、企業収益に改善傾向が見られ、緩やか
       な回復基調にあるものの、米国や欧州の政治情勢の不安定さや地政学的な不安の高まりなど、不確実性が増してお
       り、依然として先行き不透明な状況が続いております。
        当社グループが属する美容業界におきましても、先行きの不安感などに起因する顧客の節約志向は少なからず影
       響を及ぼしており、それは来店周期の長期化、低価格サロンの増加による店舗間競争の激化等を招いております。
       また、美容業界はオーバーストア状態にあるなかで美容専門学校生は減少傾向にあり人材確保が業界全体の課題で
       あり、経営環境は厳しい状況にあります。しかしながら一方では、男性顧客の美容室の利用率の増加、アジアをは
       じめとする海外での日本の美容サービス・商品に対するニーズは高まっております。そして近年髪に悩みを抱える
       顧客は増加傾向にあり、その期待に応えることができる信頼と専門性を備えたサロンの需要は増加することが見込
       まれます。
        このような状況のもと、当社グループは、安易な安売り競争に走ることなく、従来通り教育により高い技術を有
       するスタッフを育成し、質の高いサービスを提供し続けることに重点を置いております。選別消費の傾向が強まる
       なか、当社がターゲットとする顧客層においては、ヘアケアサービス、ホームケア製品やヘアデザインの再現性を
       高めるスタイリング製品の購入件数増加など顧客単価は着実に上昇しております。しかし今後収益性を高める上で
       は、リピート回数を増やし顧客として定着する割合を向上させなければなりません。こちらは、従前よりSPC
       (サービス・プロフィット・チェーン)のフレームワークに基づき、従業員満足度と顧客満足度を同時に高めるこ
       とにより店舗の収益力を更に向上させるプログラムに取り組んでおり、今後もこれを継続してまいります。そして
       近年当社グループの新たな取り組みであるメンズ専門ヘアサロンは、既存のモッズ・ヘアサロンに比べ顧客単価は
       低いものの新たな顧客層の獲得につながっております。このメンズ専門ヘアサロンは直営サロン・BSサロンを問
       わず需要が高まることが見込まれます。また、業界全体においては美容師の人材不足により大型サロンを維持でき
       ず閉店するサロンや後継者不在のため閉店するサロンが増加しております。これは当社のBSサロンにおいても例
       外ではありません。当社グループのBSサロン運営事業においては、既存BSサロンの健全経営をサポートすると
       ともに、業界を取り巻く環境を見極め戦略的な新規出店を実現することが重要な課題であります。また、前連結会
       計年度よりモッズ・ヘアサロン運営事業の再建に注力しており、直営サロン運営事業においてはその効果が表れて
       おります。他方、当期より既存コンテンツ強化策の一つとしてWEB通販の販路拡大を図っており、売上高は積み上
       がっておりますが、収益面においては広告宣伝費等の先行コストの回収途上の段階であります。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高1,081,969千円(前年同期比14.5%増)、営業利益
       19,467千円(前年同期比423.5%増)、経常利益19,503千円(前年同期は、経常損失9,937千円)、親会社株主に帰
       属する四半期純利益11,836千円(前年同期は、親会社株主に帰属する四半期純損失24,551千円)となりました。
                                  3/20




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
        セグメント別の状況については以下のとおりであります。
        (直営サロン運営事業)
         日本全国に展開するBSサロン(フランチャイズサロン)のフラッグシップサロンとして、首都圏主要地域を
        中心に直営サロン15店舗(モッズ・ヘアサロン14店舗、その他1店舗)を展開しております。当第2四半期連結
        累計期間におきましては、平成29年8月にモッズ・ヘア自由が丘店を閉店いたしました。
         当第2四半期連結累計期間におきましては、前期より取り組んでいるモッズ・ヘアサロン運営事業の再建策が
        売上高の伸び、収益性の改善に表れるとともに、不採算店舗であったモッズ・ヘア自由が丘店を閉店した結果、
        前年同期に比べ増収増益となりました。
         直営サロン運営事業の当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高601,178千円(前年同期比8.7%増)、セグ
        メント利益7,106千円(前年同期はセグメント損失19,306千円)となりました。
        (BSサロン運営事業)
         「モッズ・ヘア」では、本部、加盟店という従来のフランチャイズ関係ではなく、共に一つのブランドをシェ
        アするという意味で、ブランドシェアサロン、BSサロンと呼んでおります。当第2四半期連結累計期間におい
        て国内では閉店1店舗、海外におきましては、韓国ではオープン1店舗、閉店2店舗、中国では4店舗をオープ
        ンいたしました。その結果、当第2四半期連結会計期間末日現在におきまして、国内51店舗、韓国22店舗、台湾
        3店舗及び中国22店舗の計98店舗となっております。
         当第2四半期連結会計期間より新体制のもと国内BSサロンの減少に歯止めをかけるべく既存店のフォローと
        新規開拓に注力しております。また、当期より既存コンテンツ強化策の一つとしてWEB通販における販路の拡大を
        図っております。現時点においては売上高を積み上げておりますが、広告宣伝費等の先行コストの回収途上の段
        階で収益化には至っておりません。
         BSサロン運営事業の当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高307,711千円(前年同期比28.1%増)、セグ
        メント利益90,942千円(前年同期比13.8%減)となりました。
        (ヘアメイク事業)
         当社は、「モッズ・ヘア」の原点であるフランス・パリのスタジオワーク専門のヘアメイクチームのプロ
        フェッショナル精神を引き継いだ「モッズ・ヘア」ヘアメイクチームを有しております。
         当社のヘアメイクチームは、ヘアメイクアーティストのエージェンシーとして「パリコレクション」や「東京
        コレクション」などへの参加や、CM・ファッション雑誌など年間2,000件を超える媒体を手掛けるなど、国内及
        び海外で高い評価を得ております。
         ヘアメイク事業におきましては、スタジオ部門は好調に、ブライダル部門は堅調に推移した一方、メディア部
        門における季節変動あるいは一時的な外的要因による減収を補うには至らず、当第2四半期連結累計期間の業績
        は、売上高192,113千円(前年同期比6.2%増)、セグメント利益14,339千円(前年同期比11.7%減)となりまし
        た。
        (美容室支援事業)
         当社グループでは、日本国内でのモッズ・ヘアサロンの事業展開を通じて、様々なスケールメリットが創出さ
        れます。それをサービス化したクレジット手数料軽減サービス、株式会社ティビィシィ・スキヤツトとの提携に
        よる美容サロン向けPOSレジ顧客管理システムを一般のサロンに提供する等の美容室支援事業を行っております。
         美容室支援事業の主力であるクレジット手数料軽減サービスの契約件数、取扱高は堅調に推移しており、加え
        て美容サロン向けPOSレジ顧客管理システムの販売も寄与し、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高37,027
        千円(前年同期比2.4%増)、セグメント利益12,880千円(前年同期比14.1%増)となりました。
                                  4/20






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析 
       (資産)
        当第2四半期連結会計期間末の資産につきましては、前連結会計年度末に比べ239,048千円増加し、1,602,613千
       円となりました。主な要因としましては、現金及び預金の増加30,169千円、未収入金の増加192,183千円、有形固定
       資産の減少13,801千円などによるものであります。
       (負債)
        当第2四半期連結会計期間末の負債につきましては、前連結会計年度末に比べ227,156千円増加し、1,004,400千
       円となりました。主な要因としましては、未払金の増加204,626千円、買掛金の増加12,795千円、未払消費税等の増
       加12,409千円などによるものです。
       (純資産)
        当第2四半期連結会計期間末の純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ11,890千円増加し、598,212千円
       となりました。主な要因としましては、親会社株主に帰属する四半期純利益11,836千円などによるものでありま
       す。
      (3)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ
       30,169千円増加し、248,481千円となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況と
       それらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間において営業活動の結果得られた資金は47,329千円(前年同四半期は得られた資金
       34,698千円)となりました。これは主に税金等調整前四半期純利益18,149千円、減価償却費18,865千円、売上債権
       の増加額31,186千円、仕入債務の増加額12,795千円、未払消費税等の増加額12,409千円などによるものでありま
       す。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間において投資活動の結果使用した資金は10,215千円(前年同四半期は得られた資金
       3,564千円)となりました。これは主に差入保証金の差入による支出6,794千円、有形固定資産の取得による支出
       3,170千円などによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間において財務活動の結果使用した資金は7,000千円(前年同四半期は使用した資金
       84,042千円)となりました。これは社債の償還による支出7,000千円によるものであります。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/20







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     40,000,000

                  計                                   40,000,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間                      上場金融商品取引所

                          提出日現在発行数(株)
         種類       末現在発行数(株)                     名又は登録認可金融               内容
                          (平成30年2月13日)
               (平成29年12月31日)                      商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
        普通株式            11,332,100           11,332,100        JASDAQ          単元株式数 100株
                                      (スタンダード)
         計           11,332,100           11,332,100           ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年10月1日~
                      ―  11,332,100            ―    500,000          ―       ―
     平成29年12月31日
                                  6/20







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                平成29年12月31日現在
                                                     発行済株式
                                             所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                      住所
                                              (株)      所有株式数
                                                     の割合(%)
     潤首有限公司
     (弁護士法人赤れんが法律事務所                 北海道札幌市中央区南一条西5丁目14-1                        3,696,173          32.62
     常任代理人弁護士 杉山 央)
                      兵庫県神戸市中央区磯辺通3丁目2—17                        2,061,327          18.19
     剣豪集団株式会社
                                               656,100         5.79

     青山 洋一                 東京都港区
                                               208,100         1.84

     青山 和男                 千葉県浦安市
                                               189,100         1.67

     佐藤 文彦                 東京都小金井市
     三井住友信託銀行株式会社
     (常任代理人 日本トラスティ・                 東京都中央区晴海1丁目8-11                         186,100         1.64
     サービス信託銀行株式会社)
                      東京都杉並区松庵3丁目41-1                         110,000         0.97
     株式会社ガモウ
                                                73,000         0.64

     生田目 崇                 東京都武蔵野市
                                                36,800         0.32

     丸山 博司                 大阪府大阪市東住吉区
                                                31,900         0.28

     吉田 修平                 東京都新宿区
                                              7,248,600          63.97

             計                    ―
                                  7/20












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成29年12月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―            ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―            ―             ―

     完全議決権株式(自己株式等)                      ―            ―             ―

                      普通株式           
                                               単元株式数 100株
     完全議決権株式(その他)                                   113,311
                                                  (注1)
                           11,331,100
                      普通株式 
                                             1単元(100株)未満の株式
     単元未満株式                                  ―
                                                 (注2)
                              1,000
     発行済株式総数                      11,332,100            ―             ―
     総株主の議決権                      ―              113,311           ―

      (注)   1.上記「完全議決権株式(その他)」の「株式数(株)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が7,800株含まれ
          ております。また、「議決権の数(個)」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数78個が含ま
          れております。
        2.上記「単元未満株式」の「株式数(株)」欄には、当社所有の株式が48株含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成29年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
           ―             ―            ―       ―       ―       ―
           計              ―            ―       ―       ―       ―

     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/20









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成
      29年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年7月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、かがやき監査法人による四半期レビューを受けております。
       なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
      第28期連結会計年度 監査法人よつば綜合事務所
      第29期第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間 かがやき監査法人
                                  9/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                  (平成29年6月30日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         228,311              258,481
         現金及び預金
                                            408              486
         受取手形
                                         122,554              141,803
         売掛金
                                          81,170              83,125
         商品
                                         338,230              530,414
         未収入金
                                          52,477              70,554
         その他
                                         △ 3,737             △ 3,890
         貸倒引当金
                                         819,415             1,080,975
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         333,402              337,051
           建物及び構築物
                                        △ 208,813             △ 219,783
             減価償却累計額
                                         124,588              117,267
             建物及び構築物(純額)
                                          85,617              78,027
           工具、器具及び備品
                                         △ 43,060             △ 41,951
             減価償却累計額
                                          42,556              36,075
             工具、器具及び備品(純額)
                                            540              540
           その他
                                          △ 403             △ 403
             減価償却累計額
                                            137              137
             その他(純額)
                                         167,282              153,480
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         117,336              109,439
           のれん
                                          2,816              2,384
           その他
                                         120,152              111,824
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          5,306              5,361
           投資有価証券
                                          65,698              65,698
           長期貸付金
                                          9,438              9,438
           関係会社株式
                                         167,423              174,916
           差入保証金
                                          50,903              45,091
           リース投資資産
                                          21,660              19,727
           その他
                                         △ 66,198             △ 66,198
           貸倒引当金
                                         254,231              254,035
           投資その他の資産合計
                                         541,666              519,340
         固定資産合計
       繰延資産
                                          2,483              2,297
         社債発行費
                                          2,483              2,297
         繰延資産合計
                                        1,363,565              1,602,613
       資産合計
                                 10/20





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年6月30日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         12,404              25,200
         買掛金
                                         14,000              14,000
         1年内償還予定の社債
                                         442,446              647,072
         未払金
                                         34,747              35,567
         未払費用
                                          8,259              8,113
         未払法人税等
                                         15,666              28,076
         未払消費税等
                                          3,499              4,013
         ポイント引当金
                                          1,837
         賞与引当金                                                 -
                                         25,414              22,116
         その他
                                         558,274              784,160
         流動負債合計
       固定負債
                                         86,000              79,000
         社債
         長期未払金                                33,752              33,752
         受入保証金                                74,819              81,819
                                         11,714              11,757
         資産除去債務
                                          7,483              7,910
         退職給付に係る負債
                                          5,200              6,000
         役員退職慰労引当金
                                         218,968              220,239
         固定負債合計
                                         777,243             1,004,400
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         500,000              500,000
         資本金
                                         129,496              129,496
         資本剰余金
                                        △ 43,401             △ 31,565
         利益剰余金
                                          △ 13             △ 13
         自己株式
                                         586,081              597,917
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           240              295
         その他有価証券評価差額金
                                           240              295
         その他の包括利益累計額合計
                                         586,322              598,212
       純資産合計
                                        1,363,565              1,602,613
      負債純資産合計
                                 11/20








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                         945,128             1,081,969
      売上高
                                         694,783              754,164
      売上原価
                                         250,345              327,804
      売上総利益
                                       ※1  246,626            ※1  308,337
      販売費及び一般管理費
                                          3,718              19,467
      営業利益
      営業外収益
                                           96               ▶
       受取利息
                                           754               88
       為替差益
                                           717              311
       その他
                                          1,568               405
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           224              181
       支払利息
                                                         186
       社債発行費償却                                    -
                                         15,000
       貸倒引当金繰入額                                                   -
                                                          2
                                            -
       その他
                                         15,224                369
       営業外費用合計
                                         △ 9,937              19,503
      経常利益又は経常損失(△)
      特別損失
                                          5,775
       関係会社株式評価損                                                   -
                                                         722
       固定資産除却損                                    -
                                                         632
                                            -
       店舗閉鎖損失
                                          5,775              1,354
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は
                                        △ 15,713              18,149
      税金等調整前四半期純損失(△)
                                          8,838              6,313
      法人税、住民税及び事業税
                                          8,838              6,313
      法人税等合計
                                        △ 24,551              11,836
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                        △ 24,551              11,836
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 12/20









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                        △ 24,551              11,836
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           452               54
       その他有価証券評価差額金
                                           452               54
       その他の包括利益合計
                                        △ 24,099              11,890
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 24,099              11,890
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 13/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は
                                        △ 15,713              18,149
       税金等調整前四半期純損失(△)
                                         20,698              18,865
       減価償却費
                                          7,896              7,896
       のれん償却額
                                                         722
       有形固定資産除却損                                    -
                                         20,795                152
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                            7             513
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                           800              800
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 580              427
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                                       △ 1,837
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -
                                          △ 171              △ ▶
       受取利息及び受取配当金
                                           224              181
       支払利息
                                          △ 237
       投資有価証券売却損益(△は益)                                                   -
                                        △ 15,240               7,000
       受入保証金の増減額(△は減少)
                                          5,775
       関係会社株式評価損益(△は益)                                                   -
                                         △ 6,326             △ 31,186
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         △ 7,086             △ 1,954
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          5,931              12,795
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          3,871              12,409
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                          5,264              5,530
       リース投資資産の増減額(△は増加)
                                         18,466               5,424
       その他
                                         44,376              55,886
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   177               ▶
                                          △ 224             △ 190
       利息の支払額
                                         △ 9,631             △ 8,371
       法人税等の支払額
                                         34,698              47,329
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 1,027             △ 3,170
       有形固定資産の取得による支出
                                           720
       投資有価証券の売却による収入                                                   -
                                         △ 1,174             △ 6,794
       差入保証金の差入による支出
                                          9,240
       差入保証金の回収による収入                                                   -
                                         △ 6,388
       貸付けによる支出                                                   -
                                          2,195
       貸付金の回収による収入                                                   -
                                                        △ 251
       その他                                    -
                                          3,564             △ 10,215
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 50,000
       短期借入金の返済による支出                                                   -
                                                       △ 7,000
       社債の償還による支出                                    -
                                        △ 34,042
                                                          -
       配当金の支払額
                                        △ 84,042              △ 7,000
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           385               55
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        △ 45,394              30,169
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         323,746              218,311
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  278,352            ※1  248,481
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/20




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (四半期連結損益計算書関係)
      ※1   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間

                             (自    平成28年7月1日              (自    平成29年7月1日
                              至   平成28年12月31日)              至   平成29年12月31日)
                                5,795                 152
         貸倒引当金繰入額                          千円                千円
                                62,284                65,279
         給与・手当
                                20,389                20,457
         地代家賃
                                59,790                58,230
         役員報酬
                                35,780                51,118
         支払手数料
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      㬀㄀  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとおり
       であります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                             (自    平成28年7月1日              (自    平成29年7月1日
                              至   平成28年12月31日)               至   平成29年12月31日)
         現金及び預金勘定                         278,352千円                 258,481千円
         預入期間が3か月を超える定期預金                           -              △10,000
         現金及び現金同等物                         278,352                 248,481
       (株主資本等関係)

      Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成28年7月1日          至   平成28年12月31日)
       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成28年8月16日
               普通株式         33,996        3.00   平成28年6月30日         平成28年9月14日         利益剰余金
     取締役会
      Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成29年7月1日          至   平成29年12月31日)

       該当事項はありません。
                                 15/20









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成28年7月1日          至   平成28年12月31日)

       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                           報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
               直営サロン       BSサロン       ヘアメイク       美容室支援
                                           計
                                                      (注)2
               運営事業       運営事業        事業       事業
                553,314       240,152       180,895       36,146     1,010,509       △ 65,380      945,128
     売上高
     セグメント利益
                △ 19,306      105,486       16,241       11,292      113,713      △ 109,994        3,718
     又は損失(△)
      (注)1.セグメント利益の調整額△109,994千円には、棚卸資産の調整額151千円、各報告セグメントに配分していな
          い全社費用△110,146千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない全社的一般
          経費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成29年7月1日          至   平成29年12月31日)

       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                           報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
               直営サロン       BSサロン       ヘアメイク       美容室支援
                                           計
                                                      (注)2
               運営事業       運営事業        事業       事業
                601,178       307,711       192,113       37,027     1,138,030       △ 56,061     1,081,969
     売上高
                 7,106      90,942       14,339       12,880      125,268      △ 105,800       19,467

     セグメント利益
      (注)1.セグメント利益の調整額△105,800千円には、棚卸資産の調整額△5千円、各報告セグメントに配分してい
          ない全社費用△105,795千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない全社的一
          般経費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 16/20










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                  (自    平成28年7月1日           (自    平成29年7月1日
                  項目
                                  至   平成28年12月31日)           至   平成29年12月31日)
      1株当たり四半期純利益金額又は
                                         △2円17銭              1円04銭
      1株当たり四半期純損失金額(△)
       (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
                                         △24,551              11,836
       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                     (千円)
       普通株主に帰属しない金額 (千円)                                      ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金
       額又は普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純                                   △24,551              11,836
       損失金額(△) (千円)
       普通株式の期中平均株式数 (株)                                  11,332,052             11,332,052
      (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 17/20














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社エム・エイチ・グループ(E05055)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年2月13日

     株式会社エム・エイチ・グループ
      取締役会      御中
                         かがやき監査法人

                          代表社員

                                    公認会計士  葛  西  晋  哉  ㊞
                          業務執行社員
                          業務執行社員          公認会計士  金  本  光  博  ㊞

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エム・

     エイチ・グループの平成29年7月1日から平成30年6月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年
     10月1日から平成29年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年7月1日から平成29年12月31日まで)に
     係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四
     半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エム・エイチ・グループ及び連結子会社の平成29年12月
     31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適
     正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の平成29年6月30日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に
     係る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び
     監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して平成29年2月13日付で無限定の結論を表明し
     ており、また、当該連結財務諸表に対して平成29年9月26日付で無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。