株式会社フュートレック 四半期報告書 第18期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社フュートレック

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成30年2月13日
      【四半期会計期間】                    第18期第3四半期(自            平成29年10月1日          至   平成29年12月31日)
      【会社名】                    株式会社フュートレック
      【英訳名】                    FueTrek    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            浦川    康孝
      【本店の所在の場所】                    大阪市淀川区西中島六丁目1番1号
      【電話番号】                    06-4806-3112(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理部長              西田    明弘
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市淀川区西中島六丁目1番1号
      【電話番号】                    06-4806-3112(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理部長              西田    明弘
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第17期           第18期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第17期
                              累計期間           累計期間
                           自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日
              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日           至平成29年3月31日
                      (千円)           2,592,607           2,238,542           3,957,199
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            261,034          △ 418,020           325,017
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)            147,811          △ 243,105           161,536
     する四半期純損失(△)
                      (千円)            200,800          △ 251,290           178,222
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           3,518,763           3,231,232           3,507,388
     純資産額
                      (千円)           5,482,407           5,408,925           5,426,969
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     金額又は1株当たり四半期純損失                 (円)            15.87          △ 26.07           17.35
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            15.84             -          17.29
     (当期)純利益金額
                      (%)             60.0           56.1           60.3
     自己資本比率
                               第17期           第18期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成28年10月1日           自平成29年10月1日
              会計期間
                           至平成28年12月31日           至平成29年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                               2.49
                       (円)            △ 2.21
     1株当たり四半期純損失金額(△)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額につきましては、                               第18期第3四半期連結累計期間については                    潜
           在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社は、平成29年7月3日にメディアジャパン株式会社の全株式を取得し、
       同社及びその子会社であるメディアジャパンエージェンシー株式会社を連結子会社といたしました。
        これに伴い、第2四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は「第4                                                経理の状況
        1四半期連結財務諸表            注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
        また、当社は、平成29年11月15日に連結子会社でありました株式会社メディア総合研究所の全株式を株式会社翻訳
       センターに譲渡し、同社を連結の範囲から除外しております。詳細は、「第4経理の状況                                           1四半期連結財務諸表 
       注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。
        この結果、平成29年12月31日現在では、当社グループは、当社及び連結子会社4社により構成されることとなりま
       した。
                                  2/16




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券
       報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、新たに決定又は締結した重要な契約は次のとおりであります。
        当社は、平成29年10月30日開催の取締役会において、当社が100%出資する連結子会社である株式会社メディア総
       合研究所の全株式を株式会社翻訳センターに譲渡することを決議し、同日付で株式譲渡契約を締結、平成29年11月15
       日に当該株式を譲渡いたしました。詳細は、「第4経理の状況                               1四半期連結財務諸表            注記事項(企業結合等関
       係)」に記載のとおりであります。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)業績の状況
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、緩やかな回復基調が継続しており、堅調な雇用・所得情勢
        を背景に個人消費にも改善が見られます。しかし、海外における政治・経済情勢の不確実性や、地政学リスクの高
        まり等により、景気の先行きは依然として不確定要素が多く、不透明な状況が続いております。音声認識に関連す
        る市場では、連日、自動運転技術及びAIスピーカーやコミュニケーションロボット等に関するニュースが報道され
        ております。
         このような環境のなか、当社グループは、音声認識・インバウンド・映像など複数の事業を柱とする会社を目指
        し、各事業の更なる拡大・強化に努めております。
         音声認識事業においては、NTTグループであるNTTテクノクロス株式会社の音声認識ソフトウエア「SpeechRec」
        の最新版をベースとして当社で開発した、より高精度な音声認識が可能となる「vGate                                             ASR2   powered    by
        SpeechRec」の改善、拡販に努めました。しかし、当第3四半期連結累計期間においては、前々連結会計年度及び
        前連結会計年度のような大型ライセンスの計上には至りませんでした。そのため、後述のセグメントごとの業績に
        記載のとおり、当第3四半期連結累計期間の売上高は前第3四半期連結累計期間と比較して減少いたしました。た
        だし、当第3四半期連結累計期間における売上高の減少は、当社が期初に計画していた想定の範囲内であります。
        今後は更に、音声認識周辺技術含め付加価値の高い音声認識システムの開発とAI、IoT関連市場等への販売に注力
        し、当社の主力事業として取り組んでまいります。
         翻訳事業においては、経営判断により、当社が13%出資していた株式会社みらい翻訳の全株式を平成29年10月31
        日に、また当社の連結子会社であった株式会社メディア総合研究所の全株式を平成29年11月15日に株式会社翻訳セ
        ンターに譲渡し、当社グループの事業再編を実施いたしました。この株式譲渡に伴い、株式会社メディア総合研究
        所は当第3四半期連結会計期間以降、当社の連結対象から外れ、当                               第3四半期連結会計期間以降の株式会社メディ
        ア総合研究所の業績が当社連結グループの業績に含まれないこととなったため、当第3四半期連結累計期間の売上
        高及び営業利益について、前第3四半期連結累計期間と比較してそれぞれ減少いたしました。なお、当該2件の株
        式譲渡により得られた資金は、今後、その他の経営資源とともに音声認識事業分野に主として投入してまいりま
        す。
         映像・メディア事業は、平成29年7月3日に子会社化した映像制作会社であるメディアジャパン株式会社を中心
        としてグループで展開しております。平成29年10月2日に連結子会社であった株式会社メディア総合研究所の映像
        事業部をメディアジャパン株式会社に統合することにより、グループ内での事業強化を図りました。                                               しかし、メ
        ディアジャパン株式会社の完全子会社であり、広告代理店業を主業務とするメディアジャパンエージェンシー株式
        会社の主要顧客であるアディーレ法律事務所の業務停止(業務停止期間:平成29年10月11日から2か月間)に伴
        い、広告収入が一時的に大きく減少いたしました。その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は当初の想定よ
        りも減少いたしました。なお、本件につきましては平成30年1月より広告業務は徐々に再開されており、翌連結会
        計年度には以前の状況に回復していくものと予想しております。
         当社グループの当第3四半期連結累計期間における業績としましては、売上高は2,238,542千円(前年同四半期
        比13.7%減)、営業損失は406,987千円(前年同四半期は営業利益276,617千円)、経常損失は418,020千円(前年
        同四半期は経常利益261,034千円)、親会社株主に帰属する四半期純損失は243,105千円(前年同四半期は親会社株
        主に帰属する四半期純利益147,811千円)となりました。
                                  3/16




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
         セグメントごとの当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、次のとおりであります。
         当社グループは、平成29年7月3日にメディアジャパン株式会社の全株式を取得し、同社及びその子会社である
        メディアジャパンエージェンシー株式会社を連結子会社化したことに伴い、第2四半期連結会計期間より、報告セ
        グメントを従来の「ライセンス事業」、「翻訳事業」及び「その他事業」の3区分から、「ライセンス事業」、
        「翻訳事業」、「映像・メディア事業」及び「その他事業」の4区分に変更しております。前第3四半期連結累計
        期間の業績については、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成しております。
                              第17期             第18期
                                                      増減
            セグメントの名称             第3四半期連結累計期間             第3四半期連結累計期間
                                                     (千円)
                             (千円)             (千円)
                                1,319,337
        ライセンス事業                                     596,061         △723,276
                                 708,558
        翻訳事業                                     428,589         △279,968
                                 134,162
        映像・メディア事業                                     834,400          700,237
                                 430,548
        その他事業                                     379,490         △51,058
                                2,592,607
              売上高合計                               2,238,542          △354,065
       ①  ライセンス事業(音声認識事業分野、CRM事業分野                           他)
         売上高は596,061千円(前年同四半期比54.8%減)となりました。
         音声認識事業分野の売上高は437,157千円(同61.6%減)となりました。                                  前第3四半期連結累計期間では大型ラ
        イセンスに係る売上が計上されましたが、当第3四半期連結累計期間では、大型ライセンスに係る売上は計上され
        ませんでした。
         CRM事業分野の売上高は158,818千円(同9.8%増)となりました。前第3四半期連結累計期間と比較し、主に
        カスタマイズ業務に係る売上が増加したことによるものであります。
       ②  翻訳事業(翻訳事業分野)

         売上高は428,589千円(同39.5%減)となりました。当第3四半期連結累計期間において、連結子会社でありま
        した株式会社メディア総合研究所の全株式を株式会社翻訳センターに譲渡し、株式会社メディア総合研究所に係る
        売上高の連結業績に含まれる期間が下記のように相違するため、前第3四半期連結累計期間と比較し大幅に減少し
        ております。
         前第3四半期連結累計期間              平成28年4月1日から平成28年12月31日までの9か月間
         当第3四半期連結累計期間              平成29年4月1日から平成29年9月30日までの6か月間
        ③  映像・メディア事業(映像・メディア事業分野)

         売上高は834,400千円(同521.9%増)となりました。これは主に、新たに連結子会社となったメディアジャパン
        株式会社及びメディアジャパンエージェンシー株式会社の映像・メディア事業に係る売上によるものであります。
       ④  その他事業(基盤事業分野、書き起こし事業分野、IT事業分野、国際事業分野                                       他)

         売上高は379,490千円(同11.9%減)となりました。                        IT事業分野は株式譲渡した             株式会社メディア総合研究所
        の事業分野であり、上記の翻訳事業分野と同様に連結業績に含まれる期間が相違するため、前第3四半期連結累計
        期間と比較し、大幅に減少いたしました。
         一方、前第2四半期連結会計期間において吸収分割により承継した、株式会社アドホックの事業(映像展示シス
        テム、   インバウンド市場関連を含む)              に係る売上高の連結業績に含まれる期間が下記のように相違するため、承継
        された   インバウンド市場関連を含む             国際事業分野      において売上高は増加いたしました。
         前第3四半期連結累計期間              平成28年8月1日から平成28年12月31日までの5か月間
         当第3四半期連結累計期間              平成29年4月1日から平成29年12月31日までの9か月間
         また、基盤事業分野及び書き起こし事業分野の売上高につきましては、                                 前第3四半期連結累計期間と比較し、                  案
        件の増加等により僅かながら増加いたしました。
         IT事業分野での売上高の減少額が国際事業分野等での売上高の増加額合計を上回ったため、その他事業セグメ
        ント全体の売上高としましては、               前第3四半期連結累計期間と比較して                  減少となりました。
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (3)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は72,607千円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/16


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                           31,744,000

                  計                               31,744,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成30年2月13日)
               (平成29年12月31日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所           単元株式数
       普通株式             9,478,200             9,479,200
                                          (市場第二部)           100株
         計           9,478,200             9,479,200             -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
     平成29年10月1日~
                     -    9,478,200           -     724,398          -     922,623
     平成29年12月31日
     (注)平成30年1月1日から平成30年1月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が1,000株、資本
        金及び資本準備金がそれぞれ368千円増加しております。
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年12月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                          普通株式         146,400                  単元株式数      100株

      完全議決権株式(自己株式等)                                     -
                          普通株式      9,329,900                   単元株式数      100株

      完全議決権株式(その他)                                       93,299
                          普通株式            1,900

      単元未満株式                                     -            -
      発行済株式総数                          9,478,200           -            -

      総株主の議決権                         -              93,299         -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
                  大阪市淀川区西中島
     株式会社フュートレック                         146,400         -      146,400         1.55
                  六丁目1番1号
           計            -        146,400         -      146,400         1.55
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/16










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から
        平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半
        期連結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       3,154,826              3,614,010
         現金及び預金
                                        829,918              176,894
         受取手形及び売掛金
                                        100,000              200,000
         有価証券
                                         31,912              153,215
         仕掛品
                                        126,245              163,666
         その他
                                        △ 3,854              △ 735
         貸倒引当金
                                       4,239,047              4,307,051
         流動資産合計
       固定資産
                                         75,933              77,301
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        251,260              301,286
          のれん
                                        237,814              219,823
          ソフトウエア
                                        489,074              521,110
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        535,089              407,390
          投資有価証券
                                         87,861              96,071
          その他
                                          △ 37              -
          貸倒引当金
                                        622,914              503,461
          投資その他の資産合計
                                       1,187,921              1,101,873
         固定資産合計
                                       5,426,969              5,408,925
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        238,163               69,812
         買掛金
                                         25,000              250,000
         短期借入金
                                        502,486              512,744
         1年内返済予定の長期借入金
                                         68,702                240
         未払法人税等
                                         43,497              14,594
         賞与引当金
                                        239,702              150,753
         その他
                                       1,117,552               998,146
         流動負債合計
       固定負債
                                        800,000             1,174,333
         長期借入金
                                         2,028              5,213
         繰延税金負債
                                        802,028             1,179,546
         固定負債合計
       負債合計                                1,919,580              2,177,692
      純資産の部
       株主資本
                                        716,570              724,398
         資本金
                                        903,938              910,634
         資本剰余金
                                       1,720,566              1,463,955
         利益剰余金
                                        △ 70,014             △ 70,014
         自己株式
                                       3,271,059              3,028,972
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,492              5,281
         その他有価証券評価差額金
                                         1,492              5,281
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  19,320              17,385
                                        215,515              179,592
       非支配株主持分
                                       3,507,388              3,231,232
       純資産合計
                                       5,426,969              5,408,925
      負債純資産合計
                                  8/16



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
      売上高                                  2,592,607              2,238,542
                                       1,281,144              1,686,375
      売上原価
                                       1,311,462               552,166
      売上総利益
                                       1,034,845               959,153
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   276,617             △ 406,987
      営業外収益
                                           330              245
       受取利息
                                         3,740              1,193
       受取配当金
                                         1,832                -
       貸倒引当金戻入額
                                         2,700               900
       業務受託料
                                           944              916
       その他
                                         9,546              3,256
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         6,144              8,681
       支払利息
       為替差損                                  1,211                -
                                         2,910              4,500
       投資事業組合運用損
                                         14,488                -
       持分法による投資損失
                                           375             1,107
       その他
                                         25,129              14,289
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   261,034             △ 418,020
      特別利益
                                           -            42,530
       投資有価証券売却益
                                           -            118,548
       関係会社株式売却益
                                           -             1,086
       新株予約権戻入益
                                           -            162,164
       特別利益合計
      特別損失
                                         4,571               187
       投資有価証券売却損
                                           -              894
       ゴルフ会員権売却損
                                         4,571              1,081
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        256,462             △ 256,937
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   73,924               6,968
                                        △ 7,454             △ 8,028
      法人税等調整額
                                         66,470              △ 1,059
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   189,992             △ 255,878
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         42,180             △ 12,772
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        147,811             △ 243,105
      に帰属する四半期純損失(△)
                                  9/16






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   189,992             △ 255,878
      その他の包括利益
                                         10,807               4,587
       その他有価証券評価差額金
                                         10,807               4,587
       その他の包括利益合計
                                        200,800             △ 251,290
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        158,605             △ 238,521
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         42,194             △ 12,768
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 10/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲の重要な変更
          第2四半期連結会計期間より、メディアジャパン株式会社の全株式を取得し、同社及びその子会社であるメ
         ディアジャパンエージェンシー株式会社を連結の範囲に含めております。
          また、当第3四半期連結会計期間において、連結子会社でありました株式会社メディア総合研究所の全株式を
         株式会社翻訳センターに譲渡したため、株式会社メディア総合研究所を連結の範囲から除外しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
         なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれ
        んの償却額は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成28年4月1日             (自    平成29年4月1日
                             至   平成28年12月31日)              至   平成29年12月31日)
         減価償却費                         102,645千円                 103,456千円
         のれんの償却額                          28,406千円                 36,307千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年12月31日)
          配当金支払額
            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年12月31日)

          配当金支払額
            該当事項はありません。
                                 11/16












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自平成28年4月1日                       至平成28年12月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                映像・メディ
                                              調整額(注1)        合計(注2)
                 ライセンス事業         翻訳事業             その他事業
                                 ア事業
      売上高
                    1,319,337        708,558       134,162       430,548         -    2,592,607
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                      5,231       6,563        530      7,857     △ 20,181          -
       売上高又は振替高
                    1,324,568        715,121       134,692       438,405      △ 20,181      2,592,607
           計
      セグメント利益又は損
                     415,409      △ 30,538      △ 9,958     △ 97,125      △ 1,169      276,617
      失(△)
            (注)1.セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引消去であります。
               2.セグメント利益又は損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日                       至平成29年12月31日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                映像・メディ
                                              調整額(注1)        合計(注2)
                 ライセンス事業         翻訳事業             その他事業
                                 ア事業
      売上高
                     596,061       428,589       834,400       379,490         -    2,238,542
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                      2,895      12,399       10,062       26,337      △ 51,693          -
       売上高又は振替高
                     598,956       440,989       844,462       405,828      △ 51,693      2,238,542
           計
      セグメント損失(△)             △ 131,536      △ 82,119      △ 36,078     △ 151,112       △ 6,140     △ 406,987
            (注)1.セグメント損失の調整額は、セグメント間取引消去であります。
               2.セグメント損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
           2.報告セグメントごとの資産に関する情報

             (子会社株式の取得による資産の著しい増加)
             第2四半期連結会計期間において、メディアジャパン株式会社の株式を取得し、同社及びその子会社で
            あるメディアジャパンエージェンシー株式会社を連結の範囲に含めております。これにより、前連結会計
            年度の末日に比べ、当第3四半期連結会計期間の報告セグメントの資産の金額は、「映像・メディア事
            業」セグメントにおいて671,426千円増加しております。
             (子会社株式の譲渡等による資産の著しい減少)
             当第3四半期連結会計期間において、連結子会社でありました株式会社メディア総合研究所の全株式を
            譲渡したため、株式会社メディア総合研究所を連結の範囲から除外しております。また、当社が13%出資
            していた株式会社みらい翻訳の全株式を譲渡しております。これにより、前連結会計年度の末日に比べ、
            当第3四半期連結会計期間の報告セグメントの資産の金額は、「翻訳事業」セグメントにおいて697,430
            千円減少しております。
           3.報告セグメントの変更等に関する事項

             当社グループは、平成29年7月3日にメディアジャパン株式会社の全株式を取得し、同社及びその子会
            社であるメディアジャパンエージェンシー株式会社を連結子会社化したことに伴い、第2四半期連結会計
            期間より、報告セグメントを従来の「ライセンス事業」、「翻訳事業」及び「その他事業」の3区分か
            ら、「ライセンス事業」、「翻訳事業」、「映像・メディア事業」及び「その他事業」の4区分に変更し
            ております。
             なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成し
            たものを開示しております。
                                 12/16



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
        (子会社株式の譲渡)
         当社は、当第3四半期連結会計期間の期首をみなし売却日として、連結子会社でありました株式会社メディア
        総合研究所(以下、「メディア総合研究所」)の全株式を株式会社翻訳センター(以下、「翻訳センター」)に譲
        渡いたしました。
        (1)  株式譲渡の概要

         ①譲渡先企業の名称   株式会社翻訳センター
         ②譲渡した子会社の名称及び事業内容
          譲渡した子会社の名称 株式会社メディア総合研究所
          事業内容                  翻訳事業、IT事業、教育事業、出版事業、エンターテイメント事業、人材支援事業
         ③株式譲渡の理由
           当社グループは、音声認識事業をはじめとして、翻訳事業やインバウンド事業等を展開しております。当社
          グループは、事業の柱である音声認識に続く基幹事業として、平成26年10月に、人手翻訳事業を主業務とする
          メディア総合研究所を株式取得により子会社化し、また同時期に株式会社みらい翻訳設立に資本経営参加等に
          より、機械翻訳による言語バリアフリーを目指して活動を進めてまいりました。
           近年、ニューラルネットワーク技術を取り入れた機械翻訳(以下、「NMT」)が急速に発展してきており、
          今までよりも早いスピードで翻訳ニーズやマーケットが変化していくことが予想されます。NMTでは、如何に
          多くの翻訳データを有するかで性能が決まるため、翻訳サービスの向上には大規模な翻訳データが必要不可欠
          となります。メディア総合研究所は、当社子会社化後3年間をかけて培ってきた、同業他社より先行した機械
          翻訳に関する知見・サービス提供に関するノウハウ及び成果物を有しておりますが、目指すNMTの性能を実現
          するための翻訳データが十分ではありませんでした。
           こうした中、当社及びメディア総合研究所は、日本最大規模の翻訳事業を有する翻訳センターと、事業連携
          の可能性についての協議を進めてまいりました。翻訳センターは、医薬、工業・ローカライゼーション、特
          許、金融・法務分野での翻訳事業を主軸に、通訳、派遣、コンベンション、通訳者・翻訳者育成などを展開し
          ている日本最大規模の外国語サービス企業です。
           この3社協議と平行して社内で慎重に検討を重ねた結果、当社は翻訳事業の選択と集中を行うため、メディ
          ア総合研究所を翻訳センターに譲渡し、併せて当社の有する株式会社みらい翻訳の全株式(持株比率:13%)
          を翻訳センターに譲渡することが、当社グループの企業価値最大化になると判断いたしました。
         ④株式譲渡日
          平成29年11月15日(平成29年10月1日をみなし売却日とする)
         ⑤法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
          受取対価を現金とする株式譲渡
        (2)  実施した会計処理の概要

         ①会計処理
           メディア総合研究所の連結上の帳簿価額と譲渡価額との差額(118,548千円)を、「関係会社株式売却益」と
          して四半期連結損益計算書の特別利益に計上しております。
         ②譲渡した子会社に係る資産および負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
            流動資産           374,956千円
                        68,453千円
            固定資産
                       443,409千円
            資産合計
            流動負債
                       160,584千円
                       160,584千円
            負債合計
        (3)  譲渡した子会社が含まれていた報告セグメント

          翻訳事業及びその他事業
        (4)  四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に計上されている譲渡した子会社に係る損益の概算額

                         累計期間
            売上高
                       624,972千円
            営業損失            44,303千円
                                 13/16



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び                               算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
         半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成28年12月31日)             至   平成29年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
                                       15円87銭              △26円07銭
     純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親
       会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                                147,811              △243,105
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損                                147,811              △243,105
       失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               9,312,767               9,326,851
     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 15円84銭                   -
       (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                20,234                  -
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
       株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
                                          -               -
       た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変
       動があったものの概要
     (注)当    第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するもの
        の1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社フュートレック(E05535)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成30年2月8日

     株式会社     フュートレック

       取締役会       御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                               石黒     訓
                             業  務  執  行  社  員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                               目細     実
                             業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社フュー

     トレックの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日か
     ら平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社フュートレック及び連結子会社の平成29年12月31日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
      利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 16/16





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。