株式会社リケン 四半期報告書 第94期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第94期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社リケン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年2月13日
      【四半期会計期間】                    第94期第3四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)
      【会社名】                    株式会社リケン
      【英訳名】                    RIKEN   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長兼COO  伊藤 薫
      【本店の所在の場所】                    〒102-8202 東京都千代田区三番町8番地1
      【電話番号】                    03-3230-3911(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部経理室長  中島 正郎
      【最寄りの連絡場所】                    〒102-8202 東京都千代田区三番町8番地1
      【電話番号】                    03-3230-3911(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画部経理室長  中島 正郎
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (〒103-8220 東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第93期           第94期
               回次               第3四半期           第3四半期            第93期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成28年4月1日           自 平成29年4月1日           自 平成28年4月1日

              会計期間
                           至 平成28年12月31日           至 平成29年12月31日           至 平成29年3月31日
                     (百万円)             54,996           63,757           75,904
     売上高
                     (百万円)              4,170           6,108           5,982
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                     (百万円)              2,869           3,998           3,928
     期)純利益
                     (百万円)              △ 77          5,340           6,526
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             65,000           75,472           71,370
     純資産額
                     (百万円)             93,215           108,842           103,463
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            291.76           406.68           399.47
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            290.65           404.16           397.73
     四半期(当期)純利益金額
                      (%)             65.1           64.5           64.3
     自己資本比率
                               第93期           第94期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成28年10月1日           自 平成29年10月1日

              会計期間
                           至 平成28年12月31日           至 平成29年12月31日
                                  156.26           140.52
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.  当社は、平成28年10月1日を効力発生日として、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しており
           ます。前連結会計年度の期首に当該併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式
           調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
     2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
       について、重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社について、新たに設立した株式会社リケンブラザー精密工業を連結の範囲に含めておりま
       す。
                                  2/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
     2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日において当社グループが判断したものであります。
       (1)業績の状況
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は堅調な雇用・所得情勢を背景に消費が伸びており、輸出も増加
        するなど好調を維持しています。
         欧米経済も好調を持続し、中国を始めとするアジア経済もやや減速感があるものの安定的に成長しています。
         当社グループと関連の深い自動車産業におきましては、4~12月期の国内の自動車生産台数は前年同期比約5%増
        加しており、世界市場でも中国、インドなど新興国を中心に自動車生産台数は増加しました。
         このような状況のなか、当第3四半期連結累計期間における当社グループ売上高は、海外向け販売が増加したこ
        となどにより      63,757百万円      (前年同四半期比        15.9%増    )となりました。
         利益面では、売上増加に伴う利益増等により                     営業利益は5,107百万円           (前年同四半期比        35.8%増    )となり、為替
        差損が差益に転じたこと等により経常利益は                     6,108百万円      (前年同四半期比        46.5%増    )、  親会社株主に帰属する四
        半期純利益は3,998百万円            (前年同四半期比        39.3%増    )となりました       。
         セグメントごとの業績は次のとおりであります。

        ①自動車・産業機械部品事業
         売上高は    54,686百万円      (前年同四半期比         16.8%増    )、  セグメント利益は3,715百万円              (前年同四半期比         22.1%
        増 )となりました。
        ②その他事業
         売上高は    12,523百万円      (前年同四半期比         19.2%増    )、  セグメント利益は1,514百万円              (前年同四半期比         86.3%
        増 )となりました       。
       (2)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末における総資産は                      108,842百万円       となり、前連結会計年度末に比べ               5,379百万円増加
        しました。     これは、商品及び製品が増加したこと等によるものです。
         負債につきましては、          33,369百万円      となり、前連結会計年度末に比べ                1,276百万円増加        しました。これは、リー
        ス債務が増加したこと等によるものです。
         純資産につきましては、利益剰余金が増加したこと等により                            75,472百万円      と前連結会計年度末に比べ             4,102百万
        円増加   しました。
                                  3/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
        ありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
        社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        <当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針>

        ① 基本方針の内容
         当社は、上場会社として、当社の株主の在り方について、株主は市場での自由な取引を通じて決まるものと考え
        ています。したがって、株式会社の支配権の移転を伴う買付提案に応じるかどうかの最終的な判断も、株主の皆様
        の意思に基づき行われるべきものと考えます。
         しかし、当社株式の大規模買付行為等の中には、その目的等からみて株主に株式の売却を事実上強要するおそれ
        のあるもの、当社の取締役会や株主が買付内容について判断するための合理的に必要となる時間や情報を提供しな
        いもの等、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれのあるものもありえます。このような不適切
        な大規模買付行為等を行う者は、例外的に、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として適当でないと考
        えます。
        ② 基本方針の実現に資する取組み

         当社では、多数の投資家の皆様に長期的に当社に投資を継続して頂くために、当社の企業価値ひいては株主共同
        の利益を向上させるための取組みとして、次の施策を実施しています。
         これらの取組みは、上記①の基本方針の実現にも資するものと考えています。
        <経営理念及び中期経営計画の推進による企業価値向上>

         当社の創業は、1927年、当時の「理化学研究所」で発明されたピストンリングの製造法の事業化に始まり、以後
        ピストンリングを軸に、カムシャフトをはじめとした内燃機関部品、自動車や産業機械向けの鋳鉄部品、配管用機
        材、更には熱エンジニアリング事業、EMC事業など多岐にわたる製品を供給し、グローバルに事業を展開してま
        いりました。当社では、以下のグループ経営理念及び「顧客第一・法令遵守・基本重視・オープン・アクティブ・
        スピード」を行動規範として定め、中期経営計画、年度計画を展開し、お客様のグローバルな競争力強化に対応
        し、品質・技術・価格面での高い要求水準に適った製品の開発、販売に努めています。
        <経営理念>

         ● 私たちは地球環境を守り、社会に貢献する一級企業市民であり続けます
         ● 私たちは株主の資本を効率的に活用し、グローバルに企業価値を創造します
         ● 私たちは知識の向上と技術の革新を心がけ、世界のお客様に感動を与える製品を提供します
         ● 私たちは高い志と広い視野を持って、常に変革を遂げていきます
                                  4/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
        <コーポレート・ガバナンス(企業統治)の充実による企業価値向上>
         当社は、経済、環境、社会等の幅広い分野における責任を果たすことにより、継続的に企業価値を高めていくこ
        とを目指し、コーポレート・ガバナンスの確立を経営上の重要課題と位置付けています。
         当社は   、客観的な経営の監督の実効性を確保するために、独立性の高い社外取締役2名(全取締役9名)、社外
        監査役2名(全監査役3名)を選任しています。
         さらに平成28年5月からは経営の意思決定および監督機能と業務執行機能を分離するために、執行役員制度を導
        入しています。
         従来から経営機関(取締役会及び経営会議、監査役会)の適切な運営に加え、具体的な取組みとしては内部統制
        システム整備に関する基本方針(取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他
        株式会社の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制の整備)に基づき、コンプライア
        ンスの徹底やリスクマネージメントの充実をはじめとした企業の透明性、効率性、健全性の確保に取り組んでいま
        す。
         また、CSR委員会         とコンプライアンス委員会            を設置し、内部統制の強化とともに、環境活動や社会貢献活動、
        正確で適切な情報開示、CS(顧客満足創造)等の活動を当社グループ全体で統括し、更なるレベルアップを図っ
        ています。
        ③ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため

          の 取組みの概要
         当社は、基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止し、
        当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させるための取り組みとして、平成28年5月24日開催の当
        社取締役会において、「当社株式の大規模買付行為に関する対応策」(以下「本プラン」といいます。)の継続を
        決議し、平成28年6月24日開催の第92回定時株主総会において、本プランの継続について承認を得ております。
         本プランの対象となる当社株式の大規模買付行為とは、特定株主グループの議決権割合を20%以上とすることを
        目的とする当社株券等の買付行為、又は結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社株券等の
        買付行為をいい、かかる買付行為を行う者を「大規模買付者」といいます。
         本プランにおける、大規模買付時における情報提供と検討時間の確保等に関する一定のルール(以下「大規模買
        付ルール」といいます。)は、①事前に大規模買付者が当社取締役会に対して必要かつ十分な情報を提供し、②必
        要情報の提供完了後、対価を現金のみとする公開買付による当社全株式の買付けの場合は最長60日間、又はその他
        の大規模買付行為の場合は最長90日間を当社取締役会による評価・検討等の取締役会評価期間として設定し、取締
        役会評価期間が経過した後に大規模買付行為を開始する、というものです。ただし、対抗措置の内容について株主
        意思確認のための株主総会を開催する場合は、対抗措置の発動、不発動の手続きが完了するまでは、大規模買付行
        為は開始できません。
         本プランにおいては、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守した場合には、原則として当該大規模買付行為に
        対する対抗措置は講じません。但し、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合、遵守しても当該大
        規模買付行為が当社に回復し難い損害をもたらすなど、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なうと
        判断する場合には、必要かつ相当な範囲で新株予約権の無償割当等、会社法その他の法律及び当社定款が認める検
        討可能な対抗措置をとることがあります。
         このように対抗措置をとる場合、その判断の合理性及び公正性を担保するために、取締役会は対抗措置の発動に
        先立ち、当社の業務執行を行う経営陣から独立している社外取締役、社外監査役又は社外有識者から選任された委
        員で構成する独立委員会に対して対抗措置の発動の是非について諮問し、独立委員会は対抗措置の発動の是非につ
        いて、取締役会評価期間内に勧告を行うものとします。当社取締役会は、対抗措置を発動するか否かの判断に際し
        て、独立委員会の勧告を最大限尊重するものとします。
         なお、本プランの有効期限は平成31年6月に開催される当社第95回定時株主総会の終結の時までとします。本プ
        ランは、①当社株主総会において本プランを廃止する旨の株主の一定割合の意思表示が行われた場合、②当社取締
        役会により本プランを廃止する旨の決議等が行われた場合には、その時点で廃止されるものとします。
         本プランの詳細につきましては、当社ウェブサイト(http://www.riken.co.jp)をご参照ください。
                                  5/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
        ④ 上記取組みが基本方針に沿い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に合致し、当社の会社役員の地位の維
          持を目的とするものではないことについて
         上記②の当社の企業価値ひいては株主共同の利益を向上させるための取組みは、まさに基本方針に沿うものであ
        り、上記③のとおり本プランの設計に際しては以下の点を十分考慮しており、本プランが基本方針に沿い、当社の
        企業価値ひいては株主共同の利益に合致するものであり、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではない
        と考えております。
         1)   買収防衛策に関する指針の要件を充足していること
         2)   株主共同の利益の確保・向上の目的をもって導入されていること
         3)   株主意思を反映するものであること
         4)   独立性の高い社外者の判断の重視
         5)   デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと
       (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は1,168百万円であります。なお、当第3四半期連結累計期間に
        おいて当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  6/21















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      20,000,000
                  計                                     20,000,000

      ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所
        種類       現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融                内容
              (平成29年12月31日)           (平成30年2月13日)            商品取引業協会名
                                     東京証券取引所             単元株式数は
       普通株式            10,648,466           10,648,466
                                      市場第一部           100株であります。
        計          10,648,466           10,648,466          -            -
      (注)提出日現在発行数には、平成30年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
         た株式数は、含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     平成29年12月31日                 -   10,648,466           -      8,573         -      6,604
      (6)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
        ることができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①【発行済株式】
                                                  平成29年12月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                            -            -        -
     議決権制限株式(自己株式等)                            -            -        -

     議決権制限株式(その他)                            -            -        -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                         -        -
                           普通株式816,400
     完全議決権株式(その他)                    普通株式9,759,100                  97,591          -
     単元未満株式                      普通株式72,966                   -        -

     発行済株式総数                        10,648,466                 -        -

     総株主の議決権                            -          97,591          -

      (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式22株が含まれております。
      ②【自己株式等】

                                                  平成29年12月31日現在
                                                      発行済株式

                                 自己名義       他人名義       所有株式数
        所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都千代田区三番町
                                   816,400          -     816,400         7.67
     株式会社リケン             8番地1
           計             -          816,400          -     816,400         7.67
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/21









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平
       成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         9,421              8,523
         現金及び預金
                                                      ※1 20,220
                                         19,376
         受取手形及び売掛金
         有価証券                                 1,500              1,500
                                         8,454              10,093
         商品及び製品
                                         3,088              4,050
         仕掛品
                                         2,037              2,148
         原材料及び貯蔵品
                                           919              706
         繰延税金資産
                                           799              941
         その他
                                          △ 81             △ 45
         貸倒引当金
                                         45,516              48,138
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               9,647              10,254
          機械装置及び運搬具(純額)                               11,750              12,556
          土地                               2,688              2,676
                                         2,803              3,226
          建設仮勘定
                                         1,002              1,163
          その他(純額)
                                         27,892              29,876
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           -             3,777
          リース資産
                                         4,579               440
          その他
                                         4,579              4,217
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         17,596              18,921
          投資有価証券
                                         1,350              1,275
          繰延税金資産
                                         5,680              5,422
          退職給付に係る資産
                                           423              425
          保険積立金
                                           456              595
          その他
                                          △ 32             △ 31
          貸倒引当金
                                         25,474              26,609
          投資その他の資産合計
                                         57,946              60,703
         固定資産合計
                                        103,463              108,842
       資産合計
                                 10/21








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                      ※1 12,925
                                         12,308
         支払手形及び買掛金
                                           -             3,000
         短期借入金
                                           14              215
         リース債務
         未払法人税等                                  820              711
                                         1,773               941
         賞与引当金
                                                      ※1 5,539
                                         4,877
         その他
                                         19,794              23,333
         流動負債合計
       固定負債
                                         10,000               7,000
         長期借入金
                                           27              780
         リース債務
                                         1,465              1,562
         退職給付に係る負債
                                           317              198
         製品保証引当金
         環境対策引当金                                  29              34
                                           458              460
         その他
                                         12,298              10,035
         固定負債合計
                                         32,093              33,369
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         8,573              8,573
         資本金
                                         7,003              7,003
         資本剰余金
                                         51,899              54,570
         利益剰余金
                                        △ 3,662             △ 3,671
         自己株式
                                         63,813              66,476
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           573             1,135
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 70             △ 112
         繰延ヘッジ損益
                                         △ 515             △ 116
         為替換算調整勘定
                                         2,719              2,791
         退職給付に係る調整累計額
                                         2,707              3,697
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   187              259
                                         4,661              5,039
       非支配株主持分
                                         71,370              75,472
       純資産合計
      負債純資産合計                                   103,463              108,842
                                 11/21








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                         54,996              63,757
      売上高
                                         41,629              47,993
      売上原価
                                         13,366              15,764
      売上総利益
                                         9,604              10,656
      販売費及び一般管理費
                                         3,762              5,107
      営業利益
      営業外収益
                                           122              217
       受取利息及び配当金
                                           674              770
       持分法による投資利益
                                           -              87
       為替差益
                                           103              106
       生命保険配当金
                                           155              108
       その他
                                         1,057              1,290
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                    82              89
                                            8              10
       支払補償費
                                           425               -
       為替差損
                                           133              190
       その他
                                           649              290
       営業外費用合計
                                         4,170              6,108
      経常利益
      特別利益
                                            3              5
       固定資産売却益
                                           -              13
       投資有価証券売却益
                                           206               -
       保険差益
                                           210               18
       特別利益合計
      特別損失
                                           29              11
       固定資産除却損
                                            6              0
       減損損失
                                           108               -
       事業構造改革費用
                                           145               11
       特別損失合計
                                         4,235              6,114
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,089              1,705
                                           64             △ 20
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    1,153              1,684
                                         3,081              4,430
      四半期純利益
                                           212              432
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         2,869              3,998
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                         3,081              4,430
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           406              563
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 124              △ 34
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 2,503               △ 6
       為替換算調整勘定
                                           289               65
       退職給付に係る調整額
                                        △ 1,228               322
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 3,159               909
       その他の包括利益合計
                                          △ 77             5,340
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           224             4,989
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 302              351
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/21















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        第1四半期連結会計期間より、新たに設立した株式会社リケンブラザー精密工業を連結の範囲に含めております。
      (会計方針の変更等)

        該当事項はありません。
      (追加情報)

        該当事項はありません。
                                 14/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)
       ※1 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
          なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
         が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                  (平成29年12月31日)
        受取手形                               -百万円                 121百万円
        支払手形                               - 〃                 158 〃
        その他(設備関係支払手形)                               - 〃                  0 〃
        2 偶発債務

          下記のとおり銀行借入保証を行っております。なお、金額は当社の実質保証額であります。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                  (平成29年12月31日)
        保証債務
         従業員住宅ローン保証残高                               29百万円                  12百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しておりません。
        なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
       す。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                             至   平成28年12月31日)                至   平成29年12月31日)
        減価償却費                             2,979百万円                  3,235百万円
                                 15/21











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
       前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成28年6月24日
               普通株式           590       6.00   平成28年3月31日         平成28年6月27日          利益剰余金
     定時株主総会
     平成28年11月10日
               普通株式           590       6.00   平成28年9月30日         平成28年12月5日          利益剰余金
     取締役会
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)

       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月22日
               普通株式           589      60.00    平成29年3月31日         平成29年6月23日          利益剰余金
     定時株主総会
     平成29年11月10日
               普通株式           737      75.00    平成29年9月30日         平成29年12月6日          利益剰余金
     取締役会
       2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
                                 16/21












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                    報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                              その他                 調整額
                                                     計算書計上額
                                       合計
                              (注)1                 (注)2
                    自動車・産業
                                                      (注)3
                    機械部品事業
     売上高

                        46,826         8,169        54,996          -      54,996
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                          5      2,335        2,340       △ 2,340          -
      又は振替高
                        46,831        10,505        57,337        △ 2,340        54,996
           計
                        3,044         813       3,857         △ 94       3,762
     セグメント利益
      (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、配管機器事業、EMC事業及び熱
           エンジニアリング事業等を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
         3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 17/21













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                    報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                              その他                 調整額
                                                     計算書計上額
                                       合計
                              (注)1                 (注)2
                    自動車・産業
                                                      (注)3
                    機械部品事業
     売上高

                        54,681         9,076        63,757          -      63,757
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                          ▶      3,447        3,452       △ 3,452          -
      又は振替高
                        54,686        12,523        67,210        △ 3,452        63,757
           計
                        3,715        1,514        5,229        △ 122       5,107
     セグメント利益
      (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、配管機器事業、EMC事業及び熱
           エンジニアリング事業等を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
         3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 18/21













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基
       礎は、次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                項目               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        291円76銭               406円68銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                          2,869               3,998
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                          2,869               3,998
       純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                     9,835               9,832
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                        290円65銭               404円16銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -               -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)                                      37               61
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                           -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
     (注)  当社は、平成28年10月1日を効力発生日として、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しております。前
       連結会計年度の期首に当該併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期
       純利益を算定しております。
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2【その他】

        第94期(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)中間配当については、平成29年11月10日開催の取締役会
       において、平成29年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり行うことを決議いたしました。
      ① 配当金の総額                                      737百万円
      ② 1株当たりの金額                                      75円00銭
      ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                                  平成29年12月6日
                                 19/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リケン(E01598)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年2月13日

     株式会社リケン
      取締役会 御中
                        新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                  公認会計士         堀  越  喜  臣  ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                  公認会計士         中  村  昌  之  ㊞
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社リケン

     の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成29
     年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社リケン及び連結子会社の平成29年12月31日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含                    まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。