株式会社プレミアムウォーターホールディングス 四半期報告書 第12期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第12期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)
提出日
提出者 株式会社プレミアムウォーターホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

      【提出書類】                   四半期報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   平成30年2月9日
                         第12期第3四半期(自            平成29年10月1日          至   平成29年12月31日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】                   株式会社プレミアムウォーターホールディングス
                         Premium    Water   Holdings,Inc.
      【英訳名】
                         代表取締役社長            萩尾 陽平
      【代表者の役職氏名】
      【本店の所在の場所】                   山梨県富士吉田市上吉田4597番地の1
                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記の場所で行って
                         おります。)
                         (03)6864-0980
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長 太田 宏義
      【最寄りの連絡場所】                   東京都渋谷区神宮前一丁目4番16号
                         (03)6864-0982
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長 太田 宏義
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                            第11期           第12期
             回次             第3四半期連結           第3四半期連結             第11期
                           累計期間           累計期間
                         自平成28年4月1日           自平成29年4月1日           自平成28年4月1日
            会計期間
                         至平成28年12月31日           至平成29年12月31日           至平成29年3月31日
                             14,293,247           19,901,964           19,947,744
     売上高(千円)
                              △ 10,931        △ 1,330,507           △ 704,368

     経常損失(△)(千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                              △ 281,593         △ 1,378,419          △ 1,217,300
     純損失(△)(千円)
     四半期包括利益又は包括利益
                              △ 291,819         △ 1,390,671          △ 1,226,148
     (千円)
                              2,211,719           2,918,193           1,289,349
     純資産額(千円)
                             15,260,979           21,135,260           17,477,558

     総資産額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純損失金額
                               △ 14.10          △ 52.11          △ 56.39
     (△)(円)
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当
                                 -           -           -
     期)純利益金額(円)
                                14.2           13.7           7.1
     自己資本比率(%)
                            第11期           第12期

             回次             第3四半期連結           第3四半期連結
                           会計期間          会計期間 
                        自   平成28年10月1日         自   平成29年10月1日
            会計期間
                        至   平成28年12月31日         至   平成29年12月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                               △ 2.45         △ 15.21
     (△)(円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           しておりません。
         2.前第3四半期連結累計期間、当第3四半期連結累計期間及び第11期の潜在株式調整後1株当たり四半期
           (当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)純損失金額であ
           るため、記載しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
       容について、重要な変更はありません。
        なお、新たに株式取得により、株式会社Patch、ハイコムビジネスサポート株式会社及びPremium                                              Water   Million
       Club株式会社を持分法適用の範囲に含めております。
        また、当社の連結子会社であったプレミアムウォーター株式会社及び株式会社ウェルウォータは、同じく連結子
       会社である株式会社ウォーターダイレクト(平成29年4月1日付でプレミアムウォーター株式会社に商号変更)を
       存続会社とする吸収合併により消滅したため、第1四半期連結会計期間より連結の範囲から除外し、当社の連結子
       会社であったエフエルシーイノベーション株式会社は、同じく連結子会社であるプレミアムウォーター株式会社を
       存続会社とする吸収合併により消滅したため、第2四半期連結会計期間より連結の範囲から除外し、当社の連結子
       会社であったエフエルシークリエイション株式会社は、同じく連結子会社であるエフエルシープロモーション株式
       会社(平成29年7月1日付でエフエルシープレミアム株式会社に商号変更)を存続会社とする吸収合併により消滅
       したため、当第3四半期連結会計期間より連結の範囲から除外しております。
        この結果、当社グループは平成29年12月31日現在では、当社及び連結子会社7社並びに持分法適用関連会社6社
       により構成されることとなりました。
                                  2/18


                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】

      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、前事業年度の有価証券報告書に記載した
       「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社および連結子会社)
       が判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は緩やかな回復基調で推移し、米国や欧州も緩やかな景気拡大
        が続きました。一方で、米国新政権による政策動向や極東地域における地政学リスクの上昇等から世界経済は先
        行き不透明な状況で推移しました。
         宅配水業界においては、飲料水に対する「安心」・「安全」・「安定供給」を求める意識の高まりを受け、宅
        配水の認知度は確実に向上いたしました。宅配水の認知度の向上に伴い、宅配水の市場規模は緩やかに成長して
        おります。一方で、人手不足を背景とする人件費及び物流費の上昇などにより、取り巻く経営環境は厳しさを増
        しております。 
         このような状況の下、当社グループは、宅配水事業は顧客が長期間継続して利用してもらうことにより安定し
        た収益をもたらすことから、顧客基盤の強化を重点施策の1つとして位置付けたうえで、新規顧客獲得において
        は長期契約プランの導入、既存顧客に対しては満足度向上のためのキャンペーン実施や顧客限定サービスの提供
        等の各種施策に取り組んでまいりました。また、PETボトルの内製化により製造原価の低減化を実現する一方、商
        品の出荷方法の変更等による配送コストの削減に努めてまいりました。
         これらの施策により一定のコスト低減効果が生じているものの、顧客基盤の強化に向けた新規顧客獲得が順調
        に推移していることから、これによる販売促進費等の増加が当社グループの利益の押下げ要因となっておりま
        す。
         その結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高19,901百万円(前年同期比39.2%増)、営業損失1,106
        百万円(前年同期は78百万円の営業利益)、経常損失1,330百万円(前年同期は10百万円の経常損失)、親会社株
        主に帰属する四半期純損失1,378百万円(前年同期は281百万円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりま
        した。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、                            48百万円    であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  3/18






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】

      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)
                普通株式                                84,000,000

               A種優先株式                                     28

                  計                              84,000,000

      (注)当社の発行可能株式総数は84,000,000株であり、普通株式の発行可能種類株式総数及びA種優先株式の発行可
         能種類株式総数の合計数とは異なります。
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間                      上場金融商品取引所
                        提出日現在発行数(株)
        種類      末現在発行数(株)                      名又は登録認可金融               内容
                         (平成30年2月9日)
              (平成29年12月31日)                      商品取引業協会名
                                               権利内容に何ら限定の
                                               ない、当社における標
                                     東京証券取引所
       普通株式           27,003,082           27,003,082                  準となる株式であり、
                                      (市場第二部)
                                               単元株式数は100株であ
                                               ります。
                                                  (注)2
      A種優先株式                28           28        ―
                                                  (注)3
         計         27,003,110           27,003,110            ―           ―

      (注)   1 提出日現在発行数には、平成30年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
          された株式数は含まれておりません。
        2 A種優先株式の単元株式数は1株となります。
        3   A種優先株式の内容は、次のとおりです。
        (1)  優先配当金
         ①A種優先配当金
          当社は、平成29年4月1日に開始する事業年度以降の各事業年度において当該事業年度の末日を基準日と
          して行う剰余金の配当を行うときは、当該配当に係る基準日の最終の株主名簿に記載又は記録されたA種優
          先株式を有する株主(以下「A種優先株主」という。)又はA種優先株式の登録株式質権者(以下「A種優先
          登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登
          録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、A種優先株式1株につき第2号に定める額
          の剰余金(以下「A種優先配当金」という。)を配当する。
         ②A種優先配当金の額
          A種優先配当金の額は、1事業年度毎に1株につき2,000,000円とする。なお、A種優先株式が発行された
          事業年度におけるA種優先配当金の額は、1株につき2,000,000円を、A種優先株式発行日の翌日から当該
          事業年度の末日までの日数に応じて、1年を365日とする日割り計算により算出した額とする。
         ③累積条項
          ある事業年度においてA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当の額がA種優
          先配当金の額に達しないとき(剰余金の配当が行われない場合を含む。)は、その不足額は、翌事業年度以降
          に累積するものとする。
         ④非参加条項
          当社は、上記①及び②に基づくA種優先配当金の配当後、さらに分配可能額について普通株主又は普通登録
          株式質権者に対する剰余金の配当を行うときは、別段の定めをしない限り、A種優先株主又はA種優先登録
          株式質権者に対しては、普通株主又は普通登録株式質権者に対する剰余金の配当と同順位での剰余金の配当
          を行わない。
        (2)  残余財産の分配
         ①残余財産の分配
                                  4/18


                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
          当社は、残余財産を分配するときは、A種優先株主又はA種登録株式質権者に対して、A種優先株式1株に
          つき、普通株式1株に対する残余財産分配金に500を乗じた金額の残余財産分配金を、普通株主又は普通登
          録株式質権者に対する残余財産分配金の分配と同順位で支払う。
         ②非参加条項
          A種優先株式又はA種優先登録株式質権者に対しては、上記①に定めるほか、残余財産の分配は行わない。
        (3)  議決権
          A種優先株主は株主総会において議決権を有しない。また、当社が会社法第322第1項各号に掲げる行為をす
          る場合においては、法令に定める場合を除き、A種優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
        (4)   株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          当社は、法令に定める場合を除き、A種優先株式について株式の分割又は併合を行わない。また、当社は、A
          種優先株主には、募集株式の割当てを受ける権利又は募集新株予約権の割当てを受ける権利を与えず、また、
          株式無償割当て又は新株予約権無償割当てを行わない。
        (5)  金銭を対価とする取得請求権
         ①A種優先株主は、平成32年12月16日以降いつでも、法令に従い、当社に対して、金銭を対価としてA種優先
          株式の全部又は一部を取得することを請求することができるものとし(以下「金銭対価取得請求」といい、金
          銭対価取得請求をした日を、以下「金銭対価取得請求日」という。)、当社は、金銭対価取得請求に係るA種
          優先株式を取得するのと引換えに、法令の許容する範囲において、金銭対価取得請求日における会社法第461
          条第2項所定の分配可能額を限度として、金銭対価取得請求日に、次項に定める取得価額の金銭をA種優先
          株主に対して交付するものとする。ただし、分配可能額を超えてA種優先株主から取得請求があった場合、
          取得すべきA種優先株式は取得請求される株式数に応じた比例按分の方法により決定する。
         ②A種優先株式1株あたりの取得価額は、次に定める算式による金額とする。
          A種優先株式1株あたりの取得価額=[100,000,000円]+[A種優先株式発行日の翌日から金銭対価取得
          請求日までの日数に応じて1年につき2,000,000円の割合による金額(1年未満の期間部分については1年を
          365日とする日割り計算によるものとする。)]-[当社が当該A種優先株式につき支払ったA種優先配当金
          額合計額]
        (6)  金銭を対価とする取得条項
         ①当社は、A種優先株主又はA種優先登録株式質権者の承諾を得た場合、当社の取締役会が別に定める日にお
          いて、法令上可能な範囲で、次号に定める取得価額の金銭の交付と引換えにA種優先株式の全部又は一部を
          取得することができる(当該取得を行う日を、以下「金銭対価取得条項取得日」という。)。なお、一部を取
          得するときは、比例按分その他当社の取締役会が定める合理的な方法により、取得すべきA種優先株式を決
          定する。
         ②A種優先株式1株あたりの取得価額は、上記(5)②に定める取得価額とする。なお、この取得価額を算出する
          場合は、上記(5)②に定める取得価額の計算における「金銭対価取得請求日」を「金銭対価取得条項取得日」
          と読み替えて、取得価額を計算する。
        (7)  譲渡制限
          A種優先株式を譲渡による取得することについては、当社の取締役会の承認を要する。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
                                  5/18




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                      資本金                資本準備金
                                                 資本準備
                                           資本金残高
                 発行済株式総数           発行済株式総数
                                      増減額                 残高
        年月日                                         金増減額
                  増減数(株)            残高(株)
                                           (千円)
                                                 (千円)
                                      (千円)                 (千円)
     平成29年10月1日~

               普通株式   79,500           普通株式 27,003,082
                                       17,967    3,929,075       17,967    3,138,575
               A種優先株式   ―           A種優先株式   28
     平成29年12月31日
       (注) 新株予約権の行使による増加となります。
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18

















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」について、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年9月30日)に基づく株主名簿による記載をして
          おります。
        ①【発行済株式】

                                                平成29年9月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
                                               「1(1)② 発行済株式」
                         A種優先株式         28
     無議決権株式                                   ―
                                               の「内容」の記載を参照
     議決権制限株式(自己株式等)                       ―            ―            ―
     議決権制限株式(その他)                       ―            ―            ―

                        (自己保有株式) 
     完全議決権株式(自己株式等)                                   ―            ―
                         普通株式           200
                                               権利内容に何ら限定の
                                               ない、当社における標
                        普通株式     26,921,700              269,217
     完全議決権株式(その他)                                          準となる株式であり、
                                               単元株式数は100株で
                                               あります。
                        普通株式       1,682
     単元未満株式                                   ―            ―
     発行済株式総数                        26,923,610            ―            ―

                                          269,217

     総株主の議決権                       ―                        ―
      (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式276株のうち76株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年9月30日現在
                                                    発行済株式総数
       所有者の氏名                      自己名義        他人名義       所有株式数の
                 所有者の住所                                   に対する所有株
        又は名称                   所有株式数(株)        所有株式数(株)          合計(株)
                                                     式の割合(%)
     (自己保有株式)
     株式会社プレミア          山梨県富士吉田市上
                                 200         ―       200        0.0
     ムウォーターホー          吉田4597番地の1
     ルディングス
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/18








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】

      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年10月1日から平成
      29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12月31日まで)に係る四半期連結財
      務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        4,333,531              3,368,070
         現金及び預金
                                        2,503,976              3,202,737
         売掛金
                                        1,173,206              1,680,567
         商品及び製品
                                         167,861              222,181
         原材料及び貯蔵品
                                        1,083,030              1,761,426
         前払費用
                                         456,413              527,296
         その他
                                        △ 167,422             △ 262,654
         貸倒引当金
                                        9,550,597              10,499,625
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         947,342             1,259,287
           建物(純額)
           機械装置及び運搬具(純額)                              403,855              681,174
                                         415,997              415,997
           土地
           リース資産(純額)                              262,550              219,537
                                         175,426                340
           建設仮勘定
                                        4,245,290              5,756,041
           賃貸用資産(純額)
                                          77,415              82,865
           その他(純額)
                                        6,527,878              8,415,244
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         104,698               82,893
           のれん
                                         287,766              438,885
           その他
                                         392,465              521,778
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        1,065,338              1,846,702
           その他
                                         △ 58,720             △ 148,090
           貸倒引当金
                                        1,006,617              1,698,611
           投資その他の資産合計
                                        7,926,961              10,635,634
         固定資産合計
                                        17,477,558              21,135,260
       資産合計
                                  9/18










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         623,993              496,435
         買掛金
                                         566,400             1,600,000
         短期借入金
                                         11,200              11,200
         1年内償還予定の社債
                                        1,725,025              1,964,807
         1年内返済予定の長期借入金
                                         127,184              156,628
         リース債務
                                        2,286,068              2,373,794
         未払金
                                        1,230,777              1,932,839
         割賦未払金
                                         404,977               38,729
         未払法人税等
                                         14,392
         賞与引当金                                                 -
                                         290,436               92,394
         その他
                                        7,280,456              8,666,830
         流動負債合計
       固定負債
                                        2,824,000                12,800
         社債
                                        2,752,529              3,133,471
         長期借入金
                                         195,992              300,227
         リース債務
                                        3,001,355              5,964,160
         長期割賦未払金
                                          8,642              39,001
         資産除去債務
                                         125,232              100,576
         その他
                                        8,907,753              9,550,236
         固定負債合計
                                       16,188,209              18,217,067
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        2,409,587              3,929,075
         資本金
                                        1,619,087              3,138,575
         資本剰余金
                                       △ 2,773,908             △ 4,152,327
         利益剰余金
                                          △ 139             △ 173
         自己株式
                                        1,254,626              2,915,150
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 20
         繰延ヘッジ損益                                                 -
                                        △ 10,038             △ 22,517
         為替換算調整勘定
                                        △ 10,058             △ 22,517
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  28,562               9,134
                                         16,218              16,425
       非支配株主持分
                                        1,289,349              2,918,193
       純資産合計
                                       17,477,558              21,135,260
      負債純資産合計
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                       14,293,247              19,901,964
      売上高
                                        3,232,232              3,677,513
      売上原価
                                       11,061,015              16,224,450
      売上総利益
                                       10,982,803              17,330,515
      販売費及び一般管理費
                                         78,211            △ 1,106,064
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                         27,889              22,634
       為替差益
                                          3,658              8,280
       その他
                                         31,548              30,915
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         57,487              129,668
       支払利息
                                         28,430              27,769
       社債利息
                                         19,600              72,034
       持分法による投資損失
                                         15,172              25,885
       その他
                                         120,690              255,358
       営業外費用合計
                                        △ 10,931            △ 1,330,507
      経常損失(△)
      特別利益
                                                        1,980
                                           -
       新株予約権戻入益
                                                        1,980
       特別利益合計                                    -
      特別損失
                                         10,200
       減損損失                                                  -
                                                        6,829
                                           -
       固定資産除却損
                                         10,200               6,829
       特別損失合計
                                        △ 21,131            △ 1,335,356
      税金等調整前四半期純損失(△)
                                         373,943               42,864
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 113,798                △ 9
      法人税等調整額
                                         260,144               42,855
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 281,275            △ 1,378,212
                                           317              206
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        △ 281,593            △ 1,378,419
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/18








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年12月31日)               至 平成29年12月31日)
                                        △ 281,275            △ 1,378,212
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           100               20
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 10,643             △ 12,478
       為替換算調整勘定
                                        △ 10,543             △ 12,458
       その他の包括利益合計
                                        △ 291,819            △ 1,390,671
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 292,136            △ 1,390,877
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           317              206
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18
















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (1)   連結の範囲の重要な変更
         第1四半期連結会計期間より、当社の連結子会社であったプレミアムウォーター株式会社及び株式会社ウェル
        ウォータは、同じく連結子会社である株式会社ウォーターダイレクト(平成29年4月1日付でプレミアムウォー
        ター株式会社に商号変更)を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
         第2四半期連結会計期間より、当社の連結子会社であったエフエルシーイノベーション株式会社は、同じく連
        結子会社であるプレミアムウォーター株式会社を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から
        除外しております。
         当第3四半期連結会計期間より、当社の連結子会社であったエフエルシークリエイション株式会社は、同じく
        連結子会社であるエフエルシープロモーション株式会社(平成29年7月1日付でエフエルシープレミアム株式会
        社に商号変更)を存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
      (2)   持分法適用の範囲の重要な変更
         第1四半期連結会計期間より、新たに株式を取得したことに伴い、株式会社Patchを持分法の適用の範囲に含め
        ております。
         当第3四半期連結会計期間より、新たに株式を取得したことに伴い、ハイコムビジネスサポート株式会社及び
        Premium    Water   Million    Club株式会社を持分法の適用の範囲に含めております。
       (会計方針の変更)

     (会計上の見積もりの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
       有形固定資産の減価償却方法の変更
        当社及び国内連結子会社は、従来、有形固定資産の減価償却方法について、主として定率法を採用しておりまし
       たが、第1四半期連結会計期間より定額法に変更しております。
        当社グループは近年のナチュラルミネラルウォーターの出荷数の増加により、揚水装置及び製造ラインへの高水
       準での設備投資を計画しております。これを契機として有形固定資産の使用実態を確認した結果、主要な設備はナ
       チュラルミネラルウォーターの出荷数に応じて高水準で安定的に稼働し、また当社グループの主力事業である宅配
       水事業の保有顧客件数は順調に伸びており、将来的にも安定的な収益獲得が見込まれることから、定額法による減
       価償却方法を採用することが適正な収益と費用の対応関係の観点から合理的であり、経済的実態をより適切に反映
       できると判断いたしました。
        この変更により、従来の方法によった場合と比べ、当第3四半期連結累計期間の営業損失、経常損失及び税金等
       調整前四半期純損失がそれぞれ60,968千円減少しております。
                                 13/18









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
        保証債務
         株式会社アイケアジャパンの割賦販売契約に対して、債務保証を行っておりましたが、第1四半期連結会計期
        間において解消されております。
            前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間

          (平成29年3月31日)               (平成29年12月31日)
                3,485   千円              ― 千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
        なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれ
       んの償却額は、次のとおりであります。
                        前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                      (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                       至 平成28年12月31日)                  至 平成29年12月31日)
        減価償却費                    1,618,936      千円            2,484,316      千円
        のれんの償却額                      21,805    千円             21,805    千円
       (株主資本等関係)

       前第3四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日 至            平成28年12月31日)
        1.配当金支払額
          該当事項はありません。
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
          該当事項はありません。
        3.株主資本の金額の著しい変動

          当第3四半期連結累計期間において、新株予約権の行使により資本金及び資本剰余金が、それぞれ1,148,722
         千円増加し、当第3四半期連結会計期間末において資本金が2,403,598千円、資本剰余金が1,613,098千円と
         なっております。
       当第3四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日 至            平成29年12月31日)

        1.配当金支払額
          該当事項はありません。
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
          該当事項はありません。
        3.株主資本の金額の著しい変動

          平成29年9月27日開催の臨時株主総会の決議によるA種優先株式28株の発行により、資本金及び資本剰余金
         が、それぞれ1,400,000千円増加しております。また、当第3四半期連結累計期間において、新株予約権の行使
         により、資本金及び資本剰余金が、それぞれ119,488千円増加しております。この結果、当第3四半期連結会計
         期間末において資本金が3,929,075千円、資本剰余金が3,138,575千円となっております。
                                 14/18




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日  至 平成28年12月31日)
          「ホーム・オフィス・デリバリー事業」の売上高及び営業利益の金額は、いずれも全事業の90%を超えてい
         るため、「ホーム・オフィス・デリバリー事業」以外の事業について重要性が乏しいことから、セグメント情
         報の記載を省略しております。
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日  至 平成29年12月31日)

          「ホーム・オフィス・デリバリー事業」の売上高及び営業利益の金額は、いずれも全事業の90%を超えてい
         るため、「ホーム・オフィス・デリバリー事業」以外の事業について重要性が乏しいことから、セグメント情
         報の記載を省略しております。
       (金融商品関係)

        長期割賦未払金及び社債が、企業集団の事業の運営において重要なものとなっており、かつ、前連結会計年度の
       末日に比べて著しい変動が認められます。
        前連結会計年度(平成29年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額                時価          差額
                                (千円)            (千円)          (千円)
     (1)  長期割賦未払金(割賦未払金を含む)
                                   4,232,132          4,285,378           53,245
     (2)  社債(1年内償還予定を含む)

                                   2,835,200          2,913,677           78,477
      (注)   金融商品の時価の算定方法に関する事項
        (1)  長期割賦未払金(割賦未払金含む)
          長期割賦未払金の時価については、元利金の合計額を同様の新規割賦取引を行った場合に想定される利率で
         割り引いた現在価値により算定しております。
        (2)  社債(1年内償還予定を含む)
          当社グループの発行する社債の時価については、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加
         味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
        当第3四半期連結会計期間末(平成29年12月31日)

                           四半期連結貸借対照表計上額                  時価          差額
                                (千円)            (千円)          (千円)
     (1)  長期割賦未払金(割賦未払金を含む)                            7,896,999          8,058,810           161,810
     (2)  社債(1年内償還予定を含む)

                                     24,000          23,760          △239
      (注)   金融商品の時価の算定方法に関する事項
        (1)  長期割賦未払金(割賦未払金含む)
          長期割賦未払金の時価については、元利金の合計額を同様の新規割賦取引を行った場合に想定される利率で
         割り引いた現在価値により算定しております。
        (2)  社債(1年内償還予定を含む)
          当社グループの発行する社債の時価については、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加
         味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
                                 15/18





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                              (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                               至 平成28年12月31日)              至 平成29年12月31日)
        1株当たり四半期純損失金額(△)                             △14円10銭              △52円11銭
        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する
                                     △281,593             △1,378,419
         四半期純損失金額(△)(千円)
         普通株主に帰属しない金額(千円)                                -            14,421
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半
                                     △281,593             △1,392,841
         期純損失金額(△)(千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                            19,976,100              26,727,751
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
         後1株当たり四半期純利益金額の算定に含
                                     ―              ―
         めなかった潜在株式で、前連結会計年度末
         から重要な変動があったものの概要
        (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半
          期純損失金額であるため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

          該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年2月9日

     株式会社プレミアムウォーターホールディングス
      取 締 役 会         御中
                        三優監査法人
                         指定社員

                                    公認会計士          野  村     聡               印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士          井  上  道  明               印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社プレミ

     アムウォーターホールディングスの平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計
     期間(平成29年10月1日から平成29年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年12
     月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括
     利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社プレミアムウォーターホールディングス及び連結子会社
     の平成29年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク