ビーピー・カストロール株式会社 臨時報告書

臨時報告書 異動

提出日:

提出者:ビーピー・カストロール株式会社

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 ビーピー・カストロール株式会社(E02800)
                                                              臨時報告書
     【表紙】

     【提出書類】                       臨時報告書

     【提出先】                       関東財務局長

     【提出日】                       平成30年2月2日

     【会社名】                       ビーピー・カストロール株式会社

     【英訳名】                       BP  Castrol    K.K.

     【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長  小 石 孝 之

     【本店の所在の場所】                       東京都品川区大崎一丁目11番2号

                           ゲートシティ大崎イーストタワー
     【電話番号】                       03-5719-6000(代)
     【事務連絡者氏名】                       取締役財務経理部長  渡 辺 克 己

     【最寄りの連絡場所】                       東京都品川区大崎一丁目11番2号

                           ゲートシティ大崎イーストタワー
     【電話番号】                       03-5719-7750
     【事務連絡者氏名】                       取締役財務経理部長  渡 辺 克 己

     【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2










                                                           EDINET提出書類
                                                 ビーピー・カストロール株式会社(E02800)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       当社は、平成30年2月2日開催の監査等委員会において、金融商品取引法第193条の2第1項及び第2項の監査証明
      を行う監査公認会計士等の異動につき、株主総会に付議することを決定し、同日開催の取締役会において、当該議案
      を平成30年3月23日開催予定の第41回定時株主総会に付議することを決議いたしましたので、金融商品取引法第24条
      の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4の規程に基づき、本臨時報告書を提出す
      るものであります。
     2【報告内容】

     (1)異動に係る監査公認会計士等の名称
       ① 選任する監査公認会計士等の名称
         有限責任監査法人トーマツ
       ② 退任する監査公認会計士等の名称
         新日本有限責任監査法人
     (2)異動の年月日

        平成30年3月23日
     (3)退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日

        平成29年3月24日
     (4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

        該当事項はありません。
     (5)異動の決定又は異動に至った理由及び経緯

        有限責任監査法人トーマツが会計監査人としてのガバナンス・マネジメント、品質管理体制、監査体制、監査方
       法、グローバルな監査体制を有し、会計監査人としての適格性を備えていると認められます。また、親会社である
       BPグループが会計監査人をErnst                & Young   LLPからDeloitte        LLPに変更したことに合わせて、Deloitte                    LLPのメン
       バーである有限責任監査法人トーマツに会計監査人を統一することが、グループの一元的な連結監査体制の確保並
       びに当社の監査の効率化に資するものと認められます。以上により適任と判断したためであります。
     (6)上記(5)の理由及び経緯に対する監査報告書等の記載事項に係る退任する監査公認会計士等の意見

        特段の意見はない旨の回答を得ております。
                                                         以 上

                                 2/2








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。