株式会社ファステップス 四半期報告書 第19期第3四半期(平成29年3月1日-平成29年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第19期第3四半期(平成29年3月1日-平成29年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社ファステップス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年1月12日

     【四半期会計期間】               第19期第3四半期(自            平成29年9月1日          至   平成29年11月30日)

     【会社名】               株式会社ファステップス

     【英訳名】               Fasteps    Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役          髙橋 秀行

     【本店の所在の場所】               東京都新宿区四谷四丁目32番4号

     【電話番号】               03(5360)8998(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役管理部長            村山    雅経

     【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区四谷四丁目32番4号

     【電話番号】               03(5360)8998(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役管理部長            村山    雅経

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第18期           第19期

              回次             第3四半期連結           第3四半期連結             第18期
                             累計期間           累計期間
                          自  平成28年3月1日         自  平成29年3月1日         自   平成28年3月1日
             会計期間
                          至  平成28年11月30日         至  平成29年11月30日         至   平成29年2月28日
                               4,115,144            839,373          4,955,343
     売上高                (千円)
                               △ 182,396          △ 87,118         △ 289,525

     経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当
                               △ 143,300          △ 123,958          △ 459,162
                     (千円)
     期)純損失(△)
                               △ 159,650          △ 139,921          △ 523,957
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               1,613,102            804,093          1,248,795

     純資産額                (千円)
                               4,215,149           1,491,070           3,473,196

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)純損
                                △ 41.16          △ 24.51         △ 120.98
                      (円)
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                                  22.8           53.5           18.7
     自己資本比率                (%)
                             第18期           第19期

              回次             第3四半期連結           第3四半期連結
                             会計期間           会計期間
                          自  平成28年9月1日         自  平成29年9月1日
             会計期間
                          至  平成28年11月30日         至  平成29年11月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                                △ 11.70          △ 6.81
                      (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額は、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当
          期)純損失であるため、記載しておりません。
     2  【事業の内容】

       第3四半期連結累計期間において,当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている事業内容に
      重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。
       なお、第1四半期連結累計期間において、報告セグメント区分を変更しております。詳細は「第4 経理の状況 
      1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」「2.報告セグメントの変更等に関す
      る事項」をご参照ください。
       (メディアソリューション事業)

       当第2四半期連結会計期間において、債権者株式会社ドリームデベロップメントによる担保実行に伴い、株式会社
      ピーアール・ライフの株式を譲渡したため、株式会社ピーアール・ライフを当社グループの連結範囲から除外してお
      ります。
      この結果、平成29年11月30日現在では、当社グループは、当社、子会社3社により構成されることとなりました。

                                  2/21


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、営業損失が発生したことに加え、営業活動によ
      るキャッシュ・フローがマイナスとなりました。当第3四半期連結累計期間におきましては、引き続き売上高が著し
      く減少し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する四半期純損失を計上しております。また、前連結会計年度に
      おいてエムアンドケイ株式会社の株式譲渡契約における期限の利益喪失事由への抵触を原因として、株式譲渡者の村
      井幸生氏(以下「村井氏」といいます。)及び村井氏の親族1名(以下総称して「村井氏ら」といいます。)から株
      式譲渡代金の一括返済を求められておりましたが、村井氏らと交渉の結果、当第1四半期連結累計期間において株式
      譲渡代金の返済猶予を受けることをなどを内容とした和解が成立いたしました。なお、当該株式譲渡代金の支払いは
      平成29年12月28日に全て完了いたしました。しかしながら、当社グループの売上高の著しい減少等の状況により、継
      続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
       当該重要事象を解消し、または改善するための対応策につきまして、「注記事項(継続企業の前提に関する事
      項)」に記載しておりますが、その対応策に関しては、実施途中であり、現時点においては継続企業の前提に関する
      重要な不確実性が認められます。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはございません。また、前事業年度の
      有価証券報告書に記載した事業等のリスクについては、前述したように株式譲渡代金の一括返済を求められていたも
      のの、村井氏らと交渉の結果、当第1四半期連結累計期間において、株式譲渡代金の返済猶予を受けることなどを内
      容とした和解が成立し、当該和解に基づき、平成29年12月28日に当該株式譲渡代金の支払いは全て完了しておりま
      す。
     2  【経営上の重要な契約等】
       カレンシーポート株式会社との業務提携
        当社の連結子会社である株式会社ビットワン(以下「ビットワン」といいます。)は、カレンシーポート株式会
      社(以下「カレンシーポート」といいます。)の技術提供を受けて仮想通貨取引所システムを開発いたしましたが、
      カレンシーポートの仮想通貨取引所システムは、クラウドベースで構築されており、世界各国に跨る展開が可能な構
      成をとっている他、取引時確認における高度な認証技術に関する特許申請を行っており、今後の当社グループのグ
      ローバル展開においては重要なビジネスパートナーとなるものと判断したため戦略的な提携を組んだものです。本業
      務提携に関しては、平成29年12月8日付でビットワンの取締役会で「仮想通貨取引所開設・運営に関する業務提携契
      約」として締結することを決議しております。
       本業務提携契約は、今後当社グループが仮想通貨取引所をグローバルに展開していく際に、当社グループが構築す
      る仮想通貨取引所システムへの技術協力及びその保守運用に関して協業体制を構築することをその内容としておりま
      す。
       業務提携期間    平成29年12月8日より1年間(契約期間満了後、1年毎に自動更新)
       業務提携先の概要
       ①商号       カレンシーポート株式会社
       ②設立年月     平成27年10月
       ③本店所在地    東京都千代田区大手町1-6-1                         大手町ビルヂング4階
       ④代表者      代表取締役                CEO  杉井   靖典
       ⑤資本金      96,720千円(資本準備金を含む)
       ⑥事業内容     金融システムの開発及び応用サービスの提供
       ⑦当社との関係   資本関係 該当事項はありません。
                 人的関係 該当事項はありません。
                 取引関係 当社及び当社連結子会社とシステム開発契約、業務提携契約を締結しておりま
                      す。
                 関連当事者への該当状況 該当事項はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
         文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
        ります。
      1 提出会社の代表者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する分析・検討内容
                                  3/21


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
       (1)経営成績の分析
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、好調な企業業績に支えられて、日経平均株価がバブル経済崩
       壊後の最高値を更新するなど改善の兆しが見られましたが、海外情勢・経済の不確実性の高まりや金融資本市場の
       変 動による影響が懸念されており、我が国の景気を下押しするリスクは依然として含まれております。
        このような状況のもと、当社グループは新規事業として仮想通貨取引所運営事業及び仮想通貨の採掘(マイニン
       グ)事業のグローバル展開を通じ、事業基盤の更なる強化を図ってまいります。
        この結果、当第3四半期連結累計期間につきましては、売上高839百万円(前年同期比79.6%減)、営業損失76百
       万円(前年同期は営業損失195百万円)となりました。経常損失は87百万円(前年同期は経常損失182百万円)とな
       り、親会社株主に帰属する四半期純損失は123百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失143百万円)
       となりました。
        セグメント別の売上高は、以下のとおりであります。(セグメントの業績については、セグメント間の内部売上
       高又は振替高を含めて記載しております。)
        なお、前連結会計年度末において「コストマネジメント事業」を構成するTMプランニング株式会社の株式を譲渡
       したため、第1四半期連結会計期間から「コストマネジメント事業」を廃止しております。
        また、第2四半期連結会計期間において、債権者株式会社ドリームデベロップメントによる担保実行に伴い、
       「メディアソリューション事業」を構成する株式会社ピーアール・ライフの株式を譲渡したため、第2四半期会計
       期間期首より株式会社ピーアール・ライフを当社グループの連結範囲から除外しており、第2四半期連結会計期間
       からメディアソリューション事業の損益項目の計上を行っておりません。従いまして、「メディアソリューション
       事業」のセグメント別の業績については省略いたします。
        (システムソリューション事業)

        当事業におきまして、スマートフォン向けアプリケーションにおいては、ユーザーの獲得に努めております。シ
       ステム開発受託案件においては、開発リソースの確保・拡大に取り組み、利益率の高い案件の受注拡大に注力して
       参りましたが、既存顧客からの受注数減少、少額案件の集中により減収となりました。その結果、売上高は185百万
       円(前年同期比20.3%減)、売上構成比は21.2%となりました。セグメント利益(営業利益)は63百万円となり、
       前年同四半期と比べ7百万円(前年同期比12.7%増)の増益となりました。
        (アイラッシュケア事業)

        当事業におきましては、instagramやblogをはじめとする、SNSでの情報提供に力を注ぎ、新規顧客の集客や既存
       顧客の維持に努めました。売上高は533百万円(前年同期比4.3%減)、売上構成比は60.9%となりました。セグメ
       ント利益(営業利益)は6百万円となり、前年同四半期と比べ16百万円(前年同期は営業損失10百万円)の増益とな
       りました。
       (2)財政状態の分析

        (資産)
         流動資産は、前連結会計年度末に比べて1,541百万円減少し、796百万円となりました。これは、主に現金及び
        預金が1,143百万円、受取手形及び売掛金が247百万円、その他の流動資産が154百万円減少したことなどによりま
        す。
         固定資産は、前連結会計年度末に比べ440百万円減少し694百万円となりました。これは、主にのれんが55百万
        円、その他の無形固定資産が50百万円、投資有価証券が113百万円、長期貸付金が214百万円、その他の投資その
        他の資産が68百万円、貸倒引当金が60百万円減少したことなどによります。
         総資産は、前連結会計年度末に比べて1,982百万円減少し、1,491百万円となりました。
        (負債)

         流動負債は、前連結会計年度末に比べて1,082百万円減少し、572百万円となりました。これは買掛金が122百万
        円、未払金が99百万円、短期借入金が700百万円、1年内返済予定の長期借入金が63百万円、その他の流動負債が
        99百万円減少したことなどによります。
         固定負債は、前連結会計年度末に比べ454百万円減少し、114百万円となりました。これは、主に長期借入金が
        86百万円、役員退職慰労引当金が353百万円減少したことなどによります。
        (純資産)

                                  4/21

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
         純資産合計は、前連結会計年度末に比べて444百万円減少し、804百万円となりました。これは、新株予約権
        (転換社債型新株予約権付社債等)の行使により資本金及び資本剰余金がそれぞれ141百万円増加したこと、当社
        の 連結子会社であった株式会社ピーアールライフの株式の譲渡により、連結範囲から外れたことから、非支配株
        主持分が585百万円減少したこと及び親会社株主に帰属する四半期純損失を123百万円計上したことなどによりま
        す。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

         特記すべき事項はありません。
      2 事業等のリスクに記載した重要事象等についての分析・検討内容および当該重要事象等を解消し、または改善する

     ための対応策
         当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、営業損失が発生したことに加え、営業活動
        によるキャッシュ・フローがマイナスとなりました。当第3四半期連結累計期間におきましては、引き続き売上
        高が著しく減少し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する四半期純損失を計上しております。また、前連
        結会計年度においてエムアンドケイ株式会社の株式譲渡契約における期限の利益喪失事由への抵触を原因とし
        て、株式譲渡者の村井幸生氏(以下「村井氏」といいます。)及び村井氏の親族1名(以下総称して「村井氏
        ら」といいます。)から株式譲渡代金の一括返済を求められておりました。村井氏らと交渉の結果、当第1四半
        期連結累計期間において株式譲渡代金の返済猶予を受けることなどを内容とした和解が成立しておりますが、第
        3四半期連結会計期間におきましては当該代金の支払いはいまだ実行しておりません。これらの状況により、継
        続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせているような状況が存在しております。当社グループは、当該状況
        を早急に解決するため、以下の施策を実施して参ります。
         システムソリューション事業では、新規パートナーの開拓及び既存パートナーとの更なるビジネス連携強化に
        努め、社会的ニーズに対応する技術や製品のための研究開発を強化し、付加価値の高い製品やITソリューション
        を提供してまいります。
         メディアソリューション事業は、第1四半期会計期間において、セグメント損失(営業損失)を計上しました
        が、債権者株式会社ドリームデベロップメントによる担保権実行に伴い、当該事業を構成する当社の連結子会社
        であった株式会社ピーアール・ライフの株式を平成29年8月25日に譲渡致しました。これに伴い、第2四半期会
        計期間期首より株式会社ピーアール・ライフを当社グループの連結の範囲から除外しております。
         アイラッシュケア事業では、スタッフの商品知識とお客様のニーズにあった提案力を高め、顧客コミュニケー
        ション能力、販売力の向上を図るとともに新サービス紹介やエクステデザインの提案等をSNSで情報発信すること
        により店舗への来店喚起を強化してまいります。また、既存の国内事業の立て直しを図り、人事制度や商品仕入
        先の見直し、経費の削減等を推し進めてまいります。
         また、新連結子会社の株式会社ビットワン(旧商号 ジャパンアシュアランス株式会社)を通じ仮想通貨交換
        業、マイニング事業等の新規事業を計画・準備中です。
         なお、平成29年12月28日、当社と村井氏らとの和解に基づき、当該株式譲渡代金200百万円の支払いを致しまし
        た。当該代金の支払いにより和解条件が成立し、株式譲渡代金の一部117百万円が減額されております。
         これら今後必要となる事業資金の確保については、資金調達で得た資金や手元資金の他、必要に応じた新たな
        資金調達を検討することで対応してまいります。
                                  5/21





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     11,500,000

                  計                                   11,500,000

       ②  【発行済株式】

                          提出日現在        上場金融商品取引所

              第3四半期会計期間
              末現在発行数(株)
        種類                  発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (平成29年11月30日)
                        (平成30年1月12日)           商品取引業協会名
                                    東京証券取引所          単元株式数は100株であり
       普通株式            5,776,987          5,981,987
                                    (市場第二部)          ます。
         計          5,776,987          5,981,987           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                        発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                 発行済株式
                                      資本金残高
                               資本金増減額
         年月日                総数残高                     増減額       残高
                 総数増減数
                                (千円)
                                       (千円)
                   (株)
                          (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年9月1日~
     平成29年11月30日              200,000      5,776,987         27,482     1,415,689         27,482      431,889
     (注)1
     平成29年12月1日~
     平成30年1月12日              205,000      5,981,987         30,041     1,445,731         30,041      461,931
     (注)2
      (注)1 新株予約権の行使による増加であります。
         2 新株予約権の行使(ストック・オプション)により、発行済株式総数が205,000株、資本金及び資本準備金
           がそれぞれ30,041千円増加しております。
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/21





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                平成29年11月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                       普通株式     38,400
                       普通株式    
     完全議決権株式(その他)                               59,430               ―
                         5,943,000
                       普通株式       587
     単元未満株式                                 ―       1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                   5,776,987             ―             ―

     総株主の議決権                      ―         59,430               ―

      (注)  当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成29年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
         ます。
       ②  【自己株式等】
                                               平成29年11月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都新宿区四谷4-32-4                38,400         ―    38,400        0.66
     株式会社ファステップス
           計              ―          38,400         ―    38,400        0.66
     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/21









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年9月1日から平成
      29年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年11月30日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、監査法人アリアにより四半期レビューを受けております。
       なお、当社の監査法人は次の通り交代しております。
      第18連結会計年度 仁智監査法人
      第19期第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間 監査法人アリア
                                  8/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年2月28日)              (平成29年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,700,348               557,241
         現金及び預金
                                         332,602               85,257
         受取手形及び売掛金
                                          68,974              55,816
         商品及び製品
                                          4,588              4,024
         仕掛品
                                         297,826              143,072
         その他
                                         △ 66,468             △ 49,258
         貸倒引当金
                                        2,337,872               796,152
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          29,551              30,885
           建物及び構築物
                                            6            2,848
           その他
                                          29,557              33,734
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         643,368              588,222
           のれん
                                          53,992               3,962
           その他
                                         697,361              592,184
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         113,959
           投資有価証券                                                -
                                         484,008              269,712
           長期貸付金
                                          67,370              64,024
           破産更生債権等
                                         102,822               34,063
           その他
                                        △ 359,755             △ 298,802
           貸倒引当金
                                         408,404               68,997
           投資その他の資産合計
                                        1,135,324               694,917
         固定資産合計
                                        3,473,196              1,491,070
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         138,364               15,789
         買掛金
                                         521,322              421,347
         未払金
                                         700,000
         短期借入金                                                 -
                                         183,069              119,796
         1年内返済予定の長期借入金
         未払法人税等                                 2,038              4,801
                                         110,351               10,633
         その他
                                        1,655,146               572,367
         流動負債合計
       固定負債
                                         182,852               96,348
         長期借入金
                                         353,350
         役員退職慰労引当金                                                 -
                                          16,330              14,148
         退職給付に係る負債
                                          16,720               4,111
         その他
                                         569,254              114,608
         固定負債合計
                                        2,224,400               686,976
       負債合計
                                  9/21




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年2月28日)              (平成29年11月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        1,274,295              1,415,689
         資本金
                                         866,320             1,007,714
         資本剰余金
                                       △ 1,441,390             △ 1,565,348
         利益剰余金
                                        △ 58,994             △ 58,994
         自己株式
                                         640,231              799,061
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         10,977
         その他有価証券評価差額金                                                 -
                                          △ 734            △ 1,404
         為替換算調整勘定
                                         10,243              △ 1,404
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  13,126               6,436
                                         585,194
                                                          -
       非支配株主持分
                                        1,248,795               804,093
       純資産合計
      負債純資産合計                                  3,473,196              1,491,070
                                 10/21














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
                                        4,115,414               839,373
      売上高
                                        3,411,688               314,430
      売上原価
                                         703,726              524,943
      売上総利益
                                         899,191              601,856
      販売費及び一般管理費
                                        △ 195,465              △ 76,913
      営業損失(△)
      営業外収益
                                          5,560              1,720
       受取利息
                                          1,555                63
       受取配当金
                                         24,305               2,777
       不動産賃貸料
                                          9,961
       保険解約返戻金                                                   -
                                          4,269              2,993
       その他
                                         45,652               7,555
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          4,151              14,026
       支払利息
                                         13,860               1,869
       賃貸費用
                                         13,418               1,556
       為替差損
                                                         302
       貸倒引当金繰入額                                    -
                                          1,152                5
       その他
                                         32,583              17,760
       営業外費用合計
                                        △ 182,396              △ 87,118
      経常損失(△)
      特別利益
                                           236
       固定資産売却益                                                   -
                                                        8,985
       投資有価証券売却益                                    -
                                                        2,101
                                            -
       新株予約権戻入益
                                           236             11,086
       特別利益合計
      特別損失
                                                        2,668
       固定資産除却損                                    -
                                                       44,060
                                            -
       子会社株式売却損
                                                       46,728
       特別損失合計                                    -
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 182,160             △ 122,760
                                          2,476              3,870
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 19,323               1,642
      法人税等調整額
                                        △ 16,847               5,513
      法人税等合計
                                        △ 165,313             △ 128,273
      四半期純損失(△)
                                        △ 22,013              △ 4,315
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)
                                        △ 143,300             △ 123,958
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/21






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年3月1日              (自 平成29年3月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
                                        △ 165,313             △ 128,273
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                          8,435             △ 10,977
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 2,771              △ 669
       為替換算調整勘定
                                          5,663             △ 11,647
       その他の包括利益合計
                                        △ 159,650             △ 139,921
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 141,163             △ 130,788
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 18,486              △ 9,132
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、営業損失が発生したことに加え、営業活動に
       よるキャッシュ・フローがマイナスとなりました。当第3四半期連結累計期間におきましては、引き続き売上高が
       著しく減少し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する四半期純損失を計上しております。また、前会計年度
       においてエムアンドケイ株式会社の株式譲渡契約における期限の利益喪失事由への抵触を原因として、株式譲渡者
       の村井幸生氏(以下「村井氏」といいます。)及び村井氏の親族1名(以下総称して「村井氏ら」といいます。)
       から株式譲渡代金の一括返済を求められておりました。村井氏らと交渉の結果、当第1四半期連結累計期間において
       株式譲渡代金の返済猶予を受けることなどを内容とした和解が成立しておりますが、第3四半期連結会計期間にお
       きましては当該代金の支払いはいまだ実行されておりません。これらの状況により、継続企業の前提に関する重要
       な疑義を生じさせるような状況が存在しております。当社グループは当該状況を早急に解消するため、以下の施策
       を実施して参ります。
        システムソリューション事業では、新規パートナーの開拓及び既存パートナーとの更なるビジネス連携強化に努
       め、社会的ニーズに対応する社会的ニーズに対応する技術や製品のための研究開発を強化し、付加価値の高い製品
       やITソリューションを提供してまいります。
        メディアソリューション事業は、第1四半期会計期間において、セグメント損失(営業損失)を計上いたしまし
       たが債権者ドリームデベロップメントによる担保権実行に伴い、当該事業を構成する当社の連結子会社であった株
       式会社ピーアール・ライフの株式を平成29年8月25日に譲渡致しました。これに伴い、第2四半期会計期間期首よ
       り株式会社ピーアール・ライフを当社グループの連結の範囲から除外しております。
        アイラッシュケア事業では、スタッフの商品知識とお客様ニーズに合った提案力を高め、顧客コミュニケーショ
       ン能力、販売力の向上を図るとともに新サービス紹介やエクステデザインの提案等をSNSで情報発信することにより
       店舗への来店喚起を強化してまいります。
        また、新連結子会社の株式会社ビットワン(旧商号 ジャパンアシュアランス株式会社)を通じ仮想通貨交換
       業、マイニング事業等の新規事業を計画・準備中です。
        これら今後必要となる事業資金の確保については、資金調達で得た資金や手元資金の他、必要に応じた新たな資
       金調達を検討することで対応してまいります。
        なお、エムアンドケイ株式会社の株式譲渡残金の返済についても和解内容に従い着実な返済を実行すべく検討し
       てまいりましたが、平成29年12月28日、当社と村井氏らとの和解に基づき、株式譲渡代金の200百万円の支払いを致
       しました。この結果、当該代金の支払により和解条件が成立し株式譲渡代金の一部117百万円が減額されることにな
       りました。
        しかし、これらの対応策の実現可能性は、市場の状況、需要動向、他社との競合等の影響による成果を負ってお
       り、新株予約権者や投資家の御意向や事業計画の達成如何にも左右されるため、現時点では継続企業の前提に関す
       る重要な不確実性が認められます。
        なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、上記のような重要な不確実性の影響を反映
       しておりません。
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

                          当第3四半期連結累計期間
                     (自 平成29年3月1日 至 平成29年11月30日)
       (連結の範囲の重要な変更)
        当社は、債権者株式会社ドリームデベロップメントによる担保権実行に伴い、平成29年8月25日付で株式会社
       ピーアール・ライフの当社保有株式を全て譲渡いたしました。これに伴い、株式会社ピーアール・ライフを連結
       の範囲から除外しております。
        また、当社の子会社であるジャパンアシュアランス株式会社は平成29年7月18日付で株式会社ビットワンに商
       号変更しております。
       (追加情報)
                          当第3四半期連結累計期間
                    (自 平成29年3月1日 至 平成29年11月30日)
      「繰延税人資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四半
     期連結会計期間から適用しております。
                                 13/21



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
       ※当座借越契約等
        当座借越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間

                             (平成29年2月28日)                  (平成29年11月30日)
         当座借越極度額                           700,000千円                   -千円
         借入実行残高                           700,000千円                   -千円
         差引額                             -千円                 -千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
       とおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                            (自  平成28年3月1日               (自  平成29年3月1日
                            至  平成28年11月30日)               至  平成29年11月30日)
         減価償却費                           19,417千円                 7,023千円
         のれんの償却額                           71,988千円                 55,145千円
                                 14/21














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
       Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自               平成28年3月1日         至  平成28年11月30日)
        1.配当に関する事項
          該当事項はありません。
        2.株主資本の著しい変動に関する事項

          平成28年10月11日開催の当社取締役会において、第三者割当による第6回新株予約権及び第1回無担保転換
         社債型新株予約権付社債の発行を決議し、平成28年10月28日に当該新株予約権(転換社債型新株予約権付社
         債)が行使されております。これにより、資本金及び資本準備金がそれぞれ200,000千円増加しております。
       Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自               平成29年3月1日         至  平成29年11月30日)

        1.配当に関する事項
          該当事項はありません。
        2.株主資本の著しい変動に関する事項

          当第3四半期連結累計期間において、第5回新株予約権及び第6回新株予約権が行使されております。これ
         により、発行済株式総数が1,000,000株、資本金及び資本準備金がそれぞれ141,394千円増加しております。
                                 15/21














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自               平成28年3月1日         至  平成28年11月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                         その他          調整額    損益計算書
              システム
                                              合計
                        コストマネ
                   メディアソ           アイラッ
                                         (注1)          (注2)     計上額
              ソリュー
                         ジメント
                   リューショ           シュケア       計
                                                        (注3)
               ション
                    ン事業           事業
                          事業
               事業
     売上高
      外部顧客への売
               196,191    3,153,012      208,594     557,616    4,115,414         4,115,414          4,115,414
                                           -          -
      上高
      セグメント間の
                36,368           12,094          48,462         48,462    △ 48,462
      内部売上高又は                 -           -         -                -
      振替高
               232,560    3,153,012      220,688     557,616    4,163,877         4,163,877      △ 48,462    4,115,414
         計                                  -
     セグメント利益
                56,347    △ 96,822    △ 20,133    △ 10,267    △ 70,876     △ 493   △ 71,370    △ 124,095    △ 195,465
     又は損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失の調整額△124,095千円は、セグメント間取引消去△48,462千円及び各
          報告セグメントに配分していない全社費用△75,632千円であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理
          費であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 16/21













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自               平成29年3月1日         至  平成29年11月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                               (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                 四半期連結
                                   その他          調整額    損益計算書
              システム
                                        合計
                   メディアソ      アイラッ
                                   (注1)          (注2)     計上額
              ソリュー
                   リューショ      シュケア       計
                                                  (注3)
               ション
                    ン事業      事業
               事業
     売上高
      外部顧客への売
               148,570     157,330     533,472     839,373         839,373          839,373
                                      -          -
      上高
      セグメント間の
                36,733                36,733         36,733    △ 36,733
      内部売上高又は                  -     -         -                -
      振替高
               185,304     157,330     533,472     876,107         876,107     △ 36,733     839,373
         計                             -
     セグメント利益
                63,530    △ 20,183      6,176     49,523    △ 1,379     48,143    △ 125,057     △ 76,913
     又は損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失の調整額△125,057千円は、セグメント間取引消去△36,733千円及び各
          報告セグメントに配分していない全社費用△88,323千円であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理
          費であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの資産に関する情報

         当第2四半期連結会計期間において、債権者株式会社ドリームデベロップメントによる担保実行に伴い、「メ
        ディアソリューション事業」を構成する株式会社ピーアール・ライフの株式を譲渡したため、当第2四半期会計
        期間より株式会社ピーアール・ライフを当社グループの連結範囲から除外しており、その影響で「メディアソ
        リューション事業」の資産が1,512,759千円減少しております。
      3.報告セグメントの変更等に関する事項

         前連結会計年度において「コストマネジメント事業」を構成するTMプランニング株式会社の株式を譲渡したた
        め、当第1四半期連結会計期間から「コストマネジメント事業」を廃止しております。
         また、当第2四半期連結会計期間において、債権者株式会社ドリームデベロップメントによる担保実行に伴
        い、「メディアソリューション事業」を構成する株式会社ピーアール・ライフの株式を譲渡しております。
                                 17/21









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成28年3月1日          (自    平成29年3月1日
                                 至   平成28年11月30日)           至   平成29年11月30日)
     (1)1株当たり四半期純損失金額(△)                                  △41円16銭             △24円51銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                        △143,300             △123,958
     (千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失金
                                        △143,300             △123,958
     額(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  3,481,349             5,057,059
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                           -             -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失
         であるため記載しておりません。
       (重要な後発事象)
        平成29年12月28日、当社と村井氏らとの和解に基づき、株式譲渡代金200百万円の支払いを致しました。当該代金
       の支払いにより和解条件が成立し、株式譲渡代金の一部117百万円が減額されました。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 18/21











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 19/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年1月12日

     株式会社ファステップス
      取締役会      御中
                        監査法人アリア

                         代表社員

                                    公認会計士         茂 木  秀 俊             印
                         業務執行社員
                         代表社員

                                    公認会計士         山 中  康 之             印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ファス

     テップスの平成29年3月1日から平成30年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年9月1日
     から平成29年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年3月1日から平成29年11月30日まで)に係る四半
     期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
     いて四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ファステップス及び連結子会社の平成29年11月30日現在
     の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
     すべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社グループは、前連結会計年度および当第3四半期連結累
     計期間において、売上高が著しく減少し、営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する四半期(当期)純損失を計上し
     ている。これらにより、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の
     前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由につ
     いては当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不
     確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     その他の事項

                                 20/21


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ファステップス(E05315)
                                                             四半期報告書
      会社の平成29年2月28日をもって終了した前連結会計年度の第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間に
     係る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び
     監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して平成29年1月12日付けで無限定の結論を表明
     し ており、また、当該連結財務諸表に対して平成29年5月25日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21
















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。