ビー・ピー・シー・イー・エス・エー 訂正半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正半期報告書

提出日:

提出者:ビー・ピー・シー・イー・エス・エー

カテゴリ:訂正半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】                  半期報告書の訂正報告書
     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成30年1月15日
     【中間会計期間】                  自 2017年1月1日 至 2017年6月30日
     【会社名】                  ビー・ピー・シー・イー・エス・エー
                      ( BPCE   S.A.  )
     【代表者の役職氏名】                  ローランド・シャボンネル
                      ( Roland    Charbonnel      )
                      資金調達・投資家向け広報部門 取締役
                      (Director      of  Group    Funding     and   Investor      Relations
                      Department)
     【本店の所在の場所】                  フランス国パリ市75013ピエール・マンデス=フランス通
                      り50番地
                      (50  avenue    Pierre    Mendès-France
                      75013    Paris,    France    )
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  梅 津   立
     【代理人の住所又は所在地】                  東京都港区元赤坂1丁目2番7号赤坂Kタワー
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03(6888)1000
     【事務連絡者氏名】                  弁護士  永 井   亮
                       同   先 山 雅 規
                       同   山 田 智 己
     【連絡場所】                  東京都港区元赤坂1丁目2番7号赤坂Kタワー
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03(6888)1000
     【縦覧に供する場所】                  該当なし
                                  1/37









                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     1  【提出理由】

       平成29年9月28日に提出致しました半期報告書に訂正すべき箇所がありますので、これを訂正するた

      め、訂正報告書を提出するものであります。
     2  【報告内容】

       訂正箇所は、下線を付して表示しております。

                                  2/37


















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     第3【事業の状況】

     4【事業等のリスク】

     4.1   リスクの概要

     4.1.1    主要な指標

       適正自己資本

       <訂正前>

                              (前略)

                              (後略)








       <訂正後>

                              (前略)

                                  3/37







                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)




     4.2   資本管理および適正自己資本

     4.2.1    規制の枠組み

     会計上の貸借対照表から規制上の貸借対照表への移行

       <訂正前>

                              (前略)

     2017  年6月30日時点の負債                          BPCE  法定の範囲      健全性に基づく再           BPCE  健全性の

     百万ユーロ                                           表示         範囲
     銀行  への預け金                                 0          0         0
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     2017  年6月30日時点の負債                          BPCE  法定の範囲      健全性に基づく再           BPCE  健全性の

     百万ユーロ                                           表示         範囲
     銀行  からの預金                                 0          0         0
                              (後略)

     4.2.2    規制目的上の自己資本


     その他Tier-1資本

       <訂正前>

                                          2017  年6月30日         2016  年12月31日

                                       バーゼルⅢの段階的実          バーゼルⅢの段階的実
     百万ユーロ
                                             施による          施による
                                  4/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)

     その他Tier-1(AT1)         AT1  資本                               861         1,304

                              (後略)

       <訂正後>
                                          2017  年6月30日         2016  年12月31日

                                       バーゼルⅢの段階的実          バーゼルⅢの段階的実
     百万ユーロ
                                             施による          施による
                              (中略)

     その他Tier-1(AT1)資本                                         861         1,304

                              (後略)

     4.2.3    規制目的上の自己資本要件およびリスク加重資産

     リスクの種類および事業ラインにより加重されたリスク

       <訂正前>

                              (前略)

     (1)2017    年第一四半期現在、セグメント情報は、                     バンク・     ポピュレールおよびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)

     のリテール・バンキング・ネットワーク、ナティクシスの専門的金融サービス部門ならびにその他のネット
     ワーク部門(クレディ・フォンシエ、バンク・パラティンヌおよびBPCEアンテルナシヨナル)を含むリテー
     ル・バンキング部門の創設を受けて修正された。上記の数値は、以前の部門であるCBIおよびSFSの合計に等
     しい推定値に相当する。
       <訂正後>

                              (前略)

     (1)2017    年第一四半期現在、セグメント情報は、ポピュレール                            銀行  およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のリ

     テール・バンキング・ネットワーク、ナティクシスの専門的金融サービス部門ならびにその他のネットワー
     ク部門(クレディ・フォンシエ、バンク・パラティンヌおよびBPCEアンテルナシヨナル)を含むリテール・
     バンキング部門の創設を受けて修正された。上記の数値は、以前の部門であるCBIおよびSFSの合計に等しい
     推定値に相当する。
     4.2.4    適正自己資本の管理

     TLAC  比率

       <訂正前>

                                  5/37



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)







       <訂正後>

                              (後略)








    次へ

                                  6/37



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.3   信用リスクおよびカウンターパーティー・リスク
       <訂正前>

                              (前略)

     信用リスク部門はまた、2017年上半期において、貸付金が「返済見込みなし」の定義を満たす場合のトリ

     ガーのモニタリングを盛り込んだ追加的な監視ツールをケス・デパーニュおよびポピュレール銀行傘下銀行
     に提供した上で、同各機関と協力しつつ、変化管理作業を継続した。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     信用リスク部門はまた、2017年上半期において、貸付金が「返済見込みなし」の定義を満たす場合のトリ

     ガーのモニタリングを盛り込んだ追加的な監視ツールをケス・デパーニュ                                      (貯蓄銀行)       およびポピュレール
     銀行傘下銀行に提供した上で、同各機関と協力しつつ、変化管理作業を継続した。
                              (後略)

                                  7/37














                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2017  年6月30日時点でのコミットメントの内訳

       <訂正前>

                                  8/37



















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正後>
                                  9/37




















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     プロジェクト・ガバナンスおよび業務実行の組織
     プランの策定
       <訂正前>

                              (前略)

     IT システム機能は、段階1および段階2の業務を実行する責任を負っている。同機能の目標は、ITコミュニ

     ティ(ケス・デパーニュ(貯蓄銀行)および                       バンク・     ポピュレール)および子会社のITシステムの業務を運
     営および調整することである。同機能は、中央機関において目標減損システム(開発、運営、技術テスト
     等)を実施する責任を直接的に負っている。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     IT システム機能は、段階1および段階2の業務を実行する責任を負っている。同機能の目標は、ITコミュニ

     ティ(ケス・デパーニュ(貯蓄銀行)およびポピュレール                              銀行  )および子会社のITシステムの業務を運営お
     よび調整することである。同機能は、中央機関において目標減損システム(開発、運営、技術テスト等)を
     実施する責任を直接的に負っている。
                              (後略)

                                 10/37













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.5   流動性リスク、金利リスクおよび外国為替リスク
     2017  年度中長期資金調達計画: 2017年6月30日現在の達成内容
     流動性

     2017  年6月30日現在、2017年度のホールセール中長期資金調達計画の102%を達成
       <訂正前>
                                 11/37


















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正後>
    次へ










                                 12/37










                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     4.8   テクニカル保険リスク
     4.8.1    ナティクシス・アシュアランシズ

     市場リスク

       <訂正前>

     市場リスクは、子会社であるBPCE                 ヴィ  ーが、元本・収益保証付きの自社のコミットメントを担保する金融資

     産(ユーロ建て保険契約:2017年6月30日現在の主要な資金貸借対照表上で47.4十億ユーロ)について主に
     負っている。同社は、保証利率を実現するための資金を不足させるおそれのある資産減損リスク(株式相場
     または不動産相場の落ち込み、スプレッドの拡大、金利の上昇)および金利下落リスクに晒される。こうし
     たリスクに対処するために、BPCEビーは、最低保証利回りを定めた保険商品のみを近年販売しており、保険
     商品の90%超は最低保証利回りがゼロである。2017年6月末現在の最低保証利回りは、平均で0.15%であっ
     た。
                              (後略)

       <訂正後>

     市場リスクは、子会社であるBPCE                 ビ ーが、元本・収益保証付きの自社のコミットメントを担保する金融資産

     (ユーロ建て保険契約:2017年6月30日現在の主要な資金貸借対照表上で47.4十億ユーロ)について主に
     負っている。同社は、保証利率を実現するための資金を不足させるおそれのある資産減損リスク(株式相場
     または不動産相場の落ち込み、スプレッドの拡大、金利の上昇)および金利下落リスクに晒される。こうし
     たリスクに対処するために、BPCEビーは、最低保証利回りを定めた保険商品のみを近年販売しており、保険
     商品の90%超は最低保証利回りがゼロである。2017年6月末現在の最低保証利回りは、平均で0.15%であっ
     た。
                              (後略)

                                 13/37










                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     2017  年6月30日現在の半期財務成績

     7.2   2017年度上半期のハイライト

       <訂正前>

     バンク・ポピュレール・アトランティックおよびバンク・ポピュレール・                                      デュ  ・ルウエストの統合案に係る

     妥当性および実現可能性に関する調査の開始
     2017  年3月21日、バンク・ポピュレール・アトランティックおよびバンク・ポピュレール・ド                                              ュ ・ルウエス

     トの取締役会は、ブルターニュ地方およびペイ・ド・ラ・ロワール地方ならびにノルマンディー地方のマン
     シュ県およびオルヌ県を網羅する2行の統合案に係る妥当性および実現可能性に関する調査を開始する旨を
     決定した。
                              (後略)

       <訂正後>

     バンク・ポピュレール・アトランティックおよびバンク・ポピュレール・                                      ドゥ  ・ルウエストの統合案に係る

     妥当性および実現可能性に関する調査の開始
     2017  年3月21日、バンク・ポピュレール・アトランティックおよびバンク・ポピュレール・ド                                              ゥ ・ルウエス

     トの取締役会は、ブルターニュ地方およびペイ・ド・ラ・ロワール地方ならびにノルマンディー地方のマン
     シュ県およびオルヌ県を網羅する2行の統合案に係る妥当性および実現可能性に関する調査を開始する旨を
     決定した。
                              (後略)

     ケス・レジョナル・ドゥ・クレディ・マリティーム・ミューテュエル・アトランティックおよび                                                   ケス・レ


     ジョナル・ドゥ・クレディ・マリティーム・ミューテュエル・ドゥ・ブルターニュ・ノルマンディーの統合
     案に係る妥当性および実現可能性に関する調査の開始
       <訂正前>

     2017  年3月31日および2017年4月5日、ケス・レジョナル・                             デ ゥ・クレディ・マリティーム・ミューテュエ

     ル・アトランティックおよびケス・レジョナル・                          デ ゥ・クレディ・マリティーム・ミューテュエル・                          デ ゥ・
     ブルターニュ・ノルマンディーの取締役会はそれぞれ、ヴァンデ県からカルヴァドス県までにわたる大西洋
     および英仏海峡を網羅するかかる2行の統合案に係る妥当性および実現可能性に関する調査を開始する旨を
     決定した。
                              (後略)

       <訂正後>

     2017  年3月31日および2017年4月5日、ケス・レジョナル・                             ド ゥ・クレディ・マリティーム・ミューテュエ

     ル・アトランティックおよびケス・レジョナル・                          ド ゥ・クレディ・マリティーム・ミューテュエル・                          ド ゥ・
     ブルターニュ・ノルマンディーの取締役会はそれぞれ、ヴァンデ県からカルヴァドス県までにわたる大西洋
     および英仏海峡を網羅するかかる2行の統合案に係る妥当性および実現可能性に関する調査を開始する旨を
     決定した。
                                 14/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (後略)
     小売業者およびeコマース向け支払ソリューションに関するナティクシスおよびダルニースの提携

       <訂正前>

                              (前略)

     ベルギー証券取引所規則に従って、取引完了後、ユーロネクスト・                                   ベルギー     証券取引所(EBR:NYS)および

     ユーロネクスト・パリ証券取引所(コンパートメントC)に上場するダルニースの残存資本について入札が開
     始される。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     ベルギー証券取引所規則に従って、取引完了後、ユーロネクスト・                                  ブリュッセル       証券取引所(EBR:NYS)およ

     びユーロネクスト・パリ証券取引所(コンパートメントC)に上場するダルニースの残存資本について入札が
     開始される。
                              (後略)

    次へ

                                 15/37












                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     7.3   経営成績に関するプレス・リリース
                                        1

     1.  グループBPCEの2017年度上半期および第2四半期の連結経営成績
       <訂正前>

     グループBPCEの2017年度上半期の                 経営成績は堅調        であり、全体で4.8%の収益増であったことを報告する。こ

     の成績は     拡大当行グループの3つの事業部門                   (リテール・バンキング、投資ソリューション、およびコーポ
     レート・投資銀行業務)             が達成した好調な業績            を明確に示しており、            BPCEが多様な普遍的バンキングモデル
     を採用したことの適切性             を示している。低金利による極度の悪影響にもかかわらず、強力な事業モメンタム
     により、リテール・バンキング部門の収益は当年度上半期中僅か0.4%(住宅購入貯蓄制度のための引当金の
     変動を除く。)の低下であった。収益が20.8%増加したコーポレート・投資銀行業務部門および投資ソ
     リューション部門(プラス9.3%)によって、極めて優れた業績が示された。
     このような状況において、すべての条件が同じであると仮定して、拡大当行グループの業績は                                                 2017  年度上半

                                                   6 、 7
     期において更に前進し、拡大当行グループの親会社の持分所有者に帰属する当期純利益                                                 は2016年同期
     (マイナス0.2%)          に比して安定した水準の1,889百万ユーロであった。2016年度上半期に受けた税金控除を
     除くと、純利益は11.3%増加した。公表された親会社の持分所有者に帰属する当期純利益は1,596百万ユーロ
     である。
                              (後略)
       <訂正後>

                                         6

     グループBPCEの2017年度上半期の                 経営成績は堅調        であり、全体で4.8%            の収益増であったことを報告する。
     この成績は      拡大当行グループの3つの事業部門                   (リテール・バンキング、投資ソリューション、およびコー
     ポレート・投資銀行業務)              が達成した好調な業績            を明確に示しており、            BPCEが多様な普遍的バンキングモデ
     ルを採用したことの適切性              を示している。低金利による極度の悪影響にもかかわらず、強力な事業モメンタ
     ムにより、リテール・バンキング部門の収益は当年度上半期中僅か0.4%(住宅購入貯蓄制度のための引当金
     の変動を除く。)の低下であった。収益が20.8%増加したコーポレート・投資銀行業務部門および投資ソ
     リューション部門(プラス9.3%)によって、極めて優れた業績が示された。
     このような状況において、すべての条件が同じであると仮定して、拡大当行グループの業績は                                                 2017  年度上半

                                                  6 、 7
     期において更に前進し、拡大当行グループの親会社の持分所有者に帰属する当期純利益                                                は2016年同期に
     比して安定した水準          (マイナス0.2%)          の1,889百万ユーロであった。2016年度上半期に受けた税金控除を除
     くと、純利益は11.3%増加した。公表された親会社の持分所有者に帰属する当期純利益は1,596百万ユーロで
     ある。
                              (中略)
     6  非経済的    項目および     特別損益項目を除        く 。

                              (後略)

                              6

     1.1   201  7 年度  上半期   の連結経営成績:         税引前   利益   は13.5%増加して3.1十億ユーロ
       <訂正前>

                                 16/37



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                                          6
     2017  年度上半期中、グループBPCEの                銀行業務純収益        は 12,182   百万ユーロ      となり    、 2016  年度上半期から4.8%
     増加した     。これは、一方はナティクシスの中核事業ラインが達成した強力なモメンタム(とりわけコーポ
     レート・投資銀行業務部門(プラス20.8%)および投資ソリューション部門(プラス                                             9,3  %))の結果であ
     り、  他方ではリテール・バンキングの収益の強靱性(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除くと、マ
     イナス0.4%)の結果である。リテール・バンキング部門の収益は、純受取利息を落ち込ませ、住宅資金貸付
     の再交渉および早期償還を促す低金利が続く状況にも十分に立ち向かうことができた。このマイナス傾向
     は、顧客基盤の順調な成長および手数料収益の増加の助力となったナティクシスの事業ラインとのシナジー
     の構築により相殺された。
                              (後略)

       <訂正後>

                                          6

     2017  年度上半期中、グループBPCEの                銀行業務純収益        は 12,182   百万ユーロ      となり    、 2016  年度上半期から4.8%
     増加した     。これは、一方はナティクシスの中核事業ラインが達成した強力なモメンタム(とりわけコーポ
     レート・投資銀行業務部門(プラス20.8%)および投資ソリューション部門(プラス                                             9.3  %))の結果であ
     り、他方ではリテール・バンキングの収益の強靱性(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除くと、マ
     イナス0.4%)の結果である。リテール・バンキング部門の収益は、純受取利息を落ち込ませ、住宅資金貸付
     の再交渉および早期償還を促す低金利が続く状況にも十分に立ち向かうことができた。このマイナス傾向
     は、顧客基盤の順調な成長および手数料収益の増加の助力となったナティクシスの事業ラインとのシナジー
     の構築により相殺された。
                              (後略)
     2.高い自己資本比率により、拡大当行グループは将来的な規制要件の遵守に十分に備えている

     2.4   2017年度の中長期ホールセール資金調達プランの102%が2017年6月30日現在で既に完了

       <訂正前>

                              (前略)
     ・BPCEによる日本市場における初の革新的なソーシャル・ボンドの発行。厳しい条件で5年、7年、10年お

     よび15年で満期となる、58.1十億円(468                      十億  ユーロ)の発行。この組み合わせにより、ポピュレ-ル銀行
     傘下銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)がソーシャル・保健セクターで提供した適格ローンの借換
     えが可能となる。
       <訂正後>

                              (前略)
     ・BPCEによる日本市場における初の革新的なソーシャル・ボンドの発行。厳しい条件で5年、7年、10年お

     よび15年で満期となる、58.1十億円(468                      百万  ユーロ)の発行。この組み合わせにより、ポピュレ-ル銀行
     傘下銀行およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)がソーシャル・保健セクターで提供した適格ローンの借換
     えが可能となる。
    次へ

                                 17/37



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                  13

     3.  事業ラインの経営成績            : 事業ラインが達成した高水準の                活動
     3.1   リテール・バンキング:2017年度上半期の銀行業務純収益は、堅調な新規貸付実行業務および高水準の

        早期償還手数料を伴ったものの、横ばいであった。
     3.1.1    ポピュレール銀行:顧客基盤の増加および手数料収入における堅調なモメンタム

       ●  財務成績

       <訂正前>

     2017  年度上半期の       銀行業務純収益        (住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)は、2016年度上半期と

     比べて0.9%増加して3,210百万ユーロとなった。この増加は、主に                                  正味金利差益       (住宅購入貯蓄制度のための
     引当金の変動を除き、プレパール・ヴィ(BREDの生命保険子会社)を会計処理するための修正再表示後。)の
     3.3%の減少および手数料(2016年度上半期に比べ75.5%増加した貸付金早期償還手数料を除く。)の5.0%の
     増加に起因している。2017年度第2四半期                      においては      、2016年度第2四半期と比べて0.5%増の総額1,596百万
     ユーロ(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)となった。
                              14

     2017  年度上半期の       営業費用     (特別損益項目を除く            。)  は、引き続き強い引締めが行われたものの、2016年度
     上半期から0.6%微増して2,168百万ユーロとなった。201                              6 年度第2四半期においては、1.4%増の1,061百万
     ユーロとなった。
                              (後略)
       <訂正後>

     2017  年度上半期の       銀行業務純収益        (住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)は、2016年度上半期と

     比べて0.9%増加して3,210百万ユーロとなった。この増加は、主に                                  純受取利息      (住宅購入貯蓄制度のための引
     当金の変動を除き、プレパール・ヴィ(BREDの生命保険子会社)を会計処理するための修正再表示後。)の
     3.3%の減少および手数料(2016年度上半期に比べ75.5%増加した貸付金早期償還手数料を除く。)の5.0%の
     増加に起因している。2017年度第2四半期                      の銀行業務純収益は          、2016年度第2四半期と比べて0.5%増の総額
     1,596百万ユーロ(住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)となった。
                              14

     2017  年度上半期の       営業費用     (特別損益項目を除く            。)  は、引き続き強い引締めが行われたものの、2016年度
     上半期から0.6%微増して2,168百万ユーロとなった。201                              7 年度第2四半期においては、1.4%増の1,061百万
     ユーロとなった。
                              (後略)
     3.1.3    専門的金融サービス:専門的金融業務の好成績

       ●  財務成績

       <訂正前>

                              (前略)
     2017  年度上半期の       営業総利益      は、2016年度上半期と比べて2.3%減の2                    2 3百万ユーロとなった。2017年度第2四

     半期においては、対前年度比0.7%減の120百万ユーロとなった。
                                 18/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)

       ・ 費用/収    入 比率  は、2017年度上半期において1.2パーセント増加し65.6%となった。2017年度第2四半期

        においては、0.7ポイント増加し66.1%となった。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)
     2017  年度上半期の       営業総利益      は、2016年度上半期と比べて2.3%減の2                    3 3百万ユーロとなった。2017年度第2四

     半期においては、対前年度比0.7%減の120百万ユーロとなった。
                              (中略)

       ・ 費用/収    益 比率  は、2017年度上半期において1.2パーセント増加し65.6%となった。2017年度第2四半期

        においては、0.7ポイント増加し66.1%となった。
                              (後略)

     3.2   投資ソリューション:保険業務における継続する力強い業績および資産運用業務における確実な回復


       ●  財務成績

       <訂正前>

     2017  年度上半期の       純収益   は、前年同期比9.3%増の1,811百万ユーロとなった。資産運用業務は特に、この合計

                   16
     額に対して1,388         百万ユーロ       の寄与をした(11%増)。2017年度第2四半期の投資ソリューション部門から創
     出された    ネットバンキング         収 入 は、前年同期比10.6%増の920百万ユーロとなった。
                              (中略)

       ・ 費用/収益比率        は、2017年度上半期において2パーセンテージ・ポイント改善し、68.2%となった。

        2017年度第2四半期においては、前年同期と比べて2.2パーセンテージ・ポイント改善し、67.8%となっ
        た。
                              (中略)

     16  原収益は、フォーミュラ・ファンドに係るAMF                     取引  に関連した25百万ユーロの引当金を除外した2017年度第2四半期の

       収益をいう。
       <訂正後>

                                 19/37



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2017  年度上半期の       純収益   は、前年同期比9.3%増の1,811百万ユーロとなった。資産運用業務は特に、この合計
                   16
     額に対して1,388         百万ユーロ       の寄与をした(11%増)。2017年度第2四半期の投資ソリューション部門から創
     出された    銀行業務純      収 益 は、前年同期比10.6%増の920百万ユーロとなった。
                              (中略)

       ・ 費用/収益比率        は、2017年度上半期において2パーセンテージ・ポイント                              近く  改善し、68.2%となっ

        た。2017年度第2四半期においては、前年同期と比べて2.2パーセンテージ・ポイント改善し、67.8%と
        なった。
                              (中略)
     16  原収益は、フォーミュラ・ファンドに係るAMF                     の制裁   に関連した25百万ユーロの引当金を除外した2017年度第2四半期

       の収益をいう。
     3.3   コーポレート・投資銀行業務:全体的に良好な商業上のモメンタム


     2017  年度上半期に関する非経済的および特別損益項目

       <訂正前>

     (単位:百万ユーロ)
                                           2017  年上半期        2016  年上半期
                               (後略)

       <訂正後>

     (単位:百万ユーロ)
                                           2017  年上半期      2016  年上半期    (試算)
                               (後略)

                                 20/37








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>

     手法に   対する   注記

     試算による四半期の経営成績の表示

     2017  年第1四半期現在、          バンク・     ポピュレールおよびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のリテール・バンキン
     グ・ネットワーク、ナティクシスの専門的                      財務  サービス部門およびその他のネットワーク部門(クレディ・
     フォンシエ、バンク・パラティンヌ、およびBPCEアンテルナシヨナル)を含む、リテール・バンキング部門
     の設置に伴い、セグメント情報は修正された。
     SFS  部門は、専門的金融サービス(ファクタリング、担保・財務保証、リース・ファイナンス、消費者金融)

     および金融サービス(支払関連業務、従業員貯蓄制度、および証券関連業務)という、2つの事業ラインを
     含む。これらの事業ラインは、拡大当行グループのリテール・バンキングの中核であり、その継続的な成長
     に役立っている。
                              (後略)

       <訂正後>

     手法に   関する   注記

     試算による四半期の経営成績の表示

     2017  年第1四半期現在、ポピュレール                 銀行  およびケス・デパーニュ(貯蓄銀行)のリテール・バンキング・
     ネットワーク、ナティクシスの専門的                    金融  サービス部門およびその他のネットワーク部門(クレディ・フォ
     ンシエ、バンク・パラティンヌ、およびBPCEアンテルナシヨナル)を含む、リテール・バンキング部門の設
     置に伴い、セグメント情報は修正された。
     SFS  部門は、専門的金融サービス(ファクタリング、担保・財務保証、リース・ファイナンス、消費者金融)

     および金融サービス(支払関連業務、従業員貯蓄制度、および証券関連業務)という、2つの事業ラインを
     含む。これらの事業ラインは、拡大当行グループのリテール・バンキング                                      ・ネットワーク        の中核であり、そ
     の継続的な成長に役立っている。
                              (後略)

     銀行業務純収益

       <訂正前>

     顧客純   受取利息     (規制上の住宅貯蓄制度を除く。)は、顧客取引から稼得した利息(中央集中型の貯蓄商品

     (リヴレA、リヴレ・デブロプマンおよびリヴレ・エパーニュ・ロジュマンの通帳式預金口座)に係る純受取
     利息に加え、規制住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)を基礎として算出される。
                              (後略)

       <訂正後>

     顧客純   受取利息     (規制上の住宅貯蓄制度を除く。)は、顧客取引から稼得した利息(中央集中型の貯蓄商品

     (リヴレA、リヴレ・デブロプマン                  ・デュラブル       およびリヴレ・エパーニュ・ロジュマンの通帳式預金口座)
     に係る純受取利息に加え、規制住宅購入貯蓄制度のための引当金の変動を除く。)を基礎として算出され
     る。
                              (後略)

                                 21/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     営業費用

       <訂正前>

     営業費用は、「営業費用」(拡大当行グループの本国届出書におけるグループBPCEの連結財務書                                                  表 に付帯す

     る注記6.6に記載される。)と「有形・無形固定資産に係る減価償却費、償却費および減損費用」との合計に
     一致する。
       <訂正後>

     営業費用は、「営業費用」(拡大当行グループの本国届出書におけるグループBPCEの連結財務書                                                  類 に付帯す

     る注記6.6に記載される。)と「有形・無形固定資産に係る減価償却費、償却費および減損費用」との合計に
     一致する。
     流動性

       <訂正前>

                              (前略)
     中・長期債務       の短期満期      は、当初満期日が1年超であり、かつその満期日が翌12ヶ月以内に到来する                                       資金調

     達 に相当する。
     拡大当行グループ         の 預貸率(顧客預金に対する貸出金の割合)                      は、分子を顧客への貸出金および中央集中型
     の規制預金通帳上の預金勘定とし、分母を顧客預金としたときの比率である。計算の範囲において、SCF(                                                       コ
     ンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエ                        、 拡大当行グループ         の ソシエテ・デ       ・ クレディ・フォンシエ
     およびフランスのカバード・ボンドの発行体)は除かれる。これらの                                    事項  は、持分方式を利用して保険事業
     体を会計処理後、         拡大当行グループ         の会計上の      貸借対照表から取得される。
     顧客預金は、以下の調整に服する。
        ・ バンク・     ポピュレールおよびケス・デパーニュの顧客とのリテール・バンキング・ネットワークに
         よる追加の有価証券の発行、および顧客預金に相当する取引相手方とともに実行する一定のオペ
         レーション
                              (後略)
       <訂正後>

                              (前略)
     短期満期の      中・長期債務       は、当初満期日が1年超であり、かつその満期日が翌12ヶ月以内に到来する                                       債務  に

     相当する。
     拡大当行グループ         の 預貸率(顧客預金に対する貸出金の割合)                      は、分子を顧客への貸出金および中央集中型
     の規制預金通帳上の預金勘定とし、分母を顧客預金としたときの比率である。計算の範囲において、SCF(                                                       コ
     ンパニー・ドゥ・フィナンスマン・フォンシエ                        、 拡大当行グループ         の ソシエテ・デ       ・ クレディ・フォンシエ
     およびフランスのカバード・ボンドの発行体)は除かれる。これらの                                    勘定項目     は、持分方式を利用して保険
     事業体を会計処理後、           拡大当行グループ         の会計上の      貸借対照表から取得される。
     顧客預金は、以下の調整に服する。
        ・ポピュレール        銀行  およびケス・デパーニュ             (貯蓄銀行)       の顧客とのリテール・バンキング・ネット
         ワークによる追加の有価証券の発行、および顧客預金に相当する取引相手方とともに実行する一定
         のオペレーション
                              (後略)
                                 22/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     貸付金残高および預金・貯蓄

       <訂正前>

                              (前略)
     貸付金残高:運用残高の範囲からは、顧客貸付金および受取債                                券 として分類される有価証券およびその他の金

     融オペレーションとみなされる有価証券は除かれる。
       <訂正後>

                              (前略)
     貸付金残高:運用残高の範囲からは、顧客貸付金および受取債                                権 として分類される有価証券およびその他の金

     融オペレーションとみなされる有価証券は除かれる。
    次へ

                                 23/37














                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     7.4   BPCE   S.A.  グループ     の財務データ
       <訂正前>

                              (前略)

     2017  年度上半期におけるグループBPCEの純利益からBPCE                           S.A.グループの純利益への              移行  は、次のとおり分類

     することができる。
                              (中略)

                    リテール・バンキン

                                                        BPCE  SA
                                    コーポレート・投資銀          コーポレート・
                            投資ソリューション
                        *
                                       行業務        センター
                                                        グループ
                       グ
                        2016  年度       2016  年度       2016  年度       2016  年度       2016  年度
     百万ユーロ               2017  年度   上半期   2017  年度   上半期   2017  年度   上半期   2017  年度   上半期   2017  年度   上半期
                     上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算   上半期     試算
                               (中略)

                                                    108    1218    1 732

     営業総利益                 430    462    545    487    902    675   (659)
                               (中略)

     親会社の持分所有者に帰属する当期純

                                                           1 137
     利益                 114    178    223    219    406    268   (328)     472    415
                              (中略)

     投資ソリューション事業ラインは、223百万ユーロの収益をもたらした。これは、2016年度上半期                                                  (試算)     と

     比較しわずかに1.6%増加している。
                              (中略)

     親会社の持分所有者に帰属する                資本  は、2016年12月31日時点の20.2十億ユーロに対して、2017年6月30日現

     在20.1十億ユーロとなった。この0.1十億ユーロの減少は、主として以下の事項によるものであった。
                              (後略)

       <訂正後>

                              (前略)

     2017  年度上半期におけるグループBPCEの純利益からBPCE                           S.A.グループの純利益への              振替  は、次のとおり分類

     することができる。
                              (中略)

                    リテール・バンキン

                                                        BPCE  SA
                                    コーポレート・投資銀          コーポレート・
                            投資ソリューション
                        *
                                       行業務        センター
                                                        グループ
                       グ
                        2016  年度                        2016  年度       2016  年度
     百万ユーロ               2017  年度   上半期   2017  年度   2016  年度   2017  年度   2016  年度   2017  年度   上半期   2017  年度   上半期
                     上半期     試算   上半期    上半期    上半期    上半期    上半期     試算   上半期     試算
                                 24/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                               (中略)

     営業総利益                 430    462    545    487    902    675   (659)     108   1,218   1,732

                               (中略)

     親会社の持分所有者に帰属する当期純

     利益                 114    178    223    219    406    268   (328)     472    415   1,137
                              (中略)

     投資ソリューション事業ラインは、223百万ユーロの収益をもたらした。これは、2016年度上半期と比較しわ

     ずかに1.6%増加している。
                              (中略)

     親会社の持分所有者に帰属する                持分  は、2016年12月31日時点の20.2十億ユーロに対して、2017年6月30日現

     在20.1十億ユーロとなった。この0.1十億ユーロの減少は、主として以下の事項によるものであった。
                              (後略)

                                 25/37













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     第5【提出会社の状況】

     1【株式等の状況】

       <訂正前>

     (3) 発行済株式総数             および    資本金の     推移

                              (中略)

     株主構成

                         2017  年6月30日現在の               2016  年12月31日現在の

                            ポジション                  ポジション
         株主                株式数     資本%    議決権%        株式数     資本%    議決権%
                              (中略)

         BPR  デザルプ             632,493      2.03  %   2.03  %    632,493     2.03  %   2.03  %

         BPR  アルザス・ロレー
         ヌ・シャンパーニュ              1,748,773       5.61  %   5.61  %   1,748,   766   5.61  %   5.61  %
                              (中略)

         BPR  デュ・   ノール          435,113      1.40  %   1.40  %    435,113     1.40  %   1.40  %

                              (中略)

         BPR  ドゥ・ル    ウェスト         751,505      2.41  %   2.41  %    751,505     2.41  %   2.41  %

                              (中略)

         BPR  デュ・   スュッド          729,534      2.34  %   2.34  %    729,534     2.34  %   2.34  %

                              (中略)

         CASDEN    バンク・ポピュ

         レール              1,091,037       3.50  %   3.50  %   1,091,037      3.50  %   3.50  %
                              (後略)

       <訂正後>

     (3) 発行済株式総数             及び  資本金の     状況

                              (中略)

                                 26/37



                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     株主構成
                         2017  年6月30日現在の                2016  年12月31日現在の

                           ポジション                  ポジション
         株主               株式数     資本%    議決権%        株式数     資本%     議決権%
                              (中略)

         BPR  アルザス・ロレー

         ヌ・シャンパーニュ              1,748,773       5.61  %   5.61  %   1,748,   773   5.61  %    5.61  %
                              (中略)

         BPR  ノール             435,113      1.40  %   1.40  %    435,113     1.40  %   1.40  %

                              (中略)

         BPR  ウェスト             751,505      2.41  %   2.41  %    751,505     2.41  %   2.41  %

                              (中略)

         BPR  スュッド             729,534      2.34  %   2.34  %    729,534     2.34  %   2.34  %

                              (中略)

         Casden              1,091,037       3.50  %   3.50  %   1,091,037      3.50  %   3.50  %

                              (後略)

                                 27/37










                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     (4)【大株主の状況】
       <訂正前>

      上記(3)「発行済株式総数               および   資本金の     推移  」を参照のこと。

       <訂正後>

      上記(3)「発行済株式総数               及び  資本金の     状況  」を参照のこと。

     第6【経理の状況】

     1【中間財務書類】

     BPCE   S . A . グループのIFRS中間           連結  財務書類201       7 年6月30日現在
     中間財務書類

     5.3   BPCE      S.A.グループの連結財務書類 2017年6月30日現在

    次へ

                                 28/37













                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     5.3.6     BPCE      S.A.グループの連結財務書類に対する注記

     注記3 貸借対照表に対する注記

     3.1   純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および負債

     3.1.1    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

       <訂正前>
                              ( 前 略)

                              2017  年6月30日                2016  年12月31日

                           売買目的      公正価値            売買目的      公正価値
     百万ユーロ                       保有   オプション         合計      保有   オプション         合計
     財務省証券および類似証券                      10,739       112     10,851      7.991      118     8,109
                              ( 後 略)

       <訂正   後 >


                              ( 前 略)

                              2017  年6月30日                2016  年12月31日

                           売買目的      公正価値            売買目的      公正価値
     百万ユーロ                       保有   オプション         合計      保有   オプション         合計
     財務省証券および類似証券                      10,739       112     10,851      7,991      118     8,109
                              ( 後 略)

                                 29/37









                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記4 損益計算書に対する注記

     4.3   純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失

       <訂正前>
                              ( 前 略)

     (1)  2017  事業年度上半期の「売買目的保有金融商品の利得および損失」には、以下が含まれる。

     ● モノライン保険会社と締結したCDSの公正価値について計上した減損の調整により2017事業年度上半期中に減損累計額が10百万ユーロ減少し(2016事
       業年度上半期:外国為替レートの影響を除き17百万ユーロの増加)、2017年6月30日現在の減損累計額は61百万(2016年6月30日現在:112百万ユー
       ロ)となった。
                              ( 後 略)

       <訂正   後 >

                              ( 前 略)

     (1)  2017  事業年度上半期の「売買目的保有金融商品の利得および損失」には、以下が含まれる。

     ● モノライン保険会社と締結したCDSの公正価値について計上した減損の調整により2017事業年度上半期中に減損累計額が10百万ユーロ減少し(2016事
       業年度上半期:外国為替レートの影響を除き17百万ユーロの増加)、2017年6月30日現在の減損累計額は61百万                                        ユーロ  (2016年6月30日現在:112百
       万ユーロ)となった。
                              ( 後 略)

     4.4   売却可能金融資産の正味利得または損失

       <訂正前>
                              ( 前 略)

     (2)  2017  事業年度上半期の変動利付証券の減損損失は                 20 百万ユーロ(2016事業年度上半期:             78 百万ユーロ)であった。この費用のうち、3百万ユーロ

      (2016事業年度上半期:29百万ユーロ)は、保険ポートフォリオについて発生し、当該影響額は据置利益分配金により相殺された。2017事業年度上半
             (3)
      期の変動利付証券        の減損には、既に減損処理している証券の追加的な減損損失12百万ユーロ(2016事業年度上半期:44百万ユーロ)も含まれる。減
      損の認識基準を自動的に適用した場合、2017事業年度上半期に新たに重要な減損は生じていない。
                              ( 後 略)

       <訂正   後 >

                              ( 前 略)

     (2)  2017  事業年度上半期の変動利付証券の            恒久的  減損損失は    15 百万ユーロ(2016事業年度上半期:             69 百万ユーロ)であった。この費用のうち、3百万ユー

      ロ(2016事業年度上半期:29百万ユーロ)は、保険ポートフォリオについて発生し、当該影響額は据置利益分配金により相殺された。2017事業年度上
             (3)
      半期の変動利付証券        の 恒久的  減損には、既に減損処理している証券の追加的な減損損失12百万ユーロ(2016事業年度上半期:44百万ユーロ)も含ま
      れる。減損の認識基準を自動的に適用した場合、2017事業年度上半期に新たに重要な減損は生じていない。
                              ( 後 略)

     注記6 セグメント報告


                                 30/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
       <訂正前>
                              ( 前 略)

     ● ローカル・バンキング事業ラインおよびコーポレート・センター部門の間での2016事業年度上半期に受領した税還付の再配分ならび

      に グループ間のその他Tier           1 資本および永久超劣後債についての会計処理方法の変更:グループレベルでは打ち消されて影響は生
      じない。
                              ( 後 略)

       <訂正   後 >

                              ( 前 略)

     ● グループ間のその他Tier           1 資本および永久超劣後債についての会計処理方法の変更:グループレベルでは打ち消されて影響は生じ

      ない。
                              ( 後 略)

                                 31/37














                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     ローカル・バンキング事業ラインの下位部門別内訳

       <訂正前>
                            ケス・デパーニュ                         ローカル・バンキング

                   ポピュレール銀行          (貯蓄銀行)       専門的金融サービス        その他のネットワーク            事業ライン
                     201 6事業年       201 6事業年                201 6事業年       201 6事業年
                 201 7事業年    度上半期    201 7事業年    度上半期    201 7事業年   201 6事業年   201 7事業年    度上半期    201 7事業年    度上半期
     百万ユーロ            度上半期    (試算)    度上半期    (試算)    度上半期    度上半期    度上半期    (試算)    度上半期    (試算)
                              (中略)

     営業総利益                                222    238    198    224    430    462

                              ( 後 略)

       <訂正   後 >


                            ケス・デパーニュ                         ローカル・バンキング

                   ポピュレール銀行          (貯蓄銀行)       専門的金融サービス        その他のネットワーク            事業ライン
                     201 6事業年       201 6事業年                201 6事業年       201 6事業年
                 201 7事業年    度上半期    201 7事業年    度上半期    201 7事業年   201 6事業年   201 7事業年    度上半期    201 7事業年    度上半期
     百万ユーロ            度上半期    (試算)    度上半期    (試算)    度上半期    度上半期    度上半期    (試算)    度上半期    (試算)
                              ( 中 略)

     営業総利益                                232    238    198    224    430    462

                              ( 後 略)

                                 32/37








                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     2【その他】
     (1)    グループ     BPCE  の IFRS  中間  連結  財務  書類201    7 年 6 月30日現在
     中間財務書類

     5.1   グループ         BPCEのIFRS連結財務書類 2017年6月30日現在

     5.1.6     グループ         BPCEの財務書類に対する注記

     注記3 貸借対照表に対する注記

     3.4   貸付金および債権

     3.4.1    金融機関に対する貸付金および債権

     金融機関に対する貸付金および債権総額の内訳

       <訂正前>
                              ( 前略  )

     (1)  フラン  ン ス預金供託公庫に集中管理している             Livret   A、LDDおよびLEPの各貯蓄口座に係る資金は、「貸付金および債権」の科目に計上されている。

      これらの合計金額は、2017年6月30日現在66,018百万ユーロ(2016年12月31日現在:66,172百万ユーロ)であった。
       <訂正   後 >

                              ( 前略  )

     (1)  フランス預金供託公庫に集中管理している                Livret   A、LDDおよびLEPの各貯蓄口座に係る資金は、「貸付金および債権」の科目に計上されている。こ

      れらの合計金額は、2017年6月30日現在66,018百万ユーロ(2016年12月31日現在:66,172百万ユーロ)であった。
     3 . 13   劣後債務

       <訂正前>
                              ( 前 略)

     百万ユーロ                                      2017  年6月30日        2016  年12月31日

     定期劣後債務                                           17,037         18, ,620
                              ( 後略  )

       <訂正   後 >


                                 33/37


                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              ( 前 略)
     百万ユーロ                                      2017  年6月30日        2016  年12月31日

     定期劣後債務                                           17,037         18,620
                              ( 後略  )

     3.15    金融資産と金融負債の相殺


     3.15.2     金融負債

     貸借対照表で相殺されていないネッティング契約上の金融負債

       <訂正前>
                     2017  年6月30日                       2016  年12月31日

                  関連金融資産お                         関連金融資産お
            貸借対照表に計      よび担保として                   貸借対照表に計      よび担保として
                         支払済証拠金     ネット・エクス                    支払済証拠金     ネット・エクス
            上された金融負      差入れた金融商                   上された金融負      差入れた金融商
     百万ユーロ         債の純額         品  (現金担保)       ポージャー       債の純額         品  (現金担保)       ポージャー
                               ( 中略  )

     合計         170,314      127,642      112,455      30,217      174,411      117,067       13,255      44,089

       <訂正   後 >

                     2017  年6月30日                       2016  年12月31日

                  関連金融資産お                         関連金融資産お
            貸借対照表に計      よび担保として                   貸借対照表に計      よび担保として
                         支払済証拠金     ネット・エクス                    支払済証拠金     ネット・エクス
            上された金融負      差入れた金融商                   上された金融負      差入れた金融商
     百万ユーロ         債の純額         品  (現金担保)       ポージャー       債の純額         品  (現金担保)       ポージャー
                               ( 中略  )

     合計         170,314      127,642       12,455      30,217      174,411      117,067       13,255      44,089

     注記4 損益計算書に対する注記

     4.3   純損益を通じて公正価値で測定する金融商品の正味利得または損失

       <訂正前>
                              ( 前 略)

     (1)  2017  事業年度上半期の「売買目的保有金融商品の利得および損失」には、以下が含まれる。

     ●  モノライン保険会社と締結したCDSの公正価値について計上した減損の調整により2017事業年度上半期中に減損累計額が10百万ユーロ減少し(2016事
      業年度上半期:外国為替レートの影響を除き17百万ユーロの増加)、2017年6月30日現在の減損累計額は61百万(2016年6月30日現在:112百万ユー
      ロ)となった。
                                 34/37

                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
                              ( 後 略)

       <訂正   後 >

                              ( 前 略)

     (1)  2017  事業年度上半期の「売買目的保有金融商品の利得および損失」には、以下が含まれる。

     ●  モノライン保険会社と締結したCDSの公正価値について計上した減損の調整により2017事業年度上半期中に減損累計額が10百万ユーロ減少し(2016事
      業年度上半期:外国為替レートの影響を除き17百万ユーロの増加)、2017年6月30日現在の減損累計額は61百万                                         ユーロ  (2016年6月30日現在:112百
      万ユーロ)となった。
                              ( 後 略)

                                 35/37
















                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     注記6 セグメント報告

     連結損益計算書のセグメント別分析

            *
     部門別経営成績
       <訂正前>
                  ローカル・バンキング

                           投資ソリューション       コーポレート・投資銀行
                    事業ライン    *                                グループ   BPCE
                              事業ライン       業務事業ライン      コーポレート・センター
                     201 6事業年                         201 6事業年       201 6事業年
                 201 7事業年    度上半期    201 7事業年   201 6事業年   201 7事業年   201 6事業年   201 7事業年    度上半期    201 7事業年    度上半期
                 度上半期    (試算)    度上半期    度上半期    度上半期    度上半期    度上半期    (試算)    度上半期    (試算)
     百万ユーロ
                              ( 後略  )

       <訂正   後 >


                  ローカル・バンキング          投資ソリューション       コーポレート・投資銀行

                                                       グループ   BPCE
                     事業ライン         事業ライン       業務事業ライン      コーポレート・センター
                     201 6事業年                         201 6事業年       201 6事業年
                 201 7事業年    度上半期    201 7事業年   201 6事業年   201 7事業年   201 6事業年   201 7事業年    度上半期    201 7事業年    度上半期
                 度上半期    (試算)    度上半期    度上半期    度上半期    度上半期    度上半期    (試算)    度上半期    (試算)
     百万ユーロ
                              ( 後略  )

                                 36/37











                                                           EDINET提出書類
                                               ビー・ピー・シー・イー・エス・エー(E26599)
                                                            訂正半期報告書
     第8【提出会社の参考情報】

       <訂正前>

      ( 1 ) 事業年度      2016  年度(自平成28年1月1日 至平成28年12月31日)

         有価証券報告書およびその添付書類      平成29年5月30日関東財務局長に提出
      ( 2 ) 訂正発行登録書(売出)およびその添付書類  平成29年5月30日関東財務局長に提出
      ( 3 ) 訂正発行登録書(売出)           平成29年5月30日関東財務局長に提出
      ( ▶ ) 発行登録追補書類(売出)およびその添付書類 平成29年6月8日関東財務局長に提出
      ( 5 ) 発行登録追補書類(売出)およびその添付書類 平成29年6月8日関東財務局長に提出
      ( 6 ) 訂正発行登録書(募集)およびその添付書類  平成29年6月20日関東財務局長に提出
      ( 7 ) 発行登録追補書類(募集)およびその添付書類 平成29年6月23日関東財務局長に提出
      ( 8 ) 訂正発行登録書(募集)           平成29年6月30日関東財務局長に提出
      ( 9 ) 発行登録追補書類(募集)およびその添付書類 平成29年7月7日関東財務局長に提出
       <訂正後>

      (1)   半期報告書の訂正報告書(自平成28年1月1日 至平成28年6月30日)

                                  平成29年1月12日関東財務局長に提出
      (2)   訂正発行登録書(募集)およびその添付書類  平成29年1月12日関東財務局長に提出
      (3)   訂正発行登録書(売出)およびその添付書類  平成29年1月12日関東財務局長に提出
      (4)   訂正発行登録書(募集)           平成29年1月19日関東財務局長に提出
      (5)   発行登録追補書類(募集)およびその添付書類 平成29年1月20日関東財務局長に提出
      (6)   発行登録追補書類(募集)およびその添付書類 平成29年1月20日関東財務局長に提出
      ( 7 ) 事業年度2016年度(自平成28年1月1日 至平成28年12月31日)
         有価証券報告書およびその添付書類      平成29年5月30日関東財務局長に提出
      ( 8 ) 訂正発行登録書(売出)およびその添付書類  平成29年5月30日関東財務局長に提出
      ( 9 ) 訂正発行登録書(売出)           平成29年5月30日関東財務局長に提出
      ( 10 ) 発行登録追補書類(売出)およびその添付書類 平成29年6月8日関東財務局長に提出
      ( 11 ) 発行登録追補書類(売出)およびその添付書類 平成29年6月8日関東財務局長に提出
      ( 12 ) 訂正発行登録書(募集)およびその添付書類  平成29年6月20日関東財務局長に提出
      ( 13 ) 発行登録追補書類(募集)およびその添付書類 平成29年6月23日関東財務局長に提出
      ( 14 ) 訂正発行登録書(募集)           平成29年6月30日関東財務局長に提出
      ( 15 ) 発行登録追補書類(募集)およびその添付書類 平成29年7月7日関東財務局長に提出
                                 37/37






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。